青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「邦~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~選ん 選ん~ 選挙~ ~遺憾 遺憾~ 遺言~ ~避け 避け~ 避ける~ 邊~
邦~
~邪魔 邪魔~ ~邸 邸~ 郊外~ 郎~ 郡~ ~部 部~ ~部下

「邦~」 1295, 14ppm, 7959位

▼ 邦~ (351, 27.1%)

8 人は, 学者は 5 将来を 4 人の, 将来は 3 劇に, 小児は

2 [12件] ように, 人が, 假名遣, 制度文物異日必ずまさに, 医者に, 家庭教育を, 形勢を, 教育は, 昔の, 有様は, 諸学者, 趣味の

1 [292件] あらそひの, いろはの, いわゆる神祇政策, お米, ごとき山国, ごとき貧国, さきがけを, ために, とこへ, ところへ, と同じ, と異, むかし山里の, ものだ, ものに, も元, やり方に, ような, サクラでは, サクラとは, サクラは, スミレ類には, スミレ類は, ベンサムである, ミヅチ, 一個人の, 一儀式のみは, 一名物に, 一局部に, 上に, 上中流社会にも, 中央山脈では, 中央山脈には, 主人は, 事を, 事物は, 二人を, 交通は, 人その, 人たちに, 人では, 人士は, 人横行の, 人歌よみたる, 人民が, 人民は, 今いう, 今も, 今日の, 何処にも, 俗書に, 傳説に, 元首大漸, 光栄と, 兎道など, 公共事業の, 処分は, 制天子の, 前途に, 前途は, 前途を, 劇が, 劇は, 劇的舞蹈は, 化物思想は, 北へ, 医者が, 医者は, 南北相法の, 危機かくの, 原作を, 古い王朝時代, 古え, 古代でも, 古典に, 古筆名画の, 句三十八ばかりを, 台所では, 台詞に, 史家が, 同胞に, 名を, 名歌, 名画は, 哲學で, 商売人が, 困難事は, 国主に, 国情を, 園芸家が, 地味は, 地形は, 地脈東北より, 埋れたマルセイエエズ, 城は, 場合には, 境遇を, 大字ごとに, 大幸福, 大病人は, 天狗の, 太子は, 女性も, 女性殊に, 女権なかなか, 如きに, 如き国, 如き衛生思想, 如き貴族的制度, 如く数千年孤立し, 妻君は, 婦人たちは, 婦人は, 婦人中食物上の, 子なる, 子供は, 字であった, 存亡に, 学なる, 学の, 学問は, 学問界の, 学者が, 学者の, 学者達は, 学術は, 学術を, 学語を, 官学哲学が, 家庭に, 家庭にも, 家庭は, 家老の, 寺で, 専門家の, 将来に, 將來の, 對清對露の, 小児ほど, 少年学生は, 山地に, 山岳信仰の, 山野に, 川柳に, 巫女の, 平民社界を, 年久しい, 弟橘媛古, 形勢ついに, 悪い牛乳, 悲哀を, 愛が, 手ぶり見せ, 改革の, 政府で, 政治という, 政治家は, 政談上においても, 教育に, 教育映画は, 教育法が, 文学は, 文明は, 文書の, 文献か, 文章とか, 文藝は, 文運今日まで, 料理法が, 料理法なぞは, 料理法を, 新嘗, 新聞企業は, 旅行者は, 最初の, 最東, 最重要, 有様では, 有様なら, 有様も, 本です, 本草学者が, 本願寺の, 松魚節に, 柿なぞも, 梧桐の, 楽にて, 歌しかも, 歌の, 武備機関を, 武備社会を, 歴史が, 毒竜の, 毒草, 気候は, 法典においては, 法学者が, 法律家の, 法律家は, 津浪に, 浦賀長崎の, 清国人の, 滑稽小説に, 潰し麦に, 版図内で, 牛乳屋に, 牛肉屋は, 物の, 特有物で, 特産で, 特産植物と, 猴舞わしが, 猴鳴の, 玄猪神に, 王家それぞれコッケイドの, 王朝の, 玩具ならしむべき, 現在, 現時は, 現況を, 現状に, 現行民法を, 生命を, 生活は, 産業中で, 産物と, 病院だって, 発掘物としては, 礼式は, 社会に, 社会にも, 神おろし, 祭祀の, 福寿草と, 科学者の, 稲収穫期は, 空前の, 立法史上および, 竜頭の, 竹の, 粥に, 紳商は, 経済世界は, 緒方の, 繁栄も, 美術界が, 美術界の, 美風であった, 老懸, 腰抜け学者輩が, 自然主義の, 自然主義者の, 興隆を, 舞臺に, 茄子は, 茶の湯の, 荒浜の, 菓子にも, 菓子は, 萵苣, 葛に, 葛を, 葛湯か, 蒟蒻や, 虎斑竹の, 蜈蚣船, 蜥蜴に, 融和に, 西洋料理は, 親たちも, 言語文章を, 詩の, 詩人には, 誇りと, 諸州に, 貧富は, 趨勢も, 軍隊, 農家の, 通信貿易固, 進歩は, 遊女も, 運搬方法の, 道徳は, 道明寺糒に, 野槌の, 間に, 雲雀は, 霙である, 頽馬というは, 風流は, 香道や

▼ 邦~ (161, 12.4%)

5 はそれ 4 の名, はそう 3 の前, の心, の胸, は云った, は遠い, は阿賀妻

2 [13件] がそう, が自身, の家臣, の眼, の胸中, の言葉, の顔, は目, は自分, もまた, を中心, を見あげた, を見つめた

1 [104件] から見る, がこれ, がその, がそれ, がつと, が上っ, が今, が唾, が塑像, が思い, が近づき, が陣笠, その人, であった, との間, と彼, にあたえられる, にすべて, にとっては自分, に云った, に最も, に目, のいなかった, のため, の使い, の吐く, の周り, の声, の妻子, の居室, の心持ち, の思想, の披瀝, の来着, の決意, の笠, の脳裡, の表情, の語尾, の身の上, の面前, は, はいよいよ, はうんうんと, はこう, はこの, はさ, はさかやき, はせかせか, はそこ, はその, はふと, はほ, はまた, は下, は云っ, は側近, は口, は口数, は同じ, は呼びとめた, は問い, は外記, は夜具代り, は子供, は家来, は幾らか, は心持ち蒼ざめていた, は手, は気づいた, は水, は焦点, は独り言, は盃, は直接, は知らず, は短, は立っ, は答えた, は腰, は見え, は語りだした, は起とう, は軽く, は近づい, は遠く, は開拓使貫属, は首, は鸚鵡, は黙っ, ほど切実, も塗り, も彼, より先, をそう, をはじめ彼ら, をひきぬかなけれ, を先頭, を彼, を待っ, を焦ら立たせず, を見かえっ, を見わける, 並びに家中

▼ 邦~ (136, 10.5%)

7 於て 2 在りて, 於ける最も, 於ても, 渡来し, 漂遊し, 生れて

1 [117件] あった, あったとは, あったの, ありまた, あるもの, あるバショウ, ある理由, ある西洋人, あれど, おりゆきし, おる知人, きて, して, その跡, そんな実例, なきは, なき者, はじまったの, まだ一, よほど古い, ボウという, 三十種以上の, 之き, 仕えても, 他界に対する, 会い相, 伝わるもの, 作られて, 侵入し, 兎に, 入って, 出現する, 分かれて, 千人ある, 及び徳川期, 及ぶ殷鑑, 及ぼせる影響, 取つて道教, 古くから, 向って, 吾が児, 商売蔓延し, 在りては, 在る全部, 売って, 多い, 多き駒形明神駒形石, 多し, 存する事, 学んだ人, 実在せぬ, 対交せ, 小児用の, 少なくなかった, 往古から, 御来遊中, 必要なる, 拡まり何処へ, 挙げられたる平民, 擬人法無しといふ, 於いて, 於ける新聞, 於ける殆ど唯一, 於ける譯詩, 於ける貴族, 於ては, 昔行われた, 普遍せな, 最も欠乏, 来たり, 来ない前, 来り逼, 来遊する, 歸れ, 比較的客観態度, 比類が, 流伝した, 流傳, 流行する, 渡ったが, 渡った時, 渡って, 渡つて平安朝頃迄, 渡り来り爾来, 渡来した, 滞在する, 漢學の, 特に火, 現はれたる, 生まれ且つ, 生れたるを以て, 生れた事, 留るを, 発達した, 知られたの, 移せば, 移植する, 縁なく, 舶来し, 行わるる大黒, 行われるの, 行われん, 行われ始めてから, 衛生思想の, 讒言を, 起った法典実施延期戦, 通ぜず正金, 進歩し, 遊ばず若し, 遊学する, 道有る, 適せざる, 限るに, 雄大な, 非常に, 鞦韆の, 鹿角芝など

▼ 邦~ (123, 9.5%)

3 はまだ 2 これを, はこれ, はまだなかなか, は無論かく, も昔, 云ふ, 用いられて

1 [106件] いう九年母, いう所, およそ汽船, この桜桃, すらも科学, その詳細, はかなり, はこの, はすべてホコ, はそんな, はたいした, はどんな小さな, はまだあまり, はまだそれほど, はもと, はやはり, は一切, は一般, は割, は医学博士, は印度, は古い, は古く, は四国, は始め, は岡田博士, は師, は思い, は手紙, は支那, は敗戰, は暖かい, は朝夕犬, は本科中, は東山, は正月, は殊に, は毎日, は比較的, は清ら, は無数, は牛乳屋, は狐, は精細, は芍薬, は西洋, は西洋諸国, は見世物, は親たち, は試驗成績, は誰, は重湯, は雛, は食品, は食用, も, もむしろ, もやっぱり, もよく, も以前, も古く, も弘法大師, も昔摂津, も熊野, も熊野地方, も白い, アマリョウと, タツというは, トリは, 一人でも, 二回市街で, 云へば, 出して, 出来たもの, 出来ますか, 出版した, 初めての, 千鳥が, 嫉妬を, 山の神お, 弓矢を, 従来野干, 拇指を, 昔だれが, 昔葡萄を, 昔誰れ, 梅の, 梵語學によ, 検非違使佐や, 熊鷹根生と, 狐や, 狼を, 猫を, 獲た二足, 理解せられず, 発達した, 翻刻し, 荀子の, 蜥蜴を, 行はれ, 西洋料理を, 解りやすい, 過ごされた, 魔法と, 鶏を, 鷹や

▼ 邦~ (28, 2.2%)

2 風流男の

1 [26件] いずれの, その改革前, たといみずから, なほ乳臭机心失せず, はたしていかなる, はたしてかかる, ひとりかくの, みんな取り潰し, むしろ武備的, 世界の, 依然たる, 勿論食医, 天然の, 実に天然, 寒帯から, 島国なる, 幾多の, 待って, 極めて完成, 漢字カナ混用の, 牛乳の, 申すに, 自然の, 自由とか, 陸海軍の, 露西亜に

▼ 邦~ (28, 2.2%)

6 して

1 [22件] その傘下, とも人を, 伺ひ奪, 作し, 刺衝したる, 商業国と, 夷げては, 屈服せしめた, 手古摺らせた, 挙げて, 敵と, 棄得んや, 歩いた時, 治めるには, 治める仕方, 益する事幾, 睥睨した, 禦ぎて, 開きて, 駆って, 駆りて, 鼓舞し来れり

▼ 邦にも~ (22, 1.7%)

1 [22件] サルナシという, ポンソンビさんの, 中世下等人は, 交合に, 入って, 南部家の, 古く伏兎, 古より, 古話, 大嘗会等大, 巫道に, 有ったこと, 狐狸を, 現はれ, 男の, 移り最初, 美童の, 行われるよう, 諸職各々忌詞, 輸入され, 道照入唐し, 魔魅蝮蛇等と

▼ 邦には~ (20, 1.5%)

1 [20件] いまだ研究道楽, かかる無謀, かつてこれ, この植物, すでに久しく, まだ家族的, 二百円か, 今熟練, 伐木の, 到底見るべからず, 動物虐待廃止会が, 古く金剛山, 古来より, 居れまいから, 峠の, 応用し, 滅多にない, 獅子虎の, 百六十目一斤だの, 西洋語にては

▼ 邦原家~ (19, 1.5%)

2 の門前

1 [17件] から盗み出された, でその, では自分, では金兵衛, でももう, に伝わった, に取っ, に復帰, の一族, の中間ら, の主人, の品物, の床の間, の避難先, は隠居, へも出入り, へ出入り

▼ 邦~ (17, 1.3%)

2 は頼朝

1 [15件] がまた, であった, という旅絵師, と住吉昌長, のうしろ, はすぐ, はそっと, はひょっこり, は云い訳した, は例, は女, は注進, へ話しかけた, も牧, をお側

▼ 邦でも~ (16, 1.2%)

1 [16件] そういう例, そう古い, それに, 必ず銅分, 時代の, 水辺に, 眞に, 笑うて, 落雷などで, 軍旅に, 軍隊の, 近頃は, 近頃看護の, 道教に, 養鶏が, 鳥居や

▼ 邦原君~ (15, 1.2%)

1 [15件] のところ, の姉, の父, の細君, の話, の談話, の避難さき, の避難先, は今, は東京, は言っ, もこの, もその, もなんだか, も深く

▼ 邦~ (11, 0.8%)

2 邦との 1 いい初め, いえり, するは, なり果つる, 会盟いたし, 等しくわが, 結托し, 袂を, 通商する

▼ 邦においては~ (9, 0.7%)

1 いかに平和, この数百年, ただ公平至当一様, 内秩序を, 古来人民に, 慶応二年に, 断じて雇人, 海波以外天地なく, 道徳に関する

▼ 邦における~ (8, 0.6%)

2 法学教育の 1 これらの, 学問文芸の, 客観文学の, 歴史は, 活字の, 犬公方の

▼ 邦において~ (7, 0.5%)

1 この法例, その法律, 人の, 書記官たらん, 自由主義の, 航海通商の, 鎖国令を

▼ 邦~ (7, 0.5%)

1 出兵する, 同じ容体, 夏も, 毛色もて, 玉章も, 竹林などに, 降を

▼ 邦夷ら~ (7, 0.5%)

1 が家中, の家族, の新た, の棲居, は事情, は再三, は拝殿

▼ 邦~ (6, 0.5%)

1 失い居ると, 持ち行き毒虫, 渡ったかの, 渡って, 行き和歌山辺, 行つて住まう

▼ 邦~ (6, 0.5%)

1 が見え, に問い合せた, の家, の無, の顔, を訪れる

▼ 邦~ (6, 0.5%)

1 が完成, されて, して, にて, に着手, のごとき

▼ 邦~ (5, 0.4%)

1 仏国勢力を, 何で国家, 古いと, 大勝を, 手軽く神社

▼ 邦さん~ (5, 0.4%)

1 とは将来大事, と益田甫さん, の随筆, はら, もお

▼ 邦にては~ (5, 0.4%)

2 旧きよしみ 1 一口に, 明治三十九年に, 麦を

▼ 邦~ (5, 0.4%)

2 のゴッタ 1 いわゆる天狗, に従って冷却, 専ら蜃

▼ 邦現今~ (5, 0.4%)

3 の形勢 1 の境遇, の状勢

▼ 邦より~ (4, 0.3%)

1 入りたるも, 産物運び入れ候節は, 輸入いたし, 運び入れ候儀

▼ 邦固有~ (4, 0.3%)

1 な土産植物, の大切, の旧, の美術工芸

▼ 邦将来~ (4, 0.3%)

1 のこと, の情勢, の批評, の経綸

▼ 邦~ (4, 0.3%)

1 なく従来富士日光諸山, なしと, のササユリ, は三種

▼ 邦~ (4, 0.3%)

1 教和雍寛洪の, 洲の, 社の, 神の

▼ 邦との~ (3, 0.2%)

1 貿易において, 間に, 隔離を

▼ 邦においても~ (3, 0.2%)

1 加藤先生は, 古律, 近藤守重は

▼ 邦にて~ (3, 0.2%)

1 之に, 人民教育の, 此學を

▼ 邦へは~ (3, 0.2%)

1 けだし昔中国, 嘉永年間に, 支那から

▼ 邦~ (3, 0.2%)

1 あるに, サルに, サルナシは

▼ 邦従来~ (3, 0.2%)

1 の学者, の習慣, の諸

▼ 邦~ (3, 0.2%)

1 であった, となった, とならない

▼ 邦~ (3, 0.2%)

1 のやしき跡, はその, をモデル

▼ 邦輔氏~ (3, 0.2%)

2 の媒介 1 が大いに

▼ 邦から~ (2, 0.2%)

1 入りて, 軍勢を

▼ 邦での~ (2, 0.2%)

1 通名と, 魔法の

▼ 邦とは~ (2, 0.2%)

2 事情も

▼ 邦などの~ (2, 0.2%)

2 ものに

▼ 邦なる~ (2, 0.2%)

1 が故に, 争ひ

▼ 邦また~ (2, 0.2%)

1 この類, これを

▼ 邦上古~ (2, 0.2%)

2 にその

▼ 邦~ (2, 0.2%)

1 に起る, の一国

▼ 邦千余年間~ (2, 0.2%)

2 の和歌

▼ 邦~ (2, 0.2%)

1 來大詩人なし, 文明円熟の

▼ 邦~ (2, 0.2%)

1 にも徴, に載せある

▼ 邦~ (2, 0.2%)

2 舊の

▼ 邦未来~ (2, 0.2%)

1 の文学, の文運

▼ 邦東北~ (2, 0.2%)

1 の奥羽地方, の諸国

▼ 邦~ (2, 0.2%)

1 に支那, に熱地

▼ 邦特別~ (2, 0.2%)

2 の境遇

▼ 邦現代~ (2, 0.2%)

2 における西洋文明模倣

▼ 邦現在~ (2, 0.2%)

1 の一般, の牛乳

▼ 邦現時~ (2, 0.2%)

1 の演劇, の通患

▼ 邦神代~ (2, 0.2%)

1 からのもの, の馬

▼ 邦諸処~ (2, 0.2%)

1 で農夫等, に植

▼ 邦諸州~ (2, 0.2%)

1 によりいろいろ, の田面

▼1* [176件]

あらば, 邦いたるところに, 邦いわゆる山男と, 邦ことにアテネ, 邦たることあり, 邦という方の, 邦ながらたがいに, 邦なく春秋の, 邦なぞも人, 邦にても早くかく, 邦のみ世界の, 邦のみは敬祭という, 邦へも渡って, 邦までも子婦を, 邦よりもずつと大袈裟な, 邦を通じてその揆, 邦ニテ古今無双ノ古, 邦ニハ是レ迄公私トモニ, 邦ニモアリトイエドモコノ地最モ甚ダシ, 邦ニ舶来ス可キ理無キヲ熟考セ, 邦ホド古物ヲ疎略ニスル国ハ有ルマジト思フナリ, 邦モ日ニ月ニ開明ニ進ム故今日, 邦ラゴグールの王, 邦威壓シ外交ヲシテ其ノ, 邦ヲシテ震懾屏息セシメタルノ快事今猶ホ炳然トシテ青史, 邦一派の学者, 邦三彼とは十五六年, 邦上方で奈良, 邦中古傀儡の長, 邦中国のトウビョウ蛇神, 邦中部以北の山地, 邦中部以西の山中, 邦二郎前田夕暮等の友情, 邦五郎君同村小学校長石川健輔君はじめ有志の方々十余名一行, 邦敵を, 邦今日の有様, 邦仏法未だ弘通, 邦大州にも, 邦何のかはり候事, 邦俗これを画く, 邦俗チリタケホコリタケなど呼ぶ, 邦俗ホンダワラてふ, 邦俗二十の後家, 邦俗和邇等の魚族, 邦俗春蘭の花, 邦俗血穢を忌ん, 邦保守論派ははたして, 邦儒者の作つた史乘, 邦儒語録ノ翹楚タリ, 邦先生より十吾一味, 邦先生夫妻が見物, 邦兵部少輔良峰, 邦其の他, 邦に明かならざる, 邦内有数の深雪地, 邦到る処に, 邦割拠して, 邦の前途, 邦劇映画を見, 邦するもの, 邦医方の一隅, 邦南方の暖地, 邦原君らは不在, 邦原君一家は旧, 邦原君自身や家族, 邦叔父良文の子, 邦古今の文学, 邦古来の貞淑, 邦史家が本文, 邦その所, 邦各地に野生, 邦の父君, 邦呂命穆王實作自呂, 邦唯一の美習, 邦因って血, 邦は著しく, 邦国威の揚がらざる, 邦たる自, 邦園芸界のため, 邦在来の古, 邦在野の政治家, 邦の, 邦坊作で連作, 邦垂水広信崇信読之藤房従而受業或云, 邦でも人間, 邦変化の不思議, 邦外交史中における一大関鍵, 邦に稗, 邦夷たちは佇立, 邦夷ら主従をどう, 邦夷個人の所有, 邦夷自身に合致, 邦の二人, 邦婀娜夢氏は, 邦は得入, 邦学術の進運, 邦富山本節村松志孝石部惟三小泉源中島為次郎野口二郎大森禅戒の諸氏, 邦将来情勢の赴く, 邦屈指の大, 邦山野の景色, 邦幸いに従来大字ごと, 邦広く野と, 邦強く敵無く, 邦彼邦の古筆, 邦復讐の事, 邦必ず強し, 邦感傷主義を一寸, 邦所産の竹, 邦教育の大, 邦斯学界一般に用いられ, 邦新聞界に稗益, 邦より還っ, 邦最古の辞書, 邦禦敵之, 邦有史以来の忠臣, 邦松等七人であった, 邦植物学者はホングウシダ, 邦植物書中の最も, 邦と申せ, 邦の方, 邦は松平明矩, 邦歴史のうち, 邦氏主裁のユーモア, 邦は大分反感, 邦民中の任侠家, 邦民族の趣味, 邦江戸時代封建の夢三百年, 邦沿海に臘虎膃肭臍, 邦淵と, 邦特に調香の, 邦独立の長, 邦独立以来兵乱の少な, 邦理想詩人の前途, 邦産十数種種のミル中, 邦産映画の中, 邦産植物を充て, 邦男女不貞の行い, 邦の屋敷, 邦眷属鬼については, 邦神社の門側, 邦のシズナイ村, 邦でも漢, 邦篆額大槻磐渓撰文とある, 邦経済界の好景気以来, 邦統一の業, 邦綱名ではどうも, 邦が世, 邦良早世ましましたので, 邦良親王が立たれた, 邦落語の鼻祖, 邦蘭書を講ずる, 邦蜜柑類の専門大家, 邦の上, 邦言語の母韻, 邦詩壇に於, 邦識者の国防的観念, 邦譯三册を一軒, 邦の君, 邦輔君の紹介, 邦近年神道を興す, 邦近来何かにつけ, 邦通俊兼之筆記, 邦通称は麟太郎, 邦通絵図はまだ, 邦連立の状態, 邦久しく疲れ, 邦に及ぶ, 邦里弱伊通河の左岸, 邦野水なぞの俳諧, 邦野生のいわゆる, 邦録君から五十円, 邦随唐に往来, 邦隣る同盟の, 邦革命史上においてマヂニー, 邦領カラフトの東, 邦高麗の附国