青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「重~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

酒場~ 酔~ ~酔っ 酔っ~ 醉~ 醜~ 醜い~ ~里 里~ ~重
重~
~重い 重い~ ~重く 重く~ ~重ね 重ね~ 重吉~ ~重大 重大~ ~重要

「重~」 7316, 79ppm, 1420位

▼ 重~ (1331, 18.2%)

15 意味で 11 顔を 6 口から, 締りを

5 [11件] 上に, 家へ, 性格を, 意義を, 生活を, 盃を, 職業を, 膝を, 苦しみを, 関門を, 顔は

4 利益が, 意味を, 手間を, 欄干に, 言ふ, 鉄の, 顔が

3 [24件] ものに, 下に, 人垣を, 効果を, 向うに, 姿が, 宝宮の内院に, 役割を, 意味から, 意味が, 懲罰を, 手から, 手袋を, 掛合に, 方は, 方へ, 眼は, 着流しに, 紋付に, 罪を, 超越によって, 顏を, 鼻の, 鼻を

2 [94件] さくらは, ところまで, ものだ, 一羽鴉も, 上手に, 両面芥子人形の, 事を, 井の, 今日目を, 仕形だけ, 働きを, 利益を, 前へ, 唇を, 嘆きに, 圓を, 垣が, 垣を, 城に, 塔が, 塔の, 壁, 壁に, 壇を, 外は, 天守閣の, 姿に, 家迄, 寶宮の, 小さな妹, 小袖に, 山の, 布が, 幸いが, 念頗る, 意味に, 手數を, 手間だ, 提案に, 搾取の, 方に, 木いちごに, 木槿垣によ, 様子を, 機才を, 檜笠に, 波折, 流れが, 浪, 父親が, 玻璃, 盃に, 盾を, 着物を, 石の, 端反, 箱に, 箱の, 紋付と, 紋服に, 紋服を, 紋附を, 素袷に, 結果を, 締りの, 繪を, 美しさ, 義務なり, 羽織で, 羽織に, 羽織を, 膝の, 膝も, 苦痛を, 虹の, 蝉の, 衣を, 表現を, 裏に, 見物人の, 言葉には, 話は, 軒下を, 輪を, 運動に, 部屋, 重荷を, 関係に, 関門, 頭が, 顔に, 顔の, 驚きを, 高壘

1 [950件 抜粋] あごを, いただきまで, うしろの, おへや, お召物に, お守袋を, かまえを, がなかつた, くびれは, こだわりは, こっちの, ことで, さし向い, しまり, すぐ隣, その清らか, ため二度も, では, どちらを, なかには, にげ道, ひが, ふち縫ひ, ほうへ, まわりには, むずかしい問題, もある, もので, ものを, やうに, やつだ, よろこばしさ, よろこびである, よろこびを, カーテンが, コッケイな, スカーフ雲の, デュパン, ハメ板に, ハンカチイフを, マント, ライフの, 一族の, 三角の, 上へ, 下は, 下へ, 不利が, 不可能事が, 不安で, 不思議に, 世界が, 両方の, 中と, 中は, 乱れ箱の, 事だ, 事なり, 二階は, 云うごとく宅, 五ツ所紋付, 人がらが, 人の, 人格を, 仇を, 仕事が, 仕事に, 仮定, 位保つめり, 何を, 作用によって, 作画に, 倅良, 傍に, 働きが, 兄弟と, 先に, 光に, 光りが, 入口に, 兵制を, 内には, 内側の, 内暖, 円笠の, 写生帳には, 冷たさ, 函へ, 刑を, 列の, 利腕を, 前を, 剣, 力で, 加賀絞り, 勝利を, 包み紙の, 包紙を, 十三, 印刷場からは, 危機を, 危難を, 原理に, 反感を, 叢雲むらだち, 口うら, 口伝あり, 古袷, 可能に, 台に, 名を, 向うで, 向う長屋には, 呪い, 味が, 命を, 唐衣藤原氏の, 喜びに, 喪に, 嘘は, 四部合奏, 困難が, 困難な, 固めだった, 圧力によって, 圧迫を, 地層の, 垣に, 城楼本丸二の丸三の丸にわたる, 埒外で, 基調を, 堕落に, 塔でも, 塔には, 塔婆だけは, 塔門が, 境界と, 変り者だって, 夏帶地ばかりか, 外まで, 大きい円, 大ぶろしきに, 大宮の, 大波は, 大膳寮では, 大著述, 大難に, 天主閣の, 天秤の, 奇妙な, 奥に, 女婿である, 如きを, 姉圭子の, 姿を, 娘であった, 媚に, 嬉しさ, 子が, 子で, 存在を, 宇宙を, 宝樹を, 家か, 家の, 家を, 密告の, 寝衣, 尊敬に, 小使部屋で, 小袖の, 小袖を, 居城と, 屋根も, 山, 山吹の, 峰と, 左の, 差が, 布も, 帯を, 帷, 幕に, 幸運に, 幻覚に, 底が, 底意でも, 座布団や, 座敷の, 廊からも, 建仁寺の, 建仁寺垣を, 弱り目に, 張紙が, 強さ, 強奪が, 形容を, 形態決定関係を, 役得が, 彼女の, 往来を, 御めし, 御階, 心づかいが, 心理が, 心苦しい瞬間, 快楽なれ, 念を, 性格の, 性質として, 恋に, 恐しさ, 恐ろしさ, 恥を, 息づきで, 息を, 悪人として, 悲劇の, 悶えを, 情操を, 惑は, 愉快で, 意味の, 意外に, 意義が, 意義二重の, 愛だった, 愛嬌の, 憂ひの, 懸念に, 戸には, 戸前で, 扉が, 扉高く, 手により, 手の, 手數でありまし, 手袋を通して, 手首は, 投影が, 指紋が, 描いた江戸絵, 搾取と, 敗北だった, 教養を, 敬意を, 文化について, 斎服が, 方である, 旅衣見はてぬ, 明暗を, 暈で, 曇った顔, 曾孫たる, 木槿が, 木槿垣を, 来るまで, 松みたいに, 板戸それは, 根掛の, 桜である, 桜も, 梅や, 棟の, 棺である, 検閲を, 極惡人に, 構成を, 櫓狭間作りの, 欄干によりか, 欠点を, 次の間で, 欺瞞を, 正室桔梗の, 歴史性を, 死の, 段梯子を, 殺人な, 気がね, 気持が, 氷雪, 汐, 汚名が, 波形の, 浴衣越しに, 海, 淋しさ, 深山桜が, 渦巻の, 演技で, 潮路とは, 激しい憤懣, 瀧へ, 無事な, 無鉄砲が, 熨斗目の, 燈明世界へは, 父親の, 片側帯を, 版畫に, 狭い部屋, 献身にも, 現在の, 理由によ, 生垣で, 生恥, 生活には, 生涯を通じて, 産衣は, 用を, 画と, 界も, 疲労を, 痛手に, 發起で, 白いクッキリ, 白き花, 皮に, 皺が, 皿を, 監視から, 目的は, 目的を以て, 相違でしか, 着流しで, 着物一枚という, 瞼は, 知識を, 石垣が, 石塔婆も, 硝子に, 秘密を, 税を, 穴蔵部屋で, 空中防備を, 空骸と, 窓が, 端に, 符合は, 筋肉には, 策が, 策略一つは, 紅裏を, 紋付きに, 紋服で, 紋服一かさね, 紋着と, 紋附き, 納戸の, 素袷を, 細引では, 経歴, 絵の, 絹覆いを, 綾も, 締まりを, 締りで, 縁談は, 縛しめから, 繪などに, 繪の, 罪に, 羅網も, 美しい高, 羽織などに, 羽織黒縮緬の, 耀きを, 耳にも, 職分と, 肌はう, 股引白足袋に, 肩へ, 背中を, 胴無しも, 脂肪これを, 脅えを, 脹れの, 腰を, 腹の, 膜に, 自分の, 自殺と, 自覚を, 興味が, 興味を, 舎利の, 舞とを, 花にに, 花房を, 若侍, 苦労に, 苦悩の, 苦情が, 苦痛に, 茶の間に, 菅笠に, 蒲団を, 薄紗を, 薄袷, 藪を, 虚偽の, 虹霓を, 行列は, 行樹も, 衣という, 衣服が, 衣織りなし, 衣類に, 袖は, 被の, 袷を, 裏を, 裏切な, 裏隣り, 裸体の, 裾を, 褄捌き, 襖いずれも, 襖子が, 襟巻なんか, 襷を, 規定において, 言い方を, 計にかけて, 話とは, 誤を, 誤解を, 談笑する, 警戒陣に, 負傷は, 負担だった, 負担に, 負担を, 責任感も, 賢さ, 赤い糸, 赤花を, 足袋が, 身にか, 身代金に, 轡を, 近さ, 通路性を, 遅桜, 運動を, 違いだ, 遠に, 遺恨を, 部屋を, 重圧によって, 重箱ほどの, 錠が, 錯誤に, 鍵でも, 鎖で, 鎖を, 鏡かけが, 長い顔, 門を, 開花を, 間借人が, 間接的な, 関を, 関係が, 関所を, 防ぎで, 陥穽である, 隔たりだ, 隔ても, 隠語である, 隣に, 隣りで人一人, 隣りには, 隣り合わせに, 隣室で, 隣家で, 隣家の, 難関を, 雲に, 雲路に, 非常線を, 面を, 鞠子の, 頂上に, 頭を, 顎の, 顏で, 顔と, 顔ばかりに, 風景を, 首を, 馬車に, 驚いたの, 驚きも, 高塔, 高等小学校卒業の, 魂が, 魚雷防禦網である, 黒い被布姿, 黒手袋を

▼ 重~ (871, 11.9%)

58 なって 22 して 7 なつて 4 くくれて, なったり, なつた, なる, 張って 3 なった, 折って, 見えて, 金を, 錠を

2 [49件] かさなる様, くびれて, これを, する, とりしづめ候もの, なった塀, なっても, なりました, アングロサクソン民族間に, ドス楢で, 三重に, 九曜の, 二十重に, 他人から, 佐川の, 作物を, 働くん, 僕に, 入り組んだ複雑, 別れて, 利得するであろう, 包んで, 囲まれて, 城の, 堀を, 守られた, 平凡な, 彼の, 怨みを, 憎悪した, 折り曲げて, 抱きついて, 曲がって, 朱色の, 浸み, 用ゐる, 私の, 紅を, 紅絹を, 結んで, 緋の, 腰を, 若い男女, 茶屋受の, 見えたり, 起されて, 輪を, 酒を, 隙間も

1 [651件 抜粋] あって, いた誰, いやでした, いやな, うけ持つ様, うれしいと, うれしいの, うれしく火鉢, おかしく失笑, おどろかされた, おどろきを, お島, お慈悲, お清, かかはる我身, かけて, かさなった早い, かさなって, かさなり, かさねて, からくりが, かりて, くくれた頤, くっついた, くびれながら, この作用, ごしや, さ, しいた, しきりあり, しその, したもの, したる姿, した珠數, しっかりと, しばったところ, しばられて, しばりあげた貴人, しぼられてるん, しめられて, すること, するとか, するもの, する必要, する惧, する為, そこを, その伝承, その枝, たたまっ, たたみて, ために, ついて, つつんだ風呂敷, つもる白雪, つらいのよ, つるして, とりかこむ民衆, とりまいた難民たち, とりまいて, どういうもの, どんな話, なったのね, なった丸い, なった愛敬, なった目, なった硝子窓, なった窓硝子, なった菱, なった薬包紙, なった藤葛, なった顎, なってること, なってるぜ, なにひとつ言いかけなかった, なりたる処, なりますが, なりわたし, なり特殊, なり筏, なり胸, なり裸體, なるという, なるとき, なるにつれて, なるほど, なる素朴, なる譯, なる頤, におい来る菊, にがにがしい虚構, にじませたり, はって, ひき薄暗い暑い, びっくりした, ふくらました前髪, ふるえた, へだてられた雑居生活, まきつけられて, また不幸, めぐって, もつて, やきつけられるから, やった, やり込められると, らくになり, わかって, わが, アメリカ白蘚は, アルコールに, イタリイや, ギクリと, グルグル巻きしめ, コッケイだ, ダブつて相殺, ピンから, フーフーと, ボイラーは, マゾヒズムスを, ロシアの, 上り手真似, 上る, 上下の, 下町の, 不可能である, 不幸です, 不幸を, 不快と, 並んで, 中年者以上の, 中流以下の, 丸味勝の, 主人組は, 乾堀を, 二次元的に, 云ってるん, 京都の, 人から, 仕えるという, 仕切って, 仕切つてゐる, 仕立駕籠にて, 伝えられる事, 伴大次郎に, 似て, 何か, 作られて, 使用された, 侠な, 候, 傷ついたの, 働いて, 働かすと, 働らか, 償ふために, 儲けて, 光る宮子, 兎どもを, 入り混, 入れて, 入れられますが, 其意味からばかり, 写って, 冷え切って, 出でて, 出来て, 別れも, 利き目, 利益を, 制作を, 剥がして, 創作の, 努力しなけれ, 募って, 包みつ, 包みながら, 包んだ, 包んだ例, 化かされて, 北の方を, 北方に, 危険な, 卷いて, 卷くもの, 厭な, 厭ふも, 厳密に, 厳封し, 反対した, 取って, 取っては, 取りつけべ, 取巻いて, 受けねば, 叩きつけるやう, 合へる, 合葬するなり, 吉田様奥様の, 同情の, 同時的に, 名を, 君に, 吹き当るとき, 告げるべきでありそれ, 周し, 呼吸を, 命じられたもの, 問題と, 喰違いに, 四君子など, 団菊両, 囲んで, 圍み, 圍んで, 境遇なり, 士族と, 変つた, 変るので, 大きくなる, 大きな轡, 大正十二年震災あっ, 天を, 女の, 女中の, 嫉妬が, 嫌ったの, 子供が, 学びます, 学ぶところ, 学んだとして, 学生の, 宮居し給う, 密閉され, 封じられて, 小声で, 小学校用の, 小田原城を, 崩れ咳いたり, 巻いた腹巻, 巻いた鎖, 巻いて, 巻きつけサブ, 巻くという, 布陣し, 床しくも, 廊下を, 建って, 廻して, 引いた荒, 引っ包み, 引剥いだ, 張った, 張ったもの, 張った天井, 張り詰めた大きな, 張之, 当地ある, 影響を, 彼ら夫婦間に, 彼を, 從つて處罰せなけれ, 復活した, 心に, 心を, 念を, 念入りで, 怒る, 思索生活に, 恥かしい, 恩を, 悪く見られ, 悲しくやりきれなくて, 悲しみを, 悲憤する, 感じるもの, 感じ彼, 感ぜられて, 成る訳, 我物に, 或る, 払ってるの, 投げつけ八重, 折った書付, 折ってでも, 折りました, 折り曲げての, 折り曲げられた蓋, 折り畳んで, 折るよう, 折れて, 抵当に, 押し出されて, 担ひ, 拘らず一般, 括る虜, 括れて, 持つて, 捲きながらの, 描かれて, 損である, 擬し松雪院, 支えられて, 政府の, 散漫に, 文學に, 文華土地会社の, 文躰に, 明日マルセーユへ, 映り作用, 映ろう道理, 暖かいよう, 暗い菩提樹, 曲げて, 曲つて地にも, 書いて, 書かれたため, 月照り, 有利と, 服従の, 東西線と, 桐油紙が, 桐油紙に, 植えて, 楽しんで, 構わず手, 横浜と, 横田夫婦に, 欺され, 歪んで, 毛皮を, 決定する, 治したいと, 流れかけた, 済まぬ, 渡した調革, 渦まける, 漉された明るみ, 濃く出, 濟ま, 瀬川菊之丞, 点頭いた, 焼付けられたとでも, 父の, 父親と, 片袖, 物懶く, 独逸から, 珠算と, 現物を, 生えて, 用いられる代り, 用ゐられし, 畳みなしたるあり, 癪に, 白い膚, 白き花あはれ, 監視哨を, 目ざめさせ活動, 目の, 目張りを, 眼中に, 眼張を, 着いて, 硫黄だ, 示したと, 神仏の, 禅宗の, 私ばかり, 私を, 私達を, 空を, 穿いて, 立って, 立て囲わせて, 竝べ, 紗綾形下には, 細い咽喉, 経済的価値を, 結いまわされた柵, 結ばれた頤, 絶望した, 継がせそこで, 緞子の, 締めるん, 締め切った, 縋りついた, 縛められた因習, 縛られたまま, 縛られた綱, 縛られた貴族, 縺れて, 縺れます, 縺れる水音, 織物ばかり, 罪を, 美しく様式化, 羨ましい次第, 義務を, 習字, 習字図画女子は, 考えること, 考える必要, 耐え保って, 聞えるが, 聯合軍の, 肉や, 胸甲の, 腰かけて, 腰巻を, 腹立たしかった, 自分が, 自分の, 自分を, 自殺の, 至る, 致し光線, 興奮し, 舞踊や, 良い気持, 花托が, 苛立たせた結果, 若しかった, 苦しい思い, 茶宇の, 菓物の, 葉子を, 薄く触れた, 藝術に, 藪柑子を, 表して, 被ってる恐るべき, 裏切者である, 裏書きされ, 覆いを, 見えたの, 見える, 見えるの, 見えるので, 見えるん, 見ないでは, 言葉を, 訊ねると, 証明されます, 試みて, 詰めて, 詰めるだけ, 話しを, 誘はれて, 誤りこれ, 諸井看護婦を, 諸賢登山家の, 警戒され, 議會の, 貞節を, 負って, 負担せざるべからず, 貼って, 赤地へ, 赤坂区に, 足枷を, 近所の, 追いつかわれなければ, 透きとおった気胞, 通ずべき階子, 造りなして, 遊ばした方, 過去を, 道が, 違いない, 遣う, 遣つて, 遮って, 重なって, 重なる, 重ねる字, 重る線路, 金属と, 釘づけ, 針に, 銀座辺の, 鋏を, 錠が, 鎖されて, 閉まって, 閉めて, 限らず登場人物一様, 陸軍士官学校幼年学校の, 隔てて, 隔てられて, 面喰わせられた, 面白くて, 風化作用の, 馬鈴薯を, 驚いた, 驚いて, 驚かす憂い, 鳥瞰図的なる, 鴨居より, 麻の, 黒旋風の

▼ 重~ (766, 10.5%)

21 うな 7 がある, のため, を感じ 6 のもの 5 があり 4 があった, がない, だ, だった, であった, なん, のある, は如何にも, よ, を感ずる 3 である, でのしかかっ, というもの, に, に堪えない, を加え, を忘れし, を感じた, を感じる, を計っ

2 [43件] うで, から骨質, が, がたまらなく, が四匁七分, が急, が感じられた, が身, こんなイヤ, だけの金, であるとか, ですくんだ, ではありません, で私, で落ちる, とその, にひしがれ, にまなこ, に帰る, に耐, に耐えかね, ねて, のよう, の人間, の無い, の物, はそれ, は中味, は正味四貫目, へも何, もある, もちがう, や危な, や時間, を, をも, をもっ, をもつ, を増し, を感ぜしめる, ん, 暗さ, 荒さ

1 [557件 抜粋] いひか, うだが, うだな, うであ, うである, うですよ, うで脅えて, うなるを, からでも涙, からの解放, からはぬけた, から感じ, から脱, から言っ, があつ, がありました, があります, がいかに, がいくら, がかれ, がこたえ, がこの, がなかっ, がなくなる, がなけれ, がはじめ, がひしひし, がひとりでに, がへる, が一ばん大事, が一体, が七八貫, が三分の一, が三十五ポンド, が五六貫目, が五十キロ以上, が伝わった, が何千何百万トン, が倍, が六分の一, が十三貫目, が十二キロ, が十倍百倍千倍, が十分理解, が厳い, が唯, が増え, が増さない, が増す, が彼, が思い知られた, が柔, が減る, が火星, が現れない, が現実, が理性, が異なる, が百二十トン, が百五十キロ以上, が約, が胸, が自然法則, が菓子, が陰士, が顔, こそ常々私, さえ骨, しっとりと, じゃった, そして呼吸困難, その上, その丸, それで一気に, だか, だけが分る, だけでなく, だけでもトランク, だけとなっ, だけにゃあ, だけは忘れ, だけを嗅ぎ当て, だけ幽霊, だったの, だと, つまり手触り, で, であったこと, であったとか, でありました, であるか, であるから, である一・〇〇八, でいつも, でうどん粉, でおされる, でさがっ, でしなっ, でしょうか, でそれだけ, でたれさがっ, でだんだん, でちょうど, でのしかかつて, でのしかかり, ではない, でぶるぶる, でめり込ん, でもある, でもない, でわかる, でガラス面, でキチン, で一瓲半, で丁度下, で上, で下, で交換, で人影, で伸子, で何, で僅か, で前, で又, で口, で各, で圧す, で垂れた, で大きな, で天秤, で寄る, で庭, で引き, で彼, で彼女, で彼女自身, で心地足, で息, で押しつけ, で曲がり, で枝振り, で模倣者, で次第に, で毀れる, で水平動, で物すごい, で発せられた, で益々, で窓, で糞落着き, で索道, で自分, で茎, で足, で金, で防寨, とあやしい, とある, といい, というわけ, という風, といっ, といったら堪らないです, とが光, とでも云, とでも言おう, とで枠, とどこ, となっ, となります, とに不足, との差, とは汝, とふくらみ, とやっと, とガラス, と内, と力, と同時に, と固い, と奉公人, と少し, と幅, と感覚, と抵抗, と新た, と旋回, と木口, と柱, と武者, と畏れ, と長, なつた, なども胸, なの, なら時候, なり合つて, なり流れ, なるを, なる街, なんかド, にあらがう, にうちひしがれ, にうんざり, において一斤, におしつぶされ, におしつぶされた, にしまいに, にたえかね, にたえがたかっ, にたえられない, にただ, について最も, にてた, にて麦, になる, にのめり, にはたえ得る, にはと思ひ替え, には巨人, にひかれる, にふさわしい, にふと, にまさる, にもたえ, にも似, にも堪えない, にも堪えられぬ, にも堪へない, にも得, にも耐えない, にも身, によって夏, によりて彼等, により圧され, によろめい, によろめく, に似たる, に倦み, に半ば枕, に反抗, に向っ, に困惑, に圧され, に圧し, に圧しつけられ, に圧せられる, に堪えかねる, に堪えられなくなった, に堪えられなくなりました, に堪え兼ね, に壓, に変わっ, に変わり, に対する反応, に就い, に引き摺られる, に得, に息, に感じ, に感じられ, に感心, に打, に抗った, に押し下げられ, に撓う, に樹, に正行, に潰れ, に田の上, に痺れ, に相当, に竹藪, に等しい, に絶えず, に耐え, に耐えきれない, に肥った, に腕, に至る, に舌, に苦しん, に襟, に誰, に近い, に返事, に連れ, に還元, に首, に驚き, ねばりが, のあった, のかかる, のけは, のとこ, のない, のほか, のもと, の一円銀貨, の中, の二倍, の六分の一, の分配, の力, の加, の変化, の天然磁石, の如何, の差, の平均, の広く, の感じられる, の数字, の方, の旧, の此, の源, の点, の為, の瓦, の相違, の荷物, の調節, の足らぬ, の鉄, の錨, の関係, はありがたい重, はある, はこの, はすくなくとも, はすべて, はたしかに, はたちまち, はちゃんと, はどう, はどんな, はなおっ, はやはり, は一つ, は七十斤, は九億万キログラム, は二千貫, は何千貫, は俺, は六十トン, は十キロ, は四, は四匁七分, は四十貫目, は如何, は平衡, は彼女, は日毎, は普通木綿, は正確, は測っ, は百三十キログラム, は目, は約, は總, は言, は軒端, は重し力, は長, は非常, ばかりで, もお話, もかなり, もさる, もとれるであらう, もどこ, もない, もまた, も二つながら, も五分ノ二, も大した, も帰, も百二十キロ, も相, も相当, も破れた, も輝かしい, やかましさ, やその他, やひりひり, や人間, や何, や内面, や厚, や厳し, や抵抗力, や朗らかさ, や構, や温み, や生, よりにじむ, をいい, をおぼえ, をおぼえた, をかけあわした, をかけくらべ, をかけ比べ, をきかせ, をささえ, をその, をそのまま, をためし, をどっと, をはかっ, をはかつ, をはかり, をはねのけ, をはねのけよう, をふと, をふやす, をみごと, をより, をガラガラ, を一つ, を一つ一つ, を一皮, を上げる, を両, を今, を以てもお, を加, を加え算, を加え足した, を十九貫四百匁, を受け, を受けとめかね, を受ける, を失いかけ, を失っ, を引い, を思い, を思へ, を急, を愛, を感じさせ, を感じさせる, を感じず, を感じ始めた, を感じ知っ, を感得, を手, を払っ, を托し得る, を持ち応え, を持つ, を支, を明, を有する, を深く, を添, を減ずる, を測っ, を測つ, を湛え, を犇, を異に, を痛感, を知らね, を知り得ん, を秤, を約, を置いた, を置き, を置く, を耐え, を耐え支え, を背, を自分, を苦労, を苦痛, を著しく, を見る, を覺悟, を計る, を認めよう, を負わされ, を身, を載せたら, を遊び, を邪, を量る, んお, んお前, んかい, ん抔先達, ん抜く, 厚さ, 古さ, 少しも, 強さ, 等しくなりき, 腰かけて, 若々しい柔軟性, 開いて

▼ 重~ (350, 4.8%)

7 顔を 4 お定 3 あまの, それを

2 [29件] もう全然準備, もう自分一人, チラと, ツンと, 云って, 何となく得意, 別に櫛, 又自分, 叫んだ, 始終受身, 後も, 思はず驚き, 急に, 手を, 手招ぎし, 晴やかに, 本郷館に, 欣々と, 決しかねて, 深く息, 源助さんと, 父の, 直ぐ忠太, 笑って, 肩を, 腹を, 自分の, 言ひ出した, 返事も

1 [275件] あちこちの, あわてた, あわてて, いうの, いつに, いなかったが, いはず, いふ迄も, いよいよ赤面, いるの, うしろから, おかしくなった, おもむろにふところ, お前の, お尻, お長屋, かえってきまり悪気, かねてから彼女, きょろりとあたり, きょろりと辺, くすくす笑っ, こいしきもの, こういい, こういうよう, こう悲しく, ここで, ここに, こっそり懐中, この問題, この言葉, さう呟きながら, しきりに, しづかに, すぐ, すこし芝居, すっかり姐, すなわち天上, そう思った, そして更め, そっと吉良, そのご, その女猿廻し, その手, それが, それでも爪, それでも腹, そんな小間使, そんな閑寛, そんな騒ぎ, ただなつかしい, ただ意地, つんとして, とうとう笑い, ないけれども, ないという, なお告げた, のこって, はじめの, はたして泣き出した, ひやひやした, びっくりした, ぴくりと, ふと行燈, ふるえ声, ほとんど狂乱, ますます嫂, また石鹸, まだどこ, まだ帰つて, まだ歸つて, もうその, もう一度ニヤリと, もう一度糠袋, もう一度経験, もう一度經驗, もう他愛, もう死ん, やがての, やがて打ち消した, ゆうべ思い切っ, わあっと, アルコールで, イヤな, インテリ女らしい, カントの, キマリ悪, シヤツの, ツイと, ニッコリ笑った, ニヤニヤ人々, ニヤリと, ホッと, ワッと, 一生懸命に, 一重ごとに, 一騎打で, 七尺間で, 丈八郎の, 三男柏軒である, 不必要, 予定通り戻っ, 二つ割りに, 二十も, 二階を, 五年振りにて, 五時ごろ漁師の, 今から, 今の, 今まで, 今市の, 今度の, 仕事場に, 仰々しく糠袋, 何でも直, 倉庫に, 傍へ, 傍らに, 兄の, 兄を, 兎角為造, 全城, 六七間向うの, 六月二日の, 其奥様の, 其奧樣の, 再笑つて, 切れ長の, 利剣で, 前にも, 前夜と, 北陸の, 十八歳即ち, 厭な, 又笑つて, 反射的に, 口を, 口惜しそう, 叱るもの, 呆れたよう, 和歌狂であった, 咲いたかも, 唄を, 唯御簾, 嗽茶碗どころの, 変り者だ, 大きく腕組み, 天文十年に, 奪うこと, 女猿廻しの, 女猿廻しを, 妙に, 威張った, 家から, 家の, 家出した, 少し顏, 少し顔, 居城牡鹿山の, 峰吉に, 帯で, 平生に, 座敷牢へ, 座頭に, 弁護士を, 彼の, 彼を, 彼女の, 後から, 忽ちそれ, 思わずド, 息を, 悲鳴を, 投げ入れの, 掌の, 斬って, 新一郎の, 新一郎を, 既に家, 日の, 早速に, 明らかに, 昨日国府台の, 是れ, 時々後ろ, 暫らく何の, 枕もとに, 果して後, 栖子の, 案外な, 案外に, 此の, 此反対に, 此反對に, 残忍な, 気がついたよう, 河原に, 泣いて, 派手なこしらえ, 湯で, 溜息を, 点頭きながら, 無事に, 無理に, 煙の, 父を, 特に語尾, 特別に, 現在良人良人の, 疎か十重二十重に, 癆咳病だった, 白い顔, 相好を, 真っ蒼, 真理の, 睡たそう, 確かに, 私と, 突っ伏して, 突っ立った, 答えた, 答えなかった, 答えを, 糠袋の, 縁側へ, 美しかった, 聞き澄ました, 背後へ, 膨れた顔, 自分が, 自分より, 良人の, 若い腰元共, 苦りきつて, 草加まで, 荏原屋敷の, 落ちたの, 蒼い顔, 蚕豆を, 袂から, 見当の, 見極めを, 見違えるばかりの, 親身で, 言った, 豆の, 起ちあ, 足の, 踏まねども, 身を, 身体を, 身體を, 軽く笑つた, 輕く, 返事を, 逃げた飼犬, 遠く新, 酒に, 闇の, 闇祭り見物という, 隠忍し, 雨の, 青春の, 非実用的, 領内の, 顎十郎の, 顏を, 顔いろ, 顔容も, 飛加藤の, 驚いて, 驚きの, 驚きを, 黙って, 黙り込んだ, 鼻を

▼ 重そう~ (341, 4.7%)

6 な頭, に抱え 5 なもの, にし, に垂れ 4 にかかえ, に持っ, に提げ, に荷, に見える, に運ん 3 だ, である, なの, な物, な荷, な足, にさげ, に担い, に頭, に首

2 [28件] だった, だね, です, な, なからだ, なふろしき包み, なリュック, な丸髷, な大きな, な書類, な荷物, な財布, な足どり, な金, な金鎖, な鞄, な音, な顔, な首, な髪, にぶらぶら, に動かし, に大きな, に差俯, に積ん, に羽ばたき, に背負っ, に見えた

1 [204件] だから, だが, だな, であったが, であったし, であるが, である羽織, でお飾り, ですと, ですね, でも, でやや, でオーバー, で厚い, で朝子, なお, なその, なので, なり, なカバン, なカーテン, なトランク, なフロシキ包, なリュックサック, な一本, な二重廻し, な五つ, な今, な兵隊靴, な包, な大, な大輪, な姿, な実感, な巻き物, な布団, な強, な戸, な扉, な木箱, な植物, な歩きつき, な毛皮, な毛繻子, な水, な深, な溶液, な煙, な物体, な獲物, な番傘, な白絣, な瞼, な石炭函, な碁盤, な窓掛, な笈, な簑, な縮れ髪, な肩章, な脛当, な腹, な若い, な茅屋根, な草鞋, な裲襠, な赤い強い, な足音, な金時計, な釣瓶, な鉄ばり, な銀, な銀杏返し, な鋼鉄ばり, な鎧櫃, な雪, な電気, な革帯, な革袋, な靴, な響き, な風呂敷包, な黒縮緬, にうち, にうなだれ, にうなだれた, にかけ声, にかぶさっ, にくわえ, にこなた, にした, にその, にそよい, にそれ, にたるん, につづい, にとぼとぼと, にとんと, になった, には見えませんでした, にば, にぱちぱち, にひい, にひきずっ, にひきずった, にふくらん, にぶらさげ, にぼたぼた, にもなく, にやっこら, にゆすぶり直し, にゆっくり, にゆったり, にゆるやか, にゆれた, によ, にバケツ, に一人, に上げ, に下げた, に不断, に両手, に人間, に俯, に俵, に光っ, に動い, に向き直りました, に咲い, に垂れた, に垂れ下がり, に壁, に大きく, に好い, に娘, に孔雀, に左, に床の間, に引きずり, に引き上げる, に引張り出す, に彼女, に成人, に手, に投げ込み, に抱い, に抱え出し, に押さえた, に押し上げ, に担いだ, に担っ, に持ち, に持ちあげ, に持ち上げ, に持ち出し, に挽い, に揺るがし, に揺れ, に揺れた, に擡げた, に擡げられた, に支い, に支え, に枝, に梢, に楽屋番, に橇, に死骸, に水, に片手, に畳, に病める, に白く, に立ち上る, に立ち昇っ, に答えた, に籃, に翅, に肩, に背, に背負った, に見え, に見受けられました, に親, に言っ, に走り, に起き上った, に足, に身体, に辛, に道標, に金, に針医, に銀嚢, に銭叺, に閂, に陣門, に階子, に鞍, に頸, に顔, に首肯かせた, に馬穴, に駈

▼ 重~ (190, 2.6%)

10 つてゐる 6 つてゐた 3 つて来る, ものを

2 [12件] つては, つて來て, つて來る, つて居る, のが, ものが, ものである, ッて, 原因である, 物は, 用事に, 笑いで

1 [144件] いたずらです, つたと, つたばかりに, つた中に, つた中には, つた二つの, つた半, つた山々の, つた山山の, つた數列の, つた死木や, つた殺しが, つた物語で, つた男女の, つた血を, つた青葉の, つてから, つてきた, つてさう, つてし, つてよく, つてゐ, つてゐました, つてゐます, つて七月と, つて匕首が, つて十二月と, つて外へ, つて居た, つて居ります, つて彼の, つて掛かつて, つて欹つてゐる, つて泳い, つて犇, つて留める, つて真逆様に, つて空地には, つて縛り上げました, つて苛, つて行つてその, つて行つて時代が, つて被さ, つて見える, つて見送りの, つて遂に, つて門を, つて高い, ところだけでも, のかなあ, のじゃ, のである, のであろう, ので首切り, のも, のりとごと, のりとに, ものかと, ものたちには, もので, ものです, ものでなく, ものと, ものとして, ものに, ものにさえ, 一半, 一語は, 事柄だった, 人々が, 人々である, 人々は, 人たちに, 人の, 仕事だった, 仲間が, 会社の, 副業の, 動機だった, 動機に, 動機の, 即ち一度, 原因だろう, 原因で, 原因では, 原因というは, 原因に, 原因は, 収入は, 史料として, 問題が, 声が, 声で, 夜あけを, 奴は, 婆アさんが, 學科と, 官公人達も, 家来たちが, 影が, 役員世界の, 悼詞を, 意識と, 感じは, 手紙だ, 批評は, 批難を, 損傷が, 敵中で, 方々に, 暗示らしい, 暗示を, 望みに, 様子であった, 標本を, 民族に, 点である, 理由であった, 理由である, 理由では, 石垣と, 社員の, 策を, 範疇論を, 罪を, 罪悪だ, 罪惡感を, 美しさ, 者七八名が, 肉霊の, 色調と, 蕎麦やが, 装飾であった, 註釈を, 調和に, 負擔, 身の, 道です, 邦人も, 都市に, 鉢が, 音楽から, 音楽を, 顧客として

▼ 重~ (152, 2.1%)

9 隔てて

2 [12件] 初め三人も, 加へたり, 呼び起した, 境に, 相手に, 着けられて, 着て, 見た, 見るや, 連れて, 隔て, 馬鹿に

1 [119件] おれと, かさねて, きて, きびしくかため申すべし, し庭, たずねた, だらりと, つれて, なしたの, にらむと, ひっ張って, へだてるだけ, よびに, よんで, ヒヤカシに, 一日も, 上らんと, 下り辞義, 不具に, 中間に, 介抱し, 兎唇に, 其上に, 出る時機, 助け, 助け出して, 取り出し, 取寄せて, 口説いたこと, 口説き落し遂に, 吉良へ, 呼んだ, 呼んで, 嘗めるよう, 堺に, 大変口の, 奪って, 妻の, 寺社方へ, 帯びて, 庸三の, 引きあけ小, 引きめくりに, 引っ立てて, 彼は, 心私かに, 急がせて, 愛して, 成したるは, 打ち首, 托して, 抱え廊下, 押し別け, 振り向いて, 捲きつけて, 措いたこと, 措かずた, 敷きしを, 敷きてさ, 敷き亦, 敷き其上, 旗本伊沢の, 書斎の, 松浦頼母は, 森の, 武蔵から, 残すこと, 永劫崩れる, 波の, 滅ぼしたこと, 焦立たしくし, 犯して, 着けて, 着たるありじれつた結び, 着た夫人ぶり, 瞰めつけ, 示して, 私に, 置かざる万人, 置かぬもの, 置き以, 置き去りに, 置き教員, 置き育, 考えそれら, 聴くよう, 自分にも, 自分の, 落し得長寺院, 見分けて, 見守ったの, 見抜く力, 負ふことい, 負る, 貰う意, 貰う気, 越して, 距てて, 距てながら, 踏んで, 載せて, 迎へ, 近くの, 連れまるで, 量ると, 長火鉢のむ, 附けられて, 除く外, 隔てたお, 隔てたこちら, 隔てたばかりの, 隔てたまま, 隔てた向う, 隔てた隣座敷, 隔てては, 隔ててはを, 隔て松, 首に, 鼻缺けに

▼ 重~ (139, 1.9%)

4 言つた 2 これを, すみ外山, 何と見た, 先づ一人源助, 先に, 叩頭を, 思切つて妙な, 盗人とは, 訪ねて

1 [117件] ありお, あり体温, あるだけ, いい加減言いくたびれる, いう, いよいよ恐れた, いる, うすうす自分, おめ, お八重, きまりだった, くずれおちるおと, こんなにずけずけいう, さけんだ, しんみりと, そこらの, そっと立っ, その生き, たまたま君, だんだん家庭, つけども一羽背負つて来たのせえ, つれられて, どうした, なけなしの, ひどくわれた, また不思議, また聞いた, まだ日本, やってくるぜ, よく町医, オランダへ, 一つその, 不図, 不圖, 主治医煙に, 乱世に, 云つた, 互に何やら呼応, 今まで, 何で盗人, 兄に, 入って, 入り込んだ踏花園, 八百畳三重が, 其処へ, 凡庸の, 別れを, 古戦場でも, 呼び出される事, 囁いたと, 四百畳五重が, 城の, 声を, 外遊する, 多いと, 天を, 天主閣の, 天国と, 夫人と共に, 奥に, 女房を, 如何にも美しかっ, 子供を, 寝返りを, 寢返り, 帯の, 引受けて, 心づくしの, 心持が, 悠然と出, 承知しなかった, 指図し, 時々うとうとと, 来てから, 桔梗の, 棚板を, 横すわり, 江戸に, 泣くか, 湯を, 無意識の, 爪先で, 申年か, 発した質問, 百畳敷その, 直ぐ上框兼帯, 直したらすぐ, 眞つ盛り, 知って, 突っ伏して, 笑った, 答えた, 美しく上気, 美しく着飾っ, 羨望の, 聞いた, 自分の, 自身で, 茂助という, 菓子を, 落付い, 襖の, 見知らぬ男, 覗いて, 言った, 設計され, 質に, 赤い襷, 近代的な, 遊び半分時々, 金之助の, 陸橋の, 難題として, 青年会の, 顔を, 黒鉄の, 鼻を

▼ 重にも~ (131, 1.8%)

43 三重にも 3 なって, 三重にもの, 四重にも 2 八重にも, 語つた

1 [75件] あるいは十重二十重, いりくんで, かさなつた正面, からめた包装, する術, それが, たがいに, どつた, なつた, なり二階造り, なる, ひそんで, わがねて, イヤな, ボンヤリとして, 三重にもな, 不二の, 世間は, 事件の, 二十重にも, 亦三重, 使いわけて, 働き出して, 六重にも, 削り取られて, 厚ぼったく巻かれ, 取りまかれ頭, 取り巻いて, 取り繞ら, 可愛がっ, 四重にもの, 囲まれたらしい, 塗りつけた有, 変える, 嬉しく杉田, 山を, 巻いて, 巻立てた, 建て廻らされた正方形, 引かれて, 手もて, 打ち明けて, 抵当に, 抵當に, 損な, 搾られてること, 曲げて, 柵を, 構へ, 犯そうという, 疲れさ, 瞳に, 結びつけられて, 綾の, 線が, 織り重って, 老若男女の, 聞こえて, 興味と, 苦しめ苛責, 蓋を, 融通の, 解るはず, 貼られて, 身を, 透きとおるほど, 逢った, 違った疼痛, 重なって, 重なり合, 重なり合つて北, 重なる不快, 電話を, 高く聳え, 鳴りだした

▼ 重三重~ (109, 1.5%)

3 の締り, の鉄 2 に浸, の底意, の意味, の鎖

1 [95件] いろいろさまざま, とつづけ, とり如水, とガンジガラメ, と輪廓, な罪悪, にあっ, にうれしい, におっとり, にかさねる, にし, になっ, になった, になり, にらくに, にわ, に人垣, に働い, に働く, に入り組んだ, に募っ, に包んだ, に取りかこん, に囲ん, に大江山課長, に学ぶ, に守られた, に布陣, に念, に念入り, に悲しみ, に桐油紙, に植, に植え, に白い, に盗賊, に相, に眼張, に絞首, に繋がれた, に群つた, に若い, に裏書き, に見舞われる, に試み, に警戒, に貼っ, に重なる, に陣幕, に面, に黒旋風, のかまえ, のげんじゅう, のぼく, のむずかしい, のよろこばし, のディレンマ, の不, の不倫, の不可思議, の不可能事, の人, の働き, の函, の利害, の剣輪, の包み紙, の包紙, の固め, の必要, の念, の怒り, の恋, の意外, の手間, の權利, の気がね, の深長, の災難, の物心内外, の石垣, の空中防備, の策, の箱, の苦境, の表現, の警戒陣, の関所, の防ぎ, の陥穽, の魚雷防禦網, ものややこし, もの心, よ, 否数重

▼ 重なる~ (108, 1.5%)

4 不祥事に 2 人々の, 原因の, 原因は, 商店旅館等は, 家臣が, 悪事に, 無礼軽蔑カンニンブクロの, 葉牡丹は, 部将も, 雲が

1 [84件] などかかる, など斯, を感じた, 一人でありました, 一人は, 不仕合せこの, 不仕合せと, 不氣味, 不祥事を, 事柄に, 事象の, 人々だけでも, 人々は, 人が, 人は, 傾向と, 傾向について, 凶事に, 利は, 制作中殊に, 劇作家五百人の, 力は, 勢力も, 原因と, 原因に, 味方だけを, 商估の, 失望ひしひし, 學者は, 家臣は, 将たちと, 将を, 山岳の, 常連であった, 役人は, 徒党は, 心労も, 心痛の, 怨みとは, 怨みを, 怨み今ぞ, 怪奇現象に対して, 恨みの, 悦びであった, 惡事を, 意恨いと, 戦争の, 招聘にも, 攘夷論者及び, 新聞の, 樹の, 歓びを, 歳月は, 歴代の, 水の, 法水の, 特質也, 理由の, 生徒が, 生涯と, 産地数ふれ, 用語の, 異変に, 県官の, 神名を, 私塾の, 精神は, 繁栄の, 罪の, 臣下を, 苦勞と, 葉の, 要求に, 負目, 逢引, 遊蕩によ, 遺臣たちも, 部分は, 障子の, 雑誌でさえが, 電話に, 面々は, 驚きといふ, 點から

▼ 重大事~ (72, 1.0%)

5 である 4 なので 3 だ, であった, です 2 がある, であるから, では, には相違

1 [46件] がそっと, が起った, だぞ, であって, であります, であり自分, であり詮, であること, であると, であるの, ででも, でもなけれ, でやはり, で被害者, とて之, となつ, とにらん, と思ったらしく, と聽, と見, なの, ならば, なること, に善処, に就, に就き, に想到, に相違, に臨ん, の勅命, はそれ, らしい事柄, らしくゆっくり, らしく囁き, を, をたちどころに, を事もなげ, を何ん, を十五円, を思ひ込ん, を抹消, を無視, を考慮, を議し, を重大事, を頼んだ

▼ 重~ (71, 1.0%)

3 のため 2 の故に, の統一, を持っ, を有

1 [60件] から出, から如何, から由来, があり, がある, がその, がつきまとっ, が働い, が始まつた, が存する, が獣類, が生じる, が発生, であった, である, である所以, として吾, として持っ, として有, として矛盾, とはそういう, とは何, と相似, なの, による, に他, に呪われ, に於ける, の, のこの, のもの, の上, の在り方, の所有者, の故, の概念, の炎症, の秘密, はそこ, は以上, は当然, は恰も, は更に, は異, もあり, をその, をそのまま, をはっきり, を一つ, を主題, を人々, を卒, を又は, を反映, を数学, を有っ, を有った, を激化, を私, を科学

▼ 重くるしい~ (69, 0.9%)

3 沈黙に 2 どこかの, ものが, 場所に, 溜息, 衝動を

1 [56件] うめき声, けれどもやはり, ことである, そのくせ, ため息を, とも思わなかった, ので所労, はでやかな, もの無理な, 仕事に, 修辞を, 勿体振りが, 印刷物をも, 厭な, 口ばかり, 口ぶりで, 口を, 口調で, 唸を, 圧迫も, 圧迫を, 夜の, 宮門には, 寂寞, 封建の, 御馳走で, 心持に, 息を, 悪夢の, 感じが, 感じで, 感じである, 気分に, 気分を, 気持ちが, 気持に, 沈思の, 沈黙が, 沈黙を, 片はし, 物音が, 疑惑と, 疲が, 眠りの, 眼を, 空が, 空気が, 空気の, 聲で, 苦悩の, 薬の, 誘惑を, 調子の, 足音は, 音を, 麪包を

▼ 重~ (62, 0.8%)

3 一緒に 2 いふ, おこんとを, 云ふ, 申す娘

1 [51件] いいどっち, いいます, いい剣, いうより, いって, いつても, いひ, お貞さん, しそれ, し孰, し教育, し頸部, なって, なりおる状況, なりぬ, なりぬそ, わかりましたが, ガンジガラメに, 上に, 争いぬ, 二人廊下に, 云ひ, 剥ぐ如く束の間, 北の方とは, 同じであった, 同じほど, 同じ事, 呼ばる, 喧嘩を, 天井から, 嫂とは, 差し向かえる魔室, 彼女との, 書いたもの, 書いて, 申しまして, 申す女, 申す者, 紀子の, 結婚する, 絹を, 考えるに, 耳の, 薄い板壁, 見たもの, 言いたいところ, 言ひ, 言ふところで, 輪廓を, 銀二十枚とを, 間違えたらしくこう

▼ 重~ (59, 0.8%)

2 お定, なるもの, なる人物, めぐって, 喙を, 新太郎に, 目を

1 [45件] あのとおり迫害, あるその, いささか怖い, い役, かまぼこも, かろがろしくなく, くるしい足踏み, くるしい跫音, そうで, そのあと, その一人, つづいて, どんなお, なる科目, なる者, なる肝腎, なる點, また正宗門下, よく知っ, りの, 三重もの, 下り畳むらし, 二十重も, 二重もそ, 亦此, 初めて気, 千重も, 取りまいて, 団扇を, 多く遮る, 捕えられること, 新一郎を, 早く片づけ, 来母, 武州公も, 漁場へ, 無言の, 相な, 相に, 着物を, 矢張気が, 矢張氣が, 立ち者が, 酒器も, 雲谷派の

▼ 重かつ~ (58, 0.8%)

305 たから, たが 2 たそして, たの

1 [14件] たか, たけれど, たけれども, たしかし, たといふ, た事, た女, た腰, た腹, た途上, た顏, 大どこ, 大なる, 大に

▼ 重ぬる~ (53, 0.7%)

2 ことが, に從つて

1 [49件] うちいつか知ら, か如き, ことすでに, ことの, こと推古天皇様十五年より, こと百五十八回に, こと百五十故, ごとに, ときは, ともそれ, と雖, なかれ, に従い前人, に従い漸次統計年鑑, に従って人間, に従って増し, に従って敵対, に従って益々, に従つて, に從つて其親切, に於, に至り, に至りたる, に至る, のみ, のみであっ, の下, はじめの, はや三月, は国家, は國家, ままに, も任意, をえず, 不満は, 体を, 六十囘, 六十回時歳末に際して, 夜と, 宮は, 更に一, 業とも, 毎に, 百〇七十万余部を, 者之に, 裡薩州より, 貢府に, 道理にて, 間に

▼ 重廻し~ (53, 0.7%)

6 を着, を着た 5 の袖 3 を羽織っ 2 に下駄, の襟, をひっかけ, を引, を著

1 [23件] と帽子, などを風呂敷, にすっかり, に凍え, に私, に買物籠, に身, のポケット, の下, の不自由, の両, の翼, の裾, は殆, も一郎, をお召, をだらし, を引っかけ, を掴んだ, を玄関, を着込んだ, を身, 山高帽

▼ 重~ (42, 0.6%)

3 あつた 2 宿直室に, 隔てた宿直室

1 [35件] お宿直, からくも, ご昼食, せうか, そのほか, つい目, はござらぬ, はござりませぬ数年前, はない, はなかっ, は写り, ふせぎ切れるもの, へだてられてるばかり, 仕切られながら, 光圀が, 内部は, 右は, 子供連れな, 左の, 差し出すの, 差配を, 感じる気もち, 済まして, 片方が, 用が, 田は, 稀には, 罠に, 肌寒い思い, 膚脱の, 花の, 花束の, 袋仕立てに, 話は, 赫と

▼ 重さん~ (38, 0.5%)

4 おめ

1 [34件] いっぱい今夜, お帰り, か私, が死ん, が身, が首, くらいと思った, しッ, だお前, でしょうそんな, とかいう妹さん, とか言う, と云う, にだけです, によく, に何, に逢っ, の詫こと, の話, の頭, はそんなに, は一昨日, は何, は留守, は私, まア何, も, も此処, やな, 何とかいう, 大層早, 立つの, 逃げちゃ, 逃げては

▼ 重人格~ (38, 0.5%)

3 を見た 2 のよう, を現す

1 [31件] かドド, が実証, が私, が説明, だ, だってこと, であるべきもの, でもう, でもなけれ, という言葉, とも違います, なの, なので, にし, にすぎない, に関する考察, の一面, の実例, の所有者, の物語, の発作, は身体的, また多数人格, も怪奇, も面白い, をあらわす, を俺, を備, を意味, を示した, 曲げがたき

▼ 重~ (31, 0.4%)

2 の三白眼, の中

1 [27件] が何より, であった, で理性, なの, に険, のいい, のすっと, の一種独特, の丸顔, の切れ, の吊りあがつた, の射す, の情, の目, の眼, の眼付, の細い, の薄, の長く, の黒い, まで縦, をあげ, をこんなに, を一層, を二重瞼, を伏せ, を寂しく

▼ 重すぎる~ (30, 0.4%)

3 のだ

1 [27件] ことだ, ために, ということ, という意見, とするなら, と思う, ので, のです, ので後, のは, ほどのリユツクサツク, ものだった, ものでございます, ようだ, んだ, スリの, 仕事であった, 位の, 使命, 傾向が, 動きが, 名を, 悩みを, 桶の, 生活の, 眼が, 税と

▼ 重という~ (30, 0.4%)

2 のが, 女は, 女を

1 [24件] ことし十六に, こと一向に, ところで, ところまで, ものです, ものを, 人の, 全盛の, 処を, 名前の, 女が, 女さえ, 女中頭を, 女房が, 女郎其の, 娘で, 年増女です, 本家の, 浪人者の, 白痴の, 美しい女, 若者だった, 蛇使いだ, 風に

▼ 重から~ (29, 0.4%)

2 しむるものありて, しめて, しめるもの, しめん

1 [21件] あなたの, ざるを, しむる水腫, しめしや, しめたの, しめて居る, しめる, しめるから, しめる爲め, 一二度かかった, 何も, 來た, 例の, 便宜を, 巻き上げた金, 平舞台, 渡す隠語, 澄子が, 片づけるの, 藪から, 起された

▼ 重たげな~ (27, 0.4%)

2 冬空を, 長櫃を

1 [23件] 乳房厚く, 包みを, 広い額, 庭下駄を, 恰好で, 手籠を, 杖を, 物腰と, 眼瞼の, 着物を, 瞼の, 舟を, 花の, 花瓣が, 草葺尾根も, 蕾を, 足どりが, 足どりだった, 足を, 長い総, 音を, 音響が, 頭を

▼ 重ちゃん~ (25, 0.3%)

2 の兄さん, は自分

1 [21件] およし, がいいました, がいった, がそば, が其那, が家, くらいのもの, さえ安心, でした, に知らせました, の家, はいいました, はお, はどちら, はまた, は家, は急, は石, は神, は聞きました, をそっちのけ

▼ 重さうに~ (24, 0.3%)

3 垂れて 2 見えた, 見えるが

1 [17件] かう顏, ささげて, した見ちが, して, ずり上げながら, ぶらさげて, よいしよ, 傾いた儘搖ぎもせぬ, 厚く脹れ, 引ずる下駄, 引ずる私, 引出したの, 提げて, 然も, 見えるゆゑ, 見へる右, 辛さうに身

▼ 重くるしく~ (21, 0.3%)

4 なって 2 感じられて

1 [15件] いつまでも, かちかちし, して, し療養所, ずっしりと, だまって, つづいて, とじこめて, なりがち, なりました, 云へば, 古風に, 圧しつけて, 彼の, 矢代には

▼ 重だった~ (21, 0.3%)

1 [21件] ものに, ものは, 一人が, 事には, 人の, 人民に, 人達が, 係員十名の, 分子が, 大臣たちに, 客は, 家臣にも, 布施は, 役員を, 書画骨董は, 氏子に, 者百十四名を, 芹沢派の, 親類たちに, 関係者が, 雇人などの

▼ 重~ (21, 0.3%)

2 の兄さん, の家

1 [17件] がなんと, が耳, というの, にきい, に指, に礼, のうえ, の金策, はあの, はいつも, はすぐ, はその, はどう, はなさけない, は那覇, は頑として, を案内

▼ 重~ (21, 0.3%)

1 [21件] から取出した, から数多, だな, であろう, ですよ, でもある, にし, になっ, に流れ, に這い込み, に隠し, に隠し置く, のある, の仕掛, の仕掛け, の宝石入れ, の秘事, の秘密, の鞄, を探っ, を清め

▼ 重兵衛~ (20, 0.3%)

2 がその

1 [18件] がいる, がかけた, が参るべき, が籠, である, というもの, といふ男, とを数えん, と云う, と弥七, などと第, に豊, の世話, の祖先, の豊芥子, はお, は雪隠, を呼ん

▼ 重生活~ (20, 0.3%)

2 をし

1 [18件] が不愉快, が現れ, だ, と云, に困憊, に對, のアナ, の煩, の矛盾, は我々, をいつ, をしいられる, をしいる, をやっ, を営ん, を私たち, を突き抜ける, を送っ

▼ 重~ (18, 0.2%)

4 苦しい空氣

1 [14件] くるしい煙り, たま, てゆく, 苦しいの, 苦しい噴煙, 苦しい恐怖, 苦しい気持, 苦しい沈默, 苦しい絵, 苦しい義務, 苦しい金絲, 苦しい面魂, 苦しくた, 苦しく更け

▼ 重~ (18, 0.2%)

2 のガラス, の前

1 [14件] からの少し, にしたら, にカーテン, に向っ, のそ, の内側, の外, の硝子, の窓, の間, は寝台, は開かれ, よりもよく, を降し

▼ 重~ (17, 0.2%)

2 え虫

1 [15件] 人に, 入谷村の, 問うた, 士の, 孝経を, 店主人と, 後に, 来庵, 申上候, 禄に, 聞届次第に, 註すること, 贅せず, 関の, 麻布市兵衛町の

▼ 重~ (17, 0.2%)

1 [17件] おのぼり, かようはしご, のぼろうと, 上った, 上って, 上り下手, 上り五重へ, 上り四つ, 云った, 出る, 宛てたのに, 極重, 詰めて, 走り寄り, 追, 這入った, 駈け上って

▼ 重過ぎる~ (17, 0.2%)

1 [17件] かも知れません, きらいは, ことに, という病人, と云, と思つて, と思ふ, と思われた, と見え, ので足, のを, ほどいかめしい, やうな, やうに, ようだ, んで, 衣裳でした

▼ 重~ (16, 0.2%)

1 [16件] から内, から意地, があの, が此人の, し中, つた, つた人々に, つた人で, つた御, といふのぢ, とかいういわゆる, とは, と云う, な, もの耳でも, よ

▼ 重~ (16, 0.2%)

8 かなる 1 万之助は, 人絹を, 八重が, 公宗らも, 公宗を, 北齋乃至草艸紙の, 緞子や, 美保子に

▼ 重隔てた~ (16, 0.2%)

2 昔の, 隣の

1 [12件] 向うに, 向うには, 奥の, 室で, 座敷に, 昔話の, 校長室で, 次の間に, 直ぐ隣り, 背中合は, 自分の, 道具置場で

▼ 重まぶた~ (15, 0.2%)

1 [15件] から二重まぶた, にあり, になっ, に相違, に見える, に転向, のすずしい, の大きな, の小さな, の所, の目, は上下, は精神的, もしくははつきり, を好む

▼ 重八重~ (15, 0.2%)

2 なる葉牡丹, の見物人

1 [11件] かさねて, という風, と言, にしばりあげた, にその, に剥ぎとられ, に私達, に立っ, の唐衣, の山, は疎か

▼ 重写し~ (15, 0.2%)

2 になっ

1 [13件] が出来る, である, で写された, として観, となり, などの技術, にし, にする, に依っ, のお慰み, のよう, の写真, みたいに

▼ 重~ (14, 0.2%)

2 は少し, は鍵 1 が入れ, のなか, の中, の方, はグツ, は二, をうった, をつけ, を付け, を附けた

▼ 重右衛門~ (14, 0.2%)

1 [14件] がナ態, が殆ど, が駐在所, だった, でその, と云え, と言, に, に手向, に逢, は, はこれから, は此頃, を撲れるなら

▼ 重~ (14, 0.2%)

2 やコート

1 [12件] が殊勝, とは壁, の下, の儘, の男, の間, も着ず, も背恰好, を来た, を渡し, を着た, を脱いだ

▼ 重羽織~ (14, 0.2%)

2 の紐, の袖口 1 で涼しい, と大島, なんか着込ん, の裾, をずたずた, をつけてる, をぬい, を引, を彼女, を着た

▼ 重二十重~ (13, 0.2%)

2 に縛られた

1 [11件] であろうと, にしばられ, にグルグル, に包ん, に囲まれ, に小田原城, に渦, の, の人垣, の心根, もかろがろしく

▼ 重眼瞼~ (13, 0.2%)

7 の眼 2 の方 1 と細そり, のちらちら, の大きい, を二重

▼ 重~ (13, 0.2%)

1 [13件] がぶるる, が拡がっ, にふとっ, にも飛びだした, のついた, の一重瞼, の婦人達, は一重, までさながら, をながめ, を刳くっ, を結ん, 大町人

▼ 重には~ (12, 0.2%)

21 それが, なおさら忌々しく, 二十八宿の, 小さな実, 廻廊を, 悲哀が, 見えては, 見せびらかしの, 赤い顔, 郵便局という

▼ 重マント~ (12, 0.2%)

2 の下 1 が一つ, が込み合, のボタン, の袖, の袖の下, を式臺, を持っ, を片隅, を着た, 穿いて

▼ 重~ (12, 0.2%)

2 のこと 1 がいつも, がおかしな, が断岩, ではあるまい, という名, に似, は不思議, を一種, を天狗, を西方

▼ 重四郎~ (12, 0.2%)

1 [12件] が新, って役者, というお, という三十五歳, と石田, なるもの, に色々, の代り, はいわゆる, はしきりに, や馬楽, 大ハリキリ

▼ 重~ (12, 0.2%)

1 [12件] が王義明致流, が立ち去った, にどれ, のお, の身内, の駕先, の鼻柱, はクルリ, は刎頸, は憤, へ変, も参っ

▼ 重性格~ (12, 0.2%)

1 [12件] が加わっ, について語つた, によつて, に他, はすなわち, は人間, は形, も, より來, を実によく, を想, を意味

▼ 重~ (12, 0.2%)

2 の屋根 1 な預り物, にし, には六十四面, に入る, の上, の城砦, の家根, の廊下, の瞼, をかけられ

▼ 重お前~ (11, 0.2%)

1 [11件] とは好く, どうでも, のよう, の咽喉, の室, の鼓, はあの, はあのお, は逆, も少し, を御

▼ 重~ (11, 0.2%)

3 られて 1 ざるべからず, ざる時弊, しめ火事, らるる, られたが, られる聡明, られ候ゆゑ, られ風流

▼ 重ちやん~ (11, 0.2%)

1 [11件] がうつ, が自分, である, ところの, とは何, の卷き, の後, の案内, の話, も圓, を呶

▼ 重まわし~ (11, 0.2%)

2 のポケット 1 が脱ぎ捨てられ, てすらり, の中, の大きな, をひっかけ, を着, を脱い, を脱ぎ, 小生意気に

▼ 重~ (11, 0.2%)

2 の花 1 が, がほころび, が咲き, が散り, が散りかかる, におくれ, のこずえ, の枝, は戦栗

▼ 重~ (11, 0.2%)

1 [11件] お菊, が彼女, とだけで, と岡野, になった, の助け, わが書斎, を送り, 亦来る, 来りいつ, 来る

▼ 重~ (11, 0.2%)

1 [11件] が舟, だが, であった, という者, と一緒, と与, のふたり, は, はすたすた, は先, は涕涙

▼ 重~ (11, 0.2%)

1 [11件] で粘っこい, になっ, に一見悠々, に白粉, のため, の眼, の頬, をしゃくった, をもった, を撫でさす, 短い首

▼ 重~ (10, 0.1%)

2 二重かという 1 あない, お里か, とおも, なにかの, ッた, 八重に, 甲斐絹か, 苦労した

▼ 重といふ~ (10, 0.1%)

2 こと一向に, のが, 順で 1 わけで, 妓に, 妓の, 娘である

▼ 重にな~ (10, 0.1%)

2 つてゐ 1 つた方塔の, つてその間に, つても, つてゐた, つて居り, つて畳が, つて見えさうな, つて隆造の

▼ 重兵衞~ (10, 0.1%)

1 が遣, が骨董, と全く, と言つたの, に示し, の後添, の枕元, もこれ, も膽, 蒼くな

▼ 重~ (10, 0.1%)

1 から銀座辺, のこと, の上, の前, の横, の眺望, へ向かい, へ行きます, を拝, を見

▼ 重硝子~ (10, 0.1%)

6 の窓 1 になっ, の洋盃, をはめた, を透し

▼ 重~ (10, 0.1%)

1 であります, と相, などの平家勢, の, の女, の寛保三年, の門人, の門人鈴木春信, は八ヶ国, は奥村派

▼ 重くるし~ (9, 0.1%)

5 さを 1 さう, さが, さと, さも

▼ 重なりを~ (9, 0.1%)

1 たちまち模糊, 夜通しがかりで, 左右に, 望むとき, 行うて, 見せた中, 見て, 見るに, 透して

▼ 重より~ (9, 0.1%)

2 五重までの 1 一つ歳下輝勝より, 四代目の, 成れる盾, 早く結婚, 片足落し呑み終り, 聞きて, 飛び下

▼ 重向う~ (9, 0.1%)

2 の室 1 には確か, に何事, に咳一つ, に隠れ, の焚き, の肥料, は赤

▼ 重~ (9, 0.1%)

1 が一本, といい, どの辺り, などが老躯, の脇差, の館, は兄弟, は眼, へ身

▼ 重隔て~ (9, 0.1%)

3 て隣家 1 がある, てすぐ, て南, て台所, て地響, て広き

▼ 重すぎ~ (8, 0.1%)

1 てそれで, てよろめい, て二人, て歩けないであろう, て馬, ときどき途方, はしません, はする

▼ 重である~ (8, 0.1%)

1 かどう, から, が所謂裳階, が時に, としたら, とはシエイクスピア, と名乗り, と言うべきだ

▼ 重もに~ (8, 0.1%)

1 のっかって, 何れかの, 何を, 參考された, 學理的の, 平家及び, 説かる, 鼓吹した

▼ 重~ (8, 0.1%)

2 に蝋 1 から始まり, ではその, で終つて, に秘, の方法, の機械的作用

▼ 重垣姫~ (8, 0.1%)

1 が呼び物, と山姥, に対して勝頼, のよう, も無論, や助, をした, を振りあてられ

▼ 重外套~ (8, 0.1%)

2 で丁度 1 と吾妻コウト, の袖, の襟, は何, を打被, を絡

▼ 重~ (8, 0.1%)

2 木を 1 木, 木が, 木と, 木という, 木な, 木の

▼ 重~ (8, 0.1%)

1 であつ, である, ではその, の一員, の軌道, の軌道面, の離心率, の離心的軌道

▼ 重とは~ (7, 0.1%)

1 いかが, どんな有様, 余り仲, 依然として松浦頼母, 別れ別れと, 新一郎の, 驚いて

▼ 重~ (7, 0.1%)

2 見エ, 見エタ 1 見エルノデ, 見エルノデアル, 重ネテ畳

▼ 重~ (7, 0.1%)

1 がお, と云う, に段々, に自分, の細工, も来合せ, を振りもぎる

▼ 重人格者~ (7, 0.1%)

2 である 1 であると, ではあった, ではない, となった, の甲乙

▼ 重~ (7, 0.1%)

2 に限り 1 で家, には山颪, に起こっ, のその, を通っ

▼ 重~ (7, 0.1%)

2 を締め 1 という手軽, ほどの水, まで添え, をしめ, をしめて

▼ 重~ (7, 0.1%)

1 がピタリ, でその, とででき, の中, の内側, は鎧組, をあけ

▼ 重~ (7, 0.1%)

2 は上 1 がその, が入唐, が弟子三十余人, はやがて, を推挙

▼ 重~ (7, 0.1%)

1 と浜町, を伴, を招ぎ, を落籍し, 帰りし後, 来りて, 来り宿す

▼ 重結婚~ (7, 0.1%)

1 だ, とやらの罪, までした, をし, をした, をする, を企らん

▼ 重~ (6, 0.1%)

1 て居られた, て居ります, て是, ねばならぬ, 不意討の, 御自ら

▼ 重へだてた~ (6, 0.1%)

1 だけで広場, 向うの, 茶の間に, 部屋では, 部屋に, 隣人には

▼ 重もの~ (6, 0.1%)

1 ややこしさ, 包を, 心の, 環に, 目的の, 鎧を

▼ 重~ (6, 0.1%)

2 になっ 1 で容易, で此處, の一つ, を下す

▼ 重~ (6, 0.1%)

1 な風呂敷包, な首, に歩き出した, に靡い, は彼, を看破

▼ 重組ん~ (6, 0.1%)

3 では母, では父

▼ 重~ (6, 0.1%)

1 あったと, でも自分, をとらすであろう, を与えよう, を受けた, を懸け

▼ 重過ぎ~ (6, 0.1%)

2 たり画面 1 てその, ては走り, て大体航海, て最後

▼ 重~ (6, 0.1%)

1 に住ん, に住んでる, のお座敷, の八さん, の室, の左官夫婦

▼ 重さうな~ (5, 0.1%)

1 のも, のを, ものを, 人で, 車の

▼ 重たげ~ (5, 0.1%)

1 であつ, ななに, なゆ, な寝, な必ず

▼ 重との~ (5, 0.1%)

2 間に 1 姿が, 配調を, 間も

▼ 重五郎~ (5, 0.1%)

1 という名前, と誌, の位牌, の名札, の家

▼ 重五重~ (5, 0.1%)

1 にも六重, の困難, の廊, の張紙, の関門

▼ 重~ (5, 0.1%)

1 から返事, と一酌中, の家, の買っ, は兄分

▼ 重~ (5, 0.1%)

5 のもの

▼ 重~ (5, 0.1%)

1 だろう, つくるその, にしみ, の真, へ行ったら

▼ 重~ (5, 0.1%)

1 には白い, に神秘, のこと, のところ, の心

▼ 重山吹~ (5, 0.1%)

1 の花, の花むら, はひらけ, はまた, を隔てざりせ

▼ 重左衛門~ (5, 0.1%)

1 この髯, の屋敷, の次男重太郎, の頤一つ, も別

▼ 重彼方~ (5, 0.1%)

1 が何, では一通り, にはまるで, の彼, は私

▼ 重~ (5, 0.1%)

1 で通した, に小倉, に重ねた, の対立, を取り出し

▼ 重立つ~ (5, 0.1%)

2 雲の, 雲を 1 霧を

▼ 重うつし~ (4, 0.1%)

2 のよう 1 で植物, となっ

▼ 重~ (4, 0.1%)

1 も厭わず, を証拠, 梨子を, 金額だ

▼ 重~ (4, 0.1%)

2 吉事 1 ば, ば平城

▼ 重さ八十斤~ (4, 0.1%)

1 と称する, の鉄, もある, もあろう

▼ 重じなけれ~ (4, 0.1%)

2 ばならぬ 1 ばならない, ばならん

▼ 重たる~ (4, 0.1%)

1 くすっきり, とを問わず, と一重たる, 乞食僧の

▼ 重づく~ (4, 0.1%)

2 めに 1 めなりし, めの

▼ 重なす~ (4, 0.1%)

1 心は, 浜木綿の, 蘇鉄の, 襞にかけて

▼ 重にもの~ (4, 0.1%)

1 嘘が, 天然の, 縁合と, 陥穽が

▼ 重ぬれ~ (4, 0.1%)

1 ば, ば人民, ば其の, ば炎

▼ 重~ (4, 0.1%)

1 はしの, はしを, はし着た, はる

▼ 重まで~ (4, 0.1%)

1 あり城堡, お供を, 持って, 秋は

▼ 重もしくは~ (4, 0.1%)

2 三重に 1 三重と, 二重以上の

▼ 重一人~ (4, 0.1%)

2 だけ東京, ゐた所

▼ 重二重~ (4, 0.1%)

1 あるひ, と剥ぐ如く, に乾堀, のねうち

▼ 重~ (4, 0.1%)

2 である 1 と云, の女

▼ 重圏点~ (4, 0.1%)

1 かさねて, が施し, が附け, を附けた

▼ 重垣町~ (4, 0.1%)

2 の方 1 で降り, の裏

▼ 重~ (4, 0.1%)

1 が火, が高々, の石, を囲む

▼ 重~ (4, 0.1%)

1 があっ, となっ, の中, の廊下

▼ 重~ (4, 0.1%)

2 の左行篇 1 だけ日本, 第一巻

▼ 重天井~ (4, 0.1%)

1 になっ, の一隅, へはい, へ隠し

▼ 重姉さん~ (4, 0.1%)

1 がこの間, がそう, の気持, はお

▼ 重廿重~ (4, 0.1%)

1 にとりかこむ, にとりまい, にとりまいた, に縛められた

▼ 重意識~ (4, 0.1%)

1 にほかならない, の呪, の洗禮, の相剋

▼ 重映し~ (4, 0.1%)

1 になっ, になつて視覺, に荒廃, 三重映し

▼ 重~ (4, 0.1%)

2 の下 1 が総体, の白骨

▼ 重~ (4, 0.1%)

1 がでっぷり, に違い, の調査報告, は多く関西方面

▼ 重~ (4, 0.1%)

1 が, の理論, の論文, はかの

▼ 重~ (4, 0.1%)

1 という者, の父, をもっ, を催促

▼ 重~ (4, 0.1%)

1 な患者, な放射線障害, な青年, の状態

▼ 重~ (4, 0.1%)

1 があっ, と小姓, の側, の所

▼ 重さんお前~ (3, 0.0%)

1 は知ってるだろう, まったく変り者, 相変らず

▼ 重さ土~ (3, 0.0%)

1 の上, の匂い, の生み

▼ 重すぎた~ (3, 0.0%)

1 ので一足毎, 半封建的社会, 感じでした

▼ 重ちや~ (3, 0.0%)

1 んはた, ん今, ん俺

▼ 重であった~ (3, 0.0%)

1 からじゃ, から起った, ことは

▼ 重なつた~ (3, 0.0%)

3 やうな

▼ 重などの~ (3, 0.0%)

1 源氏党が, 羽織に, 雲谷派の

▼ 重なら~ (3, 0.0%)

1 ばそれで, む, む見よ

▼ 重なり~ (3, 0.0%)

1 繋がり合って, 腐った湿潤, 茂ったその

▼ 重なれる~ (3, 0.0%)

2 山は 1 ものを

▼ 重にて~ (3, 0.0%)

1 候不, 入り替り暖簾口, 墓地に

▼ 重に対する~ (3, 0.0%)

1 ものは, 忠誠を, 思慕は

▼ 重もな~ (3, 0.0%)

1 人々も, 人では, 故跡

▼ 重トンビ~ (3, 0.0%)

2 をかけ 1 を着

▼ 重~ (3, 0.0%)

1 たる攘夷, なり, を著述

▼ 重五つ紋~ (3, 0.0%)

1 に仙台平, の重ね着, の高家ふう

▼ 重以上~ (3, 0.0%)

1 の不思議, の無限級数, へは御用列以下

▼ 重其方~ (3, 0.0%)

1 としては信じ, は強情, も存じおる

▼ 重~ (3, 0.0%)

1 に葬, は帝, も其附近

▼ 重四重~ (3, 0.0%)

1 に君, に張っ, に釘

▼ 重~ (3, 0.0%)

1 とも思わるる, に攻め入る, に陥る

▼ 重外交~ (3, 0.0%)

2 を支援 1 とかいう

▼ 重~ (3, 0.0%)

1 がいる, で新, は黄八丈

▼ 重~ (3, 0.0%)

1 のこと, の二子重晴, の後日譚

▼ 重家體~ (3, 0.0%)

1 にて上, にて床の間, にて正面

▼ 重寧そ賃仕事~ (3, 0.0%)

3 しても

▼ 重封筒~ (3, 0.0%)

1 になっ, の上皮, もいけなくなる

▼ 重屋根~ (3, 0.0%)

1 が右手, の甍, を見

▼ 重廻り~ (3, 0.0%)

2 の三尺 1 の帯

▼ 重張り~ (3, 0.0%)

1 に密閉, の怪物, の板底

▼ 重~ (3, 0.0%)

2 一夢中青山不 1 の隠

▼ 重~ (3, 0.0%)

1 にし, にも青い, の盛り

▼ 重次に~ (3, 0.0%)

2 お定 1 逢ふ

▼ 重煩悩熾盛~ (3, 0.0%)

2 の衆生 1 の私たち

▼ 重生活者~ (3, 0.0%)

2 としてそれ 1 だ傍系作家

▼ 重的性格~ (3, 0.0%)

1 に特に, をなす, を示す

▼ 重~ (3, 0.0%)

1 が守備, の部下黒崎団右衛門, も城

▼ 重~ (3, 0.0%)

3 の弓

▼ 重~ (3, 0.0%)

1 かわゆらしく出, かわゆらしく出来たる, で麾いた

▼ 重~ (3, 0.0%)

1 からその, に返辞, のこと

▼ 重越し~ (3, 0.0%)

1 であった, で縁側, に全く

▼ 重~ (3, 0.0%)

1 が原稿用紙, の事務所, の家

▼ 重過ぎた~ (3, 0.0%)

1 のだ, やうだ, 腰が

▼ 重隣り~ (3, 0.0%)

1 から失火, に住ん, の客

▼ 重あり~ (2, 0.0%)

1 と云, 弁も

▼ 重ある~ (2, 0.0%)

1 ひは, 右側の

▼ 重かという~ (2, 0.0%)

1 ような, 問題を

▼ 重かるべき~ (2, 0.0%)

1 罪も, 罪人を

▼ 重がっ~ (2, 0.0%)

1 ています, て何処

▼ 重くるしい眠~ (2, 0.0%)

2 が彼女

▼ 重さうに腰~ (2, 0.0%)

2 を浮かし

▼ 重さうに荷物~ (2, 0.0%)

1 をさげた, を負

▼ 重さき~ (2, 0.0%)

2 のもの

▼ 重さんお前さん~ (2, 0.0%)

1 いたの, はあの

▼ 重さんこれ~ (2, 0.0%)

1 お貞さん, はお

▼ 重さ一ミリグラム以上~ (2, 0.0%)

2 の流星

▼ 重さ五匁~ (2, 0.0%)

2 ほどもある

▼ 重さ六十斤~ (2, 0.0%)

1 という大刀, の大

▼ 重さ十斤~ (2, 0.0%)

2 ばかりの埋木

▼ 重さ百噸~ (2, 0.0%)

1 に近い, の大

▼ 重さ聖~ (2, 0.0%)

2 にまでももたらされたる

▼ 重ざくら~ (2, 0.0%)

1 が散りみだれる, が爛漫

▼ 重しか~ (2, 0.0%)

1 隔たって, 隔てて

▼ 重じられ~ (2, 0.0%)

1 ていませんでした, 心そのものよりも

▼ 重すぎます~ (2, 0.0%)

1 し第, ぜ

▼ 重する~ (2, 0.0%)

1 ところある, 余りこれを

▼ 重ずる~ (2, 0.0%)

1 ことは, ため出来る

▼ 重その~ (2, 0.0%)

1 上に, 百何十畳の

▼ 重だけ~ (2, 0.0%)

1 でありました, 着て

▼ 重だけでも~ (2, 0.0%)

1 不自由を, 総懸りで

▼ 重だるい~ (2, 0.0%)

1 やうな, ような

▼ 重だるく~ (2, 0.0%)

1 気力も, 閉じて

▼ 重ちゃんと~ (2, 0.0%)

1 俺が, 呼ぶ女

▼ 重つた~ (2, 0.0%)

1 のであつ, やうに

▼ 重で隣り~ (2, 0.0%)

2 は老母

▼ 重とも~ (2, 0.0%)

1 土産に, 姉の

▼ 重ながら~ (2, 0.0%)

1 手早くさした, 茫と

▼ 重なつ~ (2, 0.0%)

1 てくる, てゆく

▼ 重なつてる~ (2, 0.0%)

2 のさ

▼ 重なりに~ (2, 0.0%)

1 なったお, 章三は

▼ 重なりには~ (2, 0.0%)

1 熱愛を, 考案者の

▼ 重なりぬ~ (2, 0.0%)

1 二三片, 二三片といふ

▼ 重について~ (2, 0.0%)

1 画を, 画風に

▼ 重にとっては~ (2, 0.0%)

1 よい加担者, 心配であった

▼ 重に対しても~ (2, 0.0%)

1 敬愛の, 美保子に対しても

▼ 重~ (2, 0.0%)

1 とも尽き, と雖

▼ 重ばかり~ (2, 0.0%)

1 だからね, 巻いて

▼ 重までの~ (2, 0.0%)

2 配合屋根庇廂の

▼ 重むこう~ (2, 0.0%)

1 の通り, まで焼け

▼ 重を以て~ (2, 0.0%)

1 した, 白蓮花を

▼ 重~ (2, 0.0%)

1 で二重, もりした空気

▼ 重ツ子~ (2, 0.0%)

2 どが

▼ 重ツ子がら御馳走~ (2, 0.0%)

2 になる

▼ 重ニナッテ~ (2, 0.0%)

1 見エ, 見エタ

▼ 重一匹~ (2, 0.0%)

2 に金子

▼ 重一重~ (2, 0.0%)

1 と紀子, と絹

▼ 重三重重~ (2, 0.0%)

2 なる悪事

▼ 重且つ~ (2, 0.0%)

1 大でありまし, 大である

▼ 重~ (2, 0.0%)

1 口伝七真諦之, 塔が

▼ 重人格的~ (2, 0.0%)

1 な対比, になり

▼ 重~ (2, 0.0%)

1 は襷がけ, 兄さんは

▼ 重以下~ (2, 0.0%)

1 の詠草, は惣塗り

▼ 重~ (2, 0.0%)

1 が, などの三百余人

▼ 重~ (2, 0.0%)

1 が故に, をいう

▼ 重~ (2, 0.0%)

1 が, は二人

▼ 重作君~ (2, 0.0%)

1 が撮影, を煩わし

▼ 重~ (2, 0.0%)

1 した外楹, を経

▼ 重修する~ (2, 0.0%)

1 ことにな, や衍実

▼ 重働き~ (2, 0.0%)

1 をする, をせず

▼ 重八十重~ (2, 0.0%)

1 に入り, の因

▼ 重兵衛さん~ (2, 0.0%)

1 の一家, の晩酌

▼ 重~ (2, 0.0%)

1 で表現, の印

▼ 重~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 重卷く~ (2, 0.0%)

1 帶の, 綾織の

▼ 重~ (2, 0.0%)

1 遊墨水, 集篠池静宜

▼ 重~ (2, 0.0%)

1 の廊下, ふ側

▼ 重咲き~ (2, 0.0%)

1 の白花, 八重咲きも

▼ 重咲きで~ (2, 0.0%)

1 その色, 多く着き

▼ 重塔一区~ (2, 0.0%)

1 ずつを造り, を敬

▼ 重存在~ (2, 0.0%)

1 の恐怖, の結果

▼ 重家体~ (2, 0.0%)

1 にて正面, を飾っ

▼ 重屋体~ (2, 0.0%)

1 にて上, にて竹縁

▼ 重巍然~ (2, 0.0%)

2 と聳えし

▼ 重~ (2, 0.0%)

1 や中村勉, や中村勉たち

▼ 重~ (2, 0.0%)

1 瀬, 瀬という

▼ 重~ (2, 0.0%)

1 が作者, は夢

▼ 重戸棚~ (2, 0.0%)

2 の下段

▼ 重挽馬~ (2, 0.0%)

2

▼ 重散りしける~ (2, 0.0%)

1 山ざくらかな, 山桜かな

▼ 重敷浪~ (2, 0.0%)

1 ぞ限り, に漂

▼ 重映像~ (2, 0.0%)

1 が見える, といふもの

▼ 重~ (2, 0.0%)

2 の家

▼ 重~ (2, 0.0%)

1 をはめ, をはめる

▼ 重構造~ (2, 0.0%)

1 に発達, はどう

▼ 重~ (2, 0.0%)

1 なら申し分, を

▼ 重母韻~ (2, 0.0%)

1 に発言, をなし

▼ 重火山~ (2, 0.0%)

1 である, で九千部山

▼ 重~ (2, 0.0%)

1 をまん中, を把ら

▼ 重~ (2, 0.0%)

1 なもの, に正しい

▼ 重~ (2, 0.0%)

1 博士, 博士の

▼ 重瞳孔~ (2, 0.0%)

1 に不思議, を持ったる

▼ 重縦横~ (2, 0.0%)

2 に癇癪

▼ 重舞臺~ (2, 0.0%)

1 の上, の敷きつめた

▼ 重~ (2, 0.0%)

1 は咲け, は身請

▼ 重花花魁~ (2, 0.0%)

1 が此, を買っ

▼ 重~ (2, 0.0%)

2 の印

▼ 重~ (2, 0.0%)

1 てかく, 旧樵夫

▼ 重薬包紙~ (2, 0.0%)

1 が失くなっ, は折目

▼ 重~ (2, 0.0%)

1 の通り, をのぞく

▼ 重要事~ (2, 0.0%)

2 でなければ

▼ 重記入~ (2, 0.0%)

1 がかかる, の数

▼ 重~ (2, 0.0%)

1 は徳川時代, を我物

▼ 重~ (2, 0.0%)

1 の人々, の宿将中

▼ 重~ (2, 0.0%)

1 てた室, てた彼方

▼ 重~ (2, 0.0%)

2 なる悪事

▼ 重~ (2, 0.0%)

1 であろうと, ぼたん

▼ 重~ (2, 0.0%)

1 がおろされ, がかけ

▼ 重~ (2, 0.0%)

2 の図

▼ 重隔てたる~ (2, 0.0%)

1 広岡の, 裏山の

▼ 重~ (2, 0.0%)

1 で色白, を休め

▼ 重高塔~ (2, 0.0%)

2 が聳え

▼ 重~ (2, 0.0%)

1 が出, が少し

▼1* [568件]

あけくれ神仏に, 重あすこも, 重あたりで寄手, 重あなたにおりまし, 重あらんや, 重ありますよその, 重いういうとして鹿, 重いさぎよく白状し, 重いったらない, 重いとしさの, 重いろいろさまざまに, 重うく感じて, 重うしろは道, 重お前あれを知ってる, 重お玉お北, 重かきわけて行くごとく, 重かぎ括弧が脱字, 重かさねて仕立て, 重かと思ふ淡い, 重かなんかで撮った写真, 重かりしよ, 重かるらしも, 重かるべく我とて, 重かるらしも, 重がらみになる, 重くりかえされしかも自分, 重くるしいうっとうしい空気が, 重くるしいかなしい心持は, 重くるしいやり切れないものを, 重くるしい暑さに, 重くるしかったけれども, 重くれたとある, 重くれないに華やいだ, 重くろしさうなどてらを, 重ぐらいに詰って, 重ぐらゐ壁越に琴, 重こそあの場, 重こちらにまでもひきずり込む, 重これで力一杯, 重ごとに迫っ, 重さうなからだを, 重さうに下つた帷を掲げ, 重さうに下つてゐるから, 重さうに口を開い, 重さうに尻をあげ, 重さうに引摺つて旅人は蹌踉, 重さうに彼は時々, 重さうに携へて遊覧人, 重さうに竹丸を抱き上げ, 重さうに答へた, 重さうに粗朶を負う, 重さうに耐へながら俯向, 重さうに背負つて来た事, 重さうに腕組をする, 重さうに荒馬車を曳い, 重さうに身を起す, 重さうに身体を曲げ, 重さうに頭を揺すぶる, 重さうに顔を持ち上げた, 重さかきなやむ四人, 重さがちがふんぢ, 重さくらが盛りで, 重さく九重の花ざかり, 重さその他すべてを勘定, 重さそれを吊つた, 重さまをね, 重さみんなその中, 重さるべきよう諫争された, 重さんマア心配しずに, 重さん一寸いて, 重さん何うした, 重さん妙な事, 重さん梅鉢屋の坊主, 重さん此方へお, 重さん物は試し, 重さん矢立を差してるなら, 重さん糠袋じゃァねえか, 重さん髪の毛じゃねえ, 重さ一つの価値, 重さ一グラムの水滴, 重さ三貫五六百匁の野がん, 重さ九十斤長さ一丈八尺, 重さ二両半神力を以て百味, 重さ二十五キロになる, 重さ二斤の鉄槌, 重さ二英トン半石の数, 重さ五十斤という鉄, 重さ位にはビク, 重さ何十斤という偃月刀, 重さ何噸といふほどの大きな, 重さ六七貫目以上に至る, 重さ六十キログラムの土, 重さ十五斤の槍, 重さ千三十二斤玉の廻り五尺八寸, 重さ千鈎をひく, 重さ咲耶子とともに力, 重さ四よりは〇・〇三二, 重さ孤独な低迷, 重さ幾斤両ぞ答, 重さ微かな物, 重さ所からと弟様とこ, 重さ手の不, 重さ比重を測りまし, 重さ燦めきが, 重さ百銭目にし, 重さ等は標尺, 重さ輕さが問題, 重さ近代的高利貸の重, 重さ退屈さに輪, 重さ重畳たる山, 重さ鈍重さの美, 重ざくら淋漓と花, 重しかし女だ, 重しくしくにかがやかず, 重じた者で, 重じたる無意味なる, 重じもって他日世, 重すぎるでしょうね, 重すぐ鼻の, 重ずべきものなり, 重ずんば則威, 重せよという命, 重そこのお, 重それらの者, 重哀れなる, 重たがってます, 重たげだつた, 重たげでその中, 重たるみの出来たる, 重だけが葉桜の, 重だけは隔てたが, 重だちたる人々は, 重だってお考え, 重だつ門弟は, 重だの水の, 重ふんやろ, 重ちゃんここから学校, 重ちゃん原っぱへいっ, 重ちゃん大丈夫よ, 重やない, 重っぽく感ずること, 重つたるいものを殊更, 重つた町内の人達, 重づゝ剥げた, 重てえと思った, 重であって一つ, 重であろうと思う, 重でございますよ, 重でしたが, 重でしやれた縫紋の, 重ですねえと目, 重でも治せるん, 重でもとは日本から, 重といった人々さえ, 重といふは端午の, 重とう御座います, 重とおり重なって, 重とかいうように, 重とかいふ趣が, 重とが揃って, 重ときまつて, 重とやらの故右大将家, 重とり如水は, 重とんびの扣釼惣掛, 重どうしてどうしてここへは, 重どりをさせねえ, 重どりしていた, 重など手負いは, 重などがいようとは, 重などは呼ばれるたび, 重などよりは遙と, 重なりがあるばかり, 重なりの間に, 重にかけて見ても, 重にとって命の, 重にとり廻したよう, 重にまで持たれて, 重にもからだ中, 重にもなつて居ります, 重により合わせた縄, 重ぬべきものである, 重ぬべく挨拶し, 重ぬるなれ名人上手と, 重ぬるも到底弁護, 重ねむ君が, 重のぞき浅黄のぶッ裂羽織胸は, 重のねうちを, 重のみけしきが, 重はやく来ねえか, 重ばかりじゃないやね, 重ばかりにひっくくって, 重ばかりも疾ま, 重ひとりの受持, 重へだてた隣りの部屋, 重への恋慕を, 重へは姫ぎみたちと, 重ほり下げた心持, 重まがいの塔, 重また怒ったな, 重まつげ長くて, 重までしか見えないのに, 重まではとにかく二重以上, 重まるのついてる, 重まわし着た小柄な, 重むかうでは將來, 重むぐらが繁って, 重むぐらに生いしげりおまけ, 重むら雲とこやみにお, 重を窮命, 重もそとの省線駅, 重もつひに, 重もにか働いて, 重やきつけとなっ, 重よりは遙と, 重よりも一層生死, 重は声, 重らしい女が, 重らしく一方には, 重れる山と, 重わが書斎に, 重わしに従い, 重を通して得た自分, 重ガコイニシテ厳重ニ拵エタ故, 重ガラスの内側, 重ガラス越しにすぐ, 重セメン樽に封じ, 重テントで内部, 重デッキの白い, 重理由モソコニアッタ, 重ニモ御断申候, 重バザーの為, 重ボタンの背広, 重マルをつけた, 重マワシを着た, 重レンズを彼, 重ずる京洛, 重ンスヘキ日本国ノ国法, 重一枚では, 重七合に流れ, 重三太郎後家様より長松, 重三重取りになる, 重三重四重に釘, 重三重四重ぐらゐ壁越に琴, 重三重生活は我々, 重下ってから外, 重下帶白縮緬鉢卷太刀拵熊毛尻鞘かけ短刀, 重で云った, 重丸圈點を打つた, 重九郎和田豊治日比翁助伊吹雷太等があった, 重事実の底, 重二ツ巴の紋着, 重二世正信三世正岸, 重二十重とおり重なって, 重二十重山は深い, 重二郎様ねそれ, 重五つところ紋の紋付, 重五分月代に似, 重五重六重と上, 重人格式の性格, 重人格病的傾向をあげ, 重人格的意義を発見でき, 重人格者河村八九郎の人格交替, 重人格離魂病の伝説, 重以外には知る, 重休千秋加賀守らの将, 重休等は信長, 重伽藍を建立, 重に置き, 重余計に裹むという意味, 重はこの, 重海軍中将大学助教授細木同, 重きには, 重兩刀を少し, 重の両人, 重八重染めかさねても, 重八重白花菊花斑入りのもの, 重八重花は咲け, 重六重と上, 重を擁し, 重兵衞さんそら眞箇, 重兵衞何うして, 重兵衞鵜自物鵜奈禰突拔天白, 重其処の台所口, 重が嫡男, 重内側の陣幕, 重円盤の一方, 重い雲, 重出来合の安, 重切下げ髪という拵え, 重にはい, 重包んであった, 重十郎原金次郎手島伊勢松麦倉岩次郎野口春蔵などが草鞋, 重にこれ, 重南遠江守畠山阿波守細川顕氏などは先, 重博多水牛の筒, 重印籠を二組, 重印籠根付も緒締, 重厳粛たる音調, 重つてより, 重反復にすぎない, 重取りになる, 重渡り緞子の, 重大馬, 重名古屋を經, 重向隣の綽名, 重君はかぶりを強く, 重吹いて見えない, 重吹くに違い, 重咲かずば本意, 重咲き花白花淡黄花, 重を置け, 重四郎ハリキリ柳が殺陣, 重四郎来訪待たしといて, 重四重あたりで寄手, 重団子がアンポンタン, 重国どのとは年来, 重国籍ということ, 重国糟谷権守盛久などはその, 重圈點を打つた, 重圏点つきの比, 重圏点付きの重大疑問, 重が好き, 重蓮坐, 重垣クラブへ行っ, 重垣姫茜屋のお, 重垣旅館へ押しかける, 重垣流の鎖鎌, 重垣神社がある, 重垣落しの断崖, 重城壁内の活動, 重の二将, 重堤縄取内, 重大事五切紙之上口伝, 重大事国の大事, 重大人の分別, 重大宝城主の下妻政泰, 重天蓋と称する, 重という人間, 重の身まかり, 重奴隷と言, 重姉弟の様子, 重姐さん時分ですから, 重に恋, 重を発見, 重孫三郎の門人, 重も最後, 重家元仲間の三世清元延寿太夫等, 重と云, 重にし, 重封じしかしその, 重小袖献上博多白地独鈷の角帯, 重の宝暦, 重屈折の三稜鏡, 重岩崎城主の丹羽氏次, 重の群巒, 重と阿蘇山, 重左エ門と名乗った, 重幕みたいな布, 重底三重底の要心, 重底肋骨材等諸般の構造, 重廻しただけで, 重廻らした大きな邸宅, 重式陳列箱なの, 重引いたあたりの, 重になった, 重強情は張らぬ, 重迎春可被, 重心臓の舞台面, 重性その間の乖離, 重性なんかということ, 重性並行性があり, 重性分裂をそれなり, 重性格者たる彼, 重性質の謎, 重の品, 重感覚の機関, 重成っ敵将, 重流或, 重或は二重に, 重戦略を必要, 重打ち抜いていつの間にか, 重抵當にする, 重支配の形, 重政体の存続, 重政体組織が存立, 重政府状態のまま, 重政府的情勢もこれ, 重を攻め, 重敷いて薄, 重日和も陽氣, 重映されて祖国, 重時兄の赤橋将監英時はじめ, 重曇った硝子の, 重曝露式にシックリ, 重を纏い, 重服三重足袋の旅行, 重木曾乃はそれ, 重の上, 重松平伊忠奥平貞能などを始め, 重染めかさねても, 重で囲った, 重へ引き入れ, 重桐一つ廓の紵巻太夫, 重桜カランと吾妻下駄, 重の紋, 重梯子を備えつけた, 重の上, 重椿も島人, 重極まりない音だった, 重楼閣が流るる如き, 重榊原小平太松平又七奥平九八郎などもわれ, 重権力というよう, 重橋下に鳳輦, 重橋前に集まり, 重機関長の君, 重櫓下から出た, 重欄干は前後左右, 重次藝者をやめ, 重正面板羽目是に聯, 重武斎田惟成中尾庸吉石橋勇三郎上村又次郎斉村霞栖大賀小次郎吉本董三白木半次郎大野仁平同徳太郎, 重氏伊東療養所をたぐらせ, 重氏黄瓦毛の太く逞しき, 重波だちたぎつ夜, 重が勝ち, 重を襲, 重浦友忠先代重行松太郎小金井太郎の諸家, 重海老塚及び小用, 重と朝霧, 重源将来の画像, 重な生々しい, 重は容易, 重であった, 重焼つけのよう, 重焼付けの感じ, 重熱海より來, 重燻しをかけた, 重と来た, 重物安博士や現, 重田無の刀屋敷, 重申しけるはわが身, 重の本宅, 重番地の家, 重発展にて其経路必, 重百合というの, 重未だ火焔, 重盃手にとりぬ, 重直氏は鴨河, 重着る衣に, 重の切長, 重瞳孔魚卵の形, 重知ることなく, 重矩等は中軍, 重矩緋縅の鎧, 重破り幾重を, 重破れば何, 重礼先生というよう, 重福幸に親, 重福明治屋の西洋菓子, 重福春着裾模様のま, 重称呼であったの, 重穴山勝千代などが部将, 重窓ガラスの二枚, 重の上, 重の装置, 重が一族百名余, 重だけでもどうしてどうして, 重篤患者に相違, 重籠めにした, 重にて刺す, 重紅裏の小袖, 重紋綾の足袋, 重結婚者で私, 重絞り切組逆戻りトリックモンタージュの, 重ばかりの紅, 重絹地のほか, 重綜合の排列情調, 重を咬み破った, 重の矢, 重締りで鼠一匹, 重のもの, 重縛められてこの, 重罷りかうむるべきもの也, 重義務を遂行, 重義盛の近隣, 重者滅其門戸及宗族尊卑各有差序, 重自身の口, 重至極なオホムラサキ, 重舞台の楼閣, 重船底である, 重船底動揺を修正, 重が白く, 重芍薬の艶, 重芥子がぱらりと, 重花さんと仰し, 重花羞かしき乙女, 重若干篇を除く, 重のうち, 重の室, 重荷車を引張っ, 重蔓小牡丹の紋, 重薄衣の晴れた, 重螺旋形を形成, 重衝突が起っ, 重の外, 重遊候, 重を穿いた, 重裹むというのは如何にも実感, 重をかけた, 重の子, 重計算によるもの, 重なり, 重調えてたも, 重貞宗宗貫と三代, 重負担の恐るべき, 重越えて来る, 重越した丈の, 重路一筋の隔て, 重が南北, 重転売したり, 重転売者既に他人, 重通稱は何と, 重造りに仕掛け, 重造君のこと, 重造安部井磐根寺田彦太郎田中正造等の廉潔派, 重造氏はきわめて, 重造諸氏も参加, 重進んで敵庭, 重運河といつ, 重過ぎず申分の, 重過ぎないかと驢馬, 重過ぎるでしょうといった, 重道一筋重い足, 重道徳を一元的道念, 重を誘つて, 重遮って仄, 重鉄板の扉, 重鉄鎖の刑, 重の羽子板, 重鍋色々な鍋, 重鍛えの鎖, 重鏡玉像とかいうよう, 重長一枚の板木, 重長麾下に属せざる, 重門内の百人番所, 重開けさえすれ, 重をめぐらし, 重関係を追跡, 重阿弥の別墅, 重降って川岸, 重の上, 重つるもの, 重隔てた隣りの部屋, 重隔て立っていた, 重隣りでは乱闘, 重隣同志の相談, 重深き辺, 重霊魂という昔, 重霞一重はあま, 重と同じ, 重の両人, 重頑丈な金網, 重顋頸のくくれ, 重顎巨大な出眼, 重からはがれ, 重も通せ, 重鳥部野一片の烟, 重鴻博士のそれで, 重黙祈之至