青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「長者~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

鐵~ ~長 長~ ~長い 長い~ ~長く 長く~ 長屋~ 長崎~ 長男~
長者~
~門 門~ 門人~ 門前~ 門口~ 閉~ ~閉じ 閉じ~ 開~ ~開い

「長者~」 1201, 13ppm, 8487位

▼ 長者~ (382, 31.8%)

13 大主 11 家の 6 家に, 家へ 5 家を 4 娘が, 家では, 屋敷へ, 邸の 3 前へ, 庭の, 教を, 方で, 暮しと, 言葉に, 言葉は, 邸へ, 風の

2 [37件] うちの, うわさも, ことである, むすめ, もとで, もとへ, ものに, 一行は, 二人の, 前に, 厳しい土塀, 嚴めしい, 女が, 女は, 妻が, 姪で, 威勢でも, 子に, 子供は, 家と, 屋敷内に, 手は, 甥とは, 甥の, 田を, 耳へ, 言に, 話でした, 邸には, 邸内に, 門を, 門前へ, 雇人が, 頭に, 顔を, 風を, 館の

1 [224件] いちばん目の子も, えせ粋三国一, おと女, おと娘, お旦那, それに, ところには, ふうあり, まな, まへに, むこに, ような, チョビ助が, モルガン一家は, ルダスの, ルヴュウを, 一人でした, 一人女と, 一人娘が, 一人娘に, 一件を, 一切の, 一家を, 一流どころが, 一行が, 万屋ぐゎらりと破産, 万燈と, 万燈に, 万燈の, 三太夫の, 乳母であっ, 事に, 二男でした, 云いんさる, 云う詞, 井戸の, 人々は, 令夫人の, 伝説が, 伝説などに, 住みたり, 使に, 使者アナマロも, 依頼であろう, 傍に, 傍へ, 傳説を, 元祖が, 几帳の, 出世物語は, 別荘の, 千万金よりも, 印朱器台盤と, 叔父を, 右大臣には, 吉備彦じゃわい, 名は, 名を, 命令に従い, 土地へ, 土蔵, 土藏, 執事人品骨柄さすが, 墓の, 声に, 大館は, 奉公人ある, 奥様じゃ, 奥様と, 女に, 女の, 女はじめ三人の, 女主人, 女房が, 女房などは, 好んで, 妹娘が, 妹娘の, 妻その後跡を, 妻と, 妻の, 妻も, 妻告訴され, 妻虎御前の, 妾の, 始祖に, 姫と, 威光は, 娘あり, 娘お, 娘で, 娘と, 娘とか, 娘の, 娘は, 娘ふと, 娘熊野は, 娘男が, 子を, 子をば, 子供が, 子供を, 子供一人のだけ, 子孫は, 子迦羅, 子迦羅なる, 孫右衛門これは, 孫右衛門に, 孫右衞門これは, 孫右衞門に, 宅を, 実力を, 室で, 室へ, 家, 家から, 家で, 家でも, 家などに, 家なり, 家は, 家敷も, 宿で, 寅五郎の, 寅五郎を, 富は, 富みを, 寛大かぎりなき, 小檀那, 屋敷が, 屋敷の, 屋敷跡という, 幻覚で, 幻覺で, 店子と, 弟私は, 当主孫右衛門と, 後に, 後嗣で, 後身友月, 心配は, 息子は, 愛娘の, 我鳴る嗄れ, 所へ, 手代渡海し, 抱妓の, 抱茗荷と, 招きに, 拵えた西洋館, 方に, 日く, 望みという, 来るの, 標識と, 權威を, 死に, 死んだ命日, 死骸を, 温容を, 炭焼小五郎は, 物置小屋に, 物語の, 物語は, 物語も, 物語長者の, 甥チッバルト下手より, 田は, 由来を, 男の子と, 男児が, 男児を, 留守許では, 當主孫右衞門と, 相をも, 相続人だ, 相続人に, 真面目に, 眼の, 着て, 祖先の, 稱は, 窘めるを, 立ったるところ, 立つたるところ, 第一世, 米庫の, 経験を, 統率の, 羨まるる所以, 者を, 腰の, 言いつけで肴, 言うこと, 言葉が, 詞の, 詞を, 話や, 豪勢な, 貫禄な, 質朴穏和な, 赤黒い顔, 跡を, 身上だ, 身上を, 輩も, 返答が, 過や, 邸も, 邸を, 邸跡が, 邸跡としては, 重器と, 長男の, 門に, 霊にも, 鞭は, 顔が, 顔に, 風が, 風格で, 館を, 鶴谷喜十郎様, 齢を

▼ 長者~ (146, 12.2%)

5 それを 4 自然かの

2 [11件] まだこの, 之を, 二人の, 何か, 土地の, 夜の, 大そう, 眼を, 興に, 苦なく, 雷の

1 [115件] いつもそう思っ, いろいろ工夫, いわば旅人, うなずいたが, お主, かたえ, がみがみ怒鳴り, こう云う, ここに, このた, この二人, これを, すげなく断って, せめて黄金, その坂, その夜, その後食事も, その日, その明り, その物知り, その話, そわそわと, ぞんざいに, たうとう, とうとうある, なるほどと, はたと膝, またその, またも, まるまると, もう狂人, もし私, わが家である, キョトンと, 二三日する, 五つ位に, 人間では, 今の, 代々男でなけれ, 何代前から, 傍に, 入道雲が, 八百人の, 其のまま呼吸, 刑殺され, 北の方と, 又手, 呟いたが, 唸ったかと, 喜んで, 売卜者を, 外宮の, 大いに怒っ, 大きな声, 大きな尻, 太い赤樫, 奥へ, 女が, 女将である, 奴隷の, 姿も, 娘を, 室の, 宮廷式に, 尊い人, 左膳の, 庭の, 廣い, 待ちくたびれて, 徐かに, 徐に制し, 心地好さそう, 心配し, 忌いましそう, 怖ろ, 急に, 悲しみの, 憎々しく怒鳴り立てた, 懐中より, 手に, 揮り返っ, 昔の, 最も財宝, 月に, 本名小五郎と, 杖を, 枕つひ, 棍棒を, 歎息し, 武士が, 泡を, 瓦盃の, 神を, 私などより, 私に, 竹や, 答へ, 縁側に, 老僧, 考えました, 肥後の, 背後を, 自分の, 自然紫微, 茫然として, 荒々しくこう, 観音に, 言葉を, 訓す, 財布から, 隻手を, 驚いて, 驚きと, 黄金の, 黙って

▼ 長者~ (132, 11.0%)

19 の道庵先生 14 の道庵 5 の先生 4 の筆屋幸兵衛, の貧乏神 3 の筆幸, の駅

2 [12件] というところ, に向, に落, のお, の俵屋, の十八文, の屋敷, の福寿庵, の道庵さん, へ行っ, までいらっしゃる, より

1 [56件] だからね, で, ではかなり面, で一時, で有名, で薬, で道庵, で道庵先生, といえ, なん, にいらっしゃる, にか, にかかった, にやっと, に住ん, に妾宅, に居た, に於ける, に暮し, に歸, に着いた, に筆屋幸兵衛, に親類, に道庵先生, の万屋義兵衛, の下宿, の名物, の場末, の大, の奉公先, の奥村氏, の子供, の宿, の小, の方角, の本業, の浜, の町医者, の私, の筆屋, の藪, の裏長屋, の金貸俵屋孫右衞門, はじまって, へ入る, へ参りました, へ巣, へ帰っ, へ帰るべき, へ急ぐ, へ歸, へ着い, へ行け, へ開業, へ飛ばせました, へ飛ん

▼ 長者~ (55, 4.6%)

3 して, なった, なったという 2 なつた

1 [44件] うまうまと騙り, つかえざるや, なったからとて, なったと, なったの, なったよう, なって, なつて, ならんとて, なりその, なりました, なり何不自由, なり家蔵, なり立派, なると, なる事, なれないから, なれる, なれるなどと, なれるは, なれるわけ, なれるんぢ, ひき合せて, やると, 代って, 会って, 傳はる寳といふ, 傳はる巨萬の, 出入する, 出入りする, 取って, 向い今, 向い最早, 向って, 問うたほう, 対うて言うべき, 封邑を, 對する, 愛されて, 招かれたの, 招かれ順番, 生まれなかったばっかりに, 縁因ある, 軽く目礼

▼ 長者~ (51, 4.2%)

2 ありました, 二人の, 住んで, 自分の

1 [43件] あった, あって, あなたの, ありその, ありまして, ある日, あんなこと, いくら待ち受け, いるから, さらに儲けた, つけ加えて, ところへ, まッさき, ヒメを, 二人できる, 云った, 住んでを, 供えた物, 出発する, 土左衛門に, 地蔵様へ, 地藏樣へ, 宇賀の, 家で, 家の, 屋敷へ, 崎から, 崎の, 意外な, 持ち傳へた, 昔の, 櫓へ, 無言であった, 窖に, 賢である, 赤樫の, 踊り場へ, 都へ, 金に, 食を, 馬籠峠の, 駅館を, 駒込の

▼ 長者~ (49, 4.1%)

2 よばれて, ヒメは, 土地の

1 [43件] いい一門, いう, いっしょに, いはれた, いはれる輩, いわれるよう, いわれる家々, いわれ三十七八年, いわれ参内, おなじ村, おぼしき人, かよう聞き及んで, なったに, なったの, なって, なられ征夷大将軍, なりました, なる, なるという, なる場合, なれるなり, パリスと, ヒメが, 云う長者, 云ふ, 仰がれて, 先輩は, 同じ響, 同様に, 名のり諸国の, 呼ばれる半, 呼ぶ者, 妻は, 定められてから, 山を, 成るべき人, 掛け合って, 推薦せられた, 生まれおり悪, 称ばれる, 若輩の, 蓮城法師との, 言ふ

▼ 長者~ (25, 2.1%)

4 の田圃 2 から飛ん, の一件, の万両分限, の万兩分限, の御殿, の村越, は親分 1 だって江戸八百八町, だつて, の一角, の村越峰右衛門, の村越峰右衞門, へ行っ, へ行つて一度

▼ 長者~ (21, 1.7%)

3 先に 2 助けて, 尊敬する

1 [14件] 凌ぎついに, 呼ぶに, 戴て, 拜する, 救うもの, 敬重する, 殺したの, 発揮する, 繼ぐと其披露の, 見返すほどの, 許され関白, 貰って, 貰つて頼朝に, 辱めたと

▼ 長者~ (17, 1.4%)

1 [17件] いまさらそれはじょうだんだともいえないので, この老人, その娘ざかり, のこのこ出, 三代五代と, 下僕も, 元代議士, 内々オレ, 出る博士, 博士も, 危うく尻餅, 危ふく尻餅を, 名と, 実は内々, 施す術, 祇園精舎を, 諦めたか

▼ 長者~ (13, 1.1%)

2 あつた, 江戸から 1 あつたり, おありなさる, そうして詩, ヤクが, 一通りの, 大炊という, 女盛りの, 秦の, 苗字帶刀まで

▼ 長者として~ (13, 1.1%)

1 [13件] いまや藤氏, これに, これを, また朝廷, 一藩の, 代わって, 勢威を, 周囲から, 尊敬し, 王者の, 生ける面目, 認めて, 遇し

▼ 長者屋敷~ (12, 1.0%)

2 の人たち 1 というは全く, と云う, と呼ばれる, などがまま, にはこの, のあと, のところ, の方, は昔時長者, へ納める

▼ 長者たる~ (9, 0.7%)

1 に異ならざる, に異ならざるなり, や一等官, 主人の, 人々を, 堂々の, 彼は, 良兼とも, 袁紹をも

▼ 長者という~ (9, 0.7%)

3 人が 1 厳しい身分, 大いなる威勢, 大家の, 金持が, 長者が, 類で

▼ 長者番附~ (9, 0.7%)

2 にも載る, の前頭 1 に乘, の前頭何番目, の小結どころ, へ載る, を見た

▼ 長者らしい~ (8, 0.7%)

1 ところが, 主人は, 人懐こい性格, 品格を, 寛厚の, 寛裕と, 風格の, 鷹揚ささえも

▼ 長者ヶ丸~ (8, 0.7%)

1 に小屋, のあたり, の子, の摩利支天境内, の祭礼, の谷あい, へでばっ, 子恋

▼ 長者~ (7, 0.6%)

1 が打ち据え, だ, とも呼ばるる, に買い取られた, の命令, の御, は承知

▼ 長者には~ (6, 0.5%)

1 これが, なれる, 八人の, 娘が, 成がたし, 眼も

▼ 長者~ (6, 0.5%)

1 である, という面白い, なるもの, にからみあっ, に炭焼, の成生

▼ 長者である~ (5, 0.4%)

1 かのごとく構える, がこういう, ことを, と一世, 事の

▼ 長者とは~ (5, 0.4%)

1 いえぬ者, いえるが, こんなやりくり, こんな態, そこもとか

▼ 長者とも~ (5, 0.4%)

1 あるべき我々, ある重臣, なる, なると, 言は

▼ 長者~ (5, 0.4%)

2 をくぐっ 1 があっ, のすき, の根元

▼ 長者から~ (4, 0.3%)

1 嫁を, 牛乳などを, 突然こう手厳しく, 落籍の

▼ 長者にも~ (4, 0.3%)

1 なれようという, 珍しいと, 用いられぬこと, 量りかねるの

▼ 長者伝説~ (4, 0.3%)

1 から宗教倫理, が投げ, それから大阪町人, を材料

▼ 長者~ (4, 0.3%)

1 の土手, の浜, の浦, の渚

▼ 長者あり~ (3, 0.2%)

1 て七度妻, て二人, 毎度沙門を

▼ 長者~ (3, 0.2%)

1 から別段, がひどく, という奈良坂法師原

▼ 長者であり~ (3, 0.2%)

1 他の, 六条河原の, 志士の

▼ 長者でも~ (3, 0.2%)

1 ないくせ, なんでも, 差迫つて五千兩

▼ 長者としての~ (3, 0.2%)

1 勢力によ, 尊敬から, 敬意だけを

▼ 長者との~ (3, 0.2%)

1 争いが, 恩惠を, 憤怒と

▼ 長者どの~ (3, 0.2%)

1 とは三十, の後妻, の邸

▼ 長者に対する~ (3, 0.2%)

1 いんぎんな, 徳義として, 美風豪健なる

▼ 長者ヶ丸子恋~ (3, 0.2%)

3 の森

▼ 長者これ~ (2, 0.2%)

1 は大, を聴い

▼ 長者すなわち~ (2, 0.2%)

1 作人どもに, 妙光を

▼ 長者その~ (2, 0.2%)

1 一子に, 息女お

▼ 長者たち~ (2, 0.2%)

1 が世界地図, の如く

▼ 長者とか~ (2, 0.2%)

1 思うから, 散所

▼ 長者としては~ (2, 0.2%)

1 是非設けね, 父以上兄以上な

▼ 長者なれ~ (2, 0.2%)

1 ば九段, ば大切

▼ 長者にな~ (2, 0.2%)

1 あれ, つた人の

▼ 長者に対して~ (2, 0.2%)

1 どうして家賃, 辞儀を

▼ 長者より~ (2, 0.2%)

1 なお悪い, 薬を

▼ 長者らしく~ (2, 0.2%)

1 正坐し, 顔を

▼ 長者モ三尺余ニ~ (2, 0.2%)

2 過ギズ

▼ 長者~ (2, 0.2%)

1 かご用, がし

▼ 長者~ (2, 0.2%)

1 悦し, 歓会を

▼ 長者~ (2, 0.2%)

1 左衞門, 左衞門の

▼ 長者従一位~ (2, 0.2%)

1 こういう人, という長者

▼ 長者物語~ (2, 0.2%)

1 のよう, は各地

▼ 長者番付~ (2, 0.2%)

1 の三役所, の前頭

▼ 長者的語法~ (2, 0.2%)

1 などといふもの, は人

▼1* [122件]

長者おりおり集まって宝競べ, 長者がまな娘, 長者さんはいかにも, 長者しかも侠気は, 長者じゃと云えば, 長者そのものの存在, 長者だの関白をめぐって, 長者であったのである, 長者でしかない, 長者でなく極めて小心冷酷, 長者どもの喧騒, 長者んていう, 長者などと誇って, 長者などに對せられる, 長者なども登場させる, 長者ならば何とも, 長者なりしかども一朝に, 長者なることあり, 長者にとってはこの一行, 長者にまでその噺, 長者に対しまして怨みが, 長者に対するのみならず相互, 長者ばかりでなく禁中, 長者この身, 長者まで蒼ざめてしまった, 長者もとうとう, 長者もしくは未來の, 長者らしきなごやかな人柄そのまま, 長者を以てするも, 長者アンドリウ・カアネギイがこの, 長者アンドリウ・カアネギイさんですよ, 長者保護ニ優ル者ナキヲ以テナリ, 長者フオン・シイドウ男爵へ繋, 長者ヶ丸なる子恋の森, 長者一名と火伴兩三輩, 長者一族が猿, 長者一行の道中, 長者一門の老人, 長者三重機関長の君, 長者丸あたりにあった, 長者丸一角を睨ませ, 長者今後は必ず, 長者何とも情けない, 長者を供養, 長者に乳母從, 長者先輩である, 長者先進と称すべき, 長者八代の世, 長者其他出る, 長者吉例よろ昆布, 長者同じく夫人及び, 長者命終に臨める, 長者問うことあり, 長者善覚の妹姫, 長者大いに喜んで, 長者大主一行の, 長者大炊の家, 長者太秦王の次女, 長者夫妻は非常, 長者夫婦が愛児, 長者夫婦カピューレット長者夫婦其他多勢出る, 長者夫婦其他出る, 長者夫婦其他多勢出る, 長者という順序, 長者宮廷の権, 長者家主さんにめぐり, 長者寅五郎の屋敷, 長者寢衣のま, 長者に往, 長者小池大炊之助, 長者者に, 長者山本譲治がとつぜん, 長者常陸大掾国香, 長者怪しみ問うと諸, 長者に供養, 長者息子でそれ, 長者披露のあるじ, 長者の持主, 長者文観上人の侍者, 長者へ辟支仏千人供養, 長者早く娘を, 長者ほど宵, 長者の呉服問屋, 長者楚子道家言等九百九十三篇が擧げ, 長者の移動, 長者気どりで三碗代える, 長者という古い, 長者淳和奨学両院別当後に号し, 長者炭焼小五郎の譚, 長者熊野が女, 長者狗子は吠え, 長者用済み還って, 長者田山花袋正宗白鳥諸氏の作品, 長者町一味のならず者, 長者町上州屋の場, 長者町八丁目盛心館とし, 長者町商家がベッタリ, 長者町小八という菅笠, 長者町局特別区域外で一町十八円, 長者町御所鴨川それにこの, 長者町江場土中條内より, 長者町筆屋の伜幸吉, 長者町道庵老でござるげ, 長者白刃を堤げ, 長者百歳を過ぎ, 長者目下の長者, 長者立ちか, 長者一の, 長者美麗な男児, 長者自身其と別, 長者若尾家が華やか, 長者菰田源三郎になり切っ, 長者藤原家その当主, 長者譚中に必ず, 長者議員をした, 長者財産多饒, 長者道意であった, 長者醍醐の座主, 長者阿部氏村にては田圃, 長者に御, 長者骨董商というよう, 長者鹿島龍蔵の家