青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「邊~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

適当~ ~選ん 選ん~ 選挙~ ~遺憾 遺憾~ 遺言~ ~避け 避け~ 避ける~
邊~
邦~ ~邪魔 邪魔~ ~邸 邸~ 郊外~ 郎~ 郡~ ~部 部~

「邊~」 1958, 21ppm, 5437位

▼ 邊~ (470, 24.0%)

15 君は 7 ことは 5 君が, 忍齒の, 押齒の, 道の 4 琥珀を 3 ことを, 事情は, 井戸は, 壁に

2 [20件] ことなら, とり扱, ものを, 佛陀を, 凄さ, 別, 大, 女の, 微妙な, 忍齒別の, 景色を, 次男源次郎と, 消息が, 王の, 町, 町尻に, 草むら, 農家の, 風景も, 風景を

1 [372件] あなたから, ある年老いた商人, ある株屋, いと暗く, おくつき, お家で, お生れ, お長屋, かたらひや, かはり, ことで, ことも, この町, さま明らかなり, そら, ちよいと, つばな, ところへ, ひめごと森行, びらかに, めし屋で, もの, ものごとの, やうに, やつかいな道連れを, オシハの, オホタカという, コツは, ポルトガルや, 一塔中に, 一小島をも, 一本柳木根高に, 一箇所を, 三角の, 上に, 上空へ, 世界の, 丘の, 中心點を, 乙女, 事が, 事だ, 事を, 事物を, 二階が, 井戸に, 些事や, 人々が, 人々も, 人が, 人とは, 人に, 人の, 人は, 人を, 人一人正忌日にのみ, 人聲の, 人達が, 人間と, 住民の, 備へは, 光景は, 光景も, 公園に, 冷か, 出來合では, 別三枝の, 別莊, 力に, 勤め即ち, 匂ひ, 印刷所に, 古本屋にて, 可惜武士, 名所の, 名所古蹟は, 君に, 君の, 周圍は, 呼子鳥, 和の, 唐人草の, 唯ある, 喘鳴を, 嘗て我, 四分の一ほどしか, 國境問題も, 土が, 土の, 地に, 地を, 地勢から, 地勢を, 地理を, 地面を, 坊さんなりと, 墓, 壁間には, 外人居留地かも, 外商も, 夜見世の, 夜道は, 大なる, 大より, 大地まで, 大富豪, 大津邊り, 天や, 天地に, 天地を, 女將さんみたい, 奴らにつき, 如く, 妻は, 子, 子供とは, 子供に, 學校の, 宮, 宮に, 家の, 家へ, 家を, 家持の, 宿だ, 宿屋にでも, 寂しさ, 寄席へは, 實例を, 寮には, 寺町に, 小さい町, 小さな聖像, 小さな變化, 小路へ, 小高いところ, 屆けを, 山々は, 山が, 山だらう, 山に, 山林から, 岩が, 岩を, 岩石の, 峯, 崖の, 崖上に, 巖を, 川ぶち, 市場に, 帝王, 店に, 店屋で, 店頭に, 庭石に, 廣濶と, 御付合, 御次男様, 御注文, 御趣意, 思ひちが, 或る, 戰爭の, 所が, 所行が, 手ランプの, 手配を, 揚雲雀藺の, 散歩を, 敷居を, 文化と, 文房具を, 文章には, 料理屋で, 新昌坊, 新聞に, 新聞を, 方で, 方を, 方言の, 旅舍で, 旋渦の, 日の丸の, 日本人で, 春, 時計の, 景と, 景に, 景色と, 景色の, 景色はい, 景色も, 暗さ, 暗礁へ, 曳網仕事の, 最も複雜, 朝ぼらけ山西に, 村落かとばかり, 柱楹草木悉く, 柳の, 案内を, 桑の, 梅, 椅子に, 榻に, 槭の, 樣子が, 樣子と, 樣子を, 樹の, 樹木は, 樹隱り, 櫻, 殿よ, 氣色に, 水の, 水恰も, 汐干, 沼地, 沾ふ, 沿岸には, 波の, 波は, 波打際や, 波限に, 波際に, 洋燈が, 洋燈は, 流行歌の, 浪人者で, 海で, 海に, 海にて, 海上には, 海岸に, 海岸を, 海底は, 消息は, 消息を, 淀川は, 淋しさ, 深い消息, 漁夫の, 濱には, 灯の, 焚火の, 熱誠をも, 燥熱は, 父の, 物一として, 狹い, 王, 生垣に, 生意氣, 生活に, 田園的風致は, 田舍を, 田舍迄行き渡つて居る, 田舍道には, 甲州と, 男で, 町で, 町には, 町の, 疵を, 痩土と, 發生と, 白さ, 皮が, 目には, 眺めが, 眺望が, 睦びを, 石で, 石に, 石の, 石垣の, 砂に, 砂の, 砂を, 砂地の, 稱から, 空氣が, 空氣と, 空氣な, 空氣は, 空氣も, 空氣を, 筈だ, 筑波をと, 篋底に, 繁華な, 繩張りは, 美し黄金, 義御, 翁つぶやける, 者だ, 者とか, 者に, 者は, 者を, 聲高の, 自然を, 臺處の, 良友の, 色, 色笑は, 花垣か, 若旦那と, 若樹, 茶屋は, 草木にのみ, 草木は, 荒れるに, 葦の, 藪へでも, 藺を, 藻の, 蛙の, 蟹は, 蠻僚出身である, 行末永き, 見世物輕業の, 親類へ, 角屋敷にな, 話である, 話には, 誠に感じ, 諸國, 谿は, 豐富な, 豐川は, 賑ひ, 質屋さんの, 赤い實, 赤い縮毛, 路何れも, 路地を, 農夫に, 述懷らしい, 送の, 道, 道具も, 部室では, 里の, 野山を, 野郎が, 門戸を, 開通を, 闇が, 附近の, 院に, 障子が, 雜用などに, 雪を, 青葉の, 靜と, 靜に, 靜寂を, 顏見る, 風が, 風の, 風景は, 風物までが, 風物も, 飛脚屋の, 飾り屋を, 高處, 鹿の子といふ, 麥隴みだす, 黒猫は

▼ 邊~ (435, 22.2%)

7 立つて 5 あつた, 立ちて 4 ウロウロし 3 むらが, マゴマゴし, 住んで, 出でて

2 [13件] あつて, かくれるほどな, そうて, 居る者, 建ちて, 戲れる, 擧げ脇の下, 漂ふ, 生ひ, 當る, 置きしかば, 落ちて, 遊んで

1 [376件] あたるの, あは, あらはれる女, ありけること, ありける時, ありさ, ありしその, あるか, あるこそ, あること, ある澤山, ある筈, ある賤, ある黄ばんだ砂, いたる蛙, いたれるとき, いつでも, いづる月, いほるとも, いましし, いらしたの, いらつし, いる子供, い行きか, うす笑, うち出で, うろ, おほく, おもへば, お前の, お鳥, かかると, かくは, かつ彼, きたればよ, きた頃, くつきり見えます, くると, ころげて, さける花躑躅, さすら, さまよ, しあれば, すて子, そんな話, ちが, つかねた髮, とどまつた, とまれる人, なくしかは, なんか愚圖, のこつて, はけだ, はたと當つて櫛, ひとりで, ひとり立ちて, ほのめいて, またか, まだ鈍く, むかついて, もう一人, もち上つた事柄, やどりて, ゆきたるに, ゆきて, ゆき小さい, ゐた葭簀張, ゐて, ゐましたが, ゐるだらうよ, ゐるに, ゐる一人, ゐる筈, ゑがかれしミコル蔑視悲しむ, ゴロゴロし, ポッチリと, メラメラと, 一掬の, 上りにしかど, 下り來, 中心を, 中身だつ, 丸くかた, 亂れ, 人家も, 人目の, 伏し隱, 似付, 住はる, 住める媼, 何か, 來て, 來に, 來りし, 來る, 依りき, 働かして, 優秀な, 充滿し, 光りの, 入り込んで, 入れ墨を, 冬籠る, 冷かな, 出づる劫盜, 出て, 出てから, 出で, 出ると, 切り目有り, 切迫しつ, 到らずして, 到らむ, 到りて, 到着した, 剃刀を, 動いて, 十掬の, 同じ波紋, 同時にまた, 向けて, 君の, 吸收する, 吹き廻つて, 固まつて, 土屋さんて, 土用波が, 在りて, 在るべきもの, 在る雀斑, 坐す, 坐せる多く, 坐つた, 坐つたが, 埋めおきぬ, 塵も, 墮ちる, 夕の, 夕月の, 多し, 多しと, 大きな吹き溜り, 大きな皺, 大の, 大八車か, 天神さんの, 太刀も, 夫れ, 妙な, 姿が, 孔を, 宜しみ立てる, 客も, 客を, 家と, 寄せ來, 寄り付いた者, 寢ころび, 寢ね, 實行し, 寸碧を, 尋ぬれ, 小や, 小部屋, 居るとか, 居るわけ, 居る塞外種族, 山百合草多く, 差掛つた時, 帶び來りし, 店を, 庵を, 引かれた電燈線, 引くといふ, 引上げて, 張れり, 彷徨し, 往きしかば, 往き舟, 往き轉, 御狩り, 御食, 微かに, 心を, 忍び込むと, 患らつてゐる, 惡い, 愚圖, 懸けて, 成長した, 或茶話會, 打ちあげて, 打上げられた藻屑, 打寄, 押し當, 押合ふ如く, 持つて, 接して, 散らし卷子紡麻, 散らばつて, 散る白き, 散亂つて, 散歩の, 於けるもの, 於ける湖水, 星照らす, 暑し此日, 暮して, 有合せの, 札差を, 桃の, 植ゑしもの, 樣, 横笛が, 歸つた, 民ある, 氣を, 油斷の, 泊つて居らる, 泥の, 活きて, 流るる弓箭, 浮べ乍ら, 消つつ, 涼を, 添うた砂山, 添ひ, 溝は, 漂つてゐた, 漂つて一所懸命に, 漂はせ, 漂わし相手, 漕ぎ寄せられたり, 潜んで, 火災の, 燻籠の, 物好きらしく, 物寂しき墳墓, 犬の, 狐なんか, 珍しい松, 現じ, 當つて居るだらう, 當てて, 白猪逢へ, 白羽二重の, 皆待, 盛り上, 相映, 着けて, 瞳を, 短檠を, 移して, 積むと, 立ち, 立ちける石, 立ちならべり, 立つた時, 立て, 立てられた一, 立てるみ, 立てる荒屋, 立て連ね燈, 童女あり, 筆草生ふと, 筵を, 細い紐, 纏ひ, 置きて, 置きましたところ, 置きましたら美しい, 置くの, 群がり走り, 義理を, 翻り垂れたり, 翼の, 聚つた, 胡散な, 腐爛した, 自然に, 至りて, 至り夜亥, 至れば, 良い娘, 萌え君, 藁屑の, 蘆の, 蝟集する, 行き, 行き其所, 行き窓, 行く群れ居る人々, 行つ, 行樂した, 衣洗ふ, 見えた, 見えなかつたやう, 見えません, 見しごとき狂熱, 見しみたりの, 見つける船, 見ゆるばかりの, 見ゆる大海, 見る樣, 見當, 見當ら, 親しむ釣客, 親炙し, 觸る, 觸れ, 認めたの, 誰も, 謝罪せね, 赴けば, 起る事がら, 起る事物, 起る限り, 越賀の, 足をと, 足場が, 蹲り居るかを, 軍三重に, 轉が, 轟くを, 辮髮と, 近づきぬ, 近寄らず雨, 近日迄, 迷つてゐる, 退ける態度, 逃げて, 逃げ隱, 逃げ隱りき, 逍遙し, 進み彼, 遇ひ, 遊ぶあ, 達する, 達せしむる, 遷つたので, 還つた, 針を, 長い間, 長坐し, 阿部だの, 附いて, 降りたの, 降り注いで, 隱し, 隱れた, 集つた人々を, 集つて來る, 集ひ, 集ひぬ, 集り大人しく, 集る, 集る者, 集中せる, 雨に, 顏を, 飛ばしむる, 飛びめぐれり, 飛ぶと, 飛ぶを, 馬の, 馳せる, 騷ぐ味鳧や, 高き大, 高名なる, 鬼百合の, 魚を, 魚屋は, 鳴けば, 鶴と, 黒子の, 齎すところ

▼ 邊~ (215, 11.0%)

114 見た 3 ウロウロし 2 いふ, ぶら, わたり行く, 徘徊し, 憚る, 散歩した, 眺めて, 行くもの

1 [181件] あさりゆく物乞, あらは, い, いろどる若草, うろうろ搜, うろ付い, かうして, かこむ岩, きよろ, くれば, ぐるぐる見, こまかに, さして歸, さして漕ぎ近づかせし, さして走り行く, さまよ, それと, ちよい, とぶとき, どうぞ, どんよりと, なめて, はばかりながら傍, ふくらませるの, ふれて, ぶらり, みなそこと, みま, めぐること三度, ゆきくらして, ゆすつて, よく考へ, わたらせたま, アチコチ移動させ, キヨロキヨロ搜し, キヨロキヨロ見廻した, ヒタヒタと, ブラブラし, 丁寧に, 三臺の, 三邊における, 侵擾せしめぬ, 傘を, 傳ふ, 再度にわ, 削げるやう, 去らなかつた, 去來, 取り圍みつ, 取り繕, 叩いて, 吹きつけて, 四顧する, 圍み, 圍める, 圍繞し, 圍繞する, 壓へながら, 夜更け, 失つて退散し, 射るさま, 尋ねて, 少しく掘りつ, 少し掃除, 少し掘りました, 巡視り, 巡錫し, 幾度も, 往來も, 打ち見やれば, 披いた, 押す, 押へ, 拂ふ, 持つて, 持場に, 指して, 探して, 探しま, 探し廻りました, 掻きむしつたと, 掻き廻しましたが, 掻き毟り病院服, 掻廻し, 搜し, 搜す, 摸し何物, 散歩しける, 散歩する, 整理する, 數へる, 數限りなき美しい, 旅し, 日輪の, 昇降し, 明るくした如く, 昵と, 有しない, 有する圖形, 榜ぎたみ行け, 構は, 樂しみ, 横り, 歩いて, 歩き, 歩きやしなかつたかね, 歩き出した, 歸つ, 沿ひ行け, 波立たすばかり, 流して, 浮浪し, 浮浪し歩い, 深夜獨り, 漫歩し, 濡らして, 片付けさ, 片付けさせて, 片附けた, 牽かる, 甚, 眺めしが, 眺めたが, 睥睨し, 確乎とお, 索る, 縫うて, 繞つて流れる, 繞り, 繩張りに, 船の, 行きつ戻りつ月, 行きて, 行くらむ, 行けり, 襲つた波は, 襲撃した, 見ずしては, 見せて, 見たの, 見たり, 見つ, 見ながら, 見ま, 見ると, 見る時, 見れば, 見下して, 見廻した, 見廻しました, 見廻し又, 見廻すと, 見廻すの, 見廻は, 訪ねて, 調べて, 調べました, 走つて, 踏み固めて, 蹄に, 迷ふ, 逍遙し, 這つて行く, 通つてる, 通り過ぎる人, 通る樣, 進航し, 過ぐるごと, 降りかすめ, 隈なく, 離れ帆, 雨の, 響かせ乍ら, 頼つて奉公に, 頼つて翁屋に, 顧みれば, 飢ゑて疲れ, 香は, 駈けずり, 驅ける, 點の

▼ 邊~ (147, 7.5%)

2 一面の, 寂寞として, 水の, 眞つ, 高臺

1 [137件] あまりに聽, あれを, あんなにひどい, いくら薄明, この三角形, さう, さして遠く, さすがに, しげき諸, しんと鎭, すつかり, だんだんさびれ, どつち, なかなか景色, にぎやかだ, はつきり存じません, ひし, ひつそりし, ひどい高原, まことに忠實, また灯, まだ明るい, もうかうした, もう秋, もう蚊, もう長押, もの, よくおや, よく南陽, よく知らない, ろかに, カフカズへ, ヂリ, ヴェリチャーニノフには, 乾期と, 人の, 伊奈半左衞門の, 低氣壓, 何となく活氣, 何時でも, 俄かに, 八五郎に, 十三丁目の, 千二百尺に, 却て, 去年大水の, 古い屏風, 可い, 右に, 向う十四五町がほどに, 吾枕, 吾衾, 四ツ目の, 場末で, 夜たりが, 夜に, 妙に, 宵ながら, 家が, 家中でも, 寂然し, 實に, 少しく濕るみ, 山の, 山の手でも, 山の手の, 師匠だらけ生花茶の湯から, 平凡無, 強請が, 御容赦, 御武家, 徳三郎の, 急峻なる, 急激に, 恐ろしく靜, 悲しきろ, 惡くありません, 感心しない, 按摩の, 散々踏み荒され, 斷草離離として, 明かに, 昔の, 時々遠く, 暫く騷ぎ, 最う大溝, 朴の, 森として, 次第に暗く, 殆ん, 水で, 水苔で, 油の, 洲崎の, 浴客の, 海拔六〇〇幾メートルと, 淋しいから, 深々と, 淺過ぎ, 渫つたばかりで, 滿目土褐色で, 漸く多忙, 濕氣る, 灯が, 無秩序の, 猿江町の, 生るに, 生活に, 田舍が, 田舍も, 番地が, 番町が, 眞の, 眞暗, 確かだ, 私一個としては, 空虚幽暗, 第一, 約半里くら, 繩張り外だ, 自然の, 舊本陣時代の, 若葉の, 薄暗い, 藤澤署の, 見物する, 變化し, 貳刀を, 醉が, 重々お許しを, 闇し, 陽當り, 震災の, 青白くふくれた, 靜か, 靜で, 馬鹿ぢや

▼ 邊~ (89, 4.5%)

2 あつた

1 [87件] いふ水役, お別れ, かう薄, この人, しばらく網, するん, せう, せうか, ひと先づ引揚げる, ひらひらし出した, ふじ子が, まご, よく見かけた, ガチヤンといふ, ピシリと, 一寸子供, 一本極め手を, 一杯呑ん, 一杯引つかけ, 一番八五郎に, 一隊の, 三國屋といふ, 下から, 事件は, 五十年配の, 今夜の, 俺の, 八五郎が, 八五郎を, 切れるやう, 前と, 化粧し, 原運算を, 各々が, 圖らず, 失禮いたします, 如何に愉快, 宜いといふ, 小菊の, 少しばかり, 島民共の, 引導を, 待つてること, 御免を, 御褒美, 或る, 戰を, 戰爭が, 採收, 斷ずる積である, 春の, 暮さなければ, 暮して, 本當, 村里にも, 比ぶ, 江戸も, 沈沒した, 海上から, 漁でも, 灯を, 男たちに, 皆んな打ちあけ, 紋次郎を, 終りますが, 美しい女, 聞いたら解るだらう, 聞くよりは, 聲を, 聽かう, 腹を, 船を, 船饅頭を, 蕎麥でも, 行詰つて, 西海岸の, 見て, 詰め込んで, 起る普通, 輪に, 逢つて居た, 靜かな, 頑張つてると, 食物を, 飮んだ, 鳥打帽をか, 鳴いて

▼ 邊には~ (84, 4.3%)

2 父と, 蚊が

1 [80件] いないこと, お馴染, この名, これが, せせら笑うよう, せよるごとく, そんな跡, つて, びつくりする, ほのかな, ほのかに, まだ電氣さ, もう小僧, もとより足跡, 一帶の, 一隻の, 上へ, 下手人と, 人さはに, 人間を, 何か, 克砲俄砲四十七粍速射砲砲門を, 冷笑に, 刻薄な, 動かしたやう, 及んだらしい, 四阿屋竹に, 圓く厚ぽ, 夜中に, 天なく, 家來が, 居ないの, 屡々發見, 層雲堆, 常夜燈, 彼に, 微苦笑を, 散りこぼれて, 既に刻める, 既に夥多, 日本の, 早くそ, 松林つ, 水が, 涙が, 深刻な, 渠は, 珍しい都, 珠數草と, 瑪瑙や, 生にく, 病院の, 窈冥たる, 美女の, 美酒珍味が, 羽を, 自動車か, 舟も, 船が, 艦隊が, 若くて, 茅萱葦髮がや, 蘆やと, 虎耳草など, 蛇が, 見世物と, 見當, 見送りの, 觀音講の, 誰も, 變な, 豆が, 鐵漿の, 隨分危險な, 雌犬一匹居なかつた, 青く透き, 顏の, 鰯網などが, 鷄も, 麻藺などの

▼ 邊から~ (60, 3.1%)

2 出て, 成る圖形

1 [56件] おりて, かう四角, ころがり落ちて, はた, はにかみながら, よく見えました, パーッと, 一乘寺の, 上夜久野へ, 上流をば, 下りです, 中仙道を, 中國, 佐渡に, 佐渡は, 來た, 先は, 兩側に, 出ると, 南方に, 塀を, 始まるな, 富江の, 山の, 山越しに, 岩木山を, 幽かな, 後光でも, 新しい攻め手, 斷崖の, 江戸へ, 流れて, 漸く活氣, 生え際が, 發した, 直接に, 眺めた双子山, 眺望する, 石器が, 私は, 立ては, 縱帆架に, 肩先へ, 膳所は, 解けて, 豐岡あたりまでも, 走つて來, 走りか, 起つたの, 足柄連山を, 身體全體に, 道が, 長押を, 首の, 驅け, 鳴つた

▼ 邊~ (54, 2.8%)

2 氣に

1 [52件] あつた, お仕舞, くしや, くすぐつたいやうな氣持, くすぐつたくなつて, この道, しんとなる, すきだ, とつぷり暗く, まざ, もう薄暗く, キユーピーの, シーンとして, 一面の, 世を, 事色々, 二十尺程も, 何となく藥, 全く暗黒, 加茂の, 危ふくなる, 可うございます, 場所だ, 大分圓く, 妙に, 對する, 張り裂けさ, 急に, 意外に, 戀しい, 手前の, 手繰りどころ, 明るいのに, 暗くなつた, 暗くなる, 東山道の, 清き心, 火元らしい, 爲に, 父左衞門殿に, 缺けて, 茫ん, 許しを, 赤くな, 鋪裝された, 鋸齒状を, 開いてるの, 陰つた, 隱岐への, 青く光, 靜かな, 頂點らしい

▼ 邊~ (48, 2.5%)

2 の森林, を一

1 [44件] から上陸, から裂け目, から追, が泥んこ, が痛ん, が軈て, で, と商, にある, にて我, には多く, には馬, にも澤山, に住ん, に其名, に巣, に止つて, に見た, に起つた, に附着, の古い, の山百合, の工人, の旅館, の模樣, の櫻, の環境, の自由主義, の藪, は觀光客, は道路, へ附いた, までがむづ, までは殘つて, までも皆, までを見せ, を中心, を湖水, を繞, を見, を見下ろした, を觀光, 實に, 砌間と

▼ 邊~ (37, 1.9%)

3 來る 2 來て, 持つて

1 [30件] かけて, しや, ぬすりつける, ドライヴ, 下りると, 出て, 半年餘り, 向けて, 姿を, 掛けて, 散りこぼれ出して, 時々行, 柄も, 用事も, 病人の, 空巣狙ひ, 立, 置けないぢ, 落ちたとき, 落ちます, 行つてうつかり, 行つて一年も, 表へと, 遁げる, 遊びに, 鈴屋が, 飛ばしめよ, 飛びて, 高慢な, 鼻血が

▼ 邊まで~ (29, 1.5%)

3 來る

1 [26件] さかんに, つ, 上つて來た, 下げた顏, 下つて, 來て, 入つて, 出かけました, 垂れるそれから, 埼子を, 巡錫した, 延びた頬, 散歩に, 村村町町土地に, 水に, 泥に, 湛然, 漂着した, 潮を, 當てが, 目を, 私達に, 行つた歸り, 見ゆる處, 認めかけると, 跟い

▼ 邊では~ (25, 1.3%)

2 日天樣の

1 [23件] あこがれる蛙さ, た, どこでも, ないか, まづ, もちろん農業, ムグラツトと, 一番物持で, 一番物騷な, 他に, 名物の, 四月末頃には, 巧みに, 斯う, 有福の, 朝から, 東南の, 目籠を, 設計, 野菜を, 雪籠と, 顏の, 食糧缺乏し

▼ 邊より~ (19, 1.0%)

2 磯邊に

1 [17件] 京白川四五萬の, 來る, 出で, 山の, 彩りたる巾, 我は, 星月夜の, 沼縁不, 海を, 烟火空に, 萬兩の, 躍り出づる個想, 追返さんと, 遠ざかる彼, 那方の, 顎の, 馬關海峽を

▼ 邊~ (16, 0.8%)

2 位置を

1 [14件] いはねば, どならなければ, なく何と, なりに, 云ひ, 來ては, 思はれるところ, 眺め見よ, 睨んで, 聞いて, 見るあたり, 言ひ, 言ふ, 面合する

▼ 邊なる~ (14, 0.7%)

1 [14件] ことに, パードヴァ人キアレンターナの, 光明の, 善意にも, 大群飛よ, 小舟を, 恩惠に, 枯草敷き, 熔岩の, 男等の, 神に, 籠の, 自然と, 鄙には

▼ 邊~ (12, 0.6%)

1 [12件] いいけれど, うなづいた, つついた, ない一人者, 元の, 可惜武士, 同じ事, 名題の, 大通は, 手配いたしました, 瀬多を, 見渡される凉

▼ 邊~ (11, 0.6%)

1 [11件] か, つたと, つたとお, つたな, とかに棲ん, と思ひます, と思ふ, のを, よ, 又吉が, 教へて

▼ 邊にて~ (9, 0.5%)

1 かのヴィチェンツァ, よま, エルザの, 奴僕も, 此島を, 瞽者どもいと, 聞しを, 若き足, 荷ひいだせる

▼ 邊にも~ (8, 0.4%)

1 一揆相起候由いづれ, 何やら少しづつ匂, 啼く聲, 圓三郎の, 斑らに, 眼ま, 確か二尺も, 農村には

▼ 邊~ (6, 0.3%)

31 宮に, 鏡, 鏡合わせ

▼ 邊源次郎~ (6, 0.3%)

2 と不義 1 お國, と云っ, と申す, と見違えさせ討たれし

▼ 邊なき~ (4, 0.2%)

1 蒼海の, 身の, 身の上と, 靈魂は

▼ 邊りで~ (4, 0.2%)

1 は歐陽修, は滅多に, 新漢, 死の

▼ 邊事情~ (4, 0.2%)

1 が子平, を密告, を明らか, を紹介

▼ 邊である~ (3, 0.2%)

1 が松, のかすら, 或る

▼ 邊でも~ (3, 0.2%)

1 底の, 最も激し, 銚子の

▼ 邊~ (2, 0.1%)

1 この邊, 知ら

▼ 邊かと~ (2, 0.1%)

1 思ふと, 看守人に

▼ 邊からは~ (2, 0.1%)

1 蝉の, 遠いか

▼ 邊だけを~ (2, 0.1%)

2 見て

▼ 邊だらう~ (2, 0.1%)

1 などと考へた, よ

▼ 邊であり~ (2, 0.1%)

1 そしてそれ, 程遠くない

▼ 邊です~ (2, 0.1%)

1 から兎, が

▼ 邊ない~ (2, 0.1%)

1 心の, 聲の

▼ 邊なげなる~ (2, 0.1%)

2 風情もう

▼ 邊なら~ (2, 0.1%)

1 底は, 彼岸も

▼ 邊にまで~ (2, 0.1%)

1 利用される, 達す可

▼ 邊のうすら~ (2, 0.1%)

1 あかりを, 明りを

▼ 邊また~ (2, 0.1%)

1 寂として, 濛々空の

▼ 邊までは~ (2, 0.1%)

1 原作と, 大阪の

▼ 邊~ (2, 0.1%)

1 街道の, 高臺

▼ 邊をば~ (2, 0.1%)

1 深い森, 草笛ふき

▼ 邊十三段~ (2, 0.1%)

2 のはじめ

▼ 邊小説~ (2, 0.1%)

1 と想, にかかる

▼ 邊少し~ (2, 0.1%)

1 考へねば, 離れて

▼ 邊忽ち~ (2, 0.1%)

1 又妾, 常闇と

▼ 邊方寸~ (2, 0.1%)

2 の霧

▼ 邊近く~ (2, 0.1%)

1 に作つて, 作りて

▼1* [102件]

あちこちの知人, 邊あるいてるの, 邊かいだばかりで, 邊かけて狩, 邊かつ鳴る海青, 邊かも知れませんが, 邊つての, 邊ぐるにまた, 邊この劇の, 邊さんのをぢさん云つて, 邊その水を, 邊それをきかされました, 邊たしかならね, 邊ちかくの誰か, 邊やない, 邊でありませう其處で, 邊でしたよ番頭さん, 邊でつひぞ見た事は, 邊でと覺束なげ, 邊とを丘陵の, 邊面影に, 邊ないおもひがしない, 邊なくして, 邊など一寸ほつれ, 邊などを遠く離れ, 邊においていま座右の銘として, 邊におけると同樣, 邊にか漕ぎか, 邊にこそ死なめ顧み, 邊にぞ立てりける, 邊にては日光ま, 邊にでも出かけよう, 邊にとまつた, 邊にや穴を, 邊によつて圍まれた, 邊にをりました, 邊はずゐき積みたり, 邊へでも登つてハイカラの, 邊へとあせるの, 邊へは姿を, 邊のあたたかく, 邊までに於て, 邊までの産物にも, 邊までもやつて, 邊よほど木立の, 邊よりも大和の, 邊まで切め, 邊らしく想像せられる, 邊りでしだらなく醉拂, 邊りで振り返つて見た, 邊をのた打ち廻るの, 邊をも探らんとて, 邊エブロとマークラ, 邊ゼッテルベルグの慘劇, 邊漸スルノ理ニテ, 邊ニ徘徊スル他蟲, 邊バスク地方では赤羅紗, 邊パキーノとペロロ, 邊歩イテヰルト僕ノ, 邊一人の罪, 邊一個の島, 邊一杯に取り散らし, 邊三四軒の家, 邊上新の皺だらけ, 邊乃至福建, 邊八方投附けるかも, 邊分けて多し, 邊十餘州を手, 邊は魚見崎, 邊又は畑に, 邊及び南洋方面の, 邊多祥であること, 邊大工町なるサイカチ, 邊天空を仰ぐ, 邊れから, 邊幾分の蒼色, 邊慓悍無双の水兵等, 邊故國, 邊朋友グループを調べ, 邊東京府なら練馬板橋, 邊栃木町近邊, 邊此處で第, 邊武備の程, 邊泡立つ波は, 邊海岸といふ所, 邊源次郎めを突こう, 邊源次郎何ゆえお隣の伯父, 邊漸く多事なら, 邊につくり, 邊砲門の邊, 邊神聖靈妙の意味, 邊縁半より多く, 邊義象さんの校訂, 邊耆闍窟の中, 邊若くば水面, 邊蒼茫將に夜, 邊行く船は, 邊はざる, 邊討てばメネラオス走り, 邊赤谷川の眺め, 邊闇夜の如く, 邊防備の畫策