青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「鍵~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~鋭く 鋭く~ 錠~ 錢~ 錢形~ 錦~ 録~ 鍋~ 鍬~ ~鍵
鍵~
鎌~ 鎌倉~ 鎖~ 鎧~ ~鏡 鏡~ ~鐘 鐘~ 鐵~ ~長

「鍵~」 3739, 40ppm, 2877位

▼ 鍵~ (1563, 41.8%)

109 かけて 62 持って 32 出して 25 握って 23 持つて 21 かけた 15 手に 14 掛けて 13 もって 11 あけて, かけるの 10 かけること, 外して 8 かけずに, かけたの, まわして, 入れて, 取り出して 6 かける, かけると, かって, ポケットに, 廻して, 開けた 5 かけたり, 下して, 腰に

4 [14件] おろして, かけたこと, かけたまま, かけようと, しめた, だして, はずして, 取って, 取り出した, 取出して, 受取って, 受取ると, 盗んで, 預って

3 [33件] あたしに, おかけに, かけその, かけないで, かけました, かける音, かりて, さしこんで, そのままに, とって, とり出して, どこへ, はずした, まは, もった人, 使って, 外から, 外すと, 廻す音, 忘れて, 扉の, 探して, 握るもの, 渡さねえか, 渡して, 締めて, 置いて, 誰かに, 貸して, 開けて, 降して, 隠して, 預つて

2 [89件] いじくって, うけとると, おろすと, お持, かけこの, かけただけ, かけたつもり, かけたと, かけた密室, かけた筈, かけながら, かけに, かった, さしたまま, しっかりと, たたいて, つくって, つけて, とりだして, とりだしました, とりました, どうした, どうして手, にぎって, まわす音, もう一つ, もつて, ポケットから, ポケットの, 下ろして, 与えたの, 与えて, 与えるかを, 主人の, 人に, 作って, 例もの, 出した, 出すが, 出すと, 出せ, 取った, 取りだして, 取りに, 取り上げて, 取ろうと, 失くし, 守り通したの, 差し込むと, 引き出した, 彼は, 所持する, 手代の, 手渡しながら, 手離した, 抜き取って, 拜借し, 拵へ, 拵へたに, 捩るには, 捻って, 掛けた, 掛けること, 掴んだの, 掴んで, 提供する, 握ったこと, 握つて, 握られて, 時としては, 滅多に, 無くして, 発見し, 発見した, 発見する, 盗み母, 盜んで, 自分の, 見て, 見付けて, 見出しました, 誰か, 誰にも, 返して, 選り出して, 錠の, 錠前に, 鍵穴に, 隱し

1 [783件 抜粋] あくまで発見, あけさせて, あけた, あけようと, あけ外, あずけて, あずけるついで, あなたが, あらため警官, ある錠前, あんな風, いかなる危険, いじって, いつもポケット, うけ取ると, うちたたき, うばうと, おくれ, おさ, おとして, おなく, おろされました, おろしその他, おろし謙吉, お出し, お出しなさい, お勝手の, お渡し, かけこんだの, かけさ, かけさせて, かけそれ, かけそれから, かけたそう, かけたその, かけたので, かけたのよ, かけたもの, かけたんだい, かけたッ, かけた一つ, かけた以上, かけた形跡, かけた後, かけた通り, かけた音, かけてさえ, かけとか, かけとかなきゃうちの人, かけないから, かけないばかりに, かけなかったの, かけなかつた, かけはしご, かけやがった, かけようとして, かけられた様子, かけられた瞬間, かけられましたか, かけるから, かけるなんて, かけるん, かけるトリック, かける伸子, かける家, かける方法, かける樣, かければ, かけステッキ, かけネヂ, かけ二三歩, かけ出て, かけ得るどなた, かけ忍び足, かけ損ねて, かけ画室, かけ窓, かけ終ると, かけ肩, かけ鍵, かけ階下, かつておおきになれ, かつて寝ち, がちゃ, がちやがち, がらりと, こしら, こしらえあげたの, こしらえるもの, こは, さがしだして, さがしに, さげた小僧, さげながら, さしあげた, さしこむ音, さした, さし入れた, さし入れましたが, さし込みひとりがちゃがちゃ, しっかりおろす, して, しめたり, しめて, じいっとみつめ, すぐには, すっと取り出し, そいつから, そいつの, そなえること, その女, それに, そろえて, たずさえて, たたくこと, たたくの, ちゃんと下し, ちやんと, ついに見つけ出した, つかうの, つかって, つかみ出すと, つかむの, つかんでから, つくらせたの, でございますな, とつて, とるため, とると, どうしても渡す, なくして, なで腰, にぎられて, ねじったが, はずすと, はずそうと, ばかばかしく眺めた, ひったくるよう, ひねる, ふところに, ふと僕, まかされる場合, まはし, まわしたとき, まわすと, まわすの, みて, みんな持っ, もってるの, もってる老婢, もてあそんで, もらって, やはりガッチリ, わたした, わたしに, カタリと, カチカチさせた, ガチャガチャさせ, ガチャガチャやっ, ガツチリ狼狽眼で, コジ開けた, コッソリと, ソッと, バラバラに, ピンセットと, ブラブラさせ, 一こう, 一つこの, 一つずつ, 一つ吊し, 一つ渡し, 一尺ばかり, 一晩借り, 三べん, 上げて, 上段の, 下させること, 下されたという, 下した, 下したそう, 下したの, 下したまま, 下したり, 下した室内, 下しに, 下し娘, 下す, 下すだけの, 下すであろう事, 下すの, 下す技巧, 下す操作, 下そうとしても, 下に, 下ろそうと, 与うるもの, 与えること, 中へ, 中心に, 主人に, 二つ持たなけれ, 二三日前失っ, 二十面相の, 五へん, 低音部から, 何にも, 作らせたの, 作らせた者, 作らせること, 作り必要, 使つたといふ, 使つてゐる, 使用した, 借りに, 借り掃除, 偽せ, 僕は, 入れただけの, 入れても, 入れると, 入れ此, 内側に, 出さうと, 出し, 出しねえ, 出しました, 利かせて, 刺すと, 動かそうとしても, 半ば引き出し, 南老人の, 卸し窓, 取らなきゃならないん, 取り上げた扨, 取り出しそして, 取り出しながら, 取り返して, 取るとは, 取出しそれで, 取出しての, 取出し箪笥, 取出すと, 受け取りながら, 受取つた, 受取つて念入りに, 受取り日本媼, 口で, 右に, 右へ, 合せ合せ, 君に, 君の, 呉子女王の, 四へん, 固くかけ, 固くねじ, 坊さんの, 型に, 外した, 外しました, 外しハンドル, 外すくらいは, 外す合鍵, 外套から, 夢中で握っ, 奪いとらせた経験, 奪いぬ, 奪い取ろうと, 奪い戸, 奪い返さない, 奪うに, 奪ったん, 奪還する, 委される, 婆あ, 差しこんだまま, 差しこんで, 差し勝手口, 差し込みました, 差し込んでも, 差し靜, 差込んだ, 幾つも, 床の, 廻した, 廻したので, 廻しても, 廻しながら, 廻すと, 弄りながら, 引いて, 引上げ板敷に, 引出さうと, 彼独得の, 後生大事に, 得んが, 忘れたと, 忘れたもん, 忘れること, 急いで, 我が手, 戦線に, 戸の, 戻す暇, 手にとって, 打つ力, 打込んで, 抑えて, 投げた, 投げ出させる前, 投げ遣って, 抜いた, 抜き取ると, 抱いて, 押した, 押したあたかも, 押し込んでから, 拝借, 拵へて, 拾つて來て, 持たずに, 持たなければ, 持ちたまえ, 持ちながら, 持ちひとり, 持ち出すわけ, 持ち出せるの, 持ち忘れて, 持った, 持った黒い, 持ってるかね, 持ってるなんて, 持ってる仮面, 持ってる方, 持つてを, 持て居る人, 持て来て, 持出しこの, 持出したか, 持去りあり, 指さします, 指先で, 挿し込みました, 挿し込んで, 捜しはじめたが, 捨て, 掏る, 掛けずに, 掛けたり, 掛けないで, 掛けなかった失策, 掛けられたもの, 掛ける, 掛けるの, 掛ける時, 掛け直して, 探しあてるため, 探したの, 探し出せば, 探ってる音, 掴みそして, 掴むこと, 掴んだ様子, 提げて, 提供しよう, 換気窓から, 握ったと, 握った帆村探偵, 握った時, 握ってるらしかった, 握らされて, 握りさえ, 握るこけ猿, 握ること, 握ると, 握るところ, 握る者, 握れるもの, 搜す, 操って, 操る術, 敵の, 方々の, 明智に, 是非とも手渡し, 暗号金庫の, 暫く僕, 有しなかった, 服の, 束ねて, 枕の, 根附け, 棄てました, 極秘密, 比べて, 海の, 海老錠に, 渡さないわけ, 渡さぬか, 渡した, 渡したくない理由, 渡した代償, 渡しながら, 渡し恐しい暴風雨, 渡すだろう, 渡すの, 無視し, 用いた形跡, 用う, 用意する, 疑うもの, 発見すべきであろう, 發見し, 發見する, 盗み出して, 盜まれて, 盜み出させよう, 盜られた, 盜んだ, 真斎, 知つて居ります, 砂の, 確かに, 確く, 秘蔵し, 突きつけて, 突き出した, 突込みます, 窓から, 紙に, 紙入の, 置き梱, 聴くべき日, 腰から, 自ら握っ, 自分が, 自室の, 自由に, 茶の間の, 萠黄の, 落したこと, 藏の, 衣嚢に, 裏の, 要求した, 見たん, 見つけた, 見つめ鍵, 見ると, 見付けると, 見出さねば, 見出した, 見出す本気, 見出そうと, 見詰めてを, 解いて, 解かずには, 誰か人に, 講ずる会, 貰う時, 貰って, 買い受けた, 貸すといふ, 踵の, 返したん, 返した上, 造らせたに, 造らせたの, 連ねた銀, 選り出し, 釘に, 錠前の, 閉せり, 閉める音, 開いた, 開くべき一番, 開けたが, 開けようと, 開け女優周旋業, 開け階段, 阿蘇の, 附添い, 降すと, 降ろした, 隠したの, 隠しに, 隣りに, 音の, 頂くまでの, 預けたの, 預けとくから, 預つたが, 預るお, 預れりとの, 頼んだの, 頼んだ後, 馬上の, 験べて, 魏へ, 鳴らして

▼ 鍵~ (451, 12.1%)

74 かかって 15 ある 12 かけて 10 掛って 6 下りて, 手に, 降りて 5 あるの 4 なければ, 掛つて居た, 秘められて 3 あると, あるよう, おりて, かかつて, ないと, 一つと, 彼の, 掛かって, 落ちて, 隠されて

2 [23件] あるから, あるん, あれば, おちて, かかったまま, かけられたと, かけられて, さが, そこに, ぢやら, ついて, どうとか, どうなっ, ないから, なくては, 懸って, 掛けて, 掛つてゐない, 掛つて居ります, 潜んで, 無い, 無かった, 釣るして

1 [229件] あかないで, あく, あったと, あったの, あっても, ありました, あります, ありますか, ありません, あるあの, あるだらうと, あるだろう鍵, あるという, あるといふ, あるな, あるはず, あるわけ, あるんぢ, ある言葉, あわてて, うまくまわらない, うまく合わない, うまく鍵穴, おいて, おさめられて, おりてない, おろされて, かかったとき, かかってる, かからないつまり, かからないの, かからなくて, かかりおらず, かかりますから, かかり手, かかり火箸, かかる, かかるだけ, かかるよう, かくされて, かけてなかったの, かけられその, かけられた, かけられるか, かけられるやう, かけられ金庫, かけられ鍵, かって, がっちりし, きかないの, こ, ここに, このゼルシー島, この娘, この部屋, こわれてる, ささって, さしこまれたまま, さしこめる, さしこんだまま錠, さしこんで, さびた錠前, しだいにふくれあがつ, そう簡単, そのま, その儘, たいへん気に入った, ちゃんとはまる, つかまれましょう, つきこんだまま, できる, どうした, どうしても作れませんでした, どうして今中谷助役, どうして今日, どうして役に立たない, どうして紛失, どうやらこうやらした, どこかに, どこに, どんなもの, ない, ないとは, なかった, なくつたつ, なくなった時, はいりましたが, はいるの, はずされると, はずれて, はずれ首, はまるの, ひとところ, ぴったりはいっ, ぶら下って, まず扉, まだ一つ, もう一つ, やはり無電, ゆるんで, わかりません, ガチャリと, ガチヤ, ガチヤリと, ガチリと, ベーリング島に, 一つ, 一つある, 一つ一つ手で, 一つ落ち, 一ツは, 下げて, 下つて, 下りた, 下りてなく石扉特有, 下ろされたもの, 二つあつ, 二つ在りました, 二箇も, 今ここで, 何方へも, 何處から, 備えつけて, 入らずガチャガチャ, 入用でした, 全く失われ, 全部かけられ, 共に無くなった, 共通です, 内側から, 内側に, 出て, 利いたので, 卸り, 取付けられて, 受けから, 受の, 合わないの, 合わないので, 吊された秤, 吾輩の, 土藏にも, 填った儘, 填って, 外れませんよ, 存するの, 寝衣, 小栗の, 差したまま, 差し込んで, 廻転し, 役に立つかも, 後方に, 御入用, 怪しいとは, 懸ったまま, 戸の, 扉に, 手には, 授けられて, 掛けられます, 掛つてゐた, 掛つて居ません, 掛つて居る, 掛つて釘の, 掛てあつ, 掛りそれから, 掛るやう, 插し込ん, 握られて, 既に失はれ, 有ります, 来て, 横たわって, 欠けて, 欲しいと, 気に, 沈めて, 無かつ, 無くな, 無ければ, 狂ったん, 男に, 発見される, 發見される, 石燈籠の, 突っ込まれ放しに, 紐で, 紛失し, 結んで, 締まってるん, 至極フェア, 與へられ, 荒々しく響い, 落したの, 蒲鉾板の, 衣袋の, 被害者の, 見いだせぬとも, 見えないが, 見えないので, 見えません, 見つかったこと, 見つからないから, 見つからないなんて, 見つからなかったので, 見つからなかったもの, 見つからぬとき, 見出せたよう, 触った, 載せて, 辷ったの, 返りましたか, 通して, 道を, 違ったらしくすぐ, 違ひ, 鍵穴に, 開いて, 隠くされて, 隠して, 隠れて, 隱し, 静に, 須美子さんの, 預けて, 鳴って, 鳴つて, 鼎に

▼ 鍵~ (419, 11.2%)

63 手に 8 型を 7 上に, 手の, 音が 6 かかって, 束を 5 か, ことを, ような, ように, 型が, 手を, 穴に 4 たばを, やうな, 押金が, 音を 3 上を, 形が, 握り輪の

2 [38件] うちから, かかるの, かかるよう, かかる部屋, もつ重大, やうに, 一つとして, 一つに, 上へ, 中に, 中の, 先で, 右と, 在処を, 在所を, 型の, 寸法を, 廻る音, 役目を, 手で, 手なりに, 手は, 掛って, 掛つてゐる, 数字が, 数字に, 札と, 煤びたのに小さな, 環を, 穴から, 穴と, 穴を, 端を, 紛失した, 紛失の, 輪形の, 音の, 鯉は

1 [179件] あたりに, あった晩, あるもの, ある所, ある抽出, うち二番目の, おぼろげな, おろされたる扉, かかったひきだしを, かかった小さな, かかった戸棚, かかった扉, かかった抽斗, かかってる向こう, かかってる抽出, かかつ, かかつて, かからないトランク, かかり得るやう, かかり得るよう, かかるところ, かかるバンガロー, かかる底, かかる音, かけて, かけられた密室, ことです, ことなどを, ことなんぞを, ことは, ことまでも, ことも, こはれ, こわれた扉, さきで, さしこまれたまま金庫, してない大きな, してない黒い, しまり工合, ついたガラス棚, ついた大きな, なかへ, なくなってる鍵盤, はいって, はげたオルガン, ぱちりという澄んだ, ひとつも, ほうは, まわし工合, まわる音, やうにも, トリック, トリックは, 一つ, 一つが, 一つであります, 一つである, 一つと, 一つな, 一つは, 一つを, 一つ一つにも, 一番大事な, 一部と共に, 上の, 下りた扉, 両端が, 中には, 件を, 使用数と, 側で, 傍のは, 儘土瓶を, 元の, 先端を, 入った包, 具合などを, 処には, 切りこんだ, 助に, 匣, 十倍ぐらい, 受けの, 右の, 合鍵と, 回転が, 在所が, 在所は, 型は, 場合, 外せること, 外れるよう, 大きさ, 天井から, 孔から, 孔が, 孔の, 存在する, 存在の, 寸法だ, 寸法だけ, 寸法と, 形を, 役, 必要は, 性能に対して, 所在に, 所在を, 所有者であり, 手から, 手へ, 手形, 手形の, 抜けたピアノ, 押金は, 捜査には, 掛かって, 掛った書棚, 掛る粗末, 握りの, 数字であった, 数字です, 数字という, 数字の, 数字は, 数字を, 方が, 束から, 束が, 束には, 束の, 束持てる, 根が, 根もとの, 様な, 様に, 模造品を, 横の, 正体を, 歪みを, 現なき, 用が, 用なく, 番だつた, 番人を, 番号を, 発見に, 発見によって, 發見に, 瞥見だに, 穴からも, 穴の, 紋に, 紛失に, 置き所, 蔭に, 行方とが, 行衛が, 行衛を, 角度に, 触感に, 話を, 軸の, 輪に, 輪形を, 金具が, 釘が, 間から, 間に, 隠し場所が, 隠し場所だけ, 隠し場所は, 隠し場所を, 隱し, 音, 音させ, 音と, 響きを, 頭の

▼ 鍵~ (371, 9.9%)

9 どこに 7 かかって 5 第三, 誰が 4 何処に, 私が 3 どこへ, もう一つ, 何處に, 僕が, 君が, 私の

2 [23件] あれから, この, この通り, その中, なかった, 一つしか, 一体何処, 主人の, 以後である, 宇津木さんが, 彼の, 持って, 持つて, 掛って, 普通の, 確かに, 節句過ぎには, 肌身を, 自分の, 見つからなかった, 錆びないでは, 錠の, 鍵穴に

1 [273件] あそこに, あの人, あの時お祖父さん, ありますが, ありません, ありませんか, あるだらうな, あるん, あれども, あんたが, いつまでも, いつもつけっ放し, いつもドア, いつも扉, いつも最も手近, いまお, うまく掛らなかつた, うまく穴, おありでしょう, おちて, おのれこれを, おれが, お出かけん, お前たちに, お客様方には, お富, お掛け, お母さんの, お浦, お蝶, かかってないわよ, かけて, かけてない, かけないで, かけない習慣, きわめて容易, こ, ここに, こつちに, このお話, このと, この二つ, この前, この帳場, この建物じゅう, この植民地, この次の間, この砥石一つ, この種, この通り私, この隣り, これだ, これだらう, これまでに, ございませんか, しばしば潜み隠れ, すいこまれるよう, そこに, そこには, その人々, その函, その抽斗, それっきりでは, たえずかけ, ただ自分たち, たった一つ, だれも, ちゃんとかかっ, ちゃんとかけ, ちやんと, ついにするすると, ですね, とって, どうしても見つかりませんでした, どうしました, どうでしょう, どうもそこ, どう説明, どこお前見なかった, どこかへ, どこにも, どなたが, ない, ないと, ふだんかけ, まだ錠前, みなこの, むしろあの, むづかしいから旦那でない, もうトック, もう一, もう三つ, もとの, もとよりすぐあいた, わざと森川森, われわれの, イツデモ門外漢の, クロの, ツイ廊下の, ビクとも, フョードル・パーヴロヴィッチの, ポケットへ, マホメットに, リリエンソール他, 一つも, 一つ切りじゃ, 一つ私の, 一と, 一体どうなった, 一束全部紛失し, 三つ一つは, 三右衛門が, 下女の, 主人が, 主人だけが, 九人の, 二つあとの, 二つしか, 二つの, 二つ共卓の, 人形より, 今夜に, 今拵, 他の, 何処にも, 何所に, 何時も, 何時も肌身, 何處だ, 何誰が, 余の, 俗人には, 信子の, 偶然私が, 僕の, 先刻とは, 光の, 其の宝, 其の戸, 内から, 内が, 内側から, 内側からのみ, 内側に, 出品の, 別にあります, 別の, 勿論の, 反抗する, 吾人の, 問題では, 固より, 坊さんが, 填めてない真, 売物, 多分これ, 夜に, 大海老錠, 大西洋に, 夫が, 姉娘の, 嫂が, 宇宙が, 実に浪子, 室内の, 宵の, 小品で, 小栗が, 岩蔵が, 常に身, 平生誰が, 幾つあります, 当時国府さんの, 役人が, 彼を, 御持ちでしょう, 御自分, 御鍵奉行, 必ず彼, 念入りだ, 怪塔王が, 愛と, 懸って, 所謂アカデミー自身の, 手提金庫に, 把手から, 投棄てました決心, 押されて, 拙者が, 持ってるか, 持ってるね, 捜さなくっても, 掛けてなかつたが, 掛けなかった, 掛けなくとも, 掛つて居ない, 政黨が, 教師が, 新興プロレタリアートのみで, 旦那さまが, 明日市庁へ, 昼夜自分の, 時々が, 最後の, 枳園が, 棄てたん, 棄てました, 次の, 此處に, 残された一つ, 殯室の, 母が, 比較的楽, 比較的樂, 民族的精神の, 池田屋の, 沢が, 海の, 海へ, 滅多に使, 点燈夫が, 無かった, 無論合う, 燦然たる, 父の, 用心深い主人, 用箪笥のを, 町役人の, 番頭の, 発見できない, 確に, 確実性の, 確實性の, 祖父が, 祖父三右衛門翁が, 秘書の, 窓の, 紐で, 紛失し, 組織活動に, 英子の, 葉子自身の, 薄刄, 藏の, 裏へ, 要助, 見当らない, 親分, 親父が, 解けないとも, 詩人の, 誰と, 謹んで阿蘇, 貴方のです, 身に, 辻川博士が, 遂に秀蓮尼, 金網の, 銀光を, 錠に, 鍵は, 鍵孔に, 鍵穴の, 鑰の, 門番が, 開けませんよ, 間違ひもなく, 隠れ衣を, 順序どおりに, 飯尾さんに, 養母さんが, 騒ぎが, 鴨居の

▼ 鍵~ (118, 3.2%)

7 に鍵 5 がある 3 からのぞい, を覗く 2 から覗い, があります, にはいった, にはまっ, に入れ, に眼, に耳, もなんにも, を洩れる

1 [82件] からこの, からのぞいた, からは煙草, からは燈光, から内部, から出, から外, から覗いた, から首, があった, があらわれました, がない, が一つ, が塞がっ, が現われます, が突然, だが, だけがポツン, だよと, でありました, である, なんかなかっ, にあて, にあの, にある, にこの, にさし, にさしこみ, にさしこんだ, にさした, にそっと, にちがい, につめ, になにか, になにもの, にはいりました, にはめ, にはめた, にガチャリ, に一輪, に入れ放した, に内, に刺さっ, に合鍵, に向け, に差, に指, に木魚, に目, に突き込まれ, に願っ, の薔薇, の附いた, はずいぶん, は両方, は有る, へ眼, もない, も見え, も見えない, よりうかがい見れ, らしいもの, をうめ, をのぞい, をのぞいた, をみつめ, をも見出した, をガチャガチャ, を中将, を埋めた, を抜け, を探し出す, を見た, を見つけた, を覗い, を解体, を通してその, を通して使われる, を通して廊下側, を通して自分, を通った, を通過

▼ 鍵~ (114, 3.0%)

6 開けて 5 扉を 4 それを 3 あけて, 錠前を

2 [12件] あいたの, あけた, あつた, そこを, ひらいて, 少し細工, 戸を, 箱の, 自分の, 錠を, 門を, 開いて

1 [69件] あくこと, あく秘密室, あけたの, あけては, あけること, ある時, いろ, お喜代, この部屋, これは, しめ切った, そこの, そのたった, その金庫, その金庫室, それ等の, つるした鐡瓶, つるした鐵瓶, なら開く, なるほど握り, はずしたこと, ひらかぬかぎり, もって, ガチャリと, ガラス箱の, ドアに, ドアを, 一人でも, 不淨門, 中の, 二重の, 五徳に, 人が, 僧院の, 其の戸, 内側から, 叩いて, 右扉の, 唯一の, 嚴重に, 土蔵の, 土藏を, 外から, 夜半に, 女は, 押明けさて, 早速箪笥, 歴代の, 第二, 紐と, 蓋を, 蔵の, 軽く叩き, 閉されて, 閉め切り満足, 開いた部屋, 開くよう, 開くらしい, 開く事, 開けた, 開けたが, 開けたわ, 開けては, 開けても, 開けられた響, 開けられた響き, 開閉する, 隣の, 鞄を

▼ 鍵~ (68, 1.8%)

4 お文 3 なって 2 いっしょに, する, ならない, 暗合する

1 [53件] いっては, いっても, いわざるべからざるゆえん, お吉, されること, した一篇, しなくては, しようと, すり換へて, すれば, どう違う, なった, なりまた, なり得ら, なり錠前, なる, なるであろう, なるもの, なる別, なる愛, なろう, なろうとは, みんなの, ランプとを, 一決した, 二種類の, 云うの, 云う本, 仲間の, 住居の, 古銭と, 同じ鍵, 名付くる, 小棧, 差し込み錠と, 御存じで, 微かに, 手燭とを, 手錠の, 数十枚の, 柱に, 申して, 申しましても, 紐を, 見做, 言つた, 財布を, 赤い紐, 釘で, 鍵穴の, 鐘を, 閂との, 閂を

▼ 鍵~ (66, 1.8%)

3 手を 2 く, して, なって, なるかも, 下腹冷え

1 [53件] かけながら, かみついた, こだ, さわった, さわること, しっかりと, それを, つけた札, つるした鉄瓶, とりとめも, なってる, なつた, ならうとも, なる, なるか, なるだろう農村精神, なるの, なろうとも, ねじられたか, のせる時, ぶっつかるかも, ぶらさがったり, ぶら下って, まげ, まだ新しい, 何故逆説的, 依つて, 吊された鍋, 吊るした大, 向って, 大鍋, 奏でら, 当るもの, 懸けて, 手が, 指を, 指先を, 掛けた鉄瓶, 掛けて, 掛って, 掛つて居る, 曲り眼, 残る幽香子, 注意を, 炭が, 紐を, 細くて, 触れた, 触れると, 觸れ, 輪に, 釘が, 鎖された扉

▼ 鍵~ (63, 1.7%)

5 錠も 2 何にも, 棧も, 閂も

1 [52件] あったろう, ありませんが, あろうけれども, おりてなかつたので, おろされない, かかって, かからないその, かけずに, かけず浴槽, かけないで, がさがさと, すすけて, その時, その辺, その道化服, そんなもの, ちゃんと持っ, ていねいに, とって, ないので, なにも, ますますかたく, また大きい, また貿易, チャンと, 一々扉, 一緒に, 下りて, 伜に, 何んにも, 勿論ありました, 合わん, 同じもの, 向こうが, 外れて, 外側から, 大事だ, 彼が, 扉の, 掛けずに, 掛つては, 掛つて居ました, 文字合わせの, 明放し, 桟も, 渡して, 無くなって, 無事でした, 無事に, 現れて, 置いて, 駄目です

▼ 鍵~ (33, 0.9%)

4 の中 2 にはこの, をはずし, を出し, を床, を持つ

1 [19件] から一つ, でコジリ, でヤット, と百姓, にも何ん, のこと, のよう, の大きな, は枕, をさげ, をじゃらつかせ, をとり, をとり出した, を下げた, を取, を取り出し, を死人, を渡された, を見た

▼ 鍵~ (25, 0.7%)

2 から彼

1 [23件] からじっと, からぢ, から吐き出される, から息, がなかっ, などにも現われる, にさしこもう, にさしこん, には薔薇, にも外側, に入れ, に差しこまれた, に注ぎこむ, に注ぎ込み, に注ぎ込んだ, に湯, に眼, に鍵, のある, の中, へ突込, を潜らせ, を通してスパイ

▼ 鍵~ (23, 0.6%)

2 になった, に曲げ, に曲った, の廊下, の火

1 [13件] にし, にすつ, になつ, になつた石, になつた離室, になり, にまげ, に両手, に区切り, に折り曲げ, に早足, に母家, に続い

▼ 鍵~ (22, 0.6%)

2 の分家, の辻

1 [18件] が独り占め, であったという, とかいった, と染め出した, にはふたり子ども, に絞られた, の伯母, の手代, の法事, の造らせた, の隠居, はいらなかった, はこちら, はもと, は房一, は河原町, は礎, を呼ん

▼ 鍵~ (16, 0.4%)

5 んです 2 のだ, ので, のです, んだ 1 のか, のである, んざありません

▼ 鍵~ (13, 0.3%)

2 って云う

1 [11件] か, が乗っ, が何, が行った, でもまだ, とかのほか, と話し, に懸合っ, は, は目, も来合せ

▼ 鍵~ (12, 0.3%)

21 あ, からおま, からである, かわからない, がお, というこの, と信じた, と思います, と思っ, 早く持っ

▼ 鍵である~ (11, 0.3%)

1 [11件] お浦, かのよう, かは想像, かも知れない, が一般, という意味, といふ意味, と信じ, 事実をも, 場合には, 最後の

▼ 鍵でも~ (11, 0.3%)

1 [11件] あります, あるよう, かけた様, かけて, ぞんざいに, 二つずつ, 何でも, 取りに, 懸けて, 触れあったよう, 触れあつ

▼ 鍵まで~ (11, 0.3%)

2 かけて, 掛けて 1 かかるよう, 掛つてゐる, 添えて, 添へ, 用意し, 見えなく成って, 預けるやう

▼ 鍵では~ (9, 0.2%)

2 ないかと 1 ございませン, さる大, ない, ないかといふ, ないに, なかった, 無いよう

▼ 鍵には~ (8, 0.2%)

1 ちがいない, ないけども, ならなかった, 一つ一つ象牙の, 南部鉄瓶が, 道庵も, 釘を, 鍋がか

▼ 鍵とは~ (7, 0.2%)

1 どんなもの, どんな形, ならず事件, 丑松が, 何, 消極積極二種の, 算哲様の

▼ 鍵なんか~ (7, 0.2%)

1 あたし幾つも, あろうとは, おろして, かかっては, かけて, かけてないので, 拵へる

▼ 鍵のてに~ (7, 0.2%)

1 なった四畳半, なった四角い, なった控間, 卓子が, 手すりが, 曲る角, 突き出した翼

▼ 鍵~ (7, 0.2%)

1 ポストの, 何んかと, 手錠の, 海老錠や, 錠が, 錠を, 錠前の

▼ 鍵から~ (6, 0.2%)

1 なんか氣, 低く垂れ, 抜けだした横顔, 新粉, 眼を, 脱して

▼ 鍵手ヶ原~ (6, 0.2%)

2 の療養園 1 のこんもり, の直江蔵人, は朝靄, も走り過ぎた

▼ 鍵かけ~ (5, 0.1%)

1 てしもとい, て収め, て窓, て誰, て隠したありました

▼ 鍵です~ (5, 0.1%)

21 が, が何時も, ね

▼ 鍵という~ (5, 0.1%)

1 のが, のは, のも, のを, ものも

▼ 鍵なりに~ (5, 0.1%)

1 坐って, 座を, 曲げた熊手, 町を, 通りを

▼ 鍵にも~ (5, 0.1%)

1 ならない, ならない従って, なるもの, 及ばねえよ, 場にも

▼ 鍵~ (5, 0.1%)

1 から厨子扉, に見出した, の上書和解, の封印和解, へいれ

▼ 鍵~ (5, 0.1%)

1 さえ知っ, でこれ, などはとても, の第, はやはり

▼ 鍵だの~ (4, 0.1%)

1 紹介状だの, 蝋燭だ, 釘だの, 閂かける

▼ 鍵でなけれ~ (4, 0.1%)

2 ばならぬ 1 ばこの, ば開かない

▼ 鍵として~ (4, 0.1%)

1 一種の, 一般化学作用は, 検事たちを, 私には

▼ 鍵などは~ (4, 0.1%)

1 かかっては, 掛つて居ず, 極めて精巧, 隠して

▼ 鍵~ (4, 0.1%)

1 吊された, 手を, 掛けた, 発して

▼ 鍵~ (4, 0.1%)

1 から厳重抗議, という木場, のヒガミ, は日

▼ 鍵~ (4, 0.1%)

1 で登る, は城, をかけ, を持つ

▼ 鍵~ (4, 0.1%)

1 でひと度, と大した, はあっ, を二三度大仰

▼ 鍵がか~ (3, 0.1%)

1 かつてゐた, かつてゐなかつたらしい, かつて開かなかつた

▼ 鍵さえ~ (3, 0.1%)

2 あれば 1 かけて

▼ 鍵だけ~ (3, 0.1%)

1 だつたか, 持ち出すこと, 持って

▼ 鍵だけは~ (3, 0.1%)

1 お浦, お願, 監視人の

▼ 鍵であり~ (3, 0.1%)

1 これを, 社会各般の, 農民は

▼ 鍵とも~ (3, 0.1%)

1 いうべきもの, なるの, 知らずして

▼ 鍵とを~ (3, 0.1%)

1 取り換えて, 取り換えては, 取り換えること

▼ 鍵などを~ (3, 0.1%)

1 おろさせて, 主人の, 取り出す事

▼ 鍵なんて~ (3, 0.1%)

1 お前さんが, ものは, 降しは

▼ 鍵やら~ (3, 0.1%)

2 ありとあらゆるもの 1 銀行の

▼ 鍵一つ~ (3, 0.1%)

1 しか持つ, でわけ, で安心

▼ 鍵奉行~ (3, 0.1%)

1 から失脚, が預かり, の実印

▼ 鍵~ (3, 0.1%)

1 に手, のよう, の上

▼ 鍵~ (3, 0.1%)

1 と低く, の役人二人, の爺さん

▼ 鍵裂き~ (3, 0.1%)

1 の穴, や泥, を繕っ

▼ 鍵裂だらけ~ (3, 0.1%)

1 で素足, の古, の着物

▼ 鍵~ (3, 0.1%)

1 が下され, の外れる, の尾錠

▼ 鍵お今~ (2, 0.1%)

2 どんの

▼ 鍵かと~ (2, 0.1%)

1 思われる物, 言われた時

▼ 鍵~ (2, 0.1%)

1 へ卷い, へ手

▼ 鍵たたき見~ (2, 0.1%)

2 て見

▼ 鍵たり~ (2, 0.1%)

1 えたか, しなり

▼ 鍵たる~ (2, 0.1%)

1 可し, 赦免状の

▼ 鍵であった~ (2, 0.1%)

1 とは後, のだ

▼ 鍵であろう~ (2, 0.1%)

1 か, アア此の

▼ 鍵でしょう~ (2, 0.1%)

1 か, この前

▼ 鍵といふ~ (2, 0.1%)

1 ことが, ものだ

▼ 鍵なぞ~ (2, 0.1%)

1 かけるもの, わけなし

▼ 鍵なら~ (2, 0.1%)

1 ばそれ, 僕が

▼ 鍵なる~ (2, 0.1%)

1 を以て煩, を知り

▼ 鍵について~ (2, 0.1%)

1 ゐましたから, 考えて

▼ 鍵によって~ (2, 0.1%)

1 小函, 開かれた床下

▼ 鍵~ (2, 0.1%)

1 あれを, 妻の

▼ 鍵までも~ (2, 0.1%)

1 ありゃしません, 含まれて

▼ 鍵もて~ (2, 0.1%)

1 閉すなりとい, 開き入り

▼ 鍵~ (2, 0.1%)

1 いつでも, 小杉さん

▼ 鍵をば~ (2, 0.1%)

2 入口に

▼ 鍵~ (2, 0.1%)

1 懸ケタリマタソノ鍵ヲアチラコチラヘ, 求メル

▼ 鍵数字~ (2, 0.1%)

1 であること疑い, はいつ

▼ 鍵用箪笥~ (2, 0.1%)

2 の鍵

▼ 鍵番ら~ (2, 0.1%)

1 の言う, は

▼ 鍵~ (2, 0.1%)

1 が出, の傷

▼ 鍵~ (2, 0.1%)

1 の個所, をひ

▼ 鍵~ (2, 0.1%)

1 たる巨大, を得た

▼1* [100件]

犯人は, 鍵かけといたんです, 鍵かけるとその, 鍵かは知らぬけれど, 鍵かも知れなかつた, 鍵ががつちり, 鍵がたに曲った, 鍵きり持って, 鍵ぐらいなアんだ, 鍵こそ掛って, 鍵こそがイデオロギーという, 鍵ごとにその, 鍵さえも時には, 鍵さしに差さった日本, 鍵ばが, 鍵だけを袂に, 鍵だったのである, 鍵だって同じこと, 鍵だつたら何うだ, 鍵だになかりしか, 鍵つきの別室, 鍵でありましてお, 鍵でございますか, 鍵でないとだめ, 鍵とか錠といふ, 鍵とがそいつの, 鍵とっといで早く, 鍵とではどっちが, 鍵とともに添えて, 鍵との間に, 鍵と共に持って, 鍵なくして, 鍵なしでドンドン, 鍵などで開くやう, 鍵などの話題で, 鍵なりの地面が, 鍵なりをした巨, 鍵なんぞ貰いません, 鍵なんぞまでかかつてゐる, 鍵にかけて米友は, 鍵については非常に, 鍵にてその上, 鍵になつたのである, 鍵にまつわる秘密, 鍵にまでなって, 鍵はずしの長, 鍵はでけんなあ, 鍵ばかりを狙って, 鍵ひとつないん, 鍵へはさわること, 鍵または閂を, 鍵みたいに沈ん, 鍵もろとも奪っ, 鍵やと叫ぶ時, 鍵らしいものを, 鍵をかちゃりと, 鍵をさえ握って, 鍵をというと, 鍵をも取り上げようと, 鍵来テ佐野槌屋, 鍵ハイクラデモ合イ鍵ヲ求メル, 鍵ハイツモ某所ニ隠シテアルノダガ, 鍵ヲアチラコチラヘ隠シタリシタノカ, 鍵会, 鍵二冊唐詩選掌故二冊, 鍵仁王様の頭, 鍵は外せます, 鍵低くすべらし, 鍵全部使うと, 鍵を辷らし, 鍵十字旗の魔境, 鍵の制度, 鍵取り衆などの影, 鍵からなか, 鍵周囲に縄, 鍵をとっ, 鍵にちょっと, 鍵屋さんへ行つた, 鍵差し子草鞋長提灯, 鍵役改役当番の控所, 鍵に曲った, 鍵手ヶ原直江蔵人の療養園, 鍵束のがちゃ, 鍵止めを調べ, 鍵泥棒を知っ, 鍵である, 鍵はなぜ, 鍵男持の大振り, 鍵の先, 鍵にそれぞれ依頼, 鍵を出し, 鍵裂弾疵焼穴, 鍵には, 鍵を袋地, 鍵鎖のがちゃつき, 鍵を揮っ, 鍵陀羅の浴泉, 鍵はさせ, 鍵預かりをし, 鍵類お札のいれた