青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「足~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~越した 越した~ 越前~ 越後~ 趙~ ~趣 趣~ ~趣味 趣味~ ~足
足~
~足もと 足もと~ 足らず~ ~足りない 足りない~ ~足る 足る~ 足利~ 足袋~ ~足跡

「足~」 30215, 313ppm, 309位

▼ 足~ (10514, 34.8%)

202 止めて 182 止めた 169 早めて 129 とめて 124 洗って 110 運んで 89 早めた 82 向けた, 投げ出して 73 とめた 68 あげて 63 運んだ 62 かけて 59 して 58 留めて 48 停めて 46 とどめて, 停めた 39 とられて 37 出して 35 向けて 32 引きずって 31 入れて 29 踏み入れて, 踏んで 28 上げて, 伸ばして 27 のばして, 踏みしめて 25 引いて 24 すべらして, 休めて, 取られて 23 かけた, 動かして 22 もって, 宙に, 空に 21 持って 20 ひきずって, ひきずりながら, 引きずりながら, 蹈み 19 入れた, 入れると, 引摺って, 止めると, 留めた, 踏み入れた 18 ひいて, 駐め 17 棒に, 縮めて 16 すべらせて, ふんばって, ゆるめて, 投出して, 抜いて, 拭いて, 挙げて, 踏みはずして, 運びながら 15 すくわれて, そろえて, つかんで, 投げ出した, 早めながら, 止めたが, 止めたの, 痛めて, 踏み入れると, 踏み外して 14 かけると, 延ばして, 引き摺って, 挫いた, 止めました, 運んだの 13 はやめて, ふみしめて, 投げだして, 早めました, 爪立てて 12 つけて, はこんで, ひきながら, バタバタさせ, 引きながら, 見て, 踏み込んで, 返した 11 ふみはずして, 前に, 引摺る, 急がせて, 揃えて, 洗った, 洗ひ, 運ぶ 10 さらはれ, すくめて, ばたばたさせ, むけた, 伸して, 曲げて, 滑らして, 踏みしめながら, 踏み入れたこと, 速めて

9 [12件] ぶらぶらさせ, 向けたの, 地に, 投げ出しながら, 挫い, 見た, 見ると, 踏み入れた時, 踏み出した, 辷らして, 返して, 運ぶこと

8 [21件] あげたり, あげよ, かけながら, かけようと, とめると, のせて, ばた, ひきずつて, 伸ばした, 向けること, 折って, 掛けて, 擧げて, 洗うて, 洗は, 洗ふ, 覺えた, 踏み入れたの, 踏み鳴らして, 釘づけ, 開いて

7 [22件] さらわれて, とどめた, まげて, ゆるめた, 上に, 停めました, 取って, 向けたが, 向ける, 引き摺りながら, 引摺りながら, 棒の, 止め, 洗うの, 淀ませました, 留めました, 移して, 突込んで, 組んで, 踏み入れること, 進めて, 運ぶの

6 [41件] すくって, すくめた, とって, とどめること, とめました, はやめました, ひきずるよう, ひたして, ひっぱって, ふいて, ふんば, 乗せて, 休めた, 使って, 出したり, 切って, 動かすの, 向けながら, 向けました, 戻して, 投げ出したまま, 持つて, 掬って, 揃へて, 早めたが, 曳きずって, 止ど, 水に, 洗いに, 洗うこと, 緩めた, 緩めて, 縛って, 踏まれたり, 踏み入れたとき, 踏み滑らして, 踏み締めて, 踏み鳴らした, 速めた, 進めた, 運ばせた

5 [53件] さすって, すくった, とどめたの, とめたが, とめる, なげ出して, はやめた, ひろげて, ふみ鳴らして, むけて, グッと, ブランブランさせ, 入れたこと, 入れたの, 出しました, 動かす, 向けると, 大地に, 崩して, 床に, 払おうと, 投げて, 抜こうと, 挫き, 揚げて, 撫でて, 早める, 早めると, 横に, 止めざるを, 止めること, 水の, 洗わせて, 空へ, 突っ込んで, 突込む, 置いて, 與へ, 見せて, 見ながら, 踏みすべらして, 踏みならして, 踏み入れました, 踏み出して, 踏み出すと, 踏み込むこと, 踏み込んだ, 踏んだり, 退いて, 遅くし, 運んだが, 遠くし, 飛ばして

4 [92件] あぐる, かけました, ぐらぐらし, こつこつ鳴らし, すくませて, すくわれたよう, すすめて, た, だして, ち, ちぢめて, つかんだ, つま立て, つッ, とめたの, のせた, ばたばたやっ, ふみすべらして, ふみ入れて, ふんで, ぶら, もつて, わなに, バタ, 一杯に, 下ろした, 両手で, 停めたが, 停めると, 傷めて, 入れたもの, 入れながら, 前へ, 動かせば, 叩いて, 向けたこと, 向けようと, 地面に, 延ばした, 引きずるよう, 引ずって, 後へ, 忍ばせて, 急がせた, 感じた, 払った, 払って, 投げ出したり, 折った男, 抜くこと, 抜くの, 抱えて, 押えて, 握って, 擂木, 早め出した, 曳いて, 机の, 止めたもの, 止めた時, 止めながら, 止めなければ, 止める, 気に, 洗うが, 浮かして, 無理に, 竦めた, 與へる, 落して, 見ますと, 踏みいれて, 踏みかけて, 踏みしめると, 踏みならしたり, 踏みならしながら, 踏み入れたが, 踏み入れるもの, 踏み出すこと, 踏み固めて, 踏み込むと, 踏んだと, 踏んばって, 踏入れた, 踏外して, 踏込んだの, 輪に, 迅めて, 運ばせて, 運ばなければ, 運んだ時, 運んでも

3 [184件] あぐれ, あげた, あげる, うしろに, おろした, おろして, お洗い, かけたが, かけたとき, かけたまま, かけた時, かけること, かざした, からまれて, くじいて, しばって, しばりました, そこに, つかまえて, つかまれて, とられたり, とるな, とんとんと, どけて, なげだして, のせながら, のばした, のばしながら, はずして, ばたばたさせる, ひき摺って, ふまえて, ふみこんだ, ふみならした, ふみ入れたこと, ふんがけて, ぶらさげて, ぶらぶらさし, まっすぐに, むける事これ, めちゃくちゃに, やって, ゆるめながら, ゆるめると, グルグルまき, トンと, ブラブラさせ, ペダルに, モガモガやっ, 上げると, 上げ手, 下に, 下へ, 乗せた, 休めながら, 休めようと, 休めるため, 休めると, 伸ばしたり, 佇めて, 停めます, 停めること, 入れた事, 入れようと, 入れること, 出すと, 前後に, 動かしても, 動かし始めた, 動かすたび, 動かすと, 包んで, 取った, 向けるの, 向け直した, 噛り, 回して, 回らして, 地から, 地上に, 垂れて, 外に, 小刻みに, 屈めて, 左の, 左右に, 巻いて, 引きずつて, 引き擦って, 引くの, 急に, 感じて, 投出した, 投出したり, 折るか, 拔い, 拭って, 持ち上げて, 振つたり, 捉えて, 掛けると, 掬われて, 揃へ, 擂粉木に, 支えて, 斜に, 早めたの, 早めなければ, 早めるの, 止めたので, 止めては, 止めようと, 止められて, 洗いながら, 洗いました, 洗うのに, 洗う事, 洗おうと, 洗ったらどう, 洗つ, 洗はせ, 浮かせて, 滑らしながら, 滑らせた, 爪立てながら, 狙って, 留めないわけ, 留める, 真直に, 移した, 空ざまに, 突っ張って, 突込ん, 突込んだ, 立て, 縮めると, 自分の, 草に, 負傷し, 踏しめ, 踏まれまいと, 踏みいれること, 踏みこむと, 踏みつけた, 踏みつけて, 踏みは, 踏み入れ, 踏み入れたと, 踏み入れたもの, 踏み入れた者, 踏み入れた途端, 踏み入れては, 踏み入れなかった, 踏み入れる, 踏み入れるとは, 踏み入れるの, 踏み入れるや, 踏み変えて, 踏み締めると, 踏み辷らして, 踏み込む, 踏み込んだの, 踏み込んだ事, 踏み鳴らしながら, 踏む, 踏んがけ, 踏ん張った, 踏ん張って, 踏伸ばし, 踏入れる, 踏張った, 踏張って, 踏掛けた, 踏込んで, 軽くひっぱりました, 返しながら, 運ばして, 運ばせながら, 運ばれて, 運びました, 運んだもの, 長くし, 雪から, 高く上げ

2 [522件 抜粋] あげあるいは, あげると, あたためて, あなたの, いそがせて, いたわって, いやと, おさえて, おとして, おろした大地, おろすと, お向け, かえして, かえて, かける, かけるところ, かければ, かけ手, かじられたん, からませて, からませるよう, からむとか, かわすたび, きちんと揃, きれいに, くじいた, くじいたの, くぢ, くるみて, けがして, ここまで, さ, さかさに, ささえて, さすりながら, さらおうと, さらわれたよう, しずかに, した, しっかりと, じたばたさせた, すくすく延ばし, すべらすこと, すべらせた, すぼめて, すゝめた, そこへ, その杖, その梯子, そろへて, たたいて, たてて, だらりと, ちぢめ, ちぢめた, ちょいと, ついて, つけたよう, つける, つたに, つっこんで, つり出したが, とった, とどむるものほとほとなかりき, とどめぬ, とどめよ, とどめると, とめ, とめずに, とめたまま, とめたり, とめては, とめるたび, とめるよう, とられそう, とられながら, とり, なおして, ながめて, なでた, なめろと, ぬいて, のばしたり, のばしました, のばすと, のばす時間, のびのびと, のべ板め, はさまれて, はたいて, はたきながら, はやめよ, はらって, ばたばたさせた, ばたばたさせました, ばたり, ひくもの, ひくよう, ひっこめた, ひっこめて, ひっぱられるよう, ひどく腫らした, ひらいて, ふって, ふみいれた, ふみこんだの, ふみならして, ふみはずしたの, ふみ入れたという, ふみ入れまいと, ふみ入れると, ふみ外して, ふらふらさせ, ふりながら, ふんご, ふんばったり, ぶらぶらさした, ぶら下げて, まるで天上, みがく男, みて, むけると, めぐらして, もんで, ギリシアの, バタバタさせた, バタバタやつ, ピタリと, ブラ, ブラ下げ, 一本ずつ, 上げたり, 上げました, 上へ, 下駄に, 不意に, 中有に, 乗せると, 乘せた, 乱した, 二本とも, 二畳いっぱいに, 付けたほどの, 休ませて, 休むる商人, 休めたが, 休めては, 休めました, 伸せば, 伸ばしたまま, 伸ばせば, 佇めた, 作って, 使うこと, 使われる, 借りて, 停め, 停めたほど, 停めた時, 停める, 傷つけて, 傷つける原因, 充分に, 先へ, 入れたという, 入れたとき, 入れた時, 入れては, 入れなかった, 入れました, 入れようとは, 入れる気, 入れれば, 入れ初めたの, 其方に, 内輪に, 出し, 出した, 出したという, 出したん, 出すの, 出せ, 出せば, 切ると, 切断した, 切断する, 前方に, 動かすこと, 動けなくさせる, 千鳥に, 半蔵の, 取られそう, 取られたと, 取られたの, 取ろうと, 合せて, 向けずに, 向けては, 向けても, 向けない, 向けなくなつ, 向けようとして, 向ける気, 向け出した, 咬まれて, 夜具の, 夜風に, 大きく動かした, 大股に, 天井に, 失くし, 女の, 容るる, 容れる事, 左右へ, 巻かれて, 延して, 延ばしました, 延べたる, 引いた, 引かれて, 引きずるやう, 引き拔, 引き摺るよう, 引くが, 引くよう, 引けば, 引ずるよう, 引っかけて, 引っこま, 引っこめた, 引っこめて, 引っぱったり, 引っ込めて, 引れ, 引摺っ, 引擦つて歩く, 引擦る, 弛めて, 張って, 強くしたい, 弾ませながら, 待って, 得て, 御踏鳴, 怪我を, 打たれて, 打って, 打ッ挫, 払うと, 払はれ, 払われたよう, 払われて, 投げだした, 投げ出し横, 投げ出すと, 投げ出すやう, 投出し乍ら, 投出すやう, 折られ手, 折り曲げて, 抜いたとか, 抜いては, 抱いた, 拝み夜, 拭かせたり, 拯われ, 持ちあげて, 持ち上げよと, 持上げるお, 挫いたっ, 挫かれ, 挫きます, 挫く, 捉まえ, 掛けた途端, 掛けないこと, 掛けようと, 掛けるや, 接吻し, 接吻した, 掬った, 掴まれて, 掴んで, 揃へる, 摸ね, 摺る, 攫おうと, 斜めに, 斬ったという, 斬られた, 早めさせた, 早めたり, 早めだした, 早めつ, 早めます, 早めようと, 早めること, 早め裾野, 暗がりの, 曳きずつて, 曳きずる, 曳きて, 構えて, 止めじっと, 止めずには, 止めたかと, 止めた往来, 止めた片目眇, 止めた瞬間, 止めた蜜月旅行, 止めなかった, 止めましたが, 止めるの, 止めるよう, 止め前後, 止め振り返った, 止め腰, 泥に, 泥濘の, 洗い着物, 洗う, 洗うから, 洗うと, 洗うという, 洗うよう, 洗う時, 洗えと, 洗ったという, 洗ったの, 洗つた, 洗つてお, 洗つて居る, 洗ふために, 洗わして, 洗わねば, 浚はれ, 浪は, 浮かすやう, 浸して, 浸し蝙蝠顔, 淀めたが, 温めに, 滑らした, 滑らせて, 濡らさないで, 濡らしては, 燒く, 爪だ, 爪立て, 爪立てた, 爪立てるよう, 父達の, 留めたの, 留めてから, 留めないで, 留めようと, 畳に, 畳の, 病んで, 痛そう, 痛めたの, 痛めてから, 盥の, 直して, 直角に, 着けて, 移しました, 移す毎, 移そうと, 突き込んで, 突っこんで, 突ッこん, 突張って, 突張らせ, 竦めて, 紐で, 組み重ねて, 組む事, 組んだ, 組んだり, 結綿で, 絶って, 絶つて, 緩めたが, 緩めた時, 縁側に, 縛し, 縛られる血, 縛るから, 縮ませるには, 翻して, 膝の, 與ふる, 血に, 見ても, 見なかったかい, 見詰めて, 踊らして, 踏まえて, 踏まれて, 踏みいれた, 踏みかえて, 踏みかえながら, 踏みかけた, 踏みこむの, 踏みしめた, 踏みすべらしドド, 踏みだして, 踏みて, 踏みとどめて, 踏みとどめました, 踏みならし一種, 踏みはずしたの, 踏み伸ばして, 踏み入れた人, 踏み入れてから, 踏み入れない, 踏み入れながら, 踏み入れなければ, 踏み入れねば, 踏み入れようと, 踏み入れるよう, 踏み出したこと, 踏み出したの, 踏み出すの, 踏み外したと, 踏み延ばして, 踏み掛けて, 踏み止めて, 踏み止めました, 踏み直した, 踏み締めながら, 踏み耐, 踏み跨つたり, 踏み込まないで, 踏み込みました, 踏み込もうと, 踏み込んだこと, 踏み込んだと, 踏み込んだね, 踏み込んだよう, 踏み返した, 踏み鳴らしそして, 踏み鳴らす癖, 踏むこと, 踏むの, 踏むまいと, 踏んだ, 踏んだとか, 踏んば, 踏んばった, 踏ん張つて, 踏出して, 踏張り, 踏張る, 踏懸けた, 踏滑らし, 踏締めながら, 踏込んだやう, 蹈んだ, 躍らせて, 車の, 転じて, 載せさせようと, 載せて, 返しました, 返すと, 追い立てられて, 進めました, 遅くした, 運ばうとして, 運ばす事, 運ばずに, 運ばれた, 運びそう, 運びだした, 運びながらも, 運び始めた, 運ぶと, 運ぶにも, 運ぶやう, 運ぶ前, 運ぼうと, 運んだこと, 遠くした, 遠退い, 遮るもの, 重ねた, 鏡に, 長々と, 長く伸ばした, 開き腰, 降すこと, 離して, 食ひ, 食事窓から, 餌に, 高くあげ, 鳴らして

1 [4354件 抜粋] あいたイス, あげよわが, あたたかくする, あらい水, いじって, いただきて, いため一寸余り, いれて, うしなった田之助, うつして, えぐって, おさえつけた, おつけなさるた, おろすか, お抜き, お重, かかへこみました, かけたまま二人, かけても, かけるだけ, かけ木, かすめて, からませる物, からめるばかりか, かわりばんこに, きつと, くぎづけに, くじきました, くっつけて, くるんで, ぐっとふみしめた, けっ飛ばされて, こすつた, このくらい, さぐつた, さすつた, さへ, さらって, さらわれるほど, した坊さん, しっかり動かす, しながら, しばりつけて, しゃぶった, すくい飛ばしたからには, すくはう, すくめたよう, すくわれたら最後, すくわれるよう, すすめ出すよう, すべらした, すべらし小川, すべらせる, すりむきでも, ずらして, そっと手, その冷たい, それに, たがいに, たびたびふみ滑らし, だすから, ちょっと停めた, つかまえさ, つきこんだ, つけないで, つっこんだり, つづけて, つまだてたなり, といて, とどめさせたばかり, とどめそこ, とどめた碩寿翁, とどめるも, とどろかせなすっても, とめた時, とめましたが, とめ一瞬, とらえられると, とられた中年, とられるよう, とり隣, どうかした, どんとふみつけ, ながめた, なげだすと, なむるにか, なやましたけれども, ぬきしが, ぬらし, ねらったの, のせると, のっそりと, のばしたもの, のばし脚絆, のばそうと, はこび始めた, はこぶよう, はさんで, はたらかせたり, はなしました, はやめながら, ばたばたうごかし, ばたばた動かし, ひいた, ひきずらんで, ひきずりまた, ひきずるん, ひくひくさせ, ひたと停め, ひっぱりつづけるの, ひとりの, ひょいひょいと, ひんまげて, ぴんぴんやっ, ふみかえたり, ふみこむ気持, ふみしめふみしめ網, ふみすべらしずるずるどすんと, ふみつづけました, ふみはずさないよう, ふみ入れた, ふみ入れてから, ふみ出さないうち, ふみ止め, ふみ鳴して, ふり, ふん, ふんばりざま, ふん張つて持つ, ぶらつかせ意味, ぶらんと下げました, ぶるぶるふるわせ, ぼんやり見送っ, また助九郎, みしりと, むけずに, むしり取って, もがいたり, もちあげたま, もて一歩, もませたと, やすめると, やる処, ゆるめる気持, よじれるよう, イスに, クッションの, タッタと, バタつかせ, バタバタやってる, パタパタやっ, ムズムズと, 一の, 一巾坊主が, 一本切られた, 一歩踏みかけた, 七条の, 上げながら, 上げ武士, 下げ縁, 下ろした私, 両国に, 乗する地, 二つ三つ踏み鳴らし, 二人の, 二本合せ, 交差させた, 代る代る跳ねあげ, 休む, 休めなど, 休め更に, 伸すと, 伸ばした時, 伸ばし得るよう, 伸ばそうとも, 使うん, 係蹄に, 停めかけたが, 停めたまま此方, 停めるの, 停め提燈, 傷ついて, 働かして, 入れ, 入れさせないと, 入れたが, 入れた度数, 入れないけれども, 入れましたが, 入れる事, 入難し, 其方へ, 冷やした, 出してるこんな, 出すこと, 分ちて, 切らせると, 切られた蛸, 切りました, 切る刑, 制し語, 前のよりも, 力一杯ピシヤ, 動かしかけると, 動かしまた, 動かすにつれて, 動かせるの, 包んだり, 南に, 厳しく地, 取られたこと, 取られるから, 取り洗足, 叩き折られたやう, 向うざま, 向けさせて, 向けたよう, 向けないこと, 向けなかった, 向けられないわけ, 向け乍ら, 吸いつけられたよう, 呪ったため, 喜ばせて, 嘗めたって, 噛わ, 固め六角形, 垣根に, 変な, 多く使は, 大地から, 失ひ手, 奪られる, 容る, 寄せて, 封じられて, 少しく損じた, 山門へ, 左手で, 師匠に, 廊下に, 延ばすと, 引かけ, 引きずりながらも, 引きずり銃, 引きパイプ, 引き引き炉, 引き摺り数馬, 引ずるやう, 引っぱられるやう, 引っ張る, 引ッ張られた, 引摺つて外へ, 引立てるではござりませぬか, 張て, 彼女の, 得た例, 心一杯に, 念いり, 思ひ切り踏みつけるの, 急がした, 悪くし, 愛刀の, 感ずる經驗, 懸け始めた, 手ばなした, 打払え, 払う間髪, 払わんと, 抑え逸りきった味方, 投げつけると, 投げ出し両手, 投げ出すとも, 投ずるの, 折ったと, 折つた一人の, 折られた大, 折り手, 折曲げ, 抜き人目, 抜く所, 抱えたまま, 押える, 拡げた儘, 拭いては, 拭き爪先, 拭つて上る, 持ちます, 持った少女, 持とうと, 挙げ, 挙げる度, 振つて, 捉え彼, 捺されたり, 掛ける小さい, 掩ひ, 掬われドッ, 揃えたから, 揉み綱手, 揣つて居る, 摩つて居ります, 摺粉木の, 撫でさせて, 擦らせながら, 支へ, 敷居に, 斬りおとした, 方々切っ, 早めかけた, 早めたとたん, 早めた無言, 早めてる時, 早める後, 早め煙, 時々奪った, 曳かんずるボイオーチア,, 曳くもの, 替えつ, 村へ, 柔かに, 楽に, 欹てました, 止めさせること, 止めそっと, 止めたなり, 止めた物売り, 止めなにか, 止められず書くという, 止めるには, 止める新, 止め元, 止め指, 止め若葉, 正当と, 水から, 求めようと, 没せんばかりの, 洗いかねて, 洗いたくて, 洗い一つ, 洗い白髪, 洗い馬, 洗う機会, 洗おう早く, 洗った方, 洗つてやつた, 洗つて奧へ, 洗つて結婚した, 洗ひたいといふ, 洗わすつもり, 洗わなくちゃ, 浄める, 浮かしたの, 浸した, 淀ませました何, 温めて, 溝に, 滑らせさうに, 漬けて, 濡らした, 火に, 炭火の, 焼く程暖, 爐の, 爪立て万仞, 狙うの, 申上げよう, 留めさせたもの, 留めたところ, 留めます, 留める平次, 疲らせて, 痛めず身軆, 痛めた美しい, 痰唾に, 盗んで, 眺めながら, 石段から, 移しかけた時, 空気に, 突き刺す, 突っぱって, 突出すやら, 立てうしろ足, 第一, 累ね, 組み合わした, 組み直しながら, 組換え, 絨毯へ, 綿を, 縁台の, 縛った烏, 縛られた幸内, 縮めた, 縮め筵, 置いたまま, 置けば, 聯想し, 胡座に, 腰掛けに, 與へんも, 舞いして, 苅られ一人, 落とし込むか, 薙ぎつけるが, 蜥蜴皮の, 複雑に, 見せられたので, 見たはず, 見なかつたかい, 見上げて, 覗き込んだ, 触れる馬, 誇って, 貯え置き痘瘡, 足臺の, 踏, 踏まれたと, 踏まれない用心, 踏みいれたとたん, 踏みかけぬうち, 踏みこんだ, 踏みこんだ時, 踏みしめるつら, 踏みしめ踏みしめ段々, 踏みそこなって, 踏みつけたり, 踏みならし大きな, 踏みはずしたり, 踏みひらき鹿角, 踏み交わして, 踏み入れさす原因, 踏み入れたところ, 踏み入れた彼女, 踏み入れない聖域, 踏み入れようという, 踏み入れるどころか, 踏み入れる第一歩, 踏み出した時, 踏み出すとき, 踏み固めぬ, 踏み外したらどう, 踏み外すと, 踏み替へるたび, 踏み直すを, 踏み脱せば, 踏み辷らせ断崖, 踏み込むとき, 踏み込めない位忙, 踏み込んだ人, 踏み馴らしながら, 踏み鳴らす者, 踏んご, 踏んだ気, 踏ん張つた, 踏ん込めねえん, 踏伸ばす, 踏立てた, 踏込んだ, 蹈み滑べらし, 蹴ちらしながら, 蹴るもの, 軽くし, 載せかけふところ, 載せる板幅, 辷らしたまでの, 近く出入りは, 返した時, 返すべきである, 逆さに, 速めても, 進ませるに, 進めねば, 進める必要, 運ばした時, 運ばなくっても, 運び, 運び出したが, 運ぶお, 運ぶとか, 運ぶん, 運ぶ度数, 運むだことは, 運んだ方, 遠くせし, 郷土に, 釣上げたと, 長く伸ばし, 阻もうと, 障子に, 離さぬ樣, 離れて, 靴の, 頼もう, 食い止めて, 飽くまでも日本現代, 高々と, 高欄に

▼ 足~ (4734, 15.7%)

128 下に 81 裏を 72 先まで 6260 裏が, 裏に 48 下で 41 うら, 下の 40 爪先まで 37 裏の 32 下から, 指を, 踏み場 29 ような 27 さきまで, 下には 26 先に 25 先で 24 先から, 方から, 裏から, 達者な 23 勇は 22 上に, 先が, 甲を 21 ま, 下を, 方を 20 ように, 向くまま, 方に 19 指の 18 惡い 17 ままで, 先を 16 裏は 15 下が, 不自由な, 兵たいは, 向く方, 早さ 14 方は 13 ところに, 先の, 勇の, 方が, 裏へ, 運びも, 間に 12 下へ, 指が, 指に, 早いこと, 爪先に, 草鞋を 11 ふみ場も, 方へ, 踏みどころ, 運びの, 音が 10 先は, 夢を, 早いの, 運びが, 骨を 9 下は, 早い奴, 裏で, 踏むところ

8 [18件] 先き, 力が, 悪い鶴, 方の, 爪先を, 疲れを, 痛さ, 痛みは, 痛みも, 皮を, 裏と, 裏まで, 踏み方, 踏場も, 迅い, 青い蝦蟆, 骨, 骨が

7 先までを, 勇を, 爪を, 甲が, 痛いの

6 [14件] さきに, 傷が, 勇が, 勇も, 埃を, 大きさ, 形を, 爪先で, 爪尖, 甲の, 苦痛を, 親指を, 運びは, 運び方

5 [39件] ある人間, ことを, さきから, さきが, つま先まで, ほうから, まわりに, やうに, 下まで, 下も, 前に, 勇と, 医者として, 尖まで, 所に, 拇指を, 指, 指で, 指は, 指先が, 方も, 早い旅人, 早い男, 泥を, 烏, 爪まで, 爪先から, 爪先が, 甲へ, 痛みが, 痛みを, 足を, 踏みばも, 踝が, 速さ, 重さ, 長さ, 関節が, 音

4 [44件] ある幽霊, うちに, うらまで, さきで, ために, つづくかぎり, ところへ, ところまで, ほうは, まはり, むくまま, 上を, 兵たいを, 向くほう, 夢, 底が, 形の, 悪い人, 悪い春松, 拇指が, 拇指の, 指も, 指先に, 指先は, 爪さきに, 爪の, 甲は, 甲まで, 筋が, 親指の, 足で, 跡が, 踏みども, 踏み入れよう, 踏み立て場, 踏む所, 踵が, 迅いこ, 進みも, 遅い女, 運びを, 鎖を, 間から, 間には

3 [60件] あたりへ, あるの, つ, ところで, ところを, ふむところ, ほうが, ほうに, ほうへ, ままだった, 上には, 下駄を, 人間は, 位置を, 傷は, 先と, 先へ, 先までも, 入れよう, 入れ場, 兵隊は, 力を, 勢を, 向きを, 向くま, 向く儘, 土踏まずが, 地に, 大烏, 女下駄, 尖迄, 工合が, 底で, 底に, 形が, 情が, 数が, 方へと, 早いやつ, 毛が, 無き仙人, 爪が, 甲で, 皮の, 色が, 裏には, 裏も, 親指と, 足跡が, 趾が, 跡を, 踏み度, 踝に, 蹠の, 速いもの, 運びで, 長い女, 間へ, 靴下を, 黄い

2 [254件] あげ方, あたりに, あたりを, あとが, いたいこと, うまさ, うらは, おと, かぎりに, がまが, くせに, くたびれを, くるぶしの, ことである, しびれるほど, しびれを, しろさ, たどきも, ついでに, つかれも, つけようも, つまさきが, つまさきまで, つま先から, ない大入道, ない婦人, ない平, ない幽霊, なくな, は, はこびが, はやいの, はれが, ばたばたば, ふみばも, ふみやうが, ふみようが, ふみ入れようも, ふみ方, ままに, ままの, ままペタペタと, まま半, まま寝台を, まま庭に, まま庭へ, まま飛ん, まわりを, やうな, わるい十七, フラフラを, 丈夫な, 三里に, 上で, 上へ, 下だ, 下できしきし, 下では, 下と, 下なる, 下同じ, 下駄が, 不足を, 中に, 中へ, 中を, 事を, 二十本の, 人間, 位置が, 低い食卓, 傘の, 傷の, 傷を, 先きで, 先だけが, 先には, 先までが, 先までは, 凍えたれば, 凜, 処に, 処を, 出て, 刺を, 創の, 力で, 力に, 力もたど, 労れ, 労を, 勇に, 勇には, 動かぬ事, 動きが, 動きを, 動物を, 医者を, 及ぶだけ, 向いて, 向く方角, 向を, 外は, 夢です, 大きな雇女, 女の子が, 如し, 姿勢を, 子が, 寸法を, 小さな支那, 小指に, 小指は, 小指を, 尖を, 尻きり半纏に, 左の, 幽霊, 底から, 底へ, 弱いの, 弱いもの, 弱い女, 弱い方, 弱い連れ, 弱も, 形に, 律動を, 恰好の, 悪い老人, 惡いお, 感じと, 感じを, 手当を, 拇指と, 拇指に, 指から, 指には, 指まで, 指先で, 方からも, 方で, 方には, 方三寸ほども, 早いには, 早い二人, 早い人, 早い者, 早い野郎, 曲った人, 有無に, 極めてダラシ, 様に, 歩調を, 沓が, 淀む間, 濡れるほど, 爪さきまで, 爪にまで, 爪は, 爪も, 爪先き, 爪先の, 爪先は, 爪先までが, 爲めに, 物が, 獣は, 甲から, 甲に, 甲へも, 男の, 疵の, 疼痛を, 疾き, 痛くなる, 痛手を, 痺れを, 皮が, 皮膚は, 短い畸型, 短い肩, 神経に, 窮屈な, 竦むよう, 筋を, 緒が, 緩んだも, 縄を, 肉に, 肉を, 膝の, 膝を, 色を, 蜘蛛と, 蝦蟆将軍は, 裏, 裏からも, 裏である, 裏までも, 裏や, 親指とか, 親指に, 触るるありて, 調子が, 赤い小さな, 赴くが, 赴くまま, 足が, 足の, 踏むを, 踏む処, 踏んで, 踏んどころ, 踝などを, 踝を, 踵に, 踵の, 踵は, 踵を, 蹠が, 軽さ, 辺が, 辺に, 速いこと, 速い片雲, 速力が, 速度を, 進まない方角, 進みが, 遅さ, 運びにも, 運も, 運を, 運動が, 運動に, 邪魔に, 重たくて, 重みが, 関節の, 関節を, 靴を, 靴下の, 音に, 音を, 骨などが, 骨に, 骨は, 骨折で, 體で, 高い三方, 高い膳, 麻痺が, 黒い烏

1 [1724件 抜粋] あいだへ, あげよう, あたりまでも, あとに, あるところ, ある大きな, ある男, ある訳, いたいの, いたみは, うごかさるるを, うずまる様, うつくしさ, うらにゃ, うら唇, おかげで, おでんを, かかとに, かぎり彼らの, かぎり駈け出した, かっこうを, かんせつが, きかない人達, ぎしぎし鳴る, くせにて, くの, ぐあいが少し, ここかい, ことなどは, ことは, この歌, ごとくお, ご難儀, さきにけ, さきは, さむい私, したくを, しびれをも, すくみさ, すぐそば, すずの, すべりしは, そうです, そばから, たちどを, たどたどしくも, ついたり, ついた小さな, つきたる浅き, つく虞, つけ根に, つづく限り, つま先で, つめたさ, とこの, とどいた者達, とめ金, どうどうめぐり, ないやう, ない下, ない屍, ない恰好, ない理由, ない白布, ない訳, なくなったの, ぬれること, のろい母親, はいるだけの, はこびによって, はずじゃ, はやい不思議, はるか下に, ひどく冷える, ひらきが, ふみどころが, ふみ所も, ほうだけ, ほうを, ぼつて, まねを, ままそこに, ままフラフラ, まま何処へでも, まま外へ, まま寝床には, まま数哩を, まま歩まん, まま素袷の, まま苔の, まま走っ, まま逃げた, まま飛び降り, みな外に, むきだしに, むくほう, むくみが, もとに, ものである, やうです, ゆびが, ゆびをかけており, ようだ, ようである, わらじが, わるいおばさん, わるいフランク, わるい源治, わるかった, ガーゼを, コンパスは, ズボンには, チビが, ツラの, トゲ位ゐ, バネに, フラフラしたあやつり, ユビまでの, 一つない, 一味は, 一方は, 一本だけ, 一本一本までが, 一脚は, 一部分を, 丈夫さは, 上にて, 上下する, 上外部が, 上部を, 下からしか, 下にて, 下巨大, 下部を, 不自由なる, 両股, 中指の, 乞丐が, 亂るる, 二つは, 云う通り, 亭主などを, 人間なんて, 仕事でも, 企みには, 位置から, 体を, 侍者が, 信者と, 俺達より, 停まった所, 傷だ, 傷所で, 儘で, 儘歩い, 先, 先きが, 先きまですつかり, 先にて, 先へも, 先端へ, 先迄が, 入れどころ, 全部が, 兵たいが, 兵續きゐ, 其何れにも, 冷えぬよう, 冷える迄, 冷めたさは, 処へ, 出し工合から, 前で, 前拔きたる, 割には, 力の, 労に, 勇こと早坂勇の, 動いて, 動作に, 動物の, 勝ちだつた, 化粧法日本人を, 医者たるの, 医者なり, 危さ, 古いスリッパ, 台の, 号令で, 向いた所, 向うには, 向きしだいに, 向き易い, 向くがま, 向くなり, 向くまま彩牋堂, 向け場がねえ, 向ったところ, 吸物である, 呼び合いに, 唐傘にでも, 四つある, 固疾, 地上を, 型さへ, 報いを, 外に, 夢という, 大に, 大部分, 太いところ, 太い馬, 女かな, 女それだけ, 女ッぷり, 奴いがぐり頭の, 如くただ, 姿で, 娘の, 子も, 子孫田原藤太秀郷の, 學者でなく, 學者とに, 定まらざりし理由, 寸法が, 小さいこと, 小さい鳥, 小指, 小指へ, 尖つめたけれ, 尻きり半, 尾を, 届かぬよう, 川を, 工合まるで, 平がいたい, 幻影が, 幽霊封じに, 底の, 庭下駄が, 弁天様は, 弱いこと, 弱い城介, 弱い私, 弱い背, 強いもの, 強弱の, 形坑道の, 彼方にのみ, 微笑を, 心一杯で, 快さ, 怪我が, 息として, 患いに, 悪いお, 悪い一人, 悪い娘, 悪い神様, 悪い者, 悪い馬, 意を, 感じで, 感覚を, 所で, 打ち蕭, 折れて, 拇指さへ, 拇指一つから, 持つ性格, 指かは, 指なし, 指をば, 指二本鼻の, 指先だけを, 指先を, 指紋だ, 捗どらず幸手, 捻挫を, 摺切れる, 数から, 敵手としては, 方でも, 方にも, 方らしい, 方角を, 早いが, 早いのに, 早い事, 早い奴ら, 早い彼等, 早い日本空軍, 早い若い者, 早い長次郎達, 早え, 昆布卷を, 曲った一脚, 木靴が, 枷を, 案山子に, 極端に, 構えを, 様子を, 次第に前, 止まったところ, 正室に, 武力を, 歩みも, 歩調で, 毛に, 水虫が, 油と, 泥落す, 浮いた頭でっかち, 溜息を, 濡れたの, 烏である, 烏は, 熱さ, 爪で, 爪までが, 爪先だ, 爪先へまで, 爪先迄が, 爪頭までの, 片足を, 物に, 特質を, 猫の, 生えたぱんぺんさ, 用を, 甲だけが, 甲のみを, 甲両, 男ヂェリオンと, 異様な, 疣を以て, 疲れたころ, 疲れた時, 疲れも, 疲れ果つる時を, 疵が, 疵所へ, 病気も, 痕が, 痛え, 痛は, 痛みと, 痛みに, 痛むの, 痺れの, 癒る, 發育が, 白い綺麗, 百姓の, 皮であった, 皮などの, 皮や, 皮膚および, 盟を, 真下で, 眼色は, 短いの, 短い牀, 短い猿股一つ, 短い蜘蛛, 短かいせい, 矮小な, 確な, 神経などに, 程度は, 突先で, 立って, 竜に, 端に, 第一, 節々が, 精力が, 紊れ, 細いこと, 細長い昆虫, 絲は, 続くわけ, 緒を, 縄が, 繃帯の, 續く, 置場に, 美しい聖地, 群れだ, 肉と, 胼胝の, 脹脛を, 腓の, 腫上りし, 腱が, 膝ぶし, 膳の, 自由を, 色面に, 茶屋の, 草鞋が, 草鞋の, 萎えたる文化, 落ちたるは, 虫, 蛙と, 蜆屋が, 血が, 行くに, 行動が, 表情を, 裏だけ, 裏でも, 裏にぶ, 裏一面が, 裏側には, 見えたり, 親と, 観兵式である, 詩人プウシキンは, 調子を, 豆も, 責太鼓鼕, 足元が, 足袋は, 趾の, 跖より, 跡のみか, 跫音, 踏まえピッタリ, 踏みきりも, 踏みどを, 踏み入るところ, 踏み入れ難く, 踏み出す特別, 踏み所も, 踏み處, 踏む分, 踏ン張りかげんを, 踏場を, 踝から, 踝ほどに, 踵から, 蹈入れようも, 蹠に, 躓くお, 軽いこと, 輩が, 辷り方, 迷ふ, 速いという, 速いの, 速い方, 速まるにつれて, 進まずして, 進みを, 遅いお伴, 遅い節子, 運さながら, 運びかた皆圧え, 運びには, 運びやなんかの, 運び敏活ならず, 運動から, 達する領分, 遣り端, 都合が, 醜さ, 重い事千鈞, 重くなった, 金華将軍が, 鉄丸や, 鉛, 銚子を, 長い事, 長い胸, 長い髯, 長き裳, 開き具合や, 間の, 関節も, 限り逃げ, 陣足ふん, 雲が, 青年を, 靴だけで, 靴下と, 音さえ, 音とともに, 音の, 音われの, 音音頭取りの, 響に, 顏色を, 餘り, 馬の, 骨でも, 骨折を, 鶏を

▼ 足~ (2606, 8.6%)

27 地に 24 すくんで 14 ついて, 出て, 出來 13 早い, 竦んで 12 ふらふらし, 宙に 11 すくんだ, 前へ, 自然に 10 あって 9 前に, 惡く, 痛んで, 足が 8 しびれて, 向いて, 生えて, 痛くて 7 動いて, 動かない, 疲れて

6 [13件] あるから, つく, ない, 先へ, 向く, 向くの, 地について, 地を, 急に, 早いので, 浮いて, 遠くなっ, 重い

5 [17件] ある, あるの, すべって, ふるえて, ふるへて, 不自由だ, 不自由な, 動かなくなって, 向いたの, 惡い, 早いん, 早かった, 進まなかった, 達者で, 遠のいて, 重いの, 重くなった

4 [24件] かすかに, きかないので, ついた, ついたの, つかえて, 云うこと, 付くと, 傷を, 少し惡, 折れて, 早いの, 早くなった, 棒に, 棒の, 疾い, 痛む, 痺れて, 砂へ, 自分の, 見える, 覗いて, 辷って, 達者だ, 重くなっ

3 [52件] あがらない, あるか, あれば, がくがくし, それを, でる, なくて, なくても, はやい, ふら, ふらついた, ふらついて, ふらふらとして, ふるえました, もつれて, もつれる, スーッと, ニューッと, 不自由で, 不自由に, 何か, 冷えて, 動かなかった, 動かなかつた, 動かなくなった, 向いた, 向かなかったが, 土に, 大地を, 小く, 床へ, 抜けて, 止まって, 止まるか, 汚れて, 滑る, 痛い, 痛え, 痛くなる, 痛むと, 私の, 立たなかった, 縮んで, 腫れて, 自然と, 自由に, 草臥れて, 落ちかかって, 言うこと, 進まないの, 遠くなる, 附いて

2 [190件] あつて, あるよう, いうこと, いくつも, うごきません, さわると, すくむ, すくむほど, すくんだの, すぐには, すべる, そこに, そっちへ, その方, その足, それに, だるい, だんだんと, だんだんのろく, だんだん早く, つきそう, つきましたよ, つくと, つっぱって, でるので, とまって, とまりました, どうにも動かぬ, どこかへ, どちらへでも, ないか, ないの, ないので, なくては, はやくても, ばかに, ぴったりと, ふらつくこと, ふらふらした, ふらふらしてる, ぶら下って, ぷるぷるっとけいれんしその, ほてって, まがって, めり込んで, もつれよろよろ, よろけて, よろめいて, デンボであった, ニュッと, ブルブルし, ブルブル顫, 一本しか, 一本に, 丈夫で, 上に, 下に, 下へ, 並んで, 乱れて, 二寸も, 二本, 二本井戸の, 云う事, 今も, 付いて, 付きます, 付くから, 何だか硬, 何時より, 何本も, 倒れさうに, 倒れそう, 借りて, 停った, 偶然にも, 僕の, 先に, 冷い, 冷てえ, 出た, 出なくなった, 出る, 利かない, 動かないの, 動かないので, 動かなくな, 動かぬ, 動きだす, 動くの, 半分とけ, 向かなかった, 四本ある, 土を, 地から, 地面に, 変に, 多少跛, 妙な, 妙に, 宝石の, 家の, 宿の, 富に対する, 寒天の, 少し悪い, 少し悪く, 尻の, 岩の, 床に, 床の, 床板と, 弱いので, 弱くて, 強かつ, 悪い, 悪いの, 悪かった, 悪くて, 折れると, 捉つた, 早いから, 早え, 早くて, 早くなり, 早ければ, 曲るって, 曲るんだい, 柔らかな, 止つた, 止まった, 止まる, 水しぶきを, 水に, 氷の, 洗えないの, 涜神的にまで, 淀みました, 滑った, 無かった, 無くっても, 生えたわけ, 生える, 留って, 疲れたの, 疲れ息切れ, 痛い痛いと, 痛い頭, 痛くない, 痛くは, 痛んだが, 短くて, 砂に, 砂を, 空を, 窘んで, 立って, 竦んだ, 筋張ると, 縮んだ右, 耐へ, 股の, 腕に, 良くない, 芸人の, 行きなやんで, 触れた時, 軽くなる, 進まない, 進まないよ, 進まなかつた, 遅いし, 遅いの, 遅いので, 達者であっ, 達者に, 遠くなった, 遠のいた, 重かった, 重くて, 釘づけ, 鍵盤を, 長いと, 長くて, 階段に, 離れて, 震えた, 非常に, 頭が, 顫え

1 [1536件 抜粋] あがらないでは, あちこちと, あとに, あらわに, あらわれひとり, あります, ありませんでした, あるだろう, あるとも, あるまた, あるわけ, あんまり痛く, いきなり宙, いたくなりました, いつもの, いやに長い, うごいて, うまいこと, おそいので, おだやかで, おっぺしょれようとも, お尻, お痛わし, かかった眼, かかると共に, かつたる, かんじられた, きかず漸く, きかなくなって, きく, きれいに, くすぐったい, くたびれきって, くたびれたと, ぐっとのしかかっ, ぐらぐらと, こつんと, この片足, さくさく, さわったとやら, しげみの, しっとりと, しびれてること, しめる, すくみから, すくみ倒れて, すくむやう, すくむ思い, すぐに, すこし短い, すっかりこごえ, すっとこけ, すつかり擦れ, すべての, すべりそう, すらりと, ずぶずぶと, そう苦, その場, その板, その菰, それについて, そろって, たくさんある, ただ無意識, たまらなく痛みました, だめだ, だるいそう, だるくて, だるく身体違和, だんだんに, だんだん鈍く, ちやうど, ちょんと, ちんちくりんだ, つ, ついたかも, ついたとき, ついたらドン, ついた樣, つかあ, つかえ顕治, つかねば, つかれて, つきゃなおさら, つき出て, つき目, つくからのう, つくという, つくの, つっかい棒の, つづかない, つまずいたの, つめたいとお言いだそうだ, つるんだ, でるから, とびあがり, とまるの, ともすればダラリ, とんで, どうにも動かし得ない, どこを, どっちへ, どんなに汚れ, ないが, ないと, ないのに, なえたや, なおったらまた, なかった, なくなったかと, なければ, なやんで, にが手, にわかに早く, ぬけたと, ぬっと出た, ぬれると, のびた, のびる忽ち, はいる, はえないぞ, はかどらなかった, はやいたちまち, はやくなった, ばちで痛む, ひざの, ひっから, ひとりでに玄関, ひどくま, ひどく悪い, ひょいひょい遠のく, ひょろ長く傘, ぴたりくぎづけ, ふさわしかった, ふと一軒, ふらつき右, ふらふら, ふらふらである, ふるえたの, ふるへましたけれど, ぶよぶよと, ぶら下るの, ほそく首, まきついて, またけ, まだそのままある, まだ伊太利, まどの, まるで機械, みじかいので, むき出しに, むくよう, もうめっきり冬, もう編笠茶屋, もげ首, もどかしくなります, ようやく興, よごれたので, よろめいた, よろめくよう, よわって, わたへんとこ, わるいのに, わるくなり, ガクつきどうしても, ガクガクする, ガラスの, コンクリートの, シャンと, チクリと, テーブルの, ニョッキリと, ノリや, ピキピキと, ピンと, フラフラで, ブラブラと, ブルブルふるえ, ヨロヨロし, 一ばい早く, 一寸跡絶えた, 一度とまる, 一本つき出, 一本位ない, 一本折れた, 一歩々々梯子段, 一歩銀座に, 一高一低, 三尺も, 三階の, 上らず引きずるやう, 上座に, 不便で, 不具な, 不自由だって, 不自由で踊れない, 両方とも, 乗った, 二つ, 二つ毬の, 二三寸短く, 二本ある, 二本とも, 二本むき出しにな, 二本下った, 二本浮い, 二本自分の, 云う, 人間の, 他処, 付きそう, 付きまして, 付く虞, 伸びたろうか, 伸びるのに, 似て, 何かに, 何を, 余程大きい, 信吾の, 停りました, 傷むだらうと, 元手の, 入って, 入るまいなどと, 八五郎が, 冷えない, 冷えるの, 冷たい, 凍えさ, 出せないという, 出たの, 出ねえでかうい, 出ましたので, 出るばかり, 出る足, 切断された, 利かないの, 利かなくなり室内, 劉璋へ, 動いた, 動かず立ちすくみに, 動かぬだけ, 動きだして, 動きませんでした, 動くよう, 勝つか, 十足に, 危うく辷りかけ, 反対側へ, 右へ, 向いたそういう, 向うように, 向かないので, 向かなくなって, 向きがち, 向き出すと, 向くとは, 向く古い, 吸われるよう, 四本ばかり, 土の, 地べたに, 地上について, 地上二三寸の, 地面へ, 埋まりこんだが, 夕闇の, 夜具の, 大事だ, 大切な, 大層重, 大變輕, 太くて, 學校の, 定まりませぬ, 寒い, 寝床からは, 小さい橋, 小さく縮ん, 小躍りし, 少しふらつく, 少し早かっ, 少し跛, 屆きます, 届かないから, 届きます, 山の, 岩へ, 川底に, 常の, 幾千疋居る, 廻って, 引き釣って, 引懸った, 引込んで, 弱くって, 弱ったり, 弱過ぎました, 強いん, 後に, 得難きに, 必要だ, 思わぬ力, 性急に, 悪いので, 悪いん, 悪かつ, 悪くなり, 悸え, 惡いに, 意地にも, 慣らされて, 戦慄いて, 手すりを, 折れそう, 折れても, 折れるまで, 抜けない破目, 抜けなくなつ, 挙らなくなるもの, 捷い, 揃って, 撥ねたかと, 擽ったいよう, 敷物を, 早いし, 早いつもり, 早いとても, 早いもの, 早うなる, 早くなりました, 早くツ, 早まる, 早過ぎた, 時どき凹み, 暗い水, 曲った, 曲つ, 有ったんで, 木の, 松明空輿馬上の, 果してある, 柵を, 楽に, 止って, 止まらぬ位シビレ, 此方に, 歩くの, 段の, 比較的丈夫, 水を, 汚れてるから, 没入する, 泣いとる, 泥ぼっ, 洗えません, 流れを, 浮いたの, 浮く, 消えた時, 渠の, 満足に, 溺れ死ぬの, 滑った拍子, 滑りおちて, 滑ると, 濡れる, 無いって, 無うて, 無くなった当時, 無意識の, 熱って, 爪先から, 片輪, 甚だ捗々しく, 生えたよう, 生え両足, 甲板を, 留まる, 疲れると, 疲労れた, 痙攣を, 痛いと, 痛いので, 痛い善哉, 痛い衰, 痛かつ, 痛くな, 痛くなり腫れあ, 痛みはじめるかと, 痛み出しましたが, 痛むので, 痛む薬湯, 痛わ, 痛んでるん, 痺れでも, 白い, 盲腸炎で, 眼に, 着く前, 短いなあと, 短く尻, 砂塵を, 硬ばったよう, 硬直し, 稜線を, 穿いて, 突張つて動かない, 突然空, 窘む, 窘蹙む, 立たないの, 立たなかつたので, 立たんのに, 立ったので, 立つか, 立つやう, 立なく成た, 竦んだと, 紫色に, 絶えない状態, 続いてる馴染, 縛って, 縮むよう, 繁くなり, 老人と, 脚立の, 腓腸まで, 腰の, 膨れたの, 自働的, 自慢だ, 苦しくなっ, 草臥て, 落ちかかってるじゃ, 著しく進出, 褐色で, 西へと, 見えたから, 見えました, 見えるの, 視界から, 覚束なく, 触りましたので, 触れて, 誘惑する, 賛成し, 足裏に, 踏みにじって, 踏み込んだ庭, 蹴って, 蹴飛ばした, 身体を, 軽かった, 軽くなった, 辷りまして, 迅いから, 近づく時, 這つてその, 速いと, 速いん, 速くなる, 速すぎ, 進まないよう, 進まぬ, 進みません, 進むよう, 遅くなっ, 運べない, 道を, 達者ゆえとうとう, 遠くな, 遠ざかったこと, 遠のくばかり, 遠退いた, 遣場, 醤油樽の, 重くなる, 重すぎる, 重吉に, 鈍った, 鉄塊の, 長々と, 長くなっ, 長く極端, 関節から, 附いたか, 障るといふ, 雄蕊の, 雲龍寺へと, 震えて, 頭よりも, 顫えて, 飛び上るか, 飛んで, 食い入って, 駅の, 麻痺した

▼ 足~ (2131, 7.1%)

39 歩いて 18 踏んで 15 立って 12 彼は 10 あつた, 庭へ 9 すぐに 8 立ちあがって 7 直ぐに, 飛んで 6 土を, 種を, 蹴って 5 出て, 拍子を, 水を, 蹴った, 飛び出して, 駈けて

4 [14件] ここへ, それを, ふんで, 下りて, 庭に, 彼の, 来て, 歩いた, 歩くの, 私は, 自分の, 表へ, 蹴ったり, 降りて

3 [30件] どんと踏ん, ふんだり, もって, ドアを, 以て, 半蔵は, 吉原へ, 地面を, 岩を, 帰って, 床を, 庭先へ, 廊下を, 彼女の, 歩くこと, 歩くよう, 歩行く, 町の, 石ごろ道は, 行く, 警察へ, 踏んだり, 蹴散らした, 蹴飛ばして, 近所の, 部屋の, 階段を, 雨の, 雪の, 飛出して

2 [119件] あやして, うろうろと, おさえつけて, おまけに, かきます, これだけ, さぐりながら, すぐお, すぐ引返す, すぐ彼, すぐ田代屋, その小さな柱頭, たちあがって, たちました, ちっとも歩かない, とびだした, ひょい, ふむと, もつて, やつて, グッと, バタ, 一文字に, 一見し, 二人の, 二人は, 京都へ, 信吾は, 僕は, 先に, 八五郎は, 別の, 動作の, 勘六の, 古本屋へ, 台所へ, 向うへ, 四半刻足らずで, 土間へ, 壁を, 夜具を, 宙を, 家の, 富士の, 小突くって, 少しでも, 山を, 平次は, 店に, 座敷へ, 座蒲団を, 庭の, 引き返して, 引金を, 後から, 忍んで, 急いで, 押しのける, 揺籃を, 昔の, 木屑の, 木曾街道を, 来い, 来たの, 東京駅に, 柄に, 柳条に, 此の, 歩いてるの, 水に, 浅草の, 焚火を, 牡蠣船の, 狂気の, 矢田津世子を, 砂を, 私の, 立ち手, 立った, 立つて, 立つよう, 立てば, 立上って, 義雄は, 草の, 草を, 薬屋に, 裏の, 裏二階の, 走るん, 足を, 踏みつけて, 踏みにじつた, 踏むと, 踏むの, 蹈み, 蹴つた, 蹴られた, 蹴りつけて, 蹴る, 蹴ると, 蹴散らして, 近づいて, 逃げた, 逃げて, 通って, 酒屋へ, 阪大病院へ, 障子を, 隣へ, 頭を, 飛び出した孫三郎, 飛び込んで, 飛んだこと, 飛降りました, 飛降ります, 馳け, 駈出して, 魚刺の

1 [1564件 抜粋] あいつの, あたふたと, あにき, あの穴, あんなお宮, いたでしょうすたすた, いっしょに, いやに, うしろから, うんとけとばした, おけいちゃん, おし寄せ, お三輪, お出なすっ, お宮を, お店, お遁げ, かけだしたの, かどへ飛出す, からみ倒して, がらごろと, きりきり舞, くる, けちらそう, けとばし手, けられしかし, こう駒雄, こちらへ, ことこと歩き, この世から, この大地, この山, この界隈, ござりませう, さぐったほう, さしいれ屋, さっそくお知らせ, さな, さッそくドス, しっかと押え, しなびた小さい, じぶん, すぐあと, すぐもういちど朝倉屋, すぐ三条, すぐ会社, すぐ向, すぐ大里玄十郎, すぐ小野派宗家, すぐ旭町, すぐ根岸, すぐ田原屋, すぐ目白署, すぐ神社, すぐ退転, すぐ金助町, すぐ陽子, すぐ麹町三丁目, すっくとたちあがった, せうあんなに, そこらを, そない, その唐橋, その後へ, その用, それも, ただちにまた, たつこと, だんだんと, ちょっと頼まれ, ついて行った, つかまって, つかんで, つっ立って, てくてく歩い, でんぐり返しを, とびあがって, とめて, とんで, どうして江戸, どた, なにを, にょろにょろ出, のそのそ歩い, はござりませぬ, はらって, ばらばらの, ひょいとたち上がりました, びしゃびしゃあるいて来る, びちょびちょ歩い, ぴょんぴょんと, ぴんぴん歩い, ふと立ち寄つた, ふみつけたからば, ふみつけて, ふみ切つて, ふむアンマ, ふんだわけ, ふんづけるまでに, ぺたぺた歩く, ぽつぽつ歩い, ますます私, またその, また安楽椅子, また犬, また雀右衛門, まっすぐ立っ, まといにこそ, まわる, めちゃくちゃに, もったと, やって, やつと, やる段, ようよう江戸, よたよたと, わたくしを, アララギ発行所に, カフエー白百合の, ギリギリと, コツコツと, サッサと, ジリジリと, セントルイスへ, ソワレの, チロヒロの, トントンと, ニューッと, ネタを, パタンと, パリへ, ビヴァリイ谷の, フハンが, ホールへ, ポストまで, ヨーロッパを, 一つブレツの, 一度蹴れ, 一潰しだ, 一身田の, 七里の, 三四十分で, 三度地面を, 上がったらよ, 上塩町の, 上野へ, 下りはじめた, 不きりやう, 不自由そうに, 両国の, 丸屋へ, 久居から, 亀八の, 二十丁ある, 二月は, 二里の, 二階にかけ, 五人の, 井戸端まで, 京へ, 京都まで, 人体に, 今度は, 他の, 伊部の, 伯父さんの, 何んの, 何処へでも, 侮辱を, 修験者覚明の, 元町の, 入って, 入隊する, 六波羅北殿の, 其の男, 再び津, 出る奴, 出向いて, 分らない時, 別に命令, 前足では, 副組長, 力任せに, 動こうと, 匍ひ, 十五分であり, 半ば地面の, 半蔵に, 博士は, 又その, 取つた證據, 号外を, 同じ村, 向う裏, 唐紙を, 喉を, 図書館に, 土が, 土地を, 土蔵の, 地だ, 地團太を, 埃を, 堺町通りの, 声の, 夕闇の, 外を, 多摩墓地へとも, 大地を, 大巻を, 大結, 大金持, 太腹を, 奥へ, 女良の, 婢室の, 字を, 学生靴を, 宮島から, 寄せ落し, 寝台の, 小かめ, 小学校に, 小突くだけ, 小豆を, 少年の, 尻を, 居るん, 屋内屋外を, 山水楼の, 崩す, 川水を, 市政講堂の, 帰るから, 幸田節三の, 庇を, 床板踏ん, 庭を, 廻って, 引っかえし, 引つ掻きながら, 弱, 彷徨った, 彼女は, 後へ, 御目付, 思いきり蹴った, 急ぎに, 息を, 愛宕権現に, 戸外に, 戻つて, 扇屋へも, 手で, 抑えて, 抱きしめて, 押しかけ女房, 押しのけ, 押し除けうす, 拾翠菴に, 捻じ縒, 探って, 掻いて, 掻き消したと, 揚がられちゃ, 摺れた跡, 支えて, 散髪屋へ, 新世界, 新宿行の, 日本の, 早瀬を, 時折り, 普光尼の, 暮す, 書く, 木戸の, 本堂を, 村の, 来た日本, 松本までは, 柄の, 根岸へ, 桂離宮を, 梅田新道の, 植木屋の, 横浜の, 橋を, 機嫌よく, 次の, 正木作左衛門の, 歩いたの, 歩いても, 歩かせたり, 歩かないの, 歩きながら, 歩きまわり年, 歩き第, 歩くに, 歩くもの, 歩く工合, 歩く猛獣, 歩けるという, 歩まなければ, 歩む能わずまた, 歩行かれる, 段梯子を, 母屋の, 比佐は, 水汲も, 江州の, 池の, 河岸へ, 泥を, 流れに, 浅草へ, 浪を, 海辺に, 渉つて行く, 渡りかけたところ, 渡辺橋まで, 滅茶, 濡れ縁から, 無電室へ, 熱海の, 牽かせたら莫大, 玄内の, 玉串御門の, 田岡政代の, 由に, 男つ, 界隈の, 番所まで, 病院に, 登るよりも, 白苧村に, 盥を, 目黒へ, 直ぐ下, 直ぐ加藤醫院, 直ぐ差当り小野田, 直ぐ病院, 直ぐ訪ね, 直ちに日本政府, 直に南, 相手を, 眇目の, 県庁の, 真名古の, 瞬きを, 矢野校長の, 砂, 確に, 神戸へ, 私達の, 空中に, 突破し, 立たせて, 立ちあがった, 立ちあがりました, 立ちあるいは, 立ち上がって, 立ち上りながら, 立ち高々, 立ってるよう, 立つ時, 立上る, 第一ホテルへ, 筑前に, 箱の, 米といで, 米磨ご, 紙帳を, 絡みつきのしかかろうと, 絹の, 綱を, 縁から, 縛りつけられようと, 耕地を, 背の, 胡弓を, 腰に, 自分を, 船底を, 芸当を, 荒々しく其の, 菊子を, 蒲団を, 蔓に, 藤棚の, 虫喰ひ, 行き違う群集, 行けよ, 行つて見る, 行進し, 袋を, 裁判所長の, 製作室の, 襖を, 西洋の, 見附から, 触れる快, 語らして, 談を, 變屈者で, 豆小僧は, 賭場に, 走り出しました, 走るよう, 越せぬ, 跟い, 跳ね上げた, 踊つてゐました, 踏まなくとも, 踏まれた足, 踏みかためるところ, 踏みつけたまま老母, 踏みつけた草, 踏みつぶして, 踏みならす音, 踏みにじられて, 踏みやすい, 踏み固めて, 踏み消したの, 踏み潰して, 踏み破り六間, 踏む, 踏む苔, 踏んづける靴, 踏んまえながら, 踏潰し, 蹴たの, 蹴ちらしはじめた, 蹴っても, 蹴やぶれ, 蹴られるの, 蹴りつけたとき, 蹴り初めた, 蹴り放った, 蹴り身体, 蹴るのに, 蹴上げ親, 蹴散らされ白粉, 蹴落して, 蹴返すと, 蹴飛, 蹴飛ばしたり, 車室の, 輦台の, 辣薤を, 迎いに, 近寄って, 追いかけながら, 追いつくこと, 追って出よう, 退くばたばた, 逃げるです, 逃げ出しました, 逃れ廻る囲中, 這入ったもの, 連絡船乗場に, 運んで, 道行きを, 遠い隣り, 部屋へ, 金剛寺の, 金港堂へ, 釣らなくては, 釣れと, 鉄骨に, 鍵を, 長く立っ, 門の, 開けて, 開ける方, 間もなく帰っ, 院長から, 階段の, 雅典の, 雨戸を, 露地の, 音頭をと, 頭から, 頼まれて, 飛ばしそして, 飛び下りた, 飛び出しました, 飛び出すこと, 飛下りた, 飯田在へ, 首を, 駆け出すと, 駈けつけたそう, 駈出しねえ, 駈込んで, 驅ける, 高津神社の, 鯖江から, 麓へ, 鼠つかい

▼ 足~ (1463, 4.8%)

28 自然に 9 宙に 8 棒の, 自然と 7 宙を 6 地に, 砂を 5 すくんで, すべて旅の, 疲れて, 重かった 4 しぜん, もう一歩, 僕を, 地を, 大地に, 氷の, 足で

3 [14件] それが, つかれて, よろめく古物, 下の, 前へ, 地から, 家の, 床に, 急に, 早かった, 空を, 素足で, 進まなかった, 達者だ

2 [101件] いつとは, いつの間にかあの, おのずとその, さながら宙, しっかりと, すぐに, すこしも, そのま, その堤, その方, それから, たくほどの, だん, だんだん早く, とまらなかった, どうする, ないが, なゆれど, ひとりでに墓地, ひ上る清水, ふらふらと, もう地面, よく湘南地方, よろめきながら, われ知らず, 一二尺動いた, 一文字に, 一歩も, 三つで, 二つの, 二本とも, 人間を, 体を, 何かに, 何時しか町, 何時の間にかだ, 何時の間にやら, 俄かに, 俄に, 其処に, 勞れ, 右と, 向いて, 向くれど, 和尚の, 土を, 地上を, 多く江戸川の, 夜が, 大地を, 大根の, 小刻みに, 岩に, 後へ, 忍びやかに, 忘れたか, 急いで, 恐ろしく冷い, 悪し天気, 惜しまじ何れ奉公, 惡かつ, 我にも, 早くなった, 早くも, 棒に, 横山町の, 正確に, 歩いた, 泥だらけで, 海の, 濡れて, 火の, 田蓑橋の, 男に, 疲労れ, 痛みを, 相応に, 確かに, 穿いて, 立ちながら, 立って, 紅宝玉の, 絶えずわな, 自と, 自ら七八寸あまり宙に, 自分の, 芝居裏の, 草履も, 血を, 行かねども, 行くとも, 裸で, 走って, 蹣跚として, 速かった, 重かつ, 重くなる, 釘付けに, 雪雲の, 非常な, 非常に

1 [1099件 抜粋] ああ, あたかも蟻, あった, あのチヤツプリン, あまり遠く, あるかねども, あれども, いかに美しき, いくらか暖かい, いそげば, いたって動き, いったところ, いつか明神様へ, いつしか池, いつでも, いつの間にか晋陽, いつの間にやら, いつもの, いつも新た, いつも雑踏, いてついた様, いまは, いま釘つけに, うかうかと, おそらく踏ん, おのずとここ, おのずと柳島, おのづか, かいがいしく草鞋, かたくしばられ, かなり速く, かよわい, がたがた顫, きゅうにあともどりをし, くたびれて, くちびるは, こうして京洛, ことごとく入口, この上, この手, この紐, こわばりすくんで, こんなに小さい, さかんに, さっそく歩調, ざっと見た, しだいにおそく, しだいに深く, しない樣子, しばやに, しめつけられて, じりじりと, すぐ約束, すたすたと, すつかりつかれ, すでに病院, すべての, すらりと, すんなりと, す様にな, そこでも, そこらの, そぞろに, その反対, その小路, その怪物, その煙突, その葉, その顔, それに, それほど病まぬ, そんな遠方, たいてい跣, たがいに, ただようのに, たちまち引き戻された, たちまち砂, たぬきという, だるいし, だんだん小さく, だんだん遠のい, だんだん鈍った, ちぢめて, ちゃんとあります, ちょうどすすき, ちょっと見る, つるつると, とうに感覚, とまった, ともかくとしても, どうした, どうしても取れる, どうで, どうなっ, どこから, どこという, どこへ, どちらかが, どんなで, どんな形, ないけれども, なか, なかなか達者, なし, なに物に, なやみぬ, なんともない, ぬけるし, ぬ所, のろかった, はずんで, はたと止まりぬ, はだしに, ばかに, ひきずるばかり, ひたせども, ひとりでにその, ひとりでにゆるみ, ひとりでに町はずれ, ひどく惡, ひどく速い, ひょろひょろ眼, びつこなのだ, ぴたりと, ぴったり止った, ふたたび本家, ふらついて, ふらふらで, ふるえて, ほとんど地べた, まず孫たち, また何処, また停車場, また強く, また自然, まだなかなか直らぬ, まだ依然として痛みます, まだ痛みます, まったく金槌位, まるでまっ, まるで吸盤, まるで鎖, みんなの, むかない, むき出しの, むやみに, めんどくさかつ, もうすっかりなおっ, もうやたらに, もう動かなかった, もう厩橋, もう地べた, もう感覚, もちろん全部跣足, もっとはやかっ, やがて地, やけに早かっ, やっぱり向いた, やはり地面, やはり速かっ, ゆるめず黒地, よくその, よく其方, よく寝覚め, よけいに, らくなれ, わななき手, エジプト風の, クルクルと, ゴムの, シュミーズの, ジュナップの, ソワソワと, チリチリと, ニュッと, バタと, ビリエーの, プティート・トリュアンドリー街と, ベッドから, マゲに, ワナワナ震え戦いた, 一乗寺方面とは, 一向に進まない, 一寸先の, 一時間たっぷり, 一様に, 一軒置い, 一齊に, 三本の, 上が, 下まで, 不安に, 不幸に, 不自由だ, 両方共膝小僧までしか, 主人が, 事実表へ, 二つ運ぶ, 二尺も, 二本くっついてる, 云う甲斐, 五十を, 人の, 人間の, 今でも, 今以, 今河原町, 仕事が, 伊織の, 体と, 何の, 何れも, 何んとも, 何度も, 何時とも, 來なかつた, 依然としてもと, 倒れて, 傷つき痛み, 僅かずつ, 元来の, 元氣, 先走りして, 全く反対, 全山, 八ツ乳の, 八文三分の定め, 六本あるでせう, 其方に, 内わ, 冬吉が, 凍えて, 凍傷で, 出來, 切れ顔, 利かんし, 前と, 劇場の, 動いて, 動かそうと, 動かぬぞ, 勿論全部跣足, 十人が, 十文字に, 千鳥には, 博士の, 又いつの間にか, 古本屋まで, 合掌枠の, 向うの, 向こうへ, 四本ひふ, 囲炉裡の, 土と, 土堤の, 地上に, 地面に, 垂れるがま, 堅く釘, 壮年の, 外房に, 夜と, 大きな足枷, 大丈夫でございます, 大作の, 大地から, 天地に, 太く長く美しさ, 太短, 如何か, 姉の, 容易に, 寒い風, 小さい上, 小さな墓, 小股に, 少ししびれ, 少し長く, 屡々美しい, 山, 山の神の, 川ぞいの, 常に急ぐ, 常に裸足, 平凡なる, 幾度も, 庵室の, 廊下の, 引き込まれたん, 引ずり加減, 弱かった, 強くテーブル, 彼の, 往かねども, 往来した, 得洗は, 心よりも, 忘れずに, 怖いから, 思うよう, 思ったよりも, 急ごうとも, 惡い, 惹寄せられる, 慄えた, 戎橋を, 所々に, 投げ出したまま, 抜かれない, 拳とともに, 指なぞ, 捗取らで靴音, 擂木, 效か, 敷居より, 既にその, 日として, 日の, 日焼けし, 早いが, 早いもの, 早くなかった, 早くなる, 明神下に, 昔から, 普通の, 曲がって, 最も特色的, 有る, 木ぐつですれて痛んだ, 木靴を, 東太母子を, 果してどんな, 柔らかい地面, 柳島の, 棒で, 椿が, 樹に, 欝金の, 次第, 次第に早, 次第に近付い, 次第に遠ざかりました, 止まらず一気に, 止めなかった, 正面五六間の, 歩き通し, 歩一歩と, 歩道の, 殆ど常識を以て, 段々薄野, 気が, 水底の, 水鳥の, 氷雪の, 決して二十歩, 沙に, 泥つけ, 泥田から, 洗うつもり, 洗えないもん, 洗つたと, 浮いたなりに, 深かつ, 渋るであろう言葉, 湿った土, 滑りし, 漁師町の, 無いと, 無雜作, 爪先あがり, 特に大腿部, 玉の, 玩具の, 甚だ怪しく, 生来靴なんか, 甲野の, 男の, 畳に, 疊の, 疲れたれば, 疲れます, 疲れ切って, 痛い庫, 痛まないの, 痛み腰は, 痛むかね, 痺れを, 白く光っ, 益々ふくれる, 目的の, 直ぐ止つて, 真昼中の, 着かう, 矍鑠たる, 矢張り宿の, 矢張宿の, 知らず知らず早く, 短いからな, 短くて, 石車に, 砂の, 硬直し, 神田から, 私に, 私も, 空であった, 窄めて, 立ち上ること, 立ち竦んだ, 竦みそして, 竦んで, 素晴しい, 素足だった, 紫の, 結ばれて, 絶えず砂浜, 練馬大根の, 縮めて, 繁くなっ, 義足だ, 考えた, 脹れぼツ, 膝から, 膝頭から, 膠で, 自づと螢草, 自分から, 自慢な, 自然そこへ, 自然図書館に, 自然谷町の, 自由でした, 苦しけれど, 草かなんかで, 草履に, 荻原の, 蒲團を, 薄いか, 藤四郎の, 蛙の, 蠅取, 行きたいそういう, 表から, 西へ, 西洋人のよりも, 見えなくなって, 見當, 言つた, 調剤室の, 變です, 谷中へ, 象の, 買えんとぞ, 赤い絲でぶざま, 赤んぼうの, 走るであらう, 足に, 足袋はだしであった, 足首は, 跣に, 跣足である, 跳ね合った, 踵の, 躊躇した, 身体と, 軽くなる, 軽やかに, 途端に, 速度を, 進まぬながら, 遅いものの, 遊びの, 遠くから, 郷里に, 重いらしく, 重くて, 重くなり, 重りて, 金屬の, 鈍って, 銀色玲瓏の, 長いから, 門の, 限り無く, 随分で, 雀躍りし, 雨に, 震え心は, 霧の, 青んぶくれ, 靴と共に, 靴を, 食い気しか, 飽きること, 驀地に, 驚くべきもの, 高く星, 鹿の, 黒土の

▼ 足~ (1452, 4.8%)

48 まかせて 44 なって 34 任せて 30 力を 14 して 12 草鞋を 9 力が, 穿いて 8 しがみついて 7 怪我を, 接吻し 6 任して 5 からんで, ついて, なる, なると, なるの, 下駄を, 自信が, 草履を, 踏まれて 4 からまって, からみついて, くっついて, さわって, まかして, 存在する, 毛の

3 [22件] かかって, つけたの, なった, なつて, ならなかった, なり裾, 似て, 何か, 合うよう, 合ふ, 合わせて, 引かくるを, 手を, 接吻を, 気を, 腫物が, 触れた, 觸れ, 負傷し, 負傷した, 靴を, 馬力を

2 [93件] あはせ, あるの, あるもの, ある限り, あわせて, いたるまで, かなうもの, かみついたん, からまった, からみついた, からみつけて, からむ, さは, しが, しびれが, しびれを, すること, ちぇっちぇっと, つけて, つっかけて, なりたがった, なります分, なりやす, なり波, なること, なれ, なんか搦, はめその, はめて, ひイ, ふまれて, もと, もみの, やって, ズボンを, ピタリと, マメが, 似たり, 信せ, 兵器を, 出来て, 出現した, 刃物を, 力なく, 力の, 合は, 坐って, 坐つた膝, 塗りました, 害を, 巻いた繃帯, 恐ろしいばかりの, 感じ, 成りて, 成りませる神, 成るの, 掛つた, 接吻した, 搦み, 来た, 比べると, 水を, 泥を, 白足袋を, 着けて, 穿いた, 穿くもの, 突懸け, 紫の, 絡る, 緒を, 縄を, 繋いで, 纏わる絹, 自分の, 至っては, 草鞋く, 螫された, 触って, 触るな, 触れて, 調子を, 豆が, 踏まれたいと, 踏まれたり, 踏むをか, 蹴落して, 身を, 鎖の, 靴下を, 響いた, 響いて, 頭を

1 [899件 抜粋] あいました, あたつた, あたる, あったの, あのまるい, あひさうです, ある如く, いちめんに, いれて, うつったらしくそれ, うるさくからみつく, おどろいたねこ, おりて, お辞儀を, かかりました, かかる夏, かかる足, かけたな, かけたもの, かけた煙草盆, かけながら, かけられて, かけるの, かじりついたの, かなうわけ, かみついたの, からだの, からませたり, からませながら, からまり横, からまッ, からみついた葛縄, からみつける猟具, からみて, からむほど, からんでは, きゃはんをかけ, くいつこうと, くい下がりすこし, くくり付けて, くさりを, くっつくよう, くっつけて, くつしたを, くらべると, くるまつて, けつまずいたと, こびりついて, こびるよう, ささった小さな, さはりて, さわったばっかりに, さわった者, さわりやすい, さわること, さわる小径, さわる畳, ざあざあ水を, しがみついたの, しがみつかうと, しがみつきました, したが, したがって, しちまうなんて, してからが, しないと, しばって, しばりつけた, しみて, しやべ, しろ死んで, じゃれるの, じんじんじんと, すがられ家なき子, すぎなかつた, すば, ずぼん, せよ歩度, それが, たかって, たちまち踏みつぶされた, だかれて, だきつきながら, ちがいなかった, ちょうどよい, ついたため, ついた繩, ついた雪屑, ついてる小, ついて行きながら, つかまって, つきまとって, つぎの, つけた金, つけながら, つける竹, つけ壁, つっかけズボン, つながれた鉄鎖, つれて, できる水ムシ, とびかかった, とびかかる, とりつき彼, ながい赤い紙テープ, なったからとて, なったの, なったり, なった大, なった肉, なっても, なつたま, なつたら, なにか, ならなかったと, ならなければ, なられた, なりして, なりて, なりますか, なり得るという, なり片, なり緒, なるか, なるから, なるもの, なろう, ぬったヨジウム, ねらいを, のぼる馬場嶺, はきました, はくの, はくもの, はさみこむよう, はずみが, はまって, はめた二羽, はめられた鉄, ひえびえとして, ひっかかった, ひっかけぐっと, ひつか, ひつかけし, ひまなき我が, ふくみを, ふまえた一括, ふまれるな, ふまれ花, ふみにじられて, ふれて, ぶつかったから, ぶつかり汚い, べっとりと, べとつく着物, まいた毛糸, まかせての, まかせ月日, まきつくガウン, まきつけて, またも, まっくろい大きい傷口, まつはりつい, まつわりついて, まといつくく, まめが, むすびつけて, むすびつけました, もう少しで, もつと, ものが, ゆらいだ, ゆる, よくあう, よく似た, わらじを, キスし, キスする, ギプスを, グルグルまきつけ, ゴムの, シャボンを, セメントの, ハッシ, ピッチリ, マメの, ワザと, ワラジを, 一メートル位の, 一本の, 一種の, 三びきずつの, 三四趾あった, 下から, 不安が, 両手を, 乗って, 乾ききった十二月, 二階に, 任せてという, 会釈しました, 似たから, 似たりとも, 似居ると, 体を, 何かを, 來た, 依り外國人, 信者が, 傘一本買て, 入って, 入れ腰, 全治十日間の, 冷たく感じ, 凧を, 出來, 刀を, 別々に, 力もなく走りだした, 勢ひ, 厚い藁, 取り殘, 取り穿き飴色, 合うの, 合して, 合って, 合わない靴, 合わなかった, 同じ印, 君を, 吸い込んだ, 咬みついた, 喰い込んで, 噛み付いた, 土が, 土佐玉の, 坐ったスカート, 坐った膝, 垂れる天衣, 墨を, 変つた, 多い事, 夜具を, 大きな足袋, 大分痣が, 大根おろしを, 天氣の, 太き鎖, 子供のを, 存じます, 宛行っ, 寄って, 對し, 小さな女の子, 少し力, 少し引き, 尻端折で, 巻いた反古紙, 巻きついたまま水際, 巻きつき草, 幸福の, 座敷から, 廻り出したの, 引きずりながら, 引き返しながら, 引っかかった, 引っかかる蔓草, 引っ掛るもの, 引掛, 引掛る, 当たった, 当たる, 当り重傷, 後から, 従いて, 思はれて, 思はれやう, 思ふの, 悪い腫物, 感じたるごとき熱度, 感じながら, 感じられた彼女, 感ずる樣, 感覺が, 成るよう, 手に, 手裏劒を, 打っ衝, 抱きつくと, 押へ, 括りつけて, 捲かった針金, 接して, 掴まって, 插し, 搦んだ, 摩り寄せて, 擦れて, 故障が, 故障の, 敬意を, 敷いて, 敷く秩父香具師, 早變, 會得されるであらう, 本来馬に, 松を, 染まり, 止まった蚊, 歩き廻る, 歩ませたる騎兵, 歩調を, 殆ん, 毛布を, 気くばりが, 氣くばり, 水かきが, 水むしを, 水気を, 沁む, 沓なく, 油紙の, 泌みる, 注がれること, 浮腫が, 深手を, 淺い, 火は, 煩は, 熱が, 爪大いなる, 爽, 物を, 狂いが, 狩り出される, 用が, 田の, 異常の, 痙攣が, 痲痺が, 白い布, 皮草鞋を, 目を, 眼の, 睡眠を, 石ころを, 石を, 砂を, 磨かれて, 礼を, 移った, 穿いたの, 穿き八海山, 突っかけ, 突ッかけ, 突ツかけ, 突当り乍らうろうろ, 立ち傷める, 糸を, 紅玉の, 紐を, 細い光る, 結えて, 結びつけた綱, 絡まって, 絡まつたか, 絡みついたま, 絡みつくよう, 絡み付いた, 絡み彼, 絡めたまま二, 絡んだ, 絡んで, 続いた白い, 綿を, 緊乎と, 縁の, 縋りついて, 縛つて足を, 縛りつけろ, 繃帯を, 繋ぎたる者一つ, 纏わりつくと, 羽の, 翁が, 翡翠の, 聴いて, 背を, 脚絆布草鞋を, 腫気が, 膏そ, 自分で, 苦悶の, 草鞋摺れ, 落ちた, 落ちなまぬるい, 蒼味が, 藁靴を, 蘇武の, 血の, 血は, 行つてりやおま, 袈裟を, 袴の, 見惚れて, 見覚えが, 覚えの, 解決される, 触った雛壇, 触れ, 触れたかと, 触れたもの, 触れつつ, 触れなかった, 触れなくなって, 触れぬよう前足, 触れる, 触れるもの, 触れる気味, 觸れたら, 觸れまし, 話した, 語つた, 豆こしらえ, 豆を, 豆粒の, 負傷しまし, 貼つたり, 贈った歌, 赤いきれ, 赤んぼうが, 足枷を, 距を, 踏まえて, 踏まえ太陽, 踏ませない苑内, 踏まれたと, 踏まれなかった一隅, 踏まれる毛氈, 踏みこませた例, 踏みごたえ, 踏みしだく草, 踏みつけられて, 踏みつぶされて, 踏みにじり炉, 踏み抜きを, 踏む大地, 踏む砂, 踏堪へが, 踏抜きを, 踵の, 蹂躪され, 蹈ませ, 蹴られて, 蹴られ三尺, 蹼が, 躓いて, 躯を, 軽く触れた, 近いの, 近い飛石, 返した, 追われたツグミ, 逐われて, 這い上がって, 速力を, 連れサラサラ, 遅れがち, 達し究竟復上升, 達するであろう, 邪魔に, 重しを, 釘うて, 釘を, 鉄棒を, 鉛が, 錘を, 鏡を, 防弾靴を, 附けた小, 随って, 障る物, 障子の, 離れて, 雪沓を, 露が, 革草履を, 靴の, 風を, 飛び付きます, 食いこんで, 食いつくな, 食塩と, 駆けはじめる, 駈け出した, 骨の, 高い棒材, 鳳凰頭の, 麻痺が, 麻痺部の, 鼻を

▼ 足~ (1062, 3.5%)

21 外へ 20 出ないよう 17 出ないの, 地に 16 出ない 15 出なくなって 12 手も 10 腰も 7 出なかった 6 あが, 出ません 5 出なかったの, 外へは, 心も, 泥に, 空に, 行かれぬ崖 4 ばらばらに, 出ないで, 出ない有様, 出なくな, 見えない, 頭も

3 [19件] くたびれて, しびれて, すくんで, グルグルまき, バラバラに, 入れられないよう, 出すこと, 出せなかった, 出ないこと, 出ないと, 出ないという, 出ないやう, 出ない形, 出ない感じ, 出ねえ, 前に, 疲れて, 胴も, 首も

2 [56件] あった, ある草履, おのづか, きれいに, すぐ刀, どこかへ, ない, ないので, ないよう, ねえし, はく, 三足も, 不自由な, 亦疲れ切つた, 今は, 依然として門, 出せない, 出せなくなった, 出ないから, 出ないじゃ, 出ないでは, 出ないところ, 出ないに, 出ないので, 出ないほどの, 出ないん, 出ない事, 出ない青年, 出なかったじゃ, 出なくなつ, 出なくなる, 出なくなるの, 出まい, 出ませんよ, 出やしない, 前へ, 動かさなければ, 動かなかった, 向けて, 寐て, 小さかった, 尻尾も, 折れて, 早かった, 止めずに, 綺麗に, 綿の, 自由に, 踏み込めない, 軽い, 軽く先, 運べない時, 達者で, 顫える, 風に, 龜かみたれ

1 [692件 抜粋] あいまいに, あざ縄で, ありて, ありは, あり人間, あり幽霊, あり立って, ある, あるけば, あるはず, あんべ, あツ, いたくなりぬ, いただきこれ, いつか忍耐に, いる, いれまじく腐草山, うごかしえない大内山, うごかず口, おのずから早く, お踏み, お里を, かからないで, かけること, かけ場, かなり疲れた, からだも, かるくなかった, かろげに, きかないので, きのうよりも, きまって, きッ, くたびれた, くたびれ加減, くっついて, ぐらぐらと, ぐる, このとおり, この圏外, この幅, ごっちゃに, さすがに, しだいに早く, しっぽも, しない同じ, すくみ心神くら, すくむよう, すべての, すらりと, すりへらして, ずきずきいたまなくなっ, ずきずきと, せかせかと, そこらに, そなわり一つ, その目, その身, それこそ, そろったやつ, たまらず, ためらいがち, だるかった, ちぢかまって, ちゃんとつい, ちゃんと附, ちょうど脚絆, つきいで, つきいでて, つまずきやすい, つれに, ておも立ちたる, でない, でないという, でないといふ, でないので, でないん, でない状態, でません, でやしませんよ, とっさに, とまって, とまらないし, どこに, どころで, ないんでさ, ないズンド切り, ないヌッペラボー, ない機械, ない赤児, なくあわて惑う, なくなったロボット, なくなった心地, なく毛, なく生首, なにも, なんだかこちこち, にぶらあ, ねえのっぺらぼう, のろいので, はかどらない, はやかった, ばたばたさせ, ひっくり返って, ひらかずからだ, ひろげられるだけ, ふみ出しました, ふみ込むなど, ふらついて, ふるえて, ふるへて, またどうしやう, または, またひょろ長い, また意, まだコリコリ固く, まっすぐには, まったく動かせない, まっ黒に, まるでロウ, むき出しで, めいめい思い思い, もう癒ら, もがれたの, やすめずまた, やすめず通, やはり小さかっ, やや近づい, ゆっくりと, よくしらべました, よくみろい, よく立たない, わなわなと, わらじを, ウワの, ズタズタに, ヒューッと, フヤラフヤラと, ブル, 一つかたまり, 一つ拝ませ, 一本にゅっと, 一様に, 丈夫だ, 丈夫腕も, 上肢と, 下駄をは, 亀かみたれ, 二本しか, 二本ばかり, 亦不完全, 亦意, 亦皆, 付けられなかった祖父, 伸ばせない有様, 伸び背も, 余り向かない, 停まる, 備わって, 先に, 入れたこと, 入れなかつたくら, 入れなかつたさ, 入れると, 全く見えない, 全部の, 其処まで, 冷え凍り火鉢, 冷たくなった, 凍えて, 出さず一心悔み, 出しませんでした, 出しゃあしねえ, 出しよう, 出ず, 出ずさぞ, 出ず張順, 出ず心, 出ず戸締り, 出せないで, 出せないの, 出せない不器用さ, 出せない事, 出せない当時, 出せなかった御, 出せは, 出せるもの, 出そう, 出たもの, 出ないし, 出ないその他, 出ないそれ, 出ないだろう, 出ないといふ, 出ないどう, 出ないなんて, 出ないねえ, 出ないほど, 出ないまつたくハガキ一枚, 出ないまでに, 出ないまま三, 出ないや, 出ないン, 出ない一同, 出ない下宿人達, 出ない丹波, 出ない主婦振り, 出ない光景, 出ない天涯, 出ない始末, 出ない心地, 出ない所, 出ない朝廷, 出ない気持, 出ない状態, 出ない茂太郎, 出ない萎縮, 出ない達磨大師, 出ない闇取引, 出なかったし, 出なかったといふ, 出なかったね, 出なかったろう, 出なかったブルジョアジー, 出なかつたし, 出なかつたと, 出なかつたよ, 出なかつたん, 出なくして, 出なくしてやろうとね, 出なくなった, 出なくなったよう, 出なくなったわけ, 出なくなった口惜し, 出なくなっちゃ, 出なくなり勝, 出なくなること, 出なくなるだろうと, 出なくなると, 出なくなる性質, 出なくなる癖, 出ぬそう, 出ぬやう, 出ぬらしくまた, 出ぬ苦しまぎれ, 出ぬ達磨大師, 出ねえありさま, 出ねえや, 出ねえゾ, 出やしないじゃ, 出る, 出るどころか, 出るもん, 出んとは, 出無いよう, 切り離されて, 利かないのに, 力を, 動かさずに, 動かさず命, 動かさない, 動かさなかった, 動かせないよう, 動かせなくなるの, 動かせば, 動かないとな, 動かなくなったまま, 動かなくなるの, 動かぬ, 動かぬ上, 動かねえ, 動きすぎるもっと, 動けなくなったとしか, 動けなくなる, 動けません, 及ばないほどに, 取られず心, 取り洗足, 口も, 右を, 同じよう, 同然に, 向けては, 呪われたか, 喜劇的な, 四月の, 固くなる, 土について, 地べたを, 垢が, 場末の, 声も, 外い出たら, 大分疲労れ, 大分遠のい, 大股に, 奇麗です, 好く分った, 学士は, 宙で, 宙に, 小さな痛, 少しふらつき, 少しビッコ, 左の, 常よりは, 引き緊め, 引っ込まして, 弱って, 忘れた, 忙しそう, 怎やら, 思ふ存分, 急いで, 惡く, 惨たらしく折り曲げられ, 感じられた, 所変われ, 所望じゃ, 払わず帰れとは, 投出した儘, 折つ, 折れなば, 抛り出したなりに, 拭うこと, 捗取り六時二十分, 捷く, 效なし, 斬られるばかり, 早い, 早いし, 早いの, 早いよ, 早い奴, 早くなっ, 時々姉, 暖い, 暖かであった, 枯草と, 機械の, 次第に遠く, 止まりついそのまま, 止まり楽しみ, 止り急, 歩かないうち, 歩き出した, 殿方に, 毛ムクジャラです, 水づかりだ, 水の, 水仕事で, 決してふるえ, 洗いました, 洗ったらいい, 洗はずに, 洗わないで, 流れる手, 消え胴体, 淀めず両国橋, 渋って, 渋る, 溜らず横僵, 滅法早い, 滿足に, 濡らさずに, 瀬虫も, 烈しく慄, 烈しく震えました, 無いの, 無殘, 無駄を, 焦し始めた, 片方不随であるらしい, 片輪, 猟師もろとも, 獵師もろとも, 王子服の, 留るまで, 畳に, 疲れないから, 疲労ていたし, 疼くやう, 痛くならないだろう, 痛く寒さ, 痛まなければ, 痛み出した山, 痛むばかり, 痺れ切って, 癒るだろう, 白くぬっ, 皆とたんに, 皆な, 眼も, 着て, 着物の, 矢張り裸出しであった, 知覚が, 短く若年, 私小説と, 空, 突張りました, 突張返った, 立たず床, 立たず首, 立たなくなって, 立ちすくんで, 立てられないよう, 竹の, 精根も, 素はだしな, 細い紐, 細く痩せ, 細過ぎ, 緊め悩まされた, 縛られた内儀さん, 縮め込んで, 繃帯に, 續か, 背も, 胴体も, 腰もめきり, 膝皿を, 自ずと早く, 自づ, 自ら遅く, 自分の, 自由が, 與へ, 舌も, 草履だった, 萎えきって, 萎え眼, 藁の, 血も, 裾も, 見せずに, 見た, 見つけられた噂, 解放された, 譲って, 貯えて, 買って, 走って, 起つこと, 足の, 足駄の, 跛行の, 踏み入れませんが, 踏み立てられないほどに, 踏み込ませるもの, 踏むの, 踏めず悪口, 踏んで, 踏立てられぬ, 身体も, 身体全体を, 身軽な, 身體も, 軽くいそいそ, 軽くて, 軽く動く, 軽く戻っ, 軽く暢, 軽く道, 軽く闇, 軽やかに, 途絶えがち, 速かった, 進まず, 進まずが, 進まず気, 進みかねたと, 進むこと, 達者という, 遠か, 遠くなつた, 遠ざかるであろうと, 遠のいて, 酔ひさまだれぬ, 醉ひ, 重いぼとり, 重くな, 重くまだ, 重そう, 野ばらの, 鈍った, 錦を, 長かった, 間もなく五本, 雪水に, 震う身, 露わの, 静脈を, 非常に, 顔も, 顫へる, 餘り動かさず, 駆け出る者, 高く上がり, 鼻も

▼ 足~ (276, 0.9%)

7 きに 4 に出, に眼 3 に家, までじろじろ

2 [18件] からぞくぞく, がぞくぞく, が痺れ, ではねのけ, にこの, に入った, に力, に帰っ, に歸, に歸つて, に触れた, ばかり見, へかけ, へ行つて, までその, まで彼女, まで睨め, や脛

1 [219件] からかう, からぬけ落ち, からユラユラ, から膝頭, から頭, がしびれ, がそつ, がにゅっと, がぶるぶる, が冷えきってる, が冷える, が拍子, が畳, が痛む, が痩せ, が空, が見えます, が触れ, が鋭く長い, きで探りながら, きと, きを, それからごろりと, だけだ, だけは着物, だけを炬燵布団, だった, だったら如何に, であつ, でくるくる, でぐるり, でこつこつ, でさぐる, でやる, で乱暴, で人, で動かし, で回転, で地面, で女, で手伝い, で押しくべ, で探る, で水, で溝, で蜘蛛, で裏戸, で裾, で蹴あげた, とでっぷり, とに体重, との重, と両方, と手先, と汽車, に, にかかっ, にかかる, にかけて白い, にかけ飛ばし, にこめ, にそこら, にそのまま, にその後, にそれ, にたく, にたむろ, にだけ当っ, にて立っ, になお, になる, には有りつ, にひっくり返り, に一発, に丁度, に下手人, に主人, に傍証固め, に入, に出た, に別れ, に勝太郎, に唇, に嗅ぎ付け, に堅い重い, に塔, に夕飯, に奉公人達, に婆さん, に小, に山, に岸, に帰った, に平次, に当る, に御免, に感ずる, に戻つ, に手, に提灯, に擧げ, に斬られ, に昨日, に根岸, に梁山泊, に此處, に歩いた, に歸つた, に歸つて來, に母屋, に江戸, に渭河, に湯, に湯たんぽ, に無数, に生あたたかい, に番所, に病院, に着い, に竜泉寺町, に落し, に落した, に落ち, に行った, に行つて見てくれ, に視線, に路地, に蹴りつけられた, に返した, に這入っ, に長谷川, の上草履, の処, の力, の垢, の岸, の形, の感覚, の感覺, の捨て, の方, の痛み, の腰掛, の重量, はだらり, はなかつた, はぴんと, は大抵, は夫婦乞食, は階子, は階段, ばかりが塀, へチヨツカイ, へ帰っ, へ帰った, へ帰り, へ帰ります, へ引返し, へ落ち, へ行, へ行った, まであえ, までしびれる, まですっぽり, までながめ, までふるえ上がった, までを見た, まで一度, まで大波, まで引きずっ, まで戦く, まで流れた, まで理知的, まで白い, まで眺めた, まで見おろした, まで見て取り, まで見回し, まで震え, まで震えます, まで黒ずくめ, よ僞善, をあげ, をいきなり, をじっと, をそろへ, をとんび, をのせた, をはさまれ, を与え, を両手, を余勢, を動かし, を包ん, を取り, を土間, を宙, を左手, を差出し, を床, を捉え, を掛けた, を撫で, を支え, を温く, を温めた, を煖炉, を痛ましく, を細か, を見, を見つめ, を見る, を見守っ, を躱し, を返し, を通り, を顏, を麻, 仰ぐ

▼ 足~ (265, 0.9%)

4 なつて 3 いえば, 一緒に, 足とを, 足の, 足を, 鶏の

2 [14件] あたま, いって, なって, 二本の, 交差し, 手とを, 手の, 手を, 言えば, 足と, 足とが, 身体で, 近づいて, 靴とが

1 [215件] あっけに, あるき出すと, いい五体, いい手, いい首胴, いうか, いうて, いうに, いうほどの, いくつもの, いっしょに, いっても, いわずぐるぐる, いわず胴, いわず髪の毛, いわれる七人, うしろに, うちの, おしりで, かえて, かけかまいの, かわって, きまって, くらア, くるぶしを, したの, しっぽが, し榮譽, すぐぶっつかり, するもの, すれすれに, たがいちがい, たは, だんだんに, ちゃんと決っとった, であった, でかけて, なく嘉門, ならんで, なりその, なり幾本, なり廃園, なり果てて, なり白い, なると, なる助力者, なれば, はい出しそれ, ひょうの, ふみこんで, へこんだ腹, また進む, まりは, みやまあげを, もちやんと, やらんは, らんばかりに, 一つ一つに, 上体とを, 下駄とを, 不幸と, 両わきの, 並んで, 云い, 云うだけの, 云うもの, 云ふ, 体の, 何か, 來たら, 個人的幸福の, 偶像を, 先き, 六本足の, 別々に, 台座の, 右の, 同じく親指, 同じ地平線, 同じ高, 同時に抜き打ち, 同様に, 名づける意識現象, 名を, 呼ぶ高弟, 呼吸と, 喉の, 嘴とで, 地とともに, 大きなからだ一つ, 大地との, 太い牙, 太や, 妙な, 嬉しさ, 子猫で, 安心とが, 宮子の, 少しも, 山へ, 山家あげ, 左の, 己が, 平たい足, 庭下駄の, 弱い足, 心だけは, 思はるべきこと, 思ふもの, 息杖の, 慰藉の, 手が, 手で, 手と, 投出したまま, 掴み合い掴み合いしながら, 支く, 来たら針金, 横棒との, 橋場の, 機械と, 次々に, 次第に黒い, 歩いて, 歩かないうち, 歩かない中, 歩調を, 死骸の, 汚い古着, 深山あげ, 滅茶, 滅茶滅茶に, 漣の, 無遠慮な, 熱心との, 爲す, 牛の, 環との, 申しても, 申すもの, 異なる方, 痩せに, 目で, 目とを, 盲らだ, 真赤な, 着物とで, 福利の, 称し常に, 稱し, 空っぽな, 立ってる老爺, 立てられて, 競走は, 純潔を, 結合集団の, 縁を, 縛って, 繋がれて, 翼と, 肩と, 胴と, 胴との, 胴を, 胴体と, 胸だけ, 脚との, 腰と, 腰の, 腰を, 膝との, 臍と, 自分との, 自動車とでは, 自嘲し, 舌であった, 蓮の, 薄麻の, 血潮の, 行かないうち, 衣裳と, 見える, 見せ左, 見たの, 見比べて, 視力と, 角髪を, 言つても, 言わず体中, 詈り, 誇りとを, 誇りを, 走らないうち, 起き上る頭, 足じ, 足である, 足との, 踏みしめて, 踏み出す毎, 踏んで, 車輪とを, 近よっ, 追つて, 速度を, 遊んで, 重相に, 鉢合せを, 附合っ, 隔てない次, 頭の, 頭を, 頸が, 顔を, 髪を, 鼻を

▼ 足には~ (212, 0.7%)

5 草履を 4 いつか白い, いて, 力が 3 何も

2 [12件] すこし大き, ぬり木履こ, 何にも, 何んにも, 呑まれぬ中, 木履を, 紐が, 自信が, 草鞋を, 靴も, 靴を, 黄金の

1 [168件] いた厚い, いた長, いっこうならなかった, いつもの, いてた下駄, いてる大人, いてる靴, うすい下駄, うっすら白い, おどけ者の, おぼえが, おぼえの, おれの, お静, お靜, かせますと, かなわない海蛇, くさりが, くもの, これくらゐ, これも, すぐに, その冷た, それが, それを, だぶだぶな, なさそう, なつかしい, なにも, ならないと, ならないの, なる, ぬり木履ここらあたり, またとなく快よい, まばゆい銀, ももひきの, わらじで, わらじを, エナメルの, カセを, ゲートルを, ゴムの, ゴム草履を, ゴム靴を, ゴングが, サンダルを, スリッパを, マルセイユの, ラシャ地で, ワナを, 一向ならなかつた, 一本の, 一歩一歩燦爛と, 上等な, 上草履を, 下駄とな, 二十年代の, 仰しやらず必竟, 伏雷居り, 何の, 何を, 何キログラムといふ, 信頼でき, 充分覚え, 先の, 六月の, 冷たい露, 出て, 出來, 分厚の, 切れた草履, 刺繍の, 力を, 及ばなかった, 及ぶまいが, 四人の, 四日かかった, 土だらけな, 土踏まずが, 地下足袋まさに, 地下足袋を, 塗革靴を, 大きな木履, 大きな水かき, 大きな繻子, 大きな藁沓, 大きな藁靴, 大口を, 太い男, 太い鼻緒, 宝石を, 室内ば, 小さな吸盤, 小川の, 少しの, 尻の, 履を, 山袴を, 思想の, 怠惰という, 接吻したい, 擦りむき傷, 支那靴を, 敵いません, 敵ひません, 新しい武者草鞋, 新しい草鞋, 明かに, 木の, 木靴を, 朽ちた竹, 殘つてゐない, 毛あり, 汚れたる韈, 流石に, 深すぎる, 無限なる, 片方に, 瓶子が, 痺れが, 百姓の, 破れたくつ, 破れ靴を, 磨り切れた控鈕留, 祭礼穿き, 粟の, 細い丈夫, 網袋を, 締つてゐない, 縄を, 脚絆と, 脚絆に, 脚袢草鞋を, 自然と, 草履さえ, 草鞋の, 薙刀の, 藁沓身には, 藁靴, 血が, 話せない, 赤靴栄養不良らしい, 足械を, 足袋も, 足袋ようの, 足袋を, 近江街道の, 遊方の, 野袴頭髪は, 金めっきした, 釣針みたいな, 鉄の, 鉄蹄を, 鎖が, 長い赤い紙テープ, 長さ二寸, 長靴を, 雪の, 革草鞋を, 革足袋を, 靴下も, 靴下を, 靴足袋も, 鞭の, 鱗が, 鳴る雷, 鳴雷, 黄革の

▼ 足あと~ (201, 0.7%)

7 をつけ 6 がある 4 をさがし 3 がつい, がのこっ, が残っ, つけて, をたより, をつける

2 [18件] が, がつく, が幾つ, と祈り, に踏みにじられ, の出る, の終る, の間隔, は, はもう, ももう, らしいもの, を, を二つ, を切り取っ, を残さない, を見つける, 凄し朝

1 [130件] あのあやしい, から帰らせ, から石碣村, があっ, があり, があります, があるだろう, がいくつ, がいつ, がついてる, がつかない, がつこう, がつづい, がない, がなかっ, がながく, がはっきり, がぽつぽつ, がみだれ, がトラ十, が二列, が写真, が微か, が心, が月, が残され, が消え, が消えた, が点々, が砂, が薄く, が見あたらなかった, が見えた, が見えなけれ, が道しるべ, が階段, が雪, さえも見付からない, さえ見あたらない, さして, すざりを, だけがくっつい, だった, だとか, だよ, だろうと, であったの, であります, であるという, でこれ, でものこっ, でゴム靴, で印した, で殘す事, で行く, といふもの, としかかんがえられない, としての古典, とならん, と人造人間, どころか北海道名物, などはまるで, についてそれ, についてどんどん, について小屋, にはコバルト, に故郷の, に続いた, のにおい, のほか, のよう, の列, の存する, の続き, はその, はたくさん, はどこ, はなかっ, はのこらなかった, はほか, はまるで, はイヌの, は一つ, は先日来, は地面, は大きい, は波, は草原, は血, は衝, へさ, へもど, へ帰っ, ほどの地, もある, もそこ, もなく, もまったく, も嗅ぎ出せなかった, も発見, らしい三つ指, をかぎつけ, をしらべた, をたどる, をのこし, をふむ, をふり返えれ, をふり返る, をみる, をボカすよう, を一つ, を伝わっ, を何処, を十倍, を印し, を尾, を手繰っ, を探し回っ, を洗, を消し, を砂, を見, を見つけよう, を見つけ出そう, を認めた, を辿る, を追いかけ, を遺してる, を露, 追かけ

▼ 足でも~ (115, 0.4%)

2 挫いた, 掴んで, 歩いて, 頭でも

1 [107件] あって, あの先生, あらゆる森羅万象, あり得ないという, あること, あるの, いいから, いためて, お出し, お延ばし, かみつきあと足, さしあげまする, さすって, さすつて, さらつて, すべらしたもの, するより, そこへ, そんなに遠い, ち切れます, ついて行かれないこと, つかまって, どうか成ってる, ない, ない手, なか, なさそう, ばたつかせたの, ぱたぱたやりたそうに云った, ふみつけたよう, よけい腰, 一夜泊りで, 一跨ぎ出来る, 七時半には, 三足でも, 五歩は, 休めたい, 休めたらこ, 休めなさるが, 伸ばせよ, 伸び, 何でも, 何んで, 内臓でも, 凍って, 凍傷に, 出したらそれだけ, 出ると, 出る処, 前の, 動けるもの, 大きな処, 寒気に, 引きずって, 思い切り自由, 怪我を, 怯えそう, 打ち折りますが, 打折られ, 折っただけで, 拂ふ, 持つてつちや泥棒, 持とうか, 捕えて, 撫って, 撫りましょう, 擦らして, 曲らなければ, 歩いたら, 殺せる瀑, 決して自分, 洗いなせえ, 洗ったらよかろ, 洗って, 洗つてさあ, 焼かれたよう, 片っぱしから, 生えたか, 生命でも, 痛めたんぢ, 痛めて, 癒ってからな, 登れた, 眼が, 突込め, 筋肉が, 縛つて置いたら, 胴体でも, 脛でも, 萎えたか, 薙がれたよう, 蠱惑に, 行き悩んで, 見るよう, 触れたら最後, 買えるん, 踏まれやしないかしらと, 踏むか, 踏んだん, 踏んづけましたかね, 踏んで, 蹴とばした, 蹴るで変幻自在, 追いつけないほどの, 進む工夫, 頂き兼ねない樣子, 顔でも

▼ 足~ (108, 0.4%)

29 まといに 24 まとい 11 まといと 6 まと 3 まといだ, まといな 2 まといだと, まといなの, まといは

1 [26件] が申す, の雪, はしがらみ, は手, まといいずれ, まといさえなくなれば, まといそれ, まといだから, まといだもう, まといで, まといであるから, まといであろうとも, まといでご, まといですが, まといとは, まといなどと, まといなどには, まといなら私, まといにさえ, まといには, まといも, まとい以外, まとい帰って, まとい御, まとい早く早く, 細し

▼ 足~ (107, 0.4%)

3 かけて 2 何か, 力を, 小柄を, 眼を, 身を, 飛びついて

1 [92件] かかった, かかる, かける蒲団, かみつくよう, からみついた, からんだので, さは, しが, しがみついた, しがみつく, しきり, しっかり抱きついた, しみこんだところ, すがりついて, その毛むくじゃら, その着物, そんなもの, たかっても, つけ込んで, つまずくばかり, とたんに自尊心, のし掛つた, はげしいいきおい, はめるの, ぴたりと, ほんの少し, ぽく, まめを, カッと, チョコ, ムズと, 両側面, 両手で, 乗っかる, 何だかかたい, 入ってる四人, 冷たい鼻, 力みを, 取りつき春画, 吹きよせて, 喰い付いた, 大きい強い力, 寄せる, 届いて, 履いて, 巻きつけて, 巻きつけようと, 巻きつけると, 巻き付いた, 廻った, 引懸ける, 当たったが, 当ったろうとは, 当てて, 手桶が, 括り附けた, 捲く布, 掛けたバケツ, 掛けられたよう, 掛つた, 斯う, 最敬礼する, 植えたるごとし, 武者振りつい, 水を, 渡した棒, 湯ぶっ, 煙草盆の, 煮えたぎった湯, 煮染み出すよう, 疵が, 皿や, 穿くもの, 突進し, 紺天の, 絡まって, 絡んだので, 縋り付いたお, 縋り付く処, 縋り付こうと, 縛り附けて, 脚絆を, 腫物が, 薩摩下駄を, 蚊がと, 蜻蛉とまらう, 觸れた, 蹴とばされまた, 途端に, 酒が, 針を, 飛んで

▼ 足三足~ (104, 0.3%)

2 するうち, よろめいて, 歩いて, 歩いてから, 歩き出した, 歩き出して, 歩くと, 行くと, 踏み出すが

1 [86件] あゆみ出すと, あるきかけたところ, あるきだしたの, あるき出した, あるき出してから, あるき出しながら, いきますと, おくれたわい, ぐいぐいと, しかない, するたび, その男, ぞ退きたる, たぢろぐよ, ですぐ, で復, で襟, で豆小僧, で追いつい, とあるき出す, とふみこん, と何, と足, と近づい, と重相, のそのそ前, のぼりぬ, の足, はいった, ばかりにて向, ばかり謙三郎, ふらふらと, ゆかんとして, ゆき掛けたが, ゆき過ぎてから, よろけて, よろめくと, よろよろと, を駆け出した, 寄ったもの, 帰って, 感じられたと, 戻って, 戻つて, 戻りかけたが, 昇りかけた殉愛, 曳かれて, 歩いたと, 歩きかかった時, 歩きかけた背後, 歩きかけては, 歩きだした, 歩きだして, 歩き出したという, 歩き出した時, 歩き出しました, 歩き出すと, 歩み出したかと, 歩むと, 歩むほどに, 歩めば, 登る, 立ちかけた鐘巻, 行きかかると, 行きかかれば, 行きかけたが, 行きかけて, 行きかけますと, 詰め寄つた, 走りかけて, 踏みつけて, 踏み出したが, 踏み出したと, 踏み出すほどに, 近づいて, 追いかけて, 追い駆けたれど, 追っかけて, 退いた, 退いて, 送って, 這入って, 通り越して, 進むと, 進んで, 附きて

▼ 足~ (101, 0.3%)

7 まりに 4 まりが, まりを 32 かわからない, かをつかまえた, か一寸, ぞ, つた, な, なア, ね, まりと, まりの

1 [63件] かどこ, かふらふら, から先廻り, から別に, から大して, から弟, から池田, から細, かわからなくなっ, かわからなくなった, か庄次郎, が刀, が心持ち内側, きれいに, つたに, つたには, つたのである, つて使へる, つて請合ひ, つて黒, て, とある, ということ, といっ, といふ意味, とか手, とはおもい, とマゴマゴ, と云いました, と思った, と思つて, と思ふ, と称し, と言った, と謂, なあ, なあれ, なア仏さん, な松太郎, ねえどうして, の, のが, のにも, のに没頭, のを, まりとして, まりにしか, まりにも, もの, ものだ, よ, よりとする, ッ, ハハハ, 先は, 刀を, 姉さん, 強い歯, 本望だ, 異った, 膝から, 足首だ, 雪の

▼ 足から~ (100, 0.3%)

4 血が 3 腰腰から 2 あちこちに, からだを, そこを, でないと, ぬげて, 糸の, 膝へ, 頭の

1 [77件] あんな泥, からだに, さきへ, さながら塵芥みたい, すぐ首, すつかり, そうし, だんだん這入っ, どこから, ぬがれて, ひざひざから, ひょいと振り脱い, もまれ洗われすっきり, ザブンザブン飛び込む, 一種の, 二尺ほど, 充分に, 先き, 先に, 先へ, 免かれた, 凍えて, 出たの, 力が, 器用に, 外れた汚れきったゴム靴, 小走りに, 岬の, 引き込み努力, 手へ, 持って, 来るの, 水音が, 洗濯ものの, 渇仰と, 火が, 燃えだした, 眼から, 眼に, 着物から, 砂を, 磨かせて, 立ち昇って, 翼にかけて, 股の, 肩の, 背すじへ, 胴から, 胸から, 胸へ, 脛脛から, 脱いで, 脳髄に, 腦髓に, 腰にかけて, 腰の, 腰へ, 腰を, 膝まで, 膝膝から, 芽を, 茨の, 蚤が, 裾は, 見たもの, 足へ, 身体に, 身内に, 逃げだした, 遁がれよう遁が, 遠のくやう, 降りた, 露顕した, 頭まで, 頭までの, 風邪を, 食われて

▼ 足~ (99, 0.3%)

6 手や 5 手が 4 手を 3 手に, 首や 2 まるく張り切った, 手さきを, 手の, 晒を, 竹刀だ, 胴や

1 [66件] あばら, からだを, がまるで, なでて, または小指, また原形質, ハナが, ペシャンコに, リキーと, 一人の, 仏歯の, 倒れるから, 停って, 咬まれし, 唇どもは, 土手吹雪, 尾を, 手から, 手で, 手は, 指の, 撫で, 流れる手, 狼の, 白額や, 種々な, 羽根には, 羽根を, 耳を, 背中や, 胴が, 胴などが, 胴中を, 胸から, 胸は, 胸を, 腕から, 腕が, 腕などは, 腕体には, 腰に, 腰の, 腰を, 腹の, 腿が, 膝行や, 舌とも, 血や, 触手が, 身体中は, 身体全体を, 車で, 車輪や, 道実で, 鉄砲が, 長い裾, 電話を, 頭で, 頭などに, 頭の, 額に, 顔の, 顔や, 首に, 首を, 鹿の

▼ 足ばかり~ (77, 0.3%)

3 前へ 2 出して, 古い下駄, 往った, 此樣な, 歩いて

1 [64件] あとへ, あるいたとき, あるいて, あるけるやう, あるスリッパ, うしろに, お延, この門, こんな者, しだらなく, だ, つかつかと, でした, でなく手, では, で夜具, で湯屋, ばたばたやってる, ひょろひょろと, よろけて, よろめいた, ブラ下げ, 三四郎に, 下りた処, 出た太郎, 前方へ, 右の, 小走りに, 庭さきに, 引返した, 後じさりした, 折れ曲つた, 早く決勝点, 早め出しました, 板の, 此門を, 此門をは, 歩いた, 歩いたが, 歩き出した時, 歩くと, 歩み寄った, 歩む歩めば, 用意し, 私は, 立ちの, 糸より, 線路の, 舞楽は, 行きかかると, 行きかけたが, 行きかけて, 行くと, 行つて振り返つ, 謙三郎の, 路を, 踉蹌いた, 躍った, 進んだ模様, 運んで, 釣られ工合, 飛び出したが, 飛び退いて, 駆戻って

▼ 足~ (73, 0.2%)

5 のだ 2 が蜂, のです, んだ

1 [62件] え, えか, えという, えのこじきが, えは, えをも, え憑きもの, え結構, え腰, がおじさん, がせむし, ことが, づみつゝ過ぎしなれ, づむ, のか, のであ, のであった, のであらう, のであります, のである, のでした, のでたちまち, のよ, へなりし, みそろへて, ものでなけれ, ものを, やうな, やうに, よ, わらぢを, んざあこっちのもんだどれもう, トリックしか, 人間は, 哲も, 塊が, 妻を, 心持といふ, 應へは, 戀の, 本が, 槍が, 死を, 爲めに, 男に, 男女に, 種板が, 答は, 答へを, 答を, 終りを, 結果が, 結果に, 與へ, 試みでなけれ, 説明には, 譯だらう, 返答を, 關係に, 顏人を, 體を, 點を

▼ 足なみ~ (73, 0.2%)

4 のゆれ 3 をそろえ 2 そろえて, もいつか, を, をふしぎ, を見

1 [56件] かと思われる, から外れる, が乱れはじめた, が徐々に, が揃わなくなった, が迅, だ, でもなく, で歩い, で突き進む, ともなった, と速度, に, に似, に合う, に回る, に自分, の人波, の先頭, の早, の次に, の流れる, の音, はぴたり, は一糸, は中軍, は何時, は大きく, は段々, へこう, へ俄, も一頻り, も乱れ, も何となく, も揃わぬ, をそろえた, をとめ, をもしどろ, をもった, を一歩, を一歩一歩, を乱さぬ, を思ひ出す, を押しもどし, を揃, を早めた, を早め出した, を止め, を祝ぐようにさし, を竦み止めた, を緩めなかった, を練っ, を迅め, 揃えて, 浮かれ行く人, 軽く小さな

▼ 足~ (69, 0.2%)

3 のある 2 あらんす, が泥, の図, を見つけた

1 [58件] かその, がつい, がつく, がまざまざ, が印し, が残ッ, が永久, が燐色, が紋形, さえない, さえ憎かっ, だけがその後, だの, であると, で崖, で散々, で盗賊, とに捉, なんぞはなかつた, にたまった, にも錯覚, のごとき, のべと, の残る, の無数, の重要, は, はすぐ, は人, は切れ, は庭, は狐の, へはもう, もさて, もない, も何, らしいもの, を, をお, をこの, をつけ, をのこし, を仰見る, を印された, を尾, を後, を歩く, を殘, を犬, を留め, を留めた, を畳, を白晝, を見れ, を踏ん, を辿る, を辿れ, を雪

▼ 足では~ (63, 0.2%)

2 あるが, なかった

1 [59件] ありながら, ありません, あるけない世の中, いって, いつまで, おいらでなく, かなり草臥れ, これを, ございません, さう, さだめしお, たまらない, できるだけ入るまい, とても怪物, どうにも, ないだらう, ないよう, ない胸, なくすべて天候, なくて, なさそう, ひながらも, まずまずどんな, まだ遠く, 一晩泊りでございます, 一歩も, 三日路というくらいの, 仕方が, 何でも, 到底ろくな, 夜にかけても, 御岳の, 必死の, 急いで, 急いでも, 手に, 明るいうち, 本当に一, 本當, 横町を, 歩きにくい, 無いな, 無くて, 無理な, 百里や, 相当の, 立たせられぬという, 競争が, 縄を, 苦しいほど, 行かれねえよ, 覚束ない, 走れないので, 踏めなかった, 追い付かないよ, 追っつけないくらい, 追従の, 難儀でしょう, 飽き足らず終ひ

▼ 足~ (63, 0.2%)

3 をし 2 が變, の王, も軽く

1 [54件] か, がだんだん, がはっきり, がふらついてる, が乱れ, が妙, が自然, が蜘蛛, が詳しく, その淫猥, だけは小, でじりじり, でぶらりと, でやって来る, で二三歩, で二三歩後, で古臭い, で彼, で暫く, で月島, で歩く, で行く, で踊っ, と, とは是, と違つた地響, にて隣家, になつて, は, ははっきり, はまだ, は何時, は女, は揚々, は軽, は驚くべき, も, もかけ出した, もこれ, も次第, も調子, も頗る, を, をしました, を早め, を用心, を示した, を見る, を踏み堪へ, を辿る, 危うく娘, 引捉ふる, 手振, 深更に

▼ 足~ (63, 0.2%)

13 をし 10 して 6 をした 2 しつつ, につれ, のまま, の音, をする

1 [24件] が私, さえしなくなっ, させません, しさて, したもの, しなかつたと, しなかつたといふ, しながら, しぬる, す, せざら, せぬ中, にずんと, はしない, はしません, は出, は為, は致しません, れたる申分, をいたし, をさせぬ, をやり出した, 深し, 滑らして

▼ 足~ (60, 0.2%)

53 しらえ 1 しらい, しらえとで, しらへ, しらへにか, しらへの, しらへも, んざんのきゅうぼくとす

▼ 足にも~ (58, 0.2%)

2 どこか, 力失せ

1 [54件] あれば, あれ人, いさ, いささかだ, うつってるに, こびり付いて, さして困難, しっかりした, とどくべき毛髪, どこも, ならなかった, ならねば, なろうから, なろうはず, ぴんと力, わかった, 五本の, 傷が, 充分現われ, 力が, 力を, 十四五疋の, 合わないか, 塗りつけたです, 大きななまり, 左足の, 巻けば, 引っ掻かれた爪, 成長の, 手にも, 是非の, 殊更に, 水腫が, 汗が, 番号を, 紫斑が, 羽根が, 耳の, 肉刺の, 腕にも, 膠質が, 血, 血が, 血を, 見えるでしょうよ, 触りっこなし, 負えないよう, 負えなかった持余, 負えねえから, 身体全体にも, 身體にも, 重くって, 重くつて, 鉄砲を

▼ 足とを~ (54, 0.2%)

3 逆に 2 もって, 存分に, 持って, 持つて

1 [43件] いつまでも, お玉は, ぎゅっとからみ合わせ, ぎゅっとゆわえ, ささえ持って, さすりました, すべらせて, すりむいただけの, つかんで, つき合わせる位置, とんと同時に止め, どういうもの, むき出しまた, もつて, もて, よく拭っ, よじらせて, 一どきにかける, 一生懸命に, 二人で, 伸したり, 働かせて, 冷さねば, 出来るだけ, 切断された, 力に, 怪我した, 懸命に, 押えんと, 持った栗色, 摺りむいた, 有つた, 洗う, 盛つた大きな, 神に, 突き出して, 筆規の, 結びあ, 結びつける仕方, 緊縛した, 縦横に, 較べながら, 釣るす

▼ 足する~ (52, 0.2%)

5 ことが, ことは 2 うちに, ことを, やうに, 程手元を

1 [34件] かどう, が, が細い, ことに, ことにな, ことの, たびに, といふ, ところである, にいたら, には餘, のである, のにこの, のよ, ほかに, ほどのもの, までお前, までこら, もので無い, ものを, 事が, 人の, 人を, 外に, 心好意を以て, 所に, 程に, 程は, 程度の, 考へ, 者や, 者多し, 迄は一日, 迄は止めなかつた

▼ 足繁く~ (50, 0.2%)

3 通って, 通ふ 2 出入する, 出入りする, 訪ねて, 訪問し出した, 通うよう

1 [34件] なって, なると, 來る, 入り込むよう, 出かけて, 出入し, 出入りし, 参るという, 啓之助が, 宅へ, 彼の, 往来し, 往来しなく, 往来し出した, 攻めて, 未亡人の, 来るもの, 此家へ, 父娘を, 私を, 自家へ, 訪ふ, 訪れるやう, 通いながら, 通いました, 通うの, 通った, 通つたバアの, 通つてゐた, 通つてゐる, 通は, 通わねば, 金田邸へ, 降り出して

▼ 足ずり~ (44, 0.1%)

22 して 10 をし 4 をする 1 した, したり, しても, しながら, する, する時, する身ぶり, にえ

▼ 足~ (44, 0.1%)

4 やに歩い 2 やに立ち去った, やに近づい

1 [36件] きたえなっせ, にし, やにかけぬけ, やにかなた, やにこっち, やにこの, やになる, やに一風, やに仲間, やに例, やに八幡宮, やに出, やに勝, やに帰つて, やに庭, やに暗い, やに東, やに橋, やに歩いた, やに歩きまわった, やに私, やに秋, やに立ち去ろう, やに行く, やに走っ, やに路地, やに軍幕, やに追, やに通った, やに通りすぎる, やに邸, やに離れた, やに顎十郎, 折んな, 止めて, 見て

▼ 足さき~ (42, 0.1%)

2 がいま, にとりついた, に清月

1 [36件] から六ノット六チェーン, から頭, が二度, が冷え, が追, というの, といふの, なんかはがさがさ, に, にそ, にふれ, にぶらぶら, に伸子, に出, に力, に城内, に墓場, に失敬, に寺, に屋形, に山, に帰った, に畑, に行っ, に階段, の弓なり, の方, の繃帶, はまるで, へ行っ, をうるさ, をすぼめた, を凝視, を包んでしまつた, を見つめた, を見詰め

▼ 足~ (38, 0.1%)

6 びに, びを 4 びの 2 び, びが百あまり

1 [18件] びから下を, びが, びがしばらく, びぐらいは惜しから, びだけになり白い, びにからまる草の, びには, びにふれたと思う, びにぶらさがりパッ, びにぶらさがるんだ, びは, びはやけただれ彼は, びへ, びまでうずめる砂ほこりが, びをかくしその, びをしばりひざを, びをはさまれて動けなくなったら, びを手で

▼ 足にて~ (38, 0.1%)

3 おどるや 2 鋤をば

1 [33件] あるく男, いよいよ近寄っ, いんへるのに, おさえて, おどるべしと, かく安らか, その枝, ふむまね三度, ぼんやりと, 來り, 出づ, 前進を, 太閤に, 揺かし, 村の, 根府川石の, 横行する, 歩くこと, 歩み足, 歩むこと, 澁團扇を, 番傘二本をか, 直ぐと, 行かずば, 行く即ち, 行歩甚だ, 触れたるのみ, 諏訪町を, 走り出づ, 蹈破りなど, 蹴飛ばす, 軽くうごかせ, 逗子には

▼ 足~ (36, 0.1%)

2 の, を破り

1 [32件] からひたひた, が気, が気味悪く, が白く, にさ, にしめった, にじっとり, にそれ, にも唾, にペタペタ, に与える, に促され, に到る, に埃, に散る, に毛, に焚火, に畳, に胼胝, に觸, に踏ン, の摩擦, の肉, の肉刺, の触覚, はどう, もき, も左, も鯊, をくすぐったく, をグイグイ, を持っ

▼ 足~ (34, 0.1%)

4 何か 2 三足で, 三足ソーッと

1 [26件] すてて, ずに, ずを, そういった不具者, でなければ薄, なんかみたい, 三足大阪で, 先へ, 六足かの, 六足で, 六足歩け, 十足ぐらいの, 取出して, 吟味し, 手か, 手を, 沈んで, 牛追, 胴か, 茹玉子ぐらいを, 足の, 跛足か, 踏み出して, 選び出して, 頭か, 顔か

▼ 足~ (34, 0.1%)

1 [34件] がくっつい, がくつ, がない, が印せられ, が壊れちまった, が扉, が残る, が水, が白雪, で二回往復, というの, といふの, と歩幅, に違い, の上, の中, の全長, はこういう, は単に, は合っ, もとっ, もない, を作っ, を出し, を壊し, を大事, を後生大事, を抱え, を持っ, を採, を覆い隠そう, を計っ, を追いはじめた, を髣髴

▼ 足まで~ (33, 0.1%)

2 竹山の

1 [31件] からげ上げ木, こんなに寂れ, しっかりいたしました, しばられて, すっかり洗っ, まっ黒く, ヘシ折っ, 一本の, 使つて踏みつぶした, 動かなくなって, 包まれた物, 半身を, 垂る, 垂れた着物, 垂れ身長, 大切に, 寄生藻を, 投げ出して, 掛けやがる, 掠って, 搖れ抑, 洗って, 濡らして, 熊手さね, 眺めた, 着物でかく, 確める, 見るん, 見卸した, 重くなる, 鋭い悲嘆

▼ 足~ (33, 0.1%)

2 にむすびつけられ, に霜やけ, の先, を煙管

1 [25件] がよく, が今, が十本, でいきなり, で座布団, で板の間, で鉄棒, とへは灯明, と別に, にはめよう, には力, に少し, のうち, のはみ出た, の両端, の子供, の間, の陰, の骨, を使う, を切られる, を揃, を曲げ, を苦労, 漸く仰ぎ

▼ 足~ (32, 0.1%)

2 に関した, の動物中, を日本

1 [26件] から彼等, があった, で烏賊, で見た, とし, と称する, なんぞは溝, には發光, にも發光, に関して私, に関するいくた, のうごめく, のそれ, のサミセンガイ, のタコ, の一, の一種, の各種, の多毛蟲類, の研究, の破片, の蠣, の観察, は棄て, を捕えよう, を沢山

▼ 足~ (31, 0.1%)

2 きアキリュウス, きイーリス, に進出, のため

1 [23件] ある蘭軒, があつ, が愈, きこと翼, きに, きアキリュウス・ペーレーデース, きアキリュウス勇將答, きプロトオス, き兎, き勇武, き牝鹿, き者, き軍馬, き馬, であつ, な女, にずかずか, に通り過ぎつ, に過, はあ, は少壮, は猶, を治す

▼ 足~ (28, 0.1%)

3 にし 2 に腰かけ, の上

1 [21件] からおっ, がある, が欲しい, で押し, とで楽々, にぐたりと, に乗った, に向っ, に必要, に推され, に腰かけた, に足, の暗い, は覆えされ, をだんだん, をひきよせ, をもっ, を前, を博士, を取りはずす, を見付け

▼ 足だけ~ (27, 0.1%)

4 では 3 だった

1 [20件] だして, でなく僕, でなく手, でぶきみな, でるよ, なら我慢, ひいて, 前へ, 外へ, 延ばして, 強身, 泥に, 洗えば, 白つ, 見えて, 見える湯, 見せて, 見て, 見ると, 鶏は

▼ 足という~ (26, 0.1%)

2 のが, のは, ものは, 程で

1 [18件] ことだった, ことを, ので, のを, ものが, ものなどだけ, ものの, やつだ, 事に, 事は, 佐七が, 化物の, 名を, 常識は, 感じだった, 表現が, 規定では, 言葉を

▼ 足~ (26, 0.1%)

2 見ルト

1 [24件] フミ出シテ見, 二三寸, 以テ平民ヲ, 以テ衣ヲ, 伸バシテイテ急, 僕ニ見, 動カスガ如シ, 動カセバ亦, 奪ハレタルヲ, 少シ, 引テ伏屋, 思イ出ス, 思ウ存分ワガ舌ヲモッテ愛撫シ尽シタイトイウ長イ間心ニ秘メテイタ念願ヲ, 持チ上ゲ親, 握リ締メカツ接吻シタ, 畳表, 石ニ刻ンダモノダ, 突キ出シテヰル, 縮ムルガ如キ皆其證ニテ此自動力一轉シテ稍深ク少, 自分, 落シ時ニハ地ベタヲ, 踏ミ外ストコロ, 踏ンダラオ前, 速メテ距離

▼ 足取で~ (26, 0.1%)

2 細長くな

1 [24件] おいでに, こっちへ, そのくせ果敢, その井手, ついと停車場, ひよこ, ゆつくり歩め, トボ, ヒョロリヒョロリと, 三田の, 仕事を, 入口に, 勢よく, 十間許り, 半歩, 大股に, 小半町行く, 松太郎が, 溜間へ, 町を, 行路を, 跟い, 階子壇を, 黄昏に

▼ 足だけは~ (22, 0.1%)

1 [22件] あまり執拗, どうしても西岡, ぼんやり覚え, まるで仔山羊, まるで別, まるで発達, 上げないよう, 不自由で, 云う事, 今思ひ出し, 利くもの, 大事に, 宙に, 幸に, 氷の, 泥まみれに, 爆発瓦斯の, 達者で, 遙かに, 遠慮し, 遥かに, 風琴の

▼ 足~ (22, 0.1%)

14 騰宮 4 と足 2 騰の 1 っぱい, とたび

▼ 足~ (22, 0.1%)

4 ひの 2 ひを, をし

1 [14件] が出来, が出来ぬ, が出来る, して, てなはん, と称し, の出来る, の習慣, の行われた, ひ場, ひ水, をつかわせる, を許さなかった, を許した

▼ 足とで~ (21, 0.1%)

1 [21件] いっぱいに, おうた, すねの, ドアを, 働きつづけて, 奥へ, 家中を, 弓の, 彼の, 扉を, 払った, 擦り上らねば, 私は, 絡みつき押えのしかかって, 自由に, 藪の, 見るしか, 逃げ廻って, 釣合を, 飛込むやう, 飛込むよう

▼ 足出來~ (21, 0.1%)

3 なくな 2 ない, ないところ

1 [14件] ず別に, ないぢ, ないで, ないの, ないので, ないやう, ない氣, ない自分, なかつたので, ぬ者, ましたか, るかね, るもの, る歌

▼ 足とが~ (20, 0.1%)

1 [20件] あって, あるばかり, とびだして, なくなって, ばら, ひどく疲れた, もつれあって, もつれあつ, ニョキッと, 互いにもつれ, 別々に, 別人の, 利かなくな, 同じ位, 引締められたから, 彼女の, 必要な, 悉皆の, 敵に, 自分の

▼ 足です~ (19, 0.1%)

42 ね, よ親分

1 [11件] か, からなかなか, からね気, から沢山, か足, がそれとも, が恐ろしい, ね全く, よ失礼, よ胴中, ゥ

▼ 足~ (19, 0.1%)

2 も少, や少

1 [15件] から始終, が泣かず, なみはずれて, にはどうしても, には實, の心配, の話, はさすが, は只心, は家人, は心, は思ひ, は遂に, も涙, よりも疾く

▼ 足~ (19, 0.1%)

5 の山鳥 3 の山

1 [11件] の, のお, のみ山, の八峰, の山ほととぎす汝, の山中治左, の山姥, の山橘, の山沢人, の山路, の此片山

▼ 足~ (19, 0.1%)

2 の娘

1 [17件] が亂妨, が數, が跋扈, くさ, であつ, でお, といふこと, といふもの, といふ者, になつて, の一矢, の亂妨, の事, の六尺棒, の娘ぢ, の所行, 即ち武士以下

▼ 足おと~ (18, 0.1%)

3 が聞え 2 をしのばせ

1 [13件] がし, がした, が微か, が聞こえ, です, のしずか, のしづか, のしない, は確か, もしなかった, をたてない, を忍ばせ, を恨めし

▼ 足だけが~ (18, 0.1%)

1 [18件] まっすぐに, やはりそこ, 不自然に, 中有に, 傘から, 冷えて, 出たり, 前に, 動いた, 妙に, 機械の, 機械的に, 歩いて, 残って, 生活を, 目の, 踊るよう, 軽く上体

▼ 足をも~ (18, 0.1%)

1 [18件] つらせながら, とどめずには, まして, ませたり, 停めずに, 傷つけながら, 吾人に, 思想をも, 手をも, 攫われて, 敏活に, 止め, 止めて, 洗った, 画いて, 相応に, 縛られて, 静かに

▼ 足にな~ (17, 0.1%)

1 [17件] つただらう, つた從弟はうらの, つて, つてうしろも, つてみづか, つてもの, つてわいわい, つてゐました, つてピチャ, つて手桶を, つて抱へ, つて而し, つて行く, つて豪雨の, つて足袋や, つて近郊を, つて雨で

▼ 足ほど~ (17, 0.1%)

2 歩いて

1 [15件] くすねて, よろめいたが, 乾いて, 似たよう, 動いたら低い, 引く, 後じさつた, 早く今, 沓脱に, 短かい, 立ち退いて, 退いたが, 進みますと, 部屋の, 馬を

▼ 足~ (17, 0.1%)

6 にし

1 [11件] が百歩, だけでも何千里, だけ算, でも心, は減らなかった, も踏む, を拾っ, を考え, を計っ, を踏ん, を辿る

▼ 足さえ~ (16, 0.1%)

1 [16件] できないで, わらじば, 力なく, 危うくなった, 宙に, 定まらず古い, 捗どらず雪駄, 揃って, 汗ばむのに, 満足であったなら, 満足に, 痛くなかったら, 見るも, 踏みとどまらせる力, 踏掛くれ, 駐め

▼ 足である~ (16, 0.1%)

2 が同じ

1 [14件] かどう, からそう, がこれ, が足, けれど神樣, とか息, と云う, と信じた, と思ふ, と考へ, 事が, 其の足, 米友が, 飛行機を

▼ 足との~ (16, 0.1%)

2 間に

1 [14件] 上に, 二ツの, 先を, 力ではね, 外には, 岐れ, 感情が, 浮腫を, 番だ, 糸を, 統一ある, 肉を, 間隙から, 関係に

▼ 足とは~ (16, 0.1%)

2 歩かない中

1 [14件] なんだ, ほとんど並行, まがりかた, ガラスを, 太刀一つ打つ, 思えぬほどに, 歩けなかった, 比較に, 焼接ぎ, 知りながら, 石の, 身外に, 非実用, 鶏の

▼ 足とも~ (16, 0.1%)

1 [16件] いう, いうそう, いうべき畸形, では, なれば, にあっち, に腿, ひずめの, まるで前歯, 四趾ある, 思えぬ, 手とも, 折って, 穿いて, 見えず又, 飛ばない中

▼ 足より~ (16, 0.1%)

2 先に, 少し大きい

1 [12件] まだりっぱ, まだりつぱ, 一寸ばかり, 三インチほど, 低いの, 大きいの, 疾く黒煙, 遅い, 難儀に, 雲の, 頭を, 首が

▼ 足~ (16, 0.1%)

3 はし, はせ, はぬ 2 はしぬ, はす 1 で事足る, はざる, わぬ

▼ 足~ (16, 0.1%)

3 の山

1 [13件] がつない, が今, と命名, に三人鈴なり, のくつわ, のやつ田, のやま, の三笠, の山の手, はおとな, は一路焔, やわれと, を手ばなし

▼ 足ある~ (15, 0.0%)

1 [15件] けれどちゃんと, ことを, そいつが, なし二足四足, なりこれ, にし, ね, のにわざわざ, は蛇化, ひは, もあり, ものを, 一匹の, 奇蛇と, 筈です

▼ 足だけを~ (15, 0.0%)

2 動かして

1 [13件] そこに, ばたばたやった, ダラリと, バタ, 二本ニューと, 出したる, 包んで, 握つて, 殘し, 眺めて, 眺めながら, 置いて, 見て

▼ 足よりも~ (15, 0.0%)

1 [15件] ありがたがらないだろう, むしろその, 不合理な, 低かった, 冷かな, 口の, 大きかった, 大きな藁草履, 布団の, 心の, 松よりも, 短かく, 確かな, 追いかけた波, 長いし

▼ 足~ (15, 0.0%)

3 を速 2 なの 1 だ, てもいかん, に骨, の, のわるい, もまた, をし, をやる, を見, 早く坂道

▼ 足しげく~ (14, 0.0%)

3 通って

1 [11件] 北伊賀町へ, 回向に, 山名の, 往来し, 来るよう, 行かないはず, 行った, 訪れた, 通ひだした, 那古屋へ, 金の

▼ 足クビ~ (14, 0.0%)

5 のホータイ 2 から下 1 から下方, ぐらいは惜しから, だけです, であった, にもホータイ, の包み, までめりこみ

▼ 足一つ~ (14, 0.0%)

3 の神 2 ずつ踏む, 騰り雲 1 だなどといった, でまた, もなかっ, 動かさず終に, 動かせない, 向けたこと, 騰りの

▼ 足~ (14, 0.0%)

2

1 [12件] けれど携, で頗行歩, にて御, にて歩行, に付名代新井仁助, に付名代皆川周安, に付皆川周安, に付難, に付難召連候間, は次第に, を患, を起し

▼ 足など~ (13, 0.0%)

2 お洗い, 撃ちぬとて 1 こぼれ出でて, カサ, 元どほり, 地から, 姿の, 洗いながら, 洗って, 痛めましては, 骨が

▼ 足なら~ (13, 0.0%)

1 [13件] すぐ行かれる, ばまだ, ば一日, んでいる, んで居る, 一と, 一時間だ, 一時間という, 一足とびだ, 先ず音, 六時間で, 半刻, 摺り小木にも

▼ 足じゃ~ (12, 0.0%)

1 [12件] とうていそうえらく超越, どうでやしょう, ないか, なかったの, ねえか, ろうがの, アなかっ, ア往けません, 働きも, 最後に, 歩かないぜ, 追い付くこと

▼ 足を以て~ (12, 0.0%)

1 [12件] おひろひな, しても, しなければ, すれば, その爪, スパルミエント夫人を, 其岩を, 如何とも, 心安くまた, 書見に, 立つ鼎, 終りを

▼ 足懸り~ (12, 0.0%)

2 にし 1 さえ見定めかね, とし, にしよう, に入, のいい, の石, も安全, を打ちこん, を探し, を深く

▼ 足掛三年~ (12, 0.0%)

3 にもなる 2 の間 1 と言, にて再び, に成る, に跨る, の長い, ばかりの不, 経って

▼ 足~ (12, 0.0%)

2 して, をし 1 で橋, の出来ん, みしたる様, みするところ, みで, みのばし見る, もする, をしない

▼ 足~ (12, 0.0%)

1 [12件] がやがて, が読みとられる, として証拠, にはかいもく, に気, に累, はまったく, は数年間, は消える, も定か, を人, を追い

▼ 足~ (12, 0.0%)

1 [12件] とはない, とは土蜘蛛, と云い, なら信長, な信玄, については日本紀, の人形, の信玄め, の族, の神, は先住穴居民, まてまて

▼ 足あり~ (11, 0.0%)

2 仁王の 1 て上下二片, 他人の, 大磐石, 守宮か, 我また, 我も, 手振あり, 肉紅なり, 足を

▼ 足さぐり~ (11, 0.0%)

1 [11件] に壕舎, に寄っ, に御殿, に暗い, に来, に歩い, に行っ, に行った, の時代, の時期, をはじめた

▼ 足名椎~ (11, 0.0%)

1 [11件] が治め, といひ, と云う, と手名椎, と申します, の神, は已む, は彼等夫婦, は早速, も手名椎, を祭った

▼ 足~ (11, 0.0%)

1 [11件] だがね, でもう, と思う, にはもう, にはゴボゴボ, に久光, に岸, のワラジ, の註文, も十マイル, を注文

▼ 足手纏~ (10, 0.0%)

4 ひに 1 がなく, がなけれ, さえございませね, なれど, ひにこそ, ひの

▼ 足払い~ (10, 0.0%)

2 をかけた 1 が利い, で野口, と名づけ, にいった, に備え, はそれ, をかけ, をくれ

▼ 足探り~ (10, 0.0%)

2 にし, に探っ 1 しいしい庭下駄, で下っ, に徒渉, に歩い, に路, の見

▼ 足~ (10, 0.0%)

2 の歌 1 があつ, のよう, の事, の条, ノ存在, ヲ作ル, ヲ作ルノデアルコト, ヲ拝ン

▼ 足調~ (10, 0.0%)

2 でなく屹度, で歩き出した 1 でツイ, で上っ, で十間許, で松太郎, とは是, を乱す

▼ 足なんか~ (9, 0.0%)

1 いらないから, くじかせてさ, つめたくなりはじめました, 上げたん, 引かないし, 揉んで, 洗って, 要らないでしょう, 長くなりました

▼ 足らしい~ (9, 0.0%)

2 骨が 1 のです, 微笑を, 扨は, 泥の, 表情を, 輝きが, 顏を

▼ 足~ (9, 0.0%)

2 が宛然, をし 1 で小, で歩い, というの, を二三度, を硬

▼ 足~ (9, 0.0%)

1 が一致, が追いつかず, だけで, であった, である, で彼女, にそっ, はゆるやか, を跳ばし続けた

▼ 足振り~ (9, 0.0%)

1 おかしく何, おもしろくを, お睦ちゃん, では合戦, の優し, は頗る, ゆるやかに, を加え, 面白く歌つて

▼ 足~ (9, 0.0%)

1 はあらゆる, をかけ, をかける, をこぼつ, をし, をはめられ, をはめる, を解いた, 悲しいけれど

▼ 足~ (9, 0.0%)

4 の上 1 があつ, に温和, も見たい, を備, を前

▼ 足触り~ (9, 0.0%)

1 がした, が軟か, つつ蹴, に乏しい, の好い, の心地よ, の悪い, の柔, の良

▼ 足~ (9, 0.0%)

1 だけの小, に從つて遙, のつけ根, の先, の内, の尖, はいずれ, らしいの, を踏んだ

▼ 足~ (9, 0.0%)

1 から彼, が痛み出し, が非常, にかかっ, にも藁, の麻痺, は重かっ, をまげて, を温め

▼ 足~ (9, 0.0%)

1 からさき, から落し, が小さ, が胴体, にも金環, をかたく, を実に, を斬取られた, を頂天

▼ 足さぐりで~ (8, 0.0%)

1 ゴタゴタな, 去年の, 此處まで, 畳の, 行つた, 部屋に, 部屋の, 默つて入りました

▼ 足しか~ (8, 0.0%)

1 できない, ない, ないのに, ない岸, ない足駄, 出来ぬうち, 持って, 歩いちゃ

▼ 足しない~ (8, 0.0%)

1 といふ所, 何となれ, 奴も, 心そして, 慾心を, 船の, 身銭を, 食物を

▼ 足その~ (8, 0.0%)

1 なかへ, 体中の, 地を, 声の, 寝室の, 片膝, 男の, 窓の

▼ 足~ (8, 0.0%)

1 ウラヨリ, コトヲ, 下ニ御社, 下ニ眠ッテイル, 先ダケ出タ, 先ダノヲチラツカセタ, 運動ガ不自由サヲ増ス, 運動バカリデナク頭ニモ毒ダワ

▼ 足三文~ (8, 0.0%)

1 だよ, で夜店, で紙屑屋, で買いしめた, と申す, のがらくた, の瓦楽多, の駄鶉

▼ 足休め~ (8, 0.0%)

1 にし, に寄った, に立ち寄られた, に過ぎない, の場所, の客, をしましょう, をしませう

▼ 足六足~ (8, 0.0%)

1 ふみこむなり, 引き揚げて, 往くと, 歩いたと, 歩いたとき, 行きすぎたかと, 行ったところ, 追ひす

▼ 足~ (8, 0.0%)

1 がやっと, へよろめいた, へ余, へ出した, へ出た, へ誘きだされ, へ進ん, をはたい

▼ 足~ (8, 0.0%)

1 から行く, に残る, の方, へドッコイ, へ下り, へ下る, へ退がる, を追うた

▼ 足早く~ (8, 0.0%)

1 て午, もう五, 丘を, 大広間の, 敵の, 来るらしくぐんぐん, 次の, 立ち去ったの

▼ 足~ (8, 0.0%)

1 がその, が右, が見えなくなった, でさ, にこぼれる, に当たる, のちらちら, を衣片

▼ 足~ (8, 0.0%)

1 が麻痺, にひやひや, のごとき, のよう, の作用, の意識, はすでに, をしらべ

▼ 足近く~ (8, 0.0%)

1 かよい, かよって, たずねて, ついと来た, なって, は我, 入り込むこと, 通って

▼ 足~ (8, 0.0%)

1 に被, のケース, の小屋, の腰掛, の膳, は低く, や乙女, をお

▼ 足だった~ (7, 0.0%)

1 かえ, が見れ, しまた, し皇子, のです, のは, ひとりが

▼ 足つて~ (7, 0.0%)

3 ゐる 1 と言つた昔, は傍, ゐたの, 居るの

▼ 足なし~ (7, 0.0%)

1 という事, とかげと, ともあり, にされた, になっ, のノッペラボー, 兎は

▼ 足なる~ (7, 0.0%)

1 が故に, のみ, 境遇に, 結果に, 結果を, 解答を, 關係に

▼ 足ばかりが~ (7, 0.0%)

2 見える 1 君の, 実験室の, 機械的に, 無暗に, 燈の

▼ 足ばかりの~ (7, 0.0%)

1 みょうな, 幽霊と, 庭下駄を, 草鞋を, 貧乏人故, 雪駄です, 靴や

▼ 足へも~ (7, 0.0%)

1 あたる, まだ水, 土が, 未だ水, 絡む道, 縄を, 縋らぬ

▼ 足一本~ (7, 0.0%)

2 だけでも買つて行つて, でいつ 1 だけすず, 傷つけるの, 折られたん

▼ 足~ (7, 0.0%)

2 がまた, に馬力 1 で出羽奥州, とはいえ, をもっ

▼ 足~ (7, 0.0%)

2 たゆたひ, の足巾 1 という古式, の形, を突

▼ 足~ (7, 0.0%)

3 といい 1 といっ, には湖, へ参, へ通う

▼ 足~ (7, 0.0%)

1 でしたよ, へで中, へなどをする, への嚴, へは見てくれ, もまめまめしく, をした

▼ 足掛五年~ (7, 0.0%)

1 になり, になる, の月日, の永滯在, の間, も続いた, 満三年三月

▼ 足歩い~ (7, 0.0%)

2 てから問うた, て見る 1 ている, て一足, て行つて

▼ 足~ (7, 0.0%)

4 の鈴 2 を潤ら 1 の小

▼ 足~ (7, 0.0%)

1 が野蛮, が野蠻, で, で踏み越え, のもの, の湯, の高

▼ 足附き~ (7, 0.0%)

1 てゆけ, なども少しフラフラ, の大きな, の膳, の高, を見, グラスを

▼ 足おくれ~ (6, 0.0%)

2 て江の島 1 てこの, て入っ, て帰っ, て行く

▼ 足がらみ~ (6, 0.0%)

1 にけたおされ, にゆき, のほかなに, をかけ, を喰, を発明

▼ 足ぐらい~ (6, 0.0%)

1 じゃ五ン合, ひろくよけて, もって, 折りたかった, 歩いて, 融通し

▼ 足さばき~ (6, 0.0%)

1 がその, がどうのこうの, で上っ, の揺ぎ, をそろ, をやっ

▼ 足だの~ (6, 0.0%)

1 また体, 引くりかえされるん, 手だ, 殊に, 背中だ, 鼠の

▼ 足であり~ (6, 0.0%)

1 ながらお, みな黒き, 全ては, 意に, 翼である, 高雄は

▼ 足でした~ (6, 0.0%)

21 からどんな, たかに, のに違い, やない

▼ 足と共に~ (6, 0.0%)

1 いつかまた, しばらく揺れ, 光の, 浮き上っ, 激流の, 精一杯前

▼ 足なく~ (6, 0.0%)

3 して 1 位よき, 前後四手あり, 眼も

▼ 足みたい~ (6, 0.0%)

1 だ, だなあと, でないか, な足, な頸, に曲げる

▼ 足れる~ (6, 0.0%)

1 と見絞り, ものと, ものなし, を満足, 島なる, 而已我三十年間の

▼ 足四足~ (6, 0.0%)

1 と急速, の諸, を食う, 引きずったが, 戻り, 歩くと

▼ 足~ (6, 0.0%)

1 から砂, とで森, も感じ, や膝, をさも, を挫げ

▼ 足~ (6, 0.0%)

2 に見 1 であつ, な微, な樣子, に微笑

▼ 足疾く~ (6, 0.0%)

1 その前, なりぬと, はしるアキリュウス, 走るアイアース彼, 走るアキリュウス怒り, 風に

▼ 足~ (6, 0.0%)

1 が達者, と河童, のお, の眞最中, をひと, を業

▼ 足~ (6, 0.0%)

4 をやり 1 なしに, にし

▼ 足~ (6, 0.0%)

2 かつた 1 く來, れました, れましたよ, れ片瀬

▼ 足~ (5, 0.0%)

1 庭へ, 拭き, 梅さんの, 止められ候所, 竹さんの

▼ 足からも~ (5, 0.0%)

1 後ろの, 手からも, 消えうせて, 芽を, 血が

▼ 足かを~ (5, 0.0%)

2 車輪に 1 伸してるの, 忍ばせて, 訴へる

▼ 足こそ~ (5, 0.0%)

1 ままに, 不自由な, 不自由なれ, 気の毒な, 跣足ながら

▼ 足だけで~ (5, 0.0%)

1 できるもの, 体を, 歩いて, 歩くこと, 立つこと

▼ 足だって~ (5, 0.0%)

1 こんなに大きな, ぼたぼたの, 槍は, 落ちのびて, 請合い箱根

▼ 足だろう~ (5, 0.0%)

1 がこれから, が六本足, それでも槍, とドロ, ね

▼ 足でなく~ (5, 0.0%)

1 ていつも, て膝, スタ, 内部の, 頭で

▼ 足といふ~ (5, 0.0%)

1 ことを, もの久しぶりで, 處な, 風に, 點に

▼ 足とか~ (5, 0.0%)

1 いったよう, その死体, 云いましてね, 村田春汀とか, 骨折した

▼ 足などを~ (5, 0.0%)

1 あげて, ぶらつかせて, 切るより, 撫でさせながら, 見て

▼ 足~ (5, 0.0%)

4 とひ 1 ゐりを

▼ 足名椎手名椎~ (5, 0.0%)

2 の神 1 に作る, は蛇, 来て

▼ 足手纒~ (5, 0.0%)

1 いじゃ, いとなる, が多くっ, の奴等, ひに

▼ 足手纒い~ (5, 0.0%)

2 になる 1 じゃねえ, だ, の君江

▼ 足~ (5, 0.0%)

2 の算法 1 が架っ, の向, の踏段

▼ 足掛二年~ (5, 0.0%)

1 の旅, の月日, ばかり三吉, もマルタプウラ, も燻

▼ 足早き~ (5, 0.0%)

1 こと鹿の, 二の, 者と, 角力であった, 野犬の

▼ 足真似~ (5, 0.0%)

1 で与吉, で何人, で意, で演じ, ばかりな

▼ 足~ (5, 0.0%)

2 うなだれ 1 の天文学, も他, 垂れ風

▼ 足近づい~ (5, 0.0%)

1 ていった, て待ち, て来, て来た, て花田

▼ 足馴らし~ (5, 0.0%)

1 にそこら, に出, に校庭, のため, をしはじめた

▼ 足~ (4, 0.0%)

1 すりこぎに, つたのが, なんだろ, なんて早い

▼ 足あがらざる~ (4, 0.0%)

3 をもっ 1 ゆえ楽戯に

▼ 足あがる~ (4, 0.0%)

1 こと一寸ばかり, こと三寸, こと十回なる, ゆえに

▼ 足うしろ~ (4, 0.0%)

1 から近寄っ, へさがった, へよろめきました, へ後退り

▼ 足かと~ (4, 0.0%)

1 思った, 思って, 競争し, 見ゆるむかで

▼ 足からは~ (4, 0.0%)

1 たえず血, また血, 湯文字が, 竹の

▼ 足ごと~ (4, 0.0%)

1 にかさ, にひっかかれた, にキシ, に祖父

▼ 足~ (4, 0.0%)

1 うして, など這入んねえ, へつい, へ洗つて

▼ 足しなけれ~ (4, 0.0%)

2 ばならなかつた 1 ばならない, ば仕

▼ 足しよう~ (4, 0.0%)

2 とした, とする

▼ 足そこ~ (4, 0.0%)

1 においた, にも吾が, に踏み出す, へ歩み出た

▼ 足だけに~ (4, 0.0%)

2 雪ぐつ 1 大きな草鞋, 注意を

▼ 足ちかく~ (4, 0.0%)

2 散ぼひたるそ 1 散ぼひたるそぞろ, 見物に

▼ 足~ (4, 0.0%)

21 や一日, や追

▼ 足であっ~ (4, 0.0%)

1 たりする, てもう, て塀, て大股

▼ 足でなけれ~ (4, 0.0%)

1 ばいけなかった, ばならぬ, ば歩けない, ば買いません

▼ 足とに~ (4, 0.0%)

1 きりきりと, この闇, それを, 細引きを

▼ 足ながら~ (4, 0.0%)

1 仲, 傘の, 多少の, 速急の

▼ 足などは~ (4, 0.0%)

1 きわめて少数, ほんの申訳, むしろ小, 夜分星の

▼ 足において~ (4, 0.0%)

2 それが, では

▼ 足にまつわる~ (4, 0.0%)

1 いわゆる脚布, 草や, 露の, 露草を

▼ 足のみ~ (4, 0.0%)

1 ありという, あるて, ぢかい, 蜘蛛の

▼ 足ばかりを~ (4, 0.0%)

1 一飛びに, 小刻みに, 海鼠の, 與へて

▼ 足ぶり~ (4, 0.0%)

1 で一種無気味, をし, を研究, 面白く踊ります

▼ 足まだ~ (4, 0.0%)

3 痛いん 1 成らざる者

▼ 足までも~ (4, 0.0%)

1 からみつきました, とどくつばさ, のろうよう, 見えるやう

▼ 足~ (4, 0.0%)

1 足歩いた, 足近づい, 足追っかけ, 足階段を

▼ 足らい~ (4, 0.0%)

1 でこの, ででかした, で出来した, に暫時

▼ 足をに~ (4, 0.0%)

2 じらして, ゆつと

▼ 足~ (4, 0.0%)

1 が軽く, とられたかな, の軽く, も何

▼ 足~ (4, 0.0%)

1 の早, は入っ, 引っぱって, 洗わんちゅう法

▼ 足入れ~ (4, 0.0%)

1 と云っ, にはちっとも, の日, を厳禁

▼ 足~ (4, 0.0%)

1 の中, の木, の沓石, をよぎり

▼ 足~ (4, 0.0%)

2 みに 1 みて, みぬああ

▼ 足掛六年~ (4, 0.0%)

2 もゐた 1 である, の間一度

▼ 足掛四年~ (4, 0.0%)

1 いた, になる, の月日, 働いて

▼ 足擦り~ (4, 0.0%)

1 の御, の礼, の音, をした

▼ 足構え~ (4, 0.0%)

1 して, で紀久子, で蔦代, をした

▼ 足歩いた~ (4, 0.0%)

1 かと思う, とき帆村が, と思います, と思ふ

▼ 足歩く~ (4, 0.0%)

1 とまた, と修行者, と窓縁, と足もと

▼ 足洗い~ (4, 0.0%)

1 が出来る, の出来る, も容易, を許さぬ

▼ 足海峠~ (4, 0.0%)

1 など余吾, のあたり, の辺, を越え

▼ 足溜まり~ (4, 0.0%)

2 にし 1 に一人, の場所

▼ 足~ (4, 0.0%)

2 からはなれ 1 をはめ, を解い

▼ 足留り~ (4, 0.0%)

2 とコート, へ行っ

▼ 足留稲荷~ (4, 0.0%)

1 とそれぞれいわれ, のとんだ, の向う, へ願

▼ 足~ (4, 0.0%)

2 えの 1 えたる人, へて二十二年

▼ 足立たず~ (4, 0.0%)

1 ついに金, で, 殊に越前勢, 門を

▼ 足~ (4, 0.0%)

1 という, の切れた, は足尾, まで逃げ

▼ 足繁き~ (4, 0.0%)

2 訪問に 1 にさて, 人波が

▼ 足~ (4, 0.0%)

3 を形成 1 を見うけるであろう

▼ 足~ (4, 0.0%)

2 は男 1 ですよ, を踏み入れた

▼ 足蹌踉~ (4, 0.0%)

2 いて 1 と流れ, めくと

▼ 足達者~ (4, 0.0%)

1 なこと, なの, なもの, な飛脚

▼ 足馬さん~ (4, 0.0%)

1 からの贈物, から貰, がやつ, に送られ

▼ 足~ (4, 0.0%)

1 をぶち, を打ち折っ, を打ち折られ, を砕いた

▼ 足あるいは~ (3, 0.0%)

1 四足ことごとく, 腕あるいは, 虫を

▼ 足~ (3, 0.0%)

1 労れる, 垢れた, 血溜り一つ出来た

▼ 足い洗っ~ (3, 0.0%)

2 て上る 1 て上り

▼ 足おくれた~ (3, 0.0%)

1 か, だけで, わい

▼ 足おと姉さん~ (3, 0.0%)

3 お銚子

▼ 足かろき~ (3, 0.0%)

2 ためからか 1 その身

▼ 足がから~ (3, 0.0%)

1 まつて, 走りという, 走りといふ

▼ 足がと~ (3, 0.0%)

1 まつて, 疑う緋, 疑ふ緋

▼ 足がは~ (3, 0.0%)

2 ええん 1 まつたら最後二度

▼ 足がら~ (3, 0.0%)

2 をかけ 1 をすくっ

▼ 足ずつ~ (3, 0.0%)

1 チャンポンに, 気を, 降りて

▼ 足でございます~ (3, 0.0%)

1 か, から石松, な

▼ 足として~ (3, 0.0%)

1 ひとり無上の, やはりおし, 役に立ちまた

▼ 足とまるまじ~ (3, 0.0%)

3 とお力

▼ 足なえ~ (3, 0.0%)

1 ですぐ, の乞食, の虚無僧

▼ 足なき~ (3, 0.0%)

1 かまた, に定まったる, を蛇

▼ 足などが~ (3, 0.0%)

1 ぶかぶかと, まるで人食鬼, 皮帯で

▼ 足などに~ (3, 0.0%)

1 五六カ所あっ, 搦みつく, 赤く高

▼ 足にかけて~ (3, 0.0%)

1 さがしぬいて, 大きなブラシ, 踏み砕くなんて

▼ 足について~ (3, 0.0%)

1 来て, 歩きました, 決してとれる

▼ 足による~ (3, 0.0%)

1 一人立ちが, 大化改新の, 研究

▼ 足はと~ (3, 0.0%)

1 いふと, ぼとぼと坂, まつて

▼ 足はやき~ (3, 0.0%)

1 アイアキデース彼を, イーリス戰馬引きとめ, クサントス只愁然と

▼ 足ばかりに~ (3, 0.0%)

1 見える, 見えるの, 飛び越えて

▼ 足~ (3, 0.0%)

21 に撫で

▼ 足まかせ~ (3, 0.0%)

1 な暗澹, に歩く, の根気任せ

▼ 足また~ (3, 0.0%)

1 どっかりと, 凍えて, 手を

▼ 足~ (3, 0.0%)

1 が, きたる肱, 又後

▼ 足~ (3, 0.0%)

2 行くな 1 歩けるだけ

▼ 足よろめい~ (3, 0.0%)

2 てその 1 てやっと

▼ 足をの~ (3, 0.0%)

1 さの, つけて, 先を

▼ 足一味~ (3, 0.0%)

2 が邸内 1 の中

▼ 足一歩~ (3, 0.0%)

1 も出でぬ, も踏み入るるあたわざりし, 運ぶにも

▼ 足三足あと~ (3, 0.0%)

1 へさ, へ帰っ, 追かけ

▼ 足三足後~ (3, 0.0%)

1 の方, へ下り, を追うた

▼ 足三足足~ (3, 0.0%)

2 は男 1 を踏み入れた

▼ 足付き~ (3, 0.0%)

1 であった, で玄関, の硝子コップ

▼ 足~ (3, 0.0%)

1 の木像, の邸跡, は

▼ 足動物~ (3, 0.0%)

1 の上, の中, の汚

▼ 足~ (3, 0.0%)

1 だけど, で, には及ばない

▼ 足和尚~ (3, 0.0%)

2 と呼ばれた 1 の背後

▼ 足寄っ~ (3, 0.0%)

2 てくる 1 ては遽

▼ 足~ (3, 0.0%)

1 で書写, とは妙, 見ゆれば

▼ 足~ (3, 0.0%)

3 でドアー

▼ 足~ (3, 0.0%)

1 があつ, の上, の生む

▼ 足慣らし~ (3, 0.0%)

1 に連れた, もし, をやっ

▼ 足手絡~ (3, 0.0%)

1 の幼き, ひに, ひ一式

▼ 足投げ出し~ (3, 0.0%)

1 てなさる, て悠々, 梅干菜で

▼ 足掛三年目~ (3, 0.0%)

1 であつ, の二月, の今日

▼ 足~ (3, 0.0%)

1 へてあつ, へて歩める, へて空

▼ 足~ (3, 0.0%)

1 の縄, をかけ, 掛けて

▼ 足~ (3, 0.0%)

1 と行幸, をかいまみる, をけふこ

▼ 足早かっ~ (3, 0.0%)

1 た, たと, たら斯ん

▼ 足~ (3, 0.0%)

1 がなく, はなく, 國の

▼ 足洗い屋敷~ (3, 0.0%)

1 か, ぐらいのもの, を省い

▼ 足~ (3, 0.0%)

1 としてほ, にし, を築く

▼ 足~ (3, 0.0%)

2 の緒 1 も手玉

▼ 足~ (3, 0.0%)

1 という王さま, にすすめ, の領首むづと

▼ 足~ (3, 0.0%)

2 がその 1 は盲縞

▼ 足~ (3, 0.0%)

1 の工風, の法, を拵

▼ 足痛相煩引込~ (3, 0.0%)

3 罷在

▼ 足~ (3, 0.0%)

1 に入れ, に水, の水

▼ 足~ (3, 0.0%)

1 うなだれ, はと問, も他

▼ 足調子~ (3, 0.0%)

2 をふん 1 で恍惚

▼ 足買っ~ (3, 0.0%)

1 てき, てそれから, て戻っ

▼ 足踏み出す~ (3, 0.0%)

2 が早い 1 ほどになっ

▼ 足踏む~ (3, 0.0%)

1 に委する, のを, 七面鳥いや照りしらむ

▼ 足速く~ (3, 0.0%)

1 大野横ぎり進み行く, 走り去って, 逃げ出せば

▼ 足違い~ (3, 0.0%)

1 で井戸, で先, で飛ん

▼ 足銀色~ (3, 0.0%)

3 の玲瓏

▼ 足鏡別~ (3, 0.0%)

2 の王 1 の王一柱

▼ 足長族~ (3, 0.0%)

1 たること, の人, を使役

▼ 足長蜘蛛~ (3, 0.0%)

1 がある, が小さな, を横っ飛び

▼ 足~ (2, 0.0%)

1 早ぃな, 早いな

▼ 足あげ~ (2, 0.0%)

1 て泰軒, 勢ひし

▼ 足あっ~ (2, 0.0%)

1 ためだけで, ためを

▼ 足あるき出し~ (2, 0.0%)

1 てから綾衣, ながら更に

▼ 足いかに~ (2, 0.0%)

2 冷たからん

▼ 足いと~ (2, 0.0%)

1 おそし, 長き蜘蛛

▼ 足いまだ~ (2, 0.0%)

1 ならざる幼い, 地に

▼ 足い切る~ (2, 0.0%)

1 のって, のと

▼ 足~ (2, 0.0%)

1 らを, ツちやりたく

▼ 足うら~ (2, 0.0%)

1 のしも, は

▼ 足お先~ (2, 0.0%)

1 にお供, に裏門

▼ 足かの~ (2, 0.0%)

1 ように, 前へ

▼ 足かも~ (2, 0.0%)

2 しれません

▼ 足がき~ (2, 0.0%)

1 が聞え, をしねえで

▼ 足がに~ (2, 0.0%)

1 ぶつて, ょきりと生えました

▼ 足ことごとく~ (2, 0.0%)

1 ぎこちなく視線, 舞い上がり盆

▼ 足この~ (2, 0.0%)

1 すやすやと, 段々の

▼ 足これ~ (2, 0.0%)

1 なら悪魔, はたしかに

▼ 足さえも~ (2, 0.0%)

1 ないの, 重く捗らなくなっ

▼ 足さぐりし~ (2, 0.0%)

1 たりし, て歩い

▼ 足さし足~ (2, 0.0%)

1 むこうにおいて, 近づいて

▼ 足さん~ (2, 0.0%)

1 とお, の処

▼ 足しなく~ (2, 0.0%)

2 なつた

▼ 足じゃあ~ (2, 0.0%)

1 仕方が, 本校へも

▼ 足すらも~ (2, 0.0%)

1 大地に, 定かに

▼ 足ずつに~ (2, 0.0%)

1 のめりそう, ようやくに

▼ 足そう~ (2, 0.0%)

1 にと見, に庭

▼ 足それ~ (2, 0.0%)

1 がもう, は清涼池

▼ 足それから~ (2, 0.0%)

2 真白な

▼ 足それら~ (2, 0.0%)

1 が我々, が泛ん

▼ 足~ (2, 0.0%)

1 ぢろぐよと, づたづと

▼ 足だけしか~ (2, 0.0%)

1 履かなかつたが, 見えないの

▼ 足だけには~ (2, 0.0%)

1 いて, 限らないがね

▼ 足だつた~ (2, 0.0%)

1 ことを, 筈の

▼ 足ちがい~ (2, 0.0%)

1 で使, まったく惜しい

▼ 足つけ~ (2, 0.0%)

1 て伊那丸, て踏み

▼ 足つた~ (2, 0.0%)

1 であらう, と傳

▼ 足つたの~ (2, 0.0%)

1 である足り過ぎて, は聴く

▼ 足つて禮節~ (2, 0.0%)

2 を知る

▼ 足であるいた~ (2, 0.0%)

1 という大, 形である

▼ 足できず~ (2, 0.0%)

1 に, に苦しん

▼ 足でけ~ (2, 0.0%)

1 とばせるぐらいの, 倒された

▼ 足でない~ (2, 0.0%)

1 ものを, 足笑いたくなる

▼ 足での~ (2, 0.0%)

1 つかれのりもの, 帰りがけに

▼ 足といった~ (2, 0.0%)

1 ような, 具合で

▼ 足としては~ (2, 0.0%)

1 さまでの, 幾分細長い

▼ 足とだけが~ (2, 0.0%)

1 紅く大きさ, 見えるの

▼ 足とともに~ (2, 0.0%)

1 ふって, ハズミを

▼ 足とめ~ (2, 0.0%)

1 て, てあな

▼ 足どころ~ (2, 0.0%)

1 じゃア, では

▼ 足なさる~ (2, 0.0%)

1 とあなた, やうな

▼ 足などで~ (2, 0.0%)

2 すぐそれ

▼ 足などの~ (2, 0.0%)

1 極古い, 水に

▼ 足なりと~ (2, 0.0%)

1 お休め遊ばしませ, 押し頂きて

▼ 足なんて~ (2, 0.0%)

1 いらんよ, 靴次第で

▼ 足にあたって~ (2, 0.0%)

1 そこが, 思わず小膝

▼ 足にでも~ (2, 0.0%)

1 して, なって

▼ 足にまで~ (2, 0.0%)

1 及んで, 成つて萬燈を

▼ 足に対して~ (2, 0.0%)

1 堪えられない拷問, 直角でなく

▼ 足に関する~ (2, 0.0%)

1 昔話あり, 謬見は

▼ 足ぬき~ (2, 0.0%)

1 にたどり, に歩き

▼ 足のな~ (2, 0.0%)

2 わを

▼ 足のぶざま~ (2, 0.0%)

2 に太い

▼ 足ばかりと~ (2, 0.0%)

2 なり手さき

▼ 足ふき~ (2, 0.0%)

1 や畳廊下, をもっ

▼ 足ふみ~ (2, 0.0%)

1 に紛らわされ, 外して

▼ 足ふみしめ~ (2, 0.0%)

1 て杖, ながら煙

▼ 足ふみ込ん~ (2, 0.0%)

1 でそこ, で透かし

▼ 足ふん~ (2, 0.0%)

1 で浜松城, 込んで

▼ 足へと~ (2, 0.0%)

1 揉んで, 流れて

▼ 足へは~ (2, 0.0%)

1 二円も, 踵の

▼ 足までが~ (2, 0.0%)

1 一樣に, 軽々と空

▼ 足までを~ (2, 0.0%)

1 少しも, 計った

▼ 足もつ~ (2, 0.0%)

1 て外出, びいどろの

▼ 足もの~ (2, 0.0%)

1 たの, 靴を

▼ 足もは~ (2, 0.0%)

1 えませずタヌキ, なれば

▼ 足やら~ (2, 0.0%)

1 つなぎ合せた, 顔やら

▼ 足やを~ (2, 0.0%)

1 偶と, 嬲らせながら

▼ 足わざ~ (2, 0.0%)

1 にかけて一瞬, を以て鳰

▼ 足ゑゝ何ぞい~ (2, 0.0%)

2 の未練

▼ 足をか~ (2, 0.0%)

1 はりばんこに, ひ得るだけ

▼ 足をもがもが~ (2, 0.0%)

2 やって

▼ 足を通じて~ (2, 0.0%)

1 拡がって, 擴が

▼ 足~ (2, 0.0%)

1 すくんで, 遠くなっ

▼ 足クビ以下~ (2, 0.0%)

1 が発見, の部分

▼ 足ソーッ~ (2, 0.0%)

2 と歩いた

▼ 足リンプ~ (2, 0.0%)

1 が大見得, の助手みたい

▼ 足~ (2, 0.0%)

1 故ニ写置, 故ヲ以テ彼

▼ 足一度~ (2, 0.0%)

1 に買つて, 御城下

▼ 足一杯~ (2, 0.0%)

1 に藻草, の草履

▼ 足三足先~ (2, 0.0%)

1 になる, に歩いた

▼ 足三足前~ (2, 0.0%)

1 がやっと, へ進ん

▼ 足三足環~ (2, 0.0%)

2 からはなれ

▼ 足三足跫音~ (2, 0.0%)

1 を忍ばせ, を忍ばせた

▼ 足三足蹌踉~ (2, 0.0%)

1 と流れ, めくと

▼ 足~ (2, 0.0%)

1 といふ手製, へはいりましたら

▼ 足~ (2, 0.0%)

1 取極相立候儀, 心

▼ 足乞食~ (2, 0.0%)

2 と同じ

▼ 足二タ足ゑゝ何ぞい~ (2, 0.0%)

2 の未練

▼ 足二本~ (2, 0.0%)

1 ときめ, とその

▼ 足人夫妻~ (2, 0.0%)

1 に申し聞える, は轉げ

▼ 足代り~ (2, 0.0%)

1 なの, に当時

▼ 足以外~ (2, 0.0%)

1 に擴充, の他人

▼ 足先きが~ (2, 0.0%)

1 つまずいた, 震えた

▼ 足六本~ (2, 0.0%)

1 ある妖怪, の怪物

▼ 足出し~ (2, 0.0%)

1 て逃げ, や足ヤ

▼ 足切れ~ (2, 0.0%)

1 とか居直る, 去った跡

▼ 足参り~ (2, 0.0%)

1 をする, を致しまする

▼ 足及び~ (2, 0.0%)

2 その他の

▼ 足~ (2, 0.0%)

1 の上, を畫

▼ 足堂々~ (2, 0.0%)

1 とあなた, と新城

▼ 足多く~ (2, 0.0%)

1 トリレミスごとく見, 外見あたかも

▼ 足大地~ (2, 0.0%)

1 につけ, を踏み鳴らし

▼ 足太子~ (2, 0.0%)

1 というの, をたぶらかし

▼ 足~ (2, 0.0%)

1 でもこさえなすったら, と名づける

▼ 足幾町~ (2, 0.0%)

1 とその, と其

▼ 足~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ 足弱き~ (2, 0.0%)

1 ために, ため今日まで

▼ 足強く~ (2, 0.0%)

1 して, 辺高く

▼ 足彼方~ (2, 0.0%)

2 の篝火

▼ 足~ (2, 0.0%)

1 ったが, てふ

▼ 足後れ~ (2, 0.0%)

1 て下宿, に置屋

▼ 足怡悦~ (2, 0.0%)

1 すれば, の情

▼ 足抜き~ (2, 0.0%)

1 で女, の心支度

▼ 足拵ら~ (2, 0.0%)

1 えに, えを

▼ 足~ (2, 0.0%)

1 りで馴れない平次, りに

▼ 足掛八年~ (2, 0.0%)

1 に跨がり, 全く骨身

▼ 足掛八年故郷~ (2, 0.0%)

1 へ歸つたの, へ還

▼ 足掛四年前~ (2, 0.0%)

1 の四月, の天正十五年正月

▼ 足揃つた完全~ (2, 0.0%)

2 な鍋

▼ 足~ (2, 0.0%)

1 にし, 合せて

▼ 足~ (2, 0.0%)

2 に匍匐

▼ 足早い~ (2, 0.0%)

1 のに, 邦夷を

▼ 足~ (2, 0.0%)

2 を見せた

▼ 足~ (2, 0.0%)

1 のよう, をかけられた

▼ 足歩き出し~ (2, 0.0%)

1 ていた, て何気なく

▼ 足歩き出した~ (2, 0.0%)

1 というん, 時だった

▼ 足歩み~ (2, 0.0%)

1 かけし, たり

▼ 足歩む~ (2, 0.0%)

1 と隣り, ほどにをみな

▼ 足~ (2, 0.0%)

1 ならば, をつくり

▼ 足~ (2, 0.0%)

1 に河浪, は大和磯城郡纏向村

▼ 足洗ひと~ (2, 0.0%)

1 いふこと, 称し従来

▼ 足~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 足~ (2, 0.0%)

1 まがり爪, を泳がせ

▼ 足特に~ (2, 0.0%)

2 歯の

▼ 足~ (2, 0.0%)

1 であって, は威厳

▼ 足疲れ~ (2, 0.0%)

1 て転げる, をおそれ

▼ 足痛風~ (2, 0.0%)

1 だとか, を患っ

▼ 足白く~ (2, 0.0%)

1 するすると, 流れて

▼ 足相撲~ (2, 0.0%)

1 などに一度, をやつ

▼ 足~ (2, 0.0%)

1 の所, の方

▼ 足~ (2, 0.0%)

1 に音, もほ

▼ 足~ (2, 0.0%)

1 に連姓, 何といおう

▼ 足~ (2, 0.0%)

1 をかけなけれ, を掛けなけれ

▼ 足纏い~ (2, 0.0%)

1 がなくなっ, になっ

▼ 足置台~ (2, 0.0%)

1 くらいにはしただろう, のまわり

▼ 足腰手肩頸~ (2, 0.0%)

2 から次第に

▼ 足~ (2, 0.0%)

1 個を, 寛

▼ 足舂き~ (2, 0.0%)

1 にした, にする

▼ 足薪翁記~ (2, 0.0%)

1 には, に寛文

▼ 足~ (2, 0.0%)

1 のほか本邦, の一間

▼ 足行きかけた~ (2, 0.0%)

1 が又, 時に

▼ 足行く~ (2, 0.0%)

2 とわたし

▼ 足行っ~ (2, 0.0%)

1 てはかさ, ては倒れる

▼ 足袋縫~ (2, 0.0%)

1 ひ講習會, ふて

▼ 足~ (2, 0.0%)

1 が現われる, を現

▼ 足角力~ (2, 0.0%)

1 の競技, も一席

▼ 足跫音~ (2, 0.0%)

1 を忍ばせ, を忍ばせた

▼ 足踏みはずし~ (2, 0.0%)

2 て酒倉

▼ 足踏み出した~ (2, 0.0%)

1 が又, と思う

▼ 足踏める~ (2, 0.0%)

1 もの, ものと

▼ 足踏ロール~ (2, 0.0%)

1 に逆転, に電動機

▼ 足蹇君~ (2, 0.0%)

2

▼ 足蹴り~ (2, 0.0%)

1 にし, に出来ない

▼ 足~ (2, 0.0%)

1 にした, にまでされ

▼ 足軽く~ (2, 0.0%)

1 あちらこちらと, なり

▼ 足~ (2, 0.0%)

1 た, 白い着物

▼ 足追っかけ~ (2, 0.0%)

1 てまいりました, ながらしきり

▼ 足退い~ (2, 0.0%)

1 て立つた, て考へれ

▼ 足速き~ (2, 0.0%)

1 アキリュウス之を, 犬は

▼ 足進ん~ (2, 0.0%)

1 で日, で深き

▼ 足進んだ~ (2, 0.0%)

1 が, 時どう

▼ 足遅れ~ (2, 0.0%)

1 て駆け付けた, 片瀬へ

▼ 足~ (2, 0.0%)

1 ひでした, ひに

▼ 足違ひで~ (2, 0.0%)

1 出かけるところ, 逃げ出したといふ

▼ 足遠く~ (2, 0.0%)

1 なつた, へ尋ね

▼ 足~ (2, 0.0%)

1 かけます, をはめ

▼ 足~ (2, 0.0%)

1 がこわれた, の細工

▼ 足長どの~ (2, 0.0%)

1 とは誰, も遂に

▼ 足~ (2, 0.0%)

1 がし, はすぐ

▼ 足~ (2, 0.0%)

1 と申そう, のよう

▼ 足~ (2, 0.0%)

1 の屍, 見われ

▼1* [1098件]

あかり前へお, 足あったって堪りません, 足あったかいよ, 足あつた, 足あとがちやんと, 足あとすだりした, 足あとみんなちがう, 足あとネコの足あと, 足あとネズミの足あと, 足あまりのスリッパ, 足あゆみ出すと眇目, 足あらばこそ歩み, 足ありますからでも, 足あり炙れば見, 足あるいては腰, 足あるきかけたところへ, 足あるきだしたのである, 足あるき出しましたが軽業, 足あるき出すとまた, 足あるけば四足, 足あるでねえか, 足あれば足る, 足いきますとむこう, 足いたは可哀想, 足いたしましたそうで, 足いたす次第である, 足いたずらに白いからだ, 足いただいたからあたし, 足いっぱい膏薬を塗りこんだ, 足いや腹をすべらし, 足うちのばしわ, 足うらふむ水の, 足うらまではとどかない, 足うら浸で石を, 足へんで, 足おいてあつた, 足おくれたらおれたちも, 足おしみするん, 足おそくわが方, 足おそければ詩人等, 足おなじように, 足おのずから働きて, 足おもく別館へ, 足およびその脛腓, 足お先にその手柄, 足お前は賢い, 足お勝手の土間, 足かが無くな, 足かざりもつけ, 足かたの今, 足かためてあった, 足かっこうのよい, 足かで家中の, 足かれの寝所, 足ががくりが, 足がくの字, 足がけツ倦いので, 足がつつと前に, 足がるは超過, 足きき選りすぐって京都表, 足きられたような, 足くせは芸, 足くらいあったでしょうか, 足くらべをした, 足くわえ海の, 足ぐいぐいと足掻き, 足ぐせの名人, 足ぐらいでもこうまで, 足ぐらいの相違でした, 足ぐらいは入用でしょう, 足ぐらゐ歩けるだらうといふ, 足ぐらゐは歩いたといふ, 足ぐるみその紐, 足ぐれえ腐れましょうよ足どころ, 足ぐれえ踏んだにし, 足こしをもみ, 足こそはやがて男, 足こちらに三足, 足こっそりと紡車, 足こっちに近づこう, 足こんなに膨れて, 足ごとき跡を, 足ごとく想像した, 足さがらないうちに, 足さぐりで出て行った, 足さぐりで降りかけていた, 足さぐり得つ春炬燵, 足さして居たの, 足さし足カナリヤねらう黒き, 足さすり手さすり寝ぬる, 足さむ炭とても, 足さらってにげ, 足ざわりであり匂いだった, 足ざわりでさえ目をさます, 足ざわりと物音では自分, 足ざわりなどから察すると, 足ざわりの柔らかい苔, 足ざわりのする芝生を踏ん, 足しどろに逃げ帰り, 足しなくらいの生活, 足しなかつたこと故人の, 足しなくなったのを, 足しのばせて立ち聞き, 足しまえになる, 足しりぞいて考える, 足や惡, 足じいやの所, 足すべての動作, 足すべて社会教育とならぬ, 足すべらして落ち, 足すべらせて落ち, 足すべりて爐, 足すら抜いて, 足すりへらして三拝九拝, 足すり寄って叱る, 足するだらうか又, 足するどく反りか, 足するならばやがて, 足するひやうろ, 足ずつで一ヶ月に, 足ずつの草鞋と, 足ずつをふいた, 足そうして構えて, 足そくにと思つて手内職, 足そちらに近づい, 足そっちへ近づく, 足そのまま向うむき, 足そのものでなければ, 足その他種々な下らない, 足そんなに誰も, 足退きたる, 足たたきの上, 足ただらを踏ん, 足たゆく灯の, 足たゆみ身疲れ, 足たんだもの, 足だけでも今どきの, 足だけの影が, 足だけへ古びた脛当て, 足だつたら聊か憾みだ, 足だつたらうと信じます, 足ちかづいて中, 足ちがえばかどわかされ, 足つかみの供, 足つぎにし, 足つた上機嫌で県庁, 足つた子供等は外, 足つた空二の頬, 足つて四十にかかる, 足つて深沈大勇な思索研究, 足つま立てて, 足つまりその押入れ, 足づつを一つ, 足づゝ前後左右をば, 足づゝ階段の方, 足であったから子, 足であったらしいという, 足でありますけれども槍, 足であるいている, 足であるき出そうとする, 足であるべく作られたものに, 足でかべの下の, 足でがたりと足擦り, 足できないと云, 足できなくて私, 足できなくなるにち, 足できませぬ又そこ, 足でけりながら, 足でこそあるけれども, 足でしきりなしに, 足でしか歩いて, 足でした云うこと書かん, 足でしつとりした土を, 足でじゃけん, 足でだけ自身の, 足でだけは御奉公, 足でつッぱることの出来ぬ, 足ででもどけて, 足ではと停めるの, 足でもが少しでも, 足でもって立つこと, 足といつても勿論, 足とかが見えて, 足とかを考慮し, 足ときイーリス令傳へ, 足ときイーリス歸り去る, 足とき夜を惱ます, 足とき馬をヘーレー, 足とき駒はをのの, 足とき駿馬無情にも, 足とく走るアキリュウス, 足とさえ働かして, 足とて名から, 足とどまりわが目, 足とどむ額の, 足とどめておられる, 足とまれそれからラジオ体操みたい, 足とられ喧嘩を, 足どこと云っ, 足どまりにした, 足ども踏処さだまらず営門, 足ども踏處さだまらず營門, 足ないのが, 足なか夢ならば, 足なければ歩けぬ, 足なげいだして伊豆連山, 足なげ出しての手, 足なさいますでせう, 足なさらないで天子, 足なぞ早うのう, 足なぞをこまかく震わせ, 足などもあげられて, 足なみいよいよ, 足なみシトシトと近づい, 足なみ軽らかに現, 足なやみひとり海邊を, 足なら分つてるが, 足なら通るが頭, 足なりし也, 足なりに現れる, 足なりの感覚の, 足なりを刄物を以て, 足なり手なりを早く, 足なれば陽, 足なんかの眞似, 足なんかもさえた卵色, 足なんぞ二つ入る, 足なんぞをいぢら, 足なんどをば薔薇, 足においてはとうてい七兵衛, 足にかはつたこと, 足にしかたよらないから, 足にだけ集中されました, 足にだってあうかも, 足につけ棒を, 足につれ体も, 足にとりはき杖, 足にまでも汗を, 足にゃほかに, 足によって通じた一条, 足ので泣, 足ぬき足で彼, 足ぬくめがくすぶる, 足ば昨夜, 足ねば糸を, 足のすばしっこい, 足のせゐか小柄, 足のそのそ前へ, 足のねえ幽, 足のばしけるかな, 足のやぐらを, 足のりかけたるとき, 足のろく降りだした, 足はしゐたり, 足はずつと長めに, 足はては足, 足はなへたり身動き, 足ははだかで, 足はめつたにはいた, 足はやく颯と芝生, 足ばかりか戦と, 足ばかりじゃ無いあの, 足ばかりで立って, 足ばかりにて向の, 足ばかりも行ったところ, 足ひっつかんでむざん, 足ひと度その市街地, 足ふさふさした尾, 足ふみかけたるまま半ば刀を, 足ふみこむなりじ, 足ふみこめば腰, 足ふみしめてる歩きっぷりが, 足ふみならして騒ぎだす, 足ふみ入れむかたも, 足ふらふらと歩き出す, 足ふり踊りあるく, 足ふるいたれば, 足ふるひたれば動き, 足ふるひぬ案内は, 足ぶし腕ぶし, 足ぶり歌の声, 足ぶるひして次, 足へでも隠して, 足への彎曲が, 足ほどに物を, 足ほどの向こうの, 足ほどもある海蛇, 足まげて見, 足まさに離れ去らんと, 足またぐと店, 足または十二足を, 足まったくシリアの, 足まっ黒な背中, 足までの全体の, 足までは顔の, 足まねみんな兄貴にやれ, 足まめやかなる友等, 足むくるもうとましき, 足むけが出来ない, 足むこうにおいてある, 足めがけてなげつけた, 足もう右へ, 足もしつかりして, 足もちて蹶, 足もちぎれたまゝで押し込んで, 足もちぢこめて, 足もっと追いつめて, 足もてさすりつ, 足もはや西に, 足びくびくふるえ, 足やうやう繁くなりたる, 足やみやまあげ, 足やらを入れて, 足ゆえお茶でも呑ん, 足ゆかんとして立ち, 足ゆき掛けたがまた, 足ゆき過ぎてから婢, 足ようようしげくなりたる, 足よく各地に, 足よごれてかなはん, 足よりは達者な, 足よろけて行った, 足よろけざま橋の欄干, 足よろめくと卓, 足よろよろとお, 足らしく振り返つて平次, 足らひなん, 足りつこはない, 足れるごとく默しぬ, 足わきへ寄っ, 足わざと早めながら, 足わしと一緒, 足われにあたたかく, 足ゑゑ何ぞいの未練, 足をがつぷりと喰, 足をずつと堀の, 足をぞ撫る, 足をつつぱつてゐる, 足をとむれば, 足をはかつて夜, 足をもって立つかなえ, 足を通してはめるべきところ, 足ふっつり洗っ, 足アカ手アカそんなもの, 足イ踏掛けちゃ, 足イ顫えるが, 足オヽお前の留守, 足カナリヤねらう黒き, 足カピのそば, 足ガカスカニ触レテイルクライ, 足ガ変形シチャッテ醜クヽナルノヨ, 足ガ痛ンダカラ勘次ヲ上総房州, 足ガ自慢ノ彼女ハ, 足ガ鈍イノデ運搬車ニ追イ付コウトハア, 足グーッと上, 足ケンケンの上手, 足コールテンの古半, 足シティングルームのほう, 足ズボンからちぎれたぼたんが二つ三つ, 足セザル如ク勤勉ナル農夫ハ借用地ヲ耕シテ其勤勉, 足ダケハ足袋ヲ穿イテイナカッタ, 足まるッきり, 足トニヨリテ實ニ爭ヒテ私人生産業限度ヲ超越セントスル奮鬪心, 足ト並ンデ足, 足ドリで早く, 足触ラセマイトスル, 足ニナリ阿部野ヲ指テタドリ行, 足ニハむつかしかり, 足ニ比セラレテ朱印ヲ紙ノ上ニ落スノ, 足ヌッと出た, 足ハンケチが五枚, 足ハ地ヲ離レルコト四寸, 足ハ柳鰈ノヨウニ華奢デ細長, 足ハ霊験アラタカナモノデ佛様ガ歩行スル時ハ足ハ地ヲ離レルコト四寸, 足バカリジャナイコヽノ脹脛ダッテフックラシタ肉ガナクナッチマッテ労働者ノ脚ノヨウナグリ, 足マメに一軒, 足ラザルナリ正未ダ以テ知ル可ラズ, 足ラザル所アレバ況ヤ自ラ機軸, 足ラザレバ師ニ就テ之ヲ問フノ外ニ道ナキナリ其師トスル処ハ必ズ一人, 足ラズト云ガ如キニ至テハ我ノ大, 足ラズト雖ドモカノ山脇東洋吉益周輔ナドノ古醫方ト稱スル者ハ, 足ラズ解疑スルニ足ラザレバ師ニ就テ, 足ラズ頭ハ蝦ニ似テ, 足リナイガ訥升ガ揚巻ヲスルト云ウノデソレガドンナニ美シイカト思イ, 足リナイコトハナインダガコヽヘ来ルト関西ノモノガ恋シクナルンダ, 足リナイデマスカラーデ睫ヲ長, 足リナイノカ話シカケラレルノガウルサイノデ寝タ, 足リナカッタ故イロイロ, 足リル神経ヲ遮断スルノデアルカラ, 足ルベキモノト為サント欲スルニ在ルヲ以テ, 足ル國際語ノ修得ガ, 足ル顧フニ漱石深沈ニシテ苟合セズ靜觀シテ自適ス往々, 足レリトスル虚榮ト實ニ通俗政治家ノ標本タル, 足ワガ長女の名, 足ヲシャブルコトハ一向ニ止メナカッタ, 足ヲチヂメテネルノ, 足ヲフミハズシテヒドイ音ヲタテナガラ, 足ヲモデルニシタ佛足石ノ存在, 足ンとこへ真っ黒い, 足一たびこの能楽, 足一たびヱネチアの地, 足一たび亜細亜に向え, 足一たび欧洲に入る, 足一たび潜戸の中, 足一つ横へ出す, 足一分刻みに歩みつ, 足一切に関してはむかし, 足一度学校を去り, 足一度静岡の地, 足一挙手にも値打, 足一本前歯一枚ぐらい無くした, 足一本十五留して, 足一歩横須賀村へ入っ, 足一歩門外に出たら, 足一歩青梅の宿, 足一緒に懐中, 足一見たちまち蛮人に, 足一足ことごとく型, 足一面が妙, 足七つあるもの, 足万足となれ, 足けを方々, 足足したと, 足三あしひかれるよう, 足三あし上げ橋の板, 足三つ附きたるありて, 足三人扶持執松尾立造, 足三本洗ふ田打, 足三本足にし, 足三足あかり前へお, 足三足あとすだりした, 足三足うしろへよろめきました, 足三足かけ出した, 足三足たたきの上, 足三足つきてゆけ, 足三足づゝ前後左右をば, 足三足め又後, 足三足わきへ寄っ, 足三足カピのそば, 足三足兵馬の方, 足三足前方にすすんだ, 足三足坂をあがりかけたら, 足三足奥さまの御寝, 足三足小走りにし, 足三足床を踏み鳴らした, 足三足庭の中, 足三足往ったが, 足三足後ろへ押し戻した, 足三足後退したの, 足三足斜めに大地, 足三足機械的に進む, 足三足此方へ歩い, 足三足歩みかけし, 足三足王の領首むづと, 足三足神棚に近寄った, 足三足突進した, 足三足立戻ッ, 足三足背後の方, 足三足蛇の一間, 足三足行きにか, 足三足跡ずさりを, 足三足踊の足, 足三足蹌踉けた途端女なぞの見る, 足三足静かに揺れ出した, 足上がって来, 足上れば胴, 足下りかけた瞬間から, 足下座に比良, 足得用金銀爲飾, 足与吉にはかなわない, 足両方の手, 足中歯の下駄, 足主義で名高い, 足之場に御, 足乗せぬ鐙は, 足乱れ踏む, 足乱れ踏むべからざる芝生を, 足乱跳の限り, 足乱髪白の行衣, 足乳根を下心, 足れ踏む, 足二つにて馬の足, 足二タ足ゑゑ何ぞいの未練, 足二タ足歩イテ見セル, 足二十足の下駄, 足二本食ひ他, 足二翼のもの, 足五足が十足, 足交互に並ばね, 足付き洋杯が五箇, 足付膳が片すみ, 足て清涼池, 足以展布足下之大, 足以来の血液, 足以来光明皇后に至る, 足休みにバア, 足休めして, 足伸したんだ, 足伸べて菜の花, 足位ふだんの十足, 足何事にし, 足何本突き出した, 足作って十六銭, 足停めしておく, 足健康の従者, 足傷みて立つ, 足儼然として一媼, 足兄貴が跛足, 足先そろへて, 足先ニヒルマンガ走リ出シテ, 足先ニ日航デ帰ル, 足先屆く大, 足先浜寺い行てる, 足先騷ぎの最, 足入ると四疊半, 足入れるとキヤツ等, 足入交ひに, 足公それより十六代, 足なるに, 足六足うしろへさがった, 足兵馬の方, 足再びその室, 足ゆらしも, 足冷えたれば湯婆, 足て此節, 足出すな, 足の黒鼻緒, 足分三文で買えた, 足切られて跛足, 足切られたぞ, 足切り破るれども, 足別離の一句, 足刻みが遠く, 足前方にすすんだ, 足動かず目は, 足動き物をとらん, 足動物だちょうだ, 足化粧をし, 足ヘ長, 足十四世の孫, 足のあと, 足ければ, 足即ち是れ, 足と名づける, 足の歌, 足厳禁違反者には罰金, 足反りて後ろ, 足取ってその, 足取であったがあんまり, 足取であるきまはつ, 足取でたぢ, 足取で出て來, 足取で急いでゐる, 足取で歩まれながら路傍, 足取で現われた十八九の, 足取で逃げて行, 足取り引担いで, 足受利四管頓情消失奴若有, 足被成, 足台等を拵える, 足ジ日本人, 足同士が相, 足同心のはて, 足名椎神をその, 足向けては寝ない, 足呼吸のある, 足問題年賦問題反別問題銀と灰吹問題, 足善き願ひ, 足喰うか, 足喰えば章魚, 足四本手四つ顔二つのさらしもの, 足四百石戸川安清五百石佐野政美六百石大沢康哲二千六百石であつ, 足四節ばかり毛垂, 足四翼あり, 足四足前へよろめいた, 足国力のある, 足土煙をあげ, 足圧四陲政治平等定綱紀, 足をあがりかけたら, 足をかく, 足型自身にも僕等, 足で狭霧, 足埃だらけだと, 足を聞, 足大阪で一番, 足太鼓を打つ, 足夫妻等に逢, 足奥さまの御寝, 足ならば, 足妣木の山, 足婦人を膝行軌, 足にゐ, 足安心するの, 足を踏んだ, 足定らず其儘其処, 足入りやすが, 足室外に立ち去った, 足寄ったものです, 足寄りそったの, 足に歩, 足になつて, 足尊惶根尊伊弉諾尊伊弉冊尊それから大日霊尊, 足尊惺根尊伊弉諾尊伊弉册尊それから大日靈尊, 足刻むは, 足小走りにし, 足小造りの体, 足尖で地に, 足尖もて拍子取る, 足尻からげ小雨に暗い, 足尾皮糞皆能, 足の道, 足崇拝を説き廻っただろう, 足の眼, 足左右各六すべて十二足, 足差し足灯の見える, 足帝都を踏まなかった, 足帯脇差などしっかり, 足帰って来, 足帰りに向く, 足幕何張それに供, 足を踏み鳴らした, 足序でに八丁堀, 足は退歩, 足延ばしてその, 足弁天の由来, 足弁当を二食分, 足引いたが恰も, 足引きて, 足引きずったが引ききれなくなる, 足引きずる山路に, 足引き引き伝わって, 足引き引き危いところを逃げ, 足引き揚げて来た, 足引つ掛んねえもんだ, 足引のと長たらし, 足弟子とで維持, 足弱くして, 足が過ぎゆく, 足の前後, 足往くと架, 足往来も何となく, 足後ろへ押し戻した, 足後ろ向きたる像, 足後方に飛び退つ, 足後退したの, 足徐々としてあがる, 足目付帰役仰, 足で標準, 足忍び寄るところで, 足応えだったから, 足忠実に今日, 足思いなしで敷居, 足恭怨ヲ匿シテ其, 足悩みがちの旅路, 足悩ゆむ湿り地に, 足悶きがとれなくなって, 足悶きのないの, 足惡いものごめん, 足惱むとひこずる君を見る, 足惱む牛は, 足想韻士之胸襟也, 足感じられたと思う, 足成しが一つ, 足つても, 足戻ってくる, 足戻りかけたが戻りきれず, 足手まどいになる, 足手振り笑むらむさま, 足手摺古木に追っかけ, 足手纏ひだつた, 足手纏ひとして, 足手纒いも何もありません, 足手頭はみんな下, 足打ち折れて, 足打てば足, 足払ひで蹴倒して, 足投げて膝くみ, 足投げいだし, 足投げだして涼みいし, 足折って知らん顔, 足抜き足そこを立ち去つた, 足押腕押などいう詰らぬ, 足拍手を取りつ, 足拝借金歟または下, 足拭いたげたりしました, 足拭きとか火鉢, 足拵えて呉れ, 足持たないんでしょう, 足持っていない, 足持つてゐない, 足面白く歌つて, 足振りスカートをなびかせ, 足捕り捉まえ, 足捗取らぬ小笹原, 足の術, 足を斜め, 足掛七年あゝ飛んだ, 足掛七年ぶりであったという, 足掛三ヶ月かかつて, 足掛三年前の五月, 足掛三年唐人屋敷に居住ん, 足掛三年淹留した, 足掛三年經つた, 足掛三年間の我が, 足掛三年間妻子を捨て, 足掛九年も京都, 足掛二年彼の野郎, 足掛二年明治二十八年私が二十一, 足掛二日かかつて, 足掛六七年になる, 足掛十二年の月日, 足掛十五年に成る, 足掛十年になる, 足掛四年丸二年半の佐渡, 足掛四年寒川に住ん, 足掛四年目になっ, 足掛四年阿部家の館, 足ぐりに, 足探り試みたのである, 足掬われて転び, 足揃いをし, 足て避けつ, 足だと, 足搗きをやらなき, 足りで漸く, 足して, 足撫槌手撫槌神も名, 足の音, 足擦して叫びぬ, 足擦りしてお, 足擦れの音, 足支度をした, 足改め鶏太を借りる, 足攻めに蹴つづけ, 足故名づく山頂, 足敏捷の牝鹿の子, 足数七八つ二間ばかり奥, 足数時計の針, 足斉心最後意識滅下人天不生, 足料理番が欠伸, 足料頭上原全八郎五十六, 足斜めに大地, 足日幾千歳しろしめす, 足昇りかけた殉愛の, 足明神と漢字, 足星形のとがり, 足曲げて, 足曲り手斷たれ色, 足曳いて居た, 足曳かれてゆきました, 足曳きずって甲州街道, 足最も寒き故, 足最後に三本足, 足最長し食えば, 足有山有水一生閑朱門不管渠痴絶, 足有角のもの, 足木綿三足飲料に適, 足未だその上, 足未成者油炒食, 足を生ぜる, 足朱目が言葉, 足て戸, 足来り麻雀といふ, 足東京の外, 足東洋然たる, 足して, 足柄山で熊, 足の実, 足森養真三十四, 足へ, 足権現鶏足明神と漢字, 足に飛んだ, 足まで脊中, 足機械的に進む, 足次に二本足最後に, 足欣快の感, 足の願がけ, 足止まるとすなわち, 足止むる敵は, 足は痛める, 足此方へ歩い, 足歩きかかった時だった, 足歩きかけてはよろ, 足歩きかけた背後の, 足歩きだして深呼吸, 足歩き出すと何かしら急, 足歩けばもう, 足歩み出したかと思う, 足歩めば大道, 足歩イテ見セル, 足歩度を伸ばす, 足歿後の御製, 足にはらから, 足比良の弟, 足には玉, 足汚い下足の, 足汚れたのが, 足の端, 足河河浪立ちぬ巻目, 足乱さず切, 足波揃へて進ん, 足洗い場に運ばれ, 足洗い屋敷埋蔵の溝, 足洗い桶なぞもね, 足洗うて丁稚, 足洗つて裏から上る, 足洗わずの地蔵, 足洗屋敷を思はせる, 足洗川村あり, 足遠州, 足の線, 足海権現坂方面まで, 足海茂山のあたり, 足淨火の陸, 足深山あげ深山茶, 足湯上りの足, 足漲るような, 足ひ魂, 足濡らさずに済むです, 足濡れて大学生, 足の見える, 足炬燵をひっくりかえす, 足一好, 足無しのリーダー, 足煖炉代りにし, 足煖炉日章旗蓄音機マンドリン熊の胆お百草, 足煙草一ツ吸ふところにも修行場, 足爪さきに畳, 足爪立つれば脊, 足爪立てんばかりに総立ち, 足片方なくし, 足片足しかねえと云う, 足特有の跡, 足献納物道銭租金税金から, 足率先して, 足玉高代道反玉, 足現れてくる, 足現れるではなかっ, 足環腰には瓔珞, 足生え躯酒樽に, 足生きている, 足甲羅の縁, 足疲れたのや, 足疲れ路傍の石, 足痍愈なば, 足痒いときには, 足痕だらけな廊下, 足痕みたいに斑, 足痕一つをだに描き得なかった, 足痛むのでまっすぐ, 足痛全快仕候, 足痛年月を重, 足痛所御座候に付, 足の手白, 足的関係のあつ, 足的關係のあつ, 足盗んだばかりで, 足盗賊のよう, 足目耳口などへ号令, 足にまで突き入った, 足相応にあなた, 足似が, 足知っててよかっ, 足短く尻の, 足石ニ彫ラセ, 足石歌碑の歌, 足神棚に近寄った, 足神社で売る, 足秘めし音なく, 足稼ぎを生みだすべく, 足穂命神社である, 足穗加波の連山, 足突きさして歩い, 足突っこむような, 足突進した, 足立たざりし年は, 足立たずして, 足立たぬ尊にて, 足立ちたりと覚え, 足立ちかけた鐘巻自, 足の事, 足竜王身あり, 足競争で今, 足笑いたくなるような, 足筆記による, 足箱根笹の凄まじい, 足紅からざるもの, 足細く乳房の, 足の靴下, 足ぎの下に, 足綺麗ね, 足投げの, 足縮めて固く, 足繁げく行く, 足繋ぎ之を, 足織れば, 足置き台を, 足老人はなか, 足職業意識を明らか, 足を破っ, 足背後の方, 足胸腹と摩擦, 足胸腹背中背中腰と移っ, 足に磨かれた, 足脂粉の香り, 足脛股の形, 足脱いであ, 足つて行ぐから, 足膝行り出, 足自らそこに向う, 足自分の部屋, 足自己の充實, 足自然に駒, 足自由でなく坐て, 足臺僧官濫賣の金, 足舁き連れこんで隠れ里, 足船底に仰臥, 足草履なら三足, 足草鞋がぶら下がっ, 足荒く走った, 足の老人, 足薙いで仆, 足藝玉乘りの, 足殺せし女, 足蝦蛄幽霊蝦蛄活烏賊イカナゴ擬餌芋味噌団子烏賊の腸, 足行きにか, 足行きかかると彼, 足行きかかれば向う, 足行きかけてわたし, 足行きかけますとこんど, 足行きすぎたかと思われました, 足行きつもどりつしどろもどろに, 足行ったところで, 足行つて覗いた, 足行儀よく並んだ, 足行商人から買った, 足行進で石畳, 足装束を取りまとめ, 足裸腕無産者孤児不幸なる者, 足見習にしてやった, 足覗いて見た, 足訓練をした, 足の如き, 足試しに電車, 足伯林巴里豈, 足調揃へてズン, 足讀み片讀みのぼり行く, 足が擦れる, 足買えば沢山, 足と黒, 足赤きが眼前, 足しり出る, 足走りかけてみる, 足越さうとした, 足越そうとした, 足え片目, 足をたどった, 足路地を出たら, 足の足, 足踊大佐渡が本家, 足踏ふつになさらず, 足踏ましむな履著, 足踏ますな, 足踏みしめて廊下伝い, 足踏みつけて進む, 足踏みならしてたぬき, 足踏も確に, 足踏も出来ません処から, 足踏ん張って睨みつけた, 足踏入る心, 足踏印刷機を發明, 足踏器械で製糸, 足踏式ロールとか動力式四六全判, 足踏懸くれば, 足踏踊りをおどらせ, 足踵これをば朱, 足踵洗ひ淨, 足へ, 足蹈みの確かなると, 足蹈平地看始愁, 足蹈鳴して, 足蹌踉けた途端女なぞの見る, 足軟体動物たるアンモナイツ, 足輕三百人を募つた, 足輕二百人に徒歩衆, 足輕十騎を從, 足輕増員の事, 足輕牛頭鬼のため, 足輕相應くる, 足輕衆十人代官上下五人醫師上下十二人祐筆四人附添勘定上下八人徒目附上下三人大工頭八人小頭二人道橋元締二人賄方手代二人同じく目付三人, 足輕輕輩のやう, 足輕部屋を一つ, 足輕頭倉八長四郎の子, 足なぞに古今無類, 足を這い廻っ, 足く心驍勇, 足近かった, 足近く出入りをする, 足近く彼家に出入, 足近く笹屋に通い, 足近く訪はるる, 足を辿つ, 足ひすが, 足追いかけて呼び留めた, 足追い駆けたれど重き, 足追抜いて行く, 足退がってだしぬけ, 足送ってゆく, 足這入つた所で, 足這入って行っ, 足通り越して振り返る, 足造らなければならない, 足連中のよう, 足進まず我れや, 足進み寄って訊いた, 足進み寄るのを, 足進み寄ろうとする, 足進むと, 足遂に大阪以西を, 足と来, 足遅いと寺, 足遅くしばしば道草, 足運びですぐ, 足運び城壁遠くイリオン, 足運び来給はるにて私, 足運んでも跫音, 足の名, 足部保護具をつける, 足部神経痛で多少, 足配りで階段を, 足重く作られし人形, 足重し鼠糞食え, 足金上納金なんど一切の租税, 足金上納金一切の租税, 足金歯など唱え, 足鉢巻の出, 足の前, 足である, 足長い手指の, 足長い黒い上着半白の, 足長人種一眼人種三眼人種其他不可思議のもの, 足長大明神の二社, 足長山と霞田菜, 足長島の人間, 足長手長を組合せ, 足長殿は一時, 足長犬だ, 足長神社というの, 足長蚊の肢, 足長蛸という蛸, 足長蜘蛛二つの角, 足長蜘蛛蚋蚊とんぼ尺蠖金亀子羽蟻蟷螂それ等の虫, 足長蟲だか, 足の前, 足関東を踏まず, 足附きでそつと, 足降りて行く, 足が仲人, 足階段を下りかけた, 足だけで生き, 足障りが柔かく, 足離れ退くとたん, 足露わな腕ぼろ無知卑賤暗黒それらは理想, 足静かに揺れ出した, 足靴下が三十ダース, 足靴拭ワンステップ何でも御座れ, 足須曾麻呂比良の三名, 足頗る疲勞せずん, 足は頭, 足頸人形屋の店さき, 足頸肘膝頭足の蹠, 足だ, 足そのままで, 足顔耳鼻首筋外へ出, 足類ゴカイイトメバチ袋イソメ岩イソメ砂イソメドバミミズシマミミズボッタヒル蝦蟹類車蝦芝蝦赤蝦藻蝦甲殻類の鯖蟹, 足ひ手汗, 足を以て第一義, 足食いの無法者, 足食救生を喚ぶ, 足飲料に適, 足は首, 足首胴とべつべつ, 足に乘つて, 足馬居へ行く, 足馬絵ける看板, 足馬闘牛児の二氏来訪, 足馴らししている, 足馴れたもので, 足馴染みのいつも, 足めしは, 足騒いている, 足騰り正倉院, 足高山との間, 足の足, 足鵞足に似, 足鶴翼の備え, 足黄金虫蟹などで何, 足に似る