青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「閣下~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

間もなく~ ~間違 ~間違い 間違い~ 関~ ~関係 関係~ ~関心 関心~ 関東~
閣下~
~闇 闇~ 闘争~ ~關 關~ ~關係 關係~ ~阿 阿~ 附~

「閣下~」 2172, 23ppm, 4947位

▼ 閣下~ (696, 32.0%)

40 内閣を 38 内閣は 34 内閣に 28 内閣が 12 内閣と 9 属僚は, 屬僚は 8 徳を 7 名譽 6 為に, 爲に, 過失を 4 一言によ, 本意に, 統督せる, 議院政略が, 議院政略は, 過失は 3 お言葉, 名誉の, 為めに, 爲めに

2 [106件] おっしゃること, お口, お手許, お腹立は, お説, お顔, ところへ, やうな, ような, 一大失策なり, 久しく居る, 事は, 人物及其政策に, 健康到底, 内閣とを, 内閣も, 内閣よりも, 内閣を以て, 内閣亦, 内閣成る, 内閣時代に, 内閣極めて, 内閣組織とに, 内閣起る, 処決を, 初心たり, 初心なら, 利益ならざる, 利益に, 利益のみ, 前に, 前途に, 前途も, 前途を, 反省を, 司配せる, 名誉に, 境遇及び, 大功なり, 失政益, 失策は, 失策を, 威名を, 宜しく熟慮, 宜しく警戒, 宜しく領解, 尊敬す, 属僚と, 属僚等が, 属僚等は, 屬僚と, 屬僚等が, 屬僚等は, 崇拝者です, 崇高な, 席で, 得意も, 御債務, 御命令, 御清節, 心事も, 心事を, 意亦, 意思稍, 指揮に, 提出したる, 提携を, 政敵として, 政治上に, 既に之, 明鑑を, 晩節を, 晩節之, 最も憚り, 最大謬見は, 最後の, 有終の美を, 未來を, 未来を, 本意なり, 本領は, 本領を, 歴史及び, 死命を, 清節を, 災難なり, 無能力とを, 特色が, 特色の, 現位地, 生涯に, 畏敬せる, 聡明に, 聰明に, 肉親の, 肩上に, 處決を, 行動は, 議院政略より, 議院政略を, 責任は, 部下の, 野心を, 長所に, 閣僚たる, 閣僚に

1 [245件] あとを, いわゆる積極外交, おことづけ, おたずね, おっしゃるとおり, おっしゃるところ, おとり, おられるところ, お仕込み, お出し, お前がた, お名前, お呼びだ, お宅, お寐台, お寐臺, お智恵, お望みどおり, お皈, お耳, お胸ひとつ, お電話, こと再び, この食堂, ご友人, ご周旋, ご容態, ご決意, ご長男, ご高名, その館, ために, ため祝福さるべきであろう, は二十三本, ほうは, ほうへ, ほかには, まえまで, みごとな, ものを, よび使, アルセーヌ・ガマーシュ自身が, キリスト教徒たる, 一家が, 一瞥せられん, 一行を, 上に, 与に, 事で, 人柄から, 仇討だ, 令妹とよ, 仰せの, 仰せられまする体育, 使用せられる, 借切列車, 健勝を, 健康が, 側に, 偽物が, 傍観したる, 傍觀したる, 傲慢なる, 入れたもう, 内閣に対して, 内閣に対しては, 功労は, 功勞は, 危険は, 厚情万謝, 厚情萬謝, 厳令ある, 参謀として, 參謀として, 叱責を, 名稱, 名誉ならず, 名誉を, 味方を, 命令により, 命令通りパルチザンばかりの, 問題で, 国で, 国家に, 國家に, 執政に対する, 声望は, 声望を, 外交方針が, 夢にも, 失体ならず, 失体なりと, 失体は, 失體ならず, 失體なりと, 失體は, 奥さんは, 奥様とも, 奥様は, 姓字として, 子分に, 子女教育が, 孤独, 家においても, 家へ, 家事取り締まりである, 密使だ, 寛大なる, 寝室の, 寝間の, 対立も, 居間の, 属僚ある, 属僚たる, 属僚中には, 屬僚ある, 屬僚たる, 屬僚中には, 左右一人として, 布告は, 帰依者だ, 帽子柱の, 庇護の, 後数リーグばかりの, 御さし図, 御ため, 御保護, 御判断, 御名を, 御声掛り, 御好意, 御寛容, 御屋敷, 御意見, 御慈悲, 御権威, 御注意, 御留意, 御眼, 御耳, 御聲掛り, 御職務, 御肖像, 御記憶, 御註文, 御説, 御趣意通り, 御面前, 心臓が, 応接間は, 怠慢は, 怠慢を, 患と, 意見には, 愛嬢に対する, 愛嬢を, 態度は, 所へ, 政治的過失頗る, 方へ, 昇天の, 時間を, 晩節に, 晩節に対する, 有名な, 末娘で, 末娘にも, 机に, 条理ある, 松葉の, 枕の, 椿山荘とを, 椿山荘に, 椿山莊とを, 椿山莊に, 権能を, 機敏な, 気受けは, 海底戰鬪艇は, 演説は, 濶達な, 為には, 烱眼には, 爲には, 特別の, 独占せる, 独白が, 獨占せる, 現在の, 甥であった, 病は, 白い毬栗頭, 目が, 目に, 相棒だった, 真珠が, 示教せらるる, 祈祷所に, 秀抜なる, 精練の, 繁栄を, 耳底には, 聡明を, 聡明頗る, 聰明を, 聰明頗る, 肖像を, 胸三寸にも, 胸中も, 腹心の, 自動車は, 至急の, 與に, 莫逆の, 血統だけ, 行動に関しては, 言われた事, 計画どおりに, 訓辞を, 説に, 謙辞に, 謙辭に, 警察の, 議会に, 議會に, 護衛で, 財産に関する, 貴き家庭, 貴誨, 質問に, 軍を, 辞職を, 辭職を, 部下なる, 部下は, 部屋へ, 隣まで, 面上の, 面目を, 頭の, 頸の, 額だけは, 顔が, 高唱せらるる, 鵞鳥を

▼ 閣下~ (364, 16.8%)

6 唯だ, 曾て, 此の 4 それを, 彼れ, 政治家として 3 私の

2 [42件] たと, わたくしの, 不幸に, 之れ, 今や一方, 元帥の, 先づ此の, 内閣組織の, 前には, 又し, 單に, 固より, 宜しく漫, 宜しく閣下, 宣言し, 常に官紀, 常に政治家, 強て, 必らず, 恰も伊藤侯, 恰も謝安, 愕い, 憲政党内閣の, 憲政黨内閣の, 敢て, 斯る, 斷じ, 星亨氏を以て, 殆ど進退維れ谷まれる, 決して此機運, 清浦曾禰等の, 漫に, 現に此, 現在に, 目を, 私が, 稀有の, 絶えず彼, 自分の, 蒲柳の, 言った, 議院の

1 [247件] ああと, あえて論争, あたかも彼等, あのとおり丈夫, あの四千万円, あまりにも, ありがたいな, あれから, あゝ糠鰊, いかなるお, いつもこういう, いつも何事, いつも軍服, いまに, おしるこ, お前がたの, お忘れ, お洒落で, かくの, かつては, こう言われた, こっちへ, この戦車, この時裁判長閣下, この男, これからの, これらが, ご存知ない, さきほど被害, そういう人々, そのカーテン, その時, その暑い, それに, そんなこと, そんなにお, そんな俗人, たたみかけて, ただいま多忙, とかくソワソワした, とても私, どうかし, どうなります, なにか怒っ, なに用あっ, にがりきった, ほかならぬアーニャ, ますますひきつけられ, まず人間, また実に, まだ出発号令, まだ川上, みるみる蒼ざめた, むずかしい顔, やっと今, よろよろと, わが機関部, アサリ女史の, ウーンと, グウグウ卓にも, コヴェントリイ氏に, ジャーヴィス・ロリー氏を, ストライヴァー氏, チブスの, ナカ, バーサッドと, ベッドに, 一たいどう, 一体どうなさる, 一段高い, 一瞬剣の, 丁寧に, 両大佐丈, 九分の, 二億五千四百万円の, 二億五千四百萬圓の, 今夜も, 他人の, 他出される, 何にも, 何処までも, 何時でも, 作り話も, 元來氣むづかしき神經質, 元來職守, 元來謹厚愼密, 元来気むづかしき神経質の, 元来職守に, 元来謹厚慎密に, 先見の, 八十五歳に, 内閣組織以來前代未聞の, 内閣組織以来前代未聞の, 再び新聞, 再び蛇髪復讐女神, 出動には, 初め猟官を, 初め獵官を, 初期議会を, 初期議會を, 判断が, 勲章を, 単に一個, 単に自由党, 単に議院政略, 又私, 古い猪猟槍, 同名異人が, 吾等の, 吾輩の, 哈爾賓から, 啻に行政官庁, 啻に行政官廳, 四頭の, 国体擁護の, 国民に対して, 垂幕の, 堂々と, 外出服を, 多数の, 多數, 大いに召, 大口を, 奇妙な, 女大臣と, 好色な, 學問も, 実に伊藤侯, 實に, 寧ろ三百代言, 少しも, 少し驚い, 尚お, 嵐の, 左の, 帰郷の, 幸運だった, 座席に, 庭を, 引退なさる, 当時の, 彼を, 御不在, 心配げな, 必ずや助力, 快く笑っ, 恐らく一般世人, 愕きの目を, 憤激の, 我が日本国, 或は帝国党, 或は帝國黨, 或は狸寝入り, 手を, 政治家たる, 断じて之, 断じて此, 新聞を, 方正謹厳の, 方正謹嚴の, 旅行馬車に, 日本語に, 昨夜ふけ, 昨日とは, 暑さ負け, 書見台から, 最早絶望, 未だに寢室, 本当になさらない, 果たして右, 格別の, 極力努力, 横つ, 此点に, 此點に, 殺害されました, 水戸黄門が, 浴槽の, 清浄円満なる, 清淨圓滿なる, 溜息を, 火把持を, 無条件で, 燕尾服に, 爆発する, 特に吾輩, 犯人では, 當時の, 眞の, 真に親しみ, 真の, 眠って, 神経が, 私には, 私を, 立ったり, 第五氷河期, 精, 精神病学的見地より, 素性高き, 終に属僚, 終に屬僚, 老年にも, 耳に, 聖き行ない, 腕の, 腰を, 自国宰相の, 自由党と, 自由党に, 自由党を, 自由黨と, 自由黨に, 自由黨を, 舌を, 苛立たしい声, 英國テームス河口の, 茨城北部の, 茲で, 藩閥元, 藩閥元勲中最も, 街鉄市有の, 街鐵市有の, 言い捨てるなり, 言を, 記憶せられる, 試運転の, 謙譲で, 議会の, 議會の, 貴様の, 貴様を, 身支度を, 辞任し, 追って, 閣下の, 閣下男爵は, 陪審官に, 随分お, 随分召し上ります, 非常に, 順々に, 頬髯と, 馬車から, 髭の, 鵞筆が, 鸚鵡の

▼ 閣下~ (203, 9.3%)

26 して 16 向て 6 比すれば 3 對する

2 [23件] おかれては, しても, よろしく, 亦た, 何の, 利非, 同情を, 容納せらる, 後事を, 御鑑定, 忠誠を, 慫慂する, 提供したる, 於ては, 於てをや, 最も親近, 望むに, 求めたりといふも, 留任を, 禍ひせ, 要求する, 迫りつ, 過ぐる者

1 [106件] あやまること, いらせられましょう, いろいろと, おっしゃられて, おつたえし, おねがいする, おめにかかること, お目, お目にかかった, お目にかかった時, お眼, お見せ出来る, お買い上げ, お願, お願いし, お願いしたい, お願いの, かくも, こう云う, これだけの, さう, ささげたまいサン, ささげたまいサン・ウーゼーブ閣下, ささげたまい云々云々, してからが, しろあなたがた, そう取次い, そう手厳しく, そのこと, それが, ちょうど故, よろしく披露, われわれ平民ない, 一杯喰わせ, 一礼した, 一筆書い, 之迄, 予期したる, 仕えて, 代って, 会いに, 伝へられ而, 似て, 信じて, 傳へられ, 受けが, 名付け親を, 向って, 向つて, 向つて斷然, 呈出する, 告げ参らすべし, 回答する, 報告し, 報告する, 声明せん, 小さなこと, 差上げる事, 当ろうか, 彼奴の, 御報告, 御挨拶, 御相談, 御遺失, 御面会, 念の, 恭しく敬礼, 手紙を, 敬礼, 是非共其の, 昼寝する, 最後的警告を, 比ぶれ, 決闘を, 父母の, 献ぜん, 献上し, 申しあげたいこと, 申し出て, 申上げたい, 盲従し, 盲従したる, 盲從し, 盲從したる, 直接お, 直接に, 直接知っ, 神護ある, 私が, 私を, 突然斯様, 答えて, 至急御, 覆いかかって, 見て, 言った, 言譯が, 話しかけた, 話しかけて, 請求しろ, 豫期したる, 負う私, 追いつくほどに, 関係ある, 願書を, 食べさ

▼ 閣下~ (153, 7.0%)

4 日本モルトケの, 此の, 策士の 3 おいでに

2 [21件] 一介の, 主義政見に, 伊藤侯の, 内閣を, 内閣首相たる, 如何なる内閣, 官紀振, 強て, 我々を, 政治の, 政治上の, 既往三年間の, 明治五年陸軍の, 星亨氏を, 有名なる, 果して頼つて以, 自ら天下に, 自ら知る, 自分の, 自治制度の, 議院政略を

1 [96件] あなたを, いつもサーベル, おだやかに, お入り, お継ぎ下され, お見え, この度, この青年, これまで, さっき述べた, そういう御, そう言った, その電文, それから彼, たった一言, なされたところが, のっそりと, まっ先にうなずいた, やろうと, ストライヴァー氏が, テレビと, 一七一四年七月二十九日に, 一度口を, 上背の, 乾杯の, 人造人間に, 人間に対する, 今日まで, 令の, 仮髪, 任を, 余りに国家, 偉大なる, 傲然と, 先頃チブスに, 処决の, 別の, 去年の, 君たちに, 君等などに, 命令せられた, 回航委員長の, 妾の, 安定を, 将校の, 属僚の, 屬僚の, 幹事だ, 弁論に, 弓を, 彼自身と, 御媒酌下, 御面会, 必ず私たち夫妻, 急に, 怪物を, 憤慨なさる, 政治舞台の, 政治舞臺の, 昨夜の, 有せらるる, 検事次長を, 殺害されました, 氷の, 燕尾服の, 犠牲に, 独り言の, 王党でなかったなら, 白旗の, 真犯人である, 矛を, 知って, 破れ鐘の, 私の, 立って, 第一, 第十三議会, 第十三議會, 絞首索を, 絵に対しても, 総理の, 職を, 苟めの, 葉巻を, 處决の, 行く, 表面御, 言った, 訊いた, 謹愼に, 謹慎に, 象狩りに, 通りかからなければ, 餘り, 鱶へ, 黙って

▼ 閣下~ (58, 2.7%)

3 自由党との, 自由黨との 2 いえば, 伊藤侯との, 伊藤侯とは, 同主義, 提携を, 斎藤先生に

1 [40件] いえども, いって, こう書く, なる, よく苦心, メノコ, 並んで, 云いさえ, 云つてしまつたです, 今呼ばれない, 同列な, 呼ばれたその, 呼ばれた人物, 呼ばれる男, 呼ぶけれど, 呼ぶし, 呼んで, 囃した, 女大臣アサリとの, 女大臣アサリは, 女大臣アサリ女史だった, 密通し, 帝国党との, 帝國黨との, 御一緒, 思つた, 戸山ヶ原の, 書きつけた, 武谷博士が, 益々情意, 盛んに, 私で, 私達は, 称し後, 綽名せられた, 自由党とは, 自由黨とは, 言って, 言われた言葉, 針金毛の

▼ 閣下~ (54, 2.5%)

4 死地に 2 して, 威嚇し, 御紹介, 目し, 眺めた, 窘窮せし, 誤らむとするものあり, 議長と

1 [34件] お先にゆかせ, どう思っ, また元, わたくしが, アリシア区附近で, 再び司令部, 冒涜する, 刺戟する, 始め御, 実際に, 客間に, 弁護する, 当世の, 慕って, 手玉に, 斬り私, 椿山荘より, 椿山莊より, 正式の, 爆撃する, 當世の, 真犯人として, 立たせて, 裁判官席から, 観れば, 觀れ, 診察に, 辯護する, 迎へ, 造ったの, 遇する方法, 金博士の, 陥擠, 陷擠せ

▼ 閣下閣下~ (41, 1.9%)

6 の内閣 4 にし 2 が星亨氏, と伊藤侯, と同, の内閣時代, の最大謬見, の閣僚, は或は, は政治家, は星亨氏

1 [13件] が属僚, が屬僚, と自由党, と自由黨, の示教, は二億五千四百万円, は二億五千四百萬圓, は元, は元来職守, は多, は多数, は議会, は議會

▼ 閣下~ (38, 1.7%)

2 おいでに, 亦其の, 亦寧ろ, 亦自ら伊藤内閣, 貧乏を

1 [28件] あまり気立て, いっさい御存知の, お待ちかねだ, この噂, し共同出資者, すでに五十, それに, ひどくお, よく御存知, よく話した, わたしの, 仲, 其餘の, 冠衣を, 喝破された, 希望し, 帝国ホテルの, 幾分精神, 御承知, 武谷広, 泣いて, 良く御存知, 親しく陣頭, 討伐の, 賭物に, 足繁く, 陸戦においては, 餘程前から

▼ 閣下我輩~ (24, 1.1%)

4 の見る, は閣下 2 の聞く, の記憶, は多年閣下, は曾, は特に, をし 1 が憲政党内閣, が憲政黨内閣, は閣下頃ろ辞任, は閣下頃ろ辭任

▼ 閣下~ (22, 1.0%)

2 に向, の主張, の異論, はこの, よ閣下等, を包擁 1 の万事, の守旧思想, の守舊思想, の尊名, の明, は上, は余, は狭義, は狹義, よ警戒

▼ 閣下~ (21, 1.0%)

1 [21件] されば, そして, それから, どうぞ私, もしあなた, よくお, 以上で, 何と言う, 其のお, 其の夜, 其の部屋, 女は, 妻は, 御自身, 持前の, 是は, 最初に, 次の, 私の, 私は, 閣下の

▼ 閣下から~ (15, 0.7%)

2 多少大目

1 [13件] いわれるまで, お先にお出で, お電話, こんな事, であります, なにを, ひとつ叱りつけ, 信頼を, 御注意, 手紙で, 本戦隊, 紹介し, 轟

▼ 閣下には~ (14, 0.6%)

1 [14件] あいかわらずそれ, すでにお気付き, そのへん, どこへ, 以前大へん, 労を, 小生の, 御不審, 御重病, 想像も, 方々で, 既にこの, 申し上げないで, 私も

▼ 閣下~ (11, 0.5%)

1 [11件] にはどちら, のお願い, の二重人格, は, はこの, はこれ, はその, はもう, は一昨日, は此兵曹, も帝国軍人

▼ 閣下に対する~ (8, 0.4%)

2 債権を, 私の 1 伊藤侯の, 反感は, 感謝の, 訪問客で

▼ 閣下より~ (8, 0.4%)

4 之れ 2 太甚しき 1 一言政府へ, 御定紋付

▼ 閣下~ (8, 0.4%)

1 命令は, 奮戦おめでとう, 存で, 安心下さい, 本尊が, 洞察に, 禮に, 腰懸け

▼ 閣下~ (8, 0.4%)

8 くは

▼ 閣下~ (7, 0.3%)

1 お祝いを, すすめて, よろしくは, よろしく仰有っ, 報告を, 差しだして, 申しあげたよう

▼ 閣下~ (6, 0.3%)

1 わかりですか, 使者と, 口の, 早くねがいます, 考えちがいを, 聞き下さいませ

▼ 閣下と共に~ (6, 0.3%)

2 到底立憲政治 1 朝日島に, 検分する, 詐偽の, 詐僞の

▼ 閣下にも~ (6, 0.3%)

2 御運 1 お分かり, お持たせに, お見せしなけりゃならん, 受けが

▼ 閣下~ (6, 0.3%)

4 に夫人 2 に校長先生

▼ 閣下~ (6, 0.3%)

4 の時 1 の政党内閣, の政黨内閣

▼ 閣下或は~ (6, 0.3%)

2 之れ 1 国家の, 國家の, 議会を, 議會を

▼ 閣下若し~ (6, 0.3%)

2 夫れ, 我輩に 1 当時の, 當時の

▼ 閣下これ~ (5, 0.2%)

1 が人間らしい, はポーニン, は東洋, は遊戯的, をお召

▼ 閣下という~ (5, 0.2%)

1 名を, 尊称を, 敬語さえ, 敬語と, 言葉を

▼ 閣下今日~ (5, 0.2%)

2 の計 1 は珍客, 若し政党内閣, 若し政黨内閣

▼ 閣下~ (5, 0.2%)

2 を以て内閣 1 うやら, して, でもございませぬ

▼ 閣下~ (5, 0.2%)

3 れは 1 れも, れを

▼ 閣下あなた~ (4, 0.2%)

1 のこと, はお, はぼく, は御存じ

▼ 閣下~ (4, 0.2%)

21 がごま化, ぞ

▼ 閣下~ (4, 0.2%)

1 いらっしゃいましたか, いらっしゃいますネ, 彼と, 材料部長の

▼ 閣下~ (4, 0.2%)

2 必ず負荷, 自ら其運命の

▼ 閣下何ぞ~ (4, 0.2%)

2 之れ, 早く之

▼ 閣下夫人~ (4, 0.2%)

1 が天涯, に親しく, の天使, の御意

▼ 閣下~ (4, 0.2%)

2 て日本 1 て民党, て民黨

▼ 閣下果して~ (4, 0.2%)

2 我輩の 1 帝国党を以て, 帝國黨を以て

▼ 閣下自身~ (4, 0.2%)

1 が立っ, の弁明, の辯明, もその

▼ 閣下この~ (3, 0.1%)

1 天下多事の, 屍体の, 数万の

▼ 閣下その~ (3, 0.1%)

1 へんは, 日は, 男は

▼ 閣下それ~ (3, 0.1%)

1 に使う, は有難い, は無理

▼ 閣下では~ (3, 0.1%)

1 ございませんか, ない筈, 怪盗二十面相を

▼ 閣下どう~ (3, 0.1%)

1 かお, かご用, なさる

▼ 閣下などは~ (3, 0.1%)

2 誰を 1 そばへ

▼ 閣下もう~ (3, 0.1%)

1 これで, だめです, 少時の

▼ 閣下一人~ (3, 0.1%)

1 の頭脳, の頭腦, は針金毛

▼ 閣下山木~ (3, 0.1%)

1 には無骨, の恋婿, は閣下

▼ 閣下恐らくは~ (3, 0.1%)

2 一日も 1 眞に

▼ 閣下あの~ (2, 0.1%)

1 一件と, 男の

▼ 閣下および~ (2, 0.1%)

1 スネーの, 淑女諸君いや

▼ 閣下こう~ (2, 0.1%)

1 云う事情, 考えますの

▼ 閣下~ (2, 0.1%)

1 考案, 自慢の

▼ 閣下じゃ~ (2, 0.1%)

1 ない, なかった

▼ 閣下それなら~ (2, 0.1%)

1 もう百パーセント, 一つ伺います

▼ 閣下~ (2, 0.1%)

2 とひ

▼ 閣下でも~ (2, 0.1%)

1 ある程度以上, 容易には

▼ 閣下とは~ (2, 0.1%)

1 何ごとである, 司令官の

▼ 閣下どうか~ (2, 0.1%)

1 私の, 行かないで

▼ 閣下どうぞ~ (2, 0.1%)

1 お入り, 伯爵と

▼ 閣下に対し~ (2, 0.1%)

1 おわびを, 天誅を

▼ 閣下への~ (2, 0.1%)

2 御恩

▼ 閣下よりも~ (2, 0.1%)

1 偉いの, 長く警視庁

▼ 閣下~ (2, 0.1%)

1 の海外, は女王

▼ 閣下をも~ (2, 0.1%)

1 五虎大将軍の, 憚らず

▼ 閣下を以て~ (2, 0.1%)

2 最も自己

▼ 閣下~ (2, 0.1%)

2 には閣下

▼ 閣下世に~ (2, 0.1%)

1 伝ふ, 傳ふ

▼ 閣下乃ち今~ (2, 0.1%)

2 に於

▼ 閣下乃ち此~ (2, 0.1%)

2 の時

▼ 閣下~ (2, 0.1%)

2 を肯んぜずし

▼ 閣下人生~ (2, 0.1%)

1 の楽事, の樂事

▼ 閣下今や~ (2, 0.1%)

2 我輩は

▼ 閣下仰せ~ (2, 0.1%)

2 の通り

▼ 閣下伊藤侯~ (2, 0.1%)

1 は今日自由党, は今日自由黨

▼ 閣下内閣~ (2, 0.1%)

2 を組織

▼ 閣下再び~ (2, 0.1%)

2 世に

▼ 閣下凡そ~ (2, 0.1%)

1 立憲国の, 立憲國の

▼ 閣下初め~ (2, 0.1%)

2 より一定

▼ 閣下~ (2, 0.1%)

2 より其過失

▼ 閣下~ (2, 0.1%)

1 東亜共栄圏を, 鳴門の

▼ 閣下存立~ (2, 0.1%)

1 の為め, の爲め

▼ 閣下実は~ (2, 0.1%)

1 今日お, 旧冬から

▼ 閣下専売~ (2, 0.1%)

1 の政綱, の貴重

▼ 閣下專賣~ (2, 0.1%)

1 の政綱, の貴重

▼ 閣下少し~ (2, 0.1%)

1 は自分, 右の

▼ 閣下~ (2, 0.1%)

2 ほ首相

▼ 閣下~ (2, 0.1%)

2 に之

▼ 閣下幸福~ (2, 0.1%)

2 なる閣下

▼ 閣下恐らく~ (2, 0.1%)

2 恢復す

▼ 閣下既に~ (2, 0.1%)

1 政党内閣の, 政黨内閣の

▼ 閣下日本~ (2, 0.1%)

1 の水兵, の飛行場

▼ 閣下~ (2, 0.1%)

1 をお召, 迄の所

▼ 閣下有終の美~ (2, 0.1%)

2 を成す

▼ 閣下~ (2, 0.1%)

2 に政界

▼ 閣下漸く~ (2, 0.1%)

2 貴族院の

▼ 閣下率直~ (2, 0.1%)

2 にいへ

▼ 閣下直接~ (2, 0.1%)

2 に其の

▼ 閣下相手~ (2, 0.1%)

1 がいけません, はなかなか

▼ 閣下~ (2, 0.1%)

2 から之

▼ 閣下自由党~ (2, 0.1%)

1 が閣下, を惑乱

▼ 閣下自由黨~ (2, 0.1%)

1 が閣下, を惑亂

▼ 閣下覚え~ (2, 0.1%)

2 て置い

▼ 閣下閣下今日~ (2, 0.1%)

2 の計

▼ 閣下閣下頃ろ~ (2, 0.1%)

2 某貴族院議員

▼ 閣下頃ろ~ (2, 0.1%)

2 某貴族院議員

▼ 閣下~ (2, 0.1%)

2 ふに

▼1* [170件]

閣下ハッハッハ, 閣下ああしてやるの, 閣下いかがでしょう, 閣下いずれ明日, 閣下いったい高尚な, 閣下いや男爵は, 閣下いよいよ御子息, 閣下お初にお, 閣下お話しいたしましょう, 閣下お願いでございます, 閣下からの命令です, 閣下かんしんなさっ, 閣下きのうはいった, 閣下これからあの川上, 閣下これ以上の事, 閣下さきほどは不体裁, 閣下そういう萎びた草, 閣下それだけは, 閣下それではお話が, 閣下そんなことを, 閣下ただ今わが, 閣下たちの乗っ, 閣下だけであるらしかった, 閣下だけはぼんやりと, 閣下だつて私共, 閣下であっただけに極めて, 閣下であることは, 閣下でさえその席, 閣下ですか, 閣下でなくて一個, 閣下といふわけにも, 閣下としか呼ばなかった, 閣下とじぶんの, 閣下とぞ呼びける, 閣下とともに五分後に, 閣下とに吾等の, 閣下ともいうべき顔つき, 閣下どうか悪しからずお読み下さい, 閣下などとはどうだろう, 閣下なにがおかしい, 閣下においても殊の, 閣下にさえ真直に, 閣下にたいしてなんの, 閣下にとって余りに御, 閣下にとっては不得策, 閣下によって十八世紀の, 閣下に対して厚き愛慕, 閣下に対するや始めより, 閣下ひどくご無礼, 閣下へとして次ぎの, 閣下まあどうかお聞き下さい, 閣下また祝電が, 閣下まだ御到, 閣下もうそろそろ珊瑚礁に, 閣下もし妻が, 閣下多田中将, 閣下よく分りました, 閣下わたくしがたって, 閣下わたしはこれ, 閣下を通じてお願いしました, 閣下アドミラル閣下の名, 閣下カピュサン派の牧師, 閣下クラスのセダン, 閣下グランデーヴの司教領主シェザール・ド・サブラン・ド・フォルカキエ閣下, 閣下ダンチョン君にレザール氏, 閣下チブスの後, 閣下ナポレオン一世の在位, 閣下健康ヲ, 閣下マッチを貸し, 閣下マルタ騎士団の騎士, 閣下モアア忘レルモノカ芥川龍之介先生ハイノチ迄, 閣下ヴァンスの司教男爵フランソア・ド・ベルトン・ド・グリヨン閣下, 閣下一つ御免を蒙っ, 閣下一万フラン下されば, 閣下一大事でございます, 閣下一日休みを下さいませ, 閣下下水道は広い, 閣下世間は妻, 閣下乃ち自由党をし, 閣下乃ち自由黨をし, 閣下久しく拝謁を, 閣下にはネクタイ, 閣下事件の前後, 閣下仁科は重要書類, 閣下今回炭山の坑夫同盟, 閣下今年はキャヴァリエール, 閣下以下一万の勇士, 閣下は今, 閣下個人の御, 閣下全く松島様の, 閣下内閣組織以來屡, 閣下内閣組織以来屡, 閣下写真を一つ, 閣下初めて天に, 閣下利己心は世界, 閣下た近日元老会議, 閣下只今我々はちゃんと, 閣下只今甲板の上, 閣下はこの, 閣下大和雪原の日章旗, 閣下大阪も結構, 閣下太刀川みたいなあぶない, 閣下失礼ですが, 閣下は川, 閣下好きな女, 閣下好機會です例, 閣下のよう, 閣下宛配達致して, 閣下に容易, 閣下山賊が, 閣下が先刻, 閣下彼らはあなた, 閣下彼処を革命, 閣下彼奴等の取締, 閣下御免下さりますやう, 閣下忘れはいたしませぬ, 閣下恐らくは真に肝胆を, 閣下感ずるところあっ, 閣下づからわし, 閣下手前はあの, 閣下ひに, 閣下承知いたしました, 閣下新聞でより, 閣下日本軍の奴ら, 閣下早く行って, 閣下早く早く難破船の, 閣下明後日にせまる, 閣下昨夜の空襲, 閣下末弟の子, 閣下本艦は日本潜水艦, 閣下でハイシイドウドウ, 閣下死ぬ者は, 閣下決して左様な, 閣下潜水隊が出, 閣下男爵は男爵, 閣下盗み見たとは残念, 閣下來れ, 閣下看来れば閣下, 閣下の連判状, 閣下穗科信良は, 閣下等自身のため, 閣下被告喜平伏して, 閣下解除警報を出したい, 閣下誠に有難う御座ります, 閣下誤解なすっちゃ, 閣下を任命, 閣下諸君今日は慶應義塾五十年, 閣下警備飛行団長から祝電, 閣下議会は唯, 閣下議會は唯, 閣下貴下の言葉, 閣下起き玉へ, 閣下越權ながら報告, 閣下近来社会党がナカ, 閣下の踏台, 閣下道路伝ふる所, 閣下道路傳ふる所, 閣下野郎がすわせない飲ませない, 閣下釣瓶の水, 閣下鐵車も見事, 閣下長く同じ法衣, 閣下閣下内閣組織以來屡, 閣下閣下内閣組織以来屡, 閣下の中, 閣下など使はず, 閣下頃ろ辞任の意, 閣下頃ろ辭任の意, 閣下頼むから君, 閣下飛行島の主要部, 閣下馮副官からの無電