青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「重く~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

醉~ 醜~ 醜い~ ~里 里~ ~重 重~ ~重い 重い~ ~重く
重く~
~重ね 重ね~ 重吉~ ~重大 重大~ ~重要 重要~ ~野 野~ ~野原

「重く~」 1854, 20ppm, 5743位

▼ 重く~ (165, 8.9%)

2 どうにもならない, 一向に話, 厚そう, 堅き大, 大きい方, 少しも, 屈んでるから, 起き上れずそのまま, 黒くて

1 [147件] あがらない, いいか, いやだ, うかつには, うっかりする, おもしろくなく, かさばり背後, かつ大きな, きゅうくつなことであつたらうと, この友だち, しかたが, しようがない, そうかと, それを, つぶれそう, つるつると, とうてい起き上がれない, とても丸太, とても二枚, とても出来, とても出来ない, とても私, とても自由, なかなか上, なかなか動きません, なかなか登り, なめると, ならない, ならなかった, ならんが, のそのそし, ぼたり, やりきれない, やりきれねえそこで, ゆるく大きい混雑, よろめいた, バスに, バッタリと, フウフウで, 一人の, 三年の, 上らない, 上を, 下されは, 下を, 不便な, 不器用で, 不格好な, 不細工な, 乳白色の, 二三日立っ, 二三日立つ, 人間の, 仕方が, 仕様が, 何も, 切腹を, 力が, 動かなかつたかも, 動かぬ, 動けやしない, 取り上げようと, 叶わないと, 困って, 困る, 堅くたくましく, 堪えられないと, 堪らぬ吾輩, 変に, 大きい, 大きいドア, 大きい父, 大きくて, 大きすぎる, 奈何し, 子供たちの, 寝苦しい時, 嵩張った大きな, 平板な, 息が, 意識の, 我国のと, 手が, 持ちあがらなかった, 持っては, 改易輕く, 放せば, 時々せき, 時計を, 月曜にも, 根氣が, 極めて困難, 気に, 気の毒だ, 気分が, 流罪遁れ了す, 滅入り込む, 熱いん, 熱が, 片っ, 物凄くて, 痛かった, 目が, 眠そう, 知慧が, 磔は, 粉が, 美しい肩, 考へられぬ, 耳が, 胸が, 腰が, 自分一人の, 自由で, 臭くて, 舞って, 薩張り書けん, 言わないで, 話は, 誤って, 誰も, 貧乏揺ぎも, 起き上る気力, 足に対して, 足の, 足は, 身動きも, 軽い, 追放だ, 運びきれない百万フラン, 遠島獄門, 遠島精, 邪魔っけだ, 邪魔に, 鈍い代り, 鈍くて, 長いもの, 長かった, 開きません, 額が, 食祿召し放し, 食禄召し放し, 駄目, 駄目だ, 骨が, 鳥の, 鳥は

▼ 重くなっ~ (151, 8.1%)

11 て来た 9 ている 6 ていた, て行く 5 て来 4 ていった, てきた, てくる 3 てもう, て足 2 て, てその, て仕事, て少し, て居る, て息, て来ました, て目, て行った

1 [78件] たり気分, てい, ていく, ていっかな, ているべき, ているらしかった, てから橋谷, てさすが, てしばらく, てしまいに, てしまった, てそう, てそれから, てそれきり頭, てついうとうと, てとうとう, てとても, てどうしても, てどんな, てなんか, ては飛行機, てひと足, てまた, ても相, ても相変わらず, てわたし, てモー, て一寸, て三度, て不吉, て不快, て些, て仕方, て仕様, て先, て冷え始め, て動かない, て医者, て只, て呼吸, て困った, て塵塚, て大地, て容易, て小屋, て居た, て庄太夫婦, て床, て往, て忠利, て急, て手, て授業, て斃, て早く, て暫らく茫然, て来る, て死ん, て死んだ, て沈む, て沈ん, て灰吹, て病監, て立ち上る, て立つ, て経机, て羊歯, て翼, て能, て臥せっ, て行き, て行きました, て行きませんでした, て行くらしかった, て起きる, て足もと, て附着, て電燈

▼ 重くなる~ (90, 4.9%)

5 ばかりだ, ような 3 ばかりでした 2 のだ, のであった, のも, ばかりだった, ばかりで, よ

1 [65件] かと思ふ, から, が気, ことを, しそう, し小さな, ぜ, ため帰り道は, だけであった, というもの, というよう, といふの, といわれ, とかそれ, とか云っ, とか雪子, とはどう, と一緒, と共にかれ, と共に頭, と尋常, と思っ, と触らぬ, と鴎外, に従って手, のかも, のが, のだった, のでお, のでした, ので赤い, のを, ばかりだつた, ばかりであった, ばかりであります, ばかりな, ばかりよ, まで坊主, まで満喫, まで雪, もので, ものと, やうでした, ようだった, ような睡くなる, ように, ようにさえ, わ, わけや, を感じた, を知るべし, んだ, 一方だつた, 万一にも, 事が, 様な, 歯が, 痛くなる, 程でした, 紙くずを, 腹の, 草鞋は, 許りで, 身で, 道理は

▼ 重く~ (69, 3.7%)

6 ていた 4 ている 3 て, 身を 2 て遂に

1 [51件] その威厳, てあがらぬ, ていかなる, ていそがしい, ていらっしゃる, ておかなく, ておしまい, てし, てその, てついに, てはせっかく, てまた, ても困ります, てやる, てゐる, て一九二五後大分労働階級, て且つ, て乙, て人力足らず, て動く, て學習者, て小, て弾い, て彈, て悲痛, て斬罪, て日, て更に, て深い, て深き, て男子, て私, て行った, て貴き, て貴けれ, て酷, て静か, て鼻, ながらしかも, ながら幸福そう, ますますその, よく境防, 之に, 俵へ, 寿命を, 度々徳政, 水に, 祖父母, 試験地区以外へは, 足を, 退屈に

▼ 重くなった~ (61, 3.3%)

4 のを 2 ぞ, ときに

1 [53件] かごを, からである, からひょいと, から再び, かナ, か父さん, がそんな, ことで, こととで, ことを, すべての, ぜ, ということ, と思う, のだ, ので, のであろう, のでよく, ので今度, ので出家, ので止めた, ので気がつい, ので遠, のには, のは, のも, まぶたの, まま直ぐ, ものです, ようです, ような, ように, わけです, んでひょいと, エプロンの, カーテンの, 下駄を, 事である, 事でございましょう, 二人の, 妻を, 子供の, 御様子, 旅行家の, 時子路は, 様な, 様に, 着物を, 証拠である, 財布を, 途端に, 靴を, 頭には

▼ 重く~ (47, 2.5%)

5 つたと 3 つた, つて居た 2 つても, つてズクズク疼き出す, つて來た, つて来た, つて眼の

1 [26件] つたから, つたのだ, つたのである, つた思想に, つた爛醉情の, つた美しい, つた足を, つた頃の, つてし, つてゐた, つてゐる, つて三度の, つて之も, つて何うにも, つて來て, つて其癖神経は, つて地べたに, つて居つ, つて文吾は, つて来まし, つて眼は, つて筆が, つて行く, つて行つた, つて遺書を, ツた

▼ 重く~ (32, 1.7%)

4 見て 3 ないよ, なかった 2 ないと, なかつた, なかつたと

1 [16件] あったが, ありません, ない, ないか, ないが, ないさ, ないそう, ないよう, ないん, ない方, なかつたらしい, ならないでしょう, なるが, 無く畑仕事, 考えなかったの, 考へなくなつ

▼ 重くなり~ (31, 1.7%)

2 まわりが

1 [29件] からだは, がちだつた, さうなの, さながらムシムシ, すみに, そうだに, そして三回目, それからは, て後髪, て病身, まはり, 一九二五年, 下の, 体駆, 僅か二十日, 動悸が, 呼吸を, 大きくな, 工合わるし, 常臥時代, 彼は, 恋人の, 明治三十五年十月に, 母親も, 永い間, 物を, 私も, 遂に甲斐, 馬の

▼ 重く~ (26, 1.4%)

4 なければ

1 [22件] あるが, あるので, あろうが, これを, した, し世間, たれて, たれ直したので, ない, ないという, ないもの, ないらしい, なかつたが, ならうさ, なり又, なれば, 揺りを, 深くも, 相成可, 見えなかったが, 頭脳に, 頭腦に

▼ 重く~ (24, 1.3%)

2 しい雲

1 [22件] しいところ, しいの, しい体, しい寝台, しい恐ろしい, しい感じ, しい戸, しい方, しい気もち, しい波, しい溜息, しい煙, しい空氣, しい落ち, しい薄明, しい語調, しい靴, しい黒い, しくな, しく床板, しく折目, しく汚

▼ 重く~ (22, 1.2%)

4 ている 2 てゐる

1 [16件] さえしなけれ, てい, ていない, ていなかった, ているらしかった, ておられる, てさうし, てはいけない, てほし, て二人, て居る, て書い, て書いた, て特に, て自分, らるる

▼ 重く垂れ~ (19, 1.0%)

5 ていた 4 ている 1 その滴り, て来る, て素人眼, なお扉, 時々あげ, 砂は, 稲妻に, 腹の中には, 遠くに, 靡いて

▼ 重く見る~ (19, 1.0%)

3 のは 2 のも, 時代が, 様に 1 こと, ことを, のが, ので情状酌量, ので或, やうに, オフシェ・ダカジメ三等勲章が, 処も, 気には, 私共には

▼ 重くする~ (18, 1.0%)

4 ことに 2 呪を

1 [12件] かもしれん, くらいなら, ところから, と共に一面, のかね, のです, や何ゆゑ, ような, 事も, 併し, 莫らん爲, 譯である

▼ 重く見られ~ (16, 0.9%)

4 ている, てゐる 2 てゐた 1 ていない, て居ります, て居る, て来た, て来る, て自分

▼ 重くのしかかっ~ (15, 0.8%)

3 ていた, てくる 2 ている, て来る 1 てき, てきた, て来た, て足どり, て軛

▼ 重くない~ (13, 0.7%)

2 んです

1 [11件] か, がまとめ, ことを, しひと, とお気, の, のは, のを, ものなら, んだ, 慢性腹膜炎を

▼ 重く沈ん~ (13, 0.7%)

3 でいた 2 でいる 1 でいった, でくる, でしかた, でなお, でもう, でゐた, で陰, で陰った

▼ 重く用い~ (10, 0.5%)

2 てつかわす 1 ていた, てくれる, てはこなかったでしょう, ても好い, てやる, 一方を, 卿らの, 大義名分を

▼ 重く~ (9, 0.5%)

2 にのしかかっ 1 が後, にかかっ, にかかった, の上, は疲れ, 怪しき十蔵, 軽しや

▼ 重く~ (8, 0.4%)

2 べ鎮 1 に垂れ, に沈ん, へとさがっ, を向い, 二句軽く, 二句軽し

▼ 重く暗く~ (8, 0.4%)

2 腐らしたあと 1 おどんで, なった, なりそうして, 心が, 濁って, 閉塞つて了つたのである

▼ 重く用いられ~ (7, 0.4%)

2 ていた 1 ていません, ている, て一大事, て江戸詰, 絶えず帷幕

▼ 重く鈍く~ (7, 0.4%)

1 かげらして, なつた, やがて闇, 光なく, 胸に, 自己肯定を, 輝く水

▼ 重くかつ~ (6, 0.3%)

1 もっとも到り, 多くの, 強し, 急に, 無細工, 緩く響かせた

▼ 重く且つ~ (6, 0.3%)

1 大なり, 広い意味, 沈み金声, 特別に, 範囲も, 緩く響かせた

▼ 重く~ (6, 0.3%)

2 を開いた 1 ばかり海面, を切, を噤ん, 渇きて

▼ 重く沈んだ~ (6, 0.3%)

1 その韻, どよめきが, 朝の, 氣合が, 聲だつた, 言葉の

▼ 重く淀ん~ (6, 0.3%)

2 でゐる 1 でいた, でいました, でいる, でをり

▼ 重く~ (6, 0.3%)

2 ゐられ玉 1 ひられて, ゐむ, ゐやう, ゐられるやう

▼ 重く考え~ (6, 0.3%)

2 ている 1 ても当, て居た, て見る, ながら答えた

▼ 重く~ (6, 0.3%)

1 にわき上っ, に応える, に軽く, に迫っ, はあえぎ, を押えつける

▼ 重くされ~ (5, 0.3%)

2 ている 1 て行った, 不活溌, 丹念に

▼ 重くした~ (5, 0.3%)

1 かも知れない, のにこの, 上干潮に, 傾きが, 譯である

▼ 重くても~ (5, 0.3%)

2 搆は 1 うたがって, 同じこと, 所謂

▼ 重くなります~ (5, 0.3%)

1 からなるたけ, から僕, な, ねえ, よよう

▼ 重く濁った~ (5, 0.3%)

1 オボーか, 太陽が, 空は, 空気を, 雰囲気が

▼ 重く苦しい~ (5, 0.3%)

1 ものが, ものに, 伝習への, 家庭関係を, 現実を

▼ 重く落ち~ (5, 0.3%)

2 て来た 1 ていた, て白い, て草木

▼ 重く~ (5, 0.3%)

1 にかぶさ, に拡がり, に蔽っ被さっ, をふっ, を圧し

▼ 重くかかっ~ (4, 0.2%)

3 て来た 1 ている

▼ 重くさせ~ (4, 0.2%)

1 ていた, てし, 一層余病, 嘆きを

▼ 重くその~ (4, 0.2%)

1 ため躯が, 上へ, 下で, 潮の

▼ 重くそれ~ (4, 0.2%)

1 が快復, が恢復, が私, に餘

▼ 重くまた~ (4, 0.2%)

1 士気に, 第三等地, 考えぶかくさせた, 青かった

▼ 重く~ (4, 0.2%)

1 に伏せる, の上, をふるわすとどろき, を圧し

▼ 重く暗い~ (4, 0.2%)

1 大廊下, 日本の, 水面へ, 空に

▼ 重く沈み~ (4, 0.2%)

1 ておの, て柳, 孤独の, 強い孤独

▼ 重く澱んだ~ (4, 0.2%)

1 夜なかの, 村中の, 空気が, 空気の

▼ 重く用いられる~ (4, 0.2%)

1 ことは, に至った, わけも, 筈だった

▼ 重く考える~ (4, 0.2%)

1 という風, のか, 彼としては, 点で

▼ 重く苦しく~ (4, 0.2%)

1 するもの, そうして微笑, なり夜中, 再登場

▼ 重く見なけれ~ (4, 0.2%)

2 ばならぬ 1 ばならなく, ばならなくなった

▼ 重く見られた~ (4, 0.2%)

1 彼である, 文部権大, 時代です, 産の

▼ 重く評価~ (4, 0.2%)

1 されて, して, する立場, せしめた詩才

▼ 重く重く~ (4, 0.2%)

1 ともって, と育っ, 懸って, 自分の

▼ 重く~ (4, 0.2%)

1 が渡り, はいよいよ, もがな, よりも自由

▼ 重くおなり~ (3, 0.2%)

1 になつて, になる, 遊ばした御

▼ 重くかぶさつ~ (3, 0.2%)

2 て来る 1 て来

▼ 重くそして~ (3, 0.2%)

1 それに, 広く引きずられ, 見た所

▼ 重くては~ (3, 0.2%)

1 到底やりきれない, 大変である, 生きる瀬

▼ 重くとも~ (3, 0.2%)

1 一般需要量を, 無期徒刑以上に, 軽くとも

▼ 重くどっしり~ (3, 0.2%)

1 とのしかかっ, と負わされ, 胴体を

▼ 重くどんより~ (3, 0.2%)

1 と曇った, と淀ん, と濁り

▼ 重くなれ~ (3, 0.2%)

1 と云, ばそれ, ば徳川

▼ 重く~ (3, 0.2%)

3 しか

▼ 重くまだ~ (3, 0.2%)

1 人の, 眼ざめてはいない, 高等小学校の

▼ 重くよどん~ (3, 0.2%)

1 でいた, でいる, でしまった

▼ 重くドロリ~ (3, 0.2%)

2 と液体化 1 と液體化

▼ 重く垂れた~ (3, 0.2%)

1 帷そこから, 肉髯を, 花ぐもりと

▼ 重く垂下~ (3, 0.2%)

1 がった夕方, がつた夕方, って星

▼ 重く~ (3, 0.2%)

1 が撓う, に触れた, を拱い

▼ 重く歩い~ (3, 0.2%)

2 ている 1 ていた

▼ 重く沈澱~ (3, 0.2%)

2 して 1 する意志

▼ 重く淀んだ~ (3, 0.2%)

2 空気の 1 谷の

▼ 重く澱ん~ (3, 0.2%)

1 でい, でいた, でいらいら

▼ 重く濃く~ (3, 0.2%)

1 なる頃, 滑らかに, 降りた朝

▼ 重く~ (3, 0.2%)

1 の前, は充血, は落ち窪んだ

▼ 重く~ (3, 0.2%)

1 にのしかかっ, にぶら下る, は凝る

▼ 重く~ (3, 0.2%)

1 が積まれ, を積ん, を積んだ

▼ 重く負担~ (3, 0.2%)

3 する所

▼ 重く~ (3, 0.2%)

1 がよわっ, も常, も重い

▼ 重く~ (3, 0.2%)

2 遠し 1 は遠く

▼ 重く鈍い~ (3, 0.2%)

1 大合唱, 引っ掻くよう, 痛みで

▼ 重く~ (3, 0.2%)

1 がしかめ, がむくん, をあげる

▼ 重くあった~ (2, 0.1%)

1 のです, ものだ

▼ 重くありません~ (2, 0.1%)

2 か其

▼ 重く~ (2, 0.1%)

1 どんで, 煩いに

▼ 重く~ (2, 0.1%)

1 ぶつて, ぶりを

▼ 重くかぶさっ~ (2, 0.1%)

1 て来, て来た

▼ 重くこの~ (2, 0.1%)

1 橋の, 街道にて

▼ 重くこれ~ (2, 0.1%)

1 によりて此疑, を用

▼ 重くしかも~ (2, 0.1%)

1 心は, 躬は

▼ 重くしなだれ~ (2, 0.1%)

1 もの, ものの

▼ 重くたるん~ (2, 0.1%)

1 でいる, で黒い

▼ 重くちゃ~ (2, 0.1%)

1 いやだ, これから担い

▼ 重くつて~ (2, 0.1%)

1 ねえ, 困つた

▼ 重くとろり~ (2, 0.1%)

1 とし, と静まっ

▼ 重くなけれ~ (2, 0.1%)

1 ばならぬ, ば追風

▼ 重くなし~ (2, 0.1%)

2 ながら夫

▼ 重くなってる~ (2, 0.1%)

1 とは知らなかった, 一房の

▼ 重くなりすぎ~ (2, 0.1%)

1 て百本, て飛び出せ

▼ 重くなりました~ (2, 0.1%)

1 からその, のも

▼ 重くのしかかる~ (2, 0.1%)

1 くらいだ, 目に

▼ 重くのろのろ~ (2, 0.1%)

1 と何処, と流れ

▼ 重く~ (2, 0.1%)

2 ていた

▼ 重くよどんだ~ (2, 0.1%)

1 空気の, 絶望的な

▼ 重くわずらっ~ (2, 0.1%)

1 ています, ておりました

▼ 重くカチカチ~ (2, 0.1%)

1 鳴るの, 鳴るのに

▼ 重く~ (2, 0.1%)

1 の胸, またこれ

▼ 重く~ (2, 0.1%)

1 れぽろり, れぽろりぽろり

▼ 重く~ (2, 0.1%)

1 かの憂い, か気もち

▼ 重く~ (2, 0.1%)

1 むきゆくも, むく風吹

▼ 重く~ (2, 0.1%)

2 にのしかかり

▼ 重く光る~ (2, 0.1%)

1 切子硝子の, 感覚が

▼ 重く噤まれ~ (2, 0.1%)

1 てし, てしまった

▼ 重く地面~ (2, 0.1%)

1 に吸い着いた, の上

▼ 重く~ (2, 0.1%)

1 り來, り来

▼ 重く垂れこめ~ (2, 0.1%)

1 てしまっ, て室内

▼ 重く垂れ下った~ (2, 0.1%)

1 瞼の, 空から

▼ 重く大きい~ (2, 0.1%)

1 体を, 海老茶木綿の

▼ 重く姉さん~ (2, 0.1%)

2 の部屋

▼ 重く寂寞~ (2, 0.1%)

2 として眠り

▼ 重く封じこめ~ (2, 0.1%)

2 て居ります

▼ 重く屈し~ (2, 0.1%)

2 て來

▼ 重く引く~ (2, 0.1%)

2 音しつ

▼ 重く~ (2, 0.1%)

1 には軽かっ, は大

▼ 重く~ (2, 0.1%)

1 の上, の胸

▼ 重く~ (2, 0.1%)

1 病気を, 首肯なされ

▼ 重く思う~ (2, 0.1%)

1 からむしろ, ことは

▼ 重く感じ~ (2, 0.1%)

1 ていた, 殆ん

▼ 重く感じられる~ (2, 0.1%)

1 オーバーを, 子供の

▼ 重く感じる~ (2, 0.1%)

1 までに注ぎきった, 心持しか

▼ 重く感ぜられ~ (2, 0.1%)

1 てきた, てとうとう

▼ 重く懸っ~ (2, 0.1%)

1 ていた, ている

▼ 重く成つた草刈籠~ (2, 0.1%)

1 を背負つて今度, を脊負

▼ 重く成り~ (2, 0.1%)

2 て亡

▼ 重く手足~ (2, 0.1%)

2 はだるく

▼ 重く敬する~ (2, 0.1%)

2 人でも

▼ 重く暮れゆく~ (2, 0.1%)

1 空の, 空は

▼ 重く~ (2, 0.1%)

1 かにし, かになっ

▼ 重く次第に~ (2, 0.1%)

2 押寄せ拡げられて

▼ 重く沈黙~ (2, 0.1%)

1 しあらゆる, して

▼ 重く流れる~ (2, 0.1%)

1 ようでしょう, 月光の

▼ 重く湛えた~ (2, 0.1%)

1 水山々が, 貯水池

▼ 重く湿~ (2, 0.1%)

1 めり, ツた

▼ 重く湿っ~ (2, 0.1%)

1 ていた, て見える

▼ 重く湿った~ (2, 0.1%)

1 空に, 空気が

▼ 重く濃厚~ (2, 0.1%)

2 な部分

▼ 重く濡れた~ (2, 0.1%)

1 ままに, 感じで

▼ 重く煩っ~ (2, 0.1%)

1 ておいで, て小野

▼ 重く用いられた~ (2, 0.1%)

1 というもの, ものと

▼ 重く~ (2, 0.1%)

2 の御

▼ 重く痛い~ (2, 0.1%)

1 と云っ, 右脇腹は

▼ 重く~ (2, 0.1%)

1 の肩, は一枚

▼ 重く空気~ (2, 0.1%)

1 の澱んだ, を伴いぬ

▼ 重く罰する~ (2, 0.1%)

1 事は, 其反對に

▼ 重く罰せられる~ (2, 0.1%)

1 が熟れ, のであります

▼ 重く~ (2, 0.1%)

1 もぼつ, や目

▼ 重く自分~ (2, 0.1%)

1 の体, の肩

▼ 重く苦しかっ~ (2, 0.1%)

1 たこれ, た時

▼ 重く萬景~ (2, 0.1%)

2 悉く蕭條

▼ 重く複雑~ (2, 0.1%)

1 にし, にのこされ

▼ 重く見たい~ (2, 0.1%)

1 と思ひます, のであっ

▼ 重く見られる~ (2, 0.1%)

1 人たちをも, 筈の

▼ 重く~ (2, 0.1%)

1 ていず, ていた

▼ 重く~ (2, 0.1%)

2 つた

▼ 重く~ (2, 0.1%)

1 した, して

▼ 重く軽く~ (2, 0.1%)

1 生きる斑, 電光の

▼ 重く~ (2, 0.1%)

2 遠く其期

▼ 重く~ (2, 0.1%)

2 にて片端

▼ 重く長く~ (2, 0.1%)

1 尾を, 硬直で

▼ 重く閉され~ (2, 0.1%)

1 ていた, てゐた

▼ 重く静か~ (2, 0.1%)

1 な亢奮, にのしかかった

▼ 重く~ (2, 0.1%)

1 に垂れ, を壓

▼ 重く首肯~ (2, 0.1%)

1 した, せられたが

▼ 重く~ (2, 0.1%)

1 だるく氣分, の疲れ

▼ 重く黙っ~ (2, 0.1%)

1 てい, て横

▼1* [548件]

重くあてがわれたように, 重くあらゆる光を, 重くあわせると大きな, 重くいかなる天秤をも, 重くいつも起上りが, 重くいびつな感じ, 重くいまは一文無し, 重くいみじく, 重くいやいやながら引き返したりと, 重くな垂れた, 重くうごめいている, 重くうごめく姿が, 重くうなずいて, 重くうらぶれていた, 重くおいかぶさって, 重くおしつけたのである, 重くおそろしいものに, 重くおとなしく母の, 重くお松の胸, 重くかさばる一方だった, 重くかぶさり泥沼に, 重くからから渇いた食道, 重くからんでゐた, 重くかわらは軽い, 重くきつく暗かった, 重くぎらぎらすること, 重くくつついて, 重くくろずんだまッ黒, 重くぐったりと下っ, 重くけたたましく鐘の, 重くこたえたり, 重くこれから汽車に, 重くさし交して, 重くさせますね, 重くさせる奴さ, 重くされたような, 重くしかし不随の, 重くしすぎると私, 重くしずかで淋しい, 重くしずんでしまった, 重くしずんだ面持で, 重くしっとりと響いた, 重くしめつけている, 重くしょんぼりと家路, 重くしようなんていう, 重くし居る故みな楽土より, 重くめ, 重くすうッと, 重くするでもない, 重くすればする, 重くずっしりと覆かぶさる, 重くせしめるだけのこと, 重くそれだけに婦人が, 重くそれに寒さ, 重くそれほどいつまでも, 重くぷたぷと沈み白き, 重くただ暗闇が, 重くたなびいていた, 重くたぶさの, 重くために代用臓器, 重くたゆたっている, 重くたれた眼瞼を, 重くたれ下がって居る, 重くだるくなって, 重くちやるめら, 重くちょうどはての, 重くついに宜いで点頭いて, 重くつよく言った, 重くはありました, 重くでもあったらさぞ, 重く育って, 重くとどける疊, 重くともって行っ, 重くとり扱はれ, 重くつしり, 重くどうすること, 重くどろんだ波, 重くながれ白布に, 重くなくてはならない, 重くなげかけている, 重くなさるのだ, 重くなされている, 重くなったらシャクリ竿を, 重くなったらしくて雨戸, 重くなった羽ばたきの音, 重くなつて来る, 重くなつかしい春の, 重くなつたらいきなり拳, 重くなどは思って, 重くなやまし気に, 重くならあ, 重くならざるを得ない, 重くならしめた原因だろう, 重くならずにはゐられなかつた, 重くならなかつた頃の, 重くならぬうちに, 重くなりたれば夜具, 重くなりましてどっと, 重くなりゆく病の, 重くなり忍んでお, 重くなり抱えていた, 重くなり歩きにくくて, 重くなるだらうと一時, 重くなるべきであるならばそれ, 重くなる黙りこくつてゐる, 重くなれり然れ, 重くなろうとも平気, 重くにごった室内に, 重くつと這入つ, 重くねばりこい性質や, 重くのこってもう, 重くのっそりしてるの, 重くのろい自己反省に, 重くのろくなる, 重くはきなれぬ草鞋は, 重くはなやかに物がなしく, 重く切腹軽く, 重くばかりなって, 重くひびき山々が, 重くひやっこく女の, 重くひろい裾を, 重くひろくくらい襞, 重くふいと立ち上る, 重くふやけビシャッビシャッと, 重くふる雪でも, 重くってり, 重くまじりと言う, 重くまるで百貫目の, 重くまるめた髪を, 重くみた証拠には, 重くみた考へ方で, 重くみのった葡萄の, 重くみる傾向が, 重くむしろ噛んで, 重くむづかしい一曲がある, 重くもちひられる人柄, 重くもてなして居た, 重くやうやく引上げ, 重くやがてたちかえったの, 重くやっこらとトロッコ, 重くゆれながら動きだした, 重くようやく引上げて, 重くよどみ風は, 重くよどみこんだ闇の, 重くより北方で, 重くろしき雲の上に, 重くづらひたる, 重くわが額を, 重くわたしの火照った, 重くイロが軽い, 重くエフエドリンを服用, 重くカイヅやボラ, 重くカンゴフをよんだ, 重くカーテンをしめこんだ, 重くガタガタ顫えて, 重くギイとあい, 重くても持っ, 重くドシンと倒れた, 重くネットリと又, 重くノックされた, 重く一とせの久しき, 重く一方東洋の, 重く一歩一歩と歩いた, 重く万一の効果, 重く三年間喪服を着けます, 重く三等と云, 重く不愉快だった, 重く腕を, 重く並んで通る, 重く丸めていた, 重く五体の奥, 重く人間的な幸, 重く今にも一しぐれ来さう, 重く今度は遠島, 重く他人には見せたい, 重く以前のよう, 重く伏せていた, 重く伯叔父母を毆打負傷, 重く何とも云えぬ可愛い, 重く作られし人形の, 重く使われている, 重く使用いられまして, 重く侘しさも, 重く信用して, 重くの全, 重く倒れそうだった, 重く倒れかけた蕎麦畑の, 重く倒れようとした, 重く停滞した下層, 重く傾いでしまう, 重く傾きて, 重く充実した気持ち, 重くのよどみはじめた, 重く光らしたのが, 重くも角尨, 重く入り乱れた足音が, 重く入るにも出る, 重く全治一箇月を要する, 重くさって, 重くは軽い, 重く冷たくしかも熱, 重く凄い殆ど形容の, 重く出し現代句は, 重く出先の大将たち, 重く出来て居る, 重く前後左右いずれへか引っ, 重くある声, 重くへらるべき打撃, 重く勇気の欠如, 重く動作がのろい, 重く動作緩慢なりなど, 重く勝重のはらわた, 重く匂っておなじ, 重く十二月近江宮に崩御, 重く于に, 重く危篤の状態, 重く厚き裾の, 重く厚くてとてつもなく, 重く暗き空氣, 重く取り出した時リゼットは, 重く取り扱ったもので, 重く取り立てられたがそれ, 重く取扱わねばならぬ, 重く取扱われていた, 重く口中がほろ苦い, 重く吸っていた, 重く呻いたまま身も, 重く呻くやうなう, 重くはいがらっぽい, 重く喫水深く見える, 重く土地の負担, 重く圧しつけている, 重く圧搾されて, 重く坐ると, 重く垂れるのであつ, 重く垂れ下がつた穂波, 重く過ぎるよう, 重く堅い巌を, 重く堅く積み重ねて, 重く堆く面積が, 重くにのしかかっ, 重く塗り固められたのも, 重く高く笑い, 重くにぼってり, 重く一の, 重くはますます, 重く責任を, 重く大きなものだ, 重く天下軽し, 重く太い編み下げを, 重く太子自身の肩, 重く如何にも木質が, 重くに体, 重く姿に大いなる, 重く学校をも欠席, 重く完全に水, 重く実った穀物の, 重く客車の緩衝機, 重く寒い暗藍色の, 重く寒気は腹, 重くに寢苦, 重く尊屬から卑屬, 重く小売店に軽い, 重く少しの油断, 重く尻尾沈めて, 重く居たたまれないように, 重く屈み加減に, 重くの漸く, 重く崇めた遺風だろう, 重く崩れて落ち, 重くが家, 重く平らにすぎ, 重くの敷きつらね, 重く引いて地上, 重く引き入れては重く, 重く引き出す肩息に, 重く引き摺るような, 重く引つけ置く, 重く弱い中音の, 重く張り合いがぬけ, 重く強きを要す, 重く強くかつ固い, 重く強烈にひきしめ, 重く強直して, 重く彼女は少し, 重く待遇されたの, 重くの場合, 重く心地悪敷けれ, 重く心細いものに, 重く必死に勤めける, 重く忙しくなったり, 重くへた, 重く忽ちにして, 重く思えてもみんな, 重く思ふことは, 重く思へるつてことを, 重く思惟は萎え, 重く息苦しい家族制度によって, 重く悠々たるの, 重く悩ましきにも似ざれ, 重く悪人と共謀, 重く悲しい足どりに, 重く悲しく当のない, 重く意識されて, 重く感じた責任をも, 重く感じられてくる, 重く感ぜられるので解った, 重く慎まねばならぬ, 重くかった, 重くも深く, 重く憂鬱な手風琴, 重くいて, 重く懈怠くした, 重く成したるぞよき, 重く成ったとは三吉, 重く成つて抑へた鍵, 重く成るまで坊主, 重く成ッてい, 重く成熟した感じ, 重く我らは心, 重く我面を俯視, 重く我頭上を壓, 重く戸外に出る, 重く所謂三年の喪, 重く扱うたがいい, 重く扶持は軽し, 重く抑えつけられたような, 重く抱かれかね候えば乳母車, 重く持たせて, 重く持ち運に, 重く挙用らるべしとの, 重く振って, 重く捗らなくなってしまった, 重く据つた眼つきをし, 重くいかかって, 重く握らせたものです, 重く揺らいでいる, 重く搾まって白い, 重く支えている, 重く改札の時間, 重く敬ってその, 重く数本の忍竹, 重くの杭, 重くを懷, 重く新しく呼びかけて, 重く既に終らむとせしに, 重く明るく輝かしくよどむで居ります, 重くがうつっ, 重く時には鈍い痛み, 重く暑気甚し, 重く暗くきつく引っ張るその, 重く暗く鋭い情勢を, 重く暮して居る, 重く曇ってともすれば, 重く曇ったまま晴れなかった, 重く曠野を覆う, 重くにつけ, 重くをたれ, 重く棚引いていた, 重く構えている, 重く横たわっていた, 重くいでばかり, 重く欝結した頭, 重く止めどなくあっちこっち, 重く歩き難い, 重く歩みははかどらなかった, 重く残って言葉, 重く残る意識が, 重く殿樣が驅, 重くは利かず, 重く汁気の多い, 重く汗ばみしを, 重く汗ばんでのろく, 重く汚れて曇っ, 重くの肩, 重く沈でんし切って, 重く沈ませていた, 重く沈滞せんと, 重く河原の面, 重く法輕き譯, 重く泣きしづむ霊の, 重くが煮える, 重くへ揚げ, 重く浜田六之丞これ, 重くしないみどり, 重く淀んでるだけで, 重く深い緑が, 重く深く閉塞つた雪雲の, 重く渦巻いている, 重く湖水に垂れ, 重く湿り出した夜の, 重く湿り茂り合う葉桜の, 重く溜ってゆく, 重く滴りその背, 重く漲っていた, 重く鳴の, 重く澄んだ音色で, 重く澱んでる凉しい, 重くかにな, 重く濕つた死骸が處, 重く濕つた風とちが, 重く濛々と描いた, 重く濡れていた, 重く煤けていた, 重くが高く, 重くの前途, 重く理づめに施され, 重く生きながら死んだ, 重く生命の樹, 重く生活からの雑多, 重く用いる成瀬正肥が, 重くに両手, 重く疑いの掛かっ, 重く疲れきってやっと, 重く病みけるがその, 重く病んだ老婆は, 重く病気をし, 重く痛ましくあるから, 重く痛み全身が, 重く痛む様な, 重く痛切な流れ, 重く登用すると, 重く皇家重らせたまえば, 重く磔刑に処せられた, 重く秀子のは黄, 重く私達にとっては全く, 重く秋水と共に病躯, 重く積込んだ渡船は, 重く空いっぱいにはだかっ, 重く空中に浮い, 重く突きこみこねついて, 重く突き刺さるやうに, 重く立ち昇りここかしこ, 重く立ちこむる野面に, 重く立っている, 重く四句軽く, 重くへた, 重く節々の軋む, 重く粘着力が強く, 重くをつけた, 重く細大の事務, 重くを凝らし, 重く緑色を垂らし, 重く緑青の様, 重く緩く脱れ, 重く緩慢な霧, 重く罰したのであります, 重く罰しなければならない, 重く美しく咲いて, 重く考えかけている, 重く考えようが大した, 重く考え過ぎたりする, 重く考え過ぎれば生命, 重く考へてゐる, 重く考へるべきで先に, 重くへがたし, 重く無き石, 重く職務は忍ぶ, 重く背中を春日, 重く胸閉ぢ気疲劇く何, 重くにこたえ, 重く腫れ心が, 重く臨めない人だった, 重く致したく御座いませんために, 重く重い無器用, 重くには目, 重く色濃い中で, 重く花鳥は引き, 重く芳ばしくなって, 重く苦労も多く, 重くを適宜, 重く落ち着いた眠ったいような, 重く落っこちた揚句, 重く蔽いかぶさったような, 重く處置するの, 重くり浪, 重く蜘蛛の巣, 重く衝突する斑, 重く褄淺く袖輝き風薫つて, 重く見えたので私, 重く見すぎてます, 重く見ず世間的に, 重く見せもし見られ, 重く見せるやうな, 重く見せ掛けようとする, 重く見た方の, 重く見られず自らも, 重く見られようとは思はなかつた, 重く見渡すかぎり緑の, 重く見過ぎたきらいが, 重く視たならばあんな, 重く視られたかと思う, 重く視るところが, 重くゆれ共後, 重くえなかつた, 重く認めたことである, 重く課せられたにもかかわらず, 重く謹慎をあそばされね, 重く豪華であつ, 重く賞賜した, 重くはむ, 重く贊成をした, 重く足どりに力, 重く蒸され心, 重く身体だるくて, 重く軋ってお, 重くより軒, 重く軟かい広い水面が, 重く輝かして水の上, 重く辷って崩れ落ちる, 重く近頃の容態, 重く返って来る, 重く返事をした, 重く迫って来た, 重く退けて耳, 重く進行した, 重く遠いことの, 重く遠くうなって, 重く邪魔にもなる, 重く邪魔物のよう, 重く部屋にこもっ, 重く重って来, 重く鋭い何かを, 重く鋭く悲しみが, 重く錆びている, 重く鎖されてゐる, 重く長いものが, 重く閉された憂ひの雲, 重く関心と心遣い, 重く附いて歩けぬ, 重く附き前足に, 重くが下り, 重く青く成つたり, 重く響いて来た, 重く響いたので聞き返し, 重く響くように, 重く頂上はるかに振り上げる, 重く頭痛みて, 重く顧みられている, 重く風冷なり, 重く食うまからずして日, 重く垂れて, 重くの草鞋, 重く馴染深いオカ川, 重く鬱陶しい別に理由, 重く黒くもぞもぞと, 重く黒ずんで見える, 重くの音