青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「邸~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

遺憾~ 遺言~ ~避け 避け~ 避ける~ 邊~ 邦~ ~邪魔 邪魔~ ~邸
邸~
郊外~ 郎~ 郡~ ~部 部~ ~部下 部下~ ~部分 部分~ ~部屋

「邸~」 5132, 55ppm, 2094位

▼ 邸~ (1127, 22.0%)

19 門を 17 中に 15 方へ 12 中へ, 前を 9 中は, 前に 8 中を, 前へ 7 ほうへ, まわりを, 前で, 外へ 6 中で, 細道じゃ, 裏の, 門から, 門前に 4 うちに, 中から, 中が, 主人の, 二階の, 人々は, 前から, 周囲を, 垣根を, 裏に

3 [20件] うしろに, うら, 中の, 人は, 内で, 内に, 内は, 内へ, 内を, 内外を, 周囲には, 塀の, 奥の, 庭の, 方から, 玄関に, 玄関へ, 玄関を, 門に, 門前を

2 [82件] うちには, うちの, うちは, うちへ, お部屋様, かなりやの, そばを, ために, どこに, なかは, なかを, ほうで, まわりに, まわりの, ような, ように, 一室, 一部を, 一階の, 中だけ, 中では, 中でも, 中には, 中ばかり, 中も, 主と, 主人と, 主人松平左七郎に, 事を, 修理を, 傍へ, 内から, 内の, 内外には, 内部の, 前の, 前まで, 医者様の, 四方に, 地下室で, 塀に, 外と, 外に, 外の, 外は, 外まで, 奥庭に, 屋根の, 屋根を, 川岸で, 川岸の, 庭で, 庭に, 庭へ, 庭園に, 廣間, 御規模, 怪事件が, 旦那様が, 杜も, 泉水を, 玄關を, 番人を, 空や, 者に, 藪の, 表に, 裏口から, 裏口に, 裏手へ, 裏門から, 裏門の, 警備に, 近くで, 長屋に, 門が, 門の, 門前で, 門前には, 門前へ, 門前まで, 附近の

1 [696件 抜粋] あたりが, あたりは, あった所, あの綺麗, あるという, あるところ, ある丘陵, ある牧山, ある通り, いちばん入り組んだ, いつかの, うえの, うちから, うちからは, うちで, うち家の, おくで, お出入り, お出入り商人, お嬢さんだ, お嬢さん只一人, お嬢様では, お客様では, お庭, お方か, お許しを, お障り, げんかんには, ことが, ことと, ことも, ことを, ごとく, さびついた門, しら藤の, すぐ下, すぐ裏, すぐ隣り, すっぽんの, そとへ, では決して, とき窓は, どこへ, なかで, なかででも, はずれからは, ほうに, ほうは, ほかは, まえには, まはり, ままで, まわりには, もみじに, もみじの, ようすが, ようすを, ようで, コンクリート塀が, コンクリート塀の, ジョージアン式の, ハイカラな, ピストルさわぎ, レヴィウ・シーンから, 一つに, 一つへ, 一室だった, 一室を, 一番おく, 一端を, 一門へ, 三の, 三太夫が, 上に, 上を, 上一方, 上空にあたって, 下に, 下女を, 下屋敷に, 不思議な, 並びには, 並びの, 並木の, 中ぐらいの, 中であった, 中ででも, 中なんて, 中や, 中心で, 主とも, 主人か, 主人すなわち, 主人安城郷太郎は, 主人玉屋総一郎その, 主人玉屋総一郎は, 主公, 主権者は, 事である, 事に, 事は, 事件と, 事件真相を, 事情を, 二階で, 二階に, 井戸の, 亜鉛塀とが, 人々である, 人々の, 人々も, 人びとにも, 人達も, 人間に, 代理に, 仮装会で, 会で, 会計で, 会談が, 使用人は, 使者に, 例の, 侍女たちが, 修復三都には, 値を, 側の, 側まで, 偵察に, 傍に, 傍まで, 僧院の, 入口を, 全貌が, 八角塔の, 内には, 内一応, 内外どこを, 内外の, 内外隅まで, 内外音も, 内玄関に, 内部, 冠木門を, 出來し, 出口出口町の, 前でした, 前でも, 前は, 前門の, 力で, 勝手は, 勝手を, 匂い, 北の, 北隅を, 南面に, 厚い塀, 口入で, 古池の, 古色蒼然と, 台所から, 台所を, 向い側にあたる, 周囲へ, 四方から, 園遊会にて, 園遊会へ, 土塀が, 地下室の, 地下室へ, 坊ちゃんであった, 坊ちゃんの, 坊ちんの, 垣根越に, 執事である, 塀が, 塀と, 塀を, 塀外から, 塀越しに, 塵芥箱の, 境を, 壁の, 外では, 外にも, 外側に, 外壁に, 外廓について, 夜との, 夜とは, 夜の, 夜よりは, 夜会で, 夜番に, 大きいマロニエ, 大きな門柱, 大小棄て, 大広間には, 大欅, 大殿堂, 大黒柱でした, 天井裏に, 天井裏にも, 夫人が, 夫人や, 夫人真佐子が, 奥さんに, 奥に, 奥向の, 奥座敷の, 奥様お気に入りの, 奥様方にも, 奥深くへと, 奥表に, 女中で, 女中であった, 奴より, 奴等め親子がかりで, 如き仕事, 妖怪変化は, 妻にも, 嬢様の, 嬢様は, 嬢様を, 宅番を, 実を, 家を, 家中の, 家宅捜索を, 対い合う, 小使みたいな, 小客間, 小者でも, 小者として, 小門が, 少し手前, 屋根瓦には, 展望台, 川岸へ, 左隣に, 幻影を, 広間に, 座談会で, 庭か, 庭さきに, 庭や, 庭らしい, 庭内にまで, 庭園, 庭園を, 廊下に, 廢宅の, 建物が, 建物はずつと, 廻りに, 弟の, 後で, 後ろへ, 後片付けを, 御厄介, 御家老, 御家風, 御新造様だって, 御時, 御用で, 御用人, 御長屋, 御養子, 応接室で, 応接間から, 怪事件でも, 怪事件の, 怪爆発事件の, 怪談は, 惨劇は, 戸の, 扉を, 手配は, 持主で, 掃き拭きから, 控えの, 数寄を, 新築日光宿坊上野宿坊を, 方が, 方でたつた, 方に, 方にては, 方へは, 方を, 旦那は, 旧跡なる, 時と, 時分を, 晩餐会の, 暖炉の, 書斎へ, 書生さんと, 書生という, 書院の, 最上の, 木の間から, 木戸にも, 木戸の, 木立ちのなお, 本家だけは, 東横町にて, 松の, 松風が, 枇杷の, 林泉は, 案内状を, 桜の, 森であろう, 椎なぞが, 椎の, 構えの, 構内には, 構内の, 様子に, 様子は, 様子を, 横に, 横の, 横手に, 横手の, 樫の, 櫻の, 次男源次郎と, 正門の, 正門を, 正面へ, 正面玄関芦田牧ほかに, 歩兵さんあとから, 殺人事件などは, 殿様から, 水天宮が, 水浴小屋と, 池の, 河下三里ばかりの, 洋館が, 洋館の, 清正公門前の, 温室を, 湯御所の, 準備を, 演奏から, 火が, 火の手を, 為だ, 焼け跡では, 焼け跡を, 煉瓦塀や, 燃える白骨事件, 燒ける, 燒打といふ, 父親の, 片すみに, 物置まで, 狭い応接, 玄関さきに, 玄関で, 玄関について, 玄関の, 玄関先まで, 玄關さきまで, 珍事で, 現在の, 甍が, 生垣の, 用心門を, 男女は, 界隈では, 留守番を, 番人である, 異変は, 白い長い石崖, 盗難の, 直ぐ裏, 真上を, 眼かくし, 矢張り庭の, 知らせは, 秘密倉庫なんかに, 秘密室に, 稲荷祭に, 空地に, 空気は, 窓という, 窓の, 窓下を, 第一実験室, 節密かに, 築地の, 築地塀の, 築地塀右は, 紅葉の, 結構の, 絵図面を, 絵画館をも, 練塀の, 老夫人, 老女と, 者どもが, 者も, 肝要ぞ, 自動車運転手倉持陸助, 自宅へ, 若い男女, 若党で, 若様が, 茴香畑は, 茶会の, 菊が, 萩は, 虎の, 表広間, 表座敷の, 表玄関に, 表門と, 表門の, 裏から, 裏へ, 裏らしい, 裏山にも, 裏庭の, 裏手から, 裏手で, 裏手に, 裏木戸からも, 裏門にあたって, 裏門まで, 裏門前を, 裾を, 西の, 西洋館が, 角から, 角まで, 訪問によって, 話を, 諒解を, 謁見室に, 謎を, 警戒に, 警護に, 豪勢さには, 豪華な, 質素な, 赤い窓, 跡と, 跡を, 身替りに, 軒下に, 辺に, 近い所, 近くに, 近くへ, 近傍に, 近所に, 造作も, 連中は, 運座に, 遺物としての, 部屋, 部屋から, 郵便受けの, 金を, 長い石垣, 長廊下, 門, 門でありました, 門には, 門より, 門内に, 門内には, 門前から, 門前でさえ, 門前の, 門前は, 門前近くで, 門外へ, 開放された, 間取りお前の, 間近くまで, 閾を, 階上階下悉く, 階下に, 隣地に, 集りでも, 雇人を, 離家に, 電信柱に, 露台上に, 靴脱ぎ, 風であった, 馬丁を, 馬場から, 高いコンクリート塀, 高塀, 黄いろな, 黒板塀と

▼ 邸~ (740, 14.4%)

12 にある 9 のどこ 8 に住ん 7 の様子 6 の者 5 にいた, にいる, の人々, へ入っ 4 の一部, の長屋 3 にあった, に人, に於, のお, の大, の模様, は寂, へ侵入, へ入り, へ逃げこんだ

2 [55件] から出, から抜け出し, から辞し, である, で変死, にこの, にとどまっ, にとどめ, にはいる, に侵入, に匿われ, に同居, に在る, に忍びこん, に忍び入っ, に忍び込み, に手引, に於ける, に潜伏, に監禁, に起居, に闖入, に降らせる, のあちこち, のあらゆる, の一角, の一隅, の光景, の召使, の容子, の小, の探索, の桜, の空地, の裏庭, の誠之館, の道場, の防備, の隅々, はかなり, へはいっ, へはいった, へ乱入, へ入った, へ忍びこんだ, へ忍び込んだ, へ来た, をうろうろ, をさまよう, をしばらく, を出た, を散歩, を見せ, を覗い, を隈

1 [530件 抜粋] いたる所, いつぱい, かなそれとも, からかすか, からちょうど, からはなるべく, からは泣き声, からも尊氏, からピアノ, から出すまい, から去らなかった, から外, から師直方, から忍びやか, から掻き消えた, から江戸城, から発見, から聞こえ, から追, から追放, から顔, があまりに, がこんなに, がざわめい, がざわめき出した, が物騒がしい, が見たい, が陰森, が静か, が騒がしく, だ, だから, だけで三件, だったところ, だったの, だと, で, であるので, でいちど, でいろいろ, でうろうろ, でお世話, でさえ煙, です, でできる, での彼, ではそれからまた, ではだれ, では十数名, では囚人服, では愕, では離れ, でぶらぶら, でもその, でも歩い, でも深夜, でも知る, でも薬師十二神将, でも調練, でスリ, で人間らしく, で厳しい, で変事, で奇怪, で恒川氏, で拾っ, で拾った, で新聞, で曲者, で殺人, で決して, で消え失せ, で烏輩, で練習, で行われた, で行われる, で開い, といえる, といったところ, と申し, と言, と附近, ながらも雪, ならいざ, ならとにかく, にあ, にあつ, にい, においては博士, におけるかわった, にかかえ込んだ, にげんじゅう, にすべりこみ, にずいぶん, にそのままブラブラ, にただ, にて図らぬ, にて將棊, にな, になつて, にはあの, にはいっ, にはいった, にはいない, にはどこ, にはどの, にはな, にはドーベルマン, にはピストル, には一枚, には二, には何, には何者, には博士一人, には召使, には名代, には唐破風造, には執事, には常, には我が, には柳生, には桜, には水門, には池, には燭火, には落ちず, には雨, には馬小屋, にひそん, にみちびいた, にもいる, にもぐり込んだ, にもっ, にもほか, にも一八郎, にも上原, にも共用, にも必ずや, にも暁, にも物音, にも発見, にも祖先, にビクトワール, に一歩, に三件, に乗り込ん, に住まう, に住む, に住居, に入られ, に入り得た, に入り込み, に入る, に入れない, に出入り, に刀鍛冶, に千代, に反響, に古い, に名月, に吸われ, に咲い, に在り, に在ります, に大きな, に女, に妙見, に寝, に寝泊り, に小夜子サン, に居った, に居よう, に居る, に展開, に工場, に幅, に庭園, に建った, に建てん, に建て直した, に建物, に引き取っ, に引っ返し, に引入れ, に引越した, に彼, に徘徊, に忍, に忍び入る, に忍び込みました, に忍び込ん, に悪漢, に抛り込む, に押しこめ, に持っ, に持つ, に採っ, に於い, に明智, に月々理化學, に来, に栗, に棲わせ, に残った, に水本保太郎, に泉水, に満ち, に滑りこんだ, に漂う, に潜ん, に爺, に犬, に犬殺し, に独立, に現われた, に留まっ, に病人, に白菜, に盛ん, に移り, に移り住め, に移る, に種々, に窯, に立っ, に立派, に織女, に置い, に置く, に色々, に藤棚, に藩, に蟄, に見, に設け, に誰, に貫一, に賊, に走り込んだ, に起った, に足あと, に踏みこもう, に送りこんだ, に逃げ込んだ, に這入っ, に這入る, に運び入れられた, に隠し, に隠れ, に集められ, に静寂, に飛び込ん, に駈け上る, の, のいずれ, のこの, のささやか, のさっき, のその, のもの, のエレベーター仕掛, の一人, の一刻, の一室, の一戸, の一棟, の一軒, の一間, の万物, の三件, の些, の人通り, の人達, の人間, の他, の仲間等, の何町四方, の侍長屋, の入口, の全て, の兵, の其処此処, の別棟, の動力室, の千里閣三年祭, の単純, の博奕位, の原野, の取りしらべ, の古い, の各, の君侯, の地面, の坪數, の壮士二人, の声, の奥, の奥まった, の女, の密室, の山吹御殿, の庭, の庭座敷, の廊下, の径, の手入れ, の捜査, の捜索, の探険, の整理, の方, の春, の普請場, の有志等, の有様, の林泉, の植込み, の検分, の楼台, の構造, の樹木, の武者, の泉水, の湯殿, の火の見櫓, の灯り, の物置, の物置小屋, の犯人, の男たち, の男たる者, の畑, の畠打, の異様, の祈祷僧, の秘密, の秘密室, の空気, の窓, の練習場, の者共, の草茫々, の藪畳, の蘭軒, の見取図, の調査, の諸方, の警戒, の足軽ら, の軽輩, の間取り, の隅, の隠居所, の雑木林, の雨戸, の電燈電鈴, の音楽室, の馬丁ども, の馬出しの広場, の馬車廻, の鶉小屋, はいよいよ, はいわば, はしばらく, はその, はそんな, はただ, はひっそり, はまたたく, はシーン, は五百坪, は人, は今, は依然として, は俄, は勿論, は壁画, は夜, は宵, は嵐, は平和, は広い, は広く, は底, は廣, は急, は捜査, は斜め, は森閑, は沸騰, は深山, は物静か, は相当, は豪族, は隈, は雑沓, は静か, は騒然, へお, へかかる, へすべりこんだ, へとびこんだ, へはいつ, へは君, へは這入り込ん, へひきいれ, へひびく, へへえっ, へもどっ, へ不意, へ乗り込ん, へ先廻り, へ入り込んだ, へ入れ, へ入れぬ, へ匍, へ奉公, へ宛て, へ射込んだ, へ引い, へ忍び入っ, へ忍び入った, へ忍び込ん, へ押しこんだ, へ案内, へ消えた, へ置き, へ許され, へ許される, へ誘い込んだ, へ逃げこん, へ這入っ, へ這入った, へ這入る, へ通された, へ通っ, へ飛び下り, へ飛び下りた, へ飛び込む, へ馬車, へ駈けこんだ, までが人肉, もただ, もひっそり, も一方, も広い, も無人, も珍, も賑, や庭園内, や建物, や瀑布, より外, より遁, をいっぱい, をえらぶ, をぐるっと, をどう, をなつかし, をウロウロ, をジロ, をジロジロ, をノミ, を一周, を二分, を二階, を会場, を吹き抜ける, を唯, を固める, を太鼓, を守る, を家探し, を巡回, を巡視, を庭づたいに, を憚, を我ら, を捜索, を掃き, を探しまわった, を探す, を横断, を歩い, を歩く, を窺い見, を窺った, を行け, を見, を見なけれ, を見下ろし, を見廻した, を調べる, を警戒, を護衛, を通り, を開放, 広く花木, 深くの, 至る所

▼ 邸~ (662, 12.9%)

24 帰って 7 出入りする, 来て, 連れて, 遊びに 6 出かけて, 帰ると, 戻って, 行くの, 行って 5 お帰り, 帰った, 行った 4 入った, 御奉公 3 出向いて, 奉公に, 火を, 訪ねて, 車を

2 [46件] おいで, お入り, お嫁様, つれて, はいって, まいって, まいる, ゆきそこ, ゆくの, わらじを, 伺候し, 來た, 入って, 入れて, 出入りを, 出向いた, 出掛けて, 出頭した, 到着する, 参って, 参りまして, 呼ばれた, 呼ばれて, 帰ったが, 帰りました, 帰る, 往くと, 往って, 招いて, 招ばれ, 持って, 持つて, 日参し, 泊ること, 目を, 着いた, 着くと, 移転する, 行く, 行くこと, 行っては, 逃げこんだが, 逃げこんで, 集まって, 預けられて, 飛んで

1 [450件] あなたが, あなたの, あなたを, ある問題, いかれる, いそいだ, いって, いらっしゃった方, いらっしゃる書生さん, うつる迄に, おいでなさる, おいと, おかえりに, おつれ, おとどめし, おもむいた, おやり, お伺い, お出ましに, お出入, お勤めする, お呼びとりに, お客様が, お引き移り, お成り, お戻り, お手伝いに, お目見得に, お移りに, お立ち寄りに, お見舞, お討入, お越しください, お迎えに, お迎え致し, お返しに, お願い申し, かえして, かえって来ました, かけつけたの, かけつけた警官, かけつけるよう, かけろとかいう, こっそり帰っ, これが, こんなに遅く, しのび入って, しばしば足, そっと帰っ, その令室, その男, たずねて, ついたの, ついて, つれもどった, でございますか, とどけるという, とびこんで, とんで, どこの, どやどやと, なにを, のこして, のぞむと, のりつけたとき, はいったの, はいった賊, はいりこんで, はいるか, はいれなかったん, はこばせたの, はじめての, ひきあげたが, ひそかに, ひとまず落ち着こう, ふり向けて, へへへたいした, ほんとに飛び込ん, まいった, まいったり, まいり平, まいり式部, まっしぐらに, まつしぐら, まわって, むかった, もそっと訪ね, もどった, もどる途中, やってきて, やって来た, やって来て, やつて, ゆけば, よこさせては, わたしが, カヤパ達は, キネスコープの, ドロシイ夫人ならびに, フランス料理うまい, 一人の, 上ったもの, 上らうて, 上らなくては, 上りましたならかねて, 上ります訳, 上るといふ, 両陛下, 久しぶりに, 乗りこむこと, 乗りこむという, 乗りこむ日, 乗りこんだの, 乗りこんだらあなた, 乗りこんで, 乗りつけたの, 乗り入れた, 乗り込んだはず, 乗り込んで, 乗組むという, 人數を, 仕えて, 伴った, 伴って, 伺いますよう, 伺うては, 伺ったとき, 伺わなければ, 伺候も, 住み込ませようと, 佐々木道誉の, 何し, 何者とも, 使いに, 例の, 侵入した, 侵入する, 先約が, 入ったきり, 入りこむよう, 入りこもうと, 入りこんだこと, 入りこんだの, 入り込ましたの, 入り込ませたが, 入り込ませて, 入り込んだね, 入るつもり, 入込むの, 内弟子として, 出いりするお, 出かけた, 出それ, 出たって, 出て, 出入させ, 出入りしよう, 出向かうと, 出掛けました, 匿れる, 匿名の, 参ったとき, 参ってから, 参りました, 参ります時, 参り阿部殿, 参上いたし, 参上いたしました, 参上し, 参集を, 參りまし, 參ります, 參りませう, 取り詰めるが, 召されて, 同居し, 同行し, 同行は, 向かった, 向かったの, 向けた, 向けて, 向ったこと, 向って, 向つて發足, 呼びこみ尻込み, 呼びつけられて, 呼び集められて, 呼んで, 多助を, 夜討を, 奉公を, 奉行所の, 始めて, 姫君の, 嫁す, 宗左を, 客として, 家政婦などとして, 寄り付くこっちゃ, 寄り商工大臣, 寄る, 寄れと, 密と, 小間使ひ, 届いて, 届けられた, 届けられる, 差しむけられる, 差し上げること, 帰ったこと, 帰った時分, 帰った芳郎, 帰った高輪田長三, 帰つ, 帰らぬつもり, 帰りたくないと, 帰ります, 帰りますから, 帰り着いたの, 帰り翌朝, 帰ること, 帰るの, 帰るもの, 帰るよう, 帰るよりは, 帰る事, 帰る時, 帰れ, 帰れば, 帰着した, 年始に, 年賀に, 引き上げたの, 引き取って, 引き戻さねば, 引き揚げて, 引き返した, 引き返して, 引っぱって, 引取つて柔かい, 引取られ, 引取りなさい, 引返したの, 彼を, 往きまするに, 往く路, 往った, 往つて大林権之進と, 徐庶の, 御屈行, 御用聞き, 御著, 忍び入って, 忍び入りお, 忍び込まうと, 忍び込む, 忍び込むの, 忍び込んで, 志し次第に, 急いだの, 急ぐこと, 我々を, 戸惑ひし, 戻った, 戻ったの, 戻りは, 戻ると, 戻るなり, 戻るの, 戻る力, 打入った, 打合せ申したい, 押されるよう, 押しかけて, 押し懸けて, 押し込んで, 押入ったこと, 担込まれ, 招かれた, 招かれたと, 招かれたとき, 招かれ参ったこと, 招くから, 招待され, 招待された, 招待し, 挨拶を, 捕手の, 捕手を, 攫って, 放った斥候, 文化研究所は, 斬りこんだらそれ, 斬り込まんと, 斬り込んで, 斬込むの, 斬込もうと, 早くつれ, 晩餐の, 最近繁, 月末掛けを, 来た, 来たかが, 来たこと, 来たとき, 来たの, 来たま, 来た時, 来って, 来てから, 来ての, 来ねえ一所, 来るが, 来るの, 来るので, 来るまでは, 来るよう, 来る郵便物, 来客が, 来訪する, 検察係官は, 樣子を, 正虎, 歩いて, 歩ませた, 歸らう, 歸りや何枚でも, 歸る, 決死の, 派遣され, 浮舟を, 無鉄砲至極にも, 爆弾を, 犬の, 甲賀氏の, 異形の, 盗人が, 直接に, 直行し, 着いたの, 着いた翌日, 着きました, 着きまして, 着けて, 知らしたので, 知らせたもの, 石田三成からの, 社長に, 祖母と, 移って, 立ちよるが, 立ちよる約束, 立ち寄った, 立ち寄った所, 立帰った, 立帰り急ぎ, 立戻っ, 紛れ込んだ, 紹介の, 練り込みました, 縁付きましてから, 老女中, 肥取りに, 臨みその, 自分で, 自動車を, 自身で, 董太師が, 行かなければ, 行きちょうど, 行きも, 行き式部, 行き朝, 行くらしいが, 行くん, 行く事, 行け, 行こうと, 行こうよ, 行ったこと, 行ったの, 行ったん, 行つたら, 行つてその, 行つては, 行つても, 行つてゐる, 行つてクリスマス, 行つて来た, 行儀見習に, 裏口から, 西郷隆盛といふ, 親しくで, 観せて, 討入った, 討入る, 訪れて, 診察に, 詰めかけて, 豊前国から, 賊が, 賓客として, 走って, 走らせて, 走らせること, 赴いて, 赴き会見, 足を, 軍兵が, 迎えられようと, 近寄れねえの, 送られたの, 逃げ帰った, 通うの, 通して, 通って, 通夜に, 通知し, 連れこんで, 連接する, 遁げこん, 運ばせるよう, 運びこんだ, 運んで, 遺書を, 還すべきであつ, 郵便で, 配達する, 酒気を, 鎧櫃は, 陛下の, 院は, 集って, 集まる例, 電報で, 電話し, 電話を, 鞍替しろ, 預けられたと, 飛びこみさえ, 飛び込んだ, 食事に, 饗宴に, 馳せ戻った, 駆け付けたの, 駈けこんで, 駈けつけて, 駕籠が, 高氏が

▼ 邸~ (624, 12.2%)

13 住んで 7 於て 6 入って 5 いて, なって, 帰って, 帰ると, 置いて 3 あって, お帰り, 出入し, 同居し, 向った, 奉公し, 来て

2 [38件] いそいだ, いた, いたり, いました, いるの, おいて, つくと, 人が, 入つた, 入つたの, 入る, 出入した, 出入りした, 寄寓し, 寓す, 居たこと, 居て, 帰った, 彼女は, 御奉公, 戻って, 投げ込むもの, 招待した, 於いて, 暴込んだ, 来てから, 来るまでに, 火を, 病臥し, 籠って, 繋いで, 行く, 行った, 足を, 身を, 隠れて, 響いたり, 預けられて

1 [476件] あがって, あずけて, あった四枚, あつて, あつて勘定奉行, あつまって, ありし時, あるな, ある理, ある長州, いそぎました, いそぐの, いたいと, いたと, いた人, いた化物ども, いた四五人, いた女中, いた娘, いた婆, いた時, いた犬, いた男, いても, いなかったこと, います, いらっしゃらないと, いられたの, いること, いるという, いるもの, いる明智探偵, いる書生さん, いる木村助九郎様, いる父, いる窯, いろと, おいでに, おちついた, おとずれたが, おられた皇太子時代, おりましたが, おりました松, おりましても, おります, おること, お住まい, お白洲, お茶坊主, お預かりし, かえりて, かくされて, かくまわれた奇異, かけつけた, かけつけること, きりこみぬ, くるが, こもった数十人, こんな小さな子供, ごろごろし, しおおせる, しのびこみ僕, しのびこみ小林少年, しのびこんで, ずっといられました, そのまま住ん, その年, その親達, その身, たたえ陸奥, ただ一軒置き残された, ただ今盗賊忍び, たった一人, たった二人, ちがいない, ついた葡萄畑, つぎつぎに, つづいた一條邸, つめかけ彼, つめること, とどけられて, どうして住める, なったこと, なんだかんだで, はいらないこと, はいりこんだ新田先生, ひきとって, へんな, ぼくは, まいった時, まさって, またし, まねいて, もう二年余り, もう百年近く, もどって, もどってからも, やってきよりましたが, ゐた, ゐたが, ゐたの, ゐた時分, ゐらツ, ゐる, ゐるお蔭, ゐる四五人, ゐる間, グリゴーリイと, トボトボと, ブロンズの, ペンペン草を, レオ, 一泊の, 三度目の, 上るがい, 下の, 与太郎とか, 並んで, 乗こんで, 乗りこみさえ, 乗りこんで, 乗り付けたの, 乗り込み以, 乘り込み, 人々の, 人数を, 今年二十に, 仕えて, 仮寓し, 伺候し, 似ず古びて, 住まわせたい, 住まわねば, 住まわれるそう, 住み込みなん, 住み込んで, 住むよう, 住む義経, 住んだ所以, 使われて, 來る, 例の, 侍女を, 侵入した, 信徒が, 俥を, 催さるること, 優る今日, 兄と, 先生を, 入った, 入ったまま, 入つて主水, 入らっしゃっても, 入りこむという, 入りこんだの, 入り台所, 入り純然, 入り込んで, 入ると, 入るに, 入浴の, 八月中旬過ぎまで, 兵馬さんが, 出かけて, 出入され, 出入する, 出入の, 出入りさし, 出入りし, 出入を, 出向いても, 出向くと, 出掛けた, 到着し, 劣らぬ多数, 勤まると, 即日移り, 厄介に, 参られ永く永く, 参上逐一, 参会の, 参候する, 召し出されて, 召使う, 名高くて, 向いし一人, 向かって, 向つた垣根を, 君ちゃんという, 告別に, 告別式に, 呼ばれて, 呼び寄せた, 呼ぶ, 唐金の, 問合わさせる, 土龍の, 在った, 在ったという, 在り余, 変るまで, 変テコな, 多年お, 大きな垂枝松, 奇寓する, 妖怪憑いたる, 姿が, 安置され, 宮仕えし, 家令百名翁に, 家政婦として, 宿した, 宿直した, 寄寓した, 寄寓せしめよう, 小人数, 小間使とも, 就いては, 尾張侯酒井日向守酒井大, 居たと, 居た為, 居られねば, 居ると, 居るに, 居るは, 居るもの, 居わせ, 居合わせたの, 居堪れず浅草並木辺, 居残って, 岡見彦曹と, 左の, 帰ったものの, 帰ってから, 帰っても, 帰つた後, 帰つて用人を, 帰らなくなったの, 帰りあくる日, 帰りました, 帰りスミ子ちゃん, 帰り着いた私達, 帰り給, 帰る, 帰る外, 帰れば, 帰ろうと, 幽霊が, 幾年も, 廻つて酒宴が, 引きとられるときまつ, 引き取られて, 引き籠って, 引き籠り六月十七日午下刻, 引き込んで, 引取っても, 引籠った, 当って, 彼女を, 往た, 待たせて, 徙し, 徙る, 御殿奉公を, 御滞在, 忍び込んで, 忍んで, 応急の, 急いだ, 急ぎ帰り, 怪しき男, 怪盗, 悠々として, 慣れるにつれ, 憑物の, 我一人払ふた, 戻した, 戻られてから, 打入り武人の, 抵り, 招いて, 招かれて, 招がる, 招じ, 招待し, 持ち込んで, 持参し, 捕まって, 据えられた, 掛り人, 数人の, 於けるマチネ, 於ける集り, 晩餐会あり, 暫く立寄らなかった, 暮らして, 暴れに, 月二三回ぐらいずつ, 来た, 来たこと, 来たとき, 来た日, 来つて, 来り歌道, 案内せられ, 案内を, 模造首飾りの, 次いでの, 止めおくの, 歸つてやがて, 歿した, 残した千代子, 残って, 残らなければ, 残りひろ子, 沿って, 泊ったこと, 泊らせて, 泊るもの, 流れ込むよう, 添って, 添地を, 満ちたり, 滞在って, 潛入姉の, 潜み居るあり, 潜入姉の, 火の手を, 火事が, 焼ける白骨屍体, 煖房を, 現れたの, 現れて, 現わし, 生みの, 生れたり, 生れて, 疑ひの, 盗賊と, 監禁され, 監禁された, 監禁せられ, 直訴し, 眠ツて, 眼を, 着いた, 着いたの, 着くと, 着くなり, 着くまで, 着けば, 知った人, 知らせる驚いた主人, 石井柏亭高村光太郎平野萬里竹友藻風の, 福島金吾という, 私が, 私と, 移され司教, 移った, 移って, 移つてゐた, 移り七十三, 移り住むこと, 移る, 編輯所が, 置いたが, 置が, 置きながら, 置くこと, 罷在る但し, 美しい女, 臨幸された, 至り諸強族, 至る, 至るに, 舞踏会ある, 舞踏會ある, 若い男女, 萬一の, 落ち合った友達, 落着いた, 著いた, 行きて, 行きまして, 行き當つて右折, 行くやう, 行くよう, 行って, 行つた, 行つた事実は, 行つた切り明治五年まで, 行つた平次と, 行つた時そして, 行つた時の, 行つて駿三を, 褄を, 見えた藤崎周水, 見えて, 見舞に, 観潮楼歌会, 訪いしは, 訪うたと, 訪ねたこと, 訪ねて, 訪れて, 設備し, 誘い込んだの, 調進する, 賜うた, 贅澤を, 走らするに, 走らせました, 赴いた, 赴いて, 赴き大利根, 赴く前, 起った事件, 起臥し, 足しげく, 踏み込まなければ, 車を, 轆轤を, 辻さんの, 辿りつくまで, 迎えた, 迎えられ漢籍, 近い処, 近い寺院, 近い林, 近かった, 近づいたとき, 近づきながら, 近づきました, 近づき年老いた痩馬, 近づく, 迫って, 逃げ込んでしまつた, 逗留しなけれ, 通いだしてから, 通じて, 造る, 連行され, 遊んで, 運びこまれてさへ新聞種に, 遷つて隆政は, 遷り, 避難し, 還つた, 長年の, 長年奉公めて, 閉ぢ籠つて出なかつた, 開かれた, 開かれた國際親善園遊會, 闘茶の, 防寨を, 附いて, 陣を, 集まった役人連, 集まってる婦人たち, 集まる検察官, 集り一寸, 電話でも, 電話を, 預かって, 預けられた利章, 預けられる必要, 食客し, 飼われて, 養われつい, 養われて, 館は, 馬車を, 馳せつけ続けて, 駈け付けたの, 駈付けましたが

▼ 邸~ (441, 8.6%)

29 出て 10 出た 8 訪ねて, 訪問した 7 辞した 6 出ると, 構えて 5 中心に, 持って 4 出たの, 訪ねた 3 脱け, 見張って, 訪うて, 訪れた, 訪れて, 訪問し

2 [13件] かまえて, さして, はじめ合せ, 出てから, 出奔し, 守るが, 抜け出して, 訪ねると, 訪れると, 購ひ, 辞して, 辞去した, 飛び出して

1 [305件] あずかって, あたって, あとに, うかがい歩いた, うかがう男, うりはらい郊外, おいと, おそしと, おつくりなさる, おとずれて, おとずれました, おとり囲み, お探しなせ, お教え, お買い, くまなく捜さずに, ここに, さして駆け, しつらえて, しらべたつぎ, すっかり捜索, そっと出, そのまま山内, そのまま残した, たずねあてた, たずねて, たった今追い出された, つくッ, でて, とびだした, とびだしたって, とびだして, とび出した, とりまいて, とりまくコンクリート塀, どうしてこの, ならべて, ぬけだしたの, ぬけだして, のぞいたり, のぞいても, ひよつこり日本棋院, まったく粉砕, もって, ものの, よく修繕, よびださせた, わが終焉, ファラデーに, ホルボオンに, 一寸引, 一挙に, 一歩外へ, 一番あとま, 下つた当座一度会ひ, 中心の, 乗っとられて, 乗り出した駕籠, 人手に, 仰いで, 伊沢鉄三郎の, 供も, 俗に, 借て, 借りその, 借りた, 借りたいと, 借り受ける, 僅かばかりに, 先へ, 出かけてから, 出かけるの, 出さ, 出されうもの, 出されもし, 出すと, 出たかと, 出たこと, 出たとしても, 出たはず, 出たもの, 出たを, 出たん, 出た了簡, 出た小次郎, 出た時, 出づる時, 出ては, 出で, 出なければ, 出まい殿様, 出ました, 出ましたの, 出まして, 出ようと, 出ること, 出るまでは, 出る事, 出る前, 出る時, 出る途端, 出れば, 出入りした, 出帆した, 出掛けに, 出発した, 出発点として, 出立帰藩之, 初めて訪問, 包む大きな, 包囲し, 包囲し始めた, 卯之吉の, 去った腑甲斐, 去ってから, 去らせて, 去りました, 取りまく高, 取り卷いた, 取るに, 叩きます, 呼びだした, 四面から, 回礼した, 囲むセメント, 囲る, 囲んだ討手, 囲んで, 固められるよう, 売って, 売り払って, 売り父様, 売り路地, 売るが, 売るに, 売却され, 外見丈けでも, 夜中に, 大廻りに, 大砲で, 始末し, 学之舎と, 守り給, 尋ぬれ, 尋ねて, 少しは, 尼寺に, 平手造酒は, 幾分貰い受け, 廻ぐる道について, 廻り歩い, 引き払って, 引き拂つて, 引き拂つて東京, 引き揚げて, 引上げた, 引取る, 引払い向島須崎村, 引継いだ親族, 待って, 徘徊せし, 御造作, 志して, 思わねば, 急襲した, 急襲すべく, 抜けだして, 抜けて, 抜け出さなければ, 抜け出しました, 抜け出し上野停車場, 抜け出し眼帯, 抜け出すなり, 拔けて, 拝見に, 拵へにか, 持たせて, 持ちま, 持ったり, 持った旗本, 持った豪家, 持つなど, 持つ彦根城主井伊直弼, 指して, 挙げて, 挾んで, 捜査し, 捜索本部として, 捨てて, 攻めしは, 攻めし人, 教えて, 明けた新, 暇を, 暇乞いを, 望んで, 本郷の, 松山へ, 構えた, 構えてる伯爵, 構えるか, 構え住む, 構え召使い, 構え家具調度, 構へて, 横町へ, 油断し, 混乱させ, 留守に, 発して, 眺めた, 眺めるに, 砲撃し, 空け渡して, 突然襲っ, 窺うと, 立ちいでましたので, 立ちさる, 立ち出, 立ち出でて, 立出で, 立去られましょう, 立退いて, 繋いで, 置いて, 脱出し, 自慢に, 表口から, 襲い, 襲いに, 襲うと, 襲った, 襲って, 見上げると, 見出すこと, 見廻って, 見廻るついで, 見張ろうか, 見舞った, 訪い天恩, 訪ずれた, 訪ねさらに, 訪ねたん, 訪ねた事, 訪ねた帆村, 訪ねてから, 訪ねました, 訪ね他, 訪ね博士, 訪ね雅楽頭, 訪ひ, 訪ふ, 訪れたこと, 訪れたの, 訪れまた, 訪れる機会, 訪れる歌, 訪問れた, 設けて, 誌し, 警戒いたしまし, 護衛し, 買う家, 買って, 買つたと, 買ふ, 賜つてから, 賜は, 賜わった, 賜わりそれ, 賜わる事, 走り出で, 踏倒そう屋根住居, 辞した私達, 辞し去つた京水瑞英, 辞し歩, 辞する時, 辞去する, 辭した, 迎えた, 追い出されて, 追はれ, 追われた時分, 追われる時, 退いて, 退きますと, 逃げだしました, 逃げるとき, 逃げ出して, 逃げ出しても, 逃げ出すより, 逃げ出すん, 造り其死後, 連ねて, 運び出されたか, 過ぎ書, 開いて, 陣営と, 離れざりしが, 離れたこと, 離れますの, 頼母木が, 飛び出したの, 飛び出し山の手, 騒がしたくは

▼ 邸~ (214, 4.2%)

2 二十七八年頃に, 水道橋外で

1 [210件] あの爆発事件, あり富, あり弟子, あるの, いっそう狐, いつもの, いまか, いまや小さい, いよいよ浸, お住居, お召し上げ, かなり広い, こちらでございましょう, この居まわり, この道, これまでの, ごった返して, さう, しかしまるで, すぐそこ, すぐに, すぐれて, すぐ隣, すっかり電気仕掛, その当座閉門同様, その時合引橋手前木挽町, その構造, それ以上に, たいがい新しい, たいへんお, たしかにこの, ちょうどその, ちょうど現今, とりこぼたれて, どこへ, どこも, どんどん燃え出し, ないから, ないこと, なかなか広い, なかなか広大, ねらはれて, ひっそりと, ひろびろし, ますます寂しい, まだ存じませぬ, まだ彼女, まるで化物屋敷, もう一度怪盗, もう一度怪盜, もちろん遠く, もと中城御殿と, アノ通り御身分は, トロイア城中の, ドクトル一人しか, ノメンタナ街, ペール・ラシェーズの, ローレンスの, 一城郭の, 丁度今七色蕃椒屋, 三ツ目錐の, 下谷茅町三丁目十六番地に, 世界の, 九段一口坂辺りに, 二万数千坪も, 二三哩離れた, 二度正月が, 二本榎と, 二派に, 人少なで, 人目が, 今や彼, 今や静まりかえり, 今元の, 今出川に, 以前とは, 何か, 何でも去年, 何れも, 例外なく, 便所に, 係官一行を, 俄かに, 俄に, 其後主人の, 冬の, 出たが, 出られん, 北側に, 千代田城大手の, 南堀に, 占めて, 即ち今, 取巻いて, 右の, 名家の, 吾輩の, 地震の, 士族屋敷の, 外国人の, 夜も, 大きかった, 大会社の, 大尽の, 大砲にて, 大變, 女三の, 宅地に, 小さくて, 小規模で, 少しずつ, 山ぢや, 已にその, 広い敷地, 広くて, 広大な, 府中の, 建物も, 徹宵能楽の, 忙しげ, 急を, 恐らくや, 恐るべき暴漢, 憚が, 戦後人手に, 手品師の, 打って, 持って, 持てねえや, 探題の, 施療院の, 日が, 明, 明治調の, 昔アンブルメディの, 昔風の, 時刻が, 木挽町じゃ, 本と, 朽ちた板塀, 森閑と, 横目付和田殿の, 正成が, 正精, 此の, 此方さまで, 段々不気味, 江戸の, 江戸城の, 海岸に, 淋しい馬責場, 混乱する, 港の, 火の, 火事で, 炎と, 為めに, 牛込神楽坂で, 玉造に, 現在でも, 町の, 番町辺, 皆出入です, 皆近し, 直ぐ此処, 直ぐ此處, 直ちに警官, 相国寺に, 真佐子の, 矢來の, 知れないし, 石垣の, 祖母さんが, 神田弁慶橋に, 立ち列なり, 立派なれ, 綺麗に, 総理を, 置場所の, 花嫁の, 苦手だ, 草深い御, 落ちついた旧家, 葬儀の, 街道筋から, 要塞化し, 見たところ, 見るからに, 見るが, 見附の, 警官隊で, 豪壮を, 近いの, 退転御, 邪教の, 長く住まわない, 間口十二間奥行八間半の, 院の, 階下の, 隙間も, 隣の, 震火に, 霞ヶ関の, 青山だ, 非常に, 頭陀山から, 高い木, 高知から, 高知本町の, 鶴谷に

▼ 邸~ (166, 3.2%)

4 あつた 2 名高い檜垣

1 [160件] あつて後世牢獄, いらっしゃいましょうか, いろいろ武芸, おそろしいめ, お乗物, お子さま方のに, お引止め, お米, お葬式, かしこくも, かなりに, こうして一杯, ことの, このとき, この並木通り, この種, さだ子に, すごした, すること, ぜいたくに, その右, そんな唄声, たいへんなしくじり, つまりそこ, とうとう第, どんな放, はござりませぬか, ひどい目, まん中に, やすませて, ゆっくり彼女, ショボンと, ダンス付の, ティー, ニコニコ笑っ, フランクの, フランス軍の, ヨアンネス少年に, 一昨年の, 一苦労し, 不機嫌な, 世話に, 五年前に, 人間らしく自殺, 今は, 仕事を, 仕合に, 休息し, 会ったとき, 会った人たち, 会った竜, 会議を, 何か, 何を, 何事も, 催される舞踏会, 傳手を, 働きを, 其千疊敷の, 別れた次, 利安友信それから, 利章と, 受取る役人, 召次を, 味って, 四季に, 園遊会が, 変な, 夜を, 夜会が, 天井に, 天覧芝居という, 奇怪な, 奥まって, 奥様に, 学校出の, 学生時代を, 宴を, 宴会を, 屡々家禽, 年を, 彼の, 後の, 思わぬ好, 悪い事, 持たれた日英秘密会談, 数回顔を, 斬合, 新蔵が, 斷つた, 早い晝食, 早くから目, 昨年十月初め結婚十周年の, 時限爆弾に, 暮したと, 暮して, 曾ては, 未亡人から, 歌の, 死ぬか, 死んだ, 殺された一人, 殺されは, 殿様の, 氏の, 水入らずの, 泊りました, 海舟の, 深夜代議士に, 煩悶を, 父母は, 珍らしい, 申されたとか, 病を, 発見された, 白鮫号の, 盗んで, 短剱, 確に, 私の, 私は, 秋色の, 窓に, 立身出世しよう, 笑われても, 紹介された, 繁つた樹木の, 能楽を, 自分の, 舞踏会が, 萩の, 落ち合うこと, 行われて, 裂いたの, 見せられたという, 見たの, 見たラフワエル, 見つけた, 話しこんで, 読んだだけの, 談判した, 起った事件, 遊部との, 過ごした, 過した三年, 過して, 道など, 遙に, 酔いつぶれて, 金皿を, 開かれたん, 隣接する, 雁の, 集会が, 静かに, 静な, 音楽や, 頸飾りと, 飲んだ酒, 高楼の

▼ 邸から~ (123, 2.4%)

5 出て 2 一人の, 出火し, 御拝領物, 持ち出したもの, 番町の, 警察へ, 逃がして

1 [104件] いつもの, いらっしゃいましたか, お出し, お町, けたたましい声, ここへ, こちらへ, さほど遠く, して, すぐ内府, すぐ横目付, ずらかったか, その時使つて, とって返して, わざわざ料理, ブッつぶし, 三千子さんを, 三町とは, 上りました, 乞食姿じゃ, 二葉の, 五挺揃っ, 五百メートルほどの, 人橋かけ, 何か, 先発された, 出したの, 出る郵便物, 出発し, 噴射された, 地面をも, 外へ, 大隈の, 女中が, 女房と, 姿を, 学校へ, 宿直の, 居なくなったの, 帰った小林少年, 帰って, 帰らぬ者, 幕府は, 引かれたという, 引揚げた, 往来側へ, 御用が, 復一は, 忍び出し西華門院の, 忍び音の, 懸けて, 戴いた西洋, 戻って, 担ぎ出した貴重品類, 招待が, 持ち出されたん, 持てお, 持出した人, 搬び出す, 攫って, 放し第三者, 早打が, 明日とも, 来た, 来たもの, 来た家臣, 来て, 東京の, 松坂町の, 溜池を, 燃え出した大火, 父祖の, 現われたの, 用が, 百メートルほど, 百姓家の, 知らせて, 秘法盗みの, 積みこんだ荷物, 突き出して, 突出する, 繰出した, 能登守の, 致します, 船へ, 芸娘に, 見分に, 越前国丸岡へ, 越前國丸岡へ, 轢死の, 迎えに, 追い出しくだされ, 追ひ立て, 退去せ, 逃げだした, 逃げだしたので, 遁れ出た, 遠からぬ, 闇に, 電話で, 電話によって, 響かないの, 駈けあわせまた, 高石邸へ

▼ 邸~ (100, 1.9%)

7 あった 4 あって 3 あつた 2 あったが, 侍町に

1 [82件] ありそこ, ありましたから, あります, ありまた, ある, あるから, あるその, あるだろう, あるだろうそれ, あるの, あるので, あるよう, あるん, ある人通り, あんなになりました, いま飛行機から, お広う, お思われ, こんな職人小屋, こんな貧弱, ございましょう, すぐそこ, すぐ傍, せめて湯島, そこに, その宿舎, その後どう, その後一層, つ, まだ半分, グラグラと, モルガンさんの, 一番よろしい, 不用心だ, 並んで, 乗竹侯爵邸以外の, 今出川に, 何者かによって, 六条の, 出來, 出來さ, 出来て, 出来上, 分らないで困って, 向島に, 坂の, 多い, 多くて, 宏大な, 少し弱った, 広過ぎる, 明治初年に, 是である, 望まれるし, 木村博士の, 来た, 江戸に, 江戸攪乱の, 清水谷であり, 火で, 焼けた晩, 燃え落ちて, 爆発した, 牛込矢来町に, 狙われて, 狭いから, 獄舎である, 疑惑の, 立って, 細川邸と, 荒れて, 西片町に, 見えはじめた, 見えるよ, 見當, 部屋が, 里内裏に, 長い年月, 間近に, 隣接し, 騒がしくなった, 高くに

▼ 邸には~ (71, 1.4%)

3 いって 2 まだ用事, 十五に, 居られませぬと

1 [62件] いずれも, いつも数人, いないもの, いなくなったもの, この頃, これという, すばらしいバラ, ちゃんとお, ないという, なって, ふつうでない, ほとんど庭, まだその, まだ何事, みょうな, やはり屋内屋外, わたしの, オルゴールは, スイス人の, ドクトルが, ドクトルの, 一族の, 一時マコウレイが, 一種便安舒暢の, 予てから二つ, 井戸が, 今頃は, 他家にも, 住まわれぬ, 全く人気, 勿論海流瓶, 十七万磅ほどの, 博士が, 口を, 召人という, 召使の, 台所が, 四宮市兵衞が, 坐って, 多数の, 大きな池, 大砲という, 女を, 屡々御, 幸い六年も, 庭が, 当月はじめつ, 彼の, 怪しいこと, 来ないもん, 来なかった, 猫は, 由縁の, 秤が, 若くて, 若様と, 荻生様伊藤様の, 赤茶けたふるびた家, 雅楽頭の, 電気仕掛の, 高楼が, 黒くて

▼ 邸では~ (49, 1.0%)

2 あったが, ある, 人目が, 名刺を

1 [41件] あっても, あの時, あるが, お汁, かなり重用, この大, この頃普請, さきに, そのいずれ, その夜, とりつけの, どの寝間, なくて, 一番の, 不思議な, 今宵奥の, 園遊会を, 大きな馬車, 大層な, 大騒ぎ, 奥の, 奴婢の, 家で, 家人どもが, 家族の, 家族は, 年二回位家中の, 幾度と, 御婦人方, 招待し, 数寄屋の, 是でも, 時折家族で, 最近よそから, 月々何回も, 来月の, 毎日毎夜賭場が, 瓦斯が, 納めの, 総領は, 門を

▼ 邸~ (46, 0.9%)

2 いうと, 看板が

1 [42件] いうより, いろいろ泊らざる, おなじ側に, ちがって, つづき塀越し, なって, なってる本所, なりさらに, なる, 一夜置き, 並んだ小さな, 云ったところ, 云って, 云や, 云われるだけ, 其向側の, 同じ建築, 呼んで, 問へば, 怪塔が, 所蔵の, 書いとるが, 武家の, 殿下の, 海岸に, 生垣で, 申しおるぞ, 申して, 申しましても, 申しますれば, 知って, 神明の, 線路の, 聞いたが, 聞いたみやこ, 覚しきあたり, 言ったの, 言へば, 轢死の, 違って, 隣接し, 頼母木とは

▼ 邸~ (39, 0.8%)

4 抵当に 2 いまは

1 [33件] ある, あるいは実隆, あるには, おあり, おどろしい, この家, なるべく夜, 主家の, 他の, 以前の, 以前は, 何かせ, 内々売物に, 再び日ざかり, 召上げられ, 塀の, 売りはらい道具, 多い, 女中頭も, 家も, 家人も, 広大なる, 彼の, 悉く手, 手広くし, 手痛い財政上, 持ちきれなくなったよう, 改築せられ, 正にこの, 焼けて, 知行も, 竣工し, 見母親

▼ 邸~ (32, 0.6%)

2 になった, の白い長い, を一人, を抜け

1 [24件] から, が続い, だった, でも相当, で育ち, と鑛夫部屋, にある, にまで引きずられ, にも土地一統, に住, の娘, の娘風, の昼, の段階, の生活, の細道, の荒, の警護, へ右, へ敗走, も建ち並んだ, を歩行, を番地, 御宅

▼ 邸~ (28, 0.5%)

1 [28件] で働いた, とは交渉, にお, にかつぎ出され, には万雷, に住む, に住ん, に同行, に抛り出した, に鬼, のやくざ者, の人, の様子, の気配, の警官隊, の風呂屋, へおっ, への聞え, へも出, へ出, へ出た, へ出る, へ去らしめ, へ躍り出た, へ送り出すべき, まで歩いた, を廻っ, を通り

▼ 邸~ (27, 0.5%)

4 の坂道

1 [23件] から神社前, それではここ, だよ, で私達, に押しよせた, に美しい, に見, に辻斬り, のだらだら, の処, の矢来通り, の空地, の路地, の野, の高, へ, へ出, へ幾所, まで取っ, まで来, まで来る, を過ぎる, 停客車

▼ 邸まで~ (26, 0.5%)

2 送って

1 [24件] いっしょに, お伴を, お越し下さらば, お送りに, 一走り行っ, 予定を, 何かを, 何里かの, 供を, 参れそれ, 土手が, 届けて, 来る, 案内し, 沙汰を, 立帰り得る, 行って, 走らせた, 足跡を, 連れて, 附いて, 附き添って, 飛ばせて, 飛び帰り文机

▼ 邸~ (19, 0.4%)

1 [19件] いっその, からいい, からそこ, から広い, から当り前, がね, が召使, けれどほか, ぞ, といふ話, と思う, と教えた, ね, よ, よ大きい, ッけや, 俺達には, 全速力だ, 大臣に

▼ 邸へも~ (19, 0.4%)

2 伺はないで, 出入りする

1 [15件] お出でる, よく花, 一度お, 出入りした, 大蔵の, 帰らず役宅, 度々召出され, 戻ること, 時々仕事, 立ち寄らずに, 行かず絡, 行って, 行つ, 走った, 遊びに

▼ 邸へは~ (17, 0.3%)

1 [17件] どうといった, ひつて, まいること, よく行った, 一年目の, 入りますまい, 夥しい来客, 山内作二郎松元一左衛門, 帰って, 帰られない, 忍び込んだものの, 真紀子は, 種々雑多, 行きませんでした, 親類や, 訪れて, 足の

▼ 邸~ (17, 0.3%)

1 [17件] が浜, が縦横無尽, に, に殘, に知れわたっ, に聞こえた, に見出し得ざる, の大木, の女中, の日あたり, の者, の負傷者, の隅々, の雨戸, の電鈴, 去りて, 寄ると

▼ 邸~ (16, 0.3%)

1 [16件] が今, である, であるが, でいまだに, で借地, としては今, と英語, にトタン板, に二軒家, に相違, の地底, の廃墟, は大樹, も六甲, や何, を大きい

▼ 邸とは~ (14, 0.3%)

1 [14件] たいへん似た, まるで違う, 中邸である, 事ちがい, 反対の, 塀一つを, 大分の, 彼の, 比べものに, 比較に, 縁切だ, 親密な, 距離が, 近いの

▼ 邸~ (12, 0.2%)

1 [12件] その他の, 上院議員ダンブレー子爵の, 下邸に, 半商, 大商店, 家族や, 山林や, 田畑を, 直義の, 貧民の, 都で, 首相官邸政党本部警視庁財閥巨頭邸等々を

▼ 邸へと~ (11, 0.2%)

1 [11件] いそいだ, いそがせた, いそぐの, やってきた, 向つたが, 帰着する, 急がせたという, 持たせて, 着した, 自動車を, 行くの

▼ 邸でも~ (10, 0.2%)

1 あつた, ありまた, かつて金沢, その催し, はや門, ウ切ものに, 庫でも, 掃溜掃溜と, 男ぎれという, 見慣れぬ商人

▼ 邸にも~ (10, 0.2%)

1 あまり近づかない, 下邸にも, 中庭が, 充分に, 出入りする, 多くの, 居らぬ事, 昨日まで, 置いて, 響いたさうな

▼ 邸における~ (9, 0.2%)

1 三つの, 事件は, 人目も, 勤務ぶりを, 演劇天覧と, 現実正銘の, 秘密会議が, 絵あそび, 風間光枝の

▼ 邸より~ (9, 0.2%)

1 かの家, 上野広小路に, 丸山邸内の, 五百米突の, 亡夫の, 十倍も, 逐電したる, 遠くへ, 頂戴致候秋海棠坂地にて

▼ 邸であった~ (8, 0.2%)

1 かと記憶, がそこ, がつと, がまだ, ことで, ことである, よ, 前夜の

▼ 邸~ (7, 0.1%)

1 て, てい, ていた, ていない, ておられた, 庭から, 急変あり

▼ 邸です~ (7, 0.1%)

1 からセラ, から昔, がお, って女, と時間, な, わ

▼ 邸という~ (7, 0.1%)

4 のは 1 のが, ものに, 庭園の

▼ 邸~ (7, 0.1%)

2 んだ 1 のだ, のぢ, のである, のでよほど, ので下

▼ 邸にて~ (7, 0.1%)

1 シュザンヌ嬢を, 候が, 大雪崩会, 披講, 昇曙夢譯クープリンの, 晩餐会, 河井酔茗氏と

▼ 邸~ (7, 0.1%)

1 で発見, の一端, の中, の警戒, を横切った, を見せられた, を逃げる

▼ 邸奉公~ (7, 0.1%)

1 だとか, でもし, なさるって, なんぞさせる, までつとめ, をし, を勤め

▼ 邸~ (7, 0.1%)

1 と僕隷, などには相, は天子, は武鑑, を結構, を賜い, 補修の

▼ 邸あと~ (6, 0.1%)

1 だという, と思はれる, の広間, へやって来, もくれる, を訪う

▼ 邸である~ (6, 0.1%)

1 が機, ことを, と知らし, のに犬, のは, 武蔵の

▼ 邸~ (6, 0.1%)

2 でも都, も一番 1 からつづい, といわれ

▼ 邸~ (6, 0.1%)

1 に住み, のぐるり, の広場, の跡, まで行く, をひき払っ

▼ 邸からは~ (5, 0.1%)

1 お迎えの, さして遠く, ものすごい火柱, 彼女の, 鶴の

▼ 邸した~ (5, 0.1%)

1 が中, という奇人館, という旨, のであった, 気配が

▼ 邸なら~ (5, 0.1%)

2 ば兎 1 物の, 誰でも, 身を

▼ 邸において~ (5, 0.1%)

1 お手伝いさん谷間三根子が, 催されたの, 和蘭人に, 御切腹, 演劇天覧あり

▼ 邸~ (5, 0.1%)

1 大将邸と, 大臣邸元, 富豪邸元, 忌出句, 貴族邸元

▼ 邸~ (4, 0.1%)

1 いずれへでも, おれも, 役所であった, 薬局の

▼ 邸からの~ (4, 0.1%)

1 帰り道つくづく, 帰途お, 引出物の, 訴えに

▼ 邸だった~ (4, 0.1%)

2 のか 1 んです, 斑鳩宮の址と

▼ 邸への~ (4, 0.1%)

1 御案内, 曲り道まで, 襲撃は, 道で

▼ 邸までは~ (4, 0.1%)

1 まだかなり, 入江に, 十分ぐらいの, 歩いて

▼ 邸~ (4, 0.1%)

1 方ヘ, 樹木空ニ舞ヒ上ル, 竹藪ハ倒レタリ, 路ヘ

▼ 邸~ (4, 0.1%)

1 から小倉船, すった, になすつ, をバタバタ

▼ 邸内くま~ (4, 0.1%)

2 なく調べた 1 なく探し, なく探した

▼ 邸内の人~ (4, 0.1%)

2 はあちら 1 そうし, の立

▼ 邸~ (4, 0.1%)

1 から移し来った, で知られた, らしい空地, を訪

▼ 邸~ (4, 0.1%)

1 に御, の奥向, へ参上, や大

▼ 邸からも~ (3, 0.1%)

1 そっと目だたせず, 近くて, 逃げ退かなければ

▼ 邸~ (3, 0.1%)

1 ええと, お邸, 曳いて

▼ 邸さして~ (3, 0.1%)

1 脚を, 行きました, 進んで

▼ 邸じゃ~ (3, 0.1%)

1 ありません, ない, ないか

▼ 邸じゅう~ (3, 0.1%)

1 のあらゆる, を横行, を駆けまわっ

▼ 邸する~ (3, 0.1%)

1 ことに, と一門, と勝重

▼ 邸だろう~ (3, 0.1%)

1 か, が, 大名に

▼ 邸でございます~ (3, 0.1%)

21 なははあ

▼ 邸での~ (3, 0.1%)

1 原田甲斐の, 様子を, 歌会の

▼ 邸との~ (3, 0.1%)

1 こと一つは, 両方に, 間には

▼ 邸みたい~ (3, 0.1%)

1 な邸宅, にお, に聞えます

▼ 邸をも~ (3, 0.1%)

1 左右良の, 明けねば, 訪ねました

▼ 邸近く~ (3, 0.1%)

1 で暴れ, のとある, の町人

▼ 邸~ (3, 0.1%)

1 の守, はすべて道, を閉ざし

▼ 邸門前~ (3, 0.1%)

1 の坂, の塵, の花久

▼ 邸あたり~ (2, 0.0%)

1 では人生一切, の樹木

▼ 邸あり~ (2, 0.0%)

1 またクロムウェル, 大きな山茶

▼ 邸いたし~ (2, 0.0%)

2 度く

▼ 邸いたす~ (2, 0.0%)

1 が本意, とすぐさま

▼ 邸かと~ (2, 0.0%)

1 たずねると, 見まごうの

▼ 邸ぐるみ大砲~ (2, 0.0%)

1 にてぶっ, にて砕き倒す

▼ 邸だって~ (2, 0.0%)

1 そのうち見せ, 書生さんなら

▼ 邸つづき~ (2, 0.0%)

1 の抜け道, の静か

▼ 邸であろう~ (2, 0.0%)

1 か知らない, という事

▼ 邸とか~ (2, 0.0%)

1 で, 申すもの

▼ 邸として~ (2, 0.0%)

1 ゐた, 届け出でたもの

▼ 邸とを~ (2, 0.0%)

1 やはり厳重, 見あやまったの

▼ 邸などは~ (2, 0.0%)

1 どうなる, ない知人

▼ 邸なども~ (2, 0.0%)

1 豪奢である, 近来は

▼ 邸なれ~ (2, 0.0%)

1 ど, ば壁

▼ 邸について~ (2, 0.0%)

1 帰路を, 後の

▼ 邸ばかり~ (2, 0.0%)

1 でとんと, で僕等

▼ 邸めぐり~ (2, 0.0%)

1 か活動見物, といふの

▼ 邸らしい~ (2, 0.0%)

1 のにぶっつかるだろう, 庭内では

▼ 邸~ (2, 0.0%)

2 入ル

▼ 邸中誰一人笑~ (2, 0.0%)

2 はない

▼ 邸事件~ (2, 0.0%)

1 の解決, の顛末

▼ 邸以外~ (2, 0.0%)

1 には人家, のもの

▼ 邸入口~ (2, 0.0%)

2 の方

▼ 邸内同居~ (2, 0.0%)

1 を断る, を斷

▼ 邸内演説館~ (2, 0.0%)

1 において同, において福沢先生

▼ 邸内隈~ (2, 0.0%)

2 なく探しました

▼ 邸勤め~ (2, 0.0%)

1 っての, と違

▼ 邸~ (2, 0.0%)

1 が無い, を呼ん

▼ 邸好み~ (2, 0.0%)

1 の花, の鬢水

▼ 邸~ (2, 0.0%)

1 の森, を通過

▼ 邸払い~ (2, 0.0%)

1 など, にし

▼ 邸於小川街而邸~ (2, 0.0%)

2 未竣重修之功

▼ 邸留守居~ (2, 0.0%)

1 え行, ヘ談ズ

▼ 邸~ (2, 0.0%)

1 といっ, は皆川武太夫氏

▼ 邸給三十口准~ (2, 0.0%)

2 大監察

▼ 邸~ (2, 0.0%)

1 であつ, を

▼ 邸~ (2, 0.0%)

1 の畑地, の鉄道線路

▼ 邸附近~ (2, 0.0%)

1 の行き, を心あて

▼ 邸~ (2, 0.0%)

1 の忍返し, を吹かし

▼1* [172件]

あるいは影屋敷を, 邸いたしましたとどの, 邸いま浪人衆が集まっ, 邸うちの出來事, 邸著, 邸かという家の, 邸からじゃあ面倒だ, 邸ここが条坊, 邸こそ以前の, 邸ごとにむかし, 邸さえございます位, 邸じみた家に, 邸じゃという気が, 邸せざるを得なかった, 邸せぬかもしれぬ, 邸その少し手前, 邸だけでなく広い, 邸だけとなった, 邸だらうかそんな, 邸ってきた久野彦七, 邸っていうんだ, 邸つき合いのお, 邸であって迎え, 邸でござるわ, 邸でござんすえッて, 邸でさえなければ, 邸でなくつても, 邸といっただけあって, 邸とでもいった用心深い, 邸ともある, 邸とやらのもみじの, 邸とやらへ行かしった, 邸と共に一層激昂, 邸どすえ, 邸ながら貴下お, 邸なされては, 邸など見りや, 邸などで暮らして, 邸などへ出入し, 邸などへも常に出入, 邸などを指示せられた, 邸なみにした, 邸なら知っている, 邸なんぞはみんな平べ, 邸なんぞへ無暗に, 邸なんてそんな事, 邸にだけしかなかった, 邸につれて行かれる間, 邸にでも佇んで, 邸のみは奇異と, 邸はね私どもが, 邸ばかりの街を, 邸へでも驅け, 邸へはというと, 邸ほどの廣い, 邸までも捨てて, 邸めぐりと異つて, 邸ゆゑ成長なり給, 邸よと直ちに知られる, 邸よりは山静かだ, 邸をめぐってどこから, 邸を以て彼を, 邸ストランドにあっ, 邸御病人, 邸ニ横井を尋候所, 邸ニ身をひそめ, 邸発セラレ檜枝岐ニ御, 邸一パイに孕みます, 邸一日趨白川老公招飲酒間公手親折梅一枝又作和歌并以賜余, 邸中いっぱいに拡がっ, 邸中座敷まで大, 邸中隈なく探し廻っ, 邸は落つい, 邸も手, 邸は公園, 邸以西まで火, 邸から供人たち, 邸全体の造り, 邸其他数軒の文化村式, 邸内どこでもお, 邸内クマなく探しまわった, 邸内一パイに漲つた, 邸内一同もほとほと, 邸内一面の巴旦杏, 邸内北がわ, 邸内多人数が立出, 邸内多数の人間, 邸内妙子さんの部屋, 邸内屋敷住居なり, 邸内廣く花木, 邸内新宅に於, 邸内最後の読経, 邸内杏所甚五郎の許, 邸内無事に暮し, 邸内着陸を敢行, 邸内神は後者, 邸内自然不用心にもなる, 邸内誰一人としてそれ, 邸内貸間に行く, 邸内轟九蔵氏自室の場面, 邸内遊覧の所望, 邸内部における饗宴, 邸出たからはよも, 邸初夜寝に, 邸到着から実演室, 邸北殿の一部臨春閣, 邸午餐に招, 邸南側の高, 邸厳封の金蔵, 邸及び道場を, 邸の奉公人, 邸地つづきの寺, 邸地面はかなり, 邸址今は岩崎家, 邸になつ, 邸士習駁雑授小学書欲徐導之未遂而没, 邸がよく, 邸尾崎咢堂が, 邸岡田総督始夫卒迄御酒, 邸巣鴨の山番, 邸左手には川, 邸廻りをした, 邸弁天堂の場, 邸留守な, 邸応接間の短剣, 邸放火の件, 邸へ騒ぎ, 邸日本ビールなぞいう, 邸時間は午後八時, 邸東京近郊某侯爵邸, 邸侯爵邸東京近郊, 邸検分と出かけました, 邸構えの寂しい, 邸の持地, 邸で拾った, 邸武士の出来ぬ, 邸永田馬場を中邸, 邸もたずね来りし, 邸決して然やうな, 邸洋館屋上で怪人四十面相, 邸に打ち湿っ, 邸玄関の場, 邸町土べい, 邸白沙村荘の筋, 邸県庁裁判所県会議事堂などが建っ, 邸真田邸の前, 邸つてる, 邸等々を襲撃, 邸筑前国福岡の領主黒田家, 邸結構華麗其の, 邸育ちのお慰み, 邸臺所の畫, 邸の華麗, 邸舎三年罹疾不起, 邸裏門は雪, 邸西邸とは中邸, 邸まで来る, 邸討入の当日, 邸訪問の一齣, 邸の美しい, 邸跡瑞甕山根本寺では兆殿司, 邸辺りを通行, 邸車で, 邸近い森の, 邸近く住っていた, 邸通いはやめました, 邸造りの小奇麗, 邸とよぶ, 邸の輦宿, 邸音楽学校長伊沢氏の邸, 邸風呂場の光景, 邸馬場邸真田邸の前