青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「辛~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

輕~ ~輝い 輝い~ 輝き~ 輝く~ 輩~ ~輪 輪~ 輸入~ 轉~
辛~
~辛い 辛い~ ~辛抱 辛抱~ 辞~ 辰~ 農~ 農夫~ 農家~ 農村~

「辛~」 1402, 15ppm, 7679位

▼ 辛~ (377, 26.9%)

89 して 86 下さい 4 がなる, した, をし 3 がわかりませぬ, が出来ない, しようと, しろ, するの, すれば, に辛棒, もしませう, よ, をなさりませ

2 [21件] がしきれなくなった, がならで戻つた, が大切, が肝心, しきれなくなって, しにくい, するん, せねば, だと, つ, できなかった, ですよ, ものあれ, も出来る, をされる, をする, を水泡, を見定めた, 出来そう, 出来なくなって, 強く横

1 [190件] いいの, いたしました, いたしましたが, いたしましょうか, おし, がしきれず, がしきれない, がしきれません, ができない, ができないだろう, ができなかっ, ができん, がない, がならない, がならなくなった, がなりかねる, がなり兼ね, が仕切れなくなっ, が出, が出来, が出来ず, が出来た, が出来なく, が出来なくなった, が出来ます, が出来る, が出来れ, が出来ん, が大変, が始まった, が彼, が必要, くらべみたい, さえあれ, させて, された, しいしいだんだん, しかねて, しかねる, しきれずべっと, しきれず大きな, しきれなくなった風, しきれなくなるが, したいもの, したいん, したお蔭, したが, したけれど, したぜ, したそう, したところ, したねエ, したの, したらどう, した七時, した人, した人間, した揚句, しつつ, してるん, してを, しなくちゃ, しなけりゃならないから, しなければと, しなさいと, します, しますから, しますよ, しませんでしたろう, しろよ, しろ気, し万事, し切れない風, し得ません, し破産, し給, し給え, し野菜袋, じゃない, するがい, すること, すると, するな, するやう, する禰宜様宮田, する覚悟さ, せし結果, せよと, ぞしのべ, だつた, だな, だなんて, だろうけれど, つづかず一ト月, つまみ喰, つよい模範的, で, であるが, できないとき, できないファラデー, できなかったの, です, でその, でなん, ではなから, でもする, で秋涼, で重吉たち, で鍛えられ, と少し, なさって, なすって, なすつて, なの, ならず, なりませぬ, なんてする, にまた, のお蔭, のしどころ, のつよい, のならない, の仕, の具合, の土地, の揚句, の泥棒, の甲斐, の精進, の良い, はし, はない, は出来ない, は出来なかつた, は彼, は祖母, は貸金二千両, は貸金二千兩, もいたします, もいる, もするでしょう, もなりません, もほんの, も出来ない, も役立, も水の泡, や, やさかいな, よじき, をしました, をし徹し, を冷かされた, を爲, を説い, を重ね, 下さいませんか, 仕切れなくなって, 他合ひも, 出来かねる様, 出来さうな, 出来なくな, 出来なくなったらしく水色, 出来る, 出来るかも, 出来るだろう, 出来るところ, 出来んの, 強いから口, 強いの, 強い方, 強い老婆, 強い鼠, 強き労力, 強くも, 強くやらね, 強くやり遂げ, 強くより分ける, 強く世話, 強く働い, 強く働く, 強く凝視, 強く平, 強く年期奉公, 強く愛情, 強く月, 強く甘受, 強く私達, 強く聴耳, 強さ, 願います

▼ 辛~ (217, 15.5%)

4 悲しさ 3 切なさ

2 [11件] がある, がこ, であつ, にかかわらず, に私, は一倍, や苦, を思いやっ, を怺, を感じた, を知っ

1 [188件] あゝもう少し, から逃れ, があった, がありました, がき, がこたえた, がこれ, がこんな, がもう, がようやく, が今度, が先立つ, が始まった, が彼, が想, が新, が消え, が精神, が舌, が見る, が身, が隙, くらい何, こわさ, じゃア, だ, だった, だのう, であった, であるという, ではお, ではどう, ではなかつたらう, で側, で大事, で生活, で迫っ, というもの, といったらありませんでした, とが, とともにある, とも異う, とテレ, と侘し, と感じられる, と教育, と朝夕, と来, と苦し, と難し, などはすっかり, などは自分, なん, について婦人, には乗りこえね, には同情, には快い, には耐え, にめそめそ, にもいろいろ, にもへこたれなかった, にも少し, にも耐え, に一刻近く, に両足, に今日, に俤, に出, に君, に喘い, に堪えかね, に堪えない, に堪える, に女同士, に平田, に打ち勝っ, に昨日, に沈みます, に泣い, に浮き世, に涙, に疲れ果てた, に縁, に耐え, に耐えね, に落つき, に負ける, に隠し, のほどはよう, の中, の余り, の十分の一, の為, の表現, はいま, はどれ, はない, はまあ, はみんな骨身, はやっぱり, は一分, は一通り, は今, は何, は倍加, は分らん, は去, は大抵, は女, は宿, は有益, は深い, は無い, は男, は真に, は第, は自身, は蓑, は記録, は辛し, は遣り, は骨, もこんな, もしみじみ, もちがう, もひだる, もまったく, もみんな男, も並大抵, も唯, も御, も決して, も無い, も糸, も胸, も辛し, やそれ, やらとにかく, や恐ろし, よ, より犬, わからないところ, をうった, をお, をくどき, をしみじみ, をその, をそれ, をつけ加え, をなめ, をほんの, をもつくづく, をチクチク, を五年あまり, を刻みつけ, を味, を味わいつづけた, を味わせ, を彼, を思い出す, を思ふ, を感じ, を感じる, を我慢, を敢, を数正, を書い, を歯, を母, を気持, を泣き, を浸, を涙, を痛切, を約束, を考え, を耐え, を見せた, を覺, を語る, を軽減, を辛抱, 又は他人, 口惜しさ, 心細さ, 故に泣いた, 苦しさ, 醜くさ

▼ 辛かつ~ (52, 3.7%)

302 たけれど, たの, たので

1 [16件] たか, たから, たが, たけれども, たぜ, たと, たといふ, たやう, たよ, たらう, たらうと, たらうな, たり, たんべ, た事, た筈

▼ 辛~ (36, 2.6%)

3 て私

1 [33件] てその, てその間, てとどく, てやって来た, てフィリップ, て一時間一哩位, て一枚, て三分の一ヵ月, て今日, て其危害, て其燈光, て冀, て唇, て堪え忍ぶ, て堪へた, て天, て岸, て打出しつ, て母子保護法, て水, て泳出, て渡り, て猶, て生死, て眠り, て眼, て空席, て第, て老父, て詩人, て読みとる, て通れる, て黒白

▼ 辛そう~ (32, 2.3%)

3 に顔 2 だった

1 [27件] だからとも, だったが, で自分マルセーユ, なとき, なので, な乱れ, な悲しい, な新, な様子, な涙, な表情, な顔, に, にいっしょ, にさえ見えた, にしくしく, に云った, に官兵衛, に母, に泣いた, に煮, に答えた, に見えた, に言った, に赤ン坊, に路, に身

▼ 辛~ (32, 2.3%)

1 [32件] に政太郎, の三月, の三歳, の夏実子, の年, の日録, の春, の春諳厄利亞興學, の部, の除夜, より丙子, 三十歳で, 三月二十九日に, 二月より, 二月予将卜居峨阜留別社友諸君, 二月二十一日には, 二月十九日に, 五月十八日二十二歳, 八月二十一日後の, 初春為請, 十一月七日の, 十月三日に, 十月下拙, 四月十一日後の, 天晴風静なり, 年宿屋飯盛が, 早春, 晴若宮辻の, 皇太子使を, 閏二月十四日, 霽将軍家の, 霽禅師公登壇受戒の

▼ 辛~ (31, 2.2%)

1 [31件] あつめて, いぶした形跡, した, したあんな, つけて, みた, 佃煮に, 入れる老来, 吊して, 含んで, 嗜食し, 嘗めた事件, 少しずつ, 少し入れ, 持つて, 採つて佃煮, 播いて, 斥し, 断って, 服しては, 服するもの, 極め勞費, 用うる, 盛ったの, 能く, 見て, 認められない不平, 貰つ, 重ねたれば, 重ねて, 食し火爛

▼ 辛~ (29, 2.1%)

3 かつた, さ

1 [23件] いおも, いさ辛い, かった, かったらしい, かったろう, かつたさうだ, かつたの, かつたらしい, からう, かりし都會, かツたん, きなごり, きは, き夢, き約束, き證據, ければ, さうに頭, さ悲し, さ苦し, や, やそれ, 過ぎるの

▼ 辛~ (28, 2.0%)

5 して 3 を願います 2 し切れなくなって, せよよい

1 [16件] がよく, が大切, が肝心, した, したる, しながら, しなければ, しようと, です, と引く手, は出来ません, は津田, をし抜いた, 出来たろう, 強い朴念仁, 強くいつ

▼ 辛~ (26, 1.9%)

2 喉を, 少許入口

1 [22件] いい鳴けば, 一二分間それを, 人の, 元の, 免れた, 呼んで, 外へ, 尋ね当てて, 放れないで, 放免され, 昨日霽ツて, 此の, 済す事, 百石で, 第一, 言葉を, 記して, 赤茄子の, 踏耐える, 這つて來た, 這つて来た, 食留め

▼ 辛~ (25, 1.8%)

2 やうな, ような, 日を

1 [19件] せいの, たぐいを, やうに, 佃煮を, 入物だの, 實を, 癇癪が, 砂糖煮, 端を, 粉が, 粉を, 結果漸く, 膏薬みたいな, 荷を, 葉などは, 葉の, 袋をも, 酉年は, 間に

▼ 辛~ (25, 1.8%)

4 の歳 2 にいたる, の夏

1 [17件] であつ, となした, と丁亥, には五, に成り, に霞亭, の十二月七日, の年, の旅, の春, の春杪夏初, の条, の紀事, の詩中, は霞亭, より算すれ, より遅れなかつた

▼ 辛~ (23, 1.6%)

2 のを, もんだ, 事が

1 [17件] くっても, こったよ, ことが, ぞみんな, つて後で, てうとうと, てゐた, なんて思う, の無理しん, も悲しい, 世の中によ, 事で, 事を, 所も, 棺桶は, 気持が, 砂糖って

▼ 辛~ (20, 1.4%)

1 [20件] からこう, がこの, が帝, が慰撫, ごときと, ならきっと, ならわし, のひとみ, の兄, の妻子一族四十人, は悶絶, は書簡, は欣然, は袁尚, は諫止, を前線, を引見, を招い, を招いた, を陣中

▼ 辛~ (17, 1.2%)

2 である

1 [15件] から三年經, から齊明天皇, が最初, だつたの, でありまして, といふ年, に柏軒, に當つて, に革命, の出来事, の年, の武鑑, は大正十年, は総じて, を蔀首

▼ 辛~ (16, 1.1%)

2 を盡

1 [14件] から夜一夜安氣, が察しら, すでに足る, だつたな, とその, と困憊, に打ち勝たれ, は一杯, は日々, をも受けるで, を尅服, を無, を王, を見

▼ 辛ふじ~ (15, 1.1%)

1 [15件] て, て不, て世, て区別, て急, て支, て映画, て本誌, て維持, て自ら給, て衣食, て観, て身, て重き枕, て食

▼ 辛らさ~ (13, 0.9%)

2

1 [11件] にこの, にた, にとうとう, に死にます, はあらず, も随分, を, を感じ, を感じる, を消し慰め, を言

▼ 辛~ (12, 0.9%)

2 つた, りき 1 え, ことばかりじゃ, つたおきよ, つたです, つたのは, つた午前中片づいた, つた時々, つた行乞したくない

▼ 辛~ (11, 0.8%)

3 の松 1 が大宮人, のあたり, の一つ松, の条下, の浜, は元, は比叡, をば幾らか

▼ 辛~ (8, 0.6%)

1 いつもあんなにぷんぷん怒り, これによりて, むっとし, アサルムの, 平気で, 怒って, 新聞記事には, 皮肉家だ

▼ 辛~ (8, 0.6%)

1 だと, には六十九歳, に書いた, に矢島玄碩, の十一月, の年, の歳, は寛政三年

▼ 辛すぎる~ (6, 0.4%)

1 からだ, ということ, ところも, ほど辛い, ような, 気持ちでしょう

▼ 辛っと~ (6, 0.4%)

1 二十号まで, 五月ばかしの, 出たよう, 半分起き上っ, 御安心, 跳ね退けた

▼ 辛~ (6, 0.4%)

1 にお鉢, に取っ, に押し付け, は思わせ振り, は有名, は頗る

▼ 辛かりし~ (5, 0.4%)

2 人達へ 1 ことを, ほどを見する, 夢より

▼ 辛~ (5, 0.4%)

1 交って, 出来る時分, 好いと, 好いの, 赤い

▼ 辛らく~ (5, 0.4%)

1 て仕方, て為様, なったので, 差上げたこの, 当つた

▼ 辛ろう~ (5, 0.4%)

2 じて 1 がした, て息もでけん, て辛ろう

▼ 辛~ (5, 0.4%)

1 と記した, には死ぬる, の生, は天保二年, を耶麻郡新宮

▼ 辛~ (5, 0.4%)

21 いのですから, からう, の流れ

▼ 辛~ (5, 0.4%)

1 などの冬作, は八九尺, をよく, を作りました, を粥汁

▼ 辛~ (5, 0.4%)

1 が告げる, の二名, は地, は空しく, を使い

▼ 辛がっ~ (4, 0.3%)

2 ていた 1 ていらっしゃる, ている

▼ 辛~ (4, 0.3%)

1 くさいもの, くさいんで, 臭いの, 臭いので

▼ 辛萬苦~ (4, 0.3%)

1 するとも, を侵し, を嘗められた, 迫る時彼

▼ 辛え目~ (3, 0.2%)

1 に逢, に逢つた, を見せ

▼ 辛がって~ (3, 0.2%)

1 この水車小屋, ゐる馬鹿, 泣いたり

▼ 辛との~ (3, 0.2%)

1 ことで, せいだらう, 事で

▼ 辛~ (3, 0.2%)

1 堪えしむる, 見えて, 麦藁に

▼ 辛らい事~ (3, 0.2%)

1 の一つ, の数々, を聞かされる

▼ 辛~ (3, 0.2%)

1 となるらしい, のはじめ, は淵明三十七歳

▼ 辛~ (3, 0.2%)

1 の餘澤, を察し, 仕り冬春

▼ 辛崎幸~ (3, 0.2%)

3 くあれど

▼ 辛巳五月二十六日~ (3, 0.2%)

1 に茶山, に菅茶山, の書柬

▼ 辛惨憺~ (3, 0.2%)

1 する現状, を思え, を重ねた

▼ 辛道度~ (3, 0.2%)

1 という者, と申します, は漂泊

▼ 辛酉革命甲子革令~ (3, 0.2%)

1 といふこと, には必ず, は日本

▼ 辛かん~ (2, 0.1%)

2 べえ

▼ 辛がり~ (2, 0.1%)

1 ながらよく, もせず

▼ 辛がる~ (2, 0.1%)

1 ことが, ときアッ

▼ 辛~ (2, 0.1%)

2

▼ 辛さうな~ (2, 0.1%)

2 笑ひ

▼ 辛さうに~ (2, 0.1%)

1 どたり音, 或場合

▼ 辛さうに男~ (2, 0.1%)

2 を仰いだ

▼ 辛~ (2, 0.1%)

1 えぶせ, 竹の子の

▼ 辛とを~ (2, 0.1%)

1 播く, 積み込んで

▼ 辛~ (2, 0.1%)

1 にし, に俺

▼ 辛へて~ (2, 0.1%)

1 ゐると, 貰は

▼ 辛~ (2, 0.1%)

1 万の, 滅茶苦茶の

▼ 辛~ (2, 0.1%)

1 心事に, 浮世の

▼ 辛らい~ (2, 0.1%)

1 ぜ, につけ

▼ 辛~ (2, 0.1%)

1 おツ, ても辛抱

▼ 辛亥元旦~ (2, 0.1%)

1 の作, 与塾中諸子

▼ 辛吉君~ (2, 0.1%)

1 が気が付い, なども立会

▼ 辛壬癸~ (2, 0.1%)

1 の事, を発見

▼ 辛崎明神~ (2, 0.1%)

1 と御, を志賀寺

▼ 辛巳七月二十八日~ (2, 0.1%)

1 に初, は初

▼ 辛巳西遊~ (2, 0.1%)

1 の端緒, の途上

▼ 辛惨澹~ (2, 0.1%)

1 して, は実に

▼ 辛~ (2, 0.1%)

1 せざるべからず, せよと

▼ 辛棒おし~ (2, 0.1%)

2 と言

▼ 辛棒づよく~ (2, 0.1%)

1 この窓下, 正しく親切

▼ 辛棒出來~ (2, 0.1%)

2 さうな事

▼ 辛~ (2, 0.1%)

1 の子, の時代

▼ 辛~ (2, 0.1%)

1 である, のもの

▼ 辛荷島~ (2, 0.1%)

1 は播磨国室津, を過ぎ

▼ 辛酉革命~ (2, 0.1%)

1 の改元廢止論, の時

▼1* [183件]

あくなるの, 辛いけれ共しかた, 辛いこつた辛いこつた, 辛いこつたらないいつ, 辛いったって仕事, 辛えたッて, 辛えて光子は, 辛えと言えば, 辛えんだごつさら, 辛がってるのは, 辛がらせをいう, 辛がらせようとてこんな, 辛さうにいつしよに, 辛さうに身を起し, 辛さこれほど辛い, 辛さみたいなもの, 辛さみんな人生の涙, 辛さ不愉快さだったと, 辛さ世路にまよう, 辛さ十分わかると, 辛さ千浪殿の胸, 辛さ厭さに同感, 辛さ君勇たちは鴨川湯, 辛さ問ひ慰めんと, 辛さ問い慰めんと, 辛さ失恋の辛, 辛さ毎日毎日棟梁棟梁と大勢, 辛さ競を為る, 辛さ自己の持ち得た, 辛さ間の悪, 辛さ雨である撮影所, 辛すぎて身, 辛すぎたので自分自身, 辛すぎますもの, 辛する状を, 辛っぽい笑いを, 辛とさう, 辛というは修辞一点張であった, 辛とが間道づたいに奇襲を, 辛なぞを懸け粗末, 辛にも政治家の, 辛のほど察すべし, 辛のみは最初から, 辛ばかりを空腹時に, 辛へるぎごちな, 辛または芭蕉の, 辛まつかな, 辛辛くなれ, 辛らいことも多, 辛らいのですけれど, 辛らいんですよ, 辛らい忍耐一人の子供, 辛らい板ばさみになつ, 辛らい苛責だつた, 辛らい試錬でも堪え抜く, 辛らかつたらうと, 辛らくあしらひ, 辛らく當つたのは, 辛らそうに喘い, 辛イガ間デ二十分ホド休憩ガアル, 辛イト仰ッシャルノモ無理ハアリマセン, 辛ウジテアノ病的ニ絶倫ナ妻ニ対抗シテイル次第ダガ, 辛ウジテソノ年ヲ送, 辛ウジテ嘴ヲ入, 辛ウジテ彼等ノ肉体, 辛ウジテ獨逸ヲ防止スルヲ得タル佛蘭西ガ, 辛ウジテ読ミ得ル程度ノ意, 辛シテ甘ヲ帯ブル者ハ葫ナリ大蒜ナリ, 辛と私, 辛ニシテ其辛臭ニシテ神ヲ昏マシ性, 辛一つと昆布, 辛一包づつ用意して, 辛万難を忍び, 辛丑六月二日今日武佐より言上, 辛丑冬本藩有司伝命, 辛丑晴山城大夫判官行村使節として上洛, 辛丑正月五日の作, 辛事件のあった, 辛亥京都痘瘡大に流行, 辛亥十月廿四日与立夫魯直酔梅家弟柏軒, 辛亥在銘の金銅仏, 辛亥霽寅剋大地震今朝日に光陰無し, 辛加知の任地越前, 辛勞かくも大, 辛勞終へて休ら, 辛勤一頓しさて, 辛成りの, 辛卯いずれも弥勒元年, 辛卯伊賀前司朝光, 辛卯南京十五大寺, 辛卯季秋抽斎酔睡中, 辛卯鴨社の氏人菊大夫長明入道, 辛吉さんにこの, 辛で, 辛の, 辛を塗り, 辛でんがく焼姉様, 辛崎一本松とは後, 辛崎図書之助, 辛巳七月五日でなくては, 辛巳中例の如く勉学, 辛巳以前に係る, 辛巳初春殘寒未去, 辛巳十二月廿一日癸酉の日, 辛巳四月十四日に京都, 辛巳天晴陰酉刻快霽, 辛巳西遊中宮島に往つた後, 辛をかっ, 辛張り棒を強く, 辛張棒を強く, 辛とを見出し得る, 辛感嘆をいよいよ益々, 辛な生活, 辛せねば, 辛所帯の足, 辛づよく聞い, 辛に五万騎, 辛棒づよいいい娘さんですが, 辛棒づよいものですから幾度いけないと, 辛棒づよい偵察をつづけ, 辛棒づよい偵察姿勢だとは, 辛棒づよい婦人たちとは根底, 辛棒づよい日本の勤労女性, 辛棒づよい社会勤労者の代表, 辛棒づよくきいて下さらなくては, 辛棒づよくそしてお金ためるの, 辛棒づよくも探し求めて, 辛棒づよく一歩ずつ動き, 辛棒づよく努力したか, 辛棒づよさが出て, 辛棒づよさを雪間の嫁菜, 辛棒シテオリマシタガ無論ドットネテイルトイウデハアリマセズ, 辛棒力であるが, 辛棒性がない, 辛棒落胆の光景, 辛棒酒の酔, 辛に, 辛く少し, 辛に相, 辛毘あざなは, 辛毘佐治にちがい, 辛毘劉曄尚書令の桓楷, 辛烈舌を刺す, 辛の山, 辛ゆい毒, 辛を思わず, 辛な, 辛をとりいれる, 辛紫蘇なぞが障子, 辛而眼を啓けた, 辛而篏ツてゐる, 辛而覺めかかツ, 辛而踏止ツたが, 辛而露命を繋い, 辛を植ゑ, 辛の島, 辛蘭万年草などおし, 辛と蛤, 辛を吹聴, 辛諫議のことば, 辛豆類に薄荷, 辛赤うなる, 辛過ぎたとか小言, 辛過ぎたらそれを, 辛過ぎますが牛肉, 辛過ぎるかも知れない, 辛酉地動き舎屋悉く破る, 辛酉左に四月十日, 辛酉新年の屠蘇機嫌, 辛酉春正月朔日橿原宮に即位, 辛酉是より先出羽国司言, 辛酉晩春劉生写と署名, 辛酉晴午剋忠綱朝臣件の御, 辛酉発行第三帙中, 辛酉相模次郎朝時主女事に依り, 辛酉陰去る十六日, 辛以上に, 辛防おしと言, 辛にツ, 辛面影とひな, 辛して, 辛へ出, 辛という風