青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「鎌倉~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

錠~ 錢~ 錢形~ 錦~ 録~ 鍋~ 鍬~ ~鍵 鍵~ 鎌~
鎌倉~
鎖~ 鎧~ ~鏡 鏡~ ~鐘 鐘~ 鐵~ ~長 長~ ~長い

「鎌倉~」 3232, 35ppm, 3353位

▼ 鎌倉~ (677, 20.9%)

9 方へ 5 海で 4 別荘に, 別荘へ, 府の 3 おさ, 地に, 実家に, 家に, 家の, 海に, 海を, 谷

2 [46件] おせい, お宅, 世の, 事を, 事件を, 二使が, 八幡宮の, 円覚寺に, 初期に, 別, 叔父さんの, 右大将米友公の, 地を, 執権代長崎高資の, 夜の, 大軍が, 姉の, 家には, 山の, 府が, 府に, 府は, 府へ, 府も, 府を, 御所の, 息が, 新府, 末に, 材木座の, 梅の, 椿, 様な, 海は, 海へ, 海岸で, 海岸に, 第一夜, 署長さんは, 覇業を, 里人の, 鎌の, 間を, 頼朝の, 頼朝は, 養生院に

1 [535件 抜粋] あたりまで, あの懐かしい, あの空家, ありかた, ある所, ある病家, うちでは, お人, お名残り, お寺で, お書斎, ことで, ことと, ことは, こと左甚五郎の, この家, ころ, ころ滑川の, ごとき昔, ごとき醜, ごとしと, ご上使, ご議定, さくら若葉が, さしず, すがた, その時, それよりも, はじめにかけて, ばさら執権の, ひだに, ほうさして, まわし者だ, みこしが, みなのせ, ものは, ハムに, ホテルの, レンラクで, 一〇一兵舎に, 一と, 一ツの, 一一一番へ, 一年間で, 一年間において, 一法師高時, 一状を, 三日を, 三日間は, 上下とも, 上下に, 上森の, 上森へ, 下知状によって, 不安も, 不意を, 世が, 世までも, 両親でございました, 中期と, 中期頃天下に, 中村是公氏の, 中頃より, 中頃仙覚律師の, 主人は, 久米先生今, 事件の, 事件は, 二万余騎も, 二位尼, 二使にたいする, 二使は, 二階家に, 五年間に, 五月は, 亡ぶ日, 京を, 人々だった, 人である, 令で, 令は, 令を, 仲には, 伎楽面との, 伯母, 伯母さんとこに, 住居を, 住民な, 何處とやらに, 作家の, 使いが, 使節が, 使者と, 便りが, 修業も, 俳小屋の, 倉知の, 停車場前に, 僕の, 僧慈音だの, 兄上杉殿に, 八幡様の, 公卿には, 公家, 公方足利成氏管領上杉憲忠を, 兵を, 内なら知らず, 内には, 内を, 内管領, 円覚寺の, 円覚寺を, 再援軍, 初に, 初めから, 別墅に, 別小津の, 別荘と, 別荘なら, 別荘は, 別荘を, 別邸だった, 別邸では, 別邸は, 前執権, 剛の者江馬殿の, 剛健と, 創業景気が, 功名と, 加藤伯父上の, 動員にて, 勝利および, 勢力が, 勢力にも, 勢力も, 勢力を, 北ノ口小袋坂方面へ, 北条を, 北条氏よりも, 北条高時に, 千手の, 友人の, 友人を, 叔母に, 叔母の, 叔父は, 召が, 召喚を, 右大将だ, 右大将は, 右大将米友公という, 右大将米友公を, 司断も, 司権に, 同氏の, 名に, 名刹で, 名所の, 名物と, 名物を, 吏の, 命か, 命で, 喚問に, 国宝館と, 土籠に, 圭ちゃんの, 地は, 地震の, 執権代の, 執権政治にかけて, 執権殿そッくりに, 執権殿と, 執権職にも, 執権高時の, 執權, 変か, 夕月夜かな, 大きいお寺, 大仏を, 大令, 大佛, 大佛さん, 大半の, 大安寺で, 大安寺へ, 大廈は, 大手極楽寺の, 大町に, 大町附近から, 大蔵ヶ谷の, 大蔵屋敷, 大軍に, 大軍を, 天地震怒, 奥山で, 奪回に, 奴等には, 如きも, 如く江戸の, 妓ほど, 姉が, 姉ぎみ, 始に, 威に, 威力あっ, 嫌疑と, 存亡にも, 安泰も, 実家の, 実情であります, 実験室の, 実験室へ, 宮, 宮に, 家々だけに, 家へ, 家人階級には, 家内これは, 宿に, 宿の, 宿へ, 密命に従って, 寺に, 寺分町屋の, 寺院に, 寿福寺の, 将士は, 将軍実, 小壺, 小學校, 小料理やへ, 小町園の, 小町園まで, 尼寺で, 尼寺に, 屋敷から, 屋敷と, 山々の, 山で, 山の上の, 山の手の, 山は, 山崎あたりか, 山曲では, 岸博士が, 岸博士来, 市中を, 市警は, 帰りに, 幕府が, 幕府に, 幕府の, 幕臣阿, 平六, 平野屋で, 底力も, 府である, 府でございましょう, 府と, 府にて, 府のみ, 府もはや, 廂に, 廬を, 彼のや, 往来を, 往還を, 御使長井縫, 御内たる, 御別宅, 御家人なる, 御家人の, 御用と, 御繁昌, 御霊の, 急令, 急命, 恩寵を, 悪政には, 悪源太, 惠春尼の, 戦後には, 手を, 指令が, 指令と, 指令は, 指示で, 探題が, 放抛直義, 政令に, 政治の, 断罪に, 新道鶴ヶ岡まで, 方から, 方からの, 方で, 方に, 方は, 方へも, 方を, 方向へ, 方針によって, 旗いろ, 旧家に, 明月の, 明月谷という, 明月谷の, 星岡窯に, 春は, 春も, 時計屋で, 景色は, 最後の, 月影が, 末六十年位の, 末期から, 末路の, 本軍と, 材木座に, 東慶寺には, 枢機で, 某家へ, 某寺, 柳営でも, 森五郎に, 椿が, 楽園を, 様式が, 権五郎景政も, 権力政治の, 權五郎三浦の, 歌が, 歌の, 武士へ, 武士大多和三郎は, 武威を, 殿中に, 民衆と, 気候が, 法華堂の, 波うちぎわ, 浜に, 浜には, 浜辺を, 浮気な, 海では, 海には, 海の, 海も, 海岸線から, 海浜ホテルで, 海辺に, 深田久弥氏の, 源氏山の, 滅亡は, 滑川に, 漁師は, 澗の, 烏は, 焦土が, 焦土に, 牢で, 牢獄で, 物には, 特使と, 特使に, 特使も, 犬懸, 現執権, 現状には, 甘縄神社, 生徒だ, 由井が, 由比ヶ浜にも, 町から, 町で, 町などでは, 町は, 町を, 留守においては, 留守の, 病室, 白拍子田楽女数千と, 百八矢倉という, 目へは, 目的とは, 直義の, 直義へ, 相模入道からの, 知人へ, 確約を, 示唆にも, 禅門を, 私の, 秋は, 秋川さんという, 秋川の, 秋風と共に, 秕政や, 秘命だ, 稲村ヶ崎に, 空を, 空家に, 窟に, 素朴単純な, 終りも, 繁栄や, 美術館の, 群集と, 翠川家の, 翠川家別邸へ, 翠川様の, 聞えも, 腐え, 腹部に, 自宅で, 自宅へ, 自邸に, 舞台を, 苦悩の, 草庵を, 落武者の, 衆目の, 行光の, 街そのものが, 街の, 街を, 街道を, 被害を, 裁きに, 裁きも, 西御門には, 見物を, 親せきへ, 親戚の, 討手が, 記録たる, 許可なく余人, 諸像, 諸処に, 警察へ, 譴責とやら, 譴責は, 譴責を, 質と, 質子として, 足利兄弟を, 足利殿に, 足利氏で, 足利直義は, 軍令を, 軍勢が, 軍監佐々木道誉という, 軍馬その, 農村に, 辺に, 辻で, 辻といふ, 辻説法に, 近代美術館から, 迷信を, 途中で, 遊楽生活を, 運命も, 遠矢幸造に, 避暑地とか, 邸, 都と, 里に, 里にも, 重臣しかも, 野沢琢堂だろう, 釣友に, 釣友を, 錚, 開祖頼朝なる, 間の, 間は, 静かな, 面々は, 面でも, 頼朝が, 頼朝である, 頼朝も, 頼朝を, 頼朝以下十将軍の, 頼朝義経そして, 風雲急なる, 飯島と, 飼犬でなく, 馬車遅し, 駅を, 驛を, 高みに, 魔手を, 鰹夕方には, 鳥追ひだ, 鶴ヶ岡八幡に, 鼻息を

▼ 鎌倉~ (299, 9.3%)

7 行って 6 遊びに 4 かけて, 来て 3 帰って, 来たの, 行った, 送って

2 [17件] ゆくと, 下って, 入って, 密告した, 差下す, 帰れと, 戻って, 来たがったの, 置いて, 自然に, 行くこと, 行こうと, 行こうとして, 行つたから, 越して, 送られて, 鎌倉へ

1 [232件] あてて, あらはれ往年, いでましなさろうに, いらっしゃいまし, おいて, おいで, おひきあげ, おびきよせられて, お入りあら, お帰り, お引返し, お戻り, お着きなされた, お見え, かけての, かけては, かけても, くだって, くだる細川一族, くだる途中, これら二人が, ご内報, さして, しばらく行っ, すぐ帰った, そのお, それを, ちょっと行っ, ついた新田義貞, つかわすその, つくと, つれ帰された, でかけた博士, なだれこんで, ぬけ観音崎, のがれて, のこして, ひきあげて, ひきあげろ, ひきかへ, まいる, まぎれ返りその, まとめて, まわって, まわるに, もどって, ゆく, 下す宮方, 下るという, 下るとき, 下向し, 下向した, 下向の, 人質として, 伴れ, 住んだが, 修学旅行に, 修業に, 入ったとき, 入るとの, 入るも, 内報の, 写生の, 出かけその, 出かけたとも, 出かけました, 出かける夫人, 出して, 出て, 出る此方, 出府したら, 出張し, 出掛けて, 出養生, 利を, 到著し, 参り北条どの, 参る路, 召された年, 召されて, 召し出されるハメ, 召喚ばれ, 召返され, 向って, 商いにでも, 問い合せみよと, 喚ばれたからには, 報じそして, 報じると, 実家帰りを, 寄るまでに, 差し下す, 帰った, 帰ったが, 帰ってから, 帰り着きました, 帰るぐらいの, 帰ると, 帰るの, 帰るので, 帰る折, 帰ろうと, 幕府の, 廻りましょうよ, 廻り家, 廻ろうか, 廻送し, 引き移ってから, 引ッ立て申す, 引越した, 引越しました, 引越す時, 引込むの, 引返した事, 往った, 御出府, 御差遣, 御帰着, 御輿入に, 徹夜し, 忍んで, 忠節を, 急ぎ帰っ, 戻るの, 招待した, 持つて, 早打ちされた, 早馬し, 曳かれたが, 曳かれたという, 曳かれた後, 曳かれた折, 曳かれて, 曳かれては, 曳かれ和田義盛, 曳かれ鶴ヶ岡神前, 書状し, 来たのに, 来た以上, 来てから, 来てからの, 来ても, 来てよ, 歸つて來た, 歸らなけれ, 歸りましたです, 歸る, 注進させた, 洩れる惧, 狂気の, 着いたその, 着いたの, 着いた時, 着いてからでも, 着かせ給, 着きそして, 着くの, 着した時, 知らせて, 知れるまでには, 知れる頃, 移って, 移つた最, 立ちよって, 立ったの, 立寄って, 罷下, 肉薄する, 自転車で, 落ちよう, 落ちようと, 行かない, 行かば, 行かれた, 行かれなかった, 行かれなかつた, 行きたがったの, 行きつかぬま, 行きつくまでは, 行きて, 行き五日, 行き平野屋別荘, 行く, 行くと, 行くの, 行くまで, 行く丈, 行く前, 行く度, 行く男, 行けば, 行こうぞと, 行ったという, 行ったとき, 行った先, 行った時分, 行ってから, 行ってからの, 行つてど, 行つて來ました, 行つて来ました, 請じる, 質子に, 赴任の, 転地した, 転居する, 追いかえすの, 追いやって, 追い下せと, 退いて, 送られたが, 送られた後, 送り下されその, 逃げ帰れようか, 通じて, 通知し, 連れて, 連れ下って, 連れ帰らしめ鶴岳宮, 進もう, 遊び廻つて居る, 遠足した, 遷った, 避暑です, 避暑に, 鎌倉へと, 降りたの, 飛ばした早馬, 飛ぶという, 馳せ参ずるには, 駈けもどった, 麻川氏の

▼ 鎌倉時代~ (279, 8.6%)

87 に於, の末 5 のもの 3 から室町時代, から足利時代, に於ける

2 [22件] というもの, において, になっ, になる, にはその, には一般, に入り, に入る, に比し, に至っ, の一女性, の人, の初め, の思想, の文化, の文明, の末期, の根本史料, の武士, の氷, の線, へかけ

1 [199件] おそらく弘安頃, および藤原時代, から, からあつ, からある, からこの, からの眞宗寺, から下, から大, から始まった, から室町, から既に, から知られ, から紀州, から衝要, くらいの氷, すなわち幕府, そのままと, そのままな, だけぢ, です, では彼ら, とか大内氏頃, との間, とは変っ, とは少から, とも思われる, とよく, とりわけ北条時代, とページ, と伝えたる, と大, と足利時代, などよりも中味, においてあの, においておそらく, においてはかなり, においても散, においてエタ, において京師, における武士, における近畿地方, にかけて十人, にかけて法然, にかけて田楽, にかけて盛ん, にだ, につぎ足した, にできた, にでもこんな, になつ, にはいろいろ, にはここ, にはこれ, にはエタ, にはキヨメ, には京, には京都清水坂, には冷泉家, には大体もと, には天然, には完成, には屠, には東海東山, には此歴史的惰性, には殺生肉食, には矢張關東, にもその, にも宋元, にも徳川時代, にも見いだされる, にも貴僧, によそ, にキヨメ, に一度, に一遍上人, に仔細, に修繕, に入っ, に入った, に出来, に勝れ, に十集, に土御門通方卿, に在, に存在, に引き継がれ, に戻っ, に掃除人足, に既に, に比べ, に活動, に焼失, に特に, に生きた, に眞宗, に私, に缺乏, に臨濟, に起った, に近く, に遊行衆, に遷つたの, に青磁, のあの, のありふれたる, のそれ, のエタ, の丁度變, の上, の中, の中葉, の事, の二度と, の人々, の仏教, の伝承, の作, の作品, の修繕, の元, の初期, の古今目録抄, の古武士, の地久面, の地頭制, の奈良坂非人, の女性, の如く, の始, の始め, の始めごろ, の実, の実際, の宮廷貴紳, の寺院側, の巧妙, の布教, の幕府政治, の建築, の彫像, の後半, の念仏宗, の慧春尼, の掟書き, の文書, の文物, の新, の昔, の書物, の末葉, の末頃, の武家文化, の水呑百姓, の清水坂, の物, の産物, の白拍子, の禅宗, の禅門, の禪僧, の習慣, の蒙, の親鸞聖人, の観音さま, の記録文書, の造営, の遊行詩人, の道, の鉄, の間, の面, の頃, の鳥追, の麻川氏, はあの, はおおよそ, はその, は其前半, は彫刻, までにも亘つて, もおそらく, も同じ, も末葉, よりは進歩, よりもいっそう, よりもずっと, よりも高まった, より元弘年間, より文献, をつく, を中心, を最もよく, を終つた, を終る, を通じて殆ど, 及び其以前, 恐らくは室町時代, 見たいだなあ

▼ 鎌倉~ (274, 8.5%)

7 住んで 4 行って 3 いた時, いるの, 幕府を 2 いて, なると, 入って, 出かけた, 家を, 帰った, 帰って, 来て, 残して

1 [236件] あっては, ありました, ある右府どの, ある山川家, ある良人, ある間, ある頼朝, いたこと, いた従妹, いた頃, いては, いない事, いらしった時分, いらつし, いるが, いると, いるよりも, いる姉妹, いる子, いる新人, いる直義, おいでたら恩賞, おいでの, おかずまた, おくと, おって, おっても, おりましたので, おわす父君, お拠りある, かぎつたこと, くだり家重代, しては, しましょうよ, たたずんで, ついて, とどまり彼, ない, ないこと, なりなん, はおりますまいが, ひらいた, ほこりなお, またが, やつた, ゆく途中, よく似た, ゐると, 一新政府を, 下して, 下って, 下り彼, 下着した, 下車し, 代表され, 住つて横須賀の, 住みたれば, 住むか, 住むこと, 住むやう, 住む作家, 住む吉田大納言, 住んだこと, 借りて, 入つたの, 入りなされたか, 入ると, 入るを, 兵を, 兵起る, 出て, 出向いて, 出来かけた新しい, 分裂の, 別荘が, 別荘を, 到着し, 到着なし, 勢力ある, 匹敵する, 叛した, 向つたかと, 向は, 呼んで, 囚はれ, 囚われた前科, 囚われて, 四十七士が, 在つた尊氏, 在つて, 在りし時, 在る足利千寿王, 地震が, 多い谷, 多少の, 大合戦, 奥州討伐の, 宛てて, 実朝忌, 居たり, 居た間, 居るらしい, 居を, 居住し, 帰った梶原景季, 帰つて来た, 帰らねば, 帰ると, 帰れり, 幕府が, 年ちゃんを, 建てたの, 引き挙げ何人, 引は, 引込んだ僕, 引返したの, 弘治元年八月には, 往来し, 御下向, 御滞在, 忍んで, 恒久的な, 恥を, 愁訴し, 戻って, 手間暇かす, 打ち勝った武家政治, 招き御大層, 拠ると, 據りし, 據る, 攻め入り北條氏一族, 数日を, 新しい時代, 新しく時, 新に, 新家庭, 於いて, 於ける一カ年, 暑さ, 暫く家, 曝せしさ, 曳かれ後, 来てから, 来ようと, 来りたるは, 来る, 来るよう, 来遊せし, 栄え室町, 止まり新田義貞, 止まれる知友, 歸つて來る, 殊に多く, 残し英国, 水泳演習の, 沙汰し進むべく, 洩れる惧, 流され幽閉, 用事が, 留まる事, 病臥し, 登ると, 百地蔵と, 監禁され, 相傳, 着いたの, 着いて, 着くと, 禅寺を, 私は, 移したこと, 移したため, 移ってからの, 移りました, 移る, 移住し, 移住した, 立つ仕度, 立つ浮名, 立越え, 粗末な, 聞えて, 落ちつくの, 著したの, 蟄居し, 行かせたの, 行かないか, 行かんと, 行きたい江の島, 行き着いて, 行くと, 行く前, 行ったはず, 行ったらと, 行ったら鎌倉, 行った時以来, 西尾正君を, 覇府が, 見ざりし, 討つべく新田義貞, 訴訟が, 請じ, 譬へる, 赴き春, 赴く道, 起りしこと, 起り御, 起れる事件, 身を, 転居し, 送られる, 送られ含み状, 逃げかえった後, 連れ帰らば, 連れ戻りたかったの, 遊ばんかなどとも, 遊びて, 遊び七里ヶ浜, 遊ぶと, 遊んだ時, 遊学した, 運びその, 運びました, 運んだと, 避けただ, 避暑し, 還ると, 開かれるの, 開く, 限つた事では, 限るに, 集まった新, 雨合羽も, 駈けつけて, 鶴が

▼ 鎌倉殿~ (122, 3.8%)

11 のお 4 のご, の代官

2 [12件] が秘蔵, のため, の下, の何やら, の内意, の定紋, の弟君, の御, は船中, へ使, へ直訴, をはじめ

1 [79件] から仰せつけられ, から何らかの, から拝領, から格別, があの, が先, が小人輩, が来, が栄華, ことごとしや, ご自身, とし, として置かう, とてまるで, とても同じ, との不和, との複雑, とは根, と義経, には忠誠, には近ごろ何, にも軍勢, に利用, に対して兄, に注進, のおん前, のその, のなさる, のなされた, のふところ, の仇, の住居, の使者, の力, の号令一度, の命, の墨付, の寵, の弟, の御家人, の感情, の感賞, の手, の損, の権力, の武者所, の臣, の討手, の軍功帳, は単に, は嫡流, は愛すれ, へお, へご, へのむほん, への不平, へも相, へよい, へ二心, へ嘆願書, へ弓, へ御, へ御覧, へ早馬, へ直々, へ直接, へ着く, へ讒訴, へ貸した, もいけなけれ, も木曾殿, も金, よりほか, より仰, より給わった, をいただく, を中心, を仆さん, を見かぎっ

▼ 鎌倉~ (91, 2.8%)

4 まわって 2 生きて, 立って, 立つ日, 離れなかつた

1 [79件] えらんだの, お発向, お立出, くれて, さして引退, さらに再度奪回, しばらく措く, すてて, のがれ出た成良親王, はなれて, むざと捨て, ややおくれ, 中心と, 中心として, 中心に, 主張した, 出たい者, 出た幕軍, 出て, 出てから, 出ました, 出ましたが, 出発し, 出足柄山, 半日歩いた, 占領し, 去った, 去った堀, 去った後, 去つた後, 去りて, 去り伊豆半島, 去る能わざりし事情, 取りこまなければ, 取り戻した, 呑んで, 奪りか, 奪還せん, 廻った紀行, 引き上げて, 引き払ってから, 忘れて, 思い出す, 思い出すと, 想い追懐, 憚った, 挟撃させよう, 挟撃せしめ給うた, 捨てた, 攻め北条高時, 明け渡すの, 暗誦し, 横に, 活きて, 濶歩し, 産土として, 発足し, 空けて, 立ち, 立ちて, 立ち九州, 立つべき予定, 立つ折, 経て, 経由し, 職場に, 脱出する, 行くに, 見物にも, 覗いて, 詠じた民謡, 迂回し, 追われた管領勢, 通りぬけ, 通り過ぎて, 陥し, 陷れ, 離れ去った, 驚かしたる余寒

▼ 鎌倉から~ (70, 2.2%)

4 出て, 帰って 3 東京へ 2 して, 来て, 派遣され

1 [53件] お帰り, その時, たやすく動けない, ちよつと, のがれて, はるばる私, わざわざ柿, われらへの, 三河伊吹さらに, 二度目の, 会社へ, 使いを, 信長の, 勝三郎の, 叔父が, 室町へ, 尊氏の, 小南の, 小点から, 帰ってからの, 幌を, 引き移って, 戻って, 持って, 持つて, 救出し, 新らしい, 更に箱根, 来た人々, 横須賀まで, 歩いて, 歸つて見たら, 江の島の, 汽車で, 汽車に, 消えて, 生還した, 発した檄, 百数十里も, 立たねば, 紀州熊野へ, 聞いたの, 西は, 足利にかけての, 身延を, 追ッかけ, 逃げたの, 通う人, 遠く小田原あたり, 都へ, 都まで, 金沢へ, 馬入川の

▼ 鎌倉~ (64, 2.0%)

2 下車し, 僕の, 捜査課の

1 [58件] あえなき最後, あり汽車, あるから, おばさまたちが, くだらない情事, さらわれて, できた原本, まっさきに宮方, みて, やった時, ショバを, 会ったとき, 会った時, 別れたとき, 別れた岩松吉致, 別れて, 力餅を, 圧死の, 大根を, 季節は, 宿まっ, 宿まつ, 審議する, 岸本を, 巡査と, 彫れるから, 憂欝病にか, 或る, 手間取つて皆さんから, 抜きたての, 暮したわずか, 暮した二日, 暮らした二日, 死んで, 歿し, 毒殺された, 水泳中溺死し, 泳いで, 漁れて, 無名の, 産んだ子, 病気により, 神月の, 私と, 結婚し, 自殺した, 英国士官バルドウィン少佐バード中尉の, 荷上げし, 見た烏, 見るやう, 親密な, 赤い翼, 起した事件, 越年と, 過した処女時代, 重衡, 陶器を, 高木を

▼ 鎌倉幕府~ (59, 1.8%)

2 の威力, の建設, の政治家, の権力

1 [51件] かいずれ, からこの, からわが家, がある, がかく, が今, が都, でうけ, という新しい, と元, なので, のなか, のはじめ, の亡び, の代, の倒壊, の全盛時代, の兵, の内, の吏人, の命, の命運将, の實權, の将軍, の意, の招致, の江馬入道, の滅亡, の組織, の罪人, の聞え, の衰滅, の要路者, の記録, の財政, の軍閥政府, の開設, はここ, は失敗, は守護地頭, は総, は驚い, または一般武士, も其亡滅, や室町幕府, をひらいた, を定める, を打つた, を指し, を立て, を統帥

▼ 鎌倉~ (50, 1.5%)

5 の店, の河太郎 3 の家 2 の津々井樣, の親分, へ着いた, へ行つて

1 [29件] から一, から平次, から歸, から濱町, で押し, に向, に飛ん, の, の三村屋, の人形師, の出雲屋, の本宅, の本店裏, の東洲齋, の油問屋越前屋治兵衞, の源太郎, の源太郎親分, の自分, の親, の越前屋, の路地裏, へ戻つた, へ歸, へ行き, へ行つたの, へ行つて來, へ飛びました, まで明け切らない, を飛出した

▼ 鎌倉~ (49, 1.5%)

2 にある, へ曳かれ

1 [45件] からの大, からの示達, からの軍令奉書, から何, から偉い, から姿, から越後, か六波羅, で, では諏訪三郎盛高, にいた, においてもあらゆる, における宗家, におる, にてかくかく, には着い, には聞え, に下着, に報じ, に幕府, のお, の厳命どおり, の同勢五十人, の密か, の評定, へ, へすぐ, へたいして, への報告, へもよしなに, へ出向かね, へ召, へ問い合せ, へ届けよ, へ差し立てまいらすべし, へ帰府, へ早馬, へ知られ, へ身, へ逆, までさしたてられた, も変り, も軍務, や六波羅向き, を軍立ち

▼ 鎌倉~ (46, 1.4%)

1 [46件] いぜん広い, おろか他国の, これは, すてるに, そこ, どんな暴, なく見るの, ほろび北條, また足利方, もう薄暑, よい松の木, よかった, よくご存知, よくできます, わが祖先, 上下動であった, 乱離の, 井あり, 冴えない景色, 初めの, 勿論の, 危殆に, 大変です, 始めての, 守り口七つも, 当時政治と, 急に, 扇が, 文物の, 昔から, 松の木の, 次第に關東素, 武家の, 海岸を, 源氏発祥の, 無勢, 爽やかな, 真南, 石曳き, 私も, 累卵の, 軍都でしか, 逆に, 通越し, 避暑客の, 陥ちた

▼ 鎌倉河岸~ (40, 1.2%)

5 の佐吉 3 の三國屋 2 のところ

1 [30件] から雉子橋ぎわ, それから斜め, でハタ, と飯田町, にたたずん, につく, にぶっ, に三月, に十四五軒, に掛る, に避難, に風呂屋, のお, のかくれ, の佐吉親分, の光電社, の方, の横町, の葬具屋, の行き倒れ, の豊島屋, の風呂屋女, へなど持っ, へ投げこんだ, へ風変り, までわざ, まで持っ, まで馳, を振り, を数寄屋橋

▼ 鎌倉武士~ (35, 1.1%)

2 の一人, の名

1 [31件] が土人, だ, だまだ, で胸中, などに生れついた, なの, にし, のあらまし, のそれ, のたま, のほこり, のゆかし, の事, の余香, の匂い, の威力, の心, の情操, の探題仲時以下四百何人, の敵, の武士, の気負い, の生活, の白, はそんな, は多かっ, は鎌倉武士, また多く源平藤橘等, も廃れ, を以てし, を思わせる

▼ 鎌倉~ (29, 0.9%)

2 に入

1 [27件] にかけての新しい, にさかのぼる, になっ, にはまだ, にもまだ, に入っ, に書いた, に書かれた, に渡つた, に近い, のだれ, の中興, の人, の作品, の初, の初頭あたり, の彫刻, の日蓮宗, の物語, の絵巻, の言語風俗習慣, の阿弥陀如来, の雄, へわたつ, や平安朝, をひきついだ, ノ五輪塔ニ関スル知識

▼ 鎌倉~ (25, 0.8%)

1 [25件] がひつくり返る, が修羅, が大, での死者, に充満, に兵, に駒音, のお, の人々, の人口, の地, の大地, の妓, の山門, の御家人, の武士, の評判, の道路, は異様, を見渡し, を騒がせた, 彌騷動, 無故在物念謀反, 聊か騒動, 騒動す

▼ 鎌倉入り~ (25, 0.8%)

2 の御

1 [23件] した武士ども, する前日, には味方, に足利家, のお, の作戦, の前, の功, の大, の大戦, の実状, の径路, の旅, の日, の日以上, の殊勲者, の目ざましい, の目標, の途中, は新田, を仕遂げた, を急ぐ, を途上

▼ 鎌倉では~ (24, 0.7%)

1 [24件] いくたび, きまったが, すぐ知れわたる, そうも, もう後醍醐, よく知られ, 前執権守時, 奇怪な, 女が, 容儀花麗の, 小殿に, 山階宮妃佐紀子女王殿下が, 当分呆けて, 杉本寺に, 現帝, 目下さかんに, 矢張運慶一派の, 評判に, 誰でも, 長谷の, 間に合わず矢張り, 静御前北国落では, 頼家を, 高時公

▼ 鎌倉~ (23, 0.7%)

1 [23件] か, ではわざと, でも粗略, でも精兵中, とが暗黙裡, とすれ, なの, に忠誠, に気脈, の人, の先手, の地頭, の地頭領, の女, の廻し者, の武家, の湯浅定仏, の走狗, の防禦線, の首将, への義理立て, へ二の足, へ捲き込まれる

▼ 鎌倉~ (22, 0.7%)

2 いえば

1 [20件] いっても, いはれるくら, みな浮い, 三分され, 云っても, 京都の, 奈良の, 戦いうるだけの, 房州とへ, 申すところ, 異なりて, 縁故深き, 義経との, 聞いて, 聞けば, 言ふ, 軽井沢に, 都との, 鎌倉との, 関係ある

▼ 鎌倉には~ (20, 0.6%)

1 [20件] ある実業家, いなかった, いま尊氏の, すでに奥州征伐, その一週間, クロンボの, 一日も, 十二時一寸前に, 妻の, 安心し, 寺が, 岸本を, 幕政時代の, 服して, 気違ひ, 管領持氏の, 良い師, 見当らなかつたところ, 金が, 金碧燦爛たる

▼ 鎌倉まで~ (19, 0.6%)

3 一緒に 2 来て

1 [14件] お送りいたします, まかり越したといふ, もしは, 下って, 出て, 帰ると, 引っ返しかしこ, 怒鳴りつけられるため, 来たはい, 行かうさ, 行きましょうよ, 行き着かれたか, 行くこと, 行って

▼ 鎌倉どの~ (17, 0.5%)

2 のお, の御, の御直

1 [11件] のお下状, のため, のみゆるし, の上意, の代官, の侍大将, の反逆人, の密命, の恩顧, の譴責, へ早打ち

▼ 鎌倉にも~ (17, 0.5%)

1 [17件] およんで, おらぬ方, そうした品物, また地方, ダンスは, 不良少年が, 劣らぬ繁昌, 同じ時代, 多くの, 少ない美人, 幕府でない, 景茂みたいな, 百八の, 縁が, 行かず越後, 負けぬほど, 響いて

▼ 鎌倉じゅう~ (16, 0.5%)

1 [16件] がうすい, がその, が羨みましょう, で女漁り, にわき立っ, に分宿, に込み入っ, の山々, の敵, の殿舎, の犬, の留守屋敷, の鐘, は為, は無人寥々, を駈けまわり

▼ 鎌倉行き~ (16, 0.5%)

2 ではなかつた, のこと, の往復切符, 売る売り物, 賣る賣り物 1 で十五六圓, のやう, の祟り, は単純, は單純, をすすめた

▼ 鎌倉~ (15, 0.5%)

1 [15件] が九州, が先鞭, が猶予, には腹背, に夜うち, のうち, の破綻, はこれ, はその, はみな去年, は一兵, は疲れ, は自軍, もいきなりどうして, も一頓挫

▼ 鎌倉~ (14, 0.4%)

2 御仏

1 [12件] その他自分の, またこの, 室町の, 小田原邊でも, 扇ヶ谷の, 江の島までも, 畠の, 葉山や, 逗子あたりへ, 逗子から, 逗子など, 逗子に

▼ 鎌倉~ (13, 0.4%)

1 [13件] いいかねそれとも, ほろんだなどの, また混沌, 亡んだのち, 北条氏滅亡の, 持ち直すか, 来る, 津浪に, 知っただけでも, 近いころ, 近いので, 陥ちるとは, 騷が

▼ 鎌倉でも~ (13, 0.4%)

1 [13件] さすがに, たッ, ところかまわず, なく都, 一流の, 予想され, 五山の, 八幡の, 江戸大阪でも, 海岸に, 熱海でも, 繁昌の, 辺鄙な

▼ 鎌倉以後~ (13, 0.4%)

3 の文學 1 になる, のそれ, の仏画, の剛毅大志, の形式, の模倣者, の武家政治, の画, は此, もし来られたら

▼ 鎌倉街道~ (13, 0.4%)

1 [13件] から横, だ, だ散々苔, ではある, に當, の, の一部, の脇道, はほぼ, も人影一つ, よりはわき, 飛ぶ鳥, 駈落し

▼ 鎌倉~ (11, 0.3%)

1 [11件] 一挙に, 其通りで, 同様の, 尼御台も, 灰かと, 無事に, 空っぽとは, 落日と, 陥ちたと, 頼朝公の, 飽きて

▼ 鎌倉より~ (11, 0.3%)

1 [11件] すっかり引上げ, 上つて, 処刑の, 帰る, 後の, 東京の, 段々相, 立ち帰り, 近いところ, 近くは, 追放なされ

▼ 鎌倉文庫~ (11, 0.3%)

2 の校正部長 1 とか文士, に顕著, の, の出版, は, は出版インフレ時代, へ入社, より使, より印税金送附

▼ 鎌倉あたり~ (10, 0.3%)

1 でゆ, の名高い, の墓穴, の御, へ出掛ける, へ別荘, へ来る, まで行く, を見物, 迄は非常

▼ 鎌倉への~ (9, 0.3%)

1 お使い, ご用は, 交通などは, 報告と共に, 帰途駿河国宇都山に, 忠義だてを, 急進を, 推移を, 聞えに対し

▼ 鎌倉初期~ (9, 0.3%)

1 となる, と考へられ, において佐々木系, において近衛家, に二三人, に後刻, の作, の社会革命, までは厳島その他

▼ 鎌倉攻め~ (9, 0.3%)

1 には彼, に参加, のお, のさい, の日, は尊氏, は新田, を戦っ, を果した

▼ 鎌倉という~ (8, 0.2%)

1 ときに, ところへ, のは, ものは, 場合に, 時に, 語に, 語を

▼ 鎌倉へは~ (8, 0.2%)

1 もちろん次々に, 差出さぬ, 御修業, 心から服し, 早馬も, 来て, 通じないもの, 静御前が

▼ 鎌倉彫り~ (8, 0.2%)

1 だぐらいに, だという, というの, のペン皿, の名, の方, の細工, は鎌倉

▼ 鎌倉時代以来~ (8, 0.2%)

2 のこと 1 の主張, の事, の大名, の旧家, の穢多, 甚だ広い

▼ 鎌倉室町~ (7, 0.2%)

1 に亘つて盛ん, のふり, の世, の京, の時代, の武家時代, を一続き

▼ 鎌倉~ (7, 0.2%)

1 から家, で下りる, との間, にて電車, まえの, を下り, を発つ

▼ 鎌倉での~ (6, 0.2%)

2 日記と 1 作, 幼馴染の, 話などは, 酒の

▼ 鎌倉との~ (6, 0.2%)

1 中間地帯にも, 使者往来に, 分水嶺に, 接触は, 板ばさみに, 連絡も

▼ 鎌倉時代以後~ (6, 0.2%)

1 ださうである, には民間舞踊, の事, の伝承, の封建制, 漸次キ・ケ・ギ・ゲ

▼ 鎌倉滅亡~ (6, 0.2%)

3 の日 1 だけは古典, の兵燹, の後

▼ 鎌倉~ (6, 0.2%)

2 の部長さん 1 に頼む, の中村, の捜査課, へ出かけ

▼ 鎌倉といふ~ (5, 0.2%)

2 時に元気 1 ところに, ものは, 政權武力の

▼ 鎌倉以来~ (5, 0.2%)

1 に盛, の名族, の文章, の朝家, の負けじ魂

▼ 鎌倉右大臣家集~ (5, 0.2%)

2 または金槐和歌集 1 とも呼ばれ, の意, 或いは金槐和歌集

▼ 鎌倉室町時代~ (5, 0.2%)

1 から徐々に, における音変化, になります, の後先, の頃

▼ 鎌倉府内~ (5, 0.2%)

1 から逃げ, では月十二回, における彼, へさして, へ入りこん

▼ 鎌倉~ (5, 0.2%)

1 がひっくりかえっ, の英仏派, はすっかり, も国民私刑, を敗戦主義者

▼ 鎌倉からの~ (4, 0.1%)

1 帰りがけの, 援軍は, 汽車の, 私を

▼ 鎌倉からは~ (4, 0.1%)

1 とうに帰っ, 一兵も, 処刑の, 長井遠江守長崎孫四郎南条高直雑賀隼人

▼ 鎌倉そのもの~ (4, 0.1%)

1 ではない, はまだ, は実は, は袋

▼ 鎌倉にて~ (4, 0.1%)

1 かりそめ, 初めて宮本二郎, 死せりと, 諸人奇特の

▼ 鎌倉へと~ (4, 0.1%)

1 伝道へと, 向いて, 志したの, 身の

▼ 鎌倉八幡宮~ (4, 0.1%)

1 の社前, の社頭, の若宮, へ参詣

▼ 鎌倉四十七士~ (4, 0.1%)

1 がいささか, が義, ぐらいのヘナヘナ腰, ごときとうてい

▼ 鎌倉在住~ (4, 0.1%)

1 このかた, の, のころ, のとくに

▼ 鎌倉文化~ (4, 0.1%)

1 なるもの, の功労者, はまったく, も北条一族

▼ 鎌倉~ (4, 0.1%)

1 から戦国時代, の二三十年間, の京都貴紳, の奧州

▼ 鎌倉材木座~ (4, 0.1%)

1 だそう, に轉地, の八五六, の寓居

▼ 鎌倉江の島~ (4, 0.1%)

1 など, の巡覽案内, へ出かけます, めぐりを

▼ 鎌倉海岸~ (4, 0.1%)

1 なども念頭, の脱衣場, へ座員, へ遊び

▼ 鎌倉~ (4, 0.1%)

1 になっ, の電車, は夙約, を思ひ立つた

▼ 鎌倉~ (4, 0.1%)

1 が上洛, であったが, の旗いろは, の第

▼ 鎌倉~ (4, 0.1%)

1 に竹ヶ崎, の曲り角, の竹ヶ崎, へ別荘

▼ 鎌倉~ (4, 0.1%)

1 から始ま, から始まつ, になります, の観音

▼ 鎌倉~ (4, 0.1%)

1 で下りる, で降り, を下り, を發つて來

▼ 鎌倉~ (3, 0.1%)

2 逗子かへ 1 朝廷か

▼ 鎌倉くん~ (3, 0.1%)

1 だりまでおいで, だりまで出掛けなく, だりまで遊び

▼ 鎌倉さして~ (3, 0.1%)

1 おひきあげ, 御発足, 行く兵

▼ 鎌倉へも~ (3, 0.1%)

1 二度来た, 忍んで, 立帰れぬ

▼ 鎌倉までの~ (3, 0.1%)

1 さまざまな, 汽車賃を, 途中とて

▼ 鎌倉らしい~ (3, 0.1%)

1 佛像の, 気分が, 町や

▼ 鎌倉~ (3, 0.1%)

1 の大, の大武骨者, の男

▼ 鎌倉下り~ (3, 0.1%)

1 こそもう, にはべつ, まで出かけ

▼ 鎌倉右大臣~ (3, 0.1%)

1 の, の事, の子息

▼ 鎌倉~ (3, 0.1%)

1 地震が, 日記, 騒擾が

▼ 鎌倉~ (3, 0.1%)

1 である, への使, へ遣っ

▼ 鎌倉建築~ (3, 0.1%)

1 と似る, の代表的, をひい

▼ 鎌倉建長寺~ (3, 0.1%)

1 の写真絵はがき, の御, の裏道

▼ 鎌倉御家人~ (3, 0.1%)

1 で生涯, のみな一, の筆頭

▼ 鎌倉放抛~ (3, 0.1%)

1 とまでは聞えない, のさい, を大望

▼ 鎌倉政所~ (3, 0.1%)

1 につめ切っ, へ直々, をお

▼ 鎌倉時代末~ (3, 0.1%)

1 から室町時代, においてなお, 元亨四年

▼ 鎌倉末期~ (3, 0.1%)

1 から室町時代, の, よりは下るまい

▼ 鎌倉神社~ (3, 0.1%)

1 の横手, の溝, の禰宜

▼ 鎌倉~ (3, 0.1%)

1 の稽古, の笛, の笛囃子

▼ 鎌倉見物~ (3, 0.1%)

2 のこと 1 の予定

▼ 鎌倉~ (3, 0.1%)

1 大名が, 大将の, 将を

▼ 鎌倉~ (3, 0.1%)

1 が好かろ, に暑, を背景

▼ 鎌倉~ (3, 0.1%)

1 がざっと, の大道, の街道口

▼ 鎌倉雪の下~ (3, 0.1%)

1 に住み, のお, のホテル

▼ 鎌倉いらい~ (2, 0.1%)

1 の戦談, の親しい

▼ 鎌倉がた~ (2, 0.1%)

1 の代官, の大将

▼ 鎌倉さい~ (2, 0.1%)

2 ごの

▼ 鎌倉~ (2, 0.1%)

1 から時々, よ

▼ 鎌倉とは~ (2, 0.1%)

1 ほとんど縁, 一つものだ

▼ 鎌倉などに~ (2, 0.1%)

1 いて, いる時

▼ 鎌倉における~ (2, 0.1%)

1 海水浴なども, 自分の

▼ 鎌倉にこそ~ (2, 0.1%)

1 入ったが, 時代相應の

▼ 鎌倉はじ~ (2, 0.1%)

2 まつて

▼ 鎌倉へでも~ (2, 0.1%)

1 来て, 行つてゆツくりあとの

▼ 鎌倉へま~ (2, 0.1%)

1 ゐつて, ゐりまして

▼ 鎌倉までは~ (2, 0.1%)

1 三日路あまりと, 面倒を

▼ 鎌倉よりも~ (2, 0.1%)

1 前から, 東京の

▼ 鎌倉~ (2, 0.1%)

2 てところ

▼ 鎌倉下向~ (2, 0.1%)

1 の建暦元年, の黒沼彦四郎

▼ 鎌倉中學~ (2, 0.1%)

1 の方, の方ぢ

▼ 鎌倉五山~ (2, 0.1%)

1 の一つ浄智寺, の反目

▼ 鎌倉~ (2, 0.1%)

1 はかえって, は鈍重

▼ 鎌倉以前~ (2, 0.1%)

1 の大御代, の稀

▼ 鎌倉伯父上~ (2, 0.1%)

1 に今回, のとこ

▼ 鎌倉住居~ (2, 0.1%)

1 であった, は性

▼ 鎌倉~ (2, 0.1%)

1 の歌人たち, 世以来の

▼ 鎌倉初め~ (2, 0.1%)

1 には歌, の恋

▼ 鎌倉創府~ (2, 0.1%)

1 の事情, の経営

▼ 鎌倉~ (2, 0.1%)

1 の仮, まで先陣

▼ 鎌倉右大臣さま~ (2, 0.1%)

2 に就い

▼ 鎌倉同人~ (2, 0.1%)

1 が眼ざとく私, はほん

▼ 鎌倉名物~ (2, 0.1%)

2 の一つ

▼ 鎌倉地方~ (2, 0.1%)

1 では八十年ぶり, に起こっ

▼ 鎌倉大捷~ (2, 0.1%)

1 の上奏文, の吉報

▼ 鎌倉~ (2, 0.1%)

1 に案内, の鳥居

▼ 鎌倉将軍~ (2, 0.1%)

1 の命, の時

▼ 鎌倉平野屋~ (2, 0.1%)

1 でのこと, に宿る

▼ 鎌倉~ (2, 0.1%)

1 かな, の府

▼ 鎌倉~ (2, 0.1%)

1 に成る, の易行宗

▼ 鎌倉御所~ (2, 0.1%)

1 でなされた, のうち

▼ 鎌倉攻略~ (2, 0.1%)

1 に参加, の功

▼ 鎌倉放擲~ (2, 0.1%)

1 に一致, は直接鎌倉

▼ 鎌倉日記~ (2, 0.1%)

1 に書いた, のうち

▼ 鎌倉時代寛~ (2, 0.1%)

1 元二年三月, 元四年

▼ 鎌倉時代足利時代~ (2, 0.1%)

1 から徳川時代, 降って

▼ 鎌倉書房~ (2, 0.1%)

1 に入っ, の主人長谷川

▼ 鎌倉最後~ (2, 0.1%)

1 の探題, の日

▼ 鎌倉期以後~ (2, 0.1%)

1 であろう, はむしろ

▼ 鎌倉期以降~ (2, 0.1%)

1 のもの, の治乱興亡

▼ 鎌倉横町~ (2, 0.1%)

1 から文政八年, というの

▼ 鎌倉河岸牛込揚場~ (2, 0.1%)

2 の河岸

▼ 鎌倉海老~ (2, 0.1%)

1 などいずれ, などと魚

▼ 鎌倉~ (2, 0.1%)

1 な岩山, な武士気質

▼ 鎌倉~ (2, 0.1%)

1 というの, も多分

▼ 鎌倉~ (2, 0.1%)

1 の飴, や籠

▼ 鎌倉~ (2, 0.1%)

1 には見られない, らしいな

▼ 鎌倉脱走~ (2, 0.1%)

1 の冒険, の騒ぎ

▼ 鎌倉~ (2, 0.1%)

1 は初鰹, や小田原船

▼ 鎌倉足利時代~ (2, 0.1%)

1 の禅坊主, の風俗

▼ 鎌倉近辺~ (2, 0.1%)

1 で第, の人心

▼ 鎌倉逗子~ (2, 0.1%)

1 といふ順序, の山々

▼ 鎌倉~ (2, 0.1%)

1 の異体, よ

▼ 鎌倉驛前~ (2, 0.1%)

1 から迎, の運送屋

▼1* [302件]

鎌倉いいわね, 鎌倉からも出征した, 鎌倉ぐらいわれわれに, 鎌倉ここと京都, 鎌倉こそは源氏に, 鎌倉もりの, 鎌倉ごろまで山伝い, 鎌倉じゅう八割は焼け野原, 鎌倉すらも実は末, 鎌倉アどこだい, 鎌倉だけは何時か, 鎌倉だの足利だ, 鎌倉だらうと推する, 鎌倉ちょう二字は二郎, 鎌倉でこそ吉次の, 鎌倉ですとお客, 鎌倉とか言うらしいもの, 鎌倉とかには衰へ, 鎌倉とも匹敵しうる, 鎌倉どころでは, 鎌倉どころかそこに, 鎌倉んです, 鎌倉なぞへお, 鎌倉などはや御, 鎌倉などでやって, 鎌倉などは欲しいもの, 鎌倉などへ行って, 鎌倉なら毎日汽車で, 鎌倉なる赤城家に, 鎌倉においでなかったら仲間, 鎌倉にかけて少なくとも七百年前, 鎌倉にたいしてあるか, 鎌倉にだけ残つてゐ, 鎌倉に対して何らかの関係, 鎌倉のみゆるし得ねば, 鎌倉はじめまでも歌壇, 鎌倉ばなしそれも嘘, 鎌倉ぶしを謡う, 鎌倉へんに鶴, 鎌倉までとしても半月の, 鎌倉までも出かけて, 鎌倉もしくは足利期的の, 鎌倉やみ仏なれど, 鎌倉よりは討手として, 鎌倉らしく抒した, 鎌倉ア男児ありイ, 鎌倉入ルヤ, 鎌倉両大将, 鎌倉ペンクラブの会員たち, 鎌倉ホテルのダンス場, 鎌倉ヤレ大磯ヤレ小田原と大臣諸君, 鎌倉一流の白拍子たち, 鎌倉一見の記, 鎌倉大官衙, 鎌倉三代記の三浦, 鎌倉三道の攻め口, 鎌倉下状が新田, 鎌倉下知状で知っ, 鎌倉不案内の弟, 鎌倉中御意のまま, 鎌倉中期カラ後期ニ移ル頃ノ代表的, 鎌倉中期以前のもの, 鎌倉中者有之可, 鎌倉中葉以後のこと, 鎌倉遊得遂矣, 鎌倉五百五十年の伝統, 鎌倉人種の身長, 鎌倉であった, 鎌倉仏教の復興, 鎌倉をうけた, 鎌倉以來依然として絶えずある, 鎌倉以來禪學が流行, 鎌倉以後三四年たった時分葉子, 鎌倉以後戦国時代には此, 鎌倉以降の, 鎌倉以降五山から今, 鎌倉以降足利期を通じての五山, 鎌倉伯父上一行が来られる, 鎌倉住いの作家連, 鎌倉佛教と同日, 鎌倉使臣が居留, 鎌倉保育園の会, 鎌倉停車場へ綾子, 鎌倉八幡前の宿屋, 鎌倉六波羅をおどろかせた, 鎌倉六波羅共にそれ, 鎌倉の残り少ない, 鎌倉円覚寺の和尚さん, 鎌倉出発いぜんに, 鎌倉出立御供に候, 鎌倉初め古今調短歌固定時代にも言, 鎌倉初中期間なりと考, 鎌倉前期までは行くまい, 鎌倉創りは, 鎌倉創府図と大仏殿炎上, 鎌倉仕と, 鎌倉勤めの日, 鎌倉勤番のお, 鎌倉北条と長い, 鎌倉北条勢を破った, 鎌倉十橋の一つ, 鎌倉半面は眼下, 鎌倉南北朝頃の書物, 鎌倉占領のすぐ, 鎌倉占領後からまもなく, 鎌倉参戦は新田殿, 鎌倉召喚のばあい, 鎌倉の背景, 鎌倉史蹟歩きを約し, 鎌倉右大将征夷大将軍源頼朝公の御子, 鎌倉右府将軍実朝公, 鎌倉同僚間の彼, 鎌倉同様にそれら, 鎌倉同調いずれにしろ, 鎌倉名所の朗読, 鎌倉名越の浜御所, 鎌倉問注所ノ査問, 鎌倉喚問の厄, 鎌倉四境はすべて山, 鎌倉で一休み, 鎌倉地福寺の学僧, 鎌倉の女子, 鎌倉執権代の長崎高資, 鎌倉執達状には, 鎌倉といつ, 鎌倉塗りの盆, 鎌倉大仏殿の坊主, 鎌倉大小名のまえ, 鎌倉大本営のかたち, 鎌倉大番とし, 鎌倉大磯ね, 鎌倉大軍の一部, 鎌倉奪回にせまる, 鎌倉奪回軍の迎え, 鎌倉姥ヶ谷に行つて, 鎌倉安房は長狭, 鎌倉客中にたずね, 鎌倉室町あたりになる, 鎌倉将軍家の格式, 鎌倉將軍の幕庭, 鎌倉將軍宗尊親王の下知状, 鎌倉小坪のかつお, 鎌倉小田原熱海と泊っ, 鎌倉已来武門ニ帰せる大権, 鎌倉市中の些事, 鎌倉幕府いはゆる, 鎌倉幕府それ自身であつ, 鎌倉幕府以前には特に, 鎌倉幕府以後で平家, 鎌倉幕府以来の大名, 鎌倉幕府執権高時すべて昨日の覇府, 鎌倉幕府方では頼朝, 鎌倉幕府滅亡の大, 鎌倉幕府直々の徴命, 鎌倉幕政時代の末期, 鎌倉平塚辺に静養, 鎌倉年代記などの記事, 鎌倉府営の守り, 鎌倉建長寺内で逝去, 鎌倉であり奥三郡, 鎌倉往還の衝, 鎌倉後期グライノ形デ満足スル, 鎌倉御家人あまたな中, 鎌倉御家人どもの眼, 鎌倉御家人一般をいっ, 鎌倉念流鞍馬念流奥山念流なぞと諸国, 鎌倉戦利品の数々, 鎌倉戸塚辺の俳人数氏, 鎌倉手代の事ごと, 鎌倉押送はあくる, 鎌倉改組とわずか, 鎌倉攻め参加が首尾, 鎌倉攻め開始の日, 鎌倉政庁の耳目, 鎌倉政府が足利氏, 鎌倉文化人のたれかれ, 鎌倉文学に至る, 鎌倉文庫手帖というもの, 鎌倉文庫支拂印税金一萬圓を贈らる, 鎌倉文献の研究, 鎌倉日光に昔, 鎌倉時代あたりに行かなけれ, 鎌倉時代以前よりの北奥, 鎌倉時代以後ここに甲州武田氏, 鎌倉時代以後南北朝のもの, 鎌倉時代以後口語には盛, 鎌倉時代前半の史料, 鎌倉時代史の貴重, 鎌倉時代史中の一段落, 鎌倉時代塵袋の頃, 鎌倉時代奧州に於ける, 鎌倉時代室町のころ, 鎌倉時代富山城より二十四年, 鎌倉時代当時の面影, 鎌倉時代後半について少し, 鎌倉時代戦国時代の間, 鎌倉時代末期における二条, 鎌倉時代末頃より隆信, 鎌倉時代石佛の様式, 鎌倉時代頃に田舎, 鎌倉書房主人が義侠的, 鎌倉最期の日, 鎌倉期あたりの古人, 鎌倉期遠くは上世, 鎌倉末期足利時代からすでに, 鎌倉末葉に至る, 鎌倉末足利の初, 鎌倉本軍が到着, 鎌倉材木座姥ヶ谷と転々, 鎌倉東京日光も見, 鎌倉東京間の距離, 鎌倉などの例, 鎌倉横町家主伊右衛門店を借りた, 鎌倉横須賀は勤め, 鎌倉横須賀辺に比べ, 鎌倉武士らは相, 鎌倉武士以來の關東武士, 鎌倉武士以来の関東武士, 鎌倉武士伊勢物語の歌, 鎌倉武士氣質に似, 鎌倉武士足利時代の国民, 鎌倉武士道の復古, 鎌倉武家政治の影響, 鎌倉武者や土豪, 鎌倉武蔵口へせまる, 鎌倉武門のあいだ, 鎌倉殺到はほぼ, 鎌倉江の島神奈川を歴遊, 鎌倉沙汰の軍士, 鎌倉河岸ぢや後日おと, 鎌倉河岸豊島屋の剣菱, 鎌倉治世も紊れきッ, 鎌倉泉ヶ谷の浄光明寺, 鎌倉派遣のもの, 鎌倉浄明寺たかし庵に於, 鎌倉海岸あたりに行く, 鎌倉滞在中は樹, 鎌倉焼きの式, 鎌倉特有な暑, 鎌倉猛者連の語り草, 鎌倉瑞泉寺の方丈, 鎌倉由比ヶ浜海水浴場の写真絵はがき, 鎌倉町屈指の家持, 鎌倉町長谷二〇三となっ, 鎌倉界隈では名うて, 鎌倉発向の東国勢, 鎌倉目付といわれ, 鎌倉直参とか国, 鎌倉直命でやって来た, 鎌倉神社近くの溝, 鎌倉稻瀬川の別, 鎌倉突破はいかにも, 鎌倉立ちの途, 鎌倉の遊戯, 鎌倉一の, 鎌倉においてなお, 鎌倉管領の支配, 鎌倉節仙太郎という者, 鎌倉終末の大, 鎌倉能楽堂にて, 鎌倉腰越の小動崎, 鎌倉若宮僧坊の児, 鎌倉若宮八幡の銀杏, 鎌倉茅ヶ崎邊へ行つて一年, 鎌倉草庵小句会, 鎌倉藤源次助真, 鎌倉蝦魚や御幣, 鎌倉も飛ぶ, 鎌倉蟄居の保証人, 鎌倉街道筋の國, 鎌倉表出発のみぎり, 鎌倉被害甚しかろうと, 鎌倉討伐の第, 鎌倉評定衆のひとり, 鎌倉語室町の三河語等, 鎌倉護送となっ, 鎌倉赴任が朝廷, 鎌倉足利と引き續, 鎌倉軍一万以上の大兵, 鎌倉軍二万余騎の新手, 鎌倉近傍だけでなく, 鎌倉追放を御, 鎌倉追討の御, 鎌倉逗子東京の近況, 鎌倉通勤がはじまつた, 鎌倉通牒となり, 鎌倉造りに倣わせ, 鎌倉部内だつたの, 鎌倉金沢を巡覧, 鎌倉鎌倉とみな, 鎌倉長谷観音の写真絵はがき, 鎌倉開府のころ, 鎌倉開府以來勢力を失, 鎌倉附近を一日, 鎌倉陥落の前夜, 鎌倉雨村庵にて, 鎌倉の下着, 鎌倉雪の下長谷扇ヶ谷辺を葉子, 鎌倉雪下に投宿, 鎌倉駅前に迎え, 鎌倉鶴ヶ岡八幡宮に擬し, 鎌倉鶴岡も静御前