青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「部~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

邊~ 邦~ ~邪魔 邪魔~ ~邸 邸~ 郊外~ 郎~ 郡~ ~部
部~
~部下 部下~ ~部分 部分~ ~部屋 部屋~ ~部落 部落~ 郵便~ 郷~

「部~」 8194, 89ppm, 1254位

▼ 部~ (1801, 22.0%)

12 上に, 分け方 11 連中が 9 方へ 8 ような 76 中で, 姿を, 方が, 門を 5 ものは, 中に, 人が, 仕事は, 仕事を, 手を, 方で, 方に, 目録を, 連 4 前に, 撤収を, 目録が, 臣, 記者が, 赤猪子, 連中の, 顔を

3 [25件] ことを, すがた, ものが, 人と, 人達が, 伝承と, 名を, 声を, 委員に, 手から, 方は, 民の, 民蔵は, 注意を, 湯坐, 目録としては, 目録に, 袂に, 課程は, 赤猪子と, 連中に, 部屋へ, 鉦が, 門前で, 阿比

2 [101件] うちから, ことは, そのまた, ところに, ブリタニカや, 一室に, 一室を, 一家も, 一方より, 一部に, 中心が, 主任に, 主任記者に, 主将を, 人々は, 人たちが, 人たちの, 人たちは, 人たちも, 人に, 人の, 人夫と, 人達も, 仕事が, 仕事だ, 仕事で, 仕事も, 傷は, 公判に, 兵は, 兵士とともに, 兵士の, 内に, 内側に, 前を, 印税を, 各部門, 合唱で, 名に, 向田大尉の, 多少の, 大講堂, 奴に, 好意で, 姿が, 家の, 小吏に, 後から, 御隠居, 意味である, 手で, 手に, 手によって, 提灯も, 提灯を, 撤収なる, 方と, 方を, 日本巡査に, 書の, 書を, 木隠, 本の, 本を, 本科生と, 某生徒, 横に, 正誤表を, 正門から, 氏, 民が, 民を, 法華経を, 活動が, 活動と, 王, 男達が, 目録の, 祝詞は, 穴太部の, 窓から, 終りの, 義で, 老女を, 者が, 者です, 者は, 聲を, 胸は, 膨れ方, 臣等に, 補欠に, 責任を, 貴重な, 農夫室は, 連中も, 選手を, 選民から, 部長を, 隣に, 雑誌を

1 [1359件 抜粋] あかあかと, あつた, ありかを, あるテント村, うしろまで, うち一ばん後が, おかげだ, お経, からだはいぜんと, かんがえ方, くりかえしが, こころは, このあたり, これ等三地方人の, じぶん, すべては, そばへ, ためには, ところで, とにかくも, とるべき文化政策, ない形, なりは, はじめの, ひとつである, ひなびた家, ほうで, ほうは, ほかは, ほんの数名, ものとしては, ものも, やや大, ようすも, を借りた, カンカン叩き, キャプテンは, ケンエツを, コンミュニケが, シワンチャジロフカルペンコの, ドアが, ノオトを, パシュキンが, ブレントラストの, ボイラーの, ボーナス出る, メシを, モイーズさんが, レジスター係で, 一切蔵経が, 一味が, 一員であっ, 一員として, 一年です, 一條を, 一県で, 一選手で, 万才で, 三人は, 三点あるいは, 三角測量臺が, 上で, 上海駐在員として, 下で, 下座敷, 下級員が, 不名誉と, 世話役が, 中にて, 中央と, 中最も, 丸みは, 主任として, 主任を, 主張によって, 乗務員室で, 事を, 事務室に, 事務所で, 事業は, 二家で, 二箇には, 云うこと, 五万分一図出で, 亜流の, 人々を, 人たちに, 人で, 人などを, 人員の, 人見氏の, 今度は, 仕事と, 仕事について, 仕事の, 仲間で, 企画的失敗が, 会を, 会若者たちと, 伝承した, 伴造では, 伶人たちは, 位置に, 佐々木と, 何番という, 作戦が, 併存した, 依頼によって, 信仰の, 倉庫の, 倶楽部で, 傍へ, 傷口から, 僧侶に, 先生方には, 先輩記者の, 入りは, 入札で, 兵士が, 内にも, 冒頭に, 冬七月風は, 処置よろし, 刀禰が, 分類に, 分類法は, 分類法を, 列品は, 初年級の, 利腕を, 刺傷に, 前後を, 剣道教師という, 創は, 力な, 助手の, 動静が, 勘文により, 北山という, 北山君を, 区域あり, 區別で, 印税も, 厚い板, 參考に, 反比例を, 取扱いが, 口から, 口を, 台本, 各, 合奏, 同じ所, 同格説を, 吏を通じて, 向い側の, 周縁に, 呼吸音には, 問題に, 嘱託で, 四角い場所, 地下街に, 地位を, 地図には, 地圖の, 埴輪系統の, 報道関係の, 場合も, 士官が, 声が, 売場に, 外交という, 外交記者という, 外方に, 多數, 大きな欲求, 大乘經, 大区域, 大山と, 大部分, 天上の, 太刀も, 奇觀も, 奏議に, 女生徒, 好意ある取計らいであった, 如きもの, 妓に, 委員であった, 姿し, 姿でござった, 婦人部員に, 子孫等は, 存在せし, 学生さんが, 学生の, 學生, 學生をわ, 完全な, 官人二人人数引き連れ, 客は, 室から, 宮殿風の, 家に, 寄宿舎を, 将校たちも, 小吏と, 小曲の, 小説を, 少尉だらう, 展觀品中に, 山又, 岩井, 巣も, 希望を, 常任幹事も, 幕の, 平田といふ, 幹部の, 幾つかの, 広間は, 底が, 店員は, 廊下を, 建物が, 強さ, 強化楽器編成の, 形だった, 形式の, 影響心部の, 径路が, 律文を, 徒が, 御常連, 御隠居さま, 心まちに, 快漢塩原参謀, 性質作用を, 怪談に, 意を, 意味を, 憲兵隊司令官岩佐少将が, 成立を, 我鬼大将で, 所が, 所管が, 所謂河西地方に, 手すきの, 手入れした, 打破を, 技師を, 投手も, 担当者として, 持って, 指が, 挙動が, 掃除という, 掛札も, 接合である, 掲示板, 提唱に, 摺賃銀四百匁と, 改造を, 政策を, 教えるところ, 教室で, 教育方法は, 斑点だの, 新叙事詩, 新米を, 方々から, 方にも, 方へも, 方針から, 旅店に, 族ようやく, 星野を, 春山氏が, 時間を, 智慧が, 書に, 書籍を, 最初の, 會長の, 有数な, 末が, 本が, 机上に, 村落まで, 松岡中尉が, 根利諸山の, 構造は, 標木が, 横を, 機関が, 次第に, 歌に, 歌を, 正体を, 歯齦が, 殘り, 民で, 気の, 水夫たちは, 汗を, 沼田教授とも, 波長帯が, 注文で, 活動も, 活動目覚しく, 海岸で, 海老原氏より, 消費組合だけは, 混同が, 渋赤い, 測夫たち, 漏洩箇所は, 漢紀の, 火を, 為事を, 照りに, 爺様は, 物は, 物語を, 特別展を, 特殊な, 献立が, 玄関で, 王様とも, 班員諸君が, 生命を, 生徒は, 生活の, 由緒の, 男体山図幅が, 番号で, 異常に, 疼痛が, 痛みは, 発生である, 発表に, 発達に, 百余名は, 皇子が, 皮膚であろう, 監視所へ, 目盛を, 目録としての, 目録も, 眉の, 眼さきに, 眼には, 石炭運びなんかは, 研究予報に, 祖なりと, 祖先以来代宣し, 祝言や, 神様の, 私の, 秘密命令を, 称は, 程度の, 穴倉へ, 空虚が, 窮まる地, 端に, 第一部, 筆を, 筋を, 策に, 篤志家故, 籠の, 粘質, 終りと, 組織によって, 組長の, 経理部に, 結果を, 給事中各, 続稿, 縄を, 總會の, 罪を, 者だ, 職人に, 職工が, 肉を, 背中は, 胸の, 腕からは, 腫が, 腹では, 膝から, 膨れ方甚, 臣雀部の, 自発的活動と, 船室に, 芝居騒ぎについては, 若い連中, 荒くれどもは, 菊田一夫と, 蒲田の, 薪の, 融資に, 行樂の, 袂を, 装束を, 裏手に, 製本が, 西村が, 要求は, 見解としては, 言葉は, 記事を, 記者であった, 記者には, 記者来り, 記述は, 設置は, 許可も, 試の, 試演会が, 試験を, 誇つた顔, 語りが, 誦する部分, 課題と, 諸君に, 諸氏を, 講師を, 講義を, 警戒が, 護法神から, 谷本という, 貫通銃創であります, 責任に, 責任者から, 貴島で, 賤民が, 赤猪子を, 起因の, 足もとに, 跫音が, 軍医が, 軽卒, 輯製二十万や, 輯製二十万分一図にも, 農村が, 通信兵からは, 造たちの, 造稻羽の, 連の, 連中だ, 連中は, 連坂合部の, 連絡機に, 道或は, 選手で, 部員で, 部落は, 部長か, 都会でも, 酋長どもと, 采配が, 重った表紙, 重立った者, 金庫の, 釘が, 銀平という, 長である, 長佐伯宿禰, 門へ, 開祖誉津別皇子の, 間に, 関節に, 限定出版で, 陣相を, 隅々までも, 隱れたる, 集り二月三月, 雑務手の, 雑誌, 雷音だつた, 霊場である, 面部へ, 音楽舞踊の, 頁を, 顏, 飛行参謀, 養女だ, 館に, 首席に, 首脳が, 馬淵中佐が, 骨組は, 高見と, 魏氏が, 黄色い背中, 黒子が, 黒田軍人さん

▼ 部~ (869, 10.6%)

11 入って 10 なって, 勤めて 9 属するもの 8 入つて, 出て 7 分けて, 属して 6 なつた, 分れて, 於て 5 勤務し 4 入るらしいが, 出入りする, 分けること, 属すべきもの, 属する, 於ては, 這入つて

3 [11件] ある, して, つとめて, なる, 入れて, 手を, 満たずに, 籍を, 編入し, 載せて, 雇われて

2 [33件] あって, ありこの, かかって, かつぎ込んだ時, ささやいた, その音, ゐた, 依頼し, 働いて, 入れら, 出向いて, 分かたれて, 分けたの, 分けたもの, 勤務した, 取っても, 向って, 命じて, 属する人, 席を, 急激な, 撃ち込んで, 汗が, 注意し, 滿たず, 當る, 相当する, 行って, 行つては, 足を, 身を, 重点が, 開いて

1 [649件 抜粋] あったはず, あった台地, あてがわれた, あて四指, あふれて, ありしこと, ありもう, あるこんな, あるの, あるもっと, あるインク, あるサイクロ・エンジン, ある一掴み, ある中堀橋, ある人々, ある仏独, ある蓋, ある記述, ある貴族的, ある邪霊, いい気持そう, いたの, いたフォックス博士, いた人々, いた坂口栄君, いた某, いた頃, いた麻生, いった, いるそう, いるとき, いるの, いるフレッドさん, いる兵たち, いる友達, いる男, いる蔵原惟人氏, うんざりする, おくった, おられたの, お入れ下さい, かかりあつまった雑兵, かなり鋭く, かよって, きめたの, きわまると, くらべて, くらべれば, こう書い, この醜い, ございましょう, さへ, さらに一品, したこと, したらよかろ, しっかり触れ, してやられたか, しばしば汗, しみ込んで, すること, すれば, そういう消極的, そそがれた, その人, その刺激, その結果, ただ阿諛しよう, ちからが, ちがいないだろう, つくられ木理, つげたその, つづいて, つとめながら, つとめる女, つれて, でて, とどいた, どっと巨大, どんな大, なったらもう, なつて, ならった沿岸, なりますよ, なるの, なるはず, なる予定, なんらの, はいるべきもの, はいろうかと, はばまれて, ひいては会各部, ひまな, ぴたりと, まかれた帯, まっ黒く, まわって, やった, ゆき友, よると, ゐたが, ゐたので, ゐた頃, ゐるの, リーグ脱退を, ロシアの, 一か所その他二か所いずれも, 一年生の, 一族間の, 一言する, 一通の, 三年間だけ, 下り老年期, 不快な, 乃木大将夫婦の, 久寿二年の, 久我通竹柴昇作の, 乘つた五十六人は, 乘つた四十一人は, 二まわりばかり, 二年ほど, 二百七十人の, 互に蒲団, 五十分以上に, 五年間も, 亘る広大, 亙りて, 人影の, 人爲の, 人類學の, 人首馬身の, 付着し, 任された権限, 任せる方, 会って, 伝って, 伝つて居た, 位し且つ, 住み込みで, 佐佐木茂索が, 何か, 余は, 作つたといふ, 使用し, 俟た, 偏し, 傑作が, 備えた小さな, 傷が, 働く中渡, 働く事, 入ったの, 入つた, 入つて検視, 入らんが, 入りし後, 入りて, 入りました, 入りますか, 入りスヰフト教授, 入り二百米平泳, 入り候儀, 入り図書, 入り女子, 入る, 入るべきであろう, 入るべきほどの, 入るべきもの, 入る事, 入る何, 入る作品, 入る歌, 入る試験, 入る踊, 入れた, 入れたところ, 入れたり, 入れたるを, 入れば, 入れようと, 入れられたから, 入れられて, 入れる, 入ろうという, 入学できない, 全く人種, 兼勤し, 円形の, 出ずると, 出る, 出頭し, 分かれて, 分けたか, 分けたと, 分けても, 分けなければ, 分けました目録, 分けられた目録, 分けられるやう, 分けるもう, 分ける前例, 分ける目録, 分たれて, 分たれ各部, 分ちしか, 分つこと, 分れた譬喩, 分れる, 分類し, 分類した, 分類する, 列し文化八年嗣子月潭, 別かれる, 別けて, 別史とて, 到達し, 割り込んで, 力を, 加はりたかつた, 加わりたく申し聞け候えども, 劣らぬもの, 勤めるやう, 勤務中で, 化けた有馬, 区分し, 参加し, 參つて見る, 又は胴, 収まった連中, 収むべ, 収めた, 収められて, 取り付けられて, 取扱われたもの, 受けただちに, 叛骨が, 古い微か, 古生層地帯を, 向かって, 向けた時僕, 含まれて, 命中した, 命令が, 唐の, 喫茶部に, 囁く代り, 在つた, 在るので, 在る大きな, 坐ること, 埋まって, 報告に, 報告は, 塗つてやつて, 墨で, 売込まれる茶, 外国の, 多いの, 大きく露出, 大きな抉, 大きな汗, 大別する, 大穴が, 大観兵式, 大谷竹次郎が, 姿を, 娶らるるを, 孔けられ, 小, 小さな洋風, 小高い台地, 少佐として, 居りますと, 属さない恋, 属したという, 属しない部門, 属し此処, 属し申候, 属すべきお方, 属すべきであらう, 属すべき容貌, 属すべき者, 属すもの, 属するが, 属するであらうか, 属するという, 属するらしい雰囲気, 属する一官人, 属する代表的, 属する内藤新宿, 属する君たち, 属する地図, 属する山本有三, 属する種類, 属する自分, 属する近代恋愛, 属す可, 属す性質, 屬し, 屬す, 屬する, 岐れる, 幾らかやったらしい, 幾本もの, 引っかかり従って, 当って, 当てて, 当る, 当るもの, 当る辺, 役山中佐を, 往来す, 従属し, 從つて皆小, 忘れ残り, 感じつつ, 感じて, 感じながら, 感じられた, 懸って, 所属する, 打撲傷が, 招かれヒットラー・ユーゲント, 指導され, 挾まれて, 接ぎ合した, 掲げて, 描出し, 撃ちこむところ, 支配さるる, 改造社は, 故障の, 文庫が, 新しく開校, 於いては, 於ける機械工學, 於ても, 既に潰瘍, 明かに, 書き込んだ日記, 月六千円で, 有名の, 本格的な, 机を, 朽木の, 来た時, 梟が, 植えならべた, 横わっ, 残された親指, 残されて, 残る紫色, 毬藻の, 汗まで, 決めた, 沢山の, 活動し, 活躍し, 浮腫あり, 混在せしめる, 淺草日輪寺其阿と, 渋江道純の, 渡舟場が, 満たなかった, 滴る冷たい, 漂ふところの, 潜航艇戦を, 激烈なる, 激突し, 熱傷を, 熱帯魚を, 燭台の, 特有なる, 特立した, 王命の, 現れて, 現われる痛点, 環状の, 留守だ, 疵が, 疾病を, 発令し, 発生する, 白いもの, 皺が, 盡き, 相寄って, 相談する, 着きます, 短刀を, 石崎元次郎の, 砂が, 砕ける潮, 移して, 移ります, 移り天文, 突き立てて, 突入し, 立てて, 立山の, 竹彫, 筆を, 範疇づけられ, 紛擾ある, 絆創膏が, 結びつけて, 編入する, 編制し, 縄を, 置かれた電池, 置かれて, 置かれながら, 署名され, 聳えて, 背の, 背景としての, 至りては, 至る過渡, 至元, 芝居好きな, 苦しい立場, 苦悶の, 荒井公平洋菓子部に, 落合つたことが, 著けたり, 著ける, 藤原滋幹として, 藤田東湖の, 蛆が, 血液は, 行きて, 行き店, 行き逢えり, 行こうと, 被害者の, 裝填せられたる, 襤褸を, 襲来した, 見えて, 見えるもの, 見える蕾, 規定せる, 角蝶や, 触れた, 触れるごと, 言った, 計略の, 訊いて, 記したの, 訪問し, 設けたる如きである, 試みた, 詰めたる綿, 認められる, 譜録といふ, 譲った後, 護られて, 豚を, 負傷し, 負傷した, 起りそれ, 足らず固, 跳躍の, 転じた, 転入し, 載せられたこと, 近い, 近いところ, 近い左下, 近い方式, 近く入, 近く鈍器による, 述べられた事件, 送られました, 送りて, 透し彫の, 通ずる運河, 通ひ, 通學し, 連なった廻転筒, 進むべしと, 運んで, 道釋を, 達し得ずやむなく, 達すという, 達するや, 配属し, 配置せられた, 開かれるの, 関係した, 関心が, 限って, 集注され, 雪舟の, 頑張って, 頼まれて, 願末を, 類する, 飲ませて, 高相鉄蔵, 黒い喪章

▼ 部~ (689, 8.4%)

5 しずかに, 夙くに 4 それを 3 あわてて, すぐに, 声を, 大満員

2 [28件] かさねて, そうは, それが, また訊いた, わが方, 一つの, 両手を, 初めて知った, 地上に, 夢の, 小声で, 少し離れ, 彼に, 彼の, 心に, 思い切って, 息を, 想像した, 暗い中, 満員, 父の, 覚った, 話を, 貴種の, 采女に, 靴を, 食用に, 黙って

1 [607件 抜粋] あいかわらずいたって, あいにくに, あえてだれ, あざ笑った, あらためて念, あらためて手, あわてだした, いかなる状態, いさみ立ったさま, いずれ社会, いたずらに歯噛み, いっそ自分たち, いつの間にやら, いつまでも, いつもの, いつも話好き, いないの, いよいよ一種, いよいよ吐胸, いよいよ手綱, いろいろの, いろいろ考えさせられる, うなずいて, うれしそう, うれましたか, えらい大, おごそかに, おた, おどろきの, おぼつかなく思いやった, おもおもしい顔, かなり長く, かなわぬ身, かるくその, かれの, かれら, きのうから, きょうが, きわめて狭かっ, ぎごちない, こうした斬, ことばすくなく, こね回された道路, このあいだ, この複雑, ごつた返し, さすがに, さっきと, しいて伊那丸, しばらく俯向, しばらく思案, しばらく考え続けた, じっと父, じろりと中野さん, すっかり首脳部, すでに退けた, すなわち, すなわち土工, すなわち土師人中, すべて公卿任官で, すべらないで, せがむよう, そうして手当, そう考えず, そこでニージュニ・ノヴゴロド, そのほんとう, その中, その倍, その姿, その子細, その学校, その宣文, その急報, その愕, その晩, その晩急病, その点, その独自, その都度工場, その間に, その首帥, そばから, それからも, それに, それらの, そろそろ日, そんな事, たしかにリーグ戦, たずねさき, ただちにその, たちまちその, たってお, つづいて, つづけて, とっくに売切れ, ともかく一般, どこか, どこに, どこまでも, どこを, どちらでしょう, なかなか出, なかなか強い, なじるよう, なにごとか, なんだか眼, はじめこう, はっきり答えた, ひとりそこ, ひと足すすみ出, ふいに, ふたたびそこ, べつに仮屋, ほしと, ほほえんだ, まず甕, またさ, また叫んだ, また失望, また彼, まだ夢, まだ返答, まつたくうれしい, まづしたいと思つて, みなで, みんなの, みんなひっくくられ, みんな七丁目だ, むしろ理想, もういちど咲耶子, もうそれ, もう数冊, もう考え, もちろん協同, もちろん賤民, もとこれを, もとより九州地方, もとより近衛, ものを, やはり正直, ゆるんで, よく経, わきへ, わざと取り鎮め, わざと足早, アメリカの, アンチックと, コンゴの, ズーッと, チラと, ニヤリと, ニーすなわち, ブラス・バンドや, ヨーロッパの, ラザレフ殺害者の, リンチェン・ナーンガ, ヴァラの, 一二三で, 一千五百八十四函上層子集部は, 一寸ノサバリ, 一旦疑った, 一旦自分, 三を, 三カットで, 三十錢で, 三千六百函あり, 上から, 上を, 下から, 下駄を, 不安ながらに, 不思議にも, 不用だ, 世間の, 中乘, 中学校の, 中継の, 中野実の, 中間に, 丸紅商店ての, 主として東京, 之を, 乗りつけて, 九分強の, 予定の, 二フィートの, 二重瞼の, 二階の, 云った, 五十年後の, 人名を, 人材が, 人穴城を, 人間や, 今夜忍ん, 今度中支に, 今後年齢を, 今更それ, 今更の, 以上の, 伊沢氏兄弟一部渋江小島森狩谷各, 伊那丸の, 伊那丸を, 会議を, 伸子の, 低く頭, 何処に, 余りに無, 佛教に, 併し, 例えば, 例えば同志林, 依然たる, 俄かに, 俄然活気, 俄然色めき立っ, 信長記浪華の, 俯向い, 停電が, 元始天尊より, 元気な, 先ず第, 全国の, 全滅し, 全然三枚目, 兵隊さんを, 其の教師, 再び嘆息, 再び懐剣, 冷やかに, 出し得なん, 出て, 出版される, 初めて夢, 前年度の, 労働組合と, 動かない, 十二時半開きだ, 十五ノットの, 半ば沈没し, 半身を, 即座に, 原本が, 厳かな, 又八, 又呼びかけた, 口の, 古事記に, 古訓これを, 叫びつづけた, 叱りつけるよう, 同情の, 呂宋兵衛の, 呆気に, 呪うよう, 咲が, 問いつめるの, 啓示による, 国, 土間の, 地底深く, 地方の, 地震動の, 堪まり, 堪らないよう, 塩田良平氏と, 売れるア, 売上げの, 多く壬生氏, 大きくなっ, 大きな, 大きな円筒型, 大きな誤算, 大きにヒマ, 大仏殿山階寺の, 大体平らである, 大分ふざけ, 大分入りよし, 大分面白う, 大抵天主教, 天主閣という, 天皇に対する, 太上道君, 失望した, 夷人なりとの, 奪ふ, 存在し, 完全に, 実業方面の, 寛恕され, 小さい田舎家, 小原良直, 小姑沢山で, 少くとも, 少しく驚かされた, 少し躊躇, 尻上りで, 席を, 平気である, 幾たびか, 広い土間, 床の, 強いていうなら, 強いて自己, 当時まだ, 彼が, 彼に対する, 彼を, 彼女に, 彼女の, 徳川初期には, 必ずしもそう考え, 忍剣の, 志毘の, 忠信の, 思わず叫んだ, 恐れげも, 息も, 恰も乳房, 悉くこの, 悉く何者, 憎まずには, 懐中から, 懐剣を, 我国の, 戸倉を, 手持無沙汰の, 折りおりに, 抜けるよう, 捉えられた手, 掌を, 探りながらに, 探り寄った, 揶揄つた, 教えるよう, 整備され, 數日前より, 文化部の, 文学が, 斜めに, 断れて, 新九郎の, 日常生活の, 日暮れ近く, 日本服で, 日祀, 早々に, 昔の, 春より, 時計を, 更にわれら, 更に踏み込ん, 書類を, 最早や, 本年夏頃より, 本書の, 杖に, 果たして最後, 植物学を, 樹の, 次の, 正造の, 此人で無けれ, 武装した, 歴然と膨らみ, 死んで, 殆ん, 民主主義文化, 民部流開祖で, 気が, 水色集部は, 決して戻りませぬ, 波をよけて, 波志毘登なる, 泥中にて, 流石に, 浴衣を, 深く噛まなかつた, 深く落込み別, 満員では, 満足し, 漏斗状を, 漸く枯死, 漸く笑, 火成岩の, 災害に, 無くなって, 無事に, 無二無三に, 無言で, 焦れて, 煙草入を, 煤けて, 煩さそう, 熱が, 燈火の, 燥ぎ出した, 独立の, 猫の, 球形を, 申すに, 申分なき, 男の, 畢竟同, 畳みかけて, 疑った, 白, 白隠, 白鷺の, 皆別々の, 皆第, 皮下との, 目を, 直ちに遣戸, 眉を, 真紅な, 真青に, 眼で, 眼を, 石窖の, 破れた話, 税関本部に, 穴の, 立ち停まる, 笑ひ, 第一部, 紅色子部は, 納經の, 終ったけれども, 終にわれら従軍者, 終り, 終り餘興場に, 組織的に, 絶壁性の, 総選挙, 總て, 罵るよう, 腰の, 腰高の, 自ら蝦夷の, 自分で, 自分と, 花托でも, 若僧と, 荀, 薄鼠色, 藁繩で, 藩士から, 蝦夷の, 補助は, 補助も, 補助椅子満員である, 西人もしくは, 見えるが, 解散した, 言い知れない不安, 言つた, 言ふけれ, 言葉では, 言葉を, 討論を, 訶和郎の, 訶和郎を, 語気を, 誰に, 諸君が, 諸国に, 謝罪文を, 警察との, 貧弱である, 起ちあがった, 足を, 跪拝いた, 路すがら話した, 身を, 逐次各, 通信教授を, 遂に事実上反軍, 遠い此処, 醒覚したれ, 采女と, 重かった, 金工会など, 鋭い爪, 長い廊下, 関東学生陸上競技連盟の, 防空令が, 隋志と, 隋書經籍志以後の, 雑木林の, 雲の, 電子望遠鏡の, 非常に, 鞭を, 頭が, 頭を, 顕微鏡を, 首をよ, 麻布一聯隊の, 鼻から

▼ 部~ (543, 6.6%)

8 お定め 6 自分の 5 やって, 越えた頃 4 もって, 出ると, 設けて, 過ぎてからは 3 中心に, 叩いて, 定めたま, 定めたまひ, 成して, 爲し, 見て

2 [24件] あつめて, おさめた, して, やりに, やります, ハセツカベと, 中心と, 出して, 出て, 出てから, 刺すの, 卒業し, 占め所謂, 取って, 受持って, 媒に, 定めき, 寫し終, 担任し, 歩いて, 終ると, 訪ねて, 走った, 開いて

1 [434件] あけて, あてがう, いい生, いう, いったもの, いつも私, うった, うりつくして, おいた, おいて, おおい隠すとおり, おおい隠すに, おくならば, おびやかしたよう, おびやかして, お取り下さい, かいて, かきはじめるころ, かき終ったところ, かすめて, ぐるりと, ここで, ことごとく地下, さきに, さけて, さしてゐる, しきりに探し, した主人, すすめた, すつかり露出, すませて, すませると, すッ, そえた, そこで切断, そのまま, た, たずねて, たたみに, だれさしても, ちぢめた縦帆, つかまれて, つついて, つつくと, つとめた時, つとめる時信, つるした物, てらす一本, とおして, とりはずせるよう, なすべきだとも, なす作家論, なせる, なぜ一般, なるべく縮める, ねらった, のぞけば, はじめあの, はじめその他の, はじめとして, はじめ忍剣も, ひどく打ち砕かれ, ひらいて, まかされて, まげて縛る, もらい受け更に, やっちまった, やらなくちや, やられて, やり過して, やる, やる汗, やれと, ゆたかに, よし再び, よせて, よみ感動, よんで, わけて, ギュッと, ハセツカベの, ハツカシベと, ブリキを, ペラペラと, 一と, 一字一石に, 一寸思い出させる, 一版と, 一般にスランプ, 一見し, 一覧せし, 三益が, 三階に, 与えること, 世わたり, 世界各国の, 中心として, 主題と, 二人で, 二枚重ね, 交へて, 付した, 代表する, 会して, 低くし, 何の, 何故に, 作り紡績共進會, 作る時, 併せての, 併せ六・三・三・四, 僕一座総, 充分に, 先立てる形, 光らせるばかり, 入れなかった, 入れ替えたという, 全くおし, 全く引き尽し, 全滅させろ, 公けに, 共産軍の, 其下に, 内部機構として, 再三讀み, 写さしむべし, 写させ天皇, 写し果して, 写し終, 写し終えて, 冷し詰めたため, 凝視し, 出した, 出すに, 出た共産党, 出来るだけ, 分ち勸め, 分離拡張した, 切って, 切り尽さしめ後帝世々, 切り破っ, 切開し, 刷ったが, 刷つて知友の, 刷り第, 刺されたという, 刺されて, 刺しそれから, 刺したこと, 刺激し, 刺貫され, 刻んだ, 割り砕かれ, 創設した, 動員し, 動員する, 動物の, 勤めたには, 勤める爲め, 半ば潮に, 卒業おさせ, 卒業した, 卒業する, 南北に, 占む, 占むると共に, 占領し, 印刷する, 印刷に, 取られたの, 取りあげて, 取りつけそこ, 取りつける, 取り押さえた, 受けたいらしかつ, 受け持って, 受取る, 合併し, 呉一郎の, 呼びつづけた, 呼び出して, 呼び出すこと, 呼ぶ形式, 喰い破ったであろう, 噛まれつ, 噛んで, 四平街に, 囲った, 圧すること, 売って, 売り切った, 売り尽したと, 売り尽し私共, 売り更に, 大体やめる, 大混乱, 天皇に, 失ひて, 妹に, 守る武具附, 完全に, 完成させよう, 完成した, 定めたという, 定めました, 定めまた, 宛城において, 対立せしめる, 寿春から, 少し詳しく, 少し高く, 展げ其上で, 山中の, 左の, 差押へ, 広大に, 廃止する, 引き去りそれ, 引き戻して, 引っ捕えあわせて, 強くしめつけられた, 形づくるメンバア, 形成する, 彩絹で, 後方の, 志望する, 思ふ程, 急き立てて, 恐れて, 想像する, 愛知川が, 憤慨させたらしい, 懇望し, 成す, 成せりき, 打ちて, 打つには, 抑えながら, 押えて, 押し開けると, 招待する, 拝した, 拡張すれ, 拭うと, 拵へ, 持たねば, 持つ, 持つて, 指した, 指して, 指すの, 掻き廻して, 握った, 握るの, 握るわれわれ, 損ぜぬよう, 撃ち貫かれたる鮮人留学生, 擧げても, 支持し, 曇らせて, 書きあげるまで, 書き終えたの, 書き終えた時, 書き終って, 書き終ること, 書くため, 書け, 最も濃い, 期日間際に, 本據, 東京に, 東京へ, 根気よく, 検した, 構成し, 横に, 歌つた, 止めて, 正史, 歴訪し, 残された由, 殺した者, 毎日の, 気に, 水に, 求めて, 注意深く覗き込み, 添へて, 温めたり, 濕した, 照らして, 牛皮の, 牽くと, 狙って, 狼狽させた, 現すのに, 現わす, 球と, 申しでた, 皆かもめへ, 監督し, 目がけて, 目ざしたので, 省いて, 眺め新刊書, 眼で, 瞥見する, 破壊する, 移して, 突きて, 突き出して, 突き崩せば, 突き通される苦し, 突破せ, 童男女に, 索いて, 終わること, 組織する, 経なければ, 経営される, 統一した, 締め隠した, 縛り殊に, 縦走した, 置いて, 置かず, 置き半, 置き各種, 置くべきであり万一, 置し, 罰して, 考へ出して, 聚めて, 背負って, 脱稿した, 脱退しよう, 腹の, 航空写真にとって, 花托, 荒らして, 葬り奉る所, 蒼白くし, 蔽う所, 薄暗くし, 薬に, 蜒り走っ, 蝕い欠いた, 衝いて, 補給するなり, 製した, 襲い公安局その他政府, 西蔵の, 見ざるべからず, 見せて, 見せ眉毛, 見た, 見ること, 見ると, 見るに, 見るべし, 見る苦痛, 見る趣, 見詰めて, 観たよ, 訂正し, 討ちぬ槍, 訪ねたいの, 訪ねると, 設けたが, 設けたについて, 設けたらどう, 設けること, 設けペニシリンその他抗菌性物質, 設立する, 誘って, 読まば, 読む, 調べその, 調べた, 調製せしめ, 讀んだ人, 變へる, 負傷した, 貫いたところ, 貫くかの, 買ひ求めた, 賑わしたこと, 走って, 起伏し, 趁うて集まり, 超える部数, 越えて, 越える事, 跋渉する, 迷惑そうな, 追い捕える方, 送つて貰つて通讀, 送りこし候, 這入るとき, 通りぬけ, 通りぬけるとき, 連れて, 連載したい, 過ぎてから, 過ぎる, 遠く振仰いだ, 選び五人, 選んで, 避けて, 酒の, 鉋で, 鐵藥で, 開いた, 開き更に, 開く交渉, 開始する, 閲すること, 降し内海一帯, 限った出版, 限りとして, 限るゆえ, 限度として, 除いては, 除名された, 集めて, 集め天勝, 集解に, 預るお, 頒布する, 食し, 食すれば, 食用と, 食用に, 骨折し

▼ 部~ (348, 4.2%)

5 互に敵視 3 それを, 済むと, 非常に 2 あって, あつた, ある, 一日も, 出來, 台の, 姿を, 終ると, 貴紳の

1 [316件] あげら, あった, あつまって, あまと, あります, ありますが, あり委員, あるから, あるし, あるのみ, ある代, ある期間, ある而, いっしょに, いふ, うなずいた, かかれ目下, きのうとは, くさくない, こういい, こういっ, こう打ち付け, ここでは, この世界観, この旭川, これからどんな, これほど, こんなあり, しいた八門, すぐ訊いた, すんだの, そこで, そこへ, その年, その結果, そんな要求, たおれたの, ついて, とりなすよう, とんだ大, なかつた, なんでこんな, なんと言い越した, のこらず集まって, のせること, ののしると, はじまって, はじまる午後六時近く, はじめで, はせつける, ひけるまでは, ふざけすぎるので, ふと見あげる, まったく狂乱, むしろ間が, もうけられて, もうとっくに始まっ, もう浮き足立っ, やがて先述, よい, ゐたと, オヤかってる, スーッと, パクンと, プロや, ベチャクチャやっ, 一ばんいい, 一人も, 一冊に, 一緒だった, 一致し, 一面に, 七八尺大き, 七分近い入りに, 七時半すぎに, 三段ばかりに, 上京した, 上代の, 世と, 丸善に, 九時半に, 二册購入した, 二十一人で, 二重に, 五十錢女子部は, 人形舞は, 今は, 今日丸善へ, 他から, 付いて, 低く屋根, 何かしら固い, 佛教なら, 供をも, 偵察兵と, 僕の, 先に, 公に, 冷えびえと, 冷びえと冴え, 出来それ, 出来たこと, 出来て, 出来るところ, 別に, 刺されしかも, 前に, 前句, 創立される, 創設され, 力を, 加わりましたので, 動詞そのもの, 勢力を, 化膿しました, 半焼け, 単位だ, 印刷發行され, 原稿として, 又痛みます, 又貸切, 双ヶ岡, 叙述部と, 口を, 叫んで, 右花托の, 合図の, 呪詞を, 営業部に, 四年です, 四年大学部が, 土を, 土中に, 在つて, 執筆され, 壁新聞については, 外果皮と, 多く通つた, 大きくなり, 大正元年測量した, 大變數, 天を, 天皇の, 太くて, 太刀打ちが, 奉天に, 奥へ, 如何なる興味, 存在しない, 宇垣絶対反対を, 完成した, 官府の, 実施されれ, 家の, 寄越した援兵, 小気味よく切れ, 居ましたが, 嶮しい, 巨額な, 帰って, 常食として, 廢され, 建てたもの, 引込んで, 張って, 強壮に, 彦次郎が, 後ろの, 後世まで, 徳利形に, 必ずしも禁門守備, 必要で, 忍ぶよう, 志望だつた, 思想局に, 急が, 恐ろしく軟かで, 愁わしげに, 懐剣を, 成立し, 手入れの, 抜け上がって, 抜け上って, 持って, 指定の, 控えて, 撥ねたところ, 撮影した, 斎藤, 新しくな, 新に, 新設され, 日本評論のを, 日米開戦と共に, 早く出版, 明かに, 昨日の, 時信大伍夜の, 更に二つ, 書き残して, 書卓の, 最も動的, 最善の, 月でも, 有名であった, 木口成子という, 札幌に, 杖に, 来て, 来夕方, 柳や, 桐生行に, 次の, 次第に重く, 殘つて居る, 比較的速, 気に, 汗に, 沈降し, 海中に, 海祇に, 海軍の, 無反省, 熱傷を, 特に明らか, 特に発達, 特別に, 独裁権を, 率先し, 現れたの, 生じ種子, 畳に, 痛くて, 痛み出して, 発達し, 百冊書籍棚に, 目に, 直接俳優に, 瞬く間, 知識層を, 破壊を, 破裂し, 確かに, 社会民主, 祈祷し, 祖なり, 祖伊佐比の, 祝詞を, 神の, 禿げて, 禿げはじめた, 積まれた裸体, 穴山の, 立ち止った, 立てられたり, 立法部に, 簡易舗装に, 終ったらすぐ, 統制派と, 続刊, 線で, 編輯し, 老人と, 腰抜だ, 膝を, 舎人部から, 航海中読む, 葬儀を, 葬送を, 薄暗くなっ, 行つ, 見えた, 見す見す負ける, 見違えと, 視察に, 言つた, 設けて, 設けられ従来, 設けられ無, 許に, 詳細にわたって, 説明し, 読まれて, 調子よく, 警備の, 賤民の, 軍師と, 軍配の, 軍配ぶりさだめし, 近いところ, 退陣した, 這入って, 造ったの, 遅れた分, 金を, 金網に, 鈍痛を, 鋭利な, 長く下, 長文に, 開け放しに, 間人と, 陰陽寮にも, 隆起し, 階下に, 階下まで, 隠見する, 集まった葦原邦子, 静かに, 額を, 食用と, 首を, 高い窓, 鹿の, 鹿を, 麹町署へ

▼ 部~ (245, 3.0%)

6 なって 5 いえば 4 采女とは

2 [15件] いっしょに, いっても, す, なつた, なつて, 一致し, 会談する, 侍従と, 夜の, 宛てたの, 彼女の, 書いて, 最高経済会議とが, 致しましては, 言ふ

1 [200件] あだなを, ありひらくと, ある, あんなにもち, いい一, いう, いうが, いうべき中央発電所, いうを, いえども, いって, いつたぐあひである, いふと, いふ所の, いわず方々, いわず海岸部, おぼしき室, きまって再版, この間に, されて, しうち開, した, した結果, した貨物自動車, して, するか, ずっと, それが, それぞれの, それに, ただ二人に, ちがって, なし五十里余, なった, なりその他種々部, なりつつ, なりまして, なること, なるに, なる二つ, ひとりの, ほかふたりは, むかい合って, よぶ, ハガキ同誌は, プロレタリア作家団体とは, 一定し, 一定の, 一緒に, 七部の, 上から, 中学部の, 二種並行に, 云う書物, 云う男, 云ふ, 云ふも, 交渉し, 人形操傀儡子とは, 今朝の, 仕上場, 仕切られた板壁, 侍従は, 便宜三組に, 冬の, 分れて, 分担し, 分科的に, 創作の, 創作部とに, 創作部とにおいて, 北陸東奥から, 協力し, 参謀本部の, 又何, 号す, 号すると, 同じく千箇寺參, 同じく忠勇, 同じく蝦夷, 同じやう, 同一なるべき, 名づけて, 呼ばるるに, 呼ばれた程, 呼ばれた部落, 和食部, 咲耶子を, 土師部, 土師部との, 地上部とを, 変わること, 夏の, 大伴部とは, 大林区の, 大隊本部の, 天帝の, 女子部とは, 娘子軍の, 婦人部は, 學藝記者を, 定めた上, 密接なる, 対照せられ, 将門方の, 小売部と, 山本が, 山部とは, 左右翼の, 底部とにおける, 役者以外の, 思うわね, 思ふが, 情報局の, 意識に, 我が半部, 我の, 整理部の, 敵との, 文部との, 文集との, 旅館の, 日本音楽部とに, 書いた次第, 書いた硝子戸棚, 書いた黒塗, 書くの, 書く部民, 本部との, 札を, 板とが, 板との, 果実とは, 校長が, 機関誌編集部との, 正義会の, 武士, 混同し, 溝とを, 無いもの, 物語の, 狂想的回旋曲, 申しましても, 申し大伴氏, 相俟つて材料, 相関聯, 研究生には, 磁極部の, 神楽歌とに, 私の, 称す, 称する蝦夷地, 称せられた, 称へて, 移って, 第三部, 第二部, 第四部, 筋反射を, 統帥権の, 絶交を, 編輯部の, 考へられて, 考へられる樣, 蔦之, 街じゅうの, 街ぢゆふ, 街路の, 製作部との, 言うたこと, 言うた事, 言うて, 言ひ, 言ふべきで, 言わず頬, 記されて, 記者団の, 詰め込んで, 話して, 読まれた大日如来, 読まれる様, 謂われたもの, 賣れませんでした, 近づきに, 連絡が, 連絡し, 連絡を, 采女とが, 関係の, 関東庁との, 關係の, 陸軍当局の, 雑居せる, 雲水, 青年将校達との, 青年部とは, 須藤が, 頭上の, 顕花部との, 龍太郎が

▼ 部~ (189, 2.3%)

6 行って 4 はいって, 入って, 来て 3 電話を 2 かけて, 出かけて, 出張する, 廻って, 行った, 記入しよう, 転じて

1 [154件] うけ取り, かけ出しこの, かん, きたわけ, ぐっと廻し, じかにぶつかっ, じかに連結, すぐ引返す, その標本, その首飾, つけ裾, とどいた, ならはいっても, のぼって, はいった, はいらないからと, はじめて一人日本, ひっぱって, ぶらりと出, まわします, むかって, もぐりこんで, わたくしは, バラリたれさがっ, 一日談判が, 一枚半, 一週二時間づつドイツ文學の, 一週間ほどは, 三里半今日は, 下りて, 下嫁, 仕事に, 伝わって, 伴はれ, 伺って, 住込ませる, 何かの, 傭はれ, 入った, 入つた, 入つて, 入らないからね, 入り卒業期, 入り東, 入ると, 入るの, 入れて, 入れるの, 出かけたと, 出して, 出た, 出ませうか, 出られる, 出張し, 出掛ける序, 出頭し, 出頭しろ, 到着した, 勤められる余暇, 即刻御, 原稿を, 反響し, 受けた十手, 向かって, 向つて, 呈示し, 呼び徳山, 命令を, 報告しなけれ, 報告せい, 報告ニ及バズ, 寄り来月吹込み, 対し相, 届かないこと, 島野を, 廻して, 引き合, 引っぱって, 彼が, 往つた帰りに, 戻ったん, 戻って, 手紙を, 打て, 打電します, 打電しろ, 払って, 押しあげて, 担ぎ込むの, 持ちこまれた, 持って, 掛けて, 斑に, 方向を, 書面で, 月給を, 来た, 水が, 汗の, 派遣する, 流れこんで, 流れる微妙, 火急の, 牛乳が, 着きますと, 移す事, 移つて爾来, 移ると, 突入し, 籍を, 編入せられ, 縛りつけ窓掛, 縦に, 繰り込まなければ, 自動車を, 行かなかったの, 行きつきました, 行き右, 行き春狂言, 行き紅茶, 行くと, 行ったぜ, 行ったとき, 行ったの, 行つた, 行つて泊られた, 話して, 貰いに, 質問し, 赤い広場, 足を, 輸送し, 送っては, 送られた由, 送り届ける, 這入ろうと, 通って, 進むという, 進んだ, 進んで, 金を, 針を, 鋭利な, 集まるたくさん, 集めたの, 難詰に, 電話で, 靴先を, 頼むより, 飛んで, 馳け, 馳けて, 騎馬伝令を, 鶴子と

▼ 部~ (165, 2.0%)

8 大満員 4 采女も 2 またその, 持って, 蔦之

1 [147件] あって, あなたへ, あまり売れなかつたらしい, あまり興味, ありなお, あるの, あるよ, い, えらい大入り, おなじくひざまずい, おなじく眉, おもわずその, かかる指令, これに, さうで, しばらく思案, そして龍太郎, その大鷲, それに, それまでに, それを, それ自身一種低, でて, どんなにか, どんなに喜ぶでしょう, なくなって, なんの, ほほえみながら, ほぼそうした, まあどちら, またそう, また上方, また間人, まるで手, みなそういう, みな全滅し, むろん大, もうこれ, もう思い切った, もう此, もとより成長, やられて, よく知っ, ゐた多吉, ギッシリの, ギッシリ気持の, ハチキれ, バラバラに, ムツカシイのである, 一向気のり, 一応は, 一旦は, 一昼夜に, 一時は, 一本石で, 七分強位の, 不満ながら, 二百部も, 五部も, 亦不参加, 仕上げねば, 代役な, 僅かに, 兄と, 入り八九分, 八分, 八分弱, 八分強といふ, 共に同, 其だ, 其主部も, 写経し, 出る事, 刷つた, 刷つて六シルリングの, 南朝へは, 印刷される, 各別個, 合体らしい, 同じ, 同様で, 咲耶子も, 唯この, 売れて, 売れると, 売れる評判小説, 夏期休業である, 大した入り, 大ダレ, 実際上, 客よし, 当座の, 当然の, 後方に, 忍剣も, 思い悩んで, 思わず足, 思わず頭, 思想局に, 急に, 想像した, 懐剣を, 打ちこんだり, 振回つた, 故障だ, 早稲田の, 昼の, 書物を, 案に, 泥部も, 満員, 溢れる大, 無念な, 狭い意味, 猶予せず, 甚しく, 異常なし, 畳まぬうち, 私達の, 穴から, 立つ, 立錐の, 第一門, 終りに, 羊毛を, 考えた, 股も, 腕の, 表側の, 補助椅子出, 補助椅子出切りである, 言い知れない敬虔, 言つた, 訳して, 認めましょう, 調子が, 調子出ず, 論部も, 賣れなかつた, 軍扇を, 返事に, 長い歴史, 非常時な, 順序通りやっ, 顔を, 飛びおきた, 龍太郎も

▼ 部~ (156, 1.9%)

5 あつた 3 働いて 2 あつて, はあるまい, は乙

1 [142件] あと二冊が, あらゆる助手的便宜, いきなり武蔵, お茶を, こういう部分, ここに, このかた, この機会, さう, さがして, されて, ざつと, その両側, その気位たる, その血量, それは, つづきもの, つれの, どこかに, ねられこれ, は, はきかぬ, はござりませぬ, はフォイエルバハ, は損失, ひどい時, ひねると, まだ一人, よいだろう, より大きい, カンゴ婦と, スズミとも, ゼイタクは, ピストルを, メフィストフェレスが, 一九二九年の, 七粍重心が, 三四囘この, 不幸な, 中等は, 之が, 二年ほど, 二度も, 二版以下は, 以後五百部ずつ, 何の, 何を, 作る絵, 作品集を, 使用し, 催された会合, 働いた, 働いてるムイロフ, 元気な, 入札された, 全編の, 其學生や, 内紛論争を, 再びこれ, 分量も, 初めてテーマ, 刷ったもの, 割りあて毎晩就寝前, 努めなければ, 又声帯模写, 取り上げられて, 司令官の, 各地の, 同じよう, 呉れること, 国文を, 地形図製作に, 夜の, 大抵は, 太刀打できる, 夫人は, 好いと, 委員を, 學生が, 実測の, 宣しからう, 岩形の, 建てたの, 彼が, 御厄介, 悪いの, 悪魔が, 打ち當つて行, 打合せを, 承認されました, 掌って, 支倉喜平の, 支給される, 文明史を, 断念する, 斯くの, 新聞を, 日本教育史外交政策などに関する, 明治九年に, 明治五年には, 時にハセツカベ, 来年の, 果し得られ, 桟敷や, 残り一冊が, 水戸藩關係の, 活躍し, 無くて, 無味乾燥な, 理論や, 理髪又, 発行した, 祖父が, 神田の, 私が, 私を, 第二回準備委員会, 紛失した, 結合した, 結納の, 罐胴を, 罹災した, 臨時電信係として, 自ら萬物の, 自分と, 行はれる, 見つけた, 見て, 評釈した, 試みたよう, 調べられて, 調査し, 購入した, 踏むと, 輯製二十万分一の, 道悦が, 釈迦堂の, 鉄針と, 開かれる聯合国, 開き伊豆公夫, 階上が, 馬蹄形の

▼ 部から~ (147, 1.8%)

4 低音部へ 3 石担ち 2 引掛に, 暗幕に, 派遣された, 発せられた, 石擔ち, 電話が

1 [128件] いは, お礼に, お話が, きた三ツ, この妙, この日ニコライ太公, ございまして, そのよう, その成果, その肉体, それを, だよ, です, なって, なる研究, はきだす噴気, ふき出しながら, ものすごいいきおい, ガスらしい, ガス噴射を, クッキー一箱貰っ, ドッと, ハリ切っ, ビールと, 一つの, 一つ手前の, 一二滴の, 一人の, 下の, 下町へ, 与えられつつ, 事情を, 二人連れ, 交付される, 何本かの, 先とった, 先は, 八百フィートあるいは, 兵隊宿舎増田旅館に, 凄い苦情, 出した英文版, 出すこと, 出て, 出版した, 切りは, 動かぬヴィクトリア時代, 取ったヒル, 受けた灰色, 右に, 呉子の, 嘱され, 四五景カットに, 国警本部へ, 大きい小包, 始めます, 姓名まで, 小高の, 山を, 山地へ, 島野参謀が, 嶽水會雜誌の, 帰って, 帰るの, 幕僚を, 延ばされた二本, 強要された, 彼の, 成って, 成りしっかり, 成り立って, 成るこの, 成ると, 成立し, 或物, 手帖を, 打棉部, 抉り取った肉, 持って, 排斥され, 教えられたとおり田村町一丁目, 教育の, 明朗な, 景気よく, 此等諸, 水が, 注意を, 満員である, 溶解し, 炊煙が, 煙の, 片づけるから, 疑惑され, 発して, 発出し, 発行し, 発行する, 発表された, 白い煙, 目にも, 突然大きい, 素早くひと, 続いて, 綱が, 練条部へ, 耳朶の, 聞いたん, 股の, 背中へ, 自動車を, 血を, 血管に, 西方の, 見て, 見ますと, 訶和郎を, 説明された, 貫通した, 退去命令が, 通牒が, 配給される, 野球部に, 長さ, 電報が, 電話です, 電話掛っ, 順次に, 頸部の, 黒いガス

▼ 部~ (93, 1.1%)

4 な本 3 なもの, な書物, な洋書, な膝 2 な唇, な奴, な封書, な湯呑, の洋書, の芳名録

1 [65件] さ, さを, でありながら, で立派, で血, で重く, な, なこっくり, なの, なアルバム, なキリコ風, なノォト, なレンズ, な印刷物, な口, な壁, な夫人, な封筒, な小, な小包, な慰斗袋, な扉, な手紙, な手記, な敷居, な斧, な昔, な書き, な書状, な書類, な板, な板戸, な横顔, な波, な物, な犯罪文献, な猪口, な白斑, な硝子窓, な紙包, な繃帯, な胸, な草履, な草稿, な計画書, な釜, な銀台, な銀砂塗り, な集成, にうねり, にまかれた, に出来, に於, に横綴, に盛り, に花模様, に部厚, の太刀, の帳簿, の帳面, の本, の槻, の石畳, の近眼鏡, の頬

▼ 部には~ (85, 1.0%)

3 いつて 2 いつでも, 三日置位にしか

1 [78件] ある, いずれも, いよいよ不安, いること, その疑い, たくさんの, なんにも想像, ひるわけ, またじゅうぶん, もし沢山, インドの, ラック大将が, 下の, 不快を, 他の, 何が, 何十人という, 俗悪な, 傾斜の, 元來動き, 入らないという, 入れ兼ねるの, 全面に, 凡そ十室に, 前に, 印度や, 危険人物が, 只僅, 史傳其他世俗の, 和稲から, 夏の, 大きな四角, 宮が, 小き, 小山脈, 尖端の, 屋代弘賢の, 工場能率増進についての, 広い平坦面, 弦を, 強力なる, 徃, 恐らく小, 手数を, 支那通の, 日本よりは, 日本刀が, 明るい波, 暴力を, 木脂の, 気遣われた, 池田氏が, 温湿布, 湯婆が, 澱んだ不吉, 澱粉を, 無論葉, 男女合体し, 真の, 祭司と, 空地を, 空腹の, 簡単な, 糊付けの, 絵像四種木像金像とも, 缶詰を, 荘園の, 蒐集品多から, 藁の, 蛇籠の, 蜂屋出羽守頼隆が, 見のがせない, 輪廓の, 這入ねえで女, 遠くからでも, 遥かに, 重心が, 關係が

▼ 部~ (64, 0.8%)

7 の民 2 である, として語部, の職掌, を立てる

1 [49件] かと考へ, があった, があったらしい, があつ, が出来, が分散, が又, が対立, が山水, が拡がります, が物部, たる半, だつた, であって, です, といい, という, といふの, と云, と云い, と解する, などを授ける, にし, については古, に移した, に限つて残, のあつ, の中, の伝承, の名, の如き, の存在, の性質職掌, の村, の詞章, の起原, の運動, の野蛮, の頭, はその, は明らか, は解放, も昔, をなし, を分かち, を各地, を形づくつた, を置かず, 及び伴造

▼ 部では~ (63, 0.8%)

3 ないの 2 固く秘密

1 [58件] あれが, いつたい何, いよいよ, この印度, この日卵焼, すでに不可抗力, すでに城介君, どういうわけ, ないおれ, ないが, なからう, なかろうか, なくこれ, なくて, もはや満州, カトリーヌの, サンプルの, 一時間ほど, 上題の, 何回も, 何年経とう, 充分の, 全く手, 再び前, 別府司令官を, 午前に, 協議の, 印刷電信機が, 去年, 取題, 古参だ, 各主脳者, 夏に, 外国との, 大理石切嵌, 好きな, 妻帯者は, 工女の, 平常衣食住, 彼等は, 悪い方, 新法典, 日本の, 毎年新入生から, 牛乳配給にさえ, 狐に, 直ぐに, 確知せなかつた, 純印度料理, 良い顔, 製品売価の, 詩賦は, 質問が, 釋迦及び, 随筆の, 離婚事件と, 霰を, 顔見知りの

▼ 部~ (60, 0.7%)

2 にある, に就てい, に於ける, の指導者, の藩閥者流

1 [50件] でおそろしい, では単に, では法王, では特別, では第, でも真実, で有名, で知っ, で確実, にあっ, にありて, においても有力, において軍人, にはこの, に何, に其人, に動揺, に対する件数目, に持ち込み, に於, に私, に蟠, に行われた, に計画的, に非, のあわて, のこと, の人気, の人間, の依, の内情, の内部的吏道, の問題, の大官, の奴, の所信, の某, の権力, の武官文官打ち, の異動, の秘密, の者, の要人, の話, の諸君, の青年将校, の風, は, は唯, は眼

▼ 部終っ~ (60, 0.7%)

6 て入浴 54 てすぐ 2 て三階, て中町, て事務所, て今日, て川口, て銀座

1 [33件] てから一寸, てから三階, てから松竹座, てから銀座, てから飛行館, てふた, てみ, てみやこ, てカシオペヤ, てホッ, てマリダン, てレコード, て三益, て中西, て何, て友田等, て名物食堂, て向島, て嘉納, て地下室, て大辻, て大阪屋, て山縣七郎来訪, て日比谷公会堂, て昨日, て正月, て渡辺, て牛込, て蛇の目, て表, て配役, て金竜, て雷門

▼ 部~ (40, 0.5%)

3 御雇い 2 というもの, の学校

1 [33件] が神祇省, その資金, である, では役所, で建てた, となった, と称するなり, なるもの, に仕へ, に出, に出仕, に勤め, に奉職, に身, に転じ, のこと, のやり口, の一部分, の命, の方針, の考証課, の設置, の門, の雇員, は司法省, は文部省, は神祇局, への勤め通い, へ具状, へ提出, まで移り, を去ろう, 第一

▼ 部~ (36, 0.4%)

10 満員 6 満員である 2 満員の, 満員よく, 満員補助出切り

1 [14件] 井田ミサ子と, 學校電氣學教授たり, 汗, 汗流し, 満員その, 満員だ, 満員では, 満員とは, 満員びっしり, 満員ワッサ, 満員ワッワと, 満員古賀政男氏来楽ち, 満員犬の, 満員補助も

▼ 部という~ (35, 0.4%)

4 ものが 3 ところに, のが 2 ものの, ような

1 [21件] かれが, ので, のは, ものじゃ, ものを, やつが, やつだ, 一人の, 名を, 四大別が, 地に, 堂々青天, 姓へ, 特殊な, 目に, 紫の, 軍配の, 邪魔者が, 部族を, 野郎には, 頼もしい保護者

▼ 部~ (35, 0.4%)

2 ある, 咲耶子や, 蔦之

1 [29件] というもの, 何かの, 保木巳之吉と, 兵站監部の, 半兵衛が, 半兵衛の, 同じです, 国際文化振興会の, 大使館だ, 太陽や, 子供部を, 小次郎よりも, 廊下や, 引揚援護庁や, 文学哲学などの, 東通の, 演出や, 私を, 税関の, 腹部に, 舵輪は, 虚無僧や, 讀書室に, 采女を, 鉄格子に, 長老の, 門内の, 駆使部の, 龍太郎や

▼ 部~ (34, 0.4%)

3 の血筋 2 の咒文, の咒語

1 [27件] から買い取った, が先祖代々, が後, としてはどうしても, の先祖, の子々孫々, の宝物, の客用乗物, の家督, の席, の当主たる者, の恩顧, の書斎, の機密, の歓待, の物, の相続, の相続人, の総, の言わば, の財産, は残ります, へ入り込ん, へ戻そう, へ訴え出ぬ, を助けよう, を横領

▼ 部終る~ (32, 0.4%)

5 とすぐ 2 とアラスカ

1 [25件] と, とやれ, とオーゴンレコード, とホテル, と九時, と今日, と佐伯孝夫, と又, と外出, と引越し, と徳山, と志村道夫, と放送局, と新派, と新興, と日日, と明日, と朝日ビル, と樋口, と田中三郎久々, と蒲田, と配役, と飛島, と鳥鍋, と鳴瀬

▼ 部との~ (28, 0.3%)

3 間に 2 旧事, 間を, 関係を

1 [19件] あいだには, 二つに, 交渉通信の, 交通を, 勢力争いで, 協力によって, 対照に, 摩擦は, 機械的連繋および, 正誤表に, 統一連絡も, 美しい調和, 連絡を, 連絡電話が, 遠慮ないつき合い, 間で, 関係についての, 關係である, 高さ

▼ 部厚い~ (28, 0.3%)

1 [28件] ものから, コンクリートの, スクリーンを通じてさえ, 一枚彫, 厚紙で, 和紙綴じの, 唇その, 壁, 壁と, 手紙が, 手紙を, 教科書を, 書面が, 書類を, 木の, 木を, 本に, 本の, 本を, 板で, 灰色の, 白の, 眼鏡そのものに, 聖書の, 聖書を, 肩から, 角封筒を, 雪子学士の

▼ 部~ (28, 0.3%)

10 之介の 8 之介は 2 之介でした, 之介に 1 之介から, 之介と, 之介といふ, 之介なる, 之介ほどの, 之介も

▼ 部さん~ (27, 0.3%)

1 [27件] かと思った, がゐる, が呼ん, が近, ちょいと, でしょう, ですか, と一緒, に何, に魅まれ, のお, のお話, のこと, の声, の多磨太, の言, の責任みたい, は詩吟, も帰つて, をお, をどう, 今更何, 其の筋, 少しも, 少し云う, 未だお, 決して貴方

▼ 部より~ (27, 0.3%)

3 生ずる病 2 治する, 生ずるもの

1 [20件] なる者, 今井警部山口警部補出動し, 以西遼河に, 使いは, 分つて, 匐枝を, 命令が, 地方借受組合に, 尚六尺, 岩波文庫について, 成る, 成るが, 成る酒神頌歌, 承り候, 朝鮮の, 極秘の, 申す, 腰部にかけて, 設けたるもの, 起こる病

▼ 部三斎~ (23, 0.3%)

2 の住居, の娘

1 [19件] が出, で一ぱい, という駿河守隠居名, と当時, と長崎以来, どの, に対する第, のじじい, のむす, の一行, の隠宅, はこれ, は奥まった, は立派, も愕きの色, や日本橋, や横山, を始め, を密室

▼ 部記者~ (23, 0.3%)

1 [23件] だった, であった平井晩村, であつ, である, で警察方面, という地位, として名, として有力, として芝公園, となつ, と称する, と肩書, と遊撃記者, にとっては氏神, に知人, の心臓, の教養, の目, の羅宇木介, の訪問, は久布白落實女史, は部長, や写真班

▼ 部~ (22, 0.3%)

2 は元, は元来

1 [18件] が勃興, が口誦, が担当, が朝廷, といえ, といふの, といふ者, との社会的位置, の兵法, の反撥的, の支族, の祝詞, の臣, はふと, は天富命, は最初, は漸く, 中臣氏

▼ 部である~ (21, 0.3%)

2 かあるいは, ことを

1 [17件] かと疑われる, からいよいよ, から小さく, がこの, が二%, が六%, が其団体, が後世, こと, ことに, ことは, このオベリスク社, と梅原さん, エンジンは, 三河行だけを, 武田伊那丸である, 総工会

▼ 部でも~ (21, 0.3%)

1 [21件] ある, い, その内容, ほしければ取り, もっぱらの, 兼五郎を, 出して, 十分な, 外務省でも, 専門家を, 建築の, 御存知ない, 御料局でも, 恐縮し, 教へる, 毛布までは, 注意に, 私と, 私は, 自由に, 驚いた

▼ 部といふ~ (21, 0.3%)

3 ものが 2 のは, やうな

1 [14件] ものだけ, アパートに, 一つの, 一部門も, 一部門を, 名を, 団体の, 条に, 男は, 町長だつた, 部が, 部は, 部曲の, 部類も

▼ 部にも~ (21, 0.3%)

1 [21件] それを, つねに気, どうしても, なつた, よく判っ, 久我千秋なんて, 人多し, 加わり正義派的, 及ばぬ人間, 学校を, 據らない, 數へ, 文壇にも, 木目は, 歳費辞退後の, 毎に, 汚なし, 無論に, 興味が, 藁を, 足部にも

▼ 部~ (21, 0.3%)

4 の悪神

1 [17件] が同, が額安寺, などいう, にまで変化, に比べ, のうち, のよう, の中, の大王達, の形, の悪神征伐, の悪神等, の満, はもと額田部寺, は將, を領, 再び盛り返し

▼ 部~ (19, 0.2%)

2 の, の監修, の連句

1 [13件] が艶麗豪華, が読みたい, であつ, なども覗きたれ, なるもの, のごとき, の中, の見劣り, をひもとい, を一冊, を味わわん, を読む, 諸抄

▼ 部として~ (18, 0.2%)

1 [18件] さまざまな, ゐる, 一番有効な, 二百五十人からの, 仕へた人, 何等一家言, 入ること, 全体の, 取り残され特に, 役に立つ為, 描いて, 日本の, 書き出して, 特立し, 私の, 立つこと, 蝦夷を, 雅楽なる

▼ 部どの~ (17, 0.2%)

1 [17件] か, からの大切, からの諜状, が欲しい, が苦心, きょうから, これにて, こんどは, ご心配, じゃ, のお, の命, は若君, へも悪しからず, もおられる, もへい, 右京どのへ

▼ 部まで~ (17, 0.2%)

2 行くん

1 [15件] あり一組十數名, たずねて, のせ終った, やっただけ, ズーッと, 動いたけれども, 取りに, 執筆した, 来たまえ, 来たり, 浸み, 用事で, 破壊され, 行を, 進んだ

▼ 部部落~ (16, 0.2%)

2 の如き, はもと四条河原

1 [12件] から出, がかつて, がなお, が今に, が四条河原, の事, の年寄松浦氏, の旧, の状態, はもと, は鉄道, を通過

▼ 部たち~ (15, 0.2%)

6 の剣 1 からたいへん, に代っ, の方, は, は一向, は剣, は立ち停った, は若者, も

▼ 部~ (15, 0.2%)

2 つたのである, よ

1 [11件] かになりやがっ, がよっぽど, けれどもでも, しみんな年配, ということ, という評判, とされ, な, ね, ねしつかりしなく, ねその

▼ 部だけ~ (15, 0.2%)

1 [15件] であった結局甲, であるが, でした, でなく生活指導部, でなく陶器, では, で大衆一万五千, まわして, ゆっくり見せた, 出る, 出来ると, 印刷した, 拵えて, 贈呈した, 集め七月

▼ 部とは~ (15, 0.2%)

1 [15件] おなじで, よく調和, 三四町距つてゐた, 全く異, 刎頸の, 多少異, 大く, 少い時, 極めて大切, 次郎という, 比較に, 無関係な, 跡型も, 軽くて, 違った田舍

▼ 部~ (15, 0.2%)

1 [15件] であるが, として完, ともして, になる, のうち, の一部, の三回, の中, の大, の楽節, の第, の長篇, はワグナー, や十部作, をはじめ

▼ 部祝詞~ (15, 0.2%)

1 [15件] が分離, が祝詞, だけに尠, であるが, と云, に似, に俤, に属する, の中, の中心, の二種類, の類, は多く, は神秘, 並びに稀

▼ 部~ (13, 0.2%)

3 何かに 1 これは, なぞの, キャムプの, 七千部を, 三部な, 二百部の, 何かで, 恵まれるの, 百部ほどしか, 絶対の

▼ 部さま~ (13, 0.2%)

1 [13件] から, からはね, と申せ, などは御殿, に会われる, に小太郎山, のお, の御, の耳, へ事情, や小, 御一同, 御一行

▼ 部です~ (13, 0.2%)

32 か, よ 1 か文芸部, が, がお, ぜ, な, ものすっかり

▼ 部大輔~ (13, 0.2%)

1 [13件] があと, が長享二年三月生年三十六歳, といえる, などで三つ, に, の今, の話, は, は大変, は山高石見守, は日本一, へ, もよわつ

▼ 部~ (13, 0.2%)

2 二号の

1 [11件] 一架などと, 一歌第, 三編に, 三部が, 三部と, 三部に, 三部を, 二分隊長の, 二章までを, 二編第, 十二款汚物掃除費の

▼ 部~ (13, 0.2%)

1 [13件] あらゆる業態, がある, が共同的, が後世安楽, が後世安樂, と次第せり, の修法, の大, はその, もあっ, も安置, を刺戟, 各官庁

▼ 部からの~ (12, 0.1%)

1 [12件] 交渉である, 依頼も, 勧告によって, 命令で, 報告が, 報告であります, 報告は, 徴用で, 抗議が, 指命を, 知らせな, 話が

▼ 部~ (12, 0.1%)

21 が主体, が指揮, が期待, とにその, と中世, と呼ぶ, の成立, の武士階級意識, は今日, は近代的

▼ 部次長~ (12, 0.1%)

2 の千種十次郎 1 で東京十五, で若い, というよう, といふ方, として事実上社会部, なぞという肩書, にした, の千種, の地位, をし

▼ 部~ (12, 0.1%)

1 [12件] がどう, だの日蓮, だの浄土三部経, とを預け, のいずれ, のごとき, を書写, を法華, を誦, を読ませた, を読誦, を講じ

▼ 部からは~ (11, 0.1%)

1 [11件] 刻々に, 原稿と, 機関の, 澱粉が, 濛気が, 癌腫の, 目も, 続刊, 臓腑が, 落下傘仕掛けの, 西側を

▼ 部とも~ (11, 0.1%)

2 言うた様, 言うた樣 1 いう可, 卜部とも, 書かれたもの, 書きます, 称せられた, 読まれる様, 連絡し

▼ 部よりの~ (11, 0.1%)

4 療法に 2 療法は, 療法を 1 治療に, 療法ある, 療法なる

▼ 部主任~ (11, 0.1%)

1 [11件] がいくら, が外部, が大, たる原田徳次郎君, でしたから, とその, と其辺, の, の桑原宏, はかう, をし

▼ 部合唱~ (11, 0.1%)

1 [11件] がきけるだろう, がはじまる, であっても, で歌った, とが終っ, の, のうた, のよう, の大声, をし, を歌い始めた

▼ 部さん貴方~ (10, 0.1%)

1 が此, が茲, にはおさらば, のやう, の心一つ, は再び, は本統, は此, は秀子, も口

▼ 部すなわち~ (10, 0.1%)

1 いわゆる舷部, いわゆる蓮根, 丈部, 丈部である, 中果皮内果皮, 中部の, 服部で, 横浜攘夷について, 神と, 通常世人が

▼ 部ばかり~ (10, 0.1%)

2 である 1 だそう, で十八円位, やるの, 得た今, 此の, 買った, 送つて來, 限定出版した

▼ 部たる~ (9, 0.1%)

1 マルクス主義から, 中軍の, 六波羅の, 小腹を, 本陣の, 歌を以て, 目付で, 議会に, 議會に

▼ 部とか~ (9, 0.1%)

1 いうべき種類, いずれそんな, その他の, 企劃部とか, 婦人たちは, 弓を, 研究室を, 鎧を, 隠目附

▼ 部とを~ (9, 0.1%)

1 そしてまた第, それぞれ同, よりだし服装, 傍に, 問わずその, 始終さすっ, 有し彼女, 有すること, 追って来た

▼ 部なる~ (9, 0.1%)

1 ものは, 使用人等と, 土師人も, 大歌所, 神の, 部曲さへ, 部曲を, 部隊が, 駆使丁の

▼ 部ほど~ (9, 0.1%)

1 刷って, 刷り上りを, 印刷し, 売つたので, 売れたりとて, 市場に, 残つてゐる, 残りたるを, 私版本として

▼ 部~ (9, 0.1%)

1 が頒布, しか賣れなかつた, でどの, でも刷つて讀者, で云, のうち百部, の多い, は五千七百, も増大

▼ 部としては~ (8, 0.1%)

1 この点, どんなこと, 六略で, 劉知幾の, 勿論この, 大坂表よりも, 現在まで, 経済や

▼ 部乃至~ (8, 0.1%)

1 三千部を, 上層部は, 二三千部位の, 二百五十部で, 五百部を, 演藝場である, 百部を, 軍全般を

▼ 部又は~ (8, 0.1%)

1 兵主部といふ, 執行機関に, 子代部の, 御名代部, 數十里或は, 穴穂, 部曲と, 隣國に

▼ 部~ (8, 0.1%)

3 の第 2 の方 1 にし, に關, の自

▼ 部皇子~ (8, 0.1%)

31 と手, の悲しむべき, はひそか, は怒っ, や宅部皇子

▼ 部など~ (7, 0.1%)

1 周囲の, 百あ, 百あっ, 称するもの, 言う村, 言ふ, 運動部を

▼ 部へは~ (7, 0.1%)

1 いつたが, ここから, ひつたこと, 入れなかった, 再び違約, 刻々視察隊, 十吉も

▼ 部~ (7, 0.1%)

1 となった, のもの, の伝令, の国際法顧問, の塩原参謀, の小使, の警報班員

▼ 部元親~ (7, 0.1%)

1 が何と, であったが, なるもの, の後裔ぢ, の抑え, の証文, は質子

▼ 部姿~ (7, 0.1%)

3 の戸川志摩 1 のやから, の町奴二人, の龍太郎, をした

▼ 部~ (7, 0.1%)

1 におくり, の柩造り, の烟, は出来, を知ツてい, を見るであらう, 燃えし煙

▼ 部教授~ (7, 0.1%)

1 で苦しん, の受持, は二三年前, または借, も日本部教授, も皆, をさずけ

▼ 部~ (7, 0.1%)

2 となり 1 であった記者, となった, の一人, の宿舎, の缶詰係

▼ 部だけを~ (6, 0.1%)

1 てかてか剃っ, 写した, 印刷した, 地中に, 繰り返し繰り返し, 遣つて

▼ 部であり~ (6, 0.1%)

1 およそ間違い, しかも墨家, その位置, わが国に, 気密室であり, 練兵場である

▼ 部とに~ (6, 0.1%)

1 分れて, 分れ屋葢, 取りつけ前方, 大別します, 氷嚢を, 類属し

▼ 部~ (6, 0.1%)

1 ノゾキ見, 丁寧ニ含嗽スル, 欠キシヲ, 見ニイラッシャラナイ, 見ニ行ク, 見ルノハ止メヨウカト思ッテイタノダガ

▼ 部全体~ (6, 0.1%)

1 がうまい, の印象, の恥, の責任, をただ, を蓋

▼ 部~ (6, 0.1%)

1 から話, が二十八日, が射殺, が茲, と一緒, にも逢っ

▼ 部~ (6, 0.1%)

21 属を, 輔以下の, 輔信春が, 輔縁定の

▼ 部彦次郎~ (6, 0.1%)

1 があわただしい, が正造, が起った, と山本栄四郎, は兇徒嘯集, を助手

▼ 部手写~ (6, 0.1%)

3 の望み, の発願

▼ 部済ん~ (6, 0.1%)

1 でから, でから例会, でから又もや, ですぐ, で新, で鳥鍋

▼ 部満員~ (6, 0.1%)

3 である 1 だ, だが, である渡辺はま子重ね

▼ 部~ (6, 0.1%)

5 にとりつい 1 の出來

▼ 部道九郎~ (6, 0.1%)

3 と云う 1 です, の妻, ばかりは全く

▼ 部~ (6, 0.1%)

5 の山田谷 1 とある

▼ 部~ (6, 0.1%)

1 が近い, にいる, の煙絶, へと行く, へ出る, もほど近い

▼ 部あたり~ (5, 0.1%)

1 でも大いに, につきささっ, にはよく, のゴミゴミ, の後方

▼ 部からも~ (5, 0.1%)

2 手伝いの 1 どんどん報告, 機体部からも, 航空部からも

▼ 部さん私~ (5, 0.1%)

1 がアノ顔形, は大変, は少し, は自分, は誠

▼ 部しか~ (5, 0.1%)

1 ないの, ない処, ない善い版, 売れなかったという, 売れなかつたといふ

▼ 部だけは~ (5, 0.1%)

1 スウツケイスに, 刷り上げて, 物々しい警戒ぶり, 見棄てて, 読んで

▼ 部だった~ (5, 0.1%)

1 からそれ, からただ, が戸, のか, のです

▼ 部~ (5, 0.1%)

2 んです 1 のである, のでどんな, んだろう

▼ 部などが~ (5, 0.1%)

1 あって, あまり試みなかった, ある, ここ次々, 喚きかかる形

▼ 部などの~ (5, 0.1%)

1 いは, 七将星の, 傳承, 部曲伝承に, 雑居という

▼ 部における~ (5, 0.1%)

2 道徳論を 1 有名な, 火災が, 遊牧民族の

▼ 部によって~ (5, 0.1%)

1 建設され得る, 彼の, 摘発された, 登路に, 部を

▼ 部に対する~ (5, 0.1%)

1 われわれの, 不信に, 手入が, 批判の, 適切なる

▼ 部のみ~ (5, 0.1%)

1 であった, でこれ, ならず盤, 年を, 残って

▼ 部または~ (5, 0.1%)

1 それに, 州立図書館の, 泥部と, 羽束部と, 調査所の

▼ 部~ (5, 0.1%)

2 山の 1 子古, 山に, 開始デ

▼ 部一家~ (5, 0.1%)

1 に拭う, に祟らね, の名, の権柄, の為

▼ 部~ (5, 0.1%)

1 トチリあり, 満員, 略して, 短く換, 行列で

▼ 部~ (5, 0.1%)

2 に就, に居た 1 になる

▼ 部~ (5, 0.1%)

1 お役田地並, から租借, の小, の手下伊左衛門, 即ち今

▼ 部皇女~ (5, 0.1%)

2 に作り 1 で皇女, の, の御名

▼ 部盛親~ (5, 0.1%)

1 だけが大名格, といずれ, などは町端, の二人, や毛利豊

▼ 部目録~ (5, 0.1%)

1 があつ, がある, の外, の現在一番, は單

▼ 部~ (5, 0.1%)

1 も変らず, 変らずくさり演, 変らずクサリ演, 変らずダレ, 変らず客

▼ 部総長~ (5, 0.1%)

1 がにぎっ, とを部下, と武田博士, の頭, を坪内士行

▼ 部補助椅子~ (5, 0.1%)

2 出切りの 1 が出る, が大分, が欠伸

▼ 部駿河守~ (5, 0.1%)

1 というの, の名, の屋敷, の後身, の麾下

▼ 部~ (5, 0.1%)

1 じゃ, てふ, など食用さ, の様, は秋

▼ 部かの~ (4, 0.0%)

2 客殿大和尚が 1 古寫本, 本に

▼ 部くらい~ (4, 0.0%)

1 でそれからまた, 刷った筈, 売れたであろうか, 残って

▼ 部じゃ~ (4, 0.0%)

1 あの人, で密, ないの, ねえよ

▼ 部であっ~ (4, 0.0%)

1 ても一二%, て中途, て之, て全く

▼ 部とが~ (4, 0.0%)

2 河北省を 1 あるが, 顔を

▼ 部なり~ (4, 0.0%)

1 ともわが, とも可被, 我疑, 百部なりの

▼ 部にまで~ (4, 0.0%)

1 おろされること, 出席した, 及ぶと, 確乎と

▼ 部に対して~ (4, 0.0%)

1 その一味, 一部の, 上演脚本選定に関する, 以前ほどの

▼ 部への~ (4, 0.0%)

1 報告事務を, 夜勤を, 注意五ヵ年計画第, 過渡と

▼ 部むろん~ (4, 0.0%)

4 大満員

▼ 部五兵衛~ (4, 0.0%)

2 の子, は先年病死

▼ 部以上~ (4, 0.0%)

1 の必要, も焼, 売れた, 売れると

▼ 部以外~ (4, 0.0%)

1 にも天, に制書類, のもの, 直隷

▼ 部~ (4, 0.0%)

1 親などが, 親へも, 親を, 親以来これが

▼ 部入り~ (4, 0.0%)

1 七分強か, 大入補助売切, 昼と, 薄し

▼ 部兵庫~ (4, 0.0%)

1 がその, はほっと, は四十, へ嫁ぐ

▼ 部写経~ (4, 0.0%)

3 をし 1 の悲願

▼ 部印刷~ (4, 0.0%)

2 して 1 したので, をし

▼ 部即ち~ (4, 0.0%)

1 凡そ二千冊が, 大臀筋, 此方で, 肥後國の

▼ 部~ (4, 0.0%)

1 とかと呼びなら, などが丁寧, の宮, の御

▼ 部及び~ (4, 0.0%)

21 これに, 一部しか

▼ 部売輪~ (4, 0.0%)

1 というもの, のごとき, の忠死, は実に

▼ 部大いに~ (4, 0.0%)

1 ダレる, 受ける, 客来る, 満員だ

▼ 部委員~ (4, 0.0%)

1 が地, であった私, になった, を勤め

▼ 部学校~ (4, 0.0%)

1 からどうか, では木彫り, というもの, の前

▼ 部~ (4, 0.0%)

3 の賓頭盧 1 で参詣

▼ 部~ (4, 0.0%)

1 たるメーリオネース, たる彼, はこ, また續

▼ 部左衛門~ (4, 0.0%)

1 の半身, の報告, は信玄, やある

▼ 部或は~ (4, 0.0%)

1 把柄に, 文化課といふ, 日置大, 日置部と

▼ 部手寫~ (4, 0.0%)

2 の望み, の發願

▼ 部曲民~ (4, 0.0%)

1 でも亦, の一部, を含ん, を私有

▼ 部朝夫~ (4, 0.0%)

1 である, と申します, と言う, に対し毒害

▼ 部殿~ (4, 0.0%)

1 か, の唯今, は降, まいると

▼ 部~ (4, 0.0%)

1 とある, というお方, に作り, の御名

▼ 部発行~ (4, 0.0%)

1 されたか, と見積れ, の五万分一, の五万分一地形図赤石岳図幅

▼ 部穴穂部皇女~ (4, 0.0%)

2 に作り 1 の, の御名

▼ 部終った~ (4, 0.0%)

3 のが 1 のは

▼ 部自身~ (4, 0.0%)

1 がそう, がウルトラ革新的勢力, が放送内容, が絶対反対

▼ 部補助~ (4, 0.0%)

1 は出てる, も出し切った, も出切っ, ビッシリ

▼ 部開設~ (4, 0.0%)

1 となり, についてはその, に当っ, の希望

▼ 部限定~ (4, 0.0%)

1 であるから, で刊行, の豪華版, の贅沢版

▼ 部ある~ (3, 0.0%)

1 といわれ, ほかに, ものは

▼ 部その他~ (3, 0.0%)

1 に喋ったらしく, に配置, の高官たち

▼ 部だけが~ (3, 0.0%)

1 働くの, 四円である, 見えるの

▼ 部だけの~ (3, 0.0%)

1 分を, 新年の, 運動では

▼ 部であった~ (3, 0.0%)

1 が名優, ことは, ところを

▼ 部においても~ (3, 0.0%)

1 そう古くからの, 日本の, 辛うじてこれら

▼ 部にかけて~ (3, 0.0%)

1 おびただしく腫気, 例の, 止めし仔馬

▼ 部もしくは~ (3, 0.0%)

1 冬の, 夷俘, 煙突の

▼ 部やっ~ (3, 0.0%)

1 てから, てすぐ, て新宿まるや

▼ 部よりも~ (3, 0.0%)

1 やや速い, 微弱な, 比較的に

▼ 部一人~ (3, 0.0%)

1 は遊び人, を抜かし, を禰宜卜部

▼ 部万才~ (3, 0.0%)

1 も, 乗らざりし, 段々馴れ

▼ 部~ (3, 0.0%)

1 が史部, が子部, を諸子部

▼ 部~ (3, 0.0%)

1 で一日, に公民等, に各部

▼ 部~ (3, 0.0%)

1 には日本学, の, 臣氏に

▼ 部今日~ (3, 0.0%)

1 から花井, は貸切, も八九分

▼ 部以下~ (3, 0.0%)

1 しか売れない, に激烈, の神職官人

▼ 部倉庫~ (3, 0.0%)

2 の扉 1 の扉締り

▼ 部~ (3, 0.0%)

1 版図の, 體が, 體を

▼ 部内の人~ (3, 0.0%)

1 で是非文章, なれば, にあらずし

▼ 部勤務~ (3, 0.0%)

1 の青年, をし, を命ぜられる

▼ 部名字~ (3, 0.0%)

2 必ずしも和會 1 と同じ

▼ 部土器~ (3, 0.0%)

1 とほとんど, と同じ, やその他

▼ 部地形図~ (3, 0.0%)

1 の信用, の恩恵, を利用

▼ 部~ (3, 0.0%)

2 ます 1 全くいかん

▼ 部夫人~ (3, 0.0%)

1 と云う, におよばれだった, は昔養母殺し

▼ 部~ (3, 0.0%)

1 からずっと, から道, へ急

▼ 部~ (3, 0.0%)

1 がやっぱり, ます, よく八分弱

▼ 部~ (3, 0.0%)

1 で性三宝, という, をきめたい

▼ 部平原~ (3, 0.0%)

1 が石狩川, も見, を有す

▼ 部当局~ (3, 0.0%)

1 から日本, は慎重, もそれ

▼ 部春子~ (3, 0.0%)

1 です, と云う, と分れ

▼ 部曲制度~ (3, 0.0%)

1 がわりに, の厳重, の変形

▼ 部~ (3, 0.0%)

1 などに見えた, の一つ, の目録

▼ 部~ (3, 0.0%)

1 を作製, を参酌, を発表

▼ 部省内~ (3, 0.0%)

1 の一隅, の当局者あて, の役人たち

▼ 部終り~ (3, 0.0%)

1 の弱い, 今日は, 大庭を

▼ 部肘等~ (3, 0.0%)

3 の露出個所

▼ 部近く~ (3, 0.0%)

1 で見附けた, なると, を襲った

▼ 部~ (3, 0.0%)

1 が今日, と云つて二百卷, の體裁

▼ 部関係~ (3, 0.0%)

1 の事, の事項, の職域

▼ 部附近~ (3, 0.0%)

1 に印せられおる, に小さい, に血液

▼ 部あり~ (2, 0.0%)

1 芸能, 英国の

▼ 部ぐらい~ (2, 0.0%)

1 だったでしょうか, 売れるの

▼ 部ここ~ (2, 0.0%)

1 からが全額, までは半額

▼ 部これ~ (2, 0.0%)

1 が又, を指揮

▼ 部~ (2, 0.0%)

1 へ具はる, まあ

▼ 部さん丸部さん貴方~ (2, 0.0%)

1 は再び, も口

▼ 部さん何~ (2, 0.0%)

1 うあっ, にも要らぬ

▼ 部さん此~ (2, 0.0%)

1 の探偵吏, の門口

▼ 部すませる~ (2, 0.0%)

1 と入浴, と黒田謙

▼ 部する~ (2, 0.0%)

2 のか

▼ 部すん~ (2, 0.0%)

1 ですぐ, でサトウロクロー

▼ 部そこ~ (2, 0.0%)

1 がなんと, に鎖骨

▼ 部その~ (2, 0.0%)

1 ほかの, ほか帷幕の

▼ 部だけで~ (2, 0.0%)

1 三四人あった, 佛法の

▼ 部だけに~ (2, 0.0%)

1 此魚の, 目を

▼ 部だって~ (2, 0.0%)

1 ひどい質問, 女事務員

▼ 部だの~ (2, 0.0%)

1 ッていう, 腰の

▼ 部であったらしく思われる~ (2, 0.0%)

2 人であった

▼ 部でなかつた~ (2, 0.0%)

2 事である

▼ 部とかに~ (2, 0.0%)

1 ゐられたさうでその, 暫く勤め

▼ 部とっくに~ (2, 0.0%)

1 売り切れワイ, 満員

▼ 部とて~ (2, 0.0%)

1 いみじき盗人, 前回武蔵野を

▼ 部とともに~ (2, 0.0%)

1 その免, 視察した

▼ 部とを以て~ (2, 0.0%)

1 彼女の, 我霊魂と

▼ 部と共に~ (2, 0.0%)

1 此の, 海城丸に

▼ 部などから~ (2, 0.0%)

2 宮廷の

▼ 部などでは~ (2, 0.0%)

1 かく危險思想, 沢山な

▼ 部などと~ (2, 0.0%)

1 四季の, 言われたもの

▼ 部などに~ (2, 0.0%)

1 入る者, 入れば

▼ 部などを~ (2, 0.0%)

1 訪問する, 調べて

▼ 部なら~ (2, 0.0%)

1 いま税関に, 肩に

▼ 部において~ (2, 0.0%)

1 ファウストは, 全線総

▼ 部においては~ (2, 0.0%)

1 彼は, 男子の

▼ 部についても~ (2, 0.0%)

1 この方, 秘密部についても

▼ 部にて~ (2, 0.0%)

1 ありしなり, 凡金弐百六拾円

▼ 部に関する~ (2, 0.0%)

1 物即, 私の

▼ 部のみは~ (2, 0.0%)

1 剥離する, 布にて

▼ 部へも~ (2, 0.0%)

1 その旨, 時々遊び

▼ 部まことに~ (2, 0.0%)

1 ダレたり, 淋しい入り

▼ 部また~ (2, 0.0%)

1 や, 頭領を

▼ 部までを~ (2, 0.0%)

1 喰い取って, 書いたという

▼ 部やっぱり~ (2, 0.0%)

1 八九分だった, 大汗

▼ 部らしい~ (2, 0.0%)

1 口調で, 顔を

▼ 部わし~ (2, 0.0%)

1 はこれ, はこんど

▼ 部を以て~ (2, 0.0%)

1 最后, 花糸に

▼ 部~ (2, 0.0%)

1 同ボーナス, 向評

▼ 部一族~ (2, 0.0%)

1 だ, に使われ

▼ 部~ (2, 0.0%)

1 が官軍, の遺骸

▼ 部三年生~ (2, 0.0%)

1 からは片山久寿頼氏, にて美文

▼ 部三斎さま~ (2, 0.0%)

1 に渡らせられる, の名

▼ 部三斎屋敷~ (2, 0.0%)

1 の方角, を言っ

▼ 部三部~ (2, 0.0%)

1 でもほしけれ, を通じて一二九

▼ 部~ (2, 0.0%)

1 助橘正雪張孔堂, 印

▼ 部五年生~ (2, 0.0%)

1 として登校, に世界

▼ 部~ (2, 0.0%)

1 の伏見, は皇族

▼ 部以西~ (2, 0.0%)

1 の日本, の海岸

▼ 部八分強~ (2, 0.0%)

1 だらう, の入り

▼ 部写さう~ (2, 0.0%)

2 との願

▼ 部~ (2, 0.0%)

2 の部

▼ 部~ (2, 0.0%)

1 で麹町辺, の物

▼ 部分類法~ (2, 0.0%)

1 の復興, の擡頭

▼ 部~ (2, 0.0%)

1 ができ, とし

▼ 部十部~ (2, 0.0%)

1 と街じゅう, と街ぢゆ

▼ 部印行~ (2, 0.0%)

1 したこと, すと

▼ 部厚く~ (2, 0.0%)

1 一面に, 巻込まれた錦絵

▼ 部司馬張脩~ (2, 0.0%)

1 とともに兵, と五斗米道

▼ 部合奏~ (2, 0.0%)

1 がはじまった, ともいうべき

▼ 部合奏曲~ (2, 0.0%)

1 は始まった, を奏し

▼ 部土器等~ (2, 0.0%)

1 が其所此所, を例

▼ 部増刷~ (2, 0.0%)

1 される事, したという

▼ 部売れる~ (2, 0.0%)

1 が君, とも言わない

▼ 部~ (2, 0.0%)

2 の部

▼ 部大学~ (2, 0.0%)

1 で教, と外国語学校

▼ 部学生~ (2, 0.0%)

1 が, として入学

▼ 部~ (2, 0.0%)

1 の長瀬澄江さん, はなおさら

▼ 部寫さう~ (2, 0.0%)

2 との願

▼ 部寫經~ (2, 0.0%)

2 をし

▼ 部専修科~ (2, 0.0%)

1 があります, は一部

▼ 部岡江雪斎~ (2, 0.0%)

1 と云う, も捕えられ

▼ 部広間~ (2, 0.0%)

1 にいた, の扉

▼ 部座員~ (2, 0.0%)

1 とはいえ, に昇進

▼ 部形式~ (2, 0.0%)

1 あるいはソナタ形式, と称する

▼ 部技手~ (2, 0.0%)

1 に任, を罷めた

▼ 部~ (2, 0.0%)

1 の予想, の防禦力

▼ 部~ (2, 0.0%)

1 の隅, の障子

▼ 部時代~ (2, 0.0%)

1 の仲間, の舊校舍跡

▼ 部更に~ (2, 0.0%)

1 各官庁, 局部から

▼ 部~ (2, 0.0%)

1 にし, の妻

▼ 部生活~ (2, 0.0%)

2 の清浄さ

▼ 部発表~ (2, 0.0%)

1 のニュース, 第一号

▼ 部~ (2, 0.0%)

1 よばれボーナス, 行く

▼ 部相当~ (2, 0.0%)

1 な満員, ふざけハネ

▼ 部神社~ (2, 0.0%)

1 が神大根王, というの

▼ 部~ (2, 0.0%)

2 の部

▼ 部立て~ (2, 0.0%)

1 て猪鹿, や解釈

▼ 部経中~ (2, 0.0%)

1 の悪鬼羅刹, の無量寿経

▼ 部~ (2, 0.0%)

1 あげて, あげるにや

▼ 部~ (2, 0.0%)

1 本家から, 本家の

▼ 部~ (2, 0.0%)

1 演し, 演つく

▼ 部興行~ (2, 0.0%)

2 で昼

▼ 部~ (2, 0.0%)

2 之助

▼ 部~ (2, 0.0%)

1 密報せられたる, 見る間

▼ 部迄の~ (2, 0.0%)

2 間に

▼ 部通り~ (2, 0.0%)

1 は目, まで愛情

▼ 部造等~ (2, 0.0%)

1 によって統率, に姓

▼ 部選手~ (2, 0.0%)

1 が申し合わせ, に急

▼ 部~ (2, 0.0%)

1 があり, または丈部郷

▼ 部間人王~ (2, 0.0%)

2 と書い

▼ 部関係者~ (2, 0.0%)

1 および新, の規則

▼ 部集まっ~ (2, 0.0%)

1 てみた, て九月

▼ 部雑戸~ (2, 0.0%)

2 なるもの

▼ 部~ (2, 0.0%)

1 に迎, の家

▼1* [817件]

つてその, 部あく昼夜共大満員, 部あすこもやめたい, 部あって一部, 部あったのが, 部あつな記録, 部あのやさしくて, 部あらざるはなし, 部あるいは神仏同体が, 部あれほど呼んだ, 部あんまりい, 部いつもの通り, 部いまは第, 部いわゆる職人見習いの, 部えらい声だ, 部および中間側窓と, 部かえって来た部, 部かは日本にも, 部かも知れないとね, 部からと翼端からと, 部かを作つて配る, 部がいはひ, 部ぎっちり大満員, 部くさり演神田千鶴子来訪名古屋からの土産, 部くらゐを, 部くらいは売れて, 部ぐらいの家に, 部ぐらいは大して時間, 部ぐらいまで進んで, 部ぐらいを一時は, 部ぐらゐでもいいから小册子, 部こそは千叱, 部こちらから入れた, 部ことごとく大皿様の, 部こまったことに, 部在学の, 部ごときに至, 部さま蔦之助, 部さんオヤ先ア傍腹を刺された, 部さん丸部さんオヤ先ア傍腹を刺された, 部さん今夜の女, 部さん今日はどんな, 部さん先刻秀子を引き立てる, 部さん南洋へいつ, 部さん合点が行きました, 部さん是ならば, 部さん浦原浦子の失踪, 部さん肝腎の私自身, 部さん達はまだ, 部しずかに伊那丸, 部じゃというて, 部じゅうに響いた, 部すぐ始まる, 部すっかり声が, 部すむと軍人会館, 部すり第三版, 部すんだのが, 部すんで表へ行き, 部ずつ版を, 部ぜんたいの天井, 部そして第三部, 部そちはわし, 部その他専門部をもっ, 部それぞれあって, 部そろって優勝, 部たり寺院の, 部だつていろ, 部高拾石以上, 部やない, 部づゝ作られた, 部のは, 部であるらしくも思われた, 部であろうとは夢, 部でございますが赤塚樣, 部でござんしょうな, 部でしたそうして貪慾, 部でという風で, 部でなかったことも, 部での仲間だった, 部というは何者であろう, 部といった風に, 部とおつしやる, 部とかには出て, 部とでも話すよりは, 部となつてゐた, 部とにおいて四種だけ, 部とにおける広さ, 部とやら編輯局とやらに, 部どうじゃその, 部なぞの教えに, 部などによって現わ, 部などは扶持離れの, 部などへ厚く報謝, 部などまで傷を, 部などもさう, 部ならびに読者へ, 部なりしことを, 部なりのものを, 部なるべしという栗田翁, 部なんぞお取り, 部なんてのが, 部にあたって引きつるよう, 部にあたる左側客席の, 部にかけてのガリッシュな, 部にたいして強圧的な, 部にだけはどんな口, 部について一考せね, 部についての問題を, 部につき執筆し, 部にてもよこしたまえ, 部にでも入れるべきもの, 部にとって全く失敗, 部にとっても何らかの意味, 部になつて來た, 部にわたって能う限り論理的, 部にわたり打撲様の, 部にをりますの, 部に従って観戦し, 部のみが間人階級の, 部のみにても絵像木像金像仏器仏壇等幾百種ある, 部のみの事で, 部はじめ各室ともタイピスト, 部はち切れる満員, 部はといえば, 部ははッは, 部はへいきな, 部ばかりとまた外, 部ばかりに止らず自由, 部ばかりも賣れた, 部ひとりは深編笠, 部ひるより一寸客, 部へでもはいろうかと, 部ほどしか刷らなかつたといふ, 部ほどを知友に, 部までにその魔手, 部までは十町ほども, 部までもある, 部みなそれぞれ名器の武将, 部はどっち, 部めがけて砲撃, 部もう満員, 部やはり大満員, 部やるため残り, 部すべったに, 部よく笑ふ, 部よまれている, 部よりは遅れて, 部らしく諸国の, 部わきのアーチ, 部わけし早く, 部わりに早く, 部わりによく入る, 部をがあんと, 部をも細閲し, 部をもって事黎を, 部を通じて一二九といふ, 部アカハタが二部, 部イキな客, 部イロハは中, 部オルグのメーラ, 部カシュミールの首都, 部カステラ天草物産ツクダニ等々とある, 部カットした分, 部ギッシリ鮓詰である, 部コム・アカデミイの芸術部, 部サマカラ若君ヘ申シアゲテクダサイマシ, 部サラッと済ませ, 部シナの部, 部ショクタク情報局ショクタク保護監察所のエライヒト, 部立ち上がれ, 部トチる奴, 部トチリあり, 部重壓感ガアル, 部ノート部帳簿部万年筆部といった風, 部ポクロフスキー哲学部の候補, 部ヤクーツク地方で前, 部ラジオ研究部美術研究部政治研究部などがある, 部ロクローが声, 部・名部の設立, 部一々ひると, 部一人頭より高く, 部一同集めて, 部一味の目, 部一外交記者で政党方面, 部一家丈部三家を録, 部一帶の地, 部一年生であった私, 部一年級の女, 部一念斎であった, 部一族強敵に相違, 部一杯である, 部一派横山浜川の手の者, 部一紅追悼登山の納め, 部一行は早く, 部一門の見物, 部七五〇法というよう, 部七分か, 部七分弱か六分, 部万年筆部といった風, 部万部の経典, 部があつ, 部丈全文をお, 部三万三千巻にのぼり, 部三人が差遣, 部三十万部では, 部三十部五十部心ある女たち, 部三回目をやる, 部三国に外従五位下, 部三家を録, 部三年の学生, 部三斎さまあ, 部三斎どののため, 部三斎様といえ, 部三斎隠居して, 部三斎隠居屋敷通用門の潜り, 部三斎駿河守の昔, 部三益の一人トーキー, 部三部授業を行っ, 部上層は子, 部不快感とか不眠, 部世間に流布, 部丞門屋助右衛門寺村半左衛門, 部両省合併で不二麿, 部中世ではスコラ哲学, 部丹羽浮田島津は如何に, 部主事の杉本春喜さん, 部主事小山内薫先生は昭和三年十二月二十五日午後七時, 部主人が何, 部主任佐瀬龍之助, 部主任山田健三氏の従兄, 部主任技師夏見俊太郎は病, 部主任記者たり次, 部主催で芝居興行, 部主要部を合併, 部九分弱の入り, 部九号法廷に同伴, 部九時近くから, 部事務官木村清次郎氏は初対面, 部の六四三頁, 部二万フィート近い深海, 部二十万分の一の地図, 部二十万分ノ一の地図, 部二十粍傾斜部五十三粍砲門は八吋速射砲二門, 部二戸郡福岡町附近の爾, 部二百部では, 部二軒の屋敷, 部二階のつっ, 部五万分の一の丹波, 部五万分一図を案ずる, 部五万分一地形図を一枚一枚, 部五六名連れて, 部五六名成田のカスバ, 部五分の入りお花見日和, 部五十三粍砲門は八吋速射砲二門, 部五十部心ある女たち, 部五郡を賜わった, 部井汲がそれぞれ各部編集責任者, 部大満員, 部人里はなれた, 部人麻呂の, 部今回は休む, 部今度は震災, 部入部等, 部仕上げて居た, 部仕立候値の大略, 部は大した, 部付帆村荘六氏へ次, 部代入手さつ, 部代表作であるだらう, 部企画院東亜研究所などの大, 部伊勢の歌, 部休演と定めた, 部会議を意味, 部伝説にはよほど, 部であっても, 部うも, 部何れも横, 部何万部刷ろうとも, 部侍郎黄観蘇州知府姚善翰林修譚王叔英翰林王艮淅江按察使王良兵部郎中譚冀御史曾鳳韶, 部にとりたてられた, 部保護具をつける, 部倭國の條, 部傭員となっ, 部についても言えるであろう, 部元親どのは瀬戸内, 部元親加藤嘉明九鬼嘉隆等も各々, 部元親加藤嘉明等の水軍, 部元親式目とか黒田長政遺言, 部元親盛親の父子, 部充分ふざけて, 部先づ超満員, 部先生ね, 部ですよ, 部入口の標柱, 部入江たか子と田村来訪, 部全く暑いマント, 部全くよく入って, 部八分の入り南座の顔見世, 部八分強位の入り, 部公開法廷に出廷, 部六人連れて, 部六年に在り, 部六部のなり, 部に客がわり, 部兵庫どのが, 部兵部刑部工部の給事中, 部兼大蔵少輔, 部兼大蔵大輔にあてた, 部兼學藝部に二年, 部兼文部省なるもの, 部内斎藤法務官殿に引渡します, 部内臓を覆う, 部内高は二百五六十程度, 部再版したこと, 部写して千人, 部写すとかいってる, 部写そうとの願, 部冥官冥衆も驚き騒給ふらん, 部凡そ熱し, 部凱旋の祝砲, 部出すといふ危険, 部出版の輯製甲府号, 部出版遅延の言訳, 部出陳として美術, 部切口における断面積, 部刊行しただけ, 部刷って創刊号, 部刷ったそうである, 部刷つたと聞い, 部刷つて三百五十部ほど売つた, 部刷るという話, 部刷ろうとも失われた, 部刺傷であると, 部部長ウオルタア・ノウトンは, 部力学は物体, 部加藤雄策来り, 部動力学は運動, 部勢力の防火壁, 部勤務兼熊谷工場営業部長という肩書, 部十人ばかり集った, 部十幕の大作, 部千文の作, 部千部を印刷, 部協力して, 部大歌所, 部卿以来三舟に乗る, 部卿光経どのの所, 部卿入道も撰択, 部卿家歌合せなどを中, 部卿播磨守で敦忠, 部卿時長の子, 部卿皇大皇后宮大夫源俊明, 部卿範光という人, 部卿長房卿は明恵上人, 部厚生部の仕事, 部参謀にやかましい, 部参謀長との宅位, 部及頸動脈等も外部, 部取つて有馬, 部取締三名何日午後一時本部総長室に出頭, 部迄進軍, 部司令官黒井将軍より来示, 部司法省らと連絡, 部司馬に叙せられた, 部別に, 部各々頭を絞った, 部各区隊の完全, 部各地に散在, 部合唱農民道場の歌, 部合宿所とまた, 部吉川町三の福若松, 部學年の, 部同様別の部民, 部名人会の連中, 部名字式に變つて來, 部名部が在, 部咲耶子などがあらためて, 部咲耶子蔦之助, 部とかお, 部問題はウヤムヤ, 部嘱託の橋川氏, 部四〇万平方キロ一帯の寒い, 部四十四巻あった, 部四百六十巻其他を将, 部国書刊行会本の武術叢書, 部国立出版所作家団等が協力, 部土人の原始社会, 部地方への品, 部に入った, 部声色源之助だけやっ, 部売ってレーニングラード, 部売れば償える, 部売れたというちょっと, 部売れたら日本の, 部売れるなら収支が, 部売切れた場合著者の, 部夕方までに発送, 部女を, 部多かと思う, 部多く白きものに, 部多磨太といっ, 部の部共, 部夜叉部等の修法, 部大した満員だ, 部大入満員である, 部大入満員二円八十銭に値上げ, 部大分招待も出, 部大半出来自分がモンパルナス, 部大夫広綱, 部大夫守朝を呼ん, 部大夫行光さまだけが伺候, 部大腿部にかけておびただしく, 部大蔵大輔大隈重信と少, 部大輔さんにお願い, 部大輔兼大蔵大輔従四位守管原朝臣重信, 部大輔名は昭武, 部大輔様箱館討手被為, 部大輔菅雄と云, 部大輔遣外副使として在米中, 部大輔非常に困, 部大辻の芝居, 部大辻何の芝居, 部天然資源局の好意, 部太夫あり, 部太夫外国奉行喜多村瑞見などの, 部太田恒三郎の壮行会, 部太田恒次郎の父, 部奈良井主水, 部奉行や浜川, 部奏覧を終え, 部女史のはなし, 部女子部全體, 部女子部掛け持ちの男, 部女王間人皇女などこれ, 部女生徒と呼ぶ, 部妙典を勤行, 部始まり舞台へ, 部のもの, 部委員たちは大忙し, 部委員長丹波敬三博士の五男, 部子古は奈良, 部子春丸あり, 部字トナッブ原野ですな, 部學生への講義, 部安南部と分れ, 部完全なる満員, 部宗家の正, 部客ワンサ入ってる, 部客席に久米正雄氏, 部宮内少輔盛親, 部宿禰の為事, 部寺女の語, 部専習科の主任, 部専門の大, 部將甘英を派遣, 部將等よ, 部地区, 部小学校の校長, 部小春小ぎく, 部小松島巡査派出所及び関西汽船株式会社名, 部小池赤生原より西道, 部尚書兼文淵閣大学士徐文定公墓前十字記, 部尚書厳震安南, 部尚書賈魯を遣わし, 部尚書陳廸刑部尚書暴昭礼部侍郎黄観蘇州知府姚善翰林修譚王叔英翰林王艮淅江按察使王良兵部郎中譚冀御史曾鳳韶, 部を爲す, 部に飛び込ん, 部の民, 部山岡二氏報知の山村氏, 部山崎勘解由等これに殉じた, 部山形県の山寄り, 部山県蔦之助, 部ではハマクラ, 部を紅, 部工芸品部には日本刀, 部からぬ, 部左下です, 部左側には三部, 部左右に相対, 部巻六従鎮西上人依観音, 部師皆黄巾を著, 部平田第四部井汲, 部幹事はいたく, 部府庁の特高課, 部座談会というの, 部建築から翼, 部廿人が附属, 部ヲ於菟ニ西半部弱, 部ト云旅人人馬断所々の, 部彙考七に明朝, 部彦次郎さんの話, 部彦次郎一人を連れ, 部彦次郎等が席上演説, 部のほか, 部れが, 部律部をおさめた, 部徳利に詰め, 部ある女たち, 部志望が多い, 部応護の眦, 部情報局の分, 部意外や空席, 部を完うしよう, 部憲通先生が沖縄県師範学校, 部ひは, 部或いは駆使部の, 部所在地は新, 部所載の, 部所載源公忠の, 部手荒なこと, 部技師である, 部にては不興, 部投票させる, 部担当者としてつまり, 部粛の, 部捜査第一課長, 部捜査課員を総動員, 部捜査課長たる足下, 部授業を行っ, 部掛け持ちの男, 部揃って出かける, 部換言すれば, 部摩理勢などが其の, 部操縦室監視所弾薬庫各士官室, 部支那部安南部と分れ, 部改革運動に限っ, 部政太郎と共にこの, 部政治研究部などがある, 部政治部その他専門部をもっ, 部教授歓迎会其又明日は, 部教育部等を刺戟, 部整理部配達部が調子, 部數三〇〇部といふ, 部文化部などがあっ, 部文学グループへ提出, 部文学科刷新の事, 部文科の一部門, 部文芸部と移っ, 部文部両省の合併, 部文雄氏は, 部既に満員である, 部祀部, 部日本の部, 部壮年期の, 部早目に終り, 部早稲田大学のエール, 部明神なるもの, 部昨日より又, 部暉峰さん景年さんの塾, 部曲さへ出来た, 部曲その他の神人, 部曲人の称, 部曲伝承に近, 部曲伝来の詞章不明, 部曲固有の利権, 部曲家門に専属, 部曲民賤民等の如き, 部曲珍らしい才技, 部曲等の名, 部曲解放以前にあっ, 部書目録及び七志, 部最高経済会議は先ず, 部朝夫氏へ売り渡した, 部朝日が八十七部, 部朝秀の亡霊, 部朝臣仰せを受け, 部隠龍太郎, 部本朝の部, 部て一夜, 部来ましたがとっくに, 部杭州で買つて, 部東京憲兵隊東京市役所東京府庁警視庁の協議, 部東宝古川緑波一座主任ヲ命ズ, 部東洞院姉小路に住ん, 部松岡中尉の誘導, 部枕元に置き, 部柔道部の部員, 部が天, 部柳町の坂, 部植物類の, 部楽劇として作った, 部や長, 部権太輔両人遠島の命, 部横六寸五分程の製本, 部横塚糸井小野たち数名がいた, 部横尾谷より来る, 部機能の自然的活動, 部次長千種十次郎はアルコール, 部歌集にならう, 部止めるなッ, 部止りに過ぎず, 部正味二百五六十部の製本, 部正木も少し, 部んど, 部殊に京阪などには, 部殺しと言う, 部殿庫裡の方, 部毎日が六十八部, 部毛利島津等和談に応じた, 部氏持統天皇の三年己丑誕生, 部氏為徳川氏旧属, 部民部やある, 部水泳選手のドミトリー, 部水産課の技師, 部永島山本稲村谷津は官吏抗拒罪, 部永江梅子松本美保子渡辺友次沢田栄一四氏の編集記事, 部汗大変だ, 部汗演して, 部法廷で第, 部洞元部洞神部の名目, 部洞神部の名目, 部流開祖で十人衆, 部混雑して, 部済まして上山, 部済ませるとすぐ, 部渓谷へ降り込む, 部渡辺セリフを突如, 部渡辺篤出て, 部満々員片岡千恵蔵来訪又, 部満員札出るマダム, 部滿十郎はさ, 部瀬戸内の海賊たち, 部無常の部, 部煙草売り雑多, 部燈火の點, 部燈火管制のわり, 部父子に軽く, 部特にハワイ島には, 部狂言短くて, 部独立の蓋然率, 部独裁の態度, 部猪麻呂というもの, 部王間人穴太部女王間人皇女などこれ, 部理事である人, 部甘利左衛門などの隊, 部の試験答案, 部の二一六, 部畢生の軍配, 部畳むと床, 部痛風にかかっ, 部第四〇二号, 部発表南及び北関東地区, 部なまたは, 部皇后の宮, 部盛親様などへも秀頼公, 部相撲が始まった, 部相撲部の連中, 部省あたりの同僚, 部省主計寮大蔵省宮内省大膳職内膳司主膳監等式又見, 部省奉職の日, 部省直轄の学校, 部省社寺局のごとき, 部根の, 部真宗部等と次第せり, 部真田幸隆等に一万二千, 部石本参謀の斡旋, 部確立の話, 部祖師部に分れ, 部の梵名, 部神主等のとり, 部神事の常, 部神経痛で多少, 部の三人, 部秦久麻をその, 部には乳部, 部また少なから, 部種族のあつ, 部穢麻呂と改められ, 部ひが, 部等これを奉ぜざる, 部等皆直ちに友造, 部箕輪及び東京谷中延命院脇, 部管理の下, 部管理部抔にては不興, 部系統に属する, 部細く体重けれ, 部終ったら六代目見に, 部終戦後数年たってからの, 部組織の改変経路, 部経済科学局でもこれ, 部經中の字, 部維持費五銭積立の件, 部でありましょう, 部編制改革がこの, 部編纂の, 部繪島殿とある, 部置部など書いたひおき, 部美術研究部政治研究部などがある, 部卅五年三月には, 部職員父兄を招集, 部職業組合集団農場中央部の完全, 部胆振国山越郡八雲地方では明治, 部から膝, 部胸腹部両脚という順序, 部といふもの, 部脱落と副詞, 部腰胴へと締つて行き, 部自体に於, 部自弁して, 部臼杵病院を手玉, 部與曾布の, 部舞台でもくさい, 部船室の数, 部艦底より浮び, 部に成つ, 部花咲ける野, 部芸能課長といふ椅子, 部若くば個人, 部若し紅葉独得の, 部菊子さんなど各, 部菊田が毎日出勤, 部になった, 部衆おのおの青銅の, 部衆二組の四天王, 部衆傑僧の諸, 部衆十大弟子, 部衆天竜夜叉の次に, 部衛生部政治部その他専門部をもっ, 部製品部仕入部等, 部要綱も後れ, 部見習の毛利豹一, 部親王の邸跡, 部解散赤坂ローヤル館公演ローシー帰国かうしたオペラ, 部記者パット・シェパアドだ, 部記者尾崎咢堂が五ツ紋, 部記者社会部長学芸部長編集局顧問と働き続けた, 部訪問になど自分, 部設置の必要, 部評論集十余万部が読まれ, 部詰めだった, 部読まれた方が, 部誰誰と五人, 部大人早々, 部諸州の俗信, 部講堂などに相応, 部講師大谷大學の教授, 部講演会兼展覧会をやった, 部講談や漫才, 部議長になっ, 部讀賣が十三部, 部を飼う, 部豫科に入, 部約, 部貧困成って, 部ぬく激し, 部買ってでもおい, 部として, 部賦枳という人, 部購買組合無料医療部等もあっ, 部起草の追悼文, 部満員よく, 部軍医部への報告事務, 部転読でよかろ, 部輔様や同家, 部の一種複雑, 部辺りにある, 部送って下さる, 部通信市内通報員の電話, 部が連姓, 部造人麿という者, 部連中は日本内地, 部連中謝罪に来る, 部連石布蝦夷を以て唐, 部道九郎さんですか, 部道心わか尼のうれひし, 部道者と合い, 部道足とか村田春汀, 部選手三人は争つて拳固, 部選手某に謝罪, 部選手越水とその, 部郡七戸牧同宇曾利郷中濱御牧等, 部部落以外に自分, 部部長代理の井上氏, 部配ゑたゞけでは適はぬ, 部配布されたと, 部配達部が調子, 部野一片の烟, 部野呂第三部平田, 部金五郎という大, 部鉢屋と茶筅, 部銀行部それぞれあって, 部長尾新輔, 部開ク事短ク, 部開演前に満員, 部の距離, 部間人の母后崩, 部間人皇女とある, 部附属の木工場, 部限り印行十八箇月内に完結, 部限定版とし, 部の一尊, 部随分客を, 部雅楽福羽美静らの平田派, 部集まりトリの, 部集炭俵の中, 部のため満員, 部霧島山麓の村, 部露出狂のよう, 部青年部などもさ, 部非常に高い, 部音楽研究部ラジオ研究部美術研究部政治研究部などがある, 部領使が上申, 部領使某の従者, 部領小稲荷の地, 部頻りに御自愛, 部風景が著しく, 部飢饉し牛, 部首脳が駆けつけ, 部駐屯軍の六倍, 部駿河守家中のため, 部駿河守父三斎隠居の身, 部驚くべき不入り六分で, 部高坏土器を, 部高抔土器を, 部高等学部のほか, 部高野詣り道者, 部甘品遲部