青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「門人~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~長い 長い~ ~長く 長く~ 長屋~ 長崎~ 長男~ 長者~ ~門 門~
門人~
門前~ 門口~ 閉~ ~閉じ 閉じ~ 開~ ~開い 開い~ ~開いた 開いた~

「門人~」 1042, 11ppm, 9656位

▼ 門人たち~ (177, 17.0%)

7 の顔 3 の中, の言葉, は孔子, は顔

2 [11件] が彼, にいった, にいわれた, の多く, の心, の手, の誰, は, はその, は今, をかえりみ

1 [136件] から彼, がうやうやしい, が一旦, が不審, が不思議, が人物評, が代参, が四五人, が妙, が孔子, が孝道, が川崎, が帰った, が思い思い, が曾先生, が真っ先, が臣下, が言い迫った, が記録, が非常, ことに彼, だった, では, と人物評, と共に天下, と商家, と少し, と詩書礼楽, と語らっ, にすら理解, にその, にたわむれ, にはそれ, には何, には少し, には得られない, にひょこひょこ, にむかっ, にも孔子, に云った, に仲弓, に向かっ, に囲まれ, に対してはさすが, に彼, に支えられ, に教えない, に稽古, に聞かれる, に聴い, に自分, に見送られ, に視線, に道, のいない, のうち, のかすか, のこと, のなか, の不安, の口, の方, の気持, の眼, の胸, の蔭口, の酌, の間, の面, はいよいよ, はうす気味悪く, はお, はおたがいに, はおどろい, はかまわず, はきわどい, はこれ, はしばらく, はすっかり, はすでに, はとかく, はまた, はまだ, はみんな呆気, はめいめい, はやっと, は一せい, は三たび顔, は三度顔, は云い合した, は先師, は出来る, は口, は口々, は吹きだし, は呆れた, は変, は夏, は子路, は安心, は弱らされ, は彼, は怪訝, は慾, は沈痛, は沼, は牛, は相談, は看護, は眼, は身, は遠く, は門前, は静まりかえっ, は順々, は首, は默, もあっけ, もすぐ, もそれ, もそれとなく, もただ, もまず, も彼, も怪訝, も悩まされたらしい, も疑った, も石, も腰, も遅れじ, を五六名, を引きつれ, を教育, を枕頭, を甘やかし, を見る

▼ 門人~ (119, 11.4%)

5 一人が 3 一人として, 事を 2 うちで, ために, 一人で, 一人であった, 一人である, 中で

1 [96件] うちでは, うちには, うち優れたる, この感想, これを, すぐ目, なかでは, ひとりに, ほうへ, ほとんど全部, よいところ, 一人だ, 一人であり, 一人です, 一人に, 一人は, 一人へ, 中から, 中での, 中に, 中には, 中にも, 中の, 主なる, 事について, 事は, 五六名を, 伊藤左千夫の, 位置を, 先輩株で, 其水が, 円遊俗に, 冉有が, 冉有を, 出した二本, 出資で, 出資です, 列に, 加勢も, 半分以上は, 反対党, 取次でした, 台帳, 台帳に, 外に, 多い伊那, 大部分, 子路なんかを, 宮本孝庸の, 家に, 小春団治へは, 師の, 後藤松蔭が, 懷舊談である, 手で, 手へ, 教化とに, 数も, 方が, 明治に, 望足りぬべし, 末に, 末席を, 李斯が, 杜国との, 柳条柳橋を, 柳條柳橘を, 業を, 死生大悟を, 浜田寅之助は, 浪曲師が, 父の, 牢も, 生くべき, 生存者三人を, 発起で, 筆する, 筆録では, 籍に, 者にて, 耳に, 聞き書, 花圃が, 記する, 話などを, 誰かが, 重立ったの, 銘々が, 門人たちの, 間に, 随い行く, 非を, 顔を, 骨折りは, 骨折りを, 鳴尾

▼ 門人~ (61, 5.9%)

2 いった

1 [59件] あって, あとで, ある, うようよし, こぞって彼, こたえた, こんなこと, その話, それを, たずねた, どなって, ふえると, ふすま, もう一名, 一人のこらず, 一名, 三名鉄砲を, 下積みに, 人と, 伝七郎を, 入って, 全国で, 六七名も, 写して, 出来て, 参ると, 叫んだ, 叫んで, 合同協力の, 名主を, 堅く根, 大に, 大勢いる, 子思子, 孔子に, 寄って, 寒そう, 寫したと, 師の, 師匠の, 年中出入りし, 彼に, 彼を, 復古運動の, 忘れること, 次第に実行, 次第に殖え, 海軍の, 生まれましたら子, 祖師を, 福島の, 立上っ, 腰を, 詰めきって, 説明する, 諸藩, 軍の, 途端に, 運んで

▼ 門人~ (61, 5.9%)

8 して 3 なった 2 なって, 加わること

1 [46件] いいました, いった, お礼を, さしずして, すぎないこの, その名, なったの, なつた, なつたくらゐだ, なろうという, まず瞬き, 与えたものの, 与えて, 伊藤一刀斎景久が, 候, 先づ漢書藝文志, 先づ瞬きせざる, 加わり婦人, 向って, 向つて大同小康, 告げて, 始終落語, 対して, 導かれて, 小机源八郎という, 当り夜, 彼の, 戯れて, 手も, 手当を, 授けられまた, 接した, 教えて, 教授し, 斬られたの, 有名な, 服部良醇が, 残されたもの, 洩らしたらしい, 田原慶作といふ, 示す爲め, 稽古を, 薬量の, 話しかけた講本, 遠慮を, 顔回という

▼ 門人~ (40, 3.8%)

125 に見え 3 には

1 [20件] には四十五人, には此人, には福岡, によれ, に一, に八十一人, に岡西玄庵, に成田良純, に純, に載せ, の, の原文, は一, は徴, は或は, は良子刀自所蔵, も歴世略伝, を作る, を検する, を閲し

▼ 門人~ (39, 3.7%)

2 必ずしも芭蕉

1 [37件] あまり多く, あり将軍家, いくたび, いずれも, いよいよわけ, こぞって藪, ただうなずく, とう, もう苦, 一寸うろたえた, 不思議そうな, 乱刀を, 二人ながら, 代々中津川の, 何を, 全国を通じて, 出ると, 初め中橋に, 可笑しくなった, 増えるそう, 多くは, 姓氏が, 孔子が, 幕府方から, 当惑した, 復古を, 手持無沙汰で, 杵勝同窓会を, 激昂し, 盆を, 硬軟二派に, 蒼くなっ, 諸国を通じて, 足の, 遠方から, 首を, 黙って

▼ 門人~ (37, 3.6%)

2 ひき連れ, 残して

1 [33件] して, つかは, ふりかえった, みな平田篤胤没後の, もちある, 一人でも, 代表する, 伴れ, 使うこと, 列叙し, 取って, 叱りつけて, 呼ぶに, 呼んで, 城の, 宥め賺した事, 引っぱって, 待つこと頗厚, 戒めたもの, 押した, 押しのけるよう, 最後の, 歴訪する, 率いて, 率いる平田鉄胤, 臣たらしむ, 語らい来たるべき東山道軍, 誡めて, 謂つた, 連れて, 遣つて伝習, 集えたの, 顧みて

▼ 門人~ (35, 3.4%)

7 あつた 2 あられたが

1 [26件] あつて, かの志, この席, ござります, やはり兵学者, 中島流の, 京都に, 佐分利流の, 允成の, 多才能弁を以て, 奚疑塾に, 学殖儕輩を, 居た同郷人, 我都と, 斎藤彦麿の, 明治三十三年に, 書名が, 正香の, 漢学の, 直心陰を, 確に, 羅香と, 著述には, 蕨駅に, 親交の, 雛亀と

▼ 門人~ (35, 3.4%)

1 [35件] がおどろいた, がこれ, が一斉, が出, が大勢, である, なら三十人, に, にとりかこまれ, には, にはどうして, にはなお, にも負けぬ, の前, の力, の我執, の手, の色めき立った, の言葉, の静粛, はそう, は一斉, は一時, は二千数百年前, は低く, は師, は役人, は熊山, は白衣, は膝一つ, は誦経, は頷いた, へ向い, も何, も彼

▼ 門人~ (29, 2.8%)

3 なつた 2 なるに

1 [24件] せんこと, その乞い, なったと, なったもの, なって, なってから, なりこと, なりたき由懇願, なりたり, なりまた, なり剃髪, なり後, なり成績, なり柳家, なる, なる者, 一口には, 倶に, 号し, 為ること, 署した, 藩の, 言うべきのみ, 言わるる多く

▼ 門人~ (26, 2.5%)

2 はしきりに

1 [24件] がいずれ, が志, とに強要, とも互いに, にとって親しみ, にとって記念, には分らない, のもと, の夢, の建立, の思い思い, の手, の筆記, の苦心, の行動, の説明, は今度, は同じ, は果し合い, もまた, も今日, を励まし, を指導, 折々宴会

▼ 門人~ (17, 1.6%)

1 [17件] でまだ, で孔子, で彼, で誰, には往々, に列, に建部賢弘, に裏切っ, の老輩数人, の門人, の閔子騫, より出で, より既に, わが道, 主として師家, 坐容, 最も異彩

▼ 門人~ (15, 1.4%)

2 あった

1 [13件] あったのに, ありその, いくらか寿平次さん, すぐ立, また加はり, また挙用, 交じって, 多かった, 多くその, 武蔵が, 遂に笑つて復言, 驚いて, 黙っちゃ

▼ 門人~ (13, 1.2%)

1 [13件] が, がひょっと, が先生, が少し, が爲上げ, に与, に与へる, に憚, に馳走, は復, は拝謝, も懸命, を神田大横町

▼ 門人~ (10, 1.0%)

1 からそういう, か知らねえ, が金沢, という人, といっ, と答えた, と聞い, と言い触らした, と言う, よ

▼ 門人~ (10, 1.0%)

1 が大勢, では埒, とたびたび, と立合わね, のうち, のひとり, ばかりが悪い, や金沢, をいましめた, を幾名

▼ 門人として~ (9, 0.9%)

2 どこまでも 1 あの先輩, 半蔵から, 取り扱い決して, 取り扱われた, 召し出されたかは, 大小を, 関流宗統の

▼ 門人としての~ (9, 0.9%)

1 半蔵が, 半蔵なぞが, 半蔵の, 彼が, 彼は, 立場から, 立場に, 自分らは, 誇りをも

▼ 門人ども~ (9, 0.9%)

1 がけいこさいちゅう, が門人, だと, だな, に吹聴, に莞爾, の私意, はこの, へ果し合い

▼ 門人仲間~ (9, 0.9%)

1 であり互いに, である, では謙遜家, で彼, とも折り合わず, なる景蔵, に知らない, の半蔵, はみんな

▼ 門人たる~ (8, 0.8%)

1 と否, を以て余, 宗厳へ, 実隆が, 時に, 森枳園の, 相良惣蔵が, 飯田安石の

▼ 門人~ (7, 0.7%)

1 なるもの, には曙覧, にも記入, に九百五十人, に武蔵, に麗, を見せ

▼ 門人~ (6, 0.6%)

1 友人たちに, 国君や, 多くの, 女中にでも, 従者が, 知人などが

▼ 門人~ (5, 0.5%)

1 どちらに, 何かが, 従者かを, 縁者か, 誰かが

▼ 門人とは~ (5, 0.5%)

1 云っても, 思いも, 見なさなかったの, 見なされなかった, 近隣の

▼ 門人であった~ (4, 0.4%)

1 こと前にも, という, ので廃藩後, 野崎左文の

▼ 門人であり~ (4, 0.4%)

1 その大半以上, その隠れた骨折り, 多年勤王の, 孟卿は

▼ 門人では~ (4, 0.4%)

1 あつた, ございませんか, なくとも, 島盛伊兵衞北田忠之丞中村右助

▼ 門人~ (4, 0.4%)

1 こういった, たずねた, 向い, 渡した

▼ 門人~ (4, 0.4%)

1 の寄り合つて, は疾く, を稽古台, を順々

▼ 門人である~ (3, 0.3%)

1 が信州下諏訪, が等持院, 旨を

▼ 門人なら~ (3, 0.3%)

1 うそは, ばなおさら, むとおもはる

▼ 門人なる~ (3, 0.3%)

1 ことを, ものは, 小林大助と

▼ 門人にて~ (3, 0.3%)

1 吾童といふは, 年来剣術柔術等修行, 真剣勝負之時平日之

▼ 門人には~ (3, 0.3%)

1 とても伺えない, 出来ないこと, 日下誠坂部広胖等が

▼ 門人らしい~ (3, 0.3%)

1 がその後奥羽征討軍, 二三人の, 白木の

▼ 門人から~ (2, 0.2%)

1 六人まで, 出た改革意見

▼ 門人その他~ (2, 0.2%)

1 に警告, の人物評

▼ 門人だけに~ (2, 0.2%)

1 なってからの, 堅実な

▼ 門人でも~ (2, 0.2%)

1 あったの, 見捨てるの

▼ 門人としても~ (2, 0.2%)

1 あまりいい, 彼女の

▼ 門人との~ (2, 0.2%)

1 応対の, 結びつきが

▼ 門人とを~ (2, 0.2%)

1 少しも, 連れて

▼ 門人など~ (2, 0.2%)

1 七八名し, 六人まで

▼ 門人ばかり~ (2, 0.2%)

1 二十人, 集めて

▼ 門人また~ (2, 0.2%)

1 俺に, 菊川英山渓斎英泉鳥居清峰らは

▼ 門人一同~ (2, 0.2%)

1 が願い, と等持院

▼ 門人名簿~ (2, 0.2%)

1 に書き加え, のなか

▼ 門人塩田良三~ (2, 0.2%)

1 は温言, は肌熱頭痛

▼ 門人多く~ (2, 0.2%)

1 相集まれ, 重立った奴等

▼ 門人多し~ (2, 0.2%)

1 といえ, といへ

▼ 門人子路~ (2, 0.2%)

1 の夫人, を敬わず

▼ 門人弥七郎作~ (2, 0.2%)

1 というきざみ, という焼き彫り

▼ 門人数人~ (2, 0.2%)

1 が先生, をした

▼ 門人~ (2, 0.2%)

1 の父, は受けた

▼ 門人森枳園~ (2, 0.2%)

1 が妻, の家

▼ 門人洒堂~ (2, 0.2%)

1 に教, に教え

▼ 門人浦無窮~ (2, 0.2%)

1 が松陰東都檻, に描かしめたる

▼ 門人片桐春一~ (2, 0.2%)

2 を中心

▼ 門人知友~ (2, 0.2%)

1 に対しては懇切, の別荘

▼1* [165件]

門人あらんにも百千道, 門人あるいは準門人, 門人ことごとく罪科に, 門人ごときはあだ, 門人すべてではらっ, 門人その辞世の, 門人たりし事, 門人だけあって, 門人だったとやらで, 門人であって出藍, 門人であるべきことが, 門人というものは, 門人としてはこうした世, 門人とのみ限られたわけ, 門人とも称して, 門人なぞの気分とは, 門人などから知り得た昌造, 門人なみに取扱っ, 門人なりと称せらる, 門人なれどもその, 門人にといっても, 門人にとって郷土後進にも, 門人になつてゐた, 門人にはのべつに, 門人に対するととかく高飛車, 門人に関する事である, 門人ふたりが矢矧, 門人ぽん太の, 門人まで敵の, 門人までが止めだ, 門人やが傳へる, 門人よりお聞かせ申した, 門人一統が押ッ取り刀, 門人七人の氏名, 門人三代目円生を伴なつ, 門人三輪田綱一郎師岡正胤なぞのやかましい, 門人下津は初め柳田, 門人中主要なるもの, 門人中何人が特に, 門人中学力の優れた, 門人中渋江抽斎は二十四, 門人中誰が柏軒, 門人二三人しかない, 門人井達夫等は嘗て, 門人以上になる, 門人以外の人, 門人伴信友の門, 門人佐々木小次郎とはわし, 門人何とかの何枝, 門人作以釋六藝之文言, 門人侯芭が葬式萬端, 門人兪公允の養う, 門人其水では, 門人十九人が寄宿, 門人原信好の家, 門人原憲が筆記, 門人去来東花坊の如き, 門人古山師重を中間, 門人召使も持った, 門人同志の親しみ, 門人同様の村岡, 門人周迪が三世玄益成美, 門人和田仁十郎と申しまする, 門人問いて曰く, 門人国友の挿画数十枚, 門人国貞の時代, 門人国貞らの後, 門人国貞国政また菊川英山ら皆これ, 門人坂上玄丈の家, 門人塩田楊庵に猫, 門人境賢次氏などを長崎, 門人多き所以である, 門人多数者の名, 門人大井の声, 門人大栄山人と署, 門人子游がその, 門人守口村の百姓兼質商白井孝右衛門, 門人安倍晴明に伝へ, 門人安分某の家, 門人宗禎であらう, 門人山吹春一は不幸, 門人山崎与五郎という上手, 門人山田椿町が蘭軒医話, 門人平川良栄は柏軒, 門人政と, 門人建部兄弟等のごとく, 門人建部賢弘から始まったらしい, 門人弟子一統残らずを, 門人が年少, 門人後藤世張を随, 門人元直, 門人控え帳の連名, 門人江戸ニテ稽古ヲシテヤッタモノ故, 門人昇亭北寿また一立斎広重ら, 門人明治四十年十月十四日歿行年八拾三歳とある, 門人春好春英の手, 門人春英の作中, 門人を養子, 門人暮田正香もまじっ, 門人曰此皆諸仙, 門人村岡の手紙, 門人村岡善次郎をし, 門人村岡晋を養っ, 門人村田与三を伴っ, 門人松田氏がいかに, 門人板下画多し年四十八, 門人林嘉猷はかつて, 門人林嘉猷計をもっ, 門人某々という名前, 門人森養竹である, 門人業合大枝を訪, 門人横山下津は兼, 門人横山助之丞, 門人横山湖山が既に, 門人橋本増吉氏は長篇, 門人歌川国重自ら二代豊国の名, 門人沢井才一郎という者, 門人河野某に聞いた, 門人油元助家先生有詩次韻賦呈, 門人泉長達神保簡受遺言尽返之各, 門人津下四郎左衛門と名, 門人津島恒之進物産に委しき, 門人清川安策孫の事, 門人清水浜臣で此二人, 門人渋江抽斎が同じく, 門人渡辺昌盈が死んだ, 門人温井佐助建之と刻, 門人溜りの中, 門人灌頂の記した, 門人牡丹花肖柏に伝えた, 門人玄亭と渋江抽斎, 門人王大喜その術, 門人田中省吾なるもの, 門人卿為嗣, 門人石川甫淳をし, 門人秦玄民がため, 門人等相謀り席, 門人等録する所, 門人に列し, 門人若くは一僮僕, 門人衆右の腕, 門人行方千三郎は安政四年, 門人西村重長一枚の板木, 門人赤石郡司兵衛が弟子団野, 門人近藤玄之佐井聞庵, 門人連名帳へ署名血判, 門人道副は, 門人遺言を問う, 門人がない, 門人野村和作が家禄, 門人鈴木意伯と申す, 門人鈴木春信は石川豊信鳥居清, 門人録中に載せ, 門人録中鈴木氏のもの, 門人録及歴世略伝に載する, 門人録榛軒門人録は良子刀自所蔵, 門人録横田氏の下, 門人長谷川濤涯机を置きぬ, 門人雅世の父雅縁, 門人青山道醇らの書, 門人韓非も始皇, 門人音曲をよくす, 門人高山文輔親戚細川繁友人野上子爵等の名, 門人黒川雲岱に次, 門人鼓常時の複写