青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「言葉~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~言つて 言わず~ ~言わない ~言われ 言われ~ ~言われた 言われた~ ~言われる 言われる~ ~言葉
言葉~
~言語 言語~ 計~ ~計画 計画~ ~計算 計算~ ~訊い 訊い~ ~訊いた

「言葉~」 44825, 445ppm, 220位

▼ 言葉~ (13362, 29.8%)

211 聞いて 165 かけて 149 聞くと 131 つづけた 122 切って 114 かけた, 続けた 108 口に 86 使って 85 換えて 79 切った 77 もって 71 きいて 51 耳に 50 思い出した 48 残して, 継いで 46 ついだ 45 思い出して 44 借りて 42 きくと 40 濁して 39 ついで, 私は 35 かけました, 聴いて 33 聞いた時 32 信じて, 吐いた, 待った, 聴くと 31 はさんだ, 使った, 継いだ 29 続けて 28 つづけて, 用いて, 聞いた 27 借りれば 26 かえて, さえぎった, もつて 25 使ふ, 尽して, 忘れて, 知って, 遮った 24 切つた, 知らなかった 23 かわした, かわして, 繰り返して, 覚えて 22 使うの, 繰返して 21 かけると, 受けて, 待って, 繰り返した 20 つくして, 吐いて, 換へて, 添えた 19 きって, つかって, 使つた, 掛けて, 発して, 續けた 18 かけたの, つ, 切ると, 彼は, 発した 17 かけること, 交して, 思ひ出して, 聞きながら 16 かりて, 切ったが, 掛けた, 途切らした 15 かけるの, 僕は, 心の, 思ひ出した, 持って, 言って, 遮って 14 くり返して, そのままに, 交は, 使うこと, 口の, 添えて, 続けました, 考えて, 聞くの, 述べた 13 改めた, 添える, 添へ, 胸に, 途切らし 12 かける, きった, 使は, 尽くして, 引いて, 引用し, 濁した, 聞いても

11 [14件] かけながら, かけようと, さえぎって, そのま, 使つてゐる, 出して, 改めて, 次いだ, 気に, 用ひ, 私に, 聞き流して, 聞けば, 自分の

10 きいた時, つづける, 交へる, 使えば, 和らげて, 失って, 強めて, 改め, 止めて, 聞いたとき

9 [23件] かけたり, かわしながら, くり返した, はさんで, 交した, 借りるならば, 吐くの, 後に, 思い出したの, 思い出しました, 挾んだ, 教えて, 書いて, 止めた, 用いるならば, 発したの, 発するの, 知らない, 繰返した, 聞くこと, 聞くや, 遮つた, 頭の

8 [26件] かけたが, かけても, かけなかった, 云った, 使う, 使うと, 使ったの, 使ひ, 使用する, 信用し, 切り, 巧みに, 彼女は, 思いだした, 思い出しながら, 投げつけた, 探して, 残した, 発すること, 発する者, 結んだ, 聞いたこと, 聽い, 背中に, 返した, 選んで

7 [34件] かけられた, かけられると, かりれば, くりかえした, とめて, はいた, 並べて, 云って, 交すこと, 交すの, 交へ, 交わしたり, 伝えた, 使へば, 否定した, 呟いた, 変えて, 待ちました, 待つまでも, 打ち消した, 投げた, 用いれば, 用ゐ, 知らないの, 私が, 考へて, 耳にも, 聞くなり, 胸の, 説明する, 遣って, 遮りました, 頂いて, 頭に

6 [46件] かけたもの, かけては, かけられても, き, きいた, ここに, さえぎるよう, 云ふ, 交したこと, 伸子は, 何度も, 何遍も, 使うよう, 信用しない, 信用する, 受けた, 口から, 守って, 平気で, 彼に, 彼の, 忘れること, 思いだして, 思い出す, 思出し, 投げつけて, 投げて, 挟んで, 用うる, 用ひた, 用意し, 発見した, 相手に, 知らぬ, 私の, 継ぎ, 続けるの, 見出すの, 記憶し, 語って, 読んで, 足した, 返して, 述べて, 途切らせた, 遺して

5 [77件] おぼえて, お聞き, かけた時, かけなければ, かけられたので, かけられて, かわしたり, きくこと, くりかえして, くりかへ, さへ, すぐに, そこに, たち切って, つかう, つかつて, つぎ, つけ加えた, つづけ, つづけました, どう解釈, にごした, にごして, のこして, ふと思い出した, もらした, 与えて, 云つた, 交えなかった, 交わした, 交わしたこと, 交わして, 交換し, 何か, 使ったり, 使つ, 使つてゐた, 借りると, 入れた, 出すこと, 切ってから, 和げて, 囁いた, 尊重し, 小耳に, 弄し, 彼が, 忘れるな, 思ひ出すと, 懸けて, 截ち切って, 挟んだ, 挿んだ, 掛けるの, 期待し, 柔らげて, 消して, 濁したが, 理解し, 用ひる, 用ゐれ, 発した時, 発しなかった, 知らなかつた, 素直に, 続いで, 続け, 聞いただけでも, 聞いたの, 聞いては, 聞こうと, 肯定する, 自分で, 自分に, 言った, 費して, 頼みに

4 [100件] いつまでも, かけたこと, かけましたが, かけも, きいたとき, きいたの, きっかけに, きったが, ささやいた, さしはさんだ, その儘, その時, た, つかった, のべた, のべて, はげまして, やたらに, 下した, 不思議に, 中途で, 二度も, 交さなかった, 交したの, 交しながら, 交す機会, 交わすの, 何の, 使うん, 使っても, 使わなければ, 使用した, 信ずれば, 借用すれ, 停めて, 僕に, 先生に, 入れて, 合図に, 吐くと, 向けた, 吾, 味は, 唱へる, 妙な, 実行に, 引用した, 待つて, 得て, 心に, 思い出すと, 思出した, 慎しむ, 投げかけて, 持たない, 挾みました, 挾んで, 掛けながら, 放つた, 放つて, 整理し, 更めて, 最初に, 殘し, 添へて, 父の, 現実に, 理解する, 用いた, 発しながら, 発すると, 発するに, 発する気力, 発明した, 発音した, 省いて, 真に受け, 綜合し, 繰り返しながら, 續け, 考えながら, 聞いたり, 聞かされて, 聞きとがめた, 聞きますと, 聞くに, 聞こうとは, 藉り, 言った時, 記して, 証拠立てるため, 賜わった, 返すこと, 返すよう, 途切らせ, 遮つて, 遮るよう, 集めて, 非常に, 黙って

3 [231件] あらためて, いただいて, うながして, えらんで, おかけに, お使い, かえした, かけずに, かけそう, かけない, かけようとも, かけられたこと, かける者, かけ自分, かわさなかった, かわしたの, かわすこと, かわすよう, ききながら, きく, きつて, きると, くり返しながら, しきりに繰り返した, しみじみと, そのまま信用, それに, つかうと, つぎました, つぐこと, つけ足した, つまらせて, とおして, とぎら, とぎらした, なんの, のみこんだ, はさむ, はっきりと, まねて, やわらげて, よく聞い, よく覚え, ハッキリと, フランス語を, 一生懸命に, 丁寧に, 不意に, 与えた, 予期し, 交えて, 交えるの, 交した事, 交し合, 交わさなかった, 享け, 代用し, 以って, 低めて, 使いました, 使うもの, 使ったが, 使ひました, 使ひます, 使用し, 使駆する, 信じかねて, 信じた, 信ずること, 停めた, 冒頭に, 出さなかった, 出さなかつた, 出した, 出すの, 出すもの, 出そうと, 出鱈目に, 切つて, 切りながら, 切りました, 切る, 加えて, 勉強し, 勝手に, 医者は, 単純に, 取って, 口へ, 叮嚀に, 吐いたり, 否定し, 否定する, 呑み込んでしまつた, 呑んだ, 味わって, 善意に, 噛みしめるよう, 囁いたの, 変えれば, 変へて, 夢中に, 如何に, 学ぶという, 守つた, 少しばかり, 少しも, 幾度か, 幾度と, 幾度も, 弄んで, 引きとった, 引き取つて, 引用すれ, 強くし, 彼らは, 彼女に, 待つの, 待つばかり, 待つよう, 心得て, 忘れるなよ, 思いおこした, 思い出さずには, 思い出し, 思ひ出したの, 思ひ出しながら, 思出す, 悪い意味, 惜ま, 想像した, 憶えて, 或る, 承わる, 抑えて, 押へて, 挿んで, 掛けること, 揃えて, 換へ, 改めます, 教へ, 文字通りに, 日本の, 書いた, 期待する, 楯に, 極端に, 此の, 殆ん, 津田は, 洩した, 洩らした, 浴せかけて, 浴せる, 浴びせた, 添えました, 濁しました, 濁す, 濁すの, 無条件で, 無視し, 爽かに, 理解した, 用いたの, 用いる, 用いること, 用いるの, 用いるよう, 用ゐる, 発したかと, 発しました, 皆まで, 盡し, 真面目に, 知らないので, 空耳に, 結ぶと, 継ぎます, 継ぎ足した, 続ける, 綴って, 翻訳し, 聞いたよう, 聞いた事, 聞いてから, 聞きかじって, 聞きながして, 聞きました, 聞き流しながら, 聞くたび, 聞くと共に, 聞くより, 聞く度, 聞く毎, 聞て, 聞捨てて, 聴いたとき, 聴いたの, 聽く, 胸で, 自分が, 自然に, 藉りれ, 裏切って, 裏書する, 見つけた, 見ると, 覚えた, 解すること, 言い合った, 言ふ, 訂正した, 設けて, 許して, 話して, 話すこと, 誰が, 調べて, 身に, 返しては, 返す事, 述べる, 述べるの, 逆に, 連ねなければ, 連発し, 遮りながら, 重ねて, 除けば, 頼りに

2 [705件 抜粋] あてはめるの, あとに, あなたは, あの時, あれや, あんなに用意, いくたび, いっしょに, いって, いろいろに, うけた, おかけ下さる, おくめん, おもい出した, お前は, お文, お聞かせ, かう云, かけ, かけたけれども, かけたので, かけどうやら, かけないで, かけに, かけられたが, かけられたの, かけられたり, かけられた時, かけられること, かけるため, かけるまでの, かける気, かければ, かりると, かわしたこと, かわすくらいの, きいたこと, きいたので, きかされたこと, きかなかった, ききとがめた, きくなり, きくの, きくよう, きく時, きけるもの, きつた, きり, くり返す外, こ, これで, これほど, これまで, さえぎろうと, ささやいて, さし挿ん, しずかに, して, しや, じつによく知っ, そえた, そこそこに, そのかすか, そのまま信じ, そのまま実行, その後に, その最も, その通り, たがいに, ただそのまま, ついで手下, ついで言いました, つかったの, つかっても, つかつた, つがれて, つけたした, つけ加えて, つけ加えました, つけ加へて, つつしんだらどう, つづけられた, つないだ, つぶやいて, つらねた手紙, とぎらして, とぎれとぎれに, どの程度, どんなに欲, ねじ曲げて, のんだ, はいては, はつきりと, ひいて, ふと思ひ出し, ほしがっ, まさか忘れ, まだ一度, まるで期待, みんな忘れ, むすんだ, もう一, もつての, やすめて, よく憶え, よく理解, よく知っ, よんだ, わたくしは, をろがみまつり羽根, エラボレートしよう, ローマ字で, 一々, 一々微笑, 一つに, 一口も, 一字の, 一生懸命理解しよう, 一笑に, 上の空で, 上の空に, 不快に, 与へた, 並べた, 中断し, 中断した, 中途から, 丸出しに, 主と, 了解した, 予は, 云うの, 云えば, 云つ, 云ひ, 交えた, 交えた事, 交えようと, 交さずに, 交さないで, 交したに, 交した記憶, 交してから, 交すと, 交す暇, 交へて, 交わせば, 交換した, 人毎に, 今の, 今度は, 今日の, 今更らしく, 代えて, 仮りて, 伝えて, 伝える, 伝えるの, 何う, 何かの, 何某先生に, 作って, 作り出して, 使いますね, 使い喚く代り, 使うとは, 使うな, 使うならば, 使おうと, 使ったこと, 使つてし, 使つても, 使ひたがる, 使ふから何か, 使ふこ, 使ふも, 使へ, 使わない, 使わなかった, 使用しない, 信じかねた, 信じては, 信じます, 信じ初めた, 信ずると, 信一郎に, 信用した, 信用せぬ, 俺は, 借りるなら, 傳へる, 兄の, 全然信用, 其儘に, 出しながら, 出す, 出すよう, 切つ, 切らして, 切りそして, 切るやう, 利用する, 力強く繰り返した, 区切って, 半分聽い, 卑うし, 参考に, 反らして, 反芻し, 取交して, 取交し乍ら, 受けた時, 受け取って, 口々に, 口実に, 口走った, 口走って, 叩き付けるの, 叫んだ, 名刺に, 吐きながら, 吐く, 向けて, 吟味し, 告げた, 呑みます, 呟いたの, 呟くの, 和らげ, 唱へ, 喜んで, 噛しめ, 噛み潰したのに, 回想しよう, 外らした, 外らして, 夫, 夫の, 奪うよう, 女の, 好んで, 姉は, 嫌って, 学ばなければ, 実行する, 容易に, 封じられて, 尊兄の, 少し拾っ, 岸本は, 平次は, 弄した, 引き取って, 引取る, 引用しよう, 強く遮った, 当てに, 待ちかねて, 待つとも, 待受けた, 後悔する, 得たいと, 得たこと, 御存じです, 御存知に, 必要と, 忘れずに, 忘れたが, 忘れは, 忠実に, 思い出したので, 思い出しまた, 思い合わせて, 思い起こした, 思い起こす, 思い起した, 思うと, 思ひだすと, 思ひ出す, 思ふと, 急に, 想い出した, 想い起して, 想像し, 想出した, 感情的に, 慇懃に, 憶ひ出した, 戈を, 我々は, 打ち切るよう, 打消しも, 承認しない, 抑へ, 投げる者, 投げ合って, 抛げ, 押し止めた, 押っ被せた, 抽出し, 拵へ, 拵へて, 持ちません, 持つこと, 挟みました, 挟むの, 捉えた, 掛けようと, 掛けられたの, 探したが, 探しながら, 揃へ, 插んだ, 換えると, 換ゆれ, 改めてボーイ, 放って, 放つ, 文字どおりに, 斥けて, 断って, 新子は, 日に, 日本人は, 早く直さね, 明瞭に, 更め, 書いた人, 書きつけて, 替えて, 最後に, 本気に, 柔らげる, 極めて力強く, 極めて美術家仲間, 楽しんで, 機縁に, 次々に, 次ぐ, 次ごうと, 次の, 正確に, 残したまま, 母の, 気にも, 沢山知っ, 洩らして, 活かして, 活かすこと, 浴せかけた, 浴びせかけた, 浴びせかけたが, 浴びせると, 添えます, 源太早く, 滑らして, 漏らして, 潤飾した, 濁したの, 濁しながら, 無暗に, 無理に, 無視した, 率直に, 現わし, 理解し得る, 瑠璃子に, 瑠璃子に対して, 用いないので, 用いながらも, 用いるが, 用いると, 用ふと, 申しました, 番へ, 発しないで, 発しなければ, 発する事, 発表し, 発見し得なかった, 發した, 發する, 直接に, 省くと, 真にうけ, 真似たり, 真似て, 真正面から, 真直ぐに, 真面目には, 知つてゐる, 知らされて, 知らぬの, 研究し, 突然に, 第一, 絞りますが, 継ぐこと, 継ごうと, 続けるので, 綜合する, 繰りかえした, 繰返しながら, 繰返しました, 繰返すに, 繰返すの, 續けて, 習つた, 考へ, 聞いたばかり, 聞いたもの, 聞いた刹那, 聞いた瞬間, 聞いてさえ, 聞かずに, 聞きかえした, 聞きたくて, 聞きつけて, 聞きて, 聞きわけること, 聞くが, 聞くまで, 聞くまでは, 聞こうとも, 聴いた後, 聴きながら, 背後に, 自分への, 自惚れと, 色々に, 芸術なら, 英語に, 荒くし, 表現し, 裏づけて, 裏書きする, 要約すれ, 見つけ出すこと, 見るが, 見出させなかつた, 見出さなかつた, 見出すに, 覚えこむだらう, 解くこと, 解する者, 解釈し, 言おうと, 言ひ, 訂正し, 記すの, 語った人, 語るの, 語ろうと, 説明し, 読む, 読んだこと, 誰か, 誰も, 貴女の, 費しても, 賜りました, 超えて, 超越し, 転じて, 軽く受け流す, 辿って, 返さずに, 返す, 返すは, 述べさせる, 述べること, 述べ馬, 送つた, 途中で, 造ったの, 連ねて, 連想する, 遁が, 運転手へ, 道理と, 遣つて, 遮ぎった, 遮ったが, 遮つて云, 遮りきまじめ, 遮るの, 選ぶの, 醗酵させ, 重ねた, 間々に, 雪質を, 青白き大佐, 面白いと, 面白がって, 頭から, 頭上から, 飾るよう, 馬鹿に, 鸚鵡返しに, 鼻で

1 [5530件 抜粋] ああこう, あてに, あの十四郎, あらためて反芻, ありのままに, いいのこして, いうと, いきなり聞かされた, いただき, いただけるよう, いったとき, いとも大事, いやに, いわねば, うけたまわって, うしなった角助, うはの, おかけ遊ばし, おしまない, おぼえた, おれが, お信じ下さらないなら, お忘れない, お聞きする, かえしては, かけあわないの, かけたか, かけたのに, かけてる間, かけぬ様, かけようとして, かけられるたび, かけるであろうそこで, かける前, かけキャンデー, かけ妻, かさねる, かってに, かれは, かわしへつらえを, きいたから, きいた瞬間, ききだそうと, きくが, きったとき, きり二年間, くちずさみたくなる, くりかえすばかり, くり返すだけ, こう解した, このん, こんな場合, さういふ意味, さがして, ささげしめた賢夫人, さしはさむ癖, さへも, しきりに口, しも, じっと考え, すっかり忘れ, すべらしたり, そっくりあなた様, そのままお, そのまま借り, そのまま容れ, そのよう, その正しき, それが, たがえねば, ただちに実行, たまわりたいと, ちょっと途, ついで今度, つい言いたくなります, つかう習性, つかへば, つがえた, つぎたすこと, つくり出すこと, つけられないこと, つたへて, つづけたく思った, つづりつづり, つらねて, とぎって, とりまぜた言葉, どうしよう, どう訳し, どんなに長い, なぜそのままに, なんでも, のべつ幕無し, はいたが, はさまないで, はじめと, はっきり聴きとる, ば使つてゐる, ひとつひとつ書き写し, ふと今, ふるわせた, へらしつつ, ほんた, まざ, また繰り返し, まつたく上の空, まるで聞いた, むげに, もうそれ以上, もぐもぐと, もってに, もて我, もらつても, やりとりし, よく使, よく投げ合った, よむ, わざと真面目, われわれに, カッコの, ゲーテが, タテに, パリに, ユウモアだ, 一々正直, 一つ一つの, 一つ新しく, 一同に, 一度も, 一番手っ取り早く, 一言時子が, 三度も, 下さいました, 不吉の, 与えたので, 与へずには, 並べるだけ, 主観的な, 二三ささやいた, 云いつづけようと, 云うとき, 云ったなり, 云つて見る, 云われたため, 交えず三晩後, 交えんと, 交さぬ數十分の時間, 交したなら, 交しはじめた, 交すくらい, 交す者, 交わしそして, 交わしながら, 交わす日, 仄めかすと, 今云う, 仕事の, 代へて, 仰向いて, 伝えます, 伝へたとは, 伺って, 何となく面白, 何処かで, 何遍でも, 作りだすこと, 作者から, 使いましたけれども, 使い得る特権, 使うそう, 使う可, 使ったからな, 使った意味, 使つた小杉さんの, 使つて叫んだ, 使はせる, 使わないこと, 使われた, 促が, 俟た, 信じてを, 信じません, 信じる事, 信ずるよう, 信用しましょう, 借りるが, 停め, 僕自身としては, 先生の, 全く否定, 公に, 再び彼, 冷笑する, 出さむ, 出しては, 出す時, 分析した, 切つてお, 切つて淋し, 切りささやいた, 切りまるで, 切り片手, 切ッた, 別に心, 前に, 労力を, 区切ってから, 半分呑み込ん, 単に文芸, 又八は, 反故に, 取りつく島, 取り込んで, 受けたので, 受け取つたと, 口ずさみながら, 口走りながら, 叩きつけた, 叫んだこと, 合せた, 同じ形, 吐かしたかが, 吐かれる度, 吐き出させようと, 吐き散らして, 吐く見たいに, 向けると, 吸い込みやたら, 呑みこむと, 呟きました, 呶鳴りも, 和らげ旦那, 唯一の, 喉元まで, 喜ぶよう, 噛み殺した, 嚥み込んだ, 固く信じ, 地震に, 変えた, 外延的普遍の, 大きな聲, 大渡津海, 失うこと, 奉じて, 女房たちは, 好むであろう, 姉さんに, 子路自身で, 守ってる老人ども, 実感する, 家族の, 察したもの, 尊い芸術, 少しは, 尽したもの, 巧に, 帆村は, 平次の, 幼明に, 延ばさなければ, 引きとって, 引と, 強ひ, 形の, 待たずに, 待つかの, 得意然, 復誦するだろう, 心覚えに, 志緒乃の, 忘れては, 忘れ去って, 思いおこし今さら, 思いだすと, 思い出したが, 思い出します, 思い出すこと, 思い浮かべたため, 思はず口真似, 思ひ出したん, 思ひ出せあの, 怪しみながら, 恰もそれ, 悲しく思い出した, 想いだして, 想ひ出し, 意味が, 愛しないという, 感慨深く想い起す, 慎み時, 懐しく思い出した, 戒めて, 所有する, 打ち消すよう, 承はつ, 承知致した, 投げあったかと, 投げつけられたお, 投出す要は, 抵当に, 押し返した, 拭き脱, 持たないの, 持ち出して, 持つ民衆, 挟むわけ, 捕へたの, 捧げるほどに, 掛けさうな, 掛けては, 掛けられまた, 掛ければ, 探しかけたが, 探す暇, 揉ぎ取, 換て, 撒き散すの, 支店長の, 改めて云う, 改めて言われます, 改め愚僧, 放つと, 教え行儀, 數語か, 断り軽い, 日常的に, 易しくする, 時代的に, 更えた, 書きつけるの, 書き寫そうとは, 替し候由, 最大限に, 有難く肝, 本当にし, 杜絶した, 柔らげた, 極めてその, 構えて, 次ぎました, 止絶らせた, 武器として, 残されて, 殘した, 気休めとして, 汎濫させ, 沢山使う, 洩し, 洩らしたの, 派手好きな, 浴せやう, 浴びせられ次第に, 淀ませ, 添えたもう, 清三は, 澱ませました, 濁し気軽く, 無に, 無駄に, 特に文芸, 猛烈に, 現在の, 瑞見, 生活の, 用いたので, 用いられること, 用いる代り, 用ひれ, 申し上げます, 番えたぞ, 疑ぐること, 疑わずに, 発したこと, 発した調子, 発し得るよう, 発する張合, 発せられああ, 発見する, 百事に, 直ぐ食物, 看護婦に, 真に受けなかった, 真実らしく, 知った時, 知らず巌, 知らないもの, 知らなければ, 研究する, 祝詞という, 私語き交し, 空想し, 立てさせて, 笑われそう, 粗野といふ, 紙に, 組み立てて, 統けて, 絶らず, 続けさせた, 綱は, 縫って, 繰り返させなかった, 繰り返すの, 繰返しては, 繰返へ, 置き去りに, 習ったの, 考えさせて, 考え出したらすこうし, 考へつづけた, 聞いたため, 聞いた僕, 聞いた柿丘, 聞いてる者, 聞かなかったから, 聞きお, 聞きたかった, 聞きなおした, 聞き今, 聞き分けると, 聞き取ろうと, 聞き此記録, 聞き終えるか, 聞き馴れて, 聞くもの, 聞ざりし, 聞違えた, 聴かない, 聴くうち, 聽かう, 背かる, 脳裡に, 自己保存の, 若い二人, 荒々しい口調, 落ちついて, 街上の, 裏切らないよう, 補足する, 見たかつたの, 見つけ訳させようと, 見出したとき僕, 見出そうと, 覚えたとか, 覚えるの, 観念形態という, 解し得ず, 言いかわさんが, 言いよどんで, 言い換えれば, 言うや, 言つてしまつ, 言へと, 記したもの, 許さぬ火, 証明する, 話さない運転手, 話す奄美大島, 誓つた, 語らせる場合, 語る中, 読みうるやう, 読む事, 誰かに, 謹しむが, 讃嘆する, 費すと, 賜つた, 賜わるさえ, 足して, 身体全体に, 辷らせるからには, 返した事, 返へ, 述べつ, 述べ彼等, 送ったが, 逃がす冷酷むざんの損失, 通信した, 連ねるの, 違えなかった, 遣うわけ, 遣わせないところ, 遮り思い切った強い, 選び育てるの, 選んでも, 避ける理由, 酷く耻, 重要な, 長くのばし, 附けて, 陽子は, 集録した, 静に, 響そのものの, 順々に, 食べつけて, 飾りて, 駄夫に

▼ 言葉~ (5315, 11.9%)

124 ある 54 出て 46 あるが 42 あります 37 私の 36 なかった 35 あった 33 ない, 終るか 32 彼の 31 出なかった 30 あつた 27 耳に 23 ありますが, 妙に 19 あって, 気に 18 終ると, 自分の 14 あると, あるの, 口から, 口を 13 使はれ, 頭に 12 出ない, 思い出された, 終らないうち, 終らぬうち, 見つからなかった, 非常に 11 如何に, 彼女の, 残って, 胸に 10 出た 9 ないの, 流行し 8 ないから, 何を, 終らない内, 聞えて, 途切れた

7 [13件] あること, あるよう, それを, まだ終らない, 人間の, 今の, 出なかつた, 出来て, 切れると, 口へ, 無かった, 私には, 途切れて

6 [18件] あったの, あつて, ないので, なくて, なぜか, 今は, 何か, 出るの, 咽喉に, 喉に, 急に, 意味を, 浮んで, 無かつ, 聞えた, 自然に, 自由に, 頭の

5 [24件] ありません, あるから, あるそう, あるので, あろうか, いつまでも, しみじみと, とぎれた, とぎれると, 僕の, 出ないの, 口に, 嘘でない, 彼を, 本当なら, 無いの, 生きて, 盛んに, 真実である, 私を, 耳には, 舌の, 身に, 途切れると

4 [45件] あったもの, あるか, あるくらい, あるという, あろう, き, ここで, そこに, ついて, とぎれて, なかつた, なければ, へんに, よく通じない, わからないので, わかるやう, 一つ, 不自由な, 並んで, 今でも, 今も, 何の, 俺の, 出ないで, 出なくて, 出ませんでした, 子供の, 少しは, 岸本の, 当って, 彼に, 彼には, 我々の, 書いて, 無い, 相手に, 示す通り, 私に, 終るの, 許される, 許されるならば, 通じない, 通じないので, 違って, 響いて

3 [80件] あまりにも, ありそれ, ありました, あるよ, ある筈, この時代, すつかり, その頃, それから, ぞんざいに, たくさんある, つづかなかった, なかったら, はっきりと, はつきりと, ふいと, ふと思い出された, ふと胸, まだ耳, みつからないの, わるければ, ゴーリキイの, ピンと, 一般に, 不意に, 不適当, 二人の, 何うし, 余等には, 使って, 使われて, 先生の, 出たので, 出ました, 出ると, 出来た, 分らない, 切れるの, 判ると, 咽喉の, 多い, 多いの, 太陽の, 女の, 好きであった, 少しも, 引用され, 心に, 思い出される, 意味する, 日本に, 日本の, 最初に, 本當, 止絶れる, 此の, 洩れた, 浮かんで, 生れて, 異様に, 癪に, 発達し, 示して, 終わるか, 続いて, 耳の, 聞えたの, 聴えた, 自分に, 落ちかかって, 行われて, 見つからない, 見付からなかった, 見出せなかった, 解らなくな, 記されて, 語られて, 通じたの, 通じないで, 間違って

2 [314件] あたって, あたま, あったが, あったこと, あったと, あったね, あったはず, あった為め, あの人, あまり重い, ありましたが, ありまして, ありますから, ありますね, ありまた, あり自分, あるからには, あるじゃ, あるだろう, あるなら, あるならば, あるん, いくつも, いたるところ, いつもより, いまさらの, いやに, うかんで, うまく通じない, おかしかった, かすかに, かれの, かれら, かわされた, きれぎれ, ここでは, この時, ござりました, しきりと, すこしも, そのま, そのままに, その時, それが, それぞれの, それです, それな, それに, ただの, ただ一つ, だん, つい口, つかわれて, つぎつぎに, つけたして, つぶやかれるの, できた, でて, でなかった, ところどころしか, とだえた, とだえました, とりかわされた, どうかする, どうした, どうしても口, どこかに, どこから, どこに, どこまで, どれだけ, ないうち, ないと, ないよう, なかつたさ, なかつたの, なくても, はいって, はっきり耳, ひとりでに浮ん, ふいに, ふと頭, ほんとうに, ます, また例, もしほんと, もつれたり, もつれて, もれた, やがて順平, よく解らない, わかったかの, わかったの, わかったよう, わからない, わからないの, わからなくて, わからなければ, わかるの, わかるよう, わたしを, われながら, アカデメイヤに, アリ, グッと, チラチラと, 一々肺腑, 一つも, 一人の, 一種の, 三千代の, 下に, 不便な, 不思議と, 不思議に, 乱れて, 云われなければ, 互に通じない, 交換され, 人の, 今日の, 今日は, 伝えられて, 伝わって, 伸子の, 何かの, 何とはなし, 何も, 何よりも, 何度も, 何時でも, 余韻を, 使はれだした, 使はれる, 使用され, 信じられないという, 俺に, 入って, 出かかって, 出そう, 出たもの, 出なかったの, 出なくなった, 出るので, 出る前, 出來, 出来たの, 出来る, 分って, 切れた時, 切れても, 切れる, 切れ切れに, 助七を, 単なる虚偽, 反対の, 受け容れられる事, 口の, 叫ばれて, 吐かれた, 周平の, 唇の, 喉の, 嘘だ, 囁かれた, 変だ, 多いよう, 大切である, 好きであり, 好きでした, 如何にも真実, 存在に, 容易に, 少いと, 少くとも, 強くからみつい, 彼らの, 彼自身の, 必然に, 思いだされて, 思い出されたの, 思い出されて, 恐ろしくて, 悉く絶大, 意味し, 意外な, 意外に, 感情に, 或る, 手に, 持つ意味, 掛りました, 採用される, 日本語に, 明らかに, 明晰で, 昔から, 書かれて, 書き連ねて, 最初には, 本当か, 本当だ, 東京に, 梅子の, 次から, 止切れた, 止絶える, 止絶れ, 正しいこと, 正しいの, 正太の, 母の, 気がかりに, 気に入った, 気に入って, 気に入らなければ, 永久に, 流行しました, 流行する, 浮いて, 浮ぶと, 混じる, 添えられて, 漏れた, 激して, 無に, 無反省, 無意識の, 特別に, 現れて, 現実に, 理解できなかつた, 甘い蜜, 生じたの, 生じて, 生まれて, 生れたと, 生れたの, 生命と, 用いられて, 用意され, 異様な, 発せられたの, 皆の, 省略され, 真実に, 砕けて, 私達の, 突いて, 第一, 終った時, 終ってからも, 終るや, 絹子の, 続かなくな, 総がかりに, 繋がらない様, 美しいので, 耳について, 耳にも, 聞えないの, 聞えなかった, 聞えるの, 聞かれた, 胸の, 胸を, 脳裡に, 自分には, 自然と, 至言である, 茶の間の, 蓮葉に, 西洋の, 要るの, 見えはじめて, 見つからないうち, 見つからないの, 見つからなくて, 見出せなかつた, 見当らない, 見当らなかった, 解る, 言い終るか, 言えなかった, 許されると, 詩に, 詩の, 詰って, 話せて, 誰かの, 讖を, 費されて, 足りないの, 辛うじて理解, 途絶えた, 途絶えたうち, 途絶えて, 途絶える, 通じないという, 通じないの, 通じません, 通じると, 通用し, 過激に, 違うよう, 金五郎の, 針の, 電光の, 青年に, 面白い, 面白かつ, 飛び出して, 飛んだ, 養子の

1 [3002件 抜粋] あえて彼等, あったから, あっただけに, あったらと, あつたさう, あなたの, あの緊密相, あまりに突然過ぎた, あまり愉快, あらくなりまし, ありありと, ありましたね, ありますねえ, あり女, あり紀州, あるかしら, あるじの, あるでは, あるのに, ある二つ, あれば, いかにももの凄く, いかに屡々われわれ, いきなり僕, いくらか気に入らない, いちいち尤も, いっしょに, いつか自分に, いつもの, いつも痛く, いまにも, いやしいとて, いろいろの, うそでない, うらやましい, おかしくなった, おぬいさん, おもしろかった, おわると, お言い, かかったら迎えに, かけ難い, かもし出した新, ききたかった, きつかけ, ぎくしやく, くりかえし述べられて, こうして抑, このとき, この二十二, この塚, この男, この際, これから出, こんなに生々, こんな皮肉, ございましょうか, ございますね, さうであ, さっぱり分らない, しつっこく私, しぶつ, すぎやしねえか, すぐれて, すぐ或, すっかり変っ, すでに分析的, するすると, せっかくの, そうであった, そこまで, そのとき, そのまま当てはまる, その人, その場, その感じ, その気持, その際, それからそれ, それに対して, それ程の, ぞろぞろ這い出し, たたきつけるよう, たった一ツ, たりませんが, ちがうから, ちょうど適当, ちよつと, つかえないもん, つげないで, つづかなかったが, つづけられませんでした, つまって, てめえらの, できて, でるたび, とぎれても, とつぜん異様, とびだした, とりあげられて, どうしてあの, どうしても出, どうも耳, どぎつい感じ, どのやう, どれ位そんな, どんなに私たち, どんな風, ないよ, なかつたから, なかなか見つからない, なくたつ, なくなってから, なく赤面, なにか殘虐, なんとも言えず, のどへ, はいったの, はじめて裏書き, はっきりし, はつきりし, はなはだ穏, はやりはじめた時分, ひきつづき出, ひとつの, ひどく曖昧, ひどく胸, ぴしりと信子, ふくむ鋭い, ふっと思い出され, ふと泛ん, ふと頼り, ほしいねえ, ほとんど耳, ほんとに当, ぽつんと切れ, まずい料理, またわれ, また奇怪, また自然, まだ云い出されない, まだ物, まとまらない私, まるで異なった, みつからなかった, めんどうくさくて, もう少し自由, もたらすそれ, もつれ返ったよう, もはや過, やつと, ゆくりなく簇, よくない, よくわかりませぬ, よく使われる, よく当てはまる, よく解らなかった, よみがえった, わかって, わからないところ, わからぬうえ, わかりません, わかれば, わたった自分, アダ名と, インギンな, クッキーという, ゾンザイで, ディアレクティークという, ハツキリした, ピシリピシリと, ブツブツと, マザマザと, ルケアーノフと, 一々違, 一分一厘の, 一度に, 一滴の, 一番胸に, 一般的に, 一部分方言として, 三田君ご, 下ると, 不完全であります, 不思議にも, 不用意にも, 与える概念, 並べられところどころ, 主として使用, 乱暴な, 事件を, 二つ重なっ, 二度使われ, 云われた, 交された時, 交わきれて, 人々の, 人間にとって, 今とは, 今出る, 今日妙な, 今菊枝の, 付けられて, 仮にどこ, 伝えられるに, 伝へる感じ, 何から, 何と活き, 何れといふ, 何年か, 何故か素戔嗚, 余りに真率, 使いにくい, 使えるならそれ, 使へる, 使用された, 信じられませんの, 俺を, 偶然の, 元来今日, 先生に, 入り乱れた, 全く思いがけず, 全然聞き取れなかった, 公式主義の, 其のまま胸, 内包する, 凡ての, 出ずいきなり, 出せなくなった, 出たらしい, 出ないだらう, 出なかったと, 出なくただ, 出ぬ, 出るだらうと, 出来あがるが, 出来るよう, 分からぬのに, 分らぬ以上, 切れて, 初めてこの, 判って, 別れの, 割って, 動いて, 十分に, 半紙の, 単なる負, 単純に, 又不幸, 双方の, 叔父に対しても, 口穢なく, 古語で, 可也あった, 台本の, 吉良兵曹長に, 同時に一行, 吐き出されそう, 含む意味, 呟かれた, 咄嗟の, 唐辛子の, 喉から, 嘘か, 図星に, 在りの, 壊されてな, 変に, 多いので, 多く書い, 多数の, 大きすぎる, 大変気に入った, 大袈裟な, 天下を, 奥さんの, 好い感じ, 妻の, 嫌ひであつ, 嬉し苦労, 存在し, 孝次郎には, 実と, 実は私, 寅彦の, 寿平次を, 小さいので, 小説か, 少しの, 少し癇, 尽して, 常に何等, 幡江の, 平素の, 広く行われる, 度々眼, 弟を, 強く心, 当てに, 彫りつけられて, 役立たないやう, 彼ら本来の, 往々いっ, 後まで, 御気, 心ひそかに, 必ず掲載, 忘られた, 忽ちふだん, 思いがけず自分, 思いつきませんでしようし, 思い出せた, 思ったより, 思わず途切れ途切れ, 恐しく思いだされた, 恨めしかった, 悪ければ, 想い出されるで, 愚図愚図し, 慶月院の, 或は心象, 投げかわされ刺されて, 持つリズム, 改まった, 放たれ国民全体, 数ヵ所出, 文学の, 断れぎれ, 新たに, 既にその, 日本人に, 昌作の, 明瞭に, 時々繰りかえされる, 時にとって, 暗示にな, 書きつけて, 最も古格, 最初から, 有った実に, 未だ終らぬ, 本当によく当, 東京者に, 果して真実, 栖鳳氏の, 桝本の, 極端に, 次ぎから, 次第に根負け, 欲しかつ, 正当に, 歯切れよく, 残つてゐる, 段々乱れ, 比較的多く, 気にな, 気に入らなかったと, 気味わるく, 氾濫しすぎ, 沈痛に, 沢山使っ, 注目され, 洩れました, 流れた星, 流れ流れ, 流行った位, 浮かびませんと, 消えずに, 深く自分, 清吉の, 滑稽に, 澄んだ声, 濫用され, 烈しいので, 無いもの, 無くなるの, 無意識に, 無造作に, 父の, 特に問題, 率直で, 現在の, 理解できないらしく, 甚だ漠然たる, 生じたり, 生れなかつたといふ, 用いられたもの, 用ひられる, 略されて, 痛快が, 発せられて, 百雷の, 目まいした, 相応は, 真実か, 真情に, 知識的で, 示すよう, 社会的である, 神秘めく, 私自身に, 稍私の, 穏当でないなら, 突然出た, 立派さうにある, 第一難, 簡単すぎた, 精霊或は, 素直でない, 終らない間, 終る少し, 結ばれて, 絶えた, 続かず救い, 続かなかつた胸, 綴られて, 繰返された時, 考へられ始めた, 聞えたか, 聞えなかったの, 聞かれました, 聞きとれなかつた, 聞き取れなかった, 聞こえた時, 聴える, 肉眼に, 脣を, 自ずと出, 自分自身への, 自由でなかつた, 色々と, 若し従来われわれ, 荒かった, 莫迦に, 葉子の, 蘇って, 行はれ, 衝突って, 西暦一九一七年の, 見つかったの, 見つからないで, 見つかりませんが, 見出せなくて, 見当らないよう, 覺えられません, 解らないと, 解る人間, 言えないん, 言ひ, 言外の, 記憶に, 許されないならば, 証拠が, 話せるという, 誠真実であるなら, 諸君にとって, 變つて來る, 質朴であった, 起つて, 足りなかったん, 身構えた二人, 辺りから, 返って, 逆の, 途切れてから, 途切れ途切れに, 通じないそんな, 通じないらしくに, 通じませんでした, 通じんの, 通り魔の, 通用する, 連続した, 過ぎたかも, 過ぎは, 過ぎやしませんか, 過やあ, 違い着物が, 違うの, 違つてる, 適用される, 酒を, 重々しく光りかがやい, 重蔵の, 錆びた針, 閃いたの, 閊えて, 阮東の, 陰で, 隣の, 雜つてゐる, 静かに, 面白く又, 順当に, 顫え, 飛ぶん, 駕籠の, 鳴つて

▼ 言葉~ (4734, 10.6%)

30 私の 28 彼の 22 ない 17 あまりにも 15 なかった 14 私を 13 殆ん 12 非常に 11 妙に, 少しも, 耳に 10 私が 9 なくて, 意味を

8 [11件] それが, ないの, 一言も, 人間の, 今の, 何も, 出なかった, 彼女の, 正しい, 私には, 自分の

7 今でも, 今日では, 何か, 彼が, 次の, 私に

6 あなたの, これを, それを, 僕を, 可なり, 急に, 或る, 誰の

5 [21件] ある, あるが, いつでも, これは, そこで, ないと, わたしの, 一種の, 丁寧です, 今では, 今まで, 俺の, 唐突で, 少くとも, 当時の, 心の, 我々の, 明らかに, 涙に, 立派な, 謎の

4 [28件] これだった, これである, そのま, どういう意味, どこまでも, なか, はっきりと, ほんとうに, われわれの, 一つの, 予想外でした, 二人の, 何でも, 出て, 口から, 喉の, 嘘では, 子供の, 彼を, 明かに, 東京の, 生きて, 立派に, 自信に, 自然に, 見事に, 誰が, 豫想外でした

3 [70件] あつて, ありません, ありませんでした, あるまい, いつに, いよいよ出で, いろいろの, この国, この場合, この時代, これであった, さすがに, しどろもどろで, すべての, それだけ, それ自身の, どうで, どうでも, ないかと, ないもの, なかつた, 一つも, 一句, 一致し, 丁寧だ, 丁寧で, 人間が, 今に, 今は, 今も, 今日に, 今日の, 今日まで, 伸子に, 何の, 何を, 何等の, 使いたくない, 使は, 僕の, 先生の, 出ずして, 十分に, 同じで, 咽喉に, 変に, 多くの, 容易に, 實に, 彼れ, 怖ろ, 恐ろしいほど, 意味が, 日本でも, 日本の, 普通の, 本當, 次第に熱, 江戸の, 無かった, 甚く, 相変らず, 短い, 穏か, 節子を, 絶対に, 覚えて, 誰も, 違ふ, 酷いで

2 [287件] あまり使用, ありませんでしたが, あれは, いつかは, いつまでも, いつもに, いやだ, うわの空で, およそ熊本, お世辞, お町, かの女, こういう時, こうした意味, こうだった, ここで, ここでは, この作品, この頃, これから判決文, これで, これまで, こんな調子, さも思ひ, しかしぴしりと, しばしば聞く, そこが, そっくり私, その一例, その中, その人柄, その当時, その後みんなで, その後長く, その根源性, それから, それだけで, それで結晶, それと, た, ただ彼, つづいた, ですね, どんなこと, どんなに私, どんな風, ないで, ないので, ないや, なるべく使わない, なるほど, なんだ, なんであつ, なんでも, はたで, はっきりし, はっきりしなかった, ひどくしどろもどろ, ひどく丁寧, まことに素朴, まさに頂門, またおまえ自身, まだ彼, まるで反対, まるで無意味, みんな工夫です, みんな忘れた, むごい程よ, もう瀕死, もう青年, もっともだった, やはり, やや感傷的, わかったの, わからぬながら, わたしを, われながら, オレを, ギリシア語の, チェーホフの, ハッキリと, パリーの, 一言に, 一語ごとに, 不用に, 不用意に, 中つて, 久しく私, 事実を, 云うまでも, 交さなかった, 人に, 人を, 今なお, 他に, 代助, 以ての外でした, 伸子の, 伸子を, 低くて, 何であった, 何と, 何よりも, 何んで, 何処まで, 何物ぞ, 併し, 使う者, 使ひたくない, 使わないもの, 信じて, 信一郎の, 信一郎を, 偽りの, 僕に, 優しいが, 元来が, 充分で, 先人の, 全く人間, 冗談に, 冗談の, 冷たく無情, 冷酷でした, 凡ての, 分るけれども, 切々として, 力を, 匕首の, 医者が, 十の, 口に, 口の, 古いけれど, 古くから, 喉に, 喘ぐ息, 国の, 地の, 地獄に, 変だ, 夏目先生以後にも, 大変に, 大抵の, 女の, 孰らからも, 完全に, 官能を, 寺尾に, 少し妙, 尤もでした, 尽く人間, 島民の, 峻烈です, 嵐の, 帝王の, 平次にも, 平素の, 強かった, 当って, 彼と, 彼らに, 彼らの, 彼等の, 彼自身の, 心が, 必しも, 忘られない, 忘れて, 思ひの, 急所を, 恨みと, 恰もこの, 意外でした, 意識と, 愛情の, 所謂, 持って, 文字通りに, 文書の, 既に忘れ, 日本に, 日本人の, 日本語と, 日本語として, 明確で, 昔も, 時々耳, 普通でも, 普通に, 普通には, 更に急き込ん, 最初の, 未だに僕, 本当の, 本来は, 柔かいが, 樫の, 次第にか細い, 此の, 此処で, 死んだ母, 殆どつねに, 母の, 母親の, 毒を, 江戸で, 決して口, 決して嘘, 決して日本, 沈んで, 流れ過ぎる, 溝口屋鐘五郎の, 激昂の, 火の, 犬に, 率直で, 現世の, 現代人の, 男女とも, 異様な, 皆彼を, 直ちに問題, 直ちに手, 相變ら, 真実である, 矛盾である, 短けれど, 確かに, 神と, 神なりき, 神の, 稍過ぎた, 空々しく受け, 空に, 簡単で, 純粋の, 絶えず彼, 群衆の, 聞いて, 聞かないで, 聞かぬ振を, 聞かれなかった, 聞き取れなかった, 聞くこと, 職工や, 自分に, 自分には, 落着い, 著作物の, 表面穏かで, 見つからない, 見て, 見方によって, 言葉で, 言葉としては, 言葉の, 言訳と, 訣つてゐる, 詢に, 誇張では, 誰でも, 誰にも, 豫想外です, 辛辣であった, 辞書の, 近代文学の, 途中で, 途切れた, 通じなくても, 通じなくとも, 通用しない, 遂に事実, 違って, 針の, 鉄の, 鉱だ, 銘刀の, 銭の, 鋭かった, 陽子の, 露骨な, 静かであった, 非難の, 頗る一揚一, 風の, 魔術的な

1 [3343件 抜粋] あいそが, あくまで警戒, あったでしょう, あとへ, あなたには, あの案内者, あまりに粗野, あまり地方色, あらずして, ありがたく頂戴, あり以前, ある自由さ, いうまでも, いかにも巧み, いかに必然, いくらも, いちいちわたし, いつしかすすり泣き, いつもの, いつわりだ, いよいよ柔かく, いわゆるデテルミニスティック, えたいの, おそらくも, おだやかだ, おのずから唇, お互いに, お姉さま, お母様の, かういふ種類, かけて, かつて我々, かなり角立った, きいて, きっと嘘, きわめて朦朧, けっしてほんとう, こういう人, こうでした, ことば, このみ, この事, この地方, この政治的, この道, これだ, これも, こんな場合, こんに, さう, さっぱり分らない, しかく音樂的, しずかで, しばしば対句, じかに私, すぐ原因, すでに前章, すでに立ち, すべて影の, ずいぶん大言, せっかちだ, そつくり小説を, そのほか, そのままの, その一つ, その具体性, その外, その時, その瞬間, そばに, それだけしか, それに, それほど難しく, それ見た, たいへん利いた, たしかに当たっ, ただに, ただ一句, ただ滑り落ち, たった一つ, たとえ思いつけ, だから不用, だんだん時勢, ちょうど傷痕, ちょっと聞く, つい自分, つながれて, できるだけ静か, とたんにぞんざい, とにかく心, どういうこと, どうしても抽象的, どうも専門語, どこから, どちらからも, どんなに不用意, ないそういう, ない御, なお久米一, なかつたやう, なくされなければ, なく従って, なにかしら, なほも, なるべく簡略, なんだか私, ぬきさ, はっきりしない, はるかに, ひと息に, ひどく湿り気, ぴったり当, ふと出, ほかに, ほとんど聞かれなかった, ほんとであろう, ぼんやりし, まこと, まことに霹靂, まさにこの, ますますその, また一定, まだつづき, まだ我我, まったく反対, まるで小, まるで火薬, まるで雷, みな中国音である, みんなに, みんな嘘だった, むしろ耳, もういらなくなる, もう信用, もう見当, もちろん私, もっと立ち入った, もと自然的対象界, もはや多門, やさしかった, やはり胸, やや荒く, よくきく, よくわかり, よく知っ, よほど彼, わからず怖, わからぬながらに, わがアカ, わたくしに対して, アクセントが, エス, カエサルの, ギリシア, シングの, スピノザの, ダンテの, ハッキリしない, ヒシヒシと, ピューッという, フランス語だった, ヘブライ語なりし, マッ殺する, ラクロに, ロウロウという, ヴォルフによって, 一ツで, 一八一五年ディーニュにおいて, 一切吐かぬ, 一句毎に, 一寸皮肉, 一度で, 一応尤も, 一時凌ぎの, 一般向きの, 一語より, 丁寧だった, 万事好都合に, 三樣の, 下町でも, 不従順, 不用である, 不適當だ, 世界最古の, 中って, 丸で, 主君源三郎へ, 乗って, 事件を, 二人を, 二重三重に, 云は, 交さなかつた, 京訛り少し, 人生の, 人間性と, 今ようやく, 今度は, 今特に, 以前なら, 伊達で, 体系による, 何とか解釋, 何もかも解決, 何故かなやましく痛く, 余りに親しき, 使いながらも, 使はずに, 使わない方, 便所にしか, 保枝の, 信用しない, 借りなくとも, 僕としては, 元よりも, 元来自分たちの, 先づ斯んな, 全く八五郎, 全く正反対, 全然うそ, 公式だ, 再び改鑄, 冴子の, 凛然と, 凡て科白の, 出し難かっ, 出ない, 出鱈目だろう, 分らなかった, 初めてそれ, 判りにくい, 別に私, 刺戟し, 前記の, 勇ましいが, 勝誇る源吉, 勿論歩風身体, 十左と, 半ばかすれた, 半年前なら, 単にロゴス的, 単に老人, 即ち此, 又プツリ, 反つて, 取り消しますね, 古いもの, 古来甚だ多く用, 吉里にも, 同一の, 吐き出された, 君主に, 咽喉より, 唯増殖, 啓介が, 喜怒哀楽とか, 嘘でない, 嘲笑うよう, 四塚の, 土地土地で, 地震の, 変化し, 多分当っ, 多少砕けた, 夢の, 大変事務的に, 大抵東京, 夫人として, 奇想天外でした, 好い加減な, 如何に, 如何那, 姉に, 嫌ひだよ, 孔子が, 宇乃自身の, 定説とさえ, 実に余, 実に無慈悲, 実はアメリカ人, 実際には, 富田が, 対象が, 尊敬されるだらう, 少々無理, 少しぞんざい, 少し困った, 少し誇張, 尤もに, 屡々幼年, 屹度そうした, 左門も, 市民的素直に, 常に必ずしもトムスン, 平安朝にな, 平次にとっても, 年齢と共に, 幾十たびと, 底の, 弘まりキリスト信者は, 当つて, 当地の, 形式的で, 彼ら特有の, 後々まで, 後者が, 御維新前, 心を, 必ずしも巴里, 必ず実現, 忘れないで, 忘れようと, 怒である, 思わず眼, 恋とか, 恐らく無意味, 息吹である, 悪いが, 意味には, 意識とともに, 感覚と, 慶長ごろの, 我口より, 戦争中の, 手を, 抛り放つこと, 括弧に, 探偵小説にも, 支那語に, 政治屋とでも, 数が, 文字に, 文學者たちが, 断片的で, 新らしい, 旋風の, 既に消失, 日本左衛門には, 日本語に, 明治時代の, 昔は, 昼の, 時計の, 普通落着か, 曖昧であった, 最もおかしい, 最上の, 最少限に, 有りながら, 未荘, 本当です, 本来技術的な, 本質的に, 東京などでも, 果してその, 根本において, 極めて効果的, 極めて重大, 概念と, 権右衛門の, 欝した, 次郎の, 止して, 正しく当っ, 正確に, 此間の, 死葬式などの, 殆ど芸術を, 残って, 母を, 比較的おだやか, 気に入つた, 水心と, 決してまだ実現, 決して反故, 決して愉快, 決して言, 沢田が, 洋上を, 流行の, 消えて, 淋しくうら悲しい思春期, 清く小さく鋭くクララ, 湖州に, 漸く滑らか, 濁って, 烈しくなつた, 無くなって, 無理です, 無表情に, 無論形式, 無責任な, 爪牙に, 爾来四十余年, 特に肝臓, 独り言で, 珍らしく, 現代使われてる, 現実の, 理解の, 甚しく間違っ, 生一本な, 用いなかった, 用ひたくありません, 由良にとっては, 男子の, 疑ひやう, 病気を, 痛烈を, 皆なんら, 皮肉と, 直ぐに白い, 直訳的に, 眞劍な, 真の, 真実と, 真理でも, 矢張り彼の, 知らないだらう, 知らんけんど, 石澤左仲の, 社会生活や, 神聖に, 秀吉を, 私は, 科学に対しても, 穏やかだった, 空虚である, 突然クリストフ, 竜之, 簡単だ, 簡單です, 約束の, 素行も, 結果論である, 絶対でした, 続きます, 総ての, 美しい, 翌朝の, 耳にも, 聞いたばかり, 聞えぬ振り, 聞きたく有りません口数, 聞けば, 肉と, 胸いっぱいに, 腹が, 自意識の, 至って印象的, 興味が, 良くききとれず, 花市君の, 苛酷で, 英語の, 菅公から, 著しくラエーフスキイ, 藁と, 表情の, 襟が, 見つからなかった, 見当らぬの, 親切でした, 解って, 言いたくない, 言わば魂, 記憶に, 許されるであろう, 詩的に, 語ろうと, 誰かが, 調所が, 警句ばかりと, 費されて, 跳梁し, 軍部や, 辛辣で, 近代まで, 返上しよう, 途断れた, 通じなかったらしくまた, 通ぜぬながらも, 過去八年間の, 達しなかつたが, 遣った事, 都会の, 重っ苦しい, 針とが, 鋭く当時, 長く人々, 間違いだらけでも, 降る雨, 隠語交りである, 雙方共今に, 霰の, 静かに, 音楽である, 頗る居士, 餘り, 高ぶり過ぎて

▼ 言葉~ (4549, 10.1%)

123 意味が 119 中に 95 意味を 73 意味は 72 ように 69 うちに 67 中には 38 なかに 28 調子が 25 上の, 裏に, 調子を 24 調子は 23 うちには, 意味も 22 意味の, 調子に 21 方が, 裏には 20 ために 19 上に, 中から 18 上では, 中にも, 終らぬうち 16 上で, 終らないうち 15 はしばし, 下に, 代りに 14 ままに, 内に 13 一つも, 下から, 内容は, 意味に 12 うちにも, やうに 11 ような, 中で, 美しさ, 通りに, 間に 10 ようだ, 内容が, 奥に, 奥には, 調子には 9 上だけの, 方は, 端にも, 調子にも 8 とおりに, 内容を, 底に, 美, 裏を, 調子で, 調子も 7 かげに, やりとりを, 前に, 底には, 様子では, 真意を, 端々に, 終るの

6 [14件] なかには, ようにも, 内容に, 意味である, 方に, 本当の, 端々にも, 端に, 終るか, 裡に, 裡には, 調子から, 調子の, 通りです

5 [17件] うちで, ほうが, やうな, ようです, 一つ一つに, 上だけで, 内容から, 内容と, 効果, 味を, 問題は, 外に, 尻を, 意味について, 激しさ, 端々から, 通りの

4 [41件] あやに, あること, あるの, うちから, うちの, かわりに, ことを, はしはしが, はずみで, まだ終らない, やりとりは, ようである, 一つ一つを, 上だけ, 上での, 上にも, 中の, 使ひ, 修練を, 優しさ, 問題を, 尾に, 形に, 意味から, 意味と, 数を, 有つ, 様子が, 正当な, 深い意味, 真意が, 空しさ, 背後に, 表現が, 裏の, 詩とでも, 調子と, 調子や, 途中から, 通じない外国人, 魅力

3 [87件] あとで, あとを, あやつりにのみ, うら, かはり, とほり, なかの, ひとつひとつを, ふしぶし, ほかに, やうで, やりとりが, ようだった, ようで, リズムに, 一つ一つが, 一つ位は, 下には, 下より, 不自由な, 世界に, 了らぬ, 使い方も, 価値を, 先を, 出るの, 切れ目に, 力で, 効果は, 効果を, 問題では, 定義を, 強さ, 形を, 後に, 意味, 意味だけは, 意味であった, 意外さに, 手品を, 持つ意味, 数々が, 方で, 普通の, 最後の, 機能の, 正しさ, 特殊の, 真実が, 真実を, 端々が, 端々にまで, 端から, 節々にも, 終らぬ内, 終りに, 終りの, 終わらぬうち, 終わるか, 綾が, 綾だ, 綾で, 羅列に, 羈絆から, 自由でない, 自由な, 裏が, 訓練, 訛りが, 訛りは, 誤りを, 説明を, 調子, 調子では, 論が, 通りで, 通りであった, 通りを, 遊戯に, 重大さに, 間には, 陰に, 音には, 響きが, 響きに, 響きの, 魔術

2 [267件] あったの, あつた, あとから, あとでは, あやを, ある事, いさ, うえの, かけようも, かげには, この構造, すべてを, つかいかた, つぎ穂を, つながりを, とぎれるの, ないこと, ない歌, なかから, なかにも, なつかしいリズム, はいって, はしから, はしに, はしにも, はっきりしない, はづみ, ひとつひとつが, もって, やうにも, やりとりから, やりとりに, ゆきちがいから, アクセントや, イメエヂが, ニュアンスを, ホントウの, 一つぐらゐは時, 一つだ, 一つで, 一つであった, 一つである, 一つと, 一句一句に, 一連の, 丁寧な, 上でこそ, 上でだけ, 上や, 上よりも, 不完全な, 世界へ, 世界を, 中からは, 中からも, 中では, 中でも, 中なぞに, 中にだって, 中へ, 中途で, 二三を, 云いまわし, 仇繁き, 仕組だけ, 代わりに, 使い分けを, 使い方では, 使い方に, 使い方を, 使ひざま, 価値, 個性を, 全部が, 内にも, 内容の, 内容も, 出て, 切り抜きや, 切れぬ先, 切れるの, 切れ目を, 切れ目切れ目に, 前には, 力が, 力は, 力を, 助けを, 勢力が, 十分の一でも, 厳密な, 古典的な, 含んで, 周辺に, 味覚を, 命ずるまま, 品の, 唐突な, 問題から, 問題である, 変化の, 外には, 外は, 多くが, 多くを, 奥の, 奧に, 奴隷と, 如く, 妙に, 媒介を通じて, 存在の, 存在を, 完全な, 定義が, 定義は, 実感には, 対照と, 少ない人, 尻は, 尽きるの, 尾について, 尾を, 広い意味, 底や, 形から, 形の, 後ろに, 後半は, 心, 怪しいこと, 息を, 悪い意味, 意味さえ, 意味で, 意味では, 意味などは, 意味や, 意味より, 意味よりも, 意味自体は, 意義を, 感傷に, 技術によって, 抑揚は, 持って, 持つて, 挨拶ばかり, 操り方, 数々を, 文壇に, 断片が, 断片を, 方を, 明らかならざる, 暗示的効果, 曖昧さが, 最も著しい, 有難さ, 末にも, 末を, 本来の, 概念の, 概念を, 様な, 様子に, 様子は, 樣子では, 正しい意味, 残って, 波は, 洪水が, 浪費であり, 生命, 生命を, 用い方, 用法は, 発音が, 真の, 真実である, 真実の, 研究は, 秘密を, 端が, 端を, 第一, 節々が, 節々は, 節奏との, 終えないうち, 終らぬさき, 終りは, 終りを, 終るや, 終るを, 終わるの, 組合せを, 絶れ, 絶対性, 続きを, 綾, 綾に, 美しい音楽, 聯想が, 色調が, 蔭に, 表に, 表現で, 表現や, 裏から, 裏は, 裏側の, 複雑な, 見地から, 解釈に, 解釈を, 訛や, 訛りを, 訛をも, 註釈から, 語調までが, 誠實を, 誤解を, 説明に, 説明の, 説明は, 調子からは, 調子だけは, 調子だった, 調子とか, 謎を, 豫想外さに, 起こりは, 足が, 途中を, 通じない国, 通じない方, 通りでございます, 連り, 遊戯である, 遊戯です, 遊戯を, 遣い方, 遣ひ方, 選択と, 選択に, 選択は, 重さ, 重要性, 間から, 関係から, 陰には, 音の, 音楽, 音楽で, 音楽であり, 音楽の, 音樂である, 音韻の, 響きは, 響に, 響の, 響を, 魅力と, 魅力に, 魅力は, 魔術は

1 [1960件 抜粋] あいさつを, あげあしとり, あった後醍醐, あとに, あひだ, あやと, あらいみんな, あらゆる意味, ありなし, あるもの, ある限り永久, いかに強力, いきにも, いつに, いはれも, うえで, うけ交しが, うちにこそ, うち神楽の, おしりに, おもみ, かげにも, からくりの, ききめだ, きれぎれが, きれめ, くせに, ここでは, ことなぞは, この日本画家洋画家, ごとく, ごとく私, さがること, しゃべり方, すくない母, すぐ後, せいで, それが, ただそれだけ, ためならず, ちがうパリ, ついでに, つぎ端を, つづきを, ていねいな, と, とおりでも, とおり少し, とぎれ目, どぎつい響き, どこまでが, ない愛情, ない間, なかばで, なまりも, はしからも, はしなどに, はじに, はたらきあとを, ひっかかり皆, ひとつも, ひびきからも, ふしや, ほうで, ほぼ正確, ほんの一部, まだ終らぬ, まちがひや, ままで, まんま悪い, もっとも基本的, もつユーモア, もつ底氣味, もつ概念, もつ豊か, もとにも, ものものしさ, やうな思ひ, やすら, やりとりの, ゆえに, ようすです, ようでも, よく合う, よだ, わからない言葉, わかる素子, アクセントだつた, イノチある, ウラに, クリストを, コンビネエシヨンの, シヤレが, テロス, デリケエトな, ニュアンスとか, ニュアンスや, ハキ, メモは, 一, 一つでも, 一つ一つには, 一の, 一向分からぬ, 一層狭義, 一端が, 一語一語ずつ, 一部分が, 上から, 上だけから, 上でだけは, 上へ, 上方訛りも, 不吉な, 不意打ちには, 不自由さから, 不足を, 世界が, 中だけで, 中ば頃から, 中絶によ, 主なる, 主観性が, 乱れて, 予想外さに, 争いも, 事情にも, 五秒間遅れたるなり, 交換では, 人望は, 今耳, 代りであり, 仰山なる, 伝へが, 伝達を, 低い, 何か, 使いようで, 使い方の, 使用に, 使用法における, 価値が, 修練という, 俳諧だ, 借り物が, 健康な, 偽りでない, 傳へる, 先だけでの, 光を, 具象化でない, 内容だつた, 内容には, 内容トルストイが, 冷淡な, 出たこと, 出ない栄蔵, 出るほど, 出来た時分, 分らない歌, 分析を, 切れぬ内, 切れ端が, 切れ間の, 制約を, 前にも, 前後から, 力, 力の, 助太刀, 動物という, 勢ひで, 区別の, 半分は, 単純性を, 原始的な, 厭味を, 反対で, 反映を, 取扱いを, 叡知に, 可笑しさ, 合理性などという, 向上を, 含蓄に, 呪ひでは, 味の, 哀れ呆れ果てた, 問題, 喇叺であれ, 噂を, 国際的解決は, 地雷火を, 堕落をも, 場合もさうです, 変化だ, 外形は, 多義性そのものに対する, 大部分, 奇警で, 女給である, 好みを, 如くに, 如く彼, 如く角が, 妙味, 威力と, 威力を, 字引きなぞ, 定義から, 実体が, 宮の, 實現と, 対訳が, 少し先, 少ない鈴木巡査, 届かない所, 巧なる, 已に震災, 常識的な, 幻象が, 幻象を, 底を, 引照し, 弾丸を, 形式に, 形體に, 影像とは, 影響だった, 後ろには, 御様子, 心を, 心理的ニュアンスを, 必要な, 怒濤, 恋しさ, 悲哀を, 意味お前の, 意味さへ, 意味でなく, 意味とは, 意味においては, 意味はつひ, 意味以上に, 意味次第では, 意義なぞは, 意義は, 意識が, 愚弄それらは, 感じだけを, 感情とか, 感覚を, 感謝を, 成立を, 戲れ, 手前やがていつも, 才への, 技術である, 抑揚が, 抑揚や, 投げかけられたあの, 拍節正しき, 持つ内容, 持つ淋しい, 指導だけ, 探求から, 描写で, 撰択に, 改革です, 数々すべてこれわが, 数はなはだ, 整理を, 文であろう, 文字が, 文法から, 断片と, 方も, 旋律が, 是も, 暗らさ, 暴力, 最上の, 最初の, 期待を, 末に, 本義が, 枕辺に, 根幹を, 根源は, 概念とも, 様子じゃ, 樂器から, 模倣のみ, 樣子も, 機械的な, 欠点が, 次にまだ, 正確さ, 歴史は, 死せる如く, 母音ならびに, 気弱い, 氣韻の, 汚ない, 泡を, 注文は, 洒落らしい, 洪水といふ, 活用を, 流行ったこと, 浮ぶ度び, 海に, 深い情感, 混乱に, 清醇と, 激しい真実, 濫用である, 濫用考への, 為めに, 無い愛情, 無恥な, 爆発に, 物を, 独特な, 現す意味, 理解に, 理路を, 生れる可能性, 生死も, 田舎訛りには, 略語です, 異色ぶりに, 発せられた瞬間, 発見こそ, 白き息, 盆栽, 直接の, 眞實である, 真似が, 真実に, 真意について, 瞬間で, 知識が, 研究に, 確と, 神経と, 秘密言葉の, 移植に, 空の, 穿鑿なんぞは, 端々まで, 端々深く, 端からも, 端には, 端も, 符号も, 筋道が, 節々に, 節付けする, 節約によって, 範囲に, 範圍狹くし, 精神を, 純化と, 純化統一といふ, 索引を, 終えない内, 終らない前, 終ると, 終る頃, 組み合わせが, 統制純化と, 継ぎ穂も, 綴りや, 綾といふ, 緊張度等に, 縮んだもの, 繩張りに関する, 續く, 羅列で, 羈絆を, 美しい裸, 美飾と, 翻訳には, 聞きちがえにて, 背後で, 背後まで, 興味といふ, 色よく, 花輪に, 苛烈が, 蒐集結成で, 血肉性が, 行き違ひと言つた, 行違いが, 表して, 表裏, 表面的な, 裏で, 裏面に, 要求を, 見つからない焦燥, 規定に, 解決し得る, 解釈だけで, 解釈次第で, 言い廻し, 言ひかけ, 言葉である, 訓練と, 記憶が, 訛などを, 訛りにも, 訳の, 詩情に, 誇張でない, 語原そのものとを, 語尾には, 語根は, 語源を, 誤りは, 説明であっ, 説明言葉による, 調子そのものは, 調子だって, 調子です, 調子とは, 調子については, 調子荒く, 論理的な, 豪奢な, 責任を, 質の, 起こりを, 起原, 起源に, 足らないもの, 足りなさ, 軽く果敢ない音律, 辺を, 追句, 途中で, 這入つて, 通じない仏蘭西船, 通じない彼, 通じぬ世界, 通じるもの, 通りじゃ, 通りな, 通り可愛, 通り断食の, 通り用意した, 通り科学は, 通り霊感にも, 通路はと, 連続によって, 進化は, 遊びぢや, 遊びは, 遊戯とが, 運命が, 道理が, 違う故, 適中に, 選択が, 選択辞句の, 部分が, 釀し出した, 重みも, 重圧は, 鉾先を, 鋭ど, 間にしか, 間も, 関係を, 限られた意味, 陰は, 階級性では, 集合は, 雲の, 面白かった, 音という, 音律節奏に, 音楽として, 音波列を, 音譯である, 音韻や, 韻に, 響から, 響きや, 響には, 順序を, 頭と, 飾り過ぎて, 首字に, 體を, 魅力といふ, 魅力を, 魔術から, 魔術や

▼ 言葉~ (3596, 8.0%)

88 耳を 56 よれば 54 力を 51 よると 39 出して 34 なって 32 私は 26 甘えて 23 従えば 17 して 16 従った 15 彼は 14 つれて, 依って, 窮した 13 甘えまして, 窮し 11 しても, 對し 10 一種の, 依つて, 依ると, 依れば 9 なつて, 嘘は, 翻訳し 7 すれば, つまった, 何か, 僕は, 力が, 少しも 6 したがって, なると, よりて, 偽りは, 妙に, 耳も, 責任を, 返事を

5 [21件] つまって, なった, なる, 不安を, 嘘が, 多少の, 對する, 少しの, 就いて, 従うこと, 心を, 応じて, 接して, 於て, 気を, 現わ, 現わし, 背いて, 表は, 賛成した, 返事も

4 [22件] しては, だまされて, なつた, よりますと, 一同は, 一座は, 出しては, 合槌を, 含まれて, 彼の, 従って, 急に, 感動し, 注意を, 現わす, 現われて, 異様な, 直して, 答へる, 胸を, 至っては, 隨ひ

3 [56件] あったの, あまえまして, かぶせて, すぎない, ちが, ならないの, ならない言葉, ならぬ, なること, なるの, まかせて, まとめて, マンは, 不審を, 乗って, 人波を, 似て, 値いする, 出した, 出会う, 刺戟され, 動かされて, 勢いを, 反感を, 取り合わなかった, 変って, 尽し難い, 平次は, 引かされて, 彼女は, 従ふ, 從つた, 意味が, 意味を, 據れ, 添えて, 目も, 相違ない, 真理が, 続いて, 翻訳する, 聞き入って, 腹を, 自分から, 自分で, 興奮し, 苦しんで, 言い現, 逆らうよう, 違いない, 釣られて, 間違いは, 随い, 頼らなければ, 驚いて, 魅せられて

2 [224件] あきあきしました, あちらの, あっけに, あまえて, うなずいて, おどろき何とか, お光, お動き, お吉, くらべて, こもって, ござります, さすがの, さそわれて, したがいましょう, したがった, しばらくは, しようと, しろ, すぎないから, すること, すると, そむいて, それを, たよる他, つかえると, つくし難い, つくすこと, つづいて, とつて, とらえられたため, とらえられて, どうでも, どんな意味, ならない, なりながら, なりました, なるほどと, なるわけ, なる恐れ, はっとして, ふくまれて, ふれて, みちみちて, もさほどの, やつと, わたくしも, 一つ感心した, 一寸傷つけられた, 三人は, 中江は, 主水正, 乗ぜられて, 云えない, 人々は, 人生の, 他ならない, 代って, 代へ, 何の, 依つてあら, 依るより, 促されて, 俺は, 偽りの, 兄弟は, 写す技, 出してまで, 出て, 勢ひ, 即した生活, 反対した, 取り逆上せて, 可なり興奮, 吃驚し, 吉三郎は, 吉野と, 同意した, 同感を, 向って, 喫驚し, 囚われて, 困って, 圧迫され, 圭子は, 執成されたあと, 夫人は, 女は, 妙な, 娼婦の, 存じまする, 安堵した, 安心し, 定義を, 対照させ, 少し感動, 尽くせないもの, 尽せない, 岩松は, 左膳は, 引入れられて, 従いました, 従いましょう, 従います, 従うて, 従うと, 従うならば, 従おう, 従つた, 従へば, 従わなければ, 従わぬと, 従わねば, 從つて, 從へ, 微笑しない, 心で, 心の, 心は, 応じた, 恐らくは嘘, 感じて, 感心し, 感謝する, 或る, 或可笑し, 打たれる, 拘泥する, 捕えられて, 捕えられぬよう, 捩れ, 接するごと, 接するに, 支倉は, 文に, 於ても, 昂奮し, 暗示された, 暗示を, 服して, 権威を, 次いで, 残って, 殿も, 気が, 法信は, 満ちて, 満足し, 源三郎は, 煽られて, 父は, 現はす, 現わせ, 甘えた快い, 甘えるよう, 甘へ, 皆は, 皮肉な, 盡し, 目を, 相当する, 相沢半之丞も, 相澤半之丞も, 眉を, 真実の, 矢田津世子が, 石津右門も, 私の, 移して, 窮つて了つて一言言は, 答えたの, 答えなかった, 答へ, 籠る陰影, 精霊が, 絆されて, 絶した, 綾を, 群雀の, 耳傾け, 聴き入って, 聴き惚れること, 腹が, 膠の, 自分は, 興味を, 衣冠束帯の, 角が, 角を, 触れること, 言へ, 訛りが, 詰つた, 詰まった, 調子を, 賛成しました, 越前守は, 軽蔑や, 逆おうと, 逆らうこと, 通じて, 連れて, 連接し, 過ぎない, 過ぎないの, 過ぎなかった, 過ぎなかったの, 違ひない, 重きを, 間違いが, 闘牛が, 限って, 陶酔する, 雷同し, 青年は, 非常に, 頭を, 頷いた, 飜訳する, 飜訳すれ, 驚かされて, 驚愕し, 髯の, 黙って

1 [2089件 抜粋] あいあいと, あずかるの, あてはまる可, あまりこ, あまり注意, あらわさない保, あらわした, あらわし誠意, あらわれたよう, あるから, ある不安, あわてた様子, いいあらわされないで, いい現されると, いくらか, いたずらに謙譲, いちいち首肯い, いつも敏捷, いやいやながら返事, いわく, うなずいた, うなづいた, うんだとも, おきかへて, おっかぶせるよう, おのが, おびやかされて, お兼, お小夜, お浦, お縋り申し, お関, かえて, かかる時間, かくの, かなう恭しい, からまる或, きかれるならば, けしかけられたよう, こういう重大, こだわったの, この家康, こめつ, こもる実感, こもる真偽, これッぱかりの疑惑も, ごく似, さからったこと, さももどかし, した, したがい田島町, したがわなかった容子, しだいに動い, しない, しろ文章, すいつけられたよう, すぎないこと, すぎなかったが, すぎません, すっかり感動, ずきんと, せよ道, そつくりだつた, その女, その男, そむこうと, そんなに晴々とりら子, ぞっとする, たじろう, ためらいを, だしては, だんだん昂奮, ちょっとまごついた, ついこんな, ついで扉, つい惹かされ, つかえたまま, つくせない, つくせなくなりました, つくせぬ苦労, つけたすよう, つつんで, つまったよう, つまらないといふ, つまると, では, とつおいつ心, とらえられぬよう, どう返事, どっと部屋中, どんなに渇, なかなかの, なったり, なほした, ならず全身, ならないよう, ならなかったの, なり, なりまして, なり東京, なるだらう, なるより, なんで答え返されよう, のせて, はさんで, はっきり冷笑, はっと驚いた, はるかに, ひきづら, ひどい上方なまり, ひどく興味, ぴくりと, ふき出して, ふさわしい, ふさわしい形, ふっと目頭, ぶつかつ, ぶら下がって, ほっとし, ほどこした, ほんの少し, まさるもの, まじるすすり泣き, また顔, まちがいは, まどわぬが, みんなが, もっとも堪能, もろくなっ, やっと五幕目, やや無造作, ゆっくり, よったため, よろこばされて, わずかな, われを, イツワリなし, ギルは, シムソンは, ジリジリし, ハッと, ブレエキを, マリユスの, ロッティは, 一句も, 一定させなけれ, 一層広い, 一段の, 一瞬矢代と, 一足退い, 上す, 不平らしい, 不思議を, 不滿, 不自由な, 両人とも, 乗じて, 乗つて病気, 予め読者, 二人の, 云いつくされないほどの, 云い表わせないよう, 云ひ現し得ぬ, 五助は, 交つて聞えた, 人言を, 今度は, 他の, 代えて, 仰天した, 伴れられ, 似たもの, 似つかわしくない, 佐吉は, 何となく不可思議, 何も, 余は, 作左衛門は, 依りますと, 侠気を, 俊子は, 信頼しよう, 倍する惨状, 偽られて, 元気づい, 先刻から, 全く自尊心, 八五郎は, 六角牛の, 内儀の, 内裏びなを, 冷やり, 冷酷な, 出させ自覚, 出してこそ, 出すの, 出でざるを, 出る私, 出会つた, 出迎えは, 分離され, 初めて気, 利用せられ, 刺激され, 力なく, 励まされ, 動かされたこと, 動かされる心持, 動揺する, 勝る大きな, 勵まされた, 区切を, 半ば呆気に, 即刻調印を, 厭らしい, 及びますもの, 反い, 反って, 反抗する, 反響する, 取り合, 口語と, 吃りの, 合点の, 同意し, 同意を, 同感の, 含まれた動物的, 含まれる情緒的格調, 吾, 呆気に, 哀の, 唯々諾々として, 嘲りなどは, 囚われ過ぎて, 土人たちも, 在り, 堪能した, 変えた意味, 変な, 変化は, 多少とも, 大いに狼狽, 大変興味を, 大衆は, 夫は, 女地主は, 妹芸者の, 威容を, 子供らしい, 安兵衛らは, 実に愚劣, 家主も, 富むとも, 対応する, 小さな鶏, 少からず驚いた, 少し當, 少し難渋, 就ては, 尽くされぬほどの, 尽くせない長い, 尽せないけれども, 屈伏した, 屬し, 岩瀬氏は, 巨勢は, 平次も, 康雄は, 引きずりこまれること, 引き延せば, 弘子は, 強く胸, 当る, 彼を, 彼源三郎も, 従いしなり頓, 従うため, 従が, 従ったッ, 従つていづれ出直し, 従つて海へ, 従ひまし, 従わざるを, 從つてだらう, 從つて私は, 從ひます, 微妙な, 徴する, 必然な, 応じ口々, 応答え, 怒りの, 思い当って, 思わずそっと眼, 思わず身ぶるい, 思慮の, 怯えあがるかも, 恒川氏も, 悩まされその, 情愛を, 意外に, 愛着を, 感ぜしならん, 感極まつて, 愧あれ, 慶次の, 憤慨を, 我らも, 或るい, 打たれた, 托した切々たる, 抑揚を, 折れた, 拘らず早速, 拙けれども, 持たせながら, 捕えられたため, 接すること, 換へて, 擽られたもの, 政治的意味を, 敵し得ず全く, 新しい意義, 新子も, 昂奮した, 明智は, 普通持たされる, 曖昧な, 書き直した直観, 曾ておも, 最もふさわしい, 服する外, 期せずし, 朱線を, 根拠を, 極めようという, 欺かれて, 正二は, 武士はに, 毒の, 比べては, 気づきどきっとして, 気概を, 汝らが, 治兵衛は, 注意し, 活用し, 涙した夜, 淀みの, 深い意味, 深遠な, 清逸は, 満たされて, 溢れる, 滝本は, 潤一青年は, 激まされた, 瀧三郎は, 無理は, 無量の, 熱を, 爽快な, 狒々の, 王政復古という, 現せない毎日毎日, 現はれしなる, 現れて, 理性の, 甘えますかな, 甘味を, 生田は, 田舎なまりが, 由つて見, 當てた, 疑惑を, 発するとき, 皆初めて, 盡せねえ, 直るの, 看護婦も, 真実性を, 眼を, 瞼が, 石子は, 神意とでも, 福村は, 移したの, 移って, 究竟の, 窮するから, 笑い出した, 等しかった, 答えて, 答えるため, 答へて, 籠る彼女, 米国訛りを, 素直でいる, 終る, 結びつけること, 絶対の, 編入され, 縛られる男, 置きかへ, 署長は, 翻訳される, 老先生, 耳か, 聊か安堵, 聞きとれたの, 聞き入るやう, 聞くに, 聴き入りながら, 聽入りました, 背いては, 背き道人様, 背中を, 脅迫せられ, 自己感傷に, 色々の, 若い女中, 苦しみます, 英文和訳した, 菫の, 蒲生泰軒は, 藤左衞門は, 衝かれたらしく伏せて, 表すべきでは, 表わさない合図, 表現され, 表現できない, 裏書きした, 見えた, 親しさ, 解決の, 言い懲, 言ひ, 言霊が, 訛りは, 訳すと, 訳出する, 詰ったよう, 詰まる, 誠意が, 誰も, 諦めたの, 象牙細工の, 責任が, 買言葉といふ, 賛成せね, 蹴落とされて, 身動ぎさえ, 転用いたしまし, 軽くうなずき, 較べて, 辟易した, 近いといふ, 返答しよう, 迷い込んで, 迷ひ, 退屈男の, 逆いませんでした, 逆らったり, 通じそれ, 通暁し, 過ぎずそれ, 過ぎないと, 過ぎなかつた, 過ぎません, 違えねえ, 違ひなかつた, 適当する, 酔い溺れるかの, 酔ふてし, 重み完成さという, 金五郎は, 釣り込まれながら, 閉口し, 関西訛りの, 附いて, 随った, 隣組の, 雅子は, 震え騒いで, 非ずして, 響かせて, 頓着なく, 頷いてばかり, 顫へ, 飜訳される, 飜譯する, 首肯す, 馴染みが, 騙されて, 驚いたよう, 驚きの, 高山に, 魅力を, 黙り込んで

▼ 言葉~ (2451, 5.5%)

63 いえば 59 あつた 39 言えば 30 云えば 16 いうと, もって, 云うと, 云へば 15 あつて, それを, 説明する 12 私は, 言って 11 あらう 10 せう, 書いて, 言うと, 言へば, 話して 9 いふと, もつて, 何か, 申しますと 8 いった, 云った, 云って, 物を, 自分を 7 いへば, 云い現, 以て, 自分の, 表現される, 言い現 6 彼は, 現は, 現わ, 私の, 説明し 5 いうならば, これを, ござりまする, それが, 二人の, 云つた, 表は, 言った, 言へ

4 [20件] あらうと, あらは, ござりました, ござります, しゃべって, はござりますが, 云ひ, 云ふと, 形容すれ, 彼を, 書かれて, 申せば, 私を, 答えた, 表現し, 表現する, 言ふと, 話しかけて, 話を, 述べて

3 [28件] いいますと, いって, こんなこと, なしに, ものを, わたしの, 云えない, 云ふ, 云へ, 云われて, 呼ばれるもの, 呼んで, 始まった, 彼の, 急に, 昔から, 片付けて, 現わし, 現わそう, 申すと, 表現され, 表現した, 見ると, 言ひ, 話すこと, 話すの, 説明した, 返事を

2 [115件] あつたの, あつたらう, いい表わし, いい表わす, いうならうん, いう官員さん, いつまで, いふ, おふく, お喋りを, きけば, こういった, こう言いました, この喜び, これは, こんな大きい, せうか, それに, そんなこと, そんな意味, てきびしく容赦, はじまって, わかり易く虔, わたしは, ブツ, ポオル叔父さんは, モメゴトの, 一座は, 云い表わされる, 云つてゐる, 交際し, 人に, 伽羅な, 俺は, 僕は, 充分用が, 出て, 又最後, 受け答, 口説いて, 叱責した, 君の, 君を, 呼ぶこと, 呼んだ, 哀願する, 喋って, 始まって, 娘に, 字は, 宇宙の, 客に, 密, 尋ねた, 山が, 形容した, 形容する, 彼に, 彼女の, 彼女は, 彼女を, 彼等の, 御機嫌を, 愛想よく, 感謝を, 慰めた, 慰めて, 挨拶し, 挨拶した, 挨拶する, 断わって, 早打, 書いたもの, 書かれたの, 書かれた人間, 書かれねば, 最初は, 淑女らしく, 演ぜられる, 片づけて, 片づけること, 現したの, 現して, 現わす, 現実を, 申しました, 申しますならば, 私に, 答へ, 答へる, 簡潔に, 純潔の, 終って, 綴られた物語, 綴られて, 罵った, 而も, 自分が, 自分は, 色々御, 色々父, 表現された, 表現すれ, 親切に, 言いました, 言おうと, 言つた, 訊いた, 話しかけた, 話した, 語った, 説明され, 讃美する, 飾って, 高度の

1 [1479件 抜粋] あいさつを, あたしからも, あと先立て続けに, あらうが, あらわさないで, あらわして, あらわすよう, あんな脳, いいかけるの, いいました, いい現, いい表わすべきである, いういわば, いうファン, いう小山, いう遑, いえるもの, いきいきと, いったため, いつたので, いて, いひました, いふの, いふ資本家, いろいろ言い現し, いろんな勝手, いわゆる, いわゆる廃屋, うたった日本, おかげで, おて, おわびを, お互に, お次を, お答, お舟, お説きなされ, か, かけ声を, かならずしも小, けっきょく, こういう病気, こう云った, こう娘, こう言われる, こと足りるの, この名誉係争, この夫, この滑稽, こは, これだけ, こんな遊び, ござりましたら, さう, ささえようと, さめざめと, しかも一脈, しきりにしゃべっ, したがってその, しゃべり合って, しようが, すっかり満足, すでに十八世紀, すまされるもの, すらも実は, する愛, せっついても, そういう場合, そうだ, そう云う, そう話しました, そそられた後, そのこと, その上, その先生, その女, その子, その帽子, その時, その理由, その行為, その象徴, それは, それ自身の, たしなめた萩乃, ただだいし様, だれにでも, つづられたしかも, つまり加十, ていねいに, とうとうお, とりとめの, どういう感情, どうしてこんな, どんないい, なおもいい足した, なぐさめること, なじつたの, なんらの, ののしり, はござりまするが, はじめてこういった, はっきり示され, はなしかけて, ひどい事柄, ひろ子には, ふと想, ほとんどすべて, ほめて, ほんのお, まあ呪言, まくしたてて, まざまざそこ, まずそれ, またひとつ嘘, また私, みんなに, めいめい勝手な違った, もう今, もし, もっと適切, もと, やうやく, やっと安心, やはり辛い, やること, よく解った, よばれて, わかって, わが輩は, われわれの, アラビア語から, インドの, ガヤ, キャラメル工場の, ケーテを, タンプル付近で, チベットでは, ハッと, フランス現代音楽の, ベートーヴェンの, ホントの, ムツと, レッテルを, 一伍一什を, 一度などは, 一番大事な, 一言その, 一面で, 上手に, 下々が, 不器用な言い, 与惣次は, 世界を, 主事に, 亀家ぽん, 争う, 事実何が, 二人とも, 云いつくすこと, 云いますと, 云い現したもの, 云い表わされたこういう, 云い表わした, 云い表わして, 云い表わそうと, 云うて, 云う搾取階級, 云ったならば, 云つて見ませう, 云ひ切つた, 云ふなら, 云われれば, 互によん, 人が, 人を, 今では, 今も, 今更の, 他人の, 以って, 会話し, 伝えさせようと, 伸子の, 伺ったら先生, 何うにでも, 何でも, 何やら笑つて, 何処にも, 使われる奴, 信者が, 個人平等の, 元の, 充ち満ちて, 充分でした, 先刻自分が, 八幡様に, 其実は, 出入りと, 分るよう, 初めて気がついた, 判りよく, 到頭お, 刺戟される, 加奈江は, 勇気が, 動揺した, 包むこと, 北原氏は, 區別した, 半畳を, 又それなり, 反抗し, 受け答えは, 叫ぶと, 叫んだの, 可愛しまれ, 叱った事, 叱り飛ばすという, 同一の, 同時に新婚者, 君は, 呉れたの, 周平は, 呶鳴る, 呼ばれて, 呼ばれるところ, 呼びかけようとして, 呼ぶもの, 命じた, 唯時の, 問題を, 喋ったって, 喋舌って, 嘲りながら, 囁かれて, 四辺は, 国民に, 均平は, 墓の, 外套の, 多分柏, 大勢の, 大臣は, 太田に, 奥様は, 女中に, 如何にも泰然自若, 妾を, 始めて, 子供を, 存在とは, 学問的には, 完全に, 実に奇妙, 実体と, 宥め慰めると, 察せらるる, 対手を, 尊長者に, 小さい意地, 小市民的, 少しばかり, 尽すこと, 屋敷の, 川を, 巧妙に, 帰朝者に, 引きずって, 形容さえ, 形容しましょう, 彼が, 彼れ, 彼等農夫自身にとって, 御教示, 御解り, 心に, 忘られない, 応答を, 怒りを, 思いだすと, 思い出したが, 思ひの, 思わずプウッ, 恋愛も, 恐縮である, 悪代官, 愈々はっきりし, 愛は, 感情を, 慰めながら, 慰められると, 我国には, 戸を, 手首を, 打ち砕かれた, 批判しはじめた, 抑えて, 披瀝し, 指図し合っ, 指示され, 捕物小説を, 探り知っ, 描写する, 教えたり, 数日の, 文章を, 断わると, 新子を, 施主の, 旅費の, 旧い感情, 明白に, 昨日の, 暇を, 更に新しい, 書かれたお便り, 書かれた内容, 書かれては, 書きのこして, 書き遺したの, 書くに, 書けなけりゃ仕様, 最大利用の, 服装について, 本来は, 果してあらわせる, 様子は, 機嫌を, 次第に事件, 歌う必要, 歌を, 武装した, 殆どその, 殿下の, 毒々しく反対, 気に, 永久の, 江戸顔見世の, 波子に, 注意され, 洋子たちの, 海背川腹と, 清い恋, 演じる, 濁して, 烈しく咳込まれ, 無電を, 熱心に, 片づけ得るであらうか, 片付けるならその, 片附け, 物語を, 現します, 現わすべき, 現在を, 理由を, 生一本の, 田丸浩平は, 申し入れた, 男どもを, 痛み入る, 百万長者にでも, 皮肉られるよりも, 直ぐに, 相当年配, 真似て, 真珠の, 眼を, 知れなくたつて, 短い演説, 礼を, 禹に, 私にとっては, 私共は, 稍勢いを, 突っ込まずに, 窒息するだろう, 立志伝という, 笑い消して, 第四年目, 答えたと, 答えました, 節を, 簡単には, 粉砕する, 紅木大臣へ, 細君が, 結んだ, 絶望的な, 綴られた作品, 総て十分であった, 総括した, 繰り返した, 置き代えたので, 置換し, 罵倒され, 翻訳されたであろう, 老博士, 考えて, 聞いたらあたりまえ, 聲を, 肝も, 腕の, 臨済禅は, 自分で, 自分に, 自然が, 自身の, 色々と, 若菜の, 苦労し, 葉子と, 行きついて, 行われて, 表した, 表せば, 表わされたもの, 表わした一つ, 表わせないほどの, 表現されうる, 表現します, 表現せられた, 表現できぬ, 褒められたり, 見られねば, 親類の, 解決しよう, 解釋する, 言いあらわすならそんな, 言いながら, 言い現しながら, 言い表して, 言い返した, 言うなら全く, 言うよりは, 言う自由行動, 言おうなら, 言つて老, 言ふ, 言わば, 言われて, 言葉だけの, 訊き出した, 記憶し, 記述すれ, 註釈を, 評する気, 詫びた, 話される樣, 話しかけようとして, 話しかけること, 話したある, 話しを, 話し合うの, 話す役人, 話に, 誌し, 誘惑しない, 語つたら, 語られないほど, 語りたいもの, 語り合った, 語る, 語るひと, 語る人物, 説いて, 説明したい, 説明しよう, 説明なんか, 誰の, 談笑を, 警察も, 貴子の, 越後亀田在の, 辞退した, 返つて挑発, 述べたもの, 述べられるであろう, 追いすがるよう, 通じるもん, 過去の, 遠くから, 酬いられたい衝動, 重力の, 金といふ, 鐚は, 門人に, 間にあわせたもの, 関心を, 隠居し, 電話が, 非常な, 頭が, 頼むの, 風を, 飜訳せられ, 飾ろうとして, 馬の, 高声に

▼ 言葉~ (1735, 3.9%)

40 なかった 28 ありません 24 ない 16 ある 15 出なかった 13 耳に 9 出て 8 かけずに, 態度も 7 あった, ございません 6 あります, ありませんでした, なくただ, 今は, 私の 5 あるが, あるの, かけて, なかつた, なくて, なく黙って, 出ずに, 動作も, 口に, 忘れて

4 [12件] あるから, あるので, かけないで, なかつたの, 出ません, 出ませんでした, 出るもの, 容易には, 彼の, 思ひ出された, 無かった, 知らなかった

3 [22件] あるし, あるよう, すくなく, ぞんざいに, だん, ないが, ないの, ないので, ないまま, なく袖, なし, よく通じない, 不思議に, 出ず唯ひたすら, 出ない, 出ないよう, 口から, 容易に, 無りしが, 私には, 非常に, 風俗も

2 [112件] あったから, あったが, あつた, あつて, あらざりしが, あり, ありますが, ありませんが, ありまた, あるくらい, あること, あるには, あるもの, あれば, いつの間にか敵意, いまは, かけず戸外, かけなかった, この支那人, これほどは, それから, できた, ないありさま, ないという, ないふう, ないほど, なかつた頃, なかりしが, なくこの, なくじっと, なくその, なくな, なくなった, なくぼんやり, なく二人, なく互に, なく井戸端, なく恰も, なく私, なく立, なく立っ, なく茫然, なく途方, なさそう, はっきりし, やはり意味, 丁寧に, 上の空に, 交さなかった, 今日では, 他国と, 内容も, 出ざりしが, 出でず, 出ないので, 出ない事, 出ない有様, 出なかったが, 出なかったの, 動きも, 半蔵には, 古い比喩, 可なり, 合點が, 同じである, 吐かず先刻, 多義である, 失って, 実は極めて当然, 小説も, 少くなっ, 少なかった, 彼女に, 待たず御用聞, 心も, 忘れがたい, 意味が, 或る, 振舞いも, 振舞も, 掛けず椅子, 昂奮が, 服装も, 様子も, 権威も, 残さずに, 決して好い加減, 火の, 無いの, 無くただ, 現れて, 用事のみ, 知らないし, 知らないの, 知らなかつた, 碌に, 碌には, 私が, 終らないうち, 終らぬうち, 終らぬ中, 聞いたこと, 聞えないよう, 聞かないうち, 自分の, 色も, 見つからなかった, 身動きも, 通ぜず日, 遉に, 鄭重に, 面白くない

1 [1142件 抜粋] あったかと, あったけれども, あったほど, あった何, あてに, あながち極端, あらうと, あらず涕涙, ありすべて, ありますけれども, ありませぬ, ありませんで口惜, あり大学, あり然し, あるいはこれから, あるがね, あるけれど, あると, あるまいと, ある事, あれは, あろうと, いえませんので, いつしか幼い, いでざりしは, いよいよ藝, いらぬすぐ, いわば上の空, うそである, うなづかれた, おざら, おのずから解けた, おはさみ, おら親の, お上人様が, お掛, お許し下さい, かかる認識論的, かけずただそうか, かけずまったく, かけずマリユス, かけず目, かけず苦りきって, かけたこと, かけなかったの, かけなん, かけませんでした, かけられなかった, かつてこの, かれに, かわさずおじぎ, かわさず書物, かわして, きいて, きかず私, きこえないと, きびきびし, きわめて空虚, くれず耳, このころ田村三治, この亭主, この場合, この時, この肝心, この言葉, この頃, ごく古い, ございますし, ございませぬ, ご存じあるまい, さして苦しまず, さんざ頼んだ, しはがれたやう, すくない, すこしも耳, すっかりで, すつかり忘れ, すべてみな, ずいぶんいい, そうし, そう気づい, そのとおり, そのものの, その仲間, その感激, その時, その裏, それに, それほど驚くべき, ぞんざいであった, ただの, たまらなく好き, ちゃんとわかる, ちゃんと聞きわける, つかう, つくらう, つけて, つまって, てきぱきし, でなかった, でませんでした, とぎれ, とぎれとぎれにしか, ともに, どうかこう, どかんは, どれも, どんなほのめかし, ない久五郎, ない二人, ない思え, ない蒲団, なかったらしく, なかなかよく出来ました, なかりけり, なくうなだれ, なくお, なくしずか, なくたたずむ, なくなり天皇服, なくは, なくぶるぶる, なくキッ, なくスケッチ板, なくブブン, なくワサワナ顫, なく久八, なく互いに, なく先だつ, なく合点, なく吉田町, なく呆然と, なく四人, なく少年, なく差し控え, なく帰りました女, なく引下, なく彼, なく後, なく急死, なく手紙一本, なく控えた, なく暫く, なく棒, なく泣き, なく溜息, なく無, なく犇, なく白け果てた, なく眺め, なく答, なく美術, なく肖像画, なく見送って, なく身動き, なく青年, なく顔, なく鼻, なしお, なしと, なし五兵衞, のびのびとは, はさみかねこれ, はっきりとは, ひとつ交わさぬ, ひどくませ, ぴつたりと板に, ほとばしり流れて, ほんとうでしょう, まさか鴃舌, また, またレイモンド嬢, また人, また刺そう, また支持, また重要, まだるっこい, まだ岸本, まったく廃れ, まるでうそ, まわりすみたる, まんざら嘘, みなひとしく, もういつかどこ, もっともと, や, やはり動い, やはり同じ, やはり梵語, やり方も, よう懸け得ず, よく知らない, ろくろくかわさない, ろくろく耳, わからず敷き物, わからない国々, わかるには, わたしたちを, アッサリと, ガラリと, コルマックは, ジャネットには, ズウズウで, フランス文学からの, ヨーロッパを, ヴィヨンの, 一脈の, 一行に, 丁寧であった, 三四百年来の, 上品であった, 上手であろう, 下さらずかえって, 下し置かれねえ, 不自由だ, 世間も, 中って, 乱れるの, 予想外です, 二人の, 云は, 云わず久慈, 五郎の, 交えずに, 交さずに, 交した, 交つて聞える, 交へ, 交わさないうち, 交わさない内, 交わして, 亦その, 亦便宜上, 亦吾, 亦支配者的観点, 亦社会的, 亦非常, 人の, 今から, 今の, 今日一日で, 仏教より, 伸子には, 何が, 何ひとつ違は, 使い馴れないの, 使うよう, 使った, 使はず正しく, 俄かに, 信じきるわけ, 僕には, 兄さんの, 全国には, 六七カ国語が, 其の時, 冗談半分の, 冴えない, 冷静で, 出さざりけり此方, 出さず見守って, 出さなかった, 出した人, 出ず声, 出ず姉妹, 出ず眼, 出せず文字, 出せなかつた, 出たの, 出でず猪口, 出でないの, 出ないうち, 出ないという, 出ないほど, 出ない様子, 出ない足, 出ぬ, 出ぬ癖, 出ませんでしたが, 出るの, 分って, 分る彼, 判るわ, 到底および, 加えたり, 勿論それ以後, 十年の, 半ばすすみ, 厳つく, 及ばない出来栄え, 双方に, 口の, 口走らなくなりました, 古書に, 可笑しくなく, 合点が, 同じこと, 同時に思い出された, 同様であります, 吐かなかったし, 吐くの, 呉れないま, 哲学史上に, 嘘では, 地方語と, 変える事, 外に, 外國語に, 多分に, 大して彼, 大分ちがいます, 大原の, 女の, 妙に, 姉からを, 完全に, 容子も, 實に, 少かった, 少し訛, 尽きた, 巧い, 常になく堅苦しく, 平凡な, 平気で, 当たって, 形容も, 彼とは, 彼には, 彼等の, 得いわないよう, 御咎有, 御座なく, 必ず空, 忘れたの, 忘れてや, 忘れ果てた境, 思い出されこごた辺, 思い出せるよう, 思い浮ばなかった, 思ひもと, 思ひ出られ候, 思ひ當, 急に, 恐敷, 息喘れ, 意味も, 愛妻を, 愼しむ, 慎しむ, 慰める言葉, 成さぬ様子, 才能も, 承諾の, 持って, 挿しは, 掛けずに, 掛けず見れば, 掛けられたろう, 数語に, 文字も, 文章も, 断続に, 新作流行歌の, 日本語を, 明治の, 明瞭に, 晃, 書かれました, 最も自然, 有るから, 木魚も, 本当らしく聞え, 果てないのに, 標準語を, 次々の, 次郎が, 正しいエアさん, 正鵠を, 武蔵の, 殊更に, 殘し, 気色ばむ, 決して等閑, 沢山ございます, 洩らした, 浮ばないので, 浮んで, 浴びせるの, 深く深く考え, 無い次第, 無く手, 無之候朧気乍ら昨日, 無用に, 無駄であった, 率直に, 理解され, 甚だアイマイ, 生じた訳, 生れて, 申さずに, 畜生の, 異なる西洋文明, 當時の, 発せずに, 発せず驚き, 発見されなかつた, 皆ここでは, 目立った, 眼差も, 矢代は, 知らずただ, 知らずに, 知らないほど, 知らなかつたほど, 知りません, 短くこと, 示さず暴風, 私は, 穏か, 穢くなる, 節約し, 精神物理的立場に, 純粋な, 細語の, 終わらぬうち, 終生つづいた, 給わるし, 継げずに, 続かざりしが, 続かぬ様子, 繰返しの, 考えずに, 聞いた, 聞いたもの, 聞えた, 聞えて, 聞えなかった, 聞かず大盗茨組, 聞きいれないから, 聞きたかったが, 聞きとれなかった, 聞こえなかった, 聴え, 肉体も, 脚も, 自ら物や, 自分達の, 自然幾度と, 英語か, 荒々しく政宗謀叛, 荒くもの, 荒らかった, 蓬莱を, 行動も, 行爲も, 要らない, 見かけるし, 見つからぬが, 見つかりません, 見出さなかった, 見当らなかった, 見当らぬが, 覚えたくなる, 親鸞自身には, 言葉だ, 訛りが, 許される, 訳の, 認めて, 語原的には, 調和を, 責めを, 足りないし, 身振りも, 送らずに, 途絶えた, 通じず国, 通じないし, 通じない所, 通じなければ, 通用し, 速射砲の, 過ぎたの, 達しなかった, 違って, 適當な, 鄙びて, 重大な, 針の, 院長に, 随分マンネライズ, 雲消, 非難する, 音楽の, 頓に, 頗る奇妙, 頭の, 顧慮せず, 體の

▼ 言葉~ (714, 1.6%)

26 なって 17 言ふも 9 一緒に 7 なつた, 云ふも, 言葉との 6 言葉の 5 なるの, 同じ意味 4 なつて, 人間, 同様に, 思う, 思って 3 いっしょに, 云ふ, 同じである, 言ふ, 論理との, 違って

2 [46件] いい彼, いうか, いうよりは, いうよりも, いえば, いへば, おこな, その眼, その言葉, それに, ぞんざいな, なった, なる, なること, なると, なる場合, よく一致, 一しょに, 一脈相通ずる, 云えば, 今の, 似たり, 同じこと, 同じよう, 同一である, 実際とは, 容子とには, 小さな言葉, 彼女の, 心得よとの, 文章との, 文章とを, 源吉の, 父への, 眼前直接の, 矢継早の, 節とが, 結びつけて, 羨望の, 聖書の, 自分の, 言つても, 言葉が, 言葉とが, 記憶し, 非常に

1 [495件] あのはずんだ, あの時, あはせ, あまりち, あまりに違, ありがとうという, いいいかにも, いいこの, いいこんな, いいそして, いい快活, いい態度, いい早く, いい砥, いい私, いい貴方様, いうかを, いうだけ, いうだけの, いうのに, いこう, いたはし, いつたらい, いはれてを, いふへ, いふ事, いろ, うけとって, うけ取ったの, うなづきを, うらはらに, おきかえても, おどかしだけ, おなじよう, おもうたら違うぞ, お口づけ, お夏, お花へ, お茶が, かう二つ, かくしと, かねて血型, がめなど, がめを, きては, くちづけの, この小さな叫び声, この生活, さへ, されて, されるよう, しかしていない, しがち, してでも, しんけん, するならば, すれば, そういう態度, そうでない, そう変っ, そこから, そして内容, そして平和的折衝, そして機智, そのたっぷり, その内容, その動作, その奇怪, その実体, その対話, その心, その意味, その時彼女, その時渡瀬, その正確, その端麗, その系統, その表情, その調子, その音声, それから, それからその, それが, それについて, それにつれての, それを, たとえの, ちぐはぐな, ちっとも違っ, つ, とって, どういう関係, どうぞご, どこかで, なしこれ, なして, なったこと, なったため, なった不可思議, なってるもの, なつたり, なりしかも, なりその, なります, なり一つ, なり一片, なり変っ, なり行動, なり躍動, なるであらう, なるのみ, なる今日, なる故, なる義兄, はつきり区別し, はなつても, ぴつたり合ふ, ほとんど同意語, ほとんど変らなかった, ほぼ同じ, ぼろの, まったく同じ, もう一つ, もはや泣きかかっ, やさしい笑顔, よく似, よく融合, センテンスとから, ダルメイダの, チャンフーの, ナンジという, ニルヤカナヤという, パキパキの, ヒロイツクと, ラスネールの, レッテルとに, ロオズヴェルトといふ, ロマンチシズムという, 一つの, 一本の, 一致させ, 一致させなけれ, 一致してる, 一般の, 世に定評, 世界観の, 両形式, 両性の, 並んで, 事件とが, 二千円の, 二通りあった, 云いまわしで, 云い涙ぐんで, 云うこと, 云うと, 云うの, 云うもの, 云うよりも, 云はずには, 云ふべきだつた, 云へ, 云へば, 交換出来る, 人, 人間の, 今朝の, 仕草とは, 他人に, 伏拜む手先ものに, 伝えられるこんな, 似て, 似通うたもの, 佐古の, 佐文が, 何か, 信じ寿詞, 偽悪者流の, 僕たちの, 僕の, 先生の, 光景とは, 全く同じ, 全く無関係, 全然趣, 八五郎の, 共に言う, 共棲する, 共通した, 其の句調, 其顏色とで, 内容とが, 冷静な, 出逢頭, 動作が, 動作とに, 動作との, 区別されなけれ, 卑しむ人, 友人の, 叔父の, 受け取れるの, 古語とを, 司会者及び, 合つてゐ, 合わせ考えて, 同じくしんしんと, 同じく何れ, 同じく月並, 同じで, 同じやう, 同じキカイ的作業, 同じ位, 同じ内容, 同じ様, 同じ程度, 同一の, 同意味, 同時にかの, 同時にさびしい, 同時にシイト, 同時に先ず何, 同時に回転, 同時に彼等, 同時に思い出す, 同時に義雄, 同時位に, 同様の, 同様コンヴェンショナルな, 同様二重の, 同様極めて, 同義語に, 名稱, 呆れるより, 善良な, 嘉六の, 因縁が, 固く結ん, 声で, 声とは, 声音とを, 変りその, 変わらぬとは, 大同小異で, 大差なく, 女の, 女中の, 女言葉の, 奴隷という, 如何にという, 妥協させた, 姿よ, 婢女の, 存じましたが, 存じます, 存じますが, 存在との, 存在言葉と, 学生さんだった, 官武一途は, 察して, 實行との, 寸分違っ, 専門語との, 對に, 小まち, 小隊長を, 少しの, 常の, 当時まだあまり, 形式とで, 彼は, 御使, 御礼でなく, 心からの, 心づくしを, 心と, 心とが, 心とに, 心得て, 心得られよ越前, 心理を, 思いますが, 思い合せ睡気, 思うであろう, 思えるかね, 思っては, 思つた, 思はなければ, 思はれる, 思はれるだらう, 思ひて, 思ひます, 思わなかったばかりか, 思われるもの, 思想である, 思想とが, 思想とに, 思想感性の, 思考とは, 怡, 悪いから, 悪い文法, 意味が, 意味は, 愚鈍という, 愛撫だけ, 感じとを, 感覚との, 態度が, 態度で, 態度とが, 態度とで, 態度とは, 態度に, 態度には, 態度を以て, 慎みと, 慰撫し, 懐剣の, 我々の, 我れ, 承知し, 抑揚を, 挙動とで, 提議とは, 換えたに, 教訓とは, 文化時代精神と, 文壇的方言との, 文字とは, 文明という, 文章で, 文章とが, 新しい言葉, 旋律を, 日本の, 明らかに, 明るい微笑, 時間の, 暗記を, 書かれる言葉, 書く言葉, 書生言葉と, 服装から, 朝鮮, 本心とが, 朱鷺色の, 杯とが, 東京弁を, 格別照応する, 概念とが, 概念とによる, 概念とを, 横光利一氏の, 次々に, 歌と, 歌とは, 歌とを, 歌は, 武家の, 死んだ言葉, 殆ど同時位, 比較し, 気持とを, 江戸の, 浪士という, 海辺で, 深い関係, 溜息とは, 照し合せ, 特別の, 犬にも, 猥褻書との, 珍らしい, 理屈で, 申して, 申すもの, 発言との, 発音の, 白墨の, 白無垢鉄火の, 相即した, 相手が, 看做して, 真から, 神とは, 神学, 私も, 童子という, 竹内らしい, 笑いは, 笑いを, 笑顔とが, 節の, 純粋な, 紹介とを, 結びついたの, 結びついて, 結びつくと, 結び付く, 絶えず光, 緊張に, 縁を, 置きかえても, 置き替えるべきもの, 美しい言葉, 義観の, 老人の, 考えて, 考えても, 考へその, 聊か違い, 聞く, 聞くべきである, 聞こえた, 背中に, 背中合わせの, 自然哲学という, 自由な, 致しまして, 芸と, 若干の, 英語を, 虚體を, 行ないに, 行ひとの, 行動とを, 行爲主義と, 表情で, 表情と, 表情を, 表情姿態による, 見えたり, 見ずここ, 見ても, 見られるであろう, 見られ得るであろう, 見るが, 見ること, 見るべきである, 見んか, 視線とに, 観念という, 観念とに, 観念との, 解したいの, 触れた最初, 言い伝えらるる, 言い伝えられるもの, 言い御, 言えば, 言つ, 言つてならない, 言ひます, 言ふと, 言ふべき, 言葉で, 言葉では, 言葉行と, 訣つてゐる, 詩, 詫の, 話す言葉, 認識との, 語られる言葉, 語音の, 読まれる言葉, 調べである, 調子とで, 論理の, 諸共に, 身の上判断を, 身ぶりが, 身振りとが, 近くよほど, 逆である, 通ずる何もの, 運平老の, 違い貴方, 違うため, 適合する, 選挙, 鉢合せします, 関係が, 関係づけ, 関係の, 関係は, 雖も, 面影が, 響いて, 顔付が, 顔付との, 類しまた, 鼻の

▼ 言葉には~ (692, 1.5%)

16 何の 9 何か 8 妙に, 耳を 7 耳も 6 少しも 5 さすがに, 何んの, 少しの 4 ならなかった, 多少の, 意味が, 私は, 自信が 3 つくされない, 二重の, 妙な, 容易ならぬ, 私も

2 [45件] いろ, お末, かなりの, さすがの, それを, どこか, なにも, むろん宏遠, もう掛引, 一定の, 何となくある, 何も, 充分の, 判官の, 力が, 参って, 含蓄が, 嘘が, 女性, 妥協も, 妥協を, 威厳が, 娯楽どころか, 寸毫も, 少なからず, 尽くせない, 恐ろしい力, 悪意が, 抑揚が, 昔から, 普通の, 淀みも, 深い意味, 生活における, 真摯な, 種々の, 答えないで, 言ひ, 言葉の, 重要な, 鋼鉄の, 非常に, 驚嘆せず, 魂を, 魔物でも

1 [498件] あそばしにくい, あっけに, あまり感激, あらたまった驚き, あらゆるもの, ありありと, あるいはあっ, あれほど, あんまり耳, いい尽せません, いかにももつともな, いくらか関西訛り, いつでも, いつもす, いつも感嘆, いやに, いろいろの, おかまいなし, おそらくは影, おどろきました, おまえの, お礼を, かえってこっち, かまわないで, この布片, この惨め, この若造, こもって, これ以外に, こんな, ございますが, さからえなかった, さほど感銘, さらに鮎子, しかし真情, しのぎも, じかに聞き手, すこしく皮肉, すこし余所余所, すっかり頭, ぜいたくの, そちに, その人間, その實, その表, その言葉, そむき得ぬ道理, それぞれ評者の, それほど注意, それ自身の, そんな調子, ただの, ただ挨拶, だせなかった良人, ちがいない, ぢかに, つきり, つくし難い, つくせない心, つくせぬ程, とかく人, とても強い, どうしても, どきっと, どこまでも, どんな意味, ないの, なか, なかなか味, なかなか掛引, なにか冷, ならず蟹, ならない, ならないいろんな, ならない声, ならなかったの, ならなかつた, なり得ないの, なんかしら, なんだか上顎, なんでも, なんとも, なんの, ぬきさ, ひじょうに幼稚, ひどい上方訛り, ふくみ笑いを, ほとんど返事, まさしく妖気, まさにそれ, またそれ, まだ満足, まだ無い, まるで取り, まるで邪慳, みじんも, めったに油断, もうすでにすでに自分, もう何十年, もう親, もう返事, もちろんなん, もつと, やはり嫉妬, やはり幾分, やはり無気力, ようく, ろくに返事, わたくしの, わたくし感心し, イディルリックな, イヤ言葉のみ, オースチン師も, スターといふ, ッかたじ, ツと, ノッピキナラヌものが, フロイスの, マゴコロが, ロアール地方の, ワリニャーニも, 一つの, 一つ一つ逆説的な, 一も, 一向同情, 一寸顏, 一寸顔に, 一応眉, 一般の, 一言も, 一面の, 一驚を, 一點の, 三つの, 上方弁らしい, 不如意な, 不思議に, 争ひ, 二つの, 二の句が, 二様の, 云いつくせません, 云えないでも, 云えぬ歓び, 云えませんから, 云へ, 京訛りが, 人心の, 人間として, 今までと, 伊沢も, 似て, 但し書, 何かしら, 何かしら心が, 何かしら現代の, 何がなし暗い, 何だか暖味, 何という, 何となくあるこだ, 何となく歯切れ, 何とも云え, 何とも感じなかったろう, 何とも答えなかった, 何とも返事, 何にかしら, 何やら含み, 何やら深い, 何やら頼り, 何んと, 何故か思ひ, 何處までも, 余一言も, 余分の, 余程の, 余程妙, 余裕という, 信じかねて, 信を, 信州の, 偽りが, 元気が, 兄一人で, 充分信, 全くツリアイ, 全く參ら, 全く意味, 全く無縁, 冒し難い, 冷めたい眼差, 処女らしい, 出さずに, 出さず心, 出さないしぐさ, 出さないで, 出さないの, 出さなかった, 出て, 刀脇差は, 刃向かえなかった, 初めて会った, 別に, 別にこれ, 別に異議, 別れを, 前に, 前物語, 労働者階級としての, 動かされる, 勿論様子, 千貫の, 及びません饂飩屋さん, 及び申さず, 反き, 取り留めが, 取合はず, 古言, 可愛さ, 同感であった, 同感である, 同音で, 向かなくなったもの, 含まれて, 含蓄多く, 吾, 味が, 哀願に, 品よく, 善悪, 喜び充ち, 嘗て自分, 嘘の, 嘘は, 嘘も, 圈點を, 圏点を, 土地の, 声の, 多い, 多少不満, 多少侮蔑, 多少嫌味, 大まかな, 大体映す, 大晦日に, 奥床しさ, 奪うという, 女の, 女二人のみ, 女学生特有の, 妖気と, 妾は, 安定の, 実に立派, 実は少し, 実は意識的, 実感が, 実感などは, 客の, 容易に, 實感が, 小さく反抗, 少からず, 少からず驚いた, 少からぬ, 尽くされないの, 尽くせません, 尽し難い, 尽せない悲し, 尽せなかった, 尽せぬ深い, 帆村に対して, 年老いた母親, 幾分なり, 幾分原始的, 幾分条埋, 広い意味, 底に, 強く本心, 強く頭, 当惑し, 当惑する, 彼女は, 往来で, 後が, 従いませんと, 従は, 従わなければ, 得出さぬ如く空しく長き, 御子様がたは, 御子樣がたは, 微塵の, 微塵嘘も, 微妙な, 心からの, 必ずくつ, 必ず音節, 志村と, 忠告し, 思いがけぬ啓示, 思いの, 思い切った処女, 思い疲れた, 思い詰めた緊迫さ, 思ひがけ, 思ひ切つた処女, 思わず涙, 思わず耳, 恐ろしい毒, 恐ろしい真実性, 悲壮という, 情の, 意味の, 意味深, 愛の, 感服せざる, 慣習による, 慥かに, 憐憫に, 或る, 手も, 押されるもの, 拒むこと, 拙劣な, 救済的恩恵的の, 数えなくなった, 敵はん急い, 文化が, 断乎たる, 日常的な, 日本の, 日頃に, 明かに, 明らかである, 明星派に, 昔し, 時々武州訛, 曖昧な, 最も著しい, 来る早々, 格別これ, 案外本気, 極めて真面目, 様々な, 樋口三郎兵衛も, 次郎だけ, 武士たちも, 武家育ちの, 歴々と, 殆ど返事さへ, 殆ん, 殊に調子, 殺されるもの, 毛ほどの, 毛程の, 民族の, 決してうそ, 決然として, 沢山の, 注意し, 淡い悔恨, 深い感じ, 深い絶望, 滑っこい皮膚, 漢語が, 無条件に, 無理は, 無縁である, 無関心, 無頓着な, 焦立たなかつた, 照れる方, 熱が, 熱心に, 物に, 特別な, 特色が, 犬を, 犯し難い, 猶存在, 現されないの, 現しきれぬ渦巻, 現せないただ, 現はせない, 現わ, 現わし, 現わせ, 現代の, 生の, 田舎の, 異様な, 疑問を, 発言と, 皆不快を, 皮肉に, 皮肉の, 目だつほどに, 目に, 直ぐ浪うち際, 相手が, 相手に, 相違御座いません, 真実が, 真実と, 真実性が, 真理が, 碌々返辞も, 確かに, 確信の, 確信らしい, 科学を, 空ろな, 空想や, 筆に, 答えずお, 答えずマン, 答へ, 答へも, 素直に, 義平太も, 義憤を, 耳だ, 耳をも, 聞えたが, 肥つた人といふ, 肯ずくような, 肺腑を, 胡椒の, 胸いっぱいの, 脅迫が, 自ら時間的な, 自信は, 自分でも, 自分の, 自然物に, 色の, 血を, 表現が, 表現し, 裏にも, 見向きも, 解き難い, 触れば, 言いつくし難い, 言いようの, 言えない, 言えないこと, 言ふまで, 言外の, 訛が, 詳しい註釈, 誇張が, 誓の, 語り得ず語らなくとも, 語句の, 誤用が, 説明が, 誰も, 諦め切れない悲しみ, 豹一的な, 賛成いたしかねます, 賛成する, 賛成な, 軽い侮蔑, 軽蔑し切れぬ, 辟易し, 返事も, 返辞も, 返辭, 迫真性が, 道理も, 遠慮も, 邪気が, 鄭重さと, 重大な, 針が, 鉄よりも, 間違いが, 関係が, 関西の, 陰影が, 随うべきである, 随分いろいろの, 非常な, 非議は, 面喰ったらしかった, 響いて, 順は, 頓着する, 頓着せず, 頓着なく, 顔を, 馬鹿馬鹿しさ, 馴れて, 驚いたと, 驚いたらしくひどく, 驚かずに, 高尚も

▼ 言葉では~ (424, 0.9%)

44 ない 18 ないか 14 あるが 12 なかった 9 ないの 8 ないが 7 ありません, なくて 6 ございますが 5 ありませんか, あるまいか, ないかと 4 あったが, なくして, 言い現 3 あるまい, ないと, ないよう, 名指すこと

2 [20件] あっても, あつた, ある, これを, ございません, ござるが, それを, ないから, ないけれども, ないで, ないでしょうか, ないよ, ない文法, もう三十年, 云ひ, 何にも, 決してない, 無い, 現は, 青木と

1 [220件] ああいう, あきつと, あったに, あなたの, あらわしきれないよう, あらわしよう, あらわせない, あらわせない甲斐, ありえぬの, ありますが, ありますまい, ありますまいか, ありませぬが, ありませんから, あるものの, いいつくせないほど, いい現, いそがしくいつ, いひあらはせません, いひきれません, うまくは, うまく言えない, かえって痛み入ります, きいたこと, げすが, こういうこと, こうして久しい, この私, ございますがね, ごわり, せんさくしなかつた, そうとしか, それぞれが, たりないじかに, ちょっといい, つくされない, つくせない, とうていいいあらわす, とうていものの, とうてい傷ついた, とうてい言い表わせない, とても二人, とても尽されない, とても思い, とても間に合いません, どうしてどうして先生なに, どうしても言い, どうやらきょう, ないかしら, ないかという, ないかといふ, ないかとさえ, ないかとの, ないからね, ないこれ, ないそんな, ないだろうか, ないであろう, ないです, ないので, ないやう, ないわけ, ない又, ない売れ, ない筈, ない良人, なかったろうか, なかつた, なかつたかと, なかつたつもり, なかつたので, なかろうぞ, なく, なくこの, なくただ, なくなった, なくはなし, なくふと, なくまたは, なくドイツ, なく一種, なく優雅, なく外, なく多く, なく宮廷, なく彼, なく彼女, なく批判者, なく明敏, なく時に, なく舞台, なく返事, なぐさめられ切れず鬱然, なしに, なし文章, なんといっ, なんとか言, なんにも言, はっきりと, はつきりと, ふしぎな, まだはつきり, まだ満足, まだ物, みんなただの, もう何, もの足りない, よくわかるまい, カアブロオと, コギヌと, コンパスといふ, リアリズムへの, 一人一人の, 一層なんだかあなた, 云いあらわせない辛い悲しいおもい, 云い尽せない, 云い尽せぬ程, 云い現, 云い現せねえ, 云い表わされない力, 云い表わせない点, 云えない, 云わないだけに, 人に, 今夕七ツを, 今日は, 今晩あたりが, 何だか賤, 何という, 何とでも, 何の, 余が, 全部が, 分って, 別れの, 到底いい, 到底いひ現し得ない, 到底形容, 十分に, 口を, 同じやう, 呼んで, 喜多公こと田中技手補は, 嘆じ, 困るし, 大きいといふ, 妻の, 孫礼字は, 官立の, 封じられた様々, 屠殺所の, 岩屋で, 崩壊孔と, 当らない, 当嵌らない, 形容出来ぬ, 彼が, 御座いませぬ, 怒って, 愚堂の, 慰めきれないもの, 慰めきれない気, 扉と, 描き出せないが, 時間さえ, 有る, 有るけれど, 本当の, 汚されるに, 波に, 測られぬほど, 無いので, 現はし, 現わ, 現わし, 現わせ, 生ぬるい, 申し上げること, 盡しきれません, 瞬間にと, 私どもの, 私には, 私の, 私は, 簡単に, 米を, 考えなかったが, 自分の, 若し今日, 表わせないほどに, 表現し, 言いあらわせません, 言いつくしがたい, 言いにくい, 言い切れない大きな, 言い表すこと, 言い表わせないほど, 言い表わせない味, 言い足りない悪感, 言い足りない悲劇, 言えないよう, 言ひ, 言ひきれない, 言ひ表し, 言ひ解く, 言へ, 話が, 説き現, 説くこと, 説明が, 説明しきれない, 誰も, 足りない, 返答し兼ね, 迚も, 道を, 重明が, 雪形と, 頭に, 麻でない

▼ 言葉~ (329, 0.7%)

2015 と思う 98 と思います 6 ということ, と思っ, と思った, と思つて 54 からである, と私, と言 3 からこれ, がしかし, がそれ, と存じます, と言っ

2 [17件] か知らない, がネ親分, が小説家, けれど, し, そうであります, そうです, ぞ, つたのです, という説, といふ, と思い, と思はれる, と思ひます, と思ふ, な, 併し

1 [187件] あの, お浦, かはあまりよく, から, からい, からここ, からこの, からこんな, からしかた, からだ, からと言つて, からどんな, からまさか, から世間, から仕方, から何人, から余, から全然, から具体的, から出来る, から多分, から嬉しい, から室町時代, から少し, から従つて, から暫く, から熊, から訳しない, から鈍感, かわかりゃ, か判らない, か知らん, があっし, があつし, がお, がかう, がこれ, がさて, がたいてい, がだから, がと, がどだい, がねえ, がねまあ左様, がね親分, がまったく, がまるで, がもう, がわけ, がキャバレエはなやか, がクリティシズム, がムシ, が七ヵ所, が丸万, が人, が今, が僕, が兎, が古風, が商売柄, が嘘, が壮烈, が大阪弁, が妙, が少なくとも, が己, が恐らく, が我々読者, が新聞記者, が昔, が本, が次, が此, が父, が百聞一見, が皆, が神, が私, が精, が舞台, が英語, が虚ろ, が言い現す, が赤い, が鏡, が魚, けど, けど後, けど華やか, けれどあと, けれどいくら, けれどいろいろ, けれどね, けれども, けれどもこれ, けれどもね, けれども一般, けれども私, けれども膏, けれど恵まれた, けれど能, けれど若い, これこそ, そうな, そう云う, だが運不運, つたから, つたと, つたの, つたのだ, つたのに, つたのを, つてその, つてプリントに, つて通じる, と, とあまり, とある, という, というの, というまわりくどい, といえましょう, といえるでありましょう, といっ, といつ, といふだけで, といふ堅牢さ, といふ西洋風, とお, とおもいます, としか思いませんでした, としても天子, として告げ, とてそれぞれ, とてなくなっ, とどちら, とはいえないだろう, とはつい, とはどうしても, とは思えなかった, とは思はれない, とは思はれません, とは思わなかった, ともいう, とも衛門督, とわれ, と云, と云わね, と人, と伝えた, と信じます, と僕, と分っ, と思, と思え, と思つた, と想, と意識, と憤然, と気づいた, と渠自身, と習慣的, と考える, と自分, と自慢, と自覚, と見え, と見られよう, と見れ, と証拠, と野々宮, と青木, なんて献金, なんとか良い, ねえ, のが, のです, へそだ, わ, ネ, 今は, 余, 俳優らしき, 年数を, 汝の, 甲斐が, 自殺自決自

▼ 言葉~ (307, 0.7%)

6 文章を 5 態度は 4 念想が 3 動作の, 文字の, 表情に, 親切な

2 [26件] その他の, その白皙, わらかに, アクセントは, 動作が, 動作は, 動作を, 国語の, 夫婦の, 形式の, 形式は, 形式を, 思惑などは, 態度が, 態度で, 態度には, 態度の, 文字は, 文章は, 文章や, 最後の, 様子から, 眼色を, 自分の, 表現が, 身振

1 [228件] あるひ, あんな行動, いい加減, いやな, いやらしい所業, お客の, かけ言葉と共に, けどこれ, しぐさでは, そのとき, その他それに, その他特殊な, その土地, その変容, その後の, その態度, その言葉, その記号的組み合わせ, その退職, それに, てにはの, また後, まだ残っ, もてなしに, もの音を, やるという, わけの, イデオロギーの, ニッポン語の, ボーイの, ラジィゲの, 一刀三禮を, 下品な, 世相も, 主義や, 事柄は, 仕打は, 仕草と, 他人から, 他人の, 仮名づかい, 仮説を通じて, 会話で, 住民の, 何かの, 何かを, 俤も, 傷口に, 入り組んだ心持, 助け合うという, 動作で, 動作に, 動作による, 勸告に, 半端な呟き, 取扱ひも私を, 叫び声を, 叱責は, 名称は, 呪いの, 品物の, 型が, 場景が, 場面が, 声が, 声で, 声に, 声によって, 姿を, 媚めき, 子供達の, 字に, 字の, 季節外れの, 幸不幸な, 弁解や, 強いスローガン, 形や, 形容沢山の, 形式では, 彼が, 彼女の, 御礼の, 微妙な, 心の, 心像やを, 心持を, 志村の, 思いがけない熱い接吻, 思いつきの, 思想が, 思想という, 思想に, 思想は, 想念では, 意味の, 感じ方が, 感覚の, 態度に, 態度も, 態度や, 態度を, 憎さげ, 懐郷の, 所業を, 手紙で, 手紙や, 手紙を, 探偵小説として, 接吻や, 放縦な, 教科書の, 文句の, 文字が, 文字で, 文字に, 文字や, 文章, 文章が, 文章そのものだ, 文章では, 文章に, 文章の, 新聞と, 昂奮した, 明日を, 服装が, 服装に, 柔和な, 核心という, 格言つまり, 概念では, 様子こそ, 様子は, 樣子は, 此の, 気は, 気分の, 気取った紋切型, 温かい態度, 濱島が, 灰皿で, 無軌道な, 然り, 熱情生命それを, 父上市太郎様の, 父上市太郎樣の, 物の, 物腰が, 物腰の, 理屈で, 甘い身, 甘えたなれあい, 甘ったるい文句, 生活の, 發音を, 皆さんから, 目つきを, 目顔に, 眼ざし, 眼付で, 眼付には, 神さまの, 神様の, 科によ, 笑い声を, 筆で, 粧いは, 細やかな, 美しい言葉, 美しかつ, 義雄の, 羽根飾り, 習俗が, 習慣や, 考えかたは, 考えよりも, 色に, 薬臭い, 行いに, 行いの, 行儀が, 行動に, 行動をも, 行為で, 行為の, 行為のみ, 行為や, 行為を, 行爲に, 表情で, 表現で, 表現を, 表筆の, 表面の, 親切の, 観念の, 観念は, 詩の, 話と, 調子にも, 論理が, 論理は, 議論という, 貴方が, 賛辞を, 贈り物を, 足つきだけが, 身の, 身ぶりや, 身振りが, 身振りだけで, 身振りに, 身振りや, 身振りを, 逆説的な, 遺跡文獻なども, 配達された, 金兵衛の, 鋲の, 難しい理窟, 音の, 顏を, 顔には, 顔付に, 驚きや, 麻川氏の, 黒板に

▼ 言葉にも~ (273, 0.6%)

4 一理は, 動作にも, 態度にも 3 なり又, 増して, 表は

2 [17件] ある, うかがわれる, かかわらずそれ, つまりひどい, なろうかと, 何も, 力が, 力なく息苦し, 女の, 尽くせなかった, 彼は, 活気を, 現されぬ或, 理窟が, 真実が, 耳を, 行為にも

1 [218件] あきれた, あったとおり, あづからむに, あらはせない兄さん, あらはれた, あらはれて, あらわして, あると, いつも身, いわく, うかがわれるであろう, うそは, お別れ, お通, かかわらずクリストフ, かかわらずフロレンス, かかわらず孔子, かかわらず悲堂, こういう風, この二人, この伝統, さして驚かず, しばしば顕れた, すぐに, すつかり, そう不自由, その昔郡下, その趣, それが, それは, ただにがりきっ, たとえ親, だれの, つくし難い, つくせない, つくせないほど, つくせぬもの, つまるという, つまるの, つよく心, とられました, どことなく一種特別, なく表情, なつて, なにか新, なまりを, ならず美しい, なりにも, またその, また眞, むだが, めげないで, もうこりこり申し, もうすこし違った, もう張り, もちろん驚きました, もの憂い返事, やさしい言葉, よくあらわれ, 一応なにか答えぬ, 一言も, 不遜な, 乗らなかった, 云い尽せない, 五分の隙も, 亢奮を, 亦耳, 人間そのものにさえ, 似ず冷酷, 似ぬ言い事, 何となく元気, 何の, 例によ, 偽りらしいもの, 光悦どのらしい, 全く, 出さないの, 出さぬ美しい, 出して, 出遇, 別に甚, 力を, 動かされるほど, 勝って, 千万無量の, 千寿の, 半分の, 及ばずなん, 及びません, 及ふ, 反響一つ戻っ, 台詞まがいの, 吉見は, 同意し, 味わうべき点, 困るが, 圧するよう, 地理が, 変に, 多くの, 多少の, 夫人は, 妙に, 実は前, 宿つていらせられる, 對手の, 少しも, 少し甲州訛り, 尽きません, 尽くされない, 尽くされないほどの, 尽くされないもの, 尽くされない辛労, 尽くせないもの, 尽くせない天下, 尽されず候, 尽されませんでした, 尽し難い, 尽せない, 尽せないほどの, 尽せぬが, 尽せぬ情趣, 尽せません, 嵌り切らない何, 広大の, 強く共鳴, 影響した, 彼から, 心を, 恐ろしいきまり文句, 悉くされる, 情が, 情理が, 愉快そうに, 或る, 拘らずすぐ, 拘らず千代乃さん, 挙動にも, 探せなかった, 接しないで, 故郷の, 文字にも, 旅は, 明日は, 時世の, 極く, 権式を, 次第に会話, 武家風の, 気づかず彼女, 気づかぬよう, 永い歳月, 決してひるむ, 浄玻璃の, 涙と, 深い人間, 源氏は, 片方の, 物腰にも, 現すので, 現は, 現わさ, 生気を, 病気が, 盡くせない, 盡され, 盡されない, 盡されませぬ, 直木三十五しか, 相当の, 看て, 真理は, 矛盾が, 矛盾する, 社会が, 移せない痛切, 種々の, 窺はれる, 符合し, 笹村は, 筆にも, 答えず電灯, 縁遠いよう, 考へさせられる, 聞えるの, 自ら明かであった, 色々の, 艶き, 苦々しげ, 荒くれ男の, 行動にも, 表わした, 表現し得ない, 表現法にも, 西山は, 見えた, 言ひ, 言われぬほどの, 話の, 警戒的な, 返事が, 返辞を, 述べられないほど, 通じ宗教, 通じ語源, 遊戯の, 違いなかった, 違ひなかつた, 適うし, 郷土にも, 陳られず, 非常に, 音の, 顏が, 顔にも, 顫え, 風習にも, 馴れ親しみ

▼ 言葉から~ (254, 0.6%)

12 して 7 考えると 5 察する 3 出て, 推して, 私は

2 [14件] これ以上の, その時, それが, 伸子は, 何か, 出たもの, 判断する, 我々は, 抽き出す, 推すと, 明かでありまして, 社会学の, 過去を, 選ぼうと

1 [193件] あなたが, あの艶, あらゆる慣習, いきなり私, いへば, うけた, うける感じ, うける繊細, お光, お聞き成さい, お話しし, この宿屋, さういふもの, さしせまった反応, さらに発展, してが, すぐに, すると, そう感じた, そこに, その主, その端緒, それ以外の, ただ一つの, たちまち凄, ちょっとかきたてられ, てっきり鍵, であった, であつ, でなく外国, どんな技倆, なんらかの影響, ぬけでて, はいろうとしても, はじめて知った, はみ出して, ふと思いがけぬ, まるでちがった, もし騒動, もはや遺伝, わたくしの, わたくしは, わたしの, われわれ自身の, ダラダラと, ヤマさんと, 一つの, 一人の, 一種の, 三行も, 中宮は, 云うても, 云えば, 人々の, 伸子が, 何となく軽蔑, 何らの, 依り所, 借り用, 先に, 共産党の, 兵役に, 出た, 出たに, 出るの, 出発し, 出発しよう, 出立し, 切り離して, 判じても, 半分眠, 受けた感じ, 受けた感銘, 受けて, 受けとったよう, 受ける感じ, 受ける相手, 味われる, 唖という, 変化し, 外面的の, 多大の, 大よそ, 大體, 太平洋ほどの, 始まった, 始まって, 安心する, 実際われわれ, 実際東風, 察して, 察するの, 察すれ, 射すひとすじ, 導かれたもの, 導かれパース, 少年は, 岸本は, 平次は, 度を, 引出されて, 彼の, 得た新た, 心が, 思いついたこと, 思いついて, 思い出して, 思い合わせると, 思うと, 思ひついて, 想像され, 想像し, 想像する, 想像出来る, 意味あり, 意味だけを, 感じたの, 感じた伸子, 態度から, 成り立って, 或る, 推しても, 推せば, 推察される, 推察し, 推測し得られる, 改まった, 敬意を, 文化は, 斬って, 旅の, 日本庶民の, 日本語という, 早瀬の, 明かに, 春の, 来たの, 様子から, 様子まで, 正月を, 残酷さを, 母の, 気を, 洗練し出された, 派生された, 深く傷つけられた, 游離し, 火の, 火事は, 熱が, 熱烈な, 物越しまで, 独立する, 生気を, 留守の, 異常に, 直ぐ傷, 真心を, 示唆された, 私たちが, 立居振舞讀み, 糸を, 習って, 考えても, 考えれば, 聴こうと, 自分の, 自惚れを, 自然科学者の, 若い時代, 血が, 衝動を, 見て, 見ても, 見ると, 解放される, 話は, 起った難儀, 身を, 身をよ, 転化し, 轉訛した, 辻の, 連想される, 進化した, 遠いもの, 遡って, 醜いあらそい, 離れて, 青春時代の, 頭の, 食物まで, Pという

▼ 言葉つき~ (226, 0.5%)

64 である 3 だった, や態度

2 [12件] からし, が急, さへ, であった, でそう, でその, で云った, になつて, によって見る, まで一変, も態度, も淫ら

1 [186件] からお, からこの, からその, からもうかがわれた, から判断, から判斷, から御, から想像, から態度, から挙措物腰, から言え, から言っ, がすこし, がなんとなく, がよく, がガラリ, がラジオ, が何, が何となく, が全く, が女, が始め, が少し, が書生丸出し, が極めて, が次第に, そうかと, その態度, その淺薄, だ, だけは優しい, だつた, つやつやした, て仕方, でありました, であるが, でいった, できっと, でこんど妻, でしとやか, でそれ等, でたずねました, でもわかる, でも住居, でも知れた, でやがて, でファルネーゼ, でラシイヌ, で云う, で云っ, で人, で伯爵, で判断, で右腕, で咎める, で夜目, で彼, で挨拶, で推す, で気取り, で源次郎, で続けた, で自殺室, で親しく, で言, で話しました, で調子, で飛ん, で駈け寄っ, といい, とで云った, とで答えうる, とを唯一, と云, と云い, と風貌, などからは誤解, などが次々, などまではっきり, なの, なので, なら仕打, なりから裏切られた, なり様子, にあわただし, にいつも, にしみで, にしろ, にちょい, にどことなく, になりました, にはどこ, にはオカマ, には単に, には真剣, には道江, にも悟空, にも態度, によく, に出た, に改めな, に紳士, に至る, のなんと, の中, の卑下, の妙, の感じ, の憎らしゅう, の片口, の端々, はあの, はどこ, はほめられた, はますます, はまるっきり, はまるで, はものやわらか, は三年, は叮重, は場合, は大変, は存外, は朝, は泡, は男, は舌, は青年, ほど淋し, までがつ, までが今日, までが山, まですっかり, までその, までよそよそしく, までをていねい, まで一致, まで変, まで変っ, まで平素書斎, まで急, まで改, まで真似よう, まで見違える, もしだいに, もす, もそぶり, もにわかに, もはつきり, もまるで, もやさしい, もソフィスト流, も丁寧, も何だか, も優しき, も全く, も卑しく, も尋常, も岡引どころ, も感情, も東北, も親しみ, も長屋, やあの, やそれ, やみなぎっ, やらがありあり, や割合, や涙, や話しぶり, よ, をあざけっ, をし, をしてる, をしない, をする, を全く改めて, を嗤われ, を変える, を思い出した, を慌て, を考え出す, を耳, を見せた, 気に入らではじめ, 重々しい誇張的

▼ 言葉である~ (206, 0.5%)

6 がこの 5 がこれ, がその, ことは 4 ことを, のか 3 と思います

2 [18件] かの如く, が, がこういう, がしかも, ことよ, と云, と同時に, と思い, と思う, と思ひます, と称し, と見, にかかわらず, ばかりでなく, ような, フランス語で, ラテン語で, 別に意味

1 [138件] か, かさもなければ, かはこの, かは書かない, かも知れない, からありがたい, からこれ, からそれ, からそれに, からだ, から今, から他, から以上三者, から使う, から元来, から此所, から私, から私たち, から職方目付, から誰, かをまだよく, かを正確, かを知っ, がここ, がさすが, がしかし, がそれ, がなんと, が一糸, が七兵衛, が今日, が假, が僕, が兎, が同時に, が土牛, が學問, が当時, が彼, が恐らく, が我が, が政治, が日本, が末路, が次, が武蔵, が殿下, が民主主義者, が特に, が矢張り, が私, が美しい, が自己, が記, が震災前, が駒守, けれどもさ, けれどもそれ, けれどもなんとも, ことが, ことも, こと殆ど, さらに真理, しかし自分, し弟子たち, し木村自身, そして後半, その昔アラビヤ人, それによって, ぞ, ために, だけに私, という, という感じ, といえる, といっ, とおもう, とか, ところから, とさ, とされる, としても中ノ岳, として些か, とすれ, とはいえません, とは思えなかった, とも言われよう, とより, と信じ, と共に同時に, と受け取れる, と同じ, と当時私, と彼等, と思, と思ふ, と私, と自分, と言い得られるであろう, と言っ, と言った, と頷いた, にち, には相違, にも拘はらず, のが, のだ, のだろう, のである, ので怪しから, ので私, のと, のは, のを, はずである, ゆえ甲から, ように, ようにも, ホイトといふ, 丁度千古, 丈け, 上何んだ, 事の, 事を, 他は, 以上之を, 如何に, 寿詞は, 従つてどの, 東方語イギリス語ドイツ語フランス, 権田, 然し決して, 然るに今時, 由だ, 筈だつた, 通りの, 進軍すなわち, 音楽を

▼ 言葉として~ (157, 0.4%)

3 では, 私の 2 伝えられて, 劇しい, 用いるの

1 [145件] あなたの, あまり注意, あらわれず何, おあつらい, おいおい擯斥, おさえて, かえっていつ, きくと, これより, これを, こんなこと, ご記憶, しかも反語的, そう言った, その小説, その追悼, それが, ただわけ, ついて, つかわれても, とうに, なおざりに, のこって, まことに尊い, またある, もって, より正確, わけの, わたしの, わたしを, ゴーリキイは, ポーランド語を, 一笑に, 不都合なく, 云うか, 伝えたこと, 伝えられるもの, 伺おうと, 何を, 作家でなく, 作者鴎外は, 使い古されその, 使うよう, 使ったの, 使つてゐる, 使ふ, 使用した, 保存される, 信じられて, 充分に, 公認された, 内側から, 出て, 出鱈目な, 到底彼, 制限連記制が, 却って貧弱, 取らないで, 受け取られて, 受け取りすぎて, 受け取りすぎるといふ, 受け取ること, 受納れる, 口に, 否定し, 国際的という, 外に, 妙な, 妻から, 完全な, 実際生活, 對照され, 少しも, 引用される, 彼に, 心に, 感じとられるよう, 感じられるだろうか, 慣用され, 或る, 手紙と, 扱ふ, 承認する, 投げられたの, 文化を, 斯る, 新らしい, 日本新聞で, 是は, 書かれて, 書き綴つて, 書く, 有する意味以外, 本質に, 権力, 此の, 歯牙に, 残して, 残って, 深い意味, 清江が, 火という, 父親は, 現われて, 理解しない, 理解しなけれ, 理解せられ, 生かされるとき, 生かしたよう, 生きて, 用いて, 用い慣らされて, 用ひたがる, 用ひられ, 用ひられる, 発せられた時, 益軒の, 私たちが, 篤胤の, 精神の, 美しいの, 聞いた, 聞いただけ, 聞いたの, 聞いて, 聴くであらう, 表現される, 西湖を, 見ること, 触れあるいたよう, 記憶の, 訳し出すこと, 話せる文学, 読んで, 諸君は, 迎えられも, 迫る拷問攻め, 通用する, 適用した, 選んだであろう言葉, 隣室で, 非常に, 響くだけ, 顕われる, 高く買われ

▼ 言葉によって~ (152, 0.3%)

4 それが, 現わ 3 何を, 表現される 2 よくわかった, 代表される, 少しも, 常識的に, 表現され, 見ると

1 [126件] あなたは, あらかたの, あらわされて, うかがわれるの, お対手, かなり重大, この出来事, この頃, さてはなに, すべてが, そうした高原地方, その一生, その女, その間に, それを, であって, である, では, どちらを, どんなに救われ, はじめてその, はっきり考えられ, びっくりし, ほぼうかがい知る, ぼくは, まっ暗な, やはり姿, よく現, わずかに, わたしは, グラチアが, フランボーは, マリユスは, 一定の, 一家団欒の, 一度は, 一派を, 一義的に, 一見甚だ距離, 一連の, 並べること, 中世紀, 久光の, 事実は, 事実上暴露され, 二人は, 云い現, 云い表わされた, 云い表わされるもの, 云い表わされる内容, 云い表わされる所謂自然, 云い表わすの, 代用される, 何か, 何もかも出来, 何ものも, 働きかけて, 元の, 兄の, 其の要旨, 出来上って, 判ずると, 動かされるとき, 反省させられる, 同じよう, 名づけようとも, 吐き出す事, 呼ばれて, 夫人たちが, 媒介の, 実はやがて, 察する, 尋ねかけるわたくし, 導入され, 幾度も, 彼に, 彼に対する, 思い出せば, 思い当る, 想像される, 想像する, 想像を, 感じるわけ, 慰撫され, 推察される, 教えられると共に, 明らかである, 書かれた難解, 書き換えること, 最も明らか, 次の, 歌うべきである, 残って, 殺された男, 決死隊を, 測り知れない損害, 現わし, 理解される, 真相の, 知らるるなりという, 知識が, 社会が, 私は, 突然はっきりわかっ, 立場の, 置き替えられる, 考えると, 自分の, 葛岡に, 行き詰まらせられた脳髄, 表さるる活動的, 表わされたものの, 表わされた科学的, 表わされる, 表現した, 表現する, 見える, 親を, 解決される, 解決され得る, 語るもの, 象徴し, 踏みとどまった, 辛辣に, 迷いを, 部落民か

▼ 言葉でも~ (146, 0.3%)

4 あった, なかった 3 かけて, 掛けて

2 [11件] せつない心, それを, ない, ないの, なく知識, わかるの, わかるよう, 何でも, 動作でも, 吐くと, 掛ける所

1 [110件] あったかの, あって, あつた, あなたを, ありせっかく, ありませう, ありません, あり心, ある, あるかと, あるから, あるという, あろうかと, あんまりです, いたはし, お判りでしょう, かけられると, かけること, かまは, こうして姪, さうである, そののこらず, その印象, その國, そればかりは, たった一語, だんだんぞんざい, つて, つて論爭し, つぶやいて, どんな無慈悲, ないが, ない低, ない異様, なかったろう, なかつた, なくて, なく又, なく實, なければ, なんとなく入, ひと通りは, また音楽, まだ正確, わかるとおり, アマンチュすなわち, 下さい, 云ったこと, 亦, 仕事でも, 伝えさせた, 何でもな, 何でも飾る, 使えた, 使ふ, 信用する, 其意味は, 内奥は, 出ようなら一語, 分って, 友誼に, 受けようと, 古名人, 吐きたかつたが, 呉れるやう, 呼んで, 噛みしめて, 大体の, 夫を, 平気で, 年を, 年配の, 廣岡や, 彼には, 待ち設けて, 思い出したらしくめんどうくさ, 恩といふ, 悉く遠い, 意味ふかく, 感ぜられるよう, 憎いやら, 懸けて, 懸けられようもの, 手に, 抑揚が, 拙者の, 掛けたかい, 文學の, 文章でも, 明かだが, 時には賢者, 普通には, 東京の, 気軽に, 皮肉な, 私といふ, 結構です, 絵でも, 聞いたら少し, 聴かせて, 肉体でも, 草木や, 表すから, 覚えなかつたから, 覚悟し, 言い現せないくらいの, 言い表せないくらいの, 記, 違つた言葉が, 頂いて

▼ 言葉通り~ (127, 0.3%)

4 の意味 2 である, でご, に, にお, にご, になる, に実行, ほんの一瞬, 黙然と口

1 [105件] あの夜以来, いかにも太, うまく行け, かとり, かの構成派あたり, この事件, こんな年甲斐, じゃ, そうしてやる, だ, で, ではない, でわたし, といっ, な表情, にあたし, にいたしましょう, にこれ, にさ, にし, には参らない, には取れず, には意味, には疑わしく, には覚え, にも往かない, にエジプト人, にニコヨン, に一般, に丁寧, に不慮, に世界, に云え, に伝えた, に全く, に具体的, に写せ, に別れ, に反動的, に取り計らっ, に取る, に受け容れる, に口, に可能, に始め, に守っ, に実に, に小刻み, に少々, に彼, に新た, に時事, に書いた, に椋, に概念, に物理, に理解, に直訳, に真面目, に着々, に知識, に科学, に素直, に聞い, に聞き, に胸, に荒壁, に行つて, に覚え, に解釈, に認識理論, に路, に身構, に閉塞, に鮨づめか刺身づめ, の, のお, の事, の事物, の光景, の国, の女, の断乎, の時事問題, の植民, の機関車, の死, の気遣い, の私有, の翻訳, の言質, の豆天才, もてあそんでも, やさしい心, やっぱりそのうちあなた様, をあの, 出るは, 大きな店, 実際旅疲れ, 広い日本, 思いとどまったの, 無智, 行われて, 覚えて, 赤い煙突

▼ 言葉~ (117, 0.3%)

34 のである 22 のだ 11 のです 8 んです 7 のか 3 ので, んだ 2 のが, のだつた, のでした

1 [23件] からしめました, からしめる, だけに吉村, のだろう, のであっ, のであった, のであろう, のでございます, のでしょう, のでそう, のでとま, のではじめ, のでよく, ので心持, ので改作, ので母, ので警官たち, ので近侍たち, ので面白く, のを, はずだ, んだろう, 人だ

▼ 言葉です~ (99, 0.2%)

1063 がこれ, が私 2 から大概, けれど, けれども

1 [71件] か, から, からあなた, からこの, から到底, から新, から書く, から本当, から考へなけれ, から誰, か兄さん, があっし, があなた, がいま古市加十, がお, がこ, がこの, がこんなふうに, がそういう, がそれでも, がなぜもう, がね, がほんとう, がまったく, がやはり, がハッキリ, がブルジョア, が一体如何, が一體何, が今, が今村さん, が再生, が判り, が十年, が堪忍, が女, が実際, が封建的, が平次, が御, が意味, が文, が文学, が殊に, が油断, が涙, が炭, が禅家, が肛門, が船島, が話, が長い, けど戦争, けれどそういう, し, し一ぺん家, って, とお断り, な, ねひとしきり, のね, もの, よ, よこれ, わ, わシュピネルさん, わネ, んでいる, 如此譯故第, 私が, 私は

▼ 言葉とは~ (94, 0.2%)

5 反対に 2 まるで反対, 私の

1 [85件] あべこべに, あまり区別, いい対照, いえないと, いえ余り, いへ, おぼえませぬ, かなり違う, この出来事, さらに矛盾, それぞれ二つの, それぞれ言葉固有の, それを, それ自身として, そんなもの, たった一つ, ちがった行為, ちぐはぐな, どうしても聞こえない, ほとんど同時にきた, 一向に合致, 不似合, 不可分の, 二つとも, 云え人々, 云へ, 人の, 似て, 何と相, 余程違つて, 元々そういう, 全くちがった, 全く両立, 全く異なっ, 全く逆, 全く釣り合わない, 別々の, 即ちドストイェフスキー, 反対な, 受け取れたが, 同じである, 同じ鳥, 吾, 地獄を, 場合によって, 多分私, 大變, 女中が, 少しも, 少し御, 常に劃然, 彼にとって, 思うたが, 思えない, 思えなかった, 思えぬくらい, 思はれない言葉, 思ふたが, 思へないまるで, 思わず甲斐, 思わない, 思われない, 掛け離れたある, 教養の, 本来は, 正反対に, 民衆の, 畢竟初めて其宣, 矛盾した, 矛盾しない, 確かに, 絶えず私, 聞かれぬほど, 要するにその, 言えないが, 言ふ, 言わずと, 違うかも, 違うの, 違って, 違つてゐる, 適は, 関係が, 非常に, 面白い対照

▼ 言葉遣い~ (92, 0.2%)

5 をする 4 をし, をした 3 といい

1 [76件] からし, がいい, がぞんざい, が三造, が出, が初対面, が存在, が悪い, が美奈子, が譲吉, さえも一段, さえ吾, さえ少し, だ, だけでもすぐ, だけはそれほど, だけは非常, で, であの, でげす, でそっと, でその, ではない, で教える, で東京生れ, という事, と特色, と言い, なぞも妙, などを上品, など全体, にそっくり, にならっ, にはこっち, にも現れ, に喧しく, に復一, のあらたまり, のうち, のなか, のゆッ, の尊大, の差, の末, の横着さ加減, はこういう, はその, は下等人物同様, は彼, は都会, までがすっかり, まで女中, まで違う, もお, もさして, もぞんざい, もやや, もよく, もよし, も丁寧, も分る, も田舎, も苟くも, や態度, や様子合, や発音, や話, や風習, をしたがった, をすれ, をゆるし, を一種, を提案, を改め, を用いる, を聴いた

▼ 言葉という~ (82, 0.2%)

28 ものは 14 ものが 7 のは 6 ものを 2 ものに, ような, 言葉が

1 [21件] のが, のである, のも, ものな, ものの, ものも, もの自体が, もの表現という, ウズマサだの, 共通な, 印象を, 奴は, 市場を, 意味だ, 或る, 理由で, 縄を, 表面に, 言葉を, 超越的な, 風に

▼ 言葉さえ~ (80, 0.2%)

2 あるに, できて, 大袈裟な, 思い浮んだ

1 [72件] あった, あって, あれば, あればとの, いっこうに気, おかけなさらず, おのずと活気, かけて, かけぬくらい, かけるすき, しかとは, しらじらしいの, そうだった, そのはしたない, つい口先, とげとげしく怒り, なかった, なく口, なにひとつ考えつかず, ろくに出来ない, わからなくなるん, 云い得ないまま, 云われて, 交えまじきが, 交わさずあす, 交わさなかった始末, 何んだ, 余憤を, 使用され, 出ないで, 出ないの, 出ませんでした, 出来て, 口には, 口へ, 咽喉へ, 大袈裟であろう, 字引に, 容易に, 少なく静粛, 川面を, 彼は, 心を, 忙しかった, 思い出された, 投げつけたあと, 掛けられぬ様, 殆ん, 気が, 気を, 洩らさなかったという, 洩らしたもの, 準備し, 知って, 知らぬよう, 知らぬ様子, 私には, 羨しい, 耳に, 聞き取りにくい, 聞くほど, 自由に, 見つかれば, 言い出しにくい, 許されない, 訳して, 読んだ, 謹んで, 賜った, 適当なら, 除けば, 飲み込んで

▼ 言葉使い~ (76, 0.2%)

7 をし 5 をする 3 に気 2 で若い, は, をした

1 [55件] から様子, から見, があった, がはきはき, が丁寧, が如何, が為されてる, が違っ, であって, ではある, でまだいくらでも, で丹三郎, で云い出した, といい, とはまるっきり, など上品, には多少, にも充分, にも隠されぬ, にディーネル, に婉曲, に己, に比べれ, に腹, に頓着, の意味, の歯切れ, の角張った, の野卑, はしません, はますます, はよく, は下品, は少し, は平気, は文学, は気, は甚だ, もいくらか, も丁寧, も急, も迷亭, も野卑, や挙動, や言い廻し, や起居, をしなけれ, をしよう, をたしなめね, を変えれ, を彼, を悪い, を指摘, を改め, 物腰いかにも

▼ 言葉だけ~ (70, 0.2%)

25 では 32 だから, だった, であった, でそれ, 切離して

1 [32件] かけて, ことさら力, だったって, である, であるならば, であるやう, でいわゆる, でええ, です, ですわ, でそして, でたとえ, でちょっと, でなく心, でなく本当に, で世辞, で今, で大人, で宮本, で實際, で表現, なの, ならまだしも, はっきり, わたくしの, 一段と活字, 使ふとなんだか, 変えて, 放って, 聞いたトオサン, 追求し, 酔払っても

▼ 言葉に従って~ (68, 0.2%)

1 [68件] いずれ出直し, おかしいほど, きれいに, この最後, これからお, これに, したこと, すぐ令旨, するという, そのまま逃げ出し, その美しい, それを, ゆくこと, 一人ぽっちで, 一休みし, 一同車を, 一緒に, 中へ, 他所へ, 仲裁を, 伴れ, 兎も, 厳罰主義を, 友江さんを, 古谷局長は, 咳嗽入りながら, 売ったが, 大学へ, 大石殿始め同志の, 大西洋を, 天若日子に, 宣旨を, 小屋まで, 少名毘古那神, 山入りは, 左へ, 彼女の, 怪美人の, 或る, 春久は, 時を, 本家の, 李の, 李陵は, 林児を, 渾に, 爪先で, 病める弟, 眼を, 睡ったところ, 私が, 私の, 私は, 私達は, 置けば, 翌朝早く, 老婆から, 自分の, 芝浦の, 若い死体, 蘭子は, 警察へ, 連城の, 部屋に, 酒肴の, 重心板が, 雪田から, 頂けるでしょうか

▼ 言葉そのもの~ (63, 0.1%)

2 がその, ではない, ではなく, に執着, も冷

1 [53件] からしっくり味, がいったい, がかえって, がすでに, がすべて, がどうしても, がよく, が一定, が前後, が当時, が文法的, が日本, が若い, さえ違っ, だけに就い, でなく却って, で直接, としては同一, として首肯, と其, にある, にこだわろう, には力, には詩, に二種類, に手, に本来男女, の使い道, の印象, の好悪, の性質, の意味, の意義, の爲め, の生命, の綴り, の解釈, の音, の響き, の領域, は, はいかにももつとも, はいろいろ, はすこし, はそれ, はまだ, は今, は仕方, も, も随分, よりも一層, よりも彼, をさえ

▼ 言葉どおり~ (62, 0.1%)

2 であった, です, にこの, に御, に異彩, の意味

1 [50件] お見え, しかばね, じゃ, たしかに来ます, だった, だと, ちょっと住み, でいい, でご, ではないだろう, で凶行, で貧し, とすれ, にいたします, にし, にした, にすき, にするでしょう, には正当, には適用, にぼろぼろ, に一致, に信じ, に取っ, に取られた, に天そのもの, に奇妙, に家, に庭, に庭園, に張り裂けよう, に手持ちぶさた, に曇り, に次, に水平, に氷, に病気, に神経, に縫う, に自分, に葉子, に記憶, に輾転反側, のこと, の同棲, の巨人, の釣瓶落とし, を一々, を行なった, 深く悲しん

▼ 言葉をも~ (61, 0.1%)

3 残した 2 お前への, かけなかった, つてを, 含めて, 耳に

1 [48件] きこうという, そのままに, ほとんど聞き取り得なかった, ほんの常談, みことと, めずらしく思い, よく聞き, 一人の, 一度繰り返したい, 不思議の, 交えたかった, 交さずまた, 代弁し, 信じて, 出さなかつた, 加えて, 反って, 吐く能わず身体, 少し外, 岸本は, 彼らは, 彼等は, 得んとこそ, 忘れて, 思い出したの, 思わせる, 恐れるやさしい, 想い出して, 日数の, 書いた, 残して, 注意してる, 添へ, 用ひた, 発しなかった, 発する者, 発せず言わんとも, 知らずに, 繰り返し考えて, 繰り返し考へて, 繰返へ, 聞いた, 聞くこと, 聞入れまいと, 触れさせないよう, 記憶の, 諳んじて, 賜わったの

▼ 言葉に対して~ (60, 0.1%)

2 何か, 何と, 返事を

1 [54件] あく迄, あまり同情, さっそくあす, すかい, それは, である, または周囲, まるでお, アラスデルは, 一切の, 一種特別な, 一言も, 不快である, 云ひ, 何ぜ, 何とかいわれました, 何とも反駁, 僕が, 南里君は, 叛か, 各々際限, 否定を, 女の, 実に同感, 少し言い返したい, 幸福という, 当惑した, 彼の, 彼は, 徐盛も, 心から彼, 怪訝な, 懐奘は, 批評を, 新九郎は, 極めて消極的, 母の, 気おくれ, 河上氏は, 片岡鉄兵氏は, 特別な, 矢代が, 私は, 答うべき, 細君が, 胸を, 自分の, 苛立たしい不満, 虚偽という, 警部が, 責任を, 超阿呆, 返辞が, 非常に

▼ 言葉を以て~ (60, 0.1%)

3 表現する 2 しても, すれば, 我々を, 結ばれて, 罵倒し

1 [47件] あしらわれた覚え, いえば, この先見, この言葉, これらの, して, しよう, するよりも, その労, その美し, たえず身だしなみ, リリスに, 一首を, 之を, 云い表わせば, 云い表わそうと, 云へ, 今云った, 今日卒業せらるる, 作る外国詩, 反対し得る, 名づける場合, 呼んでは, 呼んでも, 峻厳に, 形態を, 御請け, 慰めて, 或は東洋, 戦いを, 書き起した神, 最初の, 汝わが, 献身者を, 現わさ, 生命の, 盡されませぬ, 真理を, 称すべきもの, 自分ながら, 自身の, 表現されなけれ, 表現せね, 記して, 評価すべきでなく, 語ること, 高尚なる

▼ 言葉だけは~ (54, 0.1%)

3 妙に 2 ごめんだ, 打ち解けて, 知って

1 [45件] いよいよ丁寧, おだやかに, お返し申し上げます, これまで, さり氣, しおらしいもの, しとやかに, すじが, たしかに, たしかに江戸弁, たしかに進ん, ちゃんと覚えてる, つたえたいと, どうも忘れられない, ばか丁寧, ぴんと耳, まだ意味, わかつたので, 今でも, 例外である, 優しく私, 元気よく, 嘘では, 四人の, 大体差し支えない, 女の, 常識に, 平気を, 強く, 微かに, 忘れずに, 持って, 昔の, 智恵子の, 智惠子の, 滔々と, 滾, 異様に, 真面目に, 確かに, 精密に, 胸に, 覚えて, 親しげ, 論理に

▼ 言葉一つ~ (53, 0.1%)

8 かけて 3 かけるでは 2

1 [40件] いい掛けるでも, かけたこと, かけないそう, かけられなかった古里, かはさなかつた, が頼み, さえかけ, さえ懸けない, できまり, でどうにも, で助かった, で私, で見, で見当, で解け, にもそれ, にも神経, によってわたくし, に三箇月, に含む, のため, の信仰, の唇, の意味, の辞句, はこれ, は固く, も交さない, も懸けるられず, も聞かされず, を頼み, 交さないで, 交さないの, 交して, 出さず誘えば, 思ひ出せない, 懸けられずに, 知って, 聞くぢ, 述べられない程

▼ 言葉すく~ (52, 0.1%)

2 なくしかし, なにいいつけ, なに答えた

1 [46件] ない三人, ない成経, ない然し, ない犠牲, なく, なくいも, なくそこ, なくなった, なくなりつ笑うこと, なくシャツ, なく一つ心, なく善良, なく弦, なく思い, なく我々, なく絶えず, なく襖越し, なく言つて, なく首, なだった, なに, なにこたえた, なにしかし, なにその, なになった, なに丸テーブルを, なに乗っ, なに云った, なに人々の, なに先生に, なに受け, なに受けこた, なに坐つ, なに夫と, なに応待する, なに折竹を, なに携帯品預, なに炉へ, なに眼も, なに答へ, なに絶えいる, なに褒めた, なに語ろう, なに返事を, なに重い, なに食卓の

▼ 言葉だった~ (52, 0.1%)

9 のである 4 のだ, のです 3 と思う 2 かもしれない, のか

1 [28件] かも知らぬ, かも知れぬ, かも知れません, からおかしい, からである, からです, から紀代子, がそれ, がどこ, がまだ, が薄ずみ, けれどこの, けれどその, そうです, ために, だけに打撃, ということ, と思い出された, と知り, のだろう, のでその, のでガス口, ので俄, ので武蔵, もんです, わ, んです, 常陸介が

▼ 言葉よりも~ (51, 0.1%)

1 [51件] いっそう事実, かえって多く, かえって意味, こういう思い, さきに, さらに一層深い, ずっと信用, そのかげ, その態度, たくさんの, たとえ不道徳, つよく先生, なおお, はっきりと, むしろあの, むしろ澄江, もっと好かっ, わが云, オナラの, 人間の, 何よりも, 何よりもた, 先生の, 出羽守の, 劬り, 動作に, 半年の, 却って短い, 吸収されず, 善い思想, 声の, 多くは, 大きい言葉, 実は相手, 寧ろ殉死, 小谷さんが, 幾分か, 早く私たち, 更に雄弁, 深き訴え, 為めに, 独逸語の, 皆ほんの, 看護婦の, 眼つきで, 眼を, 自然という, 葉子の, 近代劇といふ, 遙かに, 雄弁に

▼ 言葉ばかり~ (50, 0.1%)

6 では 3 だった 2 だとは, であった, である, 使った, 書きつづけて

1 [31件] かけて, かけるので, たくさん飛び出, だ, だが, であり借り来, でこれ, でできて, でなくその, でなくわたし自身, でなく大阪, でわたしたち, で沢山, で私共, で脅えて, で顔, なんだ, サツサと, 並べて, 人に, 使うの, 使ってるの, 使つてない, 使つてゐる, 使用する, 呟いて, 大胆に, 學んで, 帰るコンテさん, 申しまして, 聞かせられる

▼ 言葉などは~ (49, 0.1%)

4 耳に 2 一つも, 少しも

1 [41件] いらないもの, かわしません, しゃべれないもの, そっちのけに, たしかに後, ちょっと口, てんで無視, どうでも, なかった, ほとんど使わなかった, まるで許されなかった, もうきこえなかった, もうわすれ, ヘンテコは, 京一郎と, 何でも, 何の, 何処吹く, 余り露骨, 僕等の, 全く聞えないらしい, 全然無視, 凄かつ, 可哀そうで, 吐けなかつた, 大抵よく考え, 弘く, 忘れて, 揉みくたに, 日本では, 明石の, 殆ん, 申し上げられないもの, 発せられないと, 第三者の, 耳にも, 聴く者, 誰も, 軽薄で, 輕薄で, 黙殺し

▼ 言葉であった~ (48, 0.1%)

4 のだ 2 から, から紀代子, が私, と覚え

1 [36件] かいつか有信館, かも知れない, からだ, からだろう, から孫兵衛, から心機, から明瞭, から特別, が, がおそらくは, がすべて, がその, がむしろ, が哲学上, が宮, が深雪, が潁川以来, が言う, が途中, そうな, だけに刺激, という, といえない, と今, と思う, と申します, どういうわけ, にし, のか, のじゃ, のである, ので秀吉, ばかりでなく, ものだ, ように, 由である

▼ 言葉なく~ (47, 0.1%)

4 して 2 無言と, 耳を

1 [39件] うな, そが, た, ただ平伏し, だまり続けるばかり, ては物, とも生涯, ながめ入りぬ, ながめ入りぬ月, ふたりさしより, またう, ゐぬ, ギャフンと, 互いに嬉, 互に飾らず疑わず固めし, 何と珠運, 何を以て, 共に嗚咽, 出で, 別る, 友達の, 受けしもの, 合掌した, 寥々と, 幕府ニ其長の, 思ひに, 打ち招くまま, 暫時控られし, 此所にも, 歩み来る, 無念に, 穴へも, 立てり, 縁先に, 見送るうち, 踏段を, 遣場, 顫へて, 香華料のみ

▼ 言葉ほど~ (47, 0.1%)

2 勝手に, 幸福についての, 無意味な

1 [41件] お加代, こじつけやすい, では, ときには善く, ひどく誤解, ふさわしい形容詞, われわれの, ルグナンシェに対して, 世に不思議, 京助にとって, 人間が, 人間を, 信用の, 厳粛な, 困って, 変化の, 嫌味で, 富岡の, 小沢を, 彼を, 忌々しいもの, 愚かしいもの, 昔風で, 気恥かしい, 気恥しい言葉, 津田の, 滑稽で, 然しこの, 珍しいもの, 私の, 笑止な, 簡潔な, 綺麗で, 耳を, 耳新しく響いた, 自分にとって, 藝術の, 親密に, 都会を, 都會を, 重苦しいもの

▼ 言葉など~ (46, 0.1%)

2 いうもの, きいてや, 耳にも

1 [40件] あれや, いふのんき, お上品, かけること, きき入れず連日酒, これが, さよならごきげんよう, そんなこと, どうで, はっきり説明, まるで耳, もらうこと, 一切無用の, 一言も, 上の空で, 交したり, 何でも, 使えそう, 全く聞かれなかった, 出ようとは, 出来るだけ, 口癖に, 大して気, 当らぬであらうか, 彼にとっては, 恐らく聞いた, 慎んで, 我々は, 甘く遠慮なく舌たるいの, 白々しくて, 耳に, 聞きたいため, 聞きながして, 聞こうとも, 至極丁寧, 蔭で, 見つかる筈, 誰も, 頭へ, 顧みず再考

▼ 言葉といふ~ (45, 0.1%)

17 ものは 4 ものが, ものを 2 のは, 奴だ, 奴は

1 [14件] ことから, ことを, のでない, のを, もの, ものには, ものに対する, もの表現といふ, やつが, 字義は, 形式を, 絵具を, 言葉みなこの, 風な

▼ 言葉と共に~ (44, 0.1%)

2 簡単で

1 [42件] ある種, いそぎ届けて, お延, お銀様, これだけは, これを, その時, つ, シルヴァーの, ブロクルハースト氏は, マッチの, ライプチツヒを, 一人の, 一斉に, 再び急, 叫び通した, 女の, 実際に, 彼女が, 彼女に, 彼女の, 推理する, 明治以来禁断同様で, 昔の, 村瀬の, 樺太の, 海老蔵を, 神戸牧師は, 神聖な, 私は, 突っかい棒, 紙幣を, 自から, 言った, 話は, 調子づけ, 身震いを, 這入って, 金一封が, 霰の, 頬の, 額の

▼ 言葉によ~ (42, 0.1%)

3 つても 2 つて凡太郎の, つて行はれる

1 [35件] つてすべての, つてその, つてそれを, つてチクチク, つてナポレオンを, つて与へられた, つて互ひ, つて何ものも, つて全然, つて区別し, つて夫人たちが, つて導かれ, つて小川正子さんといふ, つて心の, つて悟らし, つて成就される, つて明瞭であらう, つて歌ふべきである, つて澄江との, つて無より, つて物事が, つて現された, つて知つたのである, つて社會が, つて自らを, つて表は, つて表現され, つて表現出来ない, つて表示され, つて解決され得る, つて誘はれる, つて語られた, つて起される, つて開かれる, つて高められた

▼ 言葉~ (42, 0.1%)

4 ひといふもの 2 は活溌, ひとか, をしなけれ, をする, 父の

1 [28件] からまた, がいくらか, がまた, が崩れ, だの当, などもよく, なりは, のある, のおかしい, の可笑しい, はこの, は平生, ひでいつも, ひでいろんな, ひでしかし, ひで命令的と, ひといひ, ひと云大橋文右衞門, ひと共, ひと違つて, ひもさして, ひも改めた, も丁寧, も大店, も慇懃, や振舞, をこの, をした

▼ 言葉使~ (39, 0.1%)

6 ひを 4 ひが 2 ひに, ひの, ひや

1 [23件] からし, から着物, つたかしら, て, て私, である, には一体, のみを見, は純粋, ひ, ひから, ひだけを, ひである, ひにばかり, ひのうへで, ひはい, ひやら, もする, やらを観察, やらを觀察, をきめ, をし, をする

▼ 言葉より~ (38, 0.1%)

2 ずっと明確, 他に, 先に, 書く言葉

1 [30件] さきに, して, もう少し役に立ち, もっとつき進んだ, もっぱらこれ, 一種の, 人間の, 動作が, 印刷する, 又一種, 古い講談本等, 外に, 外の, 大い, 成る, 成れる名, 手が, 推して, 日蓮の, 早く一男, 柔かく上品, 此優しい, 眼の, 確かに, 私の, 私は, 興奮が, 迅く, 離れざるほど, 電送する

▼ 言葉~ (37, 0.1%)

3 ずの, 知らぬが, 訣らない 2 不遜の, 知らないが

1 [24件] けらる, ずこそ, ずと, ずも, ず少なく, どいつの, どうかという, ふらんす, ものかを, 一人一人の, 何か, 別々の, 動物の, 又は彫刻, 存じませぬけれども, 幼少より, 或はまう, 昔から, 知らなかったが, 知りま, 知りませんが, 知れないが, 訛の, 違つた言葉か

▼ 言葉とを~ (37, 0.1%)

2 勉強した, 比べて

1 [33件] あやしみ見た, ささげながら, どう結び付け, もって, 一緒に, 両立させよう, 半混ぜ, 奨励し, 尋ねよう, 常に, 幾度か, 弄し, 思い出した, 戦はして, 振り捨てて, 機械的に, 混同し, 疑ふことは, 真似るだけ, 研究した, 示した, 立てながら, 米友は, 結びつけること, 結び合わして, 聞きとること, 胸の, 覚えました, 語り得とも, 返しました, 遣うよう, 閃くやう, 面白がった

▼ 言葉こそ~ (36, 0.1%)

1 [36件] おかしけれ, かつてこれ, けだし至言, すべてであった, ていねいだ, なかった, ほんたうらしい, わがこれ, われらの, ウルトラという, キュリー夫妻を, スリルそのものを, マリユスが, 一番古く, 一言で, 交は, 交わしたこと, 今は, 何よりの, 使い古すこと, 優しい女人, 叮寧ながら, 岸本の, 正確な, 決戦下の, 直接きびしく, 真に超越的, 社会において, 社會に, 私が, 私は, 繰返さなかったが, 葉子が, 藩家の, 違って, 鄭重で

▼ 言葉だけを~ (36, 0.1%)

1 [36件] ありがたく頂戴, いただくと, いろいろに, お伝えした, お聞き, ききわけて, きけば, それだけとして, どもりながら, のこして, 伝えて, 低く云った, 何べ, 何度も, 信じるね, 信頼します, 勁く, 勿体なく頂戴, 吐きだした, 平静に, 態, 拾つて問題そのものは, 振りまくの, 木谷へ, 楽しむ一種, 歎願する, 残して, 求めたがるが, 点じては, 置いて, 聞いて, 聞かせようと, 聞けば, 言ひ終る, 証拠と, 選って

▼ 言葉であり~ (36, 0.1%)

2 一体に

1 [34件] あの都, いわば自ら, これは, その後作られた, その真実性, ただ一つ, また今, 人間の, 何でも, 信仰である, 外国語に, 多義である, 学問は, 実際それ, 幾度もの, 当然詩語, 從つて充分な, 御信仰, 忠告であった, 悪いほう, 我々は, 文章である, 新しい言葉, 普通の, 更に他, 最後の, 澄江に, 無学文盲の, 真理そのものである, 純粋な, 耳で, 行ひでありませう, 解釈である, 話であっ

▼ 言葉に対する~ (36, 0.1%)

1 [36件] 一つの, 一種の, 一種宮廷風の, 一般の, 不安つまり, 不平が, 優越を, 反応から, 反抗心を, 否定の, 吾, 善後策として, 塾生たちの, 大衆的反応を, 弁明とも, 怖るべき, 情熱から, 意識そのものが, 感覚が, 感覚といふ, 感覚は, 感覚を, 批判, 批難では, 敏感さ大胆な, 時人の, 潔癖と, 父の, 理会が, 理解は, 用意や, 考へ方, 若干の, 返事だ, 釈明を, 関心言葉に対する

▼ 言葉であっ~ (35, 0.1%)

4 てその 32 てそれ

1 [26件] ていわゆる, てけっして, てこの, てすでにすでに, てはならない, てみる, てもその, ても又, て一人, て不思議, て之, て仏, て元来, て先生, て地理的条件, て好かろ, て官吏, て戦地, て数学者, て本来, て正徹, て決して, て自分, て自然そのもの, て英国, て見苦しい

▼ 言葉としては~ (35, 0.1%)

2 余りに悲痛, 非常に

1 [31件] あまりにするどく, あまりにも, これだけでも, これより, これ以上表現の, そうでしょう, つきて, どうしても口, よほど禅経験, 一つの, 一言も, 世界中で, 二つの, 云わなかったが, 力強いもの, 可なり, 実は之, 少々受け取り兼ねます, 己れ, 意味が, 慎みを, 書かれて, 朝子も, 正直すぎ, 甘くて, 穀物及び, 立派だった, 薄れて, 表現出来ない, 言ひ, 随分広く

▼ 言葉まで~ (35, 0.1%)

2 急に

1 [33件] あるくら, いき, かけて, さばけた口調, すっかり記憶, できて, もござりませぬ, もつれて, 交えしかも, 交わしたの, 使って, 侍らしくなく, 出て, 出来た時代, 半蔵の, 小さい胸, 常とは, 常より, 引き合いに, 思い出すこと, 思ひ出, 思わず口ずさん, 懸けられようとは, 書かれて, 来ると, 激しい, 生まれて, 甦って, 発せられた, 研究し, 考えて, 頂いて, 頗るぞんざい

▼ 言葉などを~ (34, 0.1%)

2 ひいて

1 [32件] あまりやかましく, かけられたこと, かわして, つたえて, はさんで, ふと耳, べらべら喋舌, スラスラと, 一度も, 何かの, 俟つまでも, 出すに, 取り上げて, 口授し, 実例に, 思い出して, 思い出しながら, 思い出しほっと, 想ひ描い, 掛けて, 注意し, 発すべきだと, 穴の, 綜合し, 総合し, 考えた, 考えて, 考える余地, 誌し, 辞書の, 避けたかつた, 顧慮し

▼ 言葉巧み~ (34, 0.1%)

2 に, にごまかした

1 [30件] な方法, におれ, にこう, にした, にすすめられる, にその, に云った, に伯父甥, に住職, に偽らせ, に八十吉, に内海さん, に弁解, に彼女, に慰める, に押し付ける, に殿, に滔々, に申立, に結社, に聞き出し, に親父, に誘, に誘つて船, に誘ひゆき, に誘惑, に説きまし, に説きました, に述べられ, に顔色

▼ 言葉~ (34, 0.1%)

5 が少く 2 が多く, の少い, の少ない, の足りない, も少なく

1 [19件] があった, が少い, が少なく, さえ知らない, だった, でない時間, で女, で説明, といい, の中, の至つて, は多い, は多く, は少なかっ, も掛けぬ, をきかない, を使わない, を減らし, を知っ

▼ 言葉遣ひ~ (34, 0.1%)

2 に於ける

1 [32件] がその, が反, が図々しく, が圖, が時として, が美奈子, が聞く, など種々, にし, について疑問, には腑, に依, のあらたまり, の如何, の甚だ, は中, は真先, は誰, は讃州, や仕草, や折, や話, をした, を含めた, を夫人, を習, を遠慮, 十兵衞さらに, 慇懃に, 温順にて, 等が, 言葉の

▼ 言葉とが~ (33, 0.1%)

2 今の

1 [31件] あって, あらためて思い出された, ある時, おたがいに相続き合う, かち合いました, ごちゃ, それに, ちぐはぐに, ぴつたりとくつつきいや, また昌作, まるでちぐはぐ, わたしを, チャンポンに, 一致した, 一致しなかった, 僕の, 同意味, 堪えられなくなると, 変に, 奇妙に, 密接に, 対立すれ, 我船に, 正面衝突を, 歩み寄ると, 矛盾する, 縺れた, 自由で, 蘇って, 違って, 集団し

▼ 言葉とも~ (32, 0.1%)

2 思えぬ

1 [30件] あり將軍, いふべしと, おぼえませぬ, つかないもの, とれた, みられるが, 云え, 判らないこの, 受けとれます, 同じであっ, 思われませぬ, 斟酌せず, 斟酌せず推し, 知らずほのか, 知れない変, 聞こえる, 見えませぬ, 見えれば, 見るべけれど, 覚えず, 覚えませぬ, 覚えやせん, 覚えんさ, 覺えず, 覺ず, 解されよう, 解されようし, 解釈した, 解釋した, 違は

▼ 言葉~ (29, 0.1%)

2 へあつ, へある, へもそれ

1 [23件] う言, へあります, へかけられたら, へそれとなく, へとげ, へなにひとつ考, へもが聞きとれぬ, へも或, へも日頃, へ与, へ使, へ容易, へ忘れ, へ日本語化, へ浮ばなかつた, へ素朴, へ絶え, へ聞け, へ聴い, へ訳ら, へ通らない, へ雄々しく, へ震え

▼ 言葉との~ (29, 0.1%)

7 間に 3 間の 2 織物, 間を

1 [15件] あいだに, 中間を, 二段の, 充分な, 因縁を, 圍ひ, 密接な, 差別は, 意味を, 最後の, 結果でなかった, 間には, 関係を, 關係から, 關係上寸分疑

▼ 言葉その~ (28, 0.1%)

4 言葉の 3 ま, 事とも 2 リズムが, 言葉その

1 [14件] 上祝い酒まで, 力の, 名字に, 土地と, 声の, 微笑その, 態度その, 歌の, 物の本來の, 特殊な, 結果が, 表情その, 語調その, 面倒な

▼ 言葉じゃ~ (27, 0.1%)

6 ないか 4 ないが 2 ないよ

1 [15件] ありませんの, こうなる, ございますが, ござんせん, ない, ないぜ, ないわ, ないん, ねえか, ろの, イタに, 内閣弾劾の, 然ら, 言えないけれども, 貴公山県狂介の

▼ 言葉だけで~ (27, 0.1%)

2 あつた, 十分な

1 [23件] お民, ご返事, なしに, みると, やってるん, 万事を, 人を, 他を, 何と次郎, 僕に, 僕は, 十分であり, 妾は, 思想し, 押し通して, 片付けては, 申しますと, 結構な, 表現し足りない, 言いたい, 間に, 院の, 額面通りに

▼ 言葉自身~ (27, 0.1%)

2 が示し, は支那語

1 [23件] がすでに, が元, が国憲, が必要, が既に, が暗示, が無意味, が物語っ, が近代思想史, にある, によって決定, に信頼, に対する政治家, に敬意, の意味, の発展, は今日, は大体, は都合, は非常, も赤裸々, より外, を吾

▼ 言葉だけが~ (26, 0.1%)

2 耳に, 聞えた

1 [22件] ありがたくその, くり返しくり返し高い, この世に, この見知らぬ集り, せめてもの, ただ痛切, ハツキリと, 三造を, 今の, 切れ切れに, 判然聞えた, 悉く誤, 更に深く, 残っただけ, 残って, 火玉の, 理解出来た, 生れ残って, 聞きとれた, 聞き取られた, 自分の, 隣りの

▼ 言葉以上~ (26, 0.1%)

3 のもの, の言葉 2 に強力

1 [18件] にいろいろ, にはるか, にまことに, に事件, に惻々, に意味, に日吉, に桂子, に誇張, に適切, に高揚, のことば, のよう, の切ない, の助太刀, の微光, の意志表示, の記号

▼ 言葉なども~ (24, 0.1%)

2 耳に

1 [22件] お書き加え, かけて, ごもっとも, ずけずけいった, ひいて, やっぱり関, 使う必要, 公表された, 回教の, 多分現在, 多少検校, 嫌だった, 思ひ出した, 或いはこの, 控え目に, 改めるという, 放たずには, 極く, 武蔵には, 簡単に, 自由らしかった, 言って

▼ 言葉にて~ (24, 0.1%)

2 これを, 俳句などにては, 知りぬさき

1 [18件] いとあさまし, うましと, えし, この場, この新, その説示, それと, 争ひ, 云ふ, 察すれ, 小生も, 心を, 曰ひける, 無形の, 申せば, 言ふ, 言へば, 謂ふ

▼ 言葉~ (24, 0.1%)

2 けにはある, けはもう, ではなく, でも瑠璃子, はいや, はなまめかしく, は命令, は強く 1 が判然, けには感心, しか聞かなかった, しか聞かなかつた, は優し, は優しかっ, は滾, を点じ

▼ 言葉だけでも~ (23, 0.1%)

2 わたくしには

1 [21件] かなりの, かわして, よくし, ゾッとする, 何か, 充分自分は, 分る筈, 大変重宝な, 女と, 彼女を, 御免だ, 悲しむべき運命, 殺すで, 殺すでしょう, 申さなければ, 盗人の, 盜人の, 知って, 胸が, 誠実こめ, 贈って

▼ 言葉~ (23, 0.1%)

8 ほりに 3 ほりを

1 [12件] ほりぢや, ほりで, ほりには, ほりの, ほり乞食の, ほり卑し, ほり受け取つた, ほり夢の, ほり山も, ほり彼は, ほり盗まれた, ほり違ふ

▼ 言葉でない~ (22, 0.0%)

2 ことだけは, ことを

1 [18件] か, かそれ, から, からどうも, ことが, ことは, ことも, そんな事, とこれ, と存ずる, と私, などとは云, やうである, ように, 人の, 実質的な, 言葉が, 言葉をばかり

▼ 言葉について~ (22, 0.0%)

1 [22件] ああ云え, いへば, その概念的内容, もう少し説明, われわれは, 不分明, 云った, 余り選び, 多くの, 家の, 小さく言え, 心配を, 思い廻らそう, 浮舟は, 考えその, 考えた, 考え入った, 考へるべきこと, 興味ある, 説明を, 釣られて, 関心を

▼ 言葉しか~ (21, 0.0%)

1 [21件] くり返されて, そのとき, ないので, もって, 二人とも, 交さなかったのに, 交し合わないでしょう, 出ないもの, 持たない場合, 書けないもの, 残って, 洩さ, 知らないの, 知らなかった嘉訓, 耳に, 聞きとれなかった, 聞きわけること, 言えなかった, 言へ, 語らず革命家, 語ること

▼ 言葉すら~ (21, 0.0%)

1 [21件] あまり使わず, いうこと, それが, ないよう, まったく通じなかった, 出なくなって, 妻に, 嫌ふ, 忘れて, 快かつ, 思ひだすこと, 怠って, 意味が, 無意味である, 生れたし, 用いては, 知らぬ間, 聞えず忘れて, 聞き落として, 返すまいと, 馴れたもの

▼ 言葉づかひ~ (21, 0.0%)

2 になり, をし

1 [17件] が悪く, が柔軟, こそ少し, で申される, とかいふ方面, などもぞんざい, にし, になる, にはまた, は何ん, をしなけれ, を忘れ, を忘れない, を直される, を知つて, 六方ことば關東べ, 無理に

▼ 言葉としての~ (21, 0.0%)

2 意味を

1 [19件] センスを, 命を, 大切な, 弱点を, 忠孝と, 意味だけから, 戯曲の, 文学と, 文章の, 枝葉末節で, 機能の, 生きた命, 科学が, 筒井の, 貴さ, 陰翳に, 音楽が, 魅力は, 魅力を

▼ 言葉に従い~ (21, 0.0%)

1 [21件] ではわたくし, とうはござります, ほとんど発つ, まず将監, また幾日, ジョンドレットただひとり室の, 一年間更に, 一旦お, 二三日ご, 其奴捕え, 家内の, 彼と, 彼の, 数日の, 独語し, 窓の, 立ち去る伴作, 翌日直ぐに, 膳を, 自分で, 酒を

▼ 言葉なら~ (20, 0.0%)

1 [20件] いっそ何, いのちも, それでも大体判別, でもと下手, どれも, ばそれ, みんな僕にと, みんな僕にとって, む, んを, チェーホフの, 体験した, 何でもわかる, 余は, 実に沢山ある, 彼女が, 旅人の, 相当べらべら喋る, 耳を, 話も

▼ 言葉において~ (20, 0.0%)

2 表現される

1 [18件] もって, イメージさせ, 与えられる, 中和的に, 凡庸化され, 句作の, 命題として, 彼は, 示されるごとき時, 自然の, 自覚し, 與へ, 表現する, 親鸞は, 解くこと, 言葉の, 説きたく思うの, 説明する

▼ 言葉乃至~ (20, 0.0%)

3 文章の 2 文章に, 文章は

1 [13件] それによって, は文章, は狂言綺語, 文章が, 文章と, 文章との, 文章にとって, 文章による, 文章を, 概念も, 概念を, 田舎言葉たとえば, 行動が

▼ 言葉かと~ (19, 0.0%)

1 [19件] 存じます, 思います, 思いますが, 思う, 思うが, 思うと, 思ったが, 思って, 思ふ, 思われる, 思われるほどの, 母は, 申しまするに, 私は, 糸子は, 考えられる, 聞いた, 蝶子は, 言はれる

▼ 言葉でした~ (19, 0.0%)

2 が武家, よ

1 [15件] からある, からその, から見物, から鯰, がくわしい, がしかし, がねビックリ, がガス, が唱歌, が説明, けれども, それも, と規矩男, な, ね

▼ 言葉かも~ (18, 0.0%)

2 しれない, 知れない, 知れなかった, 知れんが 1 しれないが, しれません, 知らぬが, 知れないが, 知れないと, 知れないね, 知れぬの, 知れません, 知れませんから, 知れませんが

▼ 言葉とともに~ (18, 0.0%)

1 [18件] あること, しずかに, そのまわり, ふたたび急, 一種の, 今迄に, 唯一なる, 土足の, 夫人よ, 妖精の, 扉を, 王氏の, 社会から, 自分が, 起して, 遠くへ, 青竜王は, 面白いやう

▼ 言葉なんか~ (18, 0.0%)

2 耳に

1 [16件] ありは, この日, でいたわって, 一ことで, 交わせないでしょう, 何の, 日本語で, 書かれて, 残されて, 滅多に, 無視し, 知られて, 耳にも, 聞かないで, 話さないよ, 飛んで

▼ 言葉までが~ (18, 0.0%)

1 [18件] いまだに耳, いやに, すっかり吉原育ち, そのため, ボヘミアそのまま, 何か, 変って, 妬ましく思われた, 実に気味, 改まった勝平, 改まつた, 時と, 気に, 痺れて, 苦しくなる, 荒んで, 行く行くは, 辛辣な

▼ 言葉以外~ (18, 0.0%)

1 [18件] では説明, に, にこれ, にはかなり, にはこの, にはその, にはない, には殆ど, に何, に何物, に内容規定, に実体, に無い, の何事, の動作, の挨拶, の言葉, はない

▼ 言葉なき~ (17, 0.0%)

2 器のみが, 苦吟を

1 [13件] その醜, とき泣きた, を聞流しつ, 君が, 家畜, 文を, 歌, 死ぬる, 者即ち, 藍光の, 言葉で, 言葉への, 言葉激しく

▼ 言葉~ (16, 0.0%)

11 やない 1 や, やと欺誑, やよ, や行かなき, や言

▼ 言葉であります~ (16, 0.0%)

32 がこれ

1 [11件] がさ, がしかし, がまず, が之, が今, が今度近衛さん, が只今, けれどもこの, けれども料理, カンボジャ, 然しながらわたくし

▼ 言葉でございます~ (16, 0.0%)

1 [16件] から, からこれ, からよく, から背かず, がいつも, が何, が氣違, こと, ことどういう, そうです, そのお, な, の, 亡き御, 僅か御, 嘘を

▼ 言葉による~ (15, 0.0%)

2 説明は

1 [13件] とちょうさんがちょうはんになっている, 事物の, 出口を, 分析に, 攻撃の, 文義的解釈である, 普通の, 暗示で, 物語と, 生き方を, 表現である, 表現と, 説明では

▼ 言葉~ (15, 0.0%)

2 は一眸

1 [13件] から察, から挙動, が彼, が彼女, で, である, になっ, の吸い寄せる, は叮嚀, まで全く, まで四方八方, まで東京, をする

▼ 言葉からは~ (14, 0.0%)

2 少しの, 無数の 1 ひやりとする, ほとんど推察, クロポトキンの, 何かしら, 女帝と, 教へ, 明らかでない, 正妻とか, 石黒の, 錢形平次も

▼ 言葉でなく~ (14, 0.0%)

2 てはならぬ

1 [12件] てはならない, ては感じ, て何, て文壇, 仏性が, 何とはなし, 日夜の, 歌が, 素性の, 耳で, 芸者に対して, 集団の

▼ 言葉とで~ (14, 0.0%)

1 [14件] うっちゃること, すべてを, その化粧液, その酒, それを, 今日の, 喋りながら, 征矢野家の, 情熱を, 接する駿介, 機嫌よく, 語られて, 防ぐほか, 飾られる時

▼ 言葉ながら~ (14, 0.0%)

1 [14件] いったん勝負, これが, またしても, 不愉快だつた, 伊織の, 其の力, 剣道は, 当時は, 思いの外達弁に, 拙者は, 新聞広告の, 熱心に, 自分を, 言語道断なる

▼ 言葉なり~ (14, 0.0%)

1 [14件] ある笑い声, 動作で, 声なりが, 夫より, 平石次, 態度なりには, 態度なりは, 擧動なりを, 旧臣たちの, 無礼なり, 観念が, 認識なりが, 趣向なりを, 身振りなりを

▼ 言葉らしい~ (14, 0.0%)

2 言葉は

1 [12件] がまだ, が是, が甲府勤番支配, が若しも, ことが, ことを, ものは, オモムキを, 口の, 声音でした, 文句は, 表紙の

▼ 言葉~ (14, 0.0%)

3 かに

1 [11件] かにそれ, かに手紙, かに言います, かに語る, かに願います, かに養蟲園, に, にもう, に次官令嬢, に語り聞かせ, に語る

▼ 言葉さえも~ (13, 0.0%)

2 口に

1 [11件] いつしかさ, ただの, どんなに多く外, もはや盗賊, 強めながら, 心の, 快く思わない, 惨酷, 持たなかった, 消えて, 聞いた事

▼ 言葉であろう~ (13, 0.0%)

2 がこの

1 [11件] が秋田地方, が芝居道幕内, と, と一同, と云う, と大将, と思います, と思う, と胸, と言い, 知恵であろう

▼ 言葉~ (13, 0.0%)

3 でがす 2 でございますが, ですが, で恐れ入ります 1 だが, だがね, ながら二十年目, にはござります

▼ 言葉付き~ (13, 0.0%)

31 からし, こそ少々, さえ暴, でまず, で一句一句, で駕籠, と眼, まで社交, も二人, を聞いた

▼ 言葉すくなき~ (12, 0.0%)

2 に二言三言め, マカよ, 彼は 1 は今, 入海の, 別れかな, 別れ哉, 友だちの, 教師も

▼ 言葉だけに~ (12, 0.0%)

1 [12件] かえって凄味, きまって, それが, カリケチュアの, 一層信じるでしょう, 下役には, 多分に, 捜して, 珠を, 耳を, 自分で, 限つてそれ以上この間からの

▼ 言葉とに~ (12, 0.0%)

2 全身を 1 あるもの, よりて, 僕は, 出逢って, 接したよう, 清三は, 満ちて, 矛盾を, 私は, 考へ

▼ 言葉などが~ (12, 0.0%)

2 何時までも, 思出された 1 いかに滑稽, さもそば, ちらちら頭, ゆくりなくも, 宮の, 聞きとれたが, 色々な, 頭韻法や

▼ 言葉のみ~ (12, 0.0%)

3 では 1 だった, であった, でなく現実, で滿, で無い目, 残れる耳, 華やぐ人, 追いかけて, 追ひかけ

▼ 言葉ばかりを~ (12, 0.0%)

1 [12件] つらねて, 捜して, 探さねば, 暗誦させられ, 書き連ねて, 気に, 真に受け, 知りながら, 胸の, 言ったり, 連ねて, 連發し

▼ 言葉それ~ (11, 0.0%)

1 [11件] がまた, だけでもう, だけを一々, にさえ慣れ, に手, はどういう, ばかりが冥途, も皆, をモツトー, を使う, を綜合

▼ 言葉でしか~ (11, 0.0%)

1 [11件] いい現せない, この気持, ない, ないと, ないの, なかった, なかつた, 私の, 表現されなかった, 言い表わせませぬ, 言ひ

▼ 言葉に対しては~ (11, 0.0%)

1 [11件] わが国では, わしは, 共鳴どころか, 十分想像されるであろう, 常に気味が悪い, 文学者共通の, 既に述べた, 次の, 誰しも, 誰も, 非常に

▼ 言葉やら~ (11, 0.0%)

1 [11件] それに, 一向定め, 姿が, 態度やらに, 村の, 羨望の, 表情やらが, 語気やらを, 誰かに, 身振りで, 逞ましい

▼ 言葉少く~ (11, 0.0%)

1 [11件] なさむ, 俯向きがちの, 挨拶する, 片肱, 確に, 而も, 語り合, 述べた, 顔見合せ, 食った, 黙りがちで

▼ 言葉添え~ (11, 0.0%)

1 [11件] があった, があったれ, が与っ, が最初, で甲賀町, のほどを, もある, をし, を忝, を頂けますでございましょう, を頂けますで御座いませう

▼ 言葉だけの~ (10, 0.0%)

1 こととは, ものは, 威嚇な, 応酬で, 意味から, 意氣込みは, 戲れ, 真似事です, 美しさ, 美などといふ

▼ 言葉でなけれ~ (10, 0.0%)

5 ばならない 2 ばならぬ 1 ばいけない, ばいけません, ば自分

▼ 言葉なれ~ (10, 0.0%)

2 ど, ば雀子 1 どもこの, ばおふくろ, ばこそいっそう, ば今, ば我, ば私め

▼ 言葉までも~ (10, 0.0%)

1 ございません, ないこと, なく, なくすっかり, なく早速, 今日日常語として, 具体的に, 嘘だ, 忘れて, 殆ど混ぜこ

▼ 言葉をかは~ (10, 0.0%)

4 して 2 すの 1 した, したこと, したり, しました

▼ 言葉半ば~ (10, 0.0%)

2 にし 1 で自分, にさう, に探偵, に新子, に明智, に突然, に魔, 眠りながら

▼ 言葉だの~ (9, 0.0%)

1 いふ物は, もがいて, 不心得な, 信ちやんの, 彼が, 心常に, 祈りの, 考慮に, ABCの

▼ 言葉なぞは~ (9, 0.0%)

1 いかにもゲエテ, その代表的, とにかくという, 少しも, 掻き消されて, 無条件で, 無用である, 聞かなくたって, 飾ろうと

▼ 言葉~ (9, 0.0%)

1 うっかり返事, うつかり, うわの空で, もしまじめ, 答えなかった, 紋也は, 聴き耳, 返辞を, 集注的に

▼ 言葉すらも~ (8, 0.0%)

1 ないの, なかった, やはり歌, よう見つけ得ず, 不要で, 交へ, 好まれなかった, 洩れて

▼ 言葉とか~ (8, 0.0%)

1 あるいはそう, どこかに, へても, 又は記録, 尤もらしい, 心に, 表現の, 顔附き

▼ 言葉なんて~ (8, 0.0%)

2 ものは 1 いふもん, 一語も, 他合, 忽ち忘れ, 生きてるもん, 皆な

▼ 言葉によっても~ (8, 0.0%)

1 博士の, 奥さんが, 宗教によっても, 明らかな, 明瞭に, 現わ, 知れます, 賊の

▼ 言葉ひとつ~ (8, 0.0%)

1 かけない, かけるでも, でその, の文章, 掛けて, 掛ける者, 聞いた事, 述べること

▼ 言葉をさえ~ (8, 0.0%)

1 完全に, 彼は, 意味する, 洩れ聞かなん, 発した, 真面目に, 知って, 避け寧ろ

▼ 言葉即ち~ (8, 0.0%)

1 アントロポロギーが, 一種の, 単なる写実, 実用は, 心の, 文章について, 梵語は, 羅馬字で

▼ 言葉少なく~ (8, 0.0%)

1 ただ頭, イタリアでは, 云つたそして, 吐けば, 形象豊かに, 気重く, 訴えられた, 語り明し

▼ 言葉自体~ (8, 0.0%)

1 がいい, が示し, が茶番, が虫, にイノチ, の問題, の相違, の説明

▼ 言葉~ (8, 0.0%)

1 から妹, から眼つき, がハッキリ, が僕, さうし, だけでもいかつく, などを何, まで一々

▼ 言葉あり~ (7, 0.0%)

2 その言葉 1 たり, て面白く, とも, 朴散華, 桃李言わざれ

▼ 言葉そのまま~ (7, 0.0%)

1 だった, でないに, でなくただ, で写す, に云い出し, をお, を鵜呑み

▼ 言葉だって~ (7, 0.0%)

1 モンパルナスあたりの, 何だって, 出来ない筈, 同じこと, 同じで, 決して上達, 考えて

▼ 言葉でしょう~ (7, 0.0%)

21 けれどまた, それではもしや, と教える, ね, 望月さん

▼ 言葉としか~ (7, 0.0%)

1 思えないの, 思へないから, 思われないこと, 考えられない, 聞こえませんが, 響かないよう, 響かなかった

▼ 言葉にさえ~ (7, 0.0%)

1 なって, 反撥した, 反撥を, 従って置け, 気の毒だ, 耳を, 聴え

▼ 言葉に対しても~ (7, 0.0%)

2 恥か 1 ほとんど聞き流す, 又女, 同じ年ごろ, 平生の, 熱心に

▼ 言葉もて~ (7, 0.0%)

1 いひ現し能, われを, 云はんと, 人は, 打ち明けん, 相愛する, 貴嬢

▼ 言葉~ (7, 0.0%)

21 き裡, なであった, な彼女, に礼, に禮

▼ 言葉からも~ (6, 0.0%)

1 あるあまり, それと, また僕, 判読される, 察せられるごとく夫人, 明らかに

▼ 言葉せわしく~ (6, 0.0%)

2 尋ねました 1 いった, 申付け娘の, 胸の, 言上した

▼ 言葉だろう~ (6, 0.0%)

21 と思う, と思っ, と私, 此時此場此上に

▼ 言葉づか~ (6, 0.0%)

1 ひでは, ひで応対した, ひで言つた, ひで話を, ひも叮嚀で, ひも明らかに

▼ 言葉としても~ (6, 0.0%)

1 あらわれて, 仏教にも, 副園長, 意味を, 聞いた, 課題としても

▼ 言葉なぞを~ (6, 0.0%)

1 娘の, 思い出した, 思い出して, 聞入れるお, 胸に, 覚えて

▼ 言葉などの~ (6, 0.0%)

1 いただけますとは, うちに, まだなかっ, 助けを, 及びも, 必要は

▼ 言葉なる~ (6, 0.0%)

1 が上, ものは, ものを, を認めしなら, 意義並びに, 聖書を

▼ 言葉については~ (6, 0.0%)

1 おそらく今日, その際何等, はなはだ深い, 古くから, 色々の, 長い歴史

▼ 言葉により~ (6, 0.0%)

1 あなたの, どころが, 何如に, 同人が, 現在の, 粗末に

▼ 言葉に従いまして~ (6, 0.0%)

1 お待ち申し, この後, 江戸を, 申上げる, 私は, 立ち返ること

▼ 言葉のみが~ (6, 0.0%)

1 ロゴスに, 二線の, 夢の, 発達し, 記憶に, 語るべき言葉

▼ 言葉みたい~ (6, 0.0%)

2 なもの 1 で四角, なそういう, な言葉, に擴

▼ 言葉を通じて~ (6, 0.0%)

1 おこなわれるもの, 大そう学問好き, 権力に対する, 理解する, 行われるもの, 試験する

▼ 言葉争い~ (6, 0.0%)

1 から仏像, でした, では敵, に勝目, は古い, をし

▼ 言葉咎め~ (6, 0.0%)

1 から争い, にいぶかしく, に類すれ, をされる, をし, をする

▼ 言葉~ (6, 0.0%)

1 い問答, く勇気, し, なの, に書記官, に眼

▼ 言葉~ (6, 0.0%)

1 があった, が違っ, は出し, まで思い出した, をスケッチ, を解せぬ

▼ 言葉足らず~ (6, 0.0%)

1 で, で表現, といふ, といふ式, に伸子, の詩

▼ 言葉鋭く~ (6, 0.0%)

1 云いまくッ, 云い切って, 何事を, 相槌を, 言いきった, 詰め寄りました

▼ 言葉静か~ (6, 0.0%)

32 に説き諭した 1 にお

▼ 言葉~ (5, 0.0%)

2 うらめしく存じあげ 1 役所的な, 杯もろともに, 由羅の

▼ 言葉かけ~ (5, 0.0%)

1 あつて, て, てみたりき, て居る, て通る

▼ 言葉~ (5, 0.0%)

4 はしく 1 はしく訊き返します

▼ 言葉であれ~ (5, 0.0%)

1 そのほか, ちゃんと心得, ばこそ物, 和蘭の, 客観的の

▼ 言葉なし~ (5, 0.0%)

1 ねどうして, の歌, 是非に, 泣きはらしたる阿園, 登時忠相ぬし

▼ 言葉などに~ (5, 0.0%)

1 いいの, アイヌ語に, 動かされて, 現われた絶対, 私の

▼ 言葉などには~ (5, 0.0%)

1 いささかも, こういう素朴, 僕は, 耳も, 耳を

▼ 言葉においても~ (5, 0.0%)

1 地方性は, 大食である, 示唆する, 聴くこと, 頭の

▼ 言葉にまで~ (5, 0.0%)

1 力瘤を, 心を, 日本語だったら, 発展し, 置換へ

▼ 言葉やさしく~ (5, 0.0%)

1 こう訊いた, のべ, 問ひかける, 愛兒の, 身の上を

▼ 言葉~ (5, 0.0%)

1 あれ, つてと, 察して, 我心を, 此の

▼ 言葉よりは~ (5, 0.0%)

1 数等よろしい, 確かだ, 遥かに, 鎌の, 阿波剣山などという

▼ 言葉をか~ (5, 0.0%)

3 へれば 1 くる, ぢつたが

▼ 言葉をかへて~ (5, 0.0%)

2 いふと, 言へば 1 いふ時

▼ 言葉以前~ (5, 0.0%)

1 というの, といふ, に皇子, のもの, の悲しみ

▼ 言葉全部~ (5, 0.0%)

2 をその 1 がなんだか, を吐出し, を言った

▼ 言葉多き~ (5, 0.0%)

2 主張は 1 は品, は科, 僧であった

▼ 言葉~ (5, 0.0%)

1 にその, に云う, に兎, に友達, に話しつづけた

▼ 言葉ある~ (4, 0.0%)

2 生存 1 つぶやき, ひは

▼ 言葉あれ~ (4, 0.0%)

2 を聞く 1 が其註解, は何

▼ 言葉うけたまわる~ (4, 0.0%)

2 までは死ぬ 1 までは死なぬ, までは決して

▼ 言葉かの~ (4, 0.0%)

2 何処かに 1 如く面, 法師を

▼ 言葉からの~ (4, 0.0%)

1 分化で, 刺戟も, 動揺は, 連想が

▼ 言葉かを~ (4, 0.0%)

1 思い出したの, 思ひ出したの, 掛けるだらう, 発見する

▼ 言葉がと~ (4, 0.0%)

2 切れた 1 切れると, 絶えた

▼ 言葉きり~ (4, 0.0%)

1 ありません, 使わない, 持たなかったすなわち, 知らないん

▼ 言葉この~ (4, 0.0%)

2 言葉が 1 モットーは, 言葉三十に

▼ 言葉ずく~ (4, 0.0%)

2 なに 1 なで拙い, なの

▼ 言葉そして~ (4, 0.0%)

1 その声, 両方に, 山河の, 更に語ろう

▼ 言葉だけしか~ (4, 0.0%)

1 今私は, 知らないの, 知らなかった, 聞き知ること

▼ 言葉だつた~ (4, 0.0%)

1 けれどもう少し, ので彼, ので暫く, ので私

▼ 言葉なかば~ (4, 0.0%)

2 に正造 1 でまた, に顔

▼ 言葉に対し~ (4, 0.0%)

1 ちよつと, 何う, 批評の, 次の

▼ 言葉はか~ (4, 0.0%)

1 の埃及, ひ, へさなかつた, へらない

▼ 言葉への~ (4, 0.0%)

1 悪寒の, 疑問それを, 返事みたいに, 陶酔に

▼ 言葉また~ (4, 0.0%)

1 その歎, 婦人の, 徒刑場で, 怪しむべき様子

▼ 言葉または~ (4, 0.0%)

1 公用語と, 文句に, 末段の, 身振

▼ 言葉を通して~ (4, 0.0%)

1 ようやく彼, クリストフの, 鋭どい, 魂が

▼ 言葉~ (4, 0.0%)

1 のもの, は教, は貰った, は頂戴

▼ 言葉及び~ (4, 0.0%)

1 会話の, 動作, 孔子の, 金員若干賜わるべき

▼ 言葉少い~ (4, 0.0%)

1 時間を, 温厚な, 漫歩の, 父は

▼ 言葉忙しく~ (4, 0.0%)

1 問いかけ, 小六, 言い出した, 驚いたよう

▼ 言葉或は~ (4, 0.0%)

1 力もて, 珍しく出来, 行に, 言廻しと

▼ 言葉手形~ (4, 0.0%)

1 をここ, を本文通り, を正式, を濫発

▼ 言葉~ (4, 0.0%)

1 は多く, は少, も多く, も少なく

▼ 言葉~ (4, 0.0%)

2 ひに 1 ひせし後, ひでした

▼ 言葉~ (4, 0.0%)

1 かに, かに問, かに言つて, にコリヤ

▼ 言葉あらそひ~ (3, 0.0%)

1 の有る, を興, 果しなけれ

▼ 言葉あらそひした~ (3, 0.0%)

3 事も

▼ 言葉および~ (3, 0.0%)

1 動作は, 天使の, 筆者が

▼ 言葉からでも~ (3, 0.0%)

2 始た 1 態度からでも

▼ 言葉かわす~ (3, 0.0%)

1 ことを, ほどの人識, 人なき

▼ 言葉がまこと~ (3, 0.0%)

1 ならば, なら今, の情

▼ 言葉くらい~ (3, 0.0%)

1 で思いとどまらせえられるもの, 僕に, 馬鹿げたもの

▼ 言葉ぐらゐ~ (3, 0.0%)

2 でなければ無沙汰 1 小劍

▼ 言葉これ~ (3, 0.0%)

1 が文芸作品, に黙っ, は煙出し

▼ 言葉~ (3, 0.0%)

1 もっともと, もっともに, 用心なされ

▼ 言葉さえが~ (3, 0.0%)

1 あまりにも, 私の, 葉子の

▼ 言葉それ自身~ (3, 0.0%)

1 が表す, に節奏, のリズム

▼ 言葉~ (3, 0.0%)

1 今の, 忘れかねつる, 手ぶりよく

▼ 言葉つづき~ (3, 0.0%)

1 と存候, の無理, は安らか

▼ 言葉つて~ (3, 0.0%)

1 いふもの, いふもん, どんな風

▼ 言葉つまり~ (3, 0.0%)

1 作者自身の, 方言を, 芸術も

▼ 言葉でありまし~ (3, 0.0%)

1 てその, てそれ, て名人

▼ 言葉でさえ~ (3, 0.0%)

1 ある, 僕には, 説話では

▼ 言葉でだけ~ (3, 0.0%)

2 話すその 1 追いかけさせた

▼ 言葉での~ (3, 0.0%)

1 お返事, 何年かの, 所謂

▼ 言葉とによって~ (3, 0.0%)

2 自分自身気の 1 たしかめまして

▼ 言葉とのみ~ (3, 0.0%)

1 では, 慣れ親しんで, 読む人々

▼ 言葉なぞ~ (3, 0.0%)

1 とんでもない, より一層, 用いねえ方

▼ 言葉なぞも~ (3, 0.0%)

1 そこから, ゾンザイで, 一風変っ

▼ 言葉などから~ (3, 0.0%)

1 横浜という, 私流に, 見て

▼ 言葉にては~ (3, 0.0%)

1 とても妾, 傳へ, 無之

▼ 言葉にな~ (3, 0.0%)

1 せず幸ひとつフリージャ, つたのは, つて今も

▼ 言葉のみを~ (3, 0.0%)

1 もって, 用いて, 見たの

▼ 言葉ばかりが~ (3, 0.0%)

1 先に, 酷く荒唐無稽, 飛び出して

▼ 言葉ほどには~ (3, 0.0%)

1 不滿さうに, 充實される, 安心し

▼ 言葉もしくは~ (3, 0.0%)

1 文字に, 文字は, 花束を

▼ 言葉をかへ~ (3, 0.0%)

3 ていへば

▼ 言葉をと~ (3, 0.0%)

1 ぎらせてしまう, ぎらせて伸子と, 云うよりは

▼ 言葉をば~ (3, 0.0%)

1 単に純粋形相, 沢山探し出す, 考へ

▼ 言葉~ (3, 0.0%)

1 上ノ空デ, 僕ハ怺エテ, 聞イテドウ思ハレルカ

▼ 言葉一ツ~ (3, 0.0%)

1 がいかが, で, 交さないで

▼ 言葉丁寧~ (3, 0.0%)

1 な態度, に挨拶, に言いました

▼ 言葉全体~ (3, 0.0%)

1 の調子, を新た, を案ずれ

▼ 言葉~ (3, 0.0%)

1 叫声が, 叫聲が, 言葉自体が

▼ 言葉~ (3, 0.0%)

2 尤と 1 尤にて

▼ 言葉~ (3, 0.0%)

1 が書く, は知らなく, を控

▼ 言葉~ (3, 0.0%)

2 を誌 1 の中

▼ 言葉次第~ (3, 0.0%)

1 だ, によってわたくし, のこと

▼ 言葉~ (3, 0.0%)

1 で御座います, なければ, へをした

▼ 言葉短く~ (3, 0.0%)

2 知らせて 1 順子に

▼ 言葉表現~ (3, 0.0%)

1 に対してひろい, の評価, をもっ

▼ 言葉言葉~ (3, 0.0%)

1 がどれ, は現実, は記憶

▼ 言葉訛り~ (3, 0.0%)

2 が耳 1 で疑われる

▼ 言葉身振り~ (3, 0.0%)

2 が文学そのもの 1 又は科

▼ 言葉頭痛~ (3, 0.0%)

3 を押

▼ 言葉あなた~ (2, 0.0%)

1 には只一こと, の考

▼ 言葉あるいは~ (2, 0.0%)

1 それに, 出鱈目の

▼ 言葉~ (2, 0.0%)

1 ぢり, はむろん

▼ 言葉おごそか~ (2, 0.0%)

1 にこの, に此度建立

▼ 言葉がを~ (2, 0.0%)

1 かしかつ, かしな

▼ 言葉ぐらい~ (2, 0.0%)

1 口に, 聞かして

▼ 言葉けれど~ (2, 0.0%)

2 美津子さんは

▼ 言葉こそは~ (2, 0.0%)

1 一つの, 恐るべき言葉

▼ 言葉ごと~ (2, 0.0%)

1 に一調子, に呆れ入る

▼ 言葉じゃと~ (2, 0.0%)

1 云われるから, 欺誑り

▼ 言葉すくな~ (2, 0.0%)

1 に云い添えた, に語りおえた

▼ 言葉するどく~ (2, 0.0%)

2 破せられた道元和尚

▼ 言葉そう~ (2, 0.0%)

1 ね小店員, 言ったが

▼ 言葉それ自体~ (2, 0.0%)

1 の生命, の相貌

▼ 言葉たくみ~ (2, 0.0%)

1 に誠, に説き立てました

▼ 言葉たる~ (2, 0.0%)

1 や私, を失はない

▼ 言葉だけから~ (2, 0.0%)

1 でなく分内, 考へても

▼ 言葉だけででも~ (2, 0.0%)

1 報いたかったから, 慰めて

▼ 言葉ちがい~ (2, 0.0%)

1 をやる, を笑っ

▼ 言葉ちと~ (2, 0.0%)

1 不穏当, 手頼りない

▼ 言葉って~ (2, 0.0%)

1 ものを, 何か

▼ 言葉でこそ~ (2, 0.0%)

1 座席とは, 菅原と

▼ 言葉でし~ (2, 0.0%)

1 きりと, てな

▼ 言葉ででも~ (2, 0.0%)

1 現は, 許して

▼ 言葉でばかり~ (2, 0.0%)

1 伝わって, 話される報告

▼ 言葉とから~ (2, 0.0%)

1 得たくなつ, 成り弱者

▼ 言葉とかを~ (2, 0.0%)

1 ときどき小耳, 決して使われない

▼ 言葉としてのみ~ (2, 0.0%)

1 取扱つて持てあまし, 受取らるべきでありましょう

▼ 言葉ない~ (2, 0.0%)

1 かしら, です

▼ 言葉ながらも~ (2, 0.0%)

1 今そこへ, 正しいこと

▼ 言葉なぞに~ (2, 0.0%)

1 昔の, 頓着なく

▼ 言葉などでは~ (2, 0.0%)

1 言いあらわすこと, 説きおえないもの

▼ 言葉などまで~ (2, 0.0%)

1 いひさ, 知ること

▼ 言葉などより~ (2, 0.0%)

1 生きて, 遥かに

▼ 言葉なら行かない~ (2, 0.0%)

1 わけには, わけにも

▼ 言葉なるべし~ (2, 0.0%)

1 と思ひき, などと心

▼ 言葉なんかは~ (2, 0.0%)

1 夢中に, 聞き入れて

▼ 言葉なんかも~ (2, 0.0%)

1 うかうかとは, 半分位云っ

▼ 言葉にかへ~ (2, 0.0%)

1 さへ, たいと

▼ 言葉にこそ~ (2, 0.0%)

1 ださぬが, 云わないけれども

▼ 言葉にすら~ (2, 0.0%)

1 五日目の, 怖れる

▼ 言葉についての~ (2, 0.0%)

1 感想, 説明を

▼ 言葉についても~ (2, 0.0%)

1 一つの, 同様の

▼ 言葉にでも~ (2, 0.0%)

1 同情の, 屡々見受けられます

▼ 言葉によりまして~ (2, 0.0%)

2 神について

▼ 言葉~ (2, 0.0%)

1 あれは, 人を

▼ 言葉はを~ (2, 0.0%)

1 かしいが, そらく橋本氏

▼ 言葉ばかりの~ (2, 0.0%)

2 戯曲では

▼ 言葉まことに~ (2, 0.0%)

1 勇壮です, 有難うさ

▼ 言葉ゆえ~ (2, 0.0%)

1 それほど信頼, と安心

▼ 言葉わたくし~ (2, 0.0%)

1 こそ妾, へでご

▼ 言葉をすら~ (2, 0.0%)

1 読みとらせさ, 頼めないという

▼ 言葉~ (2, 0.0%)

1 悪イノデアル, 過ギマショウ

▼ 言葉一々~ (2, 0.0%)

1 に順序, の文句

▼ 言葉~ (2, 0.0%)

1 の洒落, の誤り

▼ 言葉丸出し~ (2, 0.0%)

1 で叫んだ, で私

▼ 言葉主人~ (2, 0.0%)

1 の総, の總七

▼ 言葉人間~ (2, 0.0%)

1 のあらゆる, の言葉

▼ 言葉~ (2, 0.0%)

2 となった

▼ 言葉~ (2, 0.0%)

1 うか, の商人

▼ 言葉使ひだ~ (2, 0.0%)

1 つた, とか物事

▼ 言葉使ひも~ (2, 0.0%)

1 改めた, 改めながら

▼ 言葉優しく~ (2, 0.0%)

1 言い宥めるくらいの, 説き勧めたの

▼ 言葉其もの~ (2, 0.0%)

1 が既に, が決して

▼ 言葉動き~ (2, 0.0%)

1 をいま, 表情に

▼ 言葉勿体~ (2, 0.0%)

2 のう存じ

▼ 言葉半分~ (2, 0.0%)

1 に言い捨て, は手まね

▼ 言葉厳しく~ (2, 0.0%)

1 お信さん, 申し付けました

▼ 言葉和ら~ (2, 0.0%)

1 かに, かに尋ねられけれ

▼ 言葉~ (2, 0.0%)

1 つ罪, の方

▼ 言葉奴隷~ (2, 0.0%)

1 の習慣, の表現

▼ 言葉學校~ (2, 0.0%)

2 といひ

▼ 言葉寡なに~ (2, 0.0%)

1 切りつめただけに, 切り詰めた丈

▼ 言葉尠なに~ (2, 0.0%)

1 辞し去った, 述べた

▼ 言葉~ (2, 0.0%)

1 な青柳, に当時

▼ 言葉平次~ (2, 0.0%)

1 は少し, は少しムッ

▼ 言葉強い~ (2, 0.0%)

2 と云

▼ 言葉従っ~ (2, 0.0%)

1 てこれ, て又

▼ 言葉~ (2, 0.0%)

2 られず

▼ 言葉思い出し~ (2, 0.0%)

1 て可笑しゅう, 女の

▼ 言葉~ (2, 0.0%)

1 しく細語, に

▼ 言葉悲しき~ (2, 0.0%)

2 木の

▼ 言葉態度~ (2, 0.0%)

1 が妙, であった

▼ 言葉~ (2, 0.0%)

1 わって裏切り者, わるまでは

▼ 言葉承まわりた~ (2, 0.0%)

2 さに

▼ 言葉~ (2, 0.0%)

1 五日と, 私は

▼ 言葉~ (2, 0.0%)

1 である, となっ

▼ 言葉有難く~ (2, 0.0%)

1 存じます, 畏まり奉つる主人

▼ 言葉決して~ (2, 0.0%)

1 品位にか, 抗弁は

▼ 言葉渋滞~ (2, 0.0%)

1 なく云, なく云いたまえ

▼ 言葉滑らか~ (2, 0.0%)

2 に願つて

▼ 言葉甲斐~ (2, 0.0%)

1 の有った, もない

▼ 言葉~ (2, 0.0%)

1 のさし, の言葉

▼ 言葉白い~ (2, 0.0%)

2

▼ 言葉穏やか~ (2, 0.0%)

1 でもあっ, になだめ

▼ 言葉節約~ (2, 0.0%)

2 し廻転

▼ 言葉続き~ (2, 0.0%)

1 も, もいと

▼ 言葉~ (2, 0.0%)

2 馴れない物音

▼ 言葉~ (2, 0.0%)

1 が浅黒く, の白い

▼ 言葉~ (2, 0.0%)

1 と行, ふ動作

▼ 言葉~ (2, 0.0%)

1 の悲し, 振等

▼ 言葉通りそう~ (2, 0.0%)

1 なの, 早くは

▼ 言葉通り分科~ (2, 0.0%)

1 の学, の学問

▼ 言葉通り夕日~ (2, 0.0%)

2 に影

▼ 言葉通り社会~ (2, 0.0%)

1 の学, の科学

▼ 言葉附き~ (2, 0.0%)

1 で互いに, の荒ツ

▼ 言葉~ (2, 0.0%)

2 の色

▼1* [686件]

言葉ああいふ発音ああ, 言葉あたかも蝋に, 言葉あたたかい家中の, 言葉あたったぞヤーイ, 言葉あてはまるや否, 言葉あの二人の, 言葉あらしめよ, 言葉あらそい果てしなければ, 言葉あらゆる名辞以前, 言葉ありがたいともかたじけない, 言葉ありがたく存じます殿様, 言葉ありきたりのスタイル, 言葉ありゃ反古か, 言葉いいも終らず, 言葉いかにして, 言葉いかにも上代の, 言葉いただいてしまっ, 言葉いただき帰途感慨胸に, 言葉いただきたさに, 言葉いつまでも, 言葉いま投げて, 言葉いまだ畢らざるに, 言葉いみじきネストール, 言葉いや事物であって, 言葉いや有難う存じましたよろし, 言葉いわば言葉の, 言葉ざにはくわなあ, 言葉うけたまわり裏切り者の, 言葉も又は, 言葉おしみをしねえで, 言葉おだやかに話, 言葉おとなしく入れて, 言葉おふくろにも立ち戻りまし, 言葉お話し致しましょう, 言葉かういふ一方には, 言葉かくの如き, 言葉かたき同志の, 言葉かたちをいぶかしむ, 言葉かとさえ思われる静寂さ, 言葉かとも聞えるが, 言葉かなと思った, 言葉かはせど, 言葉からが余自身の, 言葉からじゃなくって, 言葉からと同じく何, 言葉がかかつた, 言葉がさほどの意義, 言葉がさつぱり分らない, 言葉がずつと遠方からの, 言葉がにほつて, 言葉がのどのへん, 言葉がめっからなかっ, 言葉きいてもブル, 言葉ききて何, 言葉ききますか, 言葉きくからにいよいよ, 言葉きびしく遮ろうと, 言葉くださる御方は, 言葉くらゐ直接, 言葉くらいに恐れません, 言葉ぐらいが幽かな, 言葉ぐらいで死んでは, 言葉ぐらいでは虫が, 言葉ぐらいは掛けて, 言葉ぐらゐでは動きさうに, 言葉ぐらゐ通俗的になつ, 言葉けれどもこれは, 言葉こいつを聞く, 言葉こうした資質は, 言葉さだ子にというの, 言葉さながらである, 言葉される傾きが, 言葉しかしそれは, 言葉しかも目は, 言葉しずかに張飛, 言葉しずか息薫しい京訛り, 言葉しづかに云ひき, 言葉しようとし, 言葉じみてゐ, 言葉じゃあ用件も, 言葉じゃから信用し, 言葉じゃが鎮撫使の, 言葉じゃよとそれに, 言葉すくなく報告を, 言葉すぐ往けばよか, 言葉すなわち尋問は, 言葉ずくなにいひ合, 言葉そぞろに勧, 言葉そちより可, 言葉そっくりの感情, 言葉その他事務一切を片付け, 言葉そもや女子, 言葉それから六法かんかつなど, 言葉それらが何, 言葉ぞや余は, 言葉たいして意味は, 言葉たいへん重大の, 言葉たしかに承引, 言葉たちをうた, 言葉たとえば土地名物の, 言葉たとへば社會運動の, 言葉だけからもその一端, 言葉だけじゃ信じられないの, 言葉だけと見ても, 言葉だけにもどこまでも, 言葉だけをば伝へて, 言葉ださうだがなる, 言葉だったら血を, 言葉だったらしいという, 言葉だったろうと思います, 言葉だつたらこの支那人, 言葉だまつたく素朴な, 言葉ゅうものは誰にだって, 言葉ちっとも分らないね, 言葉ちらと小耳, 言葉つかいはもう, 言葉つきぢや, 言葉つき不思議なるを, 言葉つき優美な物腰, 言葉つき態度仕事の遣り口, 言葉つき旦那と呼ん, 言葉つき服裝好き嫌ひ, 言葉つき果は勘定, 言葉つき等もはっきり, 言葉つき顔形目の中, 言葉つて奴は不便, 言葉づかひなるがため興味索然, 言葉づきになっ, 言葉でありいはば自ら, 言葉でありませうが一種, 言葉でありませんね, 言葉であるべき筈な, 言葉できまつて私ら, 言葉でございましたからわたくし, 言葉でございますならば天, 言葉でございまするな, 言葉でござったのか, 言葉でござるがわれら, 言葉でしやべり, 言葉ですつと消え, 言葉ですつかり解つた, 言葉ですわかりますか, 言葉でたづねたりした, 言葉でないらしいので賢い, 言葉でなかつたならば何で, 言葉でなくって西洋人, 言葉でねえから私, 言葉ではとほらなくなつ, 言葉でもが嘉助の, 言葉でもなささうです, 言葉でよりも心で, 言葉で御座いましたが最早, 言葉といへよう, 言葉というのほかは, 言葉といふものがさう重要, 言葉とおもふたら, 言葉とかいうのだろう, 言葉ときたらそれどころで, 言葉とさえなれるの, 言葉としてしかしらなかった, 言葉としてだけ知って, 言葉としてばかり片づけること, 言葉とだけで見ると, 言葉とてございません, 言葉とてもない, 言葉となつた, 言葉とにかくその仔細, 言葉とばかりいえないかも, 言葉とへ注意を, 言葉とよりしか響かなかった, 言葉どうでも殿御, 言葉どうも合點が, 言葉どおりかすかに赤く, 言葉どおりみんなみんな父が事業, 言葉どおりものを想像, 言葉どおりカットが変る, 言葉どおり人の身の上, 言葉どおり出がらしだったし, 言葉どおり包囲は隙だらけ, 言葉どおり奉行所の門, 言葉どおり正直に従った, 言葉どおり秘密にはする, 言葉どおり紙面に躍動, 言葉どおり芦の茂った, 言葉どおり親代わりらしく世話, 言葉どおり誰にもいわない, 言葉どこで覚えた, 言葉どころでは, 言葉どれもうれ, 言葉なかりしが, 言葉ながらにいや下等, 言葉なぜか思いだす, 言葉なつかしう話しつ, 言葉などでひどく悩んだ, 言葉などでも飲み込めない, 言葉などといふけれども, 言葉などといふものは, 言葉などにもかなりに, 言葉などはかぶつきり, 言葉などばかりがお思われ, 言葉などをも思ひ出さずには, 言葉ならあるが温泉灸療法, 言葉ならずとも傍, 言葉なら頷かぬことは, 言葉なりがかなり違っ, 言葉なりしが余, 言葉なりとしこれ, 言葉なりというもので, 言葉なりとかや余は, 言葉なりは繰り返していう, 言葉なりをねじまげたり, 言葉なんかじゃないん, 言葉なんかで表現できない, 言葉なんかより名前を, 言葉なんぞひとつも, 言葉なんぞが周囲の, 言葉なんぞはふつ飛ん, 言葉なんぞもすっかりぞんざい, 言葉なんで戯れ言に, 言葉なんという無益, 言葉にあたる永遠を, 言葉においては善良と, 言葉にかへよう, 言葉にかへてもい, 言葉にしかならないので, 言葉にぞある, 言葉にたいしてすぐさま直接行動, 言葉にたいしてはお礼を, 言葉にたいする悲しさ, 言葉にだって間違って, 言葉についてすら彼女は, 言葉についてだけ言へば, 言葉につき当ると, 言葉にてもむつかしきもの, 言葉になぞ乗ったわけ, 言葉にのみイノチを, 言葉にばっかり興味を, 言葉にゃ従いかねる, 言葉によってこそ書き起されて, 言葉によっての外は, 言葉によってのみならず事実, 言葉によっては既に新しい, 言葉によつて我々, 言葉に対してさえ三上は, 言葉に対しての皮肉から, 言葉に対するにあたって如何なる方向, 言葉に従うほかない, 言葉に従ってさえいれば, 言葉に関して理解される, 言葉に関してはうっかり言えない, 言葉に関する限りは, 言葉のせゐかそれとも, 言葉のせゐだといへ, 言葉はかはさなかつた, 言葉はくたぶれると, 言葉はさほどに怖し, 言葉はちよつと私, 言葉はとに角, 言葉はという調子に, 言葉はにへのいみといふ, 言葉はみのえ, 言葉はも早や, 言葉ばかし東京で, 言葉ばかりから桃の, 言葉ばかりじゃアいけ, 言葉ばかりは許されない, 言葉ひくい声は, 言葉ひとこときいたこと, 言葉ひとしほに, 言葉ひとつ口から出した, 言葉ぶりが沢山, 言葉へと読み移った, 言葉へは耳も, 言葉へよりも多く耳, 言葉ほどの強さ, 言葉ほんとうよりも控え目, 言葉までもが聞かれなくなって, 言葉までを異にする, 言葉まる出しで, 言葉みじかきは, 言葉みなこの, 言葉むしろ彼が, 言葉もうけ入れないで, 言葉もかはさで, 言葉もござりませなんだ, 言葉もし良さんが, 言葉もてもこれを, 言葉もて謗りありきぬ反, 言葉もとより粉骨砕身の, 言葉もめっからない, 言葉やさしくさう言つた, 言葉やらも区別出来なかった, 言葉やらを戴きました, 言葉ゆえ所望いたして, 言葉ゆえ申上げます, 言葉ゆゑ所望いたして, 言葉ゆゑ金槐とは鎌倉右大臣, 言葉よくも承りませず新六郎, 言葉よろこびという言葉, 言葉らしかつた, 言葉らしきものが, 言葉らしく眼の, 言葉らしく聞かれそうだ, 言葉らしく見えるけれども言葉, 言葉わが耳に, 言葉わすれていませぬ, 言葉わたし達は只, 言葉をこそ使うが, 言葉をしか吐くこと, 言葉をでも賜わったであろう, 言葉をとは申しません御覧, 言葉をのんだ, 言葉をのみ聞いて, 言葉をはなむけし, 言葉をばかり出しました, 言葉をもって言うならば, 言葉をやはらげ, 言葉をよおく味わって, 言葉を以てしか語らないか, 言葉を以てはとても尽くし, 言葉を通しても略三吉に, 言葉を通じてのみ行はれる, 言葉アイディアなどをくりかえす, 言葉アラビヤの国, 言葉イタリア語の呼びかけ, 言葉ガ出タノデアルガ正直ヲ云ウト来テ貰イタクナイコトモナカッタ, 言葉スウェーデンやトルコ, 言葉スタンダールの生涯, 言葉てもの, 言葉ツハンと同じ, 言葉礼ヲ, 言葉ナシ素直ニ首肯ソット爪サキ立チ夕焼ノ雲, 言葉甘エテコレカラチョク, 言葉ニソヽノカサレテ頻リニ左様, 言葉怒リ, 言葉ハ何ヲ意味スルカ余ニハ解ラヌ, 言葉バイオリンの響き, 言葉フチを用い, 言葉ベルリッツの本, 言葉ポルトガルの言葉, 言葉ポーランド語を教え, 言葉ラテン語やフランス語, 言葉ヲカケテヤリ囲イノ外カラ菓子ヲ投ゲテヤッタコトガアッタ, 言葉ヲカケラレルトモウ溜ラナイ拭イテモ拭イテモ眼鏡ガ濡レテ来ル, 言葉ヲキクト今マデ死ンダヨウニナッテ居タ奥様ガ何カ云イマシタ, 言葉つかわす隙, 言葉一つごとに変わる, 言葉一つさへかけ, 言葉一つ云やしない, 言葉一つ位かけて, 言葉一つ口に出さなかった, 言葉一品の皿, 言葉一定のヴォキャブラリー, 言葉一枚というよう, 言葉一種の文章, 言葉一般観衆の緊張, 言葉丈けが早くなっ, 言葉丈酔払つても頭, 言葉にも言葉, 言葉三十にちかき, 言葉上手にのちのち, 言葉下流の言葉, 言葉不通のため, 言葉に孰, 言葉中ぢやが, 言葉は万葉, 言葉乍ら思ひの, 言葉と反省, 言葉事件の裏, 言葉事情はゆるゆる, 言葉にも言葉, 言葉五十二の文学, 言葉五十以上を見つけ出した, 言葉はす, 言葉交わすも今限り, 言葉やって, 言葉四枚書く, 言葉他方から挑戦的, 言葉付き黒もじ, 言葉付以上に大, 言葉代りに動い, 言葉代表と現, 言葉伝達の職, 言葉低く語り合ううち, 言葉何だかへんじゃ, 言葉何で異存が, 言葉何よりの力, 言葉何一つしや, 言葉余りよくない, 言葉使っちゃ駄目, 言葉使ひで問ひかけた, 言葉使ひで心のニュアンス, 言葉使ひまで全然, 言葉使ひも気軽にした, 言葉俺達は外, 言葉僅かの抑揚, 言葉優しく根強くお訓, 言葉入れるのを, 言葉共通の表現, 言葉其言葉を堅く, 言葉てけえ, 言葉出ず半分死ん, 言葉出ず立とうとして足, 言葉切れがし, 言葉勇ましい笑声など, 言葉勇士はそう, 言葉動作表情の韻律的魅力, 言葉印刷する言葉, 言葉天つ宣り, 言葉却って痛み入りまして, 言葉卷ものや哲理, 言葉厚く夫人にも, 言葉又は太鼓を, 言葉及ばざれはなり, 言葉取り留めもない, 言葉口いは出さん, 言葉古き思想で, 言葉叮嚀に二人, 言葉司馬老先生, 言葉合戦の中, 言葉吉原には吉原言葉, 言葉同じ経験の, 言葉の出身地, 言葉呂宋の言葉, 言葉哉假令證文は白紙, 言葉商買の艶, 言葉固有の生命, 言葉ぬけは, 言葉変った言葉が, 言葉の方, 言葉外八文字の踏樣, 言葉多からず起居, 言葉多くして, 言葉多し登山電車待つ, 言葉大きにもっともには, 言葉大阪言葉濃白酒, 言葉天主様のお, 言葉なりといえ, 言葉女大学的に説明, 言葉媚びるような, 言葉嬉しゅうござりまする, 言葉子供の声, 言葉学校といひ, 言葉定めなきとはあなた, 言葉なる哉村井長庵, 言葉宿屋の主人, 言葉寡なに上品に控え込む, 言葉寡なに暇を告げ, 言葉将来までも私等二人, 言葉小児の捉, 言葉少し足らぬやう, 言葉少ない大野順平は, 言葉少なき女が, 言葉少なく情深くいたわる父, 言葉山間の特殊, 言葉岸本が旅仕度, 言葉巻ものや哲理, 言葉市井の会話, 言葉平安朝の物語, 言葉平明な調子, 言葉平田が四苦八苦, 言葉強く命じた, 言葉形式が百姓, 言葉の生活, 言葉彼らと何, 言葉後力なく送られし, 言葉ならずば, 言葉より心, 言葉必ずしも美しい言葉, 言葉忘れるなよ, 言葉けのうござる, 言葉恐れ入ったぞ, 言葉恐れ入りました拙者も, 言葉恨めしく水仕女なり, 言葉惨めなる者, 言葉を達する, 言葉意外に大きな, 言葉の悲しみ, 言葉愛情を吐露, 言葉愛相が尽きたら, 言葉態度面識感じそんな, 言葉慕うにたえ, 言葉ひつつ, 言葉程人間, 言葉我々の使つて, 言葉我が意を, 言葉戦いをし, 言葉戦い合うまじと大手, 言葉戦後ひとしお激しい, 言葉ひ爲, 言葉手掛りになる, 言葉扱いがふと, 言葉承まわり真人間と, 言葉承わりたいばかりに生き, 言葉拙者驚き入り申した, 言葉振りや樣子, 言葉掛けらるるが, 言葉放ち酒飲みかわし, 言葉故に人の, 言葉数々のその, 言葉文化という観念, 言葉文字に書く, 言葉新たな行動, 言葉日本の国, 言葉晩年に言った, 言葉書いてある, 言葉書かねばならぬ, 言葉書きを読ませ, 言葉最後の, 言葉有難いことで, 言葉有難うございますリヴァズさん, 言葉服装とも女性, 言葉望めずつぐなひの死刑, 言葉起きると, 言葉未だ終らぬに, 言葉本来のすがた, 言葉束縛の鎖, 言葉林蔵身にしみ, 言葉植物への限り, 言葉様子目ざしに, 言葉の類, 言葉此御恩は命, 言葉殊に流行語は, 言葉殿にも何, 言葉毒々しい言葉が, 言葉気分すべてテクニカルである, 言葉江戸言葉の比較, 言葉小劇場派, 言葉添えありましたため我が, 言葉滅法仇っぽく, 言葉白酒, 言葉無し判事は深く, 言葉爽やかに笑, 言葉犬馬の労, 言葉につままれ, 言葉獨特の情趣, 言葉珍しい言葉が, 言葉現在日本で使つて, 言葉ありと, 言葉甚だ有難く存じます, 言葉生活といふ言葉, 言葉生粋の長崎弁, 言葉癖ゆえ黙って, 言葉癖尋常ならず, 言葉百万の味方, 言葉的魅力であったこと, 言葉でみる, 言葉目つき等を細かく, 言葉相手の云つた言葉, 言葉相撲取りには相撲取り言葉, 言葉ぞ人間五十年君, 言葉真実か, 言葉知って居るでしょう, 言葉石炭荷役をする, 言葉祝ひのかるかるやき, 言葉の知的愛, 言葉の淺薄さ, 言葉称名でなければ, 言葉程げつそり, 言葉かにかう, 言葉竜造寺長門気に入った, 言葉符合致すべしと, 言葉によって彼, 言葉等々からし, 言葉等邦語固有の妙所, 言葉終らざるに腹中, 言葉結婚して, 言葉絶望の淵, 言葉綱具や通話管, 言葉線運動という風, 言葉き荒らか, 言葉美くしい思い, 言葉美しく表現した, 言葉習っておりました, 言葉考えてみなけりゃ, 言葉して, 言葉にあり, 言葉聞かれる言葉と, 言葉聞きも了ら, 言葉職人仲間には職人言葉, 言葉肺肝を見透す, 言葉がスラリ, 言葉に落ちたる, 言葉體に, 言葉自分の言葉, 言葉自分自身の生命, 言葉自身殆んど, 言葉良人はまた, 言葉色彩をさ, 言葉花束に編まれ, 言葉荒くやりこめた, 言葉落したり音, 言葉薔薇のよう, 言葉西班牙の言葉, 言葉見事な速, 言葉覚えたのけ, 言葉親友とて聞捨て, 言葉言いたくなくてたまらない, 言葉の違った, 言葉訛り奇妙なる二人連れ, 言葉設けて探りました, 言葉された文書, 言葉がお, 言葉調などいふ, 言葉豊富なる名詞, 言葉貴方の仕業, 言葉足らざれば意, 言葉足らず姐さんはチョット, 言葉足らず窮屈そうに答えた, 言葉身振り態度の仰々しい, 言葉軽蔑できれば, 言葉奪った奴等, 言葉迄がだん, 言葉迄も全然変り, 言葉返しをした, 言葉返しはつひしか, 言葉通ぜぬ國に, 言葉通りうちへき, 言葉通りアマチュア主義だが, 言葉通りイデオロギーの理論, 言葉通りテエブルの上, 言葉通りルパンは死んだ, 言葉通り一つの心理学, 言葉通り三四五とお送り, 言葉通り世間物騒のおり, 言葉通り享け容れる, 言葉通り今の世界, 言葉通り以後は忘れた, 言葉通り仮面の裏, 言葉通り何処か田舎, 言葉通り共存共栄の実, 言葉通り啓蒙的な役割, 言葉通り夜に紛れ, 言葉通り大笑いと大, 言葉通り大量観察ではある, 言葉通り如来衛門殿を召し連れまし, 言葉通り婿にした, 言葉通り存在の理論, 言葉通り実行して, 言葉通り尊敬の意, 言葉通り山のならび, 言葉通り左足を進め, 言葉通り彼女は決して, 言葉通り徹底的に引っくり返された, 言葉通り愉快らしい顔, 言葉通り断行して, 言葉通り日々の実際, 言葉通り機械論への一歩, 言葉通り永久な問題, 言葉通り海は飲み干しませう, 言葉通り無為と徒然, 言葉通り田原町にいた, 言葉通り痛みは一瞬, 言葉通り百花繚乱と咲き乱れた, 言葉通り真物が手, 言葉通り科学である, 言葉通り紙面に躍動, 言葉通り羽織袴でやつ, 言葉通り肌に沁みる, 言葉通り豚カツを消化, 言葉通り身動きの出来ない, 言葉通り農村学的であったに対して, 言葉通り霹靂一閃で堂, 言葉通り順調に行つて, 言葉通り顔負けをし, 言葉通り風を生ずる, 言葉連ねたもうな, 言葉進退伺に書い, 言葉逸見先生の道場, 言葉道断ですよ, 言葉違えり仮令ば, 言葉遣い他人に対して自分, 言葉遣い十兵衛さらに気, 言葉遣い召使の主人, 言葉遣い無心の顔つき, 言葉遺ひだけでも直ぐ, 言葉邪慳な鋭い, 言葉里言葉をちゃんぽん, 言葉量的という標語, 言葉関東を舞台, 言葉隠語です, 言葉隠語俗に符牒, 言葉電送する言葉, 言葉非常に残念, 言葉響きのよい, 言葉黐竿を手