青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「言っ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

言~ ~言い 言い~ ~言いました ~言います ~言う 言う~ ~言え 言え~ ~言っ
言っ~
~言った 言った~ ~言つて 言わず~ ~言わない ~言われ 言われ~ ~言われた 言われた~ ~言われる

「言っ~」 25909, 257ppm, 367位

▼ 言っ~ (22390, 86.4%)

755 いた 620 いる 531 いるの 222 いたが 135 いるよう 122 いるが 120 いました 115 いるん 98 よい, 彼は 87 います, やった 84 下さい 81 いたの, くれ 77 みた 76 いるうち 68 しまえば, 自分の 67 笑った 65 見せた 63 見た 62 おります 61 くれた 60 出て 59 みれば 53 おいて 52 いること 49 いいか, いると 47 しまった 46 聞かせて 44 いい, ごらん, 来た 43 おくが, それを, やる, 見れば 42 みろ, 私の, 笑って, 見て 41 おいでに 38 私を 37 いたそう, いるところ, 彼女は, 聞かせた 36 やって, 置いて 35 いたよ, ください, しまうと, 帰って 34 源氏は 33 しまって, やりました 32 のけた 31 ある 29 いいの, いたよう, ましたよ, 俊夫君は, 手を, 見せて, 顔を 28 いましたが, おくれ, くれるの, みても, 私は 27 いて 26 いる時, みたが, 来たの 25 いたから, いましたよ, 来て, 米友は 24 いる間 23 いたん, いるのに, おこう, よかろう 22 ごらんなさい, しまいました, しまったの, みて, 例の 21 おく, やろう, よいの, 来る, 頭を 20 いるそう, おりました, お雪, かれは 19 おかなければ, みたり, 女は, 急に 18 いたこと, いますが, いますよ, きた, くれたの, くれました, よいか 17 おられる, みたところ, みるが, ゐる 16 いながら, やると, やろうと, 僕は 15 いるから, お銀様, くれるな, ますよ, ゐた, 彼の, 涙を, 眼を, 見せる 14 おいた, おけば, くれる, くれれば, やったの, 下すった, 今度は, 居る, 笑いながら 13 いたもの, いても, いる声, すぐに, みると, わたしは, 私に, 笑ったが, 自分で

12 [21件] いいほど, いるか, いる通り, おられた, くれる人, しまってから, やったん, 人を, 何か, 口を, 寝て, 居ります, 帰った, 彼を, 父は, 竜之, 聞かせても, 腰を, 見せるの, 見ろ, 非常に

11 [19件] いない, いましたから, いらっしゃるの, おきながら, おくの, お君, お種, お辞儀を, くれたまえ, また, わたしの, 一緒に, 両手を, 夫人は, 女の, 来ました, 自分は, 自分も, 見たところ

10 [30件] いいかも, いるじゃ, いるでは, いるとき, いるらしい, いる人, おくん, お角, きて, くれるん, しまった方, それから, ました, みせた, やりたかった, よかった, よこした, 七兵衛は, 俺は, 僕の, 先生は, 慰めて, 持って, 来たが, 置く, 聞かして, 見ても, 見ると, 部屋を, 金を

9 [35件] いいくらい, いたと, いるだけ, いるに, いる言葉, おきたいこと, おきますが, お絹, くれないか, そこに, それは, のけて, やるが, やれば, んのよ, カラカラと, 二人は, 半蔵は, 声を, 奥へ, 居りました, 居るが, 居るの, 来い, 泣いて, 独りで, 私が, 立って, 置くが, 自分が, 見ること, 見給え, 話を, 首を, 騒いで

8 [52件] あとは, あるの, いいだろう, いたし, いたところ, いたので, いたわ, いましたっけ, いやがる, いられるの, いるかと, いるけれど, いるのよ, いるよ, いる内, いる場合, いる者, お松は, がんりきは, くれたので, くれと, くれます, くれると, これを, しまうの, すまして, みましょうか, やりたかったが, やること, やるん, やれ, やろうか, ら, 三吉は, 僕に, 先に, 子供の, 彼女の, 村の, 来たので, 横に, 正太は, 溜息を, 男は, 目を, 相手の, 聞かせました, 聞かせると, 聞かせるよう, 舌を, 見たが, 静かに

7 [46件] あるのに, いいくらいの, いいでしょう, いるその, いるという, いるので, いる中, いる所, おきたい, おきたいの, おられました, おられるの, くれたが, くれて, くれなかった, くれよ, くれ給え, これは, しまっては, そこを, それが, ますぜ, みました, みるの, もらいたいの, よこして, クルリと, サッサと, 二人を, 兵馬は, 博士は, 奥の, 子供を, 席を, 心配し, 急いで, 次郎の, 無理に, 皆を, 神尾主膳は, 米友が, 置いた, 膝を, 自分を, 言葉を, 訊いた

6 [60件] あげよう, いたあの, いたかい, いたじゃ, いたのに, いるあいだ, いる様子, おかねば, おくれよ, おりますが, お民, お礼を, お銀, お雪ちゃんは, くれさえ, くれるなと, くれるもの, しまいます, しまうこと, しまっても, そこへ, その人, その場, たって, ちょうだい, みな, みる, みんなが, み給え, よいほど, 人の, 俺の, 僕を, 入って, 出かけて, 可い, 呉れ, 外に, 外へ, 好いか, 御覧, 御覧なさい, 復た, 微笑した, 教えて, 来たん, 次の, 母の, 母は, 立ち上った, 米友を, 老人は, 聞かせる, 聞かせるの, 葉子は, 薫は, 見せると, 身を, 逃げて, 道庵は

5 [115件] あげようか, あたりを, あなたを, いいであろう, いたけど, いたけれど, いたぜ, いたという, いないで, いないの, いましたね, いますから, いらっしゃいました, いるけど, いるわけ, いる事, いれば, おいたじゃ, おきました, おしまいに, おられるが, おる, おるの, お俊, お倉, お庄, お爺さんは, きかした, きかせても, くる, くれたこと, くれたり, くれない, くれるよう, けろりとし, ここに, ここへ, このまま, しまいましょう, しまう, しまえ, しまったん, その日, その時, そばへ, それに, のけたの, のけました, ます, みい, みたまえ, みんなで, もらいたい, やったよ, やっても, やるの, よいくらい, よろしい, らっしゃるの, んじゃ, んだ, ドアを, ポケットから, 一人が, 下さいませ, 下さいませんか, 両手で, 中の, 人に, 何の, 何も, 俺を, 出た, 別れた, 前に, 呼んで, 喜んで, 女房たちは, 娘は, 家の, 家を, 尋ねて, 岸本は, 幸内は, 座を, 彼女を, 待って, 憤慨し, 懐中から, 手に, 手紙を, 挨拶を, 断わって, 来た由, 来ない, 来られた, 気を, 泣き出した, 男の, 置かないと, 罵って, 義雄は, 聞いて, 聞かせる事, 聴かせた, 能登守は, 見たり, 見よう, 貰いたいが, 退けた, 遣った, 遣って, 酒を, 金兵衛は, 頭の

4 [187件] あった, あわてて, いい位, いたか, いたくらい, いたっけ, いたって, いたな, いたね, いた人, いた時, いちゃ, いっしょに, いつまでも, いなかった, いましたけれど, いましたぜ, いやがると, いらしたわ, いらしった, いられた, いるかも, いるくらい, いるけれども, いるし, いるとは, いるほど, いるみたい, いるもの, いる意味, おいたの, おいたのに, おいで, おくがね, おくこと, おしまいなさい, おりましたが, お光, お島, お膳, きかして, きかせた, きかせて, きかせました, きたから, くれても, くれません, くれる者, ここで, これも, こんどは, さすがに, しまおう, しまおうと, しまったあと, しまったから, しまったこと, しまっちゃ, しまわなければ, そこの, そのこと, そのため, その男, ないで, にこにこし, はいって, ほかの, ましたから, ましたね, みせて, みたかった, みたって, みたの, みなさい, みんなを, もらいたいと, やったが, やったところ, やったわ, やります, やるから, やるわ, やんで, よいほどの, らあ, らア, わたくしを, んの, アリョーシャは, チラリと, ニヤリと, 一本の, 三吉が, 下さいな, 下さいまし, 下さいました, 下さった, 下されば, 不破の, 中将は, 主人は, 主婦は, 主膳は, 了え, 二人で, 二人の, 今の, 俺に, 先方の, 先生に, 出たの, 別れたの, 前の, 半蔵の, 取って, 呉れた, 嘆息した, 大臣は, 姫君は, 娘の, 安心し, 小田さんは, 居たの, 居りましたが, 山の, 差支えない, 帰して, 帽子を, 床に, 座敷の, 弁信法師は, 弟の, 彼が, 彼に, 後ろに, 微笑し, 微笑を, 心の, 悦んで, 戸を, 指を, 断った, 机の, 来たこと, 来ても, 来るが, 来るの, 歩いて, 死んだ, 母が, 母親の, 淋しく笑う, 淋しそう, 清三は, 火鉢の, 父の, 玄関の, 皆が, 相手を, 眉を, 立ち上りました, 笑われた, 置いたよう, 置きたいこと, 美少年は, 考えて, 聞かせたが, 聞かせるが, 肩を, 自身の, 誰も, 課長は, 貰えば, 貰おうか, 身体を, 車を, 輝子は, 退けました, 部屋の, 長火鉢の, 閭は, 面を, 面白そう, 馬を, 駒井は, 駒井甚三郎は, 驚きました

3 [370件] あげても, あげるわ, あとから, あとで, あるが, あるん, い, いそいで, いただけ, いたでしょう, いたらば, いたんだそう, いた男, いた言葉, いないと, いばって, いましたか, いますがね, いますわ, いやに, いらっしゃる, いられる, いるあの, いるかの, いるぜ, いるだけの, いるとか, いるな, いるね, いるはず, いるまで, いるらしいが, いるらしかった, いるらしかったが, いる暇, いる源氏, いる自分, いろいろな, うちの, おいたとおり, おいたん, おいても, おかみさん, おきましょう, おきます, おくと, おくれでない, おげん, おった, おやり, おられたが, おられます, おりましたよ, おりますか, おりますと, おりますのよ, お三輪, お前を, お叩頭, お帰り, お聞かせ, お角さん, かの女, からからと, かれの, がんりきが, がんりきの, きかなかった, ききません, きたの, きました, きましたが, くださいませんか, くださらなかったの, くだすった, くだすって, くるりと, くれたのよ, くれって, くれないじゃ, くれなければ, くれますが, くれるか, くれること, くれろ, くんな, この時, ごまかして, さすがの, しまいたいの, しまいな, しまうか, しまったと, すずめは, その中, その翌日, その足, その金, それで, それと, ため息を, ちょっと言葉, どこかへ, なんの, にやりと笑った, ほめて, ましたわ, まじめに, みせるの, みたい, みたいこと, みたいよう, みたらどう, みたん, みましたが, みましょう, みますと, みようか, みようが, みようと, みろと, みんなの, もとの, もらいたいん, もらうと, やったこと, やったもの, やらずには, やらなければ, やりたいと, やりたいの, やりたかったの, やりましたよ, やりましょう, やるつもり, やるよ, やる事, やれよ, やろうかと, よろこびました, わけを, わたくしが, わたくしは, わたしを, ソバケーヴィッチは, チチコフは, ナイフを, ヒョイと, ムク犬を, 一々その, 一人で, 一枚の, 三郎は, 下さいって, 下さいッ, 下さると, 下さるの, 下座敷, 不意に, 与八を, 世間の, 丸木は, 主人の, 了う, 了った, 今度の, 他の, 仲間の, 何に, 何度も, 供の, 俊亮の, 俺が, 借りて, 側に, 兄は, 先生が, 先生の, 出して, 励まして, 勧めて, 半蔵を, 叔父さんは, 叫びを, 台所の, 台所へ, 叱った, 右の, 呉れる, 唇を, 嘆いて, 四方を, 土蔵の, 壇を, 多くの, 大きく笑った, 大急ぎで, 大月は, 大概の, 大騒ぎを, 夫人の, 奥に, 女が, 女を, 女中を, 女房と, 姉を, 姿を, 嬉しそう, 子供は, 客は, 宮は, 家に, 寿平次は, 尋ねますと, 少女は, 尼君は, 居たが, 居たよ, 居ますよ, 居られた, 居られぬ, 居りますが, 居士は, 帰す, 帰りました, 帰る, 帰ろうと, 平気で, 床の, 座敷へ, 庭へ, 弁信は, 引きあげて, 弟を, 当時の, 彼も, 彼女が, 彼等は, 後に, 後は, 怒って, 怪我を, 息を, 悲しんで, 折助は, 挨拶する, 振返って, 掌で, 断って, 新吉は, 昨日の, 最後の, 月に, 月の, 木の, 来たもの, 来てね, 来なかった, 来ますよ, 来るか, 来れば, 森彦は, 槍を, 機嫌を, 次郎は, 歎く, 歎息し, 正面から, 母親は, 毎日の, 気が, 泣いた, 泣きも, 泣くの, 深い溜息, 澄まして, 無理やりに, 煙草を, 熱心に, 父に, 爺さんは, 玉鬘夫人は, 白雲が, 白雲は, 皆は, 相手が, 相手に, 神尾は, 福松は, 私から, 私たちは, 窓を, 立ちあがった, 立ちあがると, 立ち上り, 立ち上ると, 立った, 笑うもの, 笑ったそう, 笑ったり, 箸を, 節子は, 米友に, 米友の, 紀久子の, 素直に, 置いたの, 置きたい, 置きたい事, 置きながら, 置きますが, 置こう, 罵った, 美人は, 老人が, 耳を, 聞いた, 聞かした, 聞かすまでも, 聞かせなさい, 聞かせること, 聞かなかった, 聞せた, 聞せて, 胸を, 膝の, 自分に, 舞台に, 船頭は, 苦笑し, 茂太郎は, 薬を, 行こうと, 行って, 褒めて, 襟を, 見たの, 見る, 見るが, 見るの, 見るもの, 言えないこと, 訊くと, 訪ねて, 誘った, 貰いたい, 貰うまい, 足の, 車の, 迎えて, 退けて, 道庵が, 金助は, 鏡を, 長十郎は, 関守氏は, 院は, 隣の, 電話を, 非難する, 頂くと, 頂戴, 頭から, 頼みますと, 頼んだ, 馬の, 馬車の, 驚いて, 黙って

2 [932件 抜粋] あげて, あげる, あったの, あなたが, あなたは, あの男, あるから, いいこと, いいもの, いきなり部屋, いそいそと, いたその, いただきたい, いただくと, いたなん, いたのよ, いちは, いつもの, いなすったよ, いましたわ, いますぜ, いますね, いません, いら, いらっしゃいます, いられたけれど, いられたので, いられないの, いるこの, いるつもり, いるでしょう, いるとも, いるのみ, いるよりも, いるわ, いる一つ, いる位, いる出羽守, いる如く, いる様, いる癖, いる私自身, いる途端, いる顔, いろいろと, うしろを, おいたが, おいたよ, おいた通り, おかないと, おきみ, おくよ, おく方, おしおは, おしまいよ, おったの, およこし, おられたこと, おられたよう, おられましたよ, おりますよ, おるん, おれを, お仕事, お別れ, お前の, お医者さん, お嬢様の, お弁当, お松が, お松を, お父様, お聞き, お茶を, お辞儀した, お酒, お雪ちゃんが, から口を, かれら, きかしても, きかせるの, きかないの, きたが, きても, くださいよ, くださると, くだされば, くること, くれたけれども, くれたもの, くれたらよ, くれた時, くれという, くれなかったの, くれなくても, くれましたよ, くれるかも, くれるし, くれるわ, くれる言葉, くれ私, ぐずぐずし, こい, こちらの, このよう, この女, この頃, これが, ごらんと, さぶちゃ, さわいで, しばらくの, しまいますが, しまい給え, しまうが, しまうならば, しまえよ, しまったところ, しまったら, しまった時, じぶん, すたすた歩き出した, すみません, そこまで, その, そのま, そのわけ, その女, その晩, その理由, その肩, そばに, そわそわと, たぬきは, だれも, ちょうだいよ, つづいて, ていねいに, とうとう出, どうする, ながめて, にやにやし, にやりと笑う, のける, のけると, はいられませんから, ばかに, ぴょこんと頭, ふところから, ほかに, ほほと, ほめそやした, ぼんやりし, ましたが, ますが, またもと, また一つ, また蒲団, みせると, みたいが, みたくなった, みただけの, みないか, みようの, みるだけの, もらいたいこと, もらいたいね, もらいましょう, もらおう, もらっちゃ, やがて岸本, やったつもり, やらなかった, やらなかったの, やりたい, やりたい気, やりましたの, やりましょうか, やるよう, やんだい, よいであろう, よいと, よいもの, よこしたが, よこしたん, よこすん, らした, らっしゃる, れいの, わたくしの, ゐたの, ゐるが, イワン, ガックリと, ガラスの, ガラッ八, コゼットの, チチコフも, テーブルの, ニタリと, ピシャリと, プイと, ホッと, ポイと, マニーロフは, 一と, 一人の, 一座の, 一方の, 七兵衛が, 三人の, 三吉と, 上衣の, 下さいますな, 下さいわたし, 下さっても, 下さらなかったの, 下さるから, 下さるなよ, 下女の, 不機嫌そうに, 与八は, 与次郎は, 中将の, 乳母を, 了おう, 二人し, 亮助は, 人間の, 今まで, 伏目に, 何でも, 作爺さんの, 使いでも, 側の, 傍の, 僕が, 元気を, 兵馬の, 兵馬を, 出かけたきり, 出たが, 出掛けたきり, 切り捨てて, 別れを, 勇気を, 勧めたが, 千二の, 南条は, 去って, 叔父が, 叔父の, 受けつけない, 口の, 古川の, 叱られる, 右近は, 同意を, 君の, 君を, 吾家へ, 呼びに, 呼んだの, 咎めると, 喜んだ, 嘉助は, 困った, 困って, 地方の, 堅く口, 声たて, 変な, 外なる, 大いそぎ, 大よろこび, 大声に, 大声を, 大笑いした, 天下の, 女中に, 女房の, 妙な, 妹は, 妻の, 妻を, 姉は, 娘に, 婆やが, 嫁は, 客に, 家へ, 容易に, 寂しそう, 寄って, 寿平次が, 尋ねました, 小夜子は, 小屋を, 小平太は, 小田刑事が, 少しとぎれ, 尾田の, 居ましたが, 居られました, 居るうち, 居るです, 屏風の, 川の, 左右の, 差支えないの, 巴里の, 布団を, 席に, 帯を, 帰りましたが, 年は, 庭の, 庸三の, 弓子は, 引退る, 彼女に, 彼等の, 後を, 御機嫌, 御簾を, 御覧よ, 応じなかった, 快活に, 念入りに, 思うよう, 恭しく頭, 悠々と, 悪態を, 悲観する, 意見を, 愚図, 慕って, 戒めた, 扉の, 手帖を, 承知しない, 投げて, 抜打ちに, 振り返ると, 救いを, 教室を, 断るの, 新しい野菜, 明らかに, 書いて, 書きかけの, 曾根は, 木之, 本を, 来いよ, 来たから, 来たり, 来たんで, 来は, 来ましょう, 来ると, 来るよう, 東京の, 枕を, 校長は, 椅子の, 榊は, 横っ飛びに, 橋本の, 歎い, 歎息を, 正勝の, 正月の, 歩き出したが, 歯咬み, 死ぬの, 水を, 沙金は, 泣いたが, 泣きながら, 泣く者, 津村検事は, 海へ, 涙ぐんで, 淋しげ, 清三が, 源三郎の, 源三郎は, 灯を, 無闇に, 物思わし, 犬の, 玄関へ, 甚三郎の, 甚兵衛は, 画家は, 異様な, 病床の, 皆な, 盃を, 目も, 相談を, 眼の, 着物を, 知らない家, 神尾が, 祷ったが, 私どもの, 空虚な, 立ちかけました, 立ち上ったが, 立ち去った, 立上った, 立去った, 竹の, 笑いました, 笑いを, 笑い私, 笑うと, 笑ったの, 笑われて, 笑を, 笹村の, 節子と, 約束した, 紳士は, 縁側に, 繁が, 置いたん, 置きました, 置くから, 置くけれども, 翌る, 老婦人, 聞かせたの, 聞かせなくては, 聞かせよう, 聞かせるもの, 聞かせるん, 聞かない, 聞せるの, 能登守の, 腹を, 自分でも, 自動車の, 自家に, 舞台の, 良いこと, 芳子は, 苦笑する, 茶いろ, 莞爾として, 落ちて, 葉子が, 蚊帳の, 行けば, 衛門督は, 袂の, 襦袢の, 見たいの, 見たけれど, 見たって, 見た時, 見ようと, 誇って, 誰が, 豊世は, 豹一の, 貰いたくねえ, 貰うの, 買って, 賞めて, 足を, 軽蔑し, 辞して, 近くに, 退けると, 通った, 過言では, 達雄は, 釜の, 鋭い眼, 長ん, 門の, 降りて, 障子を, 雨の, 面白がっ, 頂きたいの, 頂戴よ, 頑固に, 頬を, 頼むの, 顫える, 飛び出すと, 食って, 馬車を, 駈けて, 騒ぐの, 髭を

1 [8916件 抜粋] ああいう, あけ放した縁, あざ笑って, あって, あの殿様, あらゆる物理的現象, ある旅行者, あんまり執拗, いい大村, いかにも山, いけないところ, いたしかるに, いたつまり, いたもん, いた倉持, いた心筋変性症, いた瓢, いちがいにほめる, いつも主人, いなけれや, いました私, いませんでしたか, いや来ねえ, いらしたわね, いらっしゃるから, いられぬ破目, いるうちはさ, いるそば, いるなどは, いる事件, いる叔父, いる学科, いる揚合, いる深い, いる美しい若い, いる間もなく, うさん臭そう, うめいたの, おいたという, おおいに重宝, おきたく思うこと, おくれそう, おく事, おじいさんが, おどおどし, おねんね, おらるる, おらんだろう, おりんの, お了, お千代, お小遣い, お松の, お盆の, お聞かせなさらない, お金と, かっぽれ, からかわれたので, きかせたがるの, きかせる時, きたわ, きみわるそう, くださいさあ, くださらないもの, くるよ, くれたこれ当家, くれたろうね, くれどっち, くれなかったん, くれら, くれるまで, くれハイ, くわしくその, こいと, こっちの, このごろ老人たちが, この土地, この老人, こられたので, こんなこと, ごらんなせ, さきで, さっさとここ, さて五本, さらに紙片, しきりにとめました, しっかりした, しばらく言葉, しまいましょうわたし, しまうのよ, しまおうとして, しまわないこと, しょんぼりし, じっと眼, すぐ二階, すぐ駅長室, すでに, せがまれると, そうしてさっさと, そしてドイツ, そのうち, そのまま公重, そのまま黙った, その二つ, その十五郎, その実, その方, その煙草, その老, その車, その鞄, それからくどく, それから女, それから私達, それでもとても, そろそろ上陸後, たいへん喜ん, ただちにここ, たぬきの, だんだんその, ちょっと会釈, ちり鍋に, つっつこうと, でかい声, とき色の, とみの結婚に, どうしても弁償, どなるじゃ, なお烈しく, なだめて, なるだけ, にこやかな, ぬかずき先駆, のけますが, のける赤崎才市, のろのろし, はじめて相手, ばかばかしがっ, ひとりよがり, ひどく硬, ふつうの, へたに, ほっと嘆息, ぽつぽつ本音, ましたの, ませんでしたよ, またひとり, また一朱金, また啜り上げました, また戦, また短歌連作, また高い, まっかに, まるで案内記, みせます, みたくなるの, みなさん呆れ, みりゃ卸し屋, みる声, みんな一時間ずつ, もう一度ニッコリされました, もしあの, もらいたいそう, もらいますまい, もらわないよう, やさしくほほえんだ, やったはず, やったら可, やってきて, やはり泣き出した, やらなけりゃ悪い, やりましたがね, やるだけの, やろうかしら, よいから, よい方, よく後者, よこされる頭, よこすには, らこの間越した, らアね, わざと質素, わしの, ゐるうち, アパートの, カアルは, キョトキョトと, コップの, シャツを, ズブリ, チョットほか, ナヂェージダの, ノメノメと, バラ蒔きました, フィリップは, ペンキ塗の, マダムは, ヨソイキの, ロココという, 一両二分の金を, 一声快, 一散に, 一歩進ん, 一途に, 三ツ組の, 三次が, 上げたが, 上包みを, 下さいね, 下さったので, 下せえ, 不審らしく, 与えるの, 中啓を, 主人を, 乗せられたん, 了いました, 二三滴の, 二千両の, 二間きりない, 五年間マゲを, 人々を, 今に, 仏蘭西を, 仙吉に, 伊都子は, 伸子に, 何が, 何処か, 作という, 俊三の, 俳優ながら, 傘の, 兄が, 先占宣言を, 全く三心, 六年の, 内から, 再度生, 凝然として, 出せるもん, 出掛けましたが, 切り立った一つ, 別れたものの, 前から, 力んで, 勝った奴, 北村さんに, 十八歳先妻の, 半刻, 博多と, 去った跡, 反って, 取巻いて, 口止めされた, 叫ぶ者, 叱りも, 吉原行きを, 同時にふたり, 君だって, 呉れたもの, 呻りつづける, 和尚さんは, 唯一の, 喜ばして, 喧しい, 嚇したの, 困ること, 土地ッ子を, 地団駄を, 執念ぶ, 墓掘りです, 変った品, 多門は, 大いに困っ, 大きな水筒, 大勢が, 大尉は, 大納言家の, 天野に, 奉公人の, 女客, 妙子さんは, 始める, 威圧する, 嫌います, 学問を, 安心した, 実は貴様, 家から, 寄こした, 寄越しました, 寝台から, 尊氏へ, 小僧には, 小林に, 小蒸汽船, 少くも, 少年助手の, 居たワ, 居られるの, 居るよう, 屈み込んだ, 山蛭や, 巡回しないらしい, 差別待遇を, 帰されたん, 帰りに, 平三爺, 幸吉は, 床を, 康雄が, 引きと, 引っぱり出して, 弟子は, 強請が, 彼と, 待構え, 御一緒, 御親切, 心忙わしそうに, 応対した, 怒らして, 思いも, 急遽東京, 恨む場合, 悪魔を, 愛する弟子, 慎み深い, 懇, 戻った, 手伝い始めた, 打たれたの, 抛りだすよう, 拙者の, 指切りを, 振落そうと, 描くの, 故大納言家, 敦圉いた, 文学に, 断わろうか, 旅を, 日本左衛門は, 昌吉は, 春らしい, 時代の, 暗い燈籠, 暴動における, 最も戒心, 朝から, 木村さんは, 机に, 来たか, 来た一回目, 来た馬鹿, 来なさるが, 来られたり, 来る日, 板の間を, 柳吉に, 校長先生が, 森山が, 槍か, 次から, 止めるの, 武士たちが, 死ぬ, 殿下が, 毛唐に, 気持を, 池田は, 河原さんは, 泣いたり, 泣き出すほどの, 注進に, 浜へ, 淋しく微笑んだ, 清川虹子にも, 渡殿に, 滅多に, 濡縁に, 無念そうな, 焼け跡の, 熱って, 片手を, 特別の, 献上組を, 珍しがっ, 甘えたそういう, 生活の, 田舎へ, 画は, 異議を, 発足する, 皆がかりで, 盤面を, 相変らず, 看護婦なぞの, 眼に, 矢張勇吉の, 石斛う, 礼状を, 禅の, 秋をば, 空屋敷の, 立ちかけたが, 立ち竦んで, 立馬に, 笑いものにでも, 笑ったりも, 箒を, 粟も, 紙包を, 細君や, 結婚を, 継母はにが, 縁談を, 置いたのに, 置くくらい, 置放し, 群がり迫る人たち, 老妻, 聞かされたに, 聞かせその, 聞かせますと, 聞かせ給え, 聞せられた時, 聴かせるのに, 背に, 脅かした, 腰に, 自分にも, 自然と, 舌打ちを, 芥子坊主の, 若々しい眼付, 苦しめられます時, 茶碗の, 莞爾と, 蒼くなっ, 薬瓶を, 血潮の, 行った, 袋を, 褒めそやしこれから, 見せたり, 見せる節子, 見た方, 見よう私, 見る気, 覗くよう, 言ううち, 記者たちは, 試めす, 話には, 誠に温順, 請じたです, 議長ぶりの, 負けるつもり, 貰いたかったが, 貰った方, 貶した, 赤い舌, 起き上られた, 足立は, 躓ずいた, 軽々しく断定, 辞儀を, 近づくん, 追い立てようと, 逃げたの, 通りました, 運転台の, 道路だけが, 遣りましたんで, 邸を, 里の, 金弐十両とった, 銀の, 錦絵の, 長柄の, 関東方が, 陽子の, 隣家から, 雪の, 青い目, 非難した, 頂けば, 頬冠り, 顎鬚を, 飄然と, 飛騨から, 食物屋で, 餞別の, 馬造氏は, 駒井甚三郎が, 騒ぐくせ, 高瀬に, 鷹の

▼ 言っても~ (2007, 7.7%)

39 よい 25 いい 20 よかった 19 いいくらい 18 それは 16 彼は 15 いいの 14 過言では 11 私は 10 よいの 9 いいほどの, 可い 8 これは, それが, 仕方が, 差しつか 7 いいでしょう, いいほど, よいくらい, 宜い 6 いいくらいに, いいくらいの, いいだろう, それを, よいほどの, 私が, 誰も 5 いいよう, よいでしょう, よかろう, 同じこと, 無駄だ 4 いいかも, いいが, 何にも, 岸本は, 私の, 自分の, 駄目だ

3 [30件] あなたは, い, いいです, いいもの, いいん, いい程, これが, そこは, よいが, よいほど, よいよう, よろしいの, わたしは, 事実は, 人は, 可い位, 女は, 好い, 少しも, 差支えない, 彼女は, 決して過言, 相手は, 私には, 自分が, 足りない, 過言でない, 間違いでは, 非常に, 駄目

2 [67件] あなたの, いいさ, いいと, いいね, いいほどに, いいわけ, いくらも, いられないので, おれは, お前は, かまわないと, ここは, こっちは, これらの, さしつかえない, さしつかえの, そこには, その人, それも, だめである, だれも, ほんとうに, まだほんの, まだ宵, よいであろう, よいという, よい位, よくまた, よさそう, わたしより, 一つの, 一日も, 不当で, 中, 人を, 今さら何, 何の, 何も, 信じて, 俺は, 僕が, 僕の, 同じ事, 君は, 女の, 好い位, 差支えは, 差支は, 平田篤胤没後の, 幸太郎は, 当時の, 日本の, 昔の, 未だ足りない, 甲斐が, 聞かない, 自分は, 良い, 葉子は, 言いたり, 言うこと, 返事を, 雨が, 面と, 馬籠の, 駄目です, 黙って

1 [1423件 抜粋] あいつの, あそう, あなたなんとも, あのレコード, あの当世ふう, あの蓬莱屋, あまりはなはだしい, あまり突, ありがたかった, あれほどの, いいいわゆる, いいって, いいところ, いいわ, いい上品, いい動勢, いい快感, いい谿流, いかに多種多様, いけない何, いたが, いつまでも, いまは, いや虎魚, いろいろありまし, いろいろの, うすく人影, うまいこと, おいらんだって, おそらくぼく, おそらく私, おとよが, およそお, およばぬほど, おれたちの, お互いきらいだったら, お前さんの, お医者, お好み焼, お役人, お氷, かえ, かなり手際, かまいません, かまわねえん, かりにいちいち相談, きかねえでへえ, きみは, きわだっては, こいつは, こうなった, ここのは, こっちの, このあたり, この人, この半年以前, この地名, この数年間, この枯淡, この私, これから将来, これだけ, これとは, これ以上勤める, こんなやかましい, こんな無法, ごくささやか, さしつかえあるまい, さしつかえは, さすがは, さらに答え, しかつめらしく軽はずみ, しゃらくな先生, すこしも不平そう, そうこみ入った, そうせね, そうなり, そう一々見張り, そこで私, そのころ, そのまま返し, その三歳, その中堅, その姿, その当日, その日, その空軍, その詞, その間停電が, それから, そんなに言い過ぎ, たいした無理, たかが手仕事, ただうんうんと, ただもうわなわな, ただ庭, たったわれわれ三人, ちっともお話, ちゃんと大学令, つまり私, とうさんの, とにかくも, どうしても承知, どうしても聴かねえ, どうにも, どちらでも, ないもの, なかなか寝なかった, なぜ否定, なんせ日本人, なんの, はいはいでは, はじまらない, はじめは, はなはだしい誇張, ひとまたぎな, ふさわしいかも, ほとんど命令, ほんの二三度行きずり, ほんの幼少, ぼんやり自分, まあさしつかえない, まず安心, また泣く, また言われ, まだいくらかある, まだなん, まだまだこの, まだクローリナ, まだ二人, まだ充分, まだ探索, まだ話, まだ返事, まだ離婚, まるっきり味, むずかしいくらい, むだな, むろんギリシア語, もうしかた, もう二十五, もう始ら, もう老人, もう追っ付くまい, もしチチコフ, もちろん心ならずも耳, もちろん鎧武者, もとからの, もとより官能, やさしかろう, やっぱり嘘, やはりいちばん人間, やはりまず思い出す, やはり人間, やはり美味い, よいくらいに, よいと, よいので, よい同じ, よい点, よい程, よい豪犬, よくって, よしあしが, よし精神, よろしいが, よろしいでございましょう, よろしうございます, わからねえの, わかりゃしないじゃ, わが父, わずか二三, わるい女, われわれ北半球人が, オフィスの, キリが, ケリイは, ステーントン・モーゼスで, ダメだ, ツルゲーネフ個人にとっての, ナサケない, ハハ言ってる, フランペシヤだけは, マリユスに, ヤエ子は, 一つ一つ谺に, 一人は, 一日に, 一種の, 丁度松山, 三つの, 三万八千石の, 三十歳前後の, 三四年前には, 三月ものは, 上の, 不作法千万と, 世を, 中将は, 主人は, 乳母は, 事実を, 二十五六も, 二条の, 五つばかり, 五十を, 亡った, 人に, 人生の, 人間同志では, 今まで, 今回改題の, 今日この, 仏教は, 仕様の, 以前の, 仮にも, 会見を, 伴大次郎無論, 何が, 何を, 侮辱を, 俳諧は, 借家主婆さんの, 偽善めく, 僕に, 僕自身のは, 儲けの, 兎も, 六七冊くらいの, 六条院が, 其処に, 出ないかも, 分からないねえ, 分りにくい, 判りゃしません, 別にそううるさい, 別に差支えない, 別に心, 別に面倒, 別段力, 到底女, 割合に, 動いちゃ, 動かし難い, 動けないの, 十一二歳の, 千樫, 印度は, 厳然として, 叔父は, 取り上げる人, 取り返しの, 口を, 古い名称, 古来京都が, 只言う, 可かろう, 吉左衛門の, 同時にこれ, 名望から, 吾, 周助は, 命から, 和算の, 唯の, 嘘じゃ, 困ります, 固より, 国家の, 土の, 地面に, 壮士坊主なら, 変らず若く, 夕景まで, 多くは, 夜あげる, 大きな声, 大して言い過ぎ, 大名以上の, 大概の, 大部屋だ, 天明寛政年代の, 太郎の, 女中一人出, 女給の, 好かったです, 姉は, 始まるまい, 子は, 孔子の, 学校には, 宇野の, 定めの, 宜いのです, 宜しいの, 実はお, 実は二度, 実は癆症, 実際三百坪, 家族が, 容易な, 宿は, 寺から, 小便臭い, 小柄で, 小雛, 少しは, 少し蓮葉, 少数の, 山の, 岸本に, 川口等が, 差し当りの, 差支えあるまい, 差支えないほど, 差支の, 市の, 幇間は, 平尾は, 平気です, 幼い両人, 幽霊に, 広瀬さんの, 建って, 張合の, 強情に, 当時における, 当然の, 役に, 彼の, 待っては, 従兄です, 御用聞の, 微笑んでばかり, 心から幸福, 心外であり, 必ずしもいつもそうだ, 応と, 思い切ろうとは, 恋の, 恐らくこの, 恩人として, 情を, 意味は, 慣れない荷, 憂鬱だった, 我に, 戦時の, 打つとか, 承知する, 指導者の, 損益が, 敢えて過称, 数ヵ月が, 文化は, 文字に, 旅は, 既製品を, 日本人の, 旧本陣, 昆布だしに, 映画でしか, 是非会わなけれ, 普通の, 暁方だった, 朝から, 木曾街道要害の, 本当にし, 本田の, 東の, 松葉が, 根性の, 案内も, 森谷家の, 構わないでしょうか, 欲ばかしに, 此の, 此様な, 死なねえん, 残念です, 殿様は, 毛皮の, 水仕事が, 江戸は, 決してひと, 決して兇暴, 決して恥ずかしく, 決して長男夫婦, 油絵の具は, 法どおり石を, 浮山さんは, 淫婦の, 渡しちゃ, 漢文の, 濁り気, 火山が, 無い, 無理だったろう, 無駄と, 父が, 爺さんは, 狭く俗信, 猫は, 玉鬘は, 生けるイノチ, 田舎ざむれえなんて下らねえ, 甲州の, 番頭の, 白状せず, 盲目です, 直訳手法に, 県令には, 真女形, 矢張り自分よりか, 石地蔵が, 神尾あたりは, 秀吉などよりは, 私と, 私自身の, 程度が, 立法によって, 端物では, 笑わずそうして, 筆で, 簡単な, 純白な, 紹介しも, 経済知識の, 絶えず往来, 縮こまり初夏, 美濃衆の, 羽後の, 耳へは, 聞えないの, 聞かないもの, 聞きいれられそう, 聞入れないほど, 肚の, 肝心の, 腑に, 腹を, 自惚れて, 自然の, 舞台がい, 船頭が, 良い程, 色々で, 若い人たち, 若殿は, 草深い田舎, 落ち着いた日, 葛岡は, 薩摩で, 蝦蟇の, 衣の, 見えも, 見る影, 親方は, 解らない事, 言いすぎること, 言い過ぎでは, 言語挙動から, 誤りでは, 誰一人判っ, 諏訪神社の, 負けて, 貴方の, 趣味から, 踏外しの, 軍の, 迎合的な, 近親数人を, 追いつかねえが, 追及する, 通ぜぬため, 通用しないだろう, 連俳の, 逸作のは, 過ぎること, 遥か過ぎる, 郵便制は, 重蔵は, 銀子には, 録音の, 長い目, 開いたばかりの, 間違えなしさ, 陸羽の, 随分通用, 隣の, 離そうとも, 雪に, 青年時代から, 鞄が, 頑として聴き入れませんでした, 食べ物を, 駄目わしに, 高尚な, 鳥の

▼ 言っては~ (396, 1.5%)

17 いけない 16 いけません 6 ならぬ事 5 いけないの 4 いけませんよ, おかしいが, ならぬ, なりませんよ, 悪いが 3 なかった, なんです

2 [20件] いかんよ, いけないこと, いけないよ, いたが, いられなかった, いる, おもしろがり, ない, なりません, みんなを, 困ります, 困りますよ, 変だ, 大袈裟だ, 悪いと, 父に, 誘いに, 足らず全く, 里方から, 駄目だ

1 [286件] ありゃしないどうか, あるいは言い過ぎる, いかん, いかんの, いけないいか, いけないすべて, いけないぞ, いけないと, いけないん, いけない事, いけない夫人, いけない私, いけない言葉, いけない食べるため, いけねえ旦那腹, いけま, いけますまいと, いけません一切わたし, いけません私, いけません紙, いけません誰, いつまでも, いない, いないはず, いなかったか, いませんでしたか, いられないから, いられないし, いられなくなって, いられるの, いるが, いるけれども, いるの, いろいろ話, うそに, うまい肉, おもしろがった, おれずそれ, おれなかった, おれません, お増, お金持ち, お銀, きわめて少数, くるごと, くれたり, くれなかった, くれませんでした, けしからん, こないが, この娘, この宮以外, ございません, しく, しない, すこし自分流儀, すまされないこと, すまないワ, せいぜい二日, そのため, そのとき, その揚句, その男, それが, ただの, ただ一つきり, ただ三羽, ただ自分, ただ隣, ただ黙々たる, ちょっと筋, とても一口, どうか分りません, なにしろカール, ならない, ならないいや, ならないと, ならないの, ならぬすなわち, ならぬと, ならぬ暗闇, ならぬ浮気心, ならん, ならんとか, なりませんそれ, なんでしょう, ひとつひとつクンクン嗅ぎまわり, ひょいと舌, ほとんど無い, ぼろぼろの, またなん, また深く, みたが, やって来た, やらなかった, よくなかろう, よこさなかったかも, わっという, わるいが, イブセンの, パンと, ブチコワシで, ポカリポカリポカリと, マリー, 一人も, 三人が, 下さらないの, 下さらぬの, 不可い, 不可ますまい, 不可ません, 不思議がった, 不思議がり, 不穏かも, 世に, 世人を, 主人夫婦に, 争いを, 二人の, 京屋善八は, 人を, 人間は, 今まで, 他の, 他役人, 何です, 何にも, 何も, 何んです, 何度でも, 余と, 俺が, 側へ, 優美の, 入道に, 其処から, 出て, 刷り物を, 勇吉が, 勘太郎を, 勿体ないかも, 勿体ない私, 取り出してるの, 古びた書箱, 可厭, 可笑い, 君も, 呉れるの, 呻りつづけ, 唐突で, 唐辛を, 困りますがね, 困りますな, 困りますね, 困るじゃ, 困るな, 困る今, 圭太に, 壁に, 夜昼寛ぎ, 夢にだって, 失敬だ, 失礼かも, 失礼です, 子供の, 実際の, 客の, 家を, 少し大袈裟, 少し言いすぎる, 岩井蘭香さんが, 市五郎を, 庭先に, 引延ばし, 引返さない, 当たらないかも, 当らないん, 当人も, 彼を, 心に, 心当りも, 怠けて, 恐れ多いと, 悒, 悪いけれど, 悪いぞ, 悪いでしょう, 悪いという, 悪いの, 悪いよう, 悪うございます, 悪うござんすわ, 悪かろう, 悲しくなる, 慕って, 我々を, 戸を, 手もとの, 手当り次第に, 手足を, 承知しません, 折々立ち止まっ, 折檻踊が, 押し寄せす, 数篇の, 料理番を, 書生で, 月に, 村役場だ, 来ないの, 東京の, 枠を, 横着にも, 次郎の, 汚い, 泣いて, 泣き泣いては, 泰衡兄弟の, 洒落にも, 済まないから, 済まないが, 済まないわね, 済みませんそれでは, 湯, 湯を, 源氏の, 溺れ易い, 父を, 犬の, 甚だ失礼, 生意気の, 癪半分の, 皆を, 直ぐに, 相手の, 硝子戸越しに, 祖母に, 私の, 私を, 私達を, 空色と, 窓だ, 笑い合うその, 笑う, 笑った, 笑ったり, 笑わせ或, 笑われるかも, 第一, 結って, 罰の, 義憤した, 聞かせないが, 聞せまい, 肩車に, 背中を, 自分の, 至るところ, 葉子の, 薄情だ, 藤原四代の, 街へも, 言い方として, 言い過ぎだった, 話さないこと, 語弊が, 誰一人のも, 近く波の, 逃げ口上と, 過ぎる, 道綱を, 遠慮なく罵った, 金を, 金儲けは, 鉢巻を, 銀三を, 長いから, 間違いワリシタと, 雛妓たちを, 顔を, 飛んだ嫌疑, 食事の, 食堂へ, 騒ぎ家, 高笑を, 鮨と

▼ 言ったって~ (298, 1.2%)

5 仕方が 4 しようがない, それは 3 なにも, 何も

2 [14件] いいじゃ, いいん, かまや, だめだ, もう駄目, よいでは, 仕様が, 恋愛は, 親分, 途中で, 駄目さ, 駄目だ, 駄目です, 駄目よ

1 [251件] あいつと, あっしは, あの態, ありませんよ, あんた買う, あんな底光り, いいかも, いいさ, いいでしょう, いいと, いいはず, いうじゃ, いけません, いざとなるとまたふんだくられそうだし, いまの, うそに, おいらに, おいらには, おそれるところ, おまえさんにゃ, おめ, おれが, おれだって, おれには, お前あんな, お前お, お前ここに, お前さん猫の, お前そう, お前もう, お前品の, お前水呑百姓と, お嬢様ここに, お師匠さま, お此さん, お父さんの, お白洲, お駒さん, かまいませんとも, かまいませんよ, かまわない, かまわないけど, かまわないよ, きょうは, こいつは, こうなれ, ここいらの, ここには, こっちは, この辺, これが, これでも, これは, これほどの, こんだけの, しかたは, しゅん子の, しようの, すぐ返事, そうは, そう古い, そう非常, そそう火でございます, そのかなし, そのコツ, その必然, そりあ, そりゃあ無理だ, それが, それではきかれない, それを, そんなこと, そんなびっくり, そん時に, たのもしいところ, たより無い, だれが, だんまりで, つまり生徒, とてもだまっ, とても始まらない, とても比べもの, どうせ君たち, どうにも, どうにも手, どんなネコ, なりゃしないでしょう, なんに, はじまらない, はじまらないよ, はじまらんからな, まあ今夜, まさか取っ, みすみすああし, みんなが, むだだ, むやみに, もうこんりんざい抜け出し, もう帰りゃしません, もう追いつかない, やくに, わかりやしない, わたくしは, わたしが, わたしは, クソふざけやがる, ソップがらみたいな, ナオミ, ボーナスの, ポオズだ, 一番迷惑する, 一羽とっ, 一般に, 三吉これでも, 与八さんそりゃ, 二本差の, 二階の, 些とも, 人から, 人間の, 今日の, 今更この, 仕かた, 仕事が, 佐渡が, 何が, 何しろ実戦, 俺あ, 俺は, 僕あ, 兄貴お前と, 兄貴が, 先祖代, 免れよう, 入れて, 冬に, 分らないし, 分るもの, 判らん, 判りっこの, 別にお, 勝蔵が, 取り合って, 受けられぬかも, 右手の, 同じじゃ, 同じです, 君いき, 君が, 君たちや, 君は, 君らには, 君結局は, 君親戚や, 困るじゃ, 大したもん, 大文豪, 奥地へ, 妾は, 始まらないこんな, 始まらねえですよ, 宜う, 実の, 宣長翁ばかりじゃ, 宮ちゃんの, 家内は, 差支えないと, 平気さ, 平気じゃ, 弁信さんいつまでも, 心配しず, 怯然とも, 恥かしくも, 悪いさ, 手放さないから, 手遅れだ, 放しゃしないぞ, 救われないよ, 方々都合が, 日の, 構いません喜んで, 横田の, 欲しか, 正真正銘の, 死を, 水の, 決して本当にはし, 決して構わん, 決して馬, 治らねえ位, 法律や, 渡さねえよ, 渡すこっちゃあねえ, 満員だ, 為方が, 為様が, 無理だ, 無理です, 無理に, 無銭飲食じゃ, 無駄だ, 然う大, 焼石に, 爺つ, 狭いまち, 用いら, 盗まれた日, 真実まったく, 私ゃちっとも, 竹さんは, 紫印金が, 結局は, 美鳥さんを, 老婆は, 聞いたって, 聴きア, 胃腸の, 腐れを, 腹の中は, 良い若いもん, 芝居だって, 見つけられるだろうそう, 親分には, 親分ほんの, 親方んだ, 解るまい, 言わなくたって, 誰が, 誰だ, 誰も, 調子が, 諸君は, 警察では, 負けて, 貴方が, 近頃じゃ, 返事に, 追っつかねえくれえだったぜ, 逃がすこと, 逃げる犬, 通用しない, 遅くいっ, 運慶とか, 金吾様と, 開墾は, 関わないが, 雲水様こちと, 風に, 馬にゃ, 馬琴なんぞの, 駄目な

▼ 言ったり~ (278, 1.1%)

40 した 27 して 17 したり 8 するの 6 すること, 書いたり 5 する 3 したが, するだけ, 考えたり 2 しながら, する人, 何か, 問うて

1 [152件] あるいはまた母親, あんまり飛ぶ, いずれにも, いたします, いろいろであります, いろいろ議論した, おおっぴらに, おばさんと, お二人, お前を, お君, お掃除, くどかったり, こうしたところ, この上, これで, こわさないと, さらさら鳴っ, されるだろう, したけど, したこと, したそう, したの, したので, したら, したらお前さん, した市馬, した師匠, しても, してること, しながらも, しなきゃなりませんからね, しなくちゃ, しは, しました, しましたよ, します, し始めた, し始めたので, するから, するが, するという, するところ, するなんて, するほど, するやり方, するよう, するわけ, するん, する事, する君, する女学生, する言語挙動, せずに, そのほか, その盗ん, それからまた勇敢, それにさん, とりわけ他人, なしたり, なるべく美しい, にこやかに, はやして, ぶつぶつ少年, また, またお, またビヤ樽, また何, また深夜, また飛び離れ, まるっきり他愛, まるで礼儀, もしも夫婦養子, われわれなら, オーストリアの, 上流階級と, 不用に, 互に囁き合っ, 五万と, 五条橋と, 交際する, 人の, 人生は, 仕たり, 仕事の, 保護し, 信じたり, 傷も, 僕と, 剰さえ, 南画を, 啖呵を, 喧嘩も, 嘘を, 墓にも, 売り言葉に, 変な, 外に, 大公爵, 大声で, 好い児, 妙な, 子供らを, 対岸の, 小島と, 小言を, 尚私, 巧妙に, 差別待遇を, 当擦っ, 御前会議が, 思い切って, 悟り顔を, 悪者同士が, 愉快な, 愚痴を, 感心し, 手を, 手紙を, 揺りかわいがり寝せつけそして, 新聞に, 方位に, 時には泣き言, 暴れたり, 書けたり, 村八分に, 村正の, 次郎を, 水銀と, 泣言を, 渋い小唄, 溜息を, 火を, 為たり, 独合点を, 甘えたり, 癇癪を, 皮肉な, 砂を, 私と, 私に, 笑ったり, 筆で, 美味い不味いを, 自分から, 自分達の, 花形女優が, 議論を, 軽はずみな, 配慮を, 馬入川を, 驚嘆し

▼ 言っちゃ~ (258, 1.0%)

27 いけない 13 いけません 12 いけねえ 11 悪いが 9 いけないよ, なんだ 6 いかん, いけませんよ, なんです, 何です 5 ならねえ 4 済まないが 3 いや, いやよ, ならねえよ, 何だ, 困る, 悪いけれど

2 [12件] いけないこと, いけないの, いけないん, いられない一, どうだ, ならんぞ, 何んだ, 困りますよ, 大ゲサ, 失礼だ, 済むめえ, 罰が

1 [102件] いかんあれ, いかんぞ, いかんよ, いかん昔, いけないお, いけないだろうか, いけないって, いけないと, いけないね, いけないわ, いけないわよ, いけない二三日, いけない石原, いけなかったの, いけなくってよ, いけねえと, いけませんあの, いけませんそんな, いないの, いやです, いやクリストフさん, いや八五郎さん, いられねえ, おいらの, おかしいが, おかしいです, お上に対しても, お駒, こまりますよ, しょッち, だめよ, ない, ならないもの, ならねぇぞと, ならねえこと, ならねえしっかり, ならねえ人, なりません, まずいな, またあんまり, まアお作, もらえないん, わるかった, アいけ, アいられない, アお, ア心細く, ア甚八を, イヤね, イヤよ, ダメな, 一人も, 三日に, 下駄一足持たない, 不可い, 不可の, 何も, 厭, 厭よ, 可かん, 可け, 可けねえ, 命が, 四谷の, 困りますがね, 困るじゃ, 困るぜ, 変です, 変に, 失敬です, 寝て, 少し早い, 居られない, 怒られるかね, 悪いか, 悪いかも, 悪いけど, 悪いけれども, 悪いぜとばかり, 悪いでしょう, 悪かろう, 悪かんベエ, 懐いて, 拙いから, 日に, 来て, 来ません, 気障だ, 治郎助が, 済まぬと, 済まねえが, 済まんが, 済みませんが, 片端から, 目を, 私は, 自分でも, 語弊が, 野中さんに, 金を, 駄目です, 駄目よ

▼ 言ってや~ (99, 0.4%)

38 がる 8 がるん 6 がるんだい 4 がら, がると, がんだい 3 がるんで, しない, しないじゃ, しないよ 2 がった, がらあ, がんで

1 [17件] あがるんで, あんだ, がったが, がって, がらきっと, がら化物じ, がるから, がるこの, がるちゃんちゃん, がるに, がるの, がるよ, がるんだい人間, がる勝手, がる叩き, しないただ, 面白い机

▼ 言ってから~ (89, 0.3%)

4 彼は 3 今度は 2 私の, 私は

1 [78件] あまり気, ある皮肉, あわてて, いま竜之, お前さんは, お増, くるりッ, こうつけ足した, こんなこと, ごめんごめん, さらに, しばらくし, すぐどら声, するの, その理屈, それが, そんな心持, だに, てれくさく思った, はっとした, ほかにも, またひとしきり, また曰く, また次に, わたしたちは, アリ, カムポスに, クララが, クララの, スッと, チチコフは, ニッコリ笑っ, パンドーラという, 一方の, 中村に, 亭主を, 伯爵夫人は, 俊夫君は, 信吉は, 傍に, 僕は, 光子は, 八戒は, 内へ, 前よりも, 十二三の, 呼吸が, 命令した, 坂田に, 壁の, 夫人は, 嬉しそう, 宮家の, 少年は, 巡査部長の, 庭へ, 彼女は, 快げ, 急に, 恭一と, 早速新しい, 時親は, 死んで, 気が, 浮舟は, 淋しそう, 白娘子の, 相手の, 秀英の, 私と, 起き上がって, 辰男に, 金ぴかの, 金剛杖を, 門の, 門番は, 間違って, 骨牌を

▼ 言っちゃあ~ (18, 0.1%)

2 いけないよ

1 [16件] いけない, いけねえ, いけねえよ, いられない, いられませんけれど, いられめ, しおれて, だめ連れ, ないけれど, 厭, 吾家を, 困ると, 困る飛脚屋, 失礼です, 感じが, 言いすぎるかも

▼ 言ってね~ (9, 0.0%)

1 あれは, お前さん, この町, その名前, なんと言っ, 喫茶店へ, 柄杓で, 藪は, 陰口だけを

▼ 言っ~ (8, 0.0%)

3 くれ 1 いた事を, いでよ, くれ承知, くれ言っと, こう

▼ 言ってな~ (7, 0.0%)

1 あれから, ここいらの, それが, 先ず十人, 別荘の, 喧嘩を, 天井から

▼ 言ったってね~ (4, 0.0%)

2 私は 1 すさまじいじゃ, 口髭を

▼ 言ってかの~ (4, 0.0%)

4 女は

▼ 言ってよ~ (3, 0.0%)

1 そしてね, なにもかもさ早く, 眼にゃ

▼ 言ってん~ (3, 0.0%)

3 だい

▼ 言ったってさ~ (2, 0.0%)

1 そしたらああ, そしたらあゝ

▼ 言ったりも~ (2, 0.0%)

1 しましたが, するだろうけれど

▼ 言ってからは~ (2, 0.0%)

1 四畳半が, 急に

▼ 言ってさえも~ (2, 0.0%)

1 なんだかひどく, ほかの

▼ 言ってと~ (2, 0.0%)

1 考えて, 腹を

▼ 言っての~ (2, 0.0%)

1 そりと, 乱暴狼藉

▼ 言ってばかり~ (2, 0.0%)

1 いたやつ, いるので

▼1* [24件]

言ったこよいの, 言ったこッた, 言ったらしく思えた, 言ったりなどした, 言ったりは滅多に, 言ってかッか, 言ってかべにあるスイッチ盤, 言ってかべのすみの, 言ってからがこの味い, 言ってからという登勢の, 言ってからに悔みを, 言ってがくりと, 言ってさ少しばかり, 言ってさえ先生には, 言ってしもうては, 言ってのみはおられないの, 言ってはと思い当ったの, 言ってもねしょっちゅう寒い, 言ってもはいるの, 言ってやらにゃア, 言ってナ江戸お, 言っいた, 言っでもいいくらい, 言っとき給え