青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「郡~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

避け~ 避ける~ 邊~ 邦~ ~邪魔 邪魔~ ~邸 邸~ 郊外~ 郎~
郡~
~部 部~ ~部下 部下~ ~部分 部分~ ~部屋 部屋~ ~部落 部落~

「郡~」 4290, 46ppm, 2527位

▼ 郡~ (995, 23.2%)

8 太守に 7 条に 6 城を, 村 5 山田谷から, 方へ 4 名が, 地を, 方で, 有志が

3 [11件] ある村, 中に, 人で, 境を, 山, 山村では, 山村にも, 東南隅に, 海岸の, 生れで, 者で

2 [49件] うちには, うちの, さる池, わなさ, 一地方に, 一章に, 一部で, 中央に, 人が, 今の, 住家を, 兵は, 内に, 北に, 南端に, 名を, 城に, 城の, 報知に, 境に, 境界の, 大領, 大領道島大, 太守馬遵は, 奥の, 守りを, 官吏共でも, 將に, 小正月の, 山中には, 山地に, 山間に, 平泉に, 平野が, 平野中に, 広さ, 庄屋が, 方に, 村に, 条にも, 某村, 海岸に, 生れな, 産で, 袁, 農民が, 部に, 陸遜, 高麗家と

1 [811件 抜粋] あたりを, あった場所, あらましは, うちすでに, お生れ, ことだ, ことに, ことを, さびしき村落, さまざまな, さる人の, しるべを, その内, たった一つ, は後, ひろい山野, めぐりにたて軒ば, ものであった, ものは, も十万分一だし, ように, イタズイコなどは, イルギ最上や, エヌギ鹿角郡の, ソウヤー仮, タケスカナ福井県大野郡また, ツギツギグサなどは, ニューラリアには, ネブタ流しが, ホロカナイを, マタギの, マンナカあたりの, 一丘を, 一城主だった, 一揆は, 一村に, 一村夫である, 一端を, 一郡が, 一部, 一部では, 一部に, 一部においても, 一部の, 一部は, 一部信里村の, 一部分である, 一部分に, 一部豊平村などでは, 一青年ばかり, 七騎とか, 三ヶ村の, 三ヶ谷, 三十五ヶ間切の, 三宅村鶴野といふ, 三峰神社や, 三要地を, 三輪山, 三郡ほとんど, 下には, 下保で, 下牧から, 不動倉の, 不知哉川の, 両郡, 中で, 中山北の, 中心を, 中心地であり, 丸畑という, 主に, 主の, 主予は, 久下弥三郎時重だった, 久枝村から, 二川を, 二方面からも, 五島から, 交趾, 交通不便の, 人である, 人と, 人へ, 人口戸数も, 人夏侯惇夏侯淵という, 人珂是胡に, 人華陀という, 今木と, 仕丁が, 他の, 仙台か, 代官手代が, 令史が, 伊良虞崎あたりで, 伊達家の, 伎倍の, 会員田中正夫君から, 伝説は, 住人です, 住人弥次郎入道, 住民は, 佐治とか, 佐竹, 何村の, 例は, 侵入者や, 修験者の, 傍丘は, 僻地である, 元禄図は, 入江なども, 八尾地方で, 八握, 八木の, 公立学校を, 六角牛山では, 兵も, 兵隊を, 内である, 内残る, 凶作地を, 出淵などで, 出身だ, 刈和野へ, 刑務所と, 利根官林は, 加地庄の, 勢いと, 北境小里村と, 北山に, 北畠の, 北端ちかく, 北端淀川と, 医師を, 医師会が, 医師会長の, 半島にも, 南に, 南半たる, 南宮神社と, 南端なる, 南部地方や, 南部大軽の, 原を, 古刹で, 古橋村と, 古風の, 各地から, 名その, 名に, 名の, 名や, 名称が, 吏に, 呂布を, 和田とか, 唐泊より, 喬瑁と, 喬瑁などと, 四万の, 四浦村と, 団長なんか, 囲みも, 図に, 国幣中社大物忌神社同, 国樔村は, 國道筋に, 土兵五千人を, 土地へ, 土民の, 土筆採りの, 土豪に, 地で, 地には, 地は, 地主で, 地主でし, 地主フョードル・パーヴロウィッチ・カラマーゾフの, 地図と, 地方は, 地理にかけては, 地頭や, 垂水の, 城から, 城が, 城へ, 堀之内の, 塩崎あたりまで, 境町の, 増太郎と, 士を, 多加意加美神社, 多田の, 大倭村が, 大半が, 大半も, 大善院へ, 大宝寺, 大屋に, 大島でも, 大川神社大和国吉野郡十津川の, 大洲宇和郡の, 大琳寺, 大神郷, 大藩荊州を, 大雲寺といふ, 大雲寺の, 大領伊治公呰麻呂の, 天の, 太守たる, 太守へも, 太守喬瑁, 太守王匡, 夷族は, 奉行所へ, 奥に, 奥には, 如きは, 妹尾町や, 姫社之, 存亡に, 学校の, 孫堅を, 宇頭今村を, 守護大名らしい, 官権の, 富山村あそこぢや, 富来村の, 封を, 射立兵主神社, 将軍沢須賀谷を, 小坂井に, 小城から, 小学校では, 小岩村伊予田に, 小島添山前川の, 小河内村が, 小清水, 小金ヶ原に, 小鳥谷村の, 少領以上, 居城から, 山づたいに不破へ, 山で, 山の, 山また, 山中あたりを, 山中へ, 山伏の, 山住神社備中国今津の, 山奥に, 山奥大吉寺へ, 山川の, 山村などは, 山村を, 山田町の, 山賊百余人が, 山間にて, 山間にも, 山間二里余り村落の, 岩手城に, 岩松村が, 峰, 嶐郷村であります, 川之江新居郡の, 巡視を, 工業も, 常盤館は, 平田村で, 平蔵という, 平野の, 府に, 府城へ, 張脩反す, 役人として, 役所の, 征途に, 径路から, 従事という, 徼より, 心ある, 恥辱だ, 意で, 愚夫, 成立とても, 或る, 戡定も, 持福寺に, 捜査の, 接壌地方であり, 推官と, 政庁を, 救援について, 敗報である, 敵は, 數が, 方の, 方を, 方言誌に, 日置村とか, 旧幕領とが, 旻楽の, 時亦, 普寛行者, 月, 有志の, 有智山蓮城寺, 朝日山に, 末吉という, 本庄や, 本拠を, 本荘西方から, 杉阪という, 村であった, 村上家と共に, 村落では, 条を, 東, 東十里の, 東南に, 東条村などで, 東部即ち, 東郷村の, 松求麻辺にも, 某々の, 柳生寺に, 柿野という, 栗原氏河内の, 梅本村へ, 植野犬伏界高山下都賀郡の, 検田についてすら, 櫛引村にも, 正保図には, 武士が, 母里村の, 毛野吾妻久野安蘇郡の, 民として, 民心に, 民政等は, 水と, 水産会では, 水郷で, 池谷村の, 沃土から, 治務に, 浄法寺村などで, 浦, 浪打村鳥越が, 海上屋久島に, 海岸で, 海岸などでは, 海岸を, 海角である, 海近く, 涸沼である, 深山田, 清澄の, 湯谷村や, 漁業家, 無宿の, 熊山と, 片田舎に, 物産として, 狩宿も, 玉山村という, 玉川村長光寺という, 琵琶湖との, 生まれ李玄石と, 産か, 田住某に, 田川則武と, 田植歌にも, 田港の, 田茂山は, 田辺の, 由木村の, 町に, 町村長数十名の, 當麻, 白河などにも, 白髪部猪麻呂という, 百姓が, 百姓だった, 百姓に, 皇足穂命神社である, 盆の, 相馬一族, 睦合村のが, 知事や, 石見銀山の, 社に, 神前を以て, 神流川上流上野村の, 禅僧某が, 福地郷は, 福田で, 私の, 秋風である, 穂高の, 穴井に, 窯であろう, 立山を, 竜神へ, 笠寺と, 笠間町山内那珂等に, 糜芳とは, 結城や, 総代たるべき, 織田与市海東郡津島の, 義であろう, 者とか, 興廃を, 芝根村地先で, 花若, 草原地には, 草野の, 荏原屋敷が, 荏原屋敷の, 荒沢不動に, 蒜間, 蒜間江で, 藤原村へ, 藤原氏どもは, 蜂須賀村まで, 被害地の, 被害地を, 西へ, 西方に, 西条越智郡の, 西谷田大島渡瀬多々良の, 西野内や, 要害へ, 視学として, 覚明行者が, 許, 諏訪又は, 諏訪明神の, 諸島は, 諸村に, 諸武士, 謝鯤は, 警官を, 警察官にとって, 警察署長に, 警察署長は, 豊里村では, 貉は, 越知山という, 車力村稲垣村西津軽郡の, 軍官民の, 農村の, 辺りにも, 造酒屋畑中正作の, 連合団長を, 連合青年団長でも, 那邊に, 郡吏青木某という, 郡境であった, 郡奉行に, 郷内に, 郷土誌を, 配所に, 醒が, 野に, 野村という, 野路を, 金銀兵糧を, 鉱山は, 鎌輪即ち, 長たる, 長久寺村長, 長官に, 長者であった, 間を, 阿蘇一族も, 附知村あたりからも, 陳司空が, 階に, 雲梯, 青年たちが, 領主で, 領主と, 領主穴山梅雪じゃ, 領主織田備後守信秀の, 領土接収が, 顧旃が, 飛鳥, 飯尾隠岐守岐阜城の, 馬競べに, 馬込の, 高原今, 高句麗縣を, 高山寺城から, 高萩村に, 高萩村博徒の, 鱒沢という, 鳥越城を, 鶏足山は, 黒姫山の, 黒滝の

▼ 郡~ (252, 5.9%)

5 昔から 3 して, 居を, 接して 2 あって, ある, あるので, 入ると, 分れそれ, 帰って, 我等の, 於て, 蟄伏する

1 [220件] あつて昔小長谷山, ありと, あります, ありますが, ありますの, あると, ある二个処, ある今, ある太田庄, ある敵性, ある日野城, ある町, ある穴, ある道成寺, ある郷里, ある領地, いた頃, いて, います神, いる朝鮮, かぎられた地域, この千駄, この名, しりぞきたま, それぞれ守備を, たって, つ, つづくあたり, とどまって, なります, のこして, ひとりの, またがり長江, またがる豪族, むかい下, わたるという, ゐた, カイトという, ユカリの, 一ヶ所今も, 一ヶ所西伯郡に, 一人の, 三十九万石を, 三里塚という, 下向す, 二座しか, 二村三村或は, 亘る平野, 亙った海岸, 亙った猪名川流域, 亙る大分川, 亙る菊池川, 人も, 他田, 伎倍が, 住する, 住まって, 住むこと, 住む土豪, 住んだが, 住んで, 傳説地が, 働く人々, 入って, 入るからには, 八幡という, 八海山と, 其非違を, 出たよう, 出れば, 出張し, 出撃中であった, 出雲神社といふ, 分けたの, 分ちて, 分ち各, 分れて, 分れますが, 分れ住んだ, 分布し, 到っては, 到りしが, 加治景村蛭川真弓という, 区分する, 区劃された, 半生の, 及んだ, 反旗を, 合併せられた, 在り, 大伴君熊凝, 大分の, 大原窯が, 大地震, 天照大神高座神社と, 天照玉命神社といふ, 太守を, 奇異の, 姉帯村と, 威は, 守, 安曇を, 宿河原という, 寺井という, 封じ関東管領, 對する, 小砂, 小野神社と, 小野神社といふ, 居つた, 居る神, 属した, 属して, 属し東, 属し柏駅, 属し砂弥島, 属し近き, 属す, 属する事務所, 属する山, 屬し, 屬せり, 川連の, 帰り魯粛, 幕布方が, 平沢という, 庵居する, 廖という, 引っ返して, 往來する, 後に, 必ある, 打ち入って, 拓けた耕地, 拠りて, 揖保坐, 擴が, 散在せる, 新屋坐, 旅行した, 昔高僧あり, 月読社を, 本籍を, 残れり, 殺到そこで, 沼島村が, 流る, 浮浪の, 海嘯が, 深野とか, 渉る, 減って, 渡る水路, 漂着し, 潜む扨夫, 濃く薄く森, 現在梅津という, 産する, 田地二十石ばかりを, 田官という, 疎開し, 真人村が, 着いたいろ, 着きますよ, 矢倉明神の, 石森秀森竹森中津森水ヶ森が, 祖父河野通信の, 秀でた金持, 移りまた, 移りまったく, 穴師坐, 等しと, 編入され, 編入された, 美森黒森石森霧森飯盛大井森離レ森烏森森山鈴ヶ森鷹森が, 群がる一揆共, 至るあたり, 至るべし, 至る方面, 至る海上, 至る距離, 舳部に, 落ちのびて, 落着い, 蟄居し, 行くと, 行くよし, 行けば, 行幸あった, 起こった窮民, 跨がる水郷地方, 跨りて, 跨り東, 跨る山, 較べて, 近い芝区, 追いつめられ戦うに, 通じて, 通じ一条, 連なり北, 遊びに, 遊んだ作者, 道成寺と, 遠賀神社が, 遠野郷とて, 遣りて, 遺跡を, 還原, 都留弥神社という, 都留美嶋神社渋川郡に, 配流せらる, 配流せられまし, 野島村が, 鏡作坐, 間人郷という, 阿仁と, 預けて, 飢饉が, 高橋魯庵という, 鳥飼村が

▼ 郡~ (128, 3.0%)

2 おいた, 中心に, 管轄し, 管領し

1 [120件] うかがうであろうと, おいたの, お伝え遊ばす, お取り, くれるぐらいな, この後, さして下っ, さずけ充分, そっくり挙げ, たちまち伐り奪っ, たてた時, たまはり, つかね基業三代, とおり, なしやがて, なするに, のんで, はじめままごとを, まもる徳川家, めざして, めざすが, もって, よぎって, わが庭, ネイグンと, ムザムザ手離さね, 三分し, 与えんと, 中心として, 代官が, 代表し, 伐り取ったが, 伐取りするよう, 伝領し, 侵寇す, 保ってさえ, 分け与えた, 加へて, 加増せられ, 包む川中島, 包んで, 占有し, 占領しよう, 去らなければ, 去年の, 収めて, 取って, 取れと, 受けるよりも, 受取るには, 古の, 名乗るの, 四つも, 奪ったの, 始め二戸郡, 嫌つてあ, 守って, 守る人, 岩手県に, 巡回せし, 巡行す, 広くまわっ, 廃止する, 得れば, 忌避し, 急襲せん, 恢復した, 慶長六年即ち, 手に, 抱いて, 押領し, 指すの, 摂す, 攻めようと, 攻め取るも, 攻め取ろうという, 旅行し, 旧どおり村上義明, 模範として, 横領したる, 治めて, 治めに, 治める者, 流れる魚野川, 父の, 砲兵を, 確実に, 競争の, 管領した, 経すべて千二百人を, 給せられたと, 統御し, 置いた時, 置く, 置くと, 置くに, 耕田と, 蔽えるクリ, 設置しました, 語り県, 謂へるなり, 賜はりし, 賜りましたけれども, 賜わったと, 越えて, 踏み荒した程度, 通って, 運動し, 遷し以, 配分し, 附したほか, 附与し, 降し上州, 陥れそれ, 隣りして, 領し, 領しさらに, 領した, 領すに, 領するに

▼ 郡~ (88, 2.1%)

2 きっての, の手前, の方, の蒲團, 各村

1 [78件] か, かなんかの柔らかい, から小仏峠, から東, か何, である, では, では一番, では有名, で例, で千石, で最長, というところ, という名, におこりし, にては古来, にて光村某, には諸村, にまで遡った, にも一町村内, にも甲府, に一歩足, に傳, に傳はつ, に多く, に女塚, に妻沼, に桃色, に焼, に起これる, に起つた, のある, のこたつぶとん, のふっくら, のふと, のもの二, の一寺院, の併存, の兵, の厚, の厚い, の古蹟, の各所, の地方, の多く, の太織, の官社一社, の山, の山間, の岩扇山, の岩殿山, の川田村地先, の川越し人足, の座蒲団, の校長さん方, の溢れ, の激昂, の甲斐絹, の甲斐絹屋, の総, の萱屋, の蒲団, の道中, の長脇差, の雲助, はどこ, は上野原, は名うて, は最も, へ襲っ, やその, を二枚, を奔走, を巡講, を驚, 各町村, 織の, 織を

▼ 郡視学~ (75, 1.7%)

4 の方 2 と顔, の子, の耳, も郡視学

1 [63件] が其様, が変る, が巡, が巡つ, が教授法, が校長, が甥, たる西原君, であった, である, ではありません, というえらい, といえ, とが相対, とで僕, と二三, と二人, と二時間許, などと揶揄半分, になりたい, に会つて, に冷酷, に別室, に参観, に取立てられる, に喚ばれ, に教育, に疑はれる, に聞い, の二人, の前, の命令, の声, の奴, の手前遠慮, の甥, の融通, はこんな, は仔細, は冷, は同意, は嘆息, は威丈高, は対手, は巻煙草, は帽子, は意味, は懐中時計, は最早, は気, は約束, は胸, は言葉, は額, は顔, は馴, は鷹揚, も其積り, も振返つ, も気, も町会議員, も眉, を叔父

▼ 郡~ (68, 1.6%)

5 の夫人 3 の前, をし 2 に一任, の代理, の令嬢, の家, は君, を勤め

1 [45件] から伊勢神宮, がありました, がそれ, が不知火, が人民, が参観, が家, が巡回, が巡視, が現れ, が郡下, が面会, が馬車, その村, でくすぶる, でも自由, とか代議士, となり, なぞを勤め, に代り, に転じ, に面会, のため, の仲裁, の内命, の大道寺一善氏, の太田氏, の奥さん, の年俸, の案内, の樺山喜平次, の立合, の行過ぎた, の言葉, の説, の請い, はたびたび, は元々, は卓, は学校, は紙巻, や代議士, や孵化場長, や知事, を辞し

▼ 郡~ (67, 1.6%)

3 いえば 2 あるは, いう, 五つの, 境を, 書いた方, 甲賀郡の, 秩父郡の

1 [50件] あえて軒輊, あるの, いい南, いうへ, いふから, いへば, いわれたが, お引き替えだ, されて, した事, ただ二ヵ所だけ, なった, なったと, なって, なりまた, よく聯絡, 云いまったく, 云ふ, 云へば, 伊勢国多気郡とに, 伊那にも, 信濃の, 別府の, 号しける, 吾妻郡の, 呉の, 呼び慣わして, 國で, 坂田ご, 富山県下新川郡に, 川辺郡との, 常陸の, 思える方, 掎角の, 旧武庫郡, 横見郡との, 武庫郡とに, 河内の, 界す, 称したの, 称し芝, 称せられて, 稲葉郡の, 羽後の, 越後の, 越後国南魚沼郡の, 遣口, 邪馬臺國との, 隣り合ったところ, 鹿島郡に

▼ 郡~ (67, 1.6%)

2 今の, 古い水沼氏

1 [63件] ありと, あるが, いにしえの, この物, すでに呉, すでに陥ち, すなわちすべて, そちに, ほっとし, ほぼ, もと今来郡, やがて蘭丸, ロフオツデンと, 一大窯業地であっ, 一時敵対する, 万歳の, 三重県である, 丹生で, 久しくオシカ, 二つ以上あつ, 人口約, 伊達式部が, 全く無人, 冬それも, 利根川の, 加計という, 勿論近接各市, 北部の, 即ち山, 古の, 名実ともに, 和歌山県である, 嘗つての, 図書館及び, 国中で, 尼子氏の, 山の, 山深い, 当時は, 彼の, 後には, 従来から, 御内裏様御領, 拳銃を, 掌に, 斬り奪, 新潟県の, 果して蔓葛, 永免と, 田辺の, 筑摩家の, 結局何の, 美濃の, 臣下の, 蒼海から, 西美濃の, 足利党の, 追, 遠く国府, 都濃の, 野生茶の, 鎌倉役であり, 開発前は

▼ 郡役所~ (60, 1.4%)

2 に報告, のある, の技手, の書記, へ送

1 [50件] からの呼びだし, から事件, から呼出された, から通知, が廃止, だって一里半, でした, です, でも被害民総代, でも郡吏, で受けた, で貧窮, と云, と警察署, などへ勤め, などへ勤める, には議員たち, に伝えた, に勤め, に嗷訴, に奉職, に就き, に於, に被害民総代, のあつ, のよう, の下, の兵事係, の増築, の官金費消事件, の小役人, の徴税, の所在, の所在地, の手, の権威, の窓口, の門前, へは達しおらず, へ保管, へ招き, へ持参, へ願, も鉱毒被害, や縣廳, をそのまま, を移す, を置い, 及び県庁, 及び警察署

▼ 郡~ (55, 1.3%)

3 向って 2 侵入し, 入って, 移住した, 行くと, 進発した

1 [42件] いったが, はいり故郷三河, むかって, やった, やった連絡, やれ, 一戸は, 二時四十分着, 入りました, 入れば, 出かけるつもり, 出て, 出ようという, 出る道, 出張する, 向おうと, 向ふ, 向わせたの, 商売に, 対しかく, 引っ返して, 拔けて, 攻めかかるだろう, 攻略を, 救援に, 来る, 来ること, 歸へり, 発送した, 登るなど, 着いた, 移されたという, 落し申したる, 越ゆる, 送り返され郷党たち, 通じて, 遠流せよ, 銀河が, 錨を, 集まって, 飛ばした, 馳け

▼ 郡では~ (54, 1.3%)

4 唯お 2 これを

1 [48件] この上, この草, ない岩代, アケズノママアケズは, イケバタまたは, イタコと, エシガラミ即ち, オシラガミ阿武隈水域では, オミツチャゴという, オワザッコという, カッパノシュンチコという, カマックドとさえ, カマンデェその, カンカチグサと, カンカン草, クマクマという, コウガイヤマとか, コロコログサ九州の, コワエコという, サミセングサ秋田県にも, スギナコートコートは, ツギツギグサその他ツギノコ・ツンギノコなどと, ツチンボグサ, ネコソバエ三河の, ハカゲバナ・ハモギ・ハンモゲ・歯抜け, ハハコグサを, ユキヤケグスリとも, ヨロボウシとも, 今も, 嘴が, 地元渡瀬村の, 多少の, 天狗を, 山村到る, 戎狄と, 方言を, 杉菜を, 植野界の, 狐つきの, 私を, 種子を, 藤岡町及び, 諸町村, 迷子を, 飯を, 鯛と, 鴨跖草を, 麦と

▼ 郡から~ (48, 1.1%)

2 その結社, 出て, 来て

1 [42件] お供に, それぞれ分に, ただちに御物川, はじめて黄金, 一千弗計, 三日月へ, 上州武州へ, 代議士に, 來た, 備前三石に, 先が, 出た壯丁, 分家を, 北津軽の, 参りました, 四五百人も, 土性調査を, 塾への, 大和に, 常陸は, 徴集された, 採録せられた, 来た大工, 東は, 江州への, 海へ, 淮南への, 益田郡及び, 県までへも, 終に久万山, 能登半島にかけて, 若狭の, 襄陽合, 西に, 西海岸を, 賞状を, 赤名越を, 長安へ, 陸中の, 雇われた長吉, 馳せ加わった下方左近将監, 高島郡にかけ

▼ 郡~ (45, 1.0%)

2 つゆ草を

1 [43件] いわば前, この草, これを, それを, まさご, イカリ花と, オゴナイという, オトットコイシまたは, オトットコロシもしくは, コウジバナと, スギナノトー越中上新川郡では, トテッポッポという, トーゴという, ネコノマクラ長野県の, マンガ福井県の, 三社のみを, 六七月の, 其の水害, 其一萬九千町歩の, 呼ばれる樣, 如何にも風景, 将門領である, 市城村と, 帰化の, 庄屋の, 役人を, 日光には, 旧家として, 春祭礼を, 死ぬること, 死んだが, 歿した, 法神流流行の, 猿島郡の, 生れその後, 百姓も, 相模川が, 福神童ヨケナイと, 調べたの, 車前を, 重代ご, 銀杏, 鼠の

▼ 郡には~ (33, 0.8%)

2 太守と

1 [31件] いますくなくも, すでに玄徳, たしかにあっ, ばを, まだある, やはり伝来, エレンバタエレバタまたは, カッカラカッカラと, カッポコという, ダンジリ花という, ヒボトが, マルの, ヤマンババという, 三所という, 又恵我古市, 同族の, 外南部や, 大塔宮が, 大曲の, 大治田と, 小俣という, 小国郷の, 幾つ病院が, 張飛, 掃部長者の, 政府の, 椿峯という, 竹の, 糜芳の, 虎杖を, 難民を

▼ 郡より~ (30, 0.7%)

6 邪馬臺國に 4 狗邪韓國に 3 女王の, 邪馬臺に 2 不彌, 女王國に 1 するもの, 丸都までは, 倭に, 和銅を, 宇陀の, 狗邪韓までは, 発船し, 絶遠の, 起算する, 逃れて

▼ 郡~ (28, 0.7%)

5 の政治 3 の制度 2 であつ, の名

1 [16件] でなかつたところ, とし, とまじりあった, とも言わるる, にあまねく, にすべし, にせね, に任じ, に変わらざる, の制, の巡察, の時代, の民家, の高札, を攻略, を立てん

▼ 郡~ (27, 0.6%)

3 の娘 2 と呼び, の女, の息子

1 [18件] であるから, として官吏, として尚, とす, となつ, と呼びかえさせ, と称する, になつたの, になつて, に任, に力, に神事, の一族, の子女, は単なる, を兼ねた, 又は其一族, 又は其子ども

▼ 郡でも~ (26, 0.6%)

1 [26件] あり甚だ, この系統, この草, これは, ずっと北, エンコ花という, シャミセン草または, スッポンポンという, チカチカこれ何本, ネンガラ海を, 一番東部の, 七月七日の, 二つの, 共にレングヮ, 卵草と, 古い人たち, 同じ草, 同じ遊び, 同様に, 女の子は, 最も東京, 猫じゃ, 相応な, 相應, 知らんもん, 近々に

▼ 郡~ (24, 0.6%)

1 [24件] ありその, あり今, あり即ち, あり巻十五, ある, すべてその, また素晴らしい, 与えられた, 中心であります, 中心に, 五郡四郡に, 他の, 別れて, 北に, 卜定せられる, 廃され, 手に, 最もその, 熊谷県と, 百済人の, 置かれ当時津軽, 豊多摩荏原に, 違い海の, 陥没した

▼ 郡~ (24, 0.6%)

2 が東西, と云, の如き, を擒

1 [16件] が出没, が難癖, この二重負担, だとか, とか何とか, などが人民, などが斯樣, の先立, の糾弾, の誰彼, や一村長, や県官, や縣官, や警察官, を勤め, を派遣

▼ 郡奉行~ (24, 0.6%)

2 となり, の役人たち

1 [20件] があっ, が出, が巡視, などがどんな, にした, にせられた, になっ, に村役人, の倅, の報告, の平兵衛, の所, の訪問, の配下, はひそか, は上っ, は二人, は手, は菅笠, 在判

▼ 郡~ (17, 0.4%)

1 [17件] ある, ことごとく平定, みなこれと, よろしいよう, 何かと, 南部の, 同じである, 含まれて, 含めて, 命の, 安泰じゃ, 引きあげこ, 村も, 焼かれたので, 田原迄, 町の, 食を

▼ 郡地方~ (17, 0.4%)

1 [17件] から出る, では, では正月, で漁れた, で生まれた, で石, とのみならず, にあった, にいた, における早池峰山発創口碑, には今, には足利一族, には鬼筋, に多く, に当る, のエタ, の村

▼ 郡書記~ (16, 0.4%)

1 [16件] がとこの, が壊れかかつた, が派遣, が通りすがり, が酒場, たりし, でさ, として勤め先, に向, のはい, の身, も出張, をし, をつとめいたる, をつとめたる, を拝命

▼ 郡~ (15, 0.3%)

2 の起り, はみぬ

1 [11件] から取った, などが細々, に適用, のなかっ, の条, の起った, は新治, は漢時, を当てた, を筑摩郡, を記してない

▼ 郡~ (14, 0.3%)

1 [14件] が肥っ, といえ, といっ, とか豪族, としてここ, に殺されました, に訴えた, の祝辞, の許, はみな彼, は日, は朱, は追跡, をその

▼ 郡~ (13, 0.3%)

3 ノ雁坂等ニ綿亘セリ 1 では無い, となし, に到れ, のところ, の上, の哺時臥山, の東, をなし, を北, を南北

▼ 郡にも~ (12, 0.3%)

2 ある 1 あった, あり, あれば, かかった範囲, これを, ナヌカベ, 同じ名, 産所村といふ, 相当する, 足りぬもの

▼ 郡~ (12, 0.3%)

3 の治 2 にした 1 として其の, となつ, と認められ, にしない, の官吏, の數, を失ひ

▼ 郡視學~ (12, 0.3%)

1 [12件] が巡, である, と二時間許, などと揶揄半分, になりたい, に取立てられる, に教育, に會つて, に疑はれる, の來, の手前遠慮, も郡視學

▼ 郡という~ (11, 0.3%)

2 ところは 1 ことに, ところで, ところの, のが, のは, 処に, 土地の, 地域を, 懸賞が

▼ 郡などで~ (11, 0.3%)

1 [11件] いう島, ままごとを, シービビといった, ソメの, タロンボージロンボーと, ナマコと, メハリコンボという, 今でも, 栃木県の, 神返しという, 蛇の

▼ 郡~ (10, 0.2%)

1 では, ながら予, にはこの, に凶事, の今, の南部方, の安蘇郡, の百姓みな香, を攻, を治めた

▼ 郡~ (9, 0.2%)

1 に無料, に読物, に開放, の窮状, はかくして, は己がじしコソコソ, は逃れ得ず, もまた或は, や小吏

▼ 郡視学さん~ (9, 0.2%)

1 からお話, にも一つ, に御, の平野先生, の手前, の方, も何卒まあ, も御, も非常

▼ 郡~ (8, 0.2%)

1 九戸郡の, 出雲仁多郡には, 半国の, 南葛城地方には, 坂田郡の, 村の, 比企地方は, 県の

▼ 郡佐川町~ (8, 0.2%)

2 ですが 1 この町, では女陰, で旧家, における酒造家, の自宅, の酒造家

▼ 郡との~ (7, 0.2%)

2 境を, 間に 1 一致も, 軋轢なども, 間を

▼ 郡などでは~ (7, 0.2%)

1 おなじ小昼, この木, 旧正月, 村, 栄螺の, 謂って, 迷子は

▼ 郡において~ (7, 0.2%)

1 いずれも, これを, クジナと, 今でも, 同じく岩面, 大祓が, 最近かなり

▼ 郡~ (7, 0.2%)

1 にピョートル・ペトローヴィッチ・サモイロフ, の主, の亭主ども, の各, の被害民総代, の辺り, の雑多

▼ 郡会医~ (7, 0.2%)

1 であり賢明, とか女医補, になり, の働きぶり, の呼び出される, の椅子, を勤めた

▼ 郡~ (7, 0.2%)

1 にその, に入れ, に肉迫, の漿, へ使いした, へ向っ, も瀕死

▼ 郡立図書館~ (7, 0.2%)

1 に各, の設備, の設立, は巡回文庫, を補充, を設け, を郡内

▼ 郡~ (7, 0.2%)

2 を見る 1 にはある, には次, をひっくり返し, を編んだ, を読み

▼ 郡長さん~ (7, 0.2%)

1 が村, に会, に御, までが見, もいた, よりも上, よりエライの

▼ 郡~ (6, 0.1%)

1 もしくはその, 二郡かに, 北埼玉郡の, 或いは知多半島, 湖を, 隣県の

▼ 郡~ (6, 0.1%)

1 であった, ともなっ, に亘る, の榜示杭, まで出迎え, を熊野川

▼ 郡~ (6, 0.1%)

1 なるもの, の南, の置かれた, も之, を置いた, を閉伊

▼ 郡~ (6, 0.1%)

1 が社会, としても町村, の見物, の請求, は自ら受働的, 残らずと

▼ 郡県政治~ (6, 0.1%)

1 が始まっ, が行なわれ, のあらわれ, の始まった, の当局者, の時代

▼ 郡~ (6, 0.1%)

1 この姓名, であった, のす, は不意, は自分, は重々

▼ 郡~ (6, 0.1%)

3 甘村大字宮本 2 甘村宮本 1 甘村

▼ 郡あたり~ (5, 0.1%)

1 では所謂ニヨチミ, では稲田, にあった, のカルメン, の蝦夷

▼ 郡~ (5, 0.1%)

1 がもと, が古, ぞ, といふ, とかいふこと

▼ 郡などの~ (5, 0.1%)

1 官倉の, 数カ所だけ, 最も草深い, 荘内の, 諸方からも

▼ 郡~ (5, 0.1%)

1 の奈良市, の猪川村, の福島県安積郡日和田町, モ然, 歸仁村今泊阿

▼ 郡~ (5, 0.1%)

1 のお, のおえ, の上役, やその他一般, より除籍

▼ 郡何村~ (5, 0.1%)

1 とかの者, に赴きたまわ, の何某方, の折口某, の産

▼ 郡及び~ (5, 0.1%)

1 上閉伊郡の, 其四近には, 木曾路一帶美濃の, 美濃の, 雄勝郡において

▼ 郡~ (5, 0.1%)

1 が最初, の細君選択方法, はその, は素敵, を招飲

▼ 郡県制~ (5, 0.1%)

2 の国 1 をかね, をはじめる, を主張

▼ 郡~ (5, 0.1%)

4 一の 1 一と

▼ 郡だけを~ (4, 0.1%)

2 呉へ 1 目がけて, 返すと

▼ 郡である~ (4, 0.1%)

1 から今, という, と考証, のだ

▼ 郡といふ~ (4, 0.1%)

1 やうに, 也, 語は, 部落町を

▼ 郡とも~ (4, 0.1%)

1 いった, この種, 称し中古, 言わず伊良湖崎

▼ 郡なども~ (4, 0.1%)

1 ともにセンバコキ, 南朝の, 天狗の, 村

▼ 郡なる~ (4, 0.1%)

1 値嘉島に, 利島川邊の, 因尾村の, 日和佐町の

▼ 郡また~ (4, 0.1%)

1 北魚澤郡, 山口県阿武郡の, 幡豆郡の, 泉州一円は

▼ 郡一帯~ (4, 0.1%)

1 にはまだ, の身分, は無数, は花崗岩

▼ 郡三久留部氏~ (4, 0.1%)

2 は元, は元来

▼ 郡~ (4, 0.1%)

2 を勤め 1 の戴員, をつとめ

▼ 郡八幡村~ (4, 0.1%)

1 であらう, におもむいた, に赴いた, を同じ

▼ 郡内縞~ (4, 0.1%)

1 の掻巻引, の蒲団, または時花小紋, 又は時花小紋

▼ 郡吉津村~ (4, 0.1%)

1 え在宅仕度, に移した, に移住, の構築

▼ 郡~ (4, 0.1%)

1 としての先生, として記憶, として送つ, となり

▼ 郡視學さん~ (4, 0.1%)

1 からお話, の平野先生, の手前, の方

▼ 郡であっ~ (3, 0.1%)

1 て甲州, て紫波, て黒川郡

▼ 郡とに~ (3, 0.1%)

1 あり牟礼村, それが, 分れて

▼ 郡などにも~ (3, 0.1%)

1 及び信用, 見いだされるが, 飛び離れて

▼ 郡まで~ (3, 0.1%)

1 参り候所, 帰って, 行かうそして

▼ 郡をも~ (3, 0.1%)

1 後に, 押領し, 治め玉はん

▼ 郡~ (3, 0.1%)

1 下シ賜ハル也, 以テ之, 攻取

▼ 郡~ (3, 0.1%)

2 塩見村栗谷 1 吉原村

▼ 郡刑務所~ (3, 0.1%)

1 から自動車, は大分, へ収容

▼ 郡初瀬町~ (3, 0.1%)

1 のうち, の東方一里, を中心

▼ 郡吏等~ (3, 0.1%)

2 を頼ん 1 にし

▼ 郡塩原村~ (3, 0.1%)

1 で沼田, の者, の郷士鹽原角右衞門

▼ 郡小川村~ (3, 0.1%)

1 の外れ, の逸見家, の逸見様

▼ 郡小川村逸見様庭~ (3, 0.1%)

3 の桧

▼ 郡帯那山奥仙丈秩父郡界~ (3, 0.1%)

3 ノ雁坂等ニ綿亘セリ

▼ 郡意賀美~ (3, 0.1%)

3 ノ神社

▼ 郡松尾山~ (3, 0.1%)

2 の長 1 にあった

▼ 郡~ (3, 0.1%)

1 村と, 村に, 町長の

▼ 郡毛利~ (3, 0.1%)

1 から起っ, に住み, の出

▼ 郡水俣~ (3, 0.1%)

1 から戸籍, という海村, の山地

▼ 郡~ (3, 0.1%)

2 は今 1 より起算

▼ 郡~ (3, 0.1%)

1 とあ, はその, までがはるばる

▼ 郡田辺~ (3, 0.1%)

3 の里

▼ 郡男爵~ (3, 0.1%)

1 から迎, との邂逅, は別に

▼ 郡県制度~ (3, 0.1%)

1 か封建制度, であると, を布き

▼ 郡羽生村~ (3, 0.1%)

1 であった, という処, まで二人

▼ 郡~ (3, 0.1%)

1 があわ, の三人, は胴

▼ 郡越後~ (3, 0.1%)

1 に属した, の内, の魚沼地方

▼ 郡~ (3, 0.1%)

3 では

▼ 郡長夫人~ (3, 0.1%)

1 は以前一度, は会, は官吏

▼ 郡飛駒村~ (3, 0.1%)

1 に吉田八右衞門, の炭荷主八右衞門, の産

▼ 郡あり~ (2, 0.0%)

1 人に, 戸数は

▼ 郡および~ (2, 0.0%)

1 それに, 岩手県上閉伊郡の

▼ 郡じゅう~ (2, 0.0%)

1 に一人, に救恤品

▼ 郡その~ (2, 0.0%)

1 当時の, 馬鹿野郎を

▼ 郡それから~ (2, 0.0%)

1 ずっと飛ん, その四近

▼ 郡たつた~ (2, 0.0%)

2 十二万石

▼ 郡であった~ (2, 0.0%)

1 が庄内米, 従って其処

▼ 郡などでも~ (2, 0.0%)

1 以前の, 体が

▼ 郡などは~ (2, 0.0%)

1 この草, 一村に

▼ 郡においては~ (2, 0.0%)

1 七年間に, 収税の

▼ 郡にかけて~ (2, 0.0%)

1 ウントクあるいは, 別にまた

▼ 郡にて~ (2, 0.0%)

1 アルコールに, 堀田某氏が

▼ 郡にまで~ (2, 0.0%)

1 その押領, 鉱毒の

▼ 郡にわたる~ (2, 0.0%)

1 地域を, 常陸源氏の

▼ 郡へも~ (2, 0.0%)

1 使いが, 同様に

▼ 郡ほとんど~ (2, 0.0%)

1 は新田, 新年に

▼ 郡ほどの~ (2, 0.0%)

1 大きさ, 間隔を

▼ 郡もしくは~ (2, 0.0%)

1 一島を以て, 高来郡一揆の

▼ 郡コマ村~ (2, 0.0%)

1 とコマ神社, のコマ人

▼ 郡一城~ (2, 0.0%)

1 あるいは血みどろ, 或は血みどろ

▼ 郡一揆~ (2, 0.0%)

2 の記

▼ 郡~ (2, 0.0%)

1 に出, 阿多古村

▼ 郡上城~ (2, 0.0%)

1 で常, にいた

▼ 郡上宝村~ (2, 0.0%)

1 を数回旅行, を本場

▼ 郡上山路村~ (2, 0.0%)

1 で聞いた, は大小七十二社

▼ 郡上郷村~ (2, 0.0%)

1 にて發, の某所

▼ 郡上野原村~ (2, 0.0%)

1 に着し, の吉兵衛

▼ 郡中村~ (2, 0.0%)

1 の竜神社等, の里

▼ 郡~ (2, 0.0%)

1 は燕王, を遣り

▼ 郡二十九校~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ 郡以下~ (2, 0.0%)

1 の四郡, の小国

▼ 郡以北~ (2, 0.0%)

1 に至った, の地方

▼ 郡会事務局~ (2, 0.0%)

1 にせよ, にては該農民ら

▼ 郡会議員~ (2, 0.0%)

1 になっ, になつ

▼ 郡会議長~ (2, 0.0%)

1 に用, の名

▼ 郡会長~ (2, 0.0%)

2 をし

▼ 郡値嘉島~ (2, 0.0%)

1 にあり, の見禰良久崎

▼ 郡八十一州~ (2, 0.0%)

1 ならびに荊州, を横

▼ 郡八雲地方~ (2, 0.0%)

1 では明治, では秋

▼ 郡六貫村~ (2, 0.0%)

1 よろずや, よろづや雑貨店

▼ 郡内あたり~ (2, 0.0%)

1 は人気, を通らす

▼ 郡内藤町~ (2, 0.0%)

1 に住みついた, に現代

▼ 郡出身~ (2, 0.0%)

1 のコンナー船長, の本山三男さん

▼ 郡~ (2, 0.0%)

1 のあつ, の下

▼ 郡制定以後~ (2, 0.0%)

2 の国

▼ 郡勝浦港~ (2, 0.0%)

1 に在った, へ明治卅四年冬

▼ 郡北城村~ (2, 0.0%)

1 の切久保, の四ツ家

▼ 郡北部~ (2, 0.0%)

1 から利根郡内, に占居

▼ 郡~ (2, 0.0%)

1 となっ, などをし

▼ 郡医出張所~ (2, 0.0%)

1 となり, と変り

▼ 郡医師会~ (2, 0.0%)

1 の中, の役員

▼ 郡千歳村字粕谷~ (2, 0.0%)

1 に移した, の忠良

▼ 郡參事會~ (2, 0.0%)

1 なぞを鼻, へ行く

▼ 郡~ (2, 0.0%)

1 なる事情, な事情

▼ 郡~ (2, 0.0%)

1 國伊香郡の, 芳賀郡陸奥磐井郡

▼ 郡喜多見村条下~ (2, 0.0%)

1 に, にこの

▼ 郡国栖村~ (2, 0.0%)

1 の百姓家, へ尋ね

▼ 郡~ (2, 0.0%)

1 の二字, 大饑

▼ 郡地先~ (2, 0.0%)

1 でとれた, で漁れた

▼ 郡~ (2, 0.0%)

1 寧寺内に, 雲取

▼ 郡大字~ (2, 0.0%)

1 なん, 何とかドュウルン

▼ 郡大野~ (2, 0.0%)

1 の城主土井利恒, の宿

▼ 郡守小笠原敬太郎~ (2, 0.0%)

1 がわざわざ, は吉川視学

▼ 郡安都ヶ峯下~ (2, 0.0%)

2 より坂泰

▼ 郡宮本村~ (2, 0.0%)

1 だったの, にも起こり

▼ 郡寺池~ (2, 0.0%)

1 で一万二千石, は遠田郡涌谷

▼ 郡小国村~ (2, 0.0%)

1 で出来る, の山間

▼ 郡小松川村~ (2, 0.0%)

1 の医師, の医師佐藤氏

▼ 郡小野村~ (2, 0.0%)

1 の倉沢義髄, の年中行事篇

▼ 郡山中~ (2, 0.0%)

1 の鉄, の鉄穴二百余ヶ所

▼ 郡山崎~ (2, 0.0%)

1 で出城, の城

▼ 郡~ (2, 0.0%)

1 の城主中川修理大夫久貞, の城主中川修理大夫久貴

▼ 郡岩田村~ (2, 0.0%)

1 である, の難波

▼ 郡島田村~ (2, 0.0%)

2 より

▼ 郡市村字三條~ (2, 0.0%)

1 に向つた, の上村源

▼ 郡庁所在地~ (2, 0.0%)

2 に郡立図書館

▼ 郡彦根藩三十五万石~ (2, 0.0%)

2 の城主

▼ 郡役所所在地岩村田町~ (2, 0.0%)

2 に在る

▼ 郡恩地村~ (2, 0.0%)

1 で縊死, に着いた

▼ 郡~ (2, 0.0%)

2

▼ 郡~ (2, 0.0%)

2 神足村友岡

▼ 郡新保村~ (2, 0.0%)

1 の西田, の西田順蔵

▼ 郡~ (2, 0.0%)

1 という工場, として其年

▼ 郡曾根~ (2, 0.0%)

2 の城主

▼ 郡~ (2, 0.0%)

1 なるもの, の旧例

▼ 郡木津村~ (2, 0.0%)

1 で今, の百姓

▼ 郡東条郷~ (2, 0.0%)

1 の片, を以て

▼ 郡松任~ (2, 0.0%)

1 の城主徳山五兵衛則秀, の駅

▼ 郡松山~ (2, 0.0%)

1 にいた, の館

▼ 郡松崎村~ (2, 0.0%)

1 の寒戸, の鰹船

▼ 郡桜村~ (2, 0.0%)

1 などという人, などといふ人

▼ 郡棚倉~ (2, 0.0%)

2 の城主松平周防守康爵

▼ 郡殊に~ (2, 0.0%)

1 山路と, 温かな

▼ 郡~ (2, 0.0%)

2 詣天子朝獻

▼ 郡江見村~ (2, 0.0%)

2 である

▼ 郡河内郡~ (2, 0.0%)

1 などの官倉, の両

▼ 郡~ (2, 0.0%)

1 妻は, 貝付近の

▼ 郡海岸~ (2, 0.0%)

1 に現, の洞窟

▼ 郡熊野田村~ (2, 0.0%)

1 の祭り, の祭礼

▼ 郡熱塩村~ (2, 0.0%)

1 に五峰山慈眼寺, の日中

▼ 郡生駒山~ (2, 0.0%)

2 の西麓

▼ 郡田井中村~ (2, 0.0%)

1 である, で切腹

▼ 郡百七十七箇村~ (2, 0.0%)

1 に検地, に檢地

▼ 郡眞門村~ (2, 0.0%)

1 で今, で由緒

▼ 郡真門村~ (2, 0.0%)

1 で今, で由緒

▼ 郡石田村~ (2, 0.0%)

1 の人土方歳三, の大

▼ 郡立刑務所~ (2, 0.0%)

1 へ送っ, へ送られる

▼ 郡竹原~ (2, 0.0%)

1 で山陽, に遷

▼ 郡~ (2, 0.0%)

1 にも同じ, も加わっ

▼ 郡筑波村~ (2, 0.0%)

1 なる或, に於

▼ 郡米里村字~ (2, 0.0%)

2 古歌葉

▼ 郡羽鳥~ (2, 0.0%)

2 に住む

▼ 郡船岡~ (2, 0.0%)

1 で四千二百石, で四千百八十石

▼ 郡芝根村沼~ (2, 0.0%)

1 之上, 之上の産

▼ 郡花輪村~ (2, 0.0%)

1 という所, の竹駒

▼ 郡~ (2, 0.0%)

1 に訴, より復社

▼ 郡西部方面~ (2, 0.0%)

2 から押し出した

▼ 郡視学西原為吉君~ (2, 0.0%)

1 の報告, をはじめ

▼ 郡警察署長~ (2, 0.0%)

1 というもの, も青い

▼ 郡谷中村~ (2, 0.0%)

1 と云, は瀦水池設置

▼ 郡赤生津村~ (2, 0.0%)

1 とに地境, とのあいだ

▼ 郡農会~ (2, 0.0%)

2 の会長

▼ 郡辺り~ (2, 0.0%)

1 にてこのごろ流行, にては河童

▼ 郡通津浦の人~ (2, 0.0%)

1 である, にし

▼ 郡~ (2, 0.0%)

1 の, へと出た

▼ 郡郡役所所在地岩村田町~ (2, 0.0%)

2 に在る

▼ 郡~ (2, 0.0%)

2 の称号

▼ 郡長はん~ (2, 0.0%)

1 でも, にも署長はん

▼ 郡長上り~ (2, 0.0%)

2 か何

▼ 郡関ヶ原~ (2, 0.0%)

1 で采配, に対陣

▼ 郡~ (2, 0.0%)

1 万村の, 伊智と

▼ 郡飯篠村~ (2, 0.0%)

1 の人, の飯篠山城守家直入道長威斎

▼ 郡高岡~ (2, 0.0%)

1 と云う, の大工町

▼ 郡高田村~ (2, 0.0%)

1 に代々葬後墓, は白昼

▼ 郡高福寺~ (2, 0.0%)

1 なる甲冑堂, なる甲胄堂

▼ 郡高野村~ (2, 0.0%)

1 の古墳, の猪口徳右衛門

▼ 郡黒崎~ (2, 0.0%)

1 の城, の荒神山

▼ 郡黒石~ (2, 0.0%)

1 の正法寺, の蘇民祭

▼ 郡齋讀書志~ (2, 0.0%)

1 とかいふもの, と直

▼1* [1295件]

あたらしの郷, 郡あやうしすぐ救え, 郡あるいは一庄半庄と, 郡あわせて三十九万石, 郡いずれにも仕事場, 郡かに亙つた一大沃野, 郡からだけの国税収入が, 郡からの輔助は, 郡からは何の, 郡ごときはすでに, 郡すらお還し下さらぬ, 郡そこは驢馬, 郡そして北は, 郡その他の地方, 郡その他岩手県の気仙郡, 郡たりし欧州諸国, 郡だけが稍, 郡だけでも受取って, 郡だの神守村だ, 郡ゅうにひとりの尼が, 郡であり高麗村でありました, 郡でありまして矢部川, 郡であろうがもと, 郡ですから上, 郡での生活中に, 郡というは大分県と, 郡とが御荘蓙を, 郡として取扱われて, 郡とともに角國の, 郡とにわたって信濃川の, 郡とは内容を, 郡ともに今なお, 郡とを所領に, 郡んだろう, 郡など傳説地が, 郡などに行くと, 郡などを巡遊した, 郡なりしならんと, 郡なるべしといえる, 郡なれども古, 郡にかけ湖西一帯の, 郡にかけてはポーポーと, 郡にてもある天理教信者, 郡にまでもその勢力, 郡にわたって蒲公英を, 郡にわたり武族としても, 郡のみであった, 郡はかせ頭役仕来, 郡ばかりでも, 郡ばかりを犠牲に, 郡へと心ざし, 郡への飛札の, 郡へは一族の, 郡または帯方郡, 郡までが夷地に, 郡熬りて, 郡よりもまだ大きい, 郡を以て邪馬臺國と, 郡を通じてこれだけ, 郡アタリヨリ贈於郡ニ至ランニ, 郡アンチョウク町の生れ, 郡オビラシベツ同國苫前郡オンネシヨサンベツ, 郡オンネシヨサンベツ同郡風連別, 郡カルルス温泉の奥, 郡サルマ湖南岸同國常呂郡常呂村, 郡シェリフのやっ, 郡タド山の美泉, 郡トウベツ川口十勝國白糠郡尺別村十勝河河口同國當勝郡勇洞村, 郡トウベツ村に入った, 郡トウロ同國川上郡トウベツ川口, 郡トンケシ同國廣尾郡茂寄村, 郡跨ル, 郡ニテ之ヲサク山ト云, 郡ニ移リ住ム呉派ノ第, 郡ビホロ町日下ユキさんから更科源蔵氏採集, 郡ペイトン市の在, 郡ボウザワという土地, 郡ムカワ町字チン部落片山カシンデアシ翁から更科源蔵氏採集, 郡ヨリイカニ迂, 郡一の宮の生れ, 郡一円を人足, 郡一国であろうと, 郡一庄で四十二万石, 郡一括の軍事, 郡一村を為し, 郡一栗村字池月の池月神社附近, 郡一般に行, 郡一郡をこの, 郡七ツ石の子供言葉, 郡七戸牧同宇曾利郷中濱御牧等, 郡七色方面まで遡れ, 郡万歳の後山, 郡の戸畑村, 郡三の倉の邸, 郡三ヵ所の城, 郡三原の西, 郡三又大字は紀伊国, 郡三和村の人, 郡三國の港, 郡三宅村上但馬の旧家浅田源衛門, 郡三富村と西保村, 郡三尾のうち, 郡三川豊川村は山嶽重畳, 郡三方村大字杉谷の勝木袖五郎, 郡三沢村石場寅次郎の母, 郡三河の宝飯郡, 郡三津浦に居住, 郡三社面に在る, 郡三納の盆踊り, 郡三納辺で宵祭, 郡三輪山の大神神社, 郡三郎茂呂宗次郎野村千代蔵谷熊次郎関口多吉堀口源吉である, 郡三里郷一本松村等に産, 郡三重村字谷内本城某は幼少, 郡三鴨駅今下都賀郡岩舟駅の近く, 郡三鷹村の井頭池, 郡上の郷八幡城三万八千八百石の城主, 郡上ピラトリ膽振國勇拂郡鵡川川筋カイカウン同國白老郡苫小牧村, 郡上丁大舎人部千文, 郡上丁刑部直千国の作, 郡上三川町地先の鬼怒川, 郡上三栖の米作, 郡上宝村海抜約三千百十米突, 郡上山村棟附の中, 郡上川向村大字宗甫分から利根川, 郡上平寺長比の城, 郡上林庄殿村のエタ, 郡上林温泉せきや方, 郡上根という小さな, 郡上田上村桐生では御, 郡上社の柴田権六, 郡上総は夷隅郡, 郡上郷村字左比内の奥, 郡上閉伊郡和賀郡の一部分, 郡上飯山満の林, 郡下ノ保で戦い, 郡下仙川村浅尾兼五郎の家, 郡下保内村で十歳, 郡下小川村市毛雪氏より報知, 郡下屈指の蚕業発達, 郡下志賀部落より三戸, 郡下新庄村の百姓幸七, 郡下方村妹尾与一郎氏方にて一, 郡下村の加茂神社, 郡下河津村の谷津, 郡下津浦でニシドチ, 郡下滝村の慈眼寺, 郡下田村で大和, 郡下郷谷字八竜神の竜神社, 郡下野河内郡同芳賀郡, 郡下閉伊郡の交通不便, 郡下随一の人物, 郡並一萬二千里在會稽, 郡中の島村海老島中頸城郡八千浦村夷浜, 郡中原村大字田村の特殊部落, 郡中和の背中当, 郡中山大風澤に著陣, 郡中条の木賃宿, 郡中江切切廻り法式, 郡中田村柳生で作る, 郡中野方村山田氏より昨年, 郡中野村平野寿徳寺に永眠, 郡中野村平野長田源長氏の離れ家, 郡中野村青木氏の報知, 郡丸栖村の高橋氏, 郡丹生川で百年, 郡丹生川大字大谷に蚯蚓小屋, 郡主馬宗保の密使, 郡久保村見懸人, 郡久保田の城主佐竹右京大夫義厚, 郡久具野の郷, 郡久比利貝塚なり, 郡久米道塲の東塔, 郡久連村より出でし, 郡久野村の村長稲村與一, 郡久野村人民より正当, 郡内算所取前其外, 郡之内さん所やくの事, 郡乗原という部落, 郡九カ町村の被害民有志, 郡九度山町の高野営林署, 郡亀嵩村は, 郡亀田町の薇, 郡二万三千八百石を賜わっ, 郡二上山の北方, 郡二十五カ所にわたった, 郡二十八カ村で千七百何町歩, 郡二郡あるいは一庄半庄, 郡二首の長, 郡五台山村の札所, 郡五戸町の観音堂, 郡五葉山をかけ, 郡五葉嶽の山王神, 郡井原村土井敬一これをもらい受け, 郡井関村鉱山の麓石垣, 郡人仏事をなす, 郡人伊福某と出, 郡仁礼村字米子の住人, 郡今泉の興福寺, 郡今田村に属します, 郡今鹿島は昔領主戦場, 郡仏生寺村というの, 郡付知川上加子母の三か村, 郡仙田村の志多良踊, 郡代官のギコチ, 郡代官所へ急, 郡以下数ヵ所を拝領, 郡以外遠く南, 郡伊予郡へも同様, 郡伊作や肥前国北高来郡湯江村, 郡伊吹山護国寺を定額, 郡伊田村の獅子舞塚, 郡伊那里村地方ではそこ, 郡会病院で働ら, 郡会議員県会議員などに選ばれ, 郡会郡が廃, 郡伽洞にある, 郡佐々村の濱野治八, 郡佐位寺に, 郡佐古村の金剛岩, 郡佐川町付近の山地, 郡佐治近くの大, 郡佐田および添, 郡佐賀村大字拳ノ川の山路, 郡佐野の浪人尾島忠助, 郡佐野駅の駅長助役, 郡何とか村小學校内某といふ, 郡何村何神社といふ文字, 郡余市村同郡河村, 郡余市町内にもこの, 郡余杭の人, 郡作良郷現在熱田の東南方, 郡來馬村に伊勢久留麻神社, 郡信楽の窯, 郡信楽郷にて聞いた, 郡倉沢村の天神社, 郡元八王子村なる諏訪神社, 郡光井村にすん, 郡入山村字魚ノ川, 郡入野村なるが, 郡全体の戦争, 郡八上の地, 郡八十九か村と安曇郡百四十四か村, 郡八千浦村夷浜同夷浜新田, 郡八太村の辺, 郡八尋村に生まれた, 郡八幡村塔寺の産, 郡八戸郡の大, 郡八重畑村佐藤某という家, 郡八重畠村字呼石という所, 郡八釣村がある, 郡六十八万石とは言う, 郡六日入の鈴木家, 郡六甲山の西南, 郡六郷村にある, 郡六郷村字堀江青龍山茂林寺であって, 郡六郷村字小澤の永田家, 郡共有地および美濃国, 郡兼山の城主, 郡冀城の人, 郡内一巡という触れ出し, 郡内全ての財産, 郡内切っての親分, 郡内十里四方に達す, 郡内城田村上久具にその, 郡内屋と別れ, 郡内屋さんと呼ん, 郡内巡講の際, 郡内田郷浅田荘に城, 郡内甲府を二日, 郡内神戸の百姓, 郡内絹もちろんお, 郡内者といっ, 郡内萩原入から秩父, 郡内部屋へ泊った, 郡内随一と云, 郡冑山村の土中, 郡出石の城主仙石道之, 郡出西村の窯, 郡出身彫塑家津上昌平氏の献身的努力, 郡出雲崎なる不動山西方院, 郡分田村の都婆, 郡利根上流の吾妻川, 郡を流るる, 郡前田村を拓いた, 郡前田村姓不詳梅吉より二十三円八十銭, 郡前田村某より二十三円八十銭, 郡加住村の出, 郡加住村大字宮下にある, 郡加古郡に擴, 郡加田庄これはもと正親町三条家, 郡加茂村粟根の人, 郡加計という寒村, 郡勇洞村洞村同郡トンケシ, 郡勝村の人, 郡勝田村大字三反田字道理山等も皆これ, 郡勝鹿というところ, 郡北富田村庄川に牛屋谷, 郡北山という村, 郡北清水村に生れた, 郡北端の村, 郡北蚊野村に宇野うめ, 郡北部地方である国府, 郡北長森村にもあり, 郡の人民, 郡区役所の小役人, 郡医師会長夫妻と頓野, 郡医師会長栗野医学博士夫妻は流石, 郡十一州の主たる, 郡十和田村では昭和六年十一月, 郡十日町の竹助, 郡十津川の玉置神社, 郡千木良村に伝わる, 郡半田牛釧路國釧路郡釧路同郡釧路白糠間, 郡南五郡の北畠, 郡南富田の二社, 郡南条村に有名, 郡南芳野村大字丹生に鎮座, 郡南部の平野, 郡南部町などは夏日海, 郡南関そのかみの関町, 郡博多の近傍, 郡卜定と言う, 郡即ち臨津江口より, 郡原谷という所, 郡原駅で生れた, 郡及下野との境, 郡及信濃の北安曇郡, 郡古口村の外川神社, 郡古市村の誉田神社, 郡古市郡には又, 郡古座町辺で二十年, 郡古橋村の在所, 郡古湯温泉に著き, 郡古野にその, 郡で有名, 郡右衞門蒔田源右衞門大音安太夫唐津口には郡正太夫, 郡各地の窯跡, 郡吉岡の館主奥山大学どの, 郡吉岡六千石の館主, 郡吉岡村大字定宗龍川村大字下二箇大垪和村大字大垪和東の如き, 郡吉川村平民菊島市松の妹, 郡吉見村大字梶原の支村, 郡同村仙人峠の長者洞, 郡同村同姓花二十三年とでたらめ, 郡同村大字五料と対岸埼玉県本庄町在, 郡名取村三百二十八番地だな, 郡名取郡宮城郡黒川郡であって, 郡名島の城, 郡名手郷馬宿村の中, 郡名整理のさい, 郡名百家姓に書い, 郡名護屋に築城, 郡名護屋附近ならん, 郡吏たちがこれ, 郡吏一村役人の了見次第, 郡吏中某と云, 郡吏抔と云, 郡吏青木某というもの, 郡吾妻村と云, 郡吾妻村大字小羽田は関東, 郡吾妻村字下羽田なる庭田清四郎, 郡吾妻村字羽田の横塚吉五郎, 郡吾妻郡いずれにも仕事場, 郡吾嬬森碑とあり, 郡周南町上島田より, 郡周山村の八幡宮, 郡味生村御産所, 郡味真野村で偶然, 郡味鋺村である, 郡和気郡風早郡野間郡等も加わっ, 郡和江村の和江神社, 郡和賀郡の一部分, 郡品川町南品川百五十九番地に移った, 郡唐丹村の荒涼, 郡喜多灘村大字今坊字トオリノ山, 郡喜界个島ではてんしゃばら, 郡四カ町村の総代数十名, 郡四萬の人, 郡四郡に減っ, 郡因尾村の地内, 郡の境界, 郡国友村の藤二郎, 郡国定村で, 郡国幣小社水無神社俗に一の宮, 郡国府村の国分寺, 郡国府町に著い, 郡国田村附近に於, 郡圓山村同琴仙村, 郡土岐多羅越, 郡土淵村で撮影, 郡土肥村大字湯ヶ原に到り, 郡遼東北相去二百里, 郡坂上村巣の内, 郡坂口村の菅山寺, 郡坂本の日枝神社, 郡坪村の千曳, 郡城外十里まで迫っ, 郡埼玉県北葛飾郡東京府南葛飾郡にまで鉱毒, 郡になっ, 郡塚原村古屋佐太郎の所蔵, 郡塩冶城にい, 郡塩冶村浄音寺で作られます, 郡塩沢の里長鈴木牧之, 郡塩瀬村の名塩, 郡境及帶方郡並一萬二千里在會稽, 郡増位山随願寺の会式, 郡増富村のラジューム温泉, 郡多津吉もこれ, 郡多田村關地の池, 郡多磨村多磨墓地に集合, 郡多良峯を蔽, 郡多良村御蔵穢多棟付, 郡多賀城町市川岩切駅の東一里, 郡多賀郷のタカ, 郡多野郷の賀茂神社, 郡夜須の生れ, 郡大三島にある, 郡大串に住む, 郡大井村すなわち今, 郡大井町小学校に奉職, 郡大仁村四百一番地とある, 郡大倉村に林崎神社, 郡大倭を土台, 郡大内川の神社, 郡大原野村上羽に入野神社, 郡大和村にもあっ, 郡大垣の城主, 郡大塚村なり, 郡大多羅村の路傍, 郡大子村をさして, 郡大字板根と云う, 郡大宜味村喜如加の小学教員, 郡大宮町付近で鱸, 郡大岡村の下, 郡大岡村字中沢田の佐藤長右衛門方, 郡大島の富豪佐藤大作, 郡大崎村大字下保田字通坂常陸那珂郡勝田村大字三反田字道理山等も皆これ, 郡大川内同じく湯川, 郡大川村大字日向の奥, 郡大幡から嫁, 郡大形村海老ガ獺南浦原郡中の島村海老島中頸城郡八千浦村夷浜, 郡大戸村の雨乞, 郡大房村の地, 郡大曲ではサシドリ, 郡大栗安村にて發, 郡大森村巌正寺, 郡大森貝塚より出, 郡大槌町大槌川の付近, 郡大櫛岡の条, 郡大江村を拓いた, 郡大沢の荒羽波岐神社, 郡大津村に信誠寺, 郡大浦村内にある, 郡大溝の城, 郡大澤牧糖部郡七戸牧同宇曾利郷中濱御牧等, 郡大田原の城主, 郡大蓮寺村の伯父, 郡大蓮寺隠居杉山の伯父, 郡大藤村は女史, 郡大谷村の大谷八幡宮, 郡大輔はやつ, 郡大道の妙泰寺, 郡大里村大字下島の長田氏, 郡大野木村郵便局留置といつも, 郡大野村などでは大, 郡大野見郷島の川, 郡大鰐という所, 郡大鶴村の小, 郡大鹿村大河原にもある, 郡天津村の風巻, 郡天龍川の岸, 郡太夫が家老, 郡太守たりし, 郡太平村黒沢の産, 郡太田であらう, 郡太田村大字万富小字梅という処, 郡奉行所へもまいりまし, 郡奉行村役人とも当時在勤, 郡などに馬, 郡奥山村の白山社, 郡妹尾に在, 郡姨捨山の月見堂, 郡姪の浜一五八六呉ヤヨ方母屋奥座敷より発火, 郡姪の浜町一五八六番地農業呉八代の養子, 郡姫川の流れ, 郡姫路の城主酒井雅楽頭忠実, 郡嬬恋村の運送業, 郡嬬恋村大字大前と呼ぶ, 郡字宮本と云う, 郡字賀郷に洞窟, 郡宇太野に都, 郡宇治山に産す, 郡宇賀郷の条, 郡守ぐらゐのところであつたらうそんな話, 郡守令出迎えて, 郡守以下の役人ら, 郡守刺史に封ぜん, 郡守護の職, 郡守陳香泉の序, 郡安倍村大字池内のあたり, 郡安国寺の住持梅垣謙道師, 郡安国寺村のエタ善助, 郡安土一帯の絵図, 郡安定城のほう, 郡安房長狭郡, 郡安曇村一歩転ずれば, 郡安田では一年おき, 郡安藝国豊田郡竹原に遷, 郡安部川原に川原神社, 郡官省符庄浄土寺村の産所, 郡官郡吏を擒, 郡客中に聞いた, 郡宮内の一王神社, 郡宮城郡黒川郡であって, 郡宮崎氏の所藏文書等, 郡宮床村であります, 郡宮田村織物業栗本福太郎方にて起こった, 郡宰任官後の詩, 郡富士山の西, 郡富川町はもと, 郡富春に英傑, 郡富永村では死者, 郡富郷村三井の土地名, 郡寒川の白旗八幡前, 郡寛四郎といふ老, 郡寺林にある, 郡寺池一万二千石の館主, 郡寺田村相馬総代八幡の地方一帯, 郡榑村ヨリ高橋図書ト云フモノ来リ発シトモ云リ, 郡小出を中心, 郡小出町の地先, 郡小原の地, 郡小口の砦, 郡小山の城, 郡小山村の, 郡小山田村の者, 郡小川町の手漉紙, 郡小幡の城主, 郡小形山の産, 郡小文間にて發, 郡小木の里, 郡小机村の郷士, 郡小杉町から呉羽山, 郡小松島町滞在中に聞いた, 郡小見川町に皆, 郡小里村と登米郡赤生津村, 郡小野に二千七百石, 郡小野二千石あまりの館主, 郡小野浜から和田岬, 郡小鼓村の旧家, 郡川の, 郡尺別村十勝河河口同國當勝郡勇洞村, 郡尾崎の子供笛, 郡と毛馬屋, 郡山上村にも手長明神, 郡山中稀に産す, 郡山北の社, 郡山南である, 郡山地がある, 郡山崎村大字原では昔, 郡山王堂村に移轉, 郡山田の町, 郡山田岩淵町の人中西用亮, 郡山田郡吾妻郡いずれにも仕事場, 郡山舟生や安達郡, 郡山行の電車, 郡山門郷なるべしと, 郡山鹿を過ぎる, 郡岡本村の岩野平三郎翁, 郡岡本郷に草創, 郡岩ヶ崎で一万五千石, 郡岩ヶ崎一万五千石の館主, 郡岩切の青, 郡岩屋の築港工事, 郡岩手の人, 郡岩村の城主松平, 郡岩沼にところ, 郡岩淵町大字赤羽の八幡社, 郡岩田の万蔵, 郡岩舟駅の近く, 郡岩鍋の地, 郡島地村は, 郡島田驛で桑原氏, 郡川上村に享保十七八年, 郡川上村字梓山でもらいうけ, 郡川又で聞いた, 郡川口に移り住んだ, 郡川口村で信濃川, 郡川名村新豊寺の碑, 郡川守村鐘が嶽, 郡川崎村の峰, 郡川張村山本氏より寄せられたる, 郡川添村は十大字, 郡川田村岩本地先に関東水力電気会社, 郡川西村字何とかいう, 郡川西村梅戸の姫廻伊織, 郡川越の城主, 郡川辺里卜部乃母曾の一家, 郡左右良の城, 郡巻四に共に, 郡市主催の蓄産共進会, 郡市場の養父神社, 郡市山村は仕事, 郡市川大門などに今, 郡市川村の青田, 郡市懇話会之れに, 郡市懇話會之れに, 郡市振の山中, 郡市振村というところ, 郡布努村に稲生平太郎, 郡布師田の生れ, 郡帖佐の住人, 郡常呂村同國網走郡能登呂山道, 郡常磐館にて, 郡幌別村に伝承, 郡幌別町内に富岸, 郡平井の城主, 郡平取村キソオマップの附近, 郡平取村字荷菜の平目カレピア婆さん, 郡平取部落で, 郡平均に一家, 郡平城村都跡村伏見村あたりで長, 郡平川村の山, 郡平田の新利根川, 郡平福村の別所家, 郡平群村あたりであろう, 郡平野村医王寺境内にある, 郡年中行事にある, 郡の所在地, 郡庄内川の岸, 郡庄原町の仕事, 郡廣田村を源頼朝, 郡弥彦村に, 郡塗の, 郡当局は桑港警察, 郡当局者は図書, 郡当郷村の鎮守, 郡当麻郷の国栖, 郡役所付の測量技師, 郡役所所在地に来, 郡役所楼上に集めた, 郡役所町村役場に接近, 郡役所税務署の若い, 郡役所裏の丘上, 郡役所警察署の簡単, 郡役所館林警察署に於ける, 郡役所館林警察署川俣等の現場, 郡後閑村には八掬脛社, 郡御代田駅に汽車, 郡御器所の生れ, 郡御坊町へ前年, 郡御影新田村若林時次郎の妾某, 郡御津町附近だろうという, 郡徳岡の村上氏, 郡より起算, 郡徼去其國萬二千里去其西北界, 郡必都佐郷に擬せ, 郡忍路村同國高島郡手宮, 郡志津野という町, 郡志筑町の淡路源, 郡志都美村辺で虹, 郡応桑村北軽井沢の一匡村, 郡愛癸村字刀根の気比神社, 郡成田山ではお, 郡成田町仲の町三百八十九番地庄司見新吉, 郡或は一城を, 郡戸ヶ崎村大字戸ヶ崎に三ツ獅子, 郡手宮石狩國札幌郡札幌同郡圓山村, 郡扶桑村で作られます, 郡の浜, 郡折立村及ビ同郡藤原村ト八海山嶺ヨリ笠ヶ岳, 郡挙母に福尾荘右衛門, 郡掖上村茅原に茅原寺, 郡掛川町の陰陽師博士小太夫, 郡支國次有, 郡教育会の方, 郡教育会愛国婦人会其他一切の公的性質, 郡教育会東部会の第, 郡散在の所領, 郡文殊岳の幽谷, 郡斎これより後, 郡斐伊川の上流船通山, 郡新しの郷, 郡新井方村百姓市兵衛の伜, 郡新井町には美守, 郡新会という村, 郡新和田にて捕へらる, 郡新地村山崎氏の名主古帳, 郡新宮の神器, 郡新宮村の民七兵衛, 郡新宮町にて祿亭事ドクトル大石誠之助, 郡新家村か, 郡新宿の農家, 郡新宿村のかま橋, 郡新市町には今, 郡新平賀村で, 郡新庄村に残り居る, 郡新庄領の堺田, 郡新橋の葦, 郡新治村の最も, 郡新町のお, 郡新発田の城主, 郡新発田町の豪商大倉定七, 郡新舞子である, 郡新荘村船枝の船枝神社, 郡新見町の所在, 郡新郷村漆原亮太郎氏の門, 郡新野では正月十三日, 郡新鶴村などでは稲積, 郡はぬくし, 郡日和佐町の薬主寺, 郡日和田町の東方, 郡日置郷八千七百五十四石の一所持, 郡日置郷六千五百六十四石の領主, 郡日野の若殿, 郡日高川の下流, 郡起村濡垂拭兵衛と, 郡旭村の, 郡旭村大字駒岡村瓢簟山の東面部, 郡昆陽池の片目魚, 郡昔話のなか, 郡春日村岫雲院で遺骸, 郡春照村での一旧家的場徹氏, 郡春近の井上氏, 郡時代の季光, 郡更府村の湧池, 郡曾我村五郎丸字夜見何処へ出る, 郡曾根荘賀田浦に多し, 郡會議員になつ, 郡有住村の角枯, 郡有功村大字六十谷及び同, 郡有野の唐櫃神社, 郡望む所を, 郡朝倉村黒崎に近い, 郡朝和村にも起こった, 郡朝日奈の如き, 郡朝日奈村の柴田熊太郎, 郡朝日村の飯盛神社, 郡朝来村は従来由緒, 郡木津辺の或, 郡木田村の特産, 郡木越の光林寺, 郡木郎村では収穫終り, 郡末恒村の日本海, 郡末木村慈眼寺に同, 郡本別村の役場, 郡本地村民の家, 郡本荘町にあつ, 郡札幌同郡圓山村, 郡朱雀野村である春, 郡は雪, 郡村上町の友人, 郡村尾村一向宗穢多寺永宝寺と申, 郡では三河, 郡東京府南葛飾郡にまで鉱毒, 郡東八田村安国寺の住職梅垣謙道和尚, 郡東大野村の出身, 郡東富松の部落, 郡東川根村大字梅地あたりでは藤布, 郡東村大字小相木へ通じ, 郡東条に貫名重忠, 郡東条磯長の霊廟, 郡東根村浅立の産, 郡東浦賀の新井町, 郡東荘を領, 郡東長倉村の一集落, 郡東長田村その他の山村, 郡松ヶ島村の城, 郡松井村の郷士, 郡松代からもう, 郡松代在清野村が彼女, 郡松原村の刑場, 郡松山町附近の野, 郡松崎村字ノボトに茂助, 郡松嶺町の南, 郡松本の城主松平丹波守光行, 郡板倉村大字横町の何右衛門, 郡板来村としてあり, 郡板野町でそこ, 郡林崎に駐, 郡林泉寺村真日山林泉寺に馬頭観音, 郡林田村第十二組, 郡林田里伊勢野の起原, 郡枝幸村紋別郡雄武川筋同郡サルマ湖南岸, 郡某村の小学校長, 郡某社の巫女, 郡染井の家, 郡柱野村杉森大明神の御, 郡柴垣氏の報知, 郡柴田郡名取郡宮城郡黒川郡であって, 郡栗橋村字古里という所, 郡栗田の久保彦兵衛, 郡根本村の百姓, 郡桐隅里の田舎道, 郡桑原村といふ土地, 郡桑名川へ行った, 郡桑村郡のみであった, 郡桑野村の富人某方, 郡桜井町某寺, 郡梁川の城主, 郡森小路村の医師, 郡森尻村のエタ, 郡椎塚より出でたる, 郡椒村で露見, 郡検察部へ派遣, 郡楢原村ニ界ス三州ニ跨ルヲ以テ此名アリ字猿市ヨリ上八十八町以上同村中津川ニ属ス, 郡楢原村大字水抜の高倉山, 郡様お客様でございます, 郡横手の町, 郡横沢村でもドンガラ, 郡横須賀村であるが, 郡橋田村大字西四つ屋曹洞宗泉蔵寺大門先なる関谷安次宅地内, 郡橋立村では死者, 郡檜垣御坊の宗徒共, 郡檜枝岐村ト尾瀬沼過半ヲ遮, 郡檮原村ではまた, 郡櫛梨村の人, 郡の八人, 郡一位紀氏栗栖大神, 郡正太夫齋藤忠兵衞吉田久太夫毛利吉右衞門生松原, 郡武山村大字太田和はその, 郡残る所なく, 郡段嶺村大字豊邦字笠井島の某, 郡比延村にこの, 郡比田村には我国鉱業, 郡毛木村出身の佐々木太郎右衛門, 郡毛里田村で開かれた, 郡民千余人葬いの行粧, 郡民塗炭の苦しみ, 郡民畏怖の的, 郡水上てふ, 郡水上村の境界, 郡水内村森宮の原, 郡水原の陣屋, 郡水産会の技手, 郡江崎より二十円, 郡江崎清七より二十円, 郡江辺村に晴耕雨読, 郡池尻の城主, 郡沓掛近くの追, 郡沢之邑というところ, 郡河村同國忍路郡忍路村, 郡油駒村同國靜内郡有良村マブタ山, 郡沼田下新田という所, 郡沼田村にある, 郡泉村江此間の海岸, 郡泊瀬溪谷の入口, 郡波佐谷の山, 郡泰阜村の温田, 郡の城主, 郡津井村十二代世襲の庄屋, 郡津和野町に生れた, 郡津山の城主松平家, 郡津島の服部小平太, 郡津川町から南二里, 郡流山在の郷士, 郡浅井村に数十年前, 郡浦上村の産, 郡浦佐村地先の魚野川, 郡浦佐村鰕島南旭村鰕島新田岩船郡金屋村海老江などいう, 郡浦戸村の南, 郡浮田村の里正, 郡海老瀬村松本英一氏へ向け, 郡海辺の地, 郡涌谷の北, 郡涌谷村字黄金迫の黄金神社附近, 郡淀川の渡り場, 郡深浦の湊, 郡深草村の山中, 郡清武村に二段八畝, 郡清水村へ出る, 郡清見村小鳥地方にては例, 郡清里村大字青梨に親戚, 郡清音村の題目石, 郡渡良瀬村の村長谷富三郎, 郡湊村の神楽神社辺, 郡湊町の近く, 郡の峯温泉, 郡湯之谷村と群馬県上野国利根郡水上村, 郡湯本村の麓山権現, 郡湯本氏の報知, 郡湯江村やまだ色々, 郡湯田村大字八島は本郷, 郡湯谷村橡尾又温泉に着する, 郡滅亡せしこと, 郡滝尻王子社は清和帝熊野, 郡漁村同國室蘭郡室蘭, 郡漆生村に平山, 郡濱野曰三柳村より隱岐, 郡瀬高在の大江, 郡煤ヶ谷の山村, 郡熊毛村大字小江の青年, 郡燒津の普門寺, 郡輪の, 郡片上の入り海, 郡片品村大字東小川村の地内, 郡片山津の直, 郡片貝村の南方一里足らず, 郡牟呂村千石の地, 郡物部古麿, 郡犬居村百四十九番地に転籍, 郡猪苗代の城, 郡猿辺村では三百戸全戸, 郡玉垣村大字岸岡に式内, 郡玉造新田の夜刀神, 郡玉里村大森に飛ん, 郡玖珂郷の戸籍残簡, 郡現在宇治村木幡で桃山御陵, 郡瓜連村相田酒造店にツイ, 郡甚目寺観音院境内にオサルサマ, 郡生出を駕籠, 郡産湯浦という大字, 郡田上郷の戸籍残簡, 郡田中村大字宗光寺の百姓惣兵衛, 郡田原町の青年, 郡田子の浦在駿河不二郎, 郡田沼の土豪, 郡田浦から唐, 郡田辺村などにはひ, 郡田野村にて村長, 郡田鎖の領主, 郡由宇村三國屋鈴木三重吉へ, 郡甲子村コガヨとかコガト, 郡町村でもただ, 郡町村吏員の輩, 郡町村等の改廢, 郡界普近, 郡界村の助役野口春藏, 郡界村字高山だけで二人, 郡畑岡村字太田のこと, 郡或は連葛, 郡留萌町であろうが, 郡留萠同郡オビラシベツ, 郡病院長澄川といふもの, 郡登戸の農, 郡白峯の, 郡白島村と申す, 郡白島村白島山之助, 郡白根沖合に差しかかる, 郡白根町の南, 郡白江村の農, 郡白沢村高平の産, 郡白石城一万七千石あまりの館主, 郡白老町字虎杖浜のオソ, 郡白銀村白銀尋常小学校というの, 郡百四十四か村を指定, 郡百済村附近の原野, 郡百舌鳥村の暮, 郡百舌鳥村大字百舌鳥では色々, 郡を捕まえ, 郡盛岡の城下, 郡などあたかも, 郡相木村の森林中, 郡相賀庄の野村, 郡相馬郡の辺り, 郡県制施行にきまっ, 郡県将校等皆寇を失う, 郡県市部の長, 郡県市都へと熱病, 郡真崎村小川三四郎二十三年学生と正直, 郡真幡寸神社などが此, 郡真桑村の名産, 郡真砂の里, 郡真野村あたりの原野, 郡矢作村という, 郡矢口村のオキンドン, 郡矢掛町の産, 郡矢田村の大山神社, 郡知行されたほどの, 郡石垣島の西岸, 郡石山の丘, 郡石川町にもこれ, 郡石川町字下泉鎮守の古び, 郡石橋を通っ, 郡石浜にあった, 郡砂子塚または西川桜林村, 郡砥部町の窯, 郡磐崎村岩ヶ岡という岩, 郡与村, 郡神吉村の八幡社, 郡神坂村字馬籠である, 郡神宅村の夫役帳, 郡神宝の山奥, 郡神宮寺山の麓, 郡神宮寺村に神, 郡神崎茶屋などの村, 郡福井岩見伊勢村の内, 郡福地郷の, 郡福地郷之上村トアリ又鳥沢, 郡福山の城主阿部伊勢守正倫, 郡福岡である, 郡福岡町附近の爾, 郡福島という地, 郡秋中村大字秋掛などでも, 郡移住までの十三年間, 郡を課すべし, 郡稲岡村武井の作方奉公人, 郡穂別村の昔カイクマ, 郡穂坂村の疎開先, 郡穂高村の白金, 郡穴太村の長谷, 郡穴山村の栗原信近, 郡穴師山は水, 郡立善寺村の棟付帳, 郡立図書館建設のため, 郡立学校の教師, 郡立学校視学官市役所員それにドクトル, 郡立學校の教師, 郡立學校視學官市役所員それにドクトル, 郡立小学校へかよつて, 郡立病院に長年看護婦長, 郡竜田町の南方, 郡竹沢村の闘牛, 郡竹矢村大門の産, 郡笠島の道祖, 郡笹山村の百姓, 郡等司此の事, 郡筍谷を通っ, 郡管川の人, 郡箱崎八幡祭礼の場, 郡箸人郷というの, 郡米谷三千石の館主, 郡米里村字坂本の山ノ上, 郡粕淵に至, 郡粕淵村の津目山, 郡細川村へ使い, 郡細工村はもとエタ村, 郡組合支部結成第一囘準備會, 郡網走市中及四近根室國野付村標津西別間, 郡綾織村の某, 郡綾織村字砂子浜という所, 郡綾部八幡社に毎年風神, 郡総元村に現存, 郡縣制にならね, 郡縣時代の開始, 郡纏向村にあり, 郡纏向村近傍に蜘蛛火, 郡置塩の城主赤松次郎則房, 郡美保の岬, 郡美濃の山県郡, 郡美濃不破郡下野河内郡同芳賀郡, 郡羽前の米沢, 郡羽後の飽海郡, 郡羽田の庭田, 郡老神の温泉, 郡肥前の千々岩, 郡能登呂山道同郡網走市中及四, 郡能登部村の上布, 郡腰越村の山中, 郡臣拝賀のをり, 郡至女王國萬二千餘里男子無大小, 郡舞坂から出, 郡舳淵荘盛福寺鐘文永十一年甲戌四月九日, 郡船川村字田中小字大澤にて發, 郡芝原村横付御改, 郡芦安村でカモシカ猟, 郡花巻町に明治二十九年, 郡花鳥村竹居の疎開地, 郡苅田郡柴田郡名取郡宮城郡黒川郡であって, 郡苗羽村に生れた, 郡苧賀郷で梓川, 郡苫小牧村同國千歳郡漁村, 郡茂寄村日高國幌泉郡油駒村同國靜内郡有良村マブタ山, 郡茨木村の中, 郡草戸村の小林重道, 郡草津の人宇野杢右衛門, 郡荒山噴火之儀ニ付群馬県ヨリ大蔵省, 郡荒島村の出身, 郡荒川村の山上, 郡荒瀬村という所, 郡荒爪の山, 郡荷頃村大字軽井沢茨木善次右衛門はその, 郡荻原に伊藤豊, 郡菅原について残つた歌, 郡菅原村にある, 郡菴地村の大富人鏡作連, 郡の馬場, 郡萩原の宿, 郡萩原村に入っ, 郡萬木城の麓, 郡葛城村にある, 郡葛城村大字朝妻にある, 郡葛西村の船頭音吉, 郡葛西村字大島の共同井戸, 郡葭苅の在, 郡蒲生村にある, 郡藤原村ト八海山嶺ヨリ笠ヶ岳迄, 郡藤沢の清浄光寺, 郡藤澤の清淨光寺, 郡蘆名村に生れ, 郡蘆沢山の奥, 郡虎彦氏の如き, 郡虎彦等上流の青年たち, 郡虎彦英国より帰る, 郡衙三次の地勢風光気象, 郡衛門という肝煎, 郡衣川村増沢のもの, 郡袋井駅に勤務, 郡裳樹村大字五助谷字通り山美濃恵那郡静波村大字野志字通り沢越後南蒲原郡大崎村大字下保田字通坂常陸那珂郡勝田村大字三反田字道理山等も皆これ, 郡襄陽荊州の三城, 郡西するがの, 郡西の宮の産所, 郡西島村や西八代郡市川大門, 郡西春近村の白沢部落, 郡西根山山男殿と上書き, 郡西浦上木場郷六枚板の金湯, 郡西谷場の鉱毒談話会, 郡西谷田村大字西岡字神明西の堤防, 郡西部を手中, 郡西金の地先, 郡西阿知が本場, 郡西隈本木賊, 郡見附在小栗山村真言宗不動院, 郡観光ホテルへ, 郡観音寺村林小六所蔵文書弾右衛門支配下の四十八座, 郡角野本郷今西岸寺ノ前井上道益ト申ス医者, 郡討入の際上陸, 郡評判の容色, 郡調布上石原村の, 郡請川村は曲物, 郡諏訪神社上社の祭神, 郡地方へ, 郡諸富村の産, 郡諸島而飲神水於庶民永守君臣之義, 郡諸川沿岸被害多し, 郡諸村には大工, 郡警固村の内, 郡谷汲村にも同, 郡豊国村大字上相の間山薬師, 郡豊実村新渡はもう, 郡豊岡村となった, 郡豊岡村不動堂の縁起, 郡豊島村にもと, 郡豊永郷の葬儀, 郡豊田村に沓澤仁蔵, 郡豊田村曲金の素封家海野寿作, 郡豊田町西市の中野盛紀氏, 郡豊田館からさらに, 郡豊郷村では会葬者, 郡豊郷村坪山などで産します, 郡貝塚村より出でし, 郡貞元村の湯江, 郡貴船村の貴船神社, 郡賀美村とか宇賀美, 郡賀茂村の賀茂大明神降臨, 郡赤尾村に磯五郎, 郡赤松村に住ん, 郡越廼村蒲生津は日本海沿岸, 郡越畑の大平山, 郡越谷住井出権蔵の子, 郡足尾に於, 郡足尾銅山より流出, 郡軽野を過ぎ, 郡農會の技手, 郡野村で, 郡近郷の飢饉年, 郡通津村に住ん, 郡遂佐郷に擬したれ, 郡道差切新道と石, 郡値賀島那留浦を, 郡遠賀川の河口, 郡選出の上院議員ピイタア・レノン氏, 郡邇磨郷の実際, 郡に魚容, 郡邑矣とある, 郡那珂村にて聞く, 郡那珂郡も含め, 郡部屋村外四カ村の総代, 郡郷名に多い, 郡郷地頭所務のこと, 郡郷里の名, 郡都合十二郡一庄で四十二万石, 郡都築の人, 郡酒村の人向井兼義, 郡醍醐村の南小栗栖, 郡野口では村境, 郡野口村にゐた, 郡野迫川村北今西の不動さん, 郡野間郡等も加わっ, 郡金右衞門松下源助喜多村太郎兵衞長瀬新次郎櫛橋七之丞, 郡金屋村海老江などいう, 郡金山の人, 郡金木町に生れた, 郡金木町何某方というの, 郡金杉村の一部, 郡金沢城の城主, 郡金沢村字長谷という所, 郡金生村星川宇四郎氏の実験談, 郡金町の瓦焼惣兵衛, 郡釜石町板沢某という家, 郡釧路同郡釧路白糠間, 郡釧路國足寄郡に流る, 郡釧路白糠間セチリ河筋ピラカプト同フシコタン, 郡鍛冶島などにも仕事, 郡鏡島の城主, 郡鏡島村にあり, 郡鏡沼の南辺, 郡長さん始め県の役人, 郡長上村町長村田確之助ほか数名, 郡長以上の官職, 郡長坂村付近にその, 郡長岡村でも見ました, 郡長岡郡などにも及び, 郡長岸の観音寺, 郡長島愛生園内小川正子女史宛送附され度, 郡長島辺を歩い, 郡長攻撃の次に, 郡長曰く何曰く何斯ういふ時, 郡長村長にも十分事実, 郡長様も郷里, 郡長樣に對, 郡長泉村の親戚, 郡長等の上席, 郡長郡書記も出張, 郡長郡視學の來, 郡関の山家は築, 郡関ヶ原村山中の峠口, 郡阿仁合町湯の台, 郡阿佐ヶ谷村の産, 郡阿波村の大杉明神, 郡附馬牛村の山中, 郡附馬牛村字生出という山里, 郡間木村の, 郡院内村陽山寺山門の仁王尊, 郡隈府という山, 郡隈府町がその, 郡隣郡古市郡には又, 郡雄武川筋同郡サルマ湖南岸, 郡し見世物, 郡雲潤里の条, 郡霞村字今井吉田兼吉氏所蔵のもの, 郡青木村字天摩なる神社, 郡青笹村と自分, 郡青笹村字瀬戸二十一番戸伊藤万太の宅, 郡青龍寺の城, 郡静波村大字野志字通り沢越後南蒲原郡大崎村大字下保田字通坂常陸那珂郡勝田村大字三反田字道理山等も皆これ, 郡須佐神社では八月十五日, 郡須賀川町に生れた, 郡領一揆と大久保利通, 郡領房雪の末子, 郡額田郡また幡豆郡, 郡風早郡野間郡等も加わっ, 郡飛騨の高山, 郡飛鳥にあった, 郡飛鳥村にある, 郡飛鳥村小原の地, 郡飯塚村寺本氏の報知, 郡飯山町二十何ヶ寺の一つ, 郡足し男女怡, 郡香取村に遊びし, 郡香取町に鎮座, 郡香宗我部東西大堺之事, 郡香美郡長岡郡などにも及び, 郡馬川は洪水, 郡馬瀬の中切, 郡馬牛村字東禅寺という, 郡馬込の里, 郡駒場駅の人, 郡騒動して, 郡騷動を極, 郡高取の城, 郡高坂村大字岩殿の岩殿観音, 郡高家川部落は享和四年, 郡高島の城下, 郡高島村吉本氏より報知, 郡高市村の小学校近く, 郡高市村字冬野から稲淵, 郡高庭駅で病死, 郡高根村に生れた, 郡高池町の素封家, 郡高清水附近の産, 郡高瀬という大字, 郡高田へ国替, 郡高砂町の漁師, 郡高遠の城下, 郡高麗村ですが, 郡という類, 郡鮎原村の小林六太夫座, 郡鳩ヶ谷の生れ, 郡鳴海の城主, 郡鴨公村大字高殿小学校隣接の伝説地土壇, 郡鴨公村高殿の伝説地, 郡鶴舞に徙, 郡鶴見山嶺に在り, 郡鹿島町に鎮座, 郡麻生町の一青年某, 郡黒地村の棟附帳, 郡黒川村山田村伊達藩士が拓いた, 郡黒川郡であって, 郡黒石村の古刹正法寺, 郡黒羽町北滝字御手谷, 郡黒野村の鵜飼城, 郡齋讀書志陳振孫, 郡龍丘村青年会のため