青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「開き~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

門前~ 門口~ 閉~ ~閉じ 閉じ~ 開~ ~開い 開い~ ~開いた 開いた~
開き~
~開く 開く~ ~開け 開け~ ~開けた 開けた~ ~開ける 開ける~ ~間 間~

「開き~」 1700, 18ppm, 6229位

▼ 開き~ (167, 9.8%)

3 陳じ 2 これを, 且つ飲み, 人の, 余を, 入りし, 坐りけりつく, 少女の, 舌の

1 [148件] あふぐ事, あり, あれど, いふやう, この孤児, さてはベルナルドオ, そこかこ, そのかみ人の, その内部, その腹, その長き, つらつら彼, つッ, づかづかと, とみに文明, へいげん帷, また語りつづけぬ, やがて女神, やや驚ける, より以来, より忽ち衰廃, わがうち, わが前, わが前方, わが汝, わが答, わが顔, エレーンは, ペリコの, マアマア御, 一條の, 万代の, 中なる, 中を, 主人の, 之を, 二側に, 云ふ, 人材の, 人民に, 以来僅, 伯爵家特有の, 傍に, 光明その, 入り來, 入れぬ, 入口を, 其の疆域, 内に, 内より, 円き乳房, 出で, 出迎える細君, 初対面の, 前途に, 危き難を, 右手を, 同じ三十間, 向を, 咄, 咬まんと, 善平は, 喜ぶを, 国民同盟会の, 國民同盟會の, 声色に, 夕景色を, 外に, 外面を, 大笑, 天尊教と, 学問の, 実を, 小瓶の, 小間使いの, 屍骨を, 山の, 差覗け, 帯も, 彼等に対し, 得三高田老婆お, 息せらる, 慣れたる奥, 我れ, 我を, 我等の, 掌に, 故の, 敵に, 日影を, 昆布辻占麩鰕など, 暴出たり, 曰く, 最初の, 月に, 未明より, 業を, 欄干に, 殘されぬ, 比, 民蕃殖せり, 河原の, 泡を, 渠は, 烏鳥を, 独立国の, 現はれたる, 登るに, 白髪の, 目止めよ, 相面せよ, 真怪, 真美の, 眠るが, 知らず顔に, 知識の, 端近く, 笑いたまい, 笑みぬべきを, 第二, 筆を, 約束手形の, 紙を, 絶対界内の, 絶対関内の, 署名の, 自己の, 色白き, 菊花の, 裁判長は, 西洋諸国に, 見よと, 見よ彼, 見れば, 言葉鋭く, 謂は, 貫一は, 走せ来たり, 走り寄り, 身には, 迎ふる, 近つ, 鏡の, 隠すこと勿, 顕せる, 風を, 骨を, 麦の

▼ 開き~ (75, 4.4%)

3 日の 2 ドアの, 扉を

1 [68件] あつた, あること, あるもの, ある様, おふれ, お祝ひ, たたぬ役目上, ために, ついた黒い, できないこと, ガラス戸が, ドアが, ドアに, ドアは, 世界の, 世界へ, 中に, 会が, 出來なかつた, 出来ない私, 化粧鏡が, 半白の, 口上は, 吉兆舞だ, 四分の, 国に, 外から, 宴が, 宴などを, 宴を, 少ないという, 崖に, 幅の, 広さ, 当時私は, 形を, 日が, 日だ, 日と, 日な, 日は, 日ビリンスキー村の, 時であった, 条の, 栓を, 極めて狭い, 歌を, 歩き方, 気分を, 点に, 狂言に, 狂言は, 真ッ昼, 硝子戸に, 祝儀と, 立たない破滅, 立つもの, 総計画, 花火の, 花火は, 襖が, 襖に, 西店の, 謝罪状でも, 賑いの, 足を, 道は, 道もござりませぬ

▼ 開き~ (73, 4.3%)

4 ある 2 あって, あること, あるの, できて, 大きくなる

1 [59件] あった, あつた, あらアな, ありしたがってまた, ありすぎて, ありそう, ありますし, あり前者, あるか, あるだろう, あるという, あるならば, あるなら云って, あるにも, あるよう, あるわけ, ある以上, あろう, おくれたので, かえって目, しだいに狭められ, ずっとらく, そのまま適っ, できずゆうべ大川, できません, ひろげられて, らくである, バタリ, 不明瞭であった, 両方に, 五十以上に, 今後現はれる, 付いて, 付くこと, 作られて, 出て, 出来ぬと, 出来ると, 出来るん, 多すぎ, 大きいよ, 大きくなり, 大き過ぎ, 大き過ぎる, 存在する, 明いて, 決定的に, 生じた, 生じます, 相立たね, 窮屈である, 立たなかったらそれ, 立たぬ, 立たねえが, 立たんでは, 立ちますまい, 立って, 立てば, 遅くなっ

▼ 開きながら~ (70, 4.1%)

2 この恐ろしい, それらの, 中から, 空を

1 [62件] あわただしくたずねました, いつた, うれしさうに, こう云いました, この句, そうッ, そこに, その大きな封糊, それなり外へ, だらけ切った恰好, にせ警部, ふり返っ, まだ相当, ソロソロと, 久しぶり飯の, 五十フランの, 人の, 今までよりも, 伸子は, 信長の, 別に読ん, 助役が, 危くそれを, 古い民謡, 喜びに, 喜色を, 園は, 壁を, 夢想し, 家の, 家までの, 寝床から, 底の, 彼女の, 待って, 拇指の, 指先き, 永遠の, 法律を, 生活し, 生活の, 生理的に, 眉を, 真っ赤に, 眺めた, 眼を, 眼鏡越しに, 矢を, 突っ走って, 突然彼, 絶望した, 署長席の, 自分では, 草を, 藤枝と, 見て, 言った, 追いかけはじめた, 這入って, 遠くの, 電鍵を, 高い高い小屋

▼ 開き~ (51, 3.0%)

2 した, するが, 致します

1 [45件] あけて, いたしました, いたそうし, さえ感じて, したころ, した上, しようとして, し薄曇り, し閉, すること, すると, するとでも, するなんて, するの, するので, せず腹, せぬ, たてたいよう, なさらなかったの, なさる, なして, なせし時, なんとかし, もって, 付け様とでも, 作らねば, 含んで, 吾, 埋めようと, 大きくし, 娘の, 定めたこと, 打った, 持って, 指摘し, 捏造し, 日本が, 明けて, 生じて, 生じなかった, 立てた, 致しましたので, 行い左団次, 見せること, 開けて

▼ 開き~ (49, 2.9%)

3 かかりました 2 なって

1 [44件] いたして, いった, かかる, されちゃ, した袖, して, つれて, なった境, なった装飾, なってるところ, なりその, なるが, なるよう, なる曲独楽, なる青木ヶ原丸尾, はじめて関所, やってきたの, ゆくといった, よりて, 下る身, 入った者, 出かける雪五郎, 出勤した, 団十郎が, 外へ, 大阪の, 引離した筆者, 持ち添えて, 来て, 来られた時, 来るごと, 東京の, 溌剌と, 目を, 相成り候わば, 糠戸神の, 行くから, 行くこと, 行った, 行ったと, 表装し, 開いた, 開く鼻, 隣家の

▼ 開き~ (43, 2.5%)

2 ありますが, あるが, しないかと, しないの

1 [35件] あつて, あとに, あるまい, お待ちし, かなりに, したが, しなかった, しまいか, しまいかと, し得なかった服, すんだの, だからすべてここ, とうてい致命的, とりも, ない, ないが, ほとんど計算, ほんの僅か, ますます地球上, むづかしいがあつし, よほど多い, イから, 一寸金具, 不定限である, 二・五分の一倍弱である, 内から, 出来る筈, 奉行に, 必ず何, 拙者が, 正確な, 着かぬまでも, 破局的に, 都督の, 長崎殿の

▼ 開き~ (38, 2.2%)

6 つて 2 つて訊い

1 [30件] つたことを, つたのか, つた事は, つた笹野新三郎の, つた調子で, つていとも, つていへ, つてかう, つてし, つてそれを, つてそろつ, つてむつかしく, つて云つた, つて人に, つて仲には, つて兵野に, つて半分は, つて呪言の, つて喋る, つて手を, つて挨拶する, つて文学精神の, つて見る, つて言ふ, つて訊ねられれ, つて詰め寄る, つて読みあげた, つて質問し, つて返答の, つて食つてか

▼ 開きその~ (36, 2.1%)

5 中から 2 中に, 裂け目から

1 [27件] かわいそうな, ことは, たなごころを, テラ銭以外に, 一切の, 中を, 代り法衣の, 公使も, 名を, 外の, 奥を, 小部屋, 尖端を, 憂鬱な, 時分に, 末端に, 眼を, 紙を, 細い眉, 縁に, 花盛りが, 行軍並に, 術巧みなりけれ, 規約を, 金の, 音色を, 顔は

▼ 開きそう~ (25, 1.5%)

5 もない 2 もなかっ

1 [18件] して, だ, です, なこの, なもの, な蕾, にさも, になかっ, になっ, になった, にもありません, にもない, にもなく, に眠っ, に見えた, に身ぶり, もありません, もなく

▼ 開き~ (24, 1.4%)

4 見に

1 [20件] しないこの, しないで, しなかった, ずッ, せず長い, ついて, ならずアヽ, 一度しめた, 僅かに, 充分に, 出来ない, 出来なかったか, 受け取れるが, 可能であった, 思うよう, 減り面白い, 濟んで, 着いたが, 賃銀の, 通らず檢視

▼ 開き~ (22, 1.3%)

2 の種子

1 [20件] からいくばく, からうすよごれた, から一人, から本, にいた, にはいっ, にはいり, にはいる, に這入った, に隠し, のさつ, の物, の蛹, へ入り, へ這入った, より幾片, より血, をのぞきました, をのぞき込んだ, 備の

▼ 開きそれ~ (16, 0.9%)

1 [16件] からだらり, から至る, にできる, にのめり落ちた, に自分, へ向っ, より下, より毎月二日, をもっ, をジャヴェル, を己, を掌, を知る, を読みはじめた, を読ん, を青く

▼ 開きそこ~ (14, 0.8%)

1 [14件] から一つ, から女, から怪人丸木, から数本, から穴, から若党, から鋭い, にあった, にまっ暗, に目, のかみさん, へはいっ, を博士, を奥院

▼ 開きそして~ (12, 0.7%)

1 [12件] ジャヴェルに, 他の, 去つた, 又閉じる, 古教派, 叫んだ, 同じ鉛筆, 往来に, 文学的具体と, 暗闇の, 眼付が, 黙つて耳

▼ 開き~ (11, 0.6%)

2 を知 1 が悪い, だと, に疑い, の事, は某, を知らせ, を知る, を自分, を遺言

▼ 開き~ (9, 0.5%)

3 うも 1 うして, うで, うな, うもない, うもなかつたの, うもなく塀

▼ 開きには~ (9, 0.5%)

1 まだ季節, ポンポンと, 一頃毎年欠かさず, 二興行ある, 余も, 六代目, 呼んで, 定紋の, 左団次小団次米蔵家橘権十郎秀調ら出勤

▼ 開き~ (9, 0.5%)

1 から物, がつい, はひろく, は大, を引き開け, を押し, を押し割り, を開ける, を音

▼ 開きつつ~ (8, 0.5%)

1 あったの, あるという, あるの, ある此, ゐる, 人を, 薄明い, 見回して

▼ 開きまた~ (7, 0.4%)

1 それにつれて, 世に福原遷都, 少なくとも三名以上, 彼に, 書抜きを, 閉ざし立ち上がった, 閉づる者は

▼ 開き~ (6, 0.4%)

3 だけを持ってる 1 に人畜, はただ, を開い

▼ 開き~ (5, 0.3%)

2 ぬる口 1 かつてゐ, ぬる雨戸, 何か

▼ 開きから~ (5, 0.3%)

1 いやしくも穴, 入って, 六疊の, 出て, 小型記憶帳を

▼ 開きそれから~ (5, 0.3%)

1 その奥, トントンと, 広場街路そして, 文字盤を, 非常な

▼ 開きなど~ (5, 0.3%)

2 して 1 するに, 一級品同志に, 考える風

▼ 開き一人~ (5, 0.3%)

3 の女 1 の大男, の武士

▼ 開き~ (5, 0.3%)

2 て今後, て自己 1 て南京条約

▼ 開き~ (5, 0.3%)

1 グマが, 天地の, 成功した, 玄関には, 眼カッ

▼ 開き~ (5, 0.3%)

1 に露, の眼, の胴中, は室内, も大いに

▼ 開き~ (5, 0.3%)

3 を出し 1 をだらり, をダラリ

▼ 開きこの~ (4, 0.2%)

1 人類社会に, 四角形の, 時より, 物語が

▼ 開きさえ~ (4, 0.2%)

3 すれば 1 すりゃ現金

▼ 開きっぱなし~ (4, 0.2%)

1 という危機, となり, になっ, の遠藤

▼ 開き~ (4, 0.2%)

1 作図を, 散って, 気持ちが, 見てくれの

▼ 開き~ (4, 0.2%)

1 の拳, 眼は, 眼を, 腕を

▼ 開き~ (4, 0.2%)

3 を結ぶ 1 を結んだ

▼ 開き~ (4, 0.2%)

1 も半眼, をぱちぱち, を剥き出し, 覚めたばかりの

▼ 開き~ (4, 0.2%)

1 に改めさせ, の下, は開かれ, を押しあけた

▼ 開き~ (4, 0.2%)

1 が備わっ, のこれ, の後ろ, を開い

▼ 開き~ (4, 0.2%)

4 じ曰

▼ 開きこれ~ (3, 0.2%)

1 をし, をヤマツバキ, を深く

▼ 開きさうに~ (3, 0.2%)

1 ない, なかつたの, もない

▼ 開きすぐ~ (3, 0.2%)

1 そこまで, にまた, また覗き

▼ 開きそのまま~ (3, 0.2%)

1 で誰, 庭の, 無表情な

▼ 開きたり~ (3, 0.2%)

1 しが, つるより, 只だ見る

▼ 開き~ (3, 0.2%)

1 いっても, いふので, 申す儀

▼ 開き二人~ (3, 0.2%)

1 の人間, の男女, は外

▼ 開き人影~ (3, 0.2%)

1 がひらり, が消え, が道

▼ 開き~ (3, 0.2%)

1 と共に又, に指し示した, をその

▼ 開き~ (3, 0.2%)

1 になる, は強盗, は更に

▼ 開き少し~ (3, 0.2%)

1 めくって, も超, 首を

▼ 開き或は~ (3, 0.2%)

1 角度が, 閉ぢる, 闔じ

▼ 開き~ (3, 0.2%)

1 から白い, から隣り, にし

▼ 開き~ (3, 0.2%)

2 を注い 1 を煮

▼ 開き~ (3, 0.2%)

2 の高 1 を併せ

▼ 開き~ (3, 0.2%)

1 の禍, を八, を恥じ

▼ 開き~ (3, 0.2%)

1 から上, から何とも, や喉

▼ 開きいろいろ~ (2, 0.1%)

1 に立派, 噂に

▼ 開きかの~ (2, 0.1%)

1 ゲルマン帝国を, 慶応義塾などと

▼ 開きしも~ (2, 0.1%)

1 これまた, また閉じ

▼ 開きじゃ~ (2, 0.1%)

1 ないか, やれ口切り

▼ 開きすなわち~ (2, 0.1%)

1 偏差は, 無限性に

▼ 開きすべて~ (2, 0.1%)

1 の知力, の能力

▼ 開き~ (2, 0.1%)

1 から早く, な

▼ 開きちょっと~ (2, 0.1%)

1 立ち止まりそれからまた, 読むよう

▼ 開き~ (2, 0.1%)

1 のである, ほると

▼ 開きなお~ (2, 0.1%)

1 テナルディエが, 暫し御題目

▼ 開きまで~ (2, 0.1%)

1 した, そこは

▼ 開き~ (2, 0.1%)

1 がれ, アしません

▼ 開き~ (2, 0.1%)

1 つた, みて

▼ 開きよう~ (2, 0.1%)

1 がある, がなくなっ

▼ 開きフライパン~ (2, 0.1%)

2 が見

▼ 開き一種~ (2, 0.1%)

1 の公武合体, の國際的團體

▼ 開き且つ~ (2, 0.1%)

1 落ちる花, 閉ぢる

▼ 開き両手~ (2, 0.1%)

1 をつっ張り, をぽん

▼ 開き二本~ (2, 0.1%)

1 の前, の脚

▼ 開き五月~ (2, 0.1%)

1 は輝きいで, を過ぎ

▼ 開き~ (2, 0.1%)

1 かチロチロ, か叫び

▼ 開き~ (2, 0.1%)

1 づかの, に立っ

▼ 開き~ (2, 0.1%)

1 と斗, を抜ける

▼ 開き其の~ (2, 0.1%)

1 中へ, 中を

▼ 開き~ (2, 0.1%)

2 で見れ

▼ 開き初めて~ (2, 0.1%)

1 永遠の, 長閑に

▼ 開き十数人~ (2, 0.1%)

1 の出迎え, の捕り

▼ 開き千葉周作~ (2, 0.1%)

1 が道場, と争った

▼ 開き午後~ (2, 0.1%)

1 には市中, には閉じる

▼ 開き厚い~ (2, 0.1%)

1 毛皮の, 硝子越しに

▼ 開き~ (2, 0.1%)

1 閉じる人々, 閉ぢし

▼ 開き反対~ (2, 0.1%)

1 した, の角

▼ 開き~ (2, 0.1%)

1 の光, へでた

▼ 開き好奇心~ (2, 0.1%)

1 と期待, に駆られた

▼ 開き室内~ (2, 0.1%)

1 から十七, の見えない

▼ 開き寝巻姿~ (2, 0.1%)

1 のロシア人, の男女

▼ 開き~ (2, 0.1%)

2 つと月

▼ 開き左肩~ (2, 0.1%)

2 の辺

▼ 開き幾重にも~ (2, 0.1%)

1 なった革袋, なつた

▼ 開き~ (2, 0.1%)

1 くとも, くな

▼ 開き~ (2, 0.1%)

1 に出, をのぞいた

▼ 開き廊下~ (2, 0.1%)

1 が眼前, へ出

▼ 開き~ (2, 0.1%)

1 ち丁度, 箔屋町に

▼ 開き~ (2, 0.1%)

1 とくいの, 贔屓の

▼ 開き御新造~ (2, 0.1%)

2 に手拭

▼ 開き性格~ (2, 0.1%)

2 の機能

▼ 開き我が~ (2, 0.1%)

2 居れば

▼ 開き日神~ (2, 0.1%)

2 長く統

▼ 開き早く~ (2, 0.1%)

1 も文明開化, 誰かを

▼ 開き明日~ (2, 0.1%)

1 の朝参上ら, の朝参上ろうと

▼ 開き~ (2, 0.1%)

1 に日本, の街道

▼ 開き~ (2, 0.1%)

1 が見え, を出し

▼ 開き牛乳~ (2, 0.1%)

1 の用法, の製法

▼ 開き白い~ (2, 0.1%)

2 歯が

▼ 開き~ (2, 0.1%)

2

▼ 開き相互~ (2, 0.1%)

1 に忌憚, に穴

▼ 開き相手~ (2, 0.1%)

1 の男, の顔

▼ 開き着物~ (2, 0.1%)

1 と毛布, は膝

▼ 開き箪笥~ (2, 0.1%)

1 の中, の前

▼ 開き~ (2, 0.1%)

2 には兵乱

▼ 開き~ (2, 0.1%)

1 ひぬ, ふ

▼ 開き老人~ (2, 0.1%)

1 の死体, の瞼

▼ 開き聴診器~ (2, 0.1%)

1 を当てる, を胸

▼ 開き~ (2, 0.1%)

1 にこたえ, を曳い

▼ 開き~ (2, 0.1%)

1 の一刀, を沈ませた

▼ 開き自分~ (2, 0.1%)

1 のため, の星

▼ 開き~ (2, 0.1%)

1 は淡い, や馨り

▼ 開き~ (2, 0.1%)

1 が出る, を抽

▼ 開き西~ (2, 0.1%)

2 をあけ

▼ 開き豊か~ (2, 0.1%)

1 な実, な果実

▼ 開き金色~ (2, 0.1%)

2 のほう

▼ 開き~ (2, 0.1%)

1 をたたき, をたたく

▼ 開き長い~ (2, 0.1%)

2 廊下が

▼ 開き~ (2, 0.1%)

1 が死人, に皺

▼ 開き~ (2, 0.1%)

1 は露, を動かし

▼ 開き~ (2, 0.1%)

1 の長, も身体

▼ 開き~ (2, 0.1%)

1 は歌う, 下る処

▼1* [636件]

開きふぎけり, 開きああ千代ちゃんと, 開きあたかも自分の, 開きあっという間に出血し, 開きあの態た, 開きあぶなく吹き飛ばされそう, 開きありたるを見, 開きあるひは, 開きあるいは人間界あるいは, 開きあれほど不可能視, 開きいきいきと燃えあがっ, 開きいきなり内へ, 開きいつの間にか黄暮めいた, 開きいまさらに部屋, 開きいわゆる協会案なる, 開きぬら初め家中, 開きうやうやしくおじぎを, 開きお辞儀のよう, 開きかくて立つ, 開きかげんで物言いたげ, 開きかすかなる声, 開きかたそれは日本服, 開きかつサンフランシスコより, 開きかと合点しました, 開きがたいこの国, 開ききれいでじょうぶ, 開きぐるりと室, 開きは安芸宮島, 開きここに頭, 開きこそはじつにこの, 開きこちらを向い, 開きこっちをねめつけ, 開きことごとく写し認め, 開きこの間十六歳の時咸臨丸, 開きさうな晩私達は, 開きさうな温い朝の, 開きさっきの青年, 開きさるにても我が, 開きざまに呆け, 開きざま薬王樹を振被っ, 開きしかも間断なき, 開きしきりに効能を, 開きしものまた多く, 開きじつに恐る恐る半身を, 開きすこぶる美観を, 開きするような, 開きずっと一年も, 開きそうして足音が, 開きその後もし, 開きその間に於, 開きそめる四月上旬までは, 開きたまらなく懶い表情で, 開きたりとのゆえを, 開きたるが今日, 開きたんぽぽはオレンジ色, 開きちろりのお, 開きややれ, 開きっ放しになっ, 開きついにみずから人を, 開きつや子が, 開きての後に, 開きては讀みよみて, 開きでなくてはならない, 開きでもすれば, 開きという舞の, 開きとしてお催し, 開きとだけしか演らなく, 開きどうぞと声, 開きながらもなお旧来, 開きなぞも殆ん, 開きなほると寒子, 開きなよしっかりし, 開きなるべく多くの, 開きにくい位に, 開きについて面白い話, 開きにというより, 開きにも神が, 開きはじめの頃, 開きはるかに高い, 開きぱなしの自然の中, 開きひとりひとりつかみ出して, 開きひらひら愛想よく, 開きびっくりして, 開きほうせきば, 開きへん, 開きまして近頃は, 開きますますはっきり世界の, 開きまず今の, 開きまたもや老人の, 開きまだいくら寒く, 開きまでにコンナ愚文を, 開きまアす, 開きむつかしい多くの, 開きの両, 開きもしくは閉ざすは, 開きもろ手を擴げ, 開きわれとわが, 開きアイスクリームや砂糖菓子, 開きアメリカの州民, 開きウーリヤントの中, 開きオブリアン司令官を案内, 開きカッと明, 開きカデットとかエスエル, 開きカンポット港まで潜行, 開きガチャリジーとのぼっ, 開きギリシアおよびローマ, 開きクリストフの不安, 開きクログスタットを通す, 開きグアイが悪い, 開きグルゥバッハ夫人がそこ, 開きシャツの袖, 開きソプラノまが, 開きタキシードのポケット, 開きタラタラと一群, 開きダメス王の鼻, 開きチョッキのまわり, 開き放しに, 開きドアいっぱいにおかみ, 開きナイフを取り出した, 開きハンカチを捜した, 開きパトロクロスは陳, 開きピンセットで中身, 開きファンティーヌとともに中, 開きページがくしゃくしゃ, 開きポッと其処, 開きランツ大尉がはいっ, 開きラーが出現, 開きロバアト・セシルのみならず, 開き一つは神, 開き一ヶ年四回で会期, 開き一万年に一度実, 開き一九は姿, 開き一九三件の重要題目, 開き一個人として中心, 開き一塊の砂, 開き一座をずっと, 開き一応奉行自身が, 開き一戸當りの, 開き一方の端, 開き一日咲き通しやがて, 開き一時に入る, 開き一本の蝋燭, 開き一本子供の腕, 開き一枚の用紙, 開き一民衆をことごとく, 開き一氣千轉して, 開き一派を創始, 開き一般の観覧, 開き一覧致候処本葬云々之儀有, 開き丁寧に辞義, 開き万事条約をもっ, 開き万国公法をもっ, 開き三カ年を終, 開き三人の警官, 開き三時は二時, 開き三牧畠の瀬, 開き上眼づかいで, 開き下腹を突き出し, 開き不可思議力が得, 開き両脚を台, 開き中味を取り出す, 開き中央には炭火, 開き丸い顏の, 開きを結ぶよす, 開き丹尾はポケット瓶, 開きに関する物語, 開き主人を案内, 開き久しく見廻して, 開きに向, 開きく閉づ, 開き乍らもつい, 開き乍ら下の庭面, 開き乍ら日本の文学美術, 開き九頭の牛, 開きの瓶, 開きを謀りたる, 開き事物の秘訣, 開き二つ三つ不審の廉, 開き二十面相のからだ, 開き二品を盜, 開き二回半といふこと, 開き二日間に二万本, 開き二頭の牛, 開き五雄蕊が下がっ, 開きの上つて, 開き人々が顔, 開き人工心臓を備えつけ, 開き人間の古い, 開き人間道徳の根本, 開きは猛夫, 開き今日その感謝文, 開き今秋は朝鮮, 開き仕り御前に, 開き仕事を終えたらしい, 開き伊豆公夫平貞蔵小林高四郎中村浩山田武の諸氏, 開き体内の機械装置, 開き何事も考えず, 開き何処かを見る, 開き作北国境の癩, 開き香が, 開き俯向きながら暗闇, 開き俳優と批評家, 開き候ハ積年の思ひ, 開き候節は大樹自身出張, 開き元気なくし, 開き先刻隙見を, 開き先日差上げたる私案, 開き先生の口, 開き入口のスイッチ, 開き兩國使を同時に, 開き兩手を胸, 開き八紘を掩, 開きの物, 開き公会堂を提供, 開き共に從軍勸むれ, 開き其晩は十二時過ぎ, 開き其肉を用, 開き其貫木を引き, 開き具合や鬘, 開き具眼の読書子, 開きから出, 開き内側に垂れた, 開き内地の夜, 開き内容が湿気, 開き初め二月に至つて滿開, 開き初め閨の隙間, 開き創立さるべき博物館, 開き加減にし, 開き午以後萎むと, 開き午後三時より司法省, 開き午後八時に閉, 開き半ば口の中, 開き南北に細長き, 開き博徒の親分釈迦堂, 開き厚くご陪食, 開きに如く, 開き厭気というも実は, 開き又新らしく萌えたつ豊か, 開き双方しばらく無言, 開き受話器を耳, 開き古い帽子を, 開き右人員ことごとく土着, 開き右掌を固く, 開き寺の, 開き各国に信徒, 開き各種の問題, 開き合議の上左, 開き吉原の大門, 開き同時に振りかぶった稀代, 開き和人の村, 開き和山を馬次場, 開き商工業に関する諸税, 開きひて, 開き問題は解決, 開き喚声をあげ, 開きりそれ, 開き四海を撫有, 開き四間に壱人宛計り, 開き地勢は渾河, 開き地形を指示, 開き地方の支部, 開きは道, 開き城主札木合の弟台察児, 開きに柳, 開き塵取りに入れ, 開き士官の服装, 開きなき叫び, 開き売買を始め, 開きのふた, 開き夕靄に蕾ん, 開き多分一度は, 開き多少は美麗, 開き夜な夜な灯火が, 開き夜気がさっと, 開き夜間は閉ぢら, 開き大いに為す所, 開き大師の遺風餘徳, 開き大急ぎで方針, 開き仰ぎ, 開き天下の政権, 開き天地の大道, 開き太刀をふりかぶっ, 開き奈良も人出, 開き女子供に説教, 開き好いように, 開き如何を問わず, 開き妙光女魂既に亡, 開きと妻児, 開き始めて元禄の, 開き娘たちをとらえ, 開き嬉しさの, 開き子弟を教授, 開き学問社会の中央局, 開き安楽の別天地, 開き安静な気持ち, 開き官軍が続々, 開き実はまだお, 開きのあり, 開きしいふ, 開き宮殿を作ろう, 開きの中, 開き家族を列席, 開き家臣宇野卯右衛門を降, 開き富国兵強の大, 開き寝床を覗いた, 開き将軍陣中にあっ, 開き箱を, 開き小声で訴える, 開き小指にちょんぴりとつけた, 開き小林少年のリンゴ, 開き小用にでも起き, 開きこれに, 開き屋号を三河屋, 開き障を, 開きを浅く, 開き山野の風物, 開きを埋め, 開き工合のところ, 開き工合腕の長, 開きに乳房, 開き巻尺を当てた, 開きを目あて, 開き市場は賑, 開きの御車, 開き帝国の憲法, 開き帝國の憲法, 開き帽子を持った, 開き年頃の娘, 開きに場所, 開き幼主二郎丸の手, 開き幽界からこの世, 開き度いからと一兩二分, 開きを立っ, 開き庭づたいに杜若の紫, 開き庭石に当る, 開き引續きその他, 開きの陳金起, 開きそうな, 開き強い近眼の, 開き弾正台は今, 開き当局大臣を鞭撻, 開き当日参ずるもの, 開きも大きく, 開き役人に向っ, 開き彼等飽く事なき, 開き往來の富商, 開き征夷大将軍と称し, 開き後ろに身, 開き後莢をむすび, 開きもせず, 開き心嚢を破っ, 開き応接室の中, 開き忽ち中へ, 開きに冷たい, 開きと閉じ, 開き恐ろしい眼を, 開きをはずまし, 開き愚民の先, 開き或いは熊避け, 開き戦争挑発出版物を積極的, 開きを閉ぢ, 開き所有地を住宅, 開き扉一つの内, 開きに電報, 開き手さぐりにダルメツト, 開き手下が一人顔, 開き手帳を取り出し, 開き手広く商売が, 開き手探りに進ん, 開き打笑ひ悦びて, 開き投書家を招待, 開き抗争の意気, 開き招待が来, 開き拜殿の大, 開き拳銃をにぎった, 開き持山六郎がはひつ, 開き指先で探っ, 開き捜査の大, 開きかつてゐる, 開き掛金をはずし, 開き放した四尺縁には, 開き数人の武士, 開きの心臓, 開き文久二年十二月になっ, 開き文化交流のため, 開き料理番に牛, 開き二郎帰っ, 開き新たな芸術, 開き新井が飛び込ん, 開き新人のデビュー, 開き新婚の夫人, 開き新潟の港, 開き新聞紙を発する, 開き方舌の使い方, 開きを振っ, 開き旗二郎を中, 開き既に隣室へ, 開き既耕地をより, 開きがかげる, 開き日沒と同じく, 開き明智に手渡した, 開き明治五六年頃に一夫一婦論, 開き明治六年には横浜, 開き星影すごき甲板上, 開きに魁, 開き春日法隆寺東大寺などの仏会神事, 開き春秋の義, 開きを得なけれ, 開き時速五十キロメートルの涼風, 開き暖かき家庭を, 開き暫く呆然と, 開きふ, 開き更に心嚢を, 開き書籍を存, 開き有志も安心せり, 開き有罪と認むるものを水中, 開き朝日はビール, 開き本当の文字盤, 開き村民どもを集めよ, 開きを取り, 開きを倒し, 開き林檎桜実梨子桃苺等を培養, 開きを結ん, 開き果実は直径四, 開き果樹を植え, 開き柏軒をし, 開きがいくつ, 開き桜草は蜂, 開きを振り上げ, 開きをへし折り, 開き森鴎外先生にも内, 開き椅子を近寄せ, 開き極めて緻密な, 開き楽譜を繰り広げ, 開きのない, 開き横向きになっ, 開き樹海は拡がり, 開きから次, 開き次にそれを, 開き次第に發展し, 開き武士の姿, 開き武士達も城下, 開き武田勢の末路, 開き武男が電報, 開き歩兵團また騎兵團, 開き殆ど直角の, 開き殆毎日会して, 開き段祺瑞の擁護, 開き毎日七百名以上の職工これ, 開き毬栗頭を妻, 開き民業を寛, 開きを吹き出した, 開き水窓までも開け, 開き水筒の水, 開き江戸市街を焼打, 開き沼沢を通じ, 開きを説いた, 開き注文を山, 開き泰澄が白山, 開き洪水でもやって来れ, 開き深く身体を, 開き湖水を流し, 開きを乞う, 開き滋賀や千家等, 開き演戯見せ物等はその, 開き演説終りて, 開き激浪襲来のおそれあれ, 開きを吐く, 開き無二無三に走った, 開き熔岩のしぶき, 開き熱心に布教宣伝, 開き燕麦牧草を蒔付, 開きを点し, 開き片岡さんが来た, 開き片隅に詰め, 開き特に下谷から, 開き特別な切符, 開きに向い, 開き狩野派とは別に, 開き猛犬は仰向け, 開きを料理, 開き猿股の紐, 開きじたもの, 開きえる御国, 開き理想その帝王, 開きの焔, 開き生長し強烈, 開き用法の説明書, 開き用箋を取出した, 開きが一面, 開き申候然れ, 開きの姿, 開き男女交際法の東西大差, 開き畜生のっそりくたばれ, 開き畜生のつそりくたばれと, 開きが腐り, 開き病人を見舞い, 開き白虎太郎は寝, 開き白髪の老人, 開き百目蝋燭を露出, 開き皮膚の色, 開き益々声が, 開きした牡丹花, 開き目玉がぐるぐる, 開き直径はおよそ, 開き相成り候よういた, 開き相成り候わば柔弱, 開き県下の商工業者, 開き真丸な目, 開き真赤のビロード, 開き眺望の妨げ, 開き眼玉をうごかす, 開きはもはや, 開きに土, 開き祖国と民主主義, 開き祝ひ酒に酔ひ候, 開き私たち一同をかわるがわる, 開き種々様々問答の, 開き空中は人間, 開き突然半身を, 開き竹槍の柄, 開き一に, 開きを取り, 開き簇生した莟, 開き米国船に薪水, 開きよりもなお, 開き紙幣を三枚, 開き終りまでの時間, 開き緑白色で左右相称状, 開き緑葉ようやく芽, 開きある飛揚, 開き翻訳の支度, 開き耕作に従事, 開きを盤, 開き肋骨を特種, 開きを直角, 開きは青ざめ, 開きを差し出し, 開き腮内臓を取り出し, 開きを辷っ, 開きが大きく, 開き自ら天よりうけ得たる, 開き舟運の便, 開き芝居見せ物等自在なり, 開き芝生の向う, 開き花弁は多少, 開き花径およそ二〇センチメートル, 開き茫然立ったという, 開きの間, 開き菅秀才の顔, 開き華美な女, 開き葭川町と称し, 開き蒲団を敷き始める, 開き薄暗いなかで, 開き藍光の目, 開き蘭法医戸塚静海を藩医員, 開きでも吐いた, 開き行燈をさげた, 開き衛国の名流, 開き衞國の名流, 開き表紙を見なおし, 開き裁判長の方, 開き裏門も思ひ, 開きをあけよう, 開きになっ, 開き西洋でもオシロイ花, 開き西洋館の中, 開き見るを禁ず, 開き角度が現れ, 開き言葉を耳, 開き診察にとりかかった, 開きであるかを, 開き誰かが台所, 開き諸王を云々, 開き議長がプロ亀, 開きの様, 開き豪遊と名づけ, 開き財宝を取り出し, 開き貴方を刺した, 開き足音を竊, 開き身体を半分以上, 開き身長わずかに, 開きを整, 開き農兵を置き, 開き農業経営の抱負, 開き近江の浅井長政, 開き返辞の手紙, 開き迷路算木組みなど様々, 開き逃れ來る自, 開き通しである, 開き造物主の秘中, 開き運輸を盛ん, 開き道具はすべて, 開き鉄漿をつけた, 開きを落し, 開きをはいる, 開き門跡特に追善, 開き開謝相次ぎ久しき, 開き関係書類が室内, 開き関東武術の中興, 開きの廊下, 開き闇色の瞼, 開きに土木治水費中堤防修築費, 開き階下に集える, 開き障子を開けた, 開き雄花穂軸の本, 開きを扞ぎ, 開き難いもので, 開き難し斯般の, 開き雨夜のやみ, 開きを霞, 開き電灯がぶらさがり, 開き霰弾の噴出, 開きをちらし, 開き青い月光の, 開き青年子弟の養成, 開き青年男女をし, 開き静かに閉ぢ, 開きなく駕籠, 開き音芸術の表現力, 開き頂上の瓦, 開きは広く, 開き風景秀麗画図の如し, 開き飛揚の羽, 開きを作り, 開きを呑む, 開き香りを放っ, 開きの間, 開き髯切の太刀, 開きが動く, 開きの毛, 開き鹽瀬らしいきれ地, 開き黄色や褐色, 開き黄色い灯の, 開き黄金と青金, 開き黒檀の箱