青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「辺~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

辛抱~ 辞~ 辰~ 農~ 農夫~ 農家~ 農村~ 農業~ 農民~ ~辺
辺~
辺り~ 辻~ 込み~ 込む~ ~込ん 込ん~ ~込んだ 込んだ~ ~迎 迎~

「辺~」 11698, 121ppm, 872位

▼ 辺~ (2479, 21.2%)

41 ことは 18 事情を, 様子を 17 ことを 16 ところは 14 地理に 13 景色を 12 事情は, 消息は 11 消息を 10 ところを, 人は, 山の, 海は 9 地理には, 或る 7 ところが, 事は, 人に, 景色が, 消息が, 者で 6 ように, 事を, 人の, 山に, 空気を 5 ところで, ところに, ような, 人が, 地理を, 村の, 注意が, 者じゃ

4 [22件] ことが, とある路地, ものが, ものは, ものを, 土地は, 土民は, 地理は, 家は, 山は, 工場の, 村, 様子が, 海の, 海底は, 町の, 百姓が, 百姓は, 空気が, 草の, 道は, 長さ

3 [37件] お百姓, ことに, ところだ, どこかに, ものに, 事で, 事情が, 事情に, 事情には, 人々は, 人たちは, 人心を, 人間の, 住民は, 光景が, 処を, 名物の, 呼吸は, 商人の, 地面を, 家の, 寂寞を, 山々を, 山には, 御心配, 所に, 景色は, 機微は, 水の, 消息に, 空気は, 農家に, 農家の, 雪を, 静かな, 静寂を, 高さ

2 [130件] ある保険会社, ある大, ある山, ある藩, いの, いまだなじまず, お料理, ことも, ところから, ところです, ところへ, ところも, テーブルに, 一冊, 上に, 乾いた土, 事が, 事に, 事情も, 人を, 人家の, 人気は, 人達が, 位置に, 先生の, 光景に, 光景は, 区別は, 印象は, 右側左側に, 名物で, 呉服屋の, 呼吸が, 土地では, 土地を, 地勢から, 地勢に, 地勢は, 地形も, 堤の, 壁を, 大地主, 女じゃ, 女は, 女房の, 子供たちは, 子供は, 家へ, 家も, 寺に, 寺は, 山が, 山へ, 山を, 山道に, 岬岬, 川の, 底の, 店では, 店に, 座敷に, 建物疎開は, 往来の, 心事は, 心得が, 心配は, 所は, 新聞社に, 方が, 方言で, 方言である, 昔の, 春の, 景色の, 景色も, 暗さ, 村に, 村落は, 柳あなあはれかかり, 柳何一つ, 森も, 様を, 様子は, 樹木を, 気持ちお, 水は, 河岸通りをも, 洋燈を, 海に, 海岸には, 渓には, 湯屋では, 溝, 漁夫の, 物持の, 物語を, 町は, 町家の, 町尻に, 知人の, 石に, 社交界へ, 立派な, 紳士諸君は, 者が, 者だ, 者は, 船宿では, 草は, 街道を, 街道筋を, 見当が, 許へ, 論は, 農夫が, 連中が, 道具屋に, 酒屋の, 里の, 闇の, 雀は, 雑草を, 露店の, 静に, 音の, 風景が, 風景は, 風気を, 魂胆は, 麦の

1 [1678件 抜粋] あきんどの, あるお, ある商会, ある婦人科, ある家, ある沼, ある紙問屋, ある貸本屋, いうの, いって, いわゆる, うるさい人畜, おさ, お安い, お店もの, お支度, お見込, お邸, がらくたを, ことか, ことだ, ことでしょう, ことについては, ことばから, ことよう心得, こと宜, このごろの, ごく狭い, ご事情, さびしい所, しら雪を, すべてが, そっちの, ためには, つばきただに, ところかと, ところと, とは種類, ない旅情, に限る, はずな, は全体, は餅, ふくらんで, むすめ, もので, ものの, やけ跡を, ようすが, よろいかぶとを, イカモノと, カフエーで, ケチな, サイレンは, ソレ以下に, デエラボッチャも, バアや, ベンチに, ポストに, 一つの, 一旅館で, 一箇所を, 一部将だった, 三絃様な, 上まで, 下人承はれ, 下層民にも, 不潔な, 世事には, 中庸に, 主の, 乾草は, 事件なら, 事情で, 事情による, 五か村は, 井戸の, 交番の, 人々, 人々には, 人か, 人という, 人などは, 人より, 人広く, 人達と, 仔細でも, 会寧に, 低地一帯の, 住人らしいあかぬけた, 体, 何某という, 作家を, 俗物が, 俳人数氏を, 僧侶や, 兄弟たちは, 兎は, 児童走, 兵法を, 再遊, 冷え切ったの, 処へ, 判任官位の, 到るところ, 労働者街に, 勲功は, 千鳥泣きくれ, 卓子に, 博士の, 博徒親分波一里儀十の, 原っぱにでも, 原始制度の, 友人の, 口演に, 古壺, 古物店から, 史蹟の, 同商売, 名を, 名所を, 名物に, 否みに, 和は, 唱え詞, 商人夫婦として, 商家に, 商館の, 問屋町の, 喊声から, 回向を, 土の, 土人でも, 土地が, 土地全体が, 土民とは, 土豪は, 地上を, 地価権利などの, 地区に, 地味は, 地廻りでは, 地所は, 地点では, 地理不案内なり, 地震の, 地黒という, 坊さんだらう, 堤防の, 塀と, 塞主たり, 壁にあたって, 売女だろう, 外人居留地かも, 夜の, 夜学校から, 大きさ, 大人位食物を, 大名へ, 大地まで, 大学生を, 大店, 大社の, 大資産家, 天然の, 女としては, 女医者に, 女郎屋にて, 奴らかな, 如く去勢肉が, 娘に, 嫁菜摘みも, 子は, 子供には, 子供衆が, 学校へ, 守りを, 定石以外の, 実家へ, 家々は, 家を, 家人から, 容子を, 宿屋に, 密林に, 寒さ, 寺, 寺院に, 小さいところ, 小カフェエ, 小商人, 小店で, 小料理屋は, 小粒, 小高いところ, 少い旅先, 屋上に, 屋敷屋敷の, 屋敷町も, 山々谷, 山で, 山中へ, 山坂は, 山小屋みたいな, 山羊の, 山道は, 山野一帯に, 岩は, 岩組が, 岸へ, 嶮岨に, 川は, 川幅は, 工場で, 巴里の, 常磐木は, 平地の, 年配の, 庄屋の, 店で, 店を, 庭木でも, 弁天の, 当りを, 彼等の, 待合雪の, 御人相, 御家人などが, 御意見, 微妙な, 心まかせじゃ, 心掛けは, 応答までは, 思い遣りも, 思案を, 悪い牛肉屋, 悪青年, 意味に, 慣習として, 或都会, 戦意, 所領へ, 手代とも, 押し入れの, 指揮を, 掛茶屋などを, 支配下に, 散所雑色, 文章には, 斟酌には, 新手を, 新聞記者と, 新開畠に, 方言とは, 旅籠の, 旗本屋敷の, 日記は, 旧家には, 星は, 景色あるいは, 景色や, 暗いの, 暗礁は, 曲がり角に, 有様に, 木々の, 木の, 木や, 木立の, 木陰から, 本郷側の, 村夫子に, 東側に, 松茸の, 林を, 枯葉を, 柳は, 栗は, 案内を, 梭魚は, 森林という, 植物景観が, 楽師を, 権門には, 横町は, 樹も, 樹陰に, 機微に, 歌謡を, 武勇を, 母堂を, 民は, 民家では, 民族が, 気質な, 汚い下宿屋, 池の, 汽車は, 沓作り弦作りの, 沖合には, 河より, 河岸ぶち, 油や, 泥っ臭え, 洋中で, 流行語と, 浜へ, 浦を, 浮き材木の, 海と, 海上では, 海岸に, 海岸へ, 海底に, 海珍しく, 涼台から, 深いこと, 混雑を, 温泉へでも, 湖心の, 溝渠が, 漁村の, 濠際へ, 火鉢に, 炭坑主が, 無智, 焼けあとあちこちに, 熊だの, 牛鍋も, 物だろう, 物を, 状況は, 狼へ, 猟師は, 玩具店には, 理解者は, 生れ生れつきの, 生薬屋で, 産である, 用意であった, 田は, 田村に, 田舎である, 田舎侍が, 田野の, 男なれ, 町には, 町中には, 町人衆の, 町筋を, 畑みちを, 畠は, 畳へ, 疑いも, 病院へ, 白髪が, 百姓だ, 百姓に, 百姓家という, 百貨店と, 皮膚の, 相談に, 眺望は, 矢場の, 知己を, 知識経験で, 石を, 砂は, 砂場へ, 磯から, 祖父に, 禿げかかった所, 秋を, 程度なら, 穀問屋へ, 空が, 空中に, 空気とは, 穿鑿は, 章魚の, 第一線である, 籬の, 糸は, 紙ぎれに, 素人劇を, 細かな, 結婚が, 縁日で, 縄張を, 美しさ, 老樹精萃を, 考えで, 者には, 者を, 肉附に, 脈管の, 膝に, 自然は, 色を, 花の, 花柳明暗の, 芸者家では, 芸者達が, 若い人達, 若い閲ラン者, 茶屋の, 草まで, 草木も, 菊の, 薄らあばたを, 薄笑い惣てが, 藩兵づれとは違う, 藪の, 虎に, 蛇屋で, 行燈を, 街を, 表現は, 裏は, 裏通に, 裸木の, 要害に, 見当ずら, 見物に, 見通しが, 観察も, 角屋敷に, 言は, 計画は, 診断は, 話声に, 語義の, 諸官庁会社, 諸豪族, 谷, 豆も, 豪族だった, 貧民窟へ, 賃仕事し, 賑いを, 赤い土, 足は, 路傍に, 路掌に, 路次裏に, 身も, 軒下にでも, 農夫は, 農家では, 辻まで, 近在の, 通にまで, 進退その, 遊び宿は, 運送問屋から, 道が, 道に, 道や, 道筋を, 遠慮から, 郊外を, 郡吏を, 部屋に, 郷士かと, 都会的憂愁が, 酒場や, 醤油屋の, 野山に, 金物屋で, 金色に, 鉄道沿線の, 門巷には, 間に, 闇とは, 陰気な, 隅つこ, 隊へ, 隼人と, 雑草の, 雪も, 雲の, 電車通りに, 静かさを, 静けさに, 鞄や, 風で, 風光と, 風景や, 風物までが, 風習だ, 食堂の, 飲食店や, 首は, 駄菓子職人の, 騒音も, 高い処, 高地は, 髪の, 鳥は, 麻雀クラブの

▼ 辺~ (1972, 16.9%)

27 住んで 13 立って 11 なると, 来て 10 あるの, 気を 8 来ると, 残って, 眼を 7 いるの, 出て, 漂って, 落ちて, 響いて 6 あった, あつた, ウロウロし, 置いて, 遊んで, 隠れて 5 あって, あるか, 何か, 沿うて, 注意した, 潜んで, 誰も 4 ある, いるん, うろついて, して, なって, 人の, 人は, 家を, 見えなかった, 転がって

3 [26件] あり, あると, あるん, うろうろし, よくある, マゴマゴし, 一つの, 人が, 低徊し, 住し, 何かの, 屯し, 彼の, 手を, 抜かりの, 持って, 散って, 月光が, 泊って, 注意し, 満ちて, 漂うて, 立つて, 落ちたの, 身を, 迫って

2 [117件] あたるか, あたるの, あったの, ありたる多く, ありて, あるので, ある一つ, いくらも, いたしましょう, いたの, いると, いるという, いるよう, い寄る玉藻, うようよし, うろ, うろ付い, おいで, お住いな, お知り合い, かかって, かぎる, ころがって, ごろごろし, さっきの, ざらに, たたずんで, ちがいない, とどまって, ぬかりが, まごまごし, わずかに, 一人も, 一枚の, 下宿し, 不思議な, 並んで, 二階借り, 人影が, 人影も, 佇んで, 住まって, 住む者, 住居し, 住居した, 僕の, 出るの, 出来た赤黒い, 出没する, 力を, 助けて, 動いて, 君の, 命中したらしい, 咲いて, 四谷の, 坐って, 埋めて, 多くの, 太い金, 太子殿下の, 奇妙な, 姿を, 存するの, 宿屋は, 寄する, 屋敷を, 川を, 当て身を, 当るだろうか, 徘徊し, 忍んで, 挙げ脇の下, 揺るるのみ, 放って, 散った, 散らばって, 敵の, 於て, 有名な, 来た時, 気の, 汗が, 注意を, 浮べながら, 浮べると, 満ちるほど, 猫が, 現われて, 理由が, 生えて, 生じて, 田を, 異様な, 石が, 移住し, 笑いを, 糧秣廠の, 細い縦, 網を, 置いといて, 置き並べて, 美女の, 美濃の, 至って, 至るまで, 至る辺, 至れば, 見えて, 見えませんでした, 読む本, 買物が, 軒を, 近づくも, 隠して, 馬が, 鳴りひびく

1 [1408件 抜粋] あかりが, あたります, あったから, あったその, あったらしい, あったシルヴァーダラー, あった某省, あった独立国, あった膝掛け, あった話, あつて, あばれ廻ったりなど, あらずただ, ありさ, ありは, ありませんぜ, あるいろいろ, あるかといふ, あるが, あるだろうとの, あるでしょう, あるな, あるもの, あるらしく思われる, ある丸多, ある国, ある小路, ある物, ある謂, いい処, いくらだつ, いたこと, いたら, いたんだが, いた客, いては, います, いるお婆さん, いるから, いるだろうと, いるなら呼んで, いるもの, いる子供, いる誰彼, いんちき横町山かん横町という, うかがわれる, うず高く, うろうろする, おいでの, おちては, おるか, お住, お住居, お在, お気づきの, かかると, かくれやがて, かまわないで, かんざし, きっとある, くらして, ぐるりと, このと, この小城, これほどの, こんな笑顔, ごく低く, ござります, さしかかったばかり, しかるべき不動堂, しっぽが, しろこの, じっとしゃがん, すこし晴れた, すばらしく好い匂い, ずっと左, そうて, そのころ新興, その子孫, その本陣, そんなこと, たくさんあります, たたずみまだ, ただようて, だいぶ宿, だまって, ちらかした古本, つけて, つみ重ねて, できても, とどめたよう, とれば, どれだけ, ないはず, なければ, なりますが, なるか, なんらかの工夫, にやにやと, のりかかる, はおりません, はじめて鯰, ひきすえた, ひらめいた, ぴったり押しつけられ, ふんわりと, ぶらぶらし, ほんとうに, まいりました, まだ妹, まだ誰, みっちりみ, もって, ゃここよりよい処は, やはり白粉, よく浮ぶ, よもや猿, わがおきし, ゐたの, ゐる仏ぢ, アパートありますでしょう, ウロ, シュー人と, タカネオウギの, チラチラと, ホテルか, ポツチリと, 一つあり, 一人の, 一寸これ, 一庵を, 一羽留っ, 三四人の, 三片の, 上白下黒白黒の, 下りて, 不覚が, 並んだ格子先, 中身だって, 久野の, 亀屋の, 事実お忍びなら, 二人や, 云い難い, 井筒いう, 人でも, 人も, 人無き, 仕える気, 仙右衛門という, 仮ながらの, 伏しける, 伝わった, 伸地の, 佇って, 佇み待って, 住した, 住ませられる出雲路, 住み皮細工, 住むの, 住む人達, 住む悪, 住む貧しい, 住んでるの, 何ぞありましょう, 何某殿と, 俊夫君を, 倒れたまま, 偏すること, 優る賢士, 充満ち, 入り込んで, 全く人, 八見, 写生に, 冷たい秋の川水, 冷やり, 凧の, 出でて, 出られたの, 出没したる, 分れて, 到て, 到れば, 前に, 務めて, 十七の, 原因が, 厳重なる, 又戸, 取りかたづけられて, 口の, 合戦の, 同じよう, 向けて, 君八幡宮は, 命じる, 咲く白き, 問屋が, 噛まれたか, 土と, 在った, 在りなお, 在るから, 在る総て, 坐す, 垂らして, 埋もれて, 堆く無数, 声掛くれ, 変わったこと, 外科は, 多い地名, 多くいる, 多く居た, 多く集っ, 大いに注意, 大きな斑, 大きな節穴, 大作は, 大穴が, 天狗の, 太鼓が, 姿が, 子を, 存し, 存在した, 安宿は, 家が, 家居した, 寄せつつ, 寄りつかなくなる, 寝そべって, 射拡がるよう, 小さな借家, 小さな島, 小一郎奴は, 小僧が, 小店を, 小流れ, 少し出入り, 居たか, 居って, 居らぬか, 居るかも, 居る名人, 居を, 屏居し, 山が, 山菜を, 峡谷の, 巣食って, 席を, 常夏が, 平家の, 幽な, 幾重にも重っ, 延宝年間まで, 引散らかし, 張りつけつまり, 当って, 当てながら, 当り失火, 当るか, 当るかといふ, 当ると, 彫られたり, 往々これ, 後姿を, 微笑を, 心付かずして, 思召立たせられる, 患って, 悪者が, 感ぜられた, 我が痩せ痩せ, 戦いで, 手桶が, 投げて, 折々電話, 折口冬と, 拡がったかと, 拳固で, 挿み置きし, 据えて, 掛念なく, 採集し, 控え彼, 攻め口取っ, 救われて, 散らかって, 散らばった肴, 散乱した, 散布する, 数戸の, 敷いて, 斯様な, 方って, 於ける網旦那, 旅宿せられける, 日本洋画の, 昔或, 春来れ, 暫く隠れ, 月の, 有馬勢は, 朽葉を, 杖の, 来たとき, 来るまで, 松井田が, 枯れ蘆, 栗が, 根来組同心の, 桜は, 梅の, 棒を, 棟を, 棲む無頼猫, 棲んで, 楊弓場の, 模型富士山が, 止まり専ら, 歩いて, 死んで, 残つてゐた, 殖えたの, 気がついて, 気兼を, 水は, 水楼の, 氾濫し, 沢山そんな, 油の, 沿ひ, 泊る所, 注がざるを, 泳ぎついて, 活用し, 浮べたまま, 海金砂お, 深い心理, 清水の, 温泉の, 満ちる声, 滞って, 滲みついて, 漂う冷酷, 漂わす人, 火が, 灰を, 無数に, 煙の, 燻ぶっ, 物語りを, 特徴を, 狎れて, 獣の, 珍しい森, 現代日本と, 生い出, 生え居るやつ, 生ず苔, 生憎療治を, 用心し, 留まって, 疎に, 疑惑を, 癩者など, 白日鼠と, 白鮫号の, 目白おし羽觴を, 真白の, 真鍮の, 瞳を, 知って, 神さん達の, 秀子の, 私の, 移住した, 種を, 積んで, 突然ドッ, 立ちこめて, 立ち働いて, 立ち渡りとの, 立ち迷って, 立った, 立っても, 立つとき, 立てかけて, 立入っての, 竜二疋繋がれあった, 競うて, 笑顔で, 糸を, 紛いそう, 終始出動, 絶えず海賊横行せり, 縁り列, 繋いであろう, 置かれた小物, 置き潜み窺うと, 美しい草, 群兎住み, 羽柴方の, 考定し, 聞えた二度目, 聞こえたそう, 肥料会社などの, 腐爛した, 腕白小僧が, 腰掛けて, 自動車が, 至りては, 至るまでの, 至る者, 船積みする, 若江の, 荊棘の, 菰を, 落ちるだろうか, 落下しはじめた, 蒸れるばかりに, 藁でも, 蛍は, 蟻吸という, 血に, 行きつ遊ぶ, 行くの, 行こうねッ, 行って, 行つ遊ぶ, 行列の, 西洋作の, 見えず田辺近傍, 見えましたが, 見える, 見かけたこと, 見せたいと, 見なかったですか, 見ること, 見当らなかった, 見当を, 見馴れない都会風, 託そう, 誰が, 譲って, 貸家は, 賃仕事し, 赴くかは, 足の, 路が, 蹲踞ッた, 車馬を, 轟き来ぬ, 迂路つい, 近ごろ侍が, 近づけて, 迸ると, 送らなければ, 通つた称である, 逼息し, 遊びに, 過ぎないの, 過された, 達すること, 遷り住んだ, 郷民たちが, 醜悪なる, 金かぞへ, 金魚屋は, 鋭い注意, 門百屋といふ, 関して, 降り翼, 限らず南部, 随分在ったらしい, 隠した, 隠居所を, 集った, 集まって, 雪の, 電灯会社の, 霧が, 青森県の, 静養せし, 鞍を, 響き返るさく, 頑張って, 頻りにどかどか聞える, 飛ばさないよう, 飛んだ, 食指の, 馬の, 駕籠は, 驚きの, 鬱して, 鱶の, 黒いかげ

▼ 辺~ (1345, 11.5%)

24 歩いて 22 見廻わ 18 見廻して 17 見廻した 15 見た, 見廻したが 14 散歩し 13 見て 12 うろついて, 見まわして, 見廻すと 10 通って 9 見ると 7 うろうろし, 徘徊し, 憚る, 探して, 見ま 6 眺めて, 見まわした 5 ぶらついて, ウロウロし, 捜して, 流れて, 見たが 4 ブラブラし, 廻って, 払って, 押えて, 撫でて, 歩き廻って, 見まわす, 見廻してから, 見廻しながら, 走って

3 [21件] おいて, ぶらぶらし, 一応さがせ, 彷徨し, 憚かる, 探って, 散歩する, 旅行した, 歩きまわって, 歩き出した, 歩き廻った, 照らして, 眺めながら, 見ながら, 見まわしながら, 見れば, 見廻し, 見廻しました, 逍遥し, 通過し, 頼って

2 [72件] あちこちさがしました, おさ, ぐるりと, して, すかして, ぶらついたり, ぶらぶら歩き, もって, やたらに, よく弁え, よく注意, よく見, ウロ, ウロつい, キョロキョロと, キリキリ舞いを, グルグル駆け廻っ, コツコツと, 俗に, 其処に, 切って, 増せば, 少しかすられ, 巻いて, 幾度も, 往っ, 徘徊した, 心配し, 念入りに, 戍る, 打って, 払う, 拭きながら, 指で, 掘って, 掠めて, 散歩した, 横に, 歩いたこと, 歩いたとき, 歩きま, 歩き廻る, 歩行く, 気に, 泳ぎ廻りもう, 漕ぎ廻り河中, 片づけて, 環視わして, 目がけて, 真暗に, 睥睨し, 籠めて, 荒らした賊, 行ったり, 見, 見たの, 見まわしたが, 見まわしますと, 見る, 見廻したり, 見廻した後, 見廻した時, 見廻すばかり, 越して, 軽く撫し, 逍遙し, 通りか, 通ると, 通る人, 過ぎて, 隈なく, 離れた中道

1 [833件 抜粋] あさって, あたかも城郭, あちらこちらと, あるいて, いくら探し, いじって, いつも遊び回る, いふとしても, いま通っ, うごかすにでも, うなりながら, うろうろと, うろたえ廻って, うろついてたバベ, うろついてた男, うろつきながら, うろつき廻って, うろつき廻り, うろつく気, うろ付い, おあるきなさいます, お待ちかねで, お見廻り, お貰いの, かうして, かけま, かけまわりましたが, かすめた所, かすらして, がくがく顫わせ, きょときょと見, きょろきょろした, きょろきょろと, ぎゅっとつかん, くんくん, ぐさと踏んだ, ぐっと握っ, ぐるぐる廻っ, ぐるぐる迷った, こそぐられて, これへ, ころげ廻ります, ごつんと, ごろ付い, ご斟酌, さして, さして通り過ぎ, さし向けて, さすって, さっと掠めた, さまよ, さまよい幾多, さまよい歩くよう, しきりに彫り抜い, しずかに, すが, すっかり捜した, そう存ずる, その老人, それらしい, たしかめて, ただばたばた, たびたび通過, だんだんこちら, ちょいちょい見た, ちょいと, つっつきました, つついて, つつみ遠い, つるりと撫でる, ともなって, とりまいた現, どうぞ, どんと突き, どんどんと, ながめると, なす石垣, なでた, ねらうかね, のすの, のぞきに, のたくり回ってること, はばかって, ばらばらに, ひっ叩いた, ひとつ締めた, ひとめぐり歩い, ふりか, ぶらついた時彼, ぶらついてるお洒落, ぶらつくん, ぶらぶら歩い, ぶらぶら歩き廻り, ぼんやり心がけました, まごついて, まごまごし, まだうろうろし, みて, むだに, もそっと強調, ゆすった, ゆっくり見, よく歩いた, よく研究, よく考えた, よく通る, カッキリ境界線, キョト, キラキラと, グルグル廻っ, グルグル見廻, ジツト睨ん, ジロジロ眺め, タッと, ツクヅクと, ドンと, ヒクヒクさせた, ブラブラしました, ブンブン飛ばし, ベルを, 一つ叩い, 一ツ撫で, 一円に, 一寸歩い, 一巡りし, 一廻りし, 一生懸命掘り下げ, 一突強く, 一緒に, 一面に, 三辺に, 上の空で, 上下し, 下りせえ, 中, 中心に, 乗って, 二三度強く, 二三度軽く, 他の, 伴うて, 何度か, 保護し, 信濃殿町と, 偃月刀で, 入念に, 公郷の, 兵隊が, 再応吟味し, 冷しに, 凹まして, 出て, 切るて, 刺したよう, 前に, 割り付けられて, 動いた, 動かす表情, 十分に, 去らない鳥, 取片付けて, 叩いて, 叩かれる心配, 叩く, 叩くの, 叩く男, 名づけて, 名と, 咎め立てする, 喰い付きそう, 嗅ぎながら, 嘗めた, 回って, 回顧し, 固めて, 圧して, 圧してとも, 増すこと, 多少曖昧, 多少研究, 大迂回, 奈良物町と, 女が, 如何に, 委しくお, 子の, 守って, 宙に, 宛て, 射られるな, 尋ねて, 尋ね歩いて, 少し動かし, 少し散歩, 屹と, 左右に, 帰るころ, 常住に, 年の市でも, 序曲として, 廻ること, 引掻くと, 強く突く, 影みたいに, 彷徨いて, 往来する, 往来致す, 徘徊する, 御巡視, 御承知, 心がけて, 心配したらしい, 忍ぶよう, 思い出すと, 急いで, 怪我でも, 意味なく, 憚かって, 憚って, 戍らし, 戻って, 所在なく, 打たれて, 打ち出した, 打ち叩くとき, 打ち据えた, 打ったそれ, 打っちゃあ, 払った, 払ったの, 払った人物, 払れ, 抑えいや, 抱えながら, 抱きながら, 押しやって, 押す, 拓いて, 拭うと, 拭きまわりながら, 持ち臼, 指さした, 指さして, 指す, 指先で, 捜しに, 捜すと, 捜り, 掃いた箒, 掃除し, 掌で, 探した, 探し廻ったこと, 探し廻ったらしい形跡, 探し廻りました, 探った, 探り廻っ, 探ろうとして, 推察したる, 推薦した, 掩うてしまう, 掻き毟り病院服, 掻裂き, 描いて, 揶揄する, 撃ちぬかれて, 撫で廻した, 撼せ, 擦りながら, 散歩, 散歩しましょう, 散歩す, 散策す, 数丁にも, 敲いて, 斬りはらって, 旅を, 旅行し, 旋回し, 旨く通り抜ける, 昇降し, 晩く, 暗めて, 暗め月光, 曳と, 書き終わる意図, 有しない, 望て, 朝夕に, 杖で, 根じ, 検べて, 検めたが, 歩いたが, 歩いた後, 歩いてから, 歩いてる時分, 歩かないから, 歩きだしました, 歩きながらでも, 歩きまわりさて, 歩きまわりぶっきらぼう, 歩きまわるまで, 歩きまわる足がかり, 歩きゃしなかったかね, 歩き回って, 歩き廻ったり, 歩き廻りウロウロ, 歩き木の下, 歩くと, 歩く外, 歩む夜鷹, 歴覧, 殴ったとか, 殺せば, 気がねし, 気味わるく, 汽車が, 沿うて, 注意した, 泳いだだけで, 泳ぎ遊ぶ, 流れ渡って, 源内先生が, 漂泊って, 漂流し, 無数に, 照し, 照す, 照らした, 燕が, 片づけると, 片附け, 牛耳っちゃうよ, 物凄そう, 物色した, 狂い廻り, 環視し, 環視わした, 用足しに, 発掘し, 白山上と, 目ざして, 省線電車で, 眺めた, 眺めやがて, 眺める, 眺め廻し, 眺め廻したが, 眺め廻して, 着物の, 睨みまわした, 睨み依然として, 知って, 礑と, 突かれると, 突ついたら, 窪ます, 窪めて, 窺うと, 窺って, 立ち廻ります, 笑って, 素早く見廻, 素早く透かし, 経行した, 総体に, 総称し, 縄張りに, 縫って, 耀かすもの, 背景と, 自由に, 舞台に, 船路で, 葉子は, 蒼くし, 薄暗くし, 行きます, 行つ, 裸足で, 西い曲ったらしい, 見ありきけるに, 見たのち奔, 見たり, 見たる遠見, 見た所, 見つつ, 見てるの, 見ましたが, 見ますると, 見まわしたね, 見まわしたまいし, 見まわした時, 見まわした眼, 見まわしはじめる, 見まわし頓, 見まわすとき, 見まわすよう, 見ようじゃ, 見ようと, 見るばかり, 見ろっ, 見わたした, 見乍ら云, 見回したが, 見回しぬ, 見廻された, 見廻したけれども, 見廻した一人, 見廻した末, 見廻しつ泰助, 見廻してたが, 見廻しやつ, 見廻し立ち去る処, 見廻す, 見廻すよう, 見廻は, 見廻らすに, 見廻わし, 見廻わすなんて, 見張って, 見張るよう, 見渡したが, 見渡して, 見渡すに, 見物する, 見詰めながら, 視た, 視る, 覗って, 覚えて, 言ひ, 訪えば, 訪問し, 語る時, 読んで, 調べて, 警戒し, 警戒する, 赤, 赤くした, 走つて, 足に, 跳ねまわった, 跳ねまわって, 踏まえて, 蹴ったから, 蹴る, 軽く抑えた, 迎えに, 迷うて, 逆目鋸で, 逍遥うていた, 這い廻って, 這ひ回る, 通ったから, 通ったが, 通ったついで, 通らなかったかね, 通らなかった兇悪, 通りかかったので, 通り合せた, 通り越して, 通ること, 通るの, 通るので, 通る度, 通る様, 通る男, 通れば, 通行の, 通過した, 通魔が, 遊び歩きて, 運動でも, 過ぎさせられるの, 過ぎると, 過ぎる人ごと, 過ぐる葬列, 開いて, 開鑿し, 闇に, 隠して, 離れなかつたこと, 電車が, 頻りにぐりぐりさせ, 額に, 顰めた, 飛びめぐりまして, 飛び廻つて, 飛ぶ山, 飲み廻って, 飾るの, 飾る程, 馬で, 馴れ馴れしくつねっ, 駈けまわって, 駈け廻って, 駈け通り

▼ 辺~ (1059, 9.1%)

9 一体に 7 一面の 3 ひどい高原, 一面に, 屋敷町で, 私の, 雪が, 静かであった, 静かである

2 [61件] ここを, この辺, さして深い, さらにさびしかっ, ちと分りかねます, どうだろう, どうです, どうも, もう大分高み, もう春, よくわからない, よく判らない, よく心得, よく知らない, わからない, 一帯に, 人家が, 人通りも, 今でも, 何と, 何の, 何処も, 俗に, 僕の, 初めてだ, 去らぬと, 去年の, 大変な, 妙に, 家が, 寂然と, 少しも, 御如才, 御承知, 御斟酌, 感激し, 更にも, 桜が, 森然, 樅の, 殆ん, 殊に暗い, 水の, 淋しい処, 漢の, 灌木や, 物騒です, 町の, 真実なら, 真暗に, 知り難い, 石原の, 空気も, 綺麗に, 膝位まで, 花見遊山の, 見渡すほど, 路が, 追, 静かで, 静で

1 [900件 抜粋] あえて心配無用ダ, あなた方の, あまり記憶, あらかじめ当っ, あらかじめ聞い, あるわ, あんまり人, いいん, いい処, いかにも田舎道, いくらか凌ぎ, いったいに, いつも賑, いまから, いやと, おおぜ, お前の, お察し, お店者の, お粂, お隣の, かなりな, きっともう雪, きっとバタ, きわめて曖昧, ここに, ことにいつも強い, ことに厚く, この孔明, この線, これによって, こんなにユックリ, こんな濁った, ごく運動, ご安心, さきに, さすがに, さびしいところ, さまで心, しかと分らない, しもたやが, すっかりやけ原, すつかり, すでに仙台領, すでに斉明天皇朝, すべて無事という, ずるい, そう見える, そのうちゆ, そのままつい行儀, その宗治, その頃, それがしも, それは, たくさんな, たしかに知らん, だいぶ往来, ちと広言, ちょっと家, とうに心得, とんと疑問, どうかね, どうぞご, どうだ, どうでも, どうも判り兼ねます, どうも遊牧民, どう受け取っ, どう思われる, どしゃ降りに, どの村, どんな小山, ない, ないの, なにしろ一目, なんという, のこったそう, はっきり存じません, ひしひしと, ひっそり閑, ひつそりと, ひどい混雑, ひどく昼, ひどく逃げ, べたに, ほとんど軒並み, まかり間違えば, まことに忠実, まず御, また火の玉, また総立ち, まだ全くの, まだ分らない, まだ分らないです, まだ生き, まだ研究中, まだ電燈, まるで浅草, まるで焼石, まるで見境, みな武家屋敷で, みんな兄さんの, みんな焼き払われた, みんな焼けました, むかしは, むかし関東の, もうかうした, もうたそがれ, もう人家, もう大きな, もう撮影, もう早い, もう本丸, もう武蔵野, もう秋, もう間違い, もっと起伏, もともと住宅街, もとよりそれ, もと一帯, やはり磧, よくご, よく判りません, よく判りませんでした, よく御, よく注意, よく藤次郎, よろしく御, よろしゅうございます, わかりません, わたしも, エジプトの, カフカズへ, ガラアヂだ, シーンと, チト受け合われぬ, トドマツと, ハッキリ覚え, ビタちゃんだって, ボロと, マタリアと, 一ト腰その, 一体歌舞伎劇に, 一体隅田川の, 一切御, 一帯の, 一帯古い, 一昨日浮田方と, 一書には, 三千騎を, 三月頃は, 上方に, 下等な, 不断通っ, 世間の, 両人実に, 中世紀, 中央の, 乾いて, 二合半坂の, 五月下旬から, 井戸が, 京の, 京都の, 人の, 人通りの, 人里離れ, 今の, 今よほどごたごた, 今春暮れ, 今生院だ, 仔細を, 他の, 仙術でも, 伊予の, 住宅地で, 何てえ, 何ら所伝, 何分町すじ, 何者, 余り落着い, 余程土地, 余程立退き, 作者が, 便利な, 便所の, 信州の, 信長に, 修羅場と, 俳句の, 倉庫と, 停車場に, 健斎先生にも, 僕も, 元来護岸に, 兇行の, 先だ, 光の, 全く始めてな, 全く敵持, 八ヶ嶽で, 兵を, 冬が, 凶年の, 分類学者に, 判然せぬ, 利益が, 到処芸妓街, 割合に, 劉璋に, 勾配の, 勿論辛辣, 北日本の, 十三日以来全く, 半作だらう, 半農半漁だ, 単線か, 危いからね, 危険です, 厳しいこのごろ, 古い戦場, 古来狼の, 可なり, 各班, 同じ侠客, 君が, 吹雪の, 味噌の, 善性の, 固より, 土地が, 地震の, 地面が, 坪いくらしましょう, 場末で, 塀が, 売切れですから, 夏季の, 夕暮れ, 多く旗本町, 多少無気味, 夜など, 夜分などは, 夜暗く, 大きい百足, 大丈夫か, 大分水, 大変陰気です, 大抵僕, 大船の, 天子の, 好い加減に, 姫の, 嬉しの, 学校の, 安東と, 宗旨の, 実以, 家々の, 宿屋町だ, 富農たちの, 寒咲躑躅, 寺町です, 対岸北津軽の, 小さい小さい店舗, 小さな路地, 小巴里, 小鳥の, 少々不明, 屋敷町では, 山に, 山の手の, 山住いの, 山国で, 山東き, 屹度埃り, 岸本に, 川水の, 巨大な, 平地と, 平素あまり人の, 幾重にもお, 広小路に, 底らしい, 庸三も, 弁当でも, 彼の, 往来から, 往来の, 徒歩の, 御存じと, 徳三郎の, 心得たもの, 心得て, 心配な, 志免君の, 思ひ出, 恐しく変ったね, 恥に, 意気地なし, 慣れて, 懸念も, 戦わぬうち, 戦場の, 所謂便乗線とかいう, 拙者も, 指揮し, 擦剥いたらしくしく, 支那の, 散々に, 文も, 斬った張ったの, 旅に, 旅の, 日が, 日本で, 旦那御存じで, 早く暗くなるだろう, 早朝だけ, 昆虫採集家の, 明るくて, 明智の, 明瞭しない, 昔の, 春日井の, 昼でも, 昼間でも, 昼顔の, 時こそ, 時間が, 景色がい, 暖かいのね, 暗いところ, 暗かった, 暗くなった, 暗く成る, 更にわからぬ, 最も洗練, 最近国防上なかなか, 有名な, 朝の, 木立が, 未だ残っ, 未だ自分, 杉の, 柳が, 柴井町の, 桃の, 桜町である, 極く, 極めて静, 樹も, 次第に暗く, 止むを, 正気だ, 歩兵を, 殆どみんな畑, 殊に夜分, 殊に楊, 段々に, 殿下の, 水夫たちが, 水煙り, 水道が, 決してその, 決して猛獣地帯, 河岸縁の, 泉の, 波は, 流石に, 浅草御門や, 海沿いの, 海風が, 淋しい場所, 深い雪, 深く青々, 混濁した, 温泉地帯な, 渭水に, 湖の, 湿気の, 滅多に, 瀬戸物町の, 灰とも, 無論判然, 父母に, 物騒だ, 特に宿屋, 犬つげの, 珍しい光景, 甚だはっきりしない, 甚軽便である, 田舎同様場末でございます, 田野が, 畑ばかり, 白い, 皆垣が, 皆畑な, 皆見慣れた, 盤蛇谷の, 目を, 直樹の, 省略し, 真っ赤に, 真夏でも, 真昼である, 真暗で, 真面目な, 瞑, 知れたもの, 砦の, 神田としては, 禁猟の, 秀吉勢で, 私だけには, 私にとっては, 積善寺の, 立止っ, 第一, 筑波は, 箒目立っ, 築城にも, 紀伊殿にも, 紫外線が, 経世家の, 総て燧岳の, 罪なき, 美濃だ, 翌年の, 考えて, 自分の, 芋畑が, 花やも, 花川戸と, 花粉と, 草原で, 荘右衛門沢といふ, 蒼古と, 蒼白くなりました, 薄暗いので, 藪が, 蘇秦張儀を, 行って, 行列を, 西北原へ, 要塞が, 見えずかも, 見るからに, 見物する, 見違えるほど, 説明が, 誰にだって, 警部も, 谷間で, 貧民窟などが, 貴方それは, 赤城颪し, 踏み荒した人間, 躍りかけた身じろぎを, 農業では, 近年あんなに, 近頃出世, 近頃朝鮮, 退屈性よの, 道幅が, 違うかしら, 遠浅らしうございます, 郊外の, 重傷者と, 野雪隠といふ, 金木の, 鎌倉入りの, 鎮まつて, 鐘一つ売れぬ, 長く以前, 閉鎖した, 関東勢で, 闇である, 闇の, 陽が, 雪でございます, 震火に, 震災前まで, 静かだ, 静かな, 面白いん, 頗る疑問, 風俗も, 風儀の, 飛びつつ, 食糧危機が, 首を, 馬籠峠の, 駒形水神の, 高原で, 鬼怒川水力電気の, 鹿が, 麻布区内でも, 黍強酒の, 鼠色に

▼ 辺~ (931, 8.0%)

5 何か 4 やめて, よかろう, 待って 3 あつた, いいです, お茶を, 二人の, 勘弁し, 御免を, 手を, 止めて, 遊んで

2 [27件] いい, いいわ, ござりませう, みずからこの, やめるが, よろしかろう, マゴマゴし, 一と, 一人の, 一休みさせ, 休もうか, 子供を, 少しく締め, 後から, 我々の, 敵の, 有名な, 止まって, 水を, 狐に, 私は, 落として, 見たこと, 見切りを, 話題を, 釣りを, 釣を

1 [833件 抜粋] あきらめた方, あっしは, あっちへ, あなたを, あらうかな, ある不良少年団, いいなら, いいよ, いい加減, いさぎよく撤回, いちばん沢山, いっしょに, いつもにこにこ笑っ, いよいよ, いよいよ第, うし柱と, おあと, おおと, おきき下さいませ, おつもりと, おとなしくお前たち, おろして, お別れ, お別れいたします, お引っ返し願いまする, お待ちくださらぬ, お待ちし, お待ち申す, お房, お放し, お母さんに, お父さんは, お考えある, お茶屋さんは, お見かけ, お見かけいたした, かかって, きっとニヤリと, きつねの, くぎりを, くすくす笑つて, ぐらついて, げすかい, こっちの, このばけ, この妙, これを, これ位な, こんな実際, ごぜえやす, ごらんなさいまし, さがすと, ざらに, しかるべきお, しばらく憩う, すこし弛んだ, すこし紙面, する, そうさ, そう申します, そのくせ, その人, その勝負, その教会, その跡, そろそろと, そろそろ一転機, たまに拳銃, たんだ, ちとご, ちょいと, ちょっと待っ, ちょっと灰汁, ちらと, ついぞ見た, できる護謨, とつぜん魔, とどめを, どうかなった, にっと笑っ, は, はじめて冠, はっはっと, はよく, は今日, は地勢, は店内, は有名, は此方, は決して, は焼け切れた, は麦, ひとつ提灯に, ひとまず煮えくり返る, ふと先, ふウ, まあ五六日, またふきますです, また伝えし, みな降り, むかし松本訓導という, むちゃくちゃに, もう二十年, もう帰りませう, もう毒, やっと気づいた, ゆっくりと, ゆっくり一休み, よい, よからう, よかろ, よく熊, よく買物, よく顔, よしという, よろしい, よろしゆうございます, わたくしは, エンジンを, カツの, キャッと, コワリョーフなる, コーヒでも, ゴロと, ザゼンソウを, シクシクと, スーと, チビチビやり, チヨイと, ドウキングの, パンを, ピストルでも, プロマイドサインを, ヘコタレては, ペンを, ミルクの, ワッパビツと, ワンタン屋の, 一かたまり, 一つ取りまとめ, 一ぱいやりましょう, 一件の, 一休みし, 一休みする, 一升つけ, 一度かたを, 一度大きな, 一応金, 一所に, 一旦は, 一服やる, 一杯やっ, 一杯やらにゃ, 一杯飲ろう, 一生を, 一番はよ, 一番大きい, 一般に, 七兵衛は, 三国屋といふ, 上へ, 下りて, 下りるだろうと, 下り立って, 下宿生活を, 久助さんを, 乗込んで, 亀は, 二つに, 二三度剃刀を, 二十年ばかり, 二階を, 五人の, 五郎と, 人声が, 人間の, 今まで, 今咳声, 仕事を, 他愛なく, 伏せ撃てと, 休みましょう, 休もうじゃあ, 休養し, 伝えたは, 伯母さんの, 住めば, 何もかも申, 何やら調べ始めた, 使うよう, 俺ばんだ持っ, 傭つた自動車で, 働いて, 僕は, 僕達は, 兄弟とも, 兎狩した, 八五郎が, 兵の, 処を, 出て, 出会った, 出来た舶来品, 出来ました裏, 切ったの, 切り上げさして, 切り上げましょうよ, 切上げると, 初めてぶる, 初対面の, 別れる, 力が, 労働女と, 北極探険者アンドレエの, 卸す, 原運算を, 取れたイナ, 古雛, 右手に, 同行者と, 名残りを, 名高いプレタプリー, 吸い込んだ香い, 呉れるもの, 咲いて, 唄に, 唸り出して, 啖われた, 喰い止めた, 噂する, 噛み殺した, 土地の, 土着の, 在つ, 地上に, 塩を, 売つて, 夕立に, 多く用い, 夜きむす, 夜中に, 大きな戦, 大慨気絶, 大抵想像, 大略する, 失くし, 失礼させ, 奥様に対する, 女の, 好いから, 妙な, 実見した, 室町の, 宮城県に, 家産の, 寂しく御, 富士の, 射的場と, 小さなトランク一つ, 小一郎奴は, 小舟なんか, 小鳥を, 少しばかり, 少し憩, 尻が, 尽きて, 山崎の, 工兵が, 工場へ, 左手の, 差して, 差支えない話, 席を, 常極り, 幕だろう, 年々小児が, 年貢の, 年貢を, 幾人かの, 引っ返したかも, 引上げる, 引揚げよう, 張り扇が, 当って, 彼は, 彼女らは, 彼女を, 待ってるだ, 御堪能, 御墨付を, 御意に, 御辞退, 心が, 思い切って, 悪戯を, 悲しさうな声, 慰問靴下を, 或る, 戦つて生擒された, 房さり, 扇で, 手前の, 打ちきって, 打ち切らねば, 打ち切ろうと, 打切っちまおうよ, 打切る積り, 投げ棄てられた空箱, 拝めたもの, 拾って, 拾つたのだらう, 指を, 振切って, 捕えて, 採収, 控えて, 掻き捲り肩, 揺すった, 撮影した, 擱筆, 支那の, 斬られたの, 斬合, 旅の, 日を, 日野朝臣の, 時化の, 曲るの, 月の, 有名や, 木曾へ, 未熟な, 末娘を, 本阿弥, 杉の, 松の, 樹の, 機嫌を, 止す, 止めます, 止りガタン, 死にました, 死んだ事, 死力を, 殿の, 毎朝蝋の, 気が, 水の, 江戸も, 沈めて, 沢山出来る, 泊めて, 泳がせたが, 津軽平野も, 浮きな, 消えた, 消えた方, 混乱を, 渓は, 湯鳴りを, 満足する, 溺れ出すか, 漁れる, 潘金蓮の, 澄が, 炎は, 燐寸を, 物めずらしく, 猟師が, 獲れる本場, 珍しい形, 生れたの, 用いるクロバイ, 町家ばかりが, 癖の, 発砲を, 発芽する, 白状したら, 相見る, 眠つて了ふ, 着席いたします, 睡った人, 矢叫び鉄砲の, 確かめられた, 祈って, 禦いで, 私の, 称へた, 稼ぎ溜めた, 空に, 空襲警報が, 空魔艦の, 立消えに, 竜宮の, 端折ること, 笑ったもの, 第一, 筆を, 筆者が, 精細式の, 納まるの, 素と, 細川越中守が, 終った, 終りと, 結び付くん, 結構だ, 結論を, 締めて, 縒じれ, 羊の, 老人に, 考えろとは, 聞いて, 聴いて, 職業を, 腹を, 自分の, 自動車が, 舞ひ, 艀を, 芋でも, 花電車を, 若侍同志, 茶屋奉公を, 草を, 落したもの, 落ち合う手筈, 葉中に, 藤布という, 藤枝真太郎という, 虹の, 蜈蚣に, 行き倒れに, 行われた方式, 術を, 裏面が, 見えなくなりましたよ, 見かけた事, 見かけた者, 見かけなんだか, 見たという, 見たといふ, 見る事, 見る看板, 見る野蛮人, 見張りを, 親しくこの, 解雇いたしたら, 討死せられた, 話が, 話の, 話頭を, 読者と, 読者にも, 谷中から, 買馴染んだ, 貸地, 賊に, 赤肌を, 起き上ろうと, 起るよう, 車を, 車窓に, 輪を, 追い越したと, 追ひつ, 逢った, 遊びました, 遊ぶこと, 運動に, 道庵も, 道庵先生は, 重傷を, 野槍を, 釜の, 鉄斎の, 錦を, 鍛冶屋の, 閑話休題と, 闇商売からも, 降りられたこと, 陶器を, 雁坂新道と, 雪子を, 電車の, 頭を, 顔を, 食い止めなければ, 食事を, 食用に, 養はれた, 馬具屋を, 馬車を, 高話を, 鬼ごっこでも, 魚を, 鮫が, 黒い山高帽, 鼠鳴け

▼ 辺から~ (444, 3.8%)

6 出て 4 して 3 下りです, 何か, 来て

2 [22件] グニャリと, 南は, 奥へ, 妙な, 始まって, 弱く尾, 成る図形, 来たもの, 来るの, 段々に, 流れ出して, 胸にかけて, 腹帯へ, 落葉し尽くした, 見ても, 見ると, 走って, 起って, 起る人々, 足の, 集めて, 雨が

1 [381件] あのよう, うちの, お伴れ申し, お歩き, お濠端, お耳, お船蔵境, お蓮様, かけて, がんりきが, くさい奴, くるもの, こうずーっと入る, この作家, こんな言葉, ごみを, ご研究, さも鮮, しだいに多く, じりじりと, すうと, すこし向う, すでに桜, ずっと向う, ずっと新冠, ずっと眺め渡す, その店構, それを, そろそろ国防上, そろそろ足許, だろうと, だんだん無理, ちょっとホテル, ついでの, つぶさに策, であったか, である, では, で行くに, どっと崩れ, どんどんと, なる三角形, ひっきり無しに, びしょびしょと, べっとりした, ぼつぼつその, まあぼつぼつ始め, まいる老婆, また脱線, また道路, まるで氷柱, もう町, もう立つ, やって来たか, やや説教口調, やられたそんな, ウイチグス呪法の, ズッと, ズーと, ズーッと, セメントの, ソロソロ締木を, テーモの, ドッと, パッと, ピンと, フルスピードで, ラクガル湖の, ラジオ, ワッと, 一フィートあるいは, 一個人としての, 一帯に, 一応ウニデス潮流, 一番近い, 一節切を, 一貫目二円ぐらいの, 一輛の, 三丁余の, 三十五社蟻の, 上がったでが, 上は, 下へ, 下まで, 下流に, 下頬, 丘へ, 両側には, 丸い鼻, 主典, 乗ぜられる事, 二つ三つ路地を, 二人だんだん, 二人の, 二十間位も, 二声三声犬の, 二寸位の, 二尺ほどの, 二時間ぐらいの, 五万十万と, 些と, 人を, 人家は, 今にもポッポッ, 仔細を, 伊勢湾にかけては, 伊勢造りに, 伸した手, 佐久の, 何だか津軽, 例の, 俄に, 俄然精彩, 倒立ち, 借りて, 先き, 全集を, 具体的な, 円タクに, 再び玲瓏, 冠さった, 出たの, 出た消息, 出られるの, 出るの, 出る三根石, 出張し, 出沢にかけて, 出発し, 切り取らねば, 列車の, 初めましょう, 別れた土手, 前方を, 前面を, 割出したもの, 匂って, 北は, 北へ, 医者が, 半マイルも, 半十郎, 南の, 去りも, 又道路, 受ける肉感, 名古屋を, 吹き立てる法螺貝, 吾妻橋へ, 吾輩の, 国防上重要の, 国頭の, 土と, 堀向の, 塀を, 外を, 多くの, 大井の, 大地へ, 大音寺前の, 太くなっ, 奄美大島にかけて, 始まつて, 姿を, 学校に, 完全に, 家を, 寂しくなっ, 富江の, 小山の, 少々街, 少しく下り, 少し昨日, 山を, 山口県の, 山王を, 岩手県といふ, 岩木山を, 崖の, 崩れかけたの, 川筋は, 左右に, 巨樹は, 帰って, 幾万匹か, 引っ返すかな, 張り初める, 彼の, 後光でも, 徐ろに, 従って, 御宅あたり, 志州の, 思いきって, 思いついたこと, 戦いは, 所謂国維会の, 打出ヶ浜にかけても, 折々ぱっと小鳥, 拾い集めたヤク, 指先まで, 掘り出す物, 採って, 探して, 描き光子さん, 携帯水が, 撞き出されるの, 故障の, 数珠屋が, 文脈が, 新しい材木, 方一町に, 日本は, 旧本陣, 明るい日, 暗いこと, 曲るの, 書こうと, 望むと, 望むところ, 木挽町を, 本所深川の, 本町三丁目筋にかけて, 村の, 来たの, 来ましたかね, 来るもの, 来るオペラ団, 来る十歳, 来る馬力, 東の, 東へ, 東禅寺の, 東草野です, 板切れを, 板前を, 枕の, 植込み, 樹を, 次第に粗雑, 段々むずかしく, 毎晩ここへ, 氷と, 汽車の, 沢山参ります, 津軽平野も, 流れて, 海上三里弁慶が, 海上約, 消散し, 渡って, 温気そのものの, 漂って, 漠々たる, 潮流は, 火が, 火の, 火の玉が, 火を, 火事が, 無数の, 牛の, 犬の, 猜疑ぶ, 猪牙で, 猿若町の, 玉川へ, 現われて, 瑞巌寺の, 田原町に, 男女とも, 癪に, 登りに, 白峰が, 白峰は, 白布が, 相生町深川の, 真っ赤な, 真壁の, 真直に, 真黒な, 眼の, 知らぬ老人, 矮い, 破れた布切, 破綻が, 硝子戸に, 神高坂穂高槍大, 禿は, 私, 種々な, 立つて, 竜之, 笑い声が, 笛の, 筆を, 絶頂に, 綻びが, 繁夫の, 纏まったこと, 美しい人間, 義浄は, 聞えそう, 聞えて, 聞こえて, 股の, 肩までは, 肩先へ, 菓汁が, 萵苣の, 落合の, 落合へ, 葛の葉の, 薄暗くなっ, 虫の, 蠅が, 血まみれに, 血を, 行けば, 裾野式の, 西の, 西方雲煙の, 見えるよう, 見える山, 見た赤岳, 見る日比谷, 観察を, 言ったもの, 詩の, 話が, 話しは, 誰かが, 調子が, 護法堂へ, 責任を, 買いに, 賑は, 起きるの, 起こって, 起ったらしい, 起った事, 起つたの, 足が, 足柄連山を, 躍出して, 身投げし, 車で, 転げ落ち急, 輸入する, 輿の, 近道を, 通う人, 遠くの, 遠くはねえと, 遥かに, 鈴の, 鍛冶屋を, 鏘然と, 阪に, 陶然と, 陸地に, 離れて, 離れること, 雲を, 電車で, 非常に, 靴の, 音楽の, 響いたと, 頓狂な, 頭を, 飯田へ, 鬼気とでも, 鬼火の, 鳴つた, 黄櫨の, 黄色い煙, 黒谷や, 黒門あたりに, 鼻の, 龍神

▼ 辺~ (391, 3.3%)

4 明るくなった 3 急に, 暗くなっ, 灰色に

2 [13件] くすんで, これへ, しんと, ひっそりし, ひっそりと, 俺の, 冷り, 参って, 女たちの, 微暗く, 真暗に, 節だ, 釣りの

1 [352件] あったもの, あなたに, ありあり浮んだ, ありますから, あるので, あわてふためいて, いい, いいから, いいでしょう, いい足, いうお方, いくら名分, いちばんひどい, いっこう合点, いったいに, いまその, うつむいて, おたずね, お仕置場でございましょう, お在, お思いなされた, お悪い, お気に, お訪ね, かえれば, きれいに, くらくなり, けさも, ここでは, こっちの, この伊丹, この部屋, これに, これを, さあらぬ, さように, しおどきと, しきりに怒声, しめって, しんとなっ, じめじめし, すっかり暗く, すっかり焼け, ずきり, せいぜい関の山, そこに, そのことば, その上陸点, その中途, その佐比, その鮨, それが, それに, たしかに両面神, ちっと聞き, ちょうど好い, ちょうど面白い, ちょっといいです, ちょっと臭い, つまりここ, つめたくなる, とりかえしの, どうしても, どうしてもお, どうであろう, どうもハッキリしない, どうも可笑しい, どうも腑, どうも話, どんなふう, どん底という, ないでも, なかなかの, にわかに開け, のこって, ひどく惚れこん, ふと案じられ, ほてるくらい, ほの, ほぼ円形, ぼうと, まあ精一杯, また痛ん, まだ充分私, まだ畑地交, むずかしいところ, めっきり日, めっきり開けました, もう薄暗く, やっと見当, やはり何とも申, ようございましょう, よかろう, よかろうで, よくお, よくわかっ, よくわかりません, よく分らない, よく見えた, よろしいのう, れっきとした古来, わからないうち, わなわな慄, オチでございましょう, ガタガタと, ガタガタ顫え, キナ臭い, クライマツクスだ, グーグー云つて, ケエ談だらけで, コロ, ザワつい, スースーと, ビクビク震え出す, ピクピクと, ムシムシし, 一体どうして予, 一体に, 一番寒い, 一番最初に, 一番臭い, 一番観衆が, 一番閑静で, 一等で, 一等でし, 一辺よりも, 丁度敷居, 不思議に, 世の, 世間の, 中心です, 中心地です, 中程な, 乗出しの, 五月朔日からの, 五百尺も, 他国へ, 代表的な, 伝六流です, 何か, 何だか水, 何だか特にひどく, 何となく御, 何となく物, 例の, 元は, 先頃まで, 光って, 全く判らない, 全く暗く, 六一爺の, 兵家の, 円太郎区域の, 凍えて, 出て, 分らなくなった, 切り上がらせどき, 切上げどきと, 判明いたしません, 判然しない, 利根川唯一の, 千早金剛の, 南亜米利加の, 又なんだか, 叔父の, 古い文化, 同じだろう, 向きますやう, 向きますよう, 周倉と, 呼吸と共に, 喉笛と, 四ッ谷町で, 固くなります, 地蔵さんの, 垢で, 堅く張っ, 塔外の, 変に, 多いの, 大分円く, 大水の, 大浸水, 大道の, 大部分磨, 好かろう, 妙に, 定まらない, 寂寞し, 対するという, 小身に, 小関の, 少しふくらん, 少し汗ばんだ, 山寨に, 工場の, 広範囲に, 引き締って, 引揚の, 引込み時だろう, 張裂けさ, 彼らの, 彼を, 徐庶元直か, 御殿な, 御無事, 徳川どのの, 徳川家を, 心もとなく思わるる, 必定お, 怪談の, 恰好さ, 手前の, 手柄の, 持つより, 数郡の, 明るくなっ, 明瞭に, 昔の, 時々微, 晴天の, 暗いので, 暗い陰影, 暗くなり, 暗くなる, 暗く成っ, 曖昧である, 曖昧に, 最もはなはだしかっ, 最も六ヶ, 最も浅く, 最も深く, 最後まで, 月五回の, 朦朧と, 朦朧として, 来て, 柄相当だ, 桶狭間の, 森閑として, 極めて僅か, 極量である, 構い無し, 止まりだ, 正しく東西, 正門に, 殆ん, 気がかりらしい, 気に, 気遣われたり, 永年御, 汗に, 江戸名物旗本退屈男の, 沈みよく, 洲崎に, 浅草式であろう, 海であった, 消えますとね, 淋しく凋びているのが, 淋しく凋びてゐるのが, 深夜何用が, 源平時代の, 潮時ぢや, 灘それから, 火に, 灰色にな, 灼けるよう, 焼けた時, 煙って, 熱くなった, 熱っぽく暑苦しいよう, 爆撃で, 片附い, 狭くぼ, 番兵どもが, 痛くて, 痛むと, 発狂した, 登れそう, 登山家に, 相当だ, 相生町という, 真っ暗に, 真つ, 真昼の, 真赤に, 祖道に, 私の, 程度だらう, 競馬場だ, 笑って, 筆を, 精い, 精一杯です, 糸捲き, 紅くなる, 細かくふるえ, 経済の, 絶頂であった, 綺麗に, 群集で, 考え所では, 脆いか, 腫れ上がって, 臭いの, 至らぬゆえ, 興味深く思ひなされ, 良い縁, 苦しいです, 茫と, 落な, 蔭つた, 薄うもみでぬ, 薄くなっ, 薄く円くはげ, 薄暗くな, 蛇田と, 袁術と, 裂けそう, 裂け出して, 見切り時じゃ, 視め, 解る, 詩人の, 誠に綺麗, 赤くない, 身を, 辻斬の, 逃げ場の, 運の, 遠浅で, 適当な, 遺孤, 郊外らしく, 釣り場所, 銀の, 開けて, 陽炎の, 露に, 青白く明るいこと, 静かである, 静かな, 静かなら, 静に, 頭に, 騒がしいので, 騒がしくなった, 騒然と, 高原である, 魁の, 鵯越え, 鷲尾という

▼ 辺まで~ (389, 3.3%)

14 来ると 8 出て, 行くと, 行って 7 来て 4 歩いて 3 上って, 下りて, 伸びて, 御一緒, 来ますと

2 [22件] きて, くると, でも, やってきて, 参って, 垂れて, 差しかかると, 往ったろう, 散歩し, 来た, 流れて, 潜行し, 濡れて, 登って, 紫色に, 聞えて, 蚤に, 近寄って, 進んで, 遊びに, 達して, 馬市へ

1 [281件] あった水, ありまして, あるから, いと盛り, いらっしゃいます前, お乗りなさい, お伴させ, お伴しましょう, お供を, お出迎え, お徒歩, お歩きなさい, お民, お迎えに, お送りしましょう, お送り申し, かように, きこえたかとて, くること, くれば, この秋, ご一しょ, ご一緒, しめじめと, その行方, たくし上げて, ちょっと一ッ, ちょっと出, つかりました, つきあわないか, であったであろう, はだけて, ぶら下げたの, べた一面痣や, ほとんど黙っ, まいりホッ, まくって, まくり上げた, やけて, やって来たらしいん, やって来ると, よく一緒, よく売れ, よじ登ろうと, カンジキで, スーッと, ビユッと, ブラブラ歩い, ボーッと, 一しょに, 一帯の, 一望です, 七八町, 上げたが, 上げて, 上げるの, 上下に, 下げた顔, 下げて, 下って, 下つて, 下る, 二三里は, 二人の, 付き合って, 佐太郎に, 体が, 余計な, 便乗させ, 信じて, 信用し, 入つて, 入り込んで, 入ると, 兵を, 出かけて, 出かけました, 出かけるん, 出向きその, 刀傷の, 初心らしく, 到って, 参りますか, 及んで, 吊されて, 同道しよう, 咲きに, 垂れた白毛, 埴輪土器の, 増したという, 夜な夜な官吏, 実に奇麗, 寒い風, 小走りに, 届きそう, 届くので, 帰って, 延びた頬, 延びて, 引きあげた, 引き摺って, 引き退がって, 引摺っ, 弾むよう, 当のない, 当りが, 往くと, 往ってる, 往復する, 急がれ給いすでに, 想像し得た, 手とともに, 打ち廻って, 投げたかという, 押し寄せる, 押寄せた頃, 拉して, 持ち出せば, 持つて, 持込んで, 挙げて, 捲って, 捲り上げた, 捲手, 掛けて, 掻き上げた, 揺り上げて, 撫で下げると, 散歩した, 散歩に, 斬込まれて, 昇って, 映して, 書いて, 書く御, 月の, 望見るべし, 来たかなあ, 来たついで, 来たと, 来たところ, 来たの, 来た時, 来た秦明, 来た高氏, 来つつ, 来ては, 来ても, 来ました時, 来るか, 来るなお, 来るにも, 来るの, 来れば, 歌つて来る, 歓迎に, 歩き大抵, 殺到した, 水だらけに, 沢山は, 河心へ, 流れた, 浸けて, 混み入って, 湯に, 滲み出して, 滲み透るの, 漕ぎださなくちゃ, 漕ぎ出しますと, 焼けて, 煤けて, 燃え移って, 燃え移つて, 現われそれ, 用事あり, 用事が, 用心し, 男たちを, 男どもを, 町の, 異臭を, 痺れゆくの, 登るの, 登れるよう, 白は, 白髯を, 盛んに, 真実か, 着きたいもん, 知られて, 研究が, 私たちの, 私たちを, 突き通って, 突出し, 約二里, 約二里半, 約五町, 続いて, 緑の, 肌が, 腕を, 落ちかかった, 落ちて, 落ちのびて, 落ちのびられた後, 蔓延し, 薄らと, 蚊帳の, 行かっせいたか, 行かなければ, 行きかかると, 行きたいという, 行きましたろう, 行きウロウロ, 行き渡月橋, 行く, 行くはず, 行くん, 行けば, 行こうとも, 行ったら人, 行った帰りフト, 行商に, 被りこなせること, 裂いて, 裂かれた布片, 裂けて, 襖を, 西は, 見える取り乱した姿, 見送って, 覗かせて, 覚えて, 話が, 読み進んで, 買い物に, 買物に, 走って, 踏み込んでは, 身体中揺振っ, 軍勢を, 辿りついた, 辿り着いたこと, 辿り着くと, 迎えに, 近づいた, 近づいたが, 追込まれたなと, 送って, 送つて, 送らしと, 送られて, 逃げました, 進みましたか, 進みまた, 進めば, 進んだ, 進んだ時, 進んでるん, 進展し, 遊び歩きました, 道庵に, 達しまして, 遠出を, 配達する, 野分の, 長くし, 降りかけて, 降ると, 雨上がりの, 雪の, 顔は, 顔を, 飛び上るの, 飛んで, 駆けて, 騒いで, 鬱蒼と, 鳩が, 黒い河水

▼ 辺には~ (358, 3.1%)

4 人影も, 誰も 3 いろいろの, 一人の, 人家が, 何も, 影も

2 [14件] あまり見かけない, 今の, 全くない, 同じよう, 四五の, 定めて, 屋敷が, 川は, 樹は, 滅多に, 珍らしい, 痩せた鶏, 穴が, 見えなかった

1 [307件] あまり商人家, あらで人, あるま, あるもの, あわれな, いい色, いかなる勝算, いかなる官職, いかにも人間らしい, いたの, いちども, いつの間にか憐れみ, いつも子供, いないでは, いないはず, いなかったそう, いなくなった, いまも, いる鳥, いろいろと, いわゆる平家伝説, うす笑, おおかみ, お数珠屋, お聞きおよびでなかった, お邸, お金持ち, かなり大きな, かなり手広, かなり抜け目, かなり稠密, かなり細心, この時, この稗, こんなの, こんな高い, ござんせんな, さいわい敵機, すでに敵, ずいぶん諸国, そういう樹, その兇匪, それらしい, そんな気風, そんな跡, たくさん来, ちっともいません, ちょいちょいそういう, ちらほらする, ついぞ見掛けぬ, とても枝ぶり, どうもそんな, どう眺め, どこやら, ないな, なおどっさり, なさそう, なまぐさい風, はてなと, まずかった, また黒石藩, まだところどころ田, まだミッシリ, まだ二, まだ闇, まるで雪崩, むかし曹操より, めずらしく座敷, もうすでにこの, もう小僧, もう影, もう真相, もちろん溝, もとお, よい樹陰, よくいる, よく野象, イワツツジが, カッフェーを, ギャア・ニマ及び, グラウチアという, ブロヒンポチターエフムイリノイチェルパコフ大佐ソバケーヴィッチなどという, ホテルなどという, ムダ花ばかり, 一つの, 一つも, 一匹だって, 一双の, 一台も, 一帯に, 一本だ, 不思議にも, 乞食が, 交番は, 人も, 人を, 人間を, 今なほ来, 今日は, 今鳴き, 他に, 他には, 他の, 住まわせなかったもの, 佐吉の, 何ぞ芸, 何だか気高い, 何の, 何んにも, 何物をも, 余り見懸けぬ, 偉大なる, 僕の, 充分の, 先手を, 兵三千を, 円く厚ぼったい, 冷めたく冴えた香気, 凄じい, 出没し, 出雲の, 到る処, 医者は, 厚い霧, 参考書が, 古い砦, 古道具屋が, 史蹟も, 号外やら, 呉勢は, 変った良種, 多い, 多く白鷺が, 大きい蛙, 大名の, 大学生が, 大搭連, 大木は, 大樹が, 大滝や, 大繁殖, 好い宿屋, 妻子も, 姿を, 宮の, 宿屋が, 宿屋なんか, 宿屋も, 寺と, 対照の, 小使の, 少いからの, 少く河原, 少しも, 居ない, 居ません, 居らぬと, 屡見る, 屹と, 崖へ, 川上から, 川人足が, 工場委員会共産党青年ヤチェイカの, 幾分の, 幾十とも, 店屋なんぞ, 彼に, 彼らの, 待ちもうけ, 御所の, 御親類, 御辺, 必ず鱸, 忍耐力も, 思いがけないところ, 思わしい店, 悪い神さん, 悪い鼬, 所々に, 折々ある, 散所雑色, 斬って, 断えて, 新らしい, 旗の, 既にキバナノシャクナゲ, 日傘を, 明るく輝く, 昔の, 昔大, 時々陰火, 月勝という, 朝の, 朝野新聞中央新聞毎日新聞なぞ, 東京の, 松が, 柔かな, 森が, 様々の, 橘紋の, 欧州人の, 此処一軒きりない, 歯ばかりが, 水が, 水は, 水ナラ榛の木栗白樺古, 水泳の, 水蒸気の, 江戸の, 池の, 沢山移住, 河って, 河獺が, 油断も, 泣きただらし, 洋食屋や, 洒落た掛け茶屋, 派手な, 深海松, 漸くマロニエ, 火葬場なんて, 灰色と, 灰色の, 無い, 無いです, 無いので, 父と, 物の, 狸が, 狼が, 猿が, 珍しい良い馬, 珍しい酷く暑い日, 現れなくな, 生えては, 生温かい, 畑も, 白い花, 白首の, 百軒ぐらいの, 皮が, 相当な, 相当の, 真夏の, 真黒な, 知り合, 石浜という, 碌な, 科も, 立花忠茂の, 紅く小さき朝顔, 紐が, 紫の, 紺青色と, 絵かきが, 美人が, 老母が, 聖降誕祭の, 自分たちの, 良い家臣, 芝居小屋の, 草が, 草一本も, 蓑笠で, 薄紅, 薩摩と, 藪も, 蛇が, 蛇も, 蛇や, 血痕も, 行届いて, 装束の, 見えないよう, 見て, 見るも, 見世物と, 見当りません, 見慣れぬ金釦, 見馴れぬ人体, 角また, 路傍に, 踏み台に, 遊仙窟の, 野良犬が, 鉦の, 長い腰掛椅子, 阿彌陀寺の, 陶器つくりの, 雀が, 雉子や, 雪が, 靄が, 青い月, 青草が, 響いて, 頻繁に, 頻繁の, 風の, 駄菓子屋が, 駄菓子屋も, 駒井としては, 高氏も, 鬼百合の, 鳩は, 鶏が, 黄色い絹

▼ 辺~ (329, 2.8%)

13 行って 7 出て 6 かけて, 来て, 来ると 5 眼を, 遊びに 4 行くと 3 持って, 来た時, 目を

2 [13件] きたの, さしかかると, スッと, ダダッと, 家を, 来るの, 着きますと, 蝙蝠傘の, 足を, 通りかかって, 顔を, 飛んで, 鷹狩に

1 [242件] いそいで, いったら酒, いらっしゃった方, いらっしゃるよう, うさん臭い男, うずくまった, うちゃアら, うつるかも, おしの, お入り, お出での, お出ましに, お遊び, お霜, かかえ上げると, かかって, かくして, かくして置い, かけては, くる鰡, ころがり脳溢血, しきりに思案, しゃがんどれ, すてて, そう貴重品, その滝, だろうと, ちょいと, つくはず, つけて, つれて, のびて, のぼって, はりねずみの, ぴったり当てた, ぶちまけて, ぶつかったよ, ぶつかって, まとまった, むかって, ゆきました, ゆきイルコック, タキシイを, ポチポチと, ロケに, 一つ, 一寸安, 一杯に, 上がりました, 両足を, 中るよう, 二三本余計な, 二階借りし, 仕事に, 仕舞っとき, 住んで, 何か, 何し, 使いが, 保養に, 入って, 入らなければ, 入込むよう, 出かけたが, 出かけた時, 出かけて, 出かけること, 出かけるそう, 出しましたらすぐ, 出たそう, 出たの, 出でたり, 出ると, 出向いたと, 出来なければ, 切込みますと, 刺りました, 剃り残したもの, 力まかせに, 十日か, 参ったもの, 参って, 参り成田, 口を, 向けて, 商売用で, 坐り低く, 坐り給え, 夕暮の, 大きなチュウリップ, 大きな石, 天井の, 天狗が, 始終出かけ, 姿を, 宛てて, 寝かしも, 小さな棒, 少数で, 屋敷を, 差しかかった時, 差廻し勤王の, 帰宅する, 平手打ちを, 幾度も, 広がった, 店を, 引き付けながら, 引き渡すこと, 引越しました, 往ったら尋ねやっ, 往って, 往ッて, 徒渉り, 御住ひな, 急いだ, 急いで, 息を, 扇子を, 手を, 手車の, 打ち仆, 打って, 打って出で, 投げつけるだろう, 投出した小歌, 折れ古, 押寄せて, 持ち来すまでに, 持つて, 掛けては, 接吻し, 攀じて, 散乱する, 旦那様の, 暖かそう, 望むなら欲しい, 来か, 来かかッ, 来さ, 来た, 来たら, 来たらしくほのか, 来たらず, 来たん, 来た筈, 来ないよう, 来ますと, 来るまでに, 来るよう, 来るわけぢ, 来る六部, 来る筈, 案内し, 正午頃船が, 此の, 沈めたの, 注意した, 流れ着いたこと, 消えて, 深く鍵, 潜りこむつもり, 濡れた片, 灰を, 無着陸飛行, 煙管の, 片手を, 猛烈な, 猪口を, 現われるだろうと, 用事が, 用達しに, 用達に, 真直に, 着かなくては, 着きそこ, 着けよう, 着ける心算, 矢石が, 移転を, 立ち寄っては, 立ち廻ったら届けろという, 立ち廻って, 立って, 立派な, 精神を, 素早く口, 置いたはず, 置いたまま現在, 興味をさえ, 舞い戻って, 艇頭を, 英語の, 草花を, 落ちた, 落ちのびて, 落着く, 著, 蜒り, 行き飲み食い, 行くらしい男達, 行く途中, 行く道, 行けば, 行ったの, 行ったらこいつ, 行ったり, 行った帰り廻って, 行つて見, 行つて見る, 行商に, 見に, 見当を, 買物に, 赤い細紐, 越した今, 跳ねおちたの, 輿を, 迎えに, 近く誘いました, 近寄って, 迷い込んで, 迷って, 追い込んで, 逃げて, 進上する, 遊んで, 遠慮し, 遠足に, 野宿と, 野槍を, 鈴屋が, 銅鈴を, 開いて, 隠した確か, 隠して, 集まって, 集中し, 響き渡る, 駆けて, 齎して, 齎らし

▼ 辺では~ (196, 1.7%)

3 もちろん農業 2 あまり見かけない, これを, 日天様の, 珍らしい

1 [185件] あまり見懸けない, おきまり, およそ三間, かえってあんなにし, かなりよく売れます, かなり売れ, ぐらぐら眸, ここが, この子, この山, この雛料理, しないの, すべてと, そういう言葉, そうであるらしい, そう簡単, その干物, その目的, それを, ただかもめ, ただの, ただ人よりも, たびたびあった, ちょいちょい私, ついぞ見かけた, ついぞ見かけぬ, つるの, てんで気, とてもこれ, どうも珍しい, ないかと, なかなか尊い, なんにもありません, のろま清次と, ひどく異彩, ほとんど作らない, まだこれ, まだそんな, まだ凧, まだ買う, まったく稀, みかけない人間, みなよく, みんな案外, やや大きい, よく聞く, よく見えました, よほど劣っ, アメリカへ, オガチャマゴト主婦が, ジゴクバナ壱岐の, セラの, ポンツクの, マギと, マタシャリとも, 一時間二三海里くらいの, 一般に誰, 丁度い, 七月の, 不吉の, 両側が, 二十貫程度に, 二年に, 人目に, 人間が, 今度の, 仙台などと, 何とか別, 余り見かけない, 例の, 先生の, 八幡様西岸の, 八荒坊にも, 其家よりも, 刈り上げ後に, 副業と, 十数年前迄は, 古い住み, 周防山と, 和田神宮寺橋本安間などの, 噂を, 四合瓶一本と, 四月末から, 塚の, 塩羊毛ヤク馬等の, 夏の, 外国船と, 大人の, 大分に, 大抵行われるです, 大概これを, 大気の, 天龍川の, 女が, 女ばかりの, 妻問いの, 子供が, 子供を, 守備隊長も, 家が, 家の, 家鴨を, 宿屋などは, 屋台店が, 屡々斯, 山猿の, 巡回の, 市内へ, 幽霊の, 広大な, 引き出しこぶと, 引出し昆布と, 彼店だ, 御前と, 恵比須講が, 斯う, 新宿の, 日没後一時また, 明治三十年ごろでも, 明治六年に, 昔から, 昔からの, 昔し, 春に, 昨夜の, 普段人の, 普通に, 曲りくねって, 最も容易い, 最初の, 極く, 死んだ人, 流れの, 深緑の, 火傷の, 煙管草と, 狐を, 狼の, 猪と, 珍しいほど, 珍しい白服, 珍しくない, 珍らしい捌けた, 白夜は, 百坪を, 皆さんに, 目に, 相当の, 真夜中な, 知らぬ者, 私が, 私の, 称んで, 穏やかでない, 立派な, 竹は, 筑阿弥を, 結婚の, 聞き慣れない関東弁, 荒物屋の, 菓子に, 蓮池を, 蕎麦らしい, 血の, 見かけたこと, 見かけない人品, 見た事, 言って, 評判の, 誰知らぬ, 豚の, 買いものも, 踊るの, 際立って, 雨畑山保村山鳥葛山なんと, 雪の, 飢饉年をが, 餅花を, 馬喰茸と, 駄目です, 騒ぎに, 高い, 鬼つつじと, 鯛の, 麺類を

▼ 辺~ (173, 1.5%)

2 すっかり家, ないし, もう安全, 同じ事, 同感した

1 [163件] あそこで, あつた, あなたの, あまり偉丈夫, ありましたねえ, あるが, いいけれど, いうの, お察し, かつて石壁, かなり騒がしかっ, こっちへ, この密詔, この尊氏, この私, この辺, この頃大変人, これで, こんどの, ご異存, しかし空襲, したこと, すぎて, すぐつづいてまいられい, すっかり変っ, すっかり変った, すつかり, すつかり掃い, ずいぶん用心, そうでしょう, そうの, そう思う, そこへ, そろそろ躍進地帯, そんな柔らかい, だいぶにぎやか, だいぶ毒塚, だん, つい目, どうか, ないと, ない一人者, ない全く, なかなか深い深い, なければ, ふと妙, ほじくられると, またヒマラヤ山脈, また信長様, また玄徳, また退屈男, まだ烏林, みんな取, みんな取払われ, もう少しする, もう青, もっと突っこん, やがて尋ね, やるから, よくよく賢慮, よくわからない, よくわきまえぬ, よく探し, よほど開けた, われらと共に, チャンギーと, ムシロな, 一ツ穴の, 一方の, 三百年位前は, 不景気で, 予州を, 云ったこと, 亦ことごとく, 今でこそ, 今年は, 今調べ中, 伺って, 何とかかん, 倍加し, 六ぺんも, 共に一ト鞭, 分らないのに, 助かるまい, 区劃整理で, 十分見, 口に, 口吟みました, 古え, 同じよう, 同様である, 呼んで, 四辺も, 境内であった, 変ったでしょうね, 変つたで, 夏場は, 夕方から, 夕月の, 好く言つて, 存知の, 寝ぎたない兵, 小谷の, 少しは, 少し傾斜, 尚不審, 工場が, 平原へ, 御勘考下, 御懸念, 御詮議, 心得て, 心配す, 思った, 息も, 慎ましやかに, 戦に, 抜かりなく, 捜したなれども, 捜査が, 早く鉄道, 明瞭でない, 昔と, 暮れかかっ, 朗唱する, 末代まで, 本所と, 来ぬかとの, 武将の, 武門歴乎と, 残らず灰, 汚いけれども, 浅草式の, 濃霧で, 火は, 焼けちゃったけれど, 片付くの, 町家つづき, 疾うに考え, 矢張谷の, 確かめて, 秀子の, 穏やかな, 続け, 繰り返して, 考えなければ, 船留めに, 薄暗かつ, 衰微の, 見た事, 見渡される凉, 言わして, 誤解の, 迎へに, 近来赫々と, 運んだ者, 道太が, 避暑とか, 開けて, 開けぬ頃, 降ったらしく雪, 館に, 駆け廻つて

▼ 辺一帯~ (102, 0.9%)

2 の土地, の空気, は一大盆地, を

1 [94件] がその, が夜中, が大きな, が大騒ぎ, が広い, が戦災, が焼け, が焼跡, が病院, が罹災, が藪, が黄色い, で斬られ, で用いられる, にすさまじい, には早く, には鈴木姓, にひろがっ, に並ん, に建てこみ, に柳田姓, に桑畑, に紙漉場, に落葉松, に行, に襲われ, に赤土山, に集まってる, のオシラサマ, の一見絵刷毛, の人出, の低地, の公園住宅地, の地, の地の利, の地価, の地域, の地理, の大小, の天然, の小, の山地, の平地, の庭, の持主, の村, の枯芝, の洋人, の海岸, の溝, の物持分限者, の田, の町, の畑, の畳, の砂, の豪族, の購読者分布地図, の避難民, の開拓者, の顔役, はうまく, はもしも, はアルゴンヌ, は二, は今, は全く, は国家, は強い, は戦災地域, は昔, は流れ, は溝渠, は物寂しい, は田畑, は空襲, は裕福, は鉄道, は革命後, ひどい不作, をかけ, をガソリン, を占領, を後立, を探検, を杉, を笄, を蔽う, を行く行く, を足, 即ち三笠山, 塩辛い雨, 微碌旗本, 湿けて

▼ 辺にも~ (63, 0.5%)

2 彼処の

1 [61件] あったこと, あること, あるの, あれから, いたこと, いたよう, いつも見える, いるだろうから, おりましたが, おりますか, このサクラ, こんなに沢山棲ん, せよ近く, そんな気, まだ誰, 一人落籍せた, 七人の, 亦高札, 人が, 似あわぬ不躾, 何か, 何の, 余りに深く, 信任浅から, 出来ねえ事, 出来るん, 匪賊が, 去年は, 同じこと, 同じよう, 同窓の, 咽喉自慢の, 因縁が, 在るさ, 夕陽の, 大きな鼻, 大衆という, 存する, 存するの, 小さな中心, 当然噂, 斑らに, 智謀の, 木地屋が, 本能寺の, 沖にも, 沢山の, 注意が, 烈しい夕立ち, 熊が, 相当この, 相応な, 礼節格式を, 累を, 経験し, 色々と, 若し蜘蛛, 警戒線が, 輸入され, 遊び市中内外, 随分物売り

▼ 辺~ (60, 0.5%)

2 すれば, 両国辺とは, 思われるあたり, 違って

1 [52件] いえば, いっても, この方, する平行四辺形, それが, なく繰り反した, なく繰り返され, ならば, なりに, よく似た, わしとは, 代って, 佐々木が, 兵馬の, 再会しよう, 別れるに, 友人の, 口許とを, 古代インドの, 同じ床, 同時に相当, 咲くや, 咲誇る, 四国の, 対立し, 対面なさる, 引返そうと, 当りを, 思うが, 思う所, 思え, 思はれるところ, 思はれる空, 思わるマチエン, 想わるる所, 我ぐらい, 拙者とでは, 楊奉とで, 水晶山の, 申すこと, 留守を, 異って, 睨んだところ, 筑州とは, 膝へ, 自分と, 見えますね, 覚しいあたり, 言へば, 言わず背, 違えやすかね, 酌み交わして

▼ 辺でも~ (54, 0.5%)

2 震災前には

1 [52件] あまりこれ, あまり耳, あるの, いいが, かかる女, こっちの, ござろうか, そうである, そう申し, そこばかりが, そんな風習, どうかする, まだ狐, やる, よいでない, カフェーは, 久高島を, 云つてやら, 今日江戸に, 今見られる, 似たる習慣, 係合に, 吉原の, 同じ事, 大谷句仏氏水落露石氏等が, 子供たちの, 廃れて, 彼は, 指折の, 掃いて, 散歩しよう, 此歌を, 死にますからな, 海の, 消息を, 珍らしく, 甜めさせるから, 盛んに, 相当見知られ, 米と, 糧食を, 美味い, 羽織裏に, 聞く話, 蚊帳を, 言ってべ, 評判でございます, 邪視を, 釣れるかも, 銚子の, 類が, 鼠の

▼ 辺より~ (48, 0.4%)

2 出づ, 四十ばかりの, 悟入したる

1 [42件] くれぐれもよろしく御, こちらの, この少女, ずっと品, 一層人, 三囲堤に, 下は, 下手の, 不二は, 九段を, 出でたる云々, 南に, 南は, 又も, 右折し, 大なり, 大塚板橋境迄を, 失火し, 始めて焦壊れたる, 小松川へ, 少し下流, 左に, 左右に, 徐に撫下, 御上陸, 春も, 来られ候, 枕橋に, 沙金を, 潮満ち, 疑問を, 砲声轟々烈しく, 竜出, 西南風ふくらし, 足の, 輸入せられた, 進軍する, 道の, 銀座丸内一帯は, 雑木の, 雨降り出す, 雪降り候う

▼ 辺~ (40, 0.3%)

42 か見, そうです, ね

1 [30件] から, かをよく, かを朧気, か場所, が故郷元, が馬, ぜ, っけと今度, つけな, つたと, と, といつも, として引きつづき, とも考, と云った, と心得た, と思う, と思った, と思われる, と指示, と答え, と聞いた, なと見当, な投げた, ねここ, よ, わね, ナと思っ, 地球玉には, 甚助は

▼ 辺までは~ (30, 0.3%)

2 幕の

1 [28件] どうやら追, まだよかっ, まだ人食人種, まだ民衆的, よいが, わきめも, 先ず奈良原, 出しかけたが, 完全に, 密と, 届かないの, 彼にも, 本当だ, 来たこと, 来ないので, 母も, 水が, 汽車が, 無事です, 燃え拡がらず明日, 真の, 知って, 竿を, 至極よろしかっ, 芥川さんに, 追いこんだもの, 追撃を, 釣られて

▼ 辺~ (23, 0.2%)

2 判らないかね, 知らんと

1 [19件] あっちでは, お諦めなさいます, この美保, ご存じない, せめて方角, どんな国, またはずっと, よく見当, ダージリンに, 城の, 思い立っては, 或いはこの, 知らと, 繰り返されるので, 繰返して, 見定められないし, 見当が, 賤ヶ嶽か, 足を

▼ 辺とは~ (23, 0.2%)

4 彼女の, 未来派の 2 土地の

1 [13件] いま知った, きっと心, ちがうか, どんな交わり, まるで違う, ゆっくりし, 事かわっ, 余程様子, 全然違う, 同じ温度, 実に久しぶり, 異っ, 聞き候

▼ 辺にて~ (23, 0.2%)

1 [23件] はこべと, ふと立, もはや見切り, 出逢い申候, 天色は, 姿を, 家持の, 対抗は, 尽き途中, 意外の, 浪人居宅化霊ありし, 煙の, 甚幽邃なる, 立止まり, 逢伴帰, 運転手李某と, 郷家の, 配下の, 頻に, 風雨に, 騒しく, 高貴の, 鬻ぎを

▼ 辺じゃ~ (17, 0.1%)

1 [17件] ありませんね, おざら, ございますまいか, ないか, ないかしら, なかったかしら, なかなかの, もうそろ始まっ, モグリだ, 一円は, 不思議がります, 俺だけ, 別に, 別に騒ぎ, 未だにこれ, 百姓仲間が, 警察の

▼ 辺へも~ (17, 0.1%)

2 寄せられぬ

1 [15件] お尋ね書が, しきりと, そう遠く, やって来るという, 一つ, 人は, 寄付けては, 手にも, 来て, 無断で, 聞えて, 遊びに, 陰影が, 頻りと, 飛んで

▼ 辺~ (17, 0.1%)

1 [17件] おぐし, ぐら下界隈には, つて御覧, つて見, で名前, な, 乳房を, 俊寛ならぬ, 土とる, 家来の, 左右やに, 柄や, 目白の, 蕪と, 蘆の, 足の, 足もとを

▼ 辺です~ (16, 0.1%)

5

1 [11件] え, かえ, かこの, かとかき廻された, かと言い, かな, その方, と危険, ね, よといふ, よ今

▼ 辺~ (16, 0.1%)

4 んです 3 んだ 1 ことを, の, のか, のかね, ので, のです, ので今, のよ, んだろう

▼ 辺だろう~ (14, 0.1%)

1 [14件] か, かとも思われた, という臆説, とお, とも云い, と云われ, と彼, と思い, と思う, と思った, と推測, な, のう, よ

▼ 辺なら~ (14, 0.1%)

1 [14件] ばあり, ば往来, ば本人, ば沈む, ば芸者壱円, ん海波を, 何とかならない, 俺の, 大丈夫で, 大丈夫でしょう, 弾丸が, 椎を, 私も, 若い頃

▼ 辺からは~ (13, 0.1%)

2 大石小石栄螺の

1 [11件] あたかも釣竿, すぐ下, 峰の, 昔の, 植込に, 煙も, 白峰三山や, 石楠などが, 見えなかった富士山, 雪田が, 騎馬では

▼ 辺である~ (13, 0.1%)

1 [13件] か, かと客席, かと思う, かを確め, か更に, か見当, がどこ, ことに, としても続, とすれ, と伺いました, と金銭問題, のかすら

▼ 辺であった~ (12, 0.1%)

2 か, か容易 1 かと思う, かと思った, から御所, か今日能, か覚え, とは古く, とも率直, と思う

▼ 辺だった~ (11, 0.1%)

2 かあまりはっきり 1 かな, ことは, と見れ, と説明, な, なと思い出す, のであろう, のでございます, わ

▼ 辺での~ (11, 0.1%)

1 [11件] いい町, ことだった, 凧の, 名刹清光寺の, 平安末からの, 炉辺の, 落語席であった, 豪族などは, 酒店な, 金持の, 非常な

▼ 辺にこそ~ (11, 0.1%)

8 死なめ 1 借ろうと, 御邸, 死なめ和には

▼ 辺にまで~ (11, 0.1%)

1 [11件] かけアルゼンチン, くわの, 二人の, 内地化したる, 出ると, 動悸が, 持って, 武田勢の, 聞えたとの, 達して, 都の

▼ 辺一体~ (11, 0.1%)

2 の地名 1 が霧ヶ峯山, にひしゃげ, に流れ漂う, に漲る, に藻, に高台, のハイマツ, は白泡, は竹藪

▼ 辺~ (11, 0.1%)

2 の地, の山中 1 から望見, でございまして, な山国, な山村, な所, な田舎, に勤務

▼ 辺~ (11, 0.1%)

2 はよかっ 1 で死ん, に, のけいこ, は矢張, へお, へ駈けつける, も聞い, をならふ, を語る

▼ 辺へは~ (10, 0.1%)

1 べつに他, ほんのり紅, めったに, よい御, 六年も, 寄り付かなかったん, 毎日の, 滅多に, 立廻りません, 鎌を

▼ 辺までも~ (10, 0.1%)

1 お土産折詰, ございましたもの, 出かけるには, 回って, 平に地ならし, 暴すから, 歩いて, 流れ弾が, 陸地は, 音に

▼ 辺一面~ (10, 0.1%)

1 が雛壇, に, にずきずき, に漂い, に特に, に菜の花, に飛散った, 散って, 浮んで, 見て

▼ 辺かと~ (9, 0.1%)

2 思うが 1 尋ねても, 思う時, 思う見当, 推定が, 考えられるばかり, 訊きさえ, 首を

▼ 辺からも~ (9, 0.1%)

1 わざわざ灸, チット東京にも, 一つ農会の, 又遠く, 来るそう, 相馬殿へ, 諜報が, 遣って, 鮮血は

▼ 辺~ (9, 0.1%)

2 と内城 1 が昔, との間, に入る, に大小, のあと, の中, は高

▼ 辺という~ (8, 0.1%)

1 ことが, ことは, ところが日本海, 名代の, 学者も, 者を, 語は, 頃合いを

▼ 辺ない~ (8, 0.1%)

1 かしら, 孤児を, 後家の, 心の, 有様を, 浮浪学生御, 老人や, 身に

▼ 辺にかけて~ (8, 0.1%)

1 おそろしい藻, 何十分でも, 散歩する, 村, 筋肉が, 粒々汗を, 肉の, 血潮の

▼ 辺先生~ (8, 0.1%)

1 すらこれ, とは昌平黌, に業, の所, は漢代高名, へも一日参上仕候而御暇乞等, を訪い, を辞し

▼ 辺~ (8, 0.1%)

1 ということ, という者, のため, はふい, は仰天, は即座, をそそのかした, を捕え

▼ 辺からの~ (7, 0.1%)

1 事故お, 合図で, 宿村の, 思ひつき, 租税夫役等の, 読者も, 谷間は

▼ 辺なる~ (7, 0.1%)

1 八橋楼に, 市場へ, 早田は, 村里の, 田安殿の, 藤浪見, 重助方へ

▼ 辺ばかり~ (7, 0.1%)

1 でない, で物事, なれば, ウロウロし, 徘徊します, 歩いて, 永らくその

▼ 辺~ (7, 0.1%)

1 さんざん荒らした, の人, の雪駄直し, へまきちらされ, を忙しく, を捜し廻りました, を探し

▼ 辺~ (7, 0.1%)

1 に迫る, の形勢日, の波濤, の黒船, を守れる, を擾, 漸く多事

▼ 辺たち~ (6, 0.1%)

1 の忠節, は殿, もまた, も甲斐源氏, よりも地, を彼

▼ 辺でなけれ~ (6, 0.1%)

3 ばならぬ 1 ばいけぬ, ばなるまい, ば見られない

▼ 辺において~ (6, 0.1%)

1 この日, です, ゐる者, 平生とは, 意外の, 最も急激

▼ 辺までしか~ (6, 0.1%)

1 ない深さ, なかった, 届かなかったの, 届きはせぬと, 延びて, 水が

▼ 辺までの~ (6, 0.1%)

1 さの, して, 客気が, 程度は, 芸術家であった, 間を

▼ 辺らしい~ (6, 0.1%)

1 という, ね, のです, んだ, 様子です, 気が

▼ 辺伊賀守~ (6, 0.1%)

1 という者, などはよく, のごつい, の斬り死に, は西, ほどな

▼ 辺~ (6, 0.1%)

1 に辿りつい, に辿りついた, の出来事, の衛戍, の驍将, を構

▼ 辺~ (6, 0.1%)

1 がうずめられた, のほう, の巻, の火葬場, の煙, は御

▼ 辺へでも~ (5, 0.0%)

1 坐らせて, 夕づりに, 姿を, 届けて, 登ったもの

▼ 辺までを~ (5, 0.0%)

1 どうやら書い, ジロと, 一帯に, 偵察観望し, 家に

▼ 辺~ (5, 0.0%)

2 あるいは電 1 あるひ, の影, を内接

▼ 辺~ (5, 0.0%)

1 に鋸歯状, のもみ, の所, の清潔, は相

▼ 辺~ (5, 0.0%)

1 乗船為致候儀は, 来ると, 桟敷を, 海上船にて, 薄色

▼ 辺~ (5, 0.0%)

1 に任, の事, ますます緊要, を司る, を寛

▼ 辺~ (5, 0.0%)

1 しかも士馬, にあっ, にいる, の地, の寺

▼ 辺あの~ (4, 0.0%)

1 村へ, 着物の, 築地辺の, 鬼の

▼ 辺~ (4, 0.0%)

1 や, やお, やなかつた, や駄目

▼ 辺といふ~ (4, 0.0%)

2 男とだけが 1 御経, 文句が

▼ 辺とも~ (4, 0.0%)

1 なく昇り降りする魚見櫓, 分らない, 思われるところ, 思われる所

▼ 辺なく~ (4, 0.0%)

1 して, て堪えられなく, て心細, 物思いに

▼ 辺などは~ (4, 0.0%)

1 いかなる人夫募集員, ごくさらりと, ぽっとし, まだまだ

▼ 辺にては~ (4, 0.0%)

1 屍骸を, 時鳥は, 朝に, 蝉未

▼ 辺よく~ (4, 0.0%)

2 了解し 1 よく御, わからない

▼ 辺よりも~ (4, 0.0%)

1 大とか, 私が, 高いところ, 高い空中

▼ 辺~ (4, 0.0%)

1 の軍, は崩, も同じ, も長らく

▼ 辺~ (4, 0.0%)

1 歪曲美ニ見, 気持ハ当人デナケレバ分ラナイ, 洋風酒肆近年皆競ツテ美人ヲ, 義ヲ

▼ 辺~ (4, 0.0%)

1 ドライブスルコトニ決メル, 指デ, 歩イテ楽シミニシテ居タガ六月カ五月末カト思ッタガ九州ヨリ虎ガ兄弟ガ江戸ヘキタカラ毎日毎日行通イシテ世話ヲシテ江戸ヲ, 襲ウラシイノデソレニ打ツカラナイヨウニスレバイヽト云ウ

▼ 辺一杯~ (4, 0.0%)

1 に取り散らし, に拡がっ, に漂っ, に漂わせ

▼ 辺~ (4, 0.0%)

1 から内城, から辺城, が望まれる, が設けられ

▼ 辺いったい~ (3, 0.0%)

1 にずっともう, の広大, は東光院称往院天岳院

▼ 辺こそ~ (3, 0.0%)

1 ずいぶんお, 我ら日本人が, 雪だ

▼ 辺その~ (3, 0.0%)

1 前は, 男を, 辺

▼ 辺だけ~ (3, 0.0%)

1 あんなに早く, で又, 小さく漕い

▼ 辺でございます~ (3, 0.0%)

1 か, な, よ

▼ 辺でした~ (3, 0.0%)

1 が, がこうずう, の

▼ 辺とが~ (3, 0.0%)

2 なぜに 1 柔かいほど

▼ 辺としては~ (3, 0.0%)

1 くっきょう, 広い家, 早馬にて

▼ 辺など~ (3, 0.0%)

1 散歩し, 見廻そうとは, 言ふ

▼ 辺などに~ (3, 0.0%)

2 筬の 1 爪牙に

▼ 辺にゃ~ (3, 0.0%)

1 杭が, 珍らしい, 誰も

▼ 辺にや~ (3, 0.0%)

1 しきの, しないか, ポートサイドで

▼ 辺また~ (3, 0.0%)

1 暗き千里, 本郷神田の, 濛々空の

▼ 辺よろしく~ (3, 0.0%)

1 ご斟酌, ネ, 御判読

▼ 辺一律~ (3, 0.0%)

1 で一向, で何, で物体

▼ 辺~ (3, 0.0%)

1 つたか, はうと, はれたか

▼ 辺云つて~ (3, 0.0%)

1 見やがれ, 見ろ, 見ろシツダル

▼ 辺~ (3, 0.0%)

1 が住ん, と名, なきの

▼ 辺伊賀守義博~ (3, 0.0%)

1 という四十男, と申しまする, は

▼ 辺~ (3, 0.0%)

2 を談ぜない 1 は一

▼ 辺外諸部~ (3, 0.0%)

1 で不幸, との交通, の国境

▼ 辺山心中~ (3, 0.0%)

1 と信長記, も要するに, や皿屋敷

▼ 辺志部平原~ (3, 0.0%)

1 が石狩川, も見, を有す

▼ 辺~ (3, 0.0%)

2 を犯し 1 の小城小城

▼ 辺~ (3, 0.0%)

1 なこれ危険, なで追, 仮名ニテフクチト記タルハ誤

▼ 辺~ (3, 0.0%)

1 の地, 分界図考という, 分解図考巻三に

▼ 辺~ (3, 0.0%)

1 の九州, の半島, の山奥

▼ 辺いっぱい~ (2, 0.0%)

1 に折り散らし, に様々

▼ 辺かという~ (2, 0.0%)

1 ことを, 試しに

▼ 辺かも~ (2, 0.0%)

1 知れない, 知れないがね

▼ 辺この~ (2, 0.0%)

1 辺, 連中にまで

▼ 辺じゃあ~ (2, 0.0%)

1 みなこんな, 三階へ

▼ 辺すばらしい~ (2, 0.0%)

2 ものを

▼ 辺そろそろ~ (2, 0.0%)

2 上り坂

▼ 辺だけが~ (2, 0.0%)

1 僅に, 美男桂の

▼ 辺だけに~ (2, 0.0%)

1 引潮の, 見る形

▼ 辺だけは~ (2, 0.0%)

1 あとに, 許して

▼ 辺だらう~ (2, 0.0%)

1 かとその, と想像

▼ 辺であろう~ (2, 0.0%)

1 と実は, と見当

▼ 辺でございました~ (2, 0.0%)

1 っけ, な

▼ 辺でございましょう~ (2, 0.0%)

2

▼ 辺でござん~ (2, 0.0%)

1 すえ, すか

▼ 辺でと~ (2, 0.0%)

1 思い立ち程よく, 酒の

▼ 辺として~ (2, 0.0%)

1 引返す気持, 思慮は

▼ 辺との~ (2, 0.0%)

1 境にも, 縁故は

▼ 辺どころ~ (2, 0.0%)

2 じゃありません

▼ 辺なき~ (2, 0.0%)

1 身と, 身を

▼ 辺などには~ (2, 0.0%)

1 誰も, 随分どっさりいるらしい

▼ 辺なども~ (2, 0.0%)

1 形を, 根は

▼ 辺なみ~ (2, 0.0%)

1 かかる渚, よ

▼ 辺なんぞ~ (2, 0.0%)

2 かく悲しき

▼ 辺においても~ (2, 0.0%)

1 いよいよ攘夷, また変る

▼ 辺についての~ (2, 0.0%)

1 御意見, 説明は

▼ 辺に対して~ (2, 0.0%)

1 予は, 自分を

▼ 辺のな~ (2, 0.0%)

1 づな伸び過ぎ, もし従って

▼ 辺への~ (2, 0.0%)

1 お届け, 遠出を

▼ 辺へまで~ (2, 0.0%)

1 旅行を, 来た頃

▼ 辺まことに~ (2, 0.0%)

1 さばさばとして, 錯交します

▼ 辺みずから~ (2, 0.0%)

1 その人, はどこ

▼ 辺よりは~ (2, 0.0%)

1 なお一層, 立て込んで

▼ 辺をも~ (2, 0.0%)

1 そんな風, まして静か

▼ 辺~ (2, 0.0%)

1 までの森, 猶古人

▼ 辺全部~ (2, 0.0%)

1 の地区, の鎮守様みたい

▼ 辺~ (2, 0.0%)

1 な海辺, な田舎

▼ 辺及三山~ (2, 0.0%)

2 の際

▼ 辺~ (2, 0.0%)

1 として声, として音

▼ 辺庫裏~ (2, 0.0%)

2 へ忍び

▼ 辺~ (2, 0.0%)

1 意見を, 決心を

▼ 辺志部~ (2, 0.0%)

1 の旅店, へ三里半

▼ 辺憚ら~ (2, 0.0%)

1 ず笑い, ぬ高

▼ 辺散歩~ (2, 0.0%)

1 したこと, して

▼ 辺~ (2, 0.0%)

1 に這入つた, の風景

▼ 辺湖岸~ (2, 0.0%)

1 の物騒, は御

▼ 辺~ (2, 0.0%)

1 なんか育たない, 猶盛

▼ 辺踊り~ (2, 0.0%)

1 か何, に興じ

▼ 辺近所~ (2, 0.0%)

1 は官員, を物騒がしく

▼ 辺酒樽~ (2, 0.0%)

2 の周り

▼ 辺~ (2, 0.0%)

1 として聞こ, として鎮まりかえり

▼ 辺~ (2, 0.0%)

1 に追い込まれた, よりギョクポ・ペブ

▼ 辺~ (2, 0.0%)

1 なれば, になりしか

▼1* [476件]

あなたには何となく, 辺あやふやなお, 辺あらぬ貫一が, 辺ありもし諸, 辺ありきたりの鄙唄, 辺あるいは東京でも, 辺あんな騒ぎを, 辺いかがかと存じまする, 辺いかにも軍師らしく, 辺いずれも最初, 辺いちばんの金持, 辺いちめんに土ほこり, 辺いつぱいに, 辺いづれも話, 辺いま真に心服, 辺いよいよ静寂なり, 辺い上りましたら蜜柑五つも, 辺うろついてと思います, 辺着船致候儀は, 辺案じはいりませぬ, 辺おもんぱかりなさらではのう, 辺および咽部に, 辺お気を付けられた, 辺お茶でも喫, 辺かが薄り, 辺かくもあつ, 辺かけて鳥, 辺かけずりまわり一匹は, 辺かすかにかすか, 辺かとも思われる見当, 辺かなと眺める, 辺かなど思えど, 辺かに建てて, 辺かは明白でない, 辺かまわずムッと, 辺かまわない声を, 辺かまわぬ高声, 辺からかあん, 辺からずつと向うに, 辺からでも竜宮の, 辺からと言ふ, 辺からにしよう, 辺からまで諸方の, 辺からやツて, 辺から迄地方物産を, 辺かを襲うの, 辺かんしゃく起こりて, 辺がずつとお池, 辺がたはお, 辺がと思うと, 辺きっての好い, 辺ぐらい指で, 辺こりゃかよう, 辺これを着, 辺しか分りません, 辺しかとはわからぬが, 辺しばらくの間, 辺じゃと云われたが, 辺じゅう桃色の媚, 辺すこぶる簡単明瞭である, 辺すっかり平ったくなっ, 辺すなわちこの北海道, 辺ずつ唱うた, 辺む枯尾花, 辺そつと見, 辺たしかならね, 辺たち二人でつかむ, 辺たち夫婦にはまたとない, 辺だいそれは, 辺だけであとは, 辺だけでも寄席が, 辺だけをぽっと明るく, 辺だったろうかなどといつも, 辺だって夏に, 辺だつたよ, 辺だの駿河蘭だの, 辺ちっともおいしいもの, 辺ちといぶかしゅう思われます, 辺ちゃんと心得て, 辺ってどの辺, 辺べに味むら騒ぎ, 辺つてあれは畑, 辺づける淀みなき, 辺であってみれ, 辺でござろうと右門けさ, 辺でしょうね, 辺ででもござるかな, 辺でぶうんと, 辺とかいう場所の, 辺とかをやって, 辺とだけは餅の, 辺とて道者宿木賃泊りが, 辺とで笑いきつい, 辺とに蒼白い艶, 辺とんと失念仕っ, 辺と共に蜀軍へ, 辺どうか悪しからず, 辺どうぞゴ免候らえ, 辺どり中央部は, 辺なかなかうまく行かない, 辺なぎさの捨て小舟, 辺などの見当は, 辺ならでは能わぬ, 辺なら下りられますね, 辺なりける, 辺なんてどう云う, 辺にあたって足音を, 辺における無比の, 辺にか新奇を, 辺にかけての街上一帯は, 辺にくぢけた, 辺にこそとは日本の, 辺にさえ居れや, 辺にだけ気を, 辺にだけは辛うじて得心, 辺にでもたたずんで, 辺にと浮きつつ, 辺になつてゐた, 辺になどと呟いて, 辺にのみ産し第, 辺にまでも這ひあがつ, 辺にもとさがし来て, 辺によって囲まれた面積, 辺に関して抽出し, 辺に関する処置権限が, 辺新村つて言ふ, 辺のうきぐさの, 辺ののでん賭博, 辺のみで下, 辺のみにこうなされる, 辺はずゐき積みたり, 辺はなみの武士, 辺はね金満家の, 辺はばからずおーん, 辺はるかにゆく, 辺ばかりにわずかの, 辺ばかりを眺めると, 辺ひとつかぞえて, 辺ひとりだったか, 辺ぴだつたらうと思はれる西北部, 辺ふかい竹藪だった, 辺ぶらぶらしようと, 辺ほどな履歴, 辺ほどに剛なる, 辺まして舞台で, 辺までか入ったらしい, 辺までが本当な, 辺までってただ加藤さん, 辺までという予定で, 辺までにして, 辺までへも行つてゐる, 辺までよでないと一人, 辺まるで何処だ, 辺みな闊葉樹でその, 辺もうステーション辺, 辺もちとどうか, 辺もつとも佳なるなら, 辺やが其辺ぢゆう, 辺やったなあきっと, 辺やつたこと, 辺ゆるやかに, 辺あはれは, 辺らあたりに住んでる, 辺わいわいと童戯, 辺をずつと見下した, 辺をばあちこちと, 辺をめぐって謡って, 辺をもって説くべきこと, 辺をやッて, 辺ウロウロして, 辺エハガキをさがし, 辺カラ下谷辺ヲ歩イテ, 辺ガピクント凹ンダヨウナ気ガシタガイツマデモソノ感ジガ続イテイタ, 辺ガ主家ニ得タル罪ト同坐, 辺シヤワーを浴びる, 辺シンカンとしてシジマ, 辺ジロジロ見てるみたい, 辺タキノの小田原, 辺ダトカ云イ前カラ, 辺デリケートであなた, 辺預ケ, 辺ニカ在ル蟋蟀, 辺ニハ人多シ, 辺ニ杖ヲ曳イテ, 辺ハッキリ解りません, 辺ビュービュー飛ばすで, 辺ピリピリと痙攣, 辺マデオ出デト断ワルヲムリニ引出シテ浅草デ先, 辺ヲ通リ過ギル時ニピイピイト, 辺一たいの庄屋, 辺一ぱいにならんだ, 辺一円は同心目明し, 辺一帯バタバタと面白い, 辺一帯厳島の神領, 辺一帯旗本御家人の屋敷, 辺一帯梟や渡り鳥, 辺一帯江戸末期の特殊, 辺一帯聖堂の前, 辺一帯茶畠で今, 辺一帯薩軍の眼, 辺一帯頑丈な茶色, 辺一帶の海面, 辺一度立つて, 辺一手の兵, 辺一片の布, 辺一番便利と存じ最初, 辺一緒に歩い, 辺一般に然, 辺一面栗鼠だらけになる, 辺一面青苔によって飾られ, 辺丁寧に書き直さなけれ, 辺七堂伽藍建連なって, 辺三人は船, 辺三四ヶ所の地所家作, 辺三津港よりの入江, 辺三索をつかん, 辺の正方形, 辺並行せる三角形, 辺儀故, 辺乗つて見るの, 辺ありすべからく, 辺二三枚ばかり裏, 辺云ってみな, 辺五町のうち, 辺の若, 辺人目が多い, 辺仔細はない, 辺以上繰り返すと, 辺以下もよかっ, 辺以南は昔, 辺広夷様, 辺れて, 辺の迷ひで, 辺何処が何処, 辺何卒悪しからず御諒察, 辺何百里というもの, 辺半秋, 辺の得意, 辺の地, 辺兄さんに聞い, 辺充分将来とも, 辺入り口をあけ, 辺入るかね, 辺全体を占め, 辺全部焼け野原であたり, 辺八分まで女たち, 辺せう寺皆, 辺い水, 辺切っての睨み上手, 辺刑部の腹, 辺到るところに, 辺十五年前旧遊地再来重見亦因縁, 辺に元, 辺占得満城風月権, 辺いわ, 辺厳し気に, 辺ハ麦藁ヲ, 辺取っている, 辺に准, 辺同情す, 辺が殺され, 辺吹かくる雪に, 辺呉服橋ぎわその他に人間, 辺呼んで来い, 辺唯なだらかな蒼海原, 辺噛み直そうとする, 辺に蟠踞, 辺国々には沢, 辺国道を探し, 辺在して各, 辺塞的な一問題, 辺になる, 辺の恐らくは, 辺好いわえ, 辺如才はありません, 辺孝先先生に学ばん, 辺孤影蕭然たる案山子, 辺守谷一帯の田領, 辺に残っ, 辺宛手紙を下さい, 辺の構, 辺寂々寥々とし, 辺寂寞として静か, 辺寒しも, 辺となつ, 辺寺欹枕猶聞夜半鐘, 辺封じ込んで置かう, 辺尊面足尊惶根尊伊弉諾尊伊弉冊尊それから大日霊尊, 辺へ送りとどける, 辺居酒屋煮染屋の出入, 辺山けいこ漸く進む, 辺山三味線けいこす, 辺山二十一と十七, 辺山心中夜の部, 辺山河のた, 辺の色, 辺左右に引き開け, 辺幕末維新には日光, 辺庭先に出, 辺庭流血海水を成す, 辺建具屋簾屋など多し, 辺引きましたけン, 辺だから, 辺もなく, 辺を引返した, 辺従今深入, 辺心元ない次第, 辺心得ぬいていた, 辺志部小学校の校長, 辺悉く裸山に, 辺患無しと雖, 辺意味のない, 辺からぬ澄んだ, 辺我敵を討つ, 辺所謂杉並村あたりから北多摩, 辺手頼りない寂しい, 辺打ち叩くのである, 辺打つて御覧, 辺振り返つたので私, 辺捜して来ら, 辺掘ったら蜆が, 辺接吻がしたくなる, 辺数里にわたって見渡す, 辺文進の花鳥, 辺八という, 辺新八をたずねた, 辺方瘴煙の気, 辺旋回して, 辺既に樹木の, 辺の熊野街道, 辺昔嗹人敗死の蹟, 辺自満, 辺に就い, 辺昭僧正に就い, 辺ヲ受ケヨ, 辺時鳥の渡る, 辺になる, 辺更に奥へ, 辺更級埴科水内高井にわたっての一面, 辺最も手薄でござる, 辺朦朧と小暗く, 辺では三百戸全戸, 辺来吉氏の歿後, 辺という人, 辺の外, 辺栗藤次鼻の下, 辺の木, 辺引去者, 辺が割合, 辺榜ぐ船に妹, 辺構はず高い声, 辺構はず狎戯る妙, 辺樹木谷へ下る, 辺橋場のおもい, 辺此方へ皆, 辺に谿, 辺残念ながら突き止め, 辺の斯様, 辺にすぎぬ, 辺水ぎわの孤松, 辺水害甚しと, 辺水戸海道の途中, 辺の捨小舟, 辺の端, 辺の畔, 辺の湧く, 辺寄る見ゆ, 辺波洗へり, 辺注意深く考える必要, 辺の守坂下あたり, 辺海上の寒気, 辺海底の地殻, 辺海毎に和寇, 辺海警備の費用, 辺深い処は, 辺の棚, 辺満ちている, 辺満足なイシャ, 辺焼亡す数十宇災, 辺父子も兵力, 辺復変来, 辺牛込御徒町辺を通れ, 辺牛馬殊に多し, 辺特有の今, 辺甘蔗畑多くあり, 辺甚だ曖昧千万である, 辺産出の三根石, 辺田舎のおばあさん, 辺甲斐守義博とみえ, 辺の様子, 辺町家の間, 辺百里の区域, 辺に見物人, 辺真暗三宝駆下りましたでこちら, 辺の縁, 辺がある, 辺石間に多く, 辺とは仰せ, 辺神さびたる神社を, 辺神田橋の内, 辺福住の氷室, 辺禽自栖茫渺太平洋上路家郷遠在, 辺穂高に劣らず, 辺空々しい嗤ひ, 辺空襲の焼跡, 辺竜宮の門, 辺である, 辺竹藪が多い, 辺の兎, 辺米商打こはし, 辺紅毛人の散歩場, 辺紺屋多し, 辺組内でい, 辺緑陰深処此留連, 辺は幾度, 辺に横, 辺繰り反されてもその, 辺繰り反されたやうだつ, 辺繰り反すうちに, 辺繰り返したことで, 辺繰返しても気絶, 辺義博にお, 辺翔んでいた, 辺聞かされたことで, 辺へ掛け, 辺を運ん, 辺芝居町が移っ, 辺芸者家に接したる, 辺は踏み荒され, 辺を互生, 辺葉質硬く平滑, 辺蕭然となっ, 辺のよう, 辺行つて来ようかと, 辺行客少, 辺裔三十九巻日本部彙考七に明朝, 辺裔典二十五巻に明, 辺製糸工場が多い, 辺西新井の大師, 辺見える限りは, 辺見廻していた, 辺読み反さうとも考へた, 辺読むで見やう若し, 辺を聞く, 辺豊多摩郡に属し, 辺財主の家, 辺貴様はその, 辺貸家というもの, 辺賑やかになりました, 辺赤いブイの, 辺赤谷川の眺め, 辺に石, 辺通るとこ, 辺近くまねき寄て, 辺道玄船橋宗禎坂尚安多紀安琢であつ, 辺釣行約之処止, 辺長谷川町の辺, 辺開け住みうかりければや, 辺関わぬ大欠伸, 辺闃寂人影無シ, 辺防たちまちにし, 辺父さんの, 辺陲不毛の地, 辺測五万, 辺なく穿索, 辺震災の状, 辺露路の近く, 辺頗る毒水多し, 辺風下になった, 辺馬泥棒は名物, 辺高く鞏健である, 辺高く低く群れ飛ぶ鴎, 辺鬼門故首, 辺魔道の事, 辺鳥これは臼, 辺黄金の鈴