青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「長~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

鎌~ 鎌倉~ 鎖~ 鎧~ ~鏡 鏡~ ~鐘 鐘~ 鐵~ ~長
長~
~長い 長い~ ~長く 長く~ 長屋~ 長崎~ 長男~ 長者~ ~門 門~

「長~」 12122, 131ppm, 811位

▼ 長~ (1878, 15.5%)

25 長彦 24 顔を 23 ところへ 10 声が 9 手を, 方を 8 ような, 顔は 7 ために 6 前へ, 声は, 姿を, 方へ, 暇を 5 ように, 事を, 前では, 前に, 声だ, 所へ, 方に, 言葉を, 訊問に

4 [18件] そばに, とこへ, ほうへ, サクラ女史が, 前で, 前を, 命令で, 娘の, 家に, 家の, 小ゆるぎ, 御心, 心を, 旅路を, 許可を, 道中を, 顔が, 黒猫が

3 [45件] こえが, ほうが, ほうは, やうな, クーパーは, 下に, 中の, 反耶, 号令, 名を, 問いに, 大陵, 娘は, 室に, 家へ, 宿禰の, 寝箱, 年月の, 年月を, 役を, 後に, 心の, 息子は, 意見を, 手に, 暇と, 案内で, 目は, 眼に, 眼は, 眼を, 職に, 職を, 肩を, 胸に, 自分に対する, 言葉は, 話は, 身の, 遺書を, 部屋に, 部屋へ, 頭に, 顔には, 高岡軍曹は

2 [107件] うしろから, うわさを, ことばに, ことを, そばには, そばへ, ただ一句, ところから, ところの, はなしでは, ほうに, ほうを, まなむすめ, ウィットマン・クルーゲル主計中尉と, キリール神父の, グレーの, スティンゲル大尉が, マハン少将は, 三人が, 上に, 下りて, 中に, 人の, 代理だ, 位置を, 傍に, 判決は, 前には, 口から, 号令が, 号令で, 名刺を, 君, 命を, 命令によって, 善き働き手, 場合には, 墓参りを, 声色を, 夫人に, 夫人は, 好意で, 如きは, 姓を, 子が, 字に, 室の, 宮野目さんは, 家で, 家を, 巨大な, 年月この, 後ろに, 後ろ姿を, 後を, 従卒を, 心は, 息嘯の, 手が, 揶揄に, 方は, 方も, 日記も, 最期を, 月日の, 月日を, 来着を, 松下梅造が, 椅子に, 死は, 水依, 父が, 申し出に, 発案で, 目の, 目を, 眼が, 立派な, 経験すら, 耳を, 肩に, 腰の, 舞, 蛇を, 言葉が, 言葉にも, 言葉の, 訊問は, 訓示の, 許しを, 許に, 話を, 責任が, 責務に, 足の, 近親の, 邸に, 部屋から, 間に, 間の, 靴に, 頬に, 頭の, 顏を, 顔に, 食堂へ, 鼻の

1 [1259件 抜粋] あいだようまあ, あの訊問, いい心がけ, いうと, いう通り, いた船宿, いった言葉, いるの, うしろに, うちへ, えりが, おっしゃるよう, おどろいた顔, おわかれ, お宅, お病気, お見立て, お迎えの, お食事, こういう声, こえは, ことで, ことは, こと下着は, こねくりま, この着眼, この計画, ごとき幕府, さしがねで, さしず, しぶとそう, すぐ傍, すごい眼, すゝめて, その晩, その眼, それと同, ため一ぱい食わされた, と, ところで, ところ警察部長の, と打ち合わせた, のこした教え, は二層床, ひとりごとには, ふかい情, ほかに, まにまに日, むすめ, もとで, もどって, やさしい言葉, ゆく手, ようで, わたくしが, アントニオ, インキに, ウインチ番で, エウセビウスを, オーヴァーコートで, カーボン卿は, クルーゲル主計中尉軍医長の, ケレンコという, シューレンバック氏賜暇帰朝中の, ジョン・ヴァンス氏は, ジョーブ・アンダスンを, スティンゲル大尉主計長の, セラピオン師が, チーキャブが, テイイです, デニー博士であった, ドミトリー・グレチャニコフを, ヒュース, ヘラァ・ルドウィッヒという, ホッブス氏, ポローニアスを, マグダレナさまも, リンデンベルゲル軍医大尉や, リーマン博士は, ロウエル氏は, ロードの, 一人と, 一党は, 一族であっ, 一行よりも, 三人と, 三宅速博士が, 上体は, 上機嫌の, 下座敷, 不在宅, 与倉中佐も, 丸福酒店の, 九鬼隆一氏, 事は, 二女は, 云うの, 云ふ, 井上少将は, 人となりに, 人格の, 人身御供に, 今まで, 介抱は, 仕事は, 代わりだって, 令嬢は, 令息で, 任に, 伝を, 位置に, 低い小さな, 住む室, 佐治さんが, 佐治君が, 体は, 來栖義助氏御, 信念を, 俸給, 側から, 傍を, 兄に対して, 先で, 児が, 八木稔と, 兵衛門は, 内には, 内命を, 内村さんは, 冒頭の, 写真を, 処で, 刀に, 判断に, 別れでございます, 制止にて, 前などでは, 前の, 副印, 力で, 力闘に, 助手を, 勝手口へ, 勤務中に, 医学博士竹内先生は, 十年も, 午餐に, 半畳を, 厚意で, 厳粛な, 取るべきが, 古事記傳の, 召使か, 台所で, 台記の, 右手と, 右手は, 号令によって, 同級生で, 名の, 名畫品海宴遊圖, 君の, 告げ口, 味方が, 命令が, 命令に, 命令一下噴行艇アシビキ号は, 唇から, 問の, 嘉納治五郎先生の, 囲い者でございます, 圭さんという, 地上の, 型から, 報告で, 塩沼氏が, 声で, 声も, 外の, 外套を, 外舅青木と, 大きく挙げた, 大きな手, 大内さんや, 大外套, 大島少尉の, 大束に, 大石鶴松を, 大道寺一善氏が, 天幕へ, 太田が, 夫は, 夫井戸応助の, 夫人の, 奥さんじゃ, 奮闘ぶりと, 女の, 奴ヤタラに, 好意を, 如きも, 如く首, 妹も, 妻君を, 姉で, 姉を, 姿も, 娘である, 娘と, 嫁すべき, 子供に, 存在をすら, 宅に, 安井と, 宍戸殿で, 定ツ, 実相寺氏等にも, 宮川覚明と, 宮川覚明殿に, 家であります, 家も, 家来の, 容態は, 寛保三年, 尊と, 小娘でも, 小川中佐が, 小柴が, 小野田ださうです, 居らるる室, 展覧会が, 山の, 山岸が, 山岸中尉との, 嶄然として, 川奈も, 巡視, 工夫で, 左手に当たって, 巧みな, 師では, 年つきが, 年月お, 年月その, 年月分らなかった, 年月御殿を, 年月繰返し, 年月通い慣れた, 年齢は, 広い胸, 式場隆三郎博士は, 弟初代全, 当番兵, 役に, 後ろには, 御不快蔭, 御厨小倉の, 御富, 御考慮, 心に, 心証を, 応答その他一種の, 念押しが, 怒声が, 思想の, 息づかいは, 息子エーレンフェルトは, 患ひで一度は, 悲しい年月, 意向を, 意見だった, 愛児相川泰二君でした, 感嘆, 戦乱の, 戸口の, 扇谷正造氏です, 手前用事に, 手許まで, 打ち勝ちがたい暗い, 拝に, 指図で, 指図に, 指揮する, 指揮につき, 振袖, 掃除を, 推薦だ, 推薦を, 提灯の, 故郷は, 散解, 文句は, 斎藤秀平氏は, 方が, 旅から, 旅より, 旅垢や, 旅路の, 族であった, 日記である, 日記仁平三年九月十四日条に, 昔から, 昼餐の, 時代には, 暇にも, 暇乞いを, 書いた事, 最後は, 月日, 服に, 望月大尉と, 木村君は, 本名は, 杉右衛門の, 杉右衛門を, 松倉吉士という, 枢密顧問官の, 染筆を, 柴田研三が, 根井善七郎に, 案内にて, 梵妻の, 椅子の, 槍を, 様な, 横顔には, 機嫌の, 歳月やられた, 歳月御, 死を, 死体を, 母が, 毎日の, 永井とか, 江戸ぐらしで, 河内老, 沽券に, 津山碧山に, 浅田江村氏から, 浪々で, 清境に, 渡辺亨君が, 為に, 焼けるよう, 熊鷹が, 爪先で, 片山前, 版画に, 牧田と, 物々しさ, 特別スイッチという, 犬射, 率ゐる, 王座に, 生地が, 生活は, 甥かい, 申し立てを, 画風を, 留守居の, 病で, 病を, 病気以来ずっと, 発作を, 發表したる, 目と, 目許にも, 眞手の, 真佐子である, 眼元, 眼尻に, 眼彫刻に, 眼源女に, 着古しの, 睫を, 矢島五郎君は, 磯野判事も, 祀る神, 神は, 神鞭知常は, 福井という, 秘書にでも, 稚髷, 穂積まで, 笑い声が, 第六号機, 筆に, 米主だ, 米主では, 紋十郎だ, 細君と, 絵に, 署名が, 美人画から, 義弟だ, 老人も, 耳に, 耳もとへ, 聲色を, 職務として, 肉体に, 股野氏に, 肩書を, 背中越しに, 胸部に, 腕が, 自信の, 自由を, 花田一郎が, 若い旦那, 苦々しげ, 苦しみ悶え, 苫は, 荷物と, 著流し, 蓑浦中将や, 蘇生, 蜂谷学士は, 行過ぎたあと, 裔は, 見お, 見坊田鶴雄警察署長の, 見方が, 覚明殿の, 親切を, 覺え, 触角に, 言傳によ, 言葉も, 訊問が, 訊問の, 訓示という, 訓辞が, 許可状と, 試験を, 話である, 話に, 語とは, 説得などによって, 説明によって, 請いの, 謀叛には, 警官は, 負傷そのものに対しては, 負傷に, 負傷に対して, 負傷を, 責任としても, 質問が, 質問を, 足どりは, 足を, 身ぢかくにせまっ, 身の上が, 身体を, 輩であった, 退くを, 連中だって, 道中お, 道中の, 選挙が, 遺品には, 遺書の, 遺骸を, 邸へ, 邸を, 酒月と, 野々宮が, 野路やら, 鈴木といふ, 長い髯, 長男敬太郎が, 門人なりと, 閉門気が, 間喜平を, 関さんが, 陣では, 青年時代の, 青木学士と, 面前で, 面貌の, 靴音が, 頃より, 頭から, 頭には, 顎十郎は, 顔へ, 風に, 食事へ, 館へ, 首級をも, 高い幣束, 高きこと三尺, 高橋さんて, 高蔵尼が, 髮, 魂は, 黒い眼, 黒瞳も, 鼻さきに, 齋藤健太である

▼ 長~ (1566, 12.9%)

15 それを 5 いいました, 例の, 言った, 頭を 4 いって, すぐに, 大に, 私に, 自分の, 豹一の, 軍刀を

3 [25件] いった, いつに, そういっ, そう云っ, その時, そんなこと, たずねた, だまって, もうこれ, キッと, チラと, 二人の, 云った, 冷然として, 彼に, 彼の, 怒って, 気が, 目を, 葉子の, 電話に, 電話を, 非常に, 顔を, 首を

2 [92件] あなたの, あの人, いつもの, いまいましそう, いよいよ気の毒そう, うなずいた, さすがに, すっかり感心, その死骸, それが, にっこりし, ひとりで, ふたりの, まだそこ, もと心の, ゆうゆうと, れいの, 一番旨い, 三郎の, 不機嫌に, 不満げに, 中田という, 事もなげに, 余を, 先に, 冷淡に, 卓子の, 博士の, 右の, 司令官の, 合議の, 向直り, 君は, 唇を, 四十の, 型の, 壁の, 士官室の, 声を, 大声で, 太き仕込杖, 太刀川の, 女を, 始めて葉子, 寝台の, 席を, 帰って, 平岡の, 弁護士の, 得意の, 心の, 応揚に, 急に, 意味あり, 憤然として, 手を, 敵の, 横を, 歯を, 毛脛を, 気の毒そうに, 決意の, 沓を, 猿臂を, 申しました, 相当の, 眉を, 私の, 笑って, 続けた, 聞いて, 腕時計を, 腰を, 舵を, 船医の, 色激し, 荷が, 藤原に, 被告に, 被告を, 言ったが, 言葉を, 足を, 遂に旨, 阿部家の, 隣りで脚絆, 電気に, 静かに, 面を, 頷きぬ, 飛んで, 黙って

1 [1244件 抜粋] あいかわらずの, あいまいに, あき樽の, あざけるよう, あっけに, あっと叫ぼう, あまり貴族, あらゆる美術, あわてて, いいわけ, いが栗頭を, いきなり事務長, いきばって, いさみたちました, いったい誰, いつもこの, いはば, いますか, いまは, いままで, いやア, いよいよ卒倒, いよいよ目, いわれるまま, うたがいぶかい目, うっかりと, うなずきました, うなづきました, うむとくびをふって, うめくよう, うれし涙, おかしいの, おどろいた, おまえである, おもわず, お伴の, かいつまんで, かすかに, からからと, かれの, がらんと, くやしそう, ぐつと被告を, こ, こういっ, ここだここ, ここへ, このこと, このとき, この儂, この十日あまり, この時, この時威儀, この点, この白癡, この頃, これまた, さいくどり, さかんに, さっそくつぎ, さっそく明智, さもふしぎそう, さらに, しきりに長良川博士, したたか者だ, しばらく風向き, しらべを, じき一時だ, じっと名残惜し, すぐそば, すぐ何, すぐ窓, すっかり冷静さ, すっくと立ち上った, するどい目, せっかちに, ぜんぜん気づかず, そこで, そこで肚, そのはげしい, そのひとり, そのまま機上, その一日, その代理, その場, その女, その当時, その意地, その横, その注意, その肛門, その負傷, それに, そんな馬鹿, ただ今お, たちまちに, たばこの, たよりなげな, ちょっと考え, ぢき, つぎの, つねに自分, ていねいに, とたんに謹んだ, どうしていられる, どうだろう, どうも正直, どこから, どーん, なお二三度ノック, なぜか, なだめるよう, なにか考え, なにが, なんです, にやにや笑いだした, のびあがって, はじめて豹一, はたして電話, はっと息, はなはだ冷淡, はや口, はればれと, ひとつひとつ倒され, ひどく当惑そう, ひどく酔っ, びっくりした, びつくりし, ふうんと, ぶっきら棒, ぷり, ほとんど巨人, ほんとに知らない, まさか大利根博士, まじめくさって, また叫んだ, また皇帝, まだよくねむっ, まだ雇い, まなざしするどく, みずから舵を, むしろ青く, もうすっかり酔っ, もう一枚, もう町, もしふたり, もてあましたやう, もとより自分, ものや, やおら顔, やさしくたしなめ, やや焦り気味, ようやく佐, よく心得, よほど苦しい, わかい青江三空曹, わざと, わしの, わたしの, アッケラカンと, カン, ゴム風船の, シコタマ掴まされ, シューバルっていう, ジッと, スクラトン氏検事が, ゾクッと, ダン艇長を, デリケートな, パイ軍曹, フト菓子が, ブルヴェーに, ホラチウスに, ボートを, マイクを, マフラーの, モウ別の, ラートェパという, 一つと, 一つ問ひ, 一人の, 一向合点, 一度途切れた, 一揆暴動の, 一時怪塔ロケットを, 一段と威容, 一間半も, 七絶三首を, 三十三正宗院は, 三十正宗院は, 三尺程の, 三矼と, 上機嫌でもって, 下へ, 両の, 中国人らしい, 乗員の, 九尺ばかりも, 予算を, 事態容易ならず, 二人に, 二十九正宗院は, 二泊し, 五メートルとか, 人を, 今から, 今日は, 他に, 仙台に, 伏見宮家職の, 伝令の, 佐世保勤務で, 何か, 何となく, 何よりも, 何処に, 便利な, 偶然な, 傍らの, 僭越ながら, 元文元年, 先ごろ米国航路に, 先ず最初, 先程から, 入廷の, 全委員, 八尺ばかり, 兵の, 兵士らを, 再び同じ, 冷酷な, 出発の, 刀身に, 列席判検事と, 判決文の, 別れた女, 前哨に, 劉備の, 勇気を, 勤務を, 医務室の, 半浬, 卑弥呼に, 卓の, 卵焼を, 又原稿, 双眼鏡を, 口ほど, 只今既に, 叫んで, 史学界の, 同じ会堂, 同期生で, 君たちの, 呆然として, 命を, 唇に, 商売上の, 喚く, 嘉村さんを, 四人を, 四十二に, 土地人民を, 在留蕃客の, 坐席, 報告書を, 壕を, 多忙であった, 大いにこれ, 大きなこえ, 大元気, 大喜び, 大胆にも, 天渓と, 奥村派より, 女に, 如来衛門と, 妙な, 子供にでも, 孫権の, 宜しいと, 実隆の, 室内へ, 家族の, 尋ねた, 小学校の, 小柄な, 小言を, 少し声, 少し考え, 少佐が, 少年の, 屋台寿司の, 山岸少年に, 山陵の, 川口に, 帆村と, 帳簿を, 幕僚の, 平素は, 店の, 引続き証人, 当主で, 彼が, 彼一人に, 徐ろに, 御殿じゅうの, 微笑した, 心を, 心配そうな, 必ず私, 応ぜなかった, 思いがけぬ豹一, 思ひました, 思わず大きな, 思わず身, 怪艇長の, 恐ろしく厳しいの, 息杖を, 患者に, 意志が, 感慨ぶ, 成る可, 戻って, 扉を, 手も, 折角庄司, 振り向きも, 捨置かれずと, 操縦室と, 支倉と, 救難信号を, 整形外科の, 断ちがたい, 新聞のくらい, 日本語で, 昨日直ちに, 更にその, 更に大きな, 更に隊長, 最後には, 有るが, 朋輩にでも, 朗らかに, 本件の, 本当にしない, 村口多鶴子を, 来客を, 松岡洋子湯浅芳子厚木たか子水沢耶奈子と, 枕もとにおいて, 柄に, 栄螺の, 棒立に, 検事さんと, 構わずに, 機上で, 正面だ, 武男が, 死んでも, 死刑執行人に, 母親に, 毯の, 気ぜわしく立ちあがっ, 気味悪げ, 水兵さんの, 汗を, 決して油断, 決心が, 治安判事, 法廷の, 波田に, 泰親の, 流れ矢, 浮世絵発達の, 深く感激, 湯気の, 湯治場から, 満面朱を, 溜息し, 濠州人の, 灰に, 無念にも, 無頓着に, 煙草を, 燈油の, 父無, 片手を, 牧師の, 特別權限に, 独言の, 猛火と, 玉藻を, 理由を, 生とも, 生捕, 田舎者まる, 當時犯迹の, 病気を, 痛む体, 痛手に, 瘠せ衰えた顔, 皆から, 皆勝頼の, 目顔で, 直ちに捕へられた, 直に之, 相変わらず強硬, 眉も, 真剣な, 眼の, 矢張り前と, 砂原の, 硝子扉ご, 神戸より, 私たちが, 空しく檣, 突っ立った, 突込む, 立って, 竹竿を, 笑い出して, 笑ってばかり, 第三女, 答えなかった, 箱の, 純粋の, 終始厳正, 結局自分の, 罪を, 罵るよう, 羚羊の, 羨しそう, 考えた, 考へて, 聞くに, 聞流して, 背中を, 能勢氏の, 腕組みを, 腸が, 膝が, 自らも, 自分から, 自分では, 自然次長と, 自重し, 興味深げ, 興録よりも, 船頭へ, 艇が, 色情のせゐだ, 若い妻, 若杉さんだ, 苦しそう, 荒い棒縞, 葉子に, 蓄音器の, 虻に, 血色の, 被告に対し, 被告等に, 見えず, 見るに, 観測台の, 言葉に, 訝かしげに, 証人神戸牧師出廷せざる, 誇り顔に, 誰でした, 賽銭を, 起きあがろうと, 足下に, 距離の, 身を, 軍刀の, 軽率に, 近づいて, 途中の, 通訳から, 遠ざかる岸, 醵金し, 鋭敏に, 鏡の, 陸の, 隣室の, 電文を, 電話機を, 順序正しく, 頷いた, 飛行の, 飛行長から, 駕籠の, 驚いたよう, 骸も, 高声器, 魂を, 鳥居派四世を, 黒人たちに, 黙つて, 鼻柱へ

▼ 長~ (1166, 9.6%)

10 である 9 のもの 7 であった, になる 6 にし, を計っ, 広さ 5 がある, になり, のある, の限り振り, は, を測る 4 が一寸, です, とし, に切っ, は三寸, は三尺, をはかっ

3 [25件] がその, が一間, が二寸, が五六寸, が四尺, であつ, でした, と幅, になった, に切, の, の感じ, の文章, の異, の糸, はおよそ, は三フィート半, は二十町, は五, は約, や重, をくらべ, を持っ, を持った, を持つ

2 [89件] あああ, およそ一尺, があっ, がありました, がはっきり, がわれわれ, が一尺五寸, が一尺八寸, が三寸, が五, が六尺, が六間半, が四メートル, が四尺足らず, が約, が違, が顔, それから又, だけがある, だけでも為事, だけ気, というもの, とその, と同じ, にちぎっ, になつ, になりました, に切った, に切つて, に切り, に切る, に剪, に延び, に感じ, に未, に比し, に比較, に達する, のこと, のやう, の一定不変, の割, の単位, の太い, の概念, の測定, の測量, の竹, の筒, の約, の線, の記事, の間, の関係, はその, はどれ, はどれ位, は三尺八寸, は二, は二尺四寸, は五六寸, は五分, は六尺, は十町, は同じ, は四, は実は, は普通, ほどある, よ, よりも幅, よりも短い, を, をいう, をこの, をそれぞれ, をはかりました, をはかる, をもっ, を増す, を思っ, を測っ, を算定, を計る, を限り, 其の他, 各一尺五寸, 約五糎, 高さ

1 [804件 抜粋] あった由, あるいは秒, いわゆる, かな, からいう, から云, から受ける, から定め, から木, から肉付き, から言っ, があつ, があまり, がいつも, がいろいろ, がこれ, がたった, がつまっ, がない, がひとりでに, がもと, がわずか, がアラビア, が一フィート, が一丈二尺, が一定, が一尺, が一尺以上, が一尺四五寸, が一時間, が一米突九四九, が万人一様, が三フィート, が三十七間四尺五寸, が三百四十ミリ, が三間以上, が不足, が二三寸, が二尺, が二百五十間, が二百十六間, が五尋, が今更, が全く, が八インチ, が八丘八谷, が六哩近く, が共通一定, が出る, が十三尋, が十五フィート, が十六間, が四分の三アルシン位, が四十七尺, が変る, が妙, が少なくも, が平均三十尺, が彼, が思われた, が数寸, が有する, が有難かっ, が東西三里半, が歩測, が異常, が白光星, が短く, が絶えず, が葉子, が記録, が追, が長く, が障碍物, が鯨尺, こそ百四十哩, しかありません, しかなく, しか残っ, じゃとても, すくなくとも三フィート, すなわち尺度, たぶん十町, たまらないその, だけうねうね, だけつける, だけでもせつ, だけでも三米, だけで二十丁, だけで六尺七寸五分の天下一, だけで錘, だけに伸び, だけの世界, だけの紐, だけの自由, だけ上りつくし, だけ書物, だけ自由, だったか, だ自分, で, であったのに, であると, できまじめ, できまる, ですか, ですので, でないと, ではくも, ではなく, では間に合わなくなった, でまず, でむこう, でコンブ, で以前, で何寸何分, で光, で割れ, で幅, で物語, で笊, で繋がっ, で翻訳, で裏長屋, で覗い, で計る, という事, という言葉, といひ, といふ, とかいふ贅澤, とか得手, とか穂, として呼吸, とそれから, となった, とによって途中, とに於, とは正反対, とは雌蕊, とをひろ子, とを色々, とを際立たせ, と云い, と人生, と倍, と刀, と単調さ, と広, と思い合わせる, と方向, と歩幅, と波, と申しましたら, と童貞, と粒, と見え, と軍艦, と電燈コード, などという言葉自身, などによつ, なの, なので, ならば, なる二條, に, にうねうね, においてはまったく, にする, についての自慢, にどれほど, にぬける, にのびるしかけなのです, にはなん, には吃驚, には実は, にふくれあがっ, にまとめあげた, にも劣らぬ, によっては五, によって決定, によつて, にわたっ, にわたって続い, にわたるかと思われる, にわたるといふ冬季, に亘つて信教, に伸し切らない, に伸び, に伸長, に倦み果てた, に切下, に占領, に印紙, に及ぶ, に反比例, に口, に合わせ, に含まれ, に喰い留められる, に四尺, に圧しつけられ, に変り, に変わり, に対してあまり, に射す, に平行, に引き延ばされ, に彼, に感じた, に感奮, に成長, に打ち切っ, に換算, に数, に於, に書き約める, に毒づい, に比例, に気がつき, に生長, に相違, に縒り, に裁たれた, に裂け, に買えました, に達し, に還元, に長い, に関する特典, に飽き果て, のあな, のおそろしい, のその, のちゃんと, のみあり, のみを有する, のコイル, の三, の三つ, の上, の丸太, の二分の一, の人工, の他, の伸び, の六七尺, の六尺, の円筒, の剣, の十分一, の向き, の問題, の大, の如き, の川, の年月, の幾層倍, の底, の廊下, の故, の有る, の期間, の未開地, の柄, の横線, の比, の比例, の決定, の演説, の瀬, の甚だ, の異なる, の相対的, の短篇小説, の神, の程, の第, の細い, の緑, の縄梯子, の街, の角, の許す, の賭け, の赤道直下, の道路, の違, の違つたの, の鉄心, の銅, の長い, の鯉幟, の黒っぽい黄色い, はある, はいずれ, はこの, はざっと, はしれ, はせいぜい, はそれぞれ最後, はたえず, はどちら, はどれほど, はほぼ, はもう, は一キロ以上, は一丈, は一丈三尺, は一反, は一定, は一寸位, は一尋, は一尺, は一巻それぞれ, は一町, は一間半, は三フィート, は三マイル, は三丈, は三尺あまり, は三町, は三間余り, は上述近江, は世, は亀, は二フィート, は二メートルあまり, は二メートル近く, は二三哩, は二十メートル, は二十八丁, は二哩半位, は二尺, は二尺二寸五分, は二間, は二間以上, は五ミクロン, は五割, は五十センチ, は五寸, は五尺, は五百尺, は例年, は僅か, は八寸, は六五センチメートル, は共に, は前の, は十メートル, は十七間余, は十九キロ以上, は十分の一, は千差万別, は千年位, は四三八〇〇キロメートル, は四尺, は四百五十キロメートル, は地獄, は地球, は小, は尾, は平均二千尺, は幾丈, は幾百里, は彼, は必ずしも, は忘れ, は抽象, は数量, は普通四粁, は格別, は永代橋, は海, は焔, は百七十ミリ内外, は目, は短い, は胴体, は袙, は計量, は谷八つ峰八つ, は踵, は違, は重, は電信柱, は鶏, は鼠頭魚釣り, ばかりも百四十間, ほどしかなかっ, ほどの臥長一抱え, ほどもない, またその, まだ二尺, まできめ, までに弦, までも計った, まで全く, まで放さなけれ, まで調節, もあらう, もその, もちがう, もなかっ, もほぼ, もまず, もやりきれない, も一寸五分位, も二間半, も小さく, も左, も思いやられます, も思ひやられます, も支那大陸, も早く, も更に, も短, も色合, も長く, や密度, や幅, や流域, や腰, や貼る, よりも七, よりも横幅, よりも長く, より長い, わずかに, をかこった, をくぎりくぎり, をそのまま, をどれ位, をはかるなら, をぶらりと, をへ, をもった, をミクロン, をメートル原器, を一生, を一綴音, を三百六十五倍, を九寸三分, を予定, を以て測れ, を全く, を八センチ半, を合計, を命令, を奇数, を岸本, を形容, を思った, を思ひ, を息, を或, を拵ら, を持てあまし, を採用, を整数, を比べました, を比較, を決定, を渡つて來, を測り, を画し, を異, を目, を知る, を競, を精密, を縮むることにのみ考, を船首, を表わし, を表わす, を覚え, を覚える, を計り, を読み上げられた, を追い始めた, を長い, を養ふよ, んどう, ん私, 例えば家, 太さ, 実に幾里, 短かさ, 約一マイル, 約一五〇米, 約一尺, 約九マイル, 約二フィート, 約二十センチメートル, 約八キロ, 約十マイル, 終に究, 美々しくいかめしくものものしいなか, 重さ等, 険しい山道

▼ 長~ (735, 6.1%)

9 云った 7 いった 6 出て 5 立って 4 それを, 云つた, 口を, 来て, 自分の 3 あった, あると, いて, ふりかえって, わしの, 帰って, 答えた

2 [37件] ある, いつた, うなずいた, ここへ, こんなこと, さあああ, どなった, はいって, もと, やってきて, 中に, 云いました, 住んで, 例の, 先に, 叫びました, 叫んだ, 叫んで, 居つたか, 属して, 平常可愛, 待って, 心配し, 急いで, 来た, 横から, 気を, 注意を, 目を, 笑いながら, 腰を, 自分に, 言った, 話して, 通りかかった, 遠くから, 電話で

1 [593件 抜粋] あざ笑って, あたかもベートーヴェン, あたしたちに, あったから, あったが, あったろう, あって, あつた, あつたらしく法諡用, あなたの, あのよう, あの火, あり, ありましたな, あり法悟, あり豪華版, あるか, あるし, あるので, ある様, あんな生温い, いいこと, いいだした, いいと, いいました, いうと, いえば, いかにも人情, いけないの, いた, いちいち入念, いちばん気に, いったので, いったよ, いつの間にか名, いない, いないとき, いなくなって, いなければ, いま出ます, いらして, いわれたよう, い顎, い顏, うしろの, うなずいて, うやうやしくひかえ, おかしいに, おもわずさけんだ, おもわずその, お兼, お見, かけつけた, かたる少年, かつてラスネール, かなり大きな, かねて決定, かんしゃくを, きいた, きょうは, きらいでも, くらがりの, けさ告発し, こっちを, この地方, この辺, この部屋, こらえきれないといった, こわい顔, さう云, さきに, さけびましたところ, さけんだ, ささやくよう, さっきおっしゃった, しくじった, しぶしぶ立ちあがった, じかにその, すきであった, すぐに, すぐ三毛猫, すぐ自分, すっかり出る, すっかり変っ, ずんずん先, せっかく集め, そういい, そうだ, そう判決, そっと清少年, そのよう, そのトランク, その位置, その使用開始, その国, その後も, その日記中女子, その発作, その血統, それ程感動, そんな風, たおれたの, たじたじと, ために, だまって, ちょうど甥ども, ちょっと首, ぢかに, ついて, つかつかと, つづけて, つり糸に, である, とりきめたもの, どうか普通, どうした, どうして故国, どうして此, なか, なかったら, なぜその, なんで必要, なんとか組, な黒い雲, にこにこし, のって, はじめてちょっとほめた, びっくりした, ふた, ふと私, ふりかえったとき, ぶら, まいって, まず倒れた, また召集, また新聞, また皮肉, また見掛け, また追いかけ, まだうめい, まつてるべ, みえまた, みなさんの, むずかしい顔, ものすごく恐ろしい顔, やかましく云う, やってきた, やって来て, よく外出, よんさ, わらひました, ゐる, ウームと, オランダ領事館の, カメアジの, クロス, コップを, コンナ部屋に, セラの, トルコから, ノーマ号の, ハッチを, フォン, プラトンの, ボタンを, ポンプの, ヨタヨタ行きかけよう, ランチで, 一つの, 一人, 一人つい, 一人生命保険会社員が, 一時諸, 一流の, 一目散にかけて, 一足壁ぎはに, 七つの, 七つ仲が, 七十三で, 万年灯に, 三枚続児女江之島詣の, 下役たちを, 下船し, 不意を, 不知火について, 両手を, 主婚, 乗って, 乗りこむ, 乗組んで, 事務長を, 二人も, 于帰の, 云うの, 云つてゐた, 云ひました, 云ひます, 人民を, 今の, 仕事の, 仕事を, 仕事中に, 代理で, 仲に, 伝馬船に, 伸びだ, 伸びを, 佐野常民あたりだ, 何か, 何かと与っ, 何かを, 何気なく大熊部隊長, 何等の, 佩剣を, 來る, 侑める, 信美字は, 偶然に, 僕の, 儒仏や, 兄に, 兄を, 先刻御, 先頭に, 入り奥座敷上段, 入れ代り, 入口に, 全院, 六尺五寸一分から, 出かけて, 分量を, 判れば, 判決を, 判決文の, 力を, 勝っても, 勝手に, 勢よく, 勧進せる, 十人ばかり, 卑幼に, 博士に, 厳粛な, 参観に, 取次を, 叫んだとき, 召捕って, 号令を, 同僚と, 呶鳴った, 呼ぶと, 呼んだ, 呼んで, 呼子を, 命名した, 唯一の, 囚人達に, 四十三歳で, 固い物, 国務大臣兼官房長官として, 土地人民を, 型ばかりの, 壁を, 壇を, 声を, 夕刊売り, 外を, 大喝した, 大声で, 大変偉, 大急ぎで, 大河原を, 天下り的に, 天井から, 天幕に, 失望の, 好きな, 妻を, 姫に, 嬉しさ, 守り固め, 安部を, 官費で, 家に, 家族伴れで, 審食其を, 尋ねた, 居つて, 岸本の, 島原の, 巡回に, 巡視に, 席から, 帰ると, 帽子を, 広大なる, 庄司利喜太郎に対し, 座を, 廊下から, 廻国の, 弁護士を通して, 弓を, 引き退ると, 影の, 彼の, 心配する, 必ずピンビタン, 必要だった, 怖れ, 思いだしたよう, 思わず帆村, 急に, 怪塔王の, 悲痛な, 想ひ出した, 慇懃な, 或いは妬ん, 或る, 或小, 戻って, 扉を, 手ずから強い, 手を, 手枕の, 打ち損じたの, 承引し, 招待し, 指尖, 指揮掌握に, 捨て置いても, 撲られるだろうと, 文化会の, 文句を, 日本と, 昂奮した, 時々顔, 時間の, 暗がりの, 暗号室に, 書類の, 最大級の, 有利な, 木の, 末座に, 来かかったよう, 来合わせた事, 案じ顔, 椅子から, 検分に, 横だきに, 機嫌が, 機嫌を, 檣の, 歿した, 殿村探偵の, 気づかれないと, 気の, 水夫と, 浅黒い男, 消えて, 深刻な, 激しい勢い, 激昂する, 無事で生き, 照準を, 父京水の, 片手に, 特に甘味, 独り長育する, 現れて, 理由を, 理財局長といふ, 生きが, 生れた, 甲板を, 申すの, 画風の, 留めるの, 異うぞ, 當ります, 白馬を, 皆様に, 直線コースで, 相槌を, 眉を, 眠たげな, 眼を通して, 眼鏡を, 矢の, 石炭を, 確かに, 祝詞を, 神代人の, 神経衰弱にか, 私に, 私の, 移った国会図書館, 突然下士官, 窓から, 窮余の, 立ち上るの, 米を, 紙っきれ, 細い, 終生の, 継いで, 縄張り内の, 罪という, 罪人に対する, 聞取つて, 聴衆に, 脇の下に, 腕時計を, 腹心の, 膝を, 自ら作り自ら施す, 自動車で, 自己の, 自身で, 自身に, 自身の, 船の, 船橋から, 船首で, 艇内の, 艇長の, 艶の, 若い水兵さん, 苦々しく笑った, 苦笑し, 荏苒として, 荷馬車の, 落ちたり, 薪を, 行って, 被告に, 裏口へ, 見えたでしょう, 言うと, 訊き返した, 許可しなかろう, 診察を, 詰ったの, 認めぬ時, 説明する, 説明すれ, 説明を, 読み上げて, 誰かから, 議長席に, 譲歩し, 負傷し, 負傷した, 負傷を, 貴族的である, 買った, 走りながら, 起ちあがった, 身に, 身上に, 車の, 軍刀を, 返事を, 述べんと, 這入って, 通りかかったの, 連署し, 進みでて, 過って, 達磨の, 遣つて, 部屋を, 部隊長に, 鉄カブトで, 銀皿に, 鏡を, 阿部家の, 附けて, 陣中の, 陪審員らに, 陪審官に, 階段を, 雇い入れ, 電話の, 青い眼, 青くなっ, 青年時代に, 面会に, 面喰っ, 鞭で, 音を, 音頭取りだろう, 食事の, 食欲を, 馬車で, 高くどなりました, 高岡只一が, 黒猫な, 鼻に, UR

▼ 長~ (472, 3.9%)

14 なって 6 して, 伝えて 5 着て 4 命じて 3 きいた, なった, むかって, 任ぜ, 化けて, 對する, 頼んで

2 [25件] あてた郵便, かわって, なること, ぶらりと提げ, 加へた罪は, 向かって, 向って, 啼き呼ばふ声, 報告を, 声を, 寄する, 就任した, 建策した, 敬意を, 栄転し, 気を, 沿うて, 言った, 言って, 言われて, 訊いた, 説きて, 迎えられた人, 酒を, 面会を

1 [366件] あごで, あてて, あらざるよりは, あらざれば, あります, あわれまれて, いただいて, いった, いって, いわれたとおり彼, いわれて, うその, うなずいた, うんと悪態, おどりかかろうと, お目にかかりたいの, お考, かう云, かかる不埒, かかる横道不埒, かくの, かけあって, ききたいん, くり下る勝田検事, こうつたえ, こたえない筈, ことわりを, ごらんに, しかつ, したよう, しちゃいられないせい, しっかり握られ, しょろしょろしつつ, すがり寄って, すすめた, する, せき立てられて, そうお, そう云われ, そう言っ, そっといった, その事, その形, それを, ぞろぞろ引きずっ, たいし無電, たずねた, たのみ料金, たのんで, ちがいない, ちょっとお許し, ちょっとこう眼, ついて, つきつけた, つめよつたが, つれられて, では, どういう報告書, どうやら身, どれほど木村, なったからと, なったつもり, なったの, なったほどの, なったり, なったペンネンネンネンネン・ネネム, なった人, なった時, なってから, なってるところ, なにか, なにかいっ, なにやら睨まれ, なられたので, ならんで, なりすまして, なりその, なりたいなあ, なりたいん, なりたくないという, なり学校, なるから, なると, なるとか, なる事, なる前, なれなかつたから, なれなれと, なれば, なれること, なんの, ねだった, はじめてその, はっきりした, ひどい恐怖, まかせて, まつわりつくあの, むかいきのう部下たち, むかひ齒, めぐりあったこと, もう一度警告, もどったが, やっと明日面会, やらせること, やるん, よびかけた, よれば, よろしくお, わたして, イエニーは, グレーズブルックが, コーヒーを, ザックと, タクシーを, ドライヴ, ドラヴォー氏を, ハツキリと, メモの, ロマネスクの, ロマーシの, 一任した, 一任せし, 一任と, 一寸お目にかかれましょう, 万事一任します, 三十年を, 上申し, 上院委員会が, 与えた, 与ふるに, 世にも奇異, 両ビンタ, 云うの, 云って, 五十両を, 亜米利加では, 交代で, 交渉し, 仕立てて, 代って, 代りて, 代り奉幣使, 以下身分に, 任じられて, 任ずる, 任命された, 任命する, 任命のほどを, 会う, 会う気, 会ふ, 会わずに, 会わせる顔, 会社当局との, 伝える気振り, 依頼し, 依頼の, 信じさせるという, 俥か, 倒れかかりたい衝動, 倣へ, 僕たちの, 免租処分の, 入れぬ処, 再就任, 冑を, 出世し, 出動命令を, 切って, 別れを, 前へ, 前記二つの, 十円の, 及びて, 双眼鏡を, 反感を, 取り立てて, 取次を, 叱られるよ, 同情しました, 向い不思議, 向い先刻死骸検査, 向うて, 向き合って, 向けて, 呈し且つ, 呼ばれて, 呼びつけられた事, 呼びつけられて, 命ぜられたの, 命令を, 問いあわせを, 喰って, 喰ってか, 囁いた言葉, 囚人は, 回収した, 報告が, 報告させます, 報告し, 報告した, 外国人は, 委せかねると, 媚びること, 孔雀の, 宛てたもの, 宛て左, 対した語, 封ぜられしとぞ, 封ぜられて, 射撃の, 對し, 小声で, 小言を, 少なからぬ, 就任する, 届け出た, 幾度も, 延びた腰, 引きずりながら, 引合は, 強制され, 当て, 当るもの, 彼等の, 御覧なすっ, 微笑を, 怒られたん, 思い出させられて, 息吹き沈み, 息吹き沈み恍, 愛せられて, 戚, 手渡しする, 披露しよう, 抱かれて, 押し付けたもの, 招かれたの, 指圖され, 指揮され, 挨拶し, 挨拶する, 捕えられこの世, 推された, 推され何, 日本の, 早くそう, 昇格された, 昇格し, 昇進し, 暗に警告, 暗号電報を, 書面を, 朝鮮飴を, 本を, 栄転する, 検事は, 横領される, 歎願した, 永年よせられたる, 汚い板草履, 決定した, 汽車の, 注意を, 消えぬ人々, 渡して, 激しく督促, 片山哲氏を, 特別な, 獻じ, 率いられて, 王鳥髷した, 甘く見られ, 申上げます, 申出て, 発見され, 皇帝さまは, 目くばせした, 相談する, 着た変, 着た御殿風, 着た支那人, 着做, 知らせて, 礼を, 祭り上げられて, 私語した, 移り来りぬ, 穿き悠然と, 穿流した, 答えた, 答弁を, 約束し, 素晴しい, 細りして, 紹介状を, 続いて, 練るの, 而も, 聘せられ来たる四月一日新婚旅行, 聞きただした, 腰を, 至りて, 色々な, 英国の, 見えるよう, 見破られて, 親しみを, 親しんで, 言うと, 訊かれた時, 訊ねるの, 訓令を, 訣らなかつた, 許しを, 訳を, 訴えたいと, 訴えて, 話しかけて, 話しかけられるまでは, 話した, 話したら私, 話を, 請うて, 請ふ, 請願を, 譲ったについて, 豫審判事を, 豹一は, 蹴落とされて, 身を, 躰を, 転じて, 辛苦せし, 迎えたいと, 迎えられて, 返付し, 迫って, 追いついて, 送った, 通じた, 逢って, 逢つた事が, 遅れまいと, 遇わさなかったが, 運上を, 過ぎざりしかども, 遮られて, 選ばれた, 選ばれたの, 選出された, 重点が, 金庫へ, 長からん, 関り, 陰を, 陳情する, 集中し, 非常な, 面会し, 面会す, 面接し, 面謁を, 頼みました, 頼むと, 頼んだらいい

▼ 長~ (414, 3.4%)

61 して 8 はいて 5 つとめて, 勤めて 4 先頭に, 見ると 3 やって, よんで, 取り短, 呼んで 2 はじめと, やり私慾, 取って, 取りて, 忌避した, 横に, 殺さうとかいふ, 牢屋に, 着た女の童, 顕すこと

1 [295件] あげるという, あとに, いっしょに, いらだたせたこと, うごかした, うつニ力, うながして, うまくすくいだしました, おかずすべて合議制, おそった怪人たち, おそった敵方, おめし, お連れ, かけた島田, かけ島田, かけ裾, かついで, がっかりさせ, きめます, きらい信徒, きれいに, ぎゅうぎゅう詰め込ん, この要求どおり, ご存じでしょう, さておき外, さらって, したこと, した事, した坂井将軍, した当時, しっかり自分, してる警官, しとります, しとるらしいぜ, しまかむ, すくえ, すぐさま手まね, すぐさま逮捕, すてて, そっちのけに, その場, その跡, たずねたの, つとめた, つとめて富み栄え, つとめキャベンディシュ, つれて, とめは, とり短, なさって, なさつて, にらめた, にらんで, ねらった, のせた船, はいたいがぐり頭, はいたらそれ, はいた七つ, はいた人, はいた小さい, はいた弁当屋, はいた村長, はきシャツ, はげまして, はじめ一行の, はじめ会社の, はじめ派遣隊の, はじめ知っ, はじめ見学の, はやくはやくと, ひっかけて, ひったてて, ふんばって, めちゃくちゃに, もって, やめさせ, やめさせて, やめて, やらされたが, やりましたから, やり日本労働, やり終戦後, よびだして, よべ, れんと, オトラ婆さんに, キリリと, スグリといった, デーンと, ピンと, ベンチへ, 一人待ち望み, 一足買っ, 三足ほど, 上陸させましょう, 不安に, 不説, 中心に, 中根に, 主張した, 主張する, 争って, 争ふ, 人類の, 今ここから, 今日どういう, 代えること三回, 休み片山, 伝えて, 伴れ, 何, 供奉りき, 儀十郎と, 先に, 兼ねて, 兼任し, 兼任する, 再現し, 初めとして, 初め船員が, 刺す, 加へて, 助け部下, 動かしたせい, 動かして, 務めて, 勤める理学博士, 取つて, 取りひしぐわけ, 取り急速, 叱りつけるよう, 名判官, 向こうから, 告発した, 味方に, 呼びかけた, 呼びつけて, 呼び出して, 呼び寄せた, 呼び寄せて, 呼び掛けたかを, 呼び立てた, 呼べ忙牙長, 呼んだ, 呼出しホ型十三号潜水艦, 命ぜられて, 囲んで, 天皇直, 奉職された, 奪うため, 始めとして, 始め大勢, 学ぶ必要, 寿する, 射殺し, 尋ねて, 尻目に, 尻目にかけて, 山の上に, 山崎某と, 崇拝する, 巻いて, 引きうけたの, 引受け臨席, 彼の, 彼は, 待ちうけること, 待って, 待つて, 律せん, 得るため, 志すわけ, 思いださせた, 思い浮かべた, 思慕する, 怪しみそれ, 想い見るたび, 愈, 愛でるに, 慰めた, 慰撫する, 憎んだ, 手早く閉め込ん, 抜取り人物格別功, 抱えて, 持って, 指さした, 指さし乍ら, 掛けますが, 採って, 採らんと, 採り完成, 採り我, 採り短, 揶揄し, 揺すり上げるの, 救うこと, 敬せざる, 斥し, 斬り倒して, 映画見物には, 智秀と, 暗殺せん, 有すべしとは, 本妻に, 松田さんと, 案内者として, 楠本一家が, 権之, 死刑に, 殺しそうした, 殺した罪, 殺すこと, 殺せとか, 毆打した, 気に, 求めること, 決定する, 没する程, 流し目に, 激しい語調, 猫の, 率ゐ, 瑞長と, 環と, 用いようと, 目で, 相手に, 眼分量に, 睨んで, 知って, 示した, 種々の, 穿いた恰好, 突き跳ねた, 箸に, 紹介し, 紹介する, 組合せて, 絞殺し, 絶望から, 背中に, 脅かす, 自分の, 苦笑させました, 葉子の, 見あげるの, 見ず己, 見た, 見たこと, 見つけ中, 見よかれの, 見入ったが, 見殺しに, 見通しに, 覓め自ら己の, 観察した, 訪うた, 訪ねたこと, 訪ねた時, 訪ねるため, 訪問し, 設けて, 証人に, 誇って, 誇ること, 認めて, 語る勿, 説き伏せて, 讒セし, 賞し短, 起すこと, 辞して, 辞めて, 迎えたとき, 迎えながら, 追ひ, 通しこの, 連れて, 連想せしむ, 遠ざけて, 重監, 鉞と, 長と, 長吏, 除く以外, 雇って, 離れぬ, 電話に, 霜崖と, 頼んだよ, 頼んで, 顧みながら, 顫わせながら, 養子し

▼ 長~ (316, 2.6%)

10 とど助 7 なって 5 名の 4 いえば, なった, 云ふ 3 一緒に, 云ひ, 塾長との, 葉子との

2 [15件] いっしょに, いって, いへば, した, なったこと, なつて, なりて, 三人で, 云って, 作歌作曲の, 信西とは, 別れて, 忠通との, 王主人は, 自分との

1 [240件] あって, あなたとの, ある, あるもの, いいながら, いい他, いう, いうが, いえども, いっしょだった, いつた勿体ぶつ, いふから, いふと, うちあわせた艇員, お静たち, こういう話, こう皆さん, しそこで, したの, し介虫, し他, し優, し内務省土木技監工学博士古市公威, し毛虫, し羽虫, す, するところ, する一, する大きな, する委員会, する極東, する火星, する百名あまり, する雲南錫鉱公司, せず, そして腰骨, その助手, その名前, その立ち場, その部下, その陰気, それから造船大佐, それに, たびたび難船, なすと, なったとき今後党, なったの, なった乞食花田, なった兄, なった特別, ならしめられた, ならんで, なり, なりさらに, なりその, なりそれ, なりぬ, なりました, なりまた, なり一九二七年一〇月二日, なり一二七四年リオン, なり一応, なり二千余人, なり佐伯宿禰, なり多く, なり短, なり裁判, なり販売主任, なり間もなく, なる, なるだけ, なるに, なるの, なるべき一英雄, なるもの, なるユニーク, なる事, なる品格, なる者, なれ, なれり, なれるもの, にるす, ひょろ松, よばれた下士官, アルクヰン聖書に, ウルリーケとを, シュテッヘとは, ジーグフリードウルリーケと, ナンブトー, ボーイとの, ミドリと, ムダ話を, 一しよ, 一つ穴の, 一人ずつ, 一人の, 一等運転士の, 三の, 三人の, 三十分ほど, 三田とが, 三郎とが, 世間話を, 並んで, 中尉とが, 中村捜査係長と, 中村捜査係長は, 二人で, 云い前, 云い合って, 云い或いは, 云い揃い, 云う流行男, 云う者, 云えば, 云ふも, 仕立屋を, 仰言, 元気な, 六名の, 其部下の, 別れた, 副盟長, 友人と, 叫びては, 合体し, 同じくくっ, 同じく彼, 同じだった, 同じ程度, 同じ部屋, 同人か, 同級生だった, 名が, 名乗って, 名告つた, 向い合って, 向かい合って, 呼ばれて, 呼ばれる副, 呼びかけた, 呼び副, 呼んで, 呼バレル男, 喧嘩した, 四人の, 土々呂進の, 塾長とが, 塾長に対する, 声の, 大と, 大差なかっ, 大河原が, 婦人船客との, 宝島当番に, 宮内卿と, 小笠原ら斥候の, 小笠原老人が, 小笠原老人は, 山チイ, 己惚るる, 幕僚も, 幼とも, 張り合うか, 当新聞, 当番三人の, 忠通とは, 思って, 才の, 打ちあわせて, 押し並んで, 指定された, 握手し, 摂政忠通との, 散歩などを, 新藁, 春信の, 時を, 書記長を, 朝倉塾長の, 木村とを, 本部の, 村長の, 松岡満鉄総裁の, 校長とが, 次長の, 死生を, 殿村探偵が, 比肩する, 民の, 水夫長の, 汚い服装, 決ったとき, 決める, 為り以, 爆撃戦隊長の, 爲り, 爲りたりき, 牧野会計とを, 狼狽し, 猛獣映画, 申し長らく, 申す者, 申付則長崎ニて, 皆さんとの, 相並ん, 相圖, 相棒の, 相談し, 私とを, 秘書課員だけが, 称して, 称讃した, 稱すべし, 範多が, 結婚する, 結託し, 老獪な, 肩を, 能とを, 薩と, 見えるもの, 見える一人, 見張番, 言うて, 言ったの, 言ひ, 話しあって, 話し合おうという, 話を, 貴び梓, 通り一ぺんの, 運命を, 郵便局長を, 酋長ロロの, 酋長ロロも, 長と, 長話とに, 高畠与三の

▼ 長~ (266, 2.2%)

24 ている 19 ていた 12 てゐた 7 てゐる 6 て後 3 たり, てい, て居た, て居つた, 漸く老い

2 [11件] て, ており, てその, て家, て居る, て来た, て東都, て種, 威望次第に, 抵抗に, 特に其記性非凡

1 [161件] あるいは政治, こういう席, これを, しかも北方, その学問, たまたま一言, たりし, たりと覺, ていつしか, ていなかった, ていなけれ, ているだろう, ておいで, ておる, てかつ, てからの貧苦, てからはそんな, てからは三人, てからも瘋癲, てき, てきた, てさえ居りますれ, てはべつべつ, てはやい, ては世上, ては博物学, ては叔孫家, ては戦陣, ては父, ては策動, ては老い, ては自ら学識, てひとたび, てまことに, てますます, てまで神童, てもおりますれ, てもなお, ても本, ても自分, ても花, てよから, てゐ, てゐたらしい, てゐなく, てフランス, てヘーラクレース, て一, て世界, て五十, て交わる, て京都, て仏法, て以, て伊豆, て伴蔵, て來, て元, て兄, て兇悪人物, て冷理, て医, て十四, て千年以前, て卒然夫婦, て南方, て博学, て四十, て声名世, て多く船造り, て大人, て妻, て学校, て安策, て容姿温雅, て小, て少, て居らぬ, て常識, て幕府, て年十六, て弘前藩定府中, て待合入り, て後柏軒, て忽然と, て恋し, て揃ひも揃つて親不孝者, て放縦, て政治家, て既何処, て是非, て暗黒, て止まらざる, て正直者, て清浄無垢, て父, て物恐れ, て狩猟, て独創, て玄俊, て玄策, て知る, て神社, て私, て空坪, て童子, て第, て終に, て能, て臍, て葡萄, て行き, て街路, て詩人, て読み書き, て趺石, て身長六尺五寸, て酒, て長唄, て青し, て骨, て鬚状, また先代岩てこバンカラ辰三郎, ゆばんの, ゆばんを, エスペラント, カンヂンスキーが, 云々と, 交際上手で, 人情の, 伯圓は, 信仰力弱き, 候処も, 僧侶ひとり貧なるあたわず, 其邊の, 史書を, 多芸多才今日の, 尾上小勝であった, 弟の, 思慮の, 所長は, 来たる, 武術に, 炬燵の, 神威人心の, 私に, 秋収まる, 秋自ら後に, 米国人の, 給ふと, 美作吉野郡の, 花さき実る, 蓮杖などよりも, 虚心平気の, 討論会の, 記憶に, 貴人面前に, 軍略剣法方術に, 長じ, 非分の, 頭が

▼ 長~ (162, 1.3%)

3 それを, 信西も 2 さすがに, とど助, まだ出社, 検事も, 水夫も

1 [146件] あったけれど, あつた, あてに, あまり異議, あるよう, いつもよりは, いないので, いるよ, おどろいて, おんなじよう, お出, お骨, かほどまでとは, かんたん, ぎょっとしたらしく, この少女, この美麗, これから先, これには, こんな目, さっきの, さる者, しごくあたりまえ, したこと, しゃんと立った, しやんと, ぜいたく猫も, そう言った, そしてケレンコ, そのばけ, その留守, その辺, それじゃ, そんなこと, たいへんでしょう, たった三時間, だれも, だんだんスピード, ちょっとひるみました, どういう訳, どうする, なにも, なるほどという, ほかの, ほっとため息, ほぼ同じ, まいったよう, またこの, みずからこわ, みづから, みな精一杯の, もちろん同意, よく退治る, よく食べさせられた, ゲレンデに, ヨロヨロと, 一しょだった, 一二度は, 一日ちがいで, 七兵衛であります, 万事心得とられる, 三人の, 下駄屋の, 主計長も, 乾杯の, 二三年いた, 何か, 俗に, 先任参謀も, 入った, 共どもに, 出席し, 判別に, 前から, 勢い首, 同じやう, 同意し, 同様シュテッヘでありまし, 呼び止めた, 喜ばれるでしょう, 四十一歳子供も, 外に, 奴袴の, 存在しない, 宇宙服を, 宇治へ, 小学校の, 岡部氏な, 巡回の, 幕僚も, 平気である, 度を, 弱った, 彼の, 御承知, 思わず悲鳴, 手に, 承知し, 指名され, 撰ばれず会議, 教えて, 教えられるまでも, 料理人も, 日本人で, 時々袖, 暗号長も, 書肆の, 最初の, 有能な, 来て, 検事の, 水雷長も, 河田明治少将から, 病人には, 痩せ医務監督, 笑った, 終に怒った, 聞くが, 胆を, 自分が, 自分で, 興ざめた顏, 興奮し, 船長には, 荒田さんと, 許したの, 警視総監も, 負けずに, 負けず劣らず, 負傷した, 賊の, 賛成じゃろう, 辞職説を, 近く辞める, 近頃心外, 遠慮深い, 酒を, 鉄鎖で, 降伏する, 静かに, 面白さうに相槌, 頗る意外, 飛行隊の, 高くし, 黒川の, 黙つて

▼ 長さん~ (156, 1.3%)

124

2 [13件] が私, でも, と平さん, に御, のこと, の仕事, の前, の正体, はあひるさん, はそこ, は小さく, は月々若干, 帰るの

1 [114件] いろいろ済みませんでした, おりますよ, からも幾度, から特別手当, が, があんなに, がいつか, がじつは, がすれちがい, がそれ, がにやにや, がもどっ, がやつ, が一人, が帰っ, が御, が心から, が村, が聞きましたら, が自分, が若い, が言っ, が近く, じゃあねえ, その点, だ, だね, です, では, といふの, との共謀搾取, とやら, とボンスン, と丸さん, と松公, と竹さん, と結託, どうして下さる, なぞを連れ出し, にひとつ, にゃおべっかばっかしこけやがって, に会, に内所, に見, に言, に訊ねた, に話し, の健気, の口, の名前, の姿, の後, の御, の心事, の手, の洋服, の百分の一位, の短刀, の話, の越中, の足, の青木学士, の音頭, の鼻先, はお, はおらるる, はお家, はがつかりしました, はこんど, はさ, はさすが, はさんざん, はすぐ, はどうしても, はなる, はにこり, はほんとう, はまじめ, はまた, はよく, はベツド, は又, は後ろ, は心配, は情夫, は来, は気, は盗んだ, は相, は短刀, は長蔵, へ與, へ金, ほどの水, までが見, も, もいくら, もいた, もお, もふしぎそう, も不粋, も即座師, も日頃, やぼく, よ, よく筋, よりも上, よりエライの, をし, を憎む, を浪花節語り, を紹介, 遅くなりました, 遊びませんか

▼ 長~ (104, 0.9%)

3 かなる, 信西の 2 かで美しい, かに横たえ, 判事や, 商ひ, 国定忠治の, 忠治って

1 [86件] いろいろの, かな刀の, かな大小と, かな太刀佩い, かな帯刀で, かな帳が, かな手足が, かな服裝に, かな木剣を, かな白い, かな腰刀だけに, かな黒髪は, かな黒髪も, かにうしろへ, かに房, かに抜き放ち, その他の, その他一同の, どんぐりまなこの, またかく, みんなを, オトラ婆さんと, バイロイトの, ブリッジの, 一蜂須賀など, 中隊附将校に, 主事の, 主任からも, 主任に対しては, 代議士などが, 仲間の, 保安課長や, 其の馬, 副司令, 劇場主らは, 動詞の, 同志窪川が, 同苗五郎らが, 四人の, 壮士坊主等が, 大使らも, 大河原から, 大隊長でも, 大隊長ら, 学者芸術家などを, 孵化場長や, 官吏は, 工場代表が, 平田篤胤らは, 弁髪を, 役人も, 戦友たちと, 指導員塾生事務員全部の, 放免等が, 教悔師ばかり, 春章と, 春章や, 時政の, 朝倉塾長とは, 校長の, 検事が, 民の, 沙汰人どもを, 牧野会計が, 特曹が, 田川博士の, 田川夫人なんぞが, 町会長の, 県会議長や, 知事に, 社員で, 神様やを, 羽織袴の, 聴衆や, 職長が, 船医と, 課長が, 課長の, 警視総監に, 通信士が, 連隊附中佐の, 郡農会の, 郡長や, 郵便局長が, 金銀を, 鈴木重胤等の

▼ 長~ (96, 0.8%)

3 の部屋, の顔, は卑弥呼, は彼

2 [14件] と反, にいった, の剣, の父, の眼, の身体, の馬, はいった, は再び, は剣, は君長, は黙っ, よ, を先駆

1 [56件] に向っ, の二派, の傍, の前, の唇, の姿, の引き締った, の方, の横たわった, の病, の細, の肉体, の胸, の蒼ざめた額, の行衛不明, の足, の頬, の頭首, の額, は, はいう, はいっ, はひとり, は一人, は依然として, は入口, は兵士たち, は反, は唇, は国境, は宿禰, は彼ら, は彼女, は武器庫, は毒壺, は沈黙, は激怒, は無言, は突き立った, は突然, は立ち停っ, は腹, は若者, は蒸被, は血, は馬, は鹿, よ見よ, よ酒楽, よ長, をし, を奪った, を戴く, を撃て, を突いた, を身辺

▼ 長代理~ (92, 0.8%)

3 は言った 2 のところ, のほう, の部屋, の頭痛, は, はすべて

1 [77件] から向き直り, が, があなた, がときどき, がまた, が三人, が例外的, が出, が協議, が受話器, が叫んだ, が横切っ, が現われた, が知っ, が突然, が立ち上がる, が苦痛, が高笑い, という夫, として畑俊六将軍, との交渉, との闘い, とは扉ひとつ, と争っ, と工場主, におれ, にすわる, にとって脅威, にはほとんど, にまかせざる, に一枚, に対して隠れ, に対する昔, に対抗, に手, に特別, に示す, に誘い, のこの, のその, の不利, の事務室, の動き, の声, の姿, の扉, の気, の眼, の視線, の言う, の謙譲, はすぐ, はすでに, はその, はただ, はちょうど, はもちろん, はゆっくり, はネクタイ, は今度, は全然, は初め, は受話器, は彼, は彼ら, は歩き, は活溌, は立ち上がり, は自分, は言い, は話し, は軽く, は部屋, をその, をはっきり, を八ヵ月, を自分

▼ 長~ (91, 0.8%)

91 がい

▼ 長として~ (82, 0.7%)

2 令名が, 局面展開の

1 [78件] ここに, この地, さしたる財産家, ともにある程度の, はなはだ横柄, また子, わざわざ一行, アメリカの, 一人の, 一団を, 一風琴手として, 三十年間の, 上流的高官生活を, 九州から, 二つの, 二箇月前に, 二週間以内に, 五年間を, 今方に, 令名高き, 伯父の, 働き出したキリスト教婦人同盟, 党内を, 全世界, 出発す, 副組長, 受けて, 叱り置く, 同じ師団, 在るよう, 基督教界の, 大に, 大手を, 居ました, 役目を, 待機し, 性質極めて, 悲痛な, 意見を, 憲法発布式に, 成功を, 戸田どの富内どの, 招聘される, 政治的経験も, 新月号に, 既に令名, 日本国に, 旧社長, 明日から, 最初の, 最初上帝が, 有利な, 松島事件を, 横町の, 毎月毎週その, 法廷に, 清廉な, 港湾石炭荷役の, 熱心に, 特別な, 王様から, 用いられて, 白老に, 百姓どもへ, 皇帝と, 真に一介, 石右衛門は, 立ちいっぽん, 聞こえて, 臨んだ, 貴族教育の, 貿易事業を, 赴任し, 赴任する, 起つた新, 選挙せる, 鉄道会社に, 頼る一部村民

▼ 長かつ~ (77, 0.6%)

273 たが, たの 2 たか, たなか, たもの, たやう, た夜

1 [34件] たあたし, たから, たからに, たこと, たさうである, たし納骨, ただけ, ただらだら, たと, たといふ, たとかく, たなあ, たので, たやあ, たら玉葉, たら諺, たり胴, たんで, た久しぶり, た労いた夕飯, た大菩薩峠, た旅, た是, た暗, た東京, た死にたくても, た沈默, た理由, た私, た警報サイレン, た退屈, た部類, た長, た鼻

▼ 長から~ (75, 0.6%)

2 借りたと, 借りて, 因果を

1 [69件] あたしを, あたたかい歓迎, かたく口, このこと, ざるべき, ざるを, その子宇治関白頼通, その火星人, だった, ちょっとお, とどいた, なにか話, ぬ花房, ひそかに, コロンボあたりで, 一同浴衣掛で, 九時に, 今堀川教官へ, 伊勢と, 伊勢神宮の, 便所掃除人石炭運びに, 催促の, 判決の, 卑幼に, 叱られた, 各新聞社, 呼ばれたので, 呼出しが, 大臣に, 奥さまへ, 宗皇帝に, 小隊長, 差し廻された牛車, 平田篤胤と, 強硬なる, 徳川将軍時代には, 恐ろしいハブ, 手紙が, 暗示を, 本件の, 次の, 残らず聞かされて, 物を, 特別な, 発せられた, 皮肉な, 盆の, 眼の, 秘密の, 聞いたん, 聞いた竊盗囚, 聞いた言葉, 聞かされとるん, 船長に対し, 表彰された, 証人に対して, 話が, 貰うたん, 貰ったカメリヤ, 賞状を, 起こったもの, 身を, 運んで, 金を, 鍵を, 電話が, 頼まれて, 風聞書と, 鹿爪らしく呼び出された

▼ 長すぎる~ (75, 0.6%)

3 ようだ 2 な, のか, ので根, わ

1 [64件] からだって, からカット, か短, がその, がとにかく, が魅力, くらいだ, けれどこれ, こと, ことなど, ことも, しそれ, しまた, し小屋, し殊に, し畳針, じゃねえ, ため博士は, という, ということ, といふこと, ところなんか, とだらし, と云, と思う, と思われた, と申します, なと思つて, のだろう, のである, のでお, のでこれ, のでその, ので友人たち, ので残っ, ほどな, ほど武蔵, ほど眺めました, ほど長い, やうに, ようだった, ようでも, ような, ように, ピジャマの, ルーマニア風の, 上衣を, 下, 下らない本, 二年間だつた, 云々, 刈つてしまへとか, 士官候補生の, 年は, 様な, 毛皮の, 程継続した, 結果彼は, 脚を, 袖を, 身体を, 長さ, 髪の毛が, 鼻の

▼ 長~ (71, 0.6%)

4 して 3 となっ 2 に倦み, の鬱気, を覚悟

1 [58件] しては, だしなあ, で, であり日本中, では心身とも, で囲ん, で病死, と, となった, となり, となる, となれ, とはなった, におん病, にしびれ, にたいして厚く, にならね, になる, にはせぬ, には寄手, に亙れ, に倦ませ, に倦まぬ, に倦み飽い, に倦むまい, に倦ん, に意気, に退屈, に雄たけび, のつかれ, のよう, の不利, の仮屋, の合戦, の寄手, の徒然, の御, の心組み, の折, の時, の疲れ, の窶れ, の苦戦, の間, はつづかない, はもはや到底, はゆるさぬ, は依然, は危ない, も毎日, をきめこん, をし, をすえ, をそなえ, を張り, を強い, を決意, を焦

▼ 長~ (68, 0.6%)

8 あつた 2 あつて, あられたり

1 [56件] ああ宮本, あつたお, あらう, あられた老, いつも鉄槌, いらっしゃいますか, お目見得には, かんぷり, くすぶること, その話ぶり, のちに, ひとたびその, ぼくが, また大, もと橋本に, やっとるご, ハンカチを, 一七一二年に, 世界の, 内幸町に, 内閣ぜんたいを, 出づっぱりと, 出る, 古い歴史, 史談会の, 地べたを, 売り捌く役, 大宮司, 始まる, 実質は, 将帥では, 山猫みたいな, 後に, 支那語学者である, 日本で, 東京大学を, 梅田島堀江などが, 水雷の, 法王政府から, 海軍の, 涼しくて, 渡満し, 準備を, 白の, 神に, 神主たる, 私達は, 能く幽, 脚の, 通って, 重さ, 金襴を, 開鑿道路の, 陸軍中将であった, 頑張つて, 駅館を

▼ 長~ (63, 0.5%)

5 のを 2 じゃア, ぞ, ている, 昔噺知らへがな, 永代橋を, 長え

1 [46件] あいだの, から, こた, ことで, ことを, こと人に, こと御, し髪の毛, といっ, なあ, に住むべき, に変らぬ, に天, に帰る, に水, に清く, に無韻, に真に, に眼窩, に続, に苦味, に落ち, に閉じた, に隔てる, に龍王, のが, のと, のよ長屋, は毒, ひもを, 他の, 名の, 呼吸だ, 夢を, 旅で, 橋を, 物を, 眼で, 訳合だ, 間お, 間お世話に, 間これ十五年も, 間これ泊め, 間塩梅が, 間大く, 間色

▼ 長~ (60, 0.5%)

2 がと寝, がと書い, がと足, んです, 見るからに

1 [50件] がといす, がとこの, がとご, がとつづい, がとねころん, がとのばした, がとも書かなかつた, がとクッション, がと両足, がと報告, がと寂しい, がと寝ころんだ, がと巻煙草, がと弁じ, がと御, がと書く, がと横, がと蒲団, がと話しおわっ, がと貼り出し, がと質問, がと足もと, がと顋髯, がと饒舌, がと鼻毛, が旱, のである, のであろう, のでいくら, のです, のを, ひと皮眼の, へに生きる, んだ, 三白眼で, 事が, 事を, 体に, 信玄が, 小人を, 指を, 文句を, 眼の, 禁欲者らしい, 細い眼, 細い長い眼, 絹を, 花柱が, 魅惑そのものの, 黒紋付姿を

▼ 長謙さん~ (59, 0.5%)

3 のほう 2 が珠子さん, と珠子さん, は本, は珠子さん

1 [48件] があわて, がおどろい, がなだめる, がびっくり, がまわり, がフランス一周, がフリュート, が右手, が困った, が手, が枕元, が煙草, が腕時計, が電話, と満寿子さん, などは, にし, には黴, に述懐, のご, のニュース, のポケット, の仕業, の場合, の家, の愛国心, の横顔, の肩, の蔓薔薇, の頭, の顔, はまったく, はタクシ, はドレスコート, はポケット, は今朝, は口惜し, は得意, は油断, は若い, は赤い, は近眼鏡, もどう, も珠子さん, や珠子さん, をひっぱっ, を乗っけ, を見あげ

▼ 長過ぎる~ (54, 0.4%)

4 程の 3 のに 2 よ, んだ

1 [43件] からと, からと思っ, からやめ, から四季, か短, が二階, が何, ぐらいではありますまい, ことは, ことを, しお, し多少, ために, だけな, ぢや, とお, とかいふ場合, ところが, とは思っ, とも感じなく, と云われるであろう, と思, と思った, と思われる, のが, ので, ほどの松, ほど季題, ようだ, ような, んです, 予の, 二三寸の, 人が, 位に, 古外套, 命を, 恐れが, 故摺上物に, 歌で, 物が, 端を, 話では

▼ 長たる~ (46, 0.4%)

4 ものが, ものを 2 清原氏の

1 [36件] ことは, にとどまらない, もので, ものに, ものの, もののまさに, デニー博士は, ペリボイア彼と, ルチーフェロに, 人間が, 人間である, 仏国陸軍中佐, 俘囚頼時が, 典獄迄が, 同期生山崎大熊両君を, 君の, 土師連は, 安倍, 安倍氏が, 安倍氏出羽山北の, 安倍貞任の, 将軍が, 将軍家の, 平泉の, 御館藤原氏が, 東夷の, 某将軍, 武則は, 清原氏が, 私が, 素人研究家の, 自分の, 親分的性格を, 雅致が, 非人を, 頼時は

▼ 長じた~ (44, 0.4%)

1 [44件] からのみで, から必ず, ことは, のが, のは, ものであっ, ものでない, ものと, ものは, エキスパートに, ドイツ人は, 中老人だ, 事あり, 人が, 人であった, 人である, 人と, 人も, 人物で, 作家で, 先住民の, 児が, 公卿は, 女房を, 奸物らしい, 子供らに, 学生時代の, 富穀と, 将軍である, 少年が, 後の, 所を, 日本人の, 木を, 理論家が, 研究に, 程度の, 美女の, 者を, 蛇すら, 許りでなく, 資本家は, 郁治にも, 頃だつた

▼ 長~ (43, 0.4%)

4 の扉 2 のなか, の前, へはいった

1 [33件] から呼び, から逃げだし, があるらしく, だから, でしばらく, では幹部, で拳銃, で計量, と彼, と書いた, にい, にて, にはいっ, にはダン艇長一人, に入, に於, に検閲使一行, に消え, のところ, のまえ, の仕事, の卓子, の声, の床, の海綿, はきれい, へいった, へはいっ, へ呼ばれ, へ呼ばれた, へ戻った, へ駈けこんだ, を出

▼ 長という~ (37, 0.3%)

2 のが, のに, のは, ような, 格で

1 [27件] いかめしい肩書き, ことし十三の, その者, のはかしら, のも, ものが, ものに, ものは, やつが, わけです, 人が, 人は, 低脳, 偉い人, 名が, 名で, 名称は, 大切な, 役には, 忠通卿の, 意味, 意味ただし, 海軍大臣と, 漢は, 者に, 計理士が, 資格で

▼ 長左衛門~ (37, 0.3%)

1 [37件] が仕置, が割合, が駕籠, であると, という寄席, という者, という触れ込み, といっ, といふ者, と云, には重ね, には長平, に別れた, ね掃溜衛門, のため, の伜, の借宅, の女房, の家, の戒名, の眼先, の遺族, はその, は主人, は云った, は何とも後, は召捕られ, は妻党, は度胸, は怖, は益々, もだんだん, も初めて, も居合せ, も新, も正直, を表

▼ 長~ (34, 0.3%)

1 [34件] がいる, がまごまご, がもの, が呼び戻した, が家, が筆幸, が腰, しきりに話しこん, だ, だの加賀鳶, であると, という偉い, といっ, としてはこの, と名乗る, と大差, と申しまする, と義弟十兵衛, に一肌, の一, の邸, はご, はその, はちょうど, はピシリ, は誤魔化し, は足, は頭, や妲妃, をも頼み, を使え, を見る, を駕籠, 飛んでも

▼ 長~ (32, 0.3%)

1 [32件] があれ, がいたく, がつと, が僧某, じゃと, です, とふた, と高畠九蔵, に出入り, に報じ, のため, の供先, の墓, の最前, の胸, の詫び, の顔, はこう, はさらに, はよろよろ, は一日, は先鋒, は兎, は坪井山, は幕府, は感涙, は素直, へ直接, や一族, をつれ, を使い, 恨むなよ

▼ 長閣下~ (30, 0.2%)

2

1 [28件] がさっき, がストライヴァー氏, が仮, が弁論, が絞首索, だよ, でさえその, と斎藤先生, にさえ真直, には以前大, に念, に答え, のお呼び, の訓辞, は, はこの, はどう, はジャーヴィス・ロリー氏, はストライヴァー氏, はバーサッド, は極力, は腰, は言, は陪審官, は順々, よ, をも憚ら, 御奮戦

▼ 長~ (28, 0.2%)

2 といっ, な

1 [24件] から仕方, が, ぞ, つたあの, つたカヤパにも, つた人物歐洲では, つた岡村政司君に, つた野々宮が, という, とかいうよう, とかがよく, とか師団長, とそれで, とは知らなかった, とばかり思っ, と思っ, と知る, と言う, と言ってる, なと悟った, のという, テッド博士は, 俸給と, 是れ

▼ 長~ (28, 0.2%)

5 の者

1 [23件] から出た, から縄付き, か知ら, がある, が並び, が左右共闃然, が建った, であそばします, に育っ, の, のよう, の上, の下, の子供, の心, の歌, の端, の筋, の衆, へ下りました, も広い, を下し置かる, を立てた

▼ 長ったらしい~ (25, 0.2%)

1 [25件] うんざりさせる, からやがて, が私, が見, なあ, ひとりごとを, ものを, ロマンスを, 同じ演説, 名前だろう, 夢を, 小説なんかで, 形容詞が, 御説法, 悔は, 挨拶を, 接吻や, 数字だらけの, 文句に, 殺人的演説を, 演説を, 言い聞かせるよう, 説明余計な, 通信文は, 連歌の

▼ 長へに~ (25, 0.2%)

1 [25件] 下土, 九天より, 勇壯の, 嘯きつ, 天に, 失はれて, 孝子烈婦たり, 安かるべく, 寒しといふ, 忠臣義士たり, 春を, 有情の, 汚れざれ, 清く春季秋季, 熾に, 白し, 真に佳, 眠れり, 秋波を, 萌す蔓, 隔たりぬ嗚呼, 霞ヶ関の, 霞ヶ關の, 青く長, 飽かず

▼ 長である~ (24, 0.2%)

2 私の

1 [22件] から責任, がその, がゆえに, が加藤君, ことも, と共にこの, の狐は, サミユルの, ハルツェル博士が, 帝大, 彼の, 怖い方, 所の, 斯樣な, 日農が, 櫛田さんを, 田中万逸元, 私は, 羽仁氏は, 船頭は, 賀茂子爵の, 鰐五郎博士および

▼ 長には~ (24, 0.2%)

2 それが, 上海よりの

1 [20件] いた紋也, いて, うるさい政敵, しっかりした, そんな事, どうにも敬称, どう言っ, ないの, 一人の, 一目置い, 何が, 叱られ面白く, 司馬懿仲達が, 固有の, 工場長が, 昨夜どおりに, 書面を以て, 権柄ずくで, 此不明瞭な, 見ゆるけれど

▼ 長~ (22, 0.2%)

3 えこと, えの 2 え, えから

1 [12件] えあひだ信用, えだらう, えと云う, えなあ, え仕事, え仮橋, え先づ御輿, え命, え小言, え眼, え者, え野郎

▼ 長ちやん~ (22, 0.2%)

1 [22件] がそれ, が表口, が鉛筆, だつて, と同じ, の方, はあたい, は叔父さん, は姉さん, は学校, は床の間, は斯様, は板の間, は眼, は近道, は顔, は鼻, も居た, も御, よりはすこし, を膝, を見つけ

▼ 長すぎ~ (20, 0.2%)

2 てもいけない, て足

1 [16件] たり短すぎ, て, てしまっ, てた, てのせきれない, てもいい, ても行かない, てゐた, て幅, て手, て脚, て船頭達, て過労, はしない, はしないであろう, はせぬ

▼ 長~ (20, 0.2%)

2 の方

1 [18件] が祐筆, であるという, で八文字, で奥女中たち, ときまっ, の南一, の品定め, の塀, の女たち, の廊下, の板塀, の紛失, の部屋, へは入る, をおかした, を専門, を書生部屋, を桃色

▼ 長つた~ (18, 0.1%)

2 らしいもの

1 [16件] らしい, らしいお, らしいな, らしいチユーリツプ, らしい事, らしい標題, らしい演説, らしい話, らしい酒, らしい雨戸, らしくて, らしく喋舌, らしく書いた大額, らしく木偶, らしく礼, らしく腰

▼ 長とは~ (18, 0.1%)

1 [18件] この方面, ご親戚, すぐさまその後, その性格, たがい, ないが, まったく違った, 以前から, 土蜘蛛の, 子供の, 少しまえ, 帰還者を, 思えなかった, 打ち解け合った仲, 櫓を, 特別な, 特別に, 違った立場

▼ 長クーパー~ (18, 0.1%)

2 はそれ

1 [16件] がたてた, が目, だったから, であった, である, ですよ, の報告, の船室, はいま, はじ, はそう, はま, はクイーン・メリー号, はマルラ, は机, もこう

▼ 長でも~ (17, 0.1%)

3 知事でも

1 [14件] あった, あったかと, あるので, かりて, なかった, なくて, なく戦争大臣, 京と, 何でも, 信西でも, 殊に平田篤胤, 父と, 知らないよう, 自由に

▼ 長~ (17, 0.1%)

1 [17件] かなや町, から下関, から小郡, に神功皇后, の二の宮, の尼将軍, の楽園地, の洋面, の海岸, はおちついた, はまことに, は気品, までそしてまた, まで歩く, まで電車, を改築, を通りすぎ

▼ 長たち~ (16, 0.1%)

3 に売せ

1 [13件] がドヤドヤ, には君ら, に見せ, の冷笑, の方, はまるで, はユダ, は暴風雨相手, もこの, も自然自滅, を, を見やり, 更にそれ

▼ 長以下~ (16, 0.1%)

2 の選任

1 [14件] からなる, が白い, が祝賀演説, が集っ, の敏速, の諸, の首脳者, をきめた, を任命, を従, 各判事, 各判事検事等, 各部長, 片唾

▼ 長~ (16, 0.1%)

2 といいたる, なるべし

1 [12件] かな, が治っ, であつ, でねえ, で治らなかった, に付名代山田玄升, に至り, に苦しんだ, の人, の少年, の牀, ひを

▼ 長からの~ (15, 0.1%)

1 [15件] いいつけ, お言葉, 伝言で, 命令が, 報告によ, 急報な, 無電です, 無電は, 発言が, 約束で, 紹介状を, 訓辞も, 電話だ, 電話では, 食事の

▼ 長~ (15, 0.1%)

1 [15件] が課役徴ら, であった, にたいしてもやはり, に指令, の似顔絵, の怨嗟, の描きし, へてありふる, へてゐる, へて罪業, へばまた, へるの, へるほど, をほろぼそう, を集め

▼ 長~ (14, 0.1%)

2 が可

1 [12件] からのお, がなに, がフォン・ゾン, が何, が先刻, とのお, に乳房, に左様, のお, の面前, へ外敵打払い, も郷里

▼ 長すぎた~ (13, 0.1%)

1 [13件] が連日, しまた, ぞ, な, なと思, ね, のが, のだろう, のでたっぷり, のを, ようだ, ようである, 原稿を

▼ 長だった~ (13, 0.1%)

1 [13件] かもしれない, かも知れない, から自分, が夕陽新聞, のだ, のです, んです, 人が, 人の, 彼は, 者からも, 菅忠雄君が, 青年紳士である

▼ 長~ (13, 0.1%)

1 [13件] いって, おつかわしなさる, お伝えしましょう, 割いて, 向かって, 向けて, 向って, 宜しく言っ, 懇請し, 手紙を, 持って, 話してると, 間牒の

▼ 長らしい~ (13, 0.1%)

2 人を

1 [11件] こういう惨, のが, ものが, 制服の, 大きな身体, 姿は, 樣子の, 男, 男が, 禿頭, 魚人は

▼ 長右衛門~ (13, 0.1%)

2 のよう, の話 1 が或, すらあり得ない, だってある, だなんて, なんてこと, の七百兩, の家, の花見姿, の許

▼ 長~ (13, 0.1%)

1 [13件] お待たせいたしまし, が何, に亙り, に至つて松本, の剣戦, の如き, の妻, の會津滯在中, の考え, の苦, の釈け, は小笠原家, を生んだ

▼ 長~ (13, 0.1%)

2 と滝川雄利

1 [11件] が三河, だった, だの古, だの滝川雄利, などにいいふくめ, なること, のふたり, の口きき, はそれ, も雄, 雄利

▼ 長細い~ (13, 0.1%)

1 [13件] すねは, ものは, レッテルが, 体が, 別室で, 割れ目の, 峽谷の, 木箱の, 渡り廊下の, 胴体に, 部分が, 部屋が, 黒革作りの

▼ 長~ (13, 0.1%)

1 [13件] がまだ, だった, だと, にどう, のかげ, の報告, の手元, の話, は冷かす, は射撃, は振り, は現在, を使っ

▼ 長~ (13, 0.1%)

3 鳥を 2 鳥の 1 をつくり, を聞い, 鳥, 鳥という, 鳥といふ, 鳥とは, 鶏は, 鶏を

▼ 長さ三尺~ (12, 0.1%)

2 ほどの板 1 に幅, に高, の四尺の, の箸, の鎖, の麻縄, ばかりの大き, ばかりの細長い, ほどの蓮根, 厚さ三寸

▼ 長であった~ (12, 0.1%)

1 [12件] からである, ところの, のである, リュスネーさんが, 人の, 同じ年輩, 大川周明博士は, 大物忌神, 彼の, 或る, 松岡洋子さんは, 英国婦人エジス・カヴェル女史が

▼ 長としての~ (12, 0.1%)

1 [12件] その原罪, ほかに, わずかな, メグが, 二年間は, 報告を, 市長夫人だった, 得難き特長, 方々の, 私は, 自分を, 責任感だった

▼ 長との~ (12, 0.1%)

1 [12件] あいだに, あいだの, 一つ時, 中を, 二人の, 宅位に, 応答を, 招宴に, 無電連絡が, 間に, 間の, 関係は

▼ 長にも~ (12, 0.1%)

2 どうぞよろしく 1 それを, 予め察し, 仕事が, 伏せて, 充分此の, 別れる時, 我慢できなかった, 聞かせて, 財布から, 関係を

▼ 長セラピオン~ (12, 0.1%)

1 [12件] が室, が平素, が悪魔, が正し, に会, の忠告, の言, はその, は僧侶学校, は彼女, は静か, は鶴嘴

▼ 長二郎~ (12, 0.1%)

1 [12件] から, がやっと, が首, という名代, とスナップ, の, はいいかけた, は小娘, ほどの男, もお初, も返す, を中心

▼ 長左衛門さん~ (12, 0.1%)

3 の方 2 がおいで, でもう, も上田屋, も死んだ 1 と山田嘉三郎さん

▼ 長過ぎ~ (12, 0.1%)

2 て威勢 1 たり太過ぎ, ても困る, ても誰, て句, て手, て文化どころ, て襟, て足, て邪魔, はしますまい

▼ 長さ二寸~ (11, 0.1%)

1 [11件] が標準, ぐらいの管, という大きな, ばかりある, ばかりの小, ばかりの法螺貝, ばかり太, ほどな, もある, 深さ一寸, 深さ五分くら

▼ 長です~ (11, 0.1%)

3 か, よ 1 から, かテッド博士外一名, がねその, ね, よッ

▼ 長では~ (11, 0.1%)

2 ありません, ない 1 あるかも, とても号令, なかった, なくその, もう外, 在来の, 左遷です

▼ 長といふ~ (11, 0.1%)

1 [11件] ことにな, のが, のはかしら, ものである, ものを, やうな, 事に, 人が, 客の, 肩書を, 風に

▼ 長とが~ (11, 0.1%)

1 [11件] あり札薩克, つねにぬかり, 両方から, 何か, 入つて, 入つて來, 実を, 相談の, 相談を, 車の, 首相を

▼ 長なる~ (11, 0.1%)

2 髪を 1 がごとし, ものは, シモネ・マッカベオ及び, シモン二世の, 人の, 判事は, 国造は, 髮を, 黒髮を

▼ 長より~ (11, 0.1%)

1 [11件] その子孫卑幼, 何故に, 再三御, 卑幼に, 少しやさし, 少し短い, 本件犯罪摘要, 歌麿春潮栄之, 申出につき, 逐次起訴, 長崎奉行宛への

▼ 長~ (11, 0.1%)

1 [11件] が功, が犬山, にはじれったい, のこと, の二隊, の大, は, はひとまず, は起きかけた, も可児郡兼山, 戦死

▼ 長左衛門宗治~ (11, 0.1%)

1 [11件] がわずか, だけはひとり, でありまする, にござる, の自決, は毛利無二, は決して, は真, へあて, も敵, も気安く

▼ 長~ (10, 0.1%)

1 だったで, つた, なんかに, わかりゃせん, ツた, 何かで, 何かの, 旅団長ぐらいの, 誰かの, 長は

▼ 長さ一尺~ (10, 0.1%)

1 くらいの口, で厚み八分, に余り幅, に足らぬ, に近い, に達し, ばかりにて握, ばかりの白ペンキ塗, ほどの細長い, 近い細長い肉片

▼ 長さ二間~ (10, 0.1%)

1 あまりある, ぐらいに見える, の鉄, の鮒竿, ばかりの土橋, ばかりの杉並四分板, ばかりの東京出来, ばかりの薬研式, ばかり太, ほどの太い

▼ 長そう~ (10, 0.1%)

2 だという 1 じゃ出, だ, だわ, な応答, な指先, な毛皮外套, な荷足りや伝馬, に思われる

▼ 長ケレンコ~ (10, 0.1%)

1 および潜水将校リーロフ, であった, でありまた, とは一体, と潜水将校リーロフ, の眉, はどう, は落ちついた, もあわて, もピストル

▼ 長~ (10, 0.1%)

4 の藥 1 とまでは行かず, などの用語例, の本家, の相, の靈藥, もした

▼ 長~ (10, 0.1%)

3 と三番機 1 からは塩田大尉, がまず, だ, につづい, の高度計, はくるり, も三番機

▼ 長さ二尺~ (9, 0.1%)

1 に余る, に幅四寸, の計算尺, ばかりある, ばかりの小判形, ばかりの杉角材, ばかりの板, ほどの材木, 太さ親指

▼ 長じたる~ (9, 0.1%)

1 ことを, こと即ち, ものは, パリサイ人を, 事なき御身なれ, 人に, 士人と, 子あれは, 汝の

▼ 長であり~ (9, 0.1%)

1 その子ロバァト, ほかの, シャルトル教区の, 且又有名な, 女は, 浦粕における, 鉄砲に, 銀子が, 面長な

▼ 長曾我部~ (9, 0.1%)

1 といふ男, とおつし, のごとき, の乞い, の四国, の存続, の老臣, を打つ, 元親以来

▼ 長過ぎた~ (9, 0.1%)

1 かも知れない, かも知れません, がやはり, しまた, なあ, のでいきなり, 気分も, 氣が, 面長の

▼ 長関羽~ (9, 0.1%)

1 がお迎え, が引導, という者, としるした, と呼ばわる, にあらざる, の手, の礼, の道

▼ 長さ一間~ (8, 0.1%)

2 ばかりの土橋, ほどの板 1 たらずの, に及ぶ, ほどの蓮根, 程の細長い

▼ 長さ三寸~ (8, 0.1%)

1 あれば, くらいの巻煙草, ぐらいの肉片, ばかりの西洋紙, ばかりの赤い, 程の鉛, 程深, 程都合七箇所

▼ 長さ六尺~ (8, 0.1%)

1 ありて, ありと, ずつ二つ, の鰊, ほど尖端, もある, 深さ三尺五寸, 近い大きい青魚

▼ 長ばなし~ (8, 0.1%)

1 が片時, ではない, につい, はできねえ, はマデライン嬢, をし, を終った, を語り

▼ 長への~ (8, 0.1%)

2 春ならず 1 報告の, 大礼服, 宛名を, 座興に, 挨拶も, 贈物だった

▼ 長左衛門様~ (8, 0.1%)

3 の御 1 には何程, の, の讐討たんぢ, の魂魄, は鉄砲

▼ 長廣舌~ (8, 0.1%)

2 に聽 1 が續, になつて, はなか, は際限, を揮つて民黨聯合軍, を逃れ

▼ 長~ (8, 0.1%)

2 を揮っ 1 である, を取っ, を手中, を横, を荷, 振ひ耳

▼ 長~ (8, 0.1%)

1 にある, に移つて, の人, の人譚永年, の地, の言葉, へ来た, へ落ち

▼ 長~ (8, 0.1%)

2 に傾き, の恩顧, の統一 1 と為れり, と爲

▼ 長辻中佐~ (8, 0.1%)

1 がこえ, のおどろき, の寝息, はう, は三郎, は司令塔, は幕僚, は部屋

▼ 長さ一寸~ (7, 0.1%)

1 から一寸五分位, につき代, の小さな, ばかり対, ばかり肉, を用, 深さ六分

▼ 長さ一寸五分~ (7, 0.1%)

1 ばかりの網目, ばかりもある, ほどに切り, ほどに育つ, ほどの傷, 程の檜, 程深

▼ 長さ五尺~ (7, 0.1%)

1 に及ぶ, の山の芋, の途方, はあり, はあるらしい, ばかりの額, ほどな

▼ 長その他~ (7, 0.1%)

1 の上官, の人々, の幕僚, の見解, も混み合っ, も駈付け, を一木

▼ 長だけ~ (7, 0.1%)

2 あって 1 だった, だという, 上げよう, 攻撃され, 置いて

▼ 長だの~ (7, 0.1%)

1 何とか会の, 保護司だ, 列を, 博徒じゃ, 司法大臣だの, 詩人だの, 部隊長だ

▼ 長とか~ (7, 0.1%)

1 いや酒, そういう連中, 云ふ, 代議士とか, 幹事とかが, 最長官, 社長とかに対しては

▼ 長とど~ (7, 0.1%)

4 助ひ 1 助も, 助クタクタに, 助藤右衛門の

▼ 長などは~ (7, 0.1%)

1 いて, そのしらせ, どんな愛想, 世を, 仁義忠孝などと, 昼に, 賛成らしい

▼ 長に対して~ (7, 0.1%)

1 そういう懸念, 不思議な, 全然船, 比較さるべき, 畜生の, 老が, 見下したよう

▼ 長会議~ (7, 0.1%)

1 そうした会合, では婦人公民権案, で詳細, で述べ, の席上訓示, は婦人, は婦人公民権案反対

▼ 長~ (7, 0.1%)

2 の上 1 がどうも, に腰掛, のあちこち, の前, の方

▼ 長~ (7, 0.1%)

1 とかの武器, の末尾, の柄, の極意書, や大作, をたずさえ, を受け取っ

▼ 長~ (7, 0.1%)

1 ぐらいで, で行つた, にされ, の中村勉, の大, の大物, の菊池技師

▼ 長~ (7, 0.1%)

2 賣, 賣に 1 の城, 賣患, 長亭軒

▼ 長知公~ (7, 0.1%)

2 の御 1 が市内浜町別邸, は新都東京, も翁, 御下県, 御手ずから

▼ 長~ (7, 0.1%)

1 したと, したもの, すること, するところ, するの作用, するもの, を助け

▼ 長~ (7, 0.1%)

1 が率, が都, すと, をし, を助くる, を助け, を期する

▼ 長ある~ (6, 0.0%)

2 こと何人も 1 ものとして, 先輩の, 外国人の, 年上の

▼ 長さ一丈~ (6, 0.0%)

2 を超えず 1 に余る, ばかりになる, ほどの瓢, もある

▼ 長その~ (6, 0.0%)

1 人のに, 封を, 時思入が, 村の, 無電は, 老ゆゑ

▼ 長たり~ (6, 0.0%)

1 しが, し古川緑波君, し時代, 後, 得る資格, 魚を

▼ 長ちや~ (6, 0.0%)

21 ん一緒, ん位, ん好い, ん左様人

▼ 長ったらしく~ (6, 0.0%)

1 てめんどうくさい, やったもの, 云ってられちゃ, 単調な, 書きましたが, 退屈で

▼ 長とて~ (6, 0.0%)

3 必ずしも第 2 歳も 1 魚類に

▼ 長とも~ (6, 0.0%)

1 いふべき船長, いわれて, その話, なるが, 言うべき季氏, 謂つべき

▼ 長なり~ (6, 0.0%)

1 その頭, て荊州, といへり, 家兄玄徳の, 船長の, 鶏肥ゆれ

▼ 長に対する~ (6, 0.0%)

1 恋に, 才の, 挨拶だった, 第一印象, 罪科を, 賞品の

▼ 長二年~ (6, 0.0%)

1 から数え, にし, になっ, に於, の條, の頃法然

▼ 長兵衞~ (6, 0.0%)

1 が徳川期, が橋, の亜流, の子分並木, の時代, は着物

▼ 長~ (6, 0.0%)

2 ながら成語 1 が, でも散る, の中, はそれぞれ

▼ 長~ (6, 0.0%)

1 だけはそう, なども同様, は, は他国, も和歌, を先陣

▼ 長~ (6, 0.0%)

1 には笠寺, に代っ, の直筆, は義元, をし, を斬っ

▼ 長~ (6, 0.0%)

1 が天正十六年, と徳山則秀, に攻められ, のふたり, の時, や菅屋九右衛門尉

▼ 長~ (6, 0.0%)

1 である, といっしょ, とは享和三年二月二十九日, と蘭軒, の二人, は豊洲

▼ 長~ (6, 0.0%)

2 の男 1 にしどけなく, に油気, の綿入れ, の鬚

▼ 長~ (6, 0.0%)

1 したと, する, すること, すると, するに, すれば

▼ 長~ (6, 0.0%)

1 といつ, などにあたる歌, になり, になりける, に巡査, に腕組

▼ 長鬚鯨~ (6, 0.0%)

1 が一番金め, と長, の大きい, の巨体, を食い尽くせる, 長鬚鯨

▼ 長いさお~ (5, 0.0%)

3 を持っ 1 を持ち上げ, を縦横

▼ 長さえ~ (5, 0.0%)

1 つとまるの, も来ない, 七八寸も, 取り合いも, 討ち取ったなら諏訪家

▼ 長さ三フィート~ (5, 0.0%)

1 でさかまい, に達し, ばかりで, もある, を越え

▼ 長さ六フィート~ (5, 0.0%)

1 で各々, に達し, の木管, の板, 高さ四フィート半

▼ 長さ四五寸~ (5, 0.0%)

1 の円すい形, の小さな, の管, の草, の鉄

▼ 長さ四寸~ (5, 0.0%)

1 ないし六, にも余っ, ばかりの刀形, 程の支那, 程の緑色

▼ 長つづき~ (5, 0.0%)

2 はしなかった 1 のする, はしない, はしません

▼ 長とともに~ (5, 0.0%)

1 そのこまっ, グリンマという, 一室に, 出向き親長, 副直

▼ 長どの~ (5, 0.0%)

1 とは誰, はまことに, も遂に, 平気の, 自分は

▼ 長など~ (5, 0.0%)

1 いふ役人, たいへん大勢, です, 一かたまり, 売る店

▼ 長シリン~ (5, 0.0%)

1 の声, はつかえ, は反対, は急, をしかりつけた

▼ 長テイイ~ (5, 0.0%)

1 がやっと, がらくだ, が悲鳴, はじ, はともかく

▼ 長フランク~ (5, 0.0%)

1 が小声, が真青, が立っ, が聞きかえす, は大

▼ 長~ (5, 0.0%)

1 分掌ス, 取リ我, 取リ短, 學ブ者ト速斷スベカラズ, 補ヒ互ニ其有スル所ヲ

▼ 長~ (5, 0.0%)

5 がい

▼ 長卓子~ (5, 0.0%)

1 があった, にかたまっ, の処, の彼方, まで持ち出した

▼ 長及び~ (5, 0.0%)

1 そが, 中央局局長であった, 在留日本人会長として, 妻の, 数百の

▼ 長~ (5, 0.0%)

1 ではない, に任じ, のことば, の楊儀, はこの

▼ 長史楊儀~ (5, 0.0%)

1 がひそか, はその, はまだかつて, は孔明, は彼

▼ 長~ (5, 0.0%)

1 というもの, としてこれら落伍者, のこの, の事, の名

▼ 長~ (5, 0.0%)

1 に論, の別, の序, 戯れながら, 腹の

▼ 長帶日~ (5, 0.0%)

4 賣の 1 賣命者

▼ 長~ (5, 0.0%)

1 に便, のまま, のまま年, をうけ, 久しき中国

▼ 長植物研究所~ (5, 0.0%)

2 の名, をつくられた 1 というの

▼ 長~ (5, 0.0%)

1 が転んだ, が返り, にはあくまで, の近く, やお前

▼ 長煙管~ (5, 0.0%)

1 へ, を取っ, を取り上げ, を提げた, を突き出し

▼ 長~ (5, 0.0%)

1 が秀吉, というよう, などの追跡隊, や長束正家, をし

▼ 長自身~ (5, 0.0%)

1 が手, にも書けない, の裁斷, ほど犯罪, までが引っぱり出された

▼ 長~ (5, 0.0%)

2 がいった 1 がそういう, こんなへん, は珠子さん

▼ 長~ (5, 0.0%)

1 が進発, が陸路, には事実上, に投じたる, の上洛

▼ 長~ (5, 0.0%)

1 という一箇, どのじゃろ, はすぐ, はまだ, も唐橋門

▼ 長軒父子~ (5, 0.0%)

1 から聞い, とその, はその, は信忠, もそれ

▼ 長髄彦~ (5, 0.0%)

3 の兄 1 や楠木正成, を目

▼ 長~ (5, 0.0%)

1 に道迷, のふく, のアカイア族, の匂, の梅

▼ 長~ (5, 0.0%)

1 の一老翁来, の偉丈夫, の光りもの, は胸, を靡かせ

▼ 長かの~ (4, 0.0%)

1 一言さえ, 室に, 時陛下の, 耳の

▼ 長さん君~ (4, 0.0%)

2 は芸者, は遊ぶ

▼ 長さ三間~ (4, 0.0%)

1 くらいの砂利, に奥行二間, ほどショウ, もある

▼ 長さ二フィート~ (4, 0.0%)

1 の行列, ばかりの額, 太さ普通, 高さ八インチ

▼ 長さ二メートル~ (4, 0.0%)

1 ばかりの手槍, ほどほか, もあり, 太さ人間

▼ 長さ六インチ~ (4, 0.0%)

2 ほどであった 1 か八インチ, の細い

▼ 長さ十間~ (4, 0.0%)

2 ざらざらの 1 ほどの橋, 程の長方形

▼ 長さ四十間~ (4, 0.0%)

1 という大岩, にわたって海底, の寝, ばかりの小池

▼ 長さ四尺~ (4, 0.0%)

1 ばかりにし, ばかりの木, 高さ一尺五寸, 高さ三尺

▼ 長する~ (4, 0.0%)

1 とあなた, ところから, に非, 方法に

▼ 長それ~ (4, 0.0%)

1 から北川派, から小林君はじめ四人, に伝馬船当番三人, も謂わ

▼ 長だけは~ (4, 0.0%)

1 いっこう動かされた, 今日は, 居なかったよう, 艇から

▼ 長ちゃん~ (4, 0.0%)

1 どうおし, はあたい, もいた, も御

▼ 長~ (4, 0.0%)

2 話を 1 細い顔, 細い風呂敷包み

▼ 長~ (4, 0.0%)

1 ちりだ, 尻だ, 滝円石桜の, 話は

▼ 長であっ~ (4, 0.0%)

1 て他, て学者的, て燕, て見れ

▼ 長などが~ (4, 0.0%)

1 はいって, 出て, 甲斐源氏の, 皆集ります

▼ 長なども~ (4, 0.0%)

1 この点, なかなか感心, 一方では, 地方を

▼ 長なら~ (4, 0.0%)

1 どうした, ば中, よく裁判, 信長は

▼ 長みたい~ (4, 0.0%)

2 なこと 1 な学者, な軽い

▼ 長カヤパ~ (4, 0.0%)

1 が寝室, の家来, はこう, は夜

▼ 長ゲーナー少佐~ (4, 0.0%)

1 が救助, にたいし, は原因不明, は沈着

▼ 長リーマン博士~ (4, 0.0%)

1 から命ぜられた, がよく, に面接, のほか

▼ 長~ (4, 0.0%)

1 名札相渡ス, 輔ノ, 輔扮する, 輔木下録三郎沢村四郎五郎井上正夫木下八百子などを

▼ 長享三年~ (4, 0.0%)

2 の三月, の春

▼ 長先生~ (4, 0.0%)

1 がしきりに, の家, はいよいよ, も母

▼ 長募集~ (4, 0.0%)

1 などその, のあの, の広告, をすべてお前

▼ 長医学士~ (4, 0.0%)

1 で一人, に依っ, の内室, の鑑定書

▼ 長~ (4, 0.0%)

1 がプレート, が怒っ, ねーエ, のヒジ

▼ 長四畳~ (4, 0.0%)

1 だったその, でもこの, へ引き取った, を出る

▼ 長土肥~ (4, 0.0%)

4 に水戸

▼ 長地方~ (4, 0.0%)

1 ではそれ, にあっ, においても百姓, や阿波土佐

▼ 長威斎~ (4, 0.0%)

1 などいう, に天真正伝神道流, の剣法, もすでに

▼ 長~ (4, 0.0%)

1 が唐津城, に聘せられ, は前年九月十四日, は又

▼ 長曾我部元親~ (4, 0.0%)

1 であったが, なるもの, の抑え, は質子

▼ 長比売~ (4, 0.0%)

1 と婚, の膚, は大物主神, 患えて

▼ 長~ (4, 0.0%)

1 が前, の, の種姓調べ, の説

▼ 長~ (4, 0.0%)

1 六郎という, 朝夷の, 郡東条郷の, 郡美濃不破郡下野河内郡同

▼ 長~ (4, 0.0%)

2 頼が 1 頼である, 頼の

▼ 長~ (4, 0.0%)

1 の兵力, の同盟, の将校, はこの

▼ 長~ (4, 0.0%)

1 たいてい和服, に朱鞘, の大将, の篤学者

▼ 長酒月守~ (4, 0.0%)

1 がここ, と幸田節三, の人, の娘

▼ 長鈴木茂三郎君~ (4, 0.0%)

1 が入社, が慷慨激越, の花輪, はかつて

▼ 長~ (4, 0.0%)

3 含経 1 含等初期の

▼ 長~ (4, 0.0%)

1 である, は白萩, をいづれ, を打つ

▼ 長あの~ (3, 0.0%)

1 とおりです, 同情ある, 怪物は

▼ 長あれ~ (3, 0.0%)

1 が見えません, は何もの, ば喜ん

▼ 長いらう~ (3, 0.0%)

2 かだ 1 かを通つて

▼ 長かりし~ (3, 0.0%)

1 こと今において, にそれ, にそれさ

▼ 長かる~ (3, 0.0%)

1 あひだ, 可し, 父の

▼ 長かるべき~ (3, 0.0%)

1 よう慈悲を, 作品を, 未来に

▼ 長さま~ (3, 0.0%)

1 から御, が上, のお

▼ 長さ一フィート~ (3, 0.0%)

1 でくるくる, の包, の木

▼ 長さ一メートル~ (3, 0.0%)

1 の物差, ばかりもある, 太さ五センチ

▼ 長さ一里幅~ (3, 0.0%)

1 が廣, にし, は五六町

▼ 長さ七八寸~ (3, 0.0%)

1 に過ぎず, の穴, ばかりの柄

▼ 長さ七八尺~ (3, 0.0%)

1 にし, の延竿, もある

▼ 長さ三四尺~ (3, 0.0%)

1 で光り, ばかりその, もある

▼ 長さ二十センチ~ (3, 0.0%)

1 ぐらいのチョコレート色, ぐらいの銀色, もある

▼ 長さ五分~ (3, 0.0%)

1 くらい, くらいのもの, に足らぬ

▼ 長さ位~ (3, 0.0%)

1 になっ, の尾羽根, の幅

▼ 長さ八寸~ (3, 0.0%)

1 あったと, ばかりの髢, 深さ骨膜

▼ 長さ十フィート~ (3, 0.0%)

1 にも及ぶ, の小, の棒

▼ 長さ尺余~ (3, 0.0%)

1 のもの, の紙きれ, の足跡

▼ 長さ廣さ~ (3, 0.0%)

3 及び深

▼ 長さ百フィート~ (3, 0.0%)

1 あればい, の木造建築, を越え

▼ 長じる~ (3, 0.0%)

1 ことを, と今, に随

▼ 長たいへん~ (3, 0.0%)

3 です

▼ 長って~ (3, 0.0%)

2 行くの 1 ところだ

▼ 長っぽ~ (3, 0.0%)

1 そい二階家, そい手, そい部屋

▼ 長としては~ (3, 0.0%)

1 あまりにあっけない, 半月氏よりも, 自分の

▼ 長とを~ (3, 0.0%)

1 さんざん窮迫, つれて, 対比し

▼ 長にて~ (3, 0.0%)

2 今は 1 おわしたばかり

▼ 長にな~ (3, 0.0%)

1 つてゐた, つて来た, つて食料品の

▼ 長にまで~ (3, 0.0%)

1 云われること, 問題を, 多少の

▼ 長はじめ~ (3, 0.0%)

1 おおくの, たいへん礼儀, 諸先生

▼ 長また~ (3, 0.0%)

1 主と, 東京図書館長に, 爆弾事件が

▼ 長やら~ (3, 0.0%)

1 将軍やらが, 教誨師やらが, 長岡から

▼ 長わたし~ (3, 0.0%)

1 にかまわず, はここ, は婦長

▼ 長ダン~ (3, 0.0%)

1 が彼, の声, は窓

▼ 長デニー博士~ (3, 0.0%)

1 であった, のよろこび, は一段と

▼ 長ドス~ (3, 0.0%)

2 をひらめかし 1 を下げ

▼ 長~ (3, 0.0%)

2 というの 1 の方

▼ 長一人~ (3, 0.0%)

1 である, となった, の相手

▼ 長~ (3, 0.0%)

1 に劣らぬ, の室, の死に際

▼ 長三四尺~ (3, 0.0%)

2 去女王四千餘里 1 自朱儒東南行船一年

▼ 長上り~ (3, 0.0%)

2 か何 1 かなにか

▼ 長享二年~ (3, 0.0%)

1 からの催促, には長子五歳次男二歳, の四月

▼ 長~ (3, 0.0%)

1 五年にも, 五年十二月十六日, 年間には

▼ 長~ (3, 0.0%)

1 の輩, は居や, は隣

▼ 長~ (3, 0.0%)

2 の詩 1 降って

▼ 長史陳矯~ (3, 0.0%)

21 は城

▼ 長~ (3, 0.0%)

1 敷つい, 長坐, 陽の

▼ 長外套~ (3, 0.0%)

2 を着た 1 の肩

▼ 長夫人~ (3, 0.0%)

1 という言葉, と言っ, は官吏

▼ 長~ (3, 0.0%)

1 であろうという, で姉神, という人

▼ 長~ (3, 0.0%)

1 の, の紀文, の著

▼ 長~ (3, 0.0%)

1 が君側, の兄弟, は軽く

▼ 長~ (3, 0.0%)

1 に送っ, の書類, の辞表

▼ 長巻刀~ (3, 0.0%)

1 などの揃い, を向け, を把

▼ 長帶比~ (3, 0.0%)

3 賣の

▼ 長平打~ (3, 0.0%)

3 の銀簪一つ淡泊

▼ 長~ (3, 0.0%)

1 が庄五郎, のスイセン, も斎藤妙椿

▼ 長~ (3, 0.0%)

1 させられたが, にする, になっ

▼ 長~ (3, 0.0%)

1 たること, の人, を使役

▼ 長日子~ (3, 0.0%)

2 の王 1 の王三柱

▼ 長昌院~ (3, 0.0%)

1 と言, には今度, の信者

▼ 長時代~ (3, 0.0%)

1 から東亜連盟, に今泉, の浮世絵師

▼ 長曾我部盛親~ (3, 0.0%)

1 だけが大名格, などは町端, の二人

▼ 長殿~ (3, 0.0%)

1 におじゃま, にごらん, に話し

▼ 長法師~ (3, 0.0%)

1 がもろく, じゃ, です

▼ 長病い~ (3, 0.0%)

1 で寝た, をし, をした

▼ 長~ (3, 0.0%)

2 に敷いた 1 に刈り

▼ 長~ (3, 0.0%)

2 若中 1 若中比

▼ 長~ (3, 0.0%)

1 で羽織, の裾, も同じ

▼ 長~ (3, 0.0%)

1 を一瞬一息, を要せざるなり, 日夜鉄車奔千里茫茫不

▼ 長~ (3, 0.0%)

2 をふる 1 を揮う

▼ 長~ (3, 0.0%)

1 にあて, の学名, はその

▼ 長蜘蛛~ (3, 0.0%)

1 がある, が小さな, を横っ飛び

▼ 長被告~ (3, 0.0%)

1 がどんな, に一言, はまだ

▼ 長~ (3, 0.0%)

1 あり, とは察し, と察し候

▼ 長運寺~ (3, 0.0%)

1 に葬られた, に葬られたさうである, を

▼ 長あたり~ (2, 0.0%)

1 が司令部, に莫大

▼ 長いく~ (2, 0.0%)

1 びかざりとから成っ, びをのばしたりちぢめたりしてかたいごみの多い

▼ 長いま~ (2, 0.0%)

1 なにかおっしゃいました, をおい

▼ 長ぐらいの~ (2, 0.0%)

1 給料で, 軍服の

▼ 長この~ (2, 0.0%)

1 兄弟の, 神聖な

▼ 長これ~ (2, 0.0%)

1 が管理, だけし

▼ 長さの~ (2, 0.0%)

1 を書い, を磁極

▼ 長さんあたい~ (2, 0.0%)

2 も直き

▼ 長さん僕~ (2, 0.0%)

2 は役者

▼ 長さん綺麗~ (2, 0.0%)

2 だよ

▼ 長さ一つ~ (2, 0.0%)

1 が幾ら, の重

▼ 長さ一メートル半~ (2, 0.0%)

1 くらいの木綿, ほどの黒い

▼ 長さ一分~ (2, 0.0%)

1 にもみたぬ, ほどのほつそりした

▼ 長さ一分五厘~ (2, 0.0%)

1 くらいの小, くらいの長

▼ 長さ一尺五寸位~ (2, 0.0%)

1 ずつ七本, の刷毛

▼ 長さ一尺以上~ (2, 0.0%)

1 あるでしょう, 厚さ一分位

▼ 長さ一尺四寸五分~ (2, 0.0%)

2 なるもの三本

▼ 長さ一間以上~ (2, 0.0%)

1 の黒い, もある

▼ 長さ七八分~ (2, 0.0%)

1 から一寸, 丁度短刀

▼ 長さ三センチ~ (2, 0.0%)

1 くらいの平, ばかりのいもむし

▼ 長さ三丈~ (2, 0.0%)

1 とも見える, の木

▼ 長さ三十センチ~ (2, 0.0%)

1 ほどのなん, ほどのへら

▼ 長さ三十フィート~ (2, 0.0%)

1 の応接間, もある

▼ 長さ三里~ (2, 0.0%)

1 でご, ばかりの細長き

▼ 長さ二フィート幅一フィート~ (2, 0.0%)

2 裂き取られて

▼ 長さ二三寸~ (2, 0.0%)

1 の金属, より五六寸

▼ 長さ二三尺~ (2, 0.0%)

1 のもの, の額

▼ 長さ二町~ (2, 0.0%)

1 ないし三町, にも余る

▼ 長さ五フィート~ (2, 0.0%)

1 に近く, の竹

▼ 長さ五六寸~ (2, 0.0%)

1 に広, もあろう

▼ 長さ五六尺~ (2, 0.0%)

1 に及ぶ, の大きい

▼ 長さ五寸~ (2, 0.0%)

1 の感じ, ほどの薄い

▼ 長さ五間~ (2, 0.0%)

1 の板塀, ばかりこう

▼ 長さ僅か~ (2, 0.0%)

1 に五, に半

▼ 長さ八フィート~ (2, 0.0%)

1 の丸太棒, 乃至十フィート

▼ 長さ六寸~ (2, 0.0%)

1 ないし一尺, に余つて肉

▼ 長さ六百メートル~ (2, 0.0%)

2 の橋

▼ 長さ十二尋勝手~ (2, 0.0%)

2 は北向き

▼ 長さ十五フィート~ (2, 0.0%)

1 で幅三フィート, 或は二十フィート

▼ 長さ十米~ (2, 0.0%)

1 ばかりの切れ, ばかりの細い細い

▼ 長さ四フィート~ (2, 0.0%)

1 あるいはそれ以上, の竹

▼ 長さ四メートル~ (2, 0.0%)

1 ぐらいの板の間, ばかりの伝馬船

▼ 長さ四五町幅三町~ (2, 0.0%)

2 ほど極めて

▼ 長さ四十里~ (2, 0.0%)

1 にも近い, 広さ八十里

▼ 長さ四尺一寸~ (2, 0.0%)

1 ございました, ましき

▼ 長さ岡~ (2, 0.0%)

2 の上

▼ 長さ曲尺~ (2, 0.0%)

2 にし

▼ 長さ等~ (2, 0.0%)

1 と定義, に至る

▼ 長しな~ (2, 0.0%)

2 へに空

▼ 長じさせ~ (2, 0.0%)

1 て行く, 世道人心に

▼ 長じたら~ (2, 0.0%)

1 おのづか, ば酒

▼ 長じなけれ~ (2, 0.0%)

2 ばならぬ

▼ 長じ兼ね~ (2, 0.0%)

1 て志田流, て戯文

▼ 長すぎます~ (2, 0.0%)

1 ね, ねどう

▼ 長すなわち~ (2, 0.0%)

1 いわゆる長, 道長の

▼ 長それから~ (2, 0.0%)

1 六七人の, 都督と

▼ 長~ (2, 0.0%)

1 あボーイ長, あ云

▼ 長たら~ (2, 0.0%)

1 む, んと

▼ 長たりしもの~ (2, 0.0%)

1 其數を, 十二名あり

▼ 長たるべき~ (2, 0.0%)

1 者は, 豫定なりし

▼ 長だって~ (2, 0.0%)

1 これほどには, 面白かったろう

▼ 長だろう~ (2, 0.0%)

1 か年ごろ, 一ぺんも

▼ 長つまりし~ (2, 0.0%)

1 顏に, 顔に

▼ 長つゆ~ (2, 0.0%)

1 がようやく, のあと

▼ 長といった~ (2, 0.0%)

1 かっこうである, 風体の

▼ 長としても~ (2, 0.0%)

1 一家の, 刑法の

▼ 長とに~ (2, 0.0%)

1 別意, 彼の

▼ 長なき~ (2, 0.0%)

1 する, 船も

▼ 長などの~ (2, 0.0%)

1 いだく不平, 平家勢が

▼ 長なへに~ (2, 0.0%)

2 我等二人を

▼ 長なんぞを~ (2, 0.0%)

1 して, 思い出して

▼ 長において~ (2, 0.0%)

1 同じよう, 門男は

▼ 長について~ (2, 0.0%)

1 二つの, 語れと

▼ 長にでも~ (2, 0.0%)

1 なったよう, なったらいい

▼ 長によ~ (2, 0.0%)

1 つて亡びず, つて發見され

▼ 長によって~ (2, 0.0%)

1 それぞれの, 作曲され

▼ 長に対し~ (2, 0.0%)

1 且つ不敬, 寸毫の

▼ 長のみ~ (2, 0.0%)

1 である, ならず文学批評家

▼ 長はへ~ (2, 0.0%)

1 いと, へら笑い

▼ 長はん~ (2, 0.0%)

1 でも, にも署長はん

▼ 長~ (2, 0.0%)

1 このペン, しご

▼ 長ぼそい~ (2, 0.0%)

1 いもりを, 機械を

▼ 長まっ~ (2, 0.0%)

1 ている, て月

▼ 長まで~ (2, 0.0%)

1 やつて, 勤めたギユスターブ・ツサン

▼ 長までが~ (2, 0.0%)

2 私の

▼ 長~ (2, 0.0%)

2 あつて爪

▼ 長みあ~ (2, 0.0%)

2 つて縁浅く

▼ 長よりも~ (2, 0.0%)

1 ずっとあと, 低い事

▼ 長イレネ女史~ (2, 0.0%)

1 で同じく, の寝室

▼ 長イワノウィッチ~ (2, 0.0%)

1 が本営, は大刀

▼ 長ウイグ氏~ (2, 0.0%)

1 はこうした, は今日

▼ 長グチエレス~ (2, 0.0%)

1 と連絡, は大村

▼ 長コエリョ~ (2, 0.0%)

1 に命じた, は山口

▼ 長スミス~ (2, 0.0%)

1 がひきつった, はおどろき

▼ 長ダン大佐~ (2, 0.0%)

1 だった, の眉

▼ 長ヅーフ~ (2, 0.0%)

1 にとつて, の策謀

▼ 長テッド博士~ (2, 0.0%)

1 は数名, は非常

▼ 長フランク大尉~ (2, 0.0%)

1 が只今機関部, はリット少将

▼ 長リーズ卿~ (2, 0.0%)

1 がマイク, が昨年

▼ 長万歳~ (2, 0.0%)

1 です, と叫ぶ

▼ 長三洲~ (2, 0.0%)

1 といふ人舌癌, と署名

▼ 長不破~ (2, 0.0%)

1 の関守氏, の関守氏以外

▼ 長九郎~ (2, 0.0%)

1 あるのみ, は輩下

▼ 長九郎等十三人~ (2, 0.0%)

2 の労力奉仕

▼ 長二郎泥棒~ (2, 0.0%)

1 が送られた, と余儀ない

▼ 長享延徳~ (2, 0.0%)

1 などといふ年代, を歴

▼ 長~ (2, 0.0%)

1 が二人, が四人

▼ 長~ (2, 0.0%)

1 はまた, は猫

▼ 長~ (2, 0.0%)

1 の巨大, を

▼ 長~ (2, 0.0%)

1 なの, は上杉家

▼ 長~ (2, 0.0%)

2 したる薩人

▼ 長右衛門氏~ (2, 0.0%)

1 に聞いた, を訪ねた

▼ 長右衞門~ (2, 0.0%)

1 の表座敷, を裏表

▼ 長~ (2, 0.0%)

1 に頼る, はどう

▼ 長~ (2, 0.0%)

1 して, する理由

▼ 長嘉門~ (2, 0.0%)

1 如きが, 如きに

▼ 長四五寸~ (2, 0.0%)

1 の片木, ばかり飛魚

▼ 長四年~ (2, 0.0%)

1 に成, の詔

▼ 長~ (2, 0.0%)

1 の別邸, の戦

▼ 長~ (2, 0.0%)

1 凪教授の, 東京への

▼ 長夫妻~ (2, 0.0%)

1 の署名, は他

▼ 長姿~ (2, 0.0%)

1 で市場, の雨宮潤一

▼ 長孟氏~ (2, 0.0%)

2 であった

▼ 長~ (2, 0.0%)

1 からと云っ, に一泊

▼ 長守久~ (2, 0.0%)

1 の外, の策

▼ 長室附~ (2, 0.0%)

2 の艇夫交替

▼ 長小川信一~ (2, 0.0%)

1 の家, をはじめ窪川

▼ 長局風俗~ (2, 0.0%)

1 に飽, に飽き飽きした

▼ 長山井博士~ (2, 0.0%)

1 の診断, の説

▼ 長州兵~ (2, 0.0%)

1 が三津浜, を防ぐ

▼ 長左衛門どの~ (2, 0.0%)

1 では, の言われる

▼ 長~ (2, 0.0%)

1 につき, に赴き

▼ 長幡部~ (2, 0.0%)

2 の連

▼ 長幸田節三~ (2, 0.0%)

1 というの, の秘策中

▼ 長庚三菓宰鳥碧雲洞紫狐庵等種々~ (2, 0.0%)

1 の名, の異名

▼ 長庚謝春星~ (2, 0.0%)

1 など言, など言える

▼ 長廻折式変調受信機~ (2, 0.0%)

1 に限らず, の驚くべき

▼ 長弥九郎~ (2, 0.0%)

1 の首, はもと徳川家

▼ 長~ (2, 0.0%)

1 出馬御供被, 広敷へ

▼ 長心得~ (2, 0.0%)

1 の乃木希典少佐, 川村操六少佐の

▼ 長~ (2, 0.0%)

1 のころ, 二年四月七日の

▼ 長提燈賽ころ~ (2, 0.0%)

2 振る事

▼ 長摩納~ (2, 0.0%)

1 に剣, 実は某

▼ 長日月~ (2, 0.0%)

1 を費し, ヲ要

▼ 長曾我部方~ (2, 0.0%)

1 の予想, の防禦力

▼ 長村長~ (2, 0.0%)

1 などを勤め, にも十分事実

▼ 長松下梅造~ (2, 0.0%)

1 が西郷さん, の声

▼ 長横長角型~ (2, 0.0%)

2 であるから

▼ 長機関鳶巻車らっぱ~ (2, 0.0%)

1 などという消防関係, のあいだ

▼ 長次席~ (2, 0.0%)

1 の野村, の野村さん

▼ 長洋袴~ (2, 0.0%)

1 になった, 同じく靴

▼ 長~ (2, 0.0%)

1 ある事, 即ち凡百

▼ 長~ (2, 0.0%)

2 ばちの向こう

▼ 長~ (2, 0.0%)

2 の大尉

▼ 長無線電信~ (2, 0.0%)

1 の送信受信, はこの

▼ 長照寺~ (2, 0.0%)

1 に葬られた, の慶山

▼ 長~ (2, 0.0%)

1 の山貨, の嶺

▼ 長眞手~ (2, 0.0%)

2 の王

▼ 長知侯~ (2, 0.0%)

1 にお, のお召

▼ 長祝日~ (2, 0.0%)

2 に町内

▼ 長~ (2, 0.0%)

2 の宮

▼ 長~ (2, 0.0%)

1 が諷唱, を唱

▼ 長~ (2, 0.0%)

1 で軍記風, になり済した

▼ 長細く~ (2, 0.0%)

1 なった, なりして

▼ 長~ (2, 0.0%)

1 との間, はどこ

▼ 長羅彼方~ (2, 0.0%)

2 の女

▼ 長羅爾~ (2, 0.0%)

1 の顔, は我

▼ 長~ (2, 0.0%)

1 だと, とを我

▼ 長袢纒~ (2, 0.0%)

1 に首, の頸

▼ 長談議~ (2, 0.0%)

1 だ, をつぶやい

▼ 長講演~ (2, 0.0%)

1 をし, を結ん

▼ 長躯浪裡~ (2, 0.0%)

2 の張順

▼ 長通信~ (2, 0.0%)

1 には殊に, に応じ

▼ 長過ぎます~ (2, 0.0%)

1 から切つて, けど

▼ 長~ (2, 0.0%)

1 とりて, 投げ飛ばし或は

▼ 長~ (2, 0.0%)

1 というの, といふの

▼ 長電波~ (2, 0.0%)

1 の研究, を選んだ

▼ 長~ (2, 0.0%)

2 の胸

▼ 長高く~ (2, 0.0%)

1 好き程に, 痩せたる貫一

▼ 長高橋健三~ (2, 0.0%)

1 が, とともに現

▼ 長~ (2, 0.0%)

1 になる, の百十尺

▼1* [1454件]

あいてにぼくら, 長あいつを圧し潰せ, 長あてに差出された, 長あなたはまだ, 長あらんか予, 長ありと語つて以來, 長いいしき道を, 長いきも出来, 長いくびを曲げ, 長いくびをのばしてあれよあれよという, 長いくびをひょっくり出して, 長いすの上, 長いったらたまげる程です, 長いっぱいに頸, 長いひげや, 長いるかア, 長うせし黄金色の, 長えって先方, 長えと芸が, 長えやなバッタリバッタリ呂律, 長およそ七尺も, 長および助役といった, 長お前は三人, 長お呼びでしたか, 長お待ち下さい, 長かめれと氣, 長かも知れないと, 長からむ心も, 長からもよくいわれ, 長かるべからずの規則, 長かをはき康子, 長がといわんよりは, 長がにこついて, 長がねえ保守的で, 長きのうの晩, 長ぎせるをくわえ, 長くらいのもので, 長ぐつをぬいでいましたが宝冠はまだ, 長ぐらいに挙げて, 長ぐらいには見えるでしょう, 長ぐらゐに止めて, 長こいつどうしましょう, 長こいつ等の方, 長こそ社会事業家の, 長さ〇・六米程の鉄棒, 長さいっぱいに廊下, 長さここは敵地, 長さそれらは自分, 長さぞ立派な, 長さだつた歩いた道, 長さては看守らの, 長さどのくらいかねと尋ねる, 長さんお待ちして, 長さんかんべんして, 長さんこれはひ, 長さんそれは可哀想, 長さんどこかで聞いた, 長さん二人をひっぱっ, 長さん人間の眼, 長さん先刻から待ってる, 長さん始め県の役人, 長さん角力を取らない, 長さん質屋には虫喰, 長さん食料品がすこし, 長さ一キロメートルのまっすぐ, 長さ一センチくらいのいびつ, 長さ一フィート半の細長い, 長さ一フィート半砂糖大根の形, 長さ一フートの鉄棒, 長さ一マイルの手紙, 長さ一マイル余でこれ, 長さ一メートルあまりの鞭, 長さ一メートル二十センチもある, 長さ一メートル二十面積およそ五十平方メートル, 長さ一メートル位のもの, 長さ一メートル余りのむちのようなものは, 長さ一メートル余幅一尺余平たくまるくノッペラボー, 長さ一ヤード四分一の布, 長さ一丈一尺だけ有り, 長さ一丈二寸御脛, 長さ一丈五尺ばかりある, 長さ一丈余もある, 長さ一丈八尺の蛇矛, 長さ一丈幅四尺位しか無い, 長さ一二寸大なるも, 長さ一二尺人の路, 長さ一二尺黄金のよう, 長さ一寸あまりの柳箸, 長さ一寸五分位にブツブツ, 長さ一寸位ずつに截ら, 長さ一寸余たけ一寸ばかりの小さい, 長さ一寸前後藻蝦よりも少し, 長さ一尺あまり節をこめ, 長さ一尺一トンという計算, 長さ一尺一寸厚さ七寸, 長さ一尺一寸幅九寸八分目方四十一貫その価, 長さ一尺七八寸目方は六, 長さ一尺二三寸深さ二, 長さ一尺二寸五分高さ六寸, 長さ一尺二寸幅七寸厚さ三寸位, 長さ一尺二寸幅三指の, 長さ一尺五寸幅一尺ほどな, 長さ一尺五寸幅七寸の細長い, 長さ一尺五寸目は百練, 長さ一尺余一頭は尖り, 長さ一尺四五寸もあろう, 長さ一尺幅六寸五分厚さ三寸, 長さ一尺強も有る, 長さ一尺百匁以上に育つ, 長さ一尺足らず幅四五寸の手垢, 長さ一杯にかの女, 長さ一杯幅一杯に立ちこめ, 長さ一町位の広場, 長さ一町足らずで非常, 長さ一町餘りの, 長さ一米ぐらいの怪魚, 長さ一糎ほどの針, 長さ一里ばかりの堤, 長さ一里半喬松生へつ, 長さ一間幅は下, 長さ一間幅四尺もある, 長さ七インチ幅二インチ半厚さ半インチ, 長さ七フィートばかりの舞台, 長さ七フィート幅四フィートの木, 長さ七マイル海面から八十五フイート, 長さ七八センチの可, 長さ七八丈太さ十, 長さ七八寸冬より春, 長さ七十二フィート幅二十四フィートという煉瓦づくり, 長さ七十哩幅十二哩の長方形, 長さ七十尺の船, 長さ七十間幅二十三間あり, 長さ七千フィートの根, 長さ七咫の高, 長さ七咫背長さ七尺余, 長さ七咫脊の長, 長さ七寸の鰹節五本, 長さ七寸あまり三十五匁はあろう, 長さ七尺云々また口尻明り耀, 長さ七尺五寸二分ある大身, 長さ七尺巾四尺位縁の太, 長さ七尺幅三尺くらいの地面, 長さ七尺幅三尺五寸の扉, 長さ七尺直径五分ばかりの吹管, 長さ七百六十フィート幅が八十八フィート, 長さ七百六十フィート幅八十八フィート高さ, 長さ七間半幅四尺深さ三尺ぐらゐで, 長さ丈余を見る, 長さ三インチぐらいの剣, 長さ三インチ幅一インチ約一フィート, 長さ三キロメートルつまり三十町ちかくも, 長さ三フィート半の竹, 長さ三フィート木の幹, 長さ三十フィート幅十八フィートで高, 長さ三十五フィート厚さ, 長さ三十五フィート幅四フィート半深さ二フィート, 長さ三十六メートル高さ二メートル, 長さ三十尺近くもある, 長さ三十町もある, 長さ三十間ほどの円筒, 長さ三四ミりぐらい, 長さ三四寸の小, 長さ三四間もあらう, 長さ三寸以上もある, 長さ三寸巾六七分位の薄様美濃, 長さ三寸計りにし, 長さ三尺ぐらゐの抽匣が二, 長さ三尺五寸以上はある, 長さ三尺五寸先きは, 長さ三尺位な鈴, 長さ三尺余口に当て, 長さ三尺口から口, 長さ三尺幅三寸の木, 長さ三尺濶さ二尺ぐらい仲密君, 長さ三尺許の黄色, 長さ三尺重量は手頃, 長さ三町の橋, 長さ三百フィート幅五十フィート深さ八フィート, 長さ三百六十四フィート幅三百十五フィートにし, 長さ三百間以上の桟橋二カ所, 長さ三糎ぐらいの切っさき, 長さ三間位もあ, 長さ三間半の鮒竿, 長さ三間幅二間くらいなり, 長さ九万七六〇〇英里なり, 長さ九十六間構造すこぶる壮大, 長さ九千七百尺のその, 長さ九寸他の一本, 長さ九寸朴の木で作つたヒヨロヒヨロ, 長さ九尺の青, 長さ九尺ぐらゐもあらうかといふ樫製の櫂, 長さ九尺余手元から先, 長さ九間口径三尺の筒, 長さ二インチの陶器, 長さ二インチ幅と厚, 長さ二フィート以上下に下った, 長さ二フィート半を越えぬ, 長さ二マイル以上ではなく, 長さ二メートル半はば, 長さ二丁余傾斜の角度二十度, 長さ二丈くらいの大きな, 長さ二三フィートの板, 長さ二三丈とある, 長さ二三寸位もある, 長さ二三尺位のもの數本, 長さ二三尺幅これに半ば, 長さ二三尺幅六七寸ほどの薄板, 長さ二三里に亘つた白浜, 長さ二倍の広間, 長さ二十センチあまりのもの, 長さ二十フィートに足らぬ, 長さ二十メートルばかり, 長さ二十七八間その幅八, 長さ二十万キロ地球赤道を五周, 長さ二十丈もあろう, 長さ二十二ペークスの, 長さ二十二吋幅十一吋もある, 長さ二十二尺幅員十三尺高さ, 長さ二十五フィートの日本, 長さ二十五フィート重量五貫目のスカール, 長さ二十余丈兵二千余人をのせる, 長さ二十余尺あるいは四十余尺, 長さ二十八町二十間という堤, 長さ二十八間の欄干擬宝珠, 長さ二十四インチ幅一インチ深さ一インチ半, 長さ二十四五間幅二間位あるが, 長さ二十尺幅八尺の山, 長さ二十畳の広い, 長さ二十米木造の橋, 長さ二十里に余る, 長さ二十間の道糸, 長さ二十間幅三間程の橋, 長さ二寸五分幅六分ぐらいの小さな, 長さ二寸親指の太, 長さ二寸許りの, 長さ二尺以上たる物, 長さ二尺六寸餘青貝の柄, 長さ二尺半ぐらい尖, 長さ二尺四寸幅一尺八寸の潜り戸, 長さ二尺幅一尺ぐらいの大きな, 長さ二尺幅六尺に造り, 長さ二尺餘り眞白, 長さ二百フィートの滑走路, 長さ二百三十ヤード即ち町, 長さ二百五十間幅三十間全島第三紀, 長さ二百五十間幅二十間の埋立地, 長さ二百八十間余の所, 長さ二百八間というその, 長さ二百米以上はたしかに, 長さ二里十九町で幅, 長さ二間位の大, 長さ二間余もあらん, 長さ五インチである, 長さ五フィート半のもの, 長さ五フィート幅は柱, 長さ五五・四デシメートルとある, 長さ五六フィートの大きな, 長さ五六寸計りを常, 長さ五六尺余の古木, 長さ五六里とは何と, 長さ五六間もある, 長さ五十センチぐらいのまっか, 長さ五十メートルの長い, 長さ五十三間幅二十九間にし, 長さ五十二尺重さ, 長さ五十町ほどの荒れ, 長さ五寸以上のもの, 長さ五寸余りの箱根山椒魚, 長さ五寸幅二寸五分位の穴, 長さ五寸餘巾四寸餘深一寸四分である, 長さ五尺二寸本口周り三尺九寸, 長さ五尺位の菰, 長さ五尺川には水, 長さ五尺幅弐尺ありこの, 長さ五尺許の半紙, 長さ五百メートル幅十二メートルの平ら, 長さ五百七十八間その横三百八十五間, 長さ五百八十間ばかりの堀川, 長さ五百夜継ぎこそ, 長さ五間明治二十年一月成と刻しぬ, 長さ人間ほどもある, 長さ以上の一直線, 長さ何センチスカートのひだ, 長さ何吋だ抔, 長さ僅に三尺五寸, 長さ全体に及び, 長さ八フィート幅と深, 長さ八フィート幅五フィートの風呂桶, 長さ八九尺にし, 長さ八二万キロで地球, 長さ八分ほどに切り落とし, 長さ八十間にし, 長さ八吋を越える, 長さ八寸一分幅六分厚三分の鏃, 長さ八寸幅二寸位い朴, 長さ八間幅一間余の緋羅紗, 長さ八.五センチとしてそれだけ, 長さ六ミりぐらい, 長さ六七センチメートル横幅一〇一センチメートル裂片の広, 長さ六七分にし, 長さ六十五間堂の絶頂, 長さ六十呎に幅六呎, 長さ六十尋を算, 長さ六十尺の帆桁, 長さ六寸位の鬱紺木綿, 長さ六寸幅二寸ほどの大き, 長さ六尺位の檜, 長さ六尺幅三尺八寸高さこれ, 長さ六尺幅六寸ほどの穴, 長さ六尺横二尺半厚さ一尺, 長さ六百八十フィート幅八十二フィート一万八千九百十四トンという巨大船, 長さ六百米にも足りない, 長さ六里広さ二里, 長さ六間の竿, 長さ剣把に到り, 長さ加減は, 長さ十フィート幅四フィートの一枚石, 長さ十メートルほどの細長い, 長さ十メートルそれとつりあう, 長さ十七間余幅は二間半, 長さ十丈ぐらいの谷間, 長さ十三町あり, 長さ十二間もありまし, 長さ十二間幅三間で時, 長さ十五センチはば九センチ, 長さ十五尺もある, 長さ十余丈渓の中, 長さ十八万五千マイルにわたりほとんど, 長さ十八間幅七間二十四反帆, 長さ十六キロ幅三キロに及ん, 長さ十吋程の緑色, 長さ十四インチ幅九インチ一枚五ドルするという, 長さ十四フィートでどこ, 長さ十四フィート舳も船尾, 長さ十数町深さ二三十間, 長さ十町足らずの通り, 長さ十間四壁および屋上みなトタン, 長さ十間幅四間深さ三尺, 長さ十餘丈角は枯木, 長さ千五百メートル高さ十二メートル, 長さ千余丈蹄より背上, 長さ千間の一, 長さ卅呎にも足らぬ, 長さ半メートル餘の鐵, 長さ半哩にもわたるべし, 長さ反り工合からみ, 長さ四フィート半の木, 長さ四丈の小, 長さ四丈八尺海沫に沾, 長さ四五フィート深さ二フィート, 長さ四五メートルもある, 長さ四五十間ばかりの川形, 長さ四五寸雪のよう, 長さ四五尺もある, 長さ四五里にわたる, 長さ四十二呎のひどく, 長さ四十余歩広さ, 長さ四十八マイル幅十マイルの地帯, 長さ四尺一寸余の竹, 長さ四尺以上もある, 長さ四百フィートに近く, 長さ墓の深, 長さ夜どほし, 長さ大人の二倍, 長さ太腿の太, 長さ太陽の高度, 長さ子午線の四分の一, 長さ寸余三分角位はある, 長さ尋にあまり, 長さ居くずれたす, 長さ幾丈の大蛇, 長さ幾何かと云, 長さ幾寸の白い, 長さ幾歩幅幾歩と歩み試み, 長さ廊下からぞろ, 長さ彼れ是, 長さ数センチメートルの長い, 長さ数メートルの大きな, 長さ数丈ともいうべき, 長さ数十間その尽く, 長さ数千フィートの繩, 長さ数寸口に八本, 長さ数尺に及ぶ, 長さ数百尺の巴蛇, 長さ數寸の棒, 長さ數里にわたつた, 長さ春のあの, 長さ時間あるいはこれら, 長さ物産その他を試験, 長さ百三十呎六吋幅員は中部横斷面, 長さ百二十間その幅十八間, 長さ百五十まいるにわたり, 長さ百八十間双欄, 長さ百十メートル二百五十馬力の発動機, 長さ百米の大きな, 長さ百間の堤防, 長さ短かさ, 長さ種播く農夫, 長さ等写真のクローズアップ, 長さ胡蝶装の綴じ方, 長さ谿八谷峡八尾をわたり, 長さ重量容積との間, 長さ銃の式, 長さ雄蕊と等しく, 長さ頬の空虚, 長さ馬面と同じく, 長じかれの大軍, 長じさせるためでは, 長じた成りあがり者だ, 長じつは怪人ガスコ氏の, 長じつひには一株, 長じまんの大声, 長じられると云ッ, 長じ進んで専門文人, 長びつにいと多く, 長すぎず短か, 長すぎたらそれは, 長すぎやしないんだ, 長すぎるすけまだダメら, 長すぎるであろうと思われる, 長すぎるならその柄, 長すぎるやせこけた腕の, 長すぎるらしい両腕, 長すぐ陸戦隊を, 長すしやの宝来, 長すばらしい発明では, 長すばらしくはやい大型駆逐艦隊です, 長せた事ものを, 長そして殺人犯人矢島五郎君を, 長その他土地土地の猛者, 長その他高級船員はむしろ, 長まなこを, 長たばこをお, 長だけで勝手に, 長だけに深く責任, 長だけには限らないこの, 長だけを残して, 長だったら君だって, 長ちょっと質問が, 長ったら幾度も, 長ったらしいむずかしい花の, 長ったらしい重苦しい行列は, 長ったらしくって, 長っていう子が, 長つた繩の赤, 長つづきした女は, 長つづきしないくせに, 長つづきする筈は, 長つづきせずわたしの, 長つづく勇士が, 長つまらなそうな, 長つまりこれは, 長横着で, 長であるべき身が, 長であるらしいのです, 長でなくその次席, 長でやしたね, 長とあるものを, 長とうとう音を, 長とかいう仕事を, 長とかにもうまく頼んだ, 長とかの趣味見識が, 長とで珍しや, 長とにかくこれは, 長とのみこそいうべきに, 長と共に引上げて, 長ぶ病院裏, 長どうです御, 長どうしておられますか, 長どす道中, 長どんと呼ばれたもう, 長なおもむきが, 長ながしい説明を, 長なく邑に, 長なす黒髪を, 長なぞを勤めて, 長などという地方的有力者に, 長などといふ男が, 長などにも教えを, 長などを選挙し, 長なにがし氏の令息, 長なりとして在職し, 長なるおきなの芸能, 長なれや春酣, 長なろけれど大石, 長なんかに用は, 長にあたりそれで事務長, 長にあたる人の, 長にさえ化けたん, 長にしかすぎないの, 長にたいする謝罪による, 長についてって覗いた乗組員部屋, 長については日本紀に, 長にと頼まれたので, 長にとってたまらぬほど, 長に対してさえ人道的である, 長に対してだけはただ望ましい, 長に対しては二人とも, 長に対すると同じよう, 長に迄多少の, 長のみとしては面白味は, 長のりといふ有それ, 長はくすっと笑った, 長はじめ一同の顔, 長はじめ上官の家, 長はじめ十人ばかり, 長はじめ参謀らがならん, 長はじめ同僚までに一種, 長はじめ四人の乗組員, 長はじめ役員等の排斥, 長はじめ通信係の一同, 長はたとへ貯水池一つ, 長はつよく首, 長ははッと, 長ばかりでない, 長ばかりか警察部長までが, 長ばんてん刀, 長ひるでここの, 長ひろ子新らしい道伴, 長ふさ絵にかける, 長ふすべきものある, 長ぶりをちよ, 長へこたれて, 長へて美しい花, 長へは内々で, 長へもやかましく出頭, 長えを, 長まあいいじゃ, 長まさ公がご, 長または人この, 長まだですか, 長までもウッカリほほえんだ, 長みずから探偵事務所をたずね, 長みのある軌道, 長みんなの意見, 長めがけてぶ, 長もう敵の, 長ものを着, 長やで相談し, 長やの捨坊を, 長わたしは, 長よくお考へ下さい, 長よりは位置は, 長らしき人われに, 長らしくしてある, 長ら何処さお, 長ら昨日から寝こんじまった, 長ら顔ゆふべは, 長り強まるし血行, 長わずか三厘三毛ほどで, 長わずらいをし, 長をも見, 長を通じて発言した, 長アグリオス次ぎメラス, 長アロイス・フォン・ヴェルネルの無気力さ, 長アヴェルバッハの挨拶, 長イコト御厄介ニナリマシテ, 長イスに寝そべっ, 長イノデ木村ハ気, 長イ体ハ波ノウエヲクネクネト四百メートルモ彎曲シアレヨアレヨトオドロクウチ口ヨリ火ヲフキ, 長イ廊下ヲレントゲン室ニ連レテ行カレル, 長イ月日ヲ生, 長イ間ノ習慣, 長イ間心ニ秘メテイタ念願ヲ始メテ果タス, 長イ間老人ニ取ッ掴マッテオ相手, 長ウォウリング警部が出張, 長ウルムブラント氏と共にカヴァ, 長エモット氏の名, 長オルダコフ大尉が兵卒四五名, 長オルダコフ大尉同隊付セミン軍曹チチハル・ホテル主人ヤアフネンコ支那人ボウイ兵卒ロシア人の売春婦三人, 長カメネワ夫人の弔電, 長ガスコインは徐, 長ガソリンがもうすっかり, 長ガブリエル泰然と大, 長ヲ要, 長キウリン氏が展覽會, 長キリール神父の息子, 長続イテドウシテモ止マラナイデ, 長クテ辛イガ間デ二十分ホド休憩ガアル, 長クハ続クマイト思ッテイタ, 長ク專制ヲ維持セント欲スル期間, 長ク居テモツマラヌ故上方, 長ク送信力甚ダ短シ, 長ク連リタルヲ云皆つるト訓スヘシ, 長ク魂銷シ腸摧ケシムルモノハ特リ馬嵬ト青塚トニ在リ, 長ケレバ則チ棒頭力無シ, 長コップ中央協議員等という忙しい, 長サルトル・サスケであった, 長サーベルに長靴, 長サ二寸許枝無クシテ梢ニ葉アリテ松, 長サ四寸許弁ノ本, 長シテ遠征ヲ海外ニ試ムルコトアラハ如何我カ第一線, 長シムプソン博士が同誌, 長ショーレを殺し, 長ジテ思索發明ニ短ナリト雖ドモ, 長ジョウジ・スティブンス博士がルウス, 長ジョルジュ・サール氏も同じ, 長スコールだと, 長スパンベルグ中佐の出發, 長スミス警部に見, 長ズルノ人主ト謂フベク, 長ズル所ニ非ズト謂ハシムルニ至ル, 長ズル者ヲ雇ヒ, 長ズ發明思索ハ長ズル所ニ非ズト謂ハシムルニ至ル, 長セリグマン博士からも王立地学協会, 長チチヤンが先導, 長チャンスカヤ某から電報, 長チャールス・サムナーの演説, 長ツェダルクランツ現る, 長デニー老博士, 長デニー先生のところ, 長トドロイッチから贈られた, 長トビアス・プァイフェルの代わり, 長ドクトル・ウィイゼンシュプルングは間際, 長ドケルヴァン博士加奈陀国立研究所のクライン氏, 長ニ使者ニ来り同国, 長船ニテ可被, 長ノビレでその他, 長ノビレ大佐はどう, 長ハッケを頭, 長ハンフレース博士が集成, 長バルベルキエンそれに船長, 長バルベ氏と共に食, 長バルマッフこれらの人々, 長バーテンなども集り, 長パナマ運河コロン市から来た, 長フィリップ・ド・ヴァンドーム閣下ヴァンスの司教男爵フランソア・ド・ベルトン・ド・グリヨン閣下, 長フライ・アロンゾ・デ・メンチェダ神父によって修道服, 長フライ・アロンゾ・メンチエダ神父によつて修道服, 長フロスト陸軍少将の四人, 長フーラー博士も今度, 長ブルックス博士が保管, 長ヘンリー・デビスに代っ, 長ベアド教授, 長ベアード博士が事務局長, 長ベエの店, 長ペトロ・マルケスはころん, 長ペンネンネンネンネン・ネネムの評判, 長マカオ博士に手, 長マニラへ無電, 長マルクス・スクーヂロが横, 長マレールのリュシアン, 長ミカエル悪魔とモーセ, 長ミハイルが据わつ, 長メエスン一等運転士オウエン処女航海に乗った, 長メツォーカネ上人は絞首台, 長メルヴイル・デユーイ氏いわく不動公立図書館を各, 長メース氏によってカトリーヌ, 長ヨハネス・トリテミアスが一五〇七年度中, 長ラスキン大尉からの無線電話, 長ラッセル・ブラインズ氏に対して日本人, 長ラルコン高等法院長バルマッフこれらの人々, 長ラ・ルーナ氏はペラン, 長リンゼー・パロット氏AP東京支局長ラッセル・ブラインズ氏に対して日本人, 長ルドウィッヒ大尉の考え, 長ルドヴィ・ステーンセンに頼ん, 長ルドヴィ・ステーンセン伯爵の子, 長レフィーソンに送った, 長レーワルト氏の式辞, 長ロジャアス氏は起立, 長ワイベルト大統領は今, 長ワドソン・ブラットはますます, 長ワリニャーニが巡察使, 長ヴィデ砲手石割一等運転手の四人, 長一つ全安, 長一人教正十六人坊僧一千九百四十七人尼一千九百七十五人あり, 長一個の失態, 長一寸余り慶長九年閏八月十九日羽州秋田常栄院尊竜, 長一尺二寸という堂々たる, 長一尺以上なるは, 長一抱えばかりな, 長一枚の板木, 長一派との運定め, 長一萬人長といふ風, 長とが道具, 長七つ良五つ全安, 長七人の肉親たち, 長七尺以上なるを, 長七尺余とある, 長七尺能く人行健, 長七年一月には出羽, 長七郎など, 長七郎地蔵荒山鍋割鈴ヶ岳と西, 長七郎岡本三河坊といったよう, 長七郎矢田彦七平賀三郎などである, 長丈許翠陰濃映, 長三つ良一つ全安, 長三人のうち二人, 長三十七蘭軒の姉正宗院八十, 長三十九全安, 長三十二蘭軒の姉正宗院七十五, 長三十五蘭軒の姉正宗院七十八, 長三十八柏軒の妾春二十七, 長三十六蘭軒の姉正宗院七十九, 長三四寸許新枝ハ浮毛, 長三夜之御, 長三年七月三日生年八十四で往生, 長三年十一月三日年九十五で大, 長三年十二月廿二日の條, 長三年十月二十七日に奏覧, 長三年頼嗣廢せらるの, 長三度くらい高い, 長三時三十分です, 長三洲先生のよりも近世, 長三郎に洩らした, 長上村町長村田確之助ほか数名, 長上衣に鼠, 長下役どもイエスを見, 長下艇の用意, 長飽, 長不在なるを以て, 長並びに法廷の, 長中尉ぐらいのところ, 長中岡中将の命, 長中島知久平の母, 長中村七三郎は江戸歌舞伎, 長中村春二先生の知遇, 長中村武羅夫の発狂, 長中村銀次郎が住ん, 長中目氏と福島ホテル主人杉山氏, 長中短の櫓, 長中隊長小隊長とこう, 長丸木はびっくり, 長丹波敬三博士の五男, 長婚者, 長久保鉄三の息子, 長久田の姥め, 長九つ良七つ全安, 長九時になっ, 長九郎左衛門連龍安井左近太夫家清など, 長九郎左衛門高畠孫三郎前田利久同安勝, 長九郎弘次の身の上也, 長を引い, 長事故まづ是, 長二つ全安, 長二十良十八, 長二十三歳の三男生田玄俊, 長二十三蘭軒の姉正宗院六十六, 長二十五フィート胴の厚, 長二十五蘭軒の姉正宗院六十八, 長二十八蘭軒の姉正宗院七十一, 長二十六蘭軒の姉正宗院六十九, 長二十四蘭軒の姉正宗院六十七, 長二名及龍馬もアリ, 長二国の風土書上, 長二家の曾我部氏, 長二尺ほどの紙, 長二州に追いやられ, 長二年七月の地震, 長二年十二月廿九日の條, 長二短の大, 長二藩の提携, 長二郎お初の恋, 長云々此の安東, 長云うたらほらこの間町, 長に差す, 長五つ良三つ全安, 長五万石の寺格, 長五年の比, 長五年七月二十七日よき往生, 長五年六月には, 長五年十月二十一日注出の近衛家所領目録, 長五年四月二十八日清澄山頂の旭, 長井上水夫長の三人, 長井藤春曰ク然レバ近日幕兵一戦ニ及バヽ, 長から延徳, 長享三年二月に至っ, 長享三年二月久しぶりで三千疋, 長享三年以来足かけすでに十八年, 長享二年三月には義尚将軍, 長享二年三月生年三十六歳をもって鎌倉, 長享二年三月第二子公条叙位の条, 長享二年八月十一日及び卅一日条, 長享二年十一月二十八日宿房の大黒, 長享二年四月の始め, 長享二年宗祇の北国行, 長享元年に明国, 長まできこえ, 長今度の事件, 長今村恵猛氏の主催, 長代理さんは魅力, 長以上の官職, 長以下一同何とも申しわけ, 長以下七名が部下, 長以下三人が土蔵, 長以下二百名の将兵, 長以下十数人遺骸を奉じ, 長以下名前は並ん, 長以下幕僚を大, 長以下成規の判官, 長以下新聞社員一同これに和, 長以下来賓が全部, 長以下職長社員が職工, 長以下裁判官の名前, 長以下顔振れには, 長以外の人間, 長仲季との会見, 長伊東圭一郎氏の著, 長伊賀の人, 長会議東京在郷将官懇談会で述べた, 長に一世, 長伝寺の練塀, 長伸軍之助, 長佐藤乙二氏の好意, 長佐野昌一氏は海野十三氏, 長のなにがし, 長例へば伯父伯母兄と, 長狐兎逕, 長保ちは有, 長倚子に倚つて, 長傍聴人弁護士たちでさえすこぶる, 長僅かに二呎三吋, 長僕らの水遁, 長元副領事沢一寿, 長元寺中の石, 長元年に後, 長元年五月十二日幕吏は突如, 長元年旱災の際, 長兄弟の意趣, 長ほど御, 長児島惟謙氏が身命, 長というもの, 長八つ良六つ全安, 長八尺の奴, 長公室へ入っ, 長公長公は居や, 長六つ良四つ全安, 長六度かということ, 長六畳の成りたけ, 長六郎太義氏いちばん末子の竹万丸, 長兵衞さんに御, 長兵衞といへるもの哉, 長兵衞荒木又右衞門なんど, 長兼弗箱と呼ばれ, 長兼海底要塞司令官たるわし, 長兼職工が笑っ, 長兼長の子, 長内藤教授の姿, 長内藤氏京極と一緒, 長円形をなす, 長出雲からきた, 長判事因藤実に対し偏頗, 長割下水の屋敷近く, 長割下水傷の旗本, 長剽盗に家財, 長加藤武彦の二人, 長勅選議員子爵という肩書, 長勝家氏等もその頃店, 長勢いよく赴くところ, 長をはじめ, 長勲公といわゆる, 長勳松崎藏之助, 長北斎らの或, 長北斎等の或, 長北野守男その他年輩の人々数名, 長十七良十五, 長十丈ばかりの大蛇, 長十九良十七, 長十二良十, 長十五良十三, 長十余丈で渓中, 長十八良十六, 長十六良十四, 長十四良十二, 長十良八つ乃夫二つ全安, 長千人長一萬人長といふ風, 長千家尊宜等, 長半纒のまま, 長半野蛮人の獰猛敢為, 長も, 長即ち伯叔父や, 長をた, 長参謀佐官を失ふ, 長参謀管理部長代る代る来り, 長分家全, 長及某主任検事の再三, 長耶の, 長可どのにも信濃四郡, 長可木下藤吉郎秀吉明智十兵衛光秀等が陣, 長台辞を口, 長史中郎将と敬い, 長史劉曄は, 長史参軍これことごとく貞亮死節, 長史張紘はよい, 長史楊大将都督長勲をはじめ, 長史王必を府内, 長史王翰というもの, 長史耿武は憤然, 長史葛誠をし, 長史葛誠指揮盧振と, 長史董昭が諂, 長右衛門みたいだ, 長右衛門夫妻近藤六郎兵衛がいた, 長右衛門方に今, 長右衛門松本主税といったところ, 長右衛門様のところ, 長右衛門近藤六郎兵衛など云う, 長右衞門氏の女婿, 長号数声して, 長といふ役所, 長部落の, 長吉ちよつと来い, 長吉方二三軒に過ぎず, 長吉田信夫諸君その他船員達の接客法, 長を國益, 長吏之論に付, 長吏太郎左衛門小田原氏直御証文, 長吏太郎左衛門訴訟の事, 長吏支配の下, 長吏法師でありまたは, 長吏法師等が自己, 長吏真土宿之長, 長吏還住懇願のため, 長吏馬左衛門長吏之論に付, 長総理大臣かね, 長の嫁さん, 長のある, 長命令を出し, 長和尚の関, 長和田三宅波多野君にし, 長商売の手始め, 長啼きする牛の, 長などはよく, 長の爪紅, 長四つ良二つ全安, 長四天王の一人, 長四尺許の半紙, 長四年七月に起った, 長四疊にかしこ, 長といひ, 長國一家が本庄村西部, 長土肥筑前筑後の諸, 長でした, 長坐していた, 長坐しぬ宥し, 長坐せぬようにと, 長坪倉大佐へ, 長坪内教授に内容等, 長型国貞型ガルボ型ディートリヒ型入江型夏川型等いろいろさまざま, 長塾長来賓と三たび, 長声吟朗これに応じ, 長壽富貴を求むる, 長壽幸福ならんこと, 長壽樂を舞, 長壽花水仙花金盞花どんなに明るい, 長壽花金髮のをとめ, 長大丈夫ですか, 長大工コックなどはもう, 長大工舵取りを除いた, 長大河内正敏の計画, 長大足の進歩, 長大隊長中隊長小隊長とこう, 長の勢, 長天万里に飛揚, 長天繊影なく大他, 長太夫三十六歳にし, 長太夫其外縁故のある, 長太鼓が打ち鳴らされ, 長夫人国際運輸の上田さん, 長夫人病院長などが出, 長夫婦を実, 長妹とし子一女を擧ぐ, 長妻東氏金が歿, 長始め何人かの将校たち, 長始め十数名の官民有志, 長威斎中古は上泉伊勢守, 長威斎先生のお, 長威斎家直が当時東国, 長威斎松本備前守もまだ, 長威斎直家の直門諸岡一羽, 長婦人会関係の知名婦人等, 長は補仁, 長という人, 長学者パリサイの徒, 長孫六の把握, 長の東北, 長安信階に於ける, 長安倍頼時の女, 長安広伴一郎氏は後進, 長安廣伴一郎氏は後進, 長安成二郎君から保子, 長安藤五郎ほかすべての一族同士, 長実現とともにまた, 長家下に二人, 長寛二年の秋八月廿四日, 長寛年中に両, 長寺沢寛一先生の代理, 長寺院の三十三間, 長対大石佐藤との会見, 長専属の通訳, 長小便をし終った, 長小島君を訪れた, 長小川中佐は大変, 長小川伊佐雄氏は私, 長小柳秘書及び相沢運転手, 長小熊捍博士である, 長小笠原三九郎氏の下, 長小野氏これに加わり, 長小隊長とこう, 長少佐清水昌彦氏なる旨附記せり, 長就任の慫慂, 長局いっぱいにはりわたした, 長局それをぶじ, 長局全体の被害, 長局金蔵等に忍入り, 長屈強の水夫, 長屍体の消失, 長岡部一郎と書く, 長岡部一郎大将ははやもう, 長岩井佐太郎白川代役二人ともよかっ, 長よ来い, 長左衛門奥山茂左衛門に討ち留められ, 長左衛門宗治殿という武士, 長左衛門様生写で在, 長巻一ツを持っ, 長市川純一氏船中へ来, 長市河博士の祝辭, 長市河博士戸澤外國語學校長和田東京美術學校長阿刀田, 長師団の参謀長, 長帯姫の物語, 長帯媛のおから, 長帶姫尊即ち神功皇后, 長常に小柄を, 長年月の苦心, 長幹伯はその, 長幼賢愚正邪いくらでも分岐, 長広川弘禅氏の花輪, 長床几に腰, 長は, 長府二の宮舞台のはふ, 長府侯江戸の邸, 長府小倉あたりの米, 長府町へはいつ, 長府馬関在番其余両人, 長府駅から乗車, 長庵おれアこんな情け, 長庵ばかに忙しく, 長庵めにご, 長庵先生だから, 長庵腋の下に汗, 長庵言葉も掛けず, 長を進めり, 長廊下を忍ん, 長廊下忍者ふせぎの, 長弘長門の守護, 長征討軍の苦い, 長後藤へ罷, 長得酔工夫伴人歌扇懶妝梳, 長の方, 長徳大寺公をお伴, 長徳大寺実則は特に, 長徳寺様より西町, 長必ずしもそれ自身俘囚の, 長忌寸意吉麻呂が詔, 長忌避の理由, 長応募者が陸続, 長忠俊二忠次三忠員四忠久以上四人の名, 長忠内田五観なども同様, 長忠閲岩井重遠編の, 長忽必来箭筒士長速不台, 長悪漢の総, 長日月光, 長懸けんのかい, 長或は小或は, 長戦死の跡, 長に臨み, 長所持の海図, 長指導員または道場, 長振りをみる, 長掛けて銀, 長提灯を透間, 長して, 長支店長と云っ, 長支度はそれ, 長攻撃の次に, 長攻策の眼目, 長呼梓為木王, 長故不録, 長教師代表労働組合からの代表, 長敬翁の教, 長数十名の連絡, 長文化部文学グループへ提出, 長梁, 長旅団長師団の参謀長, 長早く麻綱を, 長昌院ツて言つたつけ, 長なら侍大将, 長春木少年だった, 長春水惟完を広島, 長時不断の御, 長時継続を希っ, 長曰く何曰く何斯ういふ時, 長曰く邪睨邪視なり, 長曳くもので, 長といひ, 長書記長とならん, 長曾我部どのへも悪しからず, 長曾我部みなそれぞれ名器の武将, 長曾我部丹羽浮田島津は如何に, 長曾我部元親式目とか黒田長政遺言, 長曾我部勢力の防火壁, 長曾我部宮内少輔盛親, 長曾我部家は残ります, 長曾我部毛利島津等和談に応じた, 長曾我部氏の兵法, 長曾我部菊子さんなど各, 長最後の日, 長會議をやる, 長探春人遊春人盡空池, 長有り各自彊, 長を着た, 長朝倉塾長朝倉夫人の三人, 長末廣氏ト同車シテ町用先生ニ随従シ法廷ニ出レバ風愈ヨ烈シク雪, 長本多光太郎博士の製品, 長本社から無電, 長本船を浦塩, 長本隊を不, 長村上いく子さんに願つて其達筆, 長な聯落幅, 長江戸従樗園杉本翁学医業成嗣福山侯侍医津山氏既而名声大起累得俸廿五口, 長松平市三郎氏を訪い, 長林駒生氏は朝鮮, 長と西野治平, 長柏君の家, 長柏西野治平高見沢遠治三君, 長少将が, 長某氏の夫人, 長校友會長の甲藤義治氏, 長の春木少年, 長根岸氏はその, 長根岸練次郎氏の宅, 長梅川亀清柳屋柏屋青柏大中村と庇, 長森立夫及児重同遊墨水, 長に跨り, 長植松少將, 長楕円形で内, 長楕円形緑色の皮, 長楠本武俊氏の案内, 長槍燕王を殪す, 長に對, 長機関部から電話, 長橢状卵形で短, 長櫛田ふきののち, 長歌手それから汝親愛, 長武士に一泡, 長武田博士の来る, 長武藤虎太郎君を通じて報道, 長歩兵の聯隊長, 長死体の消失, 長歿し続いて, 長殿下を始め, 長母様のいふ事, 長比城もみな血, 長水夫長無電技師に私ら, 長水引は地蔵祭り, 長水町袈裟六独立守備隊司令官らも相つい, 長に買占むる死, 長永享の土一揆, 長永山時英氏を訪ねる, 長沙氏之書, 長沙零陵桂陽の三郡, 長の犯すべからざる, 長波長の津浪, 長が声, 長泰寺に於ける, 長消して居る, 長消失の可能性, 長清原武則兄弟の援助, 長清原武貞の後妻, 長渡辺寿郎邸にて晩餐会, 長渡辺昇子は世人, 長器にあたって, 長溥公の御, 長溪縣赤岸鎭の海口, 長滯在になる, 長漂流者です, 長演シ奇特千万ニ付キ模範囚人苦心調製の七宝製, 長澄川といふもの, 長を挂, 長火夫長から便所掃除人, 長絶, 長無念です, 長無電技師に私ら, 長照寺内に建てられた, 長照様よりお, 長をなしてる, 長である, 長特に分隊長が, 長特有のもの, 長だ, 長猿めが, 長さえあれ, 長瓦師長五郎と二, 長生存説を猛烈, 長田島医学博士その人, 長田島周二言葉に少し, 長だか, 長町田則文というお, 長発氏処士では色川圀士氏村岡良弼氏, 長白昼殺害さる, 長白河半平と刷っ, 長白虎太郎がこの, 長百三十呎全面雪白の電光艇, 長百人長千人長一萬人長といふ風, 長百姓にいたる, 長的イデオロギーは片すみ, 長的奴隷制に基き, 長盈科齋三谷庵又凌寒齋, 長益丹羽氏次木曾義昌などの合流軍, 長益滝川雄利のふたり, 長盛めがちゃんと, 長盛三成が威, 長盛大谷刑部の三奉行, 長盛様石田様さえ襲われた, 長盛浅野長政の三人, 長盛石田三成大谷吉継以下約二万, 長盛石田治部少輔三成, 長盛長束正家等の嫡子, 長盧子王狄子公子牟田子老莱子, 長直朝臣などもおったらしい, 長直道は早世, 長の相, 長を見はっ, 長着姿で左, 長着緋縮緬の長襦袢, 長を血, 長知公一噌要三郎と記録, 長知公京都へ御, 長がふと, 長短長短合計三十六本の線, 長矯風大主とでも今頃, 長石右衛門と石右衛門, 長磯谷幸次郎をはじめ陪席判事, 長磯谷幸次郎宛に提出, 長の主人, 長社会のもの, 長社前の石階, 長祐之は桐生, 長祐之中山勝作小川作太郎等が毛野村, 長の寒檠, 長神社というの, 長神鞭知常同委員肥塚龍等, 長の族, 長禎両国若松町の吉田, 長ながくや, 長秘書官の俸給, 長稲坂と云う, 長突如味方の, 長して, 長立川中将は体, 長一と, 長長筈等, 長筈等の諸説, 長には泉, 長で入りました, 長土まで, 長粟野俊一氏等の人人, 長と京水, 長七呎半あり, 長紋十郎が一味, 長細野三千雄が会計, 長を, 長の跡, 長絶えて真, 長続かないで一斉, 長綱法名を宗哲, 長の千萬億目, 長の部厚, 長組合長など, 長総会なんかで, 長線道を自由港, 長罷出茂田君と, 長羅宇です, 長羅猪は爾, 長美氏とともに車行, 長美術奨励会理事大日本赤十字社社員, 長のほう, 長職派にゆかり, 長職長その他何によらず, 長が採つ, 長腰掛に三人一, 長が減ってる, 長臂国と近く, 長臣町野平介初名, 長自身罰則を破つ, 長與先生が私, 長與專齋らと共に明治, 長興国の思ひ, 長興國の思ひ, 長をひろげはじめた, 長舌山色豈非, 長舞妓にあらず, 長ありや, 長芫青地胆三種合わせた猛毒, 長花夜叉だ, 長花岡さんのお, 長花柱の花, 長苦心の設計事情, 長茂先生が, 長荒玉梟帥などへやれる, 長菅野千代夫君の招待, 長葉子を相手, 長葉柄があり, 長古襲來繪詞, 長のしげりはびこる, 長藩一藩を支配, 長藩士の丙辰丸会盟, 長の肢, 長という蛸, 長蜘蛛二つの角, 長蜘蛛蚋蚊とんぼ尺蠖金亀子羽蟻蟷螂それ等の虫, 長だか, 長のめぐり, 長血扉の件, 長行方不明海中に投身, 長衞門だつて, 長衞門つてなんだか知らない, 長小粋, 長袍ふち広き帽, 長袍ふち廣き帽, 長裳静かに曳く, 長裾俗にこれ, 長西は法然, 長西崎某なる人物, 長西瑛と綽名, 長ていなさい, 長見舞に見え, 長覚寺連署の東派浄土真宗一派階級, 長親分の許, 長言葉の調子, 長となっ, 長詔勅そして征長軍, 長誅伐を触れ出し, 長を以てこの, 長語二卷を贈らる, 長を完了, 長論大著ニ構成スルニセヨ要スルニ原始的共産時代, 長論文を発表, 長謙さん珠子さんの四人, 長謙さん珠子さん山チイだいこんの六人組, 長謙さん珠子さん満寿子さん島野の鸛一さん, 長謙さん珠子さん陸さん山チイの五人, 長謙さん陸さん珠子さん山チイの五人, 長豊筑四州より集めた, 長豐國にもない, 長貴方はあの, 長賢明ならざる, 長赤井氏にも面会, 長赤水は長久保氏, 長赤水説こと甚詳なり, 長軍令部長に任, 長軍伊知地正治野津七左衛門の率いた, 長軍醫中佐川北伊勢吉氏は一昨年, 長軒村井長門守父子とその, 長軒父子燭はすず, 長轟技師の指導, 長近佐久間三左右衛門勝重原彦治郎不破彦三総勢八千五百雪の山路, 長近原彦次郎房親拝郷五郎左衛門家嘉長九郎左衛門連龍安井左近太夫家清など, 長近蜂屋頼隆ぐらいな, 長迷信家で狂信家, 長送信機ヲ組立テント試ミタリ, 長送受信機に附い, 長逗留を致す, 長に仕え, 長であった, 長遊佐剛七郎がヌック, 長過ぎまして, 長過て涎の, 長過てあつかひ惡い, 長過るのか, 長達媒妁夫妻も署名, 長達字は伯盈, 長達神保簡受遺言尽返之各, 長遠山春樹の指揮, 長と覚しき, 長郡書記も出張, 長郡視學の來, 長郷高取謁見格お前たちが退れ, 長酋長ロロに, 長でそんな, 長酒月守志摩徳兵衛の手代, 長を願う, 長重藤中尉特務曹長がそこら中, 長鈴木前書記長, 長鈴木春信らを軽, 長鈴木牧之から庚辰三月二十五日, 長鈴木豐馬事務長吉田信夫諸君その他船員達の接客法, 長銅羅をならし, 長長屋順治氏また故, 長長岡液を陣地, 長して, 長閃障子のやぶれ, 長閉さは充分, 長開けた事を, 長関羽いま何処にある, 長閣下わたしはこれ, 長閣下自身が立っ, 長防二州の処置, 長院弟は蓮政寺, 長陣崩れに終る, 長陪席判事以下弁護士書記に到る, 長といふところ, 長遠, 長隆寺の鼻, 長電話です, 長青江はです, 長非常に怒, 長より關東, 長項黄土岩附近のもの, 長順万知の五人, 長順三人の中, 長順倒る, 長順其他諸氏の功績, 長順氏であり糸洲先生, 長順煙草などはかれ, 長順白萩のみのこる, 長順群より離れ, 長と言, 長頼さまも大殿前田利家さま, 長頼長の子, 長頼馬を飛, 長頼魚住隼人など, 長顕等来り誘はれたが, 長顧みて, 長の上, 長といえる, 長馬込勘解由の家柄, 長駆逐艦が針路, 長する, 長驢馬が一匹, 長髄彦以来のもの, 長高き老紳士, 長高人情という, 長高大之進です, 長高官ら登場頸に絞首索, 長高木龍耳軒と申す, 長高町氏を呼び入れた, 長髮亂す, 長髯これのみ, 長髯胆量人にこえ, 長鬚鯨一頭でまず, 長とかめ, 長の魚軒, 長を掣, 長鳴けりはろばろ, 長鳴させながら朦朧, 長鳴するがごとき, 長鳴せしめたと見, 長鳶口長熊手打鈎, 長鹿地亘の執筆, 長麻生久氏の所説, 長麾下に属せざる, 長黄いろい幽霊, 長龍耳老人とおっしゃる