青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「近づい~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

迎~ ~迎え 迎え~ 近~ ~近い 近い~ ~近く 近く~ 近ごろ~ ~近づい
近づい~
~近づいた ~近づく 近づく~ 近代~ 近年~ ~近所 近所~ 近江~ ~近頃 近頃~

「近づい~」 4191, 43ppm, 2674位

▼ 近づい~ (4074, 97.2%)

294 来た 144 来る 129 来て 107 行った 106 きた 88 来るの 84 くる 83 見ると 79 いった 78 くるの 77 きました 66 いた 56 みると 51 行くと 49 来ると 48 きて 46 いきました 44 来たの 42 來た 38 行つた 37 行く, 行って 36 来ました 33 來る 31 きます 30 いるの 22 いる, きたの, ゆくと, 行くの 18 くると, くるよう, ゆく 16 ゐた, 来たので 15 来ます 14 いって, いること, 來て 13 行きました 12 来るよう, 見れば 11 いきます, くるでは, ゐるの, 行ったの 10 いました, みますと, 来た時, 来る人 9 いくの, ゆくの, ゐる, 何か, 来たと 8 いきますと, いたの, それを, 来たが, 来たよう, 来ない, 行きながら 7 来ながら 6 いったの, いるん, きたが, くる様子, ゐること, 声を, 来たかと, 行こうと

5 [13件] いくと, いたが, いるよう, きたとき, くる跫音, その上, 参りました, 来たこと, 来たとき, 来るもの, 来る者, 来る足音, 見た

4 [27件] いく, いたので, いつて, いながら, います, きたかと, きたので, きながら, くるにつれ, くるので, くる人, くる男, まいりました, みれば, 中を, 居ること, 来それ, 来ること, 来るでは, 来るに, 来るので, 来る様子, 来る気配, 来る音, 行きます, 行くに, 行ったが

3 [48件] いつた, いると, いるもの, おいでに, きたから, きたこと, くるから, くること, くるもの, くるらしい, くる人影, くれば, そこを, それに, まいります, みた, みて, みました, みろ, よく見る, ゐるやう, ゐる事, ソッと, 仔細に, 來ました, 外を, 居る, 彼は, 往った, 来たから, 来たもの, 来たやう, 来るに従って, 来るやう, 来るらしい, 来る人々, 来る列車, 来る女, 来る提灯, 来る時, 来る男, 来る跫音, 耳を, 行きますと, 行っても, 行つて見る, 見ること, 言った

2 [109件] いきましたが, いけば, いたため, いたには, いったが, いったところ, いった私, いて, いるという, いるとは, いるに, いるので, いる者, いる鼻, おります, おりますが, き彼, くるが, くるに, くるに従って, くるのに, くる小笠原, くる気配, くる者, くる足音, くる音, こようと, しずかに, そこの, その中, その墓地, その顔, それが, たずねた, ゆきそれ, ゆくにつれて, ゆこうと, ゐたが, ゐたの, ゐるので, ゐれば, 下を, 右の, 家の, 小声で, 居るの, 彼の, 彼女の, 往つた, 急に, 或る, 戸を, 扉を, 握手し, 来そう, 来たり, 来たわけ, 来た事, 来た今日, 来た女中, 来た小さな, 来た様子, 来た気配, 来た者, 来つつ, 来られるの, 来るし, 来るという, 来るなり, 来るにつれ, 来るにつれて, 来るのに, 来るやいな, 来るエキゾス, 来る一団, 来る人声, 来る声, 来る奴, 来る探検家夫妻, 来る機械, 来る汽車, 来る船, 来る賑やか, 来る騎馬, 来る騒ぎ, 来る鼠色, 様子を, 眉に, 背鰭が, 苔の, 行き, 行きたいと, 行きつつ, 行きましたが, 行くこと, 行くもの, 行く事, 行く心持, 行く時, 行けば, 行ける会話, 行つたのは, 行つて, 襖を, 見たいと, 見て, 見ては, 障子の, 顔を

1 [1118件 抜粋] あきらかに, あっちこっちから, あなたにも, いいか, いきそこで, いきなりその, いきなりガラス戸, いきなり棒, いきスッ, いき彼, いくよう, いたかが, いたずらしかけ, いたよう, いたら父上, いたトラ, いた事は, いた伸子, いた報い, いた時, いた田舎町, いた賈, いた連中, いた馬蹄, いったとき, いつか初めて, いつも必ず丹念, いますね, いやと, いよいよ完全, いらっしゃると, いるあいだ, いるから, いるけしき, いるぞ, いるでしょう, いるところ, いるには, いるのに, いるはず, いるほどの, いるらしく見える, いるスパイ, いる七月十四日祭, いる今, いる場合ゆえ, いる慎九郎, いる気, いる私たち, おずおず中, おたがいに挨拶, おりまする, おり従って, お辞儀し, かくて, からからと, きたその, きたぞ, きたよう, きたり, きた前, きた大吉, きた機会, きた気配, きた者, きた高順, きで, きましたとき, きますよ, き扉, くるかの, くるし, くるぜ, くるとは, くるに従い, くるほど, くるようす, くるシュワルツァー, くるハテナ, くる一人, くる仏像, くる光景, くる同心衆, くる坑夫, くる女, くる岬, くる忍び足, くる殺気, くる男女, くる相手, くる竹, くる群集, くる車, くる金吾, くる風, くる鶏たち, くれるから, くれるなと, ぐっと手, こ, こなかった, こなければ, この交番, この揉苦茶, こられるの, これこれの, さすが大胆者, さへ, ざくりと, しまいます, しまった, しわがれ声, すでに法水, そう言葉, そこに, そっとその, そつと, そのガラス, その一方, その傷口, その姿, その柱, その正体, その犬, その皺くちゃ, その窓, その胸, その輝きぐあい, その青白い, それでどうも, たしかめて, だんだん形, ちょっとお尋ね, ついに思いき, とざされた雨戸, どこかに, なにかの, なんの, のぞき込むと, はじめてその, ひざまずくこと, ひと眼, ほんのりと, まいりましたから, まいりますし, ますますその, まず其の, また七, まゐりました, みたそう, みないと, みようかとさえ, みろどいつこいつ, もう一度なか, もっと驚いた, やがてサミユル博士, やっとの, ゆかなければ, ゆきそこ, ゆきますと, ゆき文学, ゆき第, ゆき過ぎようとして, ゆくこと, ゆくため, ゆくまで, ゆく事, ゆく十一月, ゆく山, ゆく者, ゆく間隔, ゆつくり遠のい, よくよく, よく見, よく見よう, ゐたこと, ゐた妻, ゐて, ゐるけしき, ゐるといふ, ゐる兆, ゐる春, ゐる間, ガラスに, キキキキと, シキイを, ソーッと, ハンドルを, パチン, ホノルル号から, ヨシ子ちゃんの, ヨーロッパ風に, 一断に, 一騎打の, 上から, 上信国境の, 下りて, 不伝, 不用意に, 中に, 中ほどに, 乗組人に, 二三枚手に, 云つた, 井上君の, 交際する, 人に, 人間を, 仙右衛門の, 伊四郎の, 何の, 余から, 來たがり, 來は, 來るらしい, 停まった, 債券の, 元春と, 先の, 入場料を, 其の人, 再び易, 切ッ払っ, 刺すの, 勝手に, 十銭札を, 協力しよう, 博士の, 危険に, 却って怯, 参りましたな, 参ります選挙, 参るの, 口を, 台附電灯の, 向こうへ, 呟いた, 周瑜が, 呼びかけた私, 命令的に, 唇が, 嗅ぎたいという, 坐った, 塀の, 声の, 夜の, 大きなドア, 大岩に, 大膳正の, 女官部屋の, 姿が, 學校から, 富豪や, 尋ねた, 小さな声, 小林君に, 小萩, 居たの, 居りそしてまた, 居るし, 居る人達, 川上機関大尉あてに, 左近の, 差違えるつもり, 常に不平, 平次と, 広小路の, 店頭へ, 廟に, 彼が, 彼女に, 彼女を, 待ち迎え, 得られる感じ, 息を, 愛想を, 慰めて, 懐中電灯の, 扉の, 手で, 手に, 手提鞄を, 投げると, 抜きとりながら, 抱き起して, 指で, 挨拶し, 掌に, 探れるだけの, 揃ひも揃つて大粒な, 擦れ違, 日当の, 昨夜の, 暗夜に, 暮しながら, 更に薪, 月の, 村の, 来かかって, 来たかったん, 来たせい, 来たぞよ, 来ただけ, 来たな, 来たのに, 来たよ, 来たらしい気配, 来たらしく部屋, 来た一頭, 来た三郎兵衛, 来た人影, 来た今井, 来た叡山, 来た塾生, 来た女, 来た巴里祭, 来た敵, 来た時彼女, 来た此辺, 来た相手, 来た義貞, 来た老婆, 来た自動車, 来た足音, 来た蹄, 来た頃, 来てからの, 来できるだけ, 来ないうち, 来なかった, 来なかつた, 来は, 来まして, 来やがて, 来られたの, 来られないよう, 来るか, 来るから, 来るがい, 来るそして, 来るだらう, 来るって, 来るまでには, 来るらしいので, 来るわずか, 来る一つ, 来る与吉, 来る五節, 来る人間, 来る侍, 来る冬仕度, 来る叫声, 来る国境, 来る客車, 来る彼, 来る後ろ, 来る復員服, 来る心持, 来る房一, 来る景色, 来る槍ヶ岳洞窟, 来る気, 来る泰造, 来る甲斐, 来る画像, 来る百姓, 来る相手, 来る第, 来る自転車, 来る討手, 来る賊, 来る過去, 来る隔離, 来る頃, 来る馬車, 来月が, 来脹れ上がり山, 来障子, 枕の, 棺の, 正札を, 死の, 段々と, 水の, 法然の, 深雪に, 源治は, 火という, 火鉢の, 燃えて, 爪立ち氣味, 父や, 物足りなさ, 珍しく晴れあ, 男は, 画面を, 登ると, 百ポンドを, 目のあたりその, 目盛盤を, 相手が, 真を, 瞳の, 硝子戸の, 神の, 私の, 秋に, 空は, 窓から, 立ちどまった, 立ち聞きを, 立去る時刻, 笑顔を, 築山の, 紫がかった, 結び目を, 網が, 織田領の, 耳もとに, 肥った胸, 肩ごしに, 脈を, 自分が, 自然らしく, 船を, 花束を, 茫然と, 蓋を, 行きいきなり, 行きそう, 行きますもの, 行き大う, 行くこちら, 行くため, 行くでは, 行くのに, 行くまで, 行くん, 行く人々, 行く商用, 行く彼, 行く様子, 行く男, 行く貞世, 行く間, 行けさえ, 行ける事, 行こうとも, 行ったこと, 行ったとき, 行ったもの, 行った伸子, 行った次兄, 行った者, 行っての, 行つたと, 行つたのだ, 行つてさへ, 行つてその後から, 行つて居る, 衝突し, 表面媚びへつらっ, 襖の, 見え厳しい, 見たらその, 見た自分, 見ますと, 見る, 見るまでも, 視どこ, 覗き込む, 観察できる, 言葉を, 話しかけると, 説明する, 調べると, 論考した, 赤坊を, 身分のほどを, 這入りでも, 遠くの, 酒の, 醜声外聞, 釣し, 鋏を, 鍵を, 陣門に, 隣りの, 難渋を, 雪の, 音の, 頬かむりを, 額へ, 飯盛山麓まで, 首を, 駒足を, 髪の, 魂が, 麓の, 黒の

▼ 近づいては~ (39, 0.9%)

3 来ないの 2 いけないと, ならぬぞ

1 [32件] いかず近づくには, いけないって, いけないね, いけない事, いけない場所, いけない小説, いけませんという, いけませんよ, いない, いないらしい, いなかった, いなくても, いる, ためつすがめつしたのち, ならない, ならないという, ならぬ, ならぬもの, ならん, なりませぬが, 居なかったの, 居なかつたの, 巧みに, 成りませぬが, 押しもどされて, 押しもどされ近づいては, 来なかった, 来ませんでした, 油断を, 空模様ばかり, 詩集は, 遠のき一応

▼ 近づいても~ (36, 0.9%)

2 たと, 逃げようとも

1 [32件] いつも同じ, けっして衝突, これを, その暗, その青, どうしても書けなかつた, どうもかぎあてられない, なにごとも, まだぢろぢろ, よい, 一年の, 作者が, 其処に, 其實彼等を, 別に晴雨, 前の, 動きも, 危い, 必ず小, 放さず熱く, 来ず彼方, 栄蔵の, 死ねないと, 気が付かなかった, 気障, 犬は, 狎れて, 脚が, 自分に, 藍色だ, 贄川は, 頭を

▼ 近づいたり~ (18, 0.4%)

3 遠のいたり 2 して, 離れたり

1 [11件] しながら, はなれたり, また唐梅紋, また遠のい, やや遠のい, 指さしたりなど, 消えたり, 秘密の, 遠ざかったり, 遠退い, 鉄胤門下として

▼ 近づいてから~ (14, 0.3%)

1 [14件] それは, なお眺めれ, ピストルを, 彼女の, 御容態, 思想を, 手を, 時々熱, 民衆本来の, 笑って, 舟橋聖一などによって, 街の, 見ると, 露地屋根を

▼ 近づいちゃ~ (3, 0.1%)

1 いかんという, いけないという, いけないよ

▼ 近づいてからは~ (2, 0.0%)

1 心棒と, 顔の

▼ 近づいてを~ (2, 0.0%)

1 ります, り客

▼1*

近づいてからの二人の, 近づいてでもくるの, 近づいてのこの家