青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「重ね~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

醜い~ ~里 里~ ~重 重~ ~重い 重い~ ~重く 重く~ ~重ね
重ね~
重吉~ ~重大 重大~ ~重要 重要~ ~野 野~ ~野原 野原~ 野心~

「重ね~」 2472, 27ppm, 4365位

▼ 重ね~ (1849, 74.8%)

26 いた 21 いる 18 来て 14 ある, 言った 13 いった, 着て, 訊くと 12 あった, いるの 11 云った 10 ゐた, 行った 9 おいて, 置いて 7 いたが, いるうち, ゐる, 云ふ, 訊いた, 訊きました 6 その上, それを, 来た, 聞いた, 行くうち 5 いたので, いるので, これを, 行く, 見た, 訊ねました

4 [12件] ありました, あります, いたの, いって, またくるくる, ゐたが, 來る, 来たか, 枕の, 置いた, 見えた, 言ふ

3 [23件] あって, いるが, いるという, これに, しまった, ゐたの, 云うが, 問うた, 問えば, 問ふ, 尋ねた, 念を, 来たらば, 椅子の, 泣いて, 火を, 聞きに, 聞くと, 行くの, 行つた, 見ると, 言つた, 訊ねた

2 [86件] あつた, あまり退屈, ありその, あるから, あるだけ, あるの, いう, いえば, いくの, いたお, います, いるばかり, いるよう, いる中, きいた, きたが, きたの, こ, その中, それが, それへ, みて, みても, みると, ゆくの, ゆこうと, ゐるうち, ゐること, 云おう, 云って, 云つた, 仕上げて, 伯爵を, 何も, 何を, 來た, 其上に, 其家を, 円なり, 厚みを, 口を, 問いました, 問う, 坐って, 基礎漸く, 声を, 尋ねました, 尋ねると, 幾重ね幾畳り, 彼は, 手に, 手紙を, 掛けて, 机の, 来たの, 来り見るに, 来ると, 母親に, 江戸の, 注目すべきである, 洗練し, 爛れた奥, 甚だしく強烈, 申しあげ候, 申します, 益々其徳, 眺めつ眺めさせて, 着たの, 等しく苦しみ, 糺した, 素肌に, 薪の, 行くこと, 行くやう, 行く事, 覗いて, 言つて, 言葉を, 説明した, 説明する, 貴方がたに, 足に, 返事を, 述べる必要, 重く濃厚, 餅を

1 [1253件 抜粋] あか恥ばかり, あったの, あったトランク, あった細長い, あった英文字, あつて, あなたからの, あり七輪, あるその, あるノート全部, ある一番下, ある不用, ある写し終り, ある座蒲団, ある暗い, ある紙, ある部屋, あれの, いいもの, いうと, いくつと, いたところ, いたのに, いた天野, いた時分, いた福富教授, いた脚, いつしらず, いつたが, いとど身, いながら, いふ事, いました, いやまだこれから, いようとは, いるか, いるだけ, いると, いるとは, いる事, いる仲間, いる催し, いる左脚, いる有様, いる矮樹, いる闇太郎, いわれて, うっとり思い, うつ向きながら, おいらん草の, おきくりかえしくりかえしよみながら, おくと, おくわけ, おずおずと, おった, おらるる, おられました岡沢先生, おりその, おりまして, おる, お勧めする, お尋ねに, お辞儀を, お願いする, かかえたお, かく云う, かけて, かれら仲間, きく, きたかと, きたこの, きた人, きて, きる, くる時, ぐずぐずし, ぐつたりと凭りかかつて, ここで, ここまで, この一文, この不運, この先, この学派, この絵, こんに, さっと青ざめた, しげしげやってくる, しまい全, しまった身, しまつ, すぐ陣前, するわけ, すんでの, そうお答え, そっと胸, そのぐらぐら, そのままとろとろと, そのよう, その名, その性, その梗, その精神, その苛責, その説明, その顔, それお, たずねた, たどりつくところ, ちやんと, ついいい, ついに二人, つくづく夜, つむりを, とうとう生み落し, どうせ儲かる, どんな事, なお不易, なるべく独創, のせて, はめられるとき, ひとりごとの, ふうと, ぶらぶらさせ, ほとんど諳誦, まいれよ, まず, またここ, また同, また文庫, まだ脈, みほとけ, みれば, もう一度最後, ものを, やっと收, やっと説明, ゆき終い, ゆくと, ゆく人類, ゆく工人, ゆく酒, ようやく一杯, ようやく江戸, ようやく能登守, わずかに, わな, ゐたとき, ゐて, ゐますよ, ゐるでは, ゐるの, ゐるやう, ゐる樣子, ゐる私, カケヒキの, ジリジリと, ボヤかして, ラッパを, 一万余人の, 一劃ごとに, 一層叮嚀, 一本の, 一行は, 丁寧に, 万代いわふ, 三十六に, 三階の, 不審がっ, 不思議そうに, 両造, 丸くな, 乗りこし, 乞はれ, 予の, 二つに, 二本松から, 二階三階が, 云い出した, 云い渡した, 云おう日常性, 云おう茲, 云つて置く, 云ふけれ, 人喰い, 人馬を, 今又, 今日, 仔細を, 他の, 仰せられたという, 仰言ったお, 伺うまでも, 低い民藝品, 何をとも, 使つてゐる, 例外なく, 信長が, 健存せる, 備ふる, 兄を, 光明太后の, 八十六とまでに, 其の上, 其沙汰有り, 冠鏡台姥捨の, 出した, 出来した, 出願の, 切り込むこと, 前代未聞の, 勝四郎の, 勧めずあわてて, 北へ, 十百通に, 単純な, 参りました, 参上しまし, 双眼鏡を, 取る, 叫んだ, 右門の, 同じ主張, 同じ思, 同門の, 向上し, 呼ばれて, 呼びながら, 呼ぶの, 唐紙の, 問いかえせば, 問いたるも, 問うて, 問うと, 問は, 問ひました, 問懸けた, 囁くの, 四度ばかり, 国司懇望の, 在来の, 坐った, 埋没し, 増册し, 外出の, 多言を, 夜着を, 夢みる頭脳, 大伴氏が, 大山を, 大津へ, 天を, 天主堂の, 姑は, 嬉しくなっ, 完結する, 室町の, 家出を, 宿りし胤, 寝台を, 対す比叡, 尋ねたいと, 尋ねた時, 尋ねます, 小さい字, 小吟, 少し猫背, 居たが, 居た他界観念, 居ります, 居ると, 居るやう, 居る事, 居る矢先酒, 居る間, 巻いた端, 帰ること, 平次お, 年を, 幾回にも, 広がった服, 座ったお, 強く云, 当惑顔に, 彼女に, 徐々に恵まれた, 得られた謂わば, 御挨拶, 御目, 心の, 忠勤を, 怒鳴った, 思いました, 思うた, 思った, 悪いの, 意識する, 愼重に, 慣れるに, 懸合面倒, 我を, 手を, 手裏剣を, 投げ出したまま, 披瀝する, 押し丸めた, 括ったの, 持って, 挺鼻, 揺れて, 救を, 敵の, 敷いて, 文化の, 文書も, 断わって, 旅行きしが, 日本語で, 早池峰山よりも, 明らかである, 明らかに, 易水に, 映って, 曰ふ, 朝倉と, 木魚然, 本人も, 杖を, 来いと, 来たこと, 来たと, 来たよう, 来た七十, 来た地方, 来た着物, 来てから, 来ること, 来るを, 某氏より, 椅子に, 横断する, 欧羅巴に, 歩きたかつたわけ, 死を, 殺され直さぬでも, 汝に, 波の, 注意を, 浜松へ, 渡って, 漸進的に, 濃い濃い眉, 火鉢を, 焼いた, 燃上つて居る, 父へ, 片手に, 物の, 猶また, 玄正が, 琅, 生擒, 申させ給, 申しては, 申しますには, 申します私, 申し出ては, 申すぞ, 留めた鈴, 畳んで, 発掘し, 発達し, 白腸黄腸と, 白髪の, 皆さんと, 盛りあげられた南京豆, 目釘を, 眞價を, 眺めると, 着こんで, 着た, 着た四十恰好, 着るなんて, 着る氣持, 着込まなければ, 短い杉箸, 碑亭を, 確められた, 祈り申さく, 神がかりの, 禮を, 私の, 積み上げた, 空虚である, 突伏す, 窺い知ること, 竜之, 笑う気持, 粗相を, 糺すと, 紺足袋を, 経費を, 続いた, 編纂した, 縁側の, 縫い合わさねば, 繰り返す人, 置いたよ, 置くという, 美佐子に, 翌廿三年三月上旬一男子, 老中若年寄寺社奉行勘定奉行長崎奉行大目付御, 耳の, 聞いたが, 聞き返すと, 聞くの, 肩を, 胸を, 腰かけたまま, 自分は, 船長に, 花瓶の, 茫然田舎に, 落ちついて, 董承, 蓄積せられた, 蓬莱の, 藏つて置いた, 虐政を, 行かねば, 行き, 行き乍ら否定, 行くと, 行くべく俺, 行く所謂頭韻, 行く機会, 行けば, 行ったこの, 行って, 行つたのに, 行つた人々の, 衣服の, 袖口と, 裏一面に, 要求あそばした, 見たが, 見ても, 見るま, 見れば, 見渡された, 見舞わねば, 親讓, 言いました, 言うが, 言はんと, 訊かれた時, 訊く, 訊ねる, 討死を, 訴え出, 証拠を, 詫びた, 詫び入りながら, 詰問を, 誓ひ, 説いた, 説明す, 論ぜら, 證據を, 議員に, 貴重な, 質いた, 赤鬼の, 足袋も, 踊った, 転々と, 軽く身, 辞退する, 述べきたれる, 述べたるところ, 追手出したい, 逃がして, 造つた明時代の, 逸見殿と, 遂に戦国時代, 遥かに, 金比羅大明神の, 銀色の, 錬磨した, 鏡を, 門番の, 集めました参考品, 離行く, 青く光線, 青葉に, 頂戴しよう, 頻りに仰せ, 驚いて, 高く釣る, 高野へ, 鶏が

▼ 重ね~ (45, 1.8%)

3 書棚の, 着物を 2 唐櫃が, 小紋縮緬, 薄物の, 衣類を

1 [31件] お褥, 佳肴などが, 冬の, 利かしたとの, 効果と, 効果を, 取り合わせの, 外出向の, 太刀を, 宏恩何時の, 小い, 小さい重箱, 小袖元日の, 層を, 引ときを, 御衣を, 晴着と, 桐の, 模様の, 汗袗などで, 着物これは, 着物だけには, 着物のみが, 箪笥の, 縮緬の, 色目も, 葉形カードに, 薬戸棚に, 衣裳を, 衣類でした, 袙薄

▼ 重ねながら~ (41, 1.7%)

2 お定, 固定を, 言った

1 [35件] いろんな食べ物, かの女, しまいには, じっと身動き, それぞれの, そろそろと, ちょっと挨拶, ちよいと, つい今しがた, はればれした, また平田門人, また海, やって来た, ようやく浮き立とう, ペンを, 不断に, 呟いた, 問わでもの, 大喜び, 宥めるよう, 小えん, 巨匠の, 平安だったら, 平安だつたら, 彼は, 柔道選手か, 水を, 目を, 目前の, 知らず識ら, 筆を, 菅原洋平の, 語り終えると, 髯の, 黙って

▼ 重ねても~ (40, 1.6%)

2 い, 無意味な, 苦痛を

1 [34件] いい程, うすらさむいよう, お役に立つ, けっして薄らぐ, こちらから, この卑怯, しっくりしない, どうする, まだ寒い, まだ膚, やって, 何が, 何時神の, 十分に, 和議には, 容易に, 寒い秋寒, 己の, 平面である, 手が, 改められずに, 汗ばむほど, 猶女性, 皆が, 育てて, 自分の, 良人の, 言いきれないよう, 言ひきれない, 酔ひが, 重ねても, 音ぞ, 頑として吉助, 風の

▼ 重ね~ (25, 1.0%)

4 して, をし

1 [17件] が追, した地上, してる大きな, しようとして, する, するの, であった事, でさえ冷たかっ, でどろどろ, に批評, の淡色, の肌, の袖, をした, をする, を一枚, を着用

▼ 重ね~ (21, 0.8%)

2 なった

1 [19件] あらためた若, こまごまと, したもの, して, なったもの, なった下, なって, ならなければ, なりますか, 一本ぶっ, 三つ大の, 仕立てさせる服地, 十二個の, 取りかかったけれども, 同じ羽織, 忍ばる, 忍ばるる往時, 折りかえして, 漢字がちに

▼ 重ね~ (16, 0.6%)

4 着て

1 [12件] お粂, こんな心持, して, 一町先から, 作るに, 女たちは, 抜き出したその, 玄蕃允へ, 目で, 着天鵞絨羽織, 着虎膚天鵞絨, 筑前守様より

▼ 重ねては~ (14, 0.6%)

1 [14件] いえぬよう, いけないそれ, いざという, いた, いたものの, いた自分, いて, なお恐縮, ならぬ, ペテルブルグの, 不相変快活, 何んにも, 思ふまいと, 新しい罪

▼ 重ねたり~ (12, 0.5%)

4 する音 1 されどなお, しに, すること, チヤリンと, 毛布を, 父の, 盛んに, 考え直したり

▼ 重ねての~ (12, 0.5%)

1 [12件] 一族婚が, 令を, 依頼で, 保證であった, 催促を, 呼び出しが, 命を, 失敗だった, 御命, 御歎願, 折を, 軍には

▼ 重ねその~ (11, 0.4%)

4 上に 1 上へ, 下を, 印象を, 日中は, 結果早く, 袖の, 飲みかた

▼ 重ね~ (10, 0.4%)

2 で移動 1 によって今, によって他, の狂っ, の相違, の研究, はその, は自然, まで考える

▼ 重ね草履~ (8, 0.3%)

2 が脱ぎ棄て 1 といえ, と張子, の片足, をお, をはい, をはき

▼ 重ねつつ~ (7, 0.3%)

1 あるつづみの与吉, 大学にも, 日が, 相対し, 移って, 耳を, 行末憂ふる

▼ 重ね~ (6, 0.2%)

1 それからあなた, ケースに, 云って, 米の, 練絹ひと巻とを, 美しい細長などを

▼ 重ね~ (6, 0.2%)

1 あった, したし, なく一枚きり, 投げ出そうという, 美しい春, 赤い裏

▼ 重ね写真~ (6, 0.2%)

2 は大した 1 がいくつ, になつて, に過ぎない, を経た

▼ 重ね箪笥~ (6, 0.2%)

2 の一番下, を車夫 1 の上, を二棹

▼ 重ね~ (5, 0.2%)

2 ひられて 1 うること, ひること, ひるは

▼ 重ね~ (4, 0.2%)

1 あったの, いつもより, 一つは, 清楚に

▼ 重ね~ (4, 0.2%)

1 あのおばさん, これは, そんなに野暮ったい, 見るも

▼ 重ね~ (4, 0.2%)

2 の新刀 1 の一刀, の大刀

▼ 重ね~ (4, 0.2%)

1 も星, をへ, を経る, を追って

▼ 重ね~ (4, 0.2%)

1 にとまりました, の上, はお, はる谿

▼ 重ねそれ~ (3, 0.1%)

1 についてあらゆる, に關, を旗

▼ 重ねとうとう~ (3, 0.1%)

1 ほんもの, 債鬼に, 第二巻

▼ 重ね遂に~ (3, 0.1%)

1 主義宣傳を, 敵の, 珍無類の

▼ 重ね~ (3, 0.1%)

2 寂び金 1 散りて

▼ 重ね~ (2, 0.1%)

1 される, した

▼ 重ねずつの~ (2, 0.1%)

1 素袍が, 華美な

▼ 重ねていう~ (2, 0.1%)

1 ようです, 術が

▼ 重ねてから~ (2, 0.1%)

1 おれは, そこを

▼ 重ねてからに~ (2, 0.1%)

2 命がけで

▼ 重ねながらも~ (2, 0.1%)

1 地の利に, 馬鹿な

▼ 重ねまで~ (2, 0.1%)

1 した, 木の

▼ 重ねらしい~ (2, 0.1%)

2 衣の

▼ 重ね七十八人~ (2, 0.1%)

1 悉く転宗者, 悉く轉宗者

▼ 重ね~ (2, 0.1%)

1 に十徳, を向い

▼ 重ね~ (2, 0.1%)

1 しも洗う, もなお

▼ 重ね代々~ (2, 0.1%)

2 坐しましぬ

▼ 重ね写し~ (2, 0.1%)

1 ができる, して

▼ 重ね~ (2, 0.1%)

1 はされた, はせること

▼ 重ね寫眞~ (2, 0.1%)

2 は大した

▼ 重ね幾畳~ (2, 0.1%)

2 り末

▼ 重ね床の間~ (2, 0.1%)

1 に飾っ, の方

▼ 重ね戦後~ (2, 0.1%)

1 には角川文庫本, は戦後

▼ 重ね打ち~ (2, 0.1%)

1 に三尺余り, に斬り下げた

▼ 重ね更に~ (2, 0.1%)

1 二三枚の, 其上黄銅を

▼ 重ね~ (2, 0.1%)

2 のうえ

▼ 重ね牡馬二頭立~ (2, 0.1%)

2 の豪奢

▼ 重ね~ (2, 0.1%)

1 が積ん, をかついだ

▼ 重ね~ (2, 0.1%)

1 もこの, もそれ

▼ 重ね~ (2, 0.1%)

1 には大, に山刀

▼ 重ね~ (2, 0.1%)

1 をくねらせ, をもっ

▼ 重ね返事~ (2, 0.1%)

1 がどうやら, ふと心付いた

▼ 重ね~ (2, 0.1%)

2 にはいっ

▼ 重ね~ (2, 0.1%)

1 に入れられ, に料理

▼1* [242件]

重ねあそばしてさあ, 重ねいかに満身創痍と, 重ね半の, 重ねかさねて今, 重ねかたがたタヌは青唐辛子, 重ねかの嫁入, 重ねこれを世間, 重ねさすがに馴れし, 重ねさながら一篇の, 重ねうたてさや, 重ねしばらくは物, 重ねすべての望み, 重ねずつになって, 重ねそうに思われる, 重ねそえてみす, 重ねそこへ両, 重ねそして鍵は, 重ねその後一九〇三年版の作品集, 重ねその間に多く, 重ねそれにその朝, 重ねだけでもあれば, 重ねだの八二重の, 重ねちゃもう暑い, 重ねちやもう暑い, 重ねてかような, 重ねてかの怪物の, 重ねてこそと云う, 重ねてさえ行けば, 重ねてといひて, 重ねてねたのむわ, 重ねてばかりいる, 重ねてまでも中橋家へ, 重ねてをりますのに, 重ねこれほど, 重ねであることが, 重ねでは余と, 重ねという刀である, 重ねとんびを着, 重ねなされましたごようす, 重ねなにかほの, 重ねなんぞはどうなさいました, 重ねにも巣を, 重ねによる色彩の, 重ねのみが深紅な, 重ねばかりも食べようかと, 重ね添えたく思った袴, 重ねほしきが, 重ねまたしても, 重ねむより死して, 重ねもっと内地とは, 重ねものから不断著, 重ねやっと鉄道の, 重ねゆったりと坐っ, 重ねようはこの, 重ねようやくここ木曾の, 重ねよしや船が, 重ねキチンと膝, 重ねダリヤの花, 重ねロベスピエールを陥れ, 重ね一点のしみ, 重ね一組として売ります, 重ね一緒に二本, 重ね一言も言わない, 重ね一點のしみ, 重ねにも餘, 重ね三尺帯を締めまし, 重ねの石, 重ね下枝さんにそれとなく, 重ね不義の汚名, 重ね中仙道を経, 重ね事件の真相, 重ね二十六年に至っ, 重ね五十万イヤ七八十万, 重ね今日は運, 重ね伏目になっ, 重ね作者の洋才, 重ね修行が積め, 重ねて此世, 重ね備えている, 重ね全国蚕業家の注目, 重ね八ヶ年の努力, 重ね八十歳にもなんなんとする, 重ね其都度偉大に成り整うた, 重ね再度漢水を, 重ね写実を追求, 重ねをし, 重ね別に傾斜の, 重ね刺しに刺した, 重ね幕の, 重ね努力を払い, 重ね十数日を費やした, 重ね単色光で照らし, 重ね博多の男帯, 重ね却って加速度を, 重ね厚板の帯, 重ね他方面, 重ね双方共に是, 重ね反動に反動, 重ね叔父夫婦と向, 重ね各々名を成し, 重ね合せて坐つ, 重ね合せり複写し, 重ね合わせで覗いた, 重ね同じやうな, 重ねを作り行く, 重ね咲きも見せます, 重ねの上, 重ねじみた毛糸, 重ねの上, 重ね夜凪のゆるい, 重ね騒動に, 重ね太閤の意志, 重ねは雪白, 重ね妹背山の漁師鱶七, 重ね宝剣を佩き, 重ね富崎家萬一の場合, 重ね寛濶な和服, 重ねの入, 重ね岩宝塔等等等の名, 重ねがなく, 重ねを経, 重ね幻影を匂, 重ね幾枚もかけ, 重ねの側, 重ね座布團の上, 重ね引出しを整理, 重ね当てにし, 重ね聖断を, 重ね快く酔って, 重ね恐ろしき欺罔の, 重ねかも群盲, 重ねを積む, 重ねのめぐりにやすらへり, 重ね時は, 重ねか鶴, 重ねに刃, 重ねは磨かれ, 重ね拵えられるお金の, 重ねと指, 重ね損いとして, 重ね撮りの結果, 重ね故に金を以て, 重ね数十枚の毛布, 重ね数百の子分, 重ねの驕慢, 重ね文化を積ん, 重ね新しく岩乗な, 重ね日向は黄色, 重ね日本演劇界の先覚者, 重ね時には国体と, 重ね暫く思案し, 重ね最後には若し, 重ね本棚の小さい, 重ねどんすの, 重ね椅子の背, 重ね極度に精神力, 重ね正月二正月ともヒシテ正月, 重ね正面よりずつと見下し, 重ねを繰り返し, 重ねんど, 重ね殊に一六九三年の, 重ねる二味, 重ね毅然とした, 重ね民力は疲弊, 重ね障り御, 重ね注意の上, 重ね深く強く言ひ, 重ね添えて頼政, 重ね渡世に骨身, 重ね漸く今日仇を, 重ねいろの, 重ね焦り焦りして, 重ね頬をも, 重ね片手をまた, 重ね献上する御馳走, 重ね理智や批判, 重ね生活の経験, 重ね用ひねば詩, 重ねの足袋, 重ね白い絹で, 重ね白縮緬の帯, 重ね百官の驢車, 重ねが馬鹿, 重ね真黒になつ, 重ね瞽女ぞいませる, 重ね矢位ならば, 重ねに砂, 重ねは年末, 重ね種々の理論, 重ね筆墨の類, 重ね答えによってそこ, 重ねを見せ, 重ね箱三十嬰児の服, 重ねに字, 重ねを畳み, 重ね細民は細民, 重ねのよう, 重ね続々とし, 重ね綿のよう, 重ね練りに練った, 重ねひしかの, 重ねにこの, 重ね羽織だコート, 重ね脇息を前, 重ね自殺罪悪飲酒疾病等による死亡数, 重ね色々な事, 重ねを重ね, 重ねをする, 重ね蒲鉾の喰い残し, 重ねが口, 重ね薫香で袖, 重ね虚偽に虚偽, 重ねで血, 重ねをつくし, 重ねだ, 重ね袴帶腰の物までそれ, 重ね裏切りに裏切り, 重ねを端折っ, 重ね討ちに斬りさげた, 重ね諸国の志士, 重ね赤紫の織物, 重ね輪なり仕出し箱を使用, 重ね近頃江戸へ, 重ね重ねの宏恩, 重ね野面をうす暗く, 重ねの仕方, 重ね鍬形の兜, 重ね鏡台の前, 重ね長い時間かかっ, 重ね長襦袢まで揃, 重ね阿賀妻は衣紋, 重ね隠然一つの黄金王国, 重ねに碼瑙, 重ねをグイ, 重ねとまでうらやまし, 重ね餅指を咥, 重ね高利を借りれ, 重ね高利貸には責められる, 重ねを密集, 重ね鹿革の股引, 重ね黒足袋に爪皮の, 重ね黒魚子五つ紋の羽織