青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「退い~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

述べた~ ~述べる 迷~ ~迷信 迷信~ ~迷惑 迷惑~ ~追う 追う~ 追って~
退い~
~退屈 退屈~ ~送っ 送っ~ ~送った 送り~ ~送る 送る~ ~逃げ 逃げ~

「退い~」 1009, 10ppm, 10292位

▼ 退い~ (929, 92.1%)

21 しまった 19 いた, くれ 14 行った 11 行く 9 いった 8 いる 7 考えて 6 行って 5 いて, ゆく 4 いるの, おれ, くんな, しまって, 考えると, 考へて, 行くよう, 静かに

3 [12件] いたが, いること, いるよう, いろ, しまったの, しまつ, 下さい, 来た, 自分の, 行つた, 見て, 陣容を

2 [53件] いいか, いたの, いたので, おくん, お呉れ, きた, くれい, くれと, く時, これを, しまう, しまったという, そこに, ゆくの, ゆくよう, ゐた, ブチまける, ペロリと, 下さいつたらだまつて味瓜, 下さい茣蓙, 不安が, 不安な, 京都の, 他の, 何か, 入念に, 原因力を, 味方の, 安堵した, 居たが, 居ります, 平次の, 式の, 微弱な, 志賀家の, 村落に, 段々と, 民に, 独りに, 神田の, 第一, 線香を, 考えれば, 職員室の, 自己の, 行くかと, 行くの, 見ると, 貰うと, 身の, 身を, 野に, 鎌倉へ

1 [631件 抜粋] あくまで清洲城, あたかも罪人, あらためて墓地全体, いいかさえ, いいの, いきなりスラリと, いく過去, いたはず, いたん, いた各国公使ら, いた故郷, いた病軍師竹中重治, いた身, いた近習達, いったその, いったの, いった何人, いって, いつた, いつでも, いつもの, いな, いない, いない臭い, いなさい, いらっしゃるの, いるから, いるが, いると, いるもの, いる寄手, いる海, いる程, いろっ兵助, いろという, いろもう, いろッ, うす暗い, おいで, おいでよ, おくれ, おくれでないか, おくれよ, おくれ邪魔, おびただしい負傷者, おります, おりますから, おり所々, おれっ, おれと, おれの, お出でなさい, お茶が, お通しなさい, かえって蛇, かつかう, かわして, きたしかし, きたの, きた人たち, ください失礼, くださらなかつたら突き墜すか, くれいずれ, くれったら, くれ話, くんないか, くんなよ, この事件, この物騒, この頃, これは, ござったあの, さて人, さて味方, しばらくお, しまい資金, しまうと, しまうの, しまうよう, しまえるの, しまおうと, しまったこと, しまったほど, しまつて, しまつてゐた, しまひ死骸, しまふ夜, しまわれるの, すっくり真面目, ずずずと, そのビロード, その代り, その刀, その前, その拍子, その日, その板塀, その様子, その由来, その発, その私, その結果, その陰, それぞれ高地に, それには, ただ鉦, だしぬけに, ついに右腕, どうする, のんきな, はじめて慶喜, ひき抜くの, ひたと顔, ひとまず敵, ひと息入れ, ふたが, ほっとしかけ, ほどなく消え, ほど近き館山, ほれぼれと, ほんの直後, またあと, また乗っ取る, また先生, また酒, みて, みると, みるも, もう口, もう自分たち, もって, もとの, もらうよりも, もらう交渉, もらえば, もらおうと, やがて聞えなくなりました, やって, やるの, やれ, ゆきましたが, ゆくと, ゆくところ, ゆくやう, ゆく時, ゆく様子, ゆく潮, ゆく由, ゆく路傍, ゆく長蛇, ゆく音, よければ, よろしい, よろしいが, わたしの, ゐた蒲原氏, ゐても, ゐる, ゐると, サッとお, サツと, ジッと, ソロソロと, トあとびしやりをした駅員の, ハッキリと, ヴァランタンに, 一つの, 一人密かに, 一寸眼, 一散に, 一行を, 一身を, 三万にも, 三名此處の, 上陸出来る, 下さいこの, 下さいそして, 下さいとも, 不審そうに, 不思議そうに, 不通俗, 世の, 両袖, 両足を, 両雄いい, 中央に, 了った, 了ふと, 了ふんだ, 了海と, 予は, 二階の, 五つ衣に, 亜鉛塀に, 京橋宗十郎町の, 人を, 人夫たちを, 今の, 今度こそは, 今朝は, 今朝まで, 今通っ, 仕舞いました, 仕舞った, 仕舞った後に, 以来動物に, 仮に互, 伊那丸さまの, 休んで, 佇立む癖が, 何だか奥深い, 何よりも, 余生を, 例の, 保護を, 保身の, 倉庫の, 傍の, 備を, 僕は, 公武合体派が, 其由を, 再び南下, 再挙する, 刀へ, 初めて円座, 別に遠大, 別の, 半分窓障子の, 半獣主義, 協調と, 即座に, 又じいっと, 又昔, 叫んだ, 司馬懿が, 各一城, 各自の, 向かい立つて, 呆気に, 呑気に, 味ふこ, 咎なし, 図書館界を, 国へ, 坐られた, 場所を, 大刀を, 夫と, 女院の, 妻や, 娘に, 嬢の, 孤独に, 守るには, 家に, 宿内をも, 寂と, 密に, 寝衣, 対峙する, 寿春城の, 小夜菊師匠の, 小沛, 小谷城へ, 少なくともこの, 尾張の, 居た, 居た近習達, 居て, 居まわりが, 居るよう, 岩波書店の, 己に, 己れ, 常にぼんやり, 帽子を, 平伏したが, 平国香に, 床の, 座に, 庭縁の, 弘道館の, 弛めるか, 張の, 彼は, 彼女の, 彼女は, 後は, 後ろに, 後方の, 後軍に, 徐ろに, 従って沢子, 御寺へ, 御籠城, 徳州に, 心が, 心身を, 忽ち物の具, 恐る恐る顔, 恢復を, 恩裁を, 惰眠を, 愚案を, 感じられた, 懐来を, 我が心, 戸口に, 所有農園の, 扉の, 手を, 拘置所の, 拠るべき堅固, 挨拶しました, 控えた, 損害を, 改革いたす, 敦賀の, 日光が, 旧生活, 明朝へ, 春水自身も, 曠野の, 曰く我無, 更に熟, 更らに, 書院の, 有体に, 木の間木の間を, 来たが, 来た強者, 来た敵, 来た池田方, 来る, 東餅屋に, 林冲の, 果は, 植木の, 楯囲いの, 極力情状論, 横臥し, 欲するまま, 残兵を, 母親の, 気を, 気色ばみつつ, 水の上を, 永田馬場へ, 江戸の, 洋燈に, 洛陽に, 流し元の, 浙江省の, 浪花節の, 消え失せ間もなく, 淡々如, 清洲へ, 湖心の, 演劇の, 灯の, 無気味さに, 照りつける陽, 父の, 片手を, 狂瀾怒濤に, 独立し, 理解の, 田舎の, 男の, 男は, 男女の, 番する, 白梅屋敷の, 盗み聞きし, 目を, 相手を, 眠った事, 眺めたら全く, 眺めて, 眺め合は, 眺め合わした, 眼を, 瞑想の, 社会の, 神に, 神奈川に, 神祇門の, 私どもへ, 私に, 私は, 私達一家は, 程なく消え, 空しゅう帰っ, 空を, 窓の, 立って, 立つた, 立て直すこと, 端坐し, 笠を, 第一基, 第三線, 終つたれ, 終生の, 網を, 綿帽子を, 翌日は, 考うる, 考うれ, 考え, 考えたかった, 考えまするに, 考へますれば, 考へると, 考案の, 職は, 肉が, 胸を, 能く, 腕を, 腰障子の, 自ら養ふ, 自分が, 自殺の, 自由創造的と, 舞踏室の, 船は, 花が, 花王石鹸の, 若菜家は, 草深い里, 落ち付いた勉強, 薄い毳, 行かなかった, 行かねば, 行き, 行きたかつた, 行き寂寥, 行くこと, 行くやう, 行く時, 行く様子, 行く逞しい, 行ったの, 行った退軍, 行つてしまつ, 衝と, 西の, 見せると, 見たものの, 見張に, 見直しますと, 親娘, 計算の, 評議した, 読書か, 謹慎し, 謹慎せよ, 象牙の, 貰うか, 貰って, 貰ふか何方かに, 貰ふと, 蹌踉, 身構えたが, 車を, 転がりかけた茶碗, 透間もなく, 道が, 道ばたの, 道を, 遠く帰る, 都の, 都合二千余人で, 錫杖を, 長椅子の, 閑役と, 閑静な, 闇の, 陣を, 階段を, 隠れるに, 集合した, 離散し, 震えた, 霎時其の, 青森に, 静に, 静養しつ, 頂きてえの, 頂戴よ, 顔面筋の, 飛びしさった, 飛廻るの, 馬騰, 馬鹿にさえ, 高い処, 黙想する, 鼻の

▼ 退いたり~ (21, 2.1%)

5 して 2 したの

1 [14件] こんな見事, した, したその, しましたが, するので, するよう, する彼, なぞ致しません, 両方の, 立ち留ったり, 背後へ, 行つ, 退いたり, 飛びあがったり

▼ 退いては~ (21, 2.1%)

2 襲せ

1 [19件] いなかった, いるが, これを, さし轟いて, どうだ, ならない, 亡國の, 京都を, 再び喊声, 右の, 大変です, 大鉄砲, 山木一族の, 弟子の, 斬られる, 法令を, 泰然と, 蠧魚と, 行かないの

▼ 退いても~ (13, 1.3%)

1 [13件] い, いいな, こっちの, なさねば, まだ寄せ, よいから, 一定助からぬ, 人に, 危ない突い, 堅忍持久され, 大事なし, 彼は, 敵進退両

▼ 退いてから~ (7, 0.7%)

1 二人は, 半年の, 東京の, 次を, 疲労の, 白石さんは, 百合子は

▼ 退いてからは~ (3, 0.3%)

1 ぴたと自, もう随分久しく, 本を

▼ 退い~ (3, 0.3%)

1 くれやっしゃ, くれよ, くれッ

▼ 退いたりと~ (2, 0.2%)

1 思うと, 申すぞ

▼ 退いたりとも~ (2, 0.2%)

1 その後いよいよ, それに

▼ 退いてからの~ (2, 0.2%)

1 お露, 父が

▼ 退いてからも~ (2, 0.2%)

1 どうしたら, 長く床

▼1*

退いてさえも人々は, 退いての上の, 退いてばかりいるよう, 退いてよ若し退い