青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「門口~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~長く 長く~ 長屋~ 長崎~ 長男~ 長者~ ~門 門~ 門人~ 門前~
門口~
閉~ ~閉じ 閉じ~ 開~ ~開い 開い~ ~開いた 開いた~ 開き~ ~開く

「門口~」 1129, 12ppm, 9006位

▼ 門口~ (315, 27.9%)

42 立って 22 出て 17 立つて 5 待って 4 来て, 立った 3 出で

2 [18件] あつまって, ある赤松, 一人の, 並んで, 人の, 出して, 出ると, 持出して, 柳の, 止まった, 突っ立っ, 突立っ, 立つ, 立つたの, 立てて, 著いた, 送り出づ, 駈けつけると

1 [182件] あった石, あの色紙, ある新緑, ある枡売り場, ある高, いた守衛, いなかった, いる娘たち, うろうろし, かたまって, きて, きれいな, こごえて, ころがって, さしかかって, さした人影, さして, じっと膝, そのまま浮い, その姿, たたずんで, たって, だれか, ついた, ついたから, はいったかと, はかの, ひとが, ぼんやりしてる, ぼんやりつっ立ってる, ぼんやりと, ぼんやり立つ, むらがって, よく何, れいの, タクシーが, ノツソリと, 一本ある, 一銭二銭の, 一面に, 丈余の, 下ろす梶棒, 両手を, 並べて, 並んだ鳳仙花, 主婦, 乘入れる, 佇んだが, 佇んで, 佇立んで, 何やら声高, 何やら聲高, 來り, 倒れて, 停まった, 出たり, 出ようと, 出迎えた, 取りつけた小さい, 呼んで, 呼出して, 咲いて, 回ると, 土の, 在る枳殻垣, 大きな榎, 大きな石地蔵, 大きな高張, 太夫の, 女中らしい, 女髪結の, 姿を, 孕み女, 居たりとて, 居た時, 張物を, 弾じ, 当たって, 彳む時僕は, 彳んだ, 彼の, 往って, 待ち設けて, 待ってるよう, 待つて, 忍んで, 懸かって, 懸けた旧, 懸りまする, 押し合うて, 捨てやがって, 捨てられて, 掛つてゐる, 提灯を, 月に, 木振, 来たりて, 来りて, 来り袖, 来ると, 来る時, 様子を, 標札が, 樣子を, 深井が, 烏帽子折り, 焚き南, 率き出し, 現はれた, 現れた, 現れた時, 現れるの, 男の, 白い顏, 白い顔, 眉を, 突立った, 突立って, 突進する, 窺い寄ると, 立たせた事, 立たせちや惡い, 立たせて, 立ちたる我, 立ちて, 立ちながら, 立ちはだかって, 立ち停った, 立ち居る男, 立ち止まって, 立ち腰, 立ち迎, 立ち迎える, 立ったり, 立ったガラッ, 立った帰国, 立った時, 立っては, 立つこと, 立つた三人, 立つと, 立つゐた, 立てかけて, 立てるの, 立停りました, 立寄った, 端座し, 箒目を, 縄暖簾を, 縫子が, 美しい清水, 群れて, 羽根を, 若い娘, 落したんで, 藤棚の, 行って, 行倒れて, 見張って, 誘い出して, 誰の, 豆を, 貼つて, 貼り付けて, 貼るよりも, 身を, 車が, 近い柱, 近き食堂, 近づいたころ, 近づいて, 近寄ったらしい, 追いつめられ死, 送り出した, 這入つたかと, 通りかかりました, 進むと, 達したの, 集まった, 首筋ちぢめ, 馬を, 黒山を

▼ 門口~ (144, 12.8%)

14 出て 6 立って 5 来て 4 出た 3 出たの, 往って, 立つて, 顔を 2 お品, 出ると, 呼び出して, 来た, 来たところ, 飛んで, 駈けこんだ時

1 [89件] いって, おきかえるという, おくつて, おろすと, お梅, かかる, かけ出して, かたまって, きて, くると, つくだろうと, はいって, ひとりの, もどりさらに, やっと梶棒, タールを, マゴマゴしてやがる, 一人の, 一月寺へ, 一軒ずつ, 乘りつけ, 二度と暇乞, 人を, 何か, 來た, 入つた時, 出たが, 出たり, 出た葬い, 出ましたが, 出やう, 出ようと, 出る家, 切藁を, 別離を, 参り, 参りました音羽, 届いた, 帰り着いた, 引っ返すと, 張札を, 往った, 持ち出した火鉢, 指田流の, 据えられたの, 来たらしい, 来た様子, 来た配達夫, 来ました男, 来ると, 横づけ, 歓びを, 止まった, 歩み寄って, 消えて, 着いた時, 着きました, 突出すと, 突立つたなり物も, 立たれては, 立ちました, 立ったなり, 自動車を, 行きしが, 行き着いた, 行き着くと, 行くと, 行った, 行って, 行つた樣子です, 貼れば, 走り寄ったらしい, 車が, 転がしたまま, 辿り着いて, 迎えに, 迷い出た, 送り出すところ, 連れ出して, 進みますと, 遊びに, 錠を, 降いとけ, 集って, 集つて来た, 露われた, 顏を, 飾って, 駈けて

▼ 門口~ (131, 11.6%)

13 出て 8 出た 4 入って, 出ると, 離れて 3 出たりは, 掃いて 2 はいって, はいると, 出るとき, 叩く音, 這入って, 這入ると, 開けて, 開ける音

1 [76件] あけて, あける, あけると, あらあらしくあけ, うろ, かけて, かたっぱしから, くぐった者, くぐりちょっと, くぐり直すよう, そこそこに, たたいたくらい, のぞいて, はいった, やけに, 入りました, 入ると, 出しなに, 出たが, 出たり, 出た二人連, 出た小林氏, 出てから, 出ても, 出で, 出ますと, 出るの, 出るや, 叩くを, 喰付けたり, 塞いだやう, 塞ぐなんて, 塞ぐよう, 打ちこわして, 折々振り返っ, 押し開いて, 拜借し, 拳で, 掃除し, 推した時, 攻撃した, 流れる下水, 潜ったもの, 潜った時, 潜つた, 潜るとき, 潜る前, 潜ろうとして, 破壊しよう, 祝おうと, 綺麗に, 衝と, 見おろして, 見ますと, 見れば, 見付けて, 見守って, 見守つて, 見返ると, 覗いたら一人, 覗いた遣手面, 覗いた音次郎, 這入った, 這入つて, 這入ろうと, 通つたが, 通りましたので, 通ると, 通る人, 通ろうとして, 閉した旅館, 閉じて, 閉めたからは, 開けるあり, 離れた, 面白ずくに

▼ 門口~ (110, 9.7%)

2 張り物を, 踊るのみか

1 [106件] あつらえた駕屋, いつて, いつも唄っ, お志, お昼に, お目にかかると, かう言, こういい棄て, しっかり掴まる, しょんぼりと, する, そこを, そだ, そんなこと, たおれたん, つかまえて, なおも呼んだ, ふらふらし, また若い, わしは, カナリアや, カンテラへ, ガラッ八, コツコツと, シャツ一つに, ピタリと, フイと, フッと, モヂモヂや, 云い罵る者, 今一人の, 何やら念入り, 分れた小野さん, 別れた, 別れて, 別れました, 別れること, 十手を, 又ひと, 友達と, 叔母に, 呼ぶ方, 呼んだ, 喚いて, 喧嘩を, 喰って, 国定忠次を, 堀が, 壁を, 声を, 変な, 外を, 大勢の, 女達は, 小児を, 小粋, 少しばかり, 尚しばらくあちら, 弦之, 張番を, 拾って, 挨拶し, 挨拶した, 振り返つて, 捕えられた, 数百人の, 断らりょう, 旦那が, 止まって, 氣が, 永久に, 法螺の, 渋ったが, 濃い頤髯, 爽に, 物を, 皆が, 破った, 種を, 立ち止まると, 義助に, 膽を, 花々しく討死, 若い水, 草鞋を, 華やかな, 葛飾と, 見かけた町人, 見ました, 見送って, 見送つた, 見送るよう, 貴方に, 赤いもの, 足を, 躊躇って, 車夫が, 迎い火を, 送り火を, 遊べ, 酔っ払いが, 錫杖を, 闇の, 顔馴染の, 養父の, 馬より

▼ 門口~ (106, 9.4%)

5 方へ 4 戸が, 戸を 2 ところで, ベルが, 具合と, 所で, 柳が, 格子が, 格子を, 瓦斯燈から, 雪を

1 [75件] お迎火, きらめく歩哨, くぐり, さまが, たっぷりした, ところまで, 二三段の, 八つ手の, 前へ, 取りつき, 右手よりに, 団子を, 土を, 土中に, 坊さんときたらすまし, 声に, 如く出発点, 小間物屋の, 小障子, 屋根の, 左側に, 廂の, 往来へ, 戸かい, 戸一枚で, 戸氷結し, 所に, 扉を, 掃き方, 播磨屋で, 方から, 方からがや, 方を, 暖簾を, 板橋の, 果樹園まで, 枯れすすきの, 柊の, 柱には, 柱を, 格子に, 格子へ, 植木を, 椰子の, 槙の, 模様を, 樹に, 段に, 気勢に, 泥溝も, 流れ灌頂の, 涼台に, 狭い割, 狭い店, 番小屋の, 百姓は, 眞鍮の, 石に, 石の, 石橋の, 石段の, 空地に, 空地の, 立木に, 紅梅を, 紐で, 縄す, 見える所, 跫音を, 郵便箱を, 鈴の, 錠を, 雨戸を, 雪の, 頭の

▼ 門口まで~ (101, 8.9%)

14 送って 6 送つて 4 往った 3 出て, 帰って, 見送って, 見送られて 2 来かかると, 来た時, 来て, 来ると, 行くと

1 [55件] いったが, おじいさんを, そしてジーナ, ついて, つけて, なりと, 一緒に, 伺いましたらまあ, 出た処, 出た時, 出ると, 帰ったの, 引き摺られながら, 御挨拶, 忍んだ, 忘れないよう, 挨拶に, 握って, 攫われて, 文六ちゃんを, 来た, 来たかれそのまま, 来たので, 来ました, 来りて, 私たちは, 私たちを, 突き進んで, 自動車で, 良助を, 藻を, 行くの, 行って, 見舞に, 見送りました, 見送ると, 走った, 走りついた, 車で, 迎いに, 迎へ, 追って出た, 追って出たおよつ, 追懸け, 送りに, 送り母, 送るという, 送る若き, 連れて, 運び出されたの, 遣って, 附いて, 飾り立てたる注連飾り, 駈け出しました, 駕籠を

▼ 門口から~ (100, 8.9%)

6 声を 3 呼立る 2 あたふたと, はいって, 入って, 出て, 右へ, 呼ぶ, 噪いだ, 我鳴れ

1 [75件] かき出され高山, さしのぞく, すぐに, すらりと, そっと窺う, その内外, はなれると, まっ白い, チョビ安の, ドンと, ヒョイと, フラリと, 一匹の, 一歩も, 乗って, 五丁目の, 仲の町に, 入つて, 呼び歩きましたが, 境内を, 外に, 外り去られた, 多勢の, 女の, 女中に, 威勢よく, 射す強い, 小さな影, 屋内へ, 年配の, 廻つて茶屋の, 引き返す者, 悄然と, 投げ込んで, 抛りこんだそう, 旅魚屋の, 早や, 案内を, 歳暮の, 民弥へ, 水でしょう, 水道尻へ, 水道尻まで, 消えた時, 無遠慮な, 玄関へ, 画の, 白いもの, 白い寢卷, 真暗な, 石畳み, 私の, 立派な, 笑うもの, 紋作は, 紋作を, 素通りさせ, 續い, 背の, 舞い込んだの, 衣紋坂の, 見て, 見送った朝, 覗き込ん, 言った, 訪れる半蔵, 追い払って, 追い返されるよう, 追い返すもの, 這入って, 還るの, 長作は, 飛び込んで, 飛んで, 飛石づたいにいきなり座敷の

▼ 門口には~ (27, 2.4%)

2 李幕事夫婦を

1 [25件] ちょろちょろと, もう人, 一人の, 七兵衛老爺が, 児を, 喪の, 夜番の, 大きい枯れすすき, 大きな百日紅, 巡査か, 彼の, 恵みを, 旗竿と, 春嬌が, 朝鮮信托会社小田原出張所などといふ, 父の, 町の, 番人が, 白米一升につき, 目じる, 私くらゐ, 紅い提灯, 若い男, 輿から, 馬が

▼ 門口~ (10, 0.9%)

2 見えて 1 あって, 割合に, 変った体, 市場の, 淋しいから, 現れたり, 破れるやう, 開き一九

▼ 門口~ (10, 0.9%)

1 もとより台所, 以上の, 何だか風変り, 出られめ, 月の, 東に, 為切が, 煙りでぼやけて, 自分にとって, 開いて

▼ 門口より~ (9, 0.8%)

2 呼び立てぬ 1 ほの, 何ぞ御用, 入り来るは, 内を, 見るに, 鞠の, 馳せ出る人

▼ 門口にも~ (8, 0.7%)

3 立って 1 また五六人, 二三人ずつは, 僕の, 若木を, 門の

▼ 門口~ (5, 0.4%)

1 二階の, 南天垣の, 奇麗な, 縦長い, 裏口は

▼ 門口では~ (4, 0.4%)

1 なく名, 出女, 年を, 陰気な

▼ 門口~ (4, 0.4%)

1 どの窓, 垣根も, 通ったり, 閉めたまま

▼ 門口へと~ (3, 0.3%)

1 下りたちました, 行つた, 首から

▼ 門口あたり~ (2, 0.2%)

1 でこんな, でよく

▼ 門口~ (2, 0.2%)

1 なつて, 同じ意味

▼ 門口との~ (2, 0.2%)

2 間に

▼ 門口などで~ (2, 0.2%)

1 口を, 行き逢うと

▼ 門口などに~ (2, 0.2%)

1 人々が, 立って

▼ 門口へだって~ (2, 0.2%)

1 出られやしませんよ, 寄りつく法

▼ 門口出づる途端~ (2, 0.2%)

2 に今

▼ 門口~ (2, 0.2%)

1 罷り出でましたる故, 追いかけたの

▼1* [26件]

門口慈悲に, 門口からもおつそろしく, 門口とには柳, 門口での立ち話くわしい, 門口でまで云って, 門口として互の, 門口とには水が, 門口にかけて婚礼を, 門口にて出逢, 門口にのそりと, 門口へはずっと縄, 門口へまですがって, 門口へも着て, 門口きたるところ, 門口らしい微暗い, 門口をはひると, 門口をもかざって, 門口二間ばかりの小, 門口京都より東, 門口以外にはなかっ, 門口出窓の前, 門口換言すれば, 門口の子, 門口猶予わず, 門口の浮絵, 門口蠣殻の附