青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「野村~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

重吉~ ~重大 重大~ ~重要 重要~ ~野 野~ ~野原 野原~ 野心~
野村~
野菜~ 野蛮~ ~野郎 野郎~ ~量 量~ ~金 金~ 金吾~ 金持~

「野村~」 1066, 12ppm, 9478位

▼ 野村~ (307, 28.8%)

12 思つた 5 私の 3 ハッと, 思った, 重明の

2 [30件] それを, ちょッと, タヂタヂと, モウ耐らなく, 一層堅く, 一日として, 其頃頻りに, 力が, 吃驚した, 四年程, 女の, 寒さ, 小石川の, 少し安堵, 彼を, 微かな, 或日, 戸外へ, 時として此小母さん, 目を, 眉間に, 眉間の, 矢庭に, 私が, 筆を, 自分の, 苦笑し, 適切長野を, 鋭どい, 頤を

1 [221件] あきれて, ある日, いつかフランシス, いつに, いづれ私, いまでも, いら, お叩頭, かういふ時, がっかりし, ぎょっとした, こう云いすて, こう答えた, ことことと, この事, この対局, この病院, これを, さう, さして感動, さっそく仕度, さつき会つた女の, しばらくの, じっと考え込んだ, じっと赤山, そう考えた, そぞろ興, その可憐さ, その太い, その無表情, その肌, その足, その遊び相手, それほど活躍, そんな浮説, だん, つかえが, とうとうやった, なかなかそれ, なほも, ひやかした, ふとそこ, ふと思いつい, ふと思出, ふと立, ぶつかつて, ますますこんがらかる, また若い, また誰, まだ来, まるで送り, むかし木戸が, むろん直ぐ通された, もう一度夕刊, もう一度念, もう珈琲茶碗, もう返事, よく知っ, クスリと, シャッポを, セーターを, ホッと, 一層淋しい, 一通り眼を, 丁度その, 万遍なく, 不快さうに額に, 之は, 二川邸に, 云い進んだ, 五分刈の, 今かうし, 今までに, 仏壇の, 仮令甚, 休日の, 何だか変, 何気なくいった, 余り長く, 例の, 信じて, 假令甚, 僕と, 初めて思い出した, 初め宗七と, 別に二川, 到頭恁, 制服の, 前以, 北を, 千鶴の, 半ば夢心地で, 半ば自分を, 又ふと, 又もやドシン, 反って, 口実を, 右の, 呆れたの, 唯一人の, 変に, 夕暗, 大理石の, 女学生を, 女學生を, 委しい話, 娘に, 娘占い師の, 子供の, 子供心に, 安楽椅子の, 実にいやあ, 実際困った, 封を, 少なからぬ, 屍体の, 帰り途, 平安朝の, 幸いに, 幾分安心, 広い胸, 座に, 当時百石の, 後明治六年五月二十一日, 心に, 心を, 必死に, 念を, 思い出したよう, 思ったの, 思はず立, 思わず微笑んだ, 急いで, 怪我を, 恐れて, 恰度重明の, 悪友達から, 悪友達の, 情感に, 愛撫し, 感心した, 我乍ら可笑しい, 我乍ら滑稽い, 或学校, 或學校, 戦争中一人の, 手を, 支度を, 文士で, 既に生れ, 日本の, 昂奮から, 暖炉の, 暫く先, 暫く窺っ, 暫く黙っ, 更にその, 最後に, 月光の, 木戸が, 木戸を, 極く, 次第に昂奮, 歩いた, 母の, 気が, 気の, 氣が, 注意深くその, 満足そうに, 煖爐の, 爪を, 発作的に, 發作的に, 盛岡の, 直ぐに, 相手の, 眼を, 硬直した, 私を, 窓から, 立って, 立止った, 笑って, 笑ひだす, 第三, 第二, 細い眼鏡, 給仕の, 翌朝家, 考へたり, 考へて, 舌打を, 見逃さなかつたから, 言つた, 言葉とは, 足に, 近眼鏡の, 返事を, 返答の, 逸走した, 遂, 部屋を, 酔が, 酔つて居た, 醉つて居た, 重い返事, 重大な, 重武, 鉄縁の, 鉛の, 電車を, 静かに, 非常な, 順序に従って, 顏を, 顔を, 飛上った, 飮込めぬ, 飲込めぬ, 驚いて

▼ 野村~ (141, 13.2%)

10 顔を 5 父は 4 父の 3 手紙を

2 [12件] 事に, 事を, 前に, 室から, 意を, 所へ, 方が, 方で, 父が, 眼からは, 聞知つた所では, 頭にも

1 [95件] おばさんね, お帰り, ことが, ごとき去年秋, ところへ, ところまで, なすま, ぬいだセーター, やつが, よく知っ, 下げて, 両人も, 住む街, 傍へ, 分担だ, 分擔, 制服姿へ, 前へ, 前を, 剣幕が, 卓子の, 口に, 口ぶりから, 周囲七八間の, 呼吸は, 女房で, 姿が, 姿を, 家へ, 岩崎佐十など, 帰郷を, 微苦笑を, 心もちが, 心を, 悪友達, 意見をも, 愛が, 愛と, 愛撫が, 愛撫も, 憂鬱さうな, 手から, 手紙で, 手紙と, 方から, 方に, 早川忠吾小貫和吉川島簑吉梁田村の, 村長早川某たちが, 村雨の, 村雨を, 松蓮寺と, 横顔を, 段ばかり, 気持が, 激しい愛撫, 父に, 父儀造は, 産所は, 百姓木村司馬之助との, 眼に, 眼には, 矢面に, 禅昌寺に, 考えて, 考えでは, 考へは, 耳の, 脳底に, 脳裡には, 腕を, 膝の, 良い女房, 行って, 言葉が, 言葉だけが, 言葉を, 記憶には, 許へ, 話を, 語る所, 貝塚の, 貝塚を, 足の, 身体は, 逆上する, 連中を, 邪推である, 長井半之丞, 限界に, 頭に, 頭には, 頭脳に, 頭腦に, 顔に, 首つ

▼ 野村さん~ (125, 11.7%)

5 ですか 3 のお, のもの

2 [15件] がお金, が鎌倉, が面白い, に追, のうち, のところ, の御, の手, の門, はそれ, はとても, はもう, は洋服, は私, 酷い事云つたの

1 [84件] いつもそこ, えらい御機嫌, から是非, が, があ, がびっくり, がみょう, が何, が叫び, が叱る, が和, が帝都, が斯二書, が死なはりました, が継ぎ足された, が這入っ, こそ御, じゃありません, て余程, て餘程, でしょうあの, ですね, でなくても, という人, とおっしゃる, とはろう, と一緒, と云う, と握り飯, と雪子さん, にも加担ツ, にも加擔ツ, に会ったら, に金庫, のいる, のき, のこと, のたから, のだきしめ, ので充分, のやしき, の作物, の前, の気持, の熱心, の生活程度, の県庁, の胸, の詩, の話, の身許調べ, の顔, はいた, はいよいよ, はおもわず, はこれから, はしかた, はそいつ, はそう, はその, はだんだん, はなんだか, はふしぎ, はぼく, はわざと, はギョッ, はダイヤ, は不在, は寝た, は帽子, は早く, は灰皿, は笑った, は紅い, は通い, は青く, ひやかしちや, また尻からげ, もてつだいました, も小林少年, よりハガキ, 帰る, 戻って, 長々ありがとう

▼ 野村~ (48, 4.5%)

2 初めて竹山, 商況, 女を, 飛び出して

1 [40件] いつの間にか雪子自身, さういふこと, すぐ浚っ, そうした極, そんなこと, そんなに執心, ちよつと, どうせ戦争, ジャケット姿で, 一人ものだ, 其暖炉に, 可哀, 唯一人と, 喜んで, 夕刊を, 好きであり, 平伏して, 思い惑っ, 昔から, 栗原の, 止めるの, 気の毒だ, 物を, 生きて, 生れた年, 病気に, 皿の, 私の, 私を, 突然この, 突然如何, 絶えず向う側, 言つた, 訊くと, 起きようと, 通知されなかった, 金時計を, 離れずつ, 駄目だ伏せろ, 高めて

▼ 野村~ (38, 3.6%)

2 の銭形平次, は, は今日頭痛, は支那語

1 [30件] が出社, が来, が殊に, だ, だけ蚋, とこう親しく, とはかはる, とは二人, とは私, とも一緒, と私, の一手, の熱心, の関係, はすこし, はそういう, は一年, は上手, は中, は堀さん, は新聞雑誌, は時計, は話し, もなか, もまた, 実は重明, 必ず順序, 果して今, 然し叔父, 考えて

▼ 野村~ (32, 3.0%)

3 云う人 2 二人で, 同じ室, 唯三人で

1 [23件] デブが, 与三郎とは, 二人戦争といふ, 二川とは, 二川は, 俊助とは, 別れるところ, 同じ銀行, 同棲し, 同棲した, 同棲する, 多くの, 家を, 幸子とが, 木戸だけ, 現れたが, 相談の, 遊ぶたのし, 重明との, 陣場だけの, 雪子とを, 顏を, 顔を

▼ 野村~ (32, 3.0%)

2 それを, 上島も, 直ぐ後から, 竹山も

1 [24件] あまり暇, いつし, これには, その中, その窓, ひょッ, また藩政府, むろん重, よく可愛がられた, カマキリも, 一緒に, 二川の, 其煖爐に, 冷静で, 実は二川, 広い金釦, 未だ死, 来警視庁, 横合いから, 笑ひだし, 精根つきはて, 見たの, 返事を, 黙って

▼ 野村~ (29, 2.7%)

2 朝倉勢は

1 [27件] ある浅井軍, いう場合, からだを, しても, そんな負債, だいて, ぶつかつて, また輪, やればよ, 入り川崎, 可愛がられながら, 命じたもの, 在るを, 宛てた遺書, 對し, 愛されて, 抱かれ愛撫, 気がついたと, 知らして, 答えながら, 縋るやう, 語った, 送った遺書, 邪険に, 金を, 集って, 食つてか

▼ 野村~ (24, 2.3%)

2 愛してを, 見た, 見た目を, 訪ねて

1 [16件] どんなに庇護, ほったらかして, みつめて, ジッと, 一瞥した, 喜んで, 抱きしめて, 指定席に, 正視した, 睨んで, 見やる女, 見ると, 見送るほど, 覗き込んだ, 訪れて, 誘つて散歩に

▼ 野村~ (20, 1.9%)

2 の方

1 [18件] があわて, とは二年, とも相談, に率いられ, のいわるる, の人格, の地位, の理解, の見解, の言葉, の間, は, は云った, は併, は時々, は隣, も一緒, も隣

▼ 野村には~ (17, 1.6%)

2 それが, 女の, 解らぬが

1 [11件] すっかり分った, そうである, それらしい, ないから, ほかに, まだ娘, 全然此方, 好もしく思はれた, 明日の, 考えられないの, 重武

▼ 野村という~ (11, 1.0%)

2 男の 1 人が, 儒者が, 同郷の, 四十ちかい, 彼女の, 所などは, 所の, 方で, 絵師で

▼ 野村みち子ちゃん~ (9, 0.8%)

1 じゃない, だったの, だね, という少女, はぶじ, は助け出されました, をかどわかし, をかどわかした, をここ

▼ 野村から~ (8, 0.8%)

2 借りて 1 いろんな話, 井上の, 岩崎佐十同, 自動車に, 送って, 鼓舞され

▼ 野村彦右衛門~ (6, 0.6%)

1 というお, という侍, という盲目, といっ, の名, をたずね

▼ 野村望東尼~ (6, 0.6%)

1 といったよう, とか祇園, とは事, は尚, や明治, を仲介

▼ 野村良吉~ (6, 0.6%)

2 が社, は大略前述, は平日

▼ 野村靖子~ (6, 0.6%)

2 に依, は伊藤侯, は第

▼ 野村君僕~ (5, 0.5%)

1 が生前僕, が雪渓発掘, はあの, はどんな, は一体どうしたらい

▼ 野村胡堂~ (5, 0.5%)

1 ってケチ, というヤツ, と吉川英治, と野村長一, も耄碌

▼ 野村勝次郎~ (4, 0.4%)

1 がどこ, と申し, は太刀, を伴っ

▼ 野村博士~ (4, 0.4%)

1 の従来, は泣いた, は突然, は腰掛け

▼ 野村~ (4, 0.4%)

1 だよ, と云え, はからっぽ, へのりこむ

▼ 野村くん~ (3, 0.3%)

1 からもらうやく, のところ, の家

▼ 野村とが~ (3, 0.3%)

1 各一度, 向い合って, 笑い合って

▼ 野村~ (3, 0.3%)

1 むかった, 向って, 著

▼ 野村傳四~ (3, 0.3%)

1 と上野, などである, も寺田寅彦

▼ 野村儀作~ (3, 0.3%)

1 にだけこの, の父儀造, は重明

▼ 野村光一氏~ (3, 0.3%)

1 から長距離電話, が, はルービンシュタイン

▼ 野村和作~ (3, 0.3%)

1 が家禄, だけでなく, をし

▼ 野村少年~ (3, 0.3%)

1 である, でもあるまい, とみんな

▼ 野村庄兵衛~ (3, 0.3%)

1 がしたがっ, が続い, は各

▼ 野村胡堂氏~ (3, 0.3%)

1 から, が持ってる, などはよほど

▼ 野村さんぢ~ (2, 0.2%)

2 やなく

▼ 野村にも~ (2, 0.2%)

1 そんな男, 確乎した

▼ 野村みち子さん~ (2, 0.2%)

1 でしょう, はおかあさん

▼ 野村より~ (2, 0.2%)

1 一月ばかり, 立派な

▼ 野村よりも~ (2, 0.2%)

1 掌の, 積極的に

▼ 野村一人~ (2, 0.2%)

2 で空

▼ 野村儀造~ (2, 0.2%)

1 と仰, と名乗った

▼ 野村~ (2, 0.2%)

2 は曾

▼ 野村新川君~ (2, 0.2%)

2 です

▼ 野村望東尼様~ (2, 0.2%)

1 でございました, や平野国臣様

▼ 野村望東尼殿~ (2, 0.2%)

2 じゃ

▼ 野村~ (2, 0.2%)

1 之助, 之助君

▼ 野村自身~ (2, 0.2%)

1 がはつきり, が探偵

▼1* [123件]

野村からの取立てを, 野村からはやがて, 野村へその, 野村さんそこに見え, 野村さん伊丹さんです, 野村さん日曜日には遊び, 野村さん私ばかりいじめる, 野村さん鈴本亭主人伊藤晴雨画伯それに小咄, 野村だけ私と, 野村だけへ話しかけるよう, 野村この村, 野村である春に, 野村でない男の, 野村とか云う人, 野村との間が, 野村とも彦右衛門とも, 野村などに私は, 野村なんぞやって, 野村にさえその目的, 野村にとつては, 野村にとっては四五桂では, 野村に対してひどく遠慮, 野村に対して一種の, 野村はさもほっと, 野村はじつと見送り, 野村はをかしさ, 野村其他の, 野村オサカズの方, 野村見送ル, 野村ニ運転サセテクーパート相乗リデ街ヲ乗リ廻シタリソコラヲ曳ッ張ッテ歩イタリシタノデ若奥様ハ経, 野村ハ云ウガソウダトスレバコレモ予ヲ揶揄スル積リナノカモ知レナイ, 野村ビルの階上, 野村ビル有恒クラブの十年記念, 野村一家の立ち入った, 野村三千三を発見, 野村三田村へ陣, 野村三田村あたりの民家, 野村三田村方面をさし, 野村三田村附近では右岸, 野村上野より他, 野村下流では植野村, 野村二郎寺島一夫河野重弘等の同志たち, 野村五平さんといふこの, 野村之丞, 野村伝兵衛山崎彦右衛門篠原一孝などの人々, 野村傳四宛のハガキ, 野村先生が儒者, 野村光一君や堀内敬三君, 野村右衞門岩戸口には, 野村千代蔵中田善次郎小泉忠三郎福地彦蔵田名網忠助堀口源吉庭田駒吉永沼政吉麦倉亀太郎原福太郎井汲幸蔵原弥太郎川島民八漆原慶治小野熊次郎横塚治三久小曽根信吉, 野村千代蔵横塚治三久海原忠吉の三人, 野村千代蔵海原忠吉横塚治三久佐取安次郎丸山浪次郎右岸の久野村, 野村千代蔵谷熊次郎関口多吉堀口源吉である, 野村及大川村戦争有之兵隊十人許, 野村古沢等にし, 野村古澤等にし, 野村右京加藤圖書村田出羽毛利又右衞門, 野村合戦と云う, 野村吉哉さんが尻からげ, 野村吉哉氏と結婚, 野村君それに會社側, 野村君順序通り読んで, 野村和二郎桜井仁平永沼政吉田野入利三郎, 野村喜八郎様到着なされました, 野村大字北猿田の渡船場, 野村大字川崎にゆき, 野村大島の二氏, 野村子爵に伴われ, 野村字川崎富田村字奥戸などの有志たち, 野村守一がある, 野村宗男君に聞いた, 野村宗達などの優れた, 野村富田村を経, 野村富田村吾妻村の有志, 野村尚吾の, 野村島田大森茂呂谷大朏, 野村川崎へむかった, 野村巳之吉と云う, 野村市右衞門明石四郎兵衞黒田總兵衞齋藤甚右衞門野村初右衞門, 野村年寄方に頼申候, 野村のところ, 野村之介, 野村徳太郎は碧山, 野村徳太郎氏に案内, 野村教授が外套, 野村迄差遣, 野村曰クデモハ夜遅クマ, 野村村野木村これが謹慎, 野村武藤松村高辻等の諸君, 野村氏石坂夫人ぼく夫婦などを一夕招宴, 野村氏等のそれ, 野村氏自身の声, 野村治輔君で同君, 野村治輔氏手紙を受, 野村源光の弟子, 野村無名庵君によつて, 野村無名庵君斎藤豊吉君がいた, 野村無名庵諸家も当時近隣, 野村疲れておろう, 野村盛秀であったが, 野村県令などであった, 野村禮讓君東京帝国大学の俵國一, 野村の地区, 野村素介氏並に随行員二人, 野村耕作氏の研究, 野村肥後の精鋭, 野村胡堂料理屋通の本山荻舟, 野村胡堂氏三津木春影氏松山思水氏などが少数, 野村英吉は湯気, 野村英夫は僕, 野村英夫君はもう, 野村蛮人ということ, 野村視学官はまだ, 野村覺江藤村養庵という二人, 野村越中守は戦死, 野村辰太郎と与三郎, 野村辰太郎白峰駿馬望月亀弥太大利鼎吉新宮次郎元山七郎位です, 野村に至る, 野村の生れる, 野村鈴助君が肩, 野村長一と所得税, 野村長命博士が腑抜け, 野村隈畔君や有島武郎さん