青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「読ん~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

説く~ 説教~ ~説明 説明~ 説話~ ~読み 読み~ ~読む 読む~ ~読ん
読ん~
~読んだ 読んだ~ 読書~ ~読者 読者~ ~誰 誰~ 誰か~ 課長~ 調~

「読ん~」 7995, 79ppm, 1413位

▼ 読ん~ (7078, 88.5%)

248 いた 180 みると 146 いる 137 いると 110 いるの 109 見ると 77 いたが, いるうち 73 みて 60 いて 59 みた 55 見た 54 いたの 52 見て 49 ゐた 43 ゐる 42 いました 41 行くうち 39 字の 36 ごらんなさい, 聞かせて 33 ゐると, 下さい, 私は 29 います 28 行った 27 しまうと 26 みても 24 御覧なさい 23 いるが, 行くと 22 いるよう, しまった, ゐたが, ゐるの 20 ごらん, ゆくうち 19 いたので 17 いった, いるという, くれと, みたまえ, もらって, ゐるうち 16 くれ, 聞かせた 15 いても, しまって, みますと, 見たが 14 いない, いるところ, 居る 13 いる中, いる人, いる間, きかせて, みたが, みようと, みる, 見ても, 非常に 12 いること, いるん, みました, 見れば, 見給え 11 おいでに, みろ, 居ると

10 [17件] いただきたい, いたよう, いないの, いなかった, いるだけ, いる本, しまってから, みること, みろと, もらいたいと, ゐて, ゐました, 居た, 来て, 知って, 聞かせる, 行って

9 いましたが, いますと, いるもの, みましたが, みましょう, 下されば, 来ると, 私が, 聞かして

8 [21件] いたり, いって, いるから, いるわけ, いる時, きかした, きかして, くれた, くれたまえ, くれれば, それに, みたいと, みたり, みよう, もらった, ゆくと, ゐるが, 自分の, 行く, 行つた, 貰って

7 [19件] いたこと, いるとき, いれば, おいて, おります, くれる人, ほしい, みれば, 居て, 居るの, 御覧に, 感心した, 涙を, 見たいと, 見る, 見るが, 見ること, 貰うこと, 貰ふ

6 [25件] いたから, いたという, いたん, いた時, いないから, いますよ, いる書物, ください, くれて, これは, それを, みい, みるが, みる気, ゐる間, 僕は, 居ります, 私の, 聞かせたり, 行く中, 行けば, 見たり, 見ろ, 貰ひたい, 頂きたいと

5 [33件] いいの, いた人, いては, いなかったの, いません, いらっしゃるの, いるらしかった, いる男, おられた, おりますが, きかせた, きて, ごらんと, しまいました, しまふ, その意味, みたの, もらうつもり, もらえば, やった, やって, ゆく, ゐたの, ゐないから, 了った, 居りました, 居りましたが, 御覧, 見たこと, 見たの, 見ました, 見ろと, 面白くない

4 [47件] いくと, いたし, いただければ, いたと, いたもの, いたらその, いつた, いないこと, いないという, いないので, いないん, いるあいだ, いるかも, いるので, いるばかり, いる私, おりました, くれたの, くれました, これを, ごらんに, しまうの, ます, もらいたい, もらいたいの, もらうこと, もらうの, もらったり, やる, やろうと, ゐない, ゐなかつた, ゐること, ゐるところ, ゐる中, 下さいよ, 下さる方, 何ともお, 呉れと, 急に, 涙が, 聞かせると, 自分は, 興味を, 行っても, 見給, 頂きたい

3 [89件] あげるから, あなたの, いくうち, いただけ, いた手紙, いた本, いた男, いないと, いなかったし, いましたから, いらつし, いるか, いるかと, いるでは, いるとか, いるに, いるふり, いるらしかったが, いる内, いる小説, いる様子, いる者, いろ, お聞かせしましょう, きかせました, くださる方, くれた人, くれると, ここに, しまったの, しまった時, しまふと, その中, その人, その時, それで, ちょうだい, みたい, みたいもの, みたに, みてから, みなくては, みなさい, みましょうか, みます, みるつもり, みるよう, もらおうと, やるから, やろうか, ゆくこと, ゆくに従って, ゆくの, わたしは, ゐたので, ゐても, ゐます, ゐるので, ゐる私, ゐれば, 下さって, 下さる, 何か, 呉れ給え, 始めて, 居りますと, 岸本は, 彼は, 心の, 心を, 感動した, 暮した, 来たとき, 来たの, 泣いた, 深い感銘, 第一, 置いて, 聞かせたの, 見たところ, 見たまえ, 見てくれと, 見ましょう, 見ますと, 見ようという, 貰うため, 貰えば, 面白いと, 驚いた

2 [313件] あげたが, あげたり, あげよう, あげようか, あとは, あなたに, いいか, いきました, いけないと, いたい, いたか, いたかは, いたくせ, いたけれども, いたため, いただいたら退屈しのぎ, いただいて, いただいても, いただきたいと, いただけないの, いただけば, いただこうと, いたら, いた娘, いた所, いた父, いた若い, いた雑誌, いた頃, いったが, いっても, いつまでも, いないが, いないし, いないらしい, いなかったので, いながら, いなければ, いましたの, いましたので, いましても, いらしたの, いらっしゃいます, いられる, いるくせ, いるせい, いるだろう, いるつもり, いるなんて, いるのに, いるのよ, いるもん, いる場合, いる奴, いる少年, いる彼女, いる所, いる新聞, いる暇, いる最中, いる様, いる物語, いる笹村, いる筈, いる西洋, いる訳, おいで, おいででした, おかないと, おかなければ, おく方, おられました, おりますと, おる, おれば, お出でに, お聞かせします, お聞かせ申しましょう, お銀様, かつて読んだ, かれの, きかしたり, きかせても, きかせようと, きかせるの, きた本, くだされば, くらして, くれい, くれたか, くれたま, くれたもの, くれたよ, くれないから, くれましたか, くれるの, くれる読者, くれ給え, さう, しまいましたが, しまう, しまうか, しまうから, しまったん, しまった雑誌, しまっても, しまつてから, すっかり感心, そういう, その作者, その感想, それが, であった, どんなこと, どんなに深い, なんの, にやりとした, ひどく感心, ほしいの, ました, みたくて, みたこと, みたところ, みたらお, みたらその, みたん, みては, みなければ, みましたけれど, みますると, みようか, みようという, みるから, みるという, みるの, みるよ, みろって, もらいたいという, もらいましょう, もらうと, もらえるもの, もらったが, もらったこと, もらった人, もらってから, もらっても, もらひたい, やったり, やりますと, やる時, ゆき頁, ゆく間, よく知っ, らっしゃるの, わたくしは, ゐたと, ゐないが, ゐないで, ゐないといふ, ゐないの, ゐなかつたので, ゐますよ, ゐません, ゐら, ゐられないと, ゐるから, ゐるもの, ゐるやう, ゐる内, ゐる本, ゐる男, ゐる訳, ゐる長い長い, 一番に, 一種の, 上げて, 下さいませ, 下さった, 下さること, 下さる人々, 下すった, 不快に, 他人の, 何に, 何の, 作者が, 僕の, 兎を, 勉強し, 十を, 取ると, 呆然と, 呉れ, 呉れた, 喝采を, 多大の, 夢中に, 奈良の, 奈落に, 女は, 始て, 寝る, 居たが, 居たこと, 居たと, 居た本, 居なければ, 居ます, 居や, 居られた, 居るうち, 居るです, 居る内, 居れば, 彼の, 彼女の, 待って, 後に, 御座らつし, 快と, 息も, 愉快で, 意味が, 意味の, 意味を, 感じるの, 感動し, 感嘆した, 感奮した, 感心し, 感興を, 戴いて, 戴きたい, 戴きたいと, 投げ出すもの, 文字の, 是の, 暮して, 暮らした, 最初に, 有頂天に, 来い, 来た, 来ました, 次の, 欲しいと, 此の, 泣かされたと, 現在は, 理解し, 理解する, 異様な, 私たちの, 筆者の, 置く, 考えて, 考へて, 聞いて, 聞かしたり, 聞かせたいと, 聞かせた事, 聞かせました, 聞かせるの, 聴かせて, 胸を, 腹を, 自分が, 自分たちの, 苦笑した, 行かないと, 行きながら, 行きました, 行きますと, 行くとき, 行く裡, 襟を, 見たかね, 見たくなるの, 見ては, 見な, 見ないと, 見なはれ, 見ますると, 見ません, 見よう, 見ようと, 見るから, 見るという, 見るの, 見るよう, 見る方, 見る気, 記憶し, 読みぬくん, 貰いたい, 貰いたいという, 貰いましょう, 貰い度いと, 貰うの, 貰おう, 貰おうと, 貰つた, 貰は, 貰はう, 貰へ, 貴女は, 長居を, 面白いの, 面白かつ, 頂かう思ふたらかうするより, 顔を, 驚いたこと, 麦の

1 [2535件 抜粋] ああお師匠さん, あげました, あげる, あったの, あの木, あること, あんたが, いいです, いかなる行動, いくにつれて, いく時, いたお, いたかも, いたそう, いただきたいので, いただきましょうかね, いただくそれ, いただく事, いたつもり, いたのに, いたらこんな, いたらどう, いたら号外, いたら次, いたアンデルセン童話集, いたバルビュス, いた世界御伽話, いた位, いた助手, いた始末, いた平三, いた新聞, いた永井荷風, いた絵本, いた草紙本, いた雪子学士, いっそうアストン氏, いつもあなた一人, いないなどと, いない作家, いない筈, いなかったと, いねえの, いましょう, いませんので, いようという, いらして, いらっしゃいますけれど, いらっしゃるあいだ, いらっしゃるとき, いられたか, いられたらそれら, いられないの, いりゃ面白く, いるお蔭, いるこれ, いるその, いるであろう, いるな, いるにも, いるほう, いるよと, いるらしく推した, いるカロッサ, いる一切, いる人々, いる個人主義, いる場所, いる姿, いる手紙, いる方, いる机, いる法師, いる眼, いる美留女姫, いる読者, いる雑誌, いればね, いろいろ教えられる, うつす, おいでです, おかぬの, おきなさい, おくれ, おく話しは, おそらく町中誰, おどろきもし, おもしろくても, おられたの, おられるの, おりましたが, おりますから, おりませんじゃ, お夏, お聞かせし, お聞かせ申し, かう云, かなり感心, きかすなり, きかせた遺書, きかせましたの, きかせると, きたところ, きっと又, くす, くださつた読者, くる, くれたまえと, くれた料理学校, くれつて, くれないかと, くれない日記, くれましたが, くれるかも, くれるとも, くれる極, くれッ, ぐずぐずし, こういう手紙, このかた, この人の, この新年, この隔世, これなどは, こんな成功, ごらん文章も, さしあげて, さへ, さも自分, しばし呆れはて, しまい丸めて, しまおうと, しまったから, しまったとき, しまったらすぐ, しまった大野, しまった遺言書, しまつたのは, しまはうと, しまへば, しらべて, すぐ又読み直す, そういう感じ, そう思いました, そして三つ, そのう, そのままに, その仕事, その御, その日限り, その至情, その遠, それから先, それから益々, それにしても井伏さん, そんな事, たが, たとは, たもの, たんぢや, だんだんに, ちよつと, てっきり私, どういう風, どうもこれ, どんなけがらわしい, なにやら給仕, なるほどコイツ, なんとか意見, はじめてへえ, はじめて自分, ひきつけられた人たち, ひとりの, ふと少年, ほしいつて, ほんとうに, まぎらした, ますとも, ませんが, また遠い, みせたらその, みたい本, みたかつた, みたし, みたらと, みたら日本, みないかと, みやびやかな公卿方の, みようとも, みるまでも, みんな首を, むこうから, もう一息, もらいあるいは, もらいたいもの, もらいましたので, もらいませんが, もらうため, もらえなかったろう, もらおうという, もらった方, もらひたくない小説, やったら向う, やっとそこ, やや事物, やりながらも, やり調べて, やるなどという, ゆかれるうち, ゆくこつは, ゆくにつれて, ゆっくりと, ようよう梗概, よく腹の中, ら, ればい, わからなかったらそれ, わかる所, わたしの, ゐたくせ, ゐたとしても, ゐたらとても, ゐたり, ゐた娘, ゐた方, ゐた犬, ゐては, ゐないので, ゐながら, ゐやあ, ゐるおふくろ, ゐるだ, ゐるのよ, ゐるツ, ゐる屈木, ゐる新聞, ゐる次第, ゐる癖, ゐる階級, アクの, オカカの, タイプライタアで, ノートする, ビスマルクの, ベートーヴェンは, ランス市を, 一つも, 一入感無量, 一日を, 一種無上の, 万事を, 上げない方, 下さいとの, 下さいましたか, 下さいますそう, 下さったならそれ, 下さつたこと, 下さるかも, 下さる方々, 下すっては, 不公平を, 中には, 九月号は, 了つたあとでは, 二三日後に, 亢奮を, 人善かれ, 仄かに, 今度は, 仏の, 仕舞ふから一度に, 以来の, 以来書きたかった, 仰天した, 伸子が, 何と, 何とも言えない, 何より直接, 何時も, 余り疲れた, 作家が, 俺は, 僅かにでも, 先づ感じる, 其の生活, 其第一幕の, 再び教授, 分った所, 分るの, 判ったつもり, 別々に, 前から, 勤皇志士たら, 午前中に, 印を, 去年蘆屋の, 友人らと, 取り不心得, 受ける印象, 史を, 君が, 呉ない, 呉れはつ, 呉れる作品, 味いがなかっ, 哲学が, 善書も, 四方を, 変に, 大いに啓発, 大した名器, 大抵非難, 天性の, 好いか, 好きな, 始めてこの, 嫌な, 子供らしい, 学者は, 実に美しい, 実際に, 寝て, 小さくは, 居たあたり前, 居たので, 居たスルイヤ, 居た非常, 居ても, 居ないん, 居られないやう, 居るかの, 居るに, 居る傍, 居る物位, 岸を, 己れ, 帰つて来た, 幼稚な, 弘安頃の, 当然次, 彼女が, 後実際, 得るところ, 御座ったよう, 復古の, 心に, 志を, 忘れる事, 思ひついたが, 思わず声, 怪我だけで, 悔いの, 悲涙を, 愉しく夢みる, 感これを, 感じました, 感ずる事, 感得する, 感服した, 感激を, 慌た, 懐かしが, 或はその, 戴きたいもう, 所謂石城たる, 折々感想, 掛引を, 政界の, 文品の, 文章の, 日本の, 明るい感じ, 時代的な, 暁方まで, 暫く腕組, 暮すしか, 暮らすの, 書に, 朝子は, 来たが, 来たもの, 来た時, 来られたかという, 来給, 案を, 楽しむ, 次にジョイス, 欲しいの, 正直なる, 武蔵は, 歩く様, 殊に若い, 気の, 泉水の, 活字引に, 淋しくとうとう, 渡すこと, 溜息を, 灯に, 熱帯の, 特別心に, 現代の, 田山白雲が, 痛感した, 皆涙を, 目の, 直にそれ, 相変らず, 瞿然と, 知つた, 知るといふ, 知識は, 確かめた上, 神経を, 私に, 秘かに, 立ち去る学生, 笑った, 筋を, 純日本式, 置いた, 置きたい本, 考えたけど, 考へた上, 聞かされた時, 聞かせ, 聞かせたもの, 聞かせても, 聞かせなど, 聞かせよう, 聞かせること, 聞かせる事, 聞かせる羅馬王庁, 聞かせ文字, 聴かせたり, 育ったならば, 自ら教育した, 自分達夫婦の, 興ずると, 艇長と, 英語で, 著者の, 蟻田博士が, 行かれたならば, 行くあいだ, 行くの, 行く内, 行く明子, 行ける, 行ったり, 行つてその, 要吉と共に, 見たいから, 見たかい, 見たつて, 見たらいろいろ, 見た小説, 見てくれとの, 見ねえ, 見ましょうかしらん, 見ようかとも, 見るかナ, 見るなどは, 見る岸本, 見ろよ, 見給え僕, 覚えず深い, 解釈し, 訣る, 誠に万事西洋模倣, 読者は, 論調を, 貰いたいの, 貰いましょうか, 貰うつもりサ, 貰うべし, 貰えないもの, 貰ったあっし, 貰ってからに, 貰ひました, 貰わんわい, 足らず手ずから, 辟易した, 返報を, 通るの, 道誉は, 金椎は, 阿呆同然の, 集める気, 非文学党, 面白いよう, 面白くなっ, 頂いても, 頂くばかり, 頂けないもの, 頭を, 題までも, 首より, 驚いた千鳥波, 鶴雄は

▼ 読んだり~ (397, 5.0%)

63 して 37 書いたり 13 した 11 考へたり 8 するの 5 する, すること 4 手紙を, 絵を

3 [11件] した事, するやう, ノートを, 寝たり, 小説を, 編物を, 考えたり, 聞いたり, 見たり, 話したり, 音楽を

2 [17件] したこと, しても, しました, する位, ものを, 人から, 他の, 唱歌を, 寝たふり, 散歩を, 数えたり, 果物を, 歩いたり, 煙草を, 物を, 窓の, 笛を

1 [180件] あるいはその, あるいは抜き書き, あるいは新作, お互, お弟子, お弥撒, お手習い, お祈し, お茶を, お話を, これこれは, さかりと, しきりに鉛筆, したが, したさまざま, したそうして, したと, したの, したもの, したらそれ, した仏教, した彼, した時, した時代, しだした, しては, してるうち, しましたので, します, しようと, し自分, するか, するじゃ, するそれ, するだけの, すると, するとき, するやつ, するよう, するを, するん, する上, する娘達, する役人, する必要, する間, せなん, そのこと, その写真, その文句, その講義, それから七八人, なぐさめて, ぬきよみを, ましてやそれ, またキリスト教, また僕, アラビアン・ナイトの, コックリコックリし, セザンヌや, チェスを, テレビを, トリックの, ドッドッと, バッシング, ワケを, 下から, 不都合の, 人に, 人の, 人生の, 仏勤めも, 仏勤めを, 仰向けに, 作つ, 停車場で, 先生と, 切抜きを, 勉強し, 十時頃は, 原稿を, 又英米, 友だちに, 口述し, 句を, 同居し, 名刺を, 名古屋着六時半なか川旅館へ, 地理や, 女に, 婦人会の, 字を, 客と, 室の, 宿題を, 小さいもの, 小声で, 小犬を, 小説体の, 就中聖書を, 崖下に, 川柳を, 年を, 引用し, 彼らが, 所謂, 手で, 手仕事に, 手箱の, 手習いを, 批評し, 抜き書きし, 探偵みたいに, 放送を, 数へたり, 新聞で, 新聞小説など, 旅を, 日向に, 是, 昼寝を, 時には心理学, 景色を, 書いたりに, 書いたりも, 書いたりを, 書いて, 書きたい事, 書き入れたり, 有名な, 東京でも, 様々の, 欠伸を, 歌ったり, 母から, 毒薬と, 注射薬を, 流行雑誌の, 炊いたり, 狭い町, 玉を, 画を, 白馬会を, 看護婦を, 眠ったり, 眼かくし, 筆を, 紙片へ, 絵本の, 絵本を, 考え事を, 考へたりさ, 耕したり, 耳に, 脚本, 船室が, 良吉が, 芝居に, 英雄の, 蕪村句集講義を, 蛍や, 裏庭で, 西鶴を, 観たり, 解釈する, 話し合ったり, 読ませたり, 読み返したり, 読んで, 踊ったり, 近所の, 返信を, 造花の, 遊技を, 遠足に, 部屋の, 酒を, 隆吉を, 隣家の, 駄弁を

▼ 読んでも~ (283, 3.5%)

5 いい 4 読んでも 3 直ぐに, 自分の, 面白い

2 [16件] いい声, いなかった, おもしろく読め, この鳥, そこに, よくわからない, ムダだ, 一向驚かず, 如何に, 彼が, 意味が, 斜に, 私には, 誠に面白い, 誰に, 面白いもの

1 [233件] い, いいね, いいの, いいのにと, いいよう, いくど, いたが, いられなかった, おしの, おしまいには, おもしろい, おもしろいな, おもしろいの, おもしろい本, おられまい, かなりの, くれよ, ここが, これは, ごくつまらん, さしつかえは, さし支え, さっぱり意味, さのみに, じつに我が, すぐクラクラと, すぐ気, そうおもわない, その中, その区別, その原文, その日記, その時代, その論者, その面白, それに, それほどえらくならない, それを, それ以外の, ぞくぞくと, ただ肩, だから軽く, だめだ, ちっともわからない, ちっともわかりませんでした, ちゃんと理解, ちょっと飽く, つねに新た, つまらなくない, どうかその, どうしてよい, なおかつ納得, なんとなく印象的, なんど読ん, なんの, はっきりと, はっきり会得, ほとんどなん, ぼんやり一つページ, まだ読み足りない, まるで本当, みんなちりぢり, むずかしくって, よいが, よいと, よくのみこめない, よくわからなかったろう, よくわかる, よく呑みこめない, よろしいです, わからないし, わからないベーコン, わからない者, わかりは, わかるし, わかるもの, わかるやう, わたしは, キリストは, コイケケイコ, シェーキスピアたり, フローベールより, 一つの, 一向さしつかえないだろう, 一向に何, 一向面白く, 一字おきに, 中, 二頁も, 人を, 今まで, 何かしら惻々として, 何が, 何の, 何も, 何ら不思議, 何を, 何時観, 何物をも, 何等人間的, 依然として自分, 価値が, 価値を, 俳優としては, 充分に, 先生ほどの, 全体的に, 其影響は, 具体的には, 分らないこと, 分らないアイヌ語, 分らぬところ, 分らぬの, 分る, 判らない程度, 判るよう文章, 別に悲観, 印象された, 印象に, 句読点の, 同じこと, 同じだ, 同じだった, 同じよう, 同じ文句, 呉れんだろうし, 呑み込む能力, 嘘だ, 困るお客様, 外来語が, 多かれ少なかれ如上, 多くは, 大抵似た, 実は何, 寝つかれないこと, 小さい時, 少なくもこれら写真, 差支えないの, 差支なかっ, 幾分か, 弱そう, 役に立つまいと, 彼女の, 御堂の, 心の, 志賀氏の, 思い他人, 意味を, 感じられる事, 感動させられます, 我等は, 手の, 文章だけは, 文豪イバネス氏の, 斜めに, 日々の, 明らかである, 暗唱し, 最後には, 朦朧として, 未だ滝野, 横から, 欠伸ばかり, 比較的完全, 泣かされるのど, 涙が, 物の, 現在よりは, 理窟を, 理解できぬ, 甚だ心細い, 男子の, 疲れないの, 相当に, 相撲を, 眉を, 真実は, 真面目な, 着眼する, 矢張害を, 私たちは, 私の, 私は, 空々しい感じ, 空虚であった, 腹の, 自分が, 自分に, 興が, 興味も, 茂吉ぐらいの, 裁判官の, 見ないん, 見なかった, 解らなくな, 解らなくなったの, 解釈容易な, 言葉は, 記載を, 読ませも, 読まないふり, 読まない風, 読まなくても, 読み下せないの, 読み切れなかった, 読むこと, 読むたんび, 読む人間, 読飽か, 誰も, 議論としては, 逆さに, 逆に, 運動記事以外は, 道は, 醜い印象, 陰謀に対する, 雉子の, 面白いの, 面白い戯曲, 面白い探偵小説, 面白い読む, 面白くない, 面白くなくなっ, 頭痛の, 頭脳の, 頷かれますが, 飽かないという, 飽きないの, 飽きるという, 駄目じゃ, 駄目だ, 鮮明に

▼ 読んでは~ (114, 1.4%)

4 いけない 3 いけないと 2 いなかった, じっと考え, ならぬ, ならぬと, 居りません

1 [97件] いけないことに, いけないよ, いけないよう, いけない芝居, いたれど, いても, いない, いないが, いないし, いないので, いないのに, いなかったけれど, いなかったの, いなかった筈, いらっしゃらなくって, いられない, いるの, いろいろ幻, おられないの, おりませんが, かえして, くれないこと, くれないらしい, くれますまい, その一, その時, その要所要所, その詩, それを, たちまち鼠, とうてい分りよう, ないの, ならず必ず, ならないの, ならぬという, ならぬなど, ならぬもの, ならんとの, なんにも, はああんな, はあこれ, ひとりでくふうし, みるが, もらえない, ゐない, ゐないが, ゐなかつた, ゐなかつたが, ゐなかつたの, ゐまい, パッと, ワイワイ騒い, 一々胸, 一行でも, 二三字ずつ, 仮りに, 何か, 何物をも, 全く駄目, 其詩の, 写真を, 分らぬ所, 叔父の, 取りそろえながら, 大して面白く, 大江広元が, 娯しん, 孔孟の, 実物と, 居なかつたの, 微笑した, 微笑する, 心からこの, 忘れして, 忘れ読んでは, 恐ろしかった, 意味の, 戯曲の, 拝んで, 斯う, 書いたが, 書き書いては, 書物を, 本版, 涙を, 熱心に, 直小比公, 笑ひ興じる, 紛らした, 胸に, 腹に, 舞台上の, 著者の, 見たが, 訳し出した, 貰いたいの, 面白いが

▼ 読んでから~ (62, 0.8%)

2 それを, 急に, 礼を

1 [56件] あまりに健康, すっかりおびえ, それからあなた, そんな所, そんな気, である, です, ふと僕, べつの, また十年, もう一度, もう三年, もう数年, もの云う, アーメンと, ギリシャローマの, シュルツ老人の, 事を, 云った, 今までの, 今までは, 低声, 判を, 又押, 同じよう, 大層興味, 家内の, 帳面に, 後に, 怒って, 思へば, 思案に, 折が, 改めて, 改めて私, 文芸欄を, 書いて, 河童の, 無言の, 焼いて, 犯人を, 甲斐は, 眼に, 眼を, 私が, 私は, 窓の, 笑いたくなって, 精神病の, 自分の, 自分は, 自己を, 英訳の, 買うよう, 長い間声, 飛行長が

▼ 読んでを~ (9, 0.1%)

1 かねば, られます, られる方, りますが, りますのよ, りますわ, り書きもの, り自分, るに

▼ 読んじゃ~ (5, 0.1%)

1 いないん, つまらないねエ, どうして悪, アこの, 拙かった

▼ 読んでさえ~ (5, 0.1%)

1 そうだ, 七むずかしい, 微笑した, 非常に, 頭の

▼ 読んでと~ (4, 0.1%)

2 つつきにくい 1 いって, 訪ねて

▼ 読んでの~ (4, 0.1%)

2 ことであった 1 私の, 解釈な

▼ 読んでばかり~ (4, 0.1%)

1 いないで, いらっしゃるもの, いらっしゃるん, いるが

▼ 読ん~ (3, 0.0%)

1 まった, まつてから, よるさ

▼ 読んでしも~ (3, 0.0%)

1 うた, うて私, たら急いで

▼ 読んでからに~ (2, 0.0%)

1 いたしては, なさいよ

▼ 読んでからは~ (2, 0.0%)

1 女の, 急に

▼ 読んでこそ~ (2, 0.0%)

1 坊主らしい, 有難味が

▼ 読んでだけは~ (2, 0.0%)

1 お上げ, もらえたの

▼1* [16件]

読んだりなどした時, 読んだりなんかする相, 読んだりの日課を, 読んぢまつたな, 読んぢやつたら妾, 読んでからというもの彼は, 読んでしか云ふ, 読んでぞつとした, 読んででもいらっしゃるでしょうか, 読んでなあ姉ちゃんの, 読んでなんかいるわけ, 読んでね皇帝の, 読んではけッと, 読んでやしないじゃ, 読んでよかつた, 読んでよとあの遺言状