青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「銀~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~鈴 鈴~ 鈴木~ ~鉄 鉄~ 鉄砲~ 鉄道~ 鉛筆~ 鉢~ ~銀
銀~
銀座~ 銀行~ 銃~ 銅~ ~銭 銭~ ~鋭い 鋭い~ ~鋭く 鋭く~

「銀~」 7801, 84ppm, 1323位

▼ 銀~ (1872, 24.0%)

42 ように 38 ような 37 竪琴を 17 やうな 15 煙管を 14 竪琴の 13 やうに 12 粉を, 鈴 10 鈴を 9 匙を, 平打の 7 かんざし, すすきの, 十字架を, 小箱, 滴降る降る, 盆に, 針の, 鈴の 6 光が, 簪が, 簪を, 糸の, 針を 5 匙で, 半デカグラム, 杯を, 燭台を, 盆を, 色の, 鍋を, 鍵を, 鎖を, 鯰の

4 [12件] 匙, 口から, 方が, 棒は, 棒を, 竪琴に, 色に, 花瓶を, 輪を, 金具を, 顔を, 食器を

3 [40件] おぼん, おりと, ナイフで, モナドの, 価値の, 光を, 冠を, 冷たさ, 器は, 器を, 壺に, 形を, 懐中時計を, 手を, 時計の, 楯, 水車でも, 沓を, 燭台が, 燭台に, 盆の, 目の, 竪琴で, 簪で, 粉が, 糸が, 線の, 色を, 輪が, 量の, 針で, 鉢の, 鋏を, 鎧の, 鎧を, 頭に, 頭を, 風, 食器と, 魚を

2 [150件] いろの, おたから, お月さま, お盆に, お盆の, お盆を, お笛, お藤, かざしで, きな粉で, ことなどで, ことに, ことを, つえを, つばさ, つもりに, となりの, なた, ぬいとり, はいった石, びんを, ぼんを, やんまも, ギザギザを, シガレット, シャープ, スプーンを, ビラビラを, フラノの, ペーパーナイフを, モナド, 一つ星が, 体に, 体には, 体の, 冠には, 剣の, 匙と, 匙の, 匙や, 十字の, 吸口の, 喇叭が, 器に, 器の, 地に, 城では, 塔を, 大きな杯, 如くほのか, 如く底光, 字を, 家の, 家へも, 家も, 小人が, 小匙, 小弓, 小矢, 小笛, 帯を, 彫刻物に, 影が, 影を, 手で, 手に, 指環を, 提の, 握りで, 握りの, 方に, 星か, 星が, 時計を, 月光を, 杖から, 杯である, 棒が, 棒の, 椀や, 椅子に, 様な, 水泥を, 点点海雀, 点線が, 焔の, 煙管へ, 爪を, 父親は, 牛を, 猫を, 百合が, 盆が, 盤の, 目, 目には, 真実価値の, 眼玉を, 竪琴, 笛, 箱を, 簪の, 粒子に, 糸, 糸で, 線が, 縁を, 置物も, 羽子の, 股引を, 舞扇, 舟を, 蓋を, 薄の, 蜘蛛の, 袋を, 襟飾りだけは, 覆輪を, 言ひ, 話で, 話に, 調, 調は, 調子は, 軍服のへ, 輪の, 金具の, 針金の, 鈴が, 鈴でも, 銚子を, 鍋に, 鍵が, 鎖の, 鏡の, 鐘は, 隣りの, 雨を, 雪を, 雫を, 靴を, 鞭が, 音を, 音色を, 頭にも, 食器や, 飾りの, 鱗の, 鱗を, 鶏を

1 [1040件 抜粋] あとを, ある量, うぶ毛を, おしっこを, おりに, お月さん, お菓子と, かぎに, かざしの, かざり鎖, かな具の, かめは, かんむりをあたまにのせた大きな, が, きせるを, くさりを, こととしか, ことは, こはぜの, ごとくなりわれら, ごとく額兀げ, さじと, せりふで, その時, たぐひ花模様絨氈, ちょうちょを, ちらちら, つづれを, つぶてを, つよく光る, とぐろを, ところへ, ぬひとり, はなしより, ひかり, ふほを, ほうである, まん丸な, ものを, やんま, ようだ, ような光り, を讀まう, アトムを, カップを, ケースの, サモワルと, サモワールを, シェーカーを, スズを, スプーン, スプーンそのものに, ソプラノ身にぞ, チョッキの, ナイフが, ナイフや, ハンドルの, ピラピラが, ピンセツトで, フオークを, フルートが, ボタンにも, マッチ箱を, メタルとで, メッキでは, モナドである, ライター, ランプの, 一つの, 一時片づい, 一脈, 七つの, 丈長や, 上に, 下駄の, 世話に, 中から, 中に, 丼から, 乱れ髪の, 二つの, 二四半デカグラムに, 交換価値の, 今の, 仏像三台と, 以前の, 仮面を, 伸板を, 使用に, 供給が, 価値は, 価値比例は, 健康は, 優勝カップを, 先に, 光さす, 光の, 光りで月, 光りは, 入り途, 六花の, 冑が, 写真掛けの, 冠をか, 出る処, 分子, 分量の, 前に, 剣, 割が, 効き目で, 匂いを, 包を, 匙だ, 匙など, 匙も, 匝器の, 十字勲章などに, 十字架が, 十字架の, 十字架細工の, 厚板の, 取次を, 台付の, 吊紐之, 吸口を, 吹きかへの, 呟く声, 呼子が, 咽びを, 品だ, 喇叭に, 器だった, 器とを, 器具を, 地の, 塔が, 壁に, 声は, 壺へ, 夜の, 大きなスプーン三個, 大匙三箇, 大蛇の, 天海を, 奉公先は, 奴が, 好きな, 如きも, 如き髮, 如く光り遠き, 如く沈默, 如し, 妹の, 姿だつた, 姿を, 家, 寝台に, 将軍は, 小さい耳掻き, 小さき頭, 小さなフォーク, 小さな止め金, 小ハゼ, 小刀を, 小型の, 小粒で, 小針を, 小銭が, 屏風に, 山にたいして, 山寨妙高山へ, 川, 巨き, 帯に, 帰りの, 帰るの, 平打, 平打だの, 平打ちかんざし, 平打に, 平打一つに, 床の, 廊下が, 延べ板の, 延べ板を, 延打の, 延煙管を, 引かれゆく幕, 引渡を, 弟の, 彫刻を, 後姿を, 御方方右五人, 心持が, 心持や, 心着け, 恐怖に, 悲しさ, 憂欝, 懐中時計や, 戦車や, 扇だ, 扉あるいは, 手斧が, 才覚も, 技能, 投槍である, 持つて, 挨拶を, 振出しの, 控鈕の, 提を, 握りに, 數は, 斑点の, 方か, 方だけに, 方の, 方御身持に, 日輪, 星だ, 星飾の, 時計も, 晒首の, 曇ったよう, 月を, 月光また, 本當, 杯で, 杯の, 杯出しゃがる, 板と, 板の, 枝に, 枝付燭台に, 柄の, 柔かな, 根金の, 格子細工の, 梅の, 棒と, 棹さして, 槍でも, 模範社員と, 横ッ面を, 樹は, 機嫌を, 櫂で, 櫂を, 櫛とが, 櫛の, 櫛を, 止め金の, 歯車を, 死骸を, 母親は, 毛抜で, 気に, 気も, 水, 水引で, 水面水面, 油の, 波の, 波を, 洗面器を, 派手な, 液, 湯沸に, 潤沢に, 火を, 灰皿は, 点線で, 焔が, 煙突を, 煙管さえ, 煙管で, 煙管なども, 煙草ケースから, 煙草入れから, 煙草入れを, 燈明台が, 燭台の, 燭台やら, 燭臺が, 燻しを, 父親の, 片脛折, 牙白い, 狼, 猫捨た, 玉と, 玉六つの, 王様が, 珠でも, 珠玉を, 環の, 瓔珞か, 生毛, 生立ち前, 甲冑の, 甲鎧を, 留金であった, 病気が, 白髪顔を, 皿が, 皿小鉢を, 盃の, 盆から, 盞を, 盥が, 目と, 目にも, 目前へ, 相談相手に, 真実価格の, 眼一双び眦に, 着物をかへ, 矢に, 矢並, 砥平らかに, 神経を, 稀少が, 立像が, 章を, 竪琴とで, 竪琴騎士の, 笑がは, 笛を, 筋が, 筋金打った, 箔を, 箭にて, 箱に, 箱もろとも, 箸が, 節雲の, 簪それを, 簪一本濃く, 簪持った, 籠, 籠を, 粉の, 粒を, 粥, 糸と, 糸を, 紋章の, 紙を, 素質と, 細い煙管, 細工を, 細箍の, 絃の, 絲を, 綿帽子を, 総髪は, 線でも, 線飾りの, 縁の, 縁取りを, 置時計ぐらい, 美しい盃, 羽が, 翼, 翼の, 耳へ, 肉刺や, 肌に, 背後には, 胸にも, 腕守の, 腕輪を, 腹が, 膝に, 臺も, 舞い込んで, 舟, 色が, 色である, 色紙に, 花形を, 花瓶に, 茶匙二本一挺の, 茶屋に, 茶瓶を, 草や, 荒々しい物, 華瓶に, 葉裏を, 蒼い顔, 蓋の, 薄光, 蘆を, 蛇が, 蛇の, 螽斯の, 血と, 表紙の, 製上に, 覆輪は, 覚えて, 角の, 解剖刀で, 言い分は, 言葉として, 調が, 調子には, 豊富と, 象眼が, 貰へ, 赤い枕, 足を, 足鐶である, 踵鉄を, 蹄鉄は, 輝きだけで, 輪と, 輪も, 輪蝶の, 透し彫り, 道具の, 部下の, 酒杯を, 野と, 量が, 金槌で, 金槌を, 釘を, 針が, 針では, 針金を, 釵が, 釵を, 鈴ふり, 鈴真鍮の, 鈴齊く, 鉢と, 鉢とだけが, 鉢とを, 鉢に, 鉤で, 銚子から, 鋤, 鋲を, 錠を, 錯乱, 鍋で, 鍋一つ包む, 鍵だ, 鍼を, 鎌, 鎖が, 鎖に, 鎧は, 鏈が, 鐘よりは, 鑰は, 長ぎせるで, 長柄の, 陽器瑠璃の, 雨が, 雨に, 雨は, 雨足は, 雪, 雫, 雲のうね, 霞に, 露に, 露睫毛の, 面に, 靴と, 鞘に, 鞭の, 鞭を, 音の, 音色澄み切った, 頭には, 頭へ, 頸輪とらし, 顏を, 顔は, 顫く, 食器が, 食器の, 食器上等の, 飯笥と, 首飾を, 香炉も, 髑髏を, 髪飾りでも, 魅力に, 魚の, 鰯が, 鱗さぴかぴか, 鳩, 鼎と, 齒車の

▼ 銀~ (1829, 23.4%)

45 はその 19 はそれ 18 はこの 1514 はお 13 が, の姿 12 とお, のため, の言葉, は竜 11 というもの, という人, に向っ, の眼, の面, もまた 10 の前, の方 9 がそれ, でありました 8 のお, のこと, の手, の身, はまた 7 という女, の声, の居間, の心, の父, はこう, はまだ, は弁信 6 であります, はついに, は今, は米友, もそれ 5 がお, がその, が言いました, その人, の胸, の部屋, はただ, は怖, は自分, をし

4 [18件] がこの, との間, のあと, のいる, のこの, のスフィンクス, の傍, の口, の名, の目, の言う, の頭, はそこ, はなお, はもう, はやはり, はゾッと, は冷然

3 [37件] がこう, がここ, が今, が米友, であること, です, と同じ, にとってはこの, にはその, の事業, の夢, の家, の挙動, の父伊太夫, の行動, の顔, はあの, はいつも, はいよいよ, はお雪ちゃん, はここ, はじっと, はたしかに, はどう, はまさしく, は再び, は冷やか, は幸内, は強い, は当然, は手, は父, は立っ, は行燈, は覆面, もその, を逃がした

2 [87件] がこれ, がふと, がまた, が今度, が何, が憤っ, が自分, が苦手, が説明, では, という方, といえ, といっ, と神尾, にその, に向い, に聞かせたくない, のあの, のこしらえた, のよう, の一行, の乗物, の仕業, の好き, の宿, の屋敷, の後ろ, の御意, の心持, の態度, の持っ, の来る, の横顔, の知識, の立ち姿, の耳, の胆吹, の胆吹王国, の背後, の行方, の言い, の追窮, の領土, はあわて, はいつのまにか, はそう, はどうしても, はどこ, はやがて, はやっぱり, はやや, はようやく, はクルクル, は二人, は人, は先, は冷, は別段, は口惜し, は叱る, は急, は悪女, は最初, は月, は机竜, は決して, は泣い, は火, は独言, は目, は眼, は神尾, は神尾主膳, は絶えず, は腹, は言葉, は頭, ばかりで, もちょっと, もやはり, を, をここ, を怖, を抱え, を押立, を片手, を説い

1 [1007件 抜粋] お角, からいろいろ, からこの, からそう, から三日, から反問, から呼ばれた, から尋ねられ, から指示, から改めて, から畳みかけられ, から突き戻し, から言われ, から迫られた, から預かった, があきれ, があらたまった, がありました, がいつ, がいや, がお雪ちゃん, がきっぱり, がくるり, がこしらえ, がこんど長浜, がそう, がそんなに, がだから, がつい, がつぎ足さない, がどういう, がどこ, がはじめて少し, がははあ, がまず, がもし, がハッ, が一層, が七里, が不思議, が二階, が人, が位牌, が何と, が余念, が促されまし, が倉, が内, が写経, が力, が厳然, が受取っ, が可憐, が堪えられなくなった, が委細引, が存外落着, が山, が屹, が彼等, が心もとな, が思い乱れ, が急, が怪しまず, が感じました, が我物顔, が持ち出した, が振返る, が改めて, が新月, が書, が机, が村, が枕もと, が横目, が正面, が武蔵, が泣き出しました, が烈しく, が無下, が父, が珍しく軽く, が窓, が立ち上った, が笑い, が筆, が篤と, が細目, が繕う, が腹, が興味, が見, が見れ, が訪れない, が誰, が辛くも, が逃げ込んだ, が進ん, が遠眼, が針, が面, が馬上, が高い, こそは関ヶ原, だけがただ, だけが改めて, だけが相, だけで, だけに許された, だけは都合, だってただ, ってどうも, であったの, でありましたから, であろうこと, でさえが, ですね, でなかったらぜひ, でも来, というお方, という暴女王, とがこうして, とが住ん, としてさも, としてはお, としてはこの, としては最初, としては絶対, としてもいまさら, としてもそれ, としても我, とそれから, とても同じ, との問答, との隔て, と不破, と共にその, と千様, と小さい, と弁信, と旅さき, と竜, と見られた, と隣り合っ, ならぬ親方, にあっ, にお, にかしずい, にこんな, にとってはついぞ, にとっては命, にとってもよい, にとって意外, にはこれ, にはたまらない, にはまだ, にはわからなくなっ, には何, には合点, には奉書, には思われ, には歯, には直ぐ, には薪, にばっかり限った, にもちょっと, にもまた, にも会っ, にも軽快, によって甲府, にピタリ, に先手, に出し抜かれ, に呼びかけた, に土蔵, に報告, に対してこそ妙, に対しては一目, に対する不破, に導かれ, に悪意, に摺れ違う, に旅, に正面, に物語る, に突き当ろう, に見せつける, に言われた, に近い, に進言, に長期応戦, に離, に頼ん, のあまりざっくざっくした扱いぶり, のいずれ, のいわゆる, のかかり, のかり, のこれ, のさすが, のところ, のほか, のもと, のカン, の一つ, の不平, の中, の乱れた, の仕事, の代名詞, の住む, の侮蔑, の傲然, の全身, の創作, の同情者, の呪い, の嗜好, の好奇, の存在, の実家, の寝間, の少女, の帯, の常, の座敷, の当座, の後ろ姿, の微行姿, の応対, の怖い, の悩乱, の悪しき, の意, の意志, の感覚, の所望, の手先, の手足, の拵えた, の捕われた, の支配, の教養, の時の, の望み通り, の本質, の枕許, の権幕, の歩み行く, の歴史, の泊った, の片意地, の理想, の生霊, の監督, の眼前, の神経, の筆端, の結い上げた, の耳朶, の肉, の肌, の背中, の脇息, の腰, の膝元, の興味, の行く, の行手, の覆面, の見た, の視線, の計画, の読書, の足許, の身辺, の返事, の金扱い, の鋭敏, の関ヶ原, の頭巾, の頭脳一つ, の風向き, の驚いた, の魂, の鼻, はあたりまえ, はあれ, はいっそう, はいつ, はいませんでした, はおの, はかく, はこういう, はこちら, はこれ, はさいぜん, はさほど, はしとやか, はしょう, はすでに, はせっかく, はそこで, はその荒涼たる, はそれでも, はそんな, はちっとも, はとうとう, はどうか, はなおも, はならず者, ははじめて, はふと, はまさに, はまたも, はむしろ, はゆらりゆらりと, はよく, はわざとらしく, はわるびれず, はキラリ, はスフィンクス, はツン, は一, は一人, は一尺, は一時恐怖, は一見, は一輪挿し, は三たび冷然, は主膳, は井戸縄, は今ここ, は何かしら, は何者, は充分, は写し絵, は冷淡, は冷笑気味, は凱歌, は前, は力かぎり, は十七八, は危なく, は受取っ, は吉原, は呆れ, は喚ッ, は土器野, は地上, は多く, は夜中, は夢うつつ, は大手, は大鷲, は奇, は好き, は嫌い, は小さい, は小判, は小高い, は尺八, は山, は岸, は座敷, は引裂いた, は心, は心配, は快い, は悠然, は悲惨, は愕然, は慄, は慰められ, は憤りました, は懐中, は戸前, は手文庫, は手紙, は折返し, は押しかぶせ, は放逸, は断念, は日頃, は易, は昼, は書物, は枕許, は桑名戻り, は椿, は歯咬, は気色ばん, は水指, は泣きました, は活法, は清洲, は火鉢, は無事, は無意識, は物, は特に, は猶予, は甲府盆地, は留度, は盥, は相, は眉, は砕ける, は穴, は立ちどまった, は笑いました, は筆誅, は籠行燈, は総身, は縮緬, は胸, は自棄, は花, は蛇, は行成, は言いました, は転げ落ちた, は辛うじてこう, は過去, は鍬, は長途, は関ヶ原合戦, は関守氏, は附け加え, は青天碧落, は面, は風景, は飛び起き, は駄目, は鳥居前, は鷹揚, ばかりです, への御, へ御機嫌, ほどの人, もあの, もいや, もうとうと, もお雪ちゃん, もこうして, もこの, もしつこく, もそぞろ, もちゃんと, もまだ, ももらい泣き, もわざわざ, もツン, もムク犬, も事, も共に, も前, も呆れ, も存外, も小町, も少しく, も幾度, も思わず, も改めて, も気がつく, も癇, も確か, も竜, も見惚れます, も転がる, や米友, らしい人, をお前さん, をさえ軽く, をとらえた, をもそれ, を亡き, を保護, を助け, を単に, を向う, を喜ばす, を小町塚, を引立て, を恐れない, を憚, を担い, を捉え, を無二無三, を片意地, を知っ, を立てる, を縫いつける, を背負っ, を見る, を見廻し, を誘い出し, を連れ, を閑却, を驚かせました, 来って

▼ 銀~ (474, 6.1%)

7 笹村の 6 そう言っ, 思った 5 その時, 笹村に, 自分の 4 さう 3 そうも, そんなこと, 外へ, 子供を, 家から, 笑いながら, 顔を

2 [43件] あとで, おどろいて, お筆, お返しします, さらに台所, じきに, すこし不審, すべての, そう言い, その以前, その夜, どうかする, ひとつの, ひどく寂しい, まずせがれ, やはり顔, 一番最初に, 今考え, 充血した, 内へ, 再び起ちあがっ, 単衣, 又おどろいた, 又もや嘆息, 夕飯を, 夢の, 少しずつ, 年寄りで, 後で笹村, 急いで, 早々に, 格子を, 水口から, 泣きながら, 溜息を, 相手に, 窓から, 笹村を, 腹立たしくも, 蒼い顔, 表へ, 試みに, 長火鉢の

1 [329件] あくまでも女, あまりいい, あまり笹村, ある日, ある日医者, ある日笹村, ある時, ある晩, いかにし, いたましそう, いっそう甲府落ち, いつの, いつもの, いよいよ入院, おかしそう, おりおり笹村, お丸, お冬, お勝手と, くじの, くたびれた目, ここへ, この月, この機会, これまで, ごまかすよう, さほど気, しばらくする, せがれが, せめて銘仙, せッ, そこへ, そのころ, そのま, その不意, その人たち, その安い, その家, その後また, その後勝手に, その手, その晩酒, その病室, その真似, その薬局, その部屋, その顔, それから, それから半, それでもいそ, それまでに, それを, そんなよう, そんな時, たくみなし, ただ笑っ, ちょうど茶, ちらちらする, つやつやと, どうした, どうしても生き還らなかつた, どうしても聽, どちらへ, なんぼ雪, にっこりした, ばたばたと, ひとしきり苦々し, ひらりと, ぴしゃんとその手を, ほっとした, また易者, まだ悩み続け, まだ赤い, まだ髮, もう髪, やおら面, やはりかかりつけ, ようよう九つ, よく知っ, コートに, シンに, ツンと, ニヤリと, フランスや, ムキになって, 一ギニイ貨中に, 一ト月ばかり, 一二町つい, 一寸萎れ, 一晩気味悪, 三人の, 上って, 下宿の, 下谷から, 下谷の, 不安らしく考え込ん, 不思議そうな, 不思議そうに, 不思議に, 主として大坂, 二分銀で, 二塊と, 二朱銀を, 二畳の, 云った, 互に敵同士みたい, 五個か, 亡くなった叔父, 京橋から, 京橋に, 京橋の, 人の, 仔羊の, 以前の, 体の, 何にも, 何も, 何時何處で, 何気なげ, 信長の, 側に, 傍から, 僕に, 僕達を, 先代の, 全部持ち帰った, 六畳の, 再び溜め息, 再び溜息, 出がけ, 出たついで, 初めて逢った, 匕首を, 医者から, 十九か, 十年ほど, 千鳥と, 単に余計物, 厭わしいよう, 叔父の, 口の, 口惜しさ, 口惜しそう, 古い時分, 叫びながら, 呆れたよう, 唯の, 四個をもって, 困って, 圓三郎と, 圓三郎の, 坐るまもなく, 塩煎餅を, 声も, 売薬に, 外から, 夜その, 夜叉神堂から, 大して気, 夫婦きりで, 妙に, 始終笹村, 婦人たちの, 嬉しそう, 子供に, 子供の, 客の, 家へ, 寂しい下宿, 小田原在の, 少しあわて, 屈託そうに, 山内の, 巧みに, 帰って, 帰省する, 年が, 幾度も, 広い部屋, 床の, 引越の, 張合いが, 彼らに, 後で若い, 心配そうに, 忰が, 思いついたよう, 思い出したよう, 急に, 息を, 悲鳴を, 惑わしいこと, 戸を, 戸外へ, 手拭を, 手摺りに, 手紙を, 手足の, 抓られたり, 折角の, 拡げて, 括られて, 支度の, 明けつ放しで, 昨夜何を, 昼飯の, 時々そう言っ, 時々その, 時々湯島, 時々田舎, 時々障子, 晩に, 晴れ着の, 暑くて, 暑そう, 曇んだよう, 朝から, 朝に, 本位貨であり, 机の, 東さんでない, 柔かく二ツ, 柔かそう, 格子に, 正一の, 死んだばかり, 死んで, 殿樣の, 母親が, 気に, 気懈, 沈んだよう, 流通の, 浮き浮きした, 海女の, 涙含ん, 淋しい笑い, 淋しそう, 深山が, 溜め息を, 火照ったよう, 火鉢に, 燥いだ, 物蔭へ, 独言の, 狼狽えて, 珠を, 現れないの, 甘えるよう, 産を, 甥が, 甥の, 用が, 田舎へ, 畳の, 疑いも, 病院の, 痛みでも, 発作的に, 白い胸, 皆倒れます, 目のあたりを, 目を, 眉を, 真白な, 真蒼, 眼を, 知れたもの, 硬い母親, 突っ立った, 窓の, 立派に, 笑い笑い, 笑って, 笹村から, 笹村が, 笹村のを, 箪笥の, 紅色の, 終いに, 翌朝の, 聴かない振り, 肉づいた, 胎児の, 腹へ, 自信が, 舟は, 芝の, 若い医師, 茶の間の, 菊次郎を, 萌黄の, 萎れたよう, 落しの, 葉櫻の, 葛の葉の, 裏から, 言い出した, 訊いた, 誇大に, 貧国よりも, 起き出して, 蹌け, 車の, 軟かい初, 近ごろ思いがけなく, 途中で, 造幣標準に, 運動場へ, 道を, 邪魔物扱ひ, 部屋を, 金五郎の, 銚子が, 長いあいだ, 阿呆拂ひ, 険しいよう, 障子を, 電車に, 面白そう, 革の, 頓狂な, 頭脳が, 顔に, 風呂の, 餅, 驚きも, 髪など, 黒い壁

▼ 銀~ (217, 2.8%)

8 出して 4 手に 2 おどろかし溝口夫婦, 一見した, 包んで, 収めた, 散らして, 殺したの, 殺す暇, 用いて

1 [189件] あざむく鱗, うけ取ると共に, おかみは, お絹, くれた, こてこてに, さへ, ざくざく掴み出し, して, しても, そっくり乃公, そのまま石英, たくさん船に, たくわえて, ためた, ためるには, ちりばめた仏像, つかったところ, つかんで, つつんで, つらね貢物, つれて, とかした噴水, とられるし, とりあげて, ぬすんだ泥坊, のせて, はしらしむ, ひかれて, ふくふい, ふりまいたよう, ぶちまけた, まうけた, もって, もつて, やって, やらさねえって, エタに, 一つつまみ出し, 一つつまん, 一と, 一ツ包んだ, 一個出し, 一方に, 一枚紙に, 一粒紙に, 上納すべし, 両替へ, 交へ, 伴れ出す, 借りた, 偸むを, 傍から, 元手に, 入れそら, 入れて, 其處に, 出した, 出しても, 刷いた, 加え銀, 助ける氣, 北京に, 取った覚え, 取って, 取りまぜて, 取り漫然卓上, 取得し得る, 受け取って, 含有し, 吹く役所, 呼びつけて, 呼んで, 呼出して, 埋めた二枚, 執りに, 塗りつけたるもの, 売ると, 多く持たない, 妹以上に, 妻と, 山分けに, 市場に, 市場へ, 幾つか, 幾俵とも, 庇ひ, 引きのべた様, 引き寄せ人丸左陣, 引合せたの, 引留めようと, 張つたこれも, 張つた扇を, 当時の, 後に金, 得る唯一, 怖れ, 急き立てて, 悼む汝, 慰めた, 憎んで, 手数料なし, 手金として, 打ちました進むに, 打つて, 払い渡された, 払って, 投げ出すと, 投り出し, 持って, 握らせたその, 搜し出した, 携帯し, 救ひ, 散らした裳, 散らしぬ, 数えた, 数え厨内, 映して, 染めたロダン翁, 柱と, 植えたよう, 殺さないとは, 殺しさうな, 殺した下手人, 殺した本, 殺して, 水晶で, 流して, 流通せしめ, 浮べ名殘, 海の, 渡した, 溶かしたよう, 無理に, 燻したよう, 燻して, 理解する, 用いた類, 用意し, 発行した, 発見した, 発見しなけれ, 盗み出したが, 盤の, 眺めて, 着く, 知らないと, 紙に, 自由に, 英公使セント, 落して, 蔽ふて, 袂に, 被せてる, 見せても, 見つけ出したの, 見る如き眞, 訪ねて, 詰問する, 象嵌した, 負わせたものの, 負担し, 貯えて, 貰た, 貰って, 買いに, 買って, 賜は, 購買するであろう, 贈る, 贏ち, 軍費の, 返しに, 追ひ廻して, 送りこみましたぜ, 造った随, 造幣局に, 進ませて, 那古屋の, 野に, 量って, 鋪き詰める, 鋳造する, 鍍した, 頂いて, 鱗に, 鳴らして, 黒くする

▼ 銀~ (157, 2.0%)

4 お君 3 泣いて 2 そのころ, 入って, 初めてここ, 勝手の, 坂田の, 大名の, 来ましたよ, 泣いてる

1 [134件] あまりいい, あらかたじゃ, あらわれた, いいよ, きらきらひかりました, けたたましく叫ぶ, この笊, すべての, すみに, そこに, そこへ, そこらに, その時泡, その生産, それほどの, それを, そんな相談, たしかに見とどけた, たしかに見届けた, つくった大, つぐ酒, でたり, とうとう笹村, どうして板倉屋, どれだけ, ないわい, ふいと, ふとその, また目, みどりが, むずかる正一, もし作中, もと金助町, やはりこの, ややさび, よくつれ, よく往来, カラカラと, タオルを, 一ぱいはいつてゐるのでなほびつくりしました, 一枚, 一畳ばかり, 三つ四つコロコロ, 三年以来の, 上るにつれ, 不変であり, 乗り込んで, 二三へ, 五百元あった, 今の, 何だ, 何枚か, 余所から, 作った大, 価値を, 偶然手に, 僕の, 先刻酒好きな, 出て, 出宮古, 出来るか, 初めて笹村, 十六七の, 半九郎, 友人の, 台所の, 四五十ルピーそれから, 地の, 埋めて, 埋沒, 多いの, 多からざる, 夜笹村の, 女兵ばかりを, 好きで, 姉さん姉さんッて, 婚礼の, 嫌いな, 子供を, 山寨を, 悲しい声, 戸外から, 才川家へ, 捲き髪姿, 支拂はれた, 数えるほどしか, 時々そんな, 曲者で, 来て, 来ましたよう, 来るよう, 歸る, 死んださ, 死んだの, 残って, 泣いたこと, 泣いたという, 泣いてる坂田, 浮彫を, 深い眠り, 減って, 溶けて, 琵琶の, 用心深く鎖した, 疑は, 発見されました, 相当薄い, 眼の, 立つて, 笹村の, 箔れなかった, 紙幣の, 紛失し, 素直に, 翫具を, 腕車に, 自由に, 茶の, 草で, 蒼い顔, 蔭で, 袂に, 裏庭へ, 見繕って, 言って, 贋貨に, 辿って, 逃げて, 進むに, 遊び駒に, 難癖を, 風呂敷包みなどを, 餓えと, 騰貴し

▼ 銀五郎~ (147, 1.9%)

5 や多 3 の体 2 がこの, がその, であった, という者, の声, の片足, の言葉, の駕, はぎょ, はそれ

1 [119件] いきなり利腕, かも知れません, か知らん, がああ, がああなった, がすでに, がそっと, が一生, が両手, が今, が吉報, が多, が多市, が失礼, が帰る, が怪しい, が押し込まれ, が押し退け, が最期, が死, が涙, が無二無三, が見えぬ, こそお, さすがに, しばらく顔, そこでしんみり声, だ, である, ではない, というの, というもの, という方, という親分, とかいった, とご, としても思わぬ, とほか一名, とやら申す, と多市, と法月弦, どうやら多, にも弦, にわびる, に乾分, に似, に多市, に対しても破, のあの, のうしろ, のおも, のかた, のなき, のほう, のみでなく, の一心, の一身, の利腕, の前, の半身, の口, の叫び, の導きであろう, の左, の後ろ, の後ろ構え, の手, の手向け, の手足, の打ち, の最期, の死, の浴衣, の用, の真心, の眼, の空骸, の血, の語調はまごころ, の足もと, の足元, の身寄り, の身辺, の遺志, の頬, は, はあわて, はおびただしい, はその, はどう, はわざと, は一人, は丁寧, は今日, は信じ, は傷手, は彼, は深, は目的, は眼, は自分, は覗き, へ気, へ目星, またしきりに, まったくうれしく, もう受身, もさてはそう, もまた, もズッ, やその他, わっし, をかばっ, を取り返す, を抱きしめた, を挟ん, を突き飛ばし, ガバと, 戻って

▼ 銀~ (131, 1.7%)

8 お舟 6 一緒に 3 緑の 2 のかべと, 二人で, 桜の, 磯谷との, 称して, 緑と, 金と, 金の, 銭とを

1 [96件] いって, お前は, お君, かがやく, しだいに品位, そして山, なり銅, なる, なるッ, ひわ, ふたり暮しであった, ふたり暮らしであった, みどりと, ガラスが, クリスタルガラスとの, ノータイム, リンクする, 三人の, 両面の, 二面あります, 云うが, 云う子, 云う男, 云ふ, 云ふも, 交換される, 交換する, 交換せられ, 仲の, 兌換される, 前に, 合した物, 呼ばれた男, 圓三郎は, 大同小異です, 密通致し, 弁信と, 張横の, 思えや, 打ちこんで, 替えたん, 歩を, 灰とに, 灰吹問題築堤の, 珊瑚の, 甲府在の, 申します私, 申す如何, 申す町内, 白蝋の, 真鍮とで, 硝子の, 称えるの, 称ふ, 紅玉の, 紫, 紫との, 紫の, 紺の, 紺青が, 紺青と, 紺青との, 絹これも, 緑との, 緑に, 緑を, 義統とは, 翡翠の, 苹果とを, 茶汲女の, 藍と, 藍とで, 藍との, 装身具だけ, 見えたり, 見え陰に, 観世水の, 言つて十六から, 言つて本, 言はれた, 赤との, 赤の, 赤銅で, 赤銅の, 輝く美しい, 逢引し, 金に, 銅, 銅とを, 銅の, 青を, 黄金が, 黄金と, 黄金の, 黒づく, 黒との

▼ 銀ちゃん~ (109, 1.4%)

5 のアパート 2 どうした, は

1 [100件] か, がそう, がにやにや, がガラガラ, が声, が好き, が忘れられなくなる, が盞, が紅中, が言った, が警察署裏, そんなん, だ, だった, だったかも, との噂, などという安っぽい, にいわせる, にすすめられ, にも合わす, に会い, に会う, に会わすまい, に会わね, に似合わぬ, に知れ, に細君, に電話, に頼まれた, のこと, のふところ, の二の舞, の仲間, の傍, の口癖, の声, の強気, の心, の所, の本名, の気持, の狼狽ぶり, の稼ぎ, の肩, の背中, の迷惑そう, の顔, はあわて, はうなっ, はせめて, はそっと, はどこ, はなぜ, はなに, はひと, はふと, はほっと, はまず, はまだ, はむりにそこへ話, は京極, は人力車, は今, は前後不覚, は受取らず, は呼びとめ, は困るだろう, は少し, は平気, は憂欝, は拝む, は昨夜, は来ない, は毛虫, は煙草, は眼, は知らなかった, は笑いかけた, は膝, は自虐的, は言っ, は軽い, は返す, は通り掛った, への腹いせ, へ電話, もご, もセントルイス, も情ない, も酒, を利かせた, を抱い, を見, を頼り, 投げキッス, 知らんだろう, 見て, 言って, 頑張って, 頑張れ頑張れ

▼ 銀~ (95, 1.2%)

3 して 2 ささやいたこと, なる, 話しかけた

1 [86件] あらざれば, いいつけて, かえ小粒, かがやきキラキラ, きらめく, くちづけ僧徒, ここへ, しては, し銅, そよぐの, つきつけて, なったと, なって, ならぬかと, ぶつかったから, もてはやされるの, やった, タケノコでも, 一朱銀を, 云つた, 代えること, 会いに, 促されて, 光った, 光って, 光る太い, 光る鍵, 光る鰹, 冬物を, 厭な, 向って, 変ったの, 変るとよ, 強請った, 当てて, 彩って, 憤りを, 成り, 抱かれて, 換えて, 換へ, 支えられながら, 改鋳せらるる, 散乱する, 暗くかげり, 来て, 柔順な, 死なれてが, 比較し, 汐辛に, 渡した, 無理な, 照って, 疑ひを, 目が, 知らせたの, 移るまでの, 紅葉その, 置き換えられようと, 聞いたところ, 脇差を, 葵の, 見える色, 覺られない, 言った, 言われた, 話した, 話したが, 語つて聞かされた, 變る, 象眼を, 輝やい, 轍は, 逃げ出されてから, 這入りまして, 連れられて, 金を, 金子五十円の, 鏤ば, 間違は, 限られ従って, 青い金, 青に, 青海波の, 顔を, 高彫した

▼ 銀~ (89, 1.1%)

3 はチョット 2 と共に本堂, に手代り, の分, の背中, は茶

1 [76件] お辰, がいた, がやります, が乳鉢, が仏, が口, が感, が時々, が無言, が程, だ, だけなんださう, だなんて, でなきや, というの, という職人, といっ, といふの, と小女, と折重なっ, と絡み合った, と肩, に任せ, に見られ, の人相, の匕首, の土盛, の外, の姿, の態度, の流れ, の着物, の肋骨, の胸, の襟首, の身体, の身内, の陳述, の顔, の飼つて, の鶯, の鼻, はあ, はお, はすこし, はそこで, はそのまま, はそれから, はそんな, は上り口, は依然として, は動かなかった, は又, は固い, は坐った, は平気, は広間, は張合い, は思ひ, は新しい, は明日, は月明り, は本, は潜り戸, は片手, は眼, は神妙, は緊張, は道具屋, は酔い, は骨董, もたしか, も大, も藤六, を引っぱり上げ, を疑わなかった

▼ 銀さん~ (84, 1.1%)

5 と一緒 4 と私 2 の着物, の言, は, はお

1 [67件] から自分, から見る, が他, が數, が新六郎, が氣, が洗手盥, が皆んな知つて, が腕, それから上, って誰, てえの, といっ, といふ人, といふ兄貴, といふ娘, とお, とやらがどうして, とやらに通, と云う年取った, と仲, と御, にとめられ, には惚氣, に昨夜, のすゝめ, のよ, の品, の方, の機嫌, の血染, の髮, はあたし, はどう, は何處, は先代, は利巧, は前垂, は又, は國, は學問, は從兄妹同士, は御店, は新六郎, は昨夜, は歌麿, は死にました, は氣丈, は漸う, は船, は蒼く, は裏, は近所, は陽氣, も亦, も助かる, も大きく, も大和魂, も御店, も無, も私, も見えない, を小堀樣, を知らなき, を附け廻した, を騙し, 黙って

▼ 銀いろ~ (79, 1.0%)

4 の空, の霧 3 がけむっ, に光っ, に光り, の靄

2 [13件] で大きく, にかがやき, にさ, に見えました, のなめく, のはね, のホーク, の小鳥, の指輪, の穂, の翼, の雲, をした

1 [33件] がけむつて, な明るみ, にうねっ, にちらちら, になっ, にピンピン, に光る, に立ち消え, に輝い, のかがやき, のけむり, のつめた, のびらうど, のゴム, の一つ星, の三日月, の二本, の剪刀, の巨体, の幻像, の戦ぎ, の明るい, の月, の月光, の柳, の水脈, の波, の蕪, の軟毛, の雪, の飾り, の髪, 薔薇いろ

▼ 銀~ (59, 0.8%)

6 の部屋 3

1 [50件] が, があたらしく, があなた, がいまだに, がかすか, が出っ歯, が百円札, が行っ, が行方不明, が訊いた, だったらあなた, だよ, であった, といつも, といふ男, とばかりで, と連, に挟まれた, に較べ, のすすめる冷えた, のはこん, のデスク, の世話, の分, の寿女, の心, の忙しく, の拵, の沈んだ, の眼, の行方, の親友, はこの, はフト, は二人, は奥, は師匠, は座, は思ひ, は手まめ, は笑い, は處刑, へは構いつけなかった, も座, も酬い, も黙し, や源太等, を一度, を笑わせる, を見る

▼ 銀~ (56, 0.7%)

4 金も 2 お舟, それを, 年寄りの, 思案に, 見知らず不自由さ

1 [42件] あったもの, さすがに, その先代, ないが, なしに, なんでも, やがて後, よう焼け, よし灰色, 一度笹村, 二人を, 体の, 元吉, 半分真面目で, 嘲笑う, 子供の, 子供を, 宝石も, 弟たちの, 待ち設けないこと, 戻した積り, 木の, 正一を, 此頃より, 母親も, 気が, 浮ばれまい, 烏金も, 男だ, 真黒に, 笑って, 脱脂綿や, 自然心易く, 袂を, 褥の, 見知らずさぞ, 言ったが, 貰い泣きを, 跡取, 間もなくそこ, 飛車も, 黄金も

▼ 銀~ (56, 0.7%)

2 [14件] で人, で刺され, で殺しました, で眼, に右, に眼, の曲者, の殺人鬼, の誘惑, は鷹, もなくなり, よりは役に立つ, を三寸, を深々

1 [28件] あはや, あわやお, がござんせん, がすこし, がちらちら, が落ち, てな, で小鬢, で笹龍膽, で間違, と赤い, なんぞは折り曲げ, にやなぎ, のほか, の光, の耳, は金五郎, やその, をかり, をもと, を一本, を持つ, を振り, を揮っ, を揮つて, を畳, を見る, 乱れる裳

▼ 銀~ (55, 0.7%)

2 はチマ子, は貴子

1 [51件] がひとり, が昔, が青い, だ, だった, であった, であろうか, というの, とでもいう, と変えた, にとっては余りに, にとっては生涯, にとって京都, の体, の子, の方, の本妻, の生活, の眼, の瞼, の細鞘, の足下, の迷い, の顔, はいきなり, はいきなりどきんと, はおれ, はそう, はその, はどきんと, ははげしい, はもう, はもう一度, はプラットホーム, は一緒, は大阪, は既に, は桜橋, は梅田新道, は満州, は素早く, は車夫, は辛い, は駅前, もすっかり, も洗っ, をぽうっと, を乗せた, を抱い, を抱き, を見る

▼ 銀~ (52, 0.7%)

2 の顔, 老人は

1 [48件] いよいよ図, したり顔に, しっかりやってくん, という親分, という高田, とんと胸, と勝手, と知らざる, と言った, に抱かれ, の一団, の役目, の後, の曲馬団, の来かかる, の決心, の率いる, はしてやっ, はそのまま, はどう, は下枝, は亭主, は何, は八蔵, は即座, は大きく, は妙, は尻ごみ, は泰助, は真面目, は耳, は覗き, は門口, は頷き, は驚き, は驚きつ, ばかり苛める, もべそ, も玉汗, も私, やお前, を下枝, を導き行きぬ, を慰めた, を見れ, 老人が, 老人の, 遅かった

▼ 銀~ (51, 0.7%)

3 表わした小麦

1 [48件] お釣は, こしらえたかわいらしい, こしらえたもの, こしらえた器具, こまかく細工, さ, つくって, つくられた花, できて, なされたが, チカチカひかった, 一緒に, 二十両支払は, 二百フランぐらいには, 仕組んだ芝居, 作ったこの, 作ったすすき, 作った可愛らしい, 作つた, 修繕し, 出して, 出来て, 刺繍した, 千鳥を, 半分は, 唐草を, 売られました, 床を, 扇面を, 打ち止め, 拵えて, 支払うこと, 松に, 染めた髪, 渡す銀貨, 満足し, 煙草は, 画いた松, 白蓮に, 積み鍋銭, 置いた松虫, 請取れ, 象眼の, 造られたよう, 造られた貨幣, 酒を, 飾つた細い, 飾られた乳白

▼ 銀二郎~ (51, 0.7%)

2 だ, である, の生

1 [45件] がきいた, がその, が影屋敷, が爪立った, が立っ, が羽織, が見る, それから江戸, だけはうばたま組, という, とかって, とともに無念流双璧, にとっては意外, のあと, のからだ, のため, のだみ声, の口, の右肩, の家族, の構え, の生母, の秋水, の行動, の顔, の首, はまず, は一笑, は不思議そう, は人魚, は刀, は前年壬申九月三日, は姿, は守人, は平, は押され, は柔, は足もと, は酔っ, へ縁談, をつけ, を御免安, を探し出し, を望ん, を見かけ

▼ 銀~ (50, 0.6%)

2 の一角, の方, の淺田屋, の白旗金神, へ帰っ

1 [40件] でも名うて, といった, と皆川町, なりといふ然, にはそんな, には居たたまれなかった, に向, の両替屋阿波屋三郎兵衛, の伊勢屋, の兩替屋阿波屋三郎兵衞, の兩替屋阿波屋藤兵衞, の叔父, の呉服屋, の大工, の大工伊兵衛, の家, の小金井樣, の巴屋三右衛門, の店, の棟梁伊兵衛親方, の相模屋, の石井三右衞門, の自宅, の藤屋, の角, の阿波屋三郎兵衛, の阿波屋三郎兵衞, の阿波屋藤兵衞, は大工, へ寄っ, へ引返しました, へ戻された, へ戻った, へ知らせる, へ行つて, へ飛ん, へ駆け, まであ, まで飛びました, も過ぎ

▼ 銀~ (44, 0.6%)

4 の下, へ坐つた

2 [17件] から白い, から背後, のお, の前, の方, の明るい, の横, の筆, の金庫, へ投げ込む, も板場, をしとく, を代, を代らう, を振り返る, を空, 見て

1 からその, から其の

▼ 銀~ (42, 0.5%)

9 の上 3

1 [30件] が垂絹, であること, で半分, となっ, にのせ, にシガレット, にジンフィール, に一枚, に五六種, に盛られた, に肺臓, に菓子, に落花生, に血, に載せた, に電報, のよう, の名刺, の様, はポコリ, や鉄板, をおろし, をささげ, をすまし, をそのうえ, を何, を待っ, を目八分, を眺め, を胸

▼ 銀煙管~ (39, 0.5%)

2 おとなしきは, を噛ん, を構え

1 [33件] いっそ悪党, から薄い, が, でポン, で悠暢, で時々, で煙草, で白い, で真, で私, で莨, とを取りまとめ, なんかを一つ二つ, にて煙草, に煙草, に輕, の吸口, の煙草入, の雁首, の音, はおろか, は市川流, へ煙草, まで聊か, を取り上げた, を取り出した, を抜く, を持ち, を握った, を研い, を膝, を軍配団扇, を逆手構

▼ 銀~ (36, 0.5%)

3 貝殻で 2 一分金に, 豆板銀に

1 [29件] お徳, が横行, その他の, それにたいして, ダイヤモンドや, ダイヤモンドを, 五色の, 子供の, 弟を, 朱や, 玳瑁でございました, 痛みや, 砂金を, 硝子の, 磯谷の, 笹村の, 紅の, 老人に, 象牙や, 貝殼で, 部下達と, 金で, 金色の, 銅の, 鋼鉄や, 青や, 香港ドルは, 黄金が, 黒のや

▼ 銀~ (36, 0.5%)

10 のアポローン, の神アポローン 3 の, のアポローン彼 2 の大神, の神 1 のアポローン一, のアポローン共, のアポローン追風, の絃音, 強きアポローン嚇し, 鳴らすアポローン

▼ 銀~ (30, 0.4%)

3 を放つ 2 の朧

1 [25件] がない, が戦き戦き泳い, にくずれだした, のすゑ, のもの, の尾, の平面, の投網, の斑点, の燻し, の範囲, の紫, の羽搏, の肌, の輪, の閃き, の陰影, の音, は空, を, を帯び, を浴び, を漂わせ, 溢れて, 照らす洞窟

▼ 銀~ (30, 0.4%)

2 の演技, の腕, の顔

1 [24件] か, がいま, が答え, が酒, だ, だな, でも銀的, とどう, と夫婦約束, に二度め, の声, の才能, はかなきり声, はそこで, はその, は両手, は仰向き, は叫ん, は呻き, は抵抗, は私服警官, は縁台, もよりつかなくなった, を見る

▼ 銀~ (29, 0.4%)

2 の方

1 [27件] お覚え, が宜, が死骸, という子分, といふ顏, とて痴, と云われた, と申し, に引渡しました, の後ろ姿, の泣き, の片付けた, の衣, はうさん, はそれでも, は事もなげ, は大和巡, は如何にも, は妬ましい, は旧, は蛇責, は説明, は頭, も健か, も繩張内, よ, を殺し

▼ 銀~ (29, 0.4%)

3 となっ 2 のよう

1 [24件] がつながっ, が尾, が星月宵, が月光, が見えた, が閃いた, とうね, となり, に似た, に追われ, のくねり, のごとくきらめい, の光, の光り, の日本刀, の赫耀, の走る如き, の飛ぶ, は不意, は忍剣, を一閃, を走らす, を闇, 躍るが

▼ 銀次郎~ (27, 0.3%)

1 [27件] かどうか, から私, が住ん, が用人, が私, が訪ね, である, という名, という老人, といふの, とか言, と知つて, のもの, の怪しい, の身辺, の身體, の長屋, はヒラリ, は兵法忍術, は此處, は武藝兵法, は飛, をでかい, を伴, を召捕る, を招いた, を縛らせ

▼ 銀~ (27, 0.3%)

3 のよう 2 のやう

1 [22件] が池中, が火, でつくった, になっ, に触るる, のごとく, のみは流石, の尽きる, の揺れ, の曲折, の触れ合, の震え, の駆け巡る, は日, を, をひい, を匂やか, を延べ, を張った, を描い, を曳き, を走らせ

▼ 銀ちやん~ (26, 0.3%)

1 [26件] から所有物一切, がつい, が出す, が口, とは翌日午前九時, と言, の家, の密談, の方, はお, はこの, はさう, はちや, はジロリ, は二人, は出, は初め, は唾, は枯れた, は毒々しく, は生, は聲, は茶の間, は血相, も上つて來, を顧み

▼ 銀~ (25, 0.3%)

5 のよう, を振る 2 に触れる

1 [13件] が爽, が谺, と聞く, のやう, の如く, の如く澄み渡っ, の山彦, の響, の魔, の鳴りつづける, をひびかせ, を鳴らす, 与玉珥

▼ 銀との~ (22, 0.3%)

3 花の

1 [19件] いっぱいつまった, ノクタアン, 一大コンクリート風景を, 上で, 内外比価の, 噴水が, 垂れ幕が, 差の, 平野である, 泣き交す, 盃に, 相対的市場価値の, 糸で, 縞を, 肩ぎぬに, 襞をを, 運動の, 長い将来, 関係より

▼ 銀ブラ~ (22, 0.3%)

2 して, のとき

1 [18件] さ, するとき, する人, である, ということ, となる, にしろ, のため, のモガ, の人達, の盛ん, もこれ, もレストラン, をした, をしなけれ, をする, をなさらない, を企てる

▼ 銀~ (22, 0.3%)

3 とお 2 の姪, は小

1 [15件] がウン, が会っ, が呟きのこし, が妾宅, すらも, すらも知らなかった, とオカネ, についてる, のアリバイ, はそれ, は一文二文, は妾宅, もまだ, もサグリ, をのせ

▼ 銀三十枚~ (22, 0.3%)

7 の持主 2 を郵送

1 [13件] が入っ, が卓, が股, だ, であった, と指環, と私, のため, を, を取り返す, を取り返そう, を彼女, を携え

▼ 銀仮面~ (20, 0.3%)

2 の三日月がた, の怪物

1 [16件] がいた, とそっくり, とむかいあっ, なの, のいでたちです, のまっくろ, のトカゲ男, の怪人, の飛行怪人, はどこ, をかぶっ, をかぶった, をくくりつけ, をぬい, をぬぎ, を空

▼ 銀~ (20, 0.3%)

2 に水, の湯

1 [16件] からドッ, が出る, が沸, が眠気, と云う, と湯呑, に残ってる, のなか, の把手, の湯気, の酒, は可, を手, を捧げ, を掛けた, を鼠

▼ 銀~ (18, 0.2%)

6 の下落 2 の低廉 1 が絶えず, におけるこれ, に及ぼす, に関してもたらす, に関する枝論, の低落, はあまねく, はスミス博士, はヨオロッパ, を下落

▼ 銀~ (18, 0.2%)

2 のついた

1 [16件] など僕, の守りかけ, の懸, の煙草入, の肌守り, の莨入れ, の逞, もちらつく, をそっと, を付け, を帶, を引っぱっ, を引張っ, を捲い, を物々しく, 附きたる菖蒲皮

▼ 銀~ (17, 0.2%)

1 [17件] がここ, がすぐ, が早く, です, というの, という奴, に引き摺られ, の方, の肚, はおさん, はすぐ, は不意, は吉原, は女郎屋, は相談, は茂兵衛, は重い

▼ 銀~ (17, 0.2%)

3 と鶴巻

1 [14件] がやあ, が後ろ, と私, の声, の後, の言葉, はそんな, は偽, は徐ろ, は手風琴, は退屈, へ書いた, も苦笑, や鶴巻

▼ 銀~ (16, 0.2%)

15 しらえ 1 しらへの

▼ 銀~ (16, 0.2%)

2 というの, なん

1 [12件] が一緒, が居, が相当, という男, といっ, といふ顏, とが犯行, との共謀, の仲間, の艀舟, は裸, を逃がした

▼ 銀~ (16, 0.2%)

2 のよう, の房, の駒, や飛ん 1 などに反射, などもごく, の獅子, の耳, の飛ん, の馬, はまっしろ, を冠

▼ 銀~ (15, 0.2%)

2 という床屋, の亭主

1 [11件] から参りました, から頼まれ, に来, に無え, に附ききりであった, の御, の親方, の銀, へ帰りました, へ飛ん, を立ち

▼ 銀白色~ (15, 0.2%)

2 の真珠

1 [13件] に輝き, に輝く, のうつくしい, の光, の布片, の火, の粉, の膜, の花, の金属, の雲, をなせる, を呈し

▼ 銀~ (15, 0.2%)

1 [15件] か黄金虫, がたかツ, がベタいちめん, が慕っ, が来, が歓声, が群がっ, で覆われてる, に化け, の藻, の飛びまわる, はポプラ, を水, を水面, を知っ

▼ 銀~ (14, 0.2%)

2 うてる長

1 [12件] うちし壯麗, うてる美, の光, の着いた, の短銃, をちりばめし, を打った, を打てる, を飾り, 打った欄干, 打てる莊麗, 飾る劔

▼ 銀~ (13, 0.2%)

2 ニッケルと, 小波か, 白金かの, 白銅らしい 1 四分一か, 白金か, 銅かの, 鍍金の, 黄金かの

▼ 銀~ (13, 0.2%)

5 黄色だ 2 があと 1 ああ緑, か解らない, か銅, がエドン, が青銅, ね

▼ 銀どの~ (13, 0.2%)

6 そなた 2 お銀どの 1 お前の, ここは, では, なんと見事, 今そなた

▼ 銀~ (13, 0.2%)

2 の鎖

1 [11件] が載っ, だった, に薬, に見惚れ, の上, はきっと, はインチキ, は黒縮緬, を作る, を見つめ, を見る

▼ 銀~ (13, 0.2%)

2 の蒸気

1 [11件] の, のその, の光, の峰, の川, の柔毛, の毛, の紗, の頭, の髭, の魚

▼ 銀~ (13, 0.2%)

4 の猫 21 で, と金目, のチロ, のネコ, の尾, は実は, を光らし

▼ 銀という~ (12, 0.2%)

1 [12件] のが, ものを, ような, 大問屋, 娘と, 娘の, 小さな料理仕出し屋, 料理屋が, 若い女, 銀を, 馬大尽の, 駒銀が

▼ 銀とは~ (12, 0.2%)

1 [12件] お肚, こんな話, すなわち, その月, ちょっと見, 不安を, 四方を, 地丸左陣に, 性が, 本當, 裏で, 違って

▼ 銀~ (12, 0.2%)

2 はそう 1 です, といえ, の令夫人, の奇抜, はこんな, はその, は傷ついた, は立ち上りました, は胸, は食物

▼ 銀~ (12, 0.2%)

1 [12件] かをやっとった, があらわれた, がやって来, に命令, の一, の一味, の家, は幾分, は相, は負傷, を総, を追い廻し

▼ 銀~ (12, 0.2%)

1 [12件] かこむ室, がしずか, が立て, である, と化し, に酔余, のため, の映え, は沈んだ, は涼し, は知らぬ, を掠め

▼ 銀~ (12, 0.2%)

2 のよう, の粉 1 でもかけ, の切, はいやい, へ唾, をそそい, を一包, を塗, を懸けろ

▼ 銀~ (12, 0.2%)

1 [12件] が厚く, が敷い, が流れ, が鴨川石, に列なる, の, のよう, の様, は目, をしきつめた, を撒いた, を散らした

▼ 銀にも~ (11, 0.1%)

2 解って, 載せなかつた 1 それを, そんな話, 同じよう, 悪い気持, 比えがたき, 比へ, 見覚えが

▼ 銀磨き~ (11, 0.1%)

6 の十手 1 お預り十手, の万年雪, の丸棒, の光, を掛けた

▼ 銀兵衛~ (9, 0.1%)

1 がこれ, がつづけ, がもう一度そう, が立ち去っ, に向う, はきょとん, は楽屋口, へ, や梅

▼ 銀左衛門~ (9, 0.1%)

1 がいった, であった, につかまっ, に新之助, のこと, の眼, の知己ども, はたった今, は彼

▼ 銀様自身~ (9, 0.1%)

1 がよく, が吹聴, が算木筮竹, が荒っぽく, の用意, は事毎, は弁信, は故郷, よりもたまり兼ねた

▼ 銀鍍金~ (9, 0.1%)

2 の楯, の石鹸函 1 の徽章, の時計, の縁, の饒舌, の饒舌家

▼ 銀モール~ (8, 0.1%)

2 をつけた 1 で刺繍, で飾られた, の刺繍, の太い, の美しい, は指

▼ 銀包み~ (8, 0.1%)

1 があった, がせっかく, が拝めなく, だ, だぜ, をただ, をひい, を握っ

▼ 銀~ (8, 0.1%)

1 と渦, なり雨霽, に光る, に萌え始め, の, の瓦斯, の蒼蠅, の魚

▼ 銀から~ (7, 0.1%)

1 こんなこと, その話, 弁龍和尚の, 聞いて, 聞かされた, 萩野へ, 髢を

▼ 銀かん~ (7, 0.1%)

2 ざしが 1 ざし, ざしです, ざしの, ざしを, ざし黒繻子帯

▼ 銀でも~ (7, 0.1%)

1 ある, ない, なければ, 一向に気, 一文銭でも, 出すこと, 出て

▼ 銀一つ~ (7, 0.1%)

1 だってちょろまかせ, にては貴, のみと獨, を剰し, を裸, 出すもの, 握らせたり

▼ 銀~ (7, 0.1%)

7 に踊る

▼ 銀細工~ (7, 0.1%)

1 がいい, のもの, の木の葉, の鉛筆, やニッケル細工, をし, をな

▼ 銀~ (7, 0.1%)

1 があっ, に秋, のごとく, の銀箔, をひかえた, を晩夏, を開け放ち

▼ 銀象嵌~ (7, 0.1%)

1 である, に鏤め, の吉丁虫, の短銃, の細工, をした, をする

▼ 銀金具~ (7, 0.1%)

1 が光つて, のばりん, の付いた, の厚い, の台, の帯皮, の抽出

▼ 銀とで~ (6, 0.1%)

1 こしらえた首飾, できて, 入って, 全体が, 大柄な, 蔦の

▼ 銀作り~ (6, 0.1%)

1 がちらばった, の剣, の大, の太刀, の猫, を肴

▼ 銀六老人~ (6, 0.1%)

1 が, がのそ, にもあの, はいつ, はお, は首

▼ 銀~ (6, 0.1%)

2 の水 1 の文様, を卸し, を取っ, を覆し

▼ 銀屏風~ (6, 0.1%)

1 が一隅, が立っ, の前, の牡丹花, を眺め, を立て

▼ 銀張り~ (6, 0.1%)

3 の煙管 1 のよう, の博奕, をからり

▼ 銀~ (6, 0.1%)

2 座の 1 座で, 座に, 座へ, 緑彩人ハミナ羅衣ニシテ烈朱臙脂濃紫黄藍を

▼ 銀~ (6, 0.1%)

1 があります, が見えた, はセセラ, をちら, をむい, を見せ

▼ 銀歯組~ (6, 0.1%)

1 のひとり, の刑部様, の名折れ, の巣, の旗本, やごろ男

▼ 銀~ (6, 0.1%)

2 を薄く 1 のよう, の丘, の水, を敷き

▼ 銀~ (6, 0.1%)

1 と混ずる, の, の渦, は前, を渦, 怒濤

▼ 銀~ (6, 0.1%)

2 であった, であるから, を扛

▼ 銀~ (6, 0.1%)

1 があっ, が再び, です, の公子たち, の少年, の馬

▼ 銀~ (5, 0.1%)

1 めえ, 徳, 舟などといふ, 銀お, 銀どの

▼ 銀といふ~ (5, 0.1%)

1 のを, 女の, 娘で, 娘です, 物は

▼ 銀とを~ (5, 0.1%)

1 ながし, ながす, 心すとも, 投じ又, 流し

▼ 銀より~ (5, 0.1%)

1 卑しい金属, 成るか, 成れる兩轂左右, 白き穗, 金が

▼ 銀三十~ (5, 0.1%)

1 であいつ, で売つた, なんと素晴らしい, をえ, を与える

▼ 銀~ (5, 0.1%)

1 から借りられる, というの, と称える, を殺害, を見つけ

▼ 銀~ (5, 0.1%)

2 の靄 1 の壁, の照り, の翼

▼ 銀~ (5, 0.1%)

1 である, のよう, の色, をぐいと, を引っ張った

▼ 銀~ (5, 0.1%)

2 を射出す 1 が斜め, のやう, の光

▼ 銀~ (5, 0.1%)

1 がかすか, がきらり, にお前, にお前其様, のかすか

▼ 銀には~ (4, 0.1%)

1 あまり好ましく, お銀自身, その意味, 錫を

▼ 銀一枚~ (4, 0.1%)

2 で小判 1 になる, 賜り候

▼ 銀一粒~ (4, 0.1%)

1 だ, で大, どころか一文, の替

▼ 銀三百十一個~ (4, 0.1%)

1 をもって新, をもって米ドル, をもって米銀百ドル, を以て新

▼ 銀五十枚~ (4, 0.1%)

2 の御 1 を賜, を賜わる

▼ 銀光り~ (4, 0.1%)

1 がチラチラ, にした, に輝い, をし

▼ 銀光燦爛~ (4, 0.1%)

4 たり

▼ 銀~ (4, 0.1%)

1 と替へられ, の役神戸なにがし, の旗, 無きかと

▼ 銀~ (4, 0.1%)

2 新七 1 の奥, をかたらつ

▼ 銀~ (4, 0.1%)

1 から日本人, があり, の所在, を特に

▼ 銀拵え~ (4, 0.1%)

2 の大小 1 の銅金, 金剛兵衛盛高一尺四寸の

▼ 銀明水~ (4, 0.1%)

1 から胸突八丁, に達したる, の側, の浄水

▼ 銀次郎氏~ (4, 0.1%)

1 と相談, のお話, のごとき, の談

▼ 銀~ (4, 0.1%)

2 に盛られた 1 にシガレット, に盛っ

▼ 銀緑色~ (4, 0.1%)

1 に雨, の夕方, の樫, の清純

▼ 銀~ (4, 0.1%)

3 の簪 1 の釵

▼ 銀~ (4, 0.1%)

1 のまんなか, をのせ, を置い, 挾みの

▼ 銀~ (4, 0.1%)

2 のよう 1 のやう, の落つる

▼ 銀~ (4, 0.1%)

1 に変った, を拾う, を目つぶし, を餅屋

▼ 銀かな~ (3, 0.0%)

2 具の 1 具が

▼ 銀ぐさり~ (3, 0.0%)

2 をかけ 1 のついた

▼ 銀たち~ (3, 0.0%)

1 のいる, の近く, を相手

▼ 銀だって~ (3, 0.0%)

1 云いやすが, 人間程, 只形を

▼ 銀ちゃんと~ (3, 0.0%)

2 会うて 1 坂野とは

▼ 銀ちや~ (3, 0.0%)

2 ん威勢 1 んジヨンニー

▼ 銀であり~ (3, 0.0%)

1 このこと, 九〇%銀の, 九〇%銀半

▼ 銀では~ (3, 0.0%)

1 ありません信仰, ないか, なく金

▼ 銀とが~ (3, 0.0%)

1 互に比較, 声を, 落ち合って

▼ 銀とも~ (3, 0.0%)

1 光るの, 見ゆること, 金とも

▼ 銀なら~ (3, 0.0%)

1 ば二, んとは, 今頃まで

▼ 銀なん~ (3, 0.0%)

3

▼ 銀にとって~ (3, 0.0%)

1 それは, そんなむずかしい, 心淋しかっ

▼ 銀のさ~ (3, 0.0%)

1 ざなみはてしなくかがやく海を, ざなみを立て, ざなみ河や

▼ 銀~ (3, 0.0%)

1 行きますよ, 行って, 駈けつけた

▼ 銀または~ (3, 0.0%)

1 金での, 銅その, 銭を

▼ 銀みがき~ (3, 0.0%)

3 の十手

▼ 銀よりも~ (3, 0.0%)

1 白ずんだ, 約十五倍, 鄭寧で

▼ 銀一個~ (3, 0.0%)

1 が手引き, でもそれ, を面箱

▼ 銀二十~ (3, 0.0%)

1 は勿論, は牧者, を貽

▼ 銀六百グラム~ (3, 0.0%)

2 と交換 1 に等しい

▼ 銀~ (3, 0.0%)

1 に精巧, に輝かしく, の太鼓

▼ 銀小銀~ (3, 0.0%)

1 というよう, のあと, のはなし

▼ 銀~ (3, 0.0%)

1 である, をちらす, を突ッ

▼ 銀~ (3, 0.0%)

2 の煙管 1 の細い

▼ 銀摺り~ (3, 0.0%)

1 した女扇, した女持ち, に雪南天

▼ 銀文字~ (3, 0.0%)

1 で書かせた, の光り, の書冊

▼ 銀~ (3, 0.0%)

1 は空, をちりばめた, 連れて

▼ 銀~ (3, 0.0%)

1 であるに, と銭札, は何

▼ 銀~ (3, 0.0%)

1 の如く, の屋根, をキラキラ

▼ 銀~ (3, 0.0%)

1 が京橋, と云う, は僕

▼ 銀~ (3, 0.0%)

1 に珠, を叩く, を象牙

▼ 銀次ぢ~ (3, 0.0%)

3 やない

▼ 銀~ (3, 0.0%)

2 の如く 1 と浪花屋

▼ 銀治氏~ (3, 0.0%)

1 という, の紹介, もまだそのまま

▼ 銀~ (3, 0.0%)

1 であった, をのせ, を出し

▼ 銀~ (3, 0.0%)

1 おつま, とか櫓下, の感じ

▼ 銀~ (3, 0.0%)

1 つけて, をいただき, 堅くよ

▼ 銀百足~ (3, 0.0%)

1 のよう, の名, の鞘

▼ 銀~ (3, 0.0%)

2 といふ言葉 1 という言葉

▼ 銀簪一つ淡泊~ (3, 0.0%)

2 と遊 1 と遊ばし

▼ 銀~ (3, 0.0%)

1 そのほか, と同じく, の気

▼ 銀蜻蛉~ (3, 0.0%)

1 が飛ん, は明日, を欲し

▼ 銀象眼~ (3, 0.0%)

2 の煙管 1 が散らし

▼ 銀造り~ (3, 0.0%)

1 の強, の戒刀, の長

▼ 銀~ (3, 0.0%)

1 の竹, の紫檀, の蛇木杖

▼ 銀~ (3, 0.0%)

1 がかるく, になつた, を凝視

▼ 銀~ (3, 0.0%)

1 が鉢, はつらつ, をはなち

▼ 銀いろで~ (2, 0.0%)

2 大さ

▼ 銀お前~ (2, 0.0%)

1 はまた, は何

▼ 銀ぎせる~ (2, 0.0%)

1 に水府, 印籠みんなろく

▼ 銀さん一人~ (2, 0.0%)

1 で働く, は商人

▼ 銀さん何~ (2, 0.0%)

1 うです, も時

▼ 銀さん達~ (2, 0.0%)

1 と一緒, は強い

▼ 銀ずくめ~ (2, 0.0%)

1 の湯, の箸

▼ 銀その他~ (2, 0.0%)

1 の物, の貨物

▼ 銀たこ~ (2, 0.0%)

1 へおでん茶めし, へ寄り

▼ 銀~ (2, 0.0%)

2 やあるまい

▼ 銀としては~ (2, 0.0%)

2 ひとの

▼ 銀どう~ (2, 0.0%)

2 したもの

▼ 銀ながし~ (2, 0.0%)

1 だ左, ぢや

▼ 銀に対して~ (2, 0.0%)

1 ほとんどすべて, 提供する

▼ 銀のべの~ (2, 0.0%)

1 煙管にて, 煙管を

▼ 銀びろう~ (2, 0.0%)

1 どのこころもち, どの刻み

▼ 銀ほど~ (2, 0.0%)

2 光れる長五徳

▼ 銀ほどは~ (2, 0.0%)

2 光が

▼ 銀~ (2, 0.0%)

2 金よ

▼ 銀をも~ (2, 0.0%)

1 疲れをも, 疲をも

▼ 銀バス~ (2, 0.0%)

1 は今, 並んで

▼ 銀メッキ~ (2, 0.0%)

1 のペンシル, をし

▼ 銀一グラム~ (2, 0.0%)

2 の交換価値

▼ 銀一万両~ (2, 0.0%)

1 と夜着三十領, を賞し

▼ 銀一人~ (2, 0.0%)

1 の思ひ, はお

▼ 銀一色~ (2, 0.0%)

1 が裳, の人通り

▼ 銀三さん~ (2, 0.0%)

1 がお, のこと

▼ 銀三貫目~ (2, 0.0%)

1 だつた, といふもの

▼ 銀~ (2, 0.0%)

1 をはの間, を擲つ如し

▼ 銀主方~ (2, 0.0%)

2 と見物衆

▼ 銀二つ~ (2, 0.0%)

1 ありしを, 出さ

▼ 銀二万両~ (2, 0.0%)

1 といふ要求, などにこ

▼ 銀二十枚~ (2, 0.0%)

1 とを頂戴, をばわれこ

▼ 銀二千ドル~ (2, 0.0%)

1 の生命, の賞金

▼ 銀五グラム~ (2, 0.0%)

2 の交換価値

▼ 銀五両~ (2, 0.0%)

1 が渡された, と爆弾

▼ 銀五個~ (2, 0.0%)

1 の始末, を袂

▼ 銀五枚~ (2, 0.0%)

1 が紛失, であつ

▼ 銀~ (2, 0.0%)

1 糸, 糸の

▼ 銀六枚~ (2, 0.0%)

1 などよりは遥か, を下さる

▼ 銀六親分~ (2, 0.0%)

1 なんかに呉れ, に逢

▼ 銀~ (2, 0.0%)

1 翔り舞, 翔り舞うその

▼ 銀~ (2, 0.0%)

1 がある, なり君

▼ 銀十枚~ (2, 0.0%)

1 を下さった, を下さつた

▼ 銀十枚下し~ (2, 0.0%)

2 置かる

▼ 銀~ (2, 0.0%)

1 デカグラム, デカグラムの

▼ 銀~ (2, 0.0%)

1 という目, の小勇

▼ 銀~ (2, 0.0%)

1 を奪い取った, を背負っ

▼ 銀場ぐらゐこれ~ (2, 0.0%)

2 でも勤まる

▼ 銀太郎~ (2, 0.0%)

2 と云

▼ 銀~ (2, 0.0%)

1 です, の御祝い

▼ 銀~ (2, 0.0%)

1 の噂, を遁

▼ 銀平が~ (2, 0.0%)

1 悪智慧, 言うの

▼ 銀~ (2, 0.0%)

1 や裾野, を投げ

▼ 銀~ (2, 0.0%)

1 の大口袴, の小袖

▼ 銀~ (2, 0.0%)

1 の近衛兵, を引っさげ

▼ 銀栖鳳~ (2, 0.0%)

1 へ行き, へ行く

▼ 銀~ (2, 0.0%)

1 がひらひら, が二本

▼ 銀~ (2, 0.0%)

1 だの酒桟, もあれ

▼ 銀様ひとり~ (2, 0.0%)

1 がそれ, だけの姿

▼ 銀様一人~ (2, 0.0%)

1 が留守居, の舞台

▼ 銀様独得~ (2, 0.0%)

2 のスフィンクス

▼ 銀母子~ (2, 0.0%)

1 が顔, とその

▼ 銀汀君~ (2, 0.0%)

1 から聞いた, と仕事

▼ 銀沈黙~ (2, 0.0%)

2 は金

▼ 銀洋燈~ (2, 0.0%)

1 の白い, へ伸ばした

▼ 銀百ドル~ (2, 0.0%)

1 と交換, に適応

▼ 銀百枚~ (2, 0.0%)

2 を御

▼ 銀~ (2, 0.0%)

1 だ, でも

▼ 銀相場~ (2, 0.0%)

1 が廉い, が毎日変化

▼ 銀~ (2, 0.0%)

2 の十手

▼ 銀磨き朱房~ (2, 0.0%)

2 の十手

▼ 銀粒子~ (2, 0.0%)

1 に作用, の中

▼ 銀~ (2, 0.0%)

2 にし

▼ 銀~ (2, 0.0%)

1 で刺繍, の縫

▼ 銀線みたい~ (2, 0.0%)

1 にキラキラ, に美しい

▼ 銀~ (2, 0.0%)

1 となる, と書く

▼ 銀自身~ (2, 0.0%)

1 の矜恃, もそれ

▼ 銀花堂~ (2, 0.0%)

1 で下町好み, といいました

▼ 銀茶寮~ (2, 0.0%)

1 とか申す, へ行く

▼ 銀茶色~ (2, 0.0%)

1 がやはり, の芽

▼ 銀~ (2, 0.0%)

1 などが落葉, のなめらか

▼ 銀~ (2, 0.0%)

1 と人參, を積ん

▼ 銀~ (2, 0.0%)

1 のごとく, の戦袈裟

▼ 銀~ (2, 0.0%)

1 に翡翠, の玉かん

▼ 銀通貨~ (2, 0.0%)

1 が剽削, をその

▼ 銀造さん~ (2, 0.0%)

1 とおっしゃる, の夫人

▼ 銀銅貨~ (2, 0.0%)

1 を叮嚀, 取り混ぜて

▼ 銀~ (2, 0.0%)

1 で時代, の襖

▼ 銀~ (2, 0.0%)

1 がプスリ, をシャープペンシル

▼ 銀鐵石炭その他~ (2, 0.0%)

2 の鑛物

▼ 銀青色~ (2, 0.0%)

1 の庭, の横腹

▼ 銀~ (2, 0.0%)

1 にはらわれ, をふるって

▼ 銀~ (2, 0.0%)

1 と云, の需

▼ 銀馬鹿~ (2, 0.0%)

1 だと, は黙っ

▼1* [518件]

ああいう鋭い, 銀あって中, 銀あの地丸を, 銀あらゆるまばゆいほどの, 銀あるいは金鍍金などで, 銀いぶし六枚折り, 銀いやさお, 銀いろしたながいヴェール, 銀おやじがすげ, 銀お玉の二人, 銀かざりの太刀, 銀かで出来て, 銀かと思って, 銀かは慥と, 銀からの理由を, 銀がちぎつた大楊梅, 銀がね貢さん, 銀きせの丸盆, 銀ぐらいねうちの, 銀こそは居留地外人から, 銀こんな美しい鳥, 銀さんのだと, 銀さんッてマダム, 銀さん仮りにあなた, 銀さん姉さんッてはッ, 銀さん竹屋の寅さん, 銀さん自分で食う, 銀さん邪魔したね, 銀しっかりするん, 銀じゃアない, 銀すなわち運上金を, 銀すらもう明治四年ごろ, 銀ずくめのへいたい, 銀そういうこと, 銀そういう底ぐもった色でない, 銀それから銅それから, 銀ア妾の, 銀だけだと, 銀だけは早々に, 銀だの数限り無い, 銀ちゃんあたしゃアもはや一滴, 銀ちゃんそれ本当にあんた, 銀ちゃんアルプはいけません, 銀ちゃんメチルではにゃア, 銀ちゃん一緒に来, 銀ちゃん与太者だけど, 銀ちゃん何してるの, 銀ちゃん学がある, 銀ちゃん栗栖君を何と, 銀って私の, 銀つづいて銅, 銀うちで, 銀であるが私, 銀であろうと眺める, 銀ですよ, 銀ででもあれば, 銀でないものが, 銀とか又は砂金, 銀とかいうような, 銀ときやうだいと, 銀とだけであった, 銀とに輝やい, 銀とへ立ち向かった, 銀とやらに逢つて居た, 銀とやらは大變, 銀ながしたる秋の, 銀なぞは始終見, 銀などと引換えに, 銀なりき初め白を, 銀にて一, 銀にとっても一と, 銀にばかり委せて, 銀によって現わ, 銀ねずみでした, 銀ねずみ色のコート, 銀のだの貴下紙幣のだの, 銀のつつがいくつ, 銀ひとつ見つけ出しました, 銀びかりのする宇宙服は見れ, 銀びかりの鰹が今日, 銀びんのお湯, 銀ぴか赤立派オモチャそういうところ, 銀ぶすまが, 銀べりの青畳, 銀まで三十八手, 銀までの小さな色, 銀むくの煙管を, 銀めしのお握り, 銀めっきの化粧箱, 銀もう大丈夫, 銀もさうだつた, 銀もしくは鋼の, 銀やっつけようぜ, 銀やと書くべきか, 銀よかほんとにとんだ, 銀をさえ交えたやわらか, 銀をよないだ, 銀を以て猫を, 銀エスクウド二枚で即座, 銀キセルだけはいささか, 銀キラキラの真中, 銀ギセルがそッくり, 銀ギツネのりっぱ, 銀サロンなどというの, 銀スルリと帯, 銀テーブルの上, 銀トハ全然形容ナレドモ, 銀トヲ縄ノヨウニ撚ッタモノ, 銀ドルの一本, 銀ドロもアメリカ, 銀ニッケル等のごく, 銀ネズミ色に見えた, 銀ハブというの, 銀ハ一文も用意, 銀ハ土ノ如ク, 銀バス渡船も旗立て, 銀ビイドロの水瓶, 銀ボタンを肩, 銀メシをこう, 銀メタルと五円, 銀メツキ製のライタア, 銀モールその他なんかどこ, 銀ヤンマのよう, 銀ルーブリを寄附, 銀加算スベシ, 銀一ツ添えて, 銀一ヶ月八匁宛なりと載せ, 銀一個ごとにその, 銀一分二朱を持つ, 銀一包みお年玉にくれました, 銀一枚手のひらに握らされ, 銀一歩を銭, 銀一貫五百八十七匁六分なり, 銀一面に浮彫, 銀一養女お志乃, 銀へ, 銀七十目を収めた, 銀七百四十貫つまり当時, 銀七貫三百目三人扶持小通詞並, 銀丈長が光っ, 銀三さんあちこち選り好みばかりし, 銀三三角二一飛成八八角成バタバタとまるで, 銀三三角二一飛成八八角成七七角八九馬一一角成五七桂五八金左五六飛四八金上ル七九馬五七金スグ同, 銀三俊男この少年, 銀三兄哥と言, 銀三匁も四匁, 銀三十両を結納金, 銀三十枚あれを頂戴, 銀三十錠の値い, 銀三君が震災後, 銀三四九〇とアラビア数字, 銀三弗十五銭を持参, 銀三氏の近く, 銀三百兩小通詞三級銀三百兩, 銀三等とのむ, 銀三郎民之助, 銀上りか, 銀与之助なんていう, 銀並びに代り品等滞る, 銀中層は紫, 銀主三与吉の家族多勢, 銀事件の某々ら, 銀二ビルの大, 銀二ビル三階の大, 銀二円借りて, 銀二十タンガー即ち日本金五円, 銀二十九枚の送, 銀二十五両を切餅, 銀二厘六毛貝の縦, 銀二朱で借りた見る, 銀二郎一歩下がって, 銀二郎右横に避け, 銀二郎山口辰之介海後磋磯之助, 銀二郎相手の油断, 銀二郎謡曲か何, 銀五つと小銭, 銀五六個を剥ぎ取った, 銀五六銀とノータイム, 銀五十枚三十枚十五枚を与え, 銀五十貫をつかわす, 銀五千萬兩他物之に副, 銀五厘二毛などというの, 銀五百三十兩米千二百三十升小通詞二級銀三百兩, 銀五百両を取っ, 銀五百枚を将軍家, 銀五粒と二朱, 銀五藤野清次など吉田一家, 銀五親分から大層, 銀五郎さんをよん, 銀五郎そこへ足, 銀五郎ッ気をたしかに, 銀五郎以外の者, 銀五郎多市などを余さず引っ捕えよう, 銀五郎様出し人の名, 銀五郎真一文字にぬれ, 銀五郎親分のほう, 銀五郎髪はしどろ, 銀今一人は千六こと友雲, 銀の諸, 銀仙丹を幼児, 銀仙丹赤神丹の秘薬, 銀代価はロンドン, 銀何匁と唱え来, 銀使いける云々, 銀は甚だ, 銀像大倉喜八郎男夫妻の坐像, 銀元結をかけ, 銀光一過うわあッ, 銀光星が北斗, 銀光殿かと思わるる, 銀光沢を帯びた, 銀光燦として遥か, 銀兜緋甲王城を守れる, 銀八いずれも平作, 銀八三桂成同王, 銀八分をば加配, 銀八匁の人力車, 銀八外では浪人, 銀八熊吉という若い, 銀六はさう言つて, 銀六匁にて呼子鳥, 銀六十匁位の相場, 銀六十匁銭六貫五百文の比例, 銀六十皿之利息相加, 銀六百枚は定まりたる, 銀六老に一種, 銀六貫四百目はわかつ, 銀六貫四百目蘭書植字判一式右四人名前にて借, 銀兵衛おやじの蒼い, 銀兵衛ほかの芸人, 銀冶洞も危ない, 銀出米の御用, 銀を造っ, 銀があり, 銀刺繍のサンダアル, 銀劇場前の理髪店, 銀という家来, 銀十一貫五人扶持小通詞銀七貫三百目三人扶持, 銀十三乃至十四内外, 銀十五の割合, 銀十八匁を以てすれ, 銀十内外の相場, 銀十匁五分ずつ毎年谷中, 銀十錠添わり居ぬ, 銀千百兩米千九百六十升小通詞一級銀五百三十兩, 銀印亀紐鐶紐紫綬などの大法, 銀及びその他一切の, 銀取交ぜて三百兩あまり, 銀の太煙管, 銀台公の如き, 銀台鍍金の銀眼鏡, 銀右衛門と称した, 銀の刺青, 銀嘉永一朱銀としだいに, 銀四個で小判一枚, 銀四十匁位に考へた, 銀土器を打ちくだき, 銀の蛮宮, 銀壱朱をそこ, 銀売金買いの機微, 銀天保銭から文久銭, 銀太君とはどっち, 銀の衣, 銀姉ちゃん泊まって, 銀少々宛上納奉, 銀屏流沙とも見ゆる, 銀峯山の中腹, 銀州強盗前科が腕公, 銀を鎧い, 銀の入った, 銀幣五十個をあげなさい, 銀平が一室を出で, 銀平が出去りたる後, 銀平が手も無く, 銀平が短冊を売っ, 銀平これはと打, 銀平さんに文ちゃん, 銀平にお任せなさい, 銀平八蔵連立ちて, 銀平八蔵交代に八橋楼, 銀平時分はよし, 銀平曲馬団といえ, 銀平様の合図, 銀平殿お前もお, 銀平氏から頼まれ, 銀幾ばくかある, 銀併せて, 銀延べ地に鶴, 銀廿五両包二個を手拭, 銀と書くべき, 銀に尖, 銀心棒朱色渦巻を胴, 銀拍車という扮装, 銀拍車付きの長靴, 銀持高をもっ, 銀採掘の衰, 銀数片を夢, 銀数百両と銭数千緡, 銀敷き詰めたらむ踏心地堅く, 銀文地に日月, 銀斑魚を乾し, 銀斜子の月, 銀星その他無数の星屑, 銀星上下に飛ん, 銀暴落の大, 銀の経, 銀ときて, 銀木犀の花びら, 銀に過ぎない, 銀本店へ足, 銀札三貫目月一歩二之利足を加, 銀朱判銀を鋳造, 銀にて蜘蛛, 銀な, 銀の谷, 銀枠入の皇帝, 銀の舶来洋傘, 銀を伐つ, 銀柳一枝の春信, 銀栄太の二人, 銀格子のよう, 銀の性能, 銀桂馬バラリとそこ, 銀梨地のよう, 銀梨子地の如く, 銀を祀れる, 銀の精兵, 銀様ぁいま長浜に来, 銀様あたりの手, 銀様それに追従, 銀様のと同じ, 銀様一党の行動, 銀様今夜夜遊びをし, 銀様以前にセント・エルモ, 銀様以外の一人, 銀様同様にほとんど, 銀様特有の神秘力, 銀様独断の順序, 銀様独流の我儘, 銀様米友七兵衛それぞれに贔屓, 銀を小堀樣, 銀樽等の寳, 銀はもっ, 銀次さんですよ, 銀次さん許のあの, 銀次みたいな腕前, 銀次ッて喰い, 銀次郎こと幻の民五郎, 銀次郎一歩退きましたが, 銀次郎大澤幸吉の一味, 銀次郎戸浪三四郎赤星龍子笹木光吉と疑いたい, 銀次郎武家には相違, 銀次郎繩目を受ける, 銀次郎高手小手に縛り上げられ, 銀次郎麻布普請の絵図面, 銀次隼の吉三, 銀母屋の蚊, 銀毛兎に餌, 銀毛雪白な一頭, 銀水楼に訪れける, 銀に, 銀汀稲青の二君, 銀沙灘など妙, 銀洋丸で, 銀流ななめに跳ねあがっ, 銀清浄無垢光甚酔曜余一分天青瑠璃亦甚清浄表裏, 銀済まねえぞ済まねえ, 銀渓藍の影絵, 銀のみである, 銀の中, 銀烟管などは失ふまい, 銀垢光に, 銀煙管こいつは下男, 銀煙管何か目出度い, 銀煙草を並べて, 銀輝いて, 銀燻しのよう, 銀版寫眞ペークザン式大砲汽船についても心得, 銀物屋が鉄, 銀猫いろは茶屋といった岡場所, 銀猫出羽三などと書い, 銀の表面, 銀辷人, 銀甲鉄冑に身, 銀町二丁目三の橋の橋詰, 銀町伊兵衛棟梁の家, 銀町本町石町駿河町室町の邊, 銀町淺田屋の番頭幸吉, 銀町淺田屋徳次郎殿と書いた, 銀町白旗金神境内です, 銀町阿波屋の寄進, 銀番頭一仲蔵が笑う, 銀白蛇の肉一片, 銀百兩支出されたと, 銀盆ごと投げ出した, 銀相場金一両銀十八匁を以てすれ, 銀かそれとも, 銀眼鏡と鎖, 銀矢一閃皎刃生あるごとく飛来, 銀短冊の箔, 銀砂塗りの壁, 銀の色, 銀碧色にかがやき出した, 銀磨き自慢の十手, 銀の芒, 銀穂屋付きの手炉, 銀のそれ, 銀大きな腹, 銀に似せた浮ぼりであった, 銀の中, 銀の華, 銀箸それに蛤, 銀簪一本茜の小, 銀簪亂る, 銀簪二分か三朱, 銀簪八丈の半纏, 銀簪櫛は白鼈甲, 銀簪燦然たりインヂビヂユアリズム, 銀簪銀煙管なんかを一つ二つ, 銀粂太郎の二人, 銀紅白の蓮, 銀納付者の称, 銀細具のバッグ, 銀細工ゆだや, 銀細工人で幕府, 銀細工師でペーターノスター・ロー, 銀細工業アンリ・デュヴァルの証言, 銀細工絨毯碧と黒, 銀細工象牙細工なぞしたる, 銀の大きな, 銀絲入りのお召, 銀線葉と果実, 銀縫いの影, 銀羽根ひろって, 銀翠紅紫あらゆる色, 銀耳鵞鳥の肝, 銀のまん中, 銀若干を借り, 銀っぽい粒々, 銀蒼鷹の置物, 銀藍鶯その他いろ, 銀の花, 銀蘭エゴヨツドヽメ夏は白百合, 銀蛇呼吸と燃える, 銀蛇頭上に揮, 銀がブンブン, 銀蜘蛛といふとくべつ, 銀の群れ, 銀術師自身が欺かれ, 銀を過ぎ, 銀被せのぴかぴか, 銀の脇差, 銀褐色の服, 銀覆輪の雲間, 銀に電話, 銀角大王の泰山圧頂, 銀角鍔の脇差, 銀を建てた, 銀豆板のたぐい, 銀象嵌入りの赤い, 銀赤青黄などさまざま, 銀重なり合っている, 銀は須田町, 銀金具物などを取り, 銀金宝石なら本, 銀金票食料品馬車自動車賃はどんどん, 銀金青銅で出来, 銀が星, 銀釵筥迫どこの姫様, 銀空しく懸れる, 銀鈴玉杖並実際所見, 銀の附いた, 銀鉄鉛錫はみんな非常, 銀鉞戈矛をさしあげ, 銀を蕩, 銀の水面, 銀銀銀の水面, 銀銀銀銀の水面, 銀の氣結, 銀銅その他をまぜる, 銀銅鉄の足, 銀銅鉄錫最後に亜鉛, 銀銅鉛等の氣, 銀で出, 銀銭若干を二人, 銀鋲飾りたる, 銀は掌中, 銀錫円盤大の白月, 銀の何となく, 銀をさげ, 銀鎖手に大きな, 銀鎖白襟と順, 銀鎖製の蟇口, 銀鎧金鞍という武者振り, 銀のごと日, 銀鐺骨太だが, 銀鑞白鑞タール綱マニラ綱帆縫糸撚糸金剛砂布黒鉛氣發油白絞油, 銀閃ななめに走っ, 銀のよう, 銀需要の思惑, 銀のよう, 銀の五度刷り, 銀青紺にて圓, 銀青銅の類, 銀の鞭, 銀鞍月前の船, 銀鞍白馬春風を渡つて, 銀の鍵盤, 銀のスネーキウッド, 銀食器なぞは取扱わなかった, 銀を扱き, 銀魚藻をくぐり抜け, 銀鴨一羽取りて, 銀黄金などのすぐれた, 銀黄金製の品物, 銀黒狐つていふの, 銀鼠鬱紺淡縹, 銀と化