青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「記事~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~訊いた ~訊く 訊く~ ~訊ねた 訓~ 訓練~ 記~ ~記し 記し~ ~記事
記事~
~記念 記念~ ~記憶 記憶~ 記者~ 記述~ ~記録 記録~ ~訣 訣~

「記事~」 3739, 37ppm, 3121位

▼ 記事~ (955, 25.5%)

66 読んで 23 見て 13 掲げて 11 見ると 10 よんで, 読んだ 9 書いて 8 読むと, 読んだとき 7 新聞で 6 書いた, 見ても, 読んだ時, 載せた, 載せて 5 とりに, 読む, 読んだこと 4 のせて, よんだ, 取りに, 掲載し, 書くの, 私は, 見た時

3 [11件] かかげて, よむと, 傳へて, 左に, 思い出した, 抄出し, 抜粋し, 発見した, 見るに, 読んでも, 讀んで

2 [51件] その儘, のせ, よむの, 一つも, 一読し, 例に, 土台として, 大きく書い, 字一つ消すでなく, 幾度も, 引用し, 想像する, 抜抄し, 指し示した, 挙げん, 採用し, 探して, 掲げた, 掲載した, 撰む方が, 新聞に, 書いたの, 書いたり, 材料と, 材料に, 根據として, 永く, 満載した, 熱心に, 発見し, 發見する, 紹介する, 見たこと, 見たとき, 見たの, 見つけて, 見ては, 見る, 見ること, 見れば, 見出したの, 記憶し, 読みました, 読み写真, 読む読者, 読んだから, 読んだの, 読んだ世間, 読んだ後, 読んだ記憶, 讀んだ人

1 [582件 抜粋] あつめそれ, あなたを, あれや, おどろきを, おもえば, おもしろく読み終わった, おもに出すだろう, お出させ, お削り, お読み, かかげた号外, かかげる, かかせたん, かかせる種類, かくため, かなり読ませられ, きりぬいて, きわめて軽く, くどくどと, ここに, こしらえさ, ことさらに, この間読んだ, さした, しばしば見かける, すぐ小説, そっくりそのまま信じない, そのため, その時, その犧牲, それから毎, それは, たのしんだ, たのまれて, つくったり, つくらなきゃア, つくるの, つづけるつもり, ていねいに, でかでかと, とるため, とると, とる日本酒, ながめて, なしたといふ, なすべく確か, なるべく簡略, にぎわして, にらんで, のせその, のせた, のせたり, のせはじめた, のせるはず, のせる必要, はり込んだこと, ばらばら拾い読み, ふやした, ほんとと, ぼそり, まさか読むまい, また丹念, まっ先に見る, まるでのせない, みて, みると, みる人々, むさぼりよむの, もういちど, もって, もっともと, よぎなくする, よくよく読ん, よく見る, よく読ん, よみその, よみ化学労働者クラブ, よみ終りあらまし, よむため, よむべきでしかも, よむ人, よむ暇, よりによって東洋新報, よんだの, スクラップし, タイムス週刊の, デッチあげた, 一々抄録, 一つ一つ事件を, 一括し, 一目見る, 一緒に, 一読する, 一面に, 三段でも, 主なる, 了解する, 予審調書の, 事実として, 事実無根だ, 二つに, 二十五日の, 五度も, 交へて, 亭主と, 人は, 人間の, 今日という, 他の, 付加へ, 伯林陥落後二カ月即ち, 伸子たちは, 伸子は, 何うかし, 何かで, 何とかできる, 作ること, 作るに, 作る場合, 便りに, 信じえるか, 信じたに, 信じた人, 信じて, 信じるらしく少く, 借りて, 偶然読んだ, 全国版地方版ともに, 全部は, 全部わが, 全部省略し, 全部読みました, 其儘に, 写しとったの, 写し取って, 写すに, 写真をと, 写真入りで, 凡そ新聞, 出した, 出したり, 出した新聞社, 出すこと, 出すついで, 切り抜いて, 切り拔い, 切抜い, 削去すること, 削除する, 前後し, 割愛した, 割裂し, 加十ほど, 十數年前に, 参照され, 參照ありたい, 取った筋道, 取って, 取り入れないでは, 取り消しその, 取り間もなく, 取るばかり, 取消すべき事, 受けもった新聞社, 古書から, 叩きだして, 只並べ, 史実と, 同誌の, 君の, 君は, 否定し, 含む場合, 含む点, 四人の, 執筆する, 基として, 基礎と, 基礎として, 基調として, 填充, 増して, 変更した, 夕刊で, 夕刊の, 外に, 大きく扱つた新聞, 大変面白, 太初三年, 女教師の, 好んで, 如何程信用, 始めに, 寄せたほど, 寄せてを, 寄稿し, 封じ込んだこれ, 封入し, 専門に, 小さく殺し, 小さく纔二三行, 少しく抄出, 尤もと, 尤も信憑, 差して, 差し止めたの, 差止められて, 平田氏が, 年代錯誤に, 引用しよう, 引用せる, 彼は, 後廻しに, 得る機会, 御覧でした, 御覧に, 御読みでした, 忌み嫌われる方々, 思いおこした, 思いだした, 思い出させるところ, 思い出して, 思い出すと, 思ひ起した, 想起せし, 扱いどちら, 扱うの, 抜くと, 抜粋する, 抽出し, 拔き取, 拾い出した, 拾い集めて, 拾えば, 拾って, 指して, 指摘された, 指示せられ, 捏造した, 捏造する憎むべき, 捜したが, 採集し, 探しほぼ, 掲ぐ, 掲げたこと, 掲げたり, 掲げたる東京朝日新聞, 掲げた人, 掲げた田舎新聞一つ詫, 掲げられぬ何人, 掲げること, 掲げ一月一日午前九時十二分, 掲げ且つ, 掲げ首相, 掲載しなかった, 掲載しました, 掲載する, 掲載せぬ, 掲載禁止し, 掴むと, 整理しなけれ, 敷衍し, 文字通りに, 新聞によって, 新聞社は, 日蝕に, 書いたこと, 書いたという, 書いたとき, 書いたので, 書いたばかり, 書いたひと, 書いたん, 書いた時, 書いては, 書かされちゃったん, 書かせること, 書かないまでも, 書かんには, 書きこんで, 書きしは, 書きだした, 書きまくりあらゆる, 書き綴って, 書くこと, 書くという, 書くとき, 書くので, 書くべき日, 書くよう, 書く時間, 書く為, 書く社会部記者, 書く自信, 書けと, 書けないの, 書こうと, 書こうとしてや, 書上げ, 最近私は, 朗読し出した, 朝読む, 根拠と, 根気づよく, 楽しみに, 機関紙に, 欠いて, 欠く, 残した, 殘し, 毎日あわただしく, 毎日掲げ, 毎日新聞から, 比べて, 比較的詳細, 消し必要, 消し次つぎ, 満足に, 漁って, 漁りなおしに, 漢籍の, 無視し, 特種に, 生徒に, 用いたとしても, 用ひた, 留めるに, 発表し, 発表した, 発見しました, 発見する, 盗載するよう, 盛んに, 眞實を, 眼に, 知らない, 知りたいと, 知るのみ, 研究する, 示し真相, 禁止し, 種に, 第一, 精力的に, 精読し, 紙上に, 紙面から, 素直に, 終らむ, 終る, 経験した, 絶やさぬやう, 綜合し, 編した, 繰り返して, 繰り返し読み挿入, 繰返して, 考證する, 聚め又, 肯定し, 脚本として, 自分の, 自分は, 茲に, 草するという, 虚談とは, 裏書する, 裏返したよう, 補足し, 見せた, 見せたが, 見せて, 見せまいため, 見せられた, 見せられたトオサン, 見たが, 見ただけ, 見たちゅうて, 見たって, 見たと, 見たら犯人, 見た上, 見た以上, 見た古谷氏, 見た学者, 見た当座, 見た葉子, 見つけるであらう, 見つけ出すと, 見てから, 見なかったぜ, 見ました, 見ましたよ, 見ますと, 見よ, 見るたび, 見るとき, 見るの, 見るべく新聞, 見出された, 見出したとき, 見出したらそれ, 見落して, 見遁, 親父に, 解禁する, 記憶する, 認めるの, 読まされて, 読ませたの, 読まないでは, 読みきたらば, 読みつづけながら, 読みて, 読みながら, 読みはじめた, 読みパラマウント発声映画ニュース, 読み上げた, 読み乍ら, 読み了, 読み坂本さん, 読み種々, 読み終るの, 読み終わると, 読み賛同, 読み過したであろう, 読み鉄槌, 読むからよ, 読むため, 読むだろうという, 読むに, 読むにも, 読むの, 読むよう, 読む方々, 読む毎, 読めと, 読めば, 読んだかい, 読んだが, 読んだせつな, 読んだだけ, 読んだだけで, 読んだところ, 読んだので, 読んだもの, 読んだら自分たち, 読んだり, 読んだ人, 読んだ国民ひとりひとり, 読んだ大阪, 読んだ文部省, 読んだ日本人, 読んだ時涙, 読んでから, 読破した, 読終った, 読終る, 読者に, 論じたるもの, 論文の, 讀みその, 讀むため, 讀む人間, 讀む時, 讀んだが, 讀んだだけ, 讀んでる氣, 貪るよう, 貰って, 費されて, 費すまい, 資料と, 転載し, 転載する, 載せさ, 載せたいから, 載せたり, 載せたる支那史書, 載せた新聞, 載せた第, 載録した, 送った, 送って, 逆に, 連載した, 遠慮なく紙上, 適当に, 選ばずデューイ当選, 間違の, 附け加えぬ条件, 除くと, 集めて, 集めること, 雪姉ちゃんに, 非常な, 頼んだよ, 魏略より, 麗々しく掲げた, 黙読した

▼ 記事~ (694, 18.6%)

60 ある 48 出て 17 新聞に 16 あった 14 載って 13 出た 9 あつた 8 見えて 7 のって, 眼に 6 あって, でて, 掲載され, 目に 5 あらわれた, ありました, あるが, ない, 掲げて, 掲げられて 4 あります, あるから, 掲載された

3 [13件] あるの, よく出, 写真入りで, 出てから, 出る, 多い, 彼の, 書いて, 無い, 見える, 載せて, 載ったの, 載つて

2 [32件] あり, ありその, あるため, あるに, あるので, ある日, かかげて, のりました, のる, みえました, 一ツも, 一号活字で, 傳は, 先づ身, 多くは, 大きな活字, 小さく出, 散見し, 新聞紙上に, 日本の, 木綿の, 殆ん, 私の, 私を, 自分の, 見えた, 見えるから, 見當, 賑々しく埋め, 連載され, 都下の, 頭に

1 [326件] あくる日の, あったが, あったでしょ, あったの, あったので, あった為, あつて, あとかたも, あの年, あの辛辣, あらわれてから, あらわれました, ありそれ, ありは, ありましたの, ありますから, ありません, ありユウジン・リオンス, あり之, あり僕ら, あり全, あり其他, あり出席者, あり大和, あり山川菊栄, あり引き續, あるかと, あるくらい, あること, あるこれ, あるし, あるという, あるところ, あわせて, いつも精確, いま眼の, かかれた, かけるという, この数年来急, これらの, ございました, しきりに新聞紙上, しばしば繰り返され, すべて正確である, そうした人気, その墓, その実, その究竟的意味, それからそれ, それが, それだ, それに, それを, たくさんの, ちょいちょい独逸, ちらと, ついて, できた日, でるよう, でる筈, どうかと, どこにも, ないけれども, ないの, ないので, なかなかおもしろい, なく十七日, なにに, のせられて, のせられる場合, のった, のったこと, のった一部, のりましたが, のります, のるよう, はっきりと, はやりはじめた, ふと彼, ふと眼, ふみにじられると, ほかに, ほとんどうそ, みえる, もし半分, もし本当, もてはやされて, もとで, もとに, やや詳しく, よく了, イギリス中の, クリストフは, ジャーナリズムの, ジョルジュの, デカデカと, パリー・ソワアルに, マチガイだらけだ, メラメラと, ロンドン中の, 一つの, 一つ一つ別々に, 一時新聞紙上を, 一等国の, 一般の, 一般読者の, 三四日おきに, 不正確, 世間の, 世間を, 主と, 事実で, 事実であった, 二十種の, 交つてゐる, 亦おもしろく, 人を, 今日新聞紙上に, 任那の, 伝わって, 伸子の, 何か, 何となし, 何ゆえに, 何を, 余りに彼, 八十七年に, 写真つきで, 写真入りだった, 出たか, 出たから, 出たと, 出たの, 出たばかりの, 出たら泰造, 出たん, 出た以上社, 出た時, 出た次, 出た由, 出ては, 出ますぜ, 出もちろん, 出るでしょうただ, 出ると, 出る前, 別刷りの, 利いてるらしい, 刺激に, 削除せられた, 創作物なりと, 力点を, 動機と, 北宋初期の, 十日計り前に, 原因し, 厳粛な, 反って, 取持つ縁, 各新聞, 各時代, 同じ新聞, 吾等に, 問題と, 四日の, 四角な, 土地の, 埋まってるん, 夕刊に, 多いという, 多いの, 多かった, 多かったろう, 多くて, 多くない, 多くの, 多く見, 多過ぎた, 大々的に, 大いに話題, 大きい見出し, 大きく出, 大きく出てる, 大きく載, 大岡越前守の, 大手を, 大方載, 大袈裟に, 天下を, 奈良大乗院の, 女である, 如何にも人生, 始めて, 少からず, 少しも, 少なからず見出された, 少なからず見出される, 尤も委細, 屡, 幾通りも, 強く自分, 彼と, 後の, 思いおこされた, 思う壺, 我々の, 或る, 扱われ政治, 扶桑略記によって, 掲げられたこと, 掲載されるであろう, 掲載し, 散漫だ, 散見する, 敬虔なる, 数年前の, 新聞にでも, 新聞にも, 新聞へ, 新聞を, 日本中の, 日毎に, 日記に, 明治十二年三月博物局発行の, 春琴を, 昨今は, 時々ある, 時々出, 暗黙の, 書かれたところ, 書かれて, 書きつけられて, 書けなければ, 最近の, 有つた, 有る記事, 机上の, 東京朝日新聞に, 果して純粋, 極く小さい, 機縁と, 權威と, 欠けて, 次から, 正しいの, 歩いて, 歴代の, 残って, 段々メール, 毎日新聞へ, 毎日毎日繰り返される, 毎日紙面の, 毎朝新聞に, 氾濫した, 決して新聞紙上, 流布本に, 消えた, 満載された, 無いから, 無限に, 特種として, 現われたの, 現われては, 現われるの, 申訳の, 疊見し, 疊見する, 発表された, 発見された, 相当に, 真相を, 眼を, 示すよう, 社会教育的な, 種々載つ, 穴だらけな, 第一, 簡単で, 簡単に, 細に, 結局批評的な, 絶無という, 続日本紀, 縁で, 縁と, 缺け, 置かれて, 胸を, 自他の, 至る所, 萬朝報に, 虚構と, 見えたので, 見えるの, 見え出して, 見え是, 見え皇, 見出されるの, 見当らないこと, 見當ら, 記されて, 記事として, 話題に, 詳細を, 誤りだ, 読める人, 調和しない, 諸外國人, 諸書, 載せてない, 載せられて, 載て, 載ると, 載るところ, 選挙闘争めざし, 長々と, 隨分載せられ, 雑誌に, 非常に, 面白かつ, 面白くて, 面白可笑しく, 頭脳に, 頼長の, 魏略の, 麗々しく出る

▼ 記事~ (420, 11.2%)

22 中に 6 なかに 5 ことを, 中で, 中には 4 うちに, ような, 内容は 3 内容を, 出て, 多くは, 大部分, 最後に, 筆者は

2 [28件] あること, あるところ, あるの, ことで, どこにも, なかから, ほかには, ように, 一つを, 上に, 中から, 中でも, 中にも, 内容が, 切抜を, 取材に, 取消を以て, 多いこと, 差止だ, 扱いに, 捏造である, 排列の, 掲載を, 話を, 読者を, 載って, 間に, 類を

1 [291件] あつた, あてに, あとに, あまり当てに, ありそう, あるもの, ある左記, ある書, ある欄, あんばいで, うそも, うちで, うち母に関しては, おかげで, かきかたの, くだらない出來事, ことが, ことだったら, ことである, ことなどが, ことや, この部分, ごときもの, さしか, すべてが, すべてである, ために, ついて, ところへ, ところを, となりに, とり扱いかたひどく, ないところ, ないの, ない者, なかの, のって, ひとつひとつが, ほうで, やうな, ようには, イデオロギー的基礎の, コツな, デマとして, トップを, ノートを, ヒットとして, ヒドサよりも, 一つ, 一つである, 一つとして, 一つローゼンタールの, 一である, 一件で, 一問一答は, 一節が, 一節で, 一節も, 一致は, 一部が, 一部分で, 上で, 上では, 上へ, 下の, 不足は, 中などには, 中などにも, 中央に, 中止なり, 中特に, 主なる, 事だ, 二である, 今朝甲板上の, 代わりに, 代用または, 仲介でも, 体裁も, 何ら伝うる, 何処でも, 例あり, 信憑すべき, 傍に, 傍らに, 價値を, 全文を, 全責任, 全部に, 内でも, 内に, 内容とを, 内容に, 内容には, 内容の, 内容的文筆価値を, 写しを, 出かたが, 出た前後, 出た朝, 出た翌日, 出はじめたとき, 出るの, 出所を, 切り抜きを, 切抜きの, 切抜きは, 前に, 前の, 副編纂係, 加えられて, 十中八九は, 反面の, 取扱ひ, 取消しなんて, 受け売りらしかった, 古典として, 史料価値を, 合理化された, 周囲に, 嘱託を, 埓外には, 報道に, 報道は, 場合とは, 増加を, 夏枯れ季節に, 外には, 多い日記, 多数の, 大活字, 大臣に, 大臣も, 大要は, 大見出し, 天然的解釈を, 如きは, 如きも, 如き此時我將新, 如く完成する, 始めて, 始めに, 威力によって, 存在その, 存在を, 寂莫此の, 小心な, 小説化と, 少ないの, 尠から, 巨弾を, 差止め料だ, 常套として, 形である, 形式や, 影響に, 影響も, 後に, 性格を, 悪世相, 感電電気を, 扱いかたが, 扱いかたなどに, 扱いかたも, 扱いと, 抜き書きで, 拙きに, 挿画を, 捏造せられん, 捏造なる, 捏造にのみ, 掲載解禁と, 改めぶりにも, 散見する, 整理と, 文に, 文句を, 方が, 方は, 方面において, 日本将校は, 時をも, 書が, 書き方を, 最も重大, 最末年, 有ろうよう, 末尾には, 本文が, 本文として, 本文は, 材料が, 材料を, 材料取りに, 根據の, 様子から, 標題として, 模樣では, 横に, 正確さの, 正確さを, 正確なる, 正確を, 歴史に, 殆ん, 段数を, 殺人事件から, 比較的正確, 毫頭疑うべからざる, 氾濫は, 無い日, 無恥と, 爲に, 片隅に, 特種は, 特種を, 王座に, 現れる僅か数ヵ月前, 発表は, 発表を, 直前に, 直後三十四年一月の, 矛盾も, 短縮化から, 確実疑うべからざる, 確實なる, 神話中に, 種と, 種の, 種を, 種類においても, 筆者の, 範囲に, 範囲深, 範圍および, 簡単な, 精麁宜しきを, 紙背には, 終りに, 終りの, 終わったあと, 終わりの, 絶対に, 続稿, 締切時間だ, 罪亡し, 腹いせか, 自由は, 臭ひ, 行文の, 裏に, 裏面の, 見出しが, 見出しに, 解禁後は, 訂正かたがた葉子の, 訂正は, 記者は, 記録に, 証明と, 詳略精粗は, 詳細を, 誤りのみを, 調子には, 調子を通して, 謄写を, 豐富に, 貧弱さは, 貼出し, 載せられたの, 載った新聞, 追加だ, 追記たる, 退屈な, 通りである, 通り源家が, 進陟を, 都合にて, 醜美, 重複を, 閑文字ばかり, 間の, 間違いだらけな, 附録と, 附録に, 隅っこに, 頁が, 順序に, 順序を, 題は, 麁忽に

▼ 記事~ (381, 10.2%)

5 次の 4 ないかと, 一つも 3 いずれも, ない 2 あるが, なかった, 一つの, 一行も, 任那服屬の, 支那人の, 私の, 私を, 絶対に, 醜態です

1 [342件] あまり信用, ありにくい, いかに此, いたましくも, いつもなかなかおもしろく, いつも新聞紙上, いまの, おそらくこれから宣誓, おちついて, おりからの, かういふ消息, かえってどこ, かきたてて, かなり客観的, かなり市民, かなり詳細, きれて, きわめて紋切り形, ここが, ここで, ここに, ここには, ことに, こと自分に関する, この事件, この塲合, この後者, この日, これで, これに, これらの, ごく簡単, しばしば俘囚, しばらく措き, すべて共産党に, すべて天変地異妖しい, そいから, その儘, その地方, その場, その実, その形式, その後ち, その日, その翌日, それで, それらの, それを, それ自身批評記事に, たいてい出鱈目, たくまずして, たしかに読者諸君, たびたび, たまたまその, ちゃんと雑誌, ちょっと変っ, できるだけ, でて, ともかくも, どうか, どうして読む, どうみ, どう考えたら, どこまでが, どれも, ないかしらん, ないが, ないの, ないらしい, なかろうかと, なんにも見えない, のせたくも, また深く, まだ出ぬ, まだ彼, まるで警官, みんな本人の, もっともだ, やや概括的, わたくしを, わたしの, アテに, アラビヤの, ジュールナル・ド・パリー紙のである, ソノ, ドラポー・ブラン紙ので, ベリーの, マッシバンという, ロマン, ローマの, 一信貴越, 一冊一冊に, 一句, 一向ありがたく, 一度も, 一日ぐらいしか, 一般にその, 一行半句見当らなかった, 一貫し, 三十餘と, 三回飛んだ, 三國志には, 上に, 下劣な, 下山氏の, 世人の, 世界じゅうの, 世間に, 主として帝紀, 之れ, 了解し, 事実かと, 二様三様の, 人間の, 仁孝天皇御大葬儀拝観の, 今でも, 今まで, 今までの, 今日の, 他には, 他の, 他日に, 伸子も, 何か, 何と, 何となく私, 何に, 何より先, 佛經の, 例によって, 例の, 保存する, 信憑し, 信用が, 假に, 先々代乃至, 先づ日本靈異記中に, 全米を, 全部暗記し, 其前後に, 内田の, 出したに, 出て, 分らなかった, 分らなかつた, 別に, 別に欲しい, 利根川流域の, 到底信ずる, 前に, 前にも, 前の, 勿論の, 十の, 十行を, 博徳の, 即ち此神山, 又もや甚だ意外, 又虚妄, 古い奈良朝, 古く甲記者, 同じ文章, 同じ減俸, 同時に此峠, 名文で, 唯だ, 單に, 嘘でなかった, 地震に, 報道記事である, 夙くから, 多く魏略を, 多分の, 多大の, 多少興味, 大きく写真入り, 大正三年十月の, 大體, 天文の, 失われて, 奥州話と, 女大学評論並に, 女王境界の, 如上の, 如何なる事實, 始め東京朝日新聞に, 学徒の, 官府の, 実に読む, 実は堂塔, 実は推古天皇朝, 実隆の, 尊重され, 少くも, 居士の, 山陽の, 左傳の, 左千夫氏が, 差しづめ遠慮し, 差止めに, 常識的に, 平安朝から, 幸いに, 幾分長慶太神宮, 当然訂正, 後日の, 後日南洋系の, 従来刊行された, 従来河原, 心ある, 必ずしも確実, 思いどおりの, 思ったよりも, 我が史上, 我民族の, 戰國末から, 所謂この, 折角翹望けた娘達, 拝見し, 措いて, 掲げずに, 掲げてないから, 掲載されませんでした, 撲った道頓堀, 支那人から, 政界官界財界などの, 新しい上, 新聞に, 新聞社の, 既にたくさん, 既に其中, 既に前, 既に書き尽され, 日本じゅうを, 日本の, 明代又は, 明治三年に, 昭和七八年ごろの, 晋の, 普通, 朝刊には, 木綿で, 本書の, 本欄でも, 本辭, 本郷駒込の, 柳田君も, 校長とも, 極めて寥々, 此に, 此より, 此後数年に, 歴史に, 残念でした, 比較に, 比較的要領, 民間説話的記事の, 決して一片, 法隆寺が, 清朝の, 漢文に, 無いか, 無いかい, 無い物, 無かった, 無記名, 煩瑣な, 熱心に, 片言隻語と, 特に最後, 特別調査委員会における, 狼に関する, 玉葉吾妻鏡百錬抄醍醐雑事記歴代皇紀その, 現に私, 現代の, 當時の, 當時支那在住の, 皆受取れない, 皮肉にも, 省略する, 真に比較, 真に科学的, 石見の, 社会面に, 禁止で, 私が, 秦武右衛門という, 稀な, 筆者の, 簡単な, 経営の, 結構此位, 総じて後, 編集者による, 署名が, 美文調で, 翌日の, 腹立たしいもの, 自信に, 自首の, 花角力同様と, 荒唐無稽として, 虚妄である, 見えずただ, 見えないが, 見当らない, 見落した処, 見落しては, 該書編者が, 詳に, 誠によく漢時代, 誤って, 読まなかったです, 読んだ, 誰にでも, 誰も, 誹謗でも, 諸会社, 諸書, 諸書に, 警視庁から, 貴重な, 貸借の, 転がって, 軽率だ, 載せないつもり, 通過させられない, 連歌師の, 逸速く, 遠い他国, 遠く奈良朝, 適切な, 酒の, 長すぎる, 間違って, 隅から, 随分いい加減, 露骨に, 韓太子のよりも, 頗簡単である, 高血圧に, 鹿兒島測候所に

▼ 記事~ (318, 8.5%)

34 よると 12 よれば 10 して 8 なって 7 眼を 5 よりて, 目を 4 なりそう

3 [11件] おどろいて, しても, なると, よりますと, 依って, 依ると, 依れば, 對し, 拠ると, 據る, 關する

2 [15件] かけられて, なるの, なるよ, なれば, 出て, 埋つて, 就て, 従えば, 拠って, 於て, 書いて, 疑惑を, 目が, 至りては, 赤インクで

1 [170件] あおりたてられた物見高い, あったよう, あてはまるよう, あらわれて, あるという, あるよう, ある柴田環, あわせて, お熊, くさって, さへも, ざっと眼, したいから, したいと, したらどう, しないわけ, しろ勤労大衆, すぎなかった, すぐ続い, すべくアラユル努力, するため, するつもり, する方, する馬鹿, そうしたこと, それを, たびたび出逢う, ちょいちょい書い, ちょっと目, つきて, つくるため, つたわって, つついて, つながって, でて, どうして棒小屋沢, なってから, なつた, なつて, ならないと, なる, なるかね, なること, なるとき, なるな, なるやう, なる位, なれて, ぶちあたつた, ぶつかつ, よりても, よれり, ピッタリする, 下したる最, 並んで, 中毒し, 乗って, 事実でない, 云われて, 仄めかされて, 今年の, 伊弉那美尊は, 伴って, 伴つて女子教育家や, 何の, 何等の, 値するよう, 兄妹が, 先づ雄, 入れたの, 全く圧倒, 其日を, 出た, 出逢, 初波斯國, 刺激され, 刺激せられ, 劇壇の, 及んだ時, 取扱って, 句読点が, 合わぬところ, 含まれ居るか, 吸い寄せられて, 哲學的の, 四十九の, 困りますと, 埋って, 外ならない, 天皇や, 寛容度が, 少しも, 就いて, 就いては, 就ての, 屡遭遇, 巡査が, 差挿んだ, 從へば, 徴し, 心を, 忠実だつた, 怪死事件としての, 扱われたこと, 折々現われ, 拘る必要, 拠ったの, 拠ったもの, 拠った想像画, 接して, 接するごと, 提供する, 插入された, 據つて元, 據つて疑ふ, 改めると, 数十種を, 数学の, 新しい方向, 於ても, 早く想い到らなかった, 明らかに, 智慧を, 曰く天照太神素盞嗚尊に, 曰く病院側が, 書くだけ, 杭州府在住の, 極印を, 欺かれた日, 気が付いて, 注意を, 泰造は, 無名丸, 父の, 現われた除幕式, 発表し, 確信を, 移した, 糞尿の, 署名を, 至っては, 至る毎, 興味を, 茫然と, 術語化された, 衝きあげられて, 見えた, 見えたり, 見出したから, 触れて, 記者会見で, 誘い出されて, 誤伝が, 誤謬や, 読み耽りながら, 論文を, 赤インクの, 走らした, 近いもの, 逢着し, 過ぎないが, 適切かとも, 適切に, 酷似し, 重複あり, 鉛筆で, 隅々まで, 額を, 馴れて, 驚かされた時

▼ 記事~ (93, 2.5%)

13 ある 3 出て 2 あった, あるが, 解禁に

1 [71件] あったが, あって, あの写真, ありピスカトール, あり本書一冊分, あり農業, あるから, あるの, おれが, かなり沢山ある, この文章, これに, すっかり読んだ, そろそろ平常に, ない, なかつたやう, のせなかった, まじって, また大使館公録, また必要, また忠実, また私, また見えない, まったくそれ, まれには, みえた, みなこの, やはり一つ, よんだ, ファラデーが, 一番下の, 不十分である, 九州地方の, 亦この, 亦別に, 亦支那人, 共に, 出なかったから, 同時に認め, 同様である, 多いが, 多かった, 多くは, 少しと, 恐らくは例, 憲兵殿が, 普通の, 残して, 毎日毎日その, 沢山あった, 消しそうして, 然る, 略同, 畫も, 稀で, 簡潔入, 簡潔気持が, 純客観的, 若干ある, 蕪雑である, 要するに多く, 見えけるが, 見えた, 見えぬが, 見える, 見当らない, 見当らぬ, 貴様が, 買収された, 身に, 鮮やかな

▼ 記事~ (91, 2.4%)

4 見ると 2 充満し, 埋めて, 知って

1 [81件] あつた, あつたの, あつたら, あつて, いいだらう, いちばん科学者を, いっぱいであった, いっぱいでした, いっぱいです, いわば, うずまって, うずめられ島田, うずめられ東京都民, うずめるん, うずめ円盤, お怒り, お茶を, きっと御, ことの, この残忍, この記事, この銅像, これは, その事, その眞僞, それを, そんなにひどく, どの夕刊, にぎわいうわさ, のせられただけ, ゴーリキイが, ザワつい, 一杯であった, 一杯です, 三日も, 三面が, 上の, 上流婦人や, 予想した, 二三行悪罵を, 云う社会悪, 充たされて, 全紙の, 其頃既に, 初めて見た, 動かされたもの二つ, 埋まったり, 埋まって, 埋められたが, 埋められて, 報道する, 売って, 大さわぎである, 大学を, 大抵お, 彼にたいする, 往々世界的, 拝見致しました, 新聞が, 既によくご存知, 止刺刃を, 満たされた毎日, 百一歳の, 真相は, 知ってからの, 知つて居る, 私には, 窺われた当時, 見た, 見ただけ, 見ますと, 評判でありました, 読んだ女天一坊, 読んだ時, 讀み網板, 賑やかな, 賑わいました, 賑わされたので, 賞賛した, 都下で, 龍之介が

▼ 記事~ (68, 1.8%)

3 なって 2 一緒に, 云う, 写真とを, 写真を, 合は

1 [55件] いっしょに, この二つ, これと, したやう, した方, それと, なるの, また仏国各州, まぢつて, 一所に, 一枚の, 一緒だ, 一致する, 並んで, 事実は, 交えも, 入鹿父子, 写真が, 写真に, 写真出る, 同じぐらいの, 同一なる, 同様に, 同様まるで, 同樣, 妙覚尼の, 実際とを, 対局中の, 弁論あり, 当局の, 思ひ合, 撞着し, 支那神仙説に, 更にまた, 更に其記事, 本辭, 来たら全部あいつ, 殺人事件には, 牴触する, 申しますの, 略同, 異なって, 異同ある, 白髯サマの, 相並, 相發明, 看過しいた, 称す可, 筆者の, 結び付けて, 観察し, 違って, 違つてその, 選むところはないのである, 関聯し

▼ 記事には~ (43, 1.2%)

2 当時は

1 [41件] あやふやな, ことかかぬじゃろう, そういうの, そんな朗, たしかにマックス, ちゃんとした, ちゃんと列席, つきものの, とうの, なっても, ならない, なるかも, もう慣れっこ, 一行も, 三千子の, 今の, 伸子に, 信用を, 偶然であった, 全くもってこい, 否定説, 多くの, 多少の, 大いに敬服, 少しも, 年月を, 御陵の, 性欲の, 手数を, 日本の, 有名な, 案外深い, 無用の, 相当に, 神殿の, 舞台の, 誤が, 間にあわなかったので, 闇黒に, 隠者の, 飽き飽きした

▼ 記事から~ (39, 1.0%)

3 推して, 記事へ 2 推すと

1 [31件] いくと, その拘留, だった, だと, であるが, でそれ, プロレタリアの, 人間界自然界における, 其北条氏起原説を, 創作の, 化けて, 受ける印象, 巧に, 想像する, 惹き起こされた二人, 抄録した, 推及し, 推測し, 摘要し, 教えられるという, 普通でない, 暗示を, 書き起すといふ, 材料を, 眼を, 見ても, 見ると, 読み出した, 辺土に対する, 近ごろの, 飜て

▼ 記事~ (38, 1.0%)

3 世間の

1 [35件] が始めて, その記事, また伊勢守, トックの, トツクの, 世間的雑報を, 中牧山の, 久留雅雄の, 予報記事までが, 予審調書に, 其後文明四年, 写真が, 写真で, 写真を, 又伊勢守, 又当時そう, 号外が, 号外を, 名士の, 小説見た, 後に, 悲劇的な, 政治欄を, 永承, 汽車の, 海上から, 絵が, 絵面に, 胎児の, 若しくは奥仙丈山, 著述の, 論文の, 論説欄に, 野蠻人を, 金峰山の

▼ 記事では~ (26, 0.7%)

3 ないの 2 ない, ないが, ないと

1 [17件] ありません, そこが, その研究者, とうてい不可能, ないか, ないかと, ないから, ないよう, なく記録文学, 一方に, 元朝の, 嘲弄し, 想像も, 更に彼, 浩之介も, 輪廓だけで, 黒人に

▼ 記事~ (25, 0.7%)

4

1 [21件] どんな事件, にはチャシ, には時々, にも雄, に一千五百四十五個, に出, に出る, に次, に無下, に見え, に見える, の主人公, の事件, の人物一私個人, の名, の大火, の姓名, の絢子先生, もつとも新しい, 深艸元政, 見ゆる地名

▼ 記事として~ (23, 0.6%)

2 不適當なる, 昨今こんな, 有名であった

1 [17件] こういうの, それだけな, 世間を, 中京の, 前文と, 左の, 引用した, 掲載された, 新聞に, 新聞の, 独立な, 現われたの, 自分の, 見られるという, 観察し, 載つて, 錯覚的興味を

▼ 記事にも~ (22, 0.6%)

2 御陵の

1 [20件] あり源語源氏, して, でた, ならんけにのう, ひどく気, 今日では, 多分な, 多少ちがった, 時々登場, 正しい暗示, 生活難で, 画にも, 目を, 眼を, 等しい人生記録, 見えて, 見えるごとく狩, 赤丸を, 載せないのみか, 間々誤謬

▼ 記事によって~ (20, 0.5%)

1 [20件] かつては, ここに, この時, この渓, らいてう氏に, ラッセル車が, 全国に, 判断した, 動乱したらしい, 多分は, 想像されるであろう, 斎藤と, 日本じゅうに, 日本紀の, 明智小五郎と, 知った警察当局, 知り得るのみ, 私共は, 秦啓源は, 観れば

▼ 記事という~ (14, 0.4%)

5 ものは 2 のは 1 ことであった, のが, のも, ものが, ものに, ものの, もの自身に

▼ 記事~ (13, 0.3%)

3 の下書き 1 といっ, に一定, に巧み, に過ぎません, のうち, の一節, の型, の尤も, や論説, を重んじた

▼ 記事を以て~ (12, 0.3%)

2 せねば 1 この變體, 信憑する, 樺太アイヌが, 満さ, 満たさる, 火後の, 當時の, 訂補した, 譬喩的の, 追記なり

▼ 記事である~ (11, 0.3%)

2 からその 1 から参照, から後, が, がこの, がその, が幽, が明治八年, が此, と共に批評記事

▼ 記事なども~ (11, 0.3%)

1 [11件] あつた, ここ二た, なかなか面白い, 二三ある, 余程手加減, 半世紀後, 史家の, 地球物理学的に, 科学者の, 避けて, 餘程手加減し

▼ 記事などを~ (11, 0.3%)

1 [11件] いろいろ見, ながながと, 広汎に, 新聞や, 書いて, 書く場合, 見ると, 見るに, 読み自分一身, 読んで, 載せざるを

▼ 記事~ (9, 0.2%)

1 からあまり人眼, からあまり当て, からおもしろい, が英国, という, ということ, とは限らず, と思います, と考えられる

▼ 記事~ (9, 0.2%)

3 のだ 2 のである 1 のであった, ので一人, ので読ん, んざどんなに

▼ 記事より~ (8, 0.2%)

3 して 1 二年前明治四十二年十一月を, 他に, 他の, 聞いて, 高度だ

▼ 記事でも~ (7, 0.2%)

1 あったはず, その他の, 九条兼実の, 分ると, 大多数, 有ますかね, 読んで

▼ 記事としては~ (7, 0.2%)

1 じつに申し, そこが, つまらない記事, 報道に, 止むを, 英帝退位と, 諸大名

▼ 記事などに~ (7, 0.2%)

2 生活難とか 1 よると, 拠って, 見出される, 誰は, 韓人に

▼ 記事とを~ (6, 0.2%)

1 とって, のせるだろう, 合せて, 同じ物, 照らし合せて, 示さん

▼ 記事などは~ (6, 0.2%)

1 ふだんでも, 多くの, 好い例, 実話たる, 比較的おだやか, 社会大衆の

▼ 記事について~ (6, 0.2%)

1 わざわざ感謝, 何か, 家内の, 適当なる, 間違いは, 面倒な

▼ 記事以外~ (6, 0.2%)

1 にこの, には殆, に何, の事, はろくに, 書けないから

▼ 記事~ (6, 0.2%)

1 と相, によりて今, の原稿, も幾らか, も文章, を以て此等

▼ 記事だけで~ (5, 0.1%)

1 大抵様子, 満足し, 絶交する, 間に, 間に合ったが

▼ 記事だった~ (5, 0.1%)

2 のです 1 がこれ, と記憶, のであった

▼ 記事であった~ (5, 0.1%)

1 か今それ, がこういう, が私, けれどもわたしたち女, しかつ子

▼ 記事など~ (5, 0.1%)

1 ほとんど大同小異, 例は, 実に陋劣, 永年の, 見ると

▼ 記事によ~ (5, 0.1%)

1 つてこの, つても, つて丈け, つて人は, つて直ぐ

▼ 記事~ (5, 0.1%)

3 殆機械的に 1 個人意識の, 真杉氏の

▼ 記事~ (5, 0.1%)

1 な, なこしらえられた言葉, な出来事, にあばこう, 乃至は

▼ 記事からも~ (4, 0.1%)

1 またそれ, 持ちは, 略ぼ, 窺われる如く事件発生三日目

▼ 記事しか~ (4, 0.1%)

1 ないの, 出て, 読みは, 載せないの

▼ 記事だけ~ (4, 0.1%)

3 では 1 である

▼ 記事です~ (4, 0.1%)

1 か, がひどく, ね, ね何

▼ 記事とか~ (4, 0.1%)

1 外国から, 大きな, 研究会の, 科學者の

▼ 記事とは~ (4, 0.1%)

1 ちが, 別な, 矛盾する, 符合します

▼ 記事のみ~ (4, 0.1%)

1 だ, でも, で他, ならず科学的論文

▼ 記事よりも~ (4, 0.1%)

1 はるかに, 日常街頭や, 早いので, 比較の

▼ 記事ある~ (3, 0.1%)

1 のみである, は上, もの多き

▼ 記事さえ~ (3, 0.1%)

1 あるから, 他人の, 掲げられ行き交う人人

▼ 記事だけに~ (3, 0.1%)

1 信を, 限つて言つても, 限られて

▼ 記事であっ~ (3, 0.1%)

1 てみれ, て印度, て市井

▼ 記事といふ~ (3, 0.1%)

2 のは 1 ものは

▼ 記事とが~ (3, 0.1%)

1 交錯し, 新聞に, 満載され

▼ 記事との~ (3, 0.1%)

1 となりに, 相違を, 間には

▼ 記事などが~ (3, 0.1%)

1 あるの, 問題に, 見えるが

▼ 記事などで~ (3, 0.1%)

1 この名, 一片の, 指紋という

▼ 記事については~ (3, 0.1%)

1 何一つ記憶, 別として, 私は

▼ 記事ばかり~ (3, 0.1%)

1 あった, であったが, なの

▼ 記事ほど~ (3, 0.1%)

1 人間の, 時宜に, 頼りに

▼ 記事まで~ (3, 0.1%)

1 予想し, 想起し, 考証し

▼ 記事をも~ (3, 0.1%)

1 作っては, 掲げて, 発見した

▼ 記事~ (3, 0.1%)

1 見マシテカラ, 読ンデカラ眼ガ醒メマシタ, 読ンデモ読マナイフリヲシテマスマス淫蕩ニナルデアロウ

▼ 記事以上~ (3, 0.1%)

1 に世間, のセンセーション, の特典

▼ 記事写真~ (3, 0.1%)

1 によるの, をとっ, 出る

▼ 記事差止~ (3, 0.1%)

1 というやつ, といふやつ, の命令

▼ 記事あり~ (2, 0.1%)

1 と告げたる, 大日本地震史料

▼ 記事~ (2, 0.1%)

1 ありし, 幾通りにも

▼ 記事かも~ (2, 0.1%)

1 知れない, 知れぬが

▼ 記事~ (2, 0.1%)

1 へ物騒がしく, へ顧慮

▼ 記事さしとめ~ (2, 0.1%)

1 の命令, をめいじ

▼ 記事じゃ~ (2, 0.1%)

1 アここの, 君告訴し

▼ 記事だけでも~ (2, 0.1%)

1 足るの, 迷宮入りの

▼ 記事だって~ (2, 0.1%)

1 いく度も, 漁師の

▼ 記事だの~ (2, 0.1%)

1 それに, 遺言書だ

▼ 記事としての~ (2, 0.1%)

1 価値を, 魅力は

▼ 記事と共に~ (2, 0.1%)

1 禹貢の, 過去を

▼ 記事なぞを~ (2, 0.1%)

1 読むと, 読んで

▼ 記事なる~ (2, 0.1%)

1 や, 將軍宗尊親王を

▼ 記事なんて~ (2, 0.1%)

1 問題じゃ, 馬鹿に

▼ 記事にさえ~ (2, 0.1%)

1 到着する, 載せきれない

▼ 記事によっても~ (2, 0.1%)

1 シドチが, 植物博士の

▼ 記事によつ~ (2, 0.1%)

2 てあちこち

▼ 記事により~ (2, 0.1%)

1 察する, 隠遁の

▼ 記事に対しては~ (2, 0.1%)

2 別に驚ろ

▼ 記事に対する~ (2, 0.1%)

1 予の, 読者の

▼ 記事ばかりを~ (2, 0.1%)

1 愛読し, 読み不

▼ 記事~ (2, 0.1%)

1 けで見れ, けは禹貢

▼ 記事以前~ (2, 0.1%)

1 に一定, の事実

▼ 記事内容~ (2, 0.1%)

1 よりももつ, 乃至編集技術

▼ 記事出た~ (2, 0.1%)

1 のん, 感じ悪い

▼ 記事多き~ (2, 0.1%)

1 もそれ, 部分は

▼ 記事差止め~ (2, 0.1%)

1 が解除, を命じたなら

▼ 記事~ (2, 0.1%)

1 しも常に悉く, しも疑ふ

▼ 記事掲載禁止~ (2, 0.1%)

1 が多い, の解除

▼ 記事読ん~ (2, 0.1%)

1 であなた, で涙

▼ 記事通り~ (2, 0.1%)

1 だから, の恥ずべき

▼1* [151件]

記事あたりが原書, 記事あっていわく, 記事あゝした気分, 記事いずれもこの, 記事からでもいろいろな, 記事からの文章を, 記事がのつてゐた, 記事こそかなしかりけれ, 記事ごとにたがい, 記事ごらんなさい, 記事さえも捏造し, 記事すでに聖書の, 記事すらまだつい此頃, 記事その寓意に, 記事そのものが漠然と, 記事たとえばめ組の, 記事だけによっても当時, 記事だらけです, 記事であり後者は, 記事でありましてこれ, 記事であろうがそれ, 記事でないしまた, 記事で御座いますがその, 記事とだけを部分的に, 記事とともに見いだせないの, 記事なく朝小雨が, 記事なしされば, 記事なぞ無視し, 記事なぞが平田派全盛の, 記事なぞはひどく彼女, 記事なぞも出て, 記事などから起って, 記事などによって余計な, 記事などの場合には, 記事などよりも上に, 記事なり詔勅として, 記事なんぞを読んだつて, 記事において貧弱である, 記事においてもこまかに, 記事にしかすぎないの, 記事についての非難であった, 記事についても言われるの, 記事にて露国の, 記事にまでハッキリと, 記事によってさえ明かである, 記事によつたもので, 記事による知識を, 記事に対して鋭利なる, 記事に対しても吃度, 記事に迄されたといふ, 記事のれればなり, 記事はなやかだった, 記事ばかりじゃないの, 記事ばかりで少し倦, 記事への感想として, 記事また風説の, 記事までがあまりデカデカ, 記事みせてあげる, 記事みたいだが, 記事めいた味が, 記事やや了解に, 記事やを題材と, 記事らしい記事が, 記事をなさむこと, 記事をにぎはせました, 記事をはす読みした, 記事をばイザヤ預言の, 記事一般士民の話柄, 記事一讀の後, 記事世界の人類, 記事中ドクトル・プラーゲに関して, 記事中僕の書生, 記事中先生酒二合を闇市, 記事中如何に多く, 記事中東京に於, 記事中酒屋云々徳利云々は勘考, 記事中鼠は大黒天神, 記事事件を喜ぶ, 記事事実をはっきり, 記事二三を茲, 記事以後にもいろいろ, 記事以来とみに旧知, 記事以来葉子の目, 記事かということ, 記事何れも簡單, 記事作成の上, 記事例えばシャール・コックラン, 記事はずいぶん, 記事入りの十二月号, 記事全部が彼, 記事で國民, 記事初めて諸新聞, 記事十分の信を置く, 記事十月一日からだ, 記事私の, 記事新聞紙上に, 記事報道を読む, 記事に符節, 記事少からず, 記事少き事なり, 記事少し酷いって, 記事からざる中, 記事尻拭い原稿なぞいう, 記事の如し, 記事差し止めの理由, 記事差止命令を受, 記事を参考, 記事御機嫌取り記事尻拭い原稿なぞいう, 記事捏造の手腕, 記事多少の, 記事文中漢文に於, 記事時事評論など加える, 記事書いてえな, 記事最後の分, 記事之候, 記事本末傳記年表等の形, 記事東京朝日に出, 記事を設け, 記事次いでは, 記事深く考慮すべき, 記事満載の結果全部, 記事物語を熱心, 記事甚ダ長ク送信力甚ダ短シ, 記事的傾向が多分, 記事的態度が必要, 記事皆無であるのみ, 記事相接続して, 記事知らんちう新聞記者ある, 記事社説また各, 記事禁止らしいね, 記事は胸, 記事竹堂の論, 記事等々の私的報道, 記事索引も自然科学, 記事締切後十四日午後四時に至り, 記事編纂係兼実験場の管理人, 記事續日本後紀三代實録に見えたる, 記事胎教についての項目, 記事脈搏で罪人, 記事若州の武田氏, 記事蒐集に取り掛った, 記事解禁になっ, 記事解説もある, 記事論説を飜訳, 記事論説文例と云, 記事載り出す二三日前に, 記事宣伝ブルジョワ的な, 記事として発行, 記事非常に興味, 記事頗る簡單なる, 記事黙殺したら良