青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「農~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

輪~ 輸入~ 轉~ 辛~ ~辛い 辛い~ ~辛抱 辛抱~ 辞~ 辰~
農~
農夫~ 農家~ 農村~ 農業~ 農民~ ~辺 辺~ 辺り~ 辻~ 込み~

「農~」 1254, 13ppm, 8468位

▼ 農学校~ (96, 7.7%)

5 の校長 4 に寄つて新聞, の先生, へ行く, を卒業 3 に樹明君 2 の宿直室, の教師, の運動会

1 [66件] から十丁, から東京, で買つたシクラメン, にいる, につとめ, になっ, に入っ, に宿直, に寄つたら, に寄つて, に居た, に採用, に教諭, に樹明さん, に生命, に立ち寄, に立寄り, に立寄る, に通う, の, のまさに, のブンゼン, の一人, の三年生, の出身, の初期, の卒業生, の大, の学生, の宮部博士, の教諭, の時計台, の書記, の校歌, の校長さん, の演武場, の畜産, の畜産学, の畜舎, の窓下, の給仕さん, の給仕君, の職員, の舎監室, の英語, の裏, の農産物品評会, の開校式, はできた, は二十五日, は好き, は生徒, は雪崩, へ出かけ, へ出かける, へ学務部, へ寄つて, へ樹明君, へ這入っ, まで同道, まで辿り着いた, や駒場農学校あたり, をつくる, を出, を明治三十四年, を済し

▼ 農商務省~ (86, 6.9%)

3 の門前 2 に技手, に願, の庭, の役人, の所管, の門, は曾, へは先日質問書, へ出頭

1 [65件] からさらに, からの名指し, からの日限, からも四名, から坂野技師, から猿, から総代, が全く, が出, が出来, が分からぬ, が知らなけれ, である農商務省, です, では対島秘書官, でドイツ語, で出版, で管轄, で米国シカゴ博覧会, とか内務省, との約束, と云, などを頼り, には二年足らず, には私, にもでた, に入らせる, に出頭, に勤め, に學者, に移っ, に集り, の, の取扱, の如き, の官衙, の小さな, の山本, の方, の構内, の水産局, の無策, の第, の練習生, の農政課, の雇員, は五百万円, は少し, は廃止, は調査委員会, は議会, へ一, へ呈し, へ奉職, へ提出, へ納めました, へ足, へ迫っ, へ願い出る, まで持ち出し, や内務省, や大蔵省, を引きあげる, を訪れ, 第三款

▼ 農~ (78, 6.2%)

2 が庭さき, が手, に怒鳴り

1 [72件] あがり, お兼, があった, がだしぬけ, がぼんやり, がマンノー, が何やら, が來, が夢, が普通, が来る, が見, が足, が馳, すら嫌, すら嫌う, だけだ, であつ, です, という, として使われ, として大地, とすれ違っ, との野合, とゆき, と工場労働婦人, と農婦, などは銘々, にいった, について, にて二度目, になっ, に化け, に変り果て, に変装, に惚れた, のこと, のよろこび, の一昼夜, の仕事着, の傍, の売店, の姿, の子, の手, の持つ, の派手, の背中, の被る, の輪, の逞しく, は, はうろうろ, はくるり, はその, はまた, は場庭, は少く, は帰っ, は性急, は歩み, は田舎紳士, は真先, もおどろく, もよく, よりはいくらか, よ鱈, を姦, を想像, を見, 又は種, 頻に

▼ 農~ (70, 5.6%)

2 ことを, 強味である, 根本は, 生活を

1 [62件] あいだに, ことが, たぐいが, はじめだ, はじめの, やうに, 三崎の, 不浄観について, 中に, 人で, 仏事供養の, 仕方は, 代から, 像を, 出で, 出の, 分裂は, 分離という, 分離は, 利潤は, 名を, 呪を, 命は, 図であった, 執着の, 外に, 女神デメテルいずれも, 字が, 存在と, 官制を, 家の, 小村落, 弱味は, 心は, 心理の, 怒は, 意識を, 方々にて, 時代にかけて, 林学科を, 権利を, 死である, 汗に, 漁村で, 片手間に, 白髪と, 神, 競漕が, 範を, 結果と, 義である, 薬草を, 行うところ, 詞なんぞを, 話を, 資産家が, 辛酸に, 運命である, 鍬は, 霊に, 顔を, 類いには

▼ 農~ (70, 5.6%)

10 の艇, 大學 4 の方, の舵手 2 と同じ, の前, の教授, をやる

1 [34件] あ, だ, だ農科, であった, で思ひ出した, なんぞに行っ, にもさういふ, に籍, のよう, のラスト, の一寸, の三番, の古, の大学, の奴ら八時ごろ, の実科, の實科, の応援, の応援船, の漕いだ, の男, はことに, はもう, はアメリカ, は水門, は素敵, へ入学, へ行く, を出, を見た, を途中, 大学長, 大學生, 大學附屬博物館

▼ 農商務大臣~ (65, 5.2%)

3 はその

2 [12件] たらしむこと, たらしめたるは, たりし, となり, に御, に飲ん, の向島, の椅子, の答弁, は時々, をし, を訪問

1 [38件] がその, がわざわざ, が幾人, が幾人變つて, が必ず, であつ, としての意見, として執るべき, と製鉄所長官, にでもならね, にでも成らね, になる, になれ, に出し, に掛合, に話し, に迫らない, に面会, の名, の官邸, の目, の視察, の責任, の辞職, の陸奥, はすこしも, は古河市兵衛, は既に, は旧幕人, は昨年, は竹槍蓆旗, は答辯, も足尾銅山, を兼任, を牽制, を辞した, 及び神鞭委員長その他, 既に與

▼ 農~ (43, 3.4%)

2 楽しむこと

1 [41件] さして急いだ, する, もって, やめて, よして, ダニの, 中心として, 主業として, 兼ね些か, 分ち悪銭, 助ける人, 励まし馬, 務め豕を, 勧めんとして, 勧め士, 営まぬ人々, 営むもの, 営む大, 営もうと, 営んで, 守りました今, 尊び商, 廃し, 思ひ出すこと, 愛しおもむろに, 愛しますが, 抛擲し, 捨てて, 斯土から, 本業と, 業と, 楽しむ心, 楽しんで, 理解する, 祖宗として, 祭りの, 緯と, 説く學派, 軽ん, 重しと, 重んずる所以

▼ 農~ (37, 3.0%)

7 天下の 5 国の

1 [25件] ただ国民, たびたび毒草, やめて, 人の, 人生生活の, 他の, 依然として日出而作, 依然粗壁, 兵を, 其名の, 単一無産政党の, 国家の, 大自然, 尤も正しい, 工商を, 従順である, 旧都に, 時々腹, 汗を, 生民, 百業の, 神の, 粗服を, 舌を, 蚯蚓である

▼ 農~ (36, 2.9%)

2 などでも大いに, に依頼, の人たち, の会長, の書記, の理事

1 [24件] が開墾, とかがどう, とか町村農会, との共同, のこと, の事務所, の人, の会議, の会頭, の入口, の勧誘, の女, の尽力, の席上引用, の技師, の方々, の話, の連中, へちよ, へ行つた時, もいま, もやっつけられるであろう, やなどから与えられた, や信用組合

▼ 農科大学~ (34, 2.7%)

3 の助手, の古在 2 の研究室, へ持っ, を出

1 [22件] から耕作部, と帝大, に入学, に帰る, のそれ, のつましい, の乙科獣医科, の分析, の土木科, の学長ウィリアム, の御, の教室, の方, の植物学教室, の池野成一郎博士, の浜田秀男君, の調査, へはいり, へ行つて, やの前途, を出た, を見

▼ 農~ (22, 1.8%)

4 武士の 3 工の 2 武士的な

1 [13件] 商とも, 商風の, 学者的な, 工で, 武, 武士だ, 武士ていの, 武士と, 武士に, 武家の, 猟, 画家の, 香具師が

▼ 農~ (21, 1.7%)

1 [21件] あると, かかるから, して, つきたいもの, つくが, なって, ならんが, なり切れず周囲, なり或は, なれ刀, 使うひどい, 先だつて, 命じて, 帰らしめられた時, 帰ろうと, 従事し, 歸つた者も, 益ある, 転じた人, 関係しない, 非ず

▼ 農鳥山~ (20, 1.6%)

2 に登る, の名, の支峰

1 [14件] でお, と或は, と間, の三角測量標, の二等三角測量標, の赭ッちゃけた壁, の頂上, の鳥形, の麓, は三山, は大約三峰, は白峰, は高, を仰ぐ

▼ 農~ (16, 1.3%)

1 [16件] ちがって, なって, なつた, なりその, なり商, なるが, なるそれだけ, 云つても, 兵とは, 化する, 商を, 女の, 女は, 書いたもの, 書いて, 蜀兵の

▼ 農~ (16, 1.3%)

4 思想は 2 組織は 1 の倫理, ファッショ的結論に対して, 共産ある, 共産主義である, 制度の, 国家と, 思想には, 文明, 組織と, 組織を

▼ 農~ (16, 1.3%)

1 [16件] が出る, でもない, というの, と名づけた, と塩見, の上, の傾斜, の形, の最高点, の池, の絶頂, の農, はいつ, は雪, へ往復, より右

▼ 農~ (15, 1.2%)

2 土を

1 [13件] いちばん正しい, 出来るやう, 分離し, 十重二十重の, 忙しい頃, 最後の, 楽しいという, 権力を, 正しいという, 正しい仕事, 汗水垂らし, 濫に, 苦しいという

▼ 農商務~ (15, 1.2%)

3 の官吏 2 の官吏等 1 か逓信, では倹約, とどういう, に大石正已, のごとく, の両省, はなに, は平田東助, は榎本武揚, 両大臣

▼ 農~ (10, 0.8%)

2 の人々 1 なり, にし, に血液, のあらゆる, の復興, は無限, を見る, 多く麦

▼ 農~ (9, 0.7%)

1 たりまた, のうち, の事, の大臣, の生産, の言語なまり, も一切万事, も昔日, 両主義

▼ 農~ (9, 0.7%)

1 で多忙, の上, の神, の蠱術, の豊作, の道, を伺い, を伺ひ, を御

▼ 農である~ (8, 0.6%)

2 が副業, が相当 1 が, が先ず, が武家奉公, そうだ

▼ 農~ (8, 0.6%)

1 といひ, と生活, には長く, に寄与, の上, の老人たち, をいちどに, を百姓修業

▼ 農~ (7, 0.6%)

2 のお, の罰 1 とやらが夢枕, に濟, をお

▼ 農会長~ (6, 0.5%)

1 が男爵, とを兼ね, の宅, の肝いり, をし, を訪ねた

▼ 農~ (6, 0.5%)

2 の像, の画像 1 というの, と松

▼ 農から~ (5, 0.4%)

1 出たもの, 出直さなければ, 別れたもの, 土を, 平野力三は

▼ 農~ (5, 0.4%)

2 人形に 1 あらねば, 二棟の, 武を

▼ 農一致~ (5, 0.4%)

1 と論じた, の事実, の思想, の旧, の終り

▼ 農両全主義~ (5, 0.4%)

1 いや国防産業両全主義, という第, なる農村対策, を唱えなかっ, を普及徹底

▼ 農學校~ (5, 0.4%)

1 でツンツ教授, で見, の出身, の教授, を卒業

▼ 農~ (5, 0.4%)

2 に属する 1 に対する一頭, の人員, へ響かせる

▼ 農本草経~ (5, 0.4%)

1 であること, とはいかなる, には三巻説, は完本, は既成

▼ 農漁村~ (5, 0.4%)

1 が未だ, のうけ, の女, の更正, を通じて欠食児童

▼ 農~ (5, 0.4%)

1 がこんな, とし, と何太后, の首, は涙

▼ 農~ (5, 0.4%)

1 なので, のおり, の季節, の時, を見はからっ

▼ 農~ (4, 0.3%)

1 やって, ソクラテスも, 共に苦しみ, 死な

▼ 農より~ (4, 0.3%)

1 出でて, 取ったもの, 成る, 立つて

▼ 農を以て~ (4, 0.3%)

2 国の 1 国本と, 大本と

▼ 農ヶ池~ (4, 0.3%)

2 を玉池 1 を見, を見物

▼ 農主義~ (4, 0.3%)

1 ある以上, たとえばこの, の一派, を唱えた

▼ 農商務次官~ (4, 0.3%)

1 がそれ, が昨日あれ, が江木栃木, の姿

▼ 農商務相~ (4, 0.3%)

1 としての御, の意見, は被害地, や大石次官

▼ 農~ (4, 0.3%)

2 をやる 1 とかまたは, をやりたい

▼ 農工業~ (4, 0.3%)

1 の一切, の状態, もすべて, や交換業

▼ 農平君~ (4, 0.3%)

1 とそれから, の宅, の案内, も来訪

▼ 農~ (4, 0.3%)

1 では農家, の役員, の技手, へ持つ

▼ 農精神~ (4, 0.3%)

1 を全然, を基調, を失っ, を失わない

▼ 農とは~ (3, 0.2%)

1 両全な, 二つの, 何だ

▼ 農には~ (3, 0.2%)

1 なれず, まだ充分, 元来縁浅から

▼ 農分離~ (3, 0.2%)

1 して, の由来, の結果

▼ 農商併行主義~ (3, 0.2%)

3 について

▼ 農商務大臣陸奥宗光~ (3, 0.2%)

1 がこれ, が痩せた, と顔

▼ 農商務省出版~ (3, 0.2%)

3 の甲府図幅

▼ 農器具~ (3, 0.2%)

1 や自家用, や農法, や馬匹

▼ 農婦等~ (3, 0.2%)

1 がこぞって, その日, の仕事着

▼ 農山海村~ (3, 0.2%)

1 には古い, の人々, の持つ

▼ 農工商~ (3, 0.2%)

1 あるいは老, である, のほか

▼ 農~ (3, 0.2%)

1 が人身牛首, が赭鞭, は牛首人身

▼ 農~ (3, 0.2%)

1 と名, は雪, をし

▼ 農~ (3, 0.2%)

1 呑気らしく, 無抵抗主義な, 臆病な

▼ 農~ (3, 0.2%)

1 としてあの, にとっては取り, に尋ね

▼ 農鉱学校~ (3, 0.2%)

1 で農業, と呼ばれ, の研究

▼ 農たる~ (2, 0.2%)

1 の区別, 諸要素

▼ 農です~ (2, 0.2%)

1 から, がその

▼ 農では~ (2, 0.2%)

1 ありません私共, ない

▼ 農という~ (2, 0.2%)

1 ものが, やつだ

▼ 農との~ (2, 0.2%)

1 ほかに, 争いは

▼ 農とも~ (2, 0.2%)

1 いった, 読書子とも

▼ 農をも~ (2, 0.2%)

1 支配せん, 食いみるみる

▼ 農主義者~ (2, 0.2%)

1 でも無けれ, とは同じ

▼ 農会当局~ (2, 0.2%)

2 の談

▼ 農会法~ (2, 0.2%)

1 が主, とかいう農業関係

▼ 農~ (2, 0.2%)

1 の稗粟, を目ざし

▼ 農~ (2, 0.2%)

1 に饌, はいずれ

▼ 農商務大臣殿~ (2, 0.2%)

2 の屋敷

▼ 農商大臣~ (2, 0.2%)

1 と会, も認め

▼ 農商百工~ (2, 0.2%)

1 を奨め, を奬め

▼ 農~ (2, 0.2%)

1 にしたかつた, を共産農団

▼ 農~ (2, 0.2%)

2 をはじめ

▼ 農~ (2, 0.2%)

1 に一泊, に滞留

▼ 農~ (2, 0.2%)

1 がそれ, の差別

▼ 農士学校~ (2, 0.2%)

1 というの, に見出した

▼ 農学士~ (2, 0.2%)

1 が植物, は新聞

▼ 農學士~ (2, 0.2%)

1 だつた, で今

▼ 農學部~ (2, 0.2%)

1 の沼田教授, の裏門

▼ 農安長春~ (2, 0.2%)

1 のあたり, の南北

▼ 農工等~ (2, 0.2%)

1 の学科, の學科

▼ 農揚げ~ (2, 0.2%)

1 といっ, といつ

▼ 農~ (2, 0.2%)

2 になる

▼ 農~ (2, 0.2%)

1 だけは自由, を渇望

▼ 農~ (2, 0.2%)

1 からユーカリ, の津田先生

▼ 農神さま~ (2, 0.2%)

1 がその後, は春秋

▼ 農科大学生~ (2, 0.2%)

1 との失恋, と話

▼ 農藝化學~ (2, 0.2%)

1 か具體的, を修めた

▼ 農~ (2, 0.2%)

1 の輪, はいと

▼ 農~ (2, 0.2%)

1 であって, は草

▼ 農魂工才~ (2, 0.2%)

2 で行かなけれ

▼1* [222件]

あらゆる学問の, 農あり工商あり, 農て自活, 農すなわち兵たるの, 農するのである, 農そうした者は, 農そだちの野武士, 農たらば大農, 農俺は, 農だけが缺けて, 農だつたが今, 農でないことは, 農でなくてはならぬ, 農でなければならぬ, 農といふ古い名, 農としては出水を, 農などを説いて, 農ならまだいい, 農なり商なり, 農なるかな, 農なんでしょう, 農にとって土は, 農によって自分も, 農に関する著述なぞも, 農ばかりは誰も, 農還幸せらるる, 農まったく分かると, 農やすみの日, 農よりも商の, 農らしい土地の, 農分ナシ, 農モ整ハズ五穀ノ満, 農一如ということ, 農一家の如く, 農一方でやっ, 農両全主義に, 農主義者等の立場, 農二十篇の處, 農二科が来賓, 農人形が膝, 農以下に賤, 農以下文武周公に至る, 農休みがくる, 農会あたりぢゃ副業に椎茸, 農会営団を貫く, 農会営団その他の機構, 農会報は伝え, 農会技師を始め, 農会教育会土木組合もしくは農工銀行, 農会等に非常, 農会費の追徴, 農会費水利組合費これまた前年度, 農会長旧知の歌人, 農会長様は会費, 農会長消防組頭いや村会, 農充食に重き, 農其人の土, 農兼備の屯田兵, 農に引摺, 農労無産協議会という労働組合, 農の各科, 農博鈴木梅太郎京城大学の総長, 農卿揚邁が兎, 農な国々, 農商並行主義を論ずる, 農商務全体が腐敗, 農商務卿西郷従道あてに今一度, 農商務大臣これに答えた, 農商務大臣五日には大蔵大臣, 農商務大臣大学総長理科大学長, 農商務大臣官邸へ俥, 農商務大臣曽禰荒助が被害地, 農商務大臣榎本武揚宛に出す, 農商務大臣河野敏鎌の名, 農商務大臣秘書官早川鉄治農事試験場技師坂野初太郎農商務省技師細井岩弥同和田国次郎, 農商務大臣陸奥を攻撃弾劾, 農商務技師三浦宗次郎氏と同, 農商務次官代議士大阪毎日新聞初代社長外務参事官閔妃事件で下獄, 農商務次官金子堅太郎鉱毒調査会委員長神鞭知常同委員肥塚龍等, 農商務相兼任を伝える, 農商務省全体もこの, 農商務省内に集合, 農商務省参事官織田一鉱山局長肥塚龍また理科大学教授理学博士小藤文次郎, 農商務省四十万分一予察地質図に拠る, 農商務省地質局から兎, 農商務省地質局発行の甲府図幅, 農商務省技師の山川理学士, 農商務省技師等であった, 農商務省技師細井岩弥同和田国次郎, 農商務省攻撃はいつ, 農商務省次官四日には農商務大臣, 農商務省費目の議事, 農商務省軍需省興亜院対満事務局, 農商務省鉱山の方, 農商務省陸海軍省と重要, 農商務長官となっ, 農商工の被, 農商業の妨げ, 農商業資本の運用上, 農団組合を管理, 農で耕作運搬, 農を一覧, 農土行事の田植え囃子, 農基本から出直さなけれ, 農とを見たい, 農始めには穀物, 農始テ分レ遂ニ封建ノ治, 農婦たちが背中, 農婦らに令しけり, 農婦妻であり母, 農婦甘藷の苗, 農学校あたりからぞくぞく, 農学校マリオ工学校マリオ商学校三つだけ視, 農学校出の青年, 農学校出身のどう, 農学校初代校長クラーク博士も, 農学校創設の目的, 農学校卒業す, 農学校在学中シホホロ迄来り, 農学校山林学校水産学校をいくつ, 農学校工学校の入学試験, 農学校時代にも土, 農学校裁判所税務管理局なども置かれた, 農学校途中まであがった, 農学校運動会の騷音, 農学校附近で六時, 農學プロパーか農藝化學, 農學博士となつ, 農學博士伊三郎君初め名門揃ひの, 農學士石川貞治氏の調査, 農學家ともいふべき, 農學者佐藤信淵の, 農小婦の純粋, 農工商学問すべてが休み, 農帝以来人間が選り, 農老の, 農平君徃訪これは海上ビル, 農平居を襲, 農平式酒壺洞式十時過ぎて, 農廃業の一つ, 農の条, 農手段を基礎, 農攻五月急於弦, 農を知らず, 農料種子を供給, 農にのみ出で, 農時代の人物, 農會銀行などの重要, 農本的制度が発生, 農本的社会である日本, 農本的自治を行, 農の持地, 農様弁財天布袋稲荷様等八百万の神, 農の家, 農法文経の七部門, 農及びその後, 農清宮米吉のこと, 農の生活, 農漁山村の定着, 農漁業に関する知識, 農の此, 農に好ん, 農爺蝶白馬これらが信甲駿, 農牛北に蝶ガ岳, 農牛山ともいう, 農牛農爺蝶白馬これらが信甲駿, 農牛黒姫の寐牛, 農牧併行状態に進む, 農牧場所有者の姓氏, 農牧村落を興し, 農牧業に経験, 農牧漁業の状態, 農物作を検べた, 農生活するより, 農用馬車の野, 農田多くは桑園, 農田山林までを荒し廻った, 農田随処寛又知工業盛, 農的共同生活であつ, 農督農の官制, 農の使用, 農砲一発轟然とぶっ, 農祝いと分離, 農科大学前の高崎屋, 農科大学助教授長岡宗好医科大学助教授入沢達吉等, 農科大学助教授長岡宗好はすでに, 農科大学教授横井時敬同長岡宗, 農科大学経済部に依頼, 農科工科商科の八分科, 農科必勝ということ, 農に人, 農の産業, 農全滅に, 農立ての日, 農の帝王, 農の祝い日, 農歴廿回春, 農耕すごとに, 農に着せ変える, 農衣姿の慎, 農西脇荘八方では昨年春, 農詩人たるバルン氏, 農軍務刑法学校というよう, 農すなわち兵たる, 農迹ニ隠ス所ニ, 農通信員の広汎, 農穀, 農野中は刑法, 農鉱学校時代から一人, 農の一風物, 農が大変, 農高橋善兵衛が弟政吉, 農魂商才で行こう, 農鳥北東が地蔵岳鳳凰山, 農鳥地蔵岳の農牛, 農鳥小屋へ十五時間, 農鳥山支脈の峡間, 農鳥聖これだけはすっかり, 農鳥西峰塩見農鳥聖これだけはすっかり, 農鳥西峰農鳥岳の四座, 農黄帝堯舜の五帝, 農黄帝堯舜以下の聖人達