青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「郎~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~避け 避け~ 避ける~ 邊~ 邦~ ~邪魔 邪魔~ ~邸 邸~ 郊外~
郎~
郡~ ~部 部~ ~部下 部下~ ~部分 部分~ ~部屋 部屋~ ~部落

「郎~」 22367, 242ppm, 400位

▼ 郎~ (7385, 33.0%)

51 平次の 50 飛んで 48 それを 40 自分の 32 首を 30 相變ら 27 すつかり, 急に 26 云った 25 さう 23 さすがに 22 早くも 19 妙な 18 うなずいて, 声を, 平次に 17 妙に, 眼を 16 口を 15 それに, 思った 14 少しばかり, 手を, 長ん 13 あわてて, ニヤリと, 顎を 11 いつもの, そんな事, 二人の, 斯んな, 膽を, 黙って 10 盃を, 肩を, 身を, 鼻の 9 こんな事, それが, 提灯を, 横から, 目を, 躍起と

8 [14件] そう言い, そう言っ, そつと, そんなこと, なか, キナ臭い, 何が, 刀を, 平次を, 心得て, 素直に, 膝を, 頭を, 額を

7 [16件] その日, その時, トホンと, フラリと, 例の, 先に, 呟いた, 彼の, 氣の, 相変らず, 笑いながら, 笑って, 聲を, 親分の, 長い顎, 静かに

6 [30件] これを, すぐに, そう思った, そのま, どうした, また途方, ニッコリ笑っ, ニヤリニヤリと, 主人の, 女の, 彼女の, 後ろから, 念の, 手で, 手に, 斯う, 本當, 氣輕に, 縁側に, 耳を, 腰を, 苦笑し, 言った, 話を, 路地の, 部屋の, 顏を, 顔を, 驚きの, 鬼の

5 [29件] うなずいた, こんなこと, そこから, たうとう, たまり兼ねて, ともかくも, 一と, 何か, 僕の, 兎も, 唇を, 外へ, 尚ほ, 屹と, 後から, 心の, 懐手を, 手酌で, 柄にも, 横合から, 考えた, 胆を, 胸を, 膝つ, 船を, 虎之, 言つた, 近所の, 酢つ

4 [58件] あまりの, いつに, お品, お弓, ここで, その晩, その足, どこに, どこへ, のんびりと, まことに散々, まだ腑, キヨトンと, ゴクリと, 一人の, 両手を, 二人を, 今度は, 伊之, 側から, 呆気に, 呆氣に, 四方を, 小声で, 尤もらしく, 店の, 微笑し, 心得たこと, 思ひも, 息せき切つて, 懷中から, 我慢の, 文太郎の, 暗然と, 横合ひ, 檜垣の, 歩き出した, 母の, 母屋へ, 甲斐を, 眼の, 私に, 私の, 窓から, 笑った, 精一杯の, 縁の, 自分が, 舌を, 言ふ, 走って, 足を, 障子を, 隣の, 飛出しました, 馬の, 驅け, 鼻を

3 [128件] あわて, いった, お勝手から, お琴, お葉, この時, こんな途方, そのこと, その中, その意味, その手, それから, そんな氣樂, ただの, ちょいと, つく, とど助, なにを, ひょろ松, へへ, ほほう, まことに這, また平次, また餘計, やつき, サツと, スタートに, スルリと, ツイこんな, ニヤニヤ笑い, ハッと, ヒヨイと, ヒラリと, ペロリと, ポンと, 一か, 一とか, 一生懸命でした, 一種の, 不承, 不足らしい, 両手で, 二度目の, 人の, 何の, 何も, 何んか, 何んとも, 何時でも, 何處かへ, 何處に, 側に, 兄の, 先を, 先代の, 兩手を, 其を, 其處から, 口惜しさ, 吐き出すよう, 囁きます, 声の, 夢の, 大急ぎで, 大袈裟に, 奧へ, 女を, 姿を, 娘の, 存分に, 家の, 小鬢を, 少し有頂天, 平手で, 彼を, 心を, 急いで, 息せき切って, 息を, 懷から, 拳固を, 斯る, 昂然として, 最初の, 木戸を, 格子に, 横つ飛び, 死体を, 死骸の, 気の, 氣が, 泳ぐやう, 父の, 物干, 獨り, 疾風の, 病人の, 益, 相手の, 眉を, 立ち上が, 竹童を, 答えた, 簡單に, 組んで, 縁側へ, 考へた, 聞いた, 肚の, 腑に, 腕を, 腰の, 若くて, 袂の, 裏の, 言ひ, 訊ねました, 途方も, 酒を, 酔って, 鐵砲玉の, 闇の, 頬を, 顔の, 飛付いて, 飛出しましたが, 馬から, 馬を

2 [467件] あいての, あまり好い, いきなり妙, いきなり店, いきなり飛び込ん, いきり立ちます, いつの間にか二人, いろ, うさんの, うさんらしい, うしろに, おどろいて, おどろかされた, おめ, お前が, お喜代, お夏, お島, お常, お竹, お銀, お駒, きき終って, ぎょッ, こういうよう, こういっ, こう云う, こう云っ, こう云った, こう思い, こう思っ, こう言っ, この, このお, この事件, この報告, これは, これ等の, こんな話, しきりに赤い, しまいには, しめた, すまして, そういっ, そう云った, そこで, そこに, そこの, そっちへ, その兜, その場, その夜, その尾, その後から, その後に, その後を, その手紙, その枕許, その牛, その用意, それから半, それつ, それでも素直, それ以上は, そろそろもの, ただ一人, つけて, どうなった, なほも, なんだか胸, のんびりした, はじめてホッと, はじめて崖, ひどく上機嫌, ひどく氣, ふいと, ふところから, ふと眼, ぺツ, まさに一言, まずその, またもや奇妙, また変, また海岸, まだそれ, まだ格子, まだ顎, まるでよろこん, もうそれ, もう一度飯田町, もう姿, もう最初, もう歸つて來, もう鼻, やつて, よく知っ, わけを, ゐるかい, イソ, イソイソと, カンカンに, クスリと, ケロリと, ジッと, スツ飛ん, ソツと, チャンと, テレた, テレ隱し, ドンと, ニコニコし, ニタリと, ニッコリ笑った, ニヤニヤし, ヌケヌケと, バネ仕掛けの, ヒサの, フトこの, ブリブリし, プンプンと, ヘトヘトに, ホッと, ポリポリと, ムッと, ムラムラと, 一つの, 一世一代の, 一同に, 一向罪, 一喝した, 一息つい, 一日に, 一氣に, 一生懸命に, 一生懸命の, 一礼し, 一笑に, 丁寧に, 三太郎の, 上から, 上がり框に, 下から, 下手人ぢや, 下水の, 不思議そうに, 不思議に, 不意に, 中風で, 乘出します, 九つ梯子を, 二つの, 二階の, 互に顏, 人々の, 人に, 人波に, 人波を, 今まで, 今も, 今迄, 仕方話に, 他愛も, 仰天し, 仰天しました, 何と, 何にか, 何にかしら, 何を, 何んと, 何んにも, 何んの, 何時か, 例によって, 侮蔑的な, 僅かに, 僕を, 先へ, 先刻から, 入つて來, 八五郎だけの, 内儀の, 円い眼, 出て, 刀の, 剣を, 動かなかった, 勢ひ込ん, 勿論お, 千登世の, 千登世を, 卜斎の, 即座に, 又何, 又文太郎, 友蔵を, 叔母さんの, 口の, 口惜しがる, 叫んだ, 右の, 呑氣な, 呟きながら, 味方の, 和泉屋の, 唯の, 唸つて, 唸りました, 喜んだ, 囁きました, 固より, 土藏の, 地に, 執拗に, 堤を, 報告を, 壁に, 変な, 変に, 夢中に, 大きく身振り, 大に, 大口を, 大呑込み, 大変な, 奥へ, 女と, 女に, 好い心持, 始めて, 子供に, 宙を, 寝台の, 小判の, 小戻り, 小首を, 小鼻を, 少しつまらない, 少し怒っ, 少し調子, 少し醉つて, 居るか, 山谷の, 帰った, 帰って, 帳場に, 平掌, 平次と, 幾日目かの, 床の, 店に, 庭から, 庭に, 庭へ, 廊下に, 引っ返して, 引つ込み, 張りきつ, 強いても, 彌造, 役得の, 待ち構, 得々として, 得意に, 微笑を, 必死と, 怒鳴るよう, 思いも, 思ひの, 思わず顔, 怪訝な, 恐る, 恐怖を, 愉快そうに, 意味あり, 意識した, 愕然と, 感に, 慰め顏に, 慰め顔に, 憮然と, 懐中から, 懷の, 我に, 戸を, 戸口に, 戻って, 手拭を, 手綱を, 拇指で, 拳を, 拳固で, 持参の, 振り向いた, 振り返って, 掌で, 提灯の, 支度も, 故意に, 救はれた, 散々の, 文句を, 旋風の, 日向の, 日本の, 日頃の, 明らかに, 明日の, 明神下の, 昨夜の, 昨日迄, 暗い顔, 暗然として, 最後の, 朝の, 本能的に, 机に, 東京に, 柄に, 根津の, 格子を, 梯子の, 椅子から, 椽側から, 椽側に, 槍を, 橋の, 次の, 正直に, 正眼に, 此邊で, 武家の, 歩いた, 歩いて, 歩きながら, 歸つて來ました, 死骸を, 母親の, 気が, 気がついた, 気の毒そうに, 気軽に, 汁椀の, 汗みどろにな, 汗を, 江戸中の, 涙を, 源三郎を, 漸く中, 濡れ鼠の, 火を, 無造作に, 無駄を, 煙草を, 照ちやんの, 照れ隱し, 牛の, 物置の, 猟犬の, 猪之, 獨りで, 獲物を, 獵犬の, 珍らしく, 甚だ不服さ, 生きて, 田山白雲の, 甲斐の, 番頭の, 病友が, 癇癪を, 目の, 相槌を, 眞つ, 矢を, 知って, 短銃を, 私を, 窓の, 立ちながら, 立ち上がりました, 竹童の, 笑い出した, 筆を, 紅に, 続けた, 縁側から, 縁側の, 義憤に, 翌る, 考える, 聞き耳を, 肩で, 脱いだ袷, 脾腹を, 腹が, 腹を, 膝の, 自信あり, 自分に, 自分を, 舌打ちした, 舟を, 花廼屋と, 花廼屋に, 若旦那の, 苦しげ, 苦笑いを, 苦笑を, 茫然として, 蒲團から, 蒼くなっ, 藤波の, 血の, 袖を, 裏へ, 裏木戸から, 見て, 親爺が, 言って, 言葉を, 話しかけました, 話上手に, 話題を, 語った, 語りつづけた, 説明し, 誰な, 誰の, 誰よりも, 諦めて, 谷町九丁目いちばんの, 足の, 追つかける, 途中で, 通されました, 道の, 遠慮も, 部下を, 鉄砲を, 銭形平次の, 間の, 隣家の, 雀躍りしました, 電報を, 面白さうに笑, 音を, 頑固に, 頬冠り, 頭へ, 頷いた, 額へ, 飛び上がりました, 飛込んで, 餘つ, 馬革の, 馬鹿な, 驚いて, 髷節を, 鬱陶しい心持, 鳴物入りで, 默つ, 黙々として, 黙然として, 鼻で, 鼻水を, 龍の, 龜の子の

1 [4491件 抜粋] ああん, あたり前な, あのおかしな, あべこべに, あわてた, いい加減, いきなりそんな, いきなり膝, いささかてれ, いったん東京, いつも三, いまわの, いんぎんに, うなずいたが, うんざりする, おぢさん, おも, お三保, お妻, お暇, お由良, お萩の, お靜, かう話しかけます, かつと, からだを, きな臭い顔, こういうの, こう呟く, ここでも, このへん, この俺, この大切, この店, この時二十八, この薄寒い, これからどちら, こんなだらし, こんな穿つた, さし向かいに, さらにたたみかけた, しかたなし, しばしば感嘆, しぶしぶ起き上がっ, じぶん, すぐ戻っ, すこし遅れ, すっと出, すばやく風, ずっと奥まった, そう云っ, そぐわない心持, そっちを, そのたび胸, そのトボケ, その以前, その天賦, その後も, その日昼飯, その死骸, その猫, その籠, その親爺, その障子, それぎり何処へ, それでもローズ, それどころの, それ以上の, そんな打ち, たうとうたまらなく, ただ微笑, たまり兼ねたやう, ちょうどお, ちょっと迷った, つくづく考えた, ていねいに, とうとう投げ出し, とぼけたよう, どうし, どきっと, どんなぞ, なお半時, なぜか, なるべく両方, なんとも答える, にやにやし, はじめて驚き, ひじょうな親思いもので, ひどい奴, ひどく心細さ, びくっと, ふきだした, ふと己, ふんと, べつに奇言, ぼんやり彼, まぎれも, ます, またし, またチョッカイ, また囃し続けます, また手酌, また注意, また親分, まだまだ報告, まだ女, まだ江戸, まだ身構えた, まっ青な, むっとし, もうこれ, もう一度くり, もう一度誘つて, もう半次, もう後, もう水, もう諦らめ, もう駈け抜け, もどかしさうに口, やがて両, やって来るの, やはり前説, やや意外, よく, よろよろと, わざと川, わめき立てるの, イカサマを, カツと, キッと, ギョロッと, サッと立ち上りました, ジュリアの, ズカズカ歩みよっ, チミツな, ツイ二三歩引下がりました, ツイ痛烈に, ドギマギし, ニヤニヤと, ハツと, ヒルミ夫人に対し, フォークを, フラフラと, ヘラヘラと, ホツと, ポリポリ頸筋, モゾモゾと, 一とわたり, 一倍の, 一喝声を, 一寸立ち止ま, 一心不乱に, 一應追つて見ました, 一本横槍を, 一笑した, 七兵衛なる, 三年目には, 上り下りの, 下を, 不安がる, 不愉快そうに, 不足らしく, 世を, 中坂上の, 主に, 九州の, 二つ三つ首を, 二十三に, 二度ほど, 二頭の, 云う, 五条に, 人を, 仆れ, 今年二十歳の, 今更持て, 以前盛春館に, 会場の, 何かに, 何と答, 何んとか, 何気ない時, 何處までも, 依然としてのどか, 保田の, 偶然この, 優しく, 充分の, 先觸れ, 全くの, 全ての, 八十歳に, 兵法忍術に, 其儘獵犬の, 其舌を, 内へ, 再び大地, 冒涜的な, 凡そ酸, 刀で, 切腹と, 別に一隻, 到頭繪, 前年壬申九月三日に, 力を以て, 勇士であった, 勤め先である, 十一歳に, 十日の, 半七, 半紙に, 危ふく格子戸に, 原来, 又も, 又変, 又首, 取りつき場, 口に, 只今では, 叱ったが, 同じ紙製, 名前に, 否みよう, 呆然と, 周章てて, 命が, 哄笑し, 唯三太郎, 善吉を, 喧嘩を, 嘲笑った, 四つに, 四方に, 図面を, 地團駄踏みます, 場所柄も, 夕刊の, 多四郎へ, 夜明け方に, 大きく拳固, 大きな舌打, 大して氣, 大呑込, 大手を, 大穴狙いの, 大面喰らいです, 太, 奥座敷へ, 女房持ちだ, 妖術にかけては, 委細構わず, 嫌がる, 学問に, 守宮の, 実に強い, 宵闇の, 密森から, 寺の, 小一郎の, 小此木伴七鵜川庄三と共に, 少しおどけた, 少しヘドモド, 少し乘出, 少し氣むづかしくて, 少し面喰つた樣子, 尾濃, 居合わす人々, 屋根裏を, 岡つ, 工人等が, 巨大な, 布団の, 帰れたッ, 平伏する, 平気でした, 幹を, 幾度疑っ, 座布團の, 廊下を, 引っ込みの, 弘前を, 強く打ち消した, 当分頭が, 形だけの, 往來から, 後一たび玄英と, 得意そうに, 心が, 心易い, 忌々しく口, 快心, 怒ッ, 思いの外の, 思うでしょうね, 思はず歡聲, 思わざるを, 思わず息, 急にに, 恐ろしいので, 恐入って, 恰幅だけは, 悪びれた色, 惨忍, 愕然として, 態度は, 憎くさげ, 懐の, 懷ろ紙を, 或は, 房州の, 手代の, 手紙を, 折を, 押入れの, 指さします, 按摩の, 振向いて, 掛合ひ, 支那人の, 散々ねばりました, 敷居際に, 斯う言っ, 新聞記者の, 既にこの, 日進堂の, 早寛子, 明るい顔, 映画監督らしいしゃれた, 時々やって来ます, 晴々しい, 暫く狙い定め, 暫らく母家へ, 更にこう言った, 最初から, 有頂天でした, 木の根に, 本気に, 東京の, 板戸と, 柔守人は, 桂の, 森の, 楠に, 樣子を, 橋番所から, 權之助の, 歌舞伎が, 正宗わしア錆び, 此処まで, 此神樣の, 武家上りで, 歴史を, 死んで, 残った女, 母だ, 毎日歸つて來る, 気を, 氣象者で, 江の島へ, 沈黙した, 泣いて, 注意する, 浅草六区の, 涙ぐまずに, 深川の, 渚に, 源吉の, 漸くこの, 漸く救われた, 漸く足, 濡れた着物, 灯の, 無手と, 無類の, 煙草入を, 熱っぽい平次, 父にも, 片眼, 物言ひ, 狂暴な, 狼狽へ, 獄中の, 現在膝を, 甚だ不服, 生悟り, 用心棒です, 申分なく, 留守の, 疑惑を, 痛ましそう, 白痴が, 皮肉に, 目安箱を, 直ぐ様それ, 相州浦賀郡東浦賀の, 看護婦の, 眼が, 知らぬ顔で, 砂土原町の, 社を, 神社として, 秋日和の, 稻子より, 突つ立ち上がりました, 立ちどまつて, 立ち木の, 立上がりました, 笑う声, 篠田さんを, 約束した, 素袷の, 組んずほぐれつ揉み合って, 絹に, 繁代の, 美しいん, 羽黒公爵邸へ, 考え初めて, 聞いたこと, 肩越しに, 背延を, 脳溢血の, 腹這ひ, 膳立を, 自分も, 自用, 舌鼓でも, 良いお, 花世の, 若い時ならず者, 若駒, 茅野雄の, 荅へて, 荷物を, 落とした刀, 蒼白に, 薩の, 蘇生する, 蜂谷に, 血相を, 行灯の, 裏口から, 襖を, 見たと, 見切りを, 見返りて, 観念した, 言いましたが, 言ひ捨て, 訊ねます, 評判の, 話半分に, 誠しや, 読むよう, 諸人の, 變な, 賭場防ぎ, 起ち上, 足袋を, 踏み込んで, 身を以て, 車夫を, 轉宅する, 返事は, 追分へ, 逃避しました, 逸子との, 過つて, 遠廻しに, 邪慳に, 配下の, 釈放されない, 金を, 釣が, 錢形平次に, 鐙が, 長い鞭, 長崎まで, 閉口たれ, 間もなく藏前中, 陶然と, 隠れようとしても, 離屋に, 露路の, 面喰らつて飛出しました, 頑として応じなかった, 頷いて, 顎が, 顔は, 飛びつくよう, 飛び降りるやう, 飛付きました, 食物を, 香美郡夜須の, 駆け乍ら, 驚きません, 體温表を, 鳥越の, 鹿蔵に, 默つてその後に, 默然として

▼ 郎~ (4363, 19.5%)

62 話は 59 顔を 51 ために 35 手を, 顏を 32 姿を 30 報告は 26 家へ 25 手に, 方を 24 方へ 21 ところへ, 前に, 方に 18 口から, 話を 17 方が 15 大變, 鼻は 14 方は, 眼の 13 家に, 後を, 鼻の 12 ような, ガラッ八, 心を, 手から, 死骸を, 耳に, 顔は 11 前へ, 家の, 心は, 持つて, 聲は, 説明は 10 声が, 姿は, 家を, 言ふ, 言葉の 9 そばへ, ほうは, ガラツ八は, 姿が, 家は, 手で, 死体を, 言葉には, 話には 8 側へ, 問ひ, 心に, 眼を, 胸に, 話の

7 [18件] ことを, やうな, 口を, 報告を, 心の, 手柄に, 殺された部屋, 無名丸, 爲に, 甘さ, 眼が, 眼に, 眼には, 美しさ, 腕を, 長ん, 頭の, 顏は

6 [22件] ことが, ことだ, ほうへ, ガラツ八が, 一行は, 事を, 刀が, 名が, 名を, 奴が, 妹の, 娘の, 後ろから, 後ろ姿を, 死骸は, 肩を, 膝の, 言葉を, 話に, 説明を, 身に, 顔が

5 [21件] からす凧, ように, 声は, 姿も, 存在は, 後ろに, 手は, 来るの, 案内で, 歸り, 目に, 眼は, 耳には, 耳へ, 聲が, 肩の, 胸を, 胸倉を, 袖を, 言葉は, 首に

4 [37件] いうこと, すがた, もとへ, 來る, 兄の, 前で, 前を, 厄介に, 叔母さんの, 叔母の, 叔母は, 命を, 女房の, 娘と, 嫁に, 想像は, 持って, 方から, 方で, 横を, 注意を, 父親が, 目の, 肩に, 胸は, 行方を, 話が, 身體を, 部屋の, 配下の, 長い顎, 頭から, 顏には, 顏の, 顏も, 顔には, 顔の

3 [78件] お家へ, ことで, ことは, ものでございます, 三人が, 上へ, 両名, 二つの, 云う通り, 人の, 代りに, 側に, 傍へ, 兄弟が, 叔母が, 右の, 名は, 器量の, 報告も, 声であった, 外に, 外には, 奴は, 奴を, 好奇心は, 妻の, 妾の, 姿何やらん, 威勢の, 娘お, 子分達は, 寿海老人が, 形容した, 所在を, 手が, 手紙を, 掛け合ひ, 書斎へ, 楊, 槌の, 横手を, 死が, 死体は, 死骸の, 死體を, 為に, 生活を, 男が, 目は, 聲に, 背後に, 胸の, 腕の, 膝に, 表情は, 言うこと, 言葉に, 話術に, 説明で, 調子には, 調子は, 負けでした, 足の, 足は, 遠慮の, 部屋へ, 面に, 面を, 頬を, 頭に, 頭には, 頭は, 顔と, 顔に, 馬は, 馬を, 馬鹿力に, 鼻を

2 [263件] あとから, あとについて, あとを, いう通り, いった言葉, いるほう, うさんな, うしろに, うしろ姿を, ことな, そう云う, つれて, とこでは, ところから, ところに, ところを, とぼけた調子, とりなし, なきがら, はいって, ふたりが, ほうが, ほうで, ほうも, ほかに, まえに, むつきを, もって, ものに, やうに, やつが, わめくの, ガラツ八と, クソ力で, 三人は, 三名を, 上に, 下つ, 下に, 不作法な, 世話を, 乗って, 事である, 二人が, 二人の, 二人を, 云うこと, 云う儘, 人形芝居は, 人形芝居を, 人格交替の, 仕事を, 仕打ちが, 仕方噺は, 代人として, 住んで, 住所を, 体が, 体を, 使の, 偉大なる, 傍に, 傍には, 傍の, 優しい一言, 八方から, 出店で, 刀は, 刀を, 到着を, 前だ, 努力は, 叔母から, 叔母さんに, 叔母さんは, 口が, 口へ, 叱, 右手が, 哲學は, 唇に, 唇の, 問に, 問ふ, 喉へ, 報告が, 報告でした, 報告には, 報告以上の, 報告通りそれから, 声, 声である, 声です, 声に, 声も, 声を, 大きな鼻, 大変が, 太い神經, 女房お, 女房に, 女房には, 女房は, 奴, 奴なんか, 奴に, 好奇心を, 妻なる, 妾が, 妾だ, 姉で, 姉の, 娘だ, 娘で, 娘に, 子供が, 存在を, 実の, 室の, 家で, 家には, 家へも, 宿の, 宿へ, 宿所へ, 寝間の, 小さい口, 小舟は, 居ること, 巣へ, 巣を, 引開ける, 影は, 役を, 後から, 後に, 後ろには, 後ろへ, 得意らし, 心持は, 心持を, 心細さ, 怪我は, 恥だ, 息子, 情婦お, 懷ろへ, 懷中に, 懸河の, 手には, 手の, 手柄であった, 手柄を, 手柄初めに, 手落ちに, 指す方, 指紋は, 智慧では, 書いたもの, 書斎に, 枕元へ, 枕許に, 様な, 様子を, 樣子を, 次の, 正直さを, 正體, 死も, 死を, 死骸が, 死骸に, 氣を, 浪宅は, 浪宅を, 消息を, 渡した大, 澄んだ目, 無遠慮な, 父は, 父へ, 父親の, 犬に, 現在の, 生活は, 生父, 留守の, 癖だ, 目が, 相場は, 相手を, 眉間へ, 眼と, 眼にも, 祥月命日, 窯の, 答へは, 糞力に, 細末, 結論です, 耳の, 耳は, 聞込みと, 聲でした, 胴巻を, 脱線振りは, 脳天を, 腋の下を, 腑に, 腕に, 腕には, 自来也, 自由に, 舌は, 舍の, 行方は, 被って, 襟が, 親の, 言う通り, 訊問は, 許から, 許へ, 話といふ, 説明が, 豫想を, 足もとへ, 身の, 身の上を, 身体に, 身体は, 身体を, 身許前身を, 身體は, 輩下の, 返事を, 運命の, 道草を, 邸が, 部屋を, 野郎が, 野郎は, 野郎を, 長屋の, 間の, 隣に, 頭を, 頭脳は, 額を, 顎が, 顔へ, 顔色は, 風太郎は, 饒舌を, 首は, 首へ, 首を, 馬が, 馬鹿力は, 駕を, 驚きは, 髷から, 魂を

1 [2146件 抜粋] あいだへ, あとに従い, あまり正直過ぎる, あわてた顏, いうおいら, いこじの, いふ事は, いわゆるお, うしろの, うろたえよう, おかげで, おじいさんが, おやじなんかも, お出でを, お名前, お宅, お心, お浚いなどに, お茶碗, かげを, からだから, ぎょっとなっ, ことであった, ことに, この樣子, ごとく不作法, しびれを, すぐ目, ずぶ濡れ姿を, そういう実際, その言葉, それは, ための, だんなさまも, つぶらな, ところからは, ところへは, とりきめた趣向, どんなに明るい, にいさんの, ひそんで, ふたり, ふところから, ほうだ, ほそい手, まじめに, みじめな, もとに, ものと, やつめこの, ようすを, よろいの, アコ長は, イロにな, ガラツ八に, キナ臭い, サブちゃんは, トボケた, バラの, モヤモヤする, 一味だった, 一大活劇を, 一座であった, 一束や, 一行四人は, 三人だけ, 三度目の, 上を, 下へ, 不器用な, 不思議な, 不良性, 世間に対する, 両腕, 中押に, 乘出す, 争闘から, 事の, 事業を, 二人きりだった, 二人丈であった, 二階で, 云う事, 五十人である, 五體を, 人柄は, 人気の, 人相だ, 仇役, 介錯人は, 仕草を, 仰有るの, 仲間や, 伜の, 伝説は, 似顔でも, 住宅兼工場, 体は, 作った画, 使, 來た, 信仰と, 假名文字の, 傍で, 傷は, 優れた才智, 兄さんかと, 兄を, 兇暴性が, 先走つた報告, 全身に, 兵法, 写真と, 冷たい表情, 凧を, 出入りを, 出馬を, 分けて, 分別に, 利腕を, 刻薄無, 前発, 剣幕に, 劍幕の, 力瘤を, 動かされ行く形, 勘の, 勢ひ立つ, 勧進を, 十手が, 半分でも, 危急を, 友人として, 叔母までが, 取出したの, 受持の, 口添えで, 古事世に, 叫びも, 号令です, 名を以て, 向いには, 吾太夫は, 呑んで, 周旋の, 呼吸が, 咽喉へ, 哲學が, 唇は, 問には, 啖呵は, 喉を, 喜劇役者の, 四人でした, 坐像に, 報告した, 報告にも, 場合に, 声だ, 声と, 変名に, 夜具へ, 大胆虎穴に, 太刀を, 夭折は, 失踪は, 奇蹟を, 奥様へ, 女に対しての, 女房, 女房とは, 奴だ, 奴めなんだって, 好い相手, 好意で, 如きは, 妄執の, 妻, 妻は, 妾に, 姪でした, 姿という, 娘ぢや, 嫁にという, 子なる, 子息に, 存在が, 宅で, 実兄の, 室である, 家, 家と, 家などは, 家も, 家政婦で, 家来分だ, 容体を, 宿で, 寂しい影, 寝巻の, 寢呆けた耳にも, 寵女陣十郎の, 将軍太郎良門が, 小さい眼, 少しも, 居間でも, 屋敷に, 履物は, 巣で, 左側に, 差出すの, 師弟と, 帰国する, 帽子や, 幽霊を, 店の, 弁舌は, 引見と, 弱りやう, 張り上げた声, 張り裂けるやう, 彫物は, 待って, 後ろ姿の, 後援者である, 得意さ, 御膝元, 心, 心事が, 心持であった, 心理學には, 必死の, 忠實な, 忿怒も, 思いつめた呟きを, 思惑などを, 怨みを, 恋する宿, 恐怖は, 息は, 息子福太郎に, 悪名を, 悲鳴が, 情婦に, 情緒に, 惡辣な, 意味は, 意気込の, 愛馬二頭も, 感觸に, 態度に, 慘めさは, 懇ろに, 懐疑は, 成敗を, 我儘も, 所有に, 所謂朝田屋の, 手ぬかりです, 手代甚三郎が, 手口だらう, 手柄だ, 手紙で, 手足の, 手配がよ, 才能を, 払った刀, 抜き取って, 拾つた萠黄の, 指さすあたり, 指した方, 指圖で, 指紋とが, 挙げた実証, 振事の, 掛け合いは, 探索も, 推理は, 携えて, 敵の, 新しい小屋, 方にのみ, 日記の, 早業と, 明るいハシャギ様, 智惠で, 暗い顔, 書いた型, 書置きには, 月給は, 望に, 本を, 本性に, 来て, 枕元で, 案内された, 槍に, 樣子の, 横恋慕は, 横腹へ, 欠伸を, 歌, 止めるも, 正直さ, 死に, 死体が, 死後十年のちに, 死顔を, 死骸よりも, 殺されるの, 母親に, 毛は, 気の, 気楽さです, 氣樂さこれを, 泊って, 注進が, 活歴の, 浪宅へ, 消息は, 準備に, 激情の, 為めに, 無精髯の, 焦燥は, 燥ぎ振りは, 父に, 父織江は, 物を, 犯罪嗜好癖などについて, 献策から, 理解は, 甚だ平, 生れた時, 生母で, 用箪笥の, 申す事, 画の, 疑問は, 病氣を, 発狂かと, 白いシャッポ, 皺の, 目で, 目を, 直筆だ, 眉間に, 真似を, 真青な, 眼つきと, 眼前に, 眼識を以て, 着物を, 知らせで, 短い脇差, 研究室と, 神童たる, 私宅を, 稽古も, 空骸を, 窯か, 端坐し, 筆名だ, 答は, 節操を, 紙治の, 細君に, 細首を, 結構な, 縛つたお, 置いて, 義憤に, 考えなら, 耳底に, 聲にも, 聴き役, 肉親たちが, 肩へ, 胃の腑を, 背中を, 胸から, 脅しは, 脈は, 脳底に, 腐つた顏, 腕前など, 腹卷に, 膝を, 膽力には, 自慢の, 舟に, 船長室へ, 芸名を, 若い眸, 苦衷という, 華奢な, 葬式で, 蘇生せる, 蠻聲が, 血液未だ, 行きつく少し, 行ったほう, 行動こそは, 衣服を, 衰退に, 袷の, 見たという, 見付けた獣, 見聞した, 覚えた外国語, 言い分は, 言うの, 言った言葉, 言は, 言葉また, 計らひで, 記憶には, 許であります, 許婚に, 評でござる, 詩吟を, 話しぶりに, 話術は, 語気に, 説明し得る, 調べは, 調子に, 論理は, 讃美どころで, 豪華な, 責め折檻を, 賭場を, 趣味に, 足に, 足跡です, 跡取, 身にとって, 身体が, 身持ちだ, 身辺から, 身體へ, 輩下だけ, 輩下筆頭の, 迎えで, 返事は, 追善も, 途方も, 逞しくて, 逢曳, 連累として, 運命と, 達者な, 遺稿を, 邸跡や, 部屋からは, 部屋で, 部屋右門の, 配下どもに, 野心の, 野郎じゃ, 野郎はなんて, 鈍い目, 鉛筆は, 鑑定は, 長屋は, 門口です, 間諜だ, 除名問題で, 陽氣さでも, 隣りに, 集めた噂, 霊前へ, 面には, 面目な, 頬が, 頭が, 頭上に, 頼みを, 顏が, 顏に, 顔いろは見る, 顔とが, 顔色も, 飛ぶ足, 食べたからを, 饒舌が, 首っ玉へ, 首根ッこに, 首筋を, 馬鹿, 馬鹿笑ひもそれは, 駒の, 驚いたこと, 驚くひま, 骨折りで, 高い熱, 髪を, 鬪爭心を, 鹿角の, 鼻へ

▼ 郎~ (2564, 11.5%)

19 云った 18 明神下の, 飛んで 17 飛込んで 13 やつて 12 戻つて來 11 帰って 8 それを, 入って, 歸つて來た 7 持つて, 言った 6 これを, 先に, 口を, 平次の, 手を, 持って, 来て

5 [17件] それに, そんな事, ついて, キナ臭い, 出て, 形容した, 急に, 息を, 歸つて來ました, 縁側から, 聞いた, 聲を, 自分の, 見て, 言つた, 言ふ, 連れて

4 [19件] いった, さう言, その報告, 來た, 前觸, 声を, 夢中に, 案内した, 歸つて來て, 殺されて, 目を, 私の, 見ると, 調べたところ, 顏を, 顔を, 飛び込んで, 首を, 驅け

3 [36件] あとを, いつもの, これも, ぼんやり戻, やって来たの, 二階から, 二階の, 云うと, 仰向いて, 倒れて, 入つて, 報告を, 姿を, 後から, 拇指を, 斯んな, 最初に, 来ました, 横から, 橋場へ, 死んで, 殺されたの, 江戸へ, 無手と, 相變ら, 眼を, 立って, 第一, 紅に, 聞くと, 言う, 訊いた, 訪ねて, 身を, 金を, 頓狂な

2 [147件] ある, いったよう, いないの, いると, かう言, かん子に, きいた, きょうの, こう呟く, ここに, ここへ, この情報, さう言つて來, そう云った, そう言っ, そつと, なければ, はいって, ひどい火傷, ふいに, また餘計, まるで瓜, やって, ヌッと, 一人居る, 三河町へ, 上京しなく, 云いました, 云ひました, 人を, 今まで, 何か, 何の, 何やら赤い, 何を, 來る, 例の, 傍から, 僕の, 元の, 入つて來, 前に, 前の, 参りました, 叫びました, 吹聽した, 土地の, 報告した, 大声で, 大頭, 女に, 娘の, 媒妁し, 家に, 家の, 寒天に, 小耳に, 少しあわて, 少し低く, 居ると, 居るの, 山犬を, 山谷の, 岡崎屋を, 帰省した, 庭から, 庭の, 庭へ, 引いて, 怒鳴ると, 急死すれ, 悲鳴を, 憎かつ, 懐から, 或る, 戻つて, 扉を, 持込んで, 指したの, 指摘した, 教へて, 新しい種, 旋風の, 未練らしく, 本當, 来ようとは, 格子を, 横合から, 橋の, 此處に, 歸つたのは, 歸る, 死ねば, 死んだ, 氣が, 氣の, 汗を, 決心し, 泳ぐやう, 海を, 犯人を, 獨り, 生きて, 生れた, 盃を, 知って, 神田の, 神田へ, 窓から, 笑って, 答えた, 紹介する, 続いて, 縁側へ, 自分で, 自分を, 舌を, 船を, 落ちつき払って, 行つた時は, 見張つて, 覚えこんだこと, 親分の, 言うと, 言ったよう, 言ひます, 説明し, 請人で, 變な, 起って, 踏込んだの, 追つかける, 這入って, 逢ひ, 長ん, 集めて, 雨の, 面白がる, 音を, 顎で, 顎を, 飛び込むと, 首尾よく, 驚く間, 鬼の, 鼻の, 鼻を

1 [1813件 抜粋] ああいう, あくまで白痴, あっては, あるばかり, あんなに大, いいました, いきなりうしろ, いきなり行った, いくら懸命, いちばんおくれた, いったんで, いつのまにか八丁堀, いとも頼母, いふ通り, いま江戸表へ, いらっしゃれば, うさんな, うしろに, うっかりした, うめいた, うんと云わない, おくみ, おどおどし, おめい, おろしたの, お前さん一家を, お喜代, お慕いし, お父さんを, お留, お詣りした, お隅, かけつけたからにゃ, き, きくと, くるくる舞い, こうしてその, こうほめる, こう言う, このごろおれと, この事件, この惱, この時澄江, この町, この間水仙廟の, これに, こんな時, さいご, さらって, しぶとくその, しよつ引いて, すいと, すぐ向う, すでにもう江戸錦, せがむまま, そうしたらしい, そう言いました, そっと彼女, その不審牢, その垣, その寝顔, その後ろ, その晩聟入, その理想, その路, その長い, その頂上, それに対する, そんな話, たずねると, たとい日本, ちょっとうしろ, つい三, つぶやくと, つまらなくなった, でて, とびだして, どうかし, どこやらの, どんなにお, どんな心持, なぜ自滅, なほ健やかに, にらんで, はいすすん, ばつの, ひとりで, ひと足先じゃ, びっくりし, ふっくりした, ぷん, ほんとの, ぼんやり古着屋, まじめに, またお, また何, また聞いた, まだジフテリヤ, まだ滞在, まるで掌, みずからお, みんなに, むんずと組みついた, もう一度引返した, もう忘れた, やすやすと, やって来た時, やっと釈放, ゆふ, よしや老後, わめき散らすと, アッサリと, オイオイと, ガバと, グッと, ズイと, チラと, ヌツと, ビッコを, フラリと, プリプリし, ポンポンする, ヤッと, 一人で, 一寸考えた, 一心に, 一段ずつ, 一番怪しい, 一緒に, 一角を, 丁度汗, 三十三歳陸が, 三田四國町へ, 上から, 上方へ, 下手人と, 不安そうに, 不斷, 両手を, 主人の, 乗って, 乘り, 九丁目の, 二の足も, 二人あります, 二度目の, 云い出したの, 云った逢痴, 五年間心血を, 京屋の, 仁王の, 今ま, 今初めて, 今日は, 今更娘, 仕立てられて, 仰向, 仲人寳屋祐左衞門夫婦に, 伝六を, 住んで, 何に, 何んか, 何時まで, 何者とも, 何處とも, 例に, 停めた, 傍へ, 元氏, 先ず声, 先方の, 児雷也を, 入れた男, 兩國の, 八丁堀の, 共々に, 其鞄を, 再来では, 出向いて, 刀を, 切腹にも, 初めて自分, 利巧者であった, 刺されたの, 刺し殺されて, 前途を, 加は, 勅任官の, 勘ちがいを, 勝ったこと, 勢ひ込ん, 北陸の, 十手も, 半聾, 危なくなる, 厭がる, 又云いました, 又斯, 反省せざる, 取上げて, 取調べを, 口惜しがる, 叩くと, 可哀想じゃ, 台所に, 吉良家へ, 同一人, 向うで, 向つたのは, 向柳原, 呟いた, 呼び戻しました, 哀れな, 問いかけた, 喰ひ止めました, 噂を, 四十の, 団子の, 固唾を, 垣根の, 壻入を, 夏の, 外出する, 多血質で, 大い金, 大名に, 大声を, 大急ぎで, 大舌打ち, 大阪者だ, 太刀を, 失礼ながら, 奥で, 好きだ, 好く面倒, 姉が, 媒妁人で, 子犬を, 実演で, 家来と, 寝, 寝室へ, 寺本山平を, 小さなくちびる, 小屋の, 小枝, 小男で, 少しく義憤, 少しも, 居さ, 居なくな, 山崎屋へ, 川崎の, 巧者に, 巻煙草を, 席へ, 帰らなかった, 帰るの, 平次を, 年少であった, 床の, 店へ, 引けば, 引揚げ, 引返して, 当然そこ, 役濟み, 彼らの, 待設けて, 後を, 心から悔い, 忍んで, 念入りに, 思い出して, 思はず尻ごみ, 怨めしさ, 怪しくは, 恐ろしい勢ひで, 情け深え, 惣太に, 感慨無量の, 憎らしいの, 懷から, 我鳴る, 手下の, 手籠に, 手配を, 托された結び文, 投げたこと, 抜身を, 押し込まれて, 拔け, 拳骨を, 持場の, 振り返ると, 捕まつて, 推察した, 援け, 支那服を, 支配人として, 文治を, 断乎として, 新宿に, 日本字なりと, 旦那に, 早馬きき, 昔住んだ, 映画監督として, 時々やつ, 時どきここ, 暗い顔, 暫らく冷飯を, 更に私, 曾つて受けた, 最後の, 有っては, 朝つ, 朝餉の, 本当の, 来たあまり, 来たが, 来たよ, 来ての, 来り大庭, 東京を, 松平越前の, 林さんです, 案内された, 梁から, 梯子段の, 椅子を, 楓とやらを, 機嫌の, 欲しいばっかりよ, 止める隙, 此樣子に, 此頃山本一家の, 武藝の, 歸れ, 死んだという, 死んだ騷ぎの一寸前, 歿く, 殺されたに, 殺された晩, 殺されるやう, 母に, 気づいて, 氣に, 汗にな, 江戸に, 沈んだ顔, 泣き附くやう, 泥棒猫の, 洋行から, 浪路を, 涙を, 湯を, 演じて, 激しく戦った, 炉へ, 無器用な, 無遠慮に, 照れて, 熱を以て, 父に, 片蔭, 物置の, 犯人では, 猛然として, 玄関の, 現われて, 現場も, 生まれると, 産業と, 申受け, 番頭の, 疲労に, 発見するであろう, 目の敵に, 直助権兵衛, 相手じゃ, 真っ黒な, 真実の, 着て, 知らないはず, 石の, 研究所から, 示したの, 神妙に, 稻子と, 突き出した手練, 竊に, 立ち鳥羽, 竜の, 笑い出すと, 筆を, 答は, 精一杯野太い, 素つ, 組敷いて, 絶命した, 縛ったお, 縛られるよ, 置いた踏臺, 群衆の, 羽織を, 老人の, 耶蘇の, 聞き捨てならぬ一報, 胆を, 背後から, 能登守と, 腰繩を, 膽を, 自刃した, 自身と, 舞臺の, 芒の, 苦心の, 茅野雄だ, 萬一, 蒼白い顔, 薩摩の, 虎御前の, 蝋づけ, 血のけ, 行きついた時, 行く以上それ, 行った時, 行つて下だ, 表の, 裏門から, 襲いだ, 見えぬと, 見とおしましたから, 見舞にかけ, 親分で, 言いました, 言って, 言つた通り傷は, 言ひかける, 訂正した, 詮索を, 話した時, 誘つた時は, 語を, 読む外国, 調査を, 警視庁に, 谷中にも, 財布を, 贈賄の, 赤誠を, 走りよって, 越後屋へ, 跳びつくの, 踊り舞臺, 車坂の, 辿りついて, 迎へられた, 近づくにつれて, 返事を, 追いすがりざま, 追跡し, 途端に, 通つて来ます, 遂に癇癪, 道を, 遠慮も, 邪魔に, 部屋住時代に, 金の, 金椎を, 錢形の, 鎌倉町の, 長崎に, 開いて, 闇と, 防御の, 陽焦, 雀躍りする, 青島まで, 頑張つて, 頭を, 風呂の, 飛び付き樣, 飛び出した時, 飛付くの, 飛出しましたか, 飛込み錢形平次, 養子に, 馬を, 駈けつける五分前, 駒形の, 騙されて, 驚きの, 髮床屋にでも, 鳶頭の, 黙々として, 齒痒かつ

▼ 郎~ (1539, 6.9%)

37 促して 29 見て 23 見た 15 呼んで 13 殺したの, 連れて 12 相手に, 顧みました 11 つれて, 迎へ 10 迎へて, 顧みて 9 見つめて 8 して, 見ると 7 案内に, 殺して 6 伴れ, 平次は, 待って, 案内し 5 促し立て, 見たが 4 さそって, やつて, 先に, 先頭に, 振り返りました, 殺した下手人, 自分の, 誘って

3 [30件] うながして, つかまへて, 中心に, 乗せて, 伴ひ, 出して, 加へて, 助けて, 呼びました, 呼んだ, 怨んで, 抱いて, 押し留めて, 押へて, 振り返ると, 案内した, 案内しました, 殺した時, 殺害した, 眺めて, 眼で, 見ながら, 見上げました, 訪ねて, 贔屓に, 迎えに, 追つ, 顧みます, 顧みると, 養子に

2 [78件] おいて, おびき出して, かばって, さえぎった, すつかり夢中, たしなめて, たしなめましたが, 一と, 中に, 乘せた, 仕事に, 伴って, 使うので, 促したので, 促しながら, 促します, 促し立てるの, 促すやう, 先登に, 刺し殺したの, 勤めて, 取こめて, 取って, 取卷いて, 口説いて, 叱り飛ばして, 呼び寄せて, 呼び留めました, 土間に, 奧へ, 尻目に, 己の, 引立て, 待ち設けたよう, 待つて, 後ろに, 思って, 怨む者, 愛して, 憶いだした, 抱きあげながら, 拜んで, 振り返つて斯, 捨てて, 探し出して, 擲りたい, 救うこと, 敵の, 新鳥越, 武士に, 殘し, 殺さうとして, 殺したに, 物蔭に, 発見した, 目つけ, 睨んだ, 立てようと, 蜜柑箱に, 見つけると, 見つめた, 見る, 見上げるの, 見送つて, 訪ねた, 誘拐の, 調布へ, 讃歎させた, 迎えたの, 迎えました, 迎へる, 追つ立てる, 追ひやる, 送って, 頑張らせて, 頤で, 顧みた, 驚かすの

1 [992件 抜粋] あくまで敵, あとに, あやつって, いい加減, いじらしく思った, いっぺんも, いやがる気持, うしろから, うながしました, うろたえさせました, おっちょこちょいとして, おぶったまま行方, おもいついた一齣, お歸, お討取り, かえりみた, かかえたまま, かばった, からかうと, かるくからかった, きめつけました, けって, こよなくロマンチツク, これまで, ごまかそうと, さいなむ樣子, さきに, さし招くと, さそい出して, しげしげと訪ねる, しりめに, じろじろ見, じろりじろりと微笑, すっかり嬉しく, すつかり憂鬱, せきたてながら, そこに, そっと寝せ, それへ, そんな人間, たしなめました, たずねたの, ただ一度, ちょっと見た, ついて, つかまえて, つかまへました, つけるという, つれた鼻, つれ遙, できるだけ悪人, とっちめて, どうする, どこへか, どれほど萎縮けさ, ながめて, なぐろうと, なぜ捕えない, なだめまして, なやました, にらみつけるよう, にらんで, ねめつけるよう, のけて, のせたまま, のぞいた, はじめとして, はじめ地元の, はじめ明治大正の, はじめ荒木陽一郎松原源兵衛の, はじめ雇人全部を, ばかに, ひそかに, ひどい目, ふりかえった, ふりかへって, ふりむき, めざして, ものかげへ, やつては, ゆすぶり醒まして, よんだ, インドの, クラクラと, ザヴィエルに, タジタジと, ダットサンに, テストし, ヒルミ夫人に, ヘシ曲げる, ワクワクさせる, 一人出し, 一人殘し, 一層しんみり, 一目見た, 一足先へ, 三日も, 上目で, 下手人という, 不穏な, 中へ, 主水, 乳母の, 二度三度と, 二階に, 人氣の, 介ひもせず, 代理に, 伏し拜, 伝うるに, 何うし, 何に, 使いとして, 使者に, 促しました, 促し立てるやう, 促すの, 信じようと, 信用しなくなった, 側へ, 元気づけた, 兄貴という, 先手に, 入れた, 入れるの, 八方から, 具し, 再び劇場, 再生させる, 処刑いたす, 出来るだけ, 切腹部屋から, 初めてここ, 刺したこと, 刺した匕首, 刺した曲者, 刺した血刀, 刺し殺すほか, 力存分に, 助けおこそうと, 助けだした, 助けるため, 助けるの, 助ける手段, 助手に, 動かして, 動員し, 勞つた, 勵ましました, 去らせてから, 参らしたの, 取囲んで, 取巻きました, 口説きに, 召喚し, 召捕らぬうち, 叱りつけ, 叱りつけた, 叱るかと, 向うへ, 呼びます, 呼びよせて, 呼び入れると, 呼び物に, 呼び起した, 呼ぶ, 呼んだわけ, 呼出さなければ, 呼出したの, 唯の, 善しと, 喰らひ込ん, 嚇す気, 地へ, 外の, 大地に, 大将に, 天帝の, 失わば, 奪って, 妻は, 始め夥しい, 嬰兒の, 存分に, 守るよ, 宗太に, 家から, 家へ, 容る, 寄越せと, 寝かせ髪の毛, 小わきに, 小手招き, 小手招ぎ乍ら靜かに, 小脇に, 尖った指, 山倉富五郎が, 差し招いて, 師匠の, 平次の, 庇っても, 座敷へ, 庭口から, 弁護したい, 引いて, 引き出しスッパリ, 引き立てるため, 引ずり込んで, 引っ包んだ, 引っ張り出して, 引っ立て争い, 引ぱたいた瞬間にも, 引入れたこと, 引入れようと, 引合いに, 引据ゑて居ります, 引摺り出す, 引止めて, 引立てた三四人, 引立てて, 引見し, 当に, 彼は, 征服し, 待ちかねて, 待ち構, 待つとも, 待つ気持, 後見に, 從へ, 御免安は, 御法度破りと, 心の, 忘れは, 思いだした, 思う真情, 思ひ郎, 恐れて, 恨んで, 悩ませます, 悼む, 惱ませます, 意味し, 意識した, 慕うので, 慰め後妻, 憎み稻子, 手で, 手に, 手放さないなどと, 打ち懲らすこと, 打った, 払ひのけ, 投げ倒して, 抱きしめた, 抱きとって, 抱き上げようとして, 抱き起さうと, 抱擁した, 押えました, 押しあげて, 押し出した時, 押へる, 拘係, 招きさて, 招きます, 指した, 指し問, 指点し, 挙げたん, 振り返つて, 振返りました, 捉ま, 捕まへるの, 据える段取り, 探そうとは, 掻きのけて, 揚屋へ, 搜すんだ, 撫める, 操つた曲者は, 擧げたね, 擧げた相, 支えて, 放免した, 救い出せるかも, 救う有力, 救ひ出し, 教導として, 敵とも, 斬った刀, 斬らしめ瀬田済, 新聞社の, 旦那に, 春廼舎に, 曲者と, 最後に, 望んで, 机から, 極めや, 槍玉に, 模倣した, 機に, 欺いた一夜, 正木に, 此處へ, 歸し, 死体を, 殴った玉造, 殺さねば, 殺したうえ, 殺したと, 殺したとは, 殺した事, 殺した帰り道, 殺した片, 殺し惣次郎, 殺すもの, 殺すわけ, 殺す助けるの意見, 殺そうと, 殿に, 毎朝一と, 気遣うあまり, 求めるの, 江の島へ, 泊めて, 涙ぐませます, 溝へ, 演つた時原作の, 濡れ縁に, 無視し, 牽制し, 狂愛し, 狙つて間違つて内儀を, 独楽に, 珍しがり, 生ける人, 生むと, 生んだ, 生んで, 生擒, 用心棒に, 留め置きますから, 番人に, 疑ぐる風, 疑はせるやう, 目黒在の, 眺めながら, 眼顏で, 督励し, 睨みつけながら, 睨む, 睨めました, 睨んで, 知って, 知つてゐる, 知らねえか, 破るほどの, 社会部長と, 私が, 稲田老人夫妻は, 突き飛ばして, 突き飛ばし續, 突飛ばすやう, 第六部, 筆頭に, 紹介し, 組みつかせて, 結婚させない, 縛つた, 縛つたと, 縛つて來い, 縛つて行きました, 縛りそう, 縛り度, 罪に, 罪人という, 罵つた, 羽が, 肩に, 脅迫し, 膝へ, 自殺の, 自滅させる, 船の, 苦しめはじめた, 英雄に, 茶かし乍らも, 虫ケラみたいに, 表から, 裏切らせ私, 襲うと, 襲ったが, 襲名し, 見うしなって, 見かえした, 見かえって, 見かけて, 見たまま, 見た時, 見つけて, 見つめたあと, 見なかった, 見のがすぐらいは, 見まして, 見やりました, 見やります, 見るたび, 見上げた眼, 見上げて, 見下しながら, 見付けたの, 見付けました, 見出して, 見失って, 見忘れは, 見詰めた, 見詰めて, 見送りながら, 親分も, 討せた, 討つたといふ, 討つたる, 訪ねた老女, 訪ねると, 訪ね今, 訪れて, 訪れる十日すぎ, 訪問した, 訪問しよう, 診察し, 認めた鴫澤主水, 誘い入れました, 誘い出し色仕掛け, 誘うと, 誘う気遣い, 誘つて店の, 誘つて昼飯を, 誘つて物蔭に, 誘つて藏の, 誘ひ入れました, 誘ひ出すと, 語らねば, 説き伏せると, 説き落した働き者, 誰か, 請人に, 責めたさ, 買い被って, 赤坂新町の, 走らせて, 蹴は, 車から, 迎えた, 迎えたと, 迎えること, 迎え入れた, 迎へた番頭の, 迎へに, 追いかけた, 追いやって, 追い廻しましたが, 追い追い自分, 追って, 追っ払うよう, 追つて, 追ひ返しました, 追払おうとは, 追放されませい, 送り届けた洲蘆, 逃がしたこと, 逃すな, 逐い出したの, 連れた月江, 連想する, 遊び相手に, 遊ぶつもり, 道化役者に, 遣は, 郊外の, 郷里の, 附けて, 除いて, 除外する, 離れませんよ, 静かに, 須藤に, 顎で, 顧みるの, 飛ばして, 食べる音, 馘首し, 験べた, 驚かしあべこべ, 驚かしたもの, 驚かした樣子, 驚かすに, 鳴海に, 鷲づかみ

▼ 郎~ (1122, 5.0%)

15 取つて 10 せがまれて 8 しては, 任せて, 似て, 向って, 案内させ, 聲を 7 向かって 6 合圖を, 手傳はせ, 言はせる 5 斯う, 相違ない, 訊ねました

4 [12件] むかって, 化けて, 報告した, 声を, 嫁した, 對し, 平次は, 案内され, 目配せし, 眼配せする, 言つた, 頼んで

3 [20件] して, しても, そつと, 別れて, 向つて, 囁きました, 囁くの, 引立てられて, 教えて, 斬られて, 旨を, 渡して, 渡しました, 眼配せし, 繩を, 見せた, 言はれる, 言ひ含め, 逢って, 逢ふ

2 [81件] お願いいたします, こう訊かれ, この話, さう言, それほど義理, たずねた, つけ込まれたん, なついて, なるん, むかい, 一つの, 下女の, 云った, 云ひました, 今度の, 会って, 何か, 何を, 取っては, 取つて押, 口上を, 合図する, 合図を, 向い, 命を, 喰つてか, 囁くと, 奪はれ, 宛てて, 寄り添, 少しでも, 巡り逢い, 引かれて, 引摺られる, 彼は, 応援を, 怖れ, 感謝し, 手を, 手伝って, 手紙を, 挨拶を, 接して, 教へ, 書面を, 止められて, 氣が, 注がれたが, 注意を, 渡しながら, 無手と, 疑ひを, 目禮し, 相違は, 紹介され, 耳打し, 耳打ちし, 聞いた, 脅かされるかも, 與へ, 襟髮を, 見せて, 見せました, 言いました, 言った, 言ひつけ, 言ひ付け, 訊いて, 訊くの, 話しかけるの, 話して, 説明し, 送られて, 送られ箱根, 逢いたいと, 違いない, 金を, 間違ひもありません, 面会を, 食って, 騙されて

1 [739件 抜粋] あげますどうか, あったとき比田, あの話, あらずと, いいつけた, いきなりこんな, いたつて, いだいた, いどみかかるべき節, いどむ氣, うしろを, うしろ頸に, おおそう, おさへられて, お与え, お前に, お従い申さね, お房, お藤, お静, お願いしたい, お願いします, かう言, かう話して, かえした, かなわず槍, きいた横須賀, きめ付けられるやうぢ, くるりと, こう言う, こう言った, こえを, この市, これ以上も, こんなこと, ごくさばさば, ございます, さ, さう鑑定, さしたこと, されちまつたん, しいられて, しかられて, したところ, してやられたという, してやられますよ, しょわせて, しろその, しろ中村松江, すえながら, すがりつきました, すがり付いて, すゝめられた, ずかずかと, せがまれるま, せきたてられて, せよ白井喬二, そ, そう鑑定, そそいだ, そつくりだ, その子ら, その時私達, それとなく注意, そんなうしろ, そんなに金, ただして, たった一, たまには, だまされて, つくつた負債, つれて, つれられて, では, とっつかまって, なって, なりました, ぬすまれてから, はかまはず古金屋の, ひどく叱られ, ふたりある, ぽんと, また手錠, むずとその, めあわすと, もう危篤, もう用事, もたらして, やったん, やりたくないから, ゆだ, ゆっくりお, よく似, わかるか, わたし白い, わびるの, カリが, ガツキと, ゼーロンを, ソツと, ビツクリする, モデルは, 一應言傳てを, 一撃を, 一足取残されよう, 丁寧に, 三十年ぶりで, 三十目筒一挺宛を, 下らん, 不在証明が, 与えた影響, 与ふる, 九段の, 乾分の, 争うべき筋, 事情を, 云いました, 云われても, 云われるかと, 交渉を, 今度は, 仕事場の, 代つて踏臺, 任せましたが, 任せるの, 会いたかったの, 会いますと, 会った, 会釈した, 伴ふ, 伴れられ, 似た浪人, 似てると, 似合わぬ所作, 似気, 何やら囁い, 何やら言, 何度も, 侮られるの, 促が, 借すどころ, 傅い, 先んじられたくやし, 先んじられて, 入られるの, 内通した, 出会ったら一, 出家された, 出逢って, 分けた, 分った, 初めて判元, 判りそう, 別れた, 別れると, 前後から, 割腹を, 力を, 助けられて, 助けられましたから, 助けられるの, 勇気が, 勝てる望み, 勝手な, 包圍された, 印象づけた理由, 厚意を, 反い, 反問し, 取って, 取っても, 取つて一つ, 取つて此上, 取りすがって, 取り合, 叙せられた, 叛旗を, 口止めを, 叩かせましたが, 叱り飛ばされました, 号令さして, 同情し, 向かいて, 向かっての, 向き直りました, 向けた高塚蔵人, 向つて悸, 向つて斯, 否も, 含んで, 味方を, 呼びかけた, 呼留められ, 呼込まれて, 命までも, 和歌山へ, 問え, 問ひかけ, 問ひかけます, 問ひかけられ, 問詰められて, 嘗められだつて巣鴨中, 囁きます, 囁やきました, 囃して, 因って, 固められて, 在所を, 垂直を, 墨を, 壓迫され, 売女枕捜し, 多市それと, 大なる, 奉って, 奪われるという, 好意を, 始まると, 嫁し, 守袋は, 宛てた封書, 宛てた次, 宝刀を, 家の, 家督を, 対え, 対してでも, 対抗する, 対面し, 対面の, 尋ねたいと, 尋ねたかったの, 導かれて, 小三郎と, 小突かれながら, 小言を, 少年を, 尻を, 差支への, 広間へ, 廻送された, 引っ張り出されました, 引出されたといふ, 引合せられて, 引合わせようなどは, 引戻されました, 引渡し翌, 引立てられます, 当りを, 後ろから, 後を, 御苦勞, 微塵も, 心を, 応待し, 忠實だつた, 怒鳴り立てられると, 怨が, 怨みは, 恋を, 恐れたと, 恩を, 悪意の, 意見し, 意見めかしい, 感じさせました, 感謝の, 懇望され, 應對しました, 手も, 手傳つて何彼と, 手渡す役目, 打向ひ, 打明けて, 扮し, 扮した, 扮する座頭, 抜身を, 抱き起させました, 押へ, 持ちかけたの, 持って, 挑むの, 挨拶し, 挨拶する, 捕らえられたら妾, 採用し, 掴みかかろうと, 揚足を, 握らせたの, 救はれし, 救ひ出され, 教えられた通り, 教えられて, 教へる, 斬りかけられた黒裝束, 新らしい, 日と, 書かせ現場, 未練が, 来て, 案内さして, 案内させます, 構わず出かけて, 横っ腹を, 横取りされ, 次いで, 欺かれて, 止まるなら, 殺されたに, 殺されるの, 殺して, 気が付いて, 水を, 決定された, 油断を, 泊まつ, 泣き附く, 泥をは, 注いで, 注意する, 洗礼を, 浴びせる金十郎, 添って, 渡した, 渡したの, 渡すの, 渡す照ちやん, 渡りを, 湯治を, 無理を, 焦れて, 獅噛みつき, 率いられる加州, 瓜二つぢや, 用が, 由つて上野へ, 當つて見ました, 白い歯, 盃を, 目くばせ, 目くばせした, 目を, 目礼し, 盲目的に, 相談を, 相違ありません, 真実を, 眼くばせしました, 眼を, 知らした, 知らせるの, 知らそうと, 示して, 示す彼, 突き當つた當の, 突然に, 笑みかけられると, 笑われるかい, 答える, 米利堅へでも, 紙入を, 紛れも, 細々と, 紹介しました, 組み敷かれた一人, 組伏せられて, 絞られて, 縄尻を, 縋り付きます, 縛られたの, 縛られた丹波, 罪は, 罪を, 耳うちし, 耳打を, 聞えた, 聞かされて, 聽いたんだ, 肩位は, 脅かされると, 脅迫された, 腹を, 膝枕を, 致しましても, 良い嫁, 花を, 草山という, 菩薩の, 落度が, 葛西の, 裏口を, 見せたくありませんでしたから, 見られて, 見られ弱り切った本心, 見付けられ貴殿, 見出した, 見張らせた平次, 見張らせて, 見護られながら, 覘われた, 解かせた帶, 解りませんが, 言いつけて, 言い含められて, 言って, 言つたのは, 言はれた, 言ひ付けました, 言われた時, 訊いてを, 訊きましたよ, 訊ねたと, 訊ねられて, 討たれました, 討たれるであろう, 訴へ, 詫証文を, 話させた事件, 話しかけた, 話した, 話したこと, 話し出した, 誘き出され, 誘はる, 誘はれた錢形平次, 誘われるまでも, 誘惑され, 語って, 語りうる克子, 説明させる, 説明しました, 謎を, 護らせて, 讓つて自分から, 負けないほどの, 負ける, 買われた, 貸して, 赤塚の, 起たせい, 足洗を, 蹴飛ばされさうだつ, 輕く, 迎へ, 近づいて, 近寄って, 近頃会った, 近頃變, 返そうと, 迫った, 迷惑のか, 追つ立てられる, 追われると, 送って, 送つて, 送らせるから, 逢いに, 逢うと, 逢った時刻, 逢つてゐた, 逢つて一刻も, 逢つて見よう, 逢は, 連れて, 連れられて, 進上した, 違いなかった, 違ひない, 遠慮が, 遺して, 邪魔され, 酷似し, 金などを, 鎹を, 間違ひ, 関係した, 附き合つて一杯飮, 附け廻されたの, 限配せする, 隔てられて, 隱し, 集つた, 集中した, 青瓢箪と, 面当てを, 響いたの, 預けたさ, 預けました, 預つた書き付け, 頗る科学的, 頼まれて, 頼まれれば, 頼んださうだな, 頼んだん, 頼んだ言傳, 顏を, 飛びかかろうか, 食い殺されたぞよ, 鷲を

▼ 郎~ (920, 4.1%)

68 一緒に 13 いって 10 申す者 7 下つ, 云う者 6 お稚児, 平次は 5 云ふ, 妻木右太, 申すもの, 言ふ 4 お葉, かん子とは, 万吉が, 云ふも, 又六, 名乗って, 早坂勇は

3 [18件] いへば, お鈴, それに, ひょろ松, 並んで, 云うの, 云う名, 云う男, 卑弥呼を, 湯島の, 猪之, 田山白雲とは, 申して, 申しまして, 知って, 結婚し, 重輔, 養子の

2 [60件] いえども, いっしょに, おみよ, お品, お島, お松は, お秀, お菊, その一党, その一味, その妹, その子分達, その母親, その部下, なって, なつた, もう一人, 一夜を, 三人で, 両人を, 主水, 二人だけ, 二人で, 云う人, 云って, 会ひ, 別れた平次, 別れて, 刺違えて, 力を, 千登世とは, 反對, 名告つた, 夫婦に, 妹の, 娘の, 宏子の, 小僧の, 川前市助が, 平次の, 投げ節, 松吉と, 松吉に, 用人の, 申します, 申しますもの, 申す男, 百太夫との, 私の, 称ぶ, 紀久子とは, 綽名にまで, 話を, 足の, 連立って, 鉢合せした, 雖も, 香取は, 馬が, 馬の

1 [581件 抜粋] あったので, あっては, あの時, あべこべだ, ある別に, あれほど, いいたる青年時代, いい一人, いい取組, いい負けず劣らず殿, いうか, いうが, いうと, いえば, いえる力逞, いったが, いふ者は, いふ者武者修行として, いやあ泣く, いわれた人, いわれて, うばい合いを, おなじよう, お三保, お信, お元, お内儀, お別れ, お品さん, お大, お妙, お妻, お孃さん, お小夜, お弓, お手付, お松が, お松とが, お松との, お柳, お母, お由, お種, お竹, お粂, お絹, お貞, お道, お銀, お隣り, お駒, かしくと, かの雉子, こういうこと, この一味, この俺, この少年, この町内, これも, ご承知, したの, すゞと, そうして多々, そして内儀, そして東儀与力, その女形, その弟子, その母, その連れ, その配下, その配下ふたり, それからお, それほどの, それを, ただふたりきり, たつた七人, たつた二人, つけたの, つれ立つて, であった, どんなゆかり, なすこと, なり別に, なり博覧強記, なるであらう, なん呼ばれ, はじめて主, ひきつづき第, ふやけくさって, ぶっつかって, みみずばれ, むかいあって, もう二人, よぶかりうど, よぶ新, わかつたらしく, ザル碁を, ハタと, パチッ, ヘボ碁も, モコウを, ヨリを, 一しょに, 一と, 一問一答で, 一局圍んで, 一度話, 一番事務的な, 一緒では, 一色友衞に, 万吉の, 万吉は, 三つ股の, 三人膝を, 三人連れで, 三人額を, 三男の, 三輪の, 下っ引, 下っ引二人, 下女の, 並びます, 中心に, 主人の, 主水さんが, 主水であった, 久兵衞の, 久米八は, 乱を, 乳飲子を, 二三人の, 二人きりで, 二人きりの, 二人だけに, 二人の, 二人元, 二人念入りに, 二人無駄を, 二人飛乘る, 云います, 云いますが, 云い最近, 云うて, 云うもの, 云う人物, 云う侠気, 云う奴, 云う悪漢, 云う折柄, 云う敵, 云う洋画学生, 云う田舎堅気, 云ったあの, 云つた, 云つた時交の, 云つては, 云はず良三郎だ, 云ひ, 云われるの, 五代目菊五郎の, 人知れず契りました, 今一度の, 今吉は, 仲が, 仲良く二人づれ, 伊之助の, 佐五兵衛の, 佐吉が, 何か, 何やら言い争っ, 何方が, 使の, 來た, 來る, 信じたの, 信吉を, 倶に, 元助夫婦は, 元吉を, 兄弟分に, 光川左門太の, 入れ替りました, 全く手, 其許の, 内儀の, 出かける, 分つたん, 分離し, 判ったが, 別れるくらい, 利助これは, 利助の, 刺しちがえ, 努めて, 勘六は, 十郎とは, 協議の, 南条なにがしという, 危ふく鉢合は, 友次郎は, 叔母が, 口を, 口髭を, 合圖を, 吉を, 同じこと, 同じやう, 同じ心, 同じ心境, 同じ方法, 同じ運命, 同座し, 同心とは, 同職業, 同腹の, 同行し, 同郡, 名のらせ, 名を, 名乗ったこと, 名乘, 向きあって, 吾妻屋の, 周吉の, 周吉は, 呼ばる, 呼ばれぬ, 呼ばれる, 呼ばれ九代目市川団十郎, 呼ぶ, 呼んだり, 呼んで, 唱いながら, 喜三郎に, 喜八だけ, 喜八を, 喜多八が, 喜太夫の, 喜惣とは, 喧嘩は, 団九郎で, 土地の, 多吉を, 多市は, 大いに意気投合, 大雅, 大須賀次郎右衛門を, 天王寺の, 太刀打ちし, 女主人の, 妹を, 妹夫妻が, 妾の, 姉の, 婚約した, 子供は, 孰れ, 宏子とは, 宗六透, 宣って, 宣る男, 家康蝶昇の, 密通を, 対座する, 対照的に, 小さな室, 小僧を, 小枝とが, 小母さんが, 少年は, 居留木八五郎と, 川前市助は, 川瀬勇が, 川瀬勇とが, 川瀬勇とは, 差向, 差向ひで一合を, 巾着切の, 市助とが, 市助とは, 幡江は, 平次が, 平次と, 幸左衛門とが, 庇の, 弟の, 張り合った喜三郎, 張り合って, 彦太郎に, 彼の, 後見人の, 忠吉と, 思うか, 思ひきや, 思ひ込んで, 思われるよう, 意味の, 意見が, 慶覚上人は, 應酬する, 手先は, 手分けし, 打ち合せを, 押し並んだま, 持てはやしたり, 挌闘を, 推した影, 改名し, 斬りかけられた武士, 新吉が, 日比谷公園の, 早坂勇を, 星田代二が, 春日に, 曰つた, 曲者との, 書いた紙包一封, 書かれて, 本多忠勝は, 東儀三郎兵衛が, 東儀与力が, 東儀与力だった, 松吉とは, 松吉は, 松屋松吉とが, 栗原彦三郎が, 桜木に, 梅太郎の, 植野誠一は, 楢夫とは, 様子が, 次郎を, 歌舞伎の, 正吉と, 此の, 死骸を, 殆ど必然的, 比較し, 気が, 氣が, 江戸の, 河太郎の, 法月弦之, 浅越一家と, 浪五郎は, 浪人の, 浪人者の, 淺吉が, 清吉とは, 源吉は, 滝人との, 漫才等々を, 澄江が, 澄江との, 無二の, 照ちやんの, 熊の, 爭ひ, 物蔭に, 狹い, 玉吉の, 甚兵衛とは, 甚助の, 生命の, 田山白雲です, 田山白雲と, 田山白雲とが, 田山白雲との, 申しました, 申しやす, 申し猪, 申す, 申すで有ろうの, 申す何, 申す某藩, 申す浪人, 申す者主家改易, 申て, 申もの, 申人も, 町役人達が, 番頭の, 異人氏の, 百助が, 益穂の, 相乗りに, 相吉, 相対しました, 相手は, 相打に, 相結びていはゆる活歴史劇, 相談いたしまし, 相識る, 真向かいに, 矢文の, 知つて縛る, 知れましたが, 石原の, 石川六四郎が, 石田を, 神保大吉は, 神南と, 私との, 私とは, 称されたと, 称する貉, 称ばれた, 称ふ, 稚児の, 立ち合った, 立ち合って, 竹童こそ, 竹童とは, 竹童ほとんど同時に, 紀久子とに対する, 紀久子とを, 約束した, 繁代が, 繁代は, 美禰子を, 群衆とを, 義を, 老番頭, 腹にも, 腹を, 自分との, 自分の, 臼井金之輔と, 與吉を, 花廼屋と, 茂吉の, 草吉が, 菊太郎と, 萬次郎を, 藤波の, 藤田小四郎とが, 見ると, 見破ったが, 見破られる, 親しい相, 解つたら, 言いこれ, 言うもん, 言う男, 言う者, 言って, 言つて二十五御家人の, 言つて五十に, 言つて家に, 言はれ, 言はれた, 言ひ, 言ふも, 言ふんだ, 言われた次第, 訊けば, 記録され, 許婚に, 許嫁の, 評判が, 詰將棋だ, 話して, 話してさえ, 話しふか, 話し合ったもの, 話し合つた上, 誌し, 變な, 転がりながら, 途中で, 逢ってから, 遊女の, 道代とは, 部下と, 酌み交すの, 酒巻深である, 里見蜂谷の, 金之助が, 金之助は, 金太郎との, 釜吉が, 鈴川主, 銀座へ, 鐵之助と, 鑑定した, 關係が, 隔日という, 雅楽頭の, 雪太郎が, 雪太郎で, 面を, 顏見合せ, 顔を, 飛出しました, 駈落ちする, 駕籠屋に, 高市の, 鶴龜燭臺に, 黒河内総監とに, 鼻面を

▼ 郎~ (648, 2.9%)

8 顔を 5 さすがに, それを, 黙って 4 なか 3 それに, 何んと, 妙に, 少しばかり, 照ちやんも, 膽を

2 [39件] あまりの, いた, お喜代, この現場不在, この男, これには, すつかり, その一人, だまって, ちょっと顔, またその, ハツと, 一應は, 一角も, 今は, 今日は, 全く困っ, 其處までは, 口を, 同じよう, 女房の, 尤もらしく, 平次も, 引いては, 御寮人も, 斯う, 暫らくは, 田山白雲も, 男冥利だ, 留吉も, 知らんらしい, 笑い出した, 覗きました, 近頃は, 途中までは, 飛んで, 驚いた, 高々と, 默つ

1 [525件 抜粋] あすから, あっけに, あの事, あまり器用, あまり駕籠, あんまりうつつ, いい機, いささか毒気, いつぞや女学校, いつもの, いないらしい, いよいよ当惑, いよいよ恐縮, いるこいつどうし, いわば自分たち, うち点頭き, うなずいて, うら悲しさ, おくれては, おれば, お参りに, お品, お常, お懐し, お松も, お秋, お立ちなさいまし, お角, お隅, かねて, かんがえて, ぎょッ, ぐんと胸, こうなる, ここに, こときれて, ことし十三で, こと切れて, このうえ横車, この一行, この宮戸座, この明察, この時, この深夜, この筆者, この節, この辺, この返答, この間の, ご承知, さう言, さらに見当, しばしばやって来た, しばらくは, しまいには, じっとそっち, すかさず後, すぐ免, すぐ追いかけ, すこし猶豫, すすめた, すっかり零落れはて, すつかり泣き濡れ, すでに知りつくし, すでに自分, すでに赤穂, そうな, そう言った, そこへ, そこまで, そのほか, その一軒, その上應酬, その功労, その噂, その場, その娘, その子分達, その後に, その心中猜, その旗下, その木, その槍先, その謎, その連れ, それつきり, それには, それは, それ位の, そんな事, たじろぎました, ただ者では, たのんで, だらしが, だん, ちゃちな, ちょっと恥じた, ついて行きました, ついには, つく, つづくの, つと中, とうから知っ, どうぞ高尚, なかなかうまい, なさけね, なるほどと, はっきりと, ばッと, ひとまず江戸, ひらりと, びっくりした, ふだんより, ふっくりした, ふるへあ, ぷつと吹き出した, ぼんやり待つ, まあそんな, まさか其の, まず安心, またあわて, またすぐ, また呆れ, また女, また歩み, また私, また色子上り, また踏む, また額, まるっきり手, もういちど, もう一度背筋, もう笑っ, もう自分, もう隠す, もどった, やはり落合宿年寄役, ややに, やや呆, やや御, ようやくなっとくしました, ようやく事件, わかつたやう, わが子には, われながら, ステージに, ズッと, ズット出た, ツイこれだけの, ツイこんな, ツイ手伝っ, ツイ手傳つてやる, ツイ氣が, ツイ胴ぶるひ, ツイ草履を, ツイ遠慮しました, マアお勝手の, 一応は, 一把持っ, 一時は, 一本食は, 一生懸命に, 一種の, 一種剛強の, 一緒に, 万吉も, 三人ともどもこの, 三十に, 三太も, 不思議な, 両手を, 主人に, 主人の, 予て用意, 事件の, 事件を, 二人共覺えて, 云いました, 云ひました, 亡きもの, 交じった, 交友間に, 亦いつの間にか, 亦た, 亦何故に, 人に, 人波を, 今に, 介錯人の, 仕様事なし, 伝六も, 伯母さんの, 佐太郎も, 何となく近づき兼ねました, 何に, 何も, 何時も多分, 何處へ, 何遍か, 來て, 例の, 信如も, 俵右門も, 傍から, 傍らに, 優越感で, 先刻驚かされた, 全く二の句, 全く知らなかった, 其処に, 処置なし, 出て, 出るの, 別に一人, 利助も, 到頭そんな, 剛勇だ, 剣術の, 加へて, 助太刀など, 勘平さんそこ, 勝つた盤面, 十左も, 参ったよう, 參つて居ります, 又作, 又其女, 古着屋の, 叩き起されて, 可哀相です, 同じ道場洗い, 同腹だつた, 同郷の, 呼んで, 唇を, 喜八も, 嘆くでないぞ, 嘉助も, 四文銭と, 四方に, 団十郎の, 困って, 固唾を, 土地の, 外に, 多寡の, 多少の, 大きな福助頭, 大したもの, 大層に, 大胆な, 天晴れなる, 妾の, 始めは, 威圧され, 娘の, 宇津木兵馬も, 容易に, 尋常の, 小僧の, 少しは, 少し噛みつき, 少し困りました, 少し眞劍, 少し進みます, 少し驚きました, 尤らしく, 居りませんこと, 差迫って, 平生から, 幾らか思ひ, 庄次郎も, 引揚げ, 弱って, 当惑した, 当惑の, 彼処へ, 後口に, 後藤助光も, 従って, 復讐と, 心の, 心得て, 心配そうに, 心配致し, 必死の, 忘れる筈, 思いがけなかった, 思い切って, 思い及ばなかったでしょう, 思ったが, 思はずハツト立, 思はず息, 思はず片手拜, 思はず聽, 思ひました, 思ひ出しました, 思ひ當, 思わずゾッと, 思わず丁寧, 思わず歎息, 恭しく一礼, 息も, 悉く充ち足りた, 惡い, 意外だったらしい, 戦に, 戻りました, 手の, 手を, 手伝って, 承知の, 投扇には, 拍子抜けが, 拾った, 持て余した, 指摘した, 捕物には, 描いた勝川豊春, 提灯の, 攪亂させられた, 改まった顔つき, 散々お, 敵待つ, 斯く有らん, 早々に, 早く御, 時々は, 時々奇功, 景氣よく, 暫くは, 最初の, 朗かに, 本當, 来た, 板戸に, 果てましたか, 樂しみな, 横から, 次郎も, 正に一言, 此の, 此時ばかりは, 此時宗時の, 此處では, 歸つて來て, 死んだこと, 死んで, 死刑と, 死骸には, 死體の, 母も, 母親の, 氣が, 汗と, 汗に, 汝の, 江戸で, 江戸中に, 江戸屋半, 泊つ, 泣いて, 活気づいて, 浜中屋の, 浪士らの, 消えて, 淀君という, 深くは, 滿更ぢや, 漸く冗談, 漸く持て, 漸く膽, 無理に, 無量の, 煎餅を, 照ちやんの, 照子も, 牛込辺の, 物云わず, 猫を, 現場を, 田沼主, 男で, 男泣きに, 町の, 画家の, 異存は, 病友が, 病気に, 白けて, 目を, 相当の, 相手を, 眉から, 真に当惑, 眠れないほど, 眼が, 眼を, 矢っ張り, 知って, 知ってる事, 知つて居りました, 知る由, 研究室の, 私も, 突きとめること, 立ち上り玄関, 立派に, 笑いくずれた, 笑う気, 等しく顔, 素直に, 続いて, 編笠の, 繪解き, 續い, 考えないという, 考えながら, 耳を, 胸に, 自分の, 自分同, 與力の, 船に, 船頭までが, 色を, 花房一郎の, 若衆である, 苦笑する, 茫然と, 萬七も, 蔭ながら, 蔭へ, 行くでござんしょう, 行くという, 行列の, 裏の, 裏淋し, 襲われるよう, 見て, 見に, 観客三十六人という, 覺束ない, 触れなかった, 言い石原, 言わなければ, 許された暇, 証拠立てて, 話に, 誘われて, 諦らめて, 謹しみ慎しん, 警戒した, 變な, 豫想外の, 貰ひ泣きさせられた, 贔屓に, 走って, 走り走り走っ, 起って, 跟い, 路地内の, 踵を, 身に, 身体は, 車掌臺の, 近々来る, 迚も, 追ひつきました, 進退谷まった, 遂に同行, 酢つ, 重い荷物, 重輔, 金を, 開いた口, 阿郎, 隣の, 隣り同士, 露八も, 静子も, 面喰らった, 面白づくで, 頷いて, 頼朝も, 顏色を, 顔色を, 飛びました, 飛び起き平次, 飲ける, 馬の, 馬鹿に, 驚いて, 驚きました, 驚きましたが, 默つて聽く, 默り込ん, 默然として, 黙り込んだ, 鼻白んだよう

▼ 郎親分~ (196, 0.9%)

6 のところ 4 にお, の叔母さん, 丁度宜い 3 が來, と一緒, のこと, はお, 大變

2 [13件] あの屋根, からお, が私, が風呂場, でせう, に申, に聽, に訊い, の使, の良い, は私, も御存じ, を呼び

1 [137件] お聞き, お退屈ぢ, か, か泥棒, が, がお, がもと, がよく, が三日間私, が大釜, が帰っ, が怒鳴る, が有無, が歸つて, が泥棒, が見, が見張つ, が鑑定, が飛ん, さうし, だけつてこと, てえほどの, ですが, でなくて, では何, では手, では最初, でも時々, で役に立たない, とか言, とそり, とね, とはす, とゆ, と二人, と來, と私, と親, と話, と飮ん, どうして下さる, どんなこと, なら地藏樣, なら大丈夫, なんかもう, にあんな, におす, にきめ, にさう, にたしなめられた, にはいろ, にはうつ, にはこの間, にはむづかしからう, にも申し兼ねました, にも見, に上げる, に來, に十手, に怒られました, に手柄, に斯ん, に止められ, に用, に皆んな言つて, に盃, に知らせる, に窮屈, に組み敷かれ, に罪, に見, に見張られ, に頼み, ねえよく, のお, の前, の家, の察し, の後, の手柄, の手紙, の智恵, の繩, の罪, の腰, の血, は, はあわて, はいらつ, はこの間, はさすが, はもう, は人, は大した, は女の子, は宜, は宵, は時々, は江戸, は父さん, は男らしい, は調子, は錢形, は顏, は飛んだ, ひどいぢ, ほどの睨み, もう御存じ, もさ, も一緒, も來, も御, も懇意, も氣, も知つて, も笑, も見た, よく來, をく, を一, を三日, を呼ぶ, を安く, を斬る, を殺す, を相手, を見, を頼む, 又やられました, 困つたこと, 御苦勞, 御苦勞さ, 済まなかった, 済みませんけれど, 随分探しました, 飛んだ縮尻, 驚かないで

▼ 郎には~ (185, 0.8%)

8 何が 5 それが 4 その意味 3 なかった, 腑に 2 これが, そんなこと, 一と, 小枝, 想像も

1 [152件] あたたかさ, あった, ある種, いっこう感じ, お君, こたえた, この屏風, この謎, これも, さっぱり分らない, さて解らない, さまざまな, すべてが, そのよう, その機微, その苦笑, それだけの, それほど歓喜, それを, それ以上の, ただ西洋料理, ちとりっぱ, てっきりそこ, とれた, どうしても信じられなかった, どうしても信じられなかつた, どうしても呑み込めません, どうも扱, どこまで, どなって, はっきりいい, また一つ, また八五郎, まだ呑, まだ呑込み, まだ腑, まだ見, もう下手人, やはりこの, やはり以前, よくそれ, よくわかります, よく分つ, よく因果, よく解らなかつた, よほどおもしろい, わからない, わからなかった, わかる筈, ボラとしか, モデルが, 一つも, 一向わかりません, 一年越馬鹿に, 一種の, 上杉家の, 下宿し, 不利益な, 不快である, 不思議だった, 不思議でならなかった, 不識, 二目も, 何か, 何かしら, 何かの, 何より辛, 何んで, 何んの, 俺は, 充分学問, 全く天, 八五郎だけの, 其處までは, 内儀の, 初めて事件, 判り過ぎるほど, 去年の, 口惜くっ, 合点いかなかった, 同情し, 唯の, 堪えるところ, 多勢の, 大した取柄, 大分恥を, 大金でも, 嬉しかった, 小さんの, 小児でも, 小半日ほどの, 少し感づきかけ, 徹した樣子, 思えなかったの, 急に, 怪しい物思い, 恩分を, 情婦が, 惠ま, 想像され, 手が, 斯う, 暫らくは, 構わず甲斐, 橇司の, 死ななきや, 死骸を, 殘念ながら, 気に入らない様子, 氣が, 無いこと, 物足らず心を, 物足りない様子, 生存を, 直ぐそれ, 矢張りお, 確然たる, 私は, 竹童へ, 結局解り, 腹立たしいもの, 自分が, 自分の, 自分独りでは, 自然頭を, 苦痛であった, 見えた, 見當, 見覚えが, 解けて, 解らないところ, 解らなかった, 解りさ, 解るはず, 言葉に, 讀めさ, 近所の, 迷惑心外であるらしい, 逢ひました, 違えねえが, 重三郎の, 金輪際とれぬ, 銀の, 鑑定も, 長い間, 雨が, 青い水独楽, 面白くない, 面白くなかった, 顫え, 馴れない代物, 高徳の

▼ 郎という~ (168, 0.8%)

9 人が 8 のが 4 のは, 男は 3 人の, 人は, 男が, 男の 2 ものが, 奴は, 者が, 者は

1 [123件] あでやかな, あの与力, お好み焼屋, お方, ことに, ど偉, のだ, のであった, のへ, のも, のを, ものです, もの三日に, やつは, ような, んだろう, んです, ケチな, パンの, ンです, 三十ぐらいの, 上方役者の, 下男が, 与力であり, 二百石取りの, 五つも, 人に, 人物, 人物から, 人物が, 人物も, 人間で, 人間の, 人間を, 今年十七に, 今年十九の, 信仰の, 六十近い, 前髪と, 剣者と, 十五に, 名が, 名前が, 名前に, 名前を, 名記者, 壮年武士が, 壻を, 大盗が, 天満浪人, 女形が, 奴が, 奴には, 奴を, 字かと, 官を, 宿屋の, 小さな弟, 小旗本, 少年の, 山女衒, 師匠だ, 弘前の, 役割で, 役者です, 御子息, 御家人草履取りは, 息子は, 悪役人, 悪鬼の, 新興成金が, 方で, 方を, 旗本屋敷に, 旗本屋敷へ, 武士が, 武士は, 武士を, 決して女性的, 泥坊が, 浪人でした, 浪人は, 浪人者に, 清左衞門の, 漫才屋の, 物頭だった, 猟師夜明に, 男, 男だ, 男で, 男である, 男な, 男に, 男はな, 男伎倆は, 男本当の, 癩患者の, 破廉恥漢な, 筆名で, 筏乗です, 者で, 者であります, 者どう, 者も, 者道春を, 芸名を, 若い武士, 若い紳士, 若い者, 若い近習, 若武士, 若者じゃ, 若者だった, 若造です, 親分が, 親分を, 運転士あがり, 野郎は, 野郎を, 金持の, 顔ぶれだった, 顔ぶれで, 顔ぶれであった

▼ 郎から~ (108, 0.5%)

3 聽く 2 恩を, 注意された, 聞いた, 聞いて, 聽い, 聽いた, 見ると, 見れば, 頼んで

1 [87件] あたかも挑戦, いちおうの, うちの, きわめてこまか, くわしく説明, この家, せしめた小判, そのおかしなもの, その子, その紙片, だの, みると, よこした書簡, より, 一戦に, 一間ばかりの, 三之丞へ, 云われても, 京の, 借りた虫眼鏡, 借りて, 先は, 八郎まで, 出たの, 出て, 勝を, 卑弥呼の, 参ったか, 参四郎までに, 受けた新しい, 受取っちゃ, 受取つた死體の, 噂は, 大體, 始まります, 嫌はれ, 小遣を, 屡々金, 差し紙を, 幾松に, 引放さんで, 弟息子の, 恋文を, 手に, 授けられた火薬袋, 村井の, 村尾健治あて私信電報, 柳生家の, 死骸を, 渋紙包みに, 無理に, 申受けた, 疾く手, 百両の, 眼を, 石井みち子あての, 石井みち子あて私信, 石井みち子あて私信電報, 破門され, 福助の, 私へ, 耳打を, 聞いたはなし, 聞きました, 聴いたの, 聴いて, 聽か, 聽きました, 聽き出せ, 自白の, 言いだした, 訊き出してか, 詳しい話, 誘つても, 貰い切って, 貰い受けた, 贈られた黒, 返事の, 遁れ, 運動費が, 遠避けよう, 釜, 鉄砲大砲を, 離れないよう, 電話こっちから, 預つた, 預つたといふ

▼ 郎~ (76, 0.3%)

754 つたのです, ということ 2 ぞ, とあと, という, 唯死ぬ

1 [48件] からお, からむろん, が, がこれ, がどうも, が何ん, が慾, が飛んだ, けれど何, こと, し殺す, っけ, つてお, つても, つて大事の, つて怪しから, つて手籠同, つて立派な, といった, といふ, とお, とか牧野昌三郎, とすれ, とわかる, とッ, と名, と思っ, と申された, と言, と説明, ない, な座長, またもや俺, よ行かう, んな, ッ, ナ成, 何んとか, 其時丁度十二三の, 又三郎, 向に, 宮尾君の, 年の, 抜け目はねえ, 早く早く捕え, 江戸で, 理詰に, 男らしくも

▼ 郎~ (69, 0.3%)

8 あつた 3 ござります 2 これは, さへ, 彼は

1 [52件] あらう, いま床下へ, いれば, うまく行かなかつたら, おでん食っ, がす, この柏屋, この男, これらの, こんなふう, さへも, すなわち道行興鮫肌, すら小癪, その奪還, それが, たった三代目, でも, はござりませぬ, またこれ, みや古の, ややなじる, 一刀流では, 一本立の, 万吉と, 他の, 依然として娘, 八五郎一人には, 半藏, 危ふく身をかは, 在来の, 大の, 大丈夫か, 小栗と, 年は, 当時は, 彼女が, 意味なく, 慶三郎の, 懲りて, 手に, 振顧, 旅の, 明け放しに, 昨夜おそく, 昨夜小原山に, 有名な, 本統に, 江戸から, 津志田家の, 眩いばかりの, 芸術を, 追善興行を

▼ 郎にも~ (69, 0.3%)

3 それは 2 この家

1 [64件] この独楽, じつはわからない, すぐ意外, それくらいの, それくらゐ, それぐらゐの思ひやり, とんと分りません, どこが, ない, なんとなく落ちついた, よくわかっ, よくわからない, よくわかる, よく判りません, よく受取れます, よく呑, わかった, わかって, わからない, キメ手といふ, ハッキリ言動, 一別以來の, 一言の, 一驚した, 不思議で, 似あわない愚問, 信用が, 其事を, 出来ますとも, 前からの, 劣らぬくろがね, 勧めたいと, 勧め泉太, 呑ませろ, 四十時間は, 大方謎は, 失望し, 女にも, 妙に, 娘を, 少しも, 弦之, 彼は, 思ひ當, 恐ろしい運命, 手傳はせる, 振舞って, 是非, 漸くお, 為て, 知らせて, 福三郎にも, 秘し隠しさり気ない, 答へ, 考へること, 聞こえなければ, 苦々しい限り, 見て取れた, 見當, 解って, 語らざりしが, 識られず, 讀める假名文字, 頼んで

▼ 郎といふ~ (68, 0.3%)

12 のは 3 のが, のを, 人は 2 仇名おも, 字あゝ, 浪人者が, 浪人者は, 者だ

1 [37件] い, のだけ, ものが, ものさ, ものだ, んだ, 下男が, 二十七八の, 人から, 人が, 人に, 人の, 今年二十八の, 名で, 名は, 大きな餌, 大變, 字ああ, 庄家の, 彫物師, 御用聞二足の, 惡黨の, 文學士が, 方を, 日本一と, 浪人が, 無役, 独者が, 狸が, 男, 男は, 男を, 画伯の, 腕の, 船頭を, 藝人と, 評判の

▼ 郎~ (63, 0.3%)

5 多市 2 三郎の, 丹生川平の, 照ちやんの, 番頭の, 美登利を

1 [48件] い, お時, その他の, そんなもの, また長兄, 亀山嘉治の, 二三人の, 五代目瀬川菊之丞や, 伊三郎の, 伊達の, 伊達政宗に, 何かを, 六朗の, 冷泉華子や, 北辰一刀流の, 嘉助は, 孫三郎と, 安井曾太郎および, 富に, 市村羽左衛門の, 常木鴻山が, 常木鴻山なども, 平野謙その他の, 従妹達と, 成田小三郎らの, 末子を, 榊市之, 次郎と, 次郎に, 正吉や, 海賊銀太の, 源内と, 照ちやん, 照ちやんが, 照ちやんや, 神南や, 箸を, 繁と, 聲の, 花廼屋因果に, 英子の, 蝮の, 西川伊三郎などという, 貝塚道次郎らが, 足の, 軍事奉行杉山弘枝は, 馬楽など, 鳥羽が

▼ 郎~ (62, 0.3%)

1 [62件] いくら兵部様, お眼, かけつける, ことさら聞こえよ, そう云っ, やつた, ケシカケ一夜お茶, 一泊致したでござろう, 下さると, 云い送った程, 云ったの, 使ひ, 傾いて, 勝ち誇ったよう, 叩き付けさうに, 合図を, 向って, 告げ口する, 帰った, 帳面を, 心中だてを, 打って, 折り重なって, 押し付ける積り, 持って, 持つて, 挨拶した, 掴みか, 明かさないの, 気を, 気脈を, 流されること, 申し上げて, 申渡されますか, 目星を, 直に会っ, 私たちの, 縁談, 縋った, 背を, 背中を, 自害を, 著, 行き着かない中, 行く, 行くと, 行つて見る, 襲い掛った, 訊いた, 託した後, 話したと, 誤出何分, 賜わったという, 躍りかかると, 迫ろうと, 送った恋文, 降伏すべき, 電話を, 静かな, 飛びかかった, 飛び付きさうに, 飛脚で

▼ 郎とは~ (56, 0.3%)

2 だまって, まるで電気, よく馬

1 [50件] いい取り合わせ, お互いに, この上, これが, ごくごくの, それを, どうした, どうも反り, まるで見当ちがい, もう一緒, もう朝, 一緒に, 一面識も, 仲が, 元よく, 兄弟じゃ, 全く初対面, 公使の, 其方に, 別れやしません, 別人だ, 参議という, 同じ左兵衛, 同一人, 同年輩です, 同時に云った, 品川の, 固より, 大した違ひだ, 大変な, 帝室の, 年齡の, 意外な, 拙者の, 敵同志でも, 旧交と, 明治十七年の, 本間の, 民間が, 無二の, 犬猿も, 磯五の, 船から, 血を, 誰の, 遂に真正面, 陣中で, 顏見知りの, 顏馴染で, 馬に

▼ 郎~ (55, 0.2%)

7 のお 2 の奥様, は, はお, をお

1 [40件] から参られ, から離れ, がそれ, がもしも, が臆病, こそお, こそ旅籠, とは血縁, と御, と私, におかれ, におかれまし, にお目にかかる, にお願い, にとりましてはお, にはお, にはすぐ, には参られよう, には怨み, には此年頃, には直ぐ, に討っ, の太刀先, の御, の未, はどういう, はどうして, はオルガンチノ僧正, は松平様, は柬埔寨国, は発足, へ, へ宜, へ差し上げる, もね高尚, を伏見, を何で, を討ち取った, 居ないんで, 追

▼ 郎兄哥~ (48, 0.2%)

2 が住ん

1 [46件] いつも元, お指圖, か, から聞きなすつたらう, か下谷, か少し, が一寸, が下手人, が昨夜, が顏, が顔, だ, だけさ, ですよ, でなくて, とは夢, と來ちや, などが早速, にお, にさう, には叶, には濟まね, に來, に嗅ぎ出され, に繩, のこと, の住ん, の前, の家, の手柄, の手柄話, の手落ち, の智惠, の留守, の素姓, の繩張り, の考, の見込, の顏, は夜, は時々, は此家, は相, は錢形, も身, を働かせ

▼ 郎では~ (44, 0.2%)

7 ありません 4 ないか 3 なかった, なくて 2 あったが, ありませんでした, 御座いません

1 [21件] あまりに痛々しい, ありませんか, ありませんで此処, あるまいか, どうする, ない, ないかしら, ないかと, ないはず, なかつた, なかつたの, なからうかと, なくやはり, なく傍ら, なく尚, 一向ちよぼ, 何んとしても, 嫌とも, 無かつ, 荷が, 讀みこなせません

▼ 郎さん~ (43, 0.2%)

4 を訪

1 [39件] から少し, から握飯, から本三冊, から知らされ, から種々, から読みたい, が更け, が親切, が顔, きいて, こんなに尾, といつ, とは軌道, とビール, と一緒, と下, と二人, と共に川, にいたはられた, につい, にもなぜひ, に連れ出され, のたこ, の家, の手, の袂銭, はもう, もまた, もやつ, も来訪, よんで, を呼び出し, を招く, を煩, を訪ね, を訪ねた, を訪ねる, 再出現, 約の

▼ 郎右衛門~ (42, 0.2%)

4 の娘

1 [38件] が乗り, が召捕り, が怨み, が計らず, が足, が足痛, こそ其方, だ, だという, だ建築学, でございますよ, でして, とが連立つ, と改名, と申します, と義兄弟, なら持って, なる者, について何, に就き, のこと, の告発書, の娘本名, の捜索方鍼, の本拠, の老爺, の袖, の跡, の身囲, の部屋, はそち, は博多, は烟草, は病気, は老い, も遁, や五十余名, をひっ捕え

▼ 郎兵衛~ (34, 0.2%)

2 の家, は五十三, は腹

1 [28件] から云い聞かされ, がこの, が日ごと夜ごと, が父, こそ日本一, であった, でございます, と申す, と番頭, にささやいた, のうしろ, の世話, の両人, の二人, の子, の方, の語出し, の頭, は一時, は元, は分別者, も, もよく, を召し抱えた, を呼び出し, を悩ました, を贔屓, 四角く畏った

▼ 郎兵衞~ (32, 0.1%)

1 [32件] といふ小田原通, とその, と云つた, と共謀, と彦三郎出づ, と改めた, と稱, に引き合せられ, に慰められ, に當, のまずく, のやう, の噂, の四十九日, の娘, の毒害, の遠い, の顏, はそれ, は分別らしい, は女房, は娘, は定, は武家, は病弱, は自分, は覺束, や幡隨院長兵衞, を差し置い, を殺した, を清常, を狙つて五年

▼ 郎~ (31, 0.1%)

3 に任

1 [28件] だった霍峻, という官職, としてよりも大儒, ととなうべし, となった, と敬い, に封じ, の原職, の李粛, の栄職, の職, の都亭侯, の韓嵩, 平は, 平よりは, 李伏太史丞許芝などという, 楊密が, 武などの, 牛輔も, 盧植が, 盧植であった, 盧植である, 盧植でござる, 盧植は, 董和, 蘇武が, 諸葛亮, 頼と

▼ 郎~ (30, 0.1%)

2 元助に, 否か

1 [26件] いいところ, えよい, こっちへ, そうでない, それとは, それとも万吉郎, でなければ定吉, どうか, どちらかの, どっちかの, どれ, なるほどな, はやわが, 三男の, 今女中, 何うだ, 何より先, 元助, 四郎か, 大層遅く, 大變, 妹の, 年は, 或は二人分以上, 知らんが, 逢痴かの

▼ 郎左衛門~ (30, 0.1%)

2 であつ, を追

1 [26件] がきつ, が三宅典膳, が出, が小姓, が師匠, が捕はれ, が横井, が生, すぐさま馳せ, だった, と申し, と親善, に与, に追, の事, の刀, の女, の潜伏, はたしていかなる, は十六歳, は明治三年十月十日, を回護, を相手, を知つて, ヘ八両, 名告

▼ 郎~ (30, 0.1%)

3 の厄介 2 ご夫婦, に往, に往き

1 [21件] お二人, で暴れ, で暴れてる, に伯父, に來, に寄居, の奥, の御, の祖先, の飯焚, は何者, は非常, へ斬り込ん, へ運, へ遣したき, も成る, よりも人事, を伴, を殺し, を舟, を襲っ

▼ 郎でも~ (27, 0.1%)

1 [27件] あまり氣味, ありました, あるまいし, あるめ, あるよう, いまは, さすがに, さっきから, それに, それを, ないと, なかった, なかつたの, なく群集群集, なければ, 來て, 助太刀に, 合點が, 困るぜ, 極めたい, 次郎に, 死んだらその, 灰屋紹由でも, 無きや, 知って, 誘つてどこかへ, 誘つて中の

▼ 郎との~ (27, 0.1%)

2 間を

1 [25件] ことを, わけを, 三人で, 両人の, 二人であった, 交際は, 仲を, 再会を, 名は, 問答は, 外観的な驚く, 姿は, 対照そこには, 後姿を, 情交が, 接續が, 死骸は, 約束を, 肉欲世界も, 話を, 遣り取りを, 間に, 関係に, 関係は, 関係を

▼ 郎くん~ (25, 0.1%)

3 は, は自分

1 [19件] がお母さん, がながめ, ときよ子さん, と吉雄くん, のいち, のそば, の大事, の家, の新しい, の顔, はいいました, はうらめし, はこうして, はその, はついに, はどうも, は答えた, は考え, は誇らしげ

▼ 郎です~ (24, 0.1%)

72 か, が今度

1 [13件] からねほか, から江戸, がその, が主人, が五貫目玉, が十二番目, が妹, が橋一つ, が此處, が親分さん, けれどもそれ, ってね, ね

▼ 郎なら~ (22, 0.1%)

2 ばこの

1 [20件] あいつは, あつしも, し兼ねまい, で名人, ば, ばかかる, ば一言, ば兎, まだしもだ, よい, 不足は, 二つ玉だ, 五両や, 何も, 俺に, 俺も, 叔母さんから, 大變ツ, 自分の, 赤シャツは

▼ 郎~ (22, 0.1%)

1 [22件] がまた, がやって来た, がクロ, が下手人, が悪い, が自ら吟味所, が謀反人, にまんざら, に怨まれ, に計られた, に追い付かれた, のため, の悪, の病弱, は, は奥, は親ども, ほとんど野獣, もあの, をお前, を緊め, を討とう討とう

▼ 郎一人~ (20, 0.1%)

1 [20件] がうつらうつら, が異端者, が鬼, だけがついて行った, だけじゃねえ, だけ佐渡屋, です, では, で乗込ん, なの, なら口先一つ, にはむづかしい事件, に備, に背負, の手, の罪, は友人某, は空, をつれ, を留守番

▼ 郎とが~ (19, 0.1%)

1 [19件] くらげの, この日蒐集室, しめやかな, どうしても無関係, シズシズと, 一つの, 一緒に, 互ひ, 京阪へ, 伏見稲荷の, 何か, 切り合って, 別れて, 媾曳き, 心中した, 相番, 鋳たん, 飛び出して, 駕籠から

▼ 郎に対する~ (19, 0.1%)

1 [19件] ときには, ように, アタリが, 一空さまの, 不快と, 尊崇の, 復讐な, 怒りとが, 恥二郎の, 愛の, 愛情が, 愛情という, 愛着を, 態度にも, 淡い反感, 疑いは, 知己の, 責任が, 隠然たる同情

▼ 郎~ (18, 0.1%)

3 のです, んだ 2 のだ 1 のか, のである, のであろう, のでだから, のよく, もんか, んです, ンか, 何う, 庚申塚の

▼ 郎~ (17, 0.1%)

2 の中

1 [15件] が出揃っ, とお, と共に貞盛, なりしを, にまでいたわり, に飛び掛かり, の悪心, の牛浜忠太, はたちまち, は主, は蜘蛛, は連れ, をその, を殺害, を酔

▼ 郎である~ (16, 0.1%)

2 ことが, ことは, ということ 1 か, からであった, がその, という証明, といふこと, とわかった, と云う, と差し示された, と当時ひそか, と称し

▼ 郎~ (16, 0.1%)

1 [16件] おさよ, かと愛想, から来信, があたふた, がい, がすでに, などが知らない, にかへし, にまで冷かされる, に送る, の紹介, はもと, は純粋, も与之助君, を害する, を良人

▼ 郎その~ (15, 0.1%)

2 人であった

1 [13件] ほかの, ほかも, ほか二三人の, 人であり, 人の, 側に, 妻ミツエ世良田摩喜太郎大野妙心の, 忠實な, 手には, 横には, 貴郎, 陣十郎を, 鼻の

▼ 郎などは~ (15, 0.1%)

1 [15件] その楽器, その組, どうで, みな能登の, もう宜い, 一生の, 世間が, 乳臭児と, 今日だけでも, 例外中の, 大したもの, 太刀打の, 小供, 書きおろしの, 酌を

▼ 郎~ (15, 0.1%)

1 [15件] と一緒, の, のは底張り, の会, の全体主義的議会演説, の後援, の所謂, の手, の細君, の速記録改竄問題, はわが, は不在, は彼, は軍人軍属, もそう

▼ 郎だった~ (14, 0.1%)

5 のです 2 な, のだ, のである 1 がこの, がたちまち, んです

▼ 郎とも~ (14, 0.1%)

1 [14件] あるべきもの, ある名, あろう人, あろう物識り, かなり親しい, すっかり懇意, 云われるの, 勿論逢わず, 宏子とも, 忘れて, 自然懇意に, 言は, 調子が, 馴染を

▼ 郎~ (14, 0.1%)

7 と五郎八 1 が言いました, に五郎八, の肩, はたずねました, は勢いよく, は家賃, も答えました

▼ 郎~ (14, 0.1%)

1 [14件] から救い出し, が住ん, が歓喜, が袖, と往来, のやう, の一団, の寄り合, の眼, はそんな, は云, は先, は大, は私達

▼ 郎~ (14, 0.1%)

3 の名前

1 [11件] と弓馬, に舁, の出迎, の手, の日頃寵, は搦め, は番頭, は默つて, をあつめ, をつれ, を引きつれ

▼ 郎旦那~ (13, 0.1%)

2 とお

1 [11件] がいう, が許, のよう, の気質, の重い, はお, は気, もお, もかえって, やお, や芸妓たち

▼ 郎だけは~ (12, 0.1%)

1 [12件] うばたま組の, どうしても笑えなかった, なにか心, コマ五郎同様板の間まで, 一人教室へ, 奧にも, 差上げること, 復活祝賀会へ, 懷ろに, 石油を, 酔えなかった, 靴を

▼ 郎よりも~ (12, 0.1%)

2 先に 1 さすがに, ずっと逞しく, だいいちあの, もっと紀久ちゃん, 一日早く, 三つの, 先駈けし, 後輩であった, 豊綱方に, 鈴川主

▼ 郎~ (12, 0.1%)

1 [12件] が指圖役, といいなずけ, どの少々, に書判, の姪, の情欲, は番方, は菊路, は身共同様, へ菊路, やりおるな, を隠居放逐

▼ 郎じゃ~ (11, 0.0%)

2 ないか 1 おおかたこうと, ございません, ねえか, はじめて御意, アありません, アない, アね, 床に, 睨みが

▼ 郎たち~ (11, 0.0%)

1 [11件] が追いまわし, といっしょ, に囲まれ, のため, のほう, の常識, の調査, の頭, はどう, を欣, を見ながめ

▼ 郎と共に~ (11, 0.0%)

2 時を 1 不弥, 初句会, 城内の, 実に伊達家, 岡山に, 此處を, 路地内に, 鎌倉駅にて, 風呂場から

▼ 郎など~ (11, 0.0%)

2 内々は 1 いふ当年, すべて同郷の, それぞれ扮装を, であったの, 側物見六名を, 出羽守側近の, 気に入りの, 畳の, 賑か

▼ 郎などの~ (11, 0.0%)

1 [11件] いは, ように, 一族鳥居大久保松平奥平などの, 嫌ひな型に, 思ひ者, 想像も, 方が, 暴れん坊, 照葉狂言などは, 血も, 連絡を

▼ 郎~ (11, 0.0%)

1 [11件] がゐた, が一族同士, だけを捉え, に相当, の一味, の三人, の先任出役中, の金, は古田, は張合い抜け, は馬

▼ 郎一行~ (11, 0.0%)

1 [11件] がチヨ, が日本橋, はその, はアンマ宿, はメクラ三人, は一廻り, は人形町, は午すぎ, は当時, は賀美村, も妾宅

▼ 郎自身~ (11, 0.0%)

1 [11件] でさ, でした, と平次, の, のもの, の経験, の經驗, の胸, もまた, をもその, 前驅

▼ 郎とかいう~ (10, 0.0%)

3 悪侍 1 お侍さん, のが, 怪盗あれが, 浪人者と, 老人は, 者あの, 至極と

▼ 郎にとっては~ (10, 0.0%)

1 もはや生命, 今まで, 何物よりも, 別の, 意外の, 浅野護謨会社事務員月給七十五円という, 知己にあたる, 重大な, 銅六は, 関心の

▼ 郎までが~ (10, 0.0%)

2 こんなこと, 腹を 1 乘出し, 全身紅に, 妙に, 引っぱり出された, 斯んな, 金貸しばかり

▼ 郎~ (10, 0.0%)

1 だ粗相, と御, と許嫁, には腹違, のやう, の差料, の方, の母親, の許嫁, は繁

▼ 郎への~ (9, 0.0%)

1 つながり, 励ましに, 土産話にと, 心やりである, 怨み弟, 献身, 罪滅しにも, 語り手は, 軍費に

▼ 郎まで~ (9, 0.0%)

1 いったが, お嬢様の, とんだ目, 八人女の子が, 勤めたこと, 召し捕られ拙者, 召捕られて, 夢中に, 落合の

▼ 郎より~ (9, 0.0%)

2 立派な 1 うわ手, もっとそう考え, 二つ三つ若から, 低いぐらい, 智慧も, 腕が, 被招行飲

▼ 郎三郎~ (9, 0.0%)

2 は戸口 1 から小遣, はしみじみ, は十三, もかね, も大層, も持て余した, をさえぎった

▼ 郎十郎~ (9, 0.0%)

1 が暗合, が祐経, こそ千載, で追善興行, と言, などのよう, の父, は正真正銘, も復讐

▼ 郎行家~ (9, 0.0%)

1 が令旨, が蒲形, が諸国, だった, といい, とは近ごろ, の兵, は紀州新宮, ほど終始

▼ 郎~ (8, 0.0%)

2 約束通り貴殿を 1 ぬしじゃ, 嫌い支那, 時は, 桂ちゃんの, 竹を, 竹等は

▼ 郎この~ (8, 0.0%)

1 三人は, 二人の, 小屋に, 方知っ, 日弟子入, 時十九歳晴信よりは, 牛殿は, 頃お

▼ 郎だけを~ (8, 0.0%)

2 殘し 1 つれて, やって, 伊勢屋に, 出して, 呼び出して, 除いたに

▼ 郎であった~ (8, 0.0%)

1 か水品陣十郎, がさも, がにわかに, が三重, が晒, ことを, という, としてももともと

▼ 郎とか~ (8, 0.0%)

2 いって, 何とか言 1 いった恰腹, いわれた, 五五郎とか, 言ふ

▼ 郎などと~ (8, 0.0%)

1 一緒に, 云う珍客, 呼ぶもの, 大それた, 申す者, 言う男, 連絡し, 違って

▼ 郎なる~ (8, 0.0%)

1 ものこの, ものは, 人が, 少年は, 者の, 者は, 者甲府から, 賊を

▼ 郎~ (8, 0.0%)

21 しかく, しとて去る, しの御, しの御事, しは船, しわが

▼ 郎ほどの~ (8, 0.0%)

1 ものが, 信用の, 反省力, 男も, 男わが, 者も, 韋駄天でも, 顔に

▼ 郎~ (8, 0.0%)

1 けだ, としてある, としてゐる, と稱, の五郎兵衞, の母, は抽斎, は泣き声

▼ 郎こそ~ (7, 0.0%)

1 お千絵様, ここまで, 今頃から, 千載の, 呼べと, 端近で, 詩も

▼ 郎それ~ (7, 0.0%)

1 に元服, に呼び寄せられ, に彌次馬, に金六, をお, を追, を遮っ

▼ 郎だけが~ (7, 0.0%)

1 いくらかほてった, いっしょに, 一人安全圏内に, 呆然と, 幕裾に, 当日に, 船長室に

▼ 郎なんか~ (7, 0.0%)

2 唯の 1 死んでしまえッ, 死んでも, 毎日腹を, 男の, 邪魔に

▼ 郎はで~ (7, 0.0%)

2 つかい指, つかい煙草入 1 つかい拳骨, つかい財布, つかい身體

▼ 郎をも~ (7, 0.0%)

2 撃たしは 1 今の, 喜ばせたけれども, 節子をも, 舞台に, 辟易させます

▼ 郎~ (7, 0.0%)

3 舍の 1 圖と, 圖十四卷の, 房等と, 舍

▼ 郎先生~ (7, 0.0%)

1 から, が突如, との御, とよん, に手紙, のところ, の影響

▼ 郎~ (7, 0.0%)

1 が海, とは何で, とは常に, なるもの, にぶつかる, の信仰, を持つ

▼ 郎親子~ (7, 0.0%)

1 がマスク, でありマスク, に化け, に届ける, のもの, は仮り, は感謝

▼ 郎貞昌~ (7, 0.0%)

1 により, はすぐ, は今日, は再度, は彼, も侍臣たち, より岡崎

▼ 郎あて~ (6, 0.0%)

5 の私信 1 の私信電報

▼ 郎~ (6, 0.0%)

1 へももう, へも納得, へも自分, へ我慢, へ面白く, 教えるや

▼ 郎さすが~ (6, 0.0%)

1 にだいぶ, にムツ, に練れ, に膽, に面喰, に黯然

▼ 郎さま~ (6, 0.0%)

1 がお, とおっしゃる, にはご存知, に介抱, の身近く, を見下ろす

▼ 郎だけ~ (6, 0.0%)

2 では 1 だという, 欠けて, 見知って, 足繁く

▼ 郎だって~ (6, 0.0%)

1 こいつの, もうガラス, もう七つ, もう子供, 直に傍, 自分の

▼ 郎って~ (6, 0.0%)

2 言うん 1 かたは, ひとが, 人どういう, 奴も

▼ 郎でなく~ (6, 0.0%)

3 て誰 1 お萬, ともこれ, 及川に

▼ 郎でなけれ~ (6, 0.0%)

1 ばできぬ, ばならぬ, ばなりません, ば平野屋, ば彦太郎, ば頭髪

▼ 郎はへ~ (6, 0.0%)

3 へら笑って 1 へえと, へら笑い, へんと

▼ 郎へは~ (6, 0.0%)

1 ポンポン言, 何でだろう, 米田監物が, 聞こえなかった, 話が, 貴公たちから

▼ 郎~ (6, 0.0%)

1 ひとの, もし我が, 奥さまが, 我を, 永遠に, 盃を

▼ 郎よりは~ (6, 0.0%)

1 はるかに, 一段と扱, 少し背, 肝っ玉が, 膽つ, 餘つ

▼ 郎従たち~ (6, 0.0%)

1 の上, の中, は, は自分, は途中, へ何度

▼ 郎次郎~ (6, 0.0%)

1 が投げ, が給料, の仲, の肩, の胤, は顎

▼ 郎殺し~ (6, 0.0%)

3 の下手人 1 の下手人搜, の犯人, の罪

▼ 郎からの~ (5, 0.0%)

1 便りでござる, 内命が, 手紙に, 話だ, 返書を

▼ 郎だけの~ (5, 0.0%)

1 つもりだった, 智慧を, 男振りを, 知恵を, 鑑定は

▼ 郎だんな~ (5, 0.0%)

1 なんぞもうとっくに, のおふくろ, はいや, もそんな, をてこずらせ

▼ 郎でございます~ (5, 0.0%)

32

▼ 郎でした~ (5, 0.0%)

21 から右門, がすでにもう, が一回

▼ 郎でない~ (5, 0.0%)

2 ことは 1 とわかる, 事だけは, 証拠を

▼ 郎として~ (5, 0.0%)

1 たえがたいこと, 信徒獲得の, 初めて大阪, 演じたの, 置こう

▼ 郎とで~ (5, 0.0%)

2 跟けたと 1 ありました, この道了塚, それぞれ一体ずつ

▼ 郎とやら~ (5, 0.0%)

1 それでは身分, 愚千万昔保元の, 田舍廻りでも, 申す男, 陸奥の

▼ 郎などが~ (5, 0.0%)

1 その重なる, 何処からか, 再度厳令触れ, 怒り立っ, 鎌倉から

▼ 郎などという~ (5, 0.0%)

1 名の, 文字を, 男は, 連中, 顔ぶれで

▼ 郎などに~ (5, 0.0%)

1 怨まれる筋合, 敵対行動を, 沢村源之助が, 話し聞かせるつもり, 負けなかつた

▼ 郎なども~ (5, 0.0%)

1 その崇拜者, 一緒だった, 交つて居ります, 曲者だ, 終始主君

▼ 郎に対して~ (5, 0.0%)

1 一寸の, 優しく忠実, 咎めたいこと, 奇特の, 被害者の

▼ 郎ばかり~ (5, 0.0%)

2 では 1 あんまり勝手, だな, です

▼ 郎らしい~ (5, 0.0%)

1 な, ね, 事を, 激怒に, 逆説的な

▼ 郎一座~ (5, 0.0%)

1 がおしまひ, が先代萩, といふの, にゐた, の舞台

▼ 郎二人~ (5, 0.0%)

1 で行こう, の中, の家来, は一瞬動物, は暗がり

▼ 郎太夫~ (5, 0.0%)

1 でありました, の一番, はまた, は綾瀬, を痛み

▼ 郎~ (5, 0.0%)

2 の代 1 から言付けられ, に於, は此の程

▼ 郎老人~ (5, 0.0%)

1 が逃げ出したら, のヨカ, はここ, は我, は言った

▼ 郎親分錢形~ (5, 0.0%)

3 の親分 1 のお蔭, の親分さん

▼ 郎これ~ (4, 0.0%)

2 は平次 1 は少し, も自分

▼ 郎たる~ (4, 0.0%)

1 ものい, もの向う, 思いを, 新中納言知盛

▼ 郎だの~ (4, 0.0%)

1 ターキーの, 保許根だの, 名優の, 美しい御寮人

▼ 郎~ (4, 0.0%)

2 え筏乗 1 ふ, ッて

▼ 郎であろう~ (4, 0.0%)

1 か, かという恐ろしい, か黒河内総監, ともだ

▼ 郎といった~ (4, 0.0%)

1 その旗本, ような, 人の, 皮肉屋で

▼ 郎とても~ (4, 0.0%)

1 同じこと, 現場の, 目の, 相手を

▼ 郎とともに~ (4, 0.0%)

1 彼は, 無二無三に, 無念流双璧と, 町に

▼ 郎について~ (4, 0.0%)

1 お猿, 佐五兵衛も, 佐竹は, 語る時

▼ 郎にとって~ (4, 0.0%)

1 この夫人, それは, またあまりに, 右の

▼ 郎によって~ (4, 0.0%)

1 そういうこと, 後を, 明かされた, 無意識の

▼ 郎のせ~ (4, 0.0%)

4 がむまゝに

▼ 郎ほど~ (4, 0.0%)

1 なの, 敏感に, 絶望的で, 調法な

▼ 郎めっかち~ (4, 0.0%)

1 がつい, でなん, というの, を思いださせる

▼ 郎一流~ (4, 0.0%)

2 の拙い 1 の早耳, の糞力

▼ 郎今日~ (4, 0.0%)

2 は大層 1 お登和さん, は新聞種

▼ 郎~ (4, 0.0%)

1 うも, が起った, をし, を嗅ぎ出した

▼ 郎夫妻~ (4, 0.0%)

1 に住宅, に招かれ, の節, は次の間

▼ 郎夫婦~ (4, 0.0%)

1 の居間, は室, を招い, を調べ

▼ 郎少し~ (4, 0.0%)

1 その火鉢, も気が付かなかった, も氣, 拍子拔けがしました

▼ 郎~ (4, 0.0%)

1 か, の温み, の身の上話, や安間了

▼ 郎昌猛~ (4, 0.0%)

1 であった, である, とやや, はこれ

▼ 郎~ (4, 0.0%)

2 の水 1 の一件, も朝

▼ 郎苦叉鬼~ (4, 0.0%)

1 である肉, のよう, の国, の祟りである

▼ 郎あの~ (3, 0.0%)

1 投機師の, 方たちが, 看護婦さんだった

▼ 郎おでん~ (3, 0.0%)

1 へ行き, へ行く, やで

▼ 郎お前~ (3, 0.0%)

2 はまだ 1 は大里さん

▼ 郎さえ~ (3, 0.0%)

1 なければ, もう五十, 亡くして

▼ 郎さん十郎さん~ (3, 0.0%)

1 うち連れて, が酒, 某郎さん大挙

▼ 郎すぐ~ (3, 0.0%)

1 走り戻っ, 身を, 追いかけて

▼ 郎そのもの~ (3, 0.0%)

1 であり, であり安弘さん, の正確

▼ 郎そんな~ (3, 0.0%)

1 ものを, 事を, 身装を

▼ 郎たつた~ (3, 0.0%)

2 一人 1 一人であん

▼ 郎~ (3, 0.0%)

1 やね, やねえ, や床

▼ 郎としても~ (3, 0.0%)

1 いいだすの, 思わぬ同志, 見受けたところ博徒

▼ 郎とでも~ (3, 0.0%)

1 其処は, 勝手に, 思はなければ

▼ 郎とやらは~ (3, 0.0%)

1 いくつぐらい, かかわりない, どんな男

▼ 郎とを~ (3, 0.0%)

2 連れて 1 疑うの

▼ 郎どん~ (3, 0.0%)

1 が, ばかり悪い, をつれ

▼ 郎にまで~ (3, 0.0%)

1 嫌がられるぢ, 疑はれたが, 隔ての

▼ 郎に対しては~ (3, 0.0%)

1 慇懃である, 才牛を, 睚を

▼ 郎はと~ (3, 0.0%)

1 ほんと, ッくにアツ子が, 見ると

▼ 郎ひと~ (3, 0.0%)

1 かどの, たまりも, の気

▼ 郎へも~ (3, 0.0%)

1 たれかけるお, 云おう, 最後の

▼ 郎までも~ (3, 0.0%)

1 不氣味, 殺さうと, 變に

▼ 郎よく~ (3, 0.0%)

2 その娘 1 ぞ斯

▼ 郎中張均~ (3, 0.0%)

1 であった, はそう, はそういう

▼ 郎以下~ (3, 0.0%)

1 の夥しい, の子分, の者

▼ 郎以外~ (3, 0.0%)

1 の人物, の何者, の者

▼ 郎~ (3, 0.0%)

1 というん, も, をつれ

▼ 郎兼安~ (3, 0.0%)

1 の朱鞘, の鍛える, 鍛えるところ

▼ 郎~ (3, 0.0%)

1 五人組亀蔵の, 善吉家富元吉原金次郎木村勇吉谷津保三郎その, 榮七郎等へ

▼ 郎呉碩~ (3, 0.0%)

1 と校尉, などとあっ, の二人

▼ 郎忠興~ (3, 0.0%)

1 の持場, は後, を水軍

▼ 郎思わず~ (3, 0.0%)

1 威猛, 拳を, 起上りました

▼ 郎景綱~ (3, 0.0%)

1 が小刀, というの, を先手

▼ 郎来り~ (3, 0.0%)

1 て看護, サロン春の, ハリキる

▼ 郎泰長~ (3, 0.0%)

1 は他人行儀, もその, も聞く

▼ 郎父子~ (3, 0.0%)

1 の出発, の病んだ, を主賓

▼ 郎親分何ん~ (3, 0.0%)

1 か又, か御用, とかし

▼ 郎親分私~ (3, 0.0%)

1 に構はず, はどう, は近頃

▼ 郎~ (3, 0.0%)

1 郎と, 郎ねえ, 郎酔っぱらっ

▼ 郎配下~ (3, 0.0%)

1 の小者ども, の水上, の者

▼ 郎~ (3, 0.0%)

2 や命 1 焦編修趙天泰

▼ 郎風情~ (3, 0.0%)

1 が來, が怪しい, に見せた

▼ 郎黨達~ (3, 0.0%)

1 が驅, は下, ばかり草履取

▼ 郎あたり~ (2, 0.0%)

1 のせっかく, を見廻した

▼ 郎ある~ (2, 0.0%)

1 かなき, のみだ

▼ 郎おまえ~ (2, 0.0%)

1 がへん, の赤鬼

▼ 郎がは~ (2, 0.0%)

2 ひつて

▼ 郎ぐらいの~ (2, 0.0%)

1 年ごろに, 年に

▼ 郎こいつ~ (2, 0.0%)

1 はちよい, も決して

▼ 郎さん兄弟~ (2, 0.0%)

1 といつ, と共に泳ぐ

▼ 郎さん十郎さん来訪~ (2, 0.0%)

1 そしてその, 寝たり

▼ 郎さん来訪やあさん~ (2, 0.0%)

1 また来訪, も

▼ 郎さん来訪昨日~ (2, 0.0%)

1 の事, の話

▼ 郎すっかり~ (2, 0.0%)

1 いい心持, 勢い込んで

▼ 郎そこ~ (2, 0.0%)

1 に居る, へ坐れ

▼ 郎そっくり~ (2, 0.0%)

1 です, の写像

▼ 郎そつくり~ (2, 0.0%)

1 だ, だつた

▼ 郎たち一党~ (2, 0.0%)

1 に気づかれない, の尾行

▼ 郎でさえ~ (2, 0.0%)

1 やること, 極楽浄土と

▼ 郎というは~ (2, 0.0%)

1 お直参, まことに奇妙

▼ 郎とて~ (2, 0.0%)

1 勘定奉行御座候, 決して故意

▼ 郎とやらが~ (2, 0.0%)

1 弟子入りを, 許嫁の

▼ 郎とやらに~ (2, 0.0%)

2 会って

▼ 郎どう~ (2, 0.0%)

1 したん, であった

▼ 郎どの~ (2, 0.0%)

1 です, 程の

▼ 郎どんと~ (2, 0.0%)

1 は近頃, やら嘉門満足

▼ 郎などとは~ (2, 0.0%)

1 反對, 比較に

▼ 郎などには~ (2, 0.0%)

1 後学にも, 腑に

▼ 郎なり思ふ~ (2, 0.0%)

2 さまに

▼ 郎なんかは~ (2, 0.0%)

1 大したもの, 女の子を

▼ 郎なんだい~ (2, 0.0%)

2 今口

▼ 郎にからか~ (2, 0.0%)

1 はれて, はれ通し

▼ 郎にすら~ (2, 0.0%)

2 矢が

▼ 郎にて~ (2, 0.0%)

1 御座候とも, 通りし人也

▼ 郎にゃ~ (2, 0.0%)

1 あの胴切り, お婆さんでも

▼ 郎のせゐ~ (2, 0.0%)

1 と思ひ込ん, にし

▼ 郎はが~ (2, 0.0%)

1 あんと, つかりした樣子

▼ 郎はじめ~ (2, 0.0%)

1 御歴々, 甚だ簡単

▼ 郎はちよ~ (2, 0.0%)

1 つかいを, つと廊下

▼ 郎はとも~ (2, 0.0%)

2 角その

▼ 郎はの~ (2, 0.0%)

2 ほんと

▼ 郎はは~ (2, 0.0%)

1 はあと, はんと

▼ 郎~ (2, 0.0%)

1 置いて, 連れて

▼ 郎ばかりが~ (2, 0.0%)

2 失策った

▼ 郎ばかりは~ (2, 0.0%)

1 一党の, 全く兄

▼ 郎ひとり~ (2, 0.0%)

1 じゃない, を除く

▼ 郎へと~ (2, 0.0%)

1 言うよりは, 言ふ

▼ 郎ほどに~ (2, 0.0%)

1 アゴが, 好意と

▼ 郎ほどは~ (2, 0.0%)

1 威張つて, 眼が

▼ 郎まことに~ (2, 0.0%)

1 散々です, 水際立つた男振り

▼ 郎また~ (2, 0.0%)

1 しきりにそこら, 飛んでも

▼ 郎みたい~ (2, 0.0%)

1 だ, に身体

▼ 郎もう~ (2, 0.0%)

1 受身に, 用事は

▼ 郎らしく~ (2, 0.0%)

1 て感じ, もなく

▼ 郎をから~ (2, 0.0%)

1 かつたり, かつて遊ぶ

▼ 郎をからか~ (2, 0.0%)

1 ひ乍ら相變ら, ひ過ぎて

▼ 郎をが~ (2, 0.0%)

1 つかりさせます, つかりさせるだけ

▼ 郎を以て~ (2, 0.0%)

1 京都に, 代表する

▼ 郎を通して~ (2, 0.0%)

1 主人の, 平次も

▼ 郎~ (2, 0.0%)

1 こんなところ, 若い者等

▼ 郎~ (2, 0.0%)

1 あのお山, しっかり登れよ

▼ 郎ツイ~ (2, 0.0%)

1 と前, 立上がりました

▼ 郎ハ竹馬ニ騎シテ~ (2, 0.0%)

2 来リ

▼ 郎~ (2, 0.0%)

1 呼ンデ, 思ウテ

▼ 郎一生~ (2, 0.0%)

2 の失策

▼ 郎~ (2, 0.0%)

1 という, に寄

▼ 郎~ (2, 0.0%)

1 の手, を苛め

▼ 郎二郎~ (2, 0.0%)

1 の妻子, を鳴海

▼ 郎二郎三郎~ (2, 0.0%)

2 は戸口

▼ 郎五郎~ (2, 0.0%)

1 など側物見六名, のあと

▼ 郎五郎左衛門~ (2, 0.0%)

1 がまず, に投げ

▼ 郎~ (2, 0.0%)

1 の奥様の, 初めて多年

▼ 郎以上~ (2, 0.0%)

1 に蘇生, の悪態

▼ 郎任せ~ (2, 0.0%)

1 になっ, になつて

▼ 郎信行~ (2, 0.0%)

1 の折目, は信長

▼ 郎~ (2, 0.0%)

1 いと顔, は他日

▼ 郎兄さん~ (2, 0.0%)

1 がこんだ, だ

▼ 郎兄哥ぢ~ (2, 0.0%)

1 やありません, やねえか

▼ 郎入門~ (2, 0.0%)

2

▼ 郎全く~ (2, 0.0%)

1 一と, 開いた口

▼ 郎~ (2, 0.0%)

1 の脚本, を見

▼ 郎~ (2, 0.0%)

1 が持っ, を枕辺

▼ 郎勝頼~ (2, 0.0%)

1 の座, の面上

▼ 郎卓敬~ (2, 0.0%)

1 というもの, 執えら

▼ 郎右衛門殿~ (2, 0.0%)

1 から五十両, を千日前

▼ 郎右衞門~ (2, 0.0%)

1 と稱, を始め

▼ 郎外三名~ (2, 0.0%)

1 から, の質問

▼ 郎~ (2, 0.0%)

1 に焦燥, 一座

▼ 郎夫人~ (2, 0.0%)

1 が云った, の質問

▼ 郎如き~ (2, 0.0%)

1 に後ろ, 者の

▼ 郎~ (2, 0.0%)

1 のお, へ声

▼ 郎~ (2, 0.0%)

1 に宿す, 宗と申す

▼ 郎少年~ (2, 0.0%)

1 の兄, を殺した

▼ 郎~ (2, 0.0%)

1 で雑草句会, をた

▼ 郎左衞門~ (2, 0.0%)

1 その人, をかたらつ

▼ 郎~ (2, 0.0%)

1 についた, の舞台裏

▼ 郎弱りきる~ (2, 0.0%)

2 時美登利立出で

▼ 郎従四人~ (2, 0.0%)

2 忽ち死亡

▼ 郎心中~ (2, 0.0%)

1 で考え, はなはだ気味

▼ 郎時代~ (2, 0.0%)

1 の梅玉, は相当

▼ 郎暫らく~ (2, 0.0%)

1 すると, は言葉

▼ 郎格子~ (2, 0.0%)

1 の外, を勢ひよく

▼ 郎正勝~ (2, 0.0%)

1 などにまかせ, に兵五千余

▼ 郎母子~ (2, 0.0%)

1 の室, の降り

▼ 郎泳ぐ~ (2, 0.0%)

1 やうに, ように

▼ 郎深草~ (2, 0.0%)

1 の少, の少将

▼ 郎清助氏~ (2, 0.0%)

1 が鋳金家, の世話

▼ 郎~ (2, 0.0%)

2 好詠

▼ 郎當曲~ (2, 0.0%)

1 と云, 正是三郎快活時

▼ 郎~ (2, 0.0%)

1 のお, の長話

▼ 郎~ (2, 0.0%)

1 から筆札, であつ

▼ 郎自ら~ (2, 0.0%)

2 大なり

▼ 郎自慢~ (2, 0.0%)

1 ではない, の叱

▼ 郎若く~ (2, 0.0%)

2 は石川氏関五郎

▼ 郎行家どの~ (2, 0.0%)

1 が旅, を討て

▼ 郎行家様~ (2, 0.0%)

1 がお立ち寄り, とも鎌倉殿

▼ 郎親分お待ち~ (2, 0.0%)

2 申して

▼ 郎親分さん~ (2, 0.0%)

1 で, も御

▼ 郎親分濟~ (2, 0.0%)

1 まなかつた, みませんけれど

▼ 郎達四人~ (2, 0.0%)

1 に鋭く, を供

▼ 郎~ (2, 0.0%)

1 へとびこん, へまっしぐら

▼ 郎~ (2, 0.0%)

1 が心配, んが

▼ 郎長忠~ (2, 0.0%)

1 だけはそう, は他国

▼ 郎青ちやん~ (2, 0.0%)

2 は百日咳

▼ 郎頼隆~ (2, 0.0%)

1 にまぎれない, の妻

▼ 郎~ (2, 0.0%)

1 のやう, のよう

▼ 郎馬鹿~ (2, 0.0%)

1 と言った, について話し

▼1* [836件]

あまり物怖し, 郎あらためアコ長, 郎ありという答え, 郎いきなり利腕を, 郎いつもに似, 郎いま進歩党の幹事長, 郎いやになった, 郎いわゆる気勢に, 郎うなづいて指圖, 郎うれしくて声, 郎おなじく孫三郎阿, 郎おるか, 郎おわびいたしまする, 郎お前ぢや無, 郎お迎えに参った, 郎かと申もはや, 郎かも知れません, 郎からは今度は, 郎かれはたしかに, 郎がた次第に御, 郎がでつかい財布, 郎がにやっと笑い顔, 郎がのこのこと私, 郎きょう来るの, 郎くさいイヤな, 郎ぐらい斬って, 郎こそは後の, 郎ことも御前, 郎ことし七歳細川藤孝が子, 郎こと一名順風耳のガラツ八, 郎こみ上げる笑ひ, 郎こんな貧乏は, 郎こんなに驚いたこと, 郎注意遊ばさね, 郎ごとき及びも, 郎さえももうその, 郎さてはこんなところ, 郎さん十郎を誘つて昼飯, 郎さん十郎さん来訪三人ぶら, 郎さん大挙して, 郎さん寝床で長大息, 郎さん来訪ビール氷干魚, 郎さん来訪夕餉頃まで雑談, 郎さん来訪酒と下物, 郎さん鳥平さん善七さんさんに逢つて愉快, 郎さアも見, 郎しっかり頼むぜ, 郎しどろもどろに御, 郎しばらく顔を, 郎しゃんしばらく, 郎しんにも, 郎じゃあありませんからね, 郎じゃということじゃ, 郎すました顔で, 郎ずれと争おう, 郎そうして, 郎そうして小松原さんの, 郎そこでしんみり声を, 郎そちはこの, 郎その他の者, 郎その他みな二十から三十, 郎その他多数の見舞客, 郎ぞなもし, 郎あちっと, 郎たけ子の夫妻, 郎ただの林蔵, 郎たち三人の素, 郎たまりかねてヘラヘラ, 郎たる思ひをなさね, 郎だがこれらの, 郎だけにはあい今度, 郎だけはと頼みに, 郎だつたんです, 郎だつたら飛びかかつて, 郎だろうよ, 郎だ見損なや, 郎ちうて相談, 郎ちよいと貧乏, 郎なぜ縄, 郎づれにいつも, 郎てえお兄, 郎であるらしいがいずれ, 郎でござんす, 郎でなきゃこんな自慢たらしい, 郎でへエ, 郎で御座るよ, 郎といへる力逞, 郎とうの昔, 郎とおたねとは, 郎とかいふ浪人者は, 郎とかと間違いの, 郎としては当分この, 郎となつてを, 郎とに並ならぬ, 郎とばかり書かれたの, 郎とをも識って, 郎どういうものか, 郎どうかなさいましたかと, 郎どうにかして, 郎どうやら多市, 郎どもあまた養い, 郎どんと一緒に夕方, 郎どんと私と下女, 郎どんなに骨を, 郎なぞでは, 郎なぞの窺ひも得ぬ, 郎などといふものの, 郎などにも劣らぬ名手, 郎などよりはお品さん, 郎などを泊めて, 郎なにがおかしい, 郎ならずともそれ, 郎なら生きている, 郎なら行けるかも知れん, 郎なりし事兼ね, 郎なんの返事, 郎なんかと一緒に, 郎なんかという青二才が, 郎なんかも家柄の, 郎なんていうの, 郎なんで書斎へ, 郎なんどは何ん, 郎にこそ憎悪は, 郎にたいしてたったひとつ禁句, 郎については右門捕物中の, 郎にでも口説かれたら, 郎にとつては, 郎にのしか, 郎にほどかせると, 郎にまでも焦躁を, 郎に対し拙者従来確執ござる, 郎に対しても破誓, 郎に対しましても伯父上には, 郎に従って池の, 郎ありゃアあいつ, 郎ねえ善也さん, 郎のでつかい指, 郎のみでなく多情多感, 郎のみが唯一の, 郎のみは室に, 郎のやしきへ, 郎のんびりとした, 郎はからになった弁当, 郎はぎょうてんしてその, 郎はじめ一同の顔, 郎はじめ一座の者, 郎はじめ三人の者, 郎はじめ多くの若, 郎はじめ探偵たちは俄然, 郎はじめ誰には何万石, 郎はじめ輩下の全員, 郎はじめ高萩身内の乾兒五六人, 郎はぞつと肩, 郎はたと当惑した, 郎はてすりによって, 郎はとにもかくにも, 郎はなしが遠い, 郎はにが笑いした, 郎はばっかぃ沢へ, 郎はむッと, 郎ばかりさ鼻の, 郎ばかりじゃありません, 郎ばかりで成立って, 郎ばかりにこびりついて, 郎ひどくはにかみながら, 郎びいきだ, 郎ほか数名を三条河原, 郎ほんとに此処な, 郎まさに一言も, 郎まず真っ先に, 郎またの名をガラッ, 郎まったくうれしくございません, 郎までに三分間も, 郎までを襲おうとは, 郎みずからそこにじ, 郎みなごろしに, 郎めっかち氏が浮気, 郎めでたいな, 郎めんくらい素肌, 郎めんくらひ素肌, 郎め俺にはまだ, 郎め心が変わった, 郎め馬方を連れ, 郎もうそうたびたび話す機会, 郎もそないな罰當, 郎もろともに彼, 郎やがて酢つ, 郎やって来た年は, 郎やっぱり細川護立侯の, 郎やとつきあい候, 郎よっぽど口惜しかった, 郎よと云われても, 郎らしきばかりなり, 郎らしく張りきるのです, 郎ら三人は狼狽, 郎ら乾雲の一団, 郎ら出で後世, 郎ら司馬道場の伊賀勢, 郎ら声名ありし時代, 郎ら數名を本, 郎わっしは, 郎われを赦せ, 郎をさえ殺すに, 郎をどぶねずみ, 郎ををとりに, 郎ア塩山の人, 郎ア根本さア処の御, 郎ガバと前, 郎ガラツ八といふ綽名, 郎ガ所ヘ行ッタ, 郎コレガ彫刻設計ヲ爲ス, 郎スルヤの連中, 郎ソノ本名白須庄左衛門西国某侯遺臣ニシテ幕府有司ニ含ム所アリ主トシテ大名旗本, 郎ゾロゾロ動き出して, 郎ッ自分ひとりで上, 郎トイウ友達ガ尤モダガセッカク出来タノニオ前ガ断ワルト, 郎トイウ名ヲタダヨンダノデハナカッタト思イマス, 郎ト云ウ者ガウチヘ上ッテイロイロ世話ヲシテクレタ, 郎ト云ウ者ガ公儀ノキジカタ小遣モノノ御, 郎困メラレシトコロニアラズヤ, 郎ニタリと笑い, 郎井上の, 郎ノオフクロガ死ヌ故隠居ガマタマタモクロミヲシタカラ, 郎ノハ見タコトガアルカモ知レナイガ, 郎ノヨウナ者ガ今ハイクラモアルカラ, 郎ハ隠居シテ江雪ト改メテ剃髪シタソレカラ家来ノコトモミダラニナッテイルカラ家来ニ差図シテ取締方万事口入レシテ, 郎咄シタライロイロ, 郎ペテンに掛かった, 郎マスクが無かっ, 郎モ何トモ云ウコトガ出来ズニ隠居シタガ後ノ孫一郎ハ十四ダカラ, 郎ヶ峰に孝助, 郎一さんでした同郷, 郎一ぺんに悄氣, 郎一人不服でございますから, 郎一党に向っ, 郎一名ガラツ八は平次, 郎一家はならわし, 郎一期のお願い, 郎一気に闇の, 郎一羽斎武田信玄の家臣, 郎一言もありません, 郎七三十過ぎのちよい, 郎七少年の身の上話, 郎七段川崎備寛六段濱尾四郎四段古川緑波五段菅忠雄などといふ所, 郎へとか曾我廼家ちやうちん, 郎との衝突日, 郎三人で会, 郎三十四五の男, 郎三河屋幸三郎などという貿易商, 郎三浦の大, 郎三輪の萬七, 郎三郎信康が二十一歳, 郎上がり框に両手, 郎下心に挾む, 郎下手人の見, 郎復曾遊態扶病漫追芳候来, 郎不才をもっ, 郎不破彦三総勢八千五百雪の山路, 郎に出, 郎両手を拡げ, 郎の武者振り, 郎中嬰齊臣君子鄭長者楚子道家言等九百九十三篇が擧げ, 郎中川紀元堀口大学の諸家, 郎中年者の強か, 郎中朕にどうせい, 郎中村田吉両氏も雇った, 郎中村鶴蔵岩井松之助などという顔触れ, 郎中條家の書生, 郎中譚冀御史曾鳳韶, 郎中鉢美明黒須龍太郎戸口茂里平岡万次郎斎藤次郎高橋四郎小林茂八大島染之助, 郎に, 郎主人は女太夫, 郎主演で花井秀雄, 郎久保吉人の諸氏, 郎久六とどんな, 郎羨と, 郎二位へ宜, 郎二十三歳ふゆは二十一歳, 郎二千八百石これは因幡, 郎二百石に加増, 郎二郎国長の矢さき, 郎五一郎の衰退, 郎五一郎合同第二, 郎人遣いを知らず, 郎今一人は春部梅三郎, 郎今夜にも危, 郎今度は用意, 郎今朝はどんな, 郎代議士にキメつけられ, 郎以下みなひざまずかずに, 郎以来当家の無二, 郎伊藤孫兵衛などの顔, 郎伜運五郎山の銅像, 郎のもの, 郎佐野竹之介, 郎を反らし, 郎何とか厭味な, 郎何んの氣, 郎何處へ行く, 郎作定生は同, 郎作母も清常, 郎使を来らしむ, 郎に似合わない, 郎信仰の定着, 郎信康が二十一歳, 郎信治の首, 郎信行様とも談合, 郎俵一八郎かれは, 郎を訴人, 郎のほう, 郎元服しての, 郎元禄十年正月大福帳を演じたる, 郎兄哥安心しねえ, 郎兄哥念の爲, 郎兄哥気の毒だが, 郎兄弟は陥穽, 郎先生なにを言う, 郎もすれ, 郎つて來る, 郎入り込んだがこれから, 郎六段であった, 郎に紙, 郎兵衛これは日頃藤吉, 郎兵衛どのにつかわせ, 郎兵衛勝嘉殿に頼みおき候, 郎兵衛夢の市郎兵衛, 郎兵衛尉をし, 郎兵衛氏の半生, 郎兵衛種村伝左衛門という二人, 郎兵衞さんの氣持, 郎兵衞北八がつれ, 郎兵衞喜多八のやう, 郎兵衞町奴のこし, 郎兵衞盛次上總五郎兵衞忠光惡七兵衞景清なんど名だたる剛者, 郎其外三四人を引連れ, 郎其所に居る, 郎兼光の逆, 郎内台御使, 郎開いた傘, 郎に掛け, 郎切ったのか, 郎初夏の薫風, 郎利家の二千人, 郎利家どのが討手, 郎利長等を始め, 郎剣鬼の本性, 郎創案建造の蒸気船, 郎にまかし, 郎助磯矢頼母の三人, 郎動くな, 郎勘右衛門の両家, 郎勘定奉行小此木伴七大田宇川等に内談, 郎勝頼土屋惣蔵は云う, 郎の持子, 郎十六歳にし, 郎十左どの蜂谷六左衛門どの, 郎十蔵ともに出, 郎十郎劇を見, 郎千五百を率い, 郎卓敬先に書, 郎博士は東京朝日, 郎卜部喜太郎高橋秀臣その他十六名毎日新聞の大庭善治, 郎危篤の報, 郎厳乎して, 郎参ったか, 郎又の名ガラツ八といふ人氣男, 郎又の名山脇玄内とその, 郎及び輩下の, 郎友吉仁兵衞を赤塚家, 郎叔父の肉親たち, 郎叔父さんを見, 郎召連両掛一荷, 郎右衛門一味の者, 郎右衛門宇平の二人, 郎右衛門心の底, 郎右衛門矢代越中守などの諸, 郎合同第二, 郎吉田玉助ら上京し明治座, 郎吉重で用, 郎同小寺戻次, 郎同様板の間まで上っ, 郎君やあさんそして山翁, 郎君今何処にあっ, 郎君来庵熟柿をもい, 郎君独寂寞ですたい, 郎周郎と持てはやし, 郎喜久子はいま私, 郎四月二十九日を以て征途, 郎四男幻香は亡くなっ, 郎四郎と云っ, 郎土下座を致し, 郎土地の御用聞常吉, 郎へひれ伏し, 郎塩田真前田健次郎大森惟中平山英造の諸氏, 郎増田四郎さんでしょう, 郎外一人の者, 郎外九人の博徒, 郎多市などを余さず引っ捕えよう, 郎大して賢い人間ぢ, 郎大丈夫かしら, 郎大井正一郎安田図書大西与五郎美吉屋五郎兵衛同つね, 郎大変です, 郎大将なぞ日本人, 郎大手柄の真相, 郎大石の辯護人, 郎大阪から護送, 郎天人の至美, 郎天才的な早耳, 郎天王寺屋五兵衛平野屋五兵衛等の大, 郎よりも親しみ, 郎太郎という名前, 郎夫人房次郎片側に瀬越, 郎夫婦片側は雪子, 郎失礼ながらお, 郎奔馬のやう, 郎ならば, 郎如きでは手, 郎にウロウロ, 郎始め番頭手代達にも逢つて, 郎始め石原の子分衆, 郎も奪う, 郎媒介いたして, 郎存じて居ります, 郎学習院出身で美学, 郎守信母は堀越城主武田重信, 郎安藤太郎左衛門たちの手, 郎のこの, 郎宮崎車之助武井忍助なぞ, 郎家来渡辺金太夫伊達与兵衛中山是非介働き殊, 郎寂しく打笑み, 郎察したが問答, 郎将平そのほか六郎, 郎将平たちは叔父, 郎の官, 郎將掖邪狗等二十人送政等, 郎將牛利爲率善校尉假銀印青綬引見勞賜遣還, 郎尋ねて来た, 郎尋ねきて撃剣, 郎通詞助, 郎小島鶴之丞, 郎で寅藏, 郎の銅像, 郎山内氏の出, 郎山本清正木不如丘山本忠興田丸卓郎牧野富太郎兼常清佐鷹司信輔辻村太郎氏等の諸, 郎山県討死の処, 郎岡本三河坊といったよう, 郎岡田嘉子の二人, 郎岩崎佐十野口春蔵等を先頭, 郎島村俊明の諸氏, 郎川前市助の二人, 郎川端久五郎上原貢戸川槌太郎小山筧中江正義粟生弘沢木重武斎田惟成中尾庸吉石橋勇三郎上村又次郎斉村霞栖大賀小次郎吉本董三白木半次郎大野仁平同徳太郎, 郎工左衛門寿朝等いづれも, 郎左天命を全う, 郎左衛門尉この人, 郎左衛門小田原長吏太郎左衛門訴訟の事, 郎左衛門翁の賢者, 郎左衛門高直など, 郎市五郎寒風沢の左太夫, 郎帰朝を迎, 郎侍とか, 郎平山三郎の住い, 郎平次の後, 郎年紀十七才名同族を圧し, 郎家同, 郎広木松之助鯉淵要人岡部三十郎斎藤監物佐野竹之助蓮田市五郎稲田重蔵増子金八大関和七郎広岡子之次郎, 郎庄屋めきたる家康公, 郎の長屋, 郎庭先へ曳い, 郎庭田恒吉谷房吉野口春蔵小林偵七郎茂呂近助, 郎康長安藤彦十郎酒井与七郎, 郎廖平刑部侍郎金焦編修趙天泰, 郎弁護人速記録による, 郎に韜晦, 郎当選第三候補, 郎彦三郎その他の人達, 郎に所謂名人太兵衛, 郎後に俊八とも, 郎後ろから鑿, 郎後藤孫兵衛真山刑部という顔ぶれ, 郎後藤象次郎伊藤俊介それに京都旅館, 郎従下部ごときに, 郎従五十人ばかりは一斉, 郎従数輩を殺戮, 郎従由利八郎の梶原景時, 郎従秀府を狩場, 郎従長田真樹だ, 郎得意の責め手, 郎從等走歸本所, 郎案内に, 郎微動もせず, 郎遺さず勇ましく, 郎忠常南条の小次郎, 郎忠義の看板, 郎忠興あれはもう, 郎忠隆の下, 郎忠隣だった, 郎念仏僧などに身, 郎怒りを催し, 郎思いの外細かいところ, 郎思はず飛出さうとしました, 郎思ひも及ばなかつた, 郎怪我をした, 郎を切らし, 郎悪い事は, 郎悲憤の声, 郎惨殺さる, 郎愛用の品, 郎慌しく入って, 郎慶保胤往生伝を作り, 郎慶保胤撰と署名, 郎程然, 郎成田小三郎らのあいだ, 郎我等兄妹を見忘れ, 郎戻ってくる, 郎所蔵の関帝像, 郎を突い, 郎才助などと書いた, 郎打ち上げるところの, 郎抄訳の, 郎折角の知慧, 郎抜き身を下げ, 郎持つて生れた, 郎持斎茂吉原田英三郎等が主として, 郎捕縛さる, 郎揚幕からでも出, 郎揮いましょうぞ, 郎放免さる, 郎政綱のふたり, 郎ひあげられた若旦那, 郎教授の海, 郎のゆ, 郎文相の私立学校つけ, 郎断わっておく, 郎新五郎の兄弟, 郎新聞社の方, 郎於先生為姪孫今嗣菅氏, 郎であり少し, 郎日頃に似合, 郎早くこういうところ, 郎明神下の平次, 郎春部梅三郎はお召, 郎時村三郎資時等俄以出家時村行念資時眞照云々楚忽之儀人怪之, 郎時貞は相津玄察, 郎時風長井大膳河越高重など手負い, 郎晩酌を一本, 郎景虎と甥喜平次景勝, 郎暗殺の嫌疑, 郎暫くの間頭, 郎朝時さまも御, 郎朝時主女事に依り, 郎朝時主駿河国より参上, 郎當に, 郎本位に遊ん, 郎本郷弓町の乾物屋, 郎杉山弘枝はおどろい, 郎杉村友太郎山谷勘兵衛以下十名いずれも勤王, 郎では収穫終り, 郎来い澄江来い, 郎来たか, 郎来りしかば倶, 郎来云賢侯之賜, 郎東喜代駒山野一郎に私, 郎松尾儀助大森惟中塩田真岸光景等十人足らずの諸氏, 郎松本盛三郎茂呂近助, 郎松村金三郎の二人, 郎松葉をいぶせ, 郎板橋六郎川島治平青木清蔵吉岡耕作天海浜吉内田卯三郎栗原喜蔵岩下喜右衛門等の百余名いずれ, 郎林並木岡本勇河東碧梧桐高浜虚子という顔, 郎林蔵殿を生かし, 郎柴田源左衛門等が備え, 郎栗原宰次郎岩崎佐十原田英三郎小山孝八郎持斎茂吉は煽動, 郎森田草平内田百間みんな大男と言つて, 郎様方おさよどの, 郎様方風気同上足下之吉祥善事莫過, 郎樣やつとうの, 郎樣始め拙者までも腹, 郎樣膽をつぶします, 郎の頭, 郎権頭が最期, 郎つ飛びに, 郎横ツ飛びに, 郎横浜出帆の筥崎丸, 郎機嫌を直し, 郎機砲霹靂砲子母砲, 郎次さまは至って, 郎次どのに今日, 郎次郎兄をかばわん, 郎正に一言も, 郎正信原田十次郎之直, 郎此時ほど十手, 郎武者修行に出, 郎武藤長蔵永山時英奥田啓市の諸氏, 郎死去団福郎を使者, 郎殿同半左衛門殿, 郎母親の顏, 郎比良野房之助服部善吉菱川太郎などであった, 郎毛野村の早川忠吾, 郎氏來り加, 郎氏方にて一, 郎氏旭玉山氏島村俊明氏その他当時知名の彫刻家, 郎氏説に蛇, 郎気分はどう, 郎永島与八の三人, 郎江藤新平副島種臣由利公正らは民選議院設立, 郎決心した, 郎沢村嘉右衛門坂東市松坂田門之助染川文七最高幹部が一様, 郎河井重蔵小手川豊次郎も視察, 郎油断をし, 郎治兄弟の者, 郎沼蘋女等来る, 郎泊まることに, 郎法律事務所に寄食, 郎泣いても泣き切れない, 郎泰長出雲からきた, 郎の老女師匠, 郎の火縄, 郎浅越玄隆らがおり, 郎とよぶ, 郎浦湾の汀, 郎浦頭蘆荻答エン博浪激波シバシ追ウモ漂イ晦ムナカレ, 郎淡河兵庫斎藤宮内城ノ介師時, 郎渡邊剛藏等と合した, 郎游竜彦二郎とも称し, 郎瀧五郎始め二三人の子分共, 郎灯り先にそれ, 郎為朝が上陸, 郎無駄は申しませぬ, 郎照れ臭さう, 郎爲朝が大島, 郎爲朝ぢやある, 郎は不, 郎片側に瀬越, 郎片岡鐵兵松井潤子後に林茂光, 郎片桐与三郎千田主人秋田加兵衛などの八, 郎で出した, 郎をも云わず, 郎独得の, 郎独身で居, 郎王城いはほ等と共に, 郎王子服は董, 郎王粛たちは初め, 郎王粲和洽杜襲などという軽薄輩, 郎もなく, 郎甚だ人づき, 郎豆三合に, 郎の專三郎, 郎田野入利三郎, 郎申すよう家財を, 郎疾風の如く飛ん, 郎白石治右衛門二人の股肱, 郎皇女この二方, 郎目掛けて主, 郎直々見て, 郎直行さ, 郎變らず, 郎相好を崩し, 郎相應の義憤, 郎つ逆, 郎真鍮鍋や青銅鍋, 郎真面目で聞く, 郎着換も無くし, 郎矢尾常正らの重傷者たち, 郎矢田彦七平賀三郎などである, 郎矩行と申す, 郎矩行仇討執心の趣, 郎石原の利助, 郎祖弼はわたくし, 郎神妙に格子, 郎福岡孝悌この二人, 郎福岡孝悌これらの人々, 郎私用あって, 郎空嘯ぶいて, 郎竹乘りの, 郎笑い出してしまった, 郎符宝郎っ, 郎二世の, 郎のはじけた, 郎のねんぶつ, 郎篠田さんにお, 郎米五郎小半次三太郎島蔵の侍等, 郎細工の献上箱, 郎右衛門善助重次郎の, 郎義理堅い良い目明しでした, 郎義秀並びに数率等海浜, 郎義秀さまの大, 郎義秀惣門を敗, 郎番頭の, 郎耳野卯三郎君などもゐた, 郎聞きて感嘆, 郎肯くと忽ちに, 郎背中の野ざらし彫り, 郎腐るわけでした, 郎を切つて, 郎に手, 郎臆面もなく, 郎刻其集, 郎自称青年政事家で某, 郎自身明日の会場, 郎おさよどの, 郎般若寺村の百姓卯兵衛, 郎芝鶴勘五郎がよしや, 郎芳三郎芝鶴菊四郎工左衛門寿朝等いづれも, 郎黨の, 郎苦い顔を, 郎苦しい息で, 郎苦心の製作, 郎苦笑せざるを, 郎英太郎が父, 郎英福だね, 郎茂呂近助, 郎荒井友七郎須藤与惣治の三名, 郎荒木陽一郎それに屋敷, 郎菊五郎などの死んだ, 郎菊四郎のさらに, 郎董允と諫議大夫杜瓊, 郎を払っ, 郎蔵原惟郭三宅雄二郎丹羽清次郎江原素六富田鉄之助西原清東飯田宏作山田吉郎兵衛松村介石の二十名, 郎薄寒い縁に, 郎藤田松軒御差越し, 郎と聞く, 郎衛門方に一泊, 郎裏庭へ出た, 郎褒め者になっ, 郎西國の浪人者, 郎西川伊三郎を始め, 郎てえだ, 郎見しゃいな, 郎見たいに, 郎見るまに, 郎分つたら顎, 郎親分あれを御存じ, 郎親分お世話になつたわ, 郎親分お前さんは泥棒, 郎親分ぢやありません, 郎親分びいきだつたん, 郎親分一體私に何ん, 郎親分下手人の見当, 郎親分伜を助け, 郎親分八五郎親分とそり, 郎親分勘六親分長い間世話, 郎親分後生だから, 郎親分昨夜の今日, 郎親分樣にはいよ, 郎親分此處でお, 郎親分洒落や冗談ぢ, 郎親分近頃はす, 郎親分退屈だね, 郎親忠は来れり, 郎親愛なる貴, 郎親方を訪ね, 郎親方夫婦にくれ, 郎ひ分, 郎言い分があるなら聞い, 郎言葉も続きません, 郎は俺, 郎諫言の押手, 郎諸氏を招い, 郎貞盛という食わせ, 郎負けるか興味, 郎貴方はそこ, 郎貴様素晴らしいこと, 郎赤星龍子笹木光吉と疑いたい, 郎赤松大三郎, 郎赤羽橋有馬屋敷の角, 郎走りかかって首, 郎趙儼から帝, 郎も空, 郎躍り上ってズ, 郎躍り出でただ, 郎を捻, 郎軽焼が焦げ, 郎轟玄八の四名, 郎轟玄八以下三十名の剣星, 郎轟玄八岡崎兵衛藤堂粂三郎ら乾雲の一団, 郎轟玄八岡崎兵衛藤堂粂三郎山内外記夏目久馬等全十七人, 郎近来の大, 郎追善興行を催し, 郎退治だ, 郎逃げるとは卑怯, 郎捻を, 郎通弁官は中浜万次郎, 郎かに斬るべし, 郎造氏とばかり懇ろ, 郎遅塚麗水の諸氏, 郎遠慮はいらない, 郎鄭默に始まつ, 郎はめしあがる, 郎酒色に酖, 郎酔っぱらってはいや, 郎重保で時政, 郎重忠の第, 郎重氏黄瓦毛の太く逞しき, 郎野暮用で龜戸, 郎野本與次郎の兩人來, 郎金春禪竹同禪鳳, 郎錢形平次親分の家, 郎鎌鑓にて真柄, 郎長い顎の, 郎長茂が都, 郎長身白皙で鼻, 郎門下の団福郎, 郎閑吉その他の化物, 郎間髮を容れず, 郎関三十郎大谷広右衛門, 郎関口芳蔵相田貞吉青山吉次郎内藤清蔵などの同志, 郎閣下のよう, 郎關谷和吉牧野助之丞粕谷十郎倉富, 郎陀羅尼将監勝国の一刀, 郎附きの巡査, 郎の夫妻並, 郎陸実等いずれも聞, 郎有がってる, 郎青年は南老人, 郎青白い顔を, 郎旧知, 郎はれたり, 郎飯能主馬春藤幾久馬等の声, 郎駒場御猟, 郎驚き騷ぐ家人を尻眼, 郎驚くわけも, 郎高崎次兵衛などはそれ, 郎高真の陣所, 郎高綱も池, 郎高麗陣に新宮城主堀内, 郎はしどろ, 郎髷節へ赤蜻蛉, 郎の首, 郎と云, 郎鵜澤總明高木崎久保二名の辯護人, 郎鹿子木孟郎二氏の, 郎黄奎というもの, 郎黄観蘇州知府姚善翰林修譚王叔英翰林王艮淅江按察使王良兵部郎中譚冀御史曾鳳韶, 郎黒田清隆澁澤榮一平田東助淺野長勳松崎藏之助, 郎黒羽源治木村嘉吉中村勘蔵山田武岡馨が出廷, 郎黨たちも踵, 郎鼻毛なんぞ拔