青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「釜~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~量 量~ ~金 金~ 金吾~ 金持~ 金色~ 金銭~ 金魚~ 釘~
釜~
~針 針~ 釣~ 釣り~ ~鈴 鈴~ 鈴木~ ~鉄 鉄~ 鉄砲~

「釜~」 1763, 19ppm, 6027位

▼ 釜~ (519, 29.4%)

28 下を, 飯を 20 中へ 19 蓋を 17 中に 11 下の, 湯を 10 中で 9 中の, 底の 8 下に, 中から, 火を, 蓋の 7 前に, 湯が 6 上に, 中を 4 ふたを, ような, 下から, 下へ, 前で, 底を, 湯は, 蓋が 3 底へ

2 [30件] すぐれたの, なかから, ふた, ふたが, ふたの, やうに, ように, 下で, 下なる, 下には, 下焚きつけ, 中には, 代りに, 傍に, 口から, 形を, 据えて, 方を, 沢の, 湯に, 湯の, 火が, 煤を, 祝いと, 蓋に, 蓋は, 蓋へ, 蓋も, 飯の, 鳴るの

1 [204件] あたたかな, あたりは, あとを, ある地下室, ある新山, うしろへ, おまんま, お飯, かかった竃, かけて, かげで, ことが, ことを, ごく一部分, ご飯を, そこが, そばへ, たぎって, たぎりが, たぎるよう, たぐいも, ついた汽車, ついでに, つばも, どれもが, ない煙筒, なかで, なかに, なかの, ふいて, ふただの, ふたとは, ふたとを, ふたども分ったなら, ふたに, ふちを, まえを, まわりに, まわりの, めしが, やうな, シッペタく, 一方へ, 上だ, 下, 下からは, 下たいて, 下は, 下まで, 下よりは, 下焚き付けた, 世帯道具で, 中からでも, 中からは, 中が, 中だ, 中だった, 中では, 中でも, 中のは, 中は, 中へでも, 中み, 中よ, 中よといふ, 中より, 二町程, 仕上師, 仕掛けに, 仕込みか, 休日が, 伝説など, 伝説などに, 供養を, 価が, 価を, 係りで, 側で, 側に, 側には, 側まで, 傍の, 写真を, 列が, 利用も, 前, 前から, 前へ, 南側に, 向うで, 吹き出すよう, 周りを, 周囲には, 周囲を, 地紋に, 壮観も, 声遥に, 外は, 外側には, 外側へ, 天水桶も, 奥の, 安全弁の, 底から, 底が, 底と, 底とが, 底は, 底より, 当り年だ, 形は, 御手洗という, 御飯は, 御飯を, 懸った古家, 懸つた古家, 所へ, 拝見の, 持主である, 支度を, 数は, 新しきは, 方の, 方へ, 時雨哉, 有る度, 本體, 森の, 森まで, 模様, 樣な, 横そこに, 横に, 横へ, 横手まで, 横手三助の, 次に女房, 此方に, 此方へ, 死骸, 殺された部屋, 水は, 汚れた湯, 沸る, 沸音物静かなる, 油で, 注水の, 湯から, 湯で, 湯へ, 湯も, 湯気が, 湯気で, 湯気の, 湯音の, 湯鳴り, 瀑荒川の, 煮えの, 煮え湯を, 煮え音, 熱い飯, 燃料などを, 狐赤狐, 番人は, 眞中の, 真上の, 破片の, 破片は, 破片を, 磨き料に, 神様, 粟すら, 縁に, 肉を, 胴を, 蒲鉾を, 蓋から, 蓋と, 蓋などという, 蔭を, 處へ, 行事は, 製造元, 話しか, 話と, 話は, 話極楽の, 諸道具, 這入つて, 部屋は, 重さ, 銘に, 鋳掛の, 鎧武者が, 音, 音いろ, 音に, 音を, 頭が, 類が, 類ひ, 類まで, 飯が, 鳴る声

▼ 釜~ (165, 9.4%)

4 かけて 3 持って, 提げて 2 かきまわしながら, 二つばかり, 出ると, 抜かれるという, 満載した

1 [145件] いつもきれい, おこしその, おろしいぶる燃えさし, お取りあげ, かけた, かけた囲炉裡, かけた竈, かけるとて, かける爐, かついだ大, かぶったよう, かぶって, かむったの, かりた礼, きれいに, こしらえたり, しげしげながめた, して, しらべた, すえたきたて, すえて, つかみあげた, つくづくと, ぬかれる, ぬく, ねらひたがるなり, のせその, のぞいて, はじめの, ひっくりかえしたぞ, ほとんど洗, みがく, もち上げ, メラメラ嘗め, 一つ欲しい, 三和土の, 下すと, 下に, 与えた, 乗っけちゃあ, 五つ六つかけ連ね, 五徳に, 井戸端で, 仕掛けて, 仕込んだ荷, 代用し, 借りて, 借りようと, 六つ七つ並べた, 其のま, 前に, 動かして, 卸して, 厚い鐵板, 取り出すもの, 塗れば, 壊したの, 壊して, 売って, 始めとして, 引き受, 引つくり返し, 引受けては, 怖れる, 怨んで, 悉く使用, 懸けて, 所有し, 抜かれぬ工風, 拵へ, 持たないから, 持った, 持ったなり, 持ってるよう, 持ってる者, 持つて, 持出します, 据えた, 据えて, 据えると, 据え有, 掘り出し娘, 揚げるの, 携へ, 携へて, 敵方へ, 楯に, 欲しがっ, 殺す気, 洗いながら, 洗いはじめるころ, 洗うよう, 洗う時, 洗って, 渡って, 火箸ででも, 炉に, 焚き機関, 焚く, 煮られる者, 狙って, 狭ん, 瓦斯に, 用いれば, 留守番に, 真空に, 睥睨した, 砥石で, 磨いた, 磨く仕事, 神妙に, 立て直したが, 竹自在に, 罪人の, 背負い歩くという, 背負って, 背負っては, 自分で, 自在に, 興しますと, 蒸らしながら, 蓋なし, 裸の, 見つめ額, 見ると, 見付けたの, 見比べて, 見物いたします, 見詰めて, 見込んで, 覗いて, 負うて, 買え, 買ったので, 買っちまうの, 買わぬかの, 質屋へ, 賭け, 贈ろうという, 起したところ, 起そうと, 踏み破る話, 載せるよう, 鑄釜でなく, 黒焦げに

▼ 釜~ (82, 4.7%)

3 湯を 2 入れて, 水を, 湯の, 酒を

1 [71件] あけたそして, いたるまで, いっぱいお湯, いれて, うつした, かわって, くらべると, ぐらぐらと, この女, こもって, して, しばりつけられて, しろお, どろどろと, なげ込まれ煮えると, なっちまった, なにかを, のめり込んで, はたらいて, ひたして, ぶつかった, 一節切を, 一首を, 不釣合に, 云った, 五色の, 仕掛けて, 入りしより, 入りたる身, 入れたりなど, 入れたる浅尾, 入れる, 入れ火, 劣るかも, 取入って, 向って, 坐わ, 塗つてある, 填めて, 座ったの, 引湯工事を, 当てて, 投げこむかと, 投げ込まれて, 押しつぶされながら, 拵えたところ, 据えた, 据つてゐた, 残った油, 残らずひび, 沸らせ, 湧く風邪, 火が, 火を, 盛りて, 移したり, 突込んで, 籠る間, 米を, 粥が, 結びつく暗, 至る事, 苦しめられたこと, 見覚えは, 触れる足, 足を, 躍り込むの, 近い床几, 重しを, 鍋や, 飛沫くわつく

▼ 釜~ (78, 4.4%)

3 かかって 2 あって, 淵の

1 [71件] あったの, あつて, ある, あるつて, ある由, ぐらぐらと, けむってるの, ことことンことことンと, この通り, ございました, ございます, その放水管, そんな宙, ちゃんと煉瓦, とつぜんことこと左右, ないという, なおること, のる, ふわりふわりと, ぶうつと, チンチンたぎつ, ホラ貝に, 一つ出來あ, 三つなら, 三つは, 上まで, 二つずつぐらい, 二つ並ん, 二つ据えられ, 今ふう, 仕事を, 偶然鳴り出す, 冷めたく光つて, 出来たから, 動くはず, 吹くと, 噴いて, 宝蔵から, 懸けて, 持って, 据えられその, 掘出物, 掛つて居る, 来たり, 欲しい, 死んだそうですね, 死んだため, 毀れて, 氷ってたところ, 沸いて, 淵と, 淵という, 淵などでは, 無いゆえ, 煉瓦に, 燃えて, 父に, 痛むもの, 看板に, 砕ける, 空に, 綱から, 置いて, 置かれぐら, 置かれて, 落ちて, 赤いふとん, 起きようわい, 踊ったり, 逃げ出そうと, 鳴つて

▼ 釜~ (70, 4.0%)

2 綱の, 綱を

1 [66件] あいさつする, あるはず, いけませんな, いずこ, いったい誰, うな, きのうの, くるくると, こちらでござい, ことことことことと, しばらくする, じつは彼, たぎれど, ちん, とうていこの, どんとおしり, なれぬうち, はじめに, ひっくりかえりおしり, ひとりで, ひょこひょこと, ぴたりと, まず三斗, またそろそろ, オレの, ピカピカと, ヤキいもの, レストランへ, 一升たける, 上諏訪寄りの, 下から, 今でも, 何う, 何うし, 元気づい, 入口から, 土人は, 壁ぎわから, 大きすぎる, 宙に, 実際ことこと, 常にか, 幾らでした, 彼の, 檀那寺へ, 此の, 此夥の, 死んだん, 沸上り, 湖水の, 湯地獄の, 熱く成旁, 父の, 盛岡へ, 真物の, 私の, 穴の, 腕によほどの, 舞台の, 蘆屋で, 見物人の, 金で, 金被せ, 錫か, 鍋に, 飯が

▼ 釜~ (46, 2.6%)

2 の共謀, の草鞋, は五十男

1 [40件] からいろいろ, がすっかり, がフラリ, が怪しい, が附い, だって怪しい, だと, でございます, でした, です, でないこと, というの, という五十年配, といふの, といふ五十年配, とかいう下男, とすっかり, と下女, と主人, と仲, と八五郎, と張合つて, にそんな, に相違, に絡ん, に背, の口吻, の話, の野郎, は一向, は五十, は佐太郎, は健康, は實, は浪花屋, は自分, も一緒, も家, も暫らく息, を顧みました

▼ 釜~ (44, 2.5%)

2 お湯を, 煮て, 蒸しても

1 [38件] あつた, お米, ござりまする, さしわたし百米, それを, やっぱり醋酸, わく音, 一度煮, 一行ずつの, 出す松茸飯, 名を, 少し炊く, 尽きて, 沸した, 活字が, 混ぜられこなされて, 湯を, 焚いたまんま, 焼いて, 煮えた乾米, 煮え立つ湯, 煮べ, 煮よとは, 煮られたん, 煮られるからと, 煮られる湯, 煮られる熱湯, 煮殺したり, 煮殺そうと, 煮臼, 甘酒を, 練ったもの, 脚を, 茹で, 蒸しあげられるよう, 覚えて, 頷いたん, 飯を

▼ 釜から~ (41, 2.3%)

2 湯を, 直き, 移して, 移す時

1 [33件] つかみ出して, でるの, ぶくぶくと, わけて, チンチン煮え, 上流の, 体内に, 出したお茶, 出て, 取つて食, 取る熱い, 吹出す湯気, 山の, 幽霊, 弁当箱に, 木片一つ石塊一つに, 杓って, 椀に, 椀粥を, 汲む, 洗い米などの, 流れ下って, 牡蠣を, 生れて, 盛って, 立ち上って, 立ち昇る, 茶碗へ, 起った聯想, 降りて, 雲呑の, 飛び上り, 鳴りを

▼ 釜しい~ (39, 2.2%)

2 から, ことを, ので

1 [33件] げな, ことに, こと耳も, とか野暮, のが, のでびっくり, 上流の, 事云う, 事件が, 事即ち, 事夥しい, 人民であるなら, 古参の, 奴あ, 姑を, 小言ばかり, 往来が, 御番所, 憂世を, 指導を, 會でした, 条件に, 注文は, 漢語に, 男眞赤にな, 瘤な, 研究材料と, 第三等, 老若が, 肩書附の, 虚榮坊の, 説明が, 鰹節などを

▼ 釜~ (29, 1.6%)

3 技を 2 蓋との

1 [24件] あくまで腕くらべ, いずれが, お釜, それに, なって, 一しょに, 云って, 云ふ, 五升釜とが, 伊勢物語の, 同じもの, 唱えて, 床の間これに対して, 床の間を, 瀑とに, 火箸で, 称する所, 自分の, 茶碗としか, 言って, 言は, 言ふ, 談合の, 青ガサの

▼ 釜~ (26, 1.5%)

2 庖丁も, 釜の

1 [22件] ある筈, こッち, そなえた, ない故, 併せて, 布団も, 按摩の, 捨て, 捨てて, 毀れるの, 洗えるってねえ, 洗ふ, 洗わないといった, 湯が, 無い, 申さば空っぽで, 病気と, 皆遣る, 茶碗も, 親方すらも, 貸して, 鉄砲ぐすり

▼ 釜~ (25, 1.4%)

6 の文 2 の岸

1 [17件] でもなく, などへは山女魚, の二支流, の川原, の方, の流れ, の谷, 土手の, 山脈に, 川原で, 支流の, 河原, 河原には, 河原へ, 河畔から, 渓谷や, 笛吹二川の

▼ 釜~ (24, 1.4%)

3 鍋や 2 鍋が

1 [19件] ナベに, 七輪も, 七輪を, 下七ツ釜などの, 何かは, 其の他, 古いお勝手道具, 吊り鐘, 急造の, 櫃の, 火ば, 竈の, 茶釜を, 銅の, 鋳物の, 鍋を, 鐵瓶や, 靴を, 飯櫃に

▼ 釜~ (24, 1.4%)

3 の火

1 [21件] から声, から女湯, から姿, じゃない, では海, で乾かし, で鉈代り, につれ, にも誰, に働い, に居た, に居る, に火, に立ち働い, のよう, の板, の湯気, の通風器, は石造, へ, へまわっ

▼ 釜~ (19, 1.1%)

2 になっ, の方, へやって来た

1 [13件] では二番, につ, に入っ, に降りた, の上, の下, の扉口, の梯子, の火, の竈, へと梯子, へ通う, をしつらえ

▼ 釜~ (18, 1.0%)

4 の方 2 の事

1 [12件] がどう, が割れない, が除, にかかる, の上, は港, は竜王, を一刻, を割る, を砕い, を除く, を離れ

▼ 釜~ (17, 1.0%)

1 [17件] いうて, おつぎ, から打つ, がした, が縛つて, して, ても一々, なって, なり掛けた, にも立派, に縛つた綱, ので主人, のよう, の事, の端, を持つ, を置い

▼ 釜しく~ (16, 0.9%)

1 [16件] て仕様, て職人, 云つて居りました, 云ふと, 人を, 子供を, 宣伝し始めた, 庭へ, 復活し, 無いだけ, 耳の, 言つて來たら, 言ふと, 言ふなら, 評議を, 金永生を

▼ 釜~ (16, 0.9%)

1 [16件] すくつて, ひたり後, 入れたの, 入れられた時, 入れるの, 入候處, 四人入, 左右から, 打込め, 新たに, 父子と, 移しに, 薪兵衛は, 詰めたの, 載せて, 這上って

▼ 釜~ (15, 0.9%)

2 の家

1 [13件] と云, にとつて, の上顧客, の倅, の土間, の心中, は一月二月, は仏前, は他, は時流, は無念, への註文, も人間

▼ 釜鳴り~ (12, 0.7%)

2 がし 1 が月夜, が襖越し, が起こっ, の怪, の説明, はまあ, は現場, を心配, を生ずる, 第二

▼ 釜次郎~ (11, 0.6%)

1 [11件] が昨日味噌, だ, です, と私, に逢いたい, の処, の血液, はひじょうな親思い, は節蔵, よりも先, を刑罰

▼ 釜~ (9, 0.5%)

3 屋の 1 くいって, さが, さは, やで, 屋である, 屋を以て

▼ 釜~ (9, 0.5%)

2 としての伎倆, の老人 1 で釜, と錠前屋, のなれ, のふり, や大工

▼ 釜殿~ (9, 0.5%)

1 からは夕餉, か納屋あたり, がある, にまで出, のお, の下僕, の出火, の大, の者

▼ 釜~ (8, 0.5%)

1 が本当, にはそれ, に仕立てた, に行水, のところ, は八五郎, ばかりは医者, も疑っ

▼ 釜右ヱ門~ (8, 0.5%)

1 がいいました, がのみこめない, が仔牛, が戻っ, が答えました, は穴, は金, は釜師

▼ 釜~ (8, 0.5%)

1 からカール, に半袖シャツ, の穴, をかぶった, をかむ, を冠, を次, を耳

▼ 釜~ (7, 0.4%)

1 から其の, から屹度, があの, ぞ, ですぐ, と馬鹿, のという

▼ 釜~ (7, 0.4%)

1 が盲腸炎, が遊び, とうち, の役, はロケ延引, やリキー, 来り麻雀

▼ 釜しく云う~ (6, 0.3%)

2 者が 1 ことが, と七個, のは, 町人とかは

▼ 釜無し~ (6, 0.3%)

5 の文 1

▼ 釜うで~ (5, 0.3%)

1 にされ, にし, にする, になれ, を思い出させます

▼ 釜などを~ (5, 0.3%)

1 とりもどすが, 照らした, 眺め入ったとき, 置いて, 賜わること

▼ 釜~ (5, 0.3%)

1 といいし, という名, ともいう, は鍋釜, 以下

▼ 釜帽子~ (5, 0.3%)

1 に煤, も由々しき, をかぶり, をま, を脱いだ

▼ 釜~ (5, 0.3%)

1 が焦げつく, にくっついた, にへばりつい, に近い, の帽

▼ 釜揚饂飩~ (5, 0.3%)

1 が来る, と茶碗蒸, ならという, を取る, を食う

▼ 釜敷い~ (5, 0.3%)

1 はなかつた, 吟味を, 爺さんの, 論語とか, 響を

▼ 釜連絡船~ (5, 0.3%)

1 でこの, としてのこの, に乗る, の中, もさうである

▼ 釜さん~ (4, 0.2%)

1 て誰, なんかがそう, は四十三, 遊ばないかったって

▼ 釜だの~ (4, 0.2%)

2 鍋だの 1 味噌だの, 野菜物だの

▼ 釜なし~ (4, 0.2%)

1 の楊, の蔦木, 川の, 川は

▼ 釜ゆで~ (4, 0.2%)

2 にし 1 に入れあげ, の元祖

▼ 釜ヶ淵~ (4, 0.2%)

1 なの, の上, へ押ぱまったでござりますよ, へ身

▼ 釜和原~ (4, 0.2%)

1 から川上, という村, はこう, まで買い

▼ 釜形帽~ (4, 0.2%)

2 を冠 1 と鳥打帽, はやがて

▼ 釜掘り~ (4, 0.2%)

1 てけれっつ, の小, も大方, 遊三の

▼ 釜敷く~ (4, 0.2%)

1 てならぬ, なつた, なり短, 云ふ

▼ 釜焚き~ (4, 0.2%)

1 がい, にされる, をいたし, 人夫が

▼ 釜煎り~ (4, 0.2%)

1 さえも恐れぬ, の五右衛門, の刑, は石川五右衞門

▼ 釜からは~ (3, 0.2%)

3 湯気が

▼ 釜しくなっ~ (3, 0.2%)

1 て仕事, て議会, て領事

▼ 釜しゅう~ (3, 0.2%)

1 ございますえ, なれば, 御座いますケニ

▼ 釜では~ (3, 0.2%)

2 ない 1 生れながら

▼ 釜など~ (3, 0.2%)

1 いふ思案, 呼ぶ立派, 陳列し

▼ 釜には~ (3, 0.2%)

1 力が, 火が, 縄を

▼ 釜らしい~ (3, 0.2%)

1 がいったい, という古, ものが

▼ 釜一つ~ (3, 0.2%)

1 でさえこの, の外, 置いたところ

▼ 釜~ (3, 0.2%)

1 とお, に訊く, もお

▼ 釜二つ~ (3, 0.2%)

1 と奇麗, に五目ずし, に水

▼ 釜~ (3, 0.2%)

1 の支配人, も料理人, をいったん

▼ 釜~ (3, 0.2%)

1 の事, の本, の話

▼ 釜~ (3, 0.2%)

1 にくツ, のよう, を殘

▼ 釜ある~ (2, 0.1%)

1 が為, を以て有名

▼ 釜しくいう~ (2, 0.1%)

1 て居る, 国でし

▼ 釜しく云っ~ (2, 0.1%)

2 ている

▼ 釜たき~ (2, 0.1%)

1 をし, をする

▼ 釜だけは~ (2, 0.1%)

1 きのうの, 信長の

▼ 釜でも~ (2, 0.1%)

1 冠つて來る, 持って

▼ 釜との~ (2, 0.1%)

1 背後にあたって, 連続で

▼ 釜ばかり~ (2, 0.1%)

1 でも, 仕掛けても

▼ 釜まで~ (2, 0.1%)

1 水で, 荷車に

▼ 釜より~ (2, 0.1%)

1 寧ろ滝, 此の

▼ 釜~ (2, 0.1%)

1 にあえい, に入れ

▼ 釜二十~ (2, 0.1%)

2 その神速

▼ 釜其他目~ (2, 0.1%)

1 ぼしい台所道具, ぼしい臺所道具

▼ 釜吉さん~ (2, 0.1%)

1 かどう, とか言った

▼ 釜底帽子~ (2, 0.1%)

1 ががさがさ, の親仁

▼ 釜底形~ (2, 0.1%)

1 の帽子, の黒

▼ 釜~ (2, 0.1%)

1 の尖った, の帽子

▼ 釜敷お爺さん~ (2, 0.1%)

2 に代用教員

▼ 釜敷かつた~ (2, 0.1%)

1 から折角, のです

▼ 釜敷言~ (2, 0.1%)

1 ふもんぢ, 出した

▼ 釜~ (2, 0.1%)

1 でえ, に客

▼ 釜~ (2, 0.1%)

1 に次ぐ, 鋳造所

▼ 釜~ (2, 0.1%)

1 とぎ桶, と塩

▼ 釜薬缶~ (2, 0.1%)

1 などの古金, の類

▼ 釜鍋庖丁一切~ (2, 0.1%)

2 の名産

▼ 釜鍋茶碗箸皿それ~ (2, 0.1%)

2 に味噌

▼ 釜~ (2, 0.1%)

1 が積み込ん, をあきなう

▼ 釜食器~ (2, 0.1%)

2 が住みはじめる

▼ 釜食器類~ (2, 0.1%)

2 を持たない

▼1* [169件]

あがったらすぐ後釜, 釜あげうどんを, 釜ッぱい飲む, 釜かけてお, 釜かけたる湯の, 釜かつた男, 釜かぶる人は, 釜くどの前, 釜こそ金属, 釜こほろぎの奴, 釜ごとぼくの前, 釜ごと二階へもち, 釜ごと噛らないやう, 釜さえも有せず, 釜しいよ又はじまつた, 釜しいんですからね, 釜しうてなあ, 釜しかったらしいん, 釜しくいわれて夕方, 釜しくって御, 釜しくなるが実は, 釜しく云わなかったようである, 釜しく仰言らず, 釜しく叱りつけたりした, 釜しく聞えるがイギリス人, 釜しく行われ参詣人が, 釜しく言うて来, 釜しく言って来, 釜しく論じられ一方には, 釜しく論ぜられて来, 釜しく響いてやがて又, 釜しぼりとか麻の葉, 釜しゅう娘の婚礼仕度, 釜ゃあるめえし鍋に, 釜じつはアルミ製の, 釜そのもののよう, 釜その他の機械, 釜たきの牛沼雷象と同格, 釜だけ陽を, 釜だけのものです, 釜だったぜ, 釜や, 釜であり飯櫃であり, 釜でうで上げた, 釜でしたこの大釜, 釜でしたら鶏小屋へ, 釜ですって, 釜というような, 釜とか蒸籠とか, 釜とがぐらぐらと, 釜として大阪から, 釜とに火を, 釜とによって動かされる驚くべき機械, 釜とは幼女の, 釜どころか今は, 釜のである, 釜などがゴチャゴチャに, 釜などの名が, 釜などもかけ青空, 釜ならどんな事, 釜なら落したくらゐ, 釜なり鍋なり, 釜にかけても世帯を, 釜に対して柄杓を, 釜ひかる廚, 釜びらきに招かれた, 釜もって行く, 釜やなんぞ作るん, 釜やばっかりの荷物, 釜ゆえ是はどうも, 釜よりは米が, 釜よりも古くなった, 釜トンネル付近までの道路, 釜バケツからタオル歯ブラシ, 釜バケツ水がめ米とぎ桶, 釜フトンでも分散, 釜マデモミンナ取ラレテ, 釜ヶ淵矢を射る, 釜一つ茶碗一つと共に悠々, 釜一つ銀色燦と光る, 釜一ツかけない乾いた台所, 釜一口に大, 釜七下女のお, 釜を築き, 釜不動岩は畢竟, 釜に山風, 釜並びに附屬品一切, 釜中時ニ魚ヲ生, 釜二世あらわる, 釜二個に対して人, 釜云々とある, 釜では一人, 釜俎板庖丁米炭等々と自炊, 釜どうして遊ばない, 釜其數二十引き來る, 釜の気体, 釜には煙た, 釜出しのいい, 釜出し勤務を見廻っ, 釜割種はさっぱり, 釜包みよく畜, 釜包丁の類, 釜双眼鏡毛布類帆と帆布, 釜渡りの, 釜という由, 釜吉それに下女一人, 釜吉昔の稻妻組, 釜名匠の茶席, 釜名物の茶入れ, 釜味噌漉の御, 釜のこと, 釜を埋め, 釜大きけれど音かすか, 釜女釜など呼ぶ, 釜も空腹, 釜婆さんが死んだ, 釜小さな茶碗と, 釜師与次郎が作る, 釜師庭師竹切りと次々, 釜師根性がぬけん, 釜庖丁の類, 釜庖丁類麦焦しチベットの菓子類, 釜手廻りの道具, 釜手桶などという世帯道具, 釜を賞翫, 釜揚うどんを食う, 釜揚げにする, 釜擂鉢など勝手道具, 釜敷ことばかりいつ, 釜敷云ふ樣, 釜敷勘次に使, 釜という宿屋, 釜次郎さんだ両雄相, 釜次郎どのらの罪業, 釜次郎今の武揚, 釜次郎犯罪の儀, 釜殿女童部屋奴僕の小屋, 釜清水という部落, 釜の上, 釜火口湖がまっ, 釜火箸金じゃくし, 釜だ, 釜煮してこれ, 釜の木戸口, 釜と三種類, 釜画きたる行燈かな, 釜白樺の皮, 釜皿小鉢の類, 釜へが女, 釜立神岩などの奇勝, 釜などを洗う, 釜にされた, 釜茶碗の類, 釜かなん, 釜の上, 釜蓋さんは愉快, 釜行李子供そして弱者劣敗者, 釜起こしもうその後, 釜起こせるかもしれねえ, 釜起すんだ, 釜足夫妻等に逢, 釜足改め鶏太を借りる, 釜連絡船楽浪丸の一等船室, 釜野菜の籠, 釜鍋薬罐そういうもの, 釜は塀, 釜鬼ここは何処, 釜鳴り等鬼神の威光, 釜麦稈帽子靴琴鏡ボンボン時計火鉢玩具ソロバン弓油絵雑誌その他が古ぼけ