青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「開いた~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

門人~ 門前~ 門口~ 閉~ ~閉じ 閉じ~ 開~ ~開い 開い~ ~開いた
開いた~
開き~ ~開く 開く~ ~開け 開け~ ~開けた 開けた~ ~開ける 開ける~ ~間

「開いた~」 2099, 23ppm, 5092位

▼ 開いた~ (217, 10.3%)

22 である 14 です 9 だ, であった 5 だった 4 であります, では, を見 3 だが, でございます, を見る

2 [11件] か, が一輪, が見える, であって, であるが, であろうか, ですが, はその, はそれ, は其の, もこの

1 [115件] かと敢, か両方, か塞いだ, か自分, がフェノロサ, がポルトガル人, が大当り, が当, が晉室, が松平元康, が私, が縁, が聞え, が骨, が魏伯陽, じゃ, だと, だという, だとか, だらう, だろう, だろうおや, であったが, でありますが, である故に, であろう, でしょう, ですから, でも, と人あおり, と同じ, と閉された, などは先蹤, なら, に気づいた, はあご, はあの, はいや, はお, はおこ, はけっして, はそんなに, はただ, はもう, はよい, はわざと, はスペイン, は一七四一年, は一分, は七時, は久米島, は二十一日目, は二十四歳, は享和年間, は何と, は修験道, は元弘元年十月, は凄まじい, は剣, は十七箱, は十二時四十分前後, は午後, は塩田大尉, は大橋門蔵, は大正十五年十月, は天武天皇, は太子, は女優志願者, は実に, は慶喜, は懐手, は抑, は探偵森主水, は明け, は曲者, は朝威, は果して, は栄三郎, は権田自身, は此陽庵, は毎月九, は猶, は現, は矢立, は米国, は芹澤, は茅野雄, は薩摩方, は西暦一〇九五年十一月十九日, は赤地, は赤松入道円心, は雀部, は高度二百メートル, は黒部峡谷, もあろう, もいけません, もその, もその頃, もみんなお前さま, も同じ, も太閤様, も燈火, も良持様, も見える, も風, らしい, をさいわい, をさき, をつける, をどう, を左, を我慢, を欠伸口, を見た, を認める

▼ 開いた~ (140, 6.7%)

14 が塞がりません 13 が塞がらなかった 10 が閉 9 が塞がらぬ, の中 7 が塞がりませんでした 6 がふさがらない, が塞がらない 4 がふさがらぬ 3 がふさがらなかった, が塞がらなくなった 2 が塞がらず, が塞がらなかつた, も塞がらなかった, も塞がりません

1 [48件] からさし, からはいっ, から柔, から腕, が, があった, があり, がしばらく, が一度, が三十分, が塞がらないでしょう, が塞がらなくなる, が塞がれなかった, が塞ら, が容易, が澄江, が紅, が腹いっぱい, と光ってる, と見張った, に垂れ込み, の下, の奥歯, の形, の歯, の無心, の閉, へ五, へ小石, へ物, へ覿面, もふさがらず, もふさがらな, もふさがらなかった, も塞がらなかつた, をすぐ, をわざと, をヒン, を動かし, を向ける, を吸う, を塞ぐ, を指し, を斜, を通っ, を鳴らし, 細堅い手足, 若しお

▼ 開いたまま~ (128, 6.1%)

24 になっ 4 にし, 眠って 3 だった, の戸口 2 であった, です, のくぐり, の窓, 置かれて, 落ちて

1 [78件] あおむいて, お八代さん, がくり, くっ付いて, ぐったりと, この辺, ごく僅か, さっさと行った, しばらくじっと考え込んだ, じっと寝, じっと良助, その中央, その薄色, だったと, だんだん冷たく, であるから, でお, で何, で取り散らした, で居た, で席, で朝, で机上, で煌々, で生き, で盲目同様, で素子, で置い, で袖, で見えない, で詞, どう云う, なり, に, にさせ, にした, になつて, になり, にわかに言いやめた, に残し, に殘つた地割れ, の, のこと, のせて, のその, のひとみ, のドア, の両, の勝手口, の口びるからもれる歯並み, の咽喉, の姿勢, の引窓, の扉, の木村さん, の潜戸, の障子, の隣, ふさがらない, もう一方, グイグイと, 伏せて, 寝ついて, 寝て, 思わず提灯, 投げ出して, 折り畳まれた小, 曲って, 眠りました, 眠るか, 立ちすくんだ, 立ち止まった, 置いたので, 置き忘れられて, 置く, 蒙古, 見て, 長い花茎

▼ 開いた~ (74, 3.5%)

2 その声, その時, 直ぐ美奈子

1 [68件] あたりの, いかがわしい絵, お千代, ここも, こなたの, さして成功, そのとき二人, その時二人, その花, その金, その隙間, その風俗, それが, それも, そんな小さな窓, どうもお, ひどく元気, もうその, やはり彼女, やはり立とう, クリストフの, 中に, 中の, 二燭光の, 今年は, 今後も, 今迄の, 何となくたてつけ, 効果が, 却つて宋軍敗亡いたし, 口の, 司祭の, 君の, 商人らは, 四年の, 声が, 小次郎の, 少し読み下す, 彼は, 心は, 恐る恐る透し, 成功しなかった, 最後大, 最後文字通り巻を, 松居君も, 油の, 法水のみは, 病める者死, 直ぐに瞑つた, 相手が, 瞬く間, 秀子は, 私は, 筒井に, 聲が, 胸が, 胸に, 腥いハム, 芳江は, 蓋も, 薄闇だ, 行き詰まつて, 遠巻きに, 間もなく仲間割れ, 非公開の, 顔を, 飛びは, 驚く可

▼ 開いた~ (55, 2.6%)

2 だった, のこと, は三週間

1 [49件] あの黒い, ある文学者, が見もの, すーっと, でした, と少し, と閉じた, にはこんな, にはそれ等, には向う, にも藪原, に不, に主人, に云う, に初めて再び, に女, に彼, に思った, に母, に熊本, に理非曲直, に色紙, に見, に鐘, のなごり, のもの, の事, の兇徒聚集事件, の感じ, の気持, の要領, の記事, の話, はすっかり, はっと思っ, はもう, は依然として, は尚更, は彼, は思い, は持前, は集まる, ふと, もた, も六年, も出来栄え, も最も, 初めて見た, 突然その

▼ 開いたので~ (53, 2.5%)

3 私は 2 あらう, 初等の, 妻の, 顔を, 駭い

1 [40件] あつた, これは, ずっと修道女たち, せう, そとへ, そのままその, そのまま影法師, その周囲, そら局長, ちょっと居心地, ひょいと自分, もうおばさん, もう御, もしやと, セエラは, 一足は, 三藏は, 上り口へ, 中に, 今は, 今夜の, 何か, 客は, 富士春も, 彼は, 御米, 慌てて, 朝霧の, 桟橋に, 気絶する, 火の, 灰色を, 父の, 犬を, 章一は, 行きフレンチオルドヴル, 街に, 話は, 音楽師たちは, 驚いて

▼ 開いた~ (51, 2.4%)

12 思うと 3 思つたら, 思ふと 2 いう, 伝えられて, 見え廊下

1 [27件] いいまたは, いい白山, いうと, いふので, おもうと, すると, みるや, 云うその, 云って, 云ふ, 云わぬ計, 伝書には, 信ぜられて, 反対に, 同時に新, 思いますと, 思うくらいに, 思うたの, 思う間もなく, 思つ, 思つて宜, 思へ, 聞く, 藻塩草に, 見て, 見ら, 言われて

▼ 開いたよう~ (49, 2.3%)

2 な気

1 [47件] じゃの, だった, でしたけれど, です, なこと, なもの, な二面角, な大きな, な工合, な心持, な感, な感じ, な明, な様子, な気もち, な気分, な氣, な沼, な真紅, な砲弾, な美しい, な釣鐘, な面白, な顔, にあらゆる, になつ, にギーイ, にドッ, にライナー, に五本, に壇, に小谷, に思わせる, に思われた, に感じた, に感じられた, に明るく, に暗黒, に果然, に私, に私ども, に翻った, に肩, に花弁, に見えた, に見える, に階子段

▼ 開いたもの~ (46, 2.2%)

8 である 2 があります, です

1 [34件] から見る, だ, だが, だった, であったが, であり開いたもの, であると, であろう, でござるが, でした, でしたから, ですから, でも, で上杉謙信, で今, ということ, として到る, との差異, とはどこ, とはならぬ, と思い違え, と思ひ, なること, になる, にはならぬ, に相違, のやう, は, は信仰, は到る, は即ち, は名僧大徳, もあり, らしかった

▼ 開いた~ (36, 1.7%)

4 のそば

1 [32件] からあがった, からそ, からでも飛び出しかねない, から大空, から射し込む, から気, から洩れる, から空, から赤, から飛降りました, ただし地上三階以上, には青い, に向けられ, に向っ, に赤い, に近づく, のところ, のはう, のよう, の下, の中, の前, の外, の把手, の暗い, の窓枠, の隙間, へスーッ, を, をしめ, を一心に, を閉め

▼ 開いたこと~ (33, 1.6%)

5 のない 3 がある 2 があります, に運命

1 [21件] があつ, がない, がなかっ, が帝国大学官制, が見, だけはまず, である, などあった, などもその, に対して当然, のある, はある, はいつか一般, はない, はなかっ, は井伊大老, は多数, は幕府, は殆, もあり, を自分

▼ 開いた~ (27, 1.3%)

2 には恐怖, の中

1 [23件] がぴかりしたかと, が一脈, が又, が硝子, であらぬ, でみれ, で天, で天井, で往来, で意味, で無意識, と口, と濡れた, に似, に無限, に見えた, の前, の雄, よりも閉じた, を凝, を落す, を隠し, 固く結んだ

▼ 開いたかと~ (25, 1.2%)

18 思うと 3 思ふと 2 思いますと 1 蒼白た, 見れば

▼ 開いたところ~ (24, 1.1%)

2 にこの

1 [22件] からうち, からそちら, から何となく, から動く, から庭, から彼, から斜, から板廂, から青く, から青桐, だ, で, であります, でしたが, で女, で富士, で調べ, に天照大神, は豹子頭林冲, へ出る, を射込んだ, を狙つて

▼ 開いた~ (24, 1.1%)

3 の間 2 の前, の所

1 [17件] からマシュース探偵, から二等車, から呑まれる, から居間, から見える, があった, に支えられた, に衝突, のうち, のところ, の取っ手, の辺, の隙, の音, を一つ, を示した, を通っ

▼ 開いた~ (18, 0.9%)

3 の間

1 [15件] からは齒, から汚れた, から洩れる, から眞珠色, から真珠色, がブルブル, とそこ, とを持った, と舌, にも何, に紅芙蓉, の微笑, の辺, は熱い, をそっと

▼ 開いたという~ (17, 0.8%)

1 [17件] お芽, お芽出度, ことである, のが, のは, わけです, 事は, 事件が, 人物総髪に, 別の, 奇跡も, 尼さんの, 意味な, 故事が, 様な, 証拠も, 風に

▼ 開いたやう~ (16, 0.8%)

2 にし

1 [14件] であつ, である, な丸味, な形, な感じ, な気さ, な気持, な気配, な氣, に壇, に山々谷, に明るく, に榮光, に處

▼ 開いたから~ (15, 0.7%)

4 である

1 [11件] であった, でしょう, です, ヒョイと, 別に負傷, 前に, 大きなお, 浅草へ, 見て, 見ると, 誰でも

▼ 開いたその~ (15, 0.7%)

1 [15件] すぐわき, 中を, 会場だつた, 俊才の, 初日で, 向こうから, 時分に, 白い顔, 瞬間に, 舞扇が, 船は, 途端であった, 隙から, 隙を, 際は

▼ 開いたとき~ (14, 0.7%)

1 [14件] からどんなに, その表題, になっ, にはつい, には今度, には同じ, には大きな, には天幕, には太刀ふじ, には明らか, に席上, に詠んだ, の匂い, は両

▼ 開いた~ (14, 0.7%)

2 をまた

1 [12件] から大, でしかも, で其の, で野, に東儀与力, は豹子頭林冲, へ出あい, へ填め足し, をいい, をいきなり, を漫然と, を見る

▼ 開いた~ (13, 0.6%)

4 です 21 だと, だ七時頃, ですから, ですが, ですがね, ですよ, です音

▼ 開いた~ (12, 0.6%)

1 [12件] その白い, で電燈, にいっぱい, の前, も閉じ, も閉ぢ, よりも細く, をまばたき, を自分, を見据え, を閉じ, を閉ぢ

▼ 開いた~ (11, 0.5%)

1 [11件] から段々, がい, であ, であつ, である, であるが, ですが, でもあり, で試合, もあろう, も面

▼ 開いた~ (10, 0.5%)

2 件の 1 いつ廊下, そのこと, どうかは, わしを, 先刻まで, 入口の, 知る者, 茶めし餡かけ

▼ 開いた~ (9, 0.4%)

2 の間 1 から中, から見えた, から鳥渡見, とともに唐縮緬友染, の中, の前, の蔭

▼ 開いた~ (9, 0.4%)

1 の上, へちよん, をこっち, をぽん, を一きわ, を傾け, を前, を振り立て振り立て, を聳

▼ 開いたばかり~ (8, 0.4%)

1 だった, でした, でどうして, でなくて, でなく第, では, でまだ, 団十郎の

▼ 開いた~ (8, 0.4%)

2 へ紫玉, を 1 から水, に皺くちゃ, は幅, を何心

▼ 開いた戸口~ (8, 0.4%)

1 からみんな, から其の, から寒い, から彼, から河合, から遠, に俊三, に頭

▼ 開いた~ (8, 0.4%)

1 のあつい, のつぼむ, のやう, の図, の影, の色, も見え, を朝

▼ 開いた~ (8, 0.4%)

2 がした 1 がいまだに, がし, がしない, がする, でハツ, のよう

▼ 開いたのに~ (7, 0.3%)

1 さては秀子, 彼自身の, 昌作は, 気が, 私は, 聊か呆気, 見えなかった

▼ 開いたばかりの~ (7, 0.3%)

1 ころデパートの, ところへ, 一輪の, 小犬が, 氷屋で, 海浜だ, 関所の

▼ 開いたドア~ (7, 0.3%)

2 のところ 1 であった, の中, の隙間, ばかりだ, へとびつい

▼ 開いた~ (7, 0.3%)

2 があつ 1 からが先ず, があった, がない, がなかっ, はなかっ

▼ 開いた部屋~ (6, 0.3%)

1 だった, だったし, にし, には高, の中, は厳か

▼ 開いた障子~ (6, 0.3%)

1 から蚊帳越し, と同じ, のこかげ, の所, の蔭, へ権内

▼ 開いた~ (5, 0.2%)

1 たねは, 好み焼屋が, 神さんは, 絹が, 蝶の

▼ 開いたけれども~ (5, 0.2%)

2 何だか気まり 1 中に, 宗教という, 彼女は

▼ 開いたなり~ (5, 0.2%)

1 でゆき子, の傘, の扇子, もう何, 彼自身にも

▼ 開いた~ (5, 0.2%)

1 いいとして, どうでしょう, 可が, 大きな口, 確かに

▼ 開いた~ (5, 0.2%)

2 聞いて 1 でゐ, で居る, の洋傘

▼ 開いた~ (5, 0.2%)

2 だという 1 じゃケニ, だから, だと

▼ 開いた~ (5, 0.2%)

1 で竿, で花籠, に東側, のまま, もよい

▼ 開いた~ (5, 0.2%)

1 から鉄砲玉, から首, の中, の間, の隙

▼ 開いた白い~ (5, 0.2%)

1 唇, 扇に, 斬りあと, 森を, 眼を

▼ 開いた~ (5, 0.2%)

1 から登る, であ, に経棒, に貫い, の中

▼ 開いた~ (5, 0.2%)

1 が外来, が通り, だそう, で, を通っ

▼ 開いた~ (5, 0.2%)

2 から白い 1 から外, から見える, を通っ

▼ 開いた~ (5, 0.2%)

1 からスルリ, から紅玉, から裏庭, から身体, から障子

▼ 開いたそして~ (4, 0.2%)

1 ジャン, 其石段の, 当時船体の, 豆ランプの

▼ 開いた~ (4, 0.2%)

1 しても, 止るの, 立寄りも, 違いない

▼ 開いたまま眼~ (4, 0.2%)

1 ばかり動かし, をショボショボ, をパチパチ, を醒し

▼ 開いた土地~ (4, 0.2%)

1 でそこ, なのに, は剣, は永久

▼ 開いた大きな~ (4, 0.2%)

1 家の, 穹窿形の, 草の, 部屋を

▼ 開いた~ (4, 0.2%)

1 に似, の左右, をかざし, を中天

▼ 開いた~ (4, 0.2%)

1 が家康, の口, の水銀柱, の眼

▼ 開いた~ (4, 0.2%)

1 の中, をのせた, をひろい読みし, を閉じた

▼ 開いた瞬間~ (4, 0.2%)

1 において砂塵, に低, に検束, に米友

▼ 開いた~ (4, 0.2%)

1 に涙, は, より明るく, を硝子戸

▼ 開いた社会~ (4, 0.2%)

2 に属し 1 ではない, においてある

▼ 開いたかの~ (3, 0.1%)

1 ごとく, やうだつた, ようだった

▼ 開いたきり~ (3, 0.1%)

1 であった, の口, 答えなかった

▼ 開いたそう~ (3, 0.1%)

1 だね, である, です

▼ 開いたといふ~ (3, 0.1%)

1 仕末, 傳説の, 自信も

▼ 開いたとも~ (3, 0.1%)

1 いえば, いえる, 云へる

▼ 開いたなりに~ (3, 0.1%)

1 パッと, 月が, 突っ立ちます

▼ 開いたほど~ (3, 0.1%)

2 です 1 眼界の

▼ 開いたまま中~ (3, 0.1%)

1 にいる, の座敷, の抽斗

▼ 開いた世界~ (3, 0.1%)

1 です, でない, の様

▼ 開いた~ (3, 0.1%)

1 の掌, 股をが, 腕の

▼ 開いた二つ~ (3, 0.1%)

1 のあな, の目, の窓

▼ 開いた~ (3, 0.1%)

1 かしきりに, の花開いた, の裝飾

▼ 開いた姿~ (3, 0.1%)

1 がスッキリ, は一層, を見せ

▼ 開いた~ (3, 0.1%)

1 の両手, の個人展覧会, の新

▼ 開いた彼女~ (3, 0.1%)

1 の口, の黒い, は今度

▼ 開いた手紙~ (3, 0.1%)

1 をそのまま, をもたせかけ, を手

▼ 開いた最初~ (3, 0.1%)

1 のうち, のお客, の人

▼ 開いた格子~ (3, 0.1%)

1 にひたと, の音, へ手

▼ 開いた~ (3, 0.1%)

2 な音 1 な子

▼ 開いた~ (3, 0.1%)

1 一号の, 一回目の, 二審控訴院の

▼ 開いた~ (3, 0.1%)

1 だ, であったドア, です

▼ 開いた~ (3, 0.1%)

1 があった, が有る, にとつて

▼ 開いた~ (3, 0.1%)

1 からは太い, に当て, の皮膚

▼ 開いた雨戸~ (3, 0.1%)

1 の間, の隙間, の音

▼ 開いたくら~ (2, 0.1%)

1 ゐである, ゐの

▼ 開いたくらい~ (2, 0.1%)

1 だから, であります

▼ 開いたこの~ (2, 0.1%)

1 地方の, 子の

▼ 開いた~ (2, 0.1%)

1 ちえ, 例の

▼ 開いただけ~ (2, 0.1%)

1 だった, であと

▼ 開いたとき信一郎~ (2, 0.1%)

2 は可

▼ 開いたなり門~ (2, 0.1%)

1 という, といふでもない

▼ 開いたのみ~ (2, 0.1%)

1 である, で後

▼ 開いたままそこ~ (2, 0.1%)

1 からかすか, にぼんやり

▼ 開いたまま涙~ (2, 0.1%)

1 をこぼした, を落した

▼ 開いたまんま~ (2, 0.1%)

1 でしたが, の小

▼ 開いた~ (2, 0.1%)

1 心付かず臆病, 心附かず

▼ 開いたようす~ (2, 0.1%)

2 はありません

▼ 開いたわけ~ (2, 0.1%)

1 である, では

▼ 開いたナイフ~ (2, 0.1%)

1 の刀身, を街灯

▼ 開いたピアノ~ (2, 0.1%)

1 のそば, の上

▼ 開いた~ (2, 0.1%)

1 で何分の返辞, へ蒔絵

▼ 開いた両手~ (2, 0.1%)

1 を差し出しました, を柄

▼ 開いた人間~ (2, 0.1%)

1 の大, の意欲

▼ 開いた仙太郎畜生~ (2, 0.1%)

2

▼ 開いた~ (2, 0.1%)

1 が無い, の山狩

▼ 開いた~ (2, 0.1%)

1 つぼんだ傘, を背中

▼ 開いた傷口~ (2, 0.1%)

1 にこれ, にピンセツト

▼ 開いた儘睫~ (2, 0.1%)

2 の長い

▼ 開いた入口~ (2, 0.1%)

1 の外, の方向

▼ 開いた其の~ (2, 0.1%)

1 タオルの, 中へ

▼ 開いた~ (2, 0.1%)

1 が目の下, でございまして

▼ 開いた勝道上人~ (2, 0.1%)

1 は山, も亦そう

▼ 開いた台所~ (2, 0.1%)

2 の口

▼ 開いた右手~ (2, 0.1%)

1 の指, を見よ

▼ 開いた坊主~ (2, 0.1%)

1 が出, の所作

▼ 開いた場所~ (2, 0.1%)

1 からし, を求め

▼ 開いた壁際~ (2, 0.1%)

2 は留守居

▼ 開いた~ (2, 0.1%)

1 花弁という, 魚に

▼ 開いた~ (2, 0.1%)

1 の氣持, を待ち受け

▼ 開いた~ (2, 0.1%)

1 があった, が好い

▼ 開いた宴会~ (2, 0.1%)

2 の献立

▼ 開いた~ (2, 0.1%)

1 だ, であっても

▼ 開いた~ (2, 0.1%)

1 は人跡稀, を護法

▼ 開いた~ (2, 0.1%)

1 から毎年出稼ぎ, である

▼ 開いた当時~ (2, 0.1%)

1 ではなく, の口ぶり

▼ 開いた形跡~ (2, 0.1%)

2 のない

▼ 開いた~ (2, 0.1%)

1 でもセザンヌ, にひとりでに

▼ 開いた~ (2, 0.1%)

1 をつまん, を戸棚

▼ 開いた~ (2, 0.1%)

1 には烟, の上

▼ 開いた~ (2, 0.1%)

1 外科術の, 政府側としては

▼ 開いた時私~ (2, 0.1%)

1 の前, の窮状

▼ 開いた書物~ (2, 0.1%)

1 の中, の形

▼ 開いた杉むら~ (2, 0.1%)

2 がある

▼ 開いた様子~ (2, 0.1%)

1 が口, もない

▼ 開いた~ (2, 0.1%)

2 に云う

▼ 開いた~ (2, 0.1%)

1 の割, の戸

▼ 開いた~ (2, 0.1%)

1 をタップリ, を踏ん

▼ 開いた~ (2, 0.1%)

1 とのある, に火

▼ 開いた生活社~ (2, 0.1%)

2 の展覧会

▼ 開いた田舎~ (2, 0.1%)

1 はかう, はこう

▼ 開いた~ (2, 0.1%)

1 の一人, は読者

▼ 開いた着物~ (2, 0.1%)

1 に黒い, を着

▼ 開いた~ (2, 0.1%)

1 は看護婦, もやはり

▼ 開いた空洞~ (2, 0.1%)

1 から湧い, は言っ

▼ 開いた窓越し~ (2, 0.1%)

1 にまた, に彼

▼ 開いた缶詰~ (2, 0.1%)

1 だった, や古風

▼ 開いた~ (2, 0.1%)

1 と歯, 短いうぶ毛

▼ 開いた蛇の目~ (2, 0.1%)

1 に点滴, の様

▼ 開いた~ (2, 0.1%)

1 が絶え, もなく

▼ 開いた途端~ (2, 0.1%)

1 に, に光子

▼ 開いた野村~ (2, 0.1%)

2 は微か

▼ 開いた~ (2, 0.1%)

1 を九つ, を蓄

▼ 開いた~ (2, 0.1%)

1 に周囲, を御覧

▼ 開いた~ (2, 0.1%)

1 の中, の口

▼ 開いた~ (2, 0.1%)

2

▼ 開いた~ (2, 0.1%)

1 から風雲, とは非常

▼ 開いた~ (2, 0.1%)

1 でお前, とであった

▼ 開いた~ (2, 0.1%)

1 で悪く, を傍ら

▼ 開いた黒目~ (2, 0.1%)

2 のよう

▼1* [533件]

開いたあとがつい, 開いたいわゆる開眼であります, 開いたお祖父さんの眼, 開いたかなり太い鼻, 開いたかべの中から, 開いたかも知れない, 開いたかを思ひ起した, 開いたけど手巾と, 開いたけれどジョウは, 開いたころの記憶, 開いたうであるが, 開いたささやかな祈祷所, 開いたしずかな眼, 開いたすきまから, 開いたすき間からチラリ, 開いたそしてまたうとうとと, 開いたそれを見, 開いたためにそれ, 開いただけで逝いて, 開いただけでも怪しいこと, 開いただけに終った, 開いたやア, 開いたってただ一言, 開いたつい道端の, 開いたてんじょうへ投げ上げました, 開いたでもなければ, 開いたとおりの角度, 開いたとか伝えられて, 開いたときそこからあらわれた, 開いたときスタンドの下, 開いたとき主人の石竹, 開いたとき併しその, 開いたとき咄嗟の驚愕, 開いたとき彼はなに, 開いたとき男爵は矢代, 開いたとたんに土, 開いたとたんに怖ろ, 開いたとても贅沢な, 開いたとでもいうか, 開いたとのことである, 開いたとよ子は次兄, 開いたなとかう思, 開いたには開いたが, 開いたはばき元が一, 開いたばかしなので, 開いたひどくハイカラな, 開いたほうのドア, 開いたほうしよの紋付, 開いたほそい枝の, 開いたまことにのんびりした会合, 開いたまちだそう, 開いたまっ黒な穴, 開いたままそはへ寄っ, 開いたままやうすを聽, 開いたままコップに盛られた, 開いたままテーブルの上, 開いたままドーブレクに差し出した, 開いたままヘナヘナとその, 開いたままミイラのよう, 開いたまま一直線に技師, 開いたまま一言も云え, 開いたまま下に置い, 開いたまま両手を腰, 開いたまま何も答えなかった, 開いたまま何かしら当惑して, 開いたまま何かしら感動しながら, 開いたまま光が消え, 開いたまま勉強して, 開いたまま呆気にとられ, 開いたまま喰付いて, 開いたまま夜の光, 開いたまま大戸はしまっ, 開いたまま天井を見つめ, 開いたまま左右には割り込む, 開いたまま座の一所, 開いたまま彼を見, 開いたまま憲兵の足, 開いたまま手帖を赤羽主任, 開いたまま暫時老人を見詰めた, 開いたまま机の上, 開いたまま柄の先, 開いたまま機械的な答え, 開いたまま正木博士と向き合っ, 開いたまま熟睡して, 開いたまま猿の顔, 開いたまま白痴のよう, 開いたまま眠つてゐて, 開いたまま眼球がとび出した, 開いたまま睫の長い, 開いたまま瞳を凝らし, 開いたまま私の顔, 開いたまま胸元へサッと, 開いたまま花壇の鉢, 開いたまま花弁は散落します, 開いたまま茫然として眼, 開いたまま落盤に蓋, 開いたまま言葉が出なくなる, 開いたまま運動場に置い, 開いたまま部屋の中, 開いたまま黄な表紙, 開いたまんま千世子はポーッ, 開いたまんま数知れず黙りこくつて, 開いたむごたらしい傷口, 開いたもし手塚であるなら, 開いたものの性質を, 開いたうだつた, 開いたかつた, 開いたよう溌と麗, 開いた幸いに, 開いたウメの行動, 開いたガラス戸の側, 開いたガラス瓶には必ず, 開いたサッキャア・パンジットという方, 開いたシャツの襟, 開いたシュレック・フィルンを横切る, 開いたタンクの胴, 開いたトタンに奥座敷, 開いたドアーの間, 開いたバルコンからはそれら, 開いたフランス大革命, 開いたフランス窓から傷, 開いたフランス語講習会が思はぬ, 開いたブウェリエの所謂, 開いたベデカを離さず, 開いたページの上, 開いたポケットの底, 開いたポーズは錢形平次, 開いたマルクスが示し, 開いたマンホールからむっと, 開いたメトロのドア, 開いたランドウが横向, 開いた一人の作家, 開いた一巻を半, 開いた一方のふす, 開いた一番最初の人, 開いた一軒の旅籠, 開いた一面の高原霜, 開いた七つか八つ, 開いたでは余, 開いた三階づくりのカフェー, 開いた上着不足がちなボタン, 開いたに少し, 開いた両方の裾, 開いた水之, 開いた主君の眼, 開いたには区画, 開いた乙種の路, 開いた九つのコンクリート, 開いた二段鎧窓が二つ, 開いた二輪のみ, 開いた二重瞼の下, 開いた二階は幸, 開いた五十男の皮肉, 開いた五同志の如き, 開いた人生観照の抒情性, 開いた今日長州の大名, 開いた以上証拠物件を望まれ, 開いたであるが, 開いた伝兵衛の口, 開いた伸子の眼, 開いた住宅が四つ五つ, 開いた住宅地が, 開いた侍女は二人, 開いた便所の内側, 開いたの戸, 開いた個所を法水, 開いたや九人, 開いた僧侶とか行者, 開いた儘煙管の吸口, 開いた儘肚のなか, 開いたに角, 開いたの眼, 開いた房には, 開いた分家や親類方, 開いた宗の, 開いたあたり何処とも, 開いた前肢嘲り嘲り巨躯, 開いた功蹟はポオル・クロオデル, 開いた勇士魏延か, 開いた包みの中, 開いた千歳はしばらく, 開いたの鰭, 開いた反射鏡を出し, 開いた叔母の持礼, 開いた口びるに見せ, 開いた口びるの間からはうめく, 開いた口もとの微笑, 開いた口元に笑, 開いた口赤旗をささげてる年取った, 開いた口顎に垂らした, 開いた古蹟である, 開いたの手, 開いた右脚を引込め, 開いた吉五郎の眼, 開いた名山の一つ, 開いた名画家の作品, 開いた名高い三島道路, 開いた向うから急, 開いた唇真赤に血走った, 開いた喜びよりも若くして, 開いた囚人服を引っかけ, 開いた国道を塵, 開いた國道を塵, 開いたにき, 開いた地下室の窓, 開いた地平線の遠い, 開いた地形の港灣, 開いた地蔵眉が快活, 開いた地面がある, 開いた報らせである, 開いた壮大の感, 開いた大きい眼は, 開いた大きい薄暗い空間は, 開いた大地の怪物, 開いた大穴からなんと, 開いた大頭の中, 開いた天井の穴, 開いた天才少女狩屋愛子の失踪, 開いた奥深い谷の, 開いたの両, 開いた女性ほど尊い, 開いた女物に袖, 開いた如何にも恥しげ, 開いたに赫, 開いた婦人はこれ, 開いた婦人部のドア, 開いた学統一筋どの点, 開いた学者はいなかった, 開いたでたしか, 開いた室内できのう, 開いたがある, 開いた寢卷を着, 開いた噴火丘である, 開いた小さい酒屋塩煎餅屋などが, 開いた小さな唇から, 開いた小門から躍り込んだ, 開いた小鼻が呼吸, 開いたを見, 開いた屋根に人, 開いた屍体の黄色い, 開いた展覧会は多く, 開いた山吹の枝, 開いたに面する, 開いた工場の門, 開いた左右の山側, 開いた左手を機械人形, 開いた巨大な口, 開いた平場を寄った, 開いた広い座敷だった, 開いた広場を照, 開いた庄司甚内の子孫, 開いた床の間つきの六畳, 開いた廊下は機銃, 開いた廚子から拝, 開いた引戸の敷居, 開いた引窓からまた, 開いた強い眉の, 開いた当初には山頂, 開いた当座比羅代りの附合, 開いた影響はいよいよ, 開いた彼等の唇, 開いたで受け入れ, 開いた心地で笑う, 開いた心臓のよう, 開いた怒り鼻の側面, 開いた思いだった, 開いた怪しの扉, 開いた恐ろしい懸崖から, 開いた恰好の白い, 開いた悪いチムニー状の, 開いた悪戯っぽい顔つき, 開いた悲しそうな, 開いた想像の光景, 開いた意志と云う, 開いた愛らしい少女であった, 開いた愛隣学校が全, 開いた戦国の傑僧琢堂, 開いた戸ぐちを人影, 開いた所作になる, 開いた所芸者が這入つ, 開いた扇子に手, 開いた手元気の好い, 開いた手帳に鉛筆, 開いた打撲傷やその他全身, 開いた抜け道は他, 開いた拍子に私, 開いた指導者への感動, 開いた挫傷で少量, 開いた支倉は忽ち, 開いた支那人が眠っ, 開いた支配人は矢代, 開いた文芸である, 開いた断層も何ん, 開いた新聞の社会面, 開いた新道をどしどし, 開いた新開の町, 開いた旅館もあり, 開いた日本水仙は全く, 開いた明るい窓際の, 開いた時いつでも私, 開いた時セエラの声, 開いた時ボーイの代り, 開いた時人々はきっと, 開いた時今までにない, 開いた時代で小角, 開いた時佐助どんあんたも疲れはったやろ, 開いた時俄に秋めい, 開いた時分にお, 開いた時刻が判る, 開いた時叔父のゴットフリート, 開いた時坪丼は顔, 開いた時室の中, 開いた時江藤新平氏はその, 開いた時演説といふもの, 開いた時男は一度, 開いた時美くしい灯かげ, 開いた時群衆は一時, 開いた時聴講の学生, 開いた時障子を締め, 開いたさてこれから, 開いた暫らくなどは舞台, 開いた最初一日二日は態と, 開いた最大原因は智力, 開いた朝顔が萎, 開いた木戸から一人, 開いた木蘭の香い, 開いた本他のすみ, 開いたの窓, 開いた東室にとじこもっ, 開いた松茸みたいな建物, 開いたや葉, 開いたかな浴衣, 開いたの毬, 開いた格子戸に手, 開いたのしづけ, 開いた梵刹で今, 開いたの上, 開いた樣子のない, 開いたは妙, 開いたから葡萄酒, 開いたの瞬間, 開いた正直者一流の露骨, 開いたを見せた, 開いた死相を見る, 開いた殊勲は米国, 開いた母屋の一室, 開いたの為め, 開いたがする, 開いた気持ちになる, 開いた気配を感じた, 開いた水口でこの, 開いた水風神と倍音演奏, 開いた汽鑵場のボイラー, 開いた泰澄和尚がそう, 開いた清三の死に顔, 開いたからは世界, 開いた源六が断末, 開いた滝太郎は今森, 開いた演奏会で始めて, 開いたを見, 開いた灯影が闇, 開いた灰掻棒みたいなもの, 開いた無花果畑の方向, 開いた焦茶色のでつ, 開いた煙管で煙草, 開いた熱情的な小鼻, 開いた燻製の魚, 開いた盤坑は, 開いた物凄い傷を, 開いた特別広い空胴, 開いた犯人の真実, 開いた狭い窓際を, 開いたの口, 開いた玄関廊下翼家の欄間, 開いた琴柱窓の一つ, 開いた琴阪とか云う, 開いた用語法の新しい, 開いたになっ, 開いたは昼, 開いた由緒の深い, 開いた画家は思わず, 開いた番傘を真っすぐ, 開いた瘡口はそれほど, 開いた白峰北岳は登山者, 開いた白扇を持ち, 開いた白銅を受取つて欧洲, 開いた百合のよう, 開いたの樣, 開いた目真っ赤な顔, 開いただ, 開いたの間, 開いた眉根は痛ましく, 開いた看護婦の福崎, 開いた真紀子のソアレ, 開いた真赤な切口, 開いた眼ひっつれた唇, 開いた眼理知的に尖った, 開いた眼脂だらけの眼, 開いた眼顰む眉豊な頬, 開いたの中, 開いた石仙聖人と同人, 開いた石箱なんぞが, 開いた破風がつい, 開いた硝子戸から凉, 開いた硝子窓ごしに, 開いた祈祷所の者, 開いた神仏混交時代が長く長く, 開いた神様がすなわち, 開いたであった, 開いた空地があっ, 開いた窓ぎわの机, 開いた窓枠に横合, 開いた窓縁に腰掛け, 開いた笑顏その嘘つき, 開いた第一流の学者たち, 開いた箇所は附録, 開いたを首, 開いた節モーニングか何, 開いた粗末な木造, 開いた紀州の加太, 開いた紙障子の方, 開いた素直な心, 開いた結果は当然, 開いた緞帳の口, 開いた縁側からさしこん, 開いた美しい花の, 開いた群集の間, 開いたは物影, 開いた老人さてどんな, 開いた老年のうち, 開いた脇腹の創口, 開いたの間, 開いたの上, 開いた船艙から浸水, 開いた花園の絢爛さ, 開いた花桐逢痴がぬう, 開いた花瓣は空中, 開いた侍達は, 開いた若林博士の口腔, 開いた苦肉の策だった電車, 開いたぞと思っ, 開いた茶話会は十一時頃, 開いた荒野へ狐, 開いた荷揚器械が間断, 開いたが今年, 開いた華客の多い, 開いた落下傘みたやう, 開いた落花生の花, 開いたの心部, 開いた葉それも上, 開いたのよう, 開いた薔薇の花, 開いたを讀み, 開いたの投, 開いた蝙蝠傘のやう, 開いた蝶交の金具, 開いた衆中に立った, 開いた衣紋着ぢや, 開いた表紙の折目, 開いた裏口の竹垣, 開いた見晴しで, 開いた視線を其方, 開いた親父の口もと, 開いた親睦会へ出席, 開いた角度のところ, 開いた記録は信ず, 開いたりの, 開いたになる, 開いた話しぶりと城廓, 開いた調子でアイスクリーム, 開いた調査書類も同様, 開いた警部はポケット, 開いた護謨長の鼻先, 開いた谿なども橇, 開いた赤石奥西河内悪沢, 開いた趣意書のうち, 開いたをジリジリ, 開いたで裏口, 開いた身体にあかつき, 開いた軽い笑顔で, 開いたのない, 開いた運河の最南端, 開いた酒場で混雑, 開いた酒姫よ, 開いた醜悪の口, 開いたなる障子, 開いた重苦しげな, 開いた野郎がある, 開いた金五郎は中, 開いた金壺眼いかにも繪, 開いた金庫の中, 開いた釣竿の端, 開いた銀扇を投げる, 開いたの刃, 開いたのぱちりという, 開いた鎌倉幕府も其亡滅, 開いた長い口が, 開いたから中, 開いた門戸を闔, 開いた開山の大, 開いた関守も以前, 開いた閣老の会議, 開いたの宮, 開いたの蔭, 開いた隆夫の母親, 開いた隔ての間, 開いた隻眼に残忍, 開いた雨竜のよう, 開いた霊地へ通, 開いた青江は皮肉る, 開いたは銀, 開いた面前に独眼隻腕, 開いただった, 開いた音楽人である, 開いた響きである, 開いたががっくり, 開いた領事館の前, 開いた領飾の間, 開いたの下, 開いた風情に元気, 開いた饗宴の遺風, 開いた馬鹿の宇八, 開いた高僧でありますが, 開いたは逆立った, 開いた鬚だらけの下, 開いた鬼瓦をながめ, 開いたへ沢山, 開いたを一面, 開いた黄色い中に, 開いた黎明会の講演会, 開いた黒衣の連中, 開いたをかい, 開いた龕燈の口