青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「開く~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

閉~ ~閉じ 閉じ~ 開~ ~開い 開い~ ~開いた 開いた~ 開き~ ~開く
開く~
~開け 開け~ ~開けた 開けた~ ~開ける 開ける~ ~間 間~ ~間もなく 間もなく~

「開く~」 2065, 22ppm, 5170位

▼ 開く~ (529, 25.6%)

6 その中 5 中は 4 それは, 中から 3 そこには, 一緒に, 中に, 云ふ

2 [25件] そこから, そこに, そこは, それが, それを, どやどやと, ひとりの, ドッと, 世界は, 兼子が, 内から, 同じこと, 室の, 寒い風, 左側に, 彼の, 急に, 朝日の, 無際限, 直に, 相手の, 自分の, 裂けて, 遉に, 面頬を

1 [448件] あしもとの, あたりは, いう, いう迄も, いきなり心臓病, いくらか, いたして, いたそうぞ, いっても, いつしよ, いつの間にか二人, いつの間にか椅子, いつもの, いとよりの, いふ, いふこと, いふの, うす暗い中, おっしゃいましたが, おっしゃって, おとといの, お由羅, お隣の, かくし部屋, かろやかに, がやがやと, きっと夜, きらきらと, この剣, この四枚, この女優, この部屋, さすが冷気, さっさと往来, したならば, したらあのお, じきにまた, じっとし, じっと凝視め, すぐに, すぐ元, すぐ狭い, すぐ眠く, すぐ飛び出しました, する, すれば, ずっとよ, ずばずば物, ずらっと, ずらりと義足, せき止められて, そこにも, そこへ, そこも, そちらは, そのままさっき, そのまま廊下, そのまま振り返っ, そのまま明るい, その一間住宅, その下, その中庭, その光, その光景, その向う, その場, その外, その愉しい, その挙止, その眼, その青白い, それ, それで右手, それ開いた, たくさんの, たしかに其処, ただちに, ちょっと後, つめたい夜気, であい頭, どこから, なお降り続い, なかから, なんとそこ, のっそり浅田, はめこみにな, はらはらと, ぱっと朝日, ひょっこり顔, ほとんどその, ぼろぐつを, またランプ, また底, まだお, まだモナカ, まっくら, まるで夢, まるで奇術, まるで開帳, みごとな, みんな夢でした, もじゃもじゃに, ゆるさんぞ, よそよそしい表情, よろ, われながら, アンリ・クレルヴァルの, ガラッ八, ギラギラする, クラリモンドが, クリストフの, サア今日こそは, ジャガイモが, スルリと, スーッと, ツカツカと, ハネ上がったむしろ, バネ仕掛の, パッと, ピカピカ光る, フォーシュルヴァン氏が, プーンと, ムツと, ライオンの, レスパネエ嬢が, 一人の, 一人眞すぐ, 一人真すぐ, 一匹の, 一寸一目見た, 一寸四方, 一息です, 一散に, 一番先き, 一筋の, 一羽の, 一閃する, 丁坊を, 七つの, 万一と, 三十あまりの, 三千枚の, 三尺の, 上からも, 上部には, 下げ髪に, 中の, 久能は, 九時で, 二人は, 二本の, 二条糸を, 云うから, 云うよう, 云う事, 云う仕掛, 云ふも, 仰向けの, 佐和山女史は, 佐渡守は, 何か, 侮りきって, 信子が, 倉地が, 先ずリッフェルアルプ, 先づ男が, 先を, 先刻までは, 先方も, 入つて, 全く見知らない, 全然駄目, 全軍, 八畳ばかりの, 八疊の, 八郎太は, 六畳の, 共に余, 其の下, 其処から, 其処に, 其處から, 内部の, 内部は, 冷かな, 冷たい風, 冷やり, 冷汗を, 前に, 前夜にでも, 勘次郎の, 千五百萬圓使つて今の, 半分夢中で飛び起きた, 半身背中を, 南玉の, 又も, 又此界隈, 古錦襴, 右の, 各部に, 各頁ごと, 合爾合姫が, 合羽脚絆道中服が, 吉兵衛が, 同時にあ, 同時にサツ, 同時にハッキリした, 同時にパタリと, 同時に一寸微笑ん, 同時に下手, 同時に二千円, 同時に何百燭光, 同時に余, 同時に博物館, 同時に反動, 同時に叫んだ, 同時に名状, 同時に大きな, 同時に恐ろしい, 同時に白い, 同時に私, 同時に観客, 同時に觀客, 同時に足音靜, 同時に顔, 周囲の, 周旋人の, 咽喉から, 哲子は, 喜ばしい思想共, 嗚咽の, 噎と, 坂の下の, 壮麗な, 大たぶ, 大理石の, 大豕二頭, 天井に, 天井の, 奥に, 女王は, 女給の, 妻の, 妻木君は, 姉の, 婆やは, 室には, 室内は, 富士山の, 小さな戸, 小使い, 小形の, 小石が, 小綺麗に, 嵌めこんだよう, 左右に, 巻いた袋, 市へ, 帆村を, 席畫を, 幸い誰, 幹事も, 底力を, 廊下へ, 弱々しい貴公子, 強烈な, 彼は, 待ち構えて, 後向きに, 心臓を, 忠臣蔵で, 忽ち怒号, 忿怒に, 思いきや, 思いも, 思ったの, 怪物を, 恭しく要, 恰で, 恰も私, 悲鳴を, 意外な, 慶子が, 懐から, 懐中を, 成つてから, 手巾を, 才助と, 折からの, 折り目の, 抜きとって, 拔き, 拙い仮名文字, 拙い假名文字, 放埓, 数字が, 敷居から, 文章は, 料理庖丁の, 料理鉋丁の, 旅の, 旅姿の, 日の, 旧の, 昼の, 晴れ渡った秋, 暗い場所, 最う夜, 朝の, 未だ眼, 本堂の, 松崎の, 果して菓子箱, 枯死しかかってる, 柔らかな, 桜草の, 桶側胴の, 梱越しに, 様々な, 橋を, 檜山は, 次の, 正面には, 正面の, 此度は, 歯茎が, 母は, 汚い夜具, 汽車は, 沈思し, 法水の, 法水は, 泣いて, 清の, 滝人の, 瀬川が, 瀬川は, 火鉢の, 焚火に, 爪先で, 片袖, 特例が, 狂言方や, 狭い三和土, 玩具の, 田舍の, 田舎の, 男が, 番兵は, 異様に, 痘痕の, 白兎が, 皿上に, 監獄の, 直ぐまた起ち上っ, 直ぐ正面, 直ぐ足許, 直ちに, 相變, 真赤な, 真青な, 眩ゆい, 眼の, 眼前には, 知り合いの, 砂利にな, 空であった, 突然曖気, 窓の, 窓際に, 立上って, 笛吹川画伯が, 等身より, 粗末な, 糸が, 糸を, 紫黒色の, 線香を, 美しい花束, 羽織も, 老人が, 聞きましたが, 胸が, 腐った梨, 腰を, 自ら家の, 舌の, 舞台では, 芒の, 芳子は, 芸術的な, 若衆形の, 苦も, 董卓は, 薄暗い奥, 薄暗い廊下, 薄茅原花野を, 藤十郎は, 蛍が, 蝶の, 血の, 衝立の, 裏で, 裏側には, 裳を, 西も, 見るま, 見るや, 見れば, 言うて, 言って, 言はれた, 賑やかな, 身を, 身体を, 辰さんが, 近々と寄った, 道を, 針枕が, 針金を, 鉛筆に, 銀色に, 鍵が, 長い舌, 門人たちの, 門内の, 閉つた口を, 開かざるとの, 間もなく元治元年, 降って, 階下の, 隣りの, 隣家の, 難なくかれ, 雫の, 電燈の, 青い衣裳, 青江が, 青蓮華の, 静かに, 非常に, 風の音だった, 飴の, 驚いた, 高く薫った, 黒いレッテル, 黴臭いケバケバ, 鼠が

▼ 開くこと~ (200, 9.7%)

13 になった 8 ができる 7 にした 5 が出来なかった 4 がある, になっ, になつ, になり 3 が出, となった, になつて, になりました, に成功

2 [15件] ができない, が出来た, が出来ない, が出来なく, が出来るだろう, である, にきめた, にし, にしました, にしよう, は家, もある, も出来ぬ, を余儀なく, を許さず

1 [106件] あるも, いよいよ近く, があっ, があれ, ができます, がよく, が不安, が出来, が出来たなら, が出来なかつた, が出来なくなった, が出来ねえ, が出来ました, が出来る, が出来るであろう, が出来れ, が容易, が私一個, が約され, さえもせず, さえ少から, だ, であった, であって, では, とすれ, となりました, なくし, なしとは, なしに, にいたしたい, にいたしました, にいたします, にかけてはおのずから, にかけては自ら冷やか, にきまった, にしたい, にする, になさった, になる, にもなろう, によって全く, によりしかし, により英国農業, に打合せ, に決め, に話, のできなくなった, のできぬ, のできる, のない, の出来ない, はこの, はさ, はできない, はできなかった, はできなかったろう, はどう, はどうしても, はどんな, は出, は宜しく, は容易, は忘れなかつた, は損, は母, は絶対不可能, もあり, もあります, もできませんでした, もむり, も不可能, も出来ず, も出来ずなっ, も出来なかった, も出来なかつた, も出来る, も忘れる, も遅れ, をしない, をしません, をせず, をやつ, を予期, を交渉, を命じ, を希望, を待ち, を得, を得たる, を得る, を心から, を忘れ, を意味, を承知, を敢, を發見, を考え出した, を要する, を躊躇, 叶わぬ箱, 無し, 甚だ緊要, 能わざるのみ, 能わず折節十月三十日頃, 遅し

▼ 開く~ (169, 8.2%)

10 である, です 76 でした, を待っ 5 では 4 だと, であった, を待った 3 か, が例, だった, を待つ 2 が厭, だが, であるが, であると, は十時, も間, を待ち, を待ちかね, を静か

1 [83件] かこいつ, かと驚かれる, かね, か見当, が, がひどく, がまた, がオックウ, が人, が公判, が分かつた, が定, が常, が彼ら, が恥, が惜しまれる, が眼, が見えた, が遅けれ, さ, じゃ, だから, だけれども, だつた, だろうか, だ開くから, であって, であります, であるという, であろう, ですね, です心, でなければ, とその, とでは民草, とバケツ, と同じ, にはまだ少し, には大変骨, に出, に少し, に搦ん, はただ, はちよ, はなか, はやはり, はよし, は大抵, は我々, は正辰刻, は當然, は私, もある, も人ひとり, も今, も憂い, も構わず, も退, をおくらす, をそつ, を今, を傍, を妙, を常, を彼, を待ちかまえ, を待ちこがれ, を待ちしびれ, を待ちます, を待ち構えた, を待ってる, を感ずる, を聞, を聞き, を見, を見た, を見つけ, を見る, を覺, 好時節, 恐れありしと, 懶きに, 着歩

▼ 開く~ (130, 6.3%)

36 がした 32 がし 7 がする 4 を聞き 3 に眼 2 がかすか, がしました, が聞える, す, せしが, を耳, を聞い

1 [34件] がいたしました, がきこえ, がしなかった, がギー, がパッパッ, が向う, が大きく, が彼, が折, が聞え, が聞こえました, が街路, が起つた, が頭上, して, だったらしいん, である, で娘, と小, なども春, にもひどく, にジャン, に必ずギクリ, に飛, も聞えなかった, も聴く, をきいた, をききつけ, をききつけた, を指, を聞いた, を聞く, を聴い, 間近く聞こ

▼ 開くよう~ (81, 3.9%)

13 になっ 4 な音, にし 2 にした, にその, に赤外光線

1 [54件] だ, では, なこと, なそんな, なギギ, な一種, な事, な仕掛, な仕掛け, な女, な工合, な微笑, な悦ばしい, な智慧, な物音, な見かた, な設備, な豊か, な野蛮, な鉄, な開かないよう, な鮮, に, にあやしくいぶかしく, にいい, におのずから, にさっと, にと東照神君, にと防い, にな, になった, になつ, になりました, になる, にほんのり, にニコッ, に事, に二本, に人々, に仕掛け, に付け, に沁み渡ります, に準備, に燈籠, に神, に私, に笑っ, に笑つて, に籠, に誘う, に迫っ, に開く, に霽, 心から善意

▼ 開く~ (44, 2.1%)

2 しても, 及ばずして, 当って, 至れり

1 [36件] いたらしむるごとし, 一切経を, 例えたもの, 前後し, 及ばず畳んだなり肩, 及びピエール, 及び初めて, 及び自ら, 堪へざら, 外面は, 多少の, 就て, 尸壞れず, 屋上の, 幸い衣服, 庭の, 当つて, 当りては, 当り赤坂溜池, 急で, 極めて役立った, 母ひとり忙然として, 百合子は, 相違無い, 突て, 至ったの, 至らば, 至りたること, 至る, 至るだろう, 至るやを, 苦心した, 表通の, 限ると, 随って, 骨の

▼ 開く~ (33, 1.6%)

2 が出来なかった, になった

1 [29件] があつ, ができませんでした, ができる, がない, が出来ました, が出来ましょう, が出来ます, が出来ません, が出来る, ですが, として茂み, なし, なぞがあった, などは出来なかつた, にした, にしよう, になっ, になる, に対する二重, に成った, に極まった, は決して, もある, も出来ず, も出来た, を忘れなかった, を許された, 已に年, 能わず手足

▼ 開くもの~ (30, 1.5%)

4 がない 32 である, もなかっ

1 [19件] があつ, がなく, じゃあねえ, ぞあの, だという, であったと共に, であると, で花弁相層, として適當, はありません, はつぼみ, は学問, は小, もあった, もあり, やら分らなかった, を並頭蓮, を其の, 故水蛇

▼ 開く~ (28, 1.4%)

2 は無い

1 [26件] あるべきを, さしはじめる光, じゃ, その五枚, である, には五, には浅井家長久, には浜御殿, には英国, に一緒, に因ん, に自然, に見, に鍵, に雑木, の名, の基点, の最初, の終点, の音, は水墨画, は短日月, までは何うに, まで中味, 其の白妙, 持って

▼ 開くやう~ (22, 1.1%)

5 になつ 2 に見え

1 [15件] だつた, なもの, な光, な女, な話, にさせ, にした, にもなつ, に二筋, に坐り, に感ずる, に眉, に翳し, 取計, 覚えて

▼ 開く~ (19, 0.9%)

3 見る

1 [16件] うるなり, えざるまでや, えざる處, さな, まち其音, みるに, 得べからず, 聞くが, 要し社会教育, 要すること, 見て, 見よと, 覚えたり, 覚えながら, 観るよう, 記す

▼ 開く~ (18, 0.9%)

4 どうか

1 [14件] でなかったら夫人, どうかやっ, わからない, ガラスを, 二つの, 何か, 分らないありさ, 想像も, 意地の, 現代の, 開かないうち, 開かないか, 開かないかの, 開かないかは

▼ 開くため~ (18, 0.9%)

1 [18件] だったと, であった, にずっと, にはあるいは, には水, には血, にふだん, にジョージ, にハンドル, に今尾景年氏, に前後十數年, に十分, に十分破壊, に左右, に松山, に椅子, に生まれ, の土地

▼ 開くという~ (17, 0.8%)

4 ことに 3 ことは 1 ことである, ことと, ことも, のが, のであった, のです, ものだ, 仕組だ, 記事が, 通知を

▼ 開く~ (16, 0.8%)

1 [16件] いい, ごときは, ごとく与五郎一廻り, その花, それを, ひとことも, ように, よろしい心眼, 上策である, 唯一の, 大体は, 如くその, 少しも, 後に, 早いか, 面白いこと

▼ 開く~ (14, 0.7%)

1 [14件] と見え, に, にすぐ, には一, には彼女ら, にまず, にまずそう, に寿海老人, に必ず, に斥候戦, に旅客, に猿沢, に発明家, に集っ

▼ 開く~ (13, 0.6%)

6 否や 2 伯は, 議論堂々 1 これも, 否飛び込ん, 香風脉

▼ 開くまで~ (12, 0.6%)

1 [12件] つづき, 凡そ四百年間政治の, 動かぬだろう, 君たちと, 市内の, 座席で, 待ってるかも, 待つか, 此の, 死なないで, 爬虫館に, 聞えたり

▼ 開くから~ (11, 0.5%)

1 [11件] して, でわれ等, 出席されたい, 呉服橋外の, 土間の, 怪我人の, 慰みに, 来て, 熱海では, 自分の, 若い男

▼ 開くには~ (11, 0.5%)

1 [11件] いかにもここ, ぜひともこれ, どんなにし, まず潜り戸, もう少し料理屋, 仲, 其官職の, 呪文を, 國会議員を, 恰好な, 最もよく

▼ 開く~ (11, 0.5%)

1 [11件] あらば, あるのみと, があります, なく顧みる, にあ, にはこの, は, はない, はなかっ, は割合, 死すと

▼ 開く~ (10, 0.5%)

1 だから, でなければ, ではない, なん, になる, のやう, は私, は隠れ衣, をその, を真

▼ 開くほど~ (9, 0.4%)

1 みつめて, 奥様の, 弟の, 眺めて, 私の, 腹は, 見詰めて, 視つめて, 視詰め

▼ 開く~ (9, 0.4%)

1 またしかり, ものういほどに, よかろう, 地大の, 決してその, 第一, 聴かれずして, 開かないも, 開かぬも

▼ 開く~ (9, 0.4%)

41 だけれど, だもの, だよ, ですつて, ですよ

▼ 開くかと~ (8, 0.4%)

1 いいますと, 千二は, 思いめぐらすよう, 思えば, 思われた, 成行を, 見え, 見えて

▼ 開く~ (8, 0.4%)

2 是れ 1 さてめでたい, ただ猫, 上下の, 人間無上の, 方今文明の, 玉手箱を

▼ 開く~ (8, 0.4%)

2 に風 1 な快, な暢達, になれ, に作られ, に成っ, に鍵

▼ 開くとき~ (7, 0.3%)

1 が来た, だろう, にその, にも晩, に音, もまた, 見るの

▼ 開くとは~ (7, 0.3%)

2 言えないの 1 これこれを, わけ違いである, 気が, 言うけれど, 限らない

▼ 開くはず~ (7, 0.3%)

1 がない, その節蛇王, ですから, のわたし, の公判, はなく, もあるまい

▼ 開く~ (7, 0.3%)

2 はない 1 だ, だった, だろう, だアノ穴, で笹野

▼ 開くだけの~ (6, 0.3%)

1 ものに, 余力を, 力も, 勇気も, 決心が, 自信が

▼ 開くので~ (6, 0.3%)

1 あつた, それで木偏, 事は, 人を, 彼女を, 有名である

▼ 開く~ (6, 0.3%)

2 が来た, の来る 1 です, にあたり

▼ 開く~ (6, 0.3%)

2 は閑 1 があった, であること, であると, ではありませんでした

▼ 開くその~ (5, 0.2%)

1 ためには, 景勝を, 歌は, 逞しき生命力, 音を

▼ 開くたび~ (5, 0.2%)

1 にちらりと, にまるで, に一人二人, に紛失, に肉

▼ 開くつもり~ (5, 0.2%)

1 かちょっと, だ, だったので, だつたの, でもうすでに

▼ 開くとも~ (5, 0.2%)

1 なくただ, なく開けた, なしに, 必勝の, 誤りて

▼ 開くと共に~ (5, 0.2%)

1 万物皆生き, 大音に, 得も, 残る方, 肉眼に

▼ 開くのに~ (5, 0.2%)

1 あなたのは, なるべく剣, 前もつ, 暮に, 村の

▼ 開くまでに~ (5, 0.2%)

2 済んで 1 右手に, 如何なる風, 相当修業の

▼ 開く~ (5, 0.2%)

1 があらわれた, がある, が有, が飛出す, で此年六十六歳

▼ 開く~ (5, 0.2%)

1 など幾分, にお, には浄土, に從つて, も打

▼ 開く~ (5, 0.2%)

1 が初夏, で, であります, でかきつばた, の割れ咲く

▼ 開くところ~ (4, 0.2%)

1 だ, で夫人, などなるほど, を見る

▼ 開くとともに~ (4, 0.2%)

1 悄然として, 眉を, 醜怪, 顔を

▼ 開くなり~ (4, 0.2%)

1 われらは, 直問, 豊さんは, 電流が

▼ 開くまでは~ (4, 0.2%)

1 それほどまで, なんとも, 云えない, 私は

▼ 開くまでも~ (4, 0.2%)

1 ない, なかった, なく止む, なく誰

▼ 開くより~ (4, 0.2%)

1 他に, 外に, 早く消えうせた, 襖障子の

▼ 開く仕掛~ (4, 0.2%)

2 になっ 1 が働き出す, に成つて

▼ 開く~ (4, 0.2%)

1 さえなく, もな, もなく, を持っ

▼ 開く~ (4, 0.2%)

1 があります, がある, のかげ, はあった

▼ 開く~ (4, 0.2%)

1 にその後, に塚, に立っ, びに

▼ 開く牡丹~ (4, 0.2%)

4 かな

▼ 開く積り~ (4, 0.2%)

1 でせう, でその, で勉強, で幽霊塔

▼ 開く~ (4, 0.2%)

2 もあら 1 にまされり, も遅く

▼ 開く~ (4, 0.2%)

1 になる, に成ります, は我が, 売切補助

▼ 開くこの~ (3, 0.1%)

1 婦やや, 日ごろ, 朝明雪しみじみ

▼ 開く~ (3, 0.1%)

2 かしそれを 1 善かるべき

▼ 開くとか~ (3, 0.1%)

1 云うの, 申して, 見性成仏とか

▼ 開くばかり~ (3, 0.1%)

1 だ, でございます, 包ましい

▼ 開くわけ~ (3, 0.1%)

1 ですからね, には行かない, に行かぬ

▼ 開く~ (3, 0.1%)

1 き見込み, き鍵, く土鬼

▼ 開く場合~ (3, 0.1%)

1 にここ, には必ず, にぶつかる

▼ 開く~ (3, 0.1%)

1 じゃありません, ではない, では無

▼ 開く気配~ (3, 0.1%)

1 がし, がした, に振返っ

▼ 開く~ (3, 0.1%)

1 の庭, の考, もまた

▼ 開く~ (3, 0.1%)

1 その顔, 見つめて, 見ながら

▼ 開く間もなく~ (3, 0.1%)

1 一方へ, 人々の, 彼は

▼ 開くかも~ (2, 0.1%)

1 知れないが, 知れないさ

▼ 開くこと頭~ (2, 0.1%)

2 を動かす

▼ 開くころ~ (2, 0.1%)

1 である, には広大

▼ 開くごと~ (2, 0.1%)

1 にその後, に我

▼ 開く~ (2, 0.1%)

2 うですな

▼ 開くただ~ (2, 0.1%)

2 ちを

▼ 開くだけ~ (2, 0.1%)

1 だ, だつた

▼ 開くだけで~ (2, 0.1%)

2 声は

▼ 開く~ (2, 0.1%)

2 せう

▼ 開くといふ~ (2, 0.1%)

1 大志を, 矢の根五郎吉とやらの

▼ 開くとの~ (2, 0.1%)

1 事である, 通知であった

▼ 開くなど~ (2, 0.1%)

1 いって, そういうソフィヤ夫人

▼ 開くなんて~ (2, 0.1%)

1 けしからんと, ことは

▼ 開くにつれて~ (2, 0.1%)

1 一人の, 中の

▼ 開くの威勢~ (2, 0.1%)

2 を有せり

▼ 開くの必要~ (2, 0.1%)

2 あるは

▼ 開くほどの~ (2, 0.1%)

1 人その, 野心も

▼ 開くわが~ (2, 0.1%)

2 屋は

▼ 開くアヤメ~ (2, 0.1%)

1 でなければ, はマコモ

▼ 開くバター~ (2, 0.1%)

2 を買い

▼ 開く一切~ (2, 0.1%)

2 の音声

▼ 開く~ (2, 0.1%)

1 から見える, を出

▼ 開く予定~ (2, 0.1%)

1 でした, になつて

▼ 開く仕掛け~ (2, 0.1%)

1 になっ, は鯨

▼ 開く~ (2, 0.1%)

1 から, より眼球

▼ 開く小さな~ (2, 0.1%)

1 窓から, 花は

▼ 開く~ (2, 0.1%)

1 は姿, をします

▼ 開く心地~ (2, 0.1%)

1 がする, す

▼ 開く~ (2, 0.1%)

1 がどう, に香

▼ 開く手続き~ (2, 0.1%)

1 になっ, は

▼ 開く~ (2, 0.1%)

1 がなかっ, の楽しみ

▼ 開く~ (2, 0.1%)

1 がよう, が味

▼ 開く方法~ (2, 0.1%)

1 が最も, も記され

▼ 開く時分~ (2, 0.1%)

1 に先刻, は余程

▼ 開く~ (2, 0.1%)

2 もなく

▼ 開く椿~ (2, 0.1%)

2 かな

▼ 開く様子~ (2, 0.1%)

2 がない

▼ 開く樣子~ (2, 0.1%)

1 がなかつた, もありません

▼ 開く機会~ (2, 0.1%)

1 が後年, なく続いた

▼ 開く~ (2, 0.1%)

2 の産

▼ 開く気力~ (2, 0.1%)

1 もない, も無くなっ

▼ 開く白き~ (2, 0.1%)

2 花大き

▼ 開く相談~ (2, 0.1%)

1 は目下, をし

▼ 開く~ (2, 0.1%)

1 を引い, を引いた

▼ 開く迄に~ (2, 0.1%)

1 顏觸れ, 顔触れを

▼ 開く途端~ (2, 0.1%)

1 に, に車上

▼ 開く~ (2, 0.1%)

1 のない, を与

▼1* [290件]

開くあとから種, 開くお前が一ばん, 開くかに思ふ, 開くかのやうで, 開くからといって, 開くくせは此處, 開くくらいだった, 開くけれどずッ, 開くことこれには農民組合, 開くこと今朝一時に十一, 開くこと会場は校外, 開くこと稀なれば, 開くこと連続三十九回遂に会議, 開くこれを棒寄せ, 開くさえ無益だ, 開くしかし間違って, 開くすぐまたあと, 開くすべもなく, 開くすべて自己の発揮, 開くすると棚に, 開くそうすると次の, 開くそこへ堂々, 開くたちまち四老の, 開くたび毎に一々, 開くため大学講師を辞任, 開くたんびに白鷹先生, 開くだから植物だって, 開くときポッと音, 開くとき所々の将棋会, 開くとき掛額に書い, 開くとき朝鮮で演じられ, 開くとき音がする, 開くとこう伝説に, 開くとて上松より, 開くととびつくようにしてよろめきながら雪子夫人が, 開くどころでは, 開くどころか死体を, 開くア奴等を, 開くなかから白い, 開くなし天下に, 開くなどという気遣いは, 開くなどは思いも, 開くにおいては徳川家の, 開くにぞ得たりと, 開くにつき学問の, 開くになんぞことさらに, 開くにもかかわらずいつも, 開くに当たって新時代, 開くの例で随分, 開くの形勢に至れ, 開くの徒をいう, 開くの意であり他日, 開くの挙あるを, 開くの擧あるを, 開くの理を解すべからず, 開くの要求を為し, 開くの鍵となり, 開くの風を生じ, 開くまたすぐ三段隊, 開くまでにゃアまだ, 開くまもなく職人を, 開くもの自動的にあく, 開くやさしい講義が, 開くやら眼を, 開くゆとりのある, 開くよう儂に申し渡されました, 開くよく受ける, 開くよりは少々の, 開くよりも劇を, 開くカット大量にした, 開くガヤガヤと人声, 開くサンドイッチの上, 開くスグ前で, 開くスミレに限り, 開くドアあり, 開くハスがあります, 開くバザバザといふ奴, 開くヒイラギ科に属し, 開くボタンが机, 開く一つの途, 開く一方遙の下, 開く一枝の梔, 開く一種の特別裁判, 開く三つの音, 開く三日前一山の中唯三人, 開く三朝にし, 開くは一國, 開く世界なり, 開く世紀である, 開く予想をもつ, 開く五尺の肉体何, 開く交渉に行く, 開く人參の花, 開く仕方は種々, 開く以前は中央首都, 開くは当, 開く位置に当った, 開く佐世保仮屋呼子及び唐房湾, 開く余地を与えない, 開く余裕がなかっ, 開くに謂, 開く偉大なる義務, 開く全く緑盤の, 開く其處へ堂々, 開くがある, 開く処見物は残らず, 開く刹那の私, 開く刹那茎が顫, 開く前日は必ず, 開く前歯のぬけた, 開く勅封の扉, 開く勇気もなく, 開く動機となった, 開く勝つた人が大金, 開く十匹の基, 開く原因でありその, 開く合い鍵を持っ, 開く合図のやう, 開く名誉を官房主事閣下, 開く呉服屋の佐々木, 開く唯一の鍵, 開く問屋場はちょうど, 開く四つの扉, 開くではあと, 開く地下室へ通う, 開くで二十年後, 開く墳墓の神秘, 開くではない, 開くの体, 開く汽鑵の, 開く大口なり, 開く大発見にと志した, 開くの陣, 開く奇蹟的な術, 開く女たちの顏, 開く女ぢやありません, 開く姉様の顔, 開く姿は異なれ, 開く宗教ですから, 開く宴会はあるいは, 開く寺院の饗宴場, 開く小田の路, 開くの木, 開く嵯峨や北山, 開くの言, 開く川口の店, 開く巨大な手, 開く布張りの扉, 開く布薩の會, 開く常任委員會で最後的決定, 開くに異様, 開く度毎に冷たい, 開く廊下より薔薇色, 開く廻廊には円柱, 開く引窓の板, 開く強力なる機関砲, 開く役目をこの, 開く従来のならわし, 開く微笑で黙っ, 開くを思想, 開く心得するすると, 開く必要もなくなる, 開く忽ち四老の, 開くだから, 開く慣例がある, 開く我が子孫に, 開く我渇き水氣により, 開くに身, 開く戸中は眞, 開く所為であろう花弁, 開くの要, 開く手数さえ省けた, 開く手段はない, 開く手親指だけが離れ, 開く押入のよう, 開く故障碍除障碍神ともに象, 開く數日間が一年, 開く數時間前までは皆, 開く文字は目, 開く新聞岩沼令嬢と業平侯爵, 開く旧友会の連中, 開くの木の芽, 開く時それを見, 開く時主人の背後, 開く時代であります, 開く時僧侶神官等が無, 開く時刻を見計らつ, 開く時千鳥座かどこ, 開く時機が到来, 開く時聲ある由, 開く時銃忽ち鳴る, 開く時間を待つ, 開く普通の石楠, 開く智慧も開かれる, 開く暗号はお前, 開くするもの, 開くなし, 開くは少ない, 開く木扉で区切っ, 開くの盤杯, 開くになつたの, 開く格子もおのずから, 開く棕櫚の木, 開く楽屋の奥, 開くとの縁起, 開く権能のない, 開くみに, 開く次第を述べたる, 開く歌舞伎座の茶屋, 開く此戸よりし, 開く武郎の或, 開くの言葉, 開く気味がある, 開くの姿, 開くの墓, 開く決心がつかないらしかった, 開く沈静にし, 開く河口から漠々, 開くの上, 開くのみの用途, 開く為めの加勢, 開く茎性叢生種の, 開く片端から取除い, 開くのごとし, 開く由出席しない方, 開くとも見えませぬ, 開くとなる, 開く盗みに忍び入る, 開く直前になされた, 開く祕密さへ解け, 開くの社, 開く秘仏かな, 開く稀也さんはいかにも, 開く程奥様の御, 開く程目守めて一心不乱, 開く程観衆より見られた, 開く程閾が下らない, 開く一に, 開くがあるなら, 開く筋肉労働者となる, 開く細君は顔色, 開く紳士も有ろう, 開く絵草紙店の版元, 開く考えもなし, 開くを聞く, 開くの花, 開くはざりき, 開く自己の忘却, 開く自由な旅行者, 開く舞踏會になるだらう, 開くでおおわれてる, 開く茶店の若い, 開くの皮, 開くの中, 開くのごとき, 開く行動川で水, 開くの袖, 開く衣ずれの音, 開くそしてヌッ, 開く畫を, 開く計画する何れ, 開くに陛下, 開く講筵があつ, 開く賢一郎の顔, 開く賭博で御座いました, 開く赤く輝きたる光, 開くならどこ, 開くが立つ, 開く物音充分, 開く迄にやアまだ, 開く近在の人, 開く連翹のよう, 開く運びに至らない, 開くでこの, 開く酒場こそは, 開くは大方, 開く鈴音がし, 開くのとび, 開くの梅殺生禁断, 開く間髪ごとに二度, 開く電気仕掛のスイッチ, 開くがありますでしょう, 開く音女達の話し声, 開く音朋子出て, 開く音楽よ, 開くす, 開く風情す, 開く骨董商が現れ始めた, 開くとなり申し, 開くを嘯き