青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「返っ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

近所~ 近江~ ~近頃 近頃~ 返~ ~返し 返し~ ~返す 返す~ ~返っ
返っ~
~返事 返事~ 返答~ ~返辞 返辞~ ~迫っ 迫っ~ ~述べ 述べ~ ~述べた

「返っ~」 1919, 20ppm, 5775位

▼ 返っ~ (1857, 96.8%)

98 いた 86 見ると 71 みると 45 来た 43 いる 31 見て 22 しまった, 見た 18 きた 17 いるの, 来る 15 来て 13 いった, みた 11 言った 9 いて, 云った 8 くる, 来たよう, 来るの 7 いたの 6 いるよう, くるの, みて, 見ますと 5 きて, しまう, それを, 何か, 見た時

4 [13件] いたが, います, しまいました, しまうの, しまって, みますと, 手を, 来たの, 来なかった, 来るもの, 考えて, 自分の, 顔を

3 [23件] いました, いると, いるところ, いるもの, いる様子, お君, きたの, しまったの, みたが, 彼の, 後から, 来ると, 桜の, 眼を, 私を, 米友の, 考えると, 行った, 見たが, 見ました, 見る, 見れば, 雪の

2 [70件] あたりを, いたと, いたので, いたもの, いるうち, いるでは, いるならいただきます, いるので, いるふう, いるん, うしろの, おりますが, おりまする, きたよう, くぐり戸, くるという, くるに, こう続けました, それと, だれも, ながめた, みては, みても, みる, みれば, ゆく, わたしは, 不思議に, 二人の, 前の, 口を, 呼んだ, 声を, 室の, 寝て, 居た, 居るの, 店の, 庭の, 往来の, 後を, 急いで, 揚幕の, 新なる, 来たそんな, 来たもの, 来ない, 来ないの, 来ました, 来るから, 来るだろう, 来れば, 甲斐の, 目を, 睨みつけた, 私の, 立上った, 笑った, 見たり, 見た時分, 見てから, 見ても, 見ますると, 見も, 見ること, 見るよう, 見廻した時, 見眺めると, 足を, 身を

1 [976件 抜粋] あかりを, あたら金銭, あの恐し, あわて, いい放った, いかにも不思議そう, いきなりこれ, いきなり云った, いたこと, いたよう, いた一座, いた主税, いた少年, いた時, いったならいや, いっぺんに事態, いつ横, いなかったであろう, いましたぜ, いやがる, いやごとを, いりゃいい, いるから, いるけれども, いるさ中, いるその, いるという, いるは, いるスゴイよう, いる一同, いる事, いる伝二郎, いる出迎え, いる味, いる大変, いる峠, いる感情, いる有様, いる看客, いる笑, いる者, いろいろと, い決して, うつむいたまま縄, うんうん汗, おいおいと, おくれ, おどろくべきこと, おられたよ, おり, おりますぜ, おり折, お杉, お松お, お松の, お源, お終, お花, お銀様, がばと寢床, きたからと, きたとき, きたらこんど, きた事, きた時, きました, くるなら警察, くるよう, くるパイロット式, くる原動力, くる時節, くる金, くれたなら喜び, くれとは, くれました, ぐうたらな, こう口走った, こう言った, こちらへ, こっちを, この家, この様子, これは, こんな事, こんに, ごらんなさい, さてどこ, しかも平然たる, しびれる様, しまい膏薬, しまうばかりか, しまえば, しまったん, しまった父圓太郎, しまった肉体, じっと彼女, じっと耳, じろりと泰軒, じろりと見る, すぐうしろ, すぐ構え, そういい, そう言った, そこからは, そこのみを, そのさざめき, そのままずうっ, そのまま息, その大, その巨大, その後ろ姿, その時, その淡い, その通り, その面, それが, そろそろ爪, そんな茶目, だれか, ちょっと面白く, つッ, ともすれば湧く, どうせわたし, なお彼, ながめ跡, なみだの, にっと笑った, はおりません, はっと思う, ひとつうたいましょう, ひどく貧乏, ふくよかな, ふたたび暗黒, ふりむくと, ぶるぶると, ほほえみながら, ほんのりと, ぼんやりしてた, ぼんやり眼, またするする, またペン, また半鐘, また膝, まるで太陽, みた時, みようとも, みるに, みるよう, みる娘, みる迄も, もう一ぺん, もう悪所, もっと庶民, ものも, やって来た方, やりきれぬ, やろう, やろうかと, ゆくの, ようやく聞き取れる, よく遊んだ, わが身を, わたしたちの, われという, アリョーシャに, ガラリと, サア殺せ, スタスタともと, ソヨとも, チャンと, チリリイン, デカルト哲学が, ニコニコと, ニッコリし, ニヤニヤと, ハキハキと, フト心着い, ペロリと, マジマジする, ムクに, モジモジし, モントルイュ・スュール・メールの, ラサ府を, ワンワン泣き出しました, 一層欧米, 一斉に, 一日として, 一片の, 一睨み, 七兵衛を, 三十代の, 上って, 下さい, 不敵な, 中の, 丸い大きな, 久馬を, 二三度軽く, 二十枚ばかりの, 五ドル紙幣を, 今日に, 今行った, 仕事を, 仕舞った, 伝六も, 何だか悲しい, 何一つない, 例に, 俺の, 傍に, 僕を, 兄に, 光って, 入ったこと, 入日の, 兩手を, 其経験を, 再び橋上, 冬空に, 冷たく云い放った, 冷笑した, 出て, 初代の, 前足を, 勝った恋, 医学士に, 十左の, 千々に, 卑劣きわまる, 博士の, 又八が, 双葉に, 只セッセ, 叫声を, 右の, 右門を, 同じく微笑, 君の, 呉一郎の, 呼びかけられた後ろ, 呼びとめた, 呼ぶ声, 唯やかましく, 嗄れ声, 囁くと, 土に, 地上へ, 増上寺の, 大いに指先, 大の字に, 大胆にも, 天然の, 奇声を, 奥の, 女の, 婿の, 孫兵衛の, 安易な, 密と, 寐て, 小児の, 小娘時代の, 小座敷へ, 少しドギマギ, 居たと, 居た八つ, 居ります, 居るから, 居るボイラー, 居る様, 居る鏡面, 山岡屋の, 屹と, 師の, 帯を, 平あやまり, 店から, 座席へでも, 座間の, 延び上った, 式台に, 彼に, 彼は, 彼を, 彼女は, 往く, 後ろに, 徐に巻莨, 御弊, 心の, 心配し, 思わず手, 怪訝な, 悠々と, 憂慮げに, 我を, 戸口を, 扉から, 手入れせよ, 手持無沙汰に, 抜打ちに, 指した, 挨拶を, 振りむくと, 控えて, 握られて, 敷居の, 新しいお茶, 新八を, 明るい双眸, 春桃の, 暗い顏色, 暗闇の, 最後に, 有金十五両盗った, 朝夕の, 来い虫けらども, 来たかと, 来たと, 来たとでも, 来たり, 来た奴姿, 来た意識, 来た方, 来た真昼, 来た言葉, 来た金剛杖, 来だしたの, 来ないという, 来ないもの, 来ないよう, 来なかったから, 来なければ, 来ます, 来るでありましょう, 来るばかり, 来るやら, 来るん, 来る印, 来る自分, 来る貨幣, 枕の, 案外だった, 様子を, 横を, 横顔で, 欄干に, 歔欷を, 武士らしくなった, 歩き出した, 歴史的実践の, 母親の, 民族主義などを, 気に, 気絶を, 水戸を, 汗を, 江州の, 泡を, 泣きだしても, 泥水の, 浮んで, 涙の, 済む話, 湛えて, 満面に, 滝太郎を, 煙草を, 爆笑った, 片手に, 牛の, 物も, 物音一つしなかった, 猶予って, 現実の, 甚蔵に, 用を, 田原さんの, 男の, 男も, 白い短い髭, 益々それ, 目礼せられた, 相不変皸だらけ, 相手の, 真っ先に, 真の, 眸を, 眺めて, 眼が, 眼は, 着物を, 睨めまわして, 石の, 祷りの, 空の, 突然その, 立ち上った, 立って, 立止っ, 笑いながら, 笑って, 第一, 筑紫の, 細君の, 続いて, 縁側に, 羅摩に, 老人の, 考えた, 考へ, 耳を, 聞きも, 背後に, 脂下っ, 腰を, 膝を, 自ら空想の, 自分一人きりな, 自然の, 良人の, 芦峅に, 苦しんだが, 莞爾と, 落ちるん, 落着いた, 蓑笠の, 虎之, 虚空の, 蠢くたび, 行くの, 行く赤い, 行って, 裏の, 襟を, 見えた, 見たありさま, 見たくて, 見たけれども, 見たところ, 見たので, 見たら今, 見たら午前七時十分前, 見た後, 見ないで, 見ながめると, 見ましたよ, 見ましたら車, 見ゆる, 見ようかと, 見られる必要, 見るという, 見るに, 見るのに, 見る事, 見る影, 見る気持, 見る自己, 見迎えて, 言う, 言葉を, 訊いた, 話したらよ, 説明する, 謄本が, 豪華な, 賭博打の, 起きあがった, 跡を, 踏み出そうとして, 轆轤の, 返事も, 這うよう, 造り変えた, 道誉は, 遠くを, 邸内を, 部屋へ, 金助は, 長々と, 門内へ, 階の, 難かしい, 静かに, 音の, 頬ずりを, 頬張って, 頭脳が, 頼むの, 額を, 顔色を, 飛びかかるすき, 香折は, 駈け出した, 駒井を, 驚いた事, 驚きと, 魚戸の, 鷹揚な, 黙って

▼ 返っても~ (19, 1.0%)

1 [19件] いっぱいである, いなかった, おられない, これだけは, なかなかよくは, のべつ気, みずに, みねえやつ, 先生は, 其方や, 平気の, 彼女は, 日に, 決しておれ, 無資産, 真暗だ, 眼には, 自分の, 見ません

▼ 返っては~ (18, 0.9%)

1 [18件] あの幌, いいしれぬ, いたが, いないの, こない, これまでの, ながめた, はきだめの, 元へ, 声々に, 彼等を, 手を, 来ないから, 来なかった, 立ち止まって, 見た, 見つつも, 起きなおり起きなおりして

▼ 返ったり~ (9, 0.5%)

3 して 1 した, したの, するの, なんか, 火を, 電光石火の

▼ 返ってから~ (8, 0.4%)

2 死にたいと 1 またそこ, またゆっくり, 一層教育, 二人に, 僕は, 柚木の

▼ 返っちゃ~ (2, 0.1%)

1 いなかったそう, ったらしいん

▼1*

返ってか高時も, 返ってからは一層その, 返ってからもなぜとも, 返ってなそこら中はね, 返ってねナニお前たちを, 返っての注進で