青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「長崎~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~鐘 鐘~ 鐵~ ~長 長~ ~長い 長い~ ~長く 長く~ 長屋~
長崎~
長男~ 長者~ ~門 門~ 門人~ 門前~ 門口~ 閉~ ~閉じ 閉じ~

「長崎~」 2298, 25ppm, 4694位

▼ 長崎~ (457, 19.9%)

8 方へ 7 港の, 港を 6 長崎の 4 二官の 3 人で, 彼や, 港に, 港へ, 町には, 町を, 異人から, 街を

2 [18件] よいところ, ように, 丘の, 丸山の, 出島である, 場合と, 場合は, 夢を, 大浦に, 市街は, 方に, 方へまで, 殺人は, 爆弾は, 町で, 町に, 街は, 鐘

1 [365件] うみに, お奉行, お寺で, お役目, お方でございます, ことに, しづかなるみ寺に, しるべの, その親戚, は国, は湿っぽい, ひとを, ほうに, ほうの, ものと, ものは, ものを, アメリカ領事館に, ウチな, オランダ領事の, カステラが, カステラを, カヤノに, カラスミ鹿児島の, コレヂヨの, サンタマリヤの, ジャパン, ステイションも, チャンポン屋へ, バク心地を, ビードロ細工, モモンガアに, 一港に, 一西教寺院に, 一首と, 丘と, 両奉行, 両奉行所, 丸山から, 丸山であっ, 丸山は, 事情にも, 二三の, 五島という, 交通的事情やも, 人々が, 人々殊に, 人あります, 人である, 人なるべし, 人に, 人の, 人は, 人本木昌造という, 人等も, 人間でした, 人間は, 仏蘭西人に, 仮校舎, 仲間が, 仲間で, 住民は, 何か, 例でも, 信徒の, 修業中に, 倅壹岐の, 傍ださうで, 僧鶴亭と, 儲けを, 光景を, 入口に, 入江も, 公園に, 公園の, 公廷へ, 凧は, 出島に, 出島を, 出役を, 切支丹を, 初夏は, 劉夢沢が, 劉氏の, 劉氏は, 勢ハ一向, 医専に, 十返花君から, 午の, 南画家木下逸雲は, 印象を, 原バク記念地, 原爆が, 原爆の, 原爆状況の, 厳酷なりし, 古い寺, 古川町に, 古本屋で, 句として, 同商館, 名代長崎与三種長が, 向井元, 和蘭人から, 和蘭人に, 哀れな, 唐人から, 唐人屋敷に, 唐木屋利七が, 商人で, 商人として, 商取引の, 図書館長が, 国際都市建設案を, 土産だ, 地から, 地図が, 地図を, 場合に, 場合には, 場末の, 売人の, 夕凪とか, 外へ, 夜の, 夜寒を, 大分限降矢木鯉吉の, 大商人, 大波止に, 大浦天主堂の, 大通詞丸山作右衛門, 奉行たちが, 奉行たちは, 奉行所からは, 奉行所に, 女である, 女の, 女は, 女性評が, 女郎あがりで, 女郎一人は, 如し, 婦にて, 嫁で, 学校から, 学校の, 宗門方に, 客舎に, 宣教師フエルベツキに, 家で, 家に, 家来たちは, 宿に, 寓居で, 實家が, 寺に, 小小姓, 小曽根で, 小範圍, 山々は, 山いろづき, 山にも, 山の, 工人に, 市の, 市を, 市役所なり, 市長で, 帰る家, 幕府の, 平野富治を, 年暮れむとす, 廓にて, 役人の, 役場では, 御堂に, 御堂の, 御奉行, 御目付, 微々たる小吏, 徳見, 思い出に, 息子甥どもいずれも, 感じです, 感情は, 或ホテル, 戸町番所に, 拔け, 探題とか, 支店へ, 支那の, 支那人街を, 教会の, 敵を, 文明また, 新大工町に, 方から, 方が, 方で, 方は, 方ニ出, 方ニ御, 方面には, 旅舎に, 旅館で, 昌造の, 明倫堂は, 昔ばなしには, 昼しづかなる, 暑き日, 東郊鳴瀧の, 松寿軒まで, 果てに, 果てまで, 果てまでも, 果の, 果へ, 果までも, 某外科病院, 某小学校, 柱餅などの, 梅泉は, 森路, 様子を, 歌が, 歴史を, 毛唐の, 水, 水谷造船所と, 永井隆, 永見夏汀が, 永見氏に, 沖の, 沖合いに, 波止場に, 津田繁二さんに, 津田繁二さんは, 活字板摺立所の, 浜田弥兵衛が, 浦上あたりの, 浦上と, 浦上の, 海が, 海邊に, 港から, 港そのものは, 港には, 港外に, 港聖東地を, 港見おろす, 港門は, 湊に, 湾も, 湾より, 漢土独楽それから, 火の玉騒ぎ, 爆心地の, 牢屋へ, 猫額大の, 獄舎に, 生まれで, 生まれです, 生れで, 生れである, 生れな, 生れにて, 生れやはり, 町, 町と, 町にも, 町の, 町は, 町はずれに, 町へは, 町人にな, 異人に, 異人へ, 異人奴に, 異人屋敷の, 百姓の, 目付役, 県知事を, 真昼の, 真昼を, 知事に, 知合から, 石だたみ道いつしか, 石畳の, 祭りを, 禅寺へ, 穏やかな, 立山で, 紅い三尺手拭, 紅毛人が, 素封家へ, 結果を, 絵踏の, 繪は, 老若男女という, 者か, 者なれ, 者小, 胃袋こそは, 胃袋は, 若田福井の, 若葉を, 茂木の, 蘭人から, 蘭人の, 蘭人屋敷で, 蝉の, 行被, 街, 街が, 街と, 被害状況は, 被爆者と, 西の, 西坂で, 西山に, 親類の, 角煮, 訳官に, 訳官について, 訳官某等和蘭通市の, 諏訪だろう, 諏訪らしい, 諏訪神社でも, 諏訪神社に, 講習会で, 豚料理を, 貿易で, 貿易史も, 贅沢家を, 近時のよ, 通詞, 通詞の, 通譯本木昌造公用を, 遊を, 遊学を, 郊外鳴, 野に, 鉱務署まで, 銀座いちばん, 長いちり紙, 間が, 領事だった, 領事を, 風に, 風景とが, 風景に対して, 食べ物も, 食堂の, 饑饉救済を, 駅を, 高島炭坑で, 高島秋帆の, 高島秋帆先生か, 鯨取引に, 麦の, 黄いろいちゃんぽんうどん, 黄ろいちゃんぽんうどんや尾道の, 鼈甲細工も, 鼻, 鼻といふ

▼ 長崎~ (300, 13.1%)

9 来て 4 上陸し, 於て 3 住んで, 出て, 来たの, 来りて, 行って, 行て

2 [19件] いたとき, いると, きて, でて, 出來, 到着した, 寄港し, 寄港した, 居たこと, 居ること, 居る時, 本木昌造先生を, 来てから, 渡來した, 着いた, 着いたの, 著いた, 行き大阪, 行った時

1 [227件] あつた, あつて, あつて人, あつて底事, あつて竹田, あの通り, あらはれたので, あり, あるアメリカ, ある新旧, ある津田繁二さん, いたと, いて, いては, いらした時分, いるあいだ, いること, いる間, うたはれた, うろついてを, おくられて, おった頃, おもむくへき, おりましょうとも, おゐ, かぎるの, きたプーチヤチン, しばしの, せよ如何に, ついた船, ついた諭吉, つくと, とどまつた, はいったこと, ひさしいかがや, ゆきここ, ゆくこと, ゆく前, われ明暮れ, ゐた, ゐた一年足らず, ゐた清人, ゐて, ゐる, ゐると, ゴロつい, ゴロツイて, サン・ラザロの, 一冊も, 一册現存する, 一戸を, 一週間程の, 上陸する, 下って, 二年という, 二年居り, 今も, 会所を, 伝来した, 住居を, 体を, 來た, 來て, 來る, 來シーボルトに, 來航した, 入り次, 入り港内, 入港し, 入港した, 入港す, 再び自適, 出たとき, 出候, 出役中, 出掛けた, 出申候, 切支丹伝道が, 初めてトドス・サントス寺院, 到って, 到つた時, 到りて, 到着候時三斎公は, 到着候節当時松向寺殿は, 勉強を, 原子爆弾が, 原爆を, 向った, 向って, 在りし時, 在任雪之, 大騒動, 失われた貴き, 奔った, 寄るの, 封じこめて, 少女期の, 居た覚え, 居た頃一人, 居て, 居なかった, 居られぬ余り, 居りたる甲斐, 居ります間, 居ること足掛五年, 居るとき, 居るとき塩酸亜鉛, 居る仲間, 居る時分, 居る時分商, 居る間, 差遣する, 帰りぬ, 帰り唯双方間違, 帰り来りて, 帰る, 帰るという, 帰る途次, 平賀浅草という, 建てられ五百石以上, 往きて, 往く途次, 往た, 往った, 往つた, 往つたと, 往つた年である, 徙つた小原慶山の, 心しづめて, 戻つたか, 投下された, 択んだの, 擴まる, 支那人の, 数日滞在し, 於けるが, 於てのみ, 於ては, 旅行する, 来い, 来いと, 来た文化三年, 来た時, 来た貨物船, 来りし翌年, 来り互市, 来り後, 来り見れば, 来り遠, 来去した年月, 来去して, 来宝暦十一年, 来舶, 植えたと, 歸つて逃げも, 残つてゐます, 泊し, 浜田弥兵衛が, 浦賀に, 淹留した, 渡つて長崎商人と, 渡らんとの, 渡り南蛮渡来, 渡來し, 渡来する, 温泉の, 滞在し, 現存し, 生い立ったこと, 生れたの, 生れ通詞, 留まつて, 留めて, 留学し, 留学した, 留連し, 真野遜, 着いて, 着きたるは, 着くまで, 移住す, 移住通詞としての, 種えた, 立ち寄りました, 素行といふ, 縁の, 至りしも, 至りチャンポン屋, 至る約, 至る途すがら, 落したの, 落すこと, 落ちそして, 落付き始めて, 行くこと, 行く序, 行ったよう, 行った母親, 行つて長崎に, 西洋印刷術を, 見るべきもの, 見季杏坪惟柔, 訪ねて, 訪れて, 許された蘭商船, 詰めて, 誕生し, 護送すべし, 買ひたる, 赴き露艦, 赴任し, 迫らんと, 送り長崎奉行, 逐ひ, 這入ると, 連れ来れり施寧, 遊びし時, 遊びに, 遊んだ頃, 遊学し, 遊學し, 遊歴せし, 遣つて, 還り陸, 開業し, 関係の, 黒い雨

▼ 長崎~ (201, 8.7%)

10 行って 3 持って, 送られて

2 [16件] お役, ついて, でて, ゆけば, 出向き候, 勉強に, 叩き売られて, 戻つて, 持つて, 来て, 着いて, 舞ひ戻り, 落延び異人, 行こう, 行ったこと, 行ったとき

1 [153件] いかなければ, おいでに, お帰り, きたとき, きたる, きて, きてから, くだって, こられるよう, ご勉強, それから島原, ついた, ついたその, ついたばかり, つかハ, つれだすとて, でかけること, むかつたわけ, むかつて, やって来たが, やつて, やろうとは, ゆかうもう, ゆくと, 下り龍馬, 下る時, 乗込みラゴダ号事件, 來た, 入つた, 入港當時は, 出すかに, 出た, 出たり, 出候, 出候ことハ中, 出張する, 出張異人との, 出申候, 出発の, 参ったよう, 参った折, 参り候, 参候輩も, 向う汽船, 向かったの, 向けて, 向って, 周二君は, 商売に, 商売ものの, 帰った我々, 帰って, 帰りたり, 帰りたれバ, 帰りました, 帰り大義論, 帰り申候, 帰ること, 帰るべき峠, 帰る帰ると, 帰れるじゃ, 帰船する, 庄次郎も, 廻り不日, 廻航の, 引上げた, 引立てられ水責, 往かなければ, 往き怪しい, 往くこと, 往けといふ, 往った, 往つた, 往つた年である, 往つた留守中に, 御つれ申候, 戻すこと, 戻つた, 戻りますぢ, 文通する, 旅行した, 月琴の, 来た同国, 来た和蘭船, 来た外国船, 来ました, 歸り, 歸る, 江戸へと, 流浪し, 渡つて鉄扇の, 渡りそこ, 発足された, 着いた, 着いたという, 着いたの, 着いたん, 着き次第, 着くと, 移出する, 立つはず, 罷出先生方, 舞ひ戻つ, 茶買いに, 行かないかと, 行かれた時, 行き, 行きたい支那, 行きたがっとるけに, 行き浦上, 行き蘭人相手, 行くと, 行くところ, 行くには, 行くの, 行くよう, 行く列車, 行く旅費, 行く道, 行けば, 行こうと, 行った, 行ったあの, 行ったという, 行ったに, 行った時, 行つたといふ, 行つたのは, 行つたらあるだらう, 行つた時汽車中大いに, 行つてはじめは, 行て, 見せるが, 護送, 護送させる, 護送された, 迎いに, 近づくの, 送られ幕府, 送られ更に, 送られ皆, 送られ紛失品, 送り返されたという, 逃げましょう, 逃げようと, 通船の, 連れて, 遊学し, 遊學した, 長崎へと, 電話が, 飄然と, 黴菌の

▼ 長崎から~ (110, 4.8%)

3 出て, 来て, 江戸まで 2 お帰り, 上海に, 帰って, 横浜へ, 江戸へ, 江戸までの, 清へ, 船で

1 [85件] おいだしたん, おいだした人, おいだして, お手紙, かえってきた, きた上もの, ここに, この土地, この船, はる, まっすぐ小浜, もって, シロオテに, ペンの, 上方に, 上海までの, 乗った往路, 人殺しが, 今帰る, 伽羅を, 佐世保へ, 佐賀へ, 全く無一文, 出役, 十六マイル離れた, 博多について, 博多を, 取り寄せた伽羅, 同道し, 和蘭の, 國外に, 坂を, 外国の, 外國へ, 大坂の, 大層な, 大錦蛇, 大阪に, 大阪へ, 天草へ, 媽港あたりまで, 尋ねて, 帰った塩田良三, 帰つた, 帰て, 帰り次第に, 帰るの, 帰るわが子, 強飯が, 強飯の, 往復する, 招いた岡本亀八, 持ち帰った小冊, 持て来た和蘭新版, 来たと, 来た人, 来た女中, 来た女文字, 来るの, 東の, 東京に, 柳を, 次第に東漸, 江戸に, 江戸へと, 汽車で, 流行って, 浦上への, 渡って, 甲必丹蘭人が, 神戸へ, 神戸を, 西湖の, 諸国を, 買い入れた西洋薬品, 越前まで, 越後港へ, 逐つた, 逐はれた, 還つた, 金が, 食料が, 高価な, 鹿児島宮崎と, 鹿児島宮崎の

▼ 長崎~ (103, 4.5%)

6 穴つるし 3 手に, 火あぶり 2 切腹した, 拔け

1 [87件] あった, あったか, あなたがた五人組に, いろいろな, その美貌, つうやく, なきゃないといったようなもので, ぼうえき, よくこういう, より早く, シイボルトが, チャンポンを, ネバつてゐる, バクハツした, 一と, 一夜の, 一年も, 一番特徴が, 三人の, 三日目に, 世話に, 二人が, 代々聞えた, 何かと感ずる, 充分である, 出た日本耶蘇会出版, 加工した, 勉強した, 医者の, 反物や, 受けとること, 同じ日, 同日同, 命を, 和泉屋長崎屋佐倉屋佐原屋の, 和蘭の, 喰ひとめむげには, 売って, 大騒動, 女の, 女郎を, 姉娘と, 威を, 巡り逢ったよう, 役を, 抜荷を, 拵えるよう, 捕はれ一揆, 敵討を, 料理の, 新たに, 日本の, 普通に, 曳網を, 書いた左, 死んだ人, 殉教した, 毒薬を, 生れたの, 生れた張則民さん, 生れねば, 生れましたが, 生れ変ったから, 療治した, 発行する, 皆様の, 知り合いに, 私に, 立派に, 育ったもの, 脚疾の, 色付油と, 蘭人に, 蘭医の, 裁判が, 西洋の, 西洋人の, 討たれるやう, 討ったよう, 討つという, 討つもの, 討つん, 討て勘定, 調印された, 護り通し祖國, 造らせた白木, 鯛の

▼ 長崎~ (64, 2.8%)

3 立って, 退帆 2 出立し, 無視し, 経て, 訪れたの, 訪れて

1 [48件] えらんで, おも, たって, だいぶ離れた, でるとき, ふりさけむ, われ去りな, われ去りゆき, 中心と, 出たと, 出た時, 出る時, 出帆する, 出発す, 去つた日, 去つて, 去つて上京, 去て, 去り東上, 去るまでの, 去る日やう, 口の, 国際都市に, 奪はれた, 實際に, 引払い東京, 引揚げ, 忌み嫌, 思い出して, 思わせるよう, 描いて, 書く場合, 根拠に, 歴史的に, 發つた, 窺う軍略, 立ったの, 立つ時, 立つ段, 著名な, 襲う, 見ては, 見下し使, 見物した, 訪ね通詞ら, 訪れた, 訪れる志, 警せしめ

▼ 長崎奉行~ (54, 2.3%)

2 に密告, の別当, の手

1 [48件] え被仰, からおくり, から唐通詞, がなまじ, が二千両, が座, が早馬, であり切支丹断圧, で次席應接係, とも言ひたい風俗, にはおれ, に届け出, に従って彼地, に提出, に申しつけ, に遷され, の一行, の下役, の前, の厚意, の建白, の役所, の承認, の支配, の支配下, の注進状, の目付, の眼, の肝煎り, の與力以下, の許可, の赴任, の通行, の重職, の頃, の駕籠, は二千両, は佐賀, は千石高, は四辺, は昌造, へ密告, まかせで, より転じ, をし, をなすっ, を勤め, を通じて和蘭商館長

▼ 長崎~ (28, 1.2%)

2 一と

1 [26件] いい處, いつ見, さすがに, たびたび, もう別, もとより九州, よいおちついた, 一驚した, 中心から, 京都と, 唯一の, 唾する, 幕府直轄の, 平地で, 後悔し, 日本からも, 日本文明史に, 殆ど火事が, 淫風の, 異人群集の, 石だたみ道ヴェネチアの, 要塞地帯だ, 迂かつ, 長崎で, 雨の, 鼈甲細工で

▼ 長崎~ (26, 1.1%)

2

1 [24件] だけをひとり, だと, ですか, でせう, でないこと, で洋食, とやらは大, と言った, なら江戸中, なんぞをかたき, に戻り, の土藏, の巨大, の身上, の間柄, は身上, へ引返した, をくるしめる, をこの, をはじめ, を出る, を引, を深刻, を飛出し

▼ 長崎~ (26, 1.1%)

2 に入, の沖合

1 [22件] から退, では漂民, にはいつ, にふさ, に不法侵入, に似たる, に到る, に到着, に近い, に類似, のさらに, のただ, の一番奥, の住人, の南, の口, の空, の花形, を無視, を眼下, を見渡す, を間近

▼ 長崎では~ (23, 1.0%)

1 [23件] お役人, それに, とうとう訊問, アウグスチノ会員の, ホテルに, 一年の, 一緒に, 今が, 十一月十八日潜伏教師を, 名の, 和蘭人などを, 家屋敷よりも, 憲兵隊が, 日本ぢゆうのどの土地よりも, 有名な, 死者は, 毎日図書館に, 疲れきつ, 百人を, 詰まらぬ商人宿, 踏絵が, 通用しない, 遊びすぎたあんまり

▼ 長崎まで~ (23, 1.0%)

1 [23件] いって, くだる, たずねて, やって来たかを, ゆきそこ, 三日程にて, 二百里あまり雪路を, 人を, 出かける, 帰って, 延して, 御まち, 用が, 至るの, 船か, 英語を, 行く, 行くだけの, 行くの, 行って, 行つて支那人に, 訪れて, 遠く学び

▼ 長崎~ (22, 1.0%)

2 から江戸, に遊学中

1 [18件] からのお達し, から二枚, から帰っ, から帰らぬ, から帰る, から帰府, でご用弁, での悲惨, での蘭館, で海産問屋, に根城, の昔, へオロシャ船四艘交易, へ公用, へ渡来, へ為替, へ立越し, 之儀

▼ 長崎~ (19, 0.8%)

1 [19件] いうと, いえども, いふ所は, この三つ, 任地を, 函館へ, 和蘭陀の, 島原半島の, 広島とにも, 武蔵豊島の, 江戸と, 浦上の, 海外文化, 薩摩の, 諸国を, 轉住した, 通詞, 陸奥ほど, 鹿児島とへ

▼ 長崎には~ (18, 0.8%)

2 パンパンが

1 [16件] パンパンは, ロシアの, 一週間か, 下岡蓮杖翁と, 亭主の, 住むこと七年, 和蘭人が, 夥しく寺, 居りません, 怪しき新, 汽船が, 澤山入, 狭い町通, 異邦の, 貴公の, 非常に

▼ 長崎~ (16, 0.7%)

1 [16件] おいて, おゐ, ては正金都合, ては長州, て一局, て仕, て会津, て大洲蒸気船ハ三月十五日, て義論致候ヘバ航海者, て英, 出たる参政後藤庄次郎共, 出て, 出大洲, 参り又, 廻るよ, 止りおり候

▼ 長崎あたり~ (15, 0.7%)

1 [15件] から日本国, でよく, で密造, で拔, にゴロツイ, に居た, に来, のこと, の村, の相当名, はいう, へ来, へ来た, へ行つて, まで飛ん

▼ 長崎~ (15, 0.7%)

2 堺や

1 [13件] お江戸, 下田とともに, 台湾で, 各軍, 堺あたりで, 堺から, 奥州の, 島原の, 島原半島や, 日本人や, 横浜に, 福岡へんまで, 鹿児島では

▼ 長崎通詞~ (15, 0.7%)

1 [15件] が殆, であり, で隨行, などすぐれた, のうち, のこと, のみで, の譯文, の過去, の關係, は, はいまや, は十日間くら, は堀達之助, は蘭語

▼ 長崎奉行所~ (12, 0.5%)

2 が印刷所, の印刷工場 1 がひか, でも和蘭文法書, でオランダ人, なら一目, に押收, の, の印刷所, へ報告

▼ 長崎~ (12, 0.5%)

1 [12件] から発行, から電車, が博物館, で開かれた, に滞在, のほぼ, の今博多町, の北, の東, の病院, まで料理材料, を俯瞰

▼ 長崎~ (11, 0.5%)

1 [11件] かなりよく分るで, なくなりそう, はじめてでした, もつた國内, 其頃の, 唯一の, 好きだ, 灯火の, 経験した, 西方に, 雨な

▼ 長崎より~ (11, 0.5%)

3 江戸に 1 一封を, 下の, 後藤参政と, 横須賀より, 神奈川の, 舩に, 船にて, 送られた通信

▼ 長崎~ (10, 0.4%)

2 は静か 1 が機雷, であったろう, という汽船, と一処, と云う, にのりこんだ, に乗せ, の船長

▼ 長崎~ (10, 0.4%)

1 でいちばん, でもここ, にてはこの, に限られ, の下五島, の下五島久賀島, の南高来郡, の女, の島々, の或

▼ 長崎にて~ (9, 0.4%)

1 みたり, 切支丹の, 噂にのみ, 暮らししひま, 決心せし, 物慣れし吾眼, 見し紅化粧, 議論すみ, 阿蘭人

▼ 長崎にも~ (9, 0.4%)

1 あれども, いた, いたくない, いないの, おりまた, 僕たちの, 支店を, 此名の, 霜ふりに

▼ 長崎~ (9, 0.4%)

1 が云, とともにグラント将軍, と種々, に其事, に渡した, に見せ, に話した, の希望, は私

▼ 長崎~ (9, 0.4%)

1 が二十代, で大牟田, の便船, の舟, の船, は往つた時, は此旅, は長崎奉行, を叙

▼ 長崎でも~ (8, 0.3%)

1 そうだ, そうだった, まだペルリ, 同じ角, 大阪でも, 平地では, 我々共, 鉄筋コンクリートの

▼ 長崎という~ (8, 0.3%)

3 ところは 1 ほとんど無, んです, 土地を, 市は, 部落の

▼ 長崎医大~ (8, 0.3%)

2 の角尾教授 1 だけの問題, では当の, で開かれた, の, のよう, の外来診察室

▼ 長崎料理~ (8, 0.3%)

1 かと思ってたら, になる, に化ける, のコース, の角, へ入った, へ行く, をたべ

▼ 長崎殿~ (8, 0.3%)

1 からさき, にはほか, の兵, の御, の陣中, へなにか, へ貰い下げ, や執権

▼ 長崎紀行~ (8, 0.3%)

1 とを引い, と長崎行役日記, には, に所謂頼遷, に日本, の全文, の詳記, は此

▼ 長崎以来~ (7, 0.3%)

4 のこと 1 のこれ, のもろもろ, の一味徒党

▼ 長崎~ (7, 0.3%)

2 に出現 1 で密買, で軍艦, にあらはれた, にいで, に碇泊

▼ 長崎~ (7, 0.3%)

1 では夏, では昔, で使う, で食用, の伯父, の商人, の風

▼ 長崎高資~ (7, 0.3%)

1 と赤橋守時, の一族泰綱, の兄, の御, の裔, の賄賂, をはじめ

▼ 長崎~ (6, 0.3%)

1 五島も, 今やあわてず, 北の, 江戸も, 苦笑に, 食べ物は

▼ 長崎ホテル~ (6, 0.3%)

1 といふ新しい, にて晩餐, に泊っ, のバス, やって, を訪

▼ 長崎図書館~ (6, 0.3%)

1 でや, に南高来郡, に開く, は諏訪公園内, へ通, を訪れた

▼ 長崎~ (6, 0.3%)

1 だけにあっ, にあったら, の外, の大野屋, の家, も随分

▼ 長崎なら~ (5, 0.2%)

1 きっと仕官, ばチャンポン屋, ば異国, ば長く, 長崎を

▼ 長崎円喜~ (5, 0.2%)

2 の子 1 と生母, にいわせよう, の烏帽子子

▼ 長崎出島~ (5, 0.2%)

1 にてその, に移轉, に遺留, の和蘭屋敷内, の蘭館

▼ 長崎地方~ (5, 0.2%)

1 ではまた, にはこの, の切支丹信徒, の方言, へ帰され

▼ 長崎旅行~ (5, 0.2%)

1 のこと, の後, の手引き, の途次汽車, は島原天草

▼ 長崎において~ (4, 0.2%)

1 レザノフに, 永別の, 相役横田清兵衛を, 稿を

▼ 長崎~ (4, 0.2%)

1 の味噌屋, の大, の抜荷買, の桶屋

▼ 長崎~ (4, 0.2%)

21 ヲランダ船へ, 圖は

▼ 長崎~ (4, 0.2%)

1 の伝統的, の信心, の心持, は鹿児島

▼ 長崎仕込み~ (4, 0.2%)

1 のたね, の俺, の立派, の軽薄才子

▼ 長崎時代~ (4, 0.2%)

1 になつて, の小, の思出, の歌

▼ 長崎~ (4, 0.2%)

1 が気, という所, といふ所, に廻り

▼ 長崎港外~ (4, 0.2%)

1 に訪れ, の島々, の戸町, の海湾

▼ 長崎附近~ (4, 0.2%)

1 だけで百数十名, で捕へられ, で行き倒れ, へ人数一万二千余

▼ 長崎~ (4, 0.2%)

1 で倒れ, に下り, へ到着, や大波止

▼ 長崎からの~ (3, 0.1%)

1 古い知り, 報告が, 通信を

▼ 長崎での~ (3, 0.1%)

1 云ひ, 云ひつたへを, 傳説で

▼ 長崎における~ (3, 0.1%)

1 和蘭通詞と, 国旗引きおろし, 自由貿易の

▼ 長崎までも~ (3, 0.1%)

1 出張し, 続きますぜ, 行って

▼ 長崎チャンポン~ (3, 0.1%)

1 の法則, を二ツ, を食べさせる

▼ 長崎入港~ (3, 0.1%)

1 ということ, の合図, の唐船

▼ 長崎~ (3, 0.1%)

1 によく, も根, をせがれ

▼ 長崎函館~ (3, 0.1%)

2 の三港 1 へ渡り

▼ 長崎~ (3, 0.1%)

1 の呉服船, の怪船, の船

▼ 長崎奉行竹中采女~ (3, 0.1%)

2 の馬廻り役 1 の別当

▼ 長崎~ (3, 0.1%)

2 目付の 1 番の

▼ 長崎浦上~ (3, 0.1%)

1 から大村湾一帯, に単に, の聖地

▼ 長崎煙草~ (3, 0.1%)

1 か何, が金無垢, の味

▼ 長崎留学~ (3, 0.1%)

1 の問題, の時代, の砌

▼ 長崎立山~ (3, 0.1%)

1 で五十五人, にて十字架上, の海

▼ 長崎辺り~ (3, 0.1%)

1 で作った, にゴロツイ, の蘭人達

▼ 長崎~ (2, 0.1%)

1 もてにおいて, 奉行さまから

▼ 長崎~ (2, 0.1%)

1 神戸あたりで, 香港の

▼ 長崎からは~ (2, 0.1%)

1 いる蘭薬, 眼と

▼ 長崎からも~ (2, 0.1%)

1 くる, 函館からも

▼ 長崎じこみ~ (2, 0.1%)

1 の技, の料理自慢

▼ 長崎だけが~ (2, 0.1%)

1 そのころ, ないの

▼ 長崎です~ (2, 0.1%)

1 の, よ先生ッ

▼ 長崎といふ~ (2, 0.1%)

1 地に, 町の

▼ 長崎とか~ (2, 0.1%)

1 云って, 大阪とか

▼ 長崎とを~ (2, 0.1%)

1 犠牲に, 目撃する

▼ 長崎へでも~ (2, 0.1%)

1 参るか, 行って

▼ 長崎へと~ (2, 0.1%)

1 通り過ぎた, 駛りつづけ

▼ 長崎へは~ (2, 0.1%)

1 いつた時, 行かずに

▼ 長崎よりか~ (2, 0.1%)

1 へりて, へりニ

▼ 長崎よりも~ (2, 0.1%)

1 有利である, 江戸においては

▼ 長崎らしい~ (2, 0.1%)

1 という, と味

▼ 長崎カステラ~ (2, 0.1%)

1 では改良種, とお

▼ 長崎ニ於~ (2, 0.1%)

1 て兼而召つれ候人数, も折

▼ 長崎~ (2, 0.1%)

1 入道円喜が, 入道思元と

▼ 長崎~ (2, 0.1%)

1 といわれ, の縹緻

▼ 長崎三菱造船所~ (2, 0.1%)

1 に入っ, の四

▼ 長崎医科大学~ (2, 0.1%)

1 は今日, は戦

▼ 長崎古川町~ (2, 0.1%)

1 に住む, に萩原

▼ 長崎史研究者~ (2, 0.1%)

1 として権威, として知られ

▼ 長崎名物~ (2, 0.1%)

1 だ, の石段道

▼ 長崎周辺~ (2, 0.1%)

1 で最も, や天草等

▼ 長崎土産~ (2, 0.1%)

1 のちり紙, の薔薇香

▼ 長崎奉行宛~ (2, 0.1%)

1 に一通, への報告

▼ 長崎始発~ (2, 0.1%)

1 の急行, の東京行急行

▼ 長崎宮日~ (2, 0.1%)

1 に担ぎ出される, の傘鉾

▼ 長崎市民~ (2, 0.1%)

1 の一人, は浦上切支丹

▼ 長崎~ (2, 0.1%)

1 に限る, の指定港

▼ 長崎~ (2, 0.1%)

1 四郎, 四郎高真の

▼ 長崎方面~ (2, 0.1%)

1 からの雲仙上り, でも同様

▼ 長崎會所~ (2, 0.1%)

1 に於, より一般

▼ 長崎有名~ (2, 0.1%)

2 の角

▼ 長崎~ (2, 0.1%)

1 約書, 約書我鬼國提案

▼ 長崎~ (2, 0.1%)

1 の下, を入江町

▼ 長崎次郎高重~ (2, 0.1%)

1 が喘ぎあえぎ, は鎌倉最後

▼ 長崎水品~ (2, 0.1%)

2 の第

▼ 長崎渡り~ (2, 0.1%)

1 の奇術, の珍菓

▼ 長崎港内~ (2, 0.1%)

1 にてエス・エス・ジョージ・エルホエリー号, の造船所

▼ 長崎滞在中~ (2, 0.1%)

1 の思い出, の日本

▼ 長崎生まれ~ (2, 0.1%)

1 だったこと, の鄭永慶

▼ 長崎生れ~ (2, 0.1%)

1 の人別, の木田

▼ 長崎用達ハ~ (2, 0.1%)

1 少々故障, 少し故障

▼ 長崎~ (2, 0.1%)

1 に出, の英吉利人

▼ 長崎~ (2, 0.1%)

2 を命ぜられた

▼ 長崎~ (2, 0.1%)

1 で面白い, なの

▼ 長崎県五島~ (2, 0.1%)

1 の故郷, の親元

▼ 長崎~ (2, 0.1%)

2 の船

▼ 長崎~ (2, 0.1%)

1 などから浮んだ, の紅毛人

▼ 長崎~ (2, 0.1%)

1 の五島, の島原

▼ 長崎繪圖~ (2, 0.1%)

1 をとほし, を都合三枚

▼ 長崎耶蘇會出版~ (2, 0.1%)

1 の, の一書

▼ 長崎行き~ (2, 0.1%)

1 の公儀衆, を勧める

▼ 長崎貿易~ (2, 0.1%)

1 の時代, は主として

▼ 長崎通詞ら~ (2, 0.1%)

1 の活動, をとほし

▼ 長崎通詞一般~ (2, 0.1%)

1 とちが, とはち

▼ 長崎通詞中~ (2, 0.1%)

1 で英語, にはもちろん

▼ 長崎随一~ (2, 0.1%)

1 の支那貿易商, の漢薬商

▼ 長崎~ (2, 0.1%)

1 で鯛, のし

▼ 長崎~ (2, 0.1%)

1 を右手, を經

▼ 長崎骨董~ (2, 0.1%)

1 でも弄っ, を持っ

▼1* [320件]

長崎あるいは支那で, 長崎うまれの, 長崎からかへつたとき, 長崎つての, 長崎くんだりまで行っ, 長崎ぐらいはあろう海浜, 長崎じゃありません, 長崎そっくりの背景, 長崎そのほか名ある, 長崎かどう, 長崎だけの通詞である, 長崎だけは残りそう, 長崎だって滅多に, 長崎ゆう好, 長崎ぢゆうの誰よりも現, 長崎ってところだ, 長崎ふ喫茶房, 長崎でだけ同國旗, 長崎といへども曾てなし, 長崎とちがつて横濱, 長崎とのつながりを, 長崎とはまあ何, 長崎どののお, 長崎などただ一夜汽車, 長崎などでは百年百五十年前の, 長崎などと往来し, 長崎などに行きますと, 長崎などにも出店を, 長崎などへも寄りたいし, 長崎なる拘留所の, 長崎においても大体同様だった, 長崎にかへり来りて, 長崎にかへし申度, 長崎にすら現存しない, 長崎については有ゆる, 長崎にては昔から, 長崎にても評判の, 長崎のみなれば, 長崎ばかりだぞと, 長崎ふうのけん凧, 長崎へといった宣伝の, 長崎へなんか行きやしません, 長崎への長距離電話は, 長崎へも向かった, 長崎まででも行きかねないやつ, 長崎ものは若い, 長崎さようなら私, 長崎よいとこまことに, 長崎の諸, 長崎オランダ商館長レフィーソンに送った, 長崎ニニて聞し, 長崎ニ九日ニ来り十日ニ鹿児島ニ, 長崎ニ出候得バいか, 長崎ニ於此度取入, 長崎ニ而御国御重役, 長崎ニ船の求め, 長崎ハ一同不案内ニ候, 長崎ハ不案内之事故, 長崎御廻しニ, 長崎リンゴである, 長崎一族はみな, 長崎七ヶ村の者十一名, 長崎三十六の湾それぞれ, 長崎三港をロシヤ船, 長崎上筑後町の一向, 長崎不案内ゆへ此処ニ而御定, 長崎与三種長がここ, 長崎組の, 長崎丸山の出島屋万六, 長崎丸私が長崎, 長崎二絶港営清商館蘭商舘各一絶, 長崎人吉雄流外科醫で幸, 長崎人形町の裏長屋, 長崎人蔡愼吾と交情, 長崎人蜀山人太田直二郎は, 長崎入の, 長崎仙太郎氏は言, 長崎代官をつとめ, 長崎代官所で幅, 長崎代官浜川平之進左のが横山五助, 長崎以上の胃袋, 長崎以下すべてもっとも早く, 長崎以來の心盡, 長崎以来これも深い, 長崎以来わしのため, 長崎以来チャンポンに親しみ, 長崎以来一党の滅亡, 長崎以来一定の食事, 長崎以来自分を隠まっ, 長崎以来長崎屋等と悪, 長崎以来雪女の女中弟子, 長崎伊具普恩寺らのたくさん, 長崎会所から送られた, 長崎伝来の西洋料理, 長崎伝習生を以てし, 長崎住居大工幸八ト申者此節致出府居候ニ付屋舖エ呼寄爲見繕申度出來之上於内海致爲乘樣, 長崎佐介など北条遺臣中, 長崎來航でい, 長崎健山奉行への手紙, 長崎先覚者等の間, 長崎全市を練り歩き, 長崎円喜らもたまりかね, 長崎出役を命ぜられ, 長崎出役以来よほど内福, 長崎出發直前に榮, 長崎出身の人, 長崎到着が六年, 長崎医学専門学校教授になつて赴任, 長崎医科大学学長を相手取っ, 長崎博士もそんな, 長崎博多からいろいろ, 長崎及びその近郊, 長崎十四年七月には, 長崎同人小集を土橋青村宅, 長崎名古屋なぞと地名, 長崎名村新八てふ, 長崎唯一のホテル, 長崎商人となつ, 長崎商館長がオランダ領事館, 長崎四郎左千葉貞胤結城親光六角時信小山秀朝江馬越前守三浦ノ介, 長崎四郎左衛門ホカ諸将, 長崎四郎左衛門尉この人, 長崎図書館長永山時英氏を訪ねる, 長崎宜に, 長崎土産カステーラを食べ, 長崎の小さい, 長崎在住の人, 長崎在留の異国人, 長崎地図もない, 長崎地検大村支部でも調査, 長崎堺下田等にも奉行, 長崎堺博多の商人, 長崎大仏二階堂の諸, 長崎大浦の地, 長崎大阪京都此大都會から五六十人, 長崎天草までは乗, 長崎奉行あたりの報告, 長崎奉行その他から曲者, 長崎奉行ニ転役シタガソノ月水心子秀世ガ云イ人デ虎ノ門外桜田町, 長崎奉行代官をあやつっ, 長崎奉行佐賀藩などから応援, 長崎奉行兎狩に託し, 長崎奉行土部駿河守の後身, 長崎奉行大目付御目付等, 長崎奉行幕府内でも有数, 長崎奉行役替りの時期, 長崎奉行所印刷工場が日本, 長崎奉行所配下の士分, 長崎奉行松平圖書をはじめ佐賀藩, 長崎奉行松平康英をし, 長崎奉行水尾甲斐守の耳, 長崎奉行水野筑後守は幕府, 長崎奉行水野筑後守老中間部下総守林大学頭, 長崎奉行永井岩之丞, 長崎奉行永井讃岐守に別府播磨守, 長崎奉行荒尾岩見守は老中阿部伊勢守, 長崎奉行西役所内に印刷所, 長崎奉行配下で目下江戸出役中ゆゑ, 長崎は, 長崎婦人の美点, 長崎孫四郎左衛門すぐさま馳せ, 長崎家老にあてた, 長崎宿という, 長崎寄港中に石炭, 長崎屋のは鼠, 長崎屋三郎兵衛だ, 長崎島原にわたつ, 長崎崇福寺の墓, 長崎市中を歩き廻っ, 長崎市内を歩い, 長崎市北郊外の浦上付近, 長崎市周囲の漁村, 長崎市大徳寺内につくられた, 長崎市立病院勤めその, 長崎市街の発展過程, 長崎市酒屋町松楽にて斎藤先生送別小宴, 長崎し申度, 長崎帰りのホン, 長崎平戸あたりの異人, 長崎平戸堺などから京都, 長崎庄六は錢形平次, 長崎にて理解, 長崎役所から繰り出す, 長崎見茂四郎西湖, 長崎急行に乗り換え, 長崎情調がある, 長崎撫院和泉守曲淵公に従, 長崎料理かもめへこっち, 長崎料理豚の角, 長崎日光の辺, 長崎日日新聞雑誌紅毛船雑誌アコウ等にたまたま, 長崎明倫堂の丁卯春, 長崎晩期の心, 長崎村桜の馬場新大工町馬町勝山町八百屋町, 長崎村附近を散歩, 長崎東福寺の住職東海和尚, 長崎松前以外で國書, 長崎松浦屋の, 長崎桜馬場にこれ, 長崎横浜両港, 長崎横浜函館の三港, 長崎次郎っ, 長崎次郎氏に面會, 長崎殿自身であったの, 長崎毛氈を敷い, 長崎気質というもの, 長崎水右衛門という名題, 長崎水谷造船所の技師長, 長崎沖渡しで蛮船, 長崎波止場は急, 長崎流曲独楽廻し嵐粂吉近日賑々しく小屋びらき, 長崎海岸通り大通詞丸山作右衛門, 長崎港以外に箱館, 長崎游竜見え候時不快に而其宿, 長崎に投錨, 長崎滅亡の時, 長崎泊中は, 長崎滞在の先発者田代季吉云々, 長崎の入口, 長崎物産会所の通訳, 長崎特有の石垣, 長崎独特の趣き, 長崎の商標, 長崎町一丁目の方, 長崎町二丁目七番地先に今, 長崎町十月が松倉町, 長崎町川口町一帶を張りました, 長崎画人伝に見, 長崎病院長であられた, 長崎発熊本泊翌三十一日熊本見物, 長崎的特殊性が漂う, 長崎省吾も当時, 長崎省吾氏の外, 長崎県上海市ださうだから, 長崎県下の温泉山, 長崎県下壱岐島のある, 長崎県五島沖合にある, 長崎県人で拓銀, 長崎県人副田欣一に十年, 長崎県大村市孤島の大, 長崎県松浦郡の五島, 長崎県熊本県大分県宮崎県鹿児島県とします, 長崎県議会の代表, 長崎知識によつて判斷, 長崎研究者に聞く, 長崎碇泊中長崎通詞らをとほし, 長崎碇泊五ヶ月の後, 長崎神戸で網, 長崎称念寺にはかねて, 長崎移住後も何ら, 長崎種子を根, 長崎一級の, 長崎籠城の日, 長崎絵師兼唐絵目利に任官, 長崎に乗換, 長崎縣北松浦郡佐々村の濱野治八, 長崎はいません, 長崎耶蘇会出版の一書, 長崎耶蘇教会出版の, 長崎自身ここへ足, 長崎舌人の事跡, 長崎英国領事はこの, 長崎英国領事モリソンの名, 長崎英領事から長崎家老, 長崎英領事モリソンの案, 長崎茂木浦などの例, 長崎の意, 長崎著任後折にふれたる, 長崎著岸の上, 長崎著聞集公教遺事, 長崎薩摩とまでは飛ばなく, 長崎蘭医の大家, 長崎行役日記とがある, 長崎表ニてハ奉行所ニ, 長崎西築町の医師岡田道玄, 長崎見物の途中, 長崎言定といふ, 長崎訛きくはさび, 長崎訪余居, 長崎訪余客居喜賦, 長崎談判この文章, 長崎談判以來大きな外交事件, 長崎警固も厳しく, 長崎警察署の不仁, 長崎譯官本木昌造蒸汽船雛型持出シ御覽アリ, 長崎赴任の後駿河台, 長崎より肥前唐津, 長崎を聞き, 長崎抱いて, 長崎迄の船の, 長崎退帆の, 長崎通司にし, 長崎通詞中功勞のあつ, 長崎通詞最高の家柄, 長崎通詞本木昌造及び北村此助, 長崎通詞森山榮之助, 長崎通辯何の何兵衞, 長崎進撃を差置い, 長崎遊学から帰府, 長崎遊学中の逸事鄙事多能, 長崎遊宴の図, 長崎斎真野翁六十, 長崎郊外の戸町番所, 長崎郊外浦上の者, 長崎重役のもの, 長崎長い道程を, 長崎を三日, 長崎陸奥のあいだ, 長崎領事とは傷ついた, 長崎領事ホジソンが長崎港, 長崎領事館方面から申告, 長崎風土記など読む, 長崎驛附近までの間, 長崎高真佐介貞俊以下いずれも去年, 長崎高等商業学校武藤教授の教示, 長崎高等商業学校長をし, 長崎高等学校医学部生徒某氏は自らこれ, 長崎高資らとの暗闘, 長崎鹽田氏幸八ト云者蒸汽船雛型持出シ御馬場ニ於テ, 長崎鹿児島のよう