青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「金~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

野原~ 野心~ 野村~ 野菜~ 野蛮~ ~野郎 野郎~ ~量 量~ ~金
金~
金吾~ 金持~ 金色~ 金銭~ 金魚~ 釘~ 釜~ ~針 針~ 釣~

「金~」 35171, 380ppm, 255位

▼ 金~ (8819, 25.1%)

265 持って 234 出して 105 貸して 98 持つて 69 借りて 61 払って 57 送って 47 かけて 45 借りに 43 貰って 42 もって 40 手に 36 取って 35 使って 32 やって, 渡して 25 儲けて 23 返して 22 もらって, 集めて 21 くれて, 取りに 20 入れて, 出しても, 懐に, 溜めて 19 得て 18 貯めて 17 つけて, 出せ, 盗んで 16 ふところに 15 ためて, 出した, 出せと, 見て 14 借りた, 工面し, 投じて, 掛けて, 置いて 13 懐中に, 払った, 拵えて, 積んで, 貰いに, 返しに 12 やつて, 借りること, 包んで, 奪って, 融通し, 送つて 11 とって, 儲けること, 出すと, 取り出して, 受け取って, 溜めること, 賭けて 10 与えて, 借りたり, 受け取ると, 拵へて, 納めて

9 [13件] 作って, 出すこと, 出すの, 受取って, 受取ると, 払は, 拵へ, 持ち出して, 渡した, 自分の, 貸すの, 費やして, 隱し

8 [14件] つかって, 与えた, 借して, 借りるの, 取ろうと, 受けて, 受取りに, 埋めて, 引出して, 得るため, 持たせて, 旅費に, 貸せと, 遣って

7 [18件] だして, はらって, やると, 使うの, 使ったの, 儲けるため, 出す, 分けて, 取るため, 取るの, 呉れて, 得ること, 握って, 用意し, 積んでも, 返え, 隠して, 預けて

6 [28件] かけても, こしらえて, つかんで, はたいて, バラ撒い, 借りたこと, 借りると, 借りるよう, 出せとか, 取つて, 恵んで, 払おうと, 拵へる, 持たして, 持出して, 掴んで, 湯水の, 盗もうと, 紙に, 融通する, 見ると, 貰ったの, 貰ふ, 費して, 費って, 資本に, 送ること, 銀行に

5 [40件] おいて, かけること, かりて, くれと, せびりに, どこから, なくして, まとめて, もうけて, もつて, もらいに, わたした, 借りたの, 儲けようと, 出させて, 出し合って, 出せば, 利用した, 取られて, 取ること, 取ると, 器用に, 寄附し, 届けて, 廻して, 懐ろに, 持たなければ, 搜し, 欲しがる, 浪費する, 盜る, 自分で, 請求した, 貢いで, 貰うため, 貸すこと, 費う, 造って, 都合し, 隱した

4 [70件] あたえて, あつめて, かけずに, こしら, して, だせ, つくって, まき上げて, やった, やつた, やること, やるの, やろうと, わたして, 与へ, 使うこと, 使った, 使っても, 借りたいと, 借りたが, 借りるん, 儲けるの, 出さずに, 出さなければ, 出しあって, 出したの, 出すか, 出すから, 出そうと, 取り寄せて, 取るよう, 受け取りに, 受取った, 右から, 奪うため, 奪られた, 奪る, 引き出して, 引き出そうと, 懸けて, 払う, 払うと, 払うの, 払ふ, 投げ出して, 拐帯し, 持ちだして, 持つと, 捲き上げて, 掻き集めて, 握つて, 握らせて, 施して, 添えて, 溜めるより, 溜める人, 目的に, 自由に, 與へて, 蓄めて, 蓄める, 計算し, 調達し, 調達する, 貰ひ, 身に, 返さなければ, 送れと, 遺して, 集めに

3 [147件] いれて, かかえて, かりる, くれ, くれとは, くれるの, こしらえ, さらって, しまって, しらべて, たくさん持っ, ためること, つつんで, とったり, とること, とるよう, どうした, ぬすんで, はずした, はずして, ひきだす時間, ほしがる, まうけ, まきあげること, めっけ, やらずに, やる, やるから, よこせと, 並べて, 五十円に, 人に, 何に, 何處から, 何處へ, 作った, 使うて, 使は, 使ひ込ん, 使ふ, 借りそれ, 借りたと, 借ること, 出さうと, 出させようと, 出さなかった, 出したという, 出したり, 出すが, 出すもの, 出せえ, 分けること, 包みて, 取ったの, 取らうと, 取らない事, 取らねば, 取るという, 取る気, 取る者, 取ろうという, 取寄せて, 受けた, 受けとって, 受け取ること, 呉れたの, 呉れと, 呉れるの, 外して, 大事に, 奪いその, 奪おうと, 奪ふ, 家から, 少し貸し, 届けに, 工面した, 引出そうと, 彼に, 得なければ, 得る手段, 惜しんで, 惜ま, 所持し, 払う必要, 払ひ, 拾って, 持たずに, 持たせると, 持ち逃げし, 持ったこと, 持つこと, 掴ませて, 提供し, 携えて, 攫んで, 数えて, 横領した, 欲しがっ, 残して, 沢山持っ, 沢山貰っ, 渡されて, 渡しました, 溜めたの, 溜めようと, 溜めるよう, 溜める力, 溜め込んで, 無心に, 無理算段し, 犠牲に, 盗んだという, 盗んだり, 盜んだ, 盜んで, 着服し, 私に, 私の, 積まなければ, 自分は, 要求し, 要求する, 見つけて, 調えて, 請求し, 請求する, 貯めること, 貯め国, 貰うこと, 貰っても, 貰つた, 貸したの, 貸すと, 貸付け, 費わ, 賜は, 贈って, 超越しなけれ, 返せと, 遺すこと, 銀行へ, 附けて, 集めた, 集めること, 預かって, 預って

2 [469件] あずかって, あつめに, あてに, うけとると, うけ取って, おれが, お母さんが, お貸し, かえせと, かけたところ, かけたの, かけたり, かけた小娘, かけた河童, かけないこと, かけねば, かけると, かけるの, かけ過ぎて, かせと, かぞえる音, くれても, くれないこと, くれる, くれるん, ここで, こしらえそれ, こしらえるため, ごまかしたと, さきに, した, しぼりとられて, しぼり取って, せびる, そこに, そこへ, そのまま着服, そろえて, ためる, ためるには, だすこと, つかうこと, つかった, つかませて, つぎ込んで, つくるの, つくる事, つんで, とらうと, とられるの, とりたいもの, とりに, とるため, とれば, どうしよう, どうする, どこで, どれだけ, ならべて, ねだりに, ば薄き, ひそかに, ひらいて, へらしたいといふ, ほかの, まきあげて, まき上げようと, まわして, もうけたこと, もうければ, もたなかった, もらうため, もらうと, もらったと, もらつて, やかましく取立てた, やったが, やったり, やった時, やっても, やりました, やるという, やれば, わたくしに, チョッキリ残す, ポケットに, 一度に, 上げる, 下付する, 与えたと, 与えた事, 与えるため, 与えるとか, 与えるの, 与へて, 中間に, 主人に, 二十両ばかり, 五十円ばかり, 五十円も, 五百万円ばかり, 仕送りし, 余分に, 作らねば, 作ること, 作るため, 作るの, 使いこんで, 使い果して, 使い込んで, 使うよう, 使う力, 使えば, 使ったもの, 使つ, 使つてゐる, 使ひ果し, 使わずに, 使わせるよう, 使用し, 供給する, 借りたという, 借りた人, 借りた憶えは, 借りた経験, 借りた義理, 借りた者, 借りようと, 借りられて, 借りるか, 借りるつもり, 借りるにも, 借りるもの, 借りるより, 借りる事, 借りる必要, 借りる時, 借り始めたの, 借り散らして, 借用せず, 偸んだ, 催促に, 僕が, 儲けさせて, 儲けた, 儲けたと, 儲けたの, 儲けたり, 儲けた人, 儲けようという, 儲けようとして, 儲ける, 儲けるという, 儲けるどころ, 儲けるには, 儲ける事, 儲ける方法, 儲け今, 元手に, 先に, 先方へ, 入れたの, 入れた袋, 入れると, 内ポケット, 出さして, 出さないか, 出さないでも, 出したこと, 出しては, 出しは, 出しや, 出し惜ん, 出し英吉利, 出すて, 出すという, 出す人, 出す人間, 出そうという, 分配し, 切るよう, 利益と, 加えて, 加えると, 勘定し, 募集し, 即座に, 取った, 取ったよう, 取って置きながら, 取つたの, 取つたり, 取らぬから, 取られたので, 取られた事, 取られるの, 取り出した, 取り出しに, 取り始めた先生, 取り寄せる気, 取り立てること, 取る, 取るつもり, 取るべきかと, 取る事, 取る訳, 取出し着物, 取寄せること, 取得し得るなら, 受く, 受け取っても, 受け取つて, 受け取る者, 受け取ろうと, 呉れた時, 呉れべ, 喜捨する, 喰う機械, 土台に, 埋めたという, 基礎として, 外国に, 失った, 奪つた, 奪つて, 女の, 妻に, 婿の, 家へ, 寄付し, 寄進させる, 寄進する, 寄附した, 小山田某より, 少くとも, 少し余計, 少し送っ, 山に, 工面する, 巻き上げて, 巻き上げるの, 師匠に, 弁償いたします, 引き出しに, 引出すの, 張ると, 強請ろうと, 彼が, 彼の, 彼女に, 後世に, 得た, 得ようと, 得るに, 得るのに, 得る途, 得んが, 得んと, 御取んなさい, 必要と, 惜しげも, 惜しまないで, 惜し気, 想い出しそう, 懐中し, 懐中へ, 手づか, 才覚し, 打って, 払いながら, 払うこと, 払ったと, 払ったの, 払っても, 払つた, 払わないで, 払わなければ, 払わねば, 扱ふ, 承奉に, 投げても, 投り込む, 折返し電報為替, 押しいただき, 拂つてゐる, 拔いた, 拵えなければ, 拵えること, 拵え国, 持ちながら, 持ち出したの, 持った人, 持っては, 持ってるん, 持つたこと, 持てば, 持出さうと, 持参した, 持逃げし, 捨てて, 捨てに, 捲きあげて, 捲き上げようと, 捲き上げるため, 捲上げて, 掏られ, 掘り當, 掛けるの, 掛ればと, 探して, 掴めば, 掻き集めた, 揚げて, 握らしたり, 握らして, 握ると, 搜し出し, 撒いて, 攫み出して, 机の, 検べ, 次郎に, 欲しが, 欲しがらなけれ, 欲するな, 欲り, 殘し, 母に, 沈めて, 沢山取られる, 注ぎ込んで, 注ぎ込んでも, 浚って, 浪費し, 浪費した, 渡された, 渡しながら, 渡すこと, 渡すと, 渡すとき, 渡すの, 渡せ, 渡せば, 湯水に, 溜めました, 溜めるという, 溜める天才, 溜める奴, 溜め書物, 無心し, 無理に, 無雑作, 煙に, 献上し, 獲るには, 生かして, 用立てて, 盗まれて, 盗み出して, 盗むこと, 盗むため, 盗んだ奴, 盗んでも, 盜まれた, 盜み出した, 盜られ, 盜られた, 目あて, 目当てに, 直ぐに, 祈って, 神棚へ, 稼いで, 納めねば, 置いた, 置くこと, 置くと, 置けば, 耳を, 背景として, 脱して, 膝の, 與へ, 與へる, 落して, 蓄えて, 蓄めた, 蕩尽し, 融通した, 袂に, 要する, 要すると, 要求した, 見せた, 見せびらかして, 見付けて, 設けること, 詐取した, 誤魔化して, 調べて, 請けた, 請ひ, 請取る, 請求されたら, 負担し, 貪ること, 貯めなければ, 貯めるの, 貯る, 貰うと, 貰おう, 貰った, 貰ったり, 貰っちゃ, 貰つてゐる, 貰ふと, 貴人の, 買うの, 貸さないと, 貸したり, 貸しちゃ, 貸しつけて, 貸し手が, 貸す, 貸すという, 貸すん, 貸す奴, 貸せとは, 貸せなどと, 貸せば, 費い果し, 費ひ込ん, 費ふ, 費消し, 贈ったという, 贈る, 路用に, 返さずに, 返すこと, 返すため, 返すに, 返せば, 返そうと, 送ったばかり, 送つた, 送つて來, 送りに, 送り返して, 送る事, 運ぶの, 遣うこと, 遣った, 遣るの, 遣る途, 遣わせて, 選って, 金とも, 鎔かすの, 隠すの, 集めたり, 集めると, 集めるという, 離れて, 頂いて, 預けに, 頼んで, 馬に, 高利に, 鷲掴みに

1 [4471件 抜粋] ああし, あずけられて, あづかって, あらためてから, いくらか貰っ, いちいち数える, うけとる役, うんとかけたら, おいそれと出し, おさめるきまり, おやり, お前の, お時, かえした, かくす方法, かけたチャック, かけない人間, かけるほどの, かけ大, かすつた斷, かなり多く, きちんきちん返す, くださいと, くれた, くれなど, くれるなど, くんな, こしらえいよいよ, こしらえるもの, こつんと, この修道会, こぼして, ごま化し, さしむけると, さらつて富岡と, しっかり握っ, しよう, すっかりつかっ, すっかり起し, すられた肥った年増, せしめたの, せびった, せびる手, そっくり持っ, そつくりかへ, その人たち, それでその, たしまえ, ためおまけ, ためる秘伝, だした人物, ちょろまかしたって, つかうの, つかってるん, つかみ出した, つかわし子ども, つくつた, つくる度, つこうたところ, とった, とらぬ判, とられるなんて, とりのけた表, とるかと, とる家, どうしてそんな, どうして使う, どこに, なくしたこと, なすって, ぬすまれたの, ねだつて米國, ねだる事さ, はぎ取る事, はたいたの, はらつては, ひきだす前, ひとり占めに, ふり撒い, ぼくが, まきあげる政策, また二円, まんまと貰, みんなここへ, みんな飲んでしまつ, もうけた, もうけるため, もたないのに, もった奴, もとでに, もらうの, もらったが, もろうて, やったら, やらうお前, やられたん, やるか, やる筈, ゆすったり, ゆするため, よこさずくさる, よびしばらく, わたしなだめながら, コロリと, スッて, ニヤニヤと, ポケツトから, 一カペイカだって, 一人が, 一厘たり, 一時感情的に, 一笑し, 七円持っ, 三億五億と, 三十六七年に, 上げて, 上る日, 下さいますか, 下賜された, 与えその, 与えよだ, 与え爾後, 両手で, 予めごまかし, 二分二朱やった, 二十円貸し, 云いかえれば, 五十万円ひきだし, 五百円とか, 交附し, 今度貸し, 他に, 仮りた, 何う, 何処とも, 余して, 作つて檢校の, 作ると, 作れと, 使いはたしいま, 使い込みでも, 使うため, 使うもの, 使う男, 使ったこと, 使ったら尾州あたり, 使ってるとき, 使はずとも, 使わされるの, 使わない酒席, 保存する, 借せの, 借りたいといふ, 借りたって, 借りた以上, 借りだすため, 借りないこと, 借りられたので, 借りるな, 借りる時期, 借り倒し主人, 借り出すなどという, 借る法, 催促せられ, 償うて, 儲けたい無, 儲けたら一度, 儲けてるとさえ, 儲けら, 儲ける人非人, 儲ける道, 先生に, 入れた応募者, 入れるという, 全く自分, 全部取り上げる, 兩替し, 六百五十両ほど, 内証で, 出さすこと, 出させても, 出さない, 出さぬと, 出しそう, 出したとき, 出した女事務員一, 出しましたから, 出し出しして, 出し渋って, 出すといふ, 出すやつ, 出す形式, 出す用意, 出せとて, 出せ飲んだ金, 出資し, 切った, 利用し, 副将と, 加へて, 勝ったと, 勧進する, 包んでも, 十両持ち出した, 千ドル以上持っ, 半ばは, 危い, 収めさせること, 取ったという, 取つた事, 取らせる, 取らぬのみか, 取られた上, 取られますからねえ, 取られる気遣い, 取りたてた, 取り上げこそ, 取り寄せたと, 取り次いで, 取り返さねば, 取るとは, 取るん, 取る程, 取ろうなどとは, 取寄せる間, 取立てて, 受けとり僕, 受け取った, 受け取らないと, 受け取るやいなや, 受取ったが, 受取つた先住者は, 受取りしかも, 受取り私, 受渡して, 可立に, 吉原へ, 吐き出させるそういう, 君から, 含んだ海綿, 呉れたん, 呉れるから, 唯貰う, 喰って, 國庫に, 埋めるもの, 塗りたる城, 増した, 外した, 多く使う, 夢みて, 大半つかってる, 失うこと, 奪いあわせて, 奪い取るつもり, 奪い遂に, 奪ったり, 奪られまい, 女らしく毎月銀行, 子じゃと, 守るに, 家まで, 寄越して, 封じに, 小い, 少しずつ, 少し使っ, 少し送れ, 届けること, 工業を, 差し出したこと, 差出したが, 巻き上げたり, 帯びた碧色, 幾らか調え, 廻させて, 引きちぎり燃えだしてる裳衣, 引き換えだなんて, 引出し妹, 弘つて外へ, 強奪り, 強請つたのは, 彫つたといふ, 徐ろに, 得たの, 得べき理, 得るほどの, 得次第, 徴発し, 思ひ出しその, 悉く銀行, 惜しんでも, 愛しむ, 懐中せざれ, 我に, 扇屋から, 手離なさなけれ, 払いそして, 払い払い, 払うとともに, 払うん, 払う華奢, 払ったつもり, 払つたすぐ, 払つて漸く, 払ひ得ぬ, 払わせた, 払わなかった, 払込まねば, 投げつけて, 投げ出すとともに, 投ずるよりも, 抛出すを, 押しつけるよう, 拂はずし, 拭いて, 拵えるには, 拵らへて, 拾うより, 拾ひ集めた, 持たないで, 持たぬ子, 持ち出されては, 持ち幸福, 持ったまま, 持ってか, 持ってる事, 持つちや, 持てあましても, 持て行くと, 持出すやう, 振りま, 捧げる者, 捲きあげた, 捲上げたり, 掘りだした時, 掘る話, 掛ける, 掠奪された, 探し出いて, 探そうという, 掴み出したところ, 掻き集めながら, 握った, 握らせそれから, 握ること, 搗くだけで, 搾り取った話, 擲って, 支出致しました, 支払う義務, 放そうと, 散じた昔, 数え等し, 新聞社に, 旅費として, 早く送, 暮まで, 有るやう, 李白に, 桃色の, 横取りし, 欲しがるっ, 武田氏に, 残らずこ, 殘したい, 毎月五十円も, 求む, 沢山上げる, 沢山貪る, 注ぎこんだところ, 活かして, 深くし, 渡され門口, 渡した針助, 渡しツリ, 渡すという, 渡す機会, 溜て, 溜めたまえ, 溜めるが, 溜めろという, 滅し宋, 無くして, 父兄に, 猫婆を, 獲ること, 生じたので, 用心ぶ, 申し出た成金達, 発表し, 皆も, 盗まれたこと, 盗みました, 盗み番人, 盗られたに, 盗んだって, 盗んだ盗人, 盜つて自分の, 監督し, 目當てに, 相談し, 知る, 私から, 秘かに, 稼ぐの, 積み上げい, 穴の, 立て替えて, 米に, 納めさせること, 納めるところ, 素早くとっ, 絞り取られるの, 纏めて, 置けという, 聞いたとき, 腹巻の, 舊藩へ, 茶壺に, 葉子に, 蓄え置くこと, 蔵って, 融通しよう, 被害者に, 要すること, 見せなよ, 見ますると, 見付出して, 覗くやう, 記念の, 詐取せられた怒, 誰が, 調達させ, 請求しやしない, 財布ぐるみ公衆電話の, 貧しい人々, 貪る又, 貯めこめる時, 貯めようと, 貯蓄銀行へ, 貰いました, 貰うところ, 貰た, 貰ったので, 貰つた時は, 貰ひな又, 買わせて, 貸さなくなったら今度, 貸した, 貸してと, 貸し付け百姓ども, 貸すべき状態, 貸す縁, 貸せなぞ言, 費い果す, 費したこと, 費っ, 費ひ減らす, 費やすところ, 費消した, 賭けるくらい, 贈つたといふ, 足もとへ, 踏み倒す程, 輸出した, 返さないよう, 返した日, 返すところ, 返す気, 返せツ, 追加させ, 送らせて, 送られんので, 送るって, 送れないという, 造り出したいと, 遠ざかって, 遣うの, 遣つたさうだ, 遣り印形, 遣れば, 遺すなどという, 都合しなく, 金盥で, 鋳造し, 長年預かっ, 隠した場所, 隠匿しない, 集めたこと, 集めました, 集める段, 電車賃として, 預かった藤枝蔵人, 預けてでも, 預け明日夜, 頼んだ, 食う, 餽って, 騙りその後

▼ 金~ (4625, 13.2%)

61 ために 50 力で 39 ことを 28 工面を 26 ことは 23 鯱を 22 事を 19 か, ことで 17 事で, 方は, 林檎を 16 無心を 15 ことに, ためには, 中から, 茶釜を 14 代りに, 話を 12 ような, 冠を, 力が, 工面に, 為に, 輪を 11 うちから, ことなんか, ように, 力を, 工面が, 指輪を, 方が, 茶釜が 10 ある人, ある時, なる木, 包みを, 指環を, 茶釜は 9 ありそう, あるうち, あるもの, 事は, 勘定を, 猫の, 茶釜の 8 あるの, ある者, ことだ, 力に, 工面は, 棒を, 猫を, 都合が

7 [21件] あること, ことが, ことなら, 一部を, 上に, 事に, 価値が, 催促に, 光を, 兜を, 出所を, 卵を, 板を, 欲しさ, 無心に, 番を, 要ること, 解禁を, 話は, 鎖を, 隱し

6 [24件] あるに, お皿, ことか, ことです, ことばかり, たまご, ないこと, やうに, 価値を, 値打が, 力と, 十字架を, 實る, 帽子を, 御幣を, 指環が, 猫が, 結果として, 蝋燭を, 融通を, 輪の, 鎧を, 魚が, 鯱が

5 [32件] ある間, いること, お札を, かかつ, ことなど, ことも, ないの, ない時, ほかに, まりを, 上ぐつを, 中に, 価値の, 円屋根が, 問題に, 問題を, 外輪を, 大部分, 小矢, 御幣の, 必要を, 日の丸の, 爲に, 猫は, 箒を, 腕輪を, 話に, 音が, 風, 駿馬を, 魚を, 鯱の

4 [39件] あるなし, りんご, 事と, 事も, 使い方が, 光は, 入日に, 入用が, 出所が, 募集に, 包を, 卵の, 小判を, 工面の, 指輪も, 方も, 星を, 有無を, 林檎の, 櫛で, 滴降る降る, 玉を, 蔓を, 蝋燭, 蝋燭の, 融通が, 行方が, 袋を, 調達に, 調達を, 費い, 足, 都合を, 鈴を, 錘り, 額を, 顔を, 鯉, 鶏が

3 [117件] ありかを, ありさ, あるところ, ある所, ある筈, ある限り, うちに, かかる, かかること, かかるもの, かたまりに, かたまりを, くさりを, くつわを, ことから, ことと, ことなんかは, ことについて, ためでも, つかい道, ない奴, ない男, なかから, においを, やうな, やつは, 不足に, 中には, 事だろう, 事です, 代償として, 使ひ, 光が, 入用な, 全部を, 全額を, 円屋根の, 冠が, 出る山ひとつ, 切れめが, 力でも, 力によって, 力は, 勘定が, 十字架が, 半分を, 吸口の, 問題が, 問題で, 問題である, 地に, 塊が, 塊り, 始末に, 字, 実る木, 小弓, 山の, 工面も, 延棒が, 心配を, 必要が, 才覚を, 抵當に, 指輪が, 方で, 方を, 星, 星に, 星の, 時計を, 有る人, 杯に, 林檎, 残りで, 為めに, 留金を, 相場で, 眼を, 窓の, 糸に, 縁を, 茶釜に, 草鞋で, 蔓に, 蔓の, 蔓は, 融通の, 融通も, 術に, 要らない男, 要るの, 話なんか, 調達は, 費ひ, 足りない時, 輪が, 輪で, 輪でも, 輪は, 輸出禁止が, 都合の, 采配を, 釵を, 鎖が, 鎖の, 鞍, 音は, 音を, 飾りが, 飾りの, 高を, 魚は, 鯱に, 鯱は, 鱗の, 鳥が

2 [282件] あるあいだ, あるやつ, ある女, ある奴, ある家, ある未亡人, ある男, ある結婚, ある青年, いる事, うちで, お船, かかった事, かかった着物, かかって, かからない芝居, かかるたち, かかるよう, かかる仕事, かたに, かわりに, くしで, くめんに, こと, ことじゃ, ことだけ, ことな, ことなんぞ, ことにかけては, ことには, ことまで, こと縁談の, すじが, せきばんの, ためで, ためにばかり, ための, つかひやう, つるを, ないくせ, ないという, ないとき, ないところ, ないもの, ない事, ぬいとり, ばらの, ほうで, ほうは, ほしい奴, ものを, りんごを, ウシを, メダルを, 上から, 上へ, 不足の, 世の中さ, 世宗は, 事が, 事しか, 事なんか, 二疋の, 他愛な, 件に, 使途について, 価の, 価値に, 価値について, 価値は, 値が, 催促だ, 催促を, 儲かるもの, 光, 光と, 光輝が, 兵に, 円屋根は, 冠に, 冠をか, 出て, 出どこ, 出どころが, 出どころは, 出入りの, 出所も, 出来るまで, 出来るまでは, 分け前を, 切れを, 切れ目が, 利息を, 前を, 力では, 力などは, 力の, 力も, 力より, 力丈は, 動きの, 勘定は, 包が, 十分の一にも, 十字架の, 卵から, 卵が, 卵に, 卵は, 原子の, 受け取り方, 口が, 吸口を, 問題だ, 問題でなく, 問題には, 問題は, 国, 場合には, 塊を, 外に, 外には, 多くは, 多少を, 大黒さまが, 如く距, 如しと, 始末を, 威光を, 家銀の, 寄りが, 寵愛を, 小さい輪, 小粒が, 小鳥の, 尖塔が, 尽きた時, 山を, 工面でも, 帯を, 延べ板を, 延棒の, 延棒を, 延金とは, 延金を, 心を, 心配で, 心配ばかり, 必要に, 性質は, 恨みが, 所在を, 手に, 拾万両も, 指環など, 指輪で, 指輪の, 指輪や, 支払を, 方の, 日の, 日の丸が, 日の丸を, 星か, 星が, 時代の, 時計と, 時計の, 有る無し, 有る者, 杓とを, 来るの, 果を, 枠に, 柱に, 棒が, 棒の, 櫛と, 櫛を, 殆ん, 比較価値を, 毛の, 毬を, 泥沼に, 消えて, 溜め方, 無い時, 無い為, 無い者, 無心と, 煙管に, 爲めに, 牧の, 物差で, 玉が, 玉の, 玉子を, 瓶が, 生産から, 用意が, 百両を, 皿を, 目, 目が, 目と, 目銀の, 相場に, 相対価値が, 相談なら, 眼の, 筆と, 箒は, 糸が, 糸やら, 紋を, 紐を, 紙で, 絃を, 総の, 罪科は, 羊毛を, 美御す, 羽の, 耳を, 耳環や, 耳環を, 脇差, 脇差だ, 脈を, 腕時計を, 色と, 花びらを, 花や, 苦労の, 茶入や, 茶釜でも, 茶釜も, 蔓が, 蔵が, 薬を, 融通に, 行方は, 袋の, 袋銀の, 要り用, 要る時, 解禁が, 話が, 話も, 談判を, 請求を, 財布を, 足りぬ時, 蹠を, 追加を, 這入って, 部屋から, 都合で, 重さ, 重みの, 針金に, 針金を, 鈴, 鈴銀の, 銀と, 鍵で, 鍵の, 鍵を, 隠し場所を, 雨銀の, 雲下, 音に, 頸環を, 額は, 類を, 鯉の, 鯱も, 鯱鉾が, 鯱鉾に, 鳥, 鶏, 鼻眼鏡を

1 [2314件 抜粋] あかご, あつらい, ありあまって, ありがたさ, ありよう筈, あり餘, あるだん, あるやう, ある亜米利加女, ある凡人, ある商人, ある奴等, ある慈悲, ある旅客ら, ある親, ある間ごろッちゃ, いすに, いらないよう, いること夥, いる仕事, いろ, うち二十円を, うち手づかず, おもしろさ, お客じゃァねえ, お話よ, かかった午餐, かかった服装, かかった衣類, かかった魚汁, かからない愉し, かからぬもの, かかる事, かかる手腕, かかる自然科学方面, かざりで, からんだ訴訟沙汰, かんむりもしゃくもぴかぴか, かんむりをかぶってながい, かんむりをのせてすぐ, くつわとの, ことそれから, ことである, ことなぞは, ことなどは, ことについては, ことばかりを, ことり, こと等は, こなをに, ごとく凄まじく, さいそくで, しまって, しゃちほこを, すすめなり, そのまた, たが, たまらぬ人間, ためだ, ため身代金欲し, ついた小石, つかいよう一つ, つぎの, できた最初, ところに, とめ鎹が, とれるやう, ないかつかつ, ないより, ない不安, ない困難, ない幾日間, ない民衆, ない細々, ない若しくは, ながい髭, なくなった時, なくなる迄にゃ, ぬいとりした着物, はいったため, はいらない月給, はいる見込, はなしに, ひねり出せん, ふたを, ふんどし, ほか相当な, ほしさよ, ま, みだらな, もちあわせ, やうだ, やりくりと, ゆくへが, りんごが, ウシと, クズが, チューリップを, ピアノの, ベココ, メダイユか, レースで, 一円だ, 一条で, 一部で, 三分の一を, 三合も, 三蓋猩々緋の, 上では, 下とは, 不用ない, 世の中だ, 世話に, 中では, 丸鏡の, 乞いを, 事さへ, 事などに, 事にかけては, 事女の, 二倍も, 五ペニウェイト三グレインと, 五百両を, 仏ゐ, 他に, 代わりに, 伸か, 何倍かに, 余ること, 使いかたの, 使いようも, 使い方と, 使い方を, 使い道という, 使用方を, 価にのみ, 価額を, 借り手に, 値いという, 値に, 値打ちも, 値段が, 側に, 催促の, 價を, 儲からぬロシア, 儲かる役人, 儲け損ひ, 元遺, 光りで私, 光云うべく, 兜じゃ, 兜は, 入った蘭, 入らない者, 入れ所, 入日の, 入用に, 入用を, 八十五ルーブリと, 六尺ばかり, 内容あら, 円屋根ね, 冠な, 冠毛打震ふ, 処分方法は, 出し入れに, 出せないこと, 出ますうち, 出るところ, 出る道, 出入の, 出処について, 出所については, 出来ないこと, 出道や, 分配の, 分量を, 切目が, 利子七分八分の配当を, 利息納めんいう, 制定直後二五年間に, 前には, 剪刀の, 割合の, 劉祁の, 力ずくで, 力とを, 勘定だけに, 募集あり, 勧化の, 包みであります, 十両も, 十字を, 千瓢あかい, 半額ジャケツ長靴などを, 卵でも, 原子に, 収入の, 取れる口, 取引も, 取立現金の, 受取りに, 受取証を, 古い袿, 向日葵, 吹替が, 員数まで, 唐草を, 商人および, 問題です, 問題ばかし, 嗅煙草入を, 四日午前十一時半から, 囮でございます, 在所と, 垣の, 埋没地も, 塊でも, 塗粉の, 声を, 多い少いをもって, 多寡は, 夢心地であった, 大半で, 大定二十三年, 大黒が, 大黒を, 太祖の, 奴に, 如きも, 如く輝き木星, 始祖は, 威光より, 字だった, 安い国, 容子を, 寝る商売, 専攻らしい, 小さいコップ, 小型の, 尻っ, 屍体の, 山へ, 峰の, 工面さ, 工面にでも, 差別は, 帯の, 帳へ, 平骨, 座で, 延棒な, 廿両, 引換券は, 当ても, 影響を, 御おすぢ, 御送達, 心という, 心配な, 必要のせゐ, 性は, 性質を, 怨みは, 情婦として, 懸ったそれでいて, 所有権を, 扇の, 手形に, 才覺も, 投げ入れようが, 持ち逃げを, 持合わせも, 指環であった, 指環まだ, 指輪でない, 指輪をな, 捨てどころが, 掛らぬ様, 控鈕附きたる, 握り太の, 損失は, 支出入は, 支拂を, 敏行の, 文字で, 斧を, 方へ, 日だけは, 星この, 星兜の, 時計が, 最も安全, 有りさうな, 有ること, 有る風, 有難味です, 末路清國に, 来るよう, 来次第, 板に, 枝は, 柄には, 柵ばかり, 桶と, 棄て甲斐, 棕櫚の, 榮を, 模樣を, 欠乏で, 欲しい人, 止めがねを, 残りと, 殘りだ, 毫鍼が, 沈んで, 波, 泥沼, 流れを, 流通忙わしくして, 液, 渡されること, 潮を, 火鉢だ, 点に, 烏帽子の, 無いこと, 無い事, 無くなるまで, 無心で, 無心ばかり, 煙の, 煩悩に, 燦爛たる, 爲には, 版圖に, 物で, 猛鳥は, 玉には, 現在量の, 理ある, 瓢, 甘言に, 産出の, 用まで, 用意も, 甲を, 申譯を, 留針を, 番人は, 當てを, 百分の三を, 皿で, 盆と, 盞は, 目方に, 直弟子で, 相談なら引受ける, 相談を, 瞳を, 砂を, 神だ, 穀物は, 穗首を, 窓も, 立派な, 竪琴, 筋が, 箔おく, 箔を, 算段にも, 箭の, 箱に, 築山や, 粉でも, 粥を, 糸で, 糸消え, 紐飾りの, 素姓も, 絃の, 結果である, 結果需要が, 続く間, 綴目, 線に, 締金革帶を, 縁無しを, 縄直しの, 罪の, 美おす, 翅を, 翼鉄の, 耳輪や, 肉刺しで, 胸に, 腕時計が, 腕環を, 自分の, 船で, 色でも, 色糸で, 花瓶に, 苦労は, 苦面に, 茶店の, 茶釜という, 茶釜より, 荘厳も, 落ちるの, 葵紋の, 蓋を, 蔓だろう, 蕩尽ばかり, 薔薇を, 蛇住めり, 蝋燭でも, 蝙蝠と, 融通さへも, 血, 行方か, 術を, 袋に, 装飾を, 製造生産を, 要り途, 要るやう, 要る間際, 見本が, 角の, 解禁は, 言葉に, 証書を, 話かと, 話であった, 話には, 話サ, 誘惑を, 調達やら, 請求だった, 豫算を, 豹は, 財産目あてに, 貴いこと, 貸しでも, 賤しむべき, 足つきだらひ, 身体は, 輪, 輸出であった, 輿を, 追求が, 透し彫り, 通用鋳, 運転を, 道具に, 遣振り, 部屋に, 都合は, 醵出に, 量を, 金掘りを, 釘で, 針金と, 釵が, 鈴に, 鉢や, 鋲と, 錠だ, 鍵が, 鎖り, 鎧は, 閃光運動, 降るやう, 隠し場に, 隱匿作業を, 集散は, 雪駄, 靴を, 音だ, 響きが, 頭の, 頸輪鷲郎には, 額などまで, 額縁で, 顔も, 飾り物が, 餓鬼な, 馬の, 駿馬は, 高い教授, 高仲人が, 魅力だった, 魚, 鯱でも, 鯱へ, 鯱鉾を, 鳳凰を, 黄色い色

▼ 金~ (3113, 8.9%)

51 あれば 48 なければ 36 あって 33 あつて 32 ないから 31 あると 27 ないと 26 手に 23 いる, ない 21 なかった 20 あるから, ないの 19 ある, あるの 18 出て, 欲しくて, 欲しさ 17 なくて 16 なくなって 15 なくては 14 かかる, 出来て 12 あるん, かかって, 欲しい 11 あっても, 出來 10 ないので, はいって, 無くなると 9 いるの, ほしいの, 欲しいと, 欲しいの 8 あるか, かかるの, ないん, なくても, なくなると, ほしさに, 無くなって, 自由に, 要るん 7 かかるから, かかると, きたら, ないという, 入って, 入ると, 出来れば, 無い, 要る, 要るの 6 いるん, ほしいと, 入る, 出来ると, 手には, 欲しければ, 無いと, 無かつ, 無くて

5 [24件] あった, あつたら, あり過ぎて, あるからと, あるに, あるもの, ある時, たまると, ついて, なくって, はいれば, ほしい, 一文も, 余って, 入つて, 出た, 子を, 必要な, 来た, 欲しかつ, 無いの, 無いん, 無ければ, 集まって

4 [22件] ありません, いると, かかった, かかるので, ないのに, なかつた, なかつたので, なくな, はいると, 入るの, 入用だった, 出たの, 出来るの, 取れるよう, 唸って, 欲しい金, 欲しかった, 無いから, 無かった, 無くな, 置いて, 要ると

3 [44件] あったって, あったの, あつた, ありました, ありますから, ありや, あるという, あるので, あるのに, あればこそ, できると, どこに, ないばかりに, ない時, なくなれば, はいるの, ほしいから, ほしいん, ほしかった, 一銭も, 入用だ, 入用な, 入用に, 出来た, 取れて, 唸るほど, 埋めて, 必要だ, 必要だった, 必要と, 有れば, 欲しいな, 欲しくなり, 無くても, 用意し, 盜まれた, 眼当てで, 落ちて, 要ります, 要る事, 這入って, 這入つて, 隠して, 隱し

2 [172件] あったという, あったり, あなたの, あの寺, ありさ, あるからって, あるぞ, あるため, あるといふ, あるとき, あるならば, あるわけ, ある訳, ある雨, あればと, いくらある, いった, いるから, いるし, いるならここ, いるもの, いるン, いる金, うんとある, かかっても, かかつて, かかるが, かかるし, かけて, きっとはいる, この国, こんなにも重苦しい, さけんだ, すず子さんの, それを, たまって, たまれば, つきて, とれるの, とれれば, どこから, ないからと, ないため, ないもん, ないわれわれ, ない代り, ない金, なかったら, なかつたの, なくっても, なくとも, なくなった, ねえから, のんどりと, はいったと, ふところには, ほしくなる, まだほんの, まだ残っ, 三千百八十三両二分だ, 下がる, 下して, 二人の, 二十御, 人生に, 人間の, 仇の, 今あったら, 今日明日に, 付いて, 何だ, 何んと, 使って, 來ない, 來る, 僅か十六銭, 儲かる, 儲かるという, 儲かるもの, 光る度, 入つた, 入つたの, 入るん, 入れて, 入れば, 入用である, 入用なら, 出た上, 出ないので, 出るの, 出るん, 出来たから, 出来たのに, 出来ないと, 出来ないの, 出来ました, 取れる, 取れるから, 埋められて, 外れて, 好きだ, 小判で, 少しはいった, 少ないから, 彼の, 御父さん位, 心を, 必要であった, 必要である, 急の, 惜しい, 惜しくなった, 我国において, 敵の, 有つたら, 有りませんから, 有るから, 有ると, 欲しいから, 欲しいため, 欲しいという, 欲しいなあ, 欲しいなら, 欲しくなる, 欲しく候, 死んで, 残った, 気に, 沢山ある, 沢山かかる, 流れて, 消えて, 減って, 湧いて, 溜ったと, 溜って, 溜まって, 無いこと, 無いという, 無いんで, 無くとも, 無くなれば, 物を, 現在の, 百兩, 目当てだった, 私の, 紛失し, 自分の, 莫大な, 落ちた, 要ったから, 要って, 要るから, 要るので, 要る様, 見付かつ, 証拠だ, 貨幣に, 貯って, 貰へ, 足りないから, 足りないの, 足りなければ, 身に, 農家に, 送って, 這入らなくて, 重傷を, 附いて, 降って, 鳴った

1 [1550件 抜粋] あすの, あったかも, あったが, あったそう, あったところ, あったばかり, あったらすむの, あったらねえ, あったらシナ, あったら仮令, あったら又, あったら広告, あったら買いたいと, あったん, あっちから, あついの, あらば, ありあまつて湯治, ありすぎるくらい, ありながら, ありますこれ, ありゃ人, あり余, あり自分たち, あり餘, あるお, あるくらい, あるこの, あるだろう, あるです, あるとて, あるならその, あるなら保険, あるなら時節柄, あるほど, あるよう, ある全作, ある早く, ある船, あればねえ, あろう筈, いかなる方向, いくらか, いくらだ, いくら高く, いって, いや怒る, いらなくなった, いりますので, いるかと, いるけれども, いるたびごとにそれを取り, いるはず, いるわけ, いる時間, うな, うんとあっ, うんと儲かるてえ, おしいから, おばば, お柳さん, お要りる, かかったが, かかったの, かからず無条件, かからないもの, かからなけりゃなお, かかりすべて, かかりますよ, かかり従って, かかるけれども, かかるという, かかるほど, かかる女, かけられて, かたきの, かなり節約, きてから, きれれば, こすり付く道理, このごろは, この凶行, こぼれて, ころがりこむなら大いに, ございますそれ, さう, ざくざくし, ざつと五千兩それが, ざつと千兩も, じつは彼自身, すでに外人, ずらして, そしてゴッソリ重役, そっくり中佐, そのため, その信託会社, その形, その費用, それも, そんなに取れる, たいていいつも匿名, たくさんあった, たくさんあれ, たちまちどんなに大きな, たつた十兩, たまった瞬間, たまるか, たりないという, たんまりある, ちっともありません, ついた, つきたので, つまらないと, できたので, できたら女遊び, できなければ, できるかも, できるだろう, でけんで, でて, とりたいとりたいと, とれないので, とれるが, とれるん, どうかなっ, どうして蓄, どうのといふ, どこからは, どこを, どれほどある, ないからこそ, ないその, ないならない, ないばっかりに, ないよう, ないんでな, ない上, ない君, ない奴, ない者, なかつたら御坂, なきゃそいつ, なくただ, なくちや, なくなったため, なくなったら又, なくなつ, なくなりました, なくなる世の中, なく漸く, なけりゃどんなに, なけれバ其尻, なんと二万円, のこるだけ, はいったが, はいらぬの, はいること, はいるという, はいる約束, はずれぐらぐら, ひとりでに動きだし, ほしいかと, ほしいな, ほしいので, ほしい話, ほしくなった, ほしければ, ほとんど一文, また, まだ入らねえだ, まだ幾許か, まとまったの, まるで無い, もうかったとき, もうかりおもしろい, もうすつかり無くな, もう無くなった, もとである, もらえれば, よくあつ, よっぽど応えたらしい, わずかに, ゴロリゴロリと, ダブついて, ドウヤラ今度の, フイに, ポウランドにおけるよりも, 一ぱい充ち, 一万八千円ばかり, 一匁一銭也位に, 一枚, 一生懸命に, 一部でも, 丁度百兩, 七十人分七百円薬が, 三両二分と, 三円か, 三十兩, 三千兩江島屋からは, 三本通し, 三百両越後屋へ, 下されて, 下ってねえって, 下るだろうぜ, 下落した, 不自由で, 与えられたの, 与えられ地方, 世間に, 乏しい, 事件に, 二万円いる, 二円五十銭に, 二十円や, 二百か, 二百何某に, 五十や, 五十円と, 五十錠無くなっ, 亡くなって, 仇, 今にも必要, 他の, 伊那五郎盛常と, 何です, 何に, 何尺か, 何處に, 余分に, 使い尽くされた後, 使えるか, 使われて, 來なかつたら, 倍に, 借りられるまでにな, 借金の, 働いて, 儲かっても, 儲からなけりゃ飲まねえ, 儲かるたって, 儲かるわけ, 儲かれば, 先き, 光つてる, 入ったか, 入ったって, 入ったので, 入った方, 入つたさ, 入らないので, 入りそれ, 入ること, 入るより, 入用でありました, 全く訳, 公共事業費という, 六千圓ぢかくな, 出さ, 出される, 出せない小郷, 出たであろうと, 出たら三つ一つ, 出なければ, 出ねエ, 出るっちふこと, 出るらしい, 出來次第, 出来たからとて, 出来たらお前, 出来たら健ちゃん, 出来たわい, 出来ないこと, 出来ねえなら直ぐ, 出来ませんじゃ, 出来るか, 出来るなど, 出来るよう, 出来る理由, 出版屋の, 利子で, 前より, 加はつた, 勝つん, 北海道の, 十一両に, 十五円五十銭に, 十分の一も, 千円の, 半夜の, 取りたいと, 取れず貯え, 取れないから, 取れねえ, 取れるぜ, 取れる金, 取出せるから, 吝しいなら, 唯一の, 四年ぶりで, 在つたら, 埋めてないとは, 壊れたから, 外れたよう, 外国銀行へ, 多いの, 夜目にも, 大して役に立たない, 大切であった, 大地の, 太左衞門一代, 女中でも, 如何なる手段, 子供を, 実は大, 容易に, 寝て, 将軍家から, 少いから, 少しづつ, 少し出来た, 少ないと, 少なかった, 尽きれば, 届いたばかり, 山の, 嵐の, 年々貧民の, 幾松の, 廻って, 引き出せるけれど, 彼方に, 得られるの, 徳義的倫理的に, 必要だらう, 必要に, 思うよう, 惜しいか, 惜しいので, 惜しくなっ, 懐ろには, 我等同志の, 戻らなきゃ三人, 戻るだろうよ, 手元に, 払えないうち, 払えなくって, 折れたから, 掛かって, 掛かるから, 掛つても, 掛り過るから, 掛るばかし, 揃いその, 提出され, 攫えたな, 支払われでも, 散る, 新栽培, 明らかに, 昨日の, 暗褐, 月々送られる, 有っても, 有り餘つて, 有る時, 本人の, 本當, 来たと, 来ないので, 来なくなったです, 来るからね, 来るの, 柳生家初代の, 極度の, 横に, 欲し, 欲しいつて, 欲しいばかりに, 欲しいわけ, 欲しい事, 欲しい斯, 欲しか, 欲しきア, 欲しくな, 欲しくは, 正しい労働, 死ぬと, 殊に往来, 残るから, 殖える, 殘つて居ります, 気ままに, 沢山あった, 沢山な, 沢山来ますれ, 活動する, 浸みこんだ人間, 減ると, 渡されたという, 温まってるだろうぜ, 溜つたら, 溜めたいかと, 溜りすぎて, 溜ると, 滅多に, 漏れ落ちること, 無いので, 無いんでね, 無い時, 無え手前, 無くなったか, 無くなつた, 無くなり何しろ, 無く上, 無一物にな, 煙の, 生きるん, 生れる其金さ, 産む果実, 百七十一フランには, 百五十両ばかり, 百八萬圓六十八萬圓九萬六千圓六百五十萬圓合せ, 皆無で, 盗まれなきゃ怨み, 目あての, 目当てだったらしく, 目當ての, 目的の, 相当の, 真にこの, 着くこと, 碁盤の, 祟つて又, 稀に, 穀物と, 積り積って, 簡単に, 紛失した, 細君の, 続かないので, 纒つたのを, 老婆の, 胴親の, 腐るほど, 自然と, 落ちてる穴, 葉子の, 薄くて, 行かなかつたり, 要つたの, 要りましてね, 要ること, 要るって, 要るとか, 要るなら川森, 要るやろ, 要る金, 見る見る空費, 触った, 課されたが, 調えりと, 豊富だ, 貧しい老, 貰いたいだけ, 貰えるかも, 貴く思え, 費えるよう, 賃銀と, 賭けられるという, 足らないで, 足らなくなるわけ, 足りないその, 足りない足りないどころ, 足りなきゃ七ツ屋, 足りなくなると, 跣足で, 輸出に対し, 農業者に, 返せないといふ, 返せぬとか, 返らないって, 返済されなかつた, 送られなくなったからと, 途絶えた生活, 這入っ来んこと, 這入らねいで閉口, 這入ると, 道に, 郷里の, 金庫に, 銀行の, 隱され, 集まらない, 電報が, 頸に, 顕な, 馬鹿に, 高い時, 鳴つて, 鼻から

▼ 金~ (2143, 6.1%)

22 持って 15 一文も 14 いくらでも出す 12 どうした 10 私が 9 どこから, ないが 8 ない, 持つて 7 天下の 6 ある, あるの, ここに, 少しも 5 あつて, あるし, それを, どうする, どこへ, 一銭も, 出して, 返して 4 いくらでも, いくらも, そこで, もって, 女の, 手に, 穀物の, 自分の

3 [33件] あっても, あるん, いくらだ, いった, いらない, いらん, うんとある, どうにでも, ないし, ないん, なかった, なくても, なくとも, なくなって, ほしくない, 一文だって, 何うし, 何か, 何處に, 使って, 兎も, 入って, 出來, 右から, 喜んで, 小判といふ, 幾らでも, 持ってるの, 欲しくない, 無くなると, 確かに, 要らないの, 要らぬから

2 [120件] あつた, あとで, あなたが, あるか, あるが, あるぞと, あると, あるよ, いくらで, いくらでもある, いずれの, いまでも, いらないから, おれの, お小夜, かなりの, かれないなどと, ここで, これらの, ございません, すっかりなくなっ, その時, たまらなかった, どうかし, どうしました, どうだ, どうで, どうなった, どこに, どんなもの, なくっても, なくなる, なく彼, なし, なしで, なぜか, まず第, またこの, ウンと, 一に, 三十万円まで, 人に, 人の, 今の, 何と, 何とか都合, 何も, 何を, 何処から, 何處かに, 倍増に, 借りて, 借りなくても, 僅かに, 働いて, 僕が, 出しまっさかい, 出すが, 出せない, 出せないと, 出ないで, 取って, 取らんでも, 取ろうと, 唸るほど, 大丈夫です, 大事な, 女を, 妻の, 宜いが書附, 家で, 容易に, 山分けに, 己が, 幾らか田畑, 当然に, 必ず十円, 必ず外, 必ず返し, 惜しけれど, 扇を, 払う, 掛る, 最初から, 有りゃア, 次の, 欲しいに, 渡すこと, 無い, 無いの, 無いらしい, 無事に, 現金で, 盜られなかつた, 盜んだ, 目を, 目算より, 直ぐに, 直ぐ博打, 石之, 私から, 私に, 窮民へ, 美事な, 自分が, 裏の, 要するに心, 誰が, 貸さない, 貸して, 軽少だ, 返さなきや, 返すから, 途中で, 邵大尉の, 金でも, 金の, 金は, 鎌倉の, 電報為替で

1 [1594件 抜粋] あした受け取る, あったが, あなた方御, あの翌, あまりはいらない, ありは, ありませんが, ありませんよ, あり惚れた女, あるかな, あるさ, あるだろうが, あるには, あるまいとか, ある意味, ある筈, あんべ, いかほど, いくらあった, いくらでもやる, いくらでも房枝, いくらでも融通, いくら使つても, いずれ足, いったいどこ, いっときも, いつの間にかなくなっ, いつも持っ, いつ受け取れる, いらないよ, いらぬ金造伯父, いらんあんな, うちつけられてから, うんとあります, おじさんの, おばば, おれにとっては, お前に, お徳, お貰, かからぬもの, かかるまいな, かけて, かならず支出, きっと持たし, きょう有っ, くれは, くれるだろう, ここぞという, こちと, こっちで, このなか, この思いがけない, この貧乏, この間の, ございます, さっきいった, さて措かっせえ, しきりに勧めた, しよう, すぐに, すぐ戸, すっかり偽金, すべてそちらに, すべてニーナの, すべて本人の, そこでまたこの, そっくり故郷, そのたび, その一滴, その効果, その女, その頃競馬, それぎり戻っ, それでもやめず, それに, たいしたもの, たくさんに, たしかに三重吉, たしかに夕刻, たしかに身近, ただ貰う, たっぷりある, たつた三兩二分, たとえ騙し, たまらないが, だいぶある, ちったあ, ちゃんと貰っ, ついに還らざる, つかいたくないからね, つかわないから, つくったの, できない, できなかつた, とうにちっともご, ときどき募集, とてもそんな, とらないから, どういう性質, どうか知らず, どうしても人, どうして渡した, どうでもよ, どう処分, どう見, どこで, どっさりもうけた, どの位, どれだけ, どんなに口説いた, どんな都合, ないさ, ないと, ないの, なかつた, なかなか容易, なかろうと, なくなる女, なしとどのつまり, なし第, なんとか自分, ねえ, ねえや, はたして布教一方, ひどく驚い, ふんだんに拝領, ほしかった, ほとんど使い果たし, ほんの微か, ぼつぼつ減っ, まあ諦め, ますます駭, またたくま, また日, まだそのままそっくりし, まだ出, まだ持つてる, まだ湧い, まったくお前, みすみす減っ, みなこれを, みな陸輸海運などで, みんなとっ, みんなもう, みんな当家へ, みんな甚右衛門から, みんな金貨や, むろん入っ, もうこの, もうない, もう下りた, もう出来ない, もう女, もう殆, もう見つかりまし, もっとうす, もとよりわし, もと死物, もらえまいまた, やっと蘇生, やっぱり自身, やはり手, やるからと, やれないみんな自分, よくいつ, らくらくと, わしの, アメリカにおいては, カルプ師と, キレイに, スペインにおいて, チョット角, ネパールで, バラで, ポケツトの, 一スーも, 一人の, 一体何, 一台の, 一度に, 一文だ, 一時彼の, 一枚も, 一般の, 一銭だって, 七八十両も, 七百両も, 三円なにがしで, 三千両や, 三千兩や, 三文無く, 三百両だ, 三百兩餘り, 下から, 与えて, 世間に, 両親かも, 中野重治に, 丸取りです, 九万八千円に, 予の, 事実上六年間から, 二三円あります, 二三日縁の, 二十二萬圓の, 二十五圓五十五錢で, 二千両だ, 二月分といふ, 二百両か, 五ヶ年の, 五円なにがしと, 五十万円ぐらい, 五十円たらずで, 五百両あまり何しろ, 人おのおのの, 人間が, 今では, 今わしたち, 今迄, 他人の, 何しろ五重の塔, 何にでも, 何ほどか, 何処に, 何故か百円, 何物にも, 何處へ, 余計に, 使えば, 使つて貧乏に, 使わない方, 例の, 俺から, 俺は, 借りたん, 借りなかつた, 借りられると, 偶然にも, 僅かだつた, 働かせ遊ばせねえよう, 優に得られる, 儲からないが, 兄さんに, 先へ, 入つて, 入らねえ先ず, 入用だった, 全然無料, 全部現金で, 八口で, 公証人よりも, 兵部に, 再び此処, 出さなければ, 出したの, 出すから, 出す気, 出せぬ三十両用, 出たが, 出ません幾ら堀, 出来た, 出来た借手, 出来ぬこと, 分けて, 利息に, 利益という, 前回の, 労力の, 勿論なく, 十五両, 十分に, 十日とは, 千兩萬兩積ん, 半襟二掛より, 又六, 取らずに, 取りたかった, 取れず食費, 取れるかも, 受けとらない, 受け取っては, 受取つてを, 叩き返し, 各図書館, 同様に, 名も, 君の, 呼吸だ, 唐を, 図々しくそういう, 国内市場の, 国許から, 土地補償金に, 埋けて, 基督教信者の, 変化の, 外れて, 外国消費者にとり, 多く所持, 多寡が, 大したもの, 大して儲けなかった, 大事に, 大憤慨, 大掴みに, 大概集まったろう, 天井裏や, 夫婦の, 奪っちまい馬, 如何にも, 始めから, 子孫の, 宇田川町で, 官庁や, 実は私, 寄りませんや, 射抜けなかったが, 小粒と, 小郷にとっては, 少く見積っ, 少し余計遣っ, 屁でも, 山の, 屹度そこから, 工面し, 市太郎の, 平均二千圓ぐらゐであらうといふ, 幸い手に, 幾何も, 座員の, 弓を, 当然受け継い, 形を, 彼だけの, 彼らに, 後世への, 御充分, 必ずや事, 必然的に, 忘れて, 思ったより, 悉皆長崎表, 悪所さかり場にて, 惜しいとは, 惡魔的に, 慶長小判銀は, 懐中を, 懸からなかった, 戻ったこと, 所持し, 手つかずに, 手紙より, 払い得ません今, 払ったと, 払はずに, 払ふよ, 払下げて, 拓殖銀行から, 持たせて, 持たぬなどといふ, 持ったが, 持ってる, 持つてないん, 掛けること, 故郷へ, 敵藥ぞ, 既に尽き, 日本へ, 旦那樣が, 春日荘を, 時たま三十四十, 書籍の, 月末に, 有つて, 有るかい, 有難かつ, 望まず日本, 本藩, 来ませんでした, 某大佐, 極端に, 欲しいが, 欲しいもの, 欲の, 此の, 此通り用意し, 残らずこの, 残るん, 母が, 水右衞門さんに, 決して折鞄, 決して錆びない, 没収もしくは, 沢山では, 沢山掛る, 泉では, 渡さなかったの, 渡して, 湯や, 溜めて, 溜る一方, 無いか, 無いね, 無いん, 無えぜ, 無し, 無し食, 無理算段し, 無論欲しい, 煙の, 父の, 甚右衛門が, 生産費に対して, 用意し, 町内の, 病院行きの, 百も, 皆お前に, 皆んな土藏の, 皆浮い, 盗まず盗んだ金, 盜つた, 直き, 直に出来る, 相当持つ, 相變ら, 真鍮よりはずつと, 知れたもの, 研ぎ減り駱駝, 福島の, 私共には, 稼げば, 空に, 立換へて, 笑いごとに, 米一升十錢の, 精神に, 素より老中田沼意次, 細民の, 綺麗で, 置いてないか, 職工の, 腐ってでも, 自分ひとりの, 自然に, 色の, 英国において, 荐橋双, 蓄まる, 血だ, 裏口の, 要らず訓練, 要らないが, 要らない一杯, 要らんが, 要りません私, 要るだけ, 見つけるの, 証書どおりに, 諦めて, 財布に, 貧民窟へ, 貪らないと, 貯金し, 貰えぬため, 貴様達二人が, 貸した金, 貸せる程, 費つた, 足りないこと, 辞退します, 近日友達から, 返します, 返すだよ, 返せなければ, 返って, 送らせるの, 途中長, 遂に見えなかつた, 過ぎる鐚, 遣られねえ誰, 郵便物托送, 重い, 野々宮さんの, 金で, 金人格は, 釣に, 銀に, 銀行に, 間もなく続々金蔵, 隊で, 随分掛かる, 電車賃しか, 非常に, 額で, 首の, 馬の, 高くなった, 魔物だ

▼ 金五郎~ (1282, 3.6%)

19 はその 14 の方 13 とマン, は 12 はびっくり 11 の顔, はそう 9 の眼, はマン 8 はそれ 7 は苦笑, もマン 6 の胸, の腕 5 がそう, とお, と新之助, の家, の心, の耳, はあわて, はそこ, は眼

4 [12件] と勝則, の声, はお, はこの, はすこし, はまた, はまだ, は勝則, は妙, は日記, は自分, を見る

3 [25件] が, のところ, の前, の姿, の左腕, の気持, はあたり, はかたわら, はそんな, はちょっと, はちら, はなおも, はなにか, ははじめ, は不機嫌, は全身, は声, は清七, は狼狽, は盃, は立ちあがった, は耳, は腕組み, は顔, を見た

2 [87件] がお, が例, が入っ, が出, が刀, が呆気, が声, が帰った, が本, が言葉, とのこと, と一緒, にいった, にはそれ, に向かっ, に飛びかかる, のその, のため, のよう, の乗っ, の厚い, の女房, の尻, の怒, の来る, の決心, の着, の肩, の胴巻, の語調, の身体, の頭, はいきなり, はいった, はいなかった, はいよいよ, はいらいら, はくらくら, はくるり, はただ, はつかつか, はどうしても, はなに, はひどく, はふっと, はふりかえっ, はむっと, はもう, はデッキ, は不思議, は不意, は両手, は事務所, は二階, は井上安五郎, は仏頂面, は仕方, は何故か, は呆然と, は唇, は唖然, は唸った, は女, は巨大, は弾んだ, は徳利, は思わず, は急, は感じた, は新之助, は時計, は桟橋, は気, は気づかなかった, は笑っ, は背後, は胸, は般若, は舳, は蒲団, は見台, は訊ねた, は返事, は遂に, を怖, を憎む, を養子

1 [795件 抜粋] からいつも, からそう, から一撃, から堅く, から手出し, から眼, から見える, から角助, か大工, か銀五郎, がいた, がいった, がいない, がいなくなれ, がいる, がくすぐったげな, がさし出した, がその, がとんちんかん, がどんな, がなおも, がはじめて, がふりむく, がマン, が三菱, が人力車, が今, が傍, が先刻, が前, が受けとる, が右手, が命がけ, が四五人, が天狗とり荷役, が小田原在, が帰ったら, が座, が廊下, が微笑, が提灯, が支那, が斬られた, が日本刀, が決意, が照れくさ, が牡丹, が発案, が白, が眠っ, が眼, が突然, が笑い, が笑いだした, が笑った, が筋骨隆々, が網, が自嘲, が舷側, が見る, が親友, が訊く, が語っ, が誰, が躱した, が軸木, が道後, が頭, が飛び下りる, すわと, ですが, で五郎五郎, で有名, とが乗りこむ, としては女房, とても同様, との視線, との間, とはちがう, とは藁, とコヨ, と二人, と云う, と好い, と対等, と市松模様, と清七, と源十, と芸者, と話, と話しあい, なら翌, にかまえる, にすすめられる, にそう, にとってはこの, にとってはもはや, にとっては彫, にとっては般若, にとっては謎, にとまっ, にはさびしく, にはそんな, にはなん, にははっきり, にはわかった, には兄弟盃, には勝利, には忘れ, には感じられた, にもいつか, にもよく, にも忘れられない, に切符, に声, に対して長期作戦, に対する信頼, に忍びよった, に悟られない, に惚れ, に数十人, に昏睡, に気, に礼, に立てられた, に背, に見つかった, に近づいた, に追いつき, に逢, に釘, に錯覚, のいる, のうえ, のはしゃぎ, のむざんな姿, のもっとも, の下, の乗った, の予想, の全身, の出番, の動く, の半, の右耳, の向う側, の吸う, の呼ぶ, の命, の喧嘩ぎらい, の場合, の大きな, の奇妙, の好き, の家出, の寝, の寝息, の左頬, の左額, の弟分, の張った, の怒り, の意, の拵, の放埒, の昇り龍, の枕元, の次女, の歩く, の決意, の活活, の生き, の田舎者, の白い, の眸, の瞳, の答, の純情, の肌理, の膂力, の苦肉の策, の行為, の表情, の裏口, の言, の言動, の説明, の警戒心, の責任, の選挙事務所, の郷里, の隣り, の顏, の鼻, の鼻先, の鼾, はあばれた, はあらたまった, はいい, はいったん, はいつも, はう, はうすく, はうなずいた, はおとなしく, はおどろかない, はかえって, はかすか, はからかい半分, はきっと, はぎくッ, はぎょっと, はこんな, はしかた, はしだいに, はしん, はしんと, はす, はせせら笑っ, はそういう, はそれから, はそれとなく, はたしか, はつい, はときどき, はどき, はどきっ, はどこ, はなにげない, はなんと, はのぞきこん, ははがゆく, はびく, はふりむかず, はぶっつかる, はほっと, はぽつんと, はまず, はまっすぐ, はむっくり, はやけ糞, はやっと, はやむなく, はゆるやか, はわかった, はウン, はカンテラ, はチクチク, はノッブ, はババン, はピストル, はブリッジ, はポケット, はロープ, は一苦労, は丁方, は三河島蓮田, は不安, は不審, は不服, は中, は乱れた, は二本, は二枚落し, は人事不省, は今, は以前, は会心, は伝馬船, は信用, は催促, は入った, は八幡, は刀, は助広, は包, は単身, は友田, は反射的, は口癖, は台所, は吉田磯吉, は吉田邸, は名簿, は呻いた, は唐突, は嘗て, は四五回目, は団栗眼, は夜, は大, は大前田英五郎, は大庭春吉, は女房, は女房子供連中, は妻, は威嚇, は子供, は安五郎, は安堵, は家, は寝つき, は小学校, は左腕, は帰っ, は帳面, は廊下, は弓張提灯, は彦島, は役人, は微笑, は心, は応接間, は怒り, は思いがけぬ, は思う, は恍惚, は息子, は悠々, は悪い, は意地, は意外, は愛想, は憂鬱そう, は懐手, は手, は手拭, は投網打ち, は抱腹絶倒, は掏摸, は擽ったく, は敏感, は数ヶ所, は数日, は日ごろ, は昏, は昏迷, は普段着, は暗黒, は枕元, は桜, は梯子段, は楽し, は楽屋, は次, は武者, は武蔵坊弁慶, は死骸, は毎朝, は気抜け, は気軽, は永田, は油紙包み, は泣き, は泣きたくなっ, は泳いだ, は派手, は浴室, は浴衣, は深く, は清七鍛冶屋, は激昂, は無抵抗作戦, は片肌, は狐, は玄関正面, は珍しい, は男, は番傘, は白, は白い, は相, は眉, は空腹, は窮, は立ちあがっ, は立ち往生, は立ち止まった, は笑い, は笑いだしたい, は笑った, は答えた, は糞度胸, は組合, は緊張, は縁側, は腹巻, は舌打ち, は艀, は苦, は荷役, は虚脱, は表, は褌一つ, は見ちがえた, は親友, は角助, は訥々, は誰, は警戒, は責任, は資金, は走り, は跣足, は路上, は転げまわっ, は退屈, は退院, は速力, は道後温泉, は部屋, は酔眼朦朧, は鉛, は門前, は開封, は電燈, は静か, は額, は顔面, は風呂, は龍, ばかりで, へしなだれかかった, へその, へどんと, への当てつけ, への敵意, へモールス信号, へ懇請, へ聞える, もこれ, もさすが, もそれ, もそれぞれ, もちょっと, もふらふら, もほとほと, もよく, も一緒, も今度, も坐っ, も安堵, も息子, も手伝った, も歸つて來, も白, も着物, も確信, も笑っ, も自分, も若手, も逢っ, も飛ん, や岩吉, や若, より七つ, らしい足音, をおどろかす, をお伽, をかえりみた, をがみつける, をふりかえっ, をまたたき, をみとめる, をやつ, を一気に, を中心, を凄い, を凝視, を包囲, を取り巻いた, を呼びだし, を呼びだした, を呼び止め, を呼んだ, を嘲笑, を射った, を当惑, を慕う, を打ちのめした, を昔どおり, を残し, を殺した, を無, を睨みつけ, を睨ん, を縛つて行, を縛つて行つたの, を羽目, を苛んだ, を裏座敷, を見, を見つけ, を諭し, を賞揚, を遠, を酷使, を隊長, を飛びあがらせた, 大はしやぎ

▼ 金~ (1269, 3.6%)

39 して 32 困って 22 飽かして 18 あかして 15 なる 14 なって, 眼が, 糸目を 13 する力 12 手を 11 目が 10 なると, 換えて 9 しようと, なるの, 代へ 8 かえて, 困つて, 換算する 7 なる話, 不自由の, 代えて 6 つまって, 替えて, 未練が, 目を, 窮し, 見えた 5 さへ, しても, すれば, なるから, なること, なるぜ, なれば, 変って, 朱に

4 [14件] かえようと, した, すると, なるもの, なるよう, なる仕事, 不自由しない, 代へる, 換えようと, 換へて, 換算し, 眼を, 縁の, 飽かせて

3 [19件] する氣, なったの, なつた, なりそう, なるさ, なるだろう, モノを, 不自由が, 不自由は, 代へた, 困ったこと, 困ると, 心を, 換へ, 換算される, 物を, 窮した, 糸目は, 輝いて

2 [61件] あかし術策を, ありついて, したいと, しようという, しようといふ, する, するか, するの, する積り, せよ売物, つまった, つむいで, なった, なったよう, なっても, ならず雑誌社, ならないと, ならなかった, ならなかつた原稿, なりたいと, なるか, なるかも, なるからって, なるし, なるだろうと, なるという, なる代物, なる力, なる学問, 不自由な, 不自由を, 不足は, 代えそれ, 代えること, 会えるという, 依って, 化する, 困ること, 困るよう, 執着し, 売れるといふ, 変えて, 変えるという, 委せての, 対抗する, 復讐する, 換えそれ, 換へる, 替えたの, 渇え, 窮する, 窮すれば, 等しい額, 絲目を, 裏透い, 見積ると, 詰って, 近い巨費, 追はれ, 違いなかった, 頭を

1 [657件 抜粋] あかしたくらし, あかした研究室, あかしても, あかし望み, あかせて, ありつきたいという, ありつけるの, ありつこうと, ある, あること, あるの, あるゆえ, あんたを, あんまり困らない, いたしましたが, いと目, お使いなさい, かえしばらく, かえる, かえること, かえるの, かえる術, かえ三角岳, かかわらないよ, かけるとの, かまわず購入, からんだ一幕, かわって, きたない町, きたなく, きたなく酒飲酒, くずさせて, くれたもの, こだはらない, こまらない貴族, こまらぬ人, こまる身分, したかったの, したが, したこと, したの, したばかりの, したま, したらどの, したら五十銭, したら何と, したり, した上, しちや使, してからと, してようございますし, しとく方, しないか, しなければ, しまして, しまた, しようなんて, し貸, すぎないでは, するから, するさかい, するため, するつもり, するとして, するとは, するにも, するわけ, する外, する必要, する手, する料簡, する気イ, する魔力, せくせ, せんと, それが, つかれ女, つきては, つく, つけて, つまったらしくどこ, つまった小娘, つまっての, つまりこの, つまり両親, つまると, つまれば, つむいだらなに, つむぐなんて, つむげなければ, つもったら大した, どんな顔, なぜ手, なったいろんな, なったって, なったという, なったとき, なったわけ, なった時代, なった気, なった錠前, ならずとも, ならず概ね, ならないうち, ならないとき, ならないまでも, ならないよ, ならないんで, ならない仕事, ならない直しもの, ならなかったらもう, ならなかつた, ならなくても, ならなければ, ならぬが, ならぬこと, ならぬと, ならぬ文章, ならぬ映画, ならぬ芝居, ならねえが, ならんて, ならん商買, なりさえ, なりはじめ女房, なりまさあ, なりますか, なりませんので, なりやすく, なり商品, なり描くほどに, なり次, なり金, なるからだ, なるからよ, なるこの, なるって, なるでしょう, なるとは, なるならない, なるなら何, なるなら時々, なるべきにとて, なるべきもの, なるほう, なるよ, なるよりゃ頭, なるらしかったが, なるわけ, なる事, なる人気, なる位, なる口, なる可能性, なる女身, なる程, なる筈, なる華魁, なれるの, なろうが, なろうも, のぞいて, はまって, はまらないよう, ふと心, まかせて, まちがいの, みえるが, めぐり逢った例, めぐり逢つた例, もうけずこれ, もらった金, やかましい人, ゆとりある, わらわれるの, キズなんか, ダイヤモンドを, 七分の未練あり, 三カラートの, 不自由し, 不自由なら貸し, 不足の, 不足も, 与ること, 両替を, 乾あがる, 予の, 亡ぼされて, 亡ぼされ四都, 交へたり, 付与する, 代え, 代えさせ珪次, 代えたいつもり, 代えたいらしい口ぶり, 代えたい者, 代えたの, 代えた方, 代えての, 代えては, 代えようと, 代えようという, 代えようとして, 代えるため, 代えるだけの, 代える必要, 代える算段, 代え大和天誅組, 代って, 代へたい, 代ること, 会うつもり, 似せけるだに, 似た金, 似て, 使いした時, 使うつもり, 使ふ, 使われるか, 価しますよ, 借りる, 値すると, 光る回, 光る縞目, 光る葉繁み, 全精神, 出齒, 刃あり, 利息が, 割り当てると, 割り當てる, 動く新造, 勧めて, 十五フラン, 千両くれた, 及ばなかったの, 反対せん, 取つて, 吊られて, 向けるなんざあ, 吝うて, 啻に一時的, 喜捨した, 喰って, 困ったから, 困ったもの, 困ったん, 困った結果, 困った苦しまぎれ, 困ってな, 困ってるとして, 困ってるん, 困ってる人, 困ってる時, 困つたとき, 困つた上, 困つた時, 困つて三つ, 困つて十三, 困つて古着屋, 困つて是非, 困つて町人, 困つて鍵屋, 困らない人間, 困らない母, 困らない生活, 困らなかった, 困らぬやつ, 困らぬ小説家, 困りそうして, 困り抜いて, 困るだろうひとつ君, 困るとは, 困る毎, 困る者, 困る貴女達親子, 圧迫せられ, 執着を, 売って, 売られた貧民, 売りし事, 売るか, 変えたいと, 変えたと, 変えられて, 変える術, 変りかかって, 変る日, 変化する, 大きな朱, 大様で, 奥様へ, 子を, 定まつた, 宝石を, 尅した, 對抗する, 少しも, 就いて, 就て, 屈托が, 巡り会いよう, 差し支えましたの, 差支えたが, 己の, 引かれて, 引きずりまわされるの, 弾んだと, 当るや, 彫るの, 彼女纖手を, 徹した最上清人, 徹すれば, 心が, 怨の, 恋を, 恐れて, 恬淡たる, 恵まれつつ, 惚れたん, 惚れて, 惱まされた, 意味が, 愛着を, 成ること, 成ると, 手も, 手紙を, 拵らえ, 掘り当てたが, 掘り当て坑中, 掘り着けました, 描いて, 換えしかも, 換えその, 換えたもの, 換えたら盗賊, 換えたら萬金, 換えた上, 換えなければ, 換えられた, 換えられて, 換えられぬ大きな, 換えるかは, 換えるため, 換えると, 換えるん, 換える段, 換えんと, 換え飯, 換へつつ, 換算され, 摺りたる袴, 支えて, 支配され, 支配されず, 敗れたと, 数々の, 旅行し, 易えたい唯, 易らる, 星を, 普遍される, 暗殺された, 替えかたがた本郷, 替えた奴, 替えること, 替えるの, 替えれば, 替え倫敦, 替へ, 替へた, 替へられたが, 替へること, 替へるには, 替へれば, 替るとは, 有附いた, 未練の, 未練も, 未練を, 残しといて, 殺到し, 毎年替えられる, 比べて, 氣が, 水色等その, 汚いと, 汚い男, 汚ない, 決つて居る, 浪を, 淡白な, 混ぜること, 添っても, 添へたり, 渇き切った其或人々, 無頓着な, 焦れて, 瓏銀に, 生涯を, 用は, 男も, 疽を, 百ポンドだけ, 目あてが, 目などを, 目印, 目印が, 目印でも, 直すと, 直せば, 相談する, 眩惑し, 眼の, 眼も, 積ったら, 積って, 積れぬ, 窮したらしく, 窮つて心中なんぞを, 窮らない, 等しいの, 算し, 箪笥長持衣類手道具等残らず, 結びついた縁起もの, 綺麗だつた, 締めつけて, 縁ある, 縛られて, 缺けて, 置き換えられようと, 興味など, 興味の, 良心を, 苦しめられて, 苦しめられ金, 苦しんで, 落ちる様, 蒸された頭, 蔽はれ, 虎の, 衝突し, 装い凝らしたモンテ・カルロ, 見える, 見積りますと, 見積ること, 覗いて, 計算し, 詰ったらしかった, 詰つて追剥を, 詰まつて, 詰まり初め, 詰まり従来, 誘惑され, 誘惑を, 請うた, 變つて居た, 變へる, 貯えて, 貯蓄した, 買いたる喩, 買はれた, 買ひたる, 購ひ, 踏んだら素敵, 身体を, 轉がる, 轉ばない, 迫て, 追われて, 透いて, 逐はれ, 通用させ, 通用させよう, 逼迫し, 過ぎず, 遠ざかる器械, 重傷を, 銀に, 関係ある, 関係が, 限らず位置, 随喜する, 障ったか, 青銅の, 預り息子, 頓着なく, 頭は, 顕つ, 飢えて, 飽かしたもの, 飽かした上, 飽かした戀, 飽かした衣裳, 飽かしての, 飽かし鎬, 饑えて, 驚くけ, 鶏の

▼ 金~ (1005, 2.9%)

15 自由に 10 あつた, 買って 8 もって 6 出来て, 自分の 5 買われて 4 何か, 私は, 酒を, 面を 3 一人の, 以て, 女を, 彼は, 手に, 暮して, 済むこと, 相場を, 買えるもの, 食って

2 [49件] ござりました, もつて, やれば, 二人で, 二人は, 他の, 何十人の, 俺の, 光って, 八万円の, 別れること, 勉強する, 動いて, 動かせない方, 君は, 大事の, 女の, 妾を, 始末を, 娼婦を, 子供を, 彼を, 悠々と, 手を, 操を, 暮らして, 書いて, 殺すどうか, 濟むことなら, 猛虎を, 米を, 自分が, 自分は, 自由が, 象眼された, 買い集めて, 買うこと, 買うて, 買うよう, 買うん, 買えるよう, 買ったの, 買つた, 買ふ, 買へ, 買わんと, 贏うる, 遊んで, 面倒を

1 [801件 抜粋] あがなうこと, あずかって, あたしが, あの子, あらっぽい消費, あんたさまに, いい加減, いえば, いまの, いろいろの, うごく, おさまって, おれの, お別れ, お前の, お父さんの, お願いが, かたづく, かどう, かねて, きまる場合, こいと, ここに, こしらえたおもちゃ, こしらえたまるい平たい, ことしの, この夏みんな, この少女, この松村, この田舎, これだけ, ころばすの, こんな大, ごまかせない男らしい, さ, さて一軒, しかるべき芸妓家, しめて, すぐに, すこし豊か, すむこと, すむ事, すらが筆, するの, せう, ぜひ嫁, そういつ, そこに, そっと必要, その債務, その封, その男, その金, それで加之, それを, そんなに, ちびり, ちょいちょい笹村, つくったの, つまり旦那さま, できたらしいナイフ, できて, できてるでしょう, できてるに, ともかくも, とりあつかって, どうしよう, どうする, どうにかなる, どう使い, どこへ, どんないや, どんな小商い, なやむを得ず, のれても, はらうこと, ばくちう, ふかれて, ぶらぶらし, ほかの, ぼくの, まかなって, またほか, まつ川, もう一度運命, もう十分, やってくるん, やっと取戻した, やられて, やれと, ゆくと, よその, よろしいよう, アイネは, ウィスキイを, ウドンを, ゴーリキイは, タイプライターと, テナルディエは, ドンドンドンドン買い入れ, パチンコを, ピストルを, ホンモノを, モンパルナスに, ラムネ製造業を, レコード用に, 一カ月の, 一ト月五十円ぐらいで, 一ヵ月二百円足らずだった, 一俗人の, 一寸は, 一方へ, 一杯祝盃を, 一生らく, 一軒を, 一銭と, 七州の, 三ツ受取っ, 三千円の, 三度の, 上京し, 不体裁に, 不名誉な, 並べ二分銀, 中は, 中流階級には, 之を, 事件の, 二万円と, 二人を, 二個, 二反の, 二回も, 五つ, 五十万か, 五十両ほどを, 五十兩それだけ, 亜米利加辺の, 人の, 人一人を, 人力車を, 人間は, 仁丹の, 今の, 今度は, 仕上げなければ, 代表さし, 任用せられた, 何う, 何が, 何ほどの, 何んの, 何処か, 何故腹, 作った吊鐘形, 作った小児, 作つた品物が, 作られた貨幣, 使われて, 価値づけられる, 便衣隊に, 借金は, 催されて, 傭って, 傭われて, 傾く身上, 償還しよう, 元の, 兄の, 光つてゐる, 光の, 全部すっ, 八橋の, 六人の, 其物を, 円くすむ, 出世が, 出来たん, 出来た壁, 出来た磁石, 出来た道具, 出来るか, 出来るだけ, 出来るもの, 切売りを, 前払を, 労力の, 動かされる結果, 動かして, 勘定は, 包んで, 十両許り, 十分である, 千円あるいは, 又ほか, 及ばぬから, 取りついて, 口を, 口止めする, 口説けへん, 古川殿安生殿に, 向う様が, 品物を, 唐津焼を, 商買らしい, 問屋から, 困つて, 固まった面白く, 国を, 土地を, 埓の, 塗って, 塗られて, 塞ぎ得ないと, 売りつけたり, 売り乍ら自分, 売るわけ, 売飛ばしも, 夏向きの, 外国旅行を, 外国行きを, 大きく蓋, 大苦労, 大菩薩峠の, 大阪に, 大阪の, 奢るとて, 女房の, 妹を, 妻子を, 始めたもん, 威厳は, 娯楽半分の, 嫁に, 嫁入, 字を, 宅渡しだ, 家を, 家族の, 小使い, 小使の, 小商売, 小鳥飼おう, 少しでも, 屋根が, 山左に, 島へ, 巨屋を, 己が, 店を, 廃兵院の, 建てたん, 建てて, 建てられたもの, 張ったるんじゃ, 彩つたものが, 役だたせること, 彼と, 彼の, 彼女は, 往かれるところ, 往くこと, 御前の, 心ばかりの, 思い切り飲みましょう, 怨みを, 恩返しを, 惑わして, 想像を, 懐が, 我々は, 或は全然, 戦が, 戦を, 截り取っ, 手伝って, 手前と, 手詰りの, 才覚し, 払うこと, 払ったの, 払って, 折り合わず自分, 抱き込まうかと, 持ってるど, 掴んで, 描いたら高い, 揚州の, 換算する, 支払うこと, 支配され得る, 放免し, 数ヶ月の, 断の, 日本製の, 是非今日中に, 昼から, 暮しますと, 暮す事, 書畫骨董, 月々こんな, 月を, 有るか, 朝から, 本当の, 村はずれに, 村を, 松公の, 染めた上, 株を, 桐田の, 梅田駅前を, 楽々生活, 楽しくくらす, 武器を, 死んで, 死後の, 毛糸編みの, 気楽な, 水は, 江戸へ, 洗耳房に, 済まそうと, 済むよう, 満足し, 濁酒一杯ひつかけ, 濟した, 濟むなら, 濟むのは百兩二百兩, 無雑作, 父さんから, 片づかないこと, 片附けた, 牛肉が, 牡丹柄糸は, 玉縁に, 王成に, 生命は, 生活し, 男は, 町へ, 病院の, 百両と, 百両有りました, 盗まれた金, 相場に, 相場の, 眼が, 知恵で, 社長に対する, 立て替え支弁, 立派な, 筋が, 約九厘, 紅茶を, 紫金の, 細工を, 綴じて, 縁取られた, 縛って, 縛つて置いた, 縛られて, 縮冊大菩薩峠と, 繍を, 罐詰めの, 置いただけの, 置いた美事, 羽が, 肌を, 胡麻化そうと, 自から別問題, 色々な, 芝居を, 花街から, 芸者と, 苦労する, 茶屋小屋の, 茶屋酒を, 菩提所を, 落花生の, 蒔絵が, 蒔繪の, 蒲団皮を, 衆を, 行くねと, 行くん, 行けるところ, 装飾された, 見た方, 見るよう, 親子の, 親類の, 解決したらしい, 解決出来る, 計算する, 話の, 話を, 誑かされて, 誰か, 諦めて, 謝意を, 象嵌され, 負けて, 貰い受けて, 貰ったって, 買い入れたる楽, 買い入れぬこと, 買い得た女性, 買い損, 買い求めようと, 買うたと, 買うと, 買うわけ, 買えない娯しみ, 買えない物, 買えるパンパン, 買える女, 買ったでも, 買ったもの, 買った人気, 買った刀, 買った奴, 買った婢, 買った黒馬, 買っても, 買つ, 買つたと, 買つた刀の, 買つた私も, 買つてゐる, 買つて貫兵衞は, 買つて食べなけれ, 買はれる, 買ひ得た, 買ひ得る, 買へる, 買わあ, 買わせて, 買われたよう, 買われた場合, 買われるよう, 買われる果敢, 買食いでも, 賃貸する, 賄つてゐた, 賣つたり, 質に, 購つた新橋や, 身なりを, 身受し, 身売りなどとは, 身装の, 軟かい着物, 辛うじて眉間, 辛うじて越年, 辛抱し, 辱しめられた, 農場を, 返せない, 返済しました, 追っ払いなぞ, 追払おうと, 送って, 造って, 造つてあります, 逢われるとは, 逸早くピアリッツ, 遊べる, 遊蕩も, 運動会を, 邸宅朋友従五位まで, 酒や, 酒買うた, 金を, 釣られて, 鉄の, 銀子は, 銃器商大島屋善十郎から, 鋳て, 鍋釜や, 長逗留, 除けたり, 雇われて, 靡くか, 頭の, 頼まれたかの, 食べるならともかく, 食べ物を, 飢を, 飯を, 飲みに, 飲んだ方, 養われること, 餓鬼どもの, 馬など, 馬碧すなわち, 駄目でも, 高利を, 魚を, 魚買うた

▼ 金~ (766, 2.2%)

11 何も 10 ない, ないの 9 なかった 8 ないのに 7 持って 5 ないので 4 ないくせ, ないと, 少しは

3 [14件] ないから, ないよう, なかつた, なくな, なくなって, 今は, 係累も, 力も, 官位も, 手に, 時間も, 智慧も, 欲しくない, 銀も

2 [43件] あり放蕩どの, ある, あるし, あるの, いる, うるの, ちっとは, ないこと, ないし, ないてんで, ない癖, なかったら, なく家, なく頼る者, なし第, ぬすまれた, らいに, ドツサリ持つ, 一文も, 一時金も, 仙も, 使った, 使って, 使へ, 入って, 出来るのに, 受取らぬ, 品物も, 意気も, 懐中には, 持たずに, 欲しがらずでは, 流せ, 無くなると, 無駄に, 着物も, 衣類も, 要る, 貰へ, 貸した, 貸して, 送っては, 附いて

1 [566件 抜粋] あまりかからない, あまり溜らず, あり, ありましたので, ありません, ありゃしなかったしね, あり且, あり之, あり人望, あり勢力, あり地位, あり時, あるので, あるもん, あるよう, あるらしい, あるらしいし, ある包, いかなる国内市場独占, いまは, いらじただ, いらないた, いらないただ, いらないという, いらないといふ, いらないとか, いらないなど, いらぬという, いらぬ名誉, いらぬ者, いるが, いるし, いるでしょうから, いるの, いろんな外国製, うせ力, うんとおと, うんと儲けよう, うんと持つ, おおかたお, おせい, おぼつかない身分, おれには, おれを, お二人, お君, お粗末には, かかって, かからずまた, かからないと, かからぬ穀物, かかりますし, かかりませんから, かかるよう, かけず締革, かけないが, かけ過ぎて, きっと後日, くれぬこと, ことし一年で, このあわれ, この通り, ございます, ございませんから, さつ, すぐ使い果し, すぐ見付かるだらう, すぐ返済, ずいぶんたくさん, せがまれずさりとて, そこで, そして女, それだけ沢山入れる, それを, たぐり寄せられようという, たしかに, たしかに受け取ったであろう, たちどころにがんりき, たまらず妻, たまらぬ, ためて, たんまり持っ, だいぶ出来た, だいぶ持っ, だんだんに, ちびりちびり出し, ちゃんと持っ, ついでに, つかうので, つかった塩梅, つかひたくなし断はり宿, つきて, つぎこめば, つくれる技術家, できしなり, できたの, できて, できないの, できましたよし, とっくの, ともに燬, とり上げられても, とれたかも, どこに, ないかも, ないが, ないという, ないところ, ないな, ないなら, ないほど, ないん, ないんで, ない半年あと, ない只, ない時, ない有様, ない穀物, ない非力, なかつたが, なかつたの, なきゆえ, なき日, なき謂わ, なくてさ, なくなり本郷台町, なくひとり, なく一片, なく今日, なく公然, なく募り, なく友だち, なく名声, なく女の子, なく学問, なく心配, なく怪我, なく母親, なく生活, なく紙入, なく終生, なく賭将棋, なく身, なく軍需品, なぐて, なささうだし, なさそう, なしそこで, なんとかし, ねえくせ, ねえし, ねえといふ, ねえもん, はいって, はいらで歳, はいる, はらわないのに, ふえる一方, ふんだんにある, ほしいが, ほしいと, ほとんど使い果し, またたく間に, また驚くべき, まだどっち, まりが, まるで来なくなっ, みなな, みな出し, みんな取られた, めんみ, もうかるよう, もうけさせる同時に, もう乏しく, もう新しく, もう期限, もう残らなかった, もう残り少な, もたなかった, もらいお, やったが, やってきは, やっぱり他, やらねば, やりました, やるな, よこさないで, よこさねえ, よほどかかります, らひだ暴力団だ, ウヤムヤに, カードで, ダイアモンドも, チャンと, マスクも, マッチも, マネージャーを通じて, ランプに, 一かけの, 一つにな, 一旦溜り出す, 一頭の, 七八両盗み出し, 三分の一に, 下さいません, 下さらない, 下さらないの, 下さらない主人, 不純俗悪の, 主人が, 乏しいくせ, 乏しくなった, 乏しく困窮, 二三千兩は, 二三日木賃宿で, 二三月の, 五十円兄様に, 今までの, 他で, 代償として, 会社の, 何程たり, 余すところ, 余程削られた, 作った, 作らうと, 作り汽車, 作ると, 使いない, 使いはたして, 使いますので, 使い惜しみ半襟, 使えなかった, 使えなかったし, 使った覚え, 使へば, 來ない, 信用できねえ, 俺にや, 借入れるまた, 借用した, 借金を, 値が, 働きものでなく, 働く腕, 儲かったところが, 儲かるし, 儲けたが, 儲けられない限り, 入らぬ, 入りますが, 入れ, 入れて, 全く無くなりかけ, 出させて, 出させること, 出さないのに, 出さなきゃなるまいさ, 出さぬ, 出したいま, 出して, 出すよう, 出せるよう, 出てる様子, 出來, 出来これ, 出来たが, 出来たし, 出来るけれども, 出来る見当, 利倍増長し, 到底長く, 前から, 力もなあ, 努力も, 勇気も, 動機も, 勤労国民大衆の, 包んで, 医者も, 十七八の, 十万円に, 千や, 千兩を, 半分に, 半分ばかり, 半分弱も, 危なかった, 取らず衣類, 取られて, 取れないので, 取れないばかり, 受け取らなかった, 受け取れず, 右から, 同じこと, 同じ贋金, 同様じゃ, 名声も, 呉れぬ事, 命令次第で, 唸るほど, 四百両ばかり, 回部の, 地位も, 地所も, 多くなった, 大事しばし, 大分出來た, 大半無に, 大抵使い果し, 大抵遣っ, 大方返した, 大晦日の, 大部分親, 奨励金も, 女も, 婚礼用に, 孤児院の, 孤兒院の, 安いもの, 安くメチル, 家も, 容易く儲かれ, 小千両, 小壜, 少くない, 少し許, 少ないから, 少ない一人娘オルタンス, 少なかった, 少なくない, 尽きかけて, 尽きて, 尽き路頭, 届かないこと, 工面すれ, 己の, 廻して, 廻し夥しい, 引浚って, 当分は, 得ること, 必要だ, 必要と, 恋も, 悪くは, 惜しかった, 惜しくなった, 惜しくは, 惜しまずに, 手には, 払いこまずしたがって, 払は, 払わず墓石, 払わないのに, 払わなくて, 抛り出したまま遁げ, 拵へ, 拾いたいし, 持たず地理, 持たない衣服, 持たなかつた, 持ち謙譲, 持っては, 持ってるだろう身ぐるみ, 持つて, 持物も, 春日丸で, 是だけ, 時には欲しく, 智恵も, 智惠も, 暇も, 有て, 有りそう, 有ること, 有るじゃ, 有る身の上, 来なかった, 次第に薄く, 欲く, 欲しい, 欲しいっていう, 欲しいの, 欲しい本, 欲しかった, 欲しかつ, 欲しくなった, 欲しそう, 残さずしかも, 残らず港崎町, 残らぬが, 残り少なに, 決して他, 決して貪らない, 沢山呉れ, 沢山持っ, 沢山落ちる, 沢山貯め, 混じりしぞや, 渡されすでに, 渡された, 温もッ, 滅茶, 滑り落ちる, 無いにゃ, 無いの, 無い此, 無い癖, 無えべし, 無かった, 無くな, 無く時間, 無く殺された, 無く美しい着物, 無けれど, 無ささうです, 焼失人へは, 物資も, 獲られる一挙両得, 生かさなければ, 生きて, 生きるし, 白金も, 白骨と, 百も, 百両二百両と, 皆己の, 相当な, 相当出来, 相當, 相當以上, 知恵も, 米も, 精氣も, 納めて, 置いて, 聊か持て居る, 職業も, 肉体も, 自分の, 至急に, 色気も, 落さず暮して, 蝶番も, 融通する, 衣裳も, 袁の, 要らなかった, 要らん, 要る筈, 見積もって, 見識も, 設備も, 調えて, 調へて, 貫祿も, 貰う, 貰えるし, 貰た, 貰った, 貰つた, 貸さず私, 貸す, 貸すまい, 贅沢には, 趣味も, 身分も, 返さずその, 返し看護, 返済できない, 追, 送って, 送る金, 逃げて, 道具も, 達者に, 遠慮なく貯金, 遣りおびきもし, 遣りたくも, 遣わす, 酒と, 金だ, 金で, 金も, 金貨以外は, 鎔すなり, 限られて, 集めたり, 集りましたが, 電車賃や, 青銅の, 非常に, 預かって, 預つて, 領し, 飛んで, 飴や, 黄金も

▼ 金~ (570, 1.6%)

15 銀の 11 銀との 10 銀と 6 云うもの, 赤とが, 銀 5 力が 4 一緒に, 力は, 女に, 女を, 時間とを, 赤との, 銀とで 3 交換に, 引き換えに, 時間を, 青との, 黒との

2 [39件] いえば, いっしょに, でかけて, なりやがて, ねだるか, んを, 云う金, 云えば, 云って, 云ふ, 同じこと, 地位が, 女, 女が, 女と, 妹の, 富との, 引換えに, 思うん, 情死なさる, 文部省と, 時間が, 時間との, 暇が, 暇との, 楽譜を, 権力を, 白緑で, 皮と, 緑との, 自分の, 花火は, 言うの, 言えば, 銀にも, 銀は, 銀を, 銅と, 黝朱の

1 [390件] あとの, あとは, あらば, あわせて, いいましてね, いうたら大した, いうだけ, いうより, いうを, いって, いっては, いまの, いま話した, いわれて, おっしゃいますの, おなじよう, おもえば, お暇, お見舞に, かえるの, かかとを, かがやく銀, きいて, きた日, さへ, したいと, したため, したならば, したの, し明治初年, し耳, するため, するを, する魔力, すれば, その百両, それを, とりか, なしこの, なった, なって, なっては, なりその, なり玉虫色, なり玉蟲色, なる, なると, ひきかえて, ほかに, ほかの, むらさきの, より高い, わらひ, アパートに, アメリカが, オランダ製の, カンヌキの, トラックを, ドクメント, ピストルを, プラチナの, ヤンキーの, リーザの, レースカーテンの, 一しょに, 三十両合せ, 三日の, 下がるそいつ, 九ヵ月の, 九ヵ月間の, 乳香と, 二ヶ月という, 二万人の, 二分金とで, 二重取りで, 云うこと, 云う奴, 云う概念, 云ったら僅か, 云っては, 云っても, 云つたら, 云つては, 云つても, 云て, 云われます年齢, 云われるの, 交換し, 交換の, 人とを, 人工を, 人手を, 人間の, 今も, 他に, 伊孫その他最年少組で, 伊孫は, 伊孫イタリア少年ドールと, 会員の, 何か, 余暇と, 併せて, 併用し, 使つた高とを, 信じその, 健康を, 偽って, 傘とを, 光との, 公儀から, 兵器だった, 凡ての, 判つた, 別れまいと, 利とを, 力づくで, 力で, 力と, 力とを, 力の, 労力が, 勲章との, 卑劣に, 印籠が, 友人である, 友達だ, 友達である, 口癖に, 合して, 合わされて, 合わすと, 合流し, 同じく生産, 同じであった, 同じやう, 同じよう, 同じ位, 同じ反対, 同じ手, 同じ程度, 同じ額, 同額を, 名とを, 名の, 名を, 名声は, 名誉とを, 吐しゃあがっ, 向ふ, 吝嗇と, 呼ばれる彼, 命を, 品物とが, 唐は, 喰物の, 嘉兵衛の, 土を, 地位とを, 地位以外の, 堕胎料と, 境遇の, 大切の, 大部分, 太鼓で, 契約書を, 女さと, 女という, 女とには, 女とを, 女なら, 女の, 女愛と, 妹とを, 子の, 存候ま, 定めるが, 宝玉で, 宝石とを, 富の, 寝て, 小出しの, 少しばかりの, 川札とを, 差押への, 弁護士の, 引っ換え, 引換へに, 後の, 御用金泥棒, 心を, 急に, 性慾何んと, 情死を, 意地との, 意志と, 慾の, 成すもの, 打ちこむ手, 打つん, 押しと, 指輪も, 換えれば, 換へ, 教養に, 断ずる論者, 旧鋳, 時が, 時計とを, 時間さへ, 時間と, 時間とが, 時間とに, 時間の, 智惠には, 智慧とを, 智慧には, 暇と, 暇とが, 暇とは, 暇に, 暇の, 暇を, 書きましょうか, 書き附けが, 書付を, 書類とを, 替えられ得たから, 朝鮮事変の, 本多平八郎の, 朱で, 朱との, 村正の, 来た, 来たら僕, 来た日, 東京に, 格子縞ずくめの, 桂と, 権力と, 権勢とに, 權勢とに, 權柄と, 次郎とは, 歌麿の, 武力だ, 死ぬこと, 殺人犯との, 母親自身の, 水銀との, 汗の, 法衣を, 泰造が, 灰吹は, 為りて, 無節操な, 牛とで, 物にも, 物資が, 物量が, 物量であっ, 物量は, 猫の, 獣欲ばかり, 玉と, 玉とを, 甲府の, 申して, 申すこと, 男と, 男とを, 男に, 男ぶりとだけが, 番頭の, 白堊青銅と, 白粉との, 白金とを, 目尻の, 真珠と, 真珠との, 真珠の, 真紅の, 睨めつこ, 知恵は, 知行等で, 福島までの, 称されて, 称して, 称せられ複協奏曲, 称ふる, 程の, 穀を, 突ンのめる, 竹の, 笛です, 等しい価値, 等しい心, 算盤の, 米が, 米ッ粒は, 約束とにおいて, 約束の, 紅で, 紅とが, 紅とを, 紅宝石を, 紫の, 細かい端数, 紹介状とを, 緑の, 考えて, 耳までの, 聞くと, 脛当だけ, 自分が, 自由が, 自由とさえ, 若さ, 蔓と, 藍に, 衆とに, 行動が, 衣装とを, 衣類腰の物とには, 要らない土地, 見える, 見かえる気, 見違, 覚しく陽光, 覚られぬよう, 親とに, 言いお, 言うもの, 言ったら米, 言っても, 言つた, 言ふ, 言へば, 註され, 証文を, 詫言を, 詭計とで, 貸家の, 資材と, 資材との, 赤とに, 赤の, 赤児とを, 赤坊が, 赤絵の, 赤銅と, 身分が, 転ばうかと, 輝かしい服, 輝くビール, 輸入の, 輸入関税とに関する, 近所で, 違って, 違つて使用が, 違つて百兩と, 違つて身に, 違つて返らない, 酒とに, 酒は, 金の, 金側時計と, 金剛石を, 金持ちとを, 鉄, 銀で, 銀とに, 銀とは, 銀金具物などを, 鍔とが, 閑と, 関係し, 青や, 青貝とを, 靴を, 順吉が, 顏の, 顔に, 饒舌に, 馬車に, 骨と, 高輪で, 魂いと, 鳶色魚眼の, 黄との, 黒たんの

▼ 金兵衛~ (564, 1.6%)

11 の姿 7 の顔 6 であった 5 の前, は声 4 のそういう, の家, はこの, は上, は自分, は言った 3 が云った, の名代, はちょっと, はまた, は手, は空地

2 [42件] がそういった, がたどっ, が先代, が預かった, だ, とが二人, とても吉左衛門, とであった, と一緒, と渡辺七兵衛, なの, のこと, のほう, のよう, の仇, の体, の声, の心, の方, の胸, の話, の隠宅, は, はお, はこう, はすでに, はそれ, はどう, は先, は半蔵, は吉左衛門, は吹き出し, は怒鳴りつけた, は抜き身, は毒気, は言っ, は走り出した, は首, もその, も飛び返った, を訪ね, を誘っ

1 [404件] あるいは天狗党, からいろいろ, からのめずらしい, から奪った, から引かされ, から譲られた, がいった, がいつ, がいなかったら, がこの, がどう, がはじめて, がふと, がまた, が下総, が主家, が亡父, が人, が伏見屋, が六十三歳, が出, が反問, が取返し, が古稀, が叫んだ, が吉左衛門, が呪い, が善人, が失踪, が女, が差しつけ, が往来, が来, が来ない, が来合わせる, が歩い, が片, が生前, が相談, が秘蔵子息, が突き進む, が立て替えた, が聞き兼ね, が茶, が言う, が言った, が訊いた, が記念, が調停者, が踏み込んだ, が門, が驚きました, さがす, だから, だが, だけが吉左衛門, だよ, で, である, でげす, です, でそのまま, で大いに, で寛文三年頃, で酒, で食事, で鳥なべ, という人, という商人, という男, という番頭, という道具屋, といっ, といふ標札, とがこの, とが北条美作, とが立ち去った, とが綴じ, とさしむ, としるした, とてもこの, とても親, とでもらった, とにすり, との二人, との長話, とはこの, とはその同じ, とは二人, とは談話半ば, とも違い, とも違っ, とをよく, と七兵衛, と不義, と代官松, と伊之助, と共にこの, と共に退役, と参詣, と問屋, と庄田, と桝田屋, と申しまし, と申す, と逆行, と顔, などがいる, ならこの, なんかうっちゃっ, に, にあう, にあて, にあてた, にし, にその, にでも言わせたら, にところ, にとっては何物, にとっては悪戯どころ, にとっては面白く, にとってもこの, にはこう, にはこの, には一里, には不思議, には思われ, には思われた, には末始終, には笑い, には面白く, にぶつかった, にもあの, にも別れた, にも告げた, にも読めた, に世話, に仕え, に出た, に声, に寄り, に死, に眼, に言っ, に言った, に訊かれ, のあ, のかわり, のところ, のばかばかし, のもと, の一億円, の上げた, の世話, の予想, の二人, の仕事, の付き添い, の仮, の伝, の住居, の兜, の処, の名, の周囲, の喚いた, の失踪, の女房, の妾, の姿勢, の宅, の宿, の小手, の屍体, の左手, の意思, の態度, の手, の抜き身, の挨拶, の日常, の旧, の晩年, の枕もと, の案内, の残念, の毒舌, の溺れた, の眼, の知恵, の筆, の素行調べ, の縁, の耳, の胆, の脇, の船頭宿, の苦痛, の言う, の言葉, の記念, の訪ね, の財宝, の迎い, の遠縁, の醜い, の鋭さ, の門口, の開店, の間, の養子伊之助, の骨折りでできた, はあくまでも, はあの, はいい出した, はおかしかっ, はおちついた, はお玉, はかえって, はからかう, はしきりに, はじっと, はすかさず, はそっと, はその, はそれほど, はただ, はつづけた, はとうとう, はともすると, はと見る, はなん, はにわかに, はひた走った, はほっと, はまだ, はもう, はもとより, はわざと, はグタグタ, はグッ, はジリジリ, はテレ, はムッ, は一, は一人, は一件, は一度, は一種, は一通, は不思議そう, は主張, は九百円, は二つ, は二十五歳, は云った, は五十三歳, は亡父, は人, は代官松, は会所, は例, は倒れた, は傷, は先方, は六十四歳, は刀, は別れよう, は力, は努め, は十一, は同じ, は喜び, は嘆息, は嘉門, は土塀, は地上, は地団太, は夕飯, は夢中, は大, は宅, は寝, は寺, は小刻み, は小竹, は山口村, は左, は巻き, は引きしまっ, は引き締っ, は待ち兼ね, は後添い, は心, は思わず, は急, は怪訝そう, は息, は悪魔, は意外, は愛子, は懸命, は指, は明治以後, は昨日, は朝, は木曾谷, は本家, は東南, は横倒し, は毎日, は活路, は無数, は無言, は男盛り, は白山前町, は皆, は皺だらけ, は相当ケチケチ, は真っ青, は真面目顔, は眼, は突き進む, は突嗟, は立ちすくんだ, は立った, は笑い, は笑った, は絶望, は縛られ, は群衆, は胆, は苦笑い, は苦闘, は蒲団, は見え隠れ, は言葉, は訊いた, は訊き返した, は走っ, は足, は身, は追っ, は進む, は進ん, は邦原家, は面白く, は顔, は駆けつけられなかった, は髪結い, へ一寸, へ寄り, へ背, へ行き, へ連れ, までが引っぱり出された, まで七十四歳, まで上, もい, もいくら, もいた, もお, もひどく, もびっくり, もまた, も上, も九月, も共にまだ, も吉左衛門, も奥, も思い出した, も想い当たる, も縛られよう, も茶, やはるか, よりもかえって, らしい男, をかくまっ, をじろりと, をも招い, をも驚かした, をよび寄せ, を内, を助け, を助けよう, を包ん, を叔父, を捕虜, を探し, を殺し, を殺した, を溺らせた, を相手, を睨み付け, を睨み付けた, を絞め殺した, を虐, を見たなら, を討ち取った, を跟, を邪魔, ゾクゾクと, 走る, 迫る

▼ 金博士~ (323, 0.9%)

5 の許 4 のこと, の発明, の部屋, はこの 3 のところ, の声, の姿, の手, の方

2 [13件] がぬっと, であった, に限っ, の死骸, の頭, の顔, は, はその, はようやく, は大, は大きな, よ, を始末

1 [261件] おなつかしゅう, からすばらしい, からメンタルテスト, から妖術, から届いた, から聞いた, が, があたり憚ら, があの, があまりに, がかく, ががなりつける, がこのほど上海, がその, がとつぜん, がのこのこ, が一向, が一日, が健在, が傍, が原稿用紙, が只今これ, が右脚, が地図, が地軸, が小さい, が就任, が忍術, が怪しき, が折りかえし返事, が推参, が日本軍, が暁, が王水険老師, が現れた, が生き, が生死不明, が真中, が睡った, が砲弾, が西瓜, が酒, が醤, が間髪, ごとき東洋人, じゃが, じゃがなんと, そっくりの, そんなにお, だ, だった, であったの, であろうと, でも身, で服装, という, とがぞろぞろ, とそして, ともあろう, と発明官燻精, と雖, どうぞ, にいった, にいんぎん, にお, にし, にとって恰も, になんと, にはそれ, にわれわれ, に伝えた, に依存, に大きく, に対して次, に対する最高, に届けろ, に手交, に抱きついた, に敬意, に燻製, に相談, に見つかれ, に言葉, に談判, に譲っ, に贈る, に追った, に送った, に限り効目, に面会, に騙された, のあの, のこの, のため, のとつぜん, のやつ, のヘルメット, の三個, の上陸, の住む, の住居, の信用, の先生, の前, の動静, の地下邸, の奴, の存在, の実力, の実験室, の寝, の広, の弩竜号, の後, の御, の性格, の意地悪め, の手製, の時限爆弾, の智力, の智慧, の書斎, の最新発明, の最近, の様子, の深海歩行器, の爆発警告, の申しま, の発明兵器, の発明力, の発明品, の皿, の眼, の耳, の胸倉, の腕, の若い, の行動, の製品, の裾, の視線, の言葉, の設計, の身辺, の重要書類, の頭蓋骨, の驚異軍艦ホノルル号, の鼾, はあたり, はこのごろアルコール, はずんずん, はそこで, はそれ, はちょっと, はつかまえた, はどう, はにやりと, はぬっと, はのっそり, はぶう, はへべれけ, はまたも, はまだ, はまるで, はもう, はやっぱり, はやはり, はわざわざ, はサービス係, は三つ, は上海, は上陸, は両, は事務長, は交換条件, は人, は依然として, は俄, は健在, は別に, は只一人, は商人, は地酒窟ランタン, は変, は大いに, は大きく, は大統領, は妙, は宇宙線, は嵐, は庶民階級, は廊下, は当時香港, は後向き, は従来, は急, は悠揚, は散乱, は日頃, は最初, は最早, は本日午前十時, は本日午後二時十五分, は本日午後五時四十五分, は机, は残念そう, は汗, は無造作, は燻精, は珍, は相手, は睡眠, は石段づたいに芝地, は給仕頭, は絶対, は腹, は自分, は袖, は言下, は謙遜, は豆戦車, は豪商, は車, は送受話器, は鉛筆, は頭, は驚異, は鼾, ばかりだった, ばかりで, へ対し, へ送る, もひどい, もわが, も到着, も因果, も来た, よぜひとも, よ乞う, わが大統領, をおびき出す, をくどく, をそこ, をなつかしむ, をばらばら, をオムスク酒場, を乗せる, を今日只今, を侮辱, を向く, を御, を恨む, を抉り殺し, を教えた, を桟橋, を牽制, を睡らせる, を綺麗, を缶詰, を迎える, を骨

▼ 金さん~ (235, 0.7%)

5 の方 4 のよう, の家 3 と一緒, のこと, のとこ, の妹, は, はまだ 2 が造兵, じゃなあ, だ, である, と私, と聞い, のところ, の話, はそれ, は云った

1 [184件] あらなん, あわてること, お目, か, から丹下左膳, から借り, から借りた, から初めて, が, があわてふためい, がおせい, がきく, がここ, がやっぱり, がよっし, が上野, が云う, が出, が切腹, が又貸し, が居る, が帰, が帰る, が平たく, が得意先, が恐ろしい, が惚れん, が来, が正直, が気, が水, が生き, が羨し, が羽織, が苗, が苦し, が遠足, が酒, これから仕事, こんなこと, さえ来, その写真, それならお気, そんなていねい, そんな汚れた, だけが平たく, だけじゃ, だけは正銘, だなんて, だねえ, だもの, だよ, ちょっと見ろ, てえ人, て損, でした, ですか, でなければ, というの, といえ, とお上さん, とどっち, とわけ, とバッタリ出会, と云う, と勝則, と喚き立てる, どうかい, どうだ, どうもここ, ならなん, なるを, にいった, にぜひどう, になっ, には逢わん, にもよろしく, にも遇, にも遇う, に介抱, に刀, に力, に惚れはってた, に濟, に話しとかね, に誂え, に貸し, に逢うた, のいう, のおかみさん, のお上さん, のこって, のため, のほか, のライン, の切腹, の力, の声, の弟分, の恋人, の気, の気に入ろう, の病気, の目, の胴間声, の舌端, の行く, の身, の身の上, の身体, の顔, の首, はいつ, はうれしく, はお, はかぜ, はそう, はその, はその後, はただ, はちがう, はでんぐり返り, はどう, はどんなに, はもうすっかり, はものわかり, はやっぱり, はわたし, はモルヒネ剤, は下り, は二, は人品, は元, は古い, は小言, は居りません, は山, は幼い, は旗本, は最後, は来とる, は深, は独り, は男, は相, は笑っ, は自分, は芝居, は親方, は酒, は金, は金造, ばかりである, ほんとにそれだけない, まだ脈, まだ起き, もあまり, もう何時, もおり, も人, も会い, も何, も売りだし, も怒鳴った, も智慧, も知っ, も立ち上った, も難儀, も飲める, やまた, よい, よければ, よりも棟梁, をおい, をつかまえ, を仲継ぎ, を取りもっ, を親方, を蹴落そう, を離れない, 大層元気, 寄って, 珍しい, 聞いて

▼ 金~ (206, 0.6%)

12 銀の 8 品物を 6 銀を 5 銀や 4 銀は 3 宝石で, 物を, 白金や, 銀が

2 [13件] 命に, 品を, 品物が, 持ち物を, 板銀に, 権力を, 武力が, 物に, 珠の, 象牙を, 銀で, 銅の, 銅や

1 [133件] いろいろの, その他の, その実験, ところどころ錆びた, よろい金具に, ろうじゃ, ハシタ女には, ピストルに, ブルジョアらしい, プラチナでは, ボタンが, ミンナの, 一歩銀を, 下宿の, 乃至は, 五慾六慾を, 人手が, 今晩は, 何か, 僕が, 元に, 力で, 勲章の, 古二朱金, 右から, 同僚達からの, 名誉や, 品物などを, 品物の, 商人が, 土産などを, 報酬に, 大理石などが, 大理石や, 太鼓で, 太鼓でねえ, 女が, 女の, 女を, 威力や, 嫁の, 子供の, 宝が, 宝石なぞを, 宝石は, 宵の, 家は, 家や, 家屋や, 小遣ひ, 帛が, 帛を, 平安を, 建札の, 当地に, 待遇は, 御料地の, 情婦に, 抵當の, 持物では, 持物を, 掏った, 時計を, 木乃伊は, 本や, 検査や, 権力も, 権勢の, 権勢や, 権門に, 残りの, 物には, 物ばかり, 物資に, 物質に, 献金を, 珊瑚の, 珠玉の, 生命を, 生活では, 生活の, 男ぶりに, 町人の, 畑地も, 留め針が, 白金の, 真珠や, 着物を, 石を, 禁止は, 穀物に, 穀物や, 立退, 筋の, 米が, 米を, 米穀なんぞは, 粟を, 紅の, 紫や, 給料を, 繭の, 職業が, 荷の, 設備が, 貴重品と, 貴金属を, 賃仕事の, 資本の, 贅澤費ひ, 赤の, 足利時代の, 身上な, 身上より, 道楽者や, 金物を, 鉄が, 銀では, 銀なら, 銀に, 銅は, 鏡を, 長々お世話, 闇取引を, 青銅の, 顔を以て, 風がち, 食料に, 食料やの, 香奠の, 香車を, 骨董ぢや, 高価な

▼ 金~ (184, 0.5%)

8 よ, らいを 6 らいの 5 金だ 4 な, らいに 3 という, ということ

2 [12件] からそれ, からどう, からソレ, から小綺麗, が, が大口, ぞ, といいます, といっ, と云っ, と思う, な金

1 [119件] かだけの呼び名, かだけを云え, かになる, からあきらめる, からあらたか, からこの, からつてん, からと云つて, からと弁護, からね, からふしぎ, からわが家, から何, から何ぞ, から何とか, から何処, から何處, から大事, から宜, から或いは, から早く, から有頂天, から死ぬ, から残った, から献納, から生, から自分, から質, か女, か見当, か解る, か銀, があれ, がいい, がお前, がこれ, がねこりゃ, が併, けどおふくろ, けれど満代, ぜ, その出所, それを, ぞお, ぞ金, つたかも, つたから, つたとか, つてつかない, つてどれだけ, つて五十兩や, つて君を, つて国から, つて宜, つて強請つ, つて彼には, つて言ふけれ, でやっぱり, といふ噂, といふ左門, といや, とか, とかがあります, とかなり, とか云, とか云う, とか物, とか言っ, とか銅, とすれ, とまで云つて, と云い張った, と云う, と判っ, と容易, と彼, と思, と思うだろう, と思え, と思っ, と思ってる, と思つて, と思ふ, と思わず, と思わない, と百円, と見た, と言った, どうかし, など, ね, の, のに, もの, ものを, よく見, よ何, よ少し, よ瑾, よ金さ, らい, らいは, らいへ, らいまでが, わ, わ金, ツて, 万世橋を, 三十兩は, 仕方が, 君にとっても, 己が, 抵当の, 文句を, 気を, 盜られたら飛んだ, 相です, 金が, 金の

▼ 金兵衞~ (170, 0.5%)

4 の家 3 と一緒, と申す, の女房 2 のところ, の叔父さん, の娘, の身體, はさ, はその

1 [145件] お作, がうんと, がお, がどれほど, がヘラヘラ, が不思議, が今, が傷寒, が去る, が参り, が堅い, が娘, が悉く, が敬太郎, が歸つたの, が歸つて來, が死ぬ, が死んだ, が留守, が癈人, が自分, が蜘蛛, その晩, だけを殘, だらう, で, でございます, でした, です, では, で至って, といふ男, となつ, とは思へない, とやらの口書, と上方, と云う, と判る, と國松, と番頭, と言つて, と鐵了, などを人間, にて心, には女房, には少し, に告げ口, に家督, に引渡し, に怒られない, に怪しい, に穴, のとこ, のやう, のよそ, の人柄, の入, の出身, の前, の喜三郎, の困惑, の増田屋金兵衞さ, の大名屋敷, の宅, の家内, の庭, の忿怒, の懷ろ, の本, の溺愛振り, の發意, の紋, の細工, の義理, の良, の解釋, の言葉, の話, の調子, の隨分, の頭, の顏, はそれ, はなか, はひどく, はよく, はろくに, は五十がらみ, は五十八歳, は今度, は八月十五日, は其の, は勝手口, は口汚く, は娘, は少々, は平次, は幸, は庄八, は恐らく, は息, は惜し, は手當, は敢然, は斯ん, は昔, は正直者, は生れ乍ら, は留守, は疊, は白梅, は眼顏, は笑み崩れ, は紹介, は絹物, は聽, は苦笑, は藝人崩れ, は見た, は近辺, は酒, は離家, は齡, まるで蜘蛛, もさすが, も三千麿, も兩掌, も惣吉, も支配人, も清左衞門, も言葉, やあの, をあんな, を吊り上げた, を呼ん, を四谷, を押, を搜, を松, を殺さう, を殺せた, を江の島, を縛り上げました, を繩, を追

▼ 金でも~ (158, 0.4%)

5 溜めて 4 あれば, 持って 3 何でも, 借りて, 米でも 2 ない, なければ, 与えて, 借りに, 貰って, 金屏風の

1 [124件] あったらまた, ありあまって, ありますか, あるから, あると, あるとか, あるよう, ある時, い, いい, いいし, いい私, いよいよ現, お金は, かけたやう, くれると, さがすよう, すぐに, それは, たくわえて, ただ浪費, たまったん, ためこんで, ちっと溜った, ちょっと手, つけて, つけねえと, できたら二号, とって, とめられたそう, ない限り, なかった, なく, なく石, はいったの, はいったら一つ何, ひねつて, ほしいという, もうちょっと仕込んだら, もらって, ようございます, わけて, わしには, ドンドン送くる, フトコロに, 一旦木山, 九金でも, 來たら, 借りてる位, 借りようとか, 儲けたの, 儲けて, 儲けなさい, 儲けられようという, 入つたの, 出さして, 出させるん, 出したよう, 出して, 出すの, 出す時, 出そう, 出てるん, 出来たらさ, 出来たら案外, 出来るなら家, 十万円である, 十分でない, 取り扱うよう, 取ろうと, 取引します, 取込むの, 呉れようという, 呉れろって, 唸るよう, 女を, 年月が, 引ッ浚っ, 恵んで, 悉皆この, 惜しいこの, 惜しい大晦日, 持出したん, 掴まして, 握って, 搜し, 有れば, 有益に, 望みな, 権柄ずくでも, 欲しかった, 欲しかつ, 残すと, 残ったらこうした, 決して無駄, 沢山あったら, 溜めで, 無いのに, 無駄な, 矢張り印刷した, 社会的名声でも, 繰り入れれば, 自分たちの, 自分の, 自由に, 蓄えて, 蓄まつた, 計算書に, 貯めて, 貰ったべよ, 貰ひ, 貸さうと, 貸したの, 貸せと, 返したらという, 返して, 道具でも, 遣って, 遣るべ, 銀でも, 降ったという, 集めて, 食い物でも, 駄目だ

▼ 金さえ~ (137, 0.4%)

53 あれば 15 出せば 6 持って 3 儲ければ 2 ありゃあ, かければ, もらえば, 取れれば, 呉れれば, 有れば, 渡せば, 積めば, 見れば

1 [42件] あらば, ありゃ何, ありゃ年, あるなら今, あればね, おせい様, お二人, くれて, たくさんつけ, ためれば, ない, ないの, ないのに, もって, もってるの, もらえれば, もフランス, も融通, 今度運悪く, 儲かれば, 入れれば, 出しゃ物, 出し惜しまない以上, 単離させる, 取れば, 取ればい, 呉れる劇団, 巻き上げれば, 彼の, 所持し, 手に, 払えば, 持たせなければと, 持たないという, 攫って, 無事に, 蓄積する, 貰たら, 返して, 送れば, 這入れば, 遣れば

▼ 金~ (136, 0.4%)

2 が, が自, の出鱈目, の如き, の野郎, の面, を見る

1 [122件] いよいよいい, いよいよ納まり返っ, お小遣, か, かい, かえお, か釣, がここ, がねあたし, がまた, がまたも, がイヤ, が一番, が先, が出, が唸り出し, が大, が大仰, が定, が小さな, が心得, が悪い, が投石, が推薦, が来やがった, が此方, が癪, が碁, が続い, が苦い, が薄っぺら, が首, たらあたし, だって嚊, ちっと気, てえ半, てエ, でありました, でげす, でこの, でございます, でしたから, では, でゲス, という折助, という野, といえ, とお, とは似, とは違う, とは酒, とを家, と一緒, と夫婦げんか, と闘, などを御覧じろ, なり, なるもの, なんて弱い, なんという, にかぶせ, にこの, にしまし, にも一つそれ, に三目, に恵ん, に見せ, のそりたて, のたわごと, のもくろみ, のよう, の嬶, の家, の徒党, の悪たれ, の憾み, の棚下し, の用向, の突き出した, の羽織, の話, の頭, はいい, はいねえ, はその, はホン, は一向, は一目散, は下級戯作者, は両手, は主膳, は例, は天下, は妙, は弱らせられ, は得意, は抜からぬ, は石川五右衛門, は自力, は苦手, は血相, は金公, は頭, は驚悦, もかなり, もきまり, もそのままのめのめ, もまた, も一緒, も仲間, も暫く, も異人さん, や此処, を捉, を相手, を遠, を頭ごなし, キョトンと, 存外騒がず, 少々ムキになっ, 直取引, 苦しいの

▼ 金時計~ (136, 0.4%)

12 を出し 2 が入っ, が出る, とステツキ, の鎖, をぶら下げ, を一つ, を持っ, を眺め, を貰つて

1 [106件] かい, がウン, がパチパチ, が一つ, が一個, が出, が出るだろう, が出るなら, が取れません, が天, が底, が湧く, が紳士, その片方, だけは友達, だの金鎖, である事, です, ですね, でも万年筆, でも取ろう, というの, とか相当, とその, とを入れた, とスカーフ, と思つて選び, と旅行案内, と金鎖, と鎖, などを出し入れ, など胸, にあこがれた, に山高帽子, の出物, の安価, の手前, の淺葱, の金鎖, はあなた, はすでに, はどう, は下げられる, は当らない, は影, は正確, は直に, は石, は虚言, も廃せ, も打毀し, も気長, やマフラ, や銀, より高価ん, をさがし出した, をさげ, をその, をちらちら, をとは小さき, をぶら, をぶら下げた似, をみんな, をも奪い去るべき, をタタキ, をブラ, を一, を一つ鎖ごと, を何, を前, を取りあげ, を取り出し, を受取った, を四ツ, を垂下げ, を塚田屋, を売っ, を外し, を失い, を奪い取っ, を宗近, を差し出したる, を幾度, を弄ん, を御, を懐, を懐中, を拾った, を持った, を撓め, を書い, を盜む, を蔭, を褒美, を見せた, を覗い, を貰う, を買, を買っ, を贈, を遺失, を還さん, を鵜, 太い指, 持てるも, 買って

▼ 金~ (129, 0.4%)

3 の耳, はまだ 2 がいる, が出, はこの, はそれ, は心得, を見る

1 [111件] から箸, がお茶, がかけ, がこうして, がする, がその, がやっぱり, が一種異様, が丁寧, が仮睡, が大きな, が得意, が日本, が来, が泣き出し, が独特, が立去った, が紅茶, が紙, が説い, が説明, が顔, だ, だけが心配そう, だけは別, であったこと, でありました, であります, であろう, でした, です, でないこと, でもなけれ, でも供, とお松, とがあります, としてはかなり, とは心安く, と共に別, と同室, と新来, と枕, と違う, なること, に, にいいつけ, には聞えない, によってようやく, によって西洋文明, に与える, に於, に虚, に話しかけ, のある, のこの, のため, のみは別世界, のよく, の仕事, の労, の厨房, の場合, の夢, の姿, の室内, の寝顔, の平和, の庖丁, の料理, の料理方, の沈黙, の眉根, の眼, の祈り, の祈祷, の給仕, の部屋, の頭, の骨折りで, は, はいま茂太郎, はその, はまた, はわるびれ, は一世一代, は卓子, は同じ, は喜ん, は庖厨, は料理場, は暫く, は気, は犬, は申しわけ, は耳, は聖者, は黙々, もおのおの, もまた, もよく, も平等, も食う, をおびやかした, を呼ん, を安から, を手許, を見ました, を除い, を驚かさない, ヨ余ハ, 次に茂太郎

▼ 金屏風~ (125, 0.4%)

7 の前 3 が一双, が立て, の金, をめぐらし, を立て 2 が吹き倒される, など見, に名誉, の反映, の絵, をすえ, を引きまわし

1 [89件] が, がある, がかこっ, がさし, が一双立て, が一枚, が二つ, が二枚建て, が勿体, が取, が幾間, が建てまわされた, が眼, が立てかけ, が立てめぐらされた, が立て回し, が立て廻し, が紙燭, だけが光っ, だの蒔絵, で, であらう, でかくせ, でなくては, で極彩色, で隔てられた, で飾, とに囲まれ, とむきあった, と向い合っ, と孔雀, にうつっ, にその, に人, に反射, に度, に御, に淡い, に画いた, に銀, のうち, のところ, のよう, の上, の中, の所, の立て, の竹, の緑青, の背後, の蔭, の裾, の視覚, の陰, の鶴, は手, までも質屋, もあり, も乗せた, も青味, やらあわて, や作り花, や川岸, や錦襴表装, をうしろ, をかこつ, をじっと, をたて, をとらせ, をながめ, をスー, を以て仕切られ, を倒す, を取り出し, を廻らした, を引き廻した, を引繞, を後, を渡る, を立てまわし, を立てめぐらし, を立てめぐらした, を立て廻し, を立て廻した, を背後, を軒下, を風, を飾り, 立てて

▼ 金文字~ (106, 0.3%)

103 で書い, のはいった, の本, の洋書, の看板, を入れた 2 でこう, で書かれた, の古き, を印したる

1 [70件] があんなにチカチカ, がおして, がすっかり, がその, がところどころ, がローソク, が並ん, が気, が煤, が読める, が輝い, が麗々しく, でかう, でかう書い, ですわ, でたんに, でほそく, でカフェーナショナル, で光っ, で入れた, で堂本兄弟商会, で大きく, で少し, で川上音二郎, で彫っ, で打出した, で数字, で書いた, で白雪姫, で神籤, で背, で臙脂色, で葵ホテル, で記され, で高い, でYAMAZAKI, と飾り, にさした, のびら, のクロス, の何, の刻印, の名前, の外国語, の教科書, の書い, の書籍雑誌, の札, の権威, の甲羅, の背, の蔵書, の銘, は太宰さん, は暗い, は自身, は藪睨み, も古び, やらに目, や赤, をあさった, を打ち込ん, を捺した, を掲げた, を浮かせた, を眺めた, を表紙, を輝, を輝かし, を附

▼ 金十郎~ (105, 0.3%)

3 が, の前 2 の家

1 [97件] から来た, があつ, がいきみ出し, がいきり立つ, がそれ, がちょっと, がどこ, がなにげなく, が來, が傍ら, が六法, が取っ, が呆れ, が嬉しく, が後ろ, が感心, が晩酌, が用人並, が相, が立小便, が紺緞子, が頭, この一, じゃはじめて, その若い, だけ足, だの木工次郎, だよ, でありました, である, という人, という男, という野郎, といふ五十男, とは同行, とを入れろ, とを特派, と云, と光川左門太, なるもの, にし, にはどうしても, には不義理, には通じなかったらしい, に渡します, のお, の出足, の刀, の同行, の手許, の瞼, の腕, の行, の裁量, の身持ち, の長屋, の顔, の風態, はいちど, はおそれ, はおれ, はこの, はこれから, はせきこん, はそんな, はのみこん, はわれ, は一, は人生, は今, は大, は子供, は宮古, は左門太, は廊, は後ろ, は懐手, は提灯, は独り言, は用人部屋, は男女, は笑っ, は胸, は血相, は辯解, は階, ひるまず, もお, もちょっと, も一緒, も同行, も聞い, も鉾先, も驚き, を中心, を取り巻い, を怒らし

▼ 金では~ (100, 0.3%)

6 ない 4 なかった 3 ありません, ないか, ないが 2 ありませんが, どうにも, ないの, 人の

1 [73件] あがなへ, ありいせぬ, ありましたが, ありませんちと, ありません銀, あるが, あるし, あるまい, あるまいか, あるまいと, あるまいなどという, いかないと, いかぬお, いって, いろいろの, かなり大した, ござらぬか, すまないが, すまないの, できないよ, とうてい足りない, とても届かない, とても東京, どんなにつ, ないかと, ないかの, ないから, ないただ, ないついで, ないと, ないとか, ないので, ないよう, ないらしい, ないん, ない一哥, ない医師, ない如来様, ない証拠, なく極めて, なく證據, なしに, またも, カルカッタに, 一ケ月の, 一銭足りない, 不足であった, 二日も, 今日では, 仕樣, 千六百です, 取れないと, 埋合せ, 売られない, 家族の, 屋根を, 帰りの, 彼女が, 心細うが, 有りませんから, 済まされないという, 自分が, 自分の, 貧に, 買えませんが, 買ったとしても, 購えない, 足らぬので, 辛うじて一日, 迚も, 追ひ, 開業できません, 馬小屋にも

▼ 金~ (94, 0.3%)

2 が欲し, と勞力, に淡泊, のため, 若くは

1 [84件] から來, がありやしない, がある, が第, でこの, でもそれ, で買, で賣, といふ事, とのあ, とを自分, とを與, と婦女, なき才子, などといふばか, について細かく, にて納め, には割に, には更に, にもせよ, にも一ばい貪慾, に取り替へ, に對, に就い, に幾ら, に拘泥, に計量, のこと, のせゐで, のみ人, の出入帳, の利得, の問題, の埓, の外, の必要, の本質, の濫費, の無駄, の若干, の融通, の許す, の誘惑, の貴き, の送達, はあまり, は些少, は他人, は僅か, は彼, は持たせない, は持つまい, は捨てた, は重要, ばかり七珍八寶山, もこの, もしくは勞力, や又は, を十錢許, を厭はず購入, を強奪, を得ん, を惜しまず, を所有, を投じ, を擁し, を擲つ, を欲しい, を求め, を湯水, を目的, を納め, を給與, を置き忘れる, を計算, を談ずる, を貪ぼり, を貯, を貰, を輕, を輕むずるの一美徳, を輕ん, 若くば, 若しくは訴訟費用

▼ 金という~ (89, 0.3%)

18 ものは 8 ものが 6 やつは 5 のは, ものを 3 男は 2 ことに, のを, ものの, ものも, ような, 言葉が

1 [32件] お慈悲付き, ことばを, ところへ, ものに対する, やつから, ように, わけだ, わけで, 人が, 代物である, 代議士が, 作家の, 名は, 名前は, 名目で, 問題に, 小判を, 惨死青年が, 料理屋の, 格言を, 牛鍋屋が, 現実的な, 男です, 目的が, 給金を, 網名という, 観念から, 言葉あり, 言葉を, 野幇間の, 野郎は, 高慢税を

▼ 金には~ (88, 0.3%)

4 ならない 3 縁が 2 不自由を, 手を, 際限が

1 [75件] ありつくだろうが, あんまり縁, いつでも, いつもなさけない, いつも差しつかえなくし, かかはらないよ, かわらないし, きれいだ, して, しなかつたが, すこしも異状, とうてい届かない, ないという, なっても, ならないって, ならんの, なるでは, なるので, なれて, もとより利, 不自由し, 不自由しない, 不自由しなかった, 不自由の, 代へ, 佐渡平の, 何の, 何んの, 俺の, 全く執着, 全然こと, 冷淡でも, 切れ放れは, 利子が, 利息といふ, 勝てないもの, 困らず芝居, 困らなかつた, 困り抜いてるん, 変へ, 少しも, 少し渋った, 弱り込んだ, 慾の, 成るには, 手が, 換えられない, 換算できない, 替へ, 有付ける, 死すとも, 殆どならない, 気違いの, 汚い奴, 決して不自由, 淡白なる, 淫せず武威, 無頓着の, 目も, 相違なかっ, 眼も, 私の, 糸めを, 糸目つけぬ, 糸目を, 細かくて, 締って, 蝋を, 詰まるが, 詰るが, 逞しい錠前, 違ひありません, 銀を, 関係の, 驚かねえ遠慮なく

▼ 金三郎~ (86, 0.2%)

5 とお 2 はおどろい

1 [79件] お紋, がそこ, がそして, が一人, が一人ヤキモキ気, が受取り, が尾上, が帰っ, が店火鉢, が鳳凰, だよ, で御座るよ, というの, という八つ, といっ, とて真人間, とは深い, とやら申す, と久太郎, と娘, と小僧, と甥, と申す, と祝言, にとっては一つ, には妻子, には時々, には離れ, にもわかりません, のやる, の介添, の全, の嫁, の手, の母鶴江, の熱し切った, の甲走った, の眼, の答, の胸倉, の言う, の身の上話, の身代わり, の部屋, の顔色, の驚く, はいかにも, はお, はその, はそれ, はたった, はたまりかねた, は両手, は丸顔, は位牌, は何, は何ん, は半, は娘, は撫川団扇バタバタ, は物置, は給金, は自分, は袴, は見るべからざる, までお, もはじめ, も万和, も思はず, も良い, や六十, よりの消息, をつかまへ, をつれ, を住わせ, を恋い慕い, を捜し, を敵同士, を許した

▼ 金~ (82, 0.2%)

5 の器物 4 を使用 3 の中, の電子論, をもつ 2 がはひつ, の, のやう, の發見, の音

1 [54件] か何, が使用, が傳來, が外氣, が未開, が發見, であつ, で作つた活字, で造る, といふ, とか星雲, と板, などを知り, なれば, にある, に凸型, に打ち込ん, に當, のごとき, のごとく, の使用, の利器, の各, の合成, の堅き, の女, の我, の手, の樣, の熔けた, の用, の肘金, の色, の諸, の鋤, の電氣傳導, の音響, は前, は封建制度, も最初, や石, をごしごし, をまきつけ, をもてつくられ, を以て構成, を作り, を傳, を出す, を失ひ, を扱, を用, を發見, ノ名, ヲ混ジテ造ラルヽモノ

▼ 金~ (81, 0.2%)

4 りを 3 の陣, を指 2 のついた, をからませ, をチョッキ, を巻き付け

1 [63件] あの大, がかかっ, がチラつい, が動かぬ, が幾つ, が羽織, さ, であろうと, ですがね, で候, とだけで, と時計, などを光らせ, などを示す, など垂, など帯, についた, についてチョッキ, にピラ, に収入, に御, のあと, の事, の太い, の甲, の稲妻, の紳士, の羽織, の色, の重厚, の髭男, はマントワ侯, も四つ, やら金, や指輪, や眼鏡, や金時計, りきらびやか, りさえ, りは, をかけた, をからまし, をきらめかせ, をたらし, をぶらさげ, を一筋張り, を下げた, を外し, を太い, を弄りつ, を所蔵, を握つ, を煌めかし, を片づける, を留め, を破り, を神経的, を絡ませ, を胸, を胸前, を胸高, を輝, を頸

▼ 金~ (69, 0.2%)

5 を出し 3 を取り出し 2 です, と碧血斑, の紙, を出した, を抱い, を鎧櫃

1 [49件] が出た, が彼女, が新聞紙, すなわち問題, であります, とに気がつい, とをお玉, に手, に触った, に近い, のこと, は更に, は池大雅, をお松, をぢ, をながめ, をひらい, を入口, を再び, を出されたら, を取りいで, を取上げ, を取出し, を取出した, を受取, を受取つて, を受取る, を叩きつけ, を大, を届けた, を山内, を拵, を持たせ, を持っ, を指し, を掴み出した, を撫で, を明智, を渡した, を眺め, を眼, を破いた, を私, を置く, を義観, を落し, を見, を額, を鷲掴み

▼ 金~ (68, 0.2%)

2 と薔薇, の眼, の花綵, の部屋, はこの, はその, はちよい, 咲く

1 [52件] がこんな, が子供, という政教明察, との森, と云つて, にとつて, には優しい, には珍しい, の夢, の心, の方, の決心, の病, の立ち姿, の行状, の話, の車蓋, の頬, の顔, はうす暗い, はかう呟き, はさ, はまるで, は今更, は何時も, は器用, は始め, は客, は寝台, は彼, は思はず立ち上つ, は急, は時々, は独り壁, は眠り, は眩い, は稍無気味, は紫檀, は西瓜, は誰, は頬, は頬杖, は髯だらけ, は黒繻子, や薔薇, を折っ, を抱い, を抱きすくめた, を眺め, を訪れた, 程の容貌, 程気立て

▼ 金~ (66, 0.2%)

29 へあれ 5 へ出せ 4 へあり 2 へ出し, へ呉れ, へ返し

1 [22件] と吉田, へあげれ, へある, へあれあ, へかけれ, へはひる, へも当, へ來, へ儲かれ, へ十分, へ呉れたら, へ払, へ持つ, へ握らせたら, へ有り, へ有れ, へ溜まれ, へ無き, へ見れ, へ貰, へ返せ, へ送れない

▼ 金兵衛さん~ (64, 0.2%)

4 のところ 2 が帰っ, の前代未聞, の言い草

1 [54件] あの半蔵, がおれ, がパリパリ, が古屋敷, が大変, が死ぬる, が紺, が見舞い, が顔色, こういうめずらしい, そのお, その事, だから, だが, だと, だろう, で思い出した, といった松本秀造, といふ家, といふ永年, とよばれた, と来たら, と私, なぞで, なぞに言わせる, なぞはありがたく, なぞはさしずめ, なぞは世話, にはおかしく, にはお礼, にもあっ, にもお話し, に是, のお, のよう, の事, の名前, の家, の生活, の秀造おじさん, の言い, の退役願い, はお前, はお金, はことし六十七, はなかなか, はわたし, は声, は大柄, は此金子, は氏神さま, ほらあの, も大事, も言わなく

▼ 金にも~ (62, 0.2%)

2 換へ, 銀にも

1 [58件] ことを, こと欠い, せよ水晶体, そう困らない, ちくちく胸, なって, ならずただ, ならず名誉, ならない, ならぬ和歌, ならねえこと, なりつら, なりません, なるが, なるしかた, なるの, なるん, なれば, なろうか, やはり嫉妬, 不自由し, 人々は, 人手にも, 健康にも, 別れて, 名誉にも, 向うじゃ, 器類にも, 困った揚句, 困って, 困つて, 困るし, 困る他, 変化せず, 多少の, 娑婆っ, 寶にも, 当り候はず, 影響されず, 手が, 換えられません, 智惠にも, 智慧にも, 淫せず威武, 為り面白い, 玉にも, 生命にも, 目を, 窮しがちである, 窮って, 縁の, 詰って, 詰つて居る, 詰まり藤屋, 負けない位, 達する程, 顏にも, 食物にも

▼ 金いろ~ (59, 0.2%)

3 の円光 2 に光っ, の眼, の立派, の腕輪, の鎌, の髪

1 [44件] が三度, にかがやき, にした, にちらつく, に光り, に染まっ, に輝い, のうぶ毛, のぶつぞう, のも, のやつ, のよろい, のりんご, のクルミ, のレエス, の丸い, の光つて, の光り, の前足, の圓光, の小さな, の日本酒, の日輪, の時間, の朝, の朝日, の毛, の水, の水蝋樹, の稲穂, の細毛, の網, の耳輪, の背後, の苹果, の釜, の陽, の雲, の靄, の頭, の顔, の髪の毛, の黒味, も生新しい

▼ 金~ (58, 0.2%)

19 んだ 11 のだ 5 んです 2

1 [21件] その妻, のだろう, のでありました, のであります, のである, のでございます, のでした, のです, のでひどく, ので九月, ので武蔵, ので英吉利, ので関わず, んざありませんやせっかく, んざ百も, んでした, んでそれ, んで金金, んというもなあ, ンか, ンだ

▼ 金なんか~ (54, 0.2%)

3 あるもん, 持って 2 いらん

1 [46件] あてに, ありませんよ, いくらあつ, いくらで, いつでも, いらない, いらないよ, いらないわよ, いりませんわ, かかりませんから, くれること, すこしもありゃ, でどう, ない, ないよ, ひっこめて, まるでない, やるもの, やる必要, 一文だ, 一文も, 何だいた, 何だいただ, 借りさえ, 借りたくないよ, 借りた覺, 儲けなくつて, 儲けるの, 出すもの, 出せは, 取らないで, 取る気持, 問題じゃ, 場合に, 安いもん, 少しも, 持っちゃ, 持つちや居め, 持つて, 欲しか, 気持ちの, 浪人した, 直ぐ泡, 見たこと, 貰わねえ, 馬に

▼ 金~ (54, 0.2%)

3 と細紐 2 を帯

1 [49件] から取出しました, から小さい円い, から引出し, が乗っ, が有る, とかを届けよう, とも存じません, と一緒, と編み, なぞは, などを渡す, なり其の, にし, にしまう, には多分, に入れ, の上, の中, の半襟, の底, の所在さ, の空罐, はもっ, はもって, は世にも, をお, をもっ, を一つ, を何, を其の, を出し, を出した, を包み, を取り, を取り出した, を受取る, を啓, を帶, を引奪, を彼女, を懐, を盗んだ, を着物越し, を私, を落した, を証拠, 其の中, 緞子やら, 繻珍の

▼ 金~ (54, 0.2%)

9 が洞 2 が前, が首級

1 [41件] がため, が取り, が咽喉, が棲居なんめ, が死物狂, が睾丸, が股肱, が脊, が脾腹, が非道, が頬, が首, が髭, と聴水, には咬, に告げしか, に意恨, に比べ, のみならず, の耳, は先刻, は大, は年, は恐ろしき, は打, は折しも, は朝, は痛, は身, ますます興, も常に, も敵し, も斜, も点頭き, も透さず, を噬, を打ち取るべし, を討たん, を討ち取り, を讐, 訝りて

▼ 金蒔絵~ (53, 0.2%)

4 の硯箱, をした 2 がし, にし, のお, の印籠, の腰かけ

1 [35件] したの, したもの, したる餌箱, した杯台, であって, でこの, でしかも, ですか, で丸, で大した, で文字, で表書き, にも合う, に疵, に銀鋲, のある, のもの, の京行灯, の大形, の女, の小さな, の手箱, の櫛, の比翼紋, の耳盥, の脇息, の衣桁, の重箱, の長老姿, の雛道具, の鼈甲, は明るい, や青い, をし, をなし

▼ 金~ (52, 0.1%)

2 が中風

1 [50件] が, がそんな, が下手人, が本, が繩張り, だけ, という者, と女房, と平次, と手柄爭, と言, なる者, にはこれ以上, にはそれ, には別れ, にも腑, に仕立てた, に引合せられた, に案内, に當つて, に眼, に縛られました, に行水, に訊きました, に逢つて, のところ, のやう, の下, の使, の心證, の手, の手下, の手柄, の指した, の縛, の聲, の腕, の調子, の跡, の逞, の連れ, の面目, の顏, は自分, ばかりは醫者, も手, も疑, を呼ん, を止めました, を見付けました

▼ 金じゃ~ (49, 0.1%)

6 ないか 3 ないん 2 ない, ねえか, アない

1 [34件] ありませんからね, ありませんよ, あるめ, くしで, くし灰ふるい, このお株, ございませんか, すまされねえって, とても駄目, ないかしら, ないからな, ないたった, ないね, ないの, ないのよ, ないよ, ない三年, ない金, なかったかな, なかと, なかろうね, なくそれ, なくまた, なししがない古, なし金, のっけから, まあどうして雁, アありません, ア仕様がねえ, 出て, 女じゃ, 買える馬, 買われない, 駄目だ

▼ 金なら~ (49, 0.1%)

2 いくらでも

1 [47件] いいが, いくらでも出す, いくらでも都合, いつまででも, こ, ここに, こちらから, そんなこと, とにかく人, どうにかならない, どんな浮氣, ないよ, なんでも高く, ばじつに, ばと早速, ばわたし, ば大変, ば狐, ば自分, ば金, ひとに, やつて, テラ銭の, 三万両を, 二円しかも, 二圓しかも, 何ぼ, 何も, 何時でも, 俺が, 俺は, 全部あげる, 公, 別口が, 多いに, 妾だって, 小判という, 少々は, 明らかに, 柳生の, 炭俵なんかに, 百円は, 私が, 総商会, 通り相場だ, 随分そこら, 馬に

▼ 金~ (48, 0.1%)

3 の事務所 2 にコキ

1 [43件] が一匹, が待合, が旦那, が私, でも石花, というこの, としては初めて, と同じ, と呼ぶ, と私, にとっては歯牙, にもらす, によって変えられ, によって金銭上, に叱りつけられ, に奉仕, に対してはこれ, の三階, の出入り差し, の思い出, の情け, の手練, の昔, の胴, の若芽三葉, はキリキリ, は一秒間, は二十七, は奥さん同様, は意地, は旦那, は浮気, は私, は香, へ出てる, へ化粧前, へ帰り, もクスン, も入院, や萬年青, を惜し, を知る, 走る波

▼ 金として~ (47, 0.1%)

2 銀行に

1 [45件] あつまった, あなたの, おん身の, お元, お受取り, これで, その利息, だいたいこれ, もう一度製, もどさねば, ロイプ氏が, 一円を, 上げて, 二万円おい, 二千円貰った, 二百両の, 佐渡の, 作用する, 借受けた三万両, 充分だつた, 出すこと, 出す事, 分配した, 十元開堂費六元合計十六元を, 千円子供の, 又我國, 取って, 只の, 外国に, 幾千の, 御使用, 忠作から, 持参した, 支払われるという, 正に受取り, 民間会社社長その他に, 準備し, 秘蔵せしめ, 蜂須賀様へ, 見ると, 負担する, 金一円御, 金六百円を, 陸相あて金壱百円也を, 養われて

▼ 金まで~ (47, 0.1%)

2 出して, 廻して

1 [43件] あたえて, ある, あるのに, いい気, お前が, お父さんは, すっかりその, そっくりし, とられて, とられてしも, はいって, はずした, まきあげた, やって, 使って, 全部私に, 内田さんに, 出しましたが, 出すといふ, 出すとは, 勘定する, 取られたら, 取られて, 恵まれて, 恵んだ上, 投げ出して, 拵えて, 拾ったので, 持ちだした, 持って, 振るい出しても, 支出した, 注ぎ込み印刷屋, 猫に, 盗んで, 盜んだ, 置いて, 聞かれました, 融通し, 貯蓄し, 貸して, 貸し萬兩分限, 附けて

▼ 金~ (46, 0.1%)

3 それは, 何か 2 この間くれ, 遺して

1 [36件] いや老人, かつたつ, こっちから, した婆ア様, して, それとも小説, それも, それ以下の, つぎの, どうかは, ウムもう, 三日月か, 人から, 何かを, 借用したる, 借用なら, 十八金が, 又はよく, 品物を, 女かの, 子どもか, 御馳走か, 悪い金, 旅費を, 有価証券を, 法律には, 火の, 特別な, 真鍮か, 絹か, 貸しても, 金なら, 金目の, 銀か, 銀かは, 銀でも

▼ 金~ (45, 0.1%)

8 の制服 3 をつけた 2 の上衣, の黒い

1 [30件] が団栗, が眼, が重要性, しかとはめゐる, だけという事, などを初め衣服, にし, になっ, にひし, に対しても面目, のいつぱいついた外套, のついた, のふたつ, のシャツ, の僕, の制服外套, の制服姿, の外套, の学生, の学生服, の新しい, の服, の給仕, の胸, をかけ直し, をつけ, を一つ一つ, を光らかし, を意識, を馬鹿

▼ 金~ (44, 0.1%)

2 の上

1 [42件] が汗ばんだ, とかいうツンボ, とて頭, とは何者, には別に, にもわかっ, にも金, にアンマ, に尚, に身, に金, のかかる, のみいかで, のやつ, の一身, の両, の事, の云った, の今, の何度目, の入り浸ら, の叱られる, の四十二, の声, の夫人, の家, の尻, の機嫌, の流行紳士, の眼, の耳もと, の脇, の跡, の顔, の顔色, へむしゃぶりついた, もまた, もニセツンボ, も不意, も怒らぬ, も無明, よりは年二つ

▼ 金~ (44, 0.1%)

4 の手 3 の三人 2 が来, が立っ, とただ, の二字, は, は強い

1 [25件] が出, じゃありません, だと, であると, という召仕い, という女, という小女, と二人, と云う, に対する印象, に逢った, のいう, の下, の光, の妖しい, の怪誕, の腕, の邪鬼, はいつ, はますます, は彼, は放さなかった, は頑張っ, を待つ, を散ず

▼ 金解禁~ (44, 0.1%)

6 が出 4 に對, を決行 3 の準備 2 が我國, によつて爲替相場, をする

1 [21件] が一月十一日, が決行, とともに浜口内閣, とともに現金通貨, と支那問題, の出來, の如き, の如く成るべく, の準備中, の發表前, の經濟界, の計, は國, は如何なる, は已に, は日本内地, も出, を一月十一日, を前, を發表, を計

▼ 金~ (44, 0.1%)

4 のメネラオス 3 の, の青年 2 の少女, の金雀花

1 [30件] か, が搖れ, だつた, になぞら, のかつら, のはみ出し, のふさ, のアプロヂテー, のアートレ, のメレアグロス, の一女性, の令孃, の娘, の子たち, の將, の將メネラオス, の將メネラオスもろとも, の將メネラオス出, の將メネラオス彼, の少年, の若い, ひかるメネラオス, をくし, をし, をした, を一, を君, を握らしめ, を梳い, を風

▼ 金~ (43, 0.1%)

2 が物, の口, をひつ

1 [37件] しょってる様, でもかぎ出した, で苦労, と切符束, と同行, に手, に目, の置場, の重味, の音, は残った, は蓋し, よりも確実, をおいら, をこし, をつけ, をぶらさげ, をぶらさげた, を一つ, を五十箇, を引っ, を引つさげ, を抱い, を抱き起し, を拾い, を持っ, を持つ, を持参, を掠奪, を提げた, を携, を減らし, を睨ん, を背負っ, を船長, を見る, を通行人

▼ 金廻り~ (42, 0.1%)

8 がよく 5 のいい 2 が好く, が良い, のい, のよい

1 [21件] がいい, がよい, がよかっ, が大, が悪い, が悪く, が非常, だつて惡, のよかっ, のよく, の良かっ, はかなりよろしく, はどんな, は割, は村人, もいい, もなか, もよく, も惡いが, も豊, 東海坊との

▼ 金~ (40, 0.1%)

7 の眼 2 のお家, の一行, の胸当, や木口

1 [25件] いろの, が, が力む, が少しく, が流行, が頭, であるの, で菖蒲, とがこう, なめ六, に, に呼びかける, のお召, の入り乱れた, の南瓜, の大御所流, の模樣, の糸, の翁格子, の胸毛, の餅, ひるまず, もお, もちょうど, 抜からず頼んま

▼ 金語楼~ (40, 0.1%)

32 が落語界, のハゲ頭, や歌笑

1 [31件] あたかも活惚坊主, から聞かされた, がダンゼン他, だったら面白かっ, と代る, と先代正蔵, と歌笑, と私, と高瀬実乗, などの吉本爆笑大会, などの比, にしろ, になっ, に通す, のマネエジャ, の擡頭, の新作落語集, はもはや, は兵隊落語, は出演不可能, は売出し以前, は若い, また同じ, もまた, や三亀松, や伊志井寛, よりは歌笑, を迎, 小三治, 小三治君, 小文治

▼ 金~ (40, 0.1%)

4 の音 3 のひびき, を鳴らし 2 の声, の響き, を打つ

1 [24件] がこだま, がとどろいた, が袁紹, が響き, が鳴った, が鳴り響いた, に脚, のあ, のあらし, の乱調子, の響, は地, は鳴り刀鎗, や攻め貝もろ, や螺声, をかけた, を外したら, を打たせ, を打ち, を打ち鳴らし, を打っ, を鳴らす, 寄せぬと, 揺りつつ

▼ 金ボタン~ (39, 0.1%)

8 のついた 5 の制服 2 の学生, をつけ, をつけた

1 [20件] かとさえ思っ, が絶えず, だね, ですぐ, で光っ, と江東一帯, にする, のカフス, の仕着せ姿, の付いた, の大入道, の大学, の洋服, の青年, もつい, もみんな, をくるくる, を七つ, を四つ, を見せ

▼ 金~ (39, 0.1%)

2 は何

1 [37件] がフト, が二人, が何時, が呑込, が寺, が急, が知らず, が自分, さんと, だよ, という二十二三, という武士, にも下女, に附き, の上せあ, の二人, の口, の唇, の方, の死體, の目論見, の計, の部屋, の間, の顏, はその, はそれ, は二階, は何やら, は半分, は惡びれ, は毒藥, は白い, は色白, も同じ, を壓倒, 生れ代つて來なけれ

▼ 金です~ (38, 0.1%)

92 か, がね, な, ね金銭次第, よ親分

1 [19件] かな, から, からともかく, からどう, から何, から取る, から昔お世話, から記入, がそれ, がどうして, がアレ, が使用, が誠に, ぜ, もの, もの何處にでも, よ大金, よ鍵屋, わ

▼ 金とを~ (36, 0.1%)

1 [36件] あずかって, あわせて, いっしょに, お玉に, こさえて, どっさりたずさえ, もって, わたし候ひぬ, 一しよ, 交えた牛酪, 作り出して, 使え, 其処に, 利器として, 利用し, 力一杯投げつけた, 合わせたもの, 合算し, 失い唯一, 届けに, 弁じ得るか, 懐に, 懐中に, 払い書物, 持って, 求めて, 汚らわしいもの, 無雑作, 献上しなけれ, 置いて, 胸算用で, 見分けるの, 費やすだけ, 辨じ得る, 返上し, 送って

▼ 金など~ (36, 0.1%)

2 一文も

1 [34件] あるまい, あわてふためいて, いらんいらん, いろ, おだし, かけた人, くれさ, ちっともなかっ, どこの, ない, なくすもの, はいりませぬ書冊引替, まるで残らない, もちろん足りよう, ビタ一文いりません, 借りた覚え, 借りる了見, 出せるもの, 包んでは, 取りにさえ, 各種の, 地主たちを, 当てに, 必要でない, 拾って, 持って, 持つてるもの, 最早彼等, 有るべき道理, 欲しいとは, 誰にでも, 貰う必要, 貰は, 贈ること

▼ 金右衞門~ (36, 0.1%)

1 [36件] から小さい, がやられました, が大竹孫右衞門, が昨夜誰, が疳性, が細引, となつ, と三軒長屋, と云う, と娘, どんとこの, に取, に絞られ, に間違, の宏大, の所, の死骸, の浪宅, はその, はそれ, はひどく, はカラカラ, は下, は五十七八, は切支丹, は十七八年, は妙, は散々人, は時々, は淋し, は相, は身近, は首, を始め, を怨む, を殺した

▼ 金~ (36, 0.1%)

3 の城外 2 の天斉廟

1 [31件] から上陸, から絵葉書, であつ, でも得利寺, とちが, と同じく, にある, に入る, に渡りし, に行き, のやう, の丘陵上, の南門, の土, の城壁, の城門, の壁, の市街, の戦い, の戦場, の文廟, の極楽寺, の母, の生まれ, の驢, の鶏, は劉, へ来る, または旅順, を半日, を襲撃

▼ 金~ (35, 0.1%)

2 のため, の為

1 [31件] がある, がうまい, が出来ます, が忙しい, するの, する者, でもしよう, と道楽, なれども, に入, に夢中, のこと, の口, の意味, の方法, の考案, の話, は僕, は嫌ひだ, ばかりを考へ, も骨, や商, をさせた, をし, をした, をしろしろ, を僕, を勧める, を夢見る, を為る, を知ってたら

▼ 金~ (35, 0.1%)

4 や銀紙 3 の星 2 の烏帽子, を着け

1 [24件] が品切れ, が張っ, が貼りつけ, こまかい螺旋, でこし, で作った, で家, で拵えた, で立派, で風, に緋縅, の両, の眼玉, の短, の装幀, の鎧, やりんご, をかぶせた, をはり, を張った, を張り付けた, を焼く, を貼った, 卷きたる燭

▼ 金~ (35, 0.1%)

2 の兄

1 [33件] かと思います, との間, と云, と共に二階, と共に其留守, と割, と密会, と言える, に逢, の懐中, の為め, の顔, は何, は兄施寧, は兎角, は出足, は妾, は悪事, は日頃, は横浜, は流石, は長崎, もツイ其気, も妾, も目, も築地, を呼び迎える, を思い切る, を愛したる, を殺さん, を迎え, 少も, 来りければ

▼ 金から~ (34, 0.1%)

2 出て

1 [32件] お礼を, ききとるよう, して, だからの, もぎ取られた大きな, モルヒネ剤の, 二万元一般準備金から, 五万元をもって, 五百円を, 再びもと, 出ること, 出るの, 初段の, 利子を, 割いて, 十万円こしらえる, 取り出て, 取付い, 吹起る, 推量し, 支出した, 教わったの, 滿足を, 煙草入から, 立派な, 純金なら, 脳天まで, 見たらおそらく, 見たらそれだけ, 貰った小紋, 鞄の, 馬の

▼ 金だけ~ (34, 0.1%)

3 では 2 だ, 払って, 送って

1 [25件] かかって, だった, だろうな, ですよ, でほか, なの, ならば, ねこばばきめ, ふところに, ほしかつ, もろうて, やっとそれ, 取つて, 受取ったからい, 投げこんだが, 抜きとり財布, 持たせて, 放し藁, 残し金貨, 用立てたよう, 縦に, 置いて, 貰って, 貸して, 長い間

▼ 金包み~ (34, 0.1%)

2 を入れ, を出した

1 [30件] が下がった, とをつきつけられ, に愛着, のうち, のこと, の代り, は, はある, はございます, らしいもの, をもっ, をズボン, を並べました, を入れた, を入れてる, を出し, を出したら, を出す, を取り, を取り出し, を宗左, を官左衛門, を小布施, を彼女, を戻し, を添, を添え, を肌, を膝, を落した

▼ 金ちゃん~ (33, 0.1%)

5 の母親 2 じゃア

1 [26件] かい, かえ, が何, が叫んだ, だって随分, である, どうした, に従って行こう, に話したら, のいった巻き, の姉, の手下, の言葉, の金兵衛, の須弥山やっかい, はどう, はネずっと, は千本, は姉, は尻切れ草履, は表門, もかい, も鉄公, や清ちゃん, を待っ, を真先

▼ 金より~ (33, 0.1%)

5 外に 4 大事な, 貴いもの 2 他に, 生ずる輸出

1 [16件] わしは, 他には, 其の上, 命の, 外には, 多い, 大切な, 心だの, 愛の, 成り立つこと, 気ッ腑が, 牛や, 物という, 着物の, 貴いある, 頼るもの

▼ 金サン~ (32, 0.1%)

1 [32件] がここ, が店, が思わず, が牛肉屋, である, に報告, の家作, の店, の耳, の講釈, はいささか, はうんと, はようやく, はカーブ, はムキになっ, は亢奮, は割れ, は大, は天元堂, は手, は満場, は源床, は牛肉屋, は翌朝未明, は茫然, は言葉, は部長, は野球, は隣, は露地, も当日, も有頂天

▼ 金茶色~ (32, 0.1%)

4 の花 2 の光り, の毛

1 [24件] でうす, でゆるい, に光っ, に暮れ, に焦げた, に焦し, に燃えた, に燃え出した, に燃え立った, に輝い, のお召, のタフタ, の並木, の唐松, の大きな, の布, の木立ちの根元, の絽お召, の胸毛, の花様, の酒, の髪の毛, の鱗, をし

▼ 金壺眼~ (31, 0.1%)

2 の子

1 [29件] いかにも繪, でえ, できょろきょろ, でじろりと, ですこし, で狐面, にそれ, のお, のしゃくった, のブロンド, の一角, の太七, の奥, の意地, の眼球, の鬼, はいよいよ, はまるで, は光, をぐりぐり, をぐりつかせて, をこすりこすり, を光らせ, を光らせました, を凝し, を塞がねえ, を心, を細めます, 凄まじい青

▼ 金~ (31, 0.1%)

2 の妓, へいっ

1 [27件] から来, すなわち南京, にいった, におっ, にお出で, には名, には田地, に居りました, に至る, に赴き, に進むる, の客, の御, の方, の空虚, の諸, の門人, は僕, へ帰っ, へ往, へ旅行, へ移った, へ行った, へ返っ, を厭, を攻めん, を過ぎりし

▼ 金ぶち~ (29, 0.1%)

4 の眼鏡 3 眼鏡の, 眼鏡を 2 の目, の額

1 [15件] が無くなっ, であつ, に浮織絹, のしゃれた, のめがね, のわく, の瀬戸, の眼鏡越し, の肖像画, の色眼鏡, 目がねを, 眼鏡が, 眼鏡ご, 眼鏡と, 飾りの

▼ 金との~ (28, 0.1%)

2 ヂグザグが, 向うに

1 [24件] ついてる大きな, ノクタアン, 七宝の, 互いに融け去っ, 互に融け去, 光に, 功徳も, 合金であったろう, 夕まぐれ, 夢の, 差は, 強い調和, 揺椅子のうへに, 柔かな, 模様の, 相対価値は, 筋の, 結婚, 結果は, 話とを, 輿の, 配合が, 重い燃え上り, 鞍掛けに

▼ 金ばかり~ (28, 0.1%)

3 では 2 あっても, ありましても

1 [21件] かける, つかうてる怠け者, つかう怠け者, でなくいろんな, でなく一切, でなく預金者ら, でもちつと, で出来た顕微鏡, 使って, 使ってる, 儲けたがる藪原長者, 取るの, 持って, 有りますの, 欲しがるあり, 溜めた当時, 溜めて, 溜込ん, 狙う女スリ, 遣って, 高くて

▼ 金~ (28, 0.1%)

3 の前 2 のかく, の灯

1 [21件] に, にともし, にも春風, に三条, に墨絵, に栄え, に畳, に花, に遮り, に高御座, のうち, の冴え, の映え, の松, の松盛, の邊, は暖か, や床, をたてん, をもれる, を背

▼ 金華山~ (28, 0.1%)

3 の沖, の燈台

1 [22件] が聳え, が頭, て何處, とかへ遊び, と鮫, にちかく, に渡り, に無線電信所, のごとき, の一夜, の他, の土, の峰, の東南百二十浬, の沖合遙, は復, は登り二十余町, は美濃, へあがった, へ小, へ行っ, も仙台

▼ 金もち~ (27, 0.1%)

1 [27件] いと用意, が吾儘, じゃし, だ, だから, だけの便利, だけよいま, だったこと, でないという, でもない, とも云われない, と地主, なの, になった, にならなかった, になり, のお客, のこと, の共通, の出版社, の坊ちゃん, の爺さん, の邸宅, は金もち, や丸山義二君, や権力, よいとは

▼ 金~ (25, 0.1%)

5 やない 3 やありません, やねえ 2 やなく, や無い 1 あ渡せねえ, や, やある, やかう, やねえよ, やねエ, や大きな, や無, や無え, や積

▼ 金五郎さん~ (25, 0.1%)

1 [25件] が, がいや, が彫, が立派, しっかりおし, だけで, だってきっと, ておかみさん, て女, て思いのほか, とのこと, にお, に話しただろう, に逢いたい, に逢おう, のため, のよう, の美しい, もそう, も男, も若, わかる, をあきらめる, をいくら, 彫青

▼ 金使い~ (24, 0.1%)

4 が荒く 2 が荒い, の荒い

1 [16件] が上手, が荒かっ, しかし何, です, でのみならず, とを見きわめる, にはしまり, の一味, の綺麗, は至って, は荒く, もしない, も綺麗, も覚え, をし, 豪奢贅沢華麗それは

▼ 金~ (24, 0.1%)

5 の薬

1 [19件] でござる, にかけては川越, にきく, に傅, に霊顕, に霊験, の人間, の入湯客, の名, の塗り薬, の妙薬, の手当て, の洗滌, の溝, の重態, は三日, は誰, をもつ, を巻きかえ

▼ 金~ (23, 0.1%)

1 [23件] くれたの, 三分くれ, 二百両貸した, 使って, 使は, 出して, 出せ, 出せと, 出せよう, 出せ汝, 包んで, 呉れべ, 奪ったんで, 引張り出さうと, 拾両ばかり, 持って, 持ってるそう, 持逃げを, 溜めて, 溜めても, 盗るという, 突返す, 貰い改心し

▼ 金及び~ (23, 0.1%)

4 銀の, 銀は 3 銀を 2 輸入禁止, 銀が 1 借金の, 収益新聞企業持分の, 官よりの, 朱塗の, 銀で, 銀と, 銀より, 銅を

▼ 金掘り~ (23, 0.1%)

4 の少年

1 [19件] がしたごとく, が始ま, だってからこんな, でござんしたのでな, と大助, に之, に夢中, に手傳つて, のそれ, の人々, の方, の頭, は麹町, む性に, をする, を連れ, 事件の, 少年と, 騷ぎで

▼ 金ちやん~ (22, 0.1%)

2 と勝ちやん

1 [20件] が, がした, が云, が先, が手伝, が汗ばんだ, だね, だねか, ですよ, とお, の家, の目, の目玉, は, はとても, は怒つ, は話, も勝ちやん, よりもつ, を睨んだ

▼ 金~ (22, 0.1%)

1 [22件] カシタガ是ハマダルカッタガソノ代り山中ハハイハイトイイオッタ故, シテ深川, ドウシテ持ッテラシッタンデス陸子ニハ出銭ガ多, バ返, モライ小頭組合ノ, 二分ヨコシタカラ亀沢町ヘ, 五十両持ッテ来テ是デ, 他金上ニ沈着セシムル者ニシテ金銀銅鐵石木, 他金上ニ沈着セシムル者ニシテ金銀銅鐵石木ヲエラバズ, 以テ其所有タラシム, 出シテ, 取ッタ, 取ッテ小遣ニシタガマダ足リナカッタ, 國家ニ對スル獻金トシテ受ケ明カニ其, 土井ニ転嫁シテ実, 工面シテ済マシテヤッタガソノ後モ五両ニ壱分, 持タセテ諸方ヘ, 皆ンナ遣, 貸シテ, 遣ッタカラ, 遣ッタモノモ, 金トシ悲シムコト

▼ 金~ (22, 0.1%)

2

1 [20件] から知らせた, がすぐ, が帝, が手, が水屋, だの, では, という者, どうしてそち, のしらせ, の影, の科, の肩, は夢みる, は帝, は眼, は黙, へ託された, も身, をお召

▼ 金だけは~ (21, 0.1%)

2 とれるの

1 [19件] キチンと, フンダンに, 下げて, 不思議に, 何処を, 出したんで, 取逃さぬ工夫, 将来不幸に, 払つてやる, 持って, 木場の, 欲しかった, 気の毒だ, 片手に, 特別預金に, 能く, 苦しい思い, 責任を以て, 黙って

▼ 金である~ (21, 0.1%)

2 か, から心苦しく

1 [17件] からぜひ, からである, から歌女寿, から蔦芳, から訴える, ことに, ことは, ために, という徹底, ところに, ところへ, とすれ, とはいえ, とは云え, とも深く, と云, と感じない

▼ 金によって~ (21, 0.1%)

1 [21件] せめていくら, そこに, その生産, もたらされ得る一切, チベットの, 人為的に, 初めて小頭, 利得する, 包囲された, 国産穀物の, 基督新教の, 奨励せられ得る, 最も著しい, 無理に, 生活し, 穀価の, 維持され, 買い取るも, 輸出される, 養われて, 養女と

▼ 金を以て~ (21, 0.1%)

1 [21件] す, 主人の, 今度こそは, 償わんと, 国の, 奪取る, 妾の, 始まり金を以て, 建られ, 彼の, 樂, 沼田の, 父母の, 私の, 終るが, 継母かつ, 谷中村を, 貧困者を, 軍を, 養父の, 鶏形一双を

▼ 金~ (21, 0.1%)

3 だが, の養子, は喜んだ

1 [12件] が見て取っ, さだめて今日, だ貴様, ではございません, と呼ぶ, に持ちかけられた, のふところ, の価値, の説, はいよいよ, を四幕, を見付け

▼ 金千代~ (21, 0.1%)

3 と竜作 2 が竜作

1 [16件] が, が友人, が突, が黙る, にすりつけた, に凭れかかった, の顔, は, はそう, は左手, は御, は枚方, は楽そう, は額, も鈴木竜作, を見る

▼ 金といふ~ (19, 0.1%)

4 ものは 3 ものに

1 [12件] のが, のは, のも, もの, ものにな, ものを, 一段に, 物で, 男に, 金を, 金中の, 高慢税を

▼ 金まわり~ (19, 0.1%)

3 がいい, のいい 2 のよく

1 [11件] がよい, がよく, が良, が良い, のよい, の好い, はますます, は好し, もよい, もよかっ, を助け

▼ 金をも~ (19, 0.1%)

1 [19件] あらゆるもの, もたらし得ないよう, やはりかれ, わざと荒らか, 与えた上, 出し澁, 吝ま, 払わなくなった, 持たない少年, 持つて, 用いたよう, 畝の, 眼に, 秘佛と, 置いて, 調達し, 貰つてゐる, 賭けた, 音に

▼ 金~ (19, 0.1%)

3 丞を 2 丞が, 丞といふ, 丞の, 丞は 1 丞あわてた, 丞と, 丞と共に, 丞に, 丞も, 丞夫婦に, 丞次の間では, 丞殿の

▼ 金~ (19, 0.1%)

2 か何ぞ, は油断

1 [15件] が井上嘉門様, が熊手, が附い, だか, でありしかも, ともいう, になっ, の井上嘉門様, の計ら, の計らい, はフランス, は少し, をします, を有し, 某之

▼ 金~ (19, 0.1%)

3 で刺繍 2 で触角, の刺繍, の縫 1 が挾まつ, で絹, で縫取り, と金, の綉, の縫い模様, は眞物ぢ, もて飾りたる緋羅紗, を文, を混ぜた

▼ 金あみ~ (18, 0.1%)

2 とまつ白, に顔, をこし

1 [12件] がなくなりました, が張っ, とはつ, なんかかぶせられ, なんかかぶせられたら, に入れ, のあと, はやめる, や金輪, をぬすん, をはり, を張った

▼ 金づかい~ (18, 0.1%)

2 のあらい, をし

1 [14件] がある程度, がキレイ, が綺麗, が荒い, に糸目, のきれい, の下手, の暴, の荒, の荒い, もいい, もやりました, をあらく, をした

▼ 金とは~ (18, 0.1%)

1 [18件] あったけれど, いひ乍ら, つれと, よく油, 今日の, 全く無限, 又別, 同じ五円, 名ばかりこれは, 存じて, 思わないけれども, 換えか, 気が付かぬらしく女, 独立した, 言は, 費さなかったの, 金は, 黄金の

▼ 金なぞ~ (18, 0.1%)

1 [18件] あるめ, いうもの, いらないと, たんまり握, のある, はどこ, は一さいもら, は世界中相場, は何時の間にか, も貯, やるもの, を持っ, 借りないがい, 儲けれは, 持たして, 持って, 盗めと, 請求できぬ

▼ 金などは~ (18, 0.1%)

1 [18件] いらないマナサロワール湖, たいして価値, ちっとも要らない, どうしても, ないので, ないはず, もう取りたくなかった, 一文も, 不要な, 大して要らない, 如何程でも, 持ちませぬ, 腐るほど, 要らないという, 要らぬと, 貧書生に, 貰わずに, 鳩首し

▼ 金勘定~ (18, 0.1%)

3 をし

1 [15件] が真実, でない賭博, で明け暮れし, とか申しまし, に夢中, に明け暮れし, のあきない, のチャッカリぶり, の町人, ばかりし, や帳簿, をしらないらしい, をし続けた, をする, をやっ

▼ 金椎さん~ (18, 0.1%)

2 が, は

1 [14件] が丹精, だって悪い, ですせっかく, とわたし, にだけことわっ, の大事, の驚かない, はいけない, はイエスキリスト, は神様, までがどんな, もマドロスさん, もマドロス君, も苦い

▼ 金次第~ (18, 0.1%)

2 で怎

1 [16件] だから, だからとて, であと, でどう, でどこ, では身分, で出世, で如何にも, といい, という, という腐敗堕落ぶり, という風潮, といふ, と言われ, なり, のいわゆる

▼ 金~ (18, 0.1%)

2 の眩い

1 [16件] が蓮, だの侍女たち, のふす, の天守閣, の山水, の楼千年, の絵画, の美, の間, の霊壇, もない, もまさに, や丹青, を繍, を見ろ, 光り耀く常世

▼ 金~ (18, 0.1%)

1 [18件] か本所四ツ目, が待っ, である, であろう, で見, という, とは日本, と両方, と名, なぞ五カ所, にも一定, に当っ, のほう, の境内, の由来, の町, もその, を恐るる

▼ 金~ (18, 0.1%)

2 の音

1 [16件] でこの, でしばらくコツコツ, でコツコツ, で前歯, で空缶, とヤットコ, と一緒くた, に及び, のよう, をその, をだし, をふり上げ, を叩い, を持っ, を持つ, を指し

▼ 金づく~ (17, 0.0%)

4 めの 2 ぢや, でやつ 1 からで, だけで, でやれる, で何うに, にも腕, の仕事でない, や權柄, 力づくで, 義理づく

▼ 金づくで~ (17, 0.0%)

2 濟むことなら

1 [15件] お前の, お渡し, も力, も思ふ, も賣らない, ろくろ, 人身御供に, 傳手を, 女房を, 手に, 濟まさう, 濟ませよう, 無理に, 解決する, 追つ

▼ 金とか~ (17, 0.0%)

2 地位とか, 鉛とか

1 [13件] ありさ, いったな, 久能山東照宮に, 云う王様, 何とか云う, 健とかいふ, 元とかいふ, 女とかいう, 学問とかいう, 崔とかいう, 言ふ, 追加手當とか, 銀とか

▼ 金太郎君~ (17, 0.0%)

2 の話

1 [15件] いらっしゃい, から金吾老人, が建てた, が私, とジョン, に, に別れ, に聞く, の家, は, はそう, はまだ, は小道, は既に, は私

▼ 金雀枝~ (17, 0.0%)

3 の花 2 がいっぱい, の, の花弁 1 がさし, が今度, に近づい, の大樹, の幹, の茂み, や辛夷, を微風

▼ 金しか~ (16, 0.0%)

3 残って 2 なかった

1 [11件] ない, ないとも, 借りたこと, 入って, 得られなかったので, 持って, 握つた事, 残つてゐなかつた, 無かった, 貰えなかった, 貰わないんで

▼ 金などを~ (16, 0.0%)

1 [16件] 出す心配, 取りに, 取れば, 受けると, 寄せ花, 待つ思ひかな, 御預り, 思い切って, 持って, 掘って, 有って, 望むもの, 無心した, 買い集め月並み, 貸して, 貸すお茶人

▼ 金一升~ (16, 0.0%)

3 の土地

1 [13件] お江戸, というくれ, と申す, と言う, にやった, のまんなか, の下町, の処, の日本橋あたり, の江戸, の相場, の都, を惜しまず

▼ 金奉行~ (16, 0.0%)

2 を呼び

1 [14件] が退がる, じゃけに, と蔵奉行, の十寸見兵九郎, の監督, の者たち, の野西春行, はその, は即答, は言下, へいいつけ, へいう, もその, をし

▼ 金~ (16, 0.0%)

2 の類

1 [14件] が贈られ, などがあるだらう, の礼物, を以て謝, を施した, を求むる, を献じた, を自分, を賜, を贈, を贈り, を送っ, を送り, を遺り

▼ 金戒光明寺~ (16, 0.0%)

4 の作りつけた, の方 2 の來迎圖, の図様, の圖樣, の来迎図

▼ 金~ (16, 0.0%)

2 と申し, の巌窟

1 [12件] といふの, と有形物, にあらざる, にし, に土, に春夏秋冬, の五つ, の五種, の五行, の外, の諸, を読み比べ

▼ 金満家~ (16, 0.0%)

2 になった

1 [14件] であったとき, と彫刻家, と申します, なん, になっ, になりたい, に譲った, のぼっちゃ, は何処, は肉体世界, もこれ, もまだ, も容易, も金銭

▼ 金~ (16, 0.0%)

5 の馬簾 4 の馬 3 の馬印 1 の下, の馬幟, へ向っ, 押し

▼ 金~ (16, 0.0%)

2 を持出し

1 [14件] が眼, のよう, まで引抜き, も帯, を乳房, を令孃, を取りだし, を差し, を棺, を鋳込ん, を鋳込んだ, を鑄, を鑄込, 飛び上った拍子

▼ 金~ (16, 0.0%)

2 の外, へいく, へまで帰る, までやっ, まで乗っけ 1 にし, の蹟, まで舟, を入っ, を入り, を繋ぐ

▼ 金~ (15, 0.0%)

7 ばりに 2 ばりの 1 てこの, は目, ばりにでも, ゃっぽのカンカラカンの, やつぽ, 且つ二名

▼ 金~ (15, 0.0%)

3 なれの 2 なれが, なれも, らいが 1 使いすぎて, 六銭も, 出さねえがら, 出しゃ買わるっじゃろが, 払うと, 貸しちゃ

▼ 金よりも~ (15, 0.0%)

1 [15件] この古文書, この金, よい遺物, ガラスの, 入る金, 多く混, 女の, 宝石よりも, 強い足腰, 心でしょう, 思想の, 時間だ, 物だった, 貴い物, 黄八丈が

▼ 金~ (15, 0.0%)

2 となり, の

1 [11件] になり, に変り, のそばかす, のイ, のピオニェール小僧, の兎, の大, の狐, の生えた, は静か, を三たび盾

▼ 金だけでも~ (14, 0.0%)

1 [14件] このごろの, 一文でもよけに, 五百兩近い, 何億でしょう, 八橋の, 大きなもの, 大したもの, 少い額では, 往々に, 数千円で, 時価五百万円ほどの, 紙幣で, 谷中では, 送つて

▼ 金だって~ (14, 0.0%)

2 銀だって

1 [12件] おまえが, たしか千円, つかないじゃ, まだそっくりし, もうありゃあ, タンツボだって, 三星の, 何だって, 大きいに, 大して役, 循環してる, 貸して

▼ 金なんぞ~ (14, 0.0%)

1 [14件] あるかい, あるもん, あるわけ, いらないあんた, お礼に, だして, もらいやしないよ, 一文だって, 一文も, 持って, 糞喰らえだ, 要らねえ, 要るもの, 鐚一文も

▼ 金に対する~ (14, 0.0%)

2 租税, 豪快な 1 不安母の, 主たる目的, 反対論は, 度外れの, 租税から, 租税には, 緻密さだった, 観念なんか, 資金を, 需要は

▼ 金五郎夫婦~ (14, 0.0%)

1 [14件] が世話好き, が彦島, の受けた, の寝, の許可, の顔, の骨身, はその, は原田, は若松, は途方, は額, も旗, も真実

▼ 金~ (14, 0.0%)

2 に売りつけた, に掘出させた, の利得 1 でした, という聞えた, といふ聞えた, となんぞかかり合い, にお, に別れた, に見, の話

▼ 金太夫~ (14, 0.0%)

1 [14件] が先, が茶椀, その武士, という者, と云, の屋敷, の湯, はまた, は感状, は笑った, は茶椀, も云う, を召し寄せ, を斬った

▼ 金翅鳥~ (14, 0.0%)

1 [14件] ある湖, が戯れ, が美しい, しからば, その翼力, という奴, に乗り, に啖, に搏, に逢う, に遭わず, に食わるる, の明王化, は竜

▼ 金茶金十郎~ (14, 0.0%)

1 [14件] が, がいきみ出し, が傍ら, が六法, が後ろ, が立小便, が紺緞子, じゃはじめて, でありました, とを入れろ, とを特派, なるもの, の同行, は大

▼ 金~ (13, 0.0%)

2 全山

1 [11件] いったいの, それに和泉山脈, である, とかいうよう, とはどうも, とは二人, と不二, と同じ, と宝生, 不壞, 坐の

▼ 金~ (13, 0.0%)

1 [13件] が案外, だと, でないこと, といふもの長府侯江戸, といふ若者, と張り合つて, に繼, に誘ひ出され, のやる, の證明, を擧げ, を死體, を見

▼ 金~ (13, 0.0%)

3 の帯 1 でパカパカ, のある, のヘリ, の布, の文字あざやか, の燃, の羽織, の職帯, の長, をかざり

▼ 金華山沖~ (13, 0.0%)

1 [13件] が一番数多く, が震源地, では船頭さん, で捕鯨船, といふこと, にあつまっ, に集まった, の太平洋, へは毎年夏, へ漕ぎ出す, を外洋, を東, を狙った

▼ 金~ (13, 0.0%)

1 [13件] が惜しい, って品, とわら, と云, と云っ, と云われる, と口癖, と吐しゃ, と突ン, と考え, と言う, また金さ, もたしかに

▼ 金龍山~ (13, 0.0%)

5 の鐘 1 の亥刻, の四つ, の堂, の塔, の子, の明け六つ, の牡丹餅, へ行っ

▼ 金龍館~ (13, 0.0%)

1 [13件] でやった, で一時あれ, で興行, に, には五蝶, の楽屋, の間, へか, へ来る, へ私, へ這入らう, へ駒形劇場, を本城

▼ 金だった~ (12, 0.0%)

1 [12件] から, からただ, から僕, から兼久, がだんだんに, ことを, という町, のだ, のである, ので蹤跡, んです, 時分には

▼ 金であり~ (12, 0.0%)

2 好意である 1 ずっと下っ, そうしてその後, ながら不, ながら義理, ながら自由, また時に, 吉三郎のは, 尚真, 従って第, 良人は

▼ 金とも~ (12, 0.0%)

2 つかぬもの, 兄の 1 また別れなけれ, よぶ地金, 思はないやう, 思わぬという, 相談しなけれ, 知らず貰うと, 紫とも, 銀とも

▼ 金にさえ~ (12, 0.0%)

9 なれば 1 なると, なればと, 不自由する

▼ 金にて~ (12, 0.0%)

1 [12件] およそ三千両, 三の, 作り我, 古川緑波一座の, 彫刻し, 経文を, 苦しめながら, 葛飾より, 買い入れ取り崩して, 飾れる大きな, 飾れる銀, 飾れる靴

▼ 金~ (12, 0.0%)

2 んの 1 さらに周作, 使した, 利子が, 利息に, 呼出を, 手を, 目を, 眼を, 風雨を, 飯を

▼ 金めっき~ (12, 0.0%)

7 をした 1 したりっぱ, した美しい, した透し彫り, の足, をさせました

▼ 金一円~ (12, 0.0%)

1 [12件] さしあげ候, しかなし, と大きく, の収入, をせしめ, をその, を入れ, を投じ, を抛た, を紙, 御送り下さい, 貰ったこと

▼ 金一郎様~ (12, 0.0%)

1 [12件] がご, がその, が睡っ, で, といい, には毒殺, のお, のご, の変死, はお, は上半身, は睡っ

▼ 金~ (12, 0.0%)

2 の術, を調製 1 といい, というもの, のやや, の法, は老子, を服し, を服する, を買う

▼ 金戒光明寺の~ (12, 0.0%)

4 よりも幾分, よりも粗 2 は伝来, は傳來

▼ 金~ (12, 0.0%)

1 [12件] と間, のよう, の傾斜, の盛, の花, の黄, の黄色, の黄色い, や珍車, や純白, や黒百合, を初めて

▼ 金百両~ (12, 0.0%)

1 [12件] ずつを貸し渡される, ってえ, と交換, の分配, の調達, ほどな, も突き戻され, を受取っ, を寄附, を懐, 出そう, 御差し向け下され

▼ 金網戸~ (12, 0.0%)

2 を締めた 1 からまざまざ, があった, に眼光炯々, のところ, の前, の錠, の閉, の閉つた石段, は錠前, を開い

▼ 金鍍金~ (12, 0.0%)

2 の枝燭台, をした 1 がし, で包まれ, と, とルネッサンス式, などで飾り付け, の徽章, をし, をほどこした

▼ 金~ (12, 0.0%)

1 [12件] という武者振り, と共に韮崎, にヒラリ, に乗せ, に埋められた, の上, の大将, の白馬百頭, の若武者, の親衛隊, をかがやかせ, を乗せた

▼ 金ずし~ (11, 0.0%)

4 でひらめ 2 ですし 1 ですし数個, で平目, で食っ, で食事, のすし

▼ 金つき~ (11, 0.0%)

1 [11件] でおまけ, で内室, で後妻, で急がせる, で貰つて, の商略的結婚制度, の娘, の嫁, の箱, の靴, の靴下留め

▼ 金とが~ (11, 0.0%)

1 [11件] いる, おそらく我国, ただ一つ, どう云う, なお暗い, 今の, 何か, 何も, 私一人の, 行くさきざきで闘争, 近づくよう

▼ 金まう~ (11, 0.0%)

1 [11件] けと座長, けにしろ, けにもあきたらう, けに利用, けのたね, けのため, けの出来る, けの宗教, けはし, けをした, けをたくらんでる

▼ 金兵衛ら~ (11, 0.0%)

3 はよく 2 の行為 1 と共にあの, には一ノ関, のため, の忠志, の背後, はこの

▼ 金切聲~ (11, 0.0%)

2 をたて 1 が, が耳, が聞こえ, で, で叫んだ, で叱り附けた, といふもの, にわめき, を憎

▼ 金十円~ (11, 0.0%)

2 と書い 1 という席料, の無心, はそれぞれ区役所, もらつたこと, を盗みし, を盗み得, を盗む, を貰っ, 程を御

▼ 金千両~ (11, 0.0%)

1 [11件] が明日請負, そのほか太鼓判, と書いた, と書く, の耳, を出せ, を水戸様, を献上, を調達, 別に一分の太鼓判若干, 賜いしを

▼ 金~ (11, 0.0%)

1 [11件] から財宝, である本性, と銭箱, にもまして, に盛り, の上, や荷物, を把, を持った, を振, を掴ん

▼ 金売り~ (11, 0.0%)

4 の商人 3 吉次の 1 吉次が, 吉次などの, 吉次に, 吉次は

▼ 金牛宮~ (11, 0.0%)

2 ののぼる 1 あれば, に入る, に移り, の星これ, の頂, は主, は白羊宮, もきらめき出し, を過

▼ 金王丸~ (11, 0.0%)

1 [11件] がかさね, が和子たち, のごとき, はたしなめた, は星, は童, は鎌田三郎, もまた, も眼, や三郎, をはじめ

▼ 金雀花~ (11, 0.0%)

1 [11件] が匂っ, のほか, の中, の匂, の咲く, の敷藁, の茂み, や花, よ夢, を手, を照

▼ 金だの~ (10, 0.0%)

1 お前さんが, ダイヤモンドを, 仙丹だ, 土地だ, 慰藉料だの, 海原氏が, 肩書きだ, 袖の下という, 銀だの, 銀の

▼ 金づかひ~ (10, 0.0%)

2 の荒い, 奇麗に 1 が少し, が綺麗, が荒く, の具合, の荒く, は何

▼ 金でない~ (10, 0.0%)

1 か, かと疑い深く, ことは, し従来, と云, のです, ので私たち, ものは, 事だけは, 金を

▼ 金なし~ (10, 0.0%)

1 が多い, でいかに, では, で稼ごうと, で算盤, とのこと, に英濠間, の旅, 朝借り, 義人現れ

▼ 金なんて~ (10, 0.0%)

1 ありゃア, おりゃあ, かけて, ものは, ものを, 今時ある, 心配する, 忘れてると, 持つて, 腐った金

▼ 金をば~ (10, 0.0%)

1 ことごとく奢侈品, すべて費やし尽くした, モウ崩い, 世に, 惜しげなく, 惜しまない, 成る丈, 真実社会の, 藥餌の, 貧乏人に

▼ 金三郎様~ (10, 0.0%)

1 がお, が矢張謡曲, じゃ, ちょっと拝見, と申, に取られぬ, の御, の御意, も御, をお呼び寄せ

▼ 金募集~ (10, 0.0%)

1 が機会, が行われる, には上流貴婦人連, にも極めて, に乗り出した, に歩く, の広告, の手段, も悪く, をやる

▼ 金放れ~ (10, 0.0%)

3 がよくっ 2 のいい 1 がい, がどう, が悪い, はいい, もきれい

▼ 金~ (10, 0.0%)

1 か何, で人間, で門口, なら出來, なんで, のお蔭, のよう, の行方, をもち, を持つ

▼ 金蓮花~ (10, 0.0%)

2 の濡色あかし蟹 1 が小さい, が飾っ, とコスモス, など一緒くた, の畑地, の苗, の葉, はほとんど

▼ 金褐色~ (10, 0.0%)

2 の口髭, の髪, の髯 1 などいろんな, の幹, の栗, をした

▼ 金~ (10, 0.0%)

1 が静, では野暮, のはまっ, の一, の一ばん, の前, の筍, の部屋, や金屏風, を背景

▼ 金~ (10, 0.0%)

6 ひが 4 ひの

▼ 金青年~ (10, 0.0%)

1 と来る, に喰っ, に重い, の上, の心, の機嫌, の殺人犯人, の肩, は私, を知っ

▼ 金だけで~ (9, 0.0%)

1 すむ, できるもの, 一片の, 働く老, 埋め合せが, 戦が, 暮して, 正二郎に, 結構です

▼ 金でございます~ (9, 0.0%)

2 から 1 から死人, があれ切り, がこの, が兎, その金, ね, よ

▼ 金なんぞは~ (9, 0.0%)

1 あまり貯めない, あんまり欲しく, だまって, どうでも, 倒さに, 向うから, 欲しくねえ, 要らないから, 要らねえよ

▼ 金のみが~ (9, 0.0%)

1 作用した, 変動した, 彼らを, 法貨である, 用いられるならば, 英国農業者に対し, 貨幣として, 金を, 騰落を

▼ 金~ (9, 0.0%)

2 は又 1 が盛, につか, のため, の入寇, の来り, を夢みた, 到り告ぐる

▼ 金以外~ (9, 0.0%)

1 に多少, に幸福, に感激, に昂奮, に欲しい, に融通, の標準, の領分, 更に知識

▼ 金出し~ (9, 0.0%)

2 てくれ 1 てもらう, て俺, て買い, て買っ, て食う, て飼っ, などし

▼ 金~ (9, 0.0%)

1 おッさん, が三百円, である, とよばれた, と呼ばれた, のお父さん, はこ, はなに, は清々

▼ 金屬製~ (9, 0.0%)

4 の活字 1 の十字架, の容器類, の棒, の煖爐, の釣瓶

▼ 金毛九尾~ (9, 0.0%)

4 の狐 1 となっ, となる, の古狐, の妖獣, の悪

▼ 金百円~ (9, 0.0%)

1 でよろしい, に引換, の授受, の沙汰即日四方, を口, を渡した, を請求, 及び御礼, 貸す

▼ 金~ (9, 0.0%)

1 でむす, で貧乏公卿, に替え, の利, をむさぼり, を奪う, を納めさす, を與, を運ん

▼ 金紙銀紙~ (9, 0.0%)

2 の細かく 1 の星, の蝶, はみな南清, を用, を神前, を細く, を買っ

▼ 金雀子街~ (9, 0.0%)

1 で不意, で姿, と銅像, のその, の他人, の方角, の道, へ帰っ, を歩い

▼ 金鱗湖~ (9, 0.0%)

1 という名前, という小さい, という小池, とかその, などという池, のすぐ, の水, の鯉, を思い出した

▼ 金あり~ (8, 0.0%)

2 身に 1 かい, げに, てはじめ, や何處, 位ある, 親は

▼ 金ある~ (8, 0.0%)

1 から帰り, のか, のみ, 内と, 爲めに, 者にとっては, 者は, 路銀の

▼ 金かん~ (8, 0.0%)

2 ざしを 1 ざし, ざしいちいち, ざしだったので, ざしである, ざしなどを, ざし銀かん

▼ 金その~ (8, 0.0%)

1 あさのひとときにも, あとは, ふむ土, ほか悉皆, 前に, 年の, 次に, 物に

▼ 金であった~ (8, 0.0%)

1 けれど老人, ことに, ということ, というで, と見える, のが, のだろう, のを

▼ 金どん~ (8, 0.0%)

2 のお母さん, の親方 1 はあんまり, は学者, もやつぱり生埋め, も親指

▼ 金などが~ (8, 0.0%)

1 あらうとは, 二度もと, 出して, 小石の, 巻いて, 私の, 窓に, 陳列され

▼ 金ほど~ (8, 0.0%)

1 ご貸与くだ, つまらないもの, でございましょうか, 卑しいもの, 可愛いもの, 大切な, 尊いもの, 重んじた場合

▼ 金もの~ (8, 0.0%)

2 の熱 1 がさびる, のいれ, のキリスト, の柄, を叩いてる, 屋松の

▼ 金~ (8, 0.0%)

5 銀よ 1 お前も, 釘よと, 銀よか

▼ 金三百円~ (8, 0.0%)

1 ありまするじゃ, である, と蝶子, のコヅカイ, をもって開店, を醵出, 借りて, 呉れた

▼ 金~ (8, 0.0%)

1 がひとり, の涙, は両手, は中腰, は答えず, は非番, や蜂屋頼隆, や頼隆

▼ 金性水~ (8, 0.0%)

21 と呼ぶ, の所, の方, まで汲み, を汲み, を飲み

▼ 金~ (8, 0.0%)

2 の家 1 という男, にはまだ, に別れ, はもう, は旧主, は興哥

▼ 金棒引~ (8, 0.0%)

2 の女房 1 が二人, なんかがその, になった, の木遣, の連中, もこの

▼ 金椎君~ (8, 0.0%)

1 だ, でありました, にでもことわっ, は今, は料理, は話した, も待っ, を見舞っ

▼ 金~ (8, 0.0%)

7 の蜘蛛 1 の蜂

▼ 金銀貨~ (8, 0.0%)

1 が埋, と同じ, の積込み, の重み, や玉石, を求め, を盛り, 併せて

▼ 金~ (8, 0.0%)

3 打った飾り駕籠 2 を打った 1 ちりばめし華美, の金具, の駕

▼ 金錢上~ (8, 0.0%)

1 のこと, の不自由, の單位, の恐怖, の締めくくり, の責任, の關係, 又は他

▼ 金龍山下~ (8, 0.0%)

1 にむかった, に清元, の師匠, の延津弥, の方角, の日蔭, へむかった, をたずねた

▼ 金であっ~ (7, 0.0%)

1 たりした, てみれ, てももし, ても金粉, てドル, て外, て彼

▼ 金でなく~ (7, 0.0%)

1 てその, て何, て物, 他より, 君が, 水でなく, 眞心の

▼ 金としては~ (7, 0.0%)

1 値打が, 充分であろう, 多額の, 思う壺, 流用には, 自分の, 高の

▼ 金とに~ (7, 0.0%)

1 くるまった人物, 埋つて, 彩られたる世界, 比すれば, 溢れて, 腹一杯なる, 若い君

▼ 金なく~ (7, 0.0%)

1 して, ていや, てかな, ては学問, とも氏子みな入費, 本意ならず, 背景なく

▼ 金なり~ (7, 0.0%)

1 といへる世, の格言, 云々, 君の, 品物を, 奨励金なりを, 金は

▼ 金について~ (7, 0.0%)

1 あんまりいい, ひどいこと, 一言も, 歌ふこ, 相談を, 石村さんは, 考えて

▼ 金に対して~ (7, 0.0%)

1 いかなる態度, 一般的論議から, 丁寧に, 人類を, 売れない限り, 大した影響, 病院や

▼ 金のく~ (7, 0.0%)

1 びかざり, びかざりです, びかざりをもって煙突から, びかざりを持っ, びかざりを見つけ, びわを, めんを

▼ 金または~ (7, 0.0%)

2 銀の 1 喜捨の, 獣に, 獣は, 輸入奨励金貨物に対する, 銀を

▼ 金むく~ (7, 0.0%)

2 の豹の 1 の豹が, の豹と, の豹は, の豹を, の身の

▼ 金モウケ~ (7, 0.0%)

1 といっ, に精根, の一念, の当て, はこういう, はミジン, をする

▼ 金一万円~ (7, 0.0%)

1 あるはず, が鍵, ゐると, を主人, を学術振興会, を投げ与, を贈呈

▼ 金一両~ (7, 0.0%)

2 に米三俵 1 で二両一分, という画料, の割, の相場, を銀四十匁位

▼ 金~ (7, 0.0%)

1 が還っ, といふ道具屋, のみで, の復命, の言う, は帰っ, を退かせ

▼ 金三百両~ (7, 0.0%)

1 ずつを下し置かれる, の借用証書, の頼母子講, を借り, を持出した, を貸し, 引出して

▼ 金三郎さん~ (7, 0.0%)

1 が變, と久太郎さん, と甥, と番頭, と言, は二十五, は店二階

▼ 金使~ (7, 0.0%)

1 てしもたら, ひが, ひでしたから, ひについて, ひの, ひは, ふと承知

▼ 金兵衛殿~ (7, 0.0%)

2 を探し 1 とでございました, とは巻き, と京丸, は, を助け出せ

▼ 金~ (7, 0.0%)

1 であ, と認められる, の量天尺, はほどなく, をうしろ, を佩びて, を賜わった

▼ 金~ (7, 0.0%)

1 がにわかに, としずか, にかこまれ, に気, の上, の美, をなすりつけ

▼ 金~ (7, 0.0%)

2 の馬標 1 が二本, の馬印, の馬簾, の馬簾一つ, 或は予

▼ 金指輪~ (7, 0.0%)

1 のとなり, の光る, や金時計, をでも, を一つ, を見付けた, を買っ

▼ 金~ (7, 0.0%)

1 うたです, に失敗, め, も金, 少年を, 業者の, 道具の

▼ 金木綿~ (7, 0.0%)

3 の袋 2 の風呂敷 1 の布巾, の財布

▼ 金殿~ (7, 0.0%)

1 に反古張り, の勾欄, の夢, の奥, の奧, の裏, を空想

▼ 金~ (7, 0.0%)

3 青眉 2 の黒鷲 1 がトロトロ, の夜叉

▼ 金~ (7, 0.0%)

2 を投げ捨て 1 が軽, には五百兩入つて, の中, の千兩, を埋める

▼ 金~ (7, 0.0%)

2 の簪 1 で髷, など名づけ, にはっしと, のついた, の後簪

▼ 金~ (7, 0.0%)

1 がどう, が石炭現場, が積極的, では自分, にか, の悪, の態度

▼ 金覆輪~ (7, 0.0%)

3 の鞍 1 に噴きいづる, のお, の華魁, の馬具

▼ 金~ (7, 0.0%)

2 の睫 1 に看護婦等, に血走った, に見, に覗き込む, に親仁

▼ 金~ (7, 0.0%)

3 の制服 1 であった頃, の書生, の服, へ不審

▼ 金~ (7, 0.0%)

1 には傷一つ, の下, はあたかも, は破れず, もまた, も伸び, を突通した

▼ 金馬君~ (7, 0.0%)

1 が, がこの, なり正蔵君, のところ, の家, はようやく, は旭日昇天

▼ 金龍姐さん~ (7, 0.0%)

1 が客人, が現れた, のジロリ, の凄腕, の幕僚, は例, は案外

▼ 金こそ~ (6, 0.0%)

1 ありませんが, 全く血, 妻の, 戦死者未亡人その, 提供しない, 皆無なれ

▼ 金だけの~ (6, 0.0%)

1 値打の, 問題じゃ, 問題だ, 愛想は, 目的じゃ, 素兜に

▼ 金までも~ (6, 0.0%)

1 おしみながら, ぬすんだもの, 供給する, 出して, 娘の, 持出したを

▼ 金~ (6, 0.0%)

1 があらわれ, だろうけれど, な代物, になる, のもの, らしい二枚裏

▼ 金モオル~ (6, 0.0%)

1 がこてこて, などが光っ, のついた, の軍人, の附いた, の飾緒

▼ 金五両~ (6, 0.0%)

1 に件, の割合, の謝礼, をたばかり, をとどけ, を渡した

▼ 金五十両~ (6, 0.0%)

2 を出し 1 やつて, を与える, を所持せり, を持ち出し

▼ 金伽羅童子~ (6, 0.0%)

1 が吹いた, で歌, と制, の冴えた, の尺八, は尺八

▼ 金借り~ (6, 0.0%)

1 て戻る, にけり, に来り, に行った, に走りまわらんなら, の連中

▼ 金十両~ (6, 0.0%)

1 くれるって, ずつ出し合っ, であったが, の莫大, をつつん, 借りたいが

▼ 金~ (6, 0.0%)

1 がまだ, では, の前, の角, は寝, 即ち金子善兵衛方

▼ 金~ (6, 0.0%)

1 その気候, だ, という組み合わせ, と出勤, と外出, の五行

▼ 金~ (6, 0.0%)

2 祖の 1 定明昌の, 牙は, 祖と, 祖は

▼ 金天狗~ (6, 0.0%)

2 に火 1 という順序, の燃えさし, やカメレオン印, を出し

▼ 金屬器~ (6, 0.0%)

3 の時代 1 にはひる, を使ふように, ヲ使用スル時

▼ 金~ (6, 0.0%)

2 の小説 1 という人物, という署名, なる人物, の

▼ 金椎少年~ (6, 0.0%)

1 が一心に, が例, の祈り, の祈ろう, はこの, は駒井

▼ 金~ (6, 0.0%)

1 から取戻し, から娘, が拾い上げ, などの手, に存在, は怒

▼ 金火箸~ (6, 0.0%)

1 で篝火, や大根, を取っ, を把, を持っ, 見たよう

▼ 金生水~ (6, 0.0%)

1 といえり, とは金, とは鉱山, なり, の相生, の説明

▼ 金碧燦爛~ (6, 0.0%)

1 たる壁画, たる極彩色, たる永福寺, たる裝飾, としてい, として何とも

▼ 金箍棒~ (6, 0.0%)

1 や羅刹女, をふるう, を二三遍ビュービュー, を取出し, を打ち振ふ, を揮っ

▼ 金箪笥~ (6, 0.0%)

3 に手 1 の中, の内, へ手

▼ 金翅雀~ (6, 0.0%)

1 が飛び廻っ, が飛ん, ときには山雀, のいた, や雀, を見る

▼ 金胎両部~ (6, 0.0%)

1 あるいは神仏同体, なぞの教え, の信仰, の打破, の蓮華蔵海, の霊場

▼ 金~ (6, 0.0%)

2 を真に 1 がある, が化學, に興味, の

▼ 金解禁後~ (6, 0.0%)

2 の經濟界 1 に政府, の今日, の國民, の推定相場

▼ 金詐欺~ (6, 0.0%)

1 が発生, でない限り普通, ということ, と見, はあながち, を始め

▼ 金象嵌~ (6, 0.0%)

1 されて, した極彩色, の小柄, の笄, の鍔, は殿堂

▼ 金象眼~ (6, 0.0%)

2 の愁 1 したる種子島, のし, を実際, を掘出し

▼ 金~ (6, 0.0%)

1 と重み, に好配, のもの, の検査, は潮, をためす

▼ 金~ (6, 0.0%)

1 がきらきら, でも入れてなかつた, をきらきら, を光らせ, を入れ, 入れた高利貸

▼ 金およそ~ (5, 0.0%)

1 一万五千円, 一千三十万円, 一千百三十四万円, 九万八千円, 四千七百万円

▼ 金かを~ (5, 0.0%)

2 ぢやら 1 取って, 市場に, 手ざわりで

▼ 金ぐらい~ (5, 0.0%)

1 お貰いでござろう, きっと斬れ, だろう, 出しますよ, 廻わして

▼ 金これ~ (5, 0.0%)

1 だけの代物, は私ら, も負けず, を三七郎殿, を僕

▼ 金~ (5, 0.0%)

2 恨めしきは 1 くの, 隠れたる, 隱れたる

▼ 金だけが~ (5, 0.0%)

1 万能だ, 剰って, 問題じゃ, 欲しかった, 笹波の

▼ 金だけを~ (5, 0.0%)

1 引浚って, 当て草鞋, 肌身に, 貰って, 送つたン

▼ 金だろう~ (5, 0.0%)

1 か, から盆, が, と松井, な

▼ 金~ (5, 0.0%)

1 あんたはんまだ, そない, どのくらい, ものは, やつが

▼ 金ない~ (5, 0.0%)

1 だろう, と言っ, 気の毒です, 米を, 金ない

▼ 金などの~ (5, 0.0%)

1 あるため, ある筈, じきに, 並んだ中, 色で

▼ 金により~ (5, 0.0%)

1 受ける利益, 多くの, 生じたもの, 生ずる所, 育てられた人口

▼ 金による~ (5, 0.0%)

1 事が, 對支文化事業調査委員會及び, 復讐を, 腐敗女と, 貨物の

▼ 金のみ~ (5, 0.0%)

21 おすぢ, おすぢ即, 五十両

▼ 金~ (5, 0.0%)

1 一部ナノデアル, 刺シ違ヒ, 御幣, 用意ガ不足シタ, 融通ガ悪

▼ 金モウル~ (5, 0.0%)

1 だ, の手, の日の丸, の飾り, を巻きつけ

▼ 金~ (5, 0.0%)

4 猶虫 1 の精金

▼ 金二分~ (5, 0.0%)

1 ずつ取立て, とか金半分, と銭百六十文, に売り, 持て来い水引

▼ 金二百円~ (5, 0.0%)

1 とを貰っ, とを送っ, のテンプラ, の増額, を新聞包み

▼ 金二駄~ (5, 0.0%)

1 と言, ならば, は安から, を少し, を身の代

▼ 金五円~ (5, 0.0%)

1 しかしない, はテーマ譲渡料, をその, を貰い, 呉れ

▼ 金五郎たち~ (5, 0.0%)

1 がお, が若い, の入っ, の聞いた, を大広間

▼ 金以上~ (5, 0.0%)

2 のもの 1 に或は, の価値, の趣味

▼ 金光り~ (5, 0.0%)

2 のする 1 に見え, の眼, を放つ

▼ 金六親分~ (5, 0.0%)

1 がその, が附い, ではタガ, はた, は鬼

▼ 金兵衞さん~ (5, 0.0%)

1 が私, と申します, に留守, に訊い, は

▼ 金剛千早~ (5, 0.0%)

3 の日 1 ではめざましい, もなかなか

▼ 金剛蜻治~ (5, 0.0%)

1 が横槍, は自分達, は警察署, も別荘番, を表面助手

▼ 金十万円~ (5, 0.0%)

1 という数字, のお, の寄付, を与えよう, を支払う

▼ 金太ちゃん~ (5, 0.0%)

1 あの, が一番先, にはこの, も杉夫, やお仙ちゃん

▼ 金~ (5, 0.0%)

1 と白薔薇, の下生え, の冠, の林, もて飾り付け

▼ 金学甫~ (5, 0.0%)

1 が案内, が裏, が髪, とともに三人正面, と談笑

▼ 金~ (5, 0.0%)

1 つかはし, 借用被, 出被, 寄贈以来は, 渡しに

▼ 金~ (5, 0.0%)

1 がよろしい, なるにより, のたま, のわが, の肉

▼ 金払い~ (5, 0.0%)

1 がわるい, が極めて, のわるい, はけち, をキチン

▼ 金持っ~ (5, 0.0%)

1 ていた, て来い, て行かな, て行き, て逃げ

▼ 金文字入り~ (5, 0.0%)

1 の扉, の書, の洋書, の自動車, の黒い

▼ 金~ (5, 0.0%)

1 があり, の面, はそれ, は怒っ, をいさめた

▼ 金槐和歌集~ (5, 0.0%)

1 といふ名前, とのち, とも称せられた, と呼ばれた, などより始め

▼ 金槐集~ (5, 0.0%)

1 に見え, のこと, は最近, をあはれ, をお

▼ 金次郎~ (5, 0.0%)

1 という, といった, に向け, の袷, を選び出させ

▼ 金~ (5, 0.0%)

1 でも, と限っ, の匂, はやや, を溶きはじめた

▼ 金~ (5, 0.0%)

2 を着け 1 の倭, の馬與, をつけし

▼ 金糞ヶ岳~ (5, 0.0%)

1 それから若, といふの, へは真ん中, へ登ろう, へ登頂

▼ 金細工師~ (5, 0.0%)

1 の店, の店先, の手, はその, はそれ

▼ 金~ (5, 0.0%)

2 は其の 1 にやる, は中, は賢い

▼ 金蒔繪~ (5, 0.0%)

1 が黄金色, で一々, で散らした, の代物, の立派

▼ 金詐取~ (5, 0.0%)

3 の目的 1 の放火, の罪

▼ 金語楼君~ (5, 0.0%)

1 とに旅費その他, なり金馬君, には報知講堂, の, はその

▼ 金造り~ (5, 0.0%)

1 の大小, の脇差, の長い, の長物, の陣刀

▼ 金~ (5, 0.0%)

1 が参りまし, が向い, きたるっていう, というもの, なしと

▼ 金部屋~ (5, 0.0%)

1 である, でございます, にはいつも, の光景, へ引き返し

▼ 金金具~ (5, 0.0%)

1 が指, が贅沢, で美々しい, のついた, の車

▼ 金~ (5, 0.0%)

1 が泣きふるえ, の百鬼, もて結髪, を抜い, を挿した

▼ 金鎖草~ (5, 0.0%)

2 の花房 1 が丈, の枝垂れた, の蔓

▼ 金門湾~ (5, 0.0%)

2 を解纜 1 には百艘以上, に入った, を廻っ

▼ 金雁橋~ (5, 0.0%)

1 のかたわら, の畔, はめちゃめちゃ, も実は, をこえる

▼ 金~ (4, 0.0%)

1 めえ, 四分ニ割り一分ハ大村の, 恵みを, 渡しを

▼ 金かも~ (4, 0.0%)

1 しれないが, しれんぞ, 知れない, 知れないほど

▼ 金がは~ (4, 0.0%)

1 いつてる, ひると, ひるの, 時計を

▼ 金ぐさり~ (4, 0.0%)

1 をからませた, をぐるぐる, をまきつけ, を巻きつけた

▼ 金しゅう~ (4, 0.0%)

1 どうだ, も早く, 早く来い, 起きろやい

▼ 金すら~ (4, 0.0%)

1 いつ紙屑同然, なかった, なしと, 容易に

▼ 金そのもの~ (4, 0.0%)

1 が儲かる, と全く, よりも鍛冶富, をふやさなけれ

▼ 金それ~ (4, 0.0%)

1 に引替え, をあなた, をやかましく, を隠し置きまする

▼ 金~ (4, 0.0%)

1 氣が, 氣だけは, 氣と, 氣の

▼ 金てこ~ (4, 0.0%)

2 を持っ 1 があたる, をもっ

▼ 金であろう~ (4, 0.0%)

1 が, とそこ, とも新, と銀

▼ 金なき~ (4, 0.0%)

2 に因 1 ものは, 時は

▼ 金なる~ (4, 0.0%)

1 にアダモ, ものが, を知る, 時ん

▼ 金なんかに~ (4, 0.0%)

1 冷淡すぎる, 迷ってや, 迷わされは, 釣られて

▼ 金については~ (4, 0.0%)

1 あなたは, ひとに, 一年間の, 嘘を

▼ 金にでも~ (4, 0.0%)

1 なるやう, なるよう, 困って, 引き換えないし

▼ 金~ (4, 0.0%)

2 たんを 1 たんの, たんは

▼ 金めつき~ (4, 0.0%)

1 かも知れない, の懐中時計, の看板, をした

▼ 金よりは~ (4, 0.0%)

1 その腰, 尺に, 気持だ, 義が

▼ 金らん~ (4, 0.0%)

1 の上下, の丸帯, の丸帶, の帽子

▼ 金をと~ (4, 0.0%)

1 つた実, つて店を, 内心疑っ, 後悔に

▼ 金テコ~ (4, 0.0%)

1 でたたき割っ, でぶちのめす, で打破っ, で火

▼ 金一千円也~ (4, 0.0%)

1 と書きたる, の香料, をもらった, を封入

▼ 金三万円~ (4, 0.0%)

1 と認定, の損害賠償, を昭和二十三年十月二十日以降, を紙

▼ 金三十両~ (4, 0.0%)

1 ずつやる, を出し, 持って, 遣ると

▼ 金三千両~ (4, 0.0%)

1 だけ用達, という高い, を借用, を寄進

▼ 金二郎様~ (4, 0.0%)

1 が逝去, でございましょうが, なき後, にもしも

▼ 金五十銭~ (4, 0.0%)

1 ぐらいのもの, それだけ全部, に砂糖折, を入れるなり

▼ 金五百両~ (4, 0.0%)

1 に売り払いたい, はさし上げる, は其方様, を得た

▼ 金作り~ (4, 0.0%)

2 の鶏 1 が多かっ, なるを

▼ 金~ (4, 0.0%)

1 じゃ, とも三十四種, を背負っ, を説明

▼ 金全部~ (4, 0.0%)

1 とられて, の十円, を周三, を1

▼ 金六町~ (4, 0.0%)

2 のしがらき 1 の家, の方

▼ 金六郎~ (4, 0.0%)

1 から證文, から買, で津志田家, といふ名題

▼ 金剛山寺~ (4, 0.0%)

1 では彼, では正成, へまいる, へ登っ

▼ 金剛氏~ (4, 0.0%)

1 と不義関係, の手, は, は特にそう

▼ 金剛葛城~ (4, 0.0%)

1 そして峰, の山波, の峰々, まで呼びかける

▼ 金十郎様~ (4, 0.0%)

1 が倅, のお, の倅, の倅金太郎

▼ 金~ (4, 0.0%)

1 に深紅, の上, の屏風, の紅玉

▼ 金多く~ (4, 0.0%)

1 持てるを, 新聞だけでも, 積むとも, 費し給

▼ 金太夫さん~ (4, 0.0%)

1 がいろいろ, はた, は中学校, は茂丸

▼ 金太郎さん~ (4, 0.0%)

21 の夢, の本

▼ 金~ (4, 0.0%)

1 がその, へ, ほ易, を搦め

▼ 金州城~ (4, 0.0%)

1 の外壁, の陥落, へ向, を陥れた

▼ 金左衛門~ (4, 0.0%)

1 が名馬, は, は厩, も通り名

▼ 金~ (4, 0.0%)

2 の上 1 のうえ, を打ち鳴らす

▼ 金御用達~ (4, 0.0%)

1 があつ, の藤屋萬兵衞, まで承っ, を勤め

▼ 金応瑞~ (4, 0.0%)

1 に国, は大いに, は義州, は高々

▼ 金~ (4, 0.0%)

1 というもの, の輩, も亦, を紀善

▼ 金~ (4, 0.0%)

1 でピカピカ, に目, に縁, の点

▼ 金~ (4, 0.0%)

3 の小屋 1 岩と

▼ 金拾円~ (4, 0.0%)

1 がとこチヨロマカ, は為持, を同所, 御郵送

▼ 金~ (4, 0.0%)

1 でも動かない, のよう, の手, を持ち

▼ 金故に~ (4, 0.0%)

2 妻を 1 大切に, 苦勞する

▼ 金~ (4, 0.0%)

2 の二人 1 が能, の徒

▼ 金格子~ (4, 0.0%)

1 で囲った, の東海棲, の東海樓, の門衛室

▼ 金梨地~ (4, 0.0%)

1 か何, の六曲屏風, の蒔絵, を見る

▼ 金~ (4, 0.0%)

1 がカタカタ, が腰, だの木槽, に盛り上げ

▼ 金~ (4, 0.0%)

1 の例, へよばれ, へ招かれ, へ行く

▼ 金欲し~ (4, 0.0%)

2 さに 1 さとの, やの一念

▼ 金~ (4, 0.0%)

2 に至る 1 となし, 即ち加羅國

▼ 金烏帽子~ (4, 0.0%)

1 をかぶせた, をはね上げなさった, を手, を跳ね上げた

▼ 金煙管~ (4, 0.0%)

1 に手炉, に持, の莨, を脂下がり

▼ 金燈籠~ (4, 0.0%)

1 からちらつく, に類したる, の光, や真鍮

▼ 金甲神~ (4, 0.0%)

2 の姿 1 が勇ましく, が雲気

▼ 金眸大王~ (4, 0.0%)

1 が御内, が洞, と名乗り, に事

▼ 金硫黄~ (4, 0.0%)

2 と塩酸加里 1 という薬, と云

▼ 金科玉條~ (4, 0.0%)

1 としてゐた, として立てられる, と奉じ, と心得

▼ 金~ (4, 0.0%)

2 の響 1 が鳴る, の音聞ゆ

▼ 金~ (4, 0.0%)

1 のあらゆる, のこと, はこれ, はまず

▼ 金羊毛~ (4, 0.0%)

1 で故国, の名, の舞踊室, の踊子

▼ 金胎寺~ (4, 0.0%)

1 だった, などの峰々, へ入られた, を経

▼ 金~ (4, 0.0%)

2 はいかが 1 とか疝気膏, とか疝氣膏

▼ 金若干~ (4, 0.0%)

1 を与え, を得つ, を投入, を貰う

▼ 金蜘蛛~ (4, 0.0%)

1 が呂宋兵衛, だった, のよう, は壁

▼ 金~ (4, 0.0%)

1 がワン, が飛び廻っ, の群, まで話

▼ 金語楼劇団~ (4, 0.0%)

1 が出てる, といふの, を千秋楽, を見

▼ 金起さん~ (4, 0.0%)

1 と二人, は横浜, も一緒, も先ア

▼ 金~ (4, 0.0%)

1 があつ, では歩み, なども猫, のほか

▼ 金送れ~ (4, 0.0%)

2 か, とそれから

▼ 金~ (4, 0.0%)

1 が風, を受け, を抜い, を見まもっ

▼ 金~ (4, 0.0%)

1 の丈長, の筋, の箔, までの小さな

▼ 金~ (4, 0.0%)

1 とか漠然と, は鑛石一斤, もある, を碎いた

▼ 金門公園~ (4, 0.0%)

1 がある, で会った, の不思議, を抜け

▼ 金集め~ (4, 0.0%)

2 ながら役僧 1 に三十六年ぶり, の帽

▼ 金飾り~ (4, 0.0%)

1 あるいは銀飾り, のついた, の美しい, を鳴らした

▼ 金~ (4, 0.0%)

1 が泣く, で有名, の見える, は棟

▼ 金~ (4, 0.0%)

2 の鯉 1 にし, を重く

▼ 金~ (3, 0.0%)

1 こう循環しな, 持ってねえと, 持つて

▼ 金あつめ~ (3, 0.0%)

1 のいちばん仕舞い, の仕事, の奉加帳

▼ 金あれ~ (3, 0.0%)

1 はなお, ば明日, ば江戸

▼ 金かと~ (3, 0.0%)

1 問いは, 幾が, 思ふよう

▼ 金くぎ流~ (3, 0.0%)

1 でした, でそう, のおぼつかない

▼ 金さんお前~ (3, 0.0%)

1 が附い, の彫, もそんな

▼ 金だつた~ (3, 0.0%)

1 がそれでも, んだ, んです

▼ 金ちや~ (3, 0.0%)

1 ん, んおいで, んお礼

▼ 金~ (3, 0.0%)

2 気などは 1 気とは

▼ 金づか~ (3, 0.0%)

1 いも悪く, いも日と共に, ひでは

▼ 金であれ~ (3, 0.0%)

1 ば一家, ば時々, ば死罪

▼ 金でさえ~ (3, 0.0%)

1 あたかも何物, ついには, 癇に

▼ 金でなけれ~ (3, 0.0%)

1 ばならない, ばビタ一文, ば世の中

▼ 金での~ (3, 0.0%)

1 お嬢さん面なら, 一三〇磅と, 支払を

▼ 金とて~ (3, 0.0%)

1 五万か, 少額な, 御三家などと

▼ 金とで~ (3, 0.0%)

1 それを, 三人は, 寝て

▼ 金と金~ (3, 0.0%)

1 とのつぎ目, との触れ合う, と触れ合う

▼ 金などという~ (3, 0.0%)

1 のも, ような, 体裁の

▼ 金なども~ (3, 0.0%)

1 綺麗に, 要らず別に, 銀行や

▼ 金なりと~ (3, 0.0%)

1 ある, 心得義理, 諺にも

▼ 金なりという~ (3, 0.0%)

1 ことに, 比喩との, 言葉を

▼ 金なれ~ (3, 0.0%)

1 ど鑄, ばこそ一銭, ば狐

▼ 金なんかを~ (3, 0.0%)

1 もらったらうち, 内々廻す, 廻して

▼ 金についての~ (3, 0.0%)

1 わがままも, 利子勘定の, 素子の

▼ 金によ~ (3, 0.0%)

1 つてもとめ得る, つて女給を, つて復讐したい

▼ 金に対し~ (3, 0.0%)

1 ヨオロッパによって, 一封度の, 大なる

▼ 金に関する~ (3, 0.0%)

1 スミス博士の, 民人には, 章におけるほど

▼ 金ぬり~ (3, 0.0%)

1 のりっぱ, の女神像, の馬車

▼ 金のね~ (3, 0.0%)

1 うちとしても, うちは, うちを

▼ 金ばかりに~ (3, 0.0%)

2 気を 1 かじりつく

▼ 金びら~ (3, 0.0%)

1 のきれる, をきっ, 切って

▼ 金ぶつ石~ (3, 0.0%)

2 ぼとけヤレ 1 ぼとけ

▼ 金また~ (3, 0.0%)

1 金さ, 銀に, 銀を

▼ 金もっ~ (3, 0.0%)

1 てへん, て来い, て行った

▼ 金もて~ (3, 0.0%)

1 來し, 瓦師より, 買いし道具

▼ 金ゆえ~ (3, 0.0%)

1 すぐよっしゃとはさすがに, に失った, に首くくり

▼ 金らしい~ (3, 0.0%)

1 ぜ, ものは, 金は

▼ 金~ (3, 0.0%)

1 なくったって, 出せ, 遣わせるでもねエ

▼ 金ダライ~ (3, 0.0%)

1 に梅干, のあり, は元

▼ 金ペン~ (3, 0.0%)

1 と小さい, はありませんです, を用いた

▼ 金メツキ~ (3, 0.0%)

1 の一つ, の時計, の片側

▼ 金~ (3, 0.0%)

1 に銀十三, に銀十内外, は銀

▼ 金一つ~ (3, 0.0%)

1 しかない, でもあれ, 取り出して

▼ 金一円也~ (3, 0.0%)

1 をくれる, を借り, を送っ

▼ 金一枚~ (3, 0.0%)

1 をさし上げます, を載せ, 借りると

▼ 金一般~ (3, 0.0%)

2 に対する反対論 1 に対して持ち出し

▼ 金~ (3, 0.0%)

2 は相当 1 只利息

▼ 金三両~ (3, 0.0%)

1 で此難, のご, を貸した

▼ 金三円~ (3, 0.0%)

1 の年極購読予約券, ばかりなり, やる

▼ 金三十円~ (3, 0.0%)

1 なり, に換, の内

▼ 金三枚~ (3, 0.0%)

1 ご寄進, を取出し, を奉納

▼ 金不足~ (3, 0.0%)

2 の階級者 1 だったとき

▼ 金之進~ (3, 0.0%)

1 の夜遊び, の死骸, は何處

▼ 金亀子~ (3, 0.0%)

1 のよう, の一種, 擲つ闇

▼ 金事件~ (3, 0.0%)

1 がめでたく, に推定, を全部八五郎

▼ 金~ (3, 0.0%)

1 にも金, に金, も金

▼ 金二十両~ (3, 0.0%)

1 お貸し, とを貰っ, を用立てた

▼ 金二十円~ (3, 0.0%)

1 を投入, 借りに, 送りましたから

▼ 金二十銭~ (3, 0.0%)

1 しかない, 借るそれ, 払った

▼ 金二千両~ (3, 0.0%)

1 しかない, の天目茶碗, もした

▼ 金二朱~ (3, 0.0%)

1 を持つ, を裹, を貰うた

▼ 金五十円~ (3, 0.0%)

1 ないし百円, なりをとりかえし, ほどずつを持ちだし

▼ 金五郎さんあたし~ (3, 0.0%)

1 の, のこの, の一生

▼ 金五郎親分~ (3, 0.0%)

1 が酒, と岩吉さん, の裏

▼ 金~ (3, 0.0%)

1 のエタ, の女流詩人, の郵便物

▼ 金仙花~ (3, 0.0%)

1 と赤い, の間, を減し

▼ 金代り~ (3, 0.0%)

1 に受け取った, に嫁入口, に持たし

▼ 金全額~ (3, 0.0%)

1 といったら, を使い果し, 支払って

▼ 金八十両~ (3, 0.0%)

1 であるが, というもの, を盗ませた

▼ 金六兄哥~ (3, 0.0%)

1 が持て, その番頭, その番頭さん

▼ 金兵衛なぞ~ (3, 0.0%)

1 が第, は一足飛び, は驚い

▼ 金兵衛ら三人~ (3, 0.0%)

1 の暗殺者, の行為, をどう

▼ 金兵衛ら三名~ (3, 0.0%)

1 が親, は暗殺, を訊問

▼ 金兵衛方~ (3, 0.0%)

1 ですら, に亡くなった, へ集まっ

▼ 金兵衞夫婦~ (3, 0.0%)

1 で死骸, は心配, は憎い

▼ 金冬心~ (3, 0.0%)

1 が一幅, などの枯淡, や石濤

▼ 金刀比羅~ (3, 0.0%)

1 の境内, の滝, 大明神

▼ 金~ (3, 0.0%)

2 ごえを 1 ごゑと

▼ 金切れ~ (3, 0.0%)

1 が綺麗, なんぞく, もわるい

▼ 金~ (3, 0.0%)

1 だからね, とが周期的, とを二人

▼ 金剛先生~ (3, 0.0%)

2 の小町 1 は次

▼ 金剛杵~ (3, 0.0%)

1 とをもっ, の如く, を執っ

▼ 金十郎樣~ (3, 0.0%)

1 が伜, の伜, の伜金太郎

▼ 金十銭~ (3, 0.0%)

1 で買え, の, ばかり戴いた

▼ 金~ (3, 0.0%)

1 桂四四歩まで, 金同, 馬三八王二六歩二七歩四八銀まで

▼ 金唐草~ (3, 0.0%)

1 に朝, に樫板, の頸長瓶

▼ 金商人~ (3, 0.0%)

1 だの但馬, として過去, の吉次

▼ 金坊お前~ (3, 0.0%)

1 ええのけ, やめとけよ, を鉄砲

▼ 金~ (3, 0.0%)

1 両三分借用申処実正, 両二分, 両借用申処実正

▼ 金~ (3, 0.0%)

1 な眼, の内, 又は借

▼ 金~ (3, 0.0%)

1 であった, でした, と云う

▼ 金太さん~ (3, 0.0%)

1 かもわかりません, が飛ん, の絵

▼ 金太郎様~ (3, 0.0%)

1 が江島屋, とも言, 御最期

▼ 金~ (3, 0.0%)

1 そんなこと, のこと, の三煩悩

▼ 金~ (3, 0.0%)

2 の役 1 は一手

▼ 金~ (3, 0.0%)

1 でもこの, にも力尽, にも及ばぬ

▼ 金~ (3, 0.0%)

1 では一枚, には一口, の平役以下

▼ 金屬性~ (3, 0.0%)

1 のブラシ, の力, の響

▼ 金屬板~ (3, 0.0%)

2 の穴 1 をたて

▼ 金~ (3, 0.0%)

2 の山 1 の尖端

▼ 金左衛門邦純~ (3, 0.0%)

1 であった, となった, とならない

▼ 金御幣~ (3, 0.0%)

2 の馬印 1 も奪った奪った

▼ 金御用~ (3, 0.0%)

1 とかあるいはまたは, も勤め苗字帯刀, をも勤め

▼ 金成君~ (3, 0.0%)

1 だった, はそれから, をご

▼ 金才覚~ (3, 0.0%)

1 して, に参っ, 致して

▼ 金払っ~ (3, 0.0%)

2 てくれ 1 て連れ

▼ 金拝借~ (3, 0.0%)

1 はなりますまい, 仕候処, 致し度い

▼ 金~ (3, 0.0%)

2 に恥ぢ 1 であると

▼ 金~ (3, 0.0%)

3 の命

▼ 金明泉~ (3, 0.0%)

1 のちかく, のほとり, へむかっ

▼ 金森長~ (3, 0.0%)

1 近不破彦三, 近佐藤政秀, 近加賀松任

▼ 金~ (3, 0.0%)

1 の眼鏡, の額, の飾装品

▼ 金~ (3, 0.0%)

1 が架かっ, へ降り, へ飛

▼ 金~ (3, 0.0%)

2 を加 1 の音

▼ 金水引~ (3, 0.0%)

1 に熨斗, の穂, をかけた

▼ 金永生~ (3, 0.0%)

1 から追払われ, は元, を訪ね

▼ 金~ (3, 0.0%)

1 だの百姓, を貰, を貰う

▼ 金清楼~ (3, 0.0%)

1 の二階, の宴会, を出

▼ 金源三~ (3, 0.0%)

1 の一条, の平等観, の歌

▼ 金~ (3, 0.0%)

1 になり, は空中, を使え

▼ 金滿家~ (3, 0.0%)

1 としても百萬圓, の息子, の息子株

▼ 金~ (3, 0.0%)

1 から途, は頼もし, も感銘

▼ 金竜山浅草寺~ (3, 0.0%)

1 ならぬ北野山真福寺, の四ツ, の朱

▼ 金~ (3, 0.0%)

1 か, の打, 持ちて

▼ 金~ (3, 0.0%)

2 のお 1 という茶屋

▼ 金~ (3, 0.0%)

1 が王岳, を射る, を投げた

▼ 金絲雀~ (3, 0.0%)

1 か何, だまつたく金絲雀そつくり, でも掌

▼ 金緞子~ (3, 0.0%)

3 の帯

▼ 金~ (3, 0.0%)

1 の歌, の衣, を歌う

▼ 金羊毛酒場~ (3, 0.0%)

1 の女, の素足, の踊子

▼ 金聖皇后~ (3, 0.0%)

1 とは縦令, と雖, は気絶

▼ 金~ (3, 0.0%)

1 の鉢, は鳥, 賣は

▼ 金菱銀行~ (3, 0.0%)

1 にその, に合同, は自分

▼ 金萩ヶ原~ (3, 0.0%)

1 から山道, とあと, に兵馬

▼ 金~ (3, 0.0%)

1 が燦々, にゆうぜんと, へでもちょっくら

▼ 金葉集~ (3, 0.0%)

1 にも, の連歌作家, をあ

▼ 金~ (3, 0.0%)

1 その身, の馬車, を蝶番

▼ 金~ (3, 0.0%)

1 の脱, も脱落, を

▼ 金親分~ (3, 0.0%)

1 と宇野さん, は勝てない, は太

▼ 金解禁準備~ (3, 0.0%)

1 と經濟界, に着手以來, の爲

▼ 金~ (3, 0.0%)

1 たる, である, なり

▼ 金貝張り~ (3, 0.0%)

1 で決して, と思い, に相違

▼ 金金金~ (3, 0.0%)

1 と口癖, と突ン, と言う

▼ 金~ (3, 0.0%)

1 の中, をぬい, を持ち

▼ 金鉱山~ (3, 0.0%)

2 掘夫 1 が沢山

▼ 金~ (3, 0.0%)

1 で養子, の婿, の抽籤券

▼ 金飛脚~ (3, 0.0%)

1 が二人, が掛川宿, が殺され

▼ 金~ (3, 0.0%)

2 の華やか 1 の覆

▼ 金~ (3, 0.0%)

2 の花 1 くゆれる

▼ 金~ (3, 0.0%)

1 ととなえ, の御輿, を一郭

▼ 金黄色~ (3, 0.0%)

1 にかがやい, の毛, の花

▼ 金龍さん~ (3, 0.0%)

1 が初, が騷い, のとこ

▼ 金あっ~ (2, 0.0%)

1 ての道楽, てもか

▼ 金あら~ (2, 0.0%)

1 ばめでたき, ば我等

▼ 金あんどん~ (2, 0.0%)

2 やちょうちん

▼ 金かの~ (2, 0.0%)

1 お小遣い, 選択を

▼ 金からも~ (2, 0.0%)

1 中津川の, 見離された先代

▼ 金がか~ (2, 0.0%)

2 かつてゐる

▼ 金くらい~ (2, 0.0%)

1 何でも, 詰まらないもの

▼ 金くらべ~ (2, 0.0%)

1 をした, をやる

▼ 金ぐらいの~ (2, 0.0%)

1 安い代償, 蒲鉾形の

▼ 金ぐらいは~ (2, 0.0%)

1 新百瀬, 棒引きに

▼ 金さあ~ (2, 0.0%)

1 たった今受取ろう, も鹿あん

▼ 金さい~ (2, 0.0%)

1 ありア, てある

▼ 金さんお前さん~ (2, 0.0%)

1 もこれ, も何

▼ 金さん宅~ (2, 0.0%)

1 では去年, は口

▼ 金さん金さん~ (2, 0.0%)

1 ちょっと見ろ, と喚き立てる

▼ 金した~ (2, 0.0%)

1 ことも, のだ

▼ 金~ (2, 0.0%)

1 きりを, ゃあるめえし

▼ 金じゃねえ~ (2, 0.0%)

1 主水, 自分の

▼ 金すじ~ (2, 0.0%)

1 が光っとっ, で彫っ

▼ 金すらも~ (2, 0.0%)

1 持たずに, 持たなかったので

▼ 金ずし吉野ずし~ (2, 0.0%)

1 がある, の三軒

▼ 金~ (2, 0.0%)

1 えあり, えあれ

▼ 金その他~ (2, 0.0%)

1 のすべて, 何らかの人間

▼ 金それから~ (2, 0.0%)

1 俸禄として, 豆板銀に

▼ 金それら~ (2, 0.0%)

1 の鉄鎖, は會員達

▼ 金だったら~ (2, 0.0%)

1 あれだけ, 使い道は

▼ 金だら~ (2, 0.0%)

1 いとコップ, いや手水鉢

▼ 金だらひ~ (2, 0.0%)

1 を叩く, を持っ

▼ 金ちゃんちの三ちゃん~ (2, 0.0%)

2 が井戸

▼ 金つくり~ (2, 0.0%)

1 とみえる, は出来かねる

▼ 金つんぼ~ (2, 0.0%)

1 の男, を装っ

▼ 金でした~ (2, 0.0%)

1 どうやっ, 買物金五十仙也

▼ 金でなくっ~ (2, 0.0%)

2 て何

▼ 金とかいう~ (2, 0.0%)

1 大枚の, 網元へ

▼ 金とでも~ (2, 0.0%)

1 いうよう, いふか

▼ 金とともに~ (2, 0.0%)

1 出て, 貰うの

▼ 金とやら~ (2, 0.0%)

2 お助け

▼ 金と共に~ (2, 0.0%)

1 呪咀の, 彼の

▼ 金どころ~ (2, 0.0%)

1 では, はたしか

▼ 金どころか~ (2, 0.0%)

1 この通り外套, 殆ど一文

▼ 金なじ~ (2, 0.0%)

1 ょにしてるだべ, ょにするだべ

▼ 金なぞで~ (2, 0.0%)

1 満足し, 買い替えられるもの

▼ 金なぞは~ (2, 0.0%)

1 ことに大藩, もつて

▼ 金などで~ (2, 0.0%)

1 どうかこう, 性情が

▼ 金などに~ (2, 0.0%)

1 用は, 縛られるの

▼ 金なら出し~ (2, 0.0%)

1 てやり, てやる

▼ 金なら持つてない~ (2, 0.0%)

2

▼ 金なりを~ (2, 0.0%)

1 平等に, 支給する

▼ 金なんかと~ (2, 0.0%)

1 云って, 云つてよく

▼ 金なんと~ (2, 0.0%)

1 かって, かてえ

▼ 金にか~ (2, 0.0%)

1 ふるに, へる性質

▼ 金にかけては~ (2, 0.0%)

1 しかし糞虫, 人は

▼ 金にかへて~ (2, 0.0%)

1 みたい気, もどる

▼ 金にすら~ (2, 0.0%)

1 あ, こうして喜ぶ

▼ 金にだけは~ (2, 0.0%)

1 さしあたり手, 苦労を

▼ 金についても~ (2, 0.0%)

1 いえる, 起り得よう

▼ 金にても~ (2, 0.0%)

1 用意に, 百金にても

▼ 金にゃ~ (2, 0.0%)

1 一ケ月三分の利子つけ, 代らないよ

▼ 金のう~ (2, 0.0%)

1 打遣, 集めて

▼ 金のみを~ (2, 0.0%)

1 渇望し, 眺めて

▼ 金はと~ (2, 0.0%)

1 くるや, 思う気

▼ 金ばかりは~ (2, 0.0%)

1 割合に, 決して使っ

▼ 金ばかりを~ (2, 0.0%)

1 使い何だか, 使ひ

▼ 金ぶす~ (2, 0.0%)

1 までお, までその

▼ 金ぶつ~ (2, 0.0%)

1 と言う, はこの

▼ 金へと~ (2, 0.0%)

1 移るすもも, 移る李

▼ 金ほしき~ (2, 0.0%)

1 おみな, 今年の

▼ 金ほしさ~ (2, 0.0%)

1 に外国, に奇抜

▼ 金ぽう~ (2, 0.0%)

1 げなどが, げ又

▼ 金~ (2, 0.0%)

2 はりの

▼ 金まだ~ (2, 0.0%)

1 なの, 渡して

▼ 金までを~ (2, 0.0%)

1 一種独特な, 立て替えて

▼ 金みんな~ (2, 0.0%)

1 しらべるらしくいつも, だせ

▼ 金めだか~ (2, 0.0%)

1 が四つ頭, を買っ

▼ 金もう~ (2, 0.0%)

1 くるを, 無いの

▼ 金もちたち~ (2, 0.0%)

1 の心, は十分脱税

▼ 金をは~ (2, 0.0%)

1 たられてる模様, ふり始めました

▼ 金カンジキ~ (2, 0.0%)

1 とがあれ, などをわざと

▼ 金ッ気~ (2, 0.0%)

1 などのあろう, らしいもの

▼ 金ビラ~ (2, 0.0%)

1 をきっ, を切る

▼ 金ン比羅~ (2, 0.0%)

2 参りに

▼ 金一万円也~ (2, 0.0%)

1 の紙幣束, を受け取った

▼ 金一分~ (2, 0.0%)

1 にし, の為向

▼ 金一切~ (2, 0.0%)

1 の租税, 掻き集めて

▼ 金一郎様殺し~ (2, 0.0%)

1 の怪事件, の目的

▼ 金三歩~ (2, 0.0%)

1 を受け, 出し候由

▼ 金三郎自身~ (2, 0.0%)

1 の手, の言葉

▼ 金~ (2, 0.0%)

1 堂天授庵聴松院不, 曜ごとに

▼ 金中米~ (2, 0.0%)

2 と云

▼ 金乃至~ (2, 0.0%)

1 は百金, 土

▼ 金~ (2, 0.0%)

1 だ日本, などはその

▼ 金九銭~ (2, 0.0%)

1 を以, を以て二度

▼ 金二万円也~ (2, 0.0%)

2 と小学校

▼ 金二両~ (2, 0.0%)

1 の労賃, 又は一町

▼ 金二円~ (2, 0.0%)

1 だから, ばかり余計

▼ 金二十五両~ (2, 0.0%)

1 という亀安自慢, を借り

▼ 金二十銭也~ (2, 0.0%)

1 のこと, を払う

▼ 金二千万円~ (2, 0.0%)

1 か, を至急

▼ 金二百万円~ (2, 0.0%)

1 の日本唯一, もの大

▼ 金五円也~ (2, 0.0%)

1 を受け取る, を呈し

▼ 金五円宛~ (2, 0.0%)

1 を臨時賞, 送る旨

▼ 金五十円也~ (2, 0.0%)

1 でとりあえず, という仮

▼ 金五百円也~ (2, 0.0%)

1 と記入, を呈上

▼ 金五郎ぢ~ (2, 0.0%)

2 やない

▼ 金五郎マン勝則~ (2, 0.0%)

1 がいた, の三人

▼ 金付き~ (2, 0.0%)

1 ってえ, のお

▼ 金佐商店~ (2, 0.0%)

1 という商標, に当らせ

▼ 金何ん~ (2, 0.0%)

1 の苦労, の苦勞

▼ 金~ (2, 0.0%)

1 から起つた, ですね

▼ 金使い果し~ (2, 0.0%)

1 てから死ぬ, て悠々

▼ 金係り~ (2, 0.0%)

1 お米係り, へ国防資金

▼ 金~ (2, 0.0%)

1 に来た, 道中世相人相いろ

▼ 金元結~ (2, 0.0%)

1 の柔らかい, の艶

▼ 金入り~ (2, 0.0%)

1 でした, の凄い

▼ 金八郎~ (2, 0.0%)

1 っ, は戊辰席順

▼ 金公おれ~ (2, 0.0%)

1 の前, は今日

▼ 金公お前~ (2, 0.0%)

1 そうして締り, ぬからず目附

▼ 金公金公~ (2, 0.0%)

1 とよい, と呼捨て

▼ 金六円~ (2, 0.0%)

1 にかへたる, の宿賃

▼ 金六親分さん~ (2, 0.0%)

1 はよく, は若旦那

▼ 金兵衛さん君~ (2, 0.0%)

1 には察し, はこの

▼ 金兵衛渡辺七兵衛~ (2, 0.0%)

2 そして小者

▼ 金兵衞様~ (2, 0.0%)

1 が入っしゃいました, というの

▼ 金~ (2, 0.0%)

1 だけが残され, をせき立て

▼ 金冨町~ (2, 0.0%)

1 に七十坪, は余

▼ 金~ (2, 0.0%)

1 さそうと, さんずる需用家

▼ 金出す~ (2, 0.0%)

1 か僕, 人ぁ困らな

▼ 金~ (2, 0.0%)

1 はほんの, を採る

▼ 金切り聲~ (2, 0.0%)

1 で叫び返し, をふりあげ

▼ 金~ (2, 0.0%)

1 として用, とする

▼ 金剋木~ (2, 0.0%)

1 とは金, なり

▼ 金剛忿怒尊~ (2, 0.0%)

1 の画像, 御尊体

▼ 金剛砥~ (2, 0.0%)

1 が鉄物, に金物

▼ 金剛草履~ (2, 0.0%)

1 をはい, を穿い

▼ 金剛謹之介氏~ (2, 0.0%)

1 から翁, が下っ

▼ 金剛谷~ (2, 0.0%)

1 ともよぶ, にわたる連壁

▼ 金創薬~ (2, 0.0%)

1 の有合せ, も焼酎

▼ 金北山~ (2, 0.0%)

1 の手前, の雪

▼ 金十万円也~ (2, 0.0%)

1 を今ここ, を贈呈

▼ 金十五万円~ (2, 0.0%)

1 とし, を献納

▼ 金十八両~ (2, 0.0%)

1 ほどずつ一人, を貸与

▼ 金十字架~ (2, 0.0%)

1 を捧ぐ, を頭上

▼ 金十郎きん~ (2, 0.0%)

2 ちゃ金十郎

▼ 金十郎夫婦~ (2, 0.0%)

1 に預けた, の外

▼ 金十郎氏~ (2, 0.0%)

1 が安直先生, は強い

▼ 金取り~ (2, 0.0%)

1 ではない, に来る

▼ 金取込み~ (2, 0.0%)

2 のアテ外れ

▼ 金~ (2, 0.0%)

1 の世紀, の列傳

▼ 金吾が~ (2, 0.0%)

1 日蓮の, 頸の

▼ 金唐皮~ (2, 0.0%)

1 のハンド, の煙草入

▼ 金四両~ (2, 0.0%)

1 あれば, ばかりとす

▼ 金四円~ (2, 0.0%)

1 です, を母

▼ 金四十銭~ (2, 0.0%)

1 でありますけれど, の旅籠料

▼ 金四百金~ (2, 0.0%)

2 を承奉

▼ 金~ (2, 0.0%)

1 を形作り, を興した

▼ 金塗り~ (2, 0.0%)

1 の洋書, の船

▼ 金壱両~ (2, 0.0%)

1 につき一斗四, につき年貢金納値段

▼ 金壺まなこ~ (2, 0.0%)

1 かはる, を落込

▼ 金大用~ (2, 0.0%)

1 は中州, は板片

▼ 金大黒~ (2, 0.0%)

1 とともにかく, と見えた

▼ 金天府~ (2, 0.0%)

1 に牒, は西岳華山の神

▼ 金太郎ちゃん~ (2, 0.0%)

1 ももうすっかり, やお仙ちゃん

▼ 金~ (2, 0.0%)

2 の父

▼ 金安から~ (2, 0.0%)

2 ぬ借りなれど

▼ 金定等~ (2, 0.0%)

2 は悉

▼ 金小貫~ (2, 0.0%)

1 など源平武者, や太刀金具

▼ 金~ (2, 0.0%)

2 大綬章

▼ 金履祥~ (2, 0.0%)

1 の如き, の如く

▼ 金~ (2, 0.0%)

1 が少し, は彼等

▼ 金州半島~ (2, 0.0%)

1 に上陸, に向かいたれ

▼ 金~ (2, 0.0%)

1 の贈物, をかむせた

▼ 金~ (2, 0.0%)

1 をはずし, を賜わっ

▼ 金弐万五千円~ (2, 0.0%)

2 の債権

▼ 金弐拾円~ (2, 0.0%)

1 で保釈, の為替券

▼ 金~ (2, 0.0%)

1 などと云, の声

▼ 金~ (2, 0.0%)

1 でもない, の衝立

▼ 金張り~ (2, 0.0%)

1 だ, の素通し

▼ 金~ (2, 0.0%)

1 ついた, に上商

▼ 金徳一~ (2, 0.0%)

1 だ, は知る

▼ 金懐中~ (2, 0.0%)

2 に浅黄

▼ 金~ (2, 0.0%)

1 がある, に拘泥

▼ 金~ (2, 0.0%)

2 の命

▼ 金文字入~ (2, 0.0%)

1 の洋書, の賞

▼ 金文字銀文字~ (2, 0.0%)

1 の光り, の書冊

▼ 金春町~ (2, 0.0%)

1 の, のお

▼ 金時代~ (2, 0.0%)

1 と同, 即ち今

▼ 金更紗~ (2, 0.0%)

2 の羽織

▼ 金服餌~ (2, 0.0%)

1 のこと, の法

▼ 金~ (2, 0.0%)

2 のいろ

▼ 金杓子~ (2, 0.0%)

1 をふっ, を持っ

▼ 金~ (2, 0.0%)

1 から脱落, をバー

▼ 金梨子地~ (2, 0.0%)

2 のやう

▼ 金~ (2, 0.0%)

1 とは鎌倉右大臣, の金

▼ 金模様~ (2, 0.0%)

1 が置い, のある

▼ 金樽緑酒~ (2, 0.0%)

2 とも云

▼ 金~ (2, 0.0%)

1 でした, に似た

▼ 金~ (2, 0.0%)

1 の, の張交箱

▼ 金欲しい~ (2, 0.0%)

1 かと言, のであろう

▼ 金殊に~ (2, 0.0%)

1 小増に, 長旅の

▼ 金殿玉樓~ (2, 0.0%)

1 に住む, の奧

▼ 金水引き~ (2, 0.0%)

1 がかかっ, の端

▼ 金~ (2, 0.0%)

1 の星月夜, を混ぜた

▼ 金没収~ (2, 0.0%)

1 の一件, の理由

▼ 金法案~ (2, 0.0%)

1 なども決して, に反対

▼ 金洗い坂~ (2, 0.0%)

1 とやがて, の府門

▼ 金洞舎~ (2, 0.0%)

1 という家, の前

▼ 金液神丹方~ (2, 0.0%)

2 といふの

▼ 金漿玉露~ (2, 0.0%)

2 と惜

▼ 金~ (2, 0.0%)

1 えから, えんだから

▼ 金無し~ (2, 0.0%)

1 で泊った, というのみ

▼ 金熊手~ (2, 0.0%)

1 で引き起こす, の歯

▼ 金熨斗付き~ (2, 0.0%)

2 の大小

▼ 金~ (2, 0.0%)

1 の光, の袋

▼ 金牀上~ (2, 0.0%)

1 に坐せしめ, へ坐せしめた

▼ 金~ (2, 0.0%)

1 に夜, に續

▼ 金~ (2, 0.0%)

1 の首環, も土礫

▼ 金用丸~ (2, 0.0%)

2 よろずに

▼ 金田中~ (2, 0.0%)

1 といえ, へ数人

▼ 金百兩~ (2, 0.0%)

1 といふ妾, を月當番二人

▼ 金~ (2, 0.0%)

1 の持ち主, を窃

▼ 金~ (2, 0.0%)

1 が広い, に盛り

▼ 金相場~ (2, 0.0%)

1 という物質的根柢, の升

▼ 金着せ~ (2, 0.0%)

1 にせよ, の石膏柱

▼ 金短冊~ (2, 0.0%)

1 が蒔絵, に書かれ

▼ 金碗大輔~ (2, 0.0%)

1 がドコ, が八房もろ

▼ 金碧さんらん~ (2, 0.0%)

1 たる壁画, たる門

▼ 金碧燦然~ (2, 0.0%)

1 たる殿堂内, な椅子

▼ 金碧甸~ (2, 0.0%)

2 の指環

▼ 金~ (2, 0.0%)

1 と歌いきっ, の麗

▼ 金福寺~ (2, 0.0%)

1 で蕪村忌, に芭蕉

▼ 金穀物~ (2, 0.0%)

2 及び労働

▼ 金積ん~ (2, 0.0%)

2 でも手

▼ 金~ (2, 0.0%)

1 に角, のよう

▼ 金~ (2, 0.0%)

2 の宮

▼ 金~ (2, 0.0%)

1 か正体, 大明神

▼ 金~ (2, 0.0%)

1 が恰, へは行けませんでした

▼ 金紅色~ (2, 0.0%)

1 の日, の蕾

▼ 金~ (2, 0.0%)

1 と号す, の栄爵

▼ 金細工~ (2, 0.0%)

1 の者, の装身具

▼ 金絵具~ (2, 0.0%)

1 で右上, で波紋

▼ 金~ (2, 0.0%)

2 ついたる杖

▼ 金~ (2, 0.0%)

1 などの色, の若芽

▼ 金置き~ (2, 0.0%)

2 てまた

▼ 金羽根~ (2, 0.0%)

1 が長押, を取り出さう

▼ 金翅鳥片羽九万八千里海上~ (2, 0.0%)

2 に出で

▼ 金~ (2, 0.0%)

1 はどう, を賽太歳

▼ 金聲桓~ (2, 0.0%)

1 が嘗て, の叛

▼ 金~ (2, 0.0%)

2 の人

▼ 金自身~ (2, 0.0%)

1 さえ関係, としては本望

▼ 金花の木~ (2, 0.0%)

1 にてつくれる, にて造れる

▼ 金花山海上~ (2, 0.0%)

2 に見

▼ 金蓄め~ (2, 0.0%)

1 て油断, る積り

▼ 金蓮花伊勢~ (2, 0.0%)

2 のなでしこ

▼ 金術者~ (2, 0.0%)

1 の名, の夢

▼ 金被せ~ (2, 0.0%)

1 の大, の葉

▼ 金~ (2, 0.0%)

1 の目, の麺麭

▼ 金角二十五日~ (2, 0.0%)

2 のお

▼ 金詐欺師~ (2, 0.0%)

1 として最も, に外

▼ 金請取~ (2, 0.0%)

1 の書式, の証

▼ 金~ (2, 0.0%)

1 の目録, を摺った

▼ 金財布~ (2, 0.0%)

1 がげんざい, のよう

▼ 金貯め~ (2, 0.0%)

1 て來, 人種だ

▼ 金貰っ~ (2, 0.0%)

1 て長兵衛, て面

▼ 金費消~ (2, 0.0%)

1 の歴然たる, の罪名

▼ 金賜べ~ (2, 0.0%)

2 と人

▼ 金起が~ (2, 0.0%)

1 来らざりし故, 殺されたる

▼ 金越し~ (2, 0.0%)

1 では隔て, に戸

▼ 金足らず~ (2, 0.0%)

2 かと心得ます

▼ 金車亭~ (2, 0.0%)

1 が経営不振, の昼席

▼ 金~ (2, 0.0%)

1 の手先, を苦しめ

▼ 金輸出禁止~ (2, 0.0%)

1 でゴタつき政府, とか解禁

▼ 金返し~ (2, 0.0%)

1 て呉れなき, に往きぬ

▼ 金~ (2, 0.0%)

2 さては土遁

▼ 金遣ひ~ (2, 0.0%)

1 の下手, はどう

▼ 金~ (2, 0.0%)

1 が腰骨, を用いた

▼ 金釵玉簪~ (2, 0.0%)

2 をかざし

▼ 金銀その他~ (2, 0.0%)

1 の物, の貨物

▼ 金銀座~ (2, 0.0%)

1 で濫造, の諸

▼ 金銀泥~ (2, 0.0%)

1 が好き, が用いられ

▼ 金銀鐵石炭その他~ (2, 0.0%)

2 の鑛物

▼ 金~ (2, 0.0%)

1 に染った, のごと

▼ 金~ (2, 0.0%)

1 の屋根, をした

▼ 金鑽神社~ (2, 0.0%)

1 があり, というの

▼ 金鑾殿~ (2, 0.0%)

1 という立派, のうしろ

▼ 金附き~ (2, 0.0%)

1 でくれる, のお

▼ 金~ (2, 0.0%)

1 なんかある, まである

▼ 金雲母~ (2, 0.0%)

2 のかけら

▼ 金~ (2, 0.0%)

2 もあり

▼ 金~ (2, 0.0%)

1 を得た, 失せて

▼ 金~ (2, 0.0%)

1 つきできたやつ, の養子

▼ 金~ (2, 0.0%)

1 が書い, に対しての配達失費

▼ 金~ (2, 0.0%)

1 などがついつい, はめったに

▼ 金鯱城下~ (2, 0.0%)

2 に駕

▼ 金~ (2, 0.0%)

1 の主人, の幾百萬

▼ 金鳳銀凰~ (2, 0.0%)

1 翔り舞, 翔り舞うその

▼ 金~ (2, 0.0%)

1 なんという, なんといふ

▼ 金鼓喊声~ (2, 0.0%)

1 につれ, をつつん

▼ 金~ (2, 0.0%)

1 が非常, に幾度

▼ 金龍寺~ (2, 0.0%)

1 の門番, をで

▼1* [1861件]

ぁなし器量はなし, 金あしの簪, 金あたりまえときめ, 金あった処で, 金あったら伸ちゃんの, 金あつた處, 金あまた得たらむに, 金あまた取出て逗留, 金あみ越しにそ, 金ありがとう今日は, 金ありますか, 金ありませんわ, 金あるいはその罪, 金あれへんそやさかいこの, 金あんたはいる, 金いいか金, 金いかに殖えるとも, 金いくらと思う, 金いじりの多い, 金いずこに, 金いただいて置きましょう, 金いつ払うん, 金いと多ければ, 金いはぬ世が, 金いりの青九谷, 金いろだよ美しい, 金ぬが, 金うけとりに来る, 金えぶっ積んでも, 金および家と, 金おんなの煩悩三つ巴, 金お礼をしたら, 金かお遣んなすったの, 金かかるか知っ, 金かきあつめ寝む, 金かせぎと二通り, 金かぞへ居りあるか, 金かてわてに自由, 金かりてほしい, 金かりに行く, 金かんじょうなどならう, 金がかりがつい, 金がたのみで, 金がでけんぢ, 金がねえ御払米, 金がのうては, 金がまとまつ, 金きり声でさけんだ, 金ぎれいで女に好かれた, 金ぎれもよし人品もよかっ, 金くさい卑俗な, 金くずやこわれた, 金ください直に私, 金くれて, 金ぐるみ持って, 金ぐるみ祝儀として投げ与え, 金貯まるばかし, 金こっちへ来い, 金ことしは既に, 金この二つの, 金これ万事を処する, 金これ権と感ずる, 金しにその, 金ごっこをした, 金ご用を勤める, 金さえ手に入れ, 金さえ費い途, 金さらって旅, 金さんあたしからも頼みます, 金さんあれは, 金さんあんたどがい, 金さんあんた昨日江崎の子分, 金さんおれが退院, 金さんおれたちはみんな, 金さんお前ドスを仰山, 金さんお前江崎満吉と仲直り, 金さんお前道後にいいかわした, 金さんお召物を差上げましょう, 金さんざっくばらんで行こう, 金さんほんまにこの, 金さん一つ相談がある, 金さん一つ真面目に考え, 金さん今日はお前さん, 金さん今日私の来た, 金さん何かお上さん, 金さん処のは餡, 金さん堪忍して, 金さん夫婦がよ, 金さん小説について, 金さん島崎に逢うたら, 金さん方の表, 金さん汝情無いわたし, 金さん番茶を, 金さん目にあまる, 金さん石金さんだ, 金さん結局切腹して, 金さん鉄砲玉屋根音ぐでりん等々と難なく, 金さ何も彼, 金さ金さ何も彼, 金ざし釵もらっ, 金しきとすれ, 金しとどめが金, 金しゅうと入れ代った訳, 金じゃあなくて, 金じゃあねえ洛北の, 金じゃが未だ大, 金じゃというて, 金じゃねエんだ, 金じゃァねえぜ, 金ぢの, 金すじ蛙も大きな, 金すなわち貨幣の, 金ずきの男, 金ずつ御返済, 金ずつの金を, 金せびりまでが随分, 金そして女, 金そちの礼, 金そっくり貸して, 金それだけの金, 金それに御親戚, 金ぞと五水りょうあれ, 金たけ長をかけ, 金ただ借りれると, 金たまえの方, 金ためたた, 金ためたいと思っ, 金ためるのが, 金たる作用を, 金だけに糸目を, 金だして買った, 金だしつかり持つて行け, 金だっペ, 金だったら摘む値打が, 金だつてどうせ, 金だつたら今夜ガルウエイで, 金だらい水びん等あり, 金だろが, 金だ渡さなければならぬ, 金だ盗まれた金な, 金だ足りないものだ, 金ちう話じゃ, 金ちかくを数, 金ちゃんお前あの黒ん坊, 金ちゃんこと金兵衛, 金ちゃんとナニし, 金ちゃん一人で困って, 金ちゃん仁王さん猿面冠者に清正公, 金ちゃん大変遅かった, 金ちゃん昼すぎから来, 金ちゃん紋也さんが危篤, 金ちゃん金ちゃんじゃア, 金ちゃん金ちゃん金ちゃんじゃア, 金ちゃん金十郎金ちゃんの須弥山やっかい, 金ちゃアんと昔, 金ちやん達は, 金ちりばめの金具, 金って品が, 金つかぬ栗の, 金つかふ人の, 金つちでチン, 金つて別にあり, 金つてものは幾ら, 金つて明後日の費用, 金つぼ眼を, 金つまり天の, 金つん出して待っ, 金づかいすッとこみる, 金づきなんだ, 金づくだがね, 金づくで引入れて妾, 金づくで追っ払うわけにも, 金づくなら私が, 金づくり薄金の鎧, 金づちがこつんと向こうずねに, 金づちをふりあげることもつらいとも思いませんでした, 金づまりそして農村, 金づまりが理由であつ, 金づまりだの手にもっ, 金づまりで困る, 金づまりで大庭君に救援, 金づまりと共にきわめて, 金づまりと税の不安, 金であったらたいへんな, 金でありますからその, 金であるし銀でも, 金であるならば紙幣, 金でこそオリヴィエの, 金でござんさあこの, 金でしかないと, 金でしょうが, 金でだけ保障される, 金でなかつたらずつとお, 金でなきアい, 金でなきゃ女の, 金でなんか買えぬいい, 金で無ければ世の中, 金といったような, 金といつては散銭一つ, 金といふかといへば, 金といふも実は座席, 金とかばかりを有難がり進んでは, 金とかをねだられるの, 金ときては一文, 金とさえあったら揚々, 金とだけだった, 金とったなんて云われる, 金とても帳合いを, 金ととの話も, 金とにかくシヅ子から, 金とによってより富み, 金とりに来る, 金とり主義になっ, 金とり初めの日の本, 金とを以てし余, 金と金入とを片手, 金どうか受け取って, 金どこからかぬ, 金どのか, 金なかりし, 金なければ憎し, 金なぞというものは, 金なぞには呉れて, 金なぞの当時に, 金なぞをいじくる商売, 金なぞビタ一文も持っ, 金などとしても好かろう, 金などとはくらべもの, 金なほ餘れるに, 金なみで申訳, 金ならあげるから盗, 金ならずして斯く, 金ならぬ金とでも, 金ならやらぬことも, 金なら出すからという希望者, 金なら取らないよ, 金なら取るように, 金なら届けるわい, 金なら持ってるの, 金なら持つて歸りやがれ, 金なら捨ててはおけない, 金なら許すとしよう, 金なら貸してやる, 金なりの為に, 金なるべくして, 金なんかで十姉妹飼う, 金なんざ千両箱であの, 金なんざ百も欲しく, 金なんぞにこだわらない吾妻さん, 金なんて程澤山は, 金なんとかしようか, 金なんどという大金, 金なんど一切の租税, 金にこそ不自由ない, 金にたいしてこの時, 金にたいするクリストフの, 金につれそうお, 金にては行き届かずかつまた, 金にとってもういくら, 金にとっては等閑に, 金にもかはりなく, 金にもと貯えて, 金に対しては極度に, 金に関して起るならば, 金に関しては母と, 金ぬすませて下され, 金ねえんだ, 金ねだりに逢っ, 金のこたア忘れやすまい, 金のこらず巻きあげようと, 金のと総毛立つ, 金はいふ迄もなく, 金はいりません今日の, 金はかかつてゐない, 金ばかしあてに, 金ばかりじゃ戦はできないよ, 金ばかりの問題では, 金ばっかり使うて, 金ばつか溜め, 金ひかり輝くひとつの, 金ひっこめたらいいでしょう, 金ひったくるにはもってこい, 金ひとりは仙, 金びしゃくでしゃくっていたときの音を思い出した, 金びしゃくにのせナースチャは入口, 金びっしょり汗を, 金びょうぶを晴れやか, 金ぴかのせいふくのお役人の前, 金ぴかのせいふくのお役人たちがゆるし, 金ぴかのせいふくをつけたお役人に出あっ, 金ぶつう石ぼとけ, 金ぶつじゃあござんせんしたまには, 金ぷらを知つた, 金ぷらや千種の二階, 金ぷら屋や寿司屋, 金へでも飛びつく者, 金へは手が, 金へも行ったが, 金へん随一の, 金へん糸へんの現役, 金ほしやの連中, 金ほしくて貸した, 金ほどの値打が, 金ほどを包んで, 金ぽい茶色に, 金までがフイに, 金みたいなもん, 金みどりのぶち, 金むくだよ, 金むくであろうとも二米, 金むくでございましていぶし, 金もえている, 金もち連を勧誘, 金もてゆく時は, 金もて摺りたる鞍を, 金もねえと来たひには, 金ものづくりの大, 金もらうたよりうれしく, 金もらひ大いに来り, 金やせはしくゆすれ, 金やらこまがねやらを, 金やるむつかしくないです, 金やろかいじゃあ, 金ゆえ寝返りされましたため, 金ゆえ良人のため, 金ゆえ逢れぬと, 金ゆゑするとや思す是, 金ゆゑで両個が今, 金ゆゑ体を委せる, 金ゆゑ閉ぢる口, 金よく諸木を, 金よこせみたいじゃ, 金よめる音, 金らしくなるのである, 金れいの運動, 金ての所, 金わたし等が一年, 金をかろくし粟, 金をこそ持ち給, 金をさえ渡して, 金をすら葉子に, 金をでも作るわけ, 金をな取りに, 金をねふだんあれほど, 金をまで付けて, 金をめぐってもがく人間, 金を通して金の, 金貸しちゃ, 金アびた一文でも出す, 金アミの中, 金アミ硝子窓があい, 金ア此の野郎, 金エ二十両貯えて, 金エ引攫って逃げ出す, 金ガイル故オレニバカリ頼ンダ, 金ガワのロンジン, 金ガ出来タカラ家ヲ立テタガ今ハ三十俵三人扶持ダカラ, 金ガ出来ル故ニ, 金キット持って, 金クギ流の文字, 金ゴマがある, 金サクイとは乏しい, 金スグ同馬, 金チヤンと共に小さい, 金ッぱなれがよいこととジャーナリズムは思想性, 金けとは縁, 金ツボ眼というの, 金ツンボというわけ, 金縁ヲ, 金トトがたくさんたくさん, 金トントできず, 金ト銀トハ全然形容ナレドモ, 金ト銀トヲ縄ノヨウニ撚ッタモノ, 金ナリヲ信條トシ謙遜ハ美徳ヲ教養セラレタル日本民族ニ, 金ニテ作リ荷ヲ運ブニ用フルモノナリ, 金ニナルカラソノ心得ヲヨク含メテヤッタガ嬉シガッタ彼地ヨリ帰ルト礼ヲスルト云ウカラソノ約束デ別, 金ニハ別ノ用途ガアッタノデアル, 金ノハイル度々段々トウチコンダカラ, 金わづか, 金ハブ銀ハブというの, 金ハ三分利付公債ヲ以テ交付ス, 金ハ品物ニて御, 金バス銀バス渡船も旗立て, 金パチリとやる, 金ピラ牛蒡にし, 金ピン等はみな手法, 金ブラでげす, 金ブンブンのよう, 金プログラムや切符, 金ボタンつきの黒い, 金ボタン立襟の制服目, 金マルクという天文学的数量, 金マントを着, 金ムクと思っ, 金メタルを縫いつけ, 金少シハ出来テ, 金モアルシ有難イト云イオッタ, 金モイカイコト遣ッタガ, 金モウル附礼服が一, 金モミ烏帽子水干衣姿の白拍子, 金モ今日ダツテコレグラヒ持ツテ来マシタマタ来月モ持ツテ来ルデセウだつで, 金ヨウヤク都合ツキタルニツキ返却仕候, 金リンザイないの, 金ルーブリの耕地, 金ヲヨコセトイウカラ三九郎ヘ咄シタラ, 金ン比羅さんに居る, 金一〇〇〇ソヴリンを副, 金一つ婆の膝, 金一エスクウドだった, 金一ギルダ也をその, 金一グラムにひとしい, 金一セントなりとも, 金一ポンド十七シリング六ペンス也のブリキ, 金一万両というもの補助, 金一万両出セとのこと也, 金一両二十貫四百目になりぬ, 金一両四百個が金百両, 金一両銀六十匁銭六貫五百文の比例, 金一両銀十八匁を以てすれ, 金一代を通じて漢人, 金一八八九年の調査簿, 金一円二銭になりやす, 金一円五十銭也と干し, 金一円以上を標準, 金一円八十五銭中等一円四十銭高土間上等一円七十銭中等一円三十銭平土間上等一円五十銭中等一円十銭と記載, 金一分紙に包ん, 金一匁の群青, 金一千万円をお, 金一千両相違なく差上, 金一千二百円で雑誌, 金一千円を与える, 金一千円也以下五等まで賞品多数, 金一千圓也といふ楷書, 金一升金の生る, 金一四〇封度が以前, 金一志でこの, 金一文残らず洗いざらいすっかり, 金一時拝借します, 金一本さし込んで, 金一朱銀天保銭から文久銭, 金一歩を出ださしめ, 金一百両が上田城主松平伊賀守, 金一百円の成功報酬, 金一百円一銭銅貨一万枚はこれ等, 金一百円也を請求, 金一百円除幕式費用約百五十円, 金一緡を持参, 金一萬円相渡すべきもの, 金一萬圓を贈らる, 金一郎様不慮のこと, 金一郎様殺害に関係, 金一郎様逝去き今, 金一銀十五の割合, 金一銭を与える, 金七万両を幕府, 金七万八千弗を奪, 金七万円五万円という会社, 金七両余に充つべし, 金七円生徒一同よりとし, 金七十五円かりて, 金七十圓に賣, 金七圓也を給す, 金七坂崎五左衛門速水勝左衛門八番には手廻小姓, 金七子地へ金紋虎, 金七宝の玉, 金七百円で譲ろう, 金丈けが消えて, 金三さんの親切, 金三つをつかん, 金三はさも得意そう, 金三万五千円也のラジウム, 金三両一分二朱と五百六十文, 金三両二分二朱と二匁二分五厘, 金三億円を得, 金三円七十五銭申し付, 金三円二十三銭の現金, 金三円五十銭也だ, 金三円斗りも, 金三十万円ほどの小さな, 金三十八こまがね, 金三十円也お渡し, 金三十四両二分と七百四十八文, 金三十文也但し紙ナプキン使用, 金三十萬圓一ヶ年の釀造高六千石, 金三十銭は遠大, 金三十錢で手札形三枚, 金三千兩を寄進, 金三千枚で所望, 金三方を賜, 金三枚十人扶持を受けた, 金三百九十円をといううなぎ上り, 金三百兩を持つ, 金三百法をちょうだい, 金三百疋を賜, 金三百疋づつ頂戴被仰, 金三私の叩き続ける, 金三郎お前東京へ行くなら, 金三郎さまと契りました, 金三郎切腹覚悟の上, 金三郎樣とやらは二三年江戸, 金三郎江川太郎左衛門には西洋, 金三郎深田の葦刈, 金三郎等に召抱え, 金三銅が貧乏書生, 金上げてよい, 金上ル七九馬五七金スグ同, 金上納金なんど一切の租税, 金上納金一切の租税, 金下さいって云う, 金下りろ婆, 金下付のこと, 金世話人萬屋源兵衞預る, 金両日にやって来, 金に諸, 金並びに借入金利払いその他宿入用が, 金並べましてお前さん, 金中二万株ハ既ニ三井組小野組ヨリ入社セリ一万株即チ一百万円ハ諸君ニ応ジ分割スベシ, 金中郎将に封じ, 金丸損とされ, 金丹家臭いところ, 金丹煉丹服丹餌丹などという言葉, 金丹製法の伝授, 金乏しからずとて, 金乏しくて誰, 金乘院あり, 金九万両合計一四二一万両と推定, 金九十一万二千五百円なり, 金九百六拾参円を送り来る, 金九金というよう, 金乞いも時々, 金亀子羽蟻蟷螂それ等の虫, 金争いをする, 金事情は語り残した, 金二つにわけ, 金二つ三つ小粒銀三十, 金二ツあんな小娘, 金二万五千円なり, 金二万円をお, 金二万金を船積み, 金二両三分二朱と四百六十七文, 金二両二分を差出せ, 金二両言ひにくく, 金二五〇封度その価値, 金二兩言ひにく, 金二円也から出発, 金二円五十銭ぐらいのもの, 金二円五十銭也ヲ収メヨ, 金二分二朱金巾筒じゆばん, 金二十両小増殿水司又市と書い, 金二十五万両が東海道, 金二十五銭のアルミニューム貨, 金二十八両一分一朱と銭五百三十三匁受取, 金二十円他薄鼠, 金二十四円余と合せ, 金二十枚でございます, 金二十銭外に味噌一重, 金二千両拝借仰せ付けられたく御, 金二千円位出して, 金二千圓デ購ウ, 金二千疋を取り次いだ, 金二千百万円を要, 金二度と我が手, 金二朱金の裾模様, 金二歩にて長崎會所, 金二百万円はさのみ騒ぎたてる, 金二百八十円をもうけ, 金二百六十円也の買い物, 金二百円以上もした, 金二百匹を受けた, 金二百疋の折紙持参, 金二百疋被成下候趣三富氏より貞白受取持参, 金二郎様それがやられる, 金二錢であつ, 金云々の気持, 金五〇銭出して, 金五ドルさ, 金五マルカ邦貨約二十五銭也, 金五万円也の罰金, 金五万円也右借用候事しかじ, 金五両ホドカカルト云ッタカラ同人ガオレニ咄ス故, 金五両三人扶持の小禄, 金五両鷹をおさえた, 金五円七拾六銭に相当, 金五円下に教員連, 金五円封入して, 金五円所持致候えども, 金五円至急に調達, 金五十両也と書い, 金五十兩出すから, 金五十兩拾つたやつがある, 金五十枚をだす, 金五十枚包は丁度, 金五十金のはしたな, 金五十銭ギザギザ一枚にぎると, 金五十銭也だろうそんな, 金五十銭也これなら安心, 金五十銭以上を標準, 金五千万円を出せ, 金五千円也として権利使用, 金五千圓持參す, 金五千法と名誉, 金五千疋を持参, 金五圓の四六判, 金五圓也を出し, 金五拾円を送り来れり, 金五枚出しなされ, 金五楼君は私, 金五片ずつの税, 金五百ドルはもらう, 金五百フランと商用, 金五百円にてお, 金五百圓と云, 金五百疋御祝ひ被下, 金五百疋被成下候旨関半左衛門殿, 金五萬兩也右借用候事しかじ, 金五蜂屋頼隆のふたり, 金五郎さんきれいでしょう, 金五郎さんわたしの思い, 金五郎さん今ごろになっ, 金五郎さん去年若松に行った, 金五郎さん母は死にかかっ, 金五郎その後にマン, 金五郎それに山本佐四郎, 金五郎どん角助を待たんで, 金五郎サントオ京サントガ二人デドコカニ行ツタ事, 金五郎サントオ京サントヲ切リハナスニハモウアナタノ力ヲ借, 金五郎サント出来テイテドウシテモウントイイマセン, 金五郎サント友田喜造親分トソシテワタシタチノ間ニ悪イイキサツガ出来テシマツタノデス, 金五郎サンハ前カラ, 金五郎マン勝則ババンの四人, 金五郎マン勝則原田等にとってはそれぞれ, 金五郎マン勝則秀子ババン女中の六人, 金五郎マン勝則良子闘志繁子里美千博夏休みで東京, 金五郎一人でも溢れ, 金五郎中心に一杯, 金五郎今までお, 金五郎以上に文盲, 金五郎先登に蛭子神社, 金五郎別の一隻, 金五郎右に太枠, 金五郎宅の二階, 金五郎宛東京から電報, 金五郎掛り人の平太郎, 金五郎松川源十マンその他七八人の主, 金五郎樣は親御樣, 金五郎等の小頭連中, 金五郎胡蝶屋豆八くらいにすぎなかった, 金五郎親方が盜, 金五郎鳥羽田は芒むら, 金五銭とは情けない, 金五錢で局待, 金五長近蜂屋頼隆ぐらいな, 金京善と吉村長吉, 金人格は人格, 金人間一人の血, 金今度のこと, 金今日出た, 金付馬が鶴岡, 金仙丹を女子, 金仙丹銀仙丹赤神丹の秘薬, 金仙花福壽草など栽ゑん, 金代議士一句もなかっ, 金代赭群青の外, 金以來のこと, 金以前にも辮髮種族, 金以外品物は何一つ, 金以外女に用, 金以外評判と云う, 金に武藤, 金仲人の電話, 金伊孫ドールコスターの幼年組, 金伊孫ドールコスター次郎の幼年組, 金伊孫次郎ドールコスターはモコウ, 金とか云う, 金伯爵のツーン内, 金伽羅は無邪気, 金伽羅さんこんどはおか, 金伽羅さん今度はす, 金伽羅制多伽, 金伽羅童子一人は制陀伽童子, 金伽羅童子制多伽童子, 金伽羅童子制陀伽童子が笛, 金何ぞ秘むやと, 金何で俺が, 金何円を持参, 金何割何弗何弗の話, 金何方にても調達, 金何疋のお初穂, 金何輛老福徳宮宝誕, 金佛石ぼとけなり, 金は針, 金併せて一萬兩, 金使ってしまっ, 金使ひだといふこと, 金保字小判なぞの当時, 金保字金なぞの当時, 金保有量の最も, 金借つたが最後屁, 金借りる筈な, 金借ることの, 金僅かに七十両, 金僉知らに刀三腰, 金働くものの, 金像仏器仏壇等幾百種あるを, 金像等を許さざる, 金儲中心の特殊, 金儲手段を引受, 金儲金儲といっ, 金明の, 金元明人に改刪, 金先生の仰有った, 金は赫灼, 金入り繻珍の帯, 金入れるだ金入れ, 金入用に及び, 金全廃の腹, 金全部十九銭借りるさ, 金八○○両を埋め置く, 金八めゆだん, 金八作か, 金八円也毎月正に難, 金八十五円芝区今入町でございますよ, 金八十円前後で酒屋, 金八十銭と覚え, 金八千円くらいとを貰う, 金八圓也毎月正に難, 金八奴気味の悪い, 金八屋敷です, 金八百両取ったが, 金八百円ある切り, 金八百十二万両安政二分判二百三十七万両正字金九万両合計一四二一万両と推定, 金八郎並に尚, 金八郎大河原八左衛門辻五郎秋山七左衛門警衛として付い, 金八郎柏原忠蔵は未だ, 金八館はまるで, 金公あたりの眼, 金公お嬢様を逃がした, 金公こいつが負けたら, 金公ここいらで一杯, 金公この間は痛い, 金公どうしたっていう, 金公らの内々, 金公ソレこの羽織, 金公不思議に堪えられねえ, 金公事か, 金公悲鳴を上げ, 金公手前こそ命拾い, 金公自慢の髷つぶし, 金公貴様お倉婆あと相談, 金公金公金公どうしたっていう, 金公金的もっとしっかり抱い, 金六いつかな聽, 金六はさう言, 金六十万弗と別に, 金六十両を島伝, 金六十五両を借りた, 金六十八円也とある, 金六十六銭と五厘, 金六十錢也の資本, 金六千百九十一両という莫大, 金六夫婦の驚き, 金六片の科料, 金六片以上を決して, 金六独りでは身動き, 金六獨りでは, 金六町水谷町紀国橋の辺, 金六百七拾五円なり, 金六百三十萬圓を新, 金六百円を納められたい, 金六銭也これでやつ, 金兵衛おじさんの船, 金兵衛さんこれこそ前代未聞, 金兵衛さんわたしも命拾い, 金兵衛さん今日はお, 金兵衛さん馬籠の宿, 金兵衛さアん, 金兵衛どんお前是から焼場, 金兵衛なりは他, 金兵衛はじめその他の宿役人, 金兵衛一人であった, 金兵衛二番水先頭与之助帆係下一番猪三八同上一番清蔵楫取弥之助, 金兵衛以下大勢の手代, 金兵衛以下役人囚人もろとも二十三人, 金兵衛以下数人の手代, 金兵衛以外には一個, 金兵衛先代伊之助それらの故人, 金兵衛半蔵の父吉左衛門, 金兵衛尉清定といふ工人, 金兵衛忰として付き添い二人, 金兵衛忰両人にて役所, 金兵衛手に取, 金兵衛殺しなんか忘れ, 金兵衛等の勧, 金兵衛親子が無事, 金兵衛髪結い直次の前, 金兵衞一氣に逃げよう, 金兵衞二た抱, 金兵衞半死半生の目, 金兵衞殿はまことに, 金兵衞殿昔は武士, 金兵衞茫となつ, 金兵衞蟲の息, 金其上更に黄銅, 金其他なん, 金冊金宝を授けられ, 金禁止による, 金を少女, 金冬瓜やいろんな, 金出した恋聟よ, 金出し合うて地蔵さん, 金出た値上げの, 金出口には野村右京, 金出口金出宿宰府口比惠の原, 金出来よう筈は, 金の前, 金を閃かし, 金刀比羅さまを神棚, 金刀比羅天王の赤い, 金刀比羅様ということ, 金刀比羅社は古, 金刀比羅街道の一宮, 金刀比羅通りまでの南北, 金刀毘羅の縁日, 金刀羅山大岳山御岳山の山々, 金分っている, 金分前の奪, 金切りごえを, 金切羽が金, 金刑處分をきちんと, 金利足金上納金なんど一切の租税, 金利足金上納金一切の租税, 金到底支拂できまじき, 金剛さんは何処, 金剛一帯の攻防戦, 金剛不易の光, 金剛中国そのほか各地, 金剛信貴生駒の諸山, 金剛吉野の攻略, 金剛喜多と云, 金剛嬉戯即彼法, 金剛子の数珠, 金剛孔雀経を誦した, 金剛宝はそれ, 金剛宝土に四年, 金剛宝土四年回異書多半出三蔵, 金剛寺阪を上り, 金剛山麓の蟻, 金剛忿怒尊赤身大力明王穢迹忿怒明王月輪中に結跏趺坐, 金剛普賢両院の山伏, 金剛某氏の仏, 金剛氏等の云う, 金剛湊川だけのもの, 金剛生駒信貴山などいう, 金剛石山の隠顕砲台, 金剛神院お庭, 金剛経を誦する, 金剛纂の落せるなり, 金剛胎藏の二界, 金剛能楽堂へ歩, 金剛般若寿命経などの読まれる, 金剛蓮華教亦然, 金剛蔵院の小道, 金剛金北妙見と次第に, 金剛金春宝生観世のいわゆる, 金剛錐の発明, 金剛颪しこの, 金剛高上無極, 金を盗ま, 金創いっさいの妙薬, 金創三ヵ所匕首傷でございますこれ, 金創十字に斬り苛まれた, 金創火創を受け, 金創薬燧打弾薬入れすべて身, 金助はんに御, 金助二も金助, 金助町にお, 金劵愛から考, 金勘定一両足りぬと, 金勝千秋の娘, 金勝千秋論語の師伊藤仁斎, 金募るのん, 金募集運動によって都下, 金勧誘と感違い, 金包まれていた, 金北妙見と次第に, 金の蔵, 金匱石室の藏, 金十エスクウドの相場, 金十ヶ月の期限ニ, 金十七両と米十俵, 金十七銭也を持っ, 金十万フランを請求, 金十万フラン調達のため, 金十万円精神上の損害, 金十万円近くあると, 金十三万両米九千石の歳費, 金十両馬二疋預所分金五両, 金十二三両少き者, 金十二銭だからね, 金十五両の鶉, 金十五仙なりを払っ, 金十五円也とし, 金十五円二歩を賜わった, 金十五銭也で売りとばした, 金十八両六人扶持を受けた, 金十八弗也のイイストマン, 金十六銭まだ二銭あまつて, 金十円也を謝礼用, 金十匁三朱太鼓判竹流しなんと, 金十四銭米七合いた, 金十數圓にて手, 金十枚といふ話也, 金十郎こいつは非凡, 金十郎ここへ来い, 金十郎それに死んだ, 金十郎のは弱りました, 金十郎のろま清次新撰組の人々, 金十郎らに目, 金十郎エド蔵ゲビ蔵薯作テキ州古川をはじめ, 金十郎コレきんちゃ金十郎, 金十郎チャラランチャラランチャラランチャララン金十郎のお, 金十郎トイウ男ハ万事オレ次第ニナッテ居ルカラ大ガイオレノウチヘトメテ居タガ, 金十郎ハコワガッタ金十郎ハ国デハアバレ者ト云ッタガ江戸ヘ来, 金十郎ハ国デハアバレ者ト云ッタガ江戸ヘ来, 金十郎殿より迎, 金十郎覚悟せい, 金十郎金ちゃんの須弥山やっかい, 金十銭これで芸妓買, 金十銭也をいただい, 金十錢あれば, 金代っ, 金千代金と伝つて, 金千円という金, 金千円也を渡し, 金千円元利揃えて, 金千円頂戴いたしとうございます, 金千金に価しないだろう, 金半分とかの会費, 金博士さまだ, 金博士めの息の根, 金博士めけしからんぞ, 金博士め何をいいだした, 金博士め手硬い奴, 金博士只今バーミンガムの特殊鋼工場, 金博士君は, 金博士始末計画がうまく, 金博士私があれ, 金博士秘蔵の潜水軍艦弩竜号, 金博士自らの捜索, 金博士警告の爆発予定日, 金印形なら印形, 金印紫綬を賜わった, 金印銀印亀紐鐶紐紫綬などの大法, 金即ち女眞, 金という所, 金原因は何, 金参円を出でざりし, 金参百円の賞, 金手前が, 金及海外から借入れた, 金取ってどう, 金取り主義ご祝儀頂戴, 金取り出だしたること, 金取り本位人気取り専門の私立学校, 金取り立てで忙しい, 金取引等が行われる, 金受け取ったりや, 金受取って帰りました, 金受取りの割符, 金受取る事大嫌なり, 金口説偈の姿, 金古金の一両判, 金史列傳には石土門, 金右衞門方から反古, 金右衞門松下源助喜多村太郎兵衞長瀬新次郎櫛橋七之丞, 金が狂え, 金合せて七百両あまり, 金は汝利, 金からかね, 金吹く吉備の, 金ではござりませぬ, 金呉れと言ったら, 金があり, 金唐声でそう, 金唐紙の小さい, 金商主が死鼠一疋, 金商橘次橘内橘王が父, 金商牌を埃, 金問屋へ持っ, 金問題あるいは卒中患者みたい, 金善方へ来, 金ひ代物, 金喰い虫だ, 金喰ひでな村税, 金嚢その他の宝, 金のため, 金四万の間借り, 金四円也で奉職, 金四十一両に上った, 金四十三銭也帰途お腹が空いた, 金四十円で入れましょう, 金四十銭これだけでもこの, 金四十錢を二人, 金四四歩四四同金左, 金四百兩をとつ, 金四百円送り来る, 金四銭抵当として端書三枚, 金を以て扱, 金土日とは他出, 金土木の五要素, 金地位などというもの, 金地位名声などに因, 金坊お前んとこの, 金坊沈丁花の油, 金坊黒石に行っ, 金をヘコサ, 金堆く転がし出, 金の椅子, 金壁供華拈香などの厳か, 金壁銀砂は目, 金の名, 金士オッチリーユとの関係, 金は響鐘, 金壱円だけ妙青寺, 金壱円也あるたけ, 金壱円弐拾銭にてこれ, 金壱分をあてがっ, 金壱千円也書生様より, 金壱千弐百八拾円ほどなり, 金壱百円を寄付, 金壱百円也を寄贈, 金壱百円御郵送被下度候左候得者三個年以内に脱稿可, 金壱百弐拾円ほどになれり, 金壱百拾七円とこの, 金壹分百俵以下は一分, 金壺教授とが正木博士, 金壺眼行儀の悪い, 金壺笠に五三, 金壼眼の底, 金多からずとも, 金大枚千円なりを異議, 金天氏と西, 金太さん何処へ行く, 金太ちゃんさっきうたって, 金太めすぐそったら, 金太夫伊達与兵衛中山是非介働き殊, 金太夫木暮武太夫永井喜八郎木暮八郎と云う, 金太夫等に追, 金太郎さんぢやない, 金太郎ちゃんあんたも春子おばさん, 金太郎君ここで失敬, 金太郎様一昨日の御召物, 金太郎様部屋とお, 金太郎氏の芸, 金奉行蔵奉行などをみなここ, 金女土こそ大吉, 金女土大に吉, 金女色の三煩悩, 金奴頸細く肩, 金好きを見抜い, 金姉妹も薗八, 金威暴力罪悪横行善人皆下級, 金学甫客近所の朝鮮人, 金學者のやう, 金よりもらいし, 金という絹糸屋, 金く聞け己ア, 金宝石なら本, 金宝石衣類などを奪った, 金も, 金寂静のほ, 金寄りの工合, 金寄附の金額, 金はこれ, 金から縄付き, 金将軍様の命, 金將桂馬香車二三の兵, 金將軍樣の命, 金粒銀まじり, 金小林清親の横浜何番館, 金少々遣し申候, 金尚会氏という京城, 金局鋳造所の吹所, 金局長が女の子, 金きて, 金届いています, 金届けんと同伴, 金である, 金屏銀燭のまえ, 金屏風半双を送付, 金屏風島臺世の常の目出度い, 金を穿かせ, 金屬のにほひ, 金屬ソジウムが水分, 金屬使用時代にはひる, 金屬器時代の文化, 金屬時代にはひりました, 金屬的などつ, 金屬的灰色の空氣, 金屬製三個より成る, 金屬製利器ヲ使用スル者有ルナリ, 金屬製有筒式火器が製作, 金屬製活字も矢張り支那, 金屬銅や青銅, 金山彦神とある, 金山脈の書入れ, 金山荘に集った, 金より近き, 金岳寺といふ, 金峯国師甲武信三国の山々, 金峯神社の西, 金に入, 金の法螺貝, 金州三十里堡青島上海南京杭州蘇州これだけを約, 金州以北の記, 金州以東の支那領, 金州地方に舎営せり, 金州城外斜陽に立つ, 金州平野の一部, 金州攻撃の際, 金州方面に達した, 金州熊岳城遼陽などの城市, 金州行を許されたれ, 金州路入緑揚間, 金州附近の土, 金州駅へ下りる, 金左五六飛四八金上ル七九馬五七金スグ同, 金左衛門伊丹長次郎黒鍬之者四人が出張, 金左衛門洞谷理安策恒三雄之介, 金差し出し草場借り受け, 金差上げて一貫二百文, 金差上げるつもりで, 金差入の御, 金帛珍物をこちら, 金帛相い贈り内外, 金帛車馬を賜う, 金帳底に向う, 金帽子の猫ども, 金平本黄表紙洒落本草双紙合巻物読本といった種類, 金年々およそ百万円, 金幾両が投じられる, 金床や鞴や大小, 金座方でもなけれ, 金座頭の谷八右衛門, 金の官吏, 金の物, 金弐円也足の先, 金弐十両とったが, 金弐千壱百〇弐円四拾銭の巨額, 金弐拾両二本, 金弐朱を返す, 金弓箭流出來即待, 金弔慰金の支払い方法, 金引くことならぬ, 金弥老人の吹, 金張従正者究医之術, 金の如く, 金形馬に似, 金とか何, 金従ってその現在価値, 金御岳に入っ, 金御用達兼神田兩替組頭長崎屋幸右衞門の豪勢, 金を以て夏, 金徽草吉祥草といへり爾者此草当山, 金心異という人, 金性水竜毛水白毛水の清泉, 金よりも華美, 金悉くをつかい果たし, 金慣れた旦那物に, 金慾野を燎, 金戈戞トシテ鳴リ, 金戴き首へ, 金戴きますめえ, 金手切を取っ, 金打った風折烏帽子に, 金ひの, 金払い戻しについてそれほど, 金払つてやらんぞ, 金扱いが大まか, 金抒情詩なん, 金押ししたものである, 金押借りの一, 金招牌が掠めた, 金拡大鏡を当, 金拵えである, 金拾一両二朱ほどお, 金拾五圓也を貰つて私, 金拾參圓なり, 金拾枚でございます, 金拾銭の薄, 金持たしてやる, 金持たぬが自慢, 金持ってるか, 金指輪二個を所有, 金授受の思い出, 金掘り罷り越し候とも, 金掴ましている, 金掻き棒の, 金揉み烏帽子に, 金損得抜きであたし, 金支出の議案, 金支払ひに, 金改め役ですが, 金改役として天下, 金改役後藤三右衛門禿げ頭, 金改役後藤庄三郎の片腕, 金攻めの岩, 金は安く, 金数千円を支払う, 金文字つきの平, 金文字一字ッキリだから, 金文字付きの留針, 金文字気分を煽る, 金文字背皮の書冊, 金斗熔氏から頂いた, 金斧金鉞一対を賜わった, 金圓にて, 金方ジェンキンスについて書こう, 金方三十巻と脈経一巻, 金方針は確定, 金日成でも, 金旦那様のよう, 金明水入の硝子壜, 金明水銀明水の浄水, 金恋した, 金の北風, 金時計その他とられた, 金時計大洋二百四十元紙幣三百八十元を強奪, 金時間精力の浪費, 金晶及書類を小林弁護士, 金暮春調の時代, 金して, 金曾木なり, 金最後に鉄, 金有等麻宇之多麻敝礼御心乎安吉良米多麻比, 金木戸銭を払わず, 金未だ遂げぬうち, 金本土の阿弥陀仏, 金朱絢爛たるも有り, 金朱色にそれ, 金杉橋将監橋芝園橋赤羽根橋中の橋辺, 金板みがきをやめ, 金果玉葉とかつぎあげる, 金のなか, 金を以てす, 金は時々, 金初めて繞繚, 金栗選手と共にストックホルム, 金の先生, 金桂鳥は唐, 金梅トウヤク竜胆岩梅姫鍬形苔桃などが多い, 金梅丸葉岳蕗車百合などが黄, 金梅岩梅白馬黄者白山一華深山塩竈などの高山植物, 金梅高根薔薇黄花石楠黒百合色丹草など素人目, 金棕櫚織の, 金棺灰を葬り, 金椎あたりとは全然, 金椎ひとりを眠らせ, 金椎君何かやられた, 金椎子が何, 金椎柳田平治お松その他の乗組, 金椎自身が料理, 金椎茂太郎はお, 金極彩色の, 金楽華族はケチ, 金槐集中の古, 金槐集以外に遷, 金槐集西行坊主の山家集, 金権力称号が目的, 金横領ではない, 金横領のとがにん, 金にしよう, 金機構への破壊, 金は未だ, 金欄手の陶器, 金權督軍ノ内, 金次第どこへ行っ, 金次第取り巻き次第というわけ, 金次第錢のまう, 金しからずと, 金でその, 金または下, 金死ねば寺金, 金殿朱樓はお, 金毛九尾ぢやあるまい, 金毛燦然たる一羽, 金毛白面の狐, 金氣土氣木氣等を説き, 金水あたりの物, 金水作の稗史, 金水金その他の雑物, 金のよう, 金汝利は長, 金沓鍛冶だの砂糖屋, 金沙中に棲み, 金沙金泥金箔などたくさん, 金河豚といっ, 金流行らしまへん, 金添入して, 金清吉という相合傘, 金渡させられその儀, 金渡せしに地獄, 金にいたる, 金満家みたいにせきこん, 金満家組合がまず, 金満家軒を並ぶる, 金準備への信用, 金溜め屋じゃという, 金溜めてるということ, 金溜りほどなく奉公, 金溜塗りの重, 金滑車がけたたましい, 金滿の官吏, 金が既に, 金潮新潮の落語, 金の両, 金火箸椹の手桶, 金灯籠を売る, 金為受取未明より人力車, 金為替や荷為替, 金烏有になつ, 金烏玉兎と聞く, 金焔色に鱗片, 金無い智者, 金無駄にされ, 金編修趙天泰検討程, 金を入れ, 金焼きに遣っ, 金煙管ポンとはたい, 金燈籠石燈籠狛犬が左右, 金燈籠膳椀火桶手洗鉢敷瓦更紗広東縞の古, 金燈籠観音の四燈, 金を空しく, 金だ, 金牛宮処女紋と処女座, 金牛宮白羊座とこの, 金牛岡は昔赤牛江, 金牛線と金牛宮, 金牛角上のアルデバラン, 金特出候事と存候, 金猛虎の皮五十枚, 金猫銀猫とか櫓下, 金猫銀猫いろは茶屋といった岡場所, 金獅子ぼたん, 金を報ら, 金王丸鎌田兵衛正清平賀義信などであった, 金王桜の評判, 金王桜柏木の右衛門桜, 金珠珍宝無いもの, 金珠珍宝丹漆薬種香料耕牛獣皮戦馬などをぞくぞく, 金珠錦繍の贈物, 金現に三百金ほどを, 金現れるや人工呼吸, 金を持たれた, 金はもう堂々, 金瓜銀斧の近衛兵, 金瓜銀鉞戈矛をさしあげ, 金瓦九鬼様だ, 金甌無缺のわが, 金のうなりなり, 金が盛れ, 金生氏が住ん, 金産地としての伝説, 金産額の著, 金用達を勤め, 金用達苗字帯刀も許され, 金甲州山下一分判金などを買い集め, 金甲鉄蓋を身, 金甲馬に跨り, 金の秋, 金略奪に行なった, 金をし, 金番頭のいわば, 金白い金などとしても, 金白檀塗り梨子地塗りなど, 金白礁の薄, 金百七両持つて, 金百七十五両銭三貫二百四十二文が不足, 金百万に当り, 金百万円を持っ, 金百万葉子への前貸し二百万, 金百万足らずの会社, 金百両石川藤左衞門娘みゑどのへ許嫁稻垣小三郎, 金百二十五円二分引に而金百円受取候事, 金百二十円と合わせ, 金百五十両を給, 金百円幕一帳男女名取中葡萄鼠縮緬幕女名取中大額並黒絽夢想袷羽織勝久門弟中十三年忌が三世, 金百円進上しおき候間, 金百圓となる, 金百圓頂戴するより, 金百斤布帛十匹を贈り, 金百疋道中の路用, 金百貫を車, 金皆其既往の失策, 金のま, 金よせぬと, 金の中, 金盗人と遊冶郎, 金に酒, 金盞酌壽王妃弄成晩歳郎當曲正是三郎快活時, 金盞銀台と呼ん, 金盤一つさし上げたるがその, 金目当てとか家門, 金目的で放火, 金目貫白鮫巻の短い, 金相兼という吉相, 金か嘘, 金眸はじめ配下の獣們, 金眸めを打ち取る, 金眸呵々と打, 金眸岸破と, 金眸確に聞け, 金か銀眼, 金眼鏡の男, 金瞳黒毛の大鷲, 金瞳黒羽の大鷲, 金石刻の如き, 金砂山に登る, 金垂れて, 金くれないの, 金に湯, 金碗孝吉に誅せられたる, 金碧朱白の沈雅, 金碧深紅の大胆, 金碧目を眩まし, 金碧蒼然とし, 金碧鴛鴦池の珠, 金磨きの高札, 金磬石なり, 金神さまのまえ, 金神さんのお, 金神七殺と, 金神以外のところ, 金神境内です, 金神様を信心, 金神等の方位説, 金票十二円三十銭の相場, 金票食料品馬車自動車賃はどんどん, 金祿公債證書の何百圓, 金禁止に伴っ, 金福王の使者, 金福鉄道の汽車, 金ありますが, 金稜堂で櫛, 金稜辺だの駿河蘭, 金稼業のこつ, 金穀その他の運上, 金穀会計のこと, 金穀船馬も無限, 金穀蓄積は増大, 金穀課が扱う, 金窪さん鷲爪さんそれから芥原さん, 金窪眼の老人, 金竜山浅草寺名代の黄粉餅, 金竜池深さ, 金章長短の宸筆, 金競争は之, 金竺長官司羅永菴の壁, 金笛吹奏軍楽大軍の行進通過, 金笛喇叭の声, 金等下しおかれおかげ, 金をはめ, 金で承ける, 金の柄, 金のたぐい, 金のうち, 金簾燦風の下, 金の燭, 金その他方物, 金米その他何品にても救助, 金米会談を通じてシモン, 金よりも余計, 金粟如来これ後身と威張り続け, 金精神がこれ, 金糞ヶ岳伊吹山も深い, 金三百六十三万両古, 金紅流の朝雲, 金までが新品同様, 金純銀朱白鉛光りて, 金紙づくりの鎧, 金紙包みのボンボン想, 金紙銀箋の華, 金紫光禄太夫従三品銀青光禄太夫正四品上, 金紫色に輝い, 金細工屋に作らせた, 金結婚後は月々十円, 金結局若男爵夫妻, 金結納としてお父さん, 金の者, 金絲ぢやありません, 金絲銀絲で縫, 金絲雀そつくりだ, 金の, 金総肩章を着けた, 金総額は四八, 金緑色の朝顔, 金締められた紐かすかなおののき, 金編輯局長という珍妙, 金練習場會場に要した, 金を捜す, 金諸篇, 金縷織成など云つて, 金縷錯乱の状, 金繍旗日月旗など万朶, 金繍等が互いに, 金繍綾羅珠翠珍宝山を崩し, 金なり, 金で行け, 金缺病の話, 金置使徒足前依各人所需而分, 金美しい若尼, 金の, 金羽さんらんとして見える, 金翅難羅竜を召し, 金翅鳥明王が金翅鳥, 金翅鳥洲牛洲羊洲椰子洲宝洲神洲猴洲象洲女洲ありと, 金翅鳥竜を堪能, 金翅鳥緊那羅の最後, 金を珥む, 金翼方の影写, 金考舜という三人, 金は作業, 金聖歎の批評, 金に打ち, 金肘壺の中, 金肥えの鰊粕, 金肥りの社会的寄生虫, 金臨時の入費, 金に耳, 金芥子粒を卵, 金花田兩八段の對局, 金花箋を貼っ, 金花糖やも人形町, 金花糖屋更に夏, 金花館といへる勧業場, 金若竈に残り火, 金の露一杯, 金茶らも思わず, 金茶先生のおっしゃる, 金茶地の東綴, 金茶大根おろしかき下ろしよ, 金茶姥ヶ餅が気, 金茶安直の一行, 金茶尤もなこっちゃぞい, 金茶金十郎のろま清次新撰組の人々, 金茶青薄紺, 金茸銀茸などが落葉, 金の露一杯, 金華山島が見える, 金華山幽かに御岳, 金華山沖あいの斬り合いで, 金華山沖あたりからは航路, 金華山洋上あらしの夜, 金菱系の会社, 金落とすを嫌い, 金葉時代の大立物源俊頼, 金葉詞花千載新古今, 金葉集詞花集にはサビシ, 金著せの銀簪, 金蒔絵模様に金, 金蒔絵鋲打の女, 金蒔絵黒塗り銀心棒朱色渦巻を胴, 金蓮こちらでちょっと, 金蓮こちら様でちょっと, 金蓮さんよく見, 金薄半ば剥げたる大, 金薄暮の場, 金薬チミツシンのん, 金薬学書本邦では永田知足斎, 金藤弥太は気, 金蘇我果安巨勢人紀大人この五人, 金蘭会と称する, 金蘭橋の外門, 金蘭銀蘭の花, 金蘭銀蘭エゴヨツドヽメ夏は白百合, 金を存, 金虎ニ随ッテ奸雄一旦ニ休マン, 金蜘蛛銀蜘蛛といふとくべつ, 金蝉長老の転生, 金行灯を点, 金術それにボッチゲル, 金の娘, 金衣玉食を廃, 金衣玉食定まり無きが, 金表書には, 金袋等が詰つて, 金成下候, 金被告ものべた, 金の著書, 金製造場へ自分, 金襖世話物の名人, 金襖物もたいした, 金襖立派なる御殿, 金見たばかりで, 金親君ひとり後にのこっ, 金親君シートの上, 金親君写真をもっ, 金親君四時に来た, 金とならび, 金角銅足の鹿, 金解禁前後の經濟事情, 金解禁準備前の經濟界, 金解禁直後の經濟界, 金言って来た, 金持居申候, 金計り溜込んで, 金記念日で町, 金語楼劇団旗挙をのぞく, 金語楼君以外はてんで, 金語楼君大辻司郎君が十日間出演, 金語楼小春團治九里丸とあんた, 金語楼当時新進のホヤホヤ, 金語楼映画の愚劣さ, 金語楼程度に未来, 金語楼等々まだまだその, 金語楼金馬現下の正蔵, 金誠一らを伴つて京都, 金誠実になされた, 金調べの眼, 金調所の残し, 金調達を名, 金請取申見込位にて充分, 金を忘れない, 金谷山宝祥寺に営んだ, 金を生じ, 金象嵌角鍔の大小, 金貝甲の採集人, 金を投ずる, 金財袋の紐, 金貧困者慰問其他種々の救済法, 金貨物に対する新しい, 金貰うたかて, 金貰おうじゃア, 金貰ったと思っ, 金買いの機微, 金買入れ屋の, 金貸与月額は四, 金費いが荒いの, 金費いもできず祇園, 金赤金黄金の三色, 金踏んどこ, 金に近づかず, 金車亭主人の経営方法, 金車亭出演のとき, 金車戎輅ハ兵車ノ事, 金軍五百を袋, 金の書一巻, 金目金を, 金輸出再禁止, 金輸際理解が成り立ち得ない, 金農業に対する大きな, 金辨, 金も生き, 金送附あり, 金連蘇我果安臣巨勢人臣紀大人臣等, 金進上致すが, 金遁土遁の忍術, 金道士か, 金達寿山之内一郎佐藤英雄寺田政明牧嗣人水島治男などが始終, 金遣るがなア, 金遣ろうが決して, 金遣わないですめ, 金故地, 金遼以後に, 金遼時代には, 金遼時代等の古墳, 金部屋役人にそれぞれ, 金の程彬, 金配分を受け, 金そのどれ一つ, 金醤油株式会社宇津支店と印刷, 金采装剣の威, 金えを, 金重々容易な苦心, 金の三倍, 金金儲け金儲けとだけ念じ, 金金持ゼイタク税を重く, 金金棒なしです, 金金金儲け金儲けとだけ念じ, 金金金金儲け金儲けとだけ念じ, 金釵地に委し, 金釵環簪も道, 金釵銀簪のかざり, 金鈍子か何, 金はその, 金は最後, 金鉞一対を賜わった, 金のやう, 金鉱夫になる, 金銀ニッケル等のごく, 金銀山の佐渡, 金銀桂馬バラリとそこ, 金銀泥藍などの色調, 金銀米そのほか, 金銀紅白の蓮, 金銀翠紅紫あらゆる色, 金銀藍鶯その他いろ, 金銀貨紙幣の小山, 金銀赤青黄などさまざま, 金銀金票食料品馬車自動車賃はどんどん, 金銀金青銅で出来, 金銀鉱に当たる, 金銀銅鉄の足, 金銀青紺にて圓, 金銀青銅の類, 金銅貨と銀, 金が灯明, 金鋲御簾づけの, 金鋲縁取りすだれうち, 金鋲青漆の女, 金鋲駕籠だったらどんな, 金貨の, 金鋼砂がじゃりじゃり, 金錆びのした嗄れ, 金錆汁の流れ出た, 金を自分, 金錢さへど, 金錢其物を以て人生, 金錢受授の俗談, 金錢問題で此上貴方, 金錢慾も名, 金錢本來の性質, 金錢的關係がある, 金錢米穀等を納めさせられる, 金錢至上主義の小さな, 金錢財物を得る, 金錢關係に引き戻し, 金錢關係以外に我々, 金とかいう織物, 金鍛冶屋の労働, 金を下さる, 金鍬一萬挺下さると, 金を揉み込み揉み込み, 金鎖みたいに山吹色, 金鎖子の繊, 金鎖胸にきらきら, 金鎖金時計大洋二百四十元紙幣三百八十元を強奪, 金鎚みたいなもの, 金鎚薪割棒きれを, 金まばゆきばかり, 金鎧一縮して, 金鎧鉄甲の騎馬武者, 金が縫い込まれ, 金鏈子を垂れ, 金の歌, 金鐘寺または羂索院, 金といふ銅, 金鑛金らしい指輪, 金さ一尺一寸厚, 金門一老仙, 金門出に手, 金門外の金華太侯, 金門海峽が見える, 金門玉堂の人, 金門馬祖島の問題, 金閭門外の桃花塢, 金闕玉晨天尊が居た, 金阜山人しるす, 金の御家人, 金陣太鼓の音, 金陵書局で刊行, 金陵賦に云, 金には, 金雀カケス山鴫山鳩鴨小鴨雁牛羊なぞはあまり, 金雀兒それからその, 金雀椋鳥鶫雀なぞは殺し, 金雀花ぢやあ御座いません, 金雀花清淨な金雀花, 金雀花色白の金雀花, 金雀花金髮の金雀花, 金集まったのでそこで, 金集中運動の会, 金の連, 金露一両古金二分延金慶長金十匁三朱太鼓判竹流しなんと, 金青い金白い, 金青年お流れの煙草, 金青年殺害事件は案外, 金青色の甲虫, 金青銅で出来, 金の大きな, 金の爪先, 金鞍揚々として彼, 金鞍花を尋ね, 金を挙げ, 金音羽も恟, 金頂戴でよ, 金飾丹題綵作繩と吟じ, 金餅糖の製法, 金香その他種々の花, 金香炉及び種々, 金香炉それは十二, 金馬君正蔵君とはそれぞれ神田, 金馬現下の正蔵, 金馬碧鶏の神, 金馬碧鶏二山あり, 金馬笠井栄次郎位なら知, 金馬門之想云, 金の芸, 金駒形の寺内, 金は骨, 金高蒔絵の膳椀, 金高蒔絵青貝を鏤め, 金髮のをとめ, 金髮メネラオス彼を慰め, 金髮メネラオス飛箭に打たれ, 金髮美人を擁した, 金は手下, 金魂事件のため, 金と化し, 金魔法師の声名, 金魔法師兼暗殺者のオッチリーユ, 金とか言つて, 金にも酔う, 金鯱調べに名古屋城内, 金鯱軍とセネタース, 金鱗亀尾蓬左柳の尾張名古屋, 金鱗燦とした, 金鱗頭骨に節, 金鳥居のところ, 金鳳台という, 金鳳華咲いて, 金あり日, 金鶯一羽廃園のエルム, 金鶴香水を一瓶, 金と呼ぶ, 金鷲勲章の価値, 金麩羅にし, 金麩羅屋の向う, 金黙って納, 金鼎玉杯銀樽等の寳, 金鼓ひびけり湯, 金鼓一声猛然と引っ返し, 金鼓乱鉦を急, 金鼓喊声四山にこだま, 金鼓声を出し, 金鼓大に震う, 金鼓懺悔品に妙幢菩薩鷲峯山, 金鼓旗さし物などを沢山, 金鼓矢うなり突喊, 金鼓鉄弦地をふるっ, 金鼓鉄槍に鳴りひびいた, 金鼓震ひて, 金鼓颯々の旗, 金鼻薬は小判, 金龍二七〇〇の由, 金龍寺墓参はもちろん, 金龍山下瓦町の家, 金龍山内にもあった, 金龍山浅草寺からだんだん, 金龍山瓦町で障子, 金龍山芝愛宕山亀井戸天神吉原大門口等, 金龍山草創前の水郷民族, 金龍池の名, 金龍済送還になる, 金龍通人は自分, 金龍館ごらん下さいと, 金龍館今日限り明日から常盤座, 金龍館公演に加はり, 金龍館木村時子と杉寛, 金龍館笑の王国, 金-人がしら