青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「錦~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

銅~ ~銭 銭~ ~鋭い 鋭い~ ~鋭く 鋭く~ 錠~ 錢~ 錢形~
錦~
録~ 鍋~ 鍬~ ~鍵 鍵~ 鎌~ 鎌倉~ 鎖~ 鎧~ ~鏡

「錦~」 1572, 17ppm, 6705位

▼ 錦~ (447, 28.4%)

32 袋に 23 御旗 10 ように, 袋を 9 帯を 6 つつみもの, 直垂に 5 嚢を, 帳が, 旗を, 袍を 4 帳を, 旗が, 旗の, 縁を 3 壁布の, 守り袋といふ, 小袴, 戦袍を, 裏を, 道服を, 陣羽織に

2 [30件] たぐひが, つつみを, ひたたれ, ふくろに, ふくろを, 人も, 包みものを, 嚢の, 小袖も, 布に, 布片を, 帯で, 帯に, 帯は, 帳は, 幔幕を, 樣なお, 淵である, 直垂を, 直衣を, 紙入から, 紙入を, 色を, 袈裟, 袋から, 袋入りの, 袍は, 装束に, 裲襠を, 顔を

1 [234件] あとに, うらやきしまなるらん, きらきらする, きれが, きれで, きれに, きれはじ, きれ有り遠き, ことが, これも, ごときアザラシ, しとね, そろいの, たぐいの, つがいが, つつみの, つづれ帯, つづれ焦げた黄, とばり, なかで, ひどく滑らか, ひもを, ふくさ, ほうな, やうな, やうに, ようで, ピアノ掛けが, ボロの, マンテルを, 一枚が, 上に, 上へ, 上着に, 下紐, 中に, 丸帯, 丸帯も, 事を, 事をも, 人気は, 仕事が, 信玄袋より, 冠を, 几帳で, 切地で, 切雛香炉の, 動相は, 厚板の, 叫んだ時, 名ある, 名稱, 嚢から, 嚢であった, 嚢に, 地に, 地色も, 垂帳は, 壁布, 壁布に, 壁布には, 壁布を, 壁布事件の, 大きい帳, 天蓋に, 如く人, 如く咲くの, 如し, 如し函館の, 如し収まれ, 姿が, 姿であった, 姿は, 守り札袋, 守り袋を, 守袋を, 安全を, 寝椅子, 小さい金入れ, 小帛, 小片に, 小蛇, 小袖は, 小袖萠黄縅の, 居り場所, 崖だった, 巣を, 左の, 巻物が, 巾着を, 市場で, 布と, 布の, 布団に, 帯, 帯が, 帯との, 帯の, 帯も, 帯姿は, 帯脇に, 帳をか, 帳をぞ, 帳奧ふかく, 帳翠藍の, 帶を, 帷の, 帽子を, 幕を, 幢を, 平張り, 床に, 影であろう, 影を, 御嫡, 御帯金色赫奕, 御戸帳, 御衣と, 心を, 感じだ, 感慨は, 戦袍と, 手綱を, 打敷, 抱を, 持ち物だ, 持ち物の, 指貫を, 敷蒲団の, 方で, 旗, 旗と, 旗とを, 旗には, 旗も, 旗をも, 旗榊の, 日月幢を, 暴政には, 最近の, 来るの, 枕の, 模様の, 母衣朱の, 水の, 水干に, 淵に, 濃淡と, 煙草入を, 百花戦袍を, 皺を, 直垂, 直垂大, 直垂胸白の, 直衣の, 直衣赤紫の, 知らせと, 秋を, 筒を, 箱を, 粧を, 糸に, 絶えたる方面, 綱渡りと, 綾に, 縁の, 織物を, 美しさ, 美を, 羽の, 羽子板の, 翻る趣, 肩衣で, 腰帛も, 舞衣, 若葉を, 茵を, 蓑を, 蛇の, 行衛を, 衣に, 衣を, 衣裳を, 衾を, 袋, 袋が, 袋では, 袋などから, 袋なんぞに, 袋には, 袋へ, 袋も, 袋入, 袋入という, 袋入は, 袍など, 袍も, 袍衣を, 袖無を, 袱紗で, 袱紗に, 装束なりとも, 裏, 裏に, 裏はと, 裏総, 裲襠の, 裳を, 褥で, 褥と, 褥の, 褥珊瑚の, 覆いを, 谿深く, 身の上にも, 配色など, 重々しい縁, 野山かな, 野郎を, 金襴唐草模様, 金銀を, 鎧直垂, 鎧直垂と, 間小さな, 陣羽織を, 陶器の, 雲の, 音だ, 頭巾著たりけり, 類を, 飾られて, 馬, 髯嚢を, 黴や

▼ 錦~ (126, 8.0%)

5 は書上 4 の墓, の墓誌 3 の年齢, の弟玄俊信卿, の死

2 [16件] が歿, が碑, である, に養, の事蹟, の墓表, の子, の実子, の家, の条, の歿, の碑, の行状, の門人録, の養嗣子, は始

1 [72件] が, がデビユウ, が京水, が公文, が奥詰医師, が幕府, が年齢, が文化丙子, が書せずし, が江戸, が確, であらう, との交, と其末裔, と親しく, にあらずし, に嫁, に至, の, のため, の三人目, の事, の京都, の側室某氏, の大, の妻, の妻沢, の妻菱谷氏, の姪, の宗家, の履歴, の幕府, の庶子, の弟文孝堂玄俊, の後, の従祖父, の文, の曾祖父嵩山, の末裔鑑三郎さん, の条は錦橋自己, の歿日, の父母妻子, の祖先, の祖父, の職禄, の自撰, の親しく, の通称, の門人中, の養嗣子霧渓等, の養子, の養子二世瑞仙, の高祖父信重, の齢, は, は享保二十年生, は京水, は其号, は初め京水, は安, は宝暦十二年, は後, は惟法諡, は槇本坊詮応, は此年, は江戸, は江戸駿河台, は池田杏仙正明, は誰, また蟾翁, を插叙, 生れて

▼ 錦~ (108, 6.9%)

8 着て, 飾って 2 張るも, 故郷に, 染め出した葉, 飾る

1 [84件] いじめる気, かけた三方, かざる牧原, かどわかした一団, しいたよう, つかみかさねたよう, どうして俺ら, なして, なでて, のみながら, ひたし綾, ふんで, ものに, 下手人と, 取り上げて, 召して, 呼んだ, 宙へ, 小さい塗桶, 展観させるべく, 引き渡して, 引動かし, 引奪ろうと, 張ったよう, 所持いたし, 手織らせ, 投げ出しどこ, 拡げて, 捧げて, 捲り終れば, 敷いたよう, 敷いた木の葉ぢ, 敷いて, 敷きて, 映しつつ, 晒すが, 暗い所, 束ね一方, 松原に, 染むる燃, 欺くに, 洗って, 流すところ, 浮織に, 照らす松明, 片々と, 片手で, 独占し, 盗めば, 着たよう, 着ると, 着飾って, 積んだ堆い, 締めあげても, 縫いつづけて, 縫はせる, 縫わせるやら, 織った紅葉, 織って, 織つて, 織り出して, 織り成すもの, 織るは, 纏う, 著ぬ, 被て, 装り, 製す, 見るばかり, 誇る紅葉, 踏んで, 返して, 連れて, 霞が, 飾ったこと, 飾つた積りの, 飾りましょう, 飾るため, 飾るつもり, 飾るとまでは, 飾るの, 飾れの, 飾れる姿, 高手小手に

▼ 錦~ (67, 4.3%)

3 どこに

1 [64件] からだに, こう云っ, この御, これ迄は, すっかり嘗め, せがむよう, そっと着物, その足, そんなこと, どうしたろう, にわかに反抗的, ひどく吃驚, むしろ冷笑, わたしの, 一向平気, 不安に, 不意に, 二品を, 云い難, 云うの, 云った, 人影に, 伊丹屋へ, 伊太郎の, 何となく憂鬱, 使は, 俺達の, 凋落し, 呟いて, 周章てながら, 喜んで, 堆いが, 夕端山, 小舟に, 左の, 幸福に, 庭を, 引き止めて, 徳川期の, 怪しみながらも, 怪訝そうに, 意には, 懸命に, 手を, 手文庫から, 手許には, 気が, 気絶から, 気絶し, 決して売払われ, 湖水を, 照, 爪楊枝を, 自然の, 舟を, 舟底へ, 衣裳を, 襄邑の, 錦でも, 関取修業を, 駕籠で, 高島以来お前の, 黙って, 龍田姫の

▼ 錦太郎~ (47, 3.0%)

3 の言葉 2 を見

1 [42件] が夢中, が成人, が殺した, が氣, が身, が青く, だ, でした, といふの, とか言, と入れ替はらせる, と八五郎, には他, に押し付け, に返し, に間違, に頼まれ, の人柄, の嫁, の後ろ, の怒り, の聲, の頼み, の顏色, はどんなに, はゴクリ, はボロボロ, は何, は勝利感, は半, は唇, は恥, は極り惡さうに居住, は泣い, は淺傷, は腹の中ぢ, は顏, も怪しく, を一緒, を引据, を打ち殺さう, を殺す

▼ 錦~ (40, 2.5%)

2 になってる, に在った

1 [36件] からの帰途桜田御門, から小川町, で鈴木万次郎氏, で青年社, とか手仕事, などには大きな, にあった, にあつ, に下宿, に新, に移つて, に置き, のある, の三河屋, の下宿, の家, の寓居, の小さな, の新, の方角, の松本亭, の某, の橋田病院, の法律事務所, の私立英語学校, の自宅, の英語学校, の街路, の裏通, の観音堂, の警察, の通, の錦輝館, へ抜ける, へ曲り込ん, までいっ

▼ 錦~ (37, 2.4%)

3 の表装, の袋 2 の帷, の衣, の袈裟

1 [25件] から模写, で張った, で蔽い, に装幀, のかざり, のなか, のよう, の下, の切, の包みもの, の嚢ぐるみ, の天蓋, の帯, の帳台, の様, の法衣, の直垂, の筒袖, の結構, の蒐集, の裃, の装い, の裲襠, も織り, を被せ

▼ 錦~ (33, 2.1%)

1 [33件] いとど美しく, うしろ手に, この秀, ふたりいる, ぷいと立ち上がっ, また却, 一行李の, 下手人と, 出来あがつた, 十能の, 却て, 太刀山に, 好きな, 封を, 居なくな, 床の, 掛けて, 最上の, 有つて, 染め物の, 欲しいの, 殺した殺したと, 用ゐ, 盲腸炎の, 秀の, 結びを, 織り出されて, 義哉の, 義哉へ, 薬玉に, 蘇生した, 誰かしらに, 陳列され

▼ 錦~ (28, 1.8%)

1 [28件] お座敷が, したいという, つけ思い出すの, つつませに, つつまれた不自由, つつんで, 代へ, 似て, 入れた一, 包まれた猟人, 包まれて, 包んだ長い, 埋まって, 声援した, 大事な, 染まれる桜山, 梭を, 爪を, 玉を, 紅を, 罪を, 花を, 裹んで, 見惚れた, 譬へる, 金立枠の, 面影を, 麦の

▼ 錦~ (24, 1.5%)

3 織成 2 謂ひ

1 [19件] あるから, けっこんしました, なり移り変る自然, はりぼ, 云ふ, 伊太郎は, 六朝以後の, 呼び変えられて, 小堀義哉とは, 引合わせて, 栃木は, 水晶の, 秀の, 薄暗く輝く, 見え人, 言う天蓋, 言おうか, 雑巾だ, 頼門は

▼ 錦さん~ (20, 1.3%)

5 の居場所 2 の幸福, は

1 [11件] お芽出度, か, じゃない, だ, とはどんな, の在所, の居り, は幸福, は浮雲, よ, を連れ

▼ 錦~ (20, 1.3%)

1 [20件] で晴れた, と蒼空, なるべし裏, に似, に対してハッ, に歌, の一葉, の中, の唄, の蓑, の蔭, の錦, の音, も見ず, を含み, を思つた, を日本海, を映す, を織った, を観

▼ 錦小路~ (19, 1.2%)

3 の邸

1 [16件] という曾, と呼ぶべし, に立ち寄り, に邸, のくら闇, の俗, の北, の松年先生, の老舗, の自邸, の辺, の門, は京都, へお, まで歩いた, まで飛ばした

▼ 錦輝館~ (19, 1.2%)

4 へ行く 2 の二階

1 [13件] だの豊玉館, でそもそも, でサンフランシスコ市街, で例, で演説会, における同志, に於ける, に行っ, に行ったら, の前, の泰西, は政治演説會, へ初めて

▼ 錦霜軒~ (17, 1.1%)

2 の方

1 [15件] から夜, から導かれ, から起き出し, で寝, で思い出した, に灯り, に起伏, のそば, の中, の前, の戸, の炉べり, の臥龍梅, へ引っ返します, を出た

▼ 錦~ (12, 0.8%)

3 なり 1 す, すと, と名詞, なりとか錦衣, にし, のつもり, をまとい, を望む, 還郷

▼ 錦~ (11, 0.7%)

2 の鉢 1 か何, に彩られた, の中皿, の佳い, の大, の皿, の結構, や伊万里, 大丼

▼ 錦~ (10, 0.6%)

1 作った, 作ったん, 作った守り袋, 作られて, 包んだ筥, 天ぷらうんと, 装飾を, 買って, 鏡板の, 顔を

▼ 錦~ (10, 0.6%)

1 お座敷が, つつんだもの, はなやかな, 天ぷら食ひ, 燃えつく時, 蜿々として, 行く暇, 訊ねて, 買い出しに, 贈るっていう

▼ 錦小路殿~ (10, 0.6%)

1 といっ, にすぐ, に従ってせい, のお, の内, の御, は言う, へひきとられ, へ駈け集まった, をも蹴おとし

▼ 錦橋本~ (10, 0.6%)

2 に従 1 と名づける, に訂正, の愆, の書後, の本, は正俊, は此頼信, を訂正

▼ 錦~ (10, 0.6%)

1 が額, なども初期, のため, の判官, の姫, の帖, もその頃盛ん, を一, を見, を買っ

▼ 錦という~ (9, 0.6%)

1 おすもう, のは, 人の, 力士は, 声援とともに, 大関だ, 女は, 満州の, 都に

▼ 錦~ (9, 0.6%)

1 かず, であ, に描いた, に見る, の古調, を見せる, を見れ, を覗い, を賣る

▼ 錦小路苗子~ (8, 0.5%)

1 でございます, との恋, との関係, と色彩, に於ける, に比べ, は何, は最初

▼ 錦橋初代瑞仙~ (8, 0.5%)

1 が死んだ, の墓表, の家, の弟, の死, の祖先, は小字, は痘科辨要

▼ 錦~ (8, 0.5%)

1 が立て, とかいふ女, とかいふ女郎, と二人, に及ぶ, は斷念, より小, を想

▼ 錦亭柳桜~ (7, 0.4%)

1 が穴, てえ, という落語家, と拮抗, のたぐい, の人情話, の速記

▼ 錦小路家~ (7, 0.4%)

1 あるのみ, というの, に求むる, の令嬢苗子, の家族, の系譜, を捜し当てる

▼ 錦図巻~ (6, 0.4%)

1 があまり, ともう, と狂女, に惚れこんだれ, の模写, を模写

▼ 錦~ (6, 0.4%)

1 および山海関, からも行ける, と天津, に在り, を通っ, 新民府

▼ 錦~ (6, 0.4%)

1 がもと, に罪, のいられる, の持ち物, はさすが, を巧み

▼ 錦祥女~ (6, 0.4%)

1 と唐人, には好, は小, も評判, をし, を勤める

▼ 錦~ (6, 0.4%)

1 とをその, に包まれた, の袖, をとっ, を捧げた, を着

▼ 錦~ (5, 0.3%)

1 さきざき大物に, 毛布や, 練絹などで, 美しい調度, 金銀を

▼ 錦ビル~ (5, 0.3%)

1 ですね, の二階, の前, の四階, の階段

▼ 錦明宝~ (5, 0.3%)

1 がどういう, という剣葉畝目地白覆輪, の鉢, を棚, を見つけ出し

▼ 錦~ (5, 0.3%)

1 で初めて, にて臨風子, に飲む, へ, を一席

▼ 錦~ (5, 0.3%)

1 で食事, で鴨, へ寄り, へ生駒, へ行く

▼ 錦~ (5, 0.3%)

1 か緋鯉, は何, を入れ, を飼う, を飼っ

▼ 錦四郎太夫~ (4, 0.3%)

1 でありました, の一番, はまた, を痛み

▼ 錦~ (4, 0.3%)

1 が書く, のいう, の洋服姿, の肩上げ

▼ 錦~ (4, 0.3%)

1 が, の名, の節, の薩摩琵琶

▼ 錦橋自己~ (4, 0.3%)

1 の書上, は何, より出で, 乃至其子孫

▼ 錦町署~ (4, 0.3%)

1 に留置, の留置場, へ密告, へ訴えた

▼ 錦~ (4, 0.3%)

1 だけは植える, の値, の種, を四十石あまり

▼ 錦袋円~ (4, 0.3%)

1 という有名, と廿軒茶屋, の娘, の裏路地

▼ 錦~ (4, 0.3%)

1 で面, の端, の綾, をまとい

▼ 錦~ (4, 0.3%)

2 郷の 1 郷という, 郷を

▼ 錦その~ (3, 0.2%)

1 ほか武人の, 者には, 者を

▼ 錦といふ~ (3, 0.2%)

1 人の, 字の, 樣な

▼ 錦~ (3, 0.2%)

1 横川の, 興味を, 間もなく帰っ

▼ 錦~ (3, 0.2%)

1 わしは, 気を, 行衛が

▼ 錦ヵ浦~ (3, 0.2%)

1 から岬, の方向, の真

▼ 錦~ (3, 0.2%)

2 の大皿 1 の皿

▼ 錦~ (3, 0.2%)

1 と, とあってる, という名

▼ 錦屏山~ (3, 0.2%)

1 に国葬, の岩窟, へ登った

▼ 錦~ (3, 0.2%)

1 が歿, の実家富田氏, の師

▼ 錦~ (3, 0.2%)

1 に沿う, の下流, を棹さし

▼ 錦~ (3, 0.2%)

1 の下, の中, をこぼれ

▼ 錦橋先生~ (3, 0.2%)

1 の伝記等一見致度様申居候, の墓, 蒙召自京師至焉

▼ 錦橋書上~ (3, 0.2%)

1 と直, の原文, は其文

▼ 錦橋碑~ (3, 0.2%)

3 の事

▼ 錦橋行状~ (3, 0.2%)

1 に年齢, に於, の庶子善直

▼ 錦殿~ (3, 0.2%)

1 かよく, には気の毒, は貴殿

▼ 錦~ (3, 0.2%)

3 の小

▼ 錦おりかく~ (2, 0.1%)

2 高野山柳の

▼ 錦かなんかの~ (2, 0.1%)

2 素的に

▼ 錦である~ (2, 0.1%)

1 ことは, にどう

▼ 錦では~ (2, 0.1%)

1 ない, ないの

▼ 錦とかいう~ (2, 0.1%)

1 織物で, 鰻屋が

▼ 錦なす~ (2, 0.1%)

1 かつら閉し, 葉の

▼ 錦なる~ (2, 0.1%)

1 らん, 花の

▼ 錦にとっては~ (2, 0.1%)

1 意外であった, 江戸の

▼ 錦には~ (2, 0.1%)

1 何となく気, 脈打つ血

▼ 錦のみ~ (2, 0.1%)

1 旗, 旗に

▼ 錦を以て~ (2, 0.1%)

1 天井を, 飾られし如く

▼ 錦~ (2, 0.1%)

1 であった, は梅舎錦之助

▼ 錦八十吉~ (2, 0.1%)

2 である

▼ 錦垂れ~ (2, 0.1%)

2 たり春

▼ 錦小路あたり~ (2, 0.1%)

1 に煙, は今

▼ 錦~ (2, 0.1%)

1 がめずらしく, れの

▼ 錦帯山~ (2, 0.1%)

1 の方, の道

▼ 錦~ (2, 0.1%)

2 の虫

▼ 錦橋瑞仙~ (2, 0.1%)

1 が名, の妻沢

▼ 錦橋錦橋~ (2, 0.1%)

1 の妻沢, の姪

▼ 錦橋霧渓一系~ (2, 0.1%)

2 の合墓

▼ 錦~ (2, 0.1%)

1 の精巧, も使われ

▼ 錦~ (2, 0.1%)

1 で竹, にまがう

▼ 錦織り~ (2, 0.1%)

1 てはおろす, て待つ

▼ 錦織るなる~ (2, 0.1%)

1 うつくしき人, 美くしき

▼ 錦~ (2, 0.1%)

1 にはずさし, を呼んだ

▼ 錦衣玉~ (2, 0.1%)

1 食するに, 食するを以て

▼ 錦襴表装~ (2, 0.1%)

1 のピカピカ, の軸

▼ 錦輝舘~ (2, 0.1%)

1 に開けり, の政談演説

▼ 錦~ (2, 0.1%)

1 だ, は俄

▼1* [184件]

あたりになる, 錦何んか, 錦かと思つた, 錦から預かった不思議, 錦からは手を, 錦ごろも, 錦さん俺らと一緒, 錦さん紫錦さんじゃない, 錦それから紅白の, 錦だけは口に, 錦でないまでも加賀絹, 錦でもそれは, 錦といった風な, 錦とか云いましたっけ, 錦とかいふ鰻屋が, 錦とかにもう一つ異種, 錦とでも月並乍ら云ひたい景色で, 錦との鋭い疣, 錦とは従兄弟に, 錦とも詠歎した, 錦どんとあとからゆっくり, 錦などがひとしお美しく, 錦などでは無いが, 錦などと呼び捨てに, 錦などを奮発し, 錦なんて女を, 錦にゃ罪は, 錦のみにても尚朽ちざる, 錦ははすっぱに, 錦ばかりはそういう事, 錦への買い出しも, 錦だらという, 錦また珊瑚をさえ, 錦みごとなり, 錦みたい博物館へ行っ, 錦そろそろ目, 錦ゃああの相撲が終わる, 錦やさしき眉に, 錦よといはれて, 錦をかやれ判木, 錦をでも見るよう, 錦をば華かに, 錦をも着せず梅桃桜菊色々, 錦ィ江戸錦という声援, 錦一万匹を荊州, 錦一枚刷の八百屋お七, 錦一行の割当人名, 錦三百端と, 錦上下鰭袖替赤地錦股立, 錦を拝, 錦下るあたりに, 錦や絶えなん, 錦丞と, 錦二十匹を賜わった, 錦二月の花, 錦二段酒肴を贈っ, 錦より眺むるもの, 錦や釉薬, 錦伊達織, 錦例へば貝錦と, 錦の綾, 錦唐繻子和繻子南京繻子織姫繻子あり毛繻子, 錦を授けた, 錦城山という山, 錦大きくなったなあ, 錦太郎これを知つて, 錦太郎さんにお, 錦太郎それがお前, 錦太郎ぢやありません, 錦太郎奴歩いて, 錦太郎聟に身代り, 錦太郎自身でした, 錦の絵, 錦若無, 錦小袖にかいくるまっ, 錦小路三位頼理卿三十三同従三位, 錦小路中務権少輔頼易, 錦小路側の一部隊, 錦小路天神蛸薬師道場祇園の御, 錦小路沢の七卿, 錦小路高倉の多治見国長, 錦か, 錦山神社へお, 錦峰信敬は富田能登守, 錦が一度颯と, 錦川橋を渡れ, 錦州方面に踏み留まり, 錦巻き抱き, 錦の賊, 錦帆八島を発し, 錦帯橋へ出た, 錦帳徐ろに開け, 錦帶橋の知人, 錦幡五色旗をひるがえし, 錦を放つ, 錦影繪として明治初年, 錦あ見ろ, 錦成氏の, 錦所有の印籠, 錦振袖の貴女たち四五人, 錦とある, 錦斑らの虫, 錦斜陽ニ映ズルハ, 錦羅斧など, 錦の下, 錦昔しの人をしのぶ, 錦春日野八千代両嬢, 錦木の下に萩, 錦の脚, 錦林通へ出る, 錦が生命, 錦橋並に其一族, 錦橋以下数人の墓石, 錦橋八歳は享保二十年乙卯生, 錦橋六十六養母沢三十七杏春の瑞英十六, 錦橋初代池田瑞仙は系図, 錦橋初代瑞仙其妻其僚友の事, 錦橋十八世の祖頼氏, 錦橋本系図を蔵, 錦橋氏の墓, 錦橋独美善卿母は錦橋, 錦橋瑞仙寛政庚申の書上, 錦橋等の事, 錦を付けろ, 錦治井上密などでこの間, 錦て奴, 錦の方, 錦の裡, 錦をし, 錦汐と, 錦を身, 錦町三丁目の角, 錦町区役所の横手, 錦町河岸を通った, 錦町辺の高等下宿, 錦画開化三十六会席を持, 錦直垂を着用, 錦て畳, 錦祥女チャンポンひっこき稲本髷, 錦の浦, 錦簔露紫虚心柳蔭いづれも, 錦糸堀でひたひた, 錦紐解き放けて寝る, 錦絲さんがきつ, 錦絵描きでも描けない, 錦綵寶珠賊等やがて意, 錦の類, 錦綾等々の織物, 錦綾綺の如き, 錦のごとくならね, 錦繪浮世繪氣分横溢となつ, 錦のごとし, 錦纐纈衣有菊閉, 錦羅綺の中, 錦股立同錦纐纈衣, 錦を添え, 錦茘支の蔓, 錦華園を持ち, 錦華燦然として海, 錦てうた, 錦葵ミルトと花冷え, 錦の美車, 錦だの, 錦衣獄に下す, 錦袋舎等の号, 錦袍金冠のまばゆき, 錦袍銀帯を鎧い, 錦襖子を採り, 錦襦袢は緋, 錦襴入りが瓦, 錦襴切のよう, 錦襴地の色, 錦襴縮緬並に美しい, 錦襴風袋一文字が紫印金, 錦負けやるなッ, 錦も錦, 錦輝館前の赤旗事件, 錦まで買い物, 錦近来変わって, 錦堂板の, 錦を飾り, 錦雲舎という菓子屋, 錦馬超という, 錦魚亭でた