青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「載せ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~軒 軒~ 転~ ~軽い 軽い~ ~軽く 軽く~ ~軽蔑 軽蔑~ ~載せ
載せ~
輕~ ~輝い 輝い~ 輝き~ 輝く~ 輩~ ~輪 輪~ 輸入~ 轉~

「載せ~」 2061, 21ppm, 5375位

▼ 載せ~ (1704, 82.7%)

138 ある 34 あった 30 いる 28 あつた 22 ゐる 17 あるの 16 持って 13 あるが 12 あつて 11 その上 10 あります, 居る 9 あって, 置いた, 置いて 8 いた, いるの, ゐた 7 あるから, おいて, やる, 出します 6 ありました, みた 5 みると, やりました, やると, 出した, 持つて, 来た

4 [14件] あるので, あるもの, いて, いるが, おくこと, やった, ゐない, 今の, 出て, 来て, 火を, 置きました, 自分は, 見て

3 [23件] あること, います, おいたの, おきました, くれと, みて, やつた, ゐるの, テンピの, 入相の鐘の, 出しますと, 居た, 市の, 床の間に, 引いて, 無い, 眼を, 行った, 見せた, 見た, 見ると, 這入って, 運んで

2 [73件] あったから, あったの, あつたなら, ありましたが, ありますが, あり又, あるところ, ある一輪挿, ある事, ある器, ある左, ある打紐, ある物, いたが, いたの, いること, いるもの, いるん, うねりながら, おいた, おく, おくと, くれた, ございますが, その下, それを, やって, ゐるのみ, ゐるもの, ゐる所, テンピへ, ブリキ皿へ, 一寸いける, 中指の, 二階へ, 來た, 出た, 剛弓を, 勢よく, 去る, 口の, 呉れたこと, 坐って, 大変立派な, 威勢よく, 家へ, 寄せくる浪, 強い火, 役所から, 悠々と, 搬んだり, 曳いて, 木場から, 来たので, 焼きます, 瓶の, 眺めて, 睡って, 祈祷を, 神に, 私の, 米を, 自分の, 茶を, 落ちないよう, 蓋を, 行く罪人, 行つた, 行商に, 見せて, 見る, 貰って, 走るという

1 [971件 抜粋] あおのき北斗, あったが, あったところが, あったのに, あったもの, あった僅か, あった天然色写真, あった甲州葡萄, あつたさうである, あつた様, あつた間, あゆみ自らこれ, ありがたい事, ありはせぬかと, ありまた, あり暁湖, あるいろいろ, あるかも, あるちようど草津, あるのに, あるよう, あるろうそく立て, あるモーゼ, ある一枚, ある五古, ある佐藤利文氏, ある八百屋お七, ある古今藝術圖, ある唐, ある夜具, ある奥仙丈, ある席, ある戊辰, ある手荷物, ある日, ある棚板, ある水瓶, ある物靜かさ, ある目録, ある紙片, ある芋焼餅, ある記事, ある誤には, ある通り, ある雜歌, ある首, あれば, いくので, いそいで, いただいた, いたので, いたわる, いた神尾主膳, いったいどこ, いって, いらっしゃい, いるから, いるその, いると, いるふくよか, いるよう, いる両手, いる女, いる幽霊, いる日本, いる涙, いる籠, いる話, おあげなさいまし, おいたらこんど, おいた書物, おいた草花, おきます, おきますわ, おくの, おくん, おく風, おける小さな, おさえて, おのれは, おらぬ, おろして, お千さん, お茶が, お話を, かついで, きた小船, くるくると, くる玉, くれたが, くれた淡紅, くれともすれば, くれないん, この篇, これを, ございます, さすがに, しっきり, しばらくぢ, しまう, じっと庭, すすめた, そうして炬燵, そのとき, その世話人達, その床の間, その悪路, その肉, それから, それが, それにお, ただうとうと, たゆたひ, ぢつと, どこへ, ながめたの, にやりと笑った, はたくの, ひよつくり, ふるく新しい小意気, ぺろりと, ぽくぽく辿, ますます多く, また少量, また粉砂糖, また野原, みたこと, みたり, みようと, みること, むき出しに, むすびつけて, もう一度苦労, もらいたかったの, もらう事, もらおうと, もらったそのまま, もらったもの, もらふこと, やったら嬉し, やっても, やるから, やるとか, やれ, ゆき少, ゆくを, ゆく駄馬, ゆるく地, よく水, よろよろと, わざわざ弁信, ゐた小, ゐた赤ん坊, ゐながら, ゐるかと, ゐるさ, ゐると, ゐるふくよか, ゐるわたしたち, ゐる大切, ゐる父親, ゐる石, カステラ鍋へ, キタイスカヤ大街の, ギリギリと, チェーホフを, テンピで, ドンドン敵, バルザックの, パラフィンを, ヒラヒラと, フワフワ飛びまわる, モー一度五分間ばかり, 一同に, 一息に, 一時間おきに, 一枚の, 三人で, 上げますと, 上に, 上等の, 下から, 下さい, 下へ, 不弥, 世の中で, 中の, 乗り越えるの, 乱箱の, 二つ三つ存在し, 二人で, 人を, 今なお, 今度は, 他処, 伊吹淀の, 何か, 何処とも, 何所へか, 余の, 作例とな, 例の, 供へ, 供御に, 停車場の, 傍人の, 兄の, 入って, 全體, 公園の, 六円, 其女の, 其鉄筆に, 再びこの, 冬です, 凝と, 凡て時の, 出されたらおそらく, 出されようとも, 出したが, 出したや, 出したコップ, 出して, 出しますし, 出すの, 出でし舟人, 別にブラウンソース, 前の, 前後し, 前段の, 勝手元を, 化学者の, 北の, 北へ, 北氷洋を, 十分に, 半ば夢中の, 博士は, 即日江州を, 参った次第, 史學雜誌第, 同じく九州, 吹きて, 呉れたタクシー, 呉れ飛んで, 呼び歩く百姓馬子等, 四人し, 四肢を, 固くなった, 土間の, 在るまじく存候, 地獄へ, 堂の, 塩胡椒を, 壁は, 夏の, 夜の, 大事そうに, 大気を, 天下の, 太陽に, 奔らし, 女房の, 妻君の, 嬢様の, 孤舟月に, 客人に, 家職が, 寝た, 専門外の, 對岸に, 小僧が, 小坂氏の, 少し穴, 居ります, 居るよう, 居る牛乳, 居れば, 岸に, 島へ, 川を, 左に, 左手には, 差し出した聖像, 巻中に, 市場へ, 帰しました, 帰つていつた, 帰りました, 帰るため, 年を, 床柱なる, 店先から, 引き取った, 引き来, 引導を, 弟の, 徐に持つ, 御祈祷, 御給仕, 忙わしなく, 怖しい, 怖ろ, 急ぎ足で, 悦楽を, 慇懃に, 憩わせよう, 戻って, 手を, 手早く表, 手術室へ, 押して, 押歩いた, 持ち上げたが, 持ち歸, 持て来て, 持参いたし, 持来れる, 捧げて, 捨てて, 揺蕩し, 摂氏マイナス五度以下に, 數十歩に, 斯くし, 早瀬が, 星あかりに, 時々行く手, 暫し図案, 曲者は, 曳き廻わり, 曳っ, 有卦に, 本国に, 本所まで, 来たさ, 来たり, 来た人たち, 来た駕籠, 来なんと, 来るに, 来るもの, 東に, 東西に, 椅子に, 横を, 次から, 欲しいと, 此文後に, 歩いたり, 歴世略伝に, 残って, 毎日毎日よく, 水を, 決して, 波に, 泣いた, 泣き腫らした眼, 活版刷の, 流れは, 浮世の, 液中に, 淀川を, 清いもの, 渡し舟を, 滑かな, 漕いで, 漕手は, 火に, 無事に, 無言で, 焼いて, 焼かれて, 熊笹の, 片づけられたまま, 片手に, 玄関の, 甘雨亭叢書, 産婆の, 町の, 疾走する, 白い毛糸, 白浜という, 目に, 直かに畳, 相対する, 真黒な, 眠りそう, 眺めるつもり, 眺めると, 矢切の, 石ヶ辻や, 祈祷し始めた, 神棚に, 私は, 稍鈍い, 空想的な, 窓内窓外を, 笑い出した, 笠の, 紙で, 組んで, 続いて, 編み掛けた所, 縁日へでも, 纜を, 置いたが, 置いたところが, 置いたの, 置いたる風呂敷, 置いた卓, 置いた武田君持参, 置いた菓子, 置かうと, 置きばばさま, 置く, 置こうという, 老人の, 耳まで, 職に, 肋のは, 胡坐を, 脱れ, 膝の, 自らこれに, 自分で, 舁ぎ廻つたのが, 舁くもの, 船脚軽く, 花を, 莫迦叮寧な, 蓋の, 處, 行きます, 行く, 行く尾, 行こうと, 行った妻, 行つ, 街を, 裾の, 見たが, 見たくて, 見た珠, 見ました, 見る位, 覗いて, 解いた, 読んで, 読者の, 識られ, 貰いました, 貰います, 貰う様, 貰った漢文, 貰つた, 貰ひたい, 貰ふ, 賞翫すべき, 走つた, 走らんと, 走る汽車二十里, 走れり, 路の, 車の, 軽々と浮く, 轣轆と, 迎えに, 透視し, 連れて, 遊びぬ手のひら, 運ぶ練習, 遠いところ, 遣った時, 都へ, 醤油を, 里外の, 野原に, 銀座まで, 鑵を, 長い葉巻, 長崎より, 陸岸から, 隱した, 雑誌を, 電車が, 静かに, 音楽浴は, 頬つ, 頭を, 頻りに詰将棋, 顕微鏡下に, 飛ぶでしょう, 飛ぶよう, 食ったという, 飾つてあつ, 首を, 駒を, 高く導く, 鰹節の, 黙つて

▼ 載せたり~ (23, 1.1%)

4 して 2 胸に

1 [17件] かくの, したらもう, するという, 其中に, 写真を, 又中庸, 夜は, 掛けたり, 果物籠に, 浅い姉さん冠, 湿臭い, 濕臭い, 爾來二十有三年後, 社交界で, 肩に, 茶碗を, 草の

▼ 載せその~ (21, 1.0%)

5 上に

1 [16件] くせ下は, ま, 上をば, 両手を, 儘さよならも, 力の, 屍体の, 業を, 次に随筆類, 濡れて, 甲の, 蓋の, 衣を, 足頸を, 身体は, 辺を

▼ 載せながら~ (21, 1.0%)

1 [21件] あらわれて, この平野, テツに, 云った, 伊奈子を, 俯伏に, 四五人の, 婆さんの, 少し横向き, 影に, 後を, 慌てて, 手に, 時々足, 独り錦橋の, 眼で, 眼鏡越しに, 言った, 訊いた, 話したが, 誰に

▼ 載せそれ~ (7, 0.3%)

1 に見入っ, を両手, を代表的, を伊兵衛, を幾つ, を竹, を部屋

▼ 載せても~ (6, 0.3%)

1 よいの, 一つ白布で, 七志の, 徒に喇叭, 構いません, 転げ出さないよう

▼ 載せ~ (5, 0.2%)

1 ると, るべくして, るる, るるの, るるもの

▼ 載せそのまま~ (4, 0.2%)

1 さよならも, 外へ, 眠入りぬ, 自分の

▼ 載せてから~ (4, 0.2%)

1 で御座います, 微笑を, 研石を, 第十一號

▼ 載せ~ (4, 0.2%)

1 なったの, なったら, なるん, なる写真

▼ 載せ片手~ (4, 0.2%)

1 でしっかり, にコップ, に土瓶, に溌剌

▼ 載せては~ (3, 0.1%)

1 反対だ, 居ない, 鮪や

▼ 載せ~ (3, 0.1%)

1 から枯れ草, の, の日本植物志図篇

▼ 載せ或は~ (3, 0.1%)

2 葡萄色の 1 髮を

▼ 載せ自分~ (3, 0.1%)

1 はその, は梶原, も他

▼ 載せこれ~ (2, 0.1%)

1 こそ拙者, は本国

▼ 載せ~ (2, 0.1%)

1 うして, へすれ

▼ 載せそこ~ (2, 0.1%)

1 に西蔵, へわたしたち

▼ 載せそれから~ (2, 0.1%)

1 次には, 着換え

▼ 載せそれからまた~ (2, 0.1%)

1 その上, 考えて

▼ 載せそれに~ (2, 0.1%)

1 なんだか薄, 小さな脚

▼ 載せてを~ (2, 0.1%)

1 らぬ, られる

▼ 載せまた~ (2, 0.1%)

1 一アラビヤ人屁迫る, 絵師に

▼ 載せまるで~ (2, 0.1%)

1 何事も, 薔薇色の

▼ 載せわれ~ (2, 0.1%)

1 におなじ, は長男

▼ 載せナイフ~ (2, 0.1%)

1 で割った, を添

▼ 載せ~ (2, 0.1%)

1 の心, を押分け

▼ 載せ~ (2, 0.1%)

1 の一, の猿

▼ 載せ~ (2, 0.1%)

1 この重荷, 徐乾學の

▼ 載せ~ (2, 0.1%)

1 から押し, に菊花

▼ 載せ~ (2, 0.1%)

1 が使い残し, と梨

▼ 載せ~ (2, 0.1%)

1 が違う, などはすでに

▼ 載せ更に~ (2, 0.1%)

1 其の上, 念の

▼ 載せ~ (2, 0.1%)

1 に後, の児

▼ 載せ綺麗~ (2, 0.1%)

1 な鳥, に髪

▼ 載せ~ (2, 0.1%)

1 ははだし, を投げ出し

▼ 載せ~ (2, 0.1%)

2 の日

▼ 載せ~ (2, 0.1%)

1 だけだし, をその

▼1* [200件]

載せあたりに牲, 載せあとの十余輛, 載せいささか追慕の, 載せ孃さんを, 載せおのれは踏板, 載せおらが自分, 載せかしづきて, 載せかつ踏みつけると, 載せかの縁を, 載せがたいワレ物の, 載せがたきこの大, 載せきたる板硝子過, 載せこの童子用なき, 載せこんこんと眠り, 載せさえすれば, 載せしゃんとからだ, 載せじっと見て, 載せーツと, 載せせめて季という, 載せたりしかばついに最も美しき早, 載せたりと雖天涯の, 載せたりなどして, 載せちょいと綱, 載せちょっと感光させれ, 載せってやれやれと, 載せてずつと客の, 載せてでも行つて遣る, 載せてないせゐか, 載せてのほんとして, 載せてんびんに持ち, 載せえで, 載せいと, 載せほっと息し, 載せまたは車に, 載せようでの, 載せわが妻に, 載せわけもなく, 載せアフリカのアクラ, 載せガーゼの覆い, 載せグチャグチャ煮て, 載せコンパクトで鼻, 載せサン・ラザアルの停車場, 載せスプレンゲルはある, 載せスマートな手つき, 載せズボンの折目, 載せテッフェ河汀で小児, 載せトロブスキー橋の方, 載せニタニタ笑いながら, 載せビルマのシノモルグス, 載せメスを入れました, 載せレモンを絞, 載せは客用, 載せ一五七六年ロンドン版ジェラード・レーの, 載せ一八八〇年版ボールの, 載せ一息つくと, 載せ一方の膝, 載せ一旦てんぷらを, 載せ一概に捏造とのみ, 載せ一見塚の, 載せ七月六日の夜, 載せ三人各三方, 載せ三人おのおの三方より相, 載せ衣の, 載せ下駄の脱, 載せ両手を組み, 載せにもウオールド新聞, 載せ久米氏の如き, 載せ二十余人の者, 載せ五郎蔵の乾児二人, 載せも熊野, 載せ今や引き出さんと, 載せ介抱を与えた, 載せ以前はジュムナ河, 載せを欄干, 載せて池田氏, 載せし翁, 載せのよう, 載せ氣な, 載せ先づ附近にある, 載せ児女白酒の銚子, 載せ共に葉石の, 載せ兵士の乗った, 載せ其被害投書がイクラ, 載せ其頭を越え, 載せを鼓, 載せ半紙一杯に幾つ, 載せ半開きの白扇, 載せ厨人の前方板, 載せのごとく, 載せ会員に, 載せつたま, 載せ合宿まで帰っ, 載せ周囲は破れた, 載せ周孫等はこれ, 載せ呼鈴を押し, 載せ四方より手, 載せ垂仁天皇がお, 載せ垣根の処, 載せを適宜, 載せの川風, 載せ丼に, 載せ大きな握飯を, 載せ天然無双の眉目, 載せ奇麗な鳥, 載せ孫娘のお, 載せ定期にこれ, 載せ家内とは舊, 載せを払い, 載せ小さな木の, 載せ許づつ籾を, 載せ就中大砲を善く, 載せ左手には槍, 載せき由, 載せ張子の浅き, 載せ彼女の足袋, 載せ後に趙翼の, 載せ後日の恩賞, 載せ徐ろに楼門, 載せ得らるるだけの, 載せ懐ろは書物, 載せ我が國の, 載せりては, 載せを回し, 載せ折目のついた, 載せ拮屈たる木曾, 載せ挨拶かたがたはいっ, 載せ掻巻を頭, 載せ数年前立山から還った, 載せ文以て意, 載せの横上, 載せ日除に手, 載せ明日は頼朝, 載せ昨日歯を割った, 載せに白米, 載せ本船の周囲, 載せ松千代の頭, 載せ枕頭の煙草盆, 載せの中, 載せには一面, 載せの前, 載せ次には左手, 載せには既に, 載せ毎年五艘十艘ずつ風, 載せ毎年五隻から十隻, 載せ水路築地の海岸, 載せ沢庵石と石, 載せ淨火の島, 載せに焙っ, 載せ片方の脚, 載せ牡丹の莟, 載せ玄関に置い, 載せ玉葱を添え, 載せ玩具食品をやり, 載せの方, 載せ白い湯気を, 載せ前後し, 載せを避, 載せ硯友社の麒麟児, 載せ社会の公人, 載せは形容種々, 載せで圧し, 載せ紫御殿の祭壇, 載せひて, 載せを付け, 載せ羽毛楊枝が渡し, 載せして, 載せ聖人も是認, 載せは鹿皮, 載せ自ら引きて, 載せの前, 載せ薄暮に深山, 載せ蜈蚣鯨は何物, 載せ衆多の牲, 載せ行列に参ぜしめ見る, 載せ行燈の光, 載せ衣服も着, 載せの底, 載せを立て, 載せ記者はその, 載せに董, 載せ貝原益軒も猫, 載せ足音も荒, 載せ足駄ばき, 載せにも積む, 載せ運びまた串, 載せを明, 載せを酌む, 載せ野菜の畑, 載せ金剛石とみゆる, 載せの盆, 載せを身, 載せ陸羯南が一たびこれ, 載せ雪の下から緑, 載せのバンド, 載せに冠, 載せに向っ, 載せ養子家督縁組などの事, 載せ香ばしいにおいの, 載せ麗らかなる日, 載せの頭巾