青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「輝い~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~軽い 軽い~ ~軽く 軽く~ ~軽蔑 軽蔑~ ~載せ 載せ~ 輕~ ~輝い
輝い~
輝き~ 輝く~ 輩~ ~輪 輪~ 輸入~ 轉~ 辛~ ~辛い 辛い~

「輝い~」 1729, 18ppm, 6388位

▼ 輝い~ (1702, 98.4%)

294 いた 158 いる 80 いるの 67 ゐた 52 いました 43 ゐる 32 居る 23 見えた 18 いて, います, 居た 14 いたが, きた, 来た 12 いるよう 11 居るの 10 いるが, ゐました, ゐるの 9 いたの, ゐたの, 見える 6 いること, いるところ, いるばかり, 見えるの 5 いるでは, いるのに, いる星, いる眼, きました, 居ります, 居るが, 私の 4 いたから, ゐます, ゐること, ゐるやう

3 [14件] いたこと, いたでは, いるだけ, いると, いる中, いる空, おりました, くるの, みえるの, ゐて, 來た, 居りました, 居るでは, 来る

2 [51件] あらゆる地上, あること, いたので, いたもの, いたり, いた眼, いた顔, いても, いなかったの, いますが, いますね, いるし, いるなか, いるので, いるもの, いる下, いる夏, いる大, いる様, いる灯, いる間, くる, さすがに, その眼, ゐるでは, ゐる大きな, ゐる小さな, ゐる時, ゐる笑, 全く目, 凄艶比類, 堤の, 少年らしい, 居るので, 居るもの, 幸福に, 彼の, 手紙を, 散乱した, 来ると, 正義が, 水の, 流れて, 流れました, 眩ゆき, 結晶面の, 美しい, 見えたの, 見えました, 見えましたが, 進水した

1 [553件 抜粋] あたりは, あちらの, あっと, あとは, ある羞, いかにも美しい, いきが, いたあそこ, いたあの, いたし, いたそちら, いたでしょう私, いたのに, いたよう, いたら場所柄, いた事を, いた千三, いた司教, いた太陽, いた宝石, いた居士, いた彼等, いた日光, いた湾江, いた眼付, いた私, いた穏やか, いた西, いた見渡すかぎり, いったん心, いない, いましたが, いましたので, いやに, いるうち, いるお, いるかと, いるから, いるかを, いるきり, いるけれども, いるさびしい, いるじゃ, いるそれ, いるため, いるという, いるとき, いるとしても, いるとは, いるに, いるに対し, いるひろい, いるよ, いるらしい, いるん, いるカハマルカ, いるステーション, いるスリル, いるダイヤ, いるボンタン, いる一眼, いる七月, いる事, いる二つ, いる二枚櫛, いる五キャラット, いる五月晴れ, いる作品, いる光景, いる凄く, いる凄惨, いる処女, いる割れ口, いる千日前通, いる午後, いる半面, いる卓上電燈, いる唐冠, いる四条通, いる図, いる夜会服, いる大きな, いる太陽, いる奥, いる女, いる存在, いる宝石, いる小さな, いる山, いる常磐木, いる庭, いる得意満面, いる応接間, いる愛らしい, いる指, いる教団, いる方向, いる時, いる時老人, いる晩春, いる月, いる有り様, いる朝, いる森, いる椎, いる歯並, いる沢子, いる沼, いる湖上, いる火, いる点, いる物凄, いる独特, いる現世, いる目, いる真上, いる石炭, いる窓枠, いる精製糖, いる純粋, いる細い, いる絵, いる良師良友, いる薄ら氷, いる薄汚い, いる血走った眼, いる表通り, いる西日, いる赤色イルミネーション, いる通り, いる野川, いる金色, いる鉢植え, いる鋼鉄扉, いる鐘, いる長く大きい物凄い, いる電灯, いる青白い, いる面積, いる須美子, いる頬, いる顔, いる顔色, いる驚く可, いる黒い, いる黒玉, い床, うるんで, おいで, おったので, おり, おりましたが, おりましても, おります, おりますの, おりますので, おりケルヴィンの, おりネフスキイ通り, おり左, おり砂丘一面, おり薪おき, おり街路, おり農家, かすんで, きたこと, きたの, きましたが, くるじゃ, くる場合, くる草木, この世の, この人, この東京, さうし, さへ, すべての, すらりと, そこに, そこらの, そして雀, そのすえ, そのまんま私, その傍, その光, その光点, その古, その数々, その輝き, それは, それへの, それを, た, ただ広い, だんだんに, つづいた土蔵, ともすれば壞, どこから, どれが, なんの, にらむよう, のぼって, はや西南, ぱっと明るく, ほうほう, また忽ち, まだ何, まだ遅い, まるでちょうど地, まるで夜, まるで鉱石, みえて, みえました, みえる, みんなを, もしそれ, ゆくこと, ゆくの, よく見えぬ, ら, わが頭上, ゐたに, ゐたので, ゐた御, ゐた時, ゐた自分, ゐた蒲原有明先生, ゐても, ゐなかつたの, ゐよう, ゐら, ゐるあの, ゐるありさま, ゐるかと, ゐるから, ゐるが, ゐると, ゐるといふ, ゐるので, ゐるのみ, ゐるばかり, ゐるもの, ゐるん, ゐるランプ, ゐる七月, ゐる人, ゐる光, ゐる六角塔, ゐる壮麗, ゐる夏, ゐる夏空, ゐる巡査駐在所, ゐる怜悧, ゐる星, ゐる時刻, ゐる横顔, ゐる水, ゐる沼, ゐる海, ゐる湖面, ゐる火, ゐる爐, ゐる直截, ゐる眞上, ゐる眞正面, ゐる真珠, ゐる空, ゐる窓外, ゐる街, ゐる西, キレイだ, サナトリウムの, ジェルテルスキー自身にも, ヂツと, マパム・ユムツォの, ミュケナイの, ロシア人の, 三寸五寸一尺二尺草樹の, 上には, 下界は, 並んで, 久しぶりで, 久遠の, 二つの, 五月の, 人々が, 人の, 人生の, 人目を, 以て, 伏せられた, 低迷する, 何も, 何んと, 何時の間にか武骨, 作る真昼, 來る, 來るであらう, 傾斜の, 光って, 光は, 八百八町を, 其の古, 其下に, 其莟を, 其顔にも, 冬などは, 出る荘厳さ, 動いて, 化物の, 千二百年間土中した, 南から, 可愛らしい輪廓, 向こうの, 周囲一里ほどの, 周圍の, 城樓の, 大きな煙筒, 天に, 天は, 妾の, 娘の, 婢たちの, 嬉しかった, 孔子を, 宇佐美六郎の, 寄せつ返しつして, 居たでは, 居たの, 居たので, 居ったから, 居つた空, 居て, 居り, 居りましたから, 居りまして, 居りまする, 居り地, 居り夜, 居り左, 居るから, 居るけれども, 居るけれ共, 居るじや, 居るだらう, 居るばかり, 居る中, 居る幾万, 居る暫く, 居る東, 居る歓楽, 居る海, 居る私, 居る邊, 居る顔, 居れば, 屋根からも, 希望に, 帰る, 平一郎に, 幾つかの, 広重の, 庭上の, 庭木といふ, 彼は, 後光が, 微笑むぶなの木の, 微風の, 心は, 感ぜられたもの, 日が, 日光の, 明るい, 星の, 時めいて, 暖かいのに, 暖かな, 村の, 来たと, 来たの, 来たら嬉し, 来た堂内, 来て, 来ました, 来るばかり, 来る飜, 横わっ, 正視する, 歯は, 殆ん, 残って, 水鉛鉛鉱の, 汚い割, 流れるヴィスワ川, 流れるヴェスドル川, 流露する, 浅い影, 浜辺を, 海から, 消えるころ, 涙が, 涼しい眼, 淀んで, 渦巻いて, 湖面に, 溌剌と, 澄んで, 無念そうな, 無花果の, 熱に, 燃えて, 爽やかな, 現れた自動車, 現れて, 男の, 白い礫, 白く光り, 皆を, 目が, 眼さきを, 眼も, 祝福した, 神様の, 祭日の, 私どもの, 私は, 秋の, 空には, 空は, 空気に, 突き通す様, 笑つて居る, 紅い雲, 紛う方, 紫がかった, 細君は, 絶えず伯爵, 繰出す, 美観壮観譬うる, 聲まで, 胸は, 脅えて, 自分の, 船にも, 良人は, 花の, 英国皇帝陛下も, 草の, 草木の, 荘厳に, 落ちる木の葉, 葉末に, 蔭では, 蜘蛛の, 行く, 行くか, 行く變化, 裾を, 見えたが, 見えなくなったの, 見えます, 見えむんむん, 見えるお, 見えるであろう, 見えると, 見えるらしく学校, 見える伊豆の山, 見える川, 見える日, 見える美しい, 見える蘆, 見え出した, 見せすぎる, 見て, 見られるあたり, 見事である, 見事に, 見返る空, 谷の, 赤い, 赤い実, 近眼である, 透き通るやう, 通ったの, 遂にどんよりした, 部屋の, 酒が, 金貨散らばる, 鉄道の, 鏘然珠玉の, 鏡の, 雨は, 雲が, 霜どけの, 静かに, 面も, 靴を, 頬に, 顔中の, 顕われる, 鳥の

▼ 輝いたり~ (10, 0.6%)

3 するの 1 する, する眺め, また今, 曇ったり, 涙ぐんだり, 薄れたり, 都ての

▼ 輝いては~ (8, 0.5%)

2 いるが, 新らしい 1 いないという, いなかった, 来ぬ, 見えたが

▼ 輝い~ (4, 0.2%)

1 いる, おる, 居ると, 居るばかり

▼ 輝いても~ (2, 0.1%)

1 それを, 決してこうした

▼1*

輝いたりなどして, 輝いてさう言, 輝いてをらず