青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「闇~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~間違い 間違い~ 関~ ~関係 関係~ ~関心 関心~ 関東~ 閣下~ ~闇
闇~
闘争~ ~關 關~ ~關係 關係~ ~阿 阿~ 附~ ~附い 附い~

「闇~」 7259, 78ppm, 1435位

▼ 闇~ (2644, 36.4%)

569 中に 208 中で 165 中を 159 中から 117 中へ 94 なかに 56 中の 5040 なかで 28 なかを 21 中でも 20 夜に 18 なかへ, 中には 17 うちに, なかから 16 底に 15 夜の 13 中にも 12 夜を 9 奥に, 底へ 8 底から, 空に, 空を 7 奥へ, 女に, 女の, 底を, 彼方に, 晩に, 裡に 6 かなたに, なかでも, ように, 女を 5 なかには, なかの, 中では, 中にばかり, 夜が, 夜でも, 方へ, 深さ, 空である, 訪はれ

4 [11件] なかにも, 中, 夜で, 夜には, 夜も, 夜道を, 女と, 女は, 女フォルキアデス, 晩, 涅槃に

3 [17件] ために, やうに, 世界に, 中へと, 中より, 力, 力の, 夜や, 庭に, 往来へ, 方が, 方を, 色を, 街道を, 裏に, 親分と, 道を

2 [82件] いろが, うしろでは, うちから, うちで, かた行く, そこに, なかでは, ような, 一角から, 中だ, 中だった, 中でした, 中ながら, 中へでも, 儲は, 兄貴の, 光, 前景に, 力を, 収獲, 向うから, 向うへ, 境に, 外に, 夜である, 夜です, 夜では, 夜とは, 夜空です, 夜空を, 奥から, 奥で, 奥底から, 女が, 女には, 娘を, 寂しさ, 山路を, 広間へ, 底の, 廊下を, 彼方から, 戸外へ, 方に, 方へと, 晩で, 暗さ, 木々吹きひらく, 核心を, 梅に, 森に, 森や, 海に, 海を, 海上に, 海上を, 深い中, 瀬の, 燒跡の, 田, 礫です, 空で, 空ばかり, 空間を, 米を, 紙を, 色が, 色その, 色は, 街へ, 衣を, 親分, 迫る場末, 道へ, 部屋に, 部屋の, 間から, 間を, 韻, 響あり, 風景は, 黒さ

1 [567件 抜粋] あいだで, あいだに, あったこと, あなたに, あやなき, あり樣, いろに, いろはおのづか, うきよに, うす暗く昼, うち, うちには, うつくしさ, うつつは, おおうに, おくが, おそい晩, おそひ初めた, おぼ, かがやきであったかも, かぎりを, かぎり虫の, かげという, かた隅に, かなたで, かなたを, かべにあたってひびいた, きえぬうち, くらがりに, くらさ, くるめき, ことで, ことです, さなかに, したに, すそが, そこひから, そこへ, そよ, た, ただなか, たちこめた空, とろろぎの, どこからか, どん底へ, なか, なかからは, なかが, なかであった, なかでを, なかにて, なかにと, なかへも, なかをと, にほひ, のちに, ふかみ, ほうへ, ほかに, ほかには, まじった杉木立, まだまだ重く色濃い, ままうとうと, ままである, もの悲しい, ゆえに, ゆらめく舟, よどむ部屋, をのの, エレボスが, カツギ屋の, ゴム材を, チンピラよりも, バシー海峡を, 一夜夜が, 一所から, 一所に, 一本路が, 一番濃い, 一部分闇と, 一隅で, 上には, 上前を, 下から, 下で, 下へ, 世から, 世とが, 世の中, 世の中よろこび, 世へ, 世代, 世界か, 世界が, 世界で, 世界と, 世界とえせ, 世界の, 世界へ, 世界も, 中からが, 中だけに, 中だつ, 中であった, 中でしました, 中でに, 中での, 中とか, 中とは, 中まで, 中ガランドシンの, 中メロディの, 中深海底の, 中熱の, 中病院の, 中行手に, 丸天井と, 争いまでが, 事を, 事業の, 二色に, 二階の, 人へ, 人目に, 仕入れぢや, 住人なら, 余りの, 全てに, 其の一時前, 内から, 内に, 出来事として, 刄が, 別境, 別天地お, 力や, 力よ, 力破らん, 原因には, 口腔が, 古池を, 吐く溜息, 向うで, 向うに, 向うの, 向ふ, 呼吸が, 呼吸を, 品物を, 唯中を, 商売など, 国, 土手下へ, 地上へと, 地中で, 坑道で, 坑道には, 堆積した, 場所では, 場所を, 塊りで, 墓場に, 外から, 外へ, 外洋から, 夜, 夜ぞ, 夜だ, 夜と, 夜ときたら, 夜な, 夜など, 夜などに, 夜などには, 夜なら, 夜にでも, 夜は, 夜ぶ, 夜半, 夜半の, 夜同然の, 夜天を, 夜気の, 夜私は, 夜空に, 夜空の, 夜空へ, 夜赤き, 夜道なり, 夜道に, 夜雨風の, 夢の, 夢戸を, 大地から, 大地を, 大洋上, 大空に, 大親分, 天井が, 天空に, 奈落へ, 奥からは, 奥が, 奥にも, 奥まった処, 奥を, 奥手へ, 奥深くへ, 奧に, 女こそ, 女たちと, 女でも, 女にでも, 女らしかった, 女フォルキアス舞台, 奴心あたりがねえと, 如く黒く, 姫君とか, 姿は, 姿を, 娘たちが, 宙宇で, 室内に, 室内を, 宮, 宮殿の, 家で, 小床, 小田原街道を, 小草, 小路に, 層が, 山, 崖から, 巣としてしか, 巣窟の, 帳, 帷は, 帷を, 幕に, 広き宙, 床へ, 床を, 底にて, 底には, 底気味悪い, 底深く, 庭の, 庭は, 庭へ, 廊下が, 影の, 影は, 影を, 影響で, 彼方には, 彼方の, 彼方へ, 御薬園, 御藥園, 循環で, 心地で, 怖ろ, 恐ろしさ, 感じが, 感じである, 戸に, 戸口に, 扉, 手が, 手さぐりに, 手の, 手招き, 日の, 日夜が, 明治神宮だけは, 春の, 時なら, 時には, 晩うす暗い, 晩であろう, 晩とは, 晩な, 晩の, 晩へえ, 晩を, 晩佐分利の, 晩飄々として, 曠野に, 木立の, 木立を, 材木は, 松原の, 果てに, 果を, 梟の, 梯子段を, 森が, 森へと, 森月の, 森蔭で, 業火を, 横行者や, 歌の, 残って, 殘つてゐる, 段取, 気の, 気勢に, 気配の, 水の, 水を, 水中を, 汽車の, 沈黙に, 沖に, 沖合へ, 河原ご, 河面が, 波の, 泥湖を, 泥濘を, 洋上に, 洞窟の, 津軽海峡を, 海, 海への, 海路, 深い川沿, 深い森, 深くなる, 深まりも, 深まるにつれて, 深夜に, 湖に, 湖を, 湾を, 溜まりに, 滓街衢には, 滝壺である, 潮に, 澱んで, 濃いところ, 濃い方, 濃い晩, 濃さ, 灌木の, 火へ, 烏さね, 煙草は, 物は, 物を, 物凄いこと, 物好きだ, 物資の, 理法を, 生命に, 生活も, 田圃の, 甲板, 盃盤闇を, 盆地を, 真中にて, 眼に, 瞳, 研究室の, 破れた所, 破牢の, 礫に, 礫の, 私の, 私生, 穴が, 穴に, 穴を, 空から, 空が, 空は, 空へ, 空中に, 空地を, 空地昨日川手氏が, 空左右には, 空気の, 空氣を, 空間だった, 空間で, 空間に, 空間の, 突き当りへ, 窓から, 窓に, 精の, 紙で, 細道へ, 絃彈く, 結び目に, 続きで, 繪巻, 羽, 脈の, 色, 色について, 色の, 色濃く見える, 色闇に, 花でない, 草に, 草の, 葉よ, 蔭に, 蕭や, 薄暗がりで, 蚊喰が, 螢哉, 街の, 街を, 袋より, 裡へ, 裡へと, 裡より, 裡を, 裾野へ, 見えない部分, 見て, 見も, 親分が, 親分これから, 親分だ, 親分でも, 親分は, 親分ほどの, 親分別々に, 観照を, 角力は, 話に, 諸方で, 谷, 谷へ, 谷間を, 責を, 買いあさりに, 足もとを, 跡先なし, 跫音を, 路へ, 路地に, 車が, 迫る温泉, 迷路を, 這ひよる, 通路で, 道ながら, 道伝いに, 道路へと, 遠くの, 遠くへ, 部屋そこを, 部屋で, 都会から, 酒が, 酒さかなを, 重さ, 野と, 野に, 野を, 野中へ, 野郎なんぞを, 鏡みたいに, 鐵鎖を, 長櫃の, 門を, 門口から, 間に, 闇, 隅々を, 隧道の, 雁手のひら渡る, 雨の, 霧が, 青葉に, 静かな, 静けさに, 静けさを, 静寂, 靜か, 面の, 音には, 領分が, 風音しばらく, 食物で, 香りに, 香りの, 香を, 高原に, 鬼気が, 魔ものを, 魔群の, 鰭爪の, 鳥屋の

▼ 闇~ (1049, 14.5%)

54 まぎれて 23 包まれて 21 消えて 15 紛れて 14 葬られて 12 なって, 乗じて 11 して, なった 10 呑まれて 9 隠れて 8 慣れて, 沈んで 7 つつまれて 6 消えた 5 なれて, 鎖されて, 馴れて 4 とざされて, 時間が, 消える, 眼を, 立って, 閉ざされて 3 なつた, なりました, なるの, 佇んで, 向かって, 向って, 姿を, 迷って, 響く

2 [67件] うずくまって, おおわれて, かえった, かくれて, しぐれゐる蝉, した, とざされた, なると, にじんで, のまれて, ぶら下って, まぎれぬ, みるみるうち, むかつて, 仄めいた, 光って, 入ると, 出て, 匂ふ, 包まれながら, 向っては, 吸い込まれて, 吸い込まれるよう, 吸われて, 埋められた, 埋められて, 埋もれて, 声を, 変って, 引返しました, 散った, 早や, 暮ぞ, 根生ふ, 梅匂ふ, 横たわって, 没して, 浮いて, 消えました, 消えようと, 溶け込んで, 漂って, 生れ闇, 男を, 私の, 舞ひ, 葬られた, 葬られるかも, 融けて, 見えて, 見える, 見せて, 見入りながら, 豪華極まる, 身を, 迷う手, 迷ひ, 送って, 還って, 鎖され樹, 鎖ざされ, 降りいでし雨, 隠されて, 隠して, 隧道を, 響いた, 鳴くなる

1 [628件 抜粋] あって, あふれます, あらねば, ある彼女, ある燐, いきなり何者, いづこと, いろいろな, うごいた, うごく彼, うごめくだけで, うごめく絶望, うそぶく, うっすらと, おししずめられた目, おしつぶされかけて, おどろく, おびえながら, おぼれて, かえりました, かがまりて, かがめながら, かくれ込んで, かく灯, かこまれたそれ等, かこまれて, かたまり合って, かちりと, かわった, きらつく紅葉, きらめく狂奮, きらめく白刄, きりぎりすが, くぐもる, くるるかな, くれ羽鳥, げたげたと, この事件, こもれる幹, さがって, さし込む一条, さすら, さまようて, したら深い, してさ, しのんで, しばらく, しらみぬ, すかしても, すすり泣きが, すつぽ, する, するよう, それらしい, ただよっても, ただ啼く, たちにし, ちかいこの, ちら, ちらぼふ, つ, つきおとされて, つき落されはかりがたい, つくばって, つっ立って, つつまれ門前, つつみ窮地, つつんだの, つまずきながら, とけこんで, とけさった丹下左膳, とけたよう, とけ込んで, とざされた気難しい, とざされてる稲田, とざされる頃, とざされ木立, ともりき, とりまかれた盲目, どうどうと, ながれた, なったトンネル, なった書院, なった瞬間, なってから, なつて, なほも, なほや, なりかかって, なりその, なりて, なります, なり同時に, なり大雨, なり次, なり申した, なり罪, なる, なるか, なるかすると, なるだらうと, なるだろう, なる暮, なれたから, なろうとも, にじみ込んでしまつた, はしるネオンサイン, はっきりと, ひしめく悲劇, ひそめ, ひそんで, ひとりぽ, ひびいた, ひらめいたかと, ひらめいて, ひらめく太刀, ふと立ち, ふわふわし, ぶつかった, ぶつかったこと, ほの, ぼんやりと, ぽかっとし, ぽちと, まぎれたいと, まぎれ込むと, まぎれ込んだ, みだらな, むかって, むなしい空, もがいて, もどって, やがて白い冷たい, ゆらぐ, わだかまつて, ゐる意識, ゐる牛, ゐる鼠, カッキリ, ツイと, ヒラリと, ピシピシと, ムダな, 一ところ明るき, 一人残らず, 一列, 一揆の, 一点の, 一直線に, 一道の, 一點の, 下り立とうと, 下界を, 不平を, 乗じられて, 二人の, 交際って, 人々は, 人の, 仄, 仄かに, 仄めかされたが, 仄白く, 佇んだ弓之助, 低迷し, 住みなば, 住む人間, 何が, 何をか, 何物をか, 光った, 光る, 光る影, 光る権, 入る, 入るその, 入る前, 六百の, 凄然, 凍ったよう, 凝らして, 処して, 動いて, 動きて, 動くその, 匂う艶, 包まれた父, 包まれては, 包まれてる教会堂, 包まれる, 包まれると, 包まれる時, 包まれ空腹, 十二三の, 取り残され取残されては, 吊されて, 吐く白い, 向いて, 向き合うころ, 向けられて, 吠え叫び, 吸いこまれるよう, 吸はれた, 吸収され, 吹き漂って, 呑まれようと, 呑み込まれる場合, 咲いたる血, 咲いて, 咲く女, 咲く淫靡, 咲く白粉, 啼くの, 四隣寂寥として, 土龍の, 坐り大まか, 埋ずもれた, 埋まれて, 埋められたり, 埋もれた, 埋もれてる涯, 塞され, 壓しつけられよう, 変わって, 夜な, 大きく浮かびでる, 大きく菊, 失って, 奔馳する, 子供が, 守り明かして, 対って, 小屋程の, 屈みこんで, 届かなかった, 差す, 帰つてゐた, 帰りたくは, 幾つも, 座して, 弾ね, 彷徨し, 彷徨ふ, 彷徨へる, 復った, 微かな, 忍びこませて, 忍びて, 怪しい編笠, 慣らそうと, 慣れた, 慣れたわが, 慣れた水夫たち, 慣れた瞳, 慣れるにつれて, 慣れるに従って, 憩ふ, 懸る大, 投げて, 投げます, 投ずること能, 投ぜられた, 押し込め無用, 拾わば, 振る馬丁, 捕虜の, 捨てなば, 据えた金剛石, 掻き消された亜鉛屋根, 揉まる, 揉まるる松柏, 描いた, 描きだしたところ, 描くと, 摺つて大きな, 擁蔽さる, 散る前, 数えるほど, 文字を, 文字通り點, 明るき時, 星を, 映え合, 映れど, 時雨降り, 月が, 月の, 朝が, 松明を, 枯葉を, 染まって, 染まつて, 棲む人間, 構へ, 槍が, 比べて, 気を, 気味の, 氣を, 永久に, 沈み夜, 沈み込んだ, 沈む, 沈潜し, 没した, 没してる屋根並, 没し去ったとき, 泛い, 流すという, 流れた莫大, 流れて, 浮かぶはず, 浮かぶ船長, 浮かぶ隻眼刀痕, 浮かんで, 浮き出た二人, 浮き立つ光, 浮く路, 浮ぶ, 浮出して, 浮出て, 海づら鈍, 浸つて, 消えそれ, 消えたとき, 消えゆきながら, 消えゆく, 消えるの, 消えるまでの, 消える棺桶, 消え入りそう, 消え去り日, 消え行く, 消え行く姿, 消されて, 消されると, 消して, 消し去られたかたち, 深みゆく, 渡して, 溶けたり, 溶けて, 溶けゆく女, 溶け去つて, 滅り込む, 滑り入, 漂う跫音, 漂泊ひあくがれ, 漲って, 潮焼小屋の, 灯が, 烏を, 燃え出した火, 燃え立つくれな, 狃れた, 現れて, 現われました, 甘い乳, 生れたならず者, 生れた眼, 生れて, 生涯を, 白い彼女, 白くうねうね, 白く浮いた, 目が, 盲動する, 相手を, 真理を, 真白し, 眼が, 知らるる海, 知らん顔を, 知ッて, 立ち迷う奇蹟, 立っての, 立停, 笑つて闇に, 等しい科学界, 紅の, 紛れ去って, 紛れ込んで, 細長く射し, 終わる広い, 網を, 置き代, 置けば, 群れに, 聞えた, 聞ゆる, 脱いだ吾が, 致したかった, 艶かな, 荒金を, 落されたわけ, 葬ったと, 葬ったなどと, 葬って, 葬つて, 葬むるための周到, 葬られたれど, 葬られる, 葬られるところ, 葬られ去ったこと, 葬り去られる, 葬るなら葬れと, 葬るべきか, 葬るべく思う存分, 葬る所存, 葬ろうとの, 蒸れて, 蓄う, 蛍か, 融解し, 螢なども, 蠢く, 蠢くもの, 行ひ, 行先は, 行水する, 見えた, 見えたから, 見えたの, 見えなくなると, 見えるわけ, 見ると, 見入つた, 見失って, 解け込んで, 詮なく, 誘ひ出されて, 走り出ました, 足を, 踊る青衣, 踞むというのは千種十次郎, 踞んで凄い, 転落し, 辿りながら, 近い薄, 迫る怪艇, 迷いまして, 迷い漂う物みたい, 迷い疲れた竜, 迷うの, 迷えば, 迷ひし, 迷ふ, 迷ふらん六つの, 迷へる, 追いたてて, 送るなんぞは, 送る親, 逆上します, 逆落しに, 透かしながら, 透して, 進んで, 遅桜, 還れば, 釣る船, 鎖されようと, 鎖ざされた, 閃いたかと, 閃流する, 閉されて, 閉ざされ心, 闇を, 降る刃, 降る細引, 限らずすべて, 陥しぬ今, 隠るる宵, 隠れ跫音, 隱し, 隱れ, 青くきら, 青みを, 静かであった, 静止し, 響いて, 響きわたつて, 響くの, 響く艶歌師, 飛び下りて, 飛び出したこと, 飛ぶ, 飛込んで, 馬を, 馴れた, 馴れたその, 馴れたひとみ, 馴れた眼, 馴れた蛾次郎, 馴れないガラツ八, 馴れない彼, 骨まで, 高く張りあげ, 鳴きはぜて, 鳴った, 黴臭い香氣

▼ 闇~ (694, 9.6%)

30 すかして 16 透して 11 縫って 8 破って, 衝いて, 透かして 7 吹く風, 貫いて 6 劈いて, 見つめて 5 ついて, つんざいて, 照し 4 すかしながら, たどって, 切って, 歩いて, 照らして, 睨んで, 縫うて, 透かしながら

3 [11件] さまよって, すかした, ば出は, みつめて, 作って, 利用し, 泳いだ, 縦横に, 裂いて, 見つめた, 見まわして

2 [44件] いつまでも, たたえて, たどる娘, つと振, とおして, ぬって, のぞいて, ふりむいて, ほの, 一丈も, 二つに, 今上る, 凝視し, 出て, 分けて, 切る姿, 剪って, 回る松明, 後に, 截切る, 手探りながら, 払うよう, 指したり, 探った, 探りながら, 染めて, 残して, 潜って, 瑠璃子を, 目がけて, 眺めて, 突っ切って, 背後に, 蠢いて, 行く, 見た, 見下ろしながら, 見据えて, 詰めて, 走った, 走って, 運動や, 闇として, 駈けて

1 [419件] あても, あまねく揺るがした, あやまたず十夜頭巾, あるき出して, いつかは, いつもの, いよいよ闇, うかがうよう, うごかして, うなって, えらんで, おそれぬめし, おびやかすほどに, およいだ, かい破る稲妻, かがり火に, かきわける様, かける, かすって, かすッ, きせて, きって, くぐって, くぐりはじめた, くぐり外, くぐる水音, くわっと見つめた, こがしながら, こしら, こしらえて, ことごとく頒, この変, こは, さがして, さぐって, さぐり筑波町, さまよいながら, さらに黒め, さ迷って, しょって, しようが, しようと, じっとにらん, すかしたふたり, すかしぬ, すかす様, すたすた調子, するなと, すれちが, そこだけ, たどり, たどります, たどるといった, ちやるめら, ちょっと聴く, つかむよう, つくり全然ひっそり, つつんで, つよい眼, つらぬいて, つらぬくあたたかい, つらぬく光り疾く, つんざいた, つんざく声, つん裂いて, つンざいた, ですか, とりしまれ公徳心, どすどす歩いて, ながめて, なした彼方, なめるよう, にらめて, にわかに漠然と照らし, ぬすみみたそして, はいて, はばかりながらささやく, ひいて, ひきつ, ひく, ひたひたと, ひらいて, ぴしぴし縫っ, ふかみ, ふき消す, ふくんで, ふく風の, ふらふらと, ふりかえった, ふんで, ぼんやり眺め, まるで幻, みつめし, みつめた, みつめる彼, めぐる人心, もりたる, やって, やる手腕, ゆく, ゆさぶるの, ゆするよう, ゆする峰颪, ゆるがすよう, ゆるがす海, わが, わけて, ズーと, トム公が, バタ, バツクグラウンドに, フワフワと, 一台の, 一層に, 一層深から, 一層深く, 一層闇, 一文字に, 一望し, 一筋どこまでも, 下って, 下りながら, 下り懸けた暗, 世界の, 仄し, 今あがる, 仰いで, 伝って, 低く流れ, 何の, 作つた森の, 作つてゐるらしい, 來て, 八帖の, 凌いで, 凝視させられた, 出づれば鶏, 切り船上, 切り裂いて, 切ろうと, 剪つて一枚二枚三枚ヒユツヒユツと, 割って, 劈いた, 劈くの, 劈くよう, 劈くサーチライト, 劈く例, 劈く嬌声, 加えたの, 匂はせる, 匍い登っ, 千鳥の, 厭は, 反って, 取り持って, 吉田山の下から, 吐き出すやう, 吐き出だす如くなれど, 向うから, 否定し, 吸ひ込む, 吹消す, 喜ぶ蝙蝠, 喜んだ, 喰い血, 嘗めて, 四五町走る, 四角に, 圧して, 圧しのけて, 境に, 奔り, 好むよう, 妖しくゆする, 孕めり, 安住させる, 射はじめる, 小さくなっ, 小走りに, 嵐の, 常なる, 幸いここ, 幸いに, 幸い丈, 幸に, 引きさいて, 引き裂いて, 弾きながら, 後ろに, 微かな, 忍んで, 忘れて, 忘れまし, 急いだ, 急ぐとも, 怪しいもの, 恋ふ, 恐れそして, 恐れもしくは, 愛すること, 慄わして, 截って, 戸の, 手探りに, 打ち震わして, 打つの, 払いのけようと, 払った曙, 払って, 投げ込んだ, 投じてるシャンヴルリー街, 抜いて, 抱えた埋地, 押し割って, 拔ける, 招いては, 拾って, 指さして, 指さしました, 振り返りながら, 捜りたれ, 探して, 探しながら, 探って, 掴むかの, 掻き乱そうと, 掻廻す, 摘む, 散らし天然界, 斜めに, 明るくする, 春には, 昼の, 月夜にか, 有つてゐた, 服せる一, 来て, 染めるやう, 横行し, 正視した, 此處でした, 歩いた, 歩き乍ら, 歩き出した, 求めて, 流しはじめると, 流る, 流れた, 流れて, 消して, 深夜の, 添えて, 湛えて, 漂よっ, 潜つて眞黒な, 潜りて, 潜りトリエステ, 潜るやう, 濃くさせた, 炎が, 点々と, 焼きつくすこと, 照さむ, 照しました, 照し出そう, 照す, 照すべき, 照すを, 照らさせ給え, 照らさむ, 照らした者, 照らす, 照らすこと, 照らすこの, 照らすこれ, 照らすべきもの, 照らす太陽, 照らす樣, 照らす黄金, 照らそうという, 照破する光明, 燈心の, 物凄く顫, 疾走中に, 登りきると, 白く抜い, 盛りて, 眺め廻した, 睨みつけましたけれど, 睨んだ, 知る第, 破ったところ, 破った手擲弾, 破った物凄い, 破つた, 破つたところ, 破つて, 破りしは, 破り明, 破るもの, 破る烏, 破れるを, 私は, 程よく残し, 突いたばかり, 突く, 窺った時, 窺ふ, 立って, 筒拔けに, 縫いながら, 縫い動物園, 縫うよう, 縫う白い, 縫つてケラケラケラと, 縫つてバタバタと, 縫つて飛ん, 縫ひ, 縫ひ行く, 縫ふべき, 翔け狂う, 股にかけて, 背に, 背景として, 背景に, 自分に, 舐めるやう, 茫然と, 行くよう, 行けるなるらむ, 行方定めず歩き続け, 衝き破るよう, 衝き進む氣もち, 衝く, 被き, 裂いた, 裂く平次, 裂く稲妻, 西へ, 見さだめ麦城, 見た覚え, 見た闇, 見つめたまま, 見つめながら, 見まわした, 見まわしたとき, 見るごと, 見ると, 見るとも, 見廻した, 見廻して, 見渡せば, 見詰めるの, 見込む, 見送って, 見透した, 見通す程, 視つめて, 視詰めて, 覗いて, 覗きこみ手, 覗きますと, 覗き込んだ, 覗く, 覗くと, 覗へば, 誘って, 識つた, 負へ, 貫いた, 貫かずしては, 貫きその, 貫き駛, 貫く, 貫く一道, 走ったという, 走ったの, 走らない, 走りながら, 走りました, 走る人々, 越して, 跳ぶが, 踏んで, 辿って, 辿りつつも, 辿る, 追いすがるの, 追い払うには, 追い退け遠山, 退散させる, 逃げまどって, 透かしたり, 透かしました, 透かしましたが, 透かし視て, 透きて, 透し見てるの, 逐ひ, 這い寄って, 通つて広, 通ると, 運んで, 過ぎて, 選ぶもの, 隈どり, 隠そうとも, 零細に, 領し, 風浪の, 飛び越えまた, 飛ぶといふ, 飛んで, 食って, 食物と, 馳けて, 馳けながら, 鳥居の, 鳴る異様

▼ 闇太郎~ (371, 5.1%)

64 だ, の言葉 3 のよう, の手, はうなずい, はもう, は雪

2 [28件] か, が口, が言う, という名乗り, のこと, のこの, の声, の姿, の方, の目, の目つき, の耳, の顔, はいくらか, はいつか, はいつも, はお初, はこれ, はそう, はそういう, はちょい, はにこり, はふと, は両手, は切り穴, は平気, は広, を見返した

1 [286件] あの友達, いぶかしそう, かがみ腰, かく隠れ家, からかいながら, からこれ, から自分, から離さず, から雪, から預かった, がいっ, がおさえる, がこの, がこれ, がこんなに, がした, がすっかり, がそこ, がそれから, がだしぬけ, がつぶやいた, がまた, が低く, が何, が冷たく, が出, が嗤, が思わず, が涙, が焦れ, が申す, が着い, が綱, が見つけた, が言っ, が語調, こそこの, さえズーン, さも律儀, しきりに気, すっかり職人, そうでない, そう言っ, そのとき, その人, その夜, その方, たちまち又, だけはそう, で自分, というお, という名, という声, といっ, とかいうあだ名, としじゅう, とていわば, とに酒盃, とはしゅうしゅう, とは小梅廃寺, ともいわれる, とも云われる, とやらいう, とケチ, と一緒, と婆, と島抜け法印, と法印, と目, と菊之丞, と言う, と言っ, にお初, にしろ, にはあまりに, にはこの, にも決心, に再会, に張り合っ, に掴みかかる, に気骨稜々, に相違, に紛れなき, に言わせれ, に頼まれ, のうれし, のこえ, のすばやい, のはからい, のひょいと, のわびし, の前, の半面, の口元, の奇妙, の奴, の尾行, の後姿, の思い掛けない, の急用, の技倆, の指, の文, の気持, の物語, の用心深い, の癇癪, の目あて, の真向, の瞳, の細そり, の肩越し, の背, の落ちつき, の薄, の行動, の行方, の表情, の調子, の貞太郎, の野郎, の鋭い, の鑑識眼, の隠れ家, は, はあたり, はあべこべ, はあるいは, はいくら, はうなずいた, はうまう, はおもしろ, はかなし, はきょときょと, はこう, はさびしい, はざっくばらん, はしつこく, はしばし, はじろりと, はずっと, はそうした, はそこ, はその, はそんな, はだしぬけ, はつぶやい, はとにかく, はどこ, はぬからず, はのぞい, はのんびり, ははかな, ははがゆく, ははげます, はひどく, はまじろぎ, はまた, はもう一度, はわざと, はわざとらしく, はジロリ, は一人ぐらし, は三斎隠居, は事もなげ, は二人, は今, は低い, は例, は俄, は先, は八端がら, は冷えた, は別, は励ます, は又, は受け, は口, は唇, は囁いた, は声, は売れっ, は大きく, は太い, は妙, は対手, は彼独特, は得意気, は思い, は思い込んだ, は急, は息, は意気軒昂, は懐ろ手, は押し返した, は振り切れず, は振り返っ, は新吉, は日ごろ, は明るい, は晩秋, は書院づくり, は杯, は歎息, は気軽, は沸き立つ, は油断, は泰仁寺, は洒然, は浮かなかった, は淋しい, は片手, は独り言, は疑わぬ, は白い, は白鳥徳利, は相, は相手, は礼儀, は突っかえし, は突然, は立ちはだかった, は立ち上った, は立ち止っ, は笑い, は笑っ, は聴い, は職人, は肯首ずい, は腕組, は膝, は苦, は菊之丞, は見返っ, は訝し, は赤い, は足許, は辻かご, は長火鉢, は門中, は門倉, は陰気, は隠居, は面白, は頭, は飄然, は首, は香炉, は驚かない, は黒い, は黒犬, は黙っ, へと目, ほどの大胆もの, まず一ばん, むく犬, もハッキリ, も法印, やがて奥, をいぶかし, をかえりみ, をちらりと, をびっくり, をみつめた, を三斎老人, を伴, を導いた, を尻目, を庭口, を強いて, を待たせ, を後, を斬らね, を斬り, を発見, を睨ん, を見下ろし, を見詰め続けた, を顧みた, を食い入る, 慣れぬ問題, 盗んだ宝, 突きのけて, 突然バラバラと, 突然自分, 結句またも

▼ 闇~ (297, 4.1%)

24 の中 9 のなか 7 の奥 6 の底 5 の世界 4 だった 3 から, にまぎれ

2 [18件] があたり, がわだかまっ, と未来, なるチベット, ににじん, に呑まれ, に消えた, に紛れ, のうち, の場面, の夜, の度, の恐怖, の裡, の部屋, をすかし, をのぞく, を縫っ

1 [200件] からはい出した, からわい, から低い, から何やら, から凛, から出た, から浮かび出, から滲み出, から現われ, から生まれた, があった, がどこ, がどっと, がひときわ, がぼんやり, がフィルム, が全, が凝っ, が凝った, が動いた, が古代, が室内, が尋常一様, が左膳, が汽車, が深けれ, が眼, が空, が街, が音, がLISBOA, さとは, じゃ, だ, だったし, だとは, であって, であります, であろうと, でない事, で会った, で売春婦, で庖丁, と, という, というよう, とともにいず, とともに這いよる, と化し, と叢林, と灯, と物言, ながらに相手, なる右舷左舷, なる波浪, なる海上, なん, なんぞがなん, な場面, な巷, な想像, な数日, な未来, な牢獄, な筋, な霧, な鬼気, に, にあっ, にうごめく, におよい, にたいする神聖, にとざされ, にとざされた, になりぬ, になれ, にのまれ, には帰りませんでした, にも係わらず, に一声, に丸窓, に交錯, に何やら, に全, に冷えゆく, に堕ちる, に変ろう, に女, に山道, に左剣, に弥生, に待っ, に慣らした, に揺れ, に揺れた, に月, に木枯, に松明, に染む濡れた光り, に棲む, に歯, に水, に沈む, に流れ去る, に浮く, に消え, に漂う, に白い, に白く, に白線, に眼, に瞳, に走っ, に身, に近い, に迷い出る, に隠れる, に飛ん, に飛散, に飛来, に首, に馴れた, に魚鱗, に鳶ぐち, のため, のほのめき, のフィルム, の一夜, の固形, の地上, の大, の度合, の彼方, の成層圏, の放心, の新しい, の時局そのもの, の核心, の海, の深, の深淵, の為め, の空間, の色, の裏, の谷, の身, の零下二百七十度, の餌食, の騒がし, は一そう, は九州帝国大学, は全部, は前方, は急, は桟橋, は源十郎, は重かっ, ばかり, へのまれ, へ注意, へ流れ去った, へ消え, へ消えた, へ逃げ込ん, も, や二郎, よりもひときわ, よりも濃い, より呼び返す, をこめる, をさまよい歩い, をすかし見た, をすかす, をせおっ, をつい, をとかし, をのぞかせ, を吹く, を家, を征服, を忍び, を恐れる, を悪魔, を振り返った, を歌っ, を溶かし, を燈火, を相手, を破っ, を縫, を衝い, を裂い, を蹴っ, を透かし, を通してお, を通して問答, を飛び出し, を食う, 以外の

▼ 闇~ (282, 3.9%)

5 迫って 4 あった, あるばかり 3 来た

2 [15件] あって, あるの, おりて, すべてを, なければ, はりつめて, 光の, 四辺を, 慣れて, 深ければ, 湛えて, 私の, 続いて, 降りて, 静かに

1 [236件] あたりを, あり, ある, あるが, あるそんなふうに, あろうとは, いくらか薄らい, いくらか薄れ, いちどに赤く, いっぱいに, いつでも, いよいよ濃く, いよいよ黒く, おうっと, おそって, おとずれる, おとずれるの, かえって生動, かすめた, かれを, くるぞ, ぐるぐると, こうも, このまま何時, この辺, これから墓塲全體, さっと裂ける, さまよって, しいんと静まり返り, しだいにせり, しっとりと, しつとり, すうっと, せまり熱海, そこだけ, そこに, その墨, それであろう, それを, たけ高く, たたえてるよう, ただようて, ただよって, たちこめて, たれこめる七時ごろ, つづいた五軒目, つづき空, つまり現実世界, できず人, とうとう煖炉, どうしてもその, どうっと, なんとなく気, のしかかるよう, ひらけて, ひろがりました, びゅっと鳴る, ふけて, べっとりと, ほぐれるとは, ほんの僅か, まだ明る, みな武蔵の, むくむくと, もくもくと空, ゆたかに, ゆるす限り, ようやく消え去っ, よもを, ドッと, パッと, パツと, ワングリと, 一そう濃い, 一同を, 一層濃く, 一瞬濃く, 下界を, 不思議の, 不意に, 中断し, 二人を, 二年三年と, 人を, 何百メートルも, 侵しはじめたころ, 傷めたおま, 其上を, 具体的に, 冷たく漂い, 出来て, 前へ, 包んで, 千切られた, 厚いの, 去つた, 口を, 吼える, 吼える空, 咥え, 四人を, 四方から, 地の, 地面を, 垂れさ, 垂れて, 堂内に, 大きな吊り, 大きな吐息, 大きな蜘蛛, 大変濃く, 大好きな, 大幅の, 大河の, 天井を, 好機だ, 始まったの, 始まって, 始まるという, 屋の, 巣を, 平野一面に, 張りつめられて, 彼を, 彼女を, 必要であった, 怕く, 怖くて, 思ひがけ, 恋しくなった, 恐怖を, 惻々と, 感じられる, 戻って, 拡がつて, 揺めいて, 揺れた, 斜に, 早くも, 明るくなった, 明るくなり出した, 暈取っ, 暖まるに従って, 暗ければ, 有るばかり, 来たそれから, 来たと, 来たの, 次第に低い, 次第に濃く, 残つてゐた, 洪水の, 流れ込むかと, 海と, 消え失せるの, 涯なく, 涯知らず続い, 淀んだやう, 深いせい, 深かった, 深くなる, 深く澄み切っ, 深まって, 満ちわたるまで, 満ち充ちて, 溶け合って, 漆の, 澱んで, 濃かく, 濃かった, 濃くなっ, 濃くなる, 濃く一人, 濃く気, 濃く流れ, 狭く水, 狭霧の, 甚だ暗く, 生きものでも, 産みつけでも, 白と, 白みはじめたころ, 目当ない, 破られて, 破れた, 破れて, 破れるよう, 空気を, 空腹, 突然摩利信乃法師, 立てまわした, 笑い声に, 粘と, 結合し, 絶えず増大, 絶えず無数, 続いた, 続いてるよう, 総崩れに, 繞って, 罩めて, 羊に, 落ちて, 葉子を, 薄れた, 血管の, 行きわ, 行きわたり, 行手を, 裂かれ光, 裂けて, 襲いかかって, 覆うであろう, 見えた, 覗いて, 覗く, 谷底を, 谷間を, 身近に, 辺りを, 迫りかけて, 這いのぼって, 這い漂って, 這ひ, 逼って, 逼り近づい, 醸し出す悪戯, 重って, 開いた, 陰湿に, 隠して, 顔を, 魂を, 魚の, 鳴ったから, 黝

▼ 闇から~ (181, 2.5%)

37 闇へ 25 闇に 7 出て 3 闇という, 闇へと, 闇を 2 僧形の, 光を, 帰って, 明るみへ, 聞えて, 闇の, 闇への, 響いて, 飛び出して

1 [85件] うなりを, である, でて, とつじょ, ぬきみ, ぬけ出て, はずれた往来, ぼやけた輪廓, めり出す, わいたよう, わいて, チャラリチャラリ, バタバタと, ヒョロリと, ワワーッという, 一人の, 世間の, 乱箭が, 二人の, 二列に, 光明の, 光明へ, 八を, 兵馬の, 出たの, 出たり, 出た男, 刀を, 呼んで, 喚きあう, 喚きあふ, 城内の, 声が, 外の, 射出された, 引き裂かれ光りが, 忍ぶよう, 悪い奴, 愛の, 慎吾の, 救い上げられ尚, 明りを, 月を, 月光の, 来り闇, 歌麿の, 浮かび上がって, 浮き出して, 渓流の, 湧き上がったよう, 湧き起る一種, 滝壺へ, 火光を, 点々と, 照射の, 現はれ, 生まれたよう, 生れたよう, 異形な, 直助, 眞矢を, 真夏の, 真夜半, 立ち上がった, 聞こえて, 脱けられない, 脱して, 脱する途, 膝法師が, 西川渓谷の, 見いだされるはず, 見れば, 起つたとき, 足を, 足音も, 近づく辻かご, 逃れ出, 部屋へ, 闇って, 闇にと, 離れて, 飛出して, 飛出そうと, 首を, 黄泉の

▼ 闇~ (166, 2.3%)

8 向って 7 消えて 4 姿を, 葬られて 2 出て, 消して, 紛れて, 送られたかわいそう

1 [135件] あてなく落ちて, お延, かかって, かけ去った, こう呼ぶ, ちらかった, つきのめされた心地, つき落した, つづいて, とけ込む場所, とび出して, とび降りた, どっかりと, どなって, のまれた, ひろがって, ふたたび眸, ふと影, ぽうん, まぎれ込ませた, よろけこんだ, われから, サツと, スルスルと, ツイと, トボトボ歩きだした, 上がる, 二人の, 二人を, 五六歩降, 低く, 光ると, 入ると, 冷え冷えと, 出たの, 出ました, 分け入って, 別れる, 前進し, 反故として, 吐き出した, 向かって, 向けて, 吸ひこまれ, 吸ひとられた, 奪われた, 子供を, 実に弱々しい, 密かに, 射して, 往く生命, 息の, 手招きした, 手招きする, 投げこまれて, 抛った, 抜けて, 捜廻る, 散らばって, 方づけさせ, 曳きこんだり, 歩き去った, 沈んで, 沈んでしまつた, 没して, 洩れて, 流れさった, 消えこんで, 消えさったの, 消えた, 消えたよう, 消える女, 消え去って, 消え去りました, 消え去る, 消え込んで, 溶けようと, 火の粉が, 無事葬り去られる, 片付けて, 眼いろ, 瞳を, 編笠を, 舞うよう, 舞ふ, 花の, 葬った後, 葬って, 葬つて, 葬られそう, 葬られた形, 葬られるか, 葬られるの, 葬り去られたの, 葬り去られて, 葬り去られる運命, 葬り去る, 葬り去ろうと, 葬ること, 葬るの, 葬ろうとの, 行く路, 誘い入れると, 誘い出して, 走ったかと, 走りだして, 足を, 踏み込みジメジメ, 躍り出して, 身を, 転がり落ちた, 転げ出して, 転げ落ちる, 転落し, 轉がり落ちた, 退藏, 送って, 逃げ出して, 逃げ散って, 通り過ぎる記憶, 進んだかの, 達するまでの, 遣っては, 飛びこむと, 飛び下ります, 飛び下りる, 飛び出して, 飛んで, 飛鳥と, 首を, 馳けた, 駈け去った, 魔形に, 黒い姿, 鼻の

▼ 闇~ (141, 1.9%)

16 なった 3 憂鬱と, 憂鬱とは, 靄との, 靄の 2 かやされ, なって, なつた, なりに, なり闇, 一緒に, 光の, 孤独に, 沈黙との, 靄とで

1 [93件] いうでは, けがれが, して, そこに, たたかって, なったの, なった小路, なりけるに, なりて, なり今, なり歩こうにも, なり皆目, なり空虚, なり雲, なるそこで, なる身, なろう, はいっても, みちづれじゃ, みちづれぢゃ, 一つに, 一体を, 一如に, 云うもの, 云っても, 云ふ, 交わって, 交錯し, 光, 光とが, 光との, 光りとの, 光りの, 冷気は, 千年の, 半開的な, 合した, 同じくら, 呻き声, 土とを, 地の, 地の利を, 声を, 変りはてた, 夢とを, 大きな深み, 娑婆のみ, 憂鬱とに, 憂鬱との, 憂鬱とを, 憂鬱の, 明るい電燈, 森と, 死と, 気候が, 水であった, 水の, 沈黙に, 海面とを, 深い山, 混乱が, 為ったけど, 無言の, 物の, 白浪だったであろう, 知りつつ, 稲の, 立ちこめて, 緑色と, 自分と, 落葉の, 蚊うなり, 融け合いながらも, 見るこそ, 見分けること, 言っても, 調和する, 雨との, 雨風に, 雪の, 霧に, 露との, 青田の, 静寂と, 静寂とが, 静寂とさえもが, 静寂の, 静寂ばかりが, 顔が, 顔との, 風との, 風音ばかり, 飽和した

▼ 闇~ (141, 1.9%)

5 あやなし梅 3 あやなし 2 いよいよ深く, 濃い, 終らむ, 雨を

1 [125件] あたたかし, あぶなし槍梅, あやなしあや, あやなし星, あらゆる光, あり得ないので, いたって, いつ晴, いま盜食む, いよいよくらく, いよいよ暗く, お米, かれら, この打ち開けた, この日本的封建制, しだいに熟れ, しないと, じめじめ泥濘, すさまじい動物ども, すべて敵の, せまり雪, そこで, そのため, その見えない, その頃, それから暫く, だいぶ濃い, だんだんと, どうやら明け方, ない, なかった, ひしひしと, ひとつの, ふかく開け放たれた, また人影, やけに暗い, ようやく深く, よし, わしに, ズッと, マロニエの, 一しほ, 一寸さき, 一層濃, 不気味な, 世間の, 二十分間ほど, 佇み落ち, 何十日ぶりで, 僕自身だ, 元の, 元より, 冷, 冷え冷えと, 同じこと, 吹雪に, 四方八方から, 地平を, 墨よりも, 壁間を, 声も, 夜も, 夜中の, 大嫌いだ, 奥までも, 定めしその, 実の, 寂と, 平気で, 底知れぬ, 当り前, 彼女の, 忍ぶ者, 恐ろしいほどに, 戸の, 晴る, 暗いし, 暗く濃く沖, 果てなく広く, 櫓韻に, 次第に薄らい, 此処をも, 氷つた, 波と, 海より, 消えるであろう, 深いので, 深くこの, 深くて, 深くひっそり, 深まつ, 測知, 漆の, 漸く我等, 濃いの, 濃くその, 濃くなっ, 濃くなる, 焔に, 特に濃, 獨座の, 益々暗, 益々濃く, 神々しい幾つ, 絶対の, 続いて, 綾なし一様, 緑が, 落ちかかって, 蛇を, 血の, 西の, 足を, 追撃を, 重い不思議, 鎧戸の, 開いて, 間近く押寄せ, 闇として, 限りなく, 際限も, 雨に, 非常に, 黒一色に, 鼻を

▼ 闇~ (99, 1.4%)

4 あつた 2 一寸先も

1 [93件] あげた, あたりに, おおい隠して, おおわれたその, おおわれてるこの, こう呼ん, ござります, すると, そこからは, そのくせ, その上, その闇, そよとの, それは, ただわあわあ, でんぐりかえるのが, とざして, どこに, はっきりした, はつきりした, もうけて, よくわかりません, スーッと, パチパチと, 一寸は, 一寸先の, 七五三科白で, 三十七円, 上部だけを, 互に睨みあった, 人っ子一人通らなくっ, 人の, 何にも, 何處とも, 使って, 兄に, 先生お, 包んで, 吠える, 呼ぶよう, 命を, 咫尺を, 圧し縮めた, 塗り潰し太陽, 声が, 売るぐらい, 夜おそく, 寒い山風, 左近と, 彼女を, 後ろから, 忍び会いもし, 扉も, 救いを, 星さえ, 暗がりであります, 有つた, 法月弦之, 海の, 演じた独り芝居, 煙草を, 物凄かった, 生憎粉雪, 盛に, 直義一人を, 私の, 稼いで, 穴蔵の, 空だけが, 穿けるの, 穿ける智炬, 窓の, 群犬に, 聞く, 背後から, 苔の, 虎七と, 行かなければ, 見えなかったの, 見えぬ広縁, 見たの, 買い入れなければ, 買うという, 買って, 足許さへも, 道を, 遠くから, 闇が, 雨が, 靄が, 青梅の, 顏の, 鯖の

▼ 闇~ (57, 0.8%)

5 空間は 2 中で, 小屋の, 顔を

1 [46件] うちに, から其様, から闇いま, のにヘッドライト, のに人越し, のに家, は闇いがひろ, は闇いし, ッぱいに, 一筋町が, 三河島の, 事をも, 六畳の, 内に, 内陣の, 嘆きの, 土手を, 夜, 夜である, 夜に, 夜は, 床の, 所へ, 方へ, 時の, 木陰に, 深い穴, 潮の, 灯の, 為ばかり, 無数の, 狭い路地, 真闇, 眼を, 社会に, 程である, 空から, 空に, 空は, 蔭に, 路を, 車内スッカリ変った, 道を, 間, 閾を, 闇い

▼ 闇~ (42, 0.6%)

2 の飛礫

1 [40件] からのそり, から不意, から罵詈怒号, では, でも多少, で行われた, においてこれ, にそういう, にそそり立っ, にほのか, にわが子, に光っ, に光る, に動き出した, に動く, に姿, に構え, に沒, に泣きくずれる, に浮動, に灯, に葬り去られた, に蛞蝓, に見る, に跳躍, に迷っ, に金屑, の乱刃, の事, の何物, の動揺, の渦巻分時, の雁, をとび, を右往左往, を摸索, を歩き, を歩める, を見通す, を逃げ出しました

▼ 闇市場~ (40, 0.6%)

4 の中, を歩い 3 の食堂 2 で売っ, のこと

1 [25件] だ, では, ではミカン, では一杯十円, では既に, でまるで, で普通, で煙草, で道, になっ, に一歩, のよう, の取締り方一つ, の喧騒, の噂, の汚な, の片隅, の特色, は商人, へ行け, へ飛び, を歩く, を見る, を語る, を通じてちゃんと

▼ 闇~ (38, 0.5%)

2 のである

1 [36件] うちに, こわい横丁, ところに, の, のであった, ので確たる, ので誰, ので顔かたち, のに俺, もので, んです, 人波の, 処で, 処でも, 力には, 向ふ, 坂を, 夜だつた, 安らかさが, 小屋の, 影の, 攘実家と, 斯の, 晩だった, 晩です, 晩に, 植込に, 洞穴の, 溝口の, 生暖かい地, 窪地に, 藪陰で, 道の, 都会の, 階段を, 頭の

▼ 闇~ (34, 0.5%)

5 なつて 3 なって, 葦原の 2 なった, なつた

1 [19件] ない, なつた家, なつた小屋, なりかけた, なりて, なりました, なり候まま, なり身, なると, なツ, 下の, 且暑かつ, 之を, 成つた時後を, 消えて, 疎なる, 蒼黒く, 静なる, 高い空

▼ 闇~ (31, 0.4%)

3 潮の

1 [28件] あらしに, ころ思いがけなく, ときは, に伝, に提灯, に沈む, もたより, より僅, より闇, を照らす, を燈, 世を, 仕事場に, 其身に, 夜と, 夜道を, 大藪なれ, 小部屋, 底に, 時, 杉の, 柳の, 椰の, 横町に, 水中を, 浪路の, 炭がま鼻の, 胸にも

▼ 闇にも~ (28, 0.4%)

4 それと

1 [24件] かかわらず私, きらめいて, しるき白雪, そのすべ, なお朝, ほの, ほのかに, やって, ゆる葉かげ, キラリと, 人人が, 光るピストル, 我から, 歓びあり, 歡びあり光にも, 浅ましい自分, 白く浮出し, 目に, 艶な, 落ちない業, 著く鬱蒼, 輝く二つ, 陽は, 隠れん月

▼ 闇~ (28, 0.4%)

2 これより

1 [26件] あつて, あり山, かなり長い, ここへばかりは, なくてやは, はっきりし, まさに晴れよう, 一枚, 亦そして鋪道, 光さすごとし, 公定も, 包み切れなかったの, 厭わず麓, 同じだ, 更によし, 歩かせられた, 消え白日, 激しいと, 生じぬ, 異らね, 知らるれ, 親しい樣, 踏む足, 闇の, 闇を, 風も

▼ 闇討ち~ (18, 0.2%)

2 にしよう

1 [16件] が発覚, で怪我人, にされ, にされた, にし, にした, にする, にでもする, に掛よう, に逢う, に遭いかけた, のこと, はおそらく, を木, 以来もう, 放火至る

▼ 闇~ (16, 0.2%)

1 [16件] から, からよかっ, から或, がどこ, けれど, けれども蒼い, つたところが, ということ, なと思い進む, のに赤い, まりから, まりの, よお, よ毎日役所, 他からも, 地獄だ

▼ 闇には~ (16, 0.2%)

2 彼等の

1 [14件] ひとり, ほのかな, まぎらふ光, 三位卿の, 何か, 恐ろしい嵐, 慣れて, 慣れないので, 次第にかすか, 灯が, 照り込む, 白地の, 雪が, 鳰の

▼ 闇打ち~ (16, 0.2%)

3 にする 2 にし

1 [11件] されるに, にうつつ, にかけ一刀, にでも遇, に会っ, に打ち果そう, は卑怯, をくい, をくらう, をしかけた, を喰らわされる

▼ 闇~ (15, 0.2%)

3 の下

1 [12件] から吹く, がわずか, ただ秋, に旋回, に羽, に黒い, をこがす, をつんざい, を映す, を焦, を睨め, を走る

▼ 闇がり~ (14, 0.2%)

2 のなか

1 [12件] から大きな, から這, から顔, が御, ではある, でよく, で水, にした, に路次, の奥, を照す, 横丁の

▼ 闇との~ (13, 0.2%)

2 中に

1 [11件] ぼんやりした, 不思議な, 中へ, 堺を, 息苦しい神経戦, 林を, 権力が, 深いうち, 間に, 関係は, 關係の

▼ 闇という~ (11, 0.2%)

1 [11件] ことは, ことを, たとえが, のが, のは, ものが, ものは, やつで, アントが, 真暗な, 言葉も

▼ 闇商売~ (11, 0.2%)

2 の手伝い 1 からも足, であり賭博, でもやっ, で有閑的, などに参画, のお手伝い, の仲つぎ, の面白, をやっ

▼ 闇祭り~ (11, 0.2%)

4 の晩 2 の日 1 で有名, に連れ出し, のくらやみ, を一度, を見物

▼ 闇でも~ (10, 0.1%)

2 わたしは 1 ない灰色, なければ, よくわかる, よく見える, わかる人影, 知れる鼻, 花と, 見當位

▼ 闇へと~ (10, 0.1%)

2 進み始めた 1 帰る, 影を, 消えて, 生れて, 突き進むの, 葬られる, 葬り去つて, 身を

▼ 闇より~ (9, 0.1%)

1 ほかに, 出で, 吠えて, 暗かった, 絶対の, 闇へ, 黒くた, 黒くただ, 黒く歯

▼ 闇よりも~ (9, 0.1%)

1 いっそう人, いっそう深沈, ひときわ黒く, 凄じい, 凄味が, 彼女の, 濃い影, 濃い樹, 濃い樹木

▼ 闇商人~ (9, 0.1%)

1 が並び, が住む, が語っ, といふもの, などにばらまかれる, になっ, の軒店, らしい男, を善用

▼ 闇とは~ (8, 0.1%)

2 云っても 1 いよいよ深く, このこと, 切っても, 実は薄, 言いながら, 関係なく

▼ 闇ばかりが~ (8, 0.1%)

2 あった 1 二人の, 天地であった, 拡がって, 立ちこめて, 見えるだけ, 領し

▼ 闇~ (8, 0.1%)

2 憎多き 1 はらかき, 先刻からの, 動揺に, 春酣と, 水明りの, 蛍狩

▼ 闇を通して~ (8, 0.1%)

1 あの人, そこあたりと, たがい, ためつすかしつするよう, 相手を, 見たの, 見定めれば, 長い間

▼ 闇ブローカー~ (8, 0.1%)

1 といふもの, など, になんかなりゃがっ, のよう, の取引, の浜田, らしく見えました, を始め

▼ 闇穴道~ (8, 0.1%)

2 におりたち 1 という道, といふ道, の入口, を歩い, を磔負, を過ぎ

▼ 闇買い~ (8, 0.1%)

3 をしない 1 がどんな, とか生きる, はちっとも, もしない, をわるい

▼ 闇であった~ (7, 0.1%)

1 がほのか, が何者, が彼, が手, が闇, 私の, 納屋の

▼ 闇をも~ (7, 0.1%)

1 とばして, 余して, 忘れるまでに, 瞬間に, 見抜く力, 透す明眸, 雨雪をも

▼ 闇~ (6, 0.1%)

3 は闇 1 が加, この吹降り, はスチピオ等

▼ 闇~ (6, 0.1%)

1 いと子君伯母なる, 互に顔, 天に, 家は, 碓氷の, 磯は

▼ 闇そのもの~ (6, 0.1%)

2 の真理 1 が消す, に関する真理, の音, を認識

▼ 闇といふ~ (6, 0.1%)

1 ものは, ものを, やうな, 事を, 無氣味, 真黒な

▼ 闇ながら~ (6, 0.1%)

1 その前, 四方が, 戦盲い寝る, 空には, 空模様が, 立った

▼ 闇なる~ (6, 0.1%)

2 は母親 1 庭の, 彗星が, 鈴ヶ森, 鎖から

▼ 闇物資~ (6, 0.1%)

1 が持ち込まれる, で巨利, の仕事, の仲次ぎ, の売買, をあさっ

▼ 闇男屋敷~ (6, 0.1%)

1 じゃといいだしたのでござります, とやらにも必ず, とやらはなん, のお, のおふくろ, の七造さま

▼ 闇~ (6, 0.1%)

1 が日本, が高価, の存在, の買える, への権利確認, をつかっ

▼ 闇~ (6, 0.1%)

1 と感触, に打続き, の幕, の瞼, の絶壁, の肉体

▼ 闇試合~ (6, 0.1%)

1 が始まつ, が行われ, でどうにか, は女中, は眞, を評し

▼ 闇であり~ (5, 0.1%)

1 声の, 妖雲であった, 生の, 行為の, 闇の

▼ 闇である~ (5, 0.1%)

1 いつもの, ことは, だけ鳴る, 夜は, 闇を

▼ 闇とが~ (5, 0.1%)

1 あるだけ, 二条に, 光線の, 山を, 葉子の

▼ 闇とに~ (5, 0.1%)

1 一際物寂しく, 代ったのみ, 包まれ残って, 抵抗し, 満ちた球形

▼ 闇なり~ (5, 0.1%)

2 鷺の 1 この時, 即ち官能智, 此時こんな

▼ 闇なれ~ (5, 0.1%)

1 とねがふ, ども燈入り, ばこそ燃えた, ば衣, 真冬なれ

▼ 闇にな~ (5, 0.1%)

2 つてゐた 1 つてゐ, つて乗つ, つて濕つた土の

▼ 闇~ (5, 0.1%)

3 にし 1 な諸, に混雜

▼ 闇撃ち~ (5, 0.1%)

2 にしよう 1 にした, にする, 以来にわかに

▼ 闇煙草~ (5, 0.1%)

1 の値, の販売, は依然, を吸, を売っ

▼ 闇~ (4, 0.1%)

1 に起き, に起きた, 所へ, 明りだ

▼ 闇かつ~ (4, 0.1%)

21 たから, たので

▼ 闇くし~ (4, 0.1%)

1 て且, て妙義, て邪, なれども

▼ 闇だけ~ (4, 0.1%)

2 であった 1 だ, 岩太郎は

▼ 闇であっ~ (4, 0.1%)

1 てなに一つ識別, てみれ, て物, て至る

▼ 闇です~ (4, 0.1%)

1 から外, し頭, ね, よ篠田さん

▼ 闇では~ (4, 0.1%)

1 あり覆面, ないか, 如何にも, 虫が

▼ 闇として~ (4, 0.1%)

1 安んずること, 感ずる心, 矛盾した, 經驗されるであらう

▼ 闇とを~ (4, 0.1%)

1 共に顯, 挟んで, 眼界に, 超えしのみ

▼ 闇にあたって~ (4, 0.1%)

1 ガチャン, ズーンと, ドボーン, 丹羽昌仙の

▼ 闇川吉人~ (4, 0.1%)

1 が幸い, が自ら二役的存在, の幻想, は一脚

▼ 闇~ (4, 0.1%)

4 の神

▼ 闇~ (4, 0.1%)

2 の隧道 1 の中, の核心

▼ 闇~ (4, 0.1%)

1 じゃ闇男屋敷, のうわさ, の細工, をでっちあげ

▼ 闇~ (4, 0.1%)

1 かつぎ, とおそろしい, の相場, はいくらでも

▼ 闇~ (4, 0.1%)

1 と, に紛れ, また闇, よりも濃い

▼ 闇あり~ (3, 0.0%)

2 休息あり 1 即ち肉

▼ 闇~ (3, 0.0%)

1 とも子らは, 子ゆえの, 蛍か

▼ 闇~ (3, 0.0%)

21 やありません

▼ 闇にと~ (3, 0.0%)

1 ざゝれ行く手の, ぢこめる, 堕りた

▼ 闇への~ (3, 0.0%)

1 ご処置ぶり, 方向を, 運命に

▼ 闇一色~ (3, 0.0%)

1 であった, であつ, のあたり

▼ 闇太郎雪~ (3, 0.0%)

3 之丞

▼ 闇川橋~ (3, 0.0%)

1 のあたり, の欄干, を通りける

▼ 闇左衛門~ (3, 0.0%)

1 と, と云っ, の世話

▼ 闇御津羽~ (3, 0.0%)

3 の神

▼ 闇~ (3, 0.0%)

1 にされた, のやう, を食

▼ 闇~ (3, 0.0%)

1 たるもの, として二列, と氷雨

▼ 闇~ (3, 0.0%)

1 たりか, として眼, とする

▼ 闇~ (3, 0.0%)

1 を一日, を仕入れ, を買

▼ 闇黒中~ (3, 0.0%)

2 かの二谷 1 に灯火

▼ 闇黒状態~ (3, 0.0%)

1 に入れ変っ, に立ち帰った, はソックリ

▼ 闇おちぬ~ (2, 0.0%)

1 今はた, 闇の

▼ 闇がり坂~ (2, 0.0%)

1 を通った, 知ってたっけか

▼ 闇~ (2, 0.0%)

2 くに夜の

▼ 闇しか~ (2, 0.0%)

1 ないが, 見えなかった

▼ 闇じゃ~ (2, 0.0%)

1 ないという, 狼が

▼ 闇その~ (2, 0.0%)

1 横径の, 物が

▼ 闇それ~ (2, 0.0%)

1 を彼, を従横

▼ 闇ただ~ (2, 0.0%)

1 よふ, トロイカが

▼ 闇たる~ (2, 0.0%)

1 海を, 闇の

▼ 闇だった~ (2, 0.0%)

1 が伽藍, のだ

▼ 闇であろう~ (2, 0.0%)

1 がその, と沼

▼ 闇でなく~ (2, 0.0%)

1 ては見えぬ, ては見る

▼ 闇としか~ (2, 0.0%)

2 私には

▼ 闇とともに~ (2, 0.0%)

1 こ, わが

▼ 闇とも~ (2, 0.0%)

1 微明, 雲とも

▼ 闇に対して~ (2, 0.0%)

1 どれだけの, 決して落着き

▼ 闇ばかり~ (2, 0.0%)

1 であつ, でなし

▼ 闇ふかく~ (2, 0.0%)

2 翼ふる

▼ 闇へも~ (2, 0.0%)

1 はや死, 入ろうと

▼ 闇ゆく~ (2, 0.0%)

1 おとながら, 旅びとは

▼ 闇をさえ~ (2, 0.0%)

1 奪って, 押しのけるほどにも

▼ 闇ドル~ (2, 0.0%)

1 のこと, の話

▼ 闇~ (2, 0.0%)

1 でも明日, の沙汰

▼ 闇世界~ (2, 0.0%)

1 に美しい, を照破しつ

▼ 闇仕合~ (2, 0.0%)

1 となる, のよう

▼ 闇~ (2, 0.0%)

2 之淺深

▼ 闇~ (2, 0.0%)

1 が何やら, が何やらさっぱり

▼ 闇値段~ (2, 0.0%)

1 で集められた, を吊り上げ

▼ 闇右衛門~ (2, 0.0%)

1 が咄嗟, という子分

▼ 闇売買~ (2, 0.0%)

1 が横行, の種

▼ 闇~ (2, 0.0%)

2 をゆくごとく

▼ 闇太郎二人~ (2, 0.0%)

1 とも身, の背中

▼ 闇太郎例~ (2, 0.0%)

1 の吉原, の堅気

▼ 闇太郎御用~ (2, 0.0%)

1 だ, と言った

▼ 闇山津見~ (2, 0.0%)

2 の神

▼ 闇~ (2, 0.0%)

1 が先日, のよう

▼ 闇成金~ (2, 0.0%)

1 の息子たち, の苅谷勘一郎氏

▼ 闇~ (2, 0.0%)

1 などのこと, を一手

▼ 闇~ (2, 0.0%)

1 と來, と来る

▼ 闇淤加美~ (2, 0.0%)

2 の神

▼ 闇行く~ (2, 0.0%)

2 水に

▼ 闇~ (2, 0.0%)

1 には大, の念

▼ 闇~ (2, 0.0%)

2 戸賣

▼ 闇~ (2, 0.0%)

1 にし, 各各不同也

▼ 闇黒世界~ (2, 0.0%)

1 であるに, を一斉

▼ 闇黒時代~ (2, 0.0%)

1 にそれぞれ, を一時

▼ 闇黒裡~ (2, 0.0%)

1 に坐し, に蠢く

▼ 闇~ (2, 0.0%)

1 の裡, の間

▼ 闇~ (2, 0.0%)

1 が儒教, ノ程朱ハ

▼1* [312件]

あちらの隅, 闇あまねく天を, 闇いくさただ, 闇いしなん, 闇いでしようと思う, 闇いところから呼ん, 闇いとど春夜は愛し, 闇いなかへ放たれ, 闇いのですから蠅, 闇いまで働いた, 闇いや菩提の, 闇かき昏す恐しい, 闇かぎりなき迷, 闇かと見ると, 闇からは何の, 闇からも悲しげ, 闇がさつと裂ける, 闇がはびこつちまふンです, 闇がりまぎれにきけ, 闇がり坂のに肖, 闇がり坂以来気になる, 闇きあらしのを, 闇きらんぷの, 闇き空いかばかり, 闇くって分りません, 闇くなるといつた短い, 闇くらき中にも, 闇くる風に, 闇くわしゅう申せ, 闇く寒く物すごき日なりき, 闇く青い宿命の, 闇ぐらつきなどと, 闇ぐるみ血の香, 闇けむと思ふを, 闇この戦は, 闇これは何, 闇さえ透して, 闇さんを捕り, 闇さん今夜の首尾, 闇さん立派なもの, 闇しのびにつのる, 闇ゃないちゅう訳で, 闇すべてはただ人肉, 闇そこは空間, 闇そこで生きて, 闇そのうち前後左右には, 闇そよ吹く風の, 闇それに鎌倉じゅうは, 闇たどるがごとく, 闇だけで宮が, 闇だったらどんな気持, 闇だったろう覚束なげ, 闇だつたら提灯を, 闇だの小太, 闇って言うの, 闇つづきて月, 闇でございまして闇, 闇でございます提灯を, 闇でしかない, 闇でした声とも, 闇とか妖雲とかいう, 闇とて路の, 闇とばかり見えた向う, 闇と共に去って, 闇なかに憩, 闇などとは何処か, 闇などはできぬ身分, 闇などを眺めて, 闇ならめ道の, 闇なる痛みたへがたく, 闇なんというもの, 闇な坐舗に, 闇にとり残されるの, 闇によつて次第に, 闇にをびえながら乳母の, 闇に対する深き尊敬, 闇のみであった, 闇のみが宙に, 闇のみの世界を, 闇のもンやろ, 闇はしりえに退い, 闇はたへがたう, 闇はにほひぬ, 闇ひさぐ気遠, 闇ひと色の記憶, 闇ふかしひとりひそか, 闇ほど滑稽な, 闇ほのぐらき静寂に, 闇まさに終わり平和, 闇また闇, 闇または乏しき空, 闇までが一しおに, 闇みの中に囚, 闇めいた儲けで, 闇やみと騙され, 闇ゆ蟲のまひ寄り, 闇意志悪な, 闇き波, 闇わが半球を, 闇わしもこれ, 闇をば流れ来て, 闇ドーンとはねこまれた, 闇ランプの荒々しい, 闇ヲトオッテ広野ハラどんどん過ぎ, 闇一文無しの如来様, 闇一筋の道, 闇一色夜暁ければ, 闇三宝荒神さまと春の, 闇中不意に踏ま, 闇中何者が飛びかかる, 闇中問答を葛卷, 闇中孤坐, 闇中思索だつた, 闇中模索を行つた後やつ, 闇中錯覚のスリル, 闇久しぶりであったな, 闇葦原中國皆, 闇会社の十人, 闇伝いに寄り迫った, 闇の, 闇何處までも黒き, 闇使いの龕燈, 闇を負っ, 闇は何, 闇傾いたように, 闇へ行け, 闇兩手を後ろ手, 闇其の横径の, 闇冥界の大蛇, 闇の寒, 闇凡そ物の隈, 闇出版屋の横暴, 闇列車を思ひ出す, 闇口嗽ぎただち拝み珠数, 闇口嗽ぎただち拜み珠數, 闇右衛門穏松明の千吉, 闇同じ灯同じ, 闇同然だと, 闇と認められ, 闇吹き散らす鼻嵐を, 闇吹ッ消された燈火, 闇を曳き, 闇墜ちぬにほ, 闇などを含めれ, 闇売りの事, 闇売りいたしたのが, 闇多田治部右衛門遠山右馬介今井九兵衛江間右馬丞関甚五兵衛小幡又兵衛大熊備前守三枝新三郎長坂釣閑曽根内匠曽根喜兵衛三枝勘解由左衛門すなわち足軽大将, 闇天水桶のかげ, 闇太郎あっけに取られ, 闇太郎いい気そうに声, 闇太郎いつになく, 闇太郎さまさまるで, 闇太郎さんにわざわざ, 闇太郎それを見, 闇太郎ほんとうの敵, 闇太郎まちにまった, 闇太郎まん中ごろに立ち止っ, 闇太郎みじん油断のならぬ, 闇太郎わしも役儀, 闇太郎一たん立ち止ったが, 闇太郎一生の間, 闇太郎今日はいつも, 闇太郎住居とおぼしき, 闇太郎何を見出した, 闇太郎入口の戸, 闇太郎出入りの口実, 闇太郎匕首の血, 闇太郎同様この権門, 闇太郎問題で一杯, 闇太郎地団駄が踏みたい, 闇太郎塀について屋敷横, 闇太郎多言の場合, 闇太郎奥を見込ん, 闇太郎女ならお初, 闇太郎女中が茶, 闇太郎室内にはいっ, 闇太郎巧な擬声, 闇太郎弥蔵を解い, 闇太郎心に思う, 闇太郎急に小腰, 闇太郎手拭で裾, 闇太郎振り袖小姓の酌, 闇太郎暗がりにたたずんだ, 闇太郎暗然として呟いた, 闇太郎棒立ちになっ, 闇太郎殆ど押ッ取り刀で取りかこん, 闇太郎浪路のなき, 闇太郎玄関ざむらいに, 闇太郎等のごく, 闇太郎羽織をぬい, 闇太郎腹の虫がおさまらねえ, 闇太郎自身の面上, 闇太郎親分が, 闇太郎身の毛がよだっ, 闇太郎遁れぬぞ, 闇太郎道具屋の小僧, 闇太郎闇太郎で自分, 闇始終その中, 闇婆さんの手腕一つ, 闇の闇, 闇山祗を崇めた, 闇師城に学舎, 闇幸福と受難, 闇広く続ける中, 闇に涙, 闇弱張魯は北, 闇弱楊儀の失敗, 闇が大きな, 闇の恐しい, 闇必殺の危地, 闇づる弱き, 闇悲母の迷い, 闇にし, 闇とわが, 闇我々の小さな, 闇に駈け入った, 闇打ちさせるがごとき, 闇打ちしようとした, 闇押し分けて白く, 闇し壊れくづるる, 闇料理をし, 闇料理朝風呂夜ぬいだワイシャツ, 闇方面そっちにかけ, 闇既に地上を, 闇の日なか, 闇暗に若い女, 闇暮しでいる, 闇に追, 闇曳き奔る, 闇とか聞く, 闇極度の曙, 闇し討ちや, 闇殊に風が, 闇沈む墓かげに, 闇の水音, 闇消えてゆく, 闇を帯, 闇深い中を, 闇深きに蟋蟀, 闇深く閉じこめて, 闇に浴す, 闇になった, 闇漁師もいるらしい, 闇最も悲観, 闇無限の衝動, 闇煙草屋である, 闇生みのわが子, 闇生活がはじまっ, 闇男本人の友次郎, 闇盲唖の院, 闇相半して, 闇でよく, 闇瞋恚の夜烏, 闇神秘の基礎, 闇とこの, 闇祭り見物ということ, 闇稲田を撫でる, 闇立ち迷ひ, 闇米屋という女性行商人, 闇紙問題にからむ, 闇縫うてほのか, 闇罔象の三神, 闇罔象女神があり, 闇肥りの連中, 闇能力を奪, 闇を劈く, 闇自体のつぶやき, 闇舟屋も闇漁師, 闇色なき声さへ身, 闇花明の里, 闇蒸したる岡, 闇にうごめき, 闇の呻, 闇より気, 闇行き行かんと, 闇街燈もネオンサイン, 闇街道ひた走りに飛ん, 闇ひくる, 闇見えるものは, 闇討ちされようとは思わなかった, 闇討ちだったから驚いた, 闇討ち食ってくたばりさらす, 闇師子前に, 闇の御方, 闇貪欲な力, 闇貴さまにははからず, 闇買ひと代用食の買, 闇をなす, 闇赤色に濁っ, 闇跡先見えぬ出来心, 闇迫る頃から, 闇逃げてくれれ, 闇ひ寄るが, 闇重き夜色の, 闇釣舟の中, 闇り返って, 闇に起き伏す, 闇闇のもなか, 闇隠れの兜, 闇露店はすっかり, 闇の中, 闇ちて, 闇を生ん, 闇食いで減らされ, 闇馴れて来た, 闇騒が起っていた, 闇鬱窟哉詔而射通坐即, 闇黒伝いに人眼, 闇黒寂寥孤独の中, 闇黒界の中, 闇黒雲なの, 闇黒面とを味