青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「開ける~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~開いた 開いた~ 開き~ ~開く 開く~ ~開け 開け~ ~開けた 開けた~ ~開ける
開ける~
~間 間~ ~間もなく 間もなく~ ~間違 ~間違い 間違い~ 関~ ~関係 関係~

「開ける~」 1176, 13ppm, 8656位

▼ 開ける~ (577, 49.1%)

10 中は 9 中から 6 中には 4 そこに 3 そこの, 一緒に, 同時に, 外は, 玄関の, 私は

2 [30件] いつも昼間場所割り, これは, そこから, そこには, そこは, その中, それは, どうです, プンと, 一パイに, 中に, 云うよう, 其處から, 其處は, 厩では, 奥の, 小判が, 建て混んだ家並, 彼の, 母が, 狐は, 目の下は, 私の, 縁側が, 茶の間も, 表には, 酒の, 頭の, 鶏が, 鼻の

1 [470件] あ, あかるく日, あなたも, あの顔, いい月夜, いきなりプーン, いきなり一羽, いきなり庭先, いきなり足元, いつしよ, いつの間にか無くなっ, いつの間に用意, いつも早, いつも早起き, いつも濛々, いふもの, いふ事, いろんな訪問客, うす赤い月, お前の, お勢, お客たちの, お源, お由羅, かう云つて, かなたに, きまると, きりきりという, くずいれぶ, こ, この通り, さもどっち, しと, しんみりした, すぐまず驚かされた, すぐ仕事場, すぐ前, すぐ向う, すぐ座敷, すぐ引つ込ん, すぐ異, すぐ目の下, すぐ眼, すぐ臺所, すぐ駆け寄り, すっと吹い, ずかずかと, そういっ, そこが, そのたいこ焼き, そのとたん, そのホッ, その奥, その従僕, その時, その村, その豆, その隙間, その音, そりゃ可, ぞっとした, ただ中古, たちまち呉軍, たった一, たつた一, ちいさい十呂盤, ちょうど未, ちらちらと, とたんにワッ, とたんに親分, なかには, なかは, なるほど時計印, なんの, にゅっと馬, にわかに言葉, はいって, はげしい風, ばら, ばらばらと, ばらりと現れ出た, ぱたぱたぱたぱたと廊下を, ひどい油煙, ひどき悪臭, ひやりとする, ふたたびあちら, ふっとその, ぷんとにおう, また二人, また驚かされた, まだ灯り, まつ毛が, みいちゃん, むっとする, むツと, もういない, もうそこ, もう一二間, やあ化け, やはり西, よろけるよう, グリツプは, サッと飛込ん, スーと, セエラは, チンドン屋の, ナフタリンと, ハタと, バルメラ男爵の, パラリと, ビラが, ブランデー酒の, ブリキの, プーンと, ムツと, ランプの, ワアンと, 一所に, 一足あとに, 一間一パイの, 一陣の, 丁度ひとつ, 三寸ほどの, 三月の, 三畳横に, 三疊, 三疊横に, 三輪の, 上がり場らしい, 上は, 上も, 上下で, 下の, 下唇, 下職の, 不審そうに, 中が, 中国人が, 中庭一面の, 主人は, 主婦が, 乗鞍槍ヶ岳一帯この, 乳色の, 二三人の, 二三枚の, 二人とも, 二人の, 云ふ, 五十ばかりの, 井戸側に, 今まで, 今太陽の, 今度は, 今朝細君の, 低い街, 体じゅうが, 何ぞ計らん, 何だか大変, 何も, 何時も何処, 何時も何處, 何時も日掛け, 何時持込んだ, 何通もの, 倫敦チャアリング・クロスの, 僕は, 元来禁欲僧じみた, 先の日と, 先刻, 光る, 入り込んで, 公園から, 六十年配の, 六畳の, 其の頃, 其処から, 其処は, 其處に, 其處には, 内では, 冷な, 冷めたい朝風, 出会頭に, 前から, 前方の, 加野は, 勇ちゃんの, 十時過ぎの, 十畳敷許の, 千両の, 南向きの, 印伝の, 印度物の, 友染を, 右側の, 同時にいつもそこ, 同時にさつと二三人, 同時にサッと流れこむ, 同時に一団, 同時に下女, 同時に駈けこんだ, 呆れたよう, 周助は, 咎められでも, 唾と, 問題の, 喜の字屋は, 器械より, 四角な, 土間あがり, 土間口へ, 堰かれて, 壺一パイ詰つたのは, 多勢の, 夜具は, 夢中に, 大きなざる, 大きな握飯, 大きな月, 大変だ, 大屋敷の, 夫人に, 夫板倉鼎今暁六時死去いたしました, 奇怪な, 奥様も, 女中達が, 妙な, 妻の, 嫂が, 嬉しそう, 子供の, 室の, 家中が, 寝た顔, 封筒に, 小さい玩具, 小児の, 小判小粒交ぜ, 小屋の, 小菊が, 小路を, 居間である, 屋根の, 川添いに, 平服を, 年上の, 広小路の, 庄三郎, 庇に, 庭の, 庭へ, 庭先に, 廂に, 廊下から, 廊下で, 廊下である, 廊下に, 彌造, 彼は, 彼を, 彼女に, 後向きに, 忽然とし, 思いも, 思う, 思ひがけ, 思ふよ, 急傾斜, 恭, 意外にも, 戸口に, 戸隱とか, 扉は, 手摺に, 手筋に, 手紙という, 押入の, 振りかえって, 文鳥は, 明るいランプ, 昨夜の, 暁の, 暖い, 暗い外, 暗い樹木の間, 暫時し, 更紗を, 朝野の, 木の葉は, 未だ深々たる, 李聖学は, 板に, 果してもう一つ底, 格子に, 格子を, 案内も, 桐の, 梅林である, 梶四郎兵衛が, 棚が, 植木屋の, 権太丞一行が, 次の間は, 欽差駐, 正面の, 此方はこそ, 母屋の, 母親や, 氣が, 水, 水の, 水晶の, 氷を, 汚い二階家, 汚ない, 汽車は, 沓脱の, 油虫が, 洋燈の, 浴衣を, 濃い龍胆, 濡縁に, 火縄の, 灯を, 灯火の, 無造作に, 煎餅蒲団が, 煎餅蒲團が, 煽つ水, 爆発します, 爬虫たちの, 片側の, 片破, 物干場が, 犬は, 狭い中庭, 猫が, 玄関に, 玄関へ, 玄関口に, 珍しく千鶴子, 現在の, 用場では, 用心が, 用意に, 甲の, 男の, 白い小布, 白い歯, 白い男, 白骨の, 皆もう, 直ぐに仙吉, 直ぐ叔父, 直ぐ消え, 直ぐ目の, 直ちに東西南北, 相模川の, 真岡絣の, 眠って, 眼が, 眼一杯に, 矢庭に, 石っ, 石亭先生が, 石油の, 破れそう, 硝子玉の, 神通力を, 秀吉は, 空は, 空地の, 窓は, 竜太郎の, 第一, 第一頁, 籠の, 粉雪は, 粥が, 緑礬硝石甘草肉桂薄荷ど, 縁の, 縁へ, 縁側越しに, 罫紙に, 義哉の, 義観は, 翌る, 翠の, 翠帳紅閨に, 老功, 背の, 背負つてゐた, 脇息に, 腹掛へ, 膝を, 芝生に, 花を, 苦面し, 葉山繁山中空へ, 蒔は, 蒲団も, 蒲團も, 薄暗いムッ, 薄暗い一めん, 薪三本分損する, 薬棚が, 蟻が, 行けるの, 裏が, 裏は, 裏庭で, 裏階子が, 襖の, 襖は, 襟飾の, 見知らぬ人, 見通しに, 覚えずその, 親父は, 言いつけられた言葉, 讃之, 豆は, 賽は, 赤い火, 赤い紐, 起きて, 足の, 足袋の, 身を, 轉げ込む, 辛うじて雨落, 辷り込んだ, 近侍が, 退出した, 運河は, 遠くで, 遥に, 遺言が, 部屋の, 酒肴の, 野が, 野村さんは, 鈴の, 鋏が, 錢形平次が, 長持ちの, 門前一帯が, 閨紅に, 闇の, 隣りの, 隣室へ, 雪ならぬ, 雪の, 露一白, 静かに, 面の, 頑丈な, 題に, 額が, 顔向けも, 風を, 颯と出る, 飜然と, 馬車が, 驚くべき黄金, 鶴子を, 黒い小さい丸薬, 黒犬は, 鼠の, 鼻ッ先き

▼ 開ける~ (94, 8.0%)

6 です 5 である 4 ですか 3 だ, を待っ 2 か, が聞えた, だつた, を目敏い

1 [65件] およしなさい, かまるで, がきまり, がわりに, が一緒, が仕掛け, が厭, が嬉しく, が常に, が急, が惜しい, が方々, が昔, が痛かっ, が精一杯, さえもどかしかっ, さえ面倒, だからと, だつて, であった, でありません, でございます, でしたのに, でしょう, ですから, ですが, では, とこの, とつい, と同じ, に手間取っ, は, はどう, はどうも, はまことに, は一, は何ん, は先代, は切ない, は建具屋, は悪い, は手間, は本職立合い, は殆ど, は目, は難しい, は音, もお, ももどかしく, も待たず, も早い, も極めて, も間にあわない, やと太子様, をながめ, を妨げ, を待たず, を待て, を感じた, を感じました, を知らず, を見た, を視, んです, 悪いじゃ

▼ 開けること~ (49, 4.2%)

4 が出来た 2 ができた, ができない, が出来ない

1 [39件] がきっと, ができなかった, ができよう, が出, が出来ただろう, が出来なかった, が出来なかつた, が非常, だった, ではござりませぬ, となつ, など考え, なんて出来ない, にした, にしよう, になっ, に役立った, に気, のない, の出, の出来ない, の出来る, はそれほど, はできない, はできなかつた, はなかなか, はならぬ, はならん, は絶対的, もあらう, もあろう, もかなわず, もできなかった, も出来る, も新, も楽, をしなかつた, を知つて, 出来ましたね

▼ 開ける~ (46, 3.9%)

6 がした 5 がし, がする 3 が聞える 2 がします, や鍋, を聞いた

1 [21件] がけたたましく, がしはじめた, がしました, がゴトゴト, が性急, が聞こえた, が響いた, で廊下, で私, とか此處, とともに物, と共に台所, にカラカツチヤカツチヤカツチヤ, に眼, はチョクチョク, も穩, も響かなかった, やバタバタバタ, や帰着, を耳, 閉める音

▼ 開ける~ (18, 1.5%)

2 が出

1 [16件] ができた, ができなかった, ができる, がない, が出来ない, が出来ました, になっ, に従事, の出来ない, の出来る, はよく, は出来ず, は出来なかった, は到底, もあった, を欲

▼ 開けるよう~ (14, 1.2%)

4 にし 3 なこと 1 だね, な, な心地, な恰好, にとこういう, に亭主, に襦袢

▼ 開ける~ (14, 1.2%)

54 です 2 ですか 1 だそう, だつて, だね

▼ 開ける~ (14, 1.2%)

2 まで繰返し繰返し

1 [12件] で実に, とはちがった, には他, には彼, には必ずちら, にベル, の彼女, の様, は萬一, もしあの, も昨朝, 烈しく鳴らした

▼ 開ける~ (13, 1.1%)

2 早いか

1 [11件] いい, ごとく大軍, その準備, よい, 一年の, 喉を, 如し, 宜い, 暗くし, 殆ど野生の, 疾いか

▼ 開ける~ (13, 1.1%)

2 違いない

1 [11件] きまって, さへ, したがい一団体, したがい国, しても, 一時間半も, 似たり, 得手も, 等しく浦島, 違げえねえ, 随つて何事に

▼ 開ける~ (11, 0.9%)

7 否や 1 いな, 否やすぐ, 眞つ, 誰かが

▼ 開けるわけ~ (10, 0.9%)

1 じゃない, でもし, で技術的精神, にはいきません, にはゆかなかつた, にはゆかぬ, には参りません, には行かない, に行かない, に行かねえ

▼ 開ける~ (10, 0.9%)

1 にいう, にその, にね百面相役者, にまた, にクリート, に帽子, に急病, に見たい, は収賄, は海

▼ 開けるから~ (8, 0.7%)

1 お前ちょい, お國, だ, ちやんと, ちょっと待て, です, 上がって, 総江

▼ 開けるという~ (8, 0.7%)

2 ことは 1 ことを, その貸元, のは, ふうで, 事が, 取りきめだった

▼ 開けるなり~ (7, 0.6%)

1 しますよ, ばらばらと, 入ったナースチャ, 戸を, 戸外へ, 楽器の, 窓の

▼ 開けるかも~ (6, 0.5%)

1 しれない, しれないという, しれないの, しれねえや, 知れない, 知れないと

▼ 開けるもの~ (6, 0.5%)

1 か, かへそんな, があった, だから, ならよい, は卓子

▼ 開ける工夫~ (6, 0.5%)

2 はあるまい 1 がありません, は無い, もありません, もなく

▼ 開ける~ (6, 0.5%)

1 です, でも取り, で紐, にはならなかった, の音, は一つ

▼ 開けるため~ (5, 0.4%)

1 にはどうしても, には如何に, に了海様, に百方尽力, に階子段

▼ 開けるだけ~ (4, 0.3%)

2 それに 1 でよい, で三日

▼ 開けるつもり~ (4, 0.3%)

2 で外 1 で戸, で目

▼ 開けるにも~ (4, 0.3%)

1 そうっと静か, 海底要塞の, 襖を, 鍵が

▼ 開けるやう~ (4, 0.3%)

1 で何, なもの, な不用心, に勿體

▼ 開ける~ (4, 0.3%)

1 なら河野, にし, のこと, は容易い

▼ 開けると共に~ (3, 0.3%)

1 ぼんやり眸, 米国へも, 處士横議の

▼ 開けるなと~ (3, 0.3%)

1 いっても, ナースチャは, 仰しゃると何

▼ 開けるにつれて~ (3, 0.3%)

1 そのよう, 北野家への, 粗雑にばかり

▼ 開けるには~ (3, 0.3%)

1 何う, 小林樣の, 開け度

▼ 開けるので~ (3, 0.3%)

3 あつた

▼ 開けるまでの~ (3, 0.3%)

2 事だ 1 間は

▼ 開けるより~ (3, 0.3%)

2 阿修羅王の 1 早くダ

▼ 開ける~ (3, 0.3%)

1 がなけれ, の胸, もあり

▼ 開ける~ (3, 0.3%)

1 が戸, に従って空っぽ, に從つて

▼ 開ける拍子~ (3, 0.3%)

1 にぽろり, にノック, に倒れた

▼ 開ける~ (3, 0.3%)

1 のそば, の下, もない

▼ 開ける~ (3, 0.3%)

1 あるのみと, がなかっ, では

▼ 開けるかの~ (2, 0.2%)

1 ようであった, ように

▼ 開けるとか~ (2, 0.2%)

1 あつと, なんとかしない

▼ 開けるとて~ (2, 0.2%)

1 すりの, 格子の

▼ 開けるのに~ (2, 0.2%)

1 また久治, 南が

▼ 開ける~ (2, 0.2%)

1 アガメムノーン衆の, ギニヴィアである

▼ 開けるはず~ (2, 0.2%)

1 がない, の限り

▼ 開けるまで~ (2, 0.2%)

1 この長屋, 惰眠を

▼ 開けるまでは~ (2, 0.2%)

1 この運動, 若しや

▼ 開ける~ (2, 0.2%)

1 は少し, もなかっ

▼ 開ける勇気~ (2, 0.2%)

1 すら無かっ, のなかっ

▼ 開ける~ (2, 0.2%)

2 がある

▼ 開ける屋根~ (2, 0.2%)

2 の上

▼ 開ける~ (2, 0.2%)

1 にさあっ, にパッ

▼ 開ける役目~ (2, 0.2%)

1 だったん, だつたん

▼ 開ける~ (2, 0.2%)

1 が, であったので

▼ 開ける~ (2, 0.2%)

1 にする, にネジ

▼ 開ける~ (2, 0.2%)

1 にはなれなかった, はしまし

▼ 開ける~ (2, 0.2%)

1 なの, に少し

▼ 開ける物音~ (2, 0.2%)

1 にただ, や小禽

▼ 開ける~ (2, 0.2%)

2 はない

▼ 開ける約束~ (2, 0.2%)

1 になっ, になつ

▼ 開ける~ (2, 0.2%)

1 侍たる, 誰も

▼ 開ける道理~ (2, 0.2%)

1 がありません, はありません

▼ 開ける郊外~ (2, 0.2%)

2 も開ける

▼ 開ける隅田川~ (2, 0.2%)

2 の景色

▼1* [135件]

開けるして, 開けるかぎの音, 開けるかと思うと, 開けるからには一人にでも, 開けるかを絶えず研究, 開けるきっかけをつくった, 開けるごとに室内, 開けるうだ, 開けるじゃまをし, 開けるすると襖紙の, 開けるその途端に, 開けるそれが氷, 開ける誰も, 開けるぞと思うと, 開けるたび誰か親戚, 開けるたんびに円い太い, 開けるだけでも素人には, 開けるだけに呼びつけて, 開けるってえと茶袋, 開けるえと中, 開けるといふ意味が, 開けるときそれが習慣, 開けるとき上から僕, 開けるとき自分は必ず, 開けるとそとにはすぐ, 開けるとともにその大き, 開けるなぞはいかが, 開けるなどということは, 開けるなり中にはいった, 開けるなァお止しなさい, 開けるにさえこれまでの, 開けるのさへ怖がる, 開けるほどの智慧も, 開けるまでも無いが, 開けるまひ扇に頤, 開けるもんですから, 開けるやう努力するから, 開けるようすがありませんでした, 開けるよりもずっと前, 開ける見その, 開けるんぢやない, 開けるて, 開けるドサクサ紛れに持込んだ, 開けるハンバー湾のものものしい, 開けるビビエン街に到着, 開ける一冊のうち, 開ける一拍子にこれ町人, 開けるの勇気, 開ける世話もなく, 開けるに声帯模写, 開ける事さへ臆劫, 開ける事件が起った, 開ける仕掛けをし, 開ける代りに青木氏, 開ける以前の伊豆旅行, 開ける伊那の谷一帯, 開ける位窃盗常習犯にとっては何, 開けるもなく, 開ける何んにも見えない, 開ける先生をほとんど, 開けると言っ, 開ける前彼女はちら, 開ける努力で痛々しい, 開ける勝気らしいそれで, 開けるを見, 開ける圓形を, 開ける南アルプスや槍穂高, 開ける博奕宿あり金起, 開けるもぐりこむ, 開けるより一, 開ける名僧知識の心境, 開ける商人はありません, 開ける噴火口に心, 開ける土屋伍一うんと叱ったら, 開けるはない, 開ける子供さえあった, 開けるはなかっ, 開けるで古い, 開ける弾みに転び, 開ける彼女が心, 開けるが大, 開ける必要がある, 開ける思いをする, 開ける所存でござるが, 開けるを閉ぢ, 開ける手つきなり, 開ける手はずができた, 開ける手伝ひを, 開ける手具合も暫く, 開ける手数だけでも省ける, 開けるが滑り, 開ける時キイキイ厭な音, 開ける智恵がある, 開ける望みはじゅうぶん, 開ける植物の世界, 開ける様子もない, 開けるの町, 開ける気勢がした, 開ける気持だな, 開ける気色はございません, 開けるにもなれないらしく, 開ける水草を洗, 開ける河馬の口, 開ける湯気の中, 開ける湯氣の中, 開ける準備作業が始められ, 開けるにもならない, 開ける生徒もある, 開けるもなく, 開けるは加藤子爵夫人, 開けるの裏, 開けるをちょっと, 開ける程度の弱い, 開ける積りで様々, 開ける簿册を讀む, 開けるには玩具, 開ける習慣になつ, 開ける自然の洞窟, 開ける花のならひにて, 開ける茶屋の男, 開ける草之に雜, 開けるを絞っ, 開ける見込みはなかつた, 開ける途端腕にかけた, 開けるなら坊さん, 開ける運命の曉, 開ける邪魔にはなります, 開ける野郎だつて, 開けるそのうしろ, 開けるに熱, 開ける雲雀は嬉々, 開けるけき死, 開ける音股立をとり, 開けるは早, 開ける馬鹿もないだらう