青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「近づく~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

近~ ~近い 近い~ ~近く 近く~ 近ごろ~ ~近づい 近づい~ ~近づいた ~近づく
近づく~
近代~ 近年~ ~近所 近所~ 近江~ ~近頃 近頃~ 返~ ~返し 返し~

「近づく~」 2205, 23ppm, 5066位

▼ 近づく~ (548, 24.9%)

6 彼は, 私は 4 其が, 急に 3 彼女は

2 [22件] いふこと, これだ, そこから, そこに, それは, だん, どうも飲まず, 二人は, 井戸と, 何の, 大手を, 彼の, 斉しく, 波は, 王は, 皆客を, 矢庭に, 私の, 葉子は, 襟を, 風が, 馬の

1 [481件] あたかも僕たち, あたりの, あたりは, あらかじめ猟運, あらしの, ある番号, いいこと, いうので, いうのに, いきなりすて, いきなりぱっとあけました, いきなりピストル, いきなり両手, いきなり力, いきなり四十面相, いつのまにか稲穂, いつも噴火山, いろいろの, うちで, うむをいわせずしばりあげてしまいました, おじいさんが, おどり狂うよう, おばけガニは, おもむろに編笠, おろおろと, お互に, お母さんだった, かならず軍, かねて気象警報, かれら, かんの, ぐるっと回っ, げんこつが, こちらから, こっちの, この人体周波分析器, この神官, こんどは, さかんに, さすがの, しっかりし, すぐに, すぐ千枝子, すぐ口, すっかり化粧, すべて反発され, そこでは, そこには, そこの, そこへ, そっと中, そのあたり一帯, そのうるんだ, そのからだ, そのそば, そのたび, その下, その中, その仮面, その先, その少年, その岸邊, その帯, その熱心さ, その燈台, その白い, その肩, その草, その袖, その遣戸, それぞれ立ち上っ, それも, それらの, たくましい腕, たちまち守宮, たちまち見張り, たちまち鷓鴣, だれか, ついとろとろした, ついと逃げる, つくづくと, てんでに木, どういうわけ, どんなにしゃんとし, どんなに美しく, なかなかに, なるほど太陽, にわかに態度, にわかに活動, はたと啼き止む, はたと私, はね起きたが, はる子は, ひとりの, ひどく恐ろし, ぴょんぴょん跳ね, ふしぎな, ふたりは, ふっと止み, ぶきみ, ほえて, ほとんどなくなっ, まさしく本物, ますますおどろき, まず皮肉, またこの, またどこ, またもやベタ雪, またパッ, また初冬, まだ血腥い, まるで礼儀, みすぼらしいふう, みるや, むしろ僥倖, めっきり多忙しく, もう列, もう前面, もう啼かない, もう雪, やがて彼, やさしく呼びかけました, やっぱり暗号, やっぱり雀, やにわに神通力, やはり鞠, わたしの, わっという, イキナリ小脇に, イスごと持ちあげ, イルン川の, エイッと, ガラス戸を, クロバの, コツコツコツコツ, サイレンを, サン・ロシュの, スウと, スキャチャード先生の, ズックを, ソロソロと, ドアを, ニエニエと, ハッと, バスの, パッと, パトラッシュは, フッと, ヘッスラーの, ヘッドライトが, ヘッドライトを, ペンドラゴン大王と, ページを, モスクワ, リード夫人は, 一々握手, 一つの, 一人として, 一刀斎は, 一声鋭く, 一度は, 一斉に, 一枚の, 一歩か, 一氣に, 一行は, 一軒手前に, 三人の, 三文の, 三番牢ご, 上からの, 上目を, 下北半島に, 下馬した, 丑之助は, 丘の, 両手で, 両手へ, 二三人の, 二三度幹を, 二人の, 云われ信心, 五月の, 亥の, 人々は, 今度は, 仕事に, 代脈らしい, 仲間の, 伯父は, 佐助は, 体を, 何か, 何となくうそ寒い, 何は, 何を, 何故か太吉, 佛像どころか, 來む春の, 供人等は, 俄然, 信長は, 側板に, 優しく, 元来呪詞, 先方も, 共に彼, 共に白熱化, 其は, 再び風, 冷えはじめて, 凄い光, 別に携帶, 前の, 前足を, 助役が, 十二三ぐらいの, 千疋屋, 口笛を, 可哀想にも, 各藩, 同じく鳥羽庄, 同じこと, 同時にがばと起きあがっ, 同時にイワン, 同時にラサ, 同時に手渡した, 同時に敵, 名人は, 呀ッという, 味方である, 命を, 咳の, 問答にも, 善人に, 四肢が, 回廊に, 土匪の, 土地の, 土塀の, 城主小三郎は, 城太郎は, 壁の, 壇上の, 夜光の, 大きな真紅, 大きな竹かご, 大きな蝶, 大地に, 大変心安く, 大山さんの, 大辻さんの, 天上の, 天候が, 太い山欅, 太陽は, 奇妙な, 女は, 女房も, 妙な, 妾の, 娘の, 嫌や, 子持ちす, 季節は, 守衛が, 宗三は, 宗清は, 客は, 小径は, 小腰を, 少しから, 山の, 山川の, 島の, 嵐に, 川は, 左右の, 市九郎は, 席に, 帽子を, 幸いなる, 幹を, 座敷牢に, 廻るうねり, 弓なりに, 引擦って, 弟子の, 張, 彌三郎, 当方隊の, 彼らは, 彼女が, 彼女も, 彼女達は, 彼方の, 待ち受けた多数, 後足で, 心細くなる, 心配です, 忽ち木精, 忽尊い, 怖しさ, 思ふと, 急いで, 恐れに, 息を, 恰で, 恵山に, 想像も, 愕然として, 愚図, 態度として, 扉へ, 扉を, 手帳の, 手招ぎを, 手早く掛け金, 手燭をか, 承知せぬ, 把手に, 持って, 振り返つて, 掴みかかったそう, 提灯が, 支倉は, 支店長代理は, 旅人は, 日が, 日の, 昼間市中に, 晴れた空, 暗い穴, 暫く待っ, 暫く物, 月丸は, 有名な, 村の, 村中の, 東京が, 松の木の, 松波博士も, 果して大刀, 柔道の, 格闘し, 桃である, 棒の, 標山を, 横寺町の, 橋の, 次郎が, 正面に, 歩みを, 死顏の, 毛の, 気流が, 江上一帯に, 江戸の, 汽船は, 河の, 法皇は, 流れて, 浅吉の, 海の, 海は, 涼しい声, 深さ丈余, 湖は, 漸く両手, 火葬場の, 無言の, 然し徒歩, 熱心に, 燃え殘, 片手で, 片手拜み, 牝鶏は, 犬は, 生臭い香いがあたり, 産子町百六十余町は, 用心深くその, 用捨は, 白く見える, 白幕に, 白斑の, 皆んな仮面を, 目を, 直ぐに運転台, 看取された, 知らず識ら, 知れば, 穀屋は, 穏やかに, 空には, 空は, 空気の, 突如奇妙, 突然大きな, 突然後ろ, 突然空, 窓の, 立ちどまって, 箪笥から, 米友は, 紫色に, 細川家の, 組織中に, 罵るよう, 老人の, 老人は, 考えるに, 聞くやいな, 聲も, 肉体は, 肉切台のむ, 背後から, 胸は, 腰を, 自ら手を, 自分の, 自動車は, 自然に, 臭氣, 興奮した, 舟子の, 虫が, 蜀の, 蝶は, 行灯を, 街道に, 要心深く踞んで, 見えたが, 見えなくなって, 見せて, 見るや, 観音寺の, 読むこと, 読者の, 誰も, 谷は, 賊の, 贄殿の, 赤い翼, 赤ん坊を, 赤井主, 赤城の, 足を, 路の, 軽くノック, 遁げ出し, 運転手が, 道の, 遠くの, 重いふた, 野々宮は, 鈴の, 長い棒, 長い足, 長い防海壁, 長煙管, 門先に, 闇を, 雁は, 雖も, 離れて, 雪に, 電気帽に, 青木さんは, 静かに, 静江が, 風の, 首を, 香ばしい息, 馬は, 馬蠅と, 驚いて, 魚は, 鳩たちは, 黒いヴェール, 黒い影, 鼻で

▼ 近づく~ (203, 9.2%)

11 である, を待っ, を見る 10 を待つ, を見 4 だ, をまっ 3 でした, では, を感じ 2 だが, であった, です, を今, を待った, を待つた, を待伏せ, を感じた, を監視, を知つて

1 [113件] か, かその, がある, がいい, がすなわち, がふつう, がわかった, がタブー, が何故か, が分った, が分らなかつた, が判った, が待ち入られる, が待ち遠しかっ, が恐い, が愛, が早く, が知られた, が聞こえた, が見えた, が見える, じゃ, だった, だ生がい完全, であって, であるから, であるが, でございましょうか, ですが, と遠ざかる, につれワイシャツ, にも気づかなかった, に従って一層, に気がつい, に気がついた, に気が付く, に氣, に都合, は, はあらゆる, はこれ, はた, はただ, は上乗, は危険, は極, は海, は禁物, は身, へ神経, も一向, も危険, も廣間, も待ちきれず, も気がつかない, も汚らわしい, も知らず, も知らない, も知らぬ, を, をお, をききつけました, をきっかけ, をさっき, をじっと, をすこしも, をすら穢, をそれ男, をながめた, をひどく, をふと, をみれ, をよく, をよくよく, をわれと, をソワ, を以て仏, を告げ, を喜ばず, を喜んだ, を回避, を少し, を待ちうけ, を待ちかね, を待ち構え, を徐に, を微笑, を怖じ恐れ, を思わせた, を恐れ, を恐れた, を悲しむ, を感じる, を感ずる, を拒みつ, を拒否, を指折り數, を早める, を案じ, を樂, を無言, を物の数, を知っ, を窮屈, を羽根, を聞い, を見すまし, を見た, を見たら, を見まもっ, を見守, を許さなかった, を防ぐ

▼ 近づくこと~ (194, 8.8%)

6 ができた, が出来ない 5 ができる, が出来た, が出来る

2 [14件] ができない, ができなかった, ができません, が出, が出来なかった, が出来ぬ, の出来ない, はできなかった, はやがて, もできず, も出来なかった, を恐れた, を許さず, を許されない

1 [139件] かなはず, から始められた, がこわかっ, ができず, ができたろう, ができなく, ができました, ができませんでした, がない, がなんだか, がマチガイ, が出来るだろう, が困難, が夫, が容易, が技術, が文明, が真, が知られた, が許され, が適, が鹿, さえできなかった, さえできるだろう, さえ出来ぬ, さえ怖く, さえ成り, すらむずかしい, すら出来, だ, だった, であ, であった, であり夫, であると, であると共に, であろうなどとは, でなければ, となりましょう, なかりし時, なくし, なし同, などは夢にも, などは思い, において今, になった, になる, によってあや, によって急激, によって愉快, によって道元, に心, に興味, のできない, のできる, の出来る, の危險, の多少, は, はあの, はある, はきっと, はきわめて, はできた, はできない, はできなかつた, はできなくなるでしょう, はできまい, はできる, はなし, はならない, は人々, は伊丹亘, は出来ない, は到底, は司令部付, は当然, は悲しみ, は文吾, は明らか, は決して, は生, は確か, は禁じられ, は許されない, もかたく, もできた, もなかっ, も出来ない, も出来る, も奇妙, も忘れ, も無かっ, も自分, も言葉, を, をいさぎよし, をいやがられ, をえし, をこの, をこばん, をさえ回避, をしませんでした, をすら恥づる, をせざりき, をその, をためらっ, をニュウ, を一番, を努め, を厳罰, を嫌った, を岸本, を得なかった, を得れ, を忌まれた, を思い止まる, を思わせる, を恐れ, を恥ぢ, を敬遠, を旨, を明確, を期し, を楽, を知り, を知るらしい, を禁じられ, を禁ぜられ居, を考えました, を許さぬ, を許されなかった, を許す, を許容, を警戒, を避け, を避ける, 早きが, 能わず

▼ 近づくにつれて~ (125, 5.7%)

3 それが, 小さい太郎 2 それは, 今迄, 彼の, 心の, 私は, 雪は

1 [107件] あの威嚇, いよいよ増し, いよいよ言葉少な, おそろしい絶望, かえって気持ち, かたちが, これが, すこしずつ, そうでない, その一部, その増しかた, その心, その怪奇, その権力的統制, その気, その狼狽, その背丈, だんだんはっきり見え, だんだん元気, だんだん狭く, だんだん皿, だんだん道, どこからとも, どんなに俗, なんとかし, はっきりし, ますます強く, また段々, まるで無風, みるみる大きく, やや煙り始めた, スマートだの, ベルネ一家の, 三郎兵衞は, 乗り降りする, 人々は, 低くなり, 低下し, 何となし, 作品は, 光が, 内蔵助利三の, 動脈硬化と, 危険は, 原田内助眼つきを, 土地の, 変心致しました, 大きいという, 大垣の, 如何にも張り, 家の, 家屋の, 少しずつ, 山にも, 川幅次第に, 帯と, 帶と, 庭には, 康子は, 引力を, 彼女の, 心が, 悲しさ, 惱んで, 愈々それ, 故国の, 明るい色, 晴川歴々たり, 暗くなっ, 木々の, 板屋根が, 枯れ草を, 次第に, 次第にその, 次第に募った, 次第に遠のきました, 次第に高く, 正勝は, 段々その, 段々口数, 殺気立って, 河幅は, 瀧子は, 狭くなった, 男の, 男は, 益々悲し, 目に, 私を, 稲妻は, 緯度は, 耕作の, 背筋を, 能力を, 自動車は, 自然と, 船の, 街には, 街路は, 足に, 農夫ら多く野に, 道の, 陸上の, 隅田を, 難しい父, 音樂の, 馬の

▼ 近づく~ (115, 5.2%)

33 したがって 7 連れて, 随って 4 伴れ, 從ひ, 随い 3 したが 2 及んで, 従うて

1 [49件] およびて, かなたも, したがい, したがい大川端, つけて, 人群集せり, 似た静静, 及びその, 及び一人, 及び一方, 城内矢留両, 堪えなかった, 堪えなかつた, 従つて, 従つてこの, 従つてだ, 従つて中, 従つて何時も, 従つて信一郎の, 従つて其の, 従つて勝平の, 従つて塔の, 従つて幾島は, 従つて恐ろしい, 従つて次第に, 従つて歯の, 従つて気持が, 従つて激しく, 従つて瑠璃子の, 従つて自分の, 従つて足音を, 従つて鐘楼が, 従つて青年が, 従ひ, 從つていよ, 從つてしめり, 從つては, 從つて増す, 從つて大きく, 從つて次第に, 從つて漸く, 從つて空氣の, 從つて草や, 從つて高く, 椰子くろぐろ, 法が, 至るの, 随つて欄杆の, 順つて次第に

▼ 近づくに従って~ (79, 3.6%)

3 彼の 2 それは, だんだんあちこち, 私は

1 [70件] えいえいという, その早舟, その様子, その汽車, その猪口才, その足どり, その額, だんだん速く, ひどく眼, ますますオリヴィエ, ようやく旗幟, ブルジョア, 一, 一隊の, 一階二階と, 三四郎の, 予感の, 今まで, 何か, 何時もとは, 信一郎の, 僕は, 勝平の, 吉之助の, 味方に, 夕暗, 大佐が, 天気は, 始めの, 寒さ, 山は, 川の, 彼が, 彼は, 彼らは, 思わず櫓音, 怪人城塞が, 恐ろしい事実, 新らしい, 旧道は, 昌作は, 望遠鏡で, 森の, 決心が, 海岸が, 深いか, 温度が, 烈風が, 熟視する, 父の, 玉を, 王の, 瑠璃子の, 甘い空想, 生ずる新しい, 祖父から, 空気の, 胸が, 自分の, 自然の, 芭蕉の, 葉子は, 詩の, 象の, 赤みを, 鈴の, 霧は, 青年が, 面を, 頭は

▼ 近づくほど~ (53, 2.4%)

2 その美, それが

1 [49件] あぶないもの, いとど蕭条, その日, その雑然, その高, だんだん浅く少なく, ほとほとお, ぼんやりと, ますます病気, ものおそろしいす, わたしたちは, 丘陵の, 光輝が, 公の, 反対に, 取扱いが, 名の, 吾ながら, 増長し, 夢の, 安全であり, 官軍方の, 小さくなつ, 岸本の, 左右から, 巨き, 幅を, 御息所は, 復讐の, 急激に, 懐郷病も, 早くなる, 暗いところ, 暗くなる, 次第に冴え, 水害の, 汽車の, 海賊が, 湖水は, 美しい虹, 蛇の, 起倒の, 足の, 軌道が, 速やかに, 道も, 道誉の, 隠れた複雑, 雪の

▼ 近づくにつれ~ (36, 1.6%)

1 [36件] あの木, いよいよ驚かれる, いらだつ殿, いろんな計画, お品, これは, しだいにむつかしく, そのワクワク, その顔, それは, たれも, だんだん磯臭, 不幸が, 二人とも, 互に心忙, 僕は, 勢いを, 困却を, 城は, 岩礁が, 彼の, 待ちもうけ, 急に, 意外の, 次第に不自然, 次第に濃く, 波の, 深まる懸念, 特にこの, 生に対する, 白人及び, 私は, 自分の, 迎への, 金の, 闘牛へ

▼ 近づく~ (36, 1.6%)

3 見て 2 うるの, 見れば, 防いだ

1 [27件] ゆるさない, 予防す, 例と, 候へば, 喜ぶ, 喜ぶに, 嘆ず, 屑と, 待ち, 得せしむる, 得べく彼ら, 恐れんや, 憎みことに, 我あきらかに, 戒めしばしば, 獲ものよ, 知つ, 知らせたり, 知り終日飲食, 知るや, 知るやいな, 聞くと, 見き, 見た, 見るのみ, 許さなかったランド, 避く

▼ 近づくもの~ (33, 1.5%)

2 がない, はなかっ, を果して

1 [27件] ありと, か, かと矢代, がなかっ, が少なく, が追, すらない, であります, であるから, でした, では, といへ, と信じ, と私, のご, はない, はないでしょう, は一人, は必ず, は誰, もあれ, もなくなった, をみな, を斬りとばし, を殺す, を見, 無し

▼ 近づく~ (30, 1.4%)

3 がある 2 がない, はありません, もなかっ, を二人

1 [19件] あらば, あらんや, とてはなく, には命がけ, にも学問, に多少, に掴みかかっ, の心, の手, の顔, はない, はなかっ, は一刀両断, は必ず, は有情, は百姓, は離れ, もすべて, を拒まない

▼ 近づく~ (28, 1.3%)

2 がいけない, が出, が出来ぬ, のできない

1 [20件] ができ, ができなくなった, が何となく, が出来ない, が出来ます, さえ出来ず, だけは堅く, なく隔, の出来ない, はまことに, は出来ない, は出来ぬ, は文学者, ばかり念じ, も出, も出来ない, も出来ません, も彼等, を表, を避ける

▼ 近づくまで~ (18, 0.8%)

2 絞めつけた

1 [16件] いっこうに姿, どうして敵地, なお半分, ほんの四半刻, よくも見続けた, 一矢も, 乗客の, 何の, 先では, 出て, 初江は, 帰ろうとは, 悔ゆる, 殆どちっとも, 知らん顔を, 鶴は

▼ 近づく~ (18, 0.8%)

4 否や 2

1 [12件] いたるところ, まずこ, 一斉に, 先登したく, 光を, 原内藤武田信廉の, 同時に名人, 否その, 否味方, 否鞭, 帽子を, 立ちどころに哨兵

▼ 近づくため~ (17, 0.8%)

2 に彼

1 [15件] ああし, だった, であった, にいよいよ, には, にはそのまま, には朽ちた, には登り詰めた, に忍ばなけれ, に最も, の一機縁, の方便, の最後手段, の第, 撃つため

▼ 近づくよう~ (17, 0.8%)

1 [17件] です, な人, な地鳴り, な心持ち, な気振り, にという希望, になった, になりました, になる, にぼつぼつ, にみえた, にわれわれ, に努める, に命じました, に山査子, に心がけなけれ, に見えた

▼ 近づく~ (16, 0.7%)

2 の足音, もない

1 [12件] がいる, に白鷺, のけはい, のよう, の気配, の跫音, は幸い, もなく, をじっと, をとり殺す, を覘, を鍋

▼ 近づく機会~ (14, 0.6%)

3 を得た

1 [11件] がある, ができました, がない, が多い, が来ない, の多い, はない, もあっ, をみつけられなかった, をより, を半日

▼ 近づく気配~ (14, 0.6%)

4 がした 2 を感じた, を知る 1 が起りつ, が身, だった, に大里町子, はない, を知っ

▼ 近づくまま~ (13, 0.6%)

1 [13件] に, にいたく, になほ, によく, に女性, に彼, に彼女, に掻く, に放置, に熟視, に顔, に高く, よく見れ

▼ 近づくやう~ (13, 0.6%)

2 な気, にな 1 です, な敬虔, な氣, にお, にした, になりました, にエルアフイ, に我々, に見えた

▼ 近づく~ (13, 0.6%)

1 [13件] そのいずれ, その枝, には必ず, には支配階級, に温気, のあの, の絶望的, は嘗て, は圏内, は現当二世, もサハラ, をみさだめ, 其の美しく

▼ 近づく足音~ (13, 0.6%)

3 を聞く 1 がし, がした, が室, が聞える, が聞こえ, と声, にもう, に其の, を一秒, を聞き

▼ 近づくという~ (12, 0.5%)

2 ような 1 ことこそ, ことと, ことに, ことに関する, ことは, のは, 方法を, 日である, 訳の, 運命的な

▼ 近づくので~ (12, 0.5%)

2 せう 1 ここで, それで, やや運動, 代りに, 女どもは, 広海屋, 旗の, 朧に, 用意させ, 職人を

▼ 近づくのに~ (12, 0.5%)

1 [12件] どうした, 何一つせぬ, 勇気が, 十年の, 山に, 我々は, 押されるよう, 浪人達は, 米国風に, 細り捌いた褄, 里春に, 音の

▼ 近づく~ (12, 0.5%)

1 [12件] から既に, でした, なので, になる, にはわたし, には田はいふ, の事, の雲, はそろそろ, 同乘, 望んで, 考えて

▼ 近づくとき~ (9, 0.4%)

2 の選手 1 がある, にあなた, はたちまち, は友, は役人, 始めて, 怪しき映

▼ 近づくに従い~ (9, 0.4%)

2 すなわち, 高さ 1 その火, 急に, 李応は, 舞台は, 青白き顔

▼ 近づくと共に~ (8, 0.4%)

1 七弦琴の, 他者は, 地形は, 我々は, 海岸線は, 罪人の, 膝を, 非常に

▼ 近づく~ (7, 0.3%)

1 その計算, または遠ざかる, 早くしりたい, 知らと, 知らん残念残念, 近づかないかの, 近づかない間

▼ 近づく~ (7, 0.3%)

3 早いか 1 ひとり平家に, 伯の, 兵士に, 日本の

▼ 近づくなり~ (7, 0.3%)

1 女は, 最も強い, 爺さんの, 私の, 蠅男が, 言った, 馬上から

▼ 近づくほどに~ (7, 0.3%)

1 あざら, お通, ざわめき立つの, 当然その, 男は, 石田佐吉が, 酒が

▼ 近づく~ (7, 0.3%)

2 に彼女 1 から遺言代り, に, に一度, に既に, に道徳知識

▼ 近づくころ~ (6, 0.3%)

2 になっ 1 から, から彼, になる, にはそこ

▼ 近づくには~ (6, 0.3%)

1 むしろ小勢, むつかしい作法, よい機会, 季節によって, 心を, 自分も

▼ 近づく~ (5, 0.2%)

1 と斬りむすん, の馬蹄, は刺し, を撃退, を斬っ

▼ 近づく~ (5, 0.2%)

1 の場所, より立派, 却って批評, 無論著しく, 高く見える

▼ 近づく跫音~ (5, 0.2%)

1 がした, すらも知らず, に, のガサガサ, を待っ

▼ 近づく~ (5, 0.2%)

2 でそして 1 はこの, は全く, は厭世観

▼ 近づく~ (5, 0.2%)

1 とはちがっ, と話声, にちがい, はますます, を聞きつける

▼ 近づくたび~ (4, 0.2%)

1 にあらゆる, に焼けた, に逃げ出し, に露骨

▼ 近づく~ (4, 0.2%)

1 すこぶる危険, 女人か, 豊島の, 黄金髪青き

▼ 近づく~ (4, 0.2%)

1 よほど大きな, 優者に, 居眠るが, 正法を

▼ 近づくわけ~ (4, 0.2%)

1 である, にはゆかない, にはゆかなかった, もなかっ

▼ 近づく~ (4, 0.2%)

1 におびえ, の歩み, の気息, を気構え

▼ 近づく~ (4, 0.2%)

1 があそばされる, がしない, がしなかった, になれない

▼ 近づく~ (4, 0.2%)

3 の雨 1 の冷雨

▼ 近づくあの~ (3, 0.1%)

1 大ぜ, 足音の, 音が

▼ 近づくごと~ (3, 0.1%)

1 に努め, に指弾, に校長さん

▼ 近づく~ (3, 0.1%)

1 そうすれ, それに, 青野と

▼ 近づくだけ~ (3, 0.1%)

1 いよいよ大きく, であって, 加速度的に

▼ 近づくなと~ (3, 0.1%)

1 云うお, 仰っしゃるなら, 合図した

▼ 近づくにも~ (3, 0.1%)

1 さまざま心を, 去年今年と, 策が

▼ 近づくまでは~ (3, 0.1%)

1 かなり巧み, ムダ弾を, 正面の

▼ 近づく勇気~ (3, 0.1%)

1 がなかっ, もない, を欠いた

▼ 近づく~ (3, 0.1%)

1 からざる, からざるもの, からず

▼ 近づく~ (3, 0.1%)

1 が致します, であったらしい, の興奮

▼ 近づく~ (3, 0.1%)

1 の刻, の恐れ, の恐ろし

▼ 近づく~ (3, 0.1%)

1 の姿, は己, もゐた

▼ 近づく~ (3, 0.1%)

1 人間の, 宏子に, 調査し

▼ 近づく運命~ (3, 0.1%)

1 の秋, を持ち, を躱そう

▼ 近づく~ (2, 0.1%)

1 桑は, 駒を

▼ 近づくおぼろ~ (2, 0.1%)

2 にうつくしい

▼ 近づくその~ (2, 0.1%)

1 刻一刻には, 船を

▼ 近づくとか~ (2, 0.1%)

1 あるいは少なくとも, 風を

▼ 近づくとき彼~ (2, 0.1%)

2 はそこ

▼ 近づくの動機~ (2, 0.1%)

2 を促進

▼ 近づくほどの~ (2, 0.1%)

1 価値の, 深みを

▼ 近づくまでには~ (2, 0.1%)

1 かなりの, 味方の

▼ 近づくよりも~ (2, 0.1%)

1 より困難, より多く1

▼ 近づく~ (2, 0.1%)

1 ですが, ですもの

▼ 近づく一あし~ (2, 0.1%)

2 ずつです

▼ 近づく不安~ (2, 0.1%)

1 が波立つ, と恐怖

▼ 近づく人間~ (2, 0.1%)

1 の暮し, を見張る

▼ 近づく以外~ (2, 0.1%)

2 に道

▼ 近づく兵馬~ (2, 0.1%)

1 に耳, を尻目

▼ 近づく努力~ (2, 0.1%)

1 だけはし続けなく, をつづけます

▼ 近づく可能性~ (2, 0.1%)

1 をもつ, を信じる

▼ 近づく~ (2, 0.1%)

1 の夜景, を思う

▼ 近づく夕づとめ~ (2, 0.1%)

2 ゆくてを

▼ 近づく多く~ (2, 0.1%)

1 の人, の大いなる

▼ 近づく~ (2, 0.1%)

1 を一段と, を迎え

▼ 近づく常識~ (2, 0.1%)

1 には仮説的, には假説的

▼ 近づく手段~ (2, 0.1%)

1 としていつ余, はわけ

▼ 近づく方法~ (2, 0.1%)

1 とし, を知らない

▼ 近づく~ (2, 0.1%)

1 のあり, わが屍骸

▼ 近づく時それ~ (2, 0.1%)

1 がことごとく, をしりぞけた

▼ 近づく時分~ (2, 0.1%)

1 からその, にはいよいよ

▼ 近づく時櫂~ (2, 0.1%)

2 の音

▼ 近づく暴風~ (2, 0.1%)

1 の先, の先駆

▼ 近づく汽車~ (2, 0.1%)

2 の音

▼ 近づく~ (2, 0.1%)

1 はもう, を待ちうけ

▼ 近づく者たち~ (2, 0.1%)

2 がある

▼ 近づく聖職~ (2, 0.1%)

2 に備

▼ 近づく~ (2, 0.1%)

1 でありますから, ですから

▼ 近づく~ (2, 0.1%)

2 を見出し

▼ 近づく~ (2, 0.1%)

1 の前, を見守る

▼ 近づく飛行機~ (2, 0.1%)

1 の爆音, を射落し

▼1* [269件]

近づくたはず, 近づくあいだ水を測っ, 近づくあたり松が黒, 近づくあらしの前, 近づくあらゆる生物を, 近づくありがたい道だ, 近づくいい口実の, 近づくうちに次第, 近づくかと思はれた宮殿, 近づくかのように, 近づくかまたは遠ざかり, 近づくかも知れぬ高柳君, 近づくからでしょう, 近づくはいが, 近づくけいれんがあらわれはじめた, 近づくこと一歩にし, 近づくこと文字の解釈, 近づくこと能はざる, 近づくしか敵の, 近づくしるしなるらん, 近づくすなわち人これを, 近づくすべもなかっ, 近づくすべての女, 近づくそちらの岸辺, 近づくだけでも容易で, 近づくだによほど日数, 近づくつもりなの, 近づくせう, 近づくというははて恐ろしい, 近づくといふ印象が, 近づくとから鳴り止まなかったの, 近づくときジエンナロのいふ, 近づくとき何物をか見し, 近づくとき私は欲する, 近づくところに文化, 近づくとたんに, 近づくとてあらためていま, 近づくとでもいはんのみ, 近づくとともにスピードを, 近づくなかれエーヴァの, 近づくなつかしさをば, 近づくなど死地に, 近づくなべに, 近づくにあたり其帆を, 近づくにぞ手を, 近づくにつれてもしこ, 近づくによって又一万遍, 近づくの兆であろう, 近づくの機会を多く, 近づくの法を求めざるべからず, 近づくの策を講ず, 近づくの術なり離, 近づくはずがない, 近づくばかりであった, 近づくばかりにございまする, 近づくふうもない, 近づくけんやと, 近づくほうをふり, 近づくほどかへつて益, 近づくまでに幾騎かは, 近づくまでの間には, 近づくまでも同じ題目, 近づくやつを突き落した, 近づくやみな降り仕度, 近づくゆえならん, 近づくよりは遠巻きに, 近づくギンネコ号の姿, 近づくグレツチエンを見る, 近づくゼウス火焔の宇宙, 近づくボーイに目, 近づくメッサーの姿, 近づくモロー彗星の観測, 近づくラこれを見, 近づくロケット隊の進路, 近づく一つの人影, 近づく一停留場ごとにおびただしい, 近づく一口の江, 近づく一歩一歩を味, 近づく一番の捷径, 近づく一足ごとに自信, 近づく三隻の哨戒艦, 近づく上海の方, 近づく下界を見た, 近づく不安さに一日, 近づくの, 近づく二隻の甲板, 近づく人声に何事, 近づく人影に驚い, 近づくの遊星, 近づく他国を容易, 近づく代りにいと, 近づく以上はしてやられ, 近づく伯爵の膏ぎつた顔, 近づく伸子を見る, 近づくをじっと, 近づく便りの無き, 近づくの音, 近づく傾向を具, 近づくに, 近づくに逃げ出し, 近づく凡ての者, 近づく別れを日々, 近づくれ, 近づく卒業にいそいそ, 近づく口実を作る, 近づく可らず, 近づく唯一つの望み, 近づくの声, 近づく喜びを黄昏, 近づく土人があっ, 近づく地殼のぬくもり, 近づく城塞の影, 近づく場合とでことごとく, 近づくの黎明, 近づくをきく, 近づく多人数の人, 近づく艦隊, 近づく大江山突撃隊を見おろし, 近づく太都夫は衆, 近づくもないだらう, 近づくがあれ, 近づく奴等は誰彼, 近づく好奇のため, 近づく如何にも見覚えある, 近づく子供たちを追い返し, 近づく学芸会に女学部三年, 近づく家人の姿, 近づく将たちの方, 近づく小さな変化改良で, 近づく小間使を, 近づく山々の頂き, 近づくの家々, 近づく左膳を待ち, 近づくの電燈, 近づく平次と八五郎, 近づく平靖号をじっと, 近づくの暮, 近づく廊下の靴音, 近づくを見る, 近づくの姿, 近づく径路を取る, 近づく従って夫人の, 近づく従つて夫人の謎, 近づく御手洗の水, 近づく御用の風, 近づく徳次に向, 近づく心持家へ入っ, 近づく必要はない, 近づくの萌さなかった, 近づく思いでまた, 近づくの動物, 近づく性質をもっ, 近づく情慾のよろこび, 近づく意図をもっ, 近づくは段々, 近づく戦争にも無抵抗, 近づく戦車隊の方, 近づくを見る, 近づく所ミッテンワルドという, 近づく所以だと, 近づくなの, 近づく手がかりの与え, 近づくがあったら, 近づく敬君だまるで, 近づく敵將の膝, 近づくの原因, 近づく方便として暫く, 近づく日本人の或, 近づくの大統領改選期, 近づく時人は思わず, 近づく時審美的有に結ばれ, 近づく時左手と右足, 近づく時肩ごしに私, 近づく時闇と光, 近づくには地上, 近づくさかな, 近づく最善の道, 近づく望みなどはもう, 近づくを怖, 近づく楕円雲に耳, 近づくになつ, 近づく様子は実に, 近づく様明に知れ, 近づく模様もない, 近づく権利が生まれる, 近づく機會を見出した, 近づく機縁をつかみたい, 近づく櫓音につれて四, 近づく欄干はどよめき立つ, 近づく歓びよりもこれから, 近づく此時二發の彈丸, 近づくの跫音, 近づくに, 近づく気持になっ, 近づくになれなかつた, 近づく今死別, 近づく渠等の眼, 近づくのぱち, 近づく火星の様子, 近づくから見る, 近づくの前, 近づく爆音を聞いた, 近づくの修養, 近づく物音にもお雪ちゃん, 近づくの吠声, 近づくのよう, 近づく獣骨を立てたる, 近づく理由である, 近づくがある, 近づく用意において操作, 近づくもなく, 近づく男たちに同情, 近づく白堊の英吉利, 近づく益満へ, 近づく相手がたやすく, 近づく相馬中村の剣群月輪, 近づく知恵を獲得, 近づく程咏嘆的だつた, 近づく程敵が舟底, 近づく程紙の表面, 近づく程読者としての心, 近づく立木に首, 近づく結果をきたす, 近づく縁引はあるまい, 近づく美和子の肌, 近づくをよく, 近づくはざる, 近づく能はずその本能, 近づく自分の運命, 近づくをめがけ, 近づく航海者たちのうやうやしい, 近づくに戴宗, 近づくがある, 近づく船影にホッ, 近づく艦艇を測量, 近づく若い者に, 近づく草吉に言, 近づく葉子の様子, 近づく蒸気がどんより, 近づくの穂, 近づくを防ぐ, 近づくもない, 近づく摺れと, 近づくでもを打つ, 近づくの島, 近づく警官を尻目, 近づく貨物列車のしゅっしゅっ, 近づく足どりが入口, 近づく足音それもひどく, 近づく身寄りの者, 近づく辻かごだ, 近づく速度の早い, 近づくがなかっ, 近づく道誉の姿, 近づく郷里の空, 近づくにはし, 近づく間もなく舟べりに, 近づく限りの人, 近づく特にこれら, 近づく隼丸に気づいた, 近づく雷雨を感じつ, 近づく頃へんな男, 近づく頃一天俄に暗く, 近づくの, 近づく馬車の音, 近づく駕籠を半, 近づく高城伍長の軍靴, 近づく鳶の者片手にこぶし, 近づく黒い影を