青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「車~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

身の上~ ~身体 身体~ ~身分 身分~ 身動き~ 身辺~ ~身體 躯~ ~車
車~
車夫~ ~軍 軍~ 軍人~ 軍艦~ 軍隊~ ~軒 軒~ 転~ ~軽い

「車~」 12763, 132ppm, 804位

▼ 車~ (2915, 22.8%)

78 上に 76 中で, 中に 53 上から 47 音が 34 中へ, 輪の 33 窓から 32 上で, 上の 30 中から 28 中の 25 中には, 前に 21 方へ 19 ように 18 なかで, 輪が 16 中では 14 下に, 中は, 音を 13 うしろに, 上には, 中を 12 外に, 後に, 轍の 11 あとに, 上へ 10 あとを, ような, 方を 9 やうに, 中でも, 輪に, 音に 8 そばに, 窓に, 輪を, 音も 7 そばへ, ほうへ, 上を, 前の, 外へ, 音の, 音は

6 [11件] なかに, ぬしは, 両輪の, 傍に, 列が, 前を, 後を, 用意が, 用意を, 輪は, 間に

5 [14件] うえに, うしろへ, ドアを, 上でも, 側に, 側へ, 前へ, 庄の, 後から, 後押しを, 方に, 片隅に, 軋る音, 音

4 [39件] うしろの, うしろを, うちに, そばで, ところへ, ところまで, なかが, まわりに, やうな, わだち, ヘッドライトが, 三輛目の, 上は, 下から, 下を, 先引きを, 内に, 内は, 動揺に, 外の, 屋根に, 心棒が, 扉に, 方が, 方は, 方向を, 来るの, 様に, 番号を, 真似を, 窓の, 簾を, 轅を, 運転手に, 間を, 音だ, 音や, 響きが, 響を

3 [48件] うえから, うちで, そばを, それ門に, とこに, ところに, なかから, なかを, まわりには, わだ, 上, 上であった, 下ッ腹, 内で, 内へ, 動揺の, 右の, 周囲に, 声は, 外は, 外を, 左右に, 後ろに, 心棒に, 扉を, 数が, 梶棒を, 横に, 歯の, 流れを, 淋しさ, 灯は, 煙突の, 番号は, 荷は, 行列で, 跡押にと, 蹴込み, 輻の, 轅の, 轍が, 轍に, 轍を, 通る音, 運転手は, 音のみ, 馬の, 齒の

2 [160件] あとから, あとについて, あとへ, あと押しを, あなたに, うえで, うちから, うちへ, かげに, きしむ響き, くるの, ことです, すだれ, すみに, そとに, ために, ついた椅子, と, なかは, またあと, まはる, ゴム輪の, デッキに, バースが, バースを, ヘッド, ベルの, 一つが, 一つに, 一隅に, 三等室東京以北の, 上では, 上も, 下で, 下の, 下附, 両輪だった, 中, 中からは, 中にも, 主の, 主を, 乗客の, 人と, 人は, 便所に, 傍へ, 内の, 内部を, 出て, 列に, 列の, 列は, 前から, 前後に, 動くにつれて, 卓の, 去るを, 取っ手を, 右側に, 周囲を, 土を, 外まで, 大きさ, 奥に, 姿を, 小さく見える, 小僧たち, 小窓, 尻に, 尻の, 屋根へ, 左の, 幌が, 幌の, 庄と, 形した, 影が, 影と, 影を, 往来が, 後には, 後へでも, 後押を, 御供にも, 御者を, 心棒の, 心棒へ, 怪談を, 戸を, 所へ, 扉開きし, 接続器を, 操縦室の, 方の, 方向に, 柄を, 梶を, 梶棒の, 椅子に, 様な, 模型を, 横木に, 次の, 止まったの, 歩行は, 波, 火と, 牛が, 男が, 矢の, 石炭は, 窓が, 窓へ, 窓を, 簾の, 素足の, 群れが, 背後に, 脇に, 腰掛に, 蔭から, 蔭に, 行來に, 行方を, 製造に, 話を, 走るの, 跡に, 跡も, 車の, 車を, 車輪に, 車輪の, 軋つた痕, 軋りが, 軋り音, 軌の, 輪には, 輪も, 輪や, 輪中空に, 輻は, 輻を, 通ずる処, 通る田舎, 速力を, 運轉を, 都合を, 間をば, 隅っこで, 隅に, 隅ッこに, 音で, 音である, 音などは, 響も, 類は, 飛ぶこと, 飛ぶ事此通り

1 [1178件 抜粋] あいだを, あげる塵, あとに従い, あとより, あゆみを, あるところ, あるやう, ある場合, ある期間, いずるに, うえには, うえの, うしろには, うちなる, うちの, おかげで, おとも, お吉, かげから, かたへ, きしむおと, くりごとよ, こと, ことであり, ことね, こと相談し, ころがる音, ごろごろと, しかけなんぞを, したくを, すぐ次, せいじゃ, そしりも, そばまで, ため人込みから, ついた, ついた白い, ついた籐椅子, つきたる黒塗, つもり, てつぺんに, ところで, とても重い, とどろきや, とまったところ, とれたタンク, どこかで, なかでで, なかにまで, なかへ, ぬしを, はいって, はひつ, ひびきが, へ立ち, ほかでは, ほこりっぽい, ま, ままでは, まわりで, まわりを, めぐる音, もとに, ものにな, やうだ, やや劇, ゆききや, ゆく街路, ゆれる毎, ようだった, よう辮髪の, よろめくの, イトリに, ウインドウは, ガタガタ通る, コンパートメントには, サイド, ショックでも, トイレットに, ドライヴ, ナンバーも, バネの, パイプを, ブン, ベルを, ボディに, ボーイ室では, マンナカあたりに, ライフガードに, 一の, 一台の, 一夜, 一番上に, 一端に, 一角を, 丁場で, 三輛目で, 上からの, 上これは, 上つて来る, 上なる, 上にても, 上にまで, 上荷に, 下か, 下じきに, 下りて, 下簾, 世話に, 両側は, 両輪, 両輪と, 両輪を, 両輪鳥の, 中までも, 中央部に, 主が, 主よ, 久しく待ッ, 乗客たちは, 乗客達は, 事だ, 事故の, 二種が, 云々といふ, 人いきれの, 人ごみの, 人なみとが, 仕かけ, 仕度を, 付いた玉子廻し, 伊助が, 位置に, 作物としても, 例を, 便不便を, 修繕道具で, 假令模造で, 停る毎, 側から, 側面に, 傍なる, 備えが, 先に, 先端が, 入口に, 入口を, 兩側は, 具合によって, 内なる, 内よりも, 内部は, 出づべき期に, 出入しかける, 出口に, 函車が, 列日の, 刹那の, 前とうしろ, 前びきを, 前方から, 前簾, 前車であった, 前部が, 前面の, 力は, 力強い構成, 加速度と, 動きで, 動きはじむると共に, 動くたんび, 動くほどの, 動力が, 動搖する, 動搖に, 化物とでも, 午前八時と, 南京虫に, 厄介にでも, 反対側に, 口吻裡には, 台の, 右へ, 吊紐, 向きを, 周りを, 周囲には, 喘ぎは, 嚴重なる, 四兵を以て, 固い椅子, 坂へ, 垂れ絹の, 場合あれほど, 塗りか, 壊れたの, 外が, 外なる, 多いこと, 夢やを, 大きな輪, 太鼓が, 奥ぶ, 奥を, 如き基礎, 如く廻旋し, 如く衛雲, 姿も, 完成の, 実が, 客の, 容量に, 寄せられた所, 寝台は, 寢臺が, 対面を, 小さな前, 少し古く, 尾へ, 屋根から, 屋根を, 山鉾に, 左側に, 左右に従い, 帳場が, 帷が, 幌に, 幌を, 庄から, 庄も, 床の, 序に, 座席が, 座席へ, 廊下を, 廻る音, 引いて, 引き出されるころ, 形かな, 形にも, 形を, 影は, 役割をも, 往った, 後さ, 後について, 後ろで, 後ろへ, 後ろ影を, 後押ししてた, 後押しは, 後押も, 後輪を, 後部から, 御厄介, 御者台に, 心地好く滑っ, 心棒は, 恰形は, 感じ頗る, 戒しめとこそ, 戸と, 所まで, 扉の, 手前まで, 手綱を, 持ち主だ, 持つて, 指図を, 掃除が, 接続器と, 接触か, 揺ぎ出す, 揺れの, 揺れ進む, 操縦室へ, 支度を, 数も, 断末魔の, 方から, 方をも, 方向が, 昇降口に, 春の, 朝は, 来さうな, 東京時代における, 板の, 柄に, 框へ, 梶に, 棒を, 構造は, 構造を, 模型軍船の, 横ッ面を, 横木を, 機を, 機関車を, 檻を, 歌を, 止ったところ, 止められた時, 正面に, 此種の, 歯でも, 歯を, 歸る, 毛布を, 泥よけに, 満員の, 演技には, 灯が, 炎を, 烟は, 焼ける所, 煽りを, 爆音を, 片側に, 牢屋を, 特色は, 犬が, 猛進を, 玩具や, 用意, 甲斐が, 町はずれの, 番号が, 畫と, 痕を, 発着まで, 白い花, 盗難事件と, 直上五十呎ばかりに, 眞似だ, 真先に, 着いた西洋, 砂ホコリを, 硝子窓から, 税銀一ヶ月八匁宛なりと, 積荷から, 積載の, 空箱を, 窓には, 窓枠に, 窓際へ, 立場に, 竜が, 競争から, 競爭に, 簾かき上げ, 簾が, 米と, 系統に, 紛失に, 細君を, 絶え間ない, 綱取り, 網棚の, 縦絵に, 美しい娘形, 美醜などは, 群に, 群衆は, 翼が, 老人も, 者は, 聡明な, 聯想だ, 背に, 背後で, 胴を, 腐った輪, 色, 花が, 若衆に, 荷おろし, 落とし掛けの, 藍いろ, 行きずりにかは, 行き交う物音, 行すぎたる, 行った方角, 行列だ, 行方も, 行進曲, 表現によ, 裡に, 製造所は, 複雑と, 解釈で, 設計といふ, 試験を, 調子で, 謂は, 賃貸契約書に, 走った跡, 走つて, 走るごと, 走る方向, 走る音, 距離を, 跡が, 路です, 踏段の, 身に, 車台の, 車夫に, 車室は, 車掌を, 車輌の, 車輪が, 車輪を, 軋みと, 軋る響, 軌道は, 軍勢が, 軛の, 軸なり, 軽い動揺, 輪, 輪だ, 輪でが, 輪な, 輪にかけて, 輪ほどの, 轂と, 轅が, 轅に, 轅打碎き, 轆る, 轍とか, 轟きがした, 轟き海, 近くから, 近づいて, 送り迎へ, 通うほどな, 通った跡, 通つた後の, 通らないさびた二三尺, 通らない細い, 通ること, 通る表通, 通れぬ急, 通行に対して, 速力で, 速力よりも, 速度さえ, 速度に, 速度も, 進むまま, 進歩にも, 進行に, 進退を, 運転に, 運転は, 運転手から, 運転手さんに, 運転手の, 過ぎゆくの, 道すがら話, 遠い軋り, 酔とか, 重苦しいひと, 鈴赤, 鉄格子に, 錯綜し, 閉場時に, 附いた屋台, 陰に, 隅で, 隅ッ子に, 隙から, 際まで, 雑踏せる, 雑音も, 震動に, 露ばらいして, 音しげく, 音だの, 音やら, 音先払いの, 音微かに, 音樂しい, 響, 響きまでが, 響さえ, 響は, 響やら, 響人の, 響風の音人の, 顔も, 飛ぶこと此通り, 食糧節限, 馬であり, 馭者が, 駆け込みし響, 骨を, 黒い影

▼ 車~ (2320, 18.2%)

54 引いて 39 ひいて 33 降りて 30 曳いて 29 押して 28 止めて 27 下りて, 停めて 25 とめて 23 おりて 17 走らせて 15 持って, 挽いて, 飛ばして 13 走らせた 12 降りた 10 下りた 9 おりると, 呼んで 8 つけて, 廻して, 待たせて, 捨てて, 駆って 7 おして, 並べて, 停めると, 飛ばせて, 駐め 6 仕掛けて, 停めた, 出して, 命じた, 命じて, 寄せて, 横に, 止めさせた, 連ねて, 降りると

5 [17件] とばして, とめた, もって, よんで, 停めさせた, 停めさせて, 引っぱって, 待たして, 持つて, 漕ぐゐざり, 牽いて, 用意し, 置いて, 見て, 見送って, 雇って, 飛ばした

4 [14件] おりた, つらねて, とどめて, とめると, ひかせて, ひっぱって, 借りて, 引かせて, 待って, 護って, 走らせました, 返して, 運転し, 驅り

3 [45件] すてて, そう云っ, ひきながら, まわして, めがけて, 下して, 下りぬ, 下りる, 傭って, 先に, 出て, 出ると, 利用した, 前へ, 呼べと, 呼んだ, 帰して, 引かうが, 引きながら, 引っぱりました, 待つため, 急がせた, 手に, 押しながら, 拾った, 挽くと, 挽くの, 捨てた, 探しに, 曳かせるの, 曵いて, 柳の, 止めた, 止めると, 窓から, 見つけて, 走らした, 走らせたの, 走らせること, 迎えに, 降りてから, 降りながら, 頼んで, 駆つて, 驅る

2 [126件] あとに, いそがせた, いそがせて, おいて, おしながら, かえした, がらがらと, こちらへ, しらべて, そこへ, そっちへ, つ, つけると, とびおりて, とめる, ひろって, 一台お呼び下さい, 一輛私の, 下りしは, 下りてから, 下れば, 並べその, 中に, 中心に, 乗りつけた, 乗りつけて, 乗り捨てた, 仕掛けるの, 使用し, 先き, 先頭に, 出した, 出すが, 出すと, 出せと, 利用し, 動かして, 向ける, 呼びとめて, 呼びとめると, 呼びに, 呼び止めた, 呼べ, 囲んで, 圧倒する, 売って, 常よりは, 廻すと, 引いたの, 引いた青年, 引かして, 引き返させて, 引くの, 引くよう, 引く勝, 引っ張って, 引張って, 待合せるため, 後へ, 徐行させ, 徐行させた, 忘れて, 急がして, 急がせたが, 払って, 押させて, 押した, 押し出して, 押し続けて, 拾うという, 持たせて, 指差した, 挽き込んで, 捨て, 探して, 推して, 曳いたの, 曳くもの, 曳く姿勢, 曳出し, 棄てた, 棄てて, 止めました, 浅草へ, 片つ, 玄関さきまで, 玄関へ, 用うる, 病院の, 置いたまま, 蒸気河岸とは, 蒸気河岸へ, 見上げて, 見送りぬ, 貸したげる, 走らして, 走らせる, 走らせると, 走らせるの, 走らせる途中, 返した, 返すと, 返す足場, 追つて行つて了つた, 追はん, 通ずるに, 造らせるやら, 進ませて, 進めて, 運転する, 道ばたに, 門から, 附けて, 降りたとき, 降りる, 雇ひ, 離れて, 離れるの, 頂戴し, 飛ばせ來, 飛下りて, 馬に, 馳せて, 駅前の, 駆りて, 駈けら

1 [1227件 抜粋] ああうごかし, あけて, あとへ, あの女, いただけますれば, いつまでも, うながして, おこすの, おし簇擁, おす役, おって, おりたこと, おりた明智探偵, おりますと, おり筵繩なんど, おろされたけれども, お呼びいたしますでございます, お製, お迎えに, お降, かえしました, かけ井戸水, かして, かりて, かわす暇, がらがらひっぱっ, くっつけたまま, くれるので, この穴, ご用意, さけて, さし寄せると, しかけるん, したてて, して, しらべるため, すすめさい, すっかり空, すつ飛ばして, すゝめた, そう云っときます, そのほう, そのまま場所, それへ, たのみに, だれも, つかまえると, つかれて, つくりなおしおじいさん, つくろうと, つけた玩具, つけなぞ, つっかけて, つらね, とばしたの, とばせ, とびおりると, とめ, とめさして, とめむしろ, とめるかと, とめるべきだが, とめるん, とめ石炭, とめ英男, とりかこむ, とりまいて, どこかの, ぬきながら, のりつけた, はやくとめる, ば一大樹の, ひいた白, ひいた衛生夫, ひいてね, ひきかねて, ひくの, ひく商家, ひく馬, ひっぱる痩馬, ふりかえった, ぶつけようと, ほぐして, またきた, また一輛, まは, まぶしそう, まわさせて, まわしては, まわす, まわすコマ鼠, まわす白鼠ども, みなとめ, めぐらして, もっての, もてせしアヌンチヤタ, もと来た, もらい受, やつて, やり応接, やる, ゆり動かしたので, ようよう見付け, よこすから, よせて, カンボジヤの, ガラ, ガレージの, スタートさせた, ノロノロ走らせ, ポケットに, ラムブラ, 一つぐらゐになさいよ, 一丁買っ, 一台ひろっ, 一台呼び止め, 一散に, 一時とめ, 一臺寄越す, 三十一番街に, 下します, 下りし時, 下りたれば, 下りた程, 下りる妻, 下り人力車, 下り堂前, 下り暗夜身, 下り閉せし雨戸, 下るとき, 下ろされちまひ, 丞相府まで, 並べた外側, 並べ狭い, 中軍へ, 乗りすてた, 乗りつけた百姓, 乗りまわして, 乗り入れました, 乗り出すと, 乗入れ昨夜, 乘りつけ, 乱暴に, 二十面相が, 二台も, 二台引張っ, 二臺雇つて大佛前の, 云ひ付け, 五六台並べ, 仕掛けた形, 仕掛けますと, 仕掛けること, 仕掛ける理由, 代えて, 作る上, 使えること, 倒れんばかりに, 倩ひ, 停めたるに, 停める, 停めラスプーチン, 停め言葉, 停車場まで, 備へ, 傭つて来た, 先へ, 入れさせて, 入れなさい, 入れ自身, 共にし, 其處に, 出させる, 出さなかったかね, 出そうと, 出たが, 出ないうち, 出る, 出発させない, 出迎えて, 別に雇い, 前と, 助け推さしめ三創, 動かしたやう, 動かし初め, 動かすべし海, 動かす事, 動かせるよう, 動きだすと, 勧めに, 南に, 原に, 収容し, 取り付けるの, 取換えようと, 同うする, 向島まで, 呼ばうと, 呼びたまえ, 呼びました, 呼び寄せて, 呼び止めること, 呼ぶと, 呼ぶ必要, 呼んだの, 命じたの, 噛ませて, 四泉の, 回しながら, 回し初め, 囲み月光, 土間の, 売り払った後, 夜暗に, 大市場, 天然自然と, 奪い取った事件, 奮発した, 妻戸の, 守りかため前後, 安全線へ, 家の, 寄する, 寄せる所, 小さいの, 尾け, 尾行し, 山田まで, 崇めて, 平穏に, 庭の, 廻したり, 廻します, 廻す, 廻すこと, 廻す二十日鼠, 廻す根氣, 廻す為, 廻わす, 引いた男, 引かすん, 引かせました, 引かせ石, 引きずって, 引きたる儘, 引きオーステルリッツ橋, 引き入れさせて, 引き出そうにも, 引き止めて, 引き込むので, 引くこと, 引くも, 引く小泉くん, 引く男, 引く車夫, 引っかけて, 引っぱる革綱, 引っ返させたい, 引倒さんと, 引出しますのに, 彩る青葉, 彼等の, 待たしたこと, 待ちあ, 待ち合わせようという, 待つ頃, 後に, 得て, 御する者, 御先乗, 御焼き, 思わせるその, 思想に, 急がせました, 急がせ花子, 急に, 慕って, 所有し, 手舁で, 打ち破り二人, 抜けて, 押しあげようという, 押しに, 押し出す手, 押す中牛馬, 押す手, 押す者, 押行く, 拔い, 拝跪した, 拵えて, 拾うの, 拾つたものだ, 持ち上げるの, 指さす, 指定し, 挽いたの, 挽かせて, 挽き豆腐屋, 挽く人足, 挽けるも, 捕えて, 捨てたところ, 捨てると, 捨て足, 据えさせた, 掃除し, 探した, 控へて, 推した事, 推し之, 掴える, 撲つので, 操縦し, 数人の, 斬った, 早く, 早めて, 暗涙の, 曳いたまま二度, 曳いた被告人, 曳いての, 曳かないだけの, 曳き其上, 曳き進めた, 曳くよう, 曳く者, 曳っ, 曳出す, 杖で, 東京に, 案じて, 棄てると, 横付けに, 止め, 止めさせて, 止めさせ運転士, 止めた茶屋, 止めますが, 止められて, 止めれば, 止めんとは, 殺すも, 求めること, 溺らし, 潜つて向う側の, 焼きて, 照らしたの, 爪先上りに, 片岡家に, 物色した, 牽かせたと, 牽かせた例, 牽きながら, 牽くを, 狭斜の, 玄関に, 用いずに, 用ゐさせた, 留めさせて, 留めたが, 疾走さし, 發表致します, 盗まれたの, 監視し, 目がけて, 直さして, 直そうと, 真中に, 眺めて, 眼の, 着けさせます, 着けたもの, 知って, 祖國の, 穿き口, 窕子の, 立てようと, 立て並べられて, 緩めた, 繞り, 置いた, 置きっぱなし, 置くほどの, 考えだした, 背中で, 脚として, 自由に, 行き過させ唯, 街道に, 製作する, 製造ては, 要した, 見かけよい, 見せなくとも, 見たの, 見つけとにかく, 見つけるまでに, 見つめながら, 見ます, 見るとき, 見る度, 見且つ, 見出して, 見張るん, 見詰めつつ, 見送った後, 見送つた後, 見送りて, 覗き込んだ, 言い付けて, 言い附けましょうか, 註文した, 誂えて, 誂えましょう, 警護旁そこな, 護る前後, 買い切ること, 買はれる, 貸して, 走せ其処, 走らすこ, 走らせたり, 走らせます, 走らせるん, 路ばた, 蹴飛ばして, 転がすよう, 輓かんとて, 輓けり, 辛抱強く踏ん, 迎へる, 返す, 返そうと, 追いかけて, 追いこして, 追っかけて, 送って, 逆さに, 通した, 通し得る状態, 通ずる大道, 通りがかりに, 通りぬけながら, 連ね上, 進めたので, 進めようと, 進めるの, 運んで, 道で, 道ばたへ, 遠くによ, 遣り過し閃, 遮ぎった, 避けて, 避ける途端, 重げに, 門の, 附したもの, 降りずに, 降りたの, 降りた時, 降りてからも, 降り一行, 降り何, 降り去った, 降り山, 降り遠方, 陸地に, 階隠, 雇い心, 雇うた, 雇つ, 雇つて山を, 雇わずに, 離るる, 静かに, 頼だ, 顛覆え, 飛し, 飛せし, 飛ばす, 飛ばせました, 飛び下り, 飛び出し二つ三つ指図, 飛下りた, 飽かず見送った, 駆けらしたの, 駆つた, 駆つて溜池, 駆つて西, 駆る, 駆るべき歩兵隊, 駈けらし一〇キロあまり, 駐めん, 駛せ, 驅けらした, 驅つて大, 驅りぬ, 驅れり, 鳥渡拝借したい

▼ 車~ (1479, 11.6%)

126 乗って 42 乗せて 34 積んで 32 のって 30 乗った 21 のせて 20 乗つて, 載せて 14 乘り 13 つんで 11 乗せられて, 乗ると 10 乘せ, 揺られて 9 ゆられて 8 乗りて 7 つけて, 乗つた, 乗ること, 乘る 6 のせられて, 一ぱいの 5 乗て, 乗る, 乗ろうと, 腰を, 送られて

4 [12件] なって, のる, 乗ったの, 乗り込んで, 乗るの, 入った, 搖られ, 故障が, 火を, 近づいて, 附いて, 駕し

3 [15件] お乗り, お足元, して, ゆられながら, 乗っかって, 乗ったまま, 乗った時, 乗れば, 乘つた, 同乗し, 姿を, 手を, 石炭を, 積み余るほど, 足を

2 [74件] うずくまって, これから火, さへ, しても, どんな娘, なつた, のせられたので, のせると, のっけて, のった, のってから, のりこみ私, のりこんで, ひかれた娘, ひかれて, ふんぞりかえって, 一緒に, 上つた, 上りて, 上りぬ, 乗せた, 乗ってから, 乗っては, 乗らうと, 乗らねば, 乗り, 乗りたまえ, 乗りました, 乗りましょう, 乗り車, 乗るという, 乗るよう, 乗る時, 乗ろうとして, 乗ッ, 乗合せて, 乘せられ, 乘つてゐる, 付けて, 似て, 入れて, 分乗し, 召して, 同車し, 埋めつくされ足, 寒く湯, 布いた茣蓙, 揺られながら, 母は, 神女立ちあがり, 積まれて, 積み始めたので, 積み込んだ, 積み込んで, 積み餘, 積んだ賤民共, 触れて, 跟い, 身を, 載せたり, 載せられて, 轢かれたり, 迎えられて, 近い方, 近づくと, 這いあがった, 這い込んだ, 運ばれて, 過ぎない, 酔うて, 附けて, 音も, 飛び乘, 駕する

1 [762件 抜粋] あえば, あったもの, あまり地上, あるの, ある事件, いた, いたら四人並び, いつぱい乗つて, いても, いるの, いるレニングラアド大学教授リュウ・ツシゴウル氏, うちのって, うち乗せ, おさまって, おさまり湧きあがる歓声, お乘, お人形, お出合, お召し, お君, お母さんと, お筆, かくれた, かくれて, かけられノッ, かけること, かすかな, ぎっしりと, くつつい, けんつくを, この火事, こまつてる人たち, しいて, しかも立ち, したが, しばりつけましてね, しましょう, しゃんと乗る, すること, するん, すわって, そっくりで, それらの, たくさん積ん, たちたるを, ちゃんと乗っ, ちりぬ山ざくら花, ついて, ついて行きました, ついて行く処, つかまりました, つけ, つけた燈火, つけるん, つける度ごと, つなごうと, つまれて, つみとりか, つみ背, とどかなかった, とびこむ, とび込む娘, とび込んで, とりすがった家臣, どうで, どの位歯, なっては, なると, ねたまま, のせそしてまた, のせられた, のせられ十台, のせ一時, のせ名器名物, のせ長い, のったら眠く, のった弟, のった時, のりかえるとは, のりかけて, のりこむ, のりて, のりました, のり伸子, のり細田入江, のること, のると, のるところ, のるの, のるよう, のる時, のる様, はこばれて, ひいて, ひかれた十五両連結, ひつか, ひとりで, ぶっ放し, ぶつかって, ぶつかりそう, ぶつかりは, ほうりあげ座敷, ほうりこまれ明日, ぼくを, まことに運, まるで荷物, むかい, むかう蟷螂, ゆったり乗った, ゆられゆられて, わが子ふたりを, わたくしが, アチミアーノフと, ガソリンを, ステッキを, ソファを, ドリアンが, ノヴォシビリスク領事館の, ポカンと, 一しょに, 一ぱいに, 一人おさまっ, 一方ならぬ, 一時は, 一通り荷物の, 七五三松飾りの, 上る, 上るより, 上るを, 不思議な, 与えた, 主人は, 之を, 乗じ径, 乗するは, 乗せたちまち, 乗せた夫人, 乗せられこっち, 乗せられた, 乗せられたり, 乗せられた理由, 乗せられも, 乗せられ手術室, 乗せられ首, 乗せるとき, 乗せ使軍, 乗せ強いて, 乗せ梶棒, 乗せ自分, 乗せ自身, 乗っかるから, 乗ったおり, 乗ったこと, 乗ったほう, 乗ったら急, 乗ったり, 乗った喪服姿, 乗った天女, 乗った妓, 乗った筒井, 乗っちま, 乗っちゃ, 乗っても, 乗つたわたし, 乗つて宅, 乗つて家, 乗つて日比谷, 乗つて本郷, 乗つて東区, 乗らうとして, 乗らず夏, 乗らない為, 乗らない習慣, 乗られ塚, 乗りあわしたと, 乗りかえこんど, 乗りかえるからね, 乗りこみ機関士, 乗りこむわけ, 乗りこんで, 乗りこんでからも, 乗りたいからと, 乗りたいと, 乗りたるオノコら, 乗りたる姿, 乗りましたよ, 乗り作らせて, 乗り合せると, 乗り宿屋, 乗り換, 乗り新野, 乗り早く, 乗り替えて, 乗り替へ, 乗り毛布, 乗り犬, 乗り祈祷会, 乗り移りしが, 乗り蓋, 乗り行列, 乗り走りだした, 乗り車中安眠, 乗り込もうと, 乗り込んだの, 乗り高い, 乗るといふ, 乗るとき曇, 乗るところ, 乗るほう, 乗るまでも, 乗るよりは, 乗る代言人, 乗る姉, 乗る様, 乗る様子, 乗れ, 乗れよ, 乗ろうとは, 乗込んで, 乘つ, 乘つて, 乘つてまた, 乘つても, 乘つてベルリンへ, 乘つて一足先に, 乘つて出かけ, 乘つて出掛け, 乘つて増田の, 乘つて夕闇の, 乘つて家を, 乘つて歸られた, 乘つて歸路に, 乘つて百人ばかりの, 乘つて紀尾井町と, 乘つて顫へて, 乘らず, 乘りつけ, 乘りなさい, 乘り込ん, 乘るべき, 乘出すは, 乘換へ, 乘込んだ, 二三人ずつ, 二千万円の, 五人も, 仕立上げる, 任せて, 似たもの, 似た廻転鋸, 何とか信号, 何台という, 余る財, 便乗させ, 傷つけられたこと, 兄の, 先き, 入って, 入り車掌台, 入れたの, 入れられました, 全速力を, 兵糧を, 冬子が, 出あいました, 出っ逢, 出会いましたが, 刃向う, 刄向うよりも, 分乗させた, 刎ね, 勇吉も, 南は, 厳重に, 取りついてでも, 取り附いてでも, 召されたいと, 召されるの, 同苦坊, 名高いシユワツブさん, 向かっても, 向って, 向ふごとき, 喰い入った, 喰われて, 囚え, 土地の, 塀際を, 変ったの, 変りは, 外交官仲間三人で, 大庭春吉次に, 奉じ特に, 娘は, 完備し, 家財を, 寄りついて, 封じたこと, 對し, 導くべき從者, 導火を, 少しの, 少許, 居た, 居るもの, 山と, 山に, 幌かけ, 座布團を, 式場へ, 引かれて, 引上げて, 引添う, 彼春一を, 思はず上体, 悠々と, 態度は, 打ちあて, 打積ん, 托して, 投げ込んで, 押され兵馬, 押し込まれあるいは, 担ぎ込まうとして, 拾われたと, 拾われたとき, 持ち込んだウイスキー, 捕わ, 接近した, 揺られつつ, 揺られ通し, 搖られてる, 改造された, 故障を, 敷かれて, 旅の, 曳かれて, 會つてふと, 會ふ, 有名な, 朴の木樫の, 柳橋とは, 業を, 横ざまに, 横た, 歩み入った, 残して, 殺されたと, 気も, 沿ひゆか, 法の, 添へり, 渡船が, 源氏を, 滿載する, 火が, 焚く一塊, 焦かれても, 父の, 牛を, 牽かせ荷, 牽引される, 町の, 番号なんか, 盛られ馬の背, 盛装した, 真正面から, 眠られぬまま, 着いた商人, 矢代と, 知らせろ, 磨きすまされたランプ, 移される, 移され他, 移して, 移し赤耀館, 移ってから, 稽古し, 積て, 積まれし乾酪, 積まれた, 積まれ七月, 積まれ船山城, 積みこんで, 積みその, 積みのせて, 積みもて帰りて, 積み上げ首, 積み同勢二十人, 積み桝, 積み残して, 積み込むため, 積み込む時, 積み黒馬, 積めるだけの, 積んだり, 積んどけ, 積んどる蜜柑, 積込むの, 突きあたった, 突き当ろうと, 窮屈そうに, 等しき此の世間, 箪笥や, 米俵を, 紀念塔を, 結えるちゅうて, 結びて, 縛りつけて, 繋いで, 繋ぎつけ, 繋ぎ頭, 老いた女, 而夕八半時頃矢掛駅小西屋善三郎へ, 而帰船, 而平福迄, 背を, 自分と, 花に, 芸妓と, 苛立たしい視線, 荷物だけ, 菜っ葉を, 血痕次の, 行かうと, 行き逢う外, 行く元気, 行けるだらうと, 行って, 見事に, 見出づ夕月, 言った, 詰め込めば, 象印の, 負傷者を, 跨がつて, 跨ると, 跳ね飛ばされも, 車夫たちの, 軸が, 載せおのれ, 載せがたい, 載せられ東平府, 載せると, 載せ兵士, 載せ自ら, 載つかつて, 載りたいと, 輓かせ, 轢かれある, 轢かれたちんば, 轢かれたの, 轢かれやしないか, 轢かれるそういう, 轢き殺されて, 轢き殺され相, 近いところ, 近いので, 近い三等, 近き庭園, 近づき, 近道を, 返しすぐ, 返って, 迫るなど, 追ひすがり, 追ひつ, 追われながら, 追付かうと, 速力を, 速度が, 運び込まれた, 運ぶの, 違ひない, 遡りて, 酔つた, 酔わないとは, 酷似し, 金色の, 鋼条で, 關し, 附き添, 附随し, 陣取って, 隙間を, 雉子の, 鞭を, 須利耶圭という, 頭の, 頭大車二大車の, 飛びのりて, 飛び乗った, 飛び乗ること, 飛乗りざま, 飛掛つて來た, 食事を, 馴れず動かじと, 駆け寄った, 駕りたる, 骨を

▼ 車~ (1180, 9.2%)

14 来て 11 走って 9 来た 8 ついて, 置いて 7 あった, 通る 6 ある, つづいて, 急に, 来る 5 出て, 動き出すと, 廬に, 待たせて, 待って 4 あって, とまった, とまって, ガラガラと, 何かの, 來て, 停った, 入って, 威勢よく, 通って

3 [13件] あつた, あると, とまりました, とまると, 停って, 出來, 来たので, 来ました, 此方へ, 片寄せて, 見えませう, 迎えに, 道を

2 [68件] あったから, あったこと, あつて, ありますから, あるなら電車, いって, がたがたする, ここへ, この時, ないので, やって, ゴロゴロと, ブレーキを, ヘッド, レールの, 一台とまっ, 一台下り, 一輛空から, 上下する, 並んで, 二台程, 來しと, 來た, 停った時, 停まって, 停まる, 前後し, 動いて, 動きだしてから, 動き出したため, 勢よく, 又埃, 同じ所, 回りは, 家へ, 小川町の, 待つて, 惰力で, 押されて, 日に, 早く廻る, 来たり, 来た時, 来る事, 止まって, 止ると, 無数に, 玄関へ, 着いた時, 石の, 私の, 続いて, 自分の, 自動車の, 行く, 衝突し, 走つて, 走りだすと, 走り出した, 走るの, 軋っても, 軌道を, 逆立ちし, 門の, 門前に, 陸続として, 静かに, 高い車蓋

1 [852件 抜粋] あいて, あったの, あの, あります, ありもう, あるじゃ, あるだらうから, あるもん, ある寝台車, ある街角, あんなに壮観, いかにも得意, いくら大丈夫, いけないの, いたため数十台, いて, いまだその, いやに, うごき出した, うごき出して, うごけなくなったの, うしろへ, うねり下った, おしよせて, おもかげ, お前の, お江戸, かけて, かようの, かよわないという, がたつき, がたぴしと, がらがらと, き, きしって, きしむ, きしる, きたとき, きましたので, ぎいとにぶい音を, くるくる廻つて, ぐるぐると, ここには, こちらを, この本館, こはれた, こはれまし, こわれたって, こわれるほど, ございましたが, ごわりまし, さかさ, しかかる, しきりに回る, しばしすれすれ, すえられて, すべろうと, そこに, その上, その閉塞区間, そばまで, そんな仕掛, ぞろぞろ通った, たくさん来, たぐり寄せる軌道, ただ一台, たったとき, だんだんに, だんだん木, ついたとか, ついたの, つきあうの, つく, つくかと, つけて, つながれて, でこぼこの, とある町角, とおります, とまったとき, とまったの, とまり運轉手君, とれたり, どうなっ, どこかしらに, どこからとも, どこへ, どしん, なかなか来, なだれ打っ, なにを, はいらないから, はずんで, はたと留った, はつと, ひいて, ひっくりかえって, ひつくりか, ひとりでに焔, ぴったりと, ぴつたりとくつ附き, ぶつかったとき, ほしいな, まいること, またぐらぐら, また実に, まだ帰つて, まだ歸つて來, まっ白な, まわって, みんなま, むこうの, もうその, もくもくと黒い, やうやく擦れ, やってきました, やって来て, やって来るの, やっと私, やられたので, ゆつくり, ゆるゆる通る, ゆれても, わざと造つた障害物, わたしたちを, アンヴァリイドから, カラカラ鳴る, カーヴし, ガタガタ鳴つた, ガレージには, キリングウォース炭坑で, ギーギーと, ゲエテ街に, サンキューと, スクリーンに, タクシーだ, トラックに, トンネルから, バカバカしく揺れる, パンクし, ホテルの, ミシミシと, 一ついました, 一つ必要に, 一両だけ, 一台ある, 一台と, 一台ところによっては, 一台曳く, 一台立往生を, 一台置い, 一台通った, 一回転でも, 一杯で, 一町も, 一臺や, 一臺向ふ, 一臺通つた, 一輛人面の, 丁度壊れかかった, 三千円以下の, 三台ございました, 三吉の, 三四軒, 三四郎の, 上って, 上等すぎる, 下りた, 下りて, 下水道の, 両国橋へ, 中央九番街の, 主を, 乞丐の, 予期した, 二つお供を, 二三間駆け出す, 二十分ぐらい, 二十台ほど, 二十面相を, 二台ついた, 二台ヨードを, 二台待っ, 二台梶棒の, 二台自転車が, 二挺出る, 二輛, 五六尺ひとりでにきりきり, 五十嵐それから, 五百台浚泥機百台トラックポンプエレヴェイター起重機各, 亡くなると, 京から, 人波に, 今まさに, 仕掛りますか, 他の, 休んで, 何れ注意を, 何を, 何台か, 何臺も, 來ました, 來る, 俺の, 停ったら起きて, 停ったり, 停まったところ, 停められた時, 停らぬうち, 停ります, 停車場へ, 傷を, 傾いた, 元の, 入りかけて, 入り乱れて, 全速力を, 公園の, 六つただの, 其れ, 凍ったコンクリート, 出されること, 出てから, 出ると, 出動すれ, 出来さえ, 刑場を, 別れた終り, 利きません, 利くし, 前に, 前後に, 動いた, 動きだした, 動きだして, 動きだしました, 動きます, 動き出したと, 動き出したので, 動き出した時, 動き出す, 動き出すの, 動き出そうと, 動くと, 動く度, 動揺する, 勾配に, 南北の, 去れば, 参りましたから, 参内の, 又ぞ, 反りません機, 同時に動い, 四つも, 四台, 回るよう, 回転する, 国道から, 坂に, 坂道へ, 城門の, 外から, 多くて, 多くな, 多く出, 多く集り, 大いに流行った, 大きな薪炭, 大道せまし, 好きで, 威圧する, 安, 客を, 寺の, 小型で, 小石まじり, 尽きると, 居并らび, 山へ, 崖から, 川手家の, 己の, 己を, 帝国ホテルの, 帰って, 幻影の, 店を, 廊下の, 廊下を, 廻り出すよう, 廻るから, 引き出されて, 引くりかえりそう, 引けるだろうか, 彼の, 彼らの, 往来する, 待ってでも, 後へ, 後を, 御殿山の, 忙しなくゴロゴロ通り, 忽然地上から, 思いがけなくとまりました, 思うよう, 思う方角, 急カーブ, 恋しいよ, 悠長に, 悪いの, 戻りましたで, 折から, 押し入れられる, 持って, 揃いましたと, 揺れて, 撥ねかえした, 故障し, 故障を, 散生して, 数台三十一番街に, 新しく造られなけれ, 新宿さして, 日光, 旭川駅へ, 時々その, 晴れた野, 曲がるまでは, 最もよい, 木戸の, 村まで, 来しとて, 来ずリスター・バッグ, 来たといふ, 来は, 来ますから, 来ますが, 来るの, 東京駅に, 松並木に, 柳の, 横づけ, 横に, 橋を, 次第に重く, 止った, 止って, 止つた時手前にも, 止まつた, 止まりました, 止まる前, 止らうと, 此先輩たちの, 段々と, 汚いから, 河野大, 泣くと, 洋紙を, 流れて, 流れるよう, 浮いて, 混みあう, 湖畔を, 湯を, 準備された, 滑りこんで, 滑り出した気, 澤山に, 濘海に, 灰円錐体に, 無ければ, 然も, 煉瓦の, 牛の, 牛込と, 狂気の, 玄関で, 玄関まで, 現れて, 生徒たちの, 田甫を, 甲谷の, 町に, 町の, 町角から, 畝って, 発見された, 白金の, 皆より, 皆桟敷, 盗まれました, 目醒しく廻りつ, 着いた, 着かぬとは, 着くと, 砂すべり, 砂丘の, 秋川駿三と, 突然横, 突進し, 窪地の, 立つ折, 糸子を, 約束の, 給水で, 絶えずその, 絹子と, 続々坂, 繭を, 置かれて, 置き忘れられたみたい, 群がって, 耳の, 聞くうち, 脱れた, 脱線する, 芝の, 芝南寺の, 花柳界の, 行かないの, 行くぞ, 行った, 行列を, 行方不明に, 衛の, 覆ったの, 見えなくなったので, 見えました, 見ゆるとか, 観客席に, 許都へ, 諸所に, 走ったかと, 走りこんで, 走りだした, 走りだしてから, 走りだすとき, 走りだそうと, 走り出すの, 走り去つて, 走り廻つて, 走る, 走ると, 走るよう, 走る度毎, 足りない馬, 路傍樹の, 躍ったり, 軋つて, 軋り尼, 軋んで, 軽いよう, 轟き, 迎いに, 迎ひ, 近づくと, 途中で, 途切れて, 通う, 通った, 通ったり, 通った時衣, 通つてゐました, 通つて行く, 通つて行つた, 通りか, 通ります, 通りませんもの, 通り過ぎたの, 通ると, 通るオートバイ, 通る大変賑やか, 通る雑沓, 通る馬, 遅くてね, 過ぎ客車, 遠く悲しく峠, 重く地面, 金鎧鉄甲の, 銀座通を, 門から, 門を, 陳倉道へ, 隱れる, 集つてゐる, 霞町から, 非常汽笛を, 音が, 音も, 顛覆した, 飛んだで, 食糧を, 馳け, 駈けても, 駈け寄つて, 駐る, 鴨川の, 麹町の, 麹町へ

▼ 車~ (1070, 8.4%)

10 動き出した 6 走りだした 5 停った, 走り出した 4 そこに, どこへ, 一台も

3 [11件] すぐに, それを, スピードを, 先の, 彼の, 急に, 早くも, 止まった, 止まって, 父の, 自分の

2 [54件] かんから, ごとりごと, しずかに, すでに坂, そこで, それによって, とまりました, どうした, どうなっ, どこに, なかつた, ひどい埃, ふたりの, まだ動かず, もう準備, やつと, クロステル街に, ゴム毬の, 一の, 一足二足と, 出來, 前の, 動いて, 動きだしました, 動き出して, 動き始めた, 勢よく, 商賣, 威勢よく, 容赦なく, 少し欠け, 平岡の, 平生よりも, 待たなければ, 徐々として, 日盛りに, 早い, 海を, 無事に, 甲武線の, 疾走し, 目的地に, 神戸で, 私の, 競馬場の, 笑って, 走つた, 遠い原, 長き轅, 門前に, 雨も, 電車通りの, 静かに, 駄目だ

1 [891件 抜粋] あえぎあえぎゆっくり, あとへ, あのよう, あの給水タンク, ありませんか, あるいは急, あるが, あるさびしい, いきなり四丁目, いくら幌, いつかは, いつの間にか本所原庭警察署, いつの間にか麹町区, いつもきまった, いつ頃姿, いと高けれ, いま堤にか, いよいよ速度, いらないから, うねうねした, おちついた秋, おまえには, お六櫛, お島婆さん, お父さんが, かくれて, かたりこと, かなり自由, かわります, がたっとゆれました, がたぴしと, がらりと, ぐるぐるまわりました, こうしてじっと, この小路, この山, この道, こみ合つて, これであった, これ以上待っ, ごとり, さうし, さらに日本橋手前, しばらく停まっ, しばらく速力, すうっと, すぐ近所, すこしも音, すでに営庭, すでに大きい, すでに片岡家, ずっと中, せわしく鳴りだした, そうひどく, そこで五十メートル以上, そのま, そのままどこ, そのまま真っ直ぐ天王寺, そのイギリス, その前, その娘達, その扉, その斜面, その板, その脇, その邸宅, その間も, その隙, それをば, そんなに早く, ぞろぞろと, たしか一時間, たちまちぐわらぐわらッ, たちまち人, たちまち走りだした, たちまち顛覆, だんだんに, ちやうど, ちょうど巨人, ついて, つけて, づゝと長く, とある村, とっくに姿, とまりません, とめられた, どうしても全面的, どこにも, どの位, どんどん走っ, どんどん郊外, ないの, なおも狂っ, なかなか優秀, なかなか進めない, なくなった, なぜか, なんの, のろのろ動き出し, はいった, はや山, ひけるから, ひとりでにすっかり速力, ふたたび旅路, ふつうの, ほかのとは, ぽそ, ますます込む, ますます進ん, またのそのそ, またブルル, また動き出す, また暗黒, また毒々しく黒い, また静か, まだ着かなかつた, まわるごと, まゐりません, みるみる何十台, みんな子供の, みんな欧露方面へ, もうサン, もう一生懸命, もう丸の内, もう出ず, もう動き出し, もう来, もう来た, もう涼しげ, もう行き過ぎ, もう警察署, もう走り出, もう遠のい, もっと早い, やがてかれ, やがて中城, やがて八尾, やがて動きだした, やがて門前, やけに混雑, やっと病院, ゆつくりと, ようやく京兆府, よく止まる, わたくしの, われて, エンジンの, オーライスと, ガクンと, ガタリと, ガタンガタンさ, キャデラックか, グルッと, コロ, サンタガタに, スピードが, タクシーの, ニュー, フジナに, プリムスを, ホテルの, ホーム中央事務室より, マンマと, ラルゴデルカステルロに, ロープだけで, 一つポーと, 一体誰, 一台の, 一大音響を, 一度停めたら, 一方の, 一旦三橋, 一時間に, 一時間七里の, 一杯に, 一目で, 一線に, 一群の, 一走りし, 一輛が, 七十錢取つた, 三十俵の, 三百馬力だ, 上つて行つた, 下りたが, 不思議に, 不残, 両君の, 中村君のを, 乱暴に, 事務所へ, 事務所専用の, 二三度音を, 二列に, 二台とも, 二台や, 云い付けたの, 交叉点を, 京の, 京都の, 人に, 人目に, 今にも出発, 今日お礼の, 今運転, 今雇った, 他の, 伊勢から, 何かの, 何と, 何處も, 停ま, 停りぬ, 停止を, 傾斜を, 先き, 兎に, 入るかと, 入る時, 入れられた, 全速力に, 全部女と, 八丁堀水谷町駕籠屋甚兵衛の, 八重に, 六条院に, 其ま, 内院の, 再び猛烈, 再び疾走, 凸凹路を, 出てから, 初めは, 別荘の, 前だけにしか, 前後に, 前部の, 創造し, 加藤子爵夫人を, 勅を, 動きだした, 動き出し方向, 動き出すん, 勝手に, 包む夜, 十分に, 午後一気に, 半廻転, 博士の, 又その, 反対のが, 右と, 同じ工場, 君だって, 吾妻橋を, 和蘭の, 品川から, 唸るよう, 四つの, 四条小橋から, 回り出すん, 国道を, 地底に, 垂扉を, 墓穴の, 壊れても, 夏の, 夏目先生の, 外で, 外国団体の, 外的条件は, 多鶴子を, 夜更けの, 大いなる荷車, 大いに喜ん, 大して混み, 大丈夫だ, 大川端へ, 大抵二三輛つながれ, 大環状線, 大門に, 夫人付きの, 女車でも, 妄執の, 姜維魏延馬岱などが, 安心の, 家へ, 寝て, 尋常の, 小松嶋という, 少し威勢, 尚も怪人, 屍体を, 山を, 峠道に, 崖の, 川崎を, 左これを, 市街を, 帰り車であった, 平坦な, 広い京浜国道, 広小路から, 廣こう, 廻転する, 引き込まれた, 引っ返して, 引つきりなし, 彼女を, 往って, 待ちかねたよう, 待つもの, 後に, 後追う, 必ずすでに初め, 忽ち方向, 忽ち行衛, 忽ち顛覆, 急ぎそれ, 急行した, 急転直下直角に, 我側に, 或は價値, 戟を, 推されて, 揺れた, 揺れ快く, 支線の, 文字ど, 断崖から, 旅店の, 既に美しい, 日の丸の, 日本橋筋一丁目の, 旦那の, 早くから戸口, 昨夕交代時間に, 普通の, 曳, 更にぐる, 最前から, 月光の, 朝夕に, 木片と, 村に, 来てるだろうな, 松崎港から, 柔らかい雪, 案外贅沢, 棺を, 橋袂の, 次第に速力, 止つた, 此の, 此後数年東京に, 歩くよりも, 死んだよう, 段々くらい, 母衣さえ, 氣味の, 水たまりに, 汗を, 池袋から, 浅間山麓を, 深川の, 渓谷の, 渦巻く味方, 湯島の, 滅多に, 滑りだし深い, 火の粉を, 無しメイタク, 無二無三に, 牛を, 牡牛に, 物寂びたる, 牽かれ車, 狐を, 狭い町幅, 獣の, 町の, 畑中の, 病室を, 病院所在地の, 白山の, 白鱗青蛇の, 皆この, 皆徴發された, 皆狹き, 皆輪が, 目の, 目より, 直ぐ動き出した, 相倚, 相変らず, 県道の, 真昼に, 真青な, 眼を, 矢庭に, 石段で, 確に, 神奈川に, 神楽阪の, 秋の, 空中に, 立ちどころに動き始めた, 立ちどまり宮, 答えました, 米原で, 線路の, 緩くり登っ, 織るよう, 翌日帝大の, 聖ピエトロの, 臨時に, 苔を, 若い男女, 英国の, 葵夫人の, 薪が, 薪を, 行きました, 行く, 行けども, 行った, 行って, 行過ぎて, 裏河岸の, 西北の, 要らない, 見る見る近づいて, 言った, 調べたん, 警察で, 買つた, 贅沢甲州街道まで, 走せて, 走り出すさ, 走る, 跡へ, 身を以て, 車軸まで, 軍用列車, 軍隊の, 輪を, 轟きながら, 轣轆として, 辷るよう, 込み合つてゐた, 返して, 通ったこと, 通り抜けた, 速かった, 進み進んで, 進行を, 遅かつ, 運転手つきで, 過ぎんと, 遠くに, 遠く去った, 都の, 都電の, 野村さんのや, 鈍く重くかつ, 銀杏並木の, 錦葵の, 錦葵を, 門から, 門の, 閉めだし, 間もなくホテル, 関興張苞などに, 闇を, 阿倍野橋まで, 雑木林に, 離れたり, 雪を, 雲霧の, 電車通に, 露の, 霽波の, 青山一丁目の, 静かな, 面白い形, 顛覆する, 風を, 飛ぶよう, 馬が, 馳り, 駆けて, 駐め, 騎馬の, 驢馬を, 高らかに, 高原の, 魁車流の, 鳥の, 鳴動の, 黄塵を, 3な

▼ 車~ (467, 3.7%)

9 送って 7 帰る 5 あつた, 帰って 4 出かけて, 帰宅 3 一緒に, 糸を, 行って, 迎えに, 送られて

2 [22件] いったの, このごろは, どこかへ, むかえに, 二人詰の, 二合瓶を, 出たが, 出て, 出る, 大きな廻転椅子, 家へ, 平潟へ, 来て, 来ようと, 東京へ, 毎日役所へ, 浅草へ, 熱海ホテルへ, 興行に, 見て, 走って, 近文に

1 [374件] あつたなら, あまりたいそうな, あらう, あんまり見栄え, いささか郊外, いずれへか, いっぱいだった, うずまったの, うずまるほど, おつかけ, お出かけに, お城近く, お帰り, お役所, お父樣, お送りしませう, お送りしよう, お通り, かえったの, かえる師匠, かへる, がらがらと, ぐるぐる引き, こ, ここに, ここへ, こっそり私, この青年, して, じゅうぶん練習, そこへ, そちらへ, その催し, その後に, それから馬, それらの, そろそろ行きます, たった今, つっかけて, つぶして, とばしちまっただけで, どこに, なんの, のみつづけて, ひかれたの, ふっとばす, まずい食事, ものの二十分, やった, やってくるの, やって来た, やって来たの, やって来て, やっと上, やつて, やり寝台車, ゆっくりと, ゆられて, わたりあるいた幾山河, アッケなく, ゲィツヘッドを, サン・ヂャン・ド・リュズまで, ズンと, ソロソロと, タチバナ屋へ, ドライヴ, バラ, パリからの, パリまで, フェアバンクスの, フランスじゅうを, ボルドーから, モスクワまで, リジアスが, ロケハンにでも, 一々食事, 一休庵へ, 一寸坪内先生, 一番前が, 一走, 一路芦屋へ, 上から, 上の山から, 上野まで, 上野駅まで, 下妻の, 下山した, 下市へ, 中で, 中央ステーションを, 乗りつけたから, 乗りつける人, 乗り廻し, 乗客が, 乗廻す, 乗込み小歌さん, 九品仏の, 九州へ, 九州まで, 事務所へ, 二人を, 二度に, 京極へ, 人が, 今でも, 他の, 会社に, 來た, 來ようとは, 侍女が, 供を, 偶, 先行されます, 八時きっかり, 公園の, 兵糧運びを, 内部は, 出かけた, 出かけたが, 出かけたところ, 出かけたの, 出かけようという, 出かけるあの, 出す道, 出たと, 出ようと, 出るか, 前後から, 勿來關址見物に, 勿来関址見物に, 北野病院へ, 十王殿へ, 半時間以上も, 去ったと, 去六日巣鴨, 参りましょう, 吉野山へ, 吊りあげられましたが, 同乗し, 同行された, 君に, 国に, 地獄へ, 坂道を, 塔の, 士族町へ, 外出する, 外國じみた, 大津に, 大観音の, 大阪へ, 天王寺い行きます, 奈良へ, 女の, 威勢よく, 宅へ, 宝塚へ, 室の, 小石川の, 尾行し, 局へ, 山水楼へ, 巻いたり, 市川の, 帰ったこと, 帰った時, 帰らうと, 帰りたい, 帰りなさい, 帰りました, 帰り牛肉すきや, 帰ること, 帰る途中, 帰宅ろふそ, 帰宅十時半, 幾らの, 引いて, 引き廻した揚句, 引き込むと, 役所に, 彼は, 往って, 往復する, 往復一時間ずつ, 後から, 従って, 御嬢さん, 御案内, 御送り, 忽ち他, 手荷物なぞも, 押されて, 押しかけて, 押し出したそれで, 拝見に, 持って, 掌が, 提灯行列の, 揺られたため, 揺られて, 搖られ, 搬ばれた, 放送局, 放送局へ, 方々を, 旅を, 日光に, 日曜の, 日比谷へ, 時間を, 暫く停車, 村を, 来た, 来たん, 来た人, 来ると, 来る人, 来る八百屋, 来る筈, 来る途, 東上した, 東京を, 東京駅まで, 東京駅を, 林硲長島と, 案内し, 案内しよう, 梅雨期の, 榛名湖へ, 横浜へ, 此西片町から, 此車輪を, 歸つて來た, 歸る, 歸京らにや, 死体を, 混雑し, 清盛塚琵琶塚へ, 渋谷の, 渡って, 湯之島館着夜も, 溜息を, 熱海へ, 燈火管制の, 牛部屋の, 玄関から, 田端の, 番号は, 病院へ, 痩せこけた馬, 登って, 直に来, 直行する, 相模屋へ, 眺めて, 着いた舞い姫, 知って, 碇泊場へ, 神戸迄, 私が, 突破し, 窓の, 竜動郊外の, 筆跡の, 約二時間, 結んだ夢, 緑風閣へ, 練り歩くの, 義仲寺に, 聡明で, 自動車なら, 自宅へ, 自殺した, 航空会社の, 若衆さん大きに, 茶を, 萩之茶屋の, 蒲田女塚まで, 行かれた時, 行く, 行くから, 行くこと数里, 行くつもり, 行くで, 行くと, 行くという, 行くの, 行くよ, 行けと, 行ける樣, 行ける程度, 行こうと, 行っても, 行つて來て, 衝突と, 見たいといふ, 見た合歓, 話し込むビクター, 走つた朝, 走り去ったに, 走り廻つたこと, 走るの, 越後境へ, 轢き殺しても, 迎いに, 迎へに, 近所の, 追わしたん, 送つて, 送つて貰, 送つて貰つて, 送られた, 送りつけその, 送り松竹座, 送り還した, 送る, 送ること, 途中まで, 通います, 通うの, 通った, 通つた時よごれた, 通つて居る, 通りかかった二人, 通りすぎて, 通り過ぎたらどう, 通る人, 通る大学前, 逢魔ヶ時に, 運ばれた, 運ばれて, 運ばれる, 運びこまれた, 運び出されて, 運び出したもの, 運ぶ手筈, 運んで, 運転手の, 運転手を, 遣っても, 邦人避難者で, 都へ, 銀座へ, 錦糸堀の, 長いこと, 間に, 降りるもの, 陸を, 隊へ, 雑沓を, 風の, 風を, 飛ばしちまっただけで, 飛ばすの, 飛ばせたら一番汽車, 飛んで, 馳け, 駄目だつた, 駅に, 駅へ, 駅まで, 駆けつける訳, 駆けらした, 駆け通ったん, 駆付けさして, 駈けつけたが, 駈けつけて, 駈け登りながら, 駈付けた高柳, 驅け, 高島屋の, 高森の, 高砂樓に, 鹿島丸を

▼ 車~ (313, 2.5%)

37 の中 9 の窓 6 のなか, の天井, の隅 4 にはいっ, に窓, の外, の席, の扉, の軋り 3 から出, にはいる, の一隅, の入口, を出

2 [16件] しか持たぬ, である, には灯, に入っ, に我等二人, の中はさ, の内, の反対, の戸, の電燈, は一ぱい, は一杯, は込ん, へはいった, を出た, を見廻した

1 [178件] いつぱい, かまたは, からかわる, からそこ, から二人, から出し, から細君, から車室, から降り, から降りた, から顔, から首, がスチーム, が今, が取ってない, しか取れなかった, だけがあい, だった, ではある, でわたし, でウイスキー, で今, で或, で米沢絣, で過された, とが完全, との乗客, と寂しい, と後部, にあわただしく, にいる, にかけさせ, にじっと, にする, につけた, には, にはうす暗い, にはぎっしり, には二三人, には侍女, には先生, には私, には私達三人, には電燈, にふえ, に乗っ, に乗ったらしかった, に乗り換えた, に乗込んだら, に乘, に人, に何, に入った, に前田夕暮君, に向いあっ, に宇野重吉, に席, に帰っ, に引っ込ん, に来れ, に眠った, に立ちあがれ, に立ち止まっ, に置く, に行った, に這入, のうち, のちゃう, のどの, のカアテン, のクッション, のドア, のボーイ, のランプ, の一番隅っこ, の下, の両, の両端, の中僕, の中央, の五つ, の人, の前, の前方, の台板, の向こう, の子供づれ, の床, の後方, の方, の明るい, の暗い, の棚, の深紅, の準備, の片隅, の番号, の目張, の空気, の突き當, の美麗, の羽目板, の若い, の荷物棚, の薄ぐらい, の融通, の連続, の都合, の電灯, の頂上, の顔, はあえ, はいっぱい, はうす暗い, はどの, はほとんど, はやけに, はゆるやか, はマルセーユ, は一様, は元, は大入り満員, は暖い, は極めて, は粗悪, は網棚, は軋み, は電燈, は韃靼人, へかえっ, へかえった, へかえって, へと駆け回った, へどやどや, へはいろう, へは入っ, へぱっと, へドンドン, へ上っ, へ乗り込んだ, へ乗込み, へ乗込む, へ乘, へ入, へ入っ, へ入り込ん, へ向かった, へ帰る, へ引, へ戻っ, へ来た, へ誰, へ誰か人, へ足, へ逃げこもう, へ運び入れ, へ駆けつけ, までかみさん, まで送り届けなけれ, もすい, もすでに, も電燈, をかき, をで, を借りきっ, を出る, を往き戻りつ, を捜そう, を推薦, を換え, を流し, を照らす, を申し込ん, を縦走, を見つけ, を見出し, を見渡す, を通り抜けた

▼ 車から~ (246, 1.9%)

21 降りて 14 下りて 8 出て, 降りた 7 おりて 6 降りると 5 飛び降りて 4 下りた 3 おりると, 下りるの, 出ると, 落ちて, 飛び降りた 2 おろされたこと, とびおりて, とびだして, 外へ, 急に, 降りた時, 降りる, 降りるとき, 降りるの, 飛び降りるべく咄嗟

1 [138件] おりかけたとき, おりた, おりないよう, おりました, おろされた三人, おろされるの, おろされる武器, おろし, おろして, お下ろしした, お出, かぞえて, こちらの, この火事, ころげ落ちないよう, すぐに, すべるよう, だきおろす, でて, とびおりた, とびおりた運転手, とび出して, とび降りて, ながめて, のがれて, はなされた馬, はね降りて, ひき出しそれ, ふりおとされないため, ふり落とされそう, やや離れ, パーンという, プラットホームに, ホームまでは, 一眄し, 七八間の, 下して, 下て, 下りしなには, 下りたかと, 下りた銀杏, 下りられない, 下りると, 下りる時, 下り義弟, 下ろして, 乗り出して, 二つ目の, 二時間ばかりで, 二間ほど, 五メートルばかり, 六人の, 出した手提袋, 出して, 出た時, 出る, 出るの, 十二三間も, 卸させて, 卸されて, 卸され狭い, 取外し六人, 吐く煙, 墜ちても, 墜落した, 少し顔, 尻を, 引きずり降ろされても, 引き出し暗い, 引ずりおろされて, 引摺る, 役者らしい, 御母堂, 忍ぶ草, 投げ出された際, 抛りだされたまでの, 抱いて, 抱下し, 担架を, 拡声器で, 拾い取ること, 振向いて, 放り出されるぞ, 書類入, 灰掻棒で, 百樽の, 砂利を, 私服の, 突落された, 自動車へ, 荷を, 落ちる時, 見える袖, 見て, 見ると, 見覺, 豪奢な, 跳びおりて, 車へ, 転び落ち, 透視台に, 釘抜部屋の, 降さぬ, 降しも, 降りかけるの, 降りたが, 降りたとき, 降りたので, 降りたビル・マートン, 降りた彼, 降りた男, 降りる時, 降り槙三, 降り立った, 降り立った婦人, 降り立って, 降り背後, 降ろされただ一人, 降ろされて, 降ろされました, 降ろした, 降ろすと, 離さなかった, 離れたの, 離れ右手, 雪の, 零れたの, 霰弾の, 顔を, 飛び下りて, 飛び出して, 飛び降りると, 飛び降りる積り, 飛び降り無礼, 飛んで, 飛上つて滅茶苦茶に, 飛降りました, 馬を

▼ 車~ (206, 1.6%)

42 の人 8 の客 3 の者 2 からビラ, にあり, にし, のお, の人間, の君, の男女, の紳士, より

1 [135件] あまりにも, からこっち, からこの, からこわい, からとある, からは十数名, からは黒い, から上半身, から下り, から伸上つて, から先ず, から半身, から右, から手招き, から望まれる, から見, から身, から軽く, から銀貨銅貨, から鷹揚, でふり, でも山木たち, で人, で加藤さん, で名古屋, で喪服, で正し, で話した, で身, で騒ぐ, なる, なるは, にあせつた, にあっ, にある, におどっ, にかがん, にたった, につけ, にて, にて拝読致候, には山賊四人, には軽い, には運転手, にふり, にクロニオーン, にトロトロ, に之, に哭し, に坐し, に將, に居た, に居直つた, に引き揚げられた, に扶, に揺られ, に搆, に於ける, に横, に洋杖, に積まれ, に積込まれ, に突立, に立つ, に立てる, に縛せられ, に腕組, に要撃, に見た, に躍り上らん, に身, に頸, の, のいずれ, の主, の二人, の二夫人, の人々, の人たち, の人となり, の人格, の人萬世橋, の人達, の俊基, の偶人, の儂等, の労, の動搖, の医師, の器械, の四少年, の女子ら, の奴, の姿, の孔明, の客席, の家族, の彼, の彼女, の御座, の敵, の景色, の柚木君, の桶, の檻, の殿, の片, の猛獣, の男, の男達, の私, の綸巾鶴, の美人, の老いた, の臺, の芳子, の行人, の見物, の親愛, の観察, の貴人, の貴紳, の賊, の青年, よりおごそか, よりし, より一瞥, より声, より幾たび, より望みたる, より落ち, より衆, より降らしめ, を奧, を顧み

▼ 車~ (171, 1.3%)

7 人も 4 馬も 3 なし女中, 有るまいでは 2 あまり通らない, ある, まだ寄せぬ, みえない, 今は, 呑まむとする, 用意され

1 [140件] あったもの, あとに, あとの, あとを, あと押しを, ありロータリ車, あり人間, あり阿関, あり阿關, あるが, いいが, いまだに海外, きたよう, くすんだ色, くたびれ果てて, くつがえれとばかり, このまま何, さう云, そこで, そのまますすむ, その形, その頃, だんだんきれい, ちょうどその, つまらないと, でた, とめに, どこへ, ない, ないし, ないと, なかった, なくもちろん, なく何ら, なしに, はなやぎぬ, ばくばくと, ひっくり返りかねないよう, ぶんぶんと, まさにその, またどこ, みんな自分の, もうあすこ, やはり同じ, ようよう通い得る, よく空い, ろとも, バスも, ピッタリと, 一寸逆行し, 一時間ほど, 一部分は, 世界一週を, 亦アイヌ, 人を, 人力車も, 以前より, 倒れて, 停ったまま, 全く出, 全速力を, 共に奪, 其の車, 内地車も, 出來上つて, 動いて, 動きだして, 原理は, 吹き飛ばされそう, 坂を, 埋まるばかりな, 大分破損し, 天上から, 夫人も, 存外疾くて, 安心は, 実は葬式, 宮御, 家も, 寝台車も, 居ない, 幾台かいた, 引いた, 引く馬, 影の, 往来し, 待たして, 微塵に, 忽ち黄, 憾く, 我は, 我も, 既に三十年, 曳けないからねえ, 曳けない理窟, 月の, 来ない, 来る, 来る車, 板に, 横浜のです, 止まって, 歳月の, 殆ん, 泥濘に, 満員な, 潰え輸送, 牛馬も, 眼前に, 矢の, 立止まっ, 簡素な, 続いて, 行きなずまず, 行き止つて, 行く, 衣装も, 見えなかつた, 見事に, 見劣りする, 調えた, 賊の, 走つて, 通じない, 通ずれば, 通った, 通らなければ, 通らぬゆえ, 通らぬ位, 通らぬ山坂, 通るし, 通るので, 通れず騎兵, 通れぬ程, 通わぬ無名, 速力を, 釣瓶も, 門前に, 風の, 馬車も

▼ 車~ (151, 1.2%)

7 乗って 6 乗せて 3 のせて, はいって, 乗つて 2 いっしょに, お乗り, のせました, 乗るより, 乗ろうと, 乗ろうとして, 積んで, 行って

1 [113件] あわて, うつつた, おのり下さい, お乗せ申し, お乗んなさん, お帰り, お積ませ, かけた袈裟, しっかりと, すぐ打ち込め, それを, つれて, とびこめば, とびこんで, のせその, のりこんだ, のるの, はいる, ひっこむ, ほうりこんで, もどって, わたるデッキ, 一緒に, 上って, 乗せようと, 乗せるから, 乗せ送りまっすぐ, 乗ったり, 乗ってから, 乗らうと, 乗らせるの, 乗らなくっては, 乗りたくって, 乗り移ったの, 乗り移り犯行後, 乗り込む, 乗り込んだ, 乗り込んだおれ, 乗り込んで, 乗り運転手, 乗る, 乗るから, 乗ると, 乗るという, 乗るの, 乗るもの, 乗る時, 乗れや, 乗替えなければ, 乗込んだ, 乘せ, 乘つて來い, 乘つて奈落へ, 乘りかへたといふ, 乘る, 乘組んだ, 使いが, 俵を, 入って, 入れた, 入れて, 八方から, 切符拝見と, 向って, 吹き込んで, 大きく手, 川口, 帰って, 帰ると, 帰ろうと, 引移っ, 往くらしい人, 投げこんで, 押しこめられいよいよ, 押し込んで, 拝を, 持ていて, 放り込んで, 早く乗りたがった, 毛布を, 渡る扉, 犬を, 百樽の, 相乗りと, 私を, 移した, 移った, 移り予定, 移ること, 積みそして, 突撃し, 荷を, 行き, 行こうと, 行ったの, 行つた, 載せさせた, 載せた, 載せて, 載せること, 載せるので, 近づき涙声, 迫りご, 送りこんで, 這い上ると, 連れ込むの, 運び続けるの, 鉱石を, 闖入し, 随従し, 頭中将兵衛督などを, 飛びこんで, 駆け寄った

▼ 車~ (145, 1.1%)

7 一緒に, 車との 5 いっしょに 2 いって, 人とで, 米国の, 衝突した, 貨車が, 違って, 駄馬は

1 [112件] あとの, あらゆる人種, いい汽車, いう, いうので, いえば, いっても, いふに, すれすれぐらいに, すれすれに, すれちがいに, すれちがった, すれば, すれ違って, その一陣, その憐, それから, それぞれの, それに, それを, つきそいの, なりう, なりて, ゆき違ふとき, よびならわされた, よんで, テレガラフとの, リスの, レールと, 一しょに, 一しよ, 一斉に, 三等車の, 二つの, 二千頭ほどの, 二輌の, 云いどうして, 云う開花模様, 云っただけ, 云ふ, 五人の, 人が, 人と, 人とは, 人とを, 人夫とを, 入りちが, 六つの, 共に去りぬ, 其れ, 別れた, 別れを, 別れ庭, 力んで, 厚意で, 合致し, 同じこと, 同じ位, 同じ物, 同様であった, 同樣, 同舟する, 呼ばれて, 呼ぶ手押し車, 天幕とに, 太刀を, 女とは, 客と, 平野を, 廻送車の, 後の, 思った相手, 成つた字は, 戰馬とを, 揚上機遞進機の, 摺れ摺れに, 敷物だけを, 數へ, 昨夜の, 曹操の, 朱富の, 梭を, 槓杆と, 烈しい人通, 狐は, 玄徳の, 申しその, 申して, 直角に, 知っても, 砧が, 称する自転車, 紙芝居の, 給水タンクとの, 蠅の, 行き逢った時, 行李車とは, 褐色の, 見せ隠れるよう, 見るや, 覚しきは, 言ふ, 走ったり, 車室の, 遠目にも, 革綱を, 顫え, 顫へて, 食用蛙を, 馬に, 馬を, 駕籠乗物下駄の

▼ 車~ (84, 0.7%)

2 トラックが, 人が, 馬の

1 [78件] あらゆる人々, がもう, さんが, さんと, つかれた旅客, つれの, なぞは, ふとん太鼓, ウォタア・シュウトなぞの, トラックの, トラックや, ドラム罐を, モスリン友禅の, 一族老幼を, 三叟や, 人ごみの, 人の, 人も, 人や, 人通りで, 人間, 仰向いて, 何かが, 供なんぞは, 供揃えを, 公卿車の, 其他の, 前駆の, 坑木に, 太鼓の, 家の, 家畜を, 小売商人やを, 帆綱を, 年老いた乞食, 役畜の, 徒歩の, 御車や, 手車が, 搬夫や, 救貧法も, 断頭台などは, 斷頭臺などは, 旅人や, 旅商人や, 旗などは, 木切れなどを, 梅玉の, 樹の, 水車場, 牛馬に, 白山一華の, 目に, 笹の, 絲毛車の, 自動車が, 自動車は, 花漆の, 荷物が, 荷車が, 荷車の, 荷車や, 荷馬車で, 赤い地, 踊りの, 輿が, 辻馬車が, 通行人の, 速力やを, 野良帰りの, 電氣や, 馬が, 馬は, 馬車が, 馬車の, 馬車や, 騎馬の, 驢馬に

▼ 車には~ (75, 0.6%)

3 いって 2 それを

1 [70件] あぶなかしく, あまり人が, いませんわ, いると, お召し, かなり重く, どの駅, のらないで, ひとが, ひとりの, ぼくの, ますます多く, また起重機, もう灯, もと陸軍御用, わかつて, ゐない, シメナワを, ジュッド医師と, フォン・コーレンと, 乗らぬこと, 乗りけれど, 乘り, 乳母らしい, 二種あるらしい, 何の, 何百も, 八重が, 十五人ばかりの, 和服に, 外から, 大島司法主任石子渡辺両, 大抵若い, 大浦何とかいう, 安国寺三番の, 定めて, 小さな男の子, 小西摂津守の, 尼夫人が, 幌が, 幟標が, 座壇の, 愛子が, 掩蓋が, 敬意を, 既に幾位, 明智探偵と, 明石夫人と, 朝倉一五〇の, 植木が, 決して乗りません, 深い暗示, 父二番の, 白い紋, 皆松明とりたる, 秦の, 種類が, 窕子と, 翼が, 荷物を, 蓋が, 警察署の, 運ばないこと, 都市警察庁の, 酒乾肉など, 鉄の, 鍋類鉄皿鉄瓶バケツその他いろんな, 長能, 頑丈な, 黒い高い帽子

▼ 車より~ (47, 0.4%)

5 して 4 下りて 3 大地の, 濘る 2 おりける姿, 下り船に

1 [28件] いだきおろし奉りぬ各, せしその, 一歩進んだ, 一目下りの, 下りける姿, 下り来たる, 下り直ちに, 下る二人, 他は, 先に, 出た客, 前に, 呻を, 單蹄の, 堕ち掛ったに, 墜落し, 大地跳びおる, 安くなけれ, 武具を, 神女手づか, 福の, 行く, 足疾き, 降り目前, 降る, 飛び下りその, 食事の, 髪を

▼ 車~ (41, 0.3%)

3 のだ 2 んだ

1 [36件] からだを, のである, のでした, のです, ので内, ので別段, ので皆, ので羅府, のに今日, もんだ, んざ思いも, んです, 両肩, 半靴, 団扇で, 姿が, 姿とが, 姿とに, 姿の, 将校が, 少し急, 撫肩に, 書体で, 浴衣の, 煙管を, 羊歯の, 美女たちよりも, 胴体が, 腕をば, 装飾の, 銀煙管に, 青年が, 青春の, 顔に, 飾りを, 骨に

▼ 車という~ (34, 0.3%)

8 のは 3 ものが, ものを

1 [20件] のが, のも, ものと, ものに, ものは, ものも, やつだ, やつだろう, やつを, 事であった, 俳優が, 名が, 器械が, 土の, 大きなお, 火器だ, 物に, 男は, 近刊物で, 順序に

▼ 車~ (34, 0.3%)

2 の再び

1 [32件] が共に, が参内, が哭く, が軒なみ, が門, について大, に御し, に触る, に追いつく, のお, のため, の列, の数, の盛事, の轣音, の通り過ぎる, はする, へ五百騎, もかく, や荷駄, をととのえ, をはじめ, を命じ, を拝, を整, を照らす, を犯した, を犯す, を表わし, を西塔, を長, 御到着

▼ 車にも~ (33, 0.3%)

2 乗らないで, 余る位, 及びません, 火を

1 [25件] いませんが, のらず往来, まして叡智, または騎馬, 不足を, 乗らずに, 乗らず一人, 乗らず早稲田, 乗らず路程, 乗らなかった, 乗れさ, 乗れば, 乘れず, 付かぬほど, 往来にも, 朝倉一五〇の, 火が, 積まれぬ御, 積むほど, 線路にも, 聞こえるので, 軟い, 轢かれず犬, 陽が, 馬にも

▼ 車~ (29, 0.2%)

1 [29件] あれを, からかえり, から大, から好かろ, から気持, か分らなかった, か塵芥列車, がそれでも, が今度, ぜ, つたのだ, つたので, つて年々進化するだらう, というあ, というの, といふ, とわかった, と分った, と始めて, と思つて, と自分, ね, のが, のという, まりから, よ, よ八, ッあの, 唐辛子を

▼ 車~ (28, 0.2%)

5 の上 2 に乘

1 [21件] ががたつかねえで, すらも半ば, にた, にゐ, に其手綱, に坐し, に立ち, に身, のへり, の下, の中, の中央, の外, の後, より, よりうめき, より地, をおり, をおり立ち, をめぐる, 飛び下る

▼ 車でも~ (26, 0.2%)

1 [26件] いい細山以外, けしかけましょうか, わが国で, 一時間に, 京都の, 仕立てて, 出さ, 出発した, 前掛, 動いて, 呼ぼうか, 廻させましょう, 引いて, 引きまた, 引こうか, 手に, 持って, 挽かうツ, 発見する, 皆恐ろし, 続いて, 華麗なみ妃車とも, 走るかい, 通るかという, 通るの, 道が

▼ 車大工~ (26, 0.2%)

5 とその 3 の東造爺 2 はいない

1 [16件] だろう, というもの, との会話, と馬丁, にいろいろ, には気, に頼ん, のブールガイヤール親方, の不幸, の手, はこの, はつけ加えた, は言った, をし, をやり, を稼業

▼ 車では~ (25, 0.2%)

3 ない

1 [22件] あったけれど, さぞ御, ないかと, ないだろうか, ない歩兵, なかったでしょう, なくて, なりますまい, もう乗ってる, やつと, ジェネワの, 別に, 危うございます, 実によく眠れる, 悪うございます, 歩みから, 殊に多い, 誰も, 謠本を, 足りないかも, 進めなかつたので, 鞄まで

▼ 車~ (23, 0.2%)

2 の首

1 [21件] が守っ, とは君, とべつ, には異, に謀略, の企て, の使い, の妻子眷族, の部下, はよろこん, は人, は出迎え, は厩, は思い, は曹操, は狼狽, は突然, へ答えた, へ送っ, もさる, を補

▼ 車~ (22, 0.2%)

2 にのつ, のよう, をつ, を仰い

1 [14件] とが門, に万珠, に珠簾, のうえ, の上, の内, の如き, の如く, の濡れ, の珠簾, まで鮮血, をかすめ, を払っ, を斜め

▼ 車~ (22, 0.2%)

3 を払っ

1 [19件] が足らなかつた, だけで, なぐなつてしまうて, なしの, に渡し, は払いました, は払っ, は標準, は確か片路, まで渡され, まで算入, も払い, も払った, も払わせられる, を値切, を倹約, を恐入っ, を貪ぼられ, を貰う

▼ 車との~ (20, 0.2%)

2 間に

1 [18件] あいだです, あいだの, 上に, 恐ろしげ, 所へ, 混雑の, 目まぐるしい雑沓, 競爭上それ程, 距離を, 通路の, 間で, 間には, 間の, 間は, 間へ, 隔りは, 隙を, 隙間をば

▼ 車宿~ (17, 0.1%)

3 とて無き 2 があった

1 [12件] から車, がありました, で大凡, に見ました, の太七, は通り, まで草履, やないし, をし, を出た, を尋ねる, を指し

▼ 車にて~ (16, 0.1%)

2 帰る, 綱の

1 [12件] レオニに, ロンドンに, 又涼風, 土手三番町を, 室を, 木挽町の, 本郷五丁目の, 渡された, 着, 行かば, 送らせたま, 送り帰

▼ 車~ (15, 0.1%)

2

1 [13件] がある, がいきなり, くらいに心得, だけは未, である, と教師, と道づれ, に空車, はそう, は行, もよう, をやります, を立たせよう

▼ 車といふ~ (13, 0.1%)

2 ものが

1 [11件] ことを, もの, やつが, ロクロ仕掛の, 一種の, 人に, 名に, 字だつた, 汽車の, 老人が, 荷馬車を

▼ 車よせ~ (13, 0.1%)

3 のところ 1 があっ, がつき出, にかじりつい, にはガラスの, のそば, のついた, の下, の庇, の扉, へはたびたび

▼ 車~ (13, 0.1%)

2 の破落戸, の酒屋 1 から金杉, の問屋場, の崖, の巴屋, の御, の旧, の海岸, の私娼宿, の細川邸

▼ 車~ (13, 0.1%)

5 して 1 およそ百マイル, および歩行, しポートラッシュ, とを思いおこさせる, に, に出征, の困難, 早きだけ

▼ 車~ (13, 0.1%)

1 [13件] か, からずらず, がくるくる, が紛失, だつてさ, で一杯, に搦, のある, の煮た, の行方, の鼠, は猶, を鼠

▼ 車~ (12, 0.1%)

4 返シ 1 中ガ, 中デモ杉田氏ハ, 事, 声並ニ遠, 影ヲ, 火ヲ, 煙突ノヤウニハゲシク馬乗リノ顔モオソロシカツタ大, 轍ガ

▼ 車~ (12, 0.1%)

1 [12件] いに, して, に追, のかたち, の三十余騎, の人々, の侍, の勇士十六人, の十数人, も先駆, 四人牛童一人, 釜取

▼ 車~ (12, 0.1%)

2 の中 1 から飛び出し, には客, に入, に残, のなか, のガラス, の脇窓, はからっぽ, をいで, を予約

▼ 車なら~ (11, 0.1%)

2 ばつひ 1 そこに, なおよかろ, ばそのま, ば全速力, ば遂, また出ます, 七錢位でも, 大丈夫です, 雪を

▼ 車~ (11, 0.1%)

1 [11件] が出動, だって, だとか, とでもいう, の威力, の連陣, はやや, は戦車, を先, を猛, を編成

▼ 車~ (10, 0.1%)

2 へ歸, 乗って 1 へこれ, へしつかりし, へも通つて, へ來, へ帰し, へ来れ

▼ 車です~ (10, 0.1%)

21 からだれ, から乗客, から乗車駅, から馬, が今夜, ね, もの平気よ, よ

▼ 車室内~ (10, 0.1%)

4 の空気 1 に, の全員, の日本人達, の視線, へ持ち込めない, へ運ん

▼ 車掛り~ (10, 0.1%)

1 で押し, で攻め寄せ, というもの, というよう, となっ, に来た, の陣, の陣形, を否定, を用いる

▼ 車百合~ (10, 0.1%)

2 の赤い 1 が咲い, である, などが黄, などの花, の斑点, は床, や四葉塩釜, 稚子百合

▼ 車からは~ (9, 0.1%)

1 だれも, なれて, なれなければ, 一くせあり, 中佐の, 五哥づつの, 悲しげ, 濃い花, 離れずついて

▼ 車とは~ (9, 0.1%)

1 あらゆる物音, いいながら, そんなこと, まるで夕, 三等だ, 云ひ, 何か, 汽車の, 焼けつつ

▼ 車一台~ (9, 0.1%)

2 の電車 1 でも一万円, とが残る, なし人ッ子, の購入費, をたすけた, を親方, 通らないの

▼ 車~ (9, 0.1%)

1 が流れ, が開いた, が開けられ, に向っ, に瑕, のそば, の横, を閉め, を開い

▼ 車騎将軍~ (9, 0.1%)

1 たる武装, となっ, となり, に任じ, に任命, に封ず, に郭, の印, の董

▼ 車~ (9, 0.1%)

1 が無, にぞ据え, の先, の將來, の意匠, はピカピカ, や街路, をゆすり, を塗つた自動車

▼ 車~ (8, 0.1%)

1 といふぞ, などもある, に現れ, の呉服屋四方屋次郎右衞門, の条, の池田屋, は二つ, を本所

▼ 車~ (8, 0.1%)

1 かネ, ってあんた, というやつ, の曲芸, の物語, の踊り, もたくさん, を御存知

▼ 車屋さん~ (8, 0.1%)

2 の俥 1 か運転手みたい, がすっぽり, が車上, に助けられた, の意気, の長い

▼ 車挽き~ (8, 0.1%)

1 が通りかかった, て騾, でもいい, などを生業, の仲間, の商売, も起き, を始めた

▼ 車~ (8, 0.1%)

1 が道, に当る如く, の弓, の跡, の迹, の過, は全く, を印したれ

▼ 車鉄道~ (8, 0.1%)

1 が汽車, が通っ, すらなく, という珍しい, に乗, に乗っ, の時代, の運転手

▼ 車として~ (7, 0.1%)

1 モンテ・カアロ公園の, 使用され, 成立しない, 認められる樣, 貸切りに, 賣れる値段, 適當な

▼ 車とを~ (7, 0.1%)

2 比較し 1 ながめて, 後に, 眺めた, 要し乍ら纔, 頼むもの

▼ 車などを~ (7, 0.1%)

1 仕掛けて, 使いこなして, 持って, 産土神に, 舁ぎおろして木の間に, 踏みつけないよう, 除いて

▼ 車なる~ (7, 0.1%)

1 も燭, 一座です, 形成は, 物を, 語の, 開明党の, 飛行する

▼ 車~ (7, 0.1%)

1 ですよ, に, に他, の荷物, はわたし, は棚, は笑つて

▼ 車~ (7, 0.1%)

1 の一聲, の後, はこ, は例, は客人, は手, は顧み

▼ 車廻し~ (7, 0.1%)

1 のつい, の庭石, の白鼠, の砂利, の芸, の蘇鉄, や風

▼ 車~ (7, 0.1%)

2 は逆転 1 がすえられ, が糸, の回転, をとっ, をまもった

▼ 車返し~ (7, 0.1%)

2 の里 1 でも踵, に意表, に自, の構え, へ通ずる

▼ 車えび~ (6, 0.0%)

1 が調子, では車えび, の一尾七, の天ぷら, の方, を醤油

▼ 車~ (6, 0.0%)

1 それとも貨車, 二等車は, 何ぞの, 当てよる, 御用運送車の, 黒雲の

▼ 車である~ (6, 0.0%)

1 かしれない, からその, から考えごと, ことを, と同時に, 事を

▼ 車など~ (6, 0.0%)

1 いうもの, だった, 一輌も, 使うという, 武庫の, 通りたくても

▼ 車などは~ (6, 0.0%)

2 とても通れない 1 フランス軍が, 群衆に, 通わない里道, 顴骨の

▼ 車なども~ (6, 0.0%)

1 その一例, 例の, 其の一例, 来ず拾って, 猫の, 見えて

▼ 車まで~ (6, 0.0%)

1 ちゃんと用意, 云いつけて, 焼かれたの, 行かんに, 返して, 金高蒔絵青貝を

▼ 車みたい~ (6, 0.0%)

2 なもの 1 になっ, に往来, に無鉄砲, に舌

▼ 車らしい~ (6, 0.0%)

2 のが 1 ね, ものが, ものの, 何かの

▼ 車~ (6, 0.0%)

1 でなくては, の根, の茎, は殊に, をウサギグサ, を取っ

▼ 車大工さん~ (6, 0.0%)

6 の家

▼ 車引き~ (6, 0.0%)

1 だの馬子, になる, に使われます, のおっさんみたい, の耳, も男

▼ 車~ (6, 0.0%)

1 にうち, になった, にひろげ, に旋, の花, は左千夫

▼ 車曳き~ (6, 0.0%)

1 の父, の納屋, 上がりで, 前に, 牛車曳き, 薪の

▼ 車~ (6, 0.0%)

2 と称する 1 いちいち列挙, に至る, の敵, も若かつた

▼ 車鐵道~ (6, 0.0%)

1 などいふ所謂文明, に成田, に此喇叭, の發車點, の目的, を知らず

▼ 車~ (6, 0.0%)

1 り乍ら, り來, り飛ばす, るべき技倆他, るオイリュウス, る多く

▼ 車あり~ (5, 0.0%)

1 て一散, と答, 膳には, 高く木材, 齒代の

▼ 車からも~ (5, 0.0%)

1 お下りなさらず, どやどや外人, 二三人降り, 外国人が, 黒い人影

▼ 車ごと~ (5, 0.0%)

2 奪られた 1 お這入り, 載せられて, 飛び下りても

▼ 車だった~ (5, 0.0%)

1 と思いついた, のだ, のでタクシイ, ような, んです

▼ 車だって~ (5, 0.0%)

1 いつも空虚, ゆっくり這入れる, 俺等が, 昨夕人殺しを, 疾いでしょう

▼ 車~ (5, 0.0%)

21 やない, やなかつた, やへえらね

▼ 車とも~ (5, 0.0%)

1 みえないから, 分らなかった, 思わずその, 見えない, 言はず人とも

▼ 車と共に~ (5, 0.0%)

1 之を, 出て, 前後へ, 埋没する, 過ぐ

▼ 車などに~ (5, 0.0%)

1 乗せて, 乗ったの, 乗り刀, 変化する, 見なれないので

▼ 車について~ (5, 0.0%)

1 さっさと行っ, ゆきました, 出かけられなくなって, 戸外へ, 野原を

▼ 車ばかり~ (5, 0.0%)

1 おく自動車屋, でございますもの, では, 取り締っても, 見て

▼ 車よりは~ (5, 0.0%)

2 見えず 1 かえっていい, このほう, 早く走っ

▼ 車をば~ (5, 0.0%)

1 並足にのみ, 横ぎれる雁, 此處に, 焦がす日, 直ちに見

▼ 車を以て~ (5, 0.0%)

1 せざりしや, できるだけの, 大成の, 石を, 突貫し

▼ 車~ (5, 0.0%)

1 が左右, が驅, の後, はみな指, は絶叫

▼ 車善六~ (5, 0.0%)

1 だってあれ, という人物, という存在, の作者, もそれ

▼ 車大路~ (5, 0.0%)

1 いずこ, などに兵馬, の辻, へ出る, まで供待ち

▼ 車小屋~ (5, 0.0%)

1 が出来る, で野宿, との間, の軒さき, を造っ

▼ 車~ (5, 0.0%)

3 を転じ 1 を向け, を更に

▼ 車がらがら~ (4, 0.0%)

1 と五, と引き来る, と番町, と門

▼ 車だけは~ (4, 0.0%)

1 どうしても生き物, 大事に, 威勢よく, 暗くな

▼ 車なんか~ (4, 0.0%)

1 ありやしないテクテク, ひけない, よごさないわよ, 來ません

▼ 車にでも~ (4, 0.0%)

1 乗せて, 乗つて, 轢き殺されたという, 轢き殺されて

▼ 車まわし~ (4, 0.0%)

1 に見あきた, のところ, の右側, をのぼる

▼ 車やは~ (4, 0.0%)

1 それからお, ひどく光榮, 其処で, 千鳥足で

▼ 車よりも~ (4, 0.0%)

1 もっと這入り, 二等車が, 此人の, 統計的に

▼ 車争い~ (4, 0.0%)

1 という小さい, の事件, の日, や生霊

▼ 車~ (4, 0.0%)

1 のあと, の釣瓶, の音, の響

▼ 車~ (4, 0.0%)

1 はすこぶる, はやがて, は大きな, をこれ

▼ 車全体~ (4, 0.0%)

1 がブーン, が唸る, が胸, にひろがり

▼ 車~ (4, 0.0%)

2 に馬轡 1 とはその, の歔欷

▼ 車塵集~ (4, 0.0%)

1 は五十首, は何, を見る, を読み

▼ 車~ (4, 0.0%)

1 じゃア, で元, とこれ, を始める

▼ 車~ (4, 0.0%)

1 の, は悠然と, は自家用車, は軽く

▼ 車~ (4, 0.0%)

1 の中, の間, を上げ, を出る

▼ 車~ (4, 0.0%)

4 の刑

▼ 車製造工場~ (4, 0.0%)

1 が労働者, とそこ, とどんな, を見

▼ 車部屋~ (4, 0.0%)

1 から簾, から追いだし, の梁, へひきこむ

▼ 車~ (4, 0.0%)

1 に従い県, に近づい, の用意, をしたがえ

▼ 車がかり~ (3, 0.0%)

1 の一術, の陣, の陣備え

▼ 車ぐらい~ (3, 0.0%)

1 たしかにある, なら一度, 快適な

▼ 車じゃ~ (3, 0.0%)

1 たいへんです, ないか, ねえか

▼ 車その~ (3, 0.0%)

1 ほか武器馬匹も, 外の, 門に

▼ 車だけ~ (3, 0.0%)

1 ぁな, でこれ, 試運転を

▼ 車だけが~ (3, 0.0%)

1 シュッシュッと, 目立った, 走って

▼ 車だの~ (3, 0.0%)

1 弓長刀を, 焼けコゲ, 草刈男だ

▼ 車だろう~ (3, 0.0%)

2 と思っ 1 まだ暗い

▼ 車であった~ (3, 0.0%)

1 が普通, が莚, に違い

▼ 車であろう~ (3, 0.0%)

1 かとつまらぬ, がレンブラント, が如何に

▼ 車とに~ (3, 0.0%)

1 積めるだけ, 積んだ, 行手を

▼ 車などの~ (3, 0.0%)

2 はいって 1 往來も

▼ 車なり~ (3, 0.0%)

1 公園の, 母衣は, 鉄砲軍器なり

▼ 車にと~ (3, 0.0%)

1 つては, 二度三度お高, 反身で

▼ 車にの~ (3, 0.0%)

1 せよ, つた所は, つてお

▼ 車ひき~ (3, 0.0%)

1 が一人, だ, もきらざる

▼ 車~ (3, 0.0%)

1 おもてを, はせ, はせるあり

▼ 車また~ (3, 0.0%)

1 俵の, 善く蓋, 御者の

▼ 車もろ~ (3, 0.0%)

1 ともふわ, とも爆撃, とも緑

▼ 車やら~ (3, 0.0%)

1 乗合自動車やらの, 荷馬車やら, 身粧い

▼ 車~ (3, 0.0%)

1 アル, 出カケタ, 後カラホテルヘ附イテ来ル

▼ 車~ (3, 0.0%)

1 入レタ, 向フ蟷螂, 追イ付コウトハア

▼ 車~ (3, 0.0%)

1 待ツ, 止メテ颯子ガ云ウ, 為ルヲ知ル

▼ 車二台~ (3, 0.0%)

1 つけた汽車, となる, の人数

▼ 車人形~ (3, 0.0%)

1 というの, というもの, の来歴

▼ 車八輛~ (3, 0.0%)

3 に積ん

▼ 車~ (3, 0.0%)

1 といっ, のそうした, の実姉

▼ 車懸り~ (3, 0.0%)

2 猪口は 1 になっ

▼ 車~ (3, 0.0%)

1 かと諸手, をひきあけ, を押しあけ

▼ 車折神社~ (3, 0.0%)

1 というの, の真裏, の石

▼ 車捲き~ (3, 0.0%)

3 の係り

▼ 車~ (3, 0.0%)

1 の敗北, の築城家牧野雷堂, の賢しく

▼ 車白山一華~ (3, 0.0%)

1 などがそれ, などの白い, などの花

▼ 車~ (3, 0.0%)

1 に着いた, のフランス風, の構外

▼ 車~ (3, 0.0%)

1 の善八親分, の検閲雑誌, の社長

▼ 車自身~ (3, 0.0%)

1 が其, さう, も東京

▼ 車裂き~ (3, 0.0%)

2 の刑 1 にも致しかねない思ひつめ

▼ 車~ (3, 0.0%)

1 がある, さえもない, を叩い

▼ 車除石~ (3, 0.0%)

2 の上 1 に背

▼ 車~ (3, 0.0%)

1 を打砕こう, を狙っ, を覘

▼ 車~ (3, 0.0%)

1 が二匹, こまかく裂いた, の刺身

▼ 車いっぱい~ (2, 0.0%)

1 になっ, の花

▼ 車~ (2, 0.0%)

1 もげに, 頼みなされてよと

▼ 車かじ~ (2, 0.0%)

1 やのほう, やの横

▼ 車かと~ (2, 0.0%)

1 思って, 聞なさるる

▼ 車がと~ (2, 0.0%)

1 まつたと, 絶える

▼ 車きしめく~ (2, 0.0%)

2 廣小路祭物見の

▼ 車この~ (2, 0.0%)

1 家へ, 種の

▼ 車これ~ (2, 0.0%)

2 は大晦日

▼ 車たる~ (2, 0.0%)

1 を解した, 以上日本人だけの

▼ 車とか~ (2, 0.0%)

1 前駆の, 前駆を

▼ 車とが~ (2, 0.0%)

1 つながったわけ, 不調和に

▼ 車とでも~ (2, 0.0%)

1 いいそう, 云いそう

▼ 車などが~ (2, 0.0%)

1 一パイに, 徴発され

▼ 車などで~ (2, 0.0%)

1 あらうが, 終日織る

▼ 車にかけて~ (2, 0.0%)

1 なげとばしつづいて, 投げて

▼ 車につき~ (2, 0.0%)

1 一文小, 添うた一行

▼ 車にばかり~ (2, 0.0%)

1 乗るよう, 応用する

▼ 車に対して~ (2, 0.0%)

1 私は, 言い知れぬ魅力

▼ 車のけこみ~ (2, 0.0%)

1 へ乗せ, を押しひらい

▼ 車はずるり~ (2, 0.0%)

2 と後戻り

▼ 車はと~ (2, 0.0%)

1 婢に, 見たが

▼ 車ばかりを~ (2, 0.0%)

1 えっさ, 聯結しよう

▼ 車ひとり~ (2, 0.0%)

1 できてか, で上下

▼ 車へも~ (2, 0.0%)

1 おなじよう, 乗れず何ら

▼ 車やどり~ (2, 0.0%)

1 とせり, 馬とどめ

▼ 車やの~ (2, 0.0%)

1 一人が, 鈴木が

▼ 車やんま~ (2, 0.0%)

1 というの, もいた

▼ 車らっぱ~ (2, 0.0%)

1 などという消防関係, のあいだ

▼ 車~ (2, 0.0%)

1 てきたれり, て來

▼ 車をと~ (2, 0.0%)

1 思ったが, 思つた

▼ 車をも~ (2, 0.0%)

1 危くせん, 輓い

▼ 車をもって~ (2, 0.0%)

1 出迎えに, 槙島へ

▼ 車をよ~ (2, 0.0%)

1 けること, ける拍子

▼ 車~ (2, 0.0%)

1 挽くんで, 挽けや

▼ 車エビ~ (2, 0.0%)

1 がど, なんてやたら

▼ 車一つ~ (2, 0.0%)

1 だけ, 通らぬ

▼ 車一臺~ (2, 0.0%)

1 と人, に親子四人

▼ 車七輛~ (2, 0.0%)

1 にのせ, の布

▼ 車三台~ (2, 0.0%)

1 の乗客三百余人, を以て配達

▼ 車~ (2, 0.0%)

2 に打ちおとし

▼ 車二台従業員~ (2, 0.0%)

2 は主人

▼ 車~ (2, 0.0%)

1 が経営不振, の昼席

▼ 車仕掛け~ (2, 0.0%)

1 で引き上げよう, の吊り橋

▼ 車付き~ (2, 0.0%)

1 の者, の銀テーブル

▼ 車以上~ (2, 0.0%)

1 にひどい, もの生

▼ 車~ (2, 0.0%)

1 で星, のもの

▼ 車~ (2, 0.0%)

1 かへり, 掠巾

▼ 車~ (2, 0.0%)

1 に方向, へ小手

▼ 車善七~ (2, 0.0%)

1 の血統, の配下

▼ 車善八~ (2, 0.0%)

1 もうけたる大金, を貴様ら

▼ 車~ (2, 0.0%)

1 とでうす赤く, を浴び

▼ 車~ (2, 0.0%)

1 が乗り, にぶつかる

▼ 車~ (2, 0.0%)

2 の一部

▼ 車持氏~ (2, 0.0%)

1 の娘, の娘子

▼ 車持皇子~ (2, 0.0%)

1 には東海, は蓬莱

▼ 車~ (2, 0.0%)

1 はかなり, 知れず

▼ 車構内~ (2, 0.0%)

1 に出掛け, へ駆けつけた

▼ 車江戸~ (2, 0.0%)

1 に護送, の死獄

▼ 車渠貝~ (2, 0.0%)

1 には足, に足

▼ 車~ (2, 0.0%)

1 という処, にある

▼ 車~ (2, 0.0%)

1 の下, の影

▼ 車~ (2, 0.0%)

1 と換えん, までが結構

▼ 車~ (2, 0.0%)

1 きつ, て近き

▼ 車~ (2, 0.0%)

1 など槌, も槌

▼ 車發表~ (2, 0.0%)

1 に際し豐田常務, を行

▼ 車稼業~ (2, 0.0%)

1 の父親, をし

▼ 車積み~ (2, 0.0%)

1 て恋う, て戀

▼ 車竿~ (2, 0.0%)

2 で倫糸

▼ 車~ (2, 0.0%)

1 のうち, の裡

▼ 車舎人~ (2, 0.0%)

1 として都, となった

▼ 車行数里~ (2, 0.0%)

1 の間, 入田園

▼ 車~ (2, 0.0%)

2 となる

▼ 車走る~ (2, 0.0%)

1 こと一時間スタルンベルヒに, 能はず

▼ 車~ (2, 0.0%)

1 の様, を斬っ

▼ 車造り~ (2, 0.0%)

1 で父, の青年

▼ 車長九郎~ (2, 0.0%)

1 あるのみ, は輩下

▼ 車除け~ (2, 0.0%)

1 の石, みたいに

▼ 車~ (2, 0.0%)

2 足を

▼ 車駕金鞍~ (2, 0.0%)

1 と共に韮崎, に埋められた

▼ 車騎将軍董~ (2, 0.0%)

1 承, 承の

▼1* [585件]

人が, 車あつまる時に, 車あとへ残らる, 車あやつる火夫の, 車あらゆる逸樂と, 車あり入るに家, 車あり食うに肉, 車あれば可, 車あれしまへなん, 車あんぺらを着た, 車いずれも一刀, 車いたく濡らさば, 車いつしか高き街, 車いと暗き, 車い乗せたのは, 車い乗り込んで附い, 車うち棄てて, 車えび伊勢えびもその, 車おしのこぞう, 車おりぬほの紫, 車おん姿といえ, 車お前に奉仕, 車お茶場工場などの騒音, 車かも知れない, 車かよわずといえ, 車からの落ち方, 車がたがたしますよ, 車がちやうど橋, 車がねえときた, 車がまゐりますから, 車きいたときに, 車きしませ来し鹿毛の, 車ぎしりを知るやい, 車くつがへし, 車くらい動かせるさ, 車ぐらゐにしか思へなかつた, 車ぐらゐ快適な酒, 車ぐるみ奪掠して, 車ごとあとへ引っ, 車ごと崖の上, 車ごと床屋につれ, 車ごと水田の中, 車さえ這入らぬ細い, 車さりとては不, 車さんひとつおいらをのっけ, 車さん気の毒だね, 車したときは, 車しば草もやぶ, 車しょう台の上, 車ゃあるめえしふむ, 車旅人なれ, 車すら煙に, 車する道徳は, 車ずつ調えさ, 車それから前の, 車そんなものは, 車かし思う仔細, 車ぞいにも四人, 車だけで運転する, 車だけでも日本人が, 車だけの馬を, 車だったりであろうが何, 車ってやつを, 車つき運び寢臺の上, 車つけるべからずとあっ, 車つてえ便利, 車づくりで上背, 車でありしかもエンジン, 車でとほつて來, 車でないから逃出, 車でなければ見られない, 車でなど行かれる所, 車でねえか, 車でのぼつて, 車でもとの河岸ぷちの家に, 車といったもんで, 車といつても後見, 車とかいうのが, 車としては外國車より, 車とてアンペラで, 車とで押し合うほど, 車とともに轣轆として, 車とどむるところへ, 車と迄はゆかず単に, 車めの, 車どこか裏, 車どれもこれ, 車ながら炎と, 車ながらにぬれて, 車なくして, 車なしの二等, 車なぞが眼の, 車なぞにはとうとう乗らず, 車なぞは打捨ッ, 車などと言う奴, 車などという事は, 車などには勿論表定, 車などへ飛来り, 車などより小さい訳, 車ならお目にかかった上で, 車ならむからに, 車なるべく意気地の, 車なんかに乗らないで, 車なんぞよオ, 車なんて止めた方, 車なんどを曳い, 車にかひく, 車にさえ乗らなきあ, 車については前便に, 車にてといふ段に, 車にてとの事なり, 車にまでとりついた避難民, 車にゃ居ない, 車によって搬ばれ, 車による水陸の, 車に対してもダマスクスの, 車に対する憧憬止み, 車のうへには車力が, 車のかずが, 車のずつと前の, 車のよこに, 車のわつといふ声, 車はかたりと, 車はげしや藤, 車はもうとつく, 車ばかりがつながつてるん, 車ばかりの大部隊, 車ひきどもが酒, 車ひきゆく農夫の, 車ひく男駆け入り, 車びきの重い, 車びさしの下へ上手, 車へでも乗って, 車へと急いで, 車へはとても行くまい, 車まつしぐら暮, 車までがおまえの, 車はがたがた, 車めざして奔, 車もが他, 車もどる輿じつに, 車もの食料品を, 車もよかつた, 車やに連れこまれたの, 車ややもすれば人に, 車やらが混み合って, 車せよ, 車よりかずっと遅く, 車よりの墜落が, 車よんでくれ, 車らしくぷうんと黴, 車をはするを, 車をめぐっていた覆面, 車をや少し離れた, 車を以てのわざと使, 車中で, 車アリ四人ヲ用イテ十石ヲ推載ス, 車軋リ出ソウトスル時颯子ノヒルマンモ, 車ガタクラとその, 車ガ動キ出シテエレベーターデ地下道ニ下リ長イ, 車サービス女ども誠に気持, 車タンクについて知っ, 車ッ骨をやろう, 車トラックかくの如く, 車ニ乗セラレテコンクリートノ長イ廊下ヲレントゲン室ニ連レテ行カレル, 車ハ木ト金ニテ作リ荷ヲ運ブニ用フルモノナリ, 車パッカードその他は, 車ピンセットやすり, 車モシと聲, 車ラヂオ人ごゑ, 車の馬力, 車一つ願ひたしと, 車一両に二三人づゝ引, 車一乗馬数匹従者の二十人, 車一人前に車, 車一代の運, 車一台分の西瓜, 車一台百姓一人に逢う, 車一散さりながら, 車一日いくらと徴収, 車一杯の鉱石, 車一臺荷車一臺と人, 車一路の旅, 車一輛に七, 車一輛之を挽く, 車一輛倩ひて, 車一輛山海を越え, 車一類として猫化け同様, 車丁等には上, 車七十余輛を分捕っ, 車万騎すでに江南, 車の車, 車三乗に而出立, 車三乗用が瀬, 車三十輛を以て配達, 車上一眄を投げ, 車上法廷である, 車上白衣簪冠の人影, 車上船上いわば危道, 車上観菊の遊, 車上身を乘, 車下り來れ, 車乗りにでもなりたかつた, 車乗組の中尉, 車のまま, 車乳屋の車, 車る, 車の車, 車二つあらば, 車二ルーブルと吹っかけた, 車二大車の二種, 車二時間ばかりで, 車二百臺の製作, 車二等客車二等寝台車各々一輛ずつとほか, 車二等客車二等寢臺車各々一輛づつとほかに郵便, 車二臺に分けた, 車二隊を奔ら, 車五十恰好の中肉, 車五味坂を下れ, 車五輛支那苦力の爺連, 車へとり, 車亭主人の経営方法, 車亭出演のとき, 車人間の臭, 車少しの, 車仕掛になった, 車仕立ての内, 車の椅子, 車付き西洋腰掛け便器を運ぶ, 車以外にはほとんど, 車だらう, 車作りな定子, 車りけるが, 車借りて飛ばしたい, 車借り出してひいたら, 車むるところへはや, 車に割りこん, 車のよう, 車僧七百歳というの, 車和蘭路海牙城外煙夜来霖雨歇春水漲, 車入りけり仏桑華, 車の回轉, 車六台とレール等々, 車兵是は大きな, 車兵桂馬は騎兵, 車が三方, 車円流浮きふね, 車再び此處へ, 車の人々, 車て行く, 車分配給して, 車刑場に似る, 車前その他色々の, 車前駆を勤める, 車動車から自動車, 車は之, 車十二に自邸, 車十五万の客貨車, 車十数輛という編制, 車千余輛ついに成都, 車千里の雪, 車占む一頭のグリフォネ, 車反古と云う, 車各々一輛ずつとほか, 車各々一輛づつとほかに郵便, 車同行サトウロクロー藤田と北村, 車君徃訪これは東京ビル, 車の冠, 車呼んで来い, 車啼きを立てた, 車善八氏です, 車善六的感覚と今, 車嘶いて白日暮れ耳, 車四つ五つ店前にとまり, 車土們の山, 車地雷の計, 車をなし, 車埋葬地は入, 車塵芥捨て場, 車は走り初めた, 車声万籟死せる深夜, 車夕食すぐ車, 車八の, 車大仁から電車, 車大地や六波羅, 車大寺のあと, 車大工親方バルーという者, 車大急ぎに申し, 車大路大和口までもたいへん, 車れより, 車ひて, 車妨げしこと無し, 車は吹き, 車娘踊の舞台, 車孔雀草天竺牡丹昼照草丁子草薄荷などあり, 車宝石機械道具等がこれ, 車客車貨車は明日, 車客館其総べてを包羅, 車室丈けがたった一つ, 車室中にピストル, 車室全体が独占, 車室燈は暗かっ, 車室畳を二枚長目, 車室疊を二枚長目, 車家屋というよう, 車宿りの内外, 車宿名殘なく出, 車宿秋初へ行く, 車動煙先発万歳声埋, 車小岩鏡岩銀杏などが目, 車小舎の一隅, 車少く三橋渡れ, 車屋さんのだ, 車屋根の上, 車岩高蘭立山竜胆蔓苔桃麒麟草猩々袴鷺菅などがあり, 車岩黄耆深山塩竈青栂桜岩梅雲間草黒百合などの咲い, 車の大, 車工場における第, 車の枠, 車平野の岸, 車幾臺大川端の家, 車幾輛か我前, 車も騎影, 車の遊動木, 車廻し馬車廻しは無論, 車引くべし而うし, 車弾薬車行李車負傷兵をいっぱい, 車役舎人にまで纏頭, 車往来の日, 車より力, 車御簾のうち, 車念入に拂, 車急がせましたあの人, 車とは如何, 車懸とて幾廻り目, 車懸りでも何, 車戎輅ハ兵車ノ事, 車成るべく意気地の, 車成長の途中, 車に由る, 車戰巧みの, 車狭きほど, 車の字, 車打ち棄てて, 車扮戯女舞数十百輩満城奔波如湧, 車投げに, 車押すみたりは, 車持皇子一人は右大臣阿倍, 車挽きであつた, 車挽ける馬の, 車掃溜の破, 車救命船掛け時計農作機械度量衡地図海図その他当時の日本, 車数乗馬幾匹定め以上, 車数十百が蜿蜒, 車数台に満載, 車へ其上, 車敷石道を行く, 車數五十その各, 車數百の多き, 車文ビルへ, 車新たに成り, 車新聞紙書籍色刷挿画はどうして, 車旅支度をした, 車旗邸第は, 車日中は躄, 車早速間に合いました, 車時刻まではまだまだ, 車時間は迫り, 車暁発古城辺従今深入, 車暑いやうな, 車曳きわびて馬, 車曳く馬も, 車更にさかのぼって, 車を冒す, 車服儀仗を用いる, 車たりぬ起つとも, 車来ましてねいずれ, 車来り日本橋偕楽園へ, 車来ればすなわち, 車東西に行き違い, 車板石と鉄, 車柳絮と共に金州, 車桃川燕国松林伯円がある, 車を始め, 車樹木等も皆前, 車機關銃隊日毎とどろかす地響, 車し見よ, 車次に二等車が, 車正に大磯駅を, 車此方の申す, 車武器の制作者, 車死刑囚にし, 車氣騎氣烏氣なんどと云, 車を行く, 車汗馬ココニ業ヲ終エテ一舟ニ会セン, 車汽車の中, 車沿線の, 車沿線樟蔭女学校の生徒, 車を通る, 車海図などの船具, 車深林を行く, 車湯気噴く, 車溜りのそば, 車っと来, 車漸く進みゆくに, 車火刑台吊刑台, 車火器の準備, 車火鉢に火, 車点検した, 車車, 車焼鍋ならし, 車きつつ, 車牛行李まるで難民, 車牽きとされた, 車破緑烟行, 車独特のもの, 車用日覆などと違, 車用馬まで飼馬, 車町溪聲頗壯到處見水車, 車の信号, 車疾走区域に入った, 車ひげ, 車百合ドウダンなどが栂, 車百合千島桔梗などが現われ, 車百合等の顕著, 車百輛以上水牛四百頭を鹵獲, 車百里向西倫, 車に問, 車直下入旗亭, 車相倚るべき國, 車は口, 車砲十二門馬力百二百十噸というすばらしい, 車碎けてくつ, 車神橋のそば, 車私たちの味方, 車程度では纔, 車税付加というよう, 車積み出さしておい, 車窗屡見迎吾笑, 車立ての方, 車立山竜胆四葉塩竈などが鮮, 車ひの, 車を鳴らし, 車を使う, 車紀飯麻呂この地, 車終夜の旅, 車組社長を訪ね, 車組社長車善八氏です, 車は石, 車置場とがあるらしかった, 車はまんまと, 車老農猶守, 車職人小僧女中といっさい, 車の事, 車膳六その他の主人公たち, 車臺のへ, 車持ち数行, 車に遊ぶ, 車荷駄の馬, 車荷駄砲隊銃隊などの甲冑, 車萩城を発し, 車に滴っ, 車蒲輪をもっ, 車蓋白馬金鞍の親衛隊, 車虫取菫などが新, 車蝶番の如く軋り, 車行かねど, 車行くで, 車行一時間にし, 車行三十六時間を要す, 車行九マイルにし, 車行二十九マイルヒールズビル村に至る, 車行二十八マイルにし, 車行人行よりもおそし, 車行十マイルウィリアムズタウンの海浜, 車行李車負傷兵をいっぱい, 車衝雨入英京, 車衣裳道具をのせた, 車製造に際して第, 車製造工場内の大衆, 車覆りの如き, 車見うしないはしない, 車見たいな物凄い, 車見つけてのった, 車親分が社, 車言ってもらおう, 車の故, 車負傷兵をいっぱい, 車財布のもの, 車貸す程の, 車賃以外に此橋錢, 車賃半額の期限, 車赤坂氷川町なる片岡中将, 車越しに僕, 車趨忽入南阿第, 車はおらん, 車車簾の間, 車車車はおらん, 車車體設計懸賞作品審査會は六月廿日東京帝國ホテル, 車軋らす光道の, 車きや, 車輻状をなし, 車へに来り, 車邇の, 車近くへ行った, 車近年の所演, 車から甲州街道筋, 車返し染屋と甲州街道, 車返し武蔵太郎血に渇し, 車返せといおう, 車返りにはねこまれ, 車ひ拔, 車逆立ちのこと, 車通いしなり, 車通じがたしと, 車通らず人行かず, 車通るとこまで, 車運ぶ草鞋いざ, 車過てのち, 車道具を売り払った, 車の入り乱れた, 車郷桃井その他の榛名, 車都尉の王則, 車都尉霍光が大, 車金具の音, 車金鞍をかがやかせ, 車鉄道株式会社といふもの, 車や鋸, 車だけでも幾ら, 車鐵道さへ終れ, 車のパイプ, 車に待ちぬ, 車門口に下ろす, 車の旧式, 車附椅子に用, 車降りて土手, 車を布きならべ, 車なく賑, 車雑色とよぶ, 車雛たちもそれ, 車電車その他各種の機関, 車かにきしり行く, 車革命後の三等車, 車韻瑞中に於, 車響けば宴樂, 車に來, 車ひたしと, 車顛覆るか, 車に四五種, 車をはらみきった, 車颯と払って, 車飛ばして迅速, 車飛び散っている, 車飛行機軍艦の安定, 車飲物が十車, 車立てつと, 車馬子旅人薬師詣での人たち, 車して, 車けて歩く, 車を後三年駅, 車駕一たび出で還らず, 車駕京中に巡幸, 車駕人馬に溢れた, 車駕入京の日, 車駕宮に還り, 車駕幕府に入らん, 車駕延暦寺に幸, 車駕担輿など雑然と, 車駕東京を発す, 車駕東幸の途上, 車駕蜀に幸, 車駕輻輳して, 車駕駝象の大, 車駕騎客の往来, 車り石油, 車駿馬の傍ら, 車騎大兵の行路, 車騎将軍張飛のむす, 車騎将軍領司隷校尉に叙封, 車騎行装の支度, 車體設計圖案を募集, 車體設計懸賞作品審査會は六月廿日東京帝國ホテル, 車高根薄雪草, 車鳥渡むづかしからん大通り近くまで, 車鸚鵡の杯