青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「長屋~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

鏡~ ~鐘 鐘~ 鐵~ ~長 長~ ~長い 長い~ ~長く 長く~
長屋~
長崎~ 長男~ 長者~ ~門 門~ 門人~ 門前~ 門口~ 閉~ ~閉じ

「長屋~」 2030, 22ppm, 5251位

▼ 長屋~ (882, 43.4%)

18 者が 8 者は, 者も, 衆は 7 人々は, 入口に, 連中が 6 人たちの, 人たちは, 前に, 土塀へ, 衆が 5 おかみさん, 作爺さんの, 者に, 花見, 衆, 連中は 4 一軒で, 一軒を, 中に, 人々が, 人達が, 方へ, 窓から, 連中の

3 [18件] お葉, ような, 一軒の, 一軒は, 人たちが, 人に, 人達に, 人達は, 前の, 奥へ, 女が, 武者窓の, 物干, 衆に, 衆の, 連中と, 間を, 隅々まで

2 [60件] うちで, ほうへ, 一つが, 一軒に, 中の, 中へ, 中を, 二階から, 二階に, 人々と, 人々の, 人が, 住人が, 作爺さんが, 作爺さんを, 入口の, 内に, 前へ, 前まで, 前を, 十軒も, 取突, 天井裏です, 奥に, 奥の, 奧に, 女たちにも, 女たちは, 女房と, 子供が, 屋根が, 屋根の, 方に, 格が, 格子の, 格子を, 灯が, 甚蔵の, 男二人と, 百軒も, 端から, 端で, 細道へ, 羽目板の, 者, 者で, 者には, 者の, 者や, 若い者, 藤吉だ, 衆も, 衆後生です, 路地が, 路地へ, 路地を, 通りに, 連中も, 隅で, 青女房

1 [553件 抜粋] あいだを, あいて, あたりは, あっしと, あったこと, あるじ, いちばんはずれの, いらかの, うしろの, うちここだけが, うちの, うち天童太郎の, おかみさんと, おかみや, お上さん達も, お勝手から, お津賀, お爺ちゃん, お神, お通夜だ, かかに, かたがたみなご, かみさんなど, かみさん連の, ことであろ, ことゆえ, しじまこそ, すべての, すみで, すみへ, ずっと奥, ずっと続い, せまいところ, せまい路地, そばに, たてこむせまい, つ, つづいて, とつつきの, どこかの, はしから, はしっこの, はづれ, ひとりで, ひと団体, びっしり詰った, ほかは, まん中は, むさくるしい部屋, ものに, ものには, ものらは, やうに, ように, わるさ仲間, アマゾン連も, オカミさんを, カンカン虫, ガキが, ケチ兵衞ぢや, チョビ安太夫ハッ, ツイ三四間先は, プリンスの, ペンキ塗りの, 一つである, 一つに, 一つは, 一と, 一人が, 一区画が, 一同どっと, 一団が, 一室で, 一室に, 一廓へ, 一方と, 一方の, 一方浪人庵崎數馬の, 一棟に, 一棟狂歌師手枕舎里好と, 一番はじの, 一聚落が, 一角それを, 一角六畳と, 一軒が, 一軒だった, 一軒でございました, 一軒へ, 一軒一軒を, 一軒焼けで, 一部であった, 一部を, 一門下であろう, 一間を, 一隅で, 一隅に, 三人男は, 三軒目出窓の, 上り口に, 上品な, 両隣には, 並んだ路次, 中で, 中でも, 中は, 中ほど, 中央に, 中央の, 主人で, 主婦が, 主婦も, 事だ, 事でございます, 事を, 二人までが, 二軒目そこが, 二階で, 二階と, 二階六畳において, 二階窓から, 井戸がへにて, 井戸の, 井戸替だ, 井戸端で, 交際が, 人々に, 人々も, 人から, 人たちだ, 人たちも, 人で, 人では, 人なんかが, 人の, 人事相談いっさいを, 人事相談所, 人気を, 人達の, 人達も, 仕事の, 他の, 付近に, 付近へ, 位置を, 住人たちが, 住人だ, 住人です, 住人な, 住人にも, 住人の, 住人らしく, 住人按摩夫婦や, 住人羅宇な, 住人達で, 住人達は, 住居へ, 住民の, 住民は, 佐治兵衛殿四国を, 何たるかも, 作爺さん, 作爺さんこそ, 作爺さんで, 作爺さんでは, 作爺さんという, 作爺さんとは, 作阿弥の, 依田重三郎様の, 入り口に, 入口から, 入口が, 入口で, 入口は, 入口まで, 兩隣り, 八さんは, 八九人が, 共同だ, 内は, 内部を, 出入は, 出入りを, 出窓が, 出窓の, 別の, 前さえ, 前だ, 前で, 前には, 前は, 半丁, 厠の, 取つ付き, 口きき役とも, 台所へ, 台所へでもね, 右の, 右を, 合長屋の, 同心や, 同胞たちの, 名物どころじゃ, 周囲を, 四番目の, 土塀の, 土塀を, 土竈も, 土間へ, 土間を, 土間口に, 城は, 場は, 塀から, 塀に, 塀の, 境の, 壁打続きたる, 壁隣の, 壁隣り, 変り者だ, 外で, 外に, 大将軍じゃ, 大屋さんです, 大屋根, 大川寄に, 大工が, 大工の, 大爆発, 天井裏から, 夫婦喧嘩から, 夫婦喧嘩みたいな, 奥で, 奥と, 奥にも, 奥まで, 奧, 女たちには, 女たちの, 女でございます, 女スリ, 女房が, 女房は, 女房達に, 女達が, 奴は, 奴らでしょう, 奴らは, 奴等が, 奴等は, 奴等ア気が, 如きもの, 娘には, 娘にも, 娘も, 嬶に, 嬶達の, 子と, 子やら, 子らが, 子らも, 子供は, 子供達を, 子時を, 安兄哥だい, 家に, 家主は, 家搜し, 家根が, 家賃も, 寄り合いには, 富士春を, 寧子どのじゃ, 小娘に, 小者が, 小路や, 屋根お, 屋根に, 屋根へ, 屋根を, 岡っ, 巣立ちじゃ, 左の, 左三つ目の, 差配を, 差配然, 平和を, 平屋で, 庭において, 廂に, 廓が, 建物の, 彦六さんが, 影が, 往来に, 後藤の, 御用聞釘抜藤吉の, 怪, 悪童たちが, 悪童と, 戸に, 戸へ, 戸を, 戸前でも, 戸口に, 戸棚の, 所まで, 文明開化趣味も, 方から, 方が, 方じゃ, 方で, 方は, 方角とは, 明け放した下, 時の, 普請場へ, 普請場雨上りだ, 景色から, 暗いよう, 暗い故郷, 暗い露地, 最端, 月番の, 月番先生みたいなまぬ, 板庇の, 柱の, 格子へ, 格子窓の, 構えなかなか, 様に, 樣に, 横から, 横を, 横丁を, 横手を, 殺しで, 比丘尼狂いは, 水口で, 汚い一部屋, 汚ない, 江柄三七郎の, 泰軒さまと, 洩れ灯, 浪人は, 海鼠壁や, 灯も, 灯を, 爪楊枝の, 片隅に, 片隅赤ン坊の, 狂言も, 狭い一軒, 猫が, 王様だ, 王様と, 王様泰軒先生の, 甚八という, 生活な, 由公が, 申松と, 男, 男が, 男たちが, 男三人與助と, 男女お爺さんお婆さん青年や, 男女まで, 男子供など, 町では, 目明し親分藍弁慶の, 目明し釘抜藤吉対の, 直ぐ外, 真ん中に, 真昼は, 真暗な, 破軒, 硝子窓に, 神さんから, 祭典を, 空地で, 空家の, 突当りの, 窓であった, 窓は, 窓や, 窓より, 窓下に, 窓下を, 立ちつ, 立ちつづいた, 端な, 端の, 紙屑屋の, 細野先生も, 組合に, 総井戸, 総木戸, 総称で, 縁側から, 總後架から, 總門を, 者あっ, 者から, 者じゃ, 者どもの, 者どもは, 者など, 者まで, 者らしい, 者行事の, 者遠い, 胴腹に, 自分の, 若者の, 茶色の, 薄暗い狭い部屋, 藤吉の, 藤吉部屋は, 衆から, 衆この, 衆で, 衆と, 衆などは, 衆を, 衆口ぐちに, 衆大きに, 行事の, 表へ, 表町に, 裏から, 裏に, 裏の, 裏へ, 裏を, 裏側と, 裏庭の, 裏手は, 西側の, 親分さんで, 親分乾児立去ろう, 親分釘抜藤吉でなく, 角に, 角の, 角を, 評判も, 誰かれ, 誰彼三四人が, 谷五郎は, 貧乏ぐらしを, 赤い燈, 赤ん坊に, 路地から, 路地の, 路地口, 路地口から, 路次へ, 路次を, 踊り子が, 近く, 近くである, 近くに, 近くまで, 通りには, 通路を, 連中, 連中ガヤガヤし, 連中寄る, 釘抜藤吉いきなり, 釘抜藤吉は, 釘抜親分へ, 釣瓶井戸で, 鉄の, 門で, 門なみに, 門の, 開かねえうち, 間々が, 間に, 隅でも, 隅に, 隅ッこに, 隅ツこの, 障子を, 隣から, 隣りで店, 隣同士に, 隣家, 離れて, 雨戸を, 露地に, 露地口まで, 顔役な, 願人坊主雲哲願哲の, 風は, 風情は, 飢餓を, 高利貸しぐらいの, 麻井幸之進樣か, 黒さ, 鼠の

▼ 長屋~ (227, 11.2%)

32 住んで 4 なって 3 いた時分, 親の 2 あっては, いたから, いるという, すんで, 収容し, 居候を, 巣を, 急病人, 滑り込みました

1 [167件] あつまって, あります箱, あゝ云う, いた茂ちゃん, いて, いるがな, いるもの, いる周悦, いる屠牛場, いる常備, いる益, いる者, おいらと, おさまった, おさめた, おりますから, おりまする弁信, おるつもり, お住いなさる, お住居, お作, お神輿を, お秀, かくれすんで, すみ節季, すむようなおちぶれかたをしておりました, すむ人力車夫, それでも日の目, たちかえりました, とぐろを, なった隣, ひっそり縁者ども, ひとりで, ひとりでいらっしゃる, ひと時の, ふしぎな, また一つ名物, もう一つ名物, ゃあれから後毎日一人ずつ, ゐるあつし, ベタリと, 一つ穴が, 一人者が, 三組の, 世帯を, 久しく居る, 事なかれ, 事の, 二三人ある, 五郎助と, 人の, 以前チョビ安という, 住まって, 住まわして, 住みかえて, 住み何かと, 住み徒士, 住むもの, 住むルーマニア売笑婦, 住む侍, 住む母娘, 住む気軽, 住む浮浪人たち, 住む若い, 住む近所, 住む野幇間, 住わせて, 住込で, 佐渡で, 何か, 僕等親子四人が, 兄の, 入ったこと, 入って, 入りこんで, 入りまじったり, 入り居ること, 入る前, 入る者, 厄介に, 同じ釜, 向けられて, 向ひました, 呼び入れて, 変って, 大吉の, 大声が, 奇態な, 家族づれで, 寝て, 寮の, 小判で, 小山という, 居たから, 居たん, 居て, 居ますよ, 居ること, 居るの, 居る若い, 居残って, 市崎友次郎さまと, 帰して, 帰った, 帰ったが, 帰って, 廻つたこと, 引下って, 引下りました, 引込むで一二年, 引返しました, 御厄介, 押しかけて, 押籠めなっ, 按摩夫婦と, 散った, 明店ありし, 書生を, 有る物, 来て, 柿色や, 歸つて衣服を, 残って, 母親の, 毛の, 浅野又右衛門を, 潜つてゐ, 灯の, 燻って, 燻ぶつ, 独りで, 生まれた人, 用も, 用人川上源左衞門を, 移り母君, 籠つて子供の, 置いて, 置きざりに, 膝小僧を, 自分の, 草鞋を, 華燭の典は, 落着い, 覚えは, 誰か, 警官さんが, 貧乏と, 貸蒲団, 辿り着き燕女, 近い低い方, 近頃變, 逃げ帰って, 逃げ歸つて, 通じて, 通って, 逼塞し, 過ぎて, 重兵衛さん, 間借りし, 隣合つて住ん, 飛び込んで, 飼って, 飼われて, 駄菓子を, 魚屋も, 鰥暮しの, 麻井幸之進の

▼ 長屋~ (110, 5.4%)

9 出て 6 借りて 2 借用し, 覗きました

1 [91件] あとに, いずこと, おそったの, おとずれその, おとずれたと, かして, こしらえそして, たずねると, たづねる, ふり顧, まわった方, めぐる煤煙, もう一度覗い, もらい三十, 一軒, 一軒もらっ, 不思議そうに, 並べその, 中心に, 二軒つぶした, 代表し, 伊八が, 作りお上, 借りての, 借りまして, 借り修繕, 借ること, 先刻出た, 全部借り受け, 出たそう, 出た竜, 出でて, 出ると, 出るとき, 出る棺桶, 前に, 区別し, 占領し, 取巻き石, 取払わせた, 合せて, 四棟焼い, 売り歩いて, 夜と, 始め恵大寺, 安く買取, 巌丈な, 建てかま, 建てたわけ, 建て家賃, 廻ったり, 廻つて來ました, 引払って, 後に, 思い出して, 持たせ廓近く, 持ちその, 指して, 指しました, 指すの, 指すもの, 掠めて, 探し當, 探すの, 支配なさる, 曲がって, 殆どただ, 燒き, 目ざして, 立ち出でようと, 立って, 襲った, 見ると, 見下すの, 見回した, 見廻る時, 覗き込む, 覗くと金兵衞, 調べると, 貰て, 貸すと, 賜わり弾左衛門, 軒別見, 追い出されるん, 通るたんび, 開けて, 隠居所という, 飛び出しました, 飛び出すと, 騒ぎ廻って, 驚かしました

▼ 長屋~ (109, 5.4%)

12 帰って 3 歸つて來る 2 たずねて, 入って, 帰ろうとして, 来て

1 [86件] あの乳呑子, おいでに, お供を, かかると, こもって, たどりつきやはり, つかわしたという, はいろうと, もどって, やって来て, やつて, ようやく到着, ヨ, 上って, 下が, 下がって, 住むこと, 住むよう, 入った, 入つて, 入り, 入り替つた, 入り正成, 入れて, 出て, 出向いたという, 分配する, 切れようと, 参りまして, 呼ばわった, 帰っても, 帰つて来る, 帰らないわけ, 帰るが, 帰るつもり, 帰ると, 帰るに, 引下り, 引返して, 往くか, 急ぐの, 戻って, 戻り, 押しこんで, 持つて, 来た柳生源三郎, 来る多, 来れば, 案内させる, 案内した, 歸つて怪我を, 毎日通い慣れた, 浪人し, 置くこと, 舞戻った時, 落ちて, 行きやしたから, 行くという, 行く道, 行けるの, 行ったん, 行っては, 行つて人に, 行つて見る, 言葉少なに, 訪ねて, 話の, 迎えの, 送らせたの, 這い込んだの, 這入った, 這入って, 通ううち, 通されると, 通らせて, 連れて, 連れ込んだの, 運んで, 隠して, 隣同志に, 顏を, 飛んで, 駆け付けました, 駈け戻ったが, 驅付けました, 鵜川携具来

▼ 長屋~ (94, 4.6%)

5 ある 4 見える 3 あって 2 あった, あったが, まだ空家, ズラリと, 並んで, 二軒一軒は, 五六軒, 竝びてゐる

1 [66件] あったの, あつた, あつて, ありお, ありその, あり一軒, あり左手, あり棟, あり河童路地, あり騷ぎ, あるという, こわされあと, ずっと並ん, そうです, そのまま残っ, たくさんある, たくさんでき, つづいて, でき外国人, ところ構はず建て列ねられ, どこに, どこまでも, まだ半分, 一と, 一夜の, 一棟に, 一軒あいた, 三四軒ある, 三軒あっ, 三軒とも, 三軒建つ, 不規則に, 両側二町余にわたって, 二た, 二つその, 二棟掘, 五十七番地渠自ら思いついた, 五棟並ん, 住みよく, 何となく人気, 八軒宛並ん, 協議の, 古くなっ, 四五軒並ん, 四軒まで, 壊れたので, 始めて, 存在し, 寄宿舎に, 建ちあたり, 建って, 建てられて, 思い出されるでは, 急に, 折重なつたやう, 数軒附い, 秩序なく, 立って, 立てこんで, 続いて, 総出で, 荷物を, 足場の, 軒を, 遠く立続い, 雛段を

▼ 長屋~ (61, 3.0%)

1 [61件] あたいの, あつた, あの時分, こちらの, ござりました, ござります, とど助, どこから, はやって, ひとり者同士の, ふたりが, また殺し, ガッチャンガッチャン, 一つ釜の, 一と, 一角は, 一軒は, 与茂吉, 両方から, 丸太, 休むと, 休憩し, 何時か, 力の, 可い, 各種の, 四軒とも, 場所柄でも, 壁一重向ふ, 天井の, 子供が, 子供の, 客死した, 小鳥に, 少年は, 居食いを, 成長し, 手当を, 数右衛門並みの, 殺されかけた吉兵衛, 満足に, 灯りが, 狭い間口, 猿を, 生れた時, 留吉と, 直助兄姉, 突き當り, 米友から, 細菌や, 腹を, 與茂吉に, 行き止まりの, 褓襁の, 路地の, 逢って, 遊んで, 酒飯の, 金を, 門番と, 餓鬼が

▼ 長屋~ (59, 2.9%)

2 どちらでございましょう, 追

1 [55件] いやだ, いわゆる組屋敷, こいつは, こよい, すぐわかりました, そのくすんだ, そのとき, たった四軒, ちょうど真, ついその, にわかに非常時風景, ひっそり閑, ほんの八坪前後, もう夜中, わけの, ピクプュス小路の, 三畳と, 両側とも, 五六軒ある, 五軒や, 他愛なくはしゃぎ立った, 俄か, 僕の, 全部日本人の, 出世長屋で, 取払え, 右側ばかり, 右隣が, 塵に, 大變, 奥から, 奥の, 妻恋坂下, 庇が, 徒侍の, 急に, 所謂貧民窟なぞと, 按摩夫婦は, 救われて, 曲輪の, 柳斎だんなの, 根太板を, 榎路地である, 治農野中は, 泰軒先生の, 焼かれる類焼者, 皆下地っ子に, 瞬時に, 總出に, 義理が, 芝の, 花川戸から, 貧乏人の, 近いな, 遠くからは

▼ 長屋~ (46, 2.3%)

3 の者, への交際 2 では, の人達

1 [36件] いつ行って, が総出, だが, でお, でどうにか, でも狡猾者, で驚い, にお, にだ, にふれ歩い, にゃア, に憎まれる, に聞える, に鐵砲, のお茶ッぴい, のもの, の女房, の弥次馬, の憎まれ, の相談, の評判, の鎧材料, の騒動, の騷ぎだ, はその, はつ, は騒然, へ触れ立てた, へ觸, へ響き, まるで御来迎, を匂, を匂わせた, を貰い乳, を起した, 響き渡る

▼ 長屋から~ (33, 1.6%)

3 出て 2 小止みも

1 [28件] お構いだ, つれ出して, 五人の, 傘を, 八卦見と, 出た後, 前帶, 坑夫が, 多勢の, 役所への, 往来の, 抜けられないの, 挙げられた, 本郷丸山福山町の, 机竜之, 来たの, 槍や, 毎日ところてん売り, 目鼻立の, 移転した, 素姓を, 苦情が, 薪が, 追い出され道中, 這ひ出し, 長屋へ, 飛び出す者, 飛んで

▼ 長屋~ (30, 1.5%)

3 言つても

1 [27件] いっても, いわれて, かえても, なる世, 一度上下, 云って, 同じよう, 四つの, 存じます, 家畜小舎が, 庭ざかいの垣の, 朱塗の, 母屋との, 江戸に, 申すのう, 町の, 称えた頃, 称した, 練兵の, 職人が, 船玉神社の, 解して, 近所の, 近江屋とは, 長屋との, 長屋とは, 長屋の

▼ 長屋じゅう~ (22, 1.1%)

8 の者

1 [14件] から裏町, から親爺, で使う, の冗談, の問題, の手, の熊公, の男, の顔, はたちまち, は勿論, へひびきわたる, へふれ, まだ寝

▼ 長屋には~ (20, 1.0%)

2 矢田友之助という

1 [18件] ところどころ人声, どれにも, めずらしい色っぽい存在, もうすっかり灯, 一軒に, 二夫婦が, 住んで, 台所が, 塙団右衛門その, 実に人類社会, 家来なども, 居か, 年造の, 法体の, 珍らしい, 誰と, 調べること, 馬鹿の

▼ 長屋~ (16, 0.8%)

2 あった, ある, ふゑ 1 あったろう, きょう彼が, これから食事, それからの, ドブ板も, 内外から, 家に, 本所の, 気らく, 秋暑い

▼ 長屋では~ (11, 0.5%)

1 [11件] ありませんでした, なくて, なく本家, まだまだこの, ドンヅマリに, モウ一月も, 半分崩れかかった, 夫婦者と, 女房と, 瓦が, 節句だ

▼ 長屋でも~ (11, 0.5%)

1 [11件] いつも小ぎれい, チャンと, 一軒の, 一軒構え阿, 三十人近くの, 小林の, 床の間の, 建てられて, 建てるん, 皆様が, 雷鳴の

▼ 長屋~ (9, 0.4%)

1 ほッたて小屋, 七五郎の, 住居へ, 兵舎に, 兵舎の, 小工場, 役宅の, 武具倉へ, 飯場の

▼ 長屋住居~ (9, 0.4%)

3 をし 1 から浮かび上る, だよ, で変り果てた, の男, の者, の貧しい

▼ 長屋~ (8, 0.4%)

1 に容れた, のかなり, の一棟, の人家, の家, の小, の小家, の平屋

▼ 長屋まで~ (7, 0.3%)

1 おいでに, ついて, 帰って, 戻ると, 裸足で, 辿り付いた光景, 駆け戻って

▼ 長屋という~ (6, 0.3%)

2 のは 1 のを, やつで, 所に, 牢番ばかりが

▼ 長屋二軒~ (6, 0.3%)

2 が付い, は造作 1 が根継ぎ, を無理

▼ 長屋~ (6, 0.3%)

2 の外 1 あり, の女房, もみな, を明るく

▼ 長屋~ (5, 0.2%)

1 が越す, ぜ, つたのです, ね, 周助が

▼ 長屋とは~ (5, 0.2%)

1 たとえ古び, まったくかけ離れた, 名のみ, 壁一重で, 言うけれども

▼ 長屋住い~ (5, 0.2%)

1 で蕪村, には惜しい, のうら, やおつけ, をし

▼ 長屋であり~ (4, 0.2%)

2 その道では 1 ながら電話, 矢倉の

▼ 長屋にも~ (4, 0.2%)

1 母屋にも, 爽やかな, 自然は, 見られるやう

▼ 長屋へは~ (4, 0.2%)

1 もう何年, 帰りませんでした, 百も, 行かないで

▼ 長屋~ (4, 0.2%)

2 の家 1 の格子戸, の親し

▼ 長屋うち~ (3, 0.1%)

1 には買, に一つ, の腕白

▼ 長屋その~ (3, 0.1%)

1 一棟に, 中でも, 眞ん中の

▼ 長屋だの~ (3, 0.1%)

1 いくつも, 上水組の, 何だ

▼ 長屋である~ (3, 0.1%)

1 がみんな丈, ことは, 借家長屋である

▼ 長屋にでも~ (3, 0.1%)

2 住って 1 住むよう

▼ 長屋へも~ (3, 0.1%)

1 吟味与力後藤達馬から, 年造の, 行って

▼ 長屋もの~ (3, 0.1%)

1 がいひ出す, の女房, の小娘

▼ 長屋らしい~ (3, 0.1%)

2 家の 1 建物も

▼ 長屋一同~ (3, 0.1%)

1 から返礼, が口, もすぐ

▼ 長屋一帯~ (3, 0.1%)

1 に笑, は腰, へ廻し

▼ 長屋建て~ (3, 0.1%)

1 で俗, の狭い, 掘立小屋

▼ 長屋~ (3, 0.1%)

1 お目つけ式, の家, の板壁

▼ 長屋時代~ (3, 0.1%)

2 であった 1 の陰惨

▼ 長屋~ (3, 0.1%)

1 なので, に入りこんだ, の方

▼ 長屋~ (2, 0.1%)

1 いづれに, 何かの

▼ 長屋つづき~ (2, 0.1%)

1 の裏町, 縫箔屋だの

▼ 長屋です~ (2, 0.1%)

1 が入口, な

▼ 長屋といふ~ (2, 0.1%)

1 のが, 名に

▼ 長屋との~ (2, 0.1%)

1 向いあわせ, 間を

▼ 長屋など~ (2, 0.1%)

1 である, 生れてから

▼ 長屋なども~ (2, 0.1%)

1 お眼, みな逃げ

▼ 長屋わき~ (2, 0.1%)

1 から中門口, 正門から

▼ 長屋~ (2, 0.1%)

2 を御詠歌

▼ 長屋世帯~ (2, 0.1%)

1 はすぐ, へ身

▼ 長屋二十軒長~ (2, 0.1%)

2 や商

▼ 長屋住まい~ (2, 0.1%)

1 ではない, なので

▼ 長屋~ (2, 0.1%)

1 のある, の一部

▼ 長屋女房~ (2, 0.1%)

1 のかしましい, の揶揄半分

▼ 長屋忠明氏~ (2, 0.1%)

1 が少, を具

▼ 長屋~ (2, 0.1%)

1 と偕, は金

▼ 長屋生活~ (2, 0.1%)

1 が初, の

▼ 長屋目ざし~ (2, 0.1%)

1 つつ駈け出す, て黙々と

▼ 長屋薄暗く~ (2, 0.1%)

2 戸を

▼ 長屋~ (2, 0.1%)

1 の方, へ伴った

▼ 長屋近間~ (2, 0.1%)

2 の茗荷畠

▼1* [133件]

長屋あかるく灯して, 長屋ありて小身, 長屋今日引移申候段御, 長屋かと思や, 長屋からは名取屋の, 長屋からも八五郎の, 長屋ぐらしも出来かねた, 長屋さすがに錠前, 長屋しか知らないお, 長屋じゃが会うならば, 長屋じゃの若侍ども, 長屋じゅう何ごとがおきた, 長屋そして一棟の, 長屋だけしかなかった, 長屋だちが一軒, 長屋だったそうで, 長屋だつたらナア, 長屋だてのギシギシ, 長屋つづきのかげにのこされた, 長屋づくりだ, 長屋てえのを, 長屋であったがその, 長屋でがあが, 長屋でございますが, 長屋でさえもいささかセンチ, 長屋としてそう見苦しい, 長屋とやらへ行って, 長屋ながら一つの, 長屋などの作事が, 長屋ならおまえを, 長屋なりにつづいて, 長屋なんぞへいったって, 長屋につれ込まれたに, 長屋によっては赤子の, 長屋のてまえ, 長屋のみであった, 長屋ばかりでなく遠く, 長屋への帰路に, 長屋また湯灌場大久保と, 長屋みたような, 長屋やらが連って, 長屋よりは気の, 長屋よりも曠, 長屋らしく思われたがどうやら, 長屋をばその屋根, 長屋グループがよこさぬ, 長屋一番の金棒曳, 長屋の屋敷越, 長屋中歯をくいしばる, 長屋中皆な私, 長屋中皆んな怪しい, 長屋主税の屋敷, 長屋た棟, 長屋交際とか田舎人, 長屋の佐渡島他吉, 長屋人別紋日の虎五郎娘, 長屋以上ここは隣近所, 長屋以来この人, 長屋以来相当に心得た, 長屋会議の光景, 長屋ひですが, 長屋住い身分がちがいすぎる, 長屋住ひで味噌醤油の借り貸し, 長屋の建物, 長屋作爺さんのもと, 長屋も毎日みな, 長屋體と, 長屋六兵衛杉山三右衛門もっとも業に秀でました, 長屋は言う, 長屋区域で見られる, 長屋千軒がみな売笑婦, 長屋叔母は留守, 長屋同様の小さい, 長屋はハルトマン教授, 長屋喜一君があり, 長屋土地の言葉, 長屋や門辺, 長屋始まりてより, 長屋委員会をつく, 長屋官庫井戸埋め門, 長屋小倉嘉門の後家操, 長屋居廻へ顔, 長屋を下りる, 長屋幾棟の代価六百何十円, 長屋式のをお, 長屋式バラックの或, 長屋後家の内職, 長屋手枕舎里好の家, 長屋拝借被仰, 長屋拝借仕度奉存候得共, 長屋持ちの伜ぢ, 長屋数棟連立しその, 長屋新築の格子造り, 長屋暮しの界隈, 長屋暮らしこんな刀, 長屋曰ク恵比寿長屋等各三四戸アリ, 長屋合の, 長屋月並だ, 長屋木戸に立ってる, 長屋松葉ぼたん唐辛子に至る, 長屋をいただい, 長屋やそこ, 長屋横丁の入り口, 長屋に一つ, 長屋流石に錠前, 長屋浪人前島左近の配偶ぢ, 長屋と建てられ, 長屋町名をはっきり, 長屋町家を圧迫, 長屋白痴の猪, 長屋睦み合っている納まる, 長屋の流元, 長屋各三四戸アリ, 長屋続きに住, 長屋総体と区切, 長屋總出になつ, 長屋羅宇屋の作爺さん, 長屋自身も亦, 長屋落馬をした, 長屋です, 長屋言葉の対照, 長屋に番場, 長屋であるから, 長屋造りの場末, 長屋らしいの, 長屋長屋とは言う, 長屋之品々, 長屋の内, 長屋雪隠をま, 長屋順治氏また故, 長屋へ駈け込ん, 長屋風景をおもいだし, 長屋騒動がなかっ