青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「詰~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~試み 試み~ ~試みた 試合~ 試験~ ~詩 詩~ ~詩人 詩人~ 詮議~
詰~
詰め~ ~話 話~ ~話し 話し~ ~話した 話した~ ~話す 話す~ ~話題

「詰~」 1082, 11ppm, 10043位

▼ 詰~ (192, 17.7%)

5 千兩箱を 3 シチュウと, 談判を 2 内部に, 原稿用紙に, 同心が, 左側に, 浮世床の, 端の, 筍の, 間に

1 [165件] あき殼が, お医者様, お奉行, ときは, ところまで, ところ一ヵ月四十五円, ほうか, ものだけは, もので, もの一同に, ように, アメリカビール程度に, クッションに, グリンピイスを, スープデヴィルド・ハムや, スープ食料品英国製エール一ダース等も, スープ鶏肉で, ソオセイジを, ソファー式ベンチを, ヘルマン・フィルゼルという, 一つも, 一件なんか, 一員である, 一日休みであった, 一番大きい, 上一同, 与力で, 両側の, 中で, 中に, 主人神尾方へ, 人に, 人の, 仲間に, 例は, 侍が, 価で, 価である, 俗役を, 俺に, 催促に, 兵を, 内部の, 医師であり, 医師を, 医師仲間でも, 医者で, 千両箱を, 千兩箱や, 原稿用紙で, 原稿紙いっぱいに, 唱道する, 国アメリカの, 場合に, 塔みたいだ, 士は, 大きい奴, 大事, 天井の, 奥通に, 女工にも, 學問などは, 客が, 室の, 岸に, 幕兵が, 広告一つよめなく, 店を, 強文章, 強談を, 当番小田切千助で, 役人共じゃと, 役人誰一人として, 役人足軽共は, 役侍が, 役侍と, 後江戸にて, 御合戦, 御子息, 御家来, 応対寅刻を, 懇談すれ, 扉なる, 折にも, 揮毫と, 新聞記者の, 方々が, 方々まで, 方へ, 晒し場この間まで, 朝日新聞の, 木箱から, 某君等船まで, 某氏の, 栗を, 樣子を, 歎願を, 正宗を, 武家であった, 歴々たり, 死骸を, 殻を, 水菓子や, 流しの, 海苔だ, 焼き魚を, 物頭初鹿野伝右衛門でござる, 特派員でも, 生ビール, 用紙に, 番に, 目付に, 程よいところ, 空の, 空罐が, 空罐だ, 空罐で, 空罐などが, 空罐に, 箱に, 箱を, 粉を, 罫紙の, 者である, 者と, 者にも, 者も, 肉と, 若い医者達, 茶屋の, 蓋, 蓋の, 衆の, 衆又, 製作とか, 西側に, 角に, 角の, 記者から, 記者だ, 詩を, 談に, 談判さて, 談判で, 談判という, 談判に, 諸大名, 部に, 部屋へ, 配給が, 金迚も, 銭は, 間ごとを, 間にも, 間の, 間奥お, 陣掛りし, 頃彼を, 類を, 高札場から, 魚ばかし, 鮭を, 鯉屋と, 鯨肉の, 鶴の

▼ 詰~ (93, 8.6%)

11 なって 9 して 2 したの, 対ひたる

1 [69件] あって, ありつけた, あり来歴, ある定宿, ある赤玉, お前さんと, されたまま, したよう, したり, したる, した之, した屍首, した死骸, しても, しないで, しようという, する人, する体裁, なった, なったの, なったよう, なった二人, なった荷物, なった青年, なった頃, なっての, なつた, なつて, なりました, なるの, バタその他必要な, 久保島可六という, 仰せつけられて, 仰せつけられるの, 伴れ, 使えないロスケガニ, 入つて, 出られると, 出る, 分けたり, 加えて, 参って, 問いますと, 問う, 大きな榎樹, 宗治の, 床几を, 引き上げて, 成りまして, 成り罪, 押詰められたならば, 於て, 松林が, 決答を, 為れるんで, 直して, 相成りし譯, 石垣に, 臨川寺という, 至るまで, 行うの, 行うのほか, 転じ十月十七日, 進められ此年, 進んだ, 釜の, 限ると, 駈けろ, 高札を

▼ 詰つて~ (66, 6.1%)

8 ゐた 4 ゐる 3 居る 2 ゐるし, ゐるの, ゐるもの, ゐるやう, ゐる筈, ゐる頭, 居るし

1 [37件] この次に, しまつ, そのま, その噂, た, も平, やらうと, ゐたが, ゐたの, ゐた蒸気, ゐて, ゐては, ゐるいま, ゐるかと, ゐるだけで, ゐるとしか, ゐるに, ゐるので, ゐる人々, ゐる帯, ゐる教室, ゐる棚, ゐる生活, ゐる画家, ゐる登山袋, ゐる見物人, ゐる非常時, ポツン, 凝つと, 居たよ, 居ると, 居る樣子, 居る綿, 思はず眼, 来ました私, 来るとね, 止むを

▼ 詰~ (59, 5.5%)

2 して, 勤めて, 土産に, 拝した, 買って

1 [49件] あおって, あけたりとて, あけると, いたし明番, くったり, すると, つれて, ひっぱりだして, めぐったかと, やって, 中積船, 二三軒西へ, 五本仕込ん, 仰せつかりこ, 仰付, 使うよう, 使つてゐた, 使ふ, 出して, 切らんと, 切れと, 切れ然, 命ぜられて, 命ぜられるの, 命ぜられ即刻新任出張所長, 埋めて, 宗右衛門町へ, 思い出します, 思ひ出します, 持ち帰る, 東京まで, 申付かって, 申付けられました, 痛感させられる, 船員二人に, 註文し, 註文する, 買いあつめて, 買つて下さつた, 買つて來て, 送り出した帰り, 道頓堀へ, 開けた, 開けて, 願は, 食って, 食つてゐる, 食べると, 鴨川に

▼ 詰~ (29, 2.7%)

5 いると

1 [24件] いたが, いた歌麿, いた私, いる, いるうち, いる細君, きた河鹿族, この部屋, ゐた, ゐない証拠, 二十分間も, 呉れた弁当, 宜敷刑, 居たり, 居るの, 居るので, 控へながら, 来ますと, 申しけれ, 眺めて, 私は, 聞居たり, 聾唖者の, 雨覆

▼ 詰工場~ (25, 2.3%)

2 の女工たち

1 [23件] から運ばれ, があった, だったのにな, でか, でも役場, で働い, で帳, と貝殻, にはカニ, に雇われ, のあるじ, のよう, の仕事, の工員, の持ち, の煙突, の若い, の雇人, へ出稼ぎ, へ契約, へ貝, や石灰工場, を経営

▼ 詰つた~ (22, 2.0%)

4 やうな 2 かの如き

1 [16件] がす, が直ぐ, が石, そして額, とき宗助は, ところで, と思つた, と思つて, などとは考へ, に, ので二人, ので日向, やうに, 忙しい時, 故先云, 為めで

▼ 詰~ (18, 1.7%)

2 なった, 十斤の

1 [14件] いえば, いった, きまった時, された商策, なって, なつて, パンを, 凝視め居し, 御顏, 清の, 砂糖湯とで, 福神漬の, 耐ゆる, 酒を

▼ 詰~ (17, 1.6%)

2 あつた, 叔父を, 榎の

1 [11件] いた頃, そういうの, ね, 上は, 何文と, 小圓太, 席次は, 此處に, 簡単な, 緒方の, 送りたい

▼ 詰談判~ (14, 1.3%)

1 [14件] が今度, して, だ, で動かした, で飲まさな, にあっ, によって察しられる如く, に来た, に行こう, の事, をしてた, をしてやろう, をする, を始めた

▼ 詰まつ~ (13, 1.2%)

4 てゐる 2 たの, てるな 1 たマッチ箱, た江戸前, た短い, てるが, てるん

▼ 詰~ (12, 1.1%)

1 [12件] あり浦賀奉行, それだけ鋭く, つかわれること, 一番好い, 並び肉スープ, 仏陀の, 勇ましく行列, 寄って, 小さい間, 彼の, 日清戦役の, 舞込みました

▼ 詰~ (12, 1.1%)

2 の役人共 1 かお, けり又, て居る, でありましたけれど, でいっぱい, には当番, の武士, の目付, の者, 罷在

▼ 詰~ (11, 1.0%)

2 の部屋 1 が, がすでに, が時々, のかり, の列, の来援, の者, へ問わせ, や表

▼ 詰まで~ (9, 0.8%)

1 並べるさま, 引き上げて, 来りし時, 来ると, 突込んだ, 行き戻り, 行く仕掛け, 行つて踵を, 開鑿せられ

▼ 詰医師~ (9, 0.8%)

2 となつ, を拝 1 となり, に, になっ, に任, に陞

▼ 詰部屋~ (9, 0.8%)

1 から取っ, と見え, に寝込んだ, に引きとり, に戻っ, は大, へそッ, へ戻っ, を出

▼ 詰には~ (8, 0.7%)

1 できないの, なりますまいが, 佐藤平, 使わない, 向い合って, 寛永錢が, 寝呆け稲荷, 当時すでに

▼ 詰~ (8, 0.7%)

1 あんまり脂, ドライバーの, 一人の, 一月ずつ, 医学者の, 島流しも, 決して悪い, 誠にお

▼ 詰から~ (7, 0.6%)

2 幔幕を 1 今度は, 出世を, 北木綿橋の, 少し南, 角垂木の間に

▼ 詰~ (7, 0.6%)

1 いるわけ, この設, すっかりなくなった, それも, 来た私一人, 纏らない, 落着した

▼ 詰掛け~ (7, 0.6%)

1 ていた, ている, て叔父, て外, て居, て本国政府, て足相撲

▼ 詰~ (7, 0.6%)

2 が出 1 が平伏し, に尋ねられ, の与力, の與力, 正精

▼ 詰かけ~ (6, 0.6%)

2 ている 1 て, て碁, もし聞入れね, 代る代る宿直

▼ 詰~ (6, 0.6%)

1 その時, まま清しい, ものです, 心も, 斯うなる, 顔で

▼ 詰たり~ (6, 0.6%)

2 考へたり 1 乃ち伊豆守殿芙蓉の, 後を, 數寄屋橋御, 程なく惣人數

▼ 詰たる~ (6, 0.6%)

2 雛の 1 ものなり, ものにて, 事由迄, 手先に

▼ 詰~ (6, 0.6%)

1 コーンド・ビーフの, ソースや, パンを, ビール瓶が, 佃煮や, 腸詰を

▼ 詰丈太郎~ (6, 0.6%)

1 が伯父, が門前, だろうか, です, といっ, は煙草

▼ 詰~ (6, 0.6%)

1 があつ, と銀行, のこと, の野良子息, の野良息子, も懲りず

▼ 詰~ (6, 0.6%)

1 勘定亭主役手代料理人までが, 医師三十人扶持まき丁伊沢磐安, 医師三十人扶持中橋埋, 医師三百俵十人扶持新道一番町, 医師余語良仙本郷弓町, 譜代衆お

▼ 詰~ (6, 0.6%)

1 がある, のよう, は幾つ, を考え, を考える, を考へ

▼ 詰という~ (5, 0.5%)

1 のが, のにも, 偉い仏教, 形ね, 顔ぶれ

▼ 詰~ (5, 0.5%)

2 や詰将棋 1 と詰将棋, の出来栄え, の新

▼ 詰~ (5, 0.5%)

1 であるだけに, でしょうよと, です, と白浪, ばかりでお話

▼ 詰~ (4, 0.4%)

1 が大岡殿, が是, ている, 事なれ

▼ 詰~ (4, 0.4%)

1 たりし, たりする, ていけない, てしまふ

▼ 詰つた場合~ (4, 0.4%)

1 であ, にも眼玉, に獻身的, の

▼ 詰~ (4, 0.4%)

1 です, で壜, になっ, の悪い

▼ 詰横町~ (4, 0.4%)

1 というの, に住ん, の生活, を通る

▼ 詰えり~ (3, 0.3%)

2 を着た 1 の下

▼ 詰~ (3, 0.3%)

1 とかそい, と云う, のと

▼ 詰などの~ (3, 0.3%)

1 副食物, 命を, 諸詩人

▼ 詰~ (3, 0.3%)

1 寄って, 登りました, 船より

▼ 詰もの~ (3, 0.3%)

1 といけ, の肉類, ばかりだ

▼ 詰~ (3, 0.3%)

1 だが, の小屋, へ何

▼ 詰番所~ (3, 0.3%)

1 の番衆, へ恐れながら, まで横ッ

▼ 詰~ (3, 0.3%)

1 か裙模様, が褄, 揃って

▼ 詰~ (3, 0.3%)

1 だの香水, に過ぎなかった, の店

▼ 詰~ (2, 0.2%)

1 庭の, 役人方まで

▼ 詰ける~ (2, 0.2%)

1 故番頭, 越前守は

▼ 詰こと勿~ (2, 0.2%)

2

▼ 詰~ (2, 0.2%)

1 ってみ, ってやろう

▼ 詰つたの~ (2, 0.2%)

1 は黒, もをかしい

▼ 詰つた人~ (2, 0.2%)

1 の後, の頭

▼ 詰つた時~ (2, 0.2%)

1 いきなり口, に岡

▼ 詰つた暮~ (2, 0.2%)

1 に夏, のある

▼ 詰つた状態~ (2, 0.2%)

1 に立ち至り, に置かれ

▼ 詰つて來~ (2, 0.2%)

1 た, たの

▼ 詰であった~ (2, 0.2%)

1 からである, ところから

▼ 詰です~ (2, 0.2%)

1 か, からほか

▼ 詰などを~ (2, 0.2%)

1 わざわざここ, 持って

▼ 詰にも~ (2, 0.2%)

1 交番が, 相成ずして

▼ 詰むる目~ (2, 0.2%)

2 は物凄く

▼ 詰めん~ (2, 0.2%)

1 にもむつかしく, の猛

▼ 詰よる~ (2, 0.2%)

1 と共に合図, にぞお

▼ 詰をも~ (2, 0.2%)

1 一つ二つと, 持つて

▼ 詰一間~ (2, 0.2%)

1 の値い四円五十銭, の値四円五十銭

▼ 詰~ (2, 0.2%)

1 で本庄, 御家中学問世話是

▼ 詰会社~ (2, 0.2%)

1 が戦争, に奉公

▼ 詰元締役~ (2, 0.2%)

1 の同心, の岡安喜兵衛

▼ 詰十行~ (2, 0.2%)

1 の原稿紙, の洋罫紙

▼ 詰合っ~ (2, 0.2%)

1 ていた, て飲ん

▼ 詰合わせ~ (2, 0.2%)

1 ていた, てもらい

▼ 詰~ (2, 0.2%)

1 に主将正成, まで焼きはらった

▼ 詰寄せ~ (2, 0.2%)

1 たり, て来た

▼ 詰居る~ (2, 0.2%)

1 により直に, 所を

▼ 詰屍体事件~ (2, 0.2%)

1 のあらまし, のその

▼ 詰~ (2, 0.2%)

1 の山番, を命ぜられた

▼ 詰懸け~ (2, 0.2%)

2 ている

▼ 詰~ (2, 0.2%)

1 としては下級品, のナタ豆

▼ 詰碁詰将棋~ (2, 0.2%)

1 でもなく, をとく

▼ 詰~ (2, 0.2%)

1 の寛永通宝, の寛永通寶

▼ 詰~ (2, 0.2%)

1 の, は彼等

▼ 詰~ (2, 0.2%)

1 の服, を着

▼ 詰道句風~ (2, 0.2%)

2 をまねた

▼ 詰開き~ (2, 0.2%)

1 にされ, 其と

▼1* [236件]

ひ候, 詰あそばし諸道の, 詰ある平次お, 詰いと嚴重の, 詰いよいよ凛烈新吉も, 詰いよよ張りて, 詰何かを, 詰かけるゆゑ其混雜云ばかり, 詰かで書いたもの, 詰きりて中入, 詰ければ九郎兵衞發, 詰この犬の, 詰させ檀家の, 詰したので世評區, 詰じるやうに, 詰そこは四国屋, 詰その他の箱詰, 詰たかく手突矢の, 詰たれども如何にも, 詰だのパンだ, 詰つたあとで氏, 詰つたいろいろな機械, 詰つたぎり新らしい, 詰つたらその前, 詰つたザルが一つ, 詰つたテキストの一行, 詰つた主人公の姿, 詰つた事件を打開, 詰つた二十七日寒空一パイに星, 詰つた二十六日の晩, 詰つた人生の怖, 詰つた俺の感覚, 詰つた六百の観衆, 詰つた千兩箱を盜, 詰つた卵程の大き, 詰つた口薬物の反応, 詰つた場面の選び方, 詰つた多くの問題, 詰つた己れの, 詰つた幸福ですけれども, 詰つた恰好で老父, 詰つた情勢だつたの, 詰つた感情の一隅, 詰つた手さげ籠を携, 詰つた抽斗を開け, 詰つた文豪は洋盃, 詰つた時代に露天, 詰つた時彼女は亢奮, 詰つた時期に幾分, 詰つた束髮や色氣, 詰つた桶一個の重量, 詰つた氣持で臨む, 詰つた氣持ちからとりあへず, 詰つた江戸の夜, 詰つた爲めであ, 詰つた甚六が, 詰つた用事を済せた, 詰つた眼の光, 詰つた紡錘形の恰好, 詰つた羅宇をふう, 詰つた肩のむか, 詰つた苦艱に遭遇, 詰つた蚊の密度, 詰つた路次は晝間, 詰つた顔つきをし, 詰つてみわを妻, 詰つてノウ天氣で向う見ず, 詰つて上から降りる, 詰つて了ふんですもの, 詰つて何んの間違ひも, 詰つて傍目には又, 詰つて八五郎も飛ん, 詰つて八郎丸を苛め, 詰つて其處から奧, 詰つて危く清親に不覚, 詰つて口がきけぬ, 詰つて日がない, 詰つて曰く汝何の姓, 詰つて松飾りがもう, 詰つて無我夢中で左右, 詰つて熱心に説教, 詰つて虫のやう, 詰つて身動きの出来ない, 詰つて近頃はより, 詰つて追剥を始めた, 詰つて長庵が匙加減, 詰つて風邪藥と鼠, 詰ての事なれ, 詰てもよいの, 詰てや或時主人, 詰であって彼自身, 詰であるから一人, 詰でしたらかりん, 詰ではちょっと進物, 詰でも買いに, 詰とは大いに歓迎, 詰どころか蝋燭も, 詰なければならず, 詰なぞがきちんとはい, 詰など仕入れたので, 詰などと自分等の, 詰などとは違って, 詰などはほとんど持たない, 詰などへ出頭する, 詰なら弁慶では, 詰ならびて勧業場両国館, 詰なる室には, 詰についても本人は, 詰にて作り出さむこと, 詰になどされずに, 詰に対して罪人が, 詰え話, 詰まるで糞紙, 詰ばかりでなく鮭, 詰ばかりの小さい馬車, 詰ばかりや出来合の, 詰ほどの仕切られた席, 詰までは色々な, 詰むるに黙然, 詰むることによつて多少とも, 詰むるより他は無, 詰むる紙に, 詰よせて返答, 詰よと制し來, 詰らん唄でそれ, 詰らん者を集め, 詰をのちと後, 詰カケナサレソレヨリ又敵, 詰た, 詰マラナイカラアタシハ御免蒙リタイ, 詰メテコヽニ一ツノ可能ナ方法ガアルカモ知レナイコトニ気ヅイタ, 詰メテ書キ物ヲナサラナイ方ガヨクハゴザイマセンカ, 詰メ終リ小蒸気船ニ曳カシメ, 詰一つ届けて, 詰一軒は新町, 詰丈太郎氏は博士, 詰三十八行の記事, 詰三枚ぐらいのもの, 詰です, 詰九枚程の長, 詰乾いたチョコレートの, 詰事件や菊子嬢, 詰事業をやっ, 詰二万八千石の祖父江出羽守, 詰二十行に自分, 詰五千石高の江戸城留守居, 詰を始め, 詰稻荷の, 詰候處右の長, 詰候非役之面々, 詰元締同心の岡安喜兵衛, 詰共に王維の, 詰出府之所在番, 詰切りで寐, 詰切れない位集まる, 詰刑事中井宇平とし, 詰勘定奉行支配下においた, 詰十二行の原稿紙, 詰博士は, 詰博士他の一人, 詰原稿十五枚前後内容はリアル, 詰原稿紙何枚とある, 詰合せた化粧箱で, 詰合ったとき初めて, 詰合二人では, 詰同様な駕, 詰呼込を待, 詰問う声矢の, 詰問ってくれたい, 詰問ったのであった, 詰執筆に出かけれ, 詰で男工, 詰夕間詰に於, 詰大広間譜代柳間出仕寄合御番, 詰女工たちと祭, 詰存外の上, 詰寄せられた時だんだん, 詰將棋だ, 詰居し處老中若, 詰屋さんと違っ, 詰屋銀子たちが顔, 詰濶の, 詰奥詰御, 詰御門から出, 詰志道軒なら一天俄, 詰懸る近所の, 詰くるに, 詰掛けたと言っ, 詰掛けますので, 詰揚げうまし栗, 詰料理のはかない, 詰として出張, 詰暦小唄集薬品など, 詰替えが調う, 詰東側にあつ, 詰横町行きだ, 詰武者もある, 詰役百城月丸と, 詰煙草武器彈藥などを各々, 詰牢ヘマデ入レヨウトシタカトテ, 詰番一統に改まっ, 詰番所傍の空地, 詰番頭のお, 詰百五十石六人扶持の医者, 詰百八十盒でトンズル一文半, 詰相成候とも, 詰碁作者として稀世, 詰にも来べき, 詰神祇官の下, 詰は三千石, 詰し代々持来候捨場所比木村, 詰を歎息, 詰紙帳を釣り, 詰ふ上, 詰として使用, 詰のある, 詰在ば, 詰罷ありと咎, 詰聟殿と大切, 詰腐つた罐詰木乃伊化石, 詰臺詞忠兵衞今は詮方, 詰色々と開ける, 詰茶海苔等なり, 詰などの店, 詰菊版六十五頁にわたる長, 詰菓子鯉等々つまり何, 詰した爺さん, 詰見習軍医の小森卓, 詰角兵衛は使番格, 詰と苦しい, 詰はし, 詰をする, 詰を止めた, 詰邂逅宅に寢夜, 詰青罫のを用い, 詰頻りに翌朝は