青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「開けた~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~開い 開い~ ~開いた 開いた~ 開き~ ~開く 開く~ ~開け 開け~ ~開けた
開けた~
~開ける 開ける~ ~間 間~ ~間もなく 間もなく~ ~間違 ~間違い 間違い~ 関~

「開けた~」 1055, 11ppm, 9568位

▼ 開けた~ (142, 13.5%)

12 である 9 です 7 だ, は 4 ですから 3 だろう, であった, ですが, は四十五六 2 だった, だと, では, はお前, はその, はそれ, は二十二三, は誰, は誰だい, も自分

1 [71件] か, かもしれない, が下女, が出来た, が救い, が沢山, じゃなく, だが, だな, だね, だの, だろうが, だろう余, ぢや, であります, でしょう, でしょう出て, ですと, と相まって, に乗じ, に向かっ, はおかみさん, はこの, はわたし, はヘラヘラ, は一人, は下女, は亀, は二十五六, は五十がらみ, は何刻だい, は何時頃, は先夜, は六疊, は十九, は十八九, は四十七八, は土藏, は執事, は女, は女主人, は家康公, は宿, は寢卷姿, は将門公, は小僧, は年, は怪から, は極めて, は横目付, は此人達, は田園調布あたり, は白い冷たい, は私, は穀物, は茶店, は西宮, は豆腐, は近い, は頭, は麻川氏, へ筒抜け, も先生, も古い, も彼, も私, をぬっ, を孤家, を感じた, を知り, を見

▼ 開けたまま~ (41, 3.9%)

6 にし 3 になっ 2 の格子

1 [30件] えっと, お寝, しばらく死んだ, じっと天井, だ, であった, である, でいられる, でした, で宜しい, で寝る, で寝台, で心置, で横, で玄関, で脇, で覗い, の格子戸, の縁側, の門内, の障子, ひそりと, ひどく取乱し, また裁縫, まだ鍵, んなっ, 両肱, 並べて, 待つて, 置いて

▼ 開けた~ (38, 3.6%)

2 それは

1 [36件] すぐまた, そのひょう, その拍子, その時, それでもほんとう, わしの, ホーッホーッホーッホーッと, 何かに, 何んにも, 其処からは, 厳重な, 失望した, 女は, 左右の, 御用提灯を, 想像の, 意外に, 意外の, 早や, 木乃伊親爺の, 村の, 極めて鷹揚, 片手業疾いこ, 玄関の, 生命の, 真暗である, 矢張り息が, 私は, 笑ひもしない, 縁側には, 誰も, 錆附い, 開けるなり, 間もなく一パイさ, 障子の, 霧が

▼ 開けた~ (27, 2.6%)

2 お延

1 [25件] ああ代り, だった, とほとんど, にかんさん, にでも通りかかる, にはさすが, にはじめて, には病氣, にまず, に極めて, に眼, に私, に荒れた, に見る, に雪, のよう, の嬉し, の眼, は広岡学士, まず私, までには絶対, も少し, も月, 少し悲し, 已にもう失

▼ 開けたところ~ (22, 2.1%)

2 へ出, へ頭

1 [18件] から外, だと, でありそれから, であると, では人民, で人間, で土藏, で息拔, で数個, で私, と読ん, には今, に出, の, の歌, へ飛びかゝつて, もあり, をウフヽヽ

▼ 開けたもの~ (20, 1.9%)

2 である, は

1 [16件] が, だから, だと, であった, であるから, である事, でございますから, で強いて, で敷居, で西洋, と呆れ, と見え, なり, にとってはこの, は言, や子

▼ 開けた~ (19, 1.8%)

2 思うと, 思ふと

1 [15件] いうから, いうので, いって, いっても, いつて, いつても, さへ, 云っても, 出づ, 思ったばかり, 思つたら, 聞いた, 見える, 言うし, 言つたらう

▼ 開けたよう~ (18, 1.7%)

3 な気 2 なもの

1 [13件] だけれど, だった, だわ, でないのに, な形跡, な砂礫, な薫香, な訳, な辷り音, な音, に大きな, に思った, に感じ

▼ 開けたこと~ (16, 1.5%)

5 のない

1 [11件] がねえだ, にすら気, にはなっ, のなかっ, はない, は一度, は察しられた, は文學史上, は蔽い, もありません, を認めね

▼ 開けた障子~ (15, 1.4%)

2 の方, の隙, の隙間 1 に箒, に背, に靠, のところ, の前, の窓, は手細工, へ身体, をぴたり

▼ 開けたとき~ (13, 1.2%)

2 はこんど

1 [11件] さっととびこみました, どのかけ, には空, に二つ, に病まし, のああ, の前記, はまだ, ハッ, 同時にたくさん, 思いがけなく外

▼ 開けたので~ (13, 1.2%)

2 比翼塚に

1 [11件] あわてて, お目玉を, せう, もう少し人気さ, 入って, 彼は, 私は, 肩身が, 薄い光, 野鍛冶の, 間もなく取り壊さなけれ

▼ 開けたから~ (11, 1.0%)

2 である, 皈り 1 いけない, そんな事, ぢや, 日本軍は, 森は, 構や, 殆ん

▼ 開けた~ (11, 1.0%)

3 相違ない 2 違いなかった, 違ひない 1 しても, ちがいない, 相違無い, 違ひなかつた

▼ 開けたばかりの~ (10, 0.9%)

2 裏門を 1 ことである, ウイスキーの, 慰問袋や, 民家は, 港だ, 灘の, 菰冠り, 通円茶屋の

▼ 開けた~ (10, 0.9%)

21 じゃない, だぜ, だ途端, ですか, ですから, ですの, ですよ, では

▼ 開けた~ (10, 0.9%)

2 の中 1 そうしたすべて, とを見せ, に手, の唇, も白, をふさい, を持つ, を臨まし

▼ 開けた樣子~ (10, 0.9%)

2 もない 1 です, ですが, で敷居, の無い, はありません, は物凄い, もありません, もなく

▼ 開けたかと~ (9, 0.9%)

6 思うと 1 いえば, きいたわけ, 思う途端

▼ 開けた~ (9, 0.9%)

3 がある 2 と締めた 1 があっ, の無い, はない, を調べ

▼ 開けた雨戸~ (9, 0.9%)

2 の隙 1 から夏, の中, の口, の外, の透き, の間, をまた

▼ 開けたやう~ (8, 0.8%)

1 です, な一種, な形跡, な溪谷, に忽ち, に思, に申します, に茫

▼ 開けた~ (8, 0.8%)

1 があった, でもない, で劒沢, で話し声, に三人, に変, へ出た, へ突当り

▼ 開けたばかり~ (7, 0.7%)

2 何にも 1 でありこの, です, でなくそれ, で広い, わざと勝手

▼ 開けた土地~ (7, 0.7%)

1 があった, があり, で庭, にほとんど, の部, ばかりの状況, もなけれ

▼ 開けた~ (7, 0.7%)

2 の蔭 1 が稍, に倚凭, の外, をしめ, を内

▼ 開けた~ (7, 0.7%)

1 から見れ, がすぐ, とは思えない, に原著者托爾斯泰, に達した, へ出れ, 見渡す限り

▼ 開けた~ (7, 0.7%)

1 ごしに, に片手, の中, の影, の彼方, の蔭, をぴたり

▼ 開けた~ (6, 0.6%)

1 される音, して, する役, する音, できるよう, 僕の

▼ 開けたとたん~ (6, 0.6%)

1 にぼく, にトム公, に中, に坪井, に彼, 出て

▼ 開けたまんま~ (6, 0.6%)

1 じっと睨みつけ, である, でその, で寝た, になっ, になり

▼ 開けた場所~ (6, 0.6%)

1 に出た, はブラリュ, へはいり込んだ, まで行く, をかなり, をよく

▼ 開けた~ (6, 0.6%)

2 を望み得る 1 とその, には真正面, に桃色, を見た

▼ 開けた~ (5, 0.5%)

2 路地へ 1 猫が, 設計図を, 顔を

▼ 開けたドア~ (5, 0.5%)

1 からセカセカ, から風, のすき, のところ, を通っ

▼ 開けた~ (5, 0.5%)

1 じつと, であるから, で置い, で錠, 両肱

▼ 開けた~ (5, 0.5%)

1 がある, と比べ, の一つ, の漂流者, よりも野蛮人

▼ 開けた~ (5, 0.5%)

1 が貴方, で古びた家, で随, にこの, の者

▼ 開けた河原~ (5, 0.5%)

1 が再び, に出, の中, へ下った, を表記

▼ 開けた~ (5, 0.5%)

2 の外 1 から寒い, の硝子, を手早く

▼ 開けた~ (5, 0.5%)

2 から春, から暖かい 1 から夕

▼ 開けた~ (4, 0.4%)

1 媼さんの, 延は, 秀と, 道は

▼ 開けたなり~ (4, 0.4%)

1 しばらく肴, なので, 愛想の, 煙草の

▼ 開けた~ (4, 0.4%)

1 のない, を思いつきやがった, を感ずる, を貴方

▼ 開けた時代~ (4, 0.4%)

1 でも身延山詣で, に遡らね, は別, へだ

▼ 開けた~ (4, 0.4%)

1 がし, がしなかつた, が聞えました, そしてその

▼ 開けたその~ (3, 0.3%)

1 女の, 姿は, 晩の

▼ 開けた~ (3, 0.3%)

1 でした, で才能, に違

▼ 開けた人間~ (3, 0.3%)

1 に限った, の住む, の左

▼ 開けた~ (3, 0.3%)

1 なる口, 景観に, 革鞄の

▼ 開けた大きな~ (3, 0.3%)

1 沼澤が, 港が, 目を

▼ 開けた形跡~ (3, 0.3%)

1 がありません, がない, は無い

▼ 開けた~ (3, 0.3%)

1 の話, はそこ, は彼自身

▼ 開けた~ (3, 0.3%)

1 でそつ, に諸君, をまた

▼ 開けた~ (3, 0.3%)

2 が誰 1 の向う

▼ 開けた手代~ (3, 0.3%)

1 の福次郎, を刺し殺し, 淡い曉

▼ 開けた格子~ (3, 0.3%)

2 の中 1 を締める

▼ 開けた様子~ (3, 0.3%)

1 のない, は私, も見えなかった

▼ 開けた~ (3, 0.3%)

2 の長 1 の瞬間

▼ 開けた~ (3, 0.3%)

1 がしだした, が入っ, もした

▼ 開けた瞬間~ (3, 0.3%)

1 にいつも, に感じた, の顔

▼ 開けた~ (3, 0.3%)

1 があい, だ, を埋めさせよう

▼ 開けた空地~ (3, 0.3%)

1 があった, が熱い, になっ

▼ 開けた~ (3, 0.3%)

2 があります 1 がはっきり

▼ 開けた~ (2, 0.2%)

1 うだな, うぢ

▼ 開けたため~ (2, 0.2%)

1 に三年, に又

▼ 開けたという~ (2, 0.2%)

1 ことでしょう, ような

▼ 開けたといふ~ (2, 0.2%)

1 ことに, 雨戸を

▼ 開けたとき彼~ (2, 0.2%)

2 は鳶

▼ 開けたとき彼女~ (2, 0.2%)

2 は訪問者

▼ 開けたとき部屋~ (2, 0.2%)

2 の中

▼ 開けたのに~ (2, 0.2%)

1 テエゲルには, 違いない

▼ 開けたまま廊下~ (2, 0.2%)

1 に出, の外

▼ 開けた~ (2, 0.2%)

2 知らぬ

▼ 開けたもん~ (2, 0.2%)

1 で, ですなあ

▼ 開けたわけ~ (2, 0.2%)

1 だから, ですから

▼ 開けた~ (2, 0.2%)

1 でないと, で清さん

▼ 開けた上輪鍵~ (2, 0.2%)

1 も桟, も棧

▼ 開けた~ (2, 0.2%)

1 にはそんな, に言うべき

▼ 開けた~ (2, 0.2%)

1 でもまだ, の世

▼ 開けた儘ピクリピクリ~ (2, 0.2%)

1 と顏一體, と顔一体

▼ 開けた~ (2, 0.2%)

1 から揃った, を幽か

▼ 開けた唐紙~ (2, 0.2%)

1 の中, を閉めよう

▼ 開けた~ (2, 0.2%)

1 でありまして, で古

▼ 開けた場処~ (2, 0.2%)

1 があろう, へ出

▼ 開けた大粒~ (2, 0.2%)

2 な歯

▼ 開けた広い~ (2, 0.2%)

1 空地が, 額が

▼ 開けた~ (2, 0.2%)

1 には客, の広告

▼ 開けた思い~ (2, 0.2%)

1 である, をした

▼ 開けた拍子~ (2, 0.2%)

1 にいきなり, に動いたらしく

▼ 開けた明るい~ (2, 0.2%)

1 想いを, 池の

▼ 開けた時彼~ (2, 0.2%)

1 は今夜ここ, は山

▼ 開けた時自分~ (2, 0.2%)

1 は始め, は居眠り

▼ 開けた格子窓~ (2, 0.2%)

2 の直ぐ

▼ 開けた~ (2, 0.2%)

1 な権幕, に戸

▼ 開けた~ (2, 0.2%)

1 です, に思はれ

▼ 開けた次の間~ (2, 0.2%)

1 から貴人, で若い衆

▼ 開けた田畑~ (2, 0.2%)

1 の中, の末

▼ 開けた~ (2, 0.2%)

1 で一方, に近い

▼ 開けた~ (2, 0.2%)

1 をその, をむき出し鼻筋

▼ 開けた精神~ (2, 0.2%)

1 とをもってた, をもっ

▼ 開けた結果~ (2, 0.2%)

1 として今日, は久左衛門

▼ 開けた耕地~ (2, 0.2%)

1 であり耕地, ばかりで

▼ 開けた~ (2, 0.2%)

1 には毛, も腹

▼ 開けた芝生~ (2, 0.2%)

1 の上, の中

▼ 開けた農村~ (2, 0.2%)

1 であって, ですらも

▼ 開けた~ (2, 0.2%)

1 から途端, のからから

▼1* [301件]

開けたあの本居翁, 開けたえらい方で, 開けたお山がよく, 開けたお方だったの, 開けたお母さんのおもい, 開けたお話をすれ, 開けたかのように, 開けたからにはそれが, 開けたがま口の中, 開けたきりでそこ, 開けたきり藏の扉, 開けたくらゐですから, 開けたくらいでは, 開けたけれど楚人は, 開けたけれどもその愉し, 開けたここちがします, 開けたこと丘の上, 開けたこと乳母に気, 開けたん七さんも, 開けた此處には, 開けたすぐのところ, 開けたそれらの実務家ら, 開けたためしはない, 開けたため室内へ室外, 開けただけで幾年, 開けただけでもむうっとします, 開けたってなあ, 開けたつもりだつた, 開けたといったのも, 開けたときわれわれを取り巻い, 開けたとき甲斐絹のごく, 開けたとは受取れぬ雨戸, 開けたどうして開けた, 開けたなごやかな姿をし, 開けたなと思って, 開けたなりにして, 開けたにぎやかな港, 開けた漢土天竺の, 開けたばかりですぐ近く, 開けたばかりといふところ, 開けたままあとの語, 開けたままそれに見とれ, 開けたままなにから手, 開けたままぼんやりして, 開けたままグッタリとうなだれ, 開けたままストオヴの側, 開けたまま一切無頓着でただ, 開けたまま一生懸命に聞い, 開けたまま乱雑に並ん, 開けたまま千世子のわき, 開けたまま千代子の膝, 開けたまま安全のため, 開けたまま小松原は昼間, 開けたまま平次はどこ, 開けたまま強飯みたいに積み上げ, 開けたまま未来の夫, 開けたまま森源の方, 開けたまま歩道を踏みはずし踏みはずし歩い, 開けたまま活人画の人形, 開けたまま火鉢に火, 開けたまま灯を消し, 開けたまま熊手の爪, 開けたまま眼を放し, 開けたまま空虚に見つめ, 開けたまま警官達には目, 開けたまま身動きもせず, 開けたまま霰の中, 開けたまま面喰らって, 開けたまま額に汗, 開けたまんまぢつと睨みつけ, 開けたまんま言葉も出ない, 開けたもの寢卷の浴衣, 開けたアメリカにもまた, 開けたエヂプトやアッシリヤ, 開けたスキー温泉場のよう, 開けたストーブの焚き, 開けたセンター街を抜ける, 開けたて貴方芝居, 開けたドブ板に手, 開けたパリの歴史, 開けたヨーロッパ大陸やアメリカ大陸, 開けた一場の広場, 開けた一廓で一間, 開けた一膳めし屋の軒, 開けた一面の畑, 開けた上流の空, 開けた上花嫁の懷中, 開けた不孤庵がしぶ, 開けた世の中でございますから, 開けた岸の, 開けたに, 開けた丹下左膳の瞳, 開けた二枚や戸, 開けた二枚目の雨戸, 開けた人口稠密な国民, 開けた人垣から突き進み, 開けた以上は代議士, 開けた位ぢやわからない, 開けた侍女は開ける, 開けた儘天井を睨んだ, 開けた儘眼を放し, 開けた儘私の座敷, 開けた儘笑ひ顔, 開けた八五郎と庇, 開けた公園の稼ぎ, 開けた出会頭に爺, 開けた出羽と主として, 開けた別荘地がご, 開けた刹那に売場, 開けた勘次はそこ, 開けた十一月らしい空, 開けた南窓から暖かい, 開けたを取り巻い, 開けた口もとそのきたない, 開けた口一杯に紅絹, 開けた口腔の下, 開けた靴の, 開けた古風な平屋造り, 開けた台所は昼, 開けた吉敦線で大連, 開けた君主が現われ, 開けた嘲笑ふやう, 開けた四方の山野, 開けた国民の間, 開けた地下室の方, 開けた地域では盆, 開けた地獄の入口, 開けた堀割の岸, 開けたの外側, 開けたはしない, 開けたは重なった, 開けた多摩川脇の草原, 開けた大きい町を, 開けた大の字なりの金髪美人, 開けた大同江平野が一眸, 開けた大岩の上, 開けた大戸の隙, 開けたはいねえ, 開けた姿を形容, 開けた雀の, 開けた学士を見, 開けた寒いお月様, 開けた卓の, 開けた小杉卓二自身でした, 開けた少なくともはじめ見た, 開けたは十七八, 開けたの中腹, 開けた山裾家があちこち, 開けたの多い緩, 開けた岩窟の中, 開けたの端, 開けた川原となっ, 開けた工合見習いの喜助殿, 開けた巨都の中, 開けたで甕, 開けた平たい所に, 開けた平地の所, 開けた平坦らしい河原, 開けた広々した生活, 開けたの景色, 開けたみに, 開けたの花冠, 開けた彼女は彼, 開けた往来の真中, 開けた話を, 開けた御方は魔女, 開けた心地がした, 開けた怜悧そうな眼, 開けた思想を御, 開けた性質なん, 開けた態度が藪蛇, 開けた戸口から入る, 開けた扉口から半身, 開けたの番, 開けた手提の中, 開けた拡声器からは東京市郡全体, 開けた敷居際まで首, 開けた断崖の傍, 開けた新しい損傷が, 開けたにゃそれ, 開けた旧道むしろ古, 開けた時上下の棧, 開けた時二人はびつくり, 開けた時今まで調子づい, 開けた時何んの異状, 開けた時余は昨夕, 開けた時卯平と衝突, 開けた時周囲は霧, 開けた時夫人は眼, 開けた時婦人は低い, 開けた時富士山はちょうど, 開けた時東野は凝然, 開けた時氣が付かない, 開けた時運命は二三本, 開けた時部屋の隅, 開けた時雨戸の隙間, 開けた暗い口から, 開けた月光の世界, 開けたを讀む振, 開けたには垣内, 開けた村里になる, 開けたの方, 開けた東南の空, 開けた格子戸の前, 開けた極めて単純な, 開けた正義だ, 開けた毛だらけの胸, 開けた水口の戸, 開けた水田で田, 開けた浦島だ, 開けた浴衣の胸, 開けた海上には江の島列島, 開けた温泉よりい, 開けた準之助氏が, 開けた激しい力が, 開けた火薬箱の側, 開けたであろう木, 開けた為め天成の美, 開けた無心さであった, 開けた爲めに東國, 開けた之松, 開けた率八が, 開けた田圃道を十町, 開けた田甫へ出, 開けたの小逕, 開けた畑地に明るい, 開けた番頭の与助, 開けた病人のむくんだ, 開けた白衣の修道女, 開けた盆地の前面, 開けたの上, 開けた直後は高まる, 開けた相生町の道路, 開けた看守の命令通り, 開けた瞬間美智子さんの心, 開けた瞬間背後に立っ, 開けた知力をもっ, 開けた硝子障子の間, 開けた硯箱の傍, 開けた科学的な時代, 開けた窓硝子から南風, 開けた窓際に坐っ, 開けた立法府を有, 開けた之助, 開けた二面の, 開けたなのに, 開けた箇処を通してここかしこ, 開けた細い黄金鎖が, 開けた結果西洋語が国語中, 開けたから吹い, 開けた美しい湖山の, 開けた脱衣場の棚, 開けた自分の肩, 開けた自由な時代, 開けた自由通路だった, 開けた若い男の, 開けた草原の中, 開けた醒めた顔, 開けた藤吉は忘れ物, 開けたをあたりあひ, 開けた街路の中, 開けたの窓, 開けた西方の木の間, 開けた西窓からは新しく, 開けた覚えのない, 開けた親爺は煙管, 開けた言葉を僕, 開けた計りの処, 開けた詩人のよう, 開けたがあつ, 開けた談笑を交わす, 開けたの空, 開けた谷底へ呑みこまれ, 開けた谷間の奥, 開けた谿谷の上, 開けた赤子を抱き取りました, 開けた車窓から石炭がら, 開けたで, 開けた近所の人達, 開けたを通っ, 開けた郊外のうち, 開けた部分へと再び, 開けただという, 開けた都會であること, 開けた酔漢を乗せた, 開けた重い戸の, 開けた野原だったのに, 開けたは, 開けた家風の, 開けた門口でしっかり, 開けた門番の爺, 開けたから駈け入る, 開けた隠居の方, 開けたの平, 開けた青い毛の, 開けたを讀む, 開けたでなければ, 開けた風景を見せられ, 開けた駕籠の扉, 開けた高い所に, 開けた高原状の草地