青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「鉢~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

釣~ 釣り~ ~鈴 鈴~ 鈴木~ ~鉄 鉄~ 鉄砲~ 鉄道~ 鉛筆~
鉢~
~銀 銀~ 銀座~ 銀行~ 銃~ 銅~ ~銭 銭~ ~鋭い 鋭い~

「鉢~」 2311, 25ppm, 4670位

▼ 鉢~ (566, 24.5%)

40 中に 19 中の, 木 13 水を 11 中へ 10 中で 9 ような 8 中を, 開いた頭 6 ように, 上に, 中には, 木の 5 底に, 木を, 水が 4 世話を, 傍に, 水で, 水に, 紋ぢらし

3 [12件] ひらいた頭, 上の, 下に, 側に, 傍へ, 前に, 底の, 方へ, 朝顔を, 柄杓を, 植木が, 縁と

2 [36件] あたりへ, そばで, そばの, ところへ, なかに, ふちに, まわりに, やうな, シネラリヤの, 三つ二つ見, 下の, 中から, 中へも, 底から, 底へ, 底も, 朝顔が, 朝顔の, 木が, 木帯を, 梅が, 欠けたの, 水の, 水まさりけり, 稚児に, 紋に, 紋の, 縁に, 置並べ, 花の, 菊が, 蓋を, 蔬菜の, 蔭に, 開いた坊主, 間を

1 [262件] あいた頭いっぱい, あたりで, あつかひに, お米, かけらを, かげには, かたちに, かち合う音, こ, ことが, ことだ, ことである, ことなんか, この邸さ, さらにヤケ, そばに, ところで, ところまでと, ない兜, なかには, なかの, なかは, なかへ, はしも, は南天, ひらいたよう, ひらいた十歳, ひらいた福助頭, ふちを, ふれ合う音, ほとりに, ほとりより, まえに, まはり, まま安置する, まるっこの, まわりを, やうに, ようだ, らんに, わきで, アネモネは, カンカン起った, ガラスに, チユウリツプを, 一つの, 一件も, 一方に, 丁字の, 万年青きりだった, 万年青すら, 上には, 上にも, 上へ, 上方に, 下から, 下は, 下敷きに, 世話に, 中からは, 中でうづく, 中にほど, 中にも, 中は, 中一杯に, 中点に, 事は, 代より, 代りに, 代価が, 会を, 側, 傍大きな, 内に, 処へ, 前だけが, 前で, 前へ, 前を, 割れる音, 句, 句訂正, 台の, 各へ, 向うの, 向うを, 向かいの, 向ひ, 呟きだった, 周りを, 周囲が, 周囲に, 咲き越した, 哲学も, 問題は, 土だの, 土にまで, 土は, 土も, 地が, 坊さんが, 夏菊の, 夕顔を, 外に, 外は, 夜店の, 大きい頭, 大きく開いた, 天辺から, 如き支那, 如くには, 孤独な, 定紋を, 屋根は, 平たい土器, 底は, 底より, 底を, 底面からは, 廣い, 当り放題, 形ち, 形にも, 微白い, 恰好まで, 振動の, 撫子, 数々の, 方を, 旗を, 日ざかり, 暑さ, 朝顏の, 朝顔に, 朝顔も, 木だ, 木では, 木に, 木や, 木安宅等で, 木帯の, 朱泥の, 柄杓から, 柱に, 格子の, 桃の, 梅の, 梅よりも, 梅殺生禁断の, 棕櫚竹に, 横に, 樹木その, 欠けた中, 残り火でしょう, 気持で, 水の上を, 水落ちの, 汁で, 汁の, 沙門の, 泥は, 泥を, 清水へ, 火を, 火鉢で, 炊事道具の, 熱帯魚が, 牛乳を, 牡丹が, 物を, 玄耳が, 痕跡を, 白牡丹を, 盆栽を, 眞黒に, 真ッ向, 真中に, 破片を, 磚茶が, 福寿草, 秋蘭が, 秋蝿を, 空を, 端に, 米を, 紋それが, 紋で, 紋であった, 紋らしい, 紋付の, 紋打った, 緋目高ね, 緑の, 縁, 縁で, 縁を, 縁辺に, 置いて, 羊羮を, 羊羹を, 肉を, 背後に, 胴の, 胴を, 脚にまで, 花が, 花で, 花に, 花は, 花を, 花色は, 花重きから, 芽を, 茶の, 草の, 草木に, 草花持ち来ぬ, 菊を, 菓子は, 菓子を, 落雁を, 葉蘭の, 蓋に, 蔭から, 藤かかへ, 藤浪, 蘭くらひゐ, 蜆ッ貝を, 蠅, 西洋葵を, 許に, 載って, 辺に, 近くである, 金魚は, 鍛えも, 鑿目にも, 開いた七つ, 開いた大頭, 開いた支配人, 開いた様, 間に, 陰から, 陰に, 陰にな, 隣の, 雨戸を, 雪割草は, 頭と, 頭も, 類も, 類や, 食にと, 食物を, 飯が, 飯しか, 飯を, 香りゆかしき, 驚くべき変化, 高い帽子, 高さ, 麝香撫子のみ

▼ 鉢~ (419, 18.1%)

18 持って 7 出して, 持つて 6 見て 5 さ, もって, 眺めて, 買って 4 前に, 捧げて 3 手に

2 [30件] いくつも, いた, そっと押しやる, ながめて, もつて, 並べた縁先, 乗せて, 伏せたよう, 傍に, 入れて, 割り, 動かすと, 取って, 家の, 座敷の, 拭いて, 持ち出して, 提げて, 洗う, 片手に, 私の, 縁側に, 置いた, 置いて, 落して, 裏の, 見た, 言った, 買ったり, 顧みた

1 [290件] いじりさらに, いたわり乍ら, いつくしんでを, いれかえたり, おいて, おき歌澤, おくもの, おさえて, おさえ出来るだけ, かかえて, かたづけて, かって, かぶったよう, からからと, きちんと受け, ここへ, これが, ころがしたの, さげて, ささげて, さし出して, さし出しながら, しきりに珍, しまつて, しんしんと, すえとくん, そのまま眠っ, その傍, たたきちらす, たたく, たのしみに, たのめました, だいじに, とりあげた, とり出して, とり落し, ならべたる農家, ならべまた上, のせた, のせたまま, のせて, のぞきました, のぞき肴, のぞき込んで, のっけその, はこんで, はじめ大谷ワタリの, ぱつと捨て, ひきたたせて, ひっくりかえしたから, ひっくり返して, ぶち割って, もちみぎ, もっと深く, もつやう, もて還らんと, やるに, よく買つて, よせ懐炉, わって, わられるに, テンパンか, ヤットの, リッジウェイ大将夫人が, 一つくれた, 一つ列べ, 一つ置い, 一つ買っ, 一刀に, 一時間ばかり, 一鉢小さな, 一鉢起し, 三つ程, 下げて, 両手で, 両手に, 並べたり, 並べる人々, 並べ店先, 並べ立てた薄暗い, 中に, 二つづつ運び出し, 二つ置い, 二十三日の, 二階の, 五ツ六ツも, 伏せたらん, 伏せた栗, 伏せて, 作りました, 使いテーブル, 使いナイフ, 使って, 倒したろう, 借りて, 備えない裏長屋, 僧の, 充した, 入れると, 入れるよう, 兩手で, 冠って, 出しに, 割ったの, 割って, 割られる, 動かすこと, 動かす拍子, 包んで, 半分ほども, 友達に, 叔父の, 取りだした, 取りに, 取り上げたが, 取り出, 取り出して, 取るなり, 取入れながら, 取出し私たち, 取込んだところ, 口へ, 叩きながら, 叩き割られて, 右から, 喰ッたんだろう, 四人めは, 土中に, 地に, 埋めさし永劫, 境に, 売る露店, 外に, 大切そうに, 大切に, 室外へ, 寝台の, 届けて, 差し出して, 差出して, 差出す, 幾つと, 庭へ, 引ったくっ, 引つ叩かれちや, 御隠居さま, 忘れがち, 想ひ返す, 或朝窓枠, 手から, 手打に, 打ち割れば, 打ち破ったので, 打毀したり, 抱いて, 抱えた, 抱えて, 抱えながら, 抱くやう, 抱けば, 拾つて立ちあがつた, 拾ひ集め, 持し, 持ち上げかけた, 持ち上げて, 持ち子供, 持った一人, 持つ, 持つた儘, 振廻すの, 捧ぐる身, 捧げました, 捧げ還る風情, 掌に, 控えて, 掴み上げ臂, 携へて, 撃ち割ること, 擁えた, 敬つ, 料理台の, 日あたりに, 景雲の, 曾つておれの, 朝日に, 朦朧と, 木ッ葉みじんに, 机の, 枕元へ, 案の, 桶の, 棚に, 植木屋から, 横に, 次郎の, 求めて, 沢山並べ, 洗って, 洗つてゐる, 火に, 片手の, 盆に, 盗んで, 真中に, 眺めたり, 眺めた時, 眺め食慾, 眼で, 瞶めて, 砕くあの, 砲弾の, 破ったこと, 破ったところが, 祝って, 空中に, 穿かれて, 窓辺に, 立て並べて, 等分に, 縁側の, 置いたり, 置いたバルコン, 置いた寄せ木, 置いた窓, 置きたる墓, 置きながら, 置くと, 老人の, 膝子の, 自分で, 自分の, 色々集め, 藤は, 見せて, 見つめて, 見ないでは, 見ながら, 見ました, 見ましたがね, 見入って, 見守るの, 見返りながら, 覗いたり, 覗いて, 覗き込んだ, 覗くと, 言って, 調べた, 買いそれ, 買い夜, 買い求めた, 買う, 買うの, 買つて來た, 買はう, 購い別, 購ひ, 購ふ, 蹴放したから, 車に, 載せその, 載せた脚高, 通りの, 造り竪穴, 運び出, 運んで, 過って, 選んだ, 配る荷車二三台, 野中に, 金テコで, 鎖ざす, 鑑定し, 間に, 除けてから, 陳べ乃木東郷, 隔てて, 隠したか, 離れた時, 預けて, 領すること, 飛ばす事, 飛ばせやりて, 飾ったり, 魚籃として, 魚籠に, 鳴して, 鳴らす, 鳴らす音, 麻布に

▼ 鉢~ (265, 11.5%)

10 入れて 6 水を 5 植えて 3 水が, 盛って, 移して

2 [13件] いろいろの, うず高く, して, しな, なること, 入れられて, 厚い氷, 山の, 植えても, 植えられて, 灰を, 眼を, 苔の

1 [209件] あけて, いうもん, いけて, いっしょに, いれて, うつした, うつして, おとした, おなりに, かう云, かかって, かける, かんかんと, ぐったりと, こだはる事, こんもりと, さして, さして飾っ, させたらどんな, さわりました, したいと, したよう, しちまいました, すぐ気づい, するもの, その中身, それからそれ, それを, たまったよう, たまります, たもつ次第, たらしそうして, つまずいて, つる菜も, なったと, なったに, なったよう, なって, なみなみと注いだ, なりたか, なり馬鹿, はいりきれなかった, はぎ落し, ひと株の, ぶち込んだ, ぶつかって, へばりついて, もられていっぱい, シチ, マシヨマローと, マスマローと, 一つそれから, 一ぴきずつ, 一本の, 一杯注い, 三ぼん冴えひかり, 上げて, 両手を, 並べて, 五徳に, 人の, 伏せた目笊, 何か, 何かの, 使っても, 保ち葉, 元の, 充てたもの, 入ったの, 入つたの, 入れた, 入れた十銭白銅貨, 入れた後, 入れた林檎, 入れた葬式, 入れた蚊, 入れやう, 入れよう, 入れられた金魚, 入れる, 入れガラス, 凝つたこと, 出揃つた朝顏の, 分けて, 別々に, 味噌汁が, 味噌汁と, 咲いて, 咲く梅一尺, 執心した, 夢中に, 小錢, 少しばかり, 就いて, 山盛りのぼ, 彼女は, 思いきったこと, 投げ入れて, 指の, 捲物, 接触した, 接近さして, 揚げた鰻, 散り殘つて, 数え入れト, 明りの, 月影の, 朝顔の, 松が, 松や, 柄杓の, 柄杓を, 植えたる武者立, 植えた松, 植えた植物, 植えた菊, 植えた青い, 植えてさ, 植えられる必要, 植え込んで, 植わったまま, 植わった真紅, 植わって, 植ゑし大輪の, 植ゑたゴムの, 植ゑた儘で, 植ゑればやがて葉が, 植ゑ水やり, 残った水, 殘つた水を, 比べれば, 水差しの, 水絶え, 水銀の, 氷が, 法捨を, 注がれる, 注ぎかける, 注げと, 活けた, 浮く慈姑, 浮し, 淀んで, 湛えた深紅, 湯が, 湯を, 溜めて, 漬物を, 灰まみれの, 炭火を, 無患子の, 燃し, 牛蒡や, 牡丹を, 盛ったもの, 盛った汁, 盛った鶏卵, 盛つたのが, 盛られた肉, 盛られた赤い, 盛られて, 盛られてさ, 盛られアルマイト, 盛りあがった見事, 盛りうから, 盛りそれ, 盛り客間, 盛る, 盛る静物画, 盛上げた無花果, 移し植えたとかいう, 移し植ゑてやつた, 移す, 空なる, 突立て, 立ち寄りて, 筧の, 箒が, 粟羊羹が, 粥を, 細き蘭, 緋目高が, 繋いだ緒, 羊羹を, 肥料を, 臨んで, 自己を, 舊知に, 良いの, 蒔きつけた殻, 蓋が, 薄氷が, 藻を, 蜂屋柿陶物の, 螢火ほどの, 蟠まる, 赤い漆, 近づいて, 送って, 酒が, 金魚が, 限って, 静かに, 顔を, 飲んだ酒, 飼って, 餘つたのが, 鰯の, 鳴らして

▼ 鉢~ (174, 7.5%)

10 置いて 5 おいて 4 あった, ある, ひらいて, 置かれて 3 並んで, 開いて 2 あったり, あって, 一つ捨て, 並べて, 出て, 廻って, 飾られて

1 [123件] あったの, あってナ, あつた, あの手拭一本, ありいつも, ありそれ, ありました, ありますその, ありミルク, ある跼んで手, あれほど, えらい音, おがっ, かれこれ二三十, こはれると, これも, さし入れられて, すぽ, すゑてあつて, ずらりと並ん, せりあがっ, それを, たくさん見えました, ちょいちょいあります, とりちらされたまま, どうなっ, どの階, どんなふう, ないから, ならべて, ならんで, のせて, のっかってて, のって, ひとりで, ふたつおい, ほんのり赤い, まず女, まばらに, ゆきます, グラグラしない, ズラリと, テーブルの, 一つ, 一つある, 一つ大きな, 一個, 一列に, 一杯に, 一番便利です, 一番優れ, 三つ出来, 三十幾つなら, 並びそこ, 並べられて, 並んだとき, 主な, 乗っかって, 乗って, 二つおい, 二つのっ, 二つばかり, 二つ三つ晩秋の, 二つ描い, 二つ置い, 二円いくらだ, 五つ六つ中には, 今は, 仰向けに, 伏せて, 低く斜め, 何本も, 先ず女, 出ました, 割れて, 動かないよう, 合ったって, 四つ五つ置い, 売れて, 大きく開き, 大きな水盤, 婚期に, 幾つも, 幾個と, 庭の, 彼の, 後向, 思い出された, 据えて, 数知れず, 数種出, 日本に, 有るん, 机に, 案に, 沢山あります, 活動し, 浮びます, 混雑し, 温室の, 炉端で, 物を, 相変らず, 硝子の, 福助の, 窓から, 窓ぶち, 立派に, 篏めて, 舞台の, 落って, 見えて, 見えるあたり, 走るの, 轉げ落ち, 運ばれて, 配られると, 金魚鉢に, 開いたと, 雲の, 風に, 飾つてあり, 黒く沈むで

▼ 鉢~ (65, 2.8%)

18 入れて 5 水を 2 並べて, 移して

1 [38件] う, たたきつけられて, ふッ, やると, わけて, 一ぴきすくい入れられた, 一匹すくい入れる, 上等の, 何か, 先ず今, 入れます, 入れる土, 刃が, 別の, 割って, 取て, 小分けに, 干杓, 御飯を, 投げるの, 持って, 来て, 柄杓の, 植て, 牛乳を, 玉子煎餅を, 白身を, 盛ったメリケン粉, 眺めいる恰好, 眼を, 私なら, 移したり, 蕗の, 裃を, 赤インキを, 銀の, 霰, 鞠子の

▼ 鉢~ (61, 2.6%)

2 又底

1 [59件] ある鳳仙花, いつ誰, うんとおっぴらき, すうっと, すぐに, すべて張子でした, たくさん卓上に, だんだんふえ, ちやうどお, ない, なお残っ, なるべく大きな, はるばる安来, ひろ子が, まだ上り端, みんなこの, やっぱり棚, オフィスの, ガラスでは, 一ツと, 一堪り, 一本の, 並んで, 佐川町の, 何うし, 何の, 何処へ, 何寸でなけれ, 備前焼の, 別に歪んだ, 動坂の, 化物の, 南洋風の, 大きく開き, 如来が, 実盛, 幾つか, 店の, 形が, 房, 日本の, 明らかに, 殻で, 氏郷へ, 水盤と, 淺草の, 異常に, 皆残し, 皆赤絵であります, 直に貴く, 私達に, 粉に, 自然石の, 要りませんか, 赤い色, 開いて, 雨が, 音を, 黒い色

▼ 鉢~ (53, 2.3%)

2 茶を, 鉄瓶を

1 [49件] あるの, いい見上げるよう, いって, いつて, いわれる大きな, おでこの, お箸, かきまつた, ここのは, こっくり黄色い, その一里, その中, たくあんと, まだ葉, まったくおなじ, 一の, 入り乱れて, 其中に, 嚢が, 土瓶と, 土瓶を, 垣の, 塗物の, 幾つかの, 弁才勝れた, 摩棒とを, 摺鉢の, 擂古木, 比丘を, 気を, 水差しを, 瀬戸の, 火の, 無患子の, 燻豚とを, 申して, 白いもの, 称えるから, 称して, 紫スミレとが, 綺麗な, 茶の, 茶盆を, 茶碗を, 茶道具を, 言ひ, 采配を, 頓阿弥の, 魚籃と

▼ 鉢~ (50, 2.2%)

12 をし 3 を取りました 2 した頭, にし, をした, を取, を取る

1 [25件] がその, した紐, である, でお, で肥料, で菰冠, などにし, なの, なんかし, に大, に用, に身, の上, の人夫三十餘名, の豆腐屋, はし, や袋蛛蜘, や襷, をさせ, をしめ直し, をする, をとつ, をとつて額, をはづして肌, を取ります

▼ 鉢~ (38, 1.6%)

5 手を

1 [33件] あつた, あばずれの, いいかしら, いささか酔覚, お米, この底部, すり粉, まわりに, よく擂っ, ゴシゴシと, ゴマと, 三杯平らげた, 両手を, 加賀中納言様だ, 勧めまして, 古いもの, 唄い出す, 底部は, 手洗い口すすい, 摺って, 摺る時, 朱を, 洗って, 洗つて家の, 濕し, 牛肉を, 石材次第で, 結婚する, 蔽の, 赤鼻の, 足を, 間に, 飾られた集会

▼ 鉢~ (30, 1.3%)

2 幾鉢も

1 [28件] あった, ございません, そなわり今わたし, なかった, のせました, やはり同じ, 一寸した, 二三本の, 何も, 冷かして, 列べて, 可哀想だ, 大きな鉢植, 大方流れた, 天下に, 幾つかの, 引きよせたが, 柄杓も, 片附け, 私達の, 窓に, 立派でした, 置いて, 見えた, 見える, 錣も, 間もなくからに, 麻袋も

▼ 鉢~ (30, 1.3%)

2 片口などの, 皿が, 重箱や

1 [24件] コップなどには, コーヒー注ぎ, スプーンを, 予備の, 冷奴, 切り花などを, 土瓶や, 大皿に, 平たい円い籠, 張る肘, 普通の, 曲物の, 木箱などを, 洋食の, 甕が, 皿類が, 神池の, 竜眼肉を, 茶器を, 茶椀が, 酸づけ, 鉄鎖など, 銅鑼を, 青い葱

▼ 鉢~ (28, 1.2%)

1 [28件] から馬, が鳴った, ぐらいきっと, だけが笹波, だけの素兜, だけを当て, と脛当, などが小石, などを寄せ, に弾んだ, に締めつけ, に蒸された, の下, の兜, の内側, の錆, は射抜けなかった, もある, やよろい金具, よりは尺, をこ, をカチッ, を伏せた, を壇, を斬っ, を蔽う, を鍋, 打った風折烏帽子

▼ 鉢から~ (23, 1.0%)

2 抜いた

1 [21件] おこしたり, おろして, わきへ, 丸芳露を, 各自の, 地面に, 引き抜くと, 持って, 指の, 朝顔の, 松の, 相当に, 真紅な, 眼も, 移された前菜, 肱を, 舌で, 菓子を, 見越して, 跳ね上つて凝, 身体を

▼ 鉢~ (23, 1.0%)

1 [23件] で焚火, などに出, にしるし, には梅, にゃ夜, に飛ぶ, のゴロタ石, のバケツ, の一むら, の処, の前, の十畳敷, の南天, の大, の小石, の穴, の菊, の雨戸, へちょっと, をちょろちょろ, を見下した, 燈籠の, 近く忍び寄りぬ

▼ 鉢~ (23, 1.0%)

3 の小僧

1 [20件] とか唱門師, とか宿, とか申す, と呼ばれた, と山陽道筋, と茶筅, などとしてありがたから, などと云っ, などと呼ばれた, など言われた, の二階, の坊ンさん, の坊主, の女, の如き, の徒, の春姫, またはエタ, や茶筅, を苫

▼ 鉢には~ (20, 0.9%)

2 いって

1 [18件] いつでも, うす紅い芽, うす赤, つけなかった, まだ半数, まだ握飯, 如何にも五, 必ず花, 扇子形の, 朱色の, 杓が, 百鉢の, 矢の, 破れ瓦に, 血の, 足りないよう, 霧藻の, 鰻の

▼ 鉢叩き~ (19, 0.8%)

4 の徒 2 と其の

1 [13件] がすなわち, が瓢箪, であり茶筅売, である, とは聞えぬ, と呼ばれた, と呼ぶ, にでもなります, にもならまし, に烏面, は鹿杖, をし, 傀儡師素麺売などという

▼ 鉢~ (14, 0.6%)

2 に入れ, の中, ばかりとなった, をあげる, をもらっ, を出し, を開けた

▼ 鉢~ (12, 0.5%)

1 [12件] が不思議, が咲い, であって, とは違います, なん, にした, の印, の咲き盛り, の花, や松虫草, や虫取菫, 高根毛莨

▼ 鉢~ (10, 0.4%)

4 づき姫 2 づきの 1 あるいはゼリー型, 何か, 何かの, 植木鉢が

▼ 鉢~ (10, 0.4%)

1 が, がそれ, とかを焼きます, とか擂鉢, とか片口, と思ひましたら, の, のに, のの, のを

▼ 鉢~ (9, 0.4%)

1 ところが, のだ, 事は, 姿で, 微笑を, 態度, 戀の, 気分さえ, 気分で

▼ 鉢~ (8, 0.3%)

3 は甘く 2 を運ん 1 などをちょこちょこ, に裝, また洗

▼ 鉢もの~ (7, 0.3%)

2 をかしく 1 が並ぶ, が床しく, ですしね, の料理, の草花屋

▼ 鉢だの~ (6, 0.3%)

1 得体の, 煎茶家めいた, 煙草盆だの, 皿だ, 食物を, 龍頭瓶だの

▼ 鉢でも~ (6, 0.3%)

1 おろして, お置き, ない証拠, ようございます, 何でも, 御不用

▼ 鉢ごと~ (5, 0.2%)

2 に白く 1 埋けられて, 埋めて, 買える安価

▼ 鉢などが~ (5, 0.2%)

1 おいて, 出て, 散らかって, 月明りに, 置いて

▼ 鉢卷き~ (5, 0.2%)

2 をし 1 に山車, をしめ直し, 片肌ぬぎ

▼ 鉢では~ (4, 0.2%)

2 ございませぬか 1 ない, 召上り

▼ 鉢という~ (4, 0.2%)

1 のが, のを, 物が, 犬が

▼ 鉢とが~ (4, 0.2%)

1 ある, つい鼻さき, やっと見える, 如何に

▼ 鉢などを~ (4, 0.2%)

1 無意味に, 眺めながら, 藏し, 見るに

▼ 鉢にても~ (4, 0.2%)

4 時の間に

▼ 鉢入れ~ (4, 0.2%)

1 をぬい, を子供, を持っ, を被っ

▼ 鉢可汗~ (4, 0.2%)

21 の心, の心持

▼ 鉢~ (4, 0.2%)

2 の薄 1 の上, の薔薇

▼ 鉢~ (4, 0.2%)

1 のパレット, の窪み, をし, をした

▼ 鉢火口~ (4, 0.2%)

1 である, の反対側, はなんと, を顧み

▼ 鉢買っ~ (4, 0.2%)

2 て来 1 ていこう, て夫婦

▼ 鉢顛闍梨~ (4, 0.2%)

2 の三昧, の学説

▼ 鉢だけ~ (3, 0.1%)

1 持って, 清水の, 金魚が

▼ 鉢~ (3, 0.1%)

21 やねェ

▼ 鉢とは~ (3, 0.1%)

1 いわぬが, 暑い地方, 王様の

▼ 鉢とを~ (3, 0.1%)

1 差出しました, 置いた, 運んで

▼ 鉢ながら~ (3, 0.1%)

2 瓢箪の 1 育てたの

▼ 鉢へでも~ (3, 0.1%)

2 入れて 1 あるいはテンパン

▼ 鉢~ (3, 0.1%)

1 に入れた, の水, の花

▼ 鉢~ (3, 0.1%)

1 に小具足, を眉, を脱い

▼ 鉢坊主~ (3, 0.1%)

1 がやって来る, は托鉢, を多少

▼ 鉢あわせ~ (2, 0.1%)

1 で驚いた, をする

▼ 鉢~ (2, 0.1%)

1 買いなさいなんて, 買いに

▼ 鉢かの~ (2, 0.1%)

1 白や, 盆栽と

▼ 鉢からは~ (2, 0.1%)

1 少しばかりの, 青い色

▼ 鉢ずつ~ (2, 0.1%)

1 三度運ぶ, 提げて

▼ 鉢その~ (2, 0.1%)

1 上に, 物が

▼ 鉢だった~ (2, 0.1%)

1 が五六枚, のです

▼ 鉢とも~ (2, 0.1%)

1 思えるもの, 言って

▼ 鉢など~ (2, 0.1%)

1 叩きながら, 小もの

▼ 鉢にも~ (2, 0.1%)

1 よいの, ジヨツキにも

▼ 鉢ばかり~ (2, 0.1%)

1 その見事, とどけて

▼ 鉢一つ~ (2, 0.1%)

1 さえない, より外

▼ 鉢一人~ (2, 0.1%)

2

▼ 鉢三衣~ (2, 0.1%)

1 の身, 安詳

▼ 鉢~ (2, 0.1%)

1 という武器, の広き

▼ 鉢千家~ (2, 0.1%)

2 の飯

▼ 鉢卷隊~ (2, 0.1%)

1 は全力, は活動

▼ 鉢~ (2, 0.1%)

1 の反響, はせし

▼ 鉢名品~ (2, 0.1%)

1 と教, と教えられた

▼ 鉢~ (2, 0.1%)

1 と覚え, の清水

▼ 鉢小さな~ (2, 0.1%)

1 脚高の, 鉢いろ

▼ 鉢屋さん~ (2, 0.1%)

1 や, や梅鉢屋さん

▼ 鉢工場~ (2, 0.1%)

1 という所, といふ所

▼ 鉢~ (2, 0.1%)

1 の会津平野, を改めて

▼ 鉢持っ~ (2, 0.1%)

1 て来, て来た

▼ 鉢~ (2, 0.1%)

1 のま, の松

▼ 鉢洗い~ (2, 0.1%)

2 その他気の

▼ 鉢~ (2, 0.1%)

1 な動機, の不良少女

▼ 鉢~ (2, 0.1%)

1 などを逆, に盛られ

▼ 鉢~ (2, 0.1%)

1 はことごとく, を選び

▼ 鉢置い~ (2, 0.1%)

1 てある, て横

▼ 鉢行路者~ (2, 0.1%)

1 の多数, は捕縛

▼ 鉢買つて~ (2, 0.1%)

1 小さい方, 来て

▼ 鉢開き~ (2, 0.1%)

1 の半白, の形

▼ 鉢~ (2, 0.1%)

1 の燒物, を並列

▼1* [182件]

あげるごとに, 鉢あの物さびた, 鉢ありと書い, 鉢あるいはふた鉢, 鉢いっぱいに葉, 鉢いひ習ふ, 鉢づむ藤の, 鉢かと思って, 鉢からの正直を, 鉢くらい眺める風流心, 鉢ぐらいは見られる, 鉢ぐるみ桶をさしあげ, 鉢こんなにも見事な, 鉢ごと渠に贈, 鉢ごと花を埋め, 鉢した男の, 鉢ゃああるめえしそんなに, 鉢その他現に君達, 鉢その他日本で抹茶碗, 鉢たたいて年, 鉢ただし落葉が, 鉢たどんの空箱, 鉢だけでなしに, 鉢だけはまだ花, 鉢合せを, 鉢づつ程並べられた, 鉢づつ植終ると, 鉢であると同時に, 鉢でさえからだの, 鉢ですつてそれ, 鉢でもと買って, 鉢とかいろいろ立派, 鉢とかいうものに, 鉢とかはいずれも, 鉢とかを藏し, 鉢とだけが残つてる, 鉢どころか頭の, 鉢なぞも見える, 鉢などにはいいもの, 鉢などの食器を, 鉢などは幸にも, 鉢ならび赤き花, 鉢なり盥なり, 鉢なんぞじゃない摺鉢, 鉢にて搗砕く, 鉢にまで一杯に, 鉢にゃ水が, 鉢はからつぽ, 鉢はね四方から, 鉢ばかりがごろ, 鉢ばかりの檜葉や, 鉢ほしいのである, 鉢ほどスリガラスに, 鉢まで弾けそう, 鉢までは与へられないけれど, 鉢までを一貫し, 鉢てえな足跡, 鉢もつてました, 鉢もらつて来, 鉢幸運であれ, 鉢より少々予見出だし, 鉢わけて持つ, 鉢コップ提灯算盤玉紙製の茶入, 鉢サジなどがキレイ, 鉢ワリ鉄棒六尺棒ありとあらゆる得物, 鉢一杯になっ, 鉢一鉢に自己, 鉢一面にぎらぎら, 鉢三鉢買って, 鉢三鉢買つて来て, 鉢をのぞん, 鉢並べてありました, 鉢並んでいる, 鉢二つ三つ軒下に持出, 鉢五つ六つはおかれ, 鉢悉體多解脱道住請呼此童子住於解脱, 鉢代りに使い, 鉢以来とみに意気, 鉢何んでも, 鉢八千両という天晃竜, 鉢其の他さまざまの, 鉢内側に花, 鉢内部には明らか, 鉢を置きあり, 鉢分失敬した, 鉢千家飯を食べ, 鉢千家飯粒々辛苦実であるそれ, 鉢千家飯自然が人, 鉢卷か何んかで, 鉢卷きでおほ悶え, 鉢卷刺青のある, 鉢卷太刀拵熊毛尻鞘かけ短刀, 鉢卷尻からげの跣足, 鉢卷白し秋, 鉢卷私は雀躍, 鉢卷股引に草履, 鉢卷襷と言つた扮裝, 鉢卷襷がけにて薙刀, 鉢卷足拍子の面白, 鉢又は暗褐色, 鉢場吹所棟梁詰所細工場色附場の, 鉢合せたのは, 鉢合せるんだ, 鉢四鉢大輪の朝顏, 鉢などというの, 鉢などを買, 鉢塵芥襤褸切釘の折, 鉢壺土瓶急須のた, 鉢大輪の朝顏, 鉢寄せかけた自転車の, 鉢小鉢が貪婪, 鉢屋宿の輩, 鉢屋山陽道筋の茶筅, 鉢屋簓説教者博士など種々, 鉢巻頭が現れた, 鉢市外ならば, 鉢の如く都, 鉢散りくる葉を, 鉢を持っ, 鉢施主の供養, 鉢旅館の事, 鉢日本アルプス初代ぽんた, 鉢の野, 鉢時としては近く, 鉢曇摩忸婆羅波羅波利多耶, 鉢がある, 鉢椀皿である, 鉢欲しかった, 鉢を起し, 鉢片口の如き, 鉢の瀑壺, 鉢瑠璃の椀, 鉢生涯貧巷に吟じ, 鉢の面, 鉢白い布の, 鉢も並べ, 鉢皿碗土瓶徳利口附片口擂鉢水差何でも揃える, 鉢盃洗猫足膳などを手当り次第, 鉢に行く, 鉢盛りにし, 鉢に至る, 鉢に入る, 鉢のこと, 鉢石燈籠植え込みなぞいう, 鉢石町をお, 鉢石鳥居はことごとく, 鉢砂地に足, 鉢と筆, 鉢磐梯明神田植絵巻などという奈良京都, 鉢移してみました, 鉢へ下っ, 鉢紅茶と菓子, 鉢の旗さし物, 鉢紋付の羽織, 鉢の花, 鉢羅竜王までが一つ, 鉢羅華香に火, 鉢自身がやはり少し, 鉢苔むした土大小五本の, 鉢茶わん小皿子供のハシ箱, 鉢茶碗皿徳利片口など多く, 鉢草岩桔梗四葉塩釜など一面, 鉢草珍車虫取菫などが新, 鉢草白山一華白馬千鳥なども皆, 鉢草虫取菫雪割草の産地, 鉢草頂上近くの松虫草, 鉢だの, 鉢行灯といった世帯道具, 鉢に於, 鉢り命令, 鉢起して持ち, 鉢跳びおりる夜の, 鉢車持皇子には東海, 鉢入ったるを, 鉢と読経, 鉢青い皿を, 鉢類日常雜器のもの, 鉢飛んだ騒動なり, 鉢飛行機と自動車, 鉢高麗雲鶴手鉢その他日本で抹茶碗, 鉢鬢奴との間, 鉢とせん