青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「評価~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

訴~ ~訴え 訴え~ 診察~ ~証拠 証拠~ ~証明 証明~ 評~ ~評価
評価~
~評判 評判~ 評論~ ~詞 詞~ ~試み 試み~ ~試みた 試合~ 試験~

「評価~」 1335, 13ppm, 8339位

▼ 評価~ (173, 13.0%)

38 ている 16 ていた 4 てよい 3 てゆく 2 これに, たりし, ていない, ても評価, てゐた, て下さった, て来た

1 [98件] かつこれ, がちだ, これらの, これを, そういう力, そこに, そしてレヴィー・クール, それを, たり解釈, つつその, つつそれ, つつ作, つつ全, て, てああ, てある, てい, ていなかった, ています, ているであろう, ておられる, ておる, てお答え, てきた, てくれ, てくれた, てくれる, てくれるでしょう, てくれん, てこれ, てさ, てそこ, てそれ, てはいない, てはおらず, てはおりません, てはならない, てぼやかす, てまめ, てみる, てもそれ, ても何ら, ても全般, ても処女, ても確かめられる, てゆこう, てゐる, てトロイ, て一〇〇磅, て一箇, て下, て下さつた, て世界観, て之, て云っ, て付加, て俄, て可, て報告, て多く, て夫婦生活, て居られた, て居ります, て屡々, て弁信, て当年, て彼ら, て日記, て最大, て波動, て秀哉名人, て置く, て見なく, て部屋, て雀躍, ながらこれら, ながら外部的, ひそかに, ヤソ会士たらしめよう, 人一人の, 人間が, 前進し, 又評論, 取捨し, 寛弘の, 尊敬し得る, 尊重する, 当時としては, 影響しあった, 彼ほど, 想定する, 文学現象を, 普通の, 理解する, 生涯の, 研究し, 私が, 重要な

▼ 評価~ (162, 12.1%)

10 よりどころ 5 基準が 3 基準の, 基準は 2 上にも, 中に, 力を, 問題も, 尺度が, 点で, 規準が, 規準と, 規準の

1 [123件] あらわれるよう, うちにより, ぐらつきを, しかたに, しかたには, すべてを, ためには, ちがいが, できないほど, なかに, ほうも, もとに, やり直しを, ノルムや, メルクマールが, 一歩を, 一点だけには, 一貫性が, 三割の, 上で, 上に, 不可能な, 不能状態に, 主観性の, 仕方には, 仕方は, 任に, 体系は, 価値を, 側に, 傾向が, 内に, 出来ない人, 切り抜きが, 印象平八郎の, 原因である, 名に, 否定合理的な, 問題と, 問題に, 問題等を, 土台が, 埒外に, 基準, 基準から, 基準でなけれ, 基準について, 基準についての, 基準を, 基準文学の, 基礎と, 場合にも, 変化として, 大小に, 如きは, 如何に, 定まつ, 実質の, 実際の, 実験的研究であるらしい, 客観性の, 客観的な, 客観的基準が, 対象と, 対象として, 対象には, 尺度を, 尾を, 差等を, 態度が, 成りたつ可能性, 拮抗によって, 推移等の, 数字が, 方が, 方は, 方法として, 方面に, 明瞭でない, 最初であっ, 根本規準は, 標準から, 標準を, 機能を, 機運が, 機関としての, 欠如が, 決定的な, 消滅が, 理論を, 直覚的な, 眼が, 眼は, 眼を, 科学性, 科学性という, 科学性について, 第一歩を, 結論を, 習慣は, 自覚において, 良さ, 要求によって, 要点が, 規準という, 規準といふ, 規準についての, 規準は, 規準を, 観念に対して, 言葉として, 計算器の, 誤りを, 課題が, 論を, 責に, 責任ある, 責任をも, 資格にまで, 錯倒さえ, 階段中に, 革新さへ, 顛倒る

▼ 評価~ (149, 11.2%)

5 与えて 4 下して 3 もって, 決定する 2 うけた, うけて, して, すること, つけて, 受けて, 受けること, 受けるの, 得て, 結果する

1 [114件] うけたの, うけようと, うける甘い, かち得て, くだされるという, ぐっとひき下げ, ぐらつかせたし, この二人, さきに, さし控, される, したため, しないとも, しなければ, するに, そこで終り, そのため, そのよう, その当然, たかめられて, どこかで, なくして, なしうるよう, なし得ようかと, なすこと古道具, なすとき, なすやに, はじめも, ふくむはず, まきおこしたと, もちたい, もつ人間, より高く, わが国の, 一変する, 下さないし, 下した, 下すか, 下すもの, 下す前, 与えられたとき, 与えるばかり, 世間が, 主観的な, 今から, 信頼します, 信頼する, 公けに, 具体的な, 助けて, 又, 取る必要, 受けざるを, 受けても, 受ける, 受けるよう, 含んだ報告, 呼ばれるよう, 問うたの, 回復させなけれ, 埋没させ, 墨守する, 失ったと, 失ったわけ, 失つた, 好むという, 学べば, 学んで, 定めるの, 平然と黙殺, 強いて, 待って, 後生大事に, 得たの, 得ること, 意味する, 感じとった, 承ろうかね, 抱いて, 拒んで, 持ち得るだろうか, 持って, 持つこと, 排して, 教える専門家, 数字で, 明らかに, 期待し, 標準に, 歴史記述の, 求めて, 求めない態度, 求めようと, 求め得る気風, 決して変えなかった, 決定的な, 減ずること, 無理に, 画家の, 発見したく, 示さずかかれて, 示すこと, 立てるわけ, 結果し, 統一する, 自ら信じ, 致して, 裏づけと, 見失わない堅忍, 見直すこと, 試る, 躊躇した, 除外し, 離れたもの

▼ 評価する~ (142, 10.6%)

11 ことは 6 ことが 4 ことを, のは, ような, ように 3 ことによって 2 ことには, のが, もので, 上に, 力は, 力を, 基準は, 場合に, 意味で, 癖が

1 [86件] かといふ非常, かどう, かに関ら, から彼, ことから, ことさえも, ことで, ことである, ことに, こと高く, たちです, たちでは, ために, だけの雅量, ということ, という態度, ところで, とすれ, とともにこの, と同じ, など思い, にそれ, にはまだ, にやぶさか, に当っ, に無理, に異ならず, ので, のである, のに, のに五つ, のに民族的, の必要を, ばかりでなく, ひとと, もの, ものだ, ものである, ものです, ものでない, よりもむしろ, わけにも, チェエホフの, バロメータが, 一種の, 一般的媒介物である, 七つの, 上において, 事だけは, 二人の, 人も, 以外に, 俗的見解の, 傾向が, 傾向と, 力が, 力量に, 力量を, 勘が, 参考材料としては, 場合それらの, 場合にも, 必要が, 必要は, 性質が, 手合も, 日本の, 東洋もしくは, 機会と, 機会を, 気なら, 点に, 為には, 目標の, 眼が, 立場に, 結果に, 結論の, 習慣が, 者と, 能力は, 自身の, 誤りには, 際にあたっての, 響が, 風習に

▼ 評価され~ (78, 5.8%)

25 ている 5 ていた 4 ていい 2 てい, てきました, 堂々と

1 [38件] かつ比較, その俳句, それに, つつある, つつ一般受け, ていない, ているであろう, ているでしょう, ており, ております, てきた, てさえもいる, てなけれ, てはならぬ, てゆく, てよい, てゐた, てゐる, て価値, て描かれ, て来た, て歪められ, て然るべき, て現われ, て行かなけれ, て誇り, またある, 俗論によ, 国産である, 帽子を, 従つてその, 所得税法を, 批判されなけれ, 易いの, 決してその, 王より, 記念さるべき, 集積されなけれ

▼ 評価~ (73, 5.5%)

3 千殊万別である 2 しないが, 一月に, 凡てこの, 時と

1 [62件] あの妥協, あまりにその, あらわでない, いつも客観的, かえって迷惑, かげを, この時, これ以外に, すぐ変っ, すべての, そこへまで, その使用, その最初, そもそも何, それの, たしかに人格価値, できなかった, できませんがね, できるはず, でけん, どうなる, ない, なく物, ひところと, ひとしく尊敬, まさに下され, まだまだよい, 一つも, 人殺しから, 今日すでに, 何れも, 作家の, 個人と共に, 全然あべこべ, 到底望めない, 単に文学作品, 又論理学, 哀れまずしい, 困難だ, 多くの, 如何, 如何でも, 必ず行われる, 恐らくエンゲルス, 恐らく実践的, 慎むべきであるから, 戯曲評として, 抒情詩以外にも, 残酷であった, 決して全, 決して紙背, 決定される, 清新な, 渝る, 狂って, 直ちに倫理的評価, 経験と共に, 自分自身に対しても, 芸術と, 褒むべきであった, 見なれて, 迷惑だ

▼ 評価~ (67, 5.0%)

2 変って, 変化する, 彼の, 非常に

1 [59件] あった, あって, あらわれそれ, あるん, いつと, おのずから定まった, かえって実際の, かくされて, きまらない事, くつがえされつつ, こめられて, されなかったという, すむと, ないから, ないのよ, なかった, ふくまれ更に, また一段, もてないの, やさしさ, やはり正しい, 一定の, 下落した, 不可能だ, 云われたの, 今日では, 作品の, 作者と, 全体として, 可能である, 各作品, 吐露され, 困難な, 基準を, 変つて参ります, 子供じみた, 定まったと, 定まった顔ぶれ, 屡々その, 弱まって, 強く求められ, 急変し, 感じられるよう, 成り立つもの, 我々素人の, 案外深く, 正当に, 漂って, 発生し, 相違する, 眩惑の, 確かだ, 私の, 落付いた, 行われにくい, 覆えされた感, 語られたり, 赤面ものである, 階級的な

▼ 評価される~ (47, 3.5%)

9 ように 2 ことを, ためには, のが, ので, のである, ものは, 場合も

1 [24件] が日本, ことが, ことの, その比較的, ために, だけの文化, という珍現象, ときも, と思う, にいたつた, に至った, ものだ, ものでなく, ものと, 価値を, 危険が, 場合が, 始末好色癖などは, 所の, 方と, 時には, 点で, 結果は, 運命にさえ

▼ 評価~ (42, 3.1%)

2 よれば

1 [40件] かかった, くらべれば, それ反動的泥濘に, ただその, てらすと, のぼる場合, まかせるという, よると, 何らかの客観的, 依存する, 又プレハーノフ的ヘーゲル解釈, 反撥し, 吝でない, 少からず, 少しも, 就いて, 帰して, 当って, 影響し, 影響する, 従うべきだ, 従えば, 心を, 応じて, 懐疑的である, 拘わること, 於いて, 於て, 時間の, 現れて, 甘んじては, 目を, 知らず識ら, 私自身の, 立ち得ないという, 立って, 絶対価を, 自分の, 謙遜なる, 重大な

▼ 評価~ (25, 1.9%)

1 [25件] いうに, きょう鵜殿甚七が, その成果, ならねば, なれば, プロレタリアートの, 世界的評価, 他の, 允男の, 判断が, 同じく自然的事実, 同時の, 契約の, 慰めと, 混同する, 申しますか, 男子の, 発展的な, 確信と, 社会的通用とに対する, 結び付いて, 自分を, 見られる習慣, 観察を, 認識を

▼ 評価された~ (17, 1.3%)

2 ような

1 [15件] ことは, し, ために, としても或, ので, のである, のであろう, のは, のも, 一つの, 人間の, 価値をしか, 小説, 貨幣の, 貨幣価値は

▼ 評価した~ (15, 1.1%)

2 のは

1 [13件] かという問題, がヨッちや, けれど千五百円, ことを, ためである, のか, ものと, シャビエルは, ヴィークは, 一群の, 一般の, 文章を, 論文が

▼ 評価されなけれ~ (13, 1.0%)

7 ばならない 2 ばならず, ばならなかった 1 ばならぬ, ばなりません

▼ 評価されるべき~ (11, 0.8%)

3 もので 1 ことかという, ことである, ものが, ものだ, タイプな, 作家では, 範囲を, 評価を

▼ 評価しよう~ (11, 0.8%)

3 とする 2 とした, とすれ 1 とし, としてはいません, としなかった, とも欲

▼ 評価~ (9, 0.7%)

1 いまは, きまって, さるべきもの, しだいに変らなけれ, するの, また変わっ, 又機械論, 地元の, 根柢的である

▼ 評価~ (9, 0.7%)

2 声名が 1 その創作方法, ソフィストの, 名声や, 夫と, 形式の, 批判の, 省察の

▼ 評価されね~ (8, 0.6%)

5 ばならぬ 1 ばならなかった, ばならぬであらう, ばならぬであろう

▼ 評価では~ (8, 0.6%)

1 ありません, あるが, ある作品, どんなもの, ない, ないかも, なくして, 基準どおりに

▼ 評価という~ (8, 0.6%)

2 ことに 1 ことから, ことは, ものが, ものは, ものを, 問題の

▼ 評価から~ (6, 0.4%)

1 すると, 作品の, 出発し, 紹介された, 脱して, 見て

▼ 評価されない~ (6, 0.4%)

2 花では 1 で閑却, という例, ようである, ような

▼ 評価せられ~ (6, 0.4%)

3 て来た 1 ている, てよい, またそれ

▼ 評価せられた~ (6, 0.4%)

2 意味も 1 がそれ, が今, もので, 二枚目としての

▼ 評価せられる~ (6, 0.4%)

2 ことが 1 ことも, に至った, 器物は, 社会的欲望すなわち

▼ 評価において~ (6, 0.4%)

1 ちぢめる結果, 低くされた, 前衛としての, 特に目ざましく, 等しい額, 見なおしたの

▼ 評価しない~ (5, 0.4%)

2 ように 1 というところ, ので, わけに

▼ 評価し得る~ (5, 0.4%)

1 ためには, ものは, 余地が, 個人的欲望すなわち, 力である

▼ 評価すべき~ (5, 0.4%)

1 もので, ものを, 事と, 作家である, 種類の

▼ 評価~ (5, 0.4%)

1 あなたから, それを, 判断さるる, 別に添, 新しい内容

▼ 評価とは~ (5, 0.4%)

1 いえないであろう, かく煙, 云い難い, 西田博士であっ, 関係が

▼ 評価~ (5, 0.4%)

1 たること, たる依頼, として出張, にならね, も規定どおり三人

▼ 評価~ (4, 0.3%)

1 つたのだ, と思う, と思った, のに煩わされ

▼ 評価との~ (4, 0.3%)

1 区分の, 態度は, 根本的な, 関係の

▼ 評価~ (4, 0.3%)

2 な態度 1 なもの, な眼

▼ 評価~ (4, 0.3%)

1 ですから, でで, として自身, の価値判断

▼ 評価されよう~ (3, 0.2%)

1 か, ともその, とわれわれ

▼ 評価したい~ (3, 0.2%)

1 からである, のである, 感情の

▼ 評価せず~ (3, 0.2%)

1 にいられない, に偶像崇拝, また他

▼ 評価せん~ (3, 0.2%)

3 とする

▼ 評価である~ (3, 0.2%)

1 かのよう, か全部, と共に教導

▼ 評価できる~ (3, 0.2%)

2 もので 1 人間に

▼ 評価として~ (3, 0.2%)

1 受けとったところ, 推薦され, 自我が

▼ 評価とを~ (3, 0.2%)

1 もって, 一致させるべき, 見出して

▼ 評価には~ (3, 0.2%)

1 ならぬ, 一時四十分間かかった, 案外な

▼ 評価させる~ (2, 0.1%)

1 ことは, ために

▼ 評価され得る~ (2, 0.1%)

1 共通の, 大きさ

▼ 評価され愛され~ (2, 0.1%)

1 ていた, 一応の

▼ 評価しうる~ (2, 0.1%)

1 ためには, ような

▼ 評価し得ない~ (2, 0.1%)

1 のである, 私は

▼ 評価し愛し~ (2, 0.1%)

1 つつ傍ら子供ら, て同体

▼ 評価するなら~ (2, 0.1%)

1 その中間, ば一〇〇%騰貴

▼ 評価すれ~ (2, 0.1%)

1 ば問題, ば第

▼ 評価せね~ (2, 0.1%)

2 ばならぬ

▼ 評価その~ (2, 0.1%)

1 より特徴的, 意味に

▼ 評価それ~ (2, 0.1%)

1 に準じた, はなかなか

▼ 評価できない~ (2, 0.1%)

1 ものだ, ものな

▼ 評価でも~ (2, 0.1%)

1 つくらずには, ユリは

▼ 評価における~ (2, 0.1%)

1 これらの, 科学性の

▼ 評価について~ (2, 0.1%)

1 これまでと, 意見を

▼ 評価についての~ (2, 0.1%)

1 問題, 拠りどころ

▼ 評価に対して~ (2, 0.1%)

1 それほどの, 私たちの

▼ 評価に際して~ (2, 0.1%)

1 つよく影響, ボルシェヴィキの

▼ 評価出来ない~ (2, 0.1%)

1 うちの, のは

▼ 評価出来る~ (2, 0.1%)

1 ところまで, のである

▼ 評価~ (2, 0.1%)

1 の上, の事実

▼1* [117件]

評価からの超越など, 評価さえまだ自分, 評価させないではおかない, 評価さるべきものである, 評価されすぎている, 評価されたよられていた, 評価されたらうれしいと, 評価されとおしたことの, 評価されなくても本質, 評価されなっとくされた, 評価されはじめたときあらわれ, 評価されるだろうと信じます, 評価されるべきであってなお, 評価されるべきであると思われる, 評価され始めたか乃至, 評価され得てこそ誇り, 評価され得なかったのは, 評価され直さなければ後代, 評価され直したのであった, 評価され蔑まれている, 評価しあう心が, 評価しかもちえないという, 評価しきったときはじめて, 評価しきれない貴重さが, 評価しすぎており, 評価しすぎたし文学創造, 評価しすぎることは, 評価したらよいの, 評価しつくしている, 評価しなければならない, 評価しはじめたような, 評価し信じている, 評価し切った者が, 評価し得ずある者, 評価し得たのであろう, 評価し得ないであろうと思われる, 評価し得られる大さ, 評価し続けて居る, 評価し認めてゆく, 評価すべきだと思つて, 評価すべきではない, 評価すべきであるか, 評価すべきでなく両者を, 評価するだろうか, 評価せしめやうと, 評価せしめた詩才を, 評価せしめるやうな, 評価せられざるに反し, 評価せられなければならない, 評価せられ得る大きさ, 評価そのものからみな選挙権その他市民, 評価だらうと考へ, 評価づけられておりました, 評価であってその, 評価であり彼に, 評価といふやうな, 評価とかなどを拵へたり, 評価とが心と, 評価としての批判は, 評価とに対して自主的な, 評価のである, 評価など下すまじく候, 評価なり敬意なりが, 評価にあたって民主主義文学としての, 評価にあたってさえその女, 評価にあたる任務に, 評価においても十分に, 評価についてまで少年らしい, 評価にのみたよるわけ, 評価にまで迫った現実, 評価によつて棄てた, 評価により立つ愛, 評価に対する従来の, 評価に従ってその地所, 評価に関するもので, 評価に際しぬきに, 評価のうへにも度々現れます, 評価への絶対の, 評価より遥かに, 評価をば根本から, 評価をもって叙述する, 評価を以て今日の, 評価スルノ愚ヲ覚ルベキ秋, 評価ヒューマニティーの問題, 評価一千円と記し, 評価に学壇, 評価仕事への自覚, 評価以上に尊重, 評価伝承されなければ, 評価作家の教養, 評価作家論の場合, 評価の技師, 評価判断の拠り, 評価をもった, 評価対象となり, 評価尊重したこと, 評価尺度の関係, 評価或はシニシズムに, 評価批判を通信, 評価しか知らない, 評価の変化, 評価理解の低俗さ, 評価的判断はかかる, 評価的叙述になります, 評価的態度を直覚, 評価的条項以外の条項, 評価的標準を具, 評価的神経は遅鈍, 評価経験して, 評価結論を下した, 評価考え方を訂正, 評価自分をほめ, 評価自分自身の行為, 評価自身の卑下, 評価規準が横行, 評価通価といふもの, 評価額通りいやそれ以上