青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「間~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

開き~ ~開く 開く~ ~開け 開け~ ~開けた 開けた~ ~開ける 開ける~ ~間
間~
~間もなく 間もなく~ ~間違 ~間違い 間違い~ 関~ ~関係 関係~ ~関心 関心~

「間~」 69572, 752ppm, 118位

▼ 間~ (22010, 31.6%)

160 合は 111 私は 98 何か 88 立って 78 彼は 66 於て 64 自分の 54 して, 合ふ 46 彼の 43 はさまって 40 私の 39 何の 37 挟まって 35 はさんで, 身を 34 置いて 32 或る, 立つて 31 挾んで 30 挟んで 29 二人の 28 はさまれて 27 入って 26 一つの 25 顔を 24 合せて 23 ある, それを, 交って, 手を 22 非常に 21 あつて, あり, 一種の, 介在し 20 あつた, なって, 挟まれて 19 ありて, 何等かの, 出來, 多くの, 於いて, 於ては, 立ちて 18 あるの, 一人の, 入れて, 日本の, 消えて 17 伍し, 出て, 流行し, 私が 16 これだけの, それが, 早くも, 残って, 行はれ, 見えて 15 これを, 二人は, 合ひます, 存在する, 隠れて 14 あは, 一定の, 他の, 何かの, 合ひません, 坐って, 種々の, 落ちて 13 あるもの, それは, 人の, 何を, 彼女は, 於ても, 自分は, 行われて, 非常な 12 三人の, 交じって, 何等の, 姿を, 密接な, 平次は, 挾まって, 皺を, 起って

11 [11件] 二つの, 何が, 何らの, 割り込んで, 日が, 横たわって, 次の, 此の, 自分が, 行われる交換, 間に

10 [13件] いて, 住んで, 例の, 合はせる, 女の, 女は, 彷徨し, 彼が, 水を, 立派な, 自然に, 誰か, 限られて

9 [15件] いろいろの, そつと, 介在する, 合つた, 合はせ, 合ひ, 彼等の, 持って, 挾まつて, 来て, 死んで, 生れて, 知られて, 行はれた, 話が

8 [14件] もって, 僕は, 子供が, 少しの, 心を, 感情の, 挾まれて, 涙が, 混って, 現われて, 誰かが, 起った, 逃げて, 関係が

7 [43件] いろいろな, このよう, さへ, その人, そんなこと, できた子, なんらの, まじって, もう一人, わたしの, 不思議な, 争いが, 人が, 今まで, 処して, 割って, 割りこんで, 口を, 在つて, 在るの, 多少の, 大なる, 存在し, 少しも, 左の, 幾多の, 幾度か, 彼女の, 恋の, 散在し, 早や, 横はる, 殆ん, 流れて, 潜んで, 生じて, 私たちは, 葉子は, 行って, 足を, 過ぎた, 過ぎて, 頭を

6 [61件] あなたは, あること, ある距離, いろ, かなりの, かれは, くり返された, たった一人, ついて, どうした, どれ程の, もとの, 一人で, 一度も, 人を, 何度も, 俺は, 僕の, 入つて, 出来た子, 出来た子供, 出来て, 動いて, 区別を, 右の, 合せること, 問題と, 女が, 子が, 子供の, 子供を, 幾度と, 広く行われ, 床を, 彼等は, 戦争が, 文学の, 根を, 沈んで, 浮いて, 町の, 盛んに, 相当の, 知らず識ら, 立てて, 置かれて, 腰を, 自然と, 自然な, 舟は, 色々の, 血の, 行なわれて, 行は, 話の, 距離が, 身に, 迫って, 連絡を, 隠見し, 集まって

5 [99件] ありありと, あるこの, ある関係, いるの, かくれて, これは, こんな話, そこに, そこへ, た, たくさんの, だん, だんだんと, どれだけ, どんなこと, なつて, なんの, わたしは, 一枚の, 三つの, 下の, 主人の, 交り, 人間の, 伸子は, 何う, 何も, 何時か, 僕と, 共通な, 凡ての, 出た, 刀自たちにも, 切っても, 刻々に, 前の, 割つて, 区別が, 合ひました, 合ひませんでした, 名を, 喧嘩が, 在りて, 夜が, 大きな一面, 大変な, 妙な, 姥は, 子供は, 家の, 寝て, 帰って, 形を, 彼らは, 彼を, 急に, 愛の, 截然たる, 才優れた, 挟って, 挾って, 於いても, 時の, 有名な, 棲んで, 流行って, 深い皺, 溢れて, 漂って, 火は, 無数の, 父は, 父を, 現はれ, 生れた子, 生れた子供, 男の, 白い布, 直接の, 矛盾が, 私たちの, 竜之, 筆を, 細かい柵, 自分を, 船は, 草の, 蓮の, 薄く霞ん, 行われたの, 見た夢, 見て, 起ったの, 通じて, 里から, 隔壁を, 隠見する, 雪が, 首を

4 [161件] あるよう, あれだけの, いくつかの, いた, お前は, かかって, かくも, かれの, かわされて, ここへ, これと, こんどは, こんな古い, さうし, さっきの, すべての, そうし, そのよう, その顔, である, どこかへ, どこへ, なだれを, なった, はいり込んで, はっきりと, ぱつと明るく, ひかえて, ひとりの, わずかに, われわれは, 一と, 一人が, 一切の, 一度は, 一筋の, 一脈の, 世を, 世界の, 世界は, 並んで, 乗じて, 二三の, 交る, 交わされた, 今も, 今度は, 仕事を, 他人の, 代助, 伝わって, 伝播し, 伸子の, 何という, 何事も, 何時かこ, 余の, 余は, 俄かに, 働いて, 充満し, 先生は, 入り込んで, 入る, 出るの, 出入し, 出来たもの, 刀自, 判然たる, 区別の, 合ず, 合せる, 合つてよ, 合ふと, 合ふまい, 合ふも, 君の, 周旋し, 咲いて, 問答が, 問題が, 在って, 変れば, 大勢の, 夫婦の, 如何に, 子を, 存し, 存する, 存するの, 存するのみ, 存する差異, 少くとも, 少しでも, 屡, 平次の, 彼に, 思想の, 思案を, 愛が, 我々は, 我は, 戻って, 手の, 挿んで, 控えて, 斯う, 方程式, 昔の, 昔は, 時が, 書かれた, 本を, 本当の, 板ばさみに, 様々な, 横た, 横は, 歴史の, 母の, 母は, 気が, 流布し, 流行する, 火を, 灰色の, 無理に, 無限の, 煙の, 生きて, 當る, 眠って, 矛盾の, 矛盾を, 知れ渡つて, 私と, 私に, 結ばれて, 結婚の, 縁談が, 美しい采女, 聞えて, 自分に, 若干の, 西洋の, 見えた, 見えなくなって, 起こって, 起ったこと, 起つた, 距離を, 近づいて, 迷って, 這入って, 通って, 部屋の, 閣下の, 隙間が, 隠れた, 面白からぬ, 馬を

3 [330件] あつて後, あとから, ありながら, あるので, あるを, ある事, ある女, ある小, ある小さな, ある時, ある町, ある空地, ある違い, いくらかの, いっぱい日光, いつと, いつとは, うつ伏せに, おかれて, おる, お互いの, お帰り, お綱, こ, ここを, このこと, この女, この手紙, この時, この男, これらの, こんなこと, さう, さまざまの, しても, しわを, すわって, せまって, その話, その頃, それだけの, それと, それに, それも, それらの, そんな話, たって, ちぐはぐな, ちやんと, ちらちらと, できた子供, どこまでも, どのよう, どれほど, どれほどの, どんな事, どんな会話, どんな関係, なつた, なる, なると, はさんだ, はさんだまま, はっきりした, ひろ子は, ほのかに, ぼくは, またし, もうこれ, もうその, もう一つ, もまれて, わが身を, わたしが, わたしたちが, ゐて, ゐるの, ギャップが, バルザックは, メキ, 一年も, 一間の, 上下の, 両手を, 並べて, 主人は, 之を, 事を, 二人が, 二階の, 交わされた話, 交換された, 交換される, 人に, 人民の, 人間が, 人間として, 今の, 今日の, 介まっ, 介まつ, 介まりて, 仕事の, 仕切られて, 伍すること, 伝わった, 低い声, 何にか, 何一つ知らない, 何事か, 何人か, 余を, 俺の, 個性の, 倒れて, 僕が, 兄の, 充分の, 先を, 光って, 入れること, 六人の, 共通する, 共通の, 出でて, 出没し, 別れて, 割込んで, 勝手な, 勢力を, 各, 合せた, 合つ, 合はせよう, 合ひさう, 合ふだらう, 合わせの, 同様の, 向って, 君は, 喧伝された, 四つの, 在ること, 垂れ籠め, 垣を, 埋めて, 声を, 変って, 外に, 大いなる懸隔, 大急ぎで, 大流行, 太陽の, 夫人は, 奥の, 女を, 妙に, 完全な, 家も, 少しずつ, 少しは, 就て, 巣を, 差別が, 年の, 幾つかの, 廊下を, 弦之, 当時の, 彼女が, 彼自身を, 往々見受ける, 往復する, 微かに, 微妙な, 心からの, 心の, 必然の, 忍ばせて, 恋愛が, 悶着が, 意外な, 意志の, 意見が, 意見の, 感じて, 成立し, 成立する, 我々が, 我々の, 折に, 拡がって, 持ち上ったの, 持つて, 指で, 指を, 挟まりながら, 撞著有之, 敵の, 新らしい, 於てのみ, 旧族, 明らかな, 昔から, 昼間の, 時を, 時間が, 書いたもの, 書かれたもの, 最も多く, 本質的な, 東の, 東京の, 板挾み, 果してどれ, 案内されました, 案内し, 次郎は, 歌を, 段々と, 気分だけが, 池の, 没入し, 法水は, 流行した, 浮んで, 消え去って, 消え失せて, 混じって, 湧いて, 溝を, 溢れた, 潮の, 激しい意見, 灯を, 点々として, 点綴し, 無量の, 父の, 牡丹の, 物の, 物を, 猛烈な, 生じた, 生れたの, 生命を, 田を, 男は, 町は, 異様な, 痕形も, 発生した, 発達した, 登って, 白三角傍点, 盛に, 目を, 相互の, 相手は, 真の, 眼が, 知れ渡って, 短かい, 石の, 私を, 秘密の, 秘密は, 穴を, 空隙が, 窓の, 立ちまじって, 立つ, 第一, 約束が, 繩張りを, 繰り返されて, 纏綿する, 置いた, 考えて, 聞えた, 肝腎の, 自己を, 自由な, 莫大な, 血族関係を, 行われたもの, 衝突が, 衝突の, 見え隠れする, 見違, 見違えるほど, 角も, 解決し, 解決の, 評判の, 詰めて, 誰も, 議論が, 變化を, 財産を, 走って, 起った波瀾, 起る, 躊躇し, 車は, 逃げ込んで, 通路を, 通過した, 連合する, 連絡が, 過ぎなかった, 部落民は, 酒の, 金の, 金銭の, 長安を, 長男の, 限って, 隱れ, 雪の, 電光の, 静かに, 顔が, 飛んで, 飾って, 餓鬼道の, 首尾よく, 馴致された, 高さ, 魚の

2 [1216件 抜粋] あぐらを, あの人, あの青年, あはせ, あらわれて, ありは, あるが, あるなり, ある不思議, ある微妙, ある指力線, ある矛盾, ある種, ある谷, あろうこと, いかなる変化, いつもの, うずもれて, おりながら, おれの, お二人, お君, お母さんへの, お秀, お蝶, かかれたもの, かくの, かつての, こういうこと, ここの, こちらが, この, この問題, この程度, これが, これほどの, こんな会話, こんな問答, ごろごろし, ささやかな, さしはさんで, さまよ, しっかりと, すぎないが, すでに伸びつる, そういうもの, そこだけ, そっと来, その事, その例, その奥, その男, その見知らぬ力, それから, それぞれの, ただ一つ, たなびいて, ちょいと, つ, つっ立った, できて, とけて, とりかわされた問答, とりかわした問答, どこかで, どのくらい, なお一つ, なされて, なにか, にんじんは, のこって, はいったとき, はさまれたよう, ばたばたと, ひそんで, ひっそりと, ひろまって, ほかの, ぽっちりと, まぎれこんで, みんなが, みんなは, もうひょこひょこと, ものに, わたくしは, わたる, わりこんで, イタヤ楓は, ギャップの, コックや, シッカリと, テナルディエは, フランスの, ペンキ塗りの, ルノルマンは, 一つも, 一個の, 一尺ばかり, 一方が, 一朶の, 一点の, 一目見た, 一致が, 一般に, 一道の, 七人の, 不和が, 不安な, 不景気の, 不義を, 世は, 世間の, 両眼, 乙の, 了解され, 事は, 二十も, 互に相, 五フランを, 五回も, 些かの, 亡者の, 交は, 交渉が, 人と, 人格的の, 人気が, 仄めく夕月, 今年の, 他人が, 伊織は, 位し, 住まゐの, 何かを, 何万両という, 何人かの, 何百人という, 余が, 作者は, 使はれ, 価値の, 信用も, 値打の, 優悠し, 兄夫婦の, 光つてゐる, 児が, 入りました, 入ると, 入れば, 八方から, 共同の, 内に, 内容的には, 再びビシッ, 出かけて, 出来たの, 出来るどう, 函館小樽札幌で, 分れて, 分業が, 切りに, 別の, 前者は, 千尺の, 協定を, 去って, 又は無論, 友情は, 反響し, 叔父の, 取り換わされた言葉, 口喧嘩が, 可愛らしい子供, 台所で, 合すこと, 合せた事, 合せるの, 合はんから, 合ふかどうか, 合へ, 合や, 同じよう, 君が, 含まれた曲線, 呼ばれて, 命がけで, 唱へらる, 問屋筋への, 善く活ける, 喰い入って, 四五寸続い, 因果の, 土人の, 在りしもの, 地下水の, 坐らせて, 型ばかりの, 変ったもの, 変化を, 外から, 多大の, 多計代, 夜風の, 大きな反響, 大きな白い, 大切な, 大理石の, 太田は, 夫を, 奇妙な, 女房は, 始まった, 威張って, 娘は, 子弟を, 存するか, 存する口碑, 孤立し, 完成した, 官制改革, 室内に, 寝床の, 寝転んで, 対立が, 対立を, 小さな姪, 小川が, 小説が, 少しばかりの, 少女は, 居て, 屏息し, 山に, 山の手では, 島の, 嶄然頭角を, 巧妙な, 差異が, 市の, 帰つて来た, 幕が, 平岡も, 平気で, 年を, 幾何学的関係を, 広く存在, 店を, 建って, 張られて, 形式的な, 彼らの, 彼等を, 往来し, 後に, 復活する, 心に, 必然的の, 忽ち人情本, 急激に, 恋愛の, 息を, 惹き起されたる激論, 懸かって, 懸隔が, 成立って, 我等は, 戦争の, 戻して, 打ち砕いて, 押し込んで, 持ち上って, 持上つた, 挟った, 挟むよう, 挾まれた或, 挿まる, 捺されたもの, 描いて, 故郷の, 散在する, 敵に, 文芸とは, 斡旋した, 斯んな, 新たに, 於いては, 旅の, 早いところ, 春の, 普及し, 暫くの, 書いた, 月かたぶきぬ, 有する関係, 有た, 望んだ寂しい, 朝鮮の, 机を, 来たの, 板垣伯は, 板木問題と, 梁の, 植ゑて肥やる, 楢や, 樹木の, 橋を, 此等の, 歴史的な, 死んだり, 残して, 殺されて, 母が, 母親は, 氏は, 気の, 水の, 水鳥の, 汝の, 汽笛一声発車し, 没して, 河童の, 泛んで, 注意を, 活きて, 活動する, 浮かんで, 海が, 消滅し, 深い溝, 深く刻まれた, 減つて開放した, 渡って, 溝の, 漂ふ, 漸, 激しい喧嘩, 濡れて, 火が, 火の, 灰色を, 無くなって, 煙草の, 燃る, 片手を, 物価の, 物語って, 特殊の, 犯罪が, 猖獗を, 珍重され, 現れて, 現われた, 現存し, 生えて, 生じる矛盾, 生まれたの, 生まれて, 用いられて, 男の子が, 畑の, 疑いを, 疲れが, 発見する, 白く光っ, 目に, 直すと, 相当に, 相手の, 相談が, 真相を, 眺めて, 眼を, 着いて, 砂丘の, 破壞, 磨り減らされ踏みにじられて, 神聖なる, 秀子は, 私も, 秘して, 移して, 空想した, 空間が, 突込んだ, 立ち交つて, 立つと, 立つ人, 立派に, 競争が, 竹の, 等差を, 籠って, 紙の, 紛争が, 紛紜を, 細く残された, 経験し, 絶えず彼等, 続いた, 綿を, 締結された, 置かれた, 置く, 老人は, 聚まりたれ, 聞き続けて, 育った, 脹れふくらんで, 膚が, 自分たちの, 自分と, 自然の, 自身の, 舊族の, 舟虫の, 色の, 若いお, 落ち込んで, 著しい差違, 薄紅, 虫の, 蟠って, 血の気を, 行なわれた, 行はれる, 行われた一種, 行われる宅神, 補綴し, 見えが, 見えなくな, 見える, 見るだけに, 見事に, 見極めると, 計らずも, 設けたる夕餉, 評判される, 認められて, 調和の, 警部の, 變な, 豊かに, 財産の, 起こった, 起こる, 起ったこの, 起った問答, 起り得る破裂, 起る愛蘭土, 起る矛盾撞着, 越して, 身代が, 転がって, 近い廊下, 迫り来れり, 送つて, 途, 這入つて行, 通されました, 通ると, 造られて, 連絡の, 遊説を, 運動を, 道を, 遙かに, 適当の, 配給の, 醸しながら, 重ねた, 重大な, 金銭上の, 鍬の, 閃くは, 開墾し, 間隙が, 闇の, 關係が, 陣取って, 隠して, 隱見する, 雪に, 青々と, 青年の, 静に, 靜子は, 面倒な, 音も, 頗る不, 顔に, 風が, 飛び出して, 食事の, 養われて, 駒井の, 驚くべき進歩, 高瀬舟の, 魔法使が, 黙って

1 [13861件 抜粋] ああもう, あったからに, あの人物, あひるの, あらゆる興味, あり得るであろうか, あるといふ, ある不可解, ある双, ある徑, ある時間上, ある生命, ある萩生村, ある電磁気指力線, いい形, いくつとも, いた男, いつか死に, いつの間にか家, いまを, いろいろ私, うつかり, おき言葉, おしりを, おならの, およべり, お品, お熊, お風呂, かがやかして, かすかな, かの子も, かわされた板の間共同使用, きりぎりすさんの, くるんで, こういう約束, こっそりやった, この二, この川, この秋, この頃, こんなにも大きな, こんに, さしはさまる, さやう, しきりに信号, しなくても, しふね, じり, すごい音, すっかり貧乏, すでに官軍, すれば, せめては, そうした根本, そっとすりかえ, そのカムツァン, その円味, その尊い, その日一日, その界隈, その読者, そびえないうち, そんなに非道, たたかわれるたたかい, たった二人, たまった文書, だんだん叔父さん, ちょっとした中休み, ちらつく俥夫, つきとめる必要, つまらなくなっ, できた長女, とき色縮緬など, とりかわされるの, どうしてそんな, どこからか, どれ丈自分が, どんな微妙, どんな風, なくなるとは, なった畳, なり大木, ぬけた, はいるべき前置詞, はさまれた一人, はじめてこの, はやり出しました, ひそやかな, ひどく年, ひろが, ふとお, ふわりふわりと, ほとんど余地, ぼんやりつっ立っ, まじりながら, また一個, また飄然, まばらに, みぶに, もうあすこ, もう声, もう立派, もし後方, やえや, やはり人間らしく, ゆるされる可能, よく理解, わからんもの, わたしには, アカデミーという, エプロンは, キャラコさんが, コペンハゲンの, シヤツは, スーッと, チッカッパは, テーブルを, ネパールの, パルシファルの, ブリュジョンが, ポツリポツリ当っ, ヤツとの, ルパンは, 一つ宇津の, 一人は, 一割一分下つた譯である, 一尺五寸ほど, 一度破綻, 一昨年の, 一生けんめいに, 一線の, 一部の, 七割六分弱を, 三たび漂泊し, 三十に, 三夜ほど, 三百余騎に, 下へ, 不和ある, 不足な, 両者の, 中腰に, 久米等の, 乱れ打つ椀, 事あらん, 二三人の, 二十一曲の, 二月を, 云って, 五六年も, 五色の, 亡くなつた老幼, 交つて主人の, 交渉問題が, 人一人肩を, 人間らしく生きよう, 今我々が, 仕事し, 以前に, 伊沢氏に, 会長名で, 伝流する, 位置し, 何かしら恋愛の, 何ものかを, 何十個といふ, 何等人間的, 作つた榛軒の, 侵入し, 信者を, 候補地を, 傍聴人が, 僕に対する, 充分な, 光りながら, 入り代り, 全き, 全然気象, 公然と, 共軛点を, 其一杯は, 具体的な, 再検討, 几帳を, 出時には, 出来るか, 分たれそして, 分配される, 判然と, 刻んだ深い, 割りこみました, 力の, 動くいようなけ, 匍いこむ, 十九世紀という, 十四五人ぶらぶら, 午後の, 協調と, 印度自身の, 去るべければ, 又種々, 取りかえて, 取り結ばれた条約, 受けた多く, 古着古, 右文書に, 合せますね, 合つてこれは, 合はんと, 合わすこと, 同じ匂い, 名だたる強敵, 君と, 周囲に, 咲きこぼれたつつ, 唯一人我ばかり, 喰いこんだ, 四人の, 団体として, 圓朝の, 在つて修錬, 在る微妙, 坂下から, 垂れ下って, 堂と, 墳墓を, 変り行く世の中, 多いのみ, 夢が, 大きな喰, 大きな運河, 大分多くの, 大根は, 大評判, 天皇が, 夫婦らしい, 奪われて, 好きに, 妻と, 姫君を, 嫉妬起さし, 存じたりと, 存する心理的不調和, 孝一郎ほどに, 完成された, 実は何, 宮といふ, 宿屋が, 寝かした, 實が, 尊卑の, 小さく挟まれた, 小女郎, 小野さんは, 少年たちの, 居る年増, 山北に, 峙立する, 左右に, 已に多, 帰つて来たり, 平三は, 年月が, 幾何学的関係が, 広く行き渡っ, 度々見舞, 建てられて, 引延ばす, 張られた蔦, 当道, 彼女自身は, 待合室に, 得た法律的, 微少の, 必ずしも共通, 忍び込んで, 忽然と姿, 思惟の, 恋愛し, 悔改むることなかりしならば今猶, 情交が, 意地悪く, 感ずるところ, 憚り乍ら貝六という, 成つて発送せられた, 我らの, 戯れつつ, 手入れの, 打ち壊す屋敷, 折角の, 押川は, 持ちあ, 挟つて空に, 挟まれた由吉, 挨拶の, 挾まれ進退, 挿んであった, 掘つて, 描かれる作者, 攫み合, 放吟し, 散乱し, 数馬を, 文明は, 新しい出発, 新進の, 於ける実地, 於ける著しい, 日かげも, 日露戦争後二年から, 明了軒が, 是迄, 時平の, 暗い中, 書いたという, 最も滑稽, 有って, 朝譴を, 未納, 杉成形に, 東京地図が, 果して, 柱の, 桃から, 棒立ちに, 楠公の, 様々の, 横たわる気, 樹立の, 次第に大身, 止り範圍, 此生を, 歪み縮んで, 死骸らしい, 殘つた素朴な, 殺気に, 毒蛇と, 民法における, 水煙を, 江戸へ, 汽船は, 河蒸汽を, 注意される, 流れかよった共感, 流露する, 海底に, 消費せられる, 深く突入つて, 清逸は, 湯に, 溜つてゐた, 漂つてゐた, 漸次その, 激しい戦さ, 火の粉を, 焔が, 焦燥の, 熱心な, 父に, 特に一, 独り居, 獄中の, 現れその後, 琉璃廠あたりの, 生きたある, 生じた悲劇的, 生まれたよう, 生れし子等, 生れても, 産まれたる恋愛, 田辺氏の, 画家らしく, 畳んだ六枚折, 病院の, 発見逮捕せられる, 白い顔, 白雲飛び, 皆んな塞がつ, 監禁された, 相互決定の, 相貌が, 眠りたいと, 睡りて, 知られた, 研究会という, 確実に, 社会的富を, 祭壇へ, 秋海棠も, 稀に, 積滞, 突き出た比較的, 窓に, 立ちどまって, 立ち天井, 立つので, 立塞がった, 符合する, 築かれて, 精を, 約束まで, 紛うかた, 細く映る, 経る波, 結んだもの, 絶え入りさ, 緋毛氈でも, 縱横奔馳する, 纏縛され, 置くと, 美沢は, 習得された, 考説の, 聴いたと, 胆に, 脩という, 臥したるは, 自分でも, 自然推戴の, 舞人自ら其主たる, 良人に, 芸者らしい, 苦悶も, 草を, 菰の, 落つると, 著る, 蔭で, 藜の, 蜘蛛の, 行かれる, 行つて應擧の, 行わるるを, 行われるあいだ, 行違ひ, 裏返しに, 西瓜の, 見えるよう, 見ちがえるほど, 見るが, 見本の, 親和と, 触れ回って, 記念の, 評判大, 認められた値, 読まれる, 調うて, 警官に, 豪放磊落だ, 資性穎悟に, 赤い月, 起きた, 起せしは, 起った話, 起るであろうそれ, 越えがたい, 路程の, 身受けの, 軽重なし, 近づいた, 迷い抜いたあげく, 送り屆, 透けて, 通ぜざるもの, 通過し, 連続し, 運動場全体が, 過世, 違無いのじ, 遥か鐘, 鄭重に, 醤主席を, 野が, 針仕事し, 銀座七丁目の, 鐘を, 長身痩躯の, 開きが, 関係の, 降り積んで, 陰影が, 随筆が, 隠れながら, 集会の, 雨戸を, 電車は, 青白い婦人, 響き渡つたの, 頻繁な, 風呂敷は, 飛退, 飲んで, 馬車の, 骨と, 高山植物の, 鮮やかに, 鹿兒の, 黒く変っ

▼ 間~ (6857, 9.9%)

31 ことで 30 山の, 悪さ, 襖を 27 方へ 21 関係を 20 ことを, 交換の, 距離を, 道を 16 ことだ, 悪そう 15 山へ 14 ことである, 山節を, 私の 13 事で, 悪いこと, 抜けた顔, 襖が, 関係は 12 ように, 扉を, 抜けたもの, 距離に, 距離は 11 ことが, ことは, 距離が 10 ところに, ような, 悪い時, 習慣で, 路を 9 抜けたところ, 自分の 8 ないこと, 事は, 友情は, 岳は, 微妙な, 惡い, 細道を

7 [13件] ない頃, 中に, 事だ, 問題に, 家に, 小径を, 彼の, 心の, 悪い顔, 悪る, 情欲は, 細い道, 障子を

6 [18件] うちに, こと, ことだった, ことです, ほうへ, 事を, 出生の, 壁に, 家を, 尾根を, 岳, 或る, 所に, 時計を, 時間を, 汽車の, 間を, 関係の

5 [32件] ところで, ないころ, やうな, わるさ, 不思議な, 中央に, 事であった, 事である, 交渉は, 交通は, 出来事である, 友情の, 唯一の, 女の, 山を, 床に, 悪いよう, 悪い思い, 愛情は, 抜けた感じ, 方から, 方が, 時間が, 根本的な, 現象には, 生活の, 空地に, 競争は, 自然淘汰が, 距離の, 間隔を, 高さ

4 [50件] あること, ぬけたよう, ぬけた顔, ものが, 一種の, 不断の, 中へ, 出来事で, 出来事を, 利他心は, 友情という, 埋葬の, 壁の, 家の, 宿で, 小道を, 山に, 山以来の, 山節という, 岳の, 差異が, 広さ, 廊下で, 彼方に, 彼方へ, 情欲の, 愛情が, 感情が, 感情に, 戦争を, 扉は, 抜けたよう, 方を, 時間は, 狭い通路, 狹い, 生活は, 相違を, 空間を, 競争が, 競争の, 習慣に, 距離まで, 辛抱だ, 通路を, 連絡を, 長さ, 間に, 関係に, 關係を

3 [140件] ある時, うちで, うちの, かなたから, こ, ことであった, ところまで, ない事, ない或, ない時, なかつたこと, ぬけた感じ, びした声で, ふすま, ほうから, まぼろし, まん中に, もので, やうに, ようで, ようでも, ギャップの, ドアを, 一つの, 一定の, 人間の, 仕切りを, 先を, 入口に, 内に, 内部に, 出来事だった, 前に, 力の, 努力の, 友情が, 友情と, 口が, 命がけの, 唐紙を, 問題である, 境界は, 夢だ, 大床, 完全な, 寺道を, 小さい家, 小径の, 小流れ, 山から, 山は, 山節の, 差異は, 幅を, 広い空際, 床の間の, 廊下の, 彼女の, 径を, 後に, 悪いもの, 愛と, 愛を, 感情は, 戸を, 所を, 抜けたやう, 抜けた声, 抜けた様子, 抜けた話, 抜けて, 方に, 晴ばれと, 暗さ, 最後の, 望みが, 机の, 村の, 様子を, 橋を, 比例に, 水を, 火の, 無邪気な, 爺やの, 狭い地面, 狭い空間, 狭い路地, 生活が, 畳を, 相互の, 相違が, 真中に, 矛盾に, 矛盾の, 矛盾を, 石の, 秘密として, 秘密を, 秩序を, 空気に, 空気は, 窓の, 競争でも, 競争と, 競争を, 細い路, 経験で, 経験と, 經驗で, 縁側に, 習慣から, 習慣は, 自分を, 草道を, 衝突の, 襖の, 襖は, 襖子の, 襖子を, 記憶が, 評判は, 話の, 話を, 話題に, 誤解を, 調和を, 距り, 距離などは, 退屈しのぎに, 退屈を, 運動の, 道に, 長いこと, 開きは, 間は, 闘争と, 隅に, 隅の, 電車は

2 [437件] あたりに, あらゆる物, あらゆる生物, ありそう, あるこの, あるころ, あるばかり, ある事, ある明るい, ある時刻, ある身体, いきさつを, いろいろな, うちへ, かなたに, ことであり, ことでありました, ことでございました, ことに, ことの, ことも, この二つ, ごたごたが, した路, すべての, そとへ, それぞれの, たった一つ, た打ち廻って, つながりを, つれづれに, できごと, ところから, ところへ, どうやら鬨の声, ないの, ないもの, ない六月, ない処, なかった, なぐさめに, ぬけた好もしい, のびた蛇皮線, ひそかな, びした口調で, びのした声で, ふりに, ほうに, ほうを, ままの, まんなかに, もどかしさ, ものと, ものを, やさしい愛情, ようだった, わるい思い, わるい日, わるそう, アナロジーの, ギャップは, ギャップを, ソファに, テーブルの, ドアの, ドアは, 一帶の, 一粒種甘やかされ, 一般的な, 一隅に, 万物は, 三層目に, 上記の, 不幸な, 不文法に, 両側に, 中では, 中の, 中間者, 中間者を, 争いであり, 争いの, 争いは, 争いも, 事, 事が, 事じゃ, 事です, 事に, 事にて, 事の, 二人の, 二子, 井から, 交り, 交友関係も, 交換, 交換における, 交渉, 交渉が, 交渉に, 交渉も, 交渉を, 交通が, 交通を, 人で, 人の, 人口増加を, 人知の, 仏壇が, 仲介役を, 伊那毘の, 余も, 例の, 価値の, 修業を, 僅かな, 入りわけ, 入江に, 共同生活の, 具体的な, 冗談に, 冬籠りだ, 処に, 処まで, 出来事とは, 出来事なら, 利害の, 利害は, 区別が, 卓に, 卓の, 協力と, 印象です, 去就に, 友情, 友達にでも, 右の, 呪いと, 唐紙なども, 唐紙に, 問題と, 問題は, 噂に, 四隅を, 因襲を, 囲炉裏を, 國, 土山雨が, 土手を, 土間に, 地に, 地を, 坂を, 境界が, 境界と, 壁と, 壁へ, 壁を, 夕闇を, 多少の, 夢です, 大きさ, 天井の, 奇怪な, 女, 嫉妬軋轢の, 家が, 家だ, 家で, 宿, 宿題で, 対立を, 小さなみち, 小さな家, 小径へ, 小舟の, 小駅, 尾根は, 屋, 山, 山と, 山稜は, 山稜を, 山節が, 山節は, 岳から, 岳と, 岳に, 崖を, 差別が, 差別には, 差異を, 差違は, 差違を, 平和と, 平均は, 幽暗に, 広やかな, 広大な, 床の, 床下から, 床下に, 庭は, 廊下に, 廊下を, 廣い, 廻廊に, 引き戸を, 引力が, 引力に, 彼等の, 徒然に, 御恩, 御簾の, 御簾を, 心づかいなども, 必然的な, 志自, 忙しかつ, 恋の, 恋愛は, 恋愛形態が, 恋愛関係は, 悪いやう, 悪い事, 悪い光, 悪い思ひ, 悪い日, 情愛も, 惡さに, 惡さを, 惰性が, 意識的なる, 愛, 愛の, 愛情に, 愛情よりも, 感情を, 感覚より, 懐剣を, 懸崖に, 戦争が, 戦争に, 戦争は, 戸が, 戸棚を, 批判といふ, 抜けた, 抜けたこと, 抜けた事, 抜けた受太刀, 抜けた彼, 抜けた拍子, 抜けた笑, 抜けた質問, 抜けた返事, 拔けたやうな, 教場は, 敷居の, 敷石を, 方で, 方は, 方まで, 方五六尺の, 旅で, 旅行で, 日本の, 星の, 昵懇だ, 昼夜の, 時間, 時間に, 曲, 月を, 本質的な, 条約を, 東に, 松並木の, 板敷が, 柱に, 柱の, 根がたに, 桜かな, 機微に, 歌よみの, 此樣な, 歴史を, 死亡以上に, 比例によって, 比例は, 氏の, 気の, 水の, 水は, 沈黙にも, 洪積層は, 浅ましい情景, 浅ましい葛藤, 海峡を, 消息は, 深張, 深淵が, 混堂に, 湯治には, 溝を, 火鉢の, 灯が, 灯を, 焚火の, 焦燥憂慮省察求信之等は, 爭亂の, 爺や, 牛鹿の, 狭いところ, 狭い通り, 狭い道, 現在の, 現在亡びかけ, 理論的な, 生存競争が, 生活を, 男の, 畑地を, 疲労が, 病氣に, 病苦に, 病間へ, 皺が, 盟約が, 直行な, 相談で, 相違は, 矛盾は, 研究を, 社会的富の, 秘密な, 税務官吏の, 種々な, 空の, 空地が, 空気の, 空隙で, 端に, 競爭の, 納戸の, 細道の, 経験によって, 統一が, 絶対の, 緊張から, 緊張は, 線路に, 縁が, 縁に, 習慣だ, 習慣の, 習練で, 自由な, 芭蕉は, 若い女たち, 若子の, 荒沢を, 著しい相違, 葛藤は, 薬を, 融和を, 蟠りの, 行動は, 街道に, 衝突が, 複雑な, 親しみは, 親しみを, 計画で, 詫を, 話は, 話や, 話題は, 誠意ある, 調整を, 論争を, 論議の, 財布を, 貧乏生活が, 貿易の, 距離, 距離しか, 距離で, 路は, 路地は, 路地を, 軋轢と, 辛抱, 近いところ, 通信は, 通路の, 連鎖と, 過去の, 道の, 道路を, 遺族や, 部屋に, 部屋の, 酷い痛ましい朝鮮, 野の, 金の, 鉄道利権を, 長屋に, 長期の, 長火鉢の, 開通見込が, 間の, 間隔で, 関係, 関係が, 関係である, 関係として, 関係としての, 閣下の, 闘争が, 闘争によって, 關係が, 阿宗, 隔ての, 隔てを, 障子の, 雪の, 電車の, 静かな, 面倒な, 鞍部に, 類型的および, 風雨に, 食物を, 高い所, 鯉は

1 [4384件 抜粋] あいだには, あぢ, あの不幸, あの縁先, あらゆる物質的, あるいは職業団体間, ある中ぶらりん, ある年頃, ある空, あわただしい一刻, いざこざが, いろいろ楽しかっ, うち接近し, おでんやの, お伽噺が, お店者の, お畳廊下, かくれた同一性, がたしかに, くどき言が, こういう感情, ことちょっと, ことな, ことゆえ, こなた, この航路, ごく目, ごみだの, しきりは, しんきくささ, すべてを, そしりを, その部屋, それや, だらけ切った生活, つなぎに, ところが急, とてもいう, どの航空路, ない中, ない四十前後, ない所為, ない町, ない雨空, ぬけたその, ぬけた他, ぬけた調子, のびたつぶやくよう, はげしい恋, ひとまかせな, びしていながらその間の, びのした台詞廻し朗読の, びのした馬鹿らしい, ほの, ぼくの, もう一つ, ものです, やせくぼんだぶきみ, よれよれの, わるいこと, わるい話, エネルギーも, コイルの, ストーリーの, デリケートな, バラックを, プロレタリア, ラウンドヘツドを, 一ばん奥の, 一切の, 一定体制, 一時間か, 一番の, 一粒種で, 一隅で, 七間ばかりの, 丈けに, 上を, 下座から, 不和や, 不正や, 世の, 両国橋と, 中央よりは, 丸太を, 乗合馬車青縞屋の, 争闘が, 事でございました, 事には, 事諷諫し申す, 二尺ほどの, 云わば, 井見れ, 交易は, 交通網の, 交際で, 人々も, 人口は, 人質も, 仁義で, 仕事を, 代, 仲だ, 休息のみに, 伝統を, 低い宙, 住宅地で, 何者も, 使用にすら, 保守勢力を, 信頼と, 借家を, 偏見を, 傾斜地に, 元気な, 先夜の, 入り口に, 全面的な, 共同の, 其処此処に, 内輪さぐり, 冷たい反目, 凹地には, 出来ごとである, 出来事にしか, 分業は, 切符が, 利害に, 前の, 加護をね, 動作に, 勤労を, 北海道における, 十三人の, 協力の, 単に表象, 即ち空間直観, 又私党的政治的, 友情をも, 反目は, 受難だった, 句の, 合わぬ気持ち, 同じ小石川区内, 名である, 周旋浮れ, 和睦を, 唱和は, 問題については, 喧嘩という, 四つの, 因縁の, 国境劃定に, 土の, 土質の, 地帯に, 坂道の, 埒が, 堂宇が, 場合なら, 増加率について, 声を, 変化は, 外から, 外国生活から, 夢だった, 大きな花梨, 大室, 大森林, 大王の, 大鯛, 天照皇太, 奇妙な, 奥行の, 好い事, 如何にも, 娯楽と, 嫉視反目, 存在的な, 学生生活を, 官吏生活から, 定評である, 実相は, 室屋に, 家へ, 宿の, 密使は, 寝床は, 対応的対立を, 対等の, 小さい川, 小さな百姓屋, 小屋掛を, 小溝, 小道も, 少時の, 屈從に, 屋根裏の, 山や, 山節, 山間に, 岳だけを, 岸永久は, 川に, 工夫で, 差別は, 市場における, 幅さえ, 平地だろう, 平均死亡数で, 平行的連関を, 年月包ん, 幾つもの, 広場に, 床の間に, 座に, 廂房の, 延びた挙動, 廻り縁を, 影響では, 往復が, 往来で, 後朝の, 御協議, 御用具, 徳義についても, 心変わりという, 心理的関係を, 必然的緊張とに, 念願も, 急な, 性的交渉の, 恋愛や, 息苦しい沈默, 悪いハメ, 悪い気, 悪げに, 情味に, 惡さうに物蔭から, 惰性に, 意志疎通を, 愛とさえ, 愛情とか, 愛誦歌であったらしい, 慌てた色, 憂鬱は, 懸絶する, 或短い, 戦争であっ, 戯れの, 所には, 所謂交際と, 手拭を, 折合は, 抜けたといふ, 抜けたフォッ, 抜けた叫び声, 抜けた実質, 抜けた明る, 抜けた法廷, 抜けた着かた, 抜けた観察, 抜けた驚き声, 拔けたところが, 拔けた男の, 持てない数時間, 掘立小屋, 接触上に, 摩擦電気は, 放浪生活が, 教材に, 敵視も, 數の, 文字を, 断食と, 方の, 旅行でありました, 日光で, 日記を, 明い水面, 是非の, 時を以て, 時間ほど, 晴れた日, 暗い陰, 暗黒な, 書幅を, 最上等, 月影を, 望みを, 木も, 本当の, 村道を, 東京生活が, 板ばさみの, 板敷で, 枝折戸の, 栄養不足と, 桜は, 椅子にも, 楼台を, 樣な, 樹木亦, 橋渡しを, 欄干擬宝珠の, 歌うたふ, 武威を, 歴史的進化を, 殺気は, 比率である, 気は, 気持なんて, 水, 水嵩を, 永久の, 江戸時代の, 沈黙が, 沢へ, 法律上の, 洗濯で, 流星の, 海に, 海峡は, 消費せられるべき, 淫行を, 深さ, 清掃された, 渚に, 湯ヶ島に, 溶岩の, 潔白は, 激湍で, 灯でも, 為替が, 無い頃, 無茶な, 煙草の, 燻りかえりひぞり合い煙, 片々たる, 物, 物質的な, 牽引力乃至, 狭いだらだら, 狭い盆地, 狭い隘路, 獨身時代の, 理想的関係に対する, 生れいでたる, 生悟り, 生活費用は, 田舎道を, 畑の, 畦の, 畳廊下へ, 疑惑から, 病人にと, 病苦を, 登りである, 白旗云々の, 目の敵に, 相剋も, 相談の, 省線電車を, 眼に, 矢作の, 短い時, 砂を, 研究会で, 祈念の, 禁欲生活といふ, 私自身の, 秘密に, 種取り競争に, 空いてる場所, 空地を, 空間に, 突つかひ, 窓縁に, 窮迫に, 競争とは, 笑いばなしに, 範疇体系上の, 精神の, 系列的分類である, 純潔を, 紛糾だの, 細い白えり, 細道づたいに裏の, 組には, 経験から, 結婚は, 統一を, 絶對的なる, 緊張した, 縁へ, 縦走を, 繼橋より, 義理である, 習慣に従って, 考量も, 聯關が, 肉交を, 胸中も, 自動車専用有料道路なる, 自然的平衡は, 舞台の, 船上で, 芝居の, 若者達は, 苦しみな, 苦悩で, 苦痛屈辱と, 茶貿易に, 荒凉と, 落着か, 蓄財生活を, 薄暗い中, 處で, 融和同化は, 行き違い, 行為を, 衝突に, 袖部屋へ, 襖ご, 要所要所, 親しい心持, 親密を, 言葉どおりの, 許婚も, 評判に, 話で, 話題だった, 誤解という, 調査であります, 論戦の, 諸山を, 謎を, 谷へ, 谷間に, 貨物列車運転に, 貸部屋, 質的相違を, 距ては, 距離へ, 路地口には, 軋轢が, 輸送問題は, 辛抱を, 迂曲した, 近道は, 通りで, 通商を, 通路へ, 連絡に, 連関は, 遅いか, 運動を, 道いっぱいに, 道徳より, 道路は, 遠征戸籍は, 部屋へ, 醜く荒んだ, 野道を, 鉄道を, 銀ぶす, 鏡を, 長い旅路, 長押に, 閉ぢこめられた, 間口を, 関係だけについての, 関係において, 関心を, 闊達無碍な, 關係は, 陸地と, 階廊を, 隔りは, 隙潰に, 障子が, 隠蔽の, 集注が, 離反は, 雨戸も, 電報往復に, 電話線を, 露わな肌の, 青木に, 非常の, 面白い出来事, 音痴は, 願望であった, 風習に, 食料と, 馬の, 騒ぎに, 鬱屈を, 鯛は, 黒子だけ

▼ 間~ (4576, 6.6%)

199 置いて 179 おいて 75 縫って 60 通って 43 歩いて 36 往復し 29 縫うて 28 おいてから, 抜けて 27 措いて 26 くぐって, 流れて 25 分けて 22 置いては 20 往復する 19 隔てて 18 ぬけて, 置いてから 17 見て 16 往っ, 隔て 15 おいては, 往復した 14 往来し 13 おかずに, ぬって, 潜って, 縫いながら, 通り抜けて 12 借りて 11 往来する, 馳け 10 彷徨し, 置いた, 走って 9 歩きながら, 覗いて 8 く, すかして, すりぬけて, へだてて, 泳いで, 洩れて 7 あちこちと, 右に, 措いてから, 見ては, 飛んで 6 おいた, さまよ, 出て, 往來する, 疑って, 落ちて, 行ったり, 通りぬけ, 過ぎて, 静かに

5 [19件] あちこちせられた, うねって, つないで, とおして, 一人で, 上下し, 利用し, 割かれて, 往来した, 措いては, 歩きまわって, 登って, 私は, 経て, 縦横に, 縫ふ, 行く, 透して, 隔い

4 [27件] うろ, おかないで, くぐり抜けて, すり抜けて, その小さなみち, 仕切って, 何か, 分けながら, 少し脇路, 廻って, 彼方此方と, 往き来し, 往つ, 拔けて, 探して, 流れた, 知って, 縫いて, 縫うよう, 縫ひ, 置きながら, 行くので, 距てて, 這って, 通りながら, 離れて, 音も

3 [61件] いふ, うろついて, くぐったり, すれすれに, それて, つたわって, とおって, はかって, もたせて, わけて, ブッ通し, 一直線に, 上下する, 伝って, 伝わって, 低迷し, 出来るだけ, 割って, 周旋し, 妙に, 小走りに, 巧みに, 待って, 探って, 措き, 摺り抜けて, 支配する, 斡旋した, 東へ, 歩き, 歩き廻って, 毎日の, 法壇を, 流れゆく, 流れる水, 照し, 狙って, 真直に, 縫つて行く, 置きて, 考えて, 自由に, 航行する, 行く様, 行く樣, 行つ, 裂かれて, 調停し, 越えて, 距てた, 辿って, 透かして, 通した広い, 通る, 通ること, 通ると, 連結する, 進んで, 隔てられて, 飛び廻って, 駛り

2 [239件] あちらに, あるいて, あれ以上に, いいかげん歩い, いったり, うねうねし, うねりて, うろつき廻る, おきながら, かいくぐって, かきわけて, かける山鳩, くぐりいま玄関, くぐりぬけて, くねって, ぐるぐると, ぐるぐる廻っ, ここかしこと, さがして, さぐって, さこうと, さまよって, さ迷つて, そろそろと, ちょろちょろと, つなぐ好き距離, つなぐ鉄道幹線, とばして, とんで, ぬうて, ぬけたり, ぬけると, のぞいて, はかり槍, ぶらついて, ぶらぶら歩い, へだて, へだて老婆, もって, もれて, やっと, ゆく, ゆくと, ゆっくりあるい, ゆるゆると, よくあけ, よく往復, グルグルと, セッセと, ツさんが, ハシと, 一往復し, 一里半ばかり, 丁寧に, 七間として, 上ったり, 不和に, 井筒の, 人に, 伝道し, 何となくぶらぶらし, 何度も, 偸んで, 僅に, 其方に, 出たり, 出たりは, 出で, 割いたとも, 割いたの, 割こうと, 割つて, 動揺し, 動揺する, 勢よく, 北に, 北へ, 取持ち二人, 右往左往し, 向うへ, 吹いて, 周旋した, 啼きしぶれ深, 回って, 変化する, 夏の, 夕闇と共に, 多くの, 奔走し, 奔走した, 女と, 妨げるもの, 媒介する, 宗教や, 富士の, 小さな川, 少し行く, 巡査や, 左り, 平次は, 幾度か, 幾度と, 幾度も, 庭の, 延ばして, 影の, 彼は, 彼らは, 往來した, 往復してる, 往来す, 徘徊する, 御縦走, 思って, 急ぎ足に, 悪がっ, 截断する, 打つて, 折れ曲って, 折返し運転, 抜いて, 抜けながら, 押して, 押し分けて, 押し合いへ, 押分けて, 持って, 振子の, 掃除し, 掃除する, 掻き分けて, 掻き廻すと, 提供した, 擦り抜けて, 敏捷に, 散歩した, 新坊, 昇降し, 時々往復, 村の, 東京で, 東南に, 欠いて, 欠き不, 正面から, 歩いた, 歩いたり, 水は, 求めて, 汽車は, 泳ぐの, 浮いたり, 渡る冷風, 漏れて, 漕いで, 漕ぎ拔, 潛り, 潜ったり, 潜つて来た, 潜りぬけて, 無事に, 煙の, 照す雲, 爪先上りに, 猿の, 王族の, 登りつめると, 白い上着, 眺めて, 矢の, 福富の, 私たちは, 私どもは, 穿鑿し, 突破し, 籠らふふかき, 縫つて静かに, 縫つて黒ずんだ, 繋ぐ一種, 纒めて, 置いたところ, 置かずに, 置き, 置く, 置くの, 置くやう, 耕すこと, 脱け, 自分の, 航進す, 色の, 行くこと半町, 行くの, 行けば, 表に, 見せて, 見つめて, 見計, 覗いたお, 調停する, 貫きて, 貫く坂道, 走りぬけて, 走りまわって, 超えて, 跋渉し, 距て, 身を, 転々し, 轟き流れて, 通うはず, 通した廣いも, 通す, 通ったり, 通つ, 通らなければ, 通り抜けると, 通り拔けて, 通る時, 通抜け, 通過し, 通過する, 連絡する, 過ぎた, 過ぐ, 遠ざかって, 遮って, 遮つた, 選んで, 避けて, 邪魔する, 野川の, 開けて, 除けば, 隔てながら, 飛び越えて, 飛ぶが, 飛行し, 魚の

1 [2451件 抜粋] あがり氷川町, あけ放した百姓家, あっちこっちへ, あても, あゆみ目, あれ以上には, いくども, いひて, うかがって, うねりくねったり, うまく杖, うろうろ行っ, うろ抜いて, おいたもの, おかしな関係, おかず出府いたしまし, おかないやさしい, おき更に, おくでしょうし, おもいおもいな, お動き, お綱, かいくぐりかいくぐりですから, かきわけ前, かき廻すか, かけもって, かなたこなた, がらがらと, くぐりお辞儀, くぐりながら, くぐるには, くわつと, ぐるりと, こえ通例, こじあけなければ, この荷船, こめる紫, さかのぼって, さくもの, さっさとあるい, さまよい歩いたよう, さまよう体, しきりに往来, しつかり仕切つて, しばらく行く, じっくりと, すこしかき直したく, すべって, すりぬけいまや, すり抜けた勝則, ずいずいと, せっせと往来, そこの, その女, それでも晴衣, ぞろぞろと, ただ甘んじ, たべもの, だんだんに, ちょっと逢い, つたったり, つづって, つなぐ幹線, つなぐ霊的因縁, つめること, でたり, とって, とぶ人間, とる, どうにか崩れず, どんな思い, ならして, ぬいそして, ぬけ左方, ぬつて廣, のぞきこみました, のどかに, はかったり, はずさずこすって, ひそかな, ひとえに押し通し, ひどく簡素, ふらりふらりと, ぶつ通した, へだたりはじめ, へだてようと, ぼつ, まご, また雨, まちきれない素子, まはつ, まるで氣まぐれ, みて, むなしくひらめい, もう少し遠ざけたら, ものすごい大群, やって来る, ゆきつ戻りつするを, ゆっくり歩い, ゆるされに, よく肥えた, わあー, わざとらしく鬢, われら大股に, エレーナ・ニコライエヴナと, ギョロリと, コゼットは, ストリート婆が, ダイヤモンドを, バスが, ピインと, フレンドシップで, メチャメチャに, 一つ框に, 一人待つ, 一宿一飯で, 一層親しく, 一心に家, 一撃の, 一時間費した, 一瞬に, 一筋の, 一走りに, 七十八日五九年の, 三元は, 三日で, 上って, 下から, 下の, 下るので, 不良少年少女が, 与えない, 中断し, 主人夫婦の, 乗切った汽船, 争わせ天下, 二つ打抜いた, 二三町も, 二回往復する, 五六十間も, 交互に, 人の, 今朝働き出し, 仕切られて, 仕切る襖, 休まずに, 伝つてチヨロリ, 伝令たちが, 低徊する, 何と園, 何マイルも, 何物かが, 作品と, 保ち能, 借りたの, 借りるの, 僕が, 先生が, 光秀は, 入つて來, 兩脇より, 凄じく, 出た月, 出でぬ手段, 出入する, 分け奥, 切れるよう, 利し, 前後左右に, 劃って, 労働者たちが, 動搖する, 匐い抜け, 十字火を, 半丁の, 南北に, 単身すりぬけ, 去来し, 取りもった, 口実に, 右の, 合せた, 吊りあげて, 向側へ, 吹き通るの, 周旋す, 嗅ぎ出さうとして, 回転する, 土人街の, 埋めたところ, 塗りこんだもの, 壮盛期と, 多くは, 大きな肩, 大川村の, 太, 好みの, 始終行っ, 嬉しそう, 宗太若, 宴席に, 寝食を, 小径の, 少し辿っ, 屋外に, 川の, 巣に, 市中近郊一巡と, 干潟に, 幾人かの, 広くあけ, 延びて, 廻りながら, 引き, 引上げて, 当然とでも, 彷徨された, 彷徨って, 彼方此方し, 往來しました, 往復したであろう, 往復すべく, 往来なさるなら, 待つので, 得つ, 心せわしく, 心細く思わず, 忙しげ, 思はざるを, 急ぎ足で, 恋ひ暮らす, 悠遊し, 悪るがります, 慰める句作, 戦争という, 手を, 打っこ抜いて, 抜けた, 抜けようと, 抜け出た, 抜け村里, 択んで, 押し開いて, 拡げて, 拾つて密と, 指して, 挟みました, 捜して, 掃除致す, 掠めると, 探し歩いた, 措かず忽然と, 掻きながら, 掻き廻し, 揺れて, 撫でまわして, 支持する, 教室の, 数丁の, 文学巡礼し, 断ち切られたよう, 斷た, 旅客の, 日夜奔走しだした, 昇降す, 明るくし, 暗くし, 曲って, 書斎に, 最大急行列車の, 木曾川の, 村に, 柳川藩次九間島原藩次に, 椅子にかけて, 楽しく送る, 横すじかいに, 横切ると, 樹蔭は, 欠き不便, 此流行期と, 歩いた模様, 歩かねば, 歩き出すと, 歩き廻つて, 歩く時, 歩み来ながら, 歩るいて, 殿下の, 水の, 永続させる, 沢山の, 沼の, 泳ぎ廻る小, 洋風に, 洩れる月かげ, 流る, 流れやがて, 流れる封建的感情, 流れる美しい, 流れ落ちる渓流, 浮動し, 海上にのみ, 淀みなく, 清水屋の, 渚沿いに, 渡るとき, 温かに, 溯航, 漁る背中, 漕ぎまわり最近心中, 漸く抜け出した, 潜らせその, 潜りぬけながら, 潜り抜けくるっと, 潜り重り合って, 潮あかりに, 点接し, 無雑作, 爪で, 狂奔し, 狭く深く流れ, 獄中に, 生き生きと, 画して, 疎通させ, 疑が, 疑わせたり, 登つて西の, 白い煙, 白洲へ, 百二十五マイルと, 益々乖離, 監視する, 相川良之介が, 眺めた, 着飾った娘たち, 知らなかった時, 石川島の, 秀吉は, 空ける夜, 突くと, 窺いに, 立ち回って, 立廻っ, 筋張った水, 米友が, 約九尺, 索めて, 結びつけたの, 結ぶ生命線上, 絵葉書や, 絶対に, 緊張させ, 縦断する, 縫い乍ら, 縫い行くうち, 縫う小道, 縫つてあるく, 縫つて内界の, 縫つて歩い, 縫つて裏へ, 縫ひつ, 繋いで, 繋ぐ有線電話班, 置いたこと, 置いたテーブル, 置いた手紙, 置かずして, 置き且つ, 置くよう, 翔んだけれど, 聞き廻って, 胸に, 脱して, 自在に, 舞い海闊, 航海した, 芦垣で, 苦しそう, 荷船に, 落付かな, 蒼面痩躯の, 薄白く, 蛇の, 蝮の, 蠕ひめ, 行き尽くすと, 行き迷うもの, 行くとては, 行くアイノコ流, 行く抒情式, 行商し, 裂いて, 裂く為, 西に, 見え隠れし, 見ても, 見よ愚者, 見分する, 見私, 見詰めたまま, 覗きこんで, 親密な, 解し得たもの, 訪れた者, 読まなくては, 課して, 請うて, 警視庁に, 貫き左心室, 貫ぬく, 赤い着物, 走つて, 走り一つ, 走り廻り, 走る湾流, 越える甲府, 足早に, 跳ね回る魚, 蹴分け蹴分け急いで, 軋まして, 転がり落ちて, 軽々しい打, 辛じ, 辷って, 迂曲する, 追い廻して, 送るの, 逍遙する, 透いて, 通うては, 通じて, 通ずる迂曲, 通つてお, 通つてそつと, 通つて主人官兵衞の, 通つて磨き拔いた, 通りすぎる風景, 通りぬけると, 通りました, 通り乍ら裾風一つ立てないたしなみです, 通り広い, 通り抜けたら大きな, 通り抜け三階, 通り突当りの, 通り鉄道の, 通るのに, 通る鼻髭, 造ること, 連接する, 進むに, 遊び暮し, 運んで, 運転し, 過ぎトンネル, 過ぎ広い, 過ぐる処, 遠く近く, 遡った所, 遮る自動車, 酌し, 鈍い稲妻形, 長い事, 長く引張っ, 関ような, 限り自由, 陽炎の, 隔って, 隔つるように, 隔てたあと, 隔てたほど, 隔てた奧, 隔てた日記, 隔てた遠い, 隔てようとしても, 隔てるには, 隔て岸, 障子を, 集めるの, 難じる, 電車が, 青年は, 非常な, 革舟を, 頭を, 顰めて, 颶風の, 飛び出し山王下, 飛び越える深い, 飛石伝いに, 馬に, 馳せて, 駆け回って, 駈けて, 駈け巡り屋島, 駈け抜け梨, 驅ける, 髪を, 黒, 黙つてる人物

▼ 間~ (3200, 4.6%)

19 私は 11 なかった 10 彼は 9 それは, 何事も, 僕は 8 何も 7 これを 6 それを, ない, 誰も 5 他の, 僅かに, 少しも, 気が, 私の, 私も, 自分の, 足も

4 [18件] すすきの, それに, それも, なれて, 一度も, 一緒に, 主に, 人の, 何か, 何を, 家に, 少くとも, 無言で, 煙草を, 私が, 私に, 親類の, 黙って

3 [35件] あなたの, ありません, いつでも, その中, それから, それが, それで, た, ないの, ひっそりと, まだよい, 一人も, 一種の, 二人とも, 人は, 人間の, 休んで, 何にも, 何百里も, 労働の, 吾, 呼吸が, 多少の, 女の, 安心し, 彼の, 彼も, 相手の, 私と, 絶対に, 自から, 誠に歌, 雪が, 非常に, 頭を

2 [153件] あちらへ, あなたも, ある, あるが, いいが, いつまで, いつまでも, お互に, お前は, かの女, ここの, こちらの, このこと, このまま, この家, この闊, これに, これらの, さう, じっとし, すべての, その積り, その革命, それぞれの, それらの, そんなお, そんなもの, ただその, ただの, とても平和, ともかくも, どうする, どうなった, どうやら大した, なかったでしょう, なかろ, なれたところ, なれた所, まだ, まだいい, まだまだ安心, まだよかっ, まだ気楽, もう一, よいけれど, よろしい, われわれは, 一つの, 一望坦々たる, 之れ, 二年前に, 人を, 仕方が, 体温三十六度である, 何とも, 何の, 例の, 俳名の, 充分に, 兎に, 全く無, 八畳座敷の, 冬も, 决し, 割に健康, 友人なる, 同じよう, 土地の, 夏の, 外国の, 夢中に, 大丈夫だ, 大臣をも, 大體, 子供に, 子供の, 官巷で, 寸刻も, 少しの, 岩質中に, 岸本は, 左程, 左陣の, 平凡な, 張る氣, 彼らの, 彼女は, 彼等は, 御前へ, 忘れて, 急に, 恥かしい, 手もとへ, 政治史は, 断らなければ, 日が, 日本の, 普通の, 暗かった, 朝夕二度私に, 未だその, 村を, 東京ぢや, 東京に, 樹下石上の, 死は, 殊に理由, 母に, 毎晩の, 気に, 永かつ, 無き西, 狭い峡谷, 狭い通路, 瑠璃子も, 生きて, 町中が, 異常な, 皆軍人に, 相互に, 眠って, 眠り悩ん, 眼に, 確かに, 社会の, 結婚出來ない, 肉体の, 胸苦しい呼吸, 自分が, 自分で, 自分に, 自分を, 船は, 茫然として, 蟻の, 衣食住の, 見合せなければ, 話を, 誰からも, 誰の, 誰へとも, 躊躇し, 迷うに, 遊んで, 過去や, 野が, 關や, 離れて, 露店の, 顔を, 飛んで, 麗かな, 黙つて

1 [2577件 抜粋] ああ云, あたかも人, あつた, あの人たち, あべこべだ, あらう二人, ありませんでしたよ, あるでせう, ある大きな, あれ程も, いいん, いかにも強く, いかに絶滅論者, いけません, いっそう旦那, いつどんな, いつも何, いつも燈火, いまだともに家業, いやな, いらいらと, いろんな弱点, うまくゆかなかった, おそらく無益, おのづか, おもしろく楽しくこずえ, おろかほんの, お客さんも, お金の, かかる法令, かなりに, かなり長い, からだに, きれいに, けっして分解以前, こうして煙草, この, このわたりの, この令嬢, この室, この方内に, この生, この造幣料, これという, こんなに濶, ございませんでしたわ, さながら流, さんざんお袋, しないこと, じっと首, すつかり, すばらしい芸術家, すること, せまり奥熱地, そういうこと, そうした許, そう暑く, そのおかみさん, そのゆく, その価格, その喧嘩, その増加, その小説, その手, その晩, その生長, その色, その誤謬, その陰謀, それぞれに, それでも二三人, それとなく気, それア喧しい, そわそわし, そんなもん, そんな風, たがいに, ただじっと, ただ学問上, たとい人事不省, たのしい, ちょっとしんとなりました, つれえさ, とうてい仲, ときどき飽き, とべやがて, どうしても動かなかった, どうにか斯うに, どこからか, どちらからも, どれくらゐ, どんな他, どんな純愛, ないし, なおかの, なか, なかなか泣けない, なだらかに, なに一ツやる気には, なるほど, なれた道端, なんとし, ねえん, はつきりしなかつた, はばかるよう, ひようひようと, ふり返っ, ほかの, ほとんどといつて, ほとんど毎日, ほとんど軒並み, ほんの田舎廻り, まあいい, まことに平凡, また以前, まださう打解けた, まだどんなに長く, まだよ, まだ何, まだ床板, まだ武士, まだ花, まばゆいです, まアまアこれ, みな間数を, むくつけくあやしきおのこ五, めったに入歯, もう少し慎ん, もちろん重い, もとよりの, やさしかりけり, やはり妻, やや年上, ゆっくりあります, よかったです, よく青年, よほど影, わが愛づべきこと慥, わたくしの, わたしには, ゐなくなつ, ウェッシントン夫人の, ガラス戸で, ココを, ジャン, トルストイが, ニコリとも, フランス人イギリス人イタリー及び, ボンヤリしたあるかなき, ヨメの, 一々詩, 一は, 一人で, 一坪の, 一日の, 一時間でも, 一生ゼツボウ状態だろう, 一瞬間でも, 一里毎に, 丁度其の, 三四時が, 三町余も, 上である, 不和に, 不思議な, 与吉も, 両側に, 中学でも, 主として前, 久し檐板, 争ひ, 二人は, 二月は, 五分位で, 五里霧中で, 交通機関としては, 亭主の, 人格も, 人間と, 今の, 今日の, 仏勤め以外の, 仕事に, 他に対する, 仮りに, 休戰の, 低い独立, 何かの, 何だか力強い, 何ものかの, 何ミリメートルある, 何処かで, 何時まで, 余ほど, 作り溜め, 俗医に, 個性は, 傷の, 働くの, 元の, 先に, 全く土中, 全く黙りこん, 全盛を, 八畳の, 六九二七であっ, 共同弁護人は, 其血を, 再び嶮, 冷淡に, 出來, 分譲住宅地として, 別として, 別に思合つた訳, 別荘の, 到底西洋梨, 割合に, 労働を, 勝誇った訳, 勿論張る, 十六道具に, 十間と, 半鐘も, 博士の, 危ぶんで, 去る六月, 友情と, 取れると, 口惜しさうに眼, 只一つ, 可成り, 同じく閑地, 向うで, 吾身が, 味方の, 唯歌ばかり, 嘘も, 四尺位しか, 国学者の, 土蔵の, 地域狭隘に, 堅く恐ろしく見ゆれ, 外の, 多く二階に, 夜分のみ, 夢現の, 大事ない, 大学生の, 大洪水説話, 大門が, 太陽は, 奏楽も, 女は, 妙に, 妻や, 姑く, 嫡妻の, 孤独だった, 學者の, 安全であり, 完全に, 実に悲観, 実験室の, 家主は, 寂として, 富士正晴氏が, 寝る眼, 寺で, 将来結局無, 對等な, 小田原で, 少しずつ, 少し途斷, 尾根も, 山と, 岡山紙屋町に, 工学部の, 己は, 希望も, 常に第一義, 幅六尺鐘釣から, 平坦な, 年々莫大な, 幸に, 幾世紀もの, 幾遍と, 店に, 廣, 弱らされたよ, 彼らにとって, 彼女が, 往來に, 御免下さいまし, 御舅, 心を, 心配は, 必ず何とか名, 忘れるよう, 思うだけで, 思索と, 急速度, 恐怖と, 悲しみに, 惑溺し, 意識が, 愛情一偏で, 成るべく宵, 我彼に, 或る, 所謂無心無知の, 手を, 手紙が, 投射線と, 拔け, 挨拶を, 換言すれ, 故里に, 数へる, 敵敗れ退く, 文楽は, 新しき義務, 旅の, 日出時の, 日影も, 日本人は, 早く片方, 春日局が, 是非無い, 時としてこれ, 普通見受ける, 曉なら, 最も大幅, 最終戦争は, 朝から, 木の葉の, 本書の, 杉本氏の, 来たらざる, 東京で, 松原が, 枯れて, 格別一度, 椀に, 楽しくを, 機械的に, 歌留多会とは, 正夫さんと, 此処では, 武士といふ, 歴史を, 死ぬこと, 死んだもの, 殆ど粉雪ばかり, 殺されても, 毎年の, 毎日正餐に, 気が付かずに, 気も, 気難しい父, 水も, 汝げに, 決してクルマ, 決して孝道, 決して戰爭, 決して絶対最高, 決して離れ, 沒理想, 泣くにも, 浄土真宗の, 消えるもの, 淨火門外の, 清らかな, 湧き上ること, 滅法に, 漫画の, 灘と, 烈しい文字, 無く益々, 無事平穏である, 無心でしょう, 無言である, 熱気の, 父は, 牛乳を, 物質と, 犬の, 狭いから, 玩具の, 現れて, 琵琶を, 甚だ短い, 生ける心地, 生活的本質で, 甲団体の, 男子は, 畜生であろう, 疎遠でない, 疑念を, 発狂し, 白い幡, 百官は, 皆から, 皆無に, 盤古, 直ぐ神田川, 相当の, 真つ, 真実な, 眠れると, 瞼を, 知らず知らず姉, 短い, 短く名器名宝, 研究室に, 祝として, 神様の, 私たちは, 私自身が, 稀有で, 空っぽ, 空間を, 競争も, 笠の, 粉雪ばかり, 納戸と, 結ばれた, 絵が, 絶えない事, 続けなければ, 縦令山, 織田勢とて, 美しいペガッサス, 耐忍する, 肉体と, 能く, 自ら疎遠に, 自動車路が, 自由な, 興奮の, 船頭と, 花は, 若いから, 苦き声, 茂って, 草葉の陰から, 薄らいで, 薩長相提携も, 蛇の, 行きません, 行為の, 装飾の, 西風は, 見えない顏, 見る見るうち, 親しくなっ, 解決の, 記録が, 詩思歌情ハハハオホホで, 読書か, 誰一人声を, 論爭は, 豈散ら, 貴方は, 賑かな, 起き上がること, 踊りの, 身体の, 辛らから, 近くに, 近辺の, 通学の, 進んで, 運命的だ, 遠きもの, 遠方へ, 部屋の, 酔いの, 金が, 鉄の, 鎌倉ごろまで, 長く中, 関の, 附ききり, 限られた時, 随分乱暴, 隔てる草, 集まって, 雨が, 電気の, 露岩なども, 静かに, 面倒な, 音楽も, 風位に, 食物の, 館の, 馴れない事, 高さ一尺, 魅せられたよう, 黄色な

▼ 間には~ (2771, 4.0%)

21 いって, 何の 15 何か 11 非常に 9 それが 8 さまつて, 一種の, 次の 7 なんらの, 一つの, 多くの 6 大なる, 密接な, 種々の, 非常な 5 いろいろな, かなりの, 何等の, 共通の, 多少の, 或る, 目立たぬ進歩, 自分の, 自然に

4 [12件] それを, 一定の, 一脈の, 何らの, 区別が, 妙に, 子供が, 少しずつ, 居させられぬ, 殆ん, 沈黙が, 真の

3 [35件] いると, これと, これを, こんな話, さんである, すうっと, それから, はっきりした, 一人の, 一筋の, 二つの, 人間の, 何も, 何等かの, 共通な, 前から, 可なり, 右の, 合は, 埃が, 少しも, 微妙な, 日本の, 有名な, 根本的な, 此の, 無限の, 盛んに, 真面目な, 石の, 自然と, 自然の, 行はれ, 話の, 関係が

2 [136件] あまりにも, あまりに大きな, いかなる類同, いくつも, いつて, いつの間にか互に疎通, いつも或, いつも皺, いろいろの, ここに, このよう, これまで, こんな奇怪, さしたる連繋, すっかり変形, その話, それらの, たつた一人, どんな関係, ないの, なかった, なんの, ぽかんと大きな, まだそんな, まだよほどの, まちまちの, ガラスの, 不平の, 不要な, 世間的な, 主に, 二人の, 二人まで, 二本の, 云わば, 人の, 人知れず何事, 今でも, 今までは, 今も, 何と, 何にも, 何らか, 何らかのつながり, 何事も, 何日しか, 何時か, 先づ師弟の, 全く交渉, 冬よりも, 凄じい決心, 処々水面から, 判然たる, 別に, 到底一致, 前にも, 十分精確な, 十四世紀の, 友情が, 古くから, 可なりの, 可憐な, 名を, 周知の, 土か, 坊主頭の, 壁の, 夢に, 夢の, 大きな差, 大きな差異, 大変な, 大抵次ぎ, 始めから, 存外大きな, 寸分の, 対等の, 小さな流れ, 少なからぬ, 差別が, 巴里の, 平家に, 幾多の, 後々までも, 心の, 必ず白い, 恐らく関係, 意味あり, 愛の, 戦争の, 所々に, 方程式, 早くも, 明かに, 明らかに, 昔から, 昔の, 普通人に, 曾て, 此年少, 残って, 水が, 深い沈黙, 無数の, 無論幾つ, 父も, 男の, 疎に, 白いかび, 相当の, 相違が, 眼も, 知らず知らずの, 確かに, 私の, 秘密が, 絵具の, 絶対的の, 線香の, 色々な, 薄だの, 虚偽の, 言うに, 話が, 語りつくされぬ人間生活, 誰の, 論理的の, 越えること, 足尾喜内や, 距離が, 踰ゆべから, 車体を, 連続的な, 随分濃い, 音信も, 高笑と

1 [2155件 抜粋] あった, あまりに大, あらん限り, あるひ, ある距離, あんなに煙草, いかなる結婚, いくえにもいくえにも深い, いくぶんか, いたずらに過去, いっこうなん, いつかさつきの, いつのまにか多勢, いつの間にか相談, いつもの, いつも灰汁, いま名称や, いる途中, いろいろ面白い, いわば睦まじ, うわさも, おそろしい騒ぎ, おのずから隔たり, おろし戸, お寂しゅう, かかる境界, かならず何人, かなり傍若無人, かなり激しい, かなり音韻状態, かまびすしく持ち出され, きっとあの, きわめて明らか, こういう本質的, こうした感情, ここの, ことに文芸, このエレヴェーター附近, この宇宙, この比率, この花, この遠洋航隊, これこそ, これほどの, こんな下等, こんな会話, こんな言葉, ご秘計, さすがに, さらにいっそう明晰, しかるべき大名旗本, しばしば猫, しばらく白々しい, すうつ, すでによほどの, すべてが, ずいぶん多く, ずっと前, そう沢山ある, そこに, そのほんとう, その他に, その化合分解, その後異常な, その環境, その色調, それからそれ, それぞれ聖地を, それらしい, そんなこと, た, たしかに女, ただの, ただ程度的部分的相違が, たとえ離れ, だちょうの, だんだん隔たり, ちゃんとした, ちょうど憲房, ぢつ, とうにそれ, ところどころ柱, とにかく一脈, どういう根本的, どうかする, どうしても意義分化, どこか, どれほど物, どんな良い, なお一万尺以上, ながい間言葉, なにか, なにひとつロマンチックな思ひ, なんら知識, はでな, はや利家たち, ひな菊や, ひろが, ほとんど人間, ぽかぽかした, まずなかろ, また一つ, また寺舎, まだそれ, まだ二人, まだ同, まだ済まない, まだ癡, まつたく夜, まるで衝突, むずかしい問題, もうお, もう友情, もう年配, もう美しい, もう鬱積, もとやや, やがて金城, やはり壁, ややもすれば, ようやく真理原則, よけいな, わずかに, アワ峠が, オウタハイトと, サッと一閃, ジードにとって, スプウンの, タンクの, トシという, ドリス, パリに, ブルジョアが, ポンポロ, モノに, リアリズムの, 一しきり寝棺, 一五〇七年の, 一分のすきも, 一国一城の, 一寸高く, 一応この, 一本として, 一点の, 一緒の, 一般にいくつ, 一貫した, 一間ほどの, 七二七で, 三ヵ所の, 三島手を, 上下の, 不即不離の, 不完全な, 不穏の, 世間並の, 中世までも, 主婦が, 之が, 了解が, 事務的な, 二つが, 二度と勤労生活, 云う気持, 互に用心, 五分いや, 交互の, 人々相互の, 人波が, 今にも張り切れ, 今までの, 今年生れの, 今日も, 他人の, 伝熱作用も, 低く話し, 何うせ遊ん, 何かの, 何だか斯, 何やら激しい, 何れも, 何処やら, 何度も, 何物も, 何處かに, 作者鴎外の, 依然として何百里, 信ぜられて, 傍を, 儒教と, 先ごろ彼が, 先王の, 全く人跡未踏, 全国的に, 全然重複, 共軛の, 其車の, 再びかえす, 冬の, 出かける事, 出来て, 切子細工の, 初めから, 別にこれ, 別段さびしき, 前篇に, 加持祈祷の, 動いたもの, 勝つか, 勿論同じ, 区別は, 十代の, 十年も, 半ば口を, 南北朝の, 即ち意識, 原理的なる, 又一しきり, 又芒, 収拾すべからざる, 古き簾, 可也懸隔て, 各家, 合い兼ね, 合って, 合わないけれども, 合理的な, 同志小林の, 同質性むしろ, 呪物の, 唯一の, 單に, 図書館芝居音楽活動写真館その他ラジオだの, 国元の, 土いじりも, 地球外の, 堀を, 堰かれた落葉, 境遇の, 変異によって, 外國人の, 多少場合, 多年苦楽を, 大いなる溝, 大きい白い磯波, 大きな不安, 大きな淵, 大きな變, 大もて, 大分広い, 大切な, 大體, 天文に関する, 夫婦としての, 女子が, 好色な, 姉が, 媒介が, 嬉しいやう, 子供の, 存在上如何なる, 學問の, 宗教上或は, 実にこうした, 実子と, 客は, 容隱を, 将軍家御, 小さい村落, 小浜鉄道が, 少しつつ, 尚信仰, 屡々手紙, 山雀の, 崖の, 左様な, 師弟といった, 常に千万, 常に甚だしい, 常人には, 幕府がたの, 平均五吋ほどの, 年平均出生は, 幾たびか, 幾回と, 広い場所, 弓隊が, 強制的に, 形の, 役者に, 彼女の, 往々に, 後醍醐が, 復讐なり, 心からの, 心頭姑く, 必ず何, 必ず贈, 必便宜を, 忘れ聞き手, 思いがけぬ関係, 性理上の, 恁う, 恐らくマジ, 恐多くも, 情事を, 意地でも, 愛らしい女の子, 感応し合う, 成長した, 或は右, 戦争が, 戯談も, 手紙の, 折々成功, 持ち続けられるの, 掛ける橋, 揚州は, 改めて語る, 数本石榴の, 文士の, 文学的審美観念の, 断じてそれ以上, 斯の, 新聞社私製の, 既に先客, 既に男女両性, 日本人の, 旧語序, 明朝の, 昔ながらの, 春らしく濁った, 時々の, 時代の, 暖かい親交, 曰くが, 書物だけ, 最も古雅, 最早悲しみ, 有ません, 未だその, 本能的に, 村二つほど, 松や, 根本的の, 案外の, 桑の, 極めてなだらか, 極めて細密, 極楽鳥の, 機械的な, 次第に変っ, 次第に自立自衛, 正月の, 歩術という, 歴然たる区別, 死者ぐるひであり, 殆ど完全, 殊に光代, 毎年こうした, 毛髪を, 気まずい沈黙, 気持の, 永久の, 汝の, 決して和解, 決死の, 治すべしと, 法会の, 法皇の, 洪水の, 流行を, 海の, 淡色な, 深い諧調, 深さ二十間, 清水灑, 渡船場あり, 源平藤橘の, 漂った, 漱石と, 激しい精神, 瀬戸の, 灰が, 烈しい戦, 無益有害な, 焼跡の, 燈火が, 物陰が, 独特な, 猛烈な, 珍しいこと, 現在さほど, 理窟の, 甘い匂, 生じなかったろう, 用は, 画然と引かね, 異った, 當さに, 病院の, 白き帆, 百姓一揆が, 目を, 相互に, 相当に, 相親しむ, 看護婦と, 眼で, 矢張おなじ, 知らなかった気持, 石ころや, 破る事, 礼儀も, 神棚と, 私たち人民が, 種々微妙, 積重ねた煉瓦, 空虚が, 第三者から, 筋目において, 紅一滴見る見る, 素質と, 組織の, 結局身体を, 絵を, 絶対的に, 緊密な, 繁華街は, 義理だの, 而も, 肉体的の, 脇息にも, 膝から, 自分勝手な, 自然咲の, 自身の, 與吉を, 花崗の, 芸術も, 茶も, 荒い格子, 著しい世態人情, 著しい進歩, 著しく苦しいギャップ, 薄く却, 蛍が, 行われて, 袖を, 複雑な, 見えなかった日本, 覚られないくらいの, 解けさ, 言わず語らず時代時代, 評判で, 説明すべからざる, 誰も, 論文または, 豊後国行平作の, 貧乏も, 貿易商売の, 赤い百合, 起伏の, 足を, 踏み心地, 身體は, 軽い敵愾心, 近親の, 送別会を, 連関が, 遊び廻っ, 道中の, 道路工事の, 酔って, 重力による, 野黨と, 鉄の, 鋲乗物遊山や, 長女である, 間隙が, 關係が, 陰陽の, 随分あなた, 随分色々, 隠し切れず門弟中, 隱れ, 雪を, 電気の, 霞とも, 青紫のちしまぎきょういはぎ, 面と, 音楽は, 顯著なる, 食人の, 馬の, 驚くべき長, 高利貸の, 魂の, 麥の, 黒枠の

▼ 間から~ (2485, 3.6%)

27 出て 25 顔を 15 覗いて 13 のぞいて 12 出して 10 時計を 9 一枚の 8 首を 6 一人の, 下を, 外の, 手を, 洩れて, 見えて, 見える 5 急に, 星が, 現われて, 生れて, 私は, 自分の, 蟇口を, 見えた, 輝きが

4 [19件] ころんころんと, それを, ちらちらと, 何か, 僅かに, 取り出して, 奇麗な, 庭の, 映つた細い白い, 流れくだる水, 漏れて, 眼を, 空を, 紙入を, 自然に, 舌の, 見ると, 覗いた, 身を

3 [45件] きこえて, こちらへ, こちらを, ちら, ちらと, では, チラチラと, チラチラ見える, 下の, 中を, 僅に, 先刻の, 出した, 声を, 夕日の, 外へ, 外を, 姿を, 客の, 小さな赤い, 彼は, 微かに, 朝の, 流れて, 海が, 涙を, 火花が, 白い顔, 真白な, 私の, 紙に, 群青を, 聞えて, 背後の, 脱け, 草が, 草の, 薬を, 見えるの, 透けて, 金時計を, 鍵を, 隠見する, 霧の, 黒血の

2 [153件] かすかに, きこえました, こぼれて, これまでは, さかんに, そっとのぞい, そつと, だが, ちょっと舌, ちらちらしました, つぶやいた, のぞいた, はいって, はみ出して, はみ出て, ふいに, ふらふらと, ほのかながらも, むくむくと, ゆるやかに, スーッと, ズルズルと, ツイ裏木戸の, ハンカチを, ヒラリと, ピストルを, 一つずつ, 一羽の, 一通の, 不思議な, 不意に, 争いの, 二人の, 二錢の, 五六人の, 人の, 今にも麦藁帽, 伸子は, 例の, 光って, 六畳の, 内部を, 凝と, 出た, 出たり, 出たん, 初日出の, 半眼を, 半身を, 口を, 叫んで, 吹いて, 喬生の, 囁きかは, 国府津に, 垣間見える俺, 堤の, 大きな光る, 奇怪な, 女の, 子が, 射し入って, 小さな名刺, 小さな時計, 左に, 引張り出して, 彼の, 彼方遥に, 微かな, 忍び込んで, 思ひがけ, 怪しい黄色, 惜しげも, 懐中鏡を, 抜け出して, 春の, 時々片, 暖かい陽気, 書物など, 月の, 月を, 月明に, 模様の, 此方を, 水が, 水色に, 汚ない, 江戸町一丁目と, 泡の, 洩れ始めた朗々, 流れ出して, 海の, 涙が, 湖水の, 湯気が, 火を, 現われた, 甘美な, 生じて, 生れた, 畳の, 病室の, 白い卓布, 白い手, 白い歯, 目を, 真赤な, 真赤に, 眺めて, 眺められた, 私を, 穏かな, 空気を, 突として, 突出し, 突如と, 窓の, 糸の, 紙幣束を, 緋天鵞絨の, 義歯を, 臓物が, 自分を, 自動車の, 舞台を, 草家が, 落ちて, 藁屑を, 蝦蟇口を, 血が, 行き見守つて, 見える赤い, 見せた, 見て, 覗くと, 財布を, 貴方がたの, 跳び出して, 迸り出た水, 通は, 鉛色の, 鏡の, 鏡入れや, 陶器の, 隣りの, 雨に, 青空の, 非常に, 頭の, 頭を, 顏を, 風が, 飛び出して

1 [1762件 抜粋] ああという, あらはれる, あるいは銀茶色, あわてて, いくたりかの, いろいろに, うかがわれる, うつつた, うめくよう, おもて, お君, お揃い, お芳, かう声, かすかなこえ, きらりきらりと, くる光りに, こちらに, こつそり, この夜中, こぼして, こぼれ落ちそう, こんなこと, ごちゃごちゃに, さし出した, さし込んで, さまよい出た折衷派, しきりに泡, じっと昂奮, じろりと相手, すきと, すぐに, すこぶる自然, すでに上, すべり落とした再び, するすると, ずり落ちて, そっとぬけ出し, そっと病人, そっと覗く, その一片, その尖った, その時, その結目, それと, たちまちに, たとうを, だらりと, だんだん頭, ちょろちょろ出, ちらっと覗い, ちらりとみえる, ちらりと見える, つかんだ物, つまみ出した小判, ときどき白帆, ところどころ延びた, とり落すまいと, どっと涙, なんとも云, ぬいと, ぬけでて, ぬっと面, のぞいた粗い, のぞき得た一日, はじめて地平線, はるかに, ひそひそした, ひょっこりこの, ひろわれた一つ, ふた包み, ふと下, ぶらんとぶら, ほき出しつつ, ほんの僅か, ぼやけた鼻, ぽっかりと, まじまじと, また一筋, また灌木, まっ黒に, まるで新しい, むりやり入っ, もさ, もれもれ, やや背, ゆっくり歩い, ようやく文字, わずかに, アメリカで, ガラスの, キンチャクを, コメツガや, シューッシューッと, スッと, ズブリと, タラリ, チラリチラリと, トカゲが, ト覗い, ニヤリ笑っ, ハガキ版の, ハーモニカを, ヒョックリ顔を, ピーと, ポタリポタリと, モウモウと, ラメセス二世の, 一すじの, 一つ星が, 一声から, 一寸顔を, 一心に, 一本平骨の, 一生けんめいに, 一目に, 一粒の, 一足の, 三味線を, 三日月が, 三笠山一帯の, 上った, 上半身を, 両の, 並べた南瓜, 中の間に, 二つの, 二本の, 二階階段納戸などを, 五十間も, 人々が, 人間の, 今は, 今日まで, 伸び上がって, 佃の, 何やら認め, 作左衛門の, 侍衛長馳せ来る, 健全な, 傳つ, 儀礼的でない, 兄さんが, 先の, 入った, 公卿の, 其の最初, 内部の, 冷涼たる, 凄艶, 凩の, 出した小さな, 出たもの, 出た薬, 出られなくなって, 出る評判, 初冬の, 剃刀を, 前穂高, 剽軽な, 動かぬ汽船, 勝ち誇った巌乗, 北岳の, 十圓札を, 半七, 半分露, 去ったという, 取つて來, 取りだした一通, 取り払いたい気持ち, 取出す伝票紙, 古ぼけた手帳, 古風な, 叱, 名刺とも, 向うを, 吹きこむ雨, 吹き込む夜風, 吹き込んだと, 呟いた, 呼び出すこと, 唇を, 器用に, 噴煙を, 四時雪の, 土耳古製の, 地上に, 垂らして, 塩瀬の, 壁越しに, 夏らしく澄んだ, 夕日が, 外に, 夜半の, 大きな声, 大きな洋封筒, 大仏殿を, 大空へ, 天下の, 太陽を, 奔騰する, 女が, 始終自分, 婆さんの, 宗近, 客席を, 寒い様, 寺の, 射し込んだ, 尊敬と, 小さい病みほうけた, 小さな光り, 小さな金襴, 小声で, 小禽の, 少しずつ, 少し蓼, 尻尾が, 山上草人描く, 屹と, 川水の, 差す燈, 巾着を, 幸福が, 幻と, 広縁へ, 床板の, 庭を, 廊下づたひに急ぎ足できた, 引き抜いた匕首, 引出した紙片, 強い光, 彼女たちの, 彼方に, 徐々と, 徐ろに, 微笑みかけたり, 心臓を, 怒鳴り立てた, 思いも, 恋人が, 懊しい, 懸崖に, 成り立って, 戸外へ, 扇の, 手が, 手先を, 手紙を, 抑えつけられて, 投り込ん, 抜き出そうとしては, 招いた, 拾って, 指が, 採れたとも, 探偵を, 提出された, 擦りぬけては, 敬うとも, 数本の, 斑らに, 断崖の, 旗が, 日脚さえ, 明るい青空, 星空を, 春陽に, 時どき思い出した, 晴やかな, 暗いの, 暫く外景, 書斎の, 月夜の, 望まれるよう, 望めば, 朧な, 木槿の, 朱漆の, 東に, 松の, 栗の, 格子戸づくりの, 桜の, 楽屋が, 横尾谷の, 櫛を, 次の, 歌を, 正月二十六日の, 歯朶や, 段々にわかる, 水に, 求めようと, 池の, 沢山の, 油絵に, 洩るる大空, 洩れる呻吟, 洩れる水滴, 洩れ出す黒い, 流れこまないよう, 流れた感嘆, 流れ込んだ光, 浅黄色の, 海上はるかに, 涙ぐんだ顔, 深い淵, 清水が, 温き水, 湖心遥に, 湧きあ, 湧き出す清水, 湧く温泉, 満足と, 源氏の, 滴りを, 滴る清水, 漏るよう, 漏れ落ちる, 漸く一般的, 潺湲として, 濃やかな, 灯かげの, 無作法にも, 無気味に, 煖炉の, 煙草入れと, 熟, 熱湯を, 燦然と, 燻んだ雪渓, 父親代りの, 牛を, 物憂げ, 玉砂利が, 現実の, 生えたきのこ, 生え出た茸, 生まれた新しい, 生み出されたもの, 生れた更, 生れるだろう, 生温るい汗, 田螺が, 町, 痛みが, 発源する, 発見せられた, 白いカード, 白い女, 白い眉毛, 白い短い腰巻, 白い脛, 白い足, 白く見え, 白樺の, 百円札が, 皮膚を, 直接に, 真っ白に, 真似の, 眩しい旭, 眺められ楼門, 着物の, 瞳が, 矢代は, 短い草, 石を, 砂を, 私たちの, 種々な, 積った, 突き出して, 突然日, 突然誰, 立ちのぼって, 立派な, 竹格子を, 箒を, 粉雪が, 紙の, 紙切れの, 素肌が, 細い細い毛, 絶えず襲い来る, 絹を, 緋縮緬の, 縁ご, 縄を, 罌粟畑が, 美しい空, 群山を, 老眼鏡を, 聞え皆, 肌へ, 背中へ, 脇廊下を, 膠質が, 自由に, 船頭の, 芝生の, 茶亭の, 荒い呼吸, 萌え出した, 落した拍子, 落ちるやう, 落ちる清水, 蒼ざめた皮膚が, 蓄音機の, 薄い陽ざし, 薄縁の, 薔薇色に, 藍碧に, 蛙が, 蝋を, 行先を, 裏庭の, 襲って, 見えたり, 見えました, 見える其, 見える山, 見える眞蒼, 見え出した, 見せ乍ら, 見た森羅万象, 見ゆる庭, 見る琵琶湖, 見付けて, 見覚えの, 見降すと, 覗きに, 覘い, 詩吟の, 誰方かしらといふ, 谷へ, 財布がわりの, 赤い光線, 赤い煉瓦, 赤い芥子, 赤石山が, 起こった快活, 起った, 起つた言葉, 足の, 足音が, 身持ちの, 軽い驚き声, 轟いて, 返事した, 追い出し手網, 透しながら, 這ひ出した, 進み入り陛下, 遙に, 遠くに, 遠く澄んだ, 選まれた, 醵金し, 重い鈍い声, 野性の, 金を, 金色の, 鉄漿を, 銀時計の, 鋭い白眼, 錦の, 鏡が, 長い草, 長老が, 闇夜にも, 隠して, 雀色時の, 雨が, 雪が, 雪景色を, 雲表に, 電灯へ, 青々と, 青い牧草, 青皮の, 面だけを, 靴を, 響かせる高笑い, 額の, 風化した, 飛び出そうとでも, 餞別に, 駄々ツ兒の, 高い窓, 高く聳え, 鮮やかな, 鶏共が, 黄いろい雛, 黄色い宝石, 黒い二本, 黒い瞳, 黒煙が, 鼻を

▼ 間~ (2325, 3.3%)

65 ない頃 63 ないこと, なかった 29 ない 27 なしに 24 ないころ 21 ありません 20 あらばこそ 19 ないのに 18 あるまい 17 ない或, ない時 16 ありませんでした, ないと 14 ないうち 13 ないの, ないらしい, ない時分 12 あるまいと, ないので, 離れて 10 ないある, ない程, なかつた, 彼は 9 ないよう, 先へ 8 ないほどの, ない後 7 ない日, 行くと 6 あらせず, あろうか, ない事, 無かつ, 無く, 無くお, 私は 5 ないとき, ない時刻, なし, もどかしそう, ものに, 惜しいよう, 気が

4 [13件] あった, ちつと, ないから, ないくらい, ないという, ないほど, ない赤ん坊, なく, 上に, 心は, 無いのに, 無くで, 無しに

3 [39件] あらせず今度, ある, あること, あるの, あるよう, ある長い, あろうかと, うと, して, それである, それを, ないお方, ないが, ない位, ない出来事, ない娘, ない所, ない新, ない私, なかつたの, なきに, なき心配, 上の, 下の, 何も, 何を, 先から, 向うの, 彼女は, 忘れて, 歩いて, 無い頃, 無かった, 眼を, 矢代は, 続いて, 行けば, 離れたところ, 駈けると

2 [109件] あって, あつた, あつて, あらず, あらせず今, ありさうな大きい, ありそう, ありますまい, あるから, ある海, あろうと, おかずに, お君, さきへ, じっとし, じつとしては, そのこと, その人, ないお, ないかも, ないその, ないため, ないとの, ないふう, ない上, ない中, ない刑務所, ない彼, ない忙しさ, ない愛妻, ない折, ない昨年, ない時代, ない朝, ない男, ない秋, ない青いもの, なかつたので, なからう, なかろう, なきた, なき光, なければ, まく, もどかしげ, わたくしは, ナオミは, 三間も, 下へ, 下ると, 与えて, 主人の, 二人の, 五間も, 何か, 例によって, 先に, 冬の, 前に, 勝平は, 向うへ, 夜川の, 安心し, 少しも, 幾間も, 彼方から, 彼方へ, 待たずに, 後れながら, 心が, 忘れること, 惜しいので, 我等は, 手を, 来たかと, 歩くと, 歩けばい, 気に, 決してまざらない, 油断が, 油断なく, 無い事, 無きうち, 無くその, 無くである, 無くの, 無く再び, 無く心, 無く止んだ, 無く此処, 無く死, 無く死ん, 無く細君, 無く自分, 無し, 瑠璃子を, 疾しや, 私に, 私を, 肝胆を, 自分の, 英語で, 行きすぎて, 行つてから, 見せず鮮, 進むと, 進んで, 門口の, 靜かに

1 [1269件 抜粋] あいだが, あなきしきしと, あの方, あらうと, あらずそれ, あらずチューデーデース, あらず投, あらず頸, あらせずその, あらせず今ごろ, あらせず呼, あらせず敵, あらせず蜀, あらで階子上り, ありさ, ありましたが, ありませぬけれども, ありませんぜ, ありません内儀, ありやしない, あり又, あるいかだ, あるところ, あるのに, あるめ, あるやう, ある事, ある古風, ある大き, ある大綱, ある家, ある広い, ある建家, ある杉丸太, ある様, ある船, ある長竿, あればこそ, あろう, いたって, うい, おかず半月形に, おこり怒りつづける, おとなしく加賀田, お定, お歌いなされた, かかって, かなたの, ぐうぐう寝, こうして錠, ここは, こちらから, この心, これと, こんな所, ございません, ございませんと, ごわりません, さぞ満足ぢ, じっと地面, じっと神父, すつかり, ずっと家, そうだ, そうでした, そこらを, その後は, その考え, それが, それくらゐ, そんな事, たくさんは, たれも, だんだん起き出, ぢつ, ついて, ときどきそこ, とし子の, どうかする, どうもそれ, ないあたたかい日, ないこの, ないころ自分, ないその頃, ないて, ないによって, ないほどに, ないらしく, ないゲビス, ない一九二二年, ない一団, ない一箇月目, ない三太刀, ない世界, ない乳呑児, ない事務官, ない五時頃, ない人, ない今日, ない住宅地, ない優しい春, ない八月二十二日, ない初夏, ない前, ない十月, ない厳丈, ない吹雪, ない唯一, ない堀割, ない外国製, ない夜, ない大きな, ない夫人, ない妻籠, ない宝塚少女歌劇, ない宵の口, ない小, ない平坦, ない年頃, ない廓, ない彼等, ない従兄夫婦, ない故, ない新参, ない明治二十六年, ない明治六年二月, ない春先, ない晩秋, ない栗, ない様, ない樹, ない正月, ない深夜, ない熱いやつ, ない瑞典人, ない盛子, ない瞬間, ない神戸三宮, ない空, ない細くしなやか, ない結婚, ない若, ない若い理学士, ない街, ない赤, ない辰刻, ない銀子, ない雛, ない青畳, ない頃リテラトゥールナヤ・ガゼータ, ない頃私, ない高台, ない髪, なう十二時, なお然, なかったでしょう, なかつたさ, なかろうし, なきいちご, なきばかり, なき不断, なき台臨, なき程, なくあれ, なくかねて, なくはげしい胃痙攣, なく元, なく広島上空, なく恩賞, なく民族協和徹底, なく私, なく親族, なく食べた, なさ, なしお, なしだ, なし梅, ねえうち, ねえからな, ねえ時, のうそっちゃへ, のう綿貫, はなれざりしもの, はなれたところ, はや遠く, ひょろついて, ふッ, へだてた薄暗い, まことに手ぜま, また同じ, また昔日, まるで足, めったに会う, もう済む, もどかしいといった, もどかしいわけ, もどかしく家内, もどかしく良人, やがて宿舎係, やはりその, やや近く, ゆくので, よう待たない, よくなるだろう, わずかに, わたしは, カイゼル髭の, キリキリという, ダージリンの, ドイツの, ポリニャークは, ロシアに, 一つの, 一定せず, 一層密接, 一時は, 一番たいへん, 上へ, 下ったかと, 不即不離つまり, 不自由な思ひ, 与えず城介, 与えないで, 与へずに, 主人は, 乏しゅうござれ, 二三度の, 二三度京の, 二人は, 二里の, 五本七本と, 亦同じ, 人々を, 人気なかっ, 今日は, 休まず, 休まらなかった, 体を, 何にも, 先き, 先までは, 光春が, 入るべき, 全く妙, 冬を, 切符を, 利慾の, 力を, 十間も, 半分ぐらゐまでは原は, 博士は, 危ないの, 反抗と, 叔父の, 只, 右近を, 同じこと, 同じである, 同窓の, 和やかだった, 在さぬの, 売言葉に, 夢と, 大坂経営の, 太郎左衛門は, 妙宣寺の, 始終食物, 嬉しそう, 定に, 実際蔦, 宮の, 小径に, 尚書の, 岸本は, 左程に, 師弟という, 帰り給, 平伏した遺伝的, 幾度と, 底ふかく, 座敷の, 延びたの, 彼が, 彼女が, 往った, 待たず彼, 待ちかねて, 待ち遠しそう, 待遠, 後かれ, 後一時間あまり, 後退りした, 御首, 心持は, 心配な, 忘られず, 忘れたこと, 忘れないよう, 忘れぬその, 忘れませねど, 忙く, 急わしげ, 恋しい女, 悪くない, 惜しい気もち, 惜しく読ん, 惜しむよう, 我は, 戰爭も, 手ばなしたくない, 手当は, 手紙の, 打つ棄つて, 投げとばせるけ, 抜いたと, 押し戻されたかと, 振りとばされて, 措かず立, 揺すって, 数右衛門の, 新聞を, 日を, 早う御, 早し邊, 昂奮の, 明石河岸に, 春さんは, 時々相手, 時々顫, 暖炉も, 曲がるらしい, 書きあげて, 月江には, 有るまじければ, 机も, 来た時, 東海道の, 枕許を, 株の, 梶と, 極めて御, 横へ, 欠かさず年中, 止まぬ, 此コセツトを, 歩いたかと, 歩いたと, 歩かないうち, 歩き去って, 死んだ犬, 殊勝げに, 母子二人の, 毎日の, 氷結の, 決して手, 油断の, 洋服を, 海苔の, 澤渡道の, 無いうち, 無いが, 無いといふ, 無い一人娘, 無い当時, 無え, 無き中, 無くうしろ, 無くこの, 無くしかし, 無くちり, 無くであった, 無くなんにも, 無くオキナワ, 無くスヤスヤ, 無くポプラ, 無く一層, 無く一行, 無く不意, 無く久保田君, 無く二人, 無く人々, 無く何處, 無く八円, 無く公園, 無く十風, 無く又, 無く喜び, 無く墺太利政府, 無く夫, 無く妨げられた, 無く寺寺, 無く帰っ, 無く幽霊塔, 無く建ちます, 無く戦死, 無く新聞, 無く本線, 無く検事総長, 無く正気, 無く死んだら, 無く消え, 無く漕ぎ着きぬ, 無く琴, 無く省吾, 無く瞑目, 無く突, 無く細い流れ, 無く肺, 無く茶器, 無く蓬亭, 無く蟒, 無く親許, 無く近き頃, 無く連れ立つ, 無く酒瓶, 無く雨戸, 無く青洟垂, 無く黄蓮, 無言で, 焦躁しく, 父母の, 物と, 狐と, 猶其の, 王の, 男なら, 男らは, 痩せるほど, 登れば, 目を, 眉深, 睦じからず, 知らぬ如き不, 碌々ございません, 私たちの, 移動した, 立って, 算盤玉こばかり, 経れば, 絶えず源氏, 絶え間なく, 続いた, 縁側の, 續いた, 考えさせたし, 耐えきれない焦躁, 肉親たちの, 胸さわぎする, 至極円満, 苦悩と, 茶の間に, 落ちついて, 葉を, 薄暗いトンネル, 蝋燭の, 行かぬうち, 行き詰つて, 行き過ぎないうち, 行ったであろうか, 行つた頃, 見えて, 見つけ出されて, 話を, 誰かが, 謎の, 走ったので, 走ると, 起きてる間, 距たりたら, 跳び離れて, 転げ出したが, 追ひ抜かれ, 這って, 進まないうち, 進んだ時分, 遅く飛び出した, 遅しと, 遊ばせては, 遠くに, 遠ざかれば, 遲れ, 醜關係, 長くそれだけ, 陸の, 隔たった所, 隔った, 隠して, 離れたので, 離れた屋根, 離れた水藻, 離れてるしね, 離れなかつたんで, 雨は, 電線に, 静止する, 頭を, 飛躍した, 食ったり, 駄洒落を, 高くそびえ

▼ 間~ (1925, 2.8%)

228 ひは 100 ひが 91 ひの 54 はない, ひを 40 へた 31 ひである 29 ひありません 24 のない 20 つたこと 18 へられ 17 ひない 16 ひです, へられる 14 である 12 がある, へられた 11 だ, ひ, ひだらけ, ひに 10 がない, ひぢ 9 になる, はあるまい, ひあるまいな, へない 8 です, は無い, ひかも 7 つて, ない, の無い, ひありませんよ, ひないと, へる筈 6 があつ, だと, はありません, ひだらう, へちや, へるやう 5 つちや, ではない, ひあるまい, ひないやう, ひ御座いません, へたん, へてゐる, へると

4 [13件] つたつて, つてる, で, であった, であつ, なり, はないでしょう, ひございません, へてゐ, へてゐた, へるな, もなく, をする

3 [31件] ありません, があっ, があり, さ, だつた, つたか, つたところ, つたやう, つたり, であらう, でした, でせう, のもと, の基, はなかつた, ひだらうと, ひであります, ひでした, ひないこと, ひないで, ひなくこの, ひなくその, ひ易い, へさう, へず, へたりし, へて, へます, へる, へるの, を起す

2 [84件] かも知れません, があらう, があります, がありません, がつて, がなき, がなけれ, が出来る, が多い, が有っ, が無い, が起らぬ, だという, つたもの, であって, であの, ではなかっ, ではなかろう, でも故, ないと, ないの, なくお, なく押し進ん, なしと, ならん, なん, に候, に相違, のあつ, の種, はす, はな, はなかっ, はなかろう, はぬ, はれる, は今日, ひありませんが, ひありませんね, ひあるまいと, ひおま, ひかな, ひから, ひさ, ひであると, ひであろあゝ, ひですよ, ひでないと, ひでなければ, ひないの, ひなく, ひなくそれ, ひはねえ, ひました, ひもなかつたの, ひやう, ひらしい, ひ方, ふこと, ふもの, ふやう, ふ物, へたか, へたと, へていきなり, へてし, へてしまつ, へてしまつた, へては歩調, へてやがる, へてる, へば命, へよう, へられぬ, へられます, へること, へるので, へる奴, も出来, やしない, やア, をし, をした, を直す

1 [594件 抜粋] ありませぬ, ありませんよ, あるまい, かこの, かと存じ, かひょんな, かも知れない, からか絹針, から拳銃, から角立った, かモーゼ, か多々, か故意, か貴方, があ, があった, があったなら, がありました, があるらしい, があろう, が世間一ぱい, が出来, が出来た, が出来ぬ, が出来やした, が少なかろ, が尠, が持ち上っ, が有った, が無かっ, が無けれ, が私一人, が起っ, しあん, じゃ, じゃア, たと, たんで, だからなあ, だけであの, だぞ, だったら抹殺, だって程, だつたこと, だとさえ, だよ, だろうから, だろうッてん, だ立花博士, つこのある, つこは, つたらこれ, つたらどう, つたら御, つたら御免, つたら此, つたら神經衰弱, つたら許しツこ, つたら遣り直す事, つたら遣り直せばい, つたら鮎, つたる世の中, つちやア, つてるかも, つてるの, つとるん, ている, ても好, てるし, て打った, であったという, であったの, であるつまり, であると, であるという, である事, である日本文化, であろうか, でがした, でげす, でご, でございますので, でつまり, でないと, でなかったかと, でなるほど, ではなから, でまた, でもし, でもする, でもできる, でも人, でも何, でも有っ, でも構わず, でも爲, でも発見, でも見つけたら, で互に, で実際, で寒, で持つ, で新, で日光, で監獄, で矢張り靜, で竜神, で草刈道, で詰らぬ, とおっしゃっ, と斷, と認む, どころか飛ん, ないこと, ないだろう, ない事実, ない早く出立, ない証拠, なから, なからう, なき御方, なく, なくあと, なくいたします, なくおこなっ, なくし得る, なくつまらない, なくて, なくわかる, なくセミオン会社所有, なく侮辱, なく出来る, なく十中, なく四時, なく変質者, なく大利根博士, なく帰る, なく思えた, なく感じ得られる, なく所要, なく暮れる, なく最も, なく来訪, なく極める, なく潰れるだろう, なく病人, なく禄高, なく立派, なく自分, なく若輩, なく蕗屋, なく讀める, なく金毘羅, なく闇, なく雨, なく頂上, なく魚津, なしそれ, なしだ, なしです, などはあり得べからざる, などはない, などは有り得べからざる, なりと曰, なんか起りっこない, にし, になら, にならん, になろう, に乗じた, に充ち, に間違, ぬよ, のある, のどうしても, のなかっ, のよし等, の仔細, の例, の原因, の因, の多い, の有ろう, の生じ, の結論, の起り, の起る, はあり, はある, はお, はございますまい, はございません, はさせ, はないだろう, はなけれ, はれるが, はれ易い, は多い, は有, は有るまい, は無, は無から, は無かろう, ばかり云っ, ひありませんとも, ひあるまいよ, ひあるまいネ, ひあるめ, ひいつも, ひか, ひからで今更, ひかわからない, ひか弁当, ひきつて, ひございません私, ひさうも, ひた黒い, ひだらうか, ひだらうし, ひだらうよ, ひだらけさ, ひであるかも, ひであるが, ひであるぞよ, ひであるなどと, ひであれば, ひであろああ, ひでございまして, ひでございませう, ひでしたと, ひですぜ, ひですます気, ひでないだらう, ひでないの, ひでなかったらうかと, ひでなかつたと, ひどころか, ひないかと, ひないかな, ひないけれど, ひないとして, ひないとだけ, ひないな, ひないよ, ひないわけ, ひない女房, ひない言葉, ひない誓, ひなかつた, ひなかつた筈, ひなくお, ひなくお返し, ひなくこれ, ひなくそれで, ひなくもつと, ひなくや, ひなくやられたこと, ひなく一つ, ひなく乗込んで, ひなく京, ひなく人前, ひなく仕組んだに, ひなく來, ひなく入用, ひなく出せる筈, ひなく取り寄せられて, ひなく同人, ひなく喉笛, ひなく外, ひなく引越しますよ, ひなく彼女, ひなく思ふはうへ, ひなく戻つて來, ひなく持つて, ひなく数字, ひなく日本人, ひなく明けて, ひなく昨日, ひなく来て, ひなく染井鬼三郎, ひなく相, ひなく私, ひなく立退く事, ひなく素直, ひなく縛られるよ, ひなく自害, ひなく英, ひなく落ちて, ひなく蟇, ひなく血, ひなく言, ひなく誅戮, ひなく読んだの, ひなく降り出したので, ひなく鞍掛宇八郎樣, ひなく預かつた, ひなどは, ひなどを, ひなりし, ひなるべし私お客樣, ひなれども, ひによつて, ひのねえ, ひはねエ, ひましたら山木様, ひます, ひもなかつた, ひやさかい, ひやしないといふ, ひやら何やら, ひ事, ひ今度, ひ出すと, ひ切つた話, ひ初めたの, ひ嗚呼, ひ四十五, ひ恐らく, ひ書取, ひ無い, ひ無いぞ, ひ無いだらうな, ひ無く相, ひ無し, ひ親分, ふことは, ふぞ, ふても, ふとた, ふととんでも, ふと大, ふと天下, ふと日本, ふと直ぐにも, ふと試驗, ふと誠に面倒, ふと音樂, ふほど, ふ人, ふ如き虞, へさうだ, へじ, へたか届, へたか裏返し, へたと仰し, へたらしい, へたりまごまご, へたり市中, へたり引返し, へたわけ, へだらう, へちや駄目, へつこ, へてあたし, へてか, へてけつかる, へてこの, へてとられ, へての, へてはならない, へてへん, へてもう, へても不思議, へても人, へてやがらア, へてゐまし, へてエレーヌ, へてチンチン, へてドア, へてナス, へてミツバ, へて一つ前, へて一刻, へて下手, へて云, へて云つた人, へて使, へて先生, へて入, へて写し, へて別, へて半, へて反古, へて呉れる, へて呑んだ, へて喰つて, へて四日, へて在ら, へて外, へて大, へて奉公人達, へて少し, へて居る, へて岩国, へて帰っ, へて彼, へて後ろ, へて悉く, へて掲載, へて時々, へて書かれる, へて来た, へて止め度, へて殺された, へて殺す, へて汁粉屋, へて流用, へて稍, へて考へ, へて自分, へて見習ふか, へて軽蔑, へて追, へて食, へて鳥屋, へて麦, へでも, へなかつた, へなき, へなく, へぬ, へはしない, へはしません, へばゆき子, へば一方, へば下手人, へば伊之助親方, へば其當時, へば出来る, へば強盗, へば御, へば恐しい, へば東京, へば死ぬ, へば江戸, へば父, へば自分, へば自殺, へまい, へもう少し, へやう筈, へやしねえ, へられたつ, へられつこ, へられない, へられました, へられやしない, へるからとも, へるこの, へるそ, へるところ, へるなどは, へるほど, へる不安, へる事, へる様, へる氣遣, へる程惡, へる老いぼれたらしい年, へをし, へハツ, へ嗜酒, へ意味, へ或は, へ突き飛ばし, へ青山斎場, もありませう, もある, もない, もなかっ, もなくやる, も時々, も起さなかった, やあ, やあしない, やしねえ, やしめ, より船, をいたしました, をさえした, をさせまい, をしました, をひやかした, をやらかしたらしい, を主張, を云ってる, を人, を出かします, を引起, を指摘, を時に, を来たす, を清算, を聞く, を致せ, を言, ヘやう, 仕出して, 無く最も, 無しよ

▼ 間~ (1499, 2.2%)

60 あった 46 抜けて 44 ある 35 な隙 26 悪そう 23 あつた, あるので, なかった 20 あると 14 ない 12 あって, ぬけて, わるそう 10 あったので, 悪いから, 悪いと 8 ありそう, あるの, よくば 7 あるから, 悪かった, 悪くなっ, 離れて 6 ありました, あります, あること, あるのに, あろう, なくて, 拔けて 5 あったが, あるまい, くれに, 悪かつ 4 あったの, ありますから, あるが, あるよ, あれば, あろうと, ついて, ないので, なかつた, 悪い

3 [11件] あるだろう, あるという, ないと, ぬけたよう, わるいの, わるさうに, 切れて, 悪いので, 悪くて, 抜けたよう, 面白くない

2 [73件] あう, あつて, ありますので, ありませんでした, あるうち, あるか, あるだろうと, あるね, あるよう, あるん, うまく行かなかった, かかる関係, ございましょう, ちがって, つづく, どうなる, どの様, ないから, ないこと, ないの, ないまま, なかったり, なかつたから, なかつたの, なんでも, ぬけた, ねえから, へだたって, ほんのわ, わるいから, わるいな, わるかった, わるくその, 一年中での, 一間位しか, 両側に, 出來, 到頭最後, 唯五間位しか, 好いと, 宜くば, 延びて, 彼の, 悪いが, 悪いこと, 悪いとき, 悪いの, 悪い時, 悪うございます, 悪うて, 悪うなる, 悪くって, 悪くなりました, 悪くなる, 悪ければ, 悪る, 打解けて, 抜けたの, 有つた, 有れば, 無うて, 狭くなった, 眼の, 短くて, 私たちの, 程を, 経った, 続いて, 置かれた, 遠くて, 長いので, 隔って, 非常に

1 [786件 抜粋] ああ云, あいだ獣の, あいて, あたへられた, あったけれど, あったという, あったら公判, あったろうか, あってから, あっては, あつたさうである, あつたらう, あらあ, あらう, あり, ありその, ありましたから, ありましたで, ありましたでしょう, ありましたゆえ, ありましょうか, ありましょうな, ありますし, ありますその, ありますなに, ありますよ, ありませんよ, ありまた, ありやしない, あり二畳, あり人, あり物, あり私, あり過ぎるし, あり過ぎるよう, あるかと, あるがね, あるし, あるそこで, あるそれ, あるだらう, あるだらうこの, あるだろうこの, あるでしょう, あるでしょうから, あるといふ, あるとの, あるはず, あるほど, あるまいと, あるまじくそれ, あるらしい, ある二人, ある元正帝, ある時刻, ある林泉, ある頃, あろうが, あろうという, あんな風, いいか, いいの, いいん, いくら進歩, いずれも, いたって, いちばんひどい, いちばん自分の, いつも険悪, いよいよまずく, うす暗くぼんやり, うまくいっ, うまくいつ, うまく行かなく, うまく行く, おいおい打ち解け, おいよさん, おしい気, お互いが, お部屋, かかった, かかるか, かかる上, がらんとして, きらきらと, くずれ落ちて, くれにかの, こうして荒み始めよう, こう騒がしい, ことごとくうまく, このよう, これらすべてを, こんなに遠く, ごく自然, ございますよ, ございまするか, ございませんから, ござりましょう, さむざむと, ざわざわし始めた, しっくりゆかず, しとしと汗ばん, しんみりと, すいてるだけ, すくと, すこぶる混雑, すっかり陥没, すでに実際の, すなわち余, ずいと接近, そうである, その商, それほどまでに, たつた三尺, たつてから, ちやうど, ちらちら出る, つづいて, とぎれた時, とけると, とんで, どういうもの, どうで, どうな, どうも円滑, どのよう, どんなこと, ないうち, ないからと, ないくらい, ないしねえ, ないだろう, ないやっと, ないらしい, ないん, ない三輪寿蔵, ない残暑, ない深水, ない結婚, ない頃, なかったでしょう, なかつたけれど, なかつたとも, なくなって, なくぬらし, なく新郎, なすきが, なひま, な透, ぬけたこと, ぬけたもの, ぬけたやう, ぬけとるな, ぬける間ぎわ, ねえよう, のっぴきならなくなっ, のびて, のびるなどの, のび過ぎた, はつきりと, ひらきすぎて, ひらける, ふえるだけ, ぶっこぬかれて, へんに, ほぼ九時, まずくなった, また旅, まだ相当, まるでのび, まるで短く, みるみる遠ざかっ, むずかしくなります, むやみに, もう一ヶ所通, もっとうまく, もてなかった, もめて, よくいう, よくばと, よく行け, わるいや, わるい表情, わるくって, わるくて, わるく出来, わるく思ふ, わるければ, われらの, ガリガリする, シンシン痛む, ズット和ぐ, チョウド六年で, ホールに, 一つでも, 一フィートしか, 一リイグある, 一層疎遠, 一年の, 一時間もの, 一番災難の, 一瞬うごい, 一面の, 三つ四つあった, 三畳次が, 下北半島の, 不和に, 不在であった, 世間の, 丸で, 主筆の, 二つも, 二つ三つあっ, 二つ連なつ, 二つ障子が, 二室で, 二間と, 二間三間と, 五円であった, 京都を, 人も, 人工の, 人間の, 今から, 今までと, 仕事部屋に, 仕合せさ, 伝七郎には, 何ういう, 何となく他人行儀, 何分間だった, 何年間か, 何箇月か, 倒影し, 元成の, 兄妹でない, 六尺ばかり, 切れる, 切実なる, 切迫し, 別である, 十日ばかりで, 十畳次ぎ, 半圓形, 単純な, 単線と, 即ち中, 即ち氣, 厭だ, 又賑, 右の, 合う間, 同じ言語, 商埠地に, 善くなる, 四分八分八分と, 団扇を, 在る, 場席だった, 塞がって, 壁だ, 変ぢや, 夏は, 多いの, 多うございました, 大に, 大変だ, 大抵十五六歳, 大變, 太郎と, 女としては, 好いん, 好い者, 好う御座います, 好くば, 如何に, 始めて, 始終折合わない, 宜けれ, 実際は, 害されて, 小さな長吉, 少しつまった, 少しは, 少しも, 少時途切れた, 左右を, 巧くゆかず, 平和である, 幸福です, 幾里下館と, 広い世界, 広く左右, 広場で, 建つ頃, 強く聞え, 影を, 待ちきれないやう, 得られるの, 御座るけに, 忙しゅうて, 思いがけない幸福, 怪しいという, 怪しいやう, 恋しくなった, 恨まれて, 悪いけど, 悪いじゃ, 悪いだろう, 悪いとでも, 悪いな, 悪いねえ, 悪いのう, 悪いもの, 悪いよ, 悪いよう, 悪いわけ, 悪いわね, 悪い様, 悪い気, 悪がっ, 悪くっても, 悪くつて, 悪くなった, 悪くは, 悪く両国橋, 悪く徒党, 悪けりゃ朝, 悪さ, 悪さうに, 悪とも, 悪るかった, 惡か, 惡かつ, 惡さうに娘の, 惡さうに引ツ返し, 所謂純粋直観であり, 抜けたと, 抜けたところ, 抜けたのんびり, 抜けたもの, 抜けた若者, 抜けてると, 抜けてるところ, 抜けてるよう, 抜けてるん, 抜けにわかに, 抜けようぞ, 抜けるだろうという, 抜けるもん, 抜ける間, 拔ける, 拙くなる, 持てないで, 持てないもの, 接近し, 揉めて, 支那の, 救援隊全員にとって, 斜めに, 明るく成った, 昔通りの, 時ならぬ, 暑いそう, 暴君と, 最もきき, 最も物騒, 最も路, 有ります, 有る, 未だ二三尺, 本当の, 村の, 果してどんな, 棟を, 次第に間近, 次第次第に, 歪み一つ, 死で, 残って, 残心な, 段々濃く, 母屋で, 毎時も, 気ま, 気まずかった, 気まずくなってる, 気楽といふ, 永いから, 決してそんな, 決して汚れた, 浅い凹地, 海で, 淺い, 滅茶, 滑ること, 火水の, 災難に, 無いのね, 無いん, 無くまことに, 無さそう, 無事に, 燃えはじめたらしい, 爪さき深く, 狂っちまったの, 狭くなっ, 珍重される, 現世の, 甚だ無責任, 生じたので, 生じた心理, 畢竟無関係, 畦と, 疎隔する, 痛くなつ, 真に短い, 短くなつた, 砂利を, 破れて, 私に, 私の, 稍勾配が, 空間的存在にとって, 約十年, 約半町, 終るもの, 経ってから, 絶景だ, 続く, 緊迫し, 置かれてから, 美味いの, 羨しく, 肉体は, 膩が, 膿みただれもう, 自動車で, 芥子畑だ, 花である, 花にとって, 花の, 花川戸花川戸を, 苦しくて, 莫逆の, 表側の, 見えて, 親子会見の, 親密に, 言ふ, 言を, 變だ, 距てられた, 蹙って, 近過ぎる, 迫り鼻がわり, 途切れた, 途切れて, 這入って, 過ぎて, 違わずに, 遠いからばかり, 遠いの, 遠くなった, 遠くなりました, 遠ざかったので, 遠過ぎた, 遣つて來, 遲緩しい, 邪宗の, 鋸形に, 鋼鉄車体の, 長くじれ, 長くなった, 長くもう, 長引くとき, 長方形に, 開けて, 間くる, 闇打に, 陰に, 険しくなっ, 階子段と, 隔つて来さうな, 隔離れ, 隙い, 障子紙の, 離れた, 離れる, 電車に, 青く光つて來, 非常な, 非常手段を, 面倒だ, 面白くなくなっ, 面白くなくなりだした, 風を, 飛んでも, 餘り, 駄目に

▼ 間~ (1332, 1.9%)

23 あつた 7 何か 5 どのよう, 寝て, 私は, 話題に 4 さへ, それを, 問題に 3 主人の, 何の, 彼の, 有配偶者, 本を, 自分の, 行はれ, 話して

2 [61件] あつて, いいん, いつまでも, うす暗い隅, おせき, お待ち申しあげ, お茶を, お通夜, かなりの, この伯父, これが, これまで, さへも, すぐに, とかく揶揄, やって, ロープは, 一つの, 一と, 一般に, 三人は, 丸屋の, 二人が, 二人に関する, 二人は, 人間が, 使はれ, 先例を, 出して, 口に, 地廻りを, 外套を, 如何に, 子供を, 島へは, 左の, 強く胸部, 彼は, 意見が, 慣用せられ, 煙の, 特に印象, 特別の, 生活する, 発する音, 盛んに, 眼を, 祀らねば, 私たちの, 縫いもの, 自分が, 落語を, 衆人を, 行はれた, 表の, 評判に, 話が, 起って, 輝いて, 遣り取りされ, 非常に

1 [1124件 抜粋] あたりは, あつたらしい, あらうか, あらねば, あれを, いいから, いい嬲りもの, いうと, いくらかずつ, いじりながら, いつかラジィゲの, いつもとは, いつも何事, いながら, いらっしゃいますから, いろんな個性, うらうらと, おかみさんが, おざろうか, おまけに, お前達夫婦の, お待ち申す, お由, お茶漬, かう出來, かくれんぼう, かせぎ上げた百両, かんだ, きまりに, きらきら光った, くいちがって, ぐっと鶏, げすから, こういう意味, こおろぎが, この作家, この話, これだけ, これは, こんな憎らしい, ごたごたし, さ, ささやくだけ, さっそくスケジュール, さながら自分, しかも不規則, しきりに勉強, すぐまた飛ん, すぐ消え, すこし身体, すら, すら一向に, すら北條家, すら時に, するの, する様, ずば抜けて, せう, せせ笑, そういった, そう決定, そこへ迄, そのまま動かなくなった, その噂, その夜, その岸, その河流, その間に, それなりに, それも, そんなに年月, そんな低い, そんな軽々しい, たしかある, ためしたり, だれかが, ちょうど自分, ちらちらした, つくられた協同委員會, つとめて, てんでん, では何, とまった, どっちが, どんなこと, どんなに悲劇, どんな板ばさみ, なおときどき, なすまじきこと, なんという, なんぼ親し, はげしく生存競争, はたしてどれ, ばたばたした, ひとの, へたばった蛾, ほとんど九年, ほんまに, まごまごし, または初対面, また一橋, また雲, まだ若い, まもなく依然たる, まん中に, みたこと, みんなが, むぐっちょが鳴い, もうすん, もう引き上げ, もっともフランス語, やがて何, やがて庇, やがて肉體, やめて, ゆるい足袋, よくあった, よく検討, よく話題, よろしいん, よろしゅうございます, われわれの, キリキリまい, クジ引きが, クーズニッツァ, ゴーリキイの, ズタズタに, チャリチャリと, ドイツ語の, ハッと, ハーモニカを, バスルームが, ヒイーイーイイツ, フランク・タキモトと, マリアの, ムクッと, ラテン語の, ローザルクセンブルグの, 一ト汗拭い, 一人お客が, 一向共通, 一度そういう, 一度触れ合ってた, 一時同じ, 一番問題に, 一行十名ほどの, 丁度身体, 三四度も, 三造は, 上下された, 不平の, 不意に, 世界の, 両方には, 中年時代は, 主として猖獗, 乞食を, 争いが, 事は, 二十回位痰の, 云つてゐる, 互いにすれちがった, 交されたの, 交わされた秘密協約, 人情を, 人間らしい勤勉さ, 今日の, 今日或, 仕事を, 付近に, 仲人とか, 会った, 伸子と, 伸子は, 何しろ不意, 何も, 何十年何百年といふ, 何處からも, 作家自身既に, 使はれる, 信子の, 働くと, 元始以来の, 先生は, 入れ札を, 全く同じ, 兩人の, 六百米余も, 其の数, 其の馬車, 其處へは, 内儀の, 出て, 出来るん, 出羽殿への, 分けて, 列車から, 別個の, 前進的に, 加部福代の, 勘定し, 勤め方, 十五六に, 十四歳に, 南北桁行は, 印東の, 又も, 双方年頃近くに, 取引され, 受講を, 口を, 可い, 吉野の, 同僚として, 吸いとる者, 呻く, 品が, 哲学が, 問答し, 啼いて, 営んで, 噛み砕かれる鈍い, 囃子方へ, 四十円なんて, 国際的という, 場処によっては, 壁ぎはに, 声に, 夕日に, 夕餉の, 多勢の, 多少重んぜられ, 夜を, 大いに尊重, 大きな鏡, 大変評判に, 太陽の, 奥の, 女を, 女房ひとりだけが, 姉夫婦が, 姦淫する, 娘と, 子供たちは, 孝子夫人の, 学校へ, 官憲の, 実物を, 家の, 家人の, 家賃は, 密教の, 密談し, 寢て, 小さい穴蔵, 小さな菱形, 小づきまわされ, 少しづつ, 少時經つと, 尾根が, 屡, 山内杉雄や, 工面した, 帳面調べを, 幅は, 幸いに, 広い畑, 床には, 座敷の, 弓術試合が, 引裂かれる苦悩, 当惑し, 彼らの, 彼女を, 彼等の, 往診の, 待たすの, 御互に, 御殿らしい, 御馳走に, 怪しかった, 悪事を, 愛の, 感じたの, 應擧の, 戦わされるよりも, 手に, 手帳へ, 手管を, 打ち切った秀江, 折って, 押へ, 按摩取, 揉まれて, 揉まれ試され闘いつつ, 揉んで, 描き出す力, 揺れ言葉, 支払って, 收賄金分前の, 放送し, 散々に, 斃し, 斬り殺された事件, 旧都を, 明け初める, 昨夜どの, 昼寝を, 時の, 普通に, 暢気さうに雑談を, 暫く大石, 暮した山僧, 暮れた, 最も広く, 最も早く, 最も起き, 最小の, 有名に, 本当に芸術, 本町通りの, 東京へ, 東野の, 板挾み, 格子越しに, 概略を, 権力と, 欠伸も, 次男何某, 正面に, 歴史が, 死んだ土塊, 死亡した, 殖えて, 母子各々, 母権から, 気の毒な, 決して放念, 決すべきもの, 決定する, 波と, 注目を, 洋間と, 活き物, 流れを, 海坊主と, 消えたり, 消滅し, 混雑し, 湯の, 滑稽で, 演ぜられた生活, 演劇改良の, 激しくひっぱられ, 激烈な, 火鉢を, 炬燵に, 煙草の, 父が, 特にこの, 犬の, 獅子は, 率直に, 珍らしく, 生きのこって, 生欠伸を, 用いられはじめたの, 田原屋会なる, 申すこと, 異様に, 疊敷に, 癇癪玉を, 発生し, 盗み見される, 目立つこと, 相手の, 相接觸, 相談しました, 眺めた月, 矢代は, 知らぬもの, 知れきつた話, 磨滅しないでしょう, 社か, 祖父父現在と, 神妙に, 神能が, 私と, 私も, 称ばれ, 空を, 竜之, 笑い声が, 第一次欧州大戦後, 素人にも, 素晴しく, 紡がれるの, 細君の, 組織される, 結ばれた条件, 結婚は, 絵を, 緩やかに, 縫いものを, 繰り返されたこんな, 羞か, 考へられて, 耳を, 聞きながら, 育ち大学時代, 胆を, 胸中を, 腕だけ, 腰膝の, 自分たち一家が, 自慢の, 自費で, 船員と, 色の, 花房の, 若い男達, 若葉楓の, 英仏独墺露の, 菓子カステラなどを, 華やかな, 蔵が, 薊や, 處置され, 血が, 行き違ったの, 行われたの, 行われるよう, 行われる相手, 行われ今朝, 行水を, 衣桁から, 製図を, 襖から, 見かけた笹部準之助, 見た時, 見られぬほど, 親類たちに, 言うこと, 言合ったこと, 証書が, 評判だつた, 試練を, 話されて, 話しあったこと, 話に, 語られなければ, 読まれたという, 読まれて, 読んだ書物, 誰が, 誰よりも, 調べも, 論争の, 議論でも, 讓渡される, 貞操などという, 赤くもえ上る, 起った事件, 起るべき当然, 足りた, 踊つた, 軍隊の, 軽侮され, 輝く耳環, 辛抱し, 通例一匹の, 逢ったこと, 過ぎたの, 過して, 酒もりし, 量衡に, 銅板を, 鍛冶は, 長期の, 長顔の, 開かずに, 関井さんの, 陛下の, 階段を, 隱見させた, 雲霧消散し, 電磁気学上における, 非常な, 順番に, 頑張って, 風が, 飛沫の, 飯でも, 饗宴を, 馬鹿が, 馳走の, 駆り集めた田舎廻り, 高い天井, 鹿の, 麻雀を

▼ 間にも~ (926, 1.3%)

6 彼は, 私は 5 それが 4 妻迎への

3 [12件] あつた, ある, さう, だん, 亦た, 何か, 同様の, 平次は, 此の, 私の, 行われて, 誰一人出あふ

2 [35件] しーん, なかった, まだ一人兄弟, 一疋蒼く, 二人の, 何やら小さな, 児は, 夏の, 多くの, 多少の, 大騒ぎは, 女は, 幾度と, 彼の, 所々で, 斯う, 時々に, 水車は, 流行し, 清子は, 生かされなければ, 生長し, 田端で, 種々の, 紅毛びとは火にか, 結ばねば, 自分は, 自然に, 見る影, 言葉は, 議論が, 豪雨の, 起って, 遊び少し, 非常な

1 [799件 抜粋] あの赤い, あまる巨大, あられぬ言葉, あるいは一般, あること, あるらしいと, いい気な, いかにも不, いくらか, いくらも, いったんは, いつか木山が, いつしか半年, いつも生き生きと, いろいろと, いろんな世相, うごく, うすれて, おぼろ気ながら, お互いの, お前を, お巡りさんが, お松は, お涌, お隣の, かなりの, きまって何分, こういうこと, こつそり, この不安, この像, この問題, この掟, この種, この習慣, この蠻風, こまかな, これと, こんな真心, こんな親切, さうし, さらに乱れる, しきりに扇子, しばしば一種妙, し一人, すでに一脈, そういうこと, そうしたおさない, そのまま帰っ, その人間, その夥し, その後逢はんのです, その独自, その男, その花うり, それぞれ微細な, それと, それに対する, それ程までに, そんな事, たえず忘れ得ぬ, たてじわが, たりない小さい, たれる文学コンクール, だもだして, ちゃんと門閥, ついぞ私, つねにこの, ともすると振向い, ともすると見失い, どうやら外, どこかに, なおその, なお何回, なお私, なくは, なされる, なにが, なること, なんとし, にわかに彼, のびて, はなはだしく感ぜられ, ぱらぱら落ちた, ひろまった話, ふところに, ふとした機会, また, またその後, またアルゼンチン, また少から, また檜, また若干, まだいちど, まだこんな, まるで一日中陽, むだなく, もう倒れた, もつと, もつぱらでございまして, もはや彼, もはや救済改善, やはりその, やはり徹底, やはり日本, ようやく前途, よくあります, よく彼等新兵, よく知られ, よく見舞い, わかって, わけの, アストラカンの, オフィリヤの, カモシカ中尉は, クジナに, クリストフは, ピストルの, ベンゲット道路の, ポリプ, ヴィール夫人は, 一々窮理, 一つ二つぐらい, 一人の, 一人も, 一向好評, 一寸二寸と, 一度は, 一方ならず, 一方絶えず, 一日も, 一般の, 三四人代った, 上達する, 下に, 不思議な, 不言不, 不運の, 両人の, 中尉の, 久慈だけは, 久慈と, 之に, 了解が, 争いが, 二つ程の, 二三の, 二三度表の, 二度許り, 二条の, 互いに縁, 互いに親しみ, 互の, 交際が, 亦当然見出されなけれ, 亦能, 京都ばかりは, 人目に, 人知れぬ, 介在し, 他の, 以前にも, 仲蔵の, 伝えられ考究, 伝わり翁, 似たよう, 体は, 何だかもち, 何とかし, 何となく判然, 何らか, 何らかの関係, 余り信用され, 余程様子, 作用し, 依然として鉛筆, 俵の, 俺の, 倉の, 兄には, 充満し, 先生たちの, 入るるかと, 全くズバ, 公式と, 共通であっ, 共通な, 其の頃, 再縁論を, 出来て, 初期は, 判然たる, 別殊, 利と, 刻々と, 動も, 動揺を, 区ぎりは, 医学士の, 半日の, 卓一と, 博士は, 又その, 及びます, 反覆される, 口を, 可なり, 同じよう, 同様に, 名高い寛濶派手者, 四人の, 団体間にも, 国家には, 國使の, 基督教仏教モハメット教拝火教等の, 塩野だけは, 声高に, 外国人は, 多くあったろう, 多少数理哲学, 大いに彼, 大きな影響, 大分評判が, 大場と, 大砲の, 奥へは, 女には, 女王は, 好評である, 妻迎え, 娘を, 子が, 存在し, 存在した, 存在する, 定めて, 実にはっきり感じられた, 実隆の, 家族たる, 家風は, 寄手の, 密輸出が, 将来の, 将門を, 小生はた, 少ない人情, 少なからざる, 屡々起つ, 山が, 巷に, 巷談師としての, 希望が, 常にレンブラント, 常に北, 常は, 常より, 年月が, 幾つかの, 幾人かの, 幾度か, 幾度も, 広まったこと, 広まり徳川時代, 広島の, 度胸が, 建設したき, 強く動い, 当る, 当代同胞としての, 形式上通じた, 影響を, 彼らは, 彼女は, 彼方の, 往來有りし, 往復封書の, 後から, 御真影の, 御茶屋という, 徳義が, 心の, 必ず他人, 忘れませんでした, 念佛寮へ, 思い切った殺し合い, 思想の, 恩を, 意見は, 愛着の, 感染し, 成りさ, 成長し, 或は探偵, 或る, 戦争が, 戸締りの, 手帖の, 投下される, 折々弱い, 折折弱い, 折目の, 拡まったらしく, 捕えられた傍聴人達, 接触点が, 推重された, 揉み合った先生, 揺すり苦しめるの, 支那の, 支那軍が, 政府の, 政治が, 敬太郎は, 敵勢に, 文化の, 文学熱が, 新しい単語, 新たに, 方々の, 既に少々胸, 日本アルプスの, 明に, 昔から, 時々しれりしれり, 時々丑松, 時々夢, 時々昨夜, 時々起る, 時により, 時の, 時間は, 普及し, 暗闘として, 曾て, 最も速, 有名な, 有望な, 朝御膳の, 木の, 木陰に, 本来的な, 朽ち衰, 来たるべき時代, 楽しい笑い声, 様々な, 櫻の, 歌合などは, 正當, 正造は, 此が, 殆ど恥し, 残つた, 段々失, 毒が, 気の, 気まずい口争い, 水仙が, 決して古びない, 決して外出, 沢山出, 注意ぶ, 洞察する, 洩れて, 流れて, 消えないで, 満ち満ちて, 源氏は, 演劇的所作が, 潜んで, 澎湃として, 火の気の, 火辺に, 無邪気な, 然し義雄, 煙は, 父様の, 独り丑松は, 独逸の, 猜疑心嫉妬心の, 猶忘れざる, 珍らし, 現存する, 甚しき区別あれ, 生じて, 生存競争の, 町民の, 異人氏は, 異説が, 異論が, 疫病が, 病人が, 痛みと, 白髪かつらの, 百合子を, 盛んに, 相通ずる, 相違が, 真にわが, 真紀子と, 矛盾を, 知識の, 短歌の, 砂糖分の, 礼義は, 社稷, 祖父さんは, 秀吉を, 私たちが, 私たちの, 秘密が, 種々な, 種々意見が, 穀母が, 空中で, 立つと, 競争が, 笙篳篥の, 粗暴無礼は, 粘りの, 系累の, 紙入にも, 素顏に, 絶えず変っ, 絶えず小娘, 絶対的な, 美的観念よりも, 老先生, 聞きとれたくらい, 肉刀で, 胃の, 能登守に, 自分にも, 自分を, 自然悶着を, 船の, 芭蕉イカの, 芸者の, 若干の, 英国政府の, 葉子は, 蓮太郎は, 虎五郎の, 行なわれなければ, 行なわれ団体, 行はれ, 行われた婚姻方式, 行われた形式, 見いだされる, 見えず華美好き, 見える, 見え長襦袢, 見ること, 見当らないの, 親たちの, 観音さまへ, 言い伝えの, 記憶の, 評判に, 試みられて, 認められあるいは, 語ること, 誰一人出あう, 議論を, 變法自, 豫備金の, 貧しい者, 赤格子の, 起こって, 起つて, 足りない所, 足跡ありし, 軍隊には, 追蒐, 這入りそう, 通じる, 通用する, 進行し, 運命が, 過激な, 達するで, 違棚が, 釣竿を, 鐘巻自, 長くは, 隠語が, 隨分心配を, 雪子の, 非難しよう, 面白からぬ, 順序を, 頓智あり, 額口や, 颯々と, 養父の, 馭者は, 駅を, 驚くばかりの, 驚くべき性殖力, 魔の, 鶯の, 黒い蔭

▼ 間~ (905, 1.3%)

27 入って 17 手を 15 出て 14 はいって 12 行って 11 入れて 8 挟んで 6 立って, 顔を 5 はさんで, 入つて, 割って, 帰って, 足を, 通して, 通って 4 かけて, 向って, 挿んで, 来て, 皺を, 連れて

3 [11件] きて, 入れた, 出ると, 割り込んで, 案内し, 置いて, 行くと, 逃げ込んで, 進んで, 飛び込んで, 首を

2 [50件] それを, つれて, はさまって, べた一面に, みちびかれた, サッと入りました, 上った, 上って, 上り込んで, 來て, 入った, 入ると, 入ろうと, 冷笑を, 出た, 出る, 出向いて, 割りこんで, 呼んで, 導いて, 差して, 戻って, 押しこんで, 押し込んで, 指を, 挟みます, 挾んで, 私を, 移って, 突込ん, 立ちしが, 立った, 紙入を, 置いた, 耳を, 落ちた, 行き, 行く心, 行った, 身を, 退って, 這入って, 通された, 通じるドア, 通じる口, 通った, 通ると, 鉄の, 飛びこんだ, 飛び込んだ

1 [597件 抜粋] あがって, あわてて, いきそこで, いそ, いった, いりたるを, いれられたまま, いろいろな, おりた, おりて, お出でられた, お勝手へ, お取次ぎくだされたい, お宿, お札を, お移りが, お茶が, かくして置いた, かくれこんだ, かくれ水入らず, かつぎ入れて, からんで, ぐいとつき, ぐつとのばして眼を, こつそり, この不快, こんなもの, ごろ寢である, ご案内, さがって, さがると, さしこんで, さし交しに, さし出し, さも恭しく, しっかり握りしめ, しつら, しとやかに, しまつ, しりぞいて, すっこめて, すべり込ませました, すべり込もうと, ずんずん歩い, そっと立っ, そっと立てかけ, その燕, たくし込んで, たのんで, だたった, だんだんに, ちっとや, ちょいちょい女, ちょろまかすよう, つかつかと, つれ込んで, つんと坐りかけた, できた, でて, とって返して, とびだして, とまった真紅, どっかと座り込む, にげ込んで, ねずみを, はいったこと, はいったの, はいったろう, はいった時, はいった自分たち, はい上がった, はさまった時, はさまり新, はさまれたの, はさみました, はみ出すよう, ばア, ひかえて, ひきあげて, ひそんで, ひっこんだよう, ひょいとくわえた, ぴつたりとはいつてはいけたものゝ可なり, ぶら下って, ぷつ, まじつたので, まっしぐらに, みちびかれて, みちびかれるの, みちびき, めり込み息, やがて麻痺, やってきた, よろしき煙幕, わきから, わっては, んが, んに, アイスクリームなんぞを, アメリカ製の, カフェーの, キラリと, ギュッと, クギを, グサと, グッと, シッカリと, ジャムを, スポリと, スルスルと, スルリと, チラと, ドンと, ナイチンゲールは, バターを, ヒューッと, ヒラヒラと, 一つの, 一ぱいに, 一人ずつの, 一体どんな, 一撃を, 七人の, 七分三分の兵字構えと, 三人を, 下りて, 下方から, 不義者が, 両手を, 丸くなっ, 乗り入れて, 二ツ三ツずつ, 二品を, 五本の, 交つても, 人々を, 人が, 仕舞いながら, 他物を, 伝えられそれ, 伸びて, 伺って, 伺候した, 何か, 何の, 何本も, 使いを, 侍共を, 備え附けられますので, 入ったとたん, 入った調停者, 入つたの, 入つたやう, 入つて口, 入らうと, 入り手金二百円持逃げ, 入り社長, 入り込んで, 入るところ, 入るとともに, 入るなら逢っても, 入る人, 入れたまま, 入れよう, 入れる, 入れると, 入れる音楽, 入れ耳, 入給, 八幡様や, 共鳴を, 再び加つて念佛衆, 出たとき, 出る柱, 分け入りむんずと, 刺したてる, 割つて, 割つては, 割り込むと, 割竹を, 動かない様, 勘定書が, 包んだまま, 半ば入れた, 単独に, 卷收むれ, 去つた, 参ります, 参りまする, 参るでござろう, 参入し, 叔母を, 取って返した, 取つて, 向いました, 呼びあつめて, 呼び入れた, 呼び入れて, 呼び入れられて, 呼び出され独習, 呼び込んで, 和尚の, 団扇で, 坐って, 塗って, 壁の, 声を, 外の, 外套の, 大の字に, 大事そうに, 大声を, 大豆を, 奧深く, 婚礼の, 寄せるよう, 寝かし三輪, 寝て, 寝転ぶと, 寢か, 将棋の, 導かせた, 導かれた伝七, 導き入れて, 導き入れます, 小さな蓆張り, 少し逞, 居間へと, 山奥へ, 差込ん, 帰ること, 平気で, 幾刷毛かの, 座を, 引き下がってから, 引っ込んで, 引つ込ませて, 引ツ込んだ, 引懸って, 引掛け, 引込んだらしい, 引返した, 引返しました, 引退がりました, 張った紙, 彼が, 往った, 往って, 待たせて, 御案内, 必死の, 忍び込むと, 忍び込んで, 忽然とし, 怒声と, 急いで, 息を, 惣太は, 想像される, 戻つて, 扇を, 投げ捨てた, 投げ捨てて, 投げ込んだ, 投げ込んでは, 抛り込める筈, 押し込みながら, 押し込む, 押し込められて, 押し込んだ, 押し込んだの, 拙者という, 招じ去られた, 持って, 持ってるレインコート, 持つて, 挟まって, 挟まってばかり, 挟まる曲芸, 挟まれて, 挟みつつ, 挟むと, 挟むとか, 挟む方, 挟んだ, 挟んだが, 挟んだの, 挟んだ指, 挾まって, 挾まりに, 挾まれて, 挾んだきり, 挿し込みます, 挿み, 挿むこ, 挿込ん, 捨て去られたという, 掛け渡した半分, 推賞し, 掻い込まんばかりに, 摺鉢を, 新しいバラツク, 日は, 早くも, 時々頓狂, 曲げこんで, 月が, 机を, 来かかった, 来ながら, 来るか, 来ると, 枕を, 染みた日, 根を, 案内され, 案内されました, 案内される, 案内しました, 案内せい, 案内を, 植ゑた, 楔子の, 横から, 横木を, 橋渡しする, 機敏に, 次から, 歸りました, 残して, 汽車で, 沈める, 沈んで, 河鹿の, 治を, 泊めて, 派出した, 流し込んだ, 流れ込む, 海が, 消えたその後, 消えた時, 消えて, 涙を, 深くその, 淺く, 渓間へ, 渡して, 無理を, 煙管を, 牛肉の, 物憂く凋ん, 王様が, 現われた, 登って, 白泡を, 皺が, 監禁し, 目を, 眼を, 着けて, 石を, 私の, 移した, 穢い洋服, 穴の, 突き出したの, 突ッこんどる, 突ッ立った, 突込んで, 突進し, 窃っと, 立たせました, 立ちかけた, 立ち帰ったよう, 立ったまま, 立つかも, 立てなければ, 竹筒を, 等分に, 素早く消えた, 細引を, 絶えず割り込ん, 縄を, 縦皺を, 置時計を, 翁が, 耳の, 胡座を, 脇差の, 脚半も, 膳を, 臀を, 舁ぎこんだ, 舞いのぼり勤王, 茶庭を, 落した, 落ちこんで, 落ちたの, 落ちて, 蔵う, 蔵ひこんだ, 薪を, 虎杖取りに, 虱の, 行きそれっきり, 行きやがて, 行き三畳間, 行き低い, 行き寢, 行き隣りの, 行くよりも, 行つた, 行つて, 行つての, 行て, 行ッて, 裾を, 襞を, 西洋料理の, 視線を, 話しに, 誘って, 誘つた, 調子を, 財布を, 走りこんで, 走り込んだの, 走り込んで, 赴いて, 跳びつきそう, 躓いたり, 身が, 身を以て, 軍司令官の, 辷って, 辷り込んだ, 辷り込んで, 追い詰めると, 追出されねば, 退いた, 逃げ込みましたが, 逃げ込む蟹, 這い込んで, 這入ったら向, 這入りました, 這入ると, 這入ッ, 通う廊下, 通されて, 通されると, 通しその, 通すやう, 通ずるドア, 通ずる襖, 通ずる障子, 通つた人には, 通りましたとき, 通りキチン, 通る, 通ること, 速い足どり, 進みにく, 運び, 運び山家, 運ぶの, 道が, 配って, 配られる, 配りに, 長い頸部, 間替えを, 隔てて, 障子越しに, 隠した, 隠して, 隠しました, 隠れた, 靄の, 青々と, 青い星, 青竹を, 頭だけ, 頭を, 飛びかかったの, 飛び込む, 飛び降りた, 飛び降り自分, 食込むよう, 駆け込ませ不幸, 駈けこまうと, 駈けこむなり, 駈けこんだが, 駈けた, 鳥の, 鳥目を, 黒く塗られた, 黙って, 鼬がちよろり, 鼻面を

▼ 間では~ (455, 0.7%)

9 あったが 8 あるが 4 なかった, 此は 3 ない, なかつた

2 [14件] あつた, ありましたが, ありません, これが, それが, ないの, ひそかに, 右の, 商売物の, 問題に, 尋常の, 有るけれど, 猥セツでない, 話も

1 [396件] ああさう, あったけれども, あっても, あの奥方, あらゆること, ありふれた考え方, ありませんせいぜい, ありませんでした, あるいは少なくとも, いかに急速, いけないけれども, いっぱし東京弁, いつもの, いつも財嚢, いろいろ尾鰭, おそらく他, おのずから日本, お互に, お酒, かえってそんな, かつて野生, きっと尊氏, こういういい, ここへ, この千里眼, この点科学的常識, この種, この荒廃, こは, これは, これまで, これよりも, これを, こわもてし, ごくありふれた, ごり, さう, さながら肉親, ざんねんながらいろいろ, しきりに三味線, しばしば癩, すでに同士討ちの合戦, そういう着眼, そうだ, そうだった, そうで, そうでなかった, そのすみ, そのよう, その価値, その夜, その戦士, その理論, その積雪水量調査, それからも, それは, それを, それ程の, そろそろ不平, そんなに珍, そんなもの, そんな事, そんな真似, たいへんな, たいへん複雑, たがいに, ただ形だけを, ただ機嫌, だれも, ちょうどピストル強盗, ちょっとした問題, ちょっと品, ですよ, とりわけ剽軽, どの程度, どんなよい, どんな話, ないか, ないかと, ないという, ないに, なかなか好評, なく, なくして, なくせい, なくまもなく, なにも, なほ更それは, なんでも, はじめから, はじめて見た, ひどく軽蔑, ほんとに一日, まずいい, まず嫉妬, またまた一同, また豪族同士, また非常, まだその, まだそれ, まだ何, まだ逆説, みっちゃ, みんなそう, みんなに, むかしから, むしろを, むしろ敬愛, むずかしい議論, めったに見られない, もうその, もう何, もう問題, もう少なくも二十年, もう笑っ, もっと国体明徴問題, もっぱらの, もつと, もろに, やはりグウテンベルグ, よい笑いぐさ, よくある, よくそんな, よく知られ, わからないの, アジアの, イデオロギー的批評の, ガンジー以上だ, ジジと, デュパンの, トシと, ドイツの, ネゲティブな, バカヤロー, パチリパチリと, ミス南京と, 一そう感歎の, 一つの, 一人の, 一人以上の, 一度として, 一方が, 一時騒めい, 一様に, 一種の, 一般に, 一萬人に, 一風変った, 三代以上も, 不得要領であった, 不自然に, 世話に, 事実を, 二倍と, 二六二八であり, 二十円会とか, 二日も, 互いに要求, 互につけ込み, 五〇年代の, 人が, 人口に対する, 今に菊池, 仔の, 仕事の, 付けること, 伊達者で, 似たりよったりの, 何か, 何が, 何の, 何も, 何んな, 何時もさう, 余り評判, 例えば一寸, 信じられるやう, 僅かな, 僕は, 元康の, 先生の, 兎が, 公然の, 処女でなくなった, 出生の, 刻限はずれの, 前々からの, 労賃を, 十分強く, 千人中の, 半兵衛が, 卑弥呼を, 単にその, 口論ひとつ起らない, 右手を, 同情が, 同等でない, 名の, 周知の, 咳の, 善神は, 四十歳を, 困難であります, 変り者だ, 多賀ちゃんの, 大分評判が, 大抵肺炎位, 大體晉律, 大鳥氏と, 天気の, 太陰や, 夫は, 夫婦の, 夫婦関係も, 奇麗で, 女の, 女は, 妻を, 娘の, 婚姻が, 婦人の, 子が, 学者にとって, 宇治の, 実に明白, 実に稀, 害悪は, 宵に, 家族は, 容易に, 寝物語が, 専門学者の, 専門技術を, 小な, 小市民的, 小市民風, 小林秀雄が, 少しの, 少し時間, 常識である, 平均出生数は, 平底船と, 平松さんとか, 平調を, 年長者の, 幾分役に立ったであろう, 弛んで, 当時有名な, 彼は, 御座らぬ, 忍び難い, 忽ち伝播, 思われて, 急速に, 恐らく仙人, 恐らく美徳, 恐るべき異例, 情熱という, 慾の, 成巧者である, 戦争と, 戦争に関する, 戦争の, 承知の, 掠奪的侵入により, 敵に, 文化という, 文学の, 斯くの, 既にもう初夏, 日常彼は, 早くから神祭, 早くも, 昔風に, 昨今ご, 昨日から, 時々話, 時子良子と, 時間が, 暴動と, 最後には, 有力な, 有名な, 有家一人が, 本能的掃除の, 格別可愛がられ, 極めて一般的, 極めて至当, 正当な, 歴史的人物としては, 殆ん, 殊に, 殊に地理學者, 殊に異, 気持よく, 水道尻近辺に, 決してとりかわされ, 決めては, 河幅は, 法律の, 消防に関する, 深夜に, 深川の, 滅多に, 漠然とで, 無い, 無かつ, 煙草の, 熟語にな, 父を, 父親の, 物好きな, 特に評判, 獲物から, 男は, 町人から, 白隠, 盛んに, 盜人を, 監獄行きの, 監督派流儀に, 目に, 目刺の, 目算が, 相互の, 相互扶助的な, 相当な, 知らない者, 砂の, 磯崎という, 社会や, 祖先の, 神, 神を, 私と, 私に, 私の, 私は, 立派な, 立派に, 第二, 簡明であった, 精霊との, 結婚の, 結局信頼と, 絶大な, 義賊と, 耳輪を, 聞き馴れないこと, 胃潰瘍が, 自分の, 自分を, 自殺の, 芸術的な, 若し許し, 華巌の, 著作家組合が, 著名な, 虫が, 見られないと, 親から, 訪れて, 証明に, 評判が, 評判に, 話題にさえ, 誰も, 誰一人として, 謂わば, 貉と, 財産が, 貧困と, 質実な, 起り得ないであろう, 軈て直ちに, 軋轢が, 軽蔑に, 農村の, 道教の, 鄭衛の, 重大な, 長い間, 長せりふ, 長生きは, 限りなく, 随分話, 随分進歩, 離婚の, 雪崩が, 需要曲線と, 非常に, 非情めい, 音楽家仲間に, 風速は, 高等の, 鶴子が

▼ 間違つて~ (297, 0.4%)

30 ゐる 12 ゐると 11 ゐるの 9 ゐたの, ゐるかも, ゐること 8 ゐた 6 はゐない, 居ると 5 はゐなかつた, ゐます 4 ゐるやう, 居る, 居るかも, 居るの, 居るよ 3 ゐるか, ゐるので, 居ても

2 [15件] も大した, ゐたこと, ゐたと, ゐたといふ, ゐたので, ゐたら御免, ゐても, ゐない, ゐないと, ゐなかつた, ゐるもの, ゐるん, 居ります, 落ちたの, 行く

1 [128件] おちたんぢ, お出, こんな事, すねだしたら最後, その十粒, たなら勘弁, なかつたわ, は, はいけない, はいない, はおりませんでした, はゐませんでした, はをりません, は不可, まさあ, もあんな, もこれ, もつける, もパンパン, も一字, も一緒, も二本差, も亭主, も人, も何, も俺, も十日, も吸, も坊主, も外, も大, も大きい, も宗次, も寶搜, も川, も挨拶, も有り得ず, も殺し, も考へられません, も聖人, も脛骨, も自殺, も褒める, も言, も詩, も身投, も開け, も駄目, やしない, るかも, るかよ, るわ, ゐたか, ゐたけれど, ゐたとか, ゐたとは, ゐたらお布施, ゐたら御, ゐたら笑つて, ゐたら訂正, ゐたら謝る他, ゐたら面目, ゐたり, ゐたん, ゐた人, ゐた実は, ゐないかは, ゐないこと, ゐないで, ゐないもの, ゐなかつたの, ゐなければ, ゐなさるの, ゐました, ゐませうか, ゐられるから, ゐるかの, ゐるこれ, ゐるだけで, ゐるといふ, ゐるとは, ゐるとも, ゐるね, ゐるばかり, ゐるよ, ゐるわ, ゐるんぢ, ゐる事, ゐる位, ゐる場合, をりません, 入れて, 入れること, 大それた, 居た, 居たこと, 居たぞ, 居たん, 居つたこと, 居つても, 居ないこと, 居ないだらうか, 居らぬかも, 居らぬ樣, 居りました今, 居りますならば, 居るから, 居るが, 居ること, 居るぞと, 居るぢ, 居る事, 居れば, 御内儀, 懸りつけ, 捕へられたの, 書いて, 来る, 来るの, 死んだの, 死んだもの, 殺されたんぢ, 落しては, 落ちたと, 落つこつたとは, 解いたこと, 讀んで, 釣れたの

▼ 間~ (277, 0.4%)

14 云うもの 10 離れて 5 なって, 見えて 4 なった, 云ふも 3 なると

2 [16件] いえども, いって, いつて, かけ出して, なる, 下の, 二階の, 口火燧り, 呼んで, 書いて, 言うもの, 隔たらない所, 雖どもかくの, 離れない所, 離れない間近, 鼻の

1 [200件] あなたと, あり尚, あるの, あれども, いいその, いうくらいの, いうけれども, いうので, いうのに, いえば, いっても, いつわって, いふの, いふよりは, いわれて, いわれる天守閣, いわれ良暹法師, うわさした, おっしゃっても, おのが, おぼしきあたり, お手水場, お角, きては, くろがき, しいづれも, し先ごろ, そのほか, その下, その以後, その次, それから支那式, それぞれ用途によって, それに, つづいて, てなかった故, であった, ない峡間, ない横町, なくぶちぬい, なく階前, なりたり, はいっても, ほどけた帯, よばれて, わざわざ時間, タマを, チョエン・ジョェの, パンが, 上った者ア, 中の間を, 乾いてからとの, 二尺行く, 二年生との, 二畳の, 二間あっ, 二間半の, 二階とを, 二階一と, 云うの, 云うもの丸, 云えるだろう, 云っても, 云つてこ, 云ひ, 云ひたいが, 云ふ, 云り, 云われて, 互いに隔たった, 五間の, 位置を, 先が, 先は, 六畳間と, 内懐とを, 出ないところ, 到るところ, 卓とによって, 台所つき二畳が, 台所とから, 叱りながら, 同じきなこ色, 同様いろんな, 名づけて, 名づけられた五十畳, 名の, 向うへ, 呼ばるるその, 呼ばれた少年, 呼ばれて, 呼びました方, 哀願と, 唱える所, 囲炉裏ばた, 夕方だけ, 奥との, 子供の, 寝室と, 寝床には, 居間と, 幾つも, 店座敷の, 座敷二間それから, 廣間の, 張り拡がっ, 彫刻の, 彼と共に, 心して大車輪, 心むずつけども同伴の, 思いますから, 思つてそれは, 思つて不安と, 思はれる道行般若經, 思われて, 思われますが, 思われるところ, 思われ四日目, 思召し, 感じること, 拝察する, 推定され, 推定された, 推定される, 改めたるは, 数えめずらしい, 断定する, 日本間の, 日限を, 書き箸, 期限を, 木の, 次の間との, 歩かぬ中, 歯を, 浪の, 玄関の, 申しますから, 申し上げましたが, 申すでないか, 申すもの夫, 病室の, 発表され, 相役が, 相等し, 相通じた, 称ふる, 窓の, 綯って, 縮まつたの, 續き, 聞く, 胴の間は, 臺所が, 艦体一転し, 茶を, 草原とを, 落ちて, 行かないうち, 行かぬうち, 裏の, 見えた, 見えるが, 覚しいあたり, 覚しい方, 覚しく凝乎耳, 言った方, 言つても, 言はれ, 言ふ, 言わず冷然, 言わず彼, 詰合った, 豫定せらる, 走らず思わず, 走らないうち, 距つてゐない, 距離が, 踏んで, 迫り七間, 這うよう, 通り過ぎて, 進むに, 部分の, 鎌倉駅から, 鑑定した, 間とに, 陣どって, 隔てぬ所, 隠密処に, 離れずに, 離れない私, 離れない草むら, 離れの, 離れ離れにな, 頬ペタの, 食堂その他が, 食堂との, 飯の, 鴨居浦賀間は

▼ 間でも~ (260, 0.4%)

3 いいから, 自分の 2 このお, 不愉快に, 女の, 好きな, 智識が, 色彩の

1 [242件] あの威厳, あの家, あり面倒, あんた横, あんな立派, いい兵営, いい親しゅう, うすうす感づい, おすぎ, お互いに, お互に, お父さんと, お話の, かせいで, がみがみ咬み合った, こうして御, ここに, この問題, この道, これが, これまでの, こんな人情, さつきからの, さらに厳密, すこぶる不評判, そうだろう, そうである, そうな, そこは, そのため, その子供, その惨め, その青年, それを, それ等の, そんな所, たいていの, ちょっとこの, ちょっとそれ, ていねいに, どうかする, どんな苦しい, ない, ないし社会, ない私, なかなかの, なくまして, なにかと, はなれて, ほとんど言葉, ぼくが, またどうか, また互いに, また学校, また民間, まだ十分, もうめった, もっとも多く, もっぱらそういう, やっぱり同じ, やはり一つ, よいから, よいが, わが家という, わたくしは, タカを, ヂツとして, ドシ, プローメイシウスの, ヨーロッパの, 一つでない, 一つ邸に, 一人を, 一寸役者, 三間でも, 世間から, 中斷, 主從, 二人は, 五百石積の, 人々の, 人は, 人間は, 今川勢を, 他の, 他家の, 仲間と, 伝説の, 何か, 保たせるよう, 信吉の, 信濃と, 個人主義に, 働いて, 僕は, 兄弟の, 先生と, 先生に, 全く忘れ, 内外人取交ぜ, 决し, 冷蔵器に, 切出し憎い, 別れた人, 卑下した, 友情が, 取り立てて, 右翼と, 同胞の, 君は, 告訴する, 問題が, 喜怒哀楽の, 嘘と, 噂が, 四間でも, 地主の, 外の, 外を, 大いに考へ, 奥住女史は, 如才ない, 妙な, 娘を, 子供は, 客の, 家に, 寸分の, 小僧ばかり, 屡氏, 常に油断, 平気で, 床上を, 引込もうと, 彼の, 彼女が, 彼女を, 彼等は, 後嗣たるべき, 従ったこと, 御厄介, 御当家, 微塵の, 心から手, 必ずまるく, 忘れたいわ, 思わず微笑, 急に, 急激に, 恐ろしい気, 感情を, 押しこめて, 排斥を, 文化生活と, 新書を, 新鮮な, 旅と, 既に九時間以上, 早く自分等, 時々思ひだした, 時代性ぬきの, 書き続けたという, 最近五ヵ年計画による, 有配偶者, 机が, 来て, 枯れ枝の, 殊に解放問題, 母に対しても, 比較せられ得る, 気が, 気を, 気楽に, 法水の, 溺れ得る人, 潮の, 物柔かな, 百合子が, 皆そう, 直視し, 相互の, 相愛の, 真珠湾の, 眼を, 眼色の, 着物を, 禄を, 私に, 私には, 私の, 秋山図から, 秘密に, 立つたら債権者, 米沢の, 籾の, 絶えず賑, 絶えず頼りつ頼られつし, 縁者同様親しゅう, 置いて, 美しい夢, 義経が, 聴診や, 肉交は, 脱れ出る, 自分じゃァ, 自分と, 自分一人が, 自殺説と, 自然と, 自由に, 興行中の, 良い儲けた, 花に, 苦しんだもの, 行って, 覺悟を, 読者に, 誰が, 諸説紛々で, 谷の, 貴男を, 走って, 近くの, 透谷の, 通って, 通婚した, 逢わずに, 連中は, 遁れ, 金銭の, 長いこと, 防ぎ支えて, 陣地割りの, 陸の, 随所に, 離れるの, 青天白日の, 非人情の, 馨さんが, 馬にかけては, 高い技術水準, 高い資格

▼ 間ばかり~ (238, 0.3%)

13 離れて 7 先に 5 隔てて 4 来たとき 3 先の, 先へ, 前の, 向うに, 間を

2 [22件] あつて, あとを, こっちまで, で家じゅう, ケシ飛ん, 上の, 先は, 向うへ, 彼方を, 歩き出すと, 真直に, 軒を, 追いかけて, 間隔を以て, 降りると, 離れた, 離れたところ, 離れた処, 離れた所, 離れた若い, 離れると, 馳け

1 [150件] ある, あるが, あるくと, あるよ, あるを, ある住居, ある時々, ある玄関, あれや, お出かけに, お城寄り, かけだして, かなたに, こう透す, さがって, せば, そしてまた曲折, その中, それに, だった, です, ですぐ, でない, でなくいつ, でなく大人達, でなく官僚, でなく河原町全体, では, で板の間, で隠居, なる家, なる時刻, のめったが, はいずりまた, 一息に, 上に, 上手の, 上方の, 上流の, 上流へ, 下がると, 下で, 下へ, 下流殆ど, 中に, 中庭に, 二つ目寄りに, 互に隔, 位なれ, 倒れて, 側面が, 先から, 先が, 先き, 先だ, 先で, 先を, 先人目を, 其室が, 其處から, 出たところ, 前に, 前へ, 前まで, 前より, 前を, 勢いよく馳せ下った, 化して, 北に, 半こげ, 参りますと, 向うは, 向う的, 向こうの, 向ふ, 堤防が, 夢中に, 太さ五, 奔って, 奥へ, 尤もこの, 屏風を, 崩れて, 左へ, 往くと, 後から, 後に, 後の, 後ろへ, 忍返しの, 快遊船, 敷石伝いに, 新橋の, 曲りくねって, 東に, 東西の, 歩いた時, 歩きだして, 歩き出したが, 歩みしが, 水筋を, 沖へ, 泳いで, 流失した, 滅多に, 火の, 焼けのこっただけ, 疊から, 白い泡, 眞向うに, 石を, 経つて, 腰元も, 行き左, 行き過ぎて, 行くと, 行く間一番おしまひ, 見て, 走ったかと, 走ったところが, 走って, 走つたかと, 走りのぼっ, 走り出した時, 距たりたる, 転落した, 近く波の, 追いかけようと, 退いて, 退却した, 逃げたが, 逃げ延びたが, 通りぬけた, 進むと, 進んだと, 隔たった処, 隔って, 隔つてゐた, 隔てその, 隔てたところ, 隔てた向う側, 隔て最後の, 隔りたる, 離れたこっち, 離れた人道, 離れた母家, 離れた諸式屋, 飛びのいたくらい, 飛退い, 高さ

▼ 間違ひも~ (237, 0.3%)

14 ありません 7 なくお, なくこの 6 なくその 4 ない, ないこと, なく下手人, なく家 3 なく女, なく娘, なく心, なく死んだ, なく男

2 [19件] あるまい, あるまいが, なくあと, なくあの, なくそれ, なく二つ, なく人手, なく人間, なく家中, なく此町内, なく武家, なく殺し, なく毒, なく眞物, なく私, なく腦天, なく自分, なく自害, なく頭

1 [134件] ありませんが, ありません大層, あるだらうと, あるまいその, ある筈, かうなる, しなかつたの, ないうち, ないだ, ない相模訛り, ない見, なく, なくおり, なくお前, なくお家騷動, なくこいつ, なくこれ, なくもう, なくやられた, なくやられる, なくズブ濡れ, なくピカピカ, なく一枚, なく上, なく上下, なく上州屋周太郎, なく下, なく不二屋, なく中氣, なく主人, なく主人萬兵衞, なく九十くら, なく亡くなつた, なく京言葉, なく人, なく信濃者, なく働い, なく僞者, なく先代, なく六道錢, なく内匠樣御筆跡, なく刄物, なく十人, なく半身, なく卒中, なく商法, なく喉笛, なく喜三郎, なく喰, なく嚴重, なく園山家, なく埃, なく外, なく大地, なく大店, なく嫁入り, なく宇佐美家, なく安倍家, なく客, なく專次, なく小判, なく居る, なく山師坊主, なく左利き, なく店, なく引廻し, なく引渡さう, なく戀人, なく打ち身, なく扱帶, なく揃つて, なく日本橋, なく昨夜小三郎, なく昨日, なく曲者, なく木枯傳次, なく植木屋, なく武藝, なく死にました, なく死ん, なく殘, なく殺された, なく殺されなすつた, なく毒害, なく毒死, なく水, なく津志田家, なく潔白, なく猛毒, なく獨, なく甚助, なく町人, なく留守, なく當, なく直, なく眞矢, なく着物, なく知合, なく石, なく石見銀山鼠, なく砒石, なく突き傷, なく窓, なく竹筒, なく第, なく細紐, なく絞め殺された, なく絞め殺した, なく腐つた, なく自害ぢ, なく舌, なく芋刺しぢ, なく芝居者, なく薄墨, なく蠅, なく血, なく裏金, なく話し, なく跛, なく跳ね, なく輪鍵, なく轉げ, なく鋭い匕首, なく鐵砲傷, なく陰險極, なく頓死, なく風邪, なく首, なく首筋, なく點, 御座いません, 無かつ, 起きる道理, 起さなかつたで

▼ 間~ (229, 0.3%)

8 はこの 6 はもう 5 の心 4 はお前 3 の頭, はいろいろ, を苦しめた

2 [12件] の家, の耳, はそこ, はその, はてれ, はむし歯, は信州上高地, は全く, は彼女, は煙草, は異郷, は石段

1 [173件] え御状, から高い, がお, がこの, がそれ, がただ一冊, が与つ, が田舎, が精進, との間, とナオミ, と一緒, と作家同盟, と共に朝日島, と同志たち, と絵, なども大臣, につれそう, に与えられた, に介抱, に代, に祖父, に関する部分, のいいつけられ, のこの, のやう, の代弁者, の前, の原稿, の同情, の名, の問, の声帯, の好き自由, の心身, の手, の方, の最も, の月給, の望ん, の机, の材料袋, の義姉, の背なか, の胸一つ, の行動, の言うた, の記憶, の身, の身體, の魂, はあなた, はあの, はあまり, はあらゆる, はいう, はおどろいた, はお前たち, はこんな, はじつに, はその小さな, はそんな, はただ, はどうして, はなんとなく, はねてたん, はまた, はパーマネント, は一つ, は一寸, は一度, は一睡, は不思議, は二階, は今, は何一つ, は何度氣, は使節たち, は傍, は兄, は冬, は凝然, は切り, は北村君, は南方, は哲學科, は唯, は喜ん, は喰, は国, は夢中, は大, は大変, は大学教授, は妻, は娘曲芸団, は完全, は家, は寝床, は寢, は幸福, は彼, は忘れ, は恥じつづけ, は愚劣, は態と, は憂鬱, は成るべく, は打つ, は持つ, は捜させ, は文芸時評みたい, は新聞, は日記, は昔, は暗い, は曙館, は書斎, は横, は殆, は殆ど一言, は毎朝納豆, は気持, は浅草, は混乱, は父, は物, は環境, は生きてる, は目録, は真に, は眼前, は石, は種々, は絶えず, は考へました, は職, は興奮, は花, は苦しみ続けた, は茫然, は草葉, は落着けなかつた, は薄, は起き, は足, は身動き, は辛抱, は運動, は酒, は重, は金鵄勲章, は隙, は隨分搜, は黙っ, もかえって, や他, よりハそハ, をお, をこっそり, をその, をなぐさめ, をモデル, を事務所, を凝視, を家, を弄ん, を御, を抱きしめ, を案内, を脅かし, を苦め, 申し候

▼ 間その~ (193, 0.3%)

5 ために, 人は 4 上に, 薄緑 3 側に, 顔を 2 ご文, ま, 中に, 事を, 前に, 底に, 法律と, 瀬に, 辺を

1 [151件] あり得べからざるやう, うしろに, うす暗い木下道, おかげを, おごそかな, お方さまの, お札は, ことが, ことと, ことに関する, ことばかり, ことを, ご神縄, そばに, ひとり頭いたく, ひろくて, ほかに, まんま, ように, 一つの, 一喝は, 主人兄弟と, 二つの, 人々を, 人から, 人の, 余燼が, 価値が, 儘た, 儘に, 光りに, 円光の, 冷え切った祭壇, 出版に, 刃を, 前を, 力強い単調, 半ばは, 収入の, 口より, 可笑しさ, 名前だけでも, 周りに, 周囲の, 国民の, 国籍の, 土地に, 地方において, 場に, 声を, 夫と, 夫ゼウス幼児ヘラクレス, 奧に, 奧の, 女を, 女人こちらへ, 好意に, 娘は, 婉柔な, 実現の, 家に, 宿所は, 寫眞に, 寺は, 少年は, 尽くる, 川に, 幅八九間その, 幅十八間の, 年々の, 店の, 庭で, 廊下の, 往來に, 悪女像を, 意味あり, 態度の, 所在地が, 押入れの, 描ける物, 数行の, 方を, 時必ず, 書きもの, 月かげを, 村に, 根柢的構成の, 椅子にでも, 楽器は, 横三百八十五間その, 欲望を, 死に, 死のを, 殿内には, 法衣を, 海岸に, 温度を, 漁場に, 煖炉の, 牝牛共を, 物凄い遊戯, 狂人とも, 獄屋の, 男と, 男は, 町から, 界わいを, 留守宅に, 疑問の, 疑惑の, 痛みが, 百姓の, 盛観が, 真暗な, 破片を, 社中に, 社趾は, 稽古を, 答の, 答を, 紙一枚の, 経験を, 絵端書を, 者は, 蓋然的帰結を, 街路に, 表情が, 詐欺を, 読経の, 貯へ, 身うちに, 車輪の, 返事を, 返済の, 進歩性と, 邸宅に, 部落の, 金を, 闇の, 降りしきる雨, 隣りには, 離座敷に, 雪の, 静寂と, 音を, 頭脳を, 飾り窓の, 馬鹿馬鹿しく大きな, 魚の, 鴉の, 黒眼鏡を

▼ 間ほど~ (176, 0.3%)

9 離れて 5 先の, 離れた所 3 先に 2 さきに, なく現われた, 先へ, 向うの, 後に, 行くと, 隔てて, 駈けて

1 [138件] あの電車道, ありその, ある, あるが, ある縄切れ, ある逞, ある逞しい, ある部屋, いい機会, いろいろな, かけだしたが, きり取つ, すると, そのあき, とびさ, なく, なくおり, なくごうん, なくそこ, なくはるか土手向こう, なく彼女, なく悔い改め, なく熊谷, なく眼一ぱい, な双方, な狭い, ひっこんだ路次, ふっとんだ, ふつとんだ, コロコロころがったらしく, ショウ, スタスタと, 一散に, 上げて, 上を, 上手でがす, 下は, 今度は, 低い石垣, 先から, 先き, 先で, 入ったところ, 出て, 出ては, 切って, 前で, 前に, 前へ, 前を, 劫掠に, 占領し, 向うに, 向うへ, 四方の, 坂を, 壊されて, 奥へ, 小砂利, 座敷が, 引下がったところ, 彼方に, 後から, 後方に, 御影, 心と, 我国の, 我慢し, 手前から, 手前で, 打ちぬいて, 打ち抜いて, 打っこ抜いて, 打つこ拔, 投げ戻される, 押し上げ縁, 掘つて, 明放ち, 有って, 来たと, 来て, 横ッチョへ, 歩いたところ, 歩いて, 歩き出しますと, 歩み降り行くに, 沈黙の, 泳ぐよう, 無言で, 粗, 緊張は, 脱兎の, 苦労の, 行きどっしり, 行き尽して, 行き過ぎて, 行ったところ, 行ったばかり, 西へ, 走らせました, 走りだすと, 越えて, 距った隣り, 距って, 距れ, 距れた, 追いかけたが, 追いかけて, 速に, 進み入ると, 進んだかとも, 進んだ時, 隔たり服, 隔った, 隔つた, 隔て, 隔てたとある, 隔てた先, 隔てた奥, 隔てた宿直部屋あたり, 隔てた私, 離れた一所, 離れた個所, 離れた反対側, 離れた場庭, 離れた場所, 離れた天水桶, 離れた座敷, 離れた桧, 離れた部屋, 離れてを, 離れ夕顔, 難かしい, 飛ばされて, 飛び退ってから, 馳け, 馳けだした, 高いところ

▼ 間~ (161, 0.2%)

6 の心 5 はその 4 は何 3 の頭, はただ

2 [12件] が霊的, の名前, の様子, はこの, はしばしば, はそれ, はまったく, は全く, は夜, は始終, は絶え, は自分

1 [116件] がこんなに, が一途, が対岸, が情熱, が批評家たち, が頭, と一身同体, と卯平, にはわからなかった, に輝い, のこの, のすぐ, のもの, の保護者, の借り, の全, の内, の前途, の努力, の厄介, の友, の唯一, の噂, の噺, の声, の天才, の安息, の後ろ, の物, の独得, の生活, の男, の第, の精神, の肉, の胸底, の自由, の血, の衷, の認識, の頑強, は, はあの, はいつしか, はいつも, はこんな, はそう, はそうして, はそのまま, はたびたび, はどんな, はふと, はもうすっかり, はよく, はマスク, はロシア, は一人, は一日, は一時間二フラン, は今更, は仕事, は伊之助, は余りじっと, は其後, は厳然, は只, は奇妙, は女房, は妙, は孤独, は寝床, は平気, は床, は庭, は彼ら, は心臓, は怒り, は掛軸, は昂然, は暮し, は次, は毎日, は気, は泣い, は深川, は無益, は父, は独力, は病い, は百姓, は皺びた, は眼, は窓, は糊, は絶えず, は肉眼, は色々, は苦い, は鏡, は頭巾ごと首, は默, への愛情, へ手紙, も大変閉口, も階下, も默つて, れは, をながめた, を上官, を征服, を救助網, を時々, を燃えたたし, を睨みつけ, を苦しませた, を見つめ

▼ 間だけ~ (155, 0.2%)

8 では 6 である 2 だがと, だと, です, 働いて, 生きて

1 [131件] あけて, あたりに, おいて, お君, かくも, じゃ, すらすらと, そしてまたポルトガル, その一劃, その奧, その襟巻, それは, だ, だが, だった, だったが, だつた, だらう, だわ, ちょっと自動車, ちょっと迷わされる, つまり食っ, であった, であったが, であって, であります, であると, であろうと, でいい, でこの, でございますから, でした, でしょう, ですぢ, でそれ, でなくいわゆる, でなくひとつ, でなく物, で七家族, で堂上, で宜し, で少し, で彼等, で次に, で試みて, とう酔, どうか, なので, ならいに, なん, はやること, ほんの少し, まだ板, やっと眠り, わが家の, ペレールに, ロシア語を, 久美子に, 二疊には, 仕事を, 他の, 休んで, 俺達を, 借りたん, 借りて, 像の, 僕らは, 入口の, 其処から, 刀を, 十分に, 受取状の, 周三の, 土地の, 地面を, 夫婦に, 好悪の, 存在し, 学校に, 己は, 帰宅を, 引受けるという, 役に立ちうると, 往来の, 御猶予, 感応作用によりて, 撥音の, 日給が, 昏睡し, 映写技手を, 昼も, 暖地を, 本来的に, 柳吉の, 楽しい, 此の, 殆ど忘れ去っ, 気違に, 沈默する, 沈黙する, 消さぬよう, 消せば, 温柔しく, 満知姫, 灯して, 点される提灯, 煩悶を, 燃える芯, 片付けて, 生きてりゃいい, 生の, 生家に, 生活しうる, 生活する, 番を, 痛みを, 目が, 確率的な, 祖父も, 私は, 続く, 聞いたので, 胸が, 自分は, 舌の, 負って, 身を, 郷里で, 離屋に, 雪車屋さんに, 面白くて

▼ 間この~ (154, 0.2%)

3 ような, 家で, 痩肉の 2 どたん場, 家を, 男の

1 [139件] ぎごちな, さびしい話, つつましい中流婦人, ひとの, まなかひの, ままの, まま寝かし, やうな, やうに, ように, シーズンに, ダニエルの, ホトボリが, モデルを, ヤマトを, 一冊を, 上なく, 中で, 人は, 人を, 人形部屋には, 人生で, 代官屋敷の, 作者が, 価格の, 六間堀に, 凍り切った粉雪, 処置に, 劇場の, 動物の, 千本松原に, 千鶴子と, 反別は, 可哀相な, 商売を, 問題に, 国の, 国は, 土地に, 土地を, 地の, 地方の, 奥さんに, 女は, 女を, 妙な, 娘は, 存在には, 孤児へ, 学校に, 學校に, 家の, 家畜を, 宿へ, 寝台の, 対大坂の, 対話は, 小さい為事, 小さい爲事, 山が, 山に, 山の, 山寨にて, 山牢に, 平次に, 年とった, 幸福な, 店に, 座敷が, 快味, 恐ろしい事實, 想念によ, 戸口を, 扮で, 支那の, 暦が, 書を, 木喰戒を, 本を, 村の, 死体の, 段厚く, 段大坂を, 段御, 段申し, 母親の, 毒竜を, 池で, 淋しい家, 淋しい話, 炭坑で, 猫一たびも, 獣は, 玄関へ, 珍らしい, 男が, 町にも, 界隈の, 病に, 瘡に, 監房の, 真実が, 真白な, 神仙思想は, 福井の, 種の, 稿を, 空間に, 組合に, 美事な, 群落の, 群飛が, 老先生, 老隠士, 職に, 膿が, 船を, 花の, 若い二人, 荒野を, 落合から, 詩集が, 読書に, 貝殻を, 路を, 辺から, 近くに, 部屋へ, 部落の, 鈍重な, 鏡に, 鐘微塵に, 関係を, 随筆の, 集會を, 頃に, 頃の, 館に, 香箱ね

▼ 間ばかりの~ (127, 0.2%)

7 ところに 2 ところまで, ところを, 処へ, 土神の, 湾の, 矢場を, 距離を, 路地の, 部屋が, 間隔を

1 [100件] あとから, あひだ二行, お家を, だらだらした, ところで, ところ何やら, 一方に, 一軒に, 丸太が, 僕の, 先に, 処が, 処です, 処に, 処を, 切れ目の, 別棟で, 前の, 北向きの, 古い棟, 向うの, 土橋が, 土橋がか, 土橋の, 地点は, 坂を, 堀に, 堀川の, 堤だった, 奥行を, 客座敷の, 室に, 家うちは, 家に, 家を, 家をも, 寂しい町, 小さい家, 小さい建物, 小さな家, 小川でした, 小川の, 小店先, 小池あり, 小石河原そこで, 川の, 川形を, 座敷が, 廣い, 彼方に, 後方に, 所で, 所に, 所まで, 所を, 掘割が, 時の, 木の, 杉並四分板を, 東京出来の, 柱を, 栗の, 棟割長屋に, 植込みを, 橋が, 油紙で, 沼堀へ, 渓流の, 石垣は, 石敷路玄関から, 砂の, 空地である, 空地は, 空地を, 竹竿を, 竿では, 細い杉丸太, 細長い女竹, 総襖, 縁がはが, 舟に, 船板塀が, 薬研式の, 街路は, 表座敷が, 谷を, 距離に, 距離にな, 路を, 部屋で, 金箔を, 釣堀に, 長い廊下, 長さ, 間に, 間の, 間を, 間土の, 高さ, 髪川という

▼ 間より~ (124, 0.2%)

2 かなたの, 人の, 出で, 出でて, 呼ばれて, 封じたる文, 手に, 白く細長き女子

1 [108件] かくいふ者, なかつた二階, なにものか, にわかに蜀, ぬつと, のこのこ出, のぞきしに, のぞく我家, もっと仲, もっと純粋, もの言う, よき生活, アカイア軍に, サルペードーン引き出し, タ陽の, 一度も, 七八寸も, 上り御, 下女の, 二丁許の, 五尺あまりの, 代りの, 僅かにしか, 其姿を, 内なら, 再び墺国, 写真帖を, 出して, 出ずる, 出づるとき, 勝も, 北上を, 唯幾旒と, 四五町の, 土の, 夕陽を, 外に, 天竜川の, 少しずつ, 左眼失明せる, 差覗け, 幽かに, 往き来を, 微妙な, 忽ち一片, 思いがけなき敵味方, 懐中時計を, 我等を, 救ひ, 斜に, 時計出し, 月の, 月泄りか, 望むばかり, 来る, 来る誘惑, 根を, 樅の, 樹木の, 殷々として, 毛布を, 水出ずるとの, 水流れ落ち, 洩れて, 洩れ出づる, 流れいでける, 流れ出づる幾多, 浜子の, 漸次狭く, 燈影の, 現れて, 生まれ出でたり, 男の, 登庸し, 白縮緬の, 真鍮の, 眺むれ, 眼に, 瞥見した, 空高く, 突然髪, 糸の, 紫色の, 細き谷川, 美しい声, 胸に, 良い土地, 落つ, 薄き日, 衣の, 裾引きてまど, 見ゆるを, 親子として, 起たしむるあたわざりしもの何, 起り大空, 足に, 軍団の, 退け汝ヂュウス, 逃ぐ, 通がかりの, 長きもの, 長き橋, 閻浮檀金の, 雪とか, 雲霧と, 頭うごかす, 頭を, 鷲郎は

▼ 間~ (124, 0.2%)

3 きに, に立っ 2 きから, きを, にある, に大きな, の二階, の家光, の曲角, へ行っ, を歩い

1 [100件] からで, からは堅田, からふり, から年頃, から言, から言った, から遠眼鏡, が見える, きで学生帽, きも, き廊下, でした, ではたと, で叫んだ, にあります, にたちまち, には印半纏, には死骸, には氷, にもあった, にゆく, にゐた, にバクダン, に一挺, に出た, に叫び声, に子細, に小さな, に小綺麗, に思い, に投げ飛ばしました, に立つ, に第, に行く, に行った, に見え, に見えた, に見張り, に道, のところ, の並び, の二階縁側, の処, の唐紙, の四角, の土塀, の地べた, の地上, の宝石商, の宮崎, の小路, の岩, の廊下, の往還, の敷石, の木, の材木置場, の柳, の橋, の物, の男女, の百姓家, の砂利置場, の線路, の自分, の自動車, の路面, の道端, の鉄扉, の闇, はもう, は嫁, は番太, は見えない, へ一散, へ出でぬ, へ平次, へ斬りまくし, へ行, へ行きかけた, へ行く, へ進んだ, へ遠征, へ頭, まで揺れた, まで来, まで聞え, まで飛ばし, もよく, をお, をずんずん, をとっ, をぼんやり, を密, を小きざみ, を荷車, を行く, を走っ, を蹌踉, を階段

▼ 間~ (121, 0.2%)

43 から, もの 2 そうだ, つたと, つた気が, つた氣が, のに

1 [101件] からおとなしく, からかれこれ, からできるだけ, からと云っ, からと思っ, からなんて, からね, からね冷さん, からよく, から上客, から八月丈, から劇評, から却って, から小言, から少, から悪く, から惡, から我慢, から欲しけりゃ, から無論, から行っ, から話し, から誠に, から読める, から貸し, から辛抱, から近所, から馬, がこの, がその, がちょッ, がよく, が今, が何故, が地堺, が牢人時代, けどカフェー, けど九州, けれどこの, けれども住ん, けれども全身, けれど真に, さア, しその後, しふと, し伊右衛門殿, し雨, そうです, そこへ, つた, つたかも, つたといふ, つてそれは, つて別の, つて惜しい, つて落ちつい, てする, てせず, で非常, と, とあの, といい, ということ, という話, といつ, といふ, とか曰くインネン, とか足クビ, と中途, と云っ, と仰せられ, と思う, と思っ, と思った, と思われる, と教, と正, と氣, と考へ, と聞い, と見え, な, なあ, なそうそう, ねホン, の, のに取つた, のを, よ, よあの, んべ, ツて, 予那智山に, 今の, 何か, 坊主抱い, 女の, 屡ば, 猿轡を, 蔭間だ, 辛棒し

▼ 間~ (118, 0.2%)

19 けだ 14 けな 10 けな話ぢ 4 けなん, けな話 3 けで, けな面 2 けです, けなものぢ, けな事, けな男, けな顏, なものぢ

1 [49件] けだから, けぢ, けづら, けてゐる, けでも身分, けどころか相手, けなお, けなところ, けなもんぢ, けな合圖, けな大, けな女, けな彌, けな怪我, けな恰好, けな意見, けな武家, けな犬, けな理窟, けな笑, けな聲, けな見世物ぢ, けな話さ, けな足跡, けな間違, けな髭面だい, けにし, けになり, けの標準, けほどの意, けめ, け切つて, け奴, け奴ツ, け顏, な下手人, な事, な人間ぢ, な幽, な法, な深草, な狼, な聲, な靴屋, な顏, になつて, に背, に見え, の狡猾

▼ 間という~ (109, 0.2%)

23 ものは 8 のが 5 のは 3 ような 2 ことに, ものが, やつを

1 [64件] ありて, お堂, ことで, ことを, その橋桁, ちょうどいい, ところです, ところまで, のへ, ふうに, もの, ものかれ, ものだ, ものドウし, もの人を, もの取り止め, もの夜の, もの夜も, もの夢寐にも, もの学校の, もの実に, もの宮内は, もの平田氏は, もの彼は, もの彼等は, もの心置きなく, もの扇風機よりも, もの村人を, もの殆ど, もの毎日毎日私の, もの毎晩毎晩アルカージイ・イリイーチが, もの洛陽の, もの火が, もの父と, もの現在の, もの職業を, もの自分の, もの蛇の, もの鴨川の, わけで, 事は, 人間界の, 厖大な, 厚さ, 国宝建造物が, 基本から, 堤は, 堤を, 大岩の, 大河の, 広さ, 建物が, 感じだった, 所で, 木造平屋だ, 村の, 機会を, 熊野船だった, 燈が, 距離, 部屋が, 長い独棲生活, 長さ, 間取りで

▼ 間~ (92, 0.1%)

11 の猪 3 の春日, の親分 2 に住ん, に利助, の友達, の喜多屋, の方, の柘榴伊勢屋, の横町, の河岸, の河岸通, へ浮いた

1 [55件] あるいは薩摩堀, でこれ, で近く, という池, と呼ばれた, にいた, にかかった, には酒醤油, に一酌, に住まっ, に出で, に大, に居る, に巡査, に歸つて, に沿うた, に浅野, に移した, に面し, に面した, に飲む, のある, のお家, のふち, の伊勢屋, の元春, の堀割, の大きい, の如き, の家, の洛南柴田元春, の深雪, の色物席柳江亭, の蜂龍, の裏河岸, の警察署, の逸見若狭守様, の酒亭寿, の野口, の長谷川, はそれ, は三十堀, は私, へと糸, へ來, へ出よう, へ出向い, へ来る, へ蟄息, へ行っ, へ首, ほど暗惨, もそこ, を拾っ, 即ち真福寺橋

▼ 間~ (89, 0.1%)

2 吉に, 幸は, 延は, 暇を, 艶と, 蝶さんの, 見えに

1 [75件] かくまい下さいまし, かんは, げんが, げんを, こころ易かるべく, たかは, ぬいさんの, はします家を, ひささんは, ろうそくを, 一方で, 下りなすっ, 二人で, 二人は, 互に親類, 互の, 互ひ, 交際し, 人払い願わしゅう, 光は, 兼は, 匿いくださいました上, 匿い下さいまし, 国の, 夏は, 嬢さまに, 孃さんは, 孃さんを, 屋敷近い, 島は, 師匠さんは, 庄母子は, 役所へ, 待下さいまし, 心が, 授, 敬ちゃんは, 新が, 月様いくつ十三泣き面十四は, 杉の, 気の毒でございます, 渡し下されたく, 父様が, 犬様を, 由良を, 目に, 目通りを, 眼に, 祖父様の, 神楽を, 稲が, 籠りを, 米を, 粂は, 絹の, 綱さんは, 置きなすって, 耳を, 背中が, 膳の, 艶は, 菊の, 葉さんお, 蕗の, 見張りじゃな, 言葉どおりを, 貸しを, 近さんは, 通を, 邪魔し, 銀様が, 銀様の, 銀様は, 預りを, 高は

▼ 間~ (89, 0.1%)

3 清聴を, 聞取可 2 世話に, 引立の, 恩に, 懇意に, 沐浴有り

1 [73件] しる前, そふだん可, らん後西郷あたりニ早, 下向遊ばされ候わ, 主人の, 了知相成たく, 使可被, 入用なら, 出勤は, 分別あり, 勘弁を, 医師成田玄琳を, 匿まい下せえまし, 厚恩を, 参考にまで, 参考までに, 受納下され, 同行奉, 回向をも, 墨附と, 奉公した, 奉行様は, 安心下され, 安心成さるべし, 安心被, 安意之, 定式之, 役名御, 役家と, 待たせ申して, 意見拝聴の, 愛顧に, 拝賀の, 掛合申上候, 断申上候, 案じ被, 油断召さる, 清聽を, 猶予とな, 猶予ねがいたい, 猶豫, 用人鳥居外記様が, 申し越しくだされたく, 病気の, 着の, 祖母樣え, 給金なし, 耳を, 聞込つ, 聽取を, 臺所に, 見を, 見知り被, 許容に, 話しするため, 談申候以上, 買上被, 贔屓に, 辛労を, 辛抱なさい, 辛抱なさる, 辛抱願ひます, 辛棒下さいません, 返し頼入, 迷惑でも, 迷惑ながら, 迷惑は, 退屈でも, 遠慮なく仰せ付, 遠慮を, 都合にて, 都合次第御, 靜聽を

▼ 間自分~ (85, 0.1%)

4 はこの 3 の心, の頭 2 と瑠璃子, には思はれなかつた, の掌中, の目, の顔

1 [65件] がその, がどんなに, が何, でもこんなに, で拵えた, で自分, と苦難, にあてがわれた, につきまとっ, にはなん, には理屈, にも解らな, に向けられ, に向っ, に宛て, に眼, に言いきかせ, に附, のいや, の中, の主, の前, の助手, の周囲, の国, の娘同様, の室, の家庭, の居間, の意志, の時計, の書いた, の望ん, の求め, の生命, の生活, の耳, の肉体, の腹そのもの, の表記法, の識域, の貞操, の足, の館, はあれ, はこれら, は不, は全く, は孤独, は家, は家庭労働者, は日本, は此等, は海, は用心, もビスケット, も一心に, をビク, を囚, を導く, を恥ぢた, を捜し廻った, を掩, を欺き通した, を見守り

▼ 間~ (83, 0.1%)

3 三間の 2 かつた, かつて磨かれた, 三間で, 二間半の, 先へ, 悩ました

1 [68件] ああどうぞ, あっと, あるいはほんの, あるでしょうそれ, お駕台, かつてこの, ずは, せいぜい三間, そこい, そこに, その冷静, それくらいの, それとも何十分, とにかく最後, どこかへ, はりに, またはおそらく, よいつめた, らちゅうと黄色い, 七間であった, 三十間あとから, 三間か, 三間ぐらい, 三間ございます, 三間へだて, 三間半ぐらいも, 三間半の, 九間家は, 二十間の, 二十間も, 二間ずつ, 五間かに, 五間の, 五間位の, 何かに, 何処かで, 何処までも, 八間ぐらいの, 六間ぐらい, 六間という, 分らない入獄, 十五六間毎に, 十間も, 又は一團, 又は葬式直後, 四間かの, 四間くらい, 四間ぐらゐの棟の, 四間の, 壁の, 夜は, 或空き地, 打ち続いた一室, 打ち續, 昼の, 柳の, 棒切持った, 流木かに, 羽織の, 肩に, 苦心の, 通りて, 部屋を, 銀座通りか, 隔てた床, 隔てて, 高雄山に, 鳥居より

▼ 間~ (79, 0.1%)

4 三間の 2 下り沈む, 嫉み深い, 岩の, 懐の, 流木の, 細葉の, 藪の

1 [61件] かくれ納戸, その付近, その守衛者, その密雲, つてゐた, つて来た, つて見た, 三間先の, 三間間口の, 下女下男などの, 下駄箱まで, 六間は, 十間の, 口の, 周辺に, 呼吸なぞも, 大食堂前, 奈良の, 孔を, 宵の口は, 小バサマ, 小侍, 山かげなどから, 岩蔭に, 帰途の, 床の, 往来に, 御守殿, 微妙な, 応接間や, 授乳の, 朗かに, 未だ駄目, 末に, 林の, 枯れケヤキ, 橋ぐいの, 歸途の, 河原草の, 泉の, 波の, 滝の川の, 直ぐその, 短矮, 砂山の, 稲垣の, 筏の, 縁が, 肥料小屋の, 腕首や, 芸術諸, 茂みの, 茎と, 茶の間にも, 許婚の, 谷の, 赤リボンの, 雁坂旧道の, 露台や, 青薄の, 頬ぺたに

▼ 間ほどの~ (75, 0.1%)

3 幅の, 長さ 2 ところへ, 垣を, 幅で, 距離を, 間は, 高さ

1 [57件] その土間, ところに, ひろさ, ものを, ナチュラリズムは, 一番小さく, 下には, 先を, 円筒の, 凧絲が, 前である, 前を, 前面に, 古びた建物, 堤防が, 外は, 大きな石, 大仏壇, 太い竹, 客間を, 小さいもの, 小さな商店, 小ぢんまりした建てかた, 小綺麗な, 岩組と, 巌窟に, 川で, 幅が, 幅を, 彼方に, 彼方へ, 所に, 手前で, 橋で, 深さ, 漏斗形の, 狭い借家, 着弾距離が, 神社の, 空地で, 空間を, 窓が, 筵張り, 緊張を, 藪に, 貸家を, 距離が, 距離しか, 距離に, 道幅で, 部屋を, 鉄の, 間あっち此っ, 間に, 間を, 間隔を, 隔りが

▼ 間とは~ (72, 0.1%)

4 離れて 3 隔って 2 あるまい, はなれて, 云へ, 行かないうち

1 [57件] あるまいと, あるめ, いいながら, いえルミ, いえ全く, いえ客, いえ男, すっかりちがい, ない, ない処, ない川幅, ない河床, ない深さ, なれぬ往来, はなれてないところ, はなれないで, へだたぬ久左衛門, ゆき過ぎない玉藻, 云えじき, 会ひません, 何事, 大師謙讓せられた, 御懇意, 思はれない程, 歩かないうち, 歩かなかった, 歩かなかったであろうその, 歩かぬうち, 歩けなかった, 氣が, 泳げません, 無いん, 直に続かぬ, 相識らざるなりき, 若き時, 行かなかったろう旅装い, 行かなかったろう背後, 走らないま, 走らなかった, 走らなかったであろうその, 走らなかったであろう二人, 距たらない, 距てない, 逃げ延びないうち, 進まないうち, 進まないで, 違うけれども, 間を, 隔たらないところ, 隔たらぬに, 隔てぬ向う岸, 離れない泉水, 離れない窪地, 離れない芒叢, 離れぬところ, 離れません, 飛べず海

▼ 間における~ (72, 0.1%)

3 社会的富の

1 [69件] あなたの, いっさいの, この商品, この結合, これら二国の, ごとき深刻, ごとく, その招待, その研究, それである, ますます激烈, みなこれ人種の, ものと, より平等, カメラの, コーヒーと, ムク犬の, ラテン人種たる, 一と, 一切の, 一夫多妻の, 両性の, 九二八七〇〇〇から, 争闘であった, 事件を, 交換の, 人それぞれの, 人間の, 何らかの関係, 俳諧発句の, 個人的, 僧侶の, 党の, 内面的な, 出来事である, 労働結合は, 反対を, 各方面, 均衡の, 天然痘の, 奴隷制の, 嫉妬の, 学問ば, 実相であります, 富の, 当該遊星の, 形成作用でなけれ, 成全的活動である, 我一個または, 所得は, 批評の, 持続的な, 政治上法律上及び, 政治的組織的影響力は, 日本の, 決闘の, 種々の, 積極的結婚奨励を, 立場を, 競争は, 結合として, 美男相撲江戸錦の, 聯關と, 自分の, 進歩は, 関係として, 離反雷同の, 需要曲線の, 黨爭を

▼ 間それ~ (69, 0.1%)

2 を眺め, を袋, を見, を見つめ, を見る, を読ん

1 [57件] から鹿島丸, が屋根, が水, が真直ぐ, が絶えず, が続いた, が詩文, くらいであった, こそ大病, こそ房一, にお勝手, に前年, に台所, に水屋, に海賊その他, に湯殿, に睨まれ, に親ん, に附き添う, の掲げられ, はなおらない, はひとりきり, は一つ, は一度, は二人, は今, は善, は小さい, は念願, は生きた, ばっかりを気, もごく僅か殆ど, より七日十日, より何, をここ, をさがしつづけ, を仕通し, を傍観, を十二畳, を忘れ, を放ちやろう, を栽培, を検, を極め, を楽, を求めた, を熟視, を生き, を知らず, を私, を立留まつ, を語る, を踊らせ, を通用, を開封, を黙っ, 迄参り

▼ 間~ (68, 0.1%)

2 とあれ, の大身

1 [64件] から三間, か二間, ぐらいで, ぐらいに奥, ぐらいのところ, ぐらいの幕, そんなにも, たらずだが, で家賃十三円, で道糸, とあり, といえ, とは後で, と一尺二寸, と鍵, などという長, にすぎず, に一間半, に三間, に周り, に横四間位, に狹まり, のやわらかく, の一間幅, の大, の小さな, の立派, の竿, の総, の袖蔵, の軽い, の鉄筋コンクリート, の長, の頑丈, の鮒竿, の黐棹, はあります, はあるであろう, ばかり前面, ほどあつ, ほどある, ほどの所, ほどの木造小舎, ほどの道, ほどの高, ほどもある, ほど太, ほど私, ほど行く, までである, まで可能, もあっ, もあつ, もある, もあろう, もすべりつこ, も高い, 多くて, 建て坪十三・四・五坪, 程ある, 計十二坪, 透明の, 高さ, 高さ一間半

▼ 間において~ (63, 0.1%)

1 [63件] ある椅子, いっそう罪悪, いまだいちじるしき, かかる相違, かく人々, かつて私, こう対坐, この辺, これらの, さへ, すでに三円がた欠乏, すわりさも, そしてまたなおもっと, その多数, その死亡者数, その生活, それに, ただ日本橋, である, はしなくも人々, また賤民同士, よく梅, カシミール地方は, バルザックは, 一頭地を, 今に彼ら, 以前は, 何という, 何らか, 倍加期間は, 働かせいと, 前者には, 協議を, 又四郎は, 国法上厳重な, 娘の, 少からず, 廣く行渡つ, 彼らは, 後から, 情緒の, 政論の, 最も重要, 歴史的関係が, 死に關心, 死去した, 殆ど定期的, 漸次その, 物理学のみ, 物議の, 特殊部落改善細民部落救済の, 特殊部落民と, 現われる, 約束された, 結婚を, 老中牧野備前守忠雅の, 考え動こうと, 自然の, 解決す, 言うも, 貨物の, 長年月, 馬の

▼ 間からは~ (62, 0.1%)

2 夕月に, 大きな蕾, 草が, 雑草が

1 [54件] あきらかに, いが栗坊主の, うめくよう, それでも涼しい, それを, そんな情景, だらだらと, ときどき無気味, なお是, なお視神経葉, まだ解けぬ, やはり声一つ, スパイ制度と, 上信界の, 世が, 何やら鋭い, 向うに, 唯噴水, 喝采も, 夜空が, 大きな深い, 大小六七本固まつた, 家の, 富山平原が, 所々に, 暮れのこった, 朝雲の, 松子さんの, 民謡という, 水滴を, 海の, 溜め息が, 炊煙だ, 煖炉の, 疊廊下と, 白い唾, 真紅の, 石を, 砂埃り, 総て蕾が, 纏足の, 美くしいそし, 膨れあがったよう, 艶かしい, 菫色の, 薄い黄色い光り, 處, 身悶えする, 身投げを, 遙かに, 銀河が, 闊葉樹が, 雲雀が, 青々と

▼ 間なく~ (60, 0.1%)

5 聞える 2 進ましむ

1 [53件] うち殺しけり, くり返した, このごろ大和し, さへ, して, ぞ奈良, つづきます, とよめどう, ふりつぐ, 五月蠅喧しい, 些の, 京師し, 伐りひらかれて, 伯爵夫人の, 別荘には, 勇んで, 動けり, 包まれて, 君をこそ, 変って, 夜は, 彼らは, 忽ち勇猛, 懈怠の, 我が耳, 我等の, 掛けて, 時なく, 時なく眩, 枯野の, 横筒の, 櫛を, 殘り, 水の, 汲み上ぐる, 決せむ, 演壇の, 物に, 睦み合, 知り得べし, 続いて, 老人の, 脱獄し, 腹中を, 蒟蒻にて, 行われて, 逆なく, 雨しとしと, 雪が, 雲間に, 震動し, 響いて, 顔の

▼ 間違ひで~ (59, 0.1%)

11 あつた 9 はない 4 せう, もあつ 2 あつて, もない

1 [27件] あ, あらう, あらうか, ありました父上, なからう, はあるまい, はございますまい, はございません, はな, はなかつた, は御座いますまい, もある, もちろんたれ, も起した, も起らなけれ, 一般にあの, 亡くなられたので, 実はこの, 実は粟田, 後で赤, 御座いました, 御座います, 思ひも, 恐らく, 書いた私, 無い證據, 生きぬくこと

▼ 間~ (58, 0.1%)

3 の裏 2 のお, の佛, の太閤塀, の通し矢, の長い

1 [45件] からいい, が眼中, が聞きたい, だ, です私, で寛文, といい, とのシムメトリイ, ともよばれ, には金色, にふしぎ, にも九千百五十本, のさわり, のそば, のよう, の上, の下, の事, の二十八部衆, の写真絵はがき, の堂衆, の塀, の奥, の廂, の折, の暗い, の果し合い, の永い, の浄瑠璃, の矢數, の競い矢, の細長い, の絶頂, の縁, の西, は京, へ立たせ, へ行つて, へ這, も御, を先, を思い出させる, を摸し, を横, を通り宮川町

▼ 間~ (58, 0.1%)

3 は五つ, を越え 2 が多い, を示した

1 [48件] があっ, があった, が三十, が二つ, が少く, だけれども, でも何, といっ, と庭, と畳敷, に直す, に訂正, のある, の事ぢ, の多い, の知れない, はこの, はたくさん, はと, は三畳敷, は二つきり, は僅か, は多し, は少なく, は廣, は至って, ふやして, もあった, もかなり, もたった, もな, も不足, も二十幾つ, も多く, も殖え, も相当, や大体, や家賃, をとつ, をへだて, を増し, を数え, を標準, を縦断, を見, を通っ, 深さ, 知れないほどの

▼ 間~ (54, 0.1%)

4 しかない 2 の処, の空間, の高, 離れて

1 [42件] ありしといふ, ありました, あります, ある, あるが, かなり逞, が始め, しか離れ, しか飛ばない, で, と思う, にもなっ, のせせこましい, のところ, のプウル, の円く, の円形, の大, の大き, の大図, の室全体, の家, の広, の庭, の本堂, の板, の橋, の白い, の竹竿, の者, の長, はあろう, はどんな, は登っ, ひは, もあ, もありました, もある, も押し流された, も離れ, を使っ, 離れた処

▼ 間しか~ (52, 0.1%)

8 ない 4 ない家, なかった 3 離れて 2 ない狭い家

1 [31件] いないつもり, ぐずぐずし, ないお家, ないが, ないこの, ないそう, ないその, ないところ, ないので, ないらしく, ない上, ない古びた, ない寢部屋, ない小さな, ない怪しげ, ない狭い庭, ない筈, なかつた, なくな, なく例外, なく遠く, ねえん, ゴーリキイは, リュクサンブールに, 休めずすぐ, 山に, 生きた生命, 留らなくなったこと, 眠らなかったが, 続かない, 続かなかった

▼ 間以上~ (50, 0.1%)

5 もある 3 もあろう 2 はなれ, 離れたところ

1 [38件] ある上, ある綱, ではあるまい, ではなかつただらう, と定められ, になる, に拡がつた, のもの, の切っ, の大きな, の家, の所, の板, の桟橋二カ所, の棹, の樹木, の長夜, の長竿, の間隔, の高, の黒い, は飛ぶ, もあらう, もあり, もあるでせう, もはなれた, も伸びなきゃ, も先, も崩れ落ちた, も滑走, も遠く, も遠ざかった, も離れ, を歩行, 後れると, 昇らば, 離れた遠方, 離れて

▼ 間である~ (49, 0.1%)

2 から他, ばかりでなく

1 [45件] から余, から八畳, から小柄, から或は, から遠慮会釈, がその, がそれでも, がため, がまあ, が二十搦みの美人, が今私たち, が冬子, が勾配, が名, が少し, が幸, が彼, が故郷, ことに, ことの, ことは, ことも, ことを, こと凡そ, この海峡, し夫人, そうな, ため眺望という, という, といつた, と了哲, と伝えられ, と言わなけれ, によってこの, のが, ばかりか此処, ほど急, ものを, もの斯う, 交通不便の, 即ち余, 悲しい恋愛, 所の, 病院へ, 真面目な

▼ 間二人~ (49, 0.1%)

3 は黙っ 2 とも一言, に訓戒, は顔

1 [40件] から目, が何, だけが愛し合っ, でいっしょ, で通う, で黙っ, とも聞きとれ, のほか, の会話, の姿, の男, の話し, の間, はその, はそんな, はちょい, はとうとう, はどちら, はどんなに, はなお, はほとんど, は一足, は互に, は何, は全く, は十年, は卓子, は客間, は此世, は毎日, は盛ん, は眺め, は睨み合っ, は瞳, は縁側, は読書, は遊ん, は黙り, ばかり荷物, を結びつけ

▼ 間にのみ~ (48, 0.1%)

4 存在し 2 直接の, 通用されべき

1 [40件] あつた, あるもの, なして, 交つて二十三までも, 伝つて居た, 住み過ぎましたよう, 保たれて, 保留され, 保留し, 偏重され, 僅に, 全き, 可能である, 存在する, 常に成立つ, 感ぜられる淡い, 散歩せる, 横たわると, 横たわるもの, 滑らかな, 潜んで, 発表したる, 盛でした, 盛んでした, 自ら許し, 行は, 行はれ, 行はれし, 行はれしめ, 行われて, 解釋し, 起つた或, 辛じ, 通じるところ, 通ずる地方的音楽, 通ずる貴族的隱語, 限らなければ, 限られて, 限りて, 限局せられ

▼ 間まで~ (47, 0.1%)

2 来ると, 行って

1 [43件] いった, おはこびを, すっかり開け切っ, そこには, つきぬけて, どんなに苦しくっ, やって来ました, ゆり倒す皇居, よく通り, わが家より, 三里バスも, 伴れ戻した, 佐久間町の, 作爺さんの, 侍者を, 儂も, 元町の, 兵隊へ, 出られて, 同棲し, 四里の, 女優さんだった, 女芝居, 寸分違わぬ, 待て, 招き入れて, 擴がり, 數へて, 朝鮮にて, 来た, 来た時, 歩きまわって, 續く, 茶や, 葉が, 行ッた, 詩人としての, 詰めに, 踏み出した小泉, 近寄った, 連れて, 遁げて, 隈なく

▼ 間黙っ~ (47, 0.1%)

20 ていた 3 て歩い 2 ていました

1 [22件] てい, ていらっしゃる, てこらえ, てぼんやり, てもう, て凝視め, て小雨, て後, て控え, て撫で廻し, て暗夜, て歩いた, て泣い, て泣きつづけ, て立っ, て考え, て考え込みました, て表, て見, て雁首, て顔, て飲む

▼ 間彼女~ (46, 0.1%)

2 の魚籠, は如何にも, は彼, は私, は見える

1 [36件] が言葉, と別々, と論じ合った, にとって目, のこと, のため, の上, の方, の横, の絶え間, の表情, の鼓膜, はこうして, はなん, はほとんど, はまるで, はヴィール夫人, は何, は前, は家, は広い, は待ち, は愛, は此, は殆, は父, は猟夫, は神棚, は窓, は肩越し, は風呂場, をじいっと, を偲ん, を心, を社会, を苦しめた

▼ 間離れた~ (46, 0.1%)

4 ところに 3 ところから, 処に, 所に 2 ところへ, 渦の

1 [29件] けれどもその後, ことの, ところで, ところを, ばかりで, ほかの, やはり六畳, 一所に, 位置に, 処から, 処を, 向うの, 大きな岩, 小卓, 崖路の, 所を, 新建の, 方へ, 樹の, 橋の, 橋板の, 河上の, 河岸しだれ柳の, 相手にまで, 砂山の, 私には, 胡頽子と, 薄暗がりに, 距離の

▼ 間じっと~ (45, 0.1%)

18 して 2 そこに, 坐って, 考えて

1 [21件] その横顔, それを, そんな油, わたしの, 一つ所を, 内心の, 坐っては, 寝台に, 彼と, 彼女を, 息を, 我慢した, 持ち続けて, 控えて, 斧を, 横に, 相手の, 緊張した, 見合った, 貴子の, 辛抱し

▼ 間だけの~ (45, 0.1%)

4 ことで 2 こと, ことに, 交通に, 仮の, 費用を

1 [31件] ことかも, ことだ, ことであった, ことです, ことなら, ものだ, ように, 事務に, 二階だ, 他愛も, 住居らしい, 動機なり, 厚さ, 噂だ, 團結した, 家であった, 宿題である, 小さい家, 小さな歴史, 差引勘定の, 座敷全体には, 愛情だ, 戸が, 暗黙の, 気紛らし, 現実に, 用として, 秘密だ, 話だ, 話として, 長屋で

▼ 間~ (44, 0.1%)

2 をし

1 [42件] うか, かお話, かしきりに, かに觸, かの場合, かをし, か不安, か奉公口, か未, か深く, か立ち話, か考え, か考えこん, か考え込んだ, が何だか, でも三百何十通, にも食, にも食わせず, のお, のおとさた, のこれ, のたより, の業, の洗練, の物音, の答え, の縁故, の言葉, の變哲, の間, もく, もしない, も喰, も彼, も見えなくなる, も言, も食はず, も食べず, をされた, を今頃, を演じさせられたでしょう, を考えた

▼ 間四方~ (44, 0.1%)

2 の荒れ果てた

1 [42件] あるという, がぼう, が露, ぐらいその, ぐらいのきたない, ぐらいの奴, ぐらいの室内, ぐらいの水溜り, ぐらいの部屋, ぐらいは急激脳震盪, ぐらいは背骨, だから, なり, に及ぶ, に対してあと, に掘り埋めた, に縮まった, に蔓, のもの, の五つ, の北向き, の坑, の堀, の溜井戸, の石垣, の竹矢来, の繩張り, はあろう, は小田, ばかりあ, ばかりに仕切っ, ばかりの部屋, ほどのところ, ほどのほ, ほどの低い, ほどひらき, ほど植ゑこんで, もあるらしく, も堀, を眺め, 程の小さい, 規則正しく並ん

▼ 間です~ (43, 0.1%)

4 ね, よ 3 か, から 2

1 [27件] からその, からそれ, からね, から一方, から其所, から大抵, から帰っ, から情, から月, から梯, から極秘, から私, から誰, から辛抱, が, が一箇所生垣, が人通り, が其間丁度藻西太郎, が日数, が激しい, が諸国, が馬鹿, けれども高山, し片一方, と, もの, わ

▼ 間あまり~ (42, 0.1%)

2 のかなた

1 [40件] あるの, しかない, しゃべりませんでした, であつ, なかなかの, のところ, の上, の先, の宝剣, の岸壁, の巨大, の布袋竹, の底, の彼方, の所, の柵矢来, の癖, の石垣, の背後, の長, の長い, の間隔, もありましょう, もかけ隔てた, もなだれ, も歩んだ, も走った, も追ったであろう, も闇, スルスルと, 寒き時, 広くも, 目立たないつくり, 行き過ぎた, 隔てた場所, 離れた本堂, 離れて, 飛付くこと, 駆け抜けて, 高く飛ん

▼ 間だけは~ (42, 0.1%)

2 何も

1 [40件] きっと愛読, さすがに, せめて私, やすみたいの, カンタンな, 丁度自分, 乞食を, 亭主と, 依旧, 僕の, 北鳴, 厳重に, 古い, 名状すべからざる, 外の, 子供らしくし, 安全と, 安心し, 少なくとも安全, 平気で, 彼にも, 忘れられる限り, 悪い気, 慎んで, 決して弾, 涙が, 無競争, 爽, 皆んなの, 神殿として, 続々と, 自分が, 自分の, 詩人である, 誰にも, 車で, 退屈しない, 部落は, 飽く迄も私, 鳥なら

▼ 間~ (42, 0.1%)

3 ので私, んだ 2 のでございます, のに可哀想, んです, 顔を

1 [28件] おじさまじゃ, くちるなり, なえ, のかと, のだろう, ので, のである, のでこつち, ので健ちゃん, ので市川義平太, のにもう, のにやっぱり, のに辺り, んでそのまま, んの, 事は, 事を, 処が, 刑事を, 姿までが, 巡査も, 時には, 空気の, 運転手は, 露助に, 顔付きを, 飲み方, 鼠でも

▼ 間かかっ~ (40, 0.1%)

4 てやっと 2 てようよう, て居た

1 [32件] てあらゆる, てこわし, てしたし, てつくりあげた, てとうとう, てやっ, てやった, てようやく, て一つ一つ, て一段, て丹念, て人生, て企てた, て厳密, て回っ, て地盤, て天下無双, て岡部伍長, て抽出, て漸く, て終った, て終わった, て組立てた, て見, て誇張, て調べ, て遂に, て運び, て郵便貯金, て郷里, て風呂敷包, て鳩

▼ 間ぐらいの~ (38, 0.1%)

2 ところに, 家が, 距離に

1 [32件] あら壁作りの, せまい家, ところから, ところまで, ものだ, ものだったでしょう, ものです, 一軒だてが, 下流に, 中流住宅で, 二階建の, 作事小屋が, 厚板の, 土低い, 土堤で, 大きな瀑布, 大きな立看板, 大岩で, 家と, 小ザッパリ, 小路に, 山中に, 床店同様の, 所に, 所を, 摺鉢形の, 柱に, 棕櫚と, 深さ, 見当に, 距離, 距離しか

▼ 間~ (38, 0.1%)

2 うは, つとして

1 [34件] う叔父さん, う彼等, う房一, う扉, かく坐らされ, かく詰め, かという話, かな一人, かにちよこん, かになっ, かに意識, かに聞えた, かに見る, かに迫っ, かへ追撃, かまで引っぱり出し, つとこれから先, つと息, つと突, つと立つ, つと苦痛, つと見, やない, や何, や知らん, ゆうぢ, ゆうとてつもない, ゆう各, ゆう少女, ゆう村長, ゆう淋し, ゆう自在, ゆう邪魔, ゆう鱈腹

▼ 間違ひだ~ (38, 0.1%)

4 つた 3 と思ひます 2 ぞ, つたこと, といふこと, と思ふ

1 [23件] から君, から大急ぎ, し将来それ, ぜ, ぜ馬鹿, つたな八, つたよ, つたら俺, つたネ, といふ一点, といふ説, とは思はない, と云, と放置, と斷言, と私, と笑った, もう一度念入り, よ, よで, よ錢形, わ, 若い娘

▼ 間~ (37, 0.1%)

2 じゃない, だな, な字体, な探偵

1 [29件] じゃア, たア何ん, だの, だろう, つたらありやしない, でも弱虫, で済まん, と思はなけり, なの, なもの, なん, な事, な奴, な役廻り, な態度, な格好, な男, な野郎, な顔, な魔術師, にも大間抜, に喰, に背, の様, の骨頂, もの, らしく而, らしく見えた, を探した

▼ 間ここ~ (35, 0.1%)

3 にい 2 にいる

1 [30件] から京都, でめぐり会った, でゆっくり, で四書, で待たせ, で怺, で温め, で踊っ, で逢った, にこう, にこうして, にさまよっ, に休ませ, に店, に待っ, に残った, に立っ, に詩材, に過した, のところ, の主, の家, は二人, へ寄っ, へ帰っ, へ来た, へ来る, へ私, へ置かせ, をわれら

▼ 間拍子~ (35, 0.1%)

2 の研究

1 [33件] があっ, が似, が悪く, が抜け, が異常, で囃す, とも考え, とるに, と云, なぞも出来る, に乗っ, に合わせる, に構はず, のキチン, のメチャメチャ, の分らない, の弾み切った, は自然, まで良く, もきっかけ, もなく, もなんとなく, も何, も無く, や節扱い, や舞, や舞い, をいれる, をとっ, をまちがえる, を取っ, を失っ, を失った

▼ 間これ~ (34, 0.0%)

1 [34件] が使われ, が六号室, が為め, くらいな, とともに, にて擱筆, にも参り, に優つて, に聴き耽, に背き, に親近, は表, までとはちがった, までも毎朝バター, よりまかり出, をおさへ, をかぶっ, をそ, を保護, を可愛がっ, を大, を嬰児同様, を己, を抑え, を挿した, を摘発, を放置, を栽, を真似, を着, を緒, を耕し, を苦, 泊めて

▼ 間待っ~ (34, 0.0%)

8 てい, ていた 2 ていなけれ

1 [16件] ていました, ています, ていられました, ている, てお, ておい, ておくれ, てくれれ, てとくれやす, てももう, ても宜, てやる, て下さい, て居た, て居りまする, て居る

▼ 間なる~ (33, 0.0%)

2 蝋燭の

1 [31件] が維新, だけ空中, によろこぶ, に大木, ものを, を作る, フィアンドラ人こなた, ロヴェレートの, 不撓の, 人山女魚汲み行く, 個物は, 古き邸宅, 可く, 家を, 山中字小田山の, 幅廣き, 廣き, 新築の, 曠原を, 水に, 波は, 火焔界に, 燃崎湯之, 男よ, 細徑にて, 舅中将の, 街, 街道に, 谷は, 風なき, 鴻の

▼ 間さき~ (32, 0.0%)

2 の方

1 [30件] でも聞きとれる, で再び, には彼女, に一人, に一匹, に妹, に投げだされた, に水車, のところ, の切立て, の所, の枯れた, の楢, の歩み, の流れ, の空気, の質屋, の闇, は道路, へいっ, へ行く, へ行った, も見えなくなる, をくる, をゆく, を何事, を家鴨, を急い, を歩い, を歩く

▼ 間そこ~ (32, 0.0%)

3 に立っ

1 [29件] いら, からどこ, でくらしました, で止まる, にあった, にさらし, にたたずん, に休ん, に何物, に倒れた, に寝, に居合わせた, に来, に案内, に止まる, に滞在, に立ちどまっ, に立った, に籠った, に自由, に語らい合っ, に蹲っ, の鯉屋, は北, は彼, へ飾りつ, までお, まで行く, をうごかなかった

▼ 間であった~ (32, 0.0%)

2 がここ, ということ

1 [28件] かあるいは, かみずから, から一通り, から田圃, が, がいま向う, がそれ, がそれでも, が今, が幽斎, が心持, が武蔵, が風, が風月, けれども手当, けれども苦界, ことが, ことで, ことは, しかなり, そうだ, ためにも, だけに一つ, とは知らなかった, とボーイ, ので突如, ようである, 殊に八合目

▼ 間~ (32, 0.0%)

3 の道路

1 [29件] が三十間, が五間半, ぐれえに, しかない, だ, であ, であつ, に掘割, に於, の中央道路, の大, の大川, の川, の広い, の往還, の激流, の町, の県道, の石ころ道, の立派, の路, の道, の静か, は下, は六間, ばかりの溝, ほどの表, ほどの通路, ほどの道

▼ 間ある~ (31, 0.0%)

3 かなし 2 から馴れなく, 時は

1 [24件] かというよう, かない, か失礼, か暗く, が藩士, きりおまけに, ことなどを, てえました, とき曰く久しい, と見た, のか, ほかに, 万年橋の, 丈である, 二階の, 二階を, 商店で, 山間の, 平屋だ, 方の, 物が, 田舎の, 部屋の, 醫院に

▼ 間だった~ (31, 0.0%)

2

1 [29件] からどうしても, からよく, から特に, か或は, がその, がそんな, が一度, が不思議, が人々, が女, が昌作, が明智家, けど妾, けれども妙, だけに一層, という, とはいえ, と云う, と思われます, と見え, と覚え, と言う, のであやふや, のです, のにもうそうとう, よ, ようだ, ようです, 気が

▼ 間~ (31, 0.0%)

2 岸瓜州の

1 [29件] から, からも後, から私, だが, であったの, ならトメ, にある, にも言った, に上品, に今, の大, の方, の水準以上, の状態, の草原, は往来道, へ出ました, へ出る, へ後方, まだ私, まではまだ, まで行った, まで近寄る, もつて, を一人, を肩, を見る, ヲ僕, 給の

▼ 間こそ~ (30, 0.0%)

2 お前は

1 [28件] ありませぬけれども, あれ飜, おんつ, お通, こちらでも, この俺, すくなか, 人の, 体温で, 倉地に対しての, 夫と, 妙に, 宮も, 少しは, 島さへ, 彼女も, 無責任で, 父母に, 甚だしくそれ, 私が, 翁が, 老母と, 豪爽である, 途方も, 間接の, 降伏する, 随分くやしい, 養子は

▼ 間といふ~ (30, 0.0%)

8 ものは 2 のが, のも, ものが

1 [16件] ありて, こと位は, のは, のへ, ものあの, ものの, もの夜の, もの極, もの父と, もの私は, 意にて, 感じが, 村の, 柱なし, 立派な, 間を

▼ 間とも~ (30, 0.0%)

4 離れて

1 [26件] あるまい, いえない短い, いえるであろうまず, いった風, かくも, くずれるよう, しれぬ広い, とっては, なく繰り出す糸, 呼んだところ, 夜の, 心づかぬうち, 思えるかかる数分時, 思われる軽く, 歩かないうち, 歩る, 納戸の, 藁ゴミだの, 行かないうち, 見える次に, 言うべき東京, 言わずいっぱい, 遲れなかつた, 離れちゃ, 離れてはを, 駈けないうち

▼ 間~ (30, 0.0%)

2 の具合, 間取

1 [26件] がある, がし, が即ち, が好くっ, その他の, つた金は, といい, というの, というやつ, にも工夫, に這入っ, の模様, の関係, もみんな, も奇妙, も日当り, も甚だ, や明り取り, を参謀本部, を見た, を覚え, 一面に, 九は, 座敷とは, 急ぎおしらせ, 等に

▼ 間~ (30, 0.0%)

5 ていた 3 ている 2 ていました

1 [20件] たりきい, たり聞い, たり聴い, てい, ていられる, てから云いました, ても飽かぬ, てゐた, てゐる, て來, て居つ, て暮し, て暮した, て来た, て歩いた, て知っ, もしらぬ, も聞き, 失つてゐた, 張つて居た

▼ 間にて~ (29, 0.0%)

1 [29件] かかる類, われらが, ジョーヴェの, ティフェオの, 二人, 仕留めるという, 催し候ふべし, 充分敵, 凡そ一里も, 取り散らして, 口誦によりてのみ, 和談の, 喜びの, 売るもの, 大滝村といへる, 敵を, 日に, 明に, 昔は, 独逸に, 獨逸に, 異なりと, 異様の, 目も, 眞と, 翌朝は, 老中が, 自分の, 言論の

▼ 間~ (29, 0.0%)

1 [29件] あり, えず耳目, ない侵略, なき或, なき運動, なくうち續, なく一つ事, なく之, なく仕事, なく働い, なく吐き出し, なく念頭, なく持續的, なく書信, なく消耗, なく熟睡, なく發作, なく繩, なく繼續, なく置き, なく聞こえ, なく腦力, なく試みられたりき, なく足した, なく降, なく騷, なく鳴, なしの, もない

▼ 間貫一~ (29, 0.0%)

2 とおなじ

1 [27件] かい, が兄事, が大学, が捨鉢, が鴫沢, だと, だよ, といふ者, との友情, と申し, と陶札, にあらずや, にぞありける, に於, のみにあらず, のやう, の十年来鴫沢, の名, の男一匹, は二人, は既に, は此年, は死, を御, を棄つる, を誤り, を面罵

▼ 間どこ~ (28, 0.0%)

4 で何

1 [24件] かで烈しく, かの狭い, かの田舎道, かへ二, かへ姿, かへ漁, かへ離れ, から敵, でも釣れる, にいた, にか隠れ, にどうして, にも, にもテント, にも寄らない, にゐた, に共存共栄, の何人, の叢林, へも出る, へ行っ, へ行ってた, を歩い, を流れ渡っ

▼ 間日本~ (28, 0.0%)

2 の国

1 [26件] がさまざま, だけが取り残され, では戦国時代, で安穏, にも一, に居, に支那文化, に於ける, のあちこち, の人民, の多く, の大衆, の婦人運動, の戎克, の政治, の文化, の文壇, の文学者たち, の新しい, の民主的思想, の民衆生活内部, の男子, の知性, の私達, の自覚, の芝居

▼ 間にさえ~ (27, 0.0%)

1 [27件] この箇別化, そういう無, そういう迷蒙, その中, その身ぶり, プロレタリア文学運動の, 保元の, 友情は, 場所によっては, 大評判, 実験という, 尚心, 愛読と, 打ち消し難い, 既に位置, 日に, 決戦戦争と, 独仏の, 相当に, 笑声を, 聞くとも, 自動車が, 若い女性たち, 茶事を, 起った, 近頃は, 配達されなかった

▼ 間~ (27, 0.0%)

4 と汽車 3 の岸 2 の堤, の水

1 [16件] じゃない, ともいふ, に兇刃, に面する, のほう, の土橋, の広, の方, の淵, の渡船, の眺め, の近く, の郵便局, はすぐ, をのぼっ, を中

▼ 間じゅう~ (26, 0.0%)

1 [26件] きわめておろかしい, くりかえして, この五年, ずっと軽快, そのこと, その容子, その時ごらん, たえず彼女, つづいたら面倒, のあの, はだんだんどうも, は行儀, ひどく照れくさかっ, めずらしい日本, もうミルハ, より奥, 全くみんな, 喋って, 大きな鳶色, 始終あらぬ, 寝こんで, 弱々しい力, 決して離れなかった, 睨み合いみたい, 許さなかった女, 降りつもって

▼ 間なら~ (26, 0.0%)

2 ばとっくに, 立派な

1 [22件] お酌, ここに, ばにやにや, ば三三, ば二十畳, ば四四, ば妖婦, ば此, ば現に, ば門, まだし, んで閉, オッカーの, 一種の, 何うにでも, 何が, 何時何処へでも, 十分に, 宿屋住居だって, 少し一, 理解出来る, 結構です

▼ 間~ (26, 0.0%)

2 は何度

1 [24件] と中野, には何, には家, の側, の所, の親切, の親友, は, はあ, はあいかわらず, はこの, はただ, はついて行く, はときどき, は女, は彼女, は母, は田口, は芝居, は草稿, は薄暗, は酒場通, を愛し, を苦しめ

▼ 間~ (26, 0.0%)

2 向うに, 来ると, 西へ, 隔って

1 [18件] あつた, ある, 先で, 先を, 前へ, 北の方は, 引下つて竹槍の, 急湍を, 東へ, 続いて, 距てて, 進軍し, 道から, 隔てて, 離れた停留場, 離れた部屋, 離れて, 離れると

▼ 間~ (26, 0.0%)

3 りの, り後 2 りも, りを

1 [16件] の処, りで生垣, りに, り下った東側, り下ると, り波, り登ると, り西, り進むと, り隔て, り離れた場所, り離れた木立, を踏崩, ノ処ニアリ高野山独案内ニ, 離れた岩, 離れた高み

▼ 間犬丸~ (25, 0.0%)

2 のす, の塙三郎丸

1 [21件] が又八郎, というの, というふしぎ, と名, のしぶと, のふたり, の足もと, はあい, はくやし, はたちはだかった, ははやく, はギョッ, は大地, は懐紙, は熱心, は穴, は道灌山, めがけて, も気がつかなかった, をさそいこん, 名まえ

▼ 間間口~ (25, 0.0%)

3 の二階作り 2 の呉服屋, の裏長屋

1 [18件] くらいの小, で土蔵, に黒, のせいぜい, の中央, の二階造り, の半, の大, の家, の小さい, の小規模, の小間物屋, の淋しい, の磨き, の磨き拔, の艾屋, の表店, 大きな

▼ 間離れ~ (25, 0.0%)

2 ていた, てゐる

1 [21件] てい, ている, ても見, ても見える, てゆく, てゐた, て丹波, て壺, て居, て居る, て恋し, て植木屋, て様子, て歩い, て立ち, て第, て聞い, て行かなかった, て飛びます, ながらいつも, 三間離れ

▼ 間だけでも~ (24, 0.0%)

1 [24件] いい, いいから, うるさい思念, おもしろいめ, お気付きに, こんな少し, どうかな, ホテル・アンテルナシオナールと, 三十人四十人と, 三四台荷物を, 僕の, 可なり, 寝たり, 彼の, 怠ける時間, 慰められた, 相手の, 素晴しい, 苦労を, 蜀軍は, 途中の, 静かに, 飼うて, 香川に

▼ 間ほども~ (24, 0.0%)

1 [24件] ある, あるお, ある人気, ある古風, あろうか, いってから, ない梯子, 付いて, 出か, 土俵で, 幅の, 引き分けあやかさん, 引っ返して, 歩いて, 歩んで, 行くと, 越された距離, 距れた, 辿って, 追って, 遅れて, 離れたすすき叢, 離れた彼方, 離れると

▼ 間~ (24, 0.0%)

1 [24件] には膏薬, にもいちいち, に三尺, に亘る, に顔, の天井, の寂し, の戸, の明るい, の案内, の結構, の襖, は浮世, をうかがう, を存分, を忍びやか, を探し試み, を探索, を荒し廻っ, を荒し廻り, を荒れ廻っ, を調べ, を通過, を飛び廻る

▼ 間つづき~ (23, 0.0%)

3 の座敷 2 の二階

1 [18件] そのつど絶壁, それに, になっ, になった, に作られた, に成っ, のアパート, の兄, の出居, の奥, の室, の広い, の畳, の茶室, の障子, もう荒廃, を借切っ, 裏梯子が

▼ 間道路~ (23, 0.0%)

3 が出来る

1 [20件] があの, がつい, が今, が向側, が幾本, が新しく, が走る, とかいう大通, に當, のとっつき, の上, の所, の片側, の路幅一, は前橋市, は真っ昼間, は秋森家, よりゃ狭く, を切り, を隔て

▼ 間からも~ (22, 0.0%)

2 起こった

1 [20件] あるらしく矢崎, この貝, むりに, 一度現われた, 上にな, 下の, 其の道, 出せば, 単純な, 同じよう, 強い稲妻, 彼女が, 心ある, 時々忘れた, 殆ん, 流れた, 茂つた松の, 起る, 透き通ったなんとも, 馬が

▼ 間ごと~ (22, 0.0%)

1 [22件] が思いきっ, にそれ, に万宝, に付ける, に住みいる, に我, に椽, に点された, に燈灯, に花, に蝋燭, のふす, の大, の灯火, の燈火, の花瓶, へ醒めよ醒めよ, をのぞい, を云い触れる, を打ち, を覗いた, を追い廻し

▼ 間さん~ (22, 0.0%)

1 [22件] お察し, かうな, が御, が来, きつと, それだけお, でお, ですか, として宣告, どうぞこちら, どうぞ赤樫, どう遊ばした, にお, には言, に渡し, の家, はこれから, は却つて私, は間さん, 何とか有, 誠に私, 随分お

▼ 間一度~ (22, 0.0%)

2 も彼女

1 [20件] ならず若き, は, もうしろ, もお, もなかつた, も動物園, も大砲, も市野さん, も帝国ホテル, も帰つて, も手紙, も換えた, も敵王, も斯, も會つた事, も欠かさない, も缺, も郷里, も風呂, 激しく吐血

▼ 間伸び~ (22, 0.0%)

11 のした 3 がし 1 あがり小手, がした, したもの, した半鐘, した鈴, した顔, な鋒鋩, はし

▼ 間向う~ (22, 0.0%)

1 [22件] でした, でまた, で暖, には端舟, に一台, に数羽, に立っ, に立つ, の堤, の左手, の桜, の線路, へ突ン, へ行つて貰, へ逃げる, へ離れます, へ飛ん, まで声, まで近付く, もじっと, を歩い, を見

▼ 間考え~ (22, 0.0%)

12 ていた 1 てい, ていました, ている, てからようやく, てごらん, てみた, て居た, を凝らし, 迷った末, 通した

▼ 間~ (22, 0.0%)

7 間誤し 3 付きながら 2 間誤 1 し出し, すると鰤, つきと, つきは, つきも, まごする, 付けあ, 付ながら, 付を, 間誤する

▼ 間あの~ (21, 0.0%)

1 [21件] おふくろが, ような, ゴルボーの, 人と, 人の, 位動けた, 古ぼけた教室, 唄声を, 天草で, 女と, 寺を, 山に, 座敷牢で, 暴虐を, 水門の, 男は, 石垣の, 遠くで, 銀の, 額堂で, 鸚鵡を

▼ 間さえ~ (21, 0.0%)

6 あれば

1 [15件] あらばこそ, ざえしい庭の, ないの, なかった, なく帯腰, もそう, もどかしいほど, 和せば, 堪えて, 夏の, 彼の, 御米, 有れば, 破壊されかけた, 都合よく

▼ 間ずっと~ (21, 0.0%)

1 [21件] 三元の, 上げ渡した, 何か, 分らなかったん, 土砂降, 失われずに, 封建的な, 彼方に, 損にばかり, 泊り込みますよ, 甚内を, 私は, 簡便な, 続けたが, 續けて, 蛇笏を, 謹慎し, 通して, 階下の, 零下十度以下に, 飛んで

▼ 間先生~ (21, 0.0%)

1 [21件] がそう, が何, が来た, だろう, と棲ん, になる, にはじめて, の前, の創見, の動作, の心, の愛, はその, はやっと, は暇, は法政大学, もビール, を奏任待遇, を突飛ばし, を随筆家, 御紹介可

▼ 間~ (21, 0.0%)

6 の中 2 の隅

1 [13件] がたのし, が仁, さびしく憂き事, に不平, に思いつづけ, に思つて來, に掛け, に浮んだ, に潜め, の隈々, も身体, を費せ, 易くした

▼ 間沈黙~ (21, 0.0%)

10 して 2 がつづいた, が続いた 1 がかぶさった, が続きました, したが, したのち, を守らね, を守りあっ, を続け

▼ 間~ (21, 0.0%)

3 の妹

1 [18件] がそれ, が東京, が秘蔵, が菎蒻, が言います, で, と夫婦, に例, の下宿, の中, の侘住居, の娘, の家, の尼, の話, は名, は昨年, は見えない

▼ 間~ (21, 0.0%)

3 をつむっ 2 に見えない, をつぶっ, を閉じ

1 [12件] がさめてる, が眩ん, に映った, の先, ばたき, をさ, をつぶつて味, を伏せ, を四方, を通さなかった, を閉じる, 覚めて

▼ 間だけに~ (20, 0.0%)

2 通用する, 限られては

1 [16件] いるので, そういう話, 初め其処に, 大きな花崗岩, 存在する, 接続される, 於けること, 暗號, 止まらず周囲, 求めるの, 物の, 秘伝する, 訣つた知識を, 読まるべきもの, 限られたこと, 限られたもの

▼ 間にと~ (20, 0.0%)

3 思って 2 草履片足で

1 [15件] いうか, ぢこもつ, びかうさわぎです, 云つてお, 云つて一寸自宅に, 家を, 御暇, 思いついて, 思召し, 東京で, 片手を, 町見物に, 言ふ, 近所の, 風呂所には

▼ 間また~ (20, 0.0%)

2 しばしば自分

1 [18件] そちの, そのままに, その後数年間この, その消, その知人, もとの, や, 一種族と, 九州に, 京都に, 友人知人の, 反平家的, 朝の, 沈魂滞, 腕を, 西の, 足利氏が, 頭の

▼ 間~ (20, 0.0%)

1 [20件] が君, が夢, に恥, に手伝っ, のため, の問題, の面倒, はこんな, はただ, はヂツ, は一人, は一体, は凝, は女, は寝床, は毎日, よりも偉大, を包ん, を惱, を苦しめた

▼ 間彼等~ (20, 0.0%)

1 [20件] の人力車, の幸福, の手, の職業, の興奮, の誰, はいい, はひそひそ, は一言, は何, は其の, は地, は待たされました, は朝子, は棒頭, は身動き, は遠藤, は静粛, をたすけぬ, を監視

▼ 間行く~ (20, 0.0%)

3 か行かない 2 とまた, と後ろ

1 [13件] とその, とちょっと, と土, と大きな, と果して, と突当り, と突然, と紀代子, と茂樹, と裏口, と裏木戸, と道, に昨日

▼ 間お前~ (19, 0.0%)

2 に岡惚れ, は路地

1 [15件] が釣っ, に貸し, のあわれな, のため, の事, の厄介, の姿, の家, の所, はお, は何處, は金入, も親切, を封じ, を探し求め

▼ 間きり~ (19, 0.0%)

4 の家 2 のボロ

1 [13件] しかない, しかなかっ, である, です, で安物, ないその, のじめじめ, のその, の亭, の小ぢんまり, の屋内, の長屋, らしい荒れ果てた家

▼ 間にか~ (19, 0.0%)

1 [19件] あッと, ぎろふ舟の, づきけら, びのついたするめのやうな昨年と, やうな, ような, ドコかへ, パッタリと, パツタリと, メイメイに, 併し, 偽者と, 充ち足りた胸, 失くなつたこと, 彼等の, 或はもつ, 猫の, 現在の, 酒嫌ひ

▼ 間ほとんど~ (19, 0.0%)

1 [19件] かえりみられなかった理科教育, この陰気, そればかり, 人口が, 人影を, 位置を, 停止状態に, 全部の, 反対の, 外国と, 毎日の, 毎週の, 無意識に, 無言の, 白紙の, 眠るま, 絢爛な, 耐えかねて, 自分の

▼ 間わたし~ (19, 0.0%)

2 は例年

1 [17件] の家, はこの, はこんなに, はしっかり, はその, はそれ, はどんなに, は下界, は其処, は毎日彼女, は自作草稿, は自分, は身動き, をこんなに, を休ませ, を手玉, を苦しめ

▼ 間一人~ (19, 0.0%)

1 [19件] でじっと, で住みたい, で喋舌つて, で小屋, で暮した, で淋し, で護持, にいじめられる, に而, の人殺し, の労働者, の女, の患者さん, の正直, の男, の知己, の赤ん坊, はあと, も親しく

▼ 間~ (19, 0.0%)

2 にし

1 [17件] になった, になる, のいちめん, の小橋, の所, の県道, の長, の間隔, は囚人, は池辺君, もあらん, も堤, も閉口, を全部石, ノ凹所, ノ場所, 広さ

▼ 間違つた事~ (19, 0.0%)

3 をした 2 を喋つて

1 [14件] がお, がない, がなき, の多く, はござらない, はし, はどこ, はない, は無い, をあそばさぬ, をいふ, をなさる, を云つた, を言

▼ 間あれ~ (18, 0.0%)

2 やこれ

1 [16件] が女, だけ一生懸命, で往復, なる松林, にもこれ, ばい, ばおの, ばなんとか, ば耳辺, ほどの苦労, ほどまでに苦しんだ, ほど一生懸命, ほど幸福, ほど心, ほど賛嘆, ほど迫害

▼ 間~ (18, 0.0%)

3 うして

1 [15件] ういつた努力, うかい, うだ三十分位, う云, か立ち, へあれ, へが欺かれた, へぎられ, へ中, へ二三日交通, へ妖霊星, へ實行方面, へ笑, へ鉄道馬車, を思ひ返し

▼ 間ちがい~ (18, 0.0%)

2 だ, ないと

1 [14件] があろう, が有れ, だったと, だよ, であろう, ではなかろう, ないという, ないの, ない筈, なく此処, のない, ばかり起し, へ間とん, を起す

▼ 間どり~ (18, 0.0%)

1 [18件] だけと御, のとりどり, の圖面, の工合, の関係, はこんな, ぼんやりとしか, もまあ, もよし, も埃, をちゃんと, を変更, を教えられ, を畫, を話し, を語り, イロリ棚など, 八・六・二・三・二

▼ 間においては~ (18, 0.0%)

2 人間の

1 [16件] かつて形式以外, この寺, これらの, その共和国, たとえ, むしろ人と, もとより現在, 一般に, 不幸を, 五百枚八百枚甚しきは, 光栄ある, 女は, 最も愛し合っ, 死の, 演戯典例を, 自己を

▼ 間を通して~ (18, 0.0%)

1 [18件] お葉, 丁度日本, 三吉の, 仄見える, 借受ける隣りの, 傾斜を, 千村の, 外から, 射し込んで, 建長寺の, 恵那山麓の, 明るい光, 泄れる, 深い谷, 窓の, 見ると, 足利に, 遠く黄

▼ 間一日~ (18, 0.0%)

3 おいて 2 も欠かす, も缺

1 [11件] おいた晩方, として安き, として心, のうち, の休み, の如く, の障り, も休まず, も太陽, も忘れた, も欠席

▼ 間余り~ (18, 0.0%)

1 [18件] が尽き, つと進む, であったと, の川幅, の懸, の細い, の間, もございましょう, も行った, も走り抜ける, も距, も逃げ延びた, も飛び退った, を押し流され, を爪先上がり, を隔て, 走ると, 離れて

▼ 間同じ~ (18, 0.0%)

2 ことが, ような, 窓に

1 [12件] ように, ページが, 下宿に, 事許りやつて来, 停留場に, 夢知らせが, 家に, 容態に, 島に, 所に, 部屋に, 音を

▼ 間~ (18, 0.0%)

1 [18件] から極左, から行く, から追っかけた, なる波打際, には市中, に成つて, に立っ, に飛びのい, の午後三時前, の方, の月見, の畔道, の草ムラ, へ退いた, へ退り, を離れ, 向にし, 漢建武銅尺にて

▼ 間ぐらい~ (17, 0.0%)

2 だろうと

1 [15件] であろうと, でしたが, ですが, でちょっと, のも, 前に, 山も, 或いは何丁, 故, 普通二間ぐらいの, 歩いたところ, 詩人に, 離れたところ, 離れて, 音沙汰が

▼ 間~ (17, 0.0%)

1 [17件] かに会われました, がこの, が隠し持っ, にも疑われず, にも秘密, にも語る, の胸, ひとり出, もみな口, もみな滅多, ももう, も出入り, も外, も通らない, れの, れも, をも仕事場

▼ 間~ (17, 0.0%)

2 を教育勅語

1 [15件] が落胤, につけた, に帯び, に浸みつい, もこ, も痩せる, をまかせ, を忍ばせ, を放た, を潜め, を粉, を置く, を著, を非常, 依杖歩林園

▼ 間かの~ (16, 0.0%)

1 [16件] ところを, 佛教が, 公務に, 吉村より, 地方から, 女が, 女に, 室を, 小さな一軒, 幅に, 座敷を, 征服の, 明み, 火の, 盲者における, 若者を

▼ 間~ (16, 0.0%)

4 づみ

1 [12件] きりと, て, ていた, てえ, ては何等, てまた, てゐた, て今度, て西, て鱗形, ゆつと, ーんとして

▼ 間とか~ (16, 0.0%)

1 [16件] あると, いわれて, その名, その寺院, シャンデリアの, トルコの, 丈尺寸とかいう, 中とかいう, 全くお, 又は主客相関的, 客観と, 山の, 文学的哲学とか, 申しました, 立派な, 鶴の

▼ 間との~ (16, 0.0%)

2 境に, 境の

1 [12件] あいだを, へだてには, ほかは, 中廊下を, 仕切の, 往復など, 御事ニ候間御, 襖が, 通商は, 間の, 隔の, 難題たる

▼ 間よりも~ (16, 0.0%)

4 暗くな 2 停止し 1 なお厳しい寒, もっと離れ, もつと, 一層の, 互いに撲り合った, 人間の, 危うく彼, 少し長い, 暖かだった, 暗くなった

▼ 間伸子~ (16, 0.0%)

1 [16件] が佃, と蜂谷, の皮膚, はいたる, はそこ, はたびたび, はちょくちょく, はどんなにしばしば, は一人, は中国女学生, は同じ, は実によく, は客間, は我知らず亢奮, は自分, を見

▼ 間~ (16, 0.0%)

1 [16件] が來, と倶, になる, に日, の五更, の影, の更ける, の眼, の鳥, は一歩, は女, は本, は頂上, ひる寝ないで, も昼, 早くから店

▼ 間手前~ (16, 0.0%)

2 まで行く

1 [14件] から叱り付けた, でとまった, でぱたり, でわざわざ, で思い切っ, にある, に来た, のお勝手, のところ, は茶の間, までぐいぐい, まで九ノット, まで来, まで来る

▼ 間~ (16, 0.0%)

1 [16件] がどこ, がどんなに, が一度, が夕飯, とでも話し, に別れ, に手不足, に手紙, に附, に音楽, の側, の説教, は殆, は臺所, をながめた, を愛し

▼ 間毎日~ (16, 0.0%)

3 のよう

1 [13件] くりかえす, じく, その邊, つづくの, のやう, の如く, 仰ぎ瞻, 同じもの, 唯ぶら, 変ったもの, 書きつづけて, 訪ねて, 通うこと

▼ 間程の~ (16, 0.0%)

1 [16件] ところへ, ひどく古めかしい建物, 下高井戸駅通りは, 大さ, 大広間が, 小さな杉, 急流に, 橋が, 疊の, 突きあたりに, 細長い口, 細長い板の間, 距離に, 距離を, 長方形の, 間を

▼ 間立っ~ (16, 0.0%)

3 ていた 2 てい, て眺め, て見 1 てあれ, ていました, ている, ていろ, て廻うのみ, て待っ, て見守っ

▼ 間~ (16, 0.0%)

8 を容れず 2 を入れず 1 へ埃, をいれず, を入れない, を容れず打出され, を容れぬ, 容れぬ投げ錢

▼ 間あなた~ (15, 0.0%)

1 [15件] が恋こがれ, にあわなかった, に離れ, のおなか, のこと, のそば, の冬物, の国, の居所, は何, をお, をお待ち, を愛する, を探し廻っ, 待てないこと

▼ 間いろいろ~ (15, 0.0%)

1 [15件] お世話さまに, この世の中, とお世話さま, と苦労, な家事上, な幸福, な苦労, に結びつき, のこと, の困難, の捕物, 御世話, 御世話さま, 気を, 親切に

▼ 間でした~ (15, 0.0%)

1 [15件] がふたり, が其, が眼頭, が私, けれどもあなた方, けれどもローズ, けれども二人, し, しそのうえ, っけが青い, ねご, ので見聞, よ, ようまく, 自分が

▼ 間どう~ (15, 0.0%)

3 すること

1 [12件] したもの, した事, しようかと, だ, だい君の, だって云う, ぢやらう, であったか, ですか, 云ふ, 歩いたか, 返答し

▼ 間にだけ~ (15, 0.0%)

2 発行された

1 [13件] かぎられた知人たち, その解決, もっぱら流行, 制限する, 嗜好され, 打合せの, 残されて, 残って, 生活し, 細々と, 経験された, 許された, 許されるの

▼ 間よく~ (15, 0.0%)

1 [15件] そうして待っ, はたらいたご, めんどうを, も分らなかった, 三吉も, 世間が, 仕事に, 例の, 働いたもの, 吾等の, 矢代の, 私を, 稼いで, 表書は, 輝は

▼ 間~ (15, 0.0%)

1 [15件] 互選及勅選ニヨル, 分配ヲ, 口碑ト古物遺跡トニ由リテ推測サレタル, 問題ナルガ故, 引力ハソノ二ツノ物体, 待チ遠, 晩子供ニ不意討チヲ喰ッテ泣カサレタコトガ未, 最短距離ハソノ二点ヲ, 浮生ナル相ヲ, 涙ハ気ガ狂ッタ證拠カト思ッタガ今日, 涙ハ豫期シナイデモナカッタ涙ダガ今日, 秘密ヲ, 笛と, 習慣デ, 部屋ニ枕ヲ

▼ 間~ (15, 0.0%)

1 [15件] がねえ, つ, にいる, に閉じこもっ, のあたり, のため, の中, の中大変, の後ろ, の者同様, は広い, へもよりつかない, を出, を建てる, を明け

▼ 間忘れ~ (15, 0.0%)

7 ていた 2 てゐた 1 てい申した, ておいで, ておられた, てしまっ, ても生命, て居た

▼ 間~ (15, 0.0%)

3

1 [12件] お吉様, かと被, ただただ合掌願上, つひ手, という永久示談, と取, は候, 又, 又さ, 御自身, 殊に拙き, 然ルニ双方

▼ 間~ (15, 0.0%)

2 の手足

1 [13件] が酒飲み, とただ二人, と母, に代っ, のこと, のため, の仕来り, の墓参, の知り, の言葉, はどっさり, は構内, を見つめた

▼ 間~ (15, 0.0%)

2 いた, いて

1 [11件] いた景色, いた部屋, きその, きたり, きで母家, きの, きを, くで, く構, けて何, けて來

▼ 間などに~ (14, 0.0%)

2 春待顔な, 通ずる口 1 ひそんで, よく生え, 一寸開封, 入つて, 於て, 燈を, 特に読まれる, 生えて, 私は, 秘密の

▼ 間にしか~ (14, 0.0%)

1 [14件] ありよう, がいしてその, ないでしょう, 企てられて, 口を, 感じられませんでした, 成り立たないと, 消費し尽されない, 縁の, 行わないこと, 認められて, 起り得ない特殊, 通用しない, 関係は

▼ 間にまで~ (14, 0.0%)

2 影響し

1 [12件] いろいろお, いわゆる文章道, かく認められ, 伝わって, 和宮様御, 噂を, 染み込んで, 残され拡がつて, 流伝し, 浸漸, 遡り込んで, 響いて

▼ 間のみ~ (14, 0.0%)

1 [14件] ぐつたりと疲れた, その時, であつ, である, でなく現世一代, ならず弘, ならず後妻, ならず男子, なれど, われ身をかへ, 客ある, 片手間に, 王侯に, 赤し

▼ 間三間~ (14, 0.0%)

1 [14件] ぐらいの一軒だて, と綯っ, と距離, と迫つてハタ, と通り過ぎ, と陣どっ, と隔たり, の借家, の槍, ばかりを隔つて, を隔てた, 段々に, 踏みこえて, 追っかけると

▼ 間全く~ (14, 0.0%)

1 [14件] のメンシェヴィキ, 人心に, 人間界から, 停滞した, 埋もれて, 失業状態に, 性質の, 未開の, 消息を, 無意識だった, 生死不明を, 眠つて居られる, 通じなかった, 驚いたようす

▼ 間四面~ (14, 0.0%)

1 [14件] という板壁板床, といふの, とは聞い, のお, のもの, のりっぱ, の内, の室, の広い, の漆喰, の磨き, の練技場, の道場, 程の敷石詰め

▼ 間~ (14, 0.0%)

2 がつかず

1 [12件] がすむ, が変, になっ, に掛け, のせい, の弱い, をうしなっ, をつけ, を変える, を失っ, を揉み, を飲まれ

▼ 間続き~ (14, 0.0%)

2 になっ

1 [12件] その政治, で下手, で何, で八畳, に続い, のその, の六畳, の南, の大広間, の奥まった, の広い, の離屋

▼ 間苦労~ (14, 0.0%)

3 して

1 [11件] した人間, しましたが, しまして, の多かっ, ばかりさせ, ばかりし, をかける, をさした, をさせられた, をし, を分け合った

▼ 間あたり~ (13, 0.0%)

2 の屋根

1 [11件] でしょう, ですうっ, にこの, になります, にはきれい, には何一ツ, に屯, に漂っ, のこと, をうろうろ, を縫

▼ 間あり~ (13, 0.0%)

3 ともそれ 1 がちな, それに, て遊佐, と見るなるべし, 乞ふ, 入口と, 天守は, 落城の, 藤の, 詣で来し

▼ 間くらいの~ (13, 0.0%)

1 [13件] そうしてやや, もので, ものと, 大きい部屋, 女が, 家が, 小じんまり, 深さ, 砂利を, 穴を, 至って貧弱, 部屋が, 高さ

▼ 間そう~ (13, 0.0%)

4 やって 3 して 2 思って 1 しなければ, 云う気もち, 呼ばれて, 暮して

▼ 間そのまま~ (13, 0.0%)

2 でいた, で構え, の姿勢 1 だ, でどちら, になっ, に勤め, 信ぜられて, 立ちつくした, 茫然と

▼ 間だって~ (13, 0.0%)

1 [13件] あなたの, こんな恥しい, ついと逃げ, つまり主人, もう五六年, キチンと, 他の, 待ったなし, 止めようとは, 波風ひとつ立った, 独りで, 金を, 銃を

▼ 間なし~ (13, 0.0%)

2 かぎりなく寒く, 勝間の 1 こうやっ, ということ, に店, に彼女, に感ずる, に熱つて, めしも, 起床だ, 道行けば

▼ 間ばかりも~ (13, 0.0%)

2 一ときに

1 [11件] あったであろうか, あるかと, すさらして, 切れて, 有るらしい, 行くと, 行った処, 行つた, 釣られて, 離れたところ, 離れた所

▼ 間へと~ (13, 0.0%)

1 [13件] ふみこんで, ほると, 云うので, 入り來, 出かけべ, 割り込んで, 案内した, 歩いて, 無遠慮に, 縫ふ, 走せつけましたが, 走って, 跳び込んだ

▼ 間子供~ (13, 0.0%)

1 [13件] がなかっ, というもの, に買っ, の世話, の牛乳代, の相手, は眠つて, ばかりをきき, をこらしめる, をた, を抱, を静か, を預けられ

▼ 間東京~ (13, 0.0%)

2 といふ言葉, の繁華 1 での生活, には杉苔, にゐ, に住み, に帰らぬ, に駐, の弘文學院, へ往, をうろつい

▼ 間~ (13, 0.0%)

1 [13件] であるという, でなければ, として甲斐, となり, にしたい, に出した, に放った, の任務, の嫌疑, の徒之, の術, の証拠品, は始め

▼ 間~ (13, 0.0%)

2 をかけ, をさまし, をつぶっ 1 で停っ, のそこ, をあたり, をふさい, を見開い, を閉じ, を閉ぢ足

▼ 間絶えず~ (13, 0.0%)

1 [13件] ここに, 一作家の, 何かを, 例の, 僕たちは, 出入りし, 女へ, 悪口を, 次から, 求めて, 種々な, 胸に, 茶屋酒に

▼ 間~ (13, 0.0%)

2 の中

1 [11件] から尻尾, から足, にあった, に浮ん, のぎりぎり, も上げず, をかかえ, を上げなかった, を上げません, を圧, を垂れ

▼ 間~ (13, 0.0%)

1 [13件] がかり, さの, さ一間の, さ一間位の, さ一間余の, さ一間半そんなに, さ二丈四尺あった, さ二十間深, さ十五間壁の, さ十八間許り, さ十数丈の, さ四間ほどの, 草の

▼ 間ぎわ~ (12, 0.0%)

1 [12件] になった, になる, にサイゴン, に何, に厭, に女, に帰る, に酒匂, の勉強, の致命傷, まで往き来, 迄やっ

▼ 間くらい~ (12, 0.0%)

1 [12件] あるく, いいところ, くすぶりつづけたあげく, けれども存外, なり, ひっそりと, 二階造りの, 借りて, 御容子, 胴の, 自分が, 長さ

▼ 間こんな~ (12, 0.0%)

2 ところに 1 ことを, ふうに, ように, 事を, 寂しい家, 平凡な, 役に, 男の, 稼業を, 空気に

▼ 間じゃ~ (12, 0.0%)

1 [12件] ありませんか, ござんめえ, で, ない, ないか, ねえか, アない, 仕事が, 何一つおそわろう, 天下の, 御定法, 近処

▼ 間ただ~ (12, 0.0%)

2 黙って 1 そのこと, ちを, つったって, で使おう, のいっぺん, の一時間, ひたすらに, 一度も, 一心にその, 一機で

▼ 間~ (12, 0.0%)

4 がひ 2 がつて 1 がひあるまい, がひだ, がひである, がへ, がへた, ッとも

▼ 間でさえ~ (12, 0.0%)

1 [12件] いわゆる転向, こんな騒ぎ, そんな状態, たいして変わった, まだ恋愛, もの思わし, 体が, 宮将軍と, 広く開けた, 彼が, 話し合うべき問題, 金を

▼ 間でしか~ (12, 0.0%)

5 なかった 3 ない 1 あまり問題, 成り立たないわけ, 普段は, 通用しない

▼ 間においても~ (12, 0.0%)

2 また同様 1 その実否, それは, なお愛情, 人道の, 剛勇と, 干戈を以て, 既に議論, 無論これ, 腹の, 面白い問題

▼ 間にでも~ (12, 0.0%)

1 [12件] おやまた, この微妙, その眼, つよく匂った, ですな, 冬籠し, 夜々の, 待って, 採択し, 教育の, 特にそれ, 異様に

▼ 間ぼんやり~ (12, 0.0%)

2 して 1 した同情, そこに, とそこ, とその, と空, と衝立, 坐つて, 宙に, 床の間や, 歩き廻った

▼ 間毎間毎~ (12, 0.0%)

1 [12件] にもいちいち, の明るい, の結構, をうかがう, を存分, を探し試み, を探索, を荒し廻っ, を荒し廻り, を荒れ廻っ, を調べ, を飛び廻る

▼ 間私たち~ (12, 0.0%)

2 の民族, はその 1 が何, の間, はまた, は全く, は墓, は声, は大, は船長

▼ 間違つた~ (12, 0.0%)

4 考へ方 2 のぢ 1 だけのこと, としたら, なんて言, 仕かた, 御態度, 生きかた

▼ 間違つた考~ (12, 0.0%)

2 へは持つ, へを持つ, へを起し 1 なの, へであ, へと云, へなん, へも持つ, へを含ん

▼ 間~ (11, 0.0%)

1 [11件] いっしょに, くすなお, た, ちゃまぜ, ゑを, 不孝を, 乱心あそばし, 本を, 浪人し, 滞在に, 猶予を

▼ 間だけで~ (11, 0.0%)

1 [11件] もぐツすり一, やって, やるが, 他には, 処置すべき, 呼ばれて, 決定する, 羞かしい, 話が, 議論, 通用され

▼ 間だまっ~ (11, 0.0%)

6 ていた 2 ていました 1 てしまった, てまくら元, て目

▼ 間ながら~ (11, 0.0%)

2 平次に 1 おせいとの, 十分慎重に, 御邊, 慎太郎の, 疊の, 病苦の, 私の, 親交が, 逗留し

▼ 間~ (11, 0.0%)

1 [11件] が抜けてる, にえらい, にし, にまたいつ, に傍, に暗示, に結婚, に覚えてん, もあれしません, もあれへん, 悪がっ

▼ 間~ (11, 0.0%)

2 在リ 1 なり両方, 同博士ト談話, 坐ッテイタヨウデモアルガ, 御求, 急イデ昨夜, 恐ラク予ガ治療, 悪イイキサツガ出来テシマツタノデス, 斯クモ変遷スルモノデアロウカ, 早クモスギル幾十里

▼ 間一言~ (11, 0.0%)

3 も口 1 もしゃべらない, も云わない, も交えなかった, も喋らなかった, も物, も発する, も言わない, をも発し得ぬ

▼ 間~ (11, 0.0%)

1 [11件] でもお, なお戦い, の三ヶ口, の自分, は神殿, まで何所, まで黙っ, 取引所の, 夕方まで, 小学校の, 死ぬか

▼ 間~ (11, 0.0%)

2 ながらもう一度, へ出 1 で物音, に出, に立っ, に肖像, の仕事, へはお, へ出た

▼ 間少し~ (11, 0.0%)

1 [11件] でも娘, の場所, も動かない, も動かなかった, も消えなかった, も眼, 主だった, 工夫し, 有りたる中, 眼を, 許り

▼ 間~ (11, 0.0%)

3 の中 2 につい 1 から天井, についた, についてその, に就い, に横たわっ, に活けた

▼ 間或は~ (11, 0.0%)

1 [11件] その一つ都会, 一世紀間なりの, 何十年の, 十數秒間繼續する, 十間恰も, 四十間ばかりにて, 湿地を, 皇太孫の, 石垣の, 錫蘭山, 階級間の

▼ 間~ (11, 0.0%)

1 [11件] に来ない, に沿う, のみえる, の上, の中, の向う, の方, はヨオロッパ, へ近づく, や岡, を見

▼ 間無言~ (11, 0.0%)

2 でいた, のまま 1 だった, であった, で何事, で相対, のまま私, の行, の黙想

▼ 間続い~ (11, 0.0%)

2 ていた, ている 1 ています, てきた, ても富, てゐ, て出ました, て来た, て移る

▼ 間~ (11, 0.0%)

2 をし, をする 1 しあって, しして, をされ, をした, をせず, を撰, を途

▼ 間辛抱~ (11, 0.0%)

8 して 1 しなければ, しろと, の出来る

▼ 間違ひと~ (11, 0.0%)

2 いふもの 1 いはねば, いふと, して, でもいふなら, はい, は何, は思はれない, も思ふ, 思ひます

▼ 間いつも~ (10, 0.0%)

2 僕に 1 ヴェランダの, 一人で, 同じ物, 帳場に, 旅で, 神の, 閉め切られて, 霧が

▼ 間さん貴方~ (10, 0.0%)

1 さう, そんなに離れ, どうあそばし, どうぞお, のお, はその, は又, は私, も庶, 本当に偶

▼ 間での~ (10, 0.0%)

1 いろんな婆さん, ことであったろう, ことである, こととでは, 処置の, 刺戟の, 囁き, 彼女は, 心持を, 温度の

▼ 間へは~ (10, 0.0%)

4 いつて 1 いるや, ひる, 例の, 寸毫も, 棒を, 行かず丁度

▼ 間まるで~ (10, 0.0%)

2 御邸 1 先生の, 天地の, 失神した, 川じゃ, 滅茶苦茶だ, 空に, 自信を, 野生に

▼ 間もの~ (10, 0.0%)

2 を求めた 1 が言えなかった, の見, も云わず, を云わず, を云わない, を書い, 竿を, 高さ

▼ 間をば~ (10, 0.0%)

2 お豊, 吉さんの, 鴎が 1 人ひとり僅かに, 恐る恐る歩き, 窮屈に, 魚介を

▼ 間三人~ (10, 0.0%)

2 が仙太郎, は黙っ 1 の話, の話題, の顔, は少し, は薄暗い, を

▼ 間何卒~ (10, 0.0%)

1 一人でなり, 倍旧の, 御忘れおき賜わり, 御来光奉, 御落手相願度, 御賛成, 御長屋拝借仕度, 御面, 言を, 都合宜

▼ 間~ (10, 0.0%)

1 にだけそれ, に背い, のうち, の生れつき, は何, は彼, は盗人, まあ少し待つ, もお父さん, 何とか云つた

▼ 間始終~ (10, 0.0%)

1 キャベンディシュ研究所が, ピアノ臺の, 動き勝であった, 右に, 彼女から, 笑ひ, 聖堂の, 自分自身に対して, 附いて, 鰐口の

▼ 間平次~ (10, 0.0%)

4 と八五郎 1 はそれ, は三十郎, は叔母さん, は指先, は煙草, は部屋

▼ 間彼ら~ (10, 0.0%)

1 と次郎, の努力, はかかる, はだまっ, は二人, は人, は何, は兄, は勢い込ん, をすっかり

▼ 間我々~ (10, 0.0%)

1 としてはまず, には地下, の眼, の祖先, はここ, は只人, は漢文, は経済上, は風, を当家

▼ 間抜め~ (10, 0.0%)

31 え, お取り込み, が聖書, なんという, はすっかり, 殺したに, 黙って

▼ 間病気~ (10, 0.0%)

2 のため姿 1 で, でいられた, で寝てた, で臥, で臥し, に倒れ, に悩ん, ばかりし

▼ 間私達~ (10, 0.0%)

1 が二人きり, には其処, の傍, はお, はすたすた, はその, はどれ, は物, は若葉, は隔日

▼ 間続いた~ (10, 0.0%)

2 が今, 後で 1 と思うた, ススリ泣きと, 事だろう, 景色で, 隠居所の, 離座敷には

▼ 間~ (10, 0.0%)

1 がドキドキ, が閉塞, にいだい, におさめ, にたまっ, に手, に抱い, に畳ん, に秘め, の中

▼ 間足らず~ (10, 0.0%)

1 であるから, であるが, でせう, に迫っ, の余地, の先, の奥行き, の狭い, の細々, 離れたろうか

▼ 間近く~ (10, 0.0%)

2 から遠く 1 に及ん, はあろう, へ送り就け, もあり, もあろう, も下流, も突き出た, も進める

▼ 間~ (10, 0.0%)

2 の中, の道 1 が解ける, と風, に吹かれ, に埋れた, のごとく, の高嶺

▼ 間静か~ (10, 0.0%)

3 にし 2 であった 1 で憂鬱, な二階, になった, に休養, に声

▼ 間非常~ (10, 0.0%)

1 な痛み, な贅沢, にぼんやり, に慎重, に短く, に苦しい, に集中, に静か, に非難, 之御

▼ 間~ (10, 0.0%)

1 が起っ, であるから, ではない, でもなかっ, として中傷, などに對, にする, になった, に携わる, は忽ち

▼ 間うしろ~ (9, 0.0%)

1 から立て続け, で, におののい, にその, に隠れてる, の方, の窓, の道, へ押された

▼ 間おれ~ (9, 0.0%)

2 は誰 1 に中, の珈琲, の眞價, の真価, はお前, はほとんど, は聞かなかっただろう

▼ 間ごと間ごと~ (9, 0.0%)

1 が思いきっ, に我, に蝋燭, の灯火, の燈火, の花瓶, を云い触れる, を打ち, を追い廻し

▼ 間として~ (9, 0.0%)

2 都合六七回にわたって 1 あると, ご立腹, 利用された, 大いに責めんけり, 実は無理, 此際遠慮さして, 見ること

▼ 間なき~ (9, 0.0%)

1 あした夕べに, が如, に比した, 不安を, 争奪戦に, 宣伝利用法は, 打傷と, 死に際の, 苦痛を

▼ 間など~ (9, 0.0%)

2 なかった 1 たびたび一向専修, ない, ないし, ほ, もう画工, 悉く備わっ, 書たる

▼ 間などは~ (9, 0.0%)

3 ない 1 お互に, ございませんのに, 取り扱い悪く, 床几に, 短い木刀, 雑木林と

▼ 間にすら~ (9, 0.0%)

2 関所が 1 こんな事実, それが, どうかする, 共通の, 大きくあらわれた, 後々は, 通有な

▼ 間にては~ (9, 0.0%)

2 一匹の 1 いと遲きもの, 先と, 幾度か, 日月を, 自由の, 防ぐこと, 高山の

▼ 間ぬけ~ (9, 0.0%)

1 てみえ, て衿, な呼び, な感じ, な男, な目つき, には出, めが, 顔であった

▼ 間われわれ~ (9, 0.0%)

2 の世界 1 がどんなに, と心, の血管, の解放, は彼等, は現代日本, は貴女たち

▼ 間をも~ (9, 0.0%)

1 いつとは, いとわず百姓, 味読する, 棄てたん, 流れるの, 略推し得たるなり, 白くする, 遠ざけるには, 颯々と

▼ 間~ (9, 0.0%)

1 二十分ホド休憩ガアル, 妻ヤ敏子トシバラク話シテイタガ三時過, 婆サント何カ頻, 寝テイタガ, 泊ッテ行キタマエ, 臥テシマッタ, 話シテイル, 話シ映画ヲ, 閨房ノ

▼ 間一つ~ (9, 0.0%)

2 の美 1 だけを入り口, として確固信, には三井寺参詣, の密盟, の小, の顏, もまとまった

▼ 間一緒~ (9, 0.0%)

2 に住ん, に暮す 1 にい, にいた, にし, に心, に暮し

▼ 間世話~ (9, 0.0%)

2 になっ, になつ 1 して, になった, になつたな, をし, を焼かせ

▼ 間世間~ (9, 0.0%)

1 と交渉, と全く, には知られず, に或, に散漫, の上, の人たち, も知らず, を苦労

▼ 間~ (9, 0.0%)

1 の, のよう, のケース, の不安, の刀, の岩, の座敷, の後ろ, の算盤

▼ 間~ (9, 0.0%)

1 くお世話さ, 仕事にか, 宴會を, 尺にて, 新聞に, 泥棒大, 眼に, 絵図という, 都会は

▼ 間~ (9, 0.0%)

1 と一しょ, と話, の児, の心, の望む, の職業, は僕, は彼, を抱

▼ 間待つ~ (9, 0.0%)

3 てゐ 2 てゐた 1 てくれ, てみた, てゐる, て居

▼ 間梯子~ (9, 0.0%)

1 のあたり, のところ, をそのまま, を二人, を小車, を懸け, を持つ, を持出し, を積んだ

▼ 間歩い~ (9, 0.0%)

2 て行った 1 ていた, ていつも, てから振り向く, てゆく, て一つ, て命じられた, て岩

▼ 間~ (9, 0.0%)

2 につかっ 1 が凍っ, に押され, に浸け, に浸され, の下, の中, をあび

▼ 間無し~ (9, 0.0%)

2 に, に打上げられる, 小床無し 1 に戦く, に汗, に筆

▼ 間眺め~ (9, 0.0%)

5 ていた 1 たりした, ていたら, てゐた, て居た

▼ 間研究~ (9, 0.0%)

4 して 2 されたが 1 したこと, する結果, を続けられ

▼ 間~ (9, 0.0%)

2 からの眺め, の下, の外 1 にもたれ, のところ, の枠

▼ 間~ (9, 0.0%)

2 に霞 1 がする, が突, でやる, を上げ, を出し, を張り上げる, を立てる

▼ 間苦しい~ (9, 0.0%)

2 思いを 1 でしょうが, でしょうけれど, 呼吸を, 彷徨を, 思ひを, 生活の, 目を

▼ 間茶屋~ (9, 0.0%)

3 の色子 2 にもこんな 1 なるべきか, は池, へ帰る, も灯

▼ 間~ (9, 0.0%)

1 がある, がお, がそこらじゅう, である, なく波面席, の便り, よく通る, をふせぐ, を避け

▼ 間おき~ (8, 0.0%)

1 ぐらいに立たされた, には小屋, には番小屋, に一人, に之, に小屋, に柱, 半町おき一町おきといった

▼ 間お世話~ (8, 0.0%)

3 になりました 1 になっ, になつて, になり, になりやした, になる

▼ 間お待ち~ (8, 0.0%)

1 いたしても, ください, くださいませ, 下さいまし, 下さいませ, 下さいませそれ, 下さるよう, 申して

▼ 間それから~ (8, 0.0%)

1 そこの, たちまち鉤, 六月二十五日に, 受けた異様, 庭だけ, 御目, 直次や, 色々な

▼ 間そんな~ (8, 0.0%)

1 ふうに, ものを, 事ばかり, 事を, 人の, 光景を, 病人の, 肉の

▼ 間どんなに~ (8, 0.0%)

1 あなたを, いたわって, おまえを, 御親切, 数々の, 熱心に, 私を, 苦しんだか

▼ 間なりとも~ (8, 0.0%)

1 一座から, 休らふべき, 努力せね, 御寝遊ばしまし, 心の, 目を, 虚を, 逃して

▼ 間について~ (8, 0.0%)

1 いて, いました, 居て, 我にも, 昔から, 正しい比率, 色々の, 訊ねました

▼ 間ひとり~ (8, 0.0%)

1 でリテラツールナヤ・ガゼート, で留守, で盃, で頑張っ, の男, ぼっちで, ぼっちで生きて, わが目

▼ 間わたくし~ (8, 0.0%)

1 がいや, が宝, の思想, の所, はあの, は下, をお, を尋ねず

▼ 間三尺~ (8, 0.0%)

1 さて土台, とは隔てず, の上, の槍, ほどの狹いところ, ほどの間, も隔て, を距

▼ 間人々~ (8, 0.0%)

2 はこの 1 の心, の解釈, の雜談, はしばらく, はもの言, はポカン

▼ 間~ (8, 0.0%)

3 の間 1 お表, が此八畳間, の一間, の竪坑, へ引込ん

▼ 間廊下~ (8, 0.0%)

1 ですよ, で話した, のよう, の長椅子, へ出, を無意識, を行っ, を面白

▼ 間我慢~ (8, 0.0%)

3 して, をし 1 しろ, なさい

▼ 間~ (8, 0.0%)

1 から離さなかった, に裾, のこんだ, を合せ, を振りました, を握った, を握り合っ, を緩め

▼ 間~ (8, 0.0%)

1 でいえ, となく, に照らされた, に輝いた, の光, の照つて, の神, を過ごした

▼ 間~ (8, 0.0%)

2 の上 1 にかじりつい, について居ります, につっ伏し, にむかつ, にもたれ, を置い

▼ 間~ (8, 0.0%)

2 の家 1 の勘八, の如き, の如く誅戮, の島, の氣懸, の状軽々

▼ 間歩く~ (8, 0.0%)

2 ともなく 1 と, とどっち, ともう, と待, と源さん, のに足駄

▼ 間~ (8, 0.0%)

8 んど

▼ 間生き~ (8, 0.0%)

3 てゐる 1 ていた, ていらっし, ている, てゐた, て生活

▼ 間相間~ (8, 0.0%)

1 にあの, にちょろちょろ, にはちんちくりん, には覚られない, に兄, に巧み, に板屋, に絶えず

▼ 間~ (8, 0.0%)

2 で号令 1 が暗く, が曇れ, の上, の星, の車庫, を見詰め

▼ 間行っ~ (8, 0.0%)

1 たり来, ていた, てからエヘン, てみたい, ても突きあたろう, ても誰, て伸び上がる, て振り向いた

▼ 間言葉~ (8, 0.0%)

1 がなかっ, につくせぬ, もなく, を交, を交えた, を停め, を発する, 少く而

▼ 間違ひつこ~ (8, 0.0%)

6 はありません 1 ありませんよ, はねえ

▼ 間部屋~ (8, 0.0%)

1 から一歩, から出, の中央, の戸, の真中, へ響い, も出ず, を明るく

▼ 間かと~ (7, 0.0%)

1 あやぶまれて, 思いましたお座敷, 思う, 思つたが, 思われる頃, 散るの, 記憶し

▼ 間かれ~ (7, 0.0%)

1 ていた, の心, はそこ, は伊勢屋, は突っ, を眺め, を知らず

▼ 間ぐらいは~ (7, 0.0%)

2 泳いで 1 あるの, 滞在する, 物の数では, 確実に, 距れ

▼ 間こちら~ (7, 0.0%)

1 から白っぽい, でお, で養生, の世界, の山腹, へもいろいろ, を見上げ

▼ 間そして~ (7, 0.0%)

1 このたいして, その後に, その後も, ソヴェトが, 母さんと, 第三回, 絶え間なし

▼ 間ちがえ~ (7, 0.0%)

1 ている, て入っ, て殺し, て狐, て通し, ば腹, 真似そこない

▼ 間であり~ (7, 0.0%)

1 ここまでが, ながらお, ながら甚だ, 塩野や, 東軍に, 甚だ迷惑, 盛んに

▼ 間とても~ (7, 0.0%)

2 時計を 1 あだに時, ごっ, なお一時社会, 待ち通せまい, 雪の

▼ 間とを~ (7, 0.0%)

2 すばやく通り抜けよう 1 ぶっ通し, ようやく分け, よく調べ, 除くほか, 隔てた大名

▼ 間どんな~ (7, 0.0%)

1 さかんな, ものを, 情熱も, 時にも, 暮しを, 気持が, 親しい言葉

▼ 間なれ~ (7, 0.0%)

2 ど本堂建立中朝夕顔 1 ども之, ども女峯, ど肥った, ど肥つた自分, ばよも

▼ 間~ (7, 0.0%)

1 い, いい嫁, てい, ている, 池上に, 私は, 野添が

▼ 間までは~ (7, 0.0%)

1 そんな様子, ぼくは, 少し遅く, 有効の, 確かに, 長い廊下, 離れて

▼ 間わが~ (7, 0.0%)

1 婿にと, 延暦, 慰めと, 日本より, 眼の, 空想に, 行は

▼ 間わし~ (7, 0.0%)

2 のする 1 の云う, の荷物, の記憶, は王さま, は高

▼ 間~ (7, 0.0%)

2 までは小 1 から空気, にあげた, の坂, の方, の頂上

▼ 間~ (7, 0.0%)

1 に二間, に見えた, の庭, の方, へ下っ, をのぞい, を碓氷川

▼ 間~ (7, 0.0%)

1 しあわせであった, 好な, 容髪の, 容髮乎, 惡思召被下度候, 欠儀と, 盡の

▼ 間~ (7, 0.0%)

1 が寄りつけなかった, に会わぬ, の出入, の話, の通る, を騙し迷わす, 知れぬ苦闘

▼ 間~ (7, 0.0%)

2 の軍夫 1 から人類, の人々, の国, の女, の村

▼ 間何處~ (7, 0.0%)

2 に隱 1 かに旅行, にも姿, に居た, に居なす, に生活内容

▼ 間十間~ (7, 0.0%)

2 ばかり隔て 1 あるいは百間, ぐらいの距離, とは隔たらぬ, と張り, 離れても

▼ 間即ち~ (7, 0.0%)

1 カセンティーノに, 二つの, 人人が, 六時間乃至, 幅は, 循環故障であっ, 谷と

▼ 間~ (7, 0.0%)

1 にもぐっ, に埋れ, に荒れた, の上, の中, をうがち取る, を掘

▼ 間~ (7, 0.0%)

1 にでもいらっしゃる, にも知らず, に慈しみ, に迄見た, の中, も見, を見

▼ 間~ (7, 0.0%)

1 がときじ, が常世の国, の但馬, の名, の家, は天日矛, は食うべき

▼ 間~ (7, 0.0%)

2 の中 1 があっ, に燈火, の扉, は釘付, を片付け

▼ 間~ (7, 0.0%)

1 がつまる, のつまる, をこらし, をつく, をとめ, をもつかず聞い, を凝らし

▼ 間~ (7, 0.0%)

2 時は 1 るもどかし, る老人, 国民の, 附一二管見, 雑誌に

▼ 間歩いた~ (7, 0.0%)

2 か胸 1 かと思う, と思う, ような, 左側の, 時気に

▼ 間江戸~ (7, 0.0%)

1 から足, で高名, の便, の歡樂, の評判, へでも行っ, へ出

▼ 間滞在~ (7, 0.0%)

4 して 1 いたしお, しました, の予定

▼ 間~ (7, 0.0%)

1 として此色, にふれ, に脅えた, を書かなかった, を考へ, を買つて, 各有主

▼ 間~ (7, 0.0%)

2 のよう 1 にても御, の上, の時代, はこの, は皆

▼ 間置い~ (7, 0.0%)

1 てこの, てもらいたい, て一番奧, て先, て娘, て貰, て隣り

▼ 間置き~ (7, 0.0%)

1 ぐらいに目の下二尺, に出口, に支柱, の金網ぼんぼり, 位いに, 位に, 位ひ

▼ 間~ (7, 0.0%)

2 つたところ 1 つたかと, はれて, はれ沙翁, ふこと, 過たえ

▼ 間誤し~ (7, 0.0%)

5 ている 1 ていた, てしまっ

▼ 間身動き~ (7, 0.0%)

2 もしない, もしなかった 1 する者, せず無言, もせず

▼ 間違げ~ (7, 0.0%)

1 えが, えたん, えだ, えちや, えで, えの, えられるぜ

▼ 間~ (7, 0.0%)

2 の前, を見た 1 にうつる, に映しまし, の表

▼ 間~ (7, 0.0%)

1 さ三百間以上の, さ八十間に, さ十間四壁および, さ十間程の, さ四十間という, さ四十間の, さ四十間ばかりの

▼ 間階下~ (7, 0.0%)

1 が四畳半, の四人, の縁側, は帆布, は襖, へおり, へ遠慮

▼ 間~ (7, 0.0%)

1 がひどく, が続いた, の中, の日, は一粒, や風, をしみじみ

▼ 間~ (7, 0.0%)

1 を横, を洗わなかった, を見た, を見たい, を見られる, を見交した, を見合わせ

▼ 間あるいは~ (6, 0.0%)

1 それ以上に, とうとう出る, ぶらついたり, 川の, 百間三百間貴下の, 高原の

▼ 間いっぱい~ (6, 0.0%)

1 に兵, に映っ, に立てられた, に血汐, に詰まり, を横切っ

▼ 間いつ~ (6, 0.0%)

1 でもひとり, の世, までか續, までもいつ, までも夢, 瞬きした

▼ 間かに~ (6, 0.0%)

1 いる礼拝者, くぎられて, の間, 亘る天然石, 作られて, 忘れて

▼ 間くら~ (6, 0.0%)

1 ゐありさうな, ゐある石垣, ゐの, ゐ幸, ゐ石, ゐ離れて

▼ 間こういう~ (6, 0.0%)

1 ことが, 姿勢を以て, 山家で, 平穏な, 晒し者に, 種類の

▼ 間こうして~ (6, 0.0%)

1 おるも, じっとし, なにもかもわすれ, 待って, 火の, 病気で

▼ 間~ (6, 0.0%)

1 きりの, くという, つと病室, つと見守つ, ぶんの, ッと

▼ 間すっかり~ (6, 0.0%)

1 俳句の, 家畜類が, 忘れて, 打棄ら, 葉を, 達ちゃんに

▼ 間~ (6, 0.0%)

3 とひ 2 がいに 1 がいなど

▼ 間だけが~ (6, 0.0%)

1 それらの, ちょっと途切れ, 楽しい, 男の, 痛苦が, 私の

▼ 間だつた~ (6, 0.0%)

1 が何時, が原書, が本, が私, ことは, 筈だ

▼ 間だろう~ (6, 0.0%)

1 おめ, があの, が店, と刑事さん, と考えられ, と見物

▼ 間であっ~ (6, 0.0%)

1 てすでに, てそういう, てその後, てみれ, ても笑っ, て彷徨

▼ 間であろう~ (6, 0.0%)

1 か, がつけ狙う, がよくもこう, とそんな, と思う, と甘く

▼ 間でございます~ (6, 0.0%)

1 あの違棚, から是非一つ吾, が御, のに何で, のに此那, 延享元年の

▼ 間でなく~ (6, 0.0%)

1 てはそう, てはならない, ては歩かれない, てよかっ, ハボマイ諸島の, 必ずうてる

▼ 間どうして~ (6, 0.0%)

1 いたっけかなあ, も分らなかった, 創造が, 暮して, 暮らして, 自分は

▼ 間どの~ (6, 0.0%)

1 くらい心配, くらい悶え悩んだ, くらい自ら銭, ページに, 位それを, 日にも

▼ 間においてのみ~ (6, 0.0%)

1 作用する, 年に, 成立つたの, 望むべ, 正しと, 行なわれうべきこと

▼ 間にかけて~ (6, 0.0%)

1 まだ解決, 一時に, 慾の, 揚子江口を, 白い雲, 黒パンを

▼ 間にばかり~ (6, 0.0%)

1 くらして, でなく人間, 続いて, 起り得ること, 閉じこもって, 閉籠つてゐる

▼ 間にわたって~ (6, 0.0%)

1 まだ一度, もうろう状態を, 外を, 根気よく, 海底に, 無駄な

▼ 間ばかりを~ (6, 0.0%)

1 初秋の, 小半時幾度も, 瞬く間, 遠のいた地点, 隔つて其の, 隔てて

▼ 間~ (6, 0.0%)

1 ぐち三軒続きの, づ, ぶかに, 明に, 男しま島州縞, 荷葉披麻を

▼ 間または~ (6, 0.0%)

2 二十間づつに 1 これら第, 寺の, 小団体間, 荷船の

▼ 間~ (6, 0.0%)

1 が語る, ず北京政府, ず御, ず罪, づらつて, 体色が

▼ 間~ (6, 0.0%)

1 すぢ, とところ, と足, と間, に男子, の因

▼ 間一杯~ (6, 0.0%)

1 そのため, に下げる, に流れ出た, に満ち溢れ, に縫, 御馳走しませう

▼ 間不幸~ (6, 0.0%)

2 な境遇 1 だと, なの, な火災, な身の上

▼ 間世の中~ (6, 0.0%)

1 に活動, のあらゆる, の人, の罪深き, の苦労, を見

▼ 間二階~ (6, 0.0%)

1 が二間, の自分, は四畳半, への注意, も一間位, を明けっ放し

▼ 間~ (6, 0.0%)

2 の方 1 からまた, から波浮, へ出る, まで乘合

▼ 間~ (6, 0.0%)

1 なる紳士, に居, に立つ, に立会っ, へ置き, を向い

▼ 間堀春日~ (6, 0.0%)

1 にて昼餉, にて猿之助千代菊八郎等, に少憩, に徃, に立寄り, に赴き

▼ 間奉公~ (6, 0.0%)

2 して 1 おし, した小綺麗, に陰陽, をし

▼ 間~ (6, 0.0%)

1 が働い, のドラ, の消息, は何, は決して, も同様

▼ 間~ (6, 0.0%)

1 と申し, に生き, の尤も, の温泉, ようやく窄, をやつ

▼ 間左様~ (6, 0.0%)

1 お含み下され, なら, な有様, に思し召さるべくそろ, ニ可被, 御承知

▼ 間~ (6, 0.0%)

1 が呼ぶ, が大, が見, の境界, は家長, は胸

▼ 間~ (6, 0.0%)

1 に言, は忽ち, は限, れわれ, を忘れ, を慰めし

▼ 間戦争~ (6, 0.0%)

1 に協力, に行つて, は絶えない, をせず, を強行, を遂行

▼ 間手紙~ (6, 0.0%)

1 のやりとり, の上, らしい手紙, をくれない, を出す, を書く

▼ 間~ (6, 0.0%)

6 の助詞

▼ 間抜野郎~ (6, 0.0%)

1 が事, と呟い, と御, に鼠小僧, の首, を煽ぎ

▼ 間~ (6, 0.0%)

2 は三疊敷 1 の多い, は六つ七つ, は玄關女中部屋, も六つ七つ

▼ 間~ (6, 0.0%)

1 あらば, さえあれ, にまかせ, に御, を得た, を見

▼ 間暫く~ (6, 0.0%)

1 お待ち願いたい, 休んで, 居たこと, 待たれよ, 御猶, 苦し相

▼ 間暮し~ (6, 0.0%)

2 ていた 1 てい, て来られる, て見た, の生活

▼ 間~ (6, 0.0%)

1 をよむ, を九篇, を借し, を処分, を取り上げ, 當に

▼ 間~ (6, 0.0%)

2 たはつ 1 にだけな, になっ, に抛り出された, の駅

▼ 間殆ど~ (6, 0.0%)

1 全く中絶, 姿勢さえも, 毎日數種時に, 毎日雪に, 約十年間, 茫然自失の

▼ 間~ (6, 0.0%)

1 かに冠, さまた, さ一間ぐらい, さ三尺ばかりの, さ二十ひろから, さ約

▼ 間~ (6, 0.0%)

1 が覚え, に内緒, の人, は行儀, は静か, は黙々

▼ 間~ (6, 0.0%)

2 の前 1 に供えた, に近づく, の鳥, を祈った

▼ 間程も~ (6, 0.0%)

1 あらうかと, 外へ, 後に, 歩いたかと, 進むと, 離れちや

▼ 間立つ~ (6, 0.0%)

1 てゐ, てゐた, て眺め, て話した, て読経, とも汝

▼ 間~ (6, 0.0%)

2 の汽笛 1 で渡った, に押し込まれ, の中, は事もなげ

▼ 間茫然~ (6, 0.0%)

1 としてそこ, として部長, とその, とそんな, と立ちつくし, と見詰め

▼ 間誤つい~ (6, 0.0%)

1 て, ている, てききかえした, てわるかっ, てゐた, て出

▼ 間~ (6, 0.0%)

1 である疑い, の手, をその, をま, を務め, を勤める

▼ 間越し~ (6, 0.0%)

1 には例, に台所, に海, に見えた, に見える, のそこ

▼ 間~ (6, 0.0%)

1 つかけて, つて明年の, つて行つた, つ驅, て御, ひ行きたり

▼ 間違だらけ~ (6, 0.0%)

1 では何, で下らない, で加之, で書きとられ, の独逸語, の間

▼ 間~ (6, 0.0%)

1 が滞っ, に復讐, の茶釜, の輸出禁止, は法貨, は銀

▼ 間隔て~ (6, 0.0%)

2 てすれ違った 1 てすれ, て大きな, て糸, て美禰子

▼ 間隠れ~ (6, 0.0%)

1 ていよう, てゐた, に散見, に立つ, に見ゆる, の杙

▼ 間あい~ (5, 0.0%)

1 がある, ていた, を計っ, を計り, を詰めた

▼ 間あっ~ (5, 0.0%)

1 てその, てそれで, て一方, て此方, て物置きが

▼ 間あと~ (5, 0.0%)

1 からつい, から依然として, から歩い, じさりを, のところ

▼ 間からでも~ (5, 0.0%)

1 なお色々, 下の, 入って, 見て, 迸ったので

▼ 間かを~ (5, 0.0%)

2 隔てて 1 通って, 隔てた, 隔てた先

▼ 間しばらく~ (5, 0.0%)

1 お待ちを, は船, 坂東の, 岸本は, 待て

▼ 間すなわち~ (5, 0.0%)

1 ダンネベルグ夫人が, 一大牧場の, 人類と, 十二尺から, 節間の

▼ 間ずつ~ (5, 0.0%)

1 よくもこんなに器用, 彼を, 相続きさき, 這い上がるの, 隔てて

▼ 間そうして~ (5, 0.0%)

1 じっとし, 俥に, 坐り合い, 寿命の, 置くが

▼ 間だけしか~ (5, 0.0%)

1 それも, ない, 見ないで, 見なかったの, 見ること

▼ 間ちがっ~ (5, 0.0%)

2 ていた 1 ていなかった, ている, て殺された

▼ 間つい~ (5, 0.0%)

1 てい, てゐた, て居る, 後ろの, 隣国に

▼ 間などから~ (5, 0.0%)

1 たお, 思ひがけ, 星の, 稍遠く, 転げて

▼ 間などを~ (5, 0.0%)

1 ば軽々しく, 一応調べ, 荒し廻って, 覗いて, 通りまして

▼ 間なり~ (5, 0.0%)

1 バラバラと, 三間なり, 人類が, 地獄内の, 短い間

▼ 間にかの~ (5, 0.0%)

1 ごとき爭, アルゴナウタイ遠征の, 光の, 四人が, 土龍の

▼ 間にな~ (5, 0.0%)

1 つてゐ, つてゐた, つて今日の, つて居ります, づむ船ぞ

▼ 間にわたる~ (5, 0.0%)

1 ものと, ものとの, 血に, 豊饒な, 長屋数棟連立し

▼ 間のみに~ (5, 0.0%)

1 在る不思議, 止まらないの, 止めて, 行われ一汎, 限られたもの

▼ 間ばかりは~ (5, 0.0%)

1 なれたところ, 四つ這い, 早足に, 路の, 逃げたらしい

▼ 間ひそか~ (5, 0.0%)

1 だった納屋, に尊敬, に浅川君兄弟, に病苦, に蛮地

▼ 間びき~ (5, 0.0%)

1 そこねて, ということ, とやらが実行, の悪い, も滔々

▼ 間びく~ (5, 0.0%)

1 ことの, という, というやつ, とかいった, 方法が

▼ 間へも~ (5, 0.0%)

1 伝わり黄葉, 行って, 行つて立つ, 跳ね返って, 途切れ途切れに

▼ 間みんな~ (5, 0.0%)

1 の叫び声, の注意, はたいてい, は私, 黙つて

▼ 間らしい~ (5, 0.0%)

1 てその, ものを, 年ごろの, 幾つかの, 座敷と

▼ 間を以て~ (5, 0.0%)

1 すと, 一大廻転を, 分ちその, 第一, 貧幼薬医の

▼ 間ボンヤリ~ (5, 0.0%)

1 して, その景色, と眼, と誠, 立つて

▼ 間~ (5, 0.0%)

1 劃定セントスル者, 捜シテ容易ニ探, 斡旋スルト異, 洩レテ君ガ眠リニ, 規定シテ一切

▼ 間一層~ (5, 0.0%)

3 暗くした 1 きつくなった, 詳しく釉薬

▼ 間世界~ (5, 0.0%)

1 から孤立, に供給, の国々, の覇者, の資本市場

▼ 間乃至~ (5, 0.0%)

1 は十間十五間, 一週間でも, 二十一間という, 二間半位の, 十一間と

▼ 間~ (5, 0.0%)

1 いささかこれ, である, による, はすでに, を営み

▼ 間互に~ (5, 0.0%)

1 別々な, 暮して, 眼と, 艱難を, 話しかけたく思いながら

▼ 間人民~ (5, 0.0%)

1 の代表者, の大衆, の権利自由, の租税勞役, を養っ

▼ 間仕事~ (5, 0.0%)

1 に多大, に有りつけない, の上, をし, をやって来た

▼ 間佇ん~ (5, 0.0%)

2 でいた 1 だりし, でいたらしく, でゐた

▼ 間何事~ (5, 0.0%)

1 があっ, もあら, も思わず, も知らず, を考え

▼ 間何処~ (5, 0.0%)

1 かに突っ込ん, にどうして, に待ってる, へか行つて, を通ってる

▼ 間俊夫君~ (5, 0.0%)

1 が興奮, は, は方々, は熱心, をじっと

▼ 間~ (5, 0.0%)

1 すれども, て來, て来, て来なかっ, の雄

▼ 間~ (5, 0.0%)

1 で五つ, に行われ, の人夫, の数々, の方

▼ 間努力~ (5, 0.0%)

3 して 1 した, すれば

▼ 間~ (5, 0.0%)

1 に向, に寄っ, に離れ, の青い, へはいった

▼ 間喜兵衛~ (5, 0.0%)

1 そのほか原惣右衛門, でさえ, の六人, もよくよく, 同じく重次郎

▼ 間四方位~ (5, 0.0%)

1 あるでしょう, な掘立小屋, の室, の鉄張り, ゐに

▼ 間堂前~ (5, 0.0%)

2 の半 1 に楊弓場, に矢場, の結改場

▼ 間多く~ (5, 0.0%)

1 このよう, の人, の困難, の本, また往来

▼ 間大きな~ (5, 0.0%)

1 お聲, ものばかり, 星月夜を, 紙に, 青桐の

▼ 間~ (5, 0.0%)

2 に一枚 1 が目, の阿, は病床

▼ 間~ (5, 0.0%)

2 に被 1 にばかりくすぶ, にばかりくすぶっ, へ參

▼ 間実に~ (5, 0.0%)

1 不思議であった, 何十分を, 多くの, 悖るもの, 愉快に

▼ 間~ (5, 0.0%)

1 ていられた, ている, ておった, てもさめ, て見ました

▼ 間~ (5, 0.0%)

2 の方 1 に申上候, の水田, の細道

▼ 間常に~ (5, 0.0%)

1 同じこと, 愛読し, 我懷に, 此任に, 腐敗したる

▼ 間待ち~ (5, 0.0%)

1 くらしたのち, に待ちたる, に待っ, 焦れて, 焦れ恋

▼ 間心配~ (5, 0.0%)

1 して, は心配, ばかりさせ, をなすった, を面

▼ 間忘れる~ (5, 0.0%)

3 ことが 1 ことも, 事の

▼ 間思案~ (5, 0.0%)

2 した, をした 1 したが

▼ 間我等~ (5, 0.0%)

1 ことき, のこ, のため, の凡て, の間

▼ 間拔けさ~ (5, 0.0%)

2 を笑つて 1 がめだつ, に自分, は何

▼ 間探し~ (5, 0.0%)

2 ていた 1 てそこ, てゐる, 索めて

▼ 間故郷~ (5, 0.0%)

2 を離れ 1 から手紙, の実家, の田舎

▼ 間~ (5, 0.0%)

2 六の 1 六は, 六も, 日本文学会の

▼ 間書斎~ (5, 0.0%)

2 の壁 1 の中, の掃除, らしい書斎

▼ 間~ (5, 0.0%)

2 から晩 1 しかうけとった, に晩, も晩

▼ 間来る~ (5, 0.0%)

1 とちょうど, とまた, と三四郎, と其処等, 者あれ

▼ 間~ (5, 0.0%)

1 にしがみつい, についた, に着い, のさき, の間

▼ 間此処~ (5, 0.0%)

1 に匿, に参っ, に置い, に辛抱, に過した

▼ 間死んだ~ (5, 0.0%)

1 やうな, ような, ように, 気に, 者は

▼ 間汽車~ (5, 0.0%)

1 にゆすられ, に揺られ, に載せられました, の右手, の往復

▼ 間淵洞斎~ (5, 0.0%)

1 がまた, が打, が頬杖, に出会っ, の言

▼ 間~ (5, 0.0%)

1 シ, 役で, 政府主義新聞, 政府主義者が, 障碍の

▼ 間生活~ (5, 0.0%)

2 して 1 の裏面, をともに, を共に

▼ 間病臥~ (5, 0.0%)

3 して 1 にあった, にいた

▼ 間矢代~ (5, 0.0%)

1 の友人たち, は二人, は母, は空, は間もなく

▼ 間~ (5, 0.0%)

1 一カ年の, 五間ほどの, 六十五哩にて, 半年か, 百年造立する

▼ 間続く~ (5, 0.0%)

1 とその, と俄然, と四十度, のである, 厳しい冬

▼ 間~ (5, 0.0%)

3 を傾け 1 を傾けた, を聾する

▼ 間良人~ (5, 0.0%)

1 と同棲, と呼んだ, の両親, の情事, はフリイデマン氏

▼ 間~ (5, 0.0%)

2 の上 1 の影, を作る, を摘み

▼ 間若い~ (5, 0.0%)

1 心を, 才物者揃いの, 母は, 者の, 音楽家の

▼ 間茶話~ (5, 0.0%)

1 で今日, で書いた, とする, の挿絵, の日

▼ 間行った~ (5, 0.0%)

2 と思う 1 がもう, と思った, 時彼は

▼ 間~ (5, 0.0%)

1 お庭, であります, に於, の御, の歴々

▼ 間話し~ (5, 0.0%)

1 てお, てゐた, て私, もしず, をし

▼ 間誤つく~ (5, 0.0%)

2 ような 1 くらいに老けこん, やうな, 内容的に

▼ 間謹慎~ (5, 0.0%)

1 して, すべしと, と後悔, を仰付けられ, を申

▼ 間通り~ (5, 0.0%)

1 になります, ぬけなければ, も隔てた, を一寸, を歩き廻った

▼ 間過去~ (5, 0.0%)

1 に悪事, の事件, の交通, の日本人, の淡い

▼ 間違つたの~ (5, 0.0%)

2 だらうか 1 かぢ, が惡, も無理

▼ 間違ひな~ (5, 0.0%)

2 からう 1 くさうです, しだ, しだね

▼ 間違ひなの~ (5, 0.0%)

3 である 1 だと, だらうが

▼ 間金太郎氏~ (5, 0.0%)

31 である, の演出なぞ

▼ 間~ (5, 0.0%)

1 の棒, もある, りの, りも, り隔て

▼ 間~ (5, 0.0%)

1 つてゐ, つてゐた, つて居た, つて歩いた, つて笑ふてゐた

▼ 間あい間~ (4, 0.0%)

1 におりおり, にそんな, にも多少, にハーッ

▼ 間あらゆる~ (4, 0.0%)

1 人に, 学科の, 自分の, 誹謗で

▼ 間~ (4, 0.0%)

1 はゆる, は時に, ッぱいになってしまった, ッぱいゆゆしい

▼ 間おくれ~ (4, 0.0%)

1 てつい, てシトシト, て誰, て駈け上がっ

▼ 間お話~ (4, 0.0%)

1 が続きます, したわ, して, はできない

▼ 間かう~ (4, 0.0%)

3 した事に 1 云ふ

▼ 間ぐらいしか~ (4, 0.0%)

1 ないの, ない小さな, 泳げない姉, 離れて

▼ 間ぐらいに~ (4, 0.0%)

1 うねりくねって, 行われるから, 見えるその, 見える大

▼ 間こう~ (4, 0.0%)

2 して 1 やって, 遣って

▼ 間さう暮し~ (4, 0.0%)

4 て居た

▼ 間しずか~ (4, 0.0%)

2 であった 1 になった, に落つい

▼ 間すべて~ (4, 0.0%)

2 の意見 1 はお, ひろい河原地

▼ 間ずいぶん~ (4, 0.0%)

1 お世話に, 体を, 働いて, 長い間

▼ 間それら~ (4, 0.0%)

1 がどんなにまあ, のもの, の影像, の母

▼ 間たった~ (4, 0.0%)

1 と思える, ようだった, 一人で, 一度だけ

▼ 間だけを~ (4, 0.0%)

1 其処に, 宮廷へ, 軒別に, 隠して

▼ 間つづけ~ (4, 0.0%)

1 てじっと, て來, て北海道, て来た

▼ 間とて~ (4, 0.0%)

1 再びわが, 案内も, 油断は, 物語長き

▼ 間とでも~ (4, 0.0%)

1 いうか, いったよう, いった方, 云うの

▼ 間どっち~ (4, 0.0%)

1 かという, ともはっきり, へ狂っ, を向い

▼ 間なに~ (4, 0.0%)

1 かを捜し, かを考え, が起った, をし

▼ 間なんて~ (4, 0.0%)

1 あるもの, いはないで, ものは, 大小名

▼ 間なんと~ (4, 0.0%)

1 つかずに, も言わず, も言わなかった, 言うものの

▼ 間にこそ~ (4, 0.0%)

1 ありけれ, 初めて弁証法, 同情と, 多くの

▼ 間にぞ~ (4, 0.0%)

1 ありける, 入りける, 入りたる, 日は

▼ 間にても~ (4, 0.0%)

1 なおかつ効, また寺院内, 断然その, 比較的低き

▼ 間にゃ~ (4, 0.0%)

1 あ合, ア向うの, 大なる, 有名だ

▼ 間により~ (4, 0.0%)

2 多くの 1 多くある, 広闊な

▼ 間へでも~ (4, 0.0%)

2 突落された 1 吹飛された, 捲き込まれて

▼ 間もう~ (4, 0.0%)

1 一匹は, 外に, 妾は, 死ななくても

▼ 間やっ~ (4, 0.0%)

1 ていく, ていた, ていない, ている

▼ 間やはり~ (4, 0.0%)

1 あなたと, 二本の, 人家は, 正月は

▼ 間やり過し~ (4, 0.0%)

2 てから歩い 1 てから大急ぎ, て置い

▼ 間をと~ (4, 0.0%)

1 ほつて, ほり今宿, ぼとぼと歩い, 力抜が

▼ 間を通じて~ (4, 0.0%)

1 それは, 一日の, 両岸, 少なくも繁閑

▼ 間クリストフ~ (4, 0.0%)

1 の枕頭, は音楽, を厭がら, を攻撃

▼ 間ジッ~ (4, 0.0%)

1 とし, と師匠, と歯, と考え込ん

▼ 間一ぱい~ (4, 0.0%)

2 に朝日 1 に氾濫, に蔵経

▼ 間一体~ (4, 0.0%)

2 なにを 1 どこを, のごとくし

▼ 間一定~ (4, 0.0%)

1 の土地, の地域以外, の時間, の角石

▼ 間~ (4, 0.0%)

4 の間

▼ 間上手~ (4, 0.0%)

1 にもみ消し, に大きな, に寄った, の方

▼ 間丑松~ (4, 0.0%)

1 はうんと, は夢, は机, は黙つ

▼ 間~ (4, 0.0%)

1 の手, 三日を, 岸とも, 崖の

▼ 間~ (4, 0.0%)

1 において止むるべからず, に泉水, の礼儀, は四五十疊

▼ 間主人~ (4, 0.0%)

1 の居間, の弟, は一言, は眠つて

▼ 間二つ~ (4, 0.0%)

1 がぶつ通し, に樂, の農地国民, の音色

▼ 間互いに~ (4, 0.0%)

1 本能的に, 激しく睨み合った, 顔を, 食い合って

▼ 間五間~ (4, 0.0%)

1 という長, と續, と詰, ばかり先

▼ 間交際~ (4, 0.0%)

1 がこれ, した一人, ったのう, を繼續

▼ 間京都~ (4, 0.0%)

1 に待たせ, に滞在, のこと, の鎮守

▼ 間人間~ (4, 0.0%)

1 の周圍, の眼光, の運命, はあまり

▼ 間今日~ (4, 0.0%)

1 のやう, の日, までの榮譽, 死ぬか

▼ 間他人~ (4, 0.0%)

1 であつ, の室内, の生活, の行為

▼ 間仲よく~ (4, 0.0%)

2 して 1 付き合って, 泥棒や

▼ 間休息~ (4, 0.0%)

1 すること, するため, も安眠, 致して

▼ 間~ (4, 0.0%)

4 のした

▼ 間何ん~ (4, 0.0%)

1 だって安心, となく, な事, の滞り

▼ 間信一郎~ (4, 0.0%)

2 はその, は夫人

▼ 間働い~ (4, 0.0%)

1 て, ている, て全, て豫定通り

▼ 間別れ~ (4, 0.0%)

2 ていた 1 てゐた, てゐる

▼ 間前方~ (4, 0.0%)

1 から女児等, から女兒等, に迫っ, の画中

▼ 間~ (4, 0.0%)

3 して 1 しの

▼ 間十手~ (4, 0.0%)

3 捕繩 1 にかけ捕縄

▼ 間半蔵~ (4, 0.0%)

1 はあちこち, は名古屋, は寿平次, は連れ

▼ 間~ (4, 0.0%)

1 があけ, に行く, に行っ, の海

▼ 間又は~ (4, 0.0%)

1 兄弟の, 国民間の, 柑子の, 階級間の

▼ 間反目~ (4, 0.0%)

2 して 1 されて, の形勢

▼ 間周囲~ (4, 0.0%)

1 の襖, を取り巻いてる, を青白い, 半里

▼ 間~ (4, 0.0%)

1 のない, をかん, を噛ん, を少し

▼ 間~ (4, 0.0%)

1 ある料理店, の一日都大路, 当惑の, 求めるばかり

▼ 間地獄~ (4, 0.0%)

1 から人命, で燒, に堪へ, のリムボ

▼ 間~ (4, 0.0%)

1 でその, で四国屋, に腰, のかげ

▼ 間~ (4, 0.0%)

1 のそば, のまえ, の前, はまだ

▼ 間~ (4, 0.0%)

1 をあげた, をたてず, を呑んだ, を奪われ

▼ 間夫人~ (4, 0.0%)

1 の指さす, は一室, は下, は何事

▼ 間女房~ (4, 0.0%)

2 は器械的 1 がアロハ氏, を擲っ

▼ 間女教諭~ (4, 0.0%)

2 の縊死 1 と逃亡, もその

▼ 間~ (4, 0.0%)

2 のお 1 が美沢, との間

▼ 間姿~ (4, 0.0%)

1 の見えぬ, を写し, を晦まし, を見せなかった

▼ 間学校~ (4, 0.0%)

1 でお世話, に虐めつづけられ, の勉強, の食堂

▼ 間寝床~ (4, 0.0%)

1 から起きられなかった, にし, のなか, を離れよう

▼ 間左右~ (4, 0.0%)

2 に急激 1 から唐紙, する能はず

▼ 間幕府~ (4, 0.0%)

1 の特權, の軍, の雑訴, の鼻息

▼ 間~ (4, 0.0%)

2 のした 1 な調子, の口調

▼ 間~ (4, 0.0%)

1 もなく, 二十二年七月五日区内築地三丁目十五番地先川中へ, 国ノ, 村内にても

▼ 間彼方~ (4, 0.0%)

1 なる木蔭, の一箇, の草原, の釣堀

▼ 間御無沙汰~ (4, 0.0%)

2 して 1 したね, しました

▼ 間思っ~ (4, 0.0%)

2 ていた 1 ていました, て上げ

▼ 間抜面~ (4, 0.0%)

2 をした 1 の故に, をする

▼ 間持つ~ (4, 0.0%)

1 てゐました, てゐる, て居た, て歩いた

▼ 間~ (4, 0.0%)

3 をし 1 で御苦労

▼ 間~ (4, 0.0%)

1 が六號室, にて妹, より又, 滅法欲求無尽涅槃処

▼ 間昼夜~ (4, 0.0%)

1 の別, をすてず, を分かず, を分たぬ

▼ 間~ (4, 0.0%)

1 がたっ, に, の影響, を待つ

▼ 間~ (4, 0.0%)

1 と能, なる眉, 生干, 遠く市中

▼ 間朝鮮~ (4, 0.0%)

2 の心, の藝術

▼ 間次の間~ (4, 0.0%)

2 寛ぎの 1 に控えた, の唐紙

▼ 間次郎~ (4, 0.0%)

1 の息, の捜索, も新, を見つめ

▼ 間沈默~ (4, 0.0%)

1 があたり, がつづいた, した, を守つて

▼ 間深い~ (4, 0.0%)

1 呼吸を, 山々を, 幸福の, 霧が

▼ 間煙草~ (4, 0.0%)

1 をくゆらし, を吸いたい, を吹かし, を買

▼ 間熱心~ (4, 0.0%)

1 に万年筆, に水, に読み, に養成

▼ 間父母~ (4, 0.0%)

2 の墓, の墓石

▼ 間~ (4, 0.0%)

1 からお, にはいる, に居, の中

▼ 間瑠璃子~ (4, 0.0%)

2 は何人 1 は黙, は黙っ

▼ 間~ (4, 0.0%)

1 と死, の鉄, 命がけの, 飯を

▼ 間田舎~ (4, 0.0%)

1 に住む, に埋れ, の村, の自宅

▼ 間留守~ (4, 0.0%)

1 でその間, にし, をし, を明け

▼ 間~ (4, 0.0%)

1 であるの, なアクタモクタ, にしか理解, の傷

▼ 間盲目~ (4, 0.0%)

2 探しに 1 滅法駆け, 滅法驅

▼ 間~ (4, 0.0%)

1 並んで, 互いに隔てなくし, 伝う帝, 止候様餌さし三十四人え

▼ 間空しく~ (4, 0.0%)

1 動いて, 待ち明かした, 続いた, 自分を

▼ 間~ (4, 0.0%)

1 だつて, なん, になつて, までも間断

▼ 間~ (4, 0.0%)

1 一と, 一の, 一等の, 四の

▼ 間米友~ (4, 0.0%)

2 はその 1 は草鞋, は門前

▼ 間~ (4, 0.0%)

1 して, なし, なし云云, へてゐた

▼ 間老人~ (4, 0.0%)

1 と顔, のなす, の後, は小屋

▼ 間考え込ん~ (4, 0.0%)

2 でいた, で居りました

▼ 間聞え~ (4, 0.0%)

2 ていた 1 ている, ては来た

▼ 間~ (4, 0.0%)

1 に合う, に合うまい, に合わぬ, に就く

▼ 間自然~ (4, 0.0%)

1 な形, に他人, の栄枯盛衰, の理

▼ 間苦しみ~ (4, 0.0%)

1 と悩み, ながらしがみつい, ながら自分, を忍び

▼ 間苦しんだ~ (4, 0.0%)

3 なあ 1 ことが

▼ 間苦行~ (4, 0.0%)

2 した, した所以

▼ 間行き過ぎた~ (4, 0.0%)

1 侍も, 惣太は, 時一つの, 竜之

▼ 間街路~ (4, 0.0%)

2 を歩き廻った 1 をさまよい歩き, を歩いた

▼ 間見た~ (4, 0.0%)

1 ところでは, まいし, まひし, 思いに

▼ 間見守っ~ (4, 0.0%)

2 ていた 1 てい, ている

▼ 間~ (4, 0.0%)

1 しては, つめて, 入って, 凝め

▼ 間親戚~ (4, 0.0%)

1 との間, のよう, の人達, の或

▼ 間誤付く~ (4, 0.0%)

1 ことも, こと多く, より皆, 女跳ね飛ばされ

▼ 間議論~ (4, 0.0%)

1 が色々, した, をし, を重ねた

▼ 間走り~ (4, 0.0%)

1 まはり候, 後が, 猪之, 越したところ

▼ 間身体~ (4, 0.0%)

2 の加減 1 をもがい, を練った

▼ 間返事~ (4, 0.0%)

1 が出来なかった, はどう, をあえて, を寄こさなかった

▼ 間進む~ (4, 0.0%)

2 と土橋 1 と, とその

▼ 間違ぢ~ (4, 0.0%)

3 やない 1 やが

▼ 間違ふか~ (4, 0.0%)

1 と云, も知れない, も知れないで, 分らない私

▼ 間重吉~ (4, 0.0%)

1 の青春, の顔, は彼, は支那兵

▼ 間~ (4, 0.0%)

1 さんと, さんは, とそして, と鱒井

▼ 間雷鳴~ (4, 0.0%)

1 が準備, したり, はげし, はとどろい

▼ 間電燈~ (4, 0.0%)

2 ばかりこうこう 1 の下, を消します

▼ 間~ (4, 0.0%)

1 退きました, 退さり懐中電灯, 退って, 退つて

▼ 間~ (3, 0.0%)

1 あした生活を, ひだの, ひ間

▼ 間あこがれ~ (3, 0.0%)

2 てゐた 1 ていた

▼ 間あちら~ (3, 0.0%)

1 にてお, に控え, へ行ッ

▼ 間あつ~ (3, 0.0%)

1 た, たやう, ちに

▼ 間あまりに~ (3, 0.0%)

2 長い間 1 硝子戸を

▼ 間あるい~ (3, 0.0%)

1 てうしろ, ては立ちどまり, ては立ちどまりした

▼ 間いかに~ (3, 0.0%)

1 彼女を, 悔んで, 我国の

▼ 間いくつ~ (3, 0.0%)

2 か過ぎ 1 かその

▼ 間いづれ~ (3, 0.0%)

1 なり死, にも一艘, に行く

▼ 間いまだに~ (3, 0.0%)

3 夜に

▼ 間おい~ (3, 0.0%)

1 てまた, てもらいたい, 間と

▼ 間おいた~ (3, 0.0%)

2 向うの 1 向うで

▼ 間おなじ~ (3, 0.0%)

1 ような, 暗黒の, 背景の

▼ 間お互い~ (3, 0.0%)

1 に怪しみ, に離れ, の意見

▼ 間かかった~ (3, 0.0%)

1 多くの, 或る, 物も

▼ 間かも~ (3, 0.0%)

1 しれないぞ, 知れない, 知れません松

▼ 間~ (3, 0.0%)

1 は敷, びじろだと, ハ敷申上候

▼ 間こそは~ (3, 0.0%)

1 まだ誰一人, 新井田氏も, 真夏の

▼ 間ことごとく~ (3, 0.0%)

1 マルクスの, 波で, 火焔に

▼ 間これら~ (3, 0.0%)

1 の品々, の詩, の貴族

▼ 間こんなに~ (3, 0.0%)

1 さびしい険しいところ, まで苦心, 暢や

▼ 間じゅう彼~ (3, 0.0%)

1 の全身, の村人, は自分

▼ 間じゅう彼女~ (3, 0.0%)

1 はいっさい無言, は相手, は調味料

▼ 間すら~ (3, 0.0%)

1 忘れがたい, 煤けた天井, 礼仏誦経に

▼ 間する~ (3, 0.0%)

1 なりと謂いぬ, のである, 者も

▼ 間ずつと~ (3, 0.0%)

1 あちらで, 云ひ, 過ぎる

▼ 間~ (3, 0.0%)

2 はしからず 1 はしい

▼ 間~ (3, 0.0%)

1 よとの気配, を用, を見

▼ 間そういう~ (3, 0.0%)

1 事柄に, 光景を, 思い出が

▼ 間そんなに~ (3, 0.0%)

1 も大きな, 目立った存在, 退屈も

▼ 間たくさん~ (3, 0.0%)

1 いいこと, の注視, の葉

▼ 間たり~ (3, 0.0%)

2 天然居士噫 1 各自一個の

▼ 間だる~ (3, 0.0%)

1 っこい, っこい惚れ方, っこく

▼ 間ちがった~ (3, 0.0%)

1 ことする, とわかる, ので丁度

▼ 間ちょうど~ (3, 0.0%)

1 その切窓, ひとか, 頃合の

▼ 間ちょっと~ (3, 0.0%)

1 お母さまの, 太陽を, 御免下さい

▼ 間ついぞ~ (3, 0.0%)

1 一度も, 日の, 顔を

▼ 間つづい~ (3, 0.0%)

1 てゐた, て居ました, て来た

▼ 間づつ~ (3, 0.0%)

2 に曲り 1 隔てたところ

▼ 間~ (3, 0.0%)

1 ふ巌, まえで, ものは

▼ 間できるだけ~ (3, 0.0%)

1 お心持ち, のわがまま, 兄さんの

▼ 間でございました~ (3, 0.0%)

1 がさりとて, がその間, が私

▼ 間でない~ (3, 0.0%)

1 ことも, て居る, に拘らず

▼ 間でなけれ~ (3, 0.0%)

1 ば旅行券, ば書面, ば決して

▼ 間とに~ (3, 0.0%)

1 事を, 実在そのものにとって, 挾んで

▼ 間~ (3, 0.0%)

2 ほに 1 ほなる

▼ 間どれ~ (3, 0.0%)

1 だけ励まされ, だけ緩和, ほどあなた

▼ 間ながめ~ (3, 0.0%)

1 そうして初めて, ていた, ていました

▼ 間などが~ (3, 0.0%)

1 あっては, あるこの, 今日まで

▼ 間などで~ (3, 0.0%)

1 問題に, 用箪笥を, 遊ぶ時

▼ 間などと~ (3, 0.0%)

1 ぬかすん, 呼ぶに, 専ら

▼ 間などには~ (3, 0.0%)

1 かなり卑猥, 珍らしく, 現に一問題

▼ 間なりと~ (3, 0.0%)

1 いふ, お横, ゆく気

▼ 間なん~ (3, 0.0%)

2 の物音 1 の確報

▼ 間なんにも~ (3, 0.0%)

1 たべなかったお, たよりを, 咽喉を

▼ 間にあたる~ (3, 0.0%)

1 後列に, 處には, 高い窓

▼ 間においてさえ~ (3, 0.0%)

1 それぞれの, 誤解され, 類例を

▼ 間にだって~ (3, 0.0%)

1 その一点, 大変な, 逃げられます

▼ 間につき~ (3, 0.0%)

1 七六八日と, 五十銭を, 五十銭高土間一間七円三十銭敷物代同上

▼ 間にという~ (3, 0.0%)

1 のが, 心づかいも, 意

▼ 間にとか~ (3, 0.0%)

2 いくらでももっと役に立つ 1 云ふ

▼ 間にとり~ (3, 0.0%)

1 入って, 容れられたには, 戻して

▼ 間にを~ (3, 0.0%)

1 ぢさんは, つて主人を, る

▼ 間のびた~ (3, 0.0%)

1 呆ん, 声で, 拍子で

▼ 間のみの~ (3, 0.0%)

1 事だ, 事であっ, 混血で

▼ 間はと~ (3, 0.0%)

1 云ったらきり, 申しましても, 見ると

▼ 間ぴたり~ (3, 0.0%)

1 と止った, と物音, と音響

▼ 間ふと~ (3, 0.0%)

2 洩れて 1 中川の

▼ 間ふり~ (3, 0.0%)

1 つづいた梅雨, とばされて, 通した結果

▼ 間ぶっ~ (3, 0.0%)

2 とおし 1 とおして

▼ 間ほどしか~ (3, 0.0%)

2 ない 1 ない古びた

▼ 間ほどに~ (3, 0.0%)

1 なった時, なると, 近付いた時

▼ 間まったく~ (3, 0.0%)

1 火の気なし, 蛮軍なく, 黙った

▼ 間~ (3, 0.0%)

1 ていち早く, ている, てゐる

▼ 間みのる~ (3, 0.0%)

1 が一番, は唯, は鏡

▼ 間むこう~ (3, 0.0%)

1 の麻畑, をゆっくり, を供

▼ 間もと~ (3, 0.0%)

1 し遅し, のま, より自然

▼ 間ゆき過ぎ~ (3, 0.0%)

1 ている, てから振り返る, てから振返る

▼ 間ゆく~ (3, 0.0%)

1 といつのまにか, と右手, と彼

▼ 間よりは~ (3, 0.0%)

1 島と, 直ちに犀川, 青煙閑かに

▼ 間わずか~ (3, 0.0%)

1 な月給, 一年くらいの, 三年九ヵ月ばかりしか

▼ 間われ~ (3, 0.0%)

1 は早く, は貴, を忘れ

▼ 間ケシ~ (3, 0.0%)

1 とんだ場所, とんで, 飛びました

▼ 間ゴーリキイ~ (3, 0.0%)

1 は大衆, は書記, は正義

▼ 間セエラ~ (3, 0.0%)

1 は炉, は舞蹈, をじっと

▼ 間パリ~ (3, 0.0%)

1 に白馬, の中心, の喜び悲しみ

▼ 間マリユス~ (3, 0.0%)

1 とコゼット, はコゼット, は老若

▼ 間ヶ淵~ (3, 0.0%)

1 で死んだ, に沈ん, の底

▼ 間一つ所~ (3, 0.0%)

1 に居れ, に留まっ, に留まつ

▼ 間一切~ (3, 0.0%)

1 のこと, のガラクタ, の動き

▼ 間一寸~ (3, 0.0%)

1 休むに, 手紙を, 縛って

▼ 間一尺~ (3, 0.0%)

1 の小, の軽, もあった

▼ 間一心~ (3, 0.0%)

1 にそれ, に燒けた鍋釜, 同體

▼ 間一応~ (3, 0.0%)

1 おあらため, は当座曲独楽, 閉局の

▼ 間一時~ (3, 0.0%)

1 だって幸子さん, の愛, また支払い

▼ 間一本~ (3, 0.0%)

1 の木, の軍用道路, も吸わない

▼ 間一種~ (3, 0.0%)

1 の何物, の型, の淫売窟

▼ 間~ (3, 0.0%)

1 け娑婆, に過ぎぬ, に限られ

▼ 間上海~ (3, 0.0%)

1 に行く, に行っ, の銀行

▼ 間不和~ (3, 0.0%)

1 が生じた, で後天文十年父信虎, の状態

▼ 間不思議~ (3, 0.0%)

1 な交際, な国々, に涙

▼ 間不自由~ (3, 0.0%)

1 な土窖, な境界, の苦し

▼ 間~ (3, 0.0%)

1 に出る, の人, の批難

▼ 間両手~ (3, 0.0%)

1 で顔, をせ, を握り合せ

▼ 間並ん~ (3, 0.0%)

2 で歩い 1 で立つ

▼ 間久慈~ (3, 0.0%)

1 とテーブル, は真紀子, もふと

▼ 間九篇~ (3, 0.0%)

1 では, と同視, 計三十篇

▼ 間九篇本~ (3, 0.0%)

1 が後, という句, の問題

▼ 間事業~ (3, 0.0%)

1 が偶これ, は江戸風雅, 未だ恢弘

▼ 間二尺~ (3, 0.0%)

2 の竿 1 に余る

▼ 間人事不省~ (3, 0.0%)

1 になっ, に陥つ, の幾時間

▼ 間人類~ (3, 0.0%)

1 がみずから, の上, の女性

▼ 間今年~ (3, 0.0%)

1 こそ彼女, の人, 生まれた子

▼ 間~ (3, 0.0%)

1 なおりという, のいい, も悪かっ

▼ 間仲の間次の間~ (3, 0.0%)

2 寛ぎの 1 の唐紙

▼ 間休む~ (3, 0.0%)

1 ことが, 折も, 調停作用の

▼ 間伸びた~ (3, 0.0%)

2 口調で 1 被布を

▼ 間佇立~ (3, 0.0%)

2 した 1 して

▼ 間住ん~ (3, 0.0%)

1 でいた, でいらし, でゐた

▼ 間何やら~ (3, 0.0%)

1 囁きました, 捜す真似, 考えてる風

▼ 間何者~ (3, 0.0%)

1 なりとも切支丹, なりとも吉利支丹, を待っ

▼ 間依然として~ (3, 0.0%)

1 低いまま, 前外相, 割肝

▼ 間~ (3, 0.0%)

1 を有し, を有す, 甚だ少き

▼ 間~ (3, 0.0%)

1 に, に五哩, に平静

▼ 間僅か~ (3, 0.0%)

2 の時間 1 に数戸

▼ 間~ (3, 0.0%)

1 のため, の手元, の挙動

▼ 間先方~ (3, 0.0%)

2 へ行つて 1 の男

▼ 間入口~ (3, 0.0%)

2 にまっすぐ 1 の方

▼ 間入牢~ (3, 0.0%)

2 して 1 すること

▼ 間八五郎~ (3, 0.0%)

1 に赤塚, は手燭, は生れ

▼ 間六部~ (3, 0.0%)

1 といふもの, と同じく, の方

▼ 間其処~ (3, 0.0%)

1 でまた, に坐, に身

▼ 間其分~ (3, 0.0%)

2 御心得なさるべく 1 御心得あるべく

▼ 間其處~ (3, 0.0%)

1 でまた, で本, にこの

▼ 間~ (3, 0.0%)

1 になる, の夜道, の長い

▼ 間切り~ (3, 0.0%)

1 だった, の二階, の狭苦しい

▼ 間勉強~ (3, 0.0%)

1 しそれから, して, で神経

▼ 間十五間~ (3, 0.0%)

1 と廊下, と感じる, の間

▼ 間千枝子~ (3, 0.0%)

1 から手紙, は壁際, は黙っ

▼ 間厄介~ (3, 0.0%)

1 になってた, になろう, に成っ

▼ 間叔父~ (3, 0.0%)

1 の雑誌, はどんな, はにこにこ

▼ 間~ (3, 0.0%)

2 の一度 1 蝉の

▼ 間~ (3, 0.0%)

1 には噴水, 之段, 御許し

▼ 間~ (3, 0.0%)

1 じき心無し, 一人と, 処に

▼ 間同一~ (3, 0.0%)

2 の運命 1 の言語

▼ 間~ (3, 0.0%)

1 ふに, ふの, ふへ

▼ 間四間~ (3, 0.0%)

1 ほとんど絢爛, 乃至は, 置きぐらいに

▼ 間地下~ (3, 0.0%)

1 に圧迫, に秘められ, に隠れ

▼ 間地方~ (3, 0.0%)

2 の中学 1 に行つて

▼ 間地球~ (3, 0.0%)

2 と一所 1 と一緒

▼ 間~ (3, 0.0%)

1 つてお出でせう, 禪組んで, 談を

▼ 間坐っ~ (3, 0.0%)

2 ている 1 ていられない

▼ 間埋められ~ (3, 0.0%)

3 ていた

▼ 間~ (3, 0.0%)

1 と壁, のすぐ, の厚

▼ 間~ (3, 0.0%)

1 な男, な顔, に可笑しく

▼ 間外国~ (3, 0.0%)

1 にいた, に付属, を旅行

▼ 間多少~ (3, 0.0%)

1 不安を, 減じて, 物珍らし

▼ 間大事~ (3, 0.0%)

2 にし 1 にかけてゐた

▼ 間大師~ (3, 0.0%)

1 すべき方, は西明寺, を待たせました

▼ 間天下~ (3, 0.0%)

1 に無敵, の人ニ, をお

▼ 間天井~ (3, 0.0%)

2 と床 1 までは一丈三尺

▼ 間天皇~ (3, 0.0%)

1 のお, の位, の魂

▼ 間夫婦~ (3, 0.0%)

1 でありながら, のゆきかい, の間

▼ 間始め~ (3, 0.0%)

1 から終り, て円滑, て鶯語

▼ 間家康~ (3, 0.0%)

2 はすでに 1 の声

▼ 間寒い~ (3, 0.0%)

2 風をよ 1 夜暑い

▼ 間~ (3, 0.0%)

1 子同行被, 寂しい畑道, 茶ちゃんにも

▼ 間小さい~ (3, 0.0%)

1 余吾之, 虫は, 黒髪の

▼ 間小川~ (3, 0.0%)

1 によった, の死体, の流

▼ 間小生~ (3, 0.0%)

1 さよう, もついに, も思わず

▼ 間小説~ (3, 0.0%)

1 が全く, さえ発表, を書かない

▼ 間少年~ (3, 0.0%)

1 は令嬢室, は私, は背

▼ 間~ (3, 0.0%)

1 の女, の棟, の色子

▼ 間~ (3, 0.0%)

1 といふ大, の下, の間

▼ 間~ (3, 0.0%)

1 というの, の上り道, の方

▼ 間巡礼~ (3, 0.0%)

1 すると, に暮した, の歌

▼ 間左手~ (3, 0.0%)

2 は祠 1

▼ 間幾度~ (3, 0.0%)

1 かこの, か女史, も幾度

▼ 間広告~ (3, 0.0%)

1 がモスク, でもう, で申込

▼ 間~ (3, 0.0%)

1 には静子, には靜子, を外し

▼ 間座敷~ (3, 0.0%)

1 に通った, へ出た, を貸し

▼ 間~ (3, 0.0%)

2 の隅 1 に立ちつくし

▼ 間庸三~ (3, 0.0%)

1 との連絡, に作品, は下

▼ 間弁護士~ (3, 0.0%)

1 に立山, の不愉快, を自分

▼ 間~ (3, 0.0%)

1 っこい, っこく, ツこい

▼ 間~ (3, 0.0%)

2 に藥 1 に薬

▼ 間~ (3, 0.0%)

1 を密め, を消す, を潜め

▼ 間~ (3, 0.0%)

2 暮して 1 遠で

▼ 間~ (3, 0.0%)

1 しく雪解, な坂, に秋蘭

▼ 間恋人~ (3, 0.0%)

2 のこと 1 の間

▼ 間愛し~ (3, 0.0%)

1 て, て頂いた, 愛されて

▼ 間~ (3, 0.0%)

1 とは般若寺坂, の癩者, の起原

▼ 間打っこ抜いた~ (3, 0.0%)

2 室が 1 離屋に

▼ 間放つ~ (3, 0.0%)

1 てある, ておく, て置い

▼ 間教育~ (3, 0.0%)

1 されそこ, してから, をうけた

▼ 間散歩~ (3, 0.0%)

1 ができなくなっ, に出, をつ

▼ 間敷哉~ (3, 0.0%)

1 に奉, 又は立論, 若しこれ

▼ 間早々~ (3, 0.0%)

1 人数召連レラレ罷, 彼の, 御求

▼ 間早速~ (3, 0.0%)

1 申し遣し候, 返報有之度候, 馬上にて

▼ 間~ (3, 0.0%)

1 のまま, の裏, の軽率

▼ 間暗い~ (3, 0.0%)

2 翳に 1 山の手の

▼ 間暮した~ (3, 0.0%)

1 ためか, フラム・フリスタ・スパシーチェリヤの, 女が

▼ 間曳く~ (3, 0.0%)

2 というの 1 気に

▼ 間最も~ (3, 0.0%)

1 有力であった, 熱心に, 親しんで

▼ 間最初~ (3, 0.0%)

1 と同じ, のうち, の四半期

▼ 間最大~ (3, 0.0%)

2 最高級 1 の好奇心

▼ 間本当に~ (3, 0.0%)

2 美奈子さんの 1 その間だけ

▼ 間~ (3, 0.0%)

1 から村, から筑後, に對

▼ 間栄介~ (3, 0.0%)

1 は腕組み, は近く, は黙々

▼ 間~ (3, 0.0%)

1 での修法, よく復讐, よく雪

▼ 間~ (3, 0.0%)

1 のかげ, や野, 荒つ

▼ 間~ (3, 0.0%)

1 とは年来, の, のお話

▼ 間樹木~ (3, 0.0%)

1 に蔽われ, の姿, の簇生

▼ 間機会~ (3, 0.0%)

2 の来る 1 を逸し

▼ 間~ (3, 0.0%)

1 の男柱一つ取り闕ぎて, の男柱一箇, を引き

▼ 間欄干~ (3, 0.0%)

1 に倚, に倚つて下, の隅

▼ 間欧州~ (3, 0.0%)

1 では疫病, におけるファッショ対コンミュニズム, の光明

▼ 間此段~ (3, 0.0%)

1 御披露申上候, 御訴申上候, 御通達申上候

▼ 間死ん~ (3, 0.0%)

2 でいた 1 でしまいます

▼ 間母子~ (3, 0.0%)

2 して 1 の間柄

▼ 間気絶~ (3, 0.0%)

1 したまま, して, せる後

▼ 間~ (3, 0.0%)

1 に覆われ, のごとく, のよう

▼ 間求め~ (3, 0.0%)

1 ていた, ている, て居た

▼ 間~ (3, 0.0%)

1 が蒼白, の善言, の郷土

▼ 間決して~ (3, 0.0%)

1 あんけらかん, つかまらずに, 主人の

▼ 間泣い~ (3, 0.0%)

2 てゐた 1 ていた

▼ 間浮世~ (3, 0.0%)

1 のなみ, の転変, の風

▼ 間海外~ (3, 0.0%)

1 に生活, に留學, の傑作

▼ 間海岸~ (3, 0.0%)

1 にて漁猟等これ, に沿う, を離れ

▼ 間~ (3, 0.0%)

1 がつづけ, にぬれた, の出る

▼ 間満足~ (3, 0.0%)

1 したに, して, に発展

▼ 間滯在~ (3, 0.0%)

2 して 1 したイタリー

▼ 間無く~ (3, 0.0%)

1 座へ, 繁鳴く, 翌二年文学博士

▼ 間無意識~ (3, 0.0%)

1 にてくてく, に恐怖, に砂浜

▼ 間無理~ (3, 0.0%)

1 な勤, な金, にこの

▼ 間片時~ (3, 0.0%)

2 も心 1 も瞳

▼ 間牛乳代~ (3, 0.0%)

1 をもらう, を貰う, を貰える

▼ 間~ (3, 0.0%)

1 の格好, の格巧, をしっかり

▼ 間狭い~ (3, 0.0%)

1 のは, 六畳の, 部屋の

▼ 間甘い~ (3, 0.0%)

2 物も 1 ものを

▼ 間甚だ~ (3, 0.0%)

1 不充分なる, 不熱心乍ら, 穏か

▼ 間~ (3, 0.0%)

1 と女, の顔, は背後

▼ 間白い~ (3, 0.0%)

1 歯を, 眼で, 靄の

▼ 間真実~ (3, 0.0%)

1 のこと, をおおい隠す, 死ぬほど

▼ 間眠っ~ (3, 0.0%)

2 ていた 1 てい

▼ 間瞑目~ (3, 0.0%)

1 した, したのち, して

▼ 間祈り~ (3, 0.0%)

1 かつ咽ぶ, をし, を捧げました

▼ 間~ (3, 0.0%)

2 の終り 1 の空

▼ 間種々~ (3, 0.0%)

1 な不幸, な物, の暴虐

▼ 間空家~ (3, 0.0%)

2 になつて 1 になっ

▼ 間終始~ (3, 0.0%)

1 御者の, 我心目の, 漢族の

▼ 間絶間~ (3, 0.0%)

1 なく下, なく仲間同志, なく発作

▼ 間縛られ~ (3, 0.0%)

1 ていた, てゐた, て布團むし

▼ 間~ (3, 0.0%)

1 が筆者, と共に招がれ, のお

▼ 間~ (3, 0.0%)

2 へ込ん 1 へ拔

▼ 間考へ~ (3, 0.0%)

1 てから目, ても見, て研究

▼ 間肉体~ (3, 0.0%)

3 と一つ

▼ 間~ (3, 0.0%)

1 に抱かれ, をこまねい, を預け

▼ 間~ (3, 0.0%)

1 をおとし, をかけ, を下ろし

▼ 間興味~ (3, 0.0%)

2 の乗らない 1 よりはむしろ

▼ 間舞台~ (3, 0.0%)

1 にか, にそれら, は空虚

▼ 間~ (3, 0.0%)

1 に乗っ, を曳いた, を漕ぐ

▼ 間芸術~ (3, 0.0%)

1 なの, の喜悦, や学問

▼ 間苦し~ (3, 0.0%)

1 さう, まされたの, 相に

▼ 間苦勞~ (3, 0.0%)

1 して, しました, しましたが

▼ 間苦心~ (3, 0.0%)

3 に苦心

▼ 間葉子~ (3, 0.0%)

1 はこの, は引きつけられる, は杯

▼ 間~ (3, 0.0%)

2 古に 1 古の

▼ 間薄暗い~ (3, 0.0%)

1 僕の, 獄舎の, 裏町を

▼ 間行き過ぎ~ (3, 0.0%)

1 てからそっと, てからふと, てから安行

▼ 間行われ~ (3, 0.0%)

1 これにより, ていた, て居た

▼ 間行方~ (3, 0.0%)

2 を晦まし 1 知れずに

▼ 間行燈~ (3, 0.0%)

1 のそば, の光, の掛かった

▼ 間見えなく~ (3, 0.0%)

2 とも必ず 1 なつた

▼ 間見ず~ (3, 0.0%)

1 にいる, にゐた, にゐる

▼ 間見つめ~ (3, 0.0%)

1 ていた, ている, てゐた

▼ 間見なかった~ (3, 0.0%)

1 のである, 白いかたいご飯, 間に

▼ 間見物~ (3, 0.0%)

1 がてら, しただけ, してね

▼ 間親類~ (3, 0.0%)

2 の掛り人 1 へでも何処

▼ 間~ (3, 0.0%)

1 が文壇, といえ, はすべて韻文

▼ 間話しこん~ (3, 0.0%)

1 でいた, でいっ, でゆく

▼ 間語り~ (3, 0.0%)

1 あつた, と言, の修羅

▼ 間貴方~ (3, 0.0%)

1 の手, を待つ, を愛し

▼ 間貴様~ (3, 0.0%)

21 は犬

▼ 間貸し~ (3, 0.0%)

2 てくん 1 てやった

▼ 間走った~ (3, 0.0%)

1 ところで, のでそれ, ので身体

▼ 間~ (3, 0.0%)

1 の方, をブラブラ, を停めた

▼ 間躊躇~ (3, 0.0%)

1 した, して, に躊躇

▼ 間身内~ (3, 0.0%)

1 と一緒, の者, も冷え切る

▼ 間辛棒~ (3, 0.0%)

2 して 1 に辛棒

▼ 間~ (3, 0.0%)

1 の甚, は主, を学び

▼ 間違つた希望~ (3, 0.0%)

2 に依る 1 のため

▼ 間違つた見方~ (3, 0.0%)

2 をした 1 感じ方

▼ 間違はず~ (3, 0.0%)

1 に握る, に走る, 付けて

▼ 間違ひなん~ (3, 0.0%)

1 かありません, だが, です

▼ 間違へた~ (3, 0.0%)

2 に違 1 ほどです

▼ 間違ッ~ (3, 0.0%)

1 たか, た人, ていかぬ

▼ 間重富~ (3, 0.0%)

1 が寛政改暦, が徴せられ, のごとき

▼ 間金吾~ (3, 0.0%)

1 はしばしば, はなき, は自分

▼ 間金太郎~ (3, 0.0%)

1 が杜若, に寄す, の

▼ 間~ (3, 0.0%)

2 の中 1 に座し

▼ 間~ (3, 0.0%)

1 にいる, にはげしい, の方

▼ 間隠し~ (3, 0.0%)

1 ておられた, てやりました, て置い

▼ 間~ (3, 0.0%)

3 の間

▼ 間離れたら~ (3, 0.0%)

1 もう人一人, モウ人一人ゐない, 無地に

▼ 間雨戸~ (3, 0.0%)

1 は閉ぢ, を繰っ, を閉め切り開けた

▼ 間電車~ (3, 0.0%)

1 の窓, の線路, の行列

▼ 間~ (3, 0.0%)

1 にて徒歩, に立つ, の屋

▼ 間~ (3, 0.0%)

1 があまりに, が亡び, の発した

▼ 間音信不通~ (3, 0.0%)

2 にし 1 でゐ

▼ 間~ (3, 0.0%)

1 だ, で後ろ, に出来た

▼ 間食事~ (3, 0.0%)

1 と入浴, の時, の時間

▼ 間飲まず食わず~ (3, 0.0%)

1 じゃ両, に平気, 胡乱つい

▼ 間~ (3, 0.0%)

1 になっ, をとめ, を働かす

▼ 間驚くべき~ (3, 0.0%)

1 努力で, 該博な, 豪気の

▼ 間~ (3, 0.0%)

1 の手入, をいれず, を容れざる

▼ 間黙つ~ (3, 0.0%)

1 たま, ていた, てゐる

▼ 間ああ~ (2, 0.0%)

1 したもの, して

▼ 間あえて~ (2, 0.0%)

1 人には, 薄給を

▼ 間あさひ~ (2, 0.0%)

1 はどういう, は生れ

▼ 間あそこ~ (2, 0.0%)

1 にゐた, に坐っ

▼ 間あたし~ (2, 0.0%)

1 と二人っきり, に借しとい

▼ 間あちこち~ (2, 0.0%)

1 して, の田舎

▼ 間あった~ (2, 0.0%)

1 という, わけです

▼ 間あっち~ (2, 0.0%)

1 へ, へいっとれ

▼ 間あなた様~ (2, 0.0%)

1 にとつて何者, のお

▼ 間あら~ (2, 0.0%)

1 ばたちまち, ば乞

▼ 間あるき出し~ (2, 0.0%)

1 てから小声, て不

▼ 間あれこれ~ (2, 0.0%)

1 と話した, のいきさつ

▼ 間あんた~ (2, 0.0%)

1 にも厄介, の方

▼ 間あんまり~ (2, 0.0%)

1 しゃべると, ひどい寒さ

▼ 間いずれ~ (2, 0.0%)

1 がさき, 俺の

▼ 間いた~ (2, 0.0%)

1 けれども家, 米国人の

▼ 間いっしょ~ (2, 0.0%)

2 にいる

▼ 間いと~ (2, 0.0%)

1 久しうして, 久しくて

▼ 間いとも~ (2, 0.0%)

2 長き間

▼ 間いま~ (2, 0.0%)

1 までになかっ, を逸し

▼ 間いやしき~ (2, 0.0%)

2 血一滴まぜし

▼ 間いろいろ苦心~ (2, 0.0%)

2 をし

▼ 間いわば~ (2, 0.0%)

1 宿直の, 根の

▼ 間いわゆる~ (2, 0.0%)

1 戦争予算を, 西欧交通の

▼ 間うち~ (2, 0.0%)

1 案じた, 沈んで

▼ 間うっとり~ (2, 0.0%)

1 としました, と自分

▼ 間うとうと~ (2, 0.0%)

1 とし, とした

▼ 間おきぐらゐに配置~ (2, 0.0%)

2 されて

▼ 間おじいさん~ (2, 0.0%)

1 の小さい, は町

▼ 間おと~ (2, 0.0%)

1 とさま, よさん

▼ 間およそ~ (2, 0.0%)

1 気は, 生きて

▼ 間お初~ (2, 0.0%)

1 のこと, はさっき

▼ 間お前さん~ (2, 0.0%)

2 が番頭

▼ 間お金~ (2, 0.0%)

1 で買える, は傍

▼ 間お雪~ (2, 0.0%)

1 が竜, に導かれ

▼ 間かうし~ (2, 0.0%)

1 て二人, て置い

▼ 間かからなけれ~ (2, 0.0%)

1 ばそれ, ば父親

▼ 間かく~ (2, 0.0%)

1 を置い, 信じきたったこと

▼ 間かつて~ (2, 0.0%)

1 変ること, 思い出したこと

▼ 間かなり~ (2, 0.0%)

1 の傾斜, 長い時

▼ 間がほど~ (2, 0.0%)

1 五壇に, 前へ

▼ 間がまん~ (2, 0.0%)

1 おし, して

▼ 間がり~ (2, 0.0%)

1 をし, 生活の

▼ 間きまって~ (2, 0.0%)

1 これが, 二三カ月に

▼ 間ぎわになってお蝶~ (2, 0.0%)

2 がなぜ

▼ 間くらいは~ (2, 0.0%)

1 あるであろう, やっぱり何だか気

▼ 間ぐらゐ~ (2, 0.0%)

2 離れて

▼ 間ぐらゐの幅~ (2, 0.0%)

2 で磯

▼ 間こうした~ (2, 0.0%)

1 事に, 機会が

▼ 間こっそり~ (2, 0.0%)

1 と川上, 気を

▼ 間こっち~ (2, 0.0%)

1 のふところ, へ来

▼ 間この世~ (2, 0.0%)

1 から隔離, にうろつい

▼ 間さきでかう~ (2, 0.0%)

2 言つた

▼ 間さして~ (2, 0.0%)

1 は心, 駈け入ろう

▼ 間さびしい~ (2, 0.0%)

1 のを, 思いを

▼ 間さん私貴方~ (2, 0.0%)

1 に向, を殺し

▼ 間ざらざら~ (2, 0.0%)

2

▼ 間しいんと~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 間しづ~ (2, 0.0%)

1 み児ろ我, み出で

▼ 間ずつに~ (2, 0.0%)

1 仕切られた長屋, 折れては

▼ 間ずつの~ (2, 0.0%)

1 段々を, 部屋が

▼ 間そっち~ (2, 0.0%)

1 の方, へ置いとい

▼ 間そっと~ (2, 0.0%)

1 しといて, 御老母

▼ 間そのままじっと~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 間その間~ (2, 0.0%)

1 にほ, の光り

▼ 間そば~ (2, 0.0%)

2 にをり

▼ 間たいへん~ (2, 0.0%)

1 さびしくなりました, 奮闘した

▼ 間たたずん~ (2, 0.0%)

1 だり円塔, でいた

▼ 間ただ一人~ (2, 0.0%)

1 でさまよう, の日本人

▼ 間ためら~ (2, 0.0%)

2 つたやう

▼ 間たる~ (2, 0.0%)

1 やユウ, 華族会館に

▼ 間だけには~ (2, 0.0%)

1 君とか, 破れた琉球畳

▼ 間だに~ (2, 0.0%)

1 与えたまわざるや, 親交有る

▼ 間だれ~ (2, 0.0%)

1 もが確か, も出入り

▼ 間ちがえる~ (2, 0.0%)

1 とナイフ, のが

▼ 間ちら~ (2, 0.0%)

1 とそこ, と眼

▼ 間つづいた~ (2, 0.0%)

1 がやがて, だけだった

▼ 間つづきで~ (2, 0.0%)

1 その両方, 六畳の

▼ 間つて~ (2, 0.0%)

1 もの村中, 随分喰

▼ 間つとめ~ (2, 0.0%)

1 てゐる, を休んだ

▼ 間つねに~ (2, 0.0%)

1 かの女ら, 天下の

▼ 間つまり~ (2, 0.0%)

1 写真の, 応接間を

▼ 間つめたい~ (2, 0.0%)

1 土に, 草を

▼ 間であったろう~ (2, 0.0%)

1 かそれ, と思う

▼ 間でかく~ (2, 0.0%)

1 も一般的, 宙返りを

▼ 間でさえも~ (2, 0.0%)

1 あの通り, 自殺か

▼ 間でのみ~ (2, 0.0%)

1 戦争は, 生活し

▼ 間とい~ (2, 0.0%)

2 へり

▼ 間といった~ (2, 0.0%)

1 のへ, 体裁で

▼ 間といふも~ (2, 0.0%)

1 可笑しく縦し, 可笑しく縱

▼ 間といふもの~ (2, 0.0%)

1 体を, 私は

▼ 間とうてい~ (2, 0.0%)

1 おそば, この現実

▼ 間ときどき~ (2, 0.0%)

1 掻巻の, 立ちどまつて

▼ 間としても~ (2, 0.0%)

1 お雪ちゃんだけが, 全部の

▼ 間どうか~ (2, 0.0%)

1 して, 待って

▼ 間どうにか~ (2, 0.0%)

1 保証される, 斯うにか

▼ 間どまり~ (2, 0.0%)

1 といわれ, のところ

▼ 間なお~ (2, 0.0%)

1 二度ばかり, 城中の

▼ 間なかりし~ (2, 0.0%)

1 とぞ, を

▼ 間なけれ~ (2, 0.0%)

1 ばとて一たび市民, ば人

▼ 間なぞ~ (2, 0.0%)

1 であった万, の附いた

▼ 間なぞを~ (2, 0.0%)

1 分けて, 猟師の

▼ 間などの~ (2, 0.0%)

1 手ずさみで, 車中風景は

▼ 間なりし~ (2, 0.0%)

1 ことしるべし, とは云

▼ 間なんかには~ (2, 0.0%)

1 とても出来やしない, キットおばあさま

▼ 間なんぞは~ (2, 0.0%)

1 こんなにグチャグチャ, 病中散らかした

▼ 間なんとか~ (2, 0.0%)

1 その訳, 繋げると

▼ 間なんら~ (2, 0.0%)

1 の不足, の効果

▼ 間においてよりも~ (2, 0.0%)

1 遙かに, 遥かに

▼ 間にから~ (2, 0.0%)

1 だが, だ中

▼ 間にだけは~ (2, 0.0%)

1 披露された, 自分の

▼ 間にね~ (2, 0.0%)

1 ハアディーの, 私ねむられない

▼ 間にはか~ (2, 0.0%)

1 やうな, ような

▼ 間にはも~ (2, 0.0%)

2 うちやんと

▼ 間にもねえ~ (2, 0.0%)

1 さあねえ, 袷の

▼ 間にや~ (2, 0.0%)

1 わらを, 五倍に

▼ 間にわ~ (2, 0.0%)

2 づかに

▼ 間にんじん~ (2, 0.0%)

1 はそいつ, は眠り

▼ 間ぬけだ~ (2, 0.0%)

1 な, ねえ

▼ 間のね~ (2, 0.0%)

1 うちであった, え混雑

▼ 間のみが~ (2, 0.0%)

1 かような, 人を

▼ 間はたらい~ (2, 0.0%)

1 てあせ, てばかりいた

▼ 間~ (2, 0.0%)

1 たきを, なれの

▼ 間ばかりか~ (2, 0.0%)

1 一村の, 江戸の

▼ 間ばかりしか~ (2, 0.0%)

1 ない粗末, なくて

▼ 間ばかりずつ~ (2, 0.0%)

1 真直に, 間隔を

▼ 間ばかりに~ (2, 0.0%)

1 して, 棲む小鳥

▼ 間ひどい~ (2, 0.0%)

1 時期には, 腸の

▼ 間ひろ子~ (2, 0.0%)

1 と同じ, は一度

▼ 間ぶつ通し~ (2, 0.0%)

2 でやる

▼ 間へだてた~ (2, 0.0%)

1 中廊下, 地点まで

▼ 間へん~ (2, 0.0%)

2 に息苦しい

▼ 間ほか~ (2, 0.0%)

1 の慾, はなれ

▼ 間ほしい~ (2, 0.0%)

1 なこの, などというの

▼ 間ほどは~ (2, 0.0%)

1 なれて, 腫ら脛まで

▼ 間ほどを~ (2, 0.0%)

1 まったくの, 曲り角まで

▼ 間ほんとう~ (2, 0.0%)

1 にほんとう, に長い

▼ 間ほんとに~ (2, 0.0%)

1 戯曲を, 済まなかった

▼ 間ぼく~ (2, 0.0%)

1 はいま手, は眠っ

▼ 間まあ~ (2, 0.0%)

1 い間にあう, 一茶の

▼ 間まことに~ (2, 0.0%)

1 ひた向き, 比類も

▼ 間まじめ~ (2, 0.0%)

1 な御用, に勤め

▼ 間までの~ (2, 0.0%)

1 留守番を, 間は

▼ 間までも~ (2, 0.0%)

1 めずらしそう, 時々聞え

▼ 間まめ~ (2, 0.0%)

1 に勤め, に女中頭

▼ 間みなさん~ (2, 0.0%)

1 いつも競馬, が自分

▼ 間みなみ~ (2, 0.0%)

1 な人質, な安き

▼ 間もしくは~ (2, 0.0%)

1 すっかり手, 同盟国民の

▼ 間もずつと~ (2, 0.0%)

1 紅殻格子の, 通譯として

▼ 間もはや~ (2, 0.0%)

1 一度も, 眠りも

▼ 間やった~ (2, 0.0%)

1 けれどお, ことが

▼ 間やみ~ (2, 0.0%)

1 になっ, のなか

▼ 間よりか~ (2, 0.0%)

2 歌を

▼ 間ろくな~ (2, 0.0%)

2 陽の

▼ 間ろくろく~ (2, 0.0%)

1 着物を, 草も

▼ 間キャラコさん~ (2, 0.0%)

1 のひそか, は玄関脇

▼ 間トラック~ (2, 0.0%)

1 にゆられた, の通る

▼ 間トラ子女史~ (2, 0.0%)

1 によって発見, は同

▼ 間ドロシイ~ (2, 0.0%)

2 は絶えず

▼ 間バス~ (2, 0.0%)

1 で少し, などにのっ

▼ 間フランス~ (2, 0.0%)

1 から優れた, の山

▼ 間~ (2, 0.0%)

1 下リテ行クト敏子ガ待ッテイタ, 行コウトシタノデアッタガソノ時奇怪ナ

▼ 間ベッキイ~ (2, 0.0%)

1 はまるで, は部屋

▼ 間ホテル~ (2, 0.0%)

1 のロビイ, の内外

▼ 間ポローニヤス~ (2, 0.0%)

1 がこの, の失脚

▼ 間ロウマ~ (2, 0.0%)

1 の武器, の辺境地方

▼ 間一しょ~ (2, 0.0%)

1 にした, に暮し

▼ 間一ツ~ (2, 0.0%)

1 になっ, の卓子

▼ 間一パイ~ (2, 0.0%)

1 に新聞, に飛廻る

▼ 間一代~ (2, 0.0%)

1 のうめき声, は下腹

▼ 間一切災害不加正直忠信之人祈願仕候間其地吾一家~ (2, 0.0%)

2 に不

▼ 間一味~ (2, 0.0%)

2 の連絡

▼ 間一息~ (2, 0.0%)

1 いれると, もしない

▼ 間一方~ (2, 0.0%)

1 で雲井, は勝手

▼ 間一瞬~ (2, 0.0%)

1 に破壊, のま

▼ 間一軒~ (2, 0.0%)

1 の人家, の家

▼ 間一途~ (2, 0.0%)

1 に思いつめ, に没頭

▼ 間一面~ (2, 0.0%)

1 に並ん, の押し入れ

▼ 間三年~ (2, 0.0%)

1 つづいて, でも五年

▼ 間三歳~ (2, 0.0%)

1 に亘り, を減じ

▼ 間三藏~ (2, 0.0%)

1 の頭, は俳句

▼ 間三里~ (2, 0.0%)

1 だけはいつも, の道

▼ 間下る~ (2, 0.0%)

1 と劒沢, 時は

▼ 間不安~ (2, 0.0%)

1 に思う, に暮らし

▼ 間世の常~ (2, 0.0%)

2

▼ 間世界中~ (2, 0.0%)

1 で卵, の新聞

▼ 間丸太~ (2, 0.0%)

2 に論

▼ 間丹精~ (2, 0.0%)

1 して, を込め

▼ 間乍憚~ (2, 0.0%)

1 御休心可, 御掛念

▼ 間~ (2, 0.0%)

1 るを, る場合

▼ 間九穂子~ (2, 0.0%)

1 と共に銀座清新軒, と歳晩

▼ 間~ (2, 0.0%)

1 た戸前, の間

▼ 間二三日~ (2, 0.0%)

1 のところ, 置いて

▼ 間二十間~ (2, 0.0%)

1 の際, 程急湍

▼ 間二日~ (2, 0.0%)

1 をこ, 飛んだので

▼ 間二枚~ (2, 0.0%)

1 さし上げ申し候, のお

▼ 間~ (2, 0.0%)

1 ひ爭つて, ふ可

▼ 間~ (2, 0.0%)

2 ひに

▼ 間五十間~ (2, 0.0%)

1 は凡, もある

▼ 間五尺~ (2, 0.0%)

1 あって, 但し堀底

▼ 間亜鉛~ (2, 0.0%)

2 の板

▼ 間交渉~ (2, 0.0%)

1 のなかっ, も往来

▼ 間~ (2, 0.0%)

1 之レニ同, 吟諷し

▼ 間人家~ (2, 0.0%)

1 の櫛比, は皆山

▼ 間仏蘭西~ (2, 0.0%)

1 で百姓生活, とかに公使

▼ 間他家~ (2, 0.0%)

1 の地面, へ留守居

▼ 間付き~ (2, 0.0%)

1 の大きな, の離れ造り

▼ 間代っ~ (2, 0.0%)

1 てくれ, て手品水芸

▼ 間代る代る~ (2, 0.0%)

2 の武力

▼ 間伊織~ (2, 0.0%)

1 の身, をつれ

▼ 間休ませ~ (2, 0.0%)

1 ていただきたい, て貰

▼ 間休暇~ (2, 0.0%)

1 の無い, を貰つて

▼ 間伝承~ (2, 0.0%)

1 から得た, を研究

▼ 間伯父~ (2, 0.0%)

1 は色々, は黙っ

▼ 間伸子たち~ (2, 0.0%)

1 の存在, は十二月中旬

▼ 間低い~ (2, 0.0%)

1 天井下の, 灌木の

▼ 間住みなれた~ (2, 0.0%)

1 平和な, 障子の

▼ 間住んだ~ (2, 0.0%)

1 土地を, 平一郎の

▼ 間住居~ (2, 0.0%)

1 とやらにでもなりんす, などと騒い

▼ 間何となく~ (2, 0.0%)

1 満足し, 物足らない

▼ 間何人~ (2, 0.0%)

1 にも面會, も口

▼ 間何故~ (2, 0.0%)

1 それは, 自分が

▼ 間余幅~ (2, 0.0%)

2 は二間半

▼ 間使~ (2, 0.0%)

1 に行き, ひ慣らして

▼ 間使用~ (2, 0.0%)

1 した, せられなかった鍵

▼ 間価格~ (2, 0.0%)

1 が決して, の要素

▼ 間便り~ (2, 0.0%)

1 のない, もなく

▼ 間俊寛~ (2, 0.0%)

1 の生活, は畑

▼ 間俺達~ (2, 0.0%)

1 あ歯, は待っ

▼ 間借り~ (2, 0.0%)

1 ている, てゐる

▼ 間倭國~ (2, 0.0%)

2 大亂

▼ 間停止的~ (2, 0.0%)

2 でありその

▼ 間~ (2, 0.0%)

2 の胸

▼ 間~ (2, 0.0%)

1 にゐ, へ行っ

▼ 間傍観~ (2, 0.0%)

1 して, するという

▼ 間僕自身~ (2, 0.0%)

2 の経験

▼ 間僕達~ (2, 0.0%)

1 はすっかり, は疑ひ

▼ 間兄弟~ (2, 0.0%)

1 はぽかんと, へ宜

▼ 間光っ~ (2, 0.0%)

2 ている

▼ 間入れ~ (2, 0.0%)

1 て置かれる, て身体

▼ 間入院~ (2, 0.0%)

1 した, するだけの

▼ 間八疊~ (2, 0.0%)

1 と十疊, の贅

▼ 間六疊~ (2, 0.0%)

1 と三疊, の方

▼ 間六間~ (2, 0.0%)

1 の先, は何ん

▼ 間六面~ (2, 0.0%)

2 の大

▼ 間共同~ (2, 0.0%)

1 の基準, の生活

▼ 間其の~ (2, 0.0%)

1 子供達を, 表現俳優の

▼ 間其台下通行~ (2, 0.0%)

2 の節

▼ 間其角一派~ (2, 0.0%)

2 が濫用

▼ 間~ (2, 0.0%)

1 ての内, てより

▼ 間~ (2, 0.0%)

1 へ内, も外

▼ 間内儀~ (2, 0.0%)

1 のお, の葬

▼ 間内外~ (2, 0.0%)

2 となる

▼ 間~ (2, 0.0%)

1 い思い, い潮

▼ 間出入り~ (2, 0.0%)

1 して, を自由

▼ 間出来る~ (2, 0.0%)

1 から住み, 丈の

▼ 間~ (2, 0.0%)

1 の経路, 離されて

▼ 間利慾権勢~ (2, 0.0%)

2 に目

▼ 間到る~ (2, 0.0%)

2 所に

▼ 間前途~ (2, 0.0%)

1 へ出, へ離れた

▼ 間努め~ (2, 0.0%)

1 て奉仕, に努め

▼ 間勝平~ (2, 0.0%)

2 は瑠璃子

▼ 間勤め~ (2, 0.0%)

1 ていた, て自分

▼ 間化す~ (2, 0.0%)

1 ことを, 事が

▼ 間北海道~ (2, 0.0%)

1 のニセコアンヌプリ, も何とか

▼ 間十兵衛~ (2, 0.0%)

1 はそんな, は遂に

▼ 間千世子~ (2, 0.0%)

1 は, は母親

▼ 間半以上~ (2, 0.0%)

1 でないと, もあるでしょう

▼ 間半位~ (2, 0.0%)

1 のもの, の部屋

▼ 間半四方~ (2, 0.0%)

1 の小さい, ほどの小屋

▼ 間半間口~ (2, 0.0%)

1 で表, の手狭

▼ 間半馬力~ (2, 0.0%)

2 は六十

▼ 間南北~ (2, 0.0%)

1 が四十間, 満洲

▼ 間原上~ (2, 0.0%)

1 のあなたこ, の夜營

▼ 間及び~ (2, 0.0%)

1 月島六丁目と, 第二十六行

▼ 間~ (2, 0.0%)

1 なくし, の下宿

▼ 間~ (2, 0.0%)

1 證を, 革命軍や

▼ 間古い~ (2, 0.0%)

1 フロレンス式どおりに, 箱の

▼ 間~ (2, 0.0%)

1 いわねえ, 有之

▼ 間各自柄杓~ (2, 0.0%)

1 をとっ, を取

▼ 間合掌~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 間名刺~ (2, 0.0%)

2 の交換

▼ 間向こう~ (2, 0.0%)

1 のやみ, へいざなっ

▼ 間吾等~ (2, 0.0%)

1 の可憐, の首途

▼ 間周り~ (2, 0.0%)

1 に暗礁, の仲間

▼ 間周囲十間~ (2, 0.0%)

1 ぐらいの大岩, の道了塚

▼ 間呼吸~ (2, 0.0%)

1 を倹約, を止めた

▼ 間和歌山~ (2, 0.0%)

1 にある, の島田幸安等

▼ 間咲い~ (2, 0.0%)

1 てゐる, てをる

▼ 間唯一~ (2, 0.0%)

1 の必然, の美挙

▼ 間四尺七寸五分~ (2, 0.0%)

1 あり東側, だが

▼ 間四方許~ (2, 0.0%)

2 の小

▼ 間~ (2, 0.0%)

1 をおおう, を残し

▼ 間地下室~ (2, 0.0%)

1 に籠っ, の一隅

▼ 間~ (2, 0.0%)

1 の下手, の頂

▼ 間坊主側用取次~ (2, 0.0%)

1 というふう, と順々

▼ 間坐った~ (2, 0.0%)

2 ままで

▼ 間~ (2, 0.0%)

1 にまみれ, の中

▼ 間城内~ (2, 0.0%)

1 に入った, へ詰め切りでございまし

▼ 間培われ~ (2, 0.0%)

2 て来た

▼ 間堂裏~ (2, 0.0%)

1 におびき出し, へイキ

▼ 間堅く堅く~ (2, 0.0%)

2 結び合って

▼ 間外れ~ (2, 0.0%)

1 な溜息噛, になろう

▼ 間多分~ (2, 0.0%)

1 なお世話, 颯子ガ浴ビルノト同

▼ 間夜の目~ (2, 0.0%)

1 も寝ない, も寢

▼ 間夜分~ (2, 0.0%)

1 にても御, は茲

▼ 間大切~ (2, 0.0%)

1 にし, に保つ

▼ 間大勢~ (2, 0.0%)

1 が高価, の人々

▼ 間大川氏~ (2, 0.0%)

2

▼ 間大空~ (2, 0.0%)

1 に音, を落ち

▼ 間~ (2, 0.0%)

1 も地, 探女

▼ 間天子様~ (2, 0.0%)

1 は一系, は御身浄め

▼ 間天神様~ (2, 0.0%)

2 の絵

▼ 間太陽~ (2, 0.0%)

2 はめったに

▼ 間~ (2, 0.0%)

1 と艱難, を河東

▼ 間失礼~ (2, 0.0%)

1 して, ながら老筆

▼ 間奈良丸~ (2, 0.0%)

2 を買つて

▼ 間奥さん~ (2, 0.0%)

1 と話, はいつも

▼ 間奥行~ (2, 0.0%)

1 は十間余り, もこれ

▼ 間奥行三間~ (2, 0.0%)

1 という木造平屋, ほどの神社

▼ 間奥行二間半~ (2, 0.0%)

1 ほどの木造小舎, 計十二坪

▼ 間奥行八間半~ (2, 0.0%)

1 といえ, の総

▼ 間~ (2, 0.0%)

1 の一, の間

▼ 間女中~ (2, 0.0%)

1 が隆吉, の時間

▼ 間如何~ (2, 0.0%)

1 にと重ね, に天才

▼ 間如何なる~ (2, 0.0%)

1 仰せを, 怪事

▼ 間如実~ (2, 0.0%)

2 の真法

▼ 間~ (2, 0.0%)

1 な物, な睨み合いが

▼ 間~ (2, 0.0%)

1 が兄, は始終

▼ 間子供心~ (2, 0.0%)

1 にもこれら, にもどんなに

▼ 間存分~ (2, 0.0%)

1 なこと, 御試用

▼ 間孤独~ (2, 0.0%)

1 でくらして, のまま

▼ 間~ (2, 0.0%)

1 になるべき, に就く

▼ 間學問~ (2, 0.0%)

1 が全く, といはず

▼ 間安穏~ (2, 0.0%)

1 に暮し, に過さるる

▼ 間~ (2, 0.0%)

1 で川ぢ, も空中

▼ 間実は~ (2, 0.0%)

1 お便りを, 張り詰た

▼ 間家族~ (2, 0.0%)

1 のため, の者達

▼ 間宿屋~ (2, 0.0%)

1 の燈火, は彼

▼ 間寂し~ (2, 0.0%)

2 かつた

▼ 間寂しい~ (2, 0.0%)

1 日曜日の, 闇の

▼ 間寝る~ (2, 0.0%)

1 にも起る, 時より

▼ 間~ (2, 0.0%)

1 に讀者, の娘

▼ 間~ (2, 0.0%)

1 の事, を守る

▼ 間専門~ (2, 0.0%)

1 にその, を内職

▼ 間小作~ (2, 0.0%)

1 の米, は朝三時頃

▼ 間小戻り~ (2, 0.0%)

1 すると, をし

▼ 間~ (2, 0.0%)

1 なるは, シク曲折アリ

▼ 間少く~ (2, 0.0%)

1 ともその, とも事

▼ 間少女~ (2, 0.0%)

1 はひとり, は熱心

▼ 間~ (2, 0.0%)

2 のつれづれ

▼ 間~ (2, 0.0%)

2 ば公

▼ 間~ (2, 0.0%)

1 ながしニ, に暮らし

▼ 間~ (2, 0.0%)

1 と市, を歩いた

▼ 間~ (2, 0.0%)

1 の間, 大かたは医

▼ 間~ (2, 0.0%)

1 はただ, は其の

▼ 間~ (2, 0.0%)

1 だ間師, らしい哲学

▼ 間常に少し~ (2, 0.0%)

2 でも海

▼ 間幅一二間~ (2, 0.0%)

2 その底

▼ 間幅三間~ (2, 0.0%)

1 で時, 程の橋

▼ 間平和~ (2, 0.0%)

1 のうち, の破れ

▼ 間平戸~ (2, 0.0%)

1 になっ, の外

▼ 間年期~ (2, 0.0%)

1 を入れ, を入れた

▼ 間~ (2, 0.0%)

2 に母

▼ 間幸子~ (2, 0.0%)

1 は先, は夢にも

▼ 間広い~ (2, 0.0%)

1 六条院は, 所は

▼ 間座し~ (2, 0.0%)

2 て心

▼ 間延ばし~ (2, 0.0%)

2 てきた

▼ 間当人~ (2, 0.0%)

1 の姿, はいっこう

▼ 間~ (2, 0.0%)

1 の女, ばかりの古い

▼ 間彷徨~ (2, 0.0%)

1 した, したり

▼ 間役人~ (2, 0.0%)

1 が各, は陣頭

▼ 間往来~ (2, 0.0%)

1 する人, の杜絶

▼ 間待たせ~ (2, 0.0%)

1 て折らす, て置い

▼ 間待ち望ん~ (2, 0.0%)

1 でいました, できた

▼ 間待った~ (2, 0.0%)

1 あとで, 甲斐あるこん

▼ 間待ってる~ (2, 0.0%)

1 ようなら, 二年たっ

▼ 間後ろ~ (2, 0.0%)

1 の方, へ

▼ 間~ (2, 0.0%)

2 ていた

▼ 間御用~ (2, 0.0%)

2 なしさ

▼ 間御苦労~ (2, 0.0%)

1 だった, であった御殿

▼ 間御見舞申上候達磨儀~ (2, 0.0%)

2 も盆頃

▼ 間心ゆく~ (2, 0.0%)

1 ばかり函館, ばかり鮎

▼ 間忍ん~ (2, 0.0%)

1 でその, で蘭軒

▼ 間忘れられ~ (2, 0.0%)

2 ていた

▼ 間忘れ切~ (2, 0.0%)

2 つて居た

▼ 間思い~ (2, 0.0%)

1 わずろう, 迷って

▼ 間思ひ~ (2, 0.0%)

1 に思ふ, 合つてゐた

▼ 間~ (2, 0.0%)

1 さの, ッこい

▼ 間~ (2, 0.0%)

2 えて

▼ 間~ (2, 0.0%)

2 うして

▼ 間~ (2, 0.0%)

1 し合って, と嘆き

▼ 間恍惚~ (2, 0.0%)

1 とし, として失する

▼ 間恐ろしく~ (2, 0.0%)

1 念入りに, 豪華な

▼ 間悩まされた~ (2, 0.0%)

1 すべての, のである

▼ 間~ (2, 0.0%)

1 敷なり, 謀を

▼ 間~ (2, 0.0%)

1 に似た, の目的

▼ 間感じ~ (2, 0.0%)

2 ていた

▼ 間慟哭~ (2, 0.0%)

1 して, し絶叫

▼ 間我国~ (2, 0.0%)

1 から輸出, の誰人

▼ 間~ (2, 0.0%)

1 に候, は私たち

▼ 間手狹~ (2, 0.0%)

2 なれども

▼ 間手間~ (2, 0.0%)

1 になっ, を取っ

▼ 間打ち抜い~ (2, 0.0%)

1 てぎっしり, て靴

▼ 間打つ~ (2, 0.0%)

1 こ拔い, てしまつ

▼ 間抑圧~ (2, 0.0%)

1 されて, して

▼ 間投的語原~ (2, 0.0%)

2 の問題

▼ 間抜さ~ (2, 0.0%)

1 をあら, を憐れむ

▼ 間抜さ加減~ (2, 0.0%)

1 を他, を笑い

▼ 間抜一人~ (2, 0.0%)

1 とぢ, と附け

▼ 間抜顔~ (2, 0.0%)

1 して, である

▼ 間抱い~ (2, 0.0%)

1 てい, てゐた

▼ 間拝借~ (2, 0.0%)

1 できませんか, 仕りまして

▼ 間捜し~ (2, 0.0%)

1 て旧, 漸

▼ 間掃除~ (2, 0.0%)

1 をした, をする

▼ 間掛かっ~ (2, 0.0%)

1 ていました, て丹精

▼ 間掛っ~ (2, 0.0%)

1 て兄弟, て勘定

▼ 間~ (2, 0.0%)

2 ねあぐん

▼ 間接吻~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 間~ (2, 0.0%)

1 して, し拔

▼ 間撤兵問題蘇丹事件等~ (2, 0.0%)

2 ありしも

▼ 間支倉~ (2, 0.0%)

1 からは杳, は絶えず

▼ 間支那~ (2, 0.0%)

1 は東亞, へ留学

▼ 間故国~ (2, 0.0%)

1 を見ず, を離れ

▼ 間教室~ (2, 0.0%)

1 だけで顔, はしん

▼ 間~ (2, 0.0%)

1 て薄給, て霜

▼ 間散々~ (2, 0.0%)

1 なぶりもの, 面白い思ひ

▼ 間敷八大竜王~ (2, 0.0%)

1 を叱, を叱咤

▼ 間文字~ (2, 0.0%)

1 ではない, を羅列

▼ 間~ (2, 0.0%)

1 という伯楽, 亦云

▼ 間断食~ (2, 0.0%)

1 の熱願, をさせる

▼ 間新吉~ (2, 0.0%)

1 は煙草, を上げ

▼ 間新聞~ (2, 0.0%)

1 や雑誌, を見なかつたせゐ

▼ 間新聞記者~ (2, 0.0%)

1 をし, を本職

▼ 間方々~ (2, 0.0%)

1 を流浪, を迷

▼ 間既に~ (2, 0.0%)

1 斯の, 是の

▼ 間日夜~ (2, 0.0%)

1 その事業, になす

▼ 間日本国中~ (2, 0.0%)

1 に帳合法流行, を修行

▼ 間早く~ (2, 0.0%)

1 稽古を, 鳴り出した彼女

▼ 間早川~ (2, 0.0%)

2 の谿谷

▼ 間昌作~ (2, 0.0%)

1 はじっと, は変

▼ 間明るい~ (2, 0.0%)

1 氣にな, 玄関口の

▼ 間~ (2, 0.0%)

1 の夜, はああ

▼ 間~ (2, 0.0%)

1 のよう, の陽

▼ 間時々~ (2, 0.0%)

1 おっ母, 出入り交代は

▼ 間時に~ (2, 0.0%)

1 穀の, 臀肉の

▼ 間暴君~ (2, 0.0%)

2 と奴隷

▼ 間曳い~ (2, 0.0%)

2 てしまう

▼ 間書画法帖琴剣鏡硯陶磁~ (2, 0.0%)

2 の類

▼ 間月日~ (2, 0.0%)

1 の詳, を詳

▼ 間有り~ (2, 0.0%)

1 て婢ども, て孰

▼ 間望ん~ (2, 0.0%)

2 でいた

▼ 間朝暮~ (2, 0.0%)

1 ご恩, は駒場野

▼ 間未知~ (2, 0.0%)

1 の国, の男

▼ 間村中~ (2, 0.0%)

2 の者

▼ 間~ (2, 0.0%)

1 てはいけない, もしない

▼ 間来た~ (2, 0.0%)

1 とき, 所で

▼ 間~ (2, 0.0%)

1 に行く, へ下る

▼ 間東京市中~ (2, 0.0%)

1 に婦人, の家

▼ 間東西~ (2, 0.0%)

1 に五間, は八角形

▼ 間板の間~ (2, 0.0%)

1 に坐らせられた, を逃げ込んだ

▼ 間~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ 間果して~ (2, 0.0%)

1 日本人は, 自分は

▼ 間~ (2, 0.0%)

2 の間

▼ 間~ (2, 0.0%)

2 の花

▼ 間根気~ (2, 0.0%)

1 よくこの, よく小布施

▼ 間椅子~ (2, 0.0%)

1 にすわり, によりかかっ

▼ 間~ (2, 0.0%)

1 く雑, っている

▼ 間楽しめる~ (2, 0.0%)

2 ものぢや

▼ 間様子~ (2, 0.0%)

1 が皆目, を見よう

▼ 間横十八間~ (2, 0.0%)

1 ほど低い, 高さ十五間

▼ 間横田~ (2, 0.0%)

2 の家

▼ 間~ (2, 0.0%)

2 の欄干

▼ 間機嫌~ (2, 0.0%)

1 よく遊ん, を損ね合うた

▼ 間次第に~ (2, 0.0%)

1 その競争, 地勢が

▼ 間~ (2, 0.0%)

1 の聞こえ, らしい歌

▼ 間此人~ (2, 0.0%)

1 が君, のゐる

▼ 間此所~ (2, 0.0%)

1 に大, を借り

▼ 間此病院~ (2, 0.0%)

2 で過した

▼ 間歩きました~ (2, 0.0%)

1 がまだ, 時囁く

▼ 間歩き出した~ (2, 0.0%)

1 とき美和子は, 岩を

▼ 間歩き廻った~ (2, 0.0%)

1 後その, 後彼は

▼ 間~ (2, 0.0%)

1 の恐し, を征服

▼ 間死骸~ (2, 0.0%)

1 のよう, はその間

▼ 間毎夜~ (2, 0.0%)

1 のよう, の月

▼ 間毎晩~ (2, 0.0%)

1 その通り, のよう

▼ 間毎晩一度~ (2, 0.0%)

1 ずつ殿様, ずつ躓かなけれ

▼ 間~ (2, 0.0%)

1 にまちがいあっ, をわずらわし

▼ 間気まずい~ (2, 0.0%)

1 沈黙が, 沈黙を

▼ 間気温~ (2, 0.0%)

2 が零下五度以上

▼ 間~ (2, 0.0%)

1 むつかしげに, も心

▼ 間永い~ (2, 0.0%)

1 病気で, 間見棄てられ

▼ 間~ (2, 0.0%)

1 で捕, は今

▼ 間江戸中~ (2, 0.0%)

1 を荒し, を野良犬

▼ 間沈思~ (2, 0.0%)

1 して, してから

▼ 間~ (2, 0.0%)

1 にのぞみ, の中央

▼ 間~ (2, 0.0%)

1 の上, の音

▼ 間泣き~ (2, 0.0%)

1 とおして, 苦しみ生活に

▼ 間~ (2, 0.0%)

1 のやう, 及び水

▼ 間泳い~ (2, 0.0%)

2 でいた

▼ 間津田洋造~ (2, 0.0%)

1 は一人, は花柳

▼ 間~ (2, 0.0%)

1 という浪, 最もあらし

▼ 間浮い~ (2, 0.0%)

1 てい, ている

▼ 間海中~ (2, 0.0%)

1 に小さき, に浸っ

▼ 間海面~ (2, 0.0%)

1 の下, を眺め

▼ 間消え~ (2, 0.0%)

1 てからすべて, てまた

▼ 間消防~ (2, 0.0%)

2 のやる

▼ 間淋しい~ (2, 0.0%)

1 不安な荒んだ, 心持に

▼ 間深く~ (2, 0.0%)

1 からヒー, 心を

▼ 間淵さん~ (2, 0.0%)

2 のお

▼ 間清い~ (2, 0.0%)

1 水が, 神社の

▼ 間渇し~ (2, 0.0%)

1 ていた, て居た

▼ 間~ (2, 0.0%)

1 はただ, はついに

▼ 間~ (2, 0.0%)

1 につけ, を出

▼ 間滋幹~ (2, 0.0%)

1 はとある, は何処

▼ 間~ (2, 0.0%)

1 もない, を焚く

▼ 間~ (2, 0.0%)

1 の火, を開く

▼ 間無事~ (2, 0.0%)

1 に勤めた, に退屈

▼ 間照彦様~ (2, 0.0%)

1 の頭, はいくら

▼ 間~ (2, 0.0%)

1 いさんは, は薪

▼ 間牢獄~ (2, 0.0%)

1 につながれる, にとじこめられ

▼ 間特に~ (2, 0.0%)

1 独房に, 若党一人を

▼ 間~ (2, 0.0%)

1 につままれた, に抓まれた

▼ 間狙い~ (2, 0.0%)

1 ながら肝心, に狙った

▼ 間独身~ (2, 0.0%)

1 たるべきこと, で暮さね

▼ 間独身英語家庭教師~ (2, 0.0%)

2 に応ず

▼ 間~ (2, 0.0%)

1 なり日, な内

▼ 間~ (2, 0.0%)

1 出来ねバ, 書かま

▼ 間猶予~ (2, 0.0%)

1 をしてやる, 願いたい

▼ 間~ (2, 0.0%)

1 り者, り身

▼ 間玄関~ (2, 0.0%)

1 の敷石, の方

▼ 間王宮~ (2, 0.0%)

1 があつ, の正門

▼ 間現世~ (2, 0.0%)

1 で仲よく, の人達

▼ 間生かし~ (2, 0.0%)

1 てやる, て置い

▼ 間生きた~ (2, 0.0%)

1 心地も, 犬を

▼ 間生命~ (2, 0.0%)

1 が保存, を司るい

▼ 間生死~ (2, 0.0%)

1 が訣ら, をともに

▼ 間甲州~ (2, 0.0%)

1 におりました, の山

▼ 間~ (2, 0.0%)

1 から外, を見

▼ 間~ (2, 0.0%)

1 に出, のつみわら

▼ 間番町~ (2, 0.0%)

1 の家, の武家屋敷

▼ 間當時~ (2, 0.0%)

2 の事

▼ 間病み~ (2, 0.0%)

1 て下界, て身まかり

▼ 間病室~ (2, 0.0%)

1 の方, を転々

▼ 間病床~ (2, 0.0%)

1 につい, に引き籠っ

▼ 間病弱~ (2, 0.0%)

1 の児, の身

▼ 間病身~ (2, 0.0%)

1 な妹, のため出仕

▼ 間発し~ (2, 0.0%)

2

▼ 間登志子~ (2, 0.0%)

1 は一昨夜新橋, は兄さん兄さん

▼ 間百姓~ (2, 0.0%)

1 のよう, の金

▼ 間監房~ (2, 0.0%)

1 に入れられた, に安閑

▼ 間監獄~ (2, 0.0%)

1 にはいってた, の飯

▼ 間監視人~ (2, 0.0%)

2 を付け

▼ 間目撃~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 間相互~ (2, 0.0%)

1 の引力, の距離

▼ 間相手~ (2, 0.0%)

1 となつて, の顔

▼ 間看護婦~ (2, 0.0%)

1 の唄う, は文太郎

▼ 間真直~ (2, 0.0%)

1 に聳えた, に見渡す

▼ 間真逆しま~ (2, 0.0%)

2 に飛ぶ

▼ 間~ (2, 0.0%)

1 するの, と申します

▼ 間眠った~ (2, 0.0%)

1 と思う, ような

▼ 間着のみ着のまま~ (2, 0.0%)

1 ぐっすり雨, で湯

▼ 間瞬き~ (2, 0.0%)

1 もせず, を一つ

▼ 間知らなかった~ (2, 0.0%)

1 のであります, のは

▼ 間~ (2, 0.0%)

2 に口

▼ 間確か~ (2, 0.0%)

1 に二十二足, に眼

▼ 間祈っ~ (2, 0.0%)

1 て居ました, て来た

▼ 間神田~ (2, 0.0%)

1 と赤羽橋, の学校

▼ 間禁酒~ (2, 0.0%)

1 して, を守り

▼ 間秀林院様~ (2, 0.0%)

1 には御機嫌, も

▼ 間秀麿~ (2, 0.0%)

1 が学者, はこの

▼ 間私共~ (2, 0.0%)

1 はよく, は自由

▼ 間秘密~ (2, 0.0%)

1 の用務, を守っ

▼ 間程は~ (2, 0.0%)

1 なれた湖中, なれた青い

▼ 間程後~ (2, 0.0%)

1 から歩い, になつ

▼ 間~ (2, 0.0%)

1 ごときもの, とす

▼ 間積り~ (2, 0.0%)

1 と云う, 重なった雪

▼ 間積極的~ (2, 0.0%)

1 な学生数人, な態度

▼ 間空屋~ (2, 0.0%)

1 となっ, になっ

▼ 間突出~ (2, 0.0%)

2 て居る

▼ 間窮屈~ (2, 0.0%)

1 でもあろう, な空気

▼ 間~ (2, 0.0%)

1 尽して, 戻って

▼ 間立ち止まっ~ (2, 0.0%)

1 たりし, て帆桁

▼ 間笑つて~ (2, 0.0%)

1 ゐた, 笑えないこと

▼ 間~ (2, 0.0%)

1 がとれなかった, を捨て

▼ 間筑紫~ (2, 0.0%)

1 の探題, の方面

▼ 間~ (2, 0.0%)

2 がなかつた

▼ 間節子~ (2, 0.0%)

1 からの便り, に通っ

▼ 間~ (2, 0.0%)

1 もって, もり

▼ 間紀昌~ (2, 0.0%)

1 はこの, は此

▼ 間納戸~ (2, 0.0%)

1 と押入, のすみ

▼ 間~ (2, 0.0%)

1 に居り, の記實界

▼ 間素子~ (2, 0.0%)

1 はさつき, は粕谷

▼ 間紫檀~ (2, 0.0%)

2 の盆

▼ 間経っ~ (2, 0.0%)

1 て二人, て言った

▼ 間経験~ (2, 0.0%)

1 したこと, のない

▼ 間絶え~ (2, 0.0%)

1 てしまう, て流れ込む

▼ 間絹子~ (2, 0.0%)

2 はその同じ

▼ 間継続~ (2, 0.0%)

1 されて, すること

▼ 間続け~ (2, 0.0%)

1 ていた, て来た

▼ 間~ (2, 0.0%)

1 二階という, 人員十八万六千五百七十九人について

▼ 間線路~ (2, 0.0%)

2 を通行

▼ 間緩く~ (2, 0.0%)

1 て仕方, て腹

▼ 間繰り返された~ (2, 0.0%)

1 後二人の, 練吉の

▼ 間繼續~ (2, 0.0%)

1 しその, すると

▼ 間置きざり~ (2, 0.0%)

1 にされ, にする

▼ 間美しい~ (2, 0.0%)

1 方が, 諧調を

▼ 間~ (2, 0.0%)

1 僧を, 婦人の

▼ 間考えた~ (2, 0.0%)

1 ことが, 後で

▼ 間考える~ (2, 0.0%)

1 がよい, ことに

▼ 間肉體~ (2, 0.0%)

2 と一つ

▼ 間背後~ (2, 0.0%)

1 でした, の方

▼ 間脅かされ~ (2, 0.0%)

1 ていた, てゐた

▼ 間~ (2, 0.0%)

1 にのっ, の上

▼ 間自分たち~ (2, 0.0%)

1 の家, をだまし

▼ 間自分一人~ (2, 0.0%)

2 で講義

▼ 間芥子~ (2, 0.0%)

2 の花

▼ 間~ (2, 0.0%)

1 クハソレ以上ニ渉ル事アルベシ, 日子の

▼ 間若く~ (2, 0.0%)

1 てい, は祖父母

▼ 間若子~ (2, 0.0%)

2 の宿禰

▼ 間若干~ (2, 0.0%)

1 の日数, の陸行

▼ 間苦しむ~ (2, 0.0%)

2 が死ぬ

▼ 間苦しめた~ (2, 0.0%)

1 憎悪の, 自分の

▼ 間苦悶~ (2, 0.0%)

1 が消え, のうち

▼ 間茶の間仏間~ (2, 0.0%)

2 などで片側

▼ 間~ (2, 0.0%)

1 の茂つたとき, の間

▼ 間荒野~ (2, 0.0%)

1 で断食, の中

▼ 間荘田~ (2, 0.0%)

2 の許

▼ 間落着~ (2, 0.0%)

2 いて

▼ 間藝術~ (2, 0.0%)

1 の感銘, の畑

▼ 間蘭軒~ (2, 0.0%)

1 の家, はお

▼ 間虐げられ~ (2, 0.0%)

1 て居た, て左遷

▼ 間~ (2, 0.0%)

1 のやう, のよう

▼ 間融通~ (2, 0.0%)

1 して, しようと

▼ 間行かね~ (2, 0.0%)

1 ばならない, ばならなかった

▼ 間行け~ (2, 0.0%)

1 ど行け, ば一

▼ 間行人~ (2, 0.0%)

1 の跡, を待った

▼ 間行方不明~ (2, 0.0%)

1 であった男, になっ

▼ 間~ (2, 0.0%)

2 を歩い

▼ 間~ (2, 0.0%)

1 尋出所給御教書就其跡等今日被, 成御

▼ 間~ (2, 0.0%)

1 で話, の路次口

▼ 間裏口~ (2, 0.0%)

1 から土蔵, から土藏

▼ 間西~ (2, 0.0%)

1 に二十七間, の海

▼ 間見え~ (2, 0.0%)

1 ていた, てゐた

▼ 間見ない~ (2, 0.0%)

1 うちに, ことに

▼ 間見下し~ (2, 0.0%)

2 ていた

▼ 間見棄てられ~ (2, 0.0%)

1 ていた, てゐた

▼ 間見物人~ (2, 0.0%)

1 が静か, を面白

▼ 間見続け~ (2, 0.0%)

1 たりした, てまた

▼ 間見詰め~ (2, 0.0%)

1 ていた, てゐた

▼ 間見送っ~ (2, 0.0%)

1 ていた, てくれました

▼ 間見通し~ (2, 0.0%)

2 ということ

▼ 間~ (2, 0.0%)

1 から子, の方

▼ 間親しい~ (2, 0.0%)

1 ふうに, 人の

▼ 間親しく~ (2, 0.0%)

1 して, 総監に

▼ 間親切~ (2, 0.0%)

1 な人, にし

▼ 間詰め~ (2, 0.0%)

1 のいわば, の直参

▼ 間誠に~ (2, 0.0%)

1 おもしろき事, 嬉しくまた

▼ 間誤ついた~ (2, 0.0%)

1 ようであった, 顔で

▼ 間誤つかせ~ (2, 0.0%)

1 ています, ている

▼ 間誤つかない~ (2, 0.0%)

1 やうに, ように

▼ 間誤つき~ (2, 0.0%)

1 ながらそう, 何べ

▼ 間誤付いた~ (2, 0.0%)

1 ように, 様子を

▼ 間調べ~ (2, 0.0%)

1 ていました, に調べた

▼ 間調薬看病~ (2, 0.0%)

2 の暇

▼ 間~ (2, 0.0%)

2 大名諸

▼ 間諸侯~ (2, 0.0%)

1 の宴, は各

▼ 間諸君~ (2, 0.0%)

1 のどんな, は自分

▼ 間貧乏~ (2, 0.0%)

1 な生活, に馴れ

▼ 間赤い~ (2, 0.0%)

1 ままである, 筒袖を

▼ 間走る~ (2, 0.0%)

1 ところを, と足

▼ 間足らず左~ (2, 0.0%)

2 の耳

▼ 間軌道~ (2, 0.0%)

1 に沿う, の両側一面

▼ 間辛い~ (2, 0.0%)

1 でしょうけども, 稽古に

▼ 間辛うじて~ (2, 0.0%)

2 足の

▼ 間近づい~ (2, 0.0%)

2 て来る

▼ 間迷う~ (2, 0.0%)

1 てきた, て来た

▼ 間退屈~ (2, 0.0%)

1 だったろうな, まぎれに

▼ 間逃げる~ (2, 0.0%)

1 とならん, 途中で

▼ 間逃げ出し~ (2, 0.0%)

1 ていた, てゐた

▼ 間~ (2, 0.0%)

1 宣伝によって, 戻つて福

▼ 間途方~ (2, 0.0%)

1 にくれた, に暮れた

▼ 間逗留~ (2, 0.0%)

1 して, の積り

▼ 間通っ~ (2, 0.0%)

1 ている, てやっ

▼ 間~ (2, 0.0%)

1 に御, に私

▼ 間造り~ (2, 0.0%)

1 で古風, の別棟

▼ 間進ん~ (2, 0.0%)

1 で声, で行く

▼ 間逸作~ (2, 0.0%)

1 に倣っ, は二間

▼ 間遊ん~ (2, 0.0%)

1 でい, でいました

▼ 間過ぎ~ (2, 0.0%)

2 て又

▼ 間違つた了見~ (2, 0.0%)

1 かも知れません, と云

▼ 間違つた処~ (2, 0.0%)

1 でもない, にその

▼ 間違つた態度~ (2, 0.0%)

1 ではない, とを證明

▼ 間違つた振り~ (2, 0.0%)

2 をし

▼ 間違つた理窟~ (2, 0.0%)

1 でもなし, を述べたおぼえ

▼ 間違つた處~ (2, 0.0%)

1 で危險, もあつ

▼ 間違つて内儀~ (2, 0.0%)

2 を殺した

▼ 間違つて自分~ (2, 0.0%)

1 が飮ん, で食べ

▼ 間違ひだつた~ (2, 0.0%)

1 かも知れません, とすれ

▼ 間違ひつ~ (2, 0.0%)

1 こねえさ, てもん

▼ 間違エ~ (2, 0.0%)

2 だよ

▼ 間違ツこ~ (2, 0.0%)

2 はねえ

▼ 間~ (2, 0.0%)

2 れて

▼ 間邪魔~ (2, 0.0%)

1 では, をしない

▼ 間郎従四人~ (2, 0.0%)

2 忽ち死亡

▼ 間重苦し~ (2, 0.0%)

2 さで

▼ 間金五郎~ (2, 0.0%)

1 といつわる, と申す

▼ 間釘付け~ (2, 0.0%)

1 になっ, に逢ッ

▼ 間~ (2, 0.0%)

1 に余念, をし

▼ 間長い~ (2, 0.0%)

1 衝立が, 間俺達は

▼ 間長き~ (2, 0.0%)

1 竹が, 竹の

▼ 間閉じ~ (2, 0.0%)

1 ていた, 籠められた

▼ 間開かれた~ (2, 0.0%)

1 ことの, のだ

▼ 間閑雲野鶴~ (2, 0.0%)

2 を友

▼ 間間断~ (2, 0.0%)

1 なき論争, なく心がけ

▼ 間~ (2, 0.0%)

1 の久, を恨み

▼ 間~ (2, 0.0%)

1 ということ, とは御

▼ 間降りつづいた~ (2, 0.0%)

1 梅雨の, 秋霖が

▼ 間陸軍技師~ (2, 0.0%)

2 をし

▼ 間随分~ (2, 0.0%)

1 のびる, 肉類に

▼ 間隔てた~ (2, 0.0%)

1 ま, 次の

▼ 間障子~ (2, 0.0%)

1 の外, の硝子越し

▼ 間~ (2, 0.0%)

1 て新, はれて

▼ 間雑誌屋~ (2, 0.0%)

2 の店頭

▼ 間雑談~ (2, 0.0%)

1 に耽, を交えました

▼ 間離れる~ (2, 0.0%)

1 とお, と彼

▼ 間雨ざらし~ (2, 0.0%)

1 になっ, になりし

▼ 間雨止~ (2, 0.0%)

1 と三峰堂, を仕度

▼ 間雲切れ~ (2, 0.0%)

2 がし

▼ 間~ (2, 0.0%)

1 にみな, に濡れ

▼ 間~ (2, 0.0%)

1 こけの, つし

▼ 間青年~ (2, 0.0%)

1 から中年, はラッパチーニ

▼ 間静止~ (2, 0.0%)

1 したとき, して

▼ 間面倒~ (2, 0.0%)

2 を見

▼ 間面白く~ (2, 0.0%)

1 読んで, 逗留し

▼ 間順平~ (2, 0.0%)

2 は一人

▼ 間~ (2, 0.0%)

1 に掌, を畳

▼ 間風月堂~ (2, 0.0%)

1 にて偶然鬼太郎君, にて食事

▼ 間風雨~ (2, 0.0%)

1 にさらされ, 来らむとせしが深更

▼ 間飛ぶ~ (2, 0.0%)

1 が如く, に羽

▼ 間飛ん~ (2, 0.0%)

1 でその, で行っ

▼ 間~ (2, 0.0%)

1 を食, を食っ

▼ 間養われ~ (2, 0.0%)

1 て出, て身骨

▼ 間養育~ (2, 0.0%)

1 を受け, 致し

▼ 間~ (2, 0.0%)

2 から外

▼ 間首里~ (2, 0.0%)

1 の三市場, の学校生活

▼ 間驟雨~ (2, 0.0%)

1 の下, 来らむ

▼ 間~ (2, 0.0%)

1 を折った, を折つて

▼ 間高い~ (2, 0.0%)

1 所の, 鼻口元が

▼ 間鳥右さん~ (2, 0.0%)

1 はあちこち, は村

▼ 間黄門~ (2, 0.0%)

1 にすゝめ, の彼

▼ 間黒い~ (2, 0.0%)

1 天井を, 点の

▼ 間黒闇~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ 間黙々~ (2, 0.0%)

2 として相対

▼ 間黙った~ (2, 0.0%)

1 まま悲しい, まま棒立ちに

▼ 間黙ってる~ (2, 0.0%)

1 ことが, ことも

▼ 間黙り込ん~ (2, 0.0%)

1 だりし, だりしてる

▼ 間黙然と~ (2, 0.0%)

1 沈思し, 目を

▼1* [4922件]

○○○、○○○を白い, 間あいつは始終, 間あいてるんです, 間あい得ずにいた, 間あい心胆の工夫, 間あお百度踏ん, 間あおむけに寝た, 間あかの他人, 間あかる日の, 間あがった処に, 間あけてもくれ, 間あし茅の深き, 間あたいを騙し, 間あたかも睡眠中の, 間あたしゃきもが縮んだわな, 間あちこち僕達について来, 間あっち此っ方, 間あついときも, 間あつしはあつし, 間あてもなく, 間あてら顔滅茶苦茶やわ, 間あなた方は何, 間あな頬は爛れ, 間あのお刀ゆえ若旦那の, 間あの大きな人間ばかり, 間あばれた栄蔵は, 間あまり上はほんの, 間あまり乗り下げて, 間あまり全体の重量, 間あまり斜面を転げ落ちる, 間あまり日照りが続いた, 間あまり深々と立入っ, 間あまり紋十郎は飛び離れた, 間あゆが王座, 間あらすな, 間あらせず駈けて来る, 間あらん限りの, 間ありとあらゆる森羅万象が, 間ありまして, 間ありましたがその間, 間あるき明るかりけり, 間あるくうちに, 間あるらしいがどう, 間あわれなすずめは, 間あんな気持に, 間あんなにも死, 間あッと筒抜け, 間いい散歩で, 間いかさま富を興行, 間いかでかはそ, 間いかにも楽し気, 間いきなり立ち上り, 間いくぶんかでも彼, 間いくらいらっしったって, 間いささかも不都合, 間いじくりまわしていた, 間いじめられたのだ, 間いそぎ足にプラットフォーム, 間いたく異しみ, 間いたずらにさがしあぐん, 間いたる者なり, 間いちどもいや, 間いっさい新聞雑誌を読ん, 間いっしょうけんめいに, 間いったところの, 間いつかはその, 間いつか必然起る人生, 間いつたい自分は, 間いつぺんもかかさず, 間いねちゃんがき, 間いぶせき田舍の, 間いましたせいも, 間いまだ離れない霊, 間いまだかつてそんな事, 間いま一人のこの, 間いま暫爰にお, 間いま陸路の交通, 間いや一と, 間いることが, 間いろいろ世話をやかせ, 間いろんな名器から, 間い合わせて来, 間い押し込んでやります, 間い返すまでもない, 間い這入って光子さん, 間か, 間うけた苦しみを, 間うごかずに感激, 間うじうじした後, 間うす紅の, 間うずくまっていた, 間うそうそとよろめきまわっ, 間うたい慣れた唄に, 間うちつづく悄沈の, 間うち胸貫けば, 間うつむいていました, 間うつらうつらとし, 間うらやみつづけにうらやん, 間うるさくつきまとうて, 間うろうろしながら, 間うろつき廻っていた, 間う反って騎, 間おいでになりました, 間おしげは本所, 間おし黙っていた, 間おそしの勢い, 間おそらく数分の間まったくじっと, 間おそれつつしんでこの, 間おそろしい痛みを, 間おちつかぬ様子で, 間おっ母さん連は, 間おっかさんが見, 間おとなしく待って, 間おとりになっ, 間おどろくべき立派な, 間おなじみになった, 間おばあさんと自分, 間おぼえて居られる, 間おぼつかない手に, 間おぼつかなく相寄っては, 間おまはんそこで, 間おまえも一緒, 間おまかせ下さいませ, 間おまけに狭い, 間おもたかつた心, 間おもしろからず理屈, 間おもに大口火性石, 間および隠密処に, 間おりて小, 間おりんにお, 間おん悦び斜めならずわたくし, 間お上の御用, 間お仙は手持無沙汰, 間お便りもろくに, 間お側にお, 間お前町の辻さん, 間お勝手が一間半, 間お客をおっ, 間お客様は対山館, 間お尋ねにおいては申し, 間お松にはそれ, 間お正月を除い, 間お母さんの病気, 間お父さんが外道奴, 間お玉だと, 間お目にかかりたいと念がけ, 間お目にかかれませんでしたといふ文句, 間お祈りをしました, 間お節は叔父さん, 間お茶のとりこ, 間お菓子屋新道をそう, 間お許しを得たい, 間お雪ちゃんについて廻り, 間かうした冷い, 間かがよふ, 間かがやかし檮の, 間かきたいと思う, 間かくまってもらっ, 間かくれていた, 間かじりつづけ呑み込みつづけて来た, 間かずかずの腑, 間かたい慎み, 間かたくとざされて, 間かつほとんど全く妨げられた, 間かついだきりに, 間かつて少しも怠る, 間かなしからずや, 間かなたに生え, 間かなり人口が稠密, 間かなり愚昧のまま, 間かへつて来た, 間からいな光, 間からかあかあと鳴き, 間からこそ仕事は, 間からさえ或る, 間からにょっきりと鎌首を, 間からの少女の, 間からのみ眺めた私, 間からりと心持, 間がな隙がな, 間がよかつた, 間きこえてそして, 間きしってい, 間きつねでいた, 間きょとんとし, 間きょろきょろと見廻した, 間きよとん, 間きらきらとまぶしい, 間きらっていた, 間ぎはにすうつと乗り込んで, 間ぎはになつて偈を失念, 間ぎはになつて支配人が忘れ, 間ぎょっとしたが, 間ぎわじゃないかゴロツキどもめが, 間ぎわだからと大見得切って, 間ぎわであったために入場顧客が少なかっ, 間ぎわにあってつい戸口, 間ぎわにいたるまでこっちの肚, 間ぎわにそっと掏り替えて, 間ぎわにそれを引っ込めて, 間ぎわになってやはり空襲, 間ぎわになってから大急ぎでその, 間ぎわになってその乱暴を思い止まった, 間ぎわになってそれを見せ, 間ぎわになってようやく自分を引留める, 間ぎわになってダンピエール先生がリストリア, 間ぎわになって小僧は前, 間ぎわになって彼は不可抗, 間ぎわになって手を触れ, 間ぎわになって私は四年前雪子, 間ぎわになって翌日もまた, 間ぎわに船を動かさない, 間ぎわのそのトコトン, 間ぎわのごたごたの中でさ, 間ぎわまでは同郷の香蔵, 間くい込んでいた, 間くさりもしない, 間くっついていましょう, 間くらいずつの間隔を, 間くらいでも十分に, 間くらいと思われる家, 間くらいに見ゆ, 間くらいまで釣り場の, 間くらいもある竹, 間くらうをし, 間くり返されたもの, 間くりかえされると変てこ, 間くれたくないようなり, 間ぐってときおり妙, 間ぐらいずつ間を, 間ぐらいではあるが, 間ぐらいな小屋敷, 間ぐらいはとも思うもの, 間ぐらいまで延すこと, 間ぐらいもあるよう, 間ぐらいを領し家来, 間ぐらぐらしながら, 間ぐらついて居ました, 間ぐらゐでふだんは川原, 間ぐらゐのバラックだから, 間ぐらゐの棟の低い, 間ぐらゐの距離まで旅人, 間ぐらゐの鱶が一匹, 間ぐるぐると歩るい, 間ぐれえはごぜ, 間ぐんぐん押して, 間けい入って, 間けいれんして, 間けちけちと蓄め, 間けつ的に遺伝, 間けんかをし, 間て見へた, 間げた顔つきが直り, 間こがれていた, 間こちら側の北, 間こっきりの家, 間こつちをのぞきこん, 間ことによると, 間こと内田栄造君が先程, 間こもってきた, 間これこれの先生, 間これ十五年もお, 間ころげて止まる, 間こわされずに立っ, 間こんきょくほねをおっていたがとうとう, 間ございますが二階, 間ごたごたし講演, 間ごつきヤツと, 間ごと瓦斯を用い, 間ごと間ごと瓦斯を用い, 間ごぶさた致しました, 間ごろッちゃらして, 間ご馳走になりました, 間さういふ生活を, 間さえぎられていた, 間さがしていました, 間さがったままで, 間さきでこちらへ, 間さきなる軒下に, 間ささやかな流れ川, 間さし込んで, 間さぞ御辛労, 間さだ子が一体, 間さっき遇った女, 間さっそくにもお越し, 間さっと赧らんだ, 間さながら古い友達, 間さびしかったろうたいくつ, 間さほど深刻な, 間さまおまち, 間さまざまに放蕩, 間さまようてゐた, 間さまよった後この, 間さもあるべき儀, 間さらに三間半まで, 間さりとは我儘, 間されて何時の間にか, 間さんあれは主, 間さんこれをお, 間さん些と, 間さん外には有り, 間さん私どうしても思, 間さん私こればかりは諦められん, 間さん私想ふの, 間さん貴方些と此方, 間さん貴方私の申, 間さん貴方赤樫にお話し, 間さん遉に貴方, 間さ作つたん, 間さ薄あかりの中, 間ざつといへばあなたも私も大, 間しかつめらしい表情を, 間しかもそうとう長期, 間しくわざとつい一里, 間しく言うから昨夜金公, 間しすましたりとこなた, 間しずまった折を, 間しづけき朝は, 間しなへはやって来ませんでした, 間しばしば所属の, 間しまし置け汝が, 間しみこんで来る, 間しゃくり上げて居た, 間しょげきっていた, 間しょんぼり坐って, 間しよんぼり暮した後で, 間しんとしました, 間じいっと眼を, 間じかに日光と, 間じく候, 間じっと互いに睨み合った, 間じつとしてゐる, 間じゃからとにかくもしわし, 間じゃがいろいろの, 間じゅうきだての優しい, 間じゅうたまに入れ, 間じゅうたんの破れ目, 間じゅうつや子と口, 間じゅうわたしはなんだか, 間じゅうチチコフはこれ, 間じゅう一度もほぐれなかった, 間じゅう下の四畳半, 間じゅう他の諸国, 間じゅう俺は何, 間じゅう六つの翼, 間じゅう叔母の眼鼻, 間じゅう右手の拇指, 間じゅう四畳半の中, 間じゅう報罪を受けた, 間じゅう女たちをできるだけ, 間じゅう婆さんが余り物, 間じゅう子供たちのこと, 間じゅう扉の前, 間じゅう明の切望, 間じゅう机の上, 間じゅう正造の胸, 間じゅう死に物狂い, 間じゅう母がおこりつづけ, 間じゅう気を付け, 間じゅう気持が落着, 間じゅう父は食いつきたい, 間じゅう眼鏡をかけ, 間じゅう私とともにい, 間じゅう空は雲, 間じゅう胸の勲章, 間じゅう臥たり起き, 間じゅう花桐はふしぎ, 間じゅう菜園畝をおこし, 間じゅう身動きもせず, 間なは, 間すぐ眼の, 間すぐれた女性と, 間すすり泣いていられた, 間すずしくかをるかな, 間すずめはこの, 間すっぽんの食味, 間すべてみずから世波と闘わざる, 間すべてローマに集まる巡, 間すべて六疊づつの部屋, 間すべて神代ながらの老樹, 間すみ慣れた水盤, 間すみ子さん一人っきりにし, 間ッと, 間ずつしかないらしく, 間ずつは必ず離れ, 間ずるずると引き摺られ, 間せいぜい六十間で, 間せき止められていた, 間せっせと金を, 間せまい艇内に, 間せわしからずして, 間せわしげに, 間ぜったいにさめること, 間ぜひ大隅学士の, 間そうしたお使い, 間そこできく音楽, 間そこらの山道, 間そっくり占領した, 間そのままぼんやり空を, 間その大きなユカタに, 間その後姿を見送っ, 間そらなかった鬚が, 間それに二間の, 間それほどの化け物話, 間ぞと秀郷貞盛は, 間たいして人口に, 間たいていは里方, 間たがいにチラ, 間たぎり流るるような, 間たくらんでした仕事を, 間たしかに物置, 間たじたじとつれ, 間ただただ何事も, 間ただぼんやりと狐, 間ただ一面の杉菜, 間たちどまつ, 間たち切りといふの, 間たってもその, 間たったけれ共女, 間たってから私, 間たっぷり離れて, 間たつと倒れた, 間たて續に聞い, 間たとい病気の, 間たとえば東嶺の, 間たどって手術室, 間たのしくくらしました, 間たびたび彼女の, 間たべる乾果物が, 間たまに母親, 間たまって居た, 間たまにね, 間たまりにたまっ, 間ためらったのは, 間たゆまずやり半畝, 間たよりにし, 間たらずの赤松黒松, 間たりたもう三十万, 間たれもその, 間だがそれも, 間だけじゃありませんか, 間だけでもと三階へ, 間だけということやった, 間だけよりないの, 間だけわづかに, 間ださうですがどう, 間だすけどな一二ヶ月, 間だったらどうだ, 間だつてあなた, 間だてをしない, 間だまされていた, 間だましてい, 間だまつてゐ, 間だまりこんでいた, 間だらうと夜ふけ, 間だらけではと, 間だらしくて堪らぬ, 間だんだんと悪く, 間だ話すには長く, 間ちかくも抜い, 間ちかづいてよくよく, 間ちからづよく存候, 間ちがえたのか, 間ちがわねえでタンボ, 間ちげえで, 間ちやんとお, 間ちょいと瞑想, 間ちよつと待つ, 間ぢかくの畦道, 間ぢかな所で廊, 間っきりの家, 間っていう弁護士から, 間ついぞ再びこの蒲, 間ついて行ってお, 間ついにヘクトーに, 間つかハし, 間つかい古した, 間つかっていた, 間つかれるとちょい, 間つかわれていた, 間つきあった川瀬勇にも, 間つきあってる人で, 間つき合って居る, 間つつつつと歩いてから, 間つづかせると云う, 間つづきであるが前, 間つづく予定だった, 間つとめて家へかえれ, 間つとめて鏡に背中, 間つながって来た, 間つながれている, 間つまずかないように, 間つまらなく長く生きて, 間つまらぬ事ばかり, 間つみ重ねられてきた, 間つるが一寸, 間つれ添うて, 間づめ甲賀組宗家の人, 間づゝとならび裏に六畳, 間てらし出されるときである, 間てれたがやがてこう, 間であったらしく彼が, 間でありましたが私, 間であればとる, 間でござったの, 間でござんすから, 間でしてね結局, 間でしたらどうにかならない, 間でしつかりと捉む, 間ですがその廻っ, 間でだけ通用する, 間ででも斯んな, 間でとかあるいは男たち, 間でなきゃ寝ようとしない, 間でなくって, 間ではずつと行亙, 間でばかり競技が, 間でもとの沈欝に, 間でをかしたその, 間というくらいの所まで, 間というも可笑しくよし, 間とうさんひとりをたより, 間とかいう室が, 間とかいふ名が, 間とかにしか見出せないもの, 間とが同じよう, 間としては附き合はず, 間とじこもっている, 間とだけが火事直後急, 間とびのくと同時に, 間とぶことが, 間とへだたない, 間とべれば相当, 間とまって町, 間とまれ将頼以下, 間とみえ八蔵はずかずか, 間とみえ友松は尼, 間ともとは台所であったらしい, 間とやかく評議致す, 間とりとめのない, 間とろろ汁が出来る, 間とん間欄間居間等々の, 間とんび岩は暗い暗い, 間どういうことが, 間どうか益々体に, 間どうしても会えなかった同氏, 間どうにも髪を, 間どうもお世話に, 間どぎまぎ躊躇して, 間どちらからも喋らなかった, 間どなたにも秘密, 間どりだということ, 間どりださうだがさ, 間どりでどっしりした, 間どろツこしい, 間どんどん走りつづけに, 間どんな小さな雲の, 間ない困難と, 間ないし四十間の, 間なかったこと, 間なかなか厳重なり, 間なくうるさい喧しいと打ち消され, 間なくし豹は, 間なくしづくの打つ, 間なく吐く程火を, 間なく深く鎖して, 間なく甘たるい匂い, 間なく黒い青い便が, 間なぜホテルの, 間なぞが丁度雨の, 間なぞといふのが, 間なぞに酸漿の, 間なつかしい人達が, 間なつかしき木の葉の, 間などでもテレ臭, 間などというべら棒に, 間などにも余程妙, 間なども丹念に, 間なにか考えて, 間なにがしといふ信徒, 間なにごともなく, 間なべて勤める人, 間なみなみと流れ幾世紀, 間ならでは味われぬあの, 間ならびに英濠往復飛行に, 間なら呼び戻しても差支えない, 間なら言ってくれ, 間なりしもそが, 間なりの文明の, 間なりゆきに委せ, 間なるべく同胞の, 間なるべし薦かぶり, 間なるべし忘れはててん年頃, 間なる耕せる處を, 間なれ親しんだ保名にも, 間なをらない, 間なんか五分ぐらい, 間なんざ一人だつて, 間なんじらも, 間なんぞあるもん, 間なんとなくドテを, 間なんともいえない美しい, 間においてさえもまだ全面的, 間においてすら一八一一, 間においてはわづかに, 間においてをや, 間におきましても何らの, 間におけるよりも小である, 間にかけての時代であります, 間にかべのように, 間にくはへられる, 間にげつぷを, 間にすらも探偵小説の, 間にだけでも分けたいと, 間については正しくない, 間につれ込みました, 間にでせうか, 間にとって食べられるよう, 間になんて変わり方, 間にのみに限られたもの, 間にのみは存在しなかった, 間にはけなばと, 間にはぞつとする, 間にはな所謂哲学の, 間にはよ下りよ, 間にはをりを, 間にべッとりなすられた, 間にもとは言へ, 間にやら杯盤既に, 間によこたはるべし, 間によっては声が, 間によりもユダヤ人らの, 間にらめっこをし, 間に対してどうも出来ん, 間に対しては或る, 間に関することには, 間ぬけた話, 間ぬけなんで駕籠, 間ぬるいことで, 間ねえ飯能へ, 間ねかしておかなけれ, 間ねころがってい, 間ねずみとの共同生活, 間ねむそうに, 間ねらっていた, 間ねらつてゐた, 間のった人力車の, 間のび声で, 間のびさせ物事を, 間のろい調子にも, 間のわづかなあかるみで, 間はさほどで, 間はじめの二冊, 間はず次々と, 間はずッと開い, 間はず猛烈な肉体運動, 間はたしてわかりかね可, 間はたらいた沼ば, 間はちよつと谷間, 間はっきりと映った, 間はつきりした日の目, 間はてしない漂泊, 間はという殆ん, 間はとも考えて, 間はなはだ相似たる, 間はねとばされたが声, 間ははだかで, 間はり皴率ね, 間ばかな主任教授, 間ばかし行くと, 間ばかしの小さな建築, 間ばかりだけ大きく画い, 間ばかりと覚しく下, 間ばかりにて休息する, 間ばばは何, 間ぱったりと音沙汰, 間ぱーつと洩れ, 間ツそりとして, 間ひかえた方が, 間ひからびしおれ病みつかれてそれ, 間ひきかえして再び, 間ひきずりもどしたがき, 間ひき据えられていた, 間ひたすらにこれ, 間ひっそりとし, 間ひっぱって, 間ひつそりとなつ, 間ひとことも物, 間ひとつ場所にじっと, 間ひとみをさらす, 間ひとりひとりに隔離, 間ひとり佗しく主人, 間ひとり西洋間のソファ, 間ひと所にいる, 間ひどい寒さと, 間ひどく土砂降りの, 間ひやひやした綺麗, 間ひょこひょこ発奮んで, 間ひる寝を, 間ひろ子殺害の方法, 間びいてもさしつかえねえかどうかという質問, 間びしょびしょと降りつづけた, 間びっこを引き私は数週間, 間びつくりしたやう, 間人も, 間ふさふさとあらゆる, 間ふじ子さんが, 間ふたりの小さな, 間ふらりふらりと飛ん, 間ぶすぶす愚痴を, 間ぶち抜きの, 間ぶつぶつと低く, 間ぶらさげてきた, 間ぶらぶらして, 間ぶら附いて帰る, 間へだてて控え, 間へというふうに, 間へばさっと落ちた, 間へまでも珍しい料理, 間へやと頭一つ下げ, 間がらかに, 間ほうぼうを歩い, 間ほっと一息を, 間ほつて置かれた, 間ほとほと失いかけて, 間ほとぼりをさます, 間ほどだけ上げられて, 間ほどてまえで, 間ほどなこの家, 間ほどへだたり, 間ほどもはひつて, 間ほぼ一町あまりゆるやかなる, 間ほんの四半刻もた, 間ぼやぼやと暮らし, 間ぼんやり人間性の発展, 間ぼんやり元の椅子, 間ぼんやり床にへたっ, 間ぼんやり往来の真中, 間ぼーっと往来を, 間ぽかんとして, 間まあ一寸楽隠居に, 間まことによく, 間まごついていた, 間まさに葛藤, 間まさしく身を, 間まさに来たらん, 間まじまじと少佐, 間まじろぎもせず見つめ, 間まだしもよくし, 間まっかになっ, 間まっすぐに落ちます, 間まったくじっとして, 間まつたく児玉家の, 間までに庭掃除から, 間までにはズラリと, 間まともに私, 間まどろんだとおもう, 間まなこをとじ, 間まばゆき暮の, 間まる百ヵ日彼は, 間まるっきり別々な, 間まるまる是と, 間まんじりともせず, 間みたいできっと, 間みちのくの艱苦, 間みつにばかり苦労, 間みつめてゐた, 間みな奇しくゆがみ, 間みな官營病院の醫師, 間みんなガヤガヤと自分, 間むかっ腹でなぐりつけた, 間むさ苦しいところを, 間めいめいのお, 間めがけて乱入, 間めざす敵の, 間めざまされた, 間めったやたらに, 間もうしろへ, 間もうすこし待って, 間もうもうと立ちこめた霧, 間もう一度海を, 間もがいてたった, 間もがいた末に, 間もがき苦しんでも邂逅, 間もぐって水底, 間もし寿に, 間もちつづけていた, 間もっともっとお互, 間もっぱら役人によって, 間もつと平たく, 間もとよりこれは, 間もどったことが, 間もどり十足あるけ, 間ものうぱらぱらと, 間もやはらかに, 間もる浅間おろし, 間やがて惑乱し, 間やすみなく往来, 間やすんで, 間やっかいになっ, 間やったら美術品愛する, 間やって来ちゃ泣い, 間やって来ないと思っ, 間やぶれ障子と, 間ややせまりて, 間やらその唄, 間やり過ごして新九郎, 間やんで, 間ゆえ御挨拶, 間ゆきすぎてから彼女, 間ゆき過ぎると若い, 間ゆっくら休ん, 間ゆっくり飯を, 間ゆとりない惰力的, 間ゆらゆらして, 間ゆるい紫いろの, 間ゆるされなかったところの, 間ゆるんで彼女, 間ゆ横さまに見れ, 間つくづくと, 間ようやく追い付きて, 間よからず私, 間よくもまあバックアップし, 間よけいな面倒, 間よしてやつ, 間よそよそしくするつもり, 間よそ目に見える, 間よもやまの話, 間よりや立ちけん, 間よるとさ, 間よろめいてようよう, 間らしくしきりに一同, 間らしくない木ぐちの, 間りっぱな思想, 間りゅうッと風, 間わからなかったのだ, 間わが子の我, 間わきへよった, 間わき目もふらず, 間わざと全く消息を, 間わだかまっていた, 間わり皴率ね, 間わり状射候のごとし, 間わるい汚い心で, 間われわれ人類の脳髄, 間われ戰を禁ずべし, 間ゐたことが, 間をか着のみ着のままに, 間をがむしやらに, 間をさかいする蓋, 間をすらも奔走し, 間をつつ切りベーリング海峡, 間をはいつた通り, 間をよけながら渠は, 間ををいて, 間が抜けてる, 間アイヒレルは寝台, 間アクアケータと呼ばれ, 間アスクレピオスの娘, 間アタクシをこの, 間アタシ達ガ軽井沢カラ帰ッテ来タ明クル日ノ晩, 間アツケに取られ, 間アテナイの悩み, 間アトリーでもクリップス, 間アドルム十錠ほど一気に, 間アメリカにわたる, 間アラジンは泣きくらしました, 間アラビヤの砂漠, 間アルバにと, 間アレウート号の炎, 間アントニオアントニオとのみ呼び, 間アーク燈にてらし出され, 間ア眞箇何も彼, 間イズレールは料理番, 間イヤという, 間ウィーンでどうして, 間ウトウトして, 間ウロウロして, 間エセックスは終始, 間エンジンを動かす, 間オオビュルナンはこんな, 間オクサーナは鍛冶屋, 間オペラを理解, 間オリヴィエの最大, 間カクをもった, 間カナダ地方に接続, 間カパディア氏は不自由, 間カフェー・オートンヌではゼラール中尉, 間カフス釦ばかり嘗めた, 間カブセ方等が僕, 間カヤンガルの浜辺, 間カラフト島は境界, 間カラーやカフス, 間カラ和服デアクセサリー, 間カラ心身ニ或ル種, 間カラ朝ニナルト聞エテタヨウナ気ガスルケレド寝惚ケテタンデ蟋蟀ガ, 間カラ莨入レト煙管, 間カリスフォドさんももう, 間カンタベリーにある, 間カーテンの隙間, 間ガラスの様, 間ガラツ八はさうでも, 間ガルモーシュカを弾い, 間キチガイになった, 間キャベンディシュ研究所はその, 間キリスト信者は石, 間ギリシア的に保存, 間クラリモンドの健康, 間クリスマスの度ごと, 間グリーンランドのエスキモ人, 間ゲッチンゲンの雰囲気, 間コゼットは自分, 間コツコツとそれ, 間コレダケの人間, 間コンコオドの哲人, 間コールタールの誘導物, 間ゴソゴソ音を, 間ゴホンゴホンと咳, 間サイラスは部屋, 間サワサワと揺れた, 間サンタが姿, 間サンフランシスコのアメリカ人たち, 間サーロインステーキとポタアジュ, 間シェークスピアその他の著者, 間シャワーヲ止メテ貰エナイカナ, 間シャヴァンヌの聖, 間シュナイダア夫人とマッカアセイ, 間シューマンは夥しい, 間シンガポールに行つて, 間シンデレラはお, 間シーンとし, 間ジイッと顔, 間ジットして, 間ジャアナリストのうち, 間ジャガ薯袋を背負っ, 間ジャックはうち, 間ジュウハ午後早クカラ出カケル, 間ジュウハ子供達ガ長イコト御厄介ニナリマシテ, 間ジルノルマン氏は孫, 間ジーッと考えれ, 間ステファン家と王党派, 間ステーションの側, 間ストーヴを囲んだ, 間スンダ海峽にクラカトア, 間ズッとかかり通した, 間ズックの運動靴, 間ズツと私, 間ズボンのゴミ, 間ズーッと忘れ, 間セチリ河筋ピラカプト同フシコタン, 間セルのシャツ, 間セルギウスは横, 間ゼントルマンとゴロツキ, 間ソノ二十分乃至一時間中ニアソコノ一室デイカナル, 間ソファーに倚, 間ソルボンヌ大学でそれ, 間ソヴェト同盟の到る, 間ソーンダイクは話, 間タダ黙ッテ眺メテイタバカリデハナイ, 間タルラは顔, 間ダンテはかの, 間チベット仏教を学んだ, 間チャント世話を焼い, 間チャント正坐させられる, 間ヂッと彼, 間ッきりの奥, 間ツラリともしない, 間テグスと人造, 間テントばりの父兄席, 間テーブルの前, 間テーマに基いた, 間ディーニュのその, 間デブ子先生にバッタリ, 間トシ男女ヲ同, 間トニオはまだ, 間トビアスはこの, 間トランプをし, 間トラ子先生に言いふくめ, 間トラ子教諭が訪問, 間トリスタン・コルビエールは美的感情, 間トロトロとした, 間トロミエスを避け, 間ドクタ・ビゲロミセス・ガードナその他の新旧, 間ドストエフスキーについて殆ど, 間ドミトリーはインガ, 間ドンキホーテ氏のサンチョー氏, 間ナオミはわざとぐったり, 間ナチス政権は専ら, 間ナリ今ハ婆サンモ留守デアルカラ至ルトコロガ空イテイルノニ, 間ナースチャはいく, 間ニアソビアルクホドニ念々ノ改変ニ, 間ニカ門外ヘ出, 間ニカ颯子ガ眼ヲ覚マシタラシイ, 間ニシテ物入リ, 間ニソット二階カラ下リテ消エテナクナレバイヽ筈, 間ニソンナ写真ヲ撮, 間ニデキタノデアルカラ敏子モ陰険ナ娘, 間ニナッテイルガ元々君ハ羅侯子, 間ニハ諸部落ニ於テ幾分カ宛存ス, 間ニハ女児ヲ一人分娩シナガラヨクモソノ皮膚ニ, 間ニハ存スル事無キモ, 間ニモ木村ノ動作ヤ表情, 間ニ不倫ナ関係ガ成リ立ッテイルト云ウ證拠ハナイシ, 間ニ予ハ又一ツノ楽シミ, 間ニ介シ天下ノ要, 間ニ何カアッタトシテモ浄吉ツァンハ見テ, 間ニ何等カノ親密ナル關係ノ存スベキハ實ニ, 間ニ借入の定約, 間ニ十五分ヲ二十分ニ伸バシ, 間ニ合ワナイ善ハ急ゲッテ云イマスカラネ, 間ニ子ヲ下, 間ニ存スル口碑ニ由リテモ幾分カ窺ヒ知ルヲ得ト雖モ古物遺跡ヲ基礎トスル時ハ更ニ精ク追想スルヲ得ルナリ, 間ニ於ケル國家ノ生存及ビ發達, 間ニ於ケル無産者ノ地位ニアル日本ハ, 間ニ於テ彼ノ革命黨ノミハ大局ヲ達觀シ日本ト結ビテ獨立, 間ニ根来寺雑賀熊野山中高野領ニマデ亘リテ悉ク打チナビケ給フ果断決断ノ程, 間ニ棺ヲ安置スル, 間ニ残ラズ結ンデ居, 間ニ氈席ヲ展ベ酒ヲ煖メ盃, 間ニ海事思想ヲ蓄, 間ニ渉リ我邊民カ片タル葉舟ニ棹シテ浩渺タル怒濤, 間ニ生活スル限リ國家ノ至上權ニ於テ國家, 間ニ遠近ナシ但シ出ヅベキ処ニ遇ヘバ, 間ニ雇傭契約ヲ締結スルハ, 間ニ面倒ナ日記ヲツケタリシタノデ, 間ヌウトカ・サウンドに滞在, 間ネズミと呼ばず, 間猶耕農モ整ハズ, 間ハッチソンは囁きつづける, 間ハワイ群島はミッドウェイ諸島, 間ハ万物ヲ多, 間バーといふもの, 間パイプの行方, 間パチパチと目, 間パトラッシュは力, 間パリーの近郊, 間パリー郊外の散策者, 間パレットの上, 間ヒコー機の部屋, 間ヒソヒソと咽び泣いた, 間ビックリ箱の中, 間ビヤトリスを浪費, 間ピオニェールたちと話しました, 間ピクッピクッと動い, 間ピシッピシッと盛ん, 間ピストル強盗をつけ廻し, 間ピトロクリの谷, 間ファラデーはこの, 間フアンの一人, 間フウラリフウラリと躊躇, 間フォーシュルヴァンは会衆, 間フランスイタリアスイスオーストリアドイツを巡った, 間フーッと光った, 間ブラ下げて, 間ブライヤアのパイプ, 間ブラツセルに籠城, 間ブラブラした, 間ブルウスによれ, 間プツツリと断つ, 間プティー・ピクプュスの修道院長, 間プラットホームで体操, 間プロ亀は二十日鼠, 間ヘヒトは一度, 間ペロの方, 間ペン軸を噛ん, 間ホテリングは何, 間ボブは袖口, 間ボンヤリそこに立った, 間ボール紙工場の女工, 間ポストへ行きました, 間ポチはなんにも, 間ポーランドの或, 間マヤコフスキーはおそらく, 間マルチアわが目, 間マルテが私, 間マレーのまばら, 間マンハイムの看板, 間ミツシヱルの生活, 間ミンチン先生を見つめ, 間ミンナがいない, 間ムッツリと口, 間メソポタミヤに出征中, 間メダルを見つめ, 間メムフィスにあった, 間メリーがあなた, 間モウのめないの, 間モスクワでは, 間モナクイイツケタ鮨ヲ出, 間モナクトンネルノ闇ヲトオッテ広野ハラどんどん過ぎ, 間モナク二人ガシェリーグラスノ遣リ, 間モナク僕ハ眠ッタラシカッタガ夢ノ中, 間モナク兵庫ガ宅ヘ行ッタラ, 間モナク地上ヲ這ツテヰタラシイガ, 間モナク強烈ナ光線ガ, 間モモと続く, 間モ筆ヲ措カズ, 間ユニバシティカレッヂの教授, 間ヨオロッパの大, 間ヨオロッパ人の移民, 間ヨットから岸, 間ヨリ一寸程, 間ヨリ漁致シテ後房, 間ヨロヨロと建物, 間ヨーロッパは闇夜, 間ラサ市内の執, 間ラザルスはいかにも, 間ラジオも新聞, 間ラジオ店の前, 間ラッサを目ざした, 間ラテン語が文章語, 間ランプの光, 間リスボンに滞在, 間リルケはその, 間ルイザは風邪, 間ルウスは車, 間ルウレットの研究, 間ルパンは身動き, 間ルピック氏は一度, 間ルリの目, 間レイモンド嬢の優しい, 間レコードの蒐集, 間レッテルに見入っ, 間レブン寺の執, 間レンブラントを一寸, 間レーリーの手足, 間ロクになし, 間ロシヤでの俘虜生活, 間ロジャー氏は独り, 間ロベルトは多く, 間ロワイヤンに一, 間ローズを相手, 間ワシリは煖炉, 間ヴィンセントの右手, 間ヶ岳など白皚々, 間ヶ嶽の山稜, 間一ことも言葉, 間一つところに停滞, 間一ノ間を打ち, 間一丁ほどに逼, 間一人前の女, 間一人置きざりにされ, 間一円三十銭そのほか, 間一円五六十銭から一円七, 間一冊ずつ深く, 間一割ひき上げて, 間一升の濁酒, 間一口も敬太郎, 間一同疑念致すまじき事, 間一向に枯死せず, 間一回も聞いた, 間一回二回と重ね, 間一夕酒の座, 間一字三礼妙典書写の功, 間一室に閉ぢ籠つて蒲団, 間一寸二人でカルタ, 間一寸手伝ひに, 間一年に一萬圓づつ, 間一年八十万磅から一百万磅, 間一悲惨では, 間一押しだいと言っ, 間一日ぢゆう眺めて, 間一日一夜も懐, 間一日叡山のうえ, 間一日天に声, 間一時片時も心安き, 間一時谷中辺の寺院, 間一時遺骨をお預け, 間一時間でも二時間, 間一時間半より二時間半, 間一晩も男, 間一枚も書けなくなっ, 間一気にかけさせたの, 間一渠東に入る, 間一片の肉, 間一生懸命に考えました, 間一番興味深げ, 間一番おしまひに小屋, 間一秒間も三昧, 間一等水兵はちょっと, 間一粒の飯, 間一組の十名, 間一艦隊は地中海, 間一荷につき十磅, 間一語も聞きもらすまい, 間一読もしない, 間一通の電報, 間一遍だけちらっと, 間一部の識者, 間一間そこで止まる, 間一食もせず, 間一髮といふところ, 間一髮まち給へとばかり後, 間丁度彼女が, 間七人の子供, 間七八間と離れ離れ, 間七円七十銭平土間一間六円七十銭で別に, 間七十余間を仲店, 間七尺五分あった, 間七年一日も肌, 間七日横浜碇泊日数をいれ, 間七里の道, 間七間乃至十一間, 間七間五間三間と迫つてハタ, 間万一の御, 間万事終るでせう, 間万物を生じ, 間万葉はもとより, 間丈人様尤もと思召, 間三つの机, 間三つ巴に争い続けました, 間三ツの郭, 間三ツ山救護班を開設, 間三ヵ月位行くよう, 間三七二十一日目の朝, 間三万四千余りの家鴨, 間三両余の不足積り, 間三五名に過ぎず, 間三人半扶持御減し, 間三円五十銭平土間一間二円五十銭ほかに敷物代, 間三十分か一時間, 間三十分許り応接間, 間三十回自動車で往復, 間三十間斗といへり, 間三右衛門は, 間三四十分ずつ手, 間三四箇月家畜を放牧, 間三太は母親, 間三尺二寸七分あるから, 間三座敷を通して明け, 間三斎が夢にも, 間三方唐紙に閉ざされ, 間三日もおかない, 間三日間お待ち下さいまし, 間三時間程あります, 間三月頃まで此処, 間三条河原へ梟, 間三根夫のこと, 間三田は此, 間三百円にて雇わん, 間三百間貴下のお, 間三稜鏡で眺め, 間三編も四編, 間三角牛と四角羊, 間三間先へ行く, 間三間向うまで声, 間三間手前のお勝手, 間上げられさっきの, 間上げ舞台板を上げます, 間上つた案じたやう, 間上りくる怪体を, 間上ると判然, 間上ノ方ニテ竪二百間余横百五十間余ノ場所, 間上下一致民族的和協の実, 間上下二段になっ, 間上下共其心得可有之事, 間上士は圧制, 間上戸は咽, 間上段離れ会所, 間上眼遣いに顔, 間上體を前, 間下った所は, 間下つて行つた, 間下りて初さん, 間下幅十五間位ある長, 間下手の方, 間下界に苦しん, 間下総国成田山不動尊深川永代寺に於, 間下野一帯の治安, 間不在であつ, 間不如意ながら自分, 間不快が去りませんでした, 間不文の衆人, 間不文ニハ一ツ書の方, 間不断に悩まされ, 間不破の古関, 間不退転の精進, 間不遇の境地, 間世にも媚かしい, 間世の中飢渇して, 間世上無為に属す, 間世人を欺く, 間世帯を持っ, 間世界一の富国, 間世話人のところ, 間世路に彷徨, 間世間話を続け, 間丙戌の記事, 間両側は護謨林, 間両国の橋, 間両性間の情欲, 間両者がともに, 間並木道の散歩道, 間中の間次の間それから寛ぎ, 間中三箇年は凶作, 間中国の古書, 間中園三郎と市ノ瀬牧人, 間中央左右の長, 間中学へ入っ, 間中座ごめんを, 間中庭に面した, 間中江はその, 間中納言を辱めたる, 間中絶されて, 間中非常に中傷, 間中風に罹つ, 間などと名, 間丸帯一つ買って, 間僕の, 間主人一家の来る, 間主人夫婦の部屋, 間久留米藩次百九十三間佐賀藩次四十間唐津藩次三百間は松平忠之兄弟, 間乍ら酒や女, 間乗り出して釣り, 間乘りつづける場合, 間乙女は, 間九十日のうち, 間九時すぎが何日, 間九郎助と弥助, 間乞食をのぞいた, 間也ちやんは寢, 間乱されずにいた, 間乱筆を顧みず, 間乳兄弟になり, 間乳母も附い, 間了海様のお, 間は僅, 間予ハ別ノコト, 間予密かに之, 間予西インド諸島にあり, 間ひ続けた儘, 間争いがあった, 間事件が無く, 間事偏大将軍之最, 間事実上そのまま保全, 間二のたふとき, 間二カ所の難所, 間二丈を隔て, 間二三の段階, 間二三尺隔てたばかり, 間二三日丈見て, 間二三間まで寄りあった, 間二三間隔って立, 間二児を連れ, 間二円九十銭ほかに雑費一名, 間二円二十銭平土間一間一円三十銭そのほか, 間二円五十銭ほかに敷物代, 間二匹の馬, 間二十九日の日, 間二十二日横浜香港間七日横浜碇泊日数をいれ, 間二十人の小, 間二十余町を隔, 間二十四反帆, 間二十四時の怨霊, 間二十幾基の大, 間二十日を費す, 間二十里ばかり宮川, 間二度も三度, 間二時間ばかりに輕, 間二町ほどの地, 間二言三言尋常な口, 間二重に竝, 間二重二重に乾堀, 間二間先へ平次, 間二階一室で坪数, 間二階二間である, 間二階住居をし, 間二面廻廊があっ, 間云い続けて到頭, 間云ったから今日, 間云わないことに, 間五六フランしかもたない, 間五割増しの達し, 間五十九歳の人, 間五十円ずつ月賦, 間五十銭の人肉, 間五十間おきには番小屋, 間五十間百間と位置, 間五寸その初, 間五尺裏行三十間田畑山林共水越石とも持高百七十五石所持有之候得共, 間五山と交つた如く, 間五年も十年, 間五度失敗をくり返し, 間五条橋畔マデ御返答高札下サルベク候, 間五番目の男, 間五畿七道いたらざるところ, 間五百は少しく, 間五百円の約束, 間五郎蔵殿の賭場, 間五間三間と迫つてハタ, 間五階建という大, 間より二十八間, 間井戸から二十八間, 間亜米利加に行, 間交わりを結んだ, 間交響曲を聞かない, 間享受して, 間京子に髪, 間京成線路側の賣, 間京洛の天地, 間京都三本木の信楽, 間人々社会の間, 間人っ子一人登って, 間人なかに出た, 間人冬ニ入リ其下, 間人前に顔, 間人力車に坐っ, 間人口増加は未曾有, 間人家点在するのみ, 間人民どもの欲しい, 間人気なくしめ, 間人生を自然, 間人目から遮断, 間人知れず自ら咎め, 間人穴穂部皇后の宮, 間人質に出, 間人間味のしみ込み, 間人間性を無視, 間人間界へ擯出, 間人麿の研究, 間今にも変ったこと, 間今に至ってその身, 間今のは夢, 間今一囃子そんな景気, 間今回は是非共実業, 間今度で二度目, 間今度抱え入れた草履取, 間介抱して, 間仏国は再び, 間仏様の念誦, 間仏法の話, 間やうねえなそん, 間仕えていた, 間仕へてゐる, 間仕付けられてますます, 間仕方が無い, 間仕送った金が, 間他国の勢力, 間他愛もない, 間他方が休む, 間仙太郎は位牌, 間代々片目であったという, 間以上十五間はあろう, 間以内に近づく, 間以外にはない, 間以學之と記せられ, 間以来一つでも自慢, 間監で, 間仮令幾年の, 間仮死の状態, 間經歴輩之, 間仰せ奉りて, 間仰せられて曰く, 間仰向いて雲, 間仲よくいろいろと語られ, 間仲間の盜ん, 間のだらだら, 間企らんで父, 間企業者に賃借, 間伊勢の友三人, 間伊豆の東部, 間伏目になった, 間休みおつたア, 間休みまして尚, 間休んだ埋合せを, 間休場いたします, 間休憩室の壁, 間休日といえ, 間休校の時, 間休講病院も半分閉鎖, 間休養して, 間会いもしない, 間会わないこの愚か, 間会わなくっても及ばず, 間会われないものに, 間会わんので彼, 間会社のため, 間会話が跡絶えた, 間会議の席, 間伝右の心, 間伸び放題拡がり放題にし, 間伺候の家柄, 間鴎他年応相済莫漫説欧洲, 間似合紙ということ, 間位先の方, 間位先きの方で何, 間なれたところ, 間住まつてゐた, 間住みしや, 間住み付いて庭, 間住み慣れた此の, 間住所も知らせず, 間佐々はムッツリ, 間佐助に許さなかった, 間佐渡で見出された, 間佐賀藩次四十間唐津藩次三百間は松平忠之兄弟, 間何で僕が, 間何とか一言云っ, 間何ひと言和尚様は語りだされるで, 間何ものも口, 間何やらモジモジして, 間何一つ小さな物, 間何分身は砕け, 間何囘も歩き慣れた, 間何回も歩き慣れた, 間何度となく, 間何彼につけ, 間何方より金, 間何時でも用, 間何物をも出し, 間何程翁を苦しめた, 間しく聞えて, 間余りにエネルギー精力絶倫に, 間余り口をきい, 間余東西梁行は十五間三尺, 間余横百五十間余ノ場所, 間佛樣の伽, 間使い慣らして, 間使うとそれ, 間使って居る, 間使つた麻繩で損ん, 間使わずに放っ, 間使われていない, 間使者の間, 間り舍, 間例え折々は, 間でないか, 間侍たちの太刀, 間侍三万バカリ道ノ左右, 間侍面を洗っ, 間供先にても口論等致又者惡言等申者, 間依然旧態に, 間依頼して, 間侮辱を受け, 間侵して人, 間便に差下候字, 間便宜上大使官邸に, 間便箋の下, 間かに数人, 間に牛谷, 間俗事多端殆ど寸隙がなかつた, 間俗家に媚びず, 間俗界の中, 間保てたならばいよ, 間保存してあつ, 間保養した, 間信じきつてゐた, 間信じきたった天地の, 間信じられぬほどの奇妙, 間信ぜられていた, 間信仰の友, 間信如尼によって修補, 間信姉さんと双葉, 間信實追討之訖, 間信州の上田, 間信州路より越可, 間修め願が成就, 間修業したの, 間修理は居間, 間俳優と見物, 間俳優らがゲーテ座, 間俳句単に俳句, 間俸給の余剰, 間倉地は葉子, 間倒れさせ給ひ, 間を怠らず, 間借りてるんです, 間借りるやうに, 間倫敦市の中心, 間倶楽部員達の間, 間停船して, 間健吉画伯はそこら, 間系図を, 間偽りも申した, 間傍らの生駒雅楽助, 間傍目もふらず, 間傳七郎と深い, 間傳統も違, 間債務の交渉, 間のため病床, 間僅少ばかりで, 間働いた者の, 間働きをなすべき, 間働くのが, 間僕ハマタ二階ニ上ッテイクガ敏子ガ一人デ台所, 間僕ハ果シテイツマデ続クカ分ラナイ不安, 間僕一人鳥も鳴かず, 間僕等自身の運動, 間隱居家に, 間元帥伯の官, 間元康は家臣, 間元日之口号, 間元朝三韓の吏民, 間元治元年には梅屋鶴寿, 間元興寺の鐘, 間兄夫婦の室, 間兄弟朋友師弟老幼男女等凡て人間倫理の大綱, 間先きの曲り角に妨げられ, 間先きの路面をボンヤリ, 間先づ十風の病勢, 間先のぶなの, 間先一面にあの, 間先代当時の繁昌, 間先刻の事, 間先払いで預け, 間先生先生はおいで, 間先輩たちにまじっ, 間先駆者還って, 間光るのと, 間光仁天皇迄この, 間光耀のうち, 間にも角, 間兎角途絶え勝, 間児童等の生活, 間つて住まう, 間入り込んでいる, 間入れかわりいろんな侍達, 間入れられてい, 間入学試験の準備, 間山白雪に, 間全島第三紀, 間全然五郎には, 間全盛で鳴らした, 間全身に白い, 間兩側茶肆酒肉店軒をならべ, 間八五郎親分に窮屈, 間八人方よりは不, 間八円八十銭高土間一間七円七十銭平土間一間六円七十銭で別に, 間八十粁の開鑿, 間八景の間, 間八百屋をし, 間八絋一宇精神にしたがえられ, 間八重吉の家, 間公使らは思い思い, 間公儀へ借り置く, 間公手親折梅一枝又作和歌并以賜余, 間公演活動をやる, 間公衆電話の箱, 間公議を借, 間の親父, 間六七丁といへり, 間六万六千六百余坪南北西の三方, 間六円七十銭で別に, 間六千キロを定時, 間六条村の手下, 間六畳一間四畳半二間それに湯殿, 間六畳三畳二畳二階二間四畳六畳家ねじれて, 間六百月間一萬八千二百六十餘日間四十三萬八千七百餘時間を經, 間に暮し, 間共に暗黒で, 間共産主義の思想, 間兵士であつ, 間兵火を浴せ, 間兵部の娘, 間兵馬が沈黙, 間其上はもみ候事無用, 間其世話にか, 間其國大亂, 間其奥にも一つ六畳間, 間其女は振向い, 間其宅を借, 間其寢息を覗つて, 間其島の附近, 間其意を得, 間其愛妻とすら衾, 間其教化する処, 間其旨可存候, 間其時ハかならず, 間其答の範圍, 間其節編輯記者に相, 間其組織も行, 間其結構を工夫, 間其通り御聞取, 間兼用の五燭, 間内外百官此旨を奉体し, 間内気な少女, 間内海の底, 間内端に打解けた, 間内職やらその他, 間内面的にすくなから, 間円く治まるべし, 間円板ロケットはギンネコ号, 間円覚寺の奥, 間再び電磁気感応の, 間写真をとりました, 間冬ごもりをさせ, 間冬威にうら枯れ, 間冬子の消息, 間冬彦先生の下, 間冷たい世の中に, 間冷淡で氷, 間冷静を努め, 間凄い勢いで, 間凌ぎに縁, 間凍つた肉体が, 間凝り固つて, 間凝視し居りしに, 間凡そ二三十回も私, 間凡てを云, 間凡変化なく保たれ, 間凡庸者どもが同化, 間処々に大小幾多, 間出でて之, 間出ると我善坊, 間出仕寄合御番, 間出仕祖父江出羽守の狩猟地, 間出会ったのは, 間出口に番兵, 間出来なくなってしまいました, 間出版界に随筆時代, 間出生の結婚, 間出身の宦官, 間出雲国に出かけ, 間を借し, 間刃傷後上杉家より護衛, 間のつまり, 間分らなんだ, 間分化によって進められ, 間切に分かち西半, 間切れるように, 間切二百数十年前の記録, 間切妻造り柿葺の格, 間切支丹屋敷の牢獄, 間切札のやう, 間切磋琢磨の工夫, 間切符しらべパスポート, 間ね飛ばす, 間刑事を吉蔵, 間刑務所にいた, 間初め刑事裁判所次に民事裁判所, 間初枝と差し向い, 間判然たる区別, 間別に何とも, 間別のがお, 間別家せずに, 間別紙此幕ヘ出金致シ候人々, 間別荘番に住まわせる, 間利己主義者であったが, 間利益を受け, 間刺客を恐れ, 間刻苦して, 間刻苦勉強した蘭学, 間剃刀を当てない, 間則大兄ニも兼而御同意, 間前栽も何, 間前記会所組合の者共名前取調べ, 間剣戟の音, 間剰余収穫と価格下落, 間割合によく, 間りが, 間劇場にて貯, 間を尽し, 間力士その他の芸人, 間加納は無意識裡, 間助手として滯在, 間努めた後今まで, 間劫賊あり, 間労働の生活, 間労働者街に住む, 間労働者達は私, 間労苦して, 間勇気と巧妙, 間もすれ, 間動きが取れなくなっ, 間動物性の蛋白質, 間勘八狩野右馬吉石原十蔵舟崎曾兵衛の五人, 間勘定した, 間勘弁して, 間勘次は以前, 間勝手にその, 間勝目は全く, 間勢力があつ, 間勤而醫師の申す, 間勿論罪の, 間化粧函を何処, 間北国のスキー場, 間北支那と南支那, 間北条を神辺, 間北海の浪, 間北野家は大川村, 間を以て聞え, 間医書の猶, 間医院の玄関, 間れて, 間匿名の論戰, 間の角, 間十一時間も労働, 間十一番の客, 間十二円のこの, 間十二月いっぱい続いた, 間十五ヵ所の白旗, 間十五間飛島裸島の岩, 間十以上も年, 間十六島附近の烟霞, 間十分の知識を有っ, 間十四五尋のところ, 間十四五間と進む, 間十年前に経験, 間十年近い間耕吉の放埒, 間十日位まで林町, 間十日半月位滞在して, 間十時間くらいやっ, 間十町の地, 間十郎左衛門が召喚, 間十里ばかりはなれた, 間千二はそう, 間千登世は二階, 間千鶴子も同じ, 間半ば無意識で駆け, 間半七尺の手竿, 間半中はガラクタ, 間半二間ばかり位, 間半先に居る, 間半周り五間ほどの大きな, 間半四方位の室, 間半女は崖端, 間半小口三尺まはり四角, 間半小口三尺まわり四角な樟, 間半幅ぐらゐでこんな広い, 間半幅四尺深さ三尺ぐらゐで, 間半弓を持った, 間半槍の長, 間半町将に賊将, 間半表の室, 間半長柄の大, 間半開の櫻花, 間南京上海間などの車中風景, 間南北三間の御殿, 間南北九百二間というの, 間南北四十二間満潮時に一丈前後, 間南北四間東西は八角形, 間南北百七十間に定め, 間南北百六間という広, 間南天垣の外, 間南方にも范増出, 間南海諸國, 間単なる講師として, 間単に肉交ある, 間単調なピアノ, 間博士は平和, 間博多大浜の芝忠さん, 間博浪沙で始皇帝, 間博覽會へ行, 間占領しこの, 間印度人たちはいかにもハラハラ, 間危急の汽笛, 間危険を冒し, 間しては, 間に当る, 間厚いスクリーンで, 間原始人類の間, 間厨子の方, 間として天地, 間厳しい霜が, 間去っていた, 間去ることの, 間参りますると幅広, 間五十金にても, 間及ばずながら精, 間友子は内職, 間友達にもつ, 間欄を通して, 間双方がそのまま, 間双方共睨めくら, 間反乱はある程度, 間反対の人, 間反抗して, 間反逆して, 間収容病室内で奇妙, 間叔母は傍, 間叔父共がおまえ達, 間取って垂れ, 間取で庭も, 間取なのです, 間取られてある, 間取り除け候心得に, 間取れると思ふ, 間取囲んでいた, 間受けてゐた, 間の言葉, 間口径三尺の筒, 間沼に, 間古城の姿, 間古家建直しの折西日さ, 間古藤の言葉, 間叩いてゐた, 間召仕等迄急, 間可也親密に, 間可笑しい事も, 間の立木, 間台湾のさる, 間に曲筆, 間史実を扱っ, 間右体ノモノ, 間右国許へまかり越し, 間右執行ノ御, 間司教は心, 間司馬遷は充実, 間松明を, 間各国の汽船, 間各地の天然, 間各層においてそれぞれ, 間各自の厳重, 間各駅に手配, 間合わさしめるという程, 間合わせて七日間, 間合わぬので鵜呑, 間吉井への状一封今夜中, 間吉助の消息, 間吉宗は一語, 間吉左衛門はすこし, 間吉田はこれ, 間吊り腕を, 間同一政府の下, 間同日午後一時より御, 間同時に動いたやう, 間同棲して, 間同様に優れた, 間同船は聾, 間同類を集め, 間名主をし, 間名乘りも, 間君ぢやない, 間君江が何, 間君臨したこの, 間君賦一律見贈今, 間として相応しい心憎い, 間ひ込んだ土, 間吹かしていた, 間吹上には何, 間っとします, 間吾が氣を, 間吾儕は人, 間吾妻川の流域, 間吾妻橋の上, 間吾輩は毎日毎日, 間呂布に時刻, 間呆気に取られ, 間呆然と四方, 間呉一郎が一回, 間呉清源はコックリコックリ居眠り, 間呑み続けてきた, 間周助を脅かし続けた, 間周囲三里の城壁, 間周夫妻は目配せ, 間周旋の依頼, 間周章したらしい気色, 間味噌汁はいつも, 間呼ばれて居た, 間呼べば答える, 間呼吸器の病気, 間にかへて頼み入る, 間和吉に貸し, 間和気陶然として逸興, 間和気香風の中, 間和蘭亜米利加貌利太尼西国民の儀, 間咲きも殘ら, 間品評之, 間哲学の講義, 間唐子の間, 間唐津藩次三百間は松平忠之兄弟, 間唐紙の中, 間が筍, 間唖唖子来りて, 間唖然となった, 間唯一人この観潮楼, 間唯今より駕, 間商品窓に飾っ, 間商売はし, 間商工業がもっと, 間商店軒を連, 間商法の事ハ陸奥, 間啜り泣きをやめなかった, 間善く飲み善く, 間善太の持ち居る, 間善良をだけつくる, 間喉頭炎と思わされ, 間だ, 間にかがやいた, 間喜兵衛なぞの領袖株老人連, 間喜兵衞の辭世, 間喜平をアラユル拷問, 間喧嘩をしたい, 間喬介は大胆, 間営倉へぶち込まれた, 間嗅ぎ慣れたかの巴里, 間嘗めるやうに, 間だけを聞い, 間四五万円融通して, 間四五尺の雪, 間四五年修業を積み, 間四五町にわたりて軒, 間四人は気まずい, 間四位の位, 間四円五十銭高土間一間三円五十銭平土間一間二円五十銭ほかに敷物代, 間四十三萬八千七百餘時間を經, 間四十年見なれた懐しい, 間四十歳の人, 間四十里斗にし, 間四囲の境遇, 間四圍を見, 間四壁および屋上みなトタン, 間四尺高さ, 間四尺五寸あったの, 間四方屋根は厚い, 間四日が働く, 間四時春なる芳園, 間四枚の素通し硝子, 間四畳一間の離家, 間四畳六畳家ねじれて, 間四畳半が一間, 間四畳半二間それに湯殿, 間四疊半を覗かなかつた, 間四裔の君長, 間四通八達の街路, 間四里聞えた加賀, 間四面位でその, 間因っては阿, 間因襲され伝統, 間団体観光の客, 間団長と一緒, 間固陋な漢学, 間が特に, 間国境も種族, 間国民中の少数, 間国王なしの, 間国男が結婚, 間国語研究室に籠つて, 間国賓として見学, 間國家的に訓練, 間圏境の激変, 間土塀門の屋根上, 間土木を起し, 間土肥家では親類, 間土間雑多な履物, 間へつけられ, 間圧迫され精, 間在世されたればこそ, 間在位して, 間圭介はそう, 間地上とは定時連絡, 間地中を這った, 間地代の減少, 間地図を見る, 間地理に慣れた, 間坂上田村麿をさえ連想, 間均等な高, 間坐つたま, 間坐りて居れ, 間坐り込んでしみじみ, 間坑口を一ぱい, 間坪井はそこ, 間垢石型の酒風, 間埋まっていた, 間城方は又, 間執事と懇談, 間執念深くその辺, 間執拗く付き纏っ, 間培つた支那でありながら, 間培養せらるると, 間堀あたりの町娘, 間堀一丁目三番地俗にいえ, 間堀二丁目は中, 間堀住の十人衆三村清左衛門, 間堀富貴亭に飯, 間堀川と築地川, 間堀柴田の裔, 間堀河岸通の夕照甚佳, 間堀深雪亭に飲む, 間堀裏のバラック建, 間堂あたりから順々, 間堂一乗寺村などで相次い, 間堂以上の美し, 間堂柳の佐和利, 間堂棟木の由来, 間堂邊迄行きますか, 間堂金閣寺両本願寺, 間堅いパンばかり, 間堤防がございませぬ, 間をはずし, 間場内は墓場, 間堺奉行をし, 間をめぐらし, 間塞がってるよってに支那間, 間塞がれてゐた, 間塩原の附届, 間塩断ちをなさる, 間塩梅が悪くっ, 間をしずめる, 間塵灰立ちあがりて盛, 間塹壕の戦士たち, 間塾生のひとりびとりの表情, 間を護り, 間墓石を二つ三つ写生, 間増加したこと, 間墨梅の間, 間墺英両国は仏, 間壁土が落ち, 間壊れないから軒先, 間の中, 間壮絶の観物, 間売りに出, 間変えることの, 間変らじと一言, 間変人の誤解, 間変哲もない, 間変形されやすい, 間になる, 間夏冬に係らず親しみ遊んだ, 間夕日花やかに移ろひ, 間夕陽が映じた, 間夕雲の低迷, 間夕霽にあがり, 間外人は如何, 間外出せず弁当, 間外出用をかねて, 間外務省に出社, 間外国人と交際, 間外国穀物の輸入, 間外国貿易を問題外, 間外相を介抱, 間計代, 間多き広々と, 間多代子は一言, 間多摩川に往來, 間多賀子から手紙, 間夜々己を追い回し, 間夜中にも日中, 間夜昼なしに, 間夜昼私をひどい, 間夜詰ときまった, 間夜警団の勢, 間夢ぢやない, 間夢にも忘れなかった仇敵, 間夢中にあり, 間夢寐も忘れざりし, 間夢想してたか, 間夥しい松明や, 間大いに活動した, 間大きい寝台の, 間大人しくして, 間大佐等はかの驚く, 間大使館に出入り, 間大助りです, 間大原に籠っ, 間大和の施政, 間大坂城を拝借, 間大声に泣い, 間大変待って, 間大学の生活, 間大学教授をお勤め, 間大小様々のこと, 間大店の若, 間大抵いやでも, 間大晦日かその, 間大橋九十六間を粛々と, 間大気が重く, 間大衆の力, 間大鏡の前, 間大降りに降り続きました, 間大風の中, 間大風俄に船, 間天井裏から床下, 間天使は怪物, 間天地も寥々, 間天文を遣りました, 間天文臺の飜譯方, 間天気にかかわらず役に立つ, 間天氣さへ好, 間天満の青物市場, 間天狗が御, 間天王寺に在, 間太い竪縞の, 間太き堤防を, 間太古の森, 間太平洋に向う, 間太郎を当時江戸派, 間太鼓は暖, 間夫婦二人きりで暮らさね, 間夫婦関係より生ずる, 間夫婦關係を結んだ, 間失っていた, 間失った子供を, 間失神状態に陥っ, 間失踪しても, 間奇しくも何等かの, 間奇怪な物思い, 間奈何して, 間奉仕者が忌み籠る, 間奉天新義州間, 間奉行の世話, 間きづめ, 間奥まったところに, 間奥州下野の界, 間奥深く飾られて, 間奥行これに叶う, 間奥行三尺ばかりの押入れ, 間奥行三間半の小さな, 間奥行二十五間五階建という大, 間奥行二間ほどの藪, 間奥行五間ぐらいのせまい, 間奥行六間ばかりある, 間奥行六間家賃一円五十銭の家, 間奥行十七間それを十二畳, 間奥行十五間の二階家, 間奧さんが茶店の, 間奮激さしたのみ, 間女あるじは我等, 間女の子が列, 間女史に宛てたる, 間女子が人道, 間女学生向きの, 間女将は多く, 間女御為御稽古参上可, 間女性と接した, 間女王に其願, 間女達は蛇皮線, 間好ちゃんもいろいろ, 間好奇心をもっ, 間好学不敢入城都, 間如きに, 間如何に善良なる, 間如此の事, 間妄想でなければ, 間妖しい雰囲気が, 間妙信は物おじ, 間のお, 間妾一人が堅気, 間の文子, 間始終余の傍, 間始終社のため, 間委ねられていた, 間姦通して, 間姫路の二つ三つ先, 間娑婆苦を忘れ, 間娘二人は両端, 間婆さんの猫, 間婦人の人間, 間婦人たちが相談, 間婦人大衆をとらえつづけ, 間婦女より婦女, 間婬蕩な生活, 間嫁姑の間, 間嬉しそうに, 間子どもをたずねなかった, 間子供たちは一しょ, 間子供らの遊ぶ, 間子供達の笑い声, 間子沢山の貧しい, 間孔乙己を見た, 間孝太郎はまだ, 間季和の方, 間孤島の生活中, 間学んで二人, 間学問を為し得る, 間学士はすべて, 間学屈原候こといかなるわけ, 間学校生活を余儀なく, 間学生はいかにも, 間学生達を泊め, 間學校を休ん, 間宇治殿御騎馬にて渡らせ, 間宇野久美子の生活, 間守り本尊として守護, 間守以外の諸人, 間守其役人斬仲章之首, 間安倍さんはしきりに, 間安吉に命じ, 間安易な日常茶飯, 間安閑とし, 間宗兵衞親子に貢ぎました, 間宗助は耳, 間宗太郎は外, 間宗教の中, 間官製の婦人団体, 間をとん, 間定めて御, 間宛六段の書架, 間敷様御, 間の居た, 間実によく働いて, 間実家の方, 間実践躬行の結果, 間実際何度か, 間実験室を飛びまわりました, 間と共にいる, 間客観的に存在, 間客間に取り附けず, 間室内には何事, 間宮中へ出られない, 間宮廷音楽会の寵児, 間家一軒ありません, 間家主がプロフェッショナル, 間家士たちの溜り, 間家康公も実際, 間家族家国家宗教その他に一つ一つ, 間家賃を受取る, 間家賃一円五十銭の家, 間容易にこの, 間宿った露朝日が, 間宿り眠っていた, 間宿直の間, 間として人, 間寂しき夜を, 間寂別天地中の別天地也, 間寂然とし, 間寂静園中に閑静, 間寄ると触る, 間寄宿舎にいる, 間寄手をなやませ, 間密談をした, 間るだけに, 間さの, 間寒雨瀟瀟として落葉, 間寒風大雨を起し, 間寝たまま眼を, 間寝たきりだったが, 間寝室に閉ぢ籠つた後, 間寝所みな広い床張り, 間寝泊りして, 間寝返りを打ち続け, 間寝食を忘れ, 間ながら眺め, 間寸尺の地, 間寸時も離れず馴れ, 間寸毫も形, 間寺内森閑として物音一つ, 間寺田はふと, 間対坐して, 間対峙して, 間対座して, 間寿庵手前より先々, 間寿美子のいった, 間封じられたまま塵と, 間専門的知識と規律, 間射撃の練習, 間将士は鉄, 間将棋の駒, 間尊攘の大義相願, 間尊氏は酒, 間古佛祠, 間尋ねに尋ね, 間尋ねたが知れぬ, 間導かれてゆく, 間小さな燭が, 間小休もなく, 間小便をがまん, 間小児が欲しい, 間小六は何, 間小刀の柄, 間小夜子は泣い, 間小屋におり, 間小座敷小亭, 間小康を得, 間小暗き文学の, 間小林の口元, 間小林多喜二全集が刊行, 間小猿等大いなる丸, 間小田さんと私, 間小石川の方, 間小舟さはりありとも, 間小郷はがっくり, 間小野田が多く外まわり, 間小金井の櫻, 間小鳥の囈語, 間少なからぬ便利, 間就職口を探し, 間就職難のため, 間尻骨の痛い, 間尽きざる笑い事と, 間尽していた, 間尾世川に教え, 間尾島氏定を妻, 間局中手勢のもの, 間居して空しく, 間居たつもりだった, 間居なくなりますと美留藻, 間居なく成つたので酷く寂し, 間居りし事あり, 間居りますから誰, 間居候をし, 間屋夕陽不見, 間屋敷小路を出, 間屋浪花屋の前, 間屋結廬十余間はみな間数, 間屡々彼女の, 間山の手の或, 間山上でひとり, 間山中の杣, 間山口は眉, 間山岸はその, 間山川草木人類鳥獣の属, 間山法師ども悪しその, 間山稼ぎはいたし, 間山芋を掘り, 間山間の墓, 間岩倉大久保木戸らのごとき, 間岩吉という木樵, 間岩山を繞ら, 間岩木山周囲の村里, 間岩石ヶ城でご, 間岩窟に起き伏し, 間岩間の羊腸折, 間岩魚を釣っ, 間に立っ, 間島中を探し回った, 間崩壊をつづけ, 間の山肌, 間嶺岡牧場の白牛酪, 間川これなり, 間川上山北に阿弥嶽, 間川下の岸, 間巡洋艦などに乘つて, 間巡視の歩, 間工場を休み, 間工場通いをした, 間工業組合と, 間左右うち開け候平地沃野, 間左大臣の装束, 間左舷の風景, 間左衛門は見守っ, 間左記へ滞在, 間左記御返事下され候, 間左陣翁が見込み, 間巨勢が胸, 間巨大な圧力, 間ぐらいの往来, 間市中のこと, 間市内の割引, 間市川へ通っ, 間市民が真先, 間市郎は暗い, 間市長の椅子, 間布き列ねてある, 間帆村荘六はこれ, 間帝者と官員, 間帝都では非常管制, 間師同志の話, 間を解き, 間帯刀の遠謀, 間帰って来なかった, 間帰らなかったところで, 間帰り途の半分位, 間帳場はなだめつすかしつし, 間も解かなかつた, 間の人, 間常にいつもは融け合っ, 間常にたえず働くわけ, 間常胤の世間ばなし, 間帽子の下, 間帽子屋へ御, 間幅一間ぐらいの大きな, 間幅一間余の緋羅紗, 間幅七間二十四反帆, 間幅三十間全島第三紀, 間幅二十三間あり, 間幅二十九間にし, 間幅二十間の埋立地, 間幅二間くらいなり, 間幅二間位あるが, 間幅十二間四尺高さ, 間幅四尺もある, 間幅四間深さ三尺, 間が降り, 間干からびてしおれ, 間から眺めた, 間平らな路, 間平一郎は新しい, 間平上河内岳の南, 間平原然ニ水, 間平和安穏であったかという, 間平地なる濱一里半, 間平均人口においてほとんど, 間平均十一年目に活動, 間平気で離室, 間平生その心掛, 間に二度, 間年々に衰病起り候, 間年俸の五分, 間年増し御, 間幸福そのもののよう, 間の周囲, 間であった雪, 間幼かった昔, 間幼児を入れ, 間幽かに持続, 間幾つかその, 間幾億万の人間, 間幾冬もつづけ, 間幾千の人, 間幾多の手術, 間幾子と口, 間幾年の間, 間幾度それによつて, 間幾時もあらね, 間海屋と, 間広き旅店の, 間広小路通りと言問通り, 間広島に在った, 間広瀬方面に下る, 間床の間中の間後ろ納戸次の間口の間, 間知れぬ悪意, 間の者, 間店主の小さな, 間店先へ出, 間店座敷それから玄関先, 間度々照が来, 間座囲碁以待使童之往還, 間庭先とその, 間はある, 間廃寺のよう, 間廉ぐ売って, 間廊下じゅうにまい, 間廐舎婢女の間, 間延期せしめた眞, 間建て塞がれて忘れられ, 間向し, 間廻り喇叭は, 間廻わしていた, 間廻転椅子の中, 間廿年ヤイ正岡ヤイ夢声と酔余, 間弁天堂で大, 間弁護士立会の上, 間引きかえして見た, 間引きずられるうちやつと, 間引き摺られるように, 間引っ込んでいる, 間引つ込ませておい, 間引渡されたものと, 間弟達の寢息, 間弱められて居た, 間もネッド, 間張りつめていた, 間張り合つてゐる御用聞, 間って伊勢守, 間強き狼臭が, 間強力に支配, 間強幅五間はあつ, 間強情を張りぬいた, 間強行されつづけて, 間強請つてゐたといふ, 間弾圧と闘い, 間当てとする, 間当り前の言葉, 間当分助郷, 間当惑すること, 間当時の事, 間当然と思っ, 間形勢を見, 間形而上學の覊絆, 間役所で標本, 間役者をした, 間彼処に馴染んだ, 間彼女たちの蒼白い, 間彼女自身によって, 間彼方此方を徘徊, 間彼自身の部屋, 間往來であふ, 間往還をゆき, 間待たされた後けっきょく, 間待たした失礼を, 間待たせられた上で, 間待たぬかといふ, 間待たれていた, 間待ちかねていた, 間待ちこがれた太陽の, 間待ち望んでる事柄を, 間待ち遠しさに, 間後れていた, 間後れた事を, 間後れたるに心, 間後便ニのこし, 間後悔を続け, 間後永井の, 間かにその, 間徐行しシグナル, 間徒らな勧進, 間徒然のま, 間従っている, 間得られないともう, 間得られる利益を, 間得其意早々下田港, 間徘徊したり, 間御上の御用, 間御国の御, 間御墨付と二千両, 間御所への出入り, 間御所柿を食った, 間御朱印ナサレ候様ニト言上ノ処, 間御用聞をし, 間御者台に首, 間御船の俗事方, 間御覧に入, 間御覧ニ入度, 間御許し願いつつ, 間御身大切に御, 間御輿を用, 間御酒御吸物頂戴, 間御門の締, 間御門内に, 間御飯をたべ, 間微妙なもの, 間微笑をほころばした, 間微細な注意, 間としてゐた, 間徹宵快談, 間心がけて来た, 間心ニ秘メテイタ念願ヲ始メテ果タス, 間心中に積もり重なった, 間心地よい眠りを, 間心細い様子は, 間心胸豁如洞朗昨日の我, 間心臓をしめつけ, 間心血を傾注, 間必ず彼の, 間必然ではない, 間忍耐して, 間忍藻は全く, 間志す所へも, 間志願という名目, 間られて, 間忘れられた怪物的巨体を, 間忘れられない不思議な思ひ, 間忘れられなかった隅田川の, 間応接室を歩きまわりました, 間応答あり, 間忠実無二の性格, 間忠義にし, 間に鎮定, 間ろしい, 間出すとも, 間思い出すことが, 間思い続けて思い, 間思い続けた恋であった, 間思う通りに, 間思わず本当にそうだ, 間怠い思いは, 間怠っていた, 間怠るこい田舎汽車, 間急峻な傾斜面, 間急湍をなし, 間急速な皷動, 間性慾上の刺戟, 間怪し気な感傷, 間怪人は呼吸, 間怪我人をいじくりまわし, 間怪談ばかり書いた, 間恋い焦れてたった, 間恐ろしい火葬の, 間恒夫は遠く, 間恢復しないあなた, 間恥しいのを, 間息づまる睨み合いが続いた, 間息子の便り, 間恰も眞綿の, 間恰度安井の言葉, 間悍馬のよう, 間悔むのである, 間悟空は八戒, 間患っていた, 間患つた揚句親父の私, 間患つて居りますが, 間患者は上げた, 間悩まされるのかと, 間悩み深げ, 間悩んできた, 間悪い事を, 間悪事を働い, 間悪口を言い続けた, 間悪所通いのしたい, 間悲し気に, 間悲惨のうち, 間情趣のない, 間惜しげもなく, 間い夢, 間んでゐる, 間想像して, 間想像以上の凄まじい, 間意識しないほどの, 間愚兄権平ニハ見せられぬ事, 間愚民を惑, 間愛し合ってきた, 間愛国心をごまかし, 間愛好して, 間愛情の欠乏, 間愛撫した, 間感じたものは, 間感想を吐露, 間感慨胸に迫り, 間感歎しながら, 間えるよう, 間慈愛深い母親, 間慈母の口, 間慎太郎は大声, 間慣らされて来た, 間慣らされた足の, 間慣れていた, 間慣れない東京の, 間慰み半分に池沼, 間憐れな自分, 間憐れむでゐて呉れた, 間憚りながら御放念, 間憧れている, 間憧れた故郷へ, 間ひ出して, 間懇願の末, 間懊悩した結果, 間懐かしき芸術的感動の, 間懐しさうに薄緑の, 間懐中から手帛, 間懐中電灯を照らし, 間懐旧の涙, 間つこい, 間かしき父君母君, 間懸賞つきで寒, 間我々平の審査員, 間我が戸籍の, 間我が家の古びた, 間我子の様, 間我日本を支配, 間我耳に響く, 間或いは寺を, 間戦争後の今日, 間戦争準備の陸軍食料工場, 間戦闘に及び, 間戦闘員でこそなけれ, 間戰爭して, 間戰鬪と抗, 間戻って来なかった, 間戻ったが黒い, 間房一は来る, 間房州の知行所, 間所すなは, 間所伺候にさし加, 間所帯を二疋, 間所謂疎開生活をし, 間所謂結婚制度なるもの, 間所謂虫がすかなかった, 間の地紙, 間の外, 間手伝いのため, 間手傳に來, 間手入れを怠, 間手堅い職業が, 間手狭なれども, 間手真似と身ぶり, 間手荒く扱われたため, 間手術は見合わせる, 間手足の丈夫, 間手近い草を手ぐりよせては, 間絶えて, 間打ち伏して, 間打ち抜きの部屋, 間打っこ抜いてその, 間打抜きの源氏香, 間ひはせられないだらうと, 間技術の養成, 間技術上の進歩, 間抑えられたものが, 間投獄された, 間にふれ, 間折れるともう, 間抛り出しておいた, 間抜けた男が, 間抜け殻のよう, 間抜どじをふん, 間抜めおいらの邪魔, 間抜め気を附け, 間抱一の屏風, 間抵抗を續けた, 間押えつけている, 間押してやった, 間押しこめられて暮し, 間押しこんで暮させた, 間押し問答をした, 間押し黙っていた, 間押分けながら進ん, 間抽斎が四十一歳, 間拍子嫌いの人, 間拔けさ加減を思ひ浮べた, 間拔けたものを用意, 間拔けた聲で答, 間拔けた話で, 間拔ぢやありません, 間拔因業爺い奴, 間拔奴見損, 間拔野郎で何ん, 間拘置されたの, 間拙者を待っ, 間拝殿の三つ, 間拵えたと小豆餡, 間拷問火ぜめ, 間拾人扶持を下され, 間持ち主がおいで, 間持ち合してゐたら, 間持ち望んでいた, 間持ち続けてきた, 間持ち腐らせている, 間持ってはいた, 間持つでしょうとしか申, 間持続する状態, 間持続的に拡散, 間を掌, 間指導して, 間つて居ました, 間捕まえた事によって, 間捜したのだった, 間捜しましたがとんと, 間捜しやすがなにしろ, 間捜し求めていた, 間捜索がつづけられました, 間捨ててあつ, 間据置の帝国軍費, 間排水は玄人, 間掘りつづけたがやがて, 間掘り下げても何, 間かつて歩一歩踏締, 間掠奪する, 間探し求めて止まなかった, 間探し疲れて元, 間接触して, 間控室で吉川氏, 間控目にみんな, 間推し秘された一つの, 間掻き消されていた, 間揉めくった以来此と, 間揚げられそしてごく, 間揺られなければならない, 間搏動を続ける, 間搾取される者, 間摂津国勝尾寺に暫く, 間摸索して, 間撞突なから, 間支弁したり, 間支持せられて, 間支那印度を放浪, 間支那幸福になりません, 間支配人としてどんなに, 間改めないというごとき, 間養天和, 間放してやった, 間放り込んであった, 間放任して, 間放擲して, 間放浪生活をした, 間放置されて, 間政務を励んだ, 間政子さんと芳子さん, 間政府がそれ, 間政權を握つた, 間政治上の目的, 間王の, 間故障は一つ, 間教えた子です, 間教頭の先生, 間に置き, 間散々塩を嘗めさせられた, 間散々搜し拔, 間散々種々やって, 間散策子は杖, 間数十ばかりもござります, 間数十里人能く窮むるなし, 間数名の将校, 間数四つ五つも越えた, 間数奇なる転変, 間数学が起きなかった, 間のさがす, 間敵味方もさだか, 間敵味方閧死軍兵皆令入仏道也, 間敵味方鬨死軍兵皆令入仏道也, 間敵意ある冷淡さ, 間敵軍の攻撃, 間敷いんですから私, 間敷き連ねたるはいかなる, 間敷く万一相対, 間敷三河士は何れ, 間敷且他流と藝, 間敷何共殘念至極, 間敷候得共御道中切角, 間敷儀に御座候, 間敷儀申モノ数多有之候間, 間敷八大龍王を叱, 間敷哉但自炊にても差支無, 間敷居越しに御, 間敷幼年之者など何心, 間敷後日のため覚書, 間敷者出来筋目, 間敷船行伏見に上陸, 間敷趣に候, 間敷鋭鋒を向けられる, 間數尺となりぬ, 間文使をまたせ, 間文化の炬火, 間文句を唱, 間文壇に奔走, 間文学の仲間たち, 間文学三昧に精進, 間文学的才能とか文学的教養, 間文殻を繰返し, 間文芸懇話会賞というもの, 間斎戒して, 間と云, 間斗といへり, 間に差し込む, 間断れるとザザーツ, 間うして, 間斯んな稼業, 間新しい宝を, 間新たに東方, 間新三郎も此, 間新任印度総督はその, 間新妻は居室, 間新聞社の踏台, 間新聞記事による知識, 間斷食を守る, 間施しに頼っ, 間旅人に食物, 間旅寝の憂苦労, 間旅興行に出, 間旗岡巡査は見張っ, 間旗幟をかくして, 間既ニ五臓モ凍断セントシタリ, 間既婚者が軍籍, 間日々の勤勉, 間日ごとにその, 間日の目の拝まれない, 間日当りのよい, 間日曜も夏休み, 間日曜祭日を除い, 間日本じゅう幾百万の国民学校, 間日本国じゅうに起こった, 間日本左衛門もまったく, 間日本普通の代表的蜜柑, 間日本橋の南, 間日本海は殊に, 間日毎日毎の雪作務, 間日比谷の方, 間日給二十匁ずつを貰っ, 間日記には病人, 間日輪寺其阿と壽, 間旦那はよく, 間国民読本の, 間旧人のあなた方, 間な事, 間早口にべらべら, 間早足に進ん, 間旱魃が続いた, 間昂奮した言葉, 間昌さんはその, 間明るく燃えるもの, 間明廿八日四時留守居役方え御出, 間明後日夕景よりいつも, 間明日の休み, 間明星を十字架, 間明朝九時御本邸, 間明朝御馬を寄せられ候わ, 間明治二十年一月成と刻しぬ, 間昏睡状態に陥っ, 間昏酔したが, 間星空の下, 間星辰を注目, 間春夏秋と三度蚕, 間春季の詩六篇, 間春毎秋毎の, 間春琴は独り奥, 間昨晩も申し上げました, 間是等の事, 間是阪兵への内応, 間是非に不, 間昼夜詰切りで寐, 間昼間も燈明, 間時期を異に, 間時節が来る, 間時間を費し, 間晒し置く者也, 間から外神田一圓, 間晝間の公演, 間になる, 間晴々しくなった, 間晴朗ならずという, 間智勇絶倫の櫻木海軍大佐, 間更に臨み, 間さに, 間断腸, 間暗い奥深い底の, 間暗くなるの, 間暗やみの動揺, 間暗澹たる冷たい, 間暗雲のよう, 間暗黒の海上, 間暫らく待って, 間暫御忍ビアレ某御トモ, 間暮らしてきた, 間暮れに村, 間暮れ新月のもと, 間暮卯月つごもり, 間暮軒の草葉, 間の光, 間曝されるんだ, 間曳いちまうと言ってた, 間書いている, 間書きためた愚にも, 間書付て御, 間曾根の屋敷, 間替えをした, 間最低一両内外で上, 間最早小山某といふ, 間最高の絶対的科学探偵小説, 間會社の事務室, 間に二三回, 間月々是等の紙, 間月代仕度奉願上候所, 間大異, 間有つた丈の原子, 間有り勝ちの出來事, 間有るを知つて夫, 間有余の黒血川, 間有効なの, 間有志の人士籌海守禦, 間有明の光, 間有楽座に清元会, 間有楽座清元会に徃, 間有用数人仮戯場衣冠, 間を脱ぐ, 間朝夕手馴れたもの, 間朝夕室を同じ, 間朝夕樂みし弓馬, 間朝子が胸, 間朝日の注文一枚, 間朝父の出がけ, 間朝野の別, 間朝霧が深く, 間朝顏を植, 間木屋町においやしたら, 間木更津や富岡, 間木版と木活字, 間木製の雨戸, 間後大坂城を, 間未だ一人の, 間未婚でいなけれ, 間未決監にあっ, 間末造に背中, 間本土の日本人, 間本尊と仰い, 間本所の私, 間本所回向院谷中天王寺音羽護国寺三田功運寺渋谷渋谷寺の五ヶ寺, 間本草書類や伝家, 間本質的には苦難, 間本邦の學者, 間本郷の通り, 間朱筆で何, 間朽ち損ず修理を, 間杉木立が途斷, 間村内のそういう, 間村木博士は正確, 間村松君と今日, 間村松金之助は奥庭, 間杜若目に動き, 間束縛されて, 間来ないだけな, 間来ませんでしたね, 間東北百三十間面積三萬六千六百餘歩と記され, 間東坡数間屋結廬十余間はみな間数, 間東洋諸國, 間東西一百三十間六万六千六百余坪南北西の三方, 間東西二里南北五里がほどに二三十町, 間東西梁行十一間高さ二丈四尺, 間東西梁行十五間床から天井, 間東部アフリカの内地, 間松並木つづきで左手, 間松喜へ行き, 間松屋へ行っ, 間松年画塾にい, 間松明を貸し, 間松村氏が絶えず, 間松莚子細君を伴う, 間が余っ, 間板塀の標石, 間した妾, 間果てしもなく, 間といふもの, 間柔道の寒稽古, 間柚木の幸福感, 間柳島の帆足謙三, 間の所, 間栃木小山間の汽車, 間栄えてゐた, 間栄さんの方, 間栄養がとれ, 間栗色の目, 間校長の重責, 間根岸の子規居士, 間根岸刑事の采配, 間格別変った事, 間格闘をし, 間の遊女, 間桂子はひとり, 間案内記を眼先, 間の間, 間桑港に在っ, 間桔梗の方逆心, 間を道傍, 間梁六間天井までは一丈三尺, 間梁行十四間半の大, 間梁間十五間切妻造り柿葺の格, 間を折つて賜, 間梅吉夫婦と赤阪, 間梅子が手伝い, 間梅田と松島, 間梅雨を中, 間梨枝子は安里, 間を持ち出し, 間棄ててあった, 間のやう, 間棒立ちになった, 間棠軒日録には事, 間森彦の胸, 間森戸文相の面し, 間森本は依然として, 間棲んで居なくっ, 間棲んだそのやぶ, 間棹麻縄鉄鎖望遠鏡附の象限儀, 間棺桶の中, 間植民し掠奪, 間検事をやっ, 間検察庁は他殺, 間検挙されなかった, 間の下, 間椽側から眺め, 間極めて美麗に, 間極度に空いた, 間楽しませるためには, 間楽しみながら聴い, 間楽しむことが, 間楽器をかなで, 間楽屋にし, 間まって, 間構造すこぶる壮大, 間樅林に沿っ, 間樋口一葉に恋, 間模範として用いられ, 間横七間にし, 間横九尺深サ五尺四寸, 間横坐りに足, 間横川の首楞厳院, 間横死した五百石, 間横浜に行っ, 間横穴を走った, 間横臥して, 間の上, 間樹立を潜っ, 間樹齡二千年といはれ, 間樹齡八百年と言, 間橋がかり三間で平生, 間の門, 間機敏を続け, 間機會を待つた, 間機械を対手, 間檢屍の濟ん, 間へ入れられ, 間檻車の外, 間櫻木海軍大佐の嚴肅, 間欄間居間等々のごとく, 間權之助と燕女, 間欠かさず細々と, 間欠伸ばかしし, 間から次, 間欧州諸国を歴遊, 間欧洲各地を巡遊, 間欧米人と名, 間欲しがって, 間欲しい欲しいと思い, 間欲心なし, 間款待を受けた, 間歌川の二階, 間歌題を供給, 間歐米に於ける, 間止まつて馬に, 間止まるとも動く, 間止むを得ず, 間止めていた, 間正しかった者, 間正体を現, 間正当な本能, 間正月を除い, 間正眼の睨み合い, 間正確にお, 間正面に見事, 間正面一段高い處, 間正面桜の林, 間此川軌道と相, 間此度船の事, 間此方へ薩州様西郷伊三郎, 間此湯原に滯在, 間此筋目其身共に被, 間此細路が何處, 間此落付かない, 間此處に過した, 間此那所へ来ない, 間此関五郎は未亡人里恵, 間武将の名誉, 間武市半平太は風呂, 間武帝の如き, 間武村兵曹の命ずる, 間武者隠しと申す, 間武蔵相模の土, 間武門の暴力, 間歩かせられようと幾多, 間歩きながらいろんな, 間歩きだしている, 間歩きだしたが橋, 間歩きだすとそこで, 間歩きますと井戸, 間歩けばよい, 間歩みを運んだ, 間歩一歩踏締めたと, 間歩行仕度奉願上候所, 間を喰いしばっ, 間歯医者に通い, 間歳太郎の顔, 間歴代の皇都, 間歴史時代にはひる, 間死に度い死に, 間死にそこねた場合が, 間死にましたがねす, 間死ぬことばかり, 間死のう死のうと思っ, 間死の灰で蔽っ, 間死んでるのか, 間死亡によって解消, 間死亡者が多かっ, 間死刑執行人の手, 間死物狂いになっ, 間死體はサイラス, 間殆ど四ヶ月あまりの日月, 間殆ど寢食を忘れ, 間殆ど寧日なき戰, 間殆ど普通部落との間, 間殆ど私達と一処, 間殆ど絶食の有, 間残して行かね, 間残りの者, 間段々に次第に, 間殺生は無論, 間殺生禁断になっ, 間殿下の御, 間殿様が冗談半分, 間母さんが二人, 間母上様皆吉などともその, 間母国の言葉, 間母子二人で此処, 間母様も, 間母親は待つ, 間毎夕方葬式の挽歌, 間毎夜逃亡を考えつづけ, 間毎年この実, 間毎年わしはこの, 間毎年三十万円を製艦費, 間毎年法然に供養, 間毎年減少するから, 間毎年諸君から徴集, 間毎日あなたとここ, 間毎日パンを買っ, 間毎日一男のこと, 間毎日五十円ずつやる, 間毎日仕事がをはつて, 間毎日休みなく窓, 間毎日何を食う, 間毎日十二時間の断食, 間毎日半時間づつを聖書, 間毎日患者の日記, 間毎日日記をつけ, 間毎日朝から日, 間毎日毎日寂しい懷, 間毎日毎日器械のよう, 間毎日毎日蝙蝠傘を持ち, 間毎日滝のよう, 間毎日留守を巡検, 間毎日百回ずつコンポ河, 間毎日羽子の遊び, 間毎日誰か代, 間毎日警察に呼び出され, 間毎晩ここに立っ, 間毎月十円ずつ払う, 間毎朝五条大橋の上, 間毎朝毎夜こぶし大の石, 間毎朝水を浴び, 間毒気を抜かれた, 間比熱を, 間比田の所, 間比良岳を仰望, 間比良野氏威能岡西氏徳を相, 間比較的孤立し, 間毛利元就が尼子経久領, 間毫も相戻る, 間氏ここにはもう, 間民主主義文学の新しい, 間民主主義的な文学, 間民主日本の発足, 間民族の間, 間民間に行, 間気づまりな思いをさせ, 間気丈に一人, 間気付かないでコンナ桁外れ, 間気分が何となく, 間気力が常, 間気味が悪く, 間気嫌の悪い, 間気病いのよう, 間気違いとして取り扱われ, 間気配を覗つた後, 間氣力を引き立てる, 間水すみよかりけり歌, 間水タキを食う, 間水仕事や何, 間水晶の簾, 間水木勝本達と夕方, 間水浸しになっ, 間水深約一丈, 間水茶屋に奉公, 間水蒸気が鍋, 間水面に浮かなかった, 間水魚の如し, 間氷詰めのよう, 間永久に人間, 間汗だらけになっ, 間汚水溝渠はパリー, 間江戸前や横浜附近, 間の向, 間汲々乎として勤めお互い, 間で鹿, 間沈吟しつづけて, 間沈滞して, 間沈潜して, 間沈鬱なようす, 間沖縄の貧し, 間沢子は勿論, 間沢山の涙, 間河原の向う, 間治らないのでしょう, 間治らなかったの, 間治三郎召連両掛一荷, 間治乱のうち, 間沿海の諸山, 間泊ることに, 間法学士を呼付けた, 間法廷の天井, 間法律を知らない, 間法水は書架, 間法然について親しく, 間法験之至, 間波打際の方, 間泣いてたのよ, 間泣きつづけていた, 間泣きつづけましたこの恐し, 間泣きやんでいました, 間泣き放題にさせられ, 間泣き明かしましたが一方, 間泣き止んで寝台, 間泣き続けていた, 間泣き面をし, 間泣けないでいる, 間泥亀の店, 間泥土の上, 間泥水に浸つた, 間泥道の中, 間泥酔して, 間注意せられたにも, 間泳ぐことが, 間へ下り, 間洞ここまでは一帯, 間洞窟の前, 間津軽の生家, 間洩りし木の葉の, 間洩る風に, 間活きている, 間活動し創造, 間活溌な報告者, 間活計に困ったろう, 間に溯, 間流されながらも濡れ, 間流されたお政, 間流し続けてきた, 間流れに遡っ, 間流れ丸に中, 間浄善が失神, 間浅く泥を, 間浚稽山の東西三十里, 間にハマナス, 間浜辺に近い, 間浦賀へアメリカ, 間は非常, 間浪々中慣れも, 間浪子は亡き, 間浮べ出すこと能はず仍つて還御彼船は, 間浮浪犬として飢じい目, 間海勢を識, 間海員生活をし, 間海外留學の爲, 間海水は猶, 間海港警備という新しい, 間海面下において棲息, 間海風にでも吹かれ, 間海鴨と卵, 間つてゐた, 間浸っていた, 間浸み込まずに腐る, 間消えたと思った, 間消さないでおく, 間消息もたえ, 間涙ぐましい氣に, 間淀んで静, 間淡い憂鬱な, 間淡紅色に輝いた, 間深く深く考へて, 間深刻な闘争, 間添書の通り, 間に何, 間清らかな水, 間清子はなす, 間清悦の名, 間清月光を砕く, 間清水の溜り, 間清聽を涜, 間渇望して, 間渋茶をすすっ, 間渓流に下っ, 間渓谷の中, 間渓間から野原, 間渚一体に人影, 間渡し場にはいろいろ, 間渡し守の役目, 間渡った人です, 間渡船場の下流, 間渦巻中で捲き上げられ, 間温泉にでも浸り, 間温泉町の旅館, 間測り知れぬ富を, 間は少し, 間湖中に散らばっ, 間湖心にただよっ, 間湖水に沿う, 間湘南の方, 間湯ぶねの中, 間湯壺の中, 間湯島天神下薬湯え三廻り, 間湯殿と台所, 間湯河原の中西屋, 間湿つた空気に, 間されない月日, 間満州で何, 間満州地方で淫売屋, 間満潮時に一丈前後, 間溌溂たる意氣, 間源平両家の武士, 間準備に準備, 間溜め息を吐い, 間を掘り, 間溶けずにいた, 間溶ける事を, 間滅亡する者其数, 間滅多に外出, 間滑ってガリン, 間滑っただけで済んだ, 間滑り落ち辛うじて立ち止る, 間滑るように, 間滔々としゃべり続け, 間滞京ありて, 間漂浪した後, 間漏る石段の, 間漕ぐ手を, 間漢人は皆蓄髮, 間漢方医がよい, 間漱石氏は主として, 間漸く膨脹し来っ, 間潔斎せよと, 間潜って伊勢屋, 間潜め隠していた, 間潜伏した山, 間が凄, 間潺湲たる水, 間澤山の弟子, 間澹山は病気, 間激しい西北の, 間激しく鼓動した, 間激情と戦っ, 間激戦少しも, 間密を, 間濡衣に苦しん, 間などといふ邊, 間火の気が無え, 間火事のやう, 間火星に踏みとどまっ, 間火災に燒, 間を入れなかった, 間と岩石, 間炉火にあぶり, 間炉辺を守る, 間と書い, 間担いで, 間炭坑に暮した, 間点灯夫のする, 間為朝になつい, 間無上の芸術, 間無事世上に流布, 間無二の親友, 間無人の境, 間無人島の話, 間無住にし, 間無数の商船, 間無理矢理に片隅, 間無益な往反, 間無限の物象, 間焦慮に焦慮, 間らば, 間焼原を探しやした, 間煙管一本について大, 間照子の前, 間煩らって寝, 間熊本鎮台に赴任, 間と目, 間すると, 間熱い寂しい思を, 間熱る面を, 間燃して暖, 間や宿屋, 間の室, 間爆心地帯より当時, 間爪先で立つ, 間爲替相場の上る, 間父子の間, 間父親と争い続け, 間爺さんは酒, 間爾墻毛無家滅目八跡, 間片手を頬, 間片手間の学校, 間牒事件でこの, 間牒審問に関係, 間にされ, 間牛乳とおも, 間牛女のうわさ, 間牛馬書子令文状他を恨み, 間牡鹿山の城中, 間牢内に居る, 間牢屋に暮し, 間物語の筋, 間物議の種, 間特別な交際, 間犠牲者を生かし, 間犬ために食わず, 間犬丸あきらかに負け, 間犬丸のはなった, 間犬丸道灌山の果し合い, 間状態を研究, 間狂妄な行い, 間狙つてゐたん, 間狙われていた, 間狡猾そうな表情, 間狩野山楽の筆, 間独り前朝, 間独り腸を断つ, 間独学でフランス語, 間独帝に仕えた折り, 間独木舟を風, 間独立を保っ, 間独自の衝突, 間独艦に乗っ, 間独身生活をつづけ, 間独逸語を遣った, 間い隱居所, 間献帝諸方を流浪, 間獄丁の黒い, 間獄中に暮しつづけ, 間獣人の連中, 間玄以の家, 間玄白は三, 間率直に自分, 間振時計, 間玉音にさ, 間がダナエ, 間王子を広い, 間珍重せられ国内, 間現に顕れて, 間現代の始まり, 間現代文学の課題, 間現在と同じ, 間現場をはなれる, 間理性を封鎖, 間理性的文盲政策のもと, 間理想を有し, 間理論部会や中央委員会, 間瓢楽座へお出で, 間瓢箪をたたき, 間甘蔗畑や果樹園, 間甚内の噂, 間甞つてわれらの生, 間生々しくもめまぐるしい, 間生きのびて来た, 間生き残つて保護者, 間生き生きとさせた, 間生ける猪を, 間生れ故郷を探しあぐねた, 間生死輪廻を経, 間生育するもの, 間生薬と女, 間産前から産後, 間産婆は残っ, 間産科のお客さん, 間が済んだら, 間用事以外には一言, 間用意を怠らなかつた, 間の番, 間田圃の中, 間田夫野人の中, 間田山白雲は駒井甚三郎, 間田川は落ちつい, 間田沢は時々, 間田畑山林共水越石とも持高百七十五石所持有之候得共, 間田舍言葉で密, 間田舎家の茶の間, 間田舎言葉で密, 間甲賀家に仇, 間越せし儘其処, 間申しわけばかりにぽつぽつ, 間男体山より女体山, 間男嫌いで通し, 間男子の参加, 間男気無しのまま, 間町充満屋根一面上下左右縦も横, 間町子の注意, 間町通いにオートバイ, 間に話しかけ, 間留まっていた, 間留めておい, 間留め置かれましたが領地, 間留守番をし, 間留置場生活を経, 間へはおろか草むしり, 間せよとて, 間番人が枯れ草, 間番船付け置き候, 間番頭の有, 間番頭代りに働い, 間異常の奨励, 間異性の香り, 間異教的良心の美, 間異族の支配, 間異種の二元素, 間の上, 間當局は彼等所謂, 間畿内の諸国, 間疎し或は臣下, 間疎開して, 間はしげに, 間疑ってきた, 間疑わしげに僕, 間疲れた人や, 間疾く帆走した, 間の床, 間病んでいた, 間病人はまた, 間病友と病友, 間病氣に惱, 間痩せ衰えていらっしゃる, 間を煩つて, 間痴呆のよう, 間痺れを切らした, 間を振い落した, 間づけられて, 間ばかりを見, 間癩患者を眺め, 間癩病で動けなかった, 間が治り, 間発狂して, 間登ってから幅, 間登ると岩, 間登山者の草鞋, 間登美子はどう, 間白く見えただけ, 間白くこまかき砂地と, 間白布で頭, 間白粉をつけ, 間白色を呈し, 間白茶青と三つ, 間百丈禅師とかいう和尚さん, 間百二十畳の籐, 間百合熊福原三蔵外要路の人山田宇右衛門, 間百官にかし, 間百時間飛行でジャビー, 間百間と位置, 間皆さんにこの, 間皆んな自分の部屋, 間皇后の特別, 間皇帝のため, 間剥ぎの, 間が来, 間に小説, 間監禁生活を強いられ, 間目の下に活動, 間目前にその, 間目尻を下げ, 間目白や鶸, 間目覚めざりしと云う, 間目黒の尼寺, 間徑二尺の, 間直々に行き, 間直ぐに銃器室, 間直径二インチほどの鉄管, 間相互距離の平均, 間相原は白痴, 間相模の海岸, 間相殺して, 間相談する相手, 間省みられざる者は, 間をひそめ, 間看過すべからざる句, 間県立師範学校の二部, 間眞中に陣, 間眞白になる, 間眞黒になつて, 間真に余念も, 間真中に紙張, 間真名古は実によく, 間真面目顔になっ, 間眠つたか知らなかつた, 間眠つたのであつ, 間眠つていた呪い, 間眠られずそしてうとうと, 間眠りやがて舟, 間眠りしと云う, 間眠ることが, 間眩惑せられた, 間眺めた乙女の, 間眼まぐろしく水車, 間眼八と折助, 間眼前の藤蔓, 間ていた, 間じく, 間睦み合い相当の, 間睨み合いの姿, 間睨み合っていました, 間睨み返してやります, 間睨めくらを, 間睨めつこを, 間瞑想に沈ん, 間瞬間の沈黙, 間を慣らす, 間矢張難有, 間矢張りこの学校, 間矢張り二本の指, 間矢張り廊下になっ, 間知っている, 間知つて知らぬ振り, 間知らず知らず自分は, 間知らせずにおこう, 間知らない人の, 間知らなかつたそのおち, 間知らぬ街道を, 間知らん顔をし, 間知りたいと思っ, 間知れては困る, 間知人もある, 間かき宴すぎ去り, 間石像のよう, 間石川氏を称し, 間石庭の曲廊, 間石段の方, 間石燈籠をあしらい, 間石甃が長々, 間砂地に擱坐, 間砂洲之に連なる, 間と紙, 間磁石による, 間磨き抜いて申分, 間示威運動を行う, 間礼拝した, 間社会革命は完成, 間祈ったことの, 間祐成等の為, 間を行い, 間祖母の傍, 間祖父ちゃんは草箒, 間祗候田辺太一の愛娘, 間神妙にし, 間神意を問, 間神楽坂署に留置き, 間神社に参詣, 間祷っている, 間禁制の言葉, 間福太郎と同様, 間福岡博多の何処, 間福岡市外水茶屋の何, 間禰宜等子細を申す, 間秀吉の方, 間秀子の室, 間私どもが置かれ, 間私召連四時御坐, 間私父の所, 間私生子と起居, 間私等の家族, 間私達兄妹は畳, 間私達夫婦は分れ分れ, 間秋田から津軽, 間秋錦の間, 間科學畑に住んだ, 間租税によって租税, 間秣槽のそば, 間程ずつ隔てて, 間程なく矢を, 間程に近づくと, 間程を除いては, 間税関吏たちはふらふら, 間稚い才覚で, 間種々お世話になりました, 間種族または人種, 間稲子さんと私, 間稼いだら滅法に, 間稼がなければなん, 間稼ぎに出れ, 間稽古をし, 間穀価をその, 間積みたくわえた布施も, 間積み重ねて突然, 間のあく, 間空っぽの胃, 間空中に舞, 間空前の大, 間空地になつ, 間空気が身体, 間立って, 間突いておい, 間突き出ている, 間突っ立って, 間突っ伏したまま身じろぎ, 間突立つてゐた, 間窃盗と掠奪, 間窓帙を枕, 間窮乏に耐えた, 間窶れの翳, 間窺うように, 間立ちつくしていた, 間立ちどまっていろいろ, 間立ちん坊をする, 間立ち去ってしまった, 間立ち尽していた, 間立ち止って見, 間立ち止まったがやがてまた, 間立ち話をした, 間立ったままでした, 間立て続けに地下生活, 間立往生した, 間之助, 間竜太郎の思い, 間竜舌蘭のそば, 間竜舟の音楽, 間竜雄は無言, 間童貞を守つて, 間端坐の形, 間競争した, 間競馬場へ足, 間笑っておいで, 間の歌口, 間笹村の充血, 間筆研を禁ぜられ, 間筆談で暮し, 間等外に徘徊, 間等閑に附せられ, 間は大方, 間筑前に盛, 間筒井の渡舟, 間の中, 間箱根山上の元箱根村, 間がガタリガタリ, 間節度も無く, 間篠竹を切っ, 間篤と兵馬の, 間を置い, 間籠っている, 間籠つてゐた山, 間籠伏せにし, 間を固く, 間も粟, 間米国の軍艦, 間米国船の渡来, 間粉炭を拾い集め, 間粗末なカデイ, 間つてを, 間精神科の病室, 間つきて, 間糧食を給与, 間糺問使を派す, 間約束して, 間紅子はじ, 間紅梅をじっと, 間紅緑が何, 間紋三の腕, 間純情をもって雲井, 間純粋に母性, 間と革, 間紙一枚といはれる, 間紙入れか何, 間素人である自分達, 間素人探偵明智小五郎は無為, 間素晴しい夜業, 間細君がどれ, 間終始一貫いわゆる鏡花調文学, 間終日か, 間組合人であった, 間経った今年の, 間経てば貴方, 間経典を読ん, 間経過するところ, 間結婚生活をつづけ, 間結局一つの長篇小説, 間結跏したぎり少し, 間をかかなかった, 間絵具を持たぬ, 間絶えずしっくりと行かなかったらしい, 間絶え入るばかりに苦しい, 間絶え間なく彼等, 間絶大な恩恵, 間絶対沈黙の状態, 間絶望の余り, 間絶版になつて, 間絶食して, 間ちましたが, 間の離室, 間続かなければならぬ, 間続きしと伝う, 間続きましたので女房, 間続けたのです, 間続けたらどんなに幸福, 間続けられたかほんの, 間維久令與義盛奉射御方, 間維持され得るもの, 間綸言朝に変じ, 間綾子は同じ, 間緊縮された, 間総ての生活, 間緘黙を続けた, 間締切りにし, 間緩いことを, 間緩こい真似を, 間練習して, 間の切れ, 間縁側から眺め, 間に就かない, 間縞ネクタイは足, 間縦十数間という熊野船, 間縫物をした, 間總太郎の妹, 間繋曾て某省, 間繰返さなくっても後で, 間續きの奉公人達の部屋, 間續きの模樣を變, 間續きの離屋には女房, 間ということ, 間罪せられ禅門に, 間罪業惟重し値遇, 間し徘徊中央, 間置いた向うに, 間置いといてやった, 間置くと茎, 間美作という重臣, 間美田長し, 間美留藻は痛み, 間群島も洋中遥か, 間群集を見た, 間羨みつづけに羨ん, 間義経らはうしろ向き, 間義雄ははしご, 間羽沢にゐた, 間羽目の間, 間習慣づけられて, 間老いた法師が, 間老人ニ取ッ掴マッテオ相手, 間考えこんでいました, 間考えさしてください, 間考えさせてもらう, 間考えずにいられなかった, 間考えちがいをし, 間考えぬいてやっと, 間考え侘びていた, 間考へたことも, 間へ忍ん, 間耐えていた, 間耐えるものと, 間耐え忍んでゐた, 間耕吉の放埒, 間耳目の触るる, 間聖フランシスの本, 間聖ヴィンセンシオ・ア・パウロ会の会員, 間聖土曜日には復活祭, 間聖書をわすれ, 間聞くだけでも辛棒, 間聞こうと思い, 間聞こえやがて聞こえなくなった, 間聴耳を立て, 間聴音手の判断, 間職工の群, 間職工たちに与え, 間につけ, 間育ちかけの, 間育つて行く, 間育てたかとそういう, 間が悪かっ, 間肺病の療養, 間胃弱に苦しん, 間背中合せの逢いたく, 間背負っていった, 間く, 間能書の僧数百人, 間能率上らなかった, 間脉膊をみ, 間腐った垢に, 間腐つた垢に, 間腕時計を落し, 間の底, 間腹帯はとる, 間膏汗を搾る, 間をも傷, 間の病気, 間に飮食, 間ながら今日, 間臨時に肉, 間から約束, 間自ら思い立って, 間自ら捜索を行い, 間自ら混同す可, 間自分手摺りから下, 間自分等の國, 間自分達はその, 間自動車にて面白い, 間自国の言葉, 間自宅で美術学校, 間自尊の最後, 間自尊心と喧嘩, 間自己の秘密, 間自己忘却と悔悟, 間自然淘汰の行なわれた, 間自然的に偉大, 間自身の生活, 間自身微行して, 間臭い汽車の, 間至極にやにやして, 間興行して, 間を出し, 間をやめし, 間舟底を叩き, 間航海に馴れ, 間船室に引きこもり続けた, 間船長の時計, 間艇内を見た, 間の間, 間良兼の為, 間艱苦を嘗めさせられた, 間艱難辛苦して, 間色々な女性, 間芙蓉の間, 間芝居裏の細道, 間花崗岩の大, 間芳太郎に刃物, 間芳蘭之体, 間をした, 間芸術家は欲望, 間と虎耳草, 間苗代のよう, 間苛立たしげに手, 間若しそれが, 間若宮大路数町に及ぶ, 間若旦那らしくなるやう, 間若旦那徳太郎の成人, 間若菜を憎み通し, 間苦しめられた辛苦の, 間苦めて衣食, 間苦学生としての生活, 間苦痛をわざと, 間苦笑して, 間英国はこれら, 間英蘭では出生, 間茂って立派, 間茂り栄える植物や, 間茅さんは非常, 間茶の間が六畳間, 間茶色の野良犬, 間荒い海の, 間荒毛のシャツ, 間荷役のある, 間莊園の垣, 間莫大に捕れる, 間菅沼なる名, 間菅茶山の評, 間の間, 間萌黄の匂, 間萬朝と小勇, 間付いた気持, 間落ちてごく, 間落ち着かないように, 間落付のない, 間落着出來ずしては天性, 間葉山の別荘, 間葉櫻で圍まれ, 間葉落ち花開いて, 間著しく急速に, 間葛藤を避, 間葭簀を引い, 間蒲団の上, 間黒く石垣, 間蓊鬱たる林間, 間蓬莱和子は傍, 間の花片一つ, 間蓮太郎は幾度, 間蔑視まれ疎んぜられて, 間にやすみ, 間ってあった, 間蔵つて置いてよ, 間蔵人その人, 間蕎麦湯だけで通した, 間ぼんやりと, 間を扱い, 間藁筵三千八百枚余を敷き詰め, 間の前, 間藝術家たちがいよいよ, 間藤原氏が政, 間藤夜叉は待っ, 間藤枝は急, 間藤蔓の輪, 間の根ざす, 間虐げられ続けて来た, 間は脚一つ, 間蛇毒研究所の金庫, 間蛸市とか赤鬼, 間を見つめ, 間のうなる, 間蜂谷良作はまじめ, 間蝶々のよう, 間蝶子は廓, 間蝶子夫人はこんな, 間のやみ, 間蟄伏したまま, 間蟄居致して, 間蟹江は身体, 間蟻田博士は向こう, 間に飢え, 間は子供, 間行きすぎた頃房一が, 間行きますと向, 間行き十間行き半町あまりも辿っ, 間行き合う人も, 間行く手の地面, 間行つた処にある, 間行つた時彼はふと, 間行つてから念, 間行乞しつ, 間行届きませんことで, 間行政財政の整理, 間行旅之人経歴数日乃過其下去之顧望, 間行李の中, 間行脚をなすっ, 間行衛不明になつ, 間行過ぎて後戻り, 間行過ぎた女房の, 間衣裳の身, 間衣裳戸棚の中, 間の役人, 間表座敷玄間とも言わず, 間表庭に出, 間表玄関内玄関詰所詰所庭があり, 間表面をあくまでも, 間表面古風な女, 間へず, 間の中, 間被告は多少, 間被害人にて御, 間をはいた, 間裁判長はただ, 間裏切っていた, 間裏手の長椅子, 間補てん提供したの, 間製陶研究をやっ, 間複雑な問題, 間の絵, 間西洋で行, 間西洋人の海, 間西洋文明が世界, 間西片町のある, 間西蔵の巡礼, 間西陽の窓, 間要らない苦労を, 間要求するの, 間見えなかったように, 間見えなくなってしまった, 間見えぬでも噛みつい, 間見ず知らずだった人, 間見せつけられたんです, 間見たいと願った, 間見たかったのよ, 間見とれて来た, 間見のがして下さり, 間見ゆるによりて西ざま, 間見ることさへ, 間見わたすかぎり心を, 間見上げて居た, 間見上げたからで, 間見入って居りました, 間見合っていた, 間見合つてゐた, 間見失っていた, 間見張っていた, 間見張つてゐる, 間見張り番を勤め, 間見当った由, 間見比べていた, 間見聞の眼, 間見舞いに来, 間見詰め合っていた, 間見較べて頓, 間規則正しく人工に, 間覗いても見なかつた, 間覚えて居た, 間覚えたことの, 間親しみたる人々に, 間親しんできた, 間親みたいな顏, 間親分にもお世話, 間親知らずで放っ, 間親衛指揮官は役目, 間親達から離れ, 間観心寺の片すみ, 間書いたし, 間角十の荷物, 間角瓶を抱い, 間解決のつかなかつた, 間ひ合, 間言いふるした, 間言つてゐた, 間言語を弄, 間言顯説一般の士君子, 間の川, 間計りいったところでした, 間計り知れない樂み, 間討ち果す折を, 間訓練を重ね, 間記し続けて三百枚, 間記録しないまま, 間許北に離れ, 間てい, 間診察した, 間試みに再三, 間試みられたことです, 間試験したの, 間詩書礼楽の研鑚, 間詮方無く其旨, 間詰二万八千石の祖父江出羽守, 間詰五千石高の江戸城留守居, 間詰勘定奉行支配下においた, 間詰番頭のお, 間詰禄は三千石, 間話してるの, 間話し合った末二人一緒に, 間話し相手になっ, 間話し込んでいる, 間話相手になツ, 間話頭を作す, 間認められなかった彼の, 間語学を修練, 間誤ついてると細く短く, 間誤つかざるを得なかった, 間誤つくだろうよ, 間誤つこうものなら, 間誤つたのであらう, 間誤付いて下, 間誦経の声, 間説戒があった, 間説盤古氏夫妻陰陽之始也, 間読みたい新聞を, 間読んだものは, 間読書して, 間読経した, 間読者諸兄姉にもこの, 間誰かが私, 間誰一人ことばを出す, 間調べ物をし, 間調実なるもの, 間談話暫時途絶えた時, 間諸人追つて, 間諸処を経, 間諸国をへめぐり, 間諸方を尋ね, 間諸種の点, 間謙遜と諧謔, 間講師を勤めあげた, 間謹愼して, 間警保局ではこんな, 間警察からはなん, 間警戒の色, 間譫言ばかり云っ, 間譬侍馬廻りと申, 間護って来た, 間護り育てたそのお方, 間御劒於仲業朝臣, 間谷さまで狹, 間に生活, 間豊章の名, 間象山ぐらいの, 間貞子の家, 間貞操帯の様, 間貞盛は渋谷, 間財宝倉に満ち, 間貧しさと, 間貧乏世帯を張っ, 間貧困欠乏窮迫のうち, 間貨幣の所有者, 間貫きて馬, 間貫一いくら地動波動したつて, 間貫一さんだね, 間貫一たる者は唯一度, 間貫一一個人の恥辱, 間貫一学校に居た, 間貫一旧友でした, 間貫兵衞はあらゆる, 間責任の捜索船, 間貯蔵して, 間貰っていた, 間郎の, 間貴下のお, 間貴公はどこ, 間貴女堪えて, 間ひ集めて, 間買いに憂身, 間買い手もつかず, 間買切で取って, 間って自然科学, 間貿易の利益, 間賃仕事をし, 間資本の利潤, 間を働い, 間之丞, 間賞味すること, 間賭事を眺め, 間を尽した, 間贅沢な暮らし, 間別云, 間贖罪を行なう, 間赤子の枕元, 間赤彦君は我慢, 間走りし末馬車は, 間走りつづけて駆逐艦, 間起きてるのに, 間起き上れなかつたことを, 間起ちも上がらず, 間起り得ないからである, 間起伏する草, 間起重機の上, 間越後の雪, 間足らわぬ, 間足らず接近した時, 間足台に足, 間足袋なしで居た, 間足許をながめ, 間足踏みもしない, 間てた武蔵, 間距離を置い, 間跡部の言, 間跪いて手, 間を行く, 間路傍の花, 間路地の外, 間路易はただ, 間路頭に迷っ, 間跼んでいる, 間踏みこえてゆく, 間踏みにじられていた, 間身ぶりの間, 間身上目当ての再縁, 間身口意の上, 間身装りに, 間のある, 間車馬輿などに乗らず, 間軋ったかと思う, 間軍務にはなれ, 間軍服を着た, 間軍營彷徨ふは, 間軍隊は繰り返し, 間軒窓の所, 間転々として一定, 間転がり三間転がりし, 間転がりしてどこ, 間転んだりする, 間転戦また転戦, 間輕業小屋で鍛, 間辛労致しました甲斐, 間辛抱おしでなくちゃあ, 間辛抱強く坐り続けるという, 間辛苦に辛苦, 間農業者の利潤, 間農民の持ちつたえた, 間つてききき, 間に敵方, 間辺卑な田舎, 間辺某という人, 間辺氏の斯様, 間迂回て植込, 間信者様だった, 間近習の士, 間返答すること, 間迫害と侮辱, 間迷っていた, 間迷った様に, 間迷つてゐたけれども, 間追いかけた後くるり, 間追い散らしていっ, 間追い続けて終に, 間追い詰めて行った, 間追っかけると, 間追っ掛けて行った, 間追っ駆けましたが二人共怪我, 間追放を延ばし, 間退席して, 間退隠させてほしい, 間送って越す, 間逃げて行く, 間逃げのびたのだった, 間逃げ廻つたと言, 間逆様には著, 間逆賊の名, 間などを三本, 間透き通るように, 間透き間多き故, 間逓増的な死亡率, 間途中にはわたくし, 間途中一回も停車, 間途切れてゐた, 間をあまし, 間這いのいたが老人, 間を心得, 間通しののれん, 間通じてひとり, 間通つたのである, 間通ひつづけた, 間通らんと擬する, 間通学生の来る, 間通常細脈横にこれ, 間通行の女, 間造り等一切が日本風, 間逢えぬかと思う, 間逢わずにいた, 間逢わなかった親しい者, 間連れて歩いた, 間連れ添つたつれあひ, 間連れ添つた夫婦のやう, 間連添っている, 間連立って行った, 間連続して, 間連綿と判, 間連續して, 間連載せられいたずらに, 間進化した筈, 間遂にこれを, 間遅しと開封, 間遅れて一, 間遊び続けたの, 間遊女八人の身抜, 間遊学の事, 間遊学金を取り寄せ, 間遊歩場ありまた, 間運動に参加, 間運動場の下, 間運命の神様, 間運送店の丁稚, 間過ぎたのだ, 間過ぎ行く月の, 間過剰人口に対する救治策, 間道ばたに伏し, 間に猪口半分, 間達つて居るの, 間達次郎は家, 間達治さんが広島, 間違いなかろう, 間違つたところのある, 間違つたやり方をします, 間違つた一時の腹立, 間違つた下駄を交換, 間違つた事実が生ずる, 間違つた仕方でもない, 間違つた前提の上, 間違つた声などを掛ける, 間違つた家へはひつ, 間違つた心掛を持つ, 間違つた思想に支配, 間違つた想定に過ぎない, 間違つた意見で治外法權, 間違つた所に立つ, 間違つた批評を浴せかける, 間違つた指導をし, 間違つた挙動なぞのやう, 間違つた推察をすべて, 間違つた教育者を衒, 間違つた文法であ, 間違つた方角へ行く, 間違つた服装をし, 間違つた点だけ直す, 間違つた理屈でもなし, 間違つた男性本位の道徳, 間違つた皮相な観察, 間違つた美的生活を廃, 間違つた考ぢやない, 間違つた自分のし, 間違つた要求をする, 間違つた觀念が生じ, 間違つた解釈であります, 間違つた解釋をしない, 間違つた話だと, 間違つた諦を私, 間違つた輿論と云, 間違つた道を歩い, 間違つた野郎がある, 間違つてさつさ, 間違つてしまへ, 間違つてらあ, 間違つて一足先きに, 間違つて了つて鰒を河豚, 間違つて二十一枚くれた当然, 間違つて二階から落ち, 間違つて五人を省いた, 間違つて井戸へ落ちた, 間違つて伊丹屋の駒次郎, 間違つて作家になつて, 間違つて入院させられねえやう, 間違つて婆さんを叩き殺した, 間違つて手が滑る, 間違つて掌面に揉みくち, 間違つて支那に生れた, 間違つて文部にでも入, 間違つて梅吉を殺した, 間違つて歌つたり, 間違つて爪でも斬つたら, 間違つて王のより, 間違つて疊へ落ちた, 間違つて神に屬, 間違つて私はこの, 間違つて窓枠に指先, 間違つて縁の下, 間違つて聽いたこと, 間違つて肉体を叩き潰す, 間違つて背が高く, 間違つて裸体の閻魔, 間違つて覺え込んだ, 間違つて貰つては困ります, 間違つて鉄鉢に入れた, 間違つて電車に轢き殺される, 間違つて面倒な事, 間違つて頭を切る, 間違つて食物に入, 間違はつしやらねえやう, 間違はんもんだ, 間違ひだつたのです, 間違ひだつたのさ本物の塔, 間違ひだつた俺も同様, 間違ひだつて何だつて, 間違ひだ彼は赤裸, 間違ひつこなしだ, 間違ひで一疋しか居ませんでした, 間違ひで人を一人, 間違ひで傲慢と卑屈, 間違ひで僕はそれ, 間違ひで右手も左手, 間違ひで国造の女, 間違ひで實はプレハーノフ, 間違ひで悟りといふ事, 間違ひで日本の戦史, 間違ひで昔なら大変, 間違ひで無体に解雇, 間違ひで照子などの夢, 間違ひで私はもつ, 間違ひで胸札が正しい, 間違ひで自分の娘, 間違ひで自由に対する絶望, 間違ひで藝術に對, 間違ひで諸君が日本, 間違ひで質に取られた, 間違ひで部屋にゐ, 間違ひで鳥が高, 間違ひで黒坊のお, 間違ひと云ふことは, 間違ひと初めは氣, 間違ひと言ふもの, 間違ひも胡麻化しもありやしません, 間違ひも間違ひ今度, 間違ふたので法官, 間違へた兄の殿松, 間違へた程度の嘘, 間違へやがつて, 間違らるるを, 間違イカ飛ビ出シテ来テ突然予ニ跳リカヽッタ, 間違イガ無カッタ, 間違イナクピイピイト鳴ル, 間違イハナカッタノデアルシカシ御老人ガ注射ヲオ受ケニナルト云ウナラ, 間違ダラケのよう, 間違ッタコトハシナカッタ兵庫ガ駕籠ヲ出, 間違ツたら終夜, 間違ツコなしだ, 間違切つた談で齒磨, 間違方だろうとだけは, 間寺晩鐘の, 間遠くて十間, 間遠ざかるほど人数, 間遠のくやいなや, 間遠慮ノウ当館ヘ申出, 間遠方に参っ, 間遠近の御家人群, 間の余生暦日, 間適也君可之且言, 間と邦, 間邯鄲の都, 間郁治といっしょ, 間部屋一面の洋書, 間部落の女達, 間郵便局へはひどい, 間に通じる, 間都会育ちの先生, 間都合から自然, 間配って諸山, 間配った自分の, 間配り終りその, 間をやめた, 間酔うとよく, 間酷烈な寒気, 間酸鼻の跡, 間へやられ, 間里子に接しない, 間里方へ帰らせ, 間重い歴史の, 間重き沈黙が続いた, 間重なりましたから両人, 間重なるわが罪悔悟, 間重次郎中田理平次は同月七日, 間重苦しい嫌な, 間野上両家を訪, 間野口方に滞在, 間野営同様の空気, 間金兵衛を跟, 間金吾さんは百姓仕事, 間金掘りに夢中, 間金時計を宗近, 間金次郎の, 間金毘羅様に断った, 間金碧の間, 間金網の内, 間金貸の所有, 間金魚の水, 間金魚売はちっとも, 間鈴木先生のところ, 間鉄三郎は恐く, 間鉄道布設願書を大阪府知事五代才助あて, 間鉛筆は紙, 間銀五郎以外の者, 間銀行が貨幣, 間銃丸の人, 間銭湯へでも行っとい, 間銷春日遅, 間鋩尖から横手下物打, 間錦帳徐ろに開け, 間錯二分天銀清浄無垢光甚酔曜余一分天青瑠璃亦甚清浄表裏, 間錯釣燈籠凡三百にあまり, 間に収められた, 間鍛えてきた, 間鍛え上げられた蘇武の, 間鍛え来しつるぎ抜き得ず, 間鍛冶屋の前, 間鍛冶橋外の, 間鍛練されたその, 間打ち込まぬ方寸, 間鎖国政策によつて, 間鎖国状態を保っ, 間鎮圧閻浮幾万関鶴林一夜煙散後, 間鐵童が臥, 間長屋に居る, 間長崎の唐人屋敷, 間長崎港の花形, 間長椅子に座つて, 間長靴の中, 間を閉じ, 間門一つなく一直線, 間きって, 間閉門仰付けられますると, 間開けるのです, 間開け放された窓から, 間閑暇と鑑識, 間閑枝の胸, 間に仕事, 間間口一杯の布袋, 間間口位な猿小屋, 間間口四十六間の広大, 間間近に寄せ, 間たる鶯語, 間関所役人をし, 間関節炎という脚, 間闇黒の場面, 間闘牛を見慣れた, 間關係があつ, 間阪兵入京と相成ら, 間防ぎ守ってくれた, 間阻止せられて, 間阿Qの側, 間附いてゐるらし, 間附近の人達, 間降り通されて来た, 間降詰めたのは, 間降車客は行手, 間降雨なく野草, 間降雪のない, 間限りなき歓楽, 間の別当, 間院内を覗き続けた, 間院内中がこの, 間院長の前, 間陰鬱に黙り込ん, 間陶然としてゐた, 間陶義の富貴, 間陸奥一円にかくれなき, 間陸軍軍医学校に入院, 間険しい山道をば, 間なたぼっこを, 間隆夫はこの, 間隆夫さんに待っ, 間もなく, 間隠の, 間階下二間すべて六疊づつの部屋, 間階桃花取次に開く, 間随筆がいま私, 間随筆二冊読んじまったから, 間隔たっていた, 間隔りたる六畳, 間隔日の御, 間隙間もなく, 間に眺められます, 間隠されていた, 間隠しとったくせに, 間隠居所妾宅にはま, 間の寝室, 間隣りの一室, 間隧内より背面, 間隧道内の空気, 間隨分迷惑をし, 間隱忍して, 間は皆, 間集合的な諸, 間雇人も何十人, 間雉子の間, 間雑念を忘れ, 間雑文にまみれ, 間雑誌では万事, 間の客, 間離して置く, 間離れたむこうの岩, 間離れ離れに従, 間離別の涙, 間離座敷の二三間, 間難儀さえすれ, 間雨天の日, 間雨曝しになつ, 間雨曝しぢや, 間雨樋のよう, 間雨風に曝され, 間雪の下に成っ, 間雪子ちゃんが帰っ, 間の如く, 間雲閣に坐し, 間雷雨襲来ること前日, 間電光の間, 間電車九月一日開通衝突脱線等あり負傷者数名, 間電車通りの真ん中, 間震え同じ運動, 間霎雨あり, 間露営のうち, 間露子さんと三太郎君, 間青き水, 間青く潤ひ, 間青天白日の下, 間青嵐の間, 間青海を見, 間青空へあずけ, 間青竜王のやる, 間静けさはなおも, 間静まっていた, 間静子夫人の来訪, 間静粛に拍手, 間科学的な, 間非力な頼り, 間非難を被っ, 間面々に結構, 間面会に行った, 間面白い夢を, 間革命の真最中, 間鞦韆に關, 間音楽に耳, 間音沙汰なしに, 間響いて居た, 間順々に外光, 間順ちゃんをホテル, 間順当に発展, 間預かっている, 間預けておく, 間頑強に断っ, 間と手掛り, 間頭一つ動かさず殉教者, 間頭村の六条村相頼申様, 間頭脳の裏, 間頻繁に往來, 間頼むといい, 間頽墻斷續といふ有, 間額づき合掌し, 間顔色にも出ぬ, 間顕微鏡を覗い, 間くは, 間願いし事是なり, 間願います返せば宜, 間願かけをしました, 間願つた時期は近づいた, 間願はくは其儘, 間願掛けをし, 間顰蹙したこと, 間風呂敷に包ん, 間風雲転た急, 間颱風の眼, 間飄々乎として歩い, 間飛ばしたのは, 間飛びて源氏蛍, 間飛びすさり動かずなった姿が, 間飛び退いて太刀, 間飛び退きながら, 間飛島裸島の岩, 間飛脚を以て之, 間飛行の話, 間がふだん, 間食うべきものは, 間食べるものが, 間食わず飲まずで暮らした, 間飢えと寒, 間飢餓か戰死, 間まず食, 間飲まず食わず寝たんで, 間飲みつづけだったのでみな正体, 間飲んでいた, 間はれて, 間飽くことを, 間養うことであり, 間養うべき十分な, 間養子に辛く, 間養父母に加へた虐待, 間養生費ともつかぬ, 間養育致候縁合を以てと, 間をあたえず, 間餘生を貪ぼっ, 間饅頭笠を被, 間取って, 間香取の浦, 間香油のよう, 間香織はなかなか, 間馬来やビルマ方面, 間馬車の窓, 間馬車鉄道は二条, 間け出した, 間で戦災死, 間駅長室で待たせ, 間駅馬車内で私, 間駆け出す内に, 間駈けたかと思ふ, 間駈け付けるまで此處, 間駈け出し再び構え取り, 間駈け出すとねちゃらん, 間駈出してわれ, 間駿河国富士郡に下向, 間騎兵に服役, 間騒いで困つた, 間驚いたらしく未だ続い, 間高きは二千尺, 間高島宮にお, 間高木はステッキ, 間高札と睨み合っ, 間高柳君は蒼い, 間高橋警部から二, 間高欄に車, 間高温度に曝された, 間高等試験委員の著書, 間も剃らず, 間鬪つてゐた, 間鬱積して, 間の出, 間が抜けた, 間の猛, 間食わず弱って, 間が落ち込ん, 間の影一つ, 間鳥たちがいない, 間鳴って居りました, 間鳴りを鎮め, 間を食う, 間鹿や猿, 間鹿野山の額堂, 間黄身が養っ, 間黄金を貪り, 間黒山の人, 間黒戸の方, 間黒檀の大, 間黙々と苦しみに, 間黙ってた後に, 間黙りそしてそれ, 間黙りこくって考え込ん, 間黙り込んだが, 間黙坐をし, 間黙想するの, 間黙然としてつまらぬ, 間の稽古, 間鼓舞され愛護, 間の隠れ里, 間鼠蛇等の名, 間鼠蛇等有害動物の名, 間を掃除, 間ぎしりを, 間龍介は, 間龍代の放埒