青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「鐘~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

鍬~ ~鍵 鍵~ 鎌~ 鎌倉~ 鎖~ 鎧~ ~鏡 鏡~ ~鐘
鐘~
鐵~ ~長 長~ ~長い 長い~ ~長く 長く~ 長屋~ 長崎~ 長男~

「鐘~」 3440, 37ppm, 3112位

▼ 鐘~ (959, 27.9%)

143 音が 56 音は 52 音を 34 音に 33 音の 32 ような 2317 音も 16 ように 13 声が 11 音と 9 中で, 声を, 鳴るの 87 やうに, 中に 6 中へ, 声は, 鳴る頃 5 やうな, 内部に, 音だ, 音で 4 鳴る時 3 おとに, 余韻が, 声と, 声の, 声も, 声諸行無常の, 響が, 響の

2 [49件] きこえるの, さりとは, なかに, ひびきの, ひびきを, またわ, まわりに, 一味, 上に, 下に, 中から, 中には, 中の, 声だ, 声で, 声という, 声ばかり, 常無き, 形を, 忍足, 恐ろしさ, 時に, 様な, 櫓の, 眼の, 聲, 聲を, 連嶺の, 針の, 音さへも, 音であった, 音である, 音でした, 音では, 音とともに, 音には, 音や, 音幕の, 音氷る, 音美し, 音行き, 響きこそ, 響きに, 響きの, 響に, 響を, 頂上には, 鳴ったの, 鳴った原因

1 [316件] あの黄ばんだ, あること, ある尖塔, いつまでも, うしろに, うち, お祝いを, かげ, かたちの, かたへ, かなり複雑な, かはり, かわりに, こえを, ことで, ことまで, こゑ, ごときもの, ごと日は, そばに, ために, つり上げ作業を, どこかに, ないこと, なくなった鐘楼, なるころ, なるまで, なる時, ひ, ひくきゆ, ひびきが, ひびきも, まえに, まねを, まわりを, やうで, やつは, ゆさぶりに, ようなこえ, ような濁った, よその, ラッパが, 一味が, 一味に, 一声が, 一声で, 一打ち一打ちが, 一組が, 七つを, 三羽烏と, 上るの, 下あたりを, 下がって, 下には, 中が, 中でございました, 中では, 中を, 丸へ, 主たり, 乱打の, 予告を, 五ツぐらいな, 代りと, 代りに, 伏さっ, 会社へでも, 余韻に, 余韻は, 例の, 信心が, 健康状態は, 傍へは, 傍らに, 傍らまで, 入相の, 内側に, 内部には, 内部は, 内部を, 冴える季節, 凍るばかりに, 凜, 出征の, 刻み, 前に, 割れ目に, 化物に, 反響の, 取締りを, 合図も, 合間を, 名である, 名刺を, 唄の, 声きこ, 声さへ, 声す, 声すなり, 声つづけ, 声とは, 声など, 声に, 声をば, 声寂滅為楽と, 声松の, 声石山寺の, 声祇園精舎を, 声聞け, 夕暮余音バイオリンクラリネツトバステノル蝶の, 外部にさえ, 大きあり, 大きさ, 大さ, 奏する音楽, 如くウォーッ, 如く水声, 如し, 姿に, 子が, 完成を, 宿は, 帰来を, 帽子を, 引揚げは, 形その, 形の, 影ひたすら, 後朝は, 後祭式の, 徒らに, 思いと, 思ひと同じ, 急な, 急所を, 性能いっさいを, 意で, 所謂を, 手紙を, 手車が, 打ち了, 打ち方, 打ち終わったとき, 振動が, 振動の, 振動を, 振綱, 撞き出し気の毒, 撞木に, 教ふる, 方が, 旋律も, 星も, 智慧でも, 暗号法を, 最後の, 月掛けも, 有無について, 有無を, 本体を, 柱に, 構造明らかなら, 樣な, 横軸を, 機械装置は, 機械装置を, 欠点を, 歌, 歌が, 歌に, 正常な, 殷々たる, 気狂ひ, 沈んで, 波の, 深い鈍い音色, 物静かな, 玉に, 現象が, 瑕を, 疣かがやき染まず, 病院も, 盛名を, 真中を, 禄も, 竜頭が, 第一声が, 第一音, 絵薬師院の, 綱を, 緒長く, 縁そいつへ, 群れが, 聞こえたの, 聲きこ, 聲の, 聲も, 聲初更を, 聲沙羅雙樹の, 聲浮屠氏は, 聲神樂の, 聲貝を, 聲響きしかば, 自から, 舌と, 荷車が, 行方に, 裸なる, 話ぢや, 谷から, 賦, 質量に, 赤ん坊に, 返事は, 運命を, 重三郎と, 銘の, 銘も, 銘をも, 鋳造成分を, 鐘つき男によって, 間が, 面に, 面を, 音あの, 音いろ, 音かなし, 音かなしく, 音きこえ, 音こそ, 音さえも, 音じゃな, 音それとともに, 音だの, 音ちかしか, 音つづい, 音でない, 音でも, 音として, 音との, 音と共に, 音なぞが, 音などが, 音などと, 音なら, 音なる, 音にしか, 音につき, 音にとって, 音にも, 音によ, 音に対して, 音のみ, 音ばかりにしか, 音ばかりを, 音ひ, 音まで, 音みたいに, 音よ, 音わ, 音余韻を, 音再び, 音夕を, 音小鳥の, 音幽, 音梅見, 音楽あらゆる, 音沈む, 音波は, 音燃ゆ, 音百舌鳥が, 音線路に, 音聞え, 音色奥の, 音誦経の, 音読経の, 音迷えるなり, 音霞む, 音音楽堂より, 音響によって, 音馨の, 音駒下駄の, 響, 響きが, 響きと共に, 響きは, 響くを, 響く時, 響と, 響や, 響合唱の, 響樂の, 響犬の, 頂上に, 順序に, 鳴った後, 鳴った方面, 鳴らないうち, 鳴らぬよう二点鐘, 鳴りだすまでの, 鳴りますよう, 鳴り渡る時分, 鳴り響いたこと, 鳴る, 鳴るごと, 鳴るまで, 鳴るよう, 鳴る刻限, 鳴る前, 鳴る寺, 鳴る小さい, 鳴る方, 鳴る順序, 鳴ろうと, 鼾を, 龍頭に

▼ 鐘~ (714, 20.8%)

45 鳴る 31 鳴った 28 鳴って 17 鳴ると 15 なる 10 鳴りました 8 ゴーンと, 鳴り出した, 鳴るの 6 ボーンと, 鳴りひびいた 5 陰に, 鳴つて, 鳴ります, 鳴るまで 4 きこえた, 鳴つた, 鳴りだした

3 [13件] かすかに, ひびいた, ボーン, 一時を, 九ツを, 沈んで, 淵の, 聞えて, 鳴ったの, 鳴り始める, 鳴るか, 鳴る鳴る, 鳴れば

2 [38件] あたりを, あったため, きこえる, ごん, じゃんじゃんと, つるして, なかった, なったり, なって, なつて, ガラン, 一つ打つ, 一時に, 乾いた音, 六つを, 出て, 十二時を, 四ツ, 淵は, 漸く逼, 白拍子の, 聞える, 聞こえる, 静かに, 鳴ったが, 鳴ったと, 鳴っても, 鳴つて控所, 鳴らされる, 鳴りますね, 鳴り出して, 鳴り出す, 鳴り始めると, 鳴り我々, 鳴り渡つて, 鳴り渡ると, 鳴り響いて, 鳴るよう

1 [385件] あぜ道に, あった, あっちこっちで, あって, あつて, ある, あるの, あんな鳴り, いっせいに鳴りだしました, いつまでも, いまだに鳴っ, いよいよ, いんいんと, おもしろいメロディー, お寺で, かくして, かんかんと, かんかん鳴りわたりました, きこえて, きこえるでしょう, きょう一日何事も, こうこうと, こうして横, ここに, ここまで, ころんころんと, こんど献納される, ごうんと落つ, ごく遠く, さがりました, さびた音, さわやかに, しきりに鳴つ, じつにたくさん, じやん, その最後, それを, たしかに鳴, ちょうど六つ, つくられました, つりあげられる時, つり下げられて, つるされて, できあがらねば, できたの, できなくなります, できるかも, どうして福井, どこかに, どんよりと, なくなったひとたち, なしに, なった, なったので, なったらとも, ならうが, なりそれ, なりだしました, なりましたから, なりわたった, なり渡るとともに, なると, なるの, なるひびきを, なるまで, なるまでは, なろとも, のせられて, はたしてご, はっきり聞えた, ひ, ひとりでに鳴りだしました, ひびいて, ふさって, ふらりと, ぼうんと, まじって, また一つ, また一時, まだ聞えない, まだ鳴り止まない, むくりむくりと, もう夕七つ, もう夜, もう鳴ります, ものさびしく鳴っ, やがて四ツ, やさしく清く鳴り渡る, やはり枠, ゆるやかに, ガランガランと, グーッと, ゴンと, ゴーン, ゴーンーンと, バルセロナの, ボンと, ロンドンの, 一つあっ, 一つぶらさげ, 一つほしい, 一つ二つと, 一つ鳴った, 一つ鳴りました, 一斉に, 一時間毎に, 一杵づつ雨雲に, 上りますまで, 上手に, 下りますと, 不意に, 不揃いな, 九つ, 九時を, 二度鳴っ, 二時を, 五つ鳴っ, 亥刻, 人の, 今しがた終った, 代つて, 作れるの, 俄かに, 働くよう, 八つあっ, 八つかかんかかんと, 八ツ半を, 六つ鳴りまし, 六時を, 再び嫋々, 冴, 凍体, 出来ました, 出来上った, 出来上ったらその, 前后, 前後に, 力一ぱいの, 動かないの, 十二個イギリスから, 十二時で, 十五分鐘を, 午前三時を, 半四郎師匠の, 去つて三年, 口を, 合図だ, 合圖でございます, 吊されて, 同時に鳴り出す, 含まって, 喚きながら, 嗄れたやう, 四つを, 四つ鳴りました, 四ツを, 四ツ打つ, 墜落し, 夕の, 夕六つを, 夕靄に, 夜の, 夜中鐘楼の, 夢の, 大当りと, 失せたぞ, 始まったの, 子供を, 子刻, 家の, 寺の, 山から, 山の, 岬を, 崎この, 崎の, 嶽の, 市で, 幽かに, 廃墟と, 忍ヶ岡に, 思いなしか, 悪魔の, 慌しく鳴らされた, 懐しくな, 戌の, 戦勝祈願の, 手に, 手近の, 打ちだされたの, 打つて, 撞木に当たって, 明るい青葉, 明朗たる, 昨夜落ち, 昼と, 時刻を, 晴れやかな, 更に十五分鐘, 来て, 枕に, 枕の, 横丁を, 正しく私, 殷々と, 殷々として, 水に, 沈黙の, 淵から, 淵と, 淵に, 淵紡績の, 淵紡績会社かの, 淵附近の, 物柔らかく, 特別の, 現われたと, 疾くに, 真夜中に, 秋の, 空中に, 突き抜けるよう, 竹矢来の, 細い音, 續け, 耳に, 耳について, 耳許に, 聞えました, 聞えます, 聞えるわ, 聞える江戸, 聞こえます, 聞こえるでしょう, 聽える, 舞台に, 落ちたこと, 被せて, 見えたとき, 覚まさぬ人, 谷の, 谷間に, 身に, 遠くに, 遠近から, 重々しいう, 野の, 釣って, 銀の, 銅製の, 鐘が, 間もなく鳴ろう, 雪に, 霧に, 音波の, 響いた, 響いたら姿, 響いて, 響きますから, 響きますと, 響き始めた, 頭の, 風次第で, 風雨の, 騒ぎの, 騷ぎの, 高く鳴り響いた, 鮮かに, 鳴ったか, 鳴ったから, 鳴ったこと, 鳴ったとき, 鳴ったとたん, 鳴ったなら村, 鳴ったなら睡蓮, 鳴ったので, 鳴ったらあるいは, 鳴ったら第, 鳴ったら筋違見附, 鳴ったり, 鳴ったん, 鳴った小刻み, 鳴った後, 鳴った時, 鳴ってから, 鳴つたと, 鳴つたばかり, 鳴つたら村, 鳴つたら筋違見附, 鳴つた時, 鳴らされた, 鳴らされて, 鳴らされました時, 鳴らされるだろう, 鳴らないうち, 鳴らないので, 鳴らなかったの, 鳴らなかったらおそらく, 鳴らなかったら皆さん方, 鳴らなくなつ, 鳴らなくなりました, 鳴らぬからとて, 鳴りおわっ, 鳴りたそがれごろ, 鳴りだしました蔦紅葉, 鳴りだすと, 鳴りぬいた何日, 鳴りはじめた, 鳴りはじめたとき, 鳴りはじめたので, 鳴りはじめた黄昏, 鳴りひびきました, 鳴りましたから, 鳴りましたね, 鳴ります中空, 鳴ります餅, 鳴りや, 鳴りよる, 鳴りわたって, 鳴りわたる, 鳴り仕舞, 鳴り会社, 鳴り出したいろ, 鳴り出したので, 鳴り出すと, 鳴り出すと共に, 鳴り出すの, 鳴り出すよう, 鳴り出す瞬間, 鳴り始めた, 鳴り始めたの, 鳴り始めた時, 鳴り始めて, 鳴り始めました, 鳴り授業, 鳴り更に, 鳴り止むと, 鳴り止んだ, 鳴り止んだばかりの, 鳴り渡つた, 鳴り渡るころ, 鳴り演技, 鳴り納めた時, 鳴り終えないうち, 鳴り終つた時, 鳴り終るや, 鳴り続いて, 鳴り續, 鳴り耕, 鳴り質素, 鳴り鎮まると, 鳴り陽, 鳴り非常, 鳴り響いた, 鳴り響き遠く, 鳴り響くで, 鳴るかも, 鳴るそして, 鳴るそれ, 鳴るたび, 鳴るだろう, 鳴るでしょう, 鳴るなり, 鳴るのに, 鳴るばかり, 鳴るぽか, 鳴るま, 鳴るまでに, 鳴るまでは, 鳴るや, 鳴るズーツ, 鳴る一刻前, 鳴る丘, 鳴る五六分前, 鳴る場面, 鳴る山, 鳴る師走, 鳴る温泉橋, 鳴る足, 鳴る鐘, 鳴る間際, 鳴る雪, 鳴る頃, 鳴る鴉, 黒い塀

▼ 鐘~ (489, 14.2%)

12 鳴らして 10 合図に 9 撞いて, 聞いて 5 ついて, 叩いて, 打った, 聞くと 4 聴いて, 鳴らした, 鳴らす 3 たたいて, ついたの, ならして, 合圖に, 打つの, 撞く, 聞いた, 聽い

2 [27件] きいた, したひて, つき出すの, つくよう, つく時, や, 伏せたよう, 作って, 叩くと, 打ち了, 打ち鳴らして, 打つ時, 撞かないの, 撞くと, 撞くの, 撫でて, 敲いて, 献納する, 聞きながら, 聴いたであろう, 見上げて, 見詰むれば, 鋳た後, 鳴らしたり, 鳴らすの, 鳴らせ, 鳴らせば

1 [339件] あの鐘楼, あふぐ, あると, うけ取ると, うちならし竹槍, うちならす, うち鳴らす, おもち, おもらひなさい, おろして, おろすの, おろすまえに, お作りに, お弾き, お鳴らし, お鳴らしなさいました, お鳴らせ, かつぐ力, かんかん鳴らす, きいて, ききては, こちらの, このくら, こもらせるうす, こんなところ, ごらんなさい, ごーん, じっと睨み, じや, すこし先, すっぽんの, ずいぶん大きい, そつと, その夜夢, そんなに大勢, た, たたいた, たたいたその, たたいたり, たたいてから, たたきあるいは, たたきながら, たたくかわり, たたくなど, たたくの, ついたという, ついたわけ, ついた後, ついた所, ついた見附, ついても, つかう, つかさる, つかせる, つかんと, つき, つきに, つき鳴らして, つく, つくかを, つくったの, つくった鐘師, つくと, つくとき, つくならあの, つくなら鐘, つくのもつ, つくり上げましたので, つくるため, つくるの, つくるのに, つくるん, つく番人, つく習慣, つこうと, つり上げました時, つるして, とりかこんでるスレート, とり出して, どこへ, どぶん, ならさせて, ならしながら, ならしました, ならし喊声, ならす, ならそ, なんに, ぬすんで, のせた牛車, のろい単調, ひびかせて, ふりかえって, もう一度新しい, もつて, ゆり動かす仕掛け, よして, カンカンと, グワン, ゲンコツで, チンと, ルキーンが, 一つつくる, 一つととの, 一つカーンと, 一つ激しく, 一方に, 一時間前に, 一番心に, 三たび鳴らす, 三べん, 上げる, 下した, 下すまでも, 下りぬ二十七段堂, 下ろしその, 下ろして, 乱打した, 乱打する, 二つ鳴らした, 仏と, 以って, 何度か, 作ったの, 使ったり, 偉大な, 傷つけないで, 傾けました, 傾けるの, 出して, 出た時, 別れに, 千も, 卯刻, 叩いた, 叩いたが, 叩いたん, 叩いては, 叩かれたよう, 叩きに, 叩きピアノ様, 叩き定められた点鐘, 叩くか, 叩くの, 叩くよう, 叩く錘舌, 合図として, 合図の, 吊した鐶, 吊す鉄, 吊りあげると, 吊り小さい, 呪うの, 唄った, 四たび打った, 報ずる仕掛, 売り三井寺, 変事の, 夢の, 奇蹟的に, 奪いに, 少しも, 尾を以て, 山門へ, 差し上げて, 床の, 引いた一事, 引きちぎって, 引きつけて, 引き上げるくだん, 引き起こすと, 引揚げに, 引揚げる, 役所の, 待って, 待兼ねたやい, 得た話, 忘れまいぞ, 懸けたれば, 懸け匱, 手に, 打く, 打ちはじめたぞ, 打ち出した大, 打ち始めてから, 打ち行者, 打ち鳴らした, 打ち鳴らした者, 打ち鳴らし黒風, 打ったの, 打って, 打つが, 打つこと, 打つと, 打つよう, 打つ打棒, 打つ撞木, 打て, 打て鐘, 打とうそうして, 投げて, 押し倒して, 拜觀した, 拝んで, 持って, 振つて, 振り仰いで, 振鳴して, 掛けて, 探れとある, 撃ち錆びたる長刀, 撞いた, 撞いたあと, 撞いたの, 撞いたり, 撞いた夢, 撞かうよ, 撞きながら, 撞き出したので, 撞き鳴らして, 撞くこと, 撞くべしと, 撞くよう, 撞く事, 撞く時, 撞く約束, 撞け, 撞けば, 撞け鐘, 撞木で, 撫ぜた手, 撫でさせた, 数えて, 数へ, 敲いた, 敲くと, 數へて, 斬ったところ, 明らかに, 最後に, 朝晩きける, 横に, 水の, 現今の, 用ゆる, 発矢と, 発見しなかった, 盗み出して, 盗んだと, 眺め, 知事の, 神秘的だ, 福井が, 空高く, 耳に, 聞いたと, 聞いたばかり, 聞いたよりも, 聞きませんでしたか, 聞き乍ら病院, 聞き菩提樹, 聞く, 聞くとき, 聞くとも, 聞くもの, 聞こうと, 聴いたもの, 聴いた事, 聴いた時, 聴いてから, 聴いても, 聴かないうち, 聴く, 聴くと, 聴けよかし, 脱ぎ捨て飛び懸るを, 自分が, 自由の, 舐りて, 衝きに, 見せに, 見た, 見たという, 見たるに, 見つつ, 見なかつたの, 見に, 見上げました, 見付けたの, 見物に, 認めないと, 誰も, 諸地方皆, 買つて来, 起した, 送って, 造って, 造る人, 遠く聞い, 釣った目釘, 釣りその, 釣るして, 鋳させること, 鋳た人, 鋳て, 鋳る時, 鋳んと, 鍛えるの, 鍛へる, 附けたよう, 附け不断これ, 階段口に, 露出した, 静かに, 頭に, 頸に, 高く鳴らしました, 高らかに, 鳴した鐘, 鳴しました, 鳴らさんが, 鳴らしおわった小, 鳴らしその, 鳴らしただけ, 鳴らしたの, 鳴らしたらどんな, 鳴らしでも, 鳴らしぬ安ら, 鳴らしはじめる, 鳴らし万歳, 鳴らし始めた, 鳴らすこと, 鳴らすもの, 鳴らすよう, 鳴らすを, 鳴らす事, 鳴らせた人物, 鳴らそうとまで, 鳴らないよう

▼ 鐘~ (218, 6.3%)

15 鳴る 7 上野か 2 すてきに, よく鳴ります, 一日に, 聞えず鶏, 霞の, 鳴らねど, 鳴りました

1 [182件] あった, あつた, あんまり技巧的, いったいどこ, いつのまにか止ん, いつも壁, うつくしい音, お前が, かかれり, きつと, きょうまで, きょうも, ここより, この前, しづかに, すぐ眼, すさみぬ梵音, その始め, その種々, その終り, それに, それらの, たしかに亥刻, たふとき冷た, ついて, つきならされ高殿, つらからで, つんとも, とどろく梵音, どれほど村人たち, なほ鳴りも, なりつ, なる, のどかに, ひとまず鐘楼, ふるへぬ梵音, ほんとうには, ほんの前, まかれる, また一つ, また冬, まだ遠く, まだ鳴, まだ鳴っ, まるで泥, むかしから, もう夜, もう鳴らされました, もとの, ゆるやかに, わたくしの, わななく, ガアンと, ビクとも, ルルの, ロンドンつけ, 一つだ, 七ツ半, 七時を, 三つの, 上ったの, 両手で, 事あれ, 二時間も, 五十メートルの, 人を, 今いず, 今や深い, 今度こそ, 何處, 余韻なく, 俺が, 僕たちの, 僧形の, 全部尖塔の, 六つから, 再び鳴ろう, 冬の, 凶事を, 出発した, 切通しに, 初めに, 十二時を, 十五分ほど, 十時を, 午を, 半日市の, 又美しい, 古く宋, 叫びぬ梵音, 嗄れた声, 嘆きぬ梵音, 土に, 坊さんの, 増上寺の, 夕の, 多くの, 大事が, 女人を, 宙に, 寂と, 小さくからげた, 少し冴え返っ, 幾年ぶりに, 心底から, 悠々として, 戌刻, 折よく, 旅館や, 昔ながらの, 春の, 昼夜を, 智恩院聖護院出で, 暗くて, 曲芸的な鳴り, 朝に, 東京市中の, 果物を, 梵砌の, 横さまに, 殘りぬ, 気に入った, 気味悪く鳴りつづけ, 気楽ぢや, 水へ, 水平に, 江戸に, 沈んだ響き, 浅草の, 深谷の, 煉瓦の, 父の, 猛獣を, 百年でも, 皆鳴り響けり, 目白の, 神の, 私が, 竜宮より, 絶え入る, 美しくやさしく清らか, 翌日の, 自分の, 自由の, 語って, 誰が, 諸行無常と, 諸行無常の, 諸行無常入相の鐘は, 退くの器, 途中で, 過ぎたのに, 郁次郎の, 酉の, 鉄面皮にも, 鐘の, 陰に, 静かに, 響き出して, 風と, 高く竜頭, 魂の, 鳴った緑盤, 鳴って, 鳴っても, 鳴つた, 鳴つて, 鳴らされなかった, 鳴らしては, 鳴らぬか, 鳴りだしますし, 鳴りつつ, 鳴りて, 鳴りましたが, 鳴りわたれり, 鳴り出づ, 鳴り出づ梵音に, 鳴り渡れり, 鳴り續ける, 鳴るまいな, 黄丕烈に, 黒谷の

▼ 鐘~ (96, 2.8%)

3 うつるという, なりたや, 血を 2 うらみは, ささげた, とどかず脚立, 眼覚め

1 [79件] ああ云う, あらず, あわして, いって, うらみが, うらみがと, うらみの, おどろかされて, お別れ, き, ござる数々, さぐり思, しても, つけて, なったの, なりました, はいったまま, むかって, やせるかと, ゆられて, ヒビが, 一目あわせ, 二つまで, 伏せられたまま, 伝えること, 伝わり鐘全体, 似たれども, 似た事, 似た胴震, 似て, 何を, 傷を, 先立つて, 別れを, 加えて, 合せて, 和し, 塗りて, 塗り殺された者, 墨を, 声ある, 多年の, 大なる, 小石を, 当るの, 径五寸ばかりの, 応えるが, 急き立てられでも, 恨は, 恨み, 恨みの, 慣れたその, 手を, 撞木が, 朝晩したしん, 桜花の, 気が, 求めるという, 直接触れた, 相違ない, 破れ目も, 祈るに, 胸を, 色々な, 血塗らんと, 血塗るという, 触れる音, 起った磁力, 起る磁性, 近づいて, 近よっ, 追いついて, 違いありません, 釁る, 集まった人々, 集らなくなりました, 電流を, 響きを, 鳴らし小さい

▼ 鐘五郎~ (67, 1.9%)

6 の部屋

2 [23件] が唐紙, が紅, が自分, が誕生日, が部屋, に開けさせ, の傘下, の命, の家, の性格, の敵方, の無趣味, の生活, の身, は四十三歳, は店先, は手, を刺した, を刺す, を怨ん, を抱き起しました, を殺した, を殺す

1 [15件] と言, と言われた, の悪事, の悪辣, の惡事, の惡辣, はしばらく, は八畳, は八疊, は暫く, は間違い, は間違ひも, を伴い, を送, を送っ

▼ 鐘~ (53, 1.5%)

15 器の 8 器室の 5 緑揺 3 器が, 器で, 器室で, 器特有の 2 器を, 器室を, 緑揺微光閃 1 の時, 器, 器に, 器は, 器室か, 器室に, 室と

▼ 鐘~ (51, 1.5%)

2 太鼓が, 太鼓の, 撞木が, 撞木の, 板木と, 陣鐘と

1 [39件] いうかと, いっちまったん, いって, きっちり同時にとは, きりぎりすとの, すれば, その閨, どよめきの, なしマレンゴー, なった, なって, なる, なること, よばれて, チョンと, 一緒でした, 一緒に, 人の, 同一に, 呼ぶよう, 太鼓お金を, 太鼓で, 太鼓と, 尼と, 心得童子計, 思はず夕霞, 死体を, 深いつながり, 申すは, 目に, 結婚でも, 血だらけの, 言いますが, 詠じたの, 読経の, 鐘の, 長さ八フィート, 頭株の, 鼓とからは

▼ 鐘~ (50, 1.5%)

2 ごん, 聞えぬ里, 鳴りいでに, 鳴るよう

1 [42件] あの爆弾, うちよう人の, おとなき, きこえないまま, きこゆ, きっと爆弾, そこから, だんだん耳, ないので, なかなか大きな, なし, ふるへる, または休み日, やがて鳴るであろう, ゆり傾ぐなり, よう出来た, 三井寺の, 三年待っ, 世界的に, 今は, 今夜は, 何も, 取る人, 夕暮れの, 往時を, 戦歿三千余魂が, 戸の, 撞ち始めた, 明けの, 気がつかなかったろう, 眠そう, 続いて, 聞えて, 聞えません, 聞えよと, 近く聞え, 鳴らず一晩じゅう戸外, 鳴らず昼頃, 鳴らなかった, 鳴りやんで, 鳴り終つて, 鳴るの

▼ 鐘ヶ淵~ (35, 1.0%)

2 の烟突

1 [33件] から何者, から小, から突き落され, から突落, から綾瀬川口一帯, から逆, といい, という処, と呼ぶ, と唱える, に浮かべ, に発見, のさき, の川蒸汽, の広い, の引揚げ, の方, の水中, の水面, の汽船発着所, の波, の秘密, の紡績会社, の鐘, へドブーン, へ引っ返し, へ投げ込み, へ石炭, へ突落, へ行った, まで凡そ一里, や綾瀬, を經

▼ 鐘撞堂~ (30, 0.9%)

3 の相模屋 2 の下

1 [25件] からお, からこの, から覗き, で何, で相模屋, とか言っ, などが大, に上がっ, に伝わっ, に住ん, に昔, に毎晩鬼, のあたり, のゆう, の弥勒寺長屋, の後, の所蔵品, の石垣, の親方, の近所, の近辺, へき, へと曲る, へ帰るべき, まで帰る

▼ 鐘~ (26, 0.8%)

5 太鼓で 3 みて, 太鼓の, 太鼓を 2 音の 1 あらゆる音響, いろ, おうち, それに, 一千年前に, 春雨や, 梅が枝の, 海の, 祈祷も, 金盥や

▼ 鐘釣温泉~ (20, 0.6%)

1 [20件] から三名引山, から登っ, から黒部川, にいたれ, により日本電力, に来た, に滞在, の二階屋, の岩洞, の湯壺, の湯舟, の発見, へ下山, へ二里二十二町, へ向う, へ通った, まで, を知る, を経, 新鐘釣温泉

▼ 鐘つき堂~ (14, 0.4%)

1 [14件] が倒れる, では一人, といふの, に釣り上げられました, のあたり, のある, の下, の入り口, の屋根, の所, の石垣, の辺, の鐘, をぐるぐる

▼ 鐘~ (12, 0.3%)

1 [12件] から落ちた, が峙つ, だとか, に入り, に還っ, のある, の下, の背後, の與, をはじめ, を認めた, 白き秋

▼ 鐘撞堂新道~ (11, 0.3%)

3 の相模屋 1 というの, なの, にある, にいる, に巣, のお, の弥勒寺長屋, も本所

▼ 鐘~ (11, 0.3%)

1 [11件] から幾百年來, であつ, と掘, に, に上り來, に櫓, に火, の邊, もわからず, をひかへ, 朽ちたる山寺

▼ 鐘~ (10, 0.3%)

1 から四方, から少々, か夜, ぜおい, つて, つてたたけ, ときめ, と極め, と考え, の

▼ 鐘乳石~ (10, 0.3%)

4 のよう 1 が氷柱, が簡単, である, の間, を垂下, を見られます

▼ 鐘撞き~ (9, 0.3%)

2 堂を 1 は前, みたいな, 堂に, 堂の, 堂まで, 男が, 男に

▼ 鐘きこ~ (8, 0.2%)

71 ゆ野に

▼ 鐘一つ~ (8, 0.2%)

6 売れぬ日 1 つくるだけの, 鳴れば

▼ 鐘さん~ (7, 0.2%)

1 がもう, がやつぱしほんとうに好き, ですか, といふ方, は一週間, 小鐘さん, 見たいな

▼ 鐘乳洞~ (7, 0.2%)

1 にも行け, に分散, の中, の内, の内部, を見る, を見物

▼ 鐘太鼓~ (7, 0.2%)

2 ではやされた 1 が鳴る, でお, で捜した, も聞えず, を借り集め

▼ 鐘~ (7, 0.2%)

1 か何, が睨む, という悪魔降伏, の面, もさびし, やら金太郎, や桃太郎

▼ 鐘から~ (6, 0.2%)

1 人の, 借りて, 出て, 受取つた手紙は, 變化し, 近くは

▼ 鐘と共に~ (6, 0.2%)

1 婚礼の, 目を, 稲葉山の, 閉されたる門, 鬼王丸の, 鬼王丸めは

▼ 鐘マント~ (6, 0.2%)

1 でありました, でもっ, に身体, の下, をまとっ, を着

▼ 鐘五郎自身~ (6, 0.2%)

2 に開けさせ 1 にも見, にも見当, もういちど戸締り, もう一度戸締り

▼ 鐘~ (6, 0.2%)

1 で径五分, の, の玻璃器, の硝子筒, ノ, 覆い古い

▼ 鐘鳴り~ (6, 0.2%)

1 て, て早, とは時計, やみぬ, やみ妙, 止む頃

▼ 鐘鳴る~ (6, 0.2%)

1 ころわれは, は一時, まではカラ, ゆふ, 時より, 法隆寺

▼ 鐘さえ~ (5, 0.1%)

1 学校通いの, 聞かなかった, 鐘楼から, 霞む日, 鳴り出した

▼ 鐘つき~ (5, 0.1%)

1 てとぢめんこと, ですか, にやっ, の小僧, 居れば

▼ 鐘~ (5, 0.1%)

1 あつた, あつたら, すっぽりと, できた爆弾, 大團圓

▼ 鐘です~ (5, 0.1%)

1 か, からどうしても, から敬虔, ね, ほかの

▼ 鐘として~ (5, 0.1%)

1 ある, ひびきはじめた, 垂死の, 空く杖, 竹に

▼ 鐘なら~ (5, 0.1%)

1 で誰, ば夢, ん二つ三つ四つ八時か, 毎日聞い, 爆弾が

▼ 鐘ガ淵~ (5, 0.1%)

1 には毎年, のれい, の近く, へ沈め, へ落しこまれ

▼ 鐘供養~ (5, 0.1%)

1 がすん, ぞと言っ, というの, はしなく, をしたい

▼ 鐘入り~ (5, 0.1%)

1 になった, になります, には普通, の場合, もせず

▼ 鐘~ (5, 0.1%)

1 がつくった, がひどい, だったので, のハインリツヒ, の名

▼ 鐘~ (5, 0.1%)

1 から祖母谷林道, の三, の如き, や花敷, 迄四里

▼ 鐘ありし~ (4, 0.1%)

2 なり, なりと

▼ 鐘こそ~ (4, 0.1%)

2 不思議なれ 1 かすかに, 朝鮮から

▼ 鐘でも~ (4, 0.1%)

1 あろうか, ついて, 敲け, 鳴らないか

▼ 鐘という~ (4, 0.1%)

1 のは, のを, 名前の, 物を

▼ 鐘といふ~ (4, 0.1%)

1 のが, のは, ものは, 名の

▼ 鐘~ (4, 0.1%)

2 のです 1 んでしょう, んです

▼ 鐘には~ (4, 0.1%)

1 僕は, 吉彦さんが, 洋琴みたいに, 無論影響

▼ 鐘巻一火~ (4, 0.1%)

1 という火術家, のあと, のところ, の口

▼ 鐘~ (4, 0.1%)

2 自斎 1 流の, 自斎以上

▼ 鐘~ (4, 0.1%)

1 おこりぬ, はこの, またきくべからず, を截

▼ 鐘遠く~ (4, 0.1%)

1 きこえ, に並ん, の鐘, より聞

▼ 鐘あり~ (3, 0.1%)

1 すなわち当, て参詣, といへ

▼ 鐘うて~ (3, 0.1%)

3 ば白木

▼ 鐘からは~ (3, 0.1%)

1 しげしげと転居, そばで, 頻繁に

▼ 鐘だけは~ (3, 0.1%)

1 やられないと, 二つ見える, 高く高く空

▼ 鐘つくり~ (3, 0.1%)

1 の名人, や鍛冶屋さん, を呼び寄せた

▼ 鐘などを~ (3, 0.1%)

1 ぼんやり聞い, 見て, 鳴らして

▼ 鐘なる~ (3, 0.1%)

1 ときの, ものも, 月夜と

▼ 鐘ばかり~ (3, 0.1%)

1 なって, 睨んで, 鳴らしては

▼ 鐘撞い~ (3, 0.1%)

1 て, て見ろ, て送られた

▼ 鐘~ (3, 0.1%)

1 の輪郭, はそれぞれ, も同様

▼ 鐘重三郎~ (3, 0.1%)

1 が茅場町あたり, は松坂木綿, を追いまわし

▼ 鐘~ (3, 0.1%)

1 に眼, の意味, より以前

▼ 鐘響く~ (3, 0.1%)

1 に先だつ, 鐃, 頃姫と

▼ 鐘うち~ (2, 0.1%)

1 ぬ月, 振れり為すあるごとし

▼ 鐘がなぁ~ (2, 0.1%)

2

▼ 鐘きけ~ (2, 0.1%)

2 ばその

▼ 鐘この~ (2, 0.1%)

1 日この, 淵に

▼ 鐘それ~ (2, 0.1%)

1 が物静か, も無常

▼ 鐘それから~ (2, 0.1%)

1 アセチレン瓦斯の, 後山の

▼ 鐘だけ~ (2, 0.1%)

1 失ったカソリック, 見える鐘楼

▼ 鐘つけ~ (2, 0.1%)

1 ば春雨, 鐘つけ

▼ 鐘であった~ (2, 0.1%)

1 という, とされ

▼ 鐘であろう~ (2, 0.1%)

1 大きく八刻, 此の

▼ 鐘では~ (2, 0.1%)

1 ない約束, なく非常

▼ 鐘とか~ (2, 0.1%)

1 そんなもの, 地球儀織物陶器などと

▼ 鐘とが~ (2, 0.1%)

1 あった, 言い合わしたよう

▼ 鐘とは~ (2, 0.1%)

1 どうにも思われない, 音の

▼ 鐘とを~ (2, 0.1%)

1 やけに, 聞く情趣

▼ 鐘なりぬ~ (2, 0.1%)

1 今し, 柳に

▼ 鐘なんか~ (2, 0.1%)

1 とんでは, 叩いて

▼ 鐘にて~ (2, 0.1%)

1 人形, 人形を

▼ 鐘にも~ (2, 0.1%)

1 うつって, 春の

▼ 鐘のねの~ (2, 0.1%)

2 やうに

▼ 鐘のみ~ (2, 0.1%)

1 では, 存ぜり

▼ 鐘ふた~ (2, 0.1%)

1 百七十円八十銭ふた, 百八十五円丁度

▼ 鐘まで~ (2, 0.1%)

2 鳴り出して

▼ 鐘~ (2, 0.1%)

2 がいや

▼ 鐘よりは~ (2, 0.1%)

1 一条の, 八時の

▼ 鐘よりも~ (2, 0.1%)

1 大きい, 百倍も

▼ 鐘らしい~ (2, 0.1%)

2 ものは

▼ 鐘~ (2, 0.1%)

2 ァ鳴

▼ 鐘モスクワ~ (2, 0.1%)

2 の二

▼ 鐘一味~ (2, 0.1%)

1 におどかされ, のいう

▼ 鐘个岬~ (2, 0.1%)

1 を中心, を過ぎぬ

▼ 鐘五郎日頃~ (2, 0.1%)

2 のたしなみ

▼ 鐘~ (2, 0.1%)

1 はと決心, よひもいね

▼ 鐘~ (2, 0.1%)

1 ゆる, ゆる第

▼ 鐘~ (2, 0.1%)

1 ははじめて, は口

▼ 鐘~ (2, 0.1%)

1 とを乗せ, のため

▼ 鐘巻どの~ (2, 0.1%)

1 の鉄砲, も一流

▼ 鐘巻殿~ (2, 0.1%)

1 かねて由良, とここ

▼ 鐘~ (2, 0.1%)

1 を蒙, 措くところ

▼ 鐘~ (2, 0.1%)

2 の松

▼ 鐘掛け~ (2, 0.1%)

2 てす

▼ 鐘搗堂~ (2, 0.1%)

1 の鐘, をうしなった

▼ 鐘撞く~ (2, 0.1%)

1 や, 男は

▼ 鐘撞木~ (2, 0.1%)

2 とりそ

▼ 鐘撞番~ (2, 0.1%)

1 のアンチップ・プローホロフ, を呼べ

▼ 鐘消え~ (2, 0.1%)

1 て, て花

▼ 鐘烈しく~ (2, 0.1%)

2 きこゆ

▼ 鐘~ (2, 0.1%)

1 といふ姓名, の訪問

▼ 鐘~ (2, 0.1%)

2 を引い

▼ 鐘~ (2, 0.1%)

1 の尋常, は寂滅

▼ 鐘調~ (2, 0.1%)

1 といったよう, の掻き

▼ 鐘路四辻~ (2, 0.1%)

1 の方, の真中

▼ 鐘路裏~ (2, 0.1%)

1 でカフェー, へ行く

▼ 鐘釣附近~ (2, 0.1%)

1 でもよい, に達する

▼ 鐘~ (2, 0.1%)

1 というもの, を取立て

▼ 鐘~ (2, 0.1%)

1 がかく, が聞こえる

▼ 鐘馗様~ (2, 0.1%)

1 がお笑い, とお雛様

▼ 鐘鳴りぬ~ (2, 0.1%)

2 わが子らよ

▼ 鐘鳴りわたり~ (2, 0.1%)

2 朝の

▼1* [213件]

あつらえたように, 鐘あれども撞かず, 鐘いまだ氷る夜, 鐘いま大砲となる, 鐘いんいんと, 鐘ほく鳴る, 鐘幽かに, 鐘かすめたる騒ぎ唄の, 鐘かと聞くと, 鐘からの手紙が, 鐘がでつか過ぎて, 鐘がと素人下宿を, 鐘がなある, 鐘がにはかに, 鐘かむとて, 鐘きく如きものの, 鐘ここの禅寺, 鐘こそはきっといい, 鐘ことごとく鳴りはじめぬ, 鐘んご, 鐘ごえでこう, 鐘へ鳴れ, 鐘さまも行っ, 鐘さらに鳴り, 鐘すこし離れて, 鐘その他を含み, 鐘鳴る, 鐘たしか方広寺の, 鐘たたきを取っ, 鐘だけで証明出来よう, 鐘だけもつてかへ, 鐘だけを若ものに, 鐘だちけ, 鐘だったがもう二度と, 鐘だってお国, 鐘ちかく聞き二たび, 鐘やない, 鐘ってどなたかの, 鐘つき男によって発見, 鐘つき番に賄賂, 鐘であるがどうも, 鐘との由来は, 鐘ともいよいよお, 鐘など聞えないので, 鐘などばかり見て, 鐘ならずば好まし, 鐘なりその故, 鐘なりともいう, 鐘なれば, 鐘なんともいえない余韻, 鐘についてのおもいでは, 鐘にとつても, 鐘になつて疵付ける, 鐘にまで伝わらなくては, 鐘のさびをきれいにふきおとしていそい, 鐘のねにさそわれて, 鐘のねをきく, 鐘のめりやすをどこ, 鐘はたとへ谷底, 鐘はにほひぬ梵音, 鐘ばな小花, 鐘ほどジャンジャンと, 鐘までがいつもとは, 鐘までも同じぐらい, 鐘むかしもさぞ, 鐘めがけて走った, 鐘ゆらゆらとなっ, 鐘光の, 鐘よりごろが, 鐘われがねなら, 鐘をかぞへぬ, 鐘をとこうやったら, 鐘をめぐって土塀の, 鐘チャンギリも浮きうき, 鐘ツキ堂の堂守, 鐘ヶ江東作東道太郎三氏の著, 鐘ヶ淵北千住草加越ヶ谷粕壁久喜鷲の宮, 鐘ヶ淵四木から新宿, 鐘ヶ淵綾瀬川なぞの蘆, 鐘一列くもる, 鐘一度ばかり代っ, 鐘七時を打つた, 鐘三郎の子, 鐘下房少輔, 鐘満時, 鐘の法師, 鐘乳岩の壁, 鐘乳窟の火薬, 鐘二つ沈みいたが, 鐘五品を与えた, 鐘亭半山なるもの, 鐘の型, 鐘全体がああ, 鐘は新令実施, 鐘半夜に来り, 鐘半鐘の乱打, 鐘南中学の高等科二年, 鐘博士の夫人, 鐘取りおろし拭きつつ, 鐘取れた痕なり, 鐘叩くやら, 鐘へかけあがっ, 鐘右側のがここ, 鐘合図ととも一手, 鐘吉氏の研究所, 鐘に文句, 鐘居ますか, 鐘ひびきわたるところ, 鐘を持っ, 鐘暮雨, 鐘の風変り, 鐘城鼓モ遠ケレバマタ趣キナキニアラズ, 鐘を俺, 鐘を待ち構え, 鐘多く鳴る, 鐘夜火寒山寺記過呉楓, 鐘鼓で, 鐘太郎氏で立会検事, 鐘太鼓木魚銅鑼のオーケストラ, 鐘太鼓鳴り物の響き, 鐘宇邦人和田延太郎とともに上海, 鐘または羂索院, 鐘巻一火のとばり, 鐘と逸見上申書, 鐘建立が行われ, 鐘ではない, 鐘形花を一輪, 鐘形覆いの間, 鐘御坊何をいう, 鐘微塵に砕け, 鐘弱いの, 鐘情集惠贈, 鐘愛していた, 鐘愛したと, 鐘ひは, 鐘拍子木が節, 鐘の松, 鐘搗いて花, 鐘撞先生には何事, 鐘擣男醉ひしれ, 鐘數十口のうち, 鐘永十一年甲戌四月九日, 鐘是余最所愛, 鐘昼食を報ずる, 鐘を報じたるなり, 鐘の鳥, 鐘暮雨に坐す, 鐘がジャンジャン, 鐘にひびき, 鐘の窪みあり, 鐘樓土牢等にある, 鐘樓樓門その他山林方三里及び多大, 鐘段々と鳴りつづける, 鐘殿と下し, 鐘と二人, 鐘の音, 鐘汽車の笛, 鐘の音, 鐘海鯨の吼, 鐘淵紡績の女工, 鐘淵紡績会社工場の汽笛人, 鐘淵紡績慰安会愛国婦人会慈善会京都青年会大バザー, 鐘激しく鳴る, 鐘状花蛍袋や虎の尾, 鐘ばかりも一時, 鐘な作用, 鐘割る罪, 鐘の前, 鐘石山の月, 鐘石油缶そんなもの, 鐘破れたるを小, 鐘破れ瑕つけりある, 鐘祥等をし, 鐘とあり, 鐘組織の紙片, 鐘聲カピトリウム街頭に起る, 鐘聲起こりぬ, 鐘で叩かず, 鐘とある, 鐘薄く雨の, 鐘の音, 鐘起る春の, 鐘路会館の扉, 鐘路通りをさし, 鐘につるし, 鐘造りでお母さん, 鐘遂げられざる恋の, 鐘過ぎゆく小舟水の, 鐘釣及新鐘釣の三, 鐘釣山の大, 鐘釣温泉以下の林道, 鐘釣温泉附近からは段丘, 鐘銅羅等のジヤン, 鐘銘問題など甚だしく, 鐘のついた, 鐘の前, 鐘陰々と和, 鐘に響き, 鐘青ざめた大空室の, 鐘までだ, 鐘頼朝寄進の薬師堂塔, 鐘馗樣の首, 鐘馗髯を描く, 鐘のそれ, 鐘鬼図一幀愛石の柳陰呼渡図一幀, 鐘鳴らしかくて, 鐘鳴らず鐘は, 鐘鳴らぬほどに人々我, 鐘鳴り親はふためきぬ, 鐘鳴り響き各教会, 鐘の声, 鐘の類, 鐘鼎款識にも出