青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「鎧~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

錢形~ 錦~ 録~ 鍋~ 鍬~ ~鍵 鍵~ 鎌~ 鎌倉~ 鎖~
鎧~
~鏡 鏡~ ~鐘 鐘~ 鐵~ ~長 長~ ~長い 長い~ ~長く

「鎧~」 1340, 14ppm, 7712位

▼ 鎧~ (239, 17.8%)

24 の中 7 の上 5 に入れ, の蓋, を背負っ 4 のなか, の底 3 ではない, の前 2 がどう, が据え, と三本錐, のそば, の保存, の傍, は, へ詰め, をおろし, を受け取った

1 [159件] からこぼれ出した, からとびだした, からわき出た, から一領, から出され, から化け物浪人, から紅い, か短刀, があっ, があとずさりし, がございます, がめっぽう, がドッシリ, が来, が置き, が道場, が飾っ, だ, だけは八畳敷, であるから, ですよ, でどこ, とお, とかに何, とついで, とやらのこと, と一緒, と見えました, にかぎっ, にかわっ, にこもっ, にしがみつい, にはいっ, にはいった, には何, には具足, にひそん, にぶっ, にへえっ, にめざす, に五百両, に手, に手頃, に抱きついた, に揺られ, に格別, に獅, に納め, に納めた, に蓄えた, に蔵, に詰め, のお神輿, のこと, のすえ, のみがビク, のむしゃくしゃ, の一つ, の一件, の一方, の一間, の内容, の内部, の前後, の前立, の厳然たる, の取りもどし, の在所, の座敷, の片, の番人, の真上, の秘密, の肩紐, の血, の血汐, の覆, の間, はいくら, はいったい, はとても, はひい, はみつかった, はわかっ, は向島関屋, は確か, は雲助, は饗庭, へ, へお, へかかったらしい, へはいっ, へひそん, へ入れ, へ入れた, へ納めよう, ほど持ち重り, までも抵当, もあつ, もお, も充実, も有る, も槍, も自分, やら巻物, より一領, を, をお受け取り, をかつい, をかつぎ出しました, をかつぐ, をここ, をしょっ, をせおった, をと, をとっ, をどさり落した, をな向島, をまたい, をみせ, をもっ, をグルグル, を下, を下し置かれましょう, を下男久七, を前, を取り出し, を取り巻い, を取り落した, を受け取らぬ, を囲ん, を売っ, を奪, を妻恋坂, を座敷, を引き出し, を戸外, を担ぎ出す, を持たせない, を持ち上げ, を指, を指さした, を据え, を暫く, を洗いきよめ, を町, を瞞, を置き, を背負った, を自分, を茶屋, を荷なった, を買っ, を醤油樽, を飾り, を飾る, を饗庭, を饗庭様, 欲しさ

▼ 鎧~ (223, 16.6%)

14 袖を 11 袖に 7 上に, 渡しを 5 中に 4 ような, ように, 下に, 渡しの, 音が 3 渡しは, 片袖, 胴を, 袖の

2 [18件] かくしから, ひしめきや, 上から, 上帯を, 姿目のあたり近い, 渡し守は, 渡を, 猩猩緋, 肩に, 背に, 胴の, 草摺の, 草摺や, 袖で, 袖と, 袖や, 重さ, 金八は

1 [111件] いでたちで, うえに, うちに, ことよ, こと義貞は, ごとき屋根, ごとく鉄砲, ごとく黒松, そばに, ちぎれや, ない所, ひびきも, ほうへ, まま拝殿に, やうだ, ようなおぶい, ようにも, アイビキ紐草摺の, 一部が, 一部を, 上には, 上小帯を, 上帯に, 下とに, 下にかけて, 下の, 下を, 両脇, 中からの, 中で, 中には, 二領三領は, 仮面に, 修繕を, 側に, 催促は, 兵士は, 前に, 前一メートル, 十字軍士を, 合せ目から, 味噌倉その, 問題にも, 塀を, 外に, 威の, 引きちぎれを, 捨てどころなき, 方を, 格好は, 様な, 横に, 欠陥が, 毛も, 気配また, 浪が, 浪の, 浮きつ沈みつゆられけるは, 浮きぬ, 清正は, 渡しと, 渡しへ, 渡し茅場町の, 渡し藤吉は, 渡に, 渡の, 渡舟から, 着初式とかいう, 着方, 籠手の, 紐を, 綿貫とを, 緒など, 縅の, 肩へ, 背から, 背を, 胴だけ, 胴に, 胴ばかりを, 胴締めを, 胸に, 胸当に, 胸当の, 胸板掛算に, 脇緒を, 脇腹へ, 腹筋を, 膝に, 草ズリの, 華やかさは, 袖から, 袖じるし, 袖なり, 袖にかけて, 袖は, 袖微塵に, 裾に, 裾を, 身代りに, 進歩によって, 重量の, 金具なども, 金小貫や, 鉄銅を, 鍛具や, 隙間を, 隙間を通して, 露を, 革も, 音を

▼ 鎧~ (216, 16.1%)

26 着て 4 きて 3 つけて, 着たり

2 [14件] きたよう, きたサムライ, ぬいで, 取って, 着たという, 着ると, 着下した身の丈三丈, 着薙刀, 着錦, 脱いで, 衣の, 見ると, 解いて, 身に

1 [152件] あき箱, あらためて孔明, いちいち取外し, かけたという, かすめ呂布, かついで, きたみたい, きた幾百, きのうも, きらめかせラッパ, こしらえて, これへ, すてて, そばに, たたきこわして, つけきょう西国, つけたライオン, つけた人, つけた蝿将軍, つけた髯男, つけ兜, つけ胸白, つけ鍬形, ととのえて, とり戻したぞ, ぬいだらどう, ぬいだら一ぺん, ぶつけ合って, ぽんぽんと, まとった, まとわず頭, みつけて, みつけ出したの, もって, やつた, ゆるめた, ゆるめて, わたされて, ザクリと, 一領買っ, 三枚と, 三重ねまで, 入れる余地, 出して, 出せ, 剥いだこと, 力一杯支え, 動かしたもの, 動かすこと, 千りょうそろえ, 取つて投, 取り出して, 地に, 外した腹巻, 好み最も, 射抜く筈, 廻転させた, 引き寄せて, 引き摺り出して, 引っ剥い, 御神体, 手早く身, 扮装った, 投げかける用意, 投げ出せば, 拵えて, 持ち出して, 持って, 指差し, 捧げ背後, 揺据える, 新調した, 朱に, 棄て雑兵, 横に, 横向きに, 片附ける, 百両で, 盗み取ったよう, 盗んだよう, 看た老, 眼早く, 着かさね髪, 着かざつたさむらひ共, 着けた人間, 着け具足, 着こみ太刀, 着こむと, 着こんで, 着せた智謀, 着せて, 着せようと, 着せ兜, 着た, 着たの, 着たよう, 着たら矢張西洋風, 着たるも, 着た兵士, 着た兵隊さん, 着た方, 着た番兵, 着た者, 着た若武者, 着た軽, 着た馬上, 着るだろうと, 着るには, 着るべし, 着るわけ, 着る桃太郎みたい, 着下, 着十文字, 着水牛, 着流しまだ, 着用に, 着糟毛, 着紺地, 着虎御前, 着込む, 着込んで, 着鉄, 着青毛, 着鹿角, 矢すべる, 米俵の, 紅ひ, 纏っても, 背中に, 背後に, 脱ぎすてて, 脱ぎて, 脱ぎ冑, 脱ぎ重ねそれ, 脱ぎ馬, 著け, 著たっ, 著来っ, 被り, 解きかくして, 解き弓矢, 解くいとまもなく, 買うこと, 踏みちらして, 輝らして, 造る鎧作, 選んだの, 重ね宝剣, 重ね腰, 重ね鍬形, 預かって, 颯と投げかける

▼ 鎧~ (58, 4.3%)

2 がとざされ, がひっそり, と不思議, は最近, を押しあける

1 [48件] からその, があけはなたれ, がバタンバタン, が佗, が半開き, が或, が或いは, が深く, が蝶番, が附い, が飛ばない, ではなし, になっ, には花, に八つ当り, に命中, に囁き, に附着, のある, のすき, のやう, のよう, の下りた, の僅か, の棧, の輪廓, の閉まつ, の隙, の隙間, はみな, はみんな, へ額, までの角度, も指, も菌, をあおる, をおろし, をしめ, をしめて, をできるだけ, を下し, を半開き, を釘, を鎖した, を閉ざせる, を閉した, を閉じ, を開け放した

▼ 鎧~ (54, 4.0%)

6 身を

1 [48件] いたるまで, かためた身, こんこんと, ござります, しがみついたまま, すぎないの, そっくりな, はねかえされて, みとれて, 一すじの, 似たもの, 似たるかな, 何の, 十文字の, 大身の, 射当って, 引立て烏帽子, 描いたマーク, 救われたから, 日の丸の, 朱塗の, 残り楯無し, 満身の, 火焔頭の, 焼け焦げの, 獅蛮の, 生血の, 白い母衣, 真っ黒な, 立つ所, 立つ矢, 立て所々, 紅の, 萌黄緞子の, 蒸された肌, 虎御前の, 載って, 輝きて, 辷つて, 近づこうと, 金の, 金五十枚を, 銅の, 錆色の, 鍬形のか, 鍬形打たる, 黄金の, 黒革の

▼ 鎧~ (43, 3.2%)

1 [43件] いいが, かれの, じっとつっ立った, その夜, その大き, その蟀谷, ついに見つかりません, どうであった, なかった, なくても, ぬぐわけ, まだ草摺り, ガラガラと, ヘク, ボール紙の, 上に, 下野国佐野の, 今にも歩きだす, 今までにも, 刀が, 君可恐い, 大地に, 大袖, 天晴平門公子の, 失って, 役に立たぬ, 御先祖さま, 必要じゃ, 情懷を, 換えて, 朽ち破れて, 甚太郎めが, 着けたが, 着けては, 箱に, 脱いで, 色あせて, 華やかだった, 薄暗い森, 銀女の, 阪東の, 面当てらしく, 首なし

▼ 鎧~ (35, 2.6%)

13 アカイアの 6 ヘクト 2 トロイアの

1 [14件] が如く繰, ことに, アカイア人二軍の, アカイア軍の, アカイア軍勢の, クレーテス族を, トロイア軍の, トロイア軍勢の, ヘクトール娶り, 勇士の, 自方, 英武の, 軍勢の, 青銅輝き

▼ 鎧武者~ (32, 2.4%)

2 が現れ, の繪

1 [28件] がしょっ, がつまり八面大王, がのん, がまことに, が内裏, が大変好, が敵, が本馬, が栗毛, が角, が雪, であるの, ではない, とがその, なの, になつ, にはあらず, に扮, の姿, の影, の戦争劇, の撥, は, は地主, は誉れ, や平安朝風景, を七人, ヒシヒシと

▼ 鎧~ (26, 1.9%)

2 甲も, 血で

1 [22件] あった, あり, ある, すっかり鏡, ぜんぶ鉄で, ちょうど君, ぬげば, まさしく着け, 一打に, 似寄ったところ, 明珍長門家政の, 着けず侍女, 着けて, 知らず, 繕おう槍, 脛当ても, 脱いで, 興味を, 解かず宿直, 解かず身, 重たげ, 馬と共に

▼ 鎧~ (23, 1.7%)

2 飾って

1 [21件] あったな, あり扇子, かがやく日, たった一つ, ほしいなあ, また悪い, 不平さうに答へ, 二領それらの, 売りもの, 大事か, 彼女の, 投出されたよう, 無い, 破れて, 笑ったり, 笑って, 縞の, 考えて, 聖アウガスチンの, 衣の, 魂の

▼ 鎧~ (16, 1.2%)

2 兜は, 太刀に, 鍬形の 1 兜を, 具足の, 刀は, 劍道の, 持物の, 槍や, 物の具を, 肌着に, 顔までも, 馬の

▼ 鎧~ (15, 1.1%)

1 [15件] なり剣, 並んで, 云い水牛, 云は, 云へる, 伝えられたもの, 体とが, 兜を, 太刀さきの, 書き平石, 武者領とが, 竜頭の, 粋な, 鋼鉄の, 鎧を

▼ 鎧~ (15, 1.1%)

1 [15件] が櫃, に着かえれ, に身, の擦れ合う, の軍人, の鮮血, はけむり, を借り, を着け, を粧い, を纏う, を解い, を誇り, を身, 大剣

▼ 鎧具足~ (13, 1.0%)

2 を着け

1 [11件] にかため, にがっしり, に身, のまま神酒, の列座, の音, は神衣, もまとえまい, をつけ, を山, を註文

▼ 鎧~ (12, 0.9%)

2 を見る 1 から海運橋, で味噌漉, といふの, などの名, に出, のたもと, の味噌漉提げ, の方, を向う, を渡った

▼ 鎧直垂~ (12, 0.9%)

2 は着 1 とも云う, と八龍, に就い, に巨躯, に身, の下, も着, をかけ, を着, を着けない

▼ 鎧~ (10, 0.7%)

2 全身を 1 あつた, それに, 固めて, 奥州合戦の, 肩が, 茶室へも, 草摺は, 身体を

▼ 鎧~ (10, 0.7%)

1 その頃, であったから, で明珍, で柳生家, とか塗師, などいう, などすべて武具, などの工匠たち, に柾木宗一, ひとりいない

▼ 鎧~ (9, 0.7%)

1 からさ, から湯煙, が二つ, が見えます, だ, に鍵, の桟, の続く, を開く

▼ 鎧でも~ (8, 0.6%)

2 着て 1 ぶら下げるため, 兜でも, 喰ひます, 射透すだろう, 打たせて, 着たよう

▼ 鎧~ (8, 0.6%)

21 ざツく, ておの, 主將, 先鋒の, 半ば裸かの, 神に

▼ 鎧~ (8, 0.6%)

1 が頸動脈, で一, の尖, の柄, を取っ, を手, を握っ, を白い

▼ 鎧下着~ (7, 0.5%)

1 あるいはこまかい, に卯の花, に着かえ, の垢, の袖, まで濡れひたった, やら肌着

▼ 鎧~ (6, 0.4%)

2 たる武者三人 1 たる阿修羅, てお, て和田, て手

▼ 鎧~ (5, 0.4%)

1 と云っ, の真っ白, の肌着, を脱ぎすて, 色々糸縅

▼ 鎧~ (4, 0.3%)

2 て宇治 1 て金覆輪, て鍬形うつ

▼ 鎧です~ (4, 0.3%)

1 かこれ, からもの, がこれ, って

▼ 鎧へる~ (4, 0.3%)

1 二人の, 手に, 神の, 者と

▼ 鎧~ (4, 0.3%)

1 すなわち身, どうぞどうぞお返し, には莫大, に身

▼ 鎧~ (4, 0.3%)

4 の一

▼ 鎧~ (3, 0.2%)

2 ぶとを 1 ぶとに

▼ 鎧~ (3, 0.2%)

1 がとくに, とか虎, と決定

▼ 鎧とを~ (3, 0.2%)

1 つきまぜたよう, 王双に, 身に

▼ 鎧~ (3, 0.2%)

1 おしの, おしを, ほしを

▼ 鎧にも~ (3, 0.2%)

1 全く同じ, 大きく音, 耐えぬほど

▼ 鎧売り~ (3, 0.2%)

1 に斬りちらされた, の男, の若者

▼ 鎧燦爛~ (3, 0.2%)

1 たる諸, と自身先, の

▼ 鎧かけ~ (2, 0.1%)

1 の松, 松とも

▼ 鎧から~ (2, 0.1%)

1 一メートルほどの, 取り外しに

▼ 鎧だの~ (2, 0.1%)

1 康孟詳だの, 銀の

▼ 鎧~ (2, 0.1%)

1 やない, やア

▼ 鎧つて~ (2, 0.1%)

1 さう, ゐても

▼ 鎧~ (2, 0.1%)

1 のである, ので出来ず

▼ 鎧など~ (2, 0.1%)

1 さまざまな, ほどよきところ

▼ 鎧~ (2, 0.1%)

1 つかまろうと, 吹きつけて

▼ 鎧ほひ~ (2, 0.1%)

1 て, て歩兵

▼ 鎧やら~ (2, 0.1%)

1 何やらはいっ, 雑兵具足やら

▼ 鎧よりも~ (2, 0.1%)

1 目覚ましい, 綺麗ぢや

▼ 鎧一領~ (2, 0.1%)

1 を副え, を携え

▼ 鎧~ (2, 0.1%)

1 を武士, を買っ

▼ 鎧屋さん~ (2, 0.1%)

1 はやく逃げた, まだ売れません

▼ 鎧扉式~ (2, 0.1%)

1 に十数条, の縦窓

▼ 鎧材料~ (2, 0.1%)

1 から倉, をみんな

▼ 鎧橋下~ (2, 0.1%)

1 に至る, の上流

▼ 鎧櫃一つ~ (2, 0.1%)

1 と刀, に衣裳箱ひとつ

▼ 鎧櫃取り~ (2, 0.1%)

2 もどしの

▼ 鎧甲高く~ (2, 0.1%)

1 ひ, 鳴りひびく

▼ 鎧袖一たび~ (2, 0.1%)

1 触るれば, 触れて

▼ 鎧袖一たび觸~ (2, 0.1%)

1 るれば, れて

▼ 鎧~ (2, 0.1%)

1 しの, しを

▼1* [150件]

あたりに高鳴る, 鎧あり札に, 鎧あるいは乱髪または, 鎧いでたちを, 鎧いま脆く, 鎧いま敵手にある, 鎧える親, 鎧約束の, 鎧がまとはれ, 鎧さえボロボロに, 鎧て彼, 鎧ずれや具足だこ, 鎧そういうものの, 鎧それらが炎, 鎧だけでも三四十領ほか具足やら, 鎧だけにしては, 鎧つけ猛勇恰も, 鎧つけ二條の槍, 鎧つた葉も鋼鉄, 鎧つてひとときの眠り, 鎧つて横つ坐り, 鎧つんざかれ地上に, 鎧であろう金属の, 鎧でなければならなかつた, 鎧ではないが, 鎧という人目立つ, 鎧として人に, 鎧とて答拝せらる, 鎧どんなものだ, 鎧なり乃至は, 鎧なんか着たって, 鎧にあたって砕けた, 鎧にかかつてカワラ, 鎧についてもあなたは, 鎧はれ出した気が, 鎧はん時に帶, 鎧ばかりいじって, 鎧ばかりを着した, 鎧ばっている, 鎧ひたたれなほ捨てず, 鎧ひ耀きて戰陣, 鎧びつだの何の箱, 鎧びつのような一具の中, 鎧ふべく汝の, 鎧またその葦毛, 鎧まで金に, 鎧までを入質し, 鎧まばゆきばかり装っ, 鎧みたいなもん, 鎧もたねば成らぬ, 鎧らしく背戸の, 鎧わが身に着くる, 鎧グラの上方, 鎧トロイア人の手, 鎧ヶ淵の戦い, 鎧一着ずつを分配, 鎧一縮して, 鎧一領頸結うたる俵一つ, 鎧とか雅楽寮, 鎧作りの工業家, 鎧俵鐘五品を与えた, 鎧に捨, 鎧をあつめた, 鎧を着た, 鎧兜兵隊靴右手に日本刀, 鎧兜刀剣など代々, 鎧兜弓鎗すべて軍中のいでたち, 鎧兜陣羽織着付の揃い, 鎧八領のうち, 鎧刀これも三十人分, 鎧切れた敗将の, 鎧剣装馬鞍すべて火よりも赤い, 鎧剣鐘等とあり, 鎧剥ぎ得むや, 鎧堅くて通らず討たれ, 鎧に怒る, 鎧大明神がやはり, 鎧太刀のこじり, 鎧太刀艶やかな塗弓, 鎧へり, 鎧姿の私, 鎧小太刀の金具, 鎧小梨打の冑, 鎧小貫の修繕, 鎧のそば, 鎧師春斎の娘, 鎧の腰, 鎧扉木の段段, 鎧掛松麻布の一本松, 鎧收め取れヘープァイストス, 鎧旗幕巻絹鍋俵庖刀鐘と心得童子, 鎧明眸皓歯の大, 鎧松兜かけ松, 鎧桜縅の大将我, 鎧植騒ぎが起る, 鎧樹蔭に沈んだ, 鎧橋ヤ築地橋ヤ柳橋ノアノ綺麗ダッタ河, 鎧橋傍の, 鎧橋病院に徃, 鎧橋角内海電話屋より電話, 鎧橋通りの屋敷, 鎧橋際のメイゾンコーノス, 鎧櫃そのものが判じ物, 鎧櫃一個がこの, 鎧櫃以来おなじみの飯, 鎧櫃物の具の体, 鎧櫃等に春画, 鎧櫃血みどろな片腕, 鎧毛モ切レ腐リテ, 鎧燦爛龍爪の名馬, 鎧物の具引きかけ引き締め, 鎧甲冑をまとうた, 鎧甲宝石をちりばめた, 鎧甲馬諸共に召し上げ, 鎧白い烏帽子を, 鎧白木綿に梵字, 鎧百貫の鞍, 鎧が附着, 鎧着けしめおの, 鎧着たたのもしい山法師, 鎧着るボイオーチオス族の, 鎧穿ちて先頭, 鎧竜宮より持ち, 鎧の鞍, 鎧の紗, 鎧となっ, 鎧総髪の上, 鎧緑帯し手, 鎧罩手臑当の出で立ち, 鎧の上, 鎧脱ぎ棄てて嘶く, 鎧につがえ, 鎧草摺をガチャリ, 鎧草摺之間維久令與義盛奉射御方, 鎧たるが, 鎧著けた武者一騎大長毛, 鎧葦毛の馬, 鎧の前, 鎧や泥土, 鎧蝋燭の光, 鎧袖一觸の氣, 鎧装陣羽織下は小具足, 鎧見よ不死の, 鎧金鞍という武者振り, 鎧鉄甲の騎馬武者, 鎧陣羽織を着, 鎧陣羽織題目の旗, 鎧を以て釜, 鎧鳴りを, 鎧黄金の太刀はなやか