青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「言われ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~言え 言え~ ~言っ 言っ~ ~言った 言った~ ~言つて 言わず~ ~言わない ~言われ
言われ~
~言われた 言われた~ ~言われる 言われる~ ~言葉 言葉~ ~言語 言語~ 計~ ~計画

「言われ~」 2091, 21ppm, 5533位

▼ 言われ~ (1548, 74.0%)

173 いる 74 みると 48 いた 40 いるが 37 いるの 26 見ると 24 みれば 20 私は 19 おります 16 います, いるよう 14 いたが 13 いること 12 いたの 9 いる人 8 いますが, 見れば 7 いるもの, おりますが 6 いるところ, いるん, 居ります, 私も 5 いました, いるくらい, いるだけに, おいでに, お仙は, 兵馬は

4 [11件] いたもの, いて, いても, いるから, いる通り, お俊, それを, みて, 始めて, 急に, 豹一は

3 [16件] いたこと, いたので, いるけれど, いるほど, いる位, お君, お松は, 七兵衛は, 千二は, 子供は, 来たの, 来て, 次郎は, 気を, 竜之, 豊世は

2 [61件] あるの, いたけれど, いたよう, いたん, いた時, いた時代, いないが, いますね, いますわ, いるあの, いるうち, いるお, いるじゃ, いるそう, いるとおり, いるよ, いる人たち, いる大きな, いる時, いる程, いる自分, いる間, おりました, おりまする, おるが, お房, お民, お玉は, お銀様, お雪, きた, きたところ, さすがの, その名, その時, それから, なるほどそう, はじめてああ, みますと, わたしは, わたしも, ヤルマールが, 一同が, 何の, 家の, 居るが, 庸三は, 彼は, 来たこと, 源氏は, 漸と, 節子は, 米友が, 米友は, 繁は, 自分の, 自分は, 貰って, 非常に, 驚いて, 黙って

1 [709件 抜粋] あけて, あずきかゆ, あったの, あったので, あとで, あること, ある者, あわてて, あッしも, いきなり思い出した, いきなり顔, いたあれ, いたか, いたかは, いたし, いたそして, いたそれ, いただけ, いたって, いたところ, いたらどう, いた三人, いた中, いた人たち, いた南, いた場所, いた大杉栄, いた少年, いた時分, いた末子, いた玄, いた者, いた言葉, いた謂, いた通り, いない場合, いなかった, いながら, いますからね, いますけどね, いますそれ, いますの, いやして, いやしない, いよいよてれくさい, いよいよ弁, いようと, いらっしゃる, いるあざやか, いるある, いるかも, いるけれども, いるころ, いるごつごつ, いるその, いるだけ, いるだろう, いるという, いるとき, いるのに, いるのよ, いるほどに, いるものの, いるんで, いるサロン, いるチーズ製造所, いるヒマラヤ山, いる一人, いる一団, いる中, いる事, いる人気者, いる他, いる伊達, いる作家たち, いる俺, いる勝海舟, いる古今, いる土, いる大, いる天界, いる如く抒情詩, いる妖婦, いる子供たち, いる子息, いる専売物, いる屋根, いる年寄っただるま茶屋, いる強盗, いる強靭, いる文章, いる新, いる法王門, いる理由, いる男, いる空間だらけ, いる節子, いる者, いる脱走, いる自治委員, いる言葉, いる話, いる金銭, いる銭形, いる陸軍, いれば, いろんな芸当, うれしかった, おかあさんは, おしおは, おしまいには, おせき, おった, おったが, おった内地, おった垂訓, おつたもの, おりました若い, おりまして, おりますから, おりますし, おりまするだけに, おりません, おり夕方, おるという, おるよう, お喜び, お庄, お松が, お登和嬢俄, お磯, お竹, お筆, お花さん, お角, お通, かえつて, かしずかれると, きました, きまりが, こうして正装, こおどりした, この間から, これで, ござる御仁, さしつかえない, さすがに, しきりに口, して, しばらく正太, しまったの, しまった裁判官, しまっては, しょげるも, じっさいおめでたい, すぐお, すぐに, すっかり喜ん, すっかり意気銷沈, すっかり支度, そうかと, そうだ, そこに, そっちへ, そのロケーション中, その場, その女, その愚劣, その男, その通り, それから急, それが, それではどうかよろしく, それに, ただ打頷く, たちまち得意, ちょっと知識負け, ついうんと答え, つくったまでの, とうとう本, とうとう私, どんなに手痛い, なるほどそれ, はいと, はしゃぎきって, はじめて, はじめてその, はじめて主膳, はじめて吃驚, はじめて気がついた, はじめて私, はじめて道, はっとした, はねつけたらしいでそいで, びっくりした, ふざけた話, ふだんから, ふと, ほんとうに, ぼんやり思い出せる, ますけれど, ますます朝寝, まだ何, まぶしさ, みさお役者は, みりゃア, みるとなあ, もう世間, もう気, もう相当, もとから, やがて引下, やっと二人, ややも, よいと, よい事, ようしきた, わしを, わずかに, ガラッ八, ガンたちは, キヨ子も, スカットランド・ヤアドが, ズルズルに, ツイ行つたんです, ニールスは, ハッと, プンプン怒っ, ペテロも, ミハルと, ヤエ子は, 一にも, 一同は, 一度だって, 一応安心, 一方では, 一派から, 一生涯明るい, 七兵衛が, 三吉も, 三浦君は, 下婢は, 下男も, 与八は, 世帯の, 世間に, 主人の, 主人は, 主膳は, 久兵衛と, 二の酉に, 二十八歳の, 二軒長屋の, 人を, 人形同様に, 今までの, 今日来た, 今更断る, 仏頂寺弥助は, 仔細に, 仕方なし, 以来栄介の, 任せると, 伊津丸は, 何だか有難く, 何とも名状, 何心なく, 価値の, 俺は, 偽官軍, 僕は, 僕へこん, 優美に, 兄の, 入口の, 全く茫然, 八五郎は, 八蔵受身に, 六樹園は, 兼久も, 再会を, 冬子は, 出たん, 刀自は, 切開の, 初めて気付き, 初めて私, 別れて, 到頭止め, 割に, 加多, 勘次郎は, 匿名で, 午後の, 厄介な, 原は, 口に, 口応えした, 台所の, 吃驚した, 同情し, 向う岸の, 周章てて, 喜造ブツブツ, 嘉助は, 団扇を, 國民は, 地主は, 壁を, 多くの, 大いに不思議, 大な, 大事に, 大原急に, 大変な, 大笑いよ, 夫は, 女は, 女房は, 姉は, 媼さんは, 嫂や, 子供たちに, 子供等は, 子安は, 学士は, 安も, 安心した, 安田は, 宗蔵も, 実に我が国, 家で, 小さな飮, 小君は, 少しは, 少し胸, 少年の, 尻尾を, 尾関昇は, 居た財産, 居ますが, 居りましたが, 居る, 居るでは, 居る位, 居る空井戸, 屋根の, 山崎は, 布地を, 帰る道, 幸福そうだった, 度々表彰, 座間の, 弁信が, 弁公すぐ, 引下った, 弱って, 彦麿も, 彼女も, 彼等は, 後に, 得意に, 御覧トボケてでも, 心が, 快く出す, 怒れないの, 思い当るの, 思わずじっと父, 恐ろしい禁制, 恐悦がっ, 悪く思われた, 憤りを, 憤然自分の, 房代省三浮山の, 扉の, 手痛いよう, 抗弁しよう, 指弾され, 振り向くと, 振り返った尚侍, 支払い済みと, 攻撃され, 文句を, 文学を, 新御番神尾喬, 新田先生は, 明石は, 普通刷毛を, 書いたもの, 望遠鏡に, 未決に, 村長にまで, 来たが, 来たけど, 来たなんて, 来たので, 来た人, 来た自分, 来ました, 来ましたっけ, 来ましたよ, 東儀も, 林之助は, 根津に, 極った, 権田原先生は, 止めますと, 正一君は, 正太は, 正直な, 正直の, 殆ん, 毎日和服で, 気がついた, 気がついたン, 気は, 氣が, 汝女房こそ, 泉太は, 泣いたの, 洋服に, 流石の, 浅田は, 浮舟の, 涙を, 深田の, 溝部は, 激怒した, 火の, 然う, 父は, 片手に, 現在かわいい, 男と, 男の子と, 男衆が, 町中みんなが, 盲人が, 直接源氏の, 眼を, 社中の, 社長に, 私大くありがたがられました, 私達は, 立替えて, 笑わればか, 笑われましたけれど, 納まるはず, 納得し, 総毛立った, 置いて, 義雄は, 翌年の, 翌日猿若, 考えて, 聞く人, 育って, 背後から, 脊中を, 腹の, 腹を, 自席に, 興奮した, 若いの, 若い男女, 苦しそう, 街中の, 表に, 西は, 見て, 親の, 詐を, 詩を, 調戯われ, 豪気濶達の, 豹吉は, 貴島は, 質問を, 足を, 路で, 辞退する, 辰さんの, 農民の, 返事を, 這, 道庵が, 道庵先生は, 野猪腹を, 銀の, 銀子も, 関西風の, 陽気に, 随分腹, 青年も, 静枝は, 飛び上るほど, 飲みなれたため, 駒井は, 駒井甚三郎は, 默りこんだ

▼ 言われても~ (235, 11.2%)

15 仕方が 5 私には 4 しかたが, 私は, 黙って 2 よい, 仕様が, 彼は, 致しかた

1 [195件] ああ慧眼, あの先年, あの医者, あの殿御, いいと, いいの, いつでも, いなければ, いままでは, おし黙って, おたがいに顔, かまいませんが, かまわない, がまんし, この女, この際, これを, これ以上は, こんな醜い, さからっては, しかたの, すかされても, すこしも恥じません, そう情なく, そこに, そのまましたがっ, その人, その意味, その気, その無邪気さ, それで正月, それまで, それらの, そんなこと, ただむっつり, だれ一人百姓, ちょっと困る, つまらないから, とても専門, どうしてもこうしなけれ, どうしてもそれ, どうもしよう, ない袖, なおもはらはらし, なんとかかとか, ふたりの, へっへっへ, まあ見, まだ我慢, まだ新, まるで夢, もう仕方, もはやそんな, やっぱり女, やれは, よいの, よかろう, わからなかったかしら, わしには, わしは, わたしには, わたしも, ストウンは, スラリと, チョット答えよう, ハンスは, パミールの, ミケランゼロを, 一向気, 一方は, 一言も, 一郎や, 上機嫌で, 不快には, 不思議の, 中根は, 事実竜之, 互に気, 今宵は, 仕方ありません, 仕方あるまい, 仕方がねえ, 仕方の, 仕方は, 何かに, 何ともありません, 何と言い返す, 何を, 保一くんは, 俺としては, 俺には, 俺の, 僕の, 先生に, 六兵衛は, 出せない荷物, 別に悪い, 別に私, 動かぬところ, 勿論信じ, 北原は, 友達に, 反問は, 叮嚀に, 問題には, 坊ち, 城主の, 変に, 外面ただ, 多数の, 大して腹, 好いと, 妹は, 子供を, 学問の, 宜から, 容易に, 少々くらいの, 尤もの, 帝鑑の, 帰る心, 帰る気, 帰ろうとも, 平気だった, 平気で, 平気です, 平気な, 弓の, 弱虫と, 役人たちには, 彼女は, 得意の, 忘れられないの, 怖い事, 思い出せなかったが, 急所に, 恋の, 我慢してなく, 手が, 手で, 挨拶の, 文句は, 断られた義理, 日本人として, 明日の, 更に分らん, 来られまいなあ, 松雲としては, 林之助は, 格別厭, 極めてそっけ, 構わない, 構わぬ, 次郎は, 残念ながら, 気が, 気の毒だ, 江戸児だ, 決して嫁, 泰然と, 淋しく笑っ, 清水は, 為めに, 無い袖, 甚だ迷惑物, 申しわけが, 異議あるまい, 痛みいる, 直に涙, 知らぬ顔を, 社会が, 私にも, 私の, 笑ッて, 総毛立つという, 義兄と, 耳に, 肝癪, 腹の, 自分は, 自分らには, 致し方が, 苦笑いに, 行った先, 誰も, 誰れ, 諸有司, 身動きだ, 辞儀も, 返事を, 返辞さえ, 逆からわ, 金魚が, 青年は, 馬耳東風祖先を

▼ 言われては~ (44, 2.1%)

1 [44件] いるが, いるの, お登和嬢, かえって声, がんちゃんも, これ以上に, たまらない, たまるまいからな, だまって, ならないと, ならぬと, ほんとに困っ, まことに済まない, わたしの, カンベンは, 一言も, 世間へ, 他に, 以前の, 仮令其現わさん, 僕は, 僕も, 全く残念, 半蔵も, 口惜し涙, 困る, 店の, 引っ込んでは, 彼も, 後へも, 御先祖さま, 恥かしい, 恥ずかしくさえ, 末代までの, 死ぬこと, 申しわけが, 相手が, 私の, 私は, 腹も, 部屋を, 開いて, 隣家へ, 黙って

▼ 言われちゃ~ (23, 1.1%)

3 我慢が 2 一言も

1 [18件] あっしの, つまらない, どんな嫁さん, なんにも言えない, もう我慢, ア一言も, ア困る, 商人は, 困るですが, 埋らないや, 少し困ります, 少し心外, 御用が, 恥だ, 私の, 親方, 閑斎は, 黙って

▼ 言われたり~ (20, 1.0%)

3 する 2 して

1 [15件] した, したよう, しては, しましたが, すること, するの, 乳の, 何か, 抱擁され, 熱田神宮で, 自分の, 菓子を, 規則ずくめに, 説教を, 諛われたり

▼ 言われながら~ (16, 0.8%)

1 [16件] この二つ, この十二三年, これには, それでも道理, たちまち過ぎ去っ, なんの, 一代に, 一行新宿駅に, 八五郎は, 寝ましたよ, 尻を, 幾度も, 早くより, 正妻と, 滅多に, 真夜中近くを

▼ 言われそう~ (13, 0.6%)

3 な気 1 だぞ, である, でしたから, でなりません, で危険, なこと, なの, なので, な記述, もありません

▼ 言われ~ (10, 0.5%)

3 しないか 2 しないかと 1 しないかを, しないだろうか, しなかったですか, すまいかと, せぬかという

▼ 言われてから~ (9, 0.4%)

1 のっぽの, もう抵抗, わたしも, 一層仲間入り, 七日目の, 以来ほんとうに, 光也は, 彼も, 皆は

▼ 言われ~ (7, 0.3%)

1 なったお, なった宮, ならなかった, なること, なるの, なれないの, 参ったの

▼ 言われちゃあ~ (6, 0.3%)

1 余り見, 俺が, 埋まらねえがんちゃん儀, 後で始末, 末世末代緑林仲間の, 末代までの

▼ 言われながらも~ (6, 0.3%)

1 ともかくも, イザこの, 事変が, 五千両以上という, 何の, 甲斐甲斐しく病人達

▼ 言われ~ (5, 0.2%)

1 が大奥隠密, が奥様, が相当, でもわかっ, ほど美しい

▼ 言われまた~ (4, 0.2%)

1 全太陽系, 取り止めも, 或る, 東亜とも

▼ 言われ~ (4, 0.2%)

1 しないのに, しねえが, するだろうな, 為まいけれど

▼ 言われその~ (3, 0.1%)

1 うちに, 居所を, 神出鬼没さと

▼ 言われそれ~ (3, 0.1%)

1 が世間, が伝わり伝わっ, が例

▼ 言われ~ (3, 0.1%)

1 が同じ, はいま, を差し向けられた

▼ 言われ自分~ (3, 0.1%)

1 でもそれ, でもよく, は追われる

▼ 言われ~ (2, 0.1%)

1 園が, 島からは

▼ 言われこの~ (2, 0.1%)

1 島から, 馬籠の

▼ 言われてさえ~ (2, 0.1%)

1 これを, 頼みに

▼ 言われでも~ (2, 0.1%)

1 したよう, 売んねえでだ山茶花

▼ 言われときには~ (2, 0.1%)

1 放埒無慙の, 自分から

▼ 言われとにかく~ (2, 0.1%)

1 噂の, 見合いだけでも

▼ 言われ~ (2, 0.1%)

1 えって, えと思ったら

▼ 言われ事実~ (2, 0.1%)

1 ある程度まで, まったくその

▼ 言われ慾張り~ (2, 0.1%)

2 とも言われた

▼ 言われ~ (2, 0.1%)

1 からは女難, との間

▼1* [109件]

言われあの者たちに, 言われあるいは柱に, 言われいろいろと考え抜いた, 言われうるかという, 言われがちだが, 言われこれもまた, 言われさらに或る, 言われしもこれを, 言われじんすけと, 言われすいぶん考えた, 言われそうして深刻な, 言われそこに光, 言われそれから教えて, 言われたりなどすると, 言われちょっと立場に, 言われついで事件が, 言われてさまるで腮, 言われてでもいるよう, 言われてなここまでは, 言われてもははあそう, 言われてやアに, 言われではまんざら年枝さん, 言われなんだは, 言われなんとも言えないご, 言われまるでダヴィンチの, 言われもしいくらか, 言われアイヌと呼ばれた, 言われショパンが即興演奏, 言われスティーヴンスンの名声, 言われバルザックスタンダールドストイェフスキー等が読み直され始めた, 言われパウロは無念そう, 言われフランス語の発生地, 言われ一人一人に紹介, 言われ一方にはまた, 言われ且つ面の, 言われ世間では意外, 言われにはひどく, 言われ中世には転じ, 言われ主張する思想, 言われ乍ら私は呆然, 言われ五八出て, 言われ修道院ではアッソンプシオン長老, 言われはうれしい, 言われ元手が非常, 言われ先方は田, 言われ先生ご自身, 言われ先祖の鬼, 言われ初めた, 言われ初めて住替えと, 言われ十三の年, 言われ十五歳の吉益亮子嬢, 言われ南信から東美濃, 言われ名高い詩人である, 言われ咀われもします, 言われ唐衣までは着ぬ, 言われ城門の下, 言われ外人が旅行, 言われ多くの人, 言われ奇妙に痛く, 言われの旅, 言われはやっと, 言われ嫉妬と言われ, 言われ宗太に手鋏, 言われ尊敬されて, 言われ小説は, 言われ幕末まで決して, 言われ平常から孫右衛門殿, 言われくない, 言われ康子はハッ, 言われ当人もその, 言われ当惑したこと, 言われも本陣役, 言われ彼女を賛美, 言われの世, 言われ後者は貴族的, 言われ恐ろしい本の, 言われとも言われる, 言われと言われ, 言われ敬遠せられる事, 言われ日向の財部, 言われ早速さまざま作っ, 言われの中, 言われ梅津においても本郷, 言われ次にただしこれ, 言われ毛唐人とも言われた, 言われ気違い扱いにされ, 言われ永保元年三井寺焼打ちの際, 言われ流石に柔和, 言われ王侯と言われ, 言われと言われ, 言われと言われ, 言われ箪笥の奥, 言われ細民部落とも言われる, 言われ紳士と言われ, 言われ美しい淡彩も, 言われ芸術作品としては想像以上, 言われ薄情だ売女, 言われ言い訳けしても, 言われ貧乏人の痩せ我慢, 言われ軍事探偵であるとも, 言われ近所の人, 言われ退院後のこの, 言われ通俗第一, 言われ遠く南の, 言われ銀子は当惑, 言われ隔年に行われた, 言われ雨一滴来ない庭, 言われ音次もちょッ, 言われ馬籠の峠