青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「越した~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

起り~ ~起る 起る~ 超越~ 越~ ~越え 越え~ ~越し 越し~ ~越した
越した~
越前~ 越後~ 趙~ ~趣 趣~ ~趣味 趣味~ ~足 足~ ~足もと

「越した~」 1012, 10ppm, 10272位

▼ 越したこと~ (247, 24.4%)

162 はない 20 はありません 8 は無い 6 はございません, はねえ 3 がない, はあるまい, はなかっ, はなかろう 2 がある, はございますまい, はないでしょう, はないです, はなかつた

1 [23件] から夫妻, がありません, がお, が判, なぞありゃしない, の無い, はありますまい, はありませんです, はある, はございやせん, はござりませぬ, はござん, はな, はないだろう, はなく, はめったに, は御座いません, もなく, も憶, をさせ, を歴然と, を誰, 有りませんよ

▼ 越した~ (52, 5.1%)

29 はない 7 はありません 4 は無い 2 がない 1 がある, ないわ, なして, なしと, はなかつた, はなく, はねえ, は無から, もある, を知った

▼ 越した~ (47, 4.6%)

42 かい, だろう, です, は子供たち, 珍しいこと

1 [33件] か, かな, かまもなく, か女, か疲れ, がもう, が三尾, が十一月二十日, が四五人, が少い人, じゃ, だが, だな, であった, であったから, でありましたが, である, ですから, ですが, と一緒, は, はたった, はよかっ, はアッパレ, はステパン, は丁度一年, は千八百三十四年, は残念, もあるいは, もこの, も八, を埋め, 今では

▼ 越したばかり~ (37, 3.7%)

5 ですが 2 であった, 若くて

1 [28件] お嬢さんも, お孃さん, そして美しい, だ, だったゴーリキイ, だという, だね, だのに, であった伸子, であつ, である, でしょ, でまだ, で京都, で取り乱れて, で小学二年生, で父, で髭, なのに, につこりすると, のも, まだなか, ガラッ八, ガラツ八と, 典型的な, 子分と, 痩せて, 色の

▼ 越したばかりの~ (33, 3.3%)

2 品の, 若い男

1 [29件] こいつは, そういう蕗子, その女店員, デュウゼは, ロシアの, 一部の, 働き盛りです, 北国者らしい, 多感な, 如来衛門は, 妹の, 小柄で, 平次は, 年を, 年齢である, 時ある, 水の, 源之助が, 私が, 立派な, 肌の, 若い人々, 若い処女, 若さ, 若武者であった, 苦み走った, 苦み走つた, 苦味走つた, 血気で

▼ 越した~ (17, 1.7%)

2 思はれる人, 成つては

1 [13件] したら忍び返し, なると, 云うこと, 云うし, 云つてあの, 思う男, 思われる年頃, 殆ど同時, 聞いた, 見える女, 見て取るとき, 覚しい時分, 言はれ

▼ 越したところ~ (15, 1.5%)

1 [15件] から県道, である, です, でどうせ, で丁度, で少尉, で引返す, で急, で馬車, にある, に中山, に由布院, に竹藪, はございません, はなかろう

▼ 越したもの~ (15, 1.5%)

6 はない 1 かと考え, があっ, だと, だろうか, はありません, はござらぬ, は一本, は無い, もございます

▼ 越した~ (15, 1.5%)

2 は先刻散歩

1 [13件] からで, からであらう, でさえさまで, でなくては, と, にこう, には敵, には既に, に先づ遊び, の記憶, はもはや, は先ず, もかなり

▼ 越した向う~ (13, 1.3%)

1 [13件] にはまた, には自分, にアンリエット, に一台, に感じられた, のにくう, の伊豆, の家, の方, の里, はアフリカ, へおり, を省線

▼ 越した~ (12, 1.2%)

1 [12件] ここでも, そこでは, またこっち, まだその, やをという, 一坪ばかりの, 最後鼻唄まじりで, 未だ年, 浅田屋の, 深い砂地, 益々元気, 間もなく高輪

▼ 越した老人~ (12, 1.2%)

1 [12件] であるから, ですが, ではあった, ではあつ, で何, で家族, で左, で忠実一点張り, で気, で氣, は心痛, ばかりな

▼ 越した~ (11, 1.1%)

2 とは思われない 1 が一人, であったが, で十六七, と思われぬ, などとはとても, のよう, の好, の様, をまさか

▼ 越したかと~ (10, 1.0%)

2 思うと 1 云う年頃, 思う美しい, 思はれる標札屋, 思ふ美しい, 思われるほどの, 思われるブクブク, 思われる頭髪, 見える巡礼

▼ 越した年配~ (9, 0.9%)

1 その伜, その倅, だつたらう, であった, でした, ですが, で人, にかかわらず, の権

▼ 越した~ (8, 0.8%)

2 の秋, は宗助 1 の十二月初め, の春, の秋実, を尚

▼ 越したよう~ (7, 0.7%)

2 なもの 1 である, な先生, な奥女中, に思われた, に見える

▼ 越した~ (7, 0.7%)

1 で, でげす, でベービ, には漠然と, の体, の爛れた, もゐた

▼ 越した~ (6, 0.6%)

1 え, わかりませんか, 分りや, 知りませんか, 越さないか, 越さない位

▼ 越した~ (6, 0.6%)

2 ですとさ 1 だな, でしたわね, ですから, ですって

▼ 越した~ (6, 0.6%)

1 がすみ, が今, が母様, だつた, でだいぶ, とは思われぬ

▼ 越した~ (6, 0.6%)

2 僧で 1 婦人が, 婦人である, 看護人が, 紳士で

▼ 越しただけ~ (5, 0.5%)

1 だが, であった, であるが, ですもの, 多分手紙

▼ 越したので~ (5, 0.5%)

1 あつた, その月末, 一息吐く, 貞之進は, 通知を

▼ 越した~ (5, 0.5%)

1 です, に面白い, の家, の藪原, わかりませんかしら

▼ 越した~ (5, 0.5%)

1 の松原, ひ側, ふの, ふ側, 横町にも

▼ 越した喜び~ (5, 0.5%)

2 はありません, はない 1 は誰

▼ 越した~ (5, 0.5%)

1 であった, の中, の二階, の方, よりやや

▼ 越した~ (5, 0.5%)

1 には全く, の体質, の場末, の心, の経験

▼ 越した~ (5, 0.5%)

2 はない 1 だから, にジャルディニ, に三坪許

▼ 越した~ (5, 0.5%)

1 だし, ですが, で青髯, なのに, のお婆さん

▼ 越した~ (5, 0.5%)

1 から女中, から景子, から毎日私, であったが, もすぐ

▼ 越したくらいの~ (4, 0.4%)

1 商人が, 土地柄であった, 男であった, 頭の

▼ 越したという~ (4, 0.4%)

1 それと, ふうに, 年配の, 時間だ

▼ 越した~ (4, 0.4%)

1 だで, だ可, で同伴, に松

▼ 越した年寄~ (4, 0.4%)

1 ですが, で三宅島, とて気, は残らず

▼ 越した彼方~ (4, 0.4%)

1 には遙, に摩天楼, に清灰色, を意味

▼ 越した~ (4, 0.4%)

1 がいい, がよ, が情, で御

▼ 越した~ (3, 0.3%)

1 医者さん, 宗さんは, 徳も

▼ 越したくらい~ (3, 0.3%)

1 であろう, な年配, 遊び人風の

▼ 越したぐらいの~ (3, 0.3%)

1 ところ芸者としては, 年配だった, 男や

▼ 越したって~ (3, 0.3%)

1 なんともない, わけな, 時々遊び

▼ 越したといふ~ (3, 0.3%)

1 のである, のには, ものは

▼ 越したとか~ (3, 0.3%)

1 云って, 云つてゐた, 遠国へ

▼ 越したとは~ (3, 0.3%)

1 おもわれない元気, 思われない若, 見えなかった

▼ 越した幸福~ (3, 0.3%)

1 はありません, はあるまい, はない

▼ 越した~ (3, 0.3%)

1 でその, までも持ち続け, 再び丹沢山大山

▼ 越した立派~ (3, 0.3%)

1 な男前, な男子, な青年

▼ 越した~ (3, 0.3%)

2 もない 1 が見え

▼ 越したお婆さん~ (2, 0.2%)

1 が体, のはず

▼ 越したかも~ (2, 0.2%)

2 わかりません

▼ 越したからと~ (2, 0.2%)

1 いって, 顔を

▼ 越したこの~ (2, 0.2%)

1 叔母の, 暴君は

▼ 越したため~ (2, 0.2%)

1 に商取引, に検査

▼ 越したもう~ (2, 0.2%)

1 やとの, 五十年余りの

▼ 越したやう~ (2, 0.2%)

1 です, な氣

▼ 越した~ (2, 0.2%)

1 お互に, 茅ヶ崎に

▼ 越したホテル~ (2, 0.2%)

1 はベルリン市, を知らし

▼ 越した上離屋~ (2, 0.2%)

2 の庇

▼ 越した主人~ (2, 0.2%)

1 は分外, は老熟

▼ 越した二人~ (2, 0.2%)

1 の女, の幸福

▼ 越した~ (2, 0.2%)

1 になつて, はありません

▼ 越した~ (2, 0.2%)

1 だったろうと, の男

▼ 越した何日~ (2, 0.2%)

1 でも髪, でも髮

▼ 越した冬瓜~ (2, 0.2%)

1 のやう, のよう

▼ 越した出戻り~ (2, 0.2%)

2 のお

▼ 越した分別~ (2, 0.2%)

1 はない, 盛り

▼ 越した向う岸~ (2, 0.2%)

2 の萩

▼ 越した向こう~ (2, 0.2%)

1 にどうやら, に何

▼ 越した場所~ (2, 0.2%)

1 に至る, はありませんでした

▼ 越した婦人~ (2, 0.2%)

1 であった, でも二十年前

▼ 越した嬉しい~ (2, 0.2%)

2 ことは

▼ 越した寡婦~ (2, 0.2%)

1 で狆, の上さん

▼ 越した年増~ (2, 0.2%)

1 だが, ではあります

▼ 越した年輩~ (2, 0.2%)

1 でしょうが, の人

▼ 越した彼女~ (2, 0.2%)

1 としては前途, の喜

▼ 越した手桶~ (2, 0.2%)

2 の水

▼ 越した方角~ (2, 0.2%)

1 から, のこと

▼ 越した~ (2, 0.2%)

1 の丘, の座敷

▼ 越した源太郎二三十本~ (2, 0.2%)

1 かけ並べた白刃, かけ並べた白刄

▼ 越した父親~ (2, 0.2%)

1 の厄介, の周吉

▼ 越した~ (2, 0.2%)

1 の様, の樣

▼ 越した石原~ (2, 0.2%)

2 の利助

▼ 越した祖母一人~ (2, 0.2%)

1 に子供二人, に小

▼ 越した禅師~ (2, 0.2%)

1 がむりやり, がもの

▼ 越した~ (2, 0.2%)

2 に取っ

▼ 越した老女~ (2, 0.2%)

1 で有った, で頭

▼ 越した~ (2, 0.2%)

1 は秀吉, ばかりであった

▼ 越した自分~ (2, 0.2%)

1 の味方, よりもっともっと

▼ 越した~ (2, 0.2%)

2 は額

▼ 越した鉄柵~ (2, 0.2%)

2 の向う

▼1* [230件]

越したあたりで遂に全く, 越したあちらの漁村, 越したあとだつた, 越したあなたの森, 越したある広い河, 越したいっこく者, 越したいまでもその, 越したうしろに聳え, 越したええ足へ, 越したおばあさんを引つれ, 越したおばさんが蒼白い, 越したおめでとうと云い交す, 越したかなと一人の, 越したから更めて, 越したからって佐貫の, 越したくらゐである, 越したぐらいに過ぎなかった, 越したぐらいにしか見えない, 越したこちらには荒れた, 越したころの身, 越したころ矢代はもう, 越したざわめきが高く, 越したずっと向こう側の, 越したそうして幔幕を, 越したその夫は, 越したため忌日追福の営み, 越しただけであつた, 越しただけでも親たちや, 越しただけの隣りであるし, 越したあらうと, 越したでっぷりした大, 越したとき二月になっ, 越したとき夢に怖, 越したとき宿の婆さん, 越したとたんに下腹が, 越したとの意味にも, 越した爺樣だつちつたつ, 越したなどとというあの寒暖計, 越したすぎない彼女, 越したにおいはないでしょう, 越したには相違ねえ, 越したはずで青髯, 越したばかりじゃ何も, 越したばかりといふに, 越したばかりといふ娘つこでございませう, 越したひとりもののお婆さん, 越したまひつらむと, 越したものの口の, 越したもんだから, 越したテキサス州にうつり, 越したボールを打った, 越したと掴み, 越した一つの小さな, 越した一人の看護婦, 越した一握りの髪, 越した一老人があった, 越した一行は漸く, 越したの事, 越した上流出身の教養, 越した不動様の前, 越した与右衛門さんが甲州街道, 越した婆だ, 越した中婆さん別當, 越した事アないよ, 越した二三軒先のくすんだ, 越した人々がそれだけ, 越した人たちばかりで, 越した人物でむしろ, 越した人間の寂し, 越した今時分になる, 越したの租界, 越した以上はその, 越した伊丹の陣, 越した伯父は気力一つ, 越した作家に前年, 越した偉大の人物, 越した働き者らしいしかし, 越したの祖母, 越した入母屋風の大, 越したの寒, 越した分別盛りだ, 越したの冬, 越した努力を見届ける, 越した労働者風のその, 越した北口を表門, 越したの小さな, 越した南太平洋にある, 越した去年の今夜, 越した千屋という, 越した古風の芸境, 越した同じ米屋町の, 越した向こう側の市橋下総守, 越した向側の社, 越したのいい, 越した喜びはござりませぬ只今奥方にもその, 越した四十度は大, 越したの裏, 越した埋立の長屋, 越した多摩川の岸, 越した太閤の長浜時代, 越したとして暮し, 越した失職職工がお, 越したに蝋燭, 越した女以上の理想, 越した女教師があった, 越した好い男ださうです, 越したを育てた, 越した婆様でございますから, 越した嬉しさが, 越した実直な男, 越した宿の中, 越した小柄な男, 越したの中腹, 越した山陽側の備前長船, 越した川上の野藪, 越した左翼的生活経験をもつ, 越した市ガ谷本村町のかど, 越した年寄りだつて, 越した年紀ごろから思う, 越した年齢であったろうが, 越したは無い, 越した後いつでも恋愛, 越した後軍隊の境域, 越した浪人です, 越した徳本だが, 越した悦びはない, 越した悲哀を形, 越した愛嬌のある, 越した感じはよく, 越した扱帶の端, 越したは爺さん, 越した抜群なその, 越した掃除の際, 越した授業の方法, 越しただらう, 越した文豪の心, 越したに八百屋, 越した日当のいい, 越した明神下に住ん, 越した時丘の上, 越した時其處の噴火, 越した時分には風邪, 越した時分女が三四郎, 越した時水に映った, 越した時父が求めた, 越した時間だ, 越した暫らく歩かなかつたので, 越したの影, 越した東京寄りの, 越したの中, 越した枯木のやう, 越したの足もと, 越した極老の者, 越した楽しみは無い, 越した樂しみはまた, 越した横町が先生, 越した檜枝岐から会津, 越したの原, 越した武家までが雪駄, 越した母親が余り, 越した沈靜で存在, 越した源右衛門は自分, 越した漁村の利枝, 越した烈しいものが, 越した烏婆アを殺し, 越したいさんの, 越した独身者であった, 越した男弁舌はなかなか, 越した男自然に淘汰, 越したで煙草, 越した盆地の中, 越した真鯛である, 越した祖母の手, 越した祖母さんがお櫃, 越した神経質な寡婦, 越したがもう, 越した程度の高, 越した空屋の裏あたり, 越した筋張つた神經質な武家, 越したな意見, 越した紳士が女の子, 越した緑川夫人はともすれ, 越した署名の数, 越した翌年の春, 越した老婆としか見えず, 越した老媼であること, 越した老爺と五歳, 越した老翁であつ, 越した考えは却って, 越した腐れ葉じゃ, 越した臆病な処, 越した自棄な言句, 越したの黒い, 越した若者だった, 越した薄色の髪, 越したが線香, 越した藤波金三郎がこれ, 越した藪蔭から老, 越したが一匹, 越したの上, 越した見通しの奥, 越した言葉を口, 越したはかつて, 越した又岳州, 越した調子はずれその上, 越した谷間の巖, 越した赤銅色に顔, 越した趣味の広, 越したで始め, 越した近い處に, 越した途端に下腹, 越した通りを見る, 越した道楽者にも似ず, 越した遠くがい, 越した部落でその, 越したの空, 越した都合はなかっ, 越した左衛門は, 越した金貸と十六, 越した閑静な一劃, 越した霜焼のようやく, 越した頃私はもう, 越した顔色の悪い, 越した風貌である, 越した飛行機の中, 越した骨格のたくましい, 越した高い石垣の, 越したの嚴, 越したの厳しい, 越したであるから