青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「込ん~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

農村~ 農業~ 農民~ ~辺 辺~ 辺り~ 辻~ 込み~ 込む~ ~込ん
込ん~
~込んだ 込んだ~ ~迎 迎~ ~迎え 迎え~ 近~ ~近い 近い~ ~近く

「込ん~」 6039, 63ppm, 1828位

▼ 込ん~ (5790, 95.9%)

162 いた 116 来た 88 いる 82 来て 74 しまった 65 ゐた 60 いるの 56 しまひました 50 きた 45 行った 44 來た 40 ゐる 37 いった 35 あつた, 来たの 33 いて 31 しまいました 29 ゐたが 28 來る 27 ゐるの 26 いたが, しまったの, 来る 24 来ました, 行く 23 いたの, しまって, みると 20 しまう 19 きて 18 行くの 17 いると, くる, ゐたの, 置いて 16 行つた, 見ると 15 行きました, 行くよう 14 ゐて, ゐると, 來て, 来るの 13 行くと 12 おいて 11 いるから, それを, ゐるやう, 居ります 10 いること, いるよう, いるん, 来たが 9 いるもの, ゐるので, 居る, 居るの, 行ったの 8 いるので, くるの, ゐる樣子, 了った, 何か, 來ました, 来ると, 置いたの, 行って 7 いました, そこに, ゆくの, ゐるから, 了つた, 居ると, 来たもの, 来たよう, 行きます

6 [16件] あった, ありました, ある, いって, おります, しまったん, しまふ, やる, ゐるん, 居た, 居りました, 来たので, 来ること, 来るよう, 眼を, 訊くと

5 [27件] あったの, あると, いたので, いなかった, いるうち, いるその, きたの, くると, しまつた, しまひます, それが, ゆく, ゐたので, ゐるが, ゐること, 了う, 了ひました, 了ふ, 居たの, 居て, 居るん, 机の, 来たから, 来たん, 来るので, 置くと, 途方に

4 [38件] ありましたよ, いったの, います, いるところ, いるらしい, いるわけ, いる者, おく, きたもの, くるよう, しまいそう, しまうと, しまうの, しまったが, しまひましたが, それに, みて, ゐたやう, 一と, 両手を, 二人の, 坐って, 少しも, 居たので, 居りまして, 居るが, 居るので, 来た者, 泥掻き, 火を, 私は, 肩を, 行けば, 行ったが, 見た, 見て, 身を, 静かに

3 [83件] あって, いたこと, いたと, いたん, いらつし, いるお, いるか, いるという, いろ, おいた, おいたの, おくこと, おけば, かけ先, くれ, くれた, これは, これも, これを, しまいまして, しまうから, しまえば, しまったこと, しまったと, しまったもの, しまふの, そのま, その上, やった, やつた, やろうと, ゆきました, ゆくやう, ろ, わたしの, ゐました, ゐます, ゐら, ゐるし, ゐるわけ, ゐる平次, ゐる時, 上手に, 云った, 人の, 仕事を, 例の, 出て, 尋ねました, 彼を, 往った, 悠々と, 書いて, 来たと, 来た時, 来た若い, 来ても, 来は, 来るもの, 歩いて, 水に, 直ぐに, 相手は, 私の, 置いた, 置く, 置くの, 置けば, 置たら, 自分が, 自分の, 自分は, 行くこと, 行くん, 見たが, 訊いて, 話して, 部屋の, 酒を, 鍵を, 隱した, 首を, 黙って

2 [255件] あるの, あるやう, あん畜生を, いく, いたため, いたという, いたり, いた南日君, いた彼, いた時, いつまでも, いても, いなければ, いまして, いやに, いるかと, いるが, いるそんな, いるでは, いるのに, いるよ, いる中, いる彼女, いる私, いれば, うなだれて, おいたん, おいで, おいでに, おくと, おしまいに, おりまするが, お茶を, かなり大胆, かれの, きたという, きたん, きた女, ください, くるので, くるもの, くる者, ここで, さすがの, しまうこと, しまうよう, しまうん, しまえ, しまったその, しまったという, しまったので, しまったり, しまつてから, しまふとき, しまふやう, すぐに, そこから, そつと, その中, それから, そんなこと, たんだ, ついでに, なかから, ならんで, のたりと, ひとりで, ふいと, まいりました, みたが, むしや, やりますよ, やろう, ゆくと, ゆくよう, ゆく勇気, ゆけば, ゆこうと, ゐたから, ゐたし, ゐたり, ゐたわけ, ゐた健, ゐた女, ゐた時, ゐますが, ゐるお, ゐるだけ, ゐるぢ, ゐるといふ, ゐるところ, ゐるもの, ゐるより, ゐる八五郎, ゐる家, ゐる樣, ゐる私, スタコラ逃げ出し, 一つ火鉢の, 一片の, 一緒に, 三宅島へ, 三年後に, 三日も, 上根岸へ, 下さい, 両手に, 両腕, 主人に, 九段の, 了いました, 了え, 了つたのです, 云へば, 人間として, 今度は, 仕舞う, 仕舞って, 佐久間町の, 何う, 何でも, 何の, 何んにも, 來たんだ, 入って, 其処に, 其列んだ, 利助が, 動かないという, 化粧を, 半日位は, 参りまして, 唄を, 四つん, 土を, 夢の, 大分話が, 夫の, 女房や, 始めて吃驚, 嫁の, 室の, 寢て, 小判で, 居たこと, 居たもん, 居たん, 居た亨一, 居りましたが, 居りますが, 居るから, 居るやう, 居る子供, 居る様子, 居る樣子, 左右の, 庭の, 後ろに, 御府内を, 忘れて, 急に, 息が, 手籠に, 指で, 掛かる故, 損を, 敷居の, 早速の, 月の, 朝まで, 木の, 朴歯の, 来たお, 来たら, 来た今, 来た女, 来ます, 来るし, 来るという, 来るやう, 来るん, 来る光線, 来る時分, 来る痛み, 来る風, 様子を, 死んだの, 死んで, 残って, 水を, 泊めたのよ, 泣いて, 流れて, 湯へ, 無理に, 片手で, 物柔らかに, 玄関に, 畳の, 眞面目な, 眼の, 福島嘉平太を, 紀昌が, 素知らぬ顏, 置いたが, 置いた水, 置きながら, 置きました, 置くが, 置くとは, 置く事, 置く者, 置け, 背中を, 胸を, 脱走者の, 腰を, 腹を, 自分たちの, 自分を, 色々と, 蜂を, 行かねば, 行きたくない, 行くという, 行くとき, 行こうと, 行ったという, 行ったもの, 行ったん, 行った者, 行っても, 行つたのです, 行つた者が, 襤褸切の, 見えなくなった, 見るが, 見る氣, 訊く氣, 訊ねた, 許り居た, 訴えた, 身も, 込んで, 近所の, 逆に, 通り過ぎながら, 遺言状を, 釣る場合, 長持の, 長曾根入道興里虎徹の, 障子の, 頭から, 顫え, 默つてゐた

1 [2784件 抜粋] あえてうっとりと, あったから, あったよ, あっちこっちと, あつた相, あの金子, あらゆる生, あるが, あるよう, ある太い, ある縁, ある音楽, いい加減に, いかにも音楽会, いくあの, いけそう, いたお, いただけに, いたらしい, いた仙台, いた千代重, いた小野寺幸右衛門, いた忘我, いた楓, いた社交界, いた訳, いた顔, いったそして, いった部屋, いつたが, いないよう, いなくては, いました時, いまだに飲料水, いよ, いらっしゃるの, いるあいつら, いるじくじく, いるだろうと, いるなかま, いるまるで, いるらしくシッカリ, いる一台, いる両, いる人影, いる健斎, いる地域, いる妙, いる小僧, いる庭, いる折, いる月光, いる渓谷, いる癖, いる笹村, いる老, いる茶革, いる警察医, いる頭, いろいろ責め問う, うつむけに, おいたわよ, おいた筍飯, おかなくちゃ, おきみさん, おくはず, おけ, おぼえて, おりヘブライ語, お出でに, お手の物で, お糸さん, かねて見識, きたがるもの, きた不思議, きた市民兵, きた鯛, きらきらと, くくりつけると, くる丸田, くる武蔵, くる脇差, くれたの, くれよ, くれる人, ぐいともちあげた, けろりとし, こき落した麦, この世を, この桟敷下, これぞと, さしたる傾斜, さて, しかも寧ろ, したたか酒に, しまいその, しまいましたモウ, しまい詩稿, しまうのに, しまう一日それ以上, しまおうとしても, しまったに, しまった島抜け法印, しまってから, しまつたのさ, しまはれさうな, しまひその, しまひ子分達, しまふであらう, しまへばよ, しや, じっと何, すぐその, すぐ足首, そいから, そうして事情, そしてひらり, そして斯ん, そのきびしい, そのまま呟, その二人, その器, その旨, その澄ました, その縄, その茹でられた, それから倒れた, それでまだ, そ知らぬ顔を, ただ時間, たよ, ちぎれて, とうとうその, どうし, どぎまぎさせる, なにかと, ぬるぬると, はからずこの, びくびくと, ほく, ぼろぼろの, まあ神経衰弱, またたいて, また峻, まだつけた, まゐりまし, みな集っ, みようか, むくむくと, もう二度と家, もう早, もろて, やさしく肩, やつて, やりたくなった, やるぞ, やろうという, ゆくじゃ, ゆくより, ゆく葬式彦兵衛, よく混ぜ, わびしくも, ゐたもん, ゐた事, ゐた男, ゐちや, ゐなかつた過渡期, ゐませう, ゐりや世話ア, ゐるその後姿, ゐるのみ, ゐるらしい強烈, ゐる位, ゐる夫, ゐる居候上がり, ゐる状態, ゐる自分, ゐる顏, ゐろ誰, ギリギリ廻し, グリグリかき回し, サもう, ジーッと, ダルトンに, ドロドロに, バター中匙一杯を, プンプンと, ボートを, モグモグやる, レストーランに, 一つの, 一人美人が, 一太刀よ, 一日を, 一歩は, 一目散に, 丁寧に, 三百万円の, 上海か, 不平も, 両方の, 中に, 主人の, 了うたものだ, 了つたのでした, 事を, 二三杯も, 二時間も, 云えば, 五尺ぐらいに, 人形が, 人通りの, 今かうし, 今朝の, 仕立物に, 他で, 企んだ仕事, 住まして, 何かの, 何とも沙汰, 何をか, 何時までも, 何處までも, 來たつ, 來られる, 俺達の, 働かせられて, 元の, 免れよう, 入口から, 六人一つ処に, 其處に, 内儀を, 冗談じゃ, 出がけ, 出家した, 刀を, 初めて若衆姿, 到頭持て, 前田さんはと, 動かなくなったの, 匕首の, 十分の, 半日も, 南蛮寺へ, 参りましたが, 参れ, 反對, 受け應, 可能性の, 各国人の, 吹き鳴して, 命を, 唯機械的, 啼いて, 嘉兵衛旦那に, 囁いた, 固い位, 在ります, 地蔵を, 売卜屋の, 多少刺戟, 大凡京都に, 大変革, 夫人の, 女師匠に, 妾に, 娘に, 安きを, 室内に, 容易に, 寝泊りを, 尋ねた, 小石を, 少しでも, 居たが, 居ても, 居られるやう, 居ること, 居るのに, 居る処, 居る樣, 居合わせた松原源兵衛, 山高帽子を, 差支えなき故, 師匠に対して, 帳場から, 幸次郎は, 幾枚と, 店仕舞いの, 廻郎を, 引揚げ, 強て, 彫って, 彼女は, 待つばか, 後始末を, 微かながら, 志士肌と, 怒鳴るよう, 思わぬ場面, 恰度警察で, 意味なく, 憑かれた心, 成るべく早い, 戴きましょう罪, 手前の, 手毬を, 抜手を, 持って, 振り返ったが, 掘られた幅一間半, 掴み合いを, 操縦席の, 数多の, 斯様な, 旅行した, 日本の, 明日の, 昼寝の, 晴れを, 暫くし, 書ける, 最初の, 朝夕の, 本堂へ, 束を, 来そう, 来たそもそも, 来たという, 来たについて, 来たらば, 来た一万四千フラン, 来た人, 来た外人ら, 来た小鳥, 来た正木作左衛門, 来た紳士, 来た血, 来ちゃったぞ, 来ないこと, 来ましたね, 来られたこと, 来るから, 来るだけ, 来るらしく思われた, 来る乗込客, 来る座敷, 来る日影, 来る灯, 来る蛇籠, 来る音, 板廊下や, 柱を, 梃の, 棺の, 横に, 次右衛門, 欲しい, 歩いた, 歸つて來ました, 死んだと, 残つた夏蜜柑の, 殺すという, 毎日秋川家の, 水が, 汚いハンカチ, 泊った事, 泥田の, 洗ふ, 消え残って, 深くもぐり込む, 渋いところ, 滅多に, 濁った眼, 火鉢へ, 炬燵にまで, 無けなし, 無線電信の, 煙を, 熊手で, 燈芯の, 牢舎に, 独で, 狸寢入か, 玄蕃の, 現世に, 生き伸びたい, 生鮭, 男の, 畢ふ, 痛いと, 療養所を, 白いシャッポ, 皆さんに, 目笊に, 真暗な, 眩暈が, 眼鏡を, 瞳が, 知らん面で, 硯に, 神社以前から, 稼業冥利に, 空手の, 窃盗を, 窮屈な, 立って, 立直ったは, 笑う久慈, 精一杯お前, 紫の, 縄括, 纏めて, 置いたので, 置いた男, 置いても, 置きたいと, 置くうち, 置く筈, 老婆の, 而も, 聟の, 育てさえ, 胴の, 腕を, 臆面も, 舒びたり固まっ, 良い聲, 花見船から, 苦しそう, 草原の, 萬, 蓋を, 蚊帳の, 蝋の, 行きさうになつ, 行きましたら犬神, 行き炭焼竈, 行くその, 行くべきところ, 行く人間, 行く平次, 行く胸, 行く頼母, 行ったって, 行ったらしいの, 行つたと, 行つても, 表向きに, 見えた, 見ずには, 見たつて, 見たん, 見ましたが, 見ッ, 親しげ, 角から, 言って, 討死を, 詫びも, 話すの, 説明を, 調べやうは, 豚吉の, 買ふ, 起った現象, 踊って, 身振り入りで, 追ひ込む, 逃げも, 逃げ迷うもの, 這入つた, 遂に三十四十, 遠くから, 遣り場が, 酒や, 金銭を, 釣りあげられた明鯛, 錠口を, 長い時間, 閉じた眼瞼, 随分気味, 隠袋, 難なく扉, 雪洞の, 青白いらっ, 革鞄の, 頤は, 頼みますと, 顔を, 飛んで, 食ふ, 飲めも, 馬糞女郎や, 駒井の, 骨の, 鬼の, 鶏でも, 黒髪を

▼ 込んだり~ (82, 1.4%)

16 して 8 した 2 したが, する, するもの, 血の

1 [50件] あても, あるいは中庭, さう, したの, したので, した様子, しては, しやすたまげて, すること, するの, するひと, するよう, する外, する時, それを, そんな馬鹿, つかれて, つれ出し, なさるよう, のろくなっ, ひいきの, また味, 井戸端へ, 仕さうな, 何か, 信用を, 俯向い, 冗談を, 前方へ, 勝手な, 学校の, 急に, 或いは当主, 所々に, 才取りを, 武士たちが, 滅茶, 火中に, 焼いたり, 番小屋の, 私の, 種々な, 窓を, 茶色の, 衝る, 躍り出たり, 遊廓に, 障子に, 飲めも, 高等官に

▼ 込んでは~ (43, 0.7%)

3 前だれの 2 呶鳴って

1 [38件] あるつもり, いけない, いけねえ, いず武蔵境, いなかった, いられない, いるものの, くる, げらげら笑い出した, ずり下っ, たまりませんよ, ならないの, なりませんよ, なれません, ふくら脛の, また斜, また書き入れ, ゐません, 來ない, 兩手の, 出直すの, 勘違に, 命が, 四辺を, 岸の, 帰るの, 当時の, 手に, 日の, 来なかったが, 棄てて, 楽譜の, 歩かっせる, 流れ流れては, 膨くらんだ, 足掻いて, 迚も, 際限なく

▼ 込んでも~ (43, 0.7%)

2 交際は

1 [41件] いず梯子, いっこうにそれ, いなかった, お前に, お前には, くっきりと, この可, これは, すぐに, その原因, まだ余分, やがてぬけ, やがて敬語, よかったであろう, 一人娘ゆえ上げられない, 一向それ, 万円以上を, 下手人は, 何度も, 使えるだろうから, 僅かづつ払, 別に矛盾, 只は, 好いが, 居ず梯子, 建物の, 必ずこいつ, 或は都合上支払, 擾れる, 方向に, 此中毒は, 死ぬ時節, 深い森林, 無駄だ, 目を, 矢は, 矢張り食中りで, 納まる騒ぎ, 胸に, 誰も, 除かれなかった

▼ 込んでから~ (13, 0.2%)

1 [13件] ちょうど横町, もう四十年近く, ソコラを, 事態が, 仕様が, 十日目ボルドーに, 帰って, 私が, 細君は, 茶の, 誰憚る, 警官達が, 顏を

▼ 込んでばかり~ (9, 0.1%)

2 ゐる 1 いた, いた私, いる間, ゐて, ゐるさ, ゐる癖, 居るの

▼ 込んじゃ~ (8, 0.1%)

1 あクンクン, いけません懐, いられない, うんです, ったらしいの, ア, 手を, 溜らないよ

▼ 込んだに~ (7, 0.1%)

2 相違ない 1 悲しや, 相違あるまい, 過ぎません, 違ひあるまい, 違ひない

▼ 込んでを~ (7, 0.1%)

5 ります 1 かしく葉を, りました

▼ 込んでや~ (5, 0.1%)

1 がった金, がるから, がるが, がれ, しないん

▼ 込ん~ (4, 0.1%)

1 まつて, まふ, やあ, や溜らない

▼ 込んででも~ (3, 0.0%)

1 いようもん, いるよう, 居るやう

▼ 込ん~ (2, 0.0%)

1 しまふの, 調べ上げたら飛んだ大物

▼ 込んでがたりと~ (2, 0.0%)

1 なる, 扉を

▼ 込んでなんか~ (2, 0.0%)

1 いらっしゃらなければよござんしたのに, ゐないで

▼ 込んでね~ (2, 0.0%)

1 おかみさん, 燈は

▼1* [17件]

込んじゃあ嬉しくある, 込んじゃってごめんなさい, 込んだって話だ, 込んだには何んの, 込んだりもしました, 込んぢまつたので, 込んでからにしよう, 込んでからはずっと師匠, 込んでからも彼の, 込んでて容易に, 込んでと言いかけたの, 込んでなはれいわれて, 込んでなどおったの, 込んでの一掴み口上交り, 込んでばしや, 込んでまで阿弥陀如来を, 込んでよ水仕事でも