青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「針~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~金 金~ 金吾~ 金持~ 金色~ 金銭~ 金魚~ 釘~ 釜~ ~針
針~
釣~ 釣り~ ~鈴 鈴~ 鈴木~ ~鉄 鉄~ 鉄砲~ 鉄道~ 鉛筆~

「針~」 3313, 36ppm, 3263位

▼ 針~ (800, 24.1%)

23 動かして 18 持って 14 運んで 9 もって 8 刺して, 含んで 6 動かしながら, 動した, 手に, 見て, 運ばせて 5 出して, 抜いて, 持つて, 植えたよう 4 さして, 刺されたよう, 持つ手

3 [13件] して, もて絹, 入れて, 刺す, 刺すよう, 取れば, 垂れ, 廻して, 立てて, 運びながら, 運んだ, 隠して, 集めたよう

2 [48件] がたがた動かし, さすよう, ちょいちょいと, つきさして, つけて, つづけて, つまんで, とおして, ながめて, にらみつけました, はこびながら, はこんで, ぴたりと, ふいて, ふくんで, まわした, もつと, よせて, 休めて, 借りて, 動かし出した, 動かす, 動かせて, 包んで, 十二時の, 取って, 取りて, 口に, 合せて, 打ちますと, 持つこと, 持つ女, 持つ日, 握った右, 海の, 用いて, 直さうと, 突き刺した, 立てよ, 置いて, 自分の, 落して, 見た, 見ると, 買って, 運ばせ不平, 運びつづけた, 運ぶ手

1 [523件 抜粋] あげた所, あげて, あてがうと, あやつったの, ありがとうございました, うごかして, うごかしました, うしろ向きに, うつ様, おいた, おいて, おろしました, お取り申した, お求め下さいます, かくした, かけること, かけるよう, かたづけて, きら, くださるとき, くわえとりすぐ, ぐるぐる廻し, こしらえて, こつこつ叩い, こぼしたやう, ごらんに, さがして, さがしに, さがすよう, さされた, さされたよう, さされるよう, さしこまれて, さしたつくろい, さしたという, さしておおき, さしてゐる, さして出血, さして置い, さして置いたら, さしとおしました, さしました, さし換える隙, さすこと, さらうよう, したり, しまおうと, しゅっと, すすめて, すつかり, すること, その胸, それから私, たくさんこしらえ, たくさん並べた, だして, だれも, ちかづけると, ちらと, ちりばめたやう, つきさ, つきたてて, つき刺されるばかり, つき刺して, つき刺すの, つき刺せば, つき立てる樣, つくる者, つけたこと, つけたる麻, つけた様子, つけた馬鹿みたい, つけた麻, つけながら, つっこまれたよう, つっこんで, つつきひら, つまぐつてゐた, つまみ上げました, つまんだり, とって, とつて, とどめて, とめた, とらせたよう, とりだして, とり出して, とろうと, ながして, ながす, なぎ払うよう, なげて, なにかぐぐつと, なんの, ぬきと, ぬき文字盤, ののしりちらした, のみ, のむ, のんで, はき出させながら, はこばなくては, はこびました, はこぶ, はずして, はずすため, はずそうとして, ひっぱって, ひつぱつてゐた, ひとめ見, ぴく, ふいた, ふきつけやがったん, ふきつけられたよう, ふくむ綿, ふくもうと, ふくんだふるえ声, ふくんだやう, ふくんだよう, ふくんだ一言, ぶすりとさしました, ぶつけて, ぷつりと刺した, ぷつりと襖に, また古, まわして, みて, みては, もたらしたの, もった, もったとり, もってる時, もつこと, もつて, もつよう, やすめて, やたらに, やっても, やろう, ガラスの, グイと, チクチク運ん, プスリと, プツリと, ヨシ子さんに, レコードの, 一つあげましょう, 一つ一つ手に, 一ぱい打ちつけた, 一代の, 一時間半ばかり, 一本ずつ, 一本のん, 一本吹い, 一本落とし, 一本頂い, 一杯に, 丁寧に, 丈吉君の, 三時間進め, 上流から, 下さい, 下さいました, 下したが, 下すが, 与えて, 与へて, 並べたよう, 並べた触を, 二の腕へ, 二人がかりで, 二十分三十分おくらし, 二時五十分に, 二本折りました, 五本た, 五百本こしらえ, 仕入れに, 仕入れ木綿針, 佐野君の, 使うこと, 使うたが, 使うて, 使った, 使って, 使ってさえ, 働し, 光らせて, 入れた, 入れると, 入れんと, 凝視て, 出した, 出しては, 刀に, 刺さいでも, 刺されたやう, 刺された風船球, 刺されて, 刺されながら, 刺した, 刺したという, 刺したよう, 刺したらば, 刺したら眼, 刺したり, 刺したん, 刺し通して, 刺すこと, 刺すという, 刺すやう, 刺す時こほろぎ, 刻むセコンド, 刻んで, 加えたに, 加えられたもの, 加え旧弊, 動かしあたかも, 動かした, 動かしたという, 動かしつづけた, 動かしました, 動かしましたの, 動かし始める, 動かし得る人, 動かすかは, 動かすの, 動かす二人, 動かす先, 動かす女性, 包みたる美しき, 包み込んだ重々しい, 包んだことば, 包んだよう, 十二時五分過ぎに, 十時へ, 取り上げた, 取り上げて, 取り出して, 取り出しました, 取り出し自分, 取り無, 取る暇, 取上げた, 口へ, 右の, 吊して, 吐くあたわずして, 含めば, 含んだ言葉, 吹いたの, 吹き終えた鈴江, 吹き酒, 吹く, 吹くよう, 吹く隣りの, 吹ッかけられる, 呑まして, 呑むやう, 呑むよう, 呑んで, 呼應し, 咽喉の, 噴き, 噴くよう, 嚥んで, 四十五分ほど, 回しそうして, 回して, 垂れ総体, 執つた, 執りテレピン, 売って, 売るの, 売る三文雑貨屋, 変へては, 外れたが, 夢の, 大きく振らせ, 大きな口, 失つた集団の, 妹に, 小さいながら, 少しばかり, 屋根の, 左の, 差し換, 希望の, 平がなの, 廻す, 廻わす, 引き出すこと, 引き抜いて, 引き抜きながら, 引っかけた一丈, 当てかたい, 御すて, 心の, 心配し, 思わせた, 急がせて, 感じない芸術, 感じながら, 手早く添え, 手馴れた手付き, 打ちこんで, 打ちて, 打ち込むが, 打ち込んだり, 打ち込んで, 打って, 打つたやう, 打つの, 扱いたいと, 投げても, 投げる, 投げ出すと, 投げ込むと, 投げ込む場所, 投じても, 投って, 折らなけりゃ, 折り, 抜かないので, 抜き取って, 抜き取つて, 抜き取り針先, 抜き取ると, 抜くと, 択ぶこと, 抱くよう, 押し出す, 拔い, 持たなかった, 持たなくつて, 持ちかえて, 持ちかけたり, 持ちながら, 持ったまま前, 持った傷, 持った姉, 持ってる者, 持つたまま右, 持つたらしい, 持つの, 持つやう, 持つ事, 持つ業, 指さきで, 指で, 振廻す, 授けて, 措きて, 握ると, 揺り歯, 操って, 操つて一筒の, 擧げて, 放さなかった, 故意に, 数本束に, 数種買い求め, 早くま, 束ねたやう, 束ねたる如き女, 束ねた一種, 棄て去る蜜, 棒と, 植えたるごとき毛むくじゃら, 植えた赫, 植えつけても, 植えて, 植ゑたやうである, 植ゑて置いた, 検べ, 検べて, 止めて, 止めぬの, 正午の, 正確に, 歯齦の, 段々深く, 水中に, 求めて, 沈めうき, 沢山やったら, 泛べ, 流して, 流しながら, 流すと, 海へ, 海中に, 海綿に, 無数に, 燈火に, 用いたとしても, 用いる, 用いる事, 用いれば, 用意し, 畳越しに, 當てた, 痙攣的に, 発明した, 直線に, 真面目に, 眼で, 眼の, 瞳孔に, 知らぬこと, 私は, 秘めて, 突き刺した途端一代, 突き刺した針, 突き刺すの, 突き刺そうと, 突き立てた, 突き立てられたよう, 突き通し給, 突くの精妙, 突っこんで, 突刺されたやう, 突込んだ, 立ったまま, 立てたごとくに, 立てます, 立てられる以上, 立てる, 立てると, 立てる人, 続けたが, 綺麗に, 置いた, 置いたよう, 置きかえて, 習いましょう, 肌に, 脱脂綿で, 腕に, 舌の, 落さっしゃるな, 落したくらいの, 落したほどの, 落すと, 落としたと, 蓄え優勝劣敗, 衝き進め寿女, 見つめて, 見つめながら, 見ました, 見ますと, 見ようと, 見出して, 見定めること, 視詰めて, 触れますと, 豆腐とか, 買うの, 買て, 買わんか, 返せと, 追いながら, 送り, 逃げまわつて, 透して, 通したり, 通して, 通す, 通すよう, 運ばせつ, 運ばせながら, 運び, 運びはじめたけれど, 運び始めた, 運び小声, 運ぶお雪ちゃん, 運ぶとか, 運ぶもの, 運ぶよう, 運ぶ指先, 運ぶ縫物, 運んでる側, 遠くに, 避けて, 針さしに, 針刺しに, 長さ八分, 閃かして, 除き全部, 除こうと, 除って, 集めて, 離れぬ糸子, 領に, 頭へ, 頭も, 顱鉄がわりに, 飛ばしたりなんか, 食する感, 食わぬ, 魚の

▼ 針~ (789, 23.8%)

109 ように 51 ような 39 手を 27 やうに 17 やうな 13 目を 12 先で 10 先を 9 めどに, 山に 6 むしろに, 先の, 動きを, 山の, 山や, 莚に 5 さきで, 先が 4 先に, 動くの, 山へ, 山を, 様に, 穴から, 筵に, 蓆に

3 [12件] 上に, 先き, 先きで, 先ほどの, 尖に, 尖を, 山から, 席に, 形を, 様な, 穴に, 音

2 [31件] ごとく細く, ごと雨は, さきに, ところへ, むしろの, コムパス身の, 下には, 先と, 先へ, 先端に, 動きから, 動きが, 婆さんの, 孔の, 孔油染み, 尖で, 尖でつ, 尖で怪しき, 尖の, 師匠の, 方へ, 痛さ, 穴を, 筵, 筵の, 蓆か, 運びの, 間から, 音が, 頭の, 餌を

1 [317件] あとだらけの, ある, あるアカエイ, ある場所, ある目, いうこと, うえだけでの, うごきを, おかげで, おかげと, おき具合, おくの手, がさつさも, きしみが, ことで, ことは, ことを, こまかさ, ごうもん, ごときできごと, ごとき白髪, ごとき警戒心, ごとき鋭き, ごとくあるいは, ごとくそ, ごとく口, ごと光り, ごと肌刺す, ご用も, さきか, さきが, さきには, さきの, さきへ, さきほど, さきほどながら, さきほども, さきみたいに, さきを, ささったやう, しんぼうの, しんぼうも, するどさ, ついた手, ついた気圧計, ついた胸衣, ついた餌, ところまでは, とれた鋲, とれて, ない鋲, なかに, ねじが, はこびを, はづしかたがまづいのとけんつくをくふので, ひびくよう, ほうを, みぞから, みぞに, めどが, めどの, めどを, めど通し, めど通しを, めど通す, やうにも, ようだ, ようである, ようよ, ようを, わな千々に, カチカチ云ふ, チクチク責, メドなど, 一時は, 一本は, 一本一本を, 上の, 上のね, 上は, 下から, 中で, 中には, 中へ, 中を, 事を, 仕掛けあるいは, 仕掛けに, 代えに, 使いかたなどを, 使いふるし, 倒れる音, 側面に, 傍へ, 傾きが, 元ぐらいの, 先からは, 先でつ, 先とか, 先との, 先は, 先ほどに, 先ほども, 先ほど小さく, 先程の, 光ってるの, 光も, 写真は, 冷たさ, 処だけを, 刀を, 列が, 刺さって, 刻々を, 刻み込むごとく寒気, 創から, 力である, 動くが, 動く如く, 動く音, 包みとを, 包れたる, 十八分の一の, 十銭に, 取り通し, 回る角度, 声, 天国, 天国である, 太いの, 太く逞, 太く逞しいので, 如き頬髯, 如くなる魚, 如くに, 如く痛し, 如く私, 如く竪, 如く逆立ちあばら骨, 如く逆立ち鋭き, 如つきと, 婆さん, 婆さんは, 孔から, 孔に, 孔へ, 孔ほどの, 孔を, 寸法は, 小さな孔, 小刻みの, 小箱, 尖きを, 尖でさえも, 尖で触れますよう, 尖指環, 尖端が, 尖端で, 尖端の, 尖蓄音器屋, 山かも, 山が, 山だ, 山であろう, 山でも, 山などは, 山のぼりの, 山へでも, 山みたいに, 山も, 山地獄の, 山血の池へ, 師匠へ, 度毎に, 廻る音, 廻転が, 廻転なぞとは, 引つ掻きに, 形, 形に, 影が, 微かな, 微動の, 息, 感覚や, 感触, 手が, 手は, 手も, 手先から, 打ち違い, 折れたの, 折れを, 折れ一本, 持ちよう, 指し方が, 指す所, 揺れ動くの, 数を, 方に, 方を, 方向, 既に十時半, 日に, 木, 木で, 木の, 木峠に, 林へも, 梢には, 業に, 様にけ, 標準に, 樣な, 樣に, 止ったところ, 止まつ, 止らないの, 武芸が, 毒を, 氈に, 無い時計, 生えた生きて, 生えた舌, 痕で, 痕は, 痕を, 発明といふ, 目いちじる, 目から, 目が, 目に, 目へ, 目ほどの, 目も, 目程の, 眼に, 神経を, 秘密君が, 稱に, 稽古, 稽古を, 穂先を, 穴へ, 穴をと, 穴をも, 穴を通して, 穴程の, 空間上の, 突き刺される時, 立った眉間, 筋を, 筵だ, 筵だった, 筵で御座いました, 筵へ, 筵を, 箱の, 紙に, 縁を, 縫目も, 聲, 腹巻を, 臭みから, 若旦那様で, 苦痛を, 荷や, 莚の, 落ちた音, 落ちる音, 落つるを, 落つる音, 蓆の, 蓙に, 行くところ, 行列の, 見当で, 読めない小さな, 赤糸に, 走つた所, 趾を, 跡じゃ, 跡は, 身にも, 軸の, 通りが, 逞しいのに, 進むごとくまた, 進行が, 遅遅として, 運びが, 運びも, 運びやうを間違つて解いた, 運べる女, 道には, 道を, 道具を, 道具箱も, 金作, 針で, 針は, 針孔が, 針孔を, 針葉樹よりも, 鉄の, 鉄気に, 鋭い針, 鋭い電気吸引力, 鋭くも, 錆を, 長短と, 音までが, 頭を, 頭程の, 類ひも消毒液に, 風, 飛ぶよう

▼ 針~ (284, 8.6%)

3 くっきり十一時, ついて, 折れて, 進んで

2 [20件] あった, あつて, とびだして, ねに, まわって, ゆるんだん, 丁度九時五分前であった, 五本十本それは, 俄かに電の, 光って, 含まれて, 折れた, 明日の, 時を, 無数に, 生えて, 白い盤, 立った, 落ちた幽か, 飛んで

1 [232件] あたりに, あったり, あって, あつた, あと戻りし, ありすること, ありません, ある, あるお, あるの, あツ, いたッ, いっせいに正, いっぱいつんつんつッ, いろいろ降っ, うまく使, おたま, きまり悪, くつきり十一時を, くる, くるりと, ぐさりと, ぐるぐると, ぐるぐるまわっ, ここへ, こぼれる程, これほどの, ころが, ごとく人, ささ, ささったの, さし込まれる, さらさらと, すいすいと, すき間も, すすんで, すなわち自分自身, それだけ動いた, たくさん降っ, たった一つ, だんだんに, だんだん昇っ, ちゃんと両方, ちょうど九時, ついたまま戸, てんてこ舞いを, とまったの, とまるの, どこかに, ないとか, なかばから, なくて, なくとも, にぎられて, はいったの, はいった時, はいって, はいりません, はげしく左右, ひかって, ぴーんと飛ん, ふき刺さった, ふれても, ぶすりと突, ぶすりと突き, ぶつぶつ刺さっ, ぽつ, まだ半襟, まだ発車, まったく動かなくなっ, まるで利かなくなっ, まわります, まわれば, エッゲの, カチリと, カヤノの, ギリギリ一パイの, グルグルと, チクタクチクタクと, ニューッと, ピピピッ, ブルッと, プチリと, 一つに, 一つ宛殖え, 一つ打つ, 一と, 一どに, 一時を, 一本入っ, 一本出た, 一本打ちこまれる, 一本残らず, 一本落ち, 一本落着か, 一等でございます, 一面に, 丁度二時を, 丈吉さんの, 中から, 之だけ, 九時少し, 二匹の, 二十二三分の, 五六本心の, 五分, 五分や, 五階に, 今ま貴, 今や五時, 他を, 何列にも, 何回も, 使われた, 傷の, 光つた, 光つたのを, 光るの, 全身で, 六十キロボルトの, 六十五哩と, 凄じい, 出て, 出ます, 出る, 分明に, 刺さってる, 刺された, 刺されたらしい, 動いた, 動いた東京, 動いて, 動きませんから, 動き始めて, 動く, 十一時, 十一時二十分を, 十二時十五分を, 十二時近くなった, 十時を, 十時五十六分から, 十時十分前を, 半分しか, 厚い衣服, 向の, 咽喉の, 四時五分前を, 四時半を, 回るかな, 回るの, 埋まって, 塔の, 女医の, 室の, 左の, 布を, 幾度も, 広い白い板, 廻つて七時に, 彼女の, 往復運動する, 急速に, 急速度, 感じられたもの, 折れそう, 折れちやつた, 折れれば, 拾えまする, 持てるね, 持てるの, 指に, 数本並行に, 数本束に, 時々露八, 暗いなか, 書いて, 最低価値を, 最高価値を, 束に, 止ったまま, 止つて為様が, 止まって, 残って, 気持よく, 沢山に, 流されて, 消えて, 滑って, 潜んで, 無いから, 爪の, 皮ばかりの, 皮膚の, 目に, 相手の, 真上に, 真直ぐに, 磁石に, 種板の, 突き透されて, 突っ立っ, 立たないん, 第一, 緻密に, 腐蝕させる, 腰骨の, 落ちたほどの, 薄紅い, 血管の, 行って, 見えんです, 触る, 言うこと, 足の, 身体に, 身体へ, 軍人の, 辷る時, 逃げる, 逆に, 逆立ちしよう, 這入らないが, 通らない, 進むにつれて, 重ったので, 銀色に, 降った, 降る, 顫える, 首に, 髪から, 龍の

▼ 針~ (188, 5.7%)

6 ついたほどの, 刺されるよう 4 さされたよう, 刺すよう, 孔の, 指を, 突いたほどの 3 突いたよう, 自分の 2 さすよう, ついたよう, 刺されたよりも, 孔を, 小さい硝子, 留めて, 眼球でも, 突かうと, 突かれたよう, 突かれても

1 [130件] あなたの, いくらでも引つ, おさし, お前の, か鋭い, きざまれて, ぐいぐいと, こまかい穴, さぐりながら, さされたこん虫, さされた風船玉, さし殺した, さへ, しんみりと, じつさい, じゅず玉を, その位置, その毛, その舌, それを, ちくちく刺される, ちくり, ちょっと刺した, ちよつと, ついたくらいの, ついたの, ついた程, つかれるよう, つけて, つけば, つついたり, つついて, つつくよう, とめ足, どうか兄さん, はうら編みしか, ひと突き, ほぜ, ぼつぼつ縫っ, もって, もつて, やる時, エセックスを, ブスブスと, ポツポツ孔, ミツ子の, 一つ, 一本プスリと, 両はし, 五間の, 仕事の, 内証で, 刺されること, 刺されるやう, 刺したかと, 刺す, 口の, 壁に, 天井を, 安, 小指を, 左手の, 度々私, 引っかけて, 彫つた假名文字, 念入りに, 掌を, 掘った位, 掘つて, 掘抜井戸, 探ったり, 探って, 揉み込むよう, 斃された, 文字を, 木彫に, 林檎を, 棒紅へ, 止めそれから, 止めること, 止め桃, 殺した蟻, 毒薬を, 沢山の, 注射を, 滅多矢鱈に, 潰した, 無数の, 物を, 目の, 目を, 着物を, 神経を, 穴が, 穴の, 突いたほどに, 突いた程, 突いた穴, 突き刺したいよう, 突き刺して, 突き刺す時, 突き貫かれ, 突き透し, 突くと, 突くよう, 突けば, 突っつくよう, 突刺して, 細かに, 絶間なく, 編んだもの, 縫い合せ, 縫うた傷, 縫つたか, 美しく装飾, 肉を, 背中を, 胸を, 自分が, 自分を, 自由に, 舌縁を, 舟を, 血を, 足を, 身体中さす, 通して, 運んで, 釣ること, 鋭く刺さう

▼ 針~ (161, 4.9%)

3 いらんか 2 じりッ, 三時少し, 二十分前今朝は, 五時四十五分です, 既に十一時

1 [148件] あいかわらず二時, あいかわらず零, あっても, いい, いつかは, いつでも, いつもの, いま何度に, いらない, おろされましたが, かっきりと, きっとあと, ぐるぐると, ぐんぐんとく, こくこくと, こちこち秒数を, じっと一所, すごいほど, すでに停, すらりと, ずっと中心, その時, その間に, それ自身独立に, ためて, ちょうど二時, ちょうど午前一時, とまって, どうした, どうしても抜く, どこを, どっちも, どんな防寒具, ないだらうと, なかった, なんの, ひと通り運ぶ, ふたたびぐんぐんと, ぶるぶるふるえ, ます, ますます深く, またぐるぐる, またまたぐいっと右, また二本, まだ九時半, まつげに, みんな大きく, めぐって, もう八分, もう動い, もう十時五十分, もう十時近く, もって, わきに, アシナガクモの, ソッとも, ピタリと, レオミユウル式ならん, 一す, 一斉に, 一昼夜を, 一秒でも, 丁度二時を, 丁度十二時に, 丁度十時三十五分近くを, 七時に, 不思議な, 中央の, 九時を, 予備針とも, 二時を, 京都で, 任意に, 休みなく, 八回に, 八時十分前を, 北から, 北を, 十二時を, 十四経和語抄に, 十時を, 十時五十分を, 十時半を, 十貫目を, 卯を, 同じく人, 器械が, 太い撚り, 太くここ, 奈落へ, 完全なる, 容赦なく, 幸いにも, 廻るの, 急速に, 折れて, 持たで懶, 指定の, 故意に, 根まで, 横座に, 止まって, 水を, 流れて, 滅多に, 煤硝子の, 猶八度, 獣の, 現にひとつひとつ, 疾く回るらしい, 直ぐ引き抜かれた, 相違なく, 真逆, 着物の, 石油缶の, 磁石の, 突立つ, 終業の, 肌ざはり惡し, 脊中に, 自然に, 落ちつき払っ, 落ちる, 薄らあかりを, 見て, 見ないで, 見れば, 逆に, 途方も, 遠慮も, 針と, 鉦を, 銀紙に, 間違いなく, 陽に, 隠したが, 零を, 雷を, 電燈の, 非常の, 音なき, 音も, 頸の, 飛び切りに, 馬鹿正直に, 骨にて, 魚の, 鯉が

▼ 針~ (111, 3.4%)

5 糸を, 裂き其 3 目を 2 かかって, しちゃ, とおして, なって, なる, ふかれて, 似た響, 基ける, 落第を, 触れて

1 [78件] あり, かかった, かかったため, かかったやつ, かからないこと, かかるよう, からめながら, さされて, しみる雨, そこの, その糸, ついた草, ついて, なつて, なるかも, のった静か, はさまれたん, はさまれて, ひっ掛って, ひもを, ふかれたこの, ふれたかと, よくにた, ゴカイを, 一ぴき, 三遍赤糸を, 不具の, 付けられた剃刀, 似たもの, 似た道具, 似て, 作ったもの, 傷けられ, 傷つくこと, 刺されたまま, 刺された体, 刺された標本箱, 刺されて, 刺されるの, 太陽の, 女の, 射られて, 導かれて, 引き寄せた雷, 引っかかったと, 引っかかって, 引ッかかる, 引掛る, 従つてグルグル, 得意な, 心得の, 手を, 打ち込む間, 昼も, 熱中し, 痛めつけられるの, 突かれ蜂, 竜舌蘭の, 糸が, 糸を通して, 群る, 見えない糸, 角板が, 貫いて, 貫かれたる蝶, 貫きて, 貫き縫, 貫て, 追いまわされて, 通う心, 通しそれ, 遊ばせて, 釣り上げて, 釣り上げられて, 青虫を, 非ず, 餌を, 麻苧を通して

▼ 針~ (91, 2.7%)

8 の家 4 の袂 3 の声 2 がつかまった, のあと, はまた, はギラギラ, は次郎

1 [66件] が, がつかまっ, がはいっ, が兵古帯, が再び, が坐っ, だった, だったの, って奴, という名, といっ, と書い, と知らず, にぐっと, に刺青, に握られ, に渡した, に隙, のうしろ, の一人ぐらし, の一人世帯, の体, の手, の異様, の背中, の自白, の足音, の針, は, はあいた, はうふふ, はお, はぎょっと, はその, はだまっ, はとっくに, はにやにや, はにやりと, はふと, はふところ, はふり向き, はもう, はゆっくり, はカチッ, はキョトン, はネチネチ, はブルブル, は云った, は何もかも, は全身, は唖, は女, は立ち停った, は苦笑, は袂, は部屋, は電車, は黙々, も二三歩前, をつかまえた, を投げ飛ばし, を睨む, を縛らせる, を縛りあげる, を送っ, 飛び掛って

▼ 針~ (62, 1.9%)

8 糸を 4 糸とを 3 なって, 糸で

1 [44件] あたり前の, いい今, いうか, いうと, いくばくかの, いっても, した, それから麻糸, それに, なしたわけ, なったもの, はさみが, チッチッチッチッと, ベゴの, 光って, 反対に, 反対のが, 口を, 形も, 数え歌にも, 木綿糸とで, 来たら少し, 正確に, 焼酎と, 申しますもの, 短い針, 称して, 種板に, 竹針とによる, 竿が, 糸が, 糸などを, 糸の, 糸も, 絲とを, 縫い合わせられて, 縫って, 蛇の, 見破られたの, 鋏と, 長い糸, 長い針, 顕微鏡用の, 麻糸を

▼ 針~ (35, 1.1%)

2 つていらつ, 止まらないで

1 [31件] あてずま, あります, いつのまにかちょうど二時, せぬうち, その他の, たくさん降っ, つけず餌, とがりとがり, ない眸, めぐりつぎつつ, ろくに持てず, 一緒に, 三角の, 中, 何分の, 充分に, 出て, 妻の, 弁信法師の, 心棒も, 持ちお勝手, 持ちます苧, 正しく編む, 滅茶, 物差も, 縫う様, 縫は, 縫われたが, 見えるよう, 見わかず, 見定めぬうち

▼ 針売り~ (29, 0.9%)

4 をし 2 などし, に出, の旅商人, ッ

1 [17件] いや猿, か, かとにかく, から委細, これへ, すがた, だの, などみだりに, の利益, の小男, の後ろ姿, の男, の行商, の行商着, は廃, 針を, 針売り

▼ 針~ (28, 0.8%)

3 糸を

1 [25件] お洗濯, で室一杯, メスなどが, メスを, 二朱金では, 地球太陽の, 意地っぱりに, 振動膜や, 束に, 牙や, 王妃の, 糸の, 糸ほし, 糸や, 糸持っ, 絵筆を, 絹糸なぞの, 絹針を, 網に, 線香で, 裂けたきたない, 鋏などを, 鋏や, 鋏を, 錐や

▼ 針~ (23, 0.7%)

9 の娘

1 [14件] がい, がございまし, がございました, が小さな, にも位, に打たせ, に言っ, に頼ん, のする, の揉, の行った, は手, を兼ねた, を呼ん

▼ 針~ (23, 0.7%)

2 をつけ

1 [21件] がのび, が枝ごと一面, が足音, でつっ立っ, と, という順序, の一本, の中間, の影, の枝, の樹帯, の樹林, の混淆林, の純, の絨氈, の落ち, の間, の雨, はあの, を持つ, を踏む

▼ 針でも~ (20, 0.6%)

2 あれと, 突きさ, 踏みつけたよう

1 [14件] さがすよう, なんでもよい, ぼんやりだ, 一二匹釣れました, 二針でも, 何本たり, 使ひます, 内職に, 刺されるよう, 是を, 縫糸が, 蹈むように, 通されたよう, 飲んだよう

▼ 針~ (16, 0.5%)

3 よ, ッ 2 よ八 1 からきっと, からこれ, から水面, ぜ, と思ひます, キラキラする, 大事な, 針が

▼ 針状結晶~ (16, 0.5%)

2 は従来

1 [14件] からなり, がたくさん, が多い, が束, が気温, だったら話, と外観, と毛虫, の多い, は北海道, は極めて, も人工, を作っ, を別

▼ 針さし~ (15, 0.5%)

1 [15件] から手頃, さ, だの鋏, でした, にさし, についた, に刺した, に手, のよう, の下, へ針, やら派手, をテーブル, を床, を靴

▼ 針~ (13, 0.4%)

3 の上 2 のあん餅, を越え 1 からこの, から不破, から番場, のおよそ, へかかった, を通れ

▼ 針~ (13, 0.4%)

3 の國 2 の伊那毘, の志, の牛鹿, の阿 1 の氷, を道

▼ 針ほどの~ (11, 0.3%)

1 [11件] ことにも, ことを, ものを, 事も, 事を, 穴に, 穴は, 穴も, 細い瑕跡, 誤謬を, 隙間も

▼ 針~ (11, 0.3%)

2 ほどの孔 1 でスウッ, の苦痛, ほどの傷, も見えない, をそろえた, をとろう, を眼孔, を頭, を髪の毛

▼ 針~ (11, 0.3%)

3 の結晶 2 のもの 1 が得られた, といっ, などの比較的, になり, になる, に密生

▼ 針~ (11, 0.3%)

2 のよう 1 が管, が鳴った, でつつかれた, に黒く, のやう, の上, の先, の工合, を植える

▼ 針から~ (10, 0.3%)

2 滲んで, 離さずに 1 ある物, はずしたかと, 抜き取られるはず, 燐寸の, 落したばかりの, 離れようと

▼ 針には~ (8, 0.2%)

1 あまりかかりません, いちいち名前, かなり獲物, こしら, 朝に, 毒を, 糸を, 頻りに魚

▼ 針にも~ (8, 0.2%)

5 裂く 1 いろいろある, たらないその, 足らぬ刺しよう

▼ 針工場~ (8, 0.2%)

2 だよ, の意味, の旦那 1 ってどんな, って何人だい

▼ 針~ (7, 0.2%)

1 するどい刄もの, 何かを, 八針縫っ, 芥の, 錐かの, 錐で, 錐の

▼ 針~ (7, 0.2%)

1 からぬけ, が通らない, にとおして, に入らん, に糸, を通す, を障子

▼ 針葉闊葉~ (7, 0.2%)

3 の混淆樹林 1 の大, の混淆林, の美しい, の見事

▼ 針これ~ (6, 0.2%)

3 が雄, が雌針

▼ 針さん~ (6, 0.2%)

2 の御 1 がおい, がたずね, が仰し, は一たい

▼ 針など~ (6, 0.2%)

1 入れる箱, 売って, 売れるもの, 求めるはず, 赤く錆び, 通そうもの

▼ 針一本~ (6, 0.2%)

1 でも打ち所次第, でも突き刺され, と白い, の反撃, の忘れ物, 見付からなかつたの

▼ 針~ (6, 0.2%)

2 のおばさん 1 となれ, とはやや, のお, の縄目

▼ 針~ (6, 0.2%)

1 なること, に誤る, のこと, の外因, の妖怪, の眼孔

▼ 針康雄~ (6, 0.2%)

1 が帰っ, の御器所, は, は大平氏宅, は暫らく, は訪問者

▼ 針持つ~ (6, 0.2%)

2 やうに 1 こと拙く, ていらつ, 手を, 術を

▼ 針では~ (5, 0.2%)

1 ありません金, ないが, なかった, 厚い布, 無いあれ

▼ 針という~ (5, 0.2%)

1 のだ, のは, わけの, 感覚だけで, 記載が

▼ 針とを~ (5, 0.2%)

1 どこかへ, 嘲りわら, 売った, 手に, 持って

▼ 針ほど~ (5, 0.2%)

1 かなう, な侏儒, な光, な役, 縫って

▼ 針よりも~ (5, 0.2%)

1 もつと, 大切なまじ, 小なる, 糸よりも, 細く光る

▼ 針~ (5, 0.2%)

1 外ヘ, 局部ニ射, 引イテ見, 手ニ持ッテイル, 神経ニ射

▼ 針三針~ (5, 0.2%)

1 すすめました, 縫った, 縫って, 返し縫, 運んだが

▼ 針~ (5, 0.2%)

1 から細い, とを前, のよう, の紅, を裏

▼ 針~ (5, 0.2%)

1 のさ, の大工, の店, の相模屋, へ

▼ 針ごと~ (4, 0.1%)

1 にあと, に春, に母, 渡した

▼ 針~ (4, 0.1%)

3 ごとを 1 てやっと

▼ 針にでも~ (4, 0.1%)

1 つきさ, なつた, 刺されたよう, 刺されるよう

▼ 針ばかり~ (4, 0.1%)

1 ながめくらすの, もたせようと, 気に, 縫いましたが

▼ 針~ (4, 0.1%)

2 髪の 1 ひとつ好ん, 通した絲

▼ 針ヶ別所~ (4, 0.1%)

2 というところ 1 に近い, の山

▼ 針一針~ (4, 0.1%)

1 と縫い合わせられ, と縫っ, に女, の赤糸

▼ 針千本~ (4, 0.1%)

1 が寄る, という一種, とを親, または針歳暮

▼ 針~ (4, 0.1%)

1 が生えしげり, というの, の細片, を植ゑられることには

▼ 針がねを~ (3, 0.1%)

1 伝って, 弱めて, 編んで

▼ 針さえ~ (3, 0.1%)

1 売れれば, 感じない, 持って

▼ 針さす~ (3, 0.1%)

2 やうなる 1 間に

▼ 針とも~ (3, 0.1%)

2 分かず降埋める 1 最小の

▼ 針~ (3, 0.1%)

3 めして

▼ 針にて~ (3, 0.1%)

2 的確な 1 上衣の

▼ 針~ (3, 0.1%)

1 この中, 手さ刺した, 手に

▼ 針ばかりが~ (3, 0.1%)

2 気に 1 音を

▼ 針を以て~ (3, 0.1%)

1 一々之, 左の, 柱の

▼ 針為事~ (3, 0.1%)

1 に来, をこっち, を控

▼ 針~ (3, 0.1%)

1 に, にむかふごとく, を出

▼ 針~ (3, 0.1%)

1 がない, に通す, 程の孔

▼ 針~ (3, 0.1%)

2 の芥子 1 より

▼ 針縫っ~ (3, 0.1%)

1 てもらう, て膏薬, て貰った

▼ 針~ (3, 0.1%)

2 から化膿 1 ができた

▼ 針造作~ (3, 0.1%)

3 は無い

▼ 針道具~ (3, 0.1%)

1 をそこ, をちよ, を取出し

▼ 針~ (3, 0.1%)

1 のよう, の輪, ひきわたしこれ

▼ 針阿弥~ (3, 0.1%)

1 という茶道, などの面, の姿

▼ 針~ (3, 0.1%)

1 がひどく, だけを立て, ザラザラといふ

▼ 針~ (3, 0.1%)

1 のよう, の博多づくり, の椀

▼ 針ある~ (2, 0.1%)

1 世の, 果実は

▼ 針がねの~ (2, 0.1%)

1 網で, 緊張力が

▼ 針しか~ (2, 0.1%)

1 使いません, 使用し

▼ 針じゃ~ (2, 0.1%)

1 ござんせんか, ないの

▼ 針ずつ~ (2, 0.1%)

1 はこんで, 縫って

▼ 針それ~ (2, 0.1%)

1 に白い新しい, は何

▼ 針だけ~ (2, 0.1%)

1 背中へ, 買って

▼ 針だけが~ (2, 0.1%)

1 いつも六時, 刻み足に

▼ 針だの~ (2, 0.1%)

1 糸だ, 餌だの

▼ 針ででも~ (2, 0.1%)

1 刺すよう, 殺せるのに

▼ 針でなけれ~ (2, 0.1%)

2 ばいや

▼ 針とか~ (2, 0.1%)

1 七針縫った, 縫ったの

▼ 針として~ (2, 0.1%)

1 一寸痛快, 用ゐられしならん

▼ 針とで~ (2, 0.1%)

1 修繕する, 石などに

▼ 針とは~ (2, 0.1%)

1 このこと, 呑み込んで

▼ 針なんぞを~ (2, 0.1%)

1 いぢ, 立てられなくて

▼ 針ねずみ~ (2, 0.1%)

2 のよう

▼ 針ほども~ (2, 0.1%)

1 心に, 縫つて絲に

▼ 針まで~ (2, 0.1%)

1 あったの, 隠して

▼ 針みたい~ (2, 0.1%)

1 な骨, にしんと

▼ 針めど~ (2, 0.1%)

1 に絲, は見えず

▼ 針をも~ (2, 0.1%)

1 取られぬ, 取られぬ未だ

▼ 針を通して~ (2, 0.1%)

1 いられる, 糸に

▼ 針ガネ~ (2, 0.1%)

1 だから, をたらし

▼ 針久旅館~ (2, 0.1%)

1 とかに泊つて, などに泊つたこと

▼ 針~ (2, 0.1%)

1 が多年苦心研究, が足らざる

▼ 針作君~ (2, 0.1%)

1 の九拝, は九拝

▼ 針~ (2, 0.1%)

1 といった形, に刺し

▼ 針問屋~ (2, 0.1%)

1 とか浅草猿屋町, にあたる

▼ 針坊主~ (2, 0.1%)

1 に針, のよう

▼ 針売りし~ (2, 0.1%)

2 て歩い

▼ 針工場さん~ (2, 0.1%)

2 がある

▼ 針~ (2, 0.1%)

2 にし

▼ 針木谷落合~ (2, 0.1%)

1 の小屋発足, 其の西側

▼ 針~ (2, 0.1%)

1 がザクリ, で刺される

▼ 針桐小僧~ (2, 0.1%)

1 といふ名, の名

▼ 針~ (2, 0.1%)

1 に氷雨うち, の並木道

▼ 針状葉~ (2, 0.1%)

1 が二本, の中心

▼ 針状角柱状~ (2, 0.1%)

1 などの種類, を初め

▼ 針程も~ (2, 0.1%)

1 動かなかった, 聴え

▼ 針~ (2, 0.1%)

1 と針箱, の世間話

▼ 針綱神社~ (2, 0.1%)

1 だったと, だつた

▼ 針縫った~ (2, 0.1%)

1 のださうです, 由

▼ 針~ (2, 0.1%)

1 が搦, に刺され

▼ 針~ (2, 0.1%)

1 が亡つて, の顏

▼ 針~ (2, 0.1%)

1 の塵, の立ちうる

▼ 針~ (2, 0.1%)

1 である, は神

▼1* [211件]

ありて常に, 針いっぽんほうき一つ手, 針にし, 針かとも見ゆ, 針がねと云つても, 針くらいの長さ, 針ぐらいの長さ, 針すずのコップ, 針すなわちトゲの, 針すらも無きを, 針するごとに, 針そういうものが, 針憂たて, 針たての穴, 針たてたくらいのもの, 針たてたくらゐの, 針だったのです, 針だろうが刺, 針つり糸えさはじっさい, 針づつ情愛が籠つて, 針であることが, 針ですかい, 針とが動いて, 針とによる音色の, 針との接触が, 針とる傍に, 針どうもがい, 針のです, 針なぞに堪能な, 針などまで持ち出す児, 針などを取り出しては, 針なるものを, 針なんてなあ申し分この, 針にかけては達者な, 針にすら地球磁力の, 針については資料は, 針にとり辟き, 針によつていよいよ, 針によって止められて, 針に対しては十六時と, 針ぬく針の, 針ねずみりすそれからわたし, 針のにぶりを, 針のねぢが, 針のみが部屋の, 針はげしく流れ, 針はねおそめ, 針ばかりになって, 針ばかりは抜き取ること, 針ばかりも持って, 針ばかりを見て, 針ふるとひま, 針ほどな無駄も, 針また針の, 針みすや, 針みたような, 針がそろっ, 針めく藻の, 針もつことも, 針もて展翅板へ, 針よく生命を, 針よと一時は, 針よりちよつと, 針らしきものを, 針葉の, 針をとつてゐた, 針をはづして逃げ, 針いらんか, 針カラ解イテ見ヨウ, 針何故れんげさ, 針ガ頸部ニ射シ込マレルノガ感ジラレタ, 針ト呼ンダノデアラウ又常, 針今云フれんげさ, 針ハイヨイヨれんげさうデアルコトガ首肯サル, 針ハ花モ美クシクシテ人ノ注意, 針ハ萩ノコトナリ昔ハりト, 針メリケン針絹針刺繍針合わせて, 針一本紙一枚に到る, 針一突きの間違い, 針が刻み足, 針三千子の鏡台, 針主人側の注意, 針久大泉其他数知らぬ旅館, 針五本で一銭, 針の背むしッ子, 針付けにされた, 針は使, 針停りたり, 針先程の傷, 針だとか, 針出っくわす男女の, 針出来るぢや, 針や行李, 針助腕をまくり上げ, 針の荷, 針医さんがあった, 針医以策というもの, 針が上, 針であり生きた航路案内者, 針合わせて三十本, 針吉田久庵と看板, 針呑みまで寄せます, 針商いと乳貰い, 針地獄の中, 針の結晶, 針といつた, 針の旅商人, 針売りだよおら, 針売りならここらから, 針売り待てッ, 針の檣, 針奇蹟がわたし, 針妙水無瀬は小町, 針孔暗箱を用いた, 針孔較富人入神之國, 針孔較富者入神之國, 針嶺望湖堂に小, 針嶺碓氷嶺函嶺などは其二, 針工場つてどんなこと, 針工場つて何人だいあの肥つた親爺, 針工場夫人ここへお出で, 針工場夫人此所へお出で, 針差しのよう, 針差し先の曲った, 針差みたいな小さな, 針が破れる, 針平均はよほど, 針といったまるで, 針店その他紺の暖簾, 針のすぐ, 針従心毛不想人, 針心従も想, 針が利く, 針打花簪の舞子はん十何人, 針打鬢挟髱挟当節また前髪留, 針持ち得ぬもの多く, 針指し一つよりない, 針指南所とふた, 針按療治にも手, 針掘りに出たら, 針攻めにする, 針杼紡錘を棄て, 針松の木椅子を蹴とばし, 針が入っ, 針止めに鋏, 針歳暮とさえいっ, 針に体, 針の嫗, 針河豚が八日, 針浴按浴湿浴, 針海草郡下津浦でニシドチ, 針癒す能わざる者, 針状その他の五つ, 針状常緑であるが, 針状態の細い, 針状歯があり, 針状羽毛状杯状平板状の四種, 針状花穂が出, 針状角柱状鼓状など色々, 針町小田原町の方, 針町裏店の井戸端, 針の光った, 針留めを刺さなけれ, 針療治に使う, 針白赤黒の糸巻, 針白髪は阿倍, 針百度以上に上がり, 針でしょう, 針盤記度似棋, 針合したよう, 針真鍮の輪, 針叶えだから, 針程に延びて, 針程のわづかな場所, 針立っている, 針では首, 針は男, 針糸へら鋏硯箱の中, 針絹針京の縫針, 針絹針刺繍針合わせて, 針を停め, 針線だらけである, 針を善く, 針縫うのに十五秒, 針き葉, 針き葉, 針義眼など剥製, 針を指す, 針自身の固有振動, 針船橋より一段, 針に, 針茸舞茸毒ありとても, 針茸革茸羊肚茸白茸やあ一杯, 針葉喬木は姫小松, 針葉喬木帯の断裂, 針葉喬木林の大, 針葉林は曾, 針たりし, 針を加, 針のよう, 針がともすれば, 針返し縫を, 針透らずとて女ども苦情, 針運んだがすぐ, 針金雀児の株, 針から燐寸, 針鋏鏡など入れ, 針さは, 針闊混淆林針葉樹林と帯, 針闊混淆針葉という順序, 針頭大から米粒大