青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「農民~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

辛い~ ~辛抱 辛抱~ 辞~ 辰~ 農~ 農夫~ 農家~ 農村~ 農業~
農民~
~辺 辺~ 辺り~ 辻~ 込み~ 込む~ ~込ん 込ん~ ~込んだ 込んだ~

「農民~」 2433, 25ppm, 4629位

▼ 農民~ (710, 29.2%)

24 生活を 11 間に 10 ための, 上に 7 ために, 生活が, 生活は 4 家が

3 [13件] 事を, 住居は, 個人, 土への, 姿が, 婦人の, 子は, 手で, 状態を, 生活と, 生活の, 脱税行為が, 間で

2 [49件] あいだに, うちに, おかれて, ことが, ように, 中から, 中に, 中には, 側からの, 側に, 出である, 出身である, 土にも, 圧倒的多数が, 大地は, 女の, 婦人大衆だ, 子から, 家, 家の, 小説, 平凡な, 心が, 心の, 忍耐力が, 手に, 損得勘定だ, 数の, 旗, 暴動や, 歴史は, 状態が, 状態に関する, 生活, 男が, 男女が, 立場から, 立場に, 端にまで, 素朴な, 群集の, 自主的な, 自発的な, 解放と, 解放は, 間には, 需要は, 頑迷な, 食物は

1 [493件] あらゆる祈願, あるもの, あわれ, いい伝え, うち思慮や, くせに, くらしは, ことを, この切實, この複雑, それが, ただの, ついた一銭切手, つとめでは, ところへ, なかから, なかにも, ひとりが, ほうが, ほとんど全部, もとに, ものに, やぶれかぶれ, やや憐, イニシアチーブによって, ソヴェト同盟だ, テロルによって, パルチザンとも, パルチザンを, ルムペン的な, 一つの, 一人宛収入が, 一揆商人の, 一日以上の, 一等困っ, 一般的な, 一部は, 下に, 不便宜, 不信任が, 不平から, 不平者によ, 世の中に, 世話役を, 両三人, 中にも, 之を, 亂である, 亂と, 亂なる, 争いとは, 五月祭を, 五百万を, 五百萬を, 人々の, 今までの, 仕事だ, 代りに, 代弁で, 代弁と, 代弁者として, 伝統を, 伝統的精神を, 作った五穀, 保守趣味から, 信仰に, 信仰を, 借金の, 健康の, 側では, 内に, 写真が, 出だ, 出でありまし, 出身であり, 分厚い肩, 利害を, 利益と, 利益に, 利益の, 利益を, 前に, 前衛は, 剛直さ智慧と, 副業と, 副業としても, 力を, 労力から, 労力が, 動きは, 動作と, 勝利に, 勝利の, 勤労が, 勤労姿が, 匡救と, 単純さ正直さが, 即ち実は農民, 又東北農民, 反抗を, 収入は, 収入も, 同情者で, 名称たる, 否定的面を, 味方と, 商業化と, 問題と, 問題についても, 問題の, 問題を, 営養は, 困難は, 図案が, 固い握手, 固き握手, 国だ, 国であり, 国ソヴェト同盟の, 国家が, 土地だ, 土地らしい, 土地を, 地位から, 地位は, 地位を, 地方意識が, 型が, 場合には, 場合は, 境遇を, 士気を, 多数が, 多数には, 多数を, 多数特に, 夜の, 夢を, 夥しい数, 大衆的闘争は, 天皇政府にたいする, 失業者の, 女だ, 女と, 女性の, 奴隷, 奴隷です, 如き無意味, 如き生活, 如く文學, 如何なる社会組織, 妻だった, 姿だけを, 姿に, 姿を, 娘達な, 娯楽を, 婦と, 婦人が, 婦人たちの, 婦人は, 婦女子に, 婦女子貧家の, 媚び仕へる者, 子, 子だ, 子と, 子供たちが, 子供たちの, 子供たちを, 子供は, 子女に, 子女の, 子女自身が, 子弟は, 存在条件に, 存在条件の, 実生活からの, 実生活で, 実生活の, 実生活は, 家々を, 家さらに, 家に, 家子供の, 家庭の, 家庭は, 家族五百余を, 小ざっぱりした, 小屋が, 層の, 山野芳松という, 嵐の, 工藝が, 巨大な燃える, 帰投する, 年収の, 幸福という, 幸福を, 建設的社会では, 弱い目, 役に立つもの, 心は, 心を, 心持も, 心根これが, 心理は, 心理を, 心配と, 忙しい最中, 思想が, 思想について, 恐怖と, 息子, 息子である, 息子や, 息子達は, 悲惨な, 意識的にも, 愚痴っぽ, 感情に, 感情の, 感情は, 感覚に, 慈悲善根に, 憤激は, 手であった, 手とが, 批評が, 批評の, 技術には, 技術向上については, 抗議及び, 抱いて, 持ちつたえた技術, 捨てて, 描写が, 提携の, 搾取, 搾取に, 搾取の, 支持を, 政府の, 政治イデオロギーとも, 政治意識封建的因襲生産技術の, 政治的攻勢の, 政治的自覚が, 救済である, 数に, 敵だ, 文化を, 文化及び, 文化的生活の, 文化的自発性に, 文学が, 文学とは, 文学に対する, 文学好きな, 文学運動に, 新しい事業, 方で, 方へ, 方言も, 日常の, 日常性を, 日常生活の, 暮しが, 暮しに, 暮し向きは, 暴動, 暴動に対して, 書いた小説, 最も愛用, 有様を, 未納税金, 本質, 村ソヴェトに, 枠内でだけ, 桎梏の, 様であった, 権力樹立への, 機械的の, 欲求として, 欲求や, 歌謡だ, 武力な, 武力の, 武装せる, 武装蜂起, 武骨な, 歴史的窮乏の, 気分も, 気質と, 気質農村に対する, 永遠を, 汗は, 決定的な, 決心だ, 消耗品を, 消費を, 深刻など, 満不満, 激化する, 濃厚な, 為に, 無智, 熾烈なる, 片商売, 物を, 特殊性に, 特殊性は, 状態について, 狂信と, 現実を, 現実生活からは, 現状についての, 理論なき, 生き死にかかはる重大, 生命を, 生活から, 生活だって, 生活である, 生活とは, 生活などは, 生活について, 生活についての, 生活にとって, 生活にも, 生活に対する, 生活までも, 生活も, 生活全体に, 生活史を, 生活合法無産政党を以て, 生活海上に, 生活的現実を, 生産として, 田の面に, 田を, 疲弊が, 疲弊は, 痛苦を, 発展の, 真の, 眠りを, 眼で, 眼に, 着物であります, 着物としては, 社会に, 社会における, 社会主義社会建設の, 社会的具体性が, 祖国を, 祖国サヴェート同盟に対する, 祭りの, 福音, 称呼として, 移住の, 窮乏に, 窮乏根治策の, 窮状が, 窮迫は, 窮迫を, 立場な, 米を, 粗末な, 精神と, 素朴さを, 組織が, 組織の, 経済的な, 経済的社会的生活水準は, 結合的活動とともに, 統率者とか, 經濟においては, 群の, 群れは, 群像が, 習慣から, 考え方に, 耐え難い生活, 耳に, 肥料と, 肥料として, 背後には, 膏血を, 自治といふ, 自治的生活を, 自治運動と, 自発的要求であった, 自覚を, 芸術に対する, 若者を, 苦しさ, 苦しみは, 苦しみや, 英雄主義とは, 葛藤が, 蒼白い顔, 血が, 血汗に, 行事が, 行動も, 複雑な, 要求は, 見学団を, 覚醒に, 観念の, 解放ソヴェト政権の, 解放運動の, 言葉での, 言葉に, 言葉を, 診療に, 話を, 誇, 誇りだ, 誇りを, 誠実な, 諸性格, 謀反とは, 負うて, 負債は, 負担である, 負担と, 貧乏は, 貧乏問題だ, 貧乏問題と, 貧困が, 貧困の, 貧困は, 貧困や, 貧困を, 貧窮から, 貧窮は, 貧窮を, 買わなければ, 資格に, 赤化防止の, 身に, 農村問題は, 農馬であっ, 運動であっ, 運動の, 運命は, 運河工事費負担は, 過去の, 道徳の, 重要な, 鉄砲戦術に, 鉄砲私有を, 間では, 間において, 間にも, 間の, 関係でございます, 闘いに, 闘争の, 闘士が, 陽気な, 階級を, 階級分化が, 階級的攻撃を, 階級的活動と, 階級的闘争を, 階級的飛躍は, 階級闘争の, 階級闘争を, 隠居などにも, 隷従または, 集団であった, 集団の, 青麦, 革命力は, 革命的な, 革命的台頭と, 革命的建設を, 革命的民主的独裁の, 革命的高揚その, 頭から, 頭を, 顔と, 類い, 類ひ, 食事は, 食品は, 首を, 首領後者は, 騒擾, 魂だ, 魂を, 鮮やかな

▼ 農民~ (223, 9.2%)

2 不平であり, 原野に, 大挙し, 常に今, 水の, 水口藩警固の, 納得しない, 自分の

1 [207件] ああ見られた, あはれなる, あらゆる草木, あるが, いたずらに, いつまでも, うんと女房, きそうて, ここで, ここでは, ここに, こぞって農舎, ことごとくその, この事件, この作者, この小説, この年, この日支提携, この点, この百年, これを, ごくわずかの, しばしば家族, しばしば靴, すなわち, すなわちことごとく, すべて戦争の, その恩恵, その私民, その結果, その豊作, その降, それが, それに, それに対して, たしかに低級, だんだん労働者, ちょっとでも, どういう関係, どこへ, なお引, なかった, なぜツルゲーニェフ, はじめて土地, はじめて戦, ひいきの, また一方, みなその, みんな原城に, むつかしい経文, もう集団農場, もちいないが, もとよりの, インテリの, ケットの, ドシドシ字が, ナマケ者です, ブツブツ云い出す, ボルシェビキこそ, リアリストである, 一九三〇年に, 一升めしが, 一層革命化, 一握りの, 一本の, 一種の, 一般に, 三四年は, 主として藁仕事, 乱によって, 五ヵ年計画の, 今に, 今の, 今までは, 今や人, 今や公然と, 今や早婚, 今日の, 今日は, 他ならぬ, 何百万とかの, 便宜品や, 倒に, 党を, 全力を, 全然その, 兵士として, 其脚に, 冬が, 勤勉に, 十年鉱毒という, 単に生き, 単に餓死, 又さらに, 反抗する, 合流し, 品種の, 商人または, 問題では, 困窮の, 国家の, 土に, 坊主から, 大抵この, 大部分, 始めて起つ, 実利的納涼の, 富んで, 小舟で, 少くとも, 山案内を, 巧みに, 常に富裕, 平均一戸当り一万円近い, 平常から, 床の, 当時ソレ見ろ, 徴兵上何等の, 忍耐づよい増産に, 意外に, 手を, 投獄されなけれ, 捕虜に, 掻き取つた生漆, 支那の, 政治上の, 文学の, 文学を, 日本にだけ, 日頃から, 昔, 昔から, 映画によ, 昭和二十年の, 更に土, 更に社会主義, 最も恵まれざる, 最早煽動的政談演説, 有難く心得ろ, 村ソヴェトは, 極めて手, 楽しみの, 楽で, 概括的単純に, 次の, 正直だ, 武器を, 殘黨を, 気の, 永年に, 決して日本, 決意的闘いを, 無知で, 無論母, 牛馬の, 現に破壊的, 生計を, 疲れるにや, 発明される, 皆彼を, 皆號泣し, 皇軍の, 益々播種面, 監獄銃殺流刑と, 相変らず, 真に彼等, 知らないこと, 社会主義社会建設の, 社会革命党から, 祭りを, 第一次五ヵ年計画, 米を, 米大麦小麦で, 籾を, 素朴である, 結局歐羅巴の, 絶対的に, 維新で, 美しい自然, 群れで, 耕作機が, 自ら直に, 自分達の, 自然の, 落伍せる, 言語に, 負債した, 農村の, 農民としての, 農民に, 農民労働者は, 農民独自の, 農民自身の, 退嬰的で, 遂に勝った, 道理の, 都市に, 野蕃人の, 銃を, 随分と, 隷属の, 顔色まで, 食物を, 駄目に, 駐在所へ, 高率な, 鳥銃で

▼ 農民~ (186, 7.6%)

4 土の, 土を 3 山へ, 自分の 2 それに, 世事に, 圧倒的に, 生活に, 結束し, 非人間的

1 [160件] あげた心, あちこちの, あった, いった, いったいに, いる, うけもった革命的役割, ぐるりと, こうした防共, ことに社会, このいにしえ, この未来, この枯れた, この長篇小説, すべてを, ずいぶんあった, そういう文芸, その, そのトラクター, その道に, その麦, とりつく島, にやりと笑った, ねころがって, はくハカマ, はっきりと, はなはだしく窮乏, ひとの, ぼんやり集まっ, もろともに, やさしい啓蒙的, やっぱり山, やつぱり山へ, シェークスピアでも, ソヴェトの, ドッと, バク産石油を, ボログダの, ボロフカ村や, 三分という, 並んで, 中心と, 主に, 五ヵ年計画第, 人生に, 今度は, 今日は, 代々武を, 伝えて, 住み海, 住んで, 何の, 八戸で, 公民として, 出かけて, 出會つて, 動物の, 勝利する, 十一日の, 南アフリカの, 単に名, 反抗する, 受用し得ず, 同時に当然公民, 唄うもの, 善戦した, 国家の, 土との, 土木工事に, 土臺に, 夏虫の, 多い, 多少でも, 大勢登場し, 大挙し, 天候異変を, 奮起し, 娘を, 存すること, 学問に, 富士に, 居残つた, 山間部と, 帰って, 常に麦, 強制供出に, 強制買上供出反対で, 思ひ設けないこと, 憤激した, 我々こそは, 戦地に, 所屬し, 所有し, 手段の, 控えて, 文学に対して, 日本の, 昔は, 昔帝政時代に, 春や, 暮すこと, 最も大, 最も幸福, 村長の, 権力を, 機械に対しては, 武士道で, 死んだ, 決して祖先, 無知だ, 牛を, 珍らしい, 現在有っ, 生産生活に, 目下の, 破産を, 社会主義社会建設の, 私の, 税や, 米が, 経営し, 維新後日本農村の, 耕地を, 自ら眼覚め, 自主的に, 自分たちの, 自分自身の, 苛斂誅求を, 英蘭の, 茫然自失する, 蛇家に, 要求した, 解放へ, 負債し, 貧乏しなかったら, 貧乏する, 軽薄な, 農は, 農作を, 逃げて, 通つ, 過去の, 道徳をさえ, 選む作物の, 遽かに, 都市に, 重箱よりも, 野良に, 金を, 闘って, 隠れて, 集団的に, 電話自動車を, 露西亜の, 静かに, 非常な, 食えなくなったに, 馬を, 騒ぎだすの, 鼓腹撃壤し

▼ 農民~ (112, 4.6%)

3 支持し 2 ママ子扱いに, 搾取し, 相手に, 移住せしめた, 苦しめたがる奴, 苦しめ家士, 見ること牛馬以下, 軽蔑し

1 [93件] あざむくよう, あわせて, あんな惨め, いじめること, うるおしたはず, おとしいれて, かいたの, して, そそのかして, そのまま小作人, ただちに百姓, なぜ助ける, ひきつれお, クシャクシャさせ, トルストイ的傾向と, 一つに, 不幸に, 主と, 主題として, 人間扱いには, 何十万人と, 侮辱し, 侮辱する, 党類に, 勇敢に, 動員し, 匡救する, 半身不随に, 卑賤の, 反ソヴェト的団結, 國家の, 基礎としては, 多少持ち上げ, 大砲毒ガスの, 尊敬し, 年齢を, 怨み窮, 惹きつける, 意味する, 愛する事, 愛撫し, 扱って, 抑圧する, 拘束する, 招いて, 捕虜として, 描いたもの, 描いた小説, 描いて, 描き出したの, 描く作家, 搾らなければ, 搾るため, 搾る方, 搾取の, 支配し得る, 救うこと, 救ひつ, 教化し, 文学の, 最も残虐, 機械的に, 欺いて, 武力で, 無力に, 犠牲として, 犠牲に, 狩り出して, 理解し, 理解する, 田部とも, 発展性において, 移住させ, 経済的基礎と, 絞め殺す白テロ, 背景と, 苦しめたの, 見その, 見よ, 見慣れた杉村, 見農民, 解散出来る, 賤しい, 軽蔑し憎ん, 迎へて, 追ってことごとく, 過去の, 除いたこの, 非常に, 題材と, 題材として, 鼓舞し, 鼓舞せん

▼ 農民~ (79, 3.2%)

3 向って 2 伍し

1 [74件] ありがち, あるの, いいこと, いい美味いもの, おかれて, おべっかを, こんな東京, して, しろ都会, とつて, とりては, なった者, なりたれど, なり切った者, なるもの, ひろげたの, ソヴェト同盟の, 与えた印象, 与えた永い, 何かと人, 何割かの, 全然未知, 共通な, 初めから, 判ったり, 利用せらるる, 力強く喰い入る, 勧めるとき, 取って, 取っては, 受け入れられて, 同化する, 同情を, 向かっても, 品物を, 変って, 変っても, 変装し, 嫁し, 就いて, 就いては, 強制し, 強制手段で, 影響する, 影響を, 必要な, 惚れ込んだ, 愛情を, 握られしひたげられた農民達, 文化が, 文化を, 於ける農民, 求めなければ, 特有と, 瓦葺きや, 老いて, 聞くところ, 至っては, 見せるの, 親しむこと, 解放し, 貸出す仕方, 較べて, 違いなかった, 適用せし, 限ったこと, 限ったもの, 雇われて, 雇傭労働の, 頼って, 額を, 食わせて, 食糧増産させる, 驚異の

▼ 農民たち~ (60, 2.5%)

2 が鰆, の間

1 [56件] からしぼりとった, がいる, がこの, がこれ, がどんな, がやや, が分, が唄う, が是, が流れこみ, が騒ぎ出し, が黒ラシャ, であった, でその, と膝, にとっては自然, にはやっと, によくよく, に甚, に読ん, のすぐ, の働く, の六列横隊, の同勢, の姿, の心, の心事, の朝夕, の生活, の生活内情, の税, の耳, の道場, の関心, はいまだ, はかえって, はその, はそれでも, はなお, は全滅以外, は剣, は天然, は小舟, は忽ち, は文化, は日清戦争, は最後, は楽しく, は脱いだ, は腹, むしろよそ, も昔, も眼, も近づく, や女, や炭焼き

▼ 農民~ (52, 2.1%)

2 なって, 労働者は, 地主と

1 [46件] その子弟, であった, なったもの, なりましたが, なり商工業, のちからを, プロレタリアートとの, プロレタリアートの, 一つに, 一緒に, 与へた, 何か, 何かの, 六分四分という, 兵士, 切支丹との, 切支丹を, 別社会を, 労働者が, 同じく古くからの, 同じに, 商人とを, 土地との, 土地の, 地主との, 地主とを, 変わりが, 女子老幼の, 子供等が, 対立した, 少しも, 工場プロレタリアとは, 彼等の, 接触し, 日本の, 永久的友誼を, 為すに, 猟師の, 異なった何ら, 直接に, 結託し, 職工によって, 見た方, 軋轢を, 農村に関する, 都市の

▼ 農民作家~ (47, 1.9%)

3 の団体, の姿 2 が突き放した, の任務, の間, はこの, はそれ

1 [31件] がぶつきら, がソヴェト農民, がドシドシ文学サークル員, が厳しく, が立ち去る, が答えました, が芥川, が芥川龍之介, が認めた, だと, だろうか, である, ではなく, でほん, としての再, としての和田伝, なる和田伝, によって呈出, によって見直される, に重大, の地方偏重, の文学, の階級的認識, はでは, はぶっきらぼう, はぶつ, は人民解放, は友情的待遇, は往々, は自然, らしい農民作家

▼ 農民文学~ (45, 1.8%)

2 というもの, の問題

1 [41件] から知性, がそう, がその, が農民文学, とかいう, とか激しく, として注目, として迎えられた, などに対し低俗, などのバッコ, についての本, にとって農民, には最も, には有馬賞, にも対した, に対するプロレタリアート, に対するプロレタリア文学運動, に対する委員会, に対する特殊, に比べる, に近づい, に関して, のかよう, のため, のグループ, の占め, の双, の所謂, の暗, の欠点, の独特, の課題, の諸, の陣営, の面, は文学, は日本農業, をかい, を導き出そう, を標ぼう, を論じる

▼ 農民組合~ (43, 1.8%)

4 の先生 2 だし, の本部, の活動, の野郎

1 [31件] から人, ができた, が叩きつぶされた, が更に, が集まり, での六ヶ月, で働い, というもの, とが反対, とやらをつくつ, と関係, などを基礎, に加入, に参加, のある, の人達, の代表者, の先生さ, の分派, の卵, の喜びかた, の地主糾弾演説会, の手, の現在, の組織, の経験, の荒川さん, の青二才, は日本全国, やこし, を脱退

▼ 農民~ (39, 1.6%)

2 の小さな, の税, はそんな

1 [33件] が再び, が実は, こそいい, とも相談, なの, にいか, には相場, に入っ, に向, に命じ, のざわめき, の方, の狡猾さ, の脱税行為, の貧乏, の間, の面前, は, はどういう, はどうして, はやや暫し, は一生, は幸福, は撓まざる, は日本人, は畑, は知らず知らず, は金融, ばかりで, もびく, をし, を見る, を軽く

▼ 農民~ (30, 1.2%)

2 労働者に, 苦力を

1 [26件] プロの, モンタナの, 中小企業家や, 労働者からは, 労働者が, 労働者にだって, 労働者にとってこそ, 労働者は, 勞働者として, 又小, 商人では, 商人と, 外様大名や, 女子供, 婦女子は, 学生, 小生産者, 市民で, 教師が, 樵夫たちが, 民衆やも, 漁師や, 漁民階級の, 町人に, 農村を, 雑夫を

▼ 農民~ (23, 0.9%)

2 もとよりそれ

1 [21件] この城塞, すきくわを, そのなか, それからこうした, そろそろ目, たくさんある, アメリカの, インテリ性を, 事実水呑百姓の, 亦利益, 同じ実体, 土方も, 山家に, 彼の, 本来敢えて, 決して風, 笑って, 笑つてすます, 見たが, 農繁期には, 都会の

▼ 農民自身~ (23, 0.9%)

2 が自分, ではなく

1 [19件] が自身, が解決, が金, なの, にとってどう, による生活表現, に感じさせたい, のもの, の中, の姿, の幸福, の日常生活, の日常的, の生活, の生活現実, の語り, の身, の選挙, は無論

▼ 農民芸術~ (21, 0.9%)

2 の分野, の批評, の本質, の産者, の綜合, の興隆, の製作 1 として興味, とは宇宙感情, の, の味, の諸, はそ, も美

▼ 農民運動~ (21, 0.9%)

2 の指導, はもう

1 [17件] といふ全く, と並称, と連絡, について考, にとびこんだ, に寧日, のさかん, の初期, の功勞者, の方向転換期, の模範, はコーカサス, は表面的鎮静, やそれ, をやらなく, を素材, を起こした

▼ 農民大衆~ (19, 0.8%)

1 [19件] がそれ, がソヴェト, とかいうもの, と王侯, に働きかけ, に働きかける, の, の中, の前, の力, の文化的要求, の現実, の生活力, の窮乏, の芸術, の革命的役割, は一年一年, を, を餓死

▼ 農民生活~ (19, 0.8%)

1 [19件] からその, がこれ, で木炭, と土, についても十分, には何, のそれら, のなか, のよかっ, の在り, の安定, の推移, の現在, の現実, は原始的, は驚異, を十分, を示す, を題材

▼ 農民から~ (16, 0.7%)

1 [16件] でて, みれば, 一切の, 主食物たる, 切り離すため, 収めた年貢米, 取立てて, 始めて, 強制的に, 新聞さえ, 武士の, 牛乳を, 立候補した, 糟谷さん糟谷さんと, 農業労働者に, 食を

▼ 農民一揆~ (16, 0.7%)

1 [16件] が半分, が天草, が起り, であった, であるかと, とそれ, と合流, と言, と訂正, のプガチョーフ, の場合, の如く, の気運, はそもそも, をだけ取扱う, を頻発

▼ 農民以外~ (16, 0.7%)

5 の者 4 のもの 2 の雑戸 1 の何者, の当局, の百姓, の雑多, の雑業

▼ 農民との~ (15, 0.6%)

2 間に, 関係は

1 [11件] こと, 交渉は, 利害上の, 接触も, 政府は, 敵対関係へ, 生産計画を, 結合が, 身分の, 間の, 関係では

▼ 農民には~ (14, 0.6%)

2 上からの

1 [12件] それが, ほとんど眼, まだ自由, 低米価, 南の, 場合によって, 必ずしも喜ばれ, 直接収入の, 違いなかった, 限るまい, 飢餓が, 高い肥料

▼ 農民道場~ (13, 0.5%)

3 の歌 2 の衆たち 1 かなんか, からなども農作, があっ, なるもの, に於, の歌声, の生徒たち, の者たち

▼ 農民~ (12, 0.5%)

1 [12件] この町, その半数, もとの, カメラという, ツイ十五六年前までは, 埋って, 徳川流の, 我々の, 治部内蔵という, 米作地帯では, 終った伊織, 買手が

▼ 農民という~ (12, 0.5%)

4 ものは 1 ことでありまし, ことに, のが, ものに対する, ものの, ものも, 意味は, 風な

▼ 農民~ (12, 0.5%)

2 なもの 1 だ, ですが, な叡智, な女, な文学批評, な文芸的形象, な生活, な粘着力, な自然, な赤

▼ 農民小説~ (11, 0.5%)

1 [11件] といふ臭気, には寔, に加えた, の人間性, の提唱, は大抵, は誰, をかく, を書いた, を書き出した, 殊にこのごろ

▼ 農民美術~ (11, 0.5%)

2 のステッキ 1 であったに, といふの, とも混同, と立札, のいろいろ, の展覧会, の木, の木彫, の歌

▼ 農民である~ (10, 0.4%)

1 いや大変, ことと, ことの, という, という事実, という観念, という農本主義的, 事に, 代わりに, 善導の

▼ 農民とは~ (10, 0.4%)

1 云わず又, 何である, 切りはなせない, 十一年前に, 又夫, 呼ばないこと, 如何なるもの, 決して同じ, 生活状態を, 社会主義社会という

▼ 農民にとって~ (10, 0.4%)

2 徳川家は 1 ことに重々しい, この, どんな意義, 得である, 悪くは, 画時代的意味を, 致命的である, 血で

▼ 農民~ (9, 0.4%)

2 と一緒 1 が明治維新, は, はいわゆる, は何事, は田植休み, は農商務大臣, は邸

▼ 農民としての~ (8, 0.3%)

1 世界的連帯を, 共通な, 女男の, 損得から, 日々を, 生きる道, 立場から, 自分の

▼ 農民に対する~ (8, 0.3%)

1 ブルジョア, ボルシェヴィキの, 一種の, 愛などは, 愛農民が, 政策は, 異常な, 考えかたの

▼ 農民文化~ (8, 0.3%)

2 と云 1 が尊重, だの, に就, の問題, の基礎水準向上, を云々

▼ 農民にとっては~ (7, 0.3%)

1 その半分, 債鬼の, 只迷惑, 大いなる負担, 彼らの, 生命線の, 黒坊も

▼ 農民~ (7, 0.3%)

1 のインテリゲンチャ, のバルザック, の作家批評家たち, の技師技術家, の秀吉, や炭坑, らしい頑丈

▼ 農民階級~ (7, 0.3%)

1 が人口, が土地革命, の住居, の女子, の家づくり, の米, やプロレタリアート

▼ 農民すなわち~ (6, 0.2%)

2 大御田族 1 オオミタカラと, 公民と, 公民を, 公民農民以外の

▼ 農民では~ (6, 0.2%)

2 ない, なくて 1 なかった, なく日蔭者

▼ 農民によって~ (6, 0.2%)

1 まもられ伝えられて, 五十年祭を, 伝えられて, 占められて, 耕作され, 衣食の

▼ 農民に対して~ (6, 0.2%)

2 はとに, 血も 1 はげしい病的, 筆者を

▼ 農民~ (6, 0.2%)

1 である, と云っ, に比し, に見出さなく, の内部, を持つ

▼ 農民政策~ (6, 0.2%)

2 であったと, を支持 1 に就い, はその

▼ 農民でも~ (5, 0.2%)

1 そこに, やっぱり一升めし, オオミタカラとは, スターリンだっても, 政治的野心を

▼ 農民として~ (5, 0.2%)

1 あらあらしい自然, ただ一本, 土地を, 男, 目立たぬ存在

▼ 農民までが~ (5, 0.2%)

1 だんだんに, イナサの, 一様に, 今は, 勇敢である

▼ 農民作家団~ (5, 0.2%)

1 の中, はこの, はどんな, は十月革命, は革命

▼ 農民~ (5, 0.2%)

1 たる政友会, でありさらに, の四つ, もただちに, を作った

▼ 農民自治~ (5, 0.2%)

1 などを叫ぶ, に并行, の理論, の生活, の精神

▼ 農民~ (4, 0.2%)

1 とか土方, と云っ, と云つて, と思っ

▼ 農民であった~ (4, 0.2%)

1 が為, が藩士, のである, 事を

▼ 農民とも~ (4, 0.2%)

2 妥協し 1 なり武士, 見えぬ

▼ 農民のみが~ (4, 0.2%)

1 公民であり, 公民として, 良民すなわち, 食物の

▼ 農民ばかり~ (4, 0.2%)

3 では 1 でなく広く

▼ 農民作家協会~ (4, 0.2%)

1 というの, に対して来た, に所属, の作家たち

▼ 農民~ (4, 0.2%)

1 が一揆暴動, が見迎え見送り, は宿, は気勢

▼ 農民労働党~ (4, 0.2%)

1 である, に結びつける, の結党式, は三時間天下

▼ 農民及び~ (4, 0.2%)

1 一般勤労者は, 勤労婦人大衆の, 多くの, 市民層民族資本家までを

▼ 農民~ (4, 0.2%)

1 市民の, 市民インテリゲンツィアなどの, 市民中小商工業者民族資本家までを, 市民民族資本家を

▼ 農民文学会~ (4, 0.2%)

1 の活動, の系統, の連中, をおこした

▼ 農民新聞~ (4, 0.2%)

1 が来る, にちゃんと, をよめ, を手

▼ 農民諸君~ (4, 0.2%)

1 がボロ, が中国, に対して衷心同情, に観せたい

▼ 農民そして~ (3, 0.1%)

1 じかに画家, それらの, 彼等が

▼ 農民であっ~ (3, 0.1%)

1 たりします, ても一たん彼氏, て十八世紀時代

▼ 農民といふ~ (3, 0.1%)

2 ものは 1 もの

▼ 農民とともに~ (3, 0.1%)

1 婦人労働者及び, 辛棒づよい日本の, 鍬を

▼ 農民と共に~ (3, 0.1%)

1 在ったもの, 教会に, 通過し

▼ 農民への~ (3, 0.1%)

1 呼びかけで, 影響力を, 重石を

▼ 農民ほど~ (3, 0.1%)

1 こすっからいもの, 早足に, 行きづまった生活

▼ 農民まで~ (3, 0.1%)

1 切支丹の, 税が, 道づれに

▼ 農民より~ (3, 0.1%)

1 搾るほか, 特に軽い, 稼ぎ手だった

▼ 農民よりも~ (3, 0.1%)

1 なお賤, 人相の, 最も教育

▼ 農民作家たち~ (3, 0.1%)

1 にとって画時代, はいつの間にか, は農村

▼ 農民全体~ (3, 0.1%)

1 が心, にあてはめ, のもん

▼ 農民~ (3, 0.1%)

1 でその, とて馬鹿, を調練

▼ 農民労働者~ (3, 0.1%)

1 の間, の騒擾, は労働者

▼ 農民戦争~ (3, 0.1%)

1 などが起った, などを研究, や宗教改革

▼ 農民暴動~ (3, 0.1%)

1 と夫, の後, の空気

▼ 農民自治会~ (3, 0.1%)

1 が盛ん, の最初, の講習会

▼ 農民~ (3, 0.1%)

1 であった, の弾薬, は鳥銃

▼ 農民闘争~ (3, 0.1%)

1 にとれ, の底, はすぐ

▼ 農民いじめ~ (2, 0.1%)

1 で年貢不納, のうち

▼ 農民おどし~ (2, 0.1%)

1 のため, の案山子

▼ 農民~ (2, 0.1%)

1 でなければ労働者, 樵夫かと

▼ 農民それ~ (2, 0.1%)

1 に協同, に封緘十

▼ 農民だけ~ (2, 0.1%)

2 では

▼ 農民とか~ (2, 0.1%)

1 いひかへて, 云ったもの

▼ 農民とが~ (2, 0.1%)

1 どんな決意, 私たちに

▼ 農民とても~ (2, 0.1%)

1 安閑としては, 彼らみずからに

▼ 農民ども~ (2, 0.1%)

1 でしょう, にせがまれ

▼ 農民などが~ (2, 0.1%)

1 与り知ったこと, 足跡の

▼ 農民などは~ (2, 0.1%)

1 まったく平和的, 各自の

▼ 農民によ~ (2, 0.1%)

1 つて爆発した, つて耕作され

▼ 農民のみ~ (2, 0.1%)

1 であります, ならんや

▼ 農民~ (2, 0.1%)

1 はすでに, は象

▼ 農民らしい~ (2, 0.1%)

1 一言きい, 空想であった

▼ 農民らしく~ (2, 0.1%)

1 がっしり小肥り, モンパルナスの

▼ 農民パルチザン~ (2, 0.1%)

1 と赤衛軍, の英雄的行動

▼ 農民一般~ (2, 0.1%)

1 のこと, を何

▼ 農民一般勤労者~ (2, 0.1%)

1 の文化水準, の日常必需品

▼ 農民作家同盟~ (2, 0.1%)

1 のアッピール, は熱心

▼ 農民個人~ (2, 0.1%)

1 というもの, といふもの

▼ 農民全部~ (2, 0.1%)

2 に口分田

▼ 農民出身~ (2, 0.1%)

1 で戦術, の専門技術家

▼ 農民~ (2, 0.1%)

1 ではなく, の作家たち

▼ 農民~ (2, 0.1%)

1 に自然, は公娼

▼ 農民委員会~ (2, 0.1%)

1 であると, または部落委員会

▼ 農民子供~ (2, 0.1%)

2 に至る

▼ 農民学校~ (2, 0.1%)

1 が始まっ, の講義

▼ 農民小屋~ (2, 0.1%)

1 にはひつ, の内部

▼ 農民工人~ (2, 0.1%)

2 を一団

▼ 農民工藝~ (2, 0.1%)

1 のよう, の代表者

▼ 農民文学懇話会~ (2, 0.1%)

1 のこと, の依

▼ 農民精神~ (2, 0.1%)

1 といふやう, に還れ

▼ 農民美術研究所~ (2, 0.1%)

1 が開かれた, に臨む

▼ 農民自体~ (2, 0.1%)

2 の生活

▼ 農民~ (2, 0.1%)

1 にヨリ, に残っ

▼ 農民離村~ (2, 0.1%)

2 の実証的研究

▼ 農民~ (2, 0.1%)

1 の五十男, の服装

▼ 農民~ (2, 0.1%)

1 で彼等, は正しく

▼1* [196件]

農民からの新しい文学, 農民くらい勤勞精神の, 農民こそ最も恵まれざる, 農民ことごとく士族である, 農民これに住, 農民へも藝術品, 農民その徳を, 農民そのものの貧窮, 農民たち四五人山から降り, 農民たち生活の困苦窮乏, 農民たらんと真に, 農民だけの利益とか, 農民だってさわいで, 農民でありながら何, 農民でありましたからついに, 農民であろうか, 農民でないという理由, 農民とても決して物を, 農民とに帰属すべき, 農民とによる労働と, 農民のだ, 農民など生産が, 農民などという認識は, 農民なまりのない, 農民なら農民の, 農民ならぬ公民も, 農民について熱心に, 農民にまで及んで, 農民にもクマソ土グモの, 農民に関するどういう委しい, 農民のみとは限らず一般人, 農民のみによつて社会改造を, 農民のみの土着は, 農民のみを重んじ農民, 農民貸しつけた金, 農民へと同様生かさず, 農民へというスローガンを, 農民または労働者に, 農民みずからが奮励, 農民みたいな男, 農民みんなのため, 農民やなんかの絵端書も, 農民奮ひ, 農民をのみ尊んだ結果, 農民をば一寸横目, 農民をも含めた農村, 農民イゾートはヴォルガ河, 農民インターナショナルの結成, 農民インテリゲンツィアと共にその, 農民シヤツだ, 農民バルザの孫息子, 農民プロパーに対して軽減, 農民ボリスは非常, 農民搾取シ蹂躪シテイル奴デ, 農民一人を取つ, 農民一切の勤労者, 農民一揆勢は天草方, 農民一流の頑迷さ, 農民一般勤労生活者の一見平凡, 農民中小企業者の生活安定, 農民中小商人資本家は国王, 農民中心に規定, 農民主義だ, 農民主義者一般に向けられ, 農民争うて田野, 農民代表として石川県, 農民代表者より成る, 農民以上の地位, 農民仲間ではない, 農民住宅にも町, 農民作家イェローボイに会う, 農民作家共通のもの, 農民作家協会内の一味, 農民作家団体も構成派, 農民作家的では, 農民作家等のグループ, 農民作家群の輩出, 農民作家自身ソヴェト農民は農村, 農民作家通信員の出る, 農民信仰が, 農民働く人民の, 農民党分裂のさい, 農民党解体後日本労農党に参加, 農民兵士及び水夫, 農民兵士達と力, 農民兵士達ト力ヲ結合セヨ, 農民兵士達ト手ヲ握, 農民劉義という者, 農民労働者勤労大衆も夫, 農民勤め人中小商工業者近ごろはアルバイト, 農民勤人学生でも留置場, 農民勤人赤軍兵士すべてが自分たち, 農民勤労大衆の搾取, 農民勤労者の立脚点, 農民即ちいわゆる百姓, 農民及政府双方で一番困難, 農民や天災史, 農民同盟の前田某, 農民問題も農村問題, 農民なの, 農民団体の新, 農民困しむ事しばしば, 農民報道子供のため, 農民場道の衆たち, 農民夫婦に子供, 農民女子老幼を悉く, 農民婦人の文化水準, 農民学生労働者をとらえ, 農民学者政友会を除外, 農民対手の小, 農民小作がいくら, 農民工場に働く, 農民強訴に及びたる, 農民心理が我執, 農民れ逃げ散りぬ, 農民愛撫主義である, 農民扱いにし, 農民批評家はなかなか, 農民搾取制度にみる, 農民改革黨などに對, 農民政策問題に復帰, 農民救済の善意, 農民教育の教育精神問題, 農民教育家技術者芸術家学者社会批評家ジャーナリストなどはほとんど, 農民文学云々と喧伝, 農民文学叢書も今度, 農民文学同伴者文学との現実的, 農民文学大陸開拓の文学, 農民文学委員会の主唱, 農民文学懇話会大陸文学懇話会生産文学都会文学懇話会というもの, 農民文学懇話会結成の気運, 農民文学戦線を背景, 農民文学生産主義文学生活派文学いずれもテーマ小説, 農民文学研究会が特設, 農民文學の新, 農民文學郷土文學或は勞働文學, 農民時代から文字通り理想的, 農民更にその協働力, 農民を着た, 農民朝鮮台湾人にとって飛行機, 農民植民地の人々等, 農民殊に小作人達の, 農民民族資本家インテリゲンチアが百年前, 農民気質と生活, 農民と稱, 農民漁民たちもこれ, 農民漸く多きを, 農民炭礦および引揚者, 農民特に富農が, 農民特有の物事, 農民独自の力, 農民の紺木綿, 農民男女の見学団, 農民百姓達を苦しめる, 農民的文学の過渡的, 農民的自然経済は崩れ始め, 農民が皆, 農民研究は不可能, 農民等々と結び付い, 農民組合その他農民の自主的, 農民組合労働組合の若い, 農民組合婦人部の大会, 農民組合支部の幹部, 農民組合新潟県連合会南部地区西南部小地区, 農民組合日本労働総同盟, 農民組合活動における今日, 農民組合組織者である与作, 農民組合連合会の人達, 農民組合青年婦人団体各経済, 農民組合青年部で活躍, 農民美術展覽會はここ, 農民美術館である, 農民の逃亡, 農民群集するは, 農民職人商人などの生産的, 農民自らより他, 農民舞踊の一つ, 農民解放や権藤氏, 農民解放運動の実際, 農民解放運動全般との結びつき, 農民をやつ, 農民貧民の大衆, 農民資本家と労働者, 農民農村を知り, 農民通信員からのルポルタージュ, 農民もまた, 農民運動社に泊まった, 農民避難者に対し感傷的, 農民重助亀太郎土人ユウトル又近, 農民階級中最も甚, 農民随一の娯楽, 農民雀躍して, 農民集団の階級的努力, 農民革命家だ, 農民革命的インテリゲンツィアとしての学生, 農民騒動が起る