青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「長男~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

鐘~ 鐵~ ~長 長~ ~長い 長い~ ~長く 長く~ 長屋~ 長崎~
長男~
長者~ ~門 門~ 門人~ 門前~ 門口~ 閉~ ~閉じ 閉じ~ 開~

「長男~」 1097, 12ppm, 9226位

▼ 長男~ (319, 29.1%)

5 ことを 4 嫁と, 嫁の, 嫁は, 透が

2 [15件] ために, 和一郎の, 嫁に, 宗太が, 宗太も, 定吉は, 家に, 庄次郎が, 方へ, 浩一は, 照正様が, 竜一は, 純一です, 義太郎も, 袁譚は

1 [268件] お前では, お給仕, ことが, ことは, ことばは, こと母の, こと音信の, ところへ, は感想的, やうに, やつ籤運の, ゆえに, アルキシーの, アントニオは, アーサーと, オースティンを, コマ市が, ジャックが, チェスターが, ドミトリイは, ハフが, ハフ長女の, フョードルは, マチアの, ミーチャの, ロバートという, 一件と, 一彦が, 一彰さんという, 一英が, 一郎は, 七周年忌日が, 万之助は, 三人は, 久吉が, 久男や, 乗った船, 九つに, 五つに, 五郎が, 仙七の, 代には, 伊太郎は, 伸治君は, 位置を, 作成に, 使つてゐた, 侍従が, 健一は, 健吉くん一人は, 健太郎が, 健気な, 健行が, 傍から, 傍へ, 元服祝ひ, 兄弟な, 光さんと, 光一が, 光太郎が, 八条大将保忠は, 公一と, 公一よりも, 兵隊の, 写真が, 初の, 剛一が, 剛一と, 助信の, 助十郎さえ, 勇が, 勇雄が, 勉は, 動作を, 勝則と, 勝則にも, 勝則の, 十二才に, 十兵衛三厳の, 十四郎その, 十四郎と, 厳勝は, 右衛門督が, 司馬師は, 吉という, 同窓で, 同窓である, 呉浣の, 和一郎は, 善太郎が, 国男は, 均一が, 堅吉が, 場合と, 壮一君が, 外に, 大吉二男の, 奥方に, 如きも, 妻が, 妻と, 姉だった, 嫁が, 嫁として, 嫁には, 嫁や, 存在が, 学資金と, 孫策が, 孫策は, 孫策も, 孫策字は, 安一郎が, 宗太に, 宗太ばかり, 宗誠が, 家と, 家族的な, 帰りが, 幽霊を, 庄次郎と, 庸太郎が, 庸太郎に, 庸太郎にだけ, 庸太郎も, 廻って, 後姿を, 悪源太義平, 情けだった, 態度にも, 慎一には, 戦死は, 所へ, 手前も, 手紙と, 放浪癖を, 政吉は, 政重さんが, 敏樹と, 敏雄を, 文才を, 文雄が, 文雄だけは, 文雄も, 新六郎, 新六郎と共に, 新六郎は, 新吉, 新太郎が, 新婦の, 新婦上とは, 方に, 方の, 方は, 日記に, 是守, 書斎に, 曹丕でしか, 曹丕と, 曹丕よりは, 曹丕を, 月給は, 木々彦の, 松太が, 栄一と, 楠さんという, 楠雄さんの, 機嫌を, 正司その, 死体を, 残した四人, 母と, 求太郎は, 波三郎が, 泰治さん夫妻と, 洋太郎が, 浪之, 清に, 源一は, 源介, 無口さに, 照正様と, 照正様は, 犠牲と, 玄太郎が, 瑾が, 甚兵衛が, 生まれたころ, 生れるの, 生れる時, 男が, 病気について, 県丸が, 真弓が, 真雄, 秀男が, 秀雄氏の, 私に対しては, 私を, 立場という, 竜一が, 竜一には, 竜一や, 童が, 紳が, 結婚を, 結婚式に, 義務と, 義平の, 義平は, 義朝を, 義龍は, 背から, 良寛さんが, 花村右門と, 芳夫さん, 芳夫を, 若主人, 若夫婦, 英介は, 菊三郎は, 蔭膳が, 藤作は, 藤十郎にも, 虎千代は, 行方が, 袁譚が, 袁譚も, 裕八郎が, 言葉に, 計一, 誠が, 豊は, 豊夫という, 豹太郎が, 貴様, 資格が, 身分であります, 透の, 透は, 道楽は, 道樂は, 遺児, 邸内の, 部屋をも, 采女宗誠が, 重盛だけ, 重盛は, 重責と, 鉄な, 鉄なあ, 鉄夫さんが, 長三郎と, 雅一が, 雅一は, 雅夫へ, 霊を, 青い顔, 青年は, 韓瑛が, 音公が, 頭を, 頭中将を, 顔が, 顔なども, 黄一郎が, 黄一郎は, 龍太郎が

▼ 長男~ (122, 11.1%)

3 去ると 2 気が, 海を, 生れて, 用も

1 [111件] あった, あったという, あの年齢, あるといふ, いまに, いるの, かう云つて, かえって父, この弟, この評価, こんな所, ございましたが, さう言, さう言つて反駁, その地位, ひょっこり東京, まず嫁, また新しい, まだ三歳, まだ扉口, もしも不肖, やっと見つかりました, ゐて, アメリカへ, コマ五郎の, バカでも, 一九〇八年に, 一家を, 一層諦められ, 七つにも, 七歳で, 中学の, 中学へ, 中学校の, 九郎兵衛一友で, 二階に, 今通っ, 何となく見, 何者にか, 偶然藤原の, 八歳と, 出発する, 十二三歳に, 十六長女が, 卒業し, 卒業する, 告げた, 夜警の, 大阪の, 夭折した, 奪われた時, 女中の, 婚姻する, 嫉妬心を, 学齢に, 宵の, 家の, 小さかつ, 小学に, 居た, 山から, 山で, 帰ったという, 帰れるもの, 帰国する, 幽霊に, 彦四郎次男が, 彼女の, 徴次男が, 心当りを, 慌てふためくこと, 推賞した, 放浪癖が, 新六郎次男が, 既に小, 既に小学, 早くから, 晴れの, 木曾に, 東京に, 次に斃, 永年の, 滋幹次男が, 熱っぽくいった, 現役で, 生きて, 生まれたり, 生れた, 生れた事, 生れた時, 生れた為, 生れようと, 生れる前, 由太郎次男が, 痘で, 百姓しねえなんち, 眼を, 私の, 立身し, 籍を, 結婚した, 継ぐこと, 耕して, 脳の, 腐った飯粒, 表の, 言った通り, 謀反を, 遠国の, 選ばれたならどんなに, 音楽の

▼ 長男~ (113, 10.3%)

3 父の 2 かなり常, 二十九歳, 帰って, 書籍や, 無論その, 私の, 自分で

1 [96件] あたま, いくら教, お父さんが, この中学生, すでに四年前, その前年, その祖父, その農場, ちょッと, どうなすつた, どうにか所領, どんな男, ながく政治, ぼくの, また云, また云った, まだローマ大学, まだ十九, まだ十四, もう五才, もう工科, やはり吉兵衛, よそへ, グヅで, 不具者で, 不平であった, 世事に, 九年前に, 二十五にも, 二川家を, 京都の, 人車鉄道の, 今年高等学校を, 何職業を, 俺の, 先き, 八月に, 兵隊に, 其の白く, 出征し, 北海道の, 十七である, 十四歳で, 同じ時, 営口の, 嘗て一ト度, 四年の, 四歳次女は, 国主の, 地方の, 夏は, 大いに見込み, 大審院の, 夭し, 学校から, 官立は, 家を, 工場に, 弟だ, 弟の, 弾いた, 当然の, 彼と, 従兄妹同志の, 支那事変で, 札幌に, 来年小学校を, 根もとから, 棒の, 正教員が, 毎朝その, 海外へ, 特に狂信, 玄庵次男は, 理学博士で, 生物学を, 痩せこけて, 白河の, 神武が, 稀に, 考えた, 自分等よりは, 芝浦で, 薄馬鹿以上の, 表徳を, 袴の, 裏へ, 豪い, 賭博の, 近く箱根へ, 銀行か, 須曾麻呂次女は, 顕治, 高等学校へ, 高等小学を, 鼻緒を

▼ 長男~ (54, 4.9%)

2 ふさは

1 [52件] ある, これは, すすめられて, すゝめられ, それでは明日後, ついで女の子, なったという, なって, ヨメも, 与えられるの, 五郎右衛門という, 任せて, 会う事, 厚くした, 同情した, 向つて, 吹さらわれ, 四位を, 大きな期待, 妹が, 就いての, 帰し長少, 当る或, 後事を, 手伝わせて, 手渡しし, 批評を, 抱かれて, 持たせるため, 教えました, 最上の, 横笛の, 横腹を, 比べると, 気を, 生まれた私, 生まれて, 生れたと, 生れたもの, 生れて, 生れると, 生れ江戸, 知らしそれから, 表口から, 言つた, 詰問する, 警官を, 譲り今, 贈った, 連れられて, 限られ分家, 頼んで

▼ 長男~ (54, 4.9%)

2 つれて, 生んで, 連れて

1 [48件] うしなって, からかって, このたび都, なくした, わざわざ木曾, フレデリック・ダルガスと, 一番余計手にも, 上杉家に, 亡くされました, 伴った妻, 何度も, 健吉二男を, 出したこと, 勘当し, 北アルプスで, 北アルプスの, 医者の, 可笑しきもの, 呼び下した, 女優に, 家庭内で, 小野医師の, 弟と, 憎んで, 憶って, 押し立てようと, 挙げて, 排斥し, 政重次男を, 旅の, 早世させた, 板橋へ, 様づけ, 死なせた時, 毒殺した, 浦賀町の, 特別扱いし, 産んで, 皇太子と, 眺めた, 突きとばして, 縋らせた儘, 見て, 見送った, 説き伏せて, 負って, 追い立てる, 頭に

▼ 長男~ (42, 3.8%)

2 一緒に, 二男を, 接触し, 末の, 次女の, 江の島の

1 [30件] いえば, いっしょに, その妹, なれば, 並んで, 二人で, 二人の, 二男と, 伝へられて, 六歳に, 十一の, 同級の, 妻と, 娘が, 将棋を, 差し向いで, 平田青年とに, 新しい果樹園, 新らしい, 書生とが, 月末には, 次女を, 次男とが, 次男とを, 次男の, 次男を, 生れたもの, 長女とを, 顏を, 顔を

▼ 長男~ (36, 3.3%)

4 あつた

1 [32件] あられるあなた様, いらつし, おとうさんの, この生れた, その次に, たしか隱岐, もうその, わたくしの, エルマと, 二十一歳陰惨な, 京大を, 今は, 今年二十四歳に, 別段働く, 助之進, 医科大学に, 十六に, 即伊予守正教, 大学生であった, 実は光子, 尋常五年生である, 小学六年生な, 朔日生れの, 次が, 次郎より, 然し妾腹, 純太郎, 結婚式には, 長一は, 長一至極, 電信員として, 非常に

▼ 長男~ (17, 1.5%)

3 次男も

1 [14件] 一しょに, 不在でございます, 不思議に, 世の, 九月二日頃頭髪が, 二男も, 仕方なく, 同じ年ごろ, 暫く物, 樺太に, 死んで, 私と, 聟も, 長女も

▼ 長男である~ (14, 1.3%)

2 が故に, 彼隆太郎は 1 からいわゆる, にも関, タキノの, ハフに, 勉の, 即ち, 友作氏が, 多喜二さんが, 彼を, 重吉の

▼ 長男として~ (13, 1.2%)

3 生れたの 1 わたしが, 家督を, 戸籍が, 生まれる, 生れた, 生れたが, 生れ十三歳, 矢代家の, 自分が, 自分は

▼ 長男~ (12, 1.1%)

2 からね 1 からおかしい, からという理由, からどうしても, から地所, が英ぢ, し私, ぞ, という意識, とかやれ, なんて

▼ 長男であり~ (9, 0.8%)

2 そして今や, 加茂家の 1 ながら芥川家, 戸主であり, 男子の, 私の, 私は

▼ 長男たる~ (8, 0.7%)

1 君には, 常友に, 彼の, 時平の, 私に対しては, 私の, 責任を, 貴様が

▼ 長男には~ (6, 0.5%)

1 こんなの, そんな野蛮性, そんな野蠻性, 家に, 必ず, 英の

▼ 長男~ (6, 0.5%)

1 その長男坊, である, のこと, は例, は次男坊, も結婚

▼ 長男夫婦~ (6, 0.5%)

1 が安心, が急, の世話, の孝志, は別居, は銀

▼ 長男次男~ (6, 0.5%)

1 が六年, が共に, とそれに, は紫夫人, を中, 出て

▼ 長男では~ (5, 0.5%)

1 ありません次男, あるが, あるし他, ないか, なかった

▼ 長男という~ (5, 0.5%)

1 二十二三歳の, 意味でありました, 立場が, 訳か, 身分に

▼ 長男恒善~ (5, 0.5%)

1 が二十三歳, が歿, である, のいわゆる, は二十四歳

▼ 長男です~ (4, 0.4%)

1 から寺, がな, って, よ

▼ 長男といふ~ (4, 0.4%)

2 ものには, 奴は

▼ 長男にだけは~ (4, 0.4%)

2 ひどく心 1 特別こだはる, 特別こだわる

▼ 長男だけが~ (3, 0.3%)

1 ソツクリ相続し, 乳母に, 持って

▼ 長男~ (3, 0.3%)

1 女房が, 嫁が, 私の

▼ 長男昌太郎~ (3, 0.3%)

1 はそれ, を産ん, を産んだ

▼ 長男~ (3, 0.3%)

1 ご次男様, まで御, を調伏

▼ 長男雄太郎~ (3, 0.3%)

1 とを率, は十八歳, を生

▼ 長男雅一~ (3, 0.3%)

1 がうつした, である, 既に読者

▼ 長男から~ (2, 0.2%)

1 ある女性, 英語の

▼ 長男からの~ (2, 0.2%)

1 手紙と, 手紙は

▼ 長男だった~ (2, 0.2%)

1 のでグランマー・スクール, ので御座います

▼ 長男つまり~ (2, 0.2%)

1 房一の, 母の

▼ 長男であった~ (2, 0.2%)

1 ことを, 父精一郎はじめ何人かの

▼ 長男とは~ (2, 0.2%)

1 このひと, 昭和七年と

▼ 長男なら~ (2, 0.2%)

1 千満子の, 長男らしく

▼ 長男らしく~ (2, 0.2%)

1 ちやんと, 畳の

▼ 長男一太郎~ (2, 0.2%)

2 と次男捨次郎

▼ 長男一郎~ (2, 0.2%)

1 は二代目伊之助, を乳母

▼ 長男三吉~ (2, 0.2%)

1 が三歳, が生れた

▼ 長男~ (2, 0.2%)

1 滋である, 滋は

▼ 長男伊之助~ (2, 0.2%)

1 の生れた, は笑

▼ 長男健行~ (2, 0.2%)

1 は前, を携え

▼ 長男加十~ (2, 0.2%)

1 だ, は十二年前

▼ 長男~ (2, 0.2%)

1 が初めて, という人

▼ 長男周碩~ (2, 0.2%)

1 とこの, は生得不調法

▼ 長男孫策~ (2, 0.2%)

1 はことし紅顔十七歳, は漢水

▼ 長男安雄~ (2, 0.2%)

1 が後, が生れた

▼ 長男宗太~ (2, 0.2%)

1 から下男佐吉ら, はようやく

▼ 長男~ (2, 0.2%)

2 玄俊信卿男天保七丙申十一月十四日

▼ 長男榛軒~ (2, 0.2%)

1 が生れた, もほぼ

▼ 長男直之助~ (2, 0.2%)

1 が夭折, は早世

▼ 長男直也~ (2, 0.2%)

2 は父

▼ 長男節雄君~ (2, 0.2%)

1 が死んだ, が死去

▼ 長男義一~ (2, 0.2%)

1 はふとっ, は十六才

▼ 長男~ (2, 0.2%)

2 こそ高く

▼ 長男長女~ (2, 0.2%)

1 をオオイコ, を中學校女學校

▼1* [159件]

長男千万円以上の, 長男からは大学で, 長男からもその一知, 長男これは三男, 長男さきの常, 長男じゃないっていう, 長男だから今日まで, 長男だけ辛うじて五六間, 長男だけにどこか, 長男だけは生き残って, 長男だつたが十八, 長男だらうが, 長男や, 長男でいらっしゃるし生活, 長男でしたが青雲, 長男でなかったらほんとに家, 長男でなければならぬ, 長男でもあらばこそ, 長男でもとは兵衛督であっ, 長男とが茶屋の, 長男としての義務を, 長男としては不満であったであろう, 長男との縁談が, 長男んです, 長男などは泳ぎも, 長男について深く話し合う, 長男にばかり認められて, 長男にもかういふ生活信條, 長男への愛情という, 長男よりはだいぶ甘やかされ, 長男らしい眼の, 長男を以て石川の, 長男カジミールとの間, 長男チアーは去ぬる, 長男アリ卯木家ノ, 長男ドミトリイ・フョードロヴィッチの母アデライーダ・イワーノヴナ, 長男一人を残し, 長男一家のこと, 長男一彦はその, 長男七人の同胞, 長男三之助は上杉家, 長男三好秀次はもう, 長男三男四男六男と長女, 長男二男が, 長男不慮の逝去, 長男中二二十二三歳洋服に中, 長男亀蔵は若い, 長男二男にも今度, 長男井出今滋, 長男井手今滋さん, 長男以上のすぐれた, 長男以下皆夭死して, 長男俊太郎さんは今本郷西片町, 長男俊平は宗家, 長男信長のヨメ, 長男としての愚痴, 長男光一というヤクザ, 長男克己二男鼎三男建と共に入牢, 長男公一の妻女由子, 長男公一父子公一の妻由子, 長男勘当でこれ, 長男十六歳以上の者, 長男十兵衛三厳でござる, 長男十時過に, 長男十郎三郎直基馳け来っ, 長男千代の兄, 長男千太八歳を気絶, 長男即ち吾輩が, 長男厳勝次男厳久のふたり, 長男及び娘を, 長男可次は森甚平, 長男同様ちかごろ酒, 長男周信これが立派, 長男周碩次男周策三男三蔵四男玄四郎が即ち, 長男哲郎を連れ帰り, 長男壮一君の帰宅, 長男夕霧と内大臣, 長男大陸である, 長男夫妻には一切もの, 長男奈良原牛之介, 長男娘これに乘, 長男を失うた, 長男定綱と三男盛綱, 長男小太郎が生れ, 長男岡寛斎の兄, 長男巳之助があり, 長男幸太郎が七歳, 長男庸太郎も三十三年三月十四日, 長男弘雄のその, 長男忠一である, 長男恒善二十四歳次男優善十五歳四女陸三歳五女癸巳一歳の六人, 長男恒善比良野氏の出馬場玄玖妻長女純, 長男恒善長女純二男優善とが家族, 長男恒善長女純次男優善の五人, 長男或は執達吏高利貸などの, 長男捨重同人妻みな, 長男敬太郎が死し, 長男敬太郎直が生れた, 長男新六郎の首, 長男新太郎が武者修行, 長男新次郎厳勝も衆, 長男柏木と女三宮, 長男栄次郎長女安二女五百である, 長男栄蔵では, 長男棠助が生れた, 長男棠助十八九歳になっ, 長男棠助長女洲次女国三女北の一子三女, 長男棠助長女洲次女国三女北次男磐四女やす五女こと, 長男楠次郎さんから自分, 長男次男三男の身分, 長男次男裸男都合五人汽車を下り, 長男準は, 長男正司は三十, 長男武智麻呂の南家, 長男が焼い, 長男海彦君とで伊藤氏, 長男海舟は十六, 長男渡邊祖五郎が伝記, 長男源介はすでに, 長男為年は私立大学, 長男為氏と次男為教, 長男照正様は得, 長男玄庵はかつて, 長男瑞長が妻, 長男は別れ, 長男生輒は早世, 長男百合子の従弟, 長男相馬の小次郎, 長男の中学, 長男神社は同国一, 長男竹千代九歳信長の女, 長男粂次郎とある, 長男紀伊守之助と次男輝政, 長男素早く寫眞に, 長男経正次の経俊, 長男繁太郎が生れ, 長男義平がある, 長男草野富三であると, 長男葛城王は臣籍, 長男藤十郎以下外記権之助, 長男虎間太郎を当時江戸派, 長男袁譚が抱きかかえ, 長男一の, 長男軍医橋本監次郎の二人, 長男通盛は鵯, 長男進一のもと, 長男郁太郎滿洲より未, 長男金次郎は父, 長男鎌田吉五郎はやがて, 長男長女三男の四人, 長男長女夫婦次女の五人, 長男長女次男と三人, 長男元吉川元春, 長男隼太郎を伴った, 長男隼太郎外強力一人を大野原, 長男頼母助為基が父, 長男香織さんは生れた, 長男鹿児島の七高, 長男黄一郎親子でありマスク