青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「開~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

長男~ 長者~ ~門 門~ 門人~ 門前~ 門口~ 閉~ ~閉じ 閉じ~
開~
~開い 開い~ ~開いた 開いた~ 開き~ ~開く 開く~ ~開け 開け~ ~開けた

「開~」 1121, 12ppm, 9073位

▼ 開~ (163, 14.5%)

11 して 7 する 6 せられて 4 するや 3 させて, の歩み, の過程 2 したかを, するの, であること, の動機, を妨げない

1 [116件] がある, がいでくる, がここ, が唐, が日本, が期待, さして発達, させずに, させた, させようと, させられても, させる, されたでは, されたの, されたる赤紙, されて, されること, される特別, される王朝時代, され得る事, したかは, したの, したらしい, した好個, した如く, した思想, すること, するので, するもの, するを, する力, する場所, する月日, する機会, する活動, せられずして, せられそれ, せられたため, せられたもの, せられるから, せられること, せられ様々, せられ特殊, せる瑩白色花蓋六片, である, である事, である実際, である面授面受, というごとき, として, として現われ, とともにその, とに伴う, との関係, には気づかない, によっていわゆる, によっておのずから, によって最初, によって絶えず, に伴っ, に向, に大, に欠き, に資する, のあと, のあらゆる, のきざしであり, のため, のない, の一歩一歩, の一段階, の代わり, の側, の力, の努力, の勢, の地, の寛衣, の径路, の必然性, の方向, の根源, の極限, の無限, の絶えざる, の考察, の自覚, の記録, の跡, はこんな, は必ずしも, は無意義, は阻害, は順当, もあり, や向上, や後期, をおろそか, をし, を伴った, を充分, を導く, を思う, を意味, を抑, を拒む, を求めよう, を理解, を示し, を經, を続けなかった, を続けなかつた, を見, を試みる, を認める, を説く

▼ 開~ (83, 7.4%)

4 時代の 3 の時, 年間に 2 の盛時, 七年, 七年または, 天宝遺, 将軍の

1 [63件] になっ, の初期, の末, の目録, の頃, は三十年, までの本, までの間, より以前百年, 七年二月に, 七年六月大食國吐火羅國南天竺國南天竺國遣, 七年即ち, 七年西暦七百十九年に, 並びに, 九年, 二十一年から, 二十七年, 二十三年の, 二十三年太原, 二十九年に, 二十九年西暦七百四十一年に, 二十五年, 二十八年, 二十年七月勅として, 二十年即ち, 二年, 元年であります, 六年, 六年に, 六年西暦七百十八年に, 十九年二十歳の, 十二年の, 十五年に, 十六年, 十六年から, 十四年大安寺の, 十年六月に, 四年に, 四年即ち, 四部録が, 四部録の, 天宝の, 天寶の, 天寶聖文神武皇帝と, 天寶聖文神武皇帝という, 寺僧思託揚州興雲寺僧義静衢州霊耀寺僧法載, 寺僧法成その他八人の, 年中の, 年中呉楚齊魯の, 年中郭元, 年代に, 時代に, 時代には, 末期の, 注が, 注に, 注亡び, 神武皇帝の, 禮, 聖文神武皇帝と, 通寶の, 録に, 録には

▼ 開~ (65, 5.8%)

7 かれた 6 いて 54 かれて, きて 3 いた 2 いた何

1 [34件] いたが, いたまま, いたまま腰掛け, いた時, いた道路, かせ寫眞, かない, かなくなっ, かれたその, かれたま, かれたやう, かれた両, かれた悲しみ, かれた道路, かれ睡りの, かれ見つめそして, きっぱなし, きては, きても, き一層, き二, き眼, き義雄, き膝, き茫然, けてい, けている, けて世間, けて公子, けて来た, けばお, けば一目, け豐平川, こうと

▼ 開~ (42, 3.7%)

3 櫻の 2 唄と, 間

1 [35件] 上へ, 中紙屋川付近, 五人の, 八部と, 八部を, 内紙屋川端の, 句は, 場, 夕で, 夕にも, 字を, 広い新調, 広い燕尾服, 広い霜降, 延期とを, 形を, 戸と, 散しを, 日と, 日に, 日には, 時に, 時の, 桃の, 棺桶は, 櫻と, 狭い, 狭い胴衣, 畳の, 神事を, 花がや, 花で, 蓋で, 鈴が, 間とも

▼ 開~ (42, 3.7%)

3 して, するに 2 されて, しその, に多大

1 [30件] されたが, されるの, され允恭天皇, し, したり, すると共に, すれば, せしむる所以, せらる, でさえあんなに, と心得, と文化, と相伴, に加勢, に可, に感ずる, に預, の功, の國, の曙, の用, の神, の經路, の蹟, の運命, はいつ, は眞, は秦漢時代, もその, を沮み

▼ 開~ (21, 1.9%)

2 見れば

1 [19件] いて, これを, なむ見え, まず洋学, フト僕の, 事務室を, 内へ, 天下の, 天井際の, 少年を, 居て, 本当の, 膝頭が, 行かなければ, 製れる, 西洋流の, 西洋諸, 見て, 電話室へと

▼ 開~ (19, 1.7%)

2 して

1 [17件] があっ, が寄せ, が頼まれます, されずに, されようと, します, にて眞僞, には締り, の役, の締り, の釦, を命じます, を待つた, を求められた, を閉め, を頼む, を頼んだ

▼ 開~ (19, 1.7%)

6 して 4 すると 2 し花粉 1 した中, した純白, し中, し種子, し黒い, する, すれば

▼ 開~ (18, 1.6%)

1 [18件] するには, するよりも, と結びつい, に至る, に關, のこと, の事情, の偉人, の始, の根本, の當時, の紀元, の雪崩, は必至, を勸め, を勸告, を迫つた, を迫つて

▼ 開~ (17, 1.5%)

3 ている 2 ながら

1 [12件] およそ十片内外, そこから, たり, てそれから, てゆく, てムンズ, てムンヅ, て後方, 三月の, 今日見られる, 真諦俗諦は, 花としての

▼ 開~ (17, 1.5%)

2 から出

1 [15件] あり, あり開けて, から慶造, があります, がつい, が片方, の中, の傍, は逃げた, をギイ, を打毀し, を見ます, を軍隊手袋, を開け, を開けなけれ

▼ 開展し~ (16, 1.4%)

4 て来た 2 たりき 1 いづるもの, その中央, たる學徒, つつ歌舞伎劇, てゐる, て三, て修行功夫, て行き, 得べきもの, 行く現

▼ 開耶姫~ (15, 1.3%)

2 と号

1 [13件] が一匙, が御子達, が火, とが祭っ, と報告, のみ幸, の珈琲, の神, の美貌, は無, を献じ, を祭神, を聯想

▼ 開~ (13, 1.2%)

3 するに 1 が見られる, するは, する大乗至極, せるもの, ということ, という概念, に反対, の歴史, の過程, はひと

▼ 開~ (11, 1.0%)

2 して 1 し幽, し黄梅, すること能はず, せぬは, の外, の機会, の緒, の途, を与えた

▼ 開~ (11, 1.0%)

2 ノ積極的權利 1 された後, して, だから, となつ, と同時に, になる, の原因, の少しく, は志願

▼ 開~ (11, 1.0%)

1 [11件] したる, した時, した福澤全集, す可, せられたもの, せられた年, になった, のため, の歴史地理誌数書, は, ノ自由ト云ヘバ

▼ 開塾式~ (10, 0.9%)

2 の日 1 が近づく, における言葉, にのぞみ, にも閉塾式, のこと, の日取り, の時, を明日

▼ 開~ (10, 0.9%)

1 があり, などいう, にあらずし, にも心, の宇宙, はありまし, は花, ヲ, ヲ不言人, ヲ看

▼ 開らく~ (8, 0.7%)

1 ことにな, とすれ, と義雄, と西洋窓, と遠く, に至, の道ハ, まいと

▼ 開~ (8, 0.7%)

1 いたす時, した, したその, したとか, した其の, する者, 令せらる, 沿うて

▼ 開~ (8, 0.7%)

1 が近づく, にそなえる, のすこし, の当初, の日, の日取り, の準備, 第一日

▼ 開~ (7, 0.6%)

1 せるもの, ということ, にする, を促した, を前, を繰上げる, を迫っ

▼ 開~ (6, 0.5%)

1 したと, し禅林清規, せられた弘法大師, で更に, に尽力, の日蓮宗信徒

▼ 開~ (6, 0.5%)

1 と称, の内, の前, の怪異, は密閉, を探検

▼ 開~ (6, 0.5%)

2 すること, するに 1 しきたりて, するには

▼ 開~ (6, 0.5%)

31 とし, と合音, のエ

▼ 開~ (5, 0.4%)

1 てその, て店口, て眼, られて, るの

▼ 開~ (5, 0.4%)

1 出来まいと, 女の, 女陰の, 歐蘇の, 誰栽し

▼ 開~ (5, 0.4%)

1 したの, した名僧知識, の時, の時代, を宣する

▼ 開~ (4, 0.4%)

1 あった後, ある, あるという, ひろくな

▼ 開~ (4, 0.4%)

1 その時, 口が, 所では, 障子の

▼ 開~ (4, 0.4%)

1 あつた, 大花火, 江戸の, 自然も

▼ 開~ (4, 0.4%)

1 いつたが, した根據, 休と, 致しましょう孝助殿

▼ 開~ (4, 0.4%)

2 の別 1 によつて此, の仮名遣

▼ 開國論者~ (4, 0.4%)

2 であつ 1 たること, ではなかつた

▼ 開~ (4, 0.4%)

1 に入った, に逃げ込んだ, の前, を出

▼ 開~ (4, 0.4%)

1 したる, する帝國議會, と共に平然, と閉會

▼ 開皇十九年~ (4, 0.4%)

3 を囘暦 1 は西暦五百九十九年

▼ 開~ (4, 0.4%)

1 で又, で晴やか, になった, の境地

▼ 開する~ (3, 0.3%)

1 ことそれ自体は, もの, 最良の

▼ 開~ (3, 0.3%)

1 京伝菊塢それに, 招かれし, 行くこと

▼ 開~ (3, 0.3%)

1 とまた, にしたがい, よ横浜

▼ 開~ (3, 0.3%)

1 宜シク, 或曰サンハ丁子ハ此千葉ナリト云花色紅黄二種アリ, 毎幹頂上ニ只一花

▼ 開~ (3, 0.3%)

1 放し, 放して, 放しの

▼ 開~ (3, 0.3%)

1 したが, した室戸港, した時

▼ 開卷第一~ (3, 0.3%)

1 に其下宿住居, に名, に孤獨幽棲

▼ 開國進取~ (3, 0.3%)

1 といふこと, にもいろいろ, の民

▼ 開~ (3, 0.3%)

1 する時, する毎, には一時

▼ 開~ (3, 0.3%)

1 になっ, の辞, までは塾生たち

▼ 開~ (3, 0.3%)

1 のかけ声, の手引, 或は白根

▼ 開~ (3, 0.3%)

1 など云う, に関する京幕, の議論

▼ 開顕された~ (3, 0.3%)

1 ので, のであり, 大乗とは

▼ 開いらいた~ (2, 0.2%)

2 開らいた

▼ 開した~ (2, 0.2%)

1 のを, 地である

▼ 開せる~ (2, 0.2%)

1 梅林と, 花面は

▼ 開っ放し~ (2, 0.2%)

1 だ, の夜

▼ 開という~ (2, 0.2%)

1 のだ, 季題は

▼ 開といふ~ (2, 0.2%)

1 ものは, 記事が

▼ 開らい~ (2, 0.2%)

1 て秋, て空

▼ 開らく時~ (2, 0.2%)

1 があつ, が來

▼ 開られ~ (2, 0.2%)

1 ていた, 僕は

▼ 開~ (2, 0.2%)

1 て主, て動かなかった

▼ 開~ (2, 0.2%)

1 たり, であるまいか

▼ 開~ (2, 0.2%)

1 放して, 放しでございますが

▼ 開中止~ (2, 0.2%)

1 となりし, となる

▼ 開國以來~ (2, 0.2%)

1 の世變, の金銀

▼ 開國以後~ (2, 0.2%)

1 になる, に關

▼ 開國文化大展覽會~ (2, 0.2%)

1 に陳列, は誠に

▼ 開~ (2, 0.2%)

1 の火の見櫓, は着工

▼ 開~ (2, 0.2%)

2 の信号

▼ 開塾中~ (2, 0.2%)

1 に先輩, は次郎

▼ 開塾以来~ (2, 0.2%)

1 のいや, 考えぬいた結果

▼ 開市以来~ (2, 0.2%)

1 の繁栄, わずかに

▼ 開~ (2, 0.2%)

1 の手摺, へ出

▼ 開弁装置~ (2, 0.2%)

2 へ続く

▼ 開戰スル如キハ國家~ (2, 0.2%)

2 ノ權利ナリ

▼ 開戸口~ (2, 0.2%)

1 から艶麗, で

▼ 開放った~ (2, 0.2%)

1 ガラス戸の, 往来から

▼ 開~ (2, 0.2%)

1 したかたち, する完成

▼ 開~ (2, 0.2%)

1 し出されたので, すれば

▼ 開析デルタ~ (2, 0.2%)

2 の上

▼ 開~ (2, 0.2%)

1 した形跡, を申し込む

▼ 開橋式~ (2, 0.2%)

1 が済ん, の花火

▼ 開気館~ (2, 0.2%)

1 で二十四孝, という小ぢんまり

▼ 開~ (2, 0.2%)

1 といふの, の如き

▼ 開~ (2, 0.2%)

1 は西暦五百八十一年, を起源

▼ 開~ (2, 0.2%)

2 といふの

▼ 開耶媛~ (2, 0.2%)

1 この山の神, を祀る

▼ 開~ (2, 0.2%)

1 から来た, の説

▼ 開落した~ (2, 0.2%)

2 のさえ

▼ 開鎖論~ (2, 0.2%)

1 と云う, を云え

▼ 開~ (2, 0.2%)

1 となった, の具合

▼ 開顕され~ (2, 0.2%)

1 ていた, てきた

▼ 開顕される~ (2, 0.2%)

1 ことであった, のである

▼ 開顕した~ (2, 0.2%)

1 か, 高度の

▼1* [283件]

ありと聞け, 開から庚申横町の, 開くらむごろすけ, 開けちやくれません, 開これが宇宙, 開なさい, 開せず常に半開き, 開たく工事, 開たら中庭の, 開ながらもう一度, 開った窓の, 開つ放しで閉, 開つ放しだから敲く, 開ても生徒から, 開と共に此落語の, 開のである, 開なさるやう御, 開などという面々も, 開なるもうれしく, 開なれど月光おぼろ, 開にておとしの, 開によって解決を, 開ねがはくば, 開はしまつる, 開ばかりに見つめたり, 開びやく以來で一, 開出ました, 開ますと返事, 開やらうと, 開やうとする, 開らくのも一國, 開らく文字は目, 開らく片折戸に香月, 開らく間もない, 開らけた細いしめツ, 開らけたものだネー, 開らけた野づらを, 開れたのです, 開れぬ堺兄に, 開れようとは当人, 開れる日が, 開イタガソレハアラヌ方角ヲ見, 開イテ頻リニ調ベテラシッタジャナイノ, 開イテハ見タケレドモ, 開イテ以テ仲街ノ衰勢, 開イテ女中ノオ静ガ二段ニ畳マレル籐椅子ヲカツギ込ンデ来, 開イテ彼女等ガ這入ッテ, 開カレントスル日本民族ノ大, 開カレ本領ノ安堵ヲコソ, 開カントシテ未ダ成ラズ, 開キタル人モアリ又儒學ニテハ白石, 開キテ好風, 開キ候得バ此人数をうつしたれ, 開キ相スム迄国元ニ蟄居シ, 開キ諸生のセ話, 開クガ如シ故ニ名ヅク, 開クコト一二萼年久シキ者ハ五六萼ニ至ル皆開テ傍ニ, 開クト要之助ガ悪鬼ノヨウナ相ヲシテ白イ光ルモノヲモッテ私ニ馬乗リニナッテイマス, 開クニ異ナリ, 開ク一盃一盃復タ一盃とは事, 開ク一茎一両花其花大ニシテ皆旁ニ, 開ク事短ク, 開ク民俗飯ニ加ヘ蒸食, 開ク者ヲ以テ巨擘トナス, 開ケタレバ齒牙ニ列スルニ足ラズト雖ドモカノ山脇東洋吉益周輔ナドノ古醫方ト稱スル者ハ, 開ケッ放シニハシテ置カナイダロウ, 開ケテイタ時突然浴室, 開ケテイル時突然浴室, 開ケテ涎ヲ垂ラシテ, 開ケテ調ベタリスルノデ若奥様ト聞クト女中達ハチリチリシテイル, 開ケバ即チ其人存シ凋バ, 開ケ肉から来た, 開反巻ス白色ニシテ, 開テ傍ニ向フ六弁長サ四寸許弁, 開テ黄金色繋テ且ツ久シ性極テ肥, 開ムトスレバ音ノ高, 開万冊府之記, 開万国春とある, 開三顕一が何, 開上人の夢, 開乃折数枝贈菅先生, 開云是先人竹亭先生遺愛之種, 開之由, 開をし, 開住西阿の, 開などがあります, 開作工事之際建, 開がある, 開倉廩賑給之, 開元中かつて旱, 開元寺には寓居, 開元寺板とが繼續, 開冥賢劫の時, 開出し長広な, 開せずただちに, 開した十惡中, 開列するに堪へぬ, 開列懇請する所, 開剖室などにて同じ, 開剖的に心理, 開創以来雄略天皇の御代, 開も足りなけれ, 開勿勤常曾已良久爾堅目師事乎墨吉爾還来, 開南丸が旭旗, 開南丸船長に面会, 開に旅客心得, 開及び朱光の, 開友空蝉之世人君羊蹄, 開ヲ判斷スルニ足ラザルナリ, 開貴寶, 開國主張者があつ, 開國主義を一科學者, 開國五十年紀念會を開く, 開國以前に關, 開國勸告など無用, 開國勸告使節の, 開國勸告使節和蘭の軍艦, 開國家といはず, 開國後日本から年々多額, 開國後歐人の手, 開國必至を信じ, 開國日本の先, 開國是か非, 開國期の豪傑, 開國當時の日本, 開國的主張はその後, 開國論をしない, 開國論海防論に意, 開國論者側からは, 開國論者文久二年攘夷派の志士, 開國進取産業立國殖産興業文明開化というよう, 開國進取的な信念, 開の子, 開堂供養を営もう, 開塾そうそう大河君, 開塾以来田沼さんは自然みんな, 開塾後は食事, 開塾最初の朝, 開の特許, 開天章閣賞小桃, 開天行道肇紀立極大聖至神仁文義武俊徳成功高皇帝, 開天行道肇紀立極大聖至神仁文義武俊徳成功高皇帝の諡号, 開宝末年に一度, 開の題目, 開室庭の竹藪是, 開展し俺の生活中心, 開展し幾千年の間, 開展上に禍, 開展分化するところ, 開展政治の発達等, 開山女也阿介比, 開の軍将, 開の時, 開した函館, 開広げて向う, 開府藩県不可達の地, 開庵祝日でもある, 開を促す, 開弔時列於大門左右及啓霊獅豹先入於霊前舞踏, 開御門と呼ばれた, 開悟一転城を開い, 開悟生命の活法, 開悟発明文化の域, 開に至っ, 開懇土地に入り込ん, 開懸けた障子に, 開戰ニ至ル迄國政ヲ把リテ志, 開戰ハ已ニ論議時代ニ非ザルナリ, 開戰不可避論を承認, 開戰以來約數ヶ月, 開戰原因ヲ顧レバ明白ナリ, 開戰準備金を設, 開戰當初ヨリ露, 開戰第一日のパリ, 開戰論が唱道, 開戰論者でありました, 開して, 開し票数, 開す四時翫好蕪靡愛すべ, 開捨てた間から, 開掘した礼拝堂を, 開掘せられてある, 開の二家, 開万象, 開放れた六畳の, 開みずから安んずる, 開敷蓮華の道印, 開文運再上航西万里途, 開起先登百尺台波上茫茫看, 開晨起先登百尺台波上茫茫看不, 開暁鐘とつれ, 開の英文, 開會中の博覽會見物, 開會以前の形勢, 開會諸般の報告, 開に間, 開期三ヶ月の博覧会, 開期不明の休校, 開期中だから, 開期間東京で妾, 開未開を問わず, 開松川町実家へ行, 開枕板の鳴る, 開の上, 開法師円明師下氷, 開清香寒更発, 開渡してもらふ, 開な平地, 開濶地に出, 開に炭火, 開版大蔵経の恒久的, 開物者何ぞ是等, 開と共に世, 開現せらるべし, 開悟信女享和二年壬戌十二月六日, 開の作用, 開發セズ是唯樹ニシテ能實ヲ結ベドモ, 開發事業の補助者, 開發會社の社員, 開發舊記にあります, 開發軍事に及ぶ, 開皇中の傳教, 開皇中云々の文句, 開皇二十年を囘暦紀元, 開皇二十年倭王姓阿毎, 開皇元年辛丑となるらしい, 開皇六年頃に繰り上がる, 開皇年代に於ける, 開皇年間より隋, 開皇年間囘教東漸説の起源, 開の際, 開目鈔のうち, 開った, 開の道, 開神此の三つ, 開禧元年四月乙卯誌す, 開があつ, 開筵鶴浦干, 開経偈と最後, 開せる状, 開なの, 開而見手歯如本来家者将有, 開耶姫尊といい, 開脱する事河童に, 開入同日也, 開荷衣桁刺繍した衣裳, 開落と同じく宇宙, 開落往来それらの中, 開表して恥づる, 開いて, 開覚せしめんために, 開覚人格完成に結びつけ, 開時間を, 開すでになみ, 開したさも, 開相次ぎ久しき, 開議質問もなく, 開主人, 開路者です, 開路開山にし, 開路開路のかけ声, 開遠馨, 開遂攀樹折花誤墜園中, 開道博覧会と別に, 開せい, 開錠日は月三回, 開鎖意見を徴, 開から戸外, 開関説を, 開閨中欷歔すること頗妙, 開闊地には籾, 開闔家長が何かと, 開闔撰者は飛鳥井雅世, 開闔源家長が清書, 開雪動連峰背後堆誰謂, 開音山女也阿介比又波太豆, 開にふさわしい, 開の文章, 開顕して新しき, 開顕せんとす, 開せる指導精神, 開香堂というの, 開を看ん