青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「鋭く~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

銀~ 銀座~ 銀行~ 銃~ 銅~ ~銭 銭~ ~鋭い 鋭い~ ~鋭く
鋭く~
錠~ 錢~ 錢形~ 錦~ 録~ 鍋~ 鍬~ ~鍵 鍵~ 鎌~

「鋭く~」 1433, 15ppm, 7273位

▼ 鋭く~ (44, 3.1%)

52 てゐた

1 [37件] その経験, たり, てあります, ていた, ておく, てくれれ, てなにか, てみる, てシゲシゲ, てフイ, て世間, て侵し, て強い, て恐ろしい, て我, て我等, て支那人, て正しい, て正直, て死, て氷, て海, て澄み, て生きたく, て生きたくなっ, て眞, て舌, て見た, て訊いた, て遠慮なく, て面, て首, て黒き, ながら香, 女が, 心を, 正確に

▼ 鋭くなっ~ (37, 2.6%)

10 ている 4 ていた, てきた 2 て行く

1 [17件] てい, ていった, ているごとき, てそれでいて, てみえた, てやがて, て一刹那, て叱りつける, て城塞附近, て奥さん, て少し, て来, て来た, て来ました, て来るであろう, て行った, て起きる

▼ 鋭くなった~ (27, 1.9%)

2 人の

1 [25件] が久八, だけである, とかげの, のう, のである, のを, ものに, んだ, 兄さんの, 嗅覚が, 批判力で, 指が, 指の, 本能から, 源三郎気が, 発作時の, 目で, 目を, 直覚力で, 神経に, 耳に, 自身に, 頭脳の, 顔だ, 顔を

▼ 鋭く~ (24, 1.7%)

2 能く

1 [22件] むき出しの, もしやあの, 人の, 伸子は, 厳格であり, 厳粛で, 愛想気の, 所在ない, 早くて, 柔軟な, 正鵠を, 秘密を, 穿鑿症にまで, 細かい, 胸に, 薄くて, 調子が, 輝いた眼, 迅い, 錆び郭公, 長もちが, 骨を

▼ 鋭く~ (19, 1.3%)

2 つてゐ

1 [17件] つたと, つたらしい, つた爲か, つた眼光は, つた秋の, つた秋らしい, つた頭に, つた顔を, つてそれで, つてちよつと, つてゐた, つてゐる, つてアンテナの, つて壁の, つて居ります, つて真, つて綺麗よ

▼ 鋭くなり~ (17, 1.2%)

1 [17件] いよいよ哀しみ, しかもその, したがって従来他, すぎていらっしゃります, また同様, まるで人間業, 元気は, 冷たさ, 増って, 微塵も, 心臓も, 或る, 油断の, 画面は, 面の, 風の, 髮の

▼ 鋭く~ (17, 1.2%)

2 の前, を光らした, を光らせ, を配っ 1 くばせを, のはたらく, は三白眼, をつける, を働かせ, を射た, を射る, を注ぎ, を貫いた

▼ 鋭くその~ (15, 1.0%)

1 [15件] いただきを, 反省を, 品物を, 心は, 成功の, 死骸を, 点に, 目を, 言葉を, 身辺に, 鋭さは, 鏡の, 鑿を, 頤に, 頭脳の

▼ 鋭く~ (15, 1.0%)

1 [15件] あった, あり抜け目, あれ肉, いひ放ちました, こう推した, それらの, それ等の, ない刃, なく敢, なります, 民藝品の, 水面に, 短かき, 見えるその, 響きわたりし

▼ 鋭く~ (14, 1.0%)

3 を光らし

1 [11件] にたつ, に映っ, の美しい, をかがやかし, をさまされる, をやった, を光らした, を光らしました, を射た, を注い, を走らした

▼ 鋭く~ (13, 0.9%)

2 の心臓, の眼, を刺し貫いた 1 の心, の眉間, の耳, の胸, の良心, の顔, を打った

▼ 鋭く光った~ (11, 0.8%)

1 [11件] かと思う, が, ところも, のは, ものは, ものを, ガラスの, トビ口が, 月の, 目は, 眼付きを

▼ 鋭く叫ん~ (11, 0.8%)

2 でその 1 でずかずか, で伊集院, で佐吉, で初め, で矢庭, で私, で立ち上りました, で言いました, で身体

▼ 鋭く輝い~ (11, 0.8%)

4 ていた 1 たり涙ぐん, ています, ております, てその, てはや, てみんな, て見えた

▼ 鋭くする~ (10, 0.7%)

2 ことによって, のです 1 ことにしか, ために, のである, ように, 事によって, 頭蓋骨を

▼ 鋭く光っ~ (10, 0.7%)

5 ていた 2 ている 1 たりする, てひ, て立っ

▼ 鋭く光る~ (9, 0.6%)

1 のだった, のでした, まゆみは, 星座の, 目の, 眼で, 眼とを, 眼差が, 雪を

▼ 鋭くない~ (8, 0.6%)

2 刄物で 1 なだらかな, われわれ初学者にとっては, 吾, 私が, 頭だ, 鼻

▼ 鋭くなる~ (8, 0.6%)

1 そして私, と, と脊中, にきまっ, のに, 大炊介は, 時期が, 疑念を

▼ 鋭く尖っ~ (8, 0.6%)

2 ている 1 てい, ていささか, ていた, てしまった, て見える, て麻

▼ 鋭く~ (7, 0.5%)

1 あったが, ありませんが, あるが, ないが, ないの, なく實際, なりますが

▼ 鋭く~ (7, 0.5%)

1 に迫る, の心, の虚, を倒す, を射し, を射る, を観察

▼ 鋭く対立~ (7, 0.5%)

2 した, するが 1 した事情, して, しながら

▼ 鋭く~ (6, 0.4%)

1 めき叫んで, 互に何, 延の, 由羅を, 葉は, 集めに

▼ 鋭く尖った~ (6, 0.4%)

1 刃物であった, 大きな刀, 歯を, 爪は, 矢を, 落葉樹林の

▼ 鋭く感じ~ (6, 0.4%)

1 ていました, てその, てゐた, て宇治, て居た, 疑い悩ん

▼ 鋭く捕え~ (6, 0.4%)

1 そのため, てしかも, て一つ, て一挙, て居る, て歌う

▼ 鋭くとがった~ (5, 0.3%)

1 あの笹, 先に, 神経は, 雄鶏と, 鶴嘴を

▼ 鋭く~ (5, 0.3%)

4 を刺し 1 を衝く

▼ 鋭く~ (5, 0.3%)

1 の方, の肩, の胸, は呟い, を見詰め

▼ 鋭く睨ん~ (5, 0.3%)

1 で, でいた, でいる, でゐた, で拳

▼ 鋭く~ (5, 0.3%)

1 につき刺さっ, に向け, に畫, を截, を裂く

▼ 鋭く~ (5, 0.3%)

1 に徹す, に聴いた, をそばだてた, をそびやかし, を衝いた

▼ 鋭く自分~ (5, 0.3%)

2 を見詰め 1 の眼, をも見詰め, を見つめ

▼ 鋭く~ (5, 0.3%)

21 つつある, て例えば, 開らき

▼ 鋭く見つめ~ (5, 0.3%)

1 てそろそろ, て容易, ながらくりかえした, ながら云った, らるる

▼ 鋭くあたり~ (4, 0.3%)

1 に目, へ眼, を見まわし, を見廻し

▼ 鋭くされ~ (4, 0.3%)

2 ている 1 それが, て痛い

▼ 鋭くされた~ (4, 0.3%)

1 ということ, のを, 感情とを, 良心の

▼ 鋭くそして~ (4, 0.3%)

1 おおむね正, 何一つ受け入れる, 冷めたい孤独, 無邪気な

▼ 鋭くそれ~ (4, 0.3%)

2 のみ冴え 1 は父, を識別

▼ 鋭くまた~ (4, 0.3%)

1 その鼻, 低く響い, 警抜な, 震えて

▼ 鋭く働い~ (4, 0.3%)

2 ていた 1 ている, てだれ

▼ 鋭く冴えた~ (4, 0.3%)

1 のは, 月であっ, 朝朝の, 谷底の

▼ 鋭く叫び~ (4, 0.3%)

1 ながら船, ながら馬, 出した, 小親片膝

▼ 鋭く~ (4, 0.3%)

1 をかけ, をかけた, を掛けられる, を掛け合った

▼ 鋭く~ (4, 0.3%)

1 なく響きわたる, に迫つて來, に迫る, のうごいた

▼ 鋭く深く~ (4, 0.3%)

1 かりそめ, きり込まれた, なされること, 良心の

▼ 鋭く澄ん~ (4, 0.3%)

2 で来た 1 でゐる, で鳴った

▼ 鋭く~ (4, 0.3%)

2 込んだ 1 立った両側, 込んで

▼ 鋭く~ (4, 0.3%)

1 を刺し, を刺す, を噛んだ, を打っ

▼ 鋭く~ (4, 0.3%)

1 の上, の孔, を打った, を撲つ

▼ 鋭くこう~ (3, 0.2%)

1 いって, 云ったの, 反問せね

▼ 鋭くさえた~ (3, 0.2%)

1 ことばが, のは, 声が

▼ 鋭く一喝~ (3, 0.2%)

3 した

▼ 鋭く~ (3, 0.2%)

3 つた

▼ 鋭く切れ~ (3, 0.2%)

1 あが, てそれ, 細い鉤形

▼ 鋭く判断~ (3, 0.2%)

1 しますから, する力, は早く

▼ 鋭く刺戟~ (3, 0.2%)

1 させようと, した, として感じとる

▼ 鋭く叫んだ~ (3, 0.2%)

1 ものである, 余, 声が

▼ 鋭く名人~ (3, 0.2%)

2 の目 1 がしかりました

▼ 鋭く~ (3, 0.2%)

1 妻籠から, 殿様の, 音声を

▼ 鋭く射た~ (3, 0.2%)

3 ものは

▼ 鋭く尖り~ (3, 0.2%)

1 その夜, 左右常に, 目だけが

▼ 鋭く庄吉~ (3, 0.2%)

1 に云った, に発達, を睨んだ

▼ 鋭く彼女~ (3, 0.2%)

1 にちらちら, の表情, を観察

▼ 鋭く意識~ (3, 0.2%)

1 させる役に立って, せざるを, でつかん

▼ 鋭く指摘~ (3, 0.2%)

1 されて, して, し得るかを

▼ 鋭く最も~ (3, 0.2%)

1 現実的な, 純粋に, 険峻なる

▼ 鋭く燃える~ (3, 0.2%)

1 あの眼つき, やうに, ように

▼ 鋭く~ (3, 0.2%)

1 はれて, はれるであらう, 實的に

▼ 鋭く痛く~ (3, 0.2%)

1 こたえた, われらの, 刺って

▼ 鋭く神経~ (3, 0.2%)

1 が働き出した, のとがっ, を沈め

▼ 鋭く突き出し~ (3, 0.2%)

1 てあたり, て奥深い, て将

▼ 鋭く緊張~ (3, 0.2%)

2 した 1 して

▼ 鋭く自覚~ (3, 0.2%)

1 した, したの, するよう

▼ 鋭く~ (3, 0.2%)

2 を鳴した 1 を鳴らし

▼ 鋭く諷刺~ (3, 0.2%)

1 された, しその, したもの

▼ 鋭く閃い~ (3, 0.2%)

2 ている 1 てゐるで

▼ 鋭く~ (3, 0.2%)

1 は白, を削った, を撫でる

▼ 鋭く~ (3, 0.2%)

3 を切っ

▼ 鋭く高い~ (3, 0.2%)

1 怒りに, 蒼白の, 鼻が

▼ 鋭くいい~ (2, 0.1%)

1 平山は, 放された新井田氏

▼ 鋭くかつ~ (2, 0.1%)

1 は疑ひかつ, 真剣の

▼ 鋭くさせ~ (2, 0.1%)

1 たりその, ていた

▼ 鋭くさせる~ (2, 0.1%)

1 のか, ような

▼ 鋭くされる~ (2, 0.1%)

1 ことは, のを

▼ 鋭くしかし~ (2, 0.1%)

1 びっくりした, 甘ったるく噛み破ろう

▼ 鋭くそういう~ (2, 0.1%)

1 点で, 自分自身を

▼ 鋭く~ (2, 0.1%)

1 いつと, かに熊吉

▼ 鋭くても~ (2, 0.1%)

1 すすどくない, 一面しか

▼ 鋭くとがっ~ (2, 0.1%)

1 ていた, ている

▼ 鋭くとがめる~ (2, 0.1%)

1 ことから, やうに

▼ 鋭くなく~ (2, 0.1%)

1 殆ど病人, 良心的で

▼ 鋭くひかり~ (2, 0.1%)

2 輝いて

▼ 鋭くまなこ~ (2, 0.1%)

1 が光った, を注い

▼ 鋭くもの~ (2, 0.1%)

1 かなしい表情, を考え

▼ 鋭くより~ (2, 0.1%)

2 深いもの

▼ 鋭くキラリ~ (2, 0.1%)

1 と光, と光った

▼ 鋭く~ (2, 0.1%)

1 つたのが, に曲げ

▼ 鋭く~ (2, 0.1%)

1 を見込む, 底に

▼ 鋭く二人~ (2, 0.1%)

1 に集中, の耳

▼ 鋭く五位鷺~ (2, 0.1%)

1 のやう, のよう

▼ 鋭く人生~ (2, 0.1%)

1 の一つ, の疑問

▼ 鋭く伝六~ (2, 0.1%)

1 に命じました, へいいました

▼ 鋭く伸び~ (2, 0.1%)

1 たり膨れ, ている

▼ 鋭く働く~ (2, 0.1%)

1 ように, 時で

▼ 鋭く~ (2, 0.1%)

2 つた

▼ 鋭く光らし~ (2, 0.1%)

1 ていた, ながら凄

▼ 鋭く光らせ~ (2, 0.1%)

2 ている

▼ 鋭く光沢~ (2, 0.1%)

2 を保たしめね

▼ 鋭く冴え~ (2, 0.1%)

1 て強烈, て清潔

▼ 鋭く削られ~ (2, 0.1%)

2 て来た

▼ 鋭く反射~ (2, 0.1%)

1 し初める, する鎌

▼ 鋭く反映~ (2, 0.1%)

2 して

▼ 鋭く口笛~ (2, 0.1%)

1 の音, を吹く

▼ 鋭く右門~ (2, 0.1%)

1 が杉弥, の目

▼ 鋭く呼びとめ~ (2, 0.1%)

2

▼ 鋭く大胆~ (2, 0.1%)

2 なタッチ

▼ 鋭く太く~ (2, 0.1%)

1 なったらしい, 叫び返した

▼ 鋭く尖つた~ (2, 0.1%)

1 嶺の, 蜘蛛の

▼ 鋭く屋根~ (2, 0.1%)

2 を打つ

▼ 鋭く~ (2, 0.1%)

1 に一曲, に屈曲

▼ 鋭く強く~ (2, 0.1%)

1 なって, 決然として

▼ 鋭く~ (2, 0.1%)

2 呼びかけに

▼ 鋭く意気~ (2, 0.1%)

1 激しくいずれ, 激しくいづれ

▼ 鋭く感じた~ (2, 0.1%)

1 ことを, のは

▼ 鋭く感じる~ (2, 0.1%)

1 判断する, 老境の

▼ 鋭く~ (2, 0.1%)

1 の先, も届き

▼ 鋭く批評~ (2, 0.1%)

1 したのに, すること

▼ 鋭く次郎~ (2, 0.1%)

1 の耳, を見つめた

▼ 鋭く注意~ (2, 0.1%)

1 して, し殊

▼ 鋭く洞察~ (2, 0.1%)

1 して, しなければ

▼ 鋭く涼しい~ (2, 0.1%)

2 のが

▼ 鋭く澄んだ~ (2, 0.1%)

1 一線に対する, 響を

▼ 鋭く~ (2, 0.1%)

1 に迫る, を見る

▼ 鋭く現実~ (2, 0.1%)

1 に目, の資本主義商業

▼ 鋭く~ (2, 0.1%)

1 のやう, の胸

▼ 鋭く看破~ (2, 0.1%)

1 して, する末造

▼ 鋭く神経質~ (2, 0.1%)

1 に人, に痩せ

▼ 鋭く~ (2, 0.1%)

1 ひ捨て, ひ捨てて

▼ 鋭く美しい~ (2, 0.1%)

1 ものの, 活きた社会

▼ 鋭く聞く~ (2, 0.1%)

2 者の

▼ 鋭く~ (2, 0.1%)

1 覺した, 覺する

▼ 鋭く表現~ (2, 0.1%)

1 しようと, するゆえん

▼ 鋭く見えた~ (2, 0.1%)

1 がその, 竹杖の

▼ 鋭く見詰め~ (2, 0.1%)

1 てい, ておられるで

▼ 鋭く視線~ (2, 0.1%)

1 をぶっつけた, を前方

▼ 鋭く~ (2, 0.1%)

1 ひ自分, ふと激しい

▼ 鋭く言った~ (2, 0.1%)

1 と思う, のだ

▼ 鋭く豊か~ (2, 0.1%)

1 な, な知恵

▼ 鋭く迫っ~ (2, 0.1%)

1 ていた, て来る

▼ 鋭く追求~ (2, 0.1%)

2 した

▼ 鋭く透る~ (2, 0.1%)

1 ヒュウヒュウという, 感投詞

▼ 鋭く長い~ (2, 0.1%)

1 尾を, 足の

▼ 鋭く~ (2, 0.1%)

1 めいて, めき潮先

▼ 鋭く青い~ (2, 0.1%)

1 のは, キラメキを

▼ 鋭く響く~ (2, 0.1%)

1 もので, わけです

▼ 鋭く~ (2, 0.1%)

1 に来た, を働かせ

▼ 鋭く頸首~ (2, 0.1%)

2 反らす一二寸

▼ 鋭く~ (2, 0.1%)

1 は蒼く, を刺し

▼ 鋭く髪の毛~ (2, 0.1%)

1 は茶褐色, をぼうぼう

▼ 鋭く鮮明~ (2, 0.1%)

1 となり, にし

▼ 鋭く鳴き~ (2, 0.1%)

1 たてた怪猫, て諸

▼1* [697件]

鋭くあったようです, 鋭くあらわれて消えた, 鋭くある時は, 鋭くいいすてたままつかつか, 鋭くいいましたが次郎, 鋭くいったが露, 鋭くいよいよ加速度に, 鋭くいわば堅い鑿, 鋭くいわれて女, 鋭くうかがうように, 鋭くうごいた途端です, 鋭くおじいさんの顔, 鋭くかう云ひ出した, 鋭くかけて目, 鋭くかたわらのお, 鋭くかなしく啼きかは, 鋭くききとがめたのを, 鋭くきけば田島さん, 鋭くきこえる鎌の, 鋭くきしむ音も, 鋭くきらめいたが忽ち, 鋭くぎろりと見まわしました, 鋭くくっきりして, 鋭くこちらに視線, 鋭くこっちへふり向いた, 鋭くこの一言が, 鋭くこれも棘, 鋭くさえて今, 鋭くさえぎりながら言った, 鋭くささやくように, 鋭くさしつらぬいた, 鋭くさせられている, 鋭くさっと玄蕃の, 鋭くさびた声を, 鋭くさらはれたの, 鋭くしかも多くの, 鋭くした氷の, 鋭くしたがってるところみがきたがってる, 鋭くしっかりとし, 鋭くしやんとした, 鋭くかに射し, 鋭くじっと彼女は, 鋭くじろりと新九郎を, 鋭くすわって来た, 鋭くずるそうに, 鋭くせざるをえざる, 鋭くせずば聞えず, 鋭くせんために, 鋭くよとの風, 鋭くそう言ったものの, 鋭くそうして豊かでなけれ, 鋭くそそがれその耳, 鋭くそそり立っております, 鋭くその大きな顔は, 鋭くそびえて荒波, 鋭くそれでいて愛嬌が, 鋭くたしなめるように, 鋭くたたみ込んだのにしかし, 鋭くたってそれ, 鋭くだがあたかも彼, 鋭くちらちらと眼, 鋭くちらっと宿ったの, 鋭くかをせめて, 鋭くつかんでゐる, 鋭くつき刺したのは, 鋭くつてもそれ, 鋭くつぶやきの聲, 鋭くつめよったのである, 鋭くつめ寄つて来た, 鋭くつんざきめざめるぐらゐ美しい, 鋭くていらッしゃる, 鋭くてね皇族にも, 鋭くいっても, 鋭くとうとう門前町の, 鋭くとがらせてあります, 鋭くとぎ澄された, 鋭くとらえた一種の, 鋭くとらえる人が, 鋭くとんがったりおん, 鋭くないらしい百松も, 鋭くなかったため, 鋭くながし眼を, 鋭くながめてかくする, 鋭くながめやっていた, 鋭くなければならない, 鋭くなされていた, 鋭くなしたのは, 鋭くなっててもう, 鋭くなつている, 鋭くなつたやうだ, 鋭くなりゆくに余, 鋭くにらみすえた名人の, 鋭くにらみすえるとしみじみ, 鋭くにらみ合わされる必要が, 鋭くねらった煎茶茶碗の, 鋭くのぞくのだった, 鋭くのっぴきならなくあるに, 鋭くはいったが冬, 鋭くはげしい精神をも, 鋭くはためきつけたのだ, 鋭くはつきりして, 鋭くはでやかに成っ, 鋭くはらい捨て脱落し, 鋭くひかっていた, 鋭くひきしまりわけの, 鋭くひきしまると二十四, 鋭くひきつけられたことは, 鋭くひどく意志的に, 鋭くひびきわたる樹の, 鋭くひらいて東京, 鋭くひらめく知性を, 鋭くひるがえしながらとつ, 鋭くぴかりと光ると, 鋭くふくまれて出, 鋭くふるえを帯び, 鋭くぶちつけて, 鋭くぶつかる音が, 鋭くぶ厚い唇も, 鋭くほどよく世事, 鋭くッし, 鋭くまっさきの, 鋭くまっすぐである, 鋭くり入る折れた葉, 鋭くもっと冷酷に, 鋭くやや怒った言葉つき, 鋭くゆらぐというの, 鋭くわたしの胸, 鋭くめき叫んで, 鋭くカチッと鳴っ, 鋭くキラキラと輝い, 鋭くクナアク先生に向けられた, 鋭くクララの心, 鋭くジッと甚八, 鋭くソーンダイクをふりかえり, 鋭くチラチラする, 鋭くヂイッと窺, 鋭くハッシと, 鋭くハッハッと叫ん, 鋭くパッと左右, 鋭く一人一人の作家, 鋭く一声聞こえて, 鋭く一文字に玄蕃, 鋭く一瞥してから, 鋭く一突き食らわせました, 鋭く一突き二突き三突きして, 鋭く一突き食らはせました, 鋭く七兵衛を呼び留めました, 鋭く七歳の初, 鋭くけも高かっ, 鋭くから下, 鋭く上下に動き左右, 鋭く下ったのが, 鋭く下女に向っ, 鋭く不安定なうつろ, 鋭く不思議に魔界, 鋭く不意に殺到, 鋭く不機嫌な声, 鋭く且外方へ向く, 鋭く並んで聳え立っ, 鋭く中枢にひびいた, 鋭く中途で言葉, 鋭く主水之介, 鋭く二声口笛の音, 鋭く二等運賃を請求, 鋭く二階の窓, 鋭く云いまくッて, 鋭く云い切って白, 鋭く云って太刀, 鋭く五六歩此方へ走り近づく, 鋭く五郎を見詰めた, 鋭く京弥に命じました, 鋭く人品いやしからず御, 鋭く人形を凝視, 鋭くいた, 鋭く伝え肩に, 鋭く伝二郎を見下し, 鋭く伯爵の胸, 鋭く伸びた明晰な, 鋭く伸子を見た, 鋭くかを求め, 鋭く何とも形容の, 鋭く何事をする, 鋭く何箇所か空, 鋭く作られてある, 鋭くし澱んで, 鋭く倉地に目, 鋭く個々の具象性, 鋭く傳つて行くの, 鋭く働いた感覚が, 鋭く働かしめて耳, 鋭く光った光りの動き, 鋭く光つてゐた, 鋭く光らしたものは, 鋭く光らせるとにやりと, 鋭く光りて顔色, 鋭く光りつづけている, 鋭く光り出したのである, 鋭く光芒を放つ, 鋭く入りて根本, 鋭く生存の, 鋭く全身まさに完全, 鋭く八重に投げつけ, 鋭く兵隊の直, 鋭く其の形は, 鋭く其穗先貫き通り骨, 鋭く其面に注がれ, 鋭く具体的に何, 鋭く内包された矛盾, 鋭く内攻し始めた, 鋭く内生が豊富, 鋭く内的につかん, 鋭く闘を, 鋭く冠せかかって矢代, 鋭く返りたるこの, 鋭く冷たい超人間的, 鋭く冷たく光って, 鋭く凄いのに怖気, 鋭く凄んだが眼, 鋭く凍ってい, 鋭く凝って盛, 鋭く凝りかたまつて, 鋭く凝結したよう, 鋭く凝視しその, 鋭く凡太に一瞥, 鋭く分析はし得, 鋭く切り凄まじい速さ, 鋭く切り込んで来, 鋭く切れすぎた唇は, 鋭く切れた二皮目で, 鋭く切れ上がった眥高く, 鋭く切れ落ちてその間, 鋭く切先は魂, 鋭く判然と言い放つ, 鋭く制しながらいいました, 鋭く刺さうと天窓, 鋭く刺されたような, 鋭く刺したものは, 鋭く刺すように, 鋭く刻まれている, 鋭く刻み出されている, 鋭くつて貰ひました, 鋭く削って居る, 鋭く削りて矢, 鋭く割れたガラスの, 鋭くあるもの, 鋭く励まされて千枝太郎, 鋭く動いている, 鋭く動かしてよろよろ, 鋭く動くのです, 鋭く動悸が心臓, 鋭く卒直に言っ, 鋭く単調に歌いはじめる, 鋭くの乳房, 鋭く反応せずに, 鋭く反抗して, 鋭く受け取ることの, 鋭くは大きく, 鋭く口一倍大きく少い髪, 鋭く口早に言返す, 鋭く叫び出すのが, 鋭く叫ぶように, 鋭く叱して傍, 鋭く叱られてめそめそ, 鋭く叱りつけて源十郎, 鋭く叱り附ける調子で, 鋭くに折れた, 鋭く吉三郎に云, 鋭く吠える獣の, 鋭く吹きつつ大股, 鋭く吹き尖って来る, 鋭く吹き込んで来る, 鋭く周囲の情勢, 鋭く呼びかけながらずかりと, 鋭く呼びかけたと見る, 鋭く呼びとめた者が, 鋭く呼びとめるとさすが, 鋭く呼び招くとずばり, 鋭く呼ぶ姪の, 鋭く呼んだ女学生であった, 鋭く呼子をふき鳴し, 鋭く咆哮する猩々, 鋭く咎めた上野介の, 鋭くき合う, 鋭く問い迫る, 鋭く問い得る人間である, 鋭く啼かざるを得ない, 鋭くに込みあげ, 鋭く喚くのは, 鋭く喝破した, 鋭く喰い込んでいる, 鋭く四ツ本の後方, 鋭く四辺をグルリ, 鋭くをかきむしる, 鋭くぬけが, 鋭く壇上の空間, 鋭く変るものです, 鋭く夜空を突き刺し, 鋭く大きい声で, 鋭く大喝いたしました, 鋭く大殿樣の御, 鋭く大衆の注意, 鋭く天井を突き刺し, 鋭く太郎の顔, 鋭くの顔, 鋭く夫人を見つめ, 鋭く夫婦というもの, 鋭く奇妙だった, 鋭くの方, 鋭く女性の生活慾, 鋭く如何に冴え, 鋭く孤獨を感じ, 鋭く宇津の貌, 鋭く宗像博士を睨みつけた, 鋭くの顔, 鋭く客観的な観察, 鋭く家中に鳴り響いた, 鋭く寒い神経の, 鋭く対照する面構え, 鋭く射し出ていた, 鋭く市民性に, 鋭く小刀で彫, 鋭く小屋の中, 鋭く小手を撃った, 鋭く小気味好く快く突き刺された, 鋭く小野派乱行の斬り, 鋭く少しの眩し, 鋭く少年を呼ん, 鋭くつた, 鋭く尖った頂きは無論, 鋭くを押, 鋭く山壁を浸蝕, 鋭く山田は言, 鋭く崖下に打寄せ, 鋭く六の, 鋭く延びた爪を, 鋭く弥生を呼ん, 鋭く張つた四角な肩, 鋭く張つた蒼白なヒステリック, 鋭く張つて蟇の形, 鋭く張りつてゐたが, 鋭く強かったが, 鋭く強しとも此, 鋭く当時のロシア, 鋭く彫りあげている, 鋭く彼等の作品, 鋭くへ残し, 鋭く忌憚なく描こう, 鋭く応用されて, 鋭くを含む, 鋭く怒りを含ん, 鋭く思いいたる若い女, 鋭く思ひ浮べながら, 鋭く急激な感動, 鋭く性格把握の能力, 鋭く恐ろしくなります, 鋭く悩みのこもった, 鋭く悪魔の国, 鋭く悲しみがひらめいた, 鋭く感じとることが, 鋭く感じられたので京都, 鋭く感じられる時期である, 鋭く感じ取るものである, 鋭く感ぜられて来た, 鋭く感ぜられたに相違, 鋭く感受する繊細, 鋭く感覚に上っ, 鋭くりとられて, 鋭く截ち割られてしかも, 鋭く戸口を窺つて, 鋭く手紙の上, 鋭く打ちおろす剣の, 鋭く打ち込む刀に, 鋭く打目戍れり, 鋭く批判した, 鋭く把捉して, 鋭く投槍は臍, 鋭く折れて金字形, 鋭く抜かうとした, 鋭く押さえておい, 鋭く押しとどめてかつ, 鋭く押寄せて来た, 鋭く拂つてお高, 鋭く振りむいた, 鋭く振向いて戻りはじめた, 鋭く捉えたことは, 鋭く掠つた其一瞬の, 鋭く探り出して來, 鋭く描き出してゐるで, 鋭く描写はカリカチュア, 鋭く放っていかなる, 鋭く放つ矢は, 鋭く敏感を示す, 鋭くに山門前, 鋭く斬り込んだ独鈷の, 鋭く斬込んで来る, 鋭く十郎を, 鋭く新鮮なと, 鋭く旗太郎を見据えた, 鋭く明暗の二面, 鋭く明滅する光りが, 鋭く明瞭に且つ, 鋭く映るのだろう, 鋭くが感じられるだらう, 鋭くった, 鋭く智的に多産, 鋭く暗い気分だった, 鋭く曲げて冷たく, 鋭く曲りますので私, 鋭く曲る所へ, 鋭く月丸の肚, 鋭く染奴は威圧, 鋭くにもたれ, 鋭くから梢, 鋭く横薙に捨てた, 鋭く横顔に感じました, 鋭くの言葉, 鋭く欽吾に向った, 鋭く歓喜の声, 鋭く正しいが荒い, 鋭く正しかったの, 鋭く歯切れのよい, 鋭く殊に能勢弁護人の, 鋭く残されたものは, 鋭く残して疾走, 鋭く残った知覚が, 鋭く殺気みなぎる剣客, 鋭くた, 鋭く気品の高い, 鋭くを切つて, 鋭く氷っていた, 鋭く沁みてかれ, 鋭く沈む声音だった, 鋭く沈毅重厚自ら他を圧する, 鋭くえたる, 鋭く河内房の毛脛, 鋭く泣き叫ぶ女の子の, 鋭く注がれていた, 鋭く注がれたままだ, 鋭く洩れて出る, 鋭くいて, 鋭くを射た, 鋭くの中, 鋭く浮んで見ゆる, 鋭く深い見方が, 鋭く深刻な矛盾, 鋭く深雪を見た, 鋭く湧き起ったりする, 鋭くね混, 鋭く滲みとおるように, 鋭く漲り渡って来た, 鋭く澄ましていなけれ, 鋭く澄み切った眼広い, 鋭く激しいもので, 鋭くをすった, 鋭くがない, 鋭く燃えている, 鋭く燃えさかっていた, 鋭く爛々と光, 鋭く長く大, 鋭くの事, 鋭くに迫った, 鋭く狭い会堂に, 鋭くく此戰何時果, 鋭く之介, 鋭く玄蕃の眉間, 鋭く玉島に詰め, 鋭く甘く圧しつぶさるる, 鋭く生命を染め, 鋭くの声, 鋭く異様に痴呆的, 鋭く疳癪の舌, 鋭く病的になり, 鋭く痛み人間の, 鋭く痛めつけた重い柔, 鋭く痩せこけている, 鋭く痩せた住職から, 鋭くのある, 鋭く發射する連發銃, 鋭く白く光る物, 鋭く百城を睨みつけ, 鋭く監獄部屋の件, 鋭くを睨みはじめた, 鋭く目覚ましい一声だつた, 鋭く目録ほどの使い手, 鋭く直截的であること, 鋭く直覚する, 鋭く相剋するもの, 鋭くをひそめ, 鋭く眉嶮しく熬, 鋭く眼ざめて参ります, 鋭く眼光刀光が一すじ, 鋭く睨みつけて, 鋭く睨みつけられて河童, 鋭く睨められたが根, 鋭く瞶めない時, 鋭く矢部の眼, 鋭く知って, 鋭く知的である, 鋭く知覚は弥, 鋭くかつた, 鋭く短かった, 鋭く短くきこえた, 鋭くの割れ目, 鋭く砂利を焙った, 鋭く研ぎすまされた状態を, 鋭くがれ, 鋭く砥ぐ以外に何, 鋭く碎けたり或は, 鋭く磨ぎ澄されよう, 鋭く礪ぎ上げ頓, 鋭く私達の感覚, 鋭く秘密を射当てる, 鋭く稜形に切りそがれた, 鋭く空中に聳え, 鋭く空間に注ぐ, 鋭く穿とうとする, 鋭く突き出てゐた, 鋭く突き出た顴骨と, 鋭く突き刺したことかと, 鋭く突き刺すようで, 鋭く突き向けられたことは, 鋭く突っ込まれた支倉は, 鋭く突っ込みたくなくなってきた, 鋭く突っ込んで訊いた, 鋭くのほう, 鋭く窪んだ眼を, 鋭くふ, 鋭く立って居りまし, 鋭く立てた煉瓦色の, 鋭く竜太郎の耳, 鋭くの節, 鋭く笑って叫びました, 鋭く簡潔菊池寛は無駄, 鋭く細い一条の, 鋭く細かにきびしき, 鋭く細かく頭を, 鋭く細密な観察, 鋭く紳士の面, 鋭く繰り返して憎しみ, 鋭く美智子さんの胸, 鋭く羸弱な子, 鋭く羽風を切っ, 鋭くの顔, 鋭く耀かせて疾走, 鋭く鷲は, 鋭く老人にそそがれ, 鋭く老儒者の顔, 鋭く聞いていた, 鋭く聞えてはい, 鋭く聞えたので市郎, 鋭く聞き耳をたて, 鋭く聞こえてきた, 鋭く聰明らしい黒い, 鋭くを張りあげ, 鋭く聳えて行つた富士山, 鋭く肯いて女, 鋭く胆大にし, 鋭く背景となった, 鋭く胸飾りも引, 鋭く脅すやうである, 鋭くを掛け, 鋭く自然を掴もう, 鋭く芸術的になる, 鋭く若者にいいました, 鋭く苦痛になる, 鋭く荒れまわっている, 鋭く落し來て, 鋭く落ちて美しい, 鋭く葉子はこの, 鋭く蓮信の心, 鋭くの筋, 鋭く行きわたりまた, 鋭くを渡つ, 鋭く表白する, 鋭く表象されると, 鋭く袈裟がけに斬, 鋭くの戸口, 鋭くにし, 鋭く覆いがたくその, 鋭く見える眼つきを, 鋭く見すくめて云った, 鋭く見せようとした, 鋭く見つめたまま無言で, 鋭く見つめる眼の, 鋭く見とおして長い, 鋭く見ぬいている, 鋭く見やったが, 鋭く見るが全体, 鋭く見下ろしていた, 鋭く見守っていました, 鋭く見抜いている, 鋭く見据えつづけたがにわかに, 鋭く見透していた, 鋭く見遣れり牢番は, 鋭く見開かれていた, 鋭く張られた彼, 鋭く覗いている, 鋭く親分は右, 鋭く観察して, 鋭くの折れた, 鋭く言いすてると不意, 鋭く言い放ってひったくる, 鋭く言い詰ったのを, 鋭く言うと荻原, 鋭く言うたのであたり, 鋭く言捨てもと來, 鋭く言葉を截ち切っ, 鋭く討ちて忽ちに, 鋭くへてこ, 鋭く訴えてこない, 鋭く詰るように, 鋭く認めたのである, 鋭く読者の心, 鋭く論断して, 鋭く警句の多々, 鋭く警官の銃身, 鋭くを見た, 鋭く貫くものの, 鋭く貴く美しく純化され, 鋭く質問した, 鋭く走ったような, 鋭く越尾の史観, 鋭くをすくった, 鋭くから響く, 鋭く跳ねてくる, 鋭くから爪先, 鋭くを切る, 鋭く身構へた, 鋭く軋った往来の, 鋭く転んで手, 鋭くやき勇気, 鋭く輝かさすと伝六, 鋭く輝かしく美しいならば, 鋭く輝き老えさらぼう, 鋭く輝き結ばれていた, 鋭く輝く大きい瞳, 鋭くを突き上げた, 鋭くく速力, 鋭く近く時には遠く, 鋭く迫る無理も, 鋭くひかけた, 鋭く逆立つて皮膚, 鋭く透徹して, 鋭く通訳あがりを, 鋭く連続的に蒸気, 鋭く過ぎていました, 鋭く過ぎるころ, 鋭く遮って, 鋭く遮るように, 鋭く部下に命令, 鋭く野々宮にひびい, 鋭く金属の音, 鋭く金属的にひ, 鋭くのやう, 鋭く鈍い音が, 鋭く鋭く感じた, 鋭く鎗琢けおのおの, 鋭く長き槍は, 鋭く閃きゆるやかな, 鋭く間道へ曲り込む, 鋭くに動く, 鋭く陰鬱であった, 鋭く階段口から叫ばれた, 鋭くがない, 鋭く際立ってその, 鋭くが舞い込んだ, 鋭く青白い鏡の, 鋭く青眼を見つめました, 鋭く静かな城中, 鋭く条理は, 鋭く面罵した, 鋭く面顰んで鰭, 鋭く響いてスコップ, 鋭く響いたのだろう, 鋭く響きわたっている, 鋭く響き渡ったがそれ, 鋭く頭毛逆立ち眼光爛々, 鋭くには三ヶ月形, 鋭く類型化して, 鋭くへぴんと, 鋭く去るなり, 鋭く食い入っている, 鋭くを振つた, 鋭く馬琴が形容, 鋭く馬賊の頭目みたい, 鋭く體力的に押し捲, 鋭く高くさうし, 鋭くがない, 鋭くが豊か, 鋭く鬼火のよう, 鋭く鮮紅の箭, 鋭く鳴くのは, 鋭く鶴雄を呼ん, 鋭く黄色に光る, 鋭く黄金色に輝い, 鋭く黒く見えたり, 鋭く黙って身仕度